青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一刻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一ぱい 一ぱい~ 一事~ ~一人 ~一件 ~一体 一体~ ~一個 ~一切 一切~
一刻~
~一匹 一句~ ~一同 一同~ ~一向 一向~ 一向に~ ~一団 一団~ ~一夜

「一刻~」 2374, 24ppm, 4921位

▼ 一刻~ (1327, 55.9%)

35 早くこの 24 早く 20 早くその 16 早くお 13 早くここ 12 早く家, 猶予は 10 はやくこの 9 早く自分 8 早くそれ 7 ぐずぐずし 6 ここに, じっとし, はやくお, はやくここ, 我慢が, 早い方, 早く会いたい, 早く彼, 猶豫 5 ここには, ぢつ, 早く此, 早く犯人, 早く私, 猶予が, 猶予し 4 前に, 後の, 早くこんな, 早く彼女, 早く御, 早く手, 早く東京, 早く知りたい, 生きて, 目を

3 [17件] これを, すると, そこに, 忘れては, 捨てて, 早くこれ, 早くと, 早く主人, 早く夫人, 早く帰る, 早く殺し, 早く目的地, 早よう, 猶予ならぬ, 經つてから, 自分の, 躊躇し

2 [90件] あるまい, いられないという, お止まり, かかって, この家, こんなところ, すれば, そばを, たったろうか, なかった, はやく, はやくご, はやく中国, はやく知りたい, はやく身, ゆだ, ジッとしては, 争うぞ, 二刻も, 休まずに, 休みなく, 前から, 坐つて, 安い心, 安らかな, 早くあの, 早くわが家, 早く京都, 早く他, 早く利用, 早く助け出さなけれ, 早く医師, 早く去る, 早く同勢, 早く妻, 早く完全, 早く宿, 早く屋敷, 早く山, 早く帰り, 早く帰りたい, 早く帰宅, 早く平次殿, 早く急, 早く成就, 早く捜さね, 早く救い出し, 早く日本, 早く曲者, 早く本当, 早く此席, 早く母親, 早く浴, 早く片, 早く狸肉, 早く眠りたい, 早く知らせ, 早く確め, 早く神, 早く突き, 早く脱, 早く脱捨て, 早く自宅, 早く船, 早く茲, 早く行っ, 早く見たく, 早く話題, 早く貴女, 早く返答, 早く送つ, 早く静子, 晏如としては, 煙草を, 猶予しない, 猶予すべきで, 猶予する, 猶予ならん, 精神の, 経たないうち, 経った後, 綿帽子から, 置くこと, 耐らぬ, 見て, 貴女なし, 辛抱が, 速く順一, 逡巡し, 静止し

