青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一般~ ~一行 一行~ 一見~ 一角~ ~一言 一言~ 一足~ 一身~ ~一軒
一郎~
~一部 一部~ ~一部分 一部分~ 一間~ ~一隅 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧

「一郎~」 2206, 23ppm, 5061位

▼ 一郎~ (656, 29.7%)

7 自分の 6 それを 4 あわてて, 猫を 3 云ひ, 急いで, 目を, 言いながら, 風が, 首を

2 [41件] いそいで, うれしくて, からだを, さう, さきに, さすがに, しばらくそっち, すぐ手まね, すばやく帯, そのみち, そばへ, だまって, だんだんそば, ひとりで, びっくりし, びつくりし, ふりかへって, またすこし, まっ青に, もぐらの, わらって, ジュリアの, ニコニコし, ハッと, 丁寧に, 云って, 今迄, 千種十次郎の, 学校へ, 息も, 栗の, 楢夫の, 楢夫を, 滝に, 相手の, 窓へ, 言いました, 足の, 足もとで, 顔が, 黄金の

1 [535件 抜粋] あそこに, あたりを, あっさり, あっさりそう言う, あっさり承知, あまりに眩しく, あまりの, あんまりの, いきなりひどく, いきなり走っ, いつか外国の, いつか雪の, いつに, いろいろと, うさんな, うしろから, うって, うなずいて, おかしいと, おかしいの, おじぎを, おもはず笑ひだ, お才, お百姓さん, お蝶, かけひの, かねて, かまわずお, からだや, かろうじて溺死人, かんしん, きまりが, ぎょっとし, ぎよつとして一あしうしろに, ぐるぐるし, けげんな, こう尋ねられる, こたえましたが, ことほぎ詞, このとき, この一二言, この力篇, この時, この窓, この輝かしい, この間誕生日の, こまって, これから私, これに, これを, ごく自然, さっきの, さっそく車, さも, さも嬉し, しっかりと, しばし無言, しばらくうま, しばらくそれ, しばらく教室, すぐ走り, すこし苦戦, すっかり考えこん, すばやく口, すゞを, ずんずん進みました, せいの, せなか, ぜひ小田さん, そういう姿, そういっ, そう叫ぶ, そう思い, そこで, そこであやうく, そっちへ, そっと立っ, そっと耳打, そのまま控間, その前, その声, その夜, その夢中遊行, その家, その屍体, その日, その素晴, その自分, その話, そり身に, それから後, それだけいう, それだけを, それでも何かしら不安そう, それに, それは, そればかり, そんな事, そんな方面, そんな風, たいへん叱られた, たいへん教えられる, たずねました, たびたびうしろをふりかへってはゐましたがそれでも楢夫, たまらなくなっ, だんぜん地下戦車, ぢり, ついさ, ときどき思う, ときどき思ふ, とび上った, どうした, どうしてもそば, どうしても顔, どうだ, どうなった, どこで, なかなか忙しい, なぜもぐら, なぜ弟, なんとかし, にわかにまるでぽかんとし, はじめに, はっきり眼, ばたばた毛布, ひとりごとを, ふうふういっ, ふしぎそうに, ふたたび, ふと思ひ出し, ふと用事, ふり向きも, ぶんぶん廻っ, ほんのちよ, ぼんやりと, まじめで, またあるきだしました, またききました, また凧, また用件, また顔, また駄々, まだぐうぐうねむっている小田さん, まだ未練, まだ気, まぶしいやう, まるであわて, まるでおとな, まるでその, まるでそれ, まるで坑夫, まるで夢, みんなと, むっくり起き上った, もうあらん, もううれしく, もうどうにも我慢, もう一つ耳, もう一度安楽椅子, もう卒業生, もう小学校, もう少しで, もう恐ろし, もう行く, もって, やがて何やら失望, やがて又, やっぱり家, やはりこっち, やはり愛弟四郎, ややトロリと, わけも, わらつて, わらつて言ひました, ギクンと, ケロリと, ジュリアに, ジュリアを, スッカリ昂奮し, ニンガリとも, バカに, ブラリと, ポケットから, 