青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「万~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~丁寧 丁寧~ ~丁度 丁度~ 丁目~ ~七 七~ 七つ~ 七兵衛~ 七月~
万~
万一~ 万事~ ~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~ ~三 三~ ~三つ 三つ~

「万~」 17015, 184ppm, 556位

▼ 万~ (1783, 10.5%)

56 兵を 35 大軍を 22 金を 20 人間が 16 人々が 15 人が 14 兵は 12 人の, 兵が 10 味方を 9 人々の, 人口を, 大軍が 8 金が 7 図の, 神, 精兵を 6 兵と, 兵も, 大兵を, 大軍は, 富を 5 人民は, 人間の, 価値を, 兵馬は, 図に, 大軍と, 婦人が, 生霊を

4 [28件] 中に, 人々は, 人々を, 人に, 人は, 人を, 人民の, 人間は, 人間を, 兵に, 兵力を, 兵士を, 労働者を, 勤労者の, 地図に, 将士を, 敵も, 敵を, 民草を, 現金を, 矢を, 群衆は, 群集が, 読者の, 軍は, 軍を, 軍勢を, 軍隊を

3 [37件] に似た, 事に, 人口が, 人口は, 信徒を, 兵士の, 兵隊が, 同胞の, 同胞は, 図で, 増加を, 多きに, 大兵は, 女性たちが, 婦人の, 婦人は, 家が, 将兵を, 市民に, 怒濤, 方へ, 日本の, 次第である, 生霊が, 百姓を, 窮民を, 紙幣を, 群集を, 蛍烏賊の, 読者が, 財を, 貴い女性, 軍勢が, 軍勢は, 金は, 雷を, 顔を

2 [108件] うちに, ことと, この市, ものが, ブルジョワだ, 事と, 人にも, 人みな生ける, 人出が, 人声が, 人夫と, 人夫を, 人民が, 人類は, 住民から, 借財を, 債務は, 優勝者が, 先鋒は, 党員を, 兵力は, 兵士が, 前に, 勢を, 同胞あり, 同胞が, 同胞に, 同胞を, 味方に, 図では, 報酬を, 壮丁を, 大兵に, 大将は, 大衆は, 大軍も, 大金を, 失業と, 失業者が, 女を, 女子が, 女性が, 女性は, 妻たちの, 娘たちの, 将士も, 屍の, 山口へ, 市民が, 市民の, 市民は, 市民を, 役夫を, 微笑を, 心を, 手を, 新造の, 方に, 旗を, 日光図幅に, 日本人の, 未亡人を, 根性だ, 次第では, 氏人から, 漁民を, 物の, 狂人の, 現金が, 生命を, 生民, 田虫の, 男と, 男女が, 男女の, 留守兵を, 白い十字架, 百姓が, 眷属勇み, 眼で, 眼を, 矢は, 神の, 群集の, 群集は, 膃肭獣と, 蛙の, 蜂が, 血を, 見物が, 見物は, 観衆を, 話である, 読者に, 読者を, 資産を, 赤軍を, 軍が, 軍容を, 軍旅は, 軍隊が, 軍隊は, 軍馬が, 都民は, 金に, 鋳貨, 間と, 陸軍加藤脇坂九鬼等の

1 [1006件 抜粋] あたりまえの, いのちを, うちこれだけ, うち五千は, うち少なくとも, うち鉄砲隊所属の, お前と, お客さんが, お心掛け, お高, かかる磅, が跪, ここに, ことで, ことである, ことながら, ことに, ことの, この世の中, つく金額, ところに, は仔細, ばけものども, また千億, まぼろし, もと泊った, ものだろう, ものでありました, ものな, やつである, ようで, より一段下, イケニエに, キリシタン宗徒を, グロテスクな, ソヴェトの, デッドマスク, ハシタ金は, パイナップル栽培計画を, プロレタリアの, ポスターや, ロシアの, 一割の, 一言を, 三人組三羽烏と, 三階大広間昼間うっかりし, 世代として, 世界を, 中と, 主人など, 乞食も, 予約者中には, 事ならずや, 事自, 人々から, 人いきれで, 人たちに, 人出であった, 人口あるべし, 人口とを, 人口中半数は, 人夫にて, 人家は, 人数は, 人柱が, 人民を, 人民四万町の, 人物が, 人衆に, 人間いや, 人間に, 人馬は, 仏が, 仕事を, 仕組みを, 代金引き換えにね, 位では, 住民たちは, 住民は, 余を, 供物も, 俊寛十万の, 信徒もろとも, 信徒達が, 信者が, 俳人が, 倉の, 個人を, 値うちで, 値打は, 働いて, 働く男女, 儀でございました, 元兵, 先陣は, 児童に, 党員と, 全景を, 兵ある, 兵ことごとく, 兵とて, 兵にく, 兵余す, 兵力も, 兵士たちが, 兵士とを, 兵戈動く, 兵隊は, 兵馬が, 兵馬も, 兵馬唯意の, 内には, 再び還る, 処置振り, 出来事が, 出版部数を, 利子すなわち, 利益を, 労働者と, 労働者は, 労働者諸君が, 勇士にも, 勇敢なる, 勝ちほこった, 勢も, 勢平壌には, 勤労大衆に, 勤労者とともに, 勤労者をも, 包囲の, 北国健児が, 半ば以上の, 南征で, 卵, 原地人が, 口から, 史書を, 同志が, 同胞姉妹皆競い, 名を, 呉軍が, 味方が, 味方さ, 味方と, 味方にでも, 味方は, 命を, 商店中毎年代がわりする, 図にも, 国家の, 国民を, 国民学校の, 土兵にまで, 土鍋山や, 在郷軍人に, 地図で, 地図の, 坑夫が, 増加が, 声に, 夜は, 夢魂水寨に, 大兵の, 大勢ながらも, 大多数, 大河原図幅に, 大町図幅に, 大縦隊, 大衆と, 大衆も, 大軍で, 大軍の, 大軍三縦隊と, 大軍美濃国不破郡関ヶ原に, 大都市が, 天軍が, 夫婦は, 失業者であります, 失業者とを, 失業者もっと, 契約金が, 契約金を, 女だ, 女の, 女子青年従業員に, 女性たちは, 女性にとって, 妓は, 妖鯨濤を, 妻たち愛人たちよりも, 婦人たちと, 婦人にとっては, 婦人読者は, 婦人賃金労働者男子と, 婦女子を, 子供を, 字は, 学徒を, 学校図書館が, 官吏によって, 客貨車五千の, 室へ, 家々が, 家々を, 家屋とを, 家庭事情が, 家族は, 家軒ごとに, 寄手を, 富豪, 寡婦と, 将兵は, 将士ことごとく, 将士は, 小ッポケナ小大名, 小売商に, 小学校教員は, 小投資者, 小禄, 小説を, 少年奴隷の, 少年少女が, 屋根屋根は, 屍は, 山口村へ, 巨富を, 巨額をも, 市が, 市民にたいして, 希望は, 師を, 平凡人も, 年齢, 店員たちの, 度数を, 強兵が, 強襲を, 弾丸千の, 弾薬が, 彼の, 後方に, 後詰めの, 従業員そのものの, 御主人, 御威光, 御神灯を, 微生物の, 心の, 恐喝めいた, 悪鬼にも, 情夫にな, 愁無く, 愚物, 愛国者が, 感が, 戟を, 戦争による, 戦傷不具者の, 戦災者, 戦車が, 手の, 押印料は, 挙動に, 探偵小説家が, 援兵まで, 損失を, 損害を, 改革者が, 教ごとを, 数あるべし, 数だった, 数は, 敵に対し, 敵は, 敵兵の, 敵味方は, 文反古歿後三年刊行, 断言と, 新手を, 新築し, 旅人が, 日本中で, 日本人民が, 日本婦人の, 旦那に, 明軍を, 星の, 普通漁民だ, 書生を, 月が, 朝昨夜からの, 木葉は, 未就学児童, 本願寺門徒が, 村, 杭に, 東海道の, 栄光千々の, 標品と, 次第にこれ, 歌声, 武士それを, 武装警官を, 歩兵と, 死は, 死亡者を, 死傷者を, 死活問題ある, 死者と, 死者をも, 死骸を, 母では, 母や, 民に, 民草が, 民衆の, 民衆之を, 河添の, 波動を, 活動の, 流れに, 涙雨は, 源氏が, 漁民から, 漁民の, 火箭を, 災厄は, 烟筒は, 無名の, 燈明が, 燈明を, 燈明用に, 父, 物これによりて, 物豊かに, 物音は, 犠牲者と, 猛兵, 献詠者を, 猿猴大王に, 現存図書の, 現金と, 甍に, 生命とを, 生活が, 生活を, 生霊なお, 産を, 田村の, 甲冑の, 甲州勢は, 男よ, 画家が, 留守兵の, 異教徒の, 白いうさぎ, 白蚯蚓を, 白骨も, 百姓は, 目が, 目には, 相続税を, 真珠碧玉を, 眼利き, 矢が, 知行に, 硅化流紋凝灰岩の, 神が, 神皆目, 票を, 私たち大衆が, 移民が, 空文あり, 窓, 端金の, 米国株式の, 精兵が, 精兵に, 精兵も, 精鋭, 精鋭は, 純収入, 紙幣磅が, 細胞の, 結婚適齢従業員の, 統計の, 緑素が, 群衆が, 群集に, 羽ばたきの, 者は, 聖衆たちは, 聴衆の, 聴衆を, 肺患者の, 胎児を, 胸の, 良質の, 花嫁が, 若い健康, 若い精神, 若き女性, 苦悩を, 荒くれ漁夫どもから, 華客が, 蒲鉾は, 薬を, 蚊軍, 蛾と, 蜂がは, 蝶々が, 血が, 衆を以て, 行き方, 行旅を, 術を, 袷を, 要らない命, 見当であるらしい, 見物人および, 見物人は, 視線が, 親なし, 観衆それから, 言い分であります, 詩な, 話であった, 語も, 読者大衆を, 警察力を, 豼貅一個の, 財が, 財産, 財産を, 貨幣が, 費用を, 資産何か, 足音に, 身上を, 身代に, 身代十万に, 軍と, 軍も, 軍中へ, 軍兵, 軍兵とを, 軍勢なりとも, 軍勢には, 軍団は, 軍隊の, 軍馬を, 農夫を, 農民の, 逞兵を, 道すたれ果て, 道に, 遺, 遺骸を, 部下を, 部数を, 都合は, 都市だった, 都府に, 醜悪な, 里に, 野武士と, 野蛮人の, 野郎に, 金の, 金よりも, 金持ちから, 金額の, 鉾刃, 銭を, 鍵に, 間借りの, 關善で, 限りであった, 陸兵だけ, 難民に, 雷鳴と, 電燈瓦斯松明が, 電線が, 霊魂を, 青年たちの, 青年子女に, 靴と, 預金者達に, 頭脳より, 飛竜に, 飢民が, 餓死人を, 騎兵隊と, 驀頭に, 鬼霊に, 魂魄が, 鯖が, 黄菅が, 黒兵者を, 黒部図幅には

▼ 万~ (1712, 10.1%)

43 の金 14 という金 13 に近い, もする 11 だ, の現金 9 の金塊, を投じ 8 です, になる, の大 7 あれば, だと, の懸賞 6 と云, の借金, の小切手, の札, の札束, の首飾り 5 か, である, といえ, と云う, に達した, のお金, ばかりの金, を奪った

4 [18件] ですか, では, というの, という金額, になり, の信用, の収入, の大金, の富, の巨額, の紙幣, の財産, はかかる, をフトコロ, を与う, 出して, 出しても, 貸して

3 [36件] かし, だが, だそう, であった, で売れた, で買う, で買おう, という大金, という驚くべき, とし, なり, になった, にはなる, に上っ, に売れ, に売れた, に達する, のお, のダイヤモンド, の保険, の値打, の利子, の割合, の問題, の売上げ, の宝石, の損害, の研究費, の負債, の貯金, の費用, の資本, の遺産, もらって, を贈呈, を超える

2 [112件] ある, かの金, がもの, が手, くらいの金, ぐらいはなん, だか, だかの, だから, だして, つくって, であろうと, でいい, ですな, でも十万円, で今度, で出来る, で売っ, で手, で買っ, で買った, で買収, ということ, というところ, というよう, という値うち, という研究費, という話, という酒, といふの, といふ事, とかの骨董物, とつけ, にする, にのぼった, にも当る, にも相当, に上る, に売, に売った, に達し, の, のねうち, のもの, のカタ, のダイヤ, のモトデ, の価格, の償金, の出資, の夢, の大穴, の契約, の宝くじ, の寄付, の富豪, の弗箱, の持参金, の方, の欠損, の洋酒, の火災保険, の稿料, の紙幣束, の資産, の資金, の赤字, の赤誠, の身代金, の軍資金, の金額, の隠し場所, の高値, は, はおろか, は愚か, は高, ばかりのもの, ばかり現金, ほどの小さな, ほど支出, まで出す, もあれ, もって, よ, をお, をどこ, を受取った, を奪い去った, を寄附, を得られる, を必要, を手交, を投じた, を投ずる, を持っ, を損, を支出, を突然, を要求, を請求, を超え, を越える, を越す, を送った, 出したって, 差し上げよう, 当ったとか, 渡した, 程のもの, 貯めて, 貯めるまでの

