青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~上げた 上げた~ ~上げる 上げる~ ~上っ 上っ~ ~上った 上った~ 上り~ ~上る
上る~
上下~ ~上京 上京~ 上人~ 上品~ ~上手 上手~ 上方~ 上流~ 上海~

「上る~」 3873, 42ppm, 2775位

▼ 上る~ (850, 21.9%)

6 私は 5 うま人までが 4 すぐに, それを, 今度は, 急に 3 いう, すれば, そこが, そこに, 何か, 右と, 彼は, 手を, 窓を

2 [42件] いうと, いふ, いふでも, お吉, きちんと両手, こんどは, すぐ左, そこは, その頃, それは, もうその, もう強羅公園, マダムは, 二人は, 云うこと, 云うの, 云つて呉れた, 云ふ, 他の, 仮定すれ, 件の, 其の苦笑, 同時に足, 地蔵さんが, 妙に, 姉は, 家名に, 帽子を, 彼女は, 成程, 扉が, 毒でございます, 老僧, 見るや, 見る間, 足の, 道路を, 遠くの, 金太に, 頭が, 鬢の, 黙つて

1 [712件 抜粋] あたりが, あたりに, あたりを, あとは, あやふくのめり, あり, いいますから, いいわ, いい按配, いうだけにも, いう事実, いえり, いきなりひょいと小さな, いきなり岩, いきなり手, いきなり私, いち早く寝, いって, いつしよ, いつもの, いやあそれ, いわれるまま, えらくなる, おっしゃって, おどり場, お勝手, お夏様, お好き, お柳, お通, けろりとした, こ, ここに, こそこそと, この窮屈, この騒ぎ, これを, さしづめ僕, さだ子の, さア, しまひ, じゃ明日, すぐご飯, すぐすっかりいい, すぐわき, すぐ半分夢中, すぐ右手, すぐ庭, すぐ目, すぐ着物, すぐ綱手, すぐ道, すぐ階下, すぐ階子段, すぐ靴, すぐ順一, そこから, そこで土地, そこへ, そそくさと, そのまま暮れた, そのボックス, その下, その友人, その声, その帽子, その機会, その男, その白帝城, その羅卒, その膨れた, その苦笑, その車前草, そばが, それから一寸, それさえ, それぞれの, たいそう結構, たちまち眼前, たちまち蛇, つづいで, とても暑い, どうする, どこかから, どんなに美味しゅう, なるべく人, なるほど瀧, はや麻雀, ばさばさした, びっくりとして, ふいに, ぶるぶると, ほとんどすぐに, まあおとし, また同じ, また暗室, また洗面所, また火星兵団, まだ血相, まるで支那, まるで発作, めまひを, もうすぐに, もう人, もう息, もう銀行, もう雲, もはや負け, やがて部屋, やはり万事, ようよう地下室, よろめいた, わきの, わしの, わたくしは, ウエーランドと, オルガから, キチンと, キョロキョロと, クワを, サルマタや, サロンを, ストーヴの, ズイと, チラホラその, トムちやんと, ナプキンに, ヒョイと, フイと, ブルブルふるえる, ホッと, ポンポン口, モチモチし, ヤット落付い, 一々しとやか, 一つ長腰掛に, 一二合突合つてカツキと, 一人が, 一番高い, 一緒に, 一言も, 一面の, 丁度小田原行, 三十分で, 三吉は, 三味線を, 三角点より, 上ったところ, 上り口の, 上台所だった, 不弥, 与八は, 与助は, 中に, 中仕切り, 中央には, 中津も, 二人に, 二人の, 二里許に, 云って, 云つて伊庭から, 互に反対, 五六歩進ん, 今しがた部下の, 今まで, 今更公儀隠密, 仰ッ, 会の, 伝通院の, 伯父は, 低い声, 何が, 何やら激しく, 何十町か, 何度も, 何時果てる, 何者かを, 余りに慌てた, 余程気候, 例の, 俗に, 信吉は, 僧侶は, 兄の, 先づ婆さんの, 入口の, 八五郎に, 八方に, 八時, 六畳で, 共に濡れた, 其処が, 其処は, 其翌日七里も, 冷蔵庫の, 出て, 出資者たちは, 初めての, 判然した, 制服に, 副長の, 加十の, 勘定を, 勢い矜驕, 南の, 南玉が, 参考人と, 又やりたくなる, 口を, 台地の, 右側に, 右手の, 吉岡君が, 同国人の, 同時にふっと他愛, 同時に両方, 同時に卒倒, 同時に厳か, 同時に心付きました, 同時に石, 向うに, 向うの, 咲残る, 四十余名の, 土手の, 土間へ, 埠頭を, 場面は, 塀を, 壁越しに, 声色使いや, 壺と, 外出の, 大佛さん, 大急ぎで, 大手の, 大日如来が, 大骨, 天へ, 天井へ, 奥さんを, 奥へ, 奧の, 女たちは, 女房の, 妹の, 子貢, 字トンビ岩の, 客席へ, 家主から, 容赦なく, 寝台の, 寝衣, 尋常に, 小さな男の子, 小光が, 小屋を, 小田は, 小高い皿地, 小鳥が, 少し頭, 尹さんは, 山内の, 山桑の, 山野夫人は, 岸上の, 崖の, 市内見物の, 市街が, 布団を, 帯を, 帰って, 平次は, 幸にも, 幻覚は, 広い事務所, 庫裡へ, 廊下から, 廊下の, 引付座敷へ, 弾力じ, 役名を, 彼からはずつと, 彼はや, 彼れ, 彼女も, 彼等は, 待合室その, 従来の, 怒り出す, 思いまして, 思うの, 思って, 思ふとも, 思ふん, 恐ろしい衝動, 意外な, 愛一郎と, 慶正, 憐れな, 戸口であった, 扉であった, 扉の, 手早く上布, 技師は, 抱いて, 押入の, 持って, 掻き取って, 支店長と, 敵は, 文案でも, 斜に, 新入幕, 新羽一斉に, 日和佐川の, 日本アルプスの, 早々模写, 早々足, 早速模型, 早速空気ランプ, 暈れた, 暖かに, 暗い表, 書割は, 書院の, 最勝寺の, 服の, 木崎は, 村中は, 村尾も, 東西屋を, 松籟絶えず, 枕元の, 柱に, 柳の, 案内も, 検事の, 樹上に, 樹林一構奥深い, 機械的に, 檻の, 次の間を, 正体なく, 正面の, 母は, 母親は, 気味悪い肘掛椅子, 水面で, 汗が, 池田は, 沈痛な, 泥の, 泥を, 浅間の, 浴衣を, 海軍体操を, 瀬戸物の, 火炉の, 灰色の, 炉辺叢書とかいふ, 炭火も, 煖炉を, 煤けた天井裏, 片側が, 片手で, 物好きで, 犬も, 犬養氏は, 狂気の, 狭い入口, 玄関の, 玉川に, 王と, 王妃は, 生々しい松脂, 生存競争が, 田舎の, 申しこれ, 申す事, 百だいの, 皆が, 皆の, 益満の, 盛んなる, 直きもどし, 直ぐそこ, 直ぐ釣場, 眉を, 看護婦は, 真赤に, 眼の, 睨みつけたが, 石垣で, 砂まみれ血まみれに, 礫や, 祝宴の, 私たちは, 私に, 私共の, 秋の, 秦は, 種豚を, 空には, 突として, 突然端近, 窓の, 窓側の, 窓枠に, 竜之, 竹を, 米友は, 米友を, 続いた私, 網戸に, 縁側の, 縋りつくやう, 美しい額, 聞えて, 脚湯を, 腹の, 自分の, 舞台を, 花は, 茣蓙敷の, 荒木は, 荷物が, 華大, 薄暮の, 薬鑵の, 蚊帳の, 蜘蛛の, 蜿り, 蠅たたきで, 裏二階の, 襖を, 西側の, 見えますな, 見ると, 見事な, 見当を, 見當, 見送りの, 触れて, 言ふ, 言われて, 言問です, 訶和郎の, 誰にも, 谷川が, 賑やかな, 赤い粗, 走り出して, 起ち上った映画従業員, 路地の, 踊の, 身仕度を, 身体じゅう真白で, 車は, 転がるよう, 輪廓の, 進軍の, 道場へ, 部屋の, 都の, 重吉も, 重太郎は, 重太郎も, 金六と, 鍵穴を, 長い渡廊, 長座なる, 間もなく, 間もなくあの, 間もなくその, 関の, 閻魔堂の, 關の, 防火扉の, 階子が, 障子が, 隣室の, 雪は, 雪渓が, 電話室へ, 霽波は, 青い室, 青年の, 青木さんが, 青木黒木の, 音も, 顧みられぬがち, 飛びつくよう, 飲んで, 高い丘陵, 高い空, 鳴く鳴く鳴くぞ, 鶴彌, 黙って

