青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一昨日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一息~ ~一所 一所~ 一文~ 一斉~ ~一方 一方~ 一族~ ~一日 一旦~
一昨日~
~一時 一時~ ~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩 一段~

「一昨日~」 1032, 11ppm, 10085位

▼ 一昨日~ (339, 32.8%)

16 晩は 15 晩の 11 晩も 9 夜の, 晩, 晩から 4 晩自分の, 第二限ころ 3 晩お, 晩で, 朝から

2 [26件] あの時刻, お話しの, ことだった, ことで, ことであった, ことより, ことを, 事で, 大夕立, 御召物に, 日曜に, 晩からの, 晩でした, 晩に, 晩僕が, 晩妾と, 晩宵の口に, 晩店の, 晩曲者は, 晩泉屋本家へ, 晩突然, 朝で, 朝嫌な, 秋風すずろに, 通り歩い, 通り番頭さん

1 [201件] あけ方, あらしで, お名残, お稽古, お詫びやら, ことある, ことお, ことが, ことさ, ことだつた, ことでございます, ことでした, ことです, ことなら, すずらんの, つづき, つづきを, ばくち, やうに, ゆう方そこで, 一本だけが, 両日は, 事です, 事なり, 事の, 事を, 二日に, 二日間当, 今ごろは, 今夜だ, 今日では, 体験によって, 僕の, 出来ごとだった, 出来ごとと, 出来事の, 出来事米友の, 分も, 午前ココアの, 午前中ロトゥアヌウからの, 午前四時わしは, 午後そこへ, 午後始め, 午後岩形氏に, 午後風の, 午後高島屋から, 土曜日に, 夕方こちらへ, 夕方でありました, 夕方の, 夕方ひょっこり, 夕方大阪の, 夕方小屋の, 夕方板女の, 夕方炭屋から, 夜から, 夜この, 夜さり中の, 夜と, 夜は, 夜ほ, 夜も, 夜を, 夜中から, 夜中助三郎夫婦が, 夜予定より, 夜以来睡り込ん, 夜半そっと, 夜平山の, 夜急に, 大吹雪, 大雨は, 天候です, 子の, 宵から, 帰り路と, 我さま知り, 接見会も, 新聞に, 新聞を, 新聞記事を, 旅館の, 日軽井沢で, 日附に, 日附にな, 早慶戦では, 昼に, 昼頃大, 晝頃大, 晩あたりの, 晩あの, 晩いいました, 晩おれが, 晩おれは, 晩お前は, 晩お前達二人は, 晩か, 晩だけ, 晩だって, 晩だつた, 晩ぢや, 晩って, 晩てめえが, 晩であった, 晩なぞは, 晩はじめて, 晩よりも, 晩ヒヨツクリ信太郎が, 晩三人で, 晩主人の, 晩会った, 晩何處へ, 晩停車場で, 晩出かけました, 晩出た, 晩出たぎり帰らない, 晩別々の, 晩営業中に, 晩夜中近い, 晩大阪へ, 晩女が, 晩娘の, 晩帰った, 晩帰りまし, 晩御飯と, 晩忍び込んだ, 晩忘れ, 晩思いきっ, 晩方や, 晩昭全さんに, 晩晶子を, 晩某家の, 晩正体を, 晩歸つて來た, 晩歸りまし, 晩殺されました, 晩湯殿の, 晩物置き, 晩盗み取られた, 晩私が, 晩紀州から, 晩若旦那の, 晩葛飾は, 晩行った, 晩行つた, 晩通した, 晩遅く, 晩銀座通で, 晩頼まれ, 暮れ六つに, 暮れ方乗物町の, 暮れ早々, 暮方餅屋の, 有様を, 朝に, 朝は, 朝まで, 朝も, 朝チャルメラを, 朝俺は, 朝御飯と, 朝早, 朝本郷切つての, 朝東京を, 朝津田が, 朝紀が, 朝老中より, 朝行方を, 朝迎え, 本欄に, 村社と, 櫛と, 正午から, 歸らなかつた, 気分の, 気持の, 汚れものを, 漁況は, 異様な, 真夜中に, 真昼奉天駅の, 祭日には, 私の, 紀念なら, 結婚挨拶状と, 結婚談が, 芝居の, 被害地視察について, 話で, 話です, 警視庁の, 豪雨に, 通りまじめくさった, 金は, 防戦に, 雨を, 雪が, 雷雨の, 雹で, 風で, 鳴鳳楼

▼ 一昨日~ (65, 6.3%)