1 [1064件 抜粋] あげるとか, あったらああ, ありさえ, あるいは千円, あるだろうと, あるはず, いただいたから, いるそう, いるの, うごかす力, おく奴, おろしに, かいずれ, かかったという, かかって, かかるが, かけられるという, かして, かといいたい, かとばかし思ひ込ん, かね, かの詐欺, かの身料金, からあった, から五百万円, から千円天引, から持っ, から概算, か何百万円, か私, がいくら, がか, がどう, がほしい, が七八千円, が事もなげ, が心残り, が欲しく, が病人, が私, が谷中亡滅費, が都合出来次第, が鍵, くらいだ, くらいの俸給, くらいの石炭, くらいの資金, くらいは出し, くれただ, ぐらいか売る, ぐらいずつ穴, ぐらいと推定, ぐらいになる, ぐらいには売れるだろう, ぐらいに取り引き, ぐらいに当るでしょう, ぐらいの仕事, ぐらいは片手, ぐらいわが, ぐらいオレ, ぐらい物価, ぐらい返し, こしらえる迄が, しようが, じゃ, じゃない, じゃ売りません, するかも, するの, ずつくださるなら, ずつの官金, ずつを義捐, ずつ与える, ずつ出し, ずつ取出し, ずつ餌, ためたと, だかを, だけうけとる, だけだ, だけを区別, だけ費し, だっせ, だったもの, だって安, だって高く, だとさ, だの, だまされて, だろう, ちかくかかる, って云え, つくらせて, つけて, つんだとて, てえと, であったが, であつ, でこの, ですって, ですよ, でそれぞれ小倉, でできる, でないと, でもい, でもこれ, でも二十万円, でも即座, でも手放しません, でも本日さッそく, でも構わない, でも貸与, でエンゼル夫妻, でミ, で人, で出来るでしょう, で売りたい, で売れ, で家屋, で店, で息子, で新築, で浮かばれない, で社, で行かう, で譲った, で買, で買いたがった, で買い受け, で購われた, で身売り, で雑誌, とある, というお金, というまとまった, というん, という事, という多額, という天下通用, という想像, という数字, という査定, という言葉, という財産家, という高価, といふ値段, といふ巨額, といふ言葉, といわれます, とかいはれ, とかといふ話題, とかも国, とかを鉄道省, とか十万円, とか書いた, とか財産, とこれこれ, としてその, として使える, とする, とともに左近, とは, とはこの, とは使用, とふしぎ, とも知れず入っ, とやらの負債, とられる証文, と久吉, と云われ, と値踏み, と内定, と区切りし, と定め, と少し, と権利金, と称す, と聞いた, と致し, と見, と計上, と認定, どころかその, ないし百五十万円, などというの, などとその, ならと, なら十五万円, なら大, なら誰, なりその, なり十万, なんぞは眼中, に, におどろいた, にしてやる, にせりあげた, については聞く, になっ, にのぼる, には売れる, には手, には買取る, にもあれ, にも上る, にも代えられない, にも値するであろう, にも取引, にも積, にも達するであろう, によって大量整理, に上り, に下らず, に価する, に値する, に増額せり, に売れたろう, に淡白, に狂喜, に相当, に買う, に限っ, のお礼, のしんしよう, のただ, のふぐ, のらん, のタメ息, のハガキ代, のラジウム, の中十二万円, の仕事, の代り, の件, の使途, の修繕, の借りだし, の儲け, の全部, の内五百万円, の出費, の刺繍, の前渡し, の包み, の半分, の原稿, の取引, の四十幾パーセント, の基金, の声, の外債募集, の多額, の奇利, の宝くじ2組, の年収, の幸福, の恋人, の情熱, の手切れ金, の拐帯犯人, の提琴, の損害賠償, の教会, の新しい, の新聞広告料, の日本唯一, の材木, の染料, の樹林, の歳入不足, の海, の清, の災害追加予算, の特別予算, の現金入り, の生命保険金, の由, の私酬, の約手, の罰金刑, の自動車, の花火一発, の補助, の話, の谷中村破壊追加予算案, の貸し, の贋造紙幣, の身の代金, の退職手当, の違約金, の郵税, の金位, の金貨, の離縁金, の香水, の高価, の鶏, の黄金液, はいっ, はいれ, はここ, はすこし, はその, はたしかに, はどうして, はやすい, はよかっ, はフイ, は一切没収, は二万円, は余りに, は使っ, は儲けた, は夏川左近, は大きい, は大分安, は安い, は彼, は最低, は浦部伝右衛門, は無くなっ, は煙山, は瞬く, は紛失, は見る見る, は貯め, は軽く, ばかし収入, ばかりさ, ばかりと金額, ばかりの中, ばかりの収入, ばかりの損, ばかりの量, ばかりまあ, ばかり一カ月間, ばかり儲けた, ばかり収入, ばかり売っ, ばかり持つ, ひきだすから, ひきだすの, ふんだくろうという, ほしいな, ほどかすめとられ, ほどだ, ほどです, ほどに達する, ほどの由, ほどの費用, ほどの金, ほど出させ, ほど多い, ほど譲っ, まきあげて, までなら出, までは出します, もあっ, もうけた時, もか, もかけ, もしよう, もするです, もつくる, ものお金, もの大, もの金, もぼく, もゆすった, もゆすれる, もらつて, もアジト, も何十万円, も余計, も価する, も出させる, も取る, も家賃, も払っ, も損, も溜めたろう, も献金, も蓄, も費す, も返す, も高価, やりました, や五万円, ゆすられまた, よりも三千万円, よりも五十銭, より以下, わたされて, をある, をうけとり, をかけ, をくだるまい, をこの, をつくる, をもっ, をもって逃げた, をサギ, をトリック代, をモノ, を下, を下らない, を与える, を久吉, を事もなげ, を二十日間, を使う, を借りた, を値, を克服, を共謀者, を出せ, を十五日午後十一時, を即刻, を取り返した, を口, を売り, を奪い返すべき, を奪われた, を学問, を定期貯蓄, を寄贈, を張り込む, を得ない, を手付け, を投げだし, を投ず, を捨て, を掻き込む, を握る, を政江, を日本, を昭和二十三年十月二十日以降, を棒引, を横浜, を殺す, を浮かし, を減ずる, を無い, を献納, を確か, を突然ズラリ, を紙, を至急, を被害民たち, を要, を貰つて離縁, を費消, を超, を越, を越しました, を醵出, を陳氏, イヤイヤどうかしたら, 乃至七, 乃至十七万円, 作るの, 使い果した吾吉, 値切った, 儲けたと, 先ずこれ位, 出したつて, 出したとか, 出しとるさ, 出すこと, 出すという, 出来た, 即ち耳, 受けとって, 呉れる約束, 失うぐらい, 届けては, 払えないもの, 払ってるん, 掴んだとき, 支払った, 有りゃい, 渡した瞬間, 渡すこと, 用立てて, 程であった, 程小遣, 程自分, 積んでも, 貯めた時, 貯める迄の, 貰ったこと, 貰って, 贈るあっはっはっ, 足りない, 迄は出す, 近い札束, 近い経常費, 返すが, 遣ろうソコ, 集めよという

▼ 万~ (1435, 8.4%)

22 の心 21 のため 16 に一人 15 が万人 13 の中, の失業者 12 の文学 9 に共通, のもの, の人間, の眼, の胸 7 といえ 6 の数学

5 [12件] がその, と雖, にすぐれた, のうち, の上, の人, の人口, の前, の労働者, の幸福, の敵, の目

4 [16件] あるか, がそう, だ, となく, の一人, の人々, の人民, の女, の市民, の愛, の手, の日本人, の未亡人, の物, の認める, もいる

3 [24件] ありと, が, である, では, にある, になる, に優れた, に向かっ, に増加, に理解, の共通, の命, の嘉村由子, の失業, の婦人, の権利, の涙, の為, の百姓, の美女, の群集, の首, の魂, はことごとく

2 [95件] あって, あっても, いること, か, かある, から非難, がこの, がパン, が同じ, が平等, が自然, が襲来, その中, その存在, だけラシャメン, とある, として年分二百四十万両, とも好かず, とも知れない, なり, におよん, にすぐれ, になっ, に上つて, に下らざるなり, に及ぶ, に及ん, に可愛がられ, に尊敬, に愛され, に愛せられる, に敵する, に読まれた, に読まれたい, に読まれる, に通ずる, に通用, のなか, のファン, の予期, の保護, の信徒, の個々, の労働通信員, の喝采, の国民, の多き, の婦人労働者, の子供, の孤独, の小説, の平和, の従業員, の心理, の怨み, の指甲, の教師, の日本, の望み, の望む, の本性, の渇望, の生徒, の生活, の目撃者, の眼光, の知る, の神, の福利, の経験, の署名, の自由, の若い, の見る, の詩, の鏡, の頭, の風説, の馘首, はいる, は平等, は彼等, もあった, もいます, もいれ, も多い, を愛し, を救うた, を救わん, を数える, を殺し, を生かす, を突破, を越え, を首肯

1 [879件 抜粋] あった, あったこと, あったろうか, あつた, ある, あるを, いるも, いるやら, おのずから相似, かがその, かのアヴデンコ, かの善悪, かの日本人, かの犠牲者, かの罪人, かの陸軍, からいる, からの労働者, から三千万人, から五万円余り, から出発, から神, から辱められ, から隠遁, か何十万人, がいたましく, がおののい, がきれい, がすべて, がそれ, がになっ, がもってる, がやりかねない, が一千万人, が万人そう, が万人印刷, が万人同様, が万人申, が二十五年, が何より, が作る, が信服, が出動, が喜ん, が喜劇, が学齢以前, が就業, が心, が必要, が息子, が意外, が押しかけ, が持っ, が救, が日常食, が朝, が死ん, が水, が洛中洛外, が用いられる, が百四十万, が皆冠, が知っ, が神聖, が経験, が結集, が羨み仰ぎみる, が聴く, が肺病, が良人, が許す, が負傷, が過不足, が酔え, が附随, くらいなら, ぐらいの御, ぐらいの若者, ぐらいはいる, こそアジア, ことごとく聖人, ことごとく肉食仲間, すこしも, そう感ずる, そのほか, その使用人一戸平均二人半, だかが, だったの, だって殺す, ちかいもの, ってン, ていう寄手, であったとして, でありことに, でしょうね, でも三万人, でも押しかけ, で五本, で向っ, という, というロック, という人数, という人間, という勤労動員, という婦人, という有象無象, という熟練職工, という販売者たち, といふ人間, とかいう無辜, とかいう説, とかの人間, としたなら, とできました, とともに孤独, となれ, ともわからぬ, とも感ずる, とも知れず, とも誰, とをば静思修養, と予想, と云われた, と交わらなく, と伝えられた, と働かせられ, と同じ, と和らぐ, と居, と消防, と目算, と称す, と西部戦線, と運命, にありますまい, におかしがられる, にかなう, にこの, にそれ, にたいし, にたいして千人以上, にたいする赦免, にちかい, にてさらに, にとって絶対的必要品, になろう, にのぼった, にのぼったであろう, にのぼるだろう, には最低, にも上る, にも及ん, によって愛される, によつて承認, にわめかれし, に一人ぐらひは非常, に与, に与ふる, に代わっ, に仲よく, に余るだろう, に優る, に公平, に分たなけれ, に加, に勝れた, に及べるで, に反対, に口説かれる, に喜び, に媚びる, に対してなす, に対して二十八人, に対して仏教, に対して敵対的, に対して真, に対する万人, に対する憐憫, に対する闘争, に対する食糧, に尊, に平等, に強制, に形, に必要, に惜しまず与え, に愛される, に成功, に打ち克つ, に折紙, に敬愛, に於, に普遍, に望む, に正確, に生き身, に真に, に真理, に知れ渡った, に結婚, に被らす, に試み, に認められ, に読ませる, に豊饒, に足る, に近い, に過ぎない, に達し, に達した, に適した, に開かれた, に非難, に頒, の, のうち二万, のお, のことごとく, のだれ, のねらう, のひとしく, のま, のもっ, のクリスト, のドイツ人, のヤーフ, のラマ教徒, の一部分, の世界, の九千九百九十九人, の亀鑑たる, の予約者, の人夫, の人間一人一人, の仇, の会者, の体, の侍, の侵入者, の信者, の優秀, の光栄, の児童, の全国教職員, の共有, の兵士, の兵士たち, の具, の労働, の労働組合員, の労働階級, の募兵, の原則, の参観者, の合唱, の同胞, の味わうべき, の唄う, の喉, の嗤笑, の増加, の大, の太陽, の失業技術家, の女子人口, の女子大学生, の女房, の奴隷, の好悪, の婦人たち, の孤児, の学生, の客, の将士, の尻, の工場, の希う, の師匠, の常備軍, の常識, の幾人, の形, の従業員ともども, の従順, の心がけ, の必読, の思想, の恨, の恨み, の悲しみ, の想像, の意外, の意識, の憎しみ, の戦争未亡人たち, の戦傷不具者, の戦災者, の所有物, の投票, の捜査網, の損害, の敬愛, の文盲, の新しい, の日本軍, の旧, の有産階級, の未亡人中, の東京市民, の権威, の欲求, の正義, の死傷者, の死者, の気の毒, の注目, の浪人, の海陸兵, の溌溂, の滅亡, の物笑い, の犠牲, の狂喜, の生命, の生霊, の男, の画家, の病人, の眠り, の知っ, の研究, の研究者, の祝福, の科学者たち, の窮民, の組合員, の繰返した, の罪, の美徳, の羨み, の翹望, の耳目, の職工, の興味, の苦, の苦労, の血, の行進, の被害人, の見のがす, の見込み, の観るべき, の観衆, の計画, の許した, の試みた, の認むるところである, の誠, の読みうる, の譏り, の購, の足, の踏むべき, の軍人, の農民, の近親者, の透明人間, の通る, の道, の都会, の鑑識, の長屋, の集団, の霊我, の顔, の食物, の餓死, の骨, の鼻, はお, はさながら, はどこ, は一致, は万人みな, は三千七百万人, は下るまい, は京大, は人民, は出来, は同じ, は女子, は宝くじ, は愚か, は日に日に, は殆, は法律, は直ちに, は第, は誇張, は道義, ばかりいます, ばかりだつた, ばかりに対して女, ばかりの, ばかりの労働者, ばかりの戦争未亡人, ばかりやって来た, ひとしく仰ぐ, ひとしく注意, へのより, へ覆っ被せる, ほどいる, ほどになりました, ほども入れ得る, または数億人, まで戻, もあつ, もある, もい, もいるべき, もおり, もが残らず死ん, もつもの, もの兵士たち, もの兵隊, もの大人子供, もの武装警官隊, もの者, もの通信員, も人, も冬, も同様, も増加, も尊氏, も彼, も押しよせ, も死ん, も焼死, も登る, も要る, も這入っ, も養成, も餓死者, をいれた, をことごとく, をささやか, をすくう, をもつ, をライン同盟国, を上下, を之, を入れる, を助け, を動かし, を包容, を化す, を啓蒙, を国境, を増さざるべからず, を失った, を容れ得る, を律し, を愛しなく, を戦場, を承服, を改宗, を救おう, を敵, を此地, を死なせた, を気取る, を満足, を用い, を疑った, を目指し, を相手, を祝福, を算, を納得, を越える, を輸送, を鏖殺, を静岡, ノ羨, 仰ぎみるとも, 召捕らるるとも, 合して, 増し都市発展, 多くなりました, 御同様, 慎むの法, 死んだ, 残る, 殺したって, 生れても, 直に行える, 等しく認める, 言わんとして, 許した候補者, 連れて

▼ 万~ (637, 3.7%)

31 の大名 17 の大 14 のお, の御 13 の城下 11 の城主 7 の小 6 の殿様 5 の寺格, の格式, や二万石 4 の仕置, の太守, の領地, を与え, を分割, を寸断

3 [13件] から越前十五万石, じゃ, のあるじ, のお家, の主, の家国, の将軍家, の米, の雄藩, の領主, を二つ, を領, を領する

2 [37件] かの田地, だが, でげす, という大身, に傷, に瑕, のご, の加賀守, の加賀様, の名, の地, の城, の城下町, の城地, の大国, の大藩, の威勢, の封土, の恩典, の抱え屋敷, の新, の直参大名, の知行, の若殿様, の藩主, の譜代大名, の酒井左衛門尉, の領土, へ移封, もあり, や二十万石, や十万石, を一ノ関さま, を小出し, を没収, を超え, を還し

1 [372件] おひざもと, から十万石, から呼びだし, から転, から那賀, かを貰える, か少し, がうる, がその, がどう, がほしゅう, が不気味, が何, が何ん, が対手, が救われ, が欠け, が百万石, が自慢, が金無垢, が雪, くらいの大名, ぐらいの小, ぐらいの木葉大名, ぐらい何のその, しかない, ずつ加増, そして彼, その藩中, そんなところ, だけが領邑, だけはきれい, だと, だなどとの, だろうと, だ殿様, だ池田様, だ私, っての, であったころ, であったと, であったという, でここ, でそれ, でもあんな, でも名うて, でも城, でも諸侯, でも買われない, でも都近く, で六千二百人, で召し抱えられた, で御座ったのう, で浜松, で貧乏財政, で間, とあった, ということ, というもの, という住居, という堂々たる, という大名, という大量, という家, という寵遇, という村, という米, という観覧料, といふ天下, といわれ, とか増収, として北東, とでは自ら, となり, とのこと, とは言う, とは言わない, とをつり, と三十六万石, と二十万石, と四ツ, と大兵, と申さ, と見つもっとる, ながら北畠内府, などという大名, ならこの, ならば, なりを人, にし, にせられた, について土工人夫百人, について養兵力, につき一人, になしおかれた, になる, になれ, にのし, にのぼった, には請合いなる, にも代えられん, にも似合わず, にも達しない, に削られ, に及び, に増され, に封じ, に封じた, に封ぜられ, に封ぜられた, に当りましょう, に後足, に極, に減封, に疵付ける, に移, に蟄居, に課し, に近い, に進み, のあの, のうち, のおつむ, のお姫さま, のお膝下, のまだ, のもの, のやう, のりょうぶん, の世子, の中, の中府, の主君, の伊達武士, の侯, の侯なり, の保科侯, の光琳雛, の兵馬そのもの, の内, の内一万石, の内証分, の初, の前田家, の力, の加賀, の勝手元, の勢力, の収穫, の台所, の名物, の品格, の喉笛, の国主, の国家老, の土地, の地域, の城主大名, の城主松平龍山公, の城主細川侯, の城郭, の増収, の増産, の墨付, の夢, の大名中, の大名以上, の大名衆, の大名行列, の大目付, の大納言, の大身, の天下取り, の天下諸侯, の太守山内侯, の奥女中, の奥州, の奥方, の威光, の宗従四位, の実力, の家, の家中, の家名, の家督, の富強, の封, の封主, の封城, の尊い, の小さい, の小倉城主, の居城たる, の島津, の座, の建部内匠頭, の彦根, の御用商人, の御用染め屋, の恩賞, の息, の指南番, の支藩清末領, の故郷, の昔, の末, の本城支城, の松山藩, の権式, の毛利, の気位, の汗血, の津軽家, の浅野長勲公, の浮き沈み, の減地, の狭少な, の番頭, の相続者三河守忠直, の眺め, の石田三成, の福山藩主, の粮米, の糞尿, の細川家, の絶体絶命, の聘, の薩摩, の薩摩薯, の藩士, の蜂須賀重喜, の表高, の諸侯, の豊か, の財力, の足枷, の酒, の重大, の重賞, の金鱗亀尾蓬左柳, の霞ヶ城, の領主浅井長政, の領分, の領地端, の高, はいっそ, はお, はおれ, はそち, はそのまま, は一万石, は五十万石並, は今日, は伊達領, は初めて, は十万石, は十万石並, は坊主丸儲け, は安泰, は幕府, は藩主家族, は諏訪因幡守, は集るであらう, ばかりの小さい, ばかりの殿様, へ移された, ほどの小, ほどの諸侯, ほどはあり, ほど奉り, ほど輸出, まである, まで築きあげた, もじつ, もらう筈, も共に, も剣菱, も困難, も子息利長, も持たせたまえ, も捨てる, も有り, も近頃, や三万石, よりほか, より宇都宮十八万石, より少し, をあて行う, をあの, をうけ, をうち, をお, をかさ, をその, をとりつぶされる, をとりつぶし, をのけ反らした, をまいらせる, をやっ, をやる, をやろう, を一ノ関, を下され, を与えよう, を与えられ, を与える, を与えれ, を与へ, を乗っ取ろう, を以て迎えよう, を件, を八千石, を分割寸断, を削らう, を削られ, を加, を加えられ, を十四万四千余石, を受け, を召, を召しあげる, を合力, を向う, を呉れる, を喰う, を増加, を夢み, を太閤殿下, を差しあげ, を引, を戴く, を所領, を手, を手玉, を拝領, を挙げ, を旧, を有難く, を棒, を横領, を治める, を物の数, を白石, を相続, を禄高, を積まれ, を給, を給わる, を計画, を調達, を賜わっ, を賭け, を越え, を越える, を送りつけ, を附与, を領し, を領したる, を領有, を食みました, を食ん, 出たが, 取って, 取潰し, 引換えにと, 御威光, 御威光そのもの, 御威勢, 御寵愛, 必ずしも大, 積んでも, 若くは

