青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一種~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一生 一生~ ~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~ 一瞬~ ~一種
一種~
一端~ 一等~ 一筋~ ~一緒 一緒~ ~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行

「一種~」 10450, 108ppm, 994位

▼ 一種~ (8209, 78.6%)

38 興味を 35 不安を 24 圧迫を 23 恐怖を 22 不安が 16 不安に, 恐怖に 15 好奇心に, 親しみを 14 快感を 13 不思議な, 美しさ 12 力を, 好奇心も 11 反感を, 恐怖と, 淋しさ 10 好奇心を, 満足を, 表情を 9 不安と, 安心を, 感動を, 暗い影, 気品を 8 なつかしさ, 不快を, 不愉快を, 力が, 妙な, 宗教的な, 尊敬を, 戦慄を, 羞恥を

7 [15件] 不思議を, 匂いが, 嫉妬を, 寂しさ, 屈辱を, 意味を, 感じを, 感情が, 皮肉な, 神秘な, 神秘的な, 興奮を, 誇りを, 雰囲気を, 魅力が

6 [14件] 光が, 刺戟を, 奇妙な, 情緒を, 感に, 感情を, 感慨を, 滑稽を, 特別な, 緊張した, 臭気が, 調子が, 調子を, 鬼気を

5 [23件] 凄味を, 力である, 型が, 型を, 壓迫を, 失望を, 好奇心が, 妖気を, 威圧を, 心の, 恐怖が, 愉快を, 昂奮を, 暗示を, 物足りなさ, 神経衰弱に, 節を, 興味が, 興味を以て, 薬を, 表情が, 趣を, 関係が

4 [53件] おごそかな, ような, ショックを, 不安な, 侮辱を, 凄気, 印象を, 同情が, 哀愁を, 喜びを, 因縁が, 型の, 声を, 尊敬の, 強さ, 強迫観念に, 心持を, 快さ, 怪物である, 恐れを, 恥辱を, 悲哀を, 情を, 愛着を, 感情に, 感慨が, 感銘を, 憎悪を, 懐しさ, 景色を, 本能的な, 法悦を, 活気を, 特殊な, 特色が, 異彩を, 異様な, 矛盾を, 笑いを, 美を, 自己偽, 興味ある, 苦痛を, 衝動を, 見識を, 親しさ, 言ふべからざる, 誇りに, 謎の, 道徳が, 香気が, 魅力を, 魔力を

3 [118件] いやな, おかし味を, おそれ, なつかしみを, はかなさ, ほこりが, よろこびを, グロテスクな, センセーションを, ニヒリズムを, 不快な, 不思議が, 不満を, 人物である, 俳味が, 俳諧を, 催眠術に, 優越感と, 優越感を, 光沢を, 冒涜である, 刺戟に, 力に, 努力を, 厳粛な, 反感から, 名状し, 味を, 哀調が, 哲学に, 型に, 型には, 夢に, 天才だ, 好奇心から, 威厳が, 寂寥を, 寒さ, 幻滅を, 幻覚に, 幻覚を, 形式を, 快感が, 怖れ, 怪物が, 恐ろしさ, 悪寒を, 悲壮な, 情趣を, 愉快な, 愛嬌が, 愛嬌に, 愛嬌を, 感じが, 感慨に, 感激を, 憤懣を, 憤激を, 戦慄に, 批判が, 技術である, 敬意を, 敵意の, 敵意を, 明るさ, 植物の, 殺気を, 毒薬を, 気風を, 沈黙が, 活動である, 清らかな, 特権を, 特色を, 理想を, 畏怖と, 疑いが, 疑いを, 疑問であった, 病気である, 癖を, 眼くばせ, 神経を, 精神病者に, 組織を, 義憤を, 考えが, 考から, 胸の, 腹立たしさ, 自己催眠に, 臭いが, 臭みが, 臭みを, 臭味を, 臭気を, 興奮が, 花木と, 芸術を, 見得, 詩の, 誇りと, 認識の, 謎として, 超自然的, 趣味を, 軽侮を, 輝きを, 道楽の, 面白さ, 面白味が, 音を, 風格を, 驚異を, 鬼気が, 魅力で, 魔法の, 魔窟に

2 [504件 抜粋] あこがれを, あなく, あほらしい感じ, おどろきを, ぎごちな, さびしさを, すめらみこ, するどさ, そぐわなさ, なぐさめに, なつかし味, においが, へんな, まぼろし, めくば, もどかしさ, ものが, もので, よろこばしさ, アクセントを, アトモスフェアが, エスプリイを, オアシスと, コオフンは, スポーツとして, タイプな, チャームを, ヒステリーだろう, ファシズムである, ベールを, ポーズ, ヤケと, ユスリたるに, ユーモアが, ユーモアを, リズミカルな, リズムを, ロマンスを, ロマンチックな, ロマンチツクな, 不安なし, 不安の, 不安不安と, 不思議の, 不愉快な, 不換紙幣の, 不調子, 世界を, 丸味が, 亢奮を, 人々は, 人が, 人格だ, 人気を, 人間の, 他の, 伝染病として, 伝説が, 伝説の, 作品が, 俗論あり, 保護膜を, 信仰の, 俳諧が, 個人主義の, 偏窟な, 偏重した, 偶像崇拝である, 催眠術だ, 僻みが, 儀礼である, 光りが, 光を, 光度計の, 光度計を, 光明を, 共通な, 共鳴を, 内心の, 内職の, 冷たさ, 凄さ, 分析である, 分析的操作に, 別れである, 力強い興奮, 劣等感と, 労働だ, 勇気が, 勇気を, 動揺が, 動物かな, 動物が, 勘で, 勢力を, 匂いと, 卑怯でなけれ, 占ひ, 危険を, 危険品で, 厄介ば, 厭な, 厭ふべき, 厭味を, 反動作用, 反感に, 反感の, 反抗的態度から, 合図めいた, 合図を, 同情と, 同情の, 同感を, 名で, 吸引は, 吸血鬼と, 味が, 咒文を, 哀傷の, 哀調を, 哲学を, 啓示であった, 喜びに, 喜悦の, 喪の, 喰い違い, 嘲弄の, 噂が, 囃し詞, 困惑の, 困難を, 土くれでした, 型は, 報酬を, 変った味, 変り者で, 変人で, 変態的な, 外国でも, 夢を, 大なる, 大衆性を, 天才であった, 奇怪なる, 奇観であった, 女侠, 女難に, 好奇の, 好奇心と, 妄想を, 妖しいリズム, 妖怪と, 妖怪に, 妖怪性を, 妖気とも, 妖物が, 妖精にでも, 姿態を, 威厳に, 威厳を, 威圧を以て, 威容を, 娯楽である, 嫉妬か, 嫉妬と, 嫉妬に, 嫉妬の, 嫌悪を, 嬉しさ, 嬌態を, 学問なら, 客観的な, 宣伝に, 宿命である, 寺町と, 対照を, 小気味よさ, 屠者, 巫女で, 布が, 希望が, 幸福を, 幻覚です, 幻覚の, 幻覚錯覚に, 強迫観念と, 形式で, 形式も, 形而上学, 影が, 待つある如きさざめきが, 後悔の, 得意の, 復讐手段と, 微妙な, 微笑が, 心情の, 心持で, 心細き感じ, 快味, 快感さえ, 快感に, 快感にさえ, 快感をさえ, 快樂, 快活な, 怒気を, 思惟の, 怨みから, 怪物の, 怪談で, 怪談を, 恍惚を, 恐怖の, 恐怖を以て, 悟りが, 悦楽を, 悲しみを, 悲哀と, 悲哀は, 悲痛な, 情愛を, 情調を, 惰力みた, 想像に, 想像説に, 意味あり, 意味で, 意義を, 意見書を, 愛嬌と, 愛情が, 愛惜と, 感じで, 感情の, 感激が, 感興を, 慰みとして, 慰藉を, 憂鬱な, 憐憫の, 憤怒を, 憧憬の, 戦慄が, 戯れに, 所作で, 手段に, 技巧である, 抑揚が, 抵抗を, 掛り人として, 探偵映画である, 探偵趣味の, 推断を, 政治的勢力なり, 敗残者であった, 敬虔な, 敵愾心を, 文学である, 新しい感じ, 新らしい, 方法で, 方言, 方面に, 旅愁に, 時代の, 暗い空気, 暗さ, 暗調, 暗黙な, 暴動だ, 暴挙である, 木の, 本能から, 本能で, 杞憂に, 束縛だ, 棄鉢な, 楽み, 武器として, 武器を, 武者振るい, 歴史主義, 残忍な, 殺伐な, 殺気が, 比擬的, 気分が, 気味悪さ, 気品が, 波動の, 波動を, 注意を, 活気が, 流行の, 浅薄な, 涼味を, 淡い愛着, 淡い省, 混乱が, 渇望を, 渦巻が, 満足感を, 滑稽味を, 潔癖あり, 潜勢力が, 灰が, 無定, 無意味な, 熱が, 燐光の, 爽快を, 牢獄の, 犠牲を, 狂人だ, 狂的な, 独占を, 猿楽で, 玩具に, 理想主義を, 甘い悲哀, 甘つたれ, 甘味が, 生理的な, 異常な, 異邦人, 畸形である, 病気の, 病癖と, 痛快な, 白眼を, 皮肉と, 皮肉として, 皮肉を, 目的を, 直感で, 直観主義に, 真面目な, 眼を, 眼光を, 瞑想家で, 矜持を, 砂漠の, 社会的な, 祈祷の, 神事と, 神秘感を, 神経的な, 神経衰弱の, 神聖な, 神通力を, 私的な, 秘密が, 秘密なり, 秘密を, 秩序, 積極的な, 空想に, 空気が, 空虚な, 符牒である, 籠の, 精彩が, 精気が, 精気の, 精神病と, 精神病に, 精神病的な, 精神病者と, 糸を, 系統を, 約束を, 純粋な, 組織なり, 絵画的効果を, 絶望に, 緊張が, 緊張と, 緊張を, 緊張感を, 緩衝地区とも, 罪悪だ, 美談である, 義憤に, 習慣と, 聯合内閣なり, 聯合内閣のみ, 聯立内閣たる, 聯立内閣を, 脅迫だ, 自働偶人, 自然の, 自然主義と, 自責の, 臭いの, 興を, 興味に, 興奮剤と, 興奮状態に, 良心の, 色の, 色彩を, 色眼鏡を, 艶種と, 芳しい香, 芸術である, 芸術と, 芸術的感興に, 苛責を, 苦悶が, 苦痛であった, 落著き, 藻の, 虚栄心とも, 蜃気楼に, 表情で, 表情とも, 複雑な, 覚悟と, 親しみと, 親愛の, 観念論だ, 解析的操作に, 言い難い, 言葉が, 討論術を, 記事として, 記念として, 記録である, 詐欺である, 詩で, 詩情の, 詩趣を, 誇らしげな, 誇りが, 誇りにも, 認識だ, 誤解が, 谷の, 象徴に, 責任が, 責任を, 貴人たるに, 賤民が, 賤者が, 賭け骨牌, 贅沢な, 趣の, 趣味が, 趣味に, 路上茶話会が, 軽子, 軽蔑的な, 迷室なり, 透視的な, 速記法を, 連絡が, 連續ぢや, 進化と, 道楽で, 道楽です, 遠慮を, 遭難談である, 郷愁を, 酒の, 野趣が, 錦の, 錯覚に, 関係であっ, 陰惨な, 陶酔を, 雄大な, 電気を, 電気作用だ, 霜気が, 霧の, 非常なる, 革命の, 音に, 音楽を, 響を, 風が, 風味と, 風情が, 飽きが, 飾として, 飾の, 驚きと, 驚きを, 驚愕の, 骨董癖に, 骨董芸術で, 鬼であった, 鬼気といった, 鬼気に, 鬼氣に, 魅力でも, 魅力をさえ, 魔物の, 鳥の

