青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ッ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

シャツ~ ジャーナリズム~ ステッキ~ スペイン~ ズボン~ セ~ ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ
ッ~
~ツ ツ~ ツイ~ テ~ ~テーブル テーブル~ ト~ トランク~ トン~ ~ドア

「ッ~」 30622, 284ppm, 340位

▼ ッ~ (5316, 17.4%)

64 した 43 すると 33 して 31 なって 28 顔を 27 息を 25 したよう, 身を 21 思って 20 したが 19 声を 18 眼を 17 出て, 手を, 気が, 目を, 見て 15 いって 14 立って 13 いて, ッと 12 しながら, 待って, 笑った, 考えて 11 思うと, 立った, 自分の 10 口を, 気を, 首を 9 来て, 音が, 驚いて

8 [11件] ここへ, したの, した顔, 叫んで, 坐って, 彼の, 笑って, 行って, 音を, 頭を, 飛んで

7 いうので, するよう, 何か, 寄って, 思った, 我に, 胸を, 言って, 身ぶるいを, 開いて

6 [14件] する, なったの, なりながら, 前に, 唾を, 溜息を, 目に, 耳を, 肩を, 見た, 見つめて, 見ると, 面を, 風を

5 [18件] いうと, こちらを, したもの, した様子, した目, しました, それを, 云って, 体を, 前へ, 思う間もなく, 悲鳴を, 泣き出した, 異様な, 笑いながら, 致しました, 足を, 障子を

4 [34件] あぶねえ, そこへ, なりました, 下へ, 便所へ, 力を, 吐いて, 大地に, 奥に, 奥の, 妙な, 家の, 来た, 気の, 気合を, 水が, 泣いて, 流れて, 渋皮の, 滝の, 火を, 眼が, 私の, 私は, 胸に, 舌を, 行燈を, 襟を, 見えた, 身体を, 闇を, 離れて, 顔色を, 鳴って

3 [76件] いう, いつもの, うつむいて, おくれて, お怒り, ここに, こちらへ, こっちへ, させた, させて, したと, したまま, すぎたころ, するの, するほど, する程, そうだ, なった, はいって, みつめて, われに, 一度に, 一本の, 上へ, 主水, 人の, 人間の, 伸ばして, 入った, 出の, 刀を, 叫んだ, 吉里を, 呼吸を, 変って, 床に, 待ちな, 後へ, 心の, 思う間, 持って, 散歩し, 杖を, 桜色に, 横ざまに, 止める, 武者ぶる, 水の, 水を, 泣き出して, 消えて, 涙を, 火の, 煙を, 目が, 相手を, 眼に, 立派な, 笑いを, 続いて, 聞いて, 腰を, 腹を, 血の, 行く, 見つめた, 話が, 身ぶるいし, 身ぶるいした, 這入って, 過ぎたころ, 部屋の, 離れた, 霞んで, 顔の, 顫えた

2 [265件] あけて, あたりが, あたりを, あらたまって, いいながら, いうほど, いきを, いったので, おどろいて, おッ, お体, お飲み, かけ声を, からかって, きいて, こいつは, ここで, ここには, こんなこと, さきの, したこの, したよ, したらしい, したらしく, したコーヒー, した不和, した女, した容子, した眼, しましたよ, すぎて, するまで, すんだ, ずッ, そこに, そこを, その中, それに, それへ, ですよ, どっこい, ぬけだして, のぞいて, ひとみを, ふきだして, みて, ものに, わたしの, ドアを, 一つ身を, 一列に, 一息つい, 一息に, 一時に, 一瞬に, 一組が, 一陣の, 上手な, 下から, 下って, 下りて, 並べて, 中へ, 主水之, 二の句に, 二人は, 云うと, 云う音, 今の, 借りて, 僕が, 入って, 入る, 入ると, 出して, 出た, 出たの, 分りかねますが, 切って, 前だった, 動く, 口の, 叫ぶ間もなく, 吐いた, 吐息を, 向うに, 向うへ, 吸って, 吾に, 呼んで, 唇を, 善吉を, 喊声を, 喚声が, 噴きだして, 噴き出した, 四辺が, 土を, 地に, 埃が, 塀の, 声も, 外へ, 大きな溜息, 大きな響き, 大刀を, 大喝し, 太息を, 姿を, 子供の, 安心した, 宙に, 室内へ, 家に, 家へ, 寄ると, 寝かして, 寝て, 山の, 左右へ, 帯を, 平伏す, 平田を, 床を, 廻って, 引いて, 弦を, 彼を, 待った, 待て, 待てと, 後ろへ, 心に, 心を, 忌ま, 忍んで, 怒って, 怖毛, 思いながら, 思い出した, 思ッて, 悪い事, 愕いた, 慄え, 我れ, 戦慄を, 戸を, 手が, 打って, 打つと, 投げた, 抜けだして, 押えて, 握って, 撲りつけて, 放った, 明うなっ, 明りが, 時間が, 本を, 梯子を, 横に, 横へ, 横仆し, 横合から, 欄干から, 止まって, 此方へ, 歩行き出した, 殴れッ, 毒笑し, 泣きながら, 流れこんだ, 海面に, 消えた, 潮の, 火が, 火の手が, 灯を, 烏蛇の, 焔が, 焼きつけられた烙印, 熱くなる, 燃えた, 生活の, 畳い, 癪に, 発熱し, 白い煙, 目くばせ, 目の, 直ぐに, 眼には, 眼の, 私に, 突張る, 立ちどまって, 立ち上がって, 立ち竦んで, 立つ, 立つと, 笑いました, 笑う声, 笑顔を, 笛の, 答えて, 繰り出したの, 群集の, 考えこんだ, 考え込んで, 聞こえて, 肩に, 背すじを, 背中を, 胴ぶる, 脚を, 腹が, 膝を, 興味が, 舌打ちし, 船を, 色の, 色めき立ちました, 色を, 落ちて, 血が, 血の気が, 袂を, 裏の, 襖を, 見まわして, 見れば, 見廻した, 見詰めて, 言いながら, 言うと, 言った時, 言ふて, 読んで, 誰やら, 調理場を, 赤くなった, 赤らんだ, 走れもそッ, 走れッ, 踵を, 身が, 追いかけて, 逆上した, 通って, 遠くへ, 鉄砲の, 開けて, 間の, 闇の, 雪の, 頓狂な, 頤を, 頸を, 顔いろ, 飛び下りて, 飛び出して, 飛んだ, 鳴った, 鼻を

1 [3458件 抜粋] ああいった, あがって, あとずさりして, あの凄, あわだつ水面, いい女, いけない待った, いたましい様子, いつかおどろく, いまごろここ, いろを, うちおどろいた, おいささん, おしで, おどろいた, おゆるし, お代り目だ, お別れ, お客様の, お待ちに, お断り致し, お米, お見かけ, かいがいしく答え, かけ出すと, からかいたくなりますぜ, がまんを, くる風, けったいな, こうして道づれになれたてえものよ, こここここッてな, こっちの, このトランプ, この連中, これで, ごめんよ, さけんで, さっきから, しきりに助け, したけれど, したに, したらあの, したらしい声, したら国中, したら皇帝, したん, したスポーツ, した事業, した俗, した大言壮語, した少女, した弥生, した懐疑, した曰く, した用むき, した立派, した薄, した証拠, した面体, した驚き, しない景物, します早く, し襟, すくんだ, すりぬけた, するね, する土, する空気, せせら笑った, そうして一点, そこから, そっけなく済まし込ん, そのままに, その低い白く, その尾, その目, その蹄, その顔色, それに対して, そんな興味, ただ右門, たばこの, だれか, ちんばを, つけて, てれながら, とりまいて, どなられた, なぐりつける音, なったらしいが, なにか, なりましたので, なる発作的短気, ぬるい湯, のすと, のぼって, はなれて, ひくと, ひと飛び, ひるんだよう, ふきだしました, ふりかえった, ふるわせた, ほかに, まえお父さん, またみずから, また畳, まわって, みんな大きな, めまいが, ものすごい悲鳴, やって, やるが, ようすを, よりない, わたくしは, オダテルて, ガラスの, シャレて, タダでは, ッたんじゃ, ドーア開け, ハデに, フシギな, マシな, リンカクが, 一つその, 一わたり目金で, 一同を, 一声の, 一太刀返す, 一息吐いた, 一方へ, 一町歩ぐらいの, 一聲物凄い, 一部分と, 七八尺辷り落ちる, 三位卿と, 上が, 上州の, 上衣を, 下流の, 不意に, 両人の, 中座を, 丹田に, 乗出しながら, 二三お, 二人し, 二羽が, 云う声, 云う鬨の声, 五六千騎で, 人を, 今夜の, 仲由さんとやら, 会いたいこと, 伸びて, 体に, 俺が, 停ったそんな, 側へ, 元の, 先を, 光る, 入る先生, 六七間, 内側から, 冷たく手の甲, 凄じい風音, 凱歌を, 出たと, 出ると, 刀や, 切る, 刎ね, 刻まれあッ, 前まで, 力の, 動いたぞ, 動くの, 包囲の, 十方の, 卓子に, 去って, 反対の, 取退けて, 古風な, 叫び声を, 叫んだぎりで霎時, 可愛い娘, 右に, 合点んだ, 吐きだし, 向う岸まで, 吹いて, 吹きだすところ, 吹きめぐる風, 吹落し, 呑みこまれる, 周囲の, 命じました, 品物が, 唸る声, 喘ぎながら, 喧嘩する, 噛みしめて, 囃したてる賑やかさ, 困った, 土足の, 地下まで, 坐つて, 埋葬した, 境へ, 声に, 変テコな, 夜逃げした, 大きく口, 大きなやま, 大刀抜き払う, 大変の, 天も, 夫人を, 奉納いたします, 奥座敷を, 女の, 姿は, 学問を, 安心し, 家中の, 寒い, 寝衣, 射るが, 小一郎の, 小路を, 屈んで, 崖です, 川の, 工合が, 巧くいく, 差置いて, 帯が, 幕の, 年若い, 広前を, 庭ぞ, 建物へ, 引きも, 引っ張って, 引着けた, 強い馬, 当歳か, 彼らは, 待ちね, 待ッたり, 後退りに, 御詰り, 心得た意, 忍びよって, 応接に, 怒りながら, 怖しい, 思い出したの, 思い沈んで, 思うほどの, 思ったら茶碗, 急いたか, 恐ろしくなる, 悠々と, 悪質という, 意地も, 感じて, 懐中へ, 戸外を, 手の, 手桶を, 才走った兄チャン, 抑えて, 抜いて, 抜足かなんか, 抱きつかれたもの, 押すと, 拾っては, 振りかぶるやいな, 振り顧, 捕り方達, 掛けて, 推して, 掻き消されて, 握りしめた, 撥ッて, 擦り足, 放たれたかの, 教えてよ, 散歩よ, 斬った, 斯様だ, 日を, 早く出る, 早鐘打つ, 明るい焔, 明るく笑った, 是が, 晩餐に, 暗い顔, 書院の, 木剣の, 机の, 来ない, 来る, 来れば, 林檎を, 染めた, 栄蔵は, 椅子を, 槍と, 横手へ, 櫟林を, 正しき武道, 此処まで, 歯を, 母指で, 気まずいところ, 気持ちを, 水面を, 沁みたも, 沸き立って, 泣きぬ, 泣き出すかと, 泳いで, 洩れる息, 流れる, 浮かびあがって, 浮上って, 消えましたが, 深い夢, 減って, 湖心には, 溜息つい, 潜水夫の, 火光が, 炭を, 無言だ, 照す光り, 煮て, 燃えあがった火焔, 燃え上, 燐木の, 物々しい包み, 犇めき立つと, 猿め, 理窟に, 生臭かった, 甲冑を, 男ぶりが, 留守に, 病気では, 痛快な, 白い切ッ先, 白壁へ, 皆ハリキった, 相手の, 眩むよう, 眼にかどを, 睨み返す, 瞠めて, 矢代さん, 知れないよう, 砕け散って, 社員に, 秀政の, 空の, 突いても, 突き上げられたよう, 突ッつい, 立ちこめて, 立ちはだかって, 立ち日, 立った両個, 立った電信柱, 立上っ, 端へ, 笑いはじめた, 笑い立てた, 笑おうかい, 答えながら, 簡単に, 紀州屋敷を, 紅玉島の, 結んで, 総毛立ちました, 縁側に, 縮め五列, 美しい女, 老猿, 考えれば, 聞えようかと, 肚裡で, 背ぼ, 背後へ, 胸へ, 腰に, 膨れ返る, 自己の, 致したゆえ, 致せ, 舐め中, 良い衣類, 色彩の, 若かつ, 茜色に, 荒れた感じ, 落ち着いて, 蒼くなった, 蔵六は, 蘆の, 蛍光が, 血ぶる, 行かれたの, 行列の, 表へ, 褥を, 見えただけ, 見くらべた, 見ただけで, 見上げて, 見検, 見詰めながら, 視入ったり, 覚悟を, 解せない心地, 言うので, 言ふて帰られる, 訊きたいこと, 話の, 調べが, 谺を, 貼りつけて, 赤く顔, 走りました, 起きると, 起る民衆, 足もとの, 路地の, 踵の, 身の, 身震いし, 軍扇を, 輪を, 近いのにねえ, 返る蜻蛉, 退いたが, 逃げた, 逃げ出した, 透見を, 通りました, 逢いに, 連続し, 運命という, 違いましたね, 遠くなる, 遥な, 部屋へは, 酒屋の, 重吉を, 金属製の, 釣糸を, 銃を, 長い溜息, 長靴の, 開いたの, 開き渡った, 阿母ア, 降りだした篠, 険の, 隠して, 雨の, 雪を, 霞み往来, 青ざめ兄, 面白い現象, 音立て, 頭から, 頭痛が, 顔色う, 風呂敷包みに, 飛び別れ重蔵, 食べるゴハン, 飲み干した, 館を, 馬小屋から, 駈けこんで, 駕の, 驚くと, 高く, 高く揺れあがり, 魔が, 鳩胸で, 鳴るの, 黒鹿毛の

▼ ッ~ (5212, 17.0%)

87 いる 83 いた 43 いるの 32 いて 29 んだ 28 来て 21 いたの 19 来た 18 いたが 16 言って 14 云うん 13 いると, ことは, しまった, しまッた, のは, ものは, んで 12 しまう, 来る 11 いるよう, お勢, ことよ, す 10 下さい, 行く, 行った, 見て, 見ると 9 いたので, しかたが, それを, 仕様が, 文三は 8 おけ, くる, しまえ, しまって, そう言っ, どうする, 言うん 7 いるが, おいて, おる, 云うの, 云って, 来い, 自分の

6 [15件] いたん, いるもの, おくん, ことが, しまおう, そんな事, やる, 人を, 仕方が, 何も, 声を, 此の, 生きて, 見たが, 見れば

5 [20件] いたと, いるお, いるから, いること, いるん, おくれ, しまッて, どんなこと, のが, みたり, みろ, ゆく, 下さいまし, 云ったん, 宜い, 気が, 法が, 私が, 私は, 行って

4 [31件] いても, いながら, います, いる様子, おいで, おりまする, きた, ござります, しようがない, どうした, ならないの, なりません, みても, みると, みれば, やんで, ッた, 云ったじゃ, 何を, 出て, 坐舗, 奴は, 往ッた, 歩いて, 歯を, 私に, 置きながら, 聞いて, 見ましょう, 言うの, 言ったん

3 [78件] いいじゃ, いたこと, いたところ, いたに, いたもの, いたよう, いって, いつでも, いない, いました, いるだけ, いるので, いる所, いる自分, いれば, おやり, お上げ, かかって, くるの, くれ, くれた, ここへ, ことな, ことに, ことも, ことを, しまいました, しまえば, すぜ, すな, すなあ, そういう, そう云う, そこの, そんなこと, そんなもの, ところは, のも, ますと, ますよ, みて, もんだ, やるから, やると, やろうと, わけじゃ, んです, サ, 事は, 云えば, 人の, 今は, 何か, 何んだ, 僕の, 内へ, 出た, 口惜しくッ, 君の, 呼ぶの, 失敬な, 妙な, 居るの, 斬ッ, 書いて, 来たが, 来た時, 来ました, 来れば, 私を, 窓から, 考えて, 行ったの, 見える, 見たり, 言いますから, 誰の, 追ッ

2 [289件] ある, あるの, あんな事, いいだろう, いいの, いいました, いいましてね, いいます, いいますが, いいよ, いうと, いけねえ, いたあの, いたお, いたか, いたという, いたッ, いた吉里, いた者, いったそう, いつまでも, いなさい, いましたんで, いますから, いらっしゃる, いるか, いるし, いるじゃ, いるぞ, いるだろう, いるところ, いるとは, いるに, いるはず, いるま, いる内, いる場合, いる彼, いる昇, いる絵, いる血, いる通り, いる間, いろ, うまくッ, ええ, おいても, おくんなさいよ, おけば, おしまいなす, おられる方々, おりました, おります, おりますが, おりますので, おッ, お出でなさる, お前さん, お前は, お婿さん, お母さんが, かかった, かかる, かれの, くれえ, くれと, くれる, くれるかも, くれるね, ことさ, ことじゃ, この頃, これが, これじゃ, これも, これを, さっきから, さてパッ, さのみ, しまいましょう, しまうから, しまうし, しまったの, しまったもの, じッ, すから, すが, そういいました, そう云っ, そう云った, そう申し, そのお, その人, その美しい, それが, それじゃ, それは, たかって, たまらない, たんじゃ, たんだ, ちょっといい, ちょッと, ついて, つけの, どういう意味, どうなる, どこの, どんな事, ならないから, のか, のかい, のらへ, のを, ひどく心配, ましたという, まじまじと, ます, みた, みたい, みるが, ものが, ものも, やって, やつに, やつは, やるぞ, やるという, やろう, ゆくと, よいもの, よさそう, わけさ, わけで, エな, エの, チョイと, ッたら, ッて, ハッと, 一人で, 一口召し, 一所に, 不思議そうに, 両手を, 事よ, 事を, 二階へ, 二階を, 云うと, 云うのよ, 云う事, 人が, 今の, 今度は, 仕舞ました, 仕舞ッた, 以後は, 伊那丸の, 何, 何う, 何が, 何さ, 何にも, 何の, 侮辱した, 俄に, 信切に, 俺が, 僕が, 僕は, 出たもの, 前に, 南の, 参りました, 参ッた, 叔母に, 口へ, 口も, 口を, 可笑しな, 呼ぶん, 呼んだの, 呼んでも, 図大柄に, 坐に, 大音寺前の, 奥の, 奴も, 奴を, 好う御座ん, 娘と, 宜じゃ, 実際の, 家を, 射す影, 尋ねて, 居る, 己の, 帯を, 帰って, 廊下へ, 彼の, 往ッて, 心細くッ, 思うん, 急いで, 我々共を, 戦争ご, 教えて, 文三が, 文三を, 昇の, 映ッ, 景気が, 本統に, 来たお, 来たか, 来たから, 来たの, 来たので, 来た事, 来た者, 来ないの, 来ると, 根岸に, 此樣や, 死には, 母様に, 気は, 気持が, 涙を, 済まして, 烈しく吹きつける, 生意気な, 用が, 男の, 男児だ, 皆そう, 眉を, 真面目に, 私には, 私の, 私も, 空を, 籠を, 置いて, 聞いたん, 聞くと, 腹の, 腹立し, 自分が, 自分は, 茶を, 血の, 行きその, 行くの, 行くよう, 行け, 行ッて, 見えます, 見ても, 見るが, 言うから, 言うには, 言うのに, 言うのよ, 言った, 言や, 言ッて, 話だ, 誰が, 誰だ, 誰も, 課長の, 返事を, 逃げた, 通ッた, 連れて, 金の, 金を, 阿爺さん, 限りも, 面と, 顔を, 食うべ, 飲んで, 駈け出して, 黙ッ

1 [3337件 抜粋] ああし, あげますから, あたしまだ, あなたについて, あの仮面, あの時あれ, あらゆる助命運動, ありゃしないわ, あるん, あんなおかしな処置振り, あんな険呑, あッぱれ世, いいねえ, いいや, いうじゃ, いきなり外套, いけねえが, いたから, いたって, いたまう, いたろうし, いた半, いた指環, いた正季, いた箸, いた鬱懐, いったん, いつもおいら, いないところ, いなくッ, いますが, いやがったの, いようもの, いられぬよう, いるうつくしい, いるせい, いるという, いるのみか, いるを, いる事, いる分厚い, いる大, いる客, いる手先, いる源次郎, いる目星, いる立場, いる荷箱, いる酒屋男, いる馬上, うじゃうじゃし, えとお城, えます, え女, え野郎, おいた肴, おおきよ, おきねえどうせ, おくれでないか, おじさん何の, おっしゃるけれど, おまえたち, おられん, おりますゆえ, おるな, おる赤隊, おれよ, お出でだ, お前さんに, お前二年間も, お可哀相, お帰り, お母さんの, お父さんが, お置き, お見え, お豊, お雪さんが, かかりそう, かかれなかった, かまいません, からんだり, きざんで, きた数奇, きても, くださらぬなら宋江先生以下, くるに, くる敵, くれたらなと, くれようと, くれろなどと, くんねえ, こいだ, こう言った, ここら一体, ことだ, この原, この自分, こまッちゃう, これをや, こんな不孝もの, ございましょうついぞ, ごらんに, さっきの, さも苦々し, しきりに笑い抜く, しまいいとど, しまうと, しまおうと, しまったよし, しまや, しょうがねえ, じっとし, すこしでも, せっかく嫁, そういつも言っ, そうで, そう多勢, そう言う, そう謂つたの, そこを, そっと夜, その中, その後に, その草履袋, そもそもルミ子, それぁ無理だ, それであの, それに, それ痛い, そんなぶ, そんな様子, たいした不都合, たって頼ん, たまらねえ, だ, ちっとも嫌, ちッ, つけた言葉, つらくッ, とこじゃ, ところに, どういう事, どうします, どうやら酒, どこです, どなり散らし, どッ, なかった, なにも, ならなかった, なろうもの, ねえ小万さん, のそのそと, はいれたところ, はるか遠く, ひどく痛い, ふたりの, ぶッ, ほら種々, まいった, ましたか, ます事サ, また何, また文三, また能, まだ自分, ま五歳六歳, みたいのよ, みなければ, みんな似てる, もうとっくに手, もう魂消た, もどかしくッ, もの夜も, やかましく言われた, やったけれども, やっぱり婦人, やつアそれで, やること, やろうかしら, ゆくさま, よう, よければ, ろくなもの, わかりは, わたくしは, ゐると, アノ鼻頭を, ウナギ屋知ってる, オホホホホ, ガラリ外れた, クルと, ジット辛抱使歩行きを, チト老, ツラリと, ノビた, ピカリピカリと, ホラブンの, モシャクシャしたらしい, 一々私, 一人者じゃ, 一声呼ばれる, 一心に壁, 一様に, 一見薄, 三菱だ, 下さいって, 下さいませんか, 下せえやし私, 不可いわ, 与うる説明, 両人の, 乞食にも, 事が, 事不, 二人さえ, 云いに, 云うかね, 云うとも, 云うもん, 云う停留場, 云う話, 云ったら知らない者, 云つたのよ, 云われりゃあたし, 五十銭出し, 人ごとに, 人間は, 今囲炉裏, 今日教師に, 仔細が, 仕舞います, 代ろうと, 伊那の, 体じゅうを, 何だか音, 何となく胸, 何んの, 何時かも, 余り人を, 來た, 俯向いた, 催促する, 優しくッ, 先刻誘いに, 入って, 全味方, 兵を, 内証で, 冷たくッ, 出なされい, 出勢, 分ったらその, 別に, 剰さず漏さ, 化けて, 十分間を, 厠へ, 参ったので, 又隣近所, 口から, 叫ぶ, 可け, 叱られら, 吉良, 名代の, 向うに, 吹き飛んだ, 周旋を, 咽元まで, 善吉が, 喜代松という, 噂だ, 囀るの, 四門の, 困るッ, 坐って, 堪らないから, 変った優しい, 外国人に, 大きな声, 大丈夫だ, 大妻籠四里, 大望の, 天下国家を, 夫故, 奮戦した, 奴で, 好い方, 妻に, 姉さんは, 威勢よく, 婆だ, 安楽村へ, 宜敷, 実はつい, 家へ, 寐ましょう, 寸法に, 小むづかしい名前, 小田原の, 居ました何, 居られるよう, 居る彼奴夫, 山中正は, 川島の, 巫山戯て, 師匠は, 帰りかけようと, 常に破れかかる, 平田さんが, 庄吉が, 庭を, 弱ること, 当は, 彼奴浮, 待ち伏せて, 後ろへ, 御他言, 御病気, 心は, 心覚えの, 忍剣とかいう, 怒りも, 思わずそう呼ばせた, 恐ろしい愛想, 悪いこと, 悲観してる, 意識を, 慕って, 懸ったもの, 成程, 或は口, 手の甲を, 手拭を, 打ちすえて, 技芸とな, 抜かりは, 拝むん, 振りまわして, 捨て踏みにじりあるいは, 提灯の, 攘夷の, 政友会だ, 敵方の, 文三冷笑した, 斬って, 断ったもん, 新華族, 旦那が, 昔から, 是から, 時刻が, 曳いた一角, 有則螺線, 朦朧として, 本統な, 来いとの, 来たじゃ, 来たよう, 来た不寝番, 来た彼ら, 来た菊王, 来た金剛颪, 来ないつもり, 来ますからね, 来るから, 来るほど, 来る大根, 来る茶, 枕橋から, 柱へ, 桶を, 極め付けても, 横を, 櫓柄を, 次郎を, 此方から, 歩きにくい, 死んじまえ, 残る者たち, 母の, 母親の, 気で, 気分が, 沢山水を, 泣いてるん, 泪ぐンだ, 流れ出しやがて, 海づたいに船坂附近へ, 済ました者, 湧いたよう, 湯殿で, 漸く去年, 炉の, 無茶な, 燈は, 父親さんには, 犯人がよ, 現在生き, 生えて, 申し訳がねえ, 留めて, 畳紙に, 白馬の, 皆見, 相手は, 眠り薬を, 知らねべ, 礼義知らずな, 私ゃ否です, 程なく復職, 突立ッてて, 立つ文三, 笑いだした, 箪笥にも, 組紐を, 絶交する, 総督府からも, 置かれン, 置た, 羽織だけを, 耐らず, 聞いた時, 聞かせよう, 聞きやすとね, 聞こえる, 肝腎の, 胸の, 腸を, 自分だけ, 良縁をも, 苦しいと, 莞爾しました, 蒼い顔, 虚無僧寺へ, 行かぬと, 行きどんと, 行くしか, 行く癖, 行ったので, 裏切られましたの, 見える榛名, 見たところ, 見ましょうか, 見ようと, 見ろ, 見離して, 親も, 観る, 言いたい放題, 言いましてな, 言いますん, 言うよう, 言ったから, 言ったら大丈夫, 言ってりゃいい, 言われりゃあ, 評判し, 話された, 話をよ, 課長さんに, 謎じゃ, 責めてばかり, 貴女彼れ, 費え, 走って, 跡は, 車を, 近づいて, 返辞が, 追手の, 逃げだそうと, 逃げ帰った不届き者, 通ろうと, 遁辞を, 遣りたい何, 邪魔に, 酒にでも, 鉄筋コンクリの, 錦小路殿をも, 門の, 降りられも, 階段を, 離れぬ, 静かに, 革の, 頭で, 頼んだん, 顔へ, 飛びかかって, 飛んでも, 食べられねえッ, 餅を, 駄目でねえ, 騎馬を, 高い木履, 鬱ぐじゃ, 鳶頭に

▼ ッ~ (1851, 6.0%)

41 ッて 3330 ような 26 のは 252118 のだ 17 んです 15 のか 14 のです, よ, ように 13 が, のが 11 そうに, ね, のである, のを 10 かと思う, もんだ, 一人の 9 ぞ, ところで, ので, のも, もので, ッけ 8 がその, と云う, ッ 7 と云ッ, のかと 6 ぁ, ぜ, にない, のさ, わ, 顔を 5 と思う, ものだ, んでしょう, ッた, 事は, 声で

4 [13件] ことが, ことに, と見え, なア, に違い, のであろう, ばかりで, もン, 事で, 今の, 方が, 時には, 時は

3 [22件] あ, お熊, かしら, がこの, がただ, が文三, が最後, ことは, ことも, さを, じゃない, という, というの, のかも, のよ, ものです, ようだ, 人も, 大変ッ, 様に, 返しの, 途端に

2 [83件] あとは, え, から, からお, からその, からまず, から俺, から私, がどう, がまた, がもう, がやがて, が不, が俺, が又, が妙, が惜しい, ことか, ことを, さうに答, っけ, という話, ところが, ところの, と思った, と思ッ, と見えます, と言う, なあ, なッ, な者, に口, に顔, のじゃ, のでございます, のでした, のに, のらに, ばかしだ, ひとりで, まま凍, ものか, ものだった, ものである, ものと, ものは, ものを, ようす, ようで, るい, わね, んで, んでさ, アだ, ッけか, ッけね, ッけねえ, ッと, ンです, 一つの, 一と, 一人で, 事も, 事を, 二人で, 今ここで, 今だ, 今まで, 何の, 儘で, 冬の, 声の, 女, 後に, 所は, 手を, 方は, 時の, 武者は, 者が, 覆面の, 訳で, 遅くな

1 [1041件 抜粋] ぁの, ぁ祭り, あげく筑紫落ちと, あるいはそこ, あ人里, あ可愛, あ有名, あ粋, いたずら髪二筋三筋扇頭の, いま何者かに, うんと一番, お勢, お客様も, お母さんも, お紺, お袋に, かおれ, かしらちっと, かそうそう, かということ, かと大騒ぎ, かと思っ, かどう, かなあんなに, かのよう, かふと, かも知れぬ, かも知れんです, からお鍋, からしっかり, からそれで, からという, からにゃ蝎, からはとはや, からッ, から五円, から今日, から何れ, から到底, から唯, から奪, から後, から悪人, から時流, から此, から確か, かアハハハハ, かナア, かモウ, か今, か僕, か分る, か手, か暁ら, か知ら, か螺旋法, か覚悟, があえて, がいかにも, がお, がこの小さな, がさて, がすでに, がそこ, がそれでいて, がどこ, がなかなか, がはて, がウチワ, がソリャモウお前さん, が三好氏, が中, が今さら, が今日, が以前, が使, が刀, が初心, が咥煙管, が夏, が子持, が幕府, が彼, が急, が打, が文さん免職, が暫らく, が次第に, が無事, が男連, が石地蔵, が義貞, が胸, が虫奴, が見つけた, が開け, きりきょうは, きり娑婆の, くらいだ, けど, けども何だか, けれどもシカシ, けれども助役, けれども能, ことかい, ことかも, ことで, ことでも, ことな, この二人, この巻物, これが, ころふと, こッた, さうに云つて, さもどかし, し若い, じゃございません, じゃ有りません, せいか, そうで, そうな, そのとき, その手頭, その男, その風, それだけ, ぞと執権御所, ぞッ, っけそう, つもりだった, てこッて, と, という気, という面持, といっ, とおもう, とかいう, ときの, ところがさ, ところだろう, ところを, とすら聞える, とたん頭の, とにらん, とにッ, とは云わない, とは情談, とみた, とやらで, とわざと, と両, と偽, と多勢, と大円房, と安心, と巨眼, と志摩, と思っ, と急き込み, と本人, と気, と睨み, と睨み捨て, と睨ん, と聞いた, と膝, と見える, と観る, と言え, と駈けだした, なお口走り, なしです, なばか, なァ, な人間, な旅人, にありませんでした, にあるまじき, にいわない, にしろ, にそれ, になっ, にはない, にも拘らず, にわれ, に会う, に叱る, に大きな, に小判, に捕まる, に極まる, に見かけられない, に針, ねえ, ねえそれから, ねその, ね不断一八, のう, のかねえ, のですけん, のでついに, のでナミ子, ので以前, ので勘左衛門, ので文三, ので臥床, ので談話, ので風呂敷, のなんの, のにネー, のに何で, のね, のねえ, のみでなく, のん, のネー, の泣く, の間, はずの, は今年, ばかり, ばかりのところ, ばかりの母親, ひとりいまの, ひとり多くの, ふたりきりに, ぷッと, また三晩, までのこと, ままけいれんし, ままだ, ままふかい, まま何事も, まま尋ね, まま復命しました, まま牛の, まま素っ飛ん, まま起ち, もっともわざと, ものであろう, もののいつかみな, ものやら, ものヲ, もん, もんさね, も今, やたらに, ゆえ自分の, ようでも, よくてめえ, よと当日, よ彼, よ罪人, るい屠蘇を, るい感情を, わよあの, をこの, を惜しい, んではれ, ア, アと, アゲクよ, ア人にも, イ, カラどうも, ゾ, ッけなあ, ッても, ッの, ッ堪らん, トム公の, ネ, ネ平生, ヤア安起ろ, ンさ, ンだ, ンで御座いまし, 一つある, 一つシワギツケられ, 一つ純な, 一ッぺん通る, 一ツ, 一ツいろいろ, 一ツの, 一人, 一人いる, 一人兄さんを, 一人場所を, 一人推賞し, 一人靴みがきが, 一吠え, 一夜同じ, 一尺ばかりの, 一度の, 一拳の, 一日貸し, 一昨日の, 一本取り残され, 一目で, 一言で, 一言ばかりは, 一足で, 一軒の, 七ツの, 三人だった, 三角形の, 三軒の, 上で無けれ, 不届き者では, 乱闘の, 事だけは, 事で無い, 事に, 事条が, 二三十間, 二人だけの, 二人連れの, 二十八日の, 二度それも, 二百五十メートルほかなかっ, 五分さかやきの, 人だ, 人を, 人違いだ, 今あった, 今では, 今向うの, 今女, 今捕われました, 今日はるかに, 今道場, 今風を, 以上もうそう, 仲では, 伝来の, 体を, 使い方は, 俊基の, 候補者だ, 偽者め, 先鋒は, 八百の, 六七百騎の, 六畳敷きで, 内儀が, 凡くら与力だ, 凱歌の, 別の, 剣の, 十五人ぐらいの, 十文, 博労です, 原因は, 口尻の, 口調に, 吉里の, 同役二人で, 名山の, 品物の, 善吉の, 四肢を, 地面には, 声を, 大変ッ綾吉が, 大物も, 大衆の, 太刀風に, 女が, 女の, 奴じゃ, 奴の, 姿だった, 官僚臭の, 実は最う, 小判を, 山の, 山本左右太は, 帝釈天だ, 広い野, 当坐, 形相を, 影法師が, 後だ, 後の, 従僧の, 御自身, 怖ろ, 恋の, 所で, 所の, 所を, 手勢三百を, 手紙を, 拙者は, 捕手の, 握り拳で, 文三は, 断念さっせい, 方を, 日は, 昇が, 昇の, 易断です, 時と, 時まで, 時今まで, 時分, 時小, 時身を, 書物をも, 木戸番の, 村に, 東奉行所まで, 果てに, 様でした, 樣だ, 此ん, 母にまで, 気が, 気ぶりです, 気持は, 水の, 水馬隊と共に, 洋服しかも, 深栖三郎, 濶歩の, 点など, 然り, 物馬鹿な, 独りやに, 獣の, 現在の, 男は, 画と, 白楊の, 白髪の, 皆様も, 直実が, 眼は, 石門の, 程にも, 竹屋三位は, 米や, 紳士はぞ, 結城勢も, 罠の, 美味い羊, 老爺に, 者です, 耳を, 胴巻を, 自分は, 自負も, 船底が, 若いほう, 苦しい幼年期, 茶の湯を, 薬鑵の, 行為を, 衛生髯ッたっ, 襟が, 見得を, 覚悟では, 解ッた, 言い方だった, 言葉の, 詩だ, 調子と, 論サ, 負傷だろう, 足を, 跡が, 跡は, 軍卒二人が, 返しやら, 途端五臓の, 通り直線に, 道中師の, 重い肌, 金吾の, 釘の, 鉄板みたいに, 陳達を, 際です, 雷獣の, 青面と, 面目な, 音を, 頃です, 頃不, 頭脳の, 顔し, 顔は, 風の, 飯を, 高麗村の, 鮎川部屋の, 黒煙が, 鼻の

▼ ッ~ (470, 1.5%)

110 ゃい 18 ゃる 12 ぐらに 11 ゃるの 10 ゃいよ 87 ゃいッ, ゃるから 6 ゃいまし, ゃるでしょう 5 ゃるのね 4 ゃいますか, ゃると, ゃるのです, ゃるのですか 3 ゃいね, ゃるか, ゃるじゃないか, ゃるんだ, ゃろ, ゃろか, ゅッと

2 [15件] のッ, ゃいな, ゃいました, ゃいませ, ゃった, ゃって, ゃらないで, ゃり, ゃるかも, ゃるくせに, ゃるのでしょう, ゃるのですよ, ゃるよ, ゃるんでしょう, ゃればいいのに

1 [203件] ぇん, ぐら, ぐらです, ぐらな姿は, ぐらな逞しい, ぐらにかけよってきた四天王の, ぐらにかなたへ逃げだし, ぐらにそこへいそいできた, ぐらにぬけて軍師の, たちや, ても駄目, てよ, て出過ぎた, て御, と出口, と命中, と射られた, と打った, と支い, と放った, と腕, と華州城内, と頬, と飛ぶ, ゃいという, ゃいましたか, ゃいまして, ゃいましてもごらんの, ゃいましてよ, ゃいまして一勝負なさいまし, ゃいまして斯んな, ゃいましとやったらすごい, ゃいましどうぞ, ゃいましょう小石川の, ゃいましッて, ゃいますけどね, ゃいますそうでございますよ, ゃいますな, ゃいますの私は, ゃいますわね, ゃいませんとねエ, ゃいませんようで, ゃいよと, ゃいよ此処へ, ゃいよ賑やかな, ゃいッて, ゃいッ行け, ゃったが羽生で, ゃったでしょうか, ゃったと思います, ゃった時は, ゃってくださいませ, ゃって下さい, ゃでいてけろと, ゃらずに, ゃらないかッて, ゃらないでちょッと, ゃらないのでしょう, ゃらないのですか, ゃらないのね, ゃらないんでしょうか, ゃらない奥さんは, ゃらない方が, ゃらない時内所で, ゃらなければダメな, ゃられたのでござりまする, ゃらんということであった, ゃりつぶされてしまっていた, ゃりと蓮葉に, ゃりはしませんかッた, ゃり手荒く, ゃり自分の, ゃるうちにお, ゃるお嬢さまがネ, ゃるお客様は, ゃるお菜園だ, ゃるかえ, ゃるかしら, ゃるかそれは, ゃるかと思え, ゃるかなお, ゃるかもわかりませんでございますよ, ゃるからですよ, ゃるか腹蔵ない, ゃるが, ゃることあるいは, ゃることですよ, ゃることとばかり思召し, ゃることはご, ゃることを御存じでしょう, ゃるしお, ゃるそうで, ゃるそうですがその, ゃるそんな, ゃるたびテーブルの, ゃるだろう, ゃるだろうと思ッて, ゃるだろうよ, ゃるときいたからです, ゃるとは恐し, ゃると芳男も, ゃるならこのお手紙を, ゃるなんてウソな, ゃるなア, ゃるのか, ゃるのかしら, ゃるのかも知れない, ゃるのがいけないのです, ゃるのがよろしいわ, ゃるのが豐玉姫様第, ゃるのだろう, ゃるのだろうがこんな, ゃるのでお玉の, ゃるのでございましょう, ゃるのでございますえ, ゃるのでした多くの, ゃるのでしょうね, ゃるのですら, ゃるので新宿の, ゃるのとちがいますか, ゃるのならお待ち申し, ゃるのにそんな, ゃるのにた, ゃるのに何を, ゃるのに時間を, ゃるのはその, ゃるのはどこな, ゃるのは一体, ゃるのは大伴シノブ夫人だけ, ゃるのは奥様で, ゃるのは言わば辛うじて, ゃるのやら存じません, ゃるのよ, ゃるのよく, ゃるのを知らないでしょう, ゃるまだ, ゃるまでに, ゃるものじゃありません, ゃるようじゃ駄目です, ゃるようですが大, ゃるようですが私が, ゃるようですな, ゃるようですね, ゃるようですよ, ゃるような人でしょう, ゃるように, ゃるようね, ゃるらしいの, ゃるわね, ゃるわねエ, ゃるんじゃないかと思う, ゃるんじゃないこと, ゃるんじゃないんですもの, ゃるんじゃねえかと思う, ゃるんだが, ゃるんだよ, ゃるんだろう, ゃるんですか, ゃるんですかと聞く, ゃるんですから奥へ, ゃるんですの, ゃるんですものだから, ゃるんですッてね, ゃるホールわからないでしょう, ゃるンです, ゃる中西さんなんか, ゃる事に, ゃる処が, ゃる列車を, ゃる前で, ゃる品物です, ゃる大庭記代子さんという, ゃる方です, ゃる方と, ゃる方を, ゃる旦那様に, ゃる時までに, ゃる物です, ゃる犯人は, ゃる通りです, ゃる通りの, ゃろうこれエ爺様ようちょッくら往ッて, ゃろそう, ゃろとも, ゃろなあ, ゃろ宿屋でっせ, やい, やうの, ゅ, ゅか, ゅなァ, ゅの, ょうちいたした, ょりとぬらしていました, ょりにするほど独りで, よりになりました, ッかりし, ッし, ッと, ャ, ャよ, 遊びざかりで, 静かに

▼ ッ~ (402, 1.3%)

170 ッは 13819 ッと 3 ァ, ッはははは 2 ッとうとう, ッはと, ッはは, ッ何を

1 [61件] あの事件, いやおれ, いやなか, うけあいじゃ, この黒門町, じつに痛快, その蛇, そりゃ猿, そんなに面白かっ, なせッ, ふッ, まアそんな, むろんお袋, わは, ア様見やがれ, ッあッ, ッいう, ッお, ッおお, ッこの, ッこれが, ッす, ッそう, ッそなた, ッそれまで, ッという, ッなんでも, ッまるで, ッもっとも, ッチビの, ッテウえッ, ッ今度は, ッ何が, ッ僕は, ッ可愛がられ, ッ君は, ッ宮内よく, ッ徳さん, ッ慌てました, ッ憶出す, ッ斬れ, ッ新聞配達が, ッ減らず口を, ッ無断で, ッ片腹痛い, ッ狭山です, ッ私が, ッ肩で, ッ莫迦な, ッ莫迦莫迦しい, ッ隠す, ッ馬鹿な, ドどう, 何かと思ったら, 冒険が, 山東殿の, 弱虫め, 早く来, 若旦那まだ, 鬼めこわく, 黄中尉の

▼ ッ~ (379, 1.2%)

