青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一段~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一昨日~ ~一時 一時~ ~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩
一段~
一流~ ~一点 一片~ ~一生 一生~ ~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目

「一段~」 1188, 12ppm, 8897位

▼ 一段~ (199, 16.8%)

3 光彩を, 進境を, 進歩を

2 [15件] ことは, 修羅場だ, 力を, 勇気を, 堕落を, 婦人の, 工夫を, 緊張を, 趣を, 進歩と, 風流と, 風流を, 風致を, 飛躍を, 鬼気を

1 [160件] あでやかさを, うちに, うちには, きりやうぢや, きりょうじゃな, こと, ところで, はかりごと, ように, ようにさえ, ソプラノが, 上には, 上機嫌, 下で, 不便も, 不可思議であった, 不思議さえ, 主観的叙述と, 主観的叙述を, 事とて, 事に, 交渉を, 人間らしさ, 債鬼追っ払い, 儀か, 儀で, 光を, 光彩と, 光明なる, 内容を, 冴えが, 出世であった, 力で, 力学性を, 勇猛心を, 勢で, 収穫米は, 古語から, 味を, 堕落で, 壮観を, 壯觀を, 変化でなけれ, 変化なり, 変化を, 奥ゆかしさ, 奥海に, 奥深さ, 奮発を, 妙あり, 威圧を, 威容を, 寂寥を, 尋問を, 工作にか, 工夫が, 工風を, 幽邃と, 得意は, 復讐工作は, 心がけが, 必然帰結たる, 必要であるまい, 思附面白き, 悪情勢, 惨酷, 憤悶, 憤起, 戦時景気を, 手堅さ, 改善を, 改新を, 整理を, 文学的精進を, 新意, 方策は, 景気を, 暗示に, 棚を, 概括的評論と, 比較に対して, 気力を, 気勢を, 沈痛なる, 泥土的状態の, 活気あり, 活気が, 活氣あり, 淨化を, 深い意義, 深きを, 温かさ, 温厚さを, 満足を, 激しさ, 熱を, 理由によって, 理解が, 画趣を, 畫の, 異彩を, 発展を, 発達を, 相違によって, 眺めでございます, 研磨の, 碓氷嶽, 神聖味を, 積石が, 策戦は, 精彩を, 精緻さを, 終りです, 緊密を, 緑を, 美と, 腥気, 興味を, 興趣を, 花が, 苦心の, 落着を, 覇気とか, 規定が, 解答である, 解答は, 計であった, 記事が, 諧謔の, 變化を, 賑いを, 趣きを, 趣じゃが, 趣だろう, 退歩を, 進化を, 進境と, 進展を, 進歩だ, 進歩で, 進歩である, 進歩という, 進歩に, 運命機縁に, 酩酊は, 雑沓を, 難有, 順序に, 風趣と, 飛躍, 飛躍が, 食慾を, 騒ぎ, 騷ぎ, 高さ, 高みから, 高地で, 高所に, 魅力でも, 黒味を

▼ 一段高い~ (134, 11.3%)

18 ところに 6 所に 5 ところで, 岩の 4 台の 3 ところから, 処に, 席に 2 ところには, ホンモノの, 公園みたいな, 室に, 床から, 所から, 段の, 畳の, 立場に

1 [69件] お方です, だん, ところが芸人たち, ところの, ところへ, と言, のに突, 上の, 上甲板には, 位置に, 作者の, 内陣が, 処から, 土手が, 地位に, 墓地の, 壇の, 壇上に, 声で, 大机, 天蓋の, 女の, 存在と, 存在に, 学府に, 将台に, 岩上へ, 師範の, 帳場の, 平地の, 床に, 床間には, 座な, 式台片隅の, 役を, 所が, 所とも, 所には, 所を, 教壇に, 木地屋だ, 板張歩道が, 桟敷に, 椅子に, 次の, 段階に, 演壇から, 無電室が, 牢頭の, 畑に, 石の, 石垣の, 社会的背景から, 稍や, 積み木の, 立場から, 米の, 自己の, 臼の, 舞台が, 芝生の, 處が, 處に, 足場から, 道路に, 達人の, 配電盤の, 長四畳, 長押に

▼ 一段高く~ (88, 7.4%)