1 [5883件 抜粋] ああいう, あまくだりであった, いい稚拙感, うぬぼれも, おしゃれである, おもしろい心持, かかりうど, きまつた余興, さえずりで, ぜいたく品と, ちょっとした専制支配, とりとめの, においの, はかない希望, ひどい昏睡状態, へだて, みこと, やうに, ようです, わびしさ, アドベンチュアを, イデオロギー論な, インテリ階級説, エゴイズムだ, オッポチュニストは, カメラを, クラブが, コケトリーだつた, サボタージュと, スコラ的批判が, スリルと, ソナータ的とも, テレパシーな, デマゴギーとしてしか, ニヒリストだ, ハルプを, ヒポクリシーである, ファシズム, フェーン型の, ペダン小ぜわし, マニアで, メイブツだ, ユリが, ルーズな, ローマ字で, 万里の, 下賤, 不可抗力の, 不安定によって, 不快一種の, 不正な, 不滅です, 不足を, 世間師という, 中間法師すなわち, 乞食であろう, 予備知識を, 予防線を, 二輪馬車で, 交錯が, 享楽者である, 人文的形成過程即ち, 人気の, 人相書きか, 人間意識の, 仕方である, 仮装舞踏以上に, 休息と, 伝道者として, 余興に, 例外として, 侮辱の, 保守的反動的な, 信仰目的とでも, 修養であり, 倦怠る, 偏狭な, 偶然な, 債務者だ, 僻んだ嫉妬, 優越性を, 光で, 免囚保護の, 公の, 公武合体を, 共通の, 内生活, 冒険を, 冷やかな, 凄みが, 分銅な, 利用組合を, 刺激と, 創作的な, 力, 功名心で, 労働に, 動物だ, 勝利征服意趣返しまたは, 化物です, 卑俗さによって, 博愛主義に, 原始宗教であった, 又文化, 反意, 反抗運動として, 叙情的な, 口調を, 叫び声, 合図と, 同化力を, 同職組合学術業の, 否認も, 呪文である, 味方を, 咽喉の, 哀歌である, 哲学世界観を, 哲学者だ, 唯物論が, 商業政策の, 善玉悪玉である, 営業たらしめ, 嘲風, 四月馬鹿的報道であっ, 困惑を, 国家的宗教だった, 團體具體的に, 在野的サロンと, 城との, 堕落だ, 塩辛です, 壮厳に, 売淫生活を, 変屈人である, 変態性慾である, 変調子風狂も, 外衣, 大きな不安, 大学教育機関として, 天啓なり, 天才である, 失業層が, 奇異なる, 奇蹟でありました, 女の, 女豪傑, 好奇心をもって, 妖怪が, 妖魅力に, 威を, 娯楽として, 嫉妬, 嫌悪に, 学問である, 學問の, 安堵が, 安易であった, 宗教的儀式の, 官僚政治の, 実感が, 実験としてさえ, 客觀的出來事に, 家系あり, 寂しい思ひ, 寄生菌だ, 寛容に, 対照とも, 尊いもの, 尊称は, 小作権売買といふ, 居心地よ, 屠殺業者であります, 崇高の, 巨大な, 常習が, 平安さであり, 幻影を, 幻覚である, 幽霊な, 底力が, 弁証法的自己運動だ, 弛みが, 弱性とは, 強い印象, 強みと, 強盗である, 当惑が, 形式論理学に, 役徳, 従軍行商人の, 復歸によ, 微光を, 徴兵の, 心持全く, 心理的快感を, 必要なる, 応用, 快を, 念の, 思い入れを, 思想境を, 性を, 怨みを, 怪味に, 怪談が, 恋愛の, 恐ろしい完全, 恐怖さえ, 恐怖心から, 恥辱である, 悟りである, 悪夢にでも, 悪質の, 悲しさ, 悲愴なる, 情慾だ, 惡感を, 愁いまた, 意味において, 意識である, 愛らしさ, 愛想よさ, 感じよ, 感傷的虚無主義者以上の, 感情で, 感應が, 感覚器で, 慈善的な, 慰み半分に, 慾心から, 憐憫と共に, 憧れだつた, 懐古癖だ, 懸念と, 戦場文筆家である, 所謂玄人批評とか, 手際を, 扶助料として, 技巧論を, 抒情詩的な, 抽象こそ, 持病が, 振動を, 掬すべき, 攘夷論者の, 放浪癖に, 政治的対立の, 救ひ, 敬慕の, 敵愾心が, 文化的すれ, 文学的直覚を, 文芸復興という, 新しくつけ加わる, 新聞記者本能で, 方船な, 旅芸人と, 日溜りを, 明るい気分, 星雲に, 景色味を, 暗い気分, 暗潮, 暗雲に, 曖昧な, 書生の, 服制あり, 本が, 本能的潜在物な, 条件は, 根強い嫉妬心, 棒である, 極端な, 概念から, 模写説を, 権謀に, 機械工場とも, 歌枕, 武器の, 歴史主義的な, 殉難である, 殺気とが, 比較言語学が, 気ちがいか, 気分, 気安さ, 気紛れな, 氣まず, 水平運動で, 江戸趣味といった, 治外法權を, 泥酔状態に, 洗練を, 流動的な, 流行病じゃ, 浮き草の, 消極的感情で, 淘汰が, 深い心情, 混迷とともに, 温味ある, 満足の, 滑稽に, 潔い貞節, 潤いを, 濃紅, 無作法さを, 無慈悲な, 無腸漢, 焦, 煩悶である, 熱中を, 燭が, 物凄い感じ, 物珍らしい, 物質の, 特性が, 特色ある, 犯罪性を, 狂気的な, 独善的な, 猟奇趣味の, 玄翁を, 現世教的信仰の, 理想が, 理想的の, 瓦斯が, 甘みが, 生活技術とを, 生産的能動, 男らしい精神, 略記暗号と, 畸形児の, 疑惑で, 病と, 病毒不明の, 病的作用で, 痛みを, 痼疾の, 発作的精神異常者な, 発露で, 白痴美が, 盗賊の, 目録學即ち, 相対観は, 眩惑を, 矛盾が, 知識で, 石に対する, 硬直症, 示威だ, 社会の, 社会学として, 社会的幸福主義である, 社会階級又は, 神人寺賤の, 神懸り, 神経作用か, 神経衰弱病である, 神經衰弱みたいにな, 祭文で, 私心的不平が, 秘伝として, 秘密結社みた, 穀物のみが, 空気と, 窮乏と, 童話的面影を, 符徴に, 簓の, 精気, 精神感応力だった, 精神病者だ, 精神的禁慾主義に, 紐だ, 組織の, 結社だ, 絵図としても, 綺麗さを, 縁起なり, 美しいリード, 美意識生活に, 羞恥心と, 義侠心と, 習慣が, 聖者か, 職業意識から, 肌合と, 能力であります, 脱皮ともい, 臆病心は, 自動人形としてしか, 自尊心に, 自己満足から, 自棄と, 自然方則に, 自由主義哲学だ, 自負あり, 臭気ステーション前の, 興奮であった, 般若の, 色狂ぢや, 花な, 芸術味が, 芸術的本能を, 苦さ, 苦痛だった, 茫と, 荘重である, 落つきの, 蓼の, 薬の, 虚偽である, 蚊である, 蟹の, 術あり, 表現主義で, 被虐性の, 裝飾物を, 見せしめであろう, 規定, 親切と, 観念論者の, 解毒では, 言い知れない恐怖, 言論戦を, 記録癖の, 詠の, 詭弁に, 誇りをさえ, 認識であり, 語弊が, 読後感の, 請負業みたいな, 諦念に, 講習を, 譬へで, 變移期に, 象徴的手段である, 負け惜しみの, 貴さ, 資格に, 賤民の, 贖罪に, 趣だけを, 躁ぎ屋と, 軍人村や, 軽侮心を, 輪廻説である, 述懐では, 迷信を, 逃避かも, 通客だ, 連続スペクトルあるいは, 遁避で, 遊民である, 運動遊戯と, 道場の, 道楽であっ, 遠いかすか, 邪法に, 郷土的特色を, 酔心地と, 重苦しい壓迫, 野心家に, 釣り梯子の, 鋭い直覚, 錯覚の, 長火鉢に, 関心と, 陰性な, 隊であっ, 雄々しい銷沈, 雨あがり, 電気なり, 震動であります, 霊気と, 露悪家で, 静かさの, 面憎さ, 革命家です, 音律に, 韻文で, 頓珍漢的作用によって, 類型に, 風情を, 風致を, 飛躍を, 餘香餘韻が, 馬鹿馬鹿しさ, 驚怖, 骨董趣味と, 高等政策警察であっ, 鬱勃たる, 魅力です, 魔力である, 魔神, 鳩胸胴である, 麻酔剤として

