青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三浦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~三 三~ ~三つ 三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三度 ~三日 三月~
三浦~
三田~ 三角~ 三郎~ ~上 上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた

「三浦~」 1119, 12ppm, 9088位

▼ 三浦さん~ (122, 10.9%)

6 の家 52 に相談, のステージ, の最後

1 [105件] か, から絵画, があんなに, がいくら, がば, がみえました, がわざわざ, が上京, が僕, が山中湖畔, が手塩, が自, が至急, だ, です, と, とおっしゃる, とせがれ夫婦, とは大した, と並んだ, と仰, に, にし, にたずねた, に逢った, に進駐軍, の, のお話, のマネージャー井上, の名前, の場合, の子供, の日常生活, の旧友, の曲, の本, の欧米二十年間, の独唱, の異母弟, の相手役, の真情, の行動, の記憶, の談話, の音楽家, はあたし, はいつ, はがっかり, はこう, はこの, はこの世, はこの間, はこんな, はその, はそんなに, はなぜ, はまた, はまったく, はケロッと, はステージ, はドビュッシー, はハッキリ, はマネージャー, は一月前, は一生, は三浦謹之, は二人, は兼松さん, は四月, は四月二十五日, は塩, は夜, は始め, は山中湖畔, は思い出, は放送局, は最後, は最近, は服装, は泣い, は湖畔, は生, は生れつき天真爛漫, は病院, は終戦後, は自分, は自動車, は足, は非常, は食欲, またからい, も係り合い, も俺, も江戸時代, をお, をたずね, を完全, を悲壮, を東京, を訪ねた, を訪問, を迎え, 拝みますよ, 相変らず, 程社会

▼ 三浦~ (118, 10.5%)

3 土地は

2 [14件] ところに, 土地が, 大介, 娘に, 娘を, 孫娘と, 孫娘の, 屋敷に, 屋敷の, 故郷の, 方から, 殿様に, 細君と, 細君の

1 [87件] いうよう, いう通り, うちへ, ことにまで, ことは, この話, そういうの, そばに, とくいな磯節, ところへ, ほうへ, ほうを, もとに, ような, ように, ムツより, 一族が, 一族で, 一族は, 事を, 介と, 傾城薄雲厠へ, 先生で, 党は, 公郷村から, 公郷村まで, 南海岸を, 叔母も, 同僚達は, 土地に, 土地の, 土地を, 城が, 大崩壊, 奮戦察すべきである, 如きは, 姓を, 姿が, 娘, 娘などと, 孫娘が, 家の, 家は, 家へも, 家来は, 宿所の, 宿所へ, 宿所を, 屋敷で, 屋敷へ, 屋敷を, 山上家から, 平六左衛門義村, 幽鬱, 意味も, 愛の, 方が, 方に, 方へ, 書斎で, 東海岸に, 柔かさ, 横須賀に, 殿にも, 水焚き, 浜辺で, 海岸そっくり, 生涯の, 祖で, 細君が, 細君だった, 細君に, 細君は, 義村さま結城の, 西海岸に, 親は, 言の, 言尻を, 話に, 足に, 身にとって, 返事も, 釣堀と, 門前で, 館で, 鯛とは, 黒い矢

▼ 三浦~ (111, 9.9%)

12 いった 2 こたえた, しばらくの, それを, 歪んだ笑顔, 私の, 見て

1 [87件] あああれ, あくまで冷, あたしの, あたりを, あとから, いつもナポレオン一世, いなかった, おこりました, おもむろに頤, かぶせて, こう云い, こう云う, しかしケロリ, じゃけん, すぐに, すぐ茶化し, そういった工合, そうしたこと, それには, たくみに, たしかに変装, とくいで, どんなもの, ふしぎに, ふり返った, もう物故, やはり落ち着き払った, わざとそうすました, わざと不機嫌, わざと声, わざと鼻, わらいも, イギリスを, エール大学に, カイゼル・インスティテュートへ, シンガポールへ, ニコニコ懐し, ニューヘヴンの, ビタミン, ベルリンの, ロンドン大学で, 一人で, 一足先き, 何に, 例によって, 例の, 依然として静, 冷かに, 力を, 医者私は, 反って, 吐出すよう, 女房の, 子供の, 小切手は, 少しも, 引取って, 当事者が, 当時の, 急性腹膜炎で, 東国の, 気が, 澱みなく, 独身ものだった, 田代の, 秀才だった, 突ッぱなして, 立ちすくんだ, 立ち上った, 立上った, 立留った, 終夜この, 肚は, 自分に, 落ちつき払っ, 落付いた, 藤村操の, 衛兵長に, 贅沢な, 逆に, 酋長ロロに, 隆景を, 随兵悉く, 非常に, 首を, 鸚鵡返しに, 黒鯛に

