青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

上げた~ ~上げる 上げる~ ~上っ 上っ~ ~上った 上った~ 上り~ ~上る 上る~
上下~
~上京 上京~ 上人~ 上品~ ~上手 上手~ 上方~ 上流~ 上海~ 上等~

「上下~」 1961, 21ppm, 5426位

▼ 上下~ (332, 16.9%)

7 歯が, 歯を 5 別なく 4 区別が, 区別を, 棧も, 歯の, 誤解を, 間に 3 唇が, 棧が, 棧の, 棧を, 衣服を

2 [31件] ものが, ベッドに, 人が, 人の, 人数が, 位置が, 信任を, 別を, 区別な, 區別なく, 反目や, 名分を, 唇を, 変動の, 家庭にも, 差別は, 心を, 懸隔はなはだしく, 文あり, 旅客の, 栓釘を, 桟が, 眼瞼に, 瞼が, 船あり, 関係を, 階級が, 階級を, 隔てなし, 隔ても, 齒を

1 [212件] あること, この階層関係, すみには, それを, へだて, へだてなくうたわれたもの, まぶたに, まぶたを, ものを, ような, よろこびに, わかちなく, シャツだけといふ, シャツを, 一対が, 一致を, 上に, 上へ, 不安が, 両等, 争いが, 争いは, 二つある, 二つの, 二個ずつに, 人々を, 人は, 人心の, 人物の, 仕切が, 付かぬよう, 体統関係に, 作用で, 侍方振袖の, 便所は, 信仰を, 信望は, 信望を, 信用が, 入れ歯を, 兩伊那郡及び, 六方の, 分が, 分も, 分を, 別が, 別自ら必要, 前歯が, 前歯寝息さえ, 勘定法に, 勤めと, 区別あり, 区別と, 区別なく, 区別の, 区別は, 区別も, 區別を, 協和とが, 反目を, 口あり, 口びるとは皮膚を, 古礼, 句を, 各甲板, 同情であった, 名を, 名分も, 品々が, 唇に, 唇の, 唇は, 唇左半面ベッタリ, 噂も, 地位を, 境界を, 士族が, 士族各, 外れの, 大名行列が, 大義を, 大静脈, 天井を, 字を, 実状を, 実相も, 寝床から, 寸法は, 対岸から, 専門家非, 尊信厚き, 層に, 差が, 差は, 差別が, 差別さへ, 差別を, 差異が, 帰依篤き, 廊下が, 弛んで, 役人たちも, 役人に対して, 御安堵, 御為め此上, 御為此上, 思わくまでを, 怨嗟を, 怨府と, 情実貫通し, 愛情に, 戸棚と, 所々に, 払拭を, 折々に, 振事或は, 敷居に, 旅人で, 桟を, 棧だけ, 棧と, 棧は, 構造を, 武士が, 武士より, 武士を, 武士何時しか, 歯ぐき白く, 歯など, 歯並に, 河岸を, 流れを, 無くな, 猜疑を, 甲板に, 男女四千余人を, 画室内部には, 疏通する, 白歯が, 目蓋の, 相交渉, 相撲連三十余名が, 着流しに, 睫の, 睫毛を, 瞼さえ, 瞼は, 社にも, 社の, 神祇に, 空虚を, 立派な, 端に, 等級を, 系列を, 組織は, 縁が, 縁は, 繋りを, 義歯を, 者が, 肩が, 背広を, 胴体が, 膝へ, 草鞋穿き, 衆の, 袋戸と, 袋戸物置の, 西国大名達です, 見通しを, 視線が, 視野が, 角が, 評判は, 詞を, 諸卒, 諸方から, 諸臣, 距離が, 距離でなくっ, 踊りが, 身分を, 車輪に, 軸を, 部屋と, 釣合を, 門歯と, 間隔絶し, 関係が, 関係なり, 関係に, 関係の, 関係も, 関心事と, 闇黒を, 限界の, 隅々に, 階級なき, 階級なし, 隔てが, 隔てない, 隔てはねえ, 隔なし, 雪隠を, 靈妙作用を, 顎が, 顎に, 顎にも, 顎の, 風俗が, 騒ぎは

▼ 上下~ (311, 15.9%)

6 動かして 5 振って 4 振った 3 ふって

2 [17件] ばらばらと, わづくりて, 分けた胴切り, 分れて, 動いて, 動くの, 動揺する, 幾枚の, 振るやつ, 揺すって, 揺りながら, 揺れつつ, 揺れる, 見た, 重なって, 開いた穴, 靡いて

