青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上げた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

三田~ 三角~ 三郎~ ~上 上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた
上げた~
~上げる 上げる~ ~上っ 上っ~ ~上った 上った~ 上り~ ~上る 上る~ 上下~

「上げた~」 1758, 19ppm, 6044位

▼ 上げた~ (203, 11.5%)

18 である, です 5 だ, だから, であった, であります, ですが, では 4 だが 3 さ, でございます, ですから, はこの

2 [11件] か, かえ, だろうか, ですわ, は, はその, は例, は大, は酷い, やら下げた, を見

1 [99件] かい, かとも考えられる, かと聞きました, かも分らない, かも知れない, か何, がアノ, が一管, が不思議, が妾, が居る, が御, が日本画, が空, が見苦しかっ, ここで, だし, だそう, だった, だと, だといふ, だらう, であったから, であって, でありますから, であるが, であろう, でございますから, でございますけれど, でございますもの, でした, でした雑誌, ですけれど, でなくて, とそれから, と出あい, と同じ, と同時, に読んだら, はありゃ, はあれ, はいったい, はいつです, はきのう, はこりゃ, はまさに, はやや, はわずか, はギル, は一人, は丁度, は不思議, は享保四年, は仲間, は僕, は先頃, は其爲, は又次郎, は向う, は嘘, は四尺あまり, は小間使, は払残, は母, は流れ星, は燃え立つ, は父, は甲州武田, は皆私, は米友, は舟宿, は覚え, は言, は言うまでもない, は誰, は謙斎, は貴方, は金唐革, もあの, もこいつ, もわたし, も二, も嘘, も女, も巨きい事, も当然, を三藏, を下, を園, を忘れ, を提げ, を月, を相, を眺めます, を聞く, を見た, を見れ, んが, 山媽

▼ 上げた~ (106, 6.0%)

2 いい, すぐに, その眼

1 [100件] いいぞ, いきなりひどい, いくら捻じっ, いつもより, お雪, けげんな, これが, これに, これは, これを, しかしよくよく, しかし実は昂然, しみじみこれ, すぐ両手, すぐ元, その小次郎, その帰り, その時, その目, その顔, それきり黙っ, それには, それは, つひぞ文身, どうやら勝手許, どこか, にわかに何, ひらめかすと, まさか仙波, またいかにも, またぐたり, また急, まだ一同, もうその, もう負っ, もう間にあわなかった, よい, よいか, ろくにお母さん, ゴーリキイが, マリユスの, 上様日頃の, 上樣日頃の, 丘の, 何も, 何事も, 何度来, 元来朴実な, 其の内, 刀身へ, 力を, 可い, 吉田忠左衛門が, 吸い口, 吹きつける雪, 声を, 大元方面へ, 実は他, 左内を, 廊下に, 彼等は, 後で思え出し, 恰も巨大, 手も, 最う此, 果さなかった, 樓上の, 此度は, 此時丁度, 毒の, 民弥は, 気性の, 求むる機械, 江戸の, 泥の, 涙に, 涙は, 物を, 直ぐに, 眼の, 眼は, 睡眠が, 突然いっさい, 素知らぬ顔, 美作の, 耳が, 葉子と, 藪に, 袂で, 見ると, 見れば, 言いたいこと, 誰も, 返辞を, 鎧堅く, 間が, 静かな, 風だろう, 馬酔木の, 駄目であった

▼ 上げたよう~ (68, 3.9%)

3 な次第, な訳 2 に私

1 [60件] だ, だが, です, なお, なそういう, なもの, なものの, なわけ, な一致, な事情, な人, な低い, な円柱, な変りかた, な女, な小柄, な気, な気分, な気軽, な深い, な深山, な漆黒, な理由, な砂, な精悍, な脈, な花瓶, な袋, な赤い, な跡, な難渋, な順序, な顔, な飯, な黒い, な黒光り, にこれから, にしたい, にその, になりまし, になるべく, に一時, に一色, に両面神話, に会長, に十四軒, に四辺, に大変平静, に尖った, に描かれ, に早く, に決して, に波瀾, に直ぐ, に真赤, に穢い, に立ち上がった, に跳び上がる, に身体, に銘々

▼ 上げたもの~ (65, 3.7%)

