青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一流~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一時 一時~ ~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩 一段~
一流~
~一点 一片~ ~一生 一生~ ~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~

「一流~」 1656, 17ppm, 6632位

▼ 一流~ (1201, 72.5%)

4 もので, やり方で, ホテルに, 店の

3 [16件] ものである, 人が, 人だ, 作家だ, 作家の, 俳優に, 割烹店でございました, 劇場の, 家元と, 政治家として, 料亭の, 料理店で, 歌人と, 疾風迅雷的な, 美人に, 芸者に

2 [71件] つかい手, ものが, ものを, やりかた, やり方が, ファッション, ホテルの, ホテルや, 人, 人たるを, 人物たるに, 人物に, 人物を, 人物例えば, 人物第, 人間に, 仕方で, 作品と, 作家と, 作家として, 佳人と, 使ひ, 俳優は, 兵法を, 冷笑を, 列に, 名ある, 名優が, 哲學者の, 地位を, 地歩を, 大家の, 大新聞, 好みで, 学者が, 学者たらし, 学者として, 学者に, 学者にまで, 学者を, 家であった, 家の, 家元へ, 店でも, 思想家の, 批評を, 批評家リュイスに, 政治家に, 政治家や, 料亭で, 料理人の, 料理屋で, 早耳八五郎は, 星学諸家が, 毒舌が, 温泉宿として, 照れかくしで, 物の, 率直な, 理屈を, 画家に, 矜持が, 空想を, 精神が, 腕を, 芸術は, 芸術を, 計画を, 議長なら, 運命開拓法を, 道路だ