一つの, 一つもの, 一件が, 一冊の, 一千年後の, 一時に, 一歩踏み込みました, 一生けんめいに, 上ったが, 上を, 不意に, 両手で, 両手に, 主人から, 主人の, 二人に, 二人の, 云いにく, 今その, 今までの, 今やりっぱ, 今明日の, 他に, 仰ぎ見ました, 会社へ, 何か, 何やら床, 何時の間にか雑沓, 何時迄, 係長さんの, 俄かに, 倦き, 元気, 先生が, 先生の, 再びシャベル, 凧の, 刃渡り一尺五寸の, 切りに, 初めて夢中遊行, 別段考えるで, 前後の, 前記の, 努めて, 勇敢にも, 十五円の, 十五円也の, 半分は, 卓越した, 南老人の, 又も, 又三郎, 又叫びました, 叔父の, 受話器を, 口だけは, 口を, 口笛を, 叫びました, 叫んだ, 叫んだと, 台中の, 名乗り乍ら一歩踏込みました, 君の, 呉一郎の, 呼び止めました, 呼吸を, 咄嗟に, 和歌子の, 唇を, 喘ぎ喘ぎうなずいた, 嘆息した, 嘗めねば, 噴き出しました, 回復の, 地下戦車長に, 声の, 声を, 多量の, 大きく肯き, 大事な, 大正三年の, 大谷千尋を, 太郎を, 失敗に, 失望を, 女を, 女給に, 始め巡査の, 姪の浜の, 子爵の, 家へ, 家を, 家中が, 小さいニッケル, 小田が, 少し立ちどまる, 少し鼻声, 少佐の, 屍体に, 岸本の, 帰って, 帽子かけから, 平気で, 平気であった, 幹太郎の, 床の, 廃品回収の, 引取る, 弟に, 張切った返事, 強いて, 当時満, 後四郎右衛門と, 心から納得顔, 心ゆくばかりに, 心得たこと, 忽ち鎮静, 思い悩んで, 思い詰めた口調, 思うの, 思った, 思ったこと, 思つた, 思つたから, 思ひ出しました, 思わず声, 急ぎ足に, 性格として, 恍惚と, 悉くの, 悉く犯罪, 愉快で, 愕然たる, 愕然として, 愛妻の, 愛弟四郎の, 感心した, 慇懃に, 懐中電灯を, 或る, 所轄署の, 扇風機を, 手に, 手を, 扶けられ, 批評家に, 抛り出すよう, 指しました, 振り放す, 支配人の, 教授に, 文字通り糸子の, 斜面を, 断乎と, 斯う, 斯う言っ, 新しく替った, 新聞記者の, 日頃から, 日頃敵を, 早く仕度, 昨夜その, 時間の, 時間も, 暗然と, 暫く驚いた, 書斎より, 最初から, 最早今, 有難しとも, 朝早く, 木の, 未だ悲し, 村田が, 栗鼠の, 桜ン坊の, 検事廷に, 楊の, 横っ, 横へ, 横を, 櫻痴と, 次郎と共に, 正しく小田清三, 此処まで, 此時もう, 歯を, 毎度泣寐入の, 毛布を, 毟った花, 気まり悪, 気を, 気味が悪かった, 気味が悪かつ, 汗を, 泣いて, 泣きながら, 浅草の, 涙が, 涙を, 淡白な, 深沈たる, 漸く口, 漸く歩く, 潮時を, 無論行き, 爪を, 特別な, 犬を, 猫の, 王子に, 生きて, 男だ, 疾くその, 目まいの, 目的の, 直ぐに, 直ぐふざける, 直ちに立っ, 相変らず, 相手を, 眉も, 真正面に, 真面目に, 眼を, 矢張り諦めた, 知った, 破格の, 確かに, 私の, 移民的標準語を, 空の, 立ちあがって, 立ち止まりました, 立上って, 立止っ, 童の, 笑いました, 第二次, 答えなかった, 答えました, 素直に, 絞首台上に, 絶えず周囲, 絶望を, 綾子から, 縁に, 美事に, 考えた, 考えるとも, 考え込んだ, 胆を, 腹立たしそう, 臨終の, 自分が, 自分は, 自己の, 自殺した, 自若として, 自転車に, 若いに, 若林博士の, 苦笑し, 莞爾として, 落ちた耳飾, 蒼白だ, 被告たちの, 見物人が, 覚えず熱涙一滴, 言いましたが, 言うの, 試験を, 詩人の, 詩情に, 詫びた, 語気を, 読みたいもの, 誰よりも, 警官の, 警視庁の, 起きると, 身を, 車の, 車を, 軽くお辞儀, 逃げた, 逃げ足の, 途中で, 遽かに, 重く考え, 重ねて, 銃殺された, 鍬に, 鍬を, 関子の, 随分困, 雀躍, 雨が, 電気蓄音機を, 電灯を, 電話の, 静かに, 面白そう, 頬を, 顔いっぱいに, 顔じゅうが, 顔や, 顔色忽ち, 馬貫之に, 騒ぐ風, 驚いて, 高く叫びました, 麻酔を, 黙って, 黴毒とか, 鼻の

