青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三味線~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~ ~三 三~ ~三つ 三つ~ ~三人 三吉~
三味線~
~三度 ~三日 三月~ 三浦~ 三田~ 三角~ 三郎~ ~上 上~ ~上がっ

「三味線~」 1759, 19ppm, 6038位

▼ 三味線~ (469, 26.7%)

38 弾いて 17 ひいて 10 抱えて 7 手に, 持って 6 弾いたり, 彈い 5 とって, 彈く 4 取って, 取りに, 弾かせて, 置いて

3 [11件] お弾き, かかえて, ひく, 引いて, 弾きながら, 弾くの, 抱へて, 持つて, 聞く面白, 膝へ, 鳴らして

2 [26件] おろして, そこに, ひいたり, ひかせて, ひくの, わきに, 一挺盲目の, 出して, 弄る事, 弄物に, 引くこと, 引っかかえ, 弾く妓, 弾く男, 抱えた女, 押しつけて, 持たせて, 掻き鳴らしながら, 教えて, 稽古したなら, 習って, 聞いて, 聴くの, 肩に, 胸に, 鳴らし唄

1 [267件] あしろう, いぢつて, いれたトランク, いれた小型, うけとる, おっぽ, おひき, お持ち, お貸し下され, かかえた女中, かかえた年増, かかえてる静葉, かかえると, かかえ樫, かきならして, かき鳴して, かりて, きいて, きく, さしおいて, さし措いたとき, さらって, さらつて居る, さらに保護, さらふ, しまった, じゃかじゃか, じゃんじゃん引き出した, じゃんじゃん弾かし, すぐ下, ちょっと映した, つかんで, つつき一羽, とりあげました, とりよせて, とり上げた, ならひ清元薗八, ひいた, ひいてじゃかじゃか, ひいとるえろう賑やか, ひきその, ひきだした, ひきはじむ, ひきデコ, ひき三番目の, ひき乍ら搜, ひき怪し気, ひき房州, ひき染太夫, ひくお, ひくわ, ひく十六, ひく十六七, ひけ, ひっかき廻し興がって, ひったくるよう, ひっぱたくの, ひッ, ふと見付け, ぺんぺん鳴らし, ほっぽり出して, ぽつん, まなぶは, もたされるので, もち芸妓, もって, もつ真似, やめさせました, やめて, やらせました, よむ, オモチャに, ジランジランと, チンとか, ペコペコやっ, ペコペコやり, 下に, 両手に, 乗せて, 乳呑児の, 二梃もっ, 五線紙の, 仕込など, 仕込まれそれ, 何処に, 借りたり, 借りて, 借りると, 借合って, 側へ, 傍へ, 入れるの, 初め又, 前に, 包んだ袋, 千代子の, 取った, 取りあげた, 取りあげて, 取りあげる, 取りだしそう, 取り上げ, 取り上げると, 取り出して, 取り出しに, 取り出しました, 取り出すと, 取り直した時, 取る時, 取上げた, 取上げて, 合して, 合せて, 合わせて, 合奏せ, 善くする, 土人街の, 執って, 執れば, 基礎に, 奏する職業婦人, 奪い取って, 始めて, 娘から, 宿の, 小取廻し, 工夫し, 庭へ, 弄し, 弄びながら, 弄ぶか, 弄ぶの閑暇, 弄りながら, 引いたり, 引かっしゃれ, 引き出すと, 引き寄せて, 引くと, 引くよう, 引く者, 引つ掻き廻し猫八, 引留めた, 弾いたで, 弾いた翌朝, 弾いてた事, 弾いとった女, 弾かして, 弾かせ, 弾かせたり, 弾かせること, 弾かせ可否, 弾かれても, 弾きお, 弾きなさるの, 弾きはじめた, 弾きもて酔興, 弾き出した, 弾き出すの, 弾き出す時, 弾き初めた, 弾き片手, 弾き義太夫, 弾き胸, 弾き花, 弾き銭, 弾く, 弾くか, 弾くが, 弾くくらい, 弾くこと, 弾くと, 弾くという, 弾くね, 弾くもの, 弾く夜, 弾く女, 弾く時, 弾けたよう, 弾けと, 弾けり, 弾こう, 彈いてる, 彈かせ, 彈き, 後ろへ, 後生大事に, 御存じの, 忘れずに, 手にとりまして, 扣へて, 把って, 把つて引き端唄手踊茶番仮, 投げ出して, 抱いた姿, 抱いて, 抱えた, 抱えたお, 抱えたから, 抱えたまま中二階, 抱えた意気, 抱えた手, 抱えるこなし, 押しつけられるごと, 押しやった, 担いだ男, 持たして, 持たず左右, 持たないとか, 持ちあつ, 持ちて, 持ち出して, 持ち直して, 持ったその, 持った二人, 持った娘, 持つ女, 捨てた, 控えて, 掻いて, 掻きならし, 掻き鳴らし黄色い, 掻廻そう, 擔ぎ出した, 擲却し, 放り出す, 斜に, 斜めに, 更に保護, 楽んで, 次の, 止めました, 没収された, 爪で, 爪弾きして, 獨り, 簾越しに, 紺の, 結え添えた事, 置いた, 置き顰蹙, 習いに, 習うにも, 習えの, 習わせ踊, 考案した, 聞かせてよ, 聞かなきゃ納まらない, 聞くこと, 聞くの, 聴けと, 肩から, 膝に, 膝の, 舞台に, 蔭で, 褒める人, 見まもって, 買い求めると, 質に, 踏まれそう, 踏み折って, 近所の, 邪険に, 重に, 離れて, 鳴らしお, 鳴らしはじめた

