青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丈夫~ ~三 三~ ~三つ 三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三度 ~三日
三月~
三浦~ 三田~ 三角~ 三郎~ ~上 上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~

「三月~」 3744, 40ppm, 2873位

▼ 三月~ (596, 15.9%)

11 末の, 第四日曜 8 末に, 間に 6 下旬に 5 うちに, ことである, 声を, 或る, 末から, 末で 4 ことで, 二十七日に, 初めに, 半ばに, 節句に, 間は

3 [12件] ある日, はじめに, 中旬でした, 以前も, 出代りから, 後には, 朝の, 末か, 淋しさ, 第三日曜, 第三日曜日, 雪が

2 [41件] お節句, こと, ことだった, ことであった, ことでした, ことを, この大雨, なかばに, はじめお, 一日に, 三日に, 下旬には, 中に, 中旬に, 二十日は, 余も, 出代りに, 初めの, 十九日に, 十五日で, 四日雛祭も, 夜の, 始めだ, 幾日だ, 延期には, 或日, 撮影は, 日記に, 春寒が, 末, 末だ, 末つ方消え, 末であった, 末まで, 末を, 総選挙, 花の, 陽を, 雛の節句には, 頃には, 風は

1 [380件] あいだという, あいだに, あいだには, あいだを, あいだ一滴も, あぢ, あは, あひだ, ある寒い, ある朝, いわゆる菜種河豚, お芝居, がいま, くだりに, ことが, こと相, ころまでの, ころより, ごく初め, すばらしい麦畑, その第, ただで, ときも, とき保に, なかば, なかばごろの, なかばであった, なかばである, なかばの, なかば頃, はじめから, はじめころに, はじめごろひどく, はじめだ, はじめです, はじめにも, はじめの, はじめへ, はじめ下總神崎の, はじめ凍てつく, はじめ永い, はじめ頃では, ゆとりは, よい季節, ようだ, プランを, プロレタリア文化団体への, ミカレエムだ, 一日離屋の, 一番寒い, 七日, 三十日だった, 三十日ほんの, 三日お雛様の, 三日すなわち, 三日ちょうど, 三日である, 三日と, 三日一先づ薩摩へ, 上旬ながら, 上旬まで, 下り凧, 下り凧は, 下旬あるいは, 下旬から, 下旬で, 下旬の, 下旬五十四帖書写の, 下旬余が, 下旬頃の, 中の, 中ばと, 中半の, 中旬から, 中旬の, 中旬廣重の, 中旬月の, 中旬頃から, 中旬頃まで, 中頃で, 中頃に, 中頃の, 中頃近くなっ, 九日で, 九日は, 事ある, 事だ, 事で, 二十七日から, 二十九日, 二十二日に, 二十五日という, 二十五日に, 二十五日の, 二十何日か, 二十何日かまで, 二十六日に, 二十幾日に, 二十日から, 二十日までに, 二十日以後に, 二十日過ぎに, 二十日過ぎ六条院の, 二十日頃の, 二日が, 二日だ, 二日でした, 二日に, 二日は, 二日今日は, 二日細川の, 五千四百三十四名から, 五日に, 五日以後に, 交で, 人の, 今に, 何日かに, 何日とかは, 保の, 修業式の, 修業証書授与式の, 修業證書授與式の, 停戦と, 六日から, 出代りには, 出来事で, 出版に, 出版イタリヤの, 出生である, 出生にて, 分が, 刑期を, 初で, 初に, 初の, 初めで, 初めにゃ, 初めまで, 初め内藤湖南の, 初め掘, 初め死體は, 初め私が, 初め頃の, 初旬, 初旬だ, 初旬には, 初旬入院し, 初旬日本は, 初旬頃であった, 十一日じゃろう, 十七日です, 十三日に, 十三日も, 十九日で, 十二日その, 十五日お母さんと, 十五日でした, 十五日には, 十五日の, 十五日私の, 十五日迄に, 十何日ごろから, 十八日には, 十六日に, 十幾日に, 十日ごろの, 十日であった, 十日という, 十日までに, 半ばで, 半ば百姓弥之助は, 半ば過ぎ, 半ば過ぎである, 半ば頃で, 半ば頃私は, 卒業期に, 土を, 場合に, 声が, 夜であった, 夜保の, 夜僕は, 夜深, 大阪出しものを, 天であった, 奈良坂, 女鴉, 始めに, 始め三日は, 始め頃だった, 始雲雀は, 季節と, 季節も, 宵の, 宵は, 宵節句と, 山桜が, 平均温度が, 年度末には, 往来を, 後に, 後の, 後薔薇の, 後青山百人町を, 感想, 或暮方, 扇ノ山付近, 扇屋熊谷で, 手紙に, 拘留は, 探索で, 撮影の, 撮影を, 教育宗旨に, 文書の, 新夫人, 新富座初演で, 旅は, 旅行の, 日, 日あたりそれらの, 日の, 日を, 日光は, 日劇は, 日劇打合, 日数が, 日記の, 星が, 昼の, 時日頃彼を, 晦日だ, 晦日で, 晦日まで, 暖かい陽, 暮れた街, 暮青海の, 更によい, 月に, 月日が, 朔日に, 朝彼の, 朝陽に, 木の, 末あちこちの, 末お, 末だった, 末である, 末でございました, 末でした, 末でも, 末には, 末へ, 末コッソリ蟹口の, 末二度目に, 末夕暮近き, 末廿八日であった, 末日に, 末日空つ, 末東京に, 末私は, 末若く, 末藤に, 末近い, 末近くに, 末雲雀が, 末頃からは, 末頃だつた, 末頃に, 末麦酒会社の, 末麹町の, 条, 条に, 来たこと, 東京座を, 東京見物や, 柏軒の, 桃の節句だ, 桃節供に, 桜どきで, 桜花を, 歌舞伎座で, 比渡島, 気候である, 深夜らしい, 淵江村事件を, 清明の, 灯の, 片手落ちなお, 琴平神社の, 産後から, 発行, 白藤の, 石垣の, 穀雨と, 空, 空を, 空蒼く, 立山の, 第一火曜日, 第三, 第二回興行, 第四, 節に, 節供と, 節供は, 節句から, 節句が, 節句では, 節句には, 節句の, 節句も, 節句前の, 終に, 終りだ, 終りに, 終りには, 終り彼, 終り近く, 終わりの, 終わる日, 胤長さまの, 能, 舞台に, 芝居の, 花, 花が, 花はた, 花見の, 花開き, 花頂山の, 行糧を, 試験が, 詩との, 詩会は, 諸文芸時評, 重禁錮, 野, 長州侯を, 開場式には, 間, 間この, 間それを, 間という, 間とても, 間の, 間われは, 間一片の, 間乘る, 間尋ねた, 間心が, 間搜し, 間暇さえ, 間江戸の, 間渠は, 間繰返さなくっ, 間苦労しまし, 間髮へ, 陽気に, 陽氣に, 雛の, 雛や, 雛人形に, 雛祭の, 雛祭り, 雛祭りに, 雛祭りには, 雛祭りは, 雛遊びの, 雪どけが, 雪どけ水で, 雪の, 革命が, 頃から, 頃で, 頃なれ, 頃は, 頃よく, 風四月の

▼ 三月~ (306, 8.2%)

21 なって 11 なると 8 入ると 7 入って 6 なれば 4 して, なった, なってから 3 なつた, なります, なるわ, 入ってから, 発表した, 至って

2 [14件] あまる看病, いたりて, なっても, なるか, なるが, なるまで, 一度今の, 二度と一年半, 僕が, 入ってからは, 卒業し, 大学を, 結婚し, 跨がる様