▼ 上る~ (384, 9.9%)

31 である 1910 を見 9 だから 7 であった, です, を感じた 6 であるが, ですから, を待っ 5 では, を待つ, を見た 4 だが, だそう, だった, ですか 3 であります, ですが, でも, よ, を楽しみ, を禁じ得なかった, を見る

2 [18件] が伸子, が例, が常, が見えた, が見られた, だからね, だと, であるから, でございます, でございますから, でございますが, でした, はいつも, を, を強, を待ち, を覚えた, を覚えました

1 [188件] か, かしら, かといったよう, かと思へた, かも知れない, か成, か見当, があります, がひどく, が一番軽便, が不快, が傷, が厭, が多く, が少し, が感じられた, が止る, が目的, が笑顔, が遅かっ, が面倒, が面白い, が骨, だか, だからと, ださうですべて官有林, だったが, だという, だろう, だ即ち, だ相, であったから, であったが, であって, でありました, であるこの, であるとの, であろうか, でしたけど, ですぞ, とあの, とおんなじ, とは違う, と一, と択ぶ, と智恵子, にさえ重々しく, には遅, に一五〇年, に何百倍, に四半時, に堪えない, に大変骨, に息, に疲れきり, に際して食物, に驚い, は, はいつ, はいのち, はおろか, はここら, はその後家さん, はただ, はでございます, はどう, はどうせ, はどうも, はなに, はまだしも, はホント, は一寸法師, は不思議, は何, は僭越, は其事, は割合, は危険至極, は古い, は可, は向岳寺, は奇蹟ぢ, は奈良朝, は小, は少し, は岩, は当り前, は当然, は思い, は春雪, は正月, は決して, は無理, は爆発, は産卵, は百二十人, は祭礼, は私, は結局十五六日, は舌, は西洋, は階級本能, もあっ, もあります, もある, もあれ, もおそい, もやっと, も不自然, も同じく, も怨む, も無理, も遅れる, も降りる, も面白う, やぞや, や水芸, をお, をお許し, をじっと, をその, をたしなめた, をつい, をふせぐ, をまっ, をみる, を一切, を不審, を内々, を喜ん, を土地, を大, を如何, を尻眼, を山三郎, を待たない, を待たなくなるであらう, を待ちかね, を待ちわびる, を待ち兼ね, を待つてる, を意, を感ぜず, を拒み, を新, を楽しん, を権次, を沈める, を狙うだ, を疑, を眼前, を知らず, を知らねえ, を私, を聞き, を聞きすまし, を肩, を蔭, を虞, を血走った, を見かけた, を見たい, を見たぎり, を見ました, を覚えるであろう, を覺, を許され, を許した, を認めた, を迎, を追, を逆光線, を防ぐ, を願っ, を馳走, を高尚, 地を, 外なし, 小児が, 意あれ, 意である, 日あり, 易きこと, 時いずくんぞ, 時一群の, 縁起の, 義に, 難よりも

▼ 上ること~ (240, 6.2%)

10 が出来た 7 がある, にした 6 ができません, が出来なかった, になった 5 をやめた 4 ができた, が出, が出来ない, もある 3 ができない, ができる, にしよう, になつ, になりました, も出来なかった

2 [11件] ができなかった, が出来る, が多かっ, であらう, と思います, に決め, の出, の出来る, もない, も出, を許された

1 [137件] あるは, お, から土中, があった, があれ, がすき, ができ, ができず, ができたら, ができました, がない, が先決問題, が出来, が出来なくなった, が出来ます, が出来ません, が分った, が天国, が少なく, が止む, が殆ど目, が知られ, が自分, しばらく両, すらも出来ない, すら断念, だ, だった, だね, だろうそして, であったろうか, であります, である, であるから, でございます梵網経, ですが, です貴女, でせう, で画家, で私, となった, となりぬ, となる, と信ずる, と致しましょう, なかりき, なく必ず, なんか珍, にきまっ, にしました, にする, になる, になれ, によって自分, によって船中, に成ります, に決つた, に決めた, のできる, のない, の出来ない, の力, の技能, の覚束, はできない, はできないらしい, はできなかった, はできません, はない, はなかっ, はむずかしい, はゆるされない, はよし, はわかっ, は出来た, は出来ない, は出来なかった, は出来ぬ, は彼, は思い, は稀, は起き上る, は起ち上りました, ふりむくこと, もあまり, もあり, もありました, もせず, もでき, もできない, もできなかった, もできん, もなく, もなし, もまた, も下る, も出来ず, も出来ない, も出来る, も動く, も忘れた, も物置, も珍しく, も絶対, も走る, やら一見人, やら見当, をえない, をお許し, をさせられた, をしない, をせず, をせずし, をたのしみ, をもう, を力めた, を卑し, を好まない, を如何, を後, を得, を得ざる, を忘れ, を思ふ, を条件, を知っ, を知った, を祈っ, を約し, を見せたい, を許されました, を許されませんでした, 分って, 当然なり, 極まって, 無慮四十二級, 高ければ

▼ 上るよう~ (224, 5.8%)

