青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三度 ~三日 三月~ 三浦~ 三田~ 三角~
三郎~
~上 上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた 上げた~ ~上げる 上げる~

「三郎~」 4515, 49ppm, 2386位

▼ 三郎~ (1081, 23.9%)

12 それを 6 顔を 5 あわてて, 何か, 自分の 4 おどろいて, さすがに, それが, そんなこと, 水を

3 [13件] だまって, また三郎, 二人の, 云った, 刀を, 口を, 叫んだ, 妹の, 思った, 相手の, 眼を, 笑って, 頭を

2 [41件] ある日, いよ, おかしくて, おどろきの, おめざが, お餅, けんめいに, この少年, この萩乃, さう, すぐに, ずるそう, そう言っ, そんな話, よろこんで, コーヒー沸し, 両手で, 両手を, 二人を, 二十歳少し, 俄に, 半泣き, 唇を, 声を, 安寿, 家へ, 尤もらしく, 席を, 平次を, 急に, 怫然として, 武家出だ, 父の, 立って, 羽織を, 胸を, 言った, 評判の, 野の, 驚いて, 黙って

1 [907件 抜粋] あなたの, あの家, あの晩お前, あの晩一, あの説明者, あまりばあさん, あるすばらしい, いいました, いかが, いかにもみじめ, いきなり, いくら追払っ, いった, いつしかキチンと, いつでも, いつわりの, いなくても, いよいよおもしろ, いよいよ半, いよいよ面白, うら木戸, おのれの, おもしろそう, お召帰し, お拂, お濱, お蘭, かう云つて自ら上り乍ら, かつてこんな, かわいがって, きっと口, きょろきょろ落ちつかぬ, ぎょっとした, こたえたもの, こともなげに説き破ります, このあたし, この兄, この姉, この明智, この荒武者ども, この間に, これから外出, こんどこそは, こんなこと, さうとは, さっきから, さっきの, さも苦し, しどろもどろだ, しばらく小さい, しばらく立っ, じっとみつめ, じっとみんな, じっと空, すこし鼻, すっかり悦びました, すっと見えなくなっ, すつかり, すべり寄って, するどく顔, せきこんで, そういう相手, そうは, そう云っ, そこで, そのあたり, そのまま土手, そのわけ, その一室, その切れ, その左膳, その御家人喜六, その日, その日一日, その時三十八歳, その次に, その腰, その話題, その遺書, その長椅子, それから, それぞれ片手を, それでは俺, それに, そんないきさつ, たうとう, たしかに彼, たったこれ, ためいきを, ちいさな鼻, ちょっとそれ, ちょっと具合, ちょっと顔, ついに子供, つくづく見つめ, つと寄っ, とうとう窓, どうして釦, どうなる, どうやら斯, どこから, どんなにビクビクし, どんな遊び, なおなにか, なお叫びつづけた, なるほどという, なんとかし, なんの, にこりとも, はやくも, ひとりさいかちの, ひとりで, ひとを, ひどくいやがっ, ひどく駭, ひらっと, びっくりした, ふしぎそうに, ふとのぞきます, ぶるぶる震え, ほっとため息, ほほえんで, ぼちゃぼ, まじ, また, またわけ, また店, また涙, また窓, また蹴倒した, まだはっきりしない, まだ二本, まだ刀, まだ品川, まだ落着, まっ黒な, まるであわて, まるで足許, みんなが, むんずと床柱, もうお, もうそんな, もう十分愉快, もう口, もう居, もう死, もう腹, もう走りだし, もう長い, もっとひどく, もどかしそう, もはやなき, やがての, やけに, やっと気がついた, やっと逃げる, やっぱり来ませんでした, ようやくその, よくその, よく知っ, よろこんだの, わけの, オドオドし, ギョッとして, ギヨツと, ゴム風船の, シンの, ゾッと身ぶるい, ドンと, ニヤリニヤリし, ハツと, ピューッと, フト気がつい, ポストを, ムッツリ黙りこん, モヂモヂし, 一たんは, 一体変った, 一巡, 一日として, 一時に, 一概に笑, 一生懸命に, 一足も, 一郎を, 三人の, 三十そこ, 三味線を, 三度目の, 三浦の, 上人が, 不埒重々と, 不安に, 不思議と, 不愛想, 世間話などを, 並べられた朝食, 中年者乍ら槍の, 丸山要人の, 丹波の, 二つ三つ跳ん, 二人に, 二十三歳で, 二十才大学では, 二日ほども, 二枚目だつた, 云つた, 云わば, 五十五六の, 人を, 今ごろは, 今さらどうにも, 今にも泣き出そう, 今は, 今また, 今更の, 他の, 仲へ, 仲間では, 位牌を, 何ごとも, 何やら合點, 何んか, 何事かと, 何処へ, 何時の間にやら, 依然としてふところ手, 元気づいた, 兄の, 先刻より, 児玉旗山五郎は, 全くびっくり, 八五郎の, 公休日には, 六郎兵衛を, 其処へ, 初めと, 動けなかった, 匕首を, 十時頃にな, 半九郎, 南へ, 又お話, 又二, 又止宿人, 又泪, 友だちと, 受け取って, 口に, 口笛を, 叫んだ駕籠, 可哀相な, 右手の, 名と, 向うを, 含みの, 告ぐるに, 唯なんとなくお, 喜んだ, 嗤った, 嘉助に, 嘗て裕佐, 噴き出して, 四十前後で, 固く坐っ, 坂東家橘が, 外にも, 外の, 外国を, 夢心地に, 大いに閉口, 大きくうなずきました, 大きな声, 大して持て, 大人にな, 大声で, 大機嫌, 大金持, 大阪へ, 奥の, 奪ひ去られました, 妖術に, 妙義山麓に, 姉が, 姉や, 始めてホッと, 娘の, 嬶の, 子供らが, 安心よりも, 寝鳥, 尋ねた, 小永井家から, 小腕, 少しおもしろく, 少しは, 少し怒った, 少し機嫌, 少し眼, 少し突, 少し陰氣, 少し馬鹿, 岩かどに, 已に彼等, 常の, 平気で, 座って, 廊下を, 弓矢を, 当惑げに, 彼を, 後に, 御鷹を, 応えた, 怒って, 怒りと, 怒鳴り出した, 思い切って, 思わずこえ, 思わずため息, 思わずハッと, 思わず唇, 思わず道草, 怪しんで, 悔しくて, 悲しい顔, 惠三郎で, 想像し, 愛想よく, 懐中の, 懶惰の, 懷ろ子の, 扉を, 手づか, 手燭を, 手近の, 折々朋友, 折端詰つてお前に, 拜むのです, 振向いて, 控の, 撫川団扇バタバタと, 支配人面を, 新しい薩摩絣, 日常の, 旧友に, 昂然として, 明智から, 昼夜兼行で, 昼間ハナヤで, 暗い松原蔭, 曲者から, 最も目立たない, 最初の, 有名な, 朝早く, 木曾に, 木曾少年の, 本堂の, 来ないで, 棧が, 椅子から, 機嫌よく, 欠伸を, 次郎の, 正宗の, 武芸も, 死骸の, 殆どこの世の, 殺されお, 殺される, 母を, 民政党の, 気味悪そう, 氣ぜは, 江戸へ, 池田屋の, 河豚で, 法華経の, 流石に, 浪人で, 深い溜息, 温順の, 漸く口, 濠ばた, 火, 烏帽子屋町に, 無手, 無視し, 無論それ, 焦れに, 燭台を, 父親の, 片手に, 物好きにも, 狆の, 狐に, 猫を, 玄関の, 甲斐の, 男の, 男泣きに, 疊を, 痢を, 益々ボーツ, 相模者だ, 相模者で, 真に畢生, 眼に, 矢庭に, 知らん振りを, 石居と, 研究所から, 神妙な, 程過ぎ, 空中を, 立ちあがって, 立ち上って, 笑いも, 笑みこぼれそう, 答えました, 箱の, 納屋で, 紙片を, 素姓も, 終を, 絵巻物を, 縁を, 縁側の, 缶の, 翌る, 肩と, 背筋を, 胴わすれし, 脇差に, 膽を, 自分独り道の, 自若として, 艇長の, 良い男, 色を, 若江の, 苦し相, 草に, 草履取を, 莞爾として, 落着き払って, 蒲団を, 蘇生した, 血気の, 行方知れず, 衣川合戦の, 袴の, 言い了, 誰が, 諦めも, 讃美の, 豹吉を, 赤の, 走って, 起きて, 越後屋の, 足止めを, 踏み臺, 身體が, 転げるよう, 軽くあしらっ, 辻中佐に, 追はれる, 逃げる背後, 通信簿も, 進み入る, 遊び人で, 部屋住の, 金入の, 錺屋の, 鎌倉の, 長い間, 長途の, 陰気な, 隣の, 雑巾で, 雪の, 静かな落ち着いた, 非常な, 面くらった, 音も, 頭が, 顏を, 飛びつくよう, 飛んだ兄, 飛退きました, 食事を, 首を, 駆け戻った, 駒の, 駕籠を, 高懸, 魚取りの, 鹽辛聲です