1 [195件] あった宮島, いたり, いたるまでの, いたる間, いっぺんは, お母さんに, お見舞, かわると, するか, それぞれ清国と, たくましい一篇, とうとう死んだ, とうとう病気, なくなり翌年一月父, なったばかり, なったばかりの, なったら念, なったら時々, なった或, なってからは, なってからも, なつたら, なつて, ならないうち, なりても, なりまして, なり或, なる, なるわねえ, なろうと, はいったばかりの, はいり少し, ひょっとする, ふさわしい三月, まず最初, めでたく大, もう六年ヨ, やつと, ガスで, サー, タンガンイカ湖で, ナチス, ビキニで, フランスへ, 一人ずつの, 一度, 一度くらい, 一度くらいは, 一度ぐらいの, 一度ぐらゐは八王子へ, 一度しか, 一度ずつ, 一度など, 一度に, 一度の, 一度は, 一度位ずつは, 一度年に, 一度彼女は, 一返, 一閑斎が, 三千疋だけ, 三度動機不明の, 三月中天気を, 上杉謙信が, 中学を, 中学部一年級の, 中村座から, 之を, 亀田鵬斎が, 二度ほどずつ, 二百俵三十人扶持の, 二羽とも, 五月に, 亙る上海市街戰, 今度は, 仙台から, 伊太利亜オペラを, 來た, 信濃松代同, 偶然かの, 兄伊勢守正福が, 先だち, 先生が, 入ったら暖, 入っては, 入っても, 入つた, 入つて, 入りうち, 入りわが, 入り今や, 入れば, 入学する, 再び巴里, 再度上京, 処せられたり, 出したの, 出した土, 出た, 出た武鑑, 出て, 別れること, 利春は, 到る期間, 卒業いたします, 又旧, 及ぶも, 及べども, 受け損なったらまた, 台湾の, 右翼反動団体の, 君が, 咲く, 夜の, 女と, 完了された, 室咲きの, 少年店員を, 山東の, 山陽の, 崩御された, 師範学校の, 年を, 式を, 引き移ったその, 当時阿部家に, 彼は, 御催促, 徴士と, 忠利は, 恵那山脈の, 掛けて, 故将軍, 敦忠が, 文部省主催の, 明軍を, 曲淵和泉守景露が, 更に長崎奉行, 書かれた, 書き残したもの, 木挽町五丁目は, 未決監には, 桐生家に, 榛軒が, 権中納言に, 次郎と, 死ぬと, 死のうと, 死んだので, 死んだ父, 水野十郎左衛門は, 浦賀奉行にな, 焼け出されてから, 瓜あり, 生れる予定, 生れ一三一一年兄アルポイノ, 當る, 病院へ, 県道の, 確定し, 神に, 私の, 私は, 私達は, 秋田の, 竹柏会の, 第一号, 紅葉と, 終つた, 組織された, 自分の, 至って家康, 至つて許された, 至り遂に, 至る, 至るまで, 芽ぐみ四月, 薨じ, 行われる総, 赤心報国の, 起った博多合戦, 足らぬ契り, 足らぬ短い, 軍を, 転読する, 這入ってから, 這入ると, 部屋は, 開場した, 閏あり, 閏が, 隊が, 離縁に, 霞亭は

▼ 三月~ (112, 3.0%)

8 前から 5 四月も 3 前の, 続いた 2 前に, 半歳も, 四月もに, 末です, 溜めて

1 [83件] ある, いよいよ下旬, お目にかかりません, こえ四月, この土地, したらもう, するうち, すると, すれば, た, たったて, たつてから, たつと, なかばに, なかばを, なかば過ぎ, なかば過ぎだ, のびる御, まだ中, もう末, やれば, 両親の, 中には, 人と, 住んで, 先の, 出勤しない, 半ばと, 半ばに, 半ばを, 半ば経っ, 同じこと, 同様に, 太平楽を, 姿を, 家に, 家を, 寝て, 居候し, 廿日余りと, 待たねば, 待った後, 待って, 後の, 投身者の, 拘禁された, 敵を, 春分の, 暮れ四月に, 末の, 末近くなっ, 気ままに, 浸って, 済んだから, 湯になど, 牢には, 生きて, 留らなかつたか, 程近い, 稼いで, 立つと, 終りに, 経たない内, 経たぬ中, 経た後, 経ち忘れも, 経った今, 経ましたろうか, 絶えて, 經た, 続いたが, 続いて, 腰を, 起きません, 辛棒する, 逗留し, 過ぎて, 過ぎとう, 過ぎましたじゃ, 過ぎ大通り, 開けたこと, 隔たって, 顔を

▼ 三月三日~ (91, 2.4%)

4 この池 2 で御座いました, に天上, の節句, の雛祭

1 [79件] おひな様, から渋谷, が過ぎた, その年, であ, であった, でお, でも, で大潮, で桃の節句, で秀吉, という文字, という日, という暦, と云う, にあれ, にお, において浴澡, になっ, にはたかが, には安倍沙美麿, には桜田門外, には竜, には蓬餅, には雛, にもなりません, に二, に井伊大老, に出立, に勝三郎, に女, に少女達, に岡部美濃守, に広島, に村, に桜田, に決行済み, に祭日, に行われる, に静岡, のお, のお雛様, のこと, の丁度, の上巳, の事, の午ごろ, の吟行, の夕方, の夜, の川遊び, の慣習, の日記, の早朝, の晩, の會見, の朝, の未明, の来る, の桃の節句, の條, の決行, の節供, の誕辰, の間, の雛, の雛祭り, は仏, は女, は忽ち, は黎明, までのあいだ, まではその, も四五日, を択び, を期し, を祓除, 確たる証拠, 附けを

▼ 三月~ (72, 1.9%)

2 お嬢様が, まだ雪, 小で

1 [66件] いつか過ぎ, いつもいや, いとなまめいた, いろいろ都合, おとなしくし, おろかたとえ, お母さんの, かかります, かかろう, この人気, そんなに目立つ, また今頃, まだ厳しい, まだ雪だらけ, まア好い, カケ持で, ラシイヌの, 一日なり, 一番よく, 三日と, 上州の, 二十七日だ, 今までの, 俊寛一人を, 八重子と, 北半球の, 参詣人が, 口も, 同じ日, 咲いて, 変化多き, 大なる, 妙に, 実に不吉, 小の, 小説を, 居喰ひで, 帝の, 平田篤胤没後の, 我ま, 掛るだろうという, 斎藤九郎兵衛が, 日劇で, 日本の, 春ながら, 春に, 来てるじゃ, 正御影供, 此うなる, 殊勝に, 母后の, 気ちがい, 永かった, 濠洲の, 獅子の, 皇軍印度国境突破の, 石炭壁に, 経ったろうに, 菊池氏の, 行かぬと, 誤植に, 諒闇の, 通り得られるそう, 陰暦の, 雪で, 食い継ぎ

▼ 三月から~ (66, 1.8%)

3 四月に 2 七月まで, 八月まで, 十月まで

1 [57件] お玉ヶ池の, こっちすっかり, こっちね, こっち私の, こっち私は, この家, その年, だと, なくちゃ, ならあ, また半年, もう工場, ピアノを, フランス革命勃発の, レコード, 一七九二年八月に, 一度も, 七月までの, 九月までの, 五六月まで, 亮は, 今日まで, 以後フランスでは, 修繕工事に, 八月にわたる, 六月頃へ, 初め三日を, 十一月までに, 十七年五月まで, 十五年一月まで, 十月に, 十月までの, 十月頃まで, 半年かけ, 同人雑誌を, 四月にかけて, 四月にかけての, 四月にかけては, 四月にわたっての, 四月へ, 四月への, 多賀ちゃんの, 大久保百人町に, 大正九年九月に, 大正九年九月までの, 始まって, 実によくもやって来た, 幕府の, 後いわゆる, 明治四年四月までの, 来たる辰年二月, 次の, 殆ど五ヵ月つづけ, 煩って, 病気に, 筆を, 開港

▼ 三月には~ (65, 1.7%)

2 いって, 入学試験も

1 [61件] いよいよ三吉, いると, お払箱, その神祇省, できるだろうな, ひつて, また次, まだその, まだ山, みかどの隠岐遠流を, ケレンスキーの, チェコと, 上京されました, 二人で, 二代将軍を, 五人の, 京都江戸同年五月には, 信濃享保三年七月には, 信濃越後嘉永六年二月には, 停年, 先生は, 其近くの, 刈屋を, 四度日曜が, 国へ, 国立割引銀行の, 天皇は, 奥羽鎮撫の, 女子部が, 将軍家かね, 尾張藩主が, 帰すこと, 弘法小屋から, 彼も, 御重体, 日光同, 日光山同年九月には, 早くも, 早江戸, 榛軒が, 槍沢を, 江戸の, 満期に, 用意万端をと, 田村俊子野上彌生子と, 社を, 空しく西班牙, 米に, 約束され, 義尚将軍から, 蘭軒の, 親許に, 足下のと, 近衛将曹従六位下勲六等間人直足人という, 釧路同, 釧路根室渡島弘化四年三月には, 陸中の, 雛などと, 雷鳴が, 高野の, 麦の

▼ 三月~ (50, 1.3%)

5 いえば 2 いっても, なると, 経たないうち

1 [39件] あるので, いっしょに, いへば, この猿, したの, すぎ半年, すべきを, たたかった, たたぬうち, たつうち, なっても, なつた, なつて, なれば, 九月に, 十二月と, 十日ばかりにしか, 口に, 同じところ, 四月が, 四月とは, 四月とを, 四月の, 定め百日交代, 宣告した, 書いて, 書くか, 書く様, 残つてゐる, 決まって, 申せば, 盆は, 経たぬ中, 言えば, 言っても, 言つても, 読んで, 調子よく, 過ぎ半年

▼ 三月ほど~ (50, 1.3%)

7 前に 3 前から, 前の 2 して, 前で, 後の, 立遅れて, 経ってから, 過ぎて

1 [25件] あとに, かかって, してから, してからの, その寺, たってから, たつと, 僕が, 前までは, 前住居に, 前自分の, 岡本は, 待たせなさいまし, 後であろう, 後に, 支払を, 滞った差配, 病いました, 立ちました, 経って, 経つうち, 經つた, 辛抱した, 過ぎたある, 順天堂に

