青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

三~ ~三つ 三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三度 ~三日 三月~ 三浦~
三田~
三角~ 三郎~ ~上 上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた 上げた~

「三田~」 1358, 15ppm, 7616位

▼ 三田~ (315, 23.2%)

11 四国町の 5 机の 4 ところへ, 部屋の, 顏を 3 三角の, 伯母さんの, 前に, 心を, 部屋に

2 [26件] あだ, 伯母さんは, 兄弟が, 四国町まで, 学校の, 学校を, 山の上に, 御屋敷, 態度に, 慶応義塾へ, 手を, 文人中近く海外より, 方へ, 目に, 耳にも, 肚の, 背中を, 菩提寺で, 薩州屋敷へ, 薩摩屋敷には, 車庫へ, 通りへ, 部屋と, 部屋には, 部屋を, 魚籃の

1 [220件] あたま, あたりに, いふ通りに, うしろに, うなづくの, おかた, おきまり, おばあさま, お給仕, ことについての, ところが, ところまで, ところ迄, ならは, やうな, やうに, ケイオーの, 一身に, 一連を, 三奇人の, 三浦さんの, 三角で, 三角へ, 三角札の辻へ, 下宿で, 不当な, 中屋敷は, 中心と, 乘る, 事だ, 事に, 人, 人相を, 伯母さん菊池久恵さんの, 俗に, 倉知の, 側を, 催すお, 兄貴の, 先生から, 冗談に, 出る筈, 出身者では, 前へ, 創作, 勉強心は, 勤める會社, 勤務先の, 占領し, 叔父さまの, 口から, 只今の, 四国町あたりに, 四国町に, 四国町へ, 四国町までの, 四国町薩州邸の, 堂摺では, 堂摺連の, 塾まで, 夜学へ, 夜店の, 夜着の, 大きな眼玉, 大中寺に, 大学が, 女學校の, 女房は, 好みに, 好奇心を, 如きは, 学帽を, 学校に, 学校へ, 学生が, 学生で, 学生諸君, 学窓からも, 学風を, 學風を, 家の, 家へ, 家を, 宿で, 寺町に, 寺町へ, 小さい学生さん, 小町娘は, 屋敷の, 屋敷は, 島原の, 店から, 弟さんだ, 後について, 後ろには, 御給仕, 御邸, 心に, 心には, 心の, 心は, 心持の, 心持は, 心配は, 想像では, 意外な, 意氣地の, 態度に対する, 態度を, 慶応義塾と, 慶応義塾など, 憚りも, 懷に, 手から, 手に, 手際を, 描寫は, 教室へ, 文人雜誌編輯の, 文学も, 文学会の, 文科の, 文科へ, 文科生だ, 文科生にな, 新塾, 方が, 方で, 方に, 方には, 方の, 方も, 方御, 方角へ, 方面へ, 書生及三田出身の, 本心は, 本邸大手内の, 東洋軒で, 松方正義の, 枕もとに, 校内にては, 根性は, 森で, 樟喬太郎は, 樣子迄も, 氣性を, 済海寺オランダは, 潔癖が, 災難に, 爲めに, 物好を, 男枕を, 留任を, 目の, 眼つきが, 眼の, 秀才だ, 空想は, 立場が, 競走部は, 第十九いろは, 経済部出で, 給仕を, 給仕役は, 義哉の, 義塾を, 聖坂に, 薩州の, 薩州屋敷, 薩州屋敷まで, 薩州屋敷を, 薩州邸の, 薩摩ツ原で, 薩摩屋敷が, 薩摩屋敷に, 薩摩屋敷の, 薩摩屋敷を, 薩摩邸は, 薩邸焼払い, 藩州附近伊皿子二本榎猿町白金辺を, 藩邸に, 藩邸は, 蜂須賀様の, 蟇口から, 袂を, 視線と, 視線に, 訳読が, 豪傑だ, 赤羽橋辺まで, 越後屋という, 身の上に, 車庫にも, 返答だつた, 通りなどに, 通りを, 邸に, 邸宅で, 部屋が, 部屋にも, 部屋へ, 部屋まで, 部屋迄, 部屋隣の, 酒の, 長編小説, 露路裏の, 面白がる, 頭から, 頭に, 顏さへ, 顏と, 顔を, 高台より, 高台を, 默, 鼻さき迄, 鼻先に, 鼻先へ

