青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一座~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一家~ ~一寸 一寸~ ~一層 一層~ 一帯~ ~一年 ~一度 一度~ ~一座
一座~
~一応 一応~ 一息~ ~一所 一所~ 一文~ 一斉~ ~一方 一方~ 一族~

「一座~」 2705, 28ppm, 4170位

▼ 一座~ (1155, 42.7%)

56 者は 24 人々は 20 中に 15 者も 14 人々の 13 者が, 者の 12 中で 10 空気は, 者を, 花形で 9 ものは, 人々を, 興を 8 空気を 7 ために, 中には, 中へ, 人々も, 者に, 視線は 6 中から, 中の, 空気が, 顔を 5 ものの, 人々に, 人たちは 4 うちで, 人の, 人は, 役者の, 気分は, 眼は, 者から, 芝居を, 話は, 連中は

3 [23件] うちに, うちの, ものが, ものを, 上に, 中では, 主な, 人々から, 人々が, 俳優は, 光景が, 客は, 小屋の, 山の, 方へ, 男女が, 瞳は, 者で, 者には, 興味を, 興行を, 話に, 顏を

2 [60件] ためには, なかに, なかの, ものに, 一人が, 中でも, 中央に, 二枚目で, 人たちに, 人も, 人を, 人気は, 人気を, 人達は, 人達も, 人達を, 人間を, 作者と, 俳優が, 俳優の, 俳優を, 劇は, 友達が, 大岩が, 女の, 客が, 客に, 指導者は, 新俳優, 様子が, 様子で, 様子を, 気持を, 沈黙を, 犠牲に, 神, 空気に, 空氣を, 緊張は, 者と, 者にも, 者へ, 興趣は, 花形お, 花形である, 花形です, 若女形, 話を, 誰よりも, 迎合を, 連中も, 連中を, 長が, 長老が, 長老の, 長老らしく, 雄大な, 驚きに, 驚きは, 高山を