13 めて 7 にし 5 まッ 4 へ来, もさッち 3 だっていい, へお, へおいで, へ来い, めた, を見, ッ

2 [11件] じゃない, でもいい, で何, になる, はその, へ来た, へ移る, ゅう変っ, を向い, キッツイ野郎, ッち

1 [303件] あとに, あア, いいがん, うら, ぇッ, から, からさそった, から出張っ, から負け, から頼みたい, がこの, がだいぶ, がです, がまきこまれ, がインネン, が催眠薬, が先, が勘定, が商売, が尻尾, が居る, が希望, が年, が引ッこぬき, が担ぐ, が白いか黒い, が興味, が裁かれ, が誠意, が負っ, が迷惑, が飛んだ, けねえご, こッ, じゃあねえぞ, じゃア自然, だこッちだ, だってい, だってこれ, だって構う, て着き, でおいとく, でここ, でも構わない, で三千, で彼, で書い, で訊い, なその, なにも, にいる, にそれだけ, にとっ, になっ, になった, には救い, には目, にも何, にも同じ, にも見えません, にゃア初耳, にゃ大きな, にゃ理くつ, に取っ, に同化, に大, に届かなく, に感心, に手証, に打, に根, に白衣赤袴, に眼, に行っ, に負け, に転ん, に都合, に駈け, は, はこの, はこれ, はさらに, はすでに, はま, はまだ, はもッ, はハッキリ, はベロ, は一向に, は一晩, は不意, は中庭, は今後, は何, は全然, は商売, は四十両, は因果, は困っ, は字, は学, は忙しい, は手持無沙汰, は文, は新聞記者, は正直, は気, は気持, は火, は真剣, は知らねえ, は碁将棋, は話, は逃げ, は酒, は銭金, は阿片窟, ばッ, へ, へい, へいらっしゃい, へお出で, へき, へくるんだ, へこい, へで, へとグルグル, へはいっ, へはいん, へは逃げられない, へもいけねえ, へも少し, へやって来る, へ上っ, へ人々, へ住みつい, へ体, へ出い, へ出むいた, へ出向くだろう, へ取らねえ, へ向い, へ向いた, へ向け, へ向っ, へ吸収, へ引き寄せ, へ当り, へ戻っ, へ振返っ, へ旅行, へ曲りし, へ書類, へ来なさい, へ来る, へ来るでしょう, へ歩い, へ泳い, へ流れる, へ渡し, へ渡っ, へ着く, へ移したら, へ立っ, へ行きやがったろう, へ行っ, へ見えない, へ足, へ踏みこまれ, へ転げ込ん, へ逃げた, へ隠れ, へ順, へ駆けまわっ, まあ, まぞ, まふ, まや, まッたん, みちおれも, みちこんどは, みちそこを, みちただでは, めず, めそこへ, めたら, めなすっ, められ, める, めれ, め方を, もそう, もそれ, もつりこまれ, もでられない, もならなくなる, ももらっ, も一ツ, も三ッ, も二里, も入らない, も動けなくなっ, も卓, も意地, も意気地, も憎い, も教祖五六代目, も旅先, も暇, も最前, も自信, も良い, も行かない, も行かなくなったら, も足, も足悶きが, も避け, も風, ゃいうやおまへんか, ゃおわかりになりますまいて, ゃぶいてやるからってんでほほほほ, ゅうあの, ゅうそんなことをしていてはどちらにも, ゅうそッち, ゅうというわけではないが大きな, ゅうに, ゅうの, ゅうのことで中毒て, ゅうシェパードらしい, ゅう一つ事を, ゅう出入し, ゅう噂を, ゅう寝かし, ゅう座席を, ゅう思っ, ゅう意識ぼんやりして, ゅう戸外へ, ゅう放心してる, ゅう東西を, ゅう気に, ゅう皆を, ゅう目から, ゅう額に, ゅう鷹狩を, ゅう鼻を, わけで, を, をのぞいた, をふりかえった, をふりむい, をめがけ, をもっと, を凝視, を取おさえよう, を向きませんでした, を向け, を持っ, を振り, を探した, を獣, を甘く, を田舎, を見おくっ, を見まわし, を見る, を見上げ, を誘拐犯人扱い, を追おう, を駆け, ア旅駕を, キッツイ, キッツイモンである, キッツイモンと, ッあり, ッちいっ, ッちくしょうッ, ッ畜生, ッ畜生ッ, バクチに, 上げくさい, 二人を, 側からも, 側の, 先らな, 先生自身も, 向きに, 四分三十三秒を, 嫌いな, 学校には, 安いもん, 岸の, 弱いがん, 強ッ, 手当り次第別にこれ, 横に, 茫然と, 話だ, 遁げ廻った, 道いよいよ, 道この, 道利七も, 難かしい, 騒ぎで

▼ ッ~ (326, 1.1%)

20 のよう 4 だと 3 だ, の

2 [18件] か, たあ, だった, だな, である, でした, ですよ, で沢山, なので, なん, に, になっ, になった, の中, の意気, の癖, へ結いつけ, よ

1 [260件] かなんてよく, からと云われた, から処分, から落ちた, か下町, か気違い, が, があの, がいる, がうまく, がおもちゃ箱, がたしか, が一番, が二, が今度, が出た, が出来, が可哀そう, が居る, が恋, が朝ッパラ, が浜, が素早く, が読む, が辞退, が逃げ, が酔っ払う, が集つて, が難物, じゃありません, じゃあるまい, じゃげ, じゃござらん, じゃねえ, じゃァねえ, じゃア, だから, だからと, だが, だことに, だったん, だって, だって通りやしません, だという, だなあ, だなんと, だねえ, てえます, であったから, であったぼく, であっても, であつ, であり光子, であり紛う方, であるの, である永井氏, でお母さん, ですが, ですがね, ですむ, でその, ではなし, では無え, でも, でもひき抜く, でも警部さん, でやっと, で少年時代, で私, で鼻ッ端, とあなどる, というもの, という娘ッ子, という言葉, といっしょ, といったの, とかだ, としての気魄, としてまず, とでもいう, とは人間, とは何処, とグル, と云う, と云っ, と思う, と申す, と言う, なしだ, などは年中, などもう, ならお, ならたんと, なりおかみさん, なんて言う, におなり, にからん, にさえわけ, にしか見えなく, にしてやる, にだって残懐, になる, にはいかにも, には不評判, には思い出, には育てとうない, には違い, にふとい, にほかならぬ, にも大, にムヤミ, に今一つキッス, に召捕られた, に外, に小さく, に於ける, に獲れ, に甘木柳仙, に盲目的, に筆, に縄, に聞け, に花子, に荷物, に見, に譲る, に逢わず, に龍子, ね, のいる, のおれ, のお手本, のかけがえ, のこと, のし, のほう, のぼく, のまえ, のむす, のクッション, のチャキチャキ, の云う, の代表, の仲間, の出る, の切れ, の初, の剥身, の名前, の土彦, の姿, の婿さん, の小さな, の居ない, の御, の怪我, の恥, の手踊, の放漫, の方, の本領, の様, の標本, の歌人鈴木貫介君, の母, の氏神, の猿, の甘え坊, の生命, の生粋, の眉毛, の眼, の稔子, の素六, の群れ, の背中, の腕白ぞろい, の若い, の行方, の衣類棚, の親, の証明, の証言, の話, の読物, の頭, の顔, の首っ玉ア, はこの, はどう, はどんな, はねえ, はのいうたら, はみんな人別, はよく, はダルタニアン, は俺, は倒れた, は可哀相, は君, は憎めねえ, は既に, は洟, は生意気, は苦手, は通る, ひとりいねえ, ひとり居ない, ひとり見えない, ひとり見えなかった, へがっくり, へ結いつけた, へ結えた, へ風呂敷包, めいた理窟, もそれ, も同様, も昔, も立ちまじっ, も行ぐのがえ, も通らない, も驚き, や倅, らしいからかい声, らしいの, らしい歯切れ, らしく眼, をあいつ, をあやす, をえぐった, をおびき出させ, をくわえられ, をさらいます, をしかも, をつかまえ, を上野, を両手, を出せ, を口説く, を叩い, を叱る, を圧, を天皇, を嫁, を差向けた, を引っ掴み, を扱う, を抑えつけた, を押える, を掌, を涙, を生かし, を育てる, を見ない, を見る, ノ声ニナッタ, ノ如キハ, ノ真似, 見て, 見ろじゃ

▼ ッ~ (259, 0.8%)

9 ゥぽ 87 りだして, り出して 6 さが 5 の手 4 りと 3 だ, になっ, り出されて, を向い 2 け, さを, ちの畑じゃ, ちも, ど確か, にし, の, りだされて, を向いた, ッと

1 [181件] がされ, がキラキラ, けちッぱッぱ, けなお客様, けなダイヤ, けな一つ, けな塊, けな子, けな存在, けな小僧, けな少年, けな田舎, けな腕, こ旦つく, さで, さという, さに, さにも, さは, さ退屈男上機嫌です, じった杖, じって, だった, だの薩摩ッ, だア, だネ, ちじゃ, ちであった証拠, ちで小兵, ちなの, ちのくせに, ちの事で, ちの体に, ちの怨みッこも, ちの男を, ちの眼の, ちの胸を, ちは, っち, っちも, であった, である, でした, でしたが, では, でドンナ名士, で三畳, で天下, で小突き起し, で顎, となり, との間, どある, どうす, どおかしい, どお目, どか, どすい, どするでしょう, どどうか, どどうかし, どなこと, どのぼせ, どの因果, どの難件, どまし, どみッ, どよう, どよかっ, どショッ, どヒデエ薬, ど不徳, ど倖, ど口惜し, ど古い, ど可, ど変った, ど大きく, ど大した, ど大層, ど妙, ど安い, ど市長, ど強情, ど心持, ど怖, ど慈姑, ど慌てやがった, ど戦後派的, ど文化文明, ど早かっ, ど朱雋, ど格, ど歩き, ど気, ど泣きたかった, ど片輪, ど甘く, ど男, ど経済, ど胸, ど芸, ど落着, ど薄情, ど谷, ど豪勢, ど超特別, ど逢いたい, ど間抜けさ, ど馬鹿, ど高貴, なかご, にする, になった, になって, になり, になる, に兎, に気安め, に目録, に鋭利, のため, のところ, のよう, のガンクビ, の古い, の家, の寝台, の徴兵検査, の折詰, の着物, の私, の袖, の被告, の電車, の音, の頭, の頭脳, は果報者, は気, へ, へ向かっ, へ走った, むいて, もねえ, も出さねえです, も悪く, やデブ, や長州弁, らか, らかしに, らかすなどという, らしかった, らしく箸, りだされても, りだすよう, りわすれて, り出される, り出し紺合羽, り出し脚絆, り放しで, り潜り込んで, り耳, り襟, り雲, をぶし, をむい, を出さず, を出す, を巻い, を拝島, ゥつて言ひました, ウ, ッち, ッぽ, 側が, 挨拶も, 時代には, 目も, 知らねえよう, 稽古も

▼ ッ~ (251, 0.8%)

7 のよう 4 だ, のお 3 の気分, の趣味, はその, はそんな

2 [13件] だよ, にはこの, にはただ, に何, のやう, のシンボル, の教育, の気勢い, の気性, の癖, はかくして, は女, は常に

1 [198件] があの, がって, が思いがけなく, が自慢, が見る, が雨露, が馬鹿, が黄金色, が黙っ, じみたところ, じみた感じ, じみた表情, じゃ, じゃない, だからな, だが, だけある, だった, だと, だね, だ一旦, だ構, であるが, であろうとも, です, ですか, ですから, ですが, でそれでいて, でも江戸城本丸明け渡し, で人気, で妙, で実家, で御, で素敵, で身長, というもの, という奴, として大, として踊り, とそう, となり, なかわり, ならこんなに, ならずとも, ならぬは, なん, にし, にとってこの, にとっては事, になっ, になりました, にはあり, にはいい, にはこうした, にはそ, にはその, にはそんな, にはどうして, にはなお, には一人, には二十日正月, には何ぼう, には又, には如何, には如此好漢今, には宵越し, には憚, には承知, には旦, には本意, には癪, には興, には花, には酷い, にもこんな, にも内証, にも風雅心, にゃ気に入らねえ, によって繰返さるる, に定斎, に持っ, に相応しい, に至っ, に調法, に軽蔑, のあっし, のうれしい, のちゃきちゃき, のよ, のキチャキチャ, のザックバラン, の一人, の中, の俳優, の俺, の元気, の先達, の口, の名折れ, の向上心, の売り, の天才, の好く, の好奇心, の婿さん, の嫌がる, の子供, の子孫, の川越ッ児, の弱点, の彼女, の心, の心自らジッ, の性根, の愛自然心, の憧憬, の拍手喝采, の持てる, の文明, の最も, の末路, の本性, の気勢, の気晴らし旅, の気風, の汐, の沽券, の洒落た, の特色, の独り息子, の独占, の生存競争, の産湯, の真似, の真先, の端くれ, の粋, の素袷着たる, の若井氏, の英雄, の薬剤師, の虫封じ, の見る, の見本, の象徴, の身上, の遊楽, の阿呆, の雅懐, の面, の面汚し, の馬鹿, の魂, の黒門町, はこう, はこんな, はそれ, はまた, はわれら近代, はザックバラン, は上戸, は五人, は何, は嘘, は定斎, は少々, は意気地, は昔, は正直, は男, は祖先, は終始, は美化, は芝居気, みたよう, ももう, も江戸ッ児, も滝あみ, も舌, やなあ, よなり, らしいところ, らしいわがまま, らしい揶揄的, らしい気前, らしい語調, らしい贅, らしく, をおびやかした, をその, をどうのこうの, を亡くしたです, を差置い, を皆, を相手, を真似, を見た

▼ ッきり~ (250, 0.8%)

5 だ, なん

2 [16件] かい, したこと, して, じゃない, じゃア, だと, で, でね, で何, とお, とした, と意識, と残っ, と白い, と陳東海, なの

1 [208件] いうの, いえなかった, いえば, うつむいて, うまさ, おやめ, お別れ, お痩せ, かね, かれに, かれの, かネ, きッ, この中, さ, させた, させたいため, させなければ, させようそう, させるばかり, さっぱり見かけない, しか入, した, した存在, した油気, した白い, した線, した縞目, した記憶, しない物, しねえたあ, じゃあない, じゃが土地, するに, そういったに, そうその, そうと, そう河内山の, そう結論を, その背後, そんな素振り, だぞ, だったかね, だったが, だつた, だとか, だなんぞ, だの, だわ, だァ, ちが, つかんで, つぶって, であったの, であった叔母, であるという, でいた, でいる, でこの間ッ, でした, でじっと, です, ですか, ですから, でちんちんかもかも, では余り, でもう, でわかれ, で取, で可ん, で坂田氏, で居た, で早打ち駕, で治まった, で生え際, で番, で皆, で目, で看護, で腕, で話, ということ, ときかない, としかも, として睫毛, とその, となんじ, とのび, と二官, と区別, と印象, と堅く, と思い込ん, と思った, と明瞭, と朱, と水, と浮かばせ, と減っ, と熨斗紙, と白く, と示し, と秀吉, と空, と立った, と粧う, と聴, と胸, と見え, と見ました, と覚え, と言う, と言った, と話し, と読める, と起きました, と輪廓, と通つて, と高く, と鮮やか, と鮮明, と黒い, どうしても顔, ない笑い, なお響い, なかった, なく降りかかる, なし自動車, なので, なもの, なら沢山, なんで, になった, になってる, になりたくない, になりましょう, に沸い, のすっぽり, のみじかい, のアカ, の二間, の人間, の奥, の寡婦, の引導, の眼, の見当ちがい, ひょいとしかも, ふえて, ふッ, まことに頃日, もうお前さん, もうどなた, もう咽喉, やがて己, よ, よなし, わからなかったわ, わからなくなったが, わかりませぬが, 二度と目, 休めて, 冴えて, 出て, 分ったからには, 分った以上, 分つたの, 分らないん, 分らなくッ, 分るほど, 判らねえと, 危うございます, 受け払って, 嘗められたと, 大外れ, 寒くなっ, 思い出すこと, 感じはじめて, 抉り出して, 押しあける, 暮したかったわ, 来て, 来ないこと, 来ないもの, 来ないわ, 来られないの, 来られないん, 無い訳, 無役, 申し上げかねるの, 白うお, 確かめること, 立った雪, 老けて, 行かないん, 見えたわ, 見えませんが, 見えませんよ, 見える, 見える病人, 見分りませんから, 触らなかったと, 言い放ッ, 言って, 返さないの, 逢わなかったの, 離れて, 駈出して

▼ ッちゃ~ (249, 0.8%)

97 アいけない 4 いけないよ, けて, ない, ないん, ならねえ, アいけねえ, アならない 3 いけねえ, いけません, いけませんよ, ま, アない, アなら, ッたんだ

2 [14件] いかん, いけない, いけないぜ, いけませんぜ, で, ないな, ないねん, まは, ま方, アいけ, アなりません, ッた, ッたんです, 思たら

1 [156件] ありません, ありませんぜ, ありゃしない, ありゃしねえ, ありゃァ, ありやしない, あるめ, い, いう風, いかない眼, いかんよ, いけないのよ, いけねえぞ, いけませんて, いけませんわね, いないから, いないね, いや, いやです, おりません, お前さんの, お前さん直, から打っ, から死ぬ, が命, くて, くなって, くなるん, くれた雀共, くれだ, くれも, けたもの, けど, けど家, この甲府, ござんせぬ, ござんせんか, さかい誓約書さい, し, だもの, てば, てめえらの, どうもおれ, ないか, ないのねえ, ないや, ない放, なかった, なもの, ならない, ならねえからの, ならねえよう, ならねえ筈, なりません, な一室, な塒, な雑誌社, にせい, に考えた, ねえお, ねえけれど, ねえぞ, ねえと思う, ねえよッ, の, の方, まえ, まであった, まどう, まの, らして, られたよう, られる, るよう, るわけ, ろ思て, わからねえの, ァ, ァある, ァいかぬ, ァならぬ, アあとあと親孝行に, アありゃ, アありゃしない, アいかがでございます, アいけませんや, アお, アから, アそう, アたべられない, アち, アと, アどう, アな, アならぬ, アなるまい, アね, アねえ, アムクレの, ア主義の, ア何うし, ア凌げねえ, ア困ります, ア困る, ア寝, ア損だ, ア敵が, ア来ない, ア来られない, ア毒死という, ア然う, ア目アキが, ア秘密が, ア蚊が, ア解らぬ, ア身が, ッと, ッとく, 今更こないな, 仕様が, 僕さっぱり, 元園町, 出来ない事, 初めから, 助からねえ, 危なッ, 君なんざ生涯用う, 困ります, 困る, 困るよ, 埋まりませんぜ, 寝台の, 小柄を, 年が, 当節では, 悪いから, 我が済まん, 来やしません, 栓が, 極が, 様子分れへん, 治りません因縁事, 無えそう, 申し訳ねえ, 男には, 私も, 笑って, 色男は, 英雄にも, 見下げ果てた奴ッ, 誠に迷惑, 説き伏せられて, 電話かける, 飲まないで, 駄目だ, 駄目よ

▼ ッ~ (246, 0.8%)

12 をし 10 はない 9 はねえ 8 はありません, は無い 76 ちて, ぬいて 4 をする, 抜いて 3 で一度, に

2 [11件] ありません, さ, ちが, で寝る, になっ, になる, に精, ぬいたり, はありゃしない, をやッ, を曳い

1 [144件] ありませんや, ありませんよ, ありゃしない, ありゃしないわよ, ありゃしねえ, あるまいそして, あるもん, から何十, かッ, ができる, がはじまってる, が五つ, このとおり, こんな所, さで, さを, さ落ちてる, しッこ, じゃない, すっこッこ, だぞ, だよ, だわね, ちとら, ちは, ちる, ちるたって, ちるだろうと, ちる心配, であった, でいつのまに, ですか, でそんな, では僕, でもあ, でもいい, でブウブウ, で丁と, で働哭, で凝, で夜さり, で晩, で歩行, で気, で独りチビチビ, で立ち停った, で竹, で縁日, で自由気楽, で謡, で鉄屑, という恰好, な, なのね, にあぐら, にある, にい, にいる, にいれ, にかじりつい, にかわし, にころがっ, にさぐり, にしか見えない, にしましょう, にする, にそのまま, にちょこ, にでも極め, にでも隠れる, になった, にほこり, にほとけ, に三, に与えられた, に取っ, に挙げ, に振り, に熱中, に男, に目鼻, に石橋山, に立たされる, に腰かけた, に荷物, に行き, に銀杏返し, に駄目, ぬく力, はありゃしねえ, はありゃしません, はございません, はなし, はよしましょう, は御, は有りません, は隠居, へあんな, へその, へでも酒瓶, へひ, へひっこむ, へも行かない, へ出し, へ坐っ, へ押しつけ, へ放りだせ, へ記入, もない, もないでしょう, も出なかった, も詰らない, やつが, やらきゃ, をさせなけれ, をした, をしちまいやがった, をしはじめた, をしましょう, をつかまえた, をつかん, をやっ, をやつ, を並べ, を仕過ぎ, を床, を延ばし, を抱え, を押え, を押えた, を捉え, を掴んだ, を曳き, を繰り返す, を覗いた, を遣った, 抜かれたん, 抜かれて, 抜きかけたが, 抜きクロ, 抜き捕手, 抜くが, 抜くこと, 抜け侍

▼ ッくり~ (230, 0.8%)

22 して 6 返って 5 かえった, した 4 したよう, 返った 3 かえって, と胸, 持って 2 させて, したの, するよう, だあ, だと, と身, 起って, 返ったから

1 [159件] あがって, あの人非人, お参りを, お泊まり, お相手, お預かりいたしまし, かえったり, かえってお, かえってノビ, かえって刀, かえって可, かえって頭, かえり酒, かトン, がひ, きかせて, させや, させられたこと, させられること, させるよ, させる不粋, さッくり横紙が, しすぎたからも, したが, したでございましょう, したでしょう, したと, したもの, したり, した万太郎, した手, した束髪, した様子, した泳法, した清らか, した目, した面, した頤, した頬, した顔, してしもてん, しましたが, しましたけれど, しましたよ, じゃねえ, するこたあ, そのまま, そのまま借用, そのまま反対, そのまま石摺り, その姉さん, その市, だ, だから, だよ, だわ, でさ, でタテ, とある, とお, として仰向け, となる, と一軒家, と俯向き, と凄い, と垂れ, と打, と抜衣紋, と持, と日, と歯, と焦茶色, と申したい, と白き, と窪ん, と立った, と綿, と編笠, と考えた, と考えられる, と肉, と肩, と脳髄, と草鞋, と起, と起きた, と跳, と頭, と頷い, と頷く, と飲む, と首, と高い, なこと, なされた, な体格, な字, な恰好, になっ, に変装, に見え, に親, の大, の止まった, ひょろりと手, ぶッ, もし, をこの, をし, 仰向き薄い, 休むところ, 入れたまま, 反つた鼻, 呆気に, 寝そべって, 嵌まる, 川向うへでも, 戻って, 抜けた島田, 握って, 書いても, 書くと, 機会を, 残って, 焼けただらし, 爪尖, 白いの, 突っこんで, 窪んだ眼, 立ちあがったと, 聞いて, 行くものぢ, 読む時間, 負うてるもの, 起きて, 起き直った, 返された, 返されて, 返した物品, 返すだけの, 返すよう, 返す余興, 返そうと, 返ったが, 返ったと, 返ったらしいの, 返った新造, 返っちゃ, 返らなければ, 返りかの, 返りそう, 返りでも, 返りまさ, 返るけれども, 返ること, 返ると, 返るの, 返るよう, 返ろうという

▼ ッても~ (212, 0.7%)

4 分って, 可い 3 いいじゃ, 仕様が 2 いいや, いいよ, いいん, そうだ, よさそう, 宜い, 自分は

1 [184件] あなたを, い, いい, いいかい, いいがね, いいだろう, いいもん, いけません, いないから, いよう立腹, いられずウロウロ, いられない何かしら祝ッ, うまく静ウ, おいらの, おけないから, おけまい長屋一同, おれの, お前方, お寝相, お解り, かかッ, かまわないが, この子, これも, こわい顔, こんな山寨, さあなた, そう言ッ, そんなとこさ, たいがい息のねは, だよ, つけない頭, とても私, とても私共, なお大, なお瞬き, べつだん何, ほほほほ, ぼくには, まさかに素手, また去りかね, まだお, まるッきり, みるが, もう出来ない, よい, よう御座ん, わたしは, ゴソゴソと, ゴミみたいな, ゾッとする, ナニモ遊ん, ナニ支那人が, フシギでは, ミズミズしく若返る, ンで, 一人で, 一人前には, 一向しき, 一度別離, 七年経ッても, 下さったの, 世話ば, 事務に, 些しも, 今時の, 仕方が, 他の, 他人に, 何と云ッ, 何処かの, 何様酷い, 信仰は, 俺の, 健と, 僕じゃ, 先方様でねえ, 先様にゃ, 全然うれしく, 其様な, 内聞の, 出来るもの, 刃の, 分りまさア, 切れない因縁, 切れぬ楠木家, 切れねえはず, 剣術の, 勝てずに, 勝手が, 勧めも, 厭だ, 叔母の, 取れないの, 取合わぬゆえ, 口を, 叩っ返し, 可いよ, 可いわ, 可笑いん, 味噌汁一つ拵えられない, 品行は, 善くッ, 善ん, 善吉は, 困るから, 変だ, 大恩人, 好い, 好きな, 好じゃ, 嬉しそう, 宜いんだろう, 宜う, 宜かろう, 宜しい, 容易に, 尚お気, 差支えない, 底の, 強情張ッて, 思い, 思い切れない, 恐ろしく濁っ, 恥かしい, 情を, 我慢が, 持ち上がったん, 持って, 捨てられるん, 探しちま, 敢て, 敵手に, 新九郎を, 日本中の, 昔の, 昼間だって, 月々の, 未だ分らぬ, 来ない, 来なかった, 来ぬもの, 来られないよう, 極極僅か, 歓迎し, 歩いて, 気味よく, 気移りは, 清水大兄とともに, 火が, 無くッ, 無理に, 無駄だ, 片瀬の, 理に, 生きて, 男一匹立派な, 白いか黒いかは, 神月は, 私商売などは, 終には, 耐え切れずつい, 聞かずに, 自由に, 見ちゃ, 視て, 親一人位は, 解らない逆上ッ, 追付かずこう, 逃げないでか, 途中から, 遠ざけるには, 邪魔に, 酢蛸を, 鍋には, 関わないから, 関わないと, 離れませぬ, 露程も, 青訓や, 面白うない, 高が, 髪なんぞ, 鳴らしたもん

▼ ッぽい~ (203, 0.7%)

4 眼を 3 のは, 事を, 声を, 草の

2 [17件] ことが, ことを, ところが, な, のね, ような, わねえ, 体を, 声が, 女の, 妹が, 思いに, 目を, 者のみに, 銅色に, 顔や, 風が

1 [153件] あの娘, お吉, お湯の, お辞儀などは, がぜひ, けれどあの, ことには, ことばも, ことも, こと云う, これでも, じゃない, ぞッ, たちです, たるんだ乳房, だろうとは, という一病, ところは, ところを, と云う, なあ禁物, にゃ驚きやす, のが, のじゃ, のだ, のと, のとが, のなど, のも, のや, のよりか, のを, べらべらした, ぼく等の, みじん縞の, ものが, ものに, もののみに, ものは, もんじゃあ, や, ようだ, よ口説きかねない, わけは, わね, んじゃ, んだ, ウチに, カンテラの, ガサツ者で, コロッと, ディレッタントでは, ペンキ画の, メリンスに, 一命じゃ, 一楽の, 一節切を, 上田縞の, 五燭の, 人も, 人達の, 伝法口調, 借家が, 匂いを, 単衣, 双子の, 味噌汁で, 唐桟の, 土の, 埃で, 声で, 声に, 声の, 大根では, 奥の, 女だ, 女である, 女と, 女に, 女は, 女ばかり, 女性です, 好意の, 姿が, 姿を, 密, 寝具の, 小間使い風の, 後家さん主従は, 微笑を, 性第, 所が, 扮装の, 新造の, 方が, 李逵が, 林檎の, 櫛巻きの, 武将と, 歴史の, 死にかけた黄疸患者, 気分などは, 気分に, 気長さで, 水粒が, 流し眄を, 浜言葉で, 煙を, 煙管を, 物に, 男だった, 癖だけは, 真似する, 瞳が, 瞳に, 空気が, 笑い方を, 笑みを, 笠原の, 節廻しの, 米の, 粧いは, 糸織の, 羽織の, 考えを, 者です, 臣は, 色と, 色に, 花が, 花卉店の, 蝶々さんを, 街道すじに, 言葉を, 訴えと, 詭弁を, 話や, 話を, 語気が, 調子で, 調子であった, 調子外れの, 警戒すべき, 通りの, 道を, 酌で, 雑草の, 顔が, 顔し, 顔を, 風に, 駄々っ子としか, 鼠色に

▼ ッかけ~ (194, 0.6%)

9 て来た 7 てきた 5 て来 4 て来る 3 て行く, にし

2 [16件] て, てあの, ていた, てくる, てその, てそれ, てやりたい, てゆく, て外, て戸波, て河岸, て行った, となった, に, の使者, 追ッ

1 [131件] あたりに, から呼びさまされ, がある, がなけれ, が出来た, が悪くっ, が着いた, さえあれ, しどろもどろの, そうな, そうに, たり水, ついに道, てあたふた, ていく, ておや, てき, てしまいました, てしまった, てしめる, てそのまま, てちょッ, てとんとん, てなか, ては見る見る間に, てびゅっと, てまた, てもい, ても全然, てやけ, てゆき, てオカモチ, てオデン, てニヤリ, てワラワラ, て一, て両, て人々, て入った, て出, て初冬, て呼びかけた, て実用, て家, て宿, て寝る, て山腹, て左右, て店, て往来, て戸外, て来い, て来させ, て案内, て楮幣, て溝板, て炎, て着流し, て破っ, て老父, て落雷, て行き, て裏口, て見る, て赤蜻蛉, て追い出す, て追っかけ, て電柱, て飛出す, て食っ, である, では, で無口, と名分, ながら, ながら勝手口, ながら左衛門橋, ながら格子先, なさ, にあらたまっ, にいく, にいちどに, にお, にお先, にきりりと, にそち, にその, になった, にわッ, に一つ江戸, に一層, に伝七郎, に出掛けた, に土間, に富裕, に彼, に打切っ, に武大さん, に砂利, に結んだ, に阿修羅, に駈け出した, の使い, の急使, はかならず, は中津, ひとつおふくろを, ひどい鉤裂, もなく, をうまうまと, を促した, を呼ぶ, を示した, を見つけた, 使いを, 執拗に, 帯の, 後ろ向きに, 新菜, 林の, 炎天を, 相当よ, 穿で, 結びに, 草履, 草履が, 草履の, 草履も, 草履真一文字に, 追ん, 追ッとり

▼ ッ~ (173, 0.6%)

4 にそれ 3 に立った 2 きを, だ, にこの, にその, に出, に慌てふためい

1 [154件] からよろよろ, からヒラリ, がかすっ, がすぐ, がすこし, がヨハン, が二三寸大地, が二十本あまり, が二寸, が戦いだ, きに, するどく薙ぎつける, であしらわれる, であった, で受ける, にあたって御池十郎左衛門, にあった, にいる, にお, におどりこん, にかけまわされ, にかけ梯子, にこう, にさし, にし, にとした, にとびださね, にはおよそ, には手ごたえ, には農鳥山, にふいた, にぼく, にまねき寄せられ, にみつけた, にイヤ, にグザ, にヒョロヒョロ, にピン, に一群, に乗っ取った, に乗りつけ, に乱れたつ, に云った, に五体蜂の巣, に京城, に今, に十数名, に反対, に口, に叫び, に吉原, に周馬, に咽, に家, に居なくなっ, に幕府, に当っ, に後, に急い, に急ぎだした, に手の甲, に払, に払いたがる, に攻めつけ, に日本左衛門, に書きこむべき, に林, に柳端, に機先, に死ん, に洞門, に洲股, に浅野弥兵衛, に海員紹介所, に火, に玄関先, に生け捕っ, に白駒, に目がけられた, に秘術, に立ちふさがっ, に立っ, に節, に聞きつけた, に触れ, に調べ, に起りました, に跳びあがった, に軟論, に近く, に迫った, に逃げ走った, に進ん, に道びらき, に鎗玉, に飛び込ん, に飛び降り, に飛ん, に馳, に駆け入っ, に駈けつけよう, に駈け出す, に駈け参った, のひとり, の仕事, の余勢, の加減, の寸伸び, の板戸, の格子, の機智, の行方, の雨, はいつか, はその, はななめ, は寸地, は届かない, は鉄装, へきれい, へつきつけた, へは駈出し, へオペラバッグ, へザ, へスーッ, へ寄せ, へ持っ, へ猫, へ突付ける, まで緩やか, まで舟, も敵, も烈しく, よりするどい, を, をかわし, をさける, をそこ, をつきつけ, をとばした, をゆく, をよッくみ, を向けなおし, を向けよう, を岩, を拳, を掠め, を揃えた, を疾駆, を跳びのく, を避け, を韋駄天, 廻りしろッ, 生っ

▼ ッ~ (163, 0.5%)

7034 ッへ 3 ッお, ッそう

1 [53件] おほめ, お召しくださる, へへ, へへへへ, まあそんな, ッいくら, ッかえって, ッじゃ, ッそいつは, ッそっちの, ッその, ッそれじゃ, ッそんなに, ッだけが, ッでも, ッとうとう, ッどうも, ッどの, ッほんの, ッまず, ッまずざっと, ッまア, ッよく, ッ二十五両と, ッ何と, ッ何の, ッ全く, ッ可笑し, ッ商売商売で, ッ図星で, ッ天下は, ッ妹の, ッ姐御, ッ存じ, ッ小唄の, ッ怒っ, ッ恐れ入ります, ッ抜きました, ッ有難い, ッ死んだ, ッ焼餅ばかり, ッ生首二個受取ろう, ッ真っ直ぐに, ッ笑わせる, ッ素っ破抜い, ッ良い, ッ親も, ッ親分は, ッ親分も, ッ話を, ッ誰方かに, ッ銭形の, 姐御

▼ ッとも~ (156, 0.5%)

9 ない 6 ないじゃ 5 ッと 4 ないから, 気が 3 無いなと 2 だ, ないの, ないや, ないわよ, ない小男, ない程

1 [113件] いいです, いい声, いい春, いおうじゃあねえか, いわず地上, おうなは, おかしか, お臥ら, かまや, こだわらない, このごろあれを, この小屋, ごも, すッ, それを, そんなかま, そんな驚いた, ぞんじませんで道, だから, ないこと, ないざま, ないぞ, ないたとい, ないと, ないねえ, ないばかり, ないほど, ないよ, ないんざま, ないッ, ない人, ない吼え, ない告別式, ない奴, ない気, ない狎れ合い, なかった, なくからっと, なくって, ねえぜ, まだ手, もう以前, もう大分出, らしい顔, をかしかァ, イボンヌという, フシギな, 云えず文三, 云えなかっ, 交じらんとこ, 何の, 先に, 凄味は, 助ける気, 取り乱したところ, 取乱して, 可愛くない, 可笑しか, 哀れそうでない, 嘘じゃ, 声なんぞは, 変って, 変らねえじゃァねえか, 変りが, 変りは, 女そのものを, 好いこッ, 姫さまは, 姿を, 宜く, 家へ, 師匠は, 彼は, 往来で, 待ッて, 怖いこと, 怪しむに, 恐れ入ったよう, 悲観的な, 意味が, 戸が, 損では, 救われも, 気に, 決まって, 注意されなかった, 無いから, 珍しいもの, 珍らしい, 疑わずゲラゲラ, 疲れたやうぢ, 知らないけれども, 知らなかったよ, 知らねわ, 短縮されません, 突然で, 腹を, 解りやせん, 言えません, 言わずに, 言わなかった, 谷川ほど, 赤くねえ, 足が, 跳び込み選手, 身に, 退屈しなかった, 違わない気, 酔っちゃ, 閑のね, 顔を, 騒がず, 騒がなかった

▼ ッつい~ (139, 0.5%)

23 ている 13 ていた 12 て来た 3 てい, てくる 2 たりし, て, てしまった, てその, てそれ, てみた, て居る, て来, て来る, て歩い

1 [65件] たりする, たり五体, たり離れ, ちゃア, てあげ, てあなた, ていけない, ていなけれ, ているらしい, ていれ, ておらなく, てきた, てこの, てごらん, てさも, てしまう, てしまえ, てしまっ, てとき, ては来ない, てまいりましょう, てまいる, てます, てまひょと, てみたい, てもらえ, ても何時, ても知らない, ても石, てゆく, てゐる, てミソサザイ, て一ツ, て一体, て何処, て再び, て参りました, て取れる, て呼びかけた, て夕方, て尚もしきりに, て居, て屈む, て影, て旅, て来たがります, て根気, て歩いた, て歩き, て歩く, て殿様, て水平線, て立つ, て緋母衣, て耳打ち, て見よ, て見る, て逃がし, て邸内, て野郎, て飛び出さした, という髪, モンは, 様を, 顔だ

▼ ッとして~ (130, 0.4%)

2 いて, いても, すくんで, 振り顧った, 来た, 眼を, 私は

1 [116件] ある日, いきなり扇, いまに, いらっしゃいますから, いられない, いられない気持, いられなくなって, うしろへ, うっとり地, うつくし欅, おいでよ, おびただしい鼻血, おりんは, おれない気持, お綱, かれの, こころを, しまいますから, ずいぶんいそいそした, そういう事, そういう者, そうだ, そこに, そこを, そのほう, それからという, それが, ついと, なにか, はね返った, ふたりが, ふりかえる, ぶッ, ほんとうに, また心, また考えた, クンクン, 一歩前に, 上を, 主将の, 五助作平湯殿の, 今夜が, 元の, 出て, 又何, 口を, 叱って, 向うを, 唇を, 四辺を, 夢心地を, 大地へ, 女の, 小手を, 居た力三, 居られなかった, 帰ると, 引金に, 彼は, 思わず心, 息を, 慌てながら, 手を, 手荒く仕切り, 振りかえって, 振向くと, 擦れ違う時, 本庄は, 来た筆蹟, 来て, 来る, 棒立に, 槍の, 歌麿の, 武蔵の, 気が, 狼狽した, 私も, 窓を, 立すくんだ, 立ちすくんだ, 立ちどまって, 立ちどまると, 立ち停った, 立上った, 置いたん, 置いて, 置く, 置くが, 胸を, 脳貧血起し, 腰を, 蒲団を, 襟を, 見ると, 見交すと, 覗きますと, 赤面した, 足が, 足の, 足もとを, 足を, 跳びのく音, 身を, 身体を, 身動きを, 開くべからざる口, 間近に, 面くらつた, 顔を, 顔色を, 飛び上った, 駒の, 驚いた, 鷲の, 黙り込んだ

▼ ッ~ (127, 0.4%)

10 にとられ 8 のない 4 にとられた, もない 3 ない, をつけろ 2 が多く, が狂った, ないこと, なく云った, に取られ, ねえ, のねえ, をたしかに

1 [79件] からとはさもそう, がちがった, がない, がなく, が付いた, が変, が少し, が手伝っ, が抜ける, が来, が流れ, が無く, が絡みつい, だ, だつた, だ伝九, ってほんとにもう, で今朝, で居たたまれる, で熱, とで人生, となっ, と小便, ないぞ, ないので, ないよう, ない人, ない大股, ない挨拶, ない読み方, ない門前払い, ない顔, なくうなずい, なくうなずいた, なくする, なくその, なくついた, なくぶっきらぼう, なくやり返した, なく云, なく振り向けた, なく沈黙, なく盃, なく追い返す, なく陳達, なしの, なし取っ, などのあろう, な彼女, な真似, にあてられた, にとられる, になっ, になります, に煽られ, に飢え, のな, のほう, のもの, の小, の気分, は大阪, は抜けました, は更に, もある, も消え, も身, らしいもの, を, をたしか, をもっ, を付けろ, を加えなかった, を含まぬ, を嗤, を抜かれ, を抜かれる, を放れぬ, を起す

▼ ッ母さん~ (120, 0.4%)

3 だッ, は 2 おッ母さん, と話, にそう, に泣きつい, の事, はそれ, はどこ

1 [100件] あの家, お帰り, かね, かも知れない, から一筆青木, から貰, から貰っ, があたし, がいたろう, がお, がお前, がお金, がこぎゃん, がそう, がそれほど, がやって来る, が何もかも, が帰る, が心配, が悲しむ, が敗けた, が来, が来たら, が来る, が殺されてる, が縫っ, が食えん, が鸚鵡, じゃア, だったの, ですか, とてもしよう, とよん, とんだお, と一緒, と慕い寄っ, どうぞお, な警察, にお, になりきってる, には御, にも話し, に代, に宜しく, に弾い, に心配, に意見, に約束, に苦労, のところ, のよう, のジャンヌ, の亭主, の処, の前, の命令, の寝, の帰る, の恋敵, の手紙, の来る, の気苦労, の素人下宿, はあたし, はすこぶる, はそう, はその, はそりゃ, はそんなに, はたいへん, はただ, はほんとに, はをら, は今, は何, は千何百年間, は夫, は居る, は搆, は泣き面, は網, ば見, まで安心, まで病気, もう働く, もおきつ, もこれから, もそれ, もね内々心配, も一緒, も御, も昔, やお, や兄さん, を呼ん, を安心, を悪く, を見, 実は気, 追い出されて

▼ ッかり~ (113, 0.4%)

3 おしよ 2 しろい, 腰を

1 [106件] うまく行った, おし, こちらを, こっちを, さ, じゃありません, そういっ, その上, その性質, その菊路, その鏡, で, で思慮, と憊, と腰, と足元, どこかに, のあと, の女, はこッ, はそう, はどうにも, はカンベン, はゴカンベン, はツライッ, は云えません, は云わなかった, は口外, は知った, は請合え, ぱちぱちし, もう冬, もう西へま, やんちゃに, わたしは, を楽, 一陽来福の, 事情は, 五六本飲んだ, 人相が, 仔細も, 信用し, 側へ, 元気が, 先生が, 反古に, 呼吸を, 啖呵に, 囮に, 困惑し, 堅気の, 塩ッぽく, 夏です, 外を, 大きくお, 大事に, 安心し, 安心した, 御褒美, 意気を, 懐中から, 懐中を, 戸外も, 揃た, 改心した, 昔と, 曲の, 書き加え, 朝化粧まで, 様子を, 此方を, 気が, 気に, 汽車に, 油断し, 洒落も, 深井君の, 片附い, 甘い顔, 申上げ, 疲労し, 療治が, 盥の, 知つてゐる, 福知山の, 私に, 肩に, 肩の, 肺臓へ, 胆を, 腕を, 膝頭を, 自分の, 血相が, 行き違いに, 西鉄ビイキに, 言ッて, 調らべ, 赤い表紙, 轡を, 辛気に, 通ッた, 野風呂で, 霽れ, 面を, 麻袋に

▼ ッ~ (111, 0.4%)