▼ 三味線~ (447, 25.4%)

79 音が 14 音を 12 音も 11 音の 10 調子を 8 手を, 音 7 音に 5 音色が 4 撥に, 稽古を, 音は 3 お稽古, 一の, 糸を, 絃の, 調子が, 調子に, 調子の, 音さえ

2 [22件] お師匠さん, ばち, 化けもの, 古糸, 囃子面白く, 師匠を, 手に, 手までを, 撥で, 撥太鼓の, 沈んだ陰気, 浮き浮きした, 稽古に, 糸が, 胴を, 連れ弾き, 音じ, 音でも, 音など, 音ばかり, 音色に, 音色を

1 [213件] あじな, ある所, いとが, うまい京都生れ, おもちゃを, お浚いを, かけ声が, かわりに, けいこを, ことで, ことは, こまの, さらひ, じょうずな, ためには, ない芝居, ねいろが, はひる, ひける人, ひける家来, ひじゅつをつくしまたは, ひなびた旋律, ひびき, ふと心付け, ほうは, ほうへ, やうに, ような, オーケストラが, カツおばちゃんの, チンチンと, テンも, トランクを, バチに, バチの, リズムを, 三下りそれも, 三本の, 上へ, 二階の, 人間らしい聲, 代りに, 伝授においても, 伴奏が, 伴奏について, 伴奏を, 低い音, 保存については, 修練を, 元祖で, 冴えた音, 単調な, 友達であった, 古い転手, 古調を, 合いの手は, 合の手に, 合奏は, 合奏やら, 名人が, 名人と, 名人夜一夜唄う, 名人常磐津金蔵が, 呟きである, 唄の, 唄は, 囃子も, 囃子を, 国は, 声さえ, 声を, 外には, 外何にも, 外持ちたる, 大好, 女だっ, 如きは, 如く幼少, 妙音を, 小母さんだろう, 巨匠であった, 師匠という, 師匠なぞに, 師匠の, 師匠は, 師匠も, 師匠連中は, 弟子と, 弾きすてられしこま, 心得ある, 心持をば, 意地強き, 懶い調子, 手ほどきを, 技に, 持ちよう, 持ぬしであった, 指南し, 揺籃時代の, 損料だけでも, 撥が, 撥の, 撥は, 撥ふところに, 撥を, 撥音が, 撥音と, 擲らるる, 方とは, 方に, 方の, 方は, 方も, 方を, 方角に, 朝稽古を, 本手などという, 本手の, 杵屋新次師匠左側に, 棹でも, 棹は, 棹も, 棹を, 棹拭きかけ, 正面衝突と, 水調子が, 水調子も, 流しが, 淡黄, 湧くやう, 演奏法が, 爪びきの, 爪弾きし, 爪弾きなど, 爪弾きの, 爪弾きを, 爪弾で, 皮にも, 秀という, 稽古は, 稽古本など, 竿の, 箱が, 箱に, 糸でも, 糸の, 糸も, 紅の, 絃でも, 絃より, 組歌を, 絶えるの, 継ぎ棹という, 練習は, 聲が, 聲寂寥を, 胴が, 胴みたいな, 舶来以後俄かに, 芸術境に, 袋に, 袋を, 覚えられぬ事, 話が, 話などを, 調子にも, 諸藝, 議論を, 身に, 遊芸まで, 達者です, 達者な, 遠音が, 長刀扇子の, 門付けを, 間に, 間も, 革が, 音さへ, 音だの, 音で, 音と, 音とは, 音などに, 音などは, 音につれ, 音や, 音仇めいた, 音太鼓の, 音律を, 音楽の, 音楽は, 音締が, 音締などが, 音締の, 音締までを, 音締めが, 音締めに, 音締めも, 音色, 音色そのものに, 音色と, 音色には, 音色は, 音色も, 音色撥さばき諸共に, 音響学的研究を, 響いて, 響きが, 響き粋な, 響は, 鳴らないそんな, 鶴沢重造氏は