1 [613件 抜粋] あいだに, あとを, ある処, いよ, うちから, うちでは, うちでも, うちにも, うちほかの, うちを, うち何人も, おたがい, お客を, お客様の, お客様を, お村, かうした気組み, かしましい喝采裡, かしらから, かしらの, くずれた頃, げい, この光景, さるの, ざわめきが, すべてを, その名前, その名声, その興行, ていを, とはいえ, どこにも, なかから, なかでも, びらが, ほうへ, ほかに, ぼんち芝居がか, まえで, まえに, まんなかから, ものさえ, ものたちも, ものとともに, ものどもに, ものなり, ものには, もの皆が, われわれの, アトラクション, アトラクションを, カピ丈は, キタ助だの, シテの, ジョンスが, ジョージ, タテ師として, テナァ唄ひ, テレ隠しの, プリ・マドンナ赤星ジュリアが, マワシと, レヴィウ歌手で, ヴデット長岡輝子夫人の, 一隅を, 七人が, 上を, 上演目録中には, 上置き, 不快と, 不要な, 丘が, 中じゃ, 中堅俳優として, 中川一政石井鶴三ぼくなどの, 中身で, 中間たちは, 主役俳優な, 乱れの, 五人は, 五厘らしい, 人々と, 人々には, 人々みな窓より, 人々をも, 人々一様に, 人々誰彼と, 人が, 人と, 人には, 人人は, 人形使いの, 人気の, 人気力士は, 人気者が, 人氣者で, 人目に, 人達や, 仕事を, 仕打として, 他の, 仲間が, 仲間も, 会話の, 体を, 作句が, 侍は, 俄国人男女数名来り, 俗曲を, 俥が, 俳優では, 俳優どもに, 俳優に, 俳優や, 俳優及新入研究生に, 俳優木田三千夫氏からの, 俳優達が, 傳六が, 働き手十年も, 兇星である, 先輩と, 先達を, 先頭からは, 光景わが, 光景を, 入れかわりました初日, 全員に, 公演を, 内紛といふ, 冷やかな, 初おめみえ, 前で, 割合と, 劇を, 動揺と, 博奕なりとも, 友達どもも, 反対を, 反響に, 口上言ひ, 叩いても, 同人諸君は, 名ばかりの, 名も, 名を, 名優達が, 名前によって, 名古屋だ, 名見崎東三郎, 名賢奇才達, 呼びものに, 問題独立問題東宝対の, 喝采を, 喧騒の, 坊主を, 城廓が, 壮士役者これを, 声は, 多人数は, 大姐, 大山が, 大山の, 大花形, 太夫元木戸に, 太夫姓は, 太夫玉川權之助三十前後の, 奇術がか, 女が, 女たち, 女たちの, 女と, 女主人, 女優ビング嬢の, 女弟子たち, 女形な, 女形の, 女王が, 女王には, 女王らしく取, 女王気分は, 奴を, 好奇心の, 如くやたら, 妓を, 姐さんと, 子供役者は, 学者たちは, 学者の, 宝塔の, 客として, 宿へ, 対話が, 専制君主であっ, 小屋が, 少年座員で, 尖れる火山, 尻馬に, 山が, 山を, 岩が, 岩の, 峰根こそぎ一搖れ, 巌石形蟇の, 席へ, 幟など, 幟を, 年始挨拶の, 幽霊仕掛に, 座つき長唄の, 座興に, 座附の, 座附作者を, 座頭と, 座頭にも, 建物が, 弟太夫あの, 役者に, 役者囃子方道具方まで, 役者達と, 得意な, 御座敷, 思ひがけ, 思念石と, 恐慌と, 恥でも, 悲喜こもごも, 意気込みを, 意見すぐ, 態度が, 憂愁をば, 憤懣を, 成り立ちの, 成功の, 或る, 手の, 手前に, 手品師などが, 手妻に, 指揮者の, 振舞酒なら, 掛合咄茶番には, 掛小屋は, 操り人形である, 散会が, 文士劇などが, 新富座の, 新年祝賀会である, 新規に, 新面, 方々も, 方々長唄鳴物囃子の, 方は, 方以外には, 方針も, 方針給金の, 旅歩きにも, 旗挙げ, 日本女優の, 日本手品や, 明星と, 春日恵美子とで, 暗闘状態は, 會話からは, 有様が, 有金を, 服装を, 未来が, 末に, 東都初, 枝垂桜が, 棟梁, 棟梁たる者は, 棟梁の, 棟梁を, 楽屋に, 楽屋者に, 槍ヶ岳が, 槍ヶ岳は, 武器の, 武士たちが, 死活問題であります, 残党の, 気分を, 気合を, 気配で, 水夫どもである, 江戸下りが, 沈黙の, 沈黙は, 河原者と, 注意が, 注目の, 浄瑠璃語りか, 浪士は, 淋しさ, 深い溜息, 渡来も, 満悦を, 源吉が, 滑稽話し, 漫舞には, 災難と, 無礼講と, 犬や, 狂言に, 狼狽ぶりを, 猿公が, 猿楽で, 獻酬を, 生物学者たちは, 田楽役者は, 田楽見物が, 甲乙が, 男たちが, 男の, 男や, 男女の, 男女も, 疑問で, 白けかかるの, 皆に, 監督の, 目は, 看板で, 看板として, 眞珠太夫に, 眞珠太夫の, 真中に, 眼を, 瞳を, 研究生と, 称讃を, 種板絵描きだった, 稽古冴えた, 積立金から, 積立金が, 空気の, 空氣の, 空氣は, 立て女優として, 立女形たる, 立女形たるべき, 立女形とも, 立山にさえ, 笑草に, 第一, 紋兵衛団丸麦松, 納り, 組織される, 緊張した, 総帥たる, 繪看板が, 署員を, 美人連を, 群れには, 群を, 老職顏見, 者か, 者たちは, 者だけで, 者である, 者でしょう, 者で御座いまし, 者と共に, 者ども, 者どもの, 者もすつかり萎れ返, 者らしい, 者らに, 者五六人と, 者皆集め, 耳へ, 耳を, 脚本を, 興, 舞台で, 舞台に, 芝居で, 花がたです, 花である, 花嵐に, 花嵐オソメと, 花形だ, 花形として, 花形にまで, 花形へ, 花形を, 花形カルロ・ナイン嬢を, 花形俳優に, 花形女優とも, 花形少女, 花形役者であった, 花形梅沢夢之, 花形鳥太夫と, 芸の, 芸人も, 芸者が, 芸術すべてに, 若い女優, 若者らを, 苦さ, 苦笑を, 藝人も, 藤沢浅二郎の, 藹々たる, 虚を, 衆や, 表情を, 裏から, 西巻は, 西洋演劇を, 視線も, 視線篠田の面上に, 親しみにくい, 親しみは, 親方って, 親方に, 親方の, 親方も, 観察に, 評判を, 評議は, 話が, 話頭は, 話題は, 語るところ, 誰でもが, 誰にも, 誰彼を, 誰憚る, 調子が, 談論に, 貧しさ, 賣物, 踊子たちは, 身の毛を, 軍議にも, 迷惑に, 追走, 連中が, 連中で, 連中とても, 進歩驚く, 運命の, 道化で, 道化役巾着頭の, 選抜軍, 部長であった, 部領に, 酒は, 酒宴成程, 重なる者, 重立ったもの, 重立った人, 重立った者三, 重鎮だった, 長老勝家先ず, 門弟らに, 間が, 閣を, 陰謀の, 雄偉な, 雄峰を, 雑談は, 雰囲気などで, 雲行が, 霊地は, 霊廟が, 静寂は, 面々である, 面々に, 面々の, 面々は, 面々漸く, 面々目を, 面々餘り, 面ぶれ, 面目まる, 頭でございます, 頭取狂言方番頭の, 頭数を, 頭梁株とも, 頭目らしい, 頭領と, 顏觸れ, 顔づけ, 顔の, 顔は, 顔ぶれが, 顔も, 顔触れは, 顕職に, 首席を, 首脳たる, 駭き, 驚き呆れる, 高い大岩, 高い山, 高楼を, 黒雲に, 鼠を