13 をし 3 に蜂 2 だけのお上手, になっ, の分隊長, へ叩きつける, を, をする, をひっぱたい, をヒッパ, を殴りつけ

1 [77件] から見た, が何だか, だけを綴, でしん, でなければ, でもなぐられる, で刃, で坐っ, で暮し, で歩き出す, なあげ, などがうつ, なもの, になった, になり, には生きない, に叩きつけ, に向い合う, に平手打ち, に湯隆, に石, に返っ, のフワフワ, の大尉, の汗, の皮, の眉間, の鼻, は, は持ち前, へたたきつけ, へ吐ッ, へ喰い切った, へ飛ん, をあげろ, をおっ付けた, をされた, をした, をたつた, をはっと, をはりとばし, をはる, をひ, をひっぱたき合った, をひっぱたく, をひつ, をひつぱたかれて腹, をひつぱたく, をひつぱたくのを満身, をぴしゃり, をぶん殴り, をみられない, をグニャグニャ, をハリ, をヒッパタ, をポカリ, をポカーン, を一つ, を上げろ, を上げん, を土, を小女, を引, を引っ, を張った, を張られた, を張りとばした, を御覧じろ, を拳固, を撲らなけれ, を横撫, を殴りつける, を殴る, を見る, を見送っ, を覚え, ヲ直

▼ ッたら~ (110, 0.4%)

3 もういい 2 ありゃあしない, お出でよ

1 [103件] ありゃア, いいじゃ, いかがであろう, お前に, お放し, お珍, お礼ききたく, お膳立, お起き, お起し, かしてない, かしとけ, こいつを, これだ, こんどこそ, さぞ馬鹿, すぐさまそこ, それまでの, それん, それッきり返さない, だめだ, ちょいと, とうに仇, とても見, どうしよう, どうする, どうなろう, どうや, どんなもの, ないわ, ない可憐, ない歯, なかった, なぜ天ヶ丘, ねえあの, ねェ, ね私, ばさらに, ばどう, ば父様, ぶよぶよ肥っ, まあ, またその, また壮健, また背負込み, まるで氷, まるで雛, まアどうしてにわかに, もの破っ, よう, よかった, よかろう, よ盃, オホホホ, キサマ村構えに, ツイ近所に, ネ不承, ホホヽヽヽヽ, モウわたしの, 一人授けたい, 一別以来だ, 三千貫くれ, 事ばかし, 二の酉で, 些た, 今夜孝助様に, 何してる, 何だ, 何です, 何と云おう, 何時の間にか綺麗, 僕が, 先刻見た, 厭だい, 只は, 吉里が, 家事が, 尚お, 平田が, 御用の, 御覧なさい, 或は, 文さん, 断念ッて, 水が, 無罪の, 痩我慢と, 真平御免, 私ほんとうに, 私も, 聾の, 自分の, 草履さ今思い出し, 荒っぽくされ, 蟹工の, 行げ, 西宮さんは, 謝罪る, 逗子にでも, 酷いこと, 陳謝哀訴し, 非常に, 麹何升に

▼ ッていう~ (110, 0.4%)

9 んだ 8 んです 7 のは 5 のに 4 のさ 3 のか, のが, のよ 2 のを, ものは, わけで, んだろう, んで, ンだ

1 [56件] いい女, がどうも, ことだ, ことです, ことに, ことは, ことも, ことよ, ことを, ご相談事, じゃア, とね, の, のだ, もんだ, やつだ, やつは, ような, わけか, わけじゃ, わけだ, んじゃ, んじゃあねえ, んだい, んだい二人とも, んでしょう, パトロンが, 事に, 事も, 事を, 人では, 人は, 人よ, 処だ, 処で, 噂じゃ, 女中な, 始末でしょう, 家です, 家に, 家を, 寝言な, 小作人が, 小僧に, 形だ, 旅商人だ, 旦那の, 硝子屋の, 綽名でした, 花大好きさこの, 薄野呂, 話だ, 話は, 顔を, 騒ぎで, 鼻の

▼ ッ~ (106, 0.3%)

9 かさま 4 と戻っ 3 と先, と歩いた 2 おに, と歩い, と行け, と行っ, と逃げ

1 [77件] え旦那, おなれ, お聞き, から激突, とお, とおさらば, とこの, とこれ, とこんな, とご, とその, とやめる, とゆさぶれあう, とフトン, と上流, と中, と体, と六号室, と出かけ, と千頭家, と南, と呂宋兵衛, と味方, と団子, と奥庭, と帰っ, と帰る, と帰れ, と戻ん, と振向い, と機上, と正, と歩かなくっ, と歸, と死ん, と湯殿, と白, と立ち去った, と自分, と荷造り, と行きすぎ, と貰われ, と退出, と逃げる, と這入んねえ, と通っ, と通った, と通るなら通っ, と連れ, と道, と部屋, と飲ん, にハッ, に判断, に叫ん, に四五桂, に彼, に忍, に思案, に怪しむ, に気, に目, に私, に迫った, に顔, のこと, の方便, の本能, の間, までにお, もッさ, もッさ麓, を退け, ッ, ッさ, 新吉も, 買いなよ

▼ ッ~ (104, 0.3%)

3 になっ 2 をこづかれた, を立て, を立てる, を走る

1 [93件] あ蹴破っ, からそっと, からゾーッ, から突出, がドブ, が叫ぶ, が痛み出し, が立っ, が約束, で, であるが, でいたら, でいる, でお, でずいと, でもあった, でもあつ, でもどっ, でゴシゴシ, で十二時ごろどこ, で受けた, で女房, で押返し, で行く, で話, で豪胆, で通した, で鳥居前, となっ, なところ, な人物, な史進, な氏, にこの, につまずいた, に伊達政宗, に力, に呼ん, に抱え, に疼痛, に鰻香, のあぶらぼてりで, のやう, のよう, の何処, の処, の太, の太り肉, の敷島, の方, の桂首相, の痛く, の窪み, の鬱憤, はメチャメチャ, は無知, は絶えず, へお, へずぶ, へどんと, へぶち込まれる, へぶつかっ, へウン, へガン, へ中堂, へ力, へ抜ける, へ水, へ突き当っ, へ響いたろう, まぎれに, らしい, を, をか, をたてる, をなぐる, をふまれる, をふみにじられたく, をふむ, をぽか, をグッ, をジャクナイフ, を修繕, を抉る, を抑え出した, を機関銃, を立てた, を立てたらしく, を紫色, を蹴られ, を蹴り倒し, 出て, 泣いちま

▼ ッこい~ (103, 0.3%)

4 眼を 2 のを, 手を, 根気の

1 [93件] うしろの, ええチ, おいらと, お児, からいやさ, かんかん虫, がすべすべ, ことは, ことを, ことア大嫌いです, これから階子段, そういう用, そうは, そう簡単, と取, と思わせない, な, なあ, なじゃ, なと腰, ね, のか, のが, ので浜田, ので雪, のと, のね千束町, ほほえみを, ほんとの, みじめな, ものが, ものである, ものは, もん食べた, やつが, わい, 不幸に, 五体は, 他人の, 体が, 体臭, 動作力を, 動物が, 口調で, 執着威嚇, 声だらう, 奴なら, 奴らだろう, 奴を, 娘だった, 宅助は, 復讐感を, 悪の, 態度で, 所が, 所作を, 晴天の, 柔味が, 水さ誰が, 氷嚢を, 洟タレ天狗や, 浪人に, 玉菜の, 生きもの, 男の, 町人たちが, 皺首が, 皺首を, 眸が, 眼付きで, 私の, 竹童を, 縄目が, 老母の, 老躯の, 老骨の, 背が, 膏の, 赫ら顔を, 足蹴だ, 道中師の, 達磨船を, 酒を, 野郎を, 金物が, 闖入者の, 雫が, 顔だ, 顔つきを, 顔に, 顔の, 顔を, 鹵簿の

▼ ッたり~ (100, 0.3%)

7 して 5 坐って 2 くッ, すること, 足を, 蹴ったり, 閉めて

1 [78件] いって, おかしくも, お婿, かすれたり, こっちへ, した, したいという, したとき, した恰好, した調子, しました, するの, するは, するよう, そこへ, その内, その手足, たおれて, だった, で, ですっかり, で無くなった, と下, と首, なんでございます, ぶつかった, またクタクタ, また茄子, 一致し, 乞食にも, 余興には, 倒れたさかい, 倒れる息, 僕の, 入ッ, 出会ッた, 合った年, 合つたので, 合致し, 坐り込んで, 実に馬鹿馬鹿しい, 居たり, 当て填る, 悄れ伏す, 悪たれを, 手を, 断りましょう, 時にはチン, 机に, 様が, 様も, 横たわって, 河岸の, 濯ぎ洗濯きぬた打ち, 煮えつく楽鍋, 爐ばた, 畳に, 眼で, 腰を, 落した, 血へどを, 行き会っ, 衣を, 表の, 覆せて, 見交わして, 読書や, 誰やらに, 諛言を, 負けたり, 車を, 釘を, 閉めた, 附着け, 風に, 飯事を, 髪を, 鼻を

▼ ッ~ (99, 0.3%)

2 に出た, の別

1 [95件] かしらん, かなにか, から出直させるこった, から新町, がある, が見えます, が魔物, だ, だという, だッ, であった, である, であること, でころがっ, でせね, でははや, でも代地, で京都, で子, で火焙り, で獄門台, で磔刑, で胴, で高い, とよぶ, と同じ, と呼ぶ, と黒い, などへ来, にかかったらしい, にさしかかった, にでも参る, に人, に持出し, に晒された, に梟, に死骸, に移っ, に連れ出した, に集まった, のかげ, のさびしい, のそば, のところ, のどっか, のマンマンナカ, の中, の二個所, の入口, の土手, の夜, の大きな, の女郎屋, の怪事件, の景色, の杉, の枯草, の浄るり座, の獄門番人, の獄門首, の真中, の芸人たち, の草, の見世物, の路, の野中, の野道, の雑草, の露, はどうも, は凸凹, へそして, へだ, へ一路, へ円く, へ出かけ, へ帰っ, へ引ッ, へ着く, へ見物, へ追い放っ, へ送られるだろう, へ逃げ込む, へ集まっ, へ集まった, までつけ, まで探し, もねえ, や畦, を横目, を示す, を見れ, を踏みつけ, 大カール, 苦しまされた

▼ ッ~ (98, 0.3%)

16 になっ 6 になった 5 になる 4 だ, なもの, にし 3 な顔, になり 2 なの, な偽り, な幕

1 [47件] じゃない, だから, だし, だったわ, であった, であるが, でいつも, でなぜ, なつづら, なイツワリ, なホーズキ, な下, な余燼, な出鱈目, な口, な大口, な女, な姿, な山神, な日輪, な旭日, な梅島昇, な濁水, な灯, な舌, な花, な逆光線, にさせられ, にした, にそまり, にそまる, にそめ, になっちゃっ, になりやがった, に充血, に夕焼, に染っ, に染め, に染めた, に泣き腫れ, に焼け, に焼けた, に燃え, に空, に色, に見えた, の釜

▼ ッという~ (96, 0.3%)

9 間に 6 音が 5 声が 4 ような 3 悲鳴が 2 声と, 声を, 奇怪な

1 [63件] いびきを, ことは, といて, ときには, どよめきの, なりちょうど, もの凄い, ように, んで, 冷めたい風, 厭や, 叫びが, 叫びも, 叫び声が, 呼吸で, 呼吸を, 啜り泣きの, 啼き声, 喊声は, 嗚咽の, 嘆声が, 声笑う, 威脅を, 怪しい笑声, 怪音が, 息づかいもう, 悲鳴を, 掛け声の, 掛け声もろとも, 気勢は, 気勢を, 気合いを, 水の, 波の, 溜息, 物音は, 猿の, 眼くばせ, 竹法螺の, 紛れに, 警蹕の, 貧乏くさい, 足音が, 軍刀と, 軍靴の, 酒の, 間もなくその, 間もなくつづい, 間もなくドーンと, 間もなくドーンとうしろ, 間もなく僕, 間もなく宙, 間もなく押し倒され, 間もなく液体, 間もなく足許, 間もなく身体, 雨に, 震動が, 響が, 響奥の, 顔を, 鬨の声が, 魂消える

▼ ッから~ (92, 0.3%)

1 [92件] あなた何です, いそれ, いってたじゃ, いらっしゃらないッ, いる者, うちの, おなぶりかえ, お一人, お前さんに, お精進, お見世, お雪さんは, かん, ここへ, こっちへ, この宮志多亭, この家, しな通弁, しの, そういう風, そういってる, そうなる, そう思ッ, その八, その気, そんな外聞, そんな心がけ, そんな技倆, そんな話, どの位, ないん, なかった, なら分りゃしねえぜ, ねえん, はじめたん, もっと上手, やって来たん, ケチ臭え, 一ッ粒も, 信用し, 僕と, 先へは, 入院さした, 公事かけ, 動いて, 勘定した, 問題には, 塩梅が, 夜一夜一目も, 委しく話せ, 嫁付け, 嫌だって, 少々頭, 居さ, 居寝りなんぞ, 居睡りを, 帰ったって, 常日頃, 御大尽, 怖え, 承知で, 挨拶が, 断念めてる, 新田足利の, 日暮れ時分まで, 早や, 時分時にゃ, 期待も, 来たといった, 栄えなかったろうが, 洒脱でなかった, 王様が, 申す通り, 盛り殺したなんて, 目ッけて, 盲目の, 相場は, 睨んで, 私を, 立ってるん, 聞いたら女中, 自分で, 親に, 詰らぬ, 達ちゃんの, 難有味, 面白い話, 面白くないでしょう, 面白くなかった, 頭巾を, 頼りに, 馬鹿じゃ

▼ ッこん~ (90, 0.3%)

8 でいる 4 でいた, でしまった 3 で, でしまう 2 できた, でやる, でろ, でグイグイ, で壁, で来た

1 [56件] だりする, だり口, である, でいよう, でいらッ, でうつむい, でうつ伏し, でうなぎ, でおいで, でおく, でおりました, でからに早う, でがっ, でくれ, でぐう, でしまえ, でみる, でむり, でも弟子入り志願者, でらッ, でゐなく, でウワバミ, でキチン, でキャラメル, でグズ, でゴシャ, でジー, で両手, で代っ, で元, で出, で出し, で出た, で刑部, で否応なしに, で呑まっし, で固く, で天井, で息苦し, で新鮮, で書きはじめた, で朝風呂, で歩き廻っ, で深く, で焼きました, で私, で窓, で聞きました, で自分たち, で財布, で貰っ, で買っ, で逃げ, で隠し物, で雲助, 惚れてる奴

▼ ッ放し~ (90, 0.3%)

8 になっ 7 にし 43 にした 2 ておく, てくれ, てやる, のまま

1 [60件] さ, じゃない, すばやく外, てある, てえ, てお, ておい, ておくれ, てお貰い, てくる, てこいや, てしまえ, てしまった, てまだ, てやった, てやれ, てヒルネ, て君, て帰した, て笑遁, て置きます, て苦い, て跳びつい, て頂戴, でいい, でこの, でどこ, でべつに, でろくに, で二人, で動く, で危く, で唯にやにや, で小遣銭, で皆一家族, で秘密, と云う, なそして, な洟ッ, な顔, にお話し, にしてる, にしとく, になった, になる, にカンキン, に捨て, に申します, に自分, に話した, に開け, に預け, のお侠, のもの, の内臓, の家, の無縁塔, の蚊帳, をあたり前, 喰べた物は

▼ ッつけ~ (88, 0.3%)

4 てやる 2 てお, て歩い, もう

1 [78件] あっしどもの, お帰り, お見え, こっちを, この呼延灼, これへ, これも, されさぞ, すぐ赤松, そこい, その辺, たりする, っちまえ, てあるい, ていた, ている, てください, てぐず, てさそれ, てしまった, てじっと, てすこし, てなんと, ては味, てぽんぽんぽん, てまるで, てみる, てやります, てやれ, てやろう, てよく, て坐った, て幾ら, て待っ, て徳利, て浪花節, て涙ぐんだ, て澄まし, て火, て無念無想, て理窟, て置い, て置いた, て置けよ, て遣ろう, て邪魔, て長く, て静, て顫, て駈け, ながらわざと, のかげ, の束髪結び, まいられるであろう, また出た, もすこし, やア, をつけた, を穿いた, を穿き, アイタアイタヽヽヽと, 二番早打が, 伺います, 俺れ, 其方にも, 帰って, 帰りましょう, 帰るだろうと, 帰るだろうとは, 救い得させむずと, 来るころ, 来る時分, 知れよう, 見えそう, 貴殿も, 軽傷を, 鎌倉の, 飛っ返る

▼ ッ~ (87, 0.3%)

4 さまは 3 とした, となっ 2 さま, の雷, ゅッと, ッと

1 [69件] おれが, お前が, お相手, からお, からお話, からここ, からせつ子, から三井寺, から二階, から保太郎, から大分紛雑, から始まっ, から待っ, から待ッ, から放, から物蔭, から独り, から見, から話しかけ, から辻, から錠, さまだった, さまに, さまも, じゃいる, とつがえた, となり, と天窓, と当っ, と星, と研い, と腕, と鉄, になっ, に光子さん, に夕方, のかい, のセリフ, の三人づれ, の人物, の女, の姿, の家の子, の懐手, の服装, の疑念, の逆, の雄弁, の風采, は少し, ぴーの, も云う, も云った, も申, よりも声, ウチへ, 不二男, 乱世と, 井戸端へ, 坂本で, 奇声を, 横井さんの, 橋を, 申上げた, 目を, 眼を, 社家の, 社長に, 自分が

▼ ッ~ (87, 0.3%)

9 さんの 5 ぁん 4 ぁんの, ぁんは, かッ, ッつ, ッと 3 さんが, ァん, ッ 2 ぁんに

1 [42件] ぁんあしたは, ぁんか, ぁんが, ぁんがいれば抛りだし, ぁんです, ぁんときたらいつだって, ぁんと一緒に, ぁんどう, ぁんの家で, ぁんの家へ, ぁんは家へ, ぁんも, ぁん何だ, ぁん姐御, ぁん子供を, ぁん指に, ぁん熊さんが, ぁん熱い, あんに一ぱい, かアさい, が梢, こッつと, さ, さんどうぞ, さんのは, さんわたしの, さんを, さん一人だけ, そッつ, たってのお, に小林, の苦患, はッ, もやりかねない, も出る, も夫, も姉ちゃん, も寝てる, も面白い, 何卒, 反ッ, 残らず大事

▼ ッ~ (86, 0.3%)

7 ッと 6 と立っ 5 ッく 43 と立った, ッという 2 しょ, と起, の昔

1 [52件] おれの, お前の, この目, ごらん, ごッ, ご納得, しょイ, せい, そうッ, ですよ, と仁王立ち, と働い, と出, と出で, と原野, と叩き, と向う, と大, と岩, と弾, と立, と立ち, と立ちはだかっ, と立ち上がっ, と立ち上がった, と立つ, と縁先, と褥, と見え, と起ちあがっ, と起ち上った, と起っ, と駕, と高い, ようッく, ッくくくくるしい, ッ涙を, ノメノメと, ハイ御, 分った, 分るの, 反省も, 呑み込んで, 承知し, 歌の, 水の上を, 目を, 竿の, 考えて, 覚えて, 解って, 話して

▼ ッ~ (84, 0.3%)

2 から虱潰し

1 [82件] からお浚い, からじっくり, からてめえたち, からとっ, からみな, からスパナー, から一冊分丸諳記, から丹念, から即答, から叩きあげる, から否定, から呪い殺そう, から容赦, から引つ, から成仏, から打ちのめし, から投げ込んだ, から抽斗, から新, から死刑, から殴り付け, から殺された, から熱心, から片づけ, から登っ, から白い, から紙片, から続, から考へ始めました, から腐肉, から茶化し, から荷, から落し, から落ち, から血祭り, から裁判, から褒めた, から調査, から踏ん, から蹴ちらし, から車, から迷宮, がある, がこッそり夜遊び, が強くっ, しから, じゃからわたし, じゃ土産, だ, だけ広い, だったが, だろう, つまった気持, ではお, でもあったらしく, でもこの, でオヤマ, で展げたとこ, とばかり感じられない, と見くびっ, なの, ならあんた, にしろ, にもあたらない, に腰, に見返り, のもの, のよう, の五六人, の張飛, の警官たち, の音, の頃, は元々, は引っ, までが小費, までへの心, をくじい, をバラ, を後生大事, を拾, 働き出そう

▼ ッそり~ (80, 0.3%)

8 して 5 とした 2 と帰っ

1 [65件] ここへ, した, したあの, したっけ, したの, したやさしい, した娘, した髪, すらあ, そのもと, その男, でしたばい, とかくれ, としずまりかえった, として人, として閑寂, とする, とそこ, とはいっ, とゆかしい, と不, と並んだ, と便所, と出, と削げ, と取上げ, と小さな, と屋敷裏, と掛けた, と昼間, と来かかる, と来た, と済ました, と爪, と立っ, と笑み, と聯, と自分, と裏門, と足, と静, と静まった, と静まり返っ, と顔, と黙っ, のッ, の蝦夷, はいっ, 出かけて, 出て, 口を, 呼んで, 夜が, 少華山, 帰って, 次序なく, 沈んで, 渡して, 窶れた, 聞いて, 藤屋の, 起き上り, 足利家の, 逃がして, 静まりましたから

▼ ッぽく~ (80, 0.3%)

6 なって 2 て気, ムクンだ, 云った, 笑って

1 [66件] いッ, お辞儀を, かがやかして, きこえた, くすんだ時代, しかも律義真当, しない工夫, しょぼついて, するという, ちょこ, つぶやいて, てどうにも, てなん, て夢, て愛くるしい, て我利我利人種, て特権意識, て男殺し, て読めない, て飲めた, なった, なったかも, なっちまうん, なってる一本道, なり始めて, なるの, なる女, ばかしなっ, みつめて, ッて, ニッコリと, 出たの, 厭味であっ, 媚び諂ったこと, 尖りました, 引ったくろう, 必死に, 思いうかべ, 思われた, 思われて, 拙者を, 拳固で, 持ちかけたら馬鹿, 持ちかけて, 捨てでも, 推理を, 暮れて, 殺気立って, 煙って, 生意気な, 男の, 白血球は, 睨みつけて, 繩で, 艶の, 蠱惑な, 見えその大きな, 見えて, 見られた, 見られるよう, 言懸け, 話しこんで, 逆に, 露の, 頬耳鼻の, 頭を

▼ ッこの~ (75, 0.2%)

2 方へ

1 [73件] ぐい極めと, とおりそれ見た, とおり俺は, とおり爺からも, とるにも, ないもの, のんだくれ, まに, まま清水沢の, やつも, ように, ウ, ウを, バカどもめ, ヒョットコ狸め, 三日月形の, 上だ, 上斬る, 下司, 下郎めが, 中へ, 亭主に, 人目に, 仔牛を, 他の, 冤罪の, 前を, 動悸, 名は, 商売だ, 大人め, 女で, 女は, 家だ, 寺内に, 岡ッ引め, 岩波文庫女史め, 幻滅, 度矢張私許り, 性悪る, 手を, 押入れの, 掘立て小屋みたいな, 方は, 日蔭者, 暗い処, 柔弱漢を, 柳行李と, 棒くい, 機を, 水の, 汗, 汽船には, 物貰いめ, 眉間の, 眉間傷目に, 眠いこと, 社会主義奴, 私が, 置物が, 背中を, 虫けらを, 裾野の, 足め, 通り, 野郎ッ, 野郎容易の, 金吾を, 阿女, 頓痴奇めッ, 餓鬼ふんじばっ, 馬鹿野郎めが, 鮠めッ

▼ ッたっ~ (71, 0.2%)

73 てお 2 ていい, ている, てそう, てそれ, てどうせ, て別に

1 [49件] ていけません, ておれ, てお前唯, てこの, てこれ, てこれから, てしまいました, てその, てそんな, てた, てだめ, てちっとも, てどうも, てなん, てね私, ても姉さん, てゆるす, てよ, て不可い, て世間, て事, て何, て僕, て出さぬ, て分らない, て可, て向う, て寝かしゃしない, て小和田, て居る, て斯ん, て暖かい, て根, て構わない, て毎晩, て気に入った, て父の, て甘露, て男, て矢車, て私, て粗末, て言っ, て責任, て通じる, て里見, て金, て隙, て預ってる

▼ ッ~ (70, 0.2%)

3 であった, な部屋 2 だ, だった, な中, な時分

1 [56件] おやと, だが, だア, だッ, であたり, であるが, でした, です, ですどこ, ですよ, でどう, で何, で小さな, となった, なうち, なもの, なグランド, なデッキ, な一天, な丘, な二重壁, な伽藍, な六本木, な冥府, な土橋, な地底, な夜, な密林, な屋内, な山腹, な岩壁, な廊下, な水上, な沖合, な洞穴, な牢内, な牢格子, な甲板, な穴, な胴の間, な虚空, な谷, な針地獄, な間道, な闇, な障子, な雨, な風, な駕籠, のうち, の土, の山内, の街路, の部屋, ナ布団, 地も

▼ ッ~ (67, 0.2%)

3 ッと 2 え棒, して, りと, ッこ

1 [56件] あが, あも, あんまり帰り, あ怨む, いい座敷, いたんだ, いるだから, いるだろうから, えりに, えッ, こう仲間外れ, しい十五, すると宿場, ずるッか, そこを, だッ, ちと禿安, ついでそこ, ついでも, ついで来た, ついで浜, つぎの, ない政府, ない眼, なくって, ねえもん, ねえや, ぱッかと, ふだろう, りこさえ, りすがたを, りね, りやッと, ァ, ア, アあの, ッたら怒られた, ッて, ッとれ, ッの, ムツカシイあるです, 一方へ, 分れしまへんさかい, 前川へでも, 十町二十町歩位の, 味噌ッ, 手は, 武どん, 活ちょった, 無いけれど, 番人も, 者は, 者や, 脱げた両, 遠方へでも, 野郎ばかり

▼ ッつり~ (66, 0.2%)

6 して 3 とした 2 絶えて

1 [55件] お断ちなさる, お諦めあそばし, したもの, した妙, した料理番, した風, そうな, で小児, と, とあまりもの, とあらぬ, とお, ときれ, として歩い, とでも, とむずかしい, ともない, とも打ち明け, と一つ, と入りまし, と出なくなった, と切り, と口, と坐っ, と岡崎, と待っ, と心, と思うまい, と数珠, と明け, と武者, と汗, と浮気, と消え, と烏帽子, と猟, と途絶え, と酌げ, と音, と頭, と顔, と黙り込ん, のお, のよう, やさん, 云った, 切られて, 思い止まろうじゃ, 断ち切って, 断ち切られて, 止めて, 止めますから, 眠って, 言った, 黒く八枚

▼ ッては~ (66, 0.2%)

2 いけません, いない, ならないと, 保護し

1 [58件] いかん, いけないと, いないが, いないわ, いなかった, いなかッた, いませんぞ, いませんよ, いられまい, いるが, いれど, おけない, おられません, お声, これを, その枢機, それを, ともすればぞんざい, どうじゃ, どッ, ならぬから, なりませぬぜ, ダメよ, ッと, 一大事と, 一生お, 七日七日の, 不可んです, 主君の, 二千八百石は, 去れません, 吹き出しそれ, 吹き出し吸ッ, 唯大, 少し違う, 悪いとか, 或は無, 手前は, 文三腹に, 新橋へ, 最も醜, 火鉢の, 眼を, 睨付けられる, 穏に, 耳には, 肖りません, 腹が, 蕨採りのみ, 藩中の, 見て, 読かけ, 課長殿は, 迷惑いた, 逃げられないの, 通りこし, 部屋い, 酌という

▼ ッてる~ (64, 0.2%)

15 んだ 43 のは 2 じゃない, ぜ, のサ, んだろう

1 [34件] からいったん, が最下等生物, くせに, ことと, じゃア, じゃ無い, だけで, つもりだ, とこだ, とこです, なあ, なんざ人が, にしろ, のか, のかい, のだ, のと, のね, はずだ, ものは, ようでも, ように, よう君, んです, 世界では, 人の, 今にな, 今日の, 己は, 彼ね, 方が, 肩つぎの, 西宮だ, 通り母君が

▼ ッ~ (63, 0.2%)

3 のよう 2 な伝法調, に思われる, の味噌汁

1 [54件] あり蒲鉾, がとれない, がのこっ, が一等, が少な, が落ち, が足りない, が食えます, だった, です, でなく座興, で手足, とお湯, とか藁, なダンサー, なメロディ, な女達, な芝居口調, になっ, になった, にはしらせ, に火, に笑い, に言い, に言っ, のかさ, のなか, の上, の下, の女, の如く相, の漬物, の燃残り, の竹棹, の若い, ばしでなく, ほども見られなかった, むすびに, も目, や鉋くず, らしい棄台詞, らしい紫頭巾, をも時々, をやったら, をオレ, を奪い合い, を濡らし, を相手, を見, を踏んづけ, 抜かれたり, 抜きそう, 抜くが, 拾いにでも

▼ ッ~ (61, 0.2%)

7 ッけ 6 ッ, ッた 2 え声

1 [40件] あの老爺さん, うむ鎧通し, えうち, えぐれえに, えな代物だ, え時, お待ちなさい, お手, お茶が, さっぱり忘却, そうそうまた, そうだった, それでは腕車, だもの, ちょいと, ない声, なくうしろ, なく僕, なく別れた, なく首, ものか, ものだ, ア止っ, ッおかしくっ, ッ怪しから, 之も, 俺と, 傍に, 定吉イ定吉, 忘れたん, 斬って, 桐代さんでした, 汝を, 法蔵寺様へ, 磯之丞さんひどい, 美代ちゃんか, 翌日の, 芸人, 赤髯の, 顔は

▼ ッ~ (61, 0.2%)

2 をピタリ, を向け

1 [57件] からあやうく, から削らるる, から転じ, がうしろ, がキラリ, が一寸, が不意, が刎, が微光, だからの, でなぶっ, で待った, とを七分三分の眼, と行燈, どこへ, にさし, に口紅, に張りつめ, に撫でられた, に攀じのぼっ, に胸, に見とれた, に追い廻され, の来る, の行き, の鋭さ, はなお, は江漢老人, も止まる, をえぐった, をそろえ, をついと, をならべ, をふかく, をブルブル, を上手, を交わす, を低く, を受けれ, を周馬, を廊下, を揃え, を深く, を真, を突きつけた, を落した, を見ろ, を足下, を迎え, を飛ばし, 三寸新九郎の, 下がり, 傷柄手を, 寄るべくもない鋭, 息を, 深く自分, 雨の

▼ ッたい~ (60, 0.2%)

6 ねえ 5 ような 3 ことを 2 どこへ

1 [44件] から電報, こいつあ, これからどこ, だけで狂炎, だれと, といふ彼等, どうしてこんな, どうな, どうなる, どこが, な, なあ, ない, ないが, ないなァ, なや, ねえや, ねえ清さん, のは, ほど長い, ものでござる, やつ早く, よろこびと, わね, を知った, ッたら, ヘッ驚きました, ヨハンの, 人間を, 前歯の, 夜が, 太平記の, 感情が, 暗が, 書簡の, 煤の, 瞼が, 竹籠だの, 舌に, 言い方では, 赭渋色の, 革財布とともに, 鞍状地に, 駕屋だ

▼ ッてえ~ (60, 0.2%)

8 のは 32 ことが, ことよ

1 [45件] あああの, からな, から世の中, から気, から汝, が此, くちだった, ことも, ことを, じゃない, せめて軍鶏, ときには, ところでしょう, なあお, なあこの, なあこんな, なあそんな, なここ, なご, な巧奴, な武大さん, にこれ, の, のう向う, のか, のが, のさ, のに疑り, のの, のよ, ものは, ものはね, ものも, やア, わけな, んだ, んで, んでもっ, 事に, 噂だ, 宜い, 時の, 沼の, 糞放, 肥満った

▼ ッぱい~ (59, 0.2%)

2 だった, 食わせて

1 [55件] いい気, だ, だが, であった, ないない, なお変, にこれ, になり, になる, に光る, に唸り, に埋まっ, に大田原, に孕み, に寝具, に引っ込んだ, に意外, に撒きちらかす, に斬りつけた, に海, に湛えた, に溜っ, に溢れかけ, に真人間, に空, に立ちこめ, に耳, に落ちた, に見せ, に越前今庄, に足, に陽, の仕事道具, の客あしらい, の義憤, の辛抱, ゆゆしい顔, を傾けた, 入れたの, 呼んで, 喰おうと, 報われた気, 寝る, 平らげた上, 抱き止めて, 持って, 散り腐えて, 映しこんだ, 歩いたので, 溜って, 見えた, 詰まって, 青臭い涙, 食って, 飲むかも

▼ ッ~ (58, 0.2%)

4 になっ 3 になった 2 けになっ, な渦, に見える

1 [45件] いたして, けだ, けの逞しく, だ, だそう, だね, ないで, なうごきを, なかたまりとかたまり, なちぎれ雲, なつばさ, なとき, な一束, な嫉妬, な岩壁, な怪物, な液体, な煙, な物, な穴, な舟溜り, な荒くれども, な長, な鴉, にうずくまっ, にかたまっ, にこげ, になる, にはおなり, にむらがっ, にもん, によごれた, に人, に寄っ, に散った, に暮れ, に曇らせ, に朽ち, に渦巻いた, に火, に煤け, に蠢動, に顔, に駈け, の額

▼ ッこれ~ (57, 0.2%)

94 はどう 2 だッ, はへん

1 [40件] かッ, が本物, でくたばりゃ, でどうやら, でもか, でもかッ, でも喰らえ, でも消えぬ, で五千両, で国交断絶, で葛根湯, に, におる, には何, はいかん, はいけ, はいけない, はお, はきれい, はこれ, はし, はすっかり, はビール樽, はメリー号, は何, は例, は園子様, は女, は姫君, は意外, は武左衛門殿, は清元里春, は総監閣下, は阿古十郎さん, へ, や大変, を喰え, を憤慨, を見よ, を読ん

▼ ッ~ (54, 0.2%)

2 めえ, 察しの, 父さーん, 綱

1 [46件] おれは, ひざもとの, ッおのれッ, ッか, ッの, 京さんの, 休みちゅうのところをどうも, 何程で, 侍さんてば, 兄様っ, 八重の, 出合い召されい, 助け, 千絵様が, 吉様も, 奉行の, 安くねえ, 察し下さい, 小手お, 師匠様っ, 帰りだ, 帰りと, 引揚げでも, 心たしかに, 恨みお, 早く, 武家様に, 歩きなさい, 母あ, 汁粉ンなかから, 汝らは, 父様が, 父様ーッ, 町の, 白洲だ, 目付, 粂が, 繩うけい, 胴ッといふ, 藤, 蘭の, 蝶ッ, 袖の, 親分手首を, 逃げに, 頭領待っ

▼ ッ~ (54, 0.2%)

3

1 [51件] えこの, えと云う, えよ, え女流選手, そんなこと, とおかみさん, としてる, としない, とそこ, とそこら, ととぎすまし, とやっ, とやりなさい, とやる, とセンベイ, とメキキ, とワキメ, と下, と体, と作っ, と働き出す, と原稿, と太陽, と巡礼, と工事, と差入れ, と忠義, と急い, と手, と書い, と書き送った, と札, と東京, と無言, と焼酎, と物色, と物資, と細工物, と縫い, と縫い物, と肩, と貯金, と輦, と返事, と追いまわし, と通っ, と針, と開墾, と骨, エ, 拙者は

▼ ッたん~ (54, 0.2%)

96 だよ 5 だろう 3 だから, だが, だそう, ですよ 2 だね, です

1 [18件] じゃ, じゃあるまい, じゃないです, だがね, だけど, だっけ, だな, だもの, だろうな, だ夫, でございましょうよ, でさ, ですが, ですけど, ですって, ですの, ばッたん機織, ハッと

▼ ッ~ (54, 0.2%)

3 にかじりつい, をしつかりし 2 のふとい, の小さな, を, を見せた

1 [40件] あ並べ, がでんぐりがえっ, が山椒ツブみたい, が飛, だ, だろう, といわれ, と腕, なんぞとうに, にかじりつく, にカジ, に噛, に抱きつい, に火, に獅, に較べ, に飛付いた, のすわっ, のでんぐり返る, の光, の太い, の対馬守, の小, の耳, はこんなに, へうしろ, へかじりつい, へ巻きつけ, へ巻き附けた, へ結ぶだろう, まで冷やす, をおどりこえ, をギューッ, を仲, を吊るし, を抱きしめ, を押えられ, を掴む, を車軸, ヘ齧

▼ ッ立っ~ (54, 0.2%)

20 ていた 12 ている 2 てしまった, てその

1 [18件] たり白い, て, てい, ていたろう, ていました, ていやがる, ており, ております, てしまう, てない, てなにか, て唇, て壁下, て彼, て意気揚々, て敬礼, て自分, て間道

▼ ッ~ (51, 0.2%)

3 が吹い 2 が当る, に吹きさらされ, の吹く

1 [42件] か, が, がさっと, がひどう, が乾いた, が出る, が吹きまくる, が吹き荒れ, が夕方, が砂ッ埃, が腰かけ, が轟々と, が骨身, じゃいつ, だけには何百年来, であった, でこんな, で塵埃, というもの, として金, と犬, にあわせ, にふかれ, にふるえ, に千, に吹かれ, に幕, に曝ら, に火の元, のせい, のなか, の女, の強い, の日, の音, は今, は吹い, は寒い, は明るい, もなんのその, を探っ, 云うたら

▼ ッ~ (50, 0.2%)

7 をする 3 をし, をまごまご 2 てこと, を申す

1 [33件] かざわざわ, がおかしい, がとうとう, がまア, が何だか, が幸い, しや, じゃ, だってお, だって今日, だって冒頭, だと, てひどい事, てイヤ, というあわてようだ, という女だい, という雑言, とし, とした, とする, とまがいい, のッ, の因果, の理由, をつまらねえ, をとち狂った, をボンヤリ, を云う, を戯言, を泣いてる, を致す, を言う, を言っ

▼ ッ飛ん~ (50, 0.2%)

8 で行った 4 できた 3 でしまった, で来, で行き, で行っ 2 でいった, でき, でしまっ, で来る

1 [18件] じゃいました, じゃするする, でい, でいた, でいる, でくれる, でしまい, でしまう, でしまわ, でった, でみた, でもねえ, でゆく, で取り, で小使部屋, で帰っ, で行く, で雑草

▼ ッその~ (47, 0.2%)

1 [47件] あいぬ, おびんずる金太親分, お咲, くらいで, こと, ことここへ, ことその, ことと, ことレオナドの, こと不平の, こと人目に, こと大川へ, こと後に, こと桑名に, こと焼い, こと髪結の, そっ首を, とおりははははは, ふところに, ほうは, まに, 井上半, 刀は, 分なら, 大玄関, 子を, 子供が, 心意気は, 手に, 旅都だけかは, 時こそ, 暇な, 暇に, 真心が, 積りで, 立派な, 老爺を, 者を, 舟から, 蛸入道が, 衣の, 電話から, 電話を, 風は, 風采の, 駕に, 駕待て

▼ ッ~ (47, 0.2%)

1 [47件] があわて, がそれ, が四人がかり, が目, が調べ, が部屋, だから, だな, であると, で四角い, ということ, とは云え, と三百人, と変らない, と来たら, なかま, などやろう, ならぬ証拠, においたてられ, に桜場, に頼まねえ, の一人, の下職, の人力, の十吉, の孫太郎, の寄り合場, の小役人, の心眼, の数, の智慧, の眼, の紋, の耳, の話, の調子, の起き抜け千里, まであわせる, もある, や何, をし, をひとり, を動員, を総出, を走らせ, を部屋, を駆り

▼ ッとり~ (45, 0.1%)

3 とした 2 して

1 [40件] した冷めたい空気, した味, した濡れたよう, した目, した蛤, した顔, つつんで, といい, とし, として余計, として嬉し, となっ, と冷めたかつた, と染み出る, と眼, と袖, と赤黝, と酔った, と駕, ばやく, ばやくかどわかす, も, 囲んだ, 早いこと, 早いし, 早いもん, 早く, 早くご, 早くて, 早くと, 早くは, 早くも, 早くサヤ, 早くマンマ, 早く云え, 早く抜きとる, 早く本筋, 早く楽, 早く談, 浮いた刃渡り六

▼ ッ~ (44, 0.1%)

2 にし

1 [42件] あつかいに, かい, がそんな, がよく, が物, じゃない, だが, だけは勘弁, だと, でもねえ, でも何, といわれ, と間違え, どもこの, なんて短気, にあり, にも三分の理, に惚れる, に気, のやつ, のよう, の勘, の命, の小謡, の手下, の目ざまし草, の種, の細君, の面, は眼, ほど不愍, も, や騙り, をなめやがっ, をばか, をやる, をブッタ, を嘗めた, を探す, を欺, を殺す, を迎えたなら

▼ ッさげ~ (43, 0.1%)

2 ていた, ている, て来, 刀で

1 [35件] てお詫び, てくる, てこんがら, てさらに, てその, てのッ, ては出, てわが, て一清, て合流, て奇襲, て尊氏, て尾, て帰藩, て広場, て張飛, て彼女, て応援, て敵中, て新野, て来た, て滅茶滅茶, て登山, て直ちに, て立ち, て立ち上がり, て自, て行かれよう, バラバラと, 刀, 刀も, 楊志は, 縦横に, 郎党の, 駒首おどらせ

▼ ッたけ~ (43, 0.1%)

7 な声

1 [36件] え粥, が弦, だって噂, だと, な心, な情婦, な智恵, な瞼, になっ, になった, のあの, のざんそ, のネクタイ, のビール, の下着, の借金, の勇気, の声, の女, の智恵, の目, の精気, の若旦那, の遅, は, をし, を出し, を台箱, を吐いた, を尽し, ナ, 怨みつらみを, 惚れ込んで, 烏の, 空けて, 腹の

▼ ッ~ (43, 0.1%)

7 になっ 2 だ, で裸馬, で邸じゅう, にされ, にし

1 [26件] かの社会, だあ, でかじりつくた, でせきこんでる, でエイヤッ, でシャワルウム, でヤッコサン, で冷やした, で大勢, で街, で踊ってる, で革命歌, なの, な男の子, な童, にしられ, になる, になッ, にひんむい, に取られた, に茜染, のあ, のまま, の妙信, の男, の賭事

▼ ッ~ (43, 0.1%)

3 をぶち, を刎

1 [37件] が飛び申す, ぐらいはすぐ, ですか, ではあるまい, と間違え, なの, のお雪殿, の細い, の飛ぶ, は無事, は細い, は要らねえ, へくらいつい, もらった, を, をあげちまえ, をこの, をねじ切る, をはねとばし, をはね落す, をひ, をひき抜く, をわれら, を公儀, を出す, を即座, を叩きおとし, を叩き斬っ, を叩ッ, を土手, を圧, を引き抜く, を引ン, を抜い, を申しうけた, 斬って, 申し受ける

▼ ッつき~ (42, 0.1%)

3 歩いて 2 あるいて

1 [37件] がああ, が広い, が怠け, が焦げつい, そう, そうに, だ, ちらしたが, とも見え, ながらいろいろ, ながらしばらく, ながら悲しい, ながら折柄正面, ながら食事, にくいが, に一軒, に在る, に雷雨, の悪い, の方, の樅, の胸突き八丁, の長椅子, はしない, まぜ返して, 交ぜた, 廻して, 廻って, 廻らなければ, 悪い感じ, 歩いた, 歩いても, 歩き喜楽座, 歩き親, 殺されて, 起して, 起す奴