▼ 一郎~ (327, 14.8%)

9 手を 8 心理遺伝の 7 顔を 6 頭の 4 にいさんが 3 にいさんは, 第一回, 言葉に

2 [21件] うしろ姿を, うちに, おじさんから, おじさんが, ところへ, 前に, 声, 声も, 夢中遊行の, 心理に, 態度には, 手から, 手に, 方へ, 方を, 眼の, 背後から, 覚醒後の, 頭に, 顔と, 顔には

1 [242件] うしろ姿は, うちの, おじいさんが, おじさんの, おばあちゃん, お年は, お得意, かなしかった, からだ, からだを, ことが, ことだった, ことなどは, ことについて, ことを, こと明日の, この不満, すがた, すぐ前, そういう言葉, その母, となりの, とほりまね, にいさんと, にいさんの, はげしい語気, ひきいるラノン土人, ひきいるラノン海賊, ほうが, ほうは, まはり, ものは, ように, オルガン弾奏であった, 上に, 上も, 両手を, 両氏に, 両眼, 両腕, 予想は, 事だ, 事を, 今日までに, 仕事部屋へ, 仲良しの, 伯母の, 住所は, 体は, 何に, 作業振りを, 全身の, 冷たい眼, 出たれば, 前後二回の, 呉青秀は, 告白は, 唇が, 問は, 場合は, 場合テーマに, 声が, 声を, 夢中遊行から, 夢中遊行では, 夢中遊行状態中第, 夢中遊行発作によって, 夢遊病は, 女性絞殺行為後の, 妹と, 妻の, 姿, 姿が, 姿と, 姿に, 姿は, 姿を, 媒にて, 存在であった, 家であった, 家には, 家の, 尚ほ, 山に, 帰りを, 年齢に, 弁解などは, 弁護人として, 当夜の, 形を, 後に, 心に, 心の, 心は, 心へ, 心を, 心理の, 心理遺伝も, 心理遺伝を, 心理遺伝事件について, 思いつきは, 性格と, 恐ろしい頭, 悪夢口臭その他が, 悲劇を, 情事を, 惨死が, 態度と, 懐に, 手によって, 手紙を, 手蹟に, 抵抗力意想外に, 指揮が, 指揮は, 指揮ぶりといふ, 措置が, 撮した紫外光線写真, 方で, 方の, 方は, 旦那殿には, 明日の, 暗澹と, 本当の, 朴歯の, 机の, 根強い疑念, 様子を, 横頬を, 死が, 母なりけり, 母の, 母親の, 母親も, 母親を, 毎日の, 毛糸の, 気持ちで, 気持を, 決心を, 治療順序の, 泣き声に, 泥を, 注意を, 準備にも, 為に, 父で, 父の, 狂うた姿を, 現実の, 生年月日に, 生所は, 生活が, 畜生, 疑いは, 疲労の, 病気が, 発作顛末, 発狂から, 発狂だって, 発病の, 眼に, 眼は, 祖父でございます, 立って, 第一回発作, 第一回覚醒, 第二回作品, 笹にでも, 精神状態の, 精神状態は, 精神異状は, 精神鑑定, 精神鑑定が, 素朴な, 結婚式の, 結婚祝ひに, 絵, 網に, 耳に, 背の, 背後に, 胸には, 腕から, 腕は, 腕へ, 腕を, 膝の, 自白によって, 自白は, 花嫁と, 苦悶を, 落胆は, 血液を, 行動は, 補助なし, 見込みを, 覚悟の, 覚醒との, 親友, 言葉は, 計画を, 記憶回復後の, 評判悪し, 話が, 話じゃ, 話で, 説明は, 説明を, 談話, 談話中, 足の, 足は, 足許で, 身の, 身体の, 身体を, 近路, 返事も, 述懐であった, 過去の, 遺伝性殺人妄想狂早発性痴呆兼変態性慾, 部屋の, 部屋ワンカット, 鍬の, 間に, 間延びの, 隊長は, 隠れ家に, 面には, 面の, 頭かね, 頭が, 頭には, 頭は, 頭脳の, 頭脳も, 顔が, 顔も, 願い通りには, 鼻の

▼ 一郎~ (216, 9.8%)

9 言いました 3 たずねました, 云ひました, 顔を 2 いひました, ききました, すこし行きましたら, すこし行きます, そこで, またすこし行きます, 云いました, 何か, 眼を

