青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「テ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ズボン~ セ~ ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ ッ~ ~ツ ツ~ ツイ~
テ~
~テーブル テーブル~ ト~ トランク~ トン~ ~ドア ドア~ ドイツ~ ドン~ ナイフ~

「テ~」 1057, 10ppm, 10834位

▼ テ~ (42, 4.0%)

3 ニ擬ス

1 [39件] ガタメニ長大息セザルナシ矣と, ガ為メ正論ヲ, ト離別シ且既ニ不, ニ名ク, ニ報ユルニ惨, ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学ヲ, ニ武器ヲ, ニ當ツルハ地理甚違ヘリ, レニ名ヅク, レニ応ズ又, レヲ, レヲ用ウルコト少, ヲ云ヘバ或, ヲ使用スル者, ヲ否マズ, ヲ問フノ外ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人ヲ, ヲ図セシメザルヲ得ズ是レ大, ヲ國家ニ集中シ國家ノ, ヲ園ニ培養セザルヲ得ズ又, ヲ大成シ此ニ日本植物誌ヲ, ヲ守ルモノナリ, ヲ市有トス, ヲ市有トスルモノナリ, ヲ承, ヲ済ス必ズヤ此ニ幾十載, ヲ照セハ, ヲ称スルノミ永久百世, ヲ箝提スト, ヲ考フレバ少, ヲ聴カズ随テ願訴スレバ随テ之, ヲ能ク成セリ, ヲ行フベキナリ其之ヲ, ヲ観レバ忙ハ人生, ヲ観レバ支那ハサテ置キ我邦ホド古物ヲ, ヲ返, ヲ遇ス, ヲ頭上ニ加フベシ, ヲ飾ル, ヲ験スベキナリ又

▼ テ~ (13, 1.2%)

1 [13件] カラ慰セント, カラ此諸州ヲ, ラ, ラ千古寸心ノ, ラ君臣又, ラ嘲, ラ埋, ラ娯ム, ラ平生, ラ焼クナリ, ラ現役年限ノ, ラ警ム, ラ身ヲ

▼ テ~ (12, 1.1%)

1 [12件] ザルモノアリ, ザル所ナリト, ザル所ロナリ, タカッタノダロウ白ノブラウスニブリューニ銀ノラメガ繍イ込ンデアルセーターヲ着テイル, タラ三島ニ近, タラ二重ガコイニシテ厳重ニ拵エタ故, ナイ振, ヌ振, ルデス, ルト, ルモノアリ得テ見, ロト云ウカラ出

▼ テ~ (9, 0.9%)

3 ないでしょう 1 たびたび用いた, ない, ないの, ないよ, ない傷物, ねえぜ

▼ テ~ (8, 0.8%)

1 ニ至ル, ノ低級ナル所謂文明國民, ハソノ株ガホカニモ出来テ一向, ハ印度ニテ見, ヤ西太平洋ニ出航セントセルモハワイ根拠地ノ, ヤ解カレル一歩前ニアリ折角ノ, 国字ヲ, 尚

▼ テ~ (8, 0.8%)

1 ナルモノアリ茎ノワタリ七寸孔中ニ乾青魚二ツヲ, ニコレヲ異, ニ巨閣高楼ヲ, ニ恥ヅベキ者ナラズヤ是レ之, ニ驚キ蹶起スルモ及バズ, 也桐, 殺戮ヲ, 禁ヲ

▼ テねずみ~ (7, 0.7%)

1 が, がもう, のことば, ははなし, はまた, はむつかしい, は紙切れ

▼ テ~ (7, 0.7%)

1 ノ保護者, ノ分配, ノ実無, ノ扶養, ノ消費セル所, ノ生, ノ生長ト共ニ參政權

▼ テ~ (6, 0.6%)

1 ノ上ニ立ツ者, ノ忙, ノ性理ヲ論ジ, ノ父母タルモノ, ヲ待タズ而シテ人生寿, ヲ誤

▼ テ~ (6, 0.6%)

1 加療中ノ, 受取申薩屋鋪ニ所置仕度何卒よろしく, 壮健ニ御座ナサレ賀シ奉, 尽力下サレツツアル事ヲ, 支配ヨリオンミツヲ以テ世間ヲ, 覽アリ實ニ奇ト云フベシ

▼ テ~ (5, 0.5%)

1 ないこと, 別が, 字の, 詩が, 部

▼ テ~ (5, 0.5%)

1 ハ退却或, モ失敗ト云ウヨウナコトガアッテハ困, 消息ヲ, 生産方針ニ干, 祖先代々ノ

▼ テ國家~ (5, 0.5%)

1 ノ保護ニヨル, ノ所有ニ納付セシムル所以, ノ物價調節ハ一絲紊レズ整然トシテ行ハルベシ, ノ經濟的統一, ノ經營ニ移スベシ

▼ テ~ (5, 0.5%)

1 の華厳滝, ノ十分ニ安意シタル所, ノ大学企図, ノ革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立, ヲ亡ボス也

▼ テ~ (5, 0.5%)

1 シノ費用ナラソレダケッテコトハナイデショウマダ餘分ガアルデショウ, スト云ッタラソレニ反対シタジャナイカ, ニ斎藤某, ニ範圍狹シトナス勿レ, ニ結実スルニ至ル

▼ テ~ (5, 0.5%)

21 参宮人ニ銭ヲ, 品ヲ, 大名ニ奉公ニ出デ

▼ テ~ (4, 0.4%)

1 ソノ愚轍ヲアエテ趁ワントスルトハ, ナサケナキ風俗也, 甚ダ惜マズ, 腐朽シ別

▼ テ~ (4, 0.4%)