▼ 三田~ (291, 21.4%)

5 すつかり, 自分の 3 友達を

2 [14件] そのま, ぶかぶかの, 三番の, 不意うちを, 世の中の, 何の, 北の, 口を, 宿醉の, 少なからず, 忌々しく思つて, 會社の, 此の, 洋筆を

1 [250件] あまりの, あんまり意外, いきなりむつくり起上, いたいたしい景色, うとうとし, おつぎ, おりかに, おりかの, お相手, かがむよう, こつそり劇的場面, さう, さういふ, さっさと歩き出した, さつ, さり氣, しきりに其ひと, しきりに機會, そつちのけ, その前, その度, その後廊下で, その料理人, その日, その話, それつきり箸, そんな事, そんな空想, たつた一度口, ちんちんもがもがで, つがれるま, つとめて相槌, とり殘, なだめるやう, なつかし, はしたない自分, はつきり斷つて堅く, はり詰めた, はればれした, ばりばりの, ひどく眞面目, ほんとに心配, ほん氣だつた, ぼんやりした, もう一度この, やつた, わざと知らん, ギョッと, サイダアを, 一層弱, 一年近くも, 一息つい, 一番の, 一緒だつた, 一緒に, 一足先に, 上り下りの, 不器用な, 不思議に, 不意に, 不機嫌に, 九箇月間着通した, 二人を, 云ひ, 休暇を, 何となく心, 何と云, 何も, 何を, 何時でも, 何時の間にかすぐ下, 何時もの, 何時もよりも, 何時迄も, 全く弱, 内心閉口し, 再びあの, 冷汗を, 別に, 別段平生, 割合に, 勇んで, 動悸が, 勝ほこつたお, 勢よく, 十圓札を, 即座に, 又し, 又なみなみと, 又わざわざ, 又不, 又大, 又繰返し, 同僚の, 呼止める, 唇の, 喋つた事を, 四月頃から, 固く握, 坐つて, 堪り兼, 壁に, 外套の, 多少の, 夜の, 夜凉に, 大河原に, 大袈裟に, 大阪へ, 夫人や, 失笑を, 女中を, 好まなかつた, 始めから, 威勢よく, 娘と, 娘の, 存外登場人物, 宿に, 宿の, 寂しく思ひ出した, 寢たま, 小料理屋を, 少しく不機嫌, 少し不意打, 少なからぬ, 平氣, 平生會社に, 年中理想論, 幾度と, 強情に, 御靈さん, 忌は, 念じて, 怖い顏, 思ひ切つて, 思ひ切つて呼, 怠け癖, 悪びれた風, 惡酒に, 愈々口, 愈々閉口, 意外に, 手拭を, 手酌で, 折角夢中, 拾圓札二枚を, 持前の, 振かへ, 支店長と, 斯う, 既に十數册, 昨夜と, 時折麥酒に, 時計を, 暫時し, 最初こそ, 朝晩その, 机に, 机の, 柱にも, 案外何, 櫂を, 止むを, 正直に, 此間田原自身から, 殆ん, 汗を, 汗臭い, 沼田の, 活動寫眞の, 流石に, 涎の, 涼しそう, 淺まし, 無心で, 無言で, 無闇に, 煙管を, 独りで, 獨酌の, 生れつい, 田原が, 田原と, 田原の, 皮肉な, 直ぐさま, 直ぐに, 相手に, 相手の, 相變ら, 眞面目な, 知つてゐた, 知らなかつた, 突然東京, 立てつ, 立どまつて, 籐椅子から, 紺サアジと, 紺サアジの, 紺サアジを, 縁側の, 翌朝あけがたに, 聞いて, 聲を, 肚の, 胸が, 胸を, 自ら顏が, 自分が, 自分もちつ, 自分自身は, 自然と, 苦笑の, 薩摩の, 蟒が, 親讓の, 話に, 話を, 誰が, 誰よりも, 變に, 起上つて大きな, 躊躇せず, 身震ひする, 返事を, 通ひ, 遠廻りを, 部屋にも, 酒のみの, 醉が, 野呂といふ, 野呂の, 銀行との, 長くおつき, 門を, 間も, 面倒くさくな, 面倒くささうに首, 靴を, 靴屋の, 頭を, 額に, 顏が, 驚いて, 默, 默つて坐, 默つて居る, 黙って, 齒が