▼ 一座~ (348, 12.9%)

9 急に 5 どっと笑った 4 俄かに 3 しーん, シンと, シーンと, 固唾を, 白け渡って

2 [25件] ここで, しいんとなっ, しいんとなりました, しんとして, しんとなりました, ちりぢり, シーンとして, ハッと, 何んと, 信一郎を, 四人に, 声を, 文句も, 次の, 死の, 水を, 深い沈黙, 矢場と, 秋山氏の, 緊張した, 総立ちに, 耳を, 色めき立つて, 陽気に, 騒然として

1 [265件] あいて, あまりにも, あれから, いずれも, いずれもぎ, いまの, いま中風に, いよいよ寂しく, いよいよ明るく, いよいよ静か, おどろいて, おぼつかない内通辞, お庄, お角さん, かすかながら, かなり打ち興じた, ことに外国人たち, この予期, この時, この興行, これから信州, これだけ, ご多聞, さすがに, さっと色めき渡った, ざわめきたつて, しいんとし, しいんとなった, しずまりかえって, しづまり返, しばらくしん, しばらく聲, しらけた, しらけ渡りました, しわぶきの, しんと, しんとなった, しんとなり, しんと静まり返った, すぐそれ, すっかり乱れ, すれど, そのままの, そのまま沈黙, その三カ所, その怒声, その折, その気分, その瞬間, その郷士, それから, それから他, それこそ, それに, それについて, それより, た, たいへん静か, たちまちさわがしく, たちまちどっと笑い, たったカピ一人, だんだん気味, ちょっと白けかかっ, どうしてなかなかたっし, どうやら今度, どこで, どこに, どっと噴き出した, どよめいた, どよめく, なにか, なるほどと, なんとなく一家, なんとなく異様, にわかにそうぞうしく, にわかに白け, はっとどよめいた, ばね仕掛の, ひそかな, ひとしきりざわついた, ぶちこわしさ, ほとんど離散, ほんの七八人, ますます興, またたちまち, またどっと, またわけ, また沈黙, また白け渡った, まったく無言, まつたく乱れて, みじめな, みるみる晴れやか, もう乱れ, もう口, もう落ちつき, やがて笑い話, ようやく事, ギクリと, サッと蒼ざめてしまった, ゾクッと, ナシじゃァ, ヒヤリと, ホッと, レヴューの, 一段と浮かれ, 一種云うべからざる, 一行二十数人の, 三味太鼓入りで, 三味線も, 下座を, 不安とも, 不安気, 且つ驚き, 中国から, 中村時蔵, 中村芝翫市村家橘沢村訥升先代の, 主人の, 予定の, 事務長には, 二十日初日で, 互いに目, 互に顔, 五十人ばかり, 今やよく統一, 今日の, 休演し, 何かに, 何となく宴席, 俄に, 僕の, 元の, 先月から, 其本国を, 再びたくみ, 再び沈黙, 再び深い, 再び眼, 再び騒然, 冷やり, 前に, 割れ返るよう, 化石した, 十月興行を, 又ちょッ, 又夕方, 又白け渡りました, 古川を, 呆れ返りました, 和かな, 和気藹々と, 喝采を, 土間の, 坂東雛助尾上多, 声も, 声高く, 夜通し火を, 大いに酔っ払っ, 大てい, 大寺警部を, 大抵縞物, 大笑いに, 大笑いを, 女力士の, 妙齢の, 寂と, 寂然として, 尚も喧々囂々, 屍体の, 常に互, 平凡な, 幾らかしんみり, 幾度も, 彼らと, 心の, 思はずシーン, 思はず逃腰, 思わずシン, 思わずホッと, 思わず無言, 怪我の, 恐ろしくざわついた, 恐縮し, 息を, 感動し, 慄え, 慴然として, 所の, 手代の, 打ち上げまして, 打ち解けて, 振動した, 散り散りばらばらに, 日本では, 早くも, 昨二日来横浜, 更に陽気, 本当に大きい, 東宝ヴァラエティといふ, 次第にさざめき来った, 次第に乱れ, 次第に索寞, 此遊の, 死んだよう, 殊に古典, 江戸に, 沈黙した, 波間に, 浜松で, 深い沈默, 源内の, 無言で, 爆笑した, 特に四十八手, 男と, 白けて, 白けました, 白け切って, 白け渡つて, 皆下宿人らしかった, 皆夫人の, 目に, 目を, 知ってか, 私に, 突然解散, 笑いながら, 粂吉を, 粛然と, 緊張の, 総出の, 翌明治四十五年三月十四日, 考え込んで, 腹をか, 興が, 興奮を, 芝翫, 芝翫八百蔵羽左衛門市蔵高麗蔵女寅梅幸吉右衛門松助菊五郎などという, 花畑の, 苦しそう, 華やかに, 親方の, 解散さ, 解散と, 評判が, 誰じゃ, 誰とて, 議論を, 賑か, 賑やかに, 逢坂山を, 開いた口, 雇い婆, 静まったが, 顏を, 顔を, 顔をも, 馬十, 駒井能登守の, 鳴りを, 默りこくつて, 黙って, 黙りこんで, 黙然, 鼎の

▼ 一座~ (327, 12.1%)

12 見廻した 11 見廻して 9 見まわした 7 見渡した 6 照し, 組織し 5 組んで, 見渡しました 4 率いて, 見回した, 見廻しながら, 見渡して, 連れて 3 見て, 見まわして, 見廻したが, 見渡します

2 [18件] して, ずうっと, ねめ廻して, 作って, 引連れて, 支配し, 支配しました, 率ゐ, 笑わせた, 背負って, 自分の, 見廻し, 見廻すと, 見廻わし, 見渡しながら, 解散し, 賑かに, 賑わして

1 [198件] うつろな, おどろかした, お目, かけたり, くずして, こしらえて, さけるか, さしまねいて, させかつてとかく, さらって, しめッぽく, すっかり離れるだろう, すっと見廻, するどい鷹, すれば, ずっとみわたし, ずっと見まわし, ずっと見まわす, ずっと見廻した, ずらりと見る, ずらりと見廻した, ずーっと見まわした, たちまちクビ, ちらりと見廻し, つくり勇駒, てらして, ながめた, ながめわたして, にがにがしく思わせ, ねめまわすと, ひきいて, ひき連れて, まごつかせ, まぜっ返して, まねき寄せて, みに, みわたせば, めがけて, もって, ゆるがせたが, よろこばせさんざん, ろくに見廻すで, キッと, ジッと, ズーッと, ニューヨークの, パッと, パツと, 一室に, 乗せた一台, 乗出させ歌舞伎座, 代表した, 作っても, 作りボンヤリ, 作り打って出たの, 作り自分, 元気づけ明るく, 六七巡に, 冷り, 冷然と, 出演させた, 切り舞わした吉川夫人, 制するよう, 動揺させました, 動揺せしめた, 募集に, 勧めて, 占め先達, 占め政, 取持って, 叩き込んで, 叩き込んでしまつたの, 名古屋の, 向うへ, 呼び迎えた, 和やかに, 大きく刺激, 尋ねて, 小さくする, 幾つかに, 引きつれて, 引き具して, 引退し, 後に, 微風の, 感動せしむ, 抜けあと, 抜けて, 押し包んで, 招きこれ, 持ちあと臨時, 捨て, 掩うたことであろう, 描いたもの, 支配する, 斡旋し, 新しい気分, 新しく見直した, 新納, 昂奮させ, 昂奮の, 晴ればれと, 暫らく別荘へ, 森と, 殆ど知らない, 殺す気, 気まずくしない, 決定に, 浚い土地, 浮き立たすため, 無言で, 率いる丸木花作, 登場させたる, 白けさせない程度, 白けさせる, 白けさせ人前, 相手に, 眺めて, 眺めながら, 眺めま, 眺めると, 眺め回した, 眺め渡しましたが, 睥睨する, 睨みつ, 睨み廻して, 睨めまわして, 睨め回した, 笑ったの, 笑はせる, 笑わせる, 筆頭に, 組ませて, 組織させる, 組織した, 組織しなけれ, 結成し, 統ゐ, 統率する, 背負つて立つ, 背負つて立つた, 脱け, 脱出する, 興行した, 華やかに, 行ふ, 襲った, 見, 見に, 見ま, 見まわしたの, 見まわした時, 見まわす, 見まわす女, 見る, 見ると, 見わたし, 見わたした, 見わたして, 見わたすと, 見回したり, 見度, 見廻したあと, 見廻したけれども, 見廻したもの, 見廻しました, 見廻す, 見廻すの, 見廻そうと, 見渡したのち, 見渡したもの, 見渡した主人, 見渡した目, 見渡し乍ら指, 見物し, 見物した, 見物する, 見物に, 観る, 解散した, 買いに, 買ひ, 賑かさう, 賑やかに, 賑わせましたが, 賑わせる滑稽, 身廻した, 遠く極東, 遠野に, 里虹とともに, 鎌倉へ, 開き春日, 陽気に, 領し, 領した, 顧みると, 驚かして, 驚かせた