▼ 一種異様~ (258, 2.5%)

6 なもの 4 な感, な感じ, な表情 3 なグロテスク, な匂い, な心持, な気分, な物音, な臭気, な響き, の表情

2 [16件] なにおい, なる唸り声, な印象, な感情, な笑い声, な興奮, のおかし, の光, の悪臭, の感, の感じ, の感触, の戦慄, の熱気, の臭, の臭気

1 [184件] である, なお金, なすごみ, なまた, なるきぬぎぬ, なるミイラ, なる力, なる挙動, なる興味, なる船, なる見物, なる身体, なる鋭き, なる駈落, なる鼻唄, なわびし, なショック, なリズム, な一面, な下駄, な不安, な人たち, な人物, な人間, な侘し, な侵入者, な光, な光景, な冷笑, な別棟, な効果, な半ば敵意, な厭, な口笛, な古, な叫び, な合唱, な唸る音, な土地柄, な圧倒, な地の利, な垣根, な声, な大部, な妖気, な官能的, な寂し, な寄生菌類, な寥, な対照, な屑物, な形, な性癖, な愕, な愚か, な感動, な憂鬱, な手応え, な気もち, な気持ち, な法服, な淋しい, な混淆, な満足, な激動, な激情, な物, な異国情調, な疲労, な神経的, な笑み, な節, な精神, な絶望, な緊密, な緊張さ, な緊張味, な美し, な美しい, な老人, な興味, な舞踊, な芳香, な苦心, な苦痛, な莫迦げた, な蕭散, な薄, な薫り, な藺, な記憶, な話, な責任, な赤, な身, な軟か, な軽, な輝き, な迷い子, な追いつめられた様, な道行, な鋒鋩, な門構え, な陰影, な階調, な音, な音声, な音楽, な響, な顔, な顔つき, な香気, な驚くべきもの, な鬼胎観念, にちりぢ, に凄, に唄い囃し, に聞えた, に見えます, に触れ, に輝い, に鋭く, に鮮明, に黒い, のおそろし, のはたらき, のひびき, のひびきで, のゆがんだ, のニコニコ, の不安, の不快, の不思議, の人種, の凄味, の刺戟, の反響, の叫声, の味, の唸り, の困惑, の声, の妖艶, の威圧, の強項漢, の微笑, の心, の心持, の心理状態, の恐怖, の悲痛, の愛着, の感動, の感情, の感想, の手附, の朦朧, の束髪, の楽し, の歩きぶり, の気持, の淋し, の混乱, の火鉢, の物音, の獣, の現象, の甘ずっぱい, の眼, の笑い声, の興味, の興奮, の色彩, の触覚, の誘惑, の語気音調, の調子, の赤味, の里心, の陶器, の音, の音楽, の響, の魅力

▼ 一種特別~ (182, 1.7%)

6 なもの 4 な感じ, のもの 3 な, の事情

2 [13件] である, な位置, な建物, な形, な意味, な笑い方, な臭気, な調子, な雰囲気, の底, の表情, の趣, の酷暑

1 [136件] だ, だつた, であった, でこぼれるよう, で御座います, ないいえ, ないらいら, なお, なおもしろ, なこの, なさも, なざっくばらん, なしず, なであります, などこ, なひゅうひゅうと, なみいら, なるデマ, なる時勢, なアシ, な事情, な人間, な他, な伝統的, な体臭, な余韻, な光, な公民的, な内容, な刺激, な剛毅, な印象, な友情, な同情, な城, な変わって, な奇声, な奇妙, な妻, な威厳, な家風, な心, な心配, な忌まわしいなれなれし, な性質, な悦び, な想像力, な感覚, な憂鬱, な新鮮味, な比較的, な気味, な深, な漠然たる, な狙撃, な生活, な疲れ, な知性, な笑, な節, な純真さ, な耳, な臭い, な虚榮心, な解釈, な訴えるよう, な謙虚, な謦咳, な跫音波形, な轢音, な鋭さ, な関係, な階級, な音, な風味, な香り, な魅力, な鳴き方, にし, に冴え, に取りすました, のうれし, のどぎつ, のグロテスク, のタンニン, の体質, の作用, の例えば, の光明, の出し風, の剣舞, の匂, の危険思想, の喜び, の報告書, の変死, の天地, の天職, の奇妙, の女, の宗教, の客観描写, の形, の形式, の心理的, の患者, の惨劇, の意義, の才能, の扱, の放浪者, の敬意, の暗然, の最, の法則, の澱んだ, の物質, の画風, の稽古, の空気, の算法, の者, の興味, の興奮劑也, の苛立たしい憤り, の親友, の言語, の調子, の謂わ, の迷信, の雰囲気, の願望, の風韻, の高い, の高価, の高尚