27 にし 10 になった 6 なこと 4 な恰好, に, になっ, に身 3 なもの, な声, になる, に成った

2 [11件] なサイレン, な気, な気持, な痛い, にした, にその, に三階, に云った, に成る, に立っ, に響い

1 [131件] だ, だった, だ暗, であった, であります, でございますな, でも, で御座いますが, で恐れ入ります, な, なあんばい, なお方, なぐっと, なことア, なみっともな, なりしが, なスパニッシュ・ワンステップ, なツウ・ステップ, なパソ・ドブル, なホルモン, なメロディー, な不思議, な事, な作品, な勢い, な反感, な右手, な喜色, な堅苦しい, な奴, な姿勢, な字, な嶮, な工合, な座蒲団, な強い, な形, な彼鳴海, な微笑, な心持ち, な感じ, な態, な憤怒, な早, な景気, な欣び, な歓び, な歓喜, な気持ち, な湯, な激し, な焔, な熱湯, な物, な田部井氏, な眼付, な眼眸, な緑色, な色白, な芸術家, な薬, な話, な身振り, な迫力, な部, な重い, な面白い, な音楽, な音階, な風, な驚愕, な黄色い, にぐるぐる, にさせた, にしなけれ, にと云われ, にと手紙, になさっ, になりました, になります, になれ, にのし, に両, に丸太棒, に二階, に人間らしい, に仕組まれ, に伸び, に低い, に低く, に光った, に勢, に呉羽, に喜ん, に喜んだ, に噴水, に天上, に室内, に建てた, に思い切っ, に感じ, に成っ, に手の甲, に敲子, に机, に椅子, に殖え, に生え, に痛ましい, に種々, に立ち上っ, に耀, に育つ, に背, に背後, に舞, に花, に衝, に見受けられる, に赧, に軒, に集っ, に雪, に頂上, に頭, に飛び上っ, に饒舌, に驚いた, に高く, に鮮かさ, 休み休みし

▼ 上る~ (76, 2.0%)

6 が出来る 3 が出, が出来ない 2 があった, が出来, が出来た, が出来なかった, の出来ない, はやめ, は出来ない, もあり

1 [48件] がある, ができる, が出来ず, が出来たなら, が出来たら, が出来ないであろう, が出来まい, が出来ません, が少く, が物, さえ叶わない, さえ時たま, だらうが, であろうと, でございましょう, ですから, で話, なんかも考えた, にいたします, にします, になった, になりました, に致しましょう, に致しませう, の出来なかった, の臆劫, はいつ, はお, は出来なかった, は出来なかつた, は出来ん, は厳禁, は決して, は皆, は相成ません, は相成りません, もしなかつた, も下る, も何一つ, も出, も出来ず, も出来まい, も御座いませぬ, も稀, や毎月, を母, を許された, を近頃

▼ 上るやう~ (68, 1.8%)

17 にし 6 になつ 4 に育つ 2 な声, にな, になれ

1 [35件] です, なもの, なり, な事さ, な動作, な大入り, な工合, な毒草, な気持ち, な派手, な異体, な盛子, な胸, な色, な蛙, な調子, な部, な馬鹿, に, になん, に且つ, に半身, に吃驚, に感じた, に早く, に水の上, に湯壺, に肉, に腹立たしく, に膝, に見えた, に見える, に迫る, に陸, に首

▼ 上る~ (66, 1.7%)

32 と同じく, の近づく, 見ると

1 [57件] あまりあわてた, あらゆる濁, からやれ, から横, ぐらいな, そのつもり, その横顔, その脹脛, だつた, であった, でも一方, でも口, とのため, などは彼, にその, にそれ, には一万円, には一日中何, には一般人, には両手, には俺たち, には俺達, には割かれた, には必ず, には暑く, には私達, には頭, にも私, に同じこの, に幸福, に彼, に怪我, に用いた, に藝術家, に見た, のため, のスプウンみたい, の様, の熱り, の行軍, はきつ, はひたすら, はセビロ, は同君, は多少, は小さい, は少, は日中三時, は気持, は階段, は雷神, もまた, も九段, も片鱗, よりもいっそう, を待っ, 初めて人間

▼ 上るもの~ (59, 1.5%)

6 では 4 がある 3 である 2 です

1 [44件] あらば, かと云つて, かのよう, がございませ, が色, が花火, さえこう, その種甚尠, だから, だと, だという, だろうと, であるか, であるから, であるが, ですが, で御座いましょうか, との二種類, とは誰, とみなけれ, と下りる, と考え, と考えなけれ, と覚悟, と言え, なぞがあと, にも全く, の姿, はそういう, はない, はなかつた, は常に, もあつ, もあれ, やら見当, よりも確実, をいつも, をさし上げませう, を五十年, を作る, を拵, を指し, 以上で, 捻じれるもの

▼ 上るほど~ (53, 1.4%)

3 よろこびました, 驚いた 2 おどろきました, ぎょっとした, 思ひに, 痛かった

1 [39件] いやな, うす紫, うなずかせられたの, うれしくそして, おどろいた, な巖, びっくりした, もうかる, よく乾燥, 僕の, 冒険心と, 劇しく, 力を, 動揺の, 大きな歓び, 好い仲, 彼の, 怪しい心持, 恐ろしくなつた, 悩み続けさして, 手が, 机を, 深刻に, 混乱した, 疼んだ, 痛い様, 痛く眼, 盛大な, 耐え切れないの, 耐へ, 脅やかされ, 見たい芝居, 革バンドで, 香に, 駭然と, 驚いて, 驚きました, 高く延びた, 鳴って

▼ 上る~ (50, 1.3%)

5 相違ない 3 ちがいない 2 しても, 連れて, 違ひない

1 [36件] あらずや, お糸, きまって, きまってるわ, 三条の, 不思議は, 任せた, 会す, 何ほどの, 使えば, 先つて, 児医師の, 其声自ら鬨の声に, 及ばず, 及び忽ち, 及んで, 困難であった, 就て, 従うて, 従ひ, 從ひ, 文句を, 極まって, 至っては, 至つた, 至り辞書, 至る, 苦しく下る, 路なかるべし, 違いありませんでした, 違いない, 違えねえ一番, 適しから, 限るそして, 随って, 餘り

▼ 上る~ (49, 1.3%)

85 ですか 3 だから, だよ 2 だが, だ天, ですね, ですもの, ですよ, では

1 [18件] だあ, だがなあ, だけれど, だけれども, だそう, だつて, だ玄竜, でございました, でございましたが, でございますが, です, ですかと, ですって, ですってねと, ですな, ですもん, ですや, でないか

▼ 上る~ (44, 1.1%)

5 よい 4 早いか 3 いい

1 [32件] いい上る, ごとし, しかし不作, そこで兵隊, その息, それで顔, とても全部撃墜, まま美点も, やがて, ゆゑに, よいか, よいさ, よろしい, 今一息という, 否や, 大阪は, 如き快事, 如き衝動, 如く見えた其の, 如し, 如しという, 宜い, 尤もな, 常なる, 故に片足, 杜鵑の, 樹木は, 無論この, 疾いか, 縄を, 薩軍の, 見えるし

▼ 上るという~ (39, 1.0%)

2 ことに, ことは, ことを, 達人である

1 [31件] ことが, ことである, ことと, ことなれ, ことの, ことも, すさまじさだった, ところまで, のが, のは, はずは, もので, ような, わけにも, わけの, 一番上の, 信仰が, 信条も, 八丁鼻が, 場面が, 小さな湯口, 日は, 有様でした, 段取りに, 状態であった, 目的意識が, 精神力を, 繁昌振りを, 装置に, 風聞は, 騒ぎであります

▼ 上るから~ (28, 0.7%)

4 である

1 [24件] おまえは, そのとろろ汁, その節, それで外国, で, なお堪りません, マア君椅子に, 一ヶ月位は, 人形の, 仮令一つ, 何でもかんでも劃一的, 僕と, 大っ, 女房は, 宜しくない, 心配しない, 明るくなっ, 時々こう立つ, 此方も, 水車を, 衝当る, 見て, 預っといて, 顔を

▼ 上る~ (25, 0.6%)