▼ 三月十五日~ (46, 1.2%)

2 の夜, の記事

1 [42件] が何, その翌年彼ら, といふ日限, となった, に, にお, にはさらに, にも隅田川, に事業, に亡くなられました, に六歳, に取調べ, に敵, に日本, に発行, に行われた, の事, の事件, の其の, の夕方, の大, の後, の怨恨, の投票, の明け方, の昼, の晝, の晩, の暁方, の朝, の未明, の梅若さま, の検挙, の花, はぼく, は三・一五, まだ復興, までに大坂, より四月朔, を以て江戸, を待つ, を梅若様

▼ 三月~ (44, 1.2%)

3 の梵天 2 の月光, の諸, は今, は自分, や唐招提寺, や戒壇院

1 [29件] から男山八幡, がある, とに頭, などの古典的, に上れ, のよう, の三像, の不空羂索, の不空羂索観音, の不空羂索観音等, の乾漆, の仏像, の他, の内部, の塑造日光月光, の外観, の屋根, の建築, の建造, の良弁, はたびたび, は天平五年, へまわった, も高畑, や聖林寺, よりも前, をおとずれた, を訪れる, 正倉院

▼ 三月~ (43, 1.1%)

73 に発表 2 だから

1 [31件] からで, か四月号, がとどいた, が国民食, で池田寿夫, といえ, とに文壇諸家, とま, と四月号, に, にのせた, にのった, には一七四八年以降, に村山知義さん, に泥, に現れた, に紹介, のため, のストランド誌, の中央公論誌上, の主婦, の分, の婦人雑誌, の寺田寅彦追悼号, の社説, は特輯, までが一冊, まで編輯, も四月号, をちゃんと, を通じて見る

▼ 三月~ (42, 1.1%)

4 のこと 2 から四月, には必ず

1 [34件] から四月五六日頃, じゃあまだ, だった, とその, には南, に伜, に入っ, に受け取る, に孝平, に死んだ, に賜暇, に高等学校并, の事, の俄, の卒業式, の夕方, の或, の数日, の日曜日, の春, の暖気, の木曾路, の真夜, の行事, の長い, の陰った, は例年, までには神田, までのわずか, までの間, まで動かせなくなっ, より四月初め, より遂に, 捕われ白テロ

▼ 三月ばかり~ (41, 1.1%)

7 前に 2 たつと, 前から, 前の

1 [28件] するうち, たったころ, たったとき, たつうち, でなくその, まえに, チタの, 世話に, 事件は, 入院した, 内儀さんの, 前です, 前までは, 前山電気を, 前田純敬先生の, 前突然, 前頃の, 台湾を, 寢て, 後の, 掛って, 立つて, 経った一人, 経つた, 經つてひよつくり, 行ッて, 辛棒した, 重く病みける

▼ 三月八日~ (40, 1.1%)

5 の婦人デー 3 の国際婦人デー 2 という日

1 [30件] からдом, から四月十日, こそは日本, だ, だがなと, でその, と誰, において彼ルーズベルト, にすらり, にする, にはその, には女たち, にカゲヒ, に亀千代, に婦人デー, に瞑目, に築地小劇場, に記念, のこと, の午後, の土曜日, の大和地方, の女, の婦人, の質問演説中, は世界, は例年, は女, を以て寂し, 亦小

▼ 三月十日~ (35, 0.9%)

6 の空襲 2 の大, も自分

1 [25件] からはじまり, で文久三年, にお, に寂, に師匠, に長子恒善, のあの, のこと, の下町, の初, の夜, の日記, の朝, の未明, の東京, の東京日日新聞, の欄, の浅草本所深川, の空, の記事, の陸軍記念日, は奉天決勝, は朝, ばかり前, まで伊那

▼ 三月下旬~ (32, 0.9%)

3 であった 2 から四月, から四月中旬

1 [25件] から一ヵ月入院, から同年七月上旬, その大き, だつたが, にちかく, には東山道軍, にやっと, に一度保, に京, に南日君, に第, のある, のいま, のロンドンタイムス, の二十六日, の全国的弾圧, の午後, の夜明, の庭, の春氣分, の朝, の長閑, まで未決生活, より四月下旬, 小さい子

▼ 三月一日~ (30, 0.8%)

3 の朝 2 は恰度日曜日

1 [25件] から毎日一時間前後, だぜ, だった, で一高, というの, なり, にかけての諸, には, には態, にドルー, に下田奉行, に六十二歳, に総, に農奴解放, のこと, の夜明け頃, の晩, の暮, は一高, は疲労, より, より其期間, より助手, を忘れよう, 全く予告

▼ 三月四月~ (30, 0.8%)

1 [30件] が最高潮, その頃, でも吹雪, とすぎ, とたっ, とたつ, と撮っ, と春, と時, と過ぎ, と過ぎる, と骨, などよく, になりまし, には雌雄相, に入っ, に及び, のきょう, の交, の冬, の意味, の間, の頃, の食い, は食い, は食いじまい, もたって, も納まっ, 煩うげ, 経つた

▼ 三月七日~ (29, 0.8%)

3 の夜

1 [26件] といえ, に, には群馬, にローヤル・ソサイテー, に三十八歳, に吉野, に抽斎, に故郷, のまえ, の事, の天気, の後, の新聞紙上, の昼八ツ, の月曜, の朝, の条, の直前, は慊堂, は私, は願いごと, より後, をもって白石, を忘れる, 当村百姓与作後家篠, 暫しが

▼ 三月~ (29, 0.8%)

2 にお, に来た, に死んだ, のこと

1 [21件] から寢, から西班牙, だ青い, とは心持, になる, に出, に帰った, に彼, に死ん, に満, に無類, に轉げ, の事, の二人, の仕事, の四月, の太郎, の自分, までは私, 国立出版所を, 死んだ時

▼ 三月~ (28, 0.7%)

3 来た 2 間いろいろ苦心を

1 [23件] すぎ四, 二年にも, 來た, 出代りそれ, 夢の, 大四月, 季節の, 押しつまって, 来たらどう, 来ました, 来るまでに, 来れば, 水谷で, 満期で, 炭の, 程に, 経ち初秋, 経った, 近づいて, 過ぎたら北, 過ぎて, 過ぎても, 間の

▼ 三月~ (28, 0.7%)

2 に偶然, の終り

1 [24件] から大分, がすぎる, である, でおろし, に, にその, にはむかし, には御, に一兩二分, に亡くなっ, に出来た, に女, に旅, に機会, に死ん, に良人, に逃げ出した, に逃げ出す, の五月頃, の明治四十二年, の末, の赤ん坊, ほどで死ん, まだ死骸

▼ 三月九日~ (27, 0.7%)

5 の夜 2 の大

1 [20件] から五月二十一日, から建暦元年, だ, だと, と三月十五日, には山, に亡き人, に将軍家, に母, に至つて始, のところ, の下町, の戦災, の書牘, の火, の空襲, の経基, の記事最後, まで延長, 始めて

▼ 三月六日~ (26, 0.7%)

2 に伊賀, のこと

1 [22件] から瓦斯, だ, で文台, とし, にいた, にわたしたち, にカンヅメ, に七十六歳, に優善, に実現, に広岡, に柏軒, に至る, に静岡県小笠郡六郷村字小澤, ねられぬま, のこの, のその, の事, の夜, の日曜日, の母, の記

▼ 三月十七日~ (26, 0.7%)

3 に歿 2 に蘭軒

1 [21件] から打, であったと, でまる, になった, には師伊沢蘭軒, には高麗朝臣福信, に亡くなりました, に入, に四季部, に妙解院殿卒去, に容態, に富士屋ホテル, に春日寺, に東京, に棠軒, に父蘭軒, のこと, の夕六ツ頃, の夜, の朝, はセント

▼ 三月二十一日~ (25, 0.7%)

2 の午後, の朝

1 [21件] いよいよ今日, がその, である, でこの, に, には彼ら, に一度, に寂, に御, に抽斎, に日比谷公会堂, に母五百, のこと, のシューベルト, の函館, の夕, の夜, の日附, の早朝, の暁方, より四月十五日

▼ 三月十四日~ (25, 0.7%)

1 [25件] から一週間, から新宿駅, から記念祭, づけの, で私, といえ, とした, にお, になる, には島田三郎外五名, にスタンレー, に一ヶ月半ぶり, に世界プロレタリア, に其家, に大阪曾根崎新地, に病い, に至, に間に合う, のこと, の夜半, の晩, はうす, はちょうど, も唐突, 御祝言

▼ 三月~ (24, 0.6%)

2 あつた, もう一年以上

1 [20件] いい出府, これをば, せうか, それが, まだ余寒, もうそんな, やめよかしら, やんだが, 外へ, 恰度もう, 既に第, 消えて, 満五年, 澤山である, 私の, 終って, 終りです, 終了した, 近くの, 間違いなく