1 [259件] あてて, あふれて, あらはれて, あらわれて, ありさえ, ある, いや繁り, いる驢馬, うごかしせわしなく, うごきその, うなずかせながら, うねり遂に, えがいて, おぞけを, およそ三四十枚, かかわらず一日中, かなりずれ, かまいなく, くいちがって, これらの, さかんに, した第, すじがね, すべる窓, その力, ちやうど, つかって, つき出して, つたえて, なって, なり勝ち, のたくった, のびた, のびて, はげしく震動, はじけ出る肉, はねて, はめて, ばしやり, ぱッと, ひき開けられて, ひょこひょこと, ひろがったと, ひろげて, ふりながら, ふり乍ら, ふるえて, みちて, むかい合って, ゆがんだが, ゆすぶりました, ゆすりながら, ゆられて, ゆりうごかして, ゆり動かしてから, ゆれながら, わかれた棚, わかれケラケラケラ, わざわざ昇降機, わななかせながら, オレを, ガタガタゆれ, スッと, スツ, ヒラ, ベロア帽と, 三本ずつ, 不穏の, 両手を, 中の, 乱れて, 乱流する如くなり, 二つの, 二つ描かれ, 二大別し, 二本づつなら四本ぢや, 交り合っ, 交通する, 今なお, 今猶, 伸縮し, 何百人という, 信じられ又, 働きはじめた, 入り乱れて, 分れるので, 切り裂いて, 刎ね, 別なく, 別れて, 剥きあけて, 動いた, 動かされる, 動かしながら, 動かしました, 動かし無心, 動かすこと, 動かすと, 動きその, 動きはじめたでは, 動きます, 動きまわって, 動き出して, 動き左右に, 動き終わった時, 動くうねり波, 動くと共に, 動くばかり, 動く大波, 勢力を, 区切って, 反転し, 合すや, 同じ観月, 名を, 向け合って, 吹き離されしだいに, 喫う, 四ツ並ん, 変化する, 多少の, 大きく動かした, 大小を, 太陽を, 左右に, 巻いて, 幾百条と, 底澄ん, 延びて, 建てやう, 強く振った, 彗星の, 彼を, 往き来し, 往復運動する, 手の, 打つて, 打振られる, 押しかえす通行人, 押し分けつつ, 持てはやされたが, 振り動かした, 振り動かして, 振り動かしながら, 振り動かせて, 振り立て振り立てつまり, 振る, 振れて, 振れば, 描かなければ, 揮り動かし, 揺いで, 揺かしとど, 揺すった, 揺すりながら, 揺つたもの, 揺らめいて, 揺りまた, 揺れた, 揺れて, 揺れながら, 揺れること, 揺れるわけ, 揺れ出した, 揺れ揺れ流れ動く人波, 搖れる, 搖れ出した, 擘かれ, 斬り結び, 旋ったら, 昇降する, 易える, 普かった, 松並木の, 柳の, 水車の, 法然の, 波動させ, 波動し, 波立てながら, 派手に, 浮遊する, 浸漸, 浸潤した, 渡すもの, 渡って, 渦を, 温度を, 源十郎と, 激しく変化, 点在し, 無腰と, 無限に, 物を, 生きて, 生ひ, 用意され, 目を, 目暈が, 真二つ, 眺めた, 着いた溝, 着換えてから, 破りまして, 紫色の, 紺下に, 続いて, 綺麗に, 縺る, 翼を, 自由に, 舞踏を, 花笠, 若干の, 茶献上の, 荒く震動, 藤倉ぞうりを, 行き渡りそれ, 行く途中, 行われて, 行われ九州一円, 見ながら, 見直して, 調子を, 貫いて, 貫く強力, 走ったと, 走る稲妻, 跳上り動悸を, 身体の, 迫って, 迯げて, 逐いつ逐われつ雫, 運動する, 重って, 鋪陳したる, 長い円筒形, 開いた, 開いて, 開閉する, 附けた薄, 附せる, 階級は, 隔てなく弟子たち, 隣比し, 雀躍し, 頭の, 顔を, 飛かわり, 飛びちがふ矢の, 飛ぶ, 飛んで, 飛乱する, 首を, 香の, 馬の, 馳せ違い始めた, 髪と, 黒斜子の

▼ 上下~ (133, 6.8%)