1 [180件] あいかわらず人間地下戦車, いちばんうしろから, いちばんうしろで, いって, いつまでも, いひ出しました, いるじゃ, おくって, おも, おもいましたら山ねこ, お世話に, お蝶, かかる局面, こごんで, するべきこと, その母, その絵巻物, その蝶, それを, たとえ, たびたび云った, ちょっと話した, つくれるはず, とつぜん目, とびのくの, どうしてもきかない, へんに, まあ嘘みたい, まだはあはあ, まだ中学生, もう我慢, もぐらを, もらって, やったの, ようやく石垣, より生活力, ゐるから, エビの, サナガラに, ジュリアに, ステツキで, プウプウプウと, 一個月振で, 一回も, 一番うしろから, 万一過去, 三郎に, 不審がる, 不骨, 九州の, 予審廷で, 事は, 事件の, 事件当夜一時五分前後に, 二人の, 二十五にでも, 云い出した心持, 人見知り屋の, 今度は, 今自白, 伴奏ピアノを, 伸子の, 倒れて, 僕は, 全然無意識, 八畳から, 六本松の, 凝視し, 出た, 出たの, 出て, 割腹し, 千鳥を, 又云いました, 古賀政男に, 古賀政男を, 叫びました, 同夜に, 君自身だ, 商売で, 境遇にも, 壁に, 外出後, 多計代, 夢の, 妹とくといふは, 妾を, 姉さんいる, 学びの, 学生であった, 小学校へ, 少し顔, 少年戦車兵を, 山とは, 帰って, 帰省した, 帽子を, 幹太郎の, 廃品回収屋の, 得意の, 心配さう, 思つてゐた, 思わず下, 悪夢を, 意気地が, 感じて, 或る, 打ち消すの, 打つと, 斯様に, 日本レジスターの, 早くから来, 最初だった, 机の, 来たの, 来て, 来合せて, 東に, 正気で, 正気に, 此の, 此家に, 死人同様に, 残念そうに, 殺人者なる, 母と, 気を, 気骨を, 浮れれ, 無念無言を, 熟睡に, 父耕作といふは, 物音に, 現われた最初, 生まれたの, 生まれた年, 生まれた真実, 申しますよう, 留守だ, 発狂以後今日まで, 白の, 福岡市の, 私生児だ, 突立っ, 立上つて, 答えた, 箒を, 精力を, 純粋の, 結婚式の, 絵巻物を, 老古銭家, 考えたところ, 耳にも, 胸には, 腰に, 自分の, 自分を, 茫然答うる, 被害者か, 覚醒後に, 覚醒後警察に, 言いながら, 言う通り悪魔, 警視庁に, 踏みつけたの, 軌道に, 近付いて, 近頃なに, 返り血, 這入って, 過って, 間へ, 降り来りたるを以て, 頼むの, 飛込んで, 駈けつけた, 駈けつけたので, 高く言いました, 髪を

▼ 一郎~ (138, 6.3%)

4 とそっくり 3 が学校, は勇気 2 がその, とすこし, とノロ, とミヨ子ちゃん, の, のおとうさん, の顔, はやっと, は肥後熊本

1 [110件] いろ, からその, から小包, から貰つた般若湯, が, がそう, がたおれ, がだく, がまだ, が一足, が云われた, が僕, が叫びました, が同居, が採訪, が自動車, が見えない, すなわちポコ, である, です, で独自, といつ, とが話, とでかわるがわる, とふたり, とノロちゃん, と別れる, と同じ, と小林少年, と書生さん, と枕, と相, と親戚, どうだ, にあて, にしがみつい, にそう, について私, にでもそう, にばけた, によく, にわたす, に對, に手, のいきづかい, のおかあさん, のにせもの, のほう, のほか, の勉強部屋, の口, の声, の数年間心血, の耳, の話, はいす, はいそい, はいや, はおそろしい, はおとうさん, はおもわず, はおもわずそう, はこの, はこのごろ新聞, はそういう, はその, はそれ, はただ, はどうしても, はびっくり, はふと, はむちゅうになって, はもう, はオモチャ, はキャーッ, は一生, は一郎君, は二十五歳, は二階, は人魚, は倒潰家屋内, は健在, は団員, は学校, は小学校六年生, は小林団長, は少年探偵団, は少年探偵団員, は心臓, は気, は池, は白い, は白犬, は近く, もいす, もいつのまにか, もおもわず, もそれ, もまっ青, ももうすこし, も会社, も書生, も表面, も青い, やおくびょうもの, をたしなめました, をにらみつけた, をわし, を訪ねる, 恐らくこの

▼ 一郎~ (102, 4.6%)

