青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

万事~ ~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~ ~三 三~ ~三つ 三つ~ ~三人
三吉~
三味線~ ~三度 ~三日 三月~ 三浦~ 三田~ 三角~ 三郎~ ~上 上~

「三吉~」 1803, 19ppm, 5893位

▼ 三吉~ (858, 47.6%)

15 お雪 14 自分の 11 妻の 10 姉の 8 言って 7 独りで 6 妻に, 正太と, 正太の 5 家の, 笑いながら, 黙って

4 [14件] この人達, それを, 二階から, 二階の, 妻を, 子供の, 子供を, 家を, 庭に, 甥の, 種々な, 窓の, 笑って, 縁側の

3 [13件] この兄, 二人の, 何か, 姪に, 姪の, 心に, 戯れるよう, 旅の, 橋本の, 正太が, 正太を, 苦笑した, 首を

2 [57件] ある町, いそいで, うなずいた, おげん, お房, お種, この人, こんな風, すこし煩, その道, どうする, 三吉で, 久し振, 二階に, 以前の, 何を, 例の, 兄に, 兄の, 出て, 力を, 台所の, 嘆息し, 姉に, 姉を, 姪を, 学校から, 客と, 家へ, 巻煙草を, 帰って, 平次が, 彼に, 微笑んで, 思い付いたよう, 思った, 思出した, 曾根の, 森彦の, 橋の, 正太に, 深い溜息, 甥に, 用意の, 町から, 直樹の, 立って, 答えた, 答えて, 縁側に, 考えて, 耳を, 自分で, 言葉を, 長火鉢の, 附添した, 頭を