▼ 三郎~ (661, 14.6%)

8 前に 7 顔を 6 家へ 5 ところへ, 手を 4 ような, 名を, 心を, 手に, 方で, 眼の, 部屋を

3 [12件] ことを, ほうを, 三人の, 嘘の, 家は, 方が, 死骸の, 袖を, 言葉に, 言葉は, 部屋の, 顔は

2 [42件] あとを, こえは, ことで, ために, ほうは, やうに, 一行が, 口から, 声が, 声に, 奥州が, 女房の, 妹の, 姿を, 家を, 帰りを, 後から, 後を, 所へ, 手へ, 死体の, 死骸が, 死骸を, 殺された晩, 父の, 目釘は, 眼には, 立ち姿を, 耳に, 肩を, 血を, 話, 話を, 身体は, 部屋のと, 野郎が, 野郎は, 間に, 頭に, 頭の, 頭を, 顔には

1 [482件] あとに, あんなに大事, いちばん大事に, いぢらし, うえに, うえへ, うちの, おいらんも, おいらん浮気するでない, お母さんと, かたちは, からだは, からだを, くやしさ, こえが, こころの, ことが, こときい, ことである, ことばを, この考, ごと囲ん, さようならを, すがた, すき透った, すぐうしろ, すぐ横, そばに, そばにつき, それを, ためにも, つかんだ一つ, つめたい眼, とこで, ところへも, ととやかく, どこへ, どんな小さな癖, なまなかの, ねずみいろ, は聖なる, ふだんの, ほうから, ほうで, ほうとしては, ほうへ, ほかにも, まえは, みすぼらしさ, みやげなにょうかにょう貰っ, もう一つ, もとから, もので, やうな, やられた時, やり場に, やること, ゆえんでありましょう, ようすに, ようすを, ように, りっぱな, アトラクションが, アトラクションの, ガッシリした, ガラスの, ガラスマントが, ヘマさ加減を, マントが, ワツと, 一件だ, 一刀の, 一子文五郎妙に, 一本の, 一番虫の, 一行, 一行に, 一隊を, 三人に, 下宿へ, 不在證明を, 両手に, 両手を, 中を, 乳母と, 二人つ, 二人の, 二人を, 二名は, 亡霊現れ, 介添に, 仕業さあの, 仕業だ, 仕業だらう, 仕業と, 仲が, 会へ, 伯父に, 伸六という, 低い笑い, 住いであった, 住所の, 作品も, 作曲にて, 作曲によりて, 供を, 信者であっ, 俤が, 側と, 側近に, 儲けの, 兄だ, 兄で, 兄である, 兄です, 兄と, 兄対馬守が, 兄弟が, 全く本心, 全注意, 兵では, 兵力に, 兵卒東下を, 内を, 内儀さんだ, 写真顔は, 写真顔を, 処へ, 処刑が, 処置を, 刀へ, 刀禰の, 刀禰は, 前です, 前へ, 前まで, 前型, 前額を, 剣ふたたび, 剣を, 半身像と, 占めて, 危機, 厄介に, 友人と, 友達が, 叔父さんの, 取巻きどもは, 口へ, 口を, 口元を, 口調, 叫声, 右の, 合図ひとつで, 吉左右を, 吉野川が, 同勢には, 名が, 名で, 名前が, 名前で, 名前を, 命令で, 哄笑と, 問いに, 嘘は, 噂なり, 噂を, 地盤横浜の, 地謡う, 墓は, 墓地に, 墓場から, 声は, 声を, 声色を, 変態的な, 夕餉に, 外に, 外には, 大人形, 大声で, 奥州を, 女出入り, 女房で, 女房であっ, 好みで, 好奇心さえ, 如きである, 妻でも, 妻の, 姉が, 姉の, 姿は, 婿入りに, 婿引出に, 嫁に, 子の, 子鑑三郎, 学校道具が, 孫右衛門栄升の, 宇宙服を, 守りを, 安堵した, 家の, 家まで, 家来どもは, 寝て, 寝姿, 寝所へ, 寵者で, 小さな首, 小姓の, 小指を, 小鬢から, 屋敷へ, 屋根裏で, 巣を, 帰るまでに, 常で, 常な, 幻想でなけれ, 庇護の, 店VANで, 引出ものとして, 弟に, 当選と, 影は, 役, 後をから, 心が, 心の, 心事についての, 心持が, 心持に, 心持は, 心持を, 心理に, 心臓に, 心配そうな, 思いすごしで, 思ひ者, 性格に, 怪談は, 恋人に, 惡口を, 想念は, 意に, 意志で, 愛馬で, 愛馬五十嵐鉄十郎を, 感傷的な, 態度はまこに, 懷ろを, 所の, 所在を, 手から, 手が, 手で, 手には, 手もとあたりに, 手紙は, 手落ちだ, 抗議は, 持物の, 指圖だ, 振りおろした, 方から, 方だった, 方に, 方へ, 方を, 明るい顔, 書斎へ, 替玉であろう, 替玉と, 望みだ, 末娘を, 様な, 様子に, 様子を, 樣子は, 横に, 横を, 横手に, 横顔を, 欠伸と, 次女タヅと, 歌舞伎座出勤, 歌舞伎座出勤が, 歎き, 武力を, 死は, 死んだこと, 死んだという, 死んだ家, 死んだ推定時間, 死体から, 死体は, 死体らしい, 死体を, 死因を, 死後十日以内には, 死骸て, 死骸といふ, 死骸に, 死骸は, 殺されたこと, 殺された主人, 母鶴江が, 気性は, 江戸入りを, 泊つた部屋を, 法諡である, 泣き泣き指す, 派手な, 流れに, 源三郎たる, 潔白な, 火焔宝珠と, 無殘, 煙草嫌いは, 熱した頭, 熱し切った顔, 爪に, 父が, 父であり, 父親, 父親は, 物語などと, 狙つたのは, 率いた討手, 理性を, 生き方だった, 生き血を, 生死を, 用人山倉富右衞門の, 用人役であっ, 用心棒にも, 甲走った声, 男つ, 留守を, 留守中突如, 病が, 病氣は, 病的な, 癖を, 発生地を, 白い歯, 白馬を, 盃の, 目の, 直侍, 眼から, 眼からは, 眼が, 眼に, 眼前に, 知って, 祖父に, 私小説であった, 穩當な, 穴を, 竹齋は, 答には, 精神状態は, 紙入を, 素性, 細君は, 繩は, 羽織から, 羽織の, 考えて, 耳もとで, 聲が, 聲は, 肌の, 肘が, 肩に, 肩には, 肩へ, 背中に, 胴卷まで, 胸に, 胸倉を, 脳裡を, 腕に, 腕は, 腕を, 腰に, 膳に, 臣三人ほど, 臥て, 自殺説を, 舌を, 芸者小さんは, 若い血管, 落命の, 蒼顔に, 血だ, 血は, 行きとどいた気持, 行方が, 行方を, 袂を, 袖の, 襟元へ, 見世に, 視野の, 言う通り, 言ひ, 言葉を, 記憶は, 評判は, 話が, 話にも, 話は, 話聞きたい, 説明を, 調子には, 諸氏で, 豪刀が, 豫期した, 財布だ, 贈りもの, 足音も, 身がわりの, 身に, 身の, 身の上を, 身の上話, 身代わりと, 身体が, 身辺に, 身辺近く仕え, 近づく顔, 返事であった, 返事は, 運命も, 道中差を, 道場へ, 避けたがって, 部下の, 部屋から, 部屋で, 部屋へ, 野郎だ, 野郎此間から, 鉄燈籠や, 長剣に, 長剣手に, 間には, 隣に, 面ざし, 面上へ, 面白くも, 鞭に, 頬には, 頭には, 顏には, 顏は, 顏を, 顏色も, 顔かたちは, 顔す, 顔だけを, 顔に, 顔よりも, 顔色が, 顔色を, 顔馴染の, 首を, 首瓶である, 馬前に, 驚きは, 驚くの, 驚愕と, 高く叫ぶ, 髪の毛が, 鳥居芝三松の, 鼻を

▼ 三郎~ (356, 7.9%)

11 云った 3 生きて, 笑って, 答えた, 自殺した, 言った

2 [21件] いかにもばか, じぶん, そこに, ついて, ゐて, エヘンエヘンと, 二人の, 云いました, 云ひました, 前の, 去ると, 又出, 又尋ねました, 叫んだ, 嬉しがっ, 来た, 来て, 河原の, 熱心に, 白い袴, 言いました

