青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた 上げた~ ~上げる 上げる~ ~上っ 上っ~ ~上った
上った~
上り~ ~上る 上る~ 上下~ ~上京 上京~ 上人~ 上品~ ~上手 上手~

「上った~」 2339, 25ppm, 4612位

▼ 上った~ (310, 13.3%)

27 である 24 です 1612 であった 9 だが 7 でした, では, を見 6 だから, でございます 54 であったが, ですが, を見る 3 であります, であるが, であろう, も無理

2 [13件] か, かも知れません, だよ, であろうか, でしょう, はいつ, はその, はそれ, はもう, は初めて, を幸い, を機会, を見た

1 [134件] かい, かさもなければ, かと思った, かな, かも知れない, か下りた, か後, か或は, か解らない, が, があり, がこの, がその, がまだ, が一ツ, が一所, が元禄三年, が元禄九年, が十時半ごろ, が土方歳三, が多い, が奉公, が文学界, が昭和八年, が本書, が物, が自分, が見えた, が飛行機, け, じゃない, だそう, だそして, だった, だったが, だと, だとの, だとばかり, だろう, であったすると, であるから, であるけれども, でございました, でございましょう, でございますか, でございますが, でございます人死, でしたが, ですか, ですから, ですぞ, ですよ, と叔母, ならば, には或, はお, はかれこれ, はこの, はそれから, はたった, はちょうど, はどなた, はにん, はまさしく, はまだ, はやはり, はよくよく, はオサシミ, は一力, は一番後, は丁度二十余年前, は人間, は今度, は何, は作業, は十二時近く, は千二ただ一人, は厠, は同じ, は名高い, は夏, は夜, は大抵, は大江山捜査課長, は安治川石炭君, は宗房, は岸本, は年齢, は建保四年, は当座, は当然, は恰度, は手代, は掏摸, は明治二十九年, は明治二十六年頃, は果して, は桔梗屋, は次郎, は此, は無理, は祖国日本, は竹, は総勢二百五十人, は若い, は軍部, は鈴子夫人, へ島村, もあっ, もかの, もその, もその頃, もそれ, もそれと, もそれら, もやはりいつも, も君, も実は, も当然, も思え, も笹屋, も雪, やら私自身, をゆっくり, をストウン, を兵馬, を拍子, を持っ, を知っ, を知る, を自分, を観る, 体中の, 初めて

▼ 上った~ (99, 4.2%)

2 よろめいて, 流石に

1 [95件] あの人, あの方, おりること, お留守, かりそめ, ぎごちない, くどくも, ここでは, ここに, ここらは, さしあたって, さっという, さてそれから先, すぐ沈ん, そこへ, そのお, そのとき, その上, その午頃, その顔, それからころころ, それが, それでもなおあっさり, それは, それより, ちょうど船, とたんにある, どうした, どうせ悪人, また気の毒, もう後, もう間に合わない, やがて机, やがて畜生, よく見る, ゴクリと, 一寸躊躇, 七月十日から, 七重にも, 下りて, 不安は, 不思議な, 両の, 二人は, 今は, 何だか一人, 何も, 余り時間, 僕は, 兼実は, 内火艇は, 前にも, 前借住込みという, 前者が, 商人には, 奥の, 尊意が, 少し飲, 巡警, 席を, 当時の, 忠吉と, 忽ちキリキリと, 忽ち館, 日頃の, 明治三年には, 木の間を, 本堂の, 此処だ, 浜屋, 源介の, 為に, 熊さんは, 爪立って, 爾来滞る, 牧の, 直ぐに, 相方の, 眼に, 程も, 終にそれら, 落着か, 蒔岡側は, 見廻して, 觚を, 読合せに, 誰一人まだ, 道は, 関ヶ原の, 隆太郎余憤が, 靴音は, 顔色は, 香気は, 駄目だ, 鹿角に

▼ 上ったもの~ (97, 4.1%)

6 である 4 ですから 3 だ, です, なの, のよう 2 だった, であって, であろう, では, はまるで

1 [65件] かここ, か右, がありません, がたぐまっ, がなかなか, がファッショ的文化政策, が円滑, が少し, が病中, が置い, だったが, だったの, だとしても, だなぞとは, であったこと, であります, でありますから, であるから, であること, であれ私, でございますよ, でその他, で故, としてある, としてそこ, として一々, とする, と思召, と自分, と見えます, にしろ, には所々, には魂, にまたもや, に対して働く, に対して等しく, に就, のうち, はなんとなく, は一見, は不穏文書, は今日鳥類, は何時, は各種, は失敗, は炉, は用人加藤清兵衛, は私達, は雪菓子, も少く, ゆえこの, らしい, らしかった, らしく其処, らしく思われる, をもち, をスポーン, を主人, を使わない, を僕, を取り崩し, を善く, を売る, を毟っ, を美術

▼ 上ったよう~ (90, 3.8%)

3 です, ですから, な心持, な気 2 である, なもの, な奴, な雨飾山, に思う, に見えた, に顔

1 [64件] だ, だから, だが, で, であった, でございますからね, ですな, ですねえ, で烏, なこの, なもん, なわけ, なん, な具合, な切ない, な壁体, な声, な寂し, な嶄岩, な微, な心地, な感じ, な暗い, な森, な気持, な気楽, な気色, な物憂い, な空虚, な観客, な訳, な訳合, な調子, な車, に, にお, にさわぎ立てた, になっ, にねお前さん, にぼろ, に取られ, に叫び, に呼吸, に思えた, に思っ, に悦んだ, に感じた, に欄干隠れ, に消え, に熱っぽく, に考えられた, に耳, に聞える, に膨れ, に血走っ, に見える, に見る, に見透かさるる, に観せた, に谷, に透明, に陽気, に青薙山, に騒ぎ立っ