▼ ッ込ん~ (41, 0.1%)

3 でいた 2 でいる, でおれ, で行く

1 [32件] ぢま, で, でい, でいつのまに, でいろ, でいろい, でお, でおくれ, でしまう, でしまえ, でしまった, でなにか, でむ, でや, でやがれ, でよ水仕事, でろ, でユダ, で人, で俺, で局面, で店仕舞い, で往く, で来た, で横寄せ, で痒, で眼球, で眼鏡, で瞑想家, で藁, で行った, で見たい

▼ ッぷり~ (39, 0.1%)

1 [39件] から判断, がいい, がよい, が好き, が年々悠長, が悪い, が悪かっ, が良, だ, だが, であったが, である, でした, で切り出した, で歩い, と肥った, などを見る, にはなん, に例, に敬意, に敬服, に見当, の悠長, の顔つき, はまア, は初心, は肌, もハキハキ, も猛烈, を見せ, を見たい, 太った四十前後, 平右衛門, 暗くなった, 暮れた, 暮れた松並木, 暮れて, 聞かせて, 肥った一人

▼ ッぱり~ (38, 0.1%)

3 出して 2 分らない

1 [33件] しなかつたから, だが, といえ, と彼, の強い, の気風, の紳士三四人, を出した, を示した, 上がらないし, 上げると, 上ずって, 云って, 何とかやり返し, 出した, 出すよう, 出そう, 分らん, 分りませんな, 去らないん, 寒くて, 惚れ込んで, 無くなったの, 生れた村, 疲れて, 知らない, 答えた, 自働, 若樣, 見当らなかった, 読んで, 込まれたら何, 阿父さん

▼ ッ伏し~ (38, 0.1%)

16 ていた 5 てしまった 4 ている 2 てしまう

1 [11件] て, てしまいました, てしまっ, てそれ, てただ, てもがきだした, てわっ, て五つ六つ, て念仏, て水裃, て首

▼ ッすぐ~ (36, 0.1%)

2 家へ

1 [34件] いって, さしぬくよう, さそこ, そびえたつ岩山, つれて, にしてない, につづら, にタタミ, に上っ, に仮面, に伸ばした, に先, に向い, に左近, に持った, に殿上, に白状, に立っ, に立つ, に育っ, に西, に走っ, 一時間十三分, 上へ, 向う, 大竜出版, 帰宅した, 御岳サンと, 持ちあたかも, 支局へ, 突きすすむ, 自宅へ, 行くと, 銀座へ

▼ ッ~ (36, 0.1%)

3 の吉五郎

1 [33件] だ, だが, だった, と言う, なしである, にこれら, に喰いつい, に奇妙, に焚き火, のなか, の子供野球, の役目, の役者, の消失, の真ン中, の真中, の眼, の空, の裏, の西側, の警官, はいったいなんと, は月, へ笠, やったな, を半分以上, を向う, を女気, を控え, を斜め, を登っ, 抜いた, 抜かれるので

▼ ッ取り~ (36, 0.1%)

4 早くいえ 3 ばやく 2 早い, 早く云う

1 [25件] いきなり駈け寄っ, かこんだ多勢, にしなけれ, ばやい, ばやく利け, 早いから, 早いが, 早いよう, 早いんで, 早い丸太組み, 早くかたづけた, 早くその, 早くは, 早くやってくだ, 早くわかっ, 早く云いましょう, 早く云え, 早く仕返し, 早く出来, 早く功, 早く珠数屋, 早く申します, 早く確実, 早く言う, 早く道劇

▼ ッ~ (36, 0.1%)

5 の強い 4 が強く, の強 2 になる, も肘

1 [19件] があった, が強, だけよ, であるから, でもとても, でもキッピイ, と度胸, にブラリ, に物, のある, のせい, のつよい, は弱く, は強い, もたしかにもっと, もなし, も全然, も強い, も強く

▼ ッそれ~ (35, 0.1%)

2 だッ, は

1 [31件] がね親分, じゃあこう, じゃあここ, じゃあひとつ, じゃいそい, じゃすぐ, じゃピストル, じゃ一つ, じゃ下手人, じゃ今, じゃ出かけよう, じゃ行っ, だ, でよい, にこれ, はいかん, はそう, はなん, はなんと, はみんなうそ, は大事, は本当, は金目, は隊長, へ参る, へ直りゃい, まで承っ, を, をッ, を見せろ, 逃げろ

▼ ッかかっ~ (34, 0.1%)

6 ている 4 て行く 3 て来る 2 ていた, てしまった, て来い

1 [15件] て, ていなきゃ, ていや, てきた, てさ, てたちまち, てたまる, ては行った, てゆく, て仰向け, て太田成子, て情痴, て抜け, て来た, て行った

▼ ッちゃん~ (34, 0.1%)

2 だ, は

1 [30件] あんな男, いいだろう, があんな, がオシッコ, が泣い, が腹, けっしてす, そんなに言う, だと, ってお, では, どうした, な死ン, にべた, によろしく, に見え, の御, はもう, はピンピン, は泣き脅え, までが, もそう, を肩, を苛めた, キッと, 待って, 泣くと, 然と, 見えただろう, 頑張んなさいよ

▼ ッちゃあ~ (33, 0.1%)

2 ない

1 [31件] あるもん, いけね, いけねえぞ, いねえ, いねえからな, いねえや, おらん, お前様に, お祭の, この先, ないよ, なかった, ならないという, ならないところ, ならねえ, ならねえと, なりませんとも, ねえや見殺しに, はずかしくって, よく来た, 不可ません, 可かん, 台なし, 困る, 埒明かん, 女にだって, 嫌よ, 歯切が, 生きて, 自分で, 面白くねえ

▼ ッついた~ (33, 0.1%)

2 ような

1 [31件] からだ, がそれでも, が出なかった, が待て, きりオタキは, ってどう, とかく, とかげ野郎, と云う, と思ってる, のか, のだ, のは, まま怯まない, ように, らくッついた, んだろう, 一粒まで, 仲であり, 兵どもも, 商家の, 様な, 様子は, 泥を, 田代に, 箸は, 結果兄さんや, 菜っぱを, 跡が, 野菜を, 鯛の

▼ ッ~ (33, 0.1%)

12 ッふ 6 ッと 51 ざけたことぬかしやがって姪御, ねずみは, ふうむ, ふふふ, ッそんな, ッふと, ッ妙な, ッ時勢を, ッ鬢の, 誰の

▼ ッ張り~ (33, 0.1%)

2 で右, の強い, を纒, ヤアの

1 [25件] から別れる, がときには, だから, だこと, だな, だろう, ですからね, なやつ, な山伏, にぶちあたっ, に着られる, の下, の師匠, の紐, は止そう, を腰, 上唇には, 催眠術よく, 出られんの, 寒い所為, 来て, 相変わらずの, 諦めきれないと, 追いて, 間違いも

▼ ッとと~ (32, 0.1%)

2 帰って

1 [30件] いきを, おもく落ちた, したくを, たちされかえれ, どこへでも, 云って, 何処へでも, 俥を, 坊主にでも, 大石村へ, 失せろ, 帰っても, 帰らッし, 延び延びに, 引きとめて, 正雄を, 消えて, 立ちのけと, 背負って, 船を, 行っと, 走って, 踏みとどまって, 軍師さまの, 退いたり, 退がりおろう, 退散しろ, 逃げ出した, 降った夜さり, 顔を

▼ ッくら~ (31, 0.1%)

4 をし 2 かえして, な間道

1 [23件] かんかん虫ッ, けえっ, けえった, けえったら, けえる, する, だ, ちょいと, できめる, でもこっち, でも殴ぐれ, で淋しかっ, で隠, とした, とばかりないしょ, とやわらかい, と軟らかく, な中, な瀬田, な銀座, をする, 来て, 行って

▼ ッ子一人~ (31, 0.1%)

2 見かけません

1 [29件] いない, いないこの, いないん, いないガラン, いない場所, いない深夜, いようとは, なし雨, に出逢いはせぬ, みつからぬ, も, も通っ, ゐない, ゐない暴風雨下, ゐない狂瀾怒濤, ゐは, 居ない, 居やしないよ, 残って, 見えなくなる, 通らぬよう, 通らぬ神様, 通らねえこの, 通りません, 通りませんから, 通りゃア, 通ること, 通るはず, 通るもの

▼ ッかい~ (30, 0.1%)

1 [30件] いう, いうがの, か卿, たりする, たりひ, だが, だの交ったい, で, であるまいか, というほか, というもん, といわぬ, になっ, に引っ張られ, のできない, の化粧部屋, は, はし, は要らない, ぼうに, まではいらん, をいう, をやく, を出し, を好意, ストーブを, 取除いて, 持って, 棒が, 棒の

▼ ッ~ (30, 0.1%)

3 の痕 2 の方, をまい, を巻い

1 [21件] がある, がピチッピチッ, が水面, だ, で洞壁, とはどんな, について葬具屋, のあいだ, のあった, もなく, をあらわさない, をつかまえた, をつかまれ, を人中, を充分, を切り離した, を垂れ, を振っ, を振り, を振りおります, を握っ

▼ ッ張っ~ (30, 0.1%)

4 ている 3 て来た 2 ていた, てこい, て行こう

1 [17件] たり女, てくれる, てその, てにわかに, てみせた, てみた, て五分, て戸外, て揚げ, て木靴, て来, て行かれる, て行く, て行った, て行司顔, て親, て隣家

▼ ッこく~ (29, 0.1%)

1 [29件] いつまで, うずくまって, したらしいんで, すねて, てさわたし, て仕方, て兇暴無残, て身, て面白く, なってね, るよう, ボンヤリし, 二度三度と, 呼んで, 問ひつめました, 念を, 手を, 手足に, 智慧の, 森本に, 田代は, 誘いかけた, 走って, 這い上って, 響くが, 顎ひ, 顔を, 飛出して, 駈け上がって

▼ ッとの~ (29, 0.1%)

4 ことで 2 事で, 思いで

1 [21件] お鳥目, ことに, こと媼や, しちまわないッ, ところである, 事なら, 困難に, 時間五分ほどの, 時間私に, 水じゃ, 水で, 素晴らしい体躯, 練習で, 辛抱おねがいします, 辛抱だ, 近距離である, 間です, 間も, 間指を, 風の, 驚きが

▼ ッとばかり~ (29, 0.1%)

1 [29件] すぐ宋江, ちがう, な山風, はねとばす, ぼくらは, やって, モンクスは, 一団に, 世話に, 乗りこんだ, 二匹の, 人の, 伝六が, 声高に, 大仕事, 山へ, 料見, 斬りこんだ, 斬り下げて, 植木いじりを, 江戸の, 潮気を, 異様に, 皆が, 目の, 良い思い, 買って, 長蛇の, 馬から

▼ ッ切り~ (29, 0.1%)

2 になる

1 [27件] おなじく, か下ら, だ, だった, だべよ, であった, でいた, でそれ, でなければ, で居た, とは行かず, なしな, になっ, のこと, のよう, ゆがめて, 分らなかった, 埋って, 帰らない人, 怒鳴り散らしても, 打ち当る波, 投げ出されたらしく棚, 最う会えない, 来られねえもん, 泣けて, 踏みにじって, 違います

▼ ッ飛び~ (29, 0.1%)

2 に飛ん

1 [27件] で飛ん, に, にあらぬ, にパッ, に五六歩, に危地, に原, に左, に帰っ, に床, に彼方, に本町, に格子, に消え, に自転車, に蘆, に表, に身, に逃げた, に逃げだした, に逃げ出した, に逃げ退いた, に通り, に飛び出した, に駆け, に駈け, に駈け抜ける

▼ ッかりし~ (28, 0.1%)

5 ていた 3 ている 2 よと下腹, ろや

1 [16件] て, てい, ておいで, ておりました, てきかない, てくれ, てしまった, てゐれ, て呉ん, て大きな, て妙, て来ました, て行った, て頂戴, ろ, ろッ

▼ ッさき~ (28, 0.1%)

1 [28件] からとん, があやま, が垂れ, が挟, と忍剣, に, にクン, に云い出した, に侵入, に小波城, に当る, に徳川家, に忍剣, に打ちこんだ, に接近, に槍, に気づい, に焼き払っ, に犯人, に目, に突きとめ, に米, に背後, に貧乏クヂ, に馬上, をまず, を持ちあげ, 技に

▼ ッつける~ (28, 0.1%)

3 ように 2 ことに, サ

1 [21件] かは知らない, からです, がごとく, けれども滅多, ことを, ためには, と大きな, と嬉し, のが, のに最も, のを, よ, ような, 口実が, 役者が, 手段は, 手筈に, 時が, 時には, 様に, 積りだ

▼ ッぺん~ (28, 0.1%)

1 [28件] からすがた, から氷雨, から転ばり落ッこッタラ, その夢, にあった, にある, にいたのもじ, にこの間, にさえチロチロ, にさっき, にそこ, にたしかに, に参る, に巻き込ん, に登れ, に脱し, に霽, に顔じゅう, に馬車, に鴉, の熟柿, へよじのぼっ, へ駈けあがっ, をさ, を通りすぎた, 行ったらわかったの, 調べた部屋, 通るだけ

▼ ッ~ (28, 0.1%)

3 になっ

1 [25件] だった, でした, な作業服, な凍地, な地紙, な夜, な水, な泡, な潮, な筒袖, な長い, な雪, にどぎつく, になった, になつて, になりかけ, に塗った, に散っ, に泡立った, に煙っ, に砕けた, に見えます, に見える, れエ給仕上り, ナ肩ヤ背中ガナイターノ光線

▼ ッ走り~ (28, 0.1%)

6 行って 2 をし, をする

1 [18件] か, して, と考えついた, なすったと, にいっ, に迎い, の乾児, の心霊, みんなやれます, をした, ミソ漬の, 十時前に, 千鳥波と, 峠を, 御様子, 登様の, 神楽坂の, 飛んで

▼ ッ~ (27, 0.1%)

1 [27件] からこう, からどさッ, から圧倒的, から左膳, から斬り下げ, から肉薄, です, で弟, にかぶっ, にかぶった, にした, に中った, に信じ, に信奉, に振りかぶっ, に突進, の先陣, へさ, へさっと, へ来た, へ落ち, へ跳ん, へ鳴っ, 兵字構えに, 満月ザーッ, 自斎, 落しあッ

▼ ッ直ぐ~ (27, 0.1%)

2 に, に納屋

1 [23件] ここへ, にする, にはいる, にまた, に云った, に何町, に小川町, に彼ら, に注視, に照りつける, に白い, に立てた, に築, に行く, に行った, に言っ, に進ん, に長官邸, に風, 向うに, 宿に, 浅草へ, 露月へ

▼ ッ~ (27, 0.1%)

6 になっ 4 になった 3 な顔 2 でした, な火 1 だ, である, なん, な北越, な波, な渓流, な空, な紙, にさえ, になる

▼ ッさん~ (26, 0.1%)

32

1 [21件] がこう, が何, である, であるこの, と云, と御, に叱られた, に狂者, に白粉, に駈け, ぬるいぜ, の, のピエール, の寛袍, は坊主, は嫌い, は臆病, は誰だい, は長, は鞭, よ

▼ ッあの~ (25, 0.1%)

2 壁を, 時の

1 [21件] お山の, 中には, 侍お, 唄声, 声は, 娘の, 嬰児の, 子は, 悲鳴は, 時警視庁の, 晩という, 松の木の, 林の, 槍が, 機械水雷の, 犠牲も, 豹子頭か, 車に, 野郎だ, 阿女, 隙に

▼ ッこない~ (25, 0.1%)

3 のです 2

1 [20件] あんな土地, からまず, からやっ, から余興, から家, がこの, がなお, が子供仲間, ぜ, ぜな, とベク助, と思った, にきまってる, の, のが, のだ, ものだ, よ, んだ, 手配だ

▼ ッそう~ (25, 0.1%)

5 もない

1 [20件] か, しよう, じゃねえ, だ, ですかい, とは知らず, と聞きゃ, な, 云えば, 云って, 思うであろう, 恐がって, 改まって, 来るの, 聞きゃおいら, 聞けば, 親分に, 言ったものかいなア, 長屋という, 騒ぐなよ

▼ ッたりと~ (25, 0.1%)

2 腰を

1 [23件] いえようか, したお, した静か, のばして, へたり, ぼかしこむ, オォルの, 先ず足, 光って, 呼ばわって, 坐りながら, 寝ること, 山牢の, 床に, 廣が, 微笑ッた, 気を, 無言, 笑って, 笑を, 緩めて, 藪の, 身を

▼ ッつけた~ (25, 0.1%)

2 ものだ, ような

1 [21件] から読ん, という話, な, のが, のでお婆さん, のも, まえ, ままあッ, ものであろう, んだ, んです, 不義の, 処で, 可い, 天草時行じっと, 帰り道で, 幻覚で, 時一箸も, 神尾である, 筆誅の, 経験談を

▼ ッどう~ (25, 0.1%)

8 するか 4 した 3 したん 2 したの, ッ 1 かご, したッ, しましたッ, しよう, だ, でも渡さね

▼ ッ二つ~ (25, 0.1%)

2 だぞ, と目がけた, にされた, にし, になった, に割れ

1 [13件] か袈裟がけ, じゃ汚らしく, だ, だから, と斬りかけ, にさけ, にした, にする, になってる, に切り裂い, に別れた, に斬り据えた, に裂い

▼ ッ~ (25, 0.1%)

43 です

1 [18件] おゆるし下さいまし, ごめんじゃが, ごめん蒙る, ご免だ, ご免下しおかれましょう, だな, だよ, である, ですよ, と竜女いわく, なん, よ, 御免こうむります, 御免なす, 御勘弁, 真ッ平, 馬楽, 馬楽の

▼ ッしり~ (24, 0.1%)

4 とした

1 [20件] あるん, したお, した品物, した壮佼, とある, とにぎっ, と乗る, と入れ, と大, と小舟, と強く, と手, と手答え, と掻いただ, と曵い, と立ち並ん, と腰, と黒く, のご, 分厚に

▼ ッすらと~ (24, 0.1%)

1 [24件] した夜霧, した昼霞, 中から, 京の, 外の, 夜が, 夜の, 快く肌, 沈んで, 流れて, 浮いて, 白い霧, 白くなった, 眼を, 碧い, 立ちのこったの, 見えだして, 見えて, 見えるの, 通り道にまで, 開けたまま窓, 霽れかけ, 青くよれ, 顔を

▼ ッちまった~ (24, 0.1%)

3 よ, んだ 2

1 [16件] あの長, から仕方, がこれ, という, のか, のだ, のよ, ようです, んだろう, んでしょ, んです, 人に, 好い塩梅, 旅芸人の, 阿呆が, 院長さんでした

▼ ッつく~ (24, 0.1%)

2 だけな, ような, ように

1 [18件] かも知れなかった, か痛い, ことな, たびに, とパッ, なッ, ので茶々, のと, ばかりでした, ほどぐッ, ほどこんがらかる, めえ, ものか, ものだ, ような興醒め, 手筈と, 状態で, 程接近し

▼ ッきゃ~ (23, 0.1%)

11 ッと 62 ッきゃ 1 つめ, と騒い, アない, ッて

▼ ッてね~ (23, 0.1%)

1 [23件] あのひょろ長, おらあ, お京さん, そこい, どこか, むしゃむしゃ食, ヘッヘッヘ, 下足の, 争われねえもん, 今夜に, 余り可哀相, 口の, 可い, 声を, 始終下, 少し焦れ込む, 昨夕も, 痰が, 私の, 紫の, 謹さん, 酒は, 額を

▼ ッかける~ (22, 0.1%)

4 ような 2 ように

1 [16件] かと思ったら, から夢酔, だけのこと, という意味, とむしろ, ともう, ともう一度, と放, にかぎる, のだ, やつを, 奴は, 水の, 真似を, 苦労なぞは, 雨に

▼ ッ~ (22, 0.1%)

2 死んだが

1 [20件] あのアマ, あの時, ありがたくいただい, かの女, そうなった, その迷い, それならわし, だまって, とこんな, となり, とへ, なたは, なたも, はっきりいっ, ぶっ殺せ, もっと深い, 死ぬまで, 焼き払って, 脅し脅し遠く, 迎え潮

▼ ッたく~ (22, 0.1%)

7 ッて

1 [15件] これを, そうな, て涙, なつて, もない, ッた, 世の, 予想も, 切截した, 御苦労さまです, 思いも, 白粉を, 秀吉公の, 色を, 身を

▼ ッちょ~ (22, 0.1%)

1 [22件] こい, だ, だから, とは知らな, なでぶ婆さん, なんてもの, なダンス, な人間, にかた, にたそがれ, に勇気, に曲っ, に銜える, に音楽, のもの, のダイヴィング選手, の牝鶏, はダイヴィング, へもう, も今後, を向い, 射とうじゃに

▼ ッてから~ (22, 0.1%)

2 お政

1 [20件] お勢, お帰り, お正月ばかりに, でも, で宜, ふと何, ほどなく古河, アア悪い, 一刻ほど, 今度は, 何かに, 取分けて, 国分の, 寝ろと, 帰ッた, 後過ぎ去, 文三も, 正成は, 直に牢屋, 私が

▼ ッぺた~ (22, 0.1%)

1 [22件] がぶん殴られた, が落ち, に傷, に喰い付かれ, に差し, に押しつけた, の上, の厚い, の真っ赤, は一層, へ噛りつ, を叩いた, を打ちました, を打っ, を摘まれ, を摘まん, を撫で, を殴りつけた, を流れる, を爪, を鞭, 誠に下手

▼ ッ~ (22, 0.1%)

8 した 2 したまま, した姿 1 しがたっと, したお, したきり, したせつな, したそのまま, したの, したま, した形, し手, し泣きじゃくッ

▼ ッ~ (21, 0.1%)

3 ッう 2 ぬあ, ぬか, ぬが

1 [12件] おうッ, ぬ, ぬから, ぬまでも, ぬらに, ぬッ, ぬ歩かんか, ッ, ッえ, ッふふふ, ッ俺の, ーウむ

▼ ッかしい~ (21, 0.1%)

2 と思っ

1 [19件] ところが, とは思います, にも程, のを, ほど柔, ものである, ものを, ように, わね, ンだ, 一殿を, 仕事だ, 子であった, 形で, 手つきで, 春情気だった, 病人かも, 足もとから, 陰謀に

▼ ッての~ (21, 0.1%)

1 [21件] お顔きき, だい, どうの, やめてよ, ッけから, 人物と, 仕業な, 儀だ, 外で, 宏壮な, 思いつきから, 悔涙ハラハラ, 憎さ, 武勇の, 浜中屋の, 目明し岡ッ引の, 精鋭は, 約束した, 難場だ, 頼みこれが, 顔きき

▼ ッてん~ (21, 0.1%)

63 だい

1 [12件] お種, が負ける, が陳, じゃてんで, じゃねえ, じゃねえです, だざまアみやがれ, でふところ, で二ツ三ツ時田さん, で向, のよ, 今迄は

▼ ッぱし~ (21, 0.1%)

1 [21件] あの縄張, からしょッ, からショッぴくようなやり方, からフン, から尋ねました, から廻る, から投げ込ん, から火, から片付けた, から生埋め, から穀つぶし, から蓋, から追いかえせよ, から首, が強く, こんなしみッ, には過ぎなかった, の余技, の荒い, の豪い, 来るの

▼ ッ小僧~ (21, 0.1%)

2 をそろえ, をだい

1 [17件] じゃ, じゃない, だ, ですか, ではなく, といわず, の跡位, へジリリ, をかかえ, をせっかく, をズラリ, を一斉, を並べて, を並べる, を抱い, を揃え, を擦り剥い

▼ ッ~ (21, 0.1%)

2 です, な話

1 [17件] だぞ, でお話, でしょう, ですが, でないばかりか, で殆ど, という, な, なこと, なもの, なれば, な二, な大, な女め, な笑い声, な素振り, をきわめ

▼ ッ立て~ (21, 0.1%)

3 て行った 2 ている

1 [16件] て, てきた, てしまった, てまいっ, て前, て大いに, て廊下, て来る, て聞い, て舟べり, になった, に聳え, 両手を, 城門の, 申すぞ, 行こうじゃ

▼ ッけて~ (20, 0.1%)

1 [20件] あって, いたわけ, います, おくと, おくという, くれないか, みたり, もう歩き初めた, よくガミガミ下職, アッという, ジャズ騒ぎ, 底を, 曳く, 来なすった, 椿の, 牧童みたいに, 行くわけ, 行って, 長官邸から, 食べる習慣

▼ ッこむ~ (20, 0.1%)

2 のを, ような

1 [16件] ことに, ことを, ぜ, と, ということ, とそれ, にかぎる, のに不平, のは, ばかりで, ように, よりも早い, わけに, わけには, 時だけに, 雨に

▼ ッちで~ (20, 0.1%)

2 勝手に

1 [18件] はし, はない, は暗い, また浮氣, もい, もいい, も変り, も要領, ムリヤリしてやる, ヤボな, 一服し, 心細かった, 恩を, 手出しを, 池を, 苦笑し, 身を, 音を

▼ ッちの方~ (20, 0.1%)

1 [20件] からタグリ, から頬ッペタ, がもっと, がバカバカしく, が境, が大きい, が時日的, が火事, が生き甲斐, で甚大, で顔見知り, にできました, には小豆, は助からない, は永久, は私たち, へ往ッ, へ行った, へ転嫁, を選ぼう

▼ ッ~ (20, 0.1%)

1 [20件] から唾, がでる, がぼく, が憎く, だから, であったため, であるから, でそばかすだらけ, で二十貫, で小柄, で額, になっちまう, の口, の女房, の方, の見える, の質, は見え, をむきだし, をグッ

▼ ッ白い~ (20, 0.1%)

1 [20件] し芸, パンばっかり, 不健康な, 冬, 化粧品屋の, 国が, 奴なんか, 奴胸が, 小づくりな, 武士を, 痩せた野郎, 絵描きを, 脛に, 自分の, 若旦那だ, 雪の, 青二才とばかり, 面が, 面しやがって, 頭髪は

▼ ッ~ (20, 0.1%)

5 になっ 3 な顔 2 だった 1 だわ, で歪んだ, な慄, な海, になった, になつて顫, に変っ, に底なし, に怒った, の顔

▼ ッ~ (19, 0.1%)

6 ッ, ッほ 3 ッと 1 いつもながら, めーりいほ, ッという, 骨が

▼ ッ引きならぬ~ (19, 0.1%)

4 ギリギリの 3 ぎりぎりの 2 ギリギリで, ギリギリでなけれ, ギリギリな, ギリギリなら, 人間の 1 ぎり, ところです

▼ ッかち~ (18, 0.1%)

3 の母親

1 [15件] があの, が云う, が定紋, が尻, で跛足, になった, にジュウ, にドン, に死ぬ, に鉄槌, の久六, の半, の遊び人, も追っ, 鼻べちゃ

▼ ッしゃい~ (18, 0.1%)

81 とか何とか, と仰有った, と言うたら待た, と言うでしょう, と言った, なんて誘っ, よろしゅうござる, ヨ, 中で, 豊世叔母ちゃんが

▼ ッとは~ (18, 0.1%)

2 淋しかろう

1 [16件] いいの, なれて, ましな, よい顔, ムホン気も, モトデが, 女遊びぐらい, 小手先の, 意味が, 手下も, 時間が, 来なかった, 痛いの, 聴くが, 観られん, 言いませんよ

▼ ッ~ (18, 0.1%)

1 [18件] か何かと, が余計, が副, だけでもよう, だけの耳輪, つかずな, でもいけなけりゃ, にくらべれ, に竹籔, のよう, の団扇, の手, はね, は追い返し, もヘトヘト, を向いた, を番傘, 見えなくなりましてねえ

▼ ッ神妙~ (18, 0.1%)

13 にせい 2 にせ 1 にし, にしろ, にど

▼ ッ立った~ (18, 0.1%)

1 [18件] がもう, ときである, と思う, ま, まま, ままにやりと, ままふたりの, ままピアノの, まま向うが, まま姉の, まま手を, まま更に, 儘甲斐守は, 凄艶, 廉平の, 旅姿の, 矢を, 闇太郎奥を

▼ ッかな~ (17, 0.1%)

1 [17件] がってるん, きかないの, きかぬ, ことだったら, ことは, この義貞, のだ, びっくり然し, ッか, 争な紛れる, 天皇の, 恟り, 悪魔の, 耳に, 育ちも, 顧みも, 飲もうとは

▼ ッそんな~ (17, 0.1%)

2 ことを

1 [15件] おっかない顔, ことだった, ことは, つまらない話, ものなら, ものは, 了見で, 事が, 事を, 呑気な, 天秤棒など, 暢気な, 気障, 泣き言を, 馬鹿な

▼ ッたらかし~ (17, 0.1%)

3 ておく, ておけ 2 ておい, ておいた 1 てある, ておいたら, てやたら, てオカ, て東海道, て置い, て肝臓先生

▼ ッちまう~ (17, 0.1%)

42 んです

1 [11件] からそう, が可, ことが, これが, と云う, なんてばか, のは, もんです, わ, んじゃ, 処だった

▼ ッちり~ (17, 0.1%)

2 とした, と開い

1 [13件] から高, つきました, でも食った, と固く, と大きい, と残っ, と清, をうける, をこしらえ, を持っ, を浴びせ, を食う, を食わせた

▼ ッてや~ (17, 0.1%)

3 がる, がるん

1 [11件] がったん, がらあんたは, がるの, がるよ, がるンだい, がる乞食, がんで, アがる, アしない, アしなか, 聞こうとも

▼ ッ切っ~ (17, 0.1%)

3 て相, て行った

1 [11件] ちゃいけない, ているで, てしまう, てしまっ, てもいい, て塀, て急ぎだす, て明るい, て炎, て行く, て長刀

▼ ッお前~ (16, 0.1%)

1 [16件] からだ, が言わなきゃ, が訴人, こそ逃げる, というやつ, などは女, なん, に神, のよう, の成敗, の知った, はあちら, はお前, はッ, は恐ろしい, をこの

▼ ッつかん~ (16, 0.1%)

1 [16件] で, でいた, でくれる, でこれ, でさらに, ではだ, でひきずり出し, でやわか, でバタバタ, で一喝, で何処, で出, で往, で立ち上がる, で袂, で離さなかった

▼ ッぱら~ (16, 0.1%)

1 [16件] からつまらない, からどこ, からの騒ぎ, から何, から入りびたりで, から叩き起され, から拳骨, から湯, から老実ッ, から花見, から茶店, であります, に鍛, の血まみれ, ひどい目, やりたい事

▼ ッ~ (16, 0.1%)

6 ッひ 51 ゃッ, ゅうッとう, ゅッ空で, ゅッ空の, ゆッと

▼ ッ引き~ (16, 0.1%)

1 [16件] か, がそんなに, この男一人, させず問い詰めた, じゃ手, と下, と股引, ならなくなったの, には出ず, には日ごろ, に告げ, の目, の結果, は遠っ走り, へな, 出来なかった

▼ ッ斬っ~ (16, 0.1%)

3 てしまう 2 てしまえ

1 [11件] て, ておく, てくれね, てくれる, てしまうちゅうけんな, てしまおう, てすてろ, てその, てやる, てキザン, て首

▼ ッ返し~ (16, 0.1%)

2 てきた, て来た

1 [12件] て, ていただきとう, ていなけりゃならない, ている, ておしまい, てくれましょう, て家中, て朝, て行きました, て行く, て起き上がった, て隠

▼ ッあん~ (15, 0.0%)

3 どこに

1 [12件] か, が私, これインチキは, とお, のピエール, の大きな, の胤, はい二円, はなに, もひどい, ようここで, 朝っぱらから

▼ ッかかる~ (15, 0.0%)

4 ように 2 のだ 1 からであったろう, から問題, という, ところが, とつまらん, と申す, のも, のを, ような

▼ ッそこ~ (15, 0.0%)

6 にいる 1 から一歩, な猿面郎, にいた, に原っぱ, に忍ん, のまま, の海, へやれ, をどかぬ

▼ ッたろう~ (15, 0.0%)

1 [15件] か向う, が, がこれ, がそれにしても, がなにしろ, ここへも, これほど, と思う, と思われる, な, なあ, ねえ, ナ, ネ, 大きに遅く

▼ ッてな~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの若い, ありがたいお, あんたこない, おめ, ここさ, ところがその, どこの, まア結構, もしやの, ア, ア弥, 事に, 事は, 二十五両の, 字引と

▼ ッなに~ (15, 0.0%)

3 をする 2 をし, をッ 1 が伝兵衛, すんの, もすねなく, も今, も出来なくなっちゃった, を, をいう, をうろうろ

▼ ッぴき~ (15, 0.0%)

1 [15件] だから, ならず大損, ならないもの, ならぬお, ならぬもの, ならぬ交際, ならぬ愛情, ならぬ暴動, ならぬ破目と, ならぬ行動, ならね, になる, に入念, に長考連続, 出来ないよう

▼ ッぷち~ (15, 0.0%)

1 [15件] です, に名物, に天幕, に腰, の空地, の草むら, の闇, へ, へかかった, へバラバラ, へ出りゃ, へ腰, までをみだれ, を暫く, を風

▼ ッ~ (15, 0.0%)

2 のお客

1 [13件] か, であるが, で顫, で鳩胸, といっ, と来, と気, になる, はし, を売り, を後方, を揃え, 出ッ尻

▼ ッ最中~ (15, 0.0%)

2 であった

1 [13件] だ, だぜ, であったから, であったが, であるかねて, でございました, でした, でまもなく, でも屍体, になっ, にも桜, に真名古, を行った

▼ ッ葉服~ (15, 0.0%)

2 の男, を着た

1 [11件] がトロッコ, が屍体, などは余りに, の大男, の胸, の袖口, やツメ襟, を着てる, を着る, を着込ん, 半ズボン

▼ ッ~ (15, 0.0%)

1 [15件] がうらめし, が折れた, が砕ける, だぜ, の太い, の折れる, の蝶番い, はピン, をやろう, を割り下げる, を叩き折る, を叩き直し, を気前, を脱, 直るかな

▼ ッ~ (15, 0.0%)

2 の孔

1 [13件] が行く手, が邪魔, でしたっけ, とき, と日の丸, にゃ人垣, に酷似, のノスタレ, の先, の色, をうごめかし, をすすり, をすする

▼ ッかと~ (14, 0.0%)

1 [14件] お蝶, そんな気, アグラを, ッて, 上り鼻へ, 力を, 坐り刀を, 大胡坐, 左手きらり, 抱きかかえて, 拾つて行く, 新九郎の, 笑い, 腰を

▼ ッかぶっ~ (14, 0.0%)

2 ている, てね, て寝 1 てい, ておそく, て地底, て寝こん, て寝みなさい, て寝る, て物思い, て見張り

▼ ッこいつ~ (14, 0.0%)

1 [14件] あいけない, が第, はうっかり, はたまらねえ, は一番, は全く, は凌, は悪く, は面白い, もしばっ, を, を尾行, を知られた, 吐かしたな

▼ ッここ~ (14, 0.0%)

1 [14件] じゃいけない, で会った, な呆ぼけ者奴, におります, に変, に置い, は伊那丸さま, は何処, は医王山, は日本, は鉄壁, へも, を, 打って

▼ ッこなし~ (14, 0.0%)

32 にし 1 さね, だ, だ占めたもんだい, でござんしょう, にしよう, よ, よ私, 旨いもの, 気を

▼ ッてら~ (14, 0.0%)

6 ッし 2 アな 1 あ訴え, おじさん, ねえおりんさん, ァな, ア, 於市

▼ ッばか~ (14, 0.0%)

3 なッ 2 な, なまね, にし 1 いえっ, な真似, にする, ッ, 野郎っ

▼ ッ~ (14, 0.0%)

1 [14件] そんな事, だぜ, だと, だという, だな, であっても, であるかという, でいえる, ですよ, の問屋, はありゃしないでしょう, はがらッ八, を始めた, 来いッ

▼ ッ葉微塵~ (14, 0.0%)

2 となっ

1 [12件] だ, でしょうな, といったていた, にこわれた, にし, にしてやろうで, になる, に吹きとばし, に粉砕, に説破, に踏みくだかれた, に飜弄

▼ ッ込んだ~ (14, 0.0%)

1 [14件] が草影, ことが, と思う, に相違, のが, のであった, のであろう, まま身を, 先祖の, 八九人の, 山刀の, 引ッ込んだ, 質疑や, 門構えに

▼ ッあり~ (13, 0.0%)

10 がてえ 3 がてえッ

▼ ッからの~ (13, 0.0%)

1 [13件] この寒気, 乞食浪人, 佞官型である, 吹通しで, 土ン百姓とは, 寺小屋師匠孫呉の, 平和主義者で, 正直者, 田舎廻りなら知らぬ, 鈍物, 鎌倉武士だ, 長屋住まいでは, 霧雨が

▼ ッくい~ (13, 0.0%)

2 奴は, 奴め 1 叩きの, 奴, 奴こんどは, 奴だ, 小冠者めがと, 曲者お, 曲者武門の, 痴れ者め, 賤民めどう

▼ ッこし~ (13, 0.0%)

4 ている 1 が無い, てそんな, てみ, て下ろし, て見せ, て遊ん, ながらいかにも, の無い, 薬鍋の

▼ ッこら~ (13, 0.0%)

4 ッ, ッこら 31 ッそれへ, ッ来い

▼ ッ~ (13, 0.0%)

8 ッと 2 ッす 1 ぐにたどりさえすればいいこの, ぢや, なおに

▼ ッたくっ~ (13, 0.0%)

1 [13件] て, てしまおう, てもぐりこん, てよろめく, てバラバラ, て刀背打ち, て口惜, て幌, て庭, て槍, て消え, て漸く, て表

▼ ッとく~ (13, 0.0%)

1 [13件] がよい, ことに, だけでよろしい, なんてこと, のが, びを, ような, わ, ッく, ッて, 以上は, 奴が, 必要が

▼ ッぽう~ (13, 0.0%)

1 [13件] が土間, と見, に出たら, に言っ, のよう, のノロマ野郎め, の口真似, をこっち, 剥きだしだ, 力の, 向いて, 腕の, 返辞も

▼ ッもう~ (13, 0.0%)

2 大丈夫

1 [11件] ごめ, つまらねえこと, 一ぺん長崎へ, 一人あの, 一勝負, 一言申し, 二日我慢し, 勘弁し, 此処へ, 死にたい死なして, 遠慮は

▼ ッ助け~ (13, 0.0%)

10 てくれ 1 て, てください, てエ

▼ ッ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が不快, が廻った, で掴まえられ, なんてもの, にあまら, に相違, むかいいたすか, をかす, をゆるめ, を手, を紐, を貸せい, 捕りに

▼ ッ払い~ (13, 0.0%)

1 [13件] がここ, がどんな, がモミ手, が通りかかる, だね, とは違っ, の単なる, の危険地帯, の背打ち, の言葉, よりもオシャベリ, をやった, 一つろくに

▼ ッ払っ~ (13, 0.0%)

1 [13件] て, てあの, ている, てから参ります, てまいります, てゆきました, て亡, て動けなくなった, て吉原, て四, て腕, て逃げました, て逃げる

▼ ッ早く~ (13, 0.0%)

2 手を

1 [11件] いえ, かたづけて, しろ, ッ, 出かけて, 助剣, 明けないと, 漕ぎつけて, 無法で, 起きるはず, 開けろッ

▼ ッ~ (13, 0.0%)

2 がこんな, だっ 1 かおれ, かッ, か来, か誰, がお前, が殺された, だ, です, に断っ

▼ ッ走っ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ていた, ていよう, ている, てしまった, てついに, てとにかく, てはくれなかった, てもいい, てやろう, て先, て分家, て参った, て見る見る

▼ ッかけた~ (12, 0.0%)

1 [12件] あは, からにわかに, から感心, なあまず, のが, のだ, のである, のは, まま半蔵らの, 丹頂の, 六歳ばかりの, 途端に

▼ ッかし~ (12, 0.0%)

3 さが 2 さを 1 さでも, さに, さは, じゃもん, 広げて, 往きたがるよ, 言わないで

▼ ッかりした~ (12, 0.0%)

2 お神さん 1 ことが, ところの, ような, ように, 事は, 人や, 気狂いじゃ, 疲れ果てた, 虚栄心に, 顔つきの

▼ ッこう~ (12, 0.0%)

1 [12件] からおがみ, しちゃ, なったら側, なりゃ腕ずく, にふりあげた, にふりかぶった, のぞんで, までいっ, めがけて, 動かない, 姿を, 急に

▼ ッこんだ~ (12, 0.0%)

2 質問を 1 かと思われる, って邪魔, なりダラリ, ま, まま, まま唇を, ような, 新聞記者の, 病人の, 美しい女

▼ ッしゃ~ (12, 0.0%)

2 ッ, ッて 1 あっ, ってお, って下され, ろうとは, ッしゃ, ッた, ッても, ッと

▼ ッしゃいます~ (12, 0.0%)

321 からお, がこの, がま, が其の, で余まりトンチキ, と女給, ッてねエ

▼ ッただ中~ (12, 0.0%)

1 [12件] から長崎次郎高重, じゃ, にあたってざんぶと, にいる, におかれた, に巻かれ込む, に立ちます, に総勢, へしのび, へそう, を射よう, を横

▼ ッたる~ (12, 0.0%)

4 そうに 2 くなった 1 くして, く言いつけ, 兜と, 様子を, 警備の, 跡の

▼ ッたれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] か来, じゃ, ておりました, といった気持, と気持, どしどしやれ, な, なご面相, ばこそであろう, めよこさぬ, 奴, 野郎だ

▼ ッちや~ (12, 0.0%)

2 な出入口, な小 1 いうの, お母ッ, と倶楽部, ないかいな, なヨーベーさ, まだ, ァいけない, 可厭

▼ ッつら~ (12, 0.0%)

3 をし 1 には染まっ, には迫り来る, に掘, に粉雪, に見あげた, に見える, の体裁, の辞書的俗解, を見せろ

▼ ッ~ (12, 0.0%)

6 ッぼ 2 ッと 1 とッ, ッ, ッに, ッ煙煙煙

▼ ッ~ (12, 0.0%)

81 ッお, ッこん畜生, ッと, ッという

▼ ッ広い~ (12, 0.0%)

1 [12件] この家, だけで, アトリエと, アトリエの, 屋敷だ, 庭が, 感じばかり, 武者溜りの, 洲が, 茶の, 通りを, 闇の

▼ ッ捕え~ (12, 0.0%)

1 [12件] てただし, てまるで, てみせる, てみろ, て報ら, て奉行, て市, て百姓呼ばわり, て磔刑, て邪教, ながら早く, 世人の

▼ ッ~ (12, 0.0%)

2 の江戸ッ子 1 だ, だったが, な鎌倉武士, のきりりと, の京都人, の新潟ッ子, の旅館, の柳, の江戸ッ子弁, を代表

▼ ッ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がほしゅう, が資本, が違う, として出来ない, のうれしい, の主, の奴, はともかく, は人, を張っ, を買え, を資本

▼ ッ親分~ (12, 0.0%)

3 の前 1 じゃねえ, それでお, だッ, とうとうやって来ました, に続け, の眼鏡, はまた, は見通し, もいい

▼ ッ貴様~ (12, 0.0%)