2 英国大使館の

1 [63件] あの手紙, あんなにしん, この十日, この町, この間うちから, すっかり春めい, たしか徳島, ただ一輪, つまり五月四日, どうも, どうもつくし殿, はらはらし, またこれ, よき日, 一字の, 一日云い争っ, 三弥様が, 三月の, 井伊榊原の, 今度病気を, 伊豆の, 何うし, 何と, 余程お, 使って, 僧侶が, 全く心細, 八人一時に, 十銭しか, 叡山に, 夕刻かえれない, 夕飯前まで, 大層よく入っ, 定期市に, 少年の, 島田から, 巴里の, 平河さんの, 御書, 御馳走様, 御馳走樣, 悪い天気, 木挽町で, 末子の, 東京で, 浅草の, 父を, 畑を, 病人と, 相当でした, 私が, 続けて, 落合の, 行く事, 見なかったダリア, 遠方から, 重治さんの, 銀座で, 陶器の, 雪で, 電話が, 非常に, 馬車で

▼ 一昨日から~ (63, 6.1%)

2 気分が

1 [61件] あのガレーヂ, おりません, お客様方が, かなたに, きのうの, この先, ずっと行っ, そこに, その毛利輝元, だんだん曇っ, ひとりの, またふきだした, また其の, もう入らつ, もう切符買い, 七度四五分ある, 上州高崎の, 予感し, 今夜へ, 何も, 何処の, 來て, 内には, 出やしね, 出勤, 右の, 地主の, 奉公人では, 居ないん, 山形の, 帰らないん, 座からは, 彼の, 御病気, 急に, 手紙を, 断られないお客様, 昨夜にかけて, 昨日の, 晴天つづきで, 月に関する, 泊り込みで, 無くなりましたので, 爾し, 私の, 私は, 続いて, 続けざまに, 縫いあげた小袖, 芸者を, 蠅を, 行方が, 行方不明と, 誰も, 近づきにな, 逢いたくって, 酒は, 雪今日も, 青山で, 風邪を, 麻疹で

▼ 一昨日~ (62, 6.0%)

6 昨日も 4 その前 2 その一つ, 三月の, 人の, 出したのに, 萎れては

1 [42件] ああ書きたい, あんなに云い張った, お待ちし, お抱申, お部屋, ごろ寝ゆうべも, そうであった, その前日, その家, だ, ちょっと顔, もうかれこれ十日余り, やった, ルカ・アンドレエヰツチユの, 一カ月前も, 一日泣い, 一緒に, 今日も, 会が, 先生の, 其のお, 北野が, 合歓の, 同じだ, 大原さんの, 大学の, 姿を, 掃除を, 探して, 昨日の, 来たこと, 社へも, 私が, 聽いた, 芋で, 荷車の, 言つた通りだ, 討ち死に, 試みた努力, 酒のまない, 雌犬の, 雨で

▼ 一昨日~ (17, 1.6%)

3 昨日と

1 [14件] あんまり急, きのうとで, 三日続け, 俺は, 再度お, 同じでい, 同じよう, 同じ姿勢, 変ったこと, 昨日とは, 昨日今日, 昨日夜ひどく, 相変らず, 都合二度程

▼ 一昨日あたり~ (12, 1.2%)

1 [12件] からすっかりよく, からだんだん, からの激動, からぶらぶら, から料紙硯, から自分, から草履, から飯, まであき, よりの風邪, 今にも紫, 結ったまま

▼ 一昨日より~ (12, 1.2%)

3 家へとては 1 出荷を, 千葉へ, 取付に, 嘔気を, 家内および, 少々風邪気味, 徳村田某へ, 心配しゐ, 浦賀え異

▼ 一昨日まで~ (10, 1.0%)

2 高熱で 1 いくら石炭, 九度五分の熱で, 写字と, 従って, 持ち越した現在, 毎室暖炉, 父の, 私を

▼ 一昨日までは~ (10, 1.0%)

1 そんな細工, なかつた筈, もう一週間, 吹雪が, 毎日何度と, 礫一つ打つ, 立派に, 自分でも, 苗木城の, 足軽だった

▼ 一昨日~ (7, 0.7%)

1 フーちゃんその他と, 両人様と, 医者が, 医者様が, 手打が, 民さんを, 絹さんが

▼ 一昨日この~ (7, 0.7%)

1 下宿の, 先の, 地に, 屋敷から, 川で, 爬虫館の, 辺も

▼ 一昨日~ (7, 0.7%)

1 たつきり此処, たりし, の気圧, の疲労, やがって, やがれ, 消えて

▼ 一昨日だった~ (6, 0.6%)