1 [801件 抜粋] あけちや, あらすか, あらそう, あらそう心, ありや, あるの, いたたまらないよう, いたたまれないよう, いっしょに, いては, いられない, いられぬ茂太郎, いるの, うっちゃっては, おくこと, おそば, おはやく, お早く, かうしては, かかれば, ぐずぐずしない, ぐづ, こうし, こうしてはおられん, こうやっ, この島, この馬, この鮎川部屋, こんな気違い, こんな穢らしい, さきに, じっと耐える, すておけないと, そのままに, そのままには, その室, その怖, そばから, ただぼんやり, たったら気, ぢっと, できません, とどまって, とどまる氣, なおざりに, のばせぬ急務, はやくおいで, はやくかなた, はやくたしかめたい, はやくと, はやくのがれたい, はやくハンモック, はやくロケット艇, はやく下街, はやく主君, はやく他, はやく冷たいだろう, はやく勝龍寺, はやく吉報, はやく君前, はやく告げたく思った, はやく国境, はやく地, はやく城外遠く, はやく奏聞, はやく客, はやく尊公, はやく小太郎山, はやく尾張方面, はやく嵯峨, はやく帰る, はやく弟信孝, はやく御, はやく戦争, はやく救い出さね, はやく救助, はやく時益, はやく武蔵さん, はやく海底大陸, はやく火星人, はやく現場, はやく私, はやく秘密艦隊, はやく縛っ, はやく舅, はやく芥川, はやく蜀, はやく詔書, はやく軍馬, はやく郷里, はやく長島, はやく降, はやく頼朝, ぼんやりし, まえに, むなしく過せない, やまない粉雪, ゆうよは, ゆるがせならぬぞ, ゆるされぬ状態, ゆるまず前進, ゐた, カフェーに, 与えられた時, 乗ってられやしない, 争うこと, 争う大事, 争う旅, 仮すこと, 伊庭に, 休まず歩き出來, 休ませなかった, 休むこと, 住んでは, 働かずにじっとしては, 僕の, 其処に, 冷めぬ様, 出來, 動かないやう, 千浪の, 危険だ, 同一と, 君を, 坐って, 堪えられず立ち上った, 変な, 変らずに, 存在する, 安心と, 安息を, 寝たろうか, 寝ても, 居た, 居ては, 居られぬとばかり, 居堪らない, 差し向かい, 延引すべからず, 彼の, 待ち切れません, 後だ, 後で, 心に, 忘れずこの, 忘れずに, 忘れねえつもり, 忘れられずに, 念頭より, 忽せに, 急いでね, 急がねば, 恥を, 息む間, 惜むようにして働い, 惜んで, 我慢できなくなっ, 持って, 捨ておかれまい, 捨て措かれますまい, 捨て置かれぬ, 放つては, 斯様な, 早いが, 早い犯人, 早い適切, 早うお, 早うも, 早う見たい, 早かったら, 早くあいたい, 早くあれ, 早くうち, 早くおい, 早くお嬢様, 早くお目にかかりたい, 早くかえりたかった, 早くが, 早くき, 早くこちら, 早くさあ, 早くさだ子, 早くすてる, 早くそう, 早くその後, 早くそもじ, 早くたしかめたかった, 早くつみあげ, 早くという, 早くどうぞ, 早くどこ, 早くなおります, 早くなんとか, 早くにと, 早くは, 早くぶつかっ, 早くほんもの, 早くやっ, 早くやめる, 早くわたし, 早くアルコール, 早くクララ, 早くポチ, 早くマメイド, 早くユタ, 早くヨーロツパ文明, 早くロケット艦, 早く一月寺, 早く一部始終, 早く三十俵二人扶持, 早く三木城, 早く上方, 早く上船, 早く下ろし, 早く世界的場, 早く両刀, 早く主君, 早く争議団, 早く二人, 早く人工心臓, 早く人柱, 早く人通り, 早く仁右衛門殿, 早く今, 早く仕損じた, 早く仲間, 早く会見, 早く伝えたかった, 早く何もかも, 早く使命, 早く使者, 早く修理, 早く僕, 早く兄, 早く全国, 早く其中庵, 早く円周, 早く処分, 早く出, 早く出し, 早く出しません, 早く出たがった, 