青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下し~ ~下す 下す~ ~下っ 下っ~ ~下り 下り~ ~下る 下る~ ~下女
下女~
~下宿 下宿~ ~下手 下手~ ~下手人 下手人~ 下男~ ~下駄 下駄~ 不便~

「下女~」 2535, 27ppm, 4264位

▼ 下女~ (1004, 39.6%)

65 お六 33 お徳, お竹 28 お仲 26 お角 19 お崎 18 お兼, お米 16 お作, お友 15 お今, お富, お新 14 お文 13 お信, お萬, お近 12 お吉, お喜代, お梅, お榮 11 お元 10 お民, お稻 9 お伊曾, お淺, お源, お百, お鐵 8 お光, お咲, お直, お若 7 お夏, お早, お照, お石 6 お大, お市, お猪野, お菊, お道, お駒 5 お粂, お越

4 [16件] お三, お安, お寅, お松の, お滝, お濱, お町, お留, お福, お秋, お種, お組, 持って, 杉が, 言葉を, 顔を

3 [14件] お久, お富さん, お時, お曾根婆さん, お杉, お村, お松が, お松に, お金は, お鈴, お霜, 後から, 袈裟治は, 話を

2 [31件] お仙が, お友さん, お常, お曾根, お松を, お篠, お紺, お辰, お高, お鶴, やうに, ように, 一人が, 働き者らし, 声が, 声で, 声である, 声に, 姿も, 方を, 替る家, 末に, 癖に, 竹が, 詞を, 話に, 話は, 部屋の, 顏を, 顔に, 髪の毛を

1 [236件] いうごとくかれが, いう事, いる前, おかん, おこう, おさめが, おさめで, おさめに, おはま, おます, おみね, お世辞, お仙は, お伝, お作一人, お信さん, お光さ, お初, お初で, お初は, お初を, お北, お卷, お友くら, お友位, お安が門前, お安さん, お山と, お崎ぢ, お幾, お徳の, お房, お新さ, お春, お松だ, お松だけは, お松で, お松でした, お松でも, お松と, お松といふ, お松などに, お松手代の, お清, お由利, お米さん, お米出, お臍, お萩に, お金か, お金が, お金と, お金も, お鍋も, お鯉, きよこれきよや, きよに, きりやうも, くれた沢山, ことで, ことまでは, ことを, しいた床, しらせで, ちょいと, であろうか, であろうかと, とで二人前, と別当の, なか, ほうは, また浅木さん, みわは, も一つ殘ら, やうな, ストライキまで, ツルは, ペンと, 上ずつ, 不人情なる, 不行届其れ, 丸き赭面, 九人暮らしで, 事, 事だ, 事です, 云った通り, 人望を, 人望をさえ, 仕事を, 代りに, 代わりに, 位地に, 体を, 何とか言, 何んとか, 使う鏡台, 傭聘を, 働いて, 初やと, 判切した, 前に, 勧めた布団, 取扱法を, 取次ぎの, 取次に, 取締りの, 口から, 口です, 口は, 口を, 口善悪ない, 古下駄, 名, 名は, 名も, 名を, 名前を, 呼ぶ声, 命を, 四人あちこちに, 四人暮しである, 報告に, 境遇を, 声では, 声を, 外には, 外へ, 室に, 家は, 宿下り見まする, 寝床に, 寝部屋, 小女を, 尻を, 年給が, 廊下を, 役だ, 役一人は, 後ろから, 後ろ姿を, 心づけ, 意見まで, 所為にて, 手で, 手に, 手伝いを, 手伝も, 手傳も, 手前さる, 担任であった, 持ち扱つて, 持つて, 振り落し, 方で, 方でございます, 方は, 方へ, 暖かそう, 末と, 松に, 松めが, 果まで, 柔かい肉, 案内で, 案内にて, 梅と, 様な, 様に, 正は, 歩く姿, 歯軋りを, 泣声の, 溜りの, 熱心は, 物語にて, 産み棄てた, 異様な, 盗み笑いを, 真赤に, 眼元に, 知つて居る, 立出ずる時お, 竹に, 竹は, 笑い声に, 笑い声も, 符丁は, 米と, 系統に, 給金は, 美顔水を, 考えでは, 聴いてること, 背中に, 背後に, 自分にまで, 舞踏, 若いの, 蒲団が, 袈裟治, 袈裟治が, 袈裟治に, 襟髮を, 親許へ, 観を, 観察を, 言ひ, 言葉です, 言葉と, 言葉の, 話しに, 話の, 説明を, 貌を, 買って, 趣きを, 足音が, 身の上に, 身許は, 返事が, 迷惑を, 遅いの, 部屋に, 部屋へ, 部屋を, 青い顏, 面より, 顏までが, 顔, 顔とを, 顔は, 顔へ, 首が, 首の, 髪の毛が