▼ 一種~ (88, 0.8%)

6 あつた 3 あつて 2 これは, 十余株の, 能

1 [73件] あつたらしい, あらう悲し, ござりまする, その成虫, ただ水, つくられるが, ぼくの, ぼんやりと, むかしは, よく市松模様, わたもって, イヌゲンゲ, オオヒエンソウすなわち, カッコなぞ, ジャスミン油中の, リンナースが, 一定の, 一群凡そ三十疋ばかりが, 丁よ, 三十から, 三色スミレと, 中国に, 人によっては, 今日オオクボシダと, 他の, 俗名を, 修練一つである, 同じやう, 和名は, 囀りも, 大なる, 太さ, 姿の, 少々毛色, 後方に, 所謂飾菓子と, 日影色とも, 時々, 普通秋沙鴨小鴨などと, 有りやう, 木の, 根が, 樹に, 樹枝状の, 比較的新しい, 民顕の, 氷片状を, 決して珍, 波長が, 海底に, 海狗が, 渓に, 狼や, 猿と, 用が, 神の, 私に, 秘伝として, 笑気と, 細く暗い道一杯, 総べての, 興福寺では, 花は, 虎斑が, 諸邦眷属鬼, 超自然力以上, 農婦等が, 里人とは, 関口の, 食い合わせ法, 馬鹿には, 鮮紅色を, 鳥眼に

▼ 一種~ (83, 0.8%)

8 して 4 相違ない 2 使って, 相違あるまい, 過ぎざれば

1 [65件] かぐらと, この名, これが, これを, すぎないでは, すぎないの, すぎなかった, ぞくしその雑然たる, たなばたといふ, とられるの, なったの, なって, なるかも, なるわけ, なれば, ほかならじ後世赤毛織り, アルキ横行, オタフクグルミと, ナルシス症状という, ニュウナイスズメという, ラカンマキという, 似たもの, 依存する, 加うる, 古くから, 固定し, 就いては, 尻尾の, 属し或は, 属す, 属する, 屬し, 当ります, 思えるだろう, 接骨木や, 数えられるの, 数えられるよう, 數へる, 於る, 是を, 決って, 清寿と, 環礁という, 用いて, 罹られたの, 葉切り蟻という, 通常タチバナと, 過ぎざるを, 過ぎずとせんか, 過ぎない, 過ぎないだけの, 過ぎないだろう, 過ぎないと, 過ぎないの, 過ぎないもの, 過ぎないやつこが, 過ぎなかったの, 過ぎなかつた, 過ぎぬ, 限ったもの, 限って, 限らず廷臣, 限る, 陥つて, 頗る多

▼ 一種独特~ (81, 0.8%)

2 なもの, な性格, のもの, の高い

1 [73件] だ, である, では, な, なうま, なかけ声, なその, などんな, な人世観, な優し, な剣技, な味, な商品, な奇態, な存在, な形態, な感傷, な慇懃, な旅愁, な日本, な明快さ, な権威, な用語, な笛吹きの術, な美しい, な臭い, な臭気, な色調, な落ちついた自然さ, な説諭調, な調子, な貴族主義的イデオロギー, な釣合, な関係, な陶器, な階級対立, な香気, のいかつ, のたち, のシャガレ声, のヒューモア, の丸い, の云, の亢奮, の単調, の地方色, の安心, の微妙, の思索, の感傷的, の拍子, の明るい, の柔か, の梅花, の淋し, の溌剌, の精神, の職業的癖, の自然, の色, の色彩, の艶, の表情, の観念, の言葉, の調子, の赤い, の錯覚, の雰囲気, の面白い, の響き, の風貌, の香

▼ 一種不思議~ (51, 0.5%)

4 な力 2 な動乱, な心持, な魅力

1 [41件] な, なぞう, なとも, なとらえ難い, なる動物, な世界, な事件, な云い方, な交響, な剣術, な勢力, な噂, な地位, な夢幻郷, な微笑, な快い, な快感, な意匠, な感じ, な感想, な批判, な明らか, な気分, な淒涼, な現象, な矛盾, な經驗, な縁談, な翻訳文, な興味, な表情, な踊り, な錯覚, な陰惨, な霊的, な飜訳文, のおく, のよい, の因縁, の神力, の魔力

▼ 一種~ (37, 0.4%)

2 呼ぶの

1 [35件] あけて, おも, かくして持っ, かし難い, まとった丈, もとに, クグツという, バルズル神また, バンドリという, ユナスビという, 伸子は, 使うて, 使って, 供した, 別置, 加へ, 印度の, 命じ今度, 弾きながら, 意味し, 感じた, 指した名, 採集する, 描いた者, 放した, 染料と, 構成する, 殖し, 殺して, 示して, 示す, 薄く切っ, 説き伏せました, 遂げること, 限っての

▼ 一種~ (35, 0.3%)

12 樣な 8 樣の 2 った感じ

1 [13件] ったもの, ったビリビリ, った気持, った淋しい, った表情, って居る, つた人間で, つた傾向を, つた書風を, な経験, りたる者, 妖な, 樣に

▼ 一種~ (34, 0.3%)

4 ということ 32 つたのです, よ

1 [23件] からその, からそれ, から戦前, が私, さうだらう, そうです, といいたい, というよう, という推測, とおっしゃる, とか, とさよ子, とする, とすれ, とも言われる, と思います, と思う, と思っ, と申されよう, と解釋, と言う, な, など聞く

▼ 一種~ (28, 0.3%)

4 あって 2 あるが, 一株という

1 [20件] あった, ある, あるので, あれど, そういうこと, だん, 今日でも, 困窮の, 好い節廻し, 巨大な, 手伝うの, 梭の, 樹上の, 浮かぶこと, 町へ, 着いて, 空気中の, 突然急, 繁つてゐた, 鳴く

▼ 一種~ (28, 0.3%)

1 [28件] あるばかり, したらしいの, した時, し自分, するが, するため, する見方, なす, なったか, なりまた, なること, みなす生物学的, よく似, 一致する, 二種とは, 仮定すれ, 同樣, 変った, 思ったら大, 思って, 感ずること, 此説話とは, 相合し, 知た, 第二種, 見做, 解釈し, 謂はる

▼ 一種~ (28, 0.3%)

2 なもの, な感じ, な皮肉

1 [22件] である, なパラドックス, な信念, な味, な心持, な心持ち, な情緒, な感, な感情家, な探り合いの, な日頃, な気持, な淋し, な混, な眼付, な素朴, な者, な貴族的精神, な輪廓, な鄙俗, な顔, におっちょこちょい

▼ 一種名状~ (26, 0.2%)

5 しがたい, し難い 2 の出来ぬ

1 [14件] しがたい強, しにくい, しようの, すべからざる刺戟, すべからざる寂寞, すべからざる怪奇, すべからざる演技上, すべからざる皮肉, すべからざる神秘的寂寥, すべからざる緊張, す可ら, のし, のできない, の出来ない

▼ 一種奇妙~ (26, 0.2%)

2 なもの

1 [24件] なアクセント, なペコンペコン, な不, な不安そう, な二枚貝, な位置, な動物, な唸り声, な変化, な廻り合せ, な役割, な微笑, な心持, な想念, な歌, な気分, な生, な癖, な美し, な義侠心, な興奮, な苦労, な蠱惑, な魚売女

▼ 一種として~ (24, 0.2%)

2 説明する

1 [22件] これを, ひどく下等, われわれは, 世間から, 動物に, 医治の, 各自の, 国家の, 平安朝の, 強要せね, 感じるよう, 獅子頭の, 産物に, 申分ない, 相当に, 算え, 考へれば, 芋と, 買い込まれて, 造られたもの, 限界づけなけれ, 高く人間的

▼ 一種不可思議~ (23, 0.2%)

2 の手段

1 [21件] だよ, なうつ, なもの, なる祭典, な奇形児, な感動, な感情, な感激, な磁石力, な示唆力, な迷宮, な霊域, な顛倒, な魅力, に卑猥, のもの, の巨船, の心理作用, の粘着力, の藝術, の面