▼ 万~ (351, 2.1%)

12 ことだ 10 のは, 奴だ 6 ことを 5 ことで, ことには, 話である 4 ことだった, ものである, 事を 3 ことである, ものだ, もので, ものに, 事で, 男が

2 [27件] ので, のである, のです, ものであった, ものは, ナンセンスに, 事だ, 事だった, 事実な, 事実を, 出来事が, 出来事に, 大看板, 奇怪事と, 女な, 奴じゃ, 娘に, 子供であり, 方法で, 次第で, 次第である, 疑いが, 話だ, 話で, 話です, 談で, 顔を

1 [214件] あるいは気違い, いたずらごと, おどけ芝居じゃ, お手数を, お話で, ことが, ことさ, ことじゃ, ことだろう, ことであった, ことであったろう, ことでありました, ことであろう, ことでございます, ことでござんす, ことです, ことと, ことどもであった, ことの, ことは, ことも, このつくり十五郎, この上, この西瓜, そして又世にも, その姿, そんなこと, だけである, のぢ, のでした, のでせつ子, のでまさに, はなし, まだその, ものだった, ものであります, ものでした, ものです, ものを, もの大国主の, やつ, やつだ, ようだ, んだ, オブリアンの, グチでは, コンタンによって, ジゥルナリズムの, ナンセンスで, マドロスの, ワケが, ンて, 一大問題に, 一怪物である, 不意討だ, 世の中で, 主君じゃ, 乱暴至極な, 事が, 事じゃ, 事と, 事に, 事には, 事実であった, 云い草では, 京極家の, 人である, 人も, 人達であり, 人間の, 人間関係, 仕方である, 代物, 企業な, 低能め, 何とかで, 儀で, 儀では, 光景が, 光景も, 全然行き当り, 処へ, 出来事だった, 出来事でも, 出来事を, 到来物だった, 剃刀の, 前打者, 動作を, 印象を, 友達を, 只今, 同行者の, 咄だ, 問題である, 噂でし, 坊主だ, 場所であった, 場所では, 外国帰りの, 大胆不敵の, 奇怪極まる, 奴も, 奴会津征伐に, 奴痛みつけ, 奴等だ, 威嚇を, 娘だった, 学理実験が, 宗教問題を, 小僧め, 川の, 左からの, 席描が, 帰らっしゃい, 弁当飯を, 引合せであった, 待たんか, 御不審, 心理状態の, 忠告だった, 性格を, 恐怖に, 情景でございましょう, 意味が, 意味で, 手紙で, 手紙を, 振舞であります, 推参者ここまで, 推断は, 推測です, 放れ業式の, 新手だ, 方法だ, 暗示が, 暗鬼に, 暮しぶりなんかには, 最も目, 服装を, 標準で, 次第では, 殺人事件であった, 殺人事件です, 殺人手段に, 気を, 気持に, 決闘を, 法則は, 深い根, 深刻づら, 深刻悽愴を, 深夜の, 物好きと, 状態を, 狼藉如何に, 猫を, 猴が, 珍しい話, 理由が, 甥が, 申し出を, 申分である, 男性を, 画家で, 発明を, 盗難事件と, 真犯人を, 眩ぶし, 社会を, 私であり, 秘密であった, 答弁を, 習慣が, 致し方とは, 興味などを, 色付菓子だ, 色出入り, 艶書を, 虚偽の, 行いなどは, 行動を, 行為である, 要求を, 言いがかりを, 言い方である, 言葉では, 言葉に, 言葉には, 計略を, 訳だ, 訳である, 話, 話さ, 話だつた, 話であった, 話であります, 話と, 読み物が, 論法である, 謎語である, 豪傑な, 踊りを, 身を, 運命と, 運命に, 野干, 錯覚が, 陳述によって, 雑誌編輯者の, 面が, 面持だった, 食べ物だった, 骨董性を

▼ 万~ (329, 1.9%)

14 の後 10 の間 7 の昔, も前 5 ぐらい前, に一度 4 の人間, の前, は持ちません, 経っても 3 かかって, かかるという, たっても, に亘る

2 [25件] かの昔, かの長い, か何千万年, があつ, たって, たってるぞ, となく, ないし三十万年前, の勝利, の未来, の橋詰, の歴史, の永い, の習慣, の齢, まえの, もあと, もこうして, も古びた, も生きたい, も生きる, も経つ, も経て, をき, 或は百万年

1 [203件] あやしきは, あるいは一億年, あるいは数十万年, あるか, いけの, かかっても, かからないと, かかる, かかるの, かくりかえされた, かたちました, かたつた, かないや, かの前, かの後, かの思想, かの歴史的生命, かの生物進化, かの百年ごと, かの間, かはしらぬ, かもしくは, から入水, か二万年, か数百万年, か昔, か樹齢, か生存, か知らん, か経っ, か繰返されたる, か計算, がこう, が歿, が経過, くらい前, しかたっ, しかへ, しか経ない, たったどき, たつても, たてば, で, であらう, である, でそれ, でもいずれ, でもいつ, でも何億年, でも俺, でも四十万年, でも長生き, というもちろん甚だ, という人間, という悠久, という輝かしい, とかいう間, とかいっ, とか言, とする, とその, とたつ, とは弥勒仏出現, とも知れぬ, と云う, と云つて鑑定証, と寝, と敬, と註し, ないし十万年前, なが, ながき短き, なるか, において諸, にし, になる, には衆生, にも代え, にわたって嫌, に一度実, に一度花, に亘っ, に亙っ, に及ぶ, に嫁した婦, の, のあたり, のお釈迦様, のより, のイノチ, の中, の久しき, の二六倍, の人類, の人類史, の何十億倍, の僕, の劫, の否運, の和気悠々, の墳墓, の壁画, の天工, の女類, の子, の強制, の惰性, の旅, の旅路, の時間, の橋間, の歿後, の水, の河岸, の流れ, の生い立ち, の生命, の白山, の白山ぢ, の苦労, の説, の過去, の遠い, の酒男太陽, の長い, の長き, の長ずる, の間人類, の間地下, の間崩壊, の間生命, の馴染, の驚くべき, はおろか僅, はたっ, は初め井上源右衛門, は愚か, は新橋雑記, は早い, は茶山, ばかり前, ほどまえ, ほろびずに, もあの, もか, もかかっ, もかかる, もくさらない, もくらし, もこの, もこの世, もころん, もさき, もとり残された, もの大昔, もまえ, も不断, も不眠症, も何億年, も依然として, も努力, も動い, も固有, も尽きざるごとし, も昔, も水, も没し, も火星独得, も無邪気, も生き, も続く, も続け, も走りたく, も遼河, も飼っ, よりももっともっと, より多く, をへた, を往復, を待て, を数, を数える, を経, を経た, を経る, を経過, を要する, 乃至一億年以前, 乃至一億年前, 乃至数百万年, 之叔宗橘, 働くか, 動かすべからず犯すべからざる巌, 否人間最後, 呼び続けるか, 帰らなくっても, 整然たる秩序, 生きた亀の甲, 生きながらえるとしても, 生き延びるの, 秘められて, 経つと, 織つて

▼ 万~ (303, 1.8%)

25 の金 4 というもの 3 か, の大, 持って

2 [30件] からの金, がとこ, てえ血, では, というお金, という大, という大金, という身上, とも知れない, と云う, なら五万両, になる, に相当, のうち, の代り, の価値, の刺身, の夢, の宝, の小判, の身代, の軍用金, の非常準備金, の高慢税, の黄金, は確か, も棄て, やすいもの, を手, 溜めて

1 [205件] かさねえかな, かに売り払っ, かの大財産, からの背負い切れない, から一万両, か安い, がこ, がころげ込む, がそっくり, がたしかに, がもの, が七十両, が手, が東海道, が程, ぐらいに当り, ぐらいの償金, ぐらいの小判, ぐらい儲けまい, ございますな, さ, さしあげるでご, ずつの軍用金, ずつの金, ずつ分けるなら, そんな値段, だ, だけは威張っ, だぞ, だったが, だって煙草, だつて煙草, だの, だの二十五万ドル, っていうご, てもよき, ですとさ, でそっくり, でもこの, でも出す, で事足りるか, で売つたらドウ, で幕府, で買, という, ということ, というにせ, というの, というもの補助, という勘定, という巨額, という額, といふこと, といふ要求, といわれ, としても十坪ぢ, とする, とそれぞれ箱入り, とでも唸つ, となく, との有難い, とも知れず, とも知れぬ, と云いたかった, と夜着三十領, と大書, と推定, と書い, と植え替えた, と聴い, と言われる, と計上, どうだい姐, なくちゃ, なぞを私, などにこ, にあたっ, にほぼ, に余る, に近い, のいきさつ, のうち一万両, のうち小口, の一割, の万和, の上, の世界, の予算, の事, の仕事, の余, の使用方法, の価, の値打, の公平, の古, の古金, の名, の売り, の多き, の大金, の富, の寝, の山分け, の御, の才覚, の描い, の村, の枝, の無尽, の献金, の調達, の調達方, の謎, の財宝, の財産, の貸, の賦金, の身上, の金目, の金銀, の銀, の長者様, の隠し場所, の額, の風流, の黒砂糖, はあるだろう, はいらねえ, はおろか, はこん, はゆうに, は動かぬ, は十五万石, は右, は多く, は小石川, は愚か, は綺麗, ばかし自分, ばかりため, ばかり一夏, ばかり先代, ばかり取った, までの御, まん, もうけたとて, もかかる, もかけ, もの大金, も儲かったら, も支出, も米, も貸, も費, やいう, やらそれとも, やら八千万両, より尊といお礼, より尊とい返礼, を, をおうよう, をこえ, をこっち, をすっかり, をやはり尽く, を三度, を上納, を丸取り, を以て一朝, を俺, を借りる, を儲けた, を出した, を咽喉, を国, を壺, を巻きあげよう, を帳消し同様, を幕府, を強奪, を御用立て, を携え, を朝廷, を極秘, を献上, を盗み, を目あて, を積立てた, を貸, を費やしたる, を賞し, を超え, を超えるだろう, 使って, 出すこと, 出す金主, 古二朱金八百十二万両, 片ッぱし, 程お, 程の分限, 積んだって, 積んだとて, 積んだ和蘭船, 貯めてる親分

▼ 万~ (287, 1.7%)

41 一つも 14 一つの 5 して 4 一つでも, 一の 3 一も, 増加した, 足らぬ小勢

2 [17件] なって, なるの, なれば, のぼった, ひとつも, 一つその, 一つという, 一つにも, 一つ私が, 一ツぐらいの, 値する課税, 存じます, 減少するであろう, 至るまで, 近い大軍, 近い金, 達して

1 [176件] あまる稲坊主, いて, およぶ大兵, およんだという, ございました, ござります, さし, ちかい, ちかいと, ちかい大軍, ちかい麾下, どれほどの, なったかも, なったが, なった由, ならないこと, なりうるという, なります, なるかは, なるそう, なるその, なると, のぼるか, のぼるとかいう, のぼるドイツ軍, のぼる降人, のぼろうと, ひとつその, ひどく同情, ふえる, まさる, また純, めくば, めぐみを, 一つ, 一つお, 一つが, 一つこの, 一つそなた, 一つそんな, 一つどころか, 一つもと果敢い, 一つ何事も, 一つ俺の, 一つ億に, 一つ外れません, 一つ帰朝すれ, 一つ拙者の, 一つ治る, 一つ眼の, 一つ足らぬ, 一つ間違いなど, 一つ間違いの, 一つ間違いは, 一つ隣の, 一ぷつりとやられたら張り子やどろ, 一ツの, 一人しか, 一人とも, 一人は, 一度の, 三つも, 上った, 上るか, 上るであろう, 上るという, 上るとぞ, 下らざりしかども, 下落した, 下落するであろう, 不自由は, 二枚重ねで, 余り財ゆたか, 余る先生達, 余る惣軍, 余る貴公, 候, 値切って, 充たざる者, 充たずしかも, 入れ知恵を, 兵を, 兵粮十万石を, 凌統を, 出でざりしも, 出来上って, 分たれなければ, 前後を, 及び尊びて, 及ぶとの, 及ぶ苦力, 口を, 呆れて, 命じて, 増しました, 増加し, 増加する, 売れると, 女は, 存じて, 存じますそれ, 存じ候, 存ずる, 存ぜられます, 存候, 学問のに, 居や, 延して, 当りは, 当る, 当るだけ, 当るであろうと, 御座り, 心得て, 思うの, 思われて, 戦傷が, 抱かしよ, 攫われたと, 昧から, 来て, 比ぶれ, 池田信輝の, 注意し, 減って, 満たないのに, 疑ひなしである, 登って, 細君の, 聞えますが, 親切なりける, 話しかけました, 賤しからず, 足らない小勢, 足らなかった, 足りない小さい, 足りなかったと, 近いもの, 近い事, 近い人員, 近い卵, 近い巷, 近い広告費, 近い数, 近い点数, 近い犠牲, 近い署名, 近い群衆, 近い職工, 近い軍隊, 近い都会, 近い高値, 近かつ, 近くまた, 近しと, 遊ばれた時, 過ぎないだろう, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 過ぎますまい, 達しこれ, 達しないとき, 達し一日, 達し全員, 達するから, 達すると, 達するとか, 達するには, 違いない, 違いなかろ, 違えねえこれから, 酌を, 配当する, 頼んで, 顔を, 高を

▼ 万~ (251, 1.5%)

5 号し 3 いえば, いわれて, お千, なり生活資料, 云ふ, 言ったり

2 [11件] ある, いったか, いふこと, なく巣, まとまったお金, 並んで, 云う貨物, 云う金, 号す, 称せられて, 言わなければ

1 [206件] あったろう, あらわれたらいったい, あるが, あるの, ある中, いうから, いうからね, いうべし, いうほどの, いったって, いって, いはれて, いふところ, いふのに, いふほど, いふ限り, いますだから, いるの, いる日本人, いわざるべからず, いわねば, いわれその, いわれた, いわれるうち, おびき寄せて, おぼ, お梅, かぞえられた, かたまって, きめて, この三人, この鉱山, こもって, し現在, する所, すれば, それを, ぞんじます, つく新, つく金, つみかさねて, となえ西, ない真白, ない貧民, なき珠玉, なくいずれ, なくひとつ, なくゆらりゆらり, なく乱れ, なく五色, なく儲けさせる, なく入りこん, なく幾十億, なく庭一面, なく恐るべき, なく打ちつけた, なく数, なく棲息, なく殺されかけ, なく現われ, なく相, なく群がった, なく群集, なく飛び, なし義士, なって, なりまた, なり三万, なり他, なり十万, なるという, なるほどの, なる人口, なる訳, ひとりの, まとまったもの, まとまりゃどこ, むらがって, やっぱり旧, よばれて, より集った, わかった, 一緒に, 並んだ, 二万と, 二人で, 二千に, 二百万の, 云うからは, 云うの, 云う民衆, 云う男, 云う見物, 云う身上, 云わなければ, 云われそれ, 云われたもの, 云われる私財, 仮定する, 作り得たと, 値を, 儲けたよう, 儲けた人, 出る見込, 切って, 別れて, 利益が, 千と, 印刷され, 叱って, 号され, 号し勢, 号し殷, 号す関東武者, 号せるね, 合した, 合せて, 吉里が, 吉里と, 呼び当, 声のか, 売れる流行作家, 天が, 姉妹の, 存じて, 定まって, 小刻みに, 居るでは, 平六とは, 弟や, 思いまして, 思った, 悟った, 感心し, 手下を, 押しかけて, 捲き上げるん, 握りやがったん, 数えたなら正徳, 数えられて, 数えられ袁紹, 数えるその, 数を, 数知れぬ, 明らかな, 書いた黒塗り, 檻の, 決って, 注意し置く, 海の, 申さねば, 申しあげたの, 申すほか, 申す者, 申事の, 男を, 知れないはくちょう, 称えて, 称されて, 称され城, 称され或いは, 称したが, 称し世界中, 称し山麓, 称す, 称するほど, 称する大軍, 称する軍勢, 称せられる都会, 積んでも, 立って, 立腹し, 算えられ, 結婚し, 結婚の, 聞いて, 聞えて, 聞える今川勢, 聞えわたる, 聞く, 聞くと, 血眼に, 行進し, 見せて, 見る見るうち, 見積ったならば, 見積って, 見積られて, 言い或いは, 言えば, 言っても, 言わざるを, 言われて, 言われ幕末, 註してあつ, 評価し, 話を, 誇って, 謂わねば, 軍二万を, 退くに従って, 遇い舟, 還って, 限ったの, 集まって, 鯔が

