青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

上方~ 上流~ 上海~ 上等~ 上衣~ 上野~ 上陸~ ~下 下~ ~下げ
下げ~
~下げた ~下さい 下さい~ ~下さいまし ~下さる 下さる~ 下され~ ~下し 下し~ ~下す

「下げ~」 2325, 25ppm, 4642位

▼ 下げ~ (1658, 71.3%)

60 いた 24 いる 15 いるの 12 ある, 出て 11 いました 10 ゐる 9 来て, 見せた 7 いたの, ゐた, 挨拶を, 礼を, 自分の 6 あった, ありました, あるの, それを 5 あつた, いなければ, お辞儀を, しまった, 帰って, 来た, 行った 4 あります, いたが, いた頭, いった, おくれ, お礼を, しまいました, ゐた手拭, 歩いて, 立って

3 [27件] あって, います, いるから, いるもの, いるよう, いる頭, おいて, しばしの, その下, それに, もらって, やって来た, やつて, ゐるん, ブラリと, 両手を, 外へ, 戻つて, 手を, 持って, 来たの, 次の, 端た, 行くと, 行つた, 謝意を, 頼んで

2 [100件] あるやう, いた鞄, いって, いても, いるかご, いるが, いること, いるでは, いると, いるところ, いるので, いるばかり, いるん, いる事, いる人, いる紐, おいた, おいてから, おくと, おくん, おりますが, きた, きて, ください, くれ, くれた, すー, そこに, そこの, その会葬, それから洗面器, ぶら, やって, やりたいの, やろうと, ゆく, ゐました, ゐるの, ゐるので, 下さい, 了ふ, 云った, 他人に, 会釈した, 何か, 來た, 來やが, 元の, 入って, 其拍子に, 出掛けて, 前の, 去る, 地に, 墓へ, 家へ, 家を, 居りますが, 居るの, 居るん, 居る男, 届け税務署, 引きさ, 弾くこそ, 彼等に, 恥ずかしそう, 持つて, 挨拶した, 杖を, 来たもの, 来ました, 来る, 来るなら地獄, 歩くと, 歩くの, 沙蚕を, 無造作に, 煙草管を, 町に, 眼を, 私の, 笑って, 置く, 舌を, 薬を, 行く, 行って, 見ると, 詫る, 貰うに, 足を, 通過する, 部屋を, 鍋を, 降りて, 頼みに, 頼むぐらゐ, 頼むの, 頼むもの, 顔を