4 小枝の 3 千種十次郎は 2 いえども, 二郎が, 云う名, 会ふ, 同一人, 小枝が, 耕一とは

1 [81件] いいます, いって, おきなですきやきし, この作品, この俺, この家, そのおじさん, ふたりで, わざと口, ジャンガラ星の, ニューグランドへ, ホテ・グリへ, モヨ子と, モヨ子との, モヨ子の, ルパンへ, ロンシャンで, 一緒います, 一緒に, 三人で, 久しぶりで, 二人で, 二郎と, 云う四字, 云う奴, 云う男, 五年生の, 会ひ, 兄を, 入れ違って, 全然無関係, 別れたとき, 千種十次郎が, 千種十次郎を, 双生児で, 同じよう, 同じ年頃, 同名同年の, 同時にか, 名乗って, 名乗る男, 名乗る青年, 名記者, 君とが, 呉青秀とが, 嘉助と, 地下戦車との, 堀井の, 太郎は, 娘の, 小枝に, 小枝に対して, 小枝は, 小枝素子と, 思い込ませ得るという, 思う事, 書かれた支倉, 書くこと, 最も簡単, 次郎とを, 次郎谷中の, 瓜二つな, 瓜二つに, 瓜二つの, 申しまして, 申す少年, 申す青年, 直と, 結婚した, 繁だ, 耕一も, 行き古賀政男, 言って, 話す, 認めさして, 認めさせて, 認めさせよう, 認める事, 連れ立って, 金吾さんと, 食堂車で

▼ 一郎さん~ (92, 4.2%)

2 だな, では, とお, と陽子さん, には十九, に化け, のお, の服, はやっと, は目

1 [72件] から心切, がいぶかし, がお, がたおれ, がにくにくし, がよく, が宝石, が来た, が椅子, が金庫, が青, が養母, その鍵, ですね, と前後, と呼ん, と私, と見ちがえる, どうした, におどかされる, についで, になりすまし, には養母, に変装, に目, のよう, の両手, の尊い, の左, の方, の真意, の示教, の絵, の鍵, の顔, はあたし, はあぶない, はいそい, はいったん, はすこしも, はそこ, はとても, はどう, はどこ, はびっくり, はふたり, はよく, はギョッ, はドア, は二十五位, は何もかも, は四十面相, は大, は実際, は小林君, は男, は読本, は赤坂台町, まあまあ, もお, もしあなた, も久しぶり, も会社, も善く, も旦那様, やナツナ島, らしく見えるくらい, を一緒, を助けだし, を時計, を見る, 助けて

▼ 一郎~ (75, 3.4%)

2 かえりみた, 発狂さした, 若様と, 見て, 見ながら, 起して, 連れて

1 [61件] あしらって, あやして, あんな非道, うたがって, けしかけて, この上, つっついて, つれて, とがめるの, ねるよう, はげますため, はじめ四人の, ふり返るだけの, 上から, 上京させ, 中心に, 仲直りさせる, 入れる件, 六畳の, 初めモヨ子八代子千世子の, 加えて, 南軍に, 取り押えようと, 同道し, 呼び入れたま, 呼び止めて, 呼ぶ声, 嘱託料出し, 大変可愛, 実験材料と, 左手の, 引き放してから, 引張って, 得て, 扶けて, 抱きとって, 抱き上げた, 抱き上げて, 支配し, 救援の, 昏迷させた, 母親の, 渡す, 玉に, 王子に, 発狂させた, 発見した, 盗み根性あり, 真に愛し, 睨みつけた, 知る先生, 背に, 見ました時, 見ると, 訪ねたの, 負ぶい通し, 起さうとして, 追及します, 釈放し, 馬鹿に, 驚殺する

▼ 一郎~ (65, 2.9%)

2 出しました

1 [63件] いわせると, かみつくと, こんな心理, しがみつきました, すがりついて, せよ浦久保義信, たづねました, ほめられて, よく似た, コンナ悪戯を, 与えた, 云った, 会おうという, 会ひ, 何か, 何と, 依って, 催眠術でも, 到って, 及ぶ事, 同情した, 向け役, 味方し, 呼びかけた, 問いかけます, 大谷千尋は, 好意を, 引立てられた玉置子爵, 恩が, 感じました, 投げるの, 持てやしないよ, 早くこの, 暗示を, 歩けるかしら, 歩けるかな, 気を, 深い印象, 渡した, 狂人制御用袖無しシャツを, 登れるかなあ, 目を, 相違ない, 眼配せされ, 私などが, 秘密を, 突当られて, 組み付いて, 絵巻物を, 聞いた, 聞いて, 肉迫する, 褒められて, 見えて, 見せた奴, 見せた目的, 見せる筈, 覚えさせねば, 覚られないよう, 赤星ジュリアと, 起りました, 間違いない, 面会したる