▼ 上った~ (71, 3.0%)

13 思うと 8 いう 2 云う訳, 云って, 思って, 見えて

1 [42件] ある, いいなさるん, いうから, いうからな, いうでは, いうと, いうので, おっしゃって, お思い, こぼして, する, ほめられてるの, ラジオで, 云いながら, 云う, 云うの, 云うプク, 云う女, 云う意味, 云う格, 云わねば, 伝えられるが, 信じたのに, 思う内, 思う時分, 思った, 思ったら, 思ったらゴンドラ, 思ったら何処, 感じたの, 申しますよ, 白状したで, 考えられる永遠不変, 聞いて, 見えたが, 見え迦多演那尊者空, 見え雲, 見るべきで今, 見る間, 言うと, 認められたの, 電報あり

▼ 上った~ (66, 2.8%)

1 [66件] から廊下, しかも玉虫色, その一点, その余り, その最後, だったが, であった, である, であるかも, でございます, でした, です, でも何時, に, にこの, にこれ, にはいろいろ, にはおれ, にはその, にはもうすっかり, には人々, には博奕場, には寒く, には少し, には彼, には葉桜, には貝, にもう, にも電車, に右, に向う, に於, に既に, に母, に氏郷, に田原さん, に粉吹雪, に薩摩守, に適当, のよう, の事, の図型, の彼, の心持, の愉快, の感想, の有様, の白雲, はあの, はさ, はもう, はもうすでに, は二人, は刀, は孰, は実に, は山上, は広い, は竜王続き, は美しい, は腰, は茂木, は鈍い, ほど医者, もう少く, やトルストイ

▼ 上ったこと~ (53, 2.3%)

6 がある 3 はない 2 ありますか, があった, が急, でしょう, もあった

1 [34件] かも知れません, がありました, がございます, がない, が一度, が無かっ, が証拠立てられた, だがその, だし, である, です, にした, になる, にほかならない, のない, はフット・ボオル, は一度, は上った, は二度, は女, は小説, は早く, は言う, は言うまでもない, もない, も実見, をこれ, を光栄, を報知, を失礼, を思い出した, を知りました, を貝原, 既に三吉

▼ 上ったところ~ (52, 2.2%)

4 を見る 2

1 [46件] からつまり, が例, が六畳ひと間っきり, が四畳, さ, だけは熾ん, だと, でなくては, でメートル代, で何だか, で半, で幸子, で彼, で改良, で星野, とは反対側, にある, にさながら, には美しい, にコンクリート造り, に小さな, に浅間神社, に炭焼小屋, に私, に重苦しい赤黒い, に開閉, の, の大, はこの, はどこ, はわずか, へあまり, へお, へちょうど, へバタ, へ園さん, へ昨日, へ移りました, へ素人ふう, へ自殺, へ雨, を一挙, を与八, を頭, 御先生, 怪しい者

▼ 上った~ (36, 1.5%)

8 です 4 ですが 2 じゃありません, だ, ですけれど, ですのよ

1 [16件] じゃございません, じゃ中, じゃ明日明後日, だが, だけれど, だけん, だそう, だな, だなと, でございます, でございますそこ, でございますわっ, でしょう, ですか, ですの, ですよ

▼ 上ったかと~ (31, 1.3%)

17 思うと 4 見ると 1 いうに, 半身を, 尋ねた, 思うま, 思えたが, 思えば, 思ふと, 思われるよう, 見る中, 言えば

▼ 上ったという~ (29, 1.2%)

2 ことが, ことを, ので

1 [23件] お話で, こと, ことで, ことである, ことも, この坂, ところだ, のだろう, のであります, のは, ものです, ような, 伝説が, 其の日, 地価の, 彼ら水戸浪士は, 方が, 村の, 次第であります, 知らせを, 話が, 話は, 順序です

▼ 上ったので~ (29, 1.2%)

2 ござります

1 [27件] ござりました, さすがの, そう主, そう言え, その中, その代官, その場, それなりでは, はござりませぬ, びっくりした, パッと, 一同は, 両側の, 人々は, 体の, 作者が, 元気だった, 勝手口台所帳場などの, 取あえず侍女共, 宿の, 彼等は, 心配し, 持って, 温まる, 火柱に, 貨物の, 頭も

▼ 上った~ (26, 1.1%)

1 [26件] からは汗, から左, が熱い, が辛うじて, が黒, と眼, と赤味, にも近眼鏡, に大きな, に春, に異様, に長髪, のあたり, の先代円右, の半分, の外, の左右, の年齢三十七八, の広い, は眉弓, や痩せ, をつるりと, をツルリ, を少し, を尤も, を拭い

▼ 上った~ (21, 0.9%)

2 がない, はない

1 [17件] かや, があった, がお, さえあった, さえありました, さえある, であった, とを, と信ずる, については幕府, のある, のない, はやがて, は一, もまだ, も無理, も蓮

▼ 上ったとき~ (17, 0.7%)

1 [17件] いそいで, があたかも, だった, ちょうどそれ, つい思い, にちょうど, には二人, には何らかの, に二人, に彼, の心持, の話, は夕食ごろ, は女, は準備, 当吉, 極めて真面目

▼ 上ったばかりの~ (16, 0.7%)

1 [16件] あの物珍, ところには, ような, 一糸をも, 光子に, 召使いの, 国である, 所だった, 時よりも, 母親を, 海士が, 海士という, 猫が, 私を, 街へ, 頃母が