1 [288件] あとから, あの女, あんまりへん, いいました, いいますと, いうと, いきなりマント, いくつあっ, いくら呼ばわっ, いた, いつに, いつのまにか庄助, いなくても, いやに, いると, いるなどとは, いるならば, いるの, いろいろと, うながす, おろしたの, お勢, お小姓若江, お越始め町内, くぐり戸, くれた匕首, ここで, この種子島, さがると, さきに, さけんだ, すぐに, すぐ目, すこしもその, すっかり怒っ, せきこんで, そうは, そしてお勝手, その下手, その声, その方, その時, その猫, その病, その頃, それだ, それを, そんな鶯, ため息を, ちょく, つかえるの, つぎつぎに, とある繁み, とっくの, どういう手ちがい, どんな楽しみ, なほ危ぶん, ぬっと入っ, のぞきこむと, はいって, ひょっこり帰っ, ふつと, ほのかに, まじめくさった顔, また見せ, また重, めきめきと, めっかちでは, もう一匹, もう大, やつて, やられたと, わざ, カンカンに, フラッと, ブラシを, ブルブルふるえ, 一人か, 一人に, 一人ヤキモキ気を, 一寸の, 一番よく, 一番怪しい, 下手人でない, 中野英治と, 乗り衣類, 五兩や, 五八の, 今まで, 今夕飯, 今年はじめて, 仕合せと, 仕掛花火, 代ること, 低声, 住んだこと, 何ういう, 何んの, 余計な, 例の, 供を, 便所から, 俊寛を, 信濃屋へ, 兄上は, 入って, 入込んでから, 出て, 前から, 前晩, 動きを, 十四日に, 参るから, 又俄, 反復し, 受取りこれ, 同じ年, 呼ばれた, 囁く, 四谷の, 地底の, 声と共に, 夢中で揮った, 夢中に, 大事に, 大阪から, 奉行と, 女太夫, 妙な, 姉弟を, 嫌いな, 宜く心得, 家の, 家を, 家出した, 寢起する, 尚お, 尾上多, 居る木曾, 左膳の, 帯を, 帰って, 店火鉢の, 庭木戸を, 弓子の, 引きつれて, 強過ぎる, 彼を, 彼女を, 徳右衞門の, 念じて, 急に, 悠然と柄杓, 我が家から程, 戻って, 戻つて, 戻るまで, 所要あっ, 手の, 手早く寝間着, 抜いて, 拾い上げると, 持つ象徴, 捕えられた, 故先生, 斬ったの, 春日町へ, 昨夜死んだ, 昨日の, 昨日歸る, 書いて, 書簡の, 最後の, 本日の, 机の, 来たため, 来たので, 来客を, 東栄館の, 果してそんな, 柄の, 植木屋す, 横堀を, 此處へ, 武術に, 歸つて來る, 歸る, 死ぬ前, 死んだと, 死んでからは, 殘つた道具を, 殺されたと, 殺されたといふ, 殺されたとは, 殺されたの, 殺されたん, 毒に, 江戸に, 河豚を, 油壺を, 泊つた部屋を, 淡島屋の, 燭臺を, 片膝, 独り先づ殪れた, 現われねば, 理解するだろう, 生死不明と, 生麦で, 田圃を, 番頭彦三郎の, 病気で, 痣の, 相変らず, 眞珠太夫に, 真ん中先を, 真面目な, 着替えの, 祐経に, 私の, 稀なる, 窒研を, 立って, 立聞きを, 笑ひ, 笙曲を, 答える下, 答へる, 納屋の, 素人探偵の, 細目を, 給仕に, 編笠を, 老巧の, 股野と, 脇について, 腦天を, 自分の, 自慢の, 舌を, 良源院へ, 若くて, 若江という, 茶道具を, 蕎麦屋の, 行って, 袈裟に, 見えないこと, 見た時, 見て, 見出されるため, 觀音樣あたりに, 訊いた, 討たれて, 記者室へ, 訪ねて, 許された翌, 詩を, 説明し, 豫め加州の, 起ちました, 身辺に, 迎えに, 近よって, 通った跡, 道樂を, 郊外に, 部屋の, 都合の, 酔って, 金に, 金魚を, 錺屋へ, 長刀を, 門之, 阿新, 随一の, 隠したに, 隱した, 面喰つた樣子上役人や, 頑固と, 食事を, 餘計な, 首尾よく, 鬼役, 鳥追いおこよと, 鳳凰を, 鼻の

▼ 三郎さん~ (219, 4.9%)

5 の膝 4 が, がお, ほどの熱意 3 の家, は学校 2 が僕ら, が大阪, が殺された, です, のこと, はうまい, はお, は台所

1 [180件] から孝二くん, から電話, がいいました, がいた, がお母さん, がかわいがっ, がききました, が一人, が下女, が主筆, が今朝, が何, が來, が同級生, が孝二くん, が少し, が店, が度度, が御, が憎く, が死ん, が死骸, が氣, が無理, が留め, が答えました, が苦み, が變, が跡, が鉢合せ, が錦橋霧渓一系, だ, だちは, だの中山博道さん, だよ, てえ人, である, でこそ, でございます, でした, でもね, というこの, という人, という優男, といつ, といふの, とお, とお母さん, とか言, とか言った, との相手, とやらで, と一緒, と久太郎さん, と八百吉どん, と共に相模川, と呼ばれ, と呼んだ, と姻戚窪田寛さん, と慶助さん, と枕, と爭, と甥, と番頭, と相, と私, と言, どうか何分願います, など, に, にお, にとつてただ一人, には持病, にもう一度, にも訊き, に会う, に怨, に由つて処分, に相談, のお父さん, のところ, のまじめ, のまわり, のみが知ろう, のやう, のわき, のマダム, の傍, の処, の坊っちゃん, の声, の大事, の妹, の小さな, の御, の持ち, の指さす, の方, の父さん, の祖母さん, の章魚, の言う, の面, は, はあけ, はあなた, はいつた, はいつも, はお家, はお母さん, はき, はききました, はさっそく, はさつきお母さん, はそつ, はそれで, はそんな, はひどい, はみんな, はやはり, はりゆうと, はわれ知らず手, は一緒, は三毛の, は下駄, は二十五, は何, は去年, は呟いた, は呼ん, は大きな, は女の, は帰ろう, は店二階, は庭ぢ, は思いました, は支那文学, は本所, は此家, は氣, は活動, は煙草, は片手, は物, は独りわたくし, は猫, は田舎, は番頭さん, は病身, は眤懇, は考えました, は胸, は自分, は良寛さん, は血だらけ, は變, は身體, は近所, は隨分父, は雨, もお母さん, もね, もヨシ子さん, も大きく, も学校, も我慢, らしくない, をおも, を可愛, を呼出した, を嫌つて, を尋ね得, を抱き, を殺した, を殺す, を泣かせた, を突いた, を縛つて行, を連れ, を離されなくなっ

▼ 三郎~ (210, 4.7%)

4 殺したの 3 見た, 見て, 連れて 2 おびきだして, お蓮様, ひどく怨ん, めがけて, 取って, 始め雇人, 差し措いて, 毒害した

1 [181件] あきらめきれずに, あちらに, うながして, おえいの, おそった, おびき出しお茶の水, おびき出したの, おびき出して, おびき出すの, おびき出せば, おもって, かたみに見, からかった浪人風, けしかけちや, この窮地, こんなに心ひそか, さがして, ささえ上げる, すこしみっともなく, そのままに, だしぬいて, つかまえるふう, つかまへて, つれて, とられて, とりまいて, どうして討ち果たす, どんなに喜ばせた, なきもの, なんとかし, にらみ, ねらって, のこして, はじめ女や, はなさなかった, はばむが, はや嫌い抜い, ふたたび道場, みちびいて, みつめた, みつめたとき, みつめて, キリキリと, 一緒に, 下つ, 不平に, 両手で, 亡きもの, 交際方面に, 仲六番町の, 会わして, 住わせじ, 使いと, 先頭に, 入れる学校, 処分した, 出演させた, 助けて, 即刻この, 去らせたま, 取りまいて, 取り巻いて, 取り巻く伊賀, 呼ぶが, 呼ぶ者, 呼んだ, 呼んで, 喪つたお, 城番に, 売りに, 好かなかった, 始め多くの, 娶合, 婿とも, 婿に, 嫌ふ, 子供扱ひしよう, 安心させた, 家に, 左膳は, 庇つた, 引き取りするうち, 引さらっ, 弟の, 待ちこがれたきょう, 待って, 後に, 從へて, 思いだして, 思いつづけて, 思って, 急がせました, 怨み抜いて, 怨んで, 恋いこがれるなんて, 恋い慕い佐土原人形, 恋して, 恋しはじめた, 打った, 打破夫より, 抜き撃ちに, 押し込めそうして, 捜しに, 排斥しよう, 擧げたん, 救は, 敵同士の, 斬った, 斬りそれ, 斬り捨てると, 木屋町の, 案じながらも, 案内し, 横目に, 欺き遂せて, 残して, 殺させ源氏, 殺した下手人, 殺した奴, 殺した恐ろしい, 殺した時, 殺した毒藥, 殺し主人, 殺し夫, 殺す筈, 殺す隙, 殺せば, 殺っつけること, 江戸から, 江戸まで, 無視し, 煩わすこと, 特に吟味, 猛火の, 玄心斎と, 生みましたが, 盜み出す, 目掛け榻, 相手に, 眼ば, 瞞か, 知って, 知つて居る, 祝福し, 紹介し, 紹介する, 組み敷いて, 縛らなかつたん, 縛る氣, 縛れ, 罠へ, 育てました, 背負ひ, 自分の, 舞台の, 見あげた, 見おろして, 見ました, 見まして, 見上げた眼尻, 見上げながら, 見殺しに, 見知って, 親の, 討ちとろうという, 訪ぬ, 許したこと, 誘つたのだ, 誘ひルパン, 調べましたが, 護送した, 賞めて, 賞めない, 起させる, 起す, 送り出してからは, 遠乗りに, 隣りに, 隱し, 顧みます, 驚かしました