▼ 三浦~ (42, 3.8%)

4 のほう 2 は少し

1 [36件] から十メートル, から姉, がひどく, が甲府, が迷っ, でも無駄, とともにこの, と一緒, には何とも, にも妹, によくそう, に読ませた, のところ, のバス, の傍, の妹, の存在, の家, の将来, の故郷, の生家, の羨, はおい, はことし, はどぎまぎ, は姉妹, は少から, は思わず, は日本, は私, は結婚, は苦笑, は首, も, も困るだろう, を

▼ 三浦三崎~ (40, 3.6%)

5 の方 2 の関宿

1 [33件] から勤労動員, で船大工間宮平次, で読んだ, とが外門, と対し, なるあの, にや燈, に於ける, に渡御, のさる, の事, の君江, の実家, の山, の御, の方角, の方面, の族党, の木精, の生れ, の百姓, の遊廓, の間, はありがたく, は三浦半島, は大まか, は女, は屁, は目, は蕪, は誰びとも不尽, へ出かけ, まで出かけ

▼ 三浦~ (40, 3.6%)

2 のあと, の歌, は病気

1 [34件] から紹介, がいつ, がニューヨーク, が世界, が通過, ですが, と今, ならでは, なんかにたいしてどういう, に一役, に惚れた, の, のとこ, のよう, の最後, の競争者, の若い, の長唄, の門, はどこ, はロンドン, は三浦政太郎, は世界一, は再び, は夫, は女, は彼, は日本, は音楽, まで満州, や平井房人来訪, や清水金太郎ら, や藤原義江, を尊敬

▼ 三浦半島~ (38, 3.4%)

1 [38件] から房総半島, が相, でなければ, とが鋭く, とを結んだ, と房総, にまでつ, に移つて, に移り住んだ, に移り棲んだ, に興味, に轉地, のゆるい, の味方, の城ヶ島, の尖端, の山, の岬端, の景色, の松輪, の油壺, の海釣り, の淡島, の漁村, の脊, の葉山, の野, の野島, の長, の鴨居, の鴨居あたり, の鴨居沖, めぐりを, を占領せり, を攻撃, を旅行, を望んだ, を領

▼ 三浦~ (37, 3.3%)

5 の高尾 2 の主人, の御

1 [28件] でお, というの, という宿屋, といふ旅人宿, と云, と云う, に勤め, に着く, に高尾, のあやし, のお, の一室, の二階, の使い, の側, の前, の抱妓, の揚巻, の文字, の白玉, の裏手, の見世先, の間, はこの, へ行, より仏蘭西製, を立っ, を立つた

▼ 三浦老人~ (34, 3.0%)

3 の家 2 の旧宅, をたずねる

1 [27件] からも何, から聴かされた, がこんな, が久しく, が云い出した, その人, との関係, とむかい合っ, とも懇意, と親しく, にあて, にもしばらく, の方, はこう, はため息, は一息, は代っ, は又, は大久保, は笑い, は耳, は自身, は語った, も打解け, も笑い, も笑い出した, も笑った

▼ 三浦~ (31, 2.8%)

2 私を

1 [29件] いっても, こう語り, このエーフェリチェ, これ, こんなにも私, しばられて, すわった, そのまえ, クイクイの, シンガポールへ, 傍に, 出掛ける時間, 勤めて, 多少彼, 太刀川の, 女房の, 帰って, 帰つて来る, 引立てられて, 折角勉強, 来て, 死んだの, 沈んだ声, 独断で, 皆の, 私と, 突ッ慳貪に, 結婚後は, 追駈け

▼ 三浦~ (27, 2.4%)

2 一緒に, 二人で, 田代と

1 [21件] いろいろあれこれ, お母さんが, ドイツへ, ロップ島の, 一高時代に, 一高時代の, 上総とに, 上総とは, 上総の, 云うの, 僕とは, 僕は, 同年配, 染め出した暖簾, 田代に, 田代は, 相談しました, 私を, 酋長ロロが, 酋長ロロとに, 酋長ロロに