▼ 三田さん~ (77, 5.7%)

4 おみ, の事 2 が好き, ですか, といふ人, のところ, の御, 待つて

1 [57件] あの娘さん知つて, あんたその, えらいお, おひとつ, がい, がくす, がなああんた, がみな, が連れ, けなるい, たら, ちつとも, ですとさ, ですな, とおみ, とこの, とは思はな, とよう, とをかしい, と一緒やつ, と若い, と違ひま, ならゐますがねえ, なん, にその, に惚れ, のい, のやう, の外, の小説, の會社, の親友, の言う, の詩, はあんなに, はい, はたまりません, はなさけ, は三田さんぢやあ, は御酒, は怒りつ, は窮屈, は違, も人, も因果, も急, も東京, も色男, らしい死に方, を知つて, を見習, 何とかし, 何やらこわい, 後でたんとおごつて貰ひま, 御勉強, 怒つてら, 頂いて

▼ 三田~ (71, 5.2%)

2 のその, は私

1 [67件] か, からのお便り, がその, がどこ, がはじめて, がアッツ玉砕, が北方, が私, ご自身, じゃあ私, だけでなく, です, にこの, にちよ, によけい, に向っ, に声援, に濟, に飮, のあの, のお便り, のその後, のため, のところ, のアッツ玉砕, の一言, の下宿, の人間, の作品, の合戰, の名前, の場合, の宅, の御, の短い, の葉書, の詩業, の身, の遺稿, はいい, はからだ, はすべて, はそう, はどう, ははじめ, はまだ, はやっぱり, は三田君, は傍, は地味, は大学, は学生服, は少々, は岩手県花巻町, は戸石君, は特別, は酒, は野呂さん, もついに, もまだ, も山岸さん, を, を偲ぶ, を第, を見る, を訪ね, を訪ねる

▼ 三田~ (49, 3.6%)

1 [49件] しめて, た, だんまりで, どうかした, どうして樟さん, やつて, やめさせられるよう, よろけか, バルティモア大学の, 主人の, 事務室の, 傍から, 傍に, 冗談に, 冗談を, 冷, 半身起しかける, 否, 喰べ, 場所は, 学生に, 小説を, 小説家としての, 必ず來, 我慢し, 教室で, 會社から, 會社へ, 會社への, 机に, 来て, 殺したと, 殺すか, 湯から, 目を, 突返した, 笑った, 羞し, 苦い顏, 苦り切つて, 辞職させられた, 退出時間の, 通りか, 遠廻りし, 部屋の, 醉月へ, 重たさうに足, 飮干す, 默つて坐つ

▼ 三田~ (43, 3.2%)

2 だつて, に惚れ, の方, の爲め

1 [35件] いつぱい飮, か, から承, がお, が好, が好き, です, でも無し, とあした, とあたし, ともあらう, とも云, と何ぞ, と呼ん, なんかに惚れる, なんかに遠慮, なんかほつとけ, に惚れてる, に限る, のえ, のお母さん, のくたぶれた着物, のやう, の一目惚, の名折れ, の新居檢分, の月給, はねえ, は三田公, は御, は男ぶり, や名, らしく氣儘, ゐますか, を口説く

▼ 三田~ (38, 2.8%)

3 に電報 2 である, に展開, のこと

1 [29件] から聞いた, から送っ, がきょう, が傍, が大きな, が横, と言う, ならためらわず送金, にも話さなかった, に遷, のもったいぶった, のよう, の寂しい, の岡, の意志, の朝倉勢, の道, の電報, はああ, はここ, はその, ははき捨てる, は五郎, は同年輩, は言った, へ陣, まで御, も西東, を案内