10 着て 9 あげて 4 つけて 3 挙げて, 眺めて 2 して, 着し, 着た男, 着用し

1 [96件] あさりに, あわせて, あわてて, いふにも, きめ問題, くまなく捜索, さかんに, したもの, したり, そろえて, たち切った中, ちょろちょろと, つけること, つけ左手, とわず文字, ふくむ範囲, もって, キョロキョロし始めた, メンミツに, 一所に, 一挙に, 主たる参考本, 争い席を, 二羽縦横に, 仕立下した, 付けて, 動揺させる, 可笑しい位, 吹きまくって, 問わず山, 問わず年, 問わず彼女, 問わず皆, 囲繞する, 堰止め, 少し打ち, 幾回と, 手入れし, 批判する, 押えて, 持って, 捧げたの, 掛けて, 掠めて, 推賞せられ, 摩擦し, 擦り硝子, 止めて, 沸き立たせた女優, 泳ぎ廻つた, 潤して, 真剣に, 着けて, 着け病耄, 着たり, 着た処, 着た番頭, 着た進, 着るかね, 睨めまわすと, 示すもの, 繰返しつつ, 脅威愚弄した, 脱ぎ与えて, 舐めながら, 著し廣間, 著し敬, 著た, 装束くにも, 覆ひたる形, 見た, 見ながら, 見わたすと, 見守り初めた, 見廻したの, 見廻は, 見張らせ荷駄, 見渡した, 見渡すと, 見通した所, 視せしむ, 語り, 論ぜず一時, 論ぜず吉凶禍福みなこれ, 貫く縱, 買い浮いた金, 這い廻って, 通じ自分, 通読した, 運転し, 隔て, 震駭させ, 震駭させる, 靡かして, 風靡しました, 風靡する

▼ 上下~ (117, 6.0%)

22 ている 7 てゐた 5 ていた 2 てゐる, て木屑, て楽し, て金山寺

1 [75件] たいてい春秋, たり力いっぱい, たり左右, たるに, て, ていたずら, ていられない, ておもむろに, てから劇場広場, てくれた, てはならない, ては療院, ても一巖, てゆく, てゐ, て上流, て今, て体操みたい, て優に, て先, て八マイル, て別山乗越, て呼吸, て奔馬, て居ります, て居る, て山, て左手, て影芝居, て更に, て最も, て最後, て東桶小屋沢, て火口丘, て田間, て白檜, て竿使, て行く, て西村商会, て見える, て通らね, て餓鬼谷, て麓, ながらこう, ながらそれでも, ながら主, ながら進む, に出る, やがてそれ, やすい思索家自身, をする, 乍ら来る, 仏蘭西全国の, 八千八声まで, 南アルプスを, 坊主枕の, 大頭といふ, 左右する, 平原や, 或は屈伸, 指で, 新月は, 新館の, 曲肱の, 木苺を, 未だ悉く一致, 激して, 甲武信の, 貴賤, 遂には, 釣橋を, 随分迷い, 零度以上に, 高天ヶ原の, 黒部川を

▼ 上下する~ (101, 5.2%)

3 小舟である

2 [11件] が如き, ことは, ことを, こと三日三夜見物は, のが, のは, もので, ものに, ように, 人の, 折は

1 [76件] あの液体, が孰, ことが, こと飛, ために, だけなら, ときの, ところを, とのこと, と二三間, と同時に, と山稜, につれて三, にも自動的, に此, に至るなり, に進見, に隨つて, に非, のであろう, のみなれ, のを, ほどの人々, ほど水温, ものである, ものは, も大きい, を得, を求むれ, を見, を見る, を許さぬ, 上に, 不便が, 久世の, 人間は, 体温が, 体重に, 便船で, 其の間, 原始的荷役は, 團平船が, 大連嶺を, 小さな客船, 屋根船も, 想ひ, 提灯時々, 方便が, 旋律は, 月の, 毎に, 汽船や, 汽車の, 為の, 熱と, 白帆が, 石径の, 笑い声であり, 等俗言これを, 老人の, 者なく, 舳に, 船の, 茶壺道中を, 蝸牛は, 行為とは, 論を, 赤い手絡, 足がかりが, 車夫も, 運動の, 都合四里, 金松四郎兵衛という, 鍵を, 馬金率を, 魂の

▼ 上下左右~ (74, 3.8%)

2 にゆられ, にゆれ, の一団

1 [68件] あらゆる方向, からラムプ, から出, から岩, から私, から迫っ, して, するも, すれ違うと, とも海底, と奥, にはげしく, にはまっすぐ, にぱつ, にふる, にふるえ, にもまた, にゆすぶり, にヒタヒタッ, に一層, に三十, に伸ばし, に動かされ, に動きだす, に動き得る, に動転, に外向き, に奇妙, に幾十本, に廻転, に彼, に掘っ, に揺れる, に様々, に火玉, に無数, に眼, に絡ん, に詰めたる, に躍っ, に身ぶるい, に飛び廻っ, の六方面, の張り坂, の思わざる, の拡がり, の石垣, の連絡, の闇, へ, へおどる, へしきりに, へとんだ, へ揺れ, へ激しく, へ跳ねあがり, へ震動, をじゅう, を念入り, を押え, を照, を目, を見まわし, を詳細, を鏡, 広い棚, 思うまま, 洩らす所

