青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下宿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下す~ ~下っ 下っ~ ~下り 下り~ ~下る 下る~ ~下女 下女~ ~下宿
下宿~
~下手 下手~ ~下手人 下手人~ 下男~ ~下駄 下駄~ 不便~ ~不可能 不可能~

「下宿~」 3380, 37ppm, 3184位

▼ 下宿~ (759, 22.5%)

27 方へ 18 二階で 14 二階に 10 一室に 9 主婦が 7 おかみさん, お内儀さん, 一室で, 主婦の, 主婦は 6 前まで, 婆さんが, 室に, 方で 5 主人が, 二階の, 女主人, 家族の, 方に, 窓から, 部屋の, 部屋を 4 二階へ, 前に, 婆さんに, 机の, 細君が, 門を

3 [18件] おやじが, お神, ような, 主人の, 二階から, 人に, 前へ, 女中が, 女中と, 女将の, 娘と, 払いも, 拂ひ, 窓の, 部屋で, 部屋に, 部屋へ, 飯を

2 [51件] あるところ, ある町, おばさんに, お媽さん, お神さん, ことは, すぐ近く, をばさん, アノ主婦が, 三階の, 三階へ, 下まで, 世話なんか, 世話を, 主人に, 主人は, 主人を, 主人夫婦が, 人々を, 借金の, 入口である, 六畳間で, 前庭の, 勘定を, 大きな土佐犬, 女が, 女中さんなどは, 女将に, 妻君の, 妻君は, 娘が, 婆さんの, 子供が, 戸棚を, 方が, 方は, 方を, 玄関に, 番地を, 私に, 私の, 窓に, 自分の, 裏の, 近くに, 近くの, 部屋が, 部屋は, 門口に, 門口を, 黒い塀

1 [402件] あたりだ, あたりと, あたりに, あたりを, あつた, あの薄暗い, あるサン, あるデエーツコエ・セロー, ある建築物, ある街, ある露路, うちでも, うら道, おかみが, おかみさんに, おかみさんより, おかみなる, おかみにとっての, お上さんが, お上さんたちの, お上さんは, お上さんも, お主婦, お二階, お内儀, お婆さんが, お婆さんナオミ, お膳, かみさんドロレス夫人を, ことが, ことその他さまざまです, ことで, ことも, この部屋, すぐ側, すぐ裏, すじむこう, そとで, その室, その部屋, それと, ちかくの, つい傍, はやい夕飯, ひとたちも, ひとり住いに, ほうから, ほうに, ほうを, まえまで, まずい晩飯, まはり, まへまで, ものが, ものへ, ようじゃ, ように, よりも大分, テラスに, デスクの, フラウ, ベツトで, ペトラの, ボロに, マダムが, リイル婆さん, 一つであった, 一つである, 一つベントレイ夫人方に, 一と, 一人息子悪たれ小僧の, 一室, 一室である, 一番頂辺に, 一軒を, 一週間分の, 一間で, 一間の, 万年床に, 三階に, 三階建の, 下の, 下を, 下女から, 下女の, 下女を, 下宿の, 下検分に, 下駄を, 不味いお, 不味いもの, 不平から, 不自由で, 世帶一切た, 並びの, 中食を, 主人である, 主人と, 主人クロスレイ氏だった, 主人ロツテイニイ夫婦は, 主人公は, 主人夫婦は, 主人夫婦を, 主人森長七の, 主婦からは, 主婦だ, 主婦で, 主婦であった, 主婦である, 主婦とは, 主婦に, 主婦にも, 主婦ばかり, 主婦も, 主婦らしい, 事に, 事は, 事を, 二階が, 二階できつけ, 二階になんぞ, 二階を, 二階六畳間に, 二階窓から, 五倍ぐらい, 亭主が, 亭主に, 亭主ゴーリエフの, 人々の, 人たちは, 人たちも, 人は, 人を, 人達が, 人達に, 人達は, 人達を, 人間に, 人間は, 件も, 伝統を, 住人だ, 体裁は, 何一つ道具, 便所の, 便所へ, 借金が, 側まで, 傍に, 先輩が, 入口から, 入口で, 六畳の, 内は, 内儀が, 内儀さんからまで, 内儀を, 内部だ, 冷たい夜具, 出がけに, 出入りには, 出来事は, 別室で, 前で, 前には, 前にも, 前へと, 前庭には, 勝手許から, 匂が, 厠の, 叔母さんが, 古籐椅子, 名前さへも, 向いに, 四畳半で, 四畳半では, 四畳半とを, 四畳半に, 四疊半に, 四疊半へ, 囲いの, 場が, 場所は, 場所も, 壁は, 夕飯が, 夕飯の, 夕飯後大きな, 夜の, 大学生の, 天井から, 夫人は, 夫婦は, 奥二階で, 女, 女たちは, 女の, 女中に, 女中は, 女中を, 女中片, 女将が, 女将クロスレイ夫人の, 女将渡部スミ子の, 女將さん, 女房さんが, 女房だって, 女房に, 女房も, 好ましい調度, 妻君が, 娘, 娘から, 娘こよ, 娘で, 娘にも, 娘の, 娘や, 婆さんでも, 婆さんも, 子は, 子供に, 子供の, 子持の, 学生達に, 安い所, 安屋根, 客ばかり, 室で, 室では, 室まで, 室内を, 家に, 家宅捜索の, 家族と, 家番の, 小婢, 小説家の, 少し手前, 居まわりで, 屋根に, 屋根裏に, 帳場に, 帳面を, 広い梯子, 広い梯子段, 広告が, 広告欄を, 床で, 庭に, 庭先へ, 廊下などを, 建築が, 徒然に, 御婆さん, 御飯を, 息子も, 戸を, 戸口へ, 所在を, 所在迄, 払いが, 払いを, 払ひ, 払ひもしなけれ, 押入れの, 支払ひ, 方から, 方よりも, 昼食を, 昼餐の, 時代は, 時分より, 晩餐に, 書庫机上等も, 月日は, 朝食の, 木小屋が, 未亡人が, 未亡人は, 本棚には, 机に, 栄進館へ, 格子戸に, 樣子を, 殺風景な, 殺風景に, 母の, 気質を, 水口の, 洗面所で, 火鉢の, 父さん母さんにも, 独逸人が, 狭い室, 狭い薄暗い台所, 狭い部屋, 狹い, 猪川塾へ, 生活にも, 田舍娘から, 男の, 界隈は, 直ぐ近く, 看板を, 真昼の, 石の, 石段を, 神さんが, 神さんに, 神さんや, 穴部屋へ, 空気とは, 空間を, 窓からは, 窓などに, 窓は, 窓べりに, 窓を, 窓際に, 競爭で, 筋向, 箱火鉢に, 簷は, 細君と, 細君に, 経営者は, 老主人, 老夫人, 老夫婦, 老婆であった, 老婆を, 老婦人, 老嬢フロイライン・シュメルツァー達と, 者も, 者や, 膳に, 膳の, 自室へ, 苦情を, 荷物を, 菜に, 菜にも, 菜の, 薄暗い部屋, 表口の, 裏から, 裏側と, 西向の, 親戚の, 調査を, 資本を, 跡を, 路次の, 軒にも, 軒を, 軒先にも, 近くらしい, 近所で, 近所に, 道順など, 部と, 部屋から, 部屋からも, 部屋での, 部屋とに, 部屋よりも, 門で, 門に, 門の, 門は, 門内に, 門口で, 門柱に, 閾を, 闇黒の, 附近には, 陋室に, 隣の, 隣家が, 雜作を, 離座敷を, 電話口へ, 電話室へ, 露台から, 食事に, 食事の, 食事は, 食卓で, 食卓に, 食堂から, 食堂で, 食堂では, 食堂に, 食堂の, 食堂へ, 食物は, 食膳を, 飯, 飯が, 飯は