▼ 一座~ (207, 7.7%)

3 陽気に 2 しんと, 出来る, 出演する, 出演の, 急に, 来朝する, 緊張した, 解散した, 面を, 麻布の

1 [184件] あいた口, あっけに, あって, あまりその, あり百姓片手, ある, あれを, あわてて, あッて, おしまひの, かかった, がっかりしました, ここで, ここの, この土地, この時, この村, この盲人, こわれてから, ざわつく, ざわめいた, しずまって, しばらく今, しんとなる, しんと引締, しんと静まった, じっと見守っ, そこへ, そのままに, その場, その当時, それを, たちまち満堂和気靄, たわいも, だしぬけの, だんだんに, ちょうど千秋楽, ちょうど舞台, できて, ときどきはっとする, どっと笑いだす, どんなこと, なんとなくしんみり, なんとなく水, にぎにぎしく乗りこん, にわかに春めい, ぴったり鳴り, ほんとうの, また勇み, また口, また感, また笑い崩れました, やって来た時, やつて, やや白けた, ようやくこの, わいて, シインと, シェークスピヤの, シンと, シーッと, シーンと, ゾッとしました, チャツプリンに, テレきっ, デングリかえる, ラシイヌを, ロシアの, 一本の, 七月にか, 上京する, 上方俳優である, 上演する, 不入りを, 中洲の, 乗り込んだの, 乗込んで, 九十郎を, 二十六七人揃っ, 京の, 人気を, 今度は, 他の, 俄かに, 傾聴した, 先代萩を, 八人で, 出来ますもの, 出来ると, 初めて総立ち, 割れるよう, 南座へか, 厚木を, 口を, 可笑しいと, 合同って, 同車送りに, 呆然と, 問い疲れ, 喜劇を, 四五年前に, 団十菊五芝翫其方退けと, 埼玉県の, 堂々と, 変に, 多人数を, 大連の, 太功記十段目一幕を, 女と, 安泊り, 小屋に, 小屋掛けを, 少し白けかける, 少し白らけた, 少し緊張, 崩れて, 巡って, 巡業に, 帰った後, 帰って, 弁信なる, 意気込んで, 懸ると, 所謂, 持って, 掛かって, 掛つたを, 掛りたる仮, 掻き消す如く松本, 救われた, 新規に, 旗揚げを, 早くも, 暖かな, 本席, 来たの, 東京旗上げ興行で, 松の, 歌と, 歌舞伎座に, 此の, 水を, 沈黙し, 法然上人西の, 浮薄な, 深い沈黙, 烏帽子を, 無言に, 煙草を, 甚だ白け渡った, 田舍廻りから, 白けて, 白けるの, 白け渡った, 白け渡ったと, 皆ど, 皆眼, 眼前へ, 福島を, 納まるまいし, 純客観的, 組織され, 組織された, 組織立って, 結成された, 群れさわいで, 自分たちながら, 興行を, 舌を, 芝虎の, 荒寥として, 華やかに, 襟すじを, 見世物の, 言葉を, 賭り終えた, 酒池肉林と, 鎮まると, 開場し, 陰鬱な, 雨乞い神事の, 静まると, 驚倒絶息せざる, 高島の

▼ 一座~ (159, 5.9%)