早く出掛けなけれ, 早く出来る, 早く出頭, 早く別, 早く加工, 早く北京, 早く千ちゃん, 早く危険率, 早く厄介, 早く去っ, 早く参りましょう, 早く友情以上, 早く取りのけた, 早く取り除ける, 早く口, 早く吉松殿, 早く同型, 早く否定, 早く周さん, 早く啓之助, 早く四時, 早く国, 早く地上, 早く坂東八国, 早く坊主共, 早く塔, 早く外部, 早く大使, 早く大尽, 早く大森, 早く奥さん, 早く奥地地帯, 早く女王, 早く姉, 早く始める, 早く姿, 早く娘, 早く安らか, 早く安堵, 早く安心, 早く定軍山, 早く寄附, 早く少, 早く届け出で, 早く屋島, 早く岡田, 早く島, 早く巴里, 早く市民, 早く帰っ, 早く帰らう, 早く帰りたくなる, 早く帰庵, 早く底, 早く延岡, 早く弦, 早く彼等, 早く往来, 早く待遇, 早く御悩, 早く急ぎたかった, 早く怪塔征伐, 早く息子, 早く手分け, 早く手紙, 早く手配, 早く手配り, 早く拾い集めなけれ, 早く探し出し, 早く探偵, 早く接したかつた, 早く換気, 早く搜, 早く改めね, 早く救いだし, 早く救援作業, 早く教え, 早く斬っ, 早く旅館, 早く早く, 早く暗の, 早く有明荘, 早く朝, 早く村, 早く来, 早く枯草積み, 早く柱, 早く椎, 早く横, 早く樫尾, 早く橋, 早く次, 早く此処, 早く歸京, 早く歸國, 早く死に, 早く死にたい, 早く殺す, 早く民主的実践, 早く求めるべく, 早く浮かびあがらなけれ, 早く消し弾き出す, 早く済ました, 早く滅亡, 早く火葬, 早く父, 早く片付け, 早く現場, 早く用, 早く由比ヶ濱, 早く男, 早く町外れ, 早く発とう, 早く白法師様, 早く皇帝, 早く目黒駅, 早く直接女, 早く相手, 早く知っ, 早く知らせるべきだ, 早く知る, 早く砧, 早く確かめたい, 早く神秘, 早く福知山, 早く空気交換, 早く立ち帰らせる, 早く立去っ, 早く立去りたし, 早く立去れ, 早く筒井, 早く給料袋, 早く美保子さん, 早く耳, 早く育てよう, 早く自由, 早く若, 早く落ちたい, 早く蒲團, 早く血, 早く見せ, 早く見付け, 早く見付けよう, 早く見究めよう, 早く覚醒, 早く言っ, 早く訴え出なけれ, 早く話し, 早く読みたくなる, 早く誰, 早く警察, 早く赤見沢博士, 早く足もと, 早く辻, 早く近づく, 早く追い出した, 早く追出さう, 早く退散, 早く逃げましょう, 早く逃げよう, 早く逃げ出さなきゃ, 早く逃げ出したい, 早く逃れたい, 早く速, 早く逢いたい, 早く逢っ, 早く遁げ, 早く道場, 早く遠路, 早く遺骸, 早く都, 早く酔っぱらいたく, 早く里, 早く金剛寺坂, 早く長吉, 早く降りやん, 早く陶器山, 早く陸, 早く離れたい, 早く雪ぎ去らね, 早く面前, 早く預つた, 早く顔, 早く馴染, 早く高城, 早く麓, 早く鼻, 早成さる, 早過ぎる, 時を, 枕を, 楽屋に, 止まって, 止ること, 此処を, 母を, 気が, 水が, 油断し, 油断しない, 泥棒は, 無くうっかり, 無しよ, 無言で, 狐疑する, 猶予すべからざる, 猶予すべきでない, 猶予できない, 猶予なら, 猶予ならず, 猶予の, 猶予致す, 玩具なし, 生きられない, 生存出来ないらしい, 生活を, 疾く仕上げ, 疾く急がね, 疾く逢度, 相別, 眤として, 私は, 私を, 経たぬうち, 経ったであろうか, 経ってから, 經た, 經たぬ, 經つた後の, 耐えて, 自分を, 落ち着いて, 西園の, 話して, 貴方なし, 貴様を, 躊躇出来ぬ, 身に, 速かに, 速くこちら, 速くこの, 速く帰し, 速く帰りませぬ, 速く聞きたかった, 速やかに, 遅かれその, 遅らしては, 遅れること, 過ごされないもの, 遠のくため, 酒が, 長く一緒, 長く左膳, 開けて, 離れては, 離れないよう, 離れるわけ, 静かに