▼ 三田~ (35, 2.6%)

2 對し

1 [33件] ある島原藩, ある薩摩屋敷, いる, さ, さしつけた, さし三田, して, 一二年京橋采女町に, 伯母さんが, 住んでること, 借入れた何ん, 傾倒し, 入らっしゃる, 入りし当時, 在塾, 大変乱, 差した, 引越し屋敷地, 慶応義塾を, 打つか, 教鞭を, 来て, 短册, 移る慶應義塾, 移転した, 続く線路, 聞けが, 見送られて, 話した, 話して, 遊びに, 遊び有馬に, 電話がか

▼ 三田~ (28, 2.1%)

3 見ると 2 訪問した

1 [23件] いやがらせた, いやがらせるので, うつちやらかして, うるさがらせた, つれて, 促して, 公然と, 卒業し, 去った, 去った直接, 取り返すよう, 味方に, 呼んで, 坐らせた, 尊敬し, 引止めたので, 真中に, 紹介し, 見ながら, 見る眼, 見下して, 見張りの, 顎で

▼ 三田先生~ (23, 1.7%)

2 の送別会

1 [21件] おとなしく引っ, か, がこれから, がどう, が御, が教科書以外, だってやめたく, だって私たち, としては自分, に何気なく, に感謝, に留任, のお, のところ, の挙止, はものご, はテーブル, は一身上, やめさせられるらしいのよ, を惜し, 本当はあんな

▼ 三田~ (19, 1.4%)

1 [19件] いいました, 三番の, 同じく月極, 同宿だ, 同窓である, 大貫の, 娘とは, 娘とを, 或る, 握手した, 文学における, 東から, 比べて, 法政の, 聞くさ, 聞くと, 話を, 酒を, 首を

▼ 三田~ (19, 1.4%)

2 盃を

1 [17件] かうむつ, くすぐ, ふいと, ふところから, 不似合, 二三度見た, 今更爲方, 仕事を, 屡々顏, 山上りの, 氣分をか, 流石に, 知らん面, 薄髯, 醉つてもう, 面倒臭くな, 驚いた

▼ 三田村技手~ (17, 1.3%)

3 が言った

1 [14件] がいくつ, がこの, が押しかぶせる, が目, が聞きとがめた, が針金, のてのひらに, の三人, はひどく, は思わず, は手もと, へあらたまった, へ急, を塔上

▼ 三田文学~ (14, 1.0%)

1 [14件] がそろそろ, で, で御, で思出, に出, に寄す, に書, に毎月芝居, に載せる, に連載中, の先月号, の返品, は十二号, へ三つ

▼ 三田~ (8, 0.6%)

1 うつりました, まわりました, 教えに, 行くと, 行った, 行って, 飛んだこと, 駈けつけた頃

▼ 三田四国町~ (8, 0.6%)

4 の薩摩屋敷 1 というところ, の岡田, を開い, 大工藤左衛門

▼ 三田通り~ (8, 0.6%)

1 から始め, に出る, の一角, の丸善, の方, の福島屋, の越後屋, を巡邏

▼ 三田から~ (7, 0.5%)

1 二本榎伊皿子高輪まで, 今の, 帰って, 春日町までの, 本所の, 芝の, 遠ざかって

▼ 三田さんあんた~ (7, 0.5%)

1 おみ, お休み, くすのき, ならど, のお話, も物好き, も羽子つき

▼ 三田銀行~ (7, 0.5%)

1 から, が今, が握っ, が日本, の支配権, へ提出, へ日参

▼ 三田さんみたい~ (6, 0.4%)

2 な人 1 な堅い, な方, な物好, にたんと

▼ 三田にも~ (6, 0.4%)

1 そんな心持, 出て, 椅子を, 田原にも, 自分にも, 高等商業學校にも

▼ 三田文學~ (6, 0.4%)

1 なりへ御, に出, に出た, に横山氏, に誰, の隨筆欄

▼ 三田という~ (5, 0.4%)

2 坑夫を 1 人物の, 坑夫の, 男が

▼ 三田には~ (5, 0.4%)