12 なって 2 して, なった, なったところ, 台を

1 [68件] かつ幅, ここに, しつらえられた議長席, しつらえられ穹窿形, そこの, その間の, そびえた岩, たしかに壁, なったプラットフォーム, なった人道, なった台, なった四畳半, なった土手, なった奥, なった室, なった所, なった杉林, なった聖壇, なった船べり, なった隅, なった電車, なってる敷石, なつた瀬川, なつて, なつて畳敷, なるであろう, 七名の, 下へ, 丘の, 人類の, 冷静に, 北岳間ノ岳の, 国道沿いの, 埋めて, 壇を, 変つた, 大家の, 大黒山は, 奥まったところ, 岩峰が, 崇厳に, 左手には, 抜け上って, 斜に, 望まれるよう, 桟敷を, 梯子段を, 森が, 此處に, 海に, 生えて, 石を, 破れ落ちた, 破風を, 積った, 立つて, 置く態度, 耳に, 聞えて, 聳えて, 記した一行, 設けた奧, 設けられた, 調子をは, 載つかつて, 造りつけて, 飛びあがって, 黒岳の

▼ 一段~ (46, 3.9%)

4 いたりては, 至りては 2 なって, なっても, 至りて

1 [32件] あった, いるの, かた足を, とどまり時代, なった所, なっては, なると, ゐるの, 二人ずつ, 似たるもの, 到りて, 到達した, 及べり, 及んで, 可愛がりて, 山の, 広く行かれ, 御見事, 於て, 於ても, 発展する, 腰かけて, 至って, 至っては, 至て, 至ては, 至り特に, 至れば, 読み及ぼして, 足を, 過ぎない, 道綽禅師が

▼ 一段低く~ (42, 3.5%)

9 なって 3 なつて 2 見て, 道を

1 [26件] がけと, した所, その玄関, なったヴェランダ, なった隣家, なった麦畠, なってる広地, なつたところ, なつたヴエランダ, なつた崖ぎは, なり更に, は見, 並んで, 六つ七つの, 其前を, 出来て, 右側を, 地ならしを, 小窓, 成つて居た, 椅子テーブルを, 溝渠の, 見縊られて, 造つてある, 連なった山, 連なって

▼ 一段~ (35, 2.9%)

2 思い出した

1 [33件] ひたして, まともに, 一応きめた, 上りつめた時, 下り二段, 下るとき, 予が, 五行或は, 付けた, 切り離す直前, 加えるの, 唄う, 尽くせば, 引用せん, 御話した, 想い起して, 抜抄したる, 挿入した, 掘り次に, 昇る時, 終ったの, 終らぬに, 編み終った, 草し, 設けるの, 語つた, 語つたと, 語らせこれ, 語り聞かすとの, 読んだ為, 辿つて, 除いて, 駁して

▼ 一段低い~ (35, 2.9%)

4 所に 3 ところに 2 地面に

1 [26件] ので知らず, のも, ものと, ものに, 三の, 人間の, 位置に, 側堂が, 処に, 南側の, 外陣に, 岩の, 平土間席から, 所には, 所へ, 族の, 板の間へ, 武人に, 沼地がかった, 物の, 町家で, 畑に, 畑には, 畑田圃, 縁に, 階級の

▼ 一段~ (33, 2.8%)

8 を低く 4 を低め 2 を潜め, を潜めた

1 [17件] をひそめ, をやわらげ, を励まし, を励ませ, を大きく, を張, を張った, を張りあげた, を張上げ, を強く, を窃め, を落し, を落した, を落しました, を高めた, を高める, を高め杉右衛門

▼ 一段一段と~ (29, 2.4%)

2 縄梯子を, 行き渡る, 降りて

1 [23件] くだって, せり上つて昂奮し, そこを, そのたんび私, よろめきながら, 上がって, 下へ, 下りて, 可愛い桃色, 昇って, 昇る, 梯子を, 段を, 病み重, 盛り上がって, 経のぼった, 自分の, 這上る, 重そう, 階段が, 階段を, 音の, 高くよじのぼっ

▼ 一段~ (27, 2.3%)

2 のもの, の処, の枝, の階級

1 [19件] た下等人種, である, であるべき人間, で家賃, につきはなし, に二人, に位する, に居るべき, に昨日落成祝, に移した, に足, の仲居, の低, の別, の方, の私設市場, の賤民, へ通り抜けた, れる人類

▼ 一段~ (26, 2.2%)