1 [1081件 抜粋] あげくの, あたま, あちこちの, あったの, あつて, あやまった, ありがとうございます, ありその, ありますか, あり金襴縁, あるから, あるけるもの, あるさ, あるところ, あるばかり, あるん, ある友禅形, ある家, ある山草花, ある有様, ある竹, ある衣紋, あわれみを, いかにも感慨無量, いきながら, いくよう, いたから, いたせい, いた一冊, いた人, いた小さな, いた手拭, いた癖, いた竹刀, いた革, いた黒革, いて, いないほど, いらっしゃいました, いるきり, いるじゃ, いるだけ, いるでしょう, いるという, いるなよ, いるものの, いるらしい, いるレジョン・ドヌール, いる乞食, いる口つき, いる合切袋趣味, いる大きな, いる小袋, いる左腕, いる態, いる抜き身, いる浪江, いる玉, いる竹刀, いる辰公, いる金時計, いる革袋, いる首, うなづいて, おいたが, おく, おく必要, おじぎを, おったよう, おめおめと, およその, おりん, おわびを, お名乗り, お居, お暇, お米, お茶を, お辞義, お関, お願いに, お願い致す, かしこまる, かるく手綱, きたの, きたフトン, きた鋼, く, くる筈, くれたので, こうしてウロウロ, こくめい, この信玄, この若松, これほど, さきの, さらにまた, しかも高名, しきりに神棚, しごき返して, しとやかに, しまいなされ, しまい張子, しまったの, しまって, しまひたかつた, じっと耐えた, すさまじい血, すました, すれ違いかけたが, ずっと後ろ, せずとも, そうして四組一筋, そこで久しぶり, そそくさと, その二本, その前, その新, その満身, その結び目, その訳, それからお盆, それから校長, ただ肉体, だらしなく眠っ, ついに斃, つと身, とことこ歩い, どうか今夜, どうぞ勉強, なるべく日, のぞき込みながら, はいって, はなれて, ひたすらに, ひとりげらげら笑いつづけ, ひょろ, ふりむいて, ぶらぶらし, ほかの, ぼんやりし, またイボンイボン, まるで太神楽, みえましたと, みせるやう, みたけれど, みましたが, みんなで, もっとその, もらうといつた, もらひたかつた, やったら素敵, やらなくちゃあ, やる, やるぐらゐは何, やれよ, ゆくという, ゆっくりと, よこす外, わきへ, わしに, わり込んで, ゐたと, ゐた革, ゐられると, ゐるぐらゐであるから, ゐるであらう, ゐる時, ゐる者, ゐる金さ, カタクリ掘りに, キリキリと, ススリ泣きを, タクシーに, タバコを, ナイフもっ, ヌッと, ハダシで, ビラはが, ボーイは, マリオの, メタセシスを, ヤアい, 一太刀斬, 一時半からという, 一枚着物を, 丁度堂, 三田が, 上眼づかひ, 下に, 下劣な, 不案内の, 両腕, 乗降庭に, 乱れた髪, 了う, 了つた, 二三歩よろめい, 二人の, 二百十フランまで, 二階で, 互いに刺さり込みあった, 五十嵐は, 交る代る起っ, 亭主の, 今晩だけ, 今松, 会社から, 低い調子, 何と, 何も, 佗びてみたが家元は, 使いに, 価格は, 傍へ, 働いて, 先に, 先生に, 入鹿御殿, 公園じゅう半哩一哩を, 再びド, 再び威圧, 出かけます, 出た, 出ること, 切り取つた黒い, 前へ, 前線は, 動き出した自転車, 包を, 千疊敷の, 千駄木の, 参りますと, 友人と, 取合わず, 叫び出した, 右手の, 合掌しました, 名の, 向って, 吸い込む様, 呉れた人, 周次郎に, 哄, 商いを, 嘴で, 四月の, 在った浮袋, 地べたを, 坐った, 坐って, 壁添い, 売ったろう, 外に, 夜道を, 大變, 太郎に, 女優部屋へ, 嫉妬に, 安眠しよう, 寄せ来る, 封を, 尋ねる事, 小使帳を, 少しばかりの, 居た, 居たの, 居りその, 居ります, 居る奴, 居る皮, 山原が, 嵐の, 川縁を, 巧みに, 帰ったり, 帰るつもり, 帰るとき, 帰る方, 帳場の, 常陸介を, 平安朝の, 平謝りに, 床には, 床の間の, 廻れ右, 引下つた, 弾ませながら, 彼は, 後ろも, 従順に, 御座るまでは, 微笑みかけた, 心の, 応対せられる, 怪談を, 恐れ入つたもん, 悄ん, 悲鳴を, 感心するだろう, 慇懃に, 憐を, 戴いたの, 戻って, 所々を, 手エ合わし, 抜目なく, 拜んだ, 持ち帰るという, 挨拶し, 掻き合わせだけを, 散らばった南京玉, 旅人や, 日向を, 早くお, 明智の, 時々心配顏, 時々手, 時計を, 暮した習慣, 書かなくては, 最敬礼を, 月の, 月給の, 有難うという, 木割に, 杉戸の, 来たが, 来たので, 来たバケツ, 来た女中, 来た鋭さ, 来に, 来られた, 来るほか, 来臭った, 椅子に, 検分に, 槍岳燕岳蓮華岳の, 機嫌を, 武士よと, 歩いたが, 歩かれるの, 歩くから, 歩くん, 歩く姿, 歩けど, 歩けるか, 歩行てる, 死に恥, 殆ど豹の, 殺したり, 毎日乞食し, 氣た, 水汲み, 汗を, 池田は, 泌むような影を, 浴室へ, 淡紅色の, 渦巻く水, 湯壺へ, 潜門を, 火を, 無い無いづくし, 無念とも, 無知な, 然るべきだ, 熟と, 父親の, 片手で, 物忌と, 犬を, 猪之吉は, 用足しし, 申しました, 男を, 疲れた顔, 病みほほ, 痛快を, 百姓に, 監獄に, 相手を, 眼から, 砂の, 祈って, 禿頭を, 私たちは, 空の, 突っ立っ, 突立つてゐる, 窓際へ, 笑った, 答えました, 米が, 粗朶を, 紙包みを, 結構です, 置いて, 置き再び, 置けば, 群集の, 羽織の, 考え込んだ, 聞き入った, 聞くこと, 肝腎の, 肩に, 脅えるよう, 脚の, 腰を, 膝の, 自分に, 自動車用ブライアに, 舌の, 艫に, 若者の, 薄暗い小屋, 藁草履を, 蝦茶の, 行きさえ, 行き過ぎた, 行くその, 行く時, 行ったの, 行った先々, 行列の, 表に, 襲撃の, 見せながら, 見せ且つ, 見たこと, 見たり, 見事二つに, 見送った, 親類などへ, 言へる, 詫に, 詳しく教, 調べた樣子, 謝しまする, 謝った, 謝罪を, 謹聴し, 貰いたいと, 貰え, 貰った後, 貰ひ, 賃仕事を, 走ったよう, 足袋の, 身を, 車室から, 軽く結ん, 追い放した奴, 送って, 逃げ出しました, 通りが, 通りすぎるよう, 連れ立って, 遠ざかって, 遠足にでも, 遣つた, 部屋の, 重さうに身体, 重明が, 金を, 銀座通りを, 銭湯に, 鏡台を, 長羅の, 門を, 降りたとき, 障子を, 雨の, 零下二百七十三度という, 震わし歌い手, 青い罫, 面を, 鞄を, 頂きやりくり, 須美子は, 頼まぬと, 頼まれるの, 頼む, 頼むところ, 頼むので, 頼める性分, 頼んだと, 風に, 風呂から, 風呂敷を, 飛んで, 食堂の, 養生致させまする, 馬鹿を, 高い庭, 鳴りも, 黄八丈の, 默