▼ 一種奇怪~ (20, 0.2%)

2 なポーズ, な物語, の声

1 [14件] なる形, なる特殊, な動物, な原始動物, な叫び声, な声, な好奇心, な笑い声, な迫力, にし, の出来事, の動物, の感じ, の魔力

▼ 一種~ (19, 0.2%)

5 のである 3 のだ 2 のかも, のです 1 のか, ので, のでしょう, のにちがい, んだろう, んでしょう, んです

▼ 一種~ (18, 0.2%)

1 [18件] お嬢さんの, この山, その幹, その葉, イギリスで, マンノガ馬鍬は, 人を, 外国語に, 多分既, 天井一種は, 形も, 昔からの, 殊にこの, 私の, 芸者を, 苧環草に, 過冷却, 重要な

▼ 一種微妙~ (14, 0.1%)

2 なもの

1 [12件] な人間, な匂, な夢幻感, な心, な心的過程, な江戸情緒, な科学, な美, な道徳的感慨, な鑑定法, の快感, の魔力

▼ 一種では~ (11, 0.1%)

2 ありませんか, ないかと 1 あったろうが, あるが, あるまいかと, ないかとさえ, なからう, なかろうか, 販賣に

▼ 一種~ (11, 0.1%)

2 ない 1 ある, あるらしくなかった, ないから, ないという, 二種も, 出て, 同居し, 見たこと, 見受けられる

▼ 一種病的~ (11, 0.1%)

1 [11件] で医学上, なの, なもの, な偏執狂的傾向, な天才等, な愛情, な感じ, な神経質, な臆病, な色, な色彩

▼ 一種悲壮~ (10, 0.1%)

1 とでも云うべき, な恐ろしい, な感, な気分, な気持, な気持ち, な空気, な頑固さ, に近い, の感

▼ 一種には~ (9, 0.1%)

6 相違ない 2 違いない 1 ちがいない

▼ 一種~ (9, 0.1%)

1 ひがたい優しい, ひがたき, ひ尽せない, ひ知れぬ不安, ひ難き, ふべからざる古雅, ふべからざる淋し, ふべからざる鬱陶しい, ふ可

▼ 一種形容~ (9, 0.1%)

3 の出来ない 2 し難い 1 すべからざる面色, できない白昼, の出來, の出来ぬ

▼ 一種神秘~ (9, 0.1%)

2 な雰囲気 1 な力, な影, な心霊的, な意義, な感じ, な血, の雰囲気

▼ 一種不快~ (8, 0.1%)

1 なる感情, な圧迫, な温, な疑惑, な臭, の感, の目, の臭

▼ 一種特異~ (8, 0.1%)

1 な人材, な分野, な形状, な感覚, な物凄い, の作品, の刃物, の気分

▼ 一種~ (7, 0.1%)

1 な口調, な場合, な形, な心持, な色, な表情, に聞こえた

▼ 一種独得~ (7, 0.1%)

1 ないたずら気分, なさ, な優越, のところ, のクリュオーテシスム, の快感, の朗詠

▼ 一種皮肉~ (7, 0.1%)

1 な, なイヤ, な反抗児, な口吻, な憐れみを, な気持, な絶望

▼ 一種不可解~ (6, 0.1%)

1 な感, な気持, な無音無色, な跳躍, な顔, の謎

▼ 一種不気味~ (6, 0.1%)

1 なる死, な事実, な刺戟, な前兆, な壮観, な気持

▼ 一種~ (6, 0.1%)

1 に迫る, を壓, を壓迫, を惑亂, を脅かす, を魅する

▼ 一種~ (6, 0.1%)

1 じい音響は, 壮の, 寥の, 愴な, 烈の, 麗の

▼ 一種悲痛~ (6, 0.1%)

1 なもの, な力, な感, な胸, な魅力, のよう

▼ 一種特有~ (6, 0.1%)

1 なアメリカ人, な凄, な沁, な香味, の力, の聲

▼ 一種特殊~ (6, 0.1%)

2 な関係 1 なる心理状態, な技術, のなつかしみ, の形質

▼ 一種神秘的~ (6, 0.1%)

1 なあまりに, なもの, な印象, な同時に, な盲動, な違法行為

▼ 一種~ (6, 0.1%)

1 ひがたい冷たい, ひ難い, ふに, ふべからざる凄, ふべからざる憂愁, ふ可らざる

▼ 一種言うべからざる~ (6, 0.1%)

1 すごみが, すさまじさが, 異臭が, 簡素なる, 色彩が, 陰惨の

▼ 一種だろう~ (5, 0.0%)

1 から今, と云う, と思う, と説明, やっぱり

▼ 一種不安~ (5, 0.0%)

1 な, な緊張, な胸騒ぎ, の心持, の緊張

▼ 一種~ (5, 0.0%)

1 なもの, なもらるの, な恐怖, の世界, の面白味

▼ 一種崇高~ (5, 0.0%)

1 といつ, なもの, な嚴肅, な霊感, の感激

▼ 一種敬虔~ (5, 0.0%)

2 な心持 1 な思慕, な恐怖, な感謝

▼ 一種~ (5, 0.0%)

1 が征, における膨脹行為, の他, の力, の独立生存

▼ 一種異常~ (5, 0.0%)

1 なもの, なる恐怖, な感覚美, な麻痺, の感動

▼ 一種素朴~ (5, 0.0%)

2 な雰囲気 1 なようす, な家族風景, にし

▼ 一種~ (5, 0.0%)

2 のぬけた 1 ののびた, の延びた, の抜けた

▼ 一種から~ (4, 0.0%)

1 すれば, 出る, 発見された, 肺炎の

▼ 一種こう~ (4, 0.0%)

1 人を, 従僕めいた, 晴れやかな, 甘美な

▼ 一種なりと~ (4, 0.0%)

1 あつて, いう, いわんと, す

▼ 一種云う~ (4, 0.0%)

3 に云え 1 に云われぬ

▼ 一種厳粛~ (4, 0.0%)

1 な畏怖, な緊張, な荘厳, な調子

▼ 一種固有~ (4, 0.0%)

1 の仏教, の幾何学的組織, の日本性, の疾疼

▼ 一種尊敬~ (4, 0.0%)

4 の念

▼ 一種本能的~ (4, 0.0%)

1 な懸命, な残忍, な直覚, な虚無感

▼ 一種神聖~ (4, 0.0%)

1 なもの, な戦慄, な最後的役割, にし

▼ 一種かも~ (3, 0.0%)

1 しれない, 知れないから, 知れませんから

▼ 一種だけ~ (3, 0.0%)

1 であると, なら簡単, 作って

▼ 一種としての~ (3, 0.0%)

1 囘想とは, 統制主義は, 財産だった

▼ 一種とも~ (3, 0.0%)

1 なっただろう, 云ふべきで, 言ふべき

▼ 一種なる~ (3, 0.0%)

1 かも, ことを, に料理

▼ 一種べつ~ (3, 0.0%)

1 な気稟, な生活, な空虚

▼ 一種~ (3, 0.0%)

1 氣味な, 穩の, 能力なる

▼ 一種云い~ (3, 0.0%)

1 ようの, 難い力, 難い淋しい心持

▼ 一種凛然~ (3, 0.0%)

1 たる調子, たる趣き, たる音調

▼ 一種~ (3, 0.0%)

1 な心持, な疑念, ふべき俗気

▼ 一種奇異~ (3, 0.0%)

1 なる興味, な感じ, の感

▼ 一種悲愴~ (3, 0.0%)

1 なもの, な哀音, な気持

▼ 一種悽愴~ (3, 0.0%)

1 たる気分, な面持, の感

▼ 一種淋しい~ (3, 0.0%)

1 といふ感, センチメンタルに, 感

▼ 一種漠然と~ (3, 0.0%)

1 したよう, した心持, して

▼ 一種~ (3, 0.0%)

1 感動に, 批判な, 邪氣なる

▼ 一種獨特~ (3, 0.0%)

1 な型, な小説, な旅愁

▼ 一種甘美~ (3, 0.0%)

1 な情緒, な羨望, の悲哀

▼ 一種生理的~ (3, 0.0%)

1 な反感, な反撥, な欲求

▼ 一種緊張~ (3, 0.0%)

1 したなか, した何, した境地

▼ 一種芸術的~ (3, 0.0%)