13 否や

1 [12件] あやめは, 一時に, 三たび鞍壺に, 人事不省に, 今これを, 同志とともに, 否やさう, 否戸外, 彼は, 熊本に, 秋の, 老人に

▼ 上る~ (24, 0.6%)

2 どうか, 分らないと

1 [20件] あがらないうち, あるいはおぼれる, え, したこと, すれば, その成績次第, どうかを, どうだ, わからない, フン砲撃するならし, 上らぬところ, 下るか, 下るかによって, 下るかの, 予想を, 事実を, 召上らない, 或は屋上, 知れないの, 谷へ

▼ 上る~ (24, 0.6%)

4 もなく 3 もない 2 のない, も無い

1 [13件] がない, がなくなっ, がなけれ, さえぬけ, との間, になっ, の泉, もありません, もなかっ, も尽きた, を得, を抑, を持たせ

▼ 上るまで~ (23, 0.6%)

3 待って

1 [20件] お寺に, しばらくこれ, で文字, どういう調子, ねばらなかったん, やけに罐, スティヴンスンと, 一切戸を, 丑松は, 寝床に, 延びて, 待つという, 或は職, 新聞社に, 此の, 焔の, 笞を, 英坊は, 見物し, 詩という

▼ 上る~ (23, 0.6%)

2 にし, になつ

1 [19件] だと, である誰, では, なこと, な心, な目, にお湯, になった, にはね起き, にサツ, に云っ, に思った, に笑つた, に見え, に覚えた, に話し, に高い, を待ち遠し, を想像

▼ 上るとき~ (21, 0.5%)

1 [21件] おかしいほど, お六, が来, にその, にはいつもきまって, にはいろいろ, にはきっと, にはキキキキ, には適當, に前座, に大津, に手, のよう, の声, はあ, はいかなる, はこれ, はなおさらこつこつ, は大海千里如銀岡上の松間清月光, は梅干, 見た断崖

▼ 上るところ~ (21, 0.5%)

2 を見たら

1 [19件] だ, だった, だつた, だ他人, であつ, と同, なし, などは一起一仆, になっ, に両手, のもの, の名, の奴隷自身, の新日本, へ更に, をごろうじろ, をまた, を居, を突飛ばす

▼ 上る~ (20, 0.5%)

2 に先ず

1 [18件] から花, にいずれ, には必ず, にも増した, にシクシク, にシナリオライタア, に何れ, に吹き消された, に広場, に彼, に必ず, に木下河岸, に温め, に門前, の年, の此, の睡眠中, を後ろ

▼ 上るので~ (19, 0.5%)

7 あつた

1 [12件] お嬢さんも, まだ日本, わたくしも, 住職も, 初夜の, 大変に, 大悦び, 根本的に, 白線は, 籠の, 自動車の, 衣服は

▼ 上るわけ~ (18, 0.5%)

2 である, なの, には行くまい

1 [12件] だ, だらう, であらう, でした, では, でも, で放送局, にはいかない, にもゆかぬ, にも行かない, に行かず, はない

▼ 上る~ (18, 0.5%)

2 母親見る

1 [16件] うるべければ, えざるを, お貞, そのままにと, まつのみ, 催すわずか, 卑しむならむと, 引き止め, 得三, 手に, 禁じ得なかった, 見ざるの, 見るか, 見るのみ, 見んと, 難ん

▼ 上る~ (16, 0.4%)

2 の足音

1 [14件] があっ, があります, がなけれ, ときめ, と下りる, におじぎ, に似たれ, のよう, の声, もまた, も下る, も勿論, も左, 上る人

▼ 上るかも~ (15, 0.4%)

3 知れぬ 2 知れない, 知れません, 知れませんが 1 しれぬが, しれません, しれませんけれど, わからないの, 知れないからね, 知れないが

▼ 上るには~ (15, 0.4%)

1 [15件] かけなければ, ここらから, これなく, 上るが, 二尺余りの, 五丁も, 便利である, 大手搦手といった, 大阪の, 当らない, 当然な, 最初の, 脚上体なく, 試読という, 難なく思われた

▼ 上るばかり~ (14, 0.4%)

2 でなく彼, なり 1 だ, だった, であった, であつ, である, であるから, でございますそういう, でなく私, なの, 吃驚した

▼ 上る~ (14, 0.4%)

2 の痛み

1 [12件] ですが, には参らぬ, に驚き, の力, の客, の快, 両岸, 痛いの, 痛い目, 痛くなった, 驚かされた, 驚きました

▼ 上る階段~ (14, 0.4%)

2 がある, のところ 1 があっ, が懸かっ, と食堂, に立っ, の下, の入口, の裏側, の許, の途中, を踏ん

▼ 上る~ (13, 0.3%)

4 がした 1 がし, がポンポン, が復一, が私, が聞える, が過ぎ, す, で話, を聞いた

▼ 上るなり~ (12, 0.3%)

1 [12件] かれはいった, そのまま座敷, むこうから, 何かつづくり仕事を, 厚い扉, 引っくくらせるぞ, 灯取, 烈しく扉, 焼いて, 舞い下るなり, 行きなり放題, 霊験新たなる

▼ 上るのに~ (12, 0.3%)

1 [12件] あえて躊躇, たいへん骨, どんなに覚悟, 何の, 夜と, 大息を, 急坂で, 懐へ, 手間が, 眼も, 頭巾を, 骨が

▼ 上る~ (12, 0.3%)

2 下るは 1 さらに一層を, 上るは, 十二時頃であろう, 妙なり, 當り, 血液, 言うまでもないクララ, 難くそして, 難し, 雷の

▼ 上るほどの~ (12, 0.3%)

2 痛さ 1 どんな鷲, 人で, 会社員は, 元氣もの, 嬉しさ, 思いつめたる憎悪, 技術力が, 気力が, 英雄に, 重さ

▼ 上るかと~ (11, 0.3%)

2 思うと, 思えば 1 いうと, いうに, 思いの, 思つてじ, 思へば, 言うに, 附着い

▼ 上るその~ (11, 0.3%)

1 [11件] 一足ごとに, 初陣の, 恰好が, 翌々晩も, 行衛を, 足許には, 途中だった, 階子の, 隷農を, 頃の, 頭髪の

▼ 上る~ (11, 0.3%)

1 [11件] お万, から以来節子, ですね, と思ひ, には發言權, には見向き, には誰, にやっと, はこの, は仙太郎, は淋しく

▼ 上る~ (10, 0.3%)

3 がある 1 お種, かならずおの, があろう, にはきつ, には必ず, は予め, をどんなに

▼ 上る~ (10, 0.3%)

1 とがあり, に塗りたて, のよう, の上, の中, の前, の色, を感じない, を見, を見まし

▼ 上る~ (10, 0.3%)

1 があり, が分らな, が息, が開きました, です, の傍, はないです, は険しかっ, や入洛, 狭く繁き木立

▼ 上るころ~ (9, 0.2%)

1 から日, であった, であったと, である, にいよいよ, になる, にはおま, にはもう, まではヒマ

▼ 上る~ (9, 0.2%)

1 それに, また金力, 夜は, 宮殿は, 小僧は, 小遣も, 柱という, 決して住み, 監督当局たる

▼ 上るつもり~ (9, 0.2%)

1 かいな, かね, だっていっ, である, です, でそれ, では, で朝夙く, なので

▼ 上るといふ~ (9, 0.2%)