▼ 一刻~ (150, 6.3%)

24 猶予も 10 間に 7 間も 5 後に, 後には 43 余も, 油断も

2 [13件] あいだにも, うちに, ご辛抱, まも, 休みも, 前をも, 安きを, 幸から, 後をも, 猶予が, 猶予を, 猶豫, 躊躇も

1 [63件] あいだに, あいだも, あとに, うちには, がまんも, がれも, ごとし, のちには, ひまを, まちがいで, まに, やすむ暇, ゆうよも, ゆるみも, よも寝かされ, 休息も, 余に, 価値千金と, 停滞なく, 全生命, 前なる, 勝負かも, 午睡を, 合間だった, 名残りの, 命で, 命でしょう, 変化が, 夫婦の, 存在も, 安心も, 安心をも, 差が, 差であったろう, 後が, 後れは, 心を, 憩いも, 揉み合いであった, 損に, 春宵を, 時を, 時間も, 暇も, 油斷も, 独居だ, 猶予なく, 猶予は, 猶予もす, 相違は, 睡を, 睡眠を, 美しさ, 貴重な, 躊躇なく, 躊躇を, 道に, 遷延も, 間お前の, 音毎に, 風光を, 首は, 魔の

▼ 一刻~ (79, 3.3%)

4 争って 3 争う場合 2 争うの, 争ひ, 争ふ, 争わねば, 急ぐ場合, 私は

1 [60件] あらそうこの, あらそう場合, あらそって, あわただしい人声, この像, それの, ただ獄則厳守, とりとめも, やはり新人, フレデレグスベルの, 争いこの, 争いながら, 争いましょうぞ, 争いますから, 争いますよ, 争い門, 争う, 争うか, 争うから, 争うげ, 争うぜ, 争うて, 争うとき, 争うば, 争う問題, 争う場合ゆえ, 争う時, 争う火急, 争う重大問題, 争ったり, 争て, 争ふみたい, 争わなければ, 仮睡の, 加うれ, 千金と, 大切に, 失えば, 彼は, 後れては, 心から楽しん, 急ぎますので, 急ぎ候あいだ, 急ぎ候あいだ馬, 急く程, 急ぐ体, 惜むやうに忙し, 歓楽の, 爭つて溯り, 知れば, 若い衆に, 菩提山に, 要さない, 諸君は, 逸しては, 過ぎ高原, 過して, 過ったため, 長く尾, 除いて

▼ 一刻~ (71, 3.0%)

2 敗けて, 深くなつ, 高まって

1 [65件] あり, あるな, うすれゆく日光, かれは, この釣り方, して, すべては, その勢い, その幾倍, たかまる, つづめて, つのる, どのくらい, なりますと, なろうか, はげしい腹痛, はるかに, より大きく, 一刻を, 一度づつは, 云うもの, 切迫する, 加はりまさる, 十里二十里と, 占領された, 及んだという, 吾人の, 味方は, 増加す, 変って, 変わりその, 夜が, 大きくなっ, 天から, 女を, 始まつて, 少年のみ, 引き集めた様, 彼の, 怺へ, 悪魔の, 押し寄せつつ, 新しく新しく感じ, 死につ, 死んで, 殖えるばかり, 満干する, 滿干する, 激しく要求, 熱した二つ, 猛烈に, 生血を, 異様な, 私の, 私は, 肉一分は, 自分の, 荒れて, 訳も, 足らないもの, 身体も, 近づき來, 高く打当つて, 高まる殺気, 魔と

▼ 一刻~ (68, 2.9%)