▼ 上った~ (16, 0.7%)

3 から見る

1 [13件] だったので, だろう, つくの, には貸, の叔父さん, の話, は何卒, は傘無し, は対岸, は雨, 出かけて, 消えたか, 起きて

▼ 上ったわけ~ (14, 0.6%)

4 なの 2 である, なん 1 じゃあございません, じゃござん, だが, だったの, で, なのね

▼ 上ったから~ (13, 0.6%)

1 [13件] あっちへ, そういうの, である, です, でそこ, とっ捕め, またまた問題, 分からない, 新鍋, 日本間の, 松竹座へ, 私も, 荒物屋さんで

▼ 上った~ (13, 0.6%)

5 相違ない 2 違いない 1 したところが, しろ日常必需, すぎないもの, せよとに, 疑無く, 過ぎぬ時

▼ 上った~ (12, 0.5%)

1 [12件] かと思う, があります, が小, が真青, で着, の人, の死体, の群れ, の胸板, の視線, は枕屏風, は酔眼もうろう

▼ 上った~ (12, 0.5%)

2 にある 1 があっ, である, で少し, に一間位, に宿, に突棒, に立っ, の其作品, は三角点, は既に

▼ 上った~ (11, 0.5%)

1 [11件] でこう, でザラザラ, で火, に在る, に建出し, の大, の文学的表象, は広間, を一旦, を交番, を見

▼ 上ったその~ (10, 0.4%)

1 人は, 前額を, 医院の, 手と, 時の, 時長者は, 水際には, 疾さ, 白塔の, 穴の

▼ 上ったまま~ (10, 0.4%)

1 あるいた, どの机, に下らなかった, に立見, の姿勢, を書く, 小さな谷川, 恐らく年, 薄暗い糞壺, 触れんばかりに

▼ 上った~ (9, 0.4%)

1 して, そしてどんなに, どこを, またいつ, もう棚, 地に, 大層高い, 知らなかった, 知れない

▼ 上った~ (9, 0.4%)

1 その上, で, であった, にも自信, に右, のこと, の初夏, の緑, までも大地

▼ 上った~ (9, 0.4%)

1 に眼, に電球, のほう, は何, へ限り, や肢体, を抑え, を撫でた, を見合

▼ 上ったものの~ (8, 0.3%)

1 この日, すべてでなく, 何処へ, 批評は, 正体を, 言いかた, 話では, 輝きに

▼ 上った~ (8, 0.3%)

1 があった, がまた, が無, が頻りに, だから, だった, に違い, の姿

▼ 上った~ (8, 0.3%)

2 があった 1 があります, がある, がいた, じゃで, だが, はそれゆえ

▼ 上った~ (7, 0.3%)

1 かみさん額が, 心持は, 糸との, 絹が, 船を, 豊三右衛門以下の, 近は

▼ 上ったこの~ (7, 0.3%)

1 作品に, 夫婦は, 時で, 村から, 絶頂から, 親爺が, 青年が

▼ 上ったのに~ (7, 0.3%)

1 いきなり槍玉, この不等三角形, こまごまと, じゃあ是非これから, 不足だ, 今度は, 私一人だけ

▼ 上ったばかり~ (7, 0.3%)

1 だった宏子, であったが, でここ, でございますから, でとても, でなく久しぶり, なのに

▼ 上った~ (7, 0.3%)

2 があった 1 である, でさあ, と云う, のよ, の格好

▼ 上った作品~ (7, 0.3%)

1 が作者, について云え, について云われる, に対して働く, をただ, をよむ, を発表

▼ 上った~ (7, 0.3%)

1 がこんな, の眼, は, は今, は仲間, は屡々, は湯槽

▼ 上った様子~ (7, 0.3%)

2 です 1 から語っ, で, でありましたから, ですが, をし

▼ 上った死体~ (7, 0.3%)

1 が支倉, が果して, が男, が行方不明, が貞, の検視, はちゃんと

▼ 上ったそう~ (6, 0.3%)

2 である 1 だ, です, ですよ, で生

▼ 上ったもん~ (6, 0.3%)

1 だ, でしょうかな, ですから, でも, でゲス, らしいぜ

▼ 上った~ (6, 0.3%)

1 があっ, の恐ろしく, の方, の間, は過ぎ, やおまえ

▼ 上った~ (6, 0.3%)

41 が食べ, には眠る

▼ 上ったくらい~ (5, 0.2%)

2 だから 1 だが, です, なん

▼ 上ったすぐ~ (5, 0.2%)

1 右が, 右手に, 左側が, 後六・八位が, 次の間で

▼ 上ったそして~ (5, 0.2%)

1 その一部, 円顔で, 夜気を, 大きな灰色, 書架の

▼ 上ったため~ (5, 0.2%)

1 しがなかった, ではなかっ, に娘たち, に岡田, に湯気

▼ 上った二つ~ (5, 0.2%)

1 の乳房, の厚い, の怪しい, の眉毛, の眼

▼ 上った人間~ (5, 0.2%)

1 の, のよう, の一人, はドウ, 或は完成

▼ 上った拍子~ (5, 0.2%)

1 にぞっと, にちょっと, にカーネーション, に線香, に隣室

▼ 上った~ (5, 0.2%)

1 がいい, がかえって, がまだしも, が優っ, へと歩い

▼ 上った~ (5, 0.2%)

1 な暮し, な男, な目つき, に明, に際立っ

▼ 上った~ (5, 0.2%)

1 である, であるが, なの, なので, なん

▼ 上ったかも~ (4, 0.2%)