▼ 下女~ (353, 13.9%)

12 来て 8 茶を 5 膳を 4 一人 3 はいって, 台所で, 火を, 雨戸を

2 [20件] ついて, 三尺の, 三本目の, 二人お, 二人それに, 使に, 出た, 出て, 前掛, 取次に, 夕方締めた, 大きな声, 好い香, 帰って, 床を, 持って, 浴衣を, 盆を, 買物にでも, 風邪でも

1 [272件] あった, ある御, ある晩, あわてながら, いきなり来, いたから, いないからね, いなければ, いふ, いようとは, いる, うっかりし, うつかりと, おきるなと, お寺で, お茶を, お釜, かえって恨めしく, き, こ, このへや, これは, これを, さげて, さまざまに, しきりと, しきりに論判, すこしメカシ, そう云った, そこへ, その赤ん坊, その部屋, そろえて, たった一人, たてたと, ちゃんと控え, ちよいと, どうしても言, どちらから, どんなに驚いた, にやにや笑っ, にわかに泣き出した, まいって, またし, またやって来, また出, また殆, また第, まだ何, むしり取るの, むやみに, もうお客様, やってきて, やつて, ボコンと, ヤリテンボウな, ランプを, 一人これは, 一人これも, 一人だ, 一人と, 一人クラリクラリと, 一人出前持の, 一人更ける, 一人板の間の, 一人私と, 一応御, 一緒に, 一通の, 三人前の, 三人飯炊きが, 三和土の, 上って, 下から, 下女でなくなった, 下男と, 不在だ, 両手を, 主人公として, 乱暴に, 二人, 二人お山といふ, 二人これが, 二人ゐる, 二人一人は, 二人下男が, 二人居る, 二人年寄の, 二人店には, 二人附い, 二度目に, 二重人格を, 二階の, 二階へ, 云ったわね, 井戸端へ, 今上手, 今日も, 今頃自分の, 何かに, 何とかさま, 何を, 來て, 便所に, 俎の, 俎板の, 修羅の, 傭われて, 冷かした, 勝手の, 勤まる訳, 去った後, 取次する, 可哀そうだ, 台所へ, 吾輩が, 呼びに, 善意に, 喜んで, 囁いた, 四階の, 夕飯の, 多いが, 夜おそく, 大なる, 女部屋, 宗吉を, 客間に, 宿帳を, 封書を, 小娘を, 居た, 居たさ, 居ないからね, 居りましたよ, 居る, 居るだらう, 居るん, 巧かった, 帰つて来, 幅を, 平たい大きな, 幼児の, 店先で, 待兼ねた, 御誂, 御飯はと, 御飯はという, 心得て, 思った通り, 急ぎ足に, 急に, 怪訝な, 慌しく階子段, 房州へ, 手を, 承知すれ, 持ち出す大きな, 持て来る文二通, 持出す西洋皿, 持込む岡持, 掃除を, 教えたので, 教へ, 新しき料理, 新聞を, 旅の, 日中風邪の, 是を, 暇を, 更紗の, 有松屋と, 朝日を, 朝起しに, 来た, 来る, 来ると, 松平神社の, 枕頭へ, 案内し, 案内に, 案内を, 極く, 檐端の, 欠を, 次の間に, 歸る, 死んで, 毎朝お, 水を, 没趣味だ, 油紙に, 泣いて, 泣きながら, 泥棒の, 溜息を, 炊事を, 焚きつけはじめて, 焚付けて, 無くては, 煙草盆へ, 物に, 物立台を, 現われたには, 疑わしかった, 皆勤まらなかつた, 皿の, 盆の, 目つけ, 目を, 磨いて, 礼に, 私に, 私の, 突然笑い出した, 立てた禁呪ぢ, 第二, 答えた, 箒を, 細君の, 結って, 給金の, 置いて, 聞く, 腹を, 自分の, 花前さんの, 若旦那に, 茶の間の, 薄暗い豆ランプ, 薬取りから, 蚊帳を, 衣桁へ, 袖を, 裏の, 裸身を, 襖を, 襖越に, 見える, 見つけて, 見付けて, 言つた, 言つてゐた, 言訳を, 話した, 話しを, 誂えた水菓子, 論語を, 谷村さんの, 谷村さんを, 豆腐を, 買って, 起きて, 起き出たらしい, 返事を, 退がりきり, 這入つたので, 連れて, 運んで, 邪魔に, 部屋の, 釜や, 長火鉢の, 障子を, 非常に, 鞄を, 顫え, 風呂の, 飛び出して, 麦と, 鼻唄で, 鼾を