3 経たないうち 2 いえども, しめつけ凍りついて, せまって, 増して, 薄れて, 迫って, 雖ども安心と

1 [51件] いえ工事, いへども, きみわるくなっ, さし迫って, その光輝, その境地, その度, その数, その灰色, その物音, その陰影, だんだん嶮, つのる様子, はか, はげしくなる, はたつめえ, ひどくなっ, ふえて, やかましいひびき, やがて三時間近く, 一刻の, 二人の, 云えない, 今にもはち切れ, 加わって, 募って, 増すばかり, 大きくなっ, 大きくなった, 大きくなり, 大きくなります, 大きな形, 宗時の, 書き現されて, 流れ去りつつ, 流転が, 消えて, 烈しくなる, 細くなった, 経った, 経っても, 締めつけて, 締め付けて, 自ら虚偽の, 蒼白く痛々しく引攣れ, 近づいて, 近づきつつ, 過ぎて, 高くなっ, 高くなり, 高まって

▼ 一刻ばかり~ (48, 2.0%)

7 前に 4 前這入り 2 前から, 密談を, 後, 後には

1 [29件] お話にな, かかったが, ここへ, して, その茶店, たって, たつと, つづき男坂, で見盡, どこに, まえですが, 休んで, 何處に, 前急ぎの, 前江戸の, 國松喜三郎安五郎を, 後の, 時移る, 此處へ, 用人と, 秋の, 経って, 経つと, 經つた時分四方は, 經つてガラツ八は, 苦しんで, 路地から, 醉の, 間を

▼ 一刻でも~ (44, 1.9%)

2 長く同席

1 [42件] おそいと, この兄弟たち, この場, この頃, そのきたない, まぎらわしたかったの, わが種族, 不愉快な, 人寰を, 他に, 以上説いた如き, 余計に, 半夜でも, 半日でも, 圧迫の, 多く子供, 子どもの, 安楽に, 延ばさうと, 延ばす工夫, 彼の, 忘れは, 早い方, 早くお, 早くそれ, 早くと, 早く定まれ, 早く宮様, 早く死ん, 早めること, 此慾望から, 永く平和, 油断し, 病勢の, 考えて, 胸から, 自分の, 貴公が, 逃れようと, 遅いよう, 長くつづけよう, 長く詰所

▼ 一刻ほど~ (37, 1.6%)

3 して 2

1 [32件] お眠り, してから, すぎたのち, すると, たった後, たってから, で戻るだろう, まえに, 休まして, 何事か, 前さ, 前に, 前には, 前何處とも, 危険は, 待ったろうか, 待って, 後には, 後閣老からの, 後顎十郎は, 横に, 経ったころ, 經つた頃やがて, 經つてあつし, 經つてから, 經つてどうやら, 話しあった, 話して, 過ぎてから, 遺骸の, 酒壺を, 飲んで

▼ 一刻~ (36, 1.5%)

4 と同じ 2 の私, 漸く歌

1 [28件] からの続き, とはまるで, と余りに, と少し, と正反対, には, には景気, に吾, に山崎, に悲痛, に来た, に芝, に言った, に起き出, の一撃, の先生, の凡て, の妙, の平調, の平静, の態度, の憤慨, の文様, の自ら, の薬, の話, よりはいくらか, 泣いたの

▼ 一刻一刻~ (34, 1.4%)

2 が彼

1 [32件] いや一瞬一瞬, おくれて, がいま, がきわめて, が宋江先生, が死, が非常, が頻りに, とさし迫っ, と地平線, と大きく, と敗退, と流れ去り, と矢, と育ち美くし, と迫, と風, に変わり, に少年, に死につ, に死ん, に激しく, に高まっ, に魔, の全, の変化, の心, の美し, は今, 寒くなっ, 消えて, 近寄って

▼ 一刻~ (27, 1.1%)

2 そんなにまで, 百年千年の

1 [23件] ある, あると, いまほど, きわめてすみやか, せめて陣中, たちました, たついつのまにか, どんなに苦しい, 人いちばい嫌いである, 千金です, 大事たのむ, 大切な, 宋江先生の, 彼の, 彼を, 新しい出発, 新しい未来, 有機的な繋り, 来るたび, 死へ, 気が, 非常な, 頻りに愛