2 わかるの 1 知れないが, 知れませんね

▼ 上ったきり~ (4, 0.2%)

1 で下りられない, なんてぇことはない, になった, 落ちて

▼ 上った~ (4, 0.2%)

1 また空手, 二人の, 鈴木喜三郎氏の, 風も

▼ 上っただけの~ (4, 0.2%)

1 もので, ものです, 山でした, 罐詰を

▼ 上った~ (4, 0.2%)

1 では勿論, で始めて, で家中一統, はその

▼ 上った二階~ (4, 0.2%)

1 がお, のところ, の二番, の取っ付き部屋

▼ 上った時分~ (4, 0.2%)

1 から見る, でここ, に気がつい, に米友

▼ 上った次第~ (4, 0.2%)

1 でございます, です, ではございません, というの

▼ 上った~ (4, 0.2%)

1 がほんの, で神尾主膳, の中, むっと結んだ

▼ 上った~ (4, 0.2%)

1 から動かず, であります, である, を見る

▼ 上った結果~ (4, 0.2%)

1 だけがおのずから, とが背馳, はその, はどう

▼ 上った~ (4, 0.2%)

2 の高い 1 とあまりに, を得意気

▼ 上った自分~ (4, 0.2%)

1 の方, の行為, は三沢, は今

▼ 上った途端~ (4, 0.2%)

1 に, に左手, に眼, に自分

▼ 上ったあと~ (3, 0.1%)

1 でお, の舟中, は何時

▼ 上ったけれども~ (3, 0.1%)

1 まだ寒く, 余り行ける, 看護婦の

▼ 上っただけ~ (3, 0.1%)

1 です, で私たち, なの

▼ 上ったって~ (3, 0.1%)

1 云うじゃあねえか, 松も, 滑稽には

▼ 上ったとか~ (3, 0.1%)

1 エゾへ, 位が, 聞いた

▼ 上ったとは~ (3, 0.1%)

1 いえ諸, 前巻, 言わない

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 まだしも, 八五郎, 前途に

▼ 上ったほど~ (3, 0.1%)

1 だった, でございました, でした

▼ 上った人物~ (3, 0.1%)

1 である, で教育, をどういう

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 がアンマリ, のよ, を見

▼ 上った姿~ (3, 0.1%)

1 は, も恰好, 青い葉

▼ 上った~ (3, 0.1%)

2 の姿 1 だけに今年

▼ 上った少女~ (3, 0.1%)

1 のむれ, の美しい, の顔

▼ 上った彼女~ (3, 0.1%)

1 の典雅, の背後, は自分

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 で縁側, に照らされ, 後主劉禅

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 に薪, の光り, の子

▼ 上った着物~ (3, 0.1%)

1 と一緒, をパタパタ, を畳ん

▼ 上った瞬間~ (3, 0.1%)

1 とか出た, に之, に眼前

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 の甥, は今日なにがし, は薄

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 に一つ二つ星, に太陽, に爆音

▼ 上った米友~ (3, 0.1%)

1 の無遠慮露骨, はいつぞや, はそっと

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 のところ, の肉, はそういう

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 がしら, に触った, を揺すり

▼ 上った芸術家~ (3, 0.1%)

1 があった, でも彼ら, またはその

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 なんかをし, の調子, をする

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 の峰, の峰同様, の群

▼ 上った~ (3, 0.1%)

1 には帽子, のそこら, も薄茶

▼ 上ったあの~ (2, 0.1%)

1 室, 橇の

▼ 上ったおせん~ (2, 0.1%)

1 は窓, は颯と

▼ 上ったかという~ (2, 0.1%)

1 ことが, 径路や

▼ 上ったかは~ (2, 0.1%)

1 思い出せないが, 読者の

▼ 上ったかを~ (2, 0.1%)

1 検した, 計りたくなりポンプ

▼ 上ったけれど~ (2, 0.1%)

1 やはり霧, 機械に

▼ 上ったころ~ (2, 0.1%)

1 にただ, に東屋所長

▼ 上ったじゃ~ (2, 0.1%)

2 ありませんか

▼ 上ったそれ~ (2, 0.1%)

1 を保管, を売り歩く

▼ 上ったとたん~ (2, 0.1%)

1 に窓, に違い棚

▼ 上ったとて~ (2, 0.1%)

1 何に, 話した

▼ 上ったとも~ (2, 0.1%)

1 見える一塊, 言うし

▼ 上ったのよ~ (2, 0.1%)

1 あれこそ, 今日は

▼ 上ったはず~ (2, 0.1%)

1 じゃ, であるから

▼ 上ったまでは~ (2, 0.1%)

1 よかった, 見えたが

▼ 上ったズボン~ (2, 0.1%)

1 とを着け, のまま

▼ 上った一つ~ (2, 0.1%)

1 の瘤, 残ったの

▼ 上った一団~ (2, 0.1%)

1 の火, の笑声

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 へ面, 年輩の

▼ 上った二人~ (2, 0.1%)

1 のお, の顔

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 を擦り, を熱い

▼ 上った体系~ (2, 0.1%)

1 などを指す, に背

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 だけダンゴ汁, だけ麦

▼ 上った前額~ (2, 0.1%)

1 に滲み出る, を撫で上げ

▼ 上った古池~ (2, 0.1%)

1 だの, に風情

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 から見ます, を運ん

▼ 上った商品~ (2, 0.1%)

2 の価値

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 の途中, を降り

▼ 上った坑夫~ (2, 0.1%)

1 ばかりが遊び, や掘

▼ 上った場所~ (2, 0.1%)