4 加わって 3 加入し 2 あいさつを, いて, いると, なって, なりました, むかって, 向って

1 [138件] あったこと, あって, いあわせる女たち, いたそう, いたという, いたよ, いた分, いなさる, いるやいなやと, いるん, おり何, かぎること, けい秀画家が, さっと真剣, しばし沈黙, しろ以後, その見透し, ただよ, だよ, ちよつと, とどまらなかった, なくては, なったこと, なると, はいれると, ぼくを, まさしく聞いた, めぐり逢いお, もたらした興ざま, よく通った, ゐた時, ゐた西田, ゐる東, ザワザワと, シャンメエレといふ, ネタを, マチアも, メリイ・カルヴィンという, 不向きである, 与えた, 中国人の, 二つ売り, 交って, 交り, 仕込まれたため, 代って, 仲間し, 仲間入りを, 会して, 会釈し, 会釈を, 作用した, 修業に, 働いて, 先代猿之助だの, 入って, 入つ, 入つたこと, 入つたの, 入つた彼, 入れて, 六代目菊五郎と, 凄まじい衝動, 出て, 出勤し, 別の, 前貸しの, 割り込む, 割込むわけ, 加つて大阪へ, 加つて行つた, 加はりました, 加わった, 加わったの, 加入した, 加入を, 取りかこまれて, 周という, 囲まれながら, 尾州下りの, 居すわるやう, 居た, 居た文吉, 属ししかも, 年増ざかりの, 廻つたと, 悲しい舞台, 戻って, 批評の, 抱くよう, 招かれた男女たち, 拾われ言葉, 挨拶し, 提供し, 於いて, 時蔵が, 時蔵高麗蔵家橘などが, 業が, 欠くべからざる重要, 残って, 江戸ッ子が, 河岸の, 活気を, 流れたソヴェト, 無くては, 猿之助が, 男が, 相当する, 着かせられ山門, 礼を, 空想し, 立女形の, 綺麗な, 聚める, 聞かすお, 育って, 胴の, 芝翫猿之助源之助が, 花が, 話して, 貸したこと, 起こった, 起りました, 起るであろう自壊作用, 転げこんで, 迎えるが, 這入った, 這入って, 連なった幇間, 連なる, 酒が, 関係の, 限らず芝居, 集る諸氏, 雇われて, 青年歌舞伎が, 顔を, 馳せさんじたよう

▼ 一座~ (55, 2.0%)

2 興行を

1 [53件] あつた, あつて, いよいよ月見, お前さんおいで, ここらでは, この大菩薩峠, すき焼で, その役割, その赤い, でも, なにが, また花札, やり演出家, ウイを, マゲ物が, 一年に, 一番目は, 下座の, 伊井蓉峰が, 何を, 値下げし, 先立ちして, 出し物の, 十一月には, 夜更ける, 女房は, 客は, 小染, 彼女とても多分, 押しも, 捕えられたとき, 桟敷一間四円四十銭高土間三円三十銭平土間二円四十銭但し, 桟敷四円三十銭高土間三円二十銭平土間二円三十銭これも, 横浜へ, 江戸に, 演じたその, 狂言は, 知らないもの, 第二流, 筵張り同, 背負つて日に, 自分の, 舞台では, 行くこと, 行ったばっかりに, 話し合う所, 読売の, 誰が, 踊ったこと, 近藤重蔵と, 酒酣なる, 食事を, 飲んで

▼ 一座~ (32, 1.2%)

1 [32件] すくんだよう, それで座頭, それを, どうかしなくっ, どうこれ, なんとなく白け, なんとなく陽気, ほどなく町, またこの, また次, みな同意しました, やってきました, やや白けかかった, 亦来っ, 京都, 僅かに, 呆気に, 問題に, 天下に, 客を, 御多分に, 忽ち白け, 愈々没落, 打てないじゃ, 撮影にか, 散會, 春から, 現在の, 興に, 見えて, 解散の, 道庵主従を

▼ 一座には~ (30, 1.1%)

1 [30件] いつの間にか国民座, いなかったので, がんもどきと, どんな人間, やはり小屋掛け, スタアという, 一つ売る, 刻々と, 及ばなかった, 古いの, 四谷は, 外に, 安綱, 少くとも, 忍び笑いや, 日本で, 欠くべからざる人気, 無くて, 男芸人が, 立役者以外の, 聞きなれぬところ, 蛇つかい, 袴を, 親睦の, 誰も, 貴様たち田舎芸者に, 酔った声, 重苦しさ, 金丸国丸など, 顔を

▼ 一座~ (28, 1.0%)

6 ている 4 ていた 2 て信濃路

1 [16件] ていなかった, てざま, てはどう, て中川尻, て交際上手, て単に, て土間, て武辺, て都, て酔, て顔合せ, て飲ん, 凡ての, 出が, 四人同席の, 明日の

▼ 一座~ (27, 1.0%)