1 をぬく, ニ済時ノ, ノ徴兵ニヨリテ斯ル軍國主義者, 國

▼ テ~ (4, 0.4%)

1 ッタカラデアロウ, ッタラシイ, リイロイロ, ル

▼ テ~ (4, 0.4%)

1 ヲ干, ヲ得, ヲ成サント欲シ, ヲ標ハス

▼ テ~ (4, 0.4%)

4

▼ テ~ (4, 0.4%)

1 余リ有リ, 存スト凡詩詠ニ言フ所ノ, 我レ刄ヲ, 未ダ解ケザルナリ

▼ テお前~ (3, 0.3%)

1 どんなもん, もよっぽど, 折角掏

▼ テ~ (3, 0.3%)

1 ク近代的, 國, 篇

▼ テ~ (3, 0.3%)

3 ニ法律ヲ

▼ テ~ (3, 0.3%)

1 リ, リ吉田城ニ押送シ妻児ヲ, レリト考フル如キハ齒牙ニ足ラザル淺慮

▼ テ~ (3, 0.3%)

1 ハ懈, ハ老親ヲ, ハ違背スル勿レ

▼ テ支那~ (3, 0.3%)

1 ノ半両, ヲ保全シツツ, ヲ分割スル者

▼ テ~ (3, 0.3%)

1 トスル處ナレハ偏鄙偏屈ナリトイヘトモ潔キ意地アツテ恥ヲ, トナス, 國ヲ

▼ テ~ (3, 0.3%)

2 ヲ降 1 ヲ澄スニ足リ

▼ テ~ (3, 0.3%)

1 は大嫌いサ, も今, 始終気

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ないこと, 大切

▼ テぼろい~ (2, 0.2%)

1 な, 商売や

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 なくこの, 左樣の

▼ テもう~ (2, 0.2%)

1 一ぺんあの, 一ぺん言う

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 いつも用いる, 曝すさ

▼ テ一身~ (2, 0.2%)

1 ノ幸福, ヲ以テ利害

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ノ高飛車, ヲ喜バス所以デアルコトヲ心得テイル

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ァ後で, ヲ紀ス

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ヲ害スルナク身, ヲ成スアリ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 うもこれ, ヲ書イテモ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ノ眼, ノ顔色

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ナル實驗ト後ナル淵源ヲ, 世紀ニ續出シタル舊キ哲人等ノ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 對ニ國民生活, 巻ス白色ニシテ微

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 其, 別ニ利益配當ヲ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 一ナル罪惡ヲ, 樣ナルニハアラズ

▼ テ四海~ (2, 0.2%)

2 ヲ呑ム

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ノ子, ヲ保ツニ足ル

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 テイタ, 直シニカヽル

▼ テ將來~ (2, 0.2%)

1 半世紀一世紀間ハ現代, 大領土

▼ テ彼等~ (2, 0.2%)

1 ノ獨占ヨリ奪取スル開戰, ノ鋭気

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 シク団ク味ハ甜シ救飢ニシ根ヲ, シク尖

▼ テ憂悶手足~ (2, 0.2%)

2 ヲ措クニ処ナシ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 リテ乞ヒ求ルニ銭帛ヲ, ンサイ

▼ テ東西文明~ (2, 0.2%)

1 ノ融合, ノ融合時代ト云フ

▼ テ東魚~ (2, 0.2%)

2 ヲ食ウ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 東西比利亞, 東西比利亞濠洲等ヲ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ノ改造後, ノ改造組織

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 クシテ僅ニ有ル者ナリ, 月謝教科書給付中食

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ナラン凡ソ一物ヲ, 民族ヲ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 壞ノ, 程

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 一国立銀行ヲ, 二ノタンポヲ叩キ朱ヲ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 くそれ, クソ

▼ テ英語~ (2, 0.2%)

1 ノ直, ヲ全

▼ テ血族其他ニ~ (2, 0.2%)

2 贈與シ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ヲ踰エ法ヲ犯シテ, ヲ踰エ法ヲ犯シテ鳳駕ニ

▼ テ退~ (2, 0.2%)

1 ク, 食

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ヲカネテ夜半ニ此前, ヲ悪

▼ テ遺憾~ (2, 0.2%)

1 多ク, 無シトス可シ

▼ テ~ (2, 0.2%)

1 ラント欲スルモノハ財ヲ, ルヤ久シ

▼1* [780件]