1 [551件 抜粋] あまり町, ある一人, ある休茶屋, ある夜, あわてだす, いくらかの, いち早く気がつい, いよいよ地図, うす汚れた, えらく煙草, おもて, お仙に, お仙や, お俊, お燗番, かつて彼女, くらい方, くらくなっ, こういう老人, こちらを, この二階, この姉, この婦人, この座敷, この旅舎, この甥, この男, この縁談, この若い, この草地, こんどは, こんなこと, こんな串談, こんな狂人, しばらく心, じりじりと, すこし安心, すこし改まった, すこし正気, すこし萎れ, すっかり障子, せんを, そういった, そう委しい, そこで, その一冊, その三つ, その中, その傾斜, その図, その年, その手紙, その書籍, その枝, その若葉, その額, ただ呆然, たまりかねて, だんだん気, ときどきその, どう見, どこに, どこへ, どっちも, なじみの, なるべく姪, はつきり感じ, ひたすらに, ひとりに, びっくりした, ぴッたり, ふきだした, ふところから, ほんとに呆然, まだ七つ, まだ戻らぬ, まるで兎, まるで感情, まるで木偶, まるで無, まるで自信, むこうむき, めずらしく郷里, もう三十以上, やがて用達, やめさせたいが, やや安心, ゆきたくなかった, よくお, わかつたわ, わざとマッチ, アイビキの, ウソを, ウンザリし, コハゼを, コワゴワ子供に, ゴツンと, サッサと, ションボリ立っ, スタスタ歩い, スルスルと, ズバリと, ハッと, ヒラリと, ブラリと, ボンヤリ帰っ, マッチを, 一とわたり, 一ぱい物の, 一向セイセイ, 一向気がついた, 一夏かかった, 一旦脱いだ, 一番下の, 一番学問の, 丁度家を, 七之助を, 三升樽を, 三月ばかり, 上り口の, 下婢を, 下座敷, 不取, 不審の, 不幸な, 不思議そうに, 不服さうに引き揚げます, 両手を, 串談の, 串談らしく, 乾いた咽喉, 事もなげに, 二人に, 二階で, 二階へ, 云った, 人の, 今しも, 今二階だ, 仕掛けた旅, 他に, 仰天し, 任地へ, 何かに, 何が, 何の, 何んだ, 何処へという, 何故だ, 何気なく答える, 何気なく言, 保久呂霊薬を, 停車場まで, 傍へ, 元来た, 兄が, 兄と, 兵児帯の, 分らず仕舞, 切出した, 列車の, 前の, 力いつ, 勉から, 勉に, 勉の, 勘次を, 勝手が, 匙を, 十二年目で, 半ば串談の, 半分串談の, 南向の, 危い, 又た, 又はじめて, 又一人, 又慌て, 又曾根, 又種夫, 又自分, 友達に, 叱るよう, 各々の, 同じよう, 名倉の, 名古屋へ, 名残惜しそう, 向島の, 呆気に, 喜んで, 嘆息する, 器械の, 噴飯し, 困ったよう, 土蔵の, 地図の, 坊主枕を, 堪え難いよう, 夕方に, 外套の, 大きい男, 大きな机, 大きな食卓, 大きな黒眼, 大島先生の, 天主台近くに, 奥へ, 好奇心を以て, 妻と, 姉から, 娘を, 嫂と, 嫂に, 嫂の, 子供でも, 子供に, 子供らしい, 学校の, 定跡に, 実の, 家に, 宿の, 寝られなかった, 寝床に, 寝床の, 寝恍けた顔, 射殺を, 尋ねて, 小さいとき, 小倉の, 小野か, 少量ばかりの, 山の上に, 山名の, 山林の, 川に, 巻煙草の, 帽子を, 平常の, 平気で, 年長の, 幾年振, 床を, 庭から, 庭伝いに, 廊下の, 引留めて, 引返して, 彼女の, 往来から, 往来の, 後を, 復た, 徳利の, 心の, 心配し, 心配そうに, 心配に, 心配らしく, 快くなりかけた, 思いついたよう, 思いやった, 思いやるよう, 思い直した, 思う, 思うこと, 思って, 思付いた, 急いで, 息を, 悪い顔色, 想って, 意味の, 意見を, 感じずに, 感じて, 慰撫める, 懇意に, 懐中電灯を, 打解けて, 抱取って, 指して, 探して, 故郷の, 救はれた, 散歩から, 断りかねた, 新しい恋人, 新に, 新村の, 新橋行の, 新蔵より, 旧師の, 早くかえらね, 早く去りたかった, 昔時自分が, 時々手, 時々町中, 時と, 更に妻, 書いて, 書生流儀に, 曾根から, 曾根という, 曾根に, 曾根へ, 最早子供, 最早疑心, 朝一番で, 本當, 本箱の, 机に, 机の, 机を, 村の, 村へ, 東京に, 東京の, 梯子段に, 森彦から, 森彦が, 椅子に, 植木を, 楽しい一夏, 楽み, 機嫌を, 歩いた, 歩いて, 母親に, 気の, 水浅黄色の, 汽車の, 沈み勝ちであった, 沈んだ眼付, 沈んで, 沈思を, 沈鬱な, 河の, 洋燈を, 涼しい風, 深いところ, 深く深く自分, 満腹した, 溜息を, 溢れるやう, 漁船へ, 漸く匍, 激しく泣いた, 火を, 炉辺から, 炉辺へ, 炬燵に, 無造作に, 焼酎を, 熊本城の, 熟と, 燃えさかる猛火, 燭台を, 父母の, 牧野の, 物に, 独りでも, 独り二階の, 独語の, 玄関の, 玻璃障子の, 理科大学の, 甥を, 用を, 田舎へ, 町まで, 留守を, 畠へ, 番茶を, 病人扱いに, 病室の, 病院に, 発って, 白シャツまで, 直ぐその, 直ぐそれ, 直ぐ箸, 直樹に, 直樹や, 真鍋先生の, 眠いところ, 眠がっ, 眠った子供, 眺め佇立んで, 眺め入った, 眺め入って, 眺め廻し, 眼が, 眼を, 眼鏡の, 知って, 知つた, 碌に, 私が, 種々と, 種夫を, 稲垣の, 稼業柄にも, 窓から, 窓に, 窪く, 立ち留って, 竹の, 笑いだしました, 笑い事では, 笑えなく成った, 笑出した, 答えなかった, 答へ, 箸を, 約束の, 縁の, 美しい色, 翌日一日宿に, 老人の, 老婆の, 考えた, 考えを, 考え沈んで, 聞いて, 聞き咎める, 股引に, 胸に, 腕利きの, 腹の中で, 腹掛の, 自分が, 自分でも, 自由に, 花子に, 花子の, 茶を, 荒筵を, 蔵の, 薄く濁った, 蚊帳の, 行く気, 表の, 裏口の, 裏口へ, 裏白の, 角蔵に, 言い放った, 言おうと, 言った, 言ふ, 言わず仕舞, 言付けて, 言出した, 言捨てて, 記者にも, 話して, 話の, 話を, 調子を, 豊世からも, 豊世の, 豊世や, 赤い葡萄酒, 足を, 身を, 車から, 車の, 辞して, 辞退した, 返事に, 遅くまで, 達雄の, 遠く名倉, 部屋へ, 酔った甥, 酷く狼狽, 野菊の, 鉄橋の, 鉛筆の, 鍬を, 長い仕事, 長い風邪, 長く立っ, 長過ぎる, 雑木林の, 離縁という, 雨戸を, 電報為替を, 静かに, 頭合せに, 頭脳が, 額に, 額へ, 額を, 顔に, 飯田町の, 養鶏所の, 馬車の