▼ 下女~ (236, 9.3%)

3 何の

2 [13件] こう云っ, どうした, まだ裏, 今まで, 何とも, 台所の, 変な, 手を, 新しい一人, 笑って, 遂に出, 驚いて, 黙って

1 [207件] あくまでも, あの通り鬼, あるが, あれが, いたに, いったんこう云った, いつ気, いないらしい, いよいよしとやか, うなずいて, おせっかいにも, お上さんが, お勝手, お松と, お淋しから, お越一人切り, お軽, かえって来ない, かえって澄まし, ことりとも, これは, さああれ, さいわいに, さっき湯に, さつと顔, したまでが, すぐ敷居際, すぐ果物籃, その時, その関係, それが, それでも分, それでも黙っ, それほど早い, そんな事, たしかに小野さん, ただ, ただ三度, ただ自分達, だいいちに, ちょっと出迎えた, ちょっと見, とんだこと, どうしていい, どこへ, どっかへ, なかなか来ない, にやにや笑う, ふたを, また, またげらげら, また失望, また面白, みんな京都弁を, みんな温泉宿へ, もう休んだ, もと由緒, やがてスープ皿, よくお, ガラスの, ハツと, フライの, マタルスの, ランプに, 一人おります, 一片の, 一番懸け離れた, 下女で, 不思議に, 中年近い醜い, 二人しか, 二人とも, 二十五六の, 互ひ, 人から, 人形でも, 仲働に, 伊東の, 何か, 何かに, 何にも, 何も, 何んと, 何事かと, 何心なく, 余の, 余を, 使わないという, 優しげ, 先へ, 先刻洗濯石鹸を, 其を, 単純で, 又河童, 取り合わずに, 口惜しそう, 古風な, 台所から, 台所へ, 合点の, 名前を, 吾輩を, 告げた, 唯此返事一つ, 国事の, 塀の, 壁一重隔てた, 外部から, 夜つ, 大きな声, 大に, 失望した, 奧へ, 奴隷である, 妙な, 妻の, 妻君の, 始めて, 婆あに, 室を, 小猫, 居たれど, 帰ったよう, 座蒲団を, 庭の, 彼が, 彼の, 心得貌に, 思ひの, 急ぎ家に, 急に, 悪き事, 悪るいところ, 成丈け, 手當てを, 敬太郎の, 新館とか, 日が, 日本に, 暗い中, 暗闇で, 更に向う, 朝と, 朝の, 末の, 板の間に, 校長と, 格子の, 横眼で, 油差を, 泣き声あげ, 津田の, 涙乍らに, 湯に, 無愛想に, 無暗に, 無神経に, 無言の, 無邪気に, 片すみで, 田舎者とて, 異彩を, 目の, 直径一尺五寸も, 睡ったまま, 私の, 私よりも, 私を, 立ちながら, 立ち際に, 笑い出した, 笑ってる, 笑声を, 答えました, 答える代り, 箔付の, 細君に, 縞も, 耳を, 肥後訛りの, 胸の, 自分で, 自分より, 艀の, 芋を, 花前さんを, 茶の間で, 莞爾, 薩摩芋の, 行燈を, 襷を, 西洋皿に, 訝げに, 谷村さんの, 運わるく, 重吉の, 野良野良と, 錢形を, 長く奉公, 階下に, 障子の, 障子を, 隱し切れません, 駄目という, 高々水, 高笑し, 龍の

▼ 下女~ (181, 7.1%)