8 である 3 だ, だった, です 2 でございます, ですから, を見る

1 [42件] かつまり, かどう, かわからなかった, か実は, がある, がなかつた, が前後, が形式, が文学, だが, だろうと, であったが, であり言わば, であるから, であろう, でこれ, でこれ以上本筋, でしょうどうせ, ですが, ですとも, でそれ, でちょっと, では, で巨岩, とする, と思ふ, と見られる, と見る, と言うべきであろう, なの, なん, に相違, のよう, は僕自身, は器械的, は愛, は拳, は無い, らしい古物, を他方, を広島, を見た

▼ 上げたこと~ (45, 2.6%)

2 あのお, がある, である, でございました, は覚え, を貴女

1 [33件] か, から舊説, がありました, がない, が何だか, が見え, でしょう, ですけれども, と思え, に対しては, に違, ねあの, のない懶い, はある, はさらに, はそっくり, はない, は嘘, は当推量, は御存じ, もあった, もありました, もあるで, もございました, もなく, やそれ, をお話, を何日間, を後悔, を心から, を恩, を話しました, を野中さん

▼ 上げた~ (42, 2.4%)

6 思うと 4 見えて 3 思ふと 2 云うの, 思いますが, 思ふ間

1 [23件] いう, いうだけ, いっても, いふ, いふほどの, ほりお, みるや, 云うこと, 云う記事, 云ふこ, 似て, 存じます, 思います, 思う, 思え, 思ひねえ, 聞いた, 見えた秒間, 見えるな, 見え不意, 見る間, 言った方, 評判する

▼ 上げた~ (41, 2.3%)

4 だから, ですよ 3 じゃありません, だわ, です 2 じゃない, だからね, だよ, でしょう, ですけれど

1 [14件] じゃ勝負事, だ, だいや, だけど, だけれど, だっていう, だね, だらうと, だろうと, だ分りませんか, でござんせんこと, ですからね, ですがなあ, ですもの

▼ 上げた~ (37, 2.1%)

2 にはもう, は平生

1 [33件] お妙, お珊, お葉書, この手袋, さう, すぐに, だった, だつたの, ちょうど例, ちょっとあなた, であった, に, にその, にたしかに, にはすでに, には三十八度九分の発熱, には小次郎, には顔色, に同じ, に咒言, に言う, のやや, の心持, の豪快, はちょうど, はもう, は早, は私, ふと眼, もうそこ, もされる, 始めて, 重いつもり

▼ 上げたので~ (34, 1.9%)

4 私は 3 あつた

1 [27件] お延, ことさらに, ごさい, そなた, そのうえの, ふと見上げる, もし考え, ハテなと, 一体吾, 一同その, 一層物狂おしく, 二足許り歩いた, 互いに面, 何んの, 先陣の, 右の, 小さな紙片, 少なくとも二度以上, 未定稿です, 次の, 父の, 祭壇は, 私の, 見事ころ, 親父さんは, 貝殻は, 野村は

▼ 上げたから~ (25, 1.4%)

3 だ, である

1 [19件] お手入, この町, だった, だで, であった, ですぜ, もう予防注射, ソップを, 今夜は, 何だか我子, 何を, 余等は, 君が, 喰べ, 安心し, 彼処で, 明日は, 気を, 治ったの

▼ 上げた~ (23, 1.3%)

6 が宜 3 がいい, がよい 2 が可, が好かつた, が宜しい 1 がお, がよろしゅう, が一家, が余程, が好い

▼ 上げたとき~ (21, 1.2%)

2 にも貴女

1 [19件] いつのまに来た, かう云つて, そのとき, その頬, と同じ, にお, にどうして, にはもはや, のよう, の多, の歓, ははや, はもう, は宜, は左膳, もうその, もです, もまかりまちがえ, 遠空

▼ 上げたところ~ (21, 1.2%)

2 の彼

1 [19件] がある, それでは再, だ, だから, だという, であった, でした, でふと, とにかく逢う, なん, に価値, の絵, はと珍, へたった, を一度, を図, を見る, 早速その, 迄しか分っ

▼ 上げたかと~ (18, 1.0%)

12 思うと 1 いうと, 思ふと, 気も, 見えた途端, 見ると, 見る間

▼ 上げたまま~ (15, 0.9%)

1 [15件] こと切れて, でいる, でその, にし, になっ, になつて, の姿勢, の家, よろめきよろめき二三歩, 停って, 優しく彼女, 半時間, 忘れて, 暫く物, 見つめて

▼ 上げたやう~ (15, 0.9%)