2 ほぼ五十センチ, 虎之

1 [22件] いかに暗い, かういふの, すぐさま語り終られる, どうしても僕, 一段より, 一節, 上古の, 之を, 其中に, 其結構に, 切り離されてから, 叙述が, 古註, 多くの, 已に倭國, 必ずしも第, 成功, 拙著, 朱雀院が, 生じたるなれ, 私どもに, 私にとり

▼ 一段~ (26, 2.2%)

1 [26件] から出る, から対す, だったので, だと, だという, である, で正, と思う, にある, になっ, に出る, に板の間, に立つ, に規則正しく, に設定, のもの, の大, の太, の戦略家, の技倆, の方, の木, の趣味, の雑木, の高い, へ行った

▼ 一段ごと~ (18, 1.5%)

1 [18件] にすき間, にロンドン, に一割, に一軒, に余分, に厳重, に喝采, に失業者, に実際, に手, に浮き上る, に立, に緋, に美しい, に荘厳厳格, に逡巡, に鏡, に陸奥

▼ 一段~ (17, 1.4%)

15 二段も 1 持ってるもの, 握る梯子

▼ 一段一段~ (16, 1.3%)

3 のぼって

1 [13件] あがりながら, おずおずと, お那珂, じぶん, に, は小林多喜二, ゆっくりゆっくり上る, を辿つ, 大象, 昇って, 登って, 遠ざかって, 遠のいて

▼ 一段~ (12, 1.0%)

2 出来あがる 1 ある, あるから, あるので, すむ, たった五六行, 何だか気, 太鼓の, 残ってるだけ, 終わる, 鳴らす太鼓

▼ 一段~ (10, 0.8%)

2 で仕掛け, と第, の答 1 が先頭, が突進, までは絵, を握っ

▼ 一段ずつ~ (9, 0.8%)

2 階段を 1 上界に, 下の, 下りて, 冷しさ, 用心し, 語った, 階子を

▼ 一段高き~ (9, 0.8%)

1 処飛石の, 反省の, 地位に, 所に, 生の, 石畳の, 精神的要求を, 舞台に, 處の

▼ 一段二段~ (7, 0.6%)

2 の長い 1 とのぼつ, と買い込ん, の柵, を上り, を踏みました

▼ 一段~ (6, 0.5%)

1 スエルテ・デ・ピカルと, 合せて, 婦人にも, 汀には, 済みます, 襦袢が

▼ 一段として~ (6, 0.5%)

1 いつもこういう, その同一面, 先ず説く, 旧市内, 現われて, 読むべきである

▼ 一段~ (5, 0.4%)

1 にうつ, に一対, に強い, に急所, に階段

▼ 一段だけ~ (4, 0.3%)

1 下りようと, 位を, 見せて, 踏み残して

▼ 一段はなやい~ (4, 0.3%)

4 で聞えた

▼ 一段ほど~ (4, 0.3%)

2 上へ, 高くあがった

▼ 一段及び~ (4, 0.3%)

2 第二段 1 それと, 第二段とも

▼ 一段~ (4, 0.3%)

1 が下, が落ちる, の高い, を落しおった

▼ 一段から~ (3, 0.3%)

1 ふしを, もち出され, 始めよう

▼ 一段では~ (3, 0.3%)

1 ないか, 予防的妨げと, 桜の

▼ 一段~ (3, 0.3%)

1 つながって, 云えよう, 雑沓する

▼ 一段には~ (3, 0.3%)

1 性質上結論であるべき, 或る, 飲食物の

▼ 一段一段階段~ (3, 0.3%)

1 の数, をおり, を降り

▼ 一段~ (3, 0.3%)

1 である, の形, の状態

▼ 一段~ (3, 0.3%)

1 一段と落ち, 一段愈, 一段浮世の

▼ 一段強く~ (3, 0.3%)

1 光り出した, 空に, 響いた

▼ 一段深く~ (3, 0.3%)

1 潜り込んで, 熟睡に, 穿貫し

▼ 一段調子~ (3, 0.3%)

1 をはりあげた, を下げおった, を高く

▼ 一段~ (3, 0.3%)

1 をかけ, を空, 繁くなっ

▼ 一段進ん~ (3, 0.3%)

1 で来た, で男, で見る

▼ 一段あまり~ (2, 0.2%)

2 の記事

▼ 一段うわ~ (2, 0.2%)