▼ 万~ (202, 1.2%)

5 そう言っ 4 上の 3 お梅, 涙ながら, 顔を 2 あるだろう, そう言い, そこに, 刀を, 多すぎ, 直ぐ融通, 返辞を, 銀行に

1 [168件] あった, あったであろう, あったろう, ありました, あります, あるし, あるであろうと, あるでしょう, あるもっと, あろう, いいが, いうに, いくたび, いつでも, いるだろう, うごいて, うごかせよう, おかしい, おろか三十万でも, お前の, お職, この彗星, この日限りくずかご入り, すぐに, すぐ近国, すでに元服, すでに裲襠, そう言い淀ん, そこでまた扉, その頃, その頸, それに, たしかな, たしかに儲け, だんだん金持ち, づもう, とんで, どぎまぎした, にっこり笑ッ, はじめは, ひきうけること, ひとり者だ, ひどく驚い, ほっそり戸外, また歩いた, また立ちどまっ, また返辞, もうかる, もう使っ, よろしく山海関, シ二千二百は, フューザン会の, 一せいに, 一匹も, 下りません, 下るまいと, 下を, 下俯向き, 不審でたまらず, 世に, 丸ぽちゃの, 事が, 二十二, 五段に, 人に, 今日の, 今時かかる, 仰山らしく, 住む家, 何処へ, 作らなければ, 使ったでしょう, 修道院で, 俯向い, 儲かるさね, 入洛以来勝手な食い, 八日の, 出せるでしょう, 刀を以て, 加えて, 労働への, 動くまいという, 単にそれ, 口を, 吉川小早川輝元の, 吉里の, 呆れて, 呼びかけ, 和泉堺を, 声のみの, 売り切ったろうという, 多いの, 多すぎる, 夢からでも, 大したこと, 天駆, 奥さんに, 娘が, 孤立し, 学問好きで, 官渡, 宛城, 宛城の, 宜都, 小声で, 少し多, 岡山へ, 嶮に, 平田の, 役場から, 思ったこと, 急いで, 急霰の, 怪しいと, 愕い, 愚かの, 懐紙で, 成都を, 手を, 投げ出すだろうぜ, 押えて, 捲き返して, 擁する大都市, 暗い影, 有難いけれど, 材木商の, 枕に, 楽に, 榛軒を, 正直な, 母親と, 水上生活と, 渓谷の, 溜め込んだという, 漢中から, 火の, 灯の, 炉端へ, 無心を, 無理に, 燗瓶を, 用意しなく, 疎林の, 白馬の, 百万騎に, 相手の, 確実に, 稼いで, 米出川の, 縁先に, 自分で, 蜀軍に, 血の, 西宮を, 親の, 言い捨てて, 軽い興奮, 農民と, 追って, 逃げ込んだ, 邵の, 金を, 長江を, 障子を, 頭を, 顔色を, 驚いて, 驚きながら

▼ 万~ (187, 1.1%)

6 率いて 3 こえて 2 こえる大軍, 与へ, 帥い, 数うる, 突破し, 算するでは, 自分の, 越して, 越す大金, 養うに

1 [158件] うしろに, おさずけ下さい, お頒, かぞえても, かり催して, きらって, くれろとか, こえなお, こえようと, こえるであろうと, こえるであろう軍勢, こえ全, こえ火勢, ここまで, こす精鋭, こす群集, こす金, ころすよりも, さずけた, さずけられ急, さずけ遊軍, したがえて, じッ, すこしこえました, すべて岸へ, ととのえ五部隊, のこらず押し進め, はるかに, ひきいて, ひきい山陽山陰十六ヵ国, ひきい長浜城, ひきつれて, ひきつれ長安, ひっさげ直ちに, ふた手, ほうり出した, もってかぞ, もとの, やや上廻る, ツモって, ポンした, 一掃した, 一掃する, 三手に, 下らぬといふ, 下りません, 下るまいと, 事業の, 二手に, 亡ぼすも, 住居と, 催促し, 僅か数百人, 冷泉の, 出でまい, 加え中国, 加え孜々, 加え山, 助くる剣, 動員し, 単位に, 博多, 占めて, 受取り得よう, 召集し, 合し百万, 合わせ総勢三万, 地代として, 失いしかもなお, 失うと, 失ったの, 奪った犯人, 女の, 始め此糸初, 引くと, 役して, 従えた, 得将, 怨む者, 戒めると共に, 打った, 抜く山, 拒ぎ敗軍し, 持って, 指揮し, 捌いた年月, 捕捉し, 擁した東京市, 擁して, 支払うもの, 救う意味, 数える一般小売業者, 数える人造人間, 数える師弟骨肉, 数える被害民, 曹操へ, 有しこの, 有し上下, 有する大, 検し大, 殺したこの, 殺すに, 焚いて, 焚く, 牽制し, 獲た, 率いそこ, 率いた強弩都尉路博徳, 率い及び, 率ゐ, 生産する, 発し居巣門, 発行し, 百日の, 直ちに起し, 突破する, 突破昭和七年百万, 算する, 算へ, 縛し, 華やかに, 落としたの, 行者に, 要するやら, 見て, 見るなり, 計上する, 貫く, 貯蓄する, 貸付けよう, 贈るほどの, 超えそのうち, 超えたと, 超えたの, 超えて, 超えようと, 超えるであろうと, 超えるもの, 超える兵力, 超える勤労者大衆, 超え十年二百万, 越えて, 越えなかった処, 越える中, 越える品物, 越える通信, 越え従って, 越す人数, 越す数, 越せば, 越ゆる, 越る, 選ぶでしょうか, 長安の, 附与した, 頒布し, 養うにに, 養った食物

▼ 万という~ (184, 1.1%)

5 人が, 人間が 3 財産を, 金を

2 [13件] ような, 人々が, 人々は, 人の, 人を, 句が, 大金は, 小さな鳥ども, 数に, 数の, 数は, 金が, 鳥の

1 [142件] うつくしい星, お金儲け, ことであった, すべての, つみの, ところでしょう, ので, ばらの, ひとが, ひなどり, ほかに, まだ瓦斯弾, ものあっ, ものが, もので, もんで, サラリーマンの, トカゲ人種が, 下で, 事です, 人々の, 人だ, 人によって, 人口は, 人数だ, 人達を, 人間を, 人馬が, 代々の, 信徒が, 値は, 値を, 値打ちの, 兄弟の, 児童が, 兵には, 兵力は, 兵隊を, 兵馬が, 内訳だ, 労働者の, 単語を, 印度人に, 収入が, 同胞の, 同胞を, 名だ, 四十女が, 土百姓の, 増加を, 多くの, 多数に, 大きな犠牲, 大きな買もの, 大兵を, 大勢の, 大数に, 大財産, 大軍じゃ, 大軍である, 大軍とは, 大軍に, 大軍の, 大軍は, 大軍わずか, 大金の, 契約金は, 姓の, 字の, 将兵が, 小判が, 州民が, 市民が, 平地は, 幼魚を, 広い人々, 強制疎開の, 弾薬筒を, 怪円盤が, 怪物の, 提灯の, 攻め口を, 数字は, 敵が, 敵国人を, 新聞読者までが, 新鋭, 旅客の, 日本の, 本国勢の, 様に, 死骸です, 残本自社の, 民衆が, 渡り鳥が, 漁民が, 災害を, 煉瓦が, 珍品ぞろいだ, 現実の, 生き物が, 甲冑の, 登場者が, 盛況を, 目に, 程押しかけ, 程書架に, 程群って, 窓で, 美しいの, 群集の, 膃肭獣が, 膨大な, 花が, 若い娘さん, 菌に, 蒐集品が, 蛍の, 見物が, 言葉も, 読者の, 読者は, 読者を, 貯金の, 資金を, 身上の, 身代を, 身台を, 車夫が, 軍勢を, 透明怪人を, 醤油問屋へ, 量である, 金には, 金の, 金は, 金額は, 雑誌読者が, 額の, 魚群な, 鴨が, 黄金探索者を

▼ 万~ (167, 1.0%)

13 の声 96 なるかな 5 と云う 4 を唱え 3 である, を叫んだ 2 です, というよう, と叫ぶ, の世の中, の徒, を三唱, を唱えた, を寿い, を祈る, を祝願

1 [104件] がそれ, がたくさん, が唱え, しかして更にいっそう偉大, だが, だとか, だの王城, だわ, っ, って, ってやつ, であるが, である自, である誰, であろうが, ですな, ですね, ですよと, でついで, でも三唱, でも叫ぶ, というもの, という声, という形, といふ声, とかい, とさけぶ, となつて炎天, となりました, とも謂っ, と両人, と叫ばず, と叫ばせよう, と叫ばね, と叫びませう, と呼べ, と唱, と手, と振り向き, と榊, と申しまし, と称する, と言う, と言っ, と言った, と赤地, などと悪口, など思い思い, など書いた, なりし, にみち, のあっちこっち, のさけび, のため, のつもり, の仕合せ, の仲間, の兆, の叫, の叫喚, の合唱, の国, の基, の声天地, の声引き, の定宿, の広告, の後山, の意, の旅稼ぎ, の時, の時代, の時倶那含牟尼仏, の時拘留孫仏, の時迦葉波仏, の根源地, の祝杯, の祝福, の賀筵, の身, の逆戻り, の野卑, はめいめい, は乞食万歳, は好き, またたいそう, また万歳, も神, も電光, をさけぶ, をとなえた, を云っ, を唱え合い, を寿ぐ, を極度, を歌い出した, を歓呼, を減ずる, を経つ, を謳歌, を連呼せり云々, を高唱, 其の他, 大先生万歳

▼ 万~ (149, 0.9%)

6 の念仏 3 のない, の声 2 なく方々, のよう, の数珠, を唱え

1 [129件] からたのみ, から来た, があっ, くりかえしたところ, くりかえしても, さえ止みますれ, しわん棒, だ, である, でも私, で電車, という名刹, ない友情, なき理解, なくあるき, なくお, なくおしろい, なくお座敷, なくしたが, なくその, なくつかわれる, なくて, なくはびこっ, なくふり, なくぽちん, なくよく, なくシャンパン, なくページ全体, なく一座, なく二, なく云い切れない, なく働かせ得る, なく刺される, なく力, なく動かし, なく取り捲い, なく口, なく地上, なく塾生全部, なく奉仕, なく安井, なく展びて, なく左右, なく己, なく愛撫, なく押し拡げる, なく挨拶, なく捲き込まれ, なく探し, なく掻きたくなる, なく握手, なく撒き注がれた, なく擦り切れ, なく明快, なく映じ, なく歩き廻っ, なく求められる, なく注い, なく済んだ, なく湧い, なく現す, なく発達, なく皆んな, なく真丸, なく秋波, なく立ち働かせる, なく経, なく統一, なく綿密, なく聞き取らせよう, なく自然, なく興味, なく色, なく行き渡っ, なく行渡った, なく見上げ, なく誰彼, なく部屋, なく降り, なく顔, なく食卓, になっ, になった, にもなつ, に朝日, のお礼, の念仏会, の念珠, の数取り, の数遍, の景物, の称名, の苦行, の行者, の迷い言何, の道理, の道義, の鉦, は本願, は無益, もなく, も否, も愚か, も接吻, も教, も繰り返す, も言っ, やること, や幼遊び, や賑やか, をどう, をならべたてた, をやっ, を並べる, を加え, を唱えました, を尽し, を持込みました, を気, を繰返した, を聞かされた, 各方面代表者, 同じ方向, 弾きと, 特に観る, 誦せば, 説いたに, 読んでも, 迄の舗道

▼ 万~ (146, 0.9%)

4 とお 3 の子分, の言う, はそう 2 お神楽, でした, です, にしてやられ, の調子, の鼻, はもう, は娘

1 [117件] がお, がそう, が与力堀江又五郎, が今にも, が声, が子分, が曲毬, が来る, が相手, が調べ, が隣, が頑固, だお前, でさえも, という顔, とその, とはあまりに, と八五郎, と清吉, と相談, と銭形, と顔, にさんざん, に全部, に手柄, に挙げられた, に注意, に突っかかります, に縛られた, に譲りました, に逢ったら, のお, のイヤ, の冒涜的, の前, の唇, の問, の喜び, の器量, の執拗さ, の子分達, の手, の指した, の望み通り, の注意, の眼, の空嘯く, の縄張, の苛辣, の見込み, の野郎, の顔, はいい, はいつの間に, はいとも, はこの, はさすが, はすっかり, はそのまま, はとうとう, はどんな, はひどく軽く, はまた, はまだ, はツイ, はニヤリニヤリ, はムッ, は一寸, は一歩, は事務的, は仰天, は六畳, は冒涜的, は勝誇った, は半日, は妙, は姿, は少し, は得意そう, は忌々し, は憤, は最後, は植幸, は機会, は眼, は立, は競争相手, は血, は言い得, は迎え入れ, は部屋, は野心, は開き直ります, は隣, は静か, は顔, は顔色, は顧み, は鼻, への面当て, もあまり, もこの, もやって来ました, も始め, も当の, も後ろ, も悪い, も手, も次第に, も犬, も開いた, も駆け付けました, や平次, を刺戟, を誘っ, を追い立てる, 干尺

▼ 万~ (116, 0.7%)

10 の歌 3 にある, の昔 2 に, には多い, にも出, に幾つ, に甚だ, に用例, や古事記

1 [86件] から古今, か何, がよい, が古今, ずきの, でしょう, でも優れた, でも古今, でも新, という日本, と性質, などから暗示, にあっ, にあり, にかいた, にはこんな, にはただ, にはほか, には此語, には無き, には珍, には竹, には絶対, には随分, にもある, にもとある, にも一箇所, にも之, にも善き, にも少く, にも数, にも浦島, に五更露爾, に仮り, に偏寄つて, に劣れり, に及びし, に変りました, に多い, に多く, に数, に於い, に無い, に熱心, に由来, に詠まれた, の, の世界, の伝, の区域, の古体, の和歌, の学, の実質, の専門家, の序歌, の引用, の心, の恋歌, の新, の本道, の東歌, の歌人山上憶良, の歌集, の此等, の気魄, の用語, の男, の秀歌, の紅葉, の製作時代, の詩人たち, の諸, の長歌, の香り, は其, は古い, は彼, は調, より劣りたる, をまねよう, を一掃, を宗と, を最愛, を模倣, 新しくは

▼ 万~ (114, 0.7%)

3 はそれ 2 といふ人物, はかね, はさ, はもう

1 [103件] がその, がの, がのつ, がひよつこり, が一人, が今日, が先頭, が口, が向う岸, が呶鳴, が少し, が彼女, が手, が時々, が狸, が知つて, が立つ, が自分, が薪, が降, だ, だと, であつ, です, ですよ, にとつ, には全然, には腑, に喰つて, に少年, に手, に話し, の一挙一動, の云ふところ, の全身, の力, の勢, の周囲, の声, の姿, の小屋, の帰村, の方, の腰, の血, の表情, の視線, の言葉, の足, の顔, は, はあまり, はうはの, はかう, はがつ, はこ, はこの, はこんな, はそこ, はそん, はだから, はちやう, はちら, はぢろ, はとにかく, はなにか, はなんとも, はにやり, ははじめて, はひそか, はまた, はむろん, はやがて, はアハハハ, はバツト, は今, は以前, は元来, は先, は全期, は再び, は夢遊病者, は大きな, は姿勢, は実, は小峯セツ子, は幾島, は後ろ, は抑, は斜面, は明日伯爵, は本能的, は砲兵上等兵, は粕谷, は腹這, は起きあがつ, は釣竿, もはじめて, も谷, よりも二つ三つ年下, を去らせよう, を取り巻い, を目の敵