▼ 三郎~ (207, 4.6%)

6 一緒に 5 梅屋の 4 お仙は, 言ふ 3 いっしょに, いって, お此, お紋, 云ふ 2 お仙が, お仙を, 云ふも, 妾の, 娘の, 改名した, 申す者, 眼で, 紅車, 踊って

1 [153件] あくまでもそれ, ある時術, おこよと, お勝, お君, お松は, お染, お濱, お米, お蓮様, こうしてこの, こけ猿, このクマちゃんこ, すっかり仲, その一党, その二つ, その二人, その倅, なった廣介, ならんで, なり鯉, まだ七歳, むかい合い私, もう一名, エル, ハタと, 一座し, 一所に, 下女の, 並べながら, 丹波の, 丹波を, 久々で, 久太郎と, 二人し, 二人で, 二人の, 云うひと, 云う旗下, 云う矢張旗下, 云う知人, 云う貉, 云う連れ子, 云ったな, 云つて陛下とは, 云ふたことは, 人知れず契りました, 会しいつ, 会ふ, 似た者同士, 何か, 何處で, 來た, 入れ違いに, 兩手に, 八五郎が, 八郎という, 六人で, 六朗であり, 六朗の, 出会ったとき, 切れて, 別れる気, 友田純一郎と, 司馬道場の, 合流し, 同じこと, 同じだった, 同じやう, 同じよう, 同じ顔形, 同郷の, 名づけるとは, 名のる, 向かいあって, 呼ばれた, 嘉助は, 外に, 大川平三郎との, 夫婦に, 妻の, 娘お, 婚礼の, 嫁合せる, 安積玄心斎谷大八の, 家臣の, 密通を, 小僧の, 小郷夫人の, 屆けた筈だ, 届けた筈, 左膳が, 市ノ瀬牧人は, 常吉も, 平次と, 強硬な, 彼女との, 従弟の, 懇意に, 改め十四歳初陣, 文五郎を, 明智小五郎との, 明朝を, 時秋とを, 木曾との, 木曾とは, 末ちゃんに, 殺された直, 氣が, 深い仲, 源三郎に, 瓜二つの, 甥の, 由兵衞が, 申しましたか, 申しますが, 申すは, 申すもの, 申す伜, 申す浪人, 直八, 相續爭, 真紀子が, 祝言させ, 突き合せる, 總助と, 老僕の, 自分から, 若江と, 萩乃は, 萩乃様が, 蔭口に, 見せかけた仲間, 見せかけようと, 親しく暮し, 親し過ぎる, 言つた大, 言つてね, 言つて二十五, 話して, 話す, 誠一にとっては, 誠一は, 跡見役の, 逢ひ, 違った何, 違った部分, 金太を, 金次と, 金次は, 錢形平次の, 阿繊, 飯事を

▼ 三郎兵衞~ (147, 3.3%)

5 の家 4 は腰, を殺した 2 と女房, の女房, の跡, はそれ, は伜, は平次, は言, を突いた

1 [118件] があの, がそれ, が持つ, が殺された, が溜め, が生き, が縁側, が耳打ち, が腹, が行, が迎, が飯田町, だつたの, でございます, といふやう, といふ嚴め, といふ大, と云い, と伜, と佐助, と名, と四人, と按摩, と申します, と言つて五十そこ, には年齡, には恩人筋, にひどく, に出, に囁く, のため, の伜殿松, の判, の娘, の寄進, の後添, の急死, の手, の手代宗次郎, の打ちし, の指, の放埒, の案内, の死骸, の答, の言葉, の豪勢, の述懷, の隱, の頬, の顏, は, はいそ, はこの, はこれ, はさすが, はその, はつく, はどれ, はひどく, はもと, はイソイソ, はクドクド, はハレ物, はモヂモヂ, は五十七八, は五十五六, は今更, は以ての外, は何ん, は俺, は内儀, は到頭, は合長屋, は四十五六, は始めて, は娘, は尚, は居住, は後ろ, は心外, は恐ろしい, は拒み兼ねました, は昔, は松前樣, は椽側, は機嫌, は浪人, は漸く, は父親, は申す, は確, は立ち上, は立上がつ, は絶句, は自分, は自慢, は補足, は許婚, は鈴ヶ森, は錢形, は青い, は面目次第, までが根岸泊り, もお, もこれ, もなか, も一應, も千二百兩, も當人, も膽, を押し止め, を振り返りました, を殺さなけれ, を殺し, を突き殺した, を簡單, を絞め殺した

▼ 三郎~ (135, 3.0%)

3 くっついて, しては 2 よく似た, 刃の, 口を, 向かって, 引廻され, 捨てられて, 未練が, 相違ない, 逢ひ

1 [111件] あてがい, あわせて, あんなひどい, いいました, うたつてきかせる, お信さん, かえしながら, かぎって, ききました, こうして言いよる, この恩, この萩乃, ござります, して, しても, しろ伊賀, しろ生きて, そういえ, そう言われ, だつてさうさ, ついて, つぐ柳門非凡, つけて, なられた時, なりかわって, なんの, まかせて, わかって, 三年前に, 云いました, 云つた, 云はれ, 任せ自分, 会いに, 会うて, 会わずに, 会わぬうち, 似て, 其の罪, 出会つた, 剣林を, 取っては, 叱られたり, 向い, 向いまして, 呼ばれて, 声を, 変つてゐる, 夢中な, 嫁を, 寄り添うた, 尋ねた, 對し, 小ツぴどく小言, 常識が, 引っぱられて, 引取られ, 心を, 怨を, 恋を, 惡い, 我が, 手を, 手渡したの, 手紙の, 手紙を, 手飼わせ, 投げつけて, 押えられたから, 持たして, 持たせて, 掛り合, 握らせ駈落ち, 斬りかかって, 斬りつける勇気, 断つに, 暇を, 會つて見ました, 朱雀四郎であった, 欺かれて, 清という, 瀬川吉次長唄は, 熱くな, 生写し, 疑ひを, 白状させる, 立聞きせられ, 約束し, 素破, 紹介させ, 義理は, 見付かつたらう, 言って, 訊くと, 話させること, 話した, 負わそうと, 賣つた, 賣つたさうだ, 踏みにじられた群衆, 近づき, 追いつかれ彼, 逢ったら少し, 逢つたら締め殺す, 逢つてそれから, 逢ひました, 違ひない, 遺った, 酌を, 陰膳すえ, 飲んでは

▼ 三郎~ (109, 2.4%)

102 だった, に満腔, の如き, の探偵小説

1 [91件] あり, からの縁, がかつて, がこれ, がずいぶん, が奥さん, が帰っ, が当時大学, が心得, が折, が挙げた, が是, が社主, が美しい, が自分, が門司, が闇, が面白く, であった, でも, と元良勇次郎氏, と友千鳥浴衣主任, によっていわゆる, に任せきりで, に寄食, に比べる, に涙乍ら, に答, に送り, のいる, のこと, のごとき, のたつた, のため, の並々, の二元論, の依, の俗化論, の力作, の卓, の名作, の妹, の實, の小品三点, の御, の息, の悲嘆, の我慢, の所藏, の方, の書かれた, の母親, の水荘, の漫画葬式, の点, の記名, の訳, の談, の陰影, はその, はひどく, はまだ, はスマート, は人物, は何ん, は信念, は全く, は折角, は提出者, は早い, は昨夕五時十五分, は書物, は朝, は置き忘れられた, は自分, は華楊, は重役, は野心, は電話, ばかりでなく, への入閣交渉, も何, も多少, も誰か, より痛烈, を恨み, を推さん, を煩, を相手, 大いに活躍, 第三回

▼ 三郎~ (93, 2.1%)