▼ 下げたり~ (80, 3.4%)

26 して 3 した 2 かかえたり, したが, すること, するの

1 [43件] あけびを, あげたり, いたします, お尻, こんなところ, さう, したかと, したこと, したらペムペル, しつつ, しては, しながら, しゃくに, する, するだけ, するだけの, するついで, するん, する幽, する擬勢, それからまた全体, それから後, ちょっとぬいだ, ホツレ毛を, 上げたり, 丸めて, 写真機を, 實に, 引きずったり, 張子の, 怪しげな, 振ったり, 時には, 渡すまいと, 無暗に, 異様な, 盾を, 米搗の, 胸に, 臀を, 葉子と, 青い眼鏡, 飾紐で

▼ 下げながら~ (65, 2.8%)

2 ぷいと縁先, 横向い, 玄関の, 自分の

1 [57件] あそこを, いざりよって, おずおずと, お母さんの, しかし命令的, そこい, それまで, つと父, つと立ち去った, つぶやきました, まだすこし空い, もち竿を, やがてかえっ, グラグラする, テク, ノッソリと, ホッと, 一つところを, 一歩進み出, 下唇, 二心の, 何か, 余事まで, 入って, 其処を, 出掛けて, 前に, 向うの, 哀願した, 喜んで, 婆さんは, 媚を, 対岸三浦三崎の, 小犬の, 帽の, 帽子を, 幾人もの, 思ったよりも, 急いで, 急ぎ足に, 手綱短に, 挨拶を, 権右衛門の, 正勝の, 湯上がり姿を, 物売りを, 相手の, 私の, 穢いムッ, 答えた, 素朴な, 美しい客, 言った, 説明を, 足を, 青葉の, 飛び込むよう

▼ 下げ~ (48, 2.1%)

5 して 2 なって, ならなかつたの

1 [39件] いたします, うしろへ, した間, し体じゅう, し自分, すること, するなんて, するよう, なったの, なった様子, なつた, なつて, ならなかったの, なり取こはすつもり, まかり越したの, 往つた実業家で, 括った紐, 来た, 来たから, 来たの, 来たら今度, 来た女中, 来た宿, 来た給仕人, 来るかと, 来るその, 来る老爺, 致して, 行かねば, 行き私, 行く, 行くこと, 行くと, 行こうと, 行ったこと, 行ったと, 行って, 關する, 馳け