▼ 下宿~ (428, 12.7%)

25 帰って 9 訪ねて 8 いて 6 帰ると 5 いた, 帰った 4 帰ってから, 来て, 泊って, 移って 3 いた時, 住んで, 居た頃, 帰ること, 戻った, 移った, 行って

2 [30件] いた頃, かえると, きて, ゐたが, ゐた頃, 出て, 同居し, 女の, 宿つて居る, 寝て, 居た時, 居た時分, 居ては, 居るうち, 居ると, 居るの, 帰ろうかと, 引籠っ, 恰好な, 戻つて, 昨夜間代を, 来訪, 移つた, 移りました, 移ると, 籠って, 行きますか, 訪問する, 越して, 逃げて

1 [273件] あやまりに, ある岸本, いたある, いたころ, いたとき, いたので, いた上野, いた年増, いた森川礼二郎, いた法科大学生, いた縁故, いちゃあ, いても, いました, いました頃, いましてね, いらっしゃった濱田博士, いられた間, いられるか, いられる祖母, いる, いること, いるとき, いるの, いる人たち, いる友達, いる方, いる時, いる森本, いる気持, いる洋画家, いる津田氏, いる若い, いる軍人, いる頃, おいでの, おさらばし, お見舞い, かえった僕, かえって, かえり夕食後, かね, かれを, くすぶって, くすぶらなくては, ぐづぐづしてゐた, ころが, ころがり込んだ, ごろごろし, ごろごろする, したって, して, じっとしてる, その頃, たぐまり競馬, ただ一人, たどりついた, ちょいちょい遊び, とどいて, とんで, なったこと, なって, ひっぱり込んで, ひとりで, まいりましたが, めぐり合いそれで, もどりながら, もどる気, やってくるよう, やって来た, やって来て, やつて, ゐた, ゐたといふ, ゐるから, ゐる間, セルの, 一と, 一人で, 一寸寄っ, 一日遊んでる, 一番長く, 一緒に, 一部屋を, 三郎が, 二十人ほどが, 五円入れる, 他方は, 休んで, 伴うより, 住み故国, 住み込んだ, 住居し, 先輩は, 入って, 入りました, 入る小路, 入れたの, 出かけた, 出入りする, 別れを, 到り法律, 卜居する, 厄介に, 参上した, 取っては, 同宿した, 同居する, 同棲する, 同郷の, 向う私鉄, 向つた, 呻吟し, 在ったが, 在つて, 大きな三毛猫, 女が, 妻子共々, 子供を, 定めて, 客多し, 宿を, 寄って, 寄宿し, 寄食って, 居たある, 居たが, 居たコック上り, 居た関係, 居ったと, 居て, 居ましたらう, 居られた鉄道省, 居られる日本人, 居るより, 居るわけ, 居る時, 居る頃, 届いた, 届けるの, 屏息し, 岡本一郎という, 差出すべく餘, 帰して, 帰ったの, 帰ったもの, 帰ったら大阪, 帰つて大急ぎで, 帰らずそのまま, 帰らないで, 帰りし事, 帰り或は, 帰り机, 帰り漱石氏, 帰り着いて, 帰るの, 帰る習慣, 帰る途すがら, 帰れば, 帰ろうと, 引っぱって, 引上げた, 引籠り, 引越した, 張り込んで, 怒鳴り込んで, 恐ろしく長い, 戻った静也, 戻ってからも, 戻つたこと, 戻りました, 戻り日記, 戻る途中, 払う, 持ち扱って, 於けるけち, 日本人で, 旬日いた, 昵んで, 暫くいた, 暮して, 来ないか, 来ないかと, 来れば, 歸つた時は, 歸つて布團の, 歸つて蒲團の, 歸りました, 歸る, 比べて, 比べると, 求めようと, 沈着いた, 泊った次, 泊れと, 溜つてゐた, 滞在する, 燻って, 燻ぶっ, 父さんが, 男が, 留守居を, 白蓮さんが, 着いたの, 着くと, 碁会所を, 私の, 移ったこと, 移ってからの, 移つたのが, 移つた二十七日の, 移つてからは, 移つて來た, 移つて別々の, 移りそこ, 移りそれから, 移り間もなく, 移る前, 立て籠って, 立寄つて, 立籠っ, 籠城する, 縫つ, 置いて, 臥転ん, 舎らせる, 落ちつきました純粋, 落ち着いたが, 落ち着きそこで, 落ち着きました, 落付いた, 落着い, 葉書が, 著く, 行きよく, 行くつもり, 行ったとき, 行ったの, 行李を, 見える前, 訪ねたの, 訪ねた時, 訪れ或, 謹慎し, 走らせると, 起つたから, 足を, 身を, 転がって, 転がってるよりは, 転げこんだ, 轉げ込む, 辿りついた, 辿りついたの, 退職の, 送って, 送り返して, 逗留した, 通う習慣, 連れて, 遁れ, 遊びに, 運んで, 配達し, 閉ぢ籠つて居る, 陣取って, 陣取り先生, 隠して, 集合し, 音づれた, 顔を, 馬琴の, 黄白を