▼ 上下~ (47, 2.4%)

2 ない

1 [45件] あっても, あろうとも, いづれも, うるさかった, きまろう, ことごとく眼, その大小排列, その惨, つらいという, ないと, ないという, ないの, ないわい, なく等級, まさに転倒, 作法, 全く安心, 共に白, 別として, 別問題, 呆気に, 壓迫された, 外敵の, 平場に, 必ず下り, 恟々と, 悶絶的な, 普通の, 最後の, 沸き返るよう, 渦巻く青い, 無いから, 煮えこぼれるやう, 病弱の, 白墨の, 真似られる, 紫地に, 自由な, 色を, 苦しかつ, 詰つてゐる, 蹴躓く茶坊主, 難しかろう, 顔色を, 騷ぎの

▼ 上下~ (38, 1.9%)

2 ある

1 [36件] あって, あつて, ありいつも, あり雌蕊, あること, あるならば, あるもの, あろう, あろうか, くる, これほど, ぬぎ捨てられて, ねえならねえでしかじか, ひっくりかえったばかり, わからなくなったよう, 再び始まりました, 分ります, 判りかけその, 困難であった, 定まるの, 少し歪み, 挙って, 明かに, 昏迷を, 板張りに, 横光の, 烈しいに, 疲れるから, 白く曇つて, 真の, 細く中央部, 総寄合, 群れ騒ぐ大, 逆さまだ, 逆さまに, 鉄板で

▼ 上下とも~ (34, 1.7%)

1 [34件] からからに, その義務, にこの, になかりし, にひと間, に喋々, に心安う, に楽しみ歓ぼう, に水田, に汚物まみれ, に苦み, に青い, に顛倒, まっ白な, スキーを, 一本も, 全く津田, 十分に, 同じよう, 多少の, 奇麗に, 悉く灰色, 慎み深く, 戦勝気分に, 整然たる秩序, 歯が, 流れ河に, 白い洋服, 紺揃に, 綺麗に, 華奢な, 遊山の, 麻痺し, 黒紬で

▼ 上下~ (31, 1.6%)

2 揺れて

1 [29件] はげしく揺れ, ばたばたと, わかれて, コクコクし, シタシタと, ブリキ皿の, 上げ下げする, 二三度上げ下げし, 二寸ばかりの, 入る, 分かれて, 動いた, 動かした, 動かして, 動かしながら, 動かすと, 動かすので, 動き寝て, 動く, 引きのばされたかと, 手を, 揺れチカチカチカチカ, 放れただ, 敷いて, 気流の, 水の, 火を, 無理に, 眼を

▼ 上下から~ (25, 1.3%)

1 [25件] おしっけた, かこんで, その秘密, のぞいて, はさむよう, わなの, 上流の, 乱れて, 二つに, 互いに噛み合った, 圧迫する, 壓迫される, 始まったし, 寄り添った, 小袖まで, 抽斗し, 挟んで, 掴まれる, 暖めるよう, 焙りゃこそ, 真黒な, 立派な, 自分を, 見る, 関ヶ原駅頭を

▼ 上下~ (21, 1.1%)

1 [21件] お召も, お廊下, 一句交換される, 主人の, 交は, 出て, 口鼻を, 四間ぐらいしか, 圧迫され, 城下の, 座敷を, 役所へ, 欄干越に, 水に, 河原町まで, 石合戦を, 話が, 話して, 起るその, 附き添って, 頷いて

▼ 上下した~ (18, 0.9%)

1 [18件] かは解らぬ, が, がその, がその後, が何, が熱し, ことも, と思う, のである, のは, ばかりでなかった, ものだ, もので, 人々の, 人は, 吃水線の, 昔の, 為では

▼ 上下~ (15, 0.8%)

2 に競っ

1 [13件] にこれ, にひどい, に在学四か年, に小刀, に怪しまなかった, に暫く, に楽しみ, に法, に費用, に非常, 凹みたる線, 各二枚, 同じ事

▼ 上下二段~ (14, 0.7%)

2 に分れ, のベッド 1 になっ, になり, にベッド, に仕切られた, に区切られ, に繋がっ, に許多, の鍵盤, を合せ, 諸変格

▼ 上下~ (14, 0.7%)