9 命じて 6 聞いて 4 任せて

2 [12件] して, しては, 不審を, 云いつけて, 住込ませ, 成る物, 手を, 案内を, 渡した, 茶でも, 言いつけて, 訊くと

1 [138件] あげ娘, あの美しい, あらず, いひのこし心, いひました, かかった, かしずかれて, かしずかれ情愛, からかって, からかってる, きくと, こう聞いた, させて, しかと訓戒, すぐ, それを, なって, なつた, なつたり, なりとも, なる, まかせて, まだ御所柿, むかう, やったら, よりて, 一切まかせ, 一年三両の, 与えても, 二三度無駄足を, 二十銭やった, 云いつける用, 云った, 云ふと, 云われて, 云附け, 交つて膳拵などの, 似合は, 使うの, 俥を, 出られては, 出る生まれ, 分る訳, 別品は, 取かえさしめ, 取次いだ, 取次がせると, 受け取らして, 名刺を, 向った, 向って, 吩咐けて, 味噌汁を, 命じた, 命ずるを, 変な, 奥の, 孕ませて, 巡査は, 市場から, 布を, 床を, 庭男に, 思い切りの, 悟られるの, 戸締りを, 手伝は, 手傳つて雜巾掛を, 手傳は, 手打饂飩や, 手渡すと, 打たせて, 払う一年一両, 拵えさせましょう, 指図し, 指圖を, 挨拶を, 教ゆるも, 新しい洋燈, 有るかい, 来て, 案内させ, 案内され, 残して, 気の毒であった, 浴衣を, 渡して, 濡手拭を, 産ませた上総介忠輝, 申し付けて, 留守居を, 當つて見た, 知らせるの, 結婚を, 給仕を, 老婆に, 聞いたらもう, 聞きなほそれ, 聞くと, 聞くの, 聲を, 背負われて, 膳を, 至るまで, 行くといふ, 行逢い, 見せた, 見られた, 見張られ乍ら逃げ, 言ひふくめ, 言ひ付け, 訊いた, 訊かれれば, 訊きました, 話しかけた, 話して, 話すと, 説明し, 議論を, 讓つてお, 負われて, 買わせても, 買物させる, 近付, 追ひ廻されりや世話, 逢つた切りだ, 逢わないよう, 金を, 釜の, 雇うと, 雇つた水呑百姓の, 響かなかった, 頼みて, 頼んで, 風呂場へ, 風呂敷包みを, 魚を, 鼻薬を

▼ 下女~ (159, 6.3%)

19 呼んで 11 相手に 8 連れて 3 して, 使って, 呼ぶと, 呼んだ 2 一人連れ, 伴れ, 取り替えること, 呼び出して, 孕ませた事, 憚かる, 残して, 起して

1 [93件] お世話申しあげました, してを, その弟, つとめそこ, つとめて, つれて, とらえて, やった, やつて, よんで, わざわざ寄こし, ハシタという, 一々取調べた, 一人伴れ, 一人使っ, 一人使つて下宿を, 一人手傳に, 一人連れさせ, 三人目の, 二人召連れ, 使いこなすかが, 使いに, 使つた, 使に, 側へ, 先へ, 入れて, 前に, 労わる情, 口説いて, 叩き起して, 叱った, 叱り飛ばして, 合はせ, 呼ばないで, 呼び入れて, 呼び寄せるため, 呼び起すまでも, 呼ぶ, 呼ぶ声, 呼ぶ電気釦, 呼んだり, 呼止め, 啖い殺した, 嘲弄つてゐる, 夜だけ, 妻に, 尻目に, 差配の, 悪みそ, 懲らすため, 拜んで, 持って, 捨てて, 探して, 次へ, 殘し, 殺しかけた, 殺した極悪, 殺そうと, 気の毒がらし, 泊りに, 泣かした父, 減らした, 演劇に, 現して, 睨みつけました, 篠山に, 絞殺し, 置かなくなった, 置き, 葛西の, 薬取りに, 見たなり, 見たのみ, 見つけて, 親戚に, 調べて, 起こさせ囲炉裏, 起した, 起してまで, 起しに, 起す位, 返そうと, 追い退けるよう, 追窮し, 逃げた, 雇いて, 雇うこと, 雇っても, 雇ふつもりなら, 顧み, 顧みる

▼ 下女~ (63, 2.5%)