1 なニユアンス, な世界観, に解せられ

▼ 一種複雑~ (3, 0.0%)

1 なる感情, な感情, な面白い

▼ 一種親しみ~ (3, 0.0%)

1 にくいところ, 易いもの, 深い快い様子

▼ 一種言い~ (3, 0.0%)

1 がたい変, がたい快感, がたき意気

▼ 一種言う~ (3, 0.0%)

1 にいえぬ, に言われない, に言われぬ

▼ 一種説明~ (3, 0.0%)

3 しがたい

▼ 一種軽蔑~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 と懐疑

▼ 一種重苦しい~ (3, 0.0%)

1 形, 氣分を, 空気を

▼ 一種陰惨~ (3, 0.0%)

1 な不動, な反響, な暗い

▼ 一種霊妙~ (3, 0.0%)

1 なるもの, の体, の神体

▼ 一種いいしれぬ~ (2, 0.0%)

1 恐怖と, 恐怖に

▼ 一種いや~ (2, 0.0%)

1 な心持, な目つき

▼ 一種いわれぬ~ (2, 0.0%)

1 威厳が, 悲愁を

▼ 一種えき~ (2, 0.0%)

1 ぞちっく, ぞちつく

▼ 一種だった~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, のです

▼ 一種でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なかった

▼ 一種でも~ (2, 0.0%)

1 ないの, なくまた

▼ 一種としてのみ~ (2, 0.0%)

1 理解し, 看過せらるべきで

▼ 一種のみ~ (2, 0.0%)

1 そぎを, 深山高地の

▼ 一種ふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な体温, な老

▼ 一種ほっと~ (2, 0.0%)

2 したよう

▼ 一種また~ (2, 0.0%)

2 別の

▼ 一種~ (2, 0.0%)

1 二種で, 流木に

▼ 一種よそよそしい~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 一種らしい~ (2, 0.0%)

1 のです, 企てを

▼ 一種エキゾチック~ (2, 0.0%)

1 なもの, な風物

▼ 一種リズミカル~ (2, 0.0%)

2 な口調

▼ 一種一定~ (2, 0.0%)

1 の気分, の表情

▼ 一種不穏~ (2, 0.0%)

1 の徴, の空気

▼ 一種不自然~ (2, 0.0%)

1 な快感, な習慣

▼ 一種云うべからざる~ (2, 0.0%)

1 苦痛を, 連想を

▼ 一種云われぬ~ (2, 0.0%)

1 品位が, 蒼古な

▼ 一種今昔~ (2, 0.0%)

2 の感

▼ 一種~ (2, 0.0%)

1 の時代, を魅する

▼ 一種低級~ (2, 0.0%)

1 では, の神人

▼ 一種何とも~ (2, 0.0%)

1 いえない気味, 言はれない冷めた

▼ 一種侮蔑~ (2, 0.0%)

1 するよう, の念

▼ 一種信仰~ (2, 0.0%)

2 に似た

▼ 一種偏窟~ (2, 0.0%)

2 な人

▼ 一種兇悪~ (2, 0.0%)

1 な光りを, な表情

▼ 一種共通~ (2, 0.0%)

1 したレーニングラード, の処

▼ 一種冷やか~ (2, 0.0%)

1 な狂暴, な表情

▼ 一種凄い~ (2, 0.0%)

1 印象が, 殺伐な

▼ 一種凄惨~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な趣き

▼ 一種別様~ (2, 0.0%)

1 な世界, な面白味

▼ 一種劇的~ (2, 0.0%)

1 な色彩, の感興

▼ 一種動物的~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な近親感

▼ 一種古風~ (2, 0.0%)

1 な親王家, の嗜味

▼ 一種同情~ (2, 0.0%)

2 の感

▼ 一種変った~ (2, 0.0%)

1 人間で, 芋を

▼ 一種変てこ~ (2, 0.0%)

1 なもの, りんな

▼ 一種~ (2, 0.0%)

1 のよう, の如き

▼ 一種奇態~ (2, 0.0%)

1 な風俗, の礼式

▼ 一種~ (2, 0.0%)

1 な臭, な臭気

▼ 一種嫌悪~ (2, 0.0%)

1 すべき妙, の面持

▼ 一種宗教的~ (2, 0.0%)

1 な性質, な許容

▼ 一種家庭的~ (2, 0.0%)

1 な同感, な心地

▼ 一種寂しい~ (2, 0.0%)

1 心持を, 趣は

▼ 一種寂寥~ (2, 0.0%)

2 の感

▼ 一種寂然~ (2, 0.0%)

2 たるようす

▼ 一種~ (2, 0.0%)

1 奥なる, 美な

▼ 一種快適~ (2, 0.0%)

1 なリズミカル, な雰囲気

▼ 一種抽象的~ (2, 0.0%)

1 な存在, な浄化

▼ 一種~ (2, 0.0%)

1 き差し, き難い

▼ 一種早く~ (2, 0.0%)

1 開く者, 開ける者

▼ 一種未開~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 一種気骨~ (2, 0.0%)

1 に富んだ, めいた禿げ方

▼ 一種氣合~ (2, 0.0%)

2 をかける

▼ 一種洗練~ (2, 0.0%)

1 された健気, された身なり

▼ 一種清新~ (2, 0.0%)

1 な雰囲気, 幽雅

▼ 一種滑稽~ (2, 0.0%)

1 な思い, な顔

▼ 一種無作法~ (2, 0.0%)

1 な一人, な騒音

▼ 一種無気味~ (2, 0.0%)

1 な感動, な気持

▼ 一種無類~ (2, 0.0%)

1 の銀杏, の音

▼ 一種物々しい~ (2, 0.0%)

1 感歎の, 戦跡の

▼ 一種物凄い~ (2, 0.0%)

1 感じが, 感を

▼ 一種物理的~ (2, 0.0%)

1 な強力さ, な影響

▼ 一種狂気~ (2, 0.0%)

1 じみた盛大さ, じみた興奮

▼ 一種異なる~ (2, 0.0%)

1 愛着を, 関係の

▼ 一種異彩~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 一種異色~ (2, 0.0%)

1 ある, ある思想家

▼ 一種痛快~ (2, 0.0%)

1 な感想, な氣味

▼ 一種盲目~ (2, 0.0%)

2 な力

▼ 一種真面目~ (2, 0.0%)

1 な不思議, な調子

▼ 一種端倪~ (2, 0.0%)

1 すべからざる勢力, すべからざる複雑さ

▼ 一種精神的~ (2, 0.0%)

1 な喜び, のマゾヒスト

▼ 一種肉体的~ (2, 0.0%)

1 な恐怖, な苦痛

▼ 一種自分~ (2, 0.0%)

1 が非常, というもの

▼ 一種自己催眠的~ (2, 0.0%)

2 な虚偽

▼ 一種自若~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 一種苛ら~ (2, 0.0%)

2 立たしいよう

▼ 一種苦悶~ (2, 0.0%)

1 に似た, の膏汗

▼ 一種茫漠~ (2, 0.0%)

1 たるこの, たる表情

▼ 一種荘厳~ (2, 0.0%)

1 な光, な光輝

▼ 一種衝動的~ (2, 0.0%)

2 な天真

▼ 一種誇り~ (2, 0.0%)

1 かな気持, かな氣持さ

▼ 一種象徴的~ (2, 0.0%)

1 な気持, に歌いあげ

▼ 一種軽侮~ (2, 0.0%)

1 に似た, の念

▼ 一種違った~ (2, 0.0%)

1 世界の, 妙な

▼ 一種重厚~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な美

▼ 一種重要~ (2, 0.0%)

1 な影響, の気

▼ 一種陰険~ (2, 0.0%)

1 なよう, な性質

▼ 一種静か~ (2, 0.0%)

1 な心持, な賑やかさ

▼ 一種面白い~ (2, 0.0%)

1 形の, 謀叛である

▼ 一種風変わり~ (2, 0.0%)

1 な建築家, の社会政策実行者

▼ 一種風格~ (2, 0.0%)

1 ある容貌, ともいふべき

▼1* [599件]