1 手で, 手の

▼ 一段さがる~ (2, 0.2%)

1 とテラス, に普通

▼ 一段たかい~ (2, 0.2%)

1 ところに, 太鼓櫓の

▼ 一段とは~ (2, 0.2%)

1 朝岡の, 此点に関する

▼ 一段にな~ (2, 0.2%)

1 つても, つて予も

▼ 一段にも~ (2, 0.2%)

1 二段にも, 足りない土地

▼ 一段ばかり~ (2, 0.2%)

1 有ること, 語り平服

▼ 一段ひくい~ (2, 0.2%)

1 おざしき, 納屋の

▼ 一段ひくく~ (2, 0.2%)

1 なったところ, なってる洗い場

▼ 一段より~ (2, 0.2%)

1 おもしろく天女, 現実的な

▼ 一段一段上~ (2, 0.2%)

1 に上つて, へと登っ

▼ 一段下がった~ (2, 0.2%)

1 ところには, 下等な

▼ 一段下った~ (2, 0.2%)

1 広間に, 所が

▼ 一段五畝~ (2, 0.2%)

1 といふの, なんぞはいらない

▼ 一段低き~ (2, 0.2%)

1 ところの, 窪に

▼ 一段~ (2, 0.2%)

2 に離れた

▼ 一段~ (2, 0.2%)

1 しくなったの, しくなると

▼ 一段劣る~ (2, 0.2%)

1 のである, 気が

▼ 一段劣等~ (2, 0.2%)

1 なりと, の人類

▼ 一段大きく~ (2, 0.2%)

1 して, 蜿って

▼ 一段小高い~ (2, 0.2%)

1 座に, 畳の

▼ 一段~ (2, 0.2%)

2 を高く

▼ 一段~ (2, 0.2%)

1 出世を, 声を

▼ 一段栄耀~ (2, 0.2%)

1 に振舞はん, に振舞わん

▼ 一段深い~ (2, 0.2%)

1 地下の, 発展に

▼ 一段猛烈~ (2, 0.2%)

1 に咳払い, を極めて

▼ 一段百二十歩~ (2, 0.2%)

1 ずつを受ける, ずつ老幼

▼ 一段~ (2, 0.2%)

1 れた微妙, れて

▼ 一段~ (2, 0.2%)

1 を張, を落し

▼ 一段~ (2, 0.2%)

2 開き畜生

▼ 一段踏ん~ (2, 0.2%)

1 でその, で上る

▼ 一段違い~ (2, 0.2%)

1 だから, だからな

▼ 一段降り~ (2, 0.2%)

1 てまた, て河畔

▼ 一段~ (2, 0.2%)

2 に劃

▼ 一段高まる~ (2, 0.2%)

2 経の

▼ 一段黒く~ (2, 0.2%)

1 かすかに, 遮ぎっているのだ

▼1* [223件]