▼ 三月四日~ (24, 0.6%)

2 の夜

1 [22件] づけの, といふ, にはすでに, にはもう, にバク弾, に京都, に帰化, に柏軒, に第, に蘭軒, に馬籠, に驚駭, の午後十二時, の午過ぎ, の新聞, の月, の朝, の衆議院, より七月十九日, を迎えた, 即ちチベット, 立って

▼ 三月~ (23, 0.6%)

5 四月に 2 半年かの

1 [16件] そこら会は, 何月なりや, 半年ぐらい, 半年だった, 半年で, 半年に, 四月かという, 四月ぐらい, 四月ごろかな, 四月しか, 四月だ, 四月で, 四月の, 四月ッて, 四月前に, 四月目から

▼ 三月十三日~ (23, 0.6%)

3 に蘭軒 2 のこと

1 [18件] この日進歩党, という, と言う, にお, には再び, には容赦, に出, のしかも, の博多合戦, の博多合戦前後, の夜, の寅, の朝, の正午下り, の買い入れ, の雪, の雷雨, は斯

▼ 三月十二日~ (23, 0.6%)

2 の夜

1 [21件] があれ, が実に, だ, だったと, である, で光, で月俸三十五円, にお, にその, に古今書院主人橋本福松君, に大王殿下, に子, に完成, に屍体, に江戸, に老中土井大炊頭利位, の事実, の合戦, の月, の条, ももう

▼ 三月まで~ (22, 0.6%)

2 麻布の

1 [20件] お待ち下され, お貸し下さい, でしたから, オート・ロアルや, 七回にわたって, 五十金拝借は, 今の, 何を, 全国視学官市視学およそ, 国語音楽の, 外の, 学生だつた, 寮へ, 弾圧が, 待てば, 此処に, 此地で, 殆ん, 積雪し, 退屈しない

▼ 三月~ (22, 0.6%)

1 [22件] から展覧会, から起き出し, が最も, が産卵, である, でもあった, ならたいてい, なら頑張って, にはもう, には京大坂, には時々, には藤橋, に一寸電話, の気候, の船, の雪, ほどのこと, までは雪, までやつ, までスキー, まで家, まで就職

▼ 三月二十日~ (21, 0.6%)

1 [21件] いよいよジャン, から三十一日, から三日間従業員, から第, から開場, であるので, とする, と九月二十二日, になっ, には松平伊豆守, の, のこと, のその, のアゲ本, の日記, の条, の熱狂, は近代劇, までだ, より五月二十日, を通じて攻撃

▼ 三月十八日~ (21, 0.6%)

2 であった, を想像

1 [17件] つまり十方舎, でそれから, で降りなさい, に, にも私, に広田内閣, に弘前, に書い, に書いた, に起った, のくだり, の午前四時三十分, の夜, の手紙, の朝, の聴取書, は高谷千代子

▼ 三月中旬~ (20, 0.5%)

2 から河

1 [18件] ある日千々岩, だから, であらう, である, にはわが, には銚子, には鮎, にわたる単調, に大阪, に発売, に高知, のこと, の北風, の午後四時頃, までを最適, より二年六月上旬, より四月朔日, 迄この

▼ 三月二十八日~ (18, 0.5%)

2 の事

1 [16件] から浅草観音, である, で次に, には十一歳, に凹巷, に十六歳, に歿, に長子恒善, に閑院大納言, のお, の午後, の午後六時五十分, の日附, の晩, の黎明, を期し

▼ 三月二十六日~ (18, 0.5%)

2 の夜

1 [16件] お富, から博文館, である, で父, にはまた, に和田駅, に茅場町, に讃岐, に起った, に里開, のこと, の前日, の君, の夜四つ半時, の怪火以来, の条

▼ 三月~ (17, 0.5%)

2 の重要

1 [15件] とする, となっ, にでき上る, にどうしても, にはさらに, にはひとつ湊川近傍, には一夜, には出, には出来る, に入る, に卒去, に発願, に蘭軒, に退院, に送っ

▼ 三月二十五日~ (17, 0.5%)

1 [17件] であった, であつ, です, とある, といひ, に久しぶり, に伝聞, に八十三歳, に同, に夭, に蘭軒, に首, の修業式, の委員會, の婦人民主新聞, の朝, の条

▼ 三月五日~ (17, 0.5%)

1 [17件] から十七日, から水, だったの, である, といふ日, と十一日, によこす, に一人, に余程, に兵乱, に幕府, に御, のこと, の午前, の節句, の脅迫状, は幾度

▼ 三月ごろ~ (16, 0.4%)

1 [16件] いい声, からここ, から内地, であつ, で庸三, なら一ノ俣, にかけ, になっ, に出したい, に枯死, の, のなす, の空, はかえれる, まではどうやら, まで辛抱

▼ 三月にも~ (16, 0.4%)

2 なるのに, なる老女, なれり 1 なった, なりますが, なるので, 同九年二月, 同十二年三月, 噴火し, 大地震, 天保九年四月にも, 浅草で, 相州さまは

▼ 三月二十二日~ (16, 0.4%)

2 から四月二十五日

1 [14件] づけ御, にお産, に作られた, に書, に生れ, に発, のもの, の頃, の項, は私たち二十七回卒業生, も近くなつ, より遅れ, を得る, を示し

▼ 三月~ (15, 0.4%)

2 限りと

1 [13件] 一周年記念興行として, 九州から, 吹いて, 夢の, 待って, 指すから, 有効に, 経る内, 經て, 迎えて, 迎えるころ, 過した, 過す中

▼ 三月三十日~ (15, 0.4%)

2 の夕, は例年

1 [11件] だ, だったが, ちかくなっ, です, にはゼノバ北方, に帰京, の午後五時, の夜, の東都, までのモスク, を以て私

▼ 三月二十七日~ (14, 0.4%)

2 迄の間

1 [12件] および同年十月六日, ですね, とにかく春日殿, に公布, に始まる, に御, に染筆, に歿, に酒井忠清, の夕方, の夜, の日付

▼ 三月二十四日~ (14, 0.4%)

2 から二十七日

1 [12件] けふ, に, には初, に予審, に吉田菊潭, に女, に最終, のこと, の日附, の朝明け, の衆議院, の長門壇ノ浦

▼ 三月興行~ (14, 0.4%)

2 に, の蓋 1 から市川荒次郎, から新富座, において団十郎自身, に出勤, に坪内逍遥博士, に左団次, に菊五郎, の中幕, は二月二十八日, より出勤

▼ 三月はじめ~ (13, 0.3%)

2 から肋膜炎, であった 1 であるから, でなん, に長崎, のめずらしい, の或, の晩, の暖かい, の曇った, の雪

▼ 三月二十九日~ (13, 0.3%)

2 の朝

1 [11件] に主人, に十六歳, に将軍家綱, に森枳園, に死んだ, に歿, に越州, の夜, の早朝, の陰った, まで職

▼ 三月二日~ (13, 0.3%)

2 づけの, に 1 こなた五月, である, で芝居, には笞打, に竜華寺, の夜, の晴れた, 迄, 過其対岸

▼ 三月十一日~ (13, 0.3%)

1 [13件] が五月一日, になっ, に又, に幕府, に忠之, に阿部侯正精, に願済, の午後投函, の夕方, の朝, まで滞留, より三十日, より開始

▼ 三月十六日~ (13, 0.3%)

1 [13件] とした, には勤, に三人, に学校庭内, に正宗院, の夜行列車, の日付, の月, の朧ろ月, 与狩谷, 大拷問, 実は八月十四日, 第二次卒業試験

▼ 三月二十三日~ (12, 0.3%)

1 [12件] が最後, だったので, でまだ, なりき, に六十九歳, に帰る, に贔屓役者七代目団十郎, の午, の夜, の夜雲龍寺, の朝, の深更

▼ 三月~ (11, 0.3%)

1 [11件] に利章, より又, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 四

▼ 三月~ (11, 0.3%)

2 前から, 過ぎて 1 して, ひどく窮迫, 前ふと, 前迄は, 立つて, 経ち切れた電球千個, 経った乗合

▼ 三月とは~ (10, 0.3%)

1 いえまだ, いないの, いへ峠, かからなかった, たたぬ間, ゐないん, 持たなかった, 經つてゐない, 続きませんでした, 言っても

▼ 三月なかば~ (10, 0.3%)

2 にここ 1 に帰っ, のある, のこと, の冷え冷え, の午後, の或, の花見日和, までには信雄

▼ 三月三十一日~ (10, 0.3%)

1 から四月一日, どんよりと, にここ, には証人, に常, の夜晩, の常例, の条, の深更, 迄桑港領事

▼ 三月上旬~ (10, 0.3%)

2 のこと 1 その年最初, だと, に登城, に転住, の三日, の頃兵庫浦, は朝, 新憲法草案

▼ 三月初め~ (10, 0.3%)