1 [15件] なの, な品物, な場合, な次第, な深山, な砂, な連中, になる, に十八世紀, に商, に土地, に書き直す, に東ローマ, に自分, に西洋

▼ 上げた通り~ (15, 0.9%)

2 です

1 [13件] あの時, この宗教, ただ貴, である, でしたか, ですもし, で一通り, で御座いますが, に飼え, の商売, の者, 先ず塩, 極めて一部分

▼ 上げた~ (15, 0.9%)

1 [15件] には白あばた, に二つ, のところ, のよう, の筋, はまだ, は平然, は思わず, は血, は颯と, へ突きだされた, をし, をびりびり, を見る, を見れ

▼ 上げた~ (12, 0.7%)

2 品は 1 かっぱの, 八重の, 刀を, 千絵様であろう, 君の, 父様の, 犬さまの, 稚児と, 薬の, 藤さまが

▼ 上げたという~ (11, 0.6%)

1 [11件] ことである, ことは, ことを, のなら, のは, ように, わけです, 刑部様は, 妙な, 考査状と, 風にね

▼ 上げたその~ (10, 0.6%)

1 ぱっちりした, 中の, 左足の, 旗を, 日から, 男である, 目が, 秩序によって, 細い指, 表面は

▼ 上げた~ (9, 0.5%)

2 がある, を貴女 1 が御座いました, はなく, は定めし, をばやあ道, を御

▼ 上げたって~ (7, 0.4%)

1 いいだろう, お分り, お宥, 何も, 減りやあ, 現に価値, 色っぽさ

▼ 上げたのに~ (7, 0.4%)

1 やっぱり松茸, ホホホ, 寢て, 少しコミッション, 次の, 相違ない, 肝心の

▼ 上げた~ (7, 0.4%)

1 お倉, で, に油, は弁護士, 人知れず殺し, 改めて名, 本當

▼ 上げた人間~ (7, 0.4%)

2 の労力 1 がある, が少く, であり自分, の住居, の本性

▼ 上げた~ (7, 0.4%)

1 と枕, にし, の名刺, の言葉, はこの, はさ, は頭

▼ 上げただけ~ (6, 0.3%)

2 です 1 である, でこの, でもう, で川瀬

▼ 上げたつもり~ (6, 0.3%)

1 であります, でいる, でございますが, でございますに, です, の考え

▼ 上げたなり~ (6, 0.3%)

1 あとをも, まだ一度, 何とも, 恰好さえ, 舌先に, 赤い帯

▼ 上げたばかり~ (6, 0.3%)

1 だ, であったのに, では, で忘れたよう, また四脚, 又四脚

▼ 上げた~ (6, 0.3%)

1 でなくつちや, でなければ, では観音様, にゆっくり, に岩井半四郎, は捻る

▼ 上げた~ (6, 0.3%)

1 で忙しく, に大きい, の仔細, をその, をわき, を貴婦人

▼ 上げた次第~ (6, 0.3%)

2 であります 1 でございます, でした, で御座います, はきょう貴僧

▼ 上げたそう~ (5, 0.3%)

3 です 2 である

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 すだと, づみに, 山門に, 是も, 煙草を

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 が瀧なす雨, に埋もれ, の上, は厚い, を建物

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 があった, が書い, が阿修羅, のよう, の眼

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 の写図帖, の眼, の顔, は正午下り, は泥かき

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 主人さまの, 嫁入先も, 客様方に, 手紙なんかは, 返報を

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 の玉, の鋭い, は赤く, へ美しく, をまた

▼ 上げた~ (5, 0.3%)

1 で相場, は一体, を五十両, を全部, を未練気

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 不審に, 存じませんが, 湯気は, 知れなかつた

▼ 上げたけれど~ (4, 0.2%)

1 むこうの, 一寸見た, 奥様で, 随分重く

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 したところ, 惜しいこと, 過ぎぬので, 違ひない

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

3 ひき 1 ふ時

▼ 上げたわけ~ (4, 0.2%)

3 です 1 でありまするが

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 からそのまま, に誰か, の一通, へ段々

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 がある, が餘, では八尺, はすぐ

▼ 上げた手紙~ (4, 0.2%)

1 に書き添えました, を取る, を御覧, を返し

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 な品物, な奇態, な石室, に私共

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 が女, だが, の腕, は迂散

▼ 上げた着物~ (4, 0.2%)

3 の裾 1 が山

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 をおろした, をすえ直し, を卸し, を床几

▼ 上げた~ (4, 0.2%)