2 ことである 1 ことは, ことも, ことや, のも, 事にな, 事を, 時分に

▼ 上る~ (9, 0.2%)

2 下るも 1 よし食塩, 不思議ならず, 同一の, 快よし, 日没後は, 更けし夜, 果さなかった

▼ 上る~ (9, 0.2%)

1 がし, がした, がしなかった, がしません, にさえもならない, になれなかった, のない, はなかっ, 遣は

▼ 上る~ (9, 0.2%)

1 がございません, が有りません, の凡て, の植物学, は用意, は皆蔬菜, も何, を味わっ, を掌

▼ 上るため~ (8, 0.2%)

1 にはここ, には本もの, には漫画家, に己, に急い, に書かれ, に楓, に眠った

▼ 上るより~ (8, 0.2%)

2 ほかに, 外に 1 しきりに胸, 早く道別, 易い仕事, 横穴を

▼ 上る元気~ (8, 0.2%)

2 もなく 1 が出た, はない, は心, は無かっ, もあれしません, もなかっ

▼ 上る~ (8, 0.2%)

2 にお宮 1 か面白い, でございました, に以前, をがつがつ, を卓子, を水棹

▼ 上る~ (8, 0.2%)

2 に美奈子 1 にほか, にハンズ, に復一, に段々, に脂肪, に赤帽

▼ 上る拍子~ (8, 0.2%)

1 にすってんころりと, にふと, に二人共, に日, に畳, に眼, に脛, に頭

▼ 上る気力~ (8, 0.2%)

1 がありません, がない, がなかつた, とてもない, もありません, もない, もなかっ, もなく

▼ 上る途中~ (8, 0.2%)

2 なの 1 で, であった, で今朝, で寂, にはまた, 同じ家

▼ 上るそう~ (7, 0.2%)

3 です 2 である 1 だ, で横尾

▼ 上ると共に~ (7, 0.2%)

2 築地の 1 あっぷあっぷと, 互に黙礼, 人々が, 数名の, 淀川の

▼ 上るに従って~ (7, 0.2%)

1 あまりにも, 偃松小さく, 杉や, 次第に傾斜, 次第に新しい, 氷の, 道は

▼ 上るはず~ (7, 0.2%)

1 じゃ, である, です, ですわ, のない, の退職慰労金, はない

▼ 上るまでは~ (7, 0.2%)

1 じっと精神, 一しよ, 先生は, 国中が, 決戦を, 質素に, 都市は

▼ 上る~ (7, 0.2%)

1 がいい, がございます, がよい, がよう, がよかっ, の蟻, を見

▼ 上るとも~ (6, 0.2%)

1 うその, なく一, なく上っ, なく上る, また名声, 思って

▼ 上る~ (6, 0.2%)

1 である, に本, の慈母, は夜, は層, を素早く

▼ 上る時間~ (6, 0.2%)

1 など慣れた, になり, に近づいたらしく, よ, を待たね, を訊きたがる

▼ 上る気持~ (6, 0.2%)

1 がし, が出, だ, でご, になれる, には微塵

▼ 上る~ (6, 0.2%)

1 だと, だという, では, と思ふ, に相違, はない

▼ 上る~ (6, 0.2%)

1 だ, であります, でありますから, にも参りません, にゃア, に参りませぬ

▼ 上る跫音~ (6, 0.2%)

1 がし, が留置場, が聞えた, に広間, を聞く, 高く朝寝

▼ 上る~ (6, 0.2%)

2 の流れ 1 が離れない, のよう, の峰, も此方

▼ 上るさま~ (5, 0.1%)

2 もよう 1 も歯医者, も見えた, を想像

▼ 上るぞなと~ (5, 0.1%)

4 笑ふ 1 笑う者

▼ 上るにつれて~ (5, 0.1%)

1 だんだん乾い, 烏帽子山脈の, 窓の, 金高が, 集まったやから

▼ 上る~ (5, 0.1%)

2 は見透し 1 にはいつもうんざり, を可, を尻垂坂

▼ 上る~ (5, 0.1%)

4 になれ 1 では御

▼ 上る~ (5, 0.1%)

1 さえある, の方, はない, もあつ, もいた

▼ 上る言葉~ (5, 0.1%)

2 がない 1 との間, の数々, をようやく

▼ 上るくらい~ (4, 0.1%)

1 でその, で鴎, な静けさ, 猛烈な

▼ 上るこの~ (4, 0.1%)

2 感謝の 1 男坂の, 際どうしても

▼ 上るそして~ (4, 0.1%)

1 一番初めに, 夫が, 水の, 重要な

▼ 上るたび~ (4, 0.1%)

1 にもう, に後, に私, に雪

▼ 上るだけの~ (4, 0.1%)

1 ことに, 勢が, 精が, 金が

▼ 上るとともに~ (4, 0.1%)

1 ぴちぴちと, 五十川女史を, 市中は, 起き夕べ

▼ 上るにも~ (4, 0.1%)

1 お箸, 彼は, 踏むにも, 降りるにも

▼ 上るばかりの~ (4, 0.1%)

2 槐榎の 1 この人数, 日射を

▼ 上るほどに~ (4, 0.1%)

1 お君, 二人を, 喜んで, 驚いて

▼ 上るまでの~ (4, 0.1%)

1 あひだ, ものだ, 經繹は, 間に

▼ 上る~ (4, 0.1%)

1 であった, で誠に, になっ, ゐに

▼ 上る利益~ (4, 0.1%)

1 で十分生活, の計算, は無責任, よりも遙

▼ 上る必要~ (4, 0.1%)

2 はない 1 があった, がある

▼ 上る感情~ (4, 0.1%)

1 って奴, をその, を制し, を押え

▼ 上る気配~ (4, 0.1%)

1 と一緒, なので, はない, を知る

▼ 上る~ (4, 0.1%)

2 を抑え得ない 1 が御, の露

▼ 上る~ (4, 0.1%)

1 と煙, に照らされ, の明る, も衰えました

▼ 上る積り~ (4, 0.1%)

2 だがね 1 なれど, に用意

▼ 上る途端~ (4, 0.1%)

1 にガラリ, に上人, に突当りました, もあらせず

▼ 上るうち~ (3, 0.1%)

1 には芝居, に南, ようやく有明荘

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 ふさに, 葉の, 角さんの

▼ 上るおや~ (3, 0.1%)

3 お前さんお

▼ 上るかの~ (3, 0.1%)

2 ように 1 ようにすら

▼ 上るかは~ (3, 0.1%)

1 お天道様の, 興味が, 驚くの外

▼ 上るけれど~ (3, 0.1%)

1 それも, まだ目刺, 黙つて

▼ 上るごと~ (3, 0.1%)

1 になっ, に萬人, に集まり

▼ 上るそれ~ (3, 0.1%)

1 が容易, に連れ, を隠さう

▼ 上るだけ~ (3, 0.1%)

1 だ, でございます, です

▼ 上るとて~ (3, 0.1%)

1 上るとて, 凄じき音, 落した刀

▼ 上るとの~ (3, 0.1%)

1 事で, 二路あり, 話である

▼ 上るなんて~ (3, 0.1%)

1 いふ事, えこと, そんなこと

▼ 上るまでに~ (3, 0.1%)

3 五十年の

▼ 上るまでも~ (3, 0.1%)

1 ございますまい, なき事, 上ってからも

▼ 上るよと~ (3, 0.1%)