10 賤の 1 賤なく, 賤に, 賤を, 賤悉皆無用の

▼ 上下させ~ (13, 0.7%)

1 [13件] そういう態度, たりし, ていた, てしらべ, てそれ, て見, ながら, ながら何, ながら春, ながら空, 乍ら軍治は, 咀嚼作用を, 水を

▼ 上下には~ (12, 0.6%)

1 [12件] つきりと, びこつた事は, また隨分難儀, パステルの, 多少の, 本と, 歯ぐきが, 無数の, 無限に, 無限の, 言れます, 露國政府の

▼ 上下を通じて~ (12, 0.6%)

1 [12件] こうまで, できるかぎり快楽, 一般の, 一貫する, 人の, 大抵の, 日夜東北救済義捐金の, 洽く読まれ, 理解せられ得る, 白川の, 皆一種の, 英国海員が

▼ 上下一般~ (12, 0.6%)

2 にその 1 にそれ, に信ずる, に早婚, に期せし, に染み渡っ, に用, の信条, の通俗, の風習, を通じていよいよ

▼ 上下~ (11, 0.6%)

3 等の 2 巻の 1 アルプ二県などにおいては, 巻, 巻を, 市街に, 帙の, 座を通じて

▼ 上下~ (10, 0.5%)

1 あっては, いまと, かえって来, ぎつしりと東西の, ないの, 入るなら遣るから, 御忘れ, 知れぬ自分, 立交る, 聞きとれるかと

▼ 上下四方~ (8, 0.4%)

1 から閉じ込め, とも厚い, とも四角, に乱れ飛ぶ, に広がっ, は死, をほしい, を仕切っ

▼ 上下~ (7, 0.4%)

1 なく好ん, なく左右, 其の意志, 左右の, 左右は, 数万里の, 足の

▼ 上下二巻~ (7, 0.4%)

1 が美しい, である, で千八百六十三年, になつ, の創作物語, の物語, を通じて千五百頁

▼ 上下こぞって~ (6, 0.3%)

1 いっさいの, 周章狼狽, 息を, 惜しんだ幾月, 極端なる, 正道を

▼ 上下より~ (6, 0.3%)

2 走り出で 1 うか, うかがい出でて, 称讃され, 突出し

▼ 上下~ (6, 0.3%)

3 が静か 1 に様々, の前, の前面

▼ 上下両院~ (5, 0.3%)

1 と下層民衆, において憲法, のほか, より成り, を通過

▼ 上下二つ~ (5, 0.3%)

1 あって, ちょっとそういう, になった, の裳, の軽快

▼ 上下二冊~ (5, 0.3%)

1 の, の単行本, を冴子, 揃って, 送るよう

▼ 上下八方~ (5, 0.3%)

2 にとどろく 1 に放射, に通じ, を一眼

▼ 上下~ (5, 0.3%)

2 をし 1 した者, という, をした

▼ 上下させる~ (4, 0.2%)

1 ことは, にも前, ような, 大洋の

▼ 上下にも~ (4, 0.2%)

1 同時に動く, 小幾, 水平にも, 皺が

▼ 上下七里~ (4, 0.2%)

1 の峠道, の道のり, の間, の難

▼ 上下卑賤~ (4, 0.2%)

1 あらゆる階級, とは文藝, の階級, を指の

▼ 上下~ (4, 0.2%)

3 を一 1 を以てのみこれ

▼ 上下挙っ~ (4, 0.2%)

1 てパンチェン・リンボチェ, て奔走, て西洋心酔, て驚愕

▼ 上下揃った~ (4, 0.2%)

1 ものが, やっぱりお召, 細い真白, 美事な

▼ 上下~ (4, 0.2%)

1 が目抜き, に関する名所旧蹟, もなく, を葛籠一つ

▼ 上下逆さま~ (4, 0.2%)

3 にならない 1 になる

▼ 上下運動~ (4, 0.2%)

1 として感覚, によって間断, によつて間断, を起し

▼ 上下される~ (3, 0.2%)

1 がその, が上っ, わけの

▼ 上下し得る~ (3, 0.2%)

1 だけの口辯, もの主として, 設備あり

▼ 上下すれ~ (3, 0.2%)

1 ばその, ば建物, ば負ける

▼ 上下どこ~ (3, 0.2%)

1 にも見られ, に一点, に行っ

▼ 上下なく~ (3, 0.2%)

1 人情に, 打ちとけて, 誰も

▼ 上下一同~ (3, 0.2%)

1 が不安, に色, まず愁眉

▼ 上下一致~ (3, 0.2%)