▼ 万ドル~ (107, 0.6%)

3 の投資 2 という金, の予算, の利, の罰金, の財産, を寄附, 溜めた

1 [90件] ありますが, かかったという, かけて, かね, からの錫, から十八億ドル近く, すなわち百三十七億円, だから, だという, だの百万両, であって, である, であるか, でこれ, でも二万ドル, でも決して, でケリ, で一応, で何, で肥前, で薩藩, で買いかけた, で買う, で買っ, で買った, で長州, という, という遺産, という高, といふ事, といわれる, として三百五十万ドル, とは別, と云え, と見積った, ならあなた, にて二億七二五〇万ドル, にて六七五〇万ドル, にて年々一億五六〇〇万ドル, にとび上がった, にまで競り, に対し公立図書館, に相当, に達した, のダイヤ, の三分一, の公債, の利息, の名馬, の外船, の多き, の大金, の契約, の女優, の委託研究費, の巨額, の所得税免税, の生活, の税金, の約束, の純益, の紙幣, の融通, の費用, の賞金, の軍経費, の金, の鉱業権, の開発計画, は出す, は既に, は約, ばかりでありました, もかかる, もころげこんだ, もとられた, も捲きあげる, をあげる, をくだるまい, をもって買い集めました, を十二万五千ドル, を支弁せり, を支払う, を積んだ, を賠償金, を醵金, 出さないと, 出した所, 投げ出したし, 程あった

▼ 万~ (104, 0.6%)

3 の一人, の中, をさずけ, をつれ 2 をひきい, を率い

1 [88件] あって, ありましょうと, あわせて, がある, がここ, がすでに, が五万騎, が何だい, が李如松, が物, すでに江南, であろうと, と, ということ, という軍, といっ, とか, となし, となり, とみえる, と古典, と姜維, と戦った, と申される, と申した, などは随所, なら一, なるもの, にその, にのぼる, によって海内, に勝る, に将, に近い, のいち人, のご, のごとき, のだらし, のよしみ, の二十万騎の, の兵, の其の, の列, の加勢, の勢, の名, の多い, の大軍, の大隊, の新手, の旗本, の直参, の直参旗本共, の貫主, の蹄, の連中, はこの, は先ず, は奮起, は曹真, は残り少な, は漢川, も, も単なる, やらただ, をつけ, をのこした, をはじめ, をひい, をひかえ, をもっ, をもって大友修理大夫義鎮, を九州多々良浜, を乞い, を付し, を以ても攻落, を入れ, を叱, を増派, を引きよせた, を挙げ, を派す, を鎮撫, を附け, を養成, 募って, 実に美々しい, 走るなる

▼ 万~ (98, 0.6%)

10 の兵 7 の大軍 2 の将士, の影

1 [77件] が東春日井郡, が近々と, でもたいへん, という, という人口, という勢, という大軍, という海鼠, といわれた, とかぞえられた, としてエタ一人, と一年後, と号, と称された, と称し, と称せられた, と聞えた, と言う, なり, にて候, になっ, になり, にのぼった, に一山, に上る, に及ぶ, のある, の世界, の人々, の人民, の兵力, の兵馬, の力, の同勢, の味方, の土龍, の坪, の大兵, の大金, の学生諸君, の宗徒, の小, の市民男女, の後続軍, の手勢, の数, の新, の新鋭, の村, の死人, の潮, の登録労働者, の精兵, の純, の者, の諸声, の軍勢, の運命, の金, の陣, の隊列, は, はなお, は必ずしも, は海津, もその, をさずけ, をどう, をひきい, を借り出す, を嘯集, を数, を数える, を斬り, を糾合, を蓄, 続々と

▼ 万~ (95, 0.6%)

3 という広い, の荒地, の雪 2 と称, に近い, の土地, の端

1 [78件] ありこれ, ありて, あるか, あること, あるだろうちょっと, あるもの, かある, かといふ屋敷跡, かの田畑, かの面積, から眺める, ずつの広大, だそう, で会った, で狸, というけしき, という宏荘, という莫大, といふ限られた, とかある, とか青島, となく, ともない, と称えられた, なかでも秘園, にある, にも近く, にわたるか米友, に余る, に向っ, に続い, に限った, の, のあたり, のうち, のとば口, のほぼ, のみどり, の中, の内, の内八万坪, の別荘, の十二万坪, の十町歩, の原, の地はずれ, の大, の宝塚, の広い, の庭園, の方, の方角, の活きた, の満, の絵, の良田, の遊園地, の隅, はある, はあろう, へいっ, へスケッチ, へ行く, までいっ, もあっ, もあった, もある, も石灰工場, や町筋, よりももっと, をまっすぐ, をまわり, を劃, を占め, を歩い, を無用, を越す, 白い煙霧

▼ 万~ (88, 0.5%)

2 あって, かけて, 二十万もの, 馬鹿を

1 [80件] あつた, あつて, ありと, ありますが, あるくせ, あるその, あるだろうが, あるという, あるのに, あるん, ある針, あろうと, あろうという, あろうなどという, いつのまにか殿軍, いるという, いるフランス, いる中, この祝日, さらに十五万, そんなこと, ついて, つぎこんだん, ででるもん, もっちょ, ゆすられてるから, よせて, ゐる, タテヨコ入り, ランプが, 一座が, 三万も, 三万もの, 上の, 予約者が, 人口が, 何とも言い得ない, 何百万もの, 例外だ, 信者が, 候へ, 億も, 儲ける事, 入らず当時無敵, 凩に, 出るもん, 出征する, 勝った, 十万も, 十万もの, 十五万も, 千世子の, 印刷した, 叫びたいほど, 叫びたい程, 合せた重, 吉里が, 唄いたくなるの, 増強された, 多い婦人大衆, 妙に, 少なかった, 幽かに, 怒濤, 承知で, 数多き中, 敵の, 来たに, 死んで, 残して, 減少した, 溜まって, 秋風に, 義父の, 色気, 起とうと, 超えるであろうが, 躍って, 軍艦の, 高すぎる

▼ 万フラン~ (85, 0.5%)

4 の年金, の損害, の金 2 の金額, もする

1 [69件] あげても, が一年, が私, ぐらいの価値, ぐらいは出し, だ, だと, である, であるとの, ですからな, で全部銀行紙幣, で買い手, で買入れた, とでもなぜ, との間, と其の, なんて持ち合わせ, に, になっ, にはなるでしょう, にも達し, に当たる, に目, の価, の価格, の償金, の出所, の出血治療, の大金, の女学生, の小切手, の小金, の懸賞, の懸賞金, の手形, の払出請求書, の臨時収得, の裏, の負債, の資本, の贈物, はまさしく, はウューフラジー嬢, はテーブル, は彼女, は恵ん, は持ち出す, ばかりで, ばかりの在高, ばかりの年金, も財産, も驚く, や十万フラン, をどこ, をほんとう, を下らない, を山分け, を彼, を控え, を提供, を救済, を消費, を示し, を要し, を請求, を貯蓄, を返却, 下されば, 持ってると

▼ 万~ (83, 0.5%)

5 の事, の時 3 に備え, のため, の場合, の用心 2 にもこの, の僥倖, の用意

1 [55件] この凡夫所造, ということ, という事, という場合, という条件, には天子, には百, にもある, にもお前, にもそういう, にもその, にもと, にもわたくし, にも向い来た, にも失われる, にも性急, にも恢復, にも我が, にも我日本国民, にも戦争, にも持参金, にも本誌, にも眼界, にも笑った, にも藩閥的軍隊的政党, にも道江自身, に備えた, に備える, に報ずる, に報答せん, に酬い, のお, のこと, のとき, の乱暴, の備え, の凖備, の変, の嫌疑, の廃位, の御, の心配, の怪我, の悪戯, の憂い, の故障, の為, の異例, の疑, の襲撃, も例外, も早く, を思っ, ノ報効ヲ期シテ, 御希望

▼ 万~ (79, 0.5%)

2 敵に, 租税として

1 [75件] あの詞, いち切りでも, いつまで, こうとか, こんな難, じッ, すぐそこ, そこを, ただ, どのくらい, はるかに, 一つでも, 一つにも, 一つも, 一切の, 一層有益, 一層重要, 一方には, 七万樽以上に, 中なる, 京都を, 出迎, 南下する, 単位である, 同数の, 呉へ, 呉を, 呼びかけた声, 呼び立てた時, 土蔵の, 城下へ, 声を, 嫌いかい, 嫌いだった, 存在した, 官軍に, 客は, 屍と, 屍を, 岡崎屋の, 左右される, 戦気を, 戸迷ひ, 手伝って, 政府の, 方向を, 旌旗や, 日に日に蝕まれ, 最低だ, 最初の, 最高と, 柳お, 橋渡しを, 流通される, 漢中を, 煽ぐ懐紙, 用いられるであろう, 用いられるならば, 着いて, 稀, 精一パイという, 聞きました, 職を, 行ったばかりに, 西宮の, 西平関, 見ゐたり, 財ヲ, 辻子に, 辻子は, 近く呉に, 銚子を, 非業に, 食うべき食物, 高すぎます

▼ 万五千~ (79, 0.5%)

5 の兵 2 の大兵, の大軍, はなお, をひきい

1 [66件] から三万人, が加わり, が旋回一路, が発向, ぐらいだ, ぐらい塩竈, だすの, だったとも, だと, であって, である, と, という士馬精鋭, という後続軍, という金, といわれ, と吉川広家, と報ぜられた, と想定, と敗残兵, と称し, ないし六万家族, などと言った, にふやし, に下らぬ, に徹底的打撃, に殖えるだろう, に満たぬ, の, のフォニックス市, の中央部, の住民, の先, の兵士, の劇通, の単位, の大将, の大敵, の学生, の寡兵, の数, の毛利軍, の灯, の真, の種卵, の組織, の読者, の購買ユニット, はすでに, は南四郡, は欠けまい, ひと部屋自由, ほど投げ出し, もあっ, も積み上げなけれ, をもって墺軍, をも容れる, を両翼, を以, を出し, を加えれ, を有すれ, を申され, を発見, を超える, を返さなけれ

▼ 万分の一~ (78, 0.5%)

12 の地図 3 の御 2 である, にすぎない, の地形図, の間

1 [55件] かのきわめて, かはこの, が手, が直感, しかない, たりとも屹度主, でもつぐなおう, でも報いたい, で一閃, という小さい, という小さな, という想像, という極微, という鋼鉄, とか何, となる, にだ, にても償い, にても相, にでもお, にもむくいたい, にも及ばないでしょう, にも報いよう, にも足らぬ, にも足り, にも足りない, に御礼, の丹波, の図, の大き, の幸福, の特例, の長, ほども, もお, もお伝え, もできず, もできない, もできないであろう, も写し, も分かる, も告げる, も知らない, をお, をひろげ, をまぎらし, をも償いたい, をも紙, を国, を果した, を維持, を表現, を超える, を選びだした, 及び第

▼ 万以上~ (72, 0.4%)

4 の人間 3 の人口 2 に達し, の人, の兵力, もある

1 [57件] あると, あるやう, おそらく百三四十万, すなわち三分の一以上増加, ただし外界, だと, であった由, では無かっ, ということ, といわれる, とふんでる, になつ, になります, にも殖え, に受取る, に超, に達したら, のもの, のモルモン信徒, の人馬, の匪, の古狸, の味方, の大きな, の大兵, の大穴, の失業者, の客, の小屋がけ, の戦争未亡人, の手兵, の教室, の新, の朝鮮人, の未亡人, の生命, の町, の組合せ, の美, の華工, の赤軍, の軍勢, の金, の金額, の音波, はあった, は女子, は有らう, は確実, もあり, もっとも重厚, もっと高額, も人口, を有し, 売れたもの, 沈めて, 負けて

▼ 万~ (67, 0.4%)

3 の家 2 の前, の封, の方, は夫人, は自分

1 [54件] あった訳, かの戦災家族, がまだ, が人才, が建ち並ん, が立っ, であった, であるという, で割っ, とある農民, という, という武官, という盗人, という者, といっ, とし, と結縁, にのぼる, に似た, に午砲, に満たない, に随, のうち現在復興, の命令, の声, の市民, の庶民, の毛, の炊煙, の眼, の虫, の賑わい, の邑, の部落, の陶器, はあまり, はこう, はすこし, はそこ, はそれ, は人, は六月, は大いに, は後, は急, は愛卿, は秀英, は驚い, もある, もそれぞれ後漢文化, もにっと, を下らず, を算する, を超し

▼ 万~ (64, 0.4%)

4 もある 3 に拡大 2 にもし, の放射能, の百万倍

1 [51件] ある, あるから, かに拡大, か重々しく, ぐらいのコンクリート, ぐらいはあります, したとて, しなければ, する大, だか, だかの, だけ走らなけれ, であって, である所, でも御免, とあり, とも知れない, なり今, にし, にした, になっ, にもした, に増加, に増進, に増長, のその, のコリン液, の人数, の光明, の利益, の子, の実際, の距離, もあるだろう, もお前さん, もでしょう, もはやく, もむずかしい, も下劣, も大きかっ, も大きく, も大きな, も嬉しい, も悪い, も悪もの, も悲しく, も愉快, も泣きたい, も立派, も遠く, も部下

▼ 万~ (63, 0.4%)

4 の女房 2 が弦

1 [57件] から仔細, がうなずいた, がこう, がよく, が例, が妻恋, が手, が絶え, が追い着きだし, が逃がした, だ, でござるぞ, とお, としてもそう, と弦, と申す, なりまた, に左, のいる, のほう, の一分, の口, の呻き, の声, の姿, の家, の帰らねえ, の立場, の襟, の門口, はあれ, はあッ, はいちはやく, はこう, はその, はただ, はなおも, は一緒, は今度, は弦, は後ろ, も一八郎, も前, も夢中, も炯眼, をよこし, をよび出し, を召し連れまし, を子供, を庭, を救い, を救うべく, を斬らず, を早く, を生んだ, を追いかけ, 悟ったか

▼ 万~ (63, 0.4%)

4 のよう 2 の上, の中, を立て

1 [53件] あかく山, があっ, がともされた, が夥しく, とぼり, と下駄, と貧者, などは割合, にいろどられ, には及ばず, には雪, に異ならず, に眩惑, に蹤, のさき, のたたき合, のなか, のやう, の如く, の引き物, の御, の灯, の現実的価値, の祭礼, の花傘, の表, は全く, は四角, は振廻せない, は此処, は煌々, は軒端, ふりたてて, ほどに提燈, もウチワダイコ, や髭題目, をかかげ, をかけ連ね, をかつい, をともし, をながめ, をふつ, をもつ, を一時, を廊, を建てよ, を打, を担ぎまわっ, を持った, を振廻し, を振込ん, を点け, を買っ

▼ 万余騎~ (62, 0.4%)

3 の兵, の大軍 2 がある, である, をひきい

1 [50件] あるいはそれ, が凸形, が千早, が地の利, が水鳥, だ, で南都, で攻めかけ, で隅田川, で駈けつけた, とかぞえられた, とふえ, ともいわれる, と伊達勢, と公称, と激戦, と称えられた, にのぼる, のうち, のぐんぜいをもって蟻, の不可解, の中, の兵力, の夢, の攻囲軍, の新手, の軍勢, の軍馬, の陣中, はいくつ, はすぐ, はその, はまだ, も畿内, も編成, をお, をさしむけ, をさずけ, をととのえ, をひそか, を一せい, を三手, を以て押し寄せた, を併せうけ, を扇, を擁し, を率い, を穀倉守備軍, を立ちどころに, を金剛山

▼ 万五千円~ (57, 0.3%)

2 のラジウム, の金, の頼母子

1 [51件] から三万円, から二万円, か三万円, が三十倍以上, だからな, であること, でチャン老人, で売つた, で売りたい, で姉川五郎, で犬, で話, で買, で買い取った, というの, といふ金額, と云, と云う, なり, にする, になります, にのぼった, にもなります, の中, の入用, の受取証, の大金, の学費, の持ち, の新, の玉代, の由坂地, の貯蓄, の貯金, の資本, の違約料, の金談, はたっぷり, は今日, は安い, ばかり空費, ばかり集った, ほどの金, ほど室井, ほど残っ, を下らない, を以つて出来上, を取りたる, 乃至二万円, 乃至十一万円, 計二十枚五十万円