▼ 三浦~ (24, 2.1%)

5 田代も 2 私も

1 [17件] いっそアメリカ, きッ, そうした寂しい, その尾, その通り, ともにその, みなトム公よりは, もう今, 土手の, 始めて, 後から, 快く承知, 由良の, 盃を, 知らない小倉, 研究が, 船酔で

▼ 三浦須美吉~ (22, 2.0%)

2 であった

1 [20件] が前, が無言, という日本人, という漁夫, という者, といえ, と太刀川時夫, にはことば, は, はかねて, はしてやっ, はその, はふだん, はロップ島, は体, は大して, は遺書, は郷里平磯, は酋長ロロ, を引きたて

▼ 三浦~ (21, 1.9%)

1 [21件] ある山上家, ある本家, お約束, して, しては, そういわれ, よびかけた, 住む山上七郎左衛門, 命じて, 思いがけない話, 渡御左衛門尉義村殊に結構, 相談します, 突伏せられ, 聞えたが, 言わせると, 話しましたら, 話を, 足を, 踏みとどまった訳, 限るね, 預けて

▼ 三浦政太郎~ (14, 1.3%)

2 と密会, の妻 1 が病院, が結婚, では, という者, との結婚, と一緒, と一高, に来, は飽くまでも, もその

▼ 三浦~ (11, 1.0%)

3 へ嫁入り 1 から出, ではいつも, でも代々あそこ, となれり, のこと, の墳墓, の領地内, への嫁入り

▼ 三浦~ (11, 1.0%)

1 [11件] から山上氏, が各, にゆづれ, に潔く, の忠義, はこちら, はその, は眞宗, も亦, も実は, 御一族

▼ 三浦環さん~ (11, 1.0%)

1 [11件] が僅か, だとは, のシューベルト, の告別式, の家, の帰京, は昔, は東京滞在中, は歌劇, は非常, を訪問

▼ 三浦~ (10, 0.9%)

1 おくって, かき口説きやっと, ふり返った, ほうりこむと, 呼んだ, 引上げた, 相手に, 襲った大, 訪ねて, 誘惑した

▼ 三浦一族~ (10, 0.9%)

2 の墓 1 の佐原十郎義連, の和田小太郎義盛, の子孫, の直系, の者, の衣笠城, は小田原, も多く

▼ 三浦~ (9, 0.8%)

2 介とか, 助好評 1 介とは, 介なり, 介は, 介を, 助が

▼ 三浦先生~ (8, 0.7%)

1 からのお, が至急, にいろいろ, にお, においで, にお願い, のところ, はよく

▼ 三浦博士~ (8, 0.7%)

2 と結婚 1 から借, の勧告, の奥さん, の秘蔵弟子, の言はる, の論文

▼ 三浦右衛門~ (8, 0.7%)

3 の最後 1 の死, は府中落城, や俊寛, をよくも, を養い

▼ 三浦あなた~ (7, 0.6%)

2 の歌 1 がこんなに, の, の蝶々さん, はメルバ, は本当に

▼ 三浦義連~ (7, 0.6%)

2 の亭 1 がこう, がひきわけ, のやしき, は菅六, も

▼ 三浦謹之~ (7, 0.6%)

3 助博士 2 助先生 1 助両氏, 助博士位

▼ 三浦から~ (6, 0.5%)

1 來た, 分かれて, 来たこと, 来たもの, 結婚の, 返事が

▼ 三浦さま~ (6, 0.5%)

2 御一族 1 には裏切られ, はあの, はもともと, ほどの御

▼ 三浦~ (6, 0.5%)

1 まいる時, 出かけた時分さ, 嫁いだ頃, 嫁ぎましたの, 対する一番, 縁づいた時

▼ 三浦~ (6, 0.5%)

1 が孫娘, の孫娘, の族権, の舞台, はその, は上総介平広常

▼ 三浦千代乃~ (5, 0.4%)

1 が一人, とだけある, とのこと, のこと, の手紙

▼ 三浦環女史~ (5, 0.4%)

1 が倫敦, が楽屋, の声帯, の自叙伝, は歌う

▼ 三浦行男~ (5, 0.4%)

2 の家 1 からの使い, としてはそれ, は単行本

▼ 三浦介殿~ (4, 0.4%)

2 じゃ 1 が家来, でご

▼ 三浦内科~ (4, 0.4%)