1 がほんとう, でございますが, などふんだんに, を刷

▼ 上げたあの~ (3, 0.2%)

1 殿様は, 玉の, 語学に関する

▼ 上げたうえ~ (3, 0.2%)

1 ですてる, でないと, にまた

▼ 上げたからと~ (3, 0.2%)

1 いうて, いって, いふ事

▼ 上げたくらい~ (3, 0.2%)

1 だから, であるから, でございます

▼ 上げたけれども~ (3, 0.2%)

1 いつもの, わたしの, 二人の

▼ 上げたこの~ (3, 0.2%)

1 はだ, みじめな, 有頂天の

▼ 上げたそして~ (3, 0.2%)

1 ヒクヒク動かしてる, 悲しい声, 指笛を

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 せう, せうか, せうスル

▼ 上げたとおり~ (3, 0.2%)

1 であります, の装置, 願います

▼ 上げたとおり私~ (3, 0.2%)

1 のよう, は別に, は小娘

▼ 上げたとたん~ (3, 0.2%)

1 に彼, に羅門, に親方

▼ 上げたばかりの~ (3, 0.2%)

1 女隠居, 機関部員は, 貝の

▼ 上げたまでの~ (3, 0.2%)

2 事で 1 ことです

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

2 腕を 1 鬢や

▼ 上げた事実~ (3, 0.2%)

1 だけで十分判明, を言っ, を話す

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 である, でそして, 寒い冬

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 が廊下, の切っ先二寸, を下ろし

▼ 上げた平次~ (3, 0.2%)

1 の手, の準備知識, は庫裡

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 がぐわんと, の下, を下す

▼ 上げた石垣~ (3, 0.2%)

1 の上, の隙間, や四角

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 がある, が暖簾, その名

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 の森, の間, をそのまま

▼ 上げた腕前~ (3, 0.2%)

1 の賜, は素人, をばその

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

2 りなのに 1 りで

▼ 上げた通り私~ (3, 0.2%)

1 が滝, の修行場, の興味

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

2 を汚すまい 1 と一輪

▼ 上げた~ (3, 0.2%)

1 は其邊, は平然, へ

▼ 上げたあと~ (2, 0.1%)

1 じゃ人間誰, と思召

▼ 上げたきり~ (2, 0.1%)

1 だった, では手

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 うだ, うで申譯

▼ 上げたじゃあ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないの

▼ 上げただけで~ (2, 0.1%)

1 充分だろう, 満ちて

▼ 上げたといふ~ (2, 0.1%)

1 のか, のは

▼ 上げたとか~ (2, 0.1%)

1 なんとか言っ, 或は私憤

▼ 上げたとき彼女~ (2, 0.1%)

1 は思い出した, は思ひ出した

▼ 上げたとも~ (2, 0.1%)

1 いつた何, 取れる

▼ 上げたとやら~ (2, 0.1%)

2 清吉の

▼ 上げたばかりと~ (2, 0.1%)

1 思う見事, 見えて

▼ 上げたほう~ (2, 0.1%)

1 がお, がかえって

▼ 上げたほど~ (2, 0.1%)

1 である, です

▼ 上げたものの~ (2, 0.1%)

1 云いかた, 雨が

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 今度は, 本当にまア

▼ 上げた丸い~ (2, 0.1%)

1 鏡でありました, 顱頂を

▼ 上げた仮説~ (2, 0.1%)

1 は無論, を組み立て

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 です, の気持ち

▼ 上げた儘腰~ (2, 0.1%)

2 を下した

▼ 上げた其影法師~ (2, 0.1%)

2 が二分間許

▼ 上げた大きい~ (2, 0.1%)

2 茅葺家に

▼ 上げた大学側~ (2, 0.1%)

2 からは終始

▼ 上げた大石~ (2, 0.1%)

1 の下, を一気に

▼ 上げた子供~ (2, 0.1%)

1 がヒイヒイ, をつれ

▼ 上げた復讐的精神~ (2, 0.1%)

2 の変形

▼ 上げた拍子~ (2, 0.1%)

1 にこれ, に涙

▼ 上げた時二人~ (2, 0.1%)

1 の頬, はもうすぐ

▼ 上げた時分~ (2, 0.1%)

1 にはその, にはもう

▼ 上げた時彼~ (2, 0.1%)

1 はその, は沈黙

▼ 上げた木刀~ (2, 0.1%)