▼ 万ポンド~ (56, 0.3%)

3 に一万ポンド 2 といえ, の借金, の大, の巨費, の懸賞犯人

1 [43件] かな, が配給, けえ, すなわちわが, ずつ買上げ, そのうち現実, だが, だって, って金, であったが, では, で購入, という, という大金, といわれ, にのぼっ, に当たる, に達し, のこり八十万ポンド, のほか, の上, の値, の償金, の割合, の半金, の大半, の巨額, の懸賞付き, の抵当, の相続者, の費用, の黄金, はい貸しましょう, はなくなっ, は小判, は某, もう一冊, を家なき子, を支払うべき, を放資, 借りたいと, 差し出さるべきや, 貸して

▼ 万~ (55, 0.3%)

5 の金貨 3 の金

1 [47件] からでしょう, くらいを家族, くれる人, すなわち四千万円, そうして追, だか, だけは婦人, だけは自分, でも欲しい, で自分, といっ, といふ米国, と別に, にのぼる, の中, の代償, の割, の懸賞金, の船, の財産, の財産家, の金額, の銀貨, はどう, は持っ, は正に, もの機械, も出した, も取れたでしょう, も費し, をある, を入れ, を出し, を同, を奪っ, を持ち, を握り, を支出, を支出せん, を正金銀行, を盗み出そう, 大放送, 少くな, 拵えて, 渡したその, 渡したと, 貸さう

▼ 万兵衛~ (54, 0.3%)

2 だ, のだんな, の声

1 [48件] か, から明四日千住骨ヶ原, がまず, が出, が変, が帰っ, が続く, が蠣殻, が街道ばた, が開け放し, ごときを, じゃが, その辺, であった, である, ではない, といふ人, とか小西牢人, と一緒, には返辞, にむかっ, に伴われ, の吟味, の姿, の家, の影, の手, の挙動, の横たわっ, の親切気, の足音, の頭, はすでに, はにやにや, はわるい, は不思議そう, は強情, は手, は敷居, は脳天, へいった, へも約束, へ約束, も見, を手先, を見送っ, を誘いあわせ, 差し出がましゅうござる

▼ 万にも~ (53, 0.3%)

2 余の

1 [51件] あの女, あまる黄金白金, お島, このこまっ, その双, その意気込み, その私, その胸骨, それが, なって, なり五十七八年間, なるの, 一旦ついた, 何かしら考えごとを, 余る巨富, 傍聴席の, 割愛し, 十五六の, 及ぶロシア人, 大財産を, 寒中濡れ鼠で, 寝て, 寝室まで, 将たる, 小水で, 己に, 帆村は, 日本中の, 正座であった, 毎々旅費日当, 毎に, 気仙沼あたりに, 源三郎が, 珊瑚の, 甲冑を, 留守してる, 相手の, 真紅と, 神社を, 私は, 繰返し繰返し, 聞き覚えの, 足らなかった, 足りない住民, 近いので, 近所の, 達した予約者, 達して, 達すると, 達する特殊, 馬十は

▼ 万~ (47, 0.3%)

20 の書 2 の書冊, の経典, の蔵書

1 [21件] となく, に近い, のお, のたく, の古書, の史書泣動, の図書咸陽一炬, の廬, の書灰, の書物, の有難い, の経文, の詩書経書, の読書, は甚だ, は読ん, を算する, を致さむこ, を読み, 抛ち来りて, 読んで

▼ 万~ (46, 0.3%)

4 は流転 2 に証, の金

1 [38件] あり皆, か出し, くらいは出し, すっちまったら誰, その三分の二, だ, という値, とを持っ, と定価, と言います, なん, にはなる, に通ず, のうち二万五千法, の借金, の収入, の根本, の流転, の無常, の負債, はその, はたった, は朝日, は真如, ばかりのところ, もし千法, も勝っ, をなげうっ, を以てグラン・ギニョール座専属パオロ・オデロイン夫人, を入れた, を勝つ, を持っ, を支配, を観照, 勝ったところ, 勝って, 即真如, 渡さねば

▼ 万~ (44, 0.3%)

4

2 [18件] が八方, が地団太, が担がれた, と, などに使, の体躯, の叫び, の最後, の栗, の栗拾, の栗林, の桐, の桐畑, の芋畑, の面影, は下駄材, は凡て, を冷笑

1 のやう, のよう, はそこ, は其処

▼ 万さん~ (43, 0.3%)

3 の花魁 2 は実に, ばかりだ

1 [36件] いろいろお世話, お頼み, か, が先, だけじゃねえ僕, でさえ, という息子, と一緒, にでも頼ん, にも済まない, にも知らせた, に済みません, のこと, の一人, の働い, の小屋, の座敷, の簪, はよい, は三日, は羨ましい, は貧乏, まアお入り, もこちら, もなかなか, も来, よく私, よ狼狽, ゐる, を気の毒, を識, 一杯献げよう, 小万さん, 早く, 注いで, 頼みますよ

▼ 万年前~ (43, 0.3%)

4 の人間 3 第三紀 2 からこんな, の人, の人骨, の光景, の古, の猿

1 [24件] だ, でも後, ないし, なら一万年前, において全, には地球, にガラガラ星, にサル, に地上, に地中, に地球, に沈澱, に発足, のその, のもの, の世界, の人類, の出来事, の大陸, の恐竜, の曙, の竜, の脊椎動物, の象

▼ 万~ (43, 0.3%)

3 でも 2 では, でもな, な物ぢ

1 [34件] かかり合, じゃねえ, すてた知慧, そんな訳, でないほど, でない気持, でなかつたりなんぞ, でもない, でもないだろう, でもないでしょう, でもねえ, な講釈屋, の他人, の冗談, の御, の相手, の素人, の間違ひで, もたないわけ, 住めな, 利き目, 好い心地, 役に立たぬこと, 思い掛けぬ事, 思わぬでは, 悪い気持, 捨てたもの, 有り得ないこと, 気に入らん訳, 知らないでも, 知らない事, 知らない人, 知らぬ事, 遊ぶこと

▼ 万~ (43, 0.3%)

3 の干物 2 あったって, となり, に近い, の黄金

1 [32件] ある, おすの, かのレコード, が出来上がっ, ぐらいの車券, だ, にのぼる, にも及んだ, に一枚, に達する, のアンケート, のネームプレート, のプログラム, のレコード, の割引券, の梅, の絵, の車券, の金貨, はこれ等, ばかり寄付, もあった, も忽ち, を二, を使用, を十日, を必要, を撒布, を発送, を繰り込ん, 疑も, 重なったもの

▼ 万~ (41, 0.2%)

2 ね, よ, わ

1 [35件] からおとどめ, からこういう, からである, から今, から矢張り隣人座談会, か三百万, か五百万, が, がそういう, が今, が金井一角, けれども天命いたし方, ぜ, そんな物, ぞ, という, ということ, といはね, といふ哄笑, といふ顔, といふ風, といわね, とか何とか, とは思いました, と思う, と思った, と朝子, と答えなさりました, と署員, と言っ, と過ぎ去つた, なあ福, なんてそんな, 七睡, 何の

▼ 万~ (40, 0.2%)

3 あつた

1 [37件] あつて, あらう, いわばムリ, しかも深刻, たまらぬわい, たれやら, ならなかった, むりのない話である, ゆずりましょう, よろしい, 一遍大, 人手に, 今日迄, 何とも形容, 優勝した, 八百じゃ, 味は, 堪へ難い, 売りつける, 売れるならどんなに, 夜桜などと, 契約が, 彼は, 怖ろ, 戦前の, 正面の, 無慈悲残忍の, 腹が, 落語の, 誰かが, 買うと, 買うとは, 買て, 足りましょうか, 身売りする, 身売り先を, 都会だ

▼ 万之助~ (40, 0.2%)

2 の声, はしばらく

1 [36件] がにこにこ, が新一郎, が泣き止む, だろう万之助, と, とお, と重臣たち, には姿, に宛てた, に対し少し, に復讐, に正面, に見せた, に見られる, のため, の乗った, の様子, の激しい, の目, はそれ, はただちに, は丁寧, は上京, は今年十七, は少し, は懐中, は敵討, は新一郎, は毅然, は水道橋, は素直, もお, も今年二十二, も昔, やお, を膝元

▼ 万年屋~ (40, 0.2%)

5 の前, の女房

1 [30件] が, がとこ, でござる, でひと休み, で昼食, で飯, と顔, のいない, の二階, の出かけた, の利腕, の大, の屋根, の方, の荷物, の隣り, の顔色, の鶴, はいかにも, はもの, はブラリ, は一図, は出, は師匠, は永く, は目, は訝し, も新田屋, を袋叩き, 指して

▼ 万~ (40, 0.2%)

3 の本 2 も売れる

1 [35件] がプロ, が単位, が読まれ, ぐらいを一時, でざつと, では, というの, とす, と称す, にしたら, に満たなかった, のお, の上, の仏経, の経典, の製本, の雑誌, は出版, も刷つて, も印刷, も売れ, よまれて, をうりつくし, を売り, を売り尽し, を売り尽した, を超える, を越える, 出すといふ, 刷ろうとも, 売って, 売れた, 売れたという, 売切れた場合, 読まれた方

▼ 万円以上~ (39, 0.2%)

2 の宝石, の巨額

1 [35件] ありと, ある事, かかるでせうね, が物, するだろうし, そして一致, であります, ですらも, となる, とは驚いた, なりという, にあたります, にあたる, になります, にのぼっ, に達す, のお金, の予算, の吐き出し, の復興資金, の穴, の見当, の財産家, の資産家, の金, の高, はたしかに, はとても, は出せない, は貯め, もある, もうける, を豆腐, 入って, 投ずる予定

▼ 万ルーブリ~ (38, 0.2%)

1 [38件] からお, からの贋造紙幣, からの金, ぐらいはこの, だ, だしたん, だすと, ってもの, という価格, という利益, という取引, という大金, という金, という金塊, という金高, といえ, とかつんだ, と五ヵ年計画, なんて出, の工業生産予定, の手形, の真珠, の金, は下るまい, は真珠, まで高めた, も持参金, も積まなきゃなりません, も買いこんだ, を予定, を労働時間, を後生大事, を投じた, を越え, 出した, 出したと, 出したよ, 稼いだ

▼ 万から~ (34, 0.2%)

3 三万の

1 [31件] あるん, お遣い物, できる公民館, ぬで, また, 一千万へでは, 一千五百万へは, 一千八百万へ, 七万ちかい, 七万石と, 三十万を, 二万の, 二万五千は, 二万五千円を, 二十万に, 二十万以上にも, 二千の, 二千三百万に, 二千二百万に, 二千八百万に, 五十万まで, 五千七八百万まで, 五百万に, 五百万の, 八十万が, 六万ぢかい, 六千万の, 十万の, 十万円位貯蓄し, 四十万減っ, 戦死し

▼ 万殿~ (34, 0.2%)

6 の夜 2 というの, のこと, の恨み

1 [22件] お探し, がそれほど, が九ツ, だって好ん, だって戦, では, でもと, という方, とはなにもの, とやらが参詣, に同情, のいわれ, のお, の体, の出遊, の家来, の方, の時刻, の正体, の部分, はちっとも, をかわいそう

▼ 万二千~ (33, 0.2%)

2 とやら申します, に達した, の兵, の援軍

1 [25件] である, という多数, のあげる, のこりは, の主力, の兵力, の兵士, の兵隊, の兵馬, の出城, の句, の大軍, の小舟, の新手, の潮, の神秘学, の都市, の餓死者, はあった, もまた, を以て西条村, を先, を小松寺山, を有り, を率いしめ

▼ 万~ (33, 0.2%)

2 となく, とも知れない, の針, の髪の毛

1 [25件] あっても, いや幾十万本, が飜, だから大阪全体, だという, てある, である, で九十万リートル, という万年筆, という護謨, とも知れないです, と云う, と数, の, の冬木立, の木, の材木, の杭, の檜, の矢, の糸, も寝ころん, も用意, を見事, を集め得

▼ 万トン~ (32, 0.2%)

2 もある

1 [30件] あること, かの海水, すなわち九一・九%, すなわち二億トン, という, などという計算, にあまる, になった, に上らず, に増加, に対すれ, に拡大, に比べ, に近かっ, のジャガ芋, の予定, の効果, の大, の巨船, の帆船, の怪物, の海軍, の潜水艦, の物, の石炭, の船, の豪華, はことごとく, も八千トン, を越える

▼ 万~ (32, 0.2%)

52 の大艦, の船

1 [23件] いや福の神, でもあの, で今年, と云, と測定, と言う, にもする, にも二万噸, に上った, のマンチユリア, の一大浮城, の出炭, の大, の大き, の巨艦, の浮城, の甲鉄艦何艘, の石炭, の軍艦, の重油, はある, を失った, 全満洲

▼ 万四千~ (32, 0.2%)

3 の法門 2 の兵士, の毛孔, の眷属

1 [23件] あった, から五万千ヵ所, でその, になされた, に足りない, の, の仏陀, の墺軍, の寄手, の毛穴, の法薬, の煩悩, の相好, の腕白者, の花片, の虫, の諸, の身の毛, の身の毛竪, は戦死, をなんとか, を有し, 大劫

▼ 万年橋~ (32, 0.2%)

6 の上 4 の下 2 のほとり, の欄干, を渡る

1 [16件] から入水, から身, が小名木川, で首, という橋, のたもと, の水車, の袂, の詰, の鯨汁, はこの, へ目標, をわたる, を渡った, を渡ります, を越え

▼ 万~ (32, 0.2%)

2 の重, を今, を仕入れる

1 [26件] あるの, から十六年, がなんとか, が蓄えられ, だけ二百二十円, で百斤, という大量, という工合, という生糸, という産銅額, ともおぼしき, とクズ糸五万五千斤, の半分, の品物, の大, の生糸, の産高, の見込ナリ, の重荷, の雪, は百八十円, ばかり鉛銅, をサイソク, を契約, を産, を百斤百八十円

▼ 万キロ~ (31, 0.2%)

2 の発電

1 [29件] がたった, が全く, だから, だった, だと, である, で地球, とあっ, として航路, に対する一三万キロ, に過ぎず, の上空, の優良ボーキサイト, の後方, の爆弾, の発電所, の電力, の電気, は出, は来, は行けます, ばかりのところ, ほどになっ, も離れ, を出し, を突進, を飛ばなく, 走るだろう, 運ぶだけの

▼ 万メートル~ (31, 0.2%)

4 の高空 2 を突破

1 [25件] ある, ある学校, からあっ, だが, である, にちかい, に及ぶ, に着陸場, に近い, のところ, の上空, の声, の志賀高原, の所, の村社, の空, の距離, の高, の高度, までいっ, をこえた, をめざし, を出す, 即ち地球, 近い高空

▼ 万~ (30, 0.2%)

6 十万の 3 五万は

1 [21件] そこい, そこらには, そこらの, へボツ, むをえずとするも自国の, 三万どうにか, 三万の, 三十万以下では, 三百万の, 二万の, 二万は, 二十万は, 二百万は, 五十万に, 五十万は, 八万の, 八万は, 其他に, 四万円には, 地質調査所の, 山サの

▼ 万法蔵院~ (30, 0.2%)

3 に唯, の夕, の婢女, の晨朝, の香殿, は実に 2 の上座, の北, の大, の細々, は山田寺, は村

▼ 万クヲタア~ (29, 0.2%)

2 か百五十万クヲタア, だけ不足, であると, の小麦, の穀物, を消費, を獲得

1 [15件] から二百万クヲタア, であったならば, でありそして, であるから, であるならば, ではなく, となる, となるであろう, にも及ぶ, に増加, の価格, は四, を無理, を生産, を輸出

▼ 万ボルト~ (29, 0.2%)

6 の電流 3 を越える 2 の高圧変圧器, の高圧電気, の高圧電流

1 [14件] から三十万ボルト, ぐらいで動きだした, では, という高圧電気, と口, のけいれん, のもの, のイオン加速度装置, の電撃, の電気, の電源, の高圧, までの特別高圧電流, を越す

▼ 万五千人~ (29, 0.2%)

1 [29件] ありて, ありと, ありゃあ負けやし, からの血気, がいた, が置かれ, ぐらい人, そうして北海道, だったが, であった筈, になってる, にのぼる, に達し, に達した, の人間, の整理, の死者, の男子, の観衆, の警察予備隊, ばかりの教師, ばかりの蝦夷人, もあった, ものドイツ亡命者, をいるるべし, を増し, を引率, を行おう, 小都邑