一種あきらめのひびき, 一種あさましいひがみを, 一種あざやかな癖, 一種あらたまつた緊張した, 一種あわただしいはかなさを, 一種いい解きがたいなつかしい, 一種いうべからざる趣をさえ, 一種いじらしいものを, 一種いじらしい美しさが, 一種いふに言, 一種ならぬ香気, 一種芝居めく, 一種かう冥想的な, 一種かすかな怖, 一種きまりきった百姓言葉乃至, 一種ぎごちないもの, 一種さめを, 一種くすぐったそうな, 一種くすぐったいような, 一種ここにあり, 一種こわいような, 一種しか例の, 一種しつくりした感じ, 一種しゃれたかたき討ちでした, 一種じゃアない, 一種じんじんと冴えわたる, 一種ずうずうしい憐憫の, 一種ずるそうな, 一種その応用に, 一種それをこわもて, 一種たおやかな風, 一種たけ長く幅, 一種ただ最も卓越, 一種たるに過ぎない, 一種だけが挙げられて, 一種だけしかないよう, 一種だつたのでびつくり, 一種だてぇことに, 一種だらうか淡紅色, 一種つややかな風姿, 一種でさえある, 一種としてもよいだろう, 一種とらえがたい安全, 一種どぎつい読書法といふ, 一種なつかしい香が, 一種なつかしき哀しみを, 一種などに数えて, 一種ならんと, 一種なり溪を, 一種なるべし固より, 一種なるべし曳きかつ押す, 一種なればこれ, 一種にて一時の, 一種にてはなれば, 一種になつて戻, 一種にもおなじ名が, 一種に対して一銭五厘だけ, 一種ねばねばする人間性, 一種のけもののよう, 一種のと言うの, 一種のびやかな漫然と, 一種のみは蛇を, 一種のんびりしたよう, 一種ひかえめな, 一種ひとなつこい, 一種ひやりと薄冷たい, 一種ぴりっとした味, 一種ふくよかなネル, 一種んな, 一種ほこりをもつた, 一種ほのかな女, 一種ほのぼのとした, 一種へみ, 一種または多種または, 一種まとまつたハイムリッヒな, 一種むず痒い様な, 一種むづ痒い様, 一種もどかしいような, 一種ものすごい感じを, 一種よそ行きな拵えると, 一種わけもわからない, 一種アメリカらしいインテリゲンツァ, 一種アメリカ帰り式な世界観, 一種イライラした表情, 一種ウシハコベという者, 一種カラスグルミハ越後ノ産ナリ核自ラヒラキテ烏, 一種グロテスクなそれでいて, 一種サディズムのにおい, 一種ショックに似た, 一種ステゴザウルスそのままの, 一種ストイツクな犠牲的相貌, 一種センチメンタルな哀愁, 一種デモクラティックな原理, 一種トボけた味がある, 一種ネレイス・メガロプスが専ら, 一種ハイカラで骨, 一種パノラマ的風景として天下, 一種ヒロイックな魅力, 一種フオラスである, 一種ホロ甘い蒸気, 一種モダーンな感触, 一種ユーモラスな気味, 一種ロマンスの臭, 一種ロマンチックな心持, 一種ロマンチツクな情緒, 一種一様のもの, 一種はずつた, 一種上覧の為, 一種下等な神聖味, 一種不健康で退屈, 一種不動の基礎, 一種不可侵の道徳的優越性, 一種不可言の勇気, 一種不愉快な圧迫, 一種不敵の光, 一種不朽の風姿, 一種不満な焦躁, 一種世間を超絶, 一種を細別, 一種乃ち神を侮る, 一種二種しか残さぬ, 一種云いつくせない味です, 一種五円位で高う, 一種五瓜竜などが目, 一種人情に対する警官, 一種人間的な本然的, 一種人間離れのした, 一種他動的な普通選挙的通念, 一種任侠の気, 一種低い階級性の, 一種をゆする, 一種何物かに襲われた, 一種例外の変人たる, 一種侘しい懐旧の, 一種便安舒暢の気象, 一種催眠誘示の手法, 一種傲然たる信任, 一種優美な趣, 一種兇暴の相, 一種全く違った考え, 一種全身鼠色で尾, 一種冷ややかな厳粛感, 一種冷酷な眼つき, 一種冷静の気, 一種凄みのある, 一種凶悪な態度, 一種別個の世界, 一種刺戟を宿した, 一種剛強の人物, 一種剽悍な惑溺, 一種剽軽なところ, 一種勝手次第なる観念, 一種化物屋敷めいた妙, 一種化生のもの, 一種北国的な相貌, 一種十八世紀的臭味が鼻, 一種卑近な思想警察行為, 一種卓絶の元気, 一種卓絶万古不朽の元気, 一種単純な力, 一種危険な気持ち, 一種厭うべき空気の, 一種厭味の装飾, 一種厳かな気, 一種反動的な傾向, 一種反射運動的な動作, 一種反感に似た, 一種叙事詩化した以前, 一種古ぼけた黴臭いにおい, 一種古雅の風致, 一種可憐な趣, 一種可笑なもの, 一種可笑しい調子を, 一種名状すべからざる, 一種味気なく頼り, 一種哀愁の影, 一種哀艶の調, 一種品位のある, 一種唱導の旅, 一種嗅感的関係に彷彿, 一種かな氣, 一種四つ手より上等, 一種国民の習癖, 一種圖拔けた勤儉貯蓄家だつたの, 一種圧迫的な怒気, 一種均衡を失した, 一種にはまらぬ, 一種執着にも似た, 一種堪えがたい毒気と, 一種壮大なところ, 一種壮大野蛮な威厳, 一種壮烈な気分, 一種なき快感, 一種変わりたる祈祷の, 一種変テコな気分, 一種変妙な形式, 一種変更したもの, 一種変梃なおもしろ, 一種変質的な生活, 一種外道のやう, 一種夢幻なる光暈, 一種夢幻的な感じ, 一種大木にし, 一種大胆不敵な歓喜, 一種天稟の威力, 一種失望の感, 一種奇々怪々喜ぶべく驚くべきの, 一種奇しき笛は, 一種奇妙奇怪なる国風, 一種奇様の小説, 一種奇気抜く可ら, 一種奇矯な看板, 一種奇蹟的な力強, 一種としての共感, 一種好奇的にこの, 一種好色的なずる, 一種妖怪的な傷, 一種威厳ある将軍, 一種威嚇的な空気, 一種にも似, 一種媚びを含んだ, 一種嫌惡の情, 一種嬉しそうな, 一種孤独のようす, 一種学名ククルス・メラノレウクスという鳥, 一種安易な独善主義, 一種宗教的殉道者の大, 一種宗教類似の, 一種定規的訴訟的精神を交じえ, 一種宮廷風の好み, 一種容易ならぬもの, 一種寂寞たる病院, 一種対照の妙, 一種尊内卑外の感情, 一種尊厳な印象, 一種小さい胡瓜に, 一種小さくて温良, 一種小唄のはしり, 一種小成に安んずる, 一種小説に近い, 一種の個体, 一種崇敬の念, 一種しい眼, 一種常套的な道徳感, 一種常識的な尤, 一種幻怪な官能, 一種幻想的な特殊, 一種広告隊の林道, 一種の知れない, 一種底なしの虚無, 一種底冷えのやう, 一種廃頽的な感じ, 一種建て物に, 一種強力の麻痺, 一種強烈なる芳香, 一種当るべからざる殺気を, 一種当惑を感ずる, 一種形式的な窮屈, 一種にも通ずる, 一種彼等には詩的, 一種得意げに再び, 一種復仇の快感, 一種微笑ましいやうな, 一種微苦笑を洩し, 一種の頼り, 一種心得顔のところ, 一種心配気な顔つき, 一種忍びの怪術, 一種忘却の気, 一種忠告慾に駆られ, 一種快い興奮さへ, 一種快活な様子, 一種そうに, 一種思想上の卑俗感, 一種急性の中毒症状, 一種性慾的とも言, 一種性格的なもの, 一種怪い亢奮である, 一種怪異なる感情, 一種怪童的な風貌, 一種怪談めいた恐怖, 一種恋愛的雰囲気みたいなもの, 一種恍惚とした, 一種恐しい虚栄心, 一種恐怖に似た, 一種恒久的なもの, 一種しめられたよう, 一種悦びに似た, 一種悩ましい予感の, 一種悪質な自負, 一種悲しき芸当の, 一種悲惨な調子, 一種悽惨な光景, 