1 が四尺一寸八分, を携え

▼ 上げた木葉葺~ (2, 0.1%)

2 の劇場

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 で叩く, の一端

▼ 上げた歌麿~ (2, 0.1%)

1 のくぼんだ, はその

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 の束髪, の臨終

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 がいます, の足跡

▼ 上げた生存競争~ (2, 0.1%)

2 の記念

▼ 上げた皮膚~ (2, 0.1%)

1 がぴかついて黒縮緬, の色

▼ 上げた看板~ (2, 0.1%)

1 がどう, の手前

▼ 上げた真鍮~ (2, 0.1%)

1 の盃その他, の鎖

▼ 上げた瞬間~ (2, 0.1%)

1 にこう, にちゃあー

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

2 で仙太

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 を容赦, を板表装

▼ 上げた美し~ (2, 0.1%)

1 さで, さには

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 は失礼, をおろさなかった

▼ 上げた自分~ (2, 0.1%)

1 でも意味, はその

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 侍たちが, 樣時之

▼ 上げた萩乃~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ 上げた覚え~ (2, 0.1%)

1 はない, もない

▼ 上げた途端~ (2, 0.1%)

1 にこちら, に御免

▼ 上げた通りこれ~ (2, 0.1%)

2 でも柔術

▼ 上げた通りわたくし~ (2, 0.1%)

1 が初めて, の家

▼ 上げた金属製~ (2, 0.1%)

1 の皮膚下, の皿みたい

▼ 上げた金庫~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

2 を溝

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 もまた, をお

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 なども多い, を折釘

▼ 上げた~ (2, 0.1%)

1 の左右, をまた

▼ 上げた黒髪~ (2, 0.1%)

1 の光, の毛筋

▼1* [541件]