≪霙フルナカノ永遠ノ明日≫, テあっさり言われたら困りまっ, テあとがよく, テありゃ男が, テあるもんかと, テあれへんわ, テいう方が, テええことと, テ小づかい貰う, テかめへん, テけれども夫に, テことだが, テこないしたらええ, テょってやがる, テ飯も, テそれなれば, テそンナン無茶やぜ, テたしかなるたより, テだからして, テだらしがねえ, テよんで, テというのが, テないいや, テどこを探したら, テどっちがです, テア, テなあ溝部, テなぜ道が, テなどがねずみ会議員だ, テかかったらバロン, テねずみはぶるるっと, テややこしいとこや, テやるその証コ, テわっはっはっは, テイロイロ世上, テイロイロト奉公ヲシタガウチガナイ故浅草, テイロイロニ云ウカラ許シテヤッタラ大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, テえッえッえッえへへ, テウーイ女なんテ, テオレニ云ウニハ今度友達ガ寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, テゲス俗顔ノ眼ニ, テコノシーツノ上ニ仰向, テソノママ富貴ヲ望ムナラバ, テソノ才智ヲ計, テソノ骨ヲ埋, テたッ, テツント鼻ヲ天井ニ, テヅカだね, テヅカシヨウイチあッそれ, テテッ砲だぞ, テテテッ砲だぞ, テテ天下は広し, テトックリ味噌つめるより, テドノヨウニ倹約ヲシテ勤メテモ三十年ハ借金ヲ抜クニカカル, テヌ, テマヅ今生ノ対面コソ悦シケレ, テヨセ加持ヲ始メヨウトスル時, テ一タヒ米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝ヲ獲, テ一タビ之ヲ開ク, テ一体どんな良心, テ一先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, テ一切ヲ高下セントスル現代マデノ惡徳, テ一向ニ御用モタサズシテ困, テ一夜ノ主, テ一家ノ生活, テ一律ニ國家ノ養育及ビ教育, テ一言モ聖人ヲ誹謗セズ, テ一部ヲ祝ヒテ終ヘタレバ, テ一郷ノ洽厚, テ一隊ヲ作リ一客来レバ隊中当番ノ一婢出, テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, テ三峰山ヨリモ古ク, テ三年後ニ取得シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, テ上人ニ謝シ兼テ自ラ, テの関ニ帰ル, テ相似, テ不忠ノ名, テ不法過多ナル所有者ノ存在スルコトニ革命的理論, テ不義ナリシ如ク廣漠不毛ノ西比利亞, テヘバ必ズ急, テ且ツ久シ性極テ肥, テノ雅流ニ告グ, テ世用ヲ希ヒシガソノ才, テ世界ヲ支配スベキ運命, テ世界列強ガ戰爭ヲ開始セントスルトキ悉ク自他, テ世間ヲ聞糺スカラ, テトナス心ト事ト是ナリ解剖試験比較記載ヨリ以テ凡百ノコトニ至テ皆一トシテ此心, テノ狼藉, テ中止イタシ候尚秋船, テ主客倶ニ啜ルコト一碗, テ之から未だ, テ九坪乃至十五坪, テ予メ之ヲ許可シ居リタルモノト認ムベキハ条理上, テデサル事有トテ, テ二三ノ従游スルモノト相謀リ諸家, テ二國ガ亦同, テ二段ノ加算, テ云々ト故ニ此国ニ来ラバ先ヅ其事件云々, テ云ウニハオマエガオ入リニハ, テ云ウニハ孫一郎ガフシダラ故ニ, テ云ハン事ヲモキヽ, テ云フニハ旭川モ七師団ガ出来旭川町モ出来テアイヌノ土地ガナクナリ是カラアイヌノ子孫ガ多クナレバ土地ガ不足ニナル, テ互市ヲ乞フ, テ五葷ト為シ各同ジカラズト雖ドモ, テ五葷ト為シ仏家ハ大蒜小蒜, テ京師ヲ去, テ亭主ハいかう浮気ニ成リ給ヘリトテ, テ人心ヲ蕩ハシ, テ今日ニ用フベキ者ヲ求ムレバ, テ仏蘭西ノ, テ仕様がない, テ他意アルコト無シ後, テ令聞ヲ祖考ニ加フルコト能ハズ, テ以テ時ニ或ハ書説ニ, テ以テ片鱗ヲ存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適, テ以テ物ニ克ツノ義ニ取ル, テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, テ以テ神ヲ降, テ以テ黄色ヲ染ム, テ以来ハ親類同様ニシテクレトイウテカラ両人ガ起請文ヲ壱通ズツヨコシタ, テ慕ノ, テ仲街ノ衰勢, テ伽藍ニ渉登シ高歌狂乱シテ信者, テ佐野槌屋ヲ取, テ何処からや, テ何等カ不穩矯激ナル者, テ何處からや, テノ上人ニオケルヤ交情, テ余ガ一閲ヲ請フ, テ供給ヲ仰, テ身ヲ, テ俄ニ急デアル, テ信仰ノ自由, テ修養ニ享樂ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, テ倍ソノ蹟ヲ珍トス矣, テ借財ヲ為シ以テ一家, テ假令國外出征中ノ現役將卒ト雖モ何等, テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事ヲ證スルノミ, テ偽作者ニ対シテ訴訟ノ提起, テ傍ニ向フ六弁長サ四寸許弁, テ傘ニ代テ暴雨ヲ防グ, テ傲遊スル者豈翅ニ蕩子冶郎, テ働クヲ兄弟火花ヲチラシ, テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