一段あがりて村様村様, 一段あとの馬群, 一段あらたまった調子で, 一段うれしいところであります, 一段えらい人間だ, 一段おいてすぐ, 一段おきに跨い, 一段および第二段, 一段お高くとまって, 一段きょときょとして, 一段びを, 一段くだらない感情の, 一段くるしい労働に, 一段ぐっと高く上る, 一段こまかくわかれた職場学級内, 一段さがった入り口の, 一段さらば人を, 一段じゃたわけたこと, 一段それについてゐた, 一段たかく上げ舵を, 一段と考えられる, 一段だけが君の, 一段だけでわけも, 一段だけはどうやら感, 一段ちょろちょろと落口, 一段づゝせりあげた作物である, 一段づゝ楼梯を上つて, 一段づゝ石垣を築い, 一段であって異様, 一段ですが今, 一段でも下の, 一段とり出して見る, 一段どうしてもあがり切れずに, 一段どころか二段も, 一段において作り出すところ, 一段にまでも来ては, 一段によって人を, 一段のぼればよろよろ, 一段ひくし合歓の, 一段ふたりのほう, 一段這入る, 一段ほどの稲が, 一段また一段と落ち, 一段までも来ては, 一段まばゆき天気を, 一段みちが低く, 一段ゆっくりゆっくり上る毎, 一段ゆるく明灰色に, 一段らくついた時, 一段トバシに五階, 一段トンと低く, 一段だん, 一段一段とのろのろ二階を, 一段一段ふたりのほう, 一段一段光明に向っ, 一段一段大儀そうな跫音, 一段一段昇つて行つた, 一段一段横に滑っ, 一段一段正式の足どり, 一段一段用心ぶかく, 一段一段肩にも腰, 一段一段足掛けを掘り, 一段三百坪に改め, 一段上がったものに, 一段上っては休み, 一段上つてをります, 一段上ると上台所, 一段上れば顎, 一段上位にい, 一段上座に坐り込ん, 一段上手と云わなけれ, 一段上等のやつ, 一段上級には一応, 一段下がって坐っ, 一段下がるのであります, 一段下って湯殿, 一段下りて本式, 一段下りた草原へ, 一段下るとほっと, 一段下れば農樵, 一段下流の板敷, 一段下等なワケ, 一段下級な文学作品, 一段下降したよう, 一段不便をかけ, 一段二段三段と計画, 一段二段三段四段さながら梯子, 一段二畝の畑, 一段五千根の積り, 一段五畝親父さんは一段歩, 一段低めな応接室, 一段低級のもの, 一段偉い女だ, 一段に進み過ぎ, 一段全部は覚束, 一段八畝あって, 一段六条院を尊ん, 一段共に伸, 一段内容に立入つて, 一段出世ができず, 一段である, 一段なところ, 一段のよわい, 一段力強く土地の, 一段つたもの, 一段ること, 一段に延長, 一段千人の銃手, 一段ばかり出た, 一段半以上に亘る, 一段卑しいものと, 一段単純に解し, 一段厄介な女, 一段厳粛にこの, 一段周辺より下った, 一段土地が低く, 一段地位を下げられ, 一段地所が高く, 一段坂地で低く, 一段丘を, 一段変じて家々, 一段大儀そうな跫音, 一段天井の雲, 一段奇抜なの, 一段奔流の落下, 一段へ引っ込ん, 一段深い人生問題, 一段尊い王氏の, 一段小さくかつ表面, 一段小声で言った, 一段崇高な御, 一段幡連を馬印, 一段立ちて, 一段後戻りさせて, 一段付いて, 一段なり在りける影, 一段悦ばしく候と, 一段無い愛想, 一段よ段, 一段を入れる, 一段手厚くして, 一段打上りて縁日もの, 一段改良された, 一段文明の程度, 一段新内を語り終える, 一段昇りて王陽明, 一段昇ると窓硝子, 一段昇進したあと, 一段明るくなった光, 一段書く時分に, 一段段石を上げる, 一段を許した, 一段沈着があっ, 一段油断して, 一段浮世の憂き, 一段深まり拡った, 一段深みへ落ちます, 一段濃くさせたよう, 一段烈しう速射砲弾, 一段烈しい響が, 一段るべしと, 一段ると, 一段発展した形, 一段登って佇む, 一段白くなつて, 一段盛りあがつた丘の, 一段目二段目三段目ぐらいまでナガシメ, 一段眺望を高める, 一段が暗く, 一段簡略な侘, 一段が上, 一段素朴で語尾, 一段細かくなって, 一段でのっ, 一段組みで六, 一段の趣き, 一段美しいためであった, 一段聞くと道庵, 一段聴いてみよう, 一段にも腰, 一段背のびをし, 一段の工夫, 一段腕前が違っ, 一段がすわった, 一段をつい, 一段しくいかにも, 一段若いと見る, 一段蕭条たる海辺, 一段蜻蛉返りを打っ, 一段覚悟のきまった, 一段親しくしたい様子, 一段が極り, 一段話すと祖母, 一段語らせようで, 一段語りおえて親たち, 一段語りたいといった, 一段語りましてから御, 一段語る日で, 一段誤解されるの, 一段變化のやう, 一段掛けながら, 一段踏み失ね, 一段に染みる, 一段軽く踏んで, 一段進捗して, 一段遠く大無間山黒法師岳の, 一段重々しくおなりに, 一段重い死刑は, 一段鋭さを増し, 一段降つた時私は, 一段階梯がちがつて, 一段やかに, 一段の国, 一段颯と簾を, 一段飛躍した, 一段馬鹿になれ, 一段けれど大き, 一段高く白い頭を, 一段高まった床に, 一段高まつた, 一段高まれる天滿宮より, 一段高級なプライヴェイト・ホテル, 一段鮮やかにながめる