▼ 一刻あまり~ (26, 1.1%)

2 も座, 谷中を, 近所の

1 [20件] お相手, のち, もお, も山腹, も経っ, も話した, 付近を, 何ごとも, 夜風にも, 平次は, 捜しましたよ, 搜しました, 橋の, 灯が, 疑いつかれ, 経った, 続きその, 葬式の, 説きさ, 進んだ時

▼ 一刻~ (21, 0.9%)

2 刻も, 刻を

1 [17件] ともありません, の合戦, の間, はある, ばかりもその, ばかり前, ほどまえ, ほど前, もぐっすり, もたっ, も彼, も待ちました, も油, も過ぎ, 刻の, 恐しく早い, 演奏を

▼ 一刻ごと~ (17, 0.7%)

2 に濃く

1 [15件] にずんずん, にその, にそれ, にそれぞれ, にらんらん, に冷やし, に増し, に孫策, に強まる, に暗, に深く, に苛責, に部屋, に鋭く, の自分

▼ 一刻~ (17, 0.7%)

2 家を

1 [15件] かかったろう, かかる, ここばかり, 一刻と, 一刻より, 一刻よりも, 今しん, 何となく物, 信心する, 呉服橋の, 和やかな, 皆木蔭や, 身も, 長い, 長かった

▼ 一刻近く~ (13, 0.5%)

1 [13件] お若, なるん, になる, にもなるであろう, はあろう, もか, もじっと, もそれ, も奥, も激しく, も無駄話, も町内, も經つて熱

▼ 一刻たりとも~ (9, 0.4%)

1 お客様に, ブルジョアジーと, 我身の, 擺脱したる, 時間が, 気を, 猶予は, 生命を, 自分を

▼ 一刻をも~ (9, 0.4%)

1 争いながら, 争い顔に, 争うその, 争わねば, 享楽しないでしょう, 急くよう, 惜しんで, 経ざるに, 緩うすべき

▼ 一刻その~ (8, 0.3%)

2 形を, 数を 1 力を, 大きさ, 振幅を, 領域は

▼ 一刻ばかりの~ (8, 0.3%)

32 努力で 1 休息を, 後には, 間の

▼ 一刻ほどの~ (8, 0.3%)

1 あいだこの, あいだは, のちどうやら, 別れを, 時が, 苦心の, 逢引何んの, 間あれなる

▼ 一刻もじっ~ (7, 0.3%)

1 としてはいられない, としてはいられなかった, としてはいられぬ, としてはおられない, としてはおれず, として居られん, として居れない

▼ 一刻以上~ (7, 0.3%)

1 にわたって話し, も崖, も待った, も經つて, も話した, も過ぎ, も道

▼ 一刻~ (7, 0.3%)

1 だった, のお, のガラッ, の鼻, は最初, やワガママ者, らしさ

▼ 一刻~ (6, 0.3%)

2 暮れますぜ 1 さえ足, 目を, 着いて, 頑固で

▼ 一刻として~ (6, 0.3%)

1 休むを, 安き時, 安らかなる, 落ちつきが, 落つきが, 離れたこと

▼ 一刻余り~ (6, 0.3%)

1 して, は経つ, もあろう, も話し込んだ, も階下, 費やされた

▼ 一刻~ (6, 0.3%)

1 にずんずん, に増大, に迫っ, に速力, に集り来る, の変化

▼ 一刻ちかく~ (5, 0.2%)

1 いただけ, もおくれ, も戻っ, 経ってから, 経つ

▼ 一刻だって~ (4, 0.2%)

1 あなたの, じっとし, なかった, 待てしばし

▼ 一刻とも~ (4, 0.2%)

1 かからない, たたないうち, 持ち堪へられない性分, 経たないうち

▼ 一刻~ (4, 0.2%)

1 ことを, のに, 彼は, 画家らしく

▼ 一刻経たない~ (4, 0.2%)