1 と云い, の上

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 漢子が, 蓋から

▼ 上った奥床しい~ (2, 0.1%)

2 門構えの

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 がある, を下

▼ 上った始末~ (2, 0.1%)

1 だ, だから

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 公園である, 魚の

▼ 上った小高い~ (2, 0.1%)

1 丘の, 処に

▼ 上った屍体~ (2, 0.1%)

1 がところどころ, が果して

▼ 上った広い~ (2, 0.1%)

1 額を, 額鋭い

▼ 上った廊下~ (2, 0.1%)

1 から矢代, が掲示場

▼ 上った弁信~ (2, 0.1%)

1 が, は提灯

▼ 上った形跡~ (2, 0.1%)

1 がある, もない

▼ 上った彼等~ (2, 0.1%)

1 のある, は二たびそれ

▼ 上った思想~ (2, 0.1%)

1 はその, や哲学

▼ 上った恰好~ (2, 0.1%)

1 です, は堪らなく

▼ 上った感じ~ (2, 0.1%)

1 である, を与える

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 その後どう, でしょう

▼ 上った時人々~ (2, 0.1%)

1 は, はこの

▼ 上った時玉子~ (2, 0.1%)

2 の黄身

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 があり, の中

▼ 上った気持~ (2, 0.1%)

1 がある, で笑った

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 に突き, は背光

▼ 上った洗濯物~ (2, 0.1%)

2 を一ぱい

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 だったに, の玉

▼ 上った異様~ (2, 0.1%)

1 な鬼火, の塊

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 がよけい, にはそれ

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 と高い, に見えた

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 から遠く, に筋

▼ 上った秀吉~ (2, 0.1%)

1 の周辺, は翌日

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 だが, です

▼ 上った~ (2, 0.1%)

2 はよく

▼ 上った背中~ (2, 0.1%)

1 の上, の肉付

▼ 上った~ (2, 0.1%)

2 のふくらみ

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 が固く, の幻

▼ 上った若い~ (2, 0.1%)

1 ものが, 巡査が

▼ 上った落棉~ (2, 0.1%)

1 の明り, の焔

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 が不思議, が筆

▼ 上った赤い~ (2, 0.1%)

1 着物の, 蒲団が

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 と宮子, も洗わない

▼ 上った身体~ (2, 0.1%)

1 が背中, のあがき

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 は花川戸, を逆目鋸

▼ 上った雑誌~ (2, 0.1%)

1 に現われた, をそっくりそのまま

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 のお, は縁

▼ 上った青い~ (2, 0.1%)

1 炎の, 額と

▼ 上った風格~ (2, 0.1%)

1 があっ, にも拘らず

▼ 上った飛沫~ (2, 0.1%)

1 に対流, の右側

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 が, が気惰

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 がホッ, が熱

▼ 上った~ (2, 0.1%)

1 の軟かい, 焦の

▼ 上った黒い~ (2, 0.1%)

1 幻の, 瞳は

▼1* [702件]