▼ 下宿~ (389, 11.5%)

8 の二階, の娘 7 の一室 4 であった, のよう, の主婦 3 のお, の四畳半, の女中, の如き, の婆さん, の御飯, の飯

2 [29件] あるきと, があっ, であつ, といふもの, とかアパート, となっ, と大差, などに寄宿, にいた, にごろごろ, にゴロゴロ, に居る, に比し, のやう, の前, の女, の払い, の拂, の横, の看板, の軒, の離室, をし, をやっ, を一緒, を二, を始めた, を始める, を遣る

1 [275件] か, からここ, からそんな, からまだ, からも抛り出されまし, から一高, から下宿屋, から大井町, から抜出し, から早, から毎日毎日, から直ちに, から街, から近く, か何, か共同生活, か牛肉屋, があった, があつ, がある, がなる, がまた, が存, が建てられ, が最善, が本業, が門並, ぐらいな, さえ有る, ずまひ, だが, だけは始め, だったの, だつて, だつて汁ぐらゐ吸, であったら仮令, である, でさ, でしたが, でその, でたった, でなさる事, ではいかん, でもう少し, でもし, でも一ヶ月三圓五十錢, でも初める, でも探さ, で二十年來, で働い, で大学生, で婚礼, で室, で幅, で文化生活, で最後, で極めて, で郷田三郎, といっ, といふまでこそなけれ, とその, とて数人, とはちがっ, ともつかぬ, と同じ, と女将同士, などでは金曜日, などにはよく, などのある, などの主人, などは自然, ならば, なるもの, なん, にい, にいる, にいるある, におい, にこの, にてももしや, にて草稿, にはあんまり, にはいられなくなってる, には万年博士, には既, には東洋人, にもあらず, にも特別, にやり, にゐ, にコロガッ, に下女働き, に下宿, に二人, に今, に休日, に住まっ, に住み, に住もう, に住ん, に友達, に大正震火, に就, に居, に居った, に帰りぬ, に建てた, に戻った, に放火, に於い, に来着, に止宿, に歸つて, に泊って, に移り, に置い, に義雄, に行けり, に賛成, に転, に転じた, に轉居, に部屋, に關係, に陣取つ, のあと取り, のかみさん, のまずい, のむすこ, の一ツ, の一軒, の一間, の三四度, の三階, の上, の下婢, の不味い, の主人, の事, の二階三階, の二階家, の亭主, の人達, の入口, の六畳, の冷たい, の前身, の勘定書, の半分, の台所, の四疊半, の多く, の奥, の女主, の如く, の婢, の学生部屋, の安普請, の客, の家族たち, の小綺麗, の帳場, の庭, の庭先, の廊下, の建物, の恋, の息子, の戸, の戸棚, の押入, の拂ひも出來, の敷居, の有様, の楼上, の炊婦, の牛鍋, の玄関, の瓦斯, の生活, の番号, の神さん, の窓, の老, の若, の若旦那, の荒涼, の薄い穢い, の軒燈, の酒, の階下, の離れ, の電話口, の電話室, の食, の食堂, はこの, はその, はね亡くなられた, はひっそり, は一軒, は五室許, は何軒, は割合, は夜更け, は小規模, は必ず, は思わしくない, は止し, は無い, は男, は監獄, は至極, は荻窪, へでも行く, へと住みかえる, へと自由, へは足, へ住んだ, へ呼び, へ女中奉公, へ尋ね, へ帰る, へ戻り, へ戻る, へ来, へ移つた, へ美校学生, へ行った, までし, も如何様, や又は, や学校, よりもその, らしくないと, らしくなつ, らしく電話番号, をそツ, をのぞい, をやってる, をアパート風, を一軒, を二三軒, を出た, を出る, を営ん, を建てた, を引き払っ, を思い出す, を替え, を決め, を発見, を移り, を移り歩く, を繼, を行っ, を見つけ, を見つけた, を見れ, を訪問, を讓, を退去, を逃げ出す, を通して女中, を遣, を遣つ, を遣ろう, を開業, を食いつめた, ノ女中ニ番頭ニ, 並びに瓦斯燈, 乃至木賃宿, 即ちこの, 泣かせ友達, 荒し麹町