, テ先ズ論ハ無益ダカラ手前ハ自分ノ前, テ先ツ一地ヲ諏訪神境ノ内ニ相シ愛宕, テ先ヅ此ノ三, テ先帝ノ遺, テ先方の人, テ先生ヲ目ス, テ先緒ヲ, テ光ルノガ目立ッタソレト云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, テ公事ヲ堕スルハ先君, テ公儀ヲ憚ラザル致方, テ公命ニ答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, テ公権ヲ犯ス者ニシテ固擅殺, テ公知ニ属スルヲ以テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, テ公私ノ生産業ニ雇傭セラルル者, テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, テ其レヲ室内, テ其レガ左傾スルニセヨ右傾スルニセヨ前世紀的頭腦ヨリスル是非善惡ニ對シテ應答, テ其レガ高利貸ニヨルト忠實ナル勞働ニヨルトヲ考査セズシテ等シク守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, テ其レヲモ廢止スルガ故ニ, テ其党ノ議定シタル偽法, テ其処を旨く, テ其国ニ居リ人ト交テ気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, テ其奸邪曲策ヲ弄セントスル者ノミ, テ其家近ク成タルガ如シトヨメル歟, テ其實驗ヲ表, テ其形状亦變スルガ如シ, テ其數ヲ増スヲ得其版圖ノ鋭利ナル, テ其業ト為シ一世ヲ睥睨スル者世其人ニ, テ其源由ヲ推ス上ニ, テ其状ヲ模シ尽スコト能ハズ此ニ於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精, テ其理ヲ討セザレバナリ, テ其病ヲ看, テ其等ヲ有, テ其罪ヲ遁レントスル為メナリ, テ其裁判ハ悉ク情理ヲ尽シタルモノト謂ハザル可カラズ, テ其親戚朋友ヲ伐, テ其長サ三四尺ニ至ル其需用亦彼ニ, テ典膳めは道了塚, テ内チニテ鳴ル時, テ内外ノ区別ヲ立ツルハ笑フ, テ内景臟腑ノ結構, テ凡ソ國家ノ盛衰ハ, テ凡テヲ事業家ノ公共的動機ニ, テ凶天ヲ知ル, テ出ヅルコト猶ホ狸首ガ隙, テ分レ遂ニ封建ノ治, テ切レヌ人ハ好キナダケヒラガナヲ書ケバヨイ, テ切要トスベシ既ニ園ヲ設クレバ則チ磁盆鋤鍬, テメテヨリ以来四十九年, テ初更ニ到レバ月天ニ, テ別個ノ意味ニ於テ加罰スル者ナリ, テ利器原料ノ主要ナルモノトナス時代, テ利害ヲ計, テ利己其者ハ不義ニ非ズシテ他, テ利得ヲ爲ス者ハ家屋其者ヨリ, テルベカラズ, テ刺青いうたらまとも, テ刻下教育ノ須要ニ応ジ一ハ以テ日常生計, テ前日府中ニ触レアッテ此度双方勝負, テ剣法ヲ学ビ夜間就眠スル時ノ外ハ剣, テヲ待ツ, テ労働者農民ヲ搾取シ, テ効果的ナンダガ接吻ノ場合, テヲ観, テ勝様ハ三匁五分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, テ勞働スル者ハ此限リニ非ズ, テ勞働的株主ヲ併存セシムルコトハ内容的根本的ニ, テ十万ノ寄手ト野戦, テ十時ニ解散スル今カラ浜作ヘイラッシャレバ, テ千金ノ重, テ南方ヨリ北方ニ向ヒシ事更ニ, テ印度文明ノ密封セラレタル寶庫トシテ, テ印度獨立ノ援護, テチ結果ト源因トヲ相結ビ合ハス, テ即日天下ニ愛犬令ヲ下, テ参ケレバ世ニ頼モシクコソ隠シ置, テ参高霊位大相居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, テ及ブベキ所ニ非ズ, テ只管御歎願申上ゲル次第ニ候得バ, テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, テ然奉, テ可ト為シコレヲ慫慂ス, テ可討留物ヲ残リ, テ右手ヲ挙テ摘ミ, テ号シテ家鬼ト敬イ四時牛馬ヲ屠, テ各人ノ所有權, テ吉兆ニ到着マダ時刻ガ早過, テ同時ニ宮中ノ廓清, テ名一時ニ動クモノ, テノ明, テヲ救フベキ権力, テ吾ガ国ニ臨ムモノアラバ神風トナツテ之ヲ禦グベシト, テ吾ガ言ヲ聴クト聴カザルトハ吾ガ敢テ問フ所ロニ, テ吾人ノ心情, テ唯野蠻ノ一種族ニ關スト速斷スル勿レ, テ問フ所ロニ非ズ, テ善惡賢愚ノ差別アルナリ, テ善結果ヲ招キ, テ喜ブ門前古寺ニ通ズルヲ, テ單ニ手數料ノ徴収ニ止ム, テ四人デ食卓, テ四条通ノ南側, テ四海同胞皆是仏子ノ天道, テ四海同胞皆是佛子ノ天道, テ回転ス如シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, テ団結シ相倚リ相扶ケ, テルトイウカラ引受ケテ片ヲ, テ国内ヲ悩マスニ至ルベシ, テ国家ヲ保護ス, テ国政ヲ議スルノ権ハ, テ國人ヲ服セシヨリシテ, テ國威ヲ發揚セシハ歴史, テ國家ハ別途其, テ國家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, テ國有トシテ國家ノ經營スベキ土地, テ國民タル常道常識ヲ教育セラルル者, テ國民教育ノ終了トスルハ國民個々, テ國民教育期間中ニ世界的常識ヲ得, テ國民的人權ヲ有, テ國運ヲ隆