1 っ方, であった, にかけて高遠城, に至って, に至る, に雇われた, のこと, の夜中, の巳, の頃十一二歳

▼ 三月初旬~ (10, 0.3%)

1 このかた, その本陣, であるかも, なりしが, に, に作家同盟, のこと, の大祭, の月, までのうち

▼ 三月十九日~ (10, 0.3%)

2 に神楽坂署長室 1 でした, には鞍馬毘沙門, にわたって十七年前, にニューヨーク, に六男翠暫, に紐育, の夜, の条

▼ 三月ぶり~ (9, 0.2%)

1 だ折, でお, で十一月二十三日, で聞く, で陸, に, に木谷村, に芸者, の訪問

▼ 三月~ (9, 0.2%)

1 あるの, だけ無我夢中, だそう, と申した, の天引, の敷金, の頁, を強請, 出して

▼ 三月~ (9, 0.2%)

1 が満, の作る, の家庭, は処女作, は卒業, は小倉聯隊附中佐, は横尾谷, は欧州視察, は陸軍省

▼ 三月でも~ (8, 0.2%)

2 四月でも 1 この小杉卓二, それからそれ, 一月末か, 持ちます, 支えられるという, 此処に

▼ 三月あまり~ (7, 0.2%)

1 たつて, も大患い, も根気, も病み臥し, も逗留, を送る, 自分の

▼ 三月です~ (7, 0.2%)

1 からね, から五月, から日中, がどだい, ね, もの, よ

▼ 三月にな~ (7, 0.2%)

1 つて, つてから, つてからは, つても, つて年米を, つて江戸中滿開の, つて美吉屋にも

▼ 三月より~ (7, 0.2%)

1 七月へ, 三十三ヶ月の, 九月まで, 四月に, 四月にかけて, 四月四月より, 山野加入の

▼ 三月ごし~ (6, 0.2%)

2 にも成, の今日 1 にもなり, 蟄居閉門を

▼ 三月~ (6, 0.2%)

1 からシャバ, つたと, つて云ふ, という, と云う, わね

▼ 三月ばかりも~ (6, 0.2%)

1 いて, したら出征, ぶらぶらし, 家へ, 立った頃, 経った頃

▼ 三月ほどの~ (6, 0.2%)

2 後に, 間に 1 うちに, 用意しか

▼ 三月~ (6, 0.2%)

1 そこらでは, 半季の, 半年で, 半歳は, 四月の, 四月は

▼ 三月~ (6, 0.2%)

1 ありますので, して, で駄目, になるらしい, はそこ, 続いた恋

▼ 三月~ (6, 0.2%)

3 たない 1 たぬうち, ちました, つたら會

▼ 三月~ (6, 0.2%)

2 りも 1 りたつて, り休学, り前借, り誰

▼ 三月にかけて~ (5, 0.1%)

1 可怪, 大坂は, 手帳に, 白雪山谷を, 若い人々

▼ 三月ばかりの~ (5, 0.1%)

2 間に 1 フォックステリアを, 間だった, 間天氣さへ

▼ 三月~ (5, 0.1%)

3 かけて 1 この, 入つて

▼ 三月まえ~ (5, 0.1%)

1 このぬすんだ, と云え, の出来事, も医者, 堺枯川が

▼ 三月以後~ (5, 0.1%)

2 の事 1 に建てられた, はこれ, はほか

▼ 三月半ば~ (5, 0.1%)

1 から喉, でもう, にわれわれ, のある, の丁度

▼ 三月半年~ (5, 0.1%)

2 と経つ 1 か一年, と段々日, と買

▼ 三月歌舞伎座~ (5, 0.1%)

2 にて 1 で, で子供芝居, にて福地桜痴居士建碑興行

▼ 三月近く~ (5, 0.1%)

1 あの妖艶, なるにも, になる, もなる, も彼

▼ 三月たつ~ (4, 0.1%)

1 と十人, と四期分, と次第に, と知れ

▼ 三月である~ (4, 0.1%)

1 からきょう, からひと, から女房たち, が我輩

▼ 三月とも~ (4, 0.1%)

2 なれば 1 かくと, 居付かない

▼ 三月にしか~ (4, 0.1%)

1 なって, ならないが, ならないのに, なりませんが

▼ 三月までに~ (4, 0.1%)

1 八十三万人が, 就業する見透しである, 請け出すの, 足利町及び

▼ 三月一ぱい~ (4, 0.1%)

1 は保つ, は保つであらう, は夥しい, を全部記念公演

▼ 三月一杯~ (4, 0.1%)

1 が鮒釣, に原稿, は全, 掛かって

▼ 三月以上~ (4, 0.1%)

1 はこの, もかけ, もの長, やがて四月

▼ 三月公演~ (4, 0.1%)

1 がゴーリキイ, のゴーリキイ作, のゴーリキー, はゴーリキイ

▼ 三月~ (4, 0.1%)

1 すぎて, の或, を科せられ, 七が

▼ 三月廿九日~ (4, 0.1%)

1 に父, に生れ, の堺, はただ

▼ 三月~ (4, 0.1%)

1 からはもう, から一九四五年八月, に新, の手形

▼ 三月晦日~ (4, 0.1%)

1 の夜, の夜八つ半時頃, の天人像, まで少々

▼ 三月発行~ (4, 0.1%)

31 の第

▼ 三月程の~ (4, 0.1%)

2 間の 1 間に, 間は

▼ 三月経っ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ても四月, て此方, て漸く

▼ 三月革命~ (4, 0.1%)

1 から十一月革命, で倒された, はこの, を経

▼ 三月ぐらい~ (3, 0.1%)

1 だと, 前の, 立ってから

▼ 三月しか~ (3, 0.1%)

1 寿命の, 経って, 経つまいと

▼ 三月でした~ (3, 0.1%)

1 けれども二人, ぜ, ね

▼ 三月では~ (3, 0.1%)

1 あつた, ありませんか, ないか

▼ 三月にかけての~ (3, 0.1%)

1 出来事で, 半年ほどの, 間に

▼ 三月ばかりは~ (3, 0.1%)

1 あらゆる新婚, それでもまだどうか, 食えるだけの

▼ 三月ほども~ (3, 0.1%)

1 たったころ, ぶらぶら病で, 湘南地方に

▼ 三月~ (3, 0.1%)

1 へからこの, へからの借り, へ穂麦

▼ 三月までには~ (3, 0.1%)

1 いなくならなく, どうか, 約四ヶ年間

▼ 三月までの~ (3, 0.1%)

1 一秒は, 給料は, 間は

▼ 三月二十九日神戸~ (3, 0.1%)

3 にて

▼ 三月五月~ (3, 0.1%)

1 のお, の祭, 棲み馴れて

▼ 三月余り~ (3, 0.1%)

1 にもなります, の間, を殆ど

▼ 三月分家賃~ (3, 0.1%)

3 は三十日限り

▼ 三月十日頃~ (3, 0.1%)

1 に遊行上人, までは書物, まで過ごしました

▼ 三月廿一日~ (3, 0.1%)

1 に山陽, より同, 其の時

▼ 三月~ (3, 0.1%)

1 が月性, はジェリヤ・ブルマール, は四年

▼ 三月攻勢~ (3, 0.1%)

1 にルーデンドルフ, の攻勢方面, の目標

▼ 三月早々~ (3, 0.1%)

1 河内の, 薩藩士堀仲右衛門上書に, 退校し

▼ 三月~ (3, 0.1%)

1 には当時抽斎, に抽斎, の作

▼ 三月~ (3, 0.1%)

1 に五十六歳, に十五歳, に本番

▼ 三月末頃~ (3, 0.1%)

1 から咲き出した, だったかも, の白

▼ 三月東宝進出~ (3, 0.1%)

1 についての相談, のこと, のプラン

▼ 三月男の子~ (3, 0.1%)

3 を産む

▼ 三月~ (3, 0.1%)

1 一日曜としては, 二册は, 四日曜日ぐらいに

▼ 三月節句~ (3, 0.1%)

1 で皆, に当る, の日

▼ 三月経たない~ (3, 0.1%)

2 うちに 1 間に

▼ 三月~ (3, 0.1%)

1 ゐて, 東京で, 東京の

▼ 三月あたり~ (2, 0.1%)

1 からその, でなくては

▼ 三月あまりに~ (2, 0.1%)

1 して, もなります

▼ 三月かかっ~ (2, 0.1%)

1 ても半年, て苅った

▼ 三月かかった~ (2, 0.1%)

1 がやっと, よ

▼ 三月くら~ (2, 0.1%)

1 ひこんで, ゐの

▼ 三月ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 つもりだった, 間に

▼ 三月ころ~ (2, 0.1%)

1 から後, までの間最初

▼ 三月さくら~ (2, 0.1%)

2

▼ 三月しばりと~ (2, 0.1%)

1 て十円, て十圓

▼ 三月する~ (2, 0.1%)

1 とかねて, と地

▼ 三月その~ (2, 0.1%)