▼ 一郎~ (56, 2.5%)

2 ていねいに, なぜか

1 [52件] いい気持, いなかった, おとしも, きちんとした, さうい, さう言, さすがに, しあわせという, そのうしろ, その手, その道へ, たづねましたがやっぱり, たびたびうしろをふりかへって, だんだん顎, つかまりました, つづいて, はあはあし, イザという, 今日より, 初めてこれ, 制服を, 十次郎と, 呉青秀も, 困ってさ, 変な, 夕飯に, 大阪に, 大騒動, 家に, 息をは, 感情的に, 更に振, 最初の, 来なさい, 来り十一時, 来る, 横から, 次郎も, 河原から, 河原に, 相変らず, 知らないの, 笑った, 耕一も, 見えなくなったの, 見ました, 詩人の, 誰も, 諦めた様子, 起き上ったらしい, 鍬を, 馴れて

▼ 一郎~ (53, 2.4%)

2 といつ, のため, は後進

1 [47件] から北満州産, がその, がズーッ, が以前福岡県知事, が何ん, が引受け, が自由党, であった, との共著, にも深い, によってその, によるもの, に女給さん, に對, に新, に題字及撰文, の, のアトリエ, の他, の地盤, の帶, の心, の応接間, の旧宅, の望み, の肚, の著, の許, の賜物, の阿, はこう, はこんな, はアトリエ, は先年筆者, は後, は後年, は恭しく, は日本, は最近, は縁, は翁, も同じ, も播磨出身, や阪大, より来信, を御, を眼

▼ 一郎青年~ (29, 1.3%)

2 がぽつんと

1 [27件] がおとうさん, がすっと, がたのもし, がつかつか, がまるで, がむかいあっ, が四十面相, が淡谷邸, が逃げだした, だけをのこし, とスミ子ちゃん, に化けるまえ, のす, の前, の親子, の顔, はいつのまにか, はおとうさん, はさも, はにやにや, はぬけぬけ, はもと, は四十面相, も立ちあがりました, をにらみつけ, をにらみつけました, を電話

▼ 一郎右衛門~ (27, 1.2%)

3 は眼

1 [24件] がその, が人々, が苦痛, であった, でその, とある, のこと, の座, の眼, の表情, の身体, の顔, は二寸余り, は俯向, は右手, は布, は歪んだ, は眉, は立, は肩衣, は鎧通, は静か, は首, を見守っ

▼ 一郎という~ (25, 1.1%)

4 のは 3 少年が 2 人が, 男は

1 [14件] のだ, 不幸な, 俳諧師で, 偽名で, 名なるほど, 坊やと, 姓名であった, 教師と, 某大学, 男から, 男です, 男の子が, 者が, 陰険な

▼ 一郎少年~ (17, 0.8%)

1 [17件] があれ, がお, が気, が話, でした, とが黄金, とポケット小僧, と小林君, にはひとり, の心理遺伝, の手, はま, はわけ, は庭, は昼間, は殺人狂, も思わず

▼ 一郎~ (16, 0.7%)

3 の奥様

1 [13件] がご, がその, が睡っ, で, といい, と云う, には毒殺, のお, のご, の変死, はお, は上半身, は睡っ

▼ 一郎殿~ (11, 0.5%)

3 の御 1 が真, とオモヨさん, と赤い, のお, の乱心, の実, へと書い, より三郎殿

▼ 一郎には~ (8, 0.4%)

1 これこそ, これに, わかって, わからなかったが, 床しく思われ, 文句が, 未だ分らないだろう, 花岡二郎と

▼ 一郎~ (7, 0.3%)

2 まあお前 1 お前は, みんなは, 嘉助は, 太郎の, 太郎や

▼ 一郎から~ (6, 0.3%)

1 あずかった手品, 千種十次郎へ, 取り上げられて, 発表を, 訊かせたら親子, 遠く夜

▼ 一郎~ (6, 0.3%)

2 はなかっ 1 ハネ後サロン春の, 来たと, 現行犯として, 銀座へ

▼ 一郎とは~ (6, 0.3%)

1 双生児, 思いも, 思えないかい, 瓜二つな, 郷里の, 青々と

▼ 一郎~ (6, 0.3%)

1 だった, に訊ね, の話, はこう, は笑った, も武蔵先生

▼ 一郎たち~ (5, 0.2%)

1 が先生, にうかがいしれない, にくらわせた, の所, の父親

▼ 一郎といふ~ (5, 0.2%)