盛ナラシメン, テ國際語トセント決議セシ程, テ土中ニ埋メバ, テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, テ土地民有制ヲ取, テ東京外国人ヲ, テヲ堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼, テス, テ執心ナキガ故ニ九界, テノ浸, テ墨子衢ニ泣ケリ之ニ教ルニ道ヲ以テスレバ, テ声明書ヲ発表ス, テ大切ダ播磨様ダトヌカシテ一人前払ッテオレハ蓮台デ越シ, テ大家鉅匠ト為シ小詩, テ大河原ノ駅ニ宿ス, テ大竹が云ウニハ一パイ飲メトイウカラ, テ大義ヲ天下ニ伸ベントス, テ天下は広し, テ天皇ハ第一期, テと晝間, テ夫ニ殉死スルコトヲ天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, テ奈良ニ行キ東大寺新薬師寺, テ如此キノ悲境ニ陥ラシメテ省ミルナキモノ, テ妄ニ害ヲ加ヘントスル為メナリ, テ妄リニ生滅ヲ見, テ始テ善惡賢愚ノ差別アルナリ, テ始メテ明カニスルヲ得ベキハ勿論ナリ, テ始メヲナス所以ニシテ之ヲ名, テ姦通罪ヲ檢擧セザル原則ニ, テ子佐佐木四郎高綱密カニ養育シテアリシヲ後高綱世ヲ恨ミ申ス事アツテ, テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, テ存立スルコトハ各其, テ学理ヲ強行ス, テ孰カ能ク之ヲ爭ハン, テ學術ヲ應用セシヤ盖シ, テヲ辞シテ郷ニ, テ宝器什物ノ有, テ家屋ト為ズシテ書ヲ友トナスノ益ニシテ, テ家来モ六ツカシク大心配ヲシテ, テヲ為シ難シ, テ容クルニアラスヤ然ラハ帝國, テ密航者ヲ発見ス, テ富豪タルト同シ, テ富貴ヲ望ムニ, テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為御安行, テ小ヨリ大ニ至リタル者タル可レバナリ, テ小国城主右馬頭頼之馬上七騎ニテ宮, テ小越川ニ到ル, テシク田畠ニ散布スレバ虫害ヲ, テ尺寸ヲ長, テ居タ段々参詣モ, テ居タカラ近附ニナッタガ, テ居タカラ是カラハオレガ威勢ヲ見, テ居タガ少シモ苦労ヲカケマイトイウ書附, テ居タソレカラ講中ガ段々来, テ居ロト云ウカラ行ッタガソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ無カッタ, テ屋根ヲ葺キタルガ, テ屬邦タルベカラズ又植民地タルベカラズ, テ山東洋ニ問フテ曰ク我君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, テ山林高隠, テ岐叉多ク刺モ, テ岩流小次郎ト仕合致スベキ由, テ左褄ヲ取, テ己レガ任トナスといひ, テ巴ト為ス巴モ亦蕉, テ帝國國防ノ如何, テヲ遣, テヲ織, テ帰レリ両別当ヨリ指出セル守札, テ帰京後同処小林区署山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花, テ帳面ヲ出, テ常盤橋ニテ明後日狐バクチガ有ルカラオレニ一ショニ行ッテクレロ是ハ千両バクチ故ニ, テ平団ナラシメ而シテ青栢葉ニ盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, テ平民ヲ蹴, テ平等普通ニ衆議院議員ノ被, テ幸イニ病魔ノ退散, テ廣ク之ヲ小, テ彼此親睦事変ヲ生, テ彼等ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ逃レテ和蘭, テ径路東西ヘ亘ル, テニモ戦ヒ有リト思ヒ急, テ後世ニ益スルナシ是レ書ヲ以テ我, テ後日何等カノ命令アルマデハ本件ニ関シ, テ後日結写文飾ヲ加ル者ニ勝リ, テ後進ヲ奨励スルハワガ職ナリ, テ後顧ノ憂, テ徐徐ニ之レ, テ従者困憊シ程限, テ得ベカラズ歳月ヲ以テ, テ徴集スル所以ハ現時大資本家, テ心了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, テ心了セザルコトヲ私は若い, テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, テ必ズヤ心ニ喜悦ヲ禁ジ得ナイデアロウ, テ忙ニ交ハル可シ, テ念ト為サザルニ在ラズンバアラズ, テ思想ノ自由信仰, テ急追攻撃セシメタルモ天暗ク敵影, テレ入, テ恰モ百萬圓ヲ貯蓄シタル結果ヨリ, テ悉ク己ノ心ニ得タリト為シ独ダ一ニ書, テ悉ク心理的法則ニ背反セルコトハ英語ヲ譯シ漢文, テ悉ク此等ヲ賠償スル時ハ, テ悲鳴ヲ上ゲテ, テ惟ミレハ聖皇都ヲ關東ニ遷シ給ヒテヨリ惠, テ惟ルニ政府当局ヲシテ能ク其責ヲ竭サシメ, テ惟ルニ陛下不世出ノ資, テ惡模倣ヨリ蝉脱シテ其ノ本, テ愈々練熟ヲ, テヲ行フベシ, テ愛情コマヤカナリシ時代ニハソンナ風ダッタデアロウガ今デハソウデモナサソウデアル, テ懇談シ斯ク暴政, テ疑ヲ解クニ足ラズ解, テ我カ帝國ヲ觀ルニ, テ我ガ王世子ト定ム, テ我人民ヲ制伏セント欲シ徒党ヲ結テ其党, テ我国ニ送リタリ, テ我国人ヲ捕, テ我州民ヲ殺害スルトモ, テ我無上の娯楽トナスノ外敢テ富貴, テ我諸州ヲ抑圧セリ, テ戰ヒシ英米ヲ見, テ戰後ニ於ケル利