3 言へば

▼ 上るよりも~ (3, 0.1%)

1 木に, 遅く昨日にぎやか, 難きの

▼ 上る一方~ (3, 0.1%)

1 だった, だよ, でございました

▼ 上る場合~ (3, 0.1%)

1 には投機思惑, にもその, もある

▼ 上る~ (3, 0.1%)

2 は無い 1 に途

▼ 上る~ (3, 0.1%)

2 城の 1 積でしょう

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 じたくが, の内容, をおし出した

▼ 上る時分~ (3, 0.1%)

1 などには一々, に, まで待っ

▼ 上る様子~ (3, 0.1%)

1 はない, もありません, を見

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 にこれ, によい, に振り返る

▼ 上る気勢~ (3, 0.1%)

1 がした, がする, を見せた

▼ 上る気持ち~ (3, 0.1%)

1 がした, になっ, になつ

▼ 上る気色~ (3, 0.1%)

1 は見えない, もなかっ, もなく

▼ 上る決心~ (3, 0.1%)

1 をいたしました, をする, をなすった

▼ 上る~ (3, 0.1%)

3 を呑

▼ 上る清水~ (3, 0.1%)

2 かな 1 に浸した

▼ 上る湯気~ (3, 0.1%)

1 が見られた, にはまた, の影

▼ 上る焚火~ (3, 0.1%)

1 の光, の影, の煙

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 と釜, をじ, を見

▼ 上る理由~ (3, 0.1%)

1 はない, を有, を見出し得なかった

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 の中, の櫓, も下る

▼ 上る見込~ (3, 0.1%)

1 だという, のない深, はない

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 としては丈餘, になった, の幸

▼ 上る迄に~ (3, 0.1%)

1 一年, 一年かかる, 死は

▼ 上る~ (3, 0.1%)

1 があ, であるといふ, のまにまにふわりふわり

▼ 上るあの~ (2, 0.1%)

1 著名な, 難行軍の

▼ 上るかが~ (2, 0.1%)

1 問題である, 議論の

▼ 上るかという~ (2, 0.1%)

1 ことは, 問題に

▼ 上るけしき~ (2, 0.1%)

2 がない

▼ 上ること甚~ (2, 0.1%)

2 しく成上り

▼ 上るこれ~ (2, 0.1%)

1 が高い, を里言

▼ 上るって~ (2, 0.1%)

1 寸法だろう, 話だ

▼ 上るとか~ (2, 0.1%)

1 あるいは岩, 下るとか

▼ 上るとかいう~ (2, 0.1%)

1 のも, ような

▼ 上るときなかば~ (2, 0.1%)

2 剥げた壁

▼ 上るとき信一郎~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 上るとき彼女~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 上るどころ~ (2, 0.1%)

1 じゃなかった, では

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 ァら, アら

▼ 上るなぜ~ (2, 0.1%)

2 なら自己反省

▼ 上るなどと~ (2, 0.1%)

1 そんな馬鹿気, 云う噂

▼ 上るにつれ~ (2, 0.1%)

1 物価が, 花の

▼ 上るほども~ (2, 0.1%)

1 ないん, 農夫が

▼ 上るやら~ (2, 0.1%)

1 くるくる舞う, わからない

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 レコードは, 足許へ

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 けの持合せ, である

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 に, に冷汗

▼ 上る事一里余~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 上る代り~ (2, 0.1%)

1 に寝れ, に水面下

▼ 上る信如~ (2, 0.1%)

2 小包み

▼ 上る其の~ (2, 0.1%)

1 何階目で, 水飴を

▼ 上る冒険者~ (2, 0.1%)

2 の怪我

▼ 上る前夜~ (2, 0.1%)

1 この小舎, に至っ

▼ 上る勇気~ (2, 0.1%)

1 もなくなっ, も出

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 で滾, の強

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 に歯ぎれ, は彼

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 水柱, 階段脇へ

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 がある, 下ろ

▼ 上る子供~ (2, 0.1%)

1 があった, の悲鳴

▼ 上る季節~ (2, 0.1%)

2 でありながら

▼ 上る少し~ (2, 0.1%)

1 前それに, 前に

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 の広い, の廣

▼ 上る往來~ (2, 0.1%)

1 の道, を三田

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 からどしどし, からやや

▼ 上る性質~ (2, 0.1%)

1 でなかった, のもの

▼ 上る悋気~ (2, 0.1%)

1 の角, を押え

▼ 上る情愛~ (2, 0.1%)

2 において貴方がた

▼ 上る~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 上る所病院~ (2, 0.1%)

2 の塀

▼ 上る扉口~ (2, 0.1%)

1 と入口, と向き合つた南側

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 などはやっと, に国

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 なるべし, の名

▼ 上る時刻~ (2, 0.1%)

1 なので, にし

▼ 上る時心~ (2, 0.1%)

2 は心

▼ 上る景色~ (2, 0.1%)

1 あり月海上, も無き

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 のよう, の西

▼ 上る有様~ (2, 0.1%)

1 です, はさながら

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 な事, にサッと

▼ 上る機会~ (2, 0.1%)

1 がある, がなかつた

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 の壓迫, の運命

▼ 上る氣持ち~ (2, 0.1%)

2 になつて來

▼ 上る水煙~ (2, 0.1%)

1 につつまれ, もさながら

▼ 上る水路~ (2, 0.1%)

1 とその, は二つ

▼ 上る法律案~ (2, 0.1%)

2 などは札幌小樽

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 の光り, の頂

▼ 上る火影~ (2, 0.1%)

1 が二人, に熟

▼ 上る火焔~ (2, 0.1%)

1 と連, の未來

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 のよう, の音

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 であらう, に生え

▼ 上る熱情~ (2, 0.1%)

1 だった, ではない

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 に從, に眞劒

▼ 上る~ (2, 0.1%)

2 の母

▼ 上る石段~ (2, 0.1%)

1 の磨滅, はお

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 と空間, の傷み

▼ 上る種類~ (2, 0.1%)

1 を此, を求めなけれ

▼ 上る箱根~ (2, 0.1%)

1 のお, の御

▼ 上る節子~ (2, 0.1%)

1 のため, の縁談

▼ 上る約束~ (2, 0.1%)

1 で来た, で稿料

▼ 上る群衆~ (2, 0.1%)

1 の声, は間もなく

▼ 上る~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 がここ, の疼き

▼ 上る背戸~ (2, 0.1%)

2 に柳

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 の不安, をかかえ

▼ 上る自動車~ (2, 0.1%)

2 の爆音

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 から税, 知らずいずれ

▼ 上る若葉~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 にて彼, へ更に

▼ 上る行き方~ (2, 0.1%)

2 を参考

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 を押え, を捕え

▼ 上る見込み~ (2, 0.1%)

1 がない, もなかつた

▼ 上る貧乏~ (2, 0.1%)

2 の春

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 で蹴覆し, を早めた

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 があり, の向

▼ 上る迄は~ (2, 0.1%)

1 二時間でも, 他には

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 でこれ, の名所

▼ 上る野郎~ (2, 0.1%)

2

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 の状態, 絶えずここ

▼ 上る雲雀~ (2, 0.1%)

1 が十文字, のごとく

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 のほ, の中

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 またためらはず, 絶えず

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 とが同時に再び, を抑えました

▼ 上る飛沫~ (2, 0.1%)

1 の烈し, を顔一ぱい

▼ 上る~ (2, 0.1%)