▼ 三味線~ (106, 6.0%)

4 聞えて 3 やれるの 2 きこえた, 上手で, 二挺, 聞え引かれた幕

1 [91件] あのよう, いいから, いまの, うまくて, かえって午飯過ぎ, かかって, かき鳴らされて, きこえて, このまさに, ございますか, そのへん, そのわき, ちと心配, ちんちんと, でんと, とびこんで, ないなあ, なりましても, のろかった, はいると, はいるの, はじまって, ばたり, ひけるよう, ひとりで, びつこのやうに歩いてるらしい, ぶらさ, ぽつん, もれて, やけに鳴らされた, やみました, シャラシャラと, ト手首を, ハタと, ブラ下が, ペンチャンと, 一つぶらりと, 一つ欝金木綿の, 一寸も, 一挺その, 一梃投げだし, 上手な, 二丁一丁には, 二張に, 二梃かけ, 二梃ばかりか, 入るやう, 出来なくなって, 割前の, 勝秀外に, 囃し立てる, 太く哀調, 好きで, 始まりましたよ, 将来ニッポンで, 座に, 弾けたっけ, 急に, 懸かって, 手に, 掻鳴らされ, 暫く置い, 来ると, 止んだ, 止んで, 気に, 泣く, 洩れて, 流れて, 渡来し, 渡来する, 澄んで, 火鉢の, 無いで, 置いて, 聞えましても, 聞けないと, 聞こえて, 胴は, 調子を, 足りないも, 長閑に, 音量一杯に, 鳴って, 鳴つた, 鳴つて, 鳴らない, 鳴りラヂオ, 鳴り出したり, 鳴り初めて, 鳴るの

▼ 三味線~ (69, 3.9%)

6 つれて 4 しても, 合せて, 合わせて 2 あわせて, 人の

1 [47件] あはせ, あらず唯, あわして, いっそう私, お取りなされた, かえしなり, かかって, さわって, し平家, つくよう, とり入れて, のる花街, 下手な, 中って, 乗って, 乗らず三頁, 乗りますよ, 乗りゃ本物, 乘つてなか, 乘りつこは, 乘る, 亭主の, 他の, 合して, 合す浄瑠璃, 合せたと, 合せる声, 合はせ, 合わすとての, 合わせいざ, 合わせながら, 囃されて, 変っただけ, 娘さんの, 張って, 応ずると, 感動する, 撥を, 於て, 替るやう, 玉露と, 移ろうかと, 稽古台の, 縋って, 聞取れた事, 連れて, 野卑な

▼ 三味線~ (66, 3.8%)

3 の家 2 の図, の師匠, の里好

1 [57件] からいろは屋, からは遠く, から吹き上げ, が埋立, で, です, で後ろ袈裟, というの, と仲, と共に私, にいる, に住みついた, に住みつき, に向, に圍つて三日, に居ます, に死骸, に沿う, に沿っ, に流れ, に獨, に突き落さう, に突き飛ばせ, に踊り, に長い, のお, のさざなみに, のそば, のふち, のほとり, のめっかち長屋, の中山, の刃傷, の古着屋, の宗匠手枕舎里好, の往來, の手踊り, の方, の水, の現場, の空ッ風, の薄, の裏長屋, の馬の脚, は今, は佐竹右京太夫様, は幸, へさしかかっ, へは一, へ出る, へ出向い, へ行く, へ行った, へ行つて搜, までくる, を渡っ, を通ったら

▼ 三味線~ (60, 3.4%)