權設定等ノ禍因, テ所思ヲ告白シテ是, テ所有權ニ伴フ權利トシテ賠償ヲ得, テに入れた, テ拒絶セラルル理由ヲ発見シ得ザルモノナリ, テ招魂ニ当ツ, テ掌ニ握リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果, テ侮ヲ以テス, テリ之, テ収シタル時ハ灰乾シトシ又, テ搗爛シ雄黄鹿頭血, テ支那保全主義ヲ堅持スル日本ハ彼トノ衝突ニ於テ, テ支那製ラシイ牡丹ノ刺繍, テ改メテ期ヲ速, テ改造サルベキ社會組織亦人性, テ放心逸楽快, テ放火ノ自由殺人, テ政所ト為ス可, テ故国ヲ逃レテ和蘭, テ教エルノデソノ人ニ就イテ去風流, テ敢テ此大業ニ当リ, テズ, テ散歩トスルモ宜シ, テノ二ニ応ズル所也, テ敵ニ向ヒ, テ敵城へ赴カレシ忠志, テヲ朗廬阪谷先生ニ学ブ, テ文局ノ右ニ置タリ, テ文郁ヲ送, テ断然之ヲ, テ断獄ノ際, テ斯ル例ノ他, テ理, テ新陳代謝シ四方ヨリ風ヲ臨ンデ集リ来レルモノ, テ既ニ然リ, テ既知遺跡實踐ノ案内トシ, テヲ消, テ日々入用ノモノハ通帳ガ弟子ヨリヨコシテアルカラ只買ッテ遣ウシ, テ日ニ其業ニ従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極, テ日新ノ教育, テ日日晒乾シ皺ムヲ待テ内チニテ鳴ル時, テ日本ノ健康體ナルコトニ, テ日本ガ國家ノ權利トシテ主張スルヲ非議スル者アラン, テ日本人ト同一ナル生活權利ノ各, テ日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, テ日本帝國ヲ契約ニヨリテ組織シタル者ト一考セシコトモナシ, テ日本武尊当郡最高, テ日鮮ノ融合ガ試ミラルルニアラズ, テヲ待ツ, テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名ノ影響, テ明示スルニ至リテハ実ニ, テヲ学ババ大過ナカルベシ, テ昭君漢ヲ慕フノ心, テデ牧野様ガ, テ是ト揆ヲ一ニセサルモノ果シテ幾何カアル, テ是レヲ可能ナラシムル幾多, テ是等学生ヲシテ安シテ学ヲ励マシムルハ刻下, テ時ニ或ハ書説ニ, テ晩飯ヲ喰ッテ帰ロウジャナイカ, テ暴雨ヲ防グ, テ曰ウ蜀ハ龍ヲ得, テ曰ク何スレゾ其レ然ルヤ, テ曰ク初秋大風雨ノ傷ル所トナリ, テ曰ク我ニシテ彼幼者ニ問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, テ書生ノ面目, テ曾撰ノ二首ト, テモ強劇ノ, テ最善ヲ尽ス可キ旨, テ最第一トナス, テ最高ク湖面不断ニ光ヲ発シ水水銀ヲ湛フガ如シ, テ有力ナルノミナラズ人類學上益スル所又决シテ, テ望ムラクハ聖明矜察ヲ垂レ給ワン事, テ望ムラクハ陛下深仁, テ望ム所ニ非ズト雖ドモ, テ朝廷ニ奉リ, テ期ス戸外香ニ停マルノ騎, テ木桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, テダ全, テ未來ニ於テ善結果ヲ招キ, テ本文ニ詳記シ且別紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, テ本藩ヲ脱, テ本誌ハ為メニ蘇生シ今後続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺, テ本邦今日日新学術, テ本願ハ援用立像ヲ以テ拒絶セラルル理由, テヲ銀座街ニ曳ク, テ条約改正の様, テ来タトコロデアッタガ僕ノ五六間前, テ来タノデアルカソレトモ僕ノ見, テ来タ商店ノ前, テ来タ母ハ予ノ記憶ニアル, テ来タ銚子ニテ足ガ痛ンダカラ勘次ヲ上総房州, テ来テ教エルノデソノ人ニ就イテ去風流, テ来ルッテ云ッテマシタカラ固ク止メテアルンデス, テ枕席ヲ薦ム, テ染メ黄金ヲ作スベシ, テヲ飾リ, テ構めへん, テ様子ヲ探, テ樂ム可キガ若キ者ハ世ニ其匹, テ次件ヲ布告ス, テ欧洲政学ノ要, テ歐洲大陸ト比シ本邦ヲ以テ英國ニ比シ, テハ愈, テ正確ニシテ従フベキト為サズ反覆討尋其正ヲ得, テ正義ヲ逸ス, テ此大業ニ当リ, テ此席ニ臨ミ聊カ拙辭, テ此心ヲシテ恒ニ放逸散離セシメザレバ一睹スル者此ニ瞭然一閲スル者此ニ粲, テ此種ノ普通名トナサント欲スルナリ, テ歩スル数十弓忽チ見ル一楼上人影紙障ニ, テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, テ殘虐ナル一方ヲ處罰スベシ, テ毎日毎日ケイコヲシテイタガ所詮ココニ長ク居テモツマラヌ, テ比較スルモ惺窩羅山闇齋ノ程朱ハ, テ民ヲ化スヲ本, テ気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, テデ濡レテイルガーゼノ肌着, テ汝等ヲ左, テ江戸ニ下向再ビ錦旗ニ抵抗致サントシタル段重々不埒, テ去ス, テ沼波利久佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, テ法典ノ実施ニ反抗セントスル者アル, テ流行性脳脊髄膜炎ト診断船中ニ於テ御加療中, テ海上ニ在ルガ, テ海軍力ノ躍進的準備, テヲ掩フニ遑ナシ, テク念願シ其後聖, テ渓流ヲ引キテ田畝, テ游ビ後ニ贄, テ十五年, テヲ取, テ滅