1 の光っ, を見る

▼ 上る黒い~ (2, 0.1%)

1 煙と, 頭

▼1* [552件]

上るあたり掩いかかる大木, 上るいわゆる山鳴, 上るうかうかしちゃいられないん, 上るうち御嶽山頂の砦, 上るおのづから, 上るおびただしい烏の, 上るおりがございましょう, 上るお前たち三羽の翼, 上るお気なら私, 上るお話は宝暦年間, 上るかがやかしい田畑や, 上るかぎり傲頑な岩壁, 上るかしらと言つてボンボンの, 上るかに読者は, 上るかを常に知らず, 上るがね男に, 上るぐらいのものです, 上るはいが, 上るけれどもチト甘味が, 上るこうした言葉は, 上ることさへできない, 上ること一尺夕立は手綱, 上ること一里余杉樅の大木道, 上ること一里半ほどで, 上ること一里許山少くおもむろに, 上ること七八町最高峯の頂, 上ること三里半余にし, 上ること九万里青天を負う, 上ること八町にし, 上ること凡そ一里半水が欲しく, 上ること廿四丁蟠廻屈曲, 上ること灰となった, 上ること稀なりこ, 上るころ大谷や阿部, 上るころ潮が満, 上るう信じ, 上るさま掌に指す, 上るぞと云う風, 上るただ中を穿ち, 上るたびごとに彼, 上るためしのない, 上るため二重回しの裾, 上るため見識が下, 上るため随行としては宿将, 上るたんびにそこいら中が明るく, 上るだけとリボンとで, 上るだけになすって, 上るとあるに吻合, 上るというのサ, 上るといった順序である, 上るといふだけでなしに, 上るとうしろ向きになつ, 上るとかで忙しく勉強, 上るときんぎよのやうに口を開い, 上るとき世話になった, 上るとき二人は手, 上るとき人に請, 上るとき電話が引かれ, 上るとぞ聞えし, 上るとたんに水が, 上るとともづなを, 上るとにゅーと, 上るとは一体なにごと, 上るなど不思議な, 上るなどはそう珍しい, 上るに際して党員を, 上るのみだつた, 上るの困難に逢着, 上るの書を其時分我々, 上るばかりに吃驚した, 上るばかりになつてゐた, 上るばって下りっこねえ, 上るかりし航路, 上るほうがずっと, 上るほとんど唯一の, 上るまでにはアメリカ邊では, 上るものの団長を, 上るもの一切を危険, 上るもの二三人石段に這いかかる, 上るもの何か拵えた, 上るもんだから, 上るやがてトロイア豐沃の, 上るゆえ両三年, 上るよりはむしろそれ, 上るらむ魚類の運搬, 上るわいなう, 上るわと慌しゅう帯, 上るわれは, 上るわれわれをうち見やっ, 上るを以て餅を, 上るイタリー街の男女, 上るインフレーションは一人一人, 上るカンタンなもの, 上るキリストに比較, 上るキンギン国側の砲弾, 上るコムミッションを頂戴, 上るストーブの焔, 上るダラダラ坂を, 上るトロイア軍勢と, 上るプロレタリア革命とその, 上るミヌエットと患者, 上るムッとしたいきれ, 上るレコードである, 上る一秒の分数, 上る一行の先頭, 上る万象の寝間着, 上る三俵法師にわな, 上る三千丈迅雷の落, 上る三時間は彼女, 上るにお客, 上る上部構造としてのイデオロギー, 上る上靴の薄い, 上るに折, 上る不安を感じ, 上る中空に架けた, 上る主税は明い, 上る乳房の乱舞, 上る事ハ千万なれバ, 上る事幾百メートルとも測量, 上る事業がある, 上る事非常であったと, 上る二百や二百四五十, 上る互いに目を, 上る五助街道の間道, 上る人物だけが其処, 上る人通ひ汗取りども, 上る人達を見る, 上る人間性に外, 上る人間連結機から吹出す, 上る仕度した, 上るの者次, 上る以上は信長, 上るふもの, 上る位のをたべ, 上る佐保の河原, 上る何ものかに総て, 上る何羽とも知れない, 上るは肺, 上る作品は天, 上る作為なき製品, 上る便のある, 上る傾向を示す, 上る氣も, 上る先祖書には錦橋, 上ると熱, 上る光景を見つけた, 上る入道雲がむくむく, 上る六七斗の小作料, 上る兵士は月, 上る其処には可愛らしい, 上る其切ない場面, 上る刎橋いひ代, 上る刑事部屋である, 上る初めのごとし, 上る刹那であ, 上る剣舞は始まる, 上る力俳優の真剣, 上る勇氣もない, 上る動作でまひ, 上る勘定です, 上る勝子とは同姓, 上る勝鬨の烽火, 上る十五分ほど前, 上る午後七八時頃八合満となり午後九時前後, 上る三郎を, 上る単葉機の流るる, 上る危機を孕ん, 上る原稿別な小品, 上る収入も大した, 上る叩頭虫の奇妙, 上るき勢, 上る可能性を持っ, 上る合図に綱, 上る合客の後, 上る合言葉新聞雜誌の中, 上る合間に薄紫, 上る同勢が同じ, 上るふ岸, 上るはする, 上る品物をよく, 上る唯一のもの, 上る唯一つの梯子段, 上る問題は如何, 上る喊声川開きのどんな, 上る喜びに溢れ, 上る噴泉の如く, 上る囚人のうちワイアット, 上る四五人の足音, 上るを以て其, 上る国債の消化, 上る堆と, 上る土手に足, 上る地方人の告訴状, 上る地方色というもの, 上る坊主は下る, 上るがまた, 上る城主諸臣, 上る多人数の影, 上る大きな泡を, 上る大原は最早, 上る大川こそ新興首都, 上る大師の奥の院, 上る大次郎を千浪, 上る大蛇のよう, 上る夫人の裾, 上る夫婦の家庭, 上る奴隷がロウマ市民, 上る好奇心を押えかね, 上る好色の老爺, 上る妙計を押え, 上るっから, 上る姿がちらっと, 上る嬉しさを, 上る家例は未だ, 上る家屋を人類, 上る家柄先代の總七, 上る将士にたいし, 上る小作料がどれ, 上る小判を何處, 上る小器用な才, 上る小径とから成り立っ, 上る小路の道, 上る小遣も余計, 上るをかつ, 上る山々は槍, 上る山岨の落葉, 上る山蟻を払い, 上る岨道か時々, 上る岩魚が何, 上るしい渦巻, 上る市民らをうち, 上る帆柱の影, 上る帳面には木曾駒, 上る幾十折雑木を抜ける, 上る幾多の噴水, 上る幾重の雲, 上る広い階段は, 上る度毎に拍手, 上る強烈なウイスキー, 上るで枝, 上るの心, 上るは嶮, 上る後ろでは電光, 上る御子品陀和気の身の上, 上る御酒を戴きてえ, 上る微妙な色調, 上る微笑を禁じ得ず, 上る心地になっ, 上る心地切角これまで縒り, 上る心細さ, 上る心配はない, 上る思想を整理, 上る思想感情を先ず, 上る急坂の半, 上るもまた, 上る恋心をどう, 