3 撥を 2 太鼓と, 琴の, 鉦と

1 [51件] あるのみ, いうならきこえる, お絹, きくと, すれば, その唄, はいっても, チヤンチャンなる, ニッカボッカと, バチを, 下駄を, 冬子の, 初めて橘, 合わせてること, 呼ばれて, 唄と, 唄とが, 唄を, 商売道具の, 四つ竹, 地唄に, 塗り箱に, 太鼓が, 太鼓笛などの, 女の, 小唄は, 小唄も, 座敷の, 忠義なる, 手に, 持ち替へて, 撥とに, 撥とは, 撥とを, 撥に, 撥は, 時々ヤーヤーコラサーッ, 書とは, 横笛との, 歌が, 煤けたバスケット, 白粉の, 笛の, 菓子折を, 西洋音楽の, 足拍子の, 踊りとを, 踊りを, 酒と, 離ればなれにも, 鼓唄い

▼ 三味線~ (60, 3.4%)

2 いつの間にかやん, 猫の

1 [56件] あの人, いよいよ興, いわば極めて原始的, おもて, お上手て, お師匠, きっと面白い, きらい踊り, こよ女, さきほども, すきです, そのつなぎ, その好き, それが, なお聞えた, スタカートで, ヌキ, ペンとも, 一中節の, 三年と, 下手だ, 中村屋鍵蔵に, 人に, 今当分堅固な生きた, 出来ませんもの, 勝三郎脇勝秀立唄は, 和女禁物か, 土地の, 妙だ, 嫌いだった, 子供の, 宜う, 実によくその, 家元にも, 島田に, 延園なり, 弾けぬかい, 後から, 昼も, 晝も, 杵屋の, 棹を, 永禄年中琉球より, 江戸期の, 浮世絵歌舞伎劇などと, 清子である, 申分が, 私の, 耳に, 聞えても, 要らん, 言うまでもなく二世紀以前売色, 誰が, 豊沢玉輝, 郊外で, 長唄の

▼ 三味線~ (58, 3.3%)

3 踊りも, 達者に

1 [52件] ありいろいろ, あり老女, いけないこと, うまくない, お巧者, ちょっとばかり, ちょっと弾かせ, まえとは, また永続, また絃, むろんこの, よく弾い, よく弾けない, カルタ遊びも, 三棹か, 上手で, 上手な, 五つ六つの, 出て, 切れたる糸掛換, 利用繁く, 唄も, 大分その, 太鼓も, 尺八も, 弾かせないで, 弾き酒, 弾けず踊り, 持たずに, 掻き鳴らし太鼓, 撥も, 教えて, 教わって, 旅の, 旨い女, 早く採用, 時々は, 歌の, 歌も, 済み若衆役者, 琴も, 生花茶の湯の, 皆たたき毀した, 空しく押入れ, 筑紫箏も, 耳ざわりでは, 聞えぬから, 聞え出しぬ, 茶の間に, 衣桁に, 見台も, 鳴れア

▼ 三味線~ (36, 2.0%)

4 太鼓の 2 太鼓が, 琴の

1 [28件] 唄などの, 唄も, 声色流し, 太鼓といった, 太鼓は, 寐衣に, 小唄の, 尺八に, 尺八の, 工場の, 御神燈, 撥の, 撥は, 月琴が, 業業しく並べ立てられた, 歌も, 琴や, 笛を, 置きもの, 胡弓で, 胡弓の, 芸はいりやしねえ, 赤い長襦袢, 踊りの, 踊りも, 踊を, 鉦で, 鼓や

▼ 三味線~ (35, 2.0%)

2 合せて, 清元や

1 [31件] お前が, お相手, お聞き, お鳥目, かの女, くさったが, この, これを, その二百両, カルメンを, 下座さんに, 両手の, 二上りを, 伴奏を, 何にか, 何某が, 唄って, 囃しそれ, 売り出して, 好い声, 拍子を, 持芸を, 春琴の, 春雨や, 朗らかな, 歌って, 祖母上に, 踊を, 長唄を, 露八が, 飲めや

▼ 三味線弾き~ (22, 1.3%)

2 て折々, をつれ

1 [18件] が下り, が揃っ, だけは真青, で流儀, になり下った, になろう, のお玉さん, のちび男, の婆, の某, は, は二つ返事, は可笑し, は暫く, は涙ぐんだ, をひとり, を一週, を呼ん

▼ 三味線でも~ (16, 0.9%)

2 ドラでも

1 [14件] あるまい言うて, なし何, びーんと, 何でも, 引いて, 弾いて, 思いなしか, 持って, 教えたら少し, 琴でも, 習うの, 習つてゐる, 聞いてた方, 聴いて

▼ 三味線太鼓~ (15, 0.9%)