1 [995件 抜粋] あつい息, いい廻し, おしる, お家柄, お茶や, きすの, きびしさ, こころなるべし, さざなみがひろがってゆくような, しゃれもの, すしやに, せわしない, たどたどしい字, ちゃんとした, でたらめに, どこに, ねえさんであった, まぐろという, まことにこなれきった, ものだ, ものでない, ものと, ものとは, ように, アカデミシァンとして, カッフェーでしょう, カフェーの, ガイドでは, コクメイな, サインな, ジヤアナリストだつた, スポーツマンに, ディナーや, ドモァゼルだ, ハムマア投げ, ヒョウキンな, ファシズムを, プリマドンナに, ヘンな, ホテルだ, ホテルで, マネージャー・ビーハイマーと, モノスゴイ睨みが, ユーモラスな, ヨタだ, レコード蒐集家でも, レストランで, レストランへ, ヴォドヴィル劇場, 一流であり, 上ずった概念使用法, 上手ばかりを, 下懸, 世間見ず, 中の, 丸っこい字, 事務的の, 事始めを, 交渉の, 人々も, 人たちの, 人であった, 人では, 人や, 人傑で, 人心を, 人気役者ばかりの, 人物でありました, 人物と, 人物の, 人物らしい, 人達で, 人間としての, 人間は, 仏教哲学の, 仕方において, 仕立屋が, 仕立屋は, 仮名文字で, 仲間入を, 企画性が, 伯爵の, 作と, 作り噺だった, 作品は, 作家が, 作家です, 作家や, 作家精神である, 使い手で, 使い手も, 使手ゆえ女風情や, 保守気質が, 信念天性の, 俳人で, 俳優と, 偏見に, 偽装と, 働いた句, 儒者の, 光彩ある, 兵法だ, 内に, 写生法と, 冷酷な, 処方箋でありました, 出版社で, 出語り贅澤過ぎる, 刑事弁護士である, 別派を, 刺股行孝といふ, 剣客で, 剣客者たる, 剣術ぶりを, 割烹で, 劇場では, 劇評家が, 功名心に, 化学者に, 即興舞踊と, 厳粛主義の, 句の, 名づけ術, 名優として, 名士の, 名声と, 名家で, 名將, 名手も, 名門の, 吟味方法が, 呉服屋店が, 和魂の, 品物と, 唯物論的処世観といった, 商家の, 商店街に, 囚われた見方以外, 図書館へ, 国手が, 國士たる, 地に, 地質學者で, 域に, 埴瓮つくりはじめ, 基盤を, 堂々たる美術雑誌, 場所だった, 境に, 士道なる, 売れっ妓, 変態性慾の, 外国語学者でない, 大きいホテル, 大きく強いもの, 大レビュー団, 大作家, 大名に, 大学を, 大学者たるべからず, 大家たちに, 大家で, 大家でなく, 大家に, 大家を, 大政治家, 大町人, 大立物には, 大袈裟な, 大詩人, 天ぷら, 天才だ, 天才として, 天邪鬼の, 太夫らしい, 奥儀を, 女傑に, 女教育家, 好事家で, 妖婦では, 威嚇を, 婉曲な云い, 媚態より, 子で, 存在たり, 学生バンドと, 学者であったらしい, 学者でさえも, 学者としての, 学者政治家芸術家に, 学者芸術家が, 學者で, 學者に, 官能描写を, 定評の, 客を, 宣伝ぶりな, 宴会請負人が, 家庭交響曲を, 家柄は, 宿屋だ, 宿屋では, 宿屋は, 寫實主義が, 寿司であっ, 専売特許式珍劇が, 専門家と, 将棋観に, 尊大さという, 小売商店街, 小説家が, 小面倒, 局面打開策を, 工場にでも, 巨匠でなかった, 市街と, 平民的な, 店だけ, 店とも, 店にな, 店へ, 店を, 座頭であった, 建築について, 弁舌で, 弁護士を, 弓馬の, 強引な, 形容詞沢山で, 彫刻家, 役者を, 御叮嚀, 徳操を, 忍耐と, 思い切った変態性慾, 思弁と, 急進的な, 怪長広舌を, 恋を, 恋愛とは, 悪口に, 悪魔の, 想像を, 意表を, 意識的な, 感懐を, 態度で, 慎重な, 戯作者達は, 所へ, 手だ, 手品で, 手段の, 手腕は, 才能ある, 打ち込み方, 批評家だ, 技師が, 抒情詩人だつた, 拙い假名文字, 拳闘選手が, 探りの, 探偵小説家としての, 探検家でさえ, 操を, 支那學者として, 政治家では, 数へ, 文人と, 文化に, 文化国であり, 文士や, 文学の, 文学者であります, 文学青年らしく, 文房具や, 文章と, 料亭でした, 料亭に, 料亭を, 料理を, 料理人に, 料理屋から, 料理屋という, 料理屋とは, 料理屋に, 料理屋の, 料理屋以外は, 料理店から, 料理店へ, 新知識, 新聞が, 方々を, 方法で, 旅籠だ, 旅籠屋であった, 旅館です, 旅館なら, 旅館の, 旗の, 日本人商館が, 早口で, 早業で, 明晢な, 時計屋らしい, 晴着の, 暈しで, 曲り根性という, 最も皮肉, 服飾家の, 望に, 本懐石, 札差で, 果敢ない心持, 柔術取り金井一角とも, 桃色ローマンスの, 検校と, 極度に, 槍じゃ, 権威者と, 歌劇歌手とは, 歌姫や, 歌手を, 歌集たる, 正義観が, 武将と, 武芸者ばかり, 歴史家である, 毒々しいエロ, 民謡国だ, 気前の, 気稟を, 氣骨ある, 河豚料理屋という, 法螺は, 波動的声調で, 洗濯工場の, 活躍を, 流暢さで, 流行作品を, 流行酒場に, 浮世好色小説の, 海上の, 温泉旅館八ヶ所が, 漫罵や, 激情家の, 濃厚料理が, 無学文盲論が, 無技巧主義, 無駄口を, 焦げ付くよう, 物理学者が, 物語が, 犯罪人だつた, 狡猾な, 狸を, 献策を, 玄人だ, 玄妙を, 理學者寺田寅彦博士は, 瓢逸また, 生活体験では, 用語あり, 画の, 画家にのみ, 異色ある, 痛罵を, 発願を, 白拍子な, 百貨店セリフリッジ彼女の, 皮肉が, 皮肉に, 監督俳優だけは, 目先キ買いに, 省略的表現である, 真似を, 眼ま, 知識階級で, 社会, 神秘めいた, 科学者たちの, 科学者は, 科學者の, 空文で, 競走者の, 筆致で, 粘り気の, 糞力に, 紙屋で, 細心な, 紳商であった, 紳士だ, 紳士とも, 経済学者たり, 絵師に, 縉紳ばかり, 置屋の, 美しい抒情, 美女たちも, 美文書簡で, 美術商に, 群れに, 考えを, 者が, 肩を, 能書家であり, 腕利きである, 自尊心から, 舞台上の, 芝居に, 花形にも, 花柳界に, 芸事に, 芸人に, 芸妓の, 芸妓も, 芸者が, 芸者とも, 芸術だ, 芸術家たちを, 芸術家だった, 芸術家である, 芸術家の, 芸術家を, 芸術的主張が, 英雄の, 茶屋でございます, 菓子店でなけれ, 菓子店と, 著者に, 藝術家を, 行き方である, 表現の, 製品を, 西洋大工に, 見に, 見解を, 親分肌の, 解剖学者たちによって, 解決法を, 言ひ, 計略じゃ, 記者達に, 詩人の, 誇りである, 誇張に, 説明を以て, 誰々言う, 調査方法を, 論法で, 論理が, 論理法で, 諸新聞, 謙虚な, 謹厳な, 豪商盧の, 豪華サロンに, 貴婦人たち, 貴族と, 貴族也, 質問を, 贅沢だって, 走書きに, 軍艦ほども, 軽巡洋艦, 近代名家の, 週刊雜誌, 遊歩場に, 道場主が, 達人だ, 達人でも, 達人なら, 達文である, 達辯で, 遣り方, 邦人名士の, 酒である, 酒飲みに, 重位, 針の, 銀行家の, 鋭い眼, 鑑賞家たる, 閨秀詩人として, 防寨を, 雄弁で, 集団的行動の, 雑誌は, 雰囲気の, 鞄店で, 音楽家である, 音楽家に, 頑固な, 頗付きの, 頭脳を以て, 食堂風な, 馬術の, 高級住宅街である, 魂が, 鳥料理鰻屋には