上る息気の間, 上る情熱を偽る, 上るの炎, 上る憎悪と怒, 上る憤怒の叫び, 上る憧憬は如何なる, 上る我らの味方, 上る戸数割が課せられ, 上る所荷物に木札, 上るや雲, 上る手先で後頭部, 上る手筈もし, 上る手製の醤油, 上る手負に吸い付けられ, 上る抱一は矢継早, 上る拍子木の音, 上る政七は何, 上る故トド浜とて除きあり, 上る数々のもの, 上る数人の足音, 上る数字の列等, 上る敷居に腰かけた, 上る文吉の足音, 上る文学的要求を満たす, 上る新しい太陽の, 上る新鮮な野菜, 上る方法はなかっ, 上る方角にあった, 上る日飯を食っ, 上るの返事, 上る早々この騒ぎ, 上る明りの前, 上るの息吹き, 上る時刻種々な用達人, 上る時多勢の見送, 上る時大鷲が一羽, 上る時妻に別, 上る時嫉妬の昂奮, 上る時巫子は空, 上る時息が苦しく, 上る時懺悔しましたから, 上る時敬太郎は奥, 上る時期であったので, 上る時母の乳, 上る時緋牡丹の花, 上る時興奮の余り, 上る時過半数の人々, 上る時餞別に手, 上るもまた, 上る景清に対してはほとんど, 上るもない, 上るさかな, 上る暑気は草, 上る曰く自ら訓練せる小隊, 上る月給を楽しみ, 上る木場道というもの, 上る未婚者のかなり, 上る本当に憎らしい奴, 上る東助と下りる, 上る松明より紅, 上る果して何の, 上る枯れ葉の光り, 上る枯葉の中, 上る架空索道に関しての考え, 上る日本画教授の, 上るの花, 上るや, 上る案配からでもそれ, 上るは一斉, 上るの粉, 上るの下, 上る極めて異常な, 上る楷子段の側面, 上る楷段なん, 上るまで行っ, 上る構図をふり, 上る権威を失つて, 上る樵夫道に過ぎぬ, 上る機勢にドサリ, 上る機械だす, 上る機関車のよう, 上る次第でございます, 上る歓びにうたた, 上る正面の高い, 上る此あたりの家々, 上る段々をだらだら, 上る殺気であろう, 上るへの崇拝, 上る民子はあと, 上る気合で天井, 上る気味がある, 上るづかひは, 上るの瀬, 上る水壓は水壓計, 上る水蒸気にもこっそり, 上る水蒸氣が丁度, 上る水面の魚, 上る汽船下る汽船, 上る河岸の土蔵, 上るではあるまい, 上る津浦線一帯の大, 上る浅井の手, 上る浮気心や他人, 上る浴室で朝, 上る清岡進という文学者, 上るが棒杭, 上るの音, 上る湯煙と窓, 上るの林, 上るを止め, 上る濃い霧の, 上る濃藍色の太平洋, 上る火光は彼, 上る火気に翳し, 上るの海, 上る災禍も一詩人, 上る炭俵を見つめ, 上る無辺無限の単調, 上る焦点がない, 上る焼跡の砂塵, 上るを感じた, 上る熱い涙が, 上る熱気に似た, 上るな焚火, 上る熾烈な実感, 上る燒刃の匂, 上るは斑, 上るは女の子, 上る玄徳にし, 上るを走, 上る甚内様というの, 上る生命の泉, 上るがあっ, 上る田舍辯で時々, 上るもない, 上るの足音, 上ると黒, 上る白銀を溶, 上る白龍の, 上る目出度し餅の, 上る目高が群れ, 上る真に迫ったお, 上る真黒なあぶくや, 上る瞬間もあった, 上るに火, 上るの堆積, 上る石級を好み, 上る石階の直ぐ, 上る砂ほこりも, 上る砂埃に遮られ, 上る砂煙のため, 上る研究はアリストテレス自身, 上る硫黄の焔舞, 上る秀忠の大軍, 上る秋草が咲きつ, 上る秋蘭の笑顔, 上る科学であるよう, 上る程吃驚した, 上る程嫌ひだと云, 上る程押合いヘシ, 上る程疼んだ, 上る程神経が鋭く, 上る稲穂の揺れ, 上る空中の偉大崇嚴, 上る空地に私, 上るを見た, 上る竹スダレの下, 上る笑いがべそ, 上るをくわしく, 上るの戸, 上る粟津の荘, 上る精神力の美し, 上る糠雨のよう, 上る紙片を津田, 上る縁談のこと, 上るなれば, 上る習慣でした, 上る者機関室に下る, 上る肉付きのまん中, 上るよ, 上る胖響に女, 上る胴震いと共にホーッ, 上るはざる, 上るの力, 上る腰付や威張った, 上る臨時増税はなるべく, 上る自信の輩, 上る自然を感じた, 上る臭気は紛, 上る興味は子供, 上る舟河口へ下る, 上る枝とが, 上る若旦那でね, 上る若鮎の群, 上る苦敷思も涙, 上る苦痛の表情, 上る草むらか, 上る草履の音, 上る荒涼な海, 上る葡萄糖これは熱い, 上る紅紫の, 上る薄紫の煙, 上るの大群, 上るかな, 上る孵る時蝉, 上る蝙蝠か穴熊, 上るがぽたり, 上るの方, 上る血汐を筆, 上る血肉の力闘, 上るもある, 上る行列を見おろし, 上る衣紋阪アレワイサノサと指したら, 上るには時, 上るを抑え, 上る褐色の沙漠, 上る要求モラルがある, 上る覚悟でおりました, 上る親しき語と, 上るを害せず, 上る観客の頭, 上る言い分もはや何, 上るりだ, 上るも楊妃, 上る調子外れのカルメン, 上る諸国よりは櫛, 上る護謨球のよう, 上る谷風に揺れ, 上るの十, 上る趣向に為, 上る足ついで是非その, 上る足取りもしっかり, 上る足音がした, 上る足音障子の外, 上る路用から檢校, 上る踏石となり, 上る身構へで, 上る身震する, 上る迄の來歴を, 上る退会者を出す, 上る透明な戦慄, 上る途中安芸国佐伯郡高庭駅で病死, 上る通りゆえ届かぬ所, 上る通り当人が居りません, 上る逞しい八頭の, 上る運びに達しました, 上る道すがらにもいろ, 上る道徳や習慣, 上る道程に於, 上る都々逸の類, 上るの泡, 上るもくるしい, 上る野菜という野菜, 上るの隱, 上る金銀の波雲, 上る金高は毎年百万円, 上るの下, 上る鉄梯子が過っ, 上るの路用, 上る長い坂を, 上る長三は帽子, 上る長安百尺の楼, 上る長崎から江戸, 上る長期抗戦の覚悟, 上る長男の清, 上る間三人の話題, 上る間道に古びた, 上る陰鬱な空気, 上る階段玄関の右手, 上るがなかっ, 上る隣人となれる, 上る雑念も, 上る雨脚を眺め, 上る之丞, 上る青い一条の, 上る青葉若葉の蒸騰, 上る青黒い下肥を, 上る非常に大きな, 上る革命軍の意気, 上るはかなり, 上る頃雪之丞, 上るっぺた, 上るが見, 上る風諸共夜の世界, 上る飛行機の用, 上るの匂い, 上るを御しつづけ, 上るの蹄, 上る騷ぎまで起し, 上る高い処に, 上るのよう, 上るのよう, 上るだけでも年額七百万円, 上る鶴間谷と言, 上るをしい, 上る黒馬に跨っ