2 の音

1 [13件] が鎬, でそれ, でトトン, で日, といっ, にとりかかる, に合わせ, に笛, の起つ, はよそ, も鳴らない, や笛つづ, 及びクラリオネツト

▼ 三味線~ (15, 0.9%)

2 の飾窓

1 [13件] からこと, があり, がよく, で家業柄, といふの, ともつかない, などの払い, に売り飛ばし, に腰かけ, の三階, の岩公, の店先, へ泊つたん

▼ 三味線ひき~ (13, 0.7%)

2 で妹弟六人

1 [11件] が品川, になっ, にもなった, に入門, のお, のもの, のやう, の女, の悪い, の爺, の私

▼ 三味線~ (8, 0.5%)

7 の花咲きぬ 1 の花咲

▼ 三味線には~ (7, 0.4%)

2 乘らない 1 それが, 三味線という, 仕掛けが, 琴の, 過ぎましょうぞい

▼ 三味線~ (7, 0.4%)

1 から取り出しました, なるもの, の上, も隅, や時鳥, をかつい, を背負い

▼ 三味線引き~ (6, 0.3%)

2 のお 1 が本職, でございます, の魂, や初めて

▼ 三味線~ (6, 0.3%)

1 が絶, で切れた, で織った, のあん, はなん, 持ていってな

▼ 三味線~ (5, 0.3%)

1 と云っ, と町内, と言う, な, のを

▼ 三味線弾い~ (5, 0.3%)

1 ては踊り, てゐる, て来りし, て踊り, て騒ぐ

▼ 三味線けいこ~ (4, 0.2%)

21 する由, に築地

▼ 三味線では~ (4, 0.2%)

1 うつりが, ないか, ない琴, なく太鼓

▼ 三味線という~ (4, 0.2%)

1 ものは, ものを, 材料に, 楽器は

▼ 三味線とが~ (4, 0.2%)

1 同一だ, 家の, 縁の, 置いて

▼ 三味線なし~ (4, 0.2%)

3 のしめやか 1 で語るの

▼ 三味線などを~ (4, 0.2%)

1 ひいて, ひき始めたが, 中心と, 聴いて

▼ 三味線なんか~ (4, 0.2%)

1 そちらへ, 弾きましょう, 彈い, 放りだして

▼ 三味線にて~ (4, 0.2%)

1 お染, 三千歳を, 放歌夜半に, 明がらすを

▼ 三味線ひく~ (4, 0.2%)

1 のと, やつだって, わよお, 気も

▼ 三味線~ (4, 0.2%)

1 という天狗, と云う, の下, の近く

▼ 三味線音楽~ (4, 0.2%)

1 が一体, が亦, は何故, 及び京舞等

▼ 三味線から~ (3, 0.2%)

1 つ, つづいて, 始めたの

▼ 三味線など~ (3, 0.2%)

2 ひいて 1 彈い

▼ 三味線ひい~ (3, 0.2%)

2 ている 1 てワンワンワン

▼ 三味線一挺~ (3, 0.2%)

1 ありゃあしねえって, あれば, かかえ人

▼ 三味線~ (3, 0.2%)

1 の長唄, は広告屋, は自分

▼ 三味線~ (3, 0.2%)

1 においてまずよくも, の師匠, を製

▼ 三味線いじり~ (2, 0.1%)

1 をし, をはじめた

▼ 三味線そして~ (2, 0.1%)

1 お囃子連中, 鳴物に

▼ 三味線とか~ (2, 0.1%)

1 何とか云う, 私共は

▼ 三味線との~ (2, 0.1%)

1 色街へ, 間に

▼ 三味線とは~ (2, 0.1%)

1 ツボに, 言っても

▼ 三味線などの~ (2, 0.1%)

1 ひねこびた楽器, 皮を

▼ 三味線などは~ (2, 0.1%)

1 一体幾度往復, 聞かれたもの

▼ 三味線まで~ (2, 0.1%)

1 器用に, 彈いた

▼ 三味線らしい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 音が

▼ 三味線~ (2, 0.1%)

1 がっくりと, がつくり

▼ 三味線尺八~ (2, 0.1%)

2 まで軒

▼ 三味線弾二人~ (2, 0.1%)

1 が窮屈さうに, が窮屈そう

▼ 三味線~ (2, 0.1%)

1 と雅楽類, もあしらった

▼ 三味線~ (2, 0.1%)

1 なども一人前以上, 踊りことに

▼ 三味線稽古~ (2, 0.1%)