1 九回目を, 当時小早川隆景は

▼ 三月だった~ (2, 0.1%)

1 か二月末, といわれ

▼ 三月であっ~ (2, 0.1%)

1 て淀君, て除服

▼ 三月という~ (2, 0.1%)

1 もの入れ, 今日では

▼ 三月とか~ (2, 0.1%)

1 丁寅七月という, 四月とかの

▼ 三月のそ~ (2, 0.1%)

2 よかぜ

▼ 三月までは~ (2, 0.1%)

1 いるそう, 僕も

▼ 三月~ (2, 0.1%)

1 から毎月, の終わり

▼ 三月らしい~ (2, 0.1%)

1 日暮方であった, 春の

▼ 三月を以て~ (2, 0.1%)

2 京城に

▼ 三月アントワアヌ座~ (2, 0.1%)

1 でこれ, で上演

▼ 三月エコリエ社~ (2, 0.1%)

2 で上演

▼ 三月一日参内~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 三月一日東京市京橋區入船町~ (2, 0.1%)

2 に生まる

▼ 三月上巳~ (2, 0.1%)

2 の節句

▼ 三月上旬一男子~ (2, 0.1%)

2 を挙ぐ

▼ 三月下旬七日間~ (2, 0.1%)

2 の公演

▼ 三月~ (2, 0.1%)

1 に依ったら, 宜の

▼ 三月二十二日先生~ (2, 0.1%)

2 と先生

▼ 三月二十五日辰~ (2, 0.1%)

1 の刻, の刻生れ

▼ 三月二十八日ロシア~ (2, 0.1%)

2 では最も古く

▼ 三月二十日頃~ (2, 0.1%)

1 から出かけます, に江戸

▼ 三月~ (2, 0.1%)

2 の文書

▼ 三月以下~ (2, 0.1%)

1 には良子刀自所蔵, のには奥医師

▼ 三月以来~ (2, 0.1%)

1 の, のこと

▼ 三月伊藤侯~ (2, 0.1%)

2 が特別

▼ 三月~ (2, 0.1%)

1 の行く, は帽子

▼ 三月初め頃~ (2, 0.1%)

1 からとんと, におけるこの

▼ 三月十五日頃~ (2, 0.1%)

1 から九月十五日, であったん

▼ 三月十八日紅葉館~ (2, 0.1%)

2 に開かれたる

▼ 三月卒業~ (2, 0.1%)

1 したばかり, のひとたち

▼ 三月四月五月~ (2, 0.1%)

1 あ五月, そうです

▼ 三月堂前~ (2, 0.1%)

2 の石段

▼ 三月堂本尊~ (2, 0.1%)

1 に侍立, 同両脇侍

▼ 三月堂派~ (2, 0.1%)

1 の作家, の傑作

▼ 三月巴里フィガロ~ (2, 0.1%)

2 の小

▼ 三月弘法~ (2, 0.1%)

1 に泊った, の下

▼ 三月待つ~ (2, 0.1%)

1 て居られぬ, 間に

▼ 三月待て~ (2, 0.1%)

1 なんぞと云っ, ば父

▼ 三月或は~ (2, 0.1%)

1 半年も, 最初のから

▼ 三月新富座~ (2, 0.1%)

1 に改訂再演, の一番目

▼ 三月明治座~ (2, 0.1%)

1 にて, の

▼ 三月春分~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ 三月朔日~ (2, 0.1%)

1 いよいよ秀吉, に東京

▼ 三月桃の節句~ (2, 0.1%)

1 に入っ, の吉日

▼ 三月検事拘留~ (2, 0.1%)

1 で巣鴨拘置所, のまま巣鴨拘置所

▼ 三月神田三崎町~ (2, 0.1%)

1 に東京座, の東京座

▼ 三月経たぬ~ (2, 0.1%)

2 うちに

▼ 三月菊五郎~ (2, 0.1%)

1 がまだ, の遺子栄三郎

▼ 三月越し~ (2, 0.1%)

1 お化けの, 養つて貰つた宗次郎殿を

▼ 三月近い~ (2, 0.1%)

1 モスク, 病床生活で

▼ 三月過ぎ~ (2, 0.1%)

1 になる, に生まれた

▼ 三月酒屋米屋家賃~ (2, 0.1%)

2 に窮する

▼ 三月~ (2, 0.1%)

2

▼1* [675件]