上ったあいつに注がせ, 上ったいい顔にも, 上ったいかつい顔立ちである, 上ったいかにも凄じい面, 上ったいわゆる覆舟口, 上ったうえに取る, 上ったうぶ毛が或, 上ったおしもへ挑みかける, 上ったおとなしい娘さんだ, 上ったおやじはじだんだ, 上ったお可久と, 上ったお方でございます, 上ったお雪ちゃんの粧い, 上ったかげへかげ, 上ったかたい前頭, 上ったかのように, 上ったからと云って, 上ったからとてそう無茶, 上ったからな金という, 上ったがやその痛い, 上ったくせ者でございますが, 上ったぐらい強烈な, 上ったぐらいのもので, 上ったけどいつまで, 上ったこと何遍でもあります, 上ったこれは誠に, 上ったころぼくたちはおじさん, 上ったころ清澄な世界, 上ったじゃあないかね, 上ったすると彼は, 上ったせいかも知れない, 上ったそいつこそ越野, 上ったそうして偃松の, 上ったそこで長い間教育, 上ったそのまま後も, 上ったそれで泣出した, 上っただからそのお祝い, 上っただけを発表する, 上ったちょうどその京都, 上ったつもりなの, 上ったてらてらした頭, 上ったというの類今は, 上ったといふ話とても, 上ったとき下へぱらりと, 上ったとき二人のどちら, 上ったとき兄弟は京, 上ったとき宇治川のほとり, 上ったとき彼女は, 上ったとき我輩は同院, 上ったとき溺死者が両手, 上ったとき祝賀の白島, 上ったとき雪はもう, 上ったところが鳥羽法皇これを, 上ったところ女はびっくり, 上ったところ蒲団をまくられ, 上ったとしか思えないの, 上ったとして右の, 上ったとしても彼等の, 上ったとのことである, 上ったア, 上ったなどとは唯短い, 上ったなり楊枝を, 上ったいまだにどう, 上ったばかしであろう髪の毛, 上ったばっかりの着物の, 上ったひとを追っかけ, 上ったふとその拍子, 上ったほうでは, 上ったほかの宇宙艇, 上ったほら何ほら, 上ったまでのことです, 上ったまま家も身寄, 上ったまま鋪道の上, 上ったまんざらずぶの, 上ったみたいな格子, 上ったもう一人の, 上ったもの川は水, 上ったもの過去の歴史, 上ったやつが何やら, 上ったッ, 上ったアイリスではあった, 上ったインキスタンドは実に, 上ったカ氏の眼, 上ったグンパールという僧院, 上ったコッケイドとは全く, 上ったコップについで, 上ったサフランにも霊, 上ったシステムを決して, 上ったシナリオが想像以上, 上ったスカートのうしろ, 上ったスケッチを珈琲一碗, 上ったトムはそこ, 上ったノートに丈, 上ったバスケットが一つ, 上ったパンなどを盗まない, 上ったヒステリの妖怪, 上ったフランスの, 上ったフランボーも後, 上ったプランがめちゃ, 上ったライスカレーへ左手, 上ったローブの下, 上ったなら早く, 上った一つ一つの梢, 上った一人の壮士風, 上った一人前の女, 上った一塩にした, 上った一定不変の諸, 上った一方他の, 上った一時期の明る, 上った一瞬へ, 上った一種の鳩胸胴, 上った一種特異の作品, 上った一行金字一行銀書の経, 上った丁度別のガラス, 上った七月の中旬, 上った三人の句, 上った三年前のこと, 上った三月の二十五日, 上った三条の屋形, 上った三枚の床板, 上った三番の室, 上った三角形の葉, 上った上余勢が地磐, 上った上唇を衝き, 上った上祖師ヶ谷の行衛不明, 上った上膊に顳, 上った下水の溝, 上った下駄を帰り, 上った不安の雲, 上った不遜に近い, 上ったの頬, 上った両側の肘掛け, 上った中間法師が山伏, 上った主税によって斬り, 上ったっぽい赤ら面, 上った乳房をせめる, 上った事件を想像, 上った事実に徴, 上った二条良基らの絶讃, 上った二頭の早馬, 上った二顆の乳, 上った五月の天気, 上った人波の中, 上った仁兵衛と続い, 上った仕事だアッ, 上った仙太郎は中年男, 上った代りに相場, 上った以上何とか向, 上った仲間と二人, 上った低い白い靄に, 上った住宅を見る, 上った佐吉は大股, 上ったは大海, 上った作物にはそれ相当, 上ったの松村, 上ったはまだ, 上った偏窟人のよう, 上った健吉がまたもや, 上ったで白磁, 上った傷口そこから覗い, 上った傷跡がついた, 上った傾斜面の中程, 上ったを団扇, 上ったでもなるべく, 上った兇事の報せ, 上った光子は体, 上った入口から塔, 上った全体的な統一, 上った全渓の雪, 上った六人の部下, 上った六神丸の効き目, 上った兵隊さんに頼ん, 上った其作品の中, 上った内容である, 上った写真が綺麗, 上った冷たい答を, 上った冷酒の悪酔い, 上った処女としては水, 上った判断の単位, 上った剃刀を頭, 上った頭部とに, 上った前ぶれと見られ, 上った前夜は流連, 上った前額部の眉, 上った創造物であり多方面, 上った助六は家, 上った勘次の眼, 上った勝鬨の烽火, 上った十八歳の春, 上った十年作家生活の火華, 上った午後二十四五の女, 上った半球の上, 上った単なる文献学精神, 上った博士が川手氏, 上った原稿料などみんな, 上った厨子王は僧形, 上った友だちと一所, 上った当りで, 上った叔父は, 上った口角の素樸, 上った金具店の, 上ったの裸男, 上った右側にあっ, 上った右手に心覚え, 上った各自が自分, 上った合図に下, 上った同じ日の, 上った君主のうち, 上った吹溜りの雪, 上った周囲の顔, 上った和尚の物すごい, 上った咒咀の紙, 上った品物は気に入らなけれ, 上った哲学者みたよう, 上ったを歪み加減, 上った唇額に瘤, 上った唯七の額, 上った商品切手が全く, 上った問題の家, 上った善悪とか邪正, 上った喜びは実に, 上った之助, 上った器用役者あざとくって, 上った四十前後の男, 上った四十女の痩せた, 上った四十男は左右, 上った四肢を支え, 