▼ 万~ (29, 0.2%)

8 の本

1 [21件] ありと, かの乱読, が行方不明, が読むあたわざる, である其三百万冊, となく, と多けれ, と称す, にまで減じた, に近い, のうち, の割合, の図書館資料, の書架, の書籍, の残本, は名実とも, は読ん, を公開, を小車, 買うた奴

▼ 万~ (29, 0.2%)

2 あるか, の上, の高, の高原

1 [21件] からある, と想っ, と算, と繋がっ, に及ぶ, に近い, に迫り, に達せざる, のドーラギリ, の下, の分身, の大空, の山, の山岳, の所, の権現, の等高線, の高地, の高度, も高く, を越える

▼ 万~ (28, 0.2%)

1 [28件] あっただろう, せいぜい十万, その数, わからぬと, わからぬ程, ガマか, 七万石そんな, 三万は, 三百万の, 二万かの, 二万の, 二十万ほどさ, 何十万かに, 何百万か, 何百万ペソ, 八万を, 八万円の, 六万の, 十万か, 十二三万わずかそれだけ, 四十万その, 四百万であった, 小島氏か, 数えきれないほど, 生きて, 百万円で, 知らないけど, 知れなかった

▼ 万吉郎~ (28, 0.2%)

2 なるお

1 [26件] が二人, が果して, そっくりに, そっくりの, その人, その人以外, であったけれど, にかき乱れたる, にとってそれ, にとってはヒルミ夫人一人, に媚びん, に対する火山, のこと, のバラバラ, の仇, の体力, の容姿, の身体, の躰, の部屋, は今, は偽, もただ, を今日, を傍, を自分

▼ 万国旗~ (28, 0.2%)

2 のよう

1 [26件] がさっと, がはりまわされた, が一面, が出来た, が子供, が掲げられ, が此処, で満艦飾, で賑々しく, と一, と花飾り, にまじっ, に包まれた, のなか, の前, の右, の様, の絡み合っ, の赤, も多く, をかけわたした, をつるし, をひっぱりだし, を張り挙げ, を飾る, を馬

▼ 万余人~ (27, 0.2%)

1 [27件] が籠城, が職業組合員, が集った, そのあらまし, で石亭, という盛況, といわれる, と数えられた, にもなり, にも上っ, の人々, の僧, の僧侶, の坑夫, の婦人有権者, の百姓, の読者, の軍勢, の軍隊, はいよいよ, は大挙, は山中, もかたまっ, をつれ, を失っ, を斬り尽し, を生じ

▼ 万~ (26, 0.2%)

13 の君 5 の大君 2 の位, の天皇 1 の君主, の天子, の御, の現神

▼ 万~ (26, 0.2%)

2 という, と見積られ, の償金

1 [20件] から一万一千磅, から一百万磅, が彼, が流通, ずつ奮発, だけ余計, と云われた, なんか無論, に近き, の, の仕事, の増加額, の時, ほどの保険, または平均, も金, を時, を添えた, を要する, 呉れるなら速力

▼ 万長者~ (26, 0.2%)

32 になれる

1 [21件] がさらに, であつ, で女盛り, といわれ, と称, になった, になつ, のチョビ助, のモルガン一家, の一流どころ, の三太夫, の二男, の叔父, の執事, の威光, の家, の相続人, の経験, の長男, は財布, を殺した

▼ 万とも~ (25, 0.1%)

2 しれないおびただし

1 [23件] いえない層, いわれて, なる, なるだろう, わからない魚群, 何億とも, 思うけれども, 数えられない発光体, 数えること, 数え切れぬ数十種, 知れず群, 知れないかげろう, 知れない無数, 知れぬ, 知れぬ多く, 知れぬ大軍, 知れぬ月, 知れぬ熊蜂, 知れぬ物語, 知れぬ羽蟻, 知れぬ膃肭獣, 知れぬ銀杏, 限ない

▼ 万五千石~ (24, 0.1%)

2 がフイ, の小名

1 [20件] がどう, だったが, とみ, と内々, のお, のところ, の収入, の城主, の家督, の廃絶, の紀州, の記帳, の館主, は文字通り一朝, へさらに, ほどは, も嫡子, を六十五石, を預けられた, を領する

▼ 万である~ (23, 0.1%)

1 [23件] から本年初め, から歩行, か知れなかった, がこの, がその, が本国, けれども其の, ことと, し将校連, と, とした, として一世紀後, として現在地球上, とする, とでも思っ, と兵力, と申さね, と私, と納得, と言った, イヤ不思議な, 指一本の, 甲斐の

▼ 万~ (23, 0.1%)

2 にも達する

1 [21件] から多く, から数百万個, くらいの増加, くらいまで測れる, だそう, でありその, であろうと, という品物, という大きな, という数, と推定, にはねあがる, に一匁五分見当, はあるであろう, もある, も準備, をとっ, をも作る, を数える, 入れて, 食った男

▼ 万分一~ (23, 0.1%)

3 の地図 2 の図, の縮尺, 或は二十万分一

1 [14件] ぐらいの短時間, その一言, でことごとく, との沿線地図, と五万分一, と車窓, にも足らぬ, に相談, の地形図, もある, も書けぬ, も通え, を勉める, 仮製図

▼ 万~ (23, 0.1%)

6 を出し 2 とやら申します

1 [15件] その正体, で部屋, なら売りましょう, なるに, に及ぶ, の賞, の賞金, の金, を例, を供える, を儲けました, を医, を捨て, を費せ, を隠し

▼ 万~ (22, 0.1%)

2 の奥

1 [20件] であった, という山, のふところ, の一揆, の中, の墓所, の山中, の梢, の百姓, の紅葉, の紅葉一時, の雪, は例, は浮穴郡, は鳴動, へ赴いた, まで侵入, を下り, を飾っ, 重なりて

▼ 万でも~ (21, 0.1%)

1 [21件] ありそして, ある, あるよう, あるらしい, あろうが, いいん, ことごとく異語同義, なかった, ほかの, 一億でも, 三百万でも, 二万でも, 二週間程, 五百万でも, 八万でも, 出す, 十万でも, 合わないと, 多いほど, 社で, 透明人間が

▼ 万とか~ (21, 0.1%)

2 何百万とか, 四万とか

1 [17件] いって, いつも十万, 一億とか, 三十万とかいう, 二億万とかの, 云う大軍艦, 云ふ, 五万とか, 五十万とか, 何でも太し, 十万とか, 十五万の, 四千万とか, 書て, 玉つむぎ, 途方も, 集った程度

▼ 万~ (21, 0.1%)

1 [21件] であるに, どんぐり老, 三時に, 久しぶりで, 入らっしゃいまし, 入らっしゃるって, 奉公に, 寄り一荘, 帰り入浴, 帰り又, 帰る, 往ったら, 往って, 往ってる, 移ったので, 笑いかけた, 落ちつき入浴, 落ちつく, 行くこと, 追掛けて, 麻雀し

▼ 万三千~ (21, 0.1%)

2 の兵力

1 [19件] が城西普通門方面, という大, という有様, といえる, なお二万, になる, に達しましょう, の人数, の人馬, の兵, の兵陣, の内, の小, の小さい, の怪物, の生命, の町, の軍勢, へって

▼ 万円位~ (21, 0.1%)

1 [21件] が父, であの, でというお話, では安い, でヘコタレルよう, なもの, なら, になる, にはなりましょう, の不, の価, の椎茸, の物, の穴, の賞金, の金, はあったでしょう, はあるだろう, は確, は稼がね, 儲けさせるなと

▼ 万七千~ (20, 0.1%)

1 [20件] から二万, そのうち, といわれる, なれども, なれば, に対してお, の一団, の包囲軍, の増加, の屍体, の戦死者, の軍勢, の農民, の都市, の霊, はお前, は動かし得る, ほどいたという, もある, も負けた

▼ 万八千~ (20, 0.1%)

2 に過ぎない

1 [18件] がひそか, が七月, が来襲, が甲府表, ぐらいある, であったモスクワ, と書く, と称えられ, に増大, に戻り, の兵, の勢, の毛穴, の焼死人中, の竜王仏説法, の魔形, はその, をこえ

▼ 万千代~ (20, 0.1%)

2 の手

1 [18件] づきの, であった, である, とがゆ, のあと, のす, はいま, はそれ, はとくいらしく, はみんな, は意地, は目, は竹童, もひょいと, も手, や小姓たち, をはじめ余一その他, を餓鬼大将

▼ 万朝報~ (20, 0.1%)

1 [20件] が鉱毒問題, で非戦論, につぎ, に掲載, に東京日日, に立て籠った, に行く, の堺利彦, の宝, の宝探し, の懸賞, の文界短信欄, の歌, の社説, の米調べ発表, の記事, の記者, の記者幸徳伝次郎, の記者幸徳秋水, も一週間一回

▼ 万葉時代~ (20, 0.1%)

2 に流行, のよう

1 [16件] からそれほど, から存在, と平安朝時代, にはこうした, には実地, の, のもの, のサブシ, の一農家, の人, の人々, の修辞法, の文学表現, の暢, ほどに変化, や明治時代

▼ 万~ (20, 0.1%)

2 の領分

1 [18件] から四十万貫, この一月, といふ塩, に近い, の上納, の土砂, の堆肥, の塵芥, の物, の石, の調達, の身上, の銭, はその, もの漁, を以て蛇処, を借りう, を製銅

▼ 万では~ (19, 0.1%)

5 ないか 3 あるが

1 [11件] ありますまいか, ありませんか, ある, きかなかった, ございますが, ござらぬか, ござるが, なく一千一百万, なく単に, なく造幣早々, 大御散財

▼ 万キロメートル~ (19, 0.1%)

4 の距離

1 [15件] から十万五千キロメートル, ぐらいは楽, すなわち地球半径, その質量, その随伴体の, であったの, である, となる, と算定, のところ, の往復, の最大速度, の火の玉, をへだてた, 及び一二〇〇万キロメートル

▼ 万フィート~ (19, 0.1%)

2 の深海

1 [17件] から三万フィート, くらいの高度, ぐらいまでなら, という値, なら相当, にもおよぶ, のハレアカラ, の三分の一, の休火山, の撮影, の海, の高, の高所, を下る, 近い値, 近い深海, 近い高空

▼ 万ルーブル~ (19, 0.1%)

2 の金

1 [17件] いただきましょうネルスキー, かそれとも, ずつのお金, だと, でも出す, というあの, といえ, の為, はやすい, は相当, ばかり負けた, ものこし, も仕払っ, も巻きあげた, わたして, を賭け, を賭ける

▼ 万~ (19, 0.1%)

2 とも数, を下らない

1 [15件] ありその, あろうとも, か数え切れぬ, が一度, でそれ, というブリ, として毎日一万匹宛, とも計り, と群, になる, の蜜蜂, を以て満たされ居り, を献納, を荊州, 集ったって

▼ 万~ (19, 0.1%)

2 のトラツク, の人造人間戦車

1 [15件] あるそう, あるという, から整備, が進出, にのぼる, のトラクター, の人造人間戦車隊, の修理, の受信機, の手機, の間, も置い, より六百万台, をまた, ノ

▼ 万~ (19, 0.1%)

2 のほう, の金

1 [15件] がする, が涙片手, じゃてんやわんや, といえ, とは昵懇, に見せる, の口, の家内, の歎, の養子, はうなずい, はおどろい, はたとえ, へ乗りこん, へ約束

▼ 万~ (19, 0.1%)

2 の数の子, の無駄

1 [15件] ずつがいい, ずつひろっ, とはケチ, なくては, のうち一つ位, のどれ, の犠牲, はいる, ほど入っ, を得る, を良, 乃至七億粒, 積み重ねたつて, 蒔くうち, 要る勘定

▼ 万人以上~ (18, 0.1%)

2 に秀吉自身

1 [16件] ある, がここ, にし, に及ん, の人, の人出, の失業者, の婦人たち, の戦争未亡人, の日本人, の未亡人, の観客, の訪問者, の餓えた, は江戸, を有する

▼ 万七親分~ (17, 0.1%)

3 に縛られ 2 が乗出した

1 [12件] がやって来, が乗り出しました, が乗出し, が来, が飛ん, のところ, の顔, はそれ, は店中, は昨夜, も調べよう, 大眼鏡

▼ 万~ (17, 0.1%)

1 [17件] でたいてい, という料理, と中買勘造, のうしろ, の下, の大食会, の悪口, の書画会, の水楼, の若い, へ問いあわせ, へ帰り, や中洲, よし, を出る, を極める, を無遠慮

▼ 万~ (17, 0.1%)

1 [17件] さながら浮き世, である, でみんな特徴, で実際, で結局, なれども, な現, な生き方, にし, の事情, の兵備, の変化, の変遷, の思想, の画, の相, 実に目

▼ 万~ (17, 0.1%)

1 [17件] あるか, たしかに珍しい, であるが, にし, の事情, の変化, の所作, の羅漢, の間, の魁奇, を尽し, を日記体, を為す, を窮め, を詠みある, を詠みたる, 測り知られぬ雲

▼ 万町歩~ (17, 0.1%)

2 とかを開墾, と云う, の土地

1 [11件] である, というの, とか十万町歩, とふくれ上っ, にもわたる, の不, の山林, の麦畑, は不, もある, を濫伐

▼ 万をもって~ (16, 0.1%)

2 数うる

1 [14件] ケバ要塞から, 五原を, 廬山使者の, 数う, 数うべき, 数えられた, 数えられるかと, 数えられるであろう, 数えるであろう, 数えるほどの, 数える夥しい, 東条赤坂の, 益州の, 雁門を

▼ 万太夫座~ (16, 0.1%)

4 の若

1 [12件] では愈々, に忍び入っ, の人気, の周囲, の坂田藤十郎, の座付茶屋宗清, の弥生狂言, の持主, の木戸, の舞台, の道具方, は直ぐ

▼ 万年後~ (16, 0.1%)

3 のこと 2 の今日, の地球 1 でありませうか, には矢張今, に新しき, のいま白人種, のわれわれ, の世, の世界, の人たち, の弥勒菩薩出現

▼ 万石以上~ (16, 0.1%)

3 の大名, の諸侯 1 ですら, のお, の四十八館, の城持, の大名生活, の藩主, の諸, の面々, もある, を輸入

▼ 万かの~ (15, 0.1%)

2 一人か

1 [13件] のろい男, 人々が, 人間から, 人間が, 人間だけ, 大きな火の玉, 婦人を, 宇宙塵の, 少年少女は, 灯火の, 男女両性を, 財産と, 金を

▼ 万といふ~ (15, 0.1%)

2 潤筆料を

1 [13件] やうな, 人命を, 大きな数, 大口の, 小さな鳥ども, 強制疎開の, 数の, 日本人が, 歌を, 現金を, 程多数の, 観衆が, 鳥の

▼ 万両分限~ (15, 0.1%)

1 [15件] だ, で神田一番, の万三郎, の主人, の佐野屋正兵衛, の女, の威力, の支配人, の材木屋, の瓢, の筆頭, の跡取り, の身上, の養い, もこう

▼ 万何十万~ (15, 0.1%)

2 ともしれない, の家

1 [11件] でも透明人間, とあらわれたら, とある, というまだ, というトカゲ人種, という人々, という珍品ぞろい, といふ程多数, と数, と決っ, を要する

▼ 万八千円~ (15, 0.1%)

1 [15件] だツ, で務台氏, とは経営者, と飛んだ, になった, になります, の低, の財産, の金, は一寸, は神戸, は足尾銅山, ばかりこれ, わあツ, をまんざら

▼ 万円近く~ (15, 0.1%)

5 の金 2 も集った 1 あると, で売ります, に達した, のバカ, の損, の資産, の退職金, までも発展

▼ 万温泉~ (15, 0.1%)

1 [15件] から帰っ, に, にも有名, に遊び, のある, の一夜, の丑, の事, の奥, の旅, の眺望, への通路, へ廻ろう, へ旅立った, へ遊んだ

▼ 万~ (14, 0.1%)

3 助殿

1 [11件] 丞と, 丞の, 助, 助並ニ重臣一, 助主従, 助及び, 助様が, 助様の, 助様は, 助様を, 助殿と共に

▼ 万~ (14, 0.1%)

2 のため

1 [12件] この国, だなぞと, である亀山六万石, でご, に国, の基礎, の政策, の木鐸, の末, の礎石, を養, 伝わるべき我が家

▼ 万~ (14, 0.1%)

1 [14件] あったところ, かの懸賞金, だった, だったし, といふ偉い, のお金, ばかり呉れ, や三十万元, をもってする, を寄附, を支出, を欠かさない, を贈り, を越し

▼ 万年スープ~ (14, 0.1%)