1 かそれとも, かと思う, かも随分, か何, か彼, か稲

▼ 一昨日~ (6, 0.6%)

2 たりし 1 い, てひどい目, て皆, れば

▼ 一昨日~ (6, 0.6%)

2 と鮎釣, の心, を不安

▼ 一昨日ここ~ (5, 0.5%)

1 に帰っ, に運びこまれ, へ着いた, へ郵便屋, を訪れた

▼ 一昨日~ (5, 0.5%)

1 あり今年, くらべて, なって, 倍し, 送ったとは

▼ 一昨日~ (5, 0.5%)

2 へん元気 1 けえ, へん元, 菩薩の

▼ 一昨日帰っ~ (5, 0.5%)

1 てもらった, て来てら, て松新, て見ます, て間もなく

▼ 一昨日その~ (4, 0.4%)

1 前の, 前日, 親王殿下の, 長雨が

▼ 一昨日~ (4, 0.4%)

1 かパウル・ハイゼ, か覚え, つて, といつた

▼ 一昨日でした~ (4, 0.4%)

1 か, かすっかり, かね外出, か一寸

▼ 一昨日までの~ (4, 0.4%)

1 お銀様, ものと, 露西亜人今朝迄の, 黒い喪服

▼ 一昨日からの~ (3, 0.3%)

1 こと私も, 仏って, 花の

▼ 一昨日だって~ (3, 0.3%)

1 そうさ, そうでしょう, 見ろ

▼ 一昨日だつた~ (3, 0.3%)

2 か野村君 1

▼ 一昨日~ (3, 0.3%)

1 ござります, 切れて, 終了した

▼ 一昨日です~ (3, 0.3%)

1 か衆議院, ね二川さん, ね頭

▼ 一昨日までに~ (3, 0.3%)

1 一二度は, 書く物, 殉死した

▼ 一昨日よりも~ (3, 0.3%)

1 ずっと熱, 今日は, 深く心

▼ 一昨日半次~ (3, 0.3%)

3 の奴

▼ 一昨日~ (3, 0.3%)

1 へ帰っ, を出た, を飛び出す

▼ 一昨日手紙~ (3, 0.3%)

1 が参りまし, を書こう, を鶴子さん

▼ 一昨日揚げた~ (3, 0.3%)

1 ばかりだ, 砂だらけの, 蠅だらけの

▼ 一昨日自家~ (3, 0.3%)

3 の半次さん

▼ 一昨日見た~ (3, 0.3%)

1 時より, 時よりも, 飯田と

▼ 一昨日あやうく~ (2, 0.2%)

1 結婚し, 結婚しそこなった

▼ 一昨日いい~ (2, 0.2%)

2 ところを

▼ 一昨日おいで~ (2, 0.2%)

1 だ, と蹴り出され

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 丙の, 其出来揚り

▼ 一昨日とは~ (2, 0.2%)

1 変つて居りません, 變つて居りません

▼ 一昨日なんか~ (2, 0.2%)

1 生まれつきだ, 骨膜炎の

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 函館から, 私は

▼ 一昨日ふと~ (2, 0.2%)

1 思い出して, 聞出したから

▼ 一昨日また~ (2, 0.2%)

1 それが, 用が

▼ 一昨日までも~ (2, 0.2%)

1 思ひ詰めて, 政府を

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 昨夜怪我を, 昨日私の

▼ 一昨日一昨々日~ (2, 0.2%)

1 の晩, は

▼ 一昨日二階~ (2, 0.2%)

1 の日, へ籠城

▼ 一昨日佐伯~ (2, 0.2%)

1 から屆, から届け

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 が話した, に食わした

▼ 一昨日入った~ (2, 0.2%)

1 ビラに, ビラの

▼ 一昨日出そ~ (2, 0.2%)

2 ろひしと

▼ 一昨日初めて~ (2, 0.2%)

1 廊下を, 来られた方

▼ 一昨日学校~ (2, 0.2%)

1 へこなかった, も辞職

▼ 一昨日帰った~ (2, 0.2%)

2 ばかりだ

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 出に, 話を

▼ 一昨日持っ~ (2, 0.2%)

2 て来た

▼ 一昨日東洋城~ (2, 0.2%)

1 からも聞きました, が来た

▼ 一昨日死んだ~ (2, 0.2%)

2 のです

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 にも親族, も無事

▼ 一昨日注いだ~ (2, 0.2%)

2 ビールの

▼ 一昨日着いた~ (2, 0.2%)

1 ばかり全, んです

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

1 の所, を風呂場

▼ 一昨日笹野新三郎~ (2, 0.2%)