1 ひどく面倒臭い, 令孃趣味がちつ, 何の, 返事の, 頓着無く

▼ 三田~ (5, 0.4%)

1 などが出演, にもあるまじく, に関し率直, は十三代目守田勘弥, もその

▼ 三田四國町~ (5, 0.4%)

1 か慶應大學, の久保田万太郎邸, の大, の間, へ乘込

▼ 三田~ (5, 0.4%)

1 にて花, に沿う, の書店福島屋, の青柳, まで出

▼ 三田~ (4, 0.3%)

1 でないからと, の出身, の学生, の随喜渇仰

▼ 三田~ (4, 0.3%)

2 の小屋 1 にはまた, の西北

▼ 三田文学会~ (4, 0.3%)

2 に徃 1 に赴く, は揃い

▼ 三田~ (4, 0.3%)

1 の或, の新しい, の青年文士水上瀧太郎氏歸, や人生派

▼ 三田~ (4, 0.3%)

3 の電車 1 に乗り換えた

▼ 三田さんあたし~ (3, 0.2%)

1 たうとう, にも飮まし, は行きます

▼ 三田にと~ (3, 0.2%)

2 つては 1 つても

▼ 三田~ (3, 0.2%)

1 とどこ, と山口さ, に着こう

▼ 三田文学誌上~ (3, 0.2%)

1 で, に掲載, に載せたる

▼ 三田~ (3, 0.2%)

1 に移った, の電車, を利用

▼ 三田聖坂~ (3, 0.2%)

1 あるいは霞ヶ関, といった芝, に一戸

▼ 三田~ (3, 0.2%)

1 は二万数千坪, は海岸, を売却

▼ 三田あたり~ (2, 0.1%)

1 の里, を廻っ

▼ 三田~ (2, 0.1%)

1 あん, あん三田さん

▼ 三田さんぢやあ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないの

▼ 三田さん三田さん~ (2, 0.1%)

1 とよう, と若い

▼ 三田さん好き~ (2, 0.1%)

2 やわ

▼ 三田~ (2, 0.1%)

1 とかなか, とわかつ

▼ 三田はさ~ (2, 0.1%)

1 つさと, も自分

▼ 三田まで~ (2, 0.1%)

1 俥を, 凡そ十五里途中名塩に

▼ 三田一丁目~ (2, 0.1%)

1 にあり, の屋敷

▼ 三田公三田公~ (2, 0.1%)

1 だつて, と呼ん

▼ 三田公今晩~ (2, 0.1%)

1 は夜, は痛快

▼ 三田公俺~ (2, 0.1%)

1 はほんとに, は失敬

▼ 三田出身~ (2, 0.1%)

1 の紳士, の藤本一二君

▼ 三田~ (2, 0.1%)

1 の坂, へあ

▼ 三田君君~ (2, 0.1%)

1 は今晩何, は酒豪

▼ 三田循司~ (2, 0.1%)

1 という名前, という姓名

▼ 三田敦子~ (2, 0.1%)

1 が校長, の大学生

▼ 三田文学茶話会~ (2, 0.1%)

1 に赴き, に赴く

▼ 三田方面~ (2, 0.1%)

1 から丸の内, から電車

▼ 三田村右衛門~ (2, 0.1%)

1 など三人, や浅井玄蕃

▼ 三田村右衛門大夫~ (2, 0.1%)

1 などの徒, の兵

▼ 三田英学校~ (2, 0.1%)

1 から大学予備門, と云

▼ 三田~ (2, 0.1%)

1 より来られ, をうろついた

▼ 三田~ (2, 0.1%)

1 を往復, を連絡

▼1* [142件]