1 のは, 人が, 少年が, 山田小, 無骨もの

▼ 一郎としての~ (5, 0.2%)

3 過去の 1 君の, 自分の

▼ 一郎夫婦~ (5, 0.2%)

1 にでくわした, は半年, をおきたかった, をごたごた, をミセス・ステッソン

▼ 一郎自身~ (5, 0.2%)

1 かそれとも又, と認められ, にとってはどちら, にもよく, に属する

▼ 一郎くん~ (4, 0.2%)

1 と野呂一平くん, に小学校三年生, はそう, もいっしょ

▼ 一郎どの~ (4, 0.2%)

2 と書い, より三郎どの

▼ 一郎来り~ (4, 0.2%)

1 八月の, 北浜の, 又五十円, 湯から

▼ 一郎とが~ (3, 0.1%)

1 その日雨, 一人の, 同じ人物

▼ 一郎とも~ (3, 0.1%)

1 あろう者, 思すな, 逢ひ

▼ 一郎と共に~ (3, 0.1%)

1 あが, アラスカへ, 何か

▼ 一郎にとっては~ (3, 0.1%)

1 お蝶, その哀感, 二郎が

▼ 一郎~ (3, 0.1%)

1 山本有三から, 挑戦状を, 難題を

▼ 一郎もう~ (3, 0.1%)

1 あのお山, じきだ, 湯本に

▼ 一郎いま~ (2, 0.1%)

1 お汁, の天野栄介一人

▼ 一郎おまえ~ (2, 0.1%)

1 の勝ち, は少年探偵団

▼ 一郎~ (2, 0.1%)

1 どちらかが, 僕かの

▼ 一郎さき~ (2, 0.1%)

2 に一書

▼ 一郎さんたち~ (2, 0.1%)

1 にちゃんと, の結婚

▼ 一郎その他~ (2, 0.1%)

1 の漫才貧弱, の犠牲

▼ 一郎~ (2, 0.1%)

2

▼ 一郎だけは~ (2, 0.1%)

1 せんすべも, 二人が

▼ 一郎だった~ (2, 0.1%)

1 けれどその, のです

▼ 一郎って~ (2, 0.1%)

1 小僧です, 男名前で

▼ 一郎である~ (2, 0.1%)

1 かぎりそして, にちがい

▼ 一郎はきの~ (2, 0.1%)

2 どくに

▼ 一郎はじぶん~ (2, 0.1%)

2 のうち

▼ 一郎はを~ (2, 0.1%)

1 かしいとおもつて, かしいの

▼ 一郎より~ (2, 0.1%)

1 ビクター復帰の, 杉狂が

▼ 一郎一郎~ (2, 0.1%)

1 いるが, 来て

▼ 一郎七月~ (2, 0.1%)

1 に先約, は何

▼ 一郎二郎~ (2, 0.1%)

1 の屍体, 及びその

▼ 一郎君さき~ (2, 0.1%)

2

▼ 一郎君等~ (2, 0.1%)

1 あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, の法学院派

▼ 一郎夫妻~ (2, 0.1%)

1 とホテ・グリ, の肉親

▼ 一郎戦車博物館~ (2, 0.1%)

2 第一号館

▼ 一郎~ (2, 0.1%)

1 てごらん, 楽ホテルの

▼ 一郎様殺し~ (2, 0.1%)

1 の怪事件, の目的

▼ 一郎母子~ (2, 0.1%)

1 と塾生, と女塾生

▼ 一郎~ (2, 0.1%)

1 が近頃余程, を緩和

▼ 一郎~ (2, 0.1%)

1 という祖父, を恋しく

▼1* [153件]