▼ 下げ~ (33, 1.4%)

3 頭を

1 [30件] あささ, においを, ままの, ものは, ようで, ような, ように, 一部を, 件, 使いを, 公布が, 十時過ぎとも, 夜具まだ, 山林とかを, 弓とか, 手続きし, 手続きを, 手続を, 方に, 本の, 機構によって, 機構に従い, 殊勲者としては, 沙汰も, 煙草入れなども, 男帯の, 立派な, 類でも, 顱頂部に, 髪を

▼ 下げても~ (24, 1.0%)

2 い, いいと

1 [20件] いいであろう, かういふ下品, こればっかりは, すぐに, どつかれ, なお意, よかろう, 三十年以上は, 下げても, 下げ切れない程, 仕たく様, 多少は, 差支えないが, 彼女には, 武士の, 決してもと通り, 買い手が, 買手が, 通すわけ, 鼻毛は

▼ 下げてから~ (19, 0.8%)

2 その傍

1 [17件] お嬢さんの, しばらくお待ち, また車, ホヤの, 人垣の, 傍に, 台所で, 外記は, 島吉を, 急に, 玄白堂の, 私は, 立上った, 立去った, 行つて了つた, 額越しに, 顔を

▼ 下げ~ (12, 0.5%)

1 [12件] うけつけぬこと, おきそれ, 北海道庁から, 受けた面積三千百十三町七反歩, 希望する, 歎願に, 蒙古, 試みること, 運動した, 道庁に, 頼み込むに, 願ひ出

▼ 下げては~ (11, 0.5%)

1 [11件] いけない, くれないそこ, ならぬ時, ゐないけれども, ゐましたが, 下さいません, 中, 割りに, 居ましたが, 来られないで, 里へ

▼ 下げつつ~ (8, 0.3%)

1 ゴックリと, 不注意を, 両手で, 供給し, 売り得る自由, 売り生産物, 幾度も, 答えけるが

▼ 下げその~ (7, 0.3%)

2 上から 1 下なる, 中に, 中へ, 先に, 隙を

▼ 下げそして~ (6, 0.3%)

1 いいこと, また言い続けた, 両足を, 出て, 初めて宗清, 突然ぐいと扉

▼ 下げする~ (5, 0.2%)

1 から飯倉, ことが, ので私, ように, んだ

▼ 下げ~ (5, 0.2%)

1 しなかった, しなかった頭, せず, ならねえん, 付かなくなって

▼ 下げ~ (4, 0.2%)

2 をし 1 をするだろう, を音

▼ 下げ~ (4, 0.2%)

1 が附い, なぞの目, などの掛かった, や御

▼ 下げ運動~ (4, 0.2%)

1 は見合わせる, は試むるが, をしかけた, を試み

▼ 下げ~ (3, 0.1%)

1 するやう, するよう, へすれ

▼ 下げさえ~ (3, 0.1%)

1 した, すりゃそれでいいのだなにも, すれあ

▼ 下げ~ (3, 0.1%)

1 て, てくれる, をかいなでかいな

▼ 下げそれ~ (3, 0.1%)

1 に自在, を振廻し, を胸

▼ 下げたる~ (3, 0.1%)

1 一束の, 尻端折雨傘打並べて, 頭と

▼ 下げっぷり~ (3, 0.1%)

1 がもとより, が悪い, の悪い

▼ 下げての~ (3, 0.1%)

1 御依頼, 詫ごと何と, 駈落

▼ 下げにな~ (3, 0.1%)

1 つただぶだぶ, つても, つて枝だけは

▼ 下げ~ (3, 0.1%)

1 うまく行き, しなかつたで, 落著いた

▼ 下げ~ (3, 0.1%)

1 と頬, の運搬器, の鳥籠

▼ 下げ~ (3, 0.1%)

1 に念珠, に鈴, を膝

▼ 下げ~ (3, 0.1%)