5 のお 3 の御 2 がお, にかぎっ, のところ, は大きな, やお嬢様, を墜

1 [73件] あッ, がおられ, がかり, が来, が死に, が矢張謡曲, が私, が紛失, が貴殿, が道場, ぐれえの, さえ亡き, じゃ, だ, ちょっと拝見, っ, でなければ, では, とあの, といっ, とおっしゃる, とは無関係, とまだいろいろ, と仰し, と別れなきゃ, と申, と真剣, と萩乃さま, と萩乃様, なんて馬, にお, におわび, にお供, につけ, にとても, にはすこしも, には先ごろ, には実, に公然, に刀, に取られぬ, に斬られ, に罪, に違い, のおい, のこと, のため, のもと, の上, の亡, の密使, の御意, の手勢, の水装束, は, はこの, はその, はどこ, はまだ, はコ, は御, は此馬, は焼死, は貴様, へ背, も御, も火, よりお, よりも腕, より二十七代, をお呼び寄せ, を亡き, を自分

▼ 三郎~ (85, 1.9%)

2 あがった, いた

1 [81件] あれから, おめ, おれも, かわりは, きのう言われた, きものを, これまで, こんどは, すぐその, すぐに, すっかりき, すっかり意識, そう覚悟, その仲間, その場, それについて, それは, ただの, だまって, つづいて, ともに顔色, どのとおり, なんだかはじめてこわく, はじめは, びつくりした, ふくれあがった二個, まごうかた, またその, みんな知っ, むつと, よろこんで, 一緒か, 万和の, 下女の, 交じって, 今日までに, 仔細あり, 作画に, 供の, 六助も, 六朗も, 半分他人の, 同道し, 呆れ果てた, 変わって, 家内が, 小屋へ, 左孝の, 心からなつかし, 思はずその, 手に, 掘るべが, 文五郎も, 時々見舞つて, 木曾を, 未だ独身, 来て, 松平家の, 気がつかなかった, 気の毒な, 流石に, 清水には, 由兵衞も, 相槌を, 短気ゆるし, 私に, 笑いながら, 素直に, 艇長の, 良い男, 萩乃も, 蛇身を, 行が, 行きがかりで, 見たかも, 言った, 誠一も, 説き富田知信, 負けずに, 身を, 頭を

▼ 三郎という~ (59, 1.3%)

4 のは 3 ことは, のが 2 人が, 男が, 男の, 者が

1 [41件] おかた, お稲荷様, のであった, のも, 五十二三の, 人です, 人の, 人気歌手にとって, 人物だ, 人物と, 人間は, 侠客に, 俗称だ, 八つに, 凡そ, 名を, 商人貧しく, 子役を, 巨盗を, 市会議員の, 年輩の, 廻船問屋で, 弟が, 御家人一人娘が, 御鷹匠, 恋人と, 江戸町一丁目の, 独法科の, 男の子と, 男は, 盗賊に, 確かな, 美少年の, 者, 者でございます, 者です, 者との, 者は, 者を, 遊女屋の, 養子を

▼ 三郎~ (28, 0.6%)

2 のこと, は特に

1 [24件] から使い, から来信, が出資者, が来る, である, で自分, というシッカリ, という人, とに感謝, とは一緒, と木々君, には大叔父, にも十月四日痢症, のよう, の友人, の家庭, の所, の時, は三日前, は大学, は長州屋敷, や斎藤新一郎君, や有名, よりは私

▼ 三郎には~ (25, 0.6%)

1 [25件] くわしいこと, その勇気, そんな情緒, はっきりわかりかねた, ふとそれ, もとよりよくなつきました, よくその, 一目も, 人に, 他から, 何の, 別の, 妻子の, 忍びない, 思いがけぬやさし, 時々死に, 来て, 武士の, 用は, 相違ありません, 自分より, 艇長の, 離れの, 馳走の, 鳥原の

▼ 三郎~ (25, 0.6%)

2 向かって, 声を, 左膳は, 渡して

1 [17件] いげん, お蓮さま, お蓮様, かかったの, かかろうと, かけ寄って, かたむけた自ら, 一通手早く, 丹下左膳は, 向けられて, 届けすぐ, 投げて, 申し送ったはず, 背を, 贈りました文, 送って, 顎を

▼ 三郎さま~ (24, 0.5%)

2 の陳述

1 [22件] おなつかしゅう, おひさしぶり, があの, がお, と契りました, と聞く, と自分, にお, に刃, はいう, はきょうあす, はこちら, はこの, はどこ, は婿入り先, は岩井半四郎, は後見, もこんな, を御, を排除, を萩乃, 参るお

▼ 三郎殿~ (24, 0.5%)

1 [24件] おそれありや, があらわれね, がなお, が伊賀, しからば, だ, では, としか見えない, と書い, と顯, ならば, には悪所通い, のお, の介錯, の御, の無名丸, はどこ, は孝心, は来た, は無事, も一粒種, を, ヘ加勢, ヘ加勢也

▼ 三郎から~ (21, 0.5%)

1 [21件] あった時, お艶, きれいに, これまでの, その犬, ですか, 一通の, 三行半を, 何を, 初めて徳三郎, 奪うため, 小遣に, 来た, 筑前名産の, 聞いたばかりの, 聴いたばかりの, 聽きました, 貰つた, 酒肴が, 離縁状を, 電話皆を

▼ 三郎といふ~ (20, 0.4%)

4 のは 3 男は

1 [13件] のが, んださうです, 三十七八の, 伯父を, 十七の, 名が, 名前が, 女の, 奴は, 好い男, 好メムバー, 男が, 男で

▼ 三郎~ (19, 0.4%)

1 [19件] あつた, あんじゆとつ, お雪さんの, ござります, はあります, はござらぬ, は世間, もしそれ, 出足の, 前の, 団十郎が, 新しい友だち仲間, 母親の, 画面の, 自分が, 身體の, 連れて, 髻が, 麻雀

▼ 三郎~ (18, 0.4%)

2 お仙は

1 [16件] あやまりなさい, あんなにご, お末, それから末子, ちよいと, アい, 六十に, 六朗とは, 六朗の, 加藤虎之助は, 四郎たちは, 工藤高, 末子と共に, 片岡八郎等であった, 牛乳の, 益穂をも

▼ 三郎~ (18, 0.4%)

2 から八雲, は

1 [14件] であり又, という父子, と八雲, と申す, にもの, に見せ, のため, の姿, の父, の父子, の身, はいちど, はきのう暁がた火, も来

▼ 三郎~ (14, 0.3%)

1 [14件] が三年前, が昨夜, が言, といふ旗本, とやらは二三年江戸, に御, に驅付け, の伜, の圍, の惡事, は三年前十八歳, は今, は佞奸邪智, を救

▼ 三郎とは~ (13, 0.3%)

2 その時, 仲が 1 あのま, ゆめにも, 反対に, 反對, 岩原の, 斎藤塾や, 深い関係, 玄宗皇帝の, 知らないお

▼ 三郎~ (11, 0.2%)

21 かどう, から暫く, ぞ, ぢゃ, つたかも, つたのです, つた頃, つてあなたに, な

▼ 三郎にも~ (10, 0.2%)

1 これを, こんな話, すすめた, それは, わかりません, 倦怠でした, 分けた, 困ったもの, 益穂にも, 聞こえなかった

▼ 三郎夫婦~ (10, 0.2%)

1 が出, その伜, であつ, の仕打ち, の出, の部屋, は一方, は長火鉢, も愈, も良い

▼ 三郎自身~ (10, 0.2%)

2 の手 1 がした, が磨かなけれ, の一人娘, の口, の言葉, の部屋, はこの, は不幸

▼ 三郎高徳~ (10, 0.2%)

2 なる者 1 だった, と申し, と申しまする, なども途中, の父, の眼, はまず, もそ知らぬ顔

▼ 三郎殺し~ (9, 0.2%)

2 の下手人 1 が燻, とお, の犯人, の疑ひ, は房吉, を擧げ, を新

▼ 三郎たち~ (8, 0.2%)

1 に話しかけ, のそば, の前, の声, はその, はなる, は付近, をこう

▼ 三郎どの~ (8, 0.2%)

2 斬られに 1 か, が死なれた, にお願い, はな, はまだ, をおびきだし

▼ 三郎~ (8, 0.2%)

2 寧である 1 寧の, 近が, 近と, 近の, 近も, 近や

▼ 三郎~ (7, 0.2%)

2 頼は 1 頼で, 頼です, 頼も馬, 頼や, 頼大

▼ 三郎少年~ (7, 0.2%)

1 とその, のおどろき, の胸, はその, はほ, はやっと, や木曾九万一少年

▼ 三郎~ (6, 0.1%)

2 なぃ 1 そこが, なそご, なの, なみだいな

▼ 三郎との~ (6, 0.1%)