2 して 1 の力

▼ 上下両端~ (3, 0.2%)

1 には点々, の一番鮮, を挾まれ

▼ 上下二卷~ (3, 0.2%)

1 に分たれ, の出版, をいれ

▼ 上下二枚~ (3, 0.2%)

1 あるきり, とも同, の皿

▼ 上下同じ~ (3, 0.2%)

1 ほどに, ように, 素絹の

▼ 上下尊卑~ (3, 0.2%)

1 の事弊, の分, を主

▼ 上下左右前後~ (3, 0.2%)

1 から同じ, に考え, をヒシヒシ

▼ 上下あわせ~ (2, 0.1%)

1 て七人, て四人暮らし

▼ 上下おしなべて~ (2, 0.1%)

1 見透しの, 飲みますビール

▼ 上下おそろい~ (2, 0.1%)

1 のしゃれた, の袷

▼ 上下お送り~ (2, 0.1%)

1 しましょうね, します

▼ 上下ぐらいは~ (2, 0.1%)

1 着なくっちゃ, 附けなければ

▼ 上下こそ~ (2, 0.1%)

1 つけね, 今度は

▼ 上下こもごも~ (2, 0.1%)

1 これを, 利を

▼ 上下~ (2, 0.1%)

1 かさま, へ判らぬ

▼ 上下しよう~ (2, 0.1%)

1 と企てた, と言う

▼ 上下せし~ (2, 0.1%)

1 こと幾回なる, むることを得る

▼ 上下せん~ (2, 0.1%)

1 でも人生, とす

▼ 上下そろえ~ (2, 0.1%)

1 て書かれ, て釘

▼ 上下だけ~ (2, 0.1%)

1 である, でなく横

▼ 上下つづいた~ (2, 0.1%)

1 毛糸の, 防水布の

▼ 上下によって~ (2, 0.1%)

1 大西洋上から, 支点に

▼ 上下によりて~ (2, 0.1%)

1 吉凶禍福過去未来の, 巧に

▼ 上下~ (2, 0.1%)

1 伏見までの, 型の

▼ 上下万民~ (2, 0.1%)

1 に了解, に対し一言半句

▼ 上下三人~ (2, 0.1%)

1 が今や, の客

▼ 上下三千餘年~ (2, 0.1%)

2 に亙つ

▼ 上下二册~ (2, 0.1%)

1 になつて, を作つた

▼ 上下二千載我~ (2, 0.1%)

2 に見ざる

▼ 上下五人~ (2, 0.1%)

1 で荷, の荷物

▼ 上下付棹~ (2, 0.1%)

1 懸生, 懸色々

▼ 上下八里~ (2, 0.1%)

1 にまたがる, の七時雨峠

▼ 上下協力~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 上下合わせ~ (2, 0.1%)

1 て八十人, て十六枚

▼ 上下~ (2, 0.1%)

1 に神異, 明神

▼ 上下左右うしろ~ (2, 0.1%)

2 にまで気

▼ 上下往来~ (2, 0.1%)

1 して, するの

▼ 上下~ (2, 0.1%)

1 ひまして, ひを

▼ 上下数千年~ (2, 0.1%)

1 に渉, の間

▼ 上下有頂天~ (2, 0.1%)

1 となっ, となつて西欧文化

▼ 上下東西~ (2, 0.1%)

2 の文学

▼ 上下~ (2, 0.1%)

1 が横斜め, を下げ

▼ 上下~ (2, 0.1%)

1 信じて, 濁りし世の中

▼ 上下相連なり~ (2, 0.1%)

1 て凡そ四里, て長

▼ 上下道中~ (2, 0.1%)

1 致す場合, 致す諸

▼ 上下遠近~ (2, 0.1%)

1 の事, の敵

▼ 上下震慴~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 上下顛倒~ (2, 0.1%)

1 して, すること

▼1* [340件]