1 で大変, というの, に空室, の助手

▼ 三浦大介義明~ (4, 0.4%)

1 が八十余歳, という人, などその, の末子

▼ 三浦~ (4, 0.4%)

1 というは村一, と云う, と云つて, などは正造

▼ 三浦殿~ (4, 0.4%)

1 とは家風, の御, もお, を悩ました

▼ 三浦では~ (3, 0.3%)

1 ありません, ない, チャンポ甲州の

▼ 三浦でも~ (3, 0.3%)

1 なければ, 吾妻でも, 田代でも

▼ 三浦という~ (3, 0.3%)

1 人から, 人の, 老人は

▼ 三浦喜太夫~ (3, 0.3%)

1 が庭さき, は驚いた, へ頭

▼ 三浦工学士~ (3, 0.3%)

1 と僕, のペン, の友人

▼ 三浦政太郎博士~ (3, 0.3%)

1 が生き, が見出した, の墓参

▼ 三浦~ (3, 0.3%)

1 のお願い, の声, は十五年前

▼ 三浦義澄~ (3, 0.3%)

1 と結婚, に片貝, の一族

▼ 三浦荒次郎~ (3, 0.3%)

1 がわたし, やこうした, を攻めた

▼ 三浦だの~ (2, 0.2%)

1 樫井西村今村だ, 源平時代に

▼ 三浦とは~ (2, 0.2%)

1 かまわずさき, 衛兵に

▼ 三浦などの~ (2, 0.2%)

1 諸教授, 連中の

▼ 三浦にも~ (2, 0.2%)

1 それを, 訳を

▼ 三浦はず~ (2, 0.2%)

1 けりと, ん

▼ 三浦七兵衛~ (2, 0.2%)

1 から豊後守, の手

▼ 三浦三吉~ (2, 0.2%)

1 は今, も口惜し

▼ 三浦上総~ (2, 0.2%)

1 の両, の籠手

▼ 三浦介義明~ (2, 0.2%)

1 であった, も木蘭地

▼ 三浦周行~ (2, 0.2%)

2

▼ 三浦和田畠山~ (2, 0.2%)

1 といったよう, なんぞという

▼ 三浦左衛門尉さま~ (2, 0.2%)

1 の手柄顔, はやをら御前

▼ 三浦~ (2, 0.2%)

1 に捕はれた, の方

▼ 三浦方面~ (2, 0.2%)

1 へかけ, へ敗走

▼ 三浦梅園~ (2, 0.2%)

1 の著書中, は豊後

▼ 三浦祠官~ (2, 0.2%)

1 は朝, を始め

▼ 三浦~ (2, 0.2%)

1 に守られ, は市内

▼ 三浦老人訪問~ (2, 0.2%)

1 の第, の約束

▼ 三浦華園~ (2, 0.2%)

1 と云, の宿引き

▼ 三浦~ (2, 0.2%)

1 といえ, のペンネーム

▼ 三浦観樹老~ (2, 0.2%)

1 だつた, は生れつき

▼ 三浦軍医正~ (2, 0.2%)

1 といっしょ, もそう

▼ 三浦道寸父子~ (2, 0.2%)

1 の墓石, の沈没船

▼ 三浦~ (2, 0.2%)

1 などで今, の久能谷

▼ 三浦~ (2, 0.2%)

1 へ帰っ, をこえ

▼ 三浦~ (2, 0.2%)

1 か新しい, に限る

▼1* [153件]