▼ 三吉~ (254, 14.1%)

19 方を 9 家では, 方で 7 前に, 家の, 眼に 6 心を 5 家を, 方へ 4 ことを, 家で, 家へ, 胸に, 許へ 3 ところへ, ような, 二人は, 心は, 耳に, 頭の, 顔を 2 ことが, 傍へ, 家から, 家でも, 家は, 方は, 胸の, 膝を, 話を

1 [121件] ことだった, たちば, ために, ところでは, ところに, まえに, ように, 三を, 主張が, 事本当の, 二人を, 今度来た, 仕事だ, 仕事だった, 仕事は, 体に, 体を, 側へ, 傍に, 傍を, 働いて, 前にも, 前を, 労働幹部の, 同僚に, 周囲に, 地底機関車が, 声の, 声は, 外套を, 大危難, 大疑問, 妻には, 妻は, 姉, 姿は, 子供らしい, 学校では, 学校へ, 学校を, 学校友達が, 家に, 家には, 家へは, 家まで, 家庭の, 容子を, 居る部屋, 左右を, 師帆村荘六だった, 幼少い, 当てずっぽ, 後に, 後を, 心には, 心も, 意味を, 手から, 手に, 振る帽子, 故郷へ, 散切頭, 方から, 方が, 方だけ, 方に, 方の, 方へは, 方寸から, 書きかけた草稿, 来るの, 死體の, 母に, 母の, 母親たちは, 気に, 注文し, 渡し松前志摩殿の, 為に, 無邪気な, 生れた小泉, 生命には, 生命は, 癖で, 目と, 目に, 眼には, 眼にも, 眼前に, 結婚を, 結果は, 耳について, 耳許で, 肩を, 胸にも, 腕にも, 腕を, 興味を, 芝居なども, 荷物まで, 荷物を, 蒼ざめた顔を, 見つめる五百メートル彼方, 親に, 話では, 話の, 談話の, 足に, 身の上を, 身体を, 車は, 進退は, 過去は, 部屋へ, 野郎が, 阿爺, 頭に, 頭脳へ, 頸を, 顏を, 顔は

▼ 三吉~ (209, 11.6%)

19 言った 8 聞いた 3 尋ねた, 笑った, 自分の, 言出した

2 [14件] お冬, 一緒に, 別れを, 姉に, 家の, 帰って, 東京へ, 着いて, 笑う, 聞いて, 言う, 言ったので, 言って, 黙って

1 [142件] あがらぬので, あわてて, いるでしょう, お俊, かけつけて, ぎよつとすると山名が, くれた巻煙草, こう言, この山, この病人, ずっと昔, そこへ, そつと, そんなこと, どういう心, はじめて家, また好い加減, みたボル, よく散歩, よく知つて, ポスターを, 一番年長の, 二人を, 二番目の, 二階へ, 仕事を, 住む町, 何か, 何時までも, 僕は, 出発の, 切出した, 博士邸へ, 名倉の, 向いて, 味気ない, 呼んだ, 声を, 大きい魔法鏡, 妻に, 妻の, 妻子を, 姉と, 嬉しそう, 学校から, 学校通いの, 室町方面に, 家から, 家を, 寂しい洋燈, 寝た二階, 小山の, 小野の, 尻を, 山から, 川の, 帰った翌日, 帰るという, 床に, 庭に, 往時書生を, 後世に, 御用の, 心の, 思出した, 恩人の, 我に, 戯れて, 持って, 振って, 捕方に, 教えに, 文句じゃ, 旅から, 旅の, 昼寝から, 曲者と, 書いた馬代, 書いた馬代請求, 曾根の, 曾根を, 来いと, 来た為, 来る度, 東京から, 正太に, 正太の, 歩きに, 死んだ, 洋燈を, 狼狽てた, 生れ故郷の, 町を, 留守の, 留守居を, 直ぐ上, 直樹の, 相手に, 真顔で, 眼を, 石段を, 祖母の, 立って, 竹箒を, 笑ったので, 笑出した, 答えて, 答えました, 精神の, 紹介した, 結婚の, 締めました, 縁側の, 肉体から, 背後に, 腕利きの, 苦しんだ熱い, 行くなら俺, 表座敷で, 見送った時, 言うと, 言えば, 言た, 言ったが, 言て, 言ひだした, 言出す, 訪ねて, 豊世を, 豫て, 赤い顔, 路地の, 車に, 迎えに, 通う学校, 通って, 過去の, 遮った, 頼もしそう, 飛んで, 飛込んで, 黙念