▼ 下宿~ (346, 10.2%)

41 帰って 17 帰った 8 行って 7 帰ったの, 帰ると 5 帰るつもり, 移って 4 帰らずに, 来て, 行つた, 遊びに 3 寄った, 帰ろうと, 移つた, 訪ねて

2 [22件] 一室を, 入って, 出かけて, 初めて移つた, 帰ったが, 帰ってからも, 帰つた, 帰つて来る, 帰ること, 帰るの, 往った, 怪しげな, 戻る, 押かけ, 来た, 移ってから, 行く, 走った, 通って, 連れて, 還って, 部屋を

1 [184件] おいで, お客さんが, かえってからでも, かえりかかった, この国際連盟委員, さそはれ三名, だつて, ちよく, ついた, つけて, とんで, にこにこ笑っ, まいりましてから, またセンティメンタル, もどった, もどって, もどらず素子, もどろうと, やって来た, やって来た時, ゆきたくなる, よって, 一時身を, 二人の, 仕事の, 伯父から, 伺わせるか, 使が, 來て, 來給へ, 出かけたり, 出した葉書, 出て, 出ること, 出る前後, 出入りの, 出掛けて, 午前八時二十分まで, 厄介に, 同寓, 向いて, 向う, 向けた, 和田垣博士を, 回って, 夏を, 女を, 宿ろうとしても, 寄るかも, 寝れまいと, 尋ねて, 尋ね行きぬ, 届けたいと, 帰, 帰える, 帰された, 帰ったら母, 帰った事, 帰った時, 帰ってから, 帰っても, 帰つたのは, 帰つた時の, 帰つて来ました, 帰つて翌日の, 帰つて行きました, 帰つて赤い, 帰りたかった, 帰りました, 帰りましたが, 帰る, 帰るため, 帰るには, 帰るので, 帰るはず, 帰るほど, 帰るまで, 帰る日, 帰る気, 帰る積り, 帰る衣服, 帰る途, 帰れり, 帰れるかしらん, 帰ろうかと, 庭づたいにかけだしていった, 引きかえさねば, 引き移った事, 引き移って, 引き返した, 引越車の, 彼を, 往って, 御きかん, 急いだ, 急ぎました, 戻って, 戻ってから, 戻り小, 戻るまでの, 戻る前, 手紙を, 払って, 拂ふ, 持って, 掛ケ合え, 時々なんとなく遊び, 来たまえと, 来た始め, 来た野村, 来ては, 来られて, 来給, 歩を, 歸つたつ, 歸つたのは, 歸つた濱野さんも, 歸つてから, 歸り, 歸る, 殘し, 泊って, 独りで, 現れた, 現われるよう, 留った, 真直に, 着いた, 私は, 移った, 移ったが, 移ったと, 移ってからは, 移ってからも, 移つたと, 移つてから, 移つてからは, 移つて来た, 移らなければ, 移り住み時々, 移り奥さん, 移るという, 移るやう, 立寄った, 繰り込みました, 置き去りに, 舁ぎ込まれ, 荷物と, 荷物を, 落ちついたが, 行くと, 行くところ, 行くまでの, 行く途中, 行った, 行ったの, 行ったん, 行つたとて, 行つてそこで, 行つてよく, 行つて話す, 見えた時, 見せた一人, 記者を, 訪れ來, 誘いに, 誘はうと, 走って, 走つて帰つて, 赴いたその, 越して, 越しても, 転がり込んだものの, 転げちゃったん, 転送され, 轉居した, 通った, 逢いに, 陣取ること, 電話位は, 顔を, 飛び込んだ, 飛んで, 食事だけ

▼ 下宿~ (282, 8.3%)

19 出た 16 して 13 出て 9 訪ねて 6 出る時 4 出ると, 引き払って, 探しに, 訪れた 3 探して, 見つけて, 訪問した

2 [14件] きれいに, したの, したり, するの, やって, やるといふ, 世話し, 出る, 別々に, 営んで, 引き揚げて, 見るの, 訪うて, 飛び出して