三浦いずれもう一度あうこと, 三浦だってそんな男, 三浦といふ村会議員と, 三浦とが言合せた, 三浦とても素晴らしかった, 三浦とでもいうならたとえ, 三浦との生活は, 三浦ともあるもの, 三浦どうぞあなたの, 三浦ならロクな, 三浦にさえ内緒で, 三浦にだけは打明けました, 三浦にて北條を, 三浦にとっては自分の, 三浦に対して平家からも, 三浦ははッきり, 三浦へも所中, 三浦がきの, 三浦まで御挨拶, 三浦もしもあなたが, 三浦田代は, 三浦ウイルソン大統領ですよ, 三浦クイクイの神, 三浦介の, 三浦ファミリイの霊魂, 三浦ロロの二人, 三浦ワンダフルな, 三浦一族坂東八平氏武蔵七党などの混成旅団, 三浦三崎一帯の人家, 三浦三崎鎌倉材木座姥ヶ谷と転々, 三浦三崎関宿にある, 三浦郡の, 三浦乾也が来, 三浦二郎義澄は, 三浦今夜私はあなた, 三浦介源義明であること, 三浦以外の土地, 三浦作右衛門だ, 三浦作右衛門様から, 三浦偽って, 三浦僕等の如き, 三浦先生おいでですか, 三浦光子を思わせた, 三浦兵六力を得, 三浦兵六左衛門義勝がおなじ陣, 三浦兵衛尉さまからお話, 三浦兵衛尉義勝とあります, 三浦刑事をかし, 三浦千葉佐々木など誰, 三浦半島側の観音崎, 三浦半島浦賀から半, 三浦博士位有名な名医, 三浦参玄洞という人, 三浦右衛門義元と云う, 三浦君そこへ伏せ, 三浦周行らの諸, 三浦和田の軍勢, 三浦の曲, 三浦土肥などの人々, 三浦まで送っ, 三浦大介が子, 三浦夫妻を田舎, 三浦始め周囲の者, 三浦をついでる, 三浦安藤岩野三大夫より酒肴, 三浦宗次郎氏と同, 三浦実道氏に永山氏, 三浦小村二氏に愛せられ, 三浦少将の第, 三浦屋四郎兵衛は分別者, 三浦屋裏手の斬合い, 三浦岬行きの舟, 三浦岱榮譯昭和二十三年創元社, 三浦左衛門が, 三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, 三浦左衛門尉結城左衛門尉内藤右馬允等供奉せしむ皆歌道, 三浦左衛門尉義村さまがまたも, 三浦平六兵衛尉さまのお, 三浦平六左衛門尉義村同弟九郎右衛門尉胤義等, 三浦平太夫という人, 三浦志摩守といったよう, 三浦忠通という人, 三浦悟楼のほか寺田彦太郎, 三浦憲治君はことし, 三浦憲郎君とともに飯詰村中島, 三浦按針を用い, 三浦按針祭というもの, 三浦政太郎さんが気の毒, 三浦敏夫君を訪, 三浦新井城主の嫡男荒次郎義光, 三浦新村長谷川石橋他の二人, 三浦早く逃げないと, 三浦春樹君の妹さん, 三浦梅太郎の時姫, 三浦梧楼富田鉄之助をはじめ有志二千余名, 三浦横須賀在公郷村の方, 三浦次郎千葉六郎など先頃, 三浦次郎義澄の兄弟, 三浦正子だから, 三浦武田伊東河越工藤なども陣, 三浦死んだ吾妻なんぞとは, 三浦氏滅亡の條, 三浦という三つ, 三浦浄心の, 三浦熊谷畠山足立平山などの諸, 三浦父子の恨み, 三浦独特の蝶々さん, 三浦環女史挨拶に出, 三浦環嬢を連れ, 三浦環氏がイタリー, 三浦環門下の栗山道子, 三浦田代の三人, 三浦画伯の愛弟子, 三浦直樹と云う, 三浦五郎は, 三浦石堂仁木畠山などから老臣今川範国, 三浦福助の時姫, 三浦立上って奮戦, 三浦竹泉九谷方面では山代, 三浦糸子と云った, 三浦糸子射殺事件が更に, 三浦紺がすりの羽織紐, 三浦義勝などの投降部隊, 三浦義澄方に居候, 三浦老人夫婦であった, 三浦自身はとうとう, 三浦若狭守泰村という人, 三浦茂信の, 三浦荒次郎義澄は旅装, 三浦藤作の, 三浦が住ん, 三浦行男氏を訪れる, 三浦西巻とお前, 三浦観樹爺さんのやう, 三浦観樹老人が一代, 三浦諏訪などの新手, 三浦貞連曾我ノ入道, 三浦財部の二学士, 三浦越中守羽仁越中守同将監, 三浦越中弘中三河守等の勇将, 三浦道寸の息, 三浦道斎とか斎部道足, 三浦郡久比利貝塚なり, 三浦郡大津村に信誠寺, 三浦郡武山村大字太田和はその, 三浦郡白根沖合に差しかかる, 三浦郡蘆名村に生れ, 三浦酒造店である, 三浦陸軍中将その他伊東岩佐らの侍医, 三浦須美吉君か, 三浦を斬っ, 三浦高通や二, 三浦魯一氏の説