上げたあれを歌いましょう, 上げたいかがわしい兵学だ, 上げたおもろねやがり, 上げたお方だが, 上げたお話もどうか, 上げたお金であるが, 上げたかは到底判らない, 上げたかぼそいぼんのくぼ, 上げたかも知れない, 上げたからにはこのまま, 上げたかを話したり, 上げたくせに突き飛ばし, 上げたぐにゃぐにゃした女心, 上げたころに籾, 上げたしなど有らむ限りの, 上げたじゃありませんか, 上げたすべてのもの, 上げたせつなに早く, 上げたそういう大莫迦者, 上げたそばに落とし, 上げたそれでこの女神, 上げたそれらへ久光, 上げたぞっとするよう, 上げたため棚板が外れ, 上げただけじゃあお信じ, 上げただけに湯は, 上げたちょうどその時, 上げたっきりで遊び, 上げたつてもねえ, 上げたまつり候, 上げたとおり成城をきめ, 上げたとおり案内係はりっぱ, 上げたときさっき高座へ上がった, 上げたとき地底からかすか, 上げたとき濡れ鼠になった, 上げたとき磯五を見, 上げたとき自分の心, 上げたとき黒豆のよう, 上げたところがたちまち罰, 上げたところよけいなこと, 上げたところ先生はよく, 上げたところ大王はずっと, 上げたところ斜谷方面には何ら, 上げたとたん頭巾の奥, 上げたとてお耳, 上げたとの事を, 上げたろが, 上げたなあ私だ, 上げたのち伴蔵に連れられ, 上げたのよあたいあんなに, 上げたはずなの, 上げたばかりか無理無体に, 上げたばかりという生け鱸, 上げたばかりにツイ斯んな, 上げたほどの人だ, 上げたほんたうに, 上げたぼろきれなどで, 上げたままいつか背骨さえ震え出した, 上げたままわたしのほう, 上げたまま夢に夢見る呆れ, 上げたまま左の手, 上げたまま幸田の襟首, 上げたまま床の上, 上げたまま後じさりながら, 上げたまま息絶えた, 上げたまま月に答え, 上げたまま梯子段をだんだん, 上げたまま眼を炬, 上げたまま竜一の顔, 上げたまま箱の数, 上げたまま虚空を掴ん, 上げたまま誰も彼, 上げたまんま仰向けに轉, 上げたもっともらしい文学論, 上げたよりも一層目, 上げた私はね, 上げたんでまア外, 上げたカソリックの千鶴子, 上げたターバンを傾け, 上げたテイルデンはまことに, 上げたニコヂーム・アレクサンドルィチが立っ, 上げたノラの場合, 上げたムク犬の相好, 上げたリノリュームそこに並べられた, 上げたリンゴを売っ, 上げたルイと顔, 上げたルビーとほどに変わっ, 上げた一人の船員, 上げた一刀片手切りの呼吸, 上げた一大鉄爐の四壁, 上げた一挺は黒い, 上げた一枚の油絵, 上げた一流のもの, 上げた一群の味方, 上げた一見未来派の, 上げた一角の姿, 上げた一郎右衛門の表情, 上げた万国博覧会時代の両前, 上げた丈夫らしい腕, 上げた三人の男女, 上げた三次や二人, 上げた三沢の車夫, 上げた上柄絲に僅か, 上げた上私が邪魔, 上げた上見事娘に添, 上げた上錢形の親分, 上げた上髪さえ根から, 上げた沈軍艦の, 上げた与吉はとたんに, 上げた世にも壮麗厳重を, 上げた丘子の眼, 上げた水正, 上げた主人の熙, 上げた主義の裏, 上げた乳鉢をまた, 上げた二つの証拠物件, 上げた二の腕の雪, 上げた二丈の捕縄, 上げた二官はそこで, 上げた二階では, 上げた五円どうなった, 上げたを見る, 上げた人たちは真に, 上げた人工の泉, 上げた人数を見る, 上げた人物として此小學校, 上げた人達は昔, 上げた松の, 上げた今夜なの, 上げた代わりにあなた, 上げた以上はそれ, 上げた伊皿子の仙太郎, 上げた伎倆を見せたい, 上げただか, 上げた余り夫人の, 上げた例話が芸界, 上げた保子の像, 上げた保険会社と銀行, 上げたは方向, 上げた倉地があぐら, 上げた偶像を持っ, 上げた儘懶惰者の大学生, 上げたのボール, 上げた先棒の吐く, 上げた先生のバット, 上げた光栄ある残留品, 上げた入浴の時, 上げた全くの空想, 上げた六本の太刀, 上げた兵たちへ声高, 上げた其の礼に, 上げた其顏を氣, 上げた艶さ, 上げたでとても, 上げた処法然が成る, 上げたに糸目, 上げたは権, 上げた切り一言も言葉, 上げた切支丹族の者たち, 上げた剃刀の毛, 上げた前髪の生え際, 上げたを懸けつらねたごとく澄ん, 上げた劇的天才は云, 上げたがあった, 上げた勇気に恐れ, 上げた十二階の前, 上げた十冊の手記, 上げた千代松の丁髷, 上げた千鶴子の顔, 上げた半分だわ, 