一種情熱の足りない, 一種情趣がございましょう, 一種はしい, 一種惘然たる気持, 一種忍な, 一種意気消沈して, 一種愚劣な優越感, 一種愛惜の感, 一種感傷的な慇懃さ, 一種感情的な自, 一種感激性の活計, 一種感覚的な要素, 一種感謝の情, 一種愴然たる感を得た, 一種はしい, 一種慨然たる面持, 一種憂鬱な眼つき, 一種懸念に似た, 一種我邦の萵苣, 一種戦国時代相応の理想, 一種硬い沈黙, 一種打つものあり, 一種打栗ト云フ者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, 一種抜群の眼球, 一種抽象した概念, 一種拔群の眼球, 一種捨鉢な興奮, 一種掛つて居たん, 一種探偵小説的に不可解, 一種支那でなければ, 一種放心したよう, 一種政治上の動機, 一種教化統制の風潮, 一種教育的な意義, 一種敬遠的な蔑視, 一種文壇的とも云うべき, 一種時代との, 一種新しい未知の, 一種新様の, 一種新鮮な風味, 一種昂然たる面持, 一種明快なトーン, 一種普通でない様子, 一種普通民と違った, 一種晴れがましい, 一種い情趣, 一種暗澹な凄, 一種暗鬱なところ, 一種有毒な空気, 一種朗らかな威厳, 一種末期的の味, 一種の実, 一種東国風ともいうべき, 一種果敢な光, 一種根こぎにされた, 一種森閑たる靜寂, 一種植民地的な香り, 一種楽しそうな, 一種模糊退嬰の姿, 一種横着な面構え, 一種欧米人に見得ざる, 一種歓喜の声, 一種正装用短剣一振り軍服図嚢勲章類はエフィゲニウス家, 一種歴史的な全景的, 一種残忍な興味, 一種段取りのついた, 一種殺気にも似た, 一種が小さい, 一種気の毒な思, 一種気合をかける, 一種気合いの抜けた, 一種気味の悪い, 一種気品の閃き, 一種気持よい強さ, 一種気楽げな表情, 一種気稟あるもの, 一種気違いめいた表情, 一種気魄の多い, 一種の毒, 一種水杵あり, 一種のごとき, 一種汚らしい美しさで, 一種決然たる闘志, 一種沈痛な臆病さ, 一種注意をひく, 一種派手やかな目, 一種流れ掠めて行く, 一種浅草調ともいふべき, 一種浪曼的な情景, 一種液体のよう, 一種淨潔な趣, 一種淫虐性の形式, 一種深き人格を, 一種混雑した情景, 一種快な, 一種清幽の趣, 一種清涼の気, 一種清純な曲線, 一種渾沌の調, 一種渾然と陽気さ, 一種滋蔓して, 一種滑らかな静止, 一種濃厚の雰圍氣, 一種烈しい苦痛である, 一種無上の美し, 一種無形の気風, 一種無碍な光輝, 一種無責任な芝居見物気分, 一種煽動的な大がかり, 一種熱っぽいものが, 一種熱烈な人格, 一種爆弾的な声明, 一種爽快なる感想, 一種物語的なひびきを, 一種物静かな説明口調, 一種特別不思議でね, 一種特別注意ぶかい目つき, 一種特定の意味, 一種特徴のある, 一種状すべからざる満足, 一種狂暴な表情, 一種独特法外流門外不出の坐り, 一種独立の思想, 一種独自なやさし, 一種狷介な足調, 一種猜忌の眼, 一種獰悪な眼つき, 一種王莽に對, 一種玩具のよう, 一種瓢逸な趣き, 一種生々の気, 一種生々しい金属音である, 一種生臭いような, 一種畏怖の意味, 一種畏敬に近い, 一種異なりたる獣に, 一種異国風な雰囲気, 一種異様幻覚錯覚倒錯観念に捲き込まれ, 一種異様異彩なる貴族的, 一種異状な状態, 一種痙攣的な収縮, 一種痛ましい対照を, 一種痛快そうな面持, 一種痛烈な快感, 一種白っぽい妙な, 一種白昼夢のなか, 一種直線ぎりだが, 一種直線的な傾向, 一種相互扶助的存在で互に, 一種眩しい思ひなし, 一種の眩み, 一種知覚の無くなった, 一種確定せる特別, 一種社会を相手, 一種神経的な激しい, 一種神道家の哲学, 一種秘密の争闘, 一種稀有の光明, 一種稚拙にひなびた, 一種空虚な寂し, 一種立派な罪悪, 一種雜な, 一種精悍の気, 一種精神上の勇者, 一種紅蜀葵の様, 一種純真に誇らしい貴い, 一種純粋な知能型, 一種素直な隠遁者, 一種細い縄を以て, 一種絶倫の人傑, 一種絶島の燈台守, 一種絶望的な或は, 一種綜合的な天質, 一種綿々たる余韻, 一種繊細なところ, 一種美女自殺の結末, 一種義憤すら感じ, 一種義賊謳歌時代をうんだ, 一種へ難い, 一種耳底をつらぬい, 一種聞き慣れない野獣性を, 一種聡明なずる, 一種職業的恐怖ともいふべき, 一種肉感的なところ, 一種く屁, 一種脳髄上の盲点, 一種自家の調, 一種自己に対し妻, 一種自己忘却みたいな状態, 一種自由な同時に, 一種自虐的な放棄感情, 一種自責に似た, 一種至って働きの, 一種興奮した心持, 一種色替りの下女, 一種芝居にでも有り, 一種芝居絵のよう, 一種花合せを, 一種苦澁な色, 一種苦行僧的な忍耐力, 一種茫然したやう, 一種荒凉の感, 一種荒涼な感じ, 一種荒蕪な壮観, 一種荘重な誰, 一種華やかな気色, 一種蒼古な気分, 一種蕭条たる松, 一種薄気味悪い恐ろしさと, 一種藝術的な世界觀, 一種虚業的な存在, 一種虚無的なケオス, 一種融通のきかない, 一種蠱惑なもの, 一種行政的企画の相貌, 一種表現の出来ない, 一種榮の, 一種見出し四年前まで舎弟方, 一種親愛の情, 一種言いしれぬ季節の, 一種言いようのないさびしい, 一種言い知れぬすごい赤味, 一種言うべからざるの, 一種訓練された技術的, 一種訝かしい甘美な, 一種のわからぬ, 一種詩人の天稟, 一種誇張の外観, 一種調和した感情, 一種調子の高い, 一種はれぬ不愉快, 一種謂うべからざる陰惨の, 一種のよう, 一種譬えようのない, 一種變つた手藝品ともいへよう, 一種變つた空氣を釀, 一種變つた風物が特色, 一種討ち療法, 一種責任が軽く, 一種貴族的な快楽, 一種貴族趣味の或, 一種質朴な点, 一種超自然的なもの, 一種踊る樣な, 一種蹣跚たる足どり, 一種に染みる, 一種軽薄な文化主義, 一種辛辣な幻想, 一種近づき難い領域, 一種迷信にも似た, 一種透徹な趣, 一種連続点がある, 一種進歩的な, 一種運命的なもの, 一種過剰な純粋性, 一種遠隔暗示で柵家, 一種邪宗らしき信仰, 一種郷土玩具の手頃, 一種郷愁に似た, 一種酋長談とよばれる, 一種酒杯用の御, 一種い痴れたよう, 一種醜い可愛らしさを, 一種野外の祭場, 一種野生の禾本科植物, 一種鈍重な沈黙, 一種鋭き苦痛を, 一種門前の装飾, 一種閑寂な様子, 一種間抜けて滑稽, 一種陋劣なる目的, 一種限定的の意味, 一種陰鬱の気, 一種隠微な蠱惑力, 一種霊感の域, 一種霊活な批評眼, 一種霊魂不滅の観念, 一種のよう, 一種靈妙な働き, 一種青春の酩酊, 一種現実的な, 一種非凡な処, 一種頓狂な薄笑い, 一種頼もしい眺めである, 一種頼もしき心地も, 一種でないの, 一種風俗の変, 一種風刺的な意味, 一種風変りな味, 一種風變りな, 一種風雅な檜笠, 一種颯爽たる風格, 一種飛び石のよう, 一種食慾に似た, 一種香ばしいような, 一種馬場に於, 一種馬鹿丁寧な下品, 一種馴染の気持, 一種高尚なる光栄, 一種高慢な心持ち, 一種鬼気の迫る, 一種鬼氣を覺, 一種魅力めいたもの, 一種鹿爪らしい表情, 一種麻以外の繊維料, 一種黙許の形