3 一緒に 2 名づけて, 張物を, 徇れ, 話した

1 [52件] おぼしき女, お思い, お明かし下され, お糸, しえたと, それからお, それから日本橋, たった二人ぎり, たつた二人, なって, みだらな, 一しょに, 一所にな, 下男と, 下男へ, 世間では, 並べて敷いた, 主従二人暮しでした, 二人の, 二階に, 云う醜婦, 云つても, 云ふ, 云や, 仲が, 出來, 同じに, 四人暮しで, 娘の, 婆やの, 子どもとに, 小僧の, 小僧を, 弟とが, 感付いた, 戯れて, 殆ど同時に覚され, 母の, 泡を, 現れ, 相撲を, 相談し, 祖母とを, 羽根を, 言つても, 車屋に, 車屋ばかりで, 違って, 門前に, 頭取の, 頻に, 飯焚婆の

▼ 下女~ (58, 2.3%)

4 下男も 2 来て, 留守だ

1 [50件] いずれも, おかず六畳, おさよひとり, おり書生, さぞ寂しかろ, そう申し, そこへ, そこらには, その心, それぞれ反物を, とうとう真に受け出し, なかった, はいって, ふらふらと, もう前, やむを得んと, ゐるの, 一人暇を, 丁稚も, 不平らしい, 不幸に, 仕度を, 側に, 其だ, 兼ねて, 出た, 出る, 危難を, 堅い奴, 奥さんと, 子守も, 小僧も, 居るし, 帰って, 悉く入れ, 感付い, 暗い中の間, 気を, 涙を, 煩わさずに, 知らなかった, 祇王と, 置かずに, 行く, 言葉を, 起き出さないで, 連れなかった, 遣わぬ母刀自, 雇は, 飯炊きも

▼ 下女下男~ (34, 1.3%)

2 を使っ, を使つた祖母, を多く

1 [28件] から親兄弟, から軽蔑, から飼犬, がある, が主人, それからお前, とも申されませぬ, などと一緒, などの間, などを呼出し, にどんな, にも人物様々, にソレ膳, に入れない, に至る, に雑用, の居間, の教育, の預り, はとりどり, までが父親, までが親切, まで弟, よりは吝嗇, を召使, を宜, を置く, 迄も胸

▼ 下女~ (28, 1.1%)

2 仲に, 六の, 文お

1 [22件] さよに, さよの話に, ちゃこ駕籠舁き, 久下男彦八長助権介伊介の, 仲で, 仲でしょう, 倉といふ, 光と, 孃さんは, 徳に, 徳は, 徳らは, 新の, 滝その, 直の, 石と, 竹と, 篠下男作松内弟子鳩谷小八郎を, 米, 米宮野辺源次郎, 鈴の, 駒が

▼ 下女奉公~ (26, 1.0%)

3 をし 2 でもし

1 [21件] かお, か別荘番, がこの世, が一ばん, する人達, であるから, として年, とまで身, と同じ, にあがっ, になぞ住み込ん, にまで出, にまで出る, に住み込ん, に出, に出た, に来た, に行っ, の口, はし, をする

▼ 下女から~ (20, 0.8%)

1 [20件] ある所, 何んか, 出世した, 外にでも, 妾の, 必要な, 思ひ付いて, 振り出したん, 支度料の, 教えて, 発達した, 聞いて, 聴かされた時, 聽いた, 自分の, 見ると, 言われたこと, 酒場の, 食事の, 驚かされたの

▼ 下女部屋~ (18, 0.7%)

3 の戸 2 で御, の入口

1 [11件] から勝手, と順に, にいる, に引き下がっ, の方, の紙, の障子, へ引き取った, へ忍ん, を覗い, を覗く

▼ 下女~ (17, 0.7%)

1 [17件] あつたあい, あらうと, いいなら, お品さん, まだ精, シドニーという, 井戸へ, 人を, 今年二十一に, 以前の, 十能に, 旨く令嬢姿, 父と, 碓の, 私の, 足りないから, 遣手という

▼ 下女一人~ (17, 0.7%)

2 を使つて

1 [15件] じゃ不用心, だけ, で無用心, といふ暮し, とで作男, になる, のところ, の四人暮らし, の細君, は房州者, をつれ手, を使っ, を雇っ, 眠り朋輩, 置かないん

▼ 下女代り~ (17, 0.7%)