▼ 三吉~ (125, 6.9%)

2 そこへ, やや安心, 一緒に, 兄の, 居る, 思いがけなかった, 言った, 言って

1 [109件] あわてて, お前も, お祖父さんと, この長く, そう長く, その後から, その時, その火, その頃, それでもお, それを, ふりむくと, むかし一高で, よくお前さん達, サッパリと, スパスパやった, ユックリする, 下りて, 下座敷, 不安を, 五高の, 人々に, 今更の, 今頃は, 余程田舎, 入って, 入口の, 冷やかに, 出た, 出て, 別れかたがた, 力を, 勝手の, 口を, 口惜しがった, 可笑しな, 喜んで, 喪心した, 嘆息し, 夏服に, 奥の, 女に, 姉の, 子供の, 学校通いの, 宗蔵の, 寂しい旅情, 寝る仕度, 察しない, 少年の, 少年時代から, 届かないと, 山名も, 巻煙草を, 帰って, 帰る仕度, 幾分か, 引取て, 引受けた, 弱り果てて, 彼方で, 従兄弟の, 御輿に, 心配した, 思出した, 承知し, 春先の, 晴々と, 暇の, 書生では, 最早東京, 来たし, 来て, 楽しい疲労, 横に, 機嫌を, 沈んだ眼付, 洗濯物を, 漸く気楽, 炉辺に, 煙草を, 狂死した, 甥が, 田舎料理を, 疲れて, 病気の, 登山の, 直接に, 眠ろうとして, 種夫の, 窓の, 立上った, 笑わずに, 答えた, 結婚期に, 聞きたいと, 聞知って, 膝を, 花子に, 花子の, 苦笑し, 見かねて, 談話の, 譲歩した, 負けじと, 起上った, 身を, 郷里の, 開けて

▼ 三吉~ (44, 2.4%)

7 一緒に 3 正太とは 2 大辻とは, 直樹とは

1 [30件] ある知人, いうよりも, おなじよう, お種, お雪とが, お雪とは, お雪の, 一郎とが, 二人残った, 云うの, 云う学者, 反対の, 同じよう, 同行を, 向い合って, 大辻は, 小学校で, 往来し, 正太との, 正太には, 正太は, 玉子と, 直樹の, 相対に, 称し深山村, 称する, 聞いて, 花子は, 行き逢って, 豊世の

▼ 三吉さん~ (34, 1.9%)

542 とは, や

1 [21件] がいろいろ, が御, が画, です, とはすこし, なぞは堅く, に, にしました, の, のところ, の許, は私共, もそう, もなかなか, も驚い, を, 御仕事, 御帰り, 時々私, 最早旦那, 来て

▼ 三吉~ (28, 1.6%)

4 向って 3 言われて 2 その手紙, 取って

1 [17件] その雑誌, ちゃんとした, なって, はさ程, 別れて, 別れを, 取っては, 同意を, 悲惨な, 新しい魅力, 言い聞かせた, 言った, 言ひ付け, 言われたお, 論争が, 迷惑の, 逢うの

▼ 三吉~ (26, 1.4%)

2 川へ, 笑わせた

1 [22件] あたためて, あわてさせるの, のぞきこんだ, のぞくと, ひきいて, よぶ声, 乗せた馬車, 前に, 喜ばせたばかり, 射ったには, 待つては, 指して, 振り返った, 書いたの, 款待す, 殺したん, 独りに, 縛って, 縛つて來ました, 逃した上, 驚かした, 驚かした位

▼ 三吉叔父さん~ (20, 1.1%)

2 が被入, にお, の御

1 [14件] という人, とは仲, と同じ, と毎日, と言っ, にも御, に好い, に御, の許, はこんなに, は一度, は僕, は気遣い, も被入

▼ 三吉夫婦~ (19, 1.1%)

2 と一緒

1 [17件] が住む, に伴われ, に御, に逢われる, の周囲, の若い, はお, はプラットフォム, は互に, は子供, は子供等, は思わず, は番頭, は老人, は自分等, は遅く, を始め

▼ 三吉には~ (18, 1.0%)

1 [18件] あつた, それも, もはやおっくう, わかった, ショックだった, 不思議で, 余計に, 嬉しかった, 思いも, 思えた, 思えなかった, 感じられるの, 自分を, 薬を, 親戚の, 話の, 負けんぞい, 金を

▼ 三吉少年~ (14, 0.8%)