▼ 一流~ (48, 2.9%)

2 極わめ, 発明した

1 [44件] あみ出した者, あみ出して, こなして, たて候へども, たて吉岡流, はうふつ, はじめたので, ひらかれた無慾無私, もって, よりすぐった, 創てたいなどとは, 占めんと, 工夫した, 当に, 志すよう, 極めた人, 極め幅十間, 樹てて, 樹てる, 理解する, 生じたそれ, 生じて, 究めて, 究め忍術, 立てたほどの, 立てて, 立てますると, 立て抜く決心, 立て抜こうと, 編みだしたところ, 編みだしたり, 編みだして, 編み出して, 編めと, 編んで, 興して, 興すこと, 誇る由緒, 起すという, 開いたもの, 開いた人, 開きましたなれど, 開くすべて自己, 開くほどの

▼ 一流~ (34, 2.1%)

2 いひたるもの, なれば, 号し数年鍛錬

1 [28件] いふべし, いわれた鳥料理店, いわれてからでも, いわれる学者, いわれ事実, く, しない風習, すなわち今日, するという, ゆるされる青楼, 二流の, 云いたい動き, 云い二流, 云つ, 呼ばるる大学者連, 多くの, 感を, 格づけされた, 目される, 目する詩人, 称する新築旅館, 自称する, 見做, 言は, 言われる骨董紳商, 認めるか, 謂って, 謂わねば

▼ 一流~ (30, 1.8%)

2 位する蕪村, 達して

1 [26件] えらいの, お据, なったわけ, なって, なるまで, なる見込み, なれという, なれない, なれません, 会する, 加わってるの, 居る者, 属するもの, 属する部類, 屬する, 徹した剣客, 拠って, 推されて, 秀でさ, 秀でた人物, 秀でた名人, 至るまで, 達した名人, 達した武士, 限られたもの, 類するや

▼ 一流どころ~ (18, 1.1%)

2 の料理屋

1 [16件] が, だけあっ, ですよ, で食う, にもポツポツ, の億万長者, の名前, の市, の年増連, の料亭十軒, の旗亭, の書き下しである, の画家, の真打, の顔役, をよびましょう

▼ 一流~ (16, 1.0%)