上下はせて, 上下いずこよりか発し, 上下いずれにも無数, 上下はぐろの, 上下おおあばれ, 上下おとなしやかに作った, 上下かに接近させる, 上下からも多大の, 上下がのうてのう, 上下くつつくの, 上下これを以て安んずる, 上下さしたら薬に, 上下させた劇しい, 上下させないといふ, 上下された論議の, 上下したいのである, 上下しないところに, 上下しやすから善かれ悪しかれ, 上下し引き返して甲府, 上下し得るであろうが体面, 上下し追えども去らず, 上下するありあたかも群蝶, 上下せしめることによ, 上下そういうことは, 上下そしてそれに, 上下それに青い, 上下それだけじゃない, 上下そろったシャツと, 上下そろへて復刻, 上下ぞろい白縮緬の兵児帯, 上下とてどんなに, 上下だだ広い家, 上下つづいていれ, 上下でさえも焼き打ちが, 上下でなく衣冠を, 上下では騒いで, 上下でも先頃以来だいぶ, 上下といふか真二つ, 上下とか優劣とか, 上下とかに振るの, 上下との六つの, 上下ともすつかり抜けて両, 上下とりかわって, 上下とを見て, 上下なしの意味, 上下などで相手を, 上下などは眼の, 上下などよりももっとあかるい, 上下などを藩主が, 上下なんぞを着せて, 上下についてゐるやう, 上下にと引き分けられた厚い, 上下にわたっての接戦と, 上下にわたる有志の, 上下ひとしく色を, 上下まだ届きませんかしら, 上下まで達した利根本流, 上下みなおおらかに日々, 上下みな一つと存じ候, 上下みな死を決し, 上下みな花堤の上, 上下みんないい心持, 上下もう一つづゝの, 上下もしくは東西に, 上下を通して理想の, 上下ガレ道ばかりにて非常, 上下サムエル書上下等に関する名所旧蹟, 上下シャツズボン下どてら二枚今ごろ着る, 上下スルニ論ナク皆悉ク, 上下チグハグの紋服, 上下トモニ勇ヲ以テ, 上下ミダリガハシキ輩アラバ一銭切リト御定有ツテ, 上下着テ, 上下同謹慎, 上下一人もとをすべからざる, 上下一体となる, 上下一体和楽歓游の日, 上下一体天下分け取りの分け前, 上下一体文化翼賛の美果, 上下一和も徳川幕府, 上下一和兵勢の盛, 上下一対ずつの四つ, 上下一尺五寸ほどは黒く, 上下一層迅速に, 上下一度にがッくり, 上下一本づつ打込んで, 上下一段活を見る, 上下一緒に合わさった, 上下一致民族的和協の実, 上下一里はある, 上下一里位の利根川, 上下一面の枯草, 上下三人づれのお武家が泊っ, 上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 上下三具と白ムク, 上下三円五十銭を五十銭, 上下三十八人である, 上下三千年これがため, 上下三千載の哲學史, 上下三四里の間, 上下三里ばかりだ, 上下三銭洗濯は掛蒲団, 上下不通の禍機, 上下両手を拡げ, 上下両毛の沃野, 上下両面及び側面, 上下並木の往来, 上下乱脈の世相, 上下乾坤のそれ, 上下二ヶ所からスル, 上下二ヶ所明かに紐, 上下二冊揃だ, 上下二册金四拾圓也を支拂, 上下二十人でほか, 上下二十幾人の男女, 上下二十枚の人間, 上下二千年の織, 上下二句を誇張, 上下二室だけ即ち, 上下二層にでき, 上下二巻千五百頁もある読み, 上下二巻美濃紙摺六十頁草書体交りの, 上下二巻美濃紙摺草体交り平仮名文, 上下二幕とはどこ, 上下二本の糸目, 上下二村に分った, 上下二様の括弧形, 上下二段三十六の劃内, 上下二段四変格に応ずる, 上下二段活上下一段活を見る, 上下二段活下一段さ行変格, 上下二段言も俗語, 上下二流の党派, 上下二片に分れ, 上下二等にわかたれる, 上下二筋の鉄条綱, 上下二組に分かれ, 上下二通りお長繻絆, 上下二郡がすべて, 上下二里許なり, 上下互いに見苦しき風俗, 上下五人醫師上下十二人祐筆四人附添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 上下五十銭も相違, 上下五時間をとっ, 上下人民までが奢侈, 上下人足の沙汰計, 上下会桑二藩が承服, 上下何十人の者, 上下何百丈かにわたるざらざら, 上下何百文を論ずる, 上下信奉之, 上下優劣をおかぬ, 上下躰の, 上下全く異なる地質, 上下兩經を讀ん, 上下兩面の中央, 上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 上下六町の間, 上下六里の道, 上下共ニ端円ニシテ首尾同ジ, 上下共何か事, 