1 [166件] うろついて, お出ましに, お変りなすったら知らせ, かえたらどう, かえました, きめるまでの, さがした, さがして, さがすこと, さして帰つて, さして歩い, さんざん搜, したぎり四年, したら不便, してはと, しても, しようかと, するならまず, するまで, するよし子, する時挨拶, たずねること, たずね思いきって, たたんで, たづねることになつてゐるのですよ, つき止めようと, なすったそう, ねらって, はじめ私は, もとむ, やつて, やろうという, 一度調べた, 一時引き上げなけれ, 一歩も, 上ぞうりの, 世話した, 二室占領し, 他にも, 代えたから, 以前の, 住まいと, 使うこと, 借りるとして, 借りる事, 兼ねた, 兼ねて, 出そうと, 出たが, 出たっきり, 出たつきり, 出たの, 出てから, 出で, 出ました, 出ようが, 出ようと, 出ようとして, 出るとき, 出る二週間, 出る必要, 出ろと, 出果実, 去った, 去る日, 去ろうと, 取ること, 取替へる人, 周旋し, 営んだ, 売り払って, 変えた, 変えたが, 変えて, 変ろう, 変ろうと, 定めてからも, 尋ねた, 尋ねて, 尋ねると, 弁当を, 引きあげて, 引き上げると, 引き払った, 引き払ったの, 引き払った時分, 引き払つて, 引き揚げたであろうが, 引き移らなければ, 引っ越すと, 引上げる, 引払って, 引払つて再び, 引揚げる, 引越しました, 御存じで, 思ひ出すこと, 打通し, 指して, 振り出しに, 捜して, 捜しに, 捜すにも, 探し出すの, 探すと, 換えたこと, 教えて, 教えると, 教へて, 此処に, 気に, 求むる一日本紳士, 求めて, 決めた夜, 決めて, 決めること, 浦上に, 渡り歩く殺風景, 為よう, 燒かれた, 營んで, 物色し, 留守に, 着流しで, 移した, 移したの, 移ること, 立ち出, 立つて, 紹介した, 続けて, 見つけたとは, 見つけ次第, 見る度, 見廻つて, 見舞いに, 見附けて, 訪うた, 訪ねては, 訪ねると, 訪ひ, 訪れたこと, 訪れたので, 訪れる, 訪れ何, 訪問し, 調べたが, 調べた所, 賑かに, 転々し, 転々として, 轉, 辞さうと, 追つ, 追はれ, 追われどこ, 追出されて, 退いて, 逐電です, 選んで, 開いたり, 開業した, 離れて, 音づれた, 飛び出し撞球屋, 飛出して

▼ 下宿~ (167, 4.9%)

60 ていた 39 ている 10 てゐた 9 てゐる 7 て居る 4 て居た 3 てい 2 ていられた, ておる, てゴロゴロ

1 [29件] そのため, ていなすっ, ていまし, ていらっしゃいます, ていらっしゃる, てから雪江さん, てすぐ, てもいい, てもらい, てもろう, て一つ鍋, て三浦, て了, て二年分, て以後, て小説, て居ります, て或, て連日行商, て金, て間もなく, て高等学校, ながら完全, ややもすれば学校, 何とかし, 学校へも, 居たまへ, 居たるが, 食事の

▼ 下宿~ (112, 3.3%)

3 をおく, を置い 2 が出, のため, の一人, の中, の名札, の暮しぶり, の私, の窓, はみな不在, を愛さなかった

1 [86件] あり宿, があったらしく, がいた, がここ, がこんなに, がそれぞれ学校, がやってき, が七八人, が商売人, が暮し, が皆, が自分たち, だけあっ, って訳, で, であった, であらう, であらね, であるところ, でもほとんど, としては高瀬, として捕獲, として置く, とでその, とで生活, となった, と同じ, なぞはありませんでした, になった, には用心, にも振舞ひたい, にマダム, に全部, に対してきわめて, に対してそれ以上, に対して急, に対して払わなけれ, に対する待遇, に貸した, に金, に食べさせる, の, のある, のこと, のなか, のほか, のやう, の世話, の会社員, の夕御飯, の娘, の娘等, の寸法, の所, の目, の親切, の誰, の部屋, の靴, の顔ぶれ, は, はいる, はおれ, ははじめ, はペルシア人, は三人, は主として, は二人, は今皆, は多勢, は大勢, は大抵, は度々, は水戸, は満員, は私ひとり, ばかりが女中, へ朝飯, もいつかなかった, も表, らしい遠慮, らしかった, をおきはじめた, を一人, を置きたい, を置く

▼ 下宿~ (98, 2.9%)

3 暮して 2 あつた, 寝て, 淋しい木屑

1 [89件] あと半年は, いま蒲団が, うけとった, この家, この男, ごろごろし, さぞおなか, しばらく眠っ, だった, つまりモグリ, どうにも, ひどく迷惑, ひらいて, ほかに, よく聞える, スウェデンボルグを, ワグナーの, 一時アナトール, 下宿料も, 仕上げること, 他の, 伸子は, 佐々の, 便利だ, 借りるという, 働いて, 僕は, 兄が, 先ず私, 先生の, 光子が, 出来たもの, 制作する, 取る不味い, 受け取ったの, 受取った, 四十歳での, 夜を, 大事がられる, 学生は, 寛ろいで, 寢て, 小説や, 岸本が, 引っ捕えて, 彼を, 待つて, 徹宵新兵器の, 持て余, 描いて, 放火つぎに, 明笛を, 昼間から, 暮す時, 暮らした, 暮らすこと, 朝晝兼帶の, 机に, 正月を, 死んだこと, 毎晩非常に, 毎朝塩辛い, 毒を, 毛布を, 火を, 牛肉を, 男は, 皿の, 私が, 移ってから, 穢多の, 育てさせる, 自分で, 芋責豆腐責に, 落ち合わねば, 褥を, 見た白い, 話して, 読書会が, 費しては, 辰子の, 迎えられた, 長話を, 閉口した, 随分切り詰めた, 難なく捕えられた, 食った雑煮, 食べた朝食, 食卓を