6 に働い 3 にコキ使 1 にこき, によく, に使つて, に働かされ, に兄, に先生, に連れ, の女

▼ 下女~ (13, 0.5%)

1 [13件] お針では, 下男の, 下男や, 主婦から, 仲働きが, 何かの, 増山の, 子供や, 小僧も, 小僧や, 番頭は, 端女の, 近所の

▼ 下女ども~ (11, 0.4%)

1 [11件] から笑われる, がぞろぞろ, にも口, の主人, はいとし, はこの, はそれ, は平次, をも軽蔑, を監督, 大いに驚き用心

▼ 下女~ (9, 0.4%)

2 何ぞの 1 お孃さん, 何か, 何かに, 何かの, 娘などに, 留守番は, 誰かを

▼ 下女~ (9, 0.4%)

1 か仲働, が下女, けれど古く, それに, つた母親から, つて一と, という, と靨, 今ごろ何

▼ 下女たち~ (8, 0.3%)

1 では用, と一緒, の憎むべき, の見, はやるせない, までそんなふうに, を洋室, を相手

▼ 下女同様~ (7, 0.3%)

2 に追使われ 1 な風, にただ, に取り扱う, に朝, に水仕事

▼ 下女さえ~ (6, 0.2%)

1 いない時, いなければ, さびしさに, 使って, 吃驚した, 顔を

▼ 下女にも~ (6, 0.2%)

1 そっと訊い, 劣る, 卒直な尋ね, 暇を, 解って, 酒肴が

▼ 下女~ (6, 0.2%)

5 樣に 1 樣の

▼ 下女では~ (5, 0.2%)

1 あらで, どうも喰い足りない, ない, なくて, 夜の

▼ 下女でも~ (5, 0.2%)

1 ないと, 何んでも, 使つて樂隱居し, 書生でも, 置いたら少し

▼ 下女などは~ (5, 0.2%)

1 三月とも, 之を, 休ませやう, 皆この, 置いて

▼ 下女には~ (5, 0.2%)

1 奥様と, 奧樣と, 惜いと, 打つて, 相吉

▼ 下女まで~ (5, 0.2%)

1 いっせいにふしぎ, からかいます, そう呼び慣れ, そこへ, 十幾人固唾を

▼ 下女だけ~ (4, 0.2%)

1 あって, であった, でかれら, でございます

▼ 下女とが~ (4, 0.2%)

1 出たり, 汲み替えて, 細い流れ, 話を

▼ 下女とともに~ (4, 0.2%)

1 この屋敷, 中川家の, 台所へ, 材料品を

▼ 下女とは~ (4, 0.2%)

1 その声, 即死です, 庭に, 縁が

▼ 下女などが~ (4, 0.2%)

1 折角さび, 泥坊と, 目を, 花聟の

▼ 下女にまで~ (4, 0.2%)

1 必死の, 甘く見られ, 笑われるくらい, 馬鹿に

▼ 下女二人~ (4, 0.2%)

1 であったが, と小僧, は別, 若黨

▼ 下女です~ (3, 0.1%)

1 と云う, ね, よ

▼ 下女と共に~ (3, 0.1%)

1 一種異様の, 働らいた, 大きな食卓

▼ 下女などの~ (3, 0.1%)

1 寝て, 話に, 顔を

▼ 下女にでも~ (3, 0.1%)

1 使って, 張らしたらよかろ, 行けと

▼ 下女までが~ (3, 0.1%)

1 准奏任の, 半蔵と, 食道楽に

▼ 下女までも~ (3, 0.1%)

1 互いに顔, 悪態を, 目を

▼ 下女より~ (3, 0.1%)

1 よっぽどすれ, 外に, 猫の

▼ 下女~ (3, 0.1%)

1 と共に四, の無作法, までが大

▼ 下女あがり~ (2, 0.1%)

1 などとは當時, の妾

▼ 下女だけに~ (2, 0.1%)

1 なるもの, 馬鹿叮嚀な

▼ 下女つかふ~ (2, 0.1%)

2 人も

▼ 下女であった~ (2, 0.1%)

1 のにお萩, 今の

▼ 下女といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, ものが

▼ 下女とに~ (2, 0.1%)

2 送られて

▼ 下女とを~ (2, 0.1%)

1 かわるがわる手伝い, 伴い急ぎ

▼ 下女なぞが~ (2, 0.1%)