1 の先, をぶら下げ, を貸し

▼ 下げから~ (2, 0.1%)

1 ポックリの, ポツクリの

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

1 みの, 願いたいもの

▼ 下げそうして~ (2, 0.1%)

1 心安げ, 炉の

▼ 下げたりなど~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 下げっ放し~ (2, 0.1%)

1 なの, の名所旧跡

▼ 下げつい~ (2, 0.1%)

2 御馳走に

▼ 下げていう~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 下げという~ (2, 0.1%)

1 ことは, のが

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

1 おしで, ほしに

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ 下げまた~ (2, 0.1%)

1 かの焼き, 城中五百の

▼ 下げまるで~ (2, 0.1%)

1 事務員か, 蓬

▼ 下げやう~ (2, 0.1%)

1 がどこ, の足りない

▼ 下げよう~ (2, 0.1%)

1 が足りない, ではありません

▼ 下げ両手~ (2, 0.1%)

2 をつい

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

1 をかため, をひい

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

1 かに向っ, か言おう

▼ 下げ加減~ (2, 0.1%)

1 で大きな, になっ

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

1 の上辺, を少し

▼ 下げ右手~ (2, 0.1%)

1 に七分通り, に花束

▼ 下げ月代~ (2, 0.1%)

1 の上, を生し

▼ 下げ渡し~ (2, 0.1%)

1 でけり, という寸法

▼ 下げ片手~ (2, 0.1%)

1 で顔, に竹

▼ 下げ~ (2, 0.1%)

1 を上げた, を伏せ

▼ 下げ草履~ (2, 0.1%)

1 ばき, までかなり

▼ 下げ蒲団~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 下げ高い~ (2, 0.1%)

1 ところへ, 歯の

▼1* [242件]