11 の一流 1 の一流俳優, の一流大家数名, の一流旅館, の内乱, の第

▼ 一流~ (11, 0.7%)

2 から起っ 1 が店内, が挺身, であるばかり, である同君, として感ずる, に過ぎない, の中, の大, の音楽

▼ 一流~ (11, 0.7%)

1 [11件] が六十七セント四分の三, では決して, で町工場, として仕入れられ, として客, とはいい, にも比肩, に比肩, に違い, のよう, の出所

▼ 一流~ (10, 0.6%)

1 からね, が今度, が僕, が新, という噂, といわれ, とその, と思います, と思われる, よ

▼ 一流~ (10, 0.6%)

3 あつた 1 ありえたと, その作品, わけてもバリトン, 客待遇が, 寿座という, 徳川慶喜を, 時々ぼく

▼ 一流一派~ (10, 0.6%)

2 に傑出 1 に偏する, に秀でた, の盲目的信仰者, の祖, をもう, を樹, を称しだした, を開く

▼ 一流~ (9, 0.5%)

1 ではなかっ, ではなく, としての写実的傾向, に属し, に属する, の學家, の流行, をうち樹, を理論的

▼ 一流~ (8, 0.5%)

1 その色, なんでもちやん, スピード選手だ, 容易に, 御濠, 早く大人, 立て抜けねえね, 築地一丁目二丁目三丁目を

▼ 一流新聞~ (8, 0.5%)

1 が新年附録, が競っ, に比べ, に走る, に跳ね, の半端野郎ども, の文芸附録, の記者

▼ 一流旅館~ (8, 0.5%)

1 だそう, と称する, に泊まれ, の主, の体裁, へ行っ, も新年中, 大宴席

▼ 一流とは~ (7, 0.4%)

1 云うものの, 参りませんが, 見なされないの, 言いがたく, 言えるかも, 言ひ, 語形組織に

▼ 一流どこ~ (7, 0.4%)

1 の名代, の巧, の美妓, の茶屋, の饗膳, ばかしの顔寄せ, をズラリ

▼ 一流料理屋~ (7, 0.4%)

1 が暮, ではもとより, にたよる, によって求める, に於, の主人, の列

▼ 一流~ (6, 0.4%)

1 あり武芸, ここから, でるという, 国民の, 最栄えた, 風に

▼ 一流ホテル~ (6, 0.4%)

1 のパン, の一つ, の名誉心, の生活, の絶対, や百貨店

▼ 一流作家~ (6, 0.4%)

1 である, であると, になれる, または日本, よりも先行, より優れ

▼ 一流商店~ (5, 0.3%)

1 が堂々, に常陸山, に赴かね, の顔合せ, はかなり

▼ 一流料理店~ (5, 0.3%)

1 で相当庖丁, で結婚式, の主人, の苦心, を選び

▼ 一流では~ (4, 0.2%)

1 ない, ないが, なかった, なく衆流

▼ 一流人物~ (4, 0.2%)

1 であり権勢, には大抵, の急死, の貌

▼ 一流会社~ (4, 0.2%)

1 にも採っ, のよう, の支店長級, の社員たち

▼ 一流~ (4, 0.2%)

1 では出さない, では日清製粉, でばっかり食べる, と場末

▼ 一流じゃ~ (3, 0.2%)

1 てこずらぬ者, ない, ないわね

▼ 一流である~ (3, 0.2%)

1 が其の, ことが, 様である

▼ 一流でない~ (3, 0.2%)

1 という点, という理由, ものは

▼ 一流~ (3, 0.2%)

1 よろしい, 一流日本においては, 五流も

▼ 一流二流~ (3, 0.2%)

1 の割烹屋, の差別, の連中

▼ 一流選手~ (3, 0.2%)

1 でも二十二三分, になりうる, の大半

▼ 一流うかれ~ (2, 0.1%)

2 節三河屋何某一座これには

▼ 一流から~ (2, 0.1%)

1 その人, 四流までの

▼ 一流だった~ (2, 0.1%)

1 がいまだいまだ, そうです

▼ 一流であり~ (2, 0.1%)

1 ここの, まして歴史家

▼ 一流です~ (2, 0.1%)