1 [14件] が後, が現れた, に占領, はコップ, はハッ, は一人, は井戸, は口ごもった, は叫んだ, は天井, は手, は胸, は訊ねた, は詰め

▼ 三吉叔父~ (9, 0.5%)

4 の家 2 と一緒 1 の方, の矛盾, も漸く

▼ 三吉~ (8, 0.4%)

2 ーい 1 お倉, お前は, その話, 婆やを, 書生が, 直樹

▼ 三吉~ (7, 0.4%)

1 がこの, がもしや, が邪魔, という, とやらの悪戯, とやらは先祖, に嫉まるる

▼ 三吉から~ (6, 0.3%)

2 出した手紙 1 受取った手紙, 橋本の, 種々聞取った, 遠く成った

▼ 三吉という~ (6, 0.3%)

1 お名前, 五つに, 他人の, 少年を, 男が, 男も

▼ 三吉とは~ (5, 0.3%)

1 さ程遠く, 巻烟草に, 年齢が, 父親と, 知って

▼ 三吉正太~ (5, 0.3%)

5 の二人

▼ 三吉にも~ (4, 0.2%)

1 だまって, 宜敷, 想像し得る, 言うに

▼ 三吉~ (4, 0.2%)

1 という小, の立見, の評判, を覗く

▼ 三吉~ (4, 0.2%)

1 が散歩, の前, は東京, を見送ろう

▼ 三吉~ (3, 0.2%)

1 なくして, もう今夜, 往来や

▼ 三吉といふ~ (3, 0.2%)

1 両名, 二名の, 日頃平次に

▼ 三吉との~ (3, 0.2%)

1 子別れに, 年齢の, 破綻を

▼ 三吉慎蔵~ (3, 0.2%)

1 と, と咄, の

▼ 三吉お前~ (2, 0.1%)

1 がそんな, は私

▼ 三吉たち~ (2, 0.1%)

1 の熊本印刷工組合, の生活

▼ 三吉だけが~ (2, 0.1%)

1 さきに, 救はれた

▼ 三吉まで~ (2, 0.1%)

1 水の, 病院を

▼ 三吉より~ (2, 0.1%)

1 三つ年上で, 他に

▼ 三吉叔父さん三吉叔父さん~ (2, 0.1%)

1 と毎日, と言っ

▼ 三吉~ (2, 0.1%)

1 事件だ, 権現とも

▼ 三吉~ (2, 0.1%)

1 が道中姿, はこれ

▼ 三吉~ (2, 0.1%)

1 やでした, を始め

▼1* [66件]

三吉およつと摺れ違う, 三吉お前さんは羽織, 三吉ここへ来, 三吉これでも若い, 三吉さんお前さんの着いた, 三吉さん兄さんにお, 三吉さん君だから, 三吉さん貴方からよく, 三吉すこし寝たが, 三吉そうまあ俺を, 三吉そんなもの何に, 三吉ただ一人であった, 三吉ちやんの方, 三吉でございますよ, 三吉とで養うより, 三吉なぞは不思議, 三吉などの向いて, 三吉に対しても細いところ, 三吉はさも草臥れ, 三吉ばかりは額から, 三吉宛て一通, 三吉への思慕だけに, 三吉みたいな可愛いい, 三吉より五つ六つ年輩, 三吉ッお客様たちも来, 三吉ハ先ヅ屋敷に行, 三吉一味もこの, 三吉両家の者, 三吉伊勢源それから下っ, 三吉は何事, 三吉の方, 三吉兄ハ此頃御同行ニ, 三吉八段に或, 三吉其他男女十六名を摘め, 三吉博士の診察, 三吉叔父さんがいらしって, 三吉叔父さん森彦叔父さんも御, 三吉吉田外三氏と互に, 三吉どうだろう, 三吉大夫ニもく, 三吉大手柄だったね, 三吉大明神なるそ, 三吉太郎左衛門元高の旗持, 三吉少年探偵は師, 三吉帰ったかい, 三吉御免なさいよ, 三吉慎蔵ハはかまを着, 三吉手下の取手, 三吉手前も合点長屋, 三吉昨夜子の刻, 三吉権現もまた, 三吉正太夫婦なぞが起き, 三吉武蔵守も彼, 三吉である, 三吉犯人を挙げる, 三吉番頭小僧の店, 三吉直樹の二人, 三吉だと, 三吉神社の籠り, 三吉の噂, 三吉老翁の来, 三吉自身が薄く, 三吉見よや豊世, 三吉親爺はさ, 三吉貴様は, 三吉通称は道陸