▼ 下宿~ (87, 2.6%)

2 小官吏, 病院の, 社に

1 [81件] あつた, あるん, いいです, いつもひっそりと, お銀たち, この上, この向う, この娘, すぐに, ずっととまっ, その中間, とくの, どうする, どこでしょう, どっちかと, どの部屋, ないもの, まあ素人下宿, また旧, やめるが, よく知ってる, アジトでした, オペラの, クラマールの, ノーレンドルフの, メーダーベル街の, 一時安倍能成氏や, 一番奥で, 中央線の, 二階の, 伸子たち女づれの, 住居とは, 体裁は, 何処です, 出て, 十町ばかり, 反対に, 君やはり, 土足で, 坂の, 外国人に, 大きい低い天井, 好ましくない, 学生町にも, 実に幾軒, 寒さ, 少なかった, 弁当の, 御馳走が, 成るべく本陣, 昼間も, 晩飯の, 木綿糸の, 末田の, 本郷だ, 本郷台町に, 本郷森川町でも, 東京で, 棟が, 池袋で, 牛込です, 甚だ居心地, 矢張り中学時代の, 知らずして, 破談に, 私何だか, 私立学校の, 私鉄の, 笠原の, 米ヶ袋鍛冶屋前, 菩提樹や, 葉子にも, 見つからなかつた, 見附かつて, 賑やかだ, 部屋毎に, 隣の, 静かな, 飯田町の, 高田馬場で, 高等下宿な

▼ 下宿から~ (71, 2.1%)

2 下宿へ, 出て, 早稲田の, 私の, 電車へ

1 [61件] かばん一つ持っ, こんな所, さ程遠く, できるだけまっすぐに, また出かけ, よく通っ, わざわざ地下電車, シャトレエの, 一年間予備校に, 一歩も, 一歩出た, 三高へ, 下宿を, 下渋谷伊達跡の, 中学の, 五月雨時の, 伴れだし, 借りて, 其処へ, 厚い封書, 厳しい抗議, 四五軒隣り, 天文台の, 姿を, 学校に, 学校へ, 学校までは, 家に, 小学校の, 小石川豐川町へ, 少し奥, 届けて, 年を, 店へ, 弁当を, 急ぎ足で, 放逐された, 新市域, 新橋駅に, 木曜会に, 本郷へ, 来た女, 毎日体操教師として, 知らせて, 自分の, 荷物を, 追い出される時, 追い出すに, 追はれ, 送られた老女, 通った, 通学し, 遊びに, 運ばうと, 遠からぬ, 遠くない, 銀座の, 電車で, 鞄一つ持っ, 風呂屋までは, 飯を

▼ 下宿~ (49, 1.4%)

2 が払えない, だけでも二月分, や紙筆油, を半金

1 [41件] がわかつたら, が三四十円位, が上らなくなる, が入っ, が助かる, が安い, が後払い, が月, が滞っ, が高い, でも借した, と牛乳屋, なんかとうてい, にぶち込ん, の借り, の催促, の十円, の取立, はずっと, は三十五円, は上る, は何とか, は四圓五十錢其上炭油茶等皆別, は持つ, は負ける, もロク, も大変, や其他, をきちんと, をとられ, をふい, を一文, を値切る, を如何, を届け, を払っ, を払ってる, を拂はず, を貰っ, 滞らせたま, 滞らせて

▼ 下宿生活~ (37, 1.1%)

3 をし 2 をする

1 [32件] が不便, が何等, が始まった, が彼, さすの, である, というもの, にしろ, には心底, には縁, にもどる, に対する感情, に慣れ, に戻る, のにおい, の佗びしさに, の匂い, の延長, の慣習, の疲労, の荒れた, の記憶, の間, はもう, は實, も却って, をした, をつづけ, をはじめて, を偲ばせる, を慰め, を永久

▼ 下宿~ (31, 0.9%)

3 ある 2 あった, きまって

1 [24件] あるそう, きたなければ, こんな具合, そうであった, なくて, はっきりわからなかった, はなはだ厭, ほしくなった, もう自分, 三食で, 主だった, 古いフランス流儀, 多かつ, 嫌に, 岸本を, 文太郎の, 浮んで, 眼と, 群鶴館なら, 見付からなかったため, 近いという, 近いの, 門の, 離れて

▼ 下宿には~ (25, 0.7%)

2 書物は

1 [23件] いって, いつた, お鳥, ヴェルサイユ生れの, 今一人同僚の, 今柳という, 何かが, 何一つ岸本, 入らずに, 原口, 大きい庭, 天願氏を, 太田が, 娘が, 客が, 斯う, 方々から, 日本人が, 暫らく国へ, 湯殿が, 独逸の, 眠りに, 高瀬という

▼ 下宿~ (25, 0.7%)

2 を払わない

1 [23件] が二人分, が月四円, が此家, が送られなく, ぐらいは払え, だけはどうしても, にせめられる, に窮する, の仕, は助かる, は敷布類, は滞り, も満足, も貰えなかった, をかせぐ, をはらわない, を出しました, を取っ, を払う, を支払, を渡さんなら, を滞, を滞らせる

▼ 下宿する~ (24, 0.7%)

4 ように 2 ことに, 事に

1 [16件] かも知れません, から送別, がその, くらいの人, なりどう, なんてそんな, にふさわしい, のは, のを, ものにとっては, よいところ, よりいくら, 人が, 前後から, 前後の, 身と