上げた卓子があり, 上げたが答えました, 上げた南玉の姿, 上げた南瓜棚の端, 上げた南蛮物の毒酒, 上げた南蠻物の毒酒, 上げた南部鉄の矢の根, 上げた原稿を二度, 上げたの中, 上げたでなし, 上げた句等は私等, 上げた叫びも空, 上げた右肘で敵, 上げた吉里を見た, 上げた向うの軍刀, 上げた咄嗟に相手, 上げた哀れッぽい詭弁, 上げた賣一點張, 上げた四ツの事件, 上げた土まみれになっ, 上げた土嚢を投げこみ投げこみ, 上げた土藏の入口, 上げた坑夫があった, 上げた場所であると, 上げた寶令時代には, 上げた大きな黒マントの, 上げた大勢の人々, 上げた大化改新と云, 上げた大国主神様からのお, 上げた大村君の鄭重, 上げた大漁の網, 上げた大盤石だそう, 上げた大谷刑部少輔, 上げた大音につれて何人, 上げた太い尻尾が, 上げた奈良原は大, 上げた奉書の紙, 上げた女姿が, 上げた好事家を僕, 上げた好男子の看護長, 上げた姿を見る, 上げた守護霊に関するお話, 上げた宗助はその, 上げた宝石の面, 上げた宮本先生であります, 上げたもある, 上げた寂しい頬に, 上げた寄附金をにせ, 上げた富士を背景, 上げたの粟飯, 上げた寺銭の大, 上げた栓は, 上げた小幅を見た, 上げた小指で紙, 上げた少し貧弱な, 上げた尖端を深い暗い, 上げた尺八はどう, 上げた山羊の皮, 上げたを投げる, 上げた島田の長い, 上げたの上, 上げた巡査へ向っ, 上げた巨船が見えた, 上げた市五郎は黙っ, 上げた常陸の爺, 上げた帽子の高庇, 上げたに覗かれた, 上げた年功者の登用, 上げた幻影がよくも, 上げたからなお, 上げた座敷にとおっ, 上げた廊下をあるい, 上げたに支, 上げた彼女は見る, 上げた後彼を平たく, 上げた後毛さえ一筋一筋, 上げた後頭部に人並, 上げた御仁だからの, 上げた御礼というの, 上げた御簾をおろし, 上げた微妙な諧調, 上げた心臓型の留め金, 上げた忍耐と努力, 上げた怪し火で, 上げた恋愛ごっこの事, 上げた恋愛小説でも作つて, 上げた悟浄は咄嗟, 上げた情報が次, 上げた惣七の顔, 上げた想定に存外絶對的, 上げた意味を誤解, 上げた感興ですから, 上げた慈海燈を前景, 上げた房一の前, 上げた手工品を卓子, 上げた手際は今, 上げた扱帶を解い, 上げた抒情詩も黒人, 上げたの爪, 上げた推理の筋道, 上げた擂鉢の底, 上げたをあなた, 上げた文化と女性, 上げた文句を云う, 上げた断面のよう, 上げた斯樣な譯, 上げた新九郎が酒乱, 上げた日本に於, 上げた旧宅の門前, 上げた早蕨か菌, 上げた明智が話, 上げたと今, 上げた星一ツ寒く輝く, 上げた時お腹と腰, 上げた時それは新橋駅, 上げた時ふたりはすぐ, 上げた時コンブフェールはもう, 上げた時京子の瞳, 上げた時其葉で掌, 上げた時反抗する手段, 上げた時奥の方, 上げた時宗近君, 上げた時母の聲, 上げた時直ぐに奈アちや, 上げた時私はホームズ, 上げた時縄を高く, 上げた時變つては居ませんでした, 上げた時間ぎめの辻馬車, 上げた時隈なく明るくな, 上げた時鯛は腹中, 上げた暴徒に手伝っ, 上げた曲線の気味悪い, 上げた有名な派手, 上げた木場の甚, 上げたを一冊, 上げたの倶楽部みたい, 上げた村里の宿, 上げたから風, 上げた束髪でキチン, 上げた東海の鯤鯨, 上げたの伎倆, 上げたの柱, 上げた栄三郎が急ぎ足, 上げたを縄, 上げた根源は同じ, 上げた格好で, 上げた検地役人の一行, 上げた楽して世渡り, 上げた様子もなかっ, 上げたに私, 上げた樣子です, 上げたの窓口, 上げた機会と望み, 上げた機密によれ, 上げた欧州の美女たち, 上げたの本, 上げた歓声なの, 上げたの刀, 上げたの顔, 上げた氣持ちがする, 上げたをまた下, 上げた泣き声はすっかり, 上げた渋網には蟹, 上げただけしか殘ら, 上げた演壇という, 上げた澁紙色の皮膚, 上げたとを嬉し, 上げた烏帽子直垂姿のいかめしい, 上げた焼き栗を試み, 上げた煉瓦造がづら, 上げた燈明が仏壇, 上げた襷, 上げた片足は顔, 上げた干臺, 上げた物語の中, 上げた狂言の落所, 上げた独仙君の山羊髯, 上げた玄関口は大変, 上げた玉幾つこれに氷, 上げた珍物は第, 上げた琵琶の水, 上げた瓜核顔が差向い, 上げた甜瓜と林檎, 上げた生命だから, 上げた由雄は, 上げた男ぢやぞ, 上げた男女が雪, 上げた男振りとなツ, 