1 が本当, よ

▼ 一流という~ (2, 0.1%)

1 のは, 所だろう

▼ 一流といふ~ (2, 0.1%)

1 事にな, 大町人

▼ 一流として~ (2, 0.1%)

1 見做, 許せるの

▼ 一流には~ (2, 0.1%)

1 なれませんね, 達しられぬ

▼ 一流二流どころ~ (2, 0.1%)

2 の料理屋

▼ 一流~ (2, 0.1%)

1 に比し, ノ襟度

▼ 一流学者~ (2, 0.1%)

2 のした

▼ 一流~ (2, 0.1%)

1 がかかっ, の落語

▼ 一流文学~ (2, 0.1%)

1 の観念, へのノスタルヂヤ

▼ 一流料理~ (2, 0.1%)

1 と伍, を引き離し

▼ 一流料理人~ (2, 0.1%)

1 を求めた, を雇った

▼ 一流~ (2, 0.1%)

1 になつたの, の名士連

▼ 一流活人形~ (2, 0.1%)

1 はこちら, は此方

▼ 一流百貨店~ (2, 0.1%)

1 では特価品, の商品券

▼ 一流~ (2, 0.1%)

1 だけあっ, だった

▼ 一流銀行~ (2, 0.1%)

1 である金菱銀行, の取締役

▼ 一流雑誌~ (2, 0.1%)

1 に三月, に掲載

▼1* [97件]

一流ありて其南, 一流無流, 一流その他尾上金子などの一流, 一流たるべき人間は, 一流てんぷら屋の自慢, 一流であって本流, 一流であったことは, 一流であれ何流であれ, 一流でなければダメ, 一流といつても好い, 一流とても僕など, 一流との御意は, 一流ともいうべき秘密, 一流なりとて一等勲章を, 一流にまで昇格した, 一流のねエ詩人で, 一流らしい構えで, 一流をはつめいなされました, 一流キャバレーへ出演, 一流クラスは蝶蘭, 一流ニ水ニ溺レタル婦女ハ必ズ救ヒクレタル人ヲ一生嫌フモノニ候, 一流ピアニストとしての舞台, 一流二流どこにはまだ, 一流人中の一流人, 一流人以外は出演, 一流人士と対等, 一流俳優によって上演, 一流の人々, 一流劇場のクイーン座, 一流劇場新栄座において見た, 一流化粧品店とか洋品店, 一流同士の華やか, 一流品展観所としての貫禄, 一流品的な性格, 一流商店連合商品切手を発行, 一流国家たるに適する, 一流に待合, 一流外交官の娘, 一流新聞だけを, 一流大会社の社員たち, 一流大家数名を家庭教師, 一流女優などになる, 一流女軽業と書い, 一流好みを狙い, 一流官立大学の教授, 一流の支那人, 一流専門家を委員, 一流小説の生れる, 一流店主人に話し, 一流弁護士のもの, 一流恋愛の出来る, 一流批評家は私, 一流投手二三人引ッこぬきに成功, 一流拳骨の辻占, 一流指南の看板, 一流探偵作家だと, 一流揃いと来, 一流政治家の名前, 一流文士の批評, 一流料亭に招待, 一流料理職人がこういう, 一流新聞タイムスが書いてる, 一流新聞社の外報記者, 一流新進者を気取っ, 一流日本においては三池, 一流日本料理の料理, 一流易道と真赤, 一流服装家ベッシェール夫人の小, 一流のレストラン, 一流歌人の一人, 一流河豚屋の余りに, 一流画家を門下, 一流白旗のやう, 一流的知恵もない, 一流直通という極意, 一流立ちて艶道, 一流の人物, 一流級ぞろいである, 一流紳士の草田氏, 一流編み出したと云う, 一流美人のダンサー, 一流の一人, 一流芸者としての精神, 一流芸能人の姿, 一流芸術家がまだしも, 一流菓子店の菓子, 一流藝者の生活, 一流藤原顕輔があつ, 一流を行乞, 一流街行乞宿は同じ, 一流記者を出し抜い, 一流詩人の常識, 一流長生きの法, 一流雜誌に載せ, 一流青眼音なしの, 一流青眼音無しの構え, 一流と真似手