▼ 下宿では~ (24, 0.7%)

2 ない

1 [22件] いつも好ん, いつも朝飯, おかみさんが, こんなにおそく, ないただ, まわりが, キキイの, 主婦も, 半ば引越しの, 古机, 女中に, 室の, 小野さん小野さんと, 政友が, 朝日を, 木曜日の, 毎朝塩ッから, 盜癖の, 穢多が, 衆が, 貸本屋が, 食べること

▼ 下宿した~ (18, 0.5%)

1 [18件] お寺で, がそこ, が其中凉葉, そうです, のが, のは, のも, ような, んだった, 事が, 事も, 人で, 始めよりは, 当座は, 形で, 後二三月に, 百姓の, 若い教員

▼ 下宿まで~ (18, 0.5%)

4 歩いて 2 送って, 那の 1 二三十間ばかりの, 二時間ばかり, 出張し, 子供等を, 是非彼の, 辿りついて, 辿りつくと, 辿り着いた自分, 送りそのまま, 逃げ帰りました

▼ 下宿住居~ (17, 0.5%)

6 をし 2 が東京 1 する兄, する森野敏, でも晩酌, で隣り, に飽き, の心持, の留學生, をする, を點出

▼ 下宿~ (17, 0.5%)

2 へ写本

1 [15件] が宛名, きには, だ, に再び, に初めて, の主婦, の老, は年, へ帰った, へ落ちついた, へ訪問, へ逃げ, をた, を捜査, を探しあてた

▼ 下宿~ (15, 0.4%)

2 いっても

1 [13件] 先の, 入口に, 其周囲, 同番地, 小路ひとつ距て, 引っ越し先との, 思はれるの, 方角の, 旅館へ, 書いた中古, 書いて, 横町とで, 決心し

▼ 下宿人たち~ (15, 0.4%)

1 [15件] が彼, が晩方, が駈け上っ, によって味わわされね, に対する礼儀, のほう, の夕食, はときどき, ははじめ, はみんな, はもう, は父親, は食べる, をなだめる, を追い出す

▼ 下宿でも~ (14, 0.4%)

4 して 1 あればと, いたしましょう, したら好い, するかの, するん, つまらない小説本, 主婦の, 何でも, 探すん, 自分が

▼ 下宿~ (13, 0.4%)

1 [13件] すっかり日本人, せんで, だ, つまらんでね, ない, 各室電燈を, 同じだ, 同じに, 妙な, 学校から, 所謂素人下宿といふ, 近かった, 間数が

▼ 下宿住い~ (12, 0.4%)

2 をした 1 であったし, でした, でしょう宿, と云う, になっ, には馴れ, の均平, はこり, をしたら, をしなけれ

▼ 下宿屋生活~ (10, 0.3%)

1 ではなおさら, でも一度, の模様, はまことに, もいや, より一躍, をし, をする, を却つて, を廃め

▼ 下宿にも~ (9, 0.3%)

1 お酒代, きこえたので, 伴なひ, 兩三度は, 平氣, 旅館にも, 書生の, 這入れぬ, 電話が

▼ 下宿へも~ (9, 0.3%)

1 かせぎに, やって来た, やって来るの, 帰らず其足, 帰れずに, 帰れない現状, 疎くなっ, 行かず革鞄, 行かれないじゃ

▼ 下宿~ (9, 0.3%)

2 食堂の 1 でしたから, アパートを, 住居にては, 洗濯屋の, 渡世は, 渡世も, 風情の

▼ 下宿させ~ (8, 0.2%)

1 ていた, ておいた, てくださった, てし, てもらっ, てゐる, て居る, 夫婦で

▼ 下宿營業~ (8, 0.2%)

2 に携 1 といふやう, に從事, に自分, に苦しんだ, に飽いた, も亦

▼ 下宿~ (7, 0.2%)

31 からお, からネ先生, とは思いませんでした, なと思

▼ 下宿してる~ (6, 0.2%)

2 家の 1 のじゃ, のも, 家と, 男を

▼ 下宿とは~ (6, 0.2%)

1 つい近く, ほとんど一丁, 全然様子, 思ひつかなかつた, 比較に, 違つて手綺麗な

▼ 下宿へは~ (6, 0.2%)

1 いる路, まだ帰らず, 出さなかったの, 岸本は, 帰りたくない, 戻らなかった

▼ 下宿屋住居~ (6, 0.2%)

2 を半分 1 でそうそう, で女学生, の人, も不自由

▼ 下宿での~ (5, 0.1%)

1 たのしみの, 仕度ときたら, 同居生活だけは, 日に, 自分女という

▼ 下宿にでも~ (5, 0.1%)

2 いるよう 1 ゐるやう, 公然と, 問い合わせて

▼ 下宿時代~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 からの深い, から家庭生活時代, に遊び

▼ 下宿といふ~ (4, 0.1%)

3 のは 1 奴で

▼ 下宿人達~ (4, 0.1%)

1 に私, の心, の証言, も調べ

▼ 下宿~ (4, 0.1%)

3 ひを 1 ひ正月

▼ 下宿住まい~ (4, 0.1%)

2 をする 1 ではとかく, の独身者

▼ 下宿からは~ (3, 0.1%)

1 さしあたり必要, ずいぶん遠かっ, 神泉苑も

▼ 下宿~ (3, 0.1%)