2 有楽座

1 [25件] いうと, いっても, お客と, されて, まるで違った, まるで違つた軌道, 一緒に, 云うの, 云ふ, 会社との, 別れあと二, 別れんと, 別廓を, 合宿だ, 吉本ショウとの, 呼ばれる所, 塗りかえ, 幸四郎の, 書いて, 楽しくお過ごし, 濱町の, 縁を, 襟に, 見えて, 言ふ

▼ 一座~ (26, 1.0%)

2 入って

1 [24件] かかって, まじると, 先づ一瞥を, 入りたいといふ, 入る気, 入れて, 入れるつもり, 出たとき, 出演した, 加えて, 加わって, 加わりました, 加入した, 引渡すこと, 招いて, 振り向きも, 来る前, 禮を, 紹介し, 貰ひたき, 軽く会釈, 送り返そうと, 顔を, 風が

▼ 一座から~ (17, 0.6%)

1 [17件] お招き, ぬけて, ぬけられない, 世に出, 奪ひ取つ, 存在を, 明智の, 最近仏国作家として, 歓迎された, 激しく嘆息, 特別待遇を, 独立した, 脱け, 言われて, 足を, 飛び出して, 飛び出すと

▼ 一座という~ (17, 0.6%)

2 ことに, のが, のは, のを 1 ので, もの, ものが, ものは, ものを, 中流の, 名なし, 看板が, 長方形の

▼ 一座した~ (12, 0.4%)

1 [12件] お歴々は, ことが, ことの, のが, ものである, 人々である, 俳優たちが, 大谷馬十である, 時, 時でも, 時伝三郎は, 期間が

▼ 一座する~ (9, 0.3%)

2 のを 1 ことが, たびに, ものからも, 事が, 機会を, 筈である, 芸者の

▼ 一座では~ (7, 0.3%)

1 ある, パリに, 何を, 口も, 姉分で, 察する, 抜群の

▼ 一座でも~ (5, 0.2%)

1 あった時, おしだろう, 彼の, 招んで, 買い込んで

▼ 一座~ (5, 0.2%)

1 それらの, そんな狂言, インチキレヴューの, エノケンや, 女牢の

▼ 一座寂然~ (5, 0.2%)

2 と声 1 した, として言葉, となった

▼ 一座~ (4, 0.1%)

1 かなりの, がわしら, より, 借金取の

▼ 一座として~ (4, 0.1%)

1 初めての, 寄り添って, 日本の, 歓迎された

▼ 一座とは~ (4, 0.1%)

1 すっかり手, 何かと親しかっ, 別物に, 必ずしも一部落全体

▼ 一座と共に~ (4, 0.1%)

1 出勤, 慌しく帰りました, 戦後の, 旅行を

▼ 一座にて~ (4, 0.1%)

1 一番目は, 俳優の, 大阪より, 開場

▼ 一座にも~ (4, 0.1%)

2 相成る訳 1 悠々と, 正面は

▼ 一座これ~ (3, 0.1%)

2 には少しく 1 も二

▼ 一座その~ (3, 0.1%)

1 声に, 言葉に, 頂辺に

▼ 一座であった~ (3, 0.1%)

1 が土間, だけに入場料, にもかかわらず

▼ 一座です~ (3, 0.1%)

1 から喧嘩, から男, があまり

▼ 一座といふ~ (3, 0.1%)

1 のがか, のは, のを

▼ 一座はど~ (3, 0.1%)

1 つと囃し立てた, つと笑, つと笑つた

▼ 一座~ (3, 0.1%)

1 から憎まれ, には密, の若

▼ 一座~ (3, 0.1%)

1 乱れで, 笑す, 笑を

▼ 一座しんみり~ (2, 0.1%)

1 して, と頭

▼ 一座じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, 罪が

▼ 一座たる~ (2, 0.1%)

2 人を

▼ 一座とて~ (2, 0.1%)

1 未だそこここ, 牛若丸は

▼ 一座にでも~ (2, 0.1%)

1 はいれば, はいればい

▼ 一座に対して~ (2, 0.1%)

1 無礼に, 高飛車な

▼ 一座また~ (2, 0.1%)

1 静まって, 騒然となる

▼ 一座やや~ (2, 0.1%)

1 白けたかと, 白ける

▼ 一座をずつと~ (2, 0.1%)

1 見わたした, 見渡し乍ら

▼ 一座六人~ (2, 0.1%)

1 の中, ハッと

▼ 一座十五六人~ (2, 0.1%)

2 はしばらく

▼ 一座大阪~ (2, 0.1%)

1 の浪花座, の角座

▼ 一座市村座~ (2, 0.1%)