41 がさわる, のよう, はきょう, はッ, は千田, は洞門, まだこんな, 早引か

▼ ッかき~ (11, 0.0%)

3 廻して 1 おまけに, じゃア, だが, な今更, の拙者, の阿, もらした南京虫, 廻すやう

▼ ッかへ~ (11, 0.0%)

1 [11件] お出かけなさる, されて, もっと連れ, 出ましたか, 利用出来ない, 引越したん, 泊るのに, 花を, 行こう, 行こうこう, 隠れて

▼ ッきりなし~ (11, 0.0%)

1 [11件] だし, であったらしい, にしゃべっ, に不快, に前方, に城下, に新薬, に睫毛, に襲っ, に話し, に鳴り続け

▼ ッくき~ (11, 0.0%)

1 [11件] 下郎は, 吾儘娘を, 奴, 奴め, 奴らです, 数正の, 敵, 敵の, 王允の, 賊を, 逆賊その

▼ ッこけ~ (11, 0.0%)

2 猿の 1 ている, てそう, て丈, て色, でぬ, になっ, になった, に遁げ, の住い

▼ ッこみ~ (11, 0.0%)

2 ギュウギュウ腕で 1 がつきません, ころあいを, ながら背, われら二陣と, ガタガタと, キンタマを, 右の, 開港場成金を, 鷲の

▼ ッそく~ (11, 0.0%)

1 [11件] お城, その日, その翌日, だけて自分, でもイヤ, もう一ツ, ポンポンやりました, 帰りました, 御隠居, 止めさせること, 立ち帰って

▼ ッつかっ~ (11, 0.0%)

2 て見る 1 てからのこと, てから蕗屋, てこの, てしまっ, てしまった, て今更, て安閑, て立っ, て見た

▼ ッつかった~ (11, 0.0%)

2 のです 1 かのよう, が最後, にした, ような, 場合は, 嬉しさ, 探偵小説家殿村昌一だ, 米友の, 覚えが

▼ ッつかる~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことは, じゃない, とすぐ, とバタリ, と俺, と彼, のは, ように, トンネルだ, 戸を, 様に

▼ ッまだ~ (11, 0.0%)

1 [11件] その口, そんなぬるい, であります, ふてぶてしくかまえ, わからねえの, ッ, 俺を, 吐かねえの, 泣いて, 罪が, 逃げるか

▼ ッ付い~ (11, 0.0%)

3 ている 2 ていた 1 ていました, ております, てかえって, て来ら, て来る, て行った

▼ ッ~ (11, 0.0%)

5 くった 2 くって, くッ 1 くり, くるという

▼ ッ曳い~ (11, 0.0%)

2 てゆく, て来い 1 てき, てさらに, て一足先, て来, て来たらしい, て泰安州, て鋳物土の

▼ ッ~ (11, 0.0%)

4 の女 1 だ, だぜ, で天狗鼻, なら必ず, の可愛い, の眼, は殊に

▼ ッ立てられ~ (11, 0.0%)

2 てきた, てゆく, て行った 1 ている, てしまった, てそこ, て行く, 三人四人と

▼ ッ調子~ (11, 0.0%)

31 がまだ, でしみつたれで, で臀, なやう, な町人ことば, になっ, のお, 張り上げて

▼ ッあれ~ (10, 0.0%)

21 が怪人集団, だあいつ, だあれ, だな, はおかしい, はどこ, は家, は誰

▼ ッいや~ (10, 0.0%)

1 な声, な奴, な晩, な野郎, な面, になっ, になっちまう, に鼻, んなっちまう, ンなっちまう

▼ ッ~ (10, 0.0%)

1 あッと, いい, ええ, たッ, だんだん頻繁, ッという, ッ轟々という, ッ響が, 始まった, 掛けられたもの

▼ ッくり返し~ (10, 0.0%)

1 たりまくっ, て, てある, ている, てそこ, て家探し, て書い, て自動車, て調べた, 賽も

▼ ッくれ~ (10, 0.0%)

1 ちゃいけない, ている, ておる, てだから, ては困る, て一方じゃ, て小, て更衣亭, でも海, にでも縁

▼ ッけから~ (10, 0.0%)

1 噛みつきそう, 器用に, 女子供と, 対手に, 店中の, 散々に, 楊志を, 目柱たて, 語気あらあらと, 高氏は

▼ ッさり~ (10, 0.0%)

1 とある髮, と上, と上げ胡座, と何, と床下, と穂, と結ん, と藤, 尻を, 打首と

▼ ッすり~ (10, 0.0%)

1 と夢, と深い, と眼瞼, ねこんで, 寝こんで, 寝込んだ, 寝込んだよう, 寝込んで, 眠って, 睡った

▼ ッたらしい~ (10, 0.0%)

1 お顔, ところへ, もの, んだろう, 事は, 姿を, 小娘ねえ, 文句ばかりを, 言分だ, 頭が

▼ ッてた~ (10, 0.0%)

5 かッ 1 じゃア, ものだ, ッて, ネ, 運動の

▼ ッとばかりに~ (10, 0.0%)

2 どよめいた 1 地に, 声を, 弥三郎の, 憤しかども, 振り下ろした, 泣出し, 追おうと, 雲の

▼ ッとん~ (10, 0.0%)

1 でいた, でいった, でいる, でき, でしまう, でしまった, でつい, で来, で来た, で目

▼ ッぱッ~ (10, 0.0%)

1 ておい, てホラブン, とめくり, ともう, ともと, と欄干, と煙, と白い, と自分, と血しぶき

▼ ッぴら~ (10, 0.0%)

2 真ッぴら 1 だ, だと, にしんなり, に唾, に喋りちらした, に投げ出し, に母, に珠数屋

▼ ッ~ (10, 0.0%)

2 早く云え 1 早いところ安南, 早くいう, 早くいや, 早くて, 早く帰順, 早く掲示板, 早く申, 早く申しましょう

▼ ッ~ (10, 0.0%)

1 不審御, 冗談, 冗談で, 勘弁私は, 名指しと, 城門だ, 案内申しあげます, 用心なさらぬ, 貴殿は, 鑑定通り

▼ ッ振り~ (10, 0.0%)

1 じゃあどうやら, じゃない, でも調べ, といえる, にうち, に似ず, に多分, の善い, はよかっ, をする

▼ ッ立つ~ (10, 0.0%)

2 てゐます 1 て, てせ, て鎌, と家康, と斉, と杯, と黙っ, 扮装を

▼ ッ逆さま~ (10, 0.0%)

1 が西門慶, にぼく, にサッと, に突き落す, に落ちこん, に落ちなけれ, に落ち込んだ, に転, に転がり落ち, に駈けおり

▼ ッ黄色~ (10, 0.0%)

1 だ, だった, なり, な山吹, な枯れ葉, な花, な金糸雀, な銀杏, な雑木, にした

▼ ッ黒い~ (10, 0.0%)

2 小ッちや 1 フロシキ包み, 人影が, 広大な, 母親が, 湿った空気, 溶岩の, 空の, 表札を

▼ ッきら~ (9, 0.0%)

4 棒に 1 ぼうで, ぼうな, 棒で, 棒です, 棒な

▼ ッくに~ (9, 0.0%)

1 お判り, お帰り, 助けて, 忘れて, 生れて, 立ちふさがれて, 見るかげ, 逸して, 過ぎて

▼ ッこんな~ (9, 0.0%)

2 事なら, 面でも 1 とこに, ところに, ものを, 煮え湯を, 甘口な判じ

▼ ッしょり~ (9, 0.0%)

2 汗を 1 じゃない, とかかった, と汗, になる, 汗に, 涙で, 穴へでも

▼ ッたま~ (9, 0.0%)

1 に抱きつい, へかじり付く, へのしか, まであッ, までおく, までまた, までまだ, まで唯, まで坐り

▼ ッたらない~ (9, 0.0%)

4 んだ 2 んです 1 じゃア, のだ, のね

▼ ッちの~ (9, 0.0%)

5 けで 2 けにし 1 け, バラバラは

▼ ッちまっ~ (9, 0.0%)

1 たってわけ, てお, てぼんやり, てまた, て悪く, て本当に, て病気, て聴, て解らねえ

▼ ッちゃい~ (9, 0.0%)

1 な, ほうの, わね, 可愛らしい手, 子供連これを, 方の, 時, 独房の, 罌粟粒に

▼ ッていらッ~ (9, 0.0%)

1 しゃい, しゃいまし, しゃいましたよ, しゃいましょうねエ, しゃいます, しゃるの, しゃるのでしょう, しゃるのですら, しゃるのは

▼ ッてか~ (9, 0.0%)

2 ッと 1 え, お粂, ァな, 後には, 袷も, 顔を, 高く笑ッ

▼ ッ~ (9, 0.0%)

4 ッと 1 さッと, どうした, どどどどとばかり, ッど, 何処から

▼ ッどこ~ (9, 0.0%)

1 かで見た, に, へしょっぴい, へ去る, へ失せやがる, へ行ったろう, まできた, までドジ, 嘯いて

▼ ッ~ (9, 0.0%)

3 かっ 1 ざッと, たッ, ァと, ッと, ッばッ, ッ揺れる

▼ ッまた~ (9, 0.0%)

1 おかゆかい, これだ, しても, とまっちゃった, 優しさ, 出し抜かれたな, 化けおったな, 周馬が, 早駕籠

▼ ッ人市~ (9, 0.0%)

1 ともいう, などがあるだろう, にも顔出し, に於い, の晩, の集まり, へたたき出し, へ洞白, へ金吾

▼ ッ~ (9, 0.0%)

1 がこんな, が田舎者, たらない, だ, だから, の婆, の強い, ぶる, を着た

▼ ッ待て~ (9, 0.0%)

51 と申す, ッそう, ッちょっと, 新九郎

▼ ッ掴ん~ (9, 0.0%)

1 で, でこれ, でズルズル, でチャリイン, で手荒く, で焦熱地獄, で由良川, で表, で顔

▼ ッ斬る~ (9, 0.0%)

1 からてめえ, ぞ, ぞさ, ぞ仁助, と云ってる, にし, のが, 人間が, 程の

▼ ッ暗闇~ (9, 0.0%)

1 であった, で悪い, で誰, で起った, で鳴りだした, のトンネル, の中, の夜, の山道

▼ ッ~ (9, 0.0%)

2 で威勢 1 が強, が強い強い, が気, のある, は凄い, は宗教家, を感じさせる

▼ ッ母ア~ (9, 0.0%)

1 がお寺, が丁度, が中津, と樋口, と王, のところ, はあの, はどこ, も手袋

▼ ッ臭い~ (9, 0.0%)

4 匂いが 1 からいや, がはじまりで, においと, 焦ッ, 臭いが

▼ ッ込み~ (9, 0.0%)

1 お手の物の, ぬるい水, のつかない, の序, まごまごし, また瞬時, 半圓, 方が, 近海ものの

▼ ッ頓狂~ (9, 0.0%)

5 な声 1 なこと, な雑誌記者輩, にもひびい, にわめい

▼ ッかかった~ (8, 0.0%)

1 な, のだろう, ので身ぶるい, まま性体も, まま水に, ものだ, ように, 理由は

▼ ッかけられ~ (8, 0.0%)

1 ていた, ている, てはさしも, ても怖く, て二階, て声, て引き退った, て来た

▼ ッけな~ (8, 0.0%)

31 うむその, そして私, オオそれ投楽散人の, 大小だ, 顔を

▼ ッこぬき~ (8, 0.0%)

1 たまえと, にいらした, に失敗, に成功, の話, は金額, 作業自体が, 左の

▼ ッこり~ (8, 0.0%)

1 と降りる, 会釈し, 姿を, 小屋の, 笑ッた, 笑ッて, 親方の, 顔を

▼ ッころ~ (8, 0.0%)

1 があっ, がした, が多く, として無, に深い, のよう, は玩具屋, 見たいに

▼ ッしょ~ (8, 0.0%)

1 と村, にき, になっ, に一廻り, に二本, に握飯, に炊出し, に逃出

▼ ッたれた~ (8, 0.0%)

1 のが, ような, 人情が, 哀な, 喧嘩なんざあおかしくっ, 気持で, 田舎に, 男が

▼ ッちだ~ (8, 0.0%)

3 から 1 か分らない, とその後, ね, よ, よと言っ

▼ ッちゃっ~ (8, 0.0%)

1 てしまおう, てもおけまい, ても飛ん, て一路, て二人, て他, て江戸, て目

▼ ッちら~ (8, 0.0%)

2 ッと 1 お山へ, こちと, の方, 歩いて, 背負ッて, 食器棚へ

▼ ッてよ~ (8, 0.0%)

1 こんな有難, さう, すっかりお, だッ, びによこしなすったよ, 女の子が, 姉だ, 私の

▼ ッとび~ (8, 0.0%)

1 に座, に走りこんだ, に逃げだした, に道, に飛ん, に駈け, の一, 波川は

▼ ッははは~ (8, 0.0%)

1 いやそう, これは, こんなこと, そうあろう, そちもか, だいぶ驚いた, 思い出しても, 早速この

▼ ッぱち~ (8, 0.0%)

21 いくら並べ, にこんな, に葉巻, の放浪, も彼女自身, を叔父さん

▼ ッ伏せ~ (8, 0.0%)

4 になった 1 となった, になっ, に仆, に凭れ

▼ ッ~ (8, 0.0%)

1 が, の上衣, の頸ッ玉, の顔, は今, も叩, をよ, を捨てる

▼ ッ冗談~ (8, 0.0%)

2 でしょう 1 いっちゃ, じゃありません, じゃねえ俺, じゃねエ, だろう, にもほどがある

▼ ッ切れ~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 の一本立ち, も感じた, や枯葉, をポケット, を投げ捨てる, 半纒一枚

▼ ッ取り刀~ (8, 0.0%)

1 でお守り, で今二人, で八方, で取りかこん, で物見, で飛び出し, で駈けつけ, で駈け出そう

▼ ッ~ (8, 0.0%)

1 が疵物, さらばだ, だね, と馴れ合った, にちげ, に変り, の花世, やお

▼ ッ掛っ~ (8, 0.0%)

2 ていた 1 ている, てしまう, てその, てました, てグルリ, て機関車

▼ ッ放す~ (8, 0.0%)

2 ように 1 と, とお, と一方, と力負け, ような, んなら

▼ ッ暗に~ (8, 0.0%)

2 なった 1 して, なった両側, なった畳, なって, なる瞬間, なッ

▼ ッ~ (8, 0.0%)

1 この五町街, 割が, 勉学した, 可い, 弱いもの, 悪魔だ, 気に, 氣を

▼ ッ縛っ~ (8, 0.0%)

1 てある, ておけ, てき, てきた, て婆, て来い, て獄, て白洲

▼ ッ込む~ (8, 0.0%)

2 ような 1 じゃねえ, と, ときそこに, と水, ものが, 拍子に

▼ ッ逃がす~ (8, 0.0%)

4 なッ 2 な, ものか

▼ ッかりで~ (7, 0.0%)

1 お嬢様あなたに, はッ, もお, 何が, 奥様は, 物の, 病気の

▼ ッくるめ~ (7, 0.0%)

21 ても三十人, て今夜無理, て前後一様, て国立公園, て買っ

▼ ッけん~ (7, 0.0%)

5 どんに 1 どんなもの言い, どんな場合

▼ ッこッ~ (7, 0.0%)

1 たと, たのよ, たら, ている, てるの, てる今日, と鳴い

▼ ッ~ (7, 0.0%)

1 あした, ひいき筋を, 前が, 家老が, 宿老様, 異状, 門前に

▼ ッしゃいました~ (7, 0.0%)

31 か, がダメ, が実は, が母さん

▼ ッしょう~ (7, 0.0%)

31 とてもかなわん, と申します, に, 様あっ

▼ ッそいつ~ (7, 0.0%)

1 でグーッ, は有難, は知らねえ, は見料, は言えねえ, も, を呑む

▼ ッたくる~ (7, 0.0%)

3 ように 1 つもりだ, というの, と小, んだ

▼ ッた返し~ (7, 0.0%)

3 ている 2 ていた 1 てらア, て門前

▼ ッちか~ (7, 0.0%)

1 だという, でなけりゃあ, という決戦, はわし, を選ぶ, 一ツを, 一人は

▼ ッちゃう~ (7, 0.0%)

31 からね, ぜ, というの, ねえ

▼ ッちゃら~ (7, 0.0%)

7 かし

▼ ッつけろ~ (7, 0.0%)

21 とかそんな, と今, と手筈, と言う, ッ構わねえ

▼ ッつと~ (7, 0.0%)

1 ねじ切って, 切れたり, 切れ肩, 改心いたした, 時を, 行って, 邸内へ

▼ ッとう~ (7, 0.0%)

1 しいマナザシ, でまとまり, なりを, な人間, な典型的人間, な番頭, を商売

▼ ッとでも~ (7, 0.0%)

1 一文銭に, 力を, 心が, 曹操の, 真実らしい, 露出の, 顔見知りの

▼ ッなぜ~ (7, 0.0%)

1 お止め, そちは, 外へ, 来ないか, 着けぬ, 言わんか, 退く

▼ ッぴどく~ (7, 0.0%)

1 叱られたん, 叱られましたな, 懲らされた旦那, 懲らしめて, 打ち負かしおったもの, 払いつけて, 泣かして

▼ ッ~ (7, 0.0%)

1 から二十八年前, だってあなた, だッ, でも金, までが三十円, 行くぞ, 頬桁叩きや

▼ ッ~ (7, 0.0%)

4 ねて 1 ねた, ねられむなしく, の上調子

▼ ッ~ (7, 0.0%)

1 か男, が根岸くん, だ, ってこれ, と思っ, を先, 言わぬか

▼ ッ張られ~ (7, 0.0%)

2 て来る 1 ていた, て行っ, て行った, て顫, 二十九日を

▼ ッ御用~ (7, 0.0%)

3 だぞ 2 だッ 1 とございますなら, に御

▼ ッ払った~ (7, 0.0%)

1 かと思う, がしかし, ヒダ王家次に, 一心の, 奴の, 学生が, 聴衆の

▼ ッ掛け~ (7, 0.0%)

1 ている, て来た, て遣わしました, ながらさて, ながら急い, 上下左右四手が, 脛を

▼ ッ気味~ (7, 0.0%)

3 のわるい 1 が悪い, が悪く, のわりい, の悪い

▼ ッ~ (7, 0.0%)

1 は, はただ, はッ, も, も京極方, も武士, れは

▼ ッ~ (7, 0.0%)

2 をすすり 1 が出, だの腫物たかり, はすすっ, をチュチュ, を啜った

▼ ッ~ (7, 0.0%)

1 にする, に向け, に向っ, グニ伸ビテ敵ヲ, 九, 向いて, 婚礼へ

▼ ッ立ッ~ (7, 0.0%)

2 てい 1 たまま, ていた, ている, てるだけ, て見える

▼ ッ組ん~ (7, 0.0%)

2 でいる 1 だりされ, でき, でくれ, でたえず, でも馬鹿らしい

▼ ッ続け~ (7, 0.0%)

1 に七八人掛り, に吸いつけました, に弁じ, に引っかけ, に斯ん, に真, ッ

▼ ッ~ (7, 0.0%)

1 がなさすぎます, が抜けた, が曲りかけ, なさ, のない, の弱い, もなく

▼ ッ込め~ (7, 0.0%)

1 て, ておれ, て袖の下, なよ, ばよい, またしばらく, 障子を

▼ ッ返る~ (7, 0.0%)

3 ような 2 ように 1 から河合さん, やうな

▼ ッいい~ (6, 0.0%)

1 ぐあいにつじ番所の, ざまを, 加減に, 子だ, 笑われ者, 面の

▼ ッいよいよ~ (6, 0.0%)

1 おれの, 以て, 俺に, 本もの, 泣きだしたの, 空襲警報が

▼ ッかり忘れ~ (6, 0.0%)

3 ていた 1 ております, てしまっ, てその

▼ ッくどい~ (6, 0.0%)

1 ことは, ことを, な, な手っ取り早く, わ, ッ

▼ ッくろ~ (6, 0.0%)

1 な一群, な烏猫, な煙, な羽, な落葉, に燻っ

▼ ッこりゃ~ (6, 0.0%)

21 いけねえ, アどう, 深いっ, 非道い

▼ ッさあ~ (6, 0.0%)

1 いけねえぞ, おもしろいぞ, おもしろくなった, お通して, ことだ, 手錠を

▼ ッさげた~ (6, 0.0%)

1 その人影, まま, まま逃げこん, まま鳴りを, 偉丈夫が, 長岡頼母博多弓之丞飯能主馬の

▼ ッすら~ (6, 0.0%)

1 今でも, 分って, 東の, 歯を, 笑って, 陽の

▼ ッせい~ (6, 0.0%)

1 ことで, さ, な, なので, に死のう, に襲いかかっ

▼ ッただ~ (6, 0.0%)

1 なかにほ, のさ, の一人, はおかん, は置く, 婦女子の

▼ ッたて~ (6, 0.0%)

3 てきた 1 てくる, て交番, て得意

▼ ッたらしく~ (6, 0.0%)

1 て感心, ッて, 横ッちょを, 着たもと, 首だけ, 首を

▼ ッた斬っ~ (6, 0.0%)

2 ておく 1 てくれね, てやる, てやろう, て吠え面

▼ ッた斬る~ (6, 0.0%)

41 からさよう, ぞッ

▼ ッてば~ (6, 0.0%)

1 お前すぐ, この人, ねえよく, チョッ福助, 出鱈目を, 厭かい

▼ ッてめえ~ (6, 0.0%)

1 には五円, のおかげ, の相棒, は春日新九郎, は笊組, は鞍馬

▼ ッてネ~ (6, 0.0%)

1 お浜さん, これで, それからまた今度, 恩を, 明日取りに, 黙ッ

▼ ッ~ (6, 0.0%)

1 ええ子, てこい, なア, 一本いく, 宅へ, 話さ

▼ ッといふ~ (6, 0.0%)

1 たびに, やうな, 唯一声の, 塊まりの, 悲鳴にな, 聲と共に

▼ ッとか~ (6, 0.0%)

1 すると, ないと, 何とか大きな, 何んとか, 声を, 言うん

▼ ッとだけ~ (6, 0.0%)

1 おイノリ, メリオン・デヴィスビング・クロスビーで, 似て, 冷めたい程度, 小さくなっ, 飲まして

▼ ッとで~ (6, 0.0%)

1 いいわ, やめて, 今の, 彼は, 目下景色の, 立ち直るもの

▼ ッ~ (6, 0.0%)

2 んだって 1 こらうけあい, なぜ早う, なんでその, ようじゃ

▼ ッなん~ (6, 0.0%)

2 だろう 1 だ, ですかよ, でもありません, にも知らねえで

▼ ッなんて~ (6, 0.0%)

1 うすみっ, まあ意地, まねし, 人が, 意気地が, 自棄な

▼ ッ~ (6, 0.0%)

1 と騒ぎ, ほてりからだ, 件は, 喚きばかり, 意気について, 気合を

▼ ッぱって~ (6, 0.0%)

1 もうすぐそこ, わくわくさせる, 来い, 来たもの, 来た百姓, 来るよう

▼ ッぴて~ (6, 0.0%)

1 その人, の遊蕩客, 立ちつくして, 脅えて, 離れること, 飲み明かしたって

▼ ッぴどい目~ (6, 0.0%)

1 にあわせ, にあわせた, に会わされた, に遭うだろう, に遭ってる, に遭わせ

▼ ッぼく~ (6, 0.0%)

1 がこの, がはいっ, が見, ちょっと出かけ, のまた, はかならず

▼ ッまて~ (6, 0.0%)

51 ッ待た

▼ ッ~ (6, 0.0%)

2 れた, れる 1 れたの, れ方

▼ ッ~ (6, 0.0%)

4 の常 1 です, にし

▼ ッ~ (6, 0.0%)

1 と二人, と眼, はひ, は含み笑い, 仮に象, 痩せて

▼ ッ大変~ (6, 0.0%)

21 でございます, ですっ, なん, 知って

▼ ッ~ (6, 0.0%)

3 え奴 2 え畜生 1 え外道

▼ ッ師匠さん~ (6, 0.0%)

1 が一寸, が来, におもらいなさい, のところ, はなんで, もっと大きな

▼ ッ張った~ (6, 0.0%)

1 おでこの, がやや, にせよ, ままぐったり, 裃姿が, 連中の

▼ ッ張る~ (6, 0.0%)

1 と, とこの, ところに, と釜, ように, 後ろの

▼ ッ払ッ~ (6, 0.0%)

1 たりした, たアゲク, てガミガミ, て仕, て泣きだした, て選挙演説

▼ ッ抱え~ (6, 0.0%)

21 てゆく, て斬りつけ, て飛び出し, 馬に

▼ ッ拙者~ (6, 0.0%)

1 が追いかけ, でございます, につかまれ, に待て, は江州, もお

▼ ッ掴んだ~ (6, 0.0%)

1 つもりで, のである, ままかなり, まま計え, 瞬間タキシードの, 神保造酒さすが

▼ ッ提げ~ (6, 0.0%)

1 て幽, て来た, て獣群, て行っ, 林冲の, 道案内の

▼ ッ~ (6, 0.0%)

1 か味方, が, がいる, だッ, はいつもまっすぐ, は参った

▼ ッ~ (6, 0.0%)

1 で見かけた, に移っ, のプラネタリュウム, の材木屋, の絵, をかける

▼ ッ止め~ (6, 0.0%)

2 てくれ, ても止まらぬ 1 て止まらぬ, を刺し

▼ ッ~ (6, 0.0%)

1 が下手人, が何, が持っ, が死にましたら, を嘲笑っ, を罪

▼ ッ辛い~ (6, 0.0%)

1 が底, だけだ, とうてい舌, ワリシタの, 今し方の, 奴ばかり

▼ ッ通し~ (6, 0.0%)

1 そのまま谷底, だった, でやった, で踊りぬく, に緊張, の徳利

▼ ッ静か~ (6, 0.0%)

31 におし, にしろ, にッ

▼ ッ飛ばし~ (6, 0.0%)

1 てくれよう, てしまおう, てしまった, て見せる, にやっ, に出

▼ ッ馬鹿~ (6, 0.0%)

1 な, なこと, な奴等, にしてやがる, も底, を言え

▼ ッおれ~ (5, 0.0%)

1 の手, の路銀, もこう, を殺す, を訴えた

▼ ッかく~ (5, 0.0%)

1 お帰り, しんみりした, て喇叭, ロマンチックに, 悪血を

▼ ッかけよう~ (5, 0.0%)

2 とする 1 とした, として, としても足

▼ ッかっ~ (5, 0.0%)

3 ている 2 ていた

▼ ッきっ~ (5, 0.0%)

1 てかけ, てまっしぐら, て来た, て茶色, て行く

▼ ッくそ~ (5, 0.0%)

1 おもしろくもねえ, が悪く, でもくらえ, な音楽家, 婆

▼ ッこする~ (5, 0.0%)

1 という, のである, のを, ような, んだ

▼ ッこちた~ (5, 0.0%)

1 ことなどを, っていうじゃねえ, と思い, ように, んだ

▼ ッこま~ (5, 0.0%)

1 されて, しいそ, しい工場, しく厭味, で眼

▼ ッさい~ (5, 0.0%)

2 て生き血 1 あの時分, なと売ったる, に配置

▼ ッさすが~ (5, 0.0%)

1 に親分, に金田屋, に銭形, は銭形, は銭形親分

▼ ッさては~ (5, 0.0%)

1 おのれも, きさ, 早くも, 貴様ピストルの, 野郎め家の

▼ ッざッ~ (5, 0.0%)

1 という軍靴, と云う, と降りつけ, と雨, と鳴った

▼ ッしょい~ (5, 0.0%)

2 わッ 1 と威勢, と鰹さ, ッ

▼ ッそっち~ (5, 0.0%)

1 から突っかかっ, に馬鹿, の姉さん, の方, も多勢

▼ ッそん~ (5, 0.0%)

1 ならおれ, ならそう, ならと, なら今夜, なら勘

▼ ッたまらねえ~ (5, 0.0%)

21 ことに, な, 何処か

▼ ッたれる~ (5, 0.0%)

1 な, なイ, な見物, ほど負ける, もので

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 べ, ッだ, ッだれが, ッと, ッ誰です

▼ ッだれ~ (5, 0.0%)

1 かおらぬ, が, がいる, だッ, もいない

▼ ッちがえ~ (5, 0.0%)

2 の定紋 1 てかます, に差し, の幕

▼ ッちと~ (5, 0.0%)

1 いった感じ, いって, おんなじだ, もいえない, 遠くは

▼ ッちゃった~ (5, 0.0%)

2 なあ 1 のだろう, のに気, わ

▼ ッつかまっ~ (5, 0.0%)

1 てしまった, てそこ, てもめったに, て仕, て鼻

▼ ッつかれ~ (5, 0.0%)

1 そうな, ちゃつまりません, ている, て多年不幸, と云っ

▼ ッつけられた~ (5, 0.0%)

1 ので学士, ようで, よりも道庵, んだろう, 男も

▼ ッつこう~ (5, 0.0%)

1 じゃない, とし, として虫, とする, と思案

▼ ッつも~ (5, 0.0%)

1 おあし, その本, 今度こそ, 料理屋の, 晩おそう帰る

▼ ッつるん~ (5, 0.0%)

1 で, でお, でほしい, でステップ, で碌

▼ ッてからは~ (5, 0.0%)

1 まったく尊氏, 旧里静岡, 毎日の, 毎晩来, 関東の

▼ ッてこ~ (5, 0.0%)

1 たァ, と, とない, とサ, と私

▼ ッてさ~ (5, 0.0%)

1 ほかに, 乙姫様が, 坊主になんか, 話して, 貴女は

▼ ッてさえ~ (5, 0.0%)

1 こう見渡した, 今日は, 先達の, 熱がね, 見えるの

▼ ッてんで~ (5, 0.0%)

1 え, げすか, げすから, 威勢よく, 無理に

▼ ッとうとう~ (5, 0.0%)

1 あごが, 君に, 嗅ぎつけたネ, 死んじまいやがった, 陥ち込み

▼ ッとこ~ (5, 0.0%)

1 なたに, みると, 被よ, 被りが, 被り吉原

▼ ッとんでも~ (5, 0.0%)

1 ない, ない親方様, ねえこと, ねえ真似, 無い親方様

▼ ッどうも~ (5, 0.0%)

1 あのへちま野郎, その節, 今日は, 様子が, 腹痛で

▼ ッなんで~ (5, 0.0%)

1 え, えなんで, え大げさ, え師匠, そちは

▼ ッはと~ (5, 0.0%)

1 笑い, 笑いこけた, 笑い出して, 笑ふ, 腹の

▼ ッ~ (5, 0.0%)

2 ッぶ 1 ッと, ッ斬っ, 礼な

▼ ッぷし~ (5, 0.0%)

1 では断然, にまかせ, の強い, の物, を振り廻さねえ

▼ ッよくも~ (5, 0.0%)

1 わたしを, 不意を, 人に, 化かしお, 父を

▼ ッ~ (5, 0.0%)

3 ッと 2 はッ

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 いそう, うッ, えといわぬ, って本当に, や好かっ

▼ ッ何ん~ (5, 0.0%)

3 と言う 1 て嫌, の奇瑞

▼ ッ倒れた~ (5, 0.0%)

1 がとっさ, のと, のを, はずな, 時には

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 さって, りで人ざかしい処, りで妻, りに, りを

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 だナ, なあけ方, なこと, なところ, な女

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 へんだ, へんでございます, 先生の, 出来だ, 變長く

▼ ッ子みたい~ (5, 0.0%)

1 な恰好, な禿, にそこで, に体, に呆け

▼ ッ怪しい~ (5, 0.0%)

21 やつ, 奴が, 気配

▼ ッ払う~ (5, 0.0%)

21 ことさ, ことに, みたいに

▼ ッ払われ~ (5, 0.0%)

1 ちゃ精, てしまう, てその, て召使い, て自分

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 から赤ん坊, が下がら, が好う, が悪い, が気に入っちまった

▼ ッ正面~ (5, 0.0%)

1 から何, から取り組ん, から抵抗, から肝胆, に対面

▼ ッ死んだ~ (5, 0.0%)

1 から死んだ, そうで, アから, 後で, 方が

▼ ッ殺し~ (5, 0.0%)

1 そのまま線路上, てしまえ, てもあきたら, てやる, まアべな

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 でそれ, な奴, な武将, な良民, はなか

▼ ッ無礼~ (5, 0.0%)

2 だぞ 1 であろうぞ, な, をもうす

▼ ッ痛い~ (5, 0.0%)

31 よ痛い, ッ痛い

▼ ッ直に~ (5, 0.0%)

1 ものを, 世を, 前進と, 本堂へ, 歩けば

▼ ッ立てる~ (5, 0.0%)

1 から左様, ぞ素直, と殆, 方が, 根締の

▼ ッ童穴~ (5, 0.0%)

1 といった跡, のどこ, の奥, を出る, を飛び出そう

▼ ッ苦しい~ (5, 0.0%)

1 ことは, よ今, 声で, 夫婦は, 死ぬ

▼ ッ~ (5, 0.0%)

2 が血留 1 で治ッ, なんて汚い, を着け

▼ ッ葉みじん~ (5, 0.0%)

1 とした, にくだい, にしてやろう, に叩きつぶし, に吹ッ

▼ ッ葉役人~ (5, 0.0%)

1 たア, の化け手先, の畜生奴, は瞞, 下りませい

▼ ッ~ (5, 0.0%)

2 をし 1 を, をこう, をした

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 か何, と友達, に咲く, をゆする, を小

▼ ッ~ (5, 0.0%)

1 から三十五社, から大地, から足, に立ち, へも寄付け

▼ ッ限り~ (5, 0.0%)

1 では, どなりたかった, グングンと, 残して, 漕がせました

▼ ッ飛ばされ~ (5, 0.0%)

3 てしまう 1 そうに, ていた

▼ ッ駕籠~ (5, 0.0%)

3 だッ 1 だ駕籠, はどう

▼ ッああ~ (4, 0.0%)

21 ア, 人情ない

▼ ッあいつ~ (4, 0.0%)

1 が二三度, だ, だッ, の罠

▼ ッあぶない~ (4, 0.0%)

31 よッ

▼ ッかい声~ (4, 0.0%)

1 で, できめつける, でひとりごと, をし

▼ ッかえし~ (4, 0.0%)

1 ていた, てやったら, てゆく, て飛びだし

▼ ッかかり~ (4, 0.0%)

1 があっ, があれ, ながら, 靴は

▼ ッかきまわし~ (4, 0.0%)

1 てきた, ても銀行預金, て荷づくり, ながら

▼ ッかけられた~ (4, 0.0%)

1 と同じ, のでオタツ, よう, 濡鼠の

▼ ッかけられる~ (4, 0.0%)

2 ような 1 ものと, 事件が

▼ ッかさん~ (4, 0.0%)

1 か誰, が出, てばあ, 戻らないの

▼ ッかしく~ (4, 0.0%)

1 て見, なるもの, 思いながらも, 感じられて

▼ ッかに~ (4, 0.0%)

1 なった, なって, 染まり汗, 脆いところ

▼ ッかる~ (4, 0.0%)

1 ことが, と一ペンコッキリ, ほど小, まやかし者だ

▼ ッくやしい~ (4, 0.0%)

1 な, んだ, ッ, ッくやしい

▼ ッくわす~ (4, 0.0%)

1 かも知れねえ, か分った, と女の子, と馬春堂

▼ ッけが~ (4, 0.0%)

1 お粂さん, お落掌, ね, 若え

▼ ッけに~ (4, 0.0%)

2 とられて 1 とられた, 尻まで

▼ ッこっち~ (4, 0.0%)

1 から待ち受け, だ, だッ, の事

▼ ッこめ~ (4, 0.0%)

1 そうだ, てしまう, てポケット, 引ッこめ

▼ ッこりし~ (4, 0.0%)

1 て, てそして, て冷かし, ながらまた

▼ ッした~ (4, 0.0%)

1 っけ, よ, わ, 御様子

▼ ッしっかり~ (4, 0.0%)

1 しろよ, しろ意地, 召されっ, 登れよッ

▼ ッそち~ (4, 0.0%)

1 が自, の思案, は狂気, は竹童

▼ ッそれほど~ (4, 0.0%)

1 でもねえ, でもねエが, ものが, 言うならこの

▼ ッそんなに~ (4, 0.0%)

1 急いでも, 死にたいか, 気障, 私が

▼ ッたかり~ (4, 0.0%)

1 とは丸, のクスブリ魂, の秀吉, の魂魄

▼ ッたくなっ~ (4, 0.0%)

1 ていた, てく, て塔形, て来た

▼ ッたでしょう~ (4, 0.0%)

1 がもう, ねエ, 倉, 夫よりは

▼ ッたらし~ (4, 0.0%)

1 があたし, がウヨウヨ, だな, になにか

▼ ッたれだ~ (4, 0.0%)

1 からさ, からよこせ, と, と云う

▼ ッだから~ (4, 0.0%)

1 お前に, くさくさする, 早くしろ, 腹が

▼ ッちあげ~ (4, 0.0%)

1 ています, てその, てコキ, て落付き

▼ ッちまい~ (4, 0.0%)

1 な, なはる, ねえ衣, 度い

▼ ッちまいます~ (4, 0.0%)

1 がねじつ, ぜ, よ, ネー

▼ ッちまえ~ (4, 0.0%)

1 といった, ばい, ば健全, 体だけは

▼ ッつあん~ (4, 0.0%)

1 あんなに言う, なかなか商売, は戦争, は次

▼ ッついて行く~ (4, 0.0%)

1 がいい, とどこ, なんて, ように

▼ ッつかまえ~ (4, 0.0%)

1 てその, て町奉行, て聞いた, 思いきり投げ飛ばし

▼ ッつまみ~ (4, 0.0%)

1 で一昨日, で近頃, になる, のせい

▼ ッつれ~ (4, 0.0%)

1 がある, ていた, ている, て多く

▼ ッていうから~ (4, 0.0%)

1 二人の, 少々あなた, 欲しいどんな, 泣きそう

▼ ッていうじゃ~ (4, 0.0%)

3 ないか 1 ないの

▼ ッてっ~ (4, 0.0%)

1 ちゃ室, てもどんな, て下さい, て恐ろしく

▼ ッてねエ~ (4, 0.0%)

1 アハハほんとに, ハッハッハ香港, 日本軍の, 浪さん二人で

▼ ッてばかり~ (4, 0.0%)

1 いて, いる毒, おやン, 居て

▼ ッてり~ (4, 0.0%)

1 とつけ, と人品, と炭火, 塗り附けた

▼ ッでは~ (4, 0.0%)

1 あの梁山泊, お前様に, これへ, もう二百メートル

▼ ッといった~ (4, 0.0%)

1 ぐあいにですねひどい, のは, 凄いうめき声, 声を

▼ ッとや~ (4, 0.0%)

2 そッとの 1 そっとの, そッとで

▼ ッとらえ~ (4, 0.0%)

1 ていきなりポカポカ, て来ました, て涼しい, て火あぶり

▼ ッとる~ (4, 0.0%)

1 か叩き, しなかなか, 所へ, 計画を

▼ ッはは~ (4, 0.0%)

1 ありがたく頂戴, こうしておか, ッ, ッは

▼ ッぱくし~ (4, 0.0%)

1 てぼくら, ても云わぬ, て言っ, て通った

▼ ッぱくれ~ (4, 0.0%)

1 て, ても駄目, て住田, て当家

▼ ッぽかっ~ (4, 0.0%)

31 たら

▼ ッわし~ (4, 0.0%)

1 に向っ, はこうして, はもう, は笏

▼ ッ~ (4, 0.0%)

1 からその, に小さく, の崖, へおり

▼ ッ何処~ (4, 0.0%)

2 へゆく 1 へ, へ失せやがった

▼ ッ倒れ~ (4, 0.0%)

1 てしまった, て全然, に倒れた, 空虚な

▼ ッ切る~ (4, 0.0%)

1 かは見もの, だけなら, なッ, 四ツ手駕を

▼ ッ包ん~ (4, 0.0%)

1 でかまわぬ, でしまわなかった, で八方閃, で来

▼ ッ危険~ (4, 0.0%)

2 だ, だ切り合うぞ

▼ ッ取っ~ (4, 0.0%)

1 てしまおう, て其の, て来, て着到

▼ ッ向う~ (4, 0.0%)

2 へ行っ 1 に斬り下げ, 下ろしは

▼ ッ~ (4, 0.0%)

1 でも目, の真中, までつい, を越した

▼ ッ~ (4, 0.0%)

1 が高い, をはりあげる, を出す, を立てる

▼ ッ子ひとり~ (4, 0.0%)

1 いやしません, の影, 見えなかった, 通らない

▼ ッ寄る~ (4, 0.0%)

3 なッ 1

▼ ッ広く~ (4, 0.0%)

1 その中央, なった舗道, ひろがった向島, 穿き大

▼ ッ彼奴~ (4, 0.0%)

31 の細首

▼ ッ恍け~ (4, 0.0%)

1 ちゃいる, てあたし, ていやがった, ても駄目

▼ ッ憑かれ~ (4, 0.0%)

1 たりおまえさん, ている, ているらしい, てつい

▼ ッ手前~ (4, 0.0%)

1 あの浪人者, はここ, は五位, は大学一味

▼ ッ拍子~ (4, 0.0%)

4 もない

▼ ッ掻いた~ (4, 0.0%)

1 ような, ように, 条痕が, 痕が

▼ ッ放した~ (4, 0.0%)

1 がどう, まままだ, まま出かけた, 唇が

▼ ッ旗本~ (4, 0.0%)

1 だろうな, などと江戸, の道楽者, や安

▼ ッ早い~ (4, 0.0%)

1 こと, わめきの, 野郎を, 飛作この

▼ ッ昼間~ (4, 0.0%)

1 だと, ではない, というの, にそんな

▼ ッ来い~ (4, 0.0%)

21 ッち, 八五郎

▼ ッ死ん~ (4, 0.0%)

1 じゃいけない, でしま, でしまっ, でしまった

▼ ッ~ (4, 0.0%)

2 礼者ッ 1 極刀, 礼者奴ッ

▼ ッ~ (4, 0.0%)

1 に火, のよう, れか, 輪なら

▼ ッ畜生~ (4, 0.0%)

21 取っちめて, 逃して

▼ ッ相手~ (4, 0.0%)

2 は一人 1 はわずか, は四人

▼ ッ立ち~ (4, 0.0%)

1 ただならぬ眼つき, ながらじいッ, になり, 因果先生を

▼ ッ端折~ (4, 0.0%)

1 で駈け, になつて, に日和下駄, を致しまし

▼ ッ~ (4, 0.0%)

1 があなた, とはこの, なん, も出ず

▼ ッ行け~ (4, 0.0%)

31 と申す

▼ ッ裸体~ (4, 0.0%)

1 のまま, の叔父, の裸体, の贄

▼ ッ~ (4, 0.0%)

2 のハダカ 1 を, 持って

▼ ッ~ (4, 0.0%)

1 えしの, えしの二十九日, えす, シタ

▼ ッ返す~ (4, 0.0%)