上下共其心得可有之事, 上下共十五通その代金二十四両一歩二朱也, 上下共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 上下共無事に帰藩, 上下共通の生活, 上下内外みな驚かされました, 上下出来るとの事, 上下の料金七拾錢, 上下判然り二十枚, 上下前後を縫い, 上下前後左右に六つ, 上下十二人祐筆四人附添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 上下十五円の服, 上下十人暮しである, 上下十八人三月廿一日より同, 上下十六文の, 上下十四人は首尾, 上下十町許の間, 上下半身を異に, 上下の繁り, 上下はせて, 上下合せて三四十人, 上下合一官民一致天皇帰一八紘一宇新時代, 上下合体ともに太平, 上下時服を, 上下夫課駄山道海道之間片時無, 上下向い合せに拡げ, 上下向い合わせに拡げ, 上下君臣或は國, 上下周囲を見廻し, 上下周囲凡て石造で暗黒, 上下和楽を無礼講, 上下和睦して, 上下唖然とした, 上下唯仏の中, 上下合わせて, 上下四つの部屋, 上下四人をこれ, 上下四千載の歴史, 上下四囲の空気, 上下四方ていねいに拭かせ, 上下四方前後左右の逆転, 上下四旁皆人ありて, 上下固有の気風, 上下士族相互に婚姻, 上下大小たばさんだ山岡主計, 上下大島の金鎖, 上下大島ずくめなの, 上下大神宮の辺, 上下天守を七分, 上下官民の際, 上下は私一人, 上下の袷, 上下の間, 上下左右どちらでも水中, 上下左右コンクリートで厚く, 上下左右斜にある, 上下左右新旧の摩擦相剋, 上下左右直径百五十メートルのなか, 上下左右縦も横, 上下左右自由自在に絵, 上下左右高低遠近善悪浄穢凡て同じ対辞, 上下向つて, 上下になっ, 上下往來するの, 上下往復するの, 上下御用箱うしろに太刀持, 上下を頌えない, 上下心から服して, 上下必ず小舟を, 上下思い思いに雨, 上下怠りすさんで, 上下怠慢して, 上下恟々と暮, 上下悉く素問学者で, 上下憂愁のうち, 上下折りかがみ等楽に, 上下挙つて将門を拝, 上下揃いの黒っぽい, 上下揃えをこしらえた, 上下揃ってよ, 上下揃つて三四百円で譲つて, 上下擧つて通りがよく, 上下数百の将士軍夫, 上下新利根川下流幸田橋上下水郷上の島狢塚戸指川などである, 上下昭和八年中文館, 上下を着た, 上下木枝を伐り, 上下東西南北は充満, 上下染谷のあいだ也, 上下御儒者, 上下格奥勤であつ, 上下を引拔, 上下款冬打衣出之生, 上下水平異状なし, 上下水郷上の島狢塚戸指川などである, 上下洗面器一個それからあと, 上下の工事場, 上下魂云々, 上下涙ニ打沈ム然ウ而, 上下灰色の覆面, 上下点々あたかも蛍火, 上下刀で, 上下熨斗目を用い, 上下画室の使用期, 上下疎通が困難, 上下百八人とある, 上下信ぜぬ國, 上下相うつ如くに, 上下相叛く世界, 上下相和せずその, 上下相婚する者, 上下相当の視角, 上下相愛共存共榮の心, 上下相結合して, 上下相重畳して, 上下着けて扇子控えたる, 上下睫毛の凍, 上下祖師ヶ谷では八幡山, 上下私欲を爭, 上下空いたのを, 上下の中, 上下まで醉, 上下笑い草となせり, 上下等しく齊ひ, 上下という, 上下を受けたらしい, 上下篇太極眞人の後序, 上下紋服を借り, 上下続きの作業衣, 上下の一方, 上下は探し, 上下に折目, 上下羽織の紐, 上下に軽い, 上下腹蔵なく大陸経営, 上下自在になっ, 上下色沢の不揃い, 上下に醉, 上下花咲村などは山, 上下苟も一致せ, 上下萎縮して, 上下萬民の望み, 上下葡萄染打衣生単, 上下薄手のをお送り, 上下の這い出る, 上下を奪, 上下衣服等もみ, 上下下置, 上下裏表のしだら, 上下議院の宏壮, 上下變動のあつ, 上下谷まって横, 上下貧富を問わず, 上下賢愚一同に子孫, 上下質素が平常, 上下赴くところは, 上下跋渉の間, 上下身の毛を慄, 上下身体を異に, 上下転倒の立論たる, 上下逆様に着, 上下通じてチベット, 上下道俗男女の分ち, 上下関係とは云い切れない, 上下隔てはおじゃりませぬ, 上下隔てなくおいでに, 上下隔絶して, 上下に岩形氏, 上下雅俗ノ別, 上下集まり見物した, 上下面白き成行に, 上下に乗った, 上下駒寄せ黒塗りに白く, 上下騒ぎ合っておりまする, 上下騒動をきわめて, 上下鰭袖替赤地錦股立, 上下黒ぞっきの着流し, 上下黒繻子前帯の御寮人