一郎あんたも水, 一郎いるが, 一郎お父さんこの歌, 一郎お腹が減ったろう, 一郎こう言ったまま, 一郎こっちさ来う, 一郎この五十銭を, 一郎これも小笠原諸島, 一郎こんな近路, 一郎ご覧おいしそう, 一郎さえも見物人たちから, 一郎さまにお, 一郎さんあなた馬鹿ね, 一郎さんじやないか, 一郎さんのと同じ, 一郎さんひとりになりました, 一郎さん此頃しきりに土地, 一郎さん母子に疑, 一郎さん私幸福に見え, 一郎しっかりやるん, 一郎じゃないぞ, 一郎その他一切の人物, 一郎それじゃあなに, 一郎だけだった, 一郎だけがいちばん上で, 一郎だけになるの, 一郎ですがあなた, 一郎でなければならぬ, 一郎とうとう笑い出して, 一郎とか頼朝に, 一郎として覚醒し, 一郎とて我が通学, 一郎とで銀たこへ, 一郎とを招待する, 一郎どうしたん, 一郎んです, 一郎なかなかこれを, 一郎なにをみつめ, 一郎なほも数年, 一郎ならば呉青秀, 一郎なんて名探偵, 一郎にいさんもいる, 一郎にだって十分わかっ, 一郎について三浦と, 一郎にばかり済まないって, 一郎にも準備という, 一郎に対してだけわざわざあんな, 一郎に対しても少かった, 一郎のみ頗るよし, 一郎はからだ中, 一郎はがちゃりと, 一郎はくらい黄色な, 一郎はにはかに, 一郎ひとりのもの, 一郎ほんとは俺たち, 一郎までがめずらしそう, 一郎みたように, 一郎よしこれとても, 一郎仰いで, 一郎ら今日の我が国, 一郎をも愛すること, 一郎ガフシダラ故ニ, 一郎コボすまいこと, 一郎ズカズカと進ん, 一郎セリフでさんざ, 一郎眠るなよ, 一郎ッお前さっき竹の杖, 一郎ッごらんよ湖, 一郎モヨ子八代子と次, 一郎一人になっ, 一郎一郎こっちさ来う, 一郎三十円貸して, 一郎与一兵衛上原全八郎, 一郎両氏来訪あり, 一郎両氏等の近代フランス, 一郎九度以上の熱, 一郎の平和, 一郎今日から部屋, 一郎以下十五六人の人間, 一郎伊東季藏峰旗良充, 一郎休演しょうがないので, 一郎伯母八代子の談話, 一郎伴奏をし, 一郎佐々木道元飛松與次郎等は何れ, 一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 一郎保余三人保の講習会, 一郎信号手の取り上げた, 一郎兵衛とが大手門, 一郎兵衛下津浦の治右衛門, 一郎加藤道夫三君のアメリカ劇紹介, 一郎北海道から帰った, 一郎古賀幸吉今石作次郎, 一郎右衛門殿高崎五郎左衛門殿など, 一郎司会と来, 一郎吉井俊郎丸山章治福地悟郎東喜代駒山野一郎に私, 一郎徳市吉野省一横田宗次郎杓子甚助有村忠恕等總計, 一郎名義にて相, 一郎君こちらは南老人, 一郎君つまり十年前の横綱, 一郎君ブウちゃん良ちゃん鉄ちゃんの五人, 一郎君一名判官三郎だ宮尾君, 一郎君治君来訪方々へ寄せ書き, 一郎君良ちゃん鉄ちゃんブウちゃんなどが集まっ, 一郎大使が代っ, 一郎大将ははやもう, 一郎太郎英吉花子そのほか大, 一郎と認めた, 一郎妻とし子の実弟, 一郎寝台より降り, 一郎小山祐士三宅悠紀子田中千禾夫伊賀山精三等の諸君, 一郎は春風駘蕩, 一郎岩尾慶三郎高田実柴田善太郎中野信近などが加わっ, 一郎帰京権八を一日代り, 一郎弁護士が日本側弁護人首席, 一郎とわざわざ, 一郎から浴, 一郎後援会へ出席, 一郎願い申す, 一郎志水小一郎山辺丈夫の諸君, 一郎所有の小型拳銃, 一郎する川端, 一郎新海虎雄君等の五人, 一郎暫らく車の中, 一郎朝っぱらからなに, 一郎本人も然かく, 一郎様不慮のこと, 一郎様殺害に関係, 一郎様逝去き今, 一郎の坂下鶴吉, 一郎殿安見宅摩殿臙脂屋と御, 一郎氏その他によって発刊, 一郎氏らが肝煎, 一郎氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, 一郎氏夫人や吉屋信子さん, 一郎氏夫妻など來賓, 一郎氏安川財閥の御大, 一郎氏所蔵原本より複写, 一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 一郎満州の帰り, 一郎炊事万端の世話, 一郎爺さんと云う, 一郎独りで登っ, 一郎田中三郎今年おさめの, 一郎白瀧幾之助大内青也, 一郎眠るなよ, 一郎大党, 一郎細田民樹谷川徹三安田義一諸氏の主張, 一郎調子をやり, 一郎赤星ジュリア矢走千鳥という面々, 一郎関鉄之助森五六郎広木松之助鯉淵要人岡部三十郎斎藤監物佐野竹之助蓮田市五郎稲田重蔵増子金八大関和七郎広岡子之次郎, 一郎阪中正夫小山祐士田中千禾夫伊賀山精三等の諸君, 一郎静かに司郎, 一郎高城鉄也の腕