三田あり摂州に, 三田さんあたし明日立つ事, 三田さんあても乘, 三田さんあてのかはり, 三田さんあんたほんまに川べり, 三田さんあんた何が面白, 三田さんあんた知つてゐやはり, 三田さんおりかのやつ, 三田さんこれが一生, 三田さんさへ我慢, 三田さんそれはあんさん, 三田さんだつか, 三田さんところの大, 三田さんよう堪忍しや, 三田さん一人で寂し, 三田さん今夜丈はかんにん, 三田さん今日は休ま, 三田さん何も困る, 三田さん實はねえ, 三田さん支店長さんが御, 三田さん政子さんは貴方, 三田さん昨日も今日, 三田さん昨晩は女衆, 三田さん次の日曜, 三田さん濟みません, 三田さん面會です, 三田じゃないん, 三田ござる, 三田ですか早, 三田でないやうな, 三田ではあるが, 三田でも珍しいといふ, 三田といふ男が, 三田とおりかを先方, 三田とが一人の, 三田としては作品に, 三田とはよく知合つて, 三田なんかのところに, 三田にからかつた, 三田につきあひ, 三田に迄一々盃, 三田までの長い線路, 三田もはづみをくつてよろよろと膝を, 三田田原が, 三田よと吹くに, 三田よりも上で, 三田をかへした後, 三田をからかふには, 三田ヶ谷という地, 三田ヶ谷村といっ, 三田ヶ谷村弥勒高等尋常小学校と書いた古びた, 三田ヶ谷村役場と黒, 三田ヶ谷村村長石野栄造様という宛名, 三田一人で三番, 三田一帶の町家, 三田が妙, 三田二丁目下青山長寿丸同本所菊川町, 三田二丁目慶応義塾邸内演説館において福沢先生, 三田伸六車膳六その他の主人公たち, 三田の諸, 三田先生あっちにいた, 三田八左喜松芝子丸, 三田公あちらにゐ, 三田公あて醉拂つちや, 三田公あんたなんで, 三田公お前はどうせ, 三田公んとこの, 三田公例の濟ん, 三田公冗談ぢやあないぞ, 三田公君もコツプ, 三田公此の酒, 三田公飮まん人, 三田の東北, 三田功運寺渋谷渋谷寺の五ヶ寺, 三田原山南に赤倉山, 三田古川橋のほとり, 三田台町の某, 三田史学に発表, 三田君ひとりである, 三田君氣儘に飮, 三田君知つてゐませんか, 三田君誰か女, 三田善蔵新里龍蔵黒田鶴吉その他が準備, 三田四国町ニ動物育種場及び動物市場, 三田四国町大工小藤次のところ, 三田土ゴムの女工さん, 三田土護謨工場へ通っ, 三田子爵はこの, 三田寺町聖坂から三角, 三田小山町に弟, 三田で大正七年二月十九日午前十時, 三田屋敷の門, 三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 三田循司君はことし, 三田慶応義塾に勤めし, 三田慶応義塾邸内演説館において同, 三田文学会数寄屋橋外笹屋に開かる, 三田文学会笹屋に開かる, 三田文学創刊当時の事, 三田文学劇と詩, 三田文学十号が出ました, 三田文学十周年紀念号寄稿の事, 三田文学早稲田文学と云, 三田文学派遣の従軍記者池田みち子女史, 三田文学用件にて来談, 三田文学社へ宛て, 三田文学紅茶会がある, 三田文学賞を受け, 三田文學中央公論改造話オオル讀物モダン日本などの十二月號, 三田文科生時代からの先生, 三田新聞の貸切り, 三田村あたりの民家, 三田村その他共産党指導者たちが従来, 三田村たちが非合法活動, 三田村右衛門大夫大野木土佐の三臣, 三田村合戦と云う, 三田村君に逢いました, 三田村方面をさし, 三田村無電技手と小使, 三田村等の侵略戦争協力, 三田村達がさかん, 三田村附近では右岸, 三田某氏の寄せられたる, 三田とちやあん, 三田樣故はやはや, 三田派等の間, 三田澪人志村沿之助我謝秀昌の諸氏, 三田界隈のこの, 三田親切な, 三田稲門戦の試合, 三田の有志, 三田自身が思つた, 三田芸術新聞というの, 三田の九鬼, 三田蜂須賀侯爵邸の椎, 三田行きの電車, 三田贔負の醉月, 三田連中有楽座総見物をなす, 三田道夫はその, 三田とかいうもの, 三田青山亀有の三上水, 三田高校在学中の事