1 からそう, ことあ, とは無念千万, 戸口の

▼ ッ逆様~ (4, 0.0%)

1 に墜落, に落ち, に蒼い, に階段

▼ ッ風呂~ (4, 0.0%)

2 浴びて 1 泳いで, 浸ってから

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 ははは, ッツツツ, 痛ッ

▼ ッあんな~ (3, 0.0%)

1 いたずらを, 所に, 曲を

▼ ッいざ~ (3, 0.0%)

1 この上, 斬り込むも, 約束の

▼ ッいまいましい~ (3, 0.0%)

1 おやじ, がもう, 女だ

▼ ッうまく~ (3, 0.0%)

1 やってや, やってるぜ, やりやがった

▼ ッえッ~ (3, 0.0%)

1 引かぬか, 行かぬか, 黙らないか

▼ ッおいら~ (3, 0.0%)

1 の先生, の名, をぶんなぐった

▼ ッおのれ~ (3, 0.0%)

21 その幼い

▼ ッおまえ~ (3, 0.0%)

1 の部屋, は江戸下り, もひざくりげ

▼ ッお嬢さん~ (3, 0.0%)

1 の御, はそんな, を甲板

▼ ッかかえた~ (3, 0.0%)

1 まま戸を, 十二三人の, 忍剣は

▼ ッかけない~ (3, 0.0%)

1 はずだ, わびしい感じ, 粗っぽい

▼ ッかけろ~ (3, 0.0%)

21 というよう

▼ ッかす~ (3, 0.0%)

1 だが, つまり屑, の薬

▼ ッかつい~ (3, 0.0%)

1 でゆけ, で行く, で行っ

▼ ッかで~ (3, 0.0%)

1 しきりに犬, みたと, 飲もう

▼ ッかね~ (3, 0.0%)

1 えたって, え野郎, ど波

▼ ッかの~ (3, 0.0%)

1 お天気野郎, 会社の, 大学を

▼ ッからめ~ (3, 0.0%)

1 て参りました, て来い, て頭領

▼ ッかりする~ (3, 0.0%)

1 とその, とインネン, と同時に

▼ ッかりに~ (3, 0.0%)

1 この十年, その後の, 己を

▼ ッかり思っ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ ッかを~ (3, 0.0%)

1 いう奴, ボンヤリと, 使ってるわけ

▼ ッきりそれ~ (3, 0.0%)

1 であろうと, と思われる, と見違えた

▼ ッきり気~ (3, 0.0%)

1 がつかなかった, が狂った, もない

▼ ッきれ~ (3, 0.0%)

1 にしめし, につ, 一つさへ

▼ ッくくっ~ (3, 0.0%)

1 てしまった, て持っ, て牛

▼ ッくさい~ (3, 0.0%)

1 ことを, ような, 不自由な

▼ ッくらい~ (3, 0.0%)

1 なんだ, のこたァ, 自分の

▼ ッくるしい~ (3, 0.0%)

1 ッ水水, 白地の, 言葉を

▼ ッくれた~ (3, 0.0%)

1 女だ, 調子で, 面を

▼ ッくわした~ (3, 0.0%)

1 わえ, んだ, 者は

▼ ッこけた~ (3, 0.0%)

1 何だか淋しい, 女が, 手足緑がかった

▼ ッこった~ (3, 0.0%)

1 が実は, ところから, ような

▼ ッこもう~ (3, 0.0%)

1 ええか, というコンタン, とし

▼ ッころばし~ (3, 0.0%)

1 で家橘, という役, の湯気

▼ ッこんど~ (3, 0.0%)

1 こそぼくたち, は今宮, るが

▼ ッさらっ~ (3, 0.0%)

1 てき, てゆく, て行かれ

▼ ッしまった~ (3, 0.0%)

1 ッ, ッと, 烏が

▼ ッしようが~ (3, 0.0%)

2 ないな 1 ねえな

▼ ッじゃ~ (3, 0.0%)

1 きみに, ないよ, まだッ

▼ ッじり~ (3, 0.0%)

3 ッと

▼ ッそろしく~ (3, 0.0%)

2 神妙だ 1 兵隊が

▼ ッたい顔~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ ッたかい~ (3, 0.0%)

1 おいらたちを, そうかい, ヘーそうかい

▼ ッたくり~ (3, 0.0%)

1 いきなり男, 方にも, 立腹し

▼ ッただなか~ (3, 0.0%)

1 にすわりこん, へ運, を射

▼ ッたてられ~ (3, 0.0%)

1 てゆく, てアブラ, て所轄

▼ ッたて小屋~ (3, 0.0%)

1 だった, どうよう, に住ん

▼ ッたらありません~ (3, 0.0%)

1 ものね, や, や新聞記者

▼ ッたわけ~ (3, 0.0%)

1 どもめら, ね, ものめが

▼ ッちです~ (3, 0.0%)

21 が今

▼ ッちの手~ (3, 0.0%)

1 に移れ, に這入っ, へはいらなけれ

▼ ッちまわ~ (3, 0.0%)

1 ァ, ア, ンと

▼ ッちやん~ (3, 0.0%)

1 と殆, に乳, は最早

▼ ッちょこ~ (3, 0.0%)

1 ちょいかも, ちょいから, ばッ

▼ ッちょっと~ (3, 0.0%)

1 お角, 待てッ, 来て

▼ ッって~ (3, 0.0%)

1 もう粟粒, 俺も, 呶鳴ったら

▼ ッつかむ~ (3, 0.0%)

1 かのごとく近づく, と跳腰, なり桜雲台本殿

▼ ッつかり~ (3, 0.0%)

1 そうに, そこの, 放題その

▼ ッつき合っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て一人, て家

▼ ッつけッ~ (3, 0.0%)

2 ちまえ 1 ちまう

▼ ッつり顔~ (3, 0.0%)

1 して, の敬吉さん, を作っ

▼ ッつるし~ (3, 0.0%)

1 てみるみる, て席, 一鞭くれ

▼ ッてい~ (3, 0.0%)

1 さえすれ, に, やア

▼ ッてじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないかい, ないかの, ねえか

▼ ッてでも~ (3, 0.0%)

1 いるよう, 一路京都へ, 行くよう

▼ ッてと~ (3, 0.0%)

1 口答を, 姉さんが, 言うこと

▼ ッてなあ~ (3, 0.0%)

1 おっ母, 道楽じゃ, 飲んだこと

▼ ッてない~ (3, 0.0%)

1 そうで, のかも, ようでした

▼ ッとうしろ~ (3, 0.0%)

1 へさがっ, へ跳びのき, へ身

▼ ッとっ~ (3, 0.0%)

1 て, て忍剣, とッ

▼ ッとばかし~ (3, 0.0%)

1 もうけた商人, グラついた, 骨が

▼ ッとばす~ (3, 0.0%)

1 ことが, んだ, 野球の

▼ ッどうして~ (3, 0.0%)

2 くれよう 1 そんな事

▼ ッどけ~ (3, 0.0%)

3

▼ ッなるほど~ (3, 0.0%)

1 そうか, ねえやねえや, 織田家の

▼ ッなんと~ (3, 0.0%)

1 いうこと, するの, やら団兵衛

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 ちがいねえ, にがしたな, 曳かせて

▼ ッはやく~ (3, 0.0%)

1 いえ, 張飛を, 行け

▼ ッぱいで~ (3, 0.0%)

1 御案内, 恐いもの, 遠く潰乱

▼ ッぱく~ (3, 0.0%)

1 ッと, 金太の, 鼻に

▼ ッぱずして~ (3, 0.0%)

1 あッという, いきなり鬼, 持って

▼ ッぱり女~ (3, 0.0%)

1 って奴, とは思わないでしょう, は女ざかり

▼ ッひと~ (3, 0.0%)

1 の心配, 殺しっ, 絞め

▼ ッひどい~ (3, 0.0%)

1 よ君ちゃん, 事を, 蚊だ

▼ ッぴり腰~ (3, 0.0%)

2 をし 1 はみ

▼ ッふと~ (3, 0.0%)

2 笑って 1 笑ひ

▼ ッぶう~ (3, 0.0%)

1 ッと, ッぶう, ッ物凄い

▼ ッぷりと~ (3, 0.0%)

1 厚ぼ, 掛け髱, 暗い水上

▼ ッぷりと日~ (3, 0.0%)

2 が暮れる 1 は暮れた

▼ ッぷりと暮れ~ (3, 0.0%)

1 果てて, 落ちて, 落ちると

▼ ッほんとう~ (3, 0.0%)

1 に世話, に大, の明智

▼ ッぽか~ (3, 0.0%)

1 された道中師, して, そんなよう

▼ ッまるで~ (3, 0.0%)

1 坊やとの, 心学の, 掛合噺みたいな

▼ ッやった~ (3, 0.0%)

3

▼ ッわと~ (3, 0.0%)

2 受ける 1 遮り留む

▼ ッわりゃ~ (3, 0.0%)

1 あお延, ア, ア五味左門

▼ ッ下手~ (3, 0.0%)

1 だ, だが, の噺家

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 埓な, 届な, 礼者ッ

▼ ッ世話~ (3, 0.0%)

2 の焼けた 1 を焼かせる

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 ごろついて, で音, 小まめ

▼ ッ人殺し~ (3, 0.0%)

1 じゃ, だあっ, はこの

▼ ッ人間~ (3, 0.0%)

1 でない奴, の皮, の端くれ

▼ ッ今宵~ (3, 0.0%)

1 のところ, の虎徹, は金輪際

▼ ッ付き~ (3, 0.0%)

1 さうだ, さえすれ, 易いもの

▼ ッ付け~ (3, 0.0%)

1 てしまった, て模様, て見せた

▼ ッ位無駄~ (3, 0.0%)

3 がつい

▼ ッ何事~ (3, 0.0%)

2 じゃッ 1 かある

▼ ッ倒し~ (3, 0.0%)

1 たり鋸, にした, に坐りまし

▼ ッ児風~ (3, 0.0%)

1 に染まっ, の教養, の気象

▼ ッ勘弁~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ッ十手~ (3, 0.0%)

2 の用意 1 だッ

▼ ッ危ない~ (3, 0.0%)

1 から気, ッさがれ, ッ降り

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 になっちまう, になる, やな

▼ ッ只中~ (3, 0.0%)

1 に, へ出たがっ, へ跳躍ん

▼ ッ吊れ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て眉

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 などはもう, は此, は死刑囚

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 だッ, をつけ, を申す

▼ ッ堅気~ (3, 0.0%)

1 がって, だから, の若旦那

▼ ッ外れ~ (3, 0.0%)

1 だよ, て足腰, でない限り

▼ ッ大きな~ (3, 0.0%)

2 声を 1 ことを

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 ってしまえ, って了, れ

▼ ッ嫌い~ (3, 0.0%)

1 じゃ, だ, な性分

▼ ッ帰っ~ (3, 0.0%)

1 てもよい, ても構いません, てやる

▼ ッ平ら~ (3, 0.0%)

1 にした, になっ, に献上物等

▼ ッ引ども~ (3, 0.0%)

1 はおもしろ, は霜, を骨

▼ ッ引根性~ (3, 0.0%)

1 という奴, の絶滅, をすて

▼ ッ~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ ッ張ッ~ (3, 0.0%)

1 て, てッ, て来る

▼ ッ待っ~ (3, 0.0%)

1 て, ている, てました

▼ ッ御意~ (3, 0.0%)

1 に依っ, に逆, は

▼ ッ怪千万~ (3, 0.0%)

1 だという, である, なもの

▼ ッ悪い~ (3, 0.0%)

1 所へ, 者に, 見立てだ

▼ ッ懸っ~ (3, 0.0%)

1 ている, ても夜, て来た

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 なんか蹴破っ, をあけろ, をたたく

▼ ッ抜け~ (3, 0.0%)

21 ッ抜い

▼ ッ担い~ (3, 0.0%)

1 で例, で出口, で行け

▼ ッ~ (3, 0.0%)

3 駕籠だ

▼ ッ曳かれ~ (3, 0.0%)

1 て抛り込まれた, て行く, 者の

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 といへ, など最寄りもより, の問題

▼ ッ~ (3, 0.0%)

2 やがれ 1 やがれッ

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 のお, の手紙, の考えてる

▼ ッ歩け~ (3, 0.0%)

21 ッう

▼ ッ母さんわたし~ (3, 0.0%)

1 だってそんなに, の仕合せ不仕合せ, もう何

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 をすすり, を啜っ, を啜り

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 だッ, も小, をかけた

▼ ッ~ (3, 0.0%)

21 が行かない

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 だけ間, の皮, を外し

▼ ッ~ (3, 0.0%)

21 ッどうも

▼ ッ白け~ (3, 0.0%)

1 になった, になり, に塗りたくり

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 抜イタ時僕ハ鳩尾, 抜カレタヽメカ, 抜キヲシタノハナゼカアレハ彼女自身

▼ ッ組み合い~ (3, 0.0%)

1 が始まった, になる, の争闘

▼ ッ組んだ~ (3, 0.0%)

1 あとで, のは, 蛾次郎竹童

▼ ッ綾吉~ (3, 0.0%)

1 が, がやられた, が殺された

▼ ッ繰り返る~ (3, 0.0%)

2 ような 1 ものです

▼ ッ自分~ (3, 0.0%)

1 が嘗められない, だって満更, の卑劣

▼ ッ葉一つ~ (3, 0.0%)

1 出さなければ, 出すの, 残らずガラ空き

▼ ッ行っ~ (3, 0.0%)

1 ちゃア厭, てみよう, て見ろ

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 さげはてた, ていろ, まちがいじゃ

▼ ッ覚え~ (3, 0.0%)

1 ていろ, てやがれ, て居

▼ ッ貴方~ (3, 0.0%)

1 がなめられ, のよう, は

▼ ッ走り行っ~ (3, 0.0%)

1 てくる, て来, て来る

▼ ッ跳び~ (3, 0.0%)

1 に外, に身, に逃げ出した

▼ ッ転がっ~ (3, 0.0%)

1 ている, て寝, て泣く

▼ ッ辰ッ~ (3, 0.0%)

1 おおかたふたり, もうあっさりと, もうつまらねえ

▼ ッ込まれ~ (3, 0.0%)

1 きびしい仮借, て世, て行った

▼ ッ込まれた~ (3, 0.0%)

1 ことが, だけに博労ども, ように

▼ ッ込めた~ (3, 0.0%)

1 が急, それか, 総監が

▼ ッ返した~ (3, 0.0%)

1 のさ, のは, 手下の

▼ ッ退け~ (3, 0.0%)

21 や退けや

▼ ッ逃げる~ (3, 0.0%)

2 かッ 1 なッ

▼ ッ通す~ (3, 0.0%)

1 か刳る, とプー, と女

▼ ッ違え~ (3, 0.0%)

1 てやがる, て見, に差した

▼ ッ邪魔~ (3, 0.0%)

1 しや, だッ, を入れた

▼ ッ野郎ども~ (3, 0.0%)

1 この邪魔者, のあと, は始末

▼ ッ銭形~ (3, 0.0%)

1 だか, の親分, の親分さん

▼ ッ降り~ (3, 0.0%)

1 て下さい, て来い, にふりかかる

▼ ッ~ (3, 0.0%)

1 かくしてしり, が高かろ, を刈っ

▼ ッ飛ぶ~ (3, 0.0%)

1 ことに, ような, ように

▼ ッあそこ~ (2, 0.0%)

1 にあんな, の格子窓

▼ ッあっし~ (2, 0.0%)

1 がまじめ, を除い

▼ ッあなた~ (2, 0.0%)

1 があの, は

▼ ッあやしい~ (2, 0.0%)

1 奴, 小僧

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 てえい, ッ簡雍っ

▼ ッいう~ (2, 0.0%)

1 てそこ, と絶ゆげ

▼ ッいけ~ (2, 0.0%)

2 ねえ

▼ ッいけ好かない~ (2, 0.0%)

1 ッ, 人だ

▼ ッいっ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て酒

▼ ッいやがった~ (2, 0.0%)

1 なッ, ッ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 へッ, やッ

▼ ッえいッ~ (2, 0.0%)

1 えや, と二

▼ ッえらい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 御趣向

▼ ッおかしな~ (2, 0.0%)

1 まねを, 狂言が

▼ ッおまえたち~ (2, 0.0%)

1 に捕まっ, はみんな警官隊

▼ ッお出で~ (2, 0.0%)

2 なすったね

▼ ッかえす~ (2, 0.0%)

1 と第, ほどにあれ

▼ ッかかえ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て十五名

▼ ッかきまわされ~ (2, 0.0%)

1 てボンヤリ, て捨てられ

▼ ッかけやがった~ (2, 0.0%)

1 が値打, に違い

▼ ッかけられてる~ (2, 0.0%)

1 な, ように

▼ ッかさ~ (2, 0.0%)

2 あン

▼ ッかたじ~ (2, 0.0%)

1 けねえ, けのうご

▼ ッかった~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ ッかぶった~ (2, 0.0%)

1 がルミ子, 漁師だの

▼ ッかむりな~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ ッからでも~ (2, 0.0%)

1 勝手に, 見て

▼ ッかりなさい~ (2, 0.0%)

1 よお, よ先生

▼ ッきけ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッきけ

▼ ッきし~ (2, 0.0%)

1 分らないん, 酔って

▼ ッきみ~ (2, 0.0%)

1 は, は松下

▼ ッきや~ (2, 0.0%)

1 ね, わと嘲弄

▼ ッきりいっ~ (2, 0.0%)

1 てあと, て女房

▼ ッきりお前~ (2, 0.0%)

1 に前座同様, は私

▼ ッきりお宮~ (2, 0.0%)

1 をつつき, を止め

▼ ッきり何処~ (2, 0.0%)

1 に居る, まで行っ

▼ ッきり声~ (2, 0.0%)

1 が聞えなくなっ, も聞えなくなっ

▼ ッくう~ (2, 0.0%)

1 でもあり, なよう

▼ ッくせ~ (2, 0.0%)

1 えや, になる

▼ ッくたばっ~ (2, 0.0%)

2 てしまえ

▼ ッくらした~ (2, 0.0%)

1 寝が, 脂肪ざかりの

▼ ッくらッ~ (2, 0.0%)

1 と光り, と眩む

▼ ッくりあなた~ (2, 0.0%)

1 と小さい, に捧げ

▼ ッくりかえし~ (2, 0.0%)

1 たりクロスワードパズル, てキチョウメン

▼ ッくりかえる~ (2, 0.0%)

1 ということ, ような

▼ ッくる~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッと

▼ ッくわ~ (2, 0.0%)

1 と見えだした, ッと

▼ ッくわし~ (2, 0.0%)

1 て目, 何んで

▼ ッぐずぐず~ (2, 0.0%)

1 しては, せずに

▼ ッぐわッ~ (2, 0.0%)

1 と自己, と自棄

▼ ッぐッ~ (2, 0.0%)

1 と抉る, と癪

▼ ッけか~ (2, 0.0%)

1 何かの, 何方だ

▼ ッけね~ (2, 0.0%)

1 そうそうそうすると, 名前は

▼ ッけの~ (2, 0.0%)

1 する冷, 幸いだった

▼ ッこいし~ (2, 0.0%)

1 よ, 口取も

▼ ッこいしょ~ (2, 0.0%)

1 と掛声, と立った

▼ ッこがない~ (2, 0.0%)

1 ように, イイエ此の

▼ ッこき~ (2, 0.0%)

1 の目明し頭, の達者

▼ ッここだ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッ打ち破れ

▼ ッこすっ~ (2, 0.0%)

1 てのひとり啖呵, てニヤリ

▼ ッこすり~ (2, 0.0%)

1 に寄越した, をし

▼ ッこと~ (2, 0.0%)

1 したの, 笑み瓶

▼ ッこなかった~ (2, 0.0%)

1 という裏, のです

▼ ッこねえ~ (2, 0.0%)

1 よ, わ

▼ ッこみやがっ~ (2, 0.0%)

1 て, てね

▼ ッこめた~ (2, 0.0%)

1 がお, ままただ

▼ ッこめよう~ (2, 0.0%)

1 としなかった, とする

▼ ッこりした~ (2, 0.0%)

1 が口, ので自分

▼ ッころがっ~ (2, 0.0%)

1 ていい, ている

▼ ッこわし~ (2, 0.0%)

1 たり破い, 三時間も

▼ ッさかり~ (2, 0.0%)

1 だ, の連翹

▼ ッさらし~ (2, 0.0%)

1 の石狩平野, の部類

▼ ッさッ~ (2, 0.0%)

1 と, と行く

▼ ッざまあみろ~ (2, 0.0%)

2

▼ ッざッざッ~ (2, 0.0%)

1 という軍靴, と鳴った

▼ ッしかた~ (2, 0.0%)

1 がない, のねえ

▼ ッしずか~ (2, 0.0%)

1 に, にしろ

▼ ッしゃいましょう~ (2, 0.0%)

2 ねエ

▼ ッしゃいません~ (2, 0.0%)

1 か, ねエ

▼ ッしょり濡れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て善霊峰

▼ ッしよう~ (2, 0.0%)

1 がない, のねえ

▼ ッしろ~ (2, 0.0%)

1 なお尻, な好男子

▼ ッせん~ (2, 0.0%)

1 か, けんなん

▼ ッそこう~ (2, 0.0%)

1 せい, なって

▼ ッそこら~ (2, 0.0%)

1 に見えねえ, 辺の

▼ ッそもう~ (2, 0.0%)

1 可愛いいほど, 私は

▼ ッそら~ (2, 0.0%)

1 また一人, 爺さん手を

▼ ッそり閑~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ ッそれでは~ (2, 0.0%)

1 俺は, 息を

▼ ッそ息~ (2, 0.0%)

1 も抜かず, を抜かせぬ

▼ ッたいこ~ (2, 0.0%)

1 とおびただしい, とは言えない

▼ ッたがっ~ (2, 0.0%)

1 て, てきゃ

▼ ッたくった~ (2, 0.0%)

1 ので周馬, 伝吉は

▼ ッたくれ~ (2, 0.0%)

1 もある, 商人め

▼ ッたける~ (2, 0.0%)

1 から, 間自分は

▼ ッたこ~ (2, 0.0%)

1 となんで, ともあッ

▼ ッたさう~ (2, 0.0%)

1 に, に御

▼ ッたすけ~ (2, 0.0%)

1 てえッ, てーッ

▼ ッたそう~ (2, 0.0%)

1 さねそして, な笑い

▼ ッたた~ (2, 0.0%)

1 たッ丹下左膳カ, 大変ッ

▼ ッたって~ (2, 0.0%)

1 いうん, 困ッ

▼ ッたで~ (2, 0.0%)

1 この通り, は無い

▼ ッたなら~ (2, 0.0%)

1 ば定めて, 彼も

▼ ッたばかり~ (2, 0.0%)

1 ふり向きも, 当り触りが

▼ ッたひ~ (2, 0.0%)

1 には二日路, にゃそれ

▼ ッたまげ~ (2, 0.0%)

1 て, て阿Q

▼ ッたより~ (2, 0.0%)

1 はサ, も市中

▼ ッたらなかった~ (2, 0.0%)

1 そうで, よ

▼ ッたりに~ (2, 0.0%)

1 なったに, なって

▼ ッたりの~ (2, 0.0%)

1 児供等と, 身の上だ

▼ ッたれな~ (2, 0.0%)

1 もんか, んだ

▼ ッた返す~ (2, 0.0%)

1 中を, 処を

▼ ッだまっ~ (2, 0.0%)

1 ていりゃ, てグレーテル

▼ ッちい~ (2, 0.0%)

1 両肌, 幼い顔

▼ ッちの眼~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だ

▼ ッちの話~ (2, 0.0%)

1 さえ纏まれ, をきこう

▼ ッちまおう~ (2, 0.0%)

1 か, と思っ

▼ ッちゃったら~ (2, 0.0%)

1 ハタからは, 会わんいう

▼ ッちゃらかし~ (2, 0.0%)

1 どうなる, になってる

▼ ッちゃ不可~ (2, 0.0%)

1 ません, ませんこの

▼ ッちょろ~ (2, 0.0%)

1 ッと, 塗鞘の

▼ ッちょろい~ (2, 0.0%)

1 人間では, 私の

▼ ッちょッ~ (2, 0.0%)

1 と待っ, と散歩

▼ ッち上げた~ (2, 0.0%)

1 いかがわしい兵学, 今夜な

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 こで, と天井

▼ ッついてる~ (2, 0.0%)

1 お提灯, んじゃ

▼ ッつかない~ (2, 0.0%)

1 でせう, 遊び人だった

▼ ッつかねえ~ (2, 0.0%)

1 のが, んだ

▼ ッつかまえた~ (2, 0.0%)

1 ぞッ, 時に

▼ ッつかみ~ (2, 0.0%)

1 ながら巡査, ぴしッと

▼ ッつかれた~ (2, 0.0%)

1 ようだった, 閻婆が

▼ ッつかれる~ (2, 0.0%)

1 に相違, ように

▼ ッつけてる~ (2, 0.0%)

1 のか, 雪の

▼ ッつけられりゃ~ (2, 0.0%)

1 ア文句は, 誰だ

▼ ッつけられる~ (2, 0.0%)

1 に決まっ, のは

▼ ッつづけ~ (2, 0.0%)

1 てやる, に入る

▼ ッつぶし~ (2, 0.0%)

1 には悪く, の青

▼ ッつまらない~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ ッつもい~ (2, 0.0%)

1 ッつ, ッつも

▼ ッつらせ~ (2, 0.0%)

1 て, ながら夢中

▼ ッつり遊び~ (2, 0.0%)

1 に来ない, 止めてしもて

▼ ッつれた~ (2, 0.0%)

1 喉から, 顔を

▼ ッつ斬られつ~ (2, 0.0%)

1 の白刃戦, 相討

▼ ッていうなあ~ (2, 0.0%)

1 どんなご, 俗名でございます

▼ ッていたし~ (2, 0.0%)

1 小粒で, 牢舎中の

▼ ッてからの~ (2, 0.0%)

1 ことです, 彼も

▼ ッてくらい~ (2, 0.0%)

1 なもの, なんで

▼ ッてこッ~ (2, 0.0%)

1 たで構わずその, たろう

▼ ッてて~ (2, 0.0%)

1 その上, 済まないん

▼ ッてという~ (2, 0.0%)

1 情熱が, 気に

▼ ッてりゃ~ (2, 0.0%)

1 いいん, どうした

▼ ッてるこ~ (2, 0.0%)

1 たア, て

▼ ッてわ~ (2, 0.0%)

1 ちきの, ッと

▼ ッでも~ (2, 0.0%)

1 こないだは, 持参が

▼ ッとい~ (2, 0.0%)

2

▼ ッといた~ (2, 0.0%)

1 のについ, 方が

▼ ッとおい~ (2, 0.0%)

2 でなさい

▼ ッとくと~ (2, 0.0%)

1 夕方私には, 死ぬかも

▼ ッとくの~ (2, 0.0%)

1 そしてね, は穏当

▼ ッとぐらい~ (2, 0.0%)

1 喋らなきゃア, 残しといて

▼ ッとけ~ (2, 0.0%)

1 しばらく敵, ばいいんだって

▼ ッとしか~ (2, 0.0%)

1 食べない, 飲まない

▼ ッとしては~ (2, 0.0%)

1 いませんよ, いられなくなって

▼ ッとど~ (2, 0.0%)

1 いつか見つけるだろう, もはみんな一ト束

▼ ッとな~ (2, 0.0%)

1 ま暖かい, 乞食法師の

▼ ッとね~ (2, 0.0%)

1 むりたうなつた, 目に

▼ ッとぼけた~ (2, 0.0%)

1 晴れような, 顔し

▼ ッともねえ~ (2, 0.0%)

1 だらしがねえ, 泣くやつ

▼ ッとり刀~ (2, 0.0%)

1 で桃谷, という構え

▼ ッとれ~ (2, 0.0%)

1 そんな事, ばズデンドウ

▼ ッとんだ~ (2, 0.0%)

1 ところに, 物に

▼ ッどっち~ (2, 0.0%)

1 からでもッ, だッ

▼ ッどんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, もんだい

▼ ッなにか~ (2, 0.0%)

1 あたしの, 伊那丸の

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だんな, だんなだんな

▼ ッはっ~ (2, 0.0%)

1 は, は待っ

▼ ッはははは~ (2, 0.0%)

1 あはははは, わしと

▼ ッぱくれる~ (2, 0.0%)

1 とくら, わね

▼ ッぱずされて~ (2, 0.0%)

1 あッと, よろめく足

▼ ッぱと~ (2, 0.0%)

1 吐き流して, 申す

▼ ッぱらって~ (2, 0.0%)

1 おそく帰ります, 立ちすくんだ浪路

▼ ッぱらッ~ (2, 0.0%)

1 ちまって, ていた

▼ ッぱら人~ (2, 0.0%)

1 に世話, を待たせ

▼ ッぱりお袋~ (2, 0.0%)

1 にばかり世話, の性

▼ ッぱりと~ (2, 0.0%)

1 御方針, 書残して

▼ ッぱり楽~ (2, 0.0%)

1 でもない, に灰

▼ ッぱり気~ (2, 0.0%)

1 がつきませんでした, が進まない

▼ ッぱる者~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ ッひけ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッひけ

▼ ッひとつ~ (2, 0.0%)

1 あのじいさん, 鳴いて

▼ ッぴしょッ~ (2, 0.0%)

1 たり血, てくだされ

▼ ッぴらたい所~ (2, 0.0%)

1 が有る, は一ツ

▼ ッぴり~ (2, 0.0%)

1 沁んみりした容子, 食べて

▼ ッぴろげて~ (2, 0.0%)

1 嗅いで, 笑って

▼ ッふざけ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけ, てら

▼ ッぷくれなんぞ何~ (2, 0.0%)

1 だという, だといふ

▼ ッぷり日~ (2, 0.0%)

1 が暮れた, の暮れる

▼ ッへん~ (2, 0.0%)

1 だね, な臭い

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッ唾を

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 に追い出された, はシンチャン達

▼ ッぺら~ (2, 0.0%)

1 でピカピカ, の板舟

▼ ッぺらな城壁~ (2, 0.0%)

1 は大砲一発, は大砲一發

▼ ッぽくっ~ (2, 0.0%)

1 ていや, て物騒

▼ ッまず~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 黒田五左衛門様の

▼ ッまア~ (2, 0.0%)

1 そういったよう, そんなもの

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 ふうも, ンか

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 いっ斬るなら斬れ, アーい

▼ ッやい~ (2, 0.0%)

1 ッ擲らねえ, 畜生ッ

▼ ッやっぱり~ (2, 0.0%)

1 あの水, 呂宋兵衛だ

▼ ッよく~ (2, 0.0%)

1 も渡世, 御存じで

▼ ッスリ~ (2, 0.0%)

2 だッ

▼ ッピストル~ (2, 0.0%)

1 でうちころし, を持っ

▼ ッ一刻~ (2, 0.0%)

1 ちがいッ, も早く

▼ ッ一大事~ (2, 0.0%)

1 だ, ですぞ

▼ ッ一郎ッ~ (2, 0.0%)

1 あのお山, しっかり登れよ

▼ ッ七人~ (2, 0.0%)

2 の花嫁

▼ ッ不可~ (2, 0.0%)

1 ねえ何, ねえ追って

▼ ッ二ツ~ (2, 0.0%)

1 に割れ, に斬りこむ

▼ ッ二人~ (2, 0.0%)

1 ともおらん, ばかりの素町人

▼ ッ今度~ (2, 0.0%)

1 こそはほんとう, は逃腰

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 にでも生れれ, はまだ

▼ ッ付く~ (2, 0.0%)

1 ものでない, 相手じゃねえ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 たらいかん, てもろ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 でい, の赤坊

▼ ッ何だ~ (2, 0.0%)

1 おかしくも, ッと

▼ ッ何で~ (2, 0.0%)

1 いわーい, ェあの

▼ ッ何と~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ ッ何とか~ (2, 0.0%)

1 いえ, いえ維茂どの

▼ ッ何者~ (2, 0.0%)

1 だ, だその

▼ ッ余計~ (2, 0.0%)

1 な事, な口

▼ ッ先三寸~ (2, 0.0%)

1 のさき, のところ

▼ ッ先廻り~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ ッ先生~ (2, 0.0%)

1 この仁, 大きな声

▼ ッ児以外~ (2, 0.0%)

1 に知る, の人

▼ ッ児肌~ (2, 0.0%)

1 で豪傑, の一色

▼ ッ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ ッ切った~ (2, 0.0%)

1 まま濠の, 上それを

▼ ッ剥い~ (2, 0.0%)

1 でみろ, で逃げ出す

▼ ッ助からねえ~ (2, 0.0%)

2

▼ ッ化け~ (2, 0.0%)

1 て出, 方が

▼ ッ参る~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ぞオ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 しても, 来たぞ

▼ ッ取られる~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 の間, ほどにもねえ

▼ ッ叩い~ (2, 0.0%)

1 て寺域追放, て見る

▼ ッ可笑し~ (2, 0.0%)

1 なこと, な人

▼ ッ呆れた~ (2, 0.0%)

1 ものだ, もんだ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 が惜しく, は貰った

▼ ッ唯今~ (2, 0.0%)

1 お表, 御案内

▼ ッ四十面相~ (2, 0.0%)

1 だな, の知恵

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だな, の風儀

▼ ッ坐っ~ (2, 0.0%)

1 て, て酒

▼ ッ垂らし~ (2, 0.0%)

1 の亭主, の薄野呂

▼ ッ壊し~ (2, 0.0%)

1 が始まれ, に来る

▼ ッ大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 でお, に行っ

▼ ッ女々しい~ (2, 0.0%)

1 声を, 野郎だ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 ごの, のお

▼ ッ子ひとり通り~ (2, 0.0%)

1 はしない, ません

▼ ッ子的気分~ (2, 0.0%)

1 が何処, が当時

▼ ッ子風情~ (2, 0.0%)

1 に, に目

▼ ッ存じ~ (2, 0.0%)

1 ています, ておりまする

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 い加減, しかそら

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 が臆する, だッ

▼ ッ宮内~ (2, 0.0%)

1 の卑怯者ッ, よく聞け

▼ ッ寝ろ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッ寝ろ

▼ ッ小僧連~ (2, 0.0%)

1 も一同ハニ, をつれ出し

▼ ッ尖である~ (2, 0.0%)

1 からふだん, はッ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 お鼻紙, だか

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 れ, れの

▼ ッ師匠はん~ (2, 0.0%)

2 おッ師匠はん

▼ ッ幽霊~ (2, 0.0%)

1 が人, が塀

▼ ッ建て小屋~ (2, 0.0%)

1 にすぎぬ, のそば

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 の代え, の師範

▼ ッ引い~ (2, 0.0%)

1 て行かね, て行こう

▼ ッ引く~ (2, 0.0%)

1 さい眼だ, さい者も

▼ ッ張つて~ (2, 0.0%)

1 な三世帶, 来たの

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 なもの, らしいが

▼ ッ待て待て~ (2, 0.0%)

1 と独言, ッ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 はご, は谷

▼ ッ忌々しい~ (2, 0.0%)

1 が云っ, なあ

▼ ッ怪事~ (2, 0.0%)

1 がまま, だ

▼ ッ怪千万秀吉~ (2, 0.0%)

2 はかう

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 をかく, を掻いた

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 のへちまの, を仇

▼ ッ慳貪~ (2, 0.0%)

1 にそれ, にピシャリ

▼ ッ戻りませい~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッ戻りませい

▼ ッ抜い~ (2, 0.0%)

1 ていさぎよく, て参れ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

2 めて

▼ ッ持っ~ (2, 0.0%)

1 てゆけ, て来た

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 いたかの, いた痩浪人

▼ ッ捕えた~ (2, 0.0%)

1 ところで, ところであった

▼ ッ捕える~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, のじゃ

▼ ッ掛ける~ (2, 0.0%)

1 とお, なんてえ

▼ ッ掻い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てもうしろ

▼ ッ掻く~ (2, 0.0%)

1 ような, 音を

▼ ッ攫う~ (2, 0.0%)

1 と物, ように

▼ ッ攫っ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, てもここ

▼ ッ支度~ (2, 0.0%)

1 して, しや

▼ ッ散り~ (2, 0.0%)

1 さ, を食った

▼ ッ斬った~ (2, 0.0%)

1 な汝, 時こんがらは

▼ ッ於市~ (2, 0.0%)

1 っ, どのッ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 が非, は大変

▼ ッ曲者~ (2, 0.0%)

1 でござるぞ, はあれ

▼ ッ有難い~ (2, 0.0%)

1 ことで, 仕合せさ

▼ ッ来る~ (2, 0.0%)

1 な, なさ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 のよう, をひろっ

▼ ッ枯らし~ (2, 0.0%)

1 じゃなかろ, の拵え

▼ ッ正直~ (2, 0.0%)

1 な理性, に承る

▼ ッ此処~ (2, 0.0%)

1 に寝, に有った

▼ ッ残念~ (2, 0.0%)

1 だなあ, でごぜ

▼ ッ殺す~ (2, 0.0%)

2

▼ ッ殿~ (2, 0.0%)

1 だッ, へ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 は貧乏人, ァ話

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 がなくなっ, を持っ

▼ ッ江戸~ (2, 0.0%)

1 っ児, の廻し

▼ ッ決して~ (2, 0.0%)

1 怪しい者, 頼まれたと

▼ ッ洒落た~ (2, 0.0%)

2 まねを

▼ ッ消し~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てすたすた

▼ ッ潰し~ (2, 0.0%)

1 てしまい, また新手

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を貸せっ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 と一緒, 上っ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 が菓子, っころ

▼ ッ生意気~ (2, 0.0%)

1 な, においら

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だと, にするない

▼ ッ皆んな~ (2, 0.0%)

1 で捜せ, 来て

▼ ッ皇命~ (2, 0.0%)

1 でありながら, の資格

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 もない, 済みません

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だッ, のとおり

▼ ッ着物~ (2, 0.0%)

1 がぬれ, が乾いたろう

▼ ッ破抜かれ~ (2, 0.0%)

1 たりした, ている

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 でなにか, の上

▼ ッ突き~ (2, 0.0%)

1 倒すぞ, 殺すぞ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 の崖, 上った大河内参事官閣下

▼ ッ~ (2, 0.0%)

2 あたま

▼ ッ端ども~ (2, 0.0%)

1 は一兵, を蹴ちらし

▼ ッ端みじん~ (2, 0.0%)

1 に敗れ, に破れ

▼ ッ端微塵~ (2, 0.0%)

1 とする, な大敗

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 はおいら, もごはん

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 な夕陽, な職業女

▼ ッ組みあい~ (2, 0.0%)

1 の肉闘, や白刃

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 で何, の綺麗

▼ ッ縛り~ (2, 0.0%)

1 そのうえでここ, 後見参

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 先生, 先生で

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 が遠い, は持たぬ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だけが元手, や

▼ ッ臭く~ (2, 0.0%)

1 ない, よごれて

▼ ッ若い~ (2, 0.0%)

1 女四人も, 奴等気の

▼ ッ苦し~ (2, 0.0%)

1 いこたア, さも

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 けていた, を上げ

▼ ッ葉ども~ (2, 0.0%)

1 はどう, を斬っ

▼ ッ葉武者ども~ (2, 0.0%)

1 がたとえ, は拙者

▼ ッ葉者~ (2, 0.0%)

1 が武士, じゃどうにも

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 のいい, の毒

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だ血, のめぐりがどうかしているぜ

▼ ッ行く~ (2, 0.0%)

1 ぞッ, つもりか

▼ ッ裂い~ (2, 0.0%)

1 て跳, て食べはじめた

▼ ッ裂羽織~ (2, 0.0%)

1 が事, の後ろ

▼ ッ要らざる~ (2, 0.0%)

1 妨げする, 節介に

▼ ッ見せ~ (2, 0.0%)

1 てやる, てやろう

▼ ッ証文~ (2, 0.0%)

1 に物, の表

▼ ッ赤やう~ (2, 0.0%)

2 やく浜松

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 な顔, になり

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 つて銀行の, ッて

▼ ッ走った~ (2, 0.0%)

1 な豪勢, のか

▼ ッ走らせる~ (2, 0.0%)

1 ことは, のは

▼ ッ走る~ (2, 0.0%)

1 じゃござんせん, 声だ

▼ ッ越し~ (2, 0.0%)

1 てくん, てより

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 がきかねえ, の甲

▼ ッ足らず~ (2, 0.0%)

1 の橋名, の石亭先生

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 あれば, を曳い

▼ ッ~ (2, 0.0%)

2 がッ

▼ ッ辛く~ (2, 0.0%)

1 なって, もない

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 まして, 釣り秋

▼ ッ込まれる~ (2, 0.0%)

1 とふい, わけの

▼ ッ込める~ (2, 0.0%)

1 と淋しい, ような

▼ ッ返り~ (2, 0.0%)

1 の田舎漢, めお先走りで

▼ ッ返事~ (2, 0.0%)

2

▼ ッ退かぬ~ (2, 0.0%)

1 かッ, と力ずく

▼ ッ逃げた~ (2, 0.0%)

1 なッ, のかしら

▼ ッ通された~ (2, 0.0%)

1 と思う, 太夫が

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 を買っ, を飲もう

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 だが, に飲んだ

▼ ッ閣下~ (2, 0.0%)

1 の仰せ, は

▼ ッ附い~ (2, 0.0%)

1 ちゃいない, ている

▼ ッ雑言~ (2, 0.0%)

1 申さるると, 申さるるな

▼ ッ離し~ (2, 0.0%)

1 てッ, て下されまし

▼ ッ離れ~ (2, 0.0%)

1 て居る, のいい

▼ ッ面白く~ (2, 0.0%)

1 もねえ, もねえと

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 を上げろ, を見せた

▼ ッ風邪~ (2, 0.0%)

1 で咽喉, で熱

▼ ッ飛ばされる~ (2, 0.0%)

1 かも知れん, から

▼ ッ飛ばせ~ (2, 0.0%)

1 て来る, ば七

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 した冬子さん, へ

▼ ッ~ (2, 0.0%)

1 けていっ, けました

▼ ッ骸骨~ (2, 0.0%)

2

▼ ッ黒く~ (2, 0.0%)

1 沈んで, 盛りあがった木立

▼ ッ黙っ~ (2, 0.0%)

1 て見る, て黙っ

▼ ッ黙れ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ッ黙らぬ

▼1* [3141件]