2 約束を 1 二人の, 縁組を, 逢瀬絶えざりし, 間に

▼ 三郎~ (6, 0.1%)

21 にて, の場, へ宿, へ押しかける

▼ 三郎盛高~ (6, 0.1%)

1 がこれ, がやって来, のこと, の門, はあの, は鎌倉

▼ 三郎義光~ (6, 0.1%)

1 が兄, が笙, の後, の後胤甲斐源氏, の鎧, より出で

▼ 三郎どん~ (5, 0.1%)

1 が何, が曲者, が殺され, は呑氣, は最初

▼ 三郎など~ (5, 0.1%)

2 怖っ 1 ぁ偽, である, 二百余騎の

▼ 三郎~ (5, 0.1%)

1 が不浄場, が失礼, に刃, を品川, 覚ったな

▼ 三郎先生~ (5, 0.1%)

1 がこれ, が去年, なり, の手当, を語る

▼ 三郎~ (5, 0.1%)

1 がよろよろ, が水洟, としてかい, や与三爺, をもルスタム

▼ 三郎盛綱~ (5, 0.1%)

1 が怪しん, でござる, というがさつ者, は, は今日

▼ 三郎~ (4, 0.1%)

1 めえ, 咎めの, 手の, 紋の

▼ 三郎これ~ (4, 0.1%)

1 がお, に於, はまだ, は間違っ

▼ 三郎たつた~ (4, 0.1%)

1 一人あとは, 一人ぢや, 一人といふ, 一人鼠に

▼ 三郎である~ (4, 0.1%)

1 かどう, ことを, と打ち明け, と知っ

▼ 三郎なども~ (4, 0.1%)

1 はじめこそは, 入つて, 招かれて, 生きて

▼ 三郎への~ (4, 0.1%)

1 彼女の, 恋を, 手切れの, 手切れ金として

▼ 三郎~ (4, 0.1%)

1 にあてがった, に手燭, に次い, に眼

▼ 三郎~ (4, 0.1%)

3 して 1 する

▼ 三郎~ (4, 0.1%)

1 三郎どう, 三郎どうどっと, 三郎早, 三郎汝何し

▼ 三郎宗秋~ (4, 0.1%)

1 そのほか都合四百三十二人, の縁故, の軍, はさき

▼ 三郎~ (4, 0.1%)

1 の御, の所在, よすぎる, を訪ふた

▼ 三郎進様~ (4, 0.1%)

1 から御, にお, に呼びかけ, の御

▼ 三郎からは~ (3, 0.1%)

1 五兩か, 厳しく叱られた, 果し状を

▼ 三郎この~ (3, 0.1%)

1 ように, 二人の, 時間う

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 あの, う威張り, へ居なけれ

▼ 三郎じゃ~ (3, 0.1%)

1 アありません, 不調法が, 更めて

▼ 三郎すなわち~ (3, 0.1%)

1 お若, かくいう, 私自身の

▼ 三郎その~ (3, 0.1%)

1 人である, 人では, 人な

▼ 三郎それ~ (3, 0.1%)

1 に売出し, に小田卷直次郎, を助ける

▼ 三郎だけ~ (3, 0.1%)

1 だ, でそれだけに, でなく丹党

▼ 三郎だけが~ (3, 0.1%)

2 いちばん上で 1 姿を

▼ 三郎では~ (3, 0.1%)

1 ない, ないか, なくふたたび

▼ 三郎とが~ (3, 0.1%)

1 そんな話, 河原へ, 血だらけに

▼ 三郎と共に~ (3, 0.1%)

1 お国, 会ふこ, 若手として

▼ 三郎などの~ (3, 0.1%)

1 人々によって, 史蹟の, 重役に

▼ 三郎にとっては~ (3, 0.1%)

1 どんなに心強かっ, 一つの, 世界の

▼ 三郎やあ~ (3, 0.1%)

1 とこたえた, と泣き泣き, 八郎やあ

▼ 三郎より~ (3, 0.1%)

1 一つ下の, 複合多く, 電話新富町の

▼ 三郎よりも~ (3, 0.1%)

1 一段上の, 剣技において, 腕達者だ

▼ 三郎以上~ (3, 0.1%)

1 に剣腕, に感じ, のにが

▼ 三郎以来~ (3, 0.1%)

1 の名族, の家武田氏, の父祖

▼ 三郎伯爵~ (3, 0.1%)

1 のやり方, はガラリ, は自分

▼ 三郎信長~ (3, 0.1%)

1 に近づき, の末, は直に

▼ 三郎兄さん~ (3, 0.1%)

1 がはひつ, はあなた, は婿

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 えらいこっ, ついて, どう考え

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 又太郎, 大塚源十郎の, 録重い

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 で, であった, である

▼ 三郎将頼~ (3, 0.1%)

1 は, は息, やほか

▼ 三郎左衛門~ (3, 0.1%)

1 が一番, の取調べ, は織田

▼ 三郎手付き~ (3, 0.1%)

1 の伊賀侍, の伊賀侍たち, の若

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 で後, へ帰ります, へ送り届く

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 が, に師事, も千代造氏輔導役

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

1 が並ん, が前年攘夷, である

▼ 三郎~ (3, 0.1%)

2 おっかながる 1 の腹

▼ 三郎いささか~ (2, 0.0%)

1 くさって, の横浪

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 金太でございます, 金次か

▼ 三郎こんど~ (2, 0.0%)

1 の東くだり, は力

▼ 三郎さんたち~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, にお

▼ 三郎さんの~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 三郎さんわたし~ (2, 0.0%)

1 が悪かっ, はきっと

▼ 三郎さん一人~ (2, 0.0%)

1 で先生一人生徒一人, に對

▼ 三郎さん僕ら~ (2, 0.0%)

2 は丁度

▼ 三郎たしかに~ (2, 0.0%)

2 萩乃どのと

▼ 三郎だの~ (2, 0.0%)

1 みんなあんまり, 白縫姫だの

▼ 三郎って~ (2, 0.0%)

1 何だ, 高田さんです

▼ 三郎づき~ (2, 0.0%)

1 の伊賀侍, の伊賀侍たち

▼ 三郎です~ (2, 0.0%)

1 からお, よ親分

▼ 三郎としては~ (2, 0.0%)

1 今の, 今まで

▼ 三郎とで~ (2, 0.0%)

1 くわしい見取り図, みや古へ

▼ 三郎とともに~ (2, 0.0%)

1 宇乃を, 本郷の

▼ 三郎とも~ (2, 0.0%)

1 呼ばれかつて, 和を

▼ 三郎どこ~ (2, 0.0%)

1 へも行き, へゆく

▼ 三郎どの人~ (2, 0.0%)

2 もかわれ

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 のだ, のであった

▼ 三郎なら~ (2, 0.0%)

1 五兩や, 知つてゐる

▼ 三郎なんか~ (2, 0.0%)

2 まるで立派

▼ 三郎にとって~ (2, 0.0%)

1 これが, これは

▼ 三郎に対して~ (2, 0.0%)

1 いだくこと, 今まで

▼ 三郎ひとり上~ (2, 0.0%)

1 をま, をまわっ

▼ 三郎まで~ (2, 0.0%)

1 お勝手, 殺したはず

▼ 三郎までも~ (2, 0.0%)

1 ほとんどここ, めきめきと

▼ 三郎よりは~ (2, 0.0%)

1 一つ歳下の, 幾つか

▼ 三郎ギリッ~ (2, 0.0%)

2 と歯

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 と通り武術, 堪りも

▼ 三郎一味~ (2, 0.0%)

1 と捜索, におされ

▼ 三郎信勝~ (2, 0.0%)

1 のふたり, は織田家

▼ 三郎信康~ (2, 0.0%)

1 なる者, もはや

▼ 三郎刑事~ (2, 0.0%)

1 は出張先, も挑戦

▼ 三郎加藤武雄浅原六朗龍胆寺雄楢崎勤久野豊彦舟橋聖一嘉村礒~ (2, 0.0%)

2 多井伏鱒二

▼ 三郎博士~ (2, 0.0%)

1 かつて, かの説

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 その方ども, などの幕僚

▼ 三郎右衛門~ (2, 0.0%)

1 は怒号, 両名

▼ 三郎吉田甲子太郎下村千秋~ (2, 0.0%)

1 などに出, などに出会

▼ 三郎外五名~ (2, 0.0%)

1 からまた, の質問

▼ 三郎夫人~ (2, 0.0%)

1 となった, と毎日新聞

▼ 三郎夫妻~ (2, 0.0%)

1 とは餘, や友田

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 に居る, の喜六

▼ 三郎排斥~ (2, 0.0%)

1 の急先鋒, の若い

▼ 三郎早く~ (2, 0.0%)

1 したくを, も起き出る

▼ 三郎案内~ (2, 0.0%)

1 を出した, 致せ

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 三郎殿拙者~ (2, 0.0%)