1 思ひの, 高いプラタアヌ

▼ 下女なぞは~ (2, 0.1%)

1 裏口まで, 頭巾を

▼ 下女など~ (2, 0.1%)

1 召使ふ, 数多付き添わせ

▼ 下女などに~ (2, 0.1%)

1 手伝わせて, 身を

▼ 下女なる~ (2, 0.1%)

2 ペンに

▼ 下女~ (2, 0.1%)

1 やったもの, 話して

▼ 下女まかせ~ (2, 0.1%)

1 にはし, には出来ない

▼ 下女~ (2, 0.1%)

1 が夕飯, の粗相

▼ 下女やら~ (2, 0.1%)

2 庭掃き

▼ 下女らしい~ (2, 0.1%)

1 女に, 女を

▼ 下女下男奉公~ (2, 0.1%)

2 するもの

▼ 下女下男子守~ (2, 0.1%)

1 の雇, 或ひ

▼ 下女~ (2, 0.1%)

1 の返事, の食物

▼ 下女代はり~ (2, 0.1%)

1 に追廻され, を致し

▼ 下女端女~ (2, 0.1%)

1 はなまじ, は言

▼ 下女~ (2, 0.1%)

1 は店, までまた

▼ 下女~ (2, 0.1%)

1 と交つて, は自分

▼1* [104件]

下女あのお新, 下女おますというの, 下女かも知れない, 下女からの復聞だ, 下女からも訊くこと, 下女がはいつて, 下女しかいない彼ら, 下女じゃあるまいし, 下女あ違う, 下女たりしが, 下女だけが泣いて, 下女だけで留守を, 下女だけは仮寝でも, 下女だったのです, 下女だてらに長い, 下女やア, 下女でしてな, 下女でしたから右門, 下女でなくてお, 下女としてこれから先幾年, 下女としての彼女であった, 下女としてはコゼットが, 下女とで静かに, 下女との仕事が, 下女とも下男とも, 下女とやらに習った節, 下女ども種々の物, 下女どんは一所, 下女なしの家, 下女などには容易に, 下女などを使つた覺え, 下女なりいずれに, 下女なりとの意味を, 下女なんてものは, 下女になつて用人の, 下女にやらむとすれど下女辭し, 下女に対して叔父は, 下女に対しても昔とは, 下女のみならず世間多く, 下女のみにて手廻り兼ぬる, 下女はじめ一家中の空想, 下女はとつくに, 下女ばかりがしたたかに, 下女ひとりで中間ら, 下女よろしくと云う, 下女スミツカリを拵, 下女一人僕一人の四人暮らし, 下女一人外使うて, 下女一人小僧一人を相手, 下女一人帳場の背後, 下女一人猫の子一匹, 下女一人飯炊き一人置かずに, 下女一同の口, 下女丁稚五人連れにて過ぎゆく, 下女下人にかぎらず, 下女下男出入小作の者, 下女下男小僧平次とガラツ八, 下女下男数十人をやしなっ, 下女下男数多召使う身分, 下女下男等数多召使い何暗からず, 下女二人雇女五六人男達七八人いづれも, 下女にでも使, 下女代わりに来, 下女任せだといふ, 下女何心なく中川家, 下女働きをし, 下女が口々, 下女勝て多言く, 下女又は知って, 下女同然に賄わせ使い, 下女唯一人帳場に据, 下女国家の用役, 下女塩原間抜一人とぢ, 下女夜鷹とその, 下女女中お小間使, 下女が奥, 下女婢ども妨げになりし, 下女の隅, 下女小僧の境遇, 下女小女の出入り, 下女座敷の真中, 下女心配で堪らず, 下女恋等の題目, 下女に持つ, 下女払底の折, 下女探してるって話しだ, 下女て父母帰り玉, 下女松葉杖を手, 下女残らずの雇い人たち, 下女なすべて, 下女皆玄関に出, 下女皆玄關に出, 下女を打ち, 下女細君あれがそんな, 下女薬局の輩, 下女西桜島村武当時市内池之上町講道学舎付近居住新助長女坂上ツル, 下女見たいに何年越し滅茶, 下女詮方なさ, 下女輩多忙で自分, 下女して, 下女迄が私の, 下女部屋左に六畳, 下女風情に甘く, 下女麦酒の泡