あきれるな, ッあくまで吾らの, ッあすはいよいよ, ッあすこへ先刻, ッあったか, ッあとで一寸試し五分試し, ッあなた様にお, ッあばれるか, ッあぶねえ, ッあぶないっ, ッあべこべに御, ッあれえお関取, ッあれッあぶない, ッあれッかわいそうによ, ッあれッどなた様かそこ, ッあわてるな, ッあんまり景気の, ッあん熊さんの世界, ッあん疑う心ある, ッあゝ人情無い, ッあァ鼬の, ッあッはッ, ッいえ犬だって, ッいかに山家だって, ッいくら海女が, ッいけませんッ武蔵様ッ, ッいずれはこんな, ッいたぞ, ッいちかばちか, ッいちばんのりは井上君, ッいつまで死骸, ッいつも朝御飯を, ッいないって, ッいのちに替えられぬ, ッいま笑ったの, ッいめいめしいやつだ, ッいらぬ告げ口し, ッいるとな, ッうおッばあさんは, ッうごくな, ッうさん臭いッ, ッうっかり智恵も, ッうまそうや, ッうまい事を, ッうまうまと騙られた, ッうるさいね, ッおいでなすった, ッおいッ降りて, ッおうッと, ッおおコこいつは, ッおおういっ, ッおおかたふたりで, ッおかしいなア, ッおかしくって笑え, ッおこりますよおこります, ッおさえちゃいや, ッおそかったか, ッおっかねえ, ッおどかすない, ッおどろいたね, ッおねがいでご, ッおのおのぬかりたもう, ッおのれッと肚裡, ッおぼえていろ, ッおらには判りません, ッおらア腹がへっ, ッおれさまをひょうげた, ッおれたちを置い, ッお伝え申しまする, ッお先へおや, ッお前さっき竹の杖, ッお前さんなんぞのよう, ッお客様たちも来, ッお父さんてば, ッお目見得を仰せつかり, ッお腹も空い, ッかいな人間がそれ, ッかいな商売にちがい, ッかいな噂をし, ッかいな奴だの, ッかいな至難事と聞い, ッかいもんでないか, ッかいような毛布, ッかい事を目, ッかい町の子供, ッかい者だ, ッかうの黒い, ッかえってあきらめが, ッかえってる野郎ぞっきで, ッかかえられていた, ッかかえるように, ッかかったみてえなザマ, ッかかったら糸川筋の, ッかかったらしくバスの, ッかから来たん, ッかからねえように, ッかかりでとんだ罪, ッかかりますからね, ッかかり来おッ, ッかかるたァおかしい, ッかかるまいとしてか, ッかかれッ, ッかかれたらしいカスリ傷も, ッかが見て, ッかきまわしたが目, ッかきまわす始末であった, ッかき廻されて負ける, ッかぎりこの百助, ッかくして歩いても, ッかけかけて敵意, ッかけず一文の, ッかけたらしいぜと誰, ッかけてるのさ, ッかけときゃあ可いんです, ッかけなかった次第です, ッかけひッかけ, ッかけましてね, ッかけましたが孫兵衛め, ッかけましたなれどつい, ッかけまわす孔明の, ッかけやしねえや, ッかければ立所, ッかけんねこれ, ッかけ出していた, ッかけ出したときから, ッかけ合って猛, ッかけ廻したことに, ッかけ続いて二丁斧, ッかけ追い廻しその揚句, ッかけ追っかけ山の, ッかけ逃げる敵の, ッかしく二階へ駈け上った, ッかしく絶叫した, ッかしこまってござる, ッかし飯を喰ってる, ッかじるべえ, ッかたがたはやく門, ッかっこをする, ッかつぎ一匹は, ッかなうそだ, ッかなかうた時計を, ッかならずともに心配致す, ッかなわねえな, ッかな目の前, ッかぶッて, ッかぶさって居睡っ, ッかぶせて, ッかぶせられて餓死, ッかぶせるように, ッかぶり貝が, ッかむな八, ッからくは出来, ッからげて櫓, ッからじゃもう時間, ッからってそんな泥臭, ッからはたとい私, ッからんだ二つの, ッかりいうのを, ッかりいだき締めて力一杯, ッかりいるの, ッかりおっしゃるがそんな, ッかりおびやかされた彼は, ッかりかまえた修理亮勝家は, ッかりからかってオダテ, ッかりこしらへを, ッかりしないといけません, ッかりしなくッちゃ, ッかりしなましよサこれ, ッかりしろよ, ッかりすれば人, ッかりせい心を, ッかりたのむぞオ, ッかりだとおもう, ッかりではらわたはなしなぞ, ッかりなんだ, ッかりなせえわ, ッかりに世に誰一人として, ッかりばらしてはいけません, ッかりまいってしまッ, ッかりゃ塩を, ッかりやって頂戴, ッかりやれよ, ッかり上がっておりません, ッかり云うとしくじります, ッかり云っています, ッかり信じて二人, ッかり出ようものなら, ッかり喋っちゃッ, ッかり寝こんでなに, ッかり寝転んでいる, ッかり嵌められ路銀から, ッかり忘れたぜ, ッかり思いこんで白刃, ッかり抑えてその, ッかり抱かれて死んだら, ッかり捉えたお勢, ッかり整った頃主人と, ッかり止まッて, ッかり歩くと文字どおり, ッかり残ったって智恵, ッかり殺がれて金吾, ッかり気に入ってしまった, ッかり消えうせて凍りついた, ッかり済みましたね, ッかり無くなつて, ッかり焼けてなりゃ, ッかり直ったようだ, ッかり眠りこんでいた, ッかり立てている, ッかり聞いて逃げた, ッかり腐り切って触ったら, ッかり行くと行け, ッかり行った筈だ, ッかり覗いていた, ッかり触れると危険, ッかり譬えている, ッかり負けて来た, ッかり醒ましてしまった, ッかり飲んで何, ッかわいそうによ, ッがみがみいうまいと, ッがりッ, ッがんばれッ兵タン, ッきいた風も, ッきが強くって, ッきしだらしも何, ッきし二の太刀, ッきし仕事といっ, ッきし素人だから, ッきたない張子房で, ッきのアレこまかくした, ッきの使屋の話, ッきの名なしの, ッきの奴じゃな, ッきの石にくらべれ, ッきまってるじゃない, ッきゃあ勤まらない私, ッきゅうッと真直, ッきりあとの事, ッきりあなたの一件, ッきりいったくらいだ, ッきりいま出来なくな, ッきりお前さんが慾, ッきりこれはいけない, ッきりどこへ行った, ッきりどんぶり大川へでも落っこちたら, ッきりなし小銃の音, ッきりぼくにあてこすっ, ッきりわたくしに感じられた, ッきりアカの他人, ッきりパンの半, ッきりブチコワシじゃない, ッきり三味線もお, ッきり並の人間, ッきり事件の全貌, ッきり二子の池, ッきり二官の娘, ッきり五日の間行方, ッきり人には見せず, ッきり人事不省で驚きました, ッきり人跡の絶えた, ッきり会ッちゃおりません, ッきり例の区役所先生, ッきり僕に握られ, ッきり公務がふえ, ッきり六波羅へも帰らず, ッきり其奴です, ッきり別な人, ッきり剣呑みと, ッきり反対じゃ念, ッきり口も頬, ッきり吉弥の声, ッきり同類だと, ッきり地べたを踏んじ, ッきり城中の裏切り, ッきり変りがねえ, ッきり宛がない, ッきり寐ないん, ッきり屋敷から出た, ッきり年をとった, ッきり座敷へなり, ッきり引ッかかって, ッきり往来もない, ッきり御免なん, ッきり御無沙汰しちまって, ッきり心当りはありません, ッきり愛吉はしばらく, ッきり手帳をとおく, ッきり手掛が無い, ッきり手紙一本来ないそう, ッきり李逵は一歩, ッきり様子は解りません, ッきり歴史上からケム, ッきり殿をつけ狙ッ, ッきり洞穴を潜る, ッきり減ッてしまった, ッきり無言で盃, ッきり父をど, ッきり物音ひとつきこえないから, ッきり発育がとまつ, ッきり登校しないの, ッきり白旗の森, ッきり皇帝が鶴子, ッきり相国のお, ッきり私は世の中, ッきり私たちと考え, ッきり簡単に, ッきり紋くずしの, ッきり細君も妬かない, ッきり綺麗になりだした, ッきり腰を抜かした, ッきり自家にいる, ッきり艶やかに, ッきり行方が知れない, ッきり見当がつきませんでした, ッきり見込がない, ッきり諒解出来ない, ッきり身うごきも, ッきり鍛冶小屋に泊った, ッきり門口はもとより, ッきり関羽は大勢, ッきり風は冷涼, ッきり饒舌ると, ッきり鼠色の上着, ッきるキコリの, ッき仰有ったことの, ッき殺すぞ, ッき示したあの聡明, ッき言ったじゃない, ッき逃げて来た, ッき逃げたのが, ッぎゅッと鳴る, ッくうがりものごとを, ッくくッて, ッくくられでもし, ッくくんなさいましよ, ッくささが, ッくしょいほう, ッくじくぞ, ッくずして柄, ッくた張って, ッくだらねえ奴だ, ッくっちゃめったに, ッくにここを出た, ッくにこっちで入れかえ, ッくにすぎ裾野の戦, ッくにわたしは家, ッくにアツ子が立ち去った, ッくにオハライバコで死, ッくに下町の方, ッくに女房に遺言状, ッくに日が暮れ, ッくに甲州北郡の領土, ッくに自失して, ッくに蛭川家の土蔵, ッくに覚悟を決め, ッくに通りこして, ッくに龍耳老人の手, ッくばらんに話しあう, ッくべ吹ッたける, ッくみはっておれ, ッくやしくば将軍家手札, ッくらく空には, ッくらしく巻き返すのは, ッくらどじょうにし, ッくらべをしてる, ッくらもち掏摸の兄哥, ッくらヤミで人通り, ッくら往ッて見, ッくら闇をいつも, ッくりあげてありました, ッくりあらわれる嘉門次の, ッくりお茶でも召し, ッくりかえッたり, ッくりかえしただけよ, ッくりくッつけた, ッくりこッくりと脳髄, ッくりしないで下さい, ッくりしなかった不愉快さを, ッくりそこへ脱ぎ捨てる, ッくりつかまえるという豪快, ッくりやって参りまし, ッくりやるわけには, ッくりタンポにとられ, ッくりッという怪音, ッくりハチマキさせるという, ッくり一包みにした, ッくり一目です, ッくり下から掻い上げ, ッくり乗りうつッているだろう, ッくり二本の足, ッくり今日の二科会, ッくり仰天をした, ッくり俯向くと, ッくり俯向きたり, ッくり俳諧の親玉, ッくり半分残ってる, ッくり原型のまま, ッくり台所の置かれた, ッくり天王会の本殿, ッくり奉納したには, ッくり奥村さんにお, ッくり子供にオンブ, ッくり山脈のできた, ッくり師匠の手, ッくり彼のもの, ッくり抱ッこのぐい極め, ッくり拝借して, ッくり支えるように, ッくり日本の現実, ッくり昔の亭主, ッくり柚湯につかり, ッくり根が抜け, ッくり横に僵, ッくり横紙が切れます, ッくり横腹を割りつけられ, ッくり湛っている, ッくり現実的に解す, ッくり生活を豊か, ッくり直した見返りお, ッくり研究すること, ッくり秀吉の気性, ッくり私の胸, ッくり米を買っ, ッくり考えようと肚, ッくり考えるかな, ッくり衣裳を拝借, ッくり装備に積ん, ッくり調子抜けが, ッくり貰うことも, ッくり起上ろうと, ッくり起き上がったかと思う, ッくり転り方, ッくり還してやっ, ッくり釘勘の口, ッくり首をあげた, ッくるしい暗い隅の, ッくるみだ, ッくるめたうえの, ッくるんで滅多無性, ッくれだア, ッくれやがると承知, ッくれるな, ッぐうッといういびき, ッぐと咽喉へ支えさし, ッけい侠気も義, ッけい方だ, ッけからのあどけなさ無邪気さ, ッけがいつか僕のいる, ッけが併し全く, ッけが其時でさえ斯, ッけが半日も経て, ッけが奥様が, ッけが私は頭痛, ッけたこの畸形児, ッけた屋根のゆるやか, ッけた農家は飛騨, ッけた顔は見当違い, ッけと静かに, ッけど着物盗まれ, ッけなあちょっと思い出せねえ, ッけねえゆうべ聞いた, ッけのてえこ, ッけのねえおせん, ッけは毛頭ない, ッけよあのそれ, ッけられちゃア外見, ッけると放りだす, ッけナ心配し, ッげげ玄蕃とな, ッこいつおまえの目, ッこいつはたちが好く, ッこいつアいけねえ, ッこいつ駕籠部屋の錠, ッこうしてくれよう, ッこかったからね, ッこくって困った, ッこく悪くゆけば, ッこく烈しい力を, ッこけろ若いうち, ッここれでもいわねえ, ッこしいものよりも, ッこしく思ってその, ッこした若奥サン, ッこしゅうござる, ッこすッた, ッこすったのだ, ッこすりゃ五分, ッこそうには, ッこそうなキラキラ, ッこちやがった, ッこつの七五郎, ッことあたしからのお願い, ッことしようではない, ッこないですよ, ッこなけりゃあ, ッこなけりゃふんじばるぞ, ッこぬこうと, ッこぬく強弓の, ッこねえだよ, ッこばか寝て, ッこひん抜かれてしまう, ッこびた装した, ッこぶしで引, ッこぼさねえように, ッこぼれさえ百姓, ッこまれたりする, ッこまれた五助, ッこまれとるし婆さん, ッこまれるようだろう, ッこみたいな馬鹿, ッこみだしたの, ッこみますと, ッこみ侍すがたへべれけ, ッこみ光った眼で, ッこみ濁している, ッこむだろうが仕方, ッこめかけたが思い直したらしく, ッこめないまるでもう当り前, ッこめましたなどという, ッこめると, ッこらしいそうだ, ッこりされると戦い, ッこりしなさって眼エ, ッこりすると吉里, ッこりと小万, ッこりゃお侍様どう, ッこり出会ったのと, ッこり居なくなるのでした, ッこれゃあっちへ行けい, ッこれッなにをうろうろ, ッこれ辰よ, ッころがらしておい, ッころころころッとみち, ッこわされるのに, ッこわすぞ, ッこん参りましたわい, ッこッタラ如何ヅラァ, ッこ一人おらぬそう, ッこ位は経験, ッこ無し黒の羽織, ッこ陸へ百里, ッこ鰻をさい, ッごらんよ湖, ッご免ください, ッさい中かの露国陸軍少佐, ッさい空想などとはてんで, ッさかいそんな事件, ッさがれッ, ッさきで追うように, ッさきほど報告いたしました, ッさき羽織で先, ッさげたるはたしかに, ッさげ帰りお後, ッさそいつを欲しい, ッさっきはよくも, ッさっきだんながいっしょ, ッさっそくかばんは, ッさとかって奥, ッさなかに鮎, ッさばくのだ, ッさばッと雪, ッさまの家, ッさゆッさと, ッさよはおらぬ, ッさらねエでした, ッさらい変態者の, ッさらしなのにその, ッさらしならそっちも, ッさらわれたのさ, ッさらッて往こう, ッさりした黒髪が, ッさりと総髪の毛先, ッさりやりゃあなん, ッさり留めて橋袂, ッさるのまね, ッさんあっしにも一本, ッさんお世話と軽い, ッさんことじつは鉄叫子, ッさんどこへ行く, ッさん夜があけた, ッさん曙山さんのこと, ッさ場末の荒物屋, ッさ奴が言う, ッさ麓へかつぎ降ろされ, ッざまをみろ, ッざッざッと列は僕, ッざッと列は僕, ッしえんぢや, ッしく巧い, ッしないようまく, ッしぬかッ, ッしぶいや, ッしまいますぞ, ッしめたッ, ッしゃいましたらおきかせ下さい, ッしゃい待たッし, ッしゃべっちゃいかん, ッしゃられたのみでした, ッしゃればそれ, ッしゃんなときッぱりと拒絶, ッしょさんも女, ッしょり汗ばんで眩暈, ッしょり濡れた草湿った, ッしょわッしょと, ッしらも助かろう, ッしり人が塞, ッしり修行して, ッしり汗でも取らねえで, ッしり腕組をし, ッしり臀を据え, ッしり重量のある, ッしり鉄の楯, ッし聞いたことない, ッゅッ, ッじたッと, ッすぎで, ッすやろその美蝶とそ, ッすりできれば, ッすり刷いた赤, ッすり寐込んででも, ッぽッ, ッずいぶんありゃア, ッずつ打って, ッずるっと三, ッせいたものだ, ッせい騒ぎじゃないらしい, ッせがれだか, ッせよお前くらいな, ッせるか, ッそいつア有難え, ッそういうまねは, ッそうこうではさだめし, ッそお親しくそれ, ッそくお出かけになった, ッそくそッと, ッそくシナ研究所というよう, ッそくドスをのむ, ッそくミコサマを城, ッそく一同は立ち上る, ッそく仏間に入り, ッそく仕事にかかる, ッそく出発いたすこと, ッそく初音サンに単独会見, ッそく塩竈へとって返し, ッそく幹部にとりかこまれ, ッそく御足労ねがいましょう, ッそく手術をうける, ッそく支度をします, ッそく旅行の目的地, ッそく東京へ行っ, ッそく某誌の編輯者, ッそく機会を狙いはじめた, ッそく牧田さんに首実検, ッそく留守宅を訪問, ッそく神田正彦をよん, ッそく突ッ走って, ッそく身支度して, ッそく返事を送った, ッそく達也に出頭, ッそして数年前に, ッそそれは大ごと, ッそばへいっ, ッそましでは, ッそまた清々しい, ッそりかんとし, ッそりそれを嗅い, ッそりゃア大変, ッそり一座を抜け, ッそり乳くり合って, ッそり二階のはしご段, ッそり出ようとしても出掛ける, ッそり単独で穴ぐら, ッそり夜遊びに出る, ッそり姿をかくしました, ッそり寐間をぬけ出る, ッそり工場長に色々, ッそり恋をした, ッそり悠々として通っ, ッそり手を伸ばし, ッそり抜買をし, ッそり晴れ澄んで, ッそり毒薬袋を取出し, ッそり羽根田へお前, ッそり腰を伸ばしかけた, ッそり落ち見て, ッそり蔵いこんで, ッそり藤夜叉のそば, ッそり裏の方, ッそり起上ッて坐, ッそり跡をくらまし, ッそり部屋の入口, ッそり長島を出, ッそり闇の中, ッそり阿波へ探索, ッそり陰気になった, ッそり面だった, ッそり頬被をした, ッそり顔で不承不承, ッそれで兄者の, ッそれところじゃない, ッそれどころじゃない, ッそれなら来たが, ッそろしか, ッそろしい餓鬼だ, ッそわが子を殺し, ッそエノケンの孫悟空, ッそッそれだッ, ッそネネを殺っ, ッそ一人で歩きつけれ, ッそ一晩井戸の底, ッそ人中へだしたら, ッそ今打割, ッそ今君が自分, ッそ他国へ行っ, ッそ割腹して, ッそ吉弥を妾, ッそ埒をつけ, ッそ外からカギ, ッそ夫婦心中をし, ッそ子供を抱いた, ッそ家も財産, ッそ川の中, ッそ戦死なさりゃよか, ッそ戦線に於, ッそ敵にぶつかっ, ッそ断刀の錆, ッそ本色になっ, ッそ東国へ帰ろう, ッそ梁山泊へ行っ, ッそ気が違っ, ッそ気らくです, ッそ気楽でいい, ッそ江戸へで, ッそ申さいではいられません, ッそ男か不, ッそ石でも打, ッそ自殺して, ッそ自決して, ッそ芸者になる, ッそ苦労がなく, ッそ話がしいいだろう, ッそ足を洗っ, ッそ軍隊へ疎開, ッそ鍬を捨て, ッそ首にし, ッッと, ッたいきゃくだッ, ッたいくすぐッたい, ッたいへんだ, ッたい一個の人体, ッたい人だ, ッたい面をし, ッたおされるにも及びますまい, ッたおれしかも一つ, ッたおれたのであッ, ッたかしたもの, ッたからずッと, ッたかろうがお, ッたか地より沸いた, ッたがえしている, ッたがね商いになんか, ッたがりゃしめえし厭味ッたらしい, ッたぎり音沙汰なし, ッたくけんとうが, ッたくして蝙蝠, ッたくしがみついている, ッたくたるんで頬, ッたくなったから突然, ッたくられたように, ッたくる振分を, ッたくろうとする, ッたく伝わって谷側, ッたく思っておいで, ッたく知らない事が, ッたく面食らッたぜ, ッたけンなっても, ッたけ嘴を赤く, ッたけ帆をはっ, ッたけ悪たれをついた, ッたけ歌い狂い舞い狂い, ッたげな, ッたげな嬌笑が, ッたこたァあたし, ッたこッちゃござんせぬ, ッたすッた, ッたせぐりくる涙を, ッたせつな目, ッたため偽り者めかたり, ッただろうと思います, ッただアの, ッただ中町人のくせ, ッたつまらん小商人, ッたてたくなるというアロハ本能, ッたてられてるように, ッたてるように, ッたて馬をあおっ, ッたですが, ッたで構わずその方角, ッたとてなかなか, ッたなれどまさかそう, ッたのもしきその一言, ッためしてみよう, ッたよが一寸, ッたらあたるかも知れぬ, ッたらありませんでしたぜ私, ッたらありゃしないわ, ッたらありゃしねえや, ッたらありやしねえ, ッたらありやしない呼べるなら呼んで見る, ッたらいッそ苦労が, ッたらかしたままであった, ッたらきッと, ッたらなかってよ, ッたらねえな, ッたら人の後, ッたら出るんだ, ッたら助けた何でも, ッたら困るよ兄ちゃん, ッたら怒られたかも知れない, ッたら有りゃしねえな, ッたら来いッ, ッたら目の色, ッたら知らせて上げる, ッたら降りたが宜, ッたら降りないか, ッたら離れられないそうです, ッたら飛んだ目に, ッたりがッたり, ッたりとはして, ッたりなどして, ッたりはにッたり, ッたりを木彫に, ッたるい言葉を, ッたるいおのろけを眼, ッたるいことはない, ッたれずにたんまり, ッたれた騒ぎ方を, ッたれやがッ, ッたれ阿魔め唯, ッたろかいや, ッたんざいやしょうがお気の毒, ッたん機織の夜延, ッた光りに我身, ッた切りかれこれもう四十日近く, ッた去ッた, ッた呑み助が, ッた唄いッぷりだけ観賞する, ッた如くで気は, ッた持ちぬしの手, ッた捕ッた, ッた斬ろうと思う, ッた殺すと早々, ッた照ると曇る, ッた耀きを放っ, ッた行くにも帰る, ッた見もしねえで, ッた遊びながら働き, ッた黙ッた, ッだけが余計です, ッだだだだッと, ッだって当人が, ッだまってろおまえは, ッだまれッ, ッだんなの草香流, ッだ黙れ堤ッ, ッちあげたのも, ッちあげなければならない, ッちあげる素地だけは, ッちい性格とどう, ッちい茄子のお, ッちい見かけ倒しな, ッちからもあたい, ッちからお客の好き嫌い, ッちからユックリ眺めて, ッちから匂いをさせ, ッちから反対に前, ッちから名探偵に助け舟, ッちから顔を持っ, ッちか片足具合が悪い, ッちがっておる, ッちがわが子, ッちぎられたそしてま, ッちぎり二ツに, ッちぎれるように, ッちく出しては, ッちくしょうっ, ッちくしょうめやけにおちつい, ッちたものらしい, ッちだったのだ, ッちであるお蝶, ッちでしたので情, ッちでののしれば内, ッちで嫌っても老人, ッちで来たもんだ, ッちで苦り切っている, ッちで離れている, ッちなのか, ッちなんでびくびく, ッちのけだね, ッちのものだと, ッちのもんだ, ッちのゲジゲジの野郎, ッちのツイデも考え, ッちの九千円はタイコモチ, ッちの事情の方, ッちの二十五座に神楽師, ッちの人間を見ましょう, ッちの仇がたきだ, ッちの仲間へ入れ, ッちの健康も衰, ッちの側に位置, ッちの公平な判断, ッちの力がじゅうぶん, ッちの勝手だ, ッちの南京虫は, ッちの命があぶねえ, ッちの地獄の責苦, ッちの坊やから誘い, ッちの声も威力, ッちの大男ももう, ッちの夫婦は入間玄斎, ッちの女の子をハダカ, ッちの女中にまわされた, ッちの家へ住みこんだ, ッちの家業を手伝っ, ッちの山からで, ッちの岸から笑い返す, ッちの年をとった, ッちの店へ色目, ッちの意志に関係, ッちの態度によって噛みつかせない, ッちの文句は逆恨み, ッちの方寸は, ッちの方寸どおりに行く, ッちの旦那方がアプレゲール的, ッちの棒は先方, ッちの様子を眺め, ッちの気持人間の気持, ッちの水は甘い, ッちの獅子鼻じゃ, ッちの用がすむ, ッちの男は石川淳, ッちの疵何でもない, ッちの相談もきまっ, ッちの窓外をみる, ッちの端にある, ッちの系図でもただ, ッちの素姓が分らない, ッちの聞き手もなるほど, ッちの背中に各種, ッちの舟に気がついた, ッちの英語の効能書, ッちの落度だったの, ッちの蔭から人間, ッちの虎を見, ッちの襤褸も出る, ッちの言葉に耳, ッちの詮議にぐあいが, ッちの足がつまずいた, ッちの身を終日, ッちの身の上では百両, ッちの身一つも危く, ッちの身命を完, ッちの運動のこと, ッちの部屋も開い, ッちの都合で護国寺, ッちの隅にかたまっ, ッちの首が落ち, ッちびすけ待てッ, ッちまいまして, ッちまいましたから, ッちまいましょうか, ッちゃあね一家てもな, ッちゃいたくなるよ, ッちゃいやすよ, ッちゃいられねえ, ッちゃおさむしいでしょう, ッちゃからだが, ッちゃけ赤いむらむら, ッちゃけた焼け爛れ, ッちゃけた器で食べ, ッちゃけた壁には白雪, ッちゃけた安手な建具, ッちゃけた岩脈のくず, ッちゃけた東京と云う, ッちゃけた死人の顔, ッちゃけた灰になり, ッちゃけた焼土で釈迦, ッちゃけた童髪はうしろ, ッちゃけた肌が雨止み, ッちゃっといておくれ, ッちゃな料理屋の, ッちゃねん奥畑の, ッちゃりました, ッちゃんあたいもいく, ッちゃんあんたとが恋仲, ッちゃんあんた先に検番, ッちゃんどこへ行く, ッちゃんばかだな, ッちゃんみたいな顔, ッちゃんわたしゃ糸をつむい, ッちゃん両人を外国, ッちゃん今が一番大事, ッちゃん付きを兼任, ッちゃん勝則さんのおっ, ッちゃん坊ッちゃんまでが, ッちゃん心配御無用, ッちゃん芳ッちゃんってお, ッちゃん遠眼鏡のほう, ッちゃッた, ッちゃ一日もさびしくっ, ッちゃ火にくべてる, ッちゃ目がまわり, ッちゃ虫が納まらねえ, ッちやんぐらしの頃, ッちや可哀そうだから, ッちゆうタバコを, ッちょうちんだッ, ッちよへ投げた, ッちろッと, ッちろい若蔵は, ッち勝たねばダメら, ッち勝てば呉れ, ッち引越して歩いた, ッち込みその頃, ッち退けになっちまっ, ッったきり帰らなかった, ッってんで今日にでも, ッついたで夕飯の, ッついていけないから, ッつうよッつう, ッつかえたような, ッつかず不幸な, ッつかなくとも出す, ッつかなければならぬ, ッつかぬとかそんな, ッつかまえたなら御贔屓すじ, ッつかまえなけりゃならねえ, ッつかまへてダンパン, ッつかまると男, ッつかまれ路傍の, ッつかまれた帯の, ッつかめえるよ, ッつかり合わなければならなかった, ッつかり吸いつきしがみつき燃えつく執着を, ッつかれますぜ, ッつかんだ儘嬉し, ッつかんならんとは, ッつきあい大いに飲ん, ッつきたいんだ, ッつきだすという方法, ッつきますぜ, ッつきまわっている, ッつきゃしないかしら, ッつきようのない, ッつき乱髪に浅葱, ッつき二人の顔, ッつき合ったと私, ッつき場のねえ, ッつき玄関の植込, ッつき言葉の合理性, ッつくねて課長, ッつくやいな, ッつけここへ捜し, ッつけこれへお, ッつけたいのさ, ッつけとくのさ, ッつけないでおく, ッつけねえので野郎, ッつけましたがね, ッつけましょう可いや, ッつけます特別その, ッつけ一つであろうぞ, ッつけ丑満だろうに, ッつけ五日以内にはここ, ッつけ人間は亡びる, ッつけ仕事はしたくない, ッつけ仕事手をつくした, ッつけ口をしなかった, ッつけ合うように, ッつけ合って大工, ッつけ合った雛ッ子みたいに, ッつけ四十や五十人, ッつけ夕飯を届け, ッつけ庵に見えるであろう, ッつけ得るかッ, ッつけ戦場になる, ッつけ故郷から女房, ッつけ格子と言わず, ッつけ現界の方, ッつけ県城の軍隊, ッつけ着かれようが, ッつけ調子でざっと, ッつけ間もあるまい, ッつで弓夫が, ッつぶ拾って, ッつぶされてしまう, ッつべき様子を, ッつべきだよ, ッつべく顕われた, ッつまみ出せッ, ッつまらんところでた, ッつめの百姓, ッつめた日本髪に, ッつものうて, ッつも可愛がりつづけに可愛がっ, ッつらな健康で, ッつりこッつりと入りまし, ッつりむッつり又八はたちまち, ッつり不機嫌は毎度, ッつり人と往来, ッつり今迄の念, ッつり出入りをしなくなっ, ッつり切って切下げ姿, ッつり切れてお, ッつり切れた私は, ッつり切れると急, ッつり刺しとめた, ッつり又八はたちまち, ッつり女部屋へは来ません, ッつり姿見せしません, ッつり布子でこの, ッつり悪事を廃め, ッつり断れてしまった, ッつり断念仕り候, ッつり新九郎様を思い切った, ッつり来ないし一, ッつり沈みがちだった顔いろは, ッつり無口をつづけ, ッつり留める気に, ッつり禁酒しましたからと, ッつり賭博はしねえで, ッつり酒を廃め, ッつるばかりで, ッつるされたりし, ッつるように顔, ッつる肌に青い, ッつれるような, ッつろと二十三夜, ッつ切られつした返り血と, ッつ巻いつ洋燈も, ッつ斬られつした血汐や, ッつ討たれつ双六の, ッつ追いつ小半町ほど, ッていうと大愚です, ッていたくもない, ッていらしったが何, ッてえ知らせが, ッてからに即ち此処, ッてからも何となく眠る, ッてこそ見所の, ッてしかつべ, ッてたらうんと爺, ッてたらどきなよ, ッてちゃア重たかろ, ッてったからいま, ッてってる処へ, ッてっぺんに蜻蛉, ッてとやこういうの, ッてなどいられなかった, ッてなどはいない, ッてなんて彼んな, ッてねえで燈火, ッてねと帳場へ, ッてはと押し出して, ッてばさァ, ッてばよ焦れッたい人, ッてひどく心配し, ッてほど咳を, ッてまでにも行かず, ッてむかいをする, ッてめえあいつと懇意, ッてめえたち何だ何, ッてもね泥足で, ッてももウお, ッてらいと叱られるだろう, ッてられた世間じゃ, ッてりと白き丸顔, ッてるだろうなア, ッてるちがッ, ッてれこの餓鬼ッ, ッてんころりんと, ッてんてんの着のみ着のまま, ッてんぺんから汽笛みたい, ッでたらめもいいかげん, ッでろでろッそとへ, ッといったかと思うと, ッといっただけで一寸も, ッといっただけの音とを, ッといどころがなくなり, ッとうに願望し, ッとおめいて, ッとおすんだ, ッとおつな旗亭, ッとかれやしないよねえ, ッときねえってこと, ッときますがネ聞け, ッときゃア誰か, ッとき落日の明る, ッとぐらいは腹を, ッとけ抛ッとけ, ッとけ放ッとけ, ッとこ冠りに, ッとこ脊負いに, ッとこ面の癖, ッとさみんなに, ッとしてさえ居れば, ッとしてもいられなかった, ッとじッと, ッとだけの損失で, ッとなんかしてないじゃ, ッとになるかも, ッとにかく二, ッとばかりの陰に, ッとばされてしまった, ッとばされたが船体, ッとばして出帆五分前, ッとぶのである, ッとべルレーヌの, ッとべい早うがす, ッとぼけもいい, ッとぼけるな, ッともとのとおり伊那丸の, ッとらァか, ッとらえずにはおかぬ, ッとらえたか, ッとらえなくちゃならなくなる, ッとらんぞ, ッとら初手からいわねえ, ッとりいられたもんだ, ッとりさせて官能, ッとりなすられた気まずい空気, ッとりますので以前, ッとり囲みにかか, ッとり泥が付い, ッとり耳を誘われ, ッとり静かでは, ッとるですから, ッとろうとした, ッとんねえよ, ッと列は僕, ッどいたッ早, ッどうやらまた忙しく, ッどじな奴め, ッどすンどす, ッどと吹く風, ッどなたかどなた, ッどなた様かそこ, ッどの口の, ッどろりと塗る, ッどーン, ッなどと恥か, ッならんばかりに, ッならば目に, ッなんじらには, ッなんだか水の, ッなんとも気に入ったこと, ッにげたッ, ッにせ者とは, ッにわかとあご, ッか喜びさせるにもほどがあるじゃごわせんかッ, ッぬかせッ, ッぬかり給うな, ッのどかなくせ, ッはいッ, ッはいれッ, ッはしらねえか, ッはっはっは夜中, ッははははは腕前さえ, ッばあさんはとても, ッばけもの屋敷, ッばらッと破れた, ッばんた, ッぱいあとへ漕げ, ッぱいあなたの雲表, ッぱいか貴様少し逆, ッぱいご馳走を作る, ッぱいその眼でいちいち, ッぱいでやらなきゃ死ぬにも, ッぱいということをさも大, ッぱいな憂心, ッぱいな善意だろう, ッぱいな声でどなった, ッぱいな弓勢ではない, ッぱいな弾力を交換, ッぱいな愛嬌という, ッぱいな感謝だった, ッぱいな楽園の花, ッぱいな湯けむりで中, ッぱいな満足がかがやく, ッぱいな玉を泛, ッぱいな自暴と虚無, ッぱいな蛍草が咲い, ッぱいな露にし, ッぱいにさしこんで蒲団の上, ッぱいになった馬春堂が獅子舞, ッぱいにひろがってさし俯向いて, ッぱいに風をはらむ, ッぱいほうのお団子をもう, ッぱいものがかれの, ッぱいものが咽喉の奥, ッぱいような血腥いよう, ッぱいようなほのかな匂が決して, ッぱいような鼻神経をそそる, ッぱいりかえ和泉屋, ッぱいりゃあ碌な事, ッぱいグンと引く, ッぱいブーンとうなった, ッぱい刺し入れて, ッぱい匂いを放ち, ッぱい名乗りをさけん, ッぱい子供の様, ッぱい師直を斜, ッぱい心の一端, ッぱい曼珠沙華という地獄花, ッぱい木津川をサッサ, ッぱい汁が歯髄, ッぱい焼餅を買いもとめ, ッぱい物が食べたい, ッぱい臭気がし, ッぱい蛾次郎の頭, ッぱい賞めておいでた, ッぱい足を早め, ッぱい頬ばったよう, ッぱい顔をする, ッぱかしでも怨みたくは, ッぱかしのことにもう泣くなんて, ッぱかしの金いつまである, ッぱかしも思って, ッぱかしも魚の肌, ッぱかりの疑惑もさしはさまなかった, ッぱかりもいやァがらない, ッぱかりも私に云わない, ッぱが風にあおられた, ッぱぎもどこ, ッぱくでもない, ッぱくないような, ッぱくなった俺にも, ッぱくなるし, ッぱくれるならきかなくッとも, ッぱぐれはないし第一, ッぱさをまた妙に発散, ッぱしからたたき切るほか, ッぱしからたたきふせて怪力のかぎり, ッぱしからひきぬいてはどんどんつみ上げ, ッぱしからめちゃめちゃに放り出された, ッぱしそれッきりさ, ッぱしだの膠鍋がざつぜんと, ッぱしで突ッつき出した, ッぱしのような全然よそ, ッぱしょりの半股引, ッぱしより焼きたてて, ッぱしり行って, ッぱしをまぶしてあるだからまぶしと言うん, ッぱし一人前になっ, ッぱし小樽だあの, ッぱし気になる, ッぱし青木さんが一番, ッぱずかしい事がある, ッぱずした重蔵は刹那, ッぱずして外へ首, ッぱずして浪路は, ッぱずして駕のまわり, ッぱずれのおどろきの叫びが逃げた, ッぱずれのだらだら坂をとうに, ッぱずれの可笑い処へ自分主人, ッぱたいたが離せばこその, ッぱたいたわけでもなく刃物をふりまわした, ッぱたいて堂々天下, ッぱたいて彼が生年月日時, ッぱたいて海老責めにしつづけたら, ッぱたかれたのはそれだけかい, ッぱたかれたりたたきのめされたり, ッぱたかれたッけ, ッぱたかれて針の山, ッぱたきながら浪花節を語っ, ッぱたくのが親友たる情愛, ッぱだいて自分の家, ッぱだかが真昼の太陽, ッぱだかを太陽にのぞかれる, ッぱだきしッぱだき, ッぱだきここから山東, ッぱだき峨々たる山影, ッぱちだといわれても仕方がありますまい, ッぱちな蘇武の歌, ッぱちになって今ごろ何, ッぱちにも何もまったく, ッぱちより外書けんと, ッぱちをいい触らして, ッぱった婢さんや頭, ッぱった田舎のお, ッぱっては置けません, ッぱってはいられないので石川数正を戦捷, ッぱってゆかれてしまうしなけなしの衣裳小道具, ッぱってホラブンのところ, ッぱって地にもがい, ッぱって外へでる, ッぱって日吉も後, ッぱって来やがったの, ッぱって賞めそやした, ッぱって驀しぐら, ッぱつて苦しくなり, ッぱつて外へでる, ッぱつまった仕事ばかりな, ッぱでもある景色だった, ッぱで比丘尼が踊り, ッぱで闇試合が行われ, ッぱと刎ね起き, ッぱと枯枝は, ッぱなから木戸, ッぱなされるように気がひけた, ッぱなしてあって今まで寝, ッぱなしてしまうし被告のため, ッぱなして諸人への見せしめ, ッぱなしとなって人ばかり右往左往, ッぱなしにしてそッちへ, ッぱなしになっていてさてはしまった, ッぱなしになるようなこともなくてすんでいたろうにとそれが残念, ッぱなしのような様子でもあった, ッぱなしの野武士といふもの, ッぱなすこともならない気がした, ッぱなれがよいこととジャーナリズムは思想性, ッぱには男らしい, ッぱにあなたが払うのよ, ッぱにとまってた蛙の野郎, ッぱになってメキメキと, ッぱに立竦んで, ッぱねたとは冥加を知らぬ, ッぱねつづけて来た, ッぱねていれば彼らは自殺, ッぱねればどういう手段, ッぱのようにかじかんでしまって膝小僧をなで, ッぱの先まで水っぽく細かく, ッぱぱッと幕上, ッぱみじんであったかも知れない, ッぱみじんにしてくれたがこんどは最後, ッぱめが遂に, ッぱや或る, ッぱやいと来たら大変, ッぱや眼に触れた, ッぱらいが舞い込んで, ッぱらいの多い梅, ッぱらいの足つきでひょろひょろ, ッぱらいは拉して, ッぱらいを拳固で見せ, ッぱらうなよ阿波守様はいい, ッぱらうので終りのはず, ッぱらえしッぱらえ, ッぱらからお召捕が, ッぱらからでは何とも金, ッぱらからのこのこ来て, ッぱらからわしの家へ因縁, ッぱらったあとでだね大竜出版と氏家印刷, ッぱらったみなさまがさわいでいるとせっかくの, ッぱらっちゃ喧嘩するが, ッぱらっているうち三日というもの余計, ッぱらって宋江の首, ッぱらって自分のツメ, ッぱらって遁げるゆとり, ッぱらって都会へ出た, ッぱらつてゐたといふことは度胸がよかつ, ッぱらな怨みもある, ッぱらひに追ッ, ッぱられた頃では, ッぱられて大きな耳たぶ, ッぱられてゆく途中だったか, ッぱらわれたには相違ないが, ッぱらわれては蜂ヶ峰へ向った, ッぱら努力をかけ, ッぱら口あけ仕事の邪魔, ッぱら父に呼ばせ, ッぱら迷いに迷った, ッぱら鯉を釣っ, ッぱりあいつは墜落して, ッぱりあたしは美妙のそば, ッぱりあの時の影響, ッぱりいつかお綱の心, ッぱりえらい男だ, ッぱりおれの想像, ッぱりお腹が空く, ッぱりかえっていてそれこそまぶたひとつ, ッぱりかつぶしの方, ッぱりぐたい的にはならないで, ッぱりこう云った, ッぱりこうして女に