1 がこれ, よりも貴殿

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 がつく, をつけろい

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 などぁ, などあ

▼ 三郎為守~ (2, 0.0%)

1 は深く, は生年十八歳

▼ 三郎父子~ (2, 0.0%)

1 が乗込み, に殺された

▼ 三郎犬養毅尾崎行雄~ (2, 0.0%)

1 の四氏旧, の四氏舊

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 にもとまらぬ, をこすりました

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 に逢, の説

▼ 三郎老人~ (2, 0.0%)

1 の弁慶蟹, も見えなかった

▼ 三郎萩乃~ (2, 0.0%)

1 お藤, の三人

▼ 三郎西風~ (2, 0.0%)

2 どうどう又三郎

▼ 三郎進殿~ (2, 0.0%)

1 の密書, は厳父越前守どの

▼ 三郎~ (2, 0.0%)

1 だ原田家, をもっと

▼ 三郎青年~ (2, 0.0%)

1 が波野幸子, は眼

▼ 三郎頼隆~ (2, 0.0%)

1 と申す, になりすまし

▼ 三郎風情~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に殺される

▼1* [476件]

三郎云ったか, 三郎あまりの事, 三郎あまりに野暮でござった, 三郎いつしか眼の, 三郎いなぐなったな, 三郎いまだ答えざるに, 三郎うななどぁ世界中, 三郎うなりながら刀, 三郎うわぁい, 三郎おいどうしたい, 三郎おまえはまだ, 三郎おれの机, 三郎おれぁあんまり怒で悪, 三郎お前はちいさい, 三郎お前東京へ行くなら, 三郎かさねて長老様, 三郎くんが, 三郎ぐらい討って, 三郎こいつは曲毬, 三郎ここに初めて, 三郎こっちを指し, 三郎さまいま此寮には不知火流, 三郎さまお母様のおっしゃる, 三郎さまこちら様のおかげ, 三郎さんお前はここ, 三郎さんここに来, 三郎さんさへ詳しい, 三郎さんぢやありません, 三郎さんところの材木売渡し, 三郎さん主人公緑平さんは今更, 三郎さん北極だの南極, 三郎さん後藤寺から次郎さん, 三郎さん留守に大, 三郎さん親子のもの, 三郎さん達のやう, 三郎じゃまがへえり, 三郎すっかりもてあまし気味, 三郎すっと座を, 三郎せつなくわたくしは, 三郎そしてもう一人, 三郎その他の人々, 三郎それから致して, 三郎たばごの, 三郎たるゆえん, 三郎だけは馬に, 三郎だったが太刀風三寸, 三郎だつたんで, 三郎だらうよ, 三郎ゅう人は, 三郎ちゃんを食べ, 三郎やありません, 三郎っていうやづよ, 三郎つかつかと首, 三郎つきの安積玄心斎, 三郎づれが鉄砲, 三郎でっしゅ, 三郎でないとしたら, 三郎でなかろうとやっぱり, 三郎でなくこの私, 三郎で御座るよ平次殿, 三郎で泳ぐような, 三郎といへる情夫, 三郎というは伊勢の, 三郎といったような, 三郎とうとう彼らの, 三郎とお末とは, 三郎とかを身持放埒で, 三郎として今までの, 三郎としての彼女との, 三郎とて真人間の, 三郎とても同様で, 三郎とでも書くの, 三郎とに等分に, 三郎ともどもここへ, 三郎とやら申す浪人, 三郎とを残して, 三郎どうと吹い, 三郎どうどっと吹いで, 三郎どころぢやない, 三郎どんあれは私, 三郎なかなかの聢り, 三郎なぞは, 三郎などが丁寧に, 三郎などと言うの, 三郎などに構つて居られる, 三郎などは皆その, 三郎なれば, 三郎なんぞという人も, 三郎なんぼ知らないたって, 三郎にたいする襲撃は, 三郎についてあっちへ, 三郎にて突然お, 三郎にとってもまさしく職場, 三郎に対する悔恨で, 三郎のびた月代を, 三郎のみであつ, 三郎はかよひにて, 三郎はじめて知ったの, 三郎はじめ他の子供, 三郎はのっしりの, 三郎はんの本色, 三郎ひきこまれるような, 三郎びっくりしたべ, 三郎ふたつ続けて, 三郎ふところ手だ, 三郎へてがみを, 三郎へなどくっつけて, 三郎へは掛合いが, 三郎ほんとにあそご, 三郎また本業は, 三郎まだひとさ水掛げ, 三郎までが悟つたこと, 三郎みんな御年配, 三郎め女房が亡くなつたら, 三郎もう足の, 三郎やおら馬を, 三郎ゆえ実父の死去, 三郎其奴は, 三郎よせばいい, 三郎よりの消息でござる, 三郎をも迎えた, 三郎イヤ生月駿三は, 三郎ガラッ八は, 三郎ガラツ八は, 三郎ガ用人ノトコロヘヤッタガ或日ケイコニ行ク道ニテ病犬ニ出合ッテ, 三郎ガ誘ッタ故袴ヲハカズニ行ッタカラ, 三郎と左膳, 三郎ツカツカ葉之助, 三郎トチリ心がけがよく, 三郎ト男谷忠次郎トソノ外五六人デ行ッタ時ハ, 三郎ドッカとこの, 三郎ワイシャツ姿で巻脚絆, 三郎一一〇六票で當選, 三郎一派に気取られる, 三郎一生を賭け, 三郎一筆に書き下し, 三郎一行は使命, 三郎一通り武術の心得, 三郎万両分限の支配人, 三郎けを愛し, 三郎三つ女長十九良十七, 三郎三人それぞれ引いた赤い, 三郎三十八歳席順に, 三郎三安積玄心斎四に高大之進, 三郎三郎とお, 三郎下山五郎この二人, 三郎不在と聞き, 三郎不承不承に面, 三郎世間の苦労, 三郎両人共にお, 三郎中っ腹だ, 三郎中岡黙徳富猪一郎, 三郎久々であらはれた, 三郎久しぶりに八ツ山下, 三郎九郎の家, 三郎九郎重成は民心, 三郎乱酒も原因, 三郎二つに折れ曲がっ, 三郎二つ女長十八良十六, 三郎二十五歳の冷飯食ひで, 三郎二声呼んで, 三郎井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 三郎井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 三郎今年おさめの, 三郎今日はご用明き, 三郎介錯いたし候, 三郎仔細あって, 三郎仕返しはどの, 三郎かや附添, 三郎代々木の久兵衞, 三郎代かや附添の者, 三郎以下その日, 三郎以来二十六世をへ, 三郎以来二十幾世という御, 三郎会計係は波多野伝三郎, 三郎佐佐木小三郎南条平次安西四郎など云う, 三郎に近, 三郎信長公とはいったい, 三郎側近の三羽烏, 三郎元康は十八, 三郎や四郎兄, 三郎兄上に献ず, 三郎先代菊五郎の片倉, 三郎先生義広も常陸, 三郎先生義広独り膝を屈し, 三郎光重とかその, 三郎公おれ掏摸になる, 三郎公掏摸テ豪勢なもん, 三郎兵衞さんを殺す, 三郎兵衞つていふと, 三郎兵衞もと中國筋の大名, 三郎兵衞夫婦が娘, 三郎兵衞妙にモヂモヂ, 三郎兵衞樣が自分, 三郎兵衞殺しは絶對, 三郎兵衞獨り娘, 三郎兵衞菅彌一右衞門黒田半右衞門, 三郎其の翌晩小原山と, 三郎兼三郎といっ, 三郎兼信の二人, 三郎兼氏さまは五十二, 三郎兼氏兼重兼定兼元兼清兼吉初代兼光はすぐれ, 三郎に置候, 三郎冠者盛綱で, 三郎切腹覚悟の上, 三郎ね飛ばされます, 三郎則行山本九郎時綱なども顔, 三郎に任し, 三郎勿起此影耳乃擧手示羅如意復完然在, 三郎十歳になる, 三郎治小かね馬作の, 三郎右脇が此関五郎, 三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 三郎右衛門神田にある, 三郎合訳と署, 三郎吉田豊吉近藤逸五郎が担当, 三郎吉雄幸右衞門と共に和蘭文書, 三郎吉雄幸右衞門本木仁太夫から右, 三郎同勢をそろえ, 三郎同道で蒲田, 三郎君事昼後は日々あとくり有, 三郎君其他豫算委員が之, 三郎君加藤政之助君宮城浩蔵君等は原案反対, 三郎君弁護士の制服, 