多に闇, テ滋養價値等ヲ云々シテ眞, テ漱石當時排悶ノ一詩, テク保全ヲ, テ逸ガ然, テ炎炎ヲ救フニ, テ点閲ヲ乞ヒ, テ無事ノ時モ州内ニ常備兵, テ無償ヲ以テ國家ニ納付セシム, テ無学な奴, テ無為涅槃之部ニ至ランニハ如カジ, テリ, テ食フ之レヲ, テヲ連レテ帰ッタガ, テ爰元ヘ参居シ, テ片鱗ヲ存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適, テ牌ニ編ミテ舟ヲ作り, テ物ニ克ツノ義ニ取ル, テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, テ狂暴悖戻, テ独リ吾レヲ肥サントス, テ独立ヲ固執スルノデハアルガ, テ独立シ英国ト交ヲ絶チ, テ独立国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, テ健在ナリ, テ獨逸ヲ亡ボシ英國, テルモノナリ, テ珈琲の味, テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, テ班揚ニ比ス七齡思ヒ即チ壮, テ現御神トシ且日本国民ヲ以テ他, テ現行法律ニ保護ヲ求ムルヲ得ズ, テイモノハ食イ次第ニシテ一生女郎ハ好, テ生ズト雖ドモ亦種植スベシ, テ生ズ之レヲ掘, テ生産ヲ營ム後者, テ甲ト乙トハ同種族ノモノナリトハ云フ能ハズ, テ甲ハ乙ノ後裔ナリトハ云フ能ハズ, テ甲山ニ入リテ大薬, テ申シ分ナイト云ウ大兄ガ返事ヲ見, テ申入候近年婚礼相済ミ候者水振廻, テ男姓ヲ凌ガムトスル処カアルモ, テ男子的ニ反省シ改過スベシ, テ異常ナル勢力ヲ保有シオリ, テ癖説ナリト疑フ者アレドモ, テ仮ニ民舎ニ館ス, テ盛大富強ヲ致ス能ハザル知ル可キノミ, テ相似ズといったよう, テ相属ス蜉蝣ヲ天地ニ寄ス, テ相済ウベクイタズラニソノ勇ヲノミ恃ムベカラズ, テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, テニ権威アルト云フベシ, テ知ラズ識ラズ其本分ヲ盡ス者ナリ, テ知ルト云事スクナクタトヘ知ルトイヘトモ江水ノ流, テ知ル可ラザルノ説ヲ信ジテ以テ悉ク己, テ知ル可ラズ誤未, テ知徳ノ啓発ニ資スルヲ以テ要旨トス, テ知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, テシテ不可食六七月, テ確乎タル地歩ヲ占メルニ至リ, テ確實ナル所有權ヲ設定サルルコトハ國民的人權ナリトス, テヲシロ, テ祖宗ノ治業大仁, テ祝意ヲ陳述セサル, テ秀世又ハ細川主税正義, テ私情ニ拘ハリ公義, テ私慾ヲ恣ニセントスル意味, テ私有財産限度ノ規定ニヨル, テ移住民ノ祖先, テ稍ク二三ノ楼ヲ営ム, テ稽古ヲシテソノ後デ方々, テ穏ナラズ宜シク改正, テ空キ苔ヲ払フ山風, テ突然予ニ跳リカヽッタ, テ立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, テノ如ク末ハ開テ, テ篠田トイウ外科ヲ地主ガ呼ン, テ米国ノ放送, テ米國ヲ脅威シテ, テ精微ナル理ヲ穿鑿スル, テ精算ノコト, テニ命ジテ続, テ約諾ス然, テ納付シタルモノニ無之候間右執行, テ紫陽花ヲ以テ, テ終ニ天皇大權, テ組織サレザル社會ハ奴隸的社會萬能ノ中世時代ナリ, テ結婚サセテクレト云ウノデ許スコトニシタ, テ給レト手ヲ合テ, テ絶佳ナリ此筍ノ出, テ絶滅セシカ或ハ更ニ北方ニ移リテ今, テ羅馬ノ奴隷, テ羅馬法皇ヲ奉戴セントスル自己矛盾ナリ, テ義手或ハ義足ガ, テ羽翼ヲ舒ベ張ル, テ老婆少女ヲ有, テ而カモ蛇苺ノヤウニ土ヲ這ツテ居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ, テ而シテ後以テ遺憾無シトス可シ, テ耐心ヲ存スルモノハ其功, テ聖旨ノ万分ノ一ニ報ズルコトアレト, テ聞カザル所ニシテ人ニ向ツテハ, テ聞ス情切ニシテ涕泣言ウ所ヲ知ラズ, テ聞天明年中浅間山焼燃セシ災難ヲ追懐, テヲ知リ, テ肉體ノ強健, テヲ喜ム, テ背後ニ迫レル露軍ノ爲メニ巴里占領, テ膝ノトコロマデノトレアドルパンツヲ穿イテイルノガ素晴ラシクスッキリト意気ニ見エタ, テ臆病なよう, テ臨マザル方針ヲ取, テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト然ラザル者トアルハ, テ自然ノ理トス, テ至ラズ涕涙地ニ洒ギ遂ニ此花ヲ生, テ致仕シ帷ヲ都下ニ下シ徒, テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, テデ吸ッタ, テ船上御手当中遂ニ本日午後七時二十七分, テ船医ニ於テ流行性脳脊髄膜炎ト診断船中ニ於テ御加療中, テヲ知リ, テヲ焦, テシ白耳義ガ獨乙ト握手シ而シテ英國, テ英人リンドレー氏ノ学校本草, テ英國ノ保護, テ英國ガ一時的全勝將軍タルガ爲ニ瞬時雌伏スルニ過ギズ, テ英國ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, テ英米ガ傭兵制度ヲ日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ, テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, テ英語國民ガ世界的知識ノ供給者ニアラズ, テ茎頂ニ淡紫花, テヲ下, テ茲ニ之ヲ表彰ス, テ萌出ルハ実ニ悦コバシキ譬ナリ, テ葉山孫三郎トイウ手代ト相談ヲシテオレヲ地面カラ, テ蒸汽船製造場ニ過タル, テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵ヲ以テ徐徐ニ, テ薄ク色浅シ蒂モ, テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, テ藤右衛門ヲ組伏セ首ヲ取, テ藤崎村アリ古検地帳ニ伏地埼, テ螯ハ蟹ニ似タリ, テヲ洗フガ如シ, テ血族其他ニ分有セシメ又ハ, テ衆議院議員タル尊台ニ対シ不敬ヲモ顧ミズ一書ヲ呈スルノ大罪, テ行ク様子デアル, テ行ケバデモニ打ツカル恐レハナイト思イマス, テ行ッタ故疑, テ行ッタノカソレトモ流石ニバツガ悪イノデ一人, テ行ッタリスルノヲ見カケルト, テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, テ行ッタ間ニ予ハ又一ツノ楽シミ, テ行ッテカラ暫クスルトオ静ガ二人分ノ茶ト菓子, テ行ッテソレキリ姿ヲ見, テヲ踏洗フ, テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, テ手術者ハ該貴婦人達ニ見物セラルルノ光栄ヲ, テ袴ヲハイテ座敷ヘ通シ, テ裁判局ヲ廃シタリ, テヲ本, テ西洋ヘ往タヨウナ気ニナッテ愉快デタマラヌ, テ西洋婦人だって身, テ見られたもんで, テ言ハデ連れダ夫婦だネ, テ許ス可カラザル大錯誤ヲナシテ彼, テ誘引可有之事, テ読マザル可ラズ書ヲ読マザル者ハ一モ通ズル所ナキ也雖, テといっ, テ論ズ可キコト亦鮮ナカラズ, テ論ゼズ慶元以還, テ諸所ノケンカ, テ諸物ヲ製造スル等, テヲ以テ語ラル, テ謹ンデ命, テ譴責サレンヲ恐ル, テ谷間田の云う, テ豪勢なもん, テ財産ヲ血族其他ニ, テ貰オウトハ思ッテイルガ単ニ眼ダケノ故障デナク, テ貰ッタラト云ウノデ先日虎ノ門病院, テ貰ッタ上デハッキリシタ御返事ヲシヨウシカシ専門デナイ私ガ, テ資本ガ限度以内ニ於テ各人ノ所有權, テ賢者ヲ招ク, テヲ為シテ謁, テ贅疣ト爲サンノミ然リト雖モ贅疣, テ程ヲ延ベント欲スル歟, テヲ飾ル, テヲ為ルヲ知ル, テ軍人官吏教師等ハ勞働者ニ非ズ, テ軍閥内閣ト黨閥内閣トニ差等ヲ附スルノ, テ輸贏ヲ决スル如キモノト日, テ輿論を動かす, テ辯護人ノ自由, テ近所ハ勿論困, テ逃げツちま, テ這地ノ隆盛ナル, テ通信ヲ行ワム, テ造レル舟ヲ有, テ遂ニ其大成ヲ期シ洵ニ此学必須ノ偉, テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, テ道路ヲ照ラスガ, テキニ寄ス, テ遠洋航路ヲ主, テ適当ナ位置ニ置イタ, テ遺物ノ一致スルヲ以テ知ルヲ得, テ都市ノ積極的發達ハ此財源ニヨリテ自由ナルト共ニ, テ鄙著ノ遺脱謬誤, テ酋長川村モノクテ外一同ニ面会シ, テ酢ニテ拌シ之レ, テ醜悪ニシテ怖ルベキ勁烈ノモノトナシ, テ事ヲ, テヲ取, テ錦旗ニ発砲シタルニ依ツテ羽津光明寺ニ謹慎, テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, テノ奩, テ長く屋敷奉公した, テ門マデオ迎エニ出ルソレカラ座敷ヘ出, テ開戰スル如キハ國家ノ權利ナリ, テ閑ニ不及, テ間モナク強烈ナ光線ガ, テ關税ハ此省ノ計算ニヨリテ内閣ニ提出ス, テ阻心ヲ去, テ阿呆ばっかし, テ限度以下ノ時ニ於テ, テ陸上ニ於テ濁逸ガ, テ階段ヲ覗イタ, テナラシム故, テ隣近所で目, テ集リ八時ヲ以テ, テ離レズ内ニ強キ心アル, テヲシノグ, テ雪声ノ窓, テ露國ノ侵略, テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, テ青ク籠ニ満ツ, テナル猿面冠者ハオノガ立身出世ノタメニハ主人ヨリ猿, テ項王乃チ悲歌慷慨シ自ラ詩, テ頗疑ヲ誠県ニ致ス, テ頭ハ髪ヲツカミ乱シ, テノ牽引ダケヲスルコトニスル, テ顕レザルモノアレバ其理タル不可思議ナルモノトシ皆之ヲ神明作為, テ願クハ公明正大ノ道理ニ基キ, テ願訴シタレドモ嘗テ之ヲ聴カズ, テ願訴スレバ随テ之ニ報ユルニ, テ飛閣ヲ西城ニ連ヌ, テ食ウニ味淡甘ナリ, テ食ナク病テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, テ食フ或ハ夏期ニ於テ, テ食フベキ土地ヲ有, テ食フモ亦佳シ, テヲ療スベシ, テ館舎ヲ捐ツト聞キ位, テヲ上方ニ, テ香シ世ニ言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ刻ミ七里洲中ニ, テ馬鹿な話, テ驚ク穴トイフハ小キ穴卜思ヒシニガランドナリ心持悪クナリテ泣ク, テ高ク自ラ矜持シ世ニ售ルコトヲ欲セズ, テ高度約二千米, テ高橋子モ, テヲ削, テ鯡ゴト干して, テ鰹節ニ代フレバ能ク甜味ヲ生, テ黄色ヲ染ム, テ黄金色繋テ且ツ久シ性極テ肥, テ6033ト記シタル唐紙片ヲ発見セラルベシ