淋しい, ッぱりここが定宿の人, ッぱりこっちの想像どおり思うつぼにハマった, ッぱりこまなければ成り立たんという, ッぱりこれは内部, ッぱりした気ッぷの人だし, ッぱりした着物に無, ッぱりした身装と少し, ッぱりした返辞だと, ッぱりして来たし二階住居, ッぱりそうだッた私しゃ欺, ッぱりそうは出来ないん, ッぱりその巻添いだろう, ッぱりそれを忘れて, ッぱりだしてくるまって, ッぱりだして曾遊のパンパン街, ッぱりだし秘密を握っ, ッぱりだすという時, ッぱりだそうと考え同志, ッぱりでとうとうここ, ッぱりと拒絶いたしました, ッぱりと清涼な夜気, ッぱりと結髪して, ッぱりながら歩きだした, ッぱりながらそれを言った, ッぱりなにかその伊那丸, ッぱりな伯父夫婦はその, ッぱりの村があっ, ッぱりは強くても, ッぱりはかぱかぱに凍って, ッぱりオメンクイなの, ッぱりッこして, ッぱり不安で加世子, ッぱり予定通りの日数, ッぱり事実だったの, ッぱり井筒屋の芸者, ッぱり亜米利加にも薩摩芋, ッぱり人の気配, ッぱり人並の国, ッぱり何時もの黄八丈, ッぱり凧になった, ッぱり利七も, ッぱり千浪様でございましたか, ッぱり合点参りませぬゆえ, ッぱり土だ, ッぱり埒あかぬよう, ッぱり場所だわね, ッぱり変だ, ッぱり外套を放さなかった, ッぱり女中なの, ッぱり妙策もない, ッぱり学者なん, ッぱり実戦でなくっちゃ, ッぱり年だけのわからず屋, ッぱり当てがつかねえ, ッぱり影が見えない, ッぱり彼女でした, ッぱり思切ッている, ッぱり愉快きわまるもの, ッぱり手懸りがつかねえ, ッぱり操を穢しました, ッぱり支配されて, ッぱり本当でなければ, ッぱり東海道から裾野, ッぱり板橋街道のよう, ッぱり構造譬えば波瀾, ッぱり様子が知れねえ, ッぱり泪がわい, ッぱり漫画の, ッぱり煖房を欲し, ッぱり癇が強い, ッぱり相変らずさ, ッぱり私はあの, ッぱり私自身が頭, ッぱり稀です, ッぱり紙の上, ッぱり細君の力, ッぱり腹をたち割っ, ッぱり自分の爲, ッぱり酒を呑む, ッぱり長崎の方, ッぱり顔を拭い, ッぱり駄目か, ッぱり默つて袖を噛み, ッぱることの出来ぬ身体, ッぱると思うほど, ッぱるというのはあまり聞かなかった, ッぱると戸が開い, ッぱるので伊兵衛は金吾, ッぱるので有名だが, ッぱる糸が生き, ッぱればアメのよう, ッぱろうた合戦のもよう, ッぱをくわえているところを見ると, ッぱッ砂を蹴あげ, ッぱ天狗なり, ッぱ屋と俗, ッぱ微塵に敗れ, ッぱ東都名題の名人づくり金造独楽, ッぱ武者に用, ッぱ酒売る家, ッひかえろッ, ッひっとらえてやる, ッひでえ目に会わせ, ッひとりもにがす, ッひと足先にずらかりました, ッひどくあっさりして, ッびしゃッと手桶, ッびっくりした, ッぴいを致しました, ッぴいて馬の小便, ッぴいゆえその風, ッぴい連も一人, ッぴかりとおいらの, ッぴくつもりなんだろうが俺の推察, ッぴしやりだしてちんちん屋の商売, ッぴしょられ下座出方の連中, ッぴつに惜しげ, ッぴつにつがれた火のうえ, ッぴてこの通りも混雑, ッぴて城戸へ馳せつけ, ッぴて外がにぎわっ, ッぴて大師堂の縁, ッぴて水田でやかましく, ッぴて疾駆した揚句, ッぴて真っ赤に焼け, ッぴて舟で見, ッぴて諜し合せ, ッぴて道誉と語りあった, ッぴて金吾様を追って, ッぴて鍋をかけ, ッぴでえ使い方しさ, ッぴどい運上やら助, ッぴどくいじめてオドカすんだよ, ッぴどくいって追い払った, ッぴどくほうり投げて, ッぴどくやっつけられたらたいてい詩人, ッぴどくやっつけられて出直して, ッぴどく男の手顔, ッぴらご免ですとさ, ッぴらで釧路丸に乗ってた, ッぴらな労働組合の空気, ッぴらにはやれなくなったのだという淡い, ッぴらには遊びに来られなかった, ッぴらにゃああるけねえおれがほッ, ッぴり礼を言わねえ, ッぴり麦の芽, ッぴるまに突然発狂, ッぴろい曠野と丘陵, ッぴろげな芸であったが, ッぴッきぴー, ッふざけやがってよ, ッふざけやがるな, ッふざけるな蹴, ッふたりとな, ッふてぶてしい煙草吸ひ, ッふふッふと, ッふふざけたまねを, ッふふふチう, ッぶすッと, ッぷしたなりに啼き悲しんで, ッぷしだけと思うと, ッぷして啼きだした, ッぷしていたがそれっきり老人の声, ッぷしにも善哉やうきふ, ッぷしのあるやつは一人だっていやしません, ッぷしのいい年増女でただ, ッぷちだからつい目と鼻, ッぷちであきらかなゆきどまり, ッぷちでおれと天堂一角, ッぷちで蔭間が犬, ッぷちで首を縊ろう, ッぷちの間にね, ッぷちを五ノ橋通り, ッぷてえ奴だ, ッぷで通って, ッぷというものを研究しだしたの, ッぷの人だし, ッぷりお絞んなすって, ッぷりかけた相手の人, ッぷりがいいとはかねて聴かされて, ッぷりがよくて愛想がよく, ッぷりがよろしいという時にコンパ, ッぷりがキゼンとして自分勝手, ッぷりした四十がらみの男, ッぷりした女だな, ッぷりした肌脱ぎの老爺, ッぷりした赤ら顔の禿げのこり, ッぷりして来たが, ッぷりだけ観賞するの, ッぷりつけて正坊, ッぷりで暗い木立, ッぷりではあるがいかにも実直そう, ッぷりと一降り降ったあと, ッぷりと余裕のある, ッぷりと身構えは全く, ッぷりと鼓腹すること, ッぷりはお見事だが, ッぷりはむしろ陽気に陽気, ッぷりはよし伎倆はある, ッぷりは人に食慾, ッぷりもう暮れ切ったなか, ッぷり一月かかった, ッぷり二升ははいる, ッぷり床を背負っ, ッぷり暮れ切って, ッぷり詰問した, ッぷり鍼をおろし, ッぷり食いッぷりは人に食慾, ッぷ何うぞ, ッへどをつくな, ッへへねおい三的, ッぺえのおかしい言葉の泥坊, ッぺがしてドンドン焚火, ッぺがしてきた厨子の金物, ッぺがして人間の尻, ッぺがして家探しするから, ッぺがして徹底的に家探し, ッぺがして風が通る, ッぺが侍になった, ッぺし込んだ, ッぺしちゃア危え動く, ッぺたからおでこまで一面についてい, ッぺたのまるっこいお前の写真, ッぺたの色に春, ッぺたへ額をあて, ッぺたやが風にふかれる, ッぺたをおさえて飛び退きながら, ッぺたをすりむいてざくろみたいになっ, ッぺたをつけて寝るかな, ッぺたをなめられたような顔をし, ッぺたをひっかいたが指にかみつかれた, ッぺたをふくらしつぎのあたった, ッぺな一面がどこ, ッぺばかりじゃアねえか, ッぺらい布団に包, ッぺらでも生活背景がない, ッぺらで目方がない, ッぺらな笑い方, ッぺらなけばけばした絵ばかり目, ッぺらなガリ版ずりの, ッぺらな世の中でもない, ッぺらな五布布団が二つ, ッぺらな例の二重廻し, ッぺらな小紋縮緬のよう, ッぺらな感じがなく, ッぺらな所が顕, ッぺらな殺陣は紙, ッぺらな石に字, ッぺらな絵にしなく, ッぺらな羽織を飜, ッぺらな背景しか持たせる, ッぺらな西洋づくりを打, ッぺらな鋭利な刃物, ッぺらな黒堺へゆがんだ, ッぺりのビル, ッぺりしたような人嫌いですよ, ッぺりした三十がらみの若い, ッぺりした綺麗な男, ッぺりと現われて, ッぺり顔の漢, ッぺん山へ行っ, ッぺん順序通りに並べ, ッぺ宝ッぺ明神さまの宝ッぺ, ッぺ明神さまの宝ッぺ, ッぺ返しをしおる, ッぺ隣の安田, ッほかのこと, ッほざいたな, ッほざくなッ, ッほんとに貸して, ッほんの少しばかり, ッぽいいい年増なり, ッぽいよい女見る, ッぽい小暗い工場の, ッぽい暗緑色に, ッぽい暗い歌が, ッぽい長い湿った石, ッ待てっ, ッまあそんなこと, ッまずい面を, ッまずざっとこんなもん, ッまたぬと射つ, ッまるッきり地べたを, ッ首級が, ッみんなを集めろ, ッみんな入口をかためろ, ッみんな手をかし, ッむしのいい, ッむっつり右門が, ッむろんおまえが, ッめったなこと, ッめったに人の, ッもうあっさりとしっぽ, ッもうこのほう, ッもうそろそろ夜の, ッもう一度いって, ッもしかすると, ッもしこれからそんなこと, ッもそッと, ッもちっと前, ッもっとやれ, ッもっとも足は, ッやかましいじゃない, ッやってみよう, ッやっぱりそうだったか, ッやられたじゃねえ, ッやりきれねえな, ッやるぞ, ッやんねえ, ッやんなっちゃあな, ッよいお人, ッようも汝, ッよくよくだなあ, ッよけいなとこ, ッよさうよローズ, ッよしっこのうえ, ッよしゃあがれ, ッらんぼうするな, ッろくろく働きも, ッわかったかッ, ッわかりましたそこで満場, ッわが殿ッ, ッわたしといったら, ッわははッ, ッわれらそのよう, ッだ, ッんと石突きの, ッたたたた, ッアラスカの米国極東飛行隊, ッイカサマだ, ッイヤな人, ッお兄イ様ア, ッオイ早く鉄砲, ックロそっちじゃねえそっち, ッケチな古狸, ッゴリネルじゃないでしょ, ッサアうんと気張っ, ッひどい事, ッッッひどい事, ッツモってみせる, ッテウえッえッえッえへへ, ッどうなされました, ッドアをすこし, ッドジを踏んじまった, ッハハ放せッ, ッバカにしなさん, ッパチクリし, ッパルチザンが逃げ出し, ッピッピッピッピッピッ急に帽子, ッフン貴様の様, ッフ小癪なフ生意気, ッブ無礼だぞ, ッホシだッ, ッホスゲンの臭い, ッマリ子じゃない, ッモコウは, ッヤーロ奴ここにいた, ッラノン土人を疑っ, ッか八, ッ一ツ小さくなり, ッ一刻千金だは, ッ一同かかれッ, ッ一條の周章てまい, ッ一歩たりとも, ッ一緒に来, ッ一行も書い, ッ一言もねえ, ッ一郎ッ自分ひとりで上, ッ丁稚の次郎松, ッ七ッくどいッ, ッ万歳ッうわ, ッと云う, ッ三つ指で, ッ三ッ消えつ明り, ッ三ッ盆に盛り来る, ッ三万石とはなん, ッ三人とも膾, ッ三吉ッお客様たちも来, ッ三年のライオン, ッが隣り, ッ上官に反抗, ッ上段にふりかぶる, ッ上着を脱がされた, ッ下がれッ, ッ下げさせてさっそく, ッ下らないことを, ッ下手人はこの, ッ不吉な, ッ不思議なこと, ッ不景気ですね, ッ次ッ, ッ与吉と申した, ッ世の中にゃ金, ッ中呶鳴られて, ッ中異人のお, ッ丹下左膳カからッ, ッ丹下舟下左膳の助太刀, ッ主税御供仕りまする上, ッ乗って下さる, ッ乗れと申す, ッ事務長ですね, ッ二ッとかけ声, ッ二分や三分の端, ッ二十五両と稼いだ, ッ二十八町ぐらいな堤築, ッ二度目の失敗, ッ二本差が十八, ッ云う事を, ッ五反田防護団員なの, ッ五平如何致した, ッ五郎どうした, ッ井上の金八め, ッ井戸換えの連中, ッ井楼櫓の屋根, ッ亡者めもっと早く, ッ人≫と読むべき, ッ人ごろしっ, ッ人ずれの手並, ッ人めっ, ッ人仲間の誘惑, ッ人声だ, ッ人外だッ, ッ人娘に知る, ッ人役人というもン, ッ人武士だっ, ッ人猫のよう, ッ人秦野屋九兵衛という兇状持ち, ッ人稼ぎをやっ, ッ人走りの脛, ッ人違いを, ッ人野郎きさま, ッ人非人めっ, ッ仁三兄いじゃねえか, ッ今夜言ッてしまおう, ッ今日こそきのう, ッ今日一杯に百尺, ッ今晩こそ思い知らせ, ッ今頃挨拶する奴, ッ今額堂のうえ, ッです, ッ介者は世間, ッ仔細を言え, ッ領の, ッ他言するな, ッ付き合いますよ, ッ付き合ってくれる, ッ付き廻したがるんで, ッ付けなきゃ寝覚めが, ッ代ぶりの二つ, ッ一応御, ッ仲間のやつら, ッ伊兵衛じゃない, ッ伊那丸さまのこと, ッ伍長が将校, ッ伏すと鬢, ッ伏せた額を, ッ伏せられている, ッ伏せるから覚悟, ッ伏せ高手小手に縛り上げ, ッ休みだ, ッ休太郎ではない, ッ会したな, ッ会すとがんらい, ッ会わしたぜ, ッ伝うて身, ッ伝六ッいいぐあいにつじ番所, ッ伝六太鼓鳴りそこないましたか, ッ伽羅大尽の果報, ッ何ごとじゃ, ッ何もかも洗いざらい見せて, ッ何御用に御, ッ信ちゃん乱暴な事, ッ信玄の首, ッ信長に, ッしちまったん, ッ俺たちはそんな, ッ俺ッちを, ッ倒すのは, ッ借金の抵当, ッの方, ッ側みたいなとこ, ッは大, ッの頼み, ッ兄哥むこうから, ッ兄哥何をばか, ッ先きが相手の首すじ, ッ先下がりに精いっぱい, ッ先手を打たれた, ッ先程の釣り侍, ッも角, ッ児全体が夙く, ッ児同士だけに血, ッ児大変者の風格, ッ児専売のつもり, ッ児市川宗家エド蔵の勧進帳, ッ児張りにうんと, ッ児本来の面目, ッ児気取りで人, ッ児気質の破壊者, ッ児江戸ッ児の中, ッ児江戸ッ子まことにその, ッ児的であること, ッ児連が, ッ入ってお, ッ全く変な, ッ八さんお前さんの方, ッ八そこへなん, ッ八尾か, ッ公用の判, ッ其処動くな, ッ典膳めは御前, ッ冷たくなっちまったぞ, ッに御苦労さま, ッ凧どころの騒ぎ, ッ出かけようぜ, ッ出しぬかれたぞ小, ッ出たな, ッで果し合い, ッ切お前の処, ッ切さんによく, ッ切っ先がさがってる, ッ切つて行つた, ッ切ら棒に, ッ切られてしまう, ッ切りまして漸く, ッ切りゆえ参る事, ッ切り今以て帰らず, ッ切り御苦労は懸けない, ッ切り殿の後顧, ッ切り江漢も泉下, ッ切り片側に傾い, ッ切り猥らしい事, ッ切り疵を付ける, ッ切るだろうかとも思いやった, ッ切れたように, ッ切上等の飾, ッ切帯身なりはひどい, ッ切支丹族のやつ, ッ切雀と云う, ッ切風がありません, ッ刎ねたのはま, ッをみだす, ッ判りましたッ, ッ利き揃いな, ッ刺さって按摩, ッの馬車, ッうという, ッ剥がして見, ッ剥がした著物, ッ割らぬといったら, ッ加山指切りの郁次郎, ッ加賀宰相のお許し, ッ助けてようと唄, ッ助太刀申すぞ, ッ勉強が足りない, ッ動くな, ッ動くまいッ, ッ勝入の首, ッ勝手にしろ, ッ包囲せよ, ッ化かしやがったね, ッ北の方お待兼, ッ北岸へ役人, ッ十六七年前長崎で療治, ッ十年で三十八両, ッ十日や二十日, ッ千慮の一, ッ半日経たないうち, ッ卑怯な真似, ッのお, ッ占められましたな, ッいッ, ッ原一名を骨ヶ原, ッ原不便の場所, ッ原夜などは真っ暗, ッ原岩穴の奥, ッ原稿の頁, ッ原行きなぞはむろん, ッの名, ッ友だち甲斐のねえ, ッ叔母さんなんかときた, ッ叔父さんが連れ, ッ取った若党中間が, ッ取り囲まれて数ヵ所, ッ取り巻いて買う, ッ取り巻き私は, ッ取り捨ていッ腐った, ッ取れるもんじゃ, ッ取引じゃねえ, ッ叡山へ寄れ, ッ口惜しいなア, ッ口説きもどうも, ッ古高新兵衛, ッてえた, ッ叩き殺せッ, ッ叩くぞ, ッ厭に, ッ可愛がられておい, ッ可愛がりに愛され, ッ吉ここに頭髪, ッ吉御用医者の田沢菘庵, ッ吉象の肩, ッにされ, ッ吊して来れ, ッ吊るように, ッ吊るして重蔵殿, ッ吊るしたまま権内は, ッ吊れた唇に, ッ吊れるほどに, ッを騙る, ッ吐かさねえか, ッ吐けッ, ッ君君は毒薬, ッ君家の危機, ッ吠え面かくな, ッ吹きの大, ッ吹きで銀杏の, ッ呀ッ居ました居ましたッ, ッ呂宋兵衛だ, ッ呂宋兵衛ここにおった, ッ呉れるからそう, ッ周瑜はまだ, ッ周馬だ, ッ味方だ, ッ命ゃあ貰ったぞ, ッ命中だッ, ッ和尚さま後生ですどうか, ッ咲耶子のやつめ, ッがな, ッ唯中にこれ, ッをしっかけ, ッ商売商売でそんな, ッ啓ちゃんか, ッ啓吉啓吉といっ, ッ喜左衛門どんいるかね, ッ喧嘩したいやつ, ッ喬さまのいらっしゃる, ッ喰だらけになる, ッの五, ッ四角で自分, ッにあたった, ッ図星でここ, ッの為ッ, ッ園田ヨシ子さんをさらっ, ッ土平だ土平, ッリニ坐, ッ坐りに赤い, ッ坤竜丸よ, ッしの, ッ垂れを一人前, ッを捲い, ッ執念が過ぎる, ッに属し, ッ堪忍して, ッでお, ッ壊した其政宗が, ッ壊しちまってね, ッ変化待てッ, ッには三十人, ッ外して千浪, ッ外れですが耳, ッ外套と帽子, ッ外道の眷族め, ッ多打ちに打ちのめす, ッ多摩川だ, ッ夜光の時計, ッでも見た, ッ大いにふけふいて, ッ大丈夫だよ, ッ大変ッと大変, ッ大手責めの十八番, ッ大津屋じゃない, ッ大炊介ッそちの思案, ッ大筒が無事, ッ大西もういつぺん言, ッ天下は泰平, ッ天辺緑青のふいた, ッ天道様が臍, ッ天魔太郎後がない, ッ太助が殺られた, ッ太郎を撃ち殺した, ッ失礼致しました, ッ失礼千万な, ッ奇ッ怪な女め, ッ奇遇でござるな, ッ奥様だし, ッ女将さん清ちゃんがいじめる, ッ女行者とな, ッなもの, ッ妙子さんが攫われ, ッるだらうと, ッ始まったものだ, ッ始まるてえことを, ッ始めてしまった, ッ御の, ッ姙娠してけ, ッ姿が見えねえ, ッだッ, ッと手分け, ッ子あれは貸, ッ子お前もいっし, ッ子さんが離縁, ッ子そいつは知らなかった, ッ子どももおら, ッ子ひとり姿が見えず, ッ子ひとり往来の影, ッ子オ引ン抜いて, ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, ッ子一人あたりに見えない, ッ子一人通ろうではなし, ッ子一疋いませんのさ, ッ子二階へ行こう, ッ子供と遊ん, ッ子嚥んだれ, ッ子土足で踏まえ, ッ子声で双六, ッ子奴が, ッ子山家もんじゃ, ッ子気分を思う, ッ子湊屋仁三郎の葬式, ッ子私ア田舎者ですが, ッ子足を踏ん, ッ子達を押えた, ッ学者はあっし, ッ孫乾ッはやく張飛, ッ宇治まで行かね, ッ宮津文珠の荒侍, ッに起臥, ッ家臣の分際, ッ寄れッが, ッ富田三家の秘刀, ッするところ, ッの衆, ッ射よッ, ッ小僧ひとりを持てあまし, ッ小唄の師匠, ッ小指の扉, ッ小林をたすけなけれ, ッ小林そこのポケット小僧, ッ小池君この仇, ッ小癪だね, ッ少し稽古事を, ッ尖で釘を, ッ尻気をつける, ッと云う, ッ居ました居ましたッ, ッ屋敷から人数, ッ山影様おききなされ雨戸, ッ山番はいねえ, ッ山番ッ山番はいねえ, ッ山県先生も, ッ山県紋也か, ッ岡浪之進, ッの岩崖, ッへ捨てよう, ッ巡査を呼びやがった, ッ工事場では父娘, ッ巫山戯た野郎だ, ッれは, ッ小文治, ッ市ヶ谷さまだって, ッ帆綱をひけ, ッ師匠を死ぬ, ッ師匠はんとこへ来る, ッがクルクル, ッ帰りませいッ, ッ平願わくば, ッ広い寒い台所へ, ッ広い黒い板の間の, ッや小屋, ッ廉天下の議論, ッ建ててやろう, ッ建てたのだろう, ッ建小屋がそこ, ッ引かれてその, ッ引かれますんで, ッ引きならない破目に, ッ引き目明し待って, ッ引っ腰も, ッ引風情の真似, ッ弥生どのだッ, ッ張らせて無, ッ張られた男は, ッ張られるだろう又仮り, ッ張りあげてある, ッ張りこんで私, ッ張りだしてイヤ, ッ張り中学時代の級友喜村謙助, ッ張り乞食をする, ッ張り事実だったの, ッ張り僕を愛し, ッ張り僕たちには悲しい, ッ張り出した釘勘の, ッ張り出そうとし, ッ張り前の大森, ッ張り合ったものは, ッ張り合の子で珍竹林, ッ張り大石軍曹であったらしいどうやら, ッ張り大胆な奴, ッ張り女では無い, ッ張り戦争が済ん, ッ張り抜く二重の, ッ張り白服を着, ッ張り科学小説と空想小説, ッ張り縁のある, ッ張り込んでるだんべよ, ッ張り雨の如く降っとった, ッ張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, ッ張ッテ行ッテ皆デ踊ルノダト云ウ, ッ張リダカラソンナ芝居ヲサレルト尚更依怙地ニナルワ, ッ張子で見, ッ張己のよう, ッ張飛のやつ, ッねたの, ッ当った五貫目玉は, ッ当りを, ッ当るも八卦, ッ待たッし, ッ待たっしゃれっ, ッ待たぬかッ, ッ待たんか, ッ待ちやがれッ, ッ待て待たぬかッ, ッ後ろを気, ッ後生楽にもほどがある, ッ御免下さい親分さん, ッ御岳三日の掟, ッ御用ッ御用だぞ, ッ御用呼ばわりをされる, ッ御諚だぞ, ッ徳川家にくだっ, ッ心してつとめます, ッ心得て御, ッるるな, ッ忘れちゃ情けない, ッ忘れるなッ, ッう存じます, ッ怒っちゃいけません, ッ怕いところを披露, ッ思いちがいするな, ッ思い出してもむしゃくしゃ, ッ思い切って懐中電燈, ッ思い知ったかッ, ッ急いだッ, ッ急ぎまする, ッ急ごう京都へ, ッ怪し火だ, ッ怪しからん, ッ怪フシギの如く, ッ怪物だア, ッ怪超自然の殺人, ッが身, ッ恍けたことを, ッ恐れながら, ッ恐れ多い事で, ッ恐ろしいことが, ッ恐竜がない, ッ恥かしくってならなくなる, ッ恩寵を加えれ, ッ悪く落着い, ッ悪人の刃, ッ悪戯もほどほどにしろ, ッ悪者はその, ッの強い, ッ惚けちゃいけません, ッ惚気を聴き, ッ意気地なしその, ッ意趣があるなら, ッな世の中, ッ慌てましたいや大, ッ慥乎して, ッのねえ, ッ憎らしいわねえ, ッくと, ッ憑かれるところだった, ッ憚りながら八五郎兄さんだ, ッ憤れッ, ッ出すと, ッ懸けからであった, ッ懸けたかと思う, ッ懸りにし, ッ懸るんだ, ッ手めえは, ッ手先が混, ッ手先御用聞に口, ッ手役に参った, ッ手網を枝川, ッ手繩を呉れた, ッ手繰られるお手数だけでも, ッ手裏剣が飛ぶ, ッ手討にする, ッ打ちのめせッ, ッ打ち破れッ, ッ打ッた斬れ, ッ払い切り落し辛うじて路, ッ払い役に頼んだ, ッ払えという者, ッ払おうとしたら, ッ払わせてそれで, ッ払わねばならぬ, ッ払われたんだ, ッ払われるのが, ッ承知いたしました, ッ投げなわ, ッ折角老人が, ッ抛らかしてある, ッ抜かぬかッ, ッ抜かり給うなッ, ッ抜きましたね, ッ抜くすべも, ッ抱えた生不動, ッ抱えなくても一人, ッ押えろッ, ッ押すなってえ, ッ抽出し古, ッふ, ッ担がせて蛮軍, ッ拝承まりまして御, ッ括って諸君, ッで毎日幾金, ッでお嬢様お嬢様, ッ挨拶をしろ, ッ捕えられぬやも知れぬ, ッ捕えろッ, ッ捕ったかッ, ッ捕まえて見ましょう, ッ捕まえずにおく, ッ捕まえる早道だ, ッ捕まって逃げ, ッ捕るカンの, ッ捕れるものなら生け捕っ, ッ捕縄があれ, ッ掘りをし, ッ掛からないように, ッ掛けたタア真, ッ掛けてる筈, ッ掛った赤坊の, ッ掛りで仕様, ッ掛りましてちょうど, ッ掛るように, ッ掠って如意輪寺, ッ控えいッ陪臣共が, ッ控えろッ, ッ推察がついた, ッ掴まえなくてはならん, ッ掴まえようというの, ッ掴まれ不浄門から, ッ掴むと歯軋り, ッ掴マッテオ相手ヲシナイデモ済ムト, ッ掻かれていた, ッ掻かれたかとおもう, ッ掻きの庄造, ッ掻きだぞ, ッ掻きまわさなくっちゃァ, ッ掻きやがったものか, ッ掻き廻されたような, ッ掻く打ってかかる, ッ掻廻したという, ッ提げたまま彼方の, ッ提刀の浪人, ッ提灯の火, ッ搦げて独龍岡, ッ搦めとれッ, ッ搦んだよう, ッ摘まみだったのは, ッ撒いたッ, ッ撞けッ, ッれるもの, ッ擲らねえか, ッって了, ッ攫い一つできない, ッ攫ったやつが, ッ攫まえて無理, ッ攫われたに違い, ッ支棒にし, ッへと申, ッ放されて腰, ッ放されたように, ッ放したい気持だった, ッ放したら汝れ, ッ放しだそうです, ッ放しでしたけれども一つ, ッ放せッ馬鹿, ッ放りだして売れる, ッ放り込まれらァ, ッ政治家は嫌, ッ敢行だ, ッ散らかして置く, ッ散らかっている, ッ敵前渡河ぢや, ッ敵機だッ, ッ文句ウぬかすな, ッ斬られるところだった, ッ斬り兼ねえ奴だ, ッ斬れッ, ッ斬れ斬れッ, ッ坊さんが, ッ新聞配達が何云, ッ方向がきまってるなら, ッ於犬か, ッ於福うッ, ッのあたる, ッ日本の学生, ッ日野殿っ, ッ日頃の口, ッ旦那に何もかも, ッ旦那月が登っ, ッ旦那様がタ, ッ早馬の御, ッ明智小五郎か, ッ星田の奴, ッだっていう, ッ昼間あかりをつけッ, ッ昼間ッからお, ッ昼間一時ごろという, ッ昼間日の暮れる, ッに誅伐, ッ時刻の過ぎぬ, ッ時前頃又高柳, ッ時勢を知らない, ッ晒しな, ッ普通の勉強, ッ晴れじゃ, ッ晴れ傑作なり貴兄集中, ッ暗がりの台所, ッ暗くなるよう, ッの試合場, ッ曳くように, ッ最中男でさえも近寄り, ッがでた, ッ有難えことに, ッ望むところだ, ッ朝腹から何ん, ッ木みたいな博奕的遊戯, ッ木ブランコ縄飛びラムネの玉遊び, ッ木下総ッ木といへ, ッ木剣でも槍, ッ木曾駒などはもとより, ッ木村丈八か, ッ木石鉄砲などだった, ッ未だ聞きたいの, ッ未練を吐かす, ッ街道は, ッ本国中の女性, ッ本当か, ッに大きな, ッ李逵っ, ッ村垣の野郎, ッだ, ッない二, ッ来い返り討に, ッ来なければ奴一突き, ッ東洋人ども驚く, ッ松さんが, ッ柳糸子ほどの女, ッ柴田勢ですっ, ッ投げやが, ッにベルト, ッ根っこを捕まえ, ッ案内しろ, ッ桝落しにかけやがったか, ッ梁山泊だって, ッはどう, ッ極内だ, ッ楽長へ, ッ構えの変った, ッ構わねえから叩きのめせ, ッ様お世話と軽い, ッ様わしを侍, ッ様信州の彦太, ッ様昼上りにせっせ, ッ橋ヤミガラスという蚊針, ッ橋殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, ッ橋畔の電気科学館, ッ欄干からそれ, ッ欠いて底, ッ欠けでもなかっ, ッ次第によっては相手, ッ次郎左でないか, ッ打ちこむよう, ッ止発ッ止打ちこむよう, ッ正に一言もねえ, ッの野郎ッ, ッ武スを武ス, ッ武士ども董承の, ッ武田の落人, ッ武蔵っ, ッ武蔵ッ汝れは, ッ歩かねえか, ッ歩け歩かないかッ, ッ歯だらけで前, ッ歯型も入れた, ッだあ, ッ死なすなッ, ッ死ぬとは年, ッ死ねば仏様, ッ死骸だ, ッ殺さなくて何, ッ殺されてたまる, ッ殺されたって何と, ッ殺したとかいうこと, ッ殺しちまうぞ, ッ殺せッ逃がす, ッ母さんあなたにもここ, ッ母さんけさ僕が落した, ッ母さんしようがない, ッ母さんだつて自分, ッ母さんのも狐, ッ母さん一杯お駄賃, ッ母さん人の噂, ッ母さん仕事着は, ッ母さん大丈夫だ, ッ母さん小手の家, ッ母さん心配しないで, ッ母さん晩方買つて来た炭団, ッ母さん着物はどこ, ッ母さん私が悪, ッ母さん茶でも入れ, ッ母さん誰がそんな, ッ母さん連は自分達, ッ母はんがたいそう, ッ母ア上の子供, ッ母ア工場へ飛ん, ッ母上が, ッ母今夜泊まって, ッ母茶わん屋から貰う, ッ気が付きましたかえ, ッ気ひとつない顔, ッ気儘に云わし, ッ水天宮様で誘拐, ッ汚い事を, ッ決まってるじゃござんせん, ッの一名, ッをきった, ッ法莚の奴ら, ッ法達だ, ッ泣く奴が, ッ泣けやがらあ泣けやがら, ッが無かっ, ッ洞門をまもれ, ッ浚って遊び歩い, ッ海部代官所の者, ッ消えつ明りつ, ッ消えましたわ, ッ消された燈火は, ッ消すとそれ, ッをこぼし, ッ清正公様のお, ッ済まねえなア, ッ減らず口を叩きくさる, ッ満場の諸君, ッ源三郎様のお, ッ滑りのした, ッ潔よう前へ出い, ッ潜りをする, ッ潰したのも, ッ潰すことも, ッ潰れるぞ, ッさを, ッ火の手ではない, ッ火事じゃ火事, ッ火柱だ, ッ無人の家, ッ無念だッ, ッ無念ッ何のッ, ッ無断で無断, ッ無頼者を引ッ, ッ焼餅ばかり焼い, ッ父上で, ッやか, ッ片腹痛いわい, ッ物凄い鼻息を, ッ物売りどもは店, ッ物貰いだから, ッ犢鼻褌を焚いた, ッ犬狐猯猫兎贄のハダカ, ッ犬走りだ, ッ狂女だッ, ッの奴め, ッ狩谷軍太夫はおらぬ, ッ狭山ですか, ッ猪牙舟か駕, ッ獄門の御, ッ玄蕃とな, ッ玉がちいせえからな, ッらしい, ッ理不尽何んの意趣, ッ瓜生保っ, ッ甘く見やあ, ッくコキ, ッ不動の, ッ生きてたなおやじ, ッ生温い声を, ッ生首二個受取ろうか, ッ甦させてやれ, ッ甦したのか, ッ用事はない, ッ甲脚絆素わらじのすでに, ッ甲軍の精猛, ッ申し上げちまえッ, ッ申すなッ, ッ申上げまするでございまする, ッ町役人が文句, ッ番士であろうと, ッ番町の姫様, ッ異変がある, ッでもあれ, ッ疾く呼べ, ッ痛くはない, ッ痩せ我慢をいっていら, ッの悪い, ッにさわる, ッ白ェわ, ッ白ェことになるれ, ッ白ャエことになった, ッ白真菰真菅などのマ, ッ百面相の芸人, ッ的盧だ, ッ飛び出せッ, ッ皆さん来て, ッ皆様助けて, ッの雪, ッに盛り来る, ッ益々うまいです, ッ盗まれたとお, ッ盗られてしまった, ッの牡丹, ッ目ざす怨敵へ, ッ目ざわりな, ッ目屋の新, ッの小娘, ッ直さまお供という様, ッ直中で大迫玄蕃, ッ直参旗本早乙女主水之介, ッ相良様が駆け, ッ真っ直ぐに申, ッ真顔で聞い, ッ眠らしておきなさい, ッ眠るなよ我慢, ッ着いて行かね, ッ着いた金なんか, ッ着かれようを御覧, ッ着きゃしませんからね安心し, ッ矢張しある, ッ矢来の外, ッ知っている, ッ知らざあ言って, ッ知らずば教え, ッ知らねえのか, ッ石川五右衛門もとんだ, ッを蹴あげ, ッ砕いてやる, ッ砲弾の乗っ, ッ破ぬく事は, ッ破抜いたら日本国中が, ッ破抜かれるとその, ッ破抜きましょうか, ッ破抜くのです, ッ確かに承知, ッ確乎しろ意地, ッ禿の一つ, ッ稲富喜三郎だよ, ッを引き込みました, ッ突いて突い, ッ突いたのであった, ッ突かって修業, ッ突かったような, ッ突かるような, ッ突かんかい一思い, ッ突き当りやがっ, ッ突くな, ッ突こうとする, ッ突っ立って, ッだ窓, ッ立たせると彼, ッ立ちあがっている, ッ立ちあがったとき凛として, ッ立ちつくしてゐました, ッ立ち上って聖人, ッ立ち聞きして, ッ立ってる様が, ッ立つた烟柱は, ッ立てずには措かない, ッ立てたまままる, ッ立てようと先方, ッ立てられた龍巻は, ッ立てられるのである, ッ立てろとばかりもう, ッ立て便所へ通う, ッ立小屋で入口, ッ立派な男, ッ童穴以来一同の心, ッ端一本でも盗んだ, ッ端同士で話, ッ端折りの尾, ッ端折りでそれこそ, ッ端武者の処分, ッ端細工で好個焚付, ッ端連の成れ, ッ競双方しばらく無言, ッの野郎, ッ竹棒渡りとな, ッ竹神妙にせい, ッ笑いごっちゃねえん, ッ笑ったナ, ッ笑わすよこの, ッ笑わせるぜ見, ッなんか, ッ節専門の立廻り派, ッ簡雍っ, ッ粋旗本の性根, ッはあんまり, ッ粗茶ながらひとつ, ッ精霊船か, ッに書いた, ッ糠めっ, ッ糸子が危, ッへ触る, ッ素っ破抜いちゃいけ, ッ組み首を鞍, ッ組合をした, ッ経理の野郎, ッ緩怠至極の奴等, ッを打て, ッりの, ッ縛った上で, ッ縛るからそう, ッ縛れッ, ッ織田ごときが, ッリ返, ッ繰りかえすとどうしてなかなか, ッ繰り返さなければならなかった, ッ繰り返された牛乳の, ッ繰り返ってるのを, ッを裁く, ッ置いた膏藥の, ッ美与子篠田わしの声, ッ羽柴の家来, ッ者共ッ開門さッしゃい, ッ聞いてみなく, ッ聞えませんかええ, ッ聞えるわよ, ッ聞こえるからこそ不思議, ッだから, ッを縄, ッで息, ッ肺病の罰あたりめ, ッ背後態にへたばったなら, ッ背負って行っ, ッは五, ッ脅かしちゃいけません, ッ腐った魚などは, ッが抜ける, ッ腰の物が見えぬ, ッ腹お上の禄, ッ腹ア蹴たら婆ア, ッ腹式の威勢, ッ腹気味に抗弁, ッ腹立の八ツ当り, ッだったけれど, ッ自分ひとりで上, ッが廻っ, ッが廻っちまった, ッ良い色を, ッをふかし, ッ雑ども, ッ若け者に, ッ若し僕が, ッ若君飛道具のそなえ, ッ若旦那はその, ッ若衆に女子, ッるしい暗い, ッをはねろ, ッ茶けた奴ばかりだ, ッ茶けた草やマンザニタ, ッ茶屋女でござるとな, ッ草履がない, ッ莫迦な女, ッ莫迦莫迦しい, ッ菊王他人のすなる, ッ菜っ葉包丁みたいなもの, ッ落ちたひと品が, ッ葉ども師の仇, ッ葉ひとつ動かしません, ッ葉みたいに云い, ッ葉ズボンに年中縞, ッ葉ミジンに飜弄, ッ葉一束棒切の尖, ッ葉問題といっしょ, ッ葉天狗にも外道, ッ葉屋根の二軒長屋, ッ葉役人共めがこの, ッ葉役者がこうして, ッ葉旗本行くぞ, ッ葉服姿の男, ッ葉武者はどう, ッ葉浪人を八面, ッ葉船だ, ッ葉色の作業服, ッ葉色制服のちがい, ッ葉芝居はへらへら, ッ蒲団にはいったら, ッ蒼い顔を, ッ蔭間だと, ッと称する, ッ薄野呂のおんぼろ宿六, ッ薦被りは灘, ッ薩摩長州の又, ッ虫けらの本気, ッだ, ッ血迷ったか人, ッ行かなきゃアまた, ッ行かなくって何, ッ行けいと御諚, ッ行った先が, ッ行軍は厳粛, ッ衝いたり灰, ッの鼠, ッ成もんだ, ッ被さッて, ッ被せて云っ, ッ被った浪人である, ッ被りはねえ, ッ裂いた捕手の, ッ裂かんとした, ッ裂き羽織に, ッ裂くような, ッ裂けそうな, ッ裂羽織胸は覚悟, ッ裏切りやがッ, ッ裸ニシテ仰向, ッ裸同様だし, ッ襯衣買って, ッ西瓜を植える, ッ要らぬ御節介, ッ要領よくやります, ッへした, ッ見せませいッ, ッ見たくもねえ, ッ見たまえあっちから, ッ見失うな, ッ見透しだね親分, ッも親, ッ親分あれが浪江, ッ親分八五郎が関, ッ親方殺しの下手人, ッ親船が, ッ親鸞はもう, ッ観念しろ, ッ触ってはいけない, ッやがった, ッ言いますよ親分, ッ言うことが, ッ言ってしまえ, ッ討ったぞッ, ッ設計室の暖炉, ッ詰らねえな俺たち, ッ話せるね, ッ話そうだが潮, ッ誘拐すとは, ッ誰そある, ッ誰方かに向っ, ッ調子声張り上げて, ッ談義などは, ッ論議は無駄, ッ警報が出る, ッ貝外へ出りゃ, ッ貝野郎ではない, ッ負けるもんか, ッ負惜しみが強い, ッ貴公は若し, ッ貴様たちに何, ッ貴様アさっき避難民が入り込ん, ッ貴殿は宮川氏, ッ買い屑屋なんて, ッ買物に, ッ賄賂止めとは何, ッもイカサマ, ッ贄釜に入れ, ッ赤いけにつけ, ッ走しってその, ッ走らしたのは, ッ走り届けるのは, ッ走り往ッて, ッ走り送ってあげ, ッ走れるかよ, ッ起きあがれるぞ, ッ起きねえかッ, ッもない, ッ越しすべて背水の陣, ッ越したら群馬の, ッ越後から米, ッ足利尊氏の畜生ッ, ッ足小僧には大切, ッ足揃へて空, ッ足音だ, ッ身のほどを知らねえ, ッ身共が今日, ッ身投げだ, ッ車何だらう, ッ転ばしではない, ッ軽はずみのこと, ッを焼, ッ轟々という音, ッ轟又八をのがす, ッ辛き手拭を, ッ辛くって宜, ッ込み番頭に頼ん, ッ込めだぞ, ッ込めようとして好い, ッ込もうという肚, ッ込んでるがいい, ッ込ミ思案デアマリ外, ッ込メル早サト云ッタラナイノ, ッ込ンデイテ殆ド一日テレビヤラジオヲ聞イテイル, ッ込ンデイルノカ一向姿, ッい, ッえ, ッ返えるように, ッ返させなさるかそれとも, ッ返さなきゃこうだ, ッ返されて来た, ッ返しましょうか, ッ返し大神宮際の床店, ッ返せッ, ッ返せいッ, ッ返そうとする, ッ追うな, ッ追っかけるんだ, ッ追跡だッ, ッ退きおらぬか, ッ退れッ, ッ逃げやがった, ッ逃すなッ, ッ逆賊をたたき殺せ, ッ通し夜業をし, ッ通じないような, ッ通そうとする, ッ通行の女, ッ連れて行かれ, ッ連中がやってきた, ッ進もさっちも, ッ遅いッその, ッのいい, ッ過ちはお, ッをあけろ, ッ違うッ, ッさん, ッ遠いさ, ッ遠慮しねえで, ッ郷国福知山のご, ッ武なんかに, ッ野郎この返報, ッ野郎共のしちまえッ, ッが, ッの下, ッ釣らせてニヤニヤ, ッ釣れねえつれねえもうやめた, ッ鉄屑ぶとりめ, ッ鉢巻で練り歩い, ッを云う, ッ銀五郎ではない, ッ銀流しのお, ッ銅板は俺, ッを捨てた, ッ鎮まらんか, ッ鐘巻自斎, ッ長い煙管が, ッること, ッ開かれている, ッ開かれたのです, ッ開き吊り橋を, ッ開門さッしゃい, ッ間抜けッ何をボンヤリ, ッ間抜めえ, ッ魔ッ, ッばかりはその, ッ附き取っ附じゃ, ッ附くのでそれ, ッ附けて逃げ, ッ附坑夫になれ, ッです, ッ限り兄妹の縁, ッを開け, ッ陪臣共が馴れ, ッが影, ッ隅田川の仕返し, ッ階下のおじさん, ッ隠すところは, ッ離せ何を, ッ雨戸をもう一度, ッをかい, ッ雲霧は, ッ雲霧神妙にお, ッ電灯が点いた, ッ静まれ喧嘩を, ッ一緒に, ッ非道く当る上, ッ面して拗ね, ッ面するな男らしく, ッ面アはっとばし, ッ面倒だ, ッ面宛半分に下宿, ッを, ッがし, ッ頓馬なやつッ, ッ頭領をうたす, ッ願うてもない, ッ風の音ヒュウヒュウと顔, ッ風呂朝湯へ飛び込む, ッ風呂汗を流し, ッ風秋の暮, ッの時, ッ飛ばされたかのごとく, ッ飛ばしたとかで, ッ飛び出して好き, ッ飛んじまって, ッ飛んだが虚無僧, ッ飛行船だ, ッ飛込みやがった, ッ飲んだらあかんぞ, ッ饒舌るって, ッ首やけころにも劣った, ッ馬穴をやる, ッ馬鹿ッとまた, ッ馬鹿ッ何処へゆく, ッ馬鹿気ている, ッ馬鹿者っ, ッ駄目だッ, ッ駈けて来ねえ, ッ騒ぎをする, ッ騒ぐな, ッ騙しゃアがった, ッける所, ッ驚いたの驚かねえ, ッ驚くでしょうこいつは, ッ骨ヒッ挫かれねエ, ッ骨折り損をした, ッ高慢な面あし, ッ高麗村に案内, ッだけど, ッの尖, ッ魂消て了つた, ッ魂消た司法主任が, ッ鳴子をッ, ッ鴨田さんが自殺, ッ黄いろなあかる, ッ黒ぐろに焦げ, ッ黒なかげが身, ッ黒助は水, ッ黒顔にこれ, ッ黙ってるな, ッ黙らぬかッ, ッ黙りますよ, ッとな