三郎君等が最も, 三郎がせで, 三郎善六郎市五郎寒風沢の左太夫, 三郎喜びと驚き, 三郎喜田川頼母の面々, 三郎喜田川頼母寺門一馬大垣七郎右衛門など側近, 三郎四つ女長二十良十八, 三郎四十前後おなじく旗本, 三郎四郎ナド下ニテ聴テ, 三郎四郎五郎である, 三郎団子三田八などが出演, 三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 三郎塚原健次郎などという人達, 三郎によりかかっ, 三郎に隆西堂, 三郎外山長蔵金田兼次郎三河屋幸三郎などという貿易商, 三郎大人の詩, 三郎大塚源十郎も帰っ, 三郎大塚源十郎新井清兵衛北山常吉折原逸太郎の名, 三郎大塚源十郎飯塚春太郎栃木県会議員関口忠太郎藤沢友次郎の五名, 三郎大蛇の形, 三郎天野遠景加藤次景廉, 三郎太夫重長麾下に属せざる, 三郎太郎基泰といふ人, 三郎夫人来訪此の間から三郎, 三郎如きに大事, 三郎姉弟に見せ, 三郎婿入りの引出もの, 三郎のお, 三郎宗親さまにお, 三郎宛のとが同時に, 三郎へ遊び, 三郎富士太郎大嶺の善鬼, 三郎富田知信の両, 三郎寧親が支封, 三郎対丹波の真剣勝負, 三郎小松清等の諸氏, 三郎少しも騒がず, 三郎尾崎一雄尾崎士郎大鹿卓和田伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と申す, 三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 三郎山川八弥杉浦慎一郎と共に私, 三郎山田左膳というよう, 三郎岡田井蔵小杉雅之進と医師二人, 三郎である, 三郎嵐鱗昇市川鯉之丞, 三郎巌本善治津田仙山室軍平また島田三郎氏, 三郎左衛門塩谷高清の三人, 三郎左衛門等は納屋衆, 三郎まだ晝飯, 三郎灌園を, 三郎平田森三西村源六郎高山威雄諸氏の, 三郎平黒田藩の応接方, 三郎幾松親子の口, 三郎忠が, 三郎建立と伝へる, 三郎引きだしてみる, 三郎当年十八歳になる, 三郎彼如意影耳即擧手中如意示之, 三郎待っていた, 三郎の称寅吉, 三郎得意の泣き, 三郎ところ方に, 三郎御供申し大和, 三郎忠衡が義経, 三郎快活時とある, 三郎思わず手紙を, 三郎急病の届け, 三郎恋しさの, 三郎恐るべきはあの, 三郎悪鬼のごとき, 三郎意識して, 三郎愛子兄妹の祖父, 三郎懐中の右手, 三郎入って, 三郎抱え紅梅を呼出せ, 三郎抱え紅梅勇之助代, 三郎抱え紅梅并に下河原園八郎, 三郎描くところの, 三郎ひ出し, 三郎文三郎等に会, 三郎旦那は留守, 三郎ぐ此さ, 三郎昨日の料理, 三郎昵懇の人々, 三郎時綱さまのお, 三郎景益は頼朝, 三郎景益どのの計らい, 三郎景親とか河村三郎義秀, 三郎景親様の家人, 三郎暫く來なかつた, 三郎有馬新七松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 三郎服部武雄加納道之助毛内有之助, 三郎朝光さま和田の朝盛さま, 三郎木寺相模岡本三河坊などの随身, 三郎木曾九万一の両, 三郎杉政次郎右ヱ門高道治助高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門, 三郎てその, 三郎来りビールを, 三郎来訪金兵衛で大いに, 三郎松冠者宮太郎太郎冠者及ビ檜枝又三郎, 三郎松平春岳の如き, 三郎松村介石蔵原惟郭などの弁士, 三郎の曽我廼家種, 三郎梅幸の娘妙, 三郎梅田源二郎梁川星巖春日などの名, 三郎梅蔵三人の支配人即通番頭, 三郎様がまに合わない, 三郎様男としてあなた以上, 三郎樣さへ救, 三郎横山五郎以下数十人の親昵従類等, 三郎横腹の深, 三郎橋本左内その他京都の志士, 三郎橋本左内飯泉喜内の三人, 三郎を求め, 三郎次布袋の市, 三郎次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 三郎正式に名乗り, 三郎死んではならぬ, 三郎殿ご苦労でござる, 三郎殿何をなさるる, 三郎殿夜中ながら御, 三郎殿此の孝助, 三郎殿破牢の一件, 三郎殿萩乃と道場, 三郎毒死の顛末, 三郎氏大阪アルカリの上領純一氏, 三郎氏宅に泊る, 三郎氏等とは異, 三郎氏藏上の左, 三郎氏藏口の周圍, 三郎氏講演から得た, 三郎氏軍備の爲め凡て, 三郎之助, 三郎水泳ぎに行, 三郎汝何して, 三郎江川太郎左衛門には西洋, 三郎江戸屋半治, 三郎決して母上を, 三郎沈黙のうち, 三郎沢村四郎五郎井上正夫木下八百子などを覚えた, 三郎河原へ来い, 三郎の岸, 三郎沼間守一肥塚龍らに識, 三郎洗い方藤八得物を, 三郎浜尾四郎夢野久作小栗虫太郎海野十三などはいなくなった, 三郎深田の葦刈, 三郎清康が忠行, 三郎清重を奉行, 三郎のごとくいらだっ, 三郎為久の首, 三郎熊谷精一郎林庄七郎渡邊剛藏等と合した, 三郎父親がまた, 三郎爺さんと与三爺さん, 三郎片っぱしから女, 三郎につままれたごとき, 三郎玄心斎の一団, 三郎璃徳などが加わっ, 三郎生年二十四歳此処に生命, 三郎生年十五歳天下に名, 三郎田口卯吉大村和吉郎河井重蔵小手川豊次郎も視察, 三郎田辺茂一等によって提唱, 三郎由兵衞も上る, 三郎画伯とぼく, 三郎画伯横山美智子氏川口氏野村氏石坂夫人ぼく夫婦などを一夕招宴, 三郎畫伯その人, 三郎の足手, 三郎益穂らはいずれ, 三郎盛綱加藤次景廉, 三郎盛綱四郎高綱の四人, 三郎相変わらず匕首の, 三郎相模は誰, 三郎相馬藩内外に聞こえた, 三郎矢田彦七らと共に熊野, 三郎矢田彦七岡本三河坊野長七郎など, 三郎祐泰及びその, 三郎との複合, 三郎神崎勝とまでは指摘, 三郎は仮に, 三郎窪川鶴次郎その他諸氏によっていくつ, 三郎等一緒で大, 三郎範家というの, 三郎の端, 三郎経俊といっ, 三郎維繩で茶山, 三郎義光以来連綿と続い, 三郎義定などの味方, 三郎義氏名越は近, 三郎義盛を批評, 三郎義盛与一が後, 三郎義秀であったと, 三郎義秀渋谷庄司重国糟谷権守盛久などはその, 三郎背中の傷痕, 三郎胡坐のまま, 三郎脇腹から脇腹, 三郎膝わきに引きつけた, 三郎自ら演出で道具, 三郎自嘲的な笑い, 三郎自殺す, 三郎茂呂近助, 三郎茂呂宗次郎野村千代蔵谷熊次郎関口多吉堀口源吉である, 三郎菅沼岩蔵溝部惟幾の人々, 三郎菊池武夫栗塚省吾木下広次土方寧の諸君, 三郎萬兩分限の支配人, 三郎藤原経俊と, 三郎見まわすとそこ, 三郎見事にくぐり抜けた, 三郎覚勝もおなじ, 三郎へらる, 三郎との相違, 三郎であるか, 三郎貞時と云う, 三郎貞興を討ちとる, 三郎貴様は大藏, 三郎資時等俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 三郎贔負のやう, 三郎走りよろうとした, 三郎身がわりの焼死体, 三郎軽い盲腸炎を, 三郎を並べ, 三郎辻六郎兵衛は討死, 三郎近ごろもって, 三郎近藤幹雄中坊陽之助, 三郎迷惑しごくに, 三郎透さず斬り込むを外記, 三郎進どのはいか, 三郎道化役の金太, 三郎へ甲賀氏, 三郎部屋の隅, 三郎酒呑童子の勘内, 三郎重成がその, 三郎重成入道さまが新造, 三郎野らねの藤太等, 三郎野村千代蔵海原忠吉横塚治三久佐取安次郎丸山浪次郎右岸の久野村, 三郎野長七郎岡本三河坊といったよう, 三郎金太の四人, 三郎金縛りにあった, 三郎錦織左馬太郎籾山駿三郎等でいずれ, 三郎長吉はことし十五, 三郎附添且又打撲為養生温泉行御聞済, 三郎降りて來い, 三郎露草にぬれる, 三郎静まらぬか, 三郎頼綱の謀叛, 三郎頼隆大円寺の阿, 三郎などあ, 三郎馴染の藝妓奴, 三郎高橋秀臣塩谷恒太郎が加わった, 三郎高田実柴田善太郎中野信近などが加わっ, 三郎高野盃規を海老瀬村, 三郎釣るところ, 三郎黄楊四郎の三人