2 から用意

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

2 の遠い

▼ 一昨日訪ね~ (2, 0.2%)

1 て來, て断られた

▼ 一昨日話し~ (2, 0.2%)

1 ていた, て置いた

▼ 一昨日買った~ (2, 0.2%)

1 ばかりさ, 反物を

▼ 一昨日近藤~ (2, 0.2%)

2 に診

▼ 一昨日逢っ~ (2, 0.2%)

1 てもそう, て昨日

▼ 一昨日~ (2, 0.2%)

2 を呉れた

▼ 一昨日電車~ (2, 0.2%)

1 がとおりはじめた, にて宅

▼1* [254件]

一昨日あたり大分妙のよう, 一昨日あたり故郷の静岡, 一昨日あなたに御, 一昨日あれから神田, 一昨日あんなり別れ, 一昨日いただいたお手紙, 一昨日おっしゃったとき私は, 一昨日おめにかかったとき余りこまかく, 一昨日お出でだ, 一昨日お前を診, 一昨日お昼前に帰し, 一昨日お話をし, 一昨日一昨々日頃この, 一昨日かう云ふ, 一昨日かけし小便は, 一昨日かしら写したあたし, 一昨日かに村の, 一昨日からでせう, 一昨日からねあなた, 一昨日きたら逢われたんです, 一昨日こんな大火事, 一昨日府内に, 一昨日すっかり差押えられて, 一昨日そこへ行っ, 一昨日そのまま純粋に, 一昨日たいへん元気な, 一昨日たたれたそうだ, 一昨日ちやんと成り立つ, 一昨日ちやアんと牛乳, 一昨日つれて来た, 一昨日であるのか, 一昨日という人が, 一昨日とうとう書き上げて, 一昨日とか開札は, 一昨日なくなつた私, 一昨日なくなった私の, 一昨日などはことにそうであった, 一昨日なんかはこの子, 一昨日にでも死したるもの, 一昨日には見えなかったから, 一昨日はじめて外へ, 一昨日ひどいおなかの, 一昨日ひどく風が, 一昨日ひまをとっ, 一昨日へんな間違い, 一昨日ほとんどだしぬけに, 一昨日ぃぞれ降ったれ, 一昨日もネ私兄の, 一昨日やっと看護婦さんが, 一昨日よりは昨日昨日よりは, 一昨日わかったばかりな, 一昨日アムブロアジヌお婆, 一昨日カテリーナ・イワーノヴナの家, 一昨日パパは梨, 一昨日パーヴェル・パーヴロヴィチと大, 一昨日フョードル・パーヴロヴィッチに報告, 一昨日プリングスハイムに病院, 一昨日マデハリベットヲ打, 一昨日マネージャーにここ, 一昨日モスクワ地方行政部へ行った, 一昨日と晩伊三郎, 一昨日一日公園をぶら, 一昨日三口表御医師見習, 一昨日三笠を見物, 一昨日上府されたとの, 一昨日上簇が済ん, 一昨日總へ, 一昨日代々木の, 一昨日以来の, 一昨日以来ベルリンにおいて閲兵, 一昨日以来一般小荷物受付中止で家, 一昨日以来原の町, 一昨日以来当分のうち休航, 一昨日以来頭がむしゃくしゃ, 一昨日伊勢守どのに拝顔, 一昨日会社から使, 一昨日伯爵夫人を追跡, 一昨日伴直人の祝賀会, 一昨日余叔岩や尚, 一昨日光子が会社, 一昨日入手したブエノスアイレス特電, 一昨日兩國の獸肉屋, 一昨日兩國橋に引返さう, 一昨日六日のを七日, 一昨日内諾の意, 一昨日昨日, 一昨日出した手紙です, 一昨日出たぎり帰らねえとの御沙汰, 一昨日出奔の御, 一昨日出来上がったばかりのところ, 一昨日出発の日, 一昨日切った庭の, 一昨日刑罰に処せられる, 一昨日別段気に, 一昨日利仁が枯野, 一昨日医者が随分, 一昨日十七日の夜, 一昨日博文館を訪ねた, 一昨日友ちゃんが速達, 一昨日取次に出た, 一昨日港通りの, 一昨日なりひどい, 一昨日吉岡家の門前, 一昨日吉良殿へは御, 一昨日同じ大学の, 一昨日向島へ行かなかつた, 