1 しとくよって, 面白からず

▼ 三味線鳴物~ (2, 0.1%)

1 よろしく, 御停止

▼1* [134件]

三味線いと早口に, 三味線京いよいよ, 三味線琴かを, 三味線かかへて行くも, 三味線かき鳴らして軒, 三味線かづらを著, 三味線からともすれば, 三味線がいじれない, 三味線きかせて下さい, 三味線ぐらいの事で, 三味線ぐらいは幾らでも, 三味線さえ忍び駒, 三味線さらひ小説四五枚, 三味線じゃない, 三味線そのものに興味, 三味線それから長火鉢や, 三味線ただ一挺を携え, 三味線だけがいい, 三味線だけで十分である, 三味線だけは手離せ, 三味線だけを小脇に, 三味線だって壜詰二升ぐらいな, 三味線だろうと言いました, 三味線つれてその, 三味線であれ門附け, 三味線であろうこの辺り, 三味線とって浄瑠璃, 三味線とに衰弱した, 三味線とり上げ常磐津, 三味線のである, 三味線などが持ち出された, 三味線などで上手な, 三味線などもみごとに, 三味線なら何でも弾く, 三味線ならきこえるというた, 三味線なりをその前, 三味線なんかを弾く女, 三味線なんぞがチャント揃ってた, 三味線なんぞをぽつん, 三味線なんてわたしの, 三味線にかけて語つたのは, 三味線にも組唄が, 三味線のみにて毎日の, 三味線ひとつ引けめえに, 三味線までも投げ尽したが, 三味線もっといでえ, 三味線もので賑やか, 三味線やらゆうべと, 三味線やんだから柳子さん, 三味線よりほかなんにも, 三味線よりも月琴を, 三味線をかぢくつて, 三味線をも弾かせないと, 三味線一つ笛に似た, 三味線一丁それにこの, 三味線一挺古道具屋の店, 三味線一時に浚, 三味線二絃琴の師匠, 三味線入りで車座, 三味線切っても切れない, 三味線取りに立とう, 三味線取出して低唱, 三味線合奏をはじめられた, 三味線同様一々人, 三味線いわば春雨, 三味線堀山谷堀の界隈, 三味線堀近所の隠居所, 三味線堀際の空地, 三味線太鼓其他獣皮に関した, 三味線太鼓四つ竹までが一時, 三味線太鼓小鼓それに木魚, 三味線太鼓早間に賑々しく, 三味線太鼓笛などで打, 三味線太鼓陣鉦を持ちだし, 三味線太鼓鼓の音, 三味線の屏風, 三味線でござる, 三味線学校を作った, 三味線屋古道具屋提灯屋パン屋下駄屋牛肉屋といふやう, 三味線屋月賦の丸二, 三味線屋火事など種々, 三味線の家, 三味線幾挺かの連れ, 三味線引き皷を打て, 三味線弟子等合して, 三味線弾きゐる傍に, 三味線徳川時代の服装, 三味線徳弥いよいよ三勝半七酒屋, 三味線手踊りの類, 三味線拍子木これにハープ, 三味線きで, 三味線持つて暮らす, 三味線掘りの手ざわり, 三味線などの据置, 三味線掛けの赤い, 三味線へてたか, 三味線早い夕餉の, 三味線柳腰の世界, 三味線梅次上調子にて浦里, 三味線が壁, 三味線楽家はこの, 三味線湯上りの肌, 三味線澄み切った空に, 三味線片手にお, 三味線琴芝居声色何でもよい, 三味線琵琶に似た, 三味線生け花茶の湯等の奥許し, 三味線な精神, 三味線的情調に酔う, 三味線知らぬ男が, 三味線稼業の人達, 三味線端唄ならそう, 三味線の囃子, 三味線紅提灯に電灯, 三味線習うてゐる, 三味線聞こうとおっしゃれ, 三味線の長女, 三味線背負った乞食坊主が, 三味線背負つた乞食坊主が引掻く, 三味線胡弓と太鼓, 三味線や衣紋竹, 三味線またはペンペン草, 三味線を見, 三味線かな参詣者, 三味線赤い鶏頭それが, 三味線踊りを習い, 三味線などの音, 三味線長唄浄瑠璃を蹴飛ばし, 三味線雜俳楊弓香道から碁將棋, 三味線音楽家杵屋一家の人々, 三味線食器は一時新福亭, 三味線高座にずらりと, 三味線鶴沢重造諸氏も参加, 三味線鼓鉦拍子木などの伴奏