上った四角い大きな箱棺, 上った図型が全然, 上った図式か布置, 上った固定した民衆, 上った国民歌謡にけち, 上った園絵だ, 上った土堤を猶も, 上った土塊や水, 上った地勢が二人, 上った坊主もかなり, 上った坊主頭ばかり叩い, 上った坪井の方, 上った堀田備中守正睦のあつらえ, 上った堤防を越し, 上った塩床が探険者, 上ったがし, 上ったの青空, 上った与里は, 上った多くの悲痛, 上った大きい額と, 上った大きな額と, 上った大切な記念, 上った大和の空, 上った大家の持ち, 上った大小幾十個の荷物, 上った大河内参事官閣下が破れ鐘, 上った大迫玄蕃スタスタと元, 上った大鷲の姿, 上った天上の世界, 上った天堂一角より何やら, 上った天狗飛切りの術, 上ったの小間, 上った女房は八ツ下り, 上った女雑種ではない, 上った妹弟子ごときもの, 上ったの眼, 上ったは縋着い, 上った子供は火, 上った完備した器械, 上ったですよ, 上った宮殿楼閣は兜率天宮, 上ったを眺めよう, 上った家庭生活があっ, 上った家庭的の理想境, 上った容貌を自覚, 上った富山七之助物も言わさず, 上った富豪たちがあわてふためい, 上った寛容の態度, 上った寧波船が幾艘, 上った対象のうち, 上った封筒を眺め, 上った小さな丸髷が, 上った小僧である, 上った小学校を見せ, 上った小宮山は自分, 上った小形の痩せた, 上った小林氏の令嬢, 上った小物師与惣次床の上, 上った小者がそれきり吹雪, 上った小野屋旅館に投宿, 上った小鼻は穏やか, 上った長中村七三郎は, 上った少数者の技術, 上った局員課員の淘汰, 上った山吹の黄金色, 上った山城守はず, 上った山東の兵, 上った山路も峠, 上った岡田を素裸, 上った岡部式の地下戦車, 上ったの堆積, 上った岩倉少将はようやく, 上った峠それと同じ, 上った峰頭は稍東, 上った島々で成立後百三十余年, 上ったのよう, 上った工事を中止, 上ったの頬, 上った帆村の手, 上った帰り山陰にまわっ, 上った帰り引汐につれ, 上った常念岳や大天井岳, 上った帽子を以前, 上った狭の, 上ったべっ, 上った平地に土饅頭, 上った平場に玉石, 上った平易さへの努力, 上った年代はいつ, 上った年増の濃厚, 上った幸いに偃松, 上った幾枚もの紙を揃え, 上った広くて低い, 上ったの上, 上ったに承, 上った店頭装飾建築には一々, 上った建物だの震災, 上った弟子の僧, 上った弱々しい長髪が, 上った弱々しい恥しそうな, 上った張力を見せ, 上った当時から鳴かね, 上った役者の顔, 上った彼らは突き合い蹴り合い, 上った後彼女は自分, 上った後彼女自身の履き物, 上った家来は, 上った微吟の歌, 上った微妙な線, 上った微笑をたたえ, 上ったを静, 上った心強い女を, 上った心持を想像, 上った心臓の模型, 上った念仏らしかったが, 上った思いがし, 上った思いつきだ, 上った代官の, 上った意気の壮, 上った愚衆でで, 上った愛敬の多い, 上った感情の柱, 上ったは自分, 上った成績を点検, 上った所謂神学がわれ等, 上ったを受け取り, 上った扇子がトンボ, 上ったや足, 上った手数のかかった, 上った手織縞か何, 上った手足が泛び, 上った拍手の音, 上ったにはガラス, 上った拳山内の引い, 上った拳闘選手みたいに太平洋郵船会社, 上ったを見せる, 上った指先の短い, 上った揚句太陽の光, 上った数ヶの突起物, 上った数学もいつか, 上った文句を交換, 上った文次の頭, 上ったな興味, 上った料理は極めて, 上った新しい机を, 上った新田先生は非常, 上った新築の二階家, 上った新築校舎にすら一瞥, 上った新米議員の半田房之助, 上った方角さして前進, 上った日以来いくらかでも彼, 上った日以来わしは其方, 上った日光がチカチカ, 上った日和下駄あれは桐, 上った日彼女は西の丸, 上った旦那かその, 上った旦那さま的意識ではありますまい, 上った名古屋藩士田中不二麿が, 上ったを知らせる, 上った早々からおかしい, 上った早口で昨夜良人, 上った昂奮はついに, 上ったかに即死, 上った映画従業員のスト等, 上った春藤幾久馬をはじめ, 上った時のを見る, 上った時シャンパンをかけます, 上った時ゼラチンを四枚水, 上った時ナツメッグを少し, 上った時バルザックはこれ, 上った時フレッシバターを塗っ, 上った時一人の男, 上った時仙二は涙, 上った時何か様子, 上った時何処へとも無く, 上った時分金蔵の眼, 上った時千樹園という植木屋, 上った時塩を少し, 上った時塩胡椒で味, 上った時恒雄夫妻はまだ, 上った時手首を噛まれ, 上った時改札口を出た, 上った時案内者であった梓山, 上った時火が薪木, 上った時私は死ん, 上った時肉を出し, 上った時色が悪く, 上った時車はたちまち, 上った時部屋へ駈け込ん, 上った時隣室から明, 上った時雷雨に逢った, 上った時駕は左, 上った時鮮しいクリーム, 上った暴徒の一団, 上った暴虐が不快, 上った曙色の胸, 上ったの光, 上った朝甲板士官だった, 上った朝陽を浴び, 上った東印度会社は云わ, 上った松彦に足, 上った林檎の代金, 上った果物の中, 上った栖子の唇, 上った根もとはここ, 上ったはどこ, 上ったは高く, 上ったの間, 上った椅子を見ます, 上ったの大木, 上った極めて安価な, 上った構造から定義, 上った様々の人形, 上った横着振りに対する鬱憤, 上ったはもっと, 上った武蔵であったので, 上った死骸を見た, 上った民衆などどこ, 上った気位で引手あまた, 上った気分やどうせ, 上った気勢を感じた, 上った気味だ, 上ったに追いのけられ, 上った水盤に映った, 上った水線の動揺, 上った水銀を振り落した, 上った水面に明るい, 上った氷柱が線状, 上ったを朱塗, 