一昨日哲学館において井上円了氏, 一昨日唖聾を石倉, 一昨日四谷通夜店にて買, 一昨日坊津で経験ずみ, 一昨日埼玉の川辺利島, 一昨日に出頭, 一昨日塾中に搗かせた, 一昨日墨堤を散歩, 一昨日夕飯がすん, 一昨日多分あなたも, 一昨日大使館にて会う, 一昨日大殿が手ずから, 一昨日大連から歩い, 一昨日大阪の人たち, 一昨日天皇陛下ラヂオを通じて米穀缺乏, 一昨日太郎左衛門をつれ, 一昨日られた子, 一昨日姫路へ行きました, 一昨日媼さんがお, 一昨日あは, 一昨日宇津木兵馬という若い, 一昨日宿でちよ, 一昨日小林社長は大阪, 一昨日小畑より打ち解けたる, 一昨日尾道を無, 一昨日を登っ, 一昨日山越えで見舞い, 一昨日師匠から聴かせ, 一昨日帰りまして新, 一昨日常陸丸が出, 一昨日幸便に托し, 一昨日で盆, 一昨日の梅, 一昨日弁護士が行った, 一昨日移りし家, 一昨日引越著に付, 一昨日当市の付近, 一昨日が隠れ家, 一昨日心祝いに買った, 一昨日思い切って老, 一昨日感冒に冒された, 一昨日打ったんだ, 一昨日投げ捨てたままの, 一昨日投出して行, 一昨日持つて出た, 一昨日挿した椿は, 一昨日探し出した次第で, 一昨日描いたのよりも, 一昨日教師を番町, 一昨日つてし, 一昨日新たな子, 一昨日新潮に出版, 一昨日に誘引, 一昨日明けさせて越し, 一昨日春陽展を上野, 一昨日昨日今日とつづい, 一昨日書き洩らしてはならない, 一昨日初めて西山一帯, 一昨日来いとフイ, 一昨日来たばっかりのところ, 一昨日来るぜい, 一昨日松本で城, 一昨日松次郎が持っ, 一昨日林町へ行っ, 一昨日柿沼さんが見えまし, 一昨日に落雷, 一昨日の家, 一昨日武器を取り上げた, 一昨日母さんがどこ, 一昨日母者の葬式, 一昨日水茶屋を出した, 一昨日江戸を發, 一昨日浅草へ行った, 一昨日浦和のひで子, 一昨日浮田方と東軍, 一昨日深川の帳場, 一昨日済ませたのも, 一昨日温泉へ着いた, 一昨日湯浅さんの来る, 一昨日火薬が爆発, 一昨日無理をした, 一昨日煉瓦地で見た, 一昨日を訪ね, 一昨日片腕は折れたであろう, 一昨日申告して, 一昨日異人館で見た, 一昨日盗まれたのでございます, 一昨日盗んで逃げた, 一昨日盗賊をし, 一昨日真岡から豊原, 一昨日神田の方, 一昨日突如東北へ, 一昨日突然父より, 一昨日から投げこん, 一昨日箱根の国境, 一昨日終会後校舎の周囲, 一昨日締めて行, 一昨日巡礼を, 一昨日から眺めた, 一昨日胆吹の山, 一昨日自殺した東宝社員佐分真, 一昨日舗石を血, 一昨日色々女の, 一昨日つたん, 一昨日葬ったんだ, 一昨日を貰っ, 一昨日のいい, 一昨日行った時の, 一昨日被害者の勤務, 一昨日計画したよう, 一昨日訊問室に当てた, 一昨日訪ねた時男爵が, 一昨日読み了えた, 一昨日読み終えたダヌンチオの, 一昨日赤谷山の頂上, 一昨日の命, 一昨日ゐた由, 一昨日退職願ひを, 一昨日退院した手術, 一昨日通った奉天と, 一昨日逢ったばかりな, 一昨日運搬屋が梅, 一昨日那須温泉から帰っ, 一昨日部屋を貸し, 一昨日重三がお, 一昨日重吉も樺太, 一昨日金山の工夫, 一昨日銀座の大通り, 一昨日錦水にて臨風子, 一昨日鎮守府で喧嘩, 一昨日勢さんに, 一昨日降つたばかりの白雪, 一昨日雑司谷へ参申候, 一昨日雑談の原稿書き, 一昨日降りて, 一昨日雨模様の欝陶, 一昨日電報を読んだ, 一昨日電車通りへ出, 一昨日青年に話し, 一昨日から傷, 一昨日頃静岡から出, 一昨日預けた時は, 一昨日食った麺麭を, 一昨日食つた麺麭を今, 一昨日食堂車へわたる, 一昨日養生に出発, 一昨日り何, 一昨日鶴岡の多