1 にて近松, に旗揚げ

▼ 一座~ (2, 0.1%)

1 から賞め, を合わせ

▼ 一座悉く~ (2, 0.1%)

1 白け渡りさす, 耳を

▼ 一座~ (2, 0.1%)

1 とする, 然と

▼ 一座歓迎~ (2, 0.1%)

2 の夕

▼ 一座残らず~ (2, 0.1%)

1 の仕度, 残念ながら

▼ 一座粛然~ (2, 0.1%)

1 たり, たる中

▼ 一座緊張~ (2, 0.1%)

1 して, する

▼ 一座誘拐~ (2, 0.1%)

2 も何

▼1* [144件]

一座あっと驚き, 一座いたくシラけ, 一座からの出征者に, 一座きりきゃないっていいますぜ, 一座きりだそうですがね尾州, 一座ぎりのところで本殿の後ろ, 一座ぐらゐでこの劇団, 一座こぞって川辰へ, 一座ことごとく感じ入る, 一座この度の, 一座この度鴎外先生の新作狂言上場, 一座これから吉原仲の町へでも, 一座させたらどんな結果, 一座したら両方に, 一座しましたが, 一座しんとし, 一座ずらりと出て, 一座それも御, 一座そろって上海, 一座ただ沈黙あるのみ, 一座だけが明治二十五年まで, 一座だけは土地の, 一座つくることに, 一座でございますゆえみんなもう, 一座でさ灯は, 一座でないことも, 一座でなく彼女の, 一座でのめずらしい江戸っ子, 一座とかして, 一座としか見えません, 一座としての公演を, 一座としては初めての, 一座とちッとも, 一座とともに来りたる八年前, 一座ともなれば, 一座とんだ日の, 一座なすつたで, 一座などでなく大阪, 一座などというエロ, 一座などといふのと, 一座なども日本人だ, 一座ならとうに厚木, 一座なりを興がらせも, 一座なんて書いて, 一座によって占領さるる, 一座にわかに森然, 一座にをります, 一座ののものと, 一座はにはかに, 一座ばかりはさすがに, 一座へなんか行くよう, 一座まちまちな観察, 一座みな田楽に励ん, 一座みな興が覚め, 一座よりもこっけいな, 一座らしいがしかし, 一座らしく幾挺かの, 一座わいわい言って, 一座わっと立, 一座アトラクションの三部長, 一座ガヤガヤワイワイと伊賀, 一座シンミリとしてしまつて, 一座チリチリバラバラよ, 一座ブルュッセルのマレエ座, 一座一同になりかわり, 一座一行の間, 一座一行廿一人は結束, 一座七八人たった一つ, 一座七十余名の手, 一座上下合せて, 一座上下みんないい心持, 一座聳えて, 一座並びに木下八百子, 一座中世に隱, 一座主任ヲ命ズ, 一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 一座交驩の夕, 一座京都へ向, 一座仰天する, 一座会同の席, 一座何となく鬼気に, 一座に色めき立っ, 一座俳優の大, 一座もすれ, 一座入りが出, 一座全体が狂おしい, 一座八月に来朝, 一座再び上京し, 一座動揺する, 一座が四十一座, 一座十九人に食物, 一座哄笑したという, 一座唖然とした, 一座喜びにあふれてる, 一座喜びましてございます, 一座四階東宝劇団となっ, 一座園遊会の宣伝, 一座夜着を圧し, 一座存外によく, 一座として声, 一座少しく興に, 一座居合せの異人共, 一座のごとき, 一座に菅原道実, 一座思はずワアツ, 一座怪訝の面, 一座惣出で源氏節丈, 一座感じ入ったという話, 一座感動せざるを, 一座所望したいとか, 一座に汗, 一座手前が名前人, 一座挙つてこれを強, 一座暗澹たる雲, 一座暫くは無言, 一座最終の演奏, 一座杯盤狼藉の最中, 一座棟梁の習道, 一座を打ちたるごとく, 一座かな盤石, 一座滑って平伏, 一座甚だ白けたり, 一座白けていたら, 一座白け渡りてそこそこ, 一座百人以上な人影, 一座跪いて, 一座を欹てた, 一座直属となる, 一座続出し子供芝居繁昌, 一座出演で, 一座興じて, 一座をな, 一座花形の雪, 一座英米仏人混合の一座, 一座のごとき, 一座解散を命ず, 一座賛同而して, 一座退って女二人, 一座退りて手, 一座として声, 一座を見合わす, 一座首十坊主がいっせいに, 一座駘然陶然とした, 一座黙然となる