4 うちに

▼ 一刻には~ (3, 0.1%)

1 處女作を, 親娘, 違いなかった

▼ 一刻まえ~ (3, 0.1%)

1 には佐久間大学, には単身, にもまた

▼ 一刻~ (3, 0.1%)

2 二刻の 1 二刻では

▼ 一刻一瞬~ (3, 0.1%)

1 の油断, の油斷, も早く

▼ 一刻増し~ (3, 0.1%)

1 にその, に森閑, に興趣

▼ 一刻~ (3, 0.1%)

1 には死ぬ, の四ツごろ, の彼

▼ 一刻東京~ (3, 0.1%)

2 を遠ざかつ 1 へ近づい

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 二刻で, 半刻

▼ 一刻から~ (2, 0.1%)

1 出た犯罪, 急に

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 で何, へも惜

▼ 一刻しか~ (2, 0.1%)

1 ない, 陽が

▼ 一刻たりと~ (2, 0.1%)

1 われを, 見張

▼ 一刻だった~ (2, 0.1%)

1 がこれ, が口輪

▼ 一刻ちがい~ (2, 0.1%)

2

▼ 一刻なり~ (2, 0.1%)

1 となつて, とも素直

▼ 一刻はげしく~ (2, 0.1%)

1 なるばかり, 吹き加わり横

▼ 一刻ほども~ (2, 0.1%)

1 じっとし, 続いて

▼ 一刻より~ (2, 0.1%)

1 明るくなっ, 燃え来れり

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 早ク, 早クアノ石

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 と云った, の要素

▼ 一刻二刻~ (2, 0.1%)

1 の遅い早い, を争う

▼ 一刻交代~ (2, 0.1%)

1 して, で柵

▼ 一刻人間特有~ (2, 0.1%)

2 の温み

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 の短, は経った

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 のこと, は何

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

2 じく

▼ 一刻後太田ミサコ~ (2, 0.1%)

1 はグリーブス, はタクシー

▼ 一刻早けれ~ (2, 0.1%)

1 ば早い, ば間に合った

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 の移る, は過ぎる

▼ 一刻気持~ (2, 0.1%)

1 が暗鬱, が険しく

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 一刻紫色~ (2, 0.1%)

1 に変っ, に変つて

▼ 一刻~ (2, 0.1%)

1 たない, てば此家

▼ 一刻近づき~ (2, 0.1%)

1 つつあった, つつある

▼1* [176件]