上げた男連れが多く, 上げた番重と天井, 上げたの赤, 上げた國の, 上げたのへり, 上げた痕跡と惟, 上げた白島山平の娘, 上げた百両程の金, 上げた百人の子供, 上げたを唇, 上げた盃盤の中, 上げたで屹, 上げた直接描法であるから, 上げた眞白な腕, 上げた真珠のやう, 上げた真紀子の鼻孔, 上げた眼玉ではない, 上げたが乳母, 上げたの色, 上げた短冊はどう, 上げた短刀の刃先, 上げた石子刑事は久々, 上げたから小さな, 上げた社會改良家的淺薄を叱正, 上げた祖母のお初, 上げた秋安は萩野, 上げた秋草の絵, 上げたでは, 上げた種金魚の片, 上げた積りです, 上げた積石造で周囲, 上げた窖道を専領, 上げた窮屈な恰好, 上げた笑い声であった, 上げた一で, 上げたですわ, 上げた米友はそのまま, 上げた米粒のよう, 上げたな構え, 上げた精神生活が現に, 上げた精霊的な存在, 上げたのやう, 上げた紅梅屋敷すなわち寮, 上げた素顔素肌を誇り, 上げた細密なる調査, 上げた細工ものにすぎない, 上げた結果地下穿きの跡, 上げた結果羞恥心が思い切り, 上げたの上, 上げた綿入を二つ襲, 上げた線香が長く, 上げたに立っ, 上げたのシャツ, 上げたは山縵, 上げたを組合, 上げた考えをむやみ, 上げた肌衣を着, 上げたで笑った, 上げた胴中さえ所在, 上げた胴間声を揺すっ, 上げた脚絆がけの旅商人, 上げた腸詰はグリゴリー・ペトニコフ, 上げたを引出す, 上げた舞台の花, 上げた船頭の傳三, 上げた色白の婦人, 上げた芸術というよう, 上げた芸術品がどの, 上げた若干の書籍, 上げた若殿様が, 上げた若殿樣が, 上げた茶色の合羽, 上げた草紙などを姫君, 上げた菓子へ石見銀山, 上げた萩乃左膳はその, 上げた萩野の眼, 上げた葡萄酒に毒, 上げた薄茶茶碗を助, 上げたの間違い, 上げたを押分けた, 上げたに老人, 上げたの様, 上げた蝋燭の光, 上げたにでも出会す, 上げた血液を眼, 上げた行平の切先, 上げた表面がある, 上げたをていねい, 上げた補祭が歩い, 上げた裲襠姿のお, 上げたの腕, 上げた製図板のよう, 上げた覆面武士はやにわに, 上げた規則をさし突け, 上げたがある, 上げたがない, 上げた角材を幾段, 上げた言い方は信吉, 上げた言葉である, 上げた計画を人情, 上げた講武所びたいとするどい眼, 上げた警官たちが行列, 上げた警視ゴロネフは厳めし, 上げた財産や飾りつけた, 上げた財産職人組合長老の位置, 上げた責任者として親類, 上げた赤い土の, 上げた赤子へ目, 上げたに靴, 上げたに一枚, 上げたです, 上げた近作であ, 上げた返事の通り, 上げた途端妹の今, 上げた通りあなたの方, 上げた通りどこまでもつけ, 上げた通り事件のあった, 上げた通り二時十分過位, 上げた通り今夜の御馳走, 上げた通り前のあの, 上げた通り前座は羽織, 上げた通り天保初年の三月末, 上げた通り奥様のお気に入り, 上げた通り市中を去る, 上げた通り当時は支倉, 上げた通り彼に対して悪意, 上げた通り彼奴はまだ, 上げた通り時之大屋子, 上げた通り柔道三段の豪, 上げた通り母はとり, 上げた通り水晶の栓, 上げた通り沖縄で四百年前, 上げた通り沖縄五十万の人民, 上げた通り男子はその, 上げた通り白鮫号の吃水線, 上げた通り皆川宗悦の惣領娘, 上げた通り相対座して, 上げた道具が入っ, 上げた遣手部屋のお, 上げた野州石の上, 上げた金属の鏡, 上げた金銀は少なから, 上げた鉄杖をふたたび, 上げた鉄造の体格, 上げたの丸い, 上げた銅線の切れはし, 上げた鋼鐵の色, 上げたを並べた, 上げた長次郎の腕前, 上げた長靴を穿き, 上げた開化の定義, 上げた閻魔大王を取つ締め, 上げたの首, 上げた雄山の天空, 上げた雑所という教頭心得, 上げた雨衣の裾, 上げた青年の武士, 上げた青銭や鐚銭, 上げた青錢や鐚錢, 上げた音楽ではない, 上げた音楽劇を演じ, 上げた音響の捏粉, 上げた項式をいよいよ, 上げたの皺, 上げたが落ち, 上げた頸筋にだけ白粉, 上げた顔中鬚に埋まっ, 上げた顔左京を見据えた, 上げた顔立も風采, 上げた風情は長局風俗, 上げた飛沫のよう, 上げた飛脚はクルクル, 上げた馬匹金銀が十年後, 上げた馬車の中, 上げた高い標準を, 上げた高麗村の次郎, 上げたの下, 上げたを生やし, 上げたに目, 上げた鮪縄の舷, 上げたの畑, 上げた黒い歯を, 上げた黒吉