上ったのところ, 上った決心だった, 上った沙汰なの, 上った沢山の男, 上った河童も同然, 上った法律として権力, 上った注射の跡, 上った洋装美人が様々, 上った津田の瞼, 上った流灌頂のごとく, 上った浴衣がけの男, 上った海坊主のよう, 上った海岸に抜身, 上った海底に残る, 上った深い山の, 上った混乱した事件, 上った清子の消息, 上った温州蜜柑も台木, 上ったを気味悪, 上った滑稽な後姿, 上った漁夫が云った, 上った澄江は傍ら, 上った濛気をある, 上った火星の宇宙艇, 上った焚火にすけ, 上った無数の指先, 上った焼岳に終る, 上った煙草の粉, 上った熊笹と流れ, 上った熱度が, 上ったして, 上った片方の車輪, 上った牡丹桜がゆらい, 上ったはありませんでした, 上った狭くるしい場所で, 上ったの背, 上った玉子をその, 上った玉子ねじの鼻緒, 上った玉置子爵はこの, 上った理論の外面, 上った生え際から前髪, 上った生活があっ, 上った生身のお客, 上った田舎者にお, 上った由来であって, 上ったという女, 上った発電所と建造中, 上った白山を見付け, 上った白色でポチャ, 上った白菊の鉢, 上った白雲は立ち, 上った白飯が置かれ, 上った白髪を総髪, 上った白鳥の列, 上った百合枝の腰, 上ったが深く, 上っただな, 上った眉歯を剥いた, 上った真似はしない, 上った真面目な顔, 上った眼尻にや, 上った眼瞼と長い, 上った眼身長と云え, 上ったを頬, 上ったの裏側, 上った知識のこと, 上った身長剣, 上った煙りの, 上った砂丘の間, 上った祖母が戸口, 上った神尾主膳は同じ, 上った神尾喬之助, 上った私兵達は横町, 上ったの日, 上った秋空だったが, 上ったでした, 上った種族らしい, 上ったを一粒一粒, 上った空元気だけの言葉, 上ったの眼, 上った端正な伯父, 上ったの籠, 上った竿の先, 上った笑いを急, 上った笑い声に気がつい, 上った笑声の中, 上った一の, 上った等身大の人形, 上ったの力, 上った答案と見なけれ, 上ったにいたす, 上った節検視した品川署, 上った範疇組織も亦, 上った粗末なテーブル, 上った精悍な風貌, 上った精神解剖学精神生理学精神病理学から観察診断, 上った糜爛した死体, 上ったを揃え, 上った紙風船をお, 上った細い眼付は, 上った組織体系もない, 上った結婚問題を避ける, 上った結果ウッカリつけたもの, 上った絨氈の端, 上ったの目, 上ったが鋭く, 上った編成からいっ, 上った練塀や深い, 上った縦断面を頭, 上ったとこの, 上った罪人が地獄, 上った美丈夫がむす, 上った美人の手, 上った群衆が衝突, 上った義徒の連盟, 上った翡翠の中, 上った翻訳にとりかかっ, 上った考え方を憎悪, 上った者アねえ, 上った者十余名殿上人と称される, 上ったを腹, 上った肉塊を撫で, 上ったをきちんと, 上った胡麻塩髯を長々, 上った脚色に就, 上ったに突っ張っ, 上った腰元の夕霧, 上った膳部を御膳番, 上った臨時教育会議からは今日, 上った自信が籠っ, 上った自己の本体, 上った自由の女神像, 上った自身の重心, 上ったの尖端, 上った舞台は一口, 上ったには翼, 上った船乗ですからね, 上ったを経験, 上った芝生に, 上った芥火の光, 上った芸術という意味, 上った苦心の画, 上った茂之助ゆえ無慚, 上った茫々たる頭, 上った菩提樹の葉影, 上った葡萄蔓から一房, 上った葡萄酒はより, 上ったや葛蔓, 上った薄い霧が, 上った薔薇の丸い, 上った薬品が幻覚痳痺性眠剤, 上った薬王寺前町の通, 上ったの醜い汚い, 上った蛆虫が, 上った蝶子は壁際, 上った行動が彼女, 上った行為に対しても時として, 上った街角から露路, 上った袖口を引き下しました, 上った製作品をなぜ, 上ったと白足袋, 上った複雑怪奇な都市, 上った要求をもち, 上った見上皺を深く, 上った覚えもない, 上った言葉だの不心得, 上った言葉尻を掴まえ, 上った言語ではなく, 上った記録は高度八十マイル, 上った設定された条件, 上ったと同じく, 上った概念を, 上った警官さんの洋剣, 上った警部は上り詰める, 上った豆八は爪先, 上ったを見れ, 上った豪壮な堂宇, 上った貴族的な上品さ, 上った赤染右衛門は歌人, 上ったと不恰好, 上ったの腐った, 上った軽い侮蔑を以て, 上った途中であった, 上った途端ホテルの支配人, 上った途端二階の客席, 上った連中も早速, 上った道庵は月, 上った道筋を見る, 上った部屋のいきさつ, 上った都会である, 上った酒井が次, 上ったに何, 上った金助は目, 上った金方か何ぞ, 上った金色の誘惑, 上った金蠅の群, 上った釘抜藤吉だった, 上った釘抜藤吉足の開き, 上ったの湯, 上った針金みたいな黒髪, 上ったの様, 上った鋭い目には, 上った鎮守の森, 上った長い初毛, 上った長い長い空洞が, 上った長太はそこ, 上った門倉平馬, 上った闊葉樹林の緑, 上った階段であると, 上ったに明け放した, 上った雪田の光り, 上ったはもう, 上ったは壁, 上った革命の騒擾, 上ったなどを鳴らし, 上ったにこおろぎ, 上った頂線は力余, 上った頃木の扉, 上った頃東京の或, 上った頃海神の弄ぶ, 上ったの紅色, 上った頭脳を, 上ったは, 上った額越にト睨, 上った顔中に当惑そう, 上った風景は入口, 上った飛行機を発見, 上った食物と言える, 上ったを釜ごと二階, 上ったが縁側, 上った饅頭の湯気, 上った騒動に坐っ, 上った驚駭噴泉の水煙, 上った骸骨の怪物, 上った高い額の, 上った高地の上, 上ったは実に, 上ったの様, 上った鰐口の五十男, 上ったのよう, 上った鳥等は一枝, 上った鶺鴒がこっち, 上った黒部平の品右衛門爺さん, 上った黒髪が, 上ったであります, 上ったDON達が街上