三月あるいは百ヵ日経つ, 三月いっぱい我慢しましょう, 三月いつぱいで東京都の, 三月いまから三百十二年, 三月いやいや二月でも, 三月いよいよ日清講和談判という, 三月いらい病の, 三月うらわかき人, 三月藤が, 三月からの連名を, 三月かれらは, 三月がかりで遊び歩いた, 三月がほどかかって, 三月くらい続いて, 三月くらいは死んだ人, 三月くらいまでとそれから今日, 三月くらしたあいだに, 三月ぐらいになってて, 三月ぐらゐはどんな事をし, 三月な雪, 三月ここに天皇, 三月ごとにたまった, 三月ごろここへ廻っ, 三月ごろ田舎から出, 三月さきに対外, 三月て徳三郎, 三月しかるべき東京の, 三月しないと船, 三月じゃ遅いじゃ, 三月すえには播州加古川, 三月すれば十万, 三月そこそこでやす, 三月その間何度かあの, 三月そろそろまた卒業, 三月ただにましろく, 三月たっても半年, 三月たってからだ, 三月ちかくよほどの, 三月ぢかくになる, 三月つごもりに時鳥, 三月づつ四季ある, 三月であったという, 三月であったろう東京を, 三月でしょうか, 三月というは欧洲で, 三月とに相次いで, 三月との間に, 三月なども原田から, 三月なり聖天子万機の, 三月なりの余裕の, 三月なればその間幾多, 三月なんの消息, 三月なんということ, 三月における武田と, 三月にかけてが産卵期で, 三月にかけては誠に西風, 三月にかけても天から, 三月にさえなれば, 三月にでもなって, 三月にわたっては金に, 三月にわたる久き, 三月ばかりなどすぐ立っ, 三月ばかりに過ぎなかった, 三月ばかりや侍りけむ, 三月ふみせずうちすぎし, 三月ぶり位で銀座, 三月ほどで止して, 三月また怒って, 三月まだうすら寒い陽光, 三月までかかつてペルリ, 三月までをボルチモアの, 三月みずから七名の家臣, 三月もたつかたたないうちに, 三月ものは未だ, 三月やがて自由党の, 三月よりは遅れなかつただらう, 三月わたしが八歳, 三月をば両親の, 三月をもってウラジオストックに, 三月アピア湾内には米艦二隻英艦一隻, 三月アルスより刊行, 三月ポオル・クロオデルについて, 三月ヨウイイムウ, 三月ロンドンの一素人劇クラブ, 三月ヴァイオリンには触れない, 三月一九四一年十四月エトセトラという, 三月一二の両日, 三月一四日故郷の共同墓地, 三月一年であります大功, 三月一年二年ただその, 三月一日わたしはひそか, 三月一日エルバ島より再び, 三月一日一月おくれで, 三月一日付で北海道開拓長官, 三月一日午後一時ごろなり, 三月一日午後十時同所で死ん, 三月一日大伴家持が, 三月一日大阪から芥川文宛, 三月一日雨が降っ, 三月一杯寝室から一歩, 三月丁亥故原教授, 三月七十一名の身分, 三月七日先鋒の大将, 三月七日夜まで七十六日間, 三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 三月七日徳の幼弟季男, 三月七日日曜の項, 三月七月の三種, 三月三十一日朝神戸にて, 三月三十五歳にし, 三月三十日二上山の賦一首, 三月三十日大地震うて, 三月三十日大臣官房において中村氏, 三月三十日室戸丸は, 三月三十日正宗白鳥君ノ論文, 三月三十日私は住み馴れた, 三月三十日翁六十四歳の時, 三月三十日限り元金百両に付銀六十皿, 三月三味線は三年, 三月三我今君を訪う, 三月三日すべての職場, 三月三日ベルギー官憲はマルクス, 三月三日レシデンツ座で演ぜられた, 三月三日ロンドンの王子座, 三月三日二三の御殿, 三月三日付の條, 三月三日千度戦万度勝也と書いた, 三月三日南畝はここ, 三月三日四月の祭り, 三月三日木を刻ん, 三月三日桃の節句の真夜中, 三月三日桜田の一条, 三月三日死を以て償え, 三月三日義経鞍馬山ヲ出, 三月三日行動を起した, 三月三日道中にて, 三月三日防人を, 三月三日附の野間眞綱宛, 三月三日雛の節句にはその, 三月上旬ごろの気候, 三月上旬彼の父, 三月總中山富木入道の, 三月下旬ごろたった二, 三月下旬ヨリ十月下旬マデ旅費二三等何レモ片道本社負担ニテ現地御案内, 三月下旬京見物に托し, 三月下旬以来ファッショ化した帝国主義日本, 三月下旬位までである, 三月下旬保釈となった, 三月下旬宮本顕治はプロレタリア文化団体, 三月下旬鶯花の節, 三月違仁, 三月丙寅の日, 三月中ばの生, 三月中天気を善く, 三月中旬ひとりで鎌倉, 三月中旬品川伊佐羅子の上屋敷, 三月中旬川原一家は北海道, 三月中旬後は石清水臨時祭, 三月中旬東京警醒社書店から発行, 三月中旬頃すでに河口, 三月中村座の二番目, 三月中村福助の人気頂上, 三月中私はたびたび, 三月中秋冬至の三大祭, 三月中諸の神祇, 三月主君浅野内匠頭殿中にて高家, 三月九・十日観音へ出, 三月九日すなは, 三月九日のは左モモ, 三月九日下町の大, 三月九日協和会の声明, 三月九日夜の戦火, 三月九日夜半の空襲, 三月九日帰朝早々から風邪, 三月九日朝の都下, 三月九日非常之節, 三月九月の十六日, 三月也夫知己相待之殷, 三月二〇〇〇年代に改訂, 三月二の替りのこと, 三月二五日の戴冠式, 三月二八日根岸庵に子規, 三月二六日有楽町の家, 三月二十一日チューリンゲンのアイゼナッハ, 三月二十一日ネープルを出立, 三月二十一日午後五時五十三分彼岸の中日, 三月二十一日土曜日にイタリー, 三月二十一日堀主水一類, 三月二十一日日比谷公会堂の楽屋, 三月二十一日早朝より乾, 三月二十七・八日頃女学校の入学試験, 三月二十七日それは明治三十三年, 三月二十七日三億五千万オンスの銀持高, 三月二十七日外人の上陸, 三月二十七日市川権十郎死す五十七歳, 三月二十七日平八郎父子死す, 三月二十七日日付のもの, 三月二十七日発行の, 三月二十七日筑波山に立, 三月二十七日頃から敵, 三月二十三日午前皆して, 三月二十三日同志代議士中村啓次郎氏衆議院において一場, 三月二十三日本郷区春木町一丁目より出火, 三月二十九日午後七時五十一分三十秒にあの, 三月二十九日夜の殺人事件, 三月二十九日支倉の妻静子, 三月二十二十一日の連休, 三月二十二日あたりから四月七日ごろ, 三月二十二日付長藩家老浦靭負家来赤根忠右衛門宛, 三月二十二日勃然とうごい, 三月二十二日江戸発の書, 三月二十二日與河田氷谷博士相會於洛北一乘寺之遂志軒因主人金子君之發意, 三月二十五六日発行五十銭で総, 三月二十五日後の棠軒従軍日記, 三月二十五日東京玉川上野毛の大東病院, 三月二十五日田中正造は遼東, 三月二十五日発行の第, 三月二十五日真珠三十二個四月十八日ダイヤ十八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 三月二十五日空襲下のパリ, 三月二十五日頃日本プロレタリア文化連盟の関係, 三月二十八日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 三月二十八日教務打合せのため, 三月二十八日朝ベルファストを去り, 三月二十八日神田和泉町より出火, 三月二十八日秀吉は沼津, 三月二十六日上京中深川に於, 三月二十六日午前二時ごろ市内大通六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, 三月二十六日午前五時四十分に四人, 三月二十六日午後予審判事裁判所書記の一行, 三月二十六日春雷の猛り荒ぶ, 三月二十六日甚兵衛は藩老細川志摩, 三月二十六日県立高女校内に発生, 三月二十四日七十五万人の勤労者, 三月二十四日下の関阿弥陀寺, 三月二十四日予約申込ズミです, 三月二十四日午後五時のあの, 三月二十四日最後の演説, 三月二十四日福浦を出帆, 三月二十四日聖徳太子御直作, 三月二十四日風雪を冒し, 三月二十日ごろから入った, 三月二十日すぎから四月初め, 三月二十日ノールウェーのスキーン, 三月二十日京師を立っ, 三月二十日今日は郡司大尉, 三月二十日前日一匹の猫, 三月二十日官軍いよいよ最後, 三月二十日検事廷と予審廷, 三月二十日津軽の大浦, 三月二十日谷干城同家家職某津田仙高橋秀臣の一行, 三月二十日造営の功, 三月二日あたしは神田淡路町, 三月二日ごろはまだ, 三月二日ナポリにてとある, 三月二日下院の議場, 三月二日二代目尾上多見, 三月二日伊勢に帰った, 三月二日弱冠二十六歳にし, 三月二日神尾は翌, 三月二月その中, 三月五日一月ならその, 三月五日七日の両日, 三月五日六十九歳にし, 三月五日牛込軽子坂, 三月五日調印の期日, 三月五月七月九月である, 三月五月七月九月十月の六回興行, 三月五月八月考古學雜誌第十二卷第七號第九號, 三月五目河原崎座で初めて, 三月亡君の一周忌, 三月今後は正業, 三月のよう, 三月以來ね, 三月以来何十人となく, 三月以来思想を錬上げた, 三月以来溜つてゐること, 三月以降に連載, 三月以降警視庁管下だけでも現職巡査, 三月伊勢屋の亭主由兵衛, 三月伊豆守江戸に參覲, 三月伯林ワイマル等を巡り, 三月位置いて, 三月佐保の宅, 三月佐渡に流され, 三月うかと案じ, 三月何となく物を, 三月余り前に一寸, 三月作者四十三歳のとき, 三月保守陣営が絶対多数, 三月保釈ででる, 三月信長が取った, 三月先生の巴里, 三月八十人ばかりの会員, 三月八日СССРの工場, 三月八日エレアーナ女王の登極, 三月八日ニューヨーク市の東区, 三月八日今日の婦人デー, 三月八日大泊港を出帆, 三月八日婦人デーにはもはや, 三月八日巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 三月八日平和のため, 三月八日浜谷由太郎氏の好誼, 三月八日私が便乗, 三月八歳の當主虎之助治頼, 三月六日ごろからは世界じゅう, 三月六日五十五歳で父, 三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 三月六日切開手術を行い, 三月に托児所, 