一刻あとから堺, 一刻いや一瞬一瞬命を, 一刻うとうとしたかと, 一刻帰りが, 一刻おいてこの, 一刻おくれていく, 一刻おくれりゃ一刻よけい, 一刻おくれると市民, 一刻おちていった, 一刻ぎりぎりと音, 一刻ぐらい抜け出したと, 一刻ぐらいで造作も, 一刻ぐらいは覚めますまい, 一刻こそ実に危うい, 一刻こちらへ近づい, 一刻この切詰めた時間, 一刻これがギリギリ, 一刻さえ惜しまれるの, 一刻さきの分らない, 一刻しんから生命, 一刻すくわれるのが, 一刻ずつ果されて, 一刻ずつに昏く, 一刻そうなところ, 一刻そこそこですから, 一刻たっても奇態, 一刻たっぷり薙刀を, 一刻たてば一刻, 一刻たらずでその, 一刻たりとも民の, 一刻つて愚図, 一刻だけ縮めて, 一刻だけでもここに, 一刻だけの暇を, 一刻だけはかりにも, 一刻ちっともかはらず, 一刻であるがうすい, 一刻で思い込むと加減, 一刻とけはしく, 一刻とて忘れたこと, 一刻とも入りはしません, 一刻なおあまれり一分, 一刻なるべきを今, 一刻においておびただしく撃たれた, 一刻にもなろうと, 一刻のちにそこ, 一刻のち宇田川橋にある, 一刻のち甲斐は常, 一刻はげしく強くなって, 一刻ばかりが大事な, 一刻ばかりというものは, 一刻ばかりは敵も, 一刻ひょいと会場の, 一刻ふたつの柄, 一刻ふるへてゐる, 一刻ほどしか彼女は, 一刻ほどで湯から, 一刻ましに味方, 一刻まるでトンボの, 一刻もう一刻と, 一刻もしくは一分に, 一刻もの間うっとりと, 一刻もはやくせぬと, 一刻もんだもん, 一刻やみ間なしに, 一刻やら二た, 一刻よけいあの親子, 一刻よりも暗く満目, 一刻わが海岸に, 一刻破却ニ会ヒ, 一刻一ときが寂然, 一刻一分のやみ, 一刻一分の短時間に煮つめた, 一刻一刹那も休ん, 一刻一刻やみ間なしに, 一刻一刻人間界より遠ざかる, 一刻一刻何の変り, 一刻一刻園が成長, 一刻一刻徐々として釣天井, 一刻一刻息をこらし, 一刻一刻時の移る, 一刻一刻時間の進む, 一刻一刻鮮明の度, 一刻一寸も警戒, 一刻一秒を争わず, 一刻一跳一足ごとに馬前, 一刻争う電報たのんだ, 一刻二刻あまり待てど, 一刻二刻時の移る, 一刻二時間ののち, 一刻人数が増し, 一刻人間界より遠ざかる, 一刻以内に諸, 一刻位經ちましたか, 一刻佐伯八重子は山田清子, 一刻の変り, 一刻価千金か, 一刻に任せ, 一刻價千金か, 一刻兇暴の輝き, 一刻冷気をまし, 一刻前ここで大, 一刻前以上に口, 一刻前唾気を吐く, 一刻前彼はそんな, 一刻前西岡が到底, 一刻半日もじっと, 一刻半時の手違い, 一刻半正内老人の住居, 一刻占うこと三度地水師の, 一刻叫喚に煙っ, 一刻吾人を鞭撻, 一刻地上の者, 一刻地球へ近づい, 一刻増すばかりだ, 一刻夜のとばり, 一刻寒くなって, 一刻帝国本土に接近, 一刻待つても歸ら, 一刻後東京劇場の中央, 一刻後私の部屋, 一刻徐々として釣天井, 一刻微かに皮膚, 一刻怠惰吝嗇貪慾等等勝手放題な悪名, 一刻をこらし, 一刻悪獣の群, 一刻持たしてくれ, 一刻提督の体, 一刻新しい芸術家によ, 一刻早いか遅い, 一刻早く三五郎の, 一刻の豊, 一刻時間の進む, 一刻替わりに寝, 一刻母親の帰り, 一刻がせいた, 一刻気力次第に弱, 一刻沙漠に腹這い, 一刻泳ぎ廻ったところ, 一刻泳ぎ廻つたところで誰, 一刻海陸の足利勢, 一刻消えてゆく, 一刻深まって行く, 一刻減って行く, 一刻火焔は大きく, 一刻烈しくなるばかり, 一刻熱狂して, 一刻燃え熾って行くで, 一刻爆音は高く, 一刻爽やかさを取り戻し, 一刻片時も休止, 一刻狭まって往く, 一刻猛烈さを加え, 一刻相手の人数, 一刻前に, 一刻のよう, 一刻経てばこの, 一刻置きに, 一刻者厭な人, 一刻背後の方, 一刻薄らいで紫色, 一刻見る間に, 一刻軍馬もしずか, 一刻近い時が, 一刻近づいて来る, 一刻近寄って行く, 一刻遅ければ遅い, 一刻遅れても時機, 一刻遅れると一刻, 一刻重味の加わる, 一刻離れてもお互い, 一刻雪解の雫, 一刻面積を広め, 一刻を貸し, 一刻りも, 一刻鮮明の度