下げあの通りに, 下げいぎたなくそこに, 下げいざとなれ, 下げ角は, 下げおとなしく山羊の, 下げかじをとり, 下げからだを前かがみ, 下げ機嫌を, 下げされた永田杢次は, 下げされ売れない方の, 下げしばらく上げも, 下げじんじん端折の古, 下げすっかり落付く, 下げすむやうな, 下げすんでくれる, 下げそういう意味での, 下げそこに金槌, 下げそれからまたも懐手, 下げそれでも眼では, 下げたりなんぞして, 下げたりもいいかげんに, 下げちや勿體ないと, 下げついにガス砲の, 下げつとそのまま姿を, 下げてかような, 下げててエエを, 下げてにッと, 下げてまでウスノロを, 下げてまでもおもて, 下げてもといふ世の, 下げてをります, 下げいる, 下げであり人間の, 下げとも枯枝竹枝の, 下げなさいますか, 下げなぞの玉占口よせ等は, 下げなどして, 下げなどの挙動と, 下げにはいって, 下げにやならぬと, 下げによる深刻な, 下げねがいたいといった, 下げねばうちは, 下げはじめて二匹は, 下げひどくのんびりとすわっ, 下げふり向きもしない, 下げぺこぺこと頼み, 下げまた上へ放つ, 下げものを腰, 下げものすごく吼えながら, 下げ験者など, 下げやや俯向き加減で, 下げわれらとて天下, 下げクリーム色の壁, 下げスエ子が歌, 下げスタスタと早足, 下げスバーの自然, 下げスーッと灰, 下げツト進み出ると, 下げドッと廊下, 下げハガキを百姓, 下げパチンと, 下げパッと室外, 下げヒョロヒョロと日本橋通り, 下げビラを書い, 下げフィルムを持った, 下げプロレテリヤと歓呼, 下げラムプをしつかりと握つ, 下げリボンを結び, 下げレヴィー・クールを見つめ, 下げ一人ずつ車, 下げ一方の手, 下げ七千六百町は古川, 下げ三味線をさし措いた, 下げ上半身を乘, 下げ上着のボタン, 下げ下げするので, 下げ下すつた御, 下げ乍らも事物, 下げ乍ら小笠原流の貧乏搖ぎをやつて, 下げ二三歩進んだ拍子, 下げ互にさぐり合いすぐ, 下げ人一人ずつを乗せ, 下げの摂氏十五度, 下げ代金を詐取, 下げ代金三千餘圓の工面, 下げ伸子はそれ, 下げ低くてききとれない, 下げ何ごとにも気, 下げの微妙, 下げ価格は下落, 下げ候人は村田一人, 下げ側目もふらず, 下げ僧衣古びたれどみずから別, 下げ兄樣此字は何と, 下げ兩手を支, 下げ処分にする, 下げ別れの挨拶, 下げへつんのめる, 下げなくドア, 下げた免租, 下げ叔母樣のお, 下げ古い枝ぶりの, 下げ右腕を左胴, 下げひ競べ, 下げ向こうへ逃げよう, 下げ呼吸も忘れる, 下げの晴れ着, 下げ四ツですむ, 下げり出したる土, 下げ場外れな挨拶, 下げから塔, 下げ外套の襟, 下げも晝, 下げ大小を前, 下げ大急ぎに其処, 下げ太い声を, 下げ子供をつれ, 下げの裂け, 下げのわき, 下げ小僧の前, 下げ小声を一層, 下げ少尉は彼, 下げ少時上げも得せざりし, 下げの方, 下げ左手で旗, 下げ帽子をかぶった, 下げとして鮮, 下げ床上二間のところ, 下げ庵室の内, 下げ揚げて, 下げ弱い者は, 下げ心持ち聳やかした右, 下げ思わず耳を, 下げ性器を出す, 下げ慇懃に云った, 下げ拝殿にも入口, 下げにとおした, 下げ捻り棒を持っ, 下げ摺皮の踏皮, 下げ撫で下げ滑稽けた話を, 下げ支那服を着, 下げ改めて姓名を, 下げが近づく, 下げ方物の言い方, 下げ暗い室の, 下げ更に其下に, 下げ札それらのもの, 下げの目, 下げ根掘りを握っ, 下げ棒切れの様, 下げの歌い手たちみんな, 下げ椅子をずらした, 下げをつかっ, 下げの小, 下げ段々に糶るの, 下げ毎晩それに火, 下げ氣味の時, 下げになった, 下げにま, 下げ決して顔も, 下げの姓, 下げ滑稽けた話をし, 下げ火鉢を前, 下げ煙管の投首, 下げ片方にはそこ, 下げが胃袋, 下げ用心しながら, 下げは時計, 下げでは彼, 下げへ額, 下げ白い房を, 下げ白粉気の無い白い, 下げ白綾の水干, 下げに白い, 下げを伏せ, 下げ直ぐまたあげ, 下げ相当ふけた男女学生, 下げ相手を忘れ, 下げ真心からオドオド, 下げ短い裳衣を, 下げ砲手長をねらった, 下げが最初, 下げ突っ立って, 下げ笑顔を作っ, 下げの手, 下げ粗末ななり, 下げがついてない, 下げ紙帳の角, 下げ素頭で草履, 下げへ腰かけた, 下げをひく, 下げの羽織, 下げの肋肉, 下げを澄ました, 下げにはぴかぴか, 下げを下げ, 下げ腹壁を太鼓, 下げを屈す, 下げ自分の首, 下げ苦笑いをし, 下げ茶柄に蝋鞘, 下げ落着かない, 下げ蒼白の顔, 下げ藍子は飯田橋, 下げを持ってた, 下げ襟耳の裏, 下げを敵, 下げ許可がおりませんで, 下げ詰めだつた頭, 下げ詰め足あすりこぎ, 下げにともなく, 下げ象牙まが, 下げには分厚, 下げ足もと定まらずヒョロヒョロヒョロ, 下げ足下の死骸, 下げ跛足をひい, 下げ踏台として足, 下げを隠し, 下げ身体を点検, 下げ軽く手を, 下げ輪廓の正しい, 下げ遣わすこら町役人筆, 下げ金入れらしい袋, 下げを突く, 下げ門番は上, 下げ階下の洗面所, 下げ階段の降り口, 下げ難い頭も, 下げ洩りを, 下げに包まれた, 下げを磨く, 下げから耳, 下げを掩うたまま, 下げを書い, 下げん棒, 下げの毛, 下げのこと, 下げ馬七八匹を約束, 下げ高き咳する, 下げにした, 下げ黒地の被布