1 あの焼跡, がし, へあれ

▼ 下宿しよう~ (3, 0.1%)

1 か, かと思った, と騒いだ

▼ 下宿であった~ (3, 0.1%)

1 がその, が歌, のだ

▼ 下宿である~ (3, 0.1%)

1 が, ことは, んだ

▼ 下宿という~ (3, 0.1%)

1 のは, のも, ものは

▼ 下宿とも~ (3, 0.1%)

1 つかない大まか, 見えなかった, 趣を

▼ 下宿らしい~ (3, 0.1%)

1 ものは, 下宿は, 日々が

▼ 下宿屋住~ (3, 0.1%)

2 ひに 1 ひを

▼ 下宿屋街~ (3, 0.1%)

1 の路地, の露地, を歩い

▼ 下宿~ (3, 0.1%)

1 などを始める, などを營む事, を営み

▼ 下宿~ (2, 0.1%)

1 何か, 安料理屋

▼ 下宿さし~ (2, 0.1%)

1 ておく, て散々

▼ 下宿したい~ (2, 0.1%)

1 という日本, という話

▼ 下宿したて~ (2, 0.1%)

2 にはしばしば

▼ 下宿したら~ (2, 0.1%)

1 下宿代は, 面白いや

▼ 下宿じゃ~ (2, 0.1%)

1 いけませんか, ない

▼ 下宿じゅう~ (2, 0.1%)

1 の人間, の同情

▼ 下宿~ (2, 0.1%)

1 んだ, んです

▼ 下宿なり~ (2, 0.1%)

1 間借りなり, 間借りを

▼ 下宿につれて~ (2, 0.1%)

1 来たこと, 来たので

▼ 下宿へと~ (2, 0.1%)

2 歩いて

▼ 下宿までの~ (2, 0.1%)

1 僅か四五町の, 暗い路上

▼ 下宿らしく~ (2, 0.1%)

1 なくって, 何ひとつ一昨日と

▼ 下宿人一同~ (2, 0.1%)

1 という札, も俄

▼ 下宿~ (2, 0.1%)

1 の一廓, は井伏さん

▼ 下宿西城館~ (2, 0.1%)

2 の厚意

▼ 下宿豊明館~ (2, 0.1%)

2 の黒い低い

▼ 下宿近く~ (2, 0.1%)

1 なった時, 来た頃

▼1* [103件]

下宿あたりでマクロン, 下宿かと聞くと, 下宿からの借物で, 下宿からもでて, 下宿ぐらしといっ, 下宿さえつき止めて, 下宿さきへ帰った, 下宿させたとしたら, 下宿させられてから幾分, 下宿させるのが, 下宿するなら遠方が, 下宿せしかば余は, 下宿せしめても僅か, 下宿せる大学の, 下宿だけでなく日本大使館, 下宿だけはキチンとして, 下宿つていつたいどこ, 下宿でありきたりの関係, 下宿でっか心当たりも, 下宿でもと考えながらも, 下宿といった風の, 下宿とか何とか看板, 下宿とかいうことに, 下宿としては眺めも, 下宿とでも言うの, 下宿なさるんです, 下宿なすツて, 下宿なすったそうです, 下宿なぞを教え, 下宿などに閉じ籠って, 下宿などをしてると, 下宿なんかで育てたくないと, 下宿において冷たい暗い乾ききった, 下宿における慰めなき, 下宿についても何の, 下宿にて吹くは, 下宿にとまつたこと, 下宿にばかり引ツ込ん, 下宿にまで及んで, 下宿への土産として, 下宿ほど無趣味な, 下宿までさう遠く, 下宿までは可なり, 下宿やへ移りて, 下宿より何となく派手, 下宿ルドウィクのその, 下宿三階造の館, 下宿上条にいた, 下宿にする, 下宿人仲間まで揃っ, 下宿人共が羨まし, 下宿人払底の世の中, 下宿人等と一緒, 下宿人金岡先生を相手, 下宿以上になる, 下宿住いこれも善良ムヒ, 下宿住い同様であって, 下宿住ひもして, 下宿住まいこのごろは人, 下宿住所謂る半夜燈前十年事, 下宿兼旅館の石段, 下宿出来るところと, 下宿友達の心, 下宿和島屋某へ著, 下宿の多く, 下宿屋あたりの春秋, 下宿屋さんだつて聞い, 下宿屋ぢやすぐ, 下宿屋つてありやあ, 下宿屋中にてだれ, 下宿屋住いの諸, 下宿屋住まいでしたが, 下宿屋全部の部屋, 下宿屋営業の急激, 下宿屋宗教団体学生倶楽部を中心, 下宿屋家業までさして, 下宿屋専業とはなり, 下宿屋数十軒を持っ, 下宿屋料理を小言, 下宿屋日当りのいい, 下宿屋書生であつ, 下宿屋渡世の朝夕, 下宿屋田村の玄關, 下宿屋當時のやう, 下宿屋秋元の二階, 下宿屋通りへ折れ, 下宿屋鈴木に移つた當座, 下宿屋飲食店あとは, 下宿彼らのいわゆる, 下宿の自分, 下宿或は貸間を, 下宿に入る, 下宿探しというべく, 下宿料十五円家へいくらか, 下宿料月額六円を払っ, 下宿時代私の所, 下宿暮しをする, 下宿森栖氏専用の押入中, 下宿程度だらうと, 下宿行きをやめる, 下宿部屋みたいです, 下宿の家, 下宿駒込片町の荒物屋