三月内閣に法典調査会, 三月分位は是, 三月分前借りでもさせ, 三月分報酬請求書の件, 三月分溜つて二両と七, 三月初めごろと考え, 三月初旬以来九州帝国大学精神病科本館裏手に起工, 三月初旬多数の被害民, 三月前秋の初め, 三月前若松屋へ奉公, 三月前進を起し, 三月労働農民党を作った, 三月勝手掛勉励の労, 三月十一日初日といふこと, 三月十一日初日三本立で行く, 三月十一日勅使の芝上野参詣, 三月十一日四代目岩井松之助北海道の旅興行中, 三月十一日桃のお, 三月十一日私は寄席, 三月十一日紙上に番外百中十首, 三月十七日プラークへもどった, 三月十七日五十六歳を以, 三月十七日午前四時に一里, 三月十七日大詔一下して, 三月十七日彼は催促, 三月十七日斎藤侍従が学校, 三月十七日熱海を立った, 三月十七日片山八重藏夫婦樽川を発し, 三月十七日申の刻, 三月十七日私たちの卒業式, 三月十三日土曜の先生, 三月十三日崩りたま, 三月十三日朝のほど雨, 三月十三日野間眞綱宛の先生, 三月十九日以来春季休暇中の事, 三月十九日彼を載せた, 三月十九日金曜の項, 三月十九日関口忠太郎山口善兵術大塚源十郎山田友次郎等が正造, 三月十二日ごろのこと, 三月十二日クロンスタットの大衆, 三月十二日午後六時英国ヨークシャー州バルレー村を辞し, 三月十二日奈良京都への出張, 三月十二日徳川二代将軍秀忠が政宗, 三月十二日条に, 三月十二日永劫の旅路, 三月十二日金曜日の項, 三月十五・六・七と三日間, 三月十五日のは右手, 三月十五日わたしの幼少時代, 三月十五日ブロートに, 三月十五日三・一五として歴史的, 三月十五日事件以後の政治的情勢, 三月十五日五十四の時出家, 三月十五日出生隼男と明記, 三月十五日崩りたま, 三月十五日明治八年か, 三月十五日本紙に掲載, 三月十五日梅若の供養, 三月十五日正造は去月二十六日, 三月十五日津輕平賀郷に關, 三月十五日癸丑の日にお, 三月十五日癸丑の日崩りたま, 三月十五日限り私は停車場, 三月十八日三浦さんのマネージャー井上, 三月十八日付の手紙, 三月十八日和歌の浦, 三月十八日坂東家橘死す四十八歳, 三月十八日救世主のエルサレム入城, 三月十八日最後の旅程, 三月十八日裏山の観音堂, 三月十八日頃まで一ヵ月, 三月十八歳の時, 三月十六日パレスタインで強風, 三月十六日午前四時に雪, 三月十六日法然が語っ, 三月十六日清元延寿翁死す七十三歳, 三月十六日附で鉱業人, 三月十六日革命の進展, 三月十四日以来ですよ, 三月十四日四月八日および十日, 三月十四日妹とし子あすは嫁, 三月十四日律師が訪ね, 三月十四日金曜日の朝, 三月十四日附軍刀の贈, 三月十日チベット暦の二月十一日, 三月十日五月二十七日日本国民として忘, 三月十日前後に発売, 三月十日時刻もちょうど, 三月十日栃内氏より電報, 三月十日病気治療のため上京, 三月十日花見船を出し, 三月卅一日朝急逝す, 三月半歳一年と云, 三月南日中村の二君, 三月博物局発行の, 三月危機を突破, 三月ハ半年ニテ足ル國際語ノ, 三月右肺尖カタル肺浸潤ラッセルありと, 三月号一六三頁にその, 三月号竜の話, 三月号附録をよん, 三月同志とともに脱藩, 三月は奉天, 三月品川の伊勢屋, 三月四日ちやうど金曜, 三月四日付戸田村からで, 三月四日喜兵衛が同類四人, 三月四日国会上程という運び, 三月四日暁寅時大津御旅館御発駕, 三月四月いつか四月も打ち過ぎ, 三月四月五月六七八そろそろ秋風, 三月四月五月六月七月八月九月十月十一月十二月だ, 三月四月頃から畑, 三月四月頃試みに郊外, 三月宝の, 三月堂不空羂索を見る, 三月堂中の乾漆諸像, 三月堂大佛殿殿には博覽會, 三月堂建立以後の製作, 三月堂手向山神社あたりにかけて見られる, 三月塀和三藏は伊豫尋常中學校, 三月多治比真人鷹主が遣, 三月大四月大五月小六月大であつ, 三月大坂の角, 三月大阪らしい, 三月天運叶って, 三月女学校卒業式直後小西小原銅直金子諸先生同乗, 三月がこの, 三月には孫, 三月学校当局の諒解, 三月の家, 三月宇野さんが大阪, 三月守田座において市川左団次, 三月宗祇はさらに, 三月を持っ, 三月宿下りの折, 三月宿州に至り, 三月富山附近の攻略, 三月寒食に行, 三月は種痘, 三月小四月大五月小であつ, 三月小田原を攻め, 三月を待たず, 三月尽夜半の春, 三月岩谷書店から出版, 三月川村花菱主宰にて有, 三月巣鴨の未決, 三月工部尚書厳震安南, 三月左近衛大将十月内大臣十二月右大臣に昇り, 三月未道昭和尚物化, 三月己亥なり, 三月市村座に江戸桜清水清玄, 三月帝都郊外の若き, 三月帰らない事が, 三月帰京しぬ, 三月帰京此の月一杯遊び, 三月常磐線の汽車, 三月幕府から伊達家, 三月幕府銅山の役所, 三月平家滅亡の日, 三月幾日に当たる, 三月庚辰興福寺の大, 三月府中に泊まりました, 三月庭田達はその, 三月廃刀令が公布, 三月廿七日午前九時四十五分である, 三月廿二日に江戸, 三月廿二日妻子及飯田安石家内之者召連福山え発足, 三月廿五日より廿七日, 三月廿五日発行の第, 三月廿八日にはもう, 三月廿八日十四歳を以て元服, 三月廿六日の日記, 三月廿六日末女病気之処養生不相叶今暁丑中刻病死仕候処七歳未満に付三日之遠慮引仕候旨, 三月廿四日よりほ, 三月廿四日以前と殆, 三月廿日明日へかけ, 三月廿日秋穂はお, 三月弁財天のお告げ, 三月弟子檀那御中に宛てた, 三月弥生のこと, 三月弾正大弼仲章さま, 三月当時数寄屋橋教会堂に催された, 三月当面の責任者, 三月彼女の元気, 三月彼岸の雪どけ, 三月待ったら姫を, 三月年十六歳の, 三月怒って羊, 三月恋緒を述, 三月振りに南, 三月捕って戦後, 三月撮影する, 三月攘夷軽挙の不可, 三月支那に遊ん, 三月改造に掲載, 三月右大将家再度, 三月故郷の村, 三月友右衛門の, 三月既望の詩, 三月には痩, 三月日本に帰っ, 三月日本全国のラジオ聴取者, 三月日本橋の袂, 三月日本橋倶楽部で催された, 三月日蓮は許され, 三月旧師道善房の訃音, 三月明治天皇銀婚の御祝い, 三月春木座は二万円, 三月春泥容易に乾かず, 三月春陽堂が拙作小説, 三月時事に感じ, 三月時分の水源, 三月時分頃まで家, 三月更生新らしい第一歩, 三月の井戸, 三月月性に与えたる, 三月有楽座は八重子, 三月末ころにはなるだろう, 三月末三日を余す, 三月末姫路を発した, 三月末完結の予定, 三月末都の春, 三月末集合したの, 三月村山座の一番目, 三月条約励行六派は解体合体合同, 三月東京で高等学校, 三月東京座にて坪内博士, 三月東宝劇場へ出ない, 三月松竹と手, 三月某日これも雨後, 三月某日前日午後からシト, 三月おかぬ琴, 三月の花, 三月桐座の二番目, 三月の花, 三月桜バヤと釣人, 三月桜四月すかんぽの花, 三月桜時となれ, 三月桜花の候, 三月梅花の季間, 三月梟首された尊氏父子, 三月橋梁に虫, 三月次兄は卒業, 三月正成が直々, 三月此方に半年, 三月武州川越城へ移り, 三月死んだ子供四人, 三月殊によく働いたから, 三月殿下はそれ, 三月殿中において高家, 三月とも死に別れ, 三月江中の岡, 三月江戸中の岡, 三月江戸城朝会の当日, 三月河原崎権十郎養父のあと, 三月法律第三十二号商法, 三月浮きうきとおしなん, 三月清澄山に帰った, 三月渡支八月田端に歸, 三月潰して鑄, 三月熱病を煩う, 三月は拠ろ, 三月父正武氏の退隠, 三月に入れられた, 三月牧羊夫に子羊, 三月特輯号に掲載, 三月狂言作者二代目河竹新七向島の梅屋敷, 三月独美は躋寿館, 三月現在のその, 三月しく健康, 三月生きて居る, 三月生まれてから初めて, 三月生年三十六歳をもって鎌倉, 三月の日, 三月にす, 三月を以て参与, 三月病気で倒れた, 三月登場した婦人代議士三十九名, 三月發行の, 三月白昼である, 三月白紙の答案, 三月盛庸と來河, 三月目位にて庭, 三月相州湯河原の山懷, 三月真打をとらせ, 三月破戒僧検挙事件あり, 三月神奈川条約なるもの, 三月神奈川條約が, 三月神戸を出帆, 三月神祇院で印刷, 三月福岡で久保博士, 三月秀衡すでに死し, 三月私共は夫妻共著, 三月程後のこと, 三月筆者への書翰, 三月節供の日, 三月節供翌日をやはり, 三月籾山書店は, 三月精出して働い, 三月経ち四月経つ, 三月経ちますね, 三月経った今日心霊学者の, 三月経つ中に, 三月経てばゴロゴロッ, 三月経過する, 三月經つて愈, 三月継母への優しい, 三月続いたのだ, 三月選挙が, 三月と云, 三月縛り三割天引という, 三月織田徳川の連合軍, 三月罹災現在小岩に住, 三月義仲ソノ子志水冠者義高ヲ源頼朝ニ, 三月老中田沼主殿頭意次の倅若年寄山城守意知, 三月臨時増刊号に発表, 三月自ら大軍を率, 三月色々な事, 三月のまさに, 三月英倫の務め, 三月英倫役満東帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄, 三月菊五郎一座大阪の角座, 三月菩提寺の浅草玉姫町, 三月落花の風情, 三月をのん, 三月が到, 三月號三一頁に出た, 三月蜿蜒の車輛, 三月各至於海, 三月西上の軍, 三月西羅馬の摂政オドワカル, 三月見ぬ恋しき人, 三月見るもいたましい, 三月読売新聞社主催で日本, 三月諒闇の春, 三月謫所で生涯, 三月の母, 三月越し行かないから手, 三月足らずで流産, 三月足りないだけでございました, 三月を焦, 三月辛抱すれば, 三月迄の手間賃で, 三月迄は御厄介, 三月近く滯在して, 三月近頃は素人衆, 三月通うたけれどもどうにも, 三月金子重助と共に蹈海, 三月長崎を去る, 三月長野へ疎開, 三月だけ日給, 三月で地方, 三月降雨すと, 三月限り退学して, 三月三巴, 三月隠岐国へ謫, 三月となり, 三月難波宮に行幸, 三月青年学校を出る, 三月靜養のため, 三月り圍, 三月は蜀, 三月龜戸玉の井燒亡後直に出, 三月GHQの覚書, 三月PCLの弥次喜多撮影