1 [14件] がお, が何時, だの鯛, でもかける, とはどういう, と僕, ならなお, のない, の材料, をお, をかけ, を一合, を作る, を案出

▼ 万なる~ (13, 0.1%)

3 を知らず 2 かを知らず 1 を知らない, 志である, 有様ならずや, 来客を, 男よ, 話なれ, 諷刺劇と, 謬見を

▼ 万~ (13, 0.1%)

1 [13件] となく, と結合, の仏土, の仏達, の富, の文章, の星, の火筒, の現実, の葉, の道, の重量, の錯誤

▼ 万兩さん~ (13, 0.1%)

5 の半次郎 1 から貰, でした, です, で通, と心中, に心中, の愛撫, の言

▼ 万円也~ (13, 0.1%)

2 と小学校, と書き入れる 1 と云, と云う, と評価, の紙幣束, の罰金, を今ここ, を受け取った, を貴下, を贈呈

▼ 万創膏~ (13, 0.1%)

1 [13件] がアト, が小さく, が貼りつけられ, と脱脂綿, について生前ふみ子, の貼り, の貼りつけ, は犯人, も肩, をとっ, を二つ, を持ち, を捨て

▼ 万~ (13, 0.1%)

1 [13件] がやって来る, が己, と云う, に向っ, の話, は不審, は宮地翁, は己, は某, は無論, は神仙記伝, は驚い, もその

▼ 万~ (13, 0.1%)

2 を三唱

1 [11件] が決して, でこれ, の写真, の台本, の打合せ, の特殊性, も, や寸劇, を叫ん, 大いに受ける, 段々馴れ

▼ 万~ (13, 0.1%)

1 [13件] といえ, とか聞く, とそれぞれ一列, とれて, と十万疋, と千万疋, と百万疋, に及びし, の鰯, の鼠, もウヂヤ, を賞, を越えた

▼ 万~ (13, 0.1%)

1 [13件] ある中, という小説, といふ推定, にも及ぶ, に達す, の動作, の動植物, の多数, の持ち味, の波紋, の生物, の語彙, を越えたるべし

▼ 万~ (13, 0.1%)

2 の袷

1 [11件] のこまかい, の下, の前, の唐桟, の小袖, の浴衣一, の着物, の袖, の裏, の野暮ったい, もある

▼ 万ほど~ (12, 0.1%)

1 [12件] ある, いただくと, だ, だそう, だとの, 使いこんで, 出して, 多く五万五千ぐらい, 竜田越に, 貸して, 転りこむ, 預金が

▼ 万もの~ (12, 0.1%)

1 [12件] ダイヤモンドが, 失業者が, 失業者の, 市民が, 月々の, 男や, 百姓どもが, 細い細い糸, 花火を, 負け五時に, 金を, 黴菌の

▼ 万三千石~ (12, 0.1%)

2 の城下, の小禄 1 だが, でしたから, で二百何十人, と一時, のお, の岡部家, の弟, の粂野美作守さま

▼ 万乃至~ (12, 0.1%)

2 二千万に 1 七十万の, 三百万人の, 二千万個であろう, 五十万の, 八十万という, 六七万円の, 数千万円を, 百万の, 百五十万人に, 百五十万円の

▼ 万二千円~ (12, 0.1%)

1 [12件] から二万二千円, ずつ三人, だって, となっ, になっ, になる, の申込, ほどになります, も, もこんな, もたまっ, 但し新聞広告代

▼ 万人共通~ (12, 0.1%)

2 のもの 1 だらうが, の客観的, の意味, の感想, の憧れ, の昔, の歴史, の点, の症状, の超

▼ 万兩息子~ (12, 0.1%)

7 の半次郎 1 が心中, の妾, の心中, の頬桁, はさぞ

▼ 万八千石~ (12, 0.1%)

2 の大名 1 から一躍, だけあっ, の城主真田昌幸, の御曹司, の御曹司頼門, の殿様, の百姓, の百姓何万人, の祖父江出羽守, を食んだ

▼ 万~ (12, 0.1%)

1 [12件] だのイブセン, で, という妓楼, に魂, の一年, の黒羽二重, は送れる, ばかりの経文, ばかりの論文, を徒ら, を打っ, 悪金子

▼ 万年灯~ (12, 0.1%)

1 [12件] から火種, であった, でおなか, とした, にたまった, のつるし, の光, の油, はひっくりかえし, をつくれ, をつりさげ, をつるした

▼ 万~ (12, 0.1%)

2 をよび 1 でちょうど, にようやく, のしぶき, の起伏, を動, を呼び, を捲き起し, を生ずる, 動き不可思議, 次いで起り

▼ 万ある~ (11, 0.1%)

1 [11件] かわからない, か分らない, か分らねえ, か判然ら, か足下, という, にし, のか, のに日本, ゆえに, を知らず

▼ 万からの~ (11, 0.1%)

2 借金で 1 それらの, ものが, 兵が, 寺院に, 民間人が, 生粋の, 証券を, 財産を, 金も

▼ 万です~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, がこの, がしかし, がよく, が一方, が彼, が然るべき, ぜ, ね, よあれ, わと私

▼ 万とは~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありませぬ, いうが, このこと, ジッコンに, 号すが, 号するものの, 嘘であろう, 存じまするが, 思いましたけれども, 此の, 馬鹿馬鹿しい安価

▼ 万~ (11, 0.1%)

6 んなく 1 んで, んに, んはかっ, んも, ん言っ

▼ 万ミル~ (11, 0.1%)

1 [11件] がそもそも, が争われる, ぐらいの金, という声, なんてえ, の, の大, の当り籖, は高価, までくる, を棒

▼ 万七千円~ (11, 0.1%)

1 [11件] あると, かの小切手, という値段, になっ, に対して去年, の包み, の小切手, の現金, の預金, ひきだして, を投じ

▼ 万三郎~ (11, 0.1%)

1 [11件] と人知れず, なら五両, に疑い, に相違, の兄弟, の口, の持物, の羽織, は三十七八, は小判, を挙げた

▼ 万何千~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるか, か知れない, というの, という仲間, という金額, とかをおさめる, とも知れぬ, と生き, の人, の女, 数え切れぬ其花

▼ 万八千人~ (11, 0.1%)

1 [11件] あって, ある, であった, なり, なりと, に上った, の犠牲, の農村青年, はつまり, も死んだ, を十六編隊

▼ 万~ (11, 0.1%)

2 の奴, の奴め 1 が少し, という糴呉服屋, のところ, の家, の小, は大, ばかりじゃあねえわっ

▼ 万~ (11, 0.1%)

2 であると 1 くらいと見, である, という温度, となっ, となる, になる, も, も使われた, 繰り返すもの

▼ 万止む~ (11, 0.1%)

5 を得ない 1 を得ざれ, を得ず, を得ずし, を得ずん, を得ませぬ, を得ん

▼ 万~ (11, 0.1%)

1 [11件] が客, が立て掛け, に飾られ, の光, の巷, の賑わい, や樽神輿, をかつい, を奉納, を持っ, 流しの

▼ 万~ (11, 0.1%)

1 [11件] がひとしお, その妻ミツエ, だと, と改名, の奥方, の嫁, の嫉妬, の懸想, はもう, は顔, を生ん

▼ 万あり~ (10, 0.1%)

1 そのうち十五万以上, てそのうち, て当, といえ, とてもすべて烏合, とてもなどという, とてもわが, と称す, 加うる, 国中春起ち

▼ 万三万~ (10, 0.1%)

1 ぐらいずつ与え, ずつ頼ん, ではきかなかった, と捲き上げる, になりうる, の小, の現金, の眼, の穴, の配当

▼ 万三千人~ (10, 0.1%)

1 あった技術家, あり, が職場, くらいしか住ん, である, といえ, のうち, の聴衆, の身柄, の長

▼ 万五千メートル~ (10, 0.1%)

2 の高空 1 だって, つまり高, に達し, の射程, の深, までが成層圏, まで上昇, を示し

▼ 万~ (10, 0.1%)

1 でどう, でもどうにか, と一位, に激減, のところ, の数, の数字, の計算, の資本, の都市

▼ 万分一図~ (10, 0.1%)

2 出でて 1 が世にも, にも市場, の幽ノ沢山, の日光図幅, の景鶴山, の赤鞍岳, もこれら, を案ずる

▼ 万十万~ (10, 0.1%)

2 の大金 1 と云, と云う, のお, の兵, の要らない, の読者, の金, 持ちだすの

▼ 万年草~ (10, 0.1%)

1 が出, として当山万年草, などおし, に霊異, のひさがる, の植木鉢, の生えた, は当山, や孔雀歯朶, を霊草

▼ 万~ (10, 0.1%)

1 で演説会, で雨, といふ月並, のよ, の山々, はしづか, は交通, へ出発, へ叔父, よいとこ

▼ 万~ (10, 0.1%)

1 がきっと, が一時盛ん, と言, の, のあの, の唄, は脳, は都々逸以外, もかしく, やすててこ

▼ 万~ (10, 0.1%)

1 が, の協議, の声, の眼, は何れ, をはじめ, を統率, 之聲者, 皆目勝ち, 諸咲

▼ 万花鏡~ (10, 0.1%)

3 のよう 1 のごとく, の感じ, の様, の色彩, の花園, を一転, を覗く如く

▼ 万足らず~ (10, 0.1%)

2 の会社, の兵 1 であったであろう, にしかならない, に過ぎない, の勢, の小さい, の患者

▼ 万~ (9, 0.1%)

3 の物 2 の事物 1 に勝れ, の神, は和主, 吾が程

▼ 万ないし~ (9, 0.1%)

1 一千万の, 七万に, 三百万タンの, 二百万クヲタアでは, 五十万と, 八十万である, 六万の, 十万円を, 百三十万は

▼ 万二十万~ (9, 0.1%)

1 というよう, という値, のハシタ金, の押印料, の端金, は愚か, もうけさせても, 多きは, 蹴ちらせないで

▼ 万二千人~ (9, 0.1%)

1 ある時獅出, ずつあった, だそう, とも報告, の兵力, の患者, は欺かれた, は雨季, を大正

▼ 万何千円~ (9, 0.1%)

1 かの大穴, かの穴, が最高, とある, という大穴, という汗牛充棟, という税金, といふ事, の月収

▼ 万十郎~ (9, 0.1%)

1 が例, が拳骨, であつ, と大いに, の胸先, の詩吟, は剣舞, は芸者, をつかまへ

▼ 万千代さま~ (9, 0.1%)

1 がお, がにせもの, に帰っ, のお, のお呼び, の組, はもうす, への申しわけ, もかし

▼ 万年ペン~ (9, 0.1%)

2 から足 1 が, が出, だけはしょっちゅう, のクリップ, はどう, を問題, を感嘆

▼ 万~ (9, 0.1%)

2 の末年頃 1 に至っ, に至り, の大, の皿, の赤絵, の鉢, の陶瓷

▼ 万~ (9, 0.1%)

2 の名, の望む 1 が武, のす, のため, を内院, を薫化

▼ 万茶亭~ (9, 0.1%)

1 という喫茶店, と素人屋, と隣接, に夜, に往く, に案内, の前, の向側, は多年南米

▼ 万~ (9, 0.1%)

2 の終り 1 ぐらいにひきのばし, で煽ろう, にまさり, にまさる, の作, の説明, もかの

▼ 万~ (9, 0.1%)

1 との前, の, の中, の主たる, の信頼, も呑む, を動かした, を圧する, を指揮

▼ 万近い~ (9, 0.1%)

1 ものである, 人間の, 党員を, 悪銭を, 数に, 札束が, 熟練労働者が, 軍勢を, 金が

▼ 万~ (9, 0.1%)

1 ありと, ずつをふり分け, そしてそれ, となくなら, の多数, の膃肭獣, の馬, も飼っ, 其の次

▼ 万であった~ (8, 0.0%)

2 のである 1 から, が余, が又, という話, と思う, ように

▼ 万なら~ (8, 0.0%)

1 これや, と言, ばこれ, ば一六%, ば五〇%, ば為替相場, 五十万, 百万

▼ 万を以て~ (8, 0.0%)

1 これを, すれば, 数うる, 数えられるよう, 数える大金, 計ふ, 計る多勢, 計る行人独り

▼ 万人近く~ (8, 0.0%)

1 あるので, いた, が婦人, の人, の工夫, の百姓達, を殺し, 増して

▼ 万何億~ (8, 0.0%)

2 の堕落者 1 あるか, か知れない, と, といいたい, と云う, の苦しみ

▼ 万四千フラン~ (8, 0.0%)

1 あった, だったが, で手放した, で買い戻し, の借財, は名, まあ六十万フラン, をマリユス

▼ 万国史~ (8, 0.0%)

1 だ, と資治通鑑それ, の草, はさして, は余, をよん, を読ん, を講義

▼ 万~ (8, 0.0%)

1 という, とか千日, になる, の日, の間, は, も止めたき, 然後

▼ 万~ (8, 0.0%)

1 にのぼる, の, の古, の成績, の火, の紅燈, を一九四九年度, を受け入れた

▼ 万葉風~ (8, 0.0%)

1 ではない, となる, な気分, に感じられる, の感じられる, の過ぎ去る, の青海原, をしこん

▼ 万じゃ~ (7, 0.0%)

4 ないか 1 のう, ア指が, 着手どころか

▼ 万ちやん~ (7, 0.0%)

1 がある, だな, である, の, の方, は怪しから, を誘つた家

▼ 万どん~ (7, 0.0%)

2 のところ 1 に語つて, の小, はなんとも, はひどく, も厩舎

▼ 万~ (7, 0.0%)

1 人民, 人民産ヲ, 兵コレヲ聞イテミナ垂泣ス, 寄手ト野戦ヲ, 正直シカモバカ疑, 貔貅ハ紫微, 青年ヲ

▼ 万マルク~ (7, 0.0%)

1 という金額, とかの寄附, となり, の支出, の遺産, は使っ, を必要

▼ 万三千円~ (7, 0.0%)

1 だったそう, というの, という木, に成る, の現金, もとられました, 貸し付けて

▼ 万~ (7, 0.0%)

1 にわたって武人, に出, に誇るべき, に通ずべき, のオール, の大, の法

▼ 万二万~ (7, 0.0%)

1 という大きな, という額, と弟, と明らか, にならない, の知行, の花嫁

▼ 万五千斤~ (7, 0.0%)

1 だけ横浜, のクズ糸, の中味, はそれ, はただ, はクズ糸, ほどまとめた

▼ 万人分~ (7, 0.0%)

1 くらいにはなる, であるから, の公衆食事, の大, の席, の食事, の食糧

▼ 万六千円~ (7, 0.0%)

1 だとの, で会社, とわずか, に比べれ, の紙幣がち, の赤字, もかかる

▼ 万六千石~ (7, 0.0%)

1 であつ, でもその, という格, という津軽家, の大名, も肝腎, 有難え

▼ 万円程度~ (7, 0.0%)

1 だ, であり軍事費, になっ, に止めた, のもの, の税収入, を支払う

▼ 万~ (7, 0.0%)

3 である 1 なり一個, の教法, の相貌, の魚介

▼ 万~ (7, 0.0%)

1 の祈祷, の言葉, の誓ひも歓語, は作り捨てる, もこんな, を江戸, 尽く皆

▼ 万~ (7, 0.0%)

1 いる学童, に余る, に達する, の手勢, の清国留学生, の請願, 多い

▼ 万~ (7, 0.0%)

2 を作られた 1 のひと, の図, の如き, の版経, は百家説林

▼ 万~ (7, 0.0%)

1 が含み備わっ, さながら灰燼, の隣家, もこんな, をちりばめ, 善く人, 大雑書

▼ 万年博士~ (7, 0.0%)

1 が, が標準語, であったか, の姿, は一躍, を初め, を罵っ

▼ 万~ (7, 0.0%)

2 の二階 1 にあつまつた, の果物, の果物店, の次, をも思い出させ

▼ 万次郎~ (7, 0.0%)

2 の云う 1 で, であった, のため, の帰る, を誘い込ん

▼ 万民衆~ (7, 0.0%)

2 の総意 1 が足下, との比較, に含まれる, の不断, の絶対的要望

▼ 万葉学者~ (7, 0.0%)

1 からは貴様, が唱うる, になつ, に信ぜられ, のみである, の注意, は麦門冬

▼ 万~ (7, 0.0%)

2 の文章 1 って帰っ, によってそれ, によって往生, の力, を廃

▼ 万近く~ (7, 0.0%)

1 になっ, の建築費, の支那人, もあった, もあったらしい, もの金, も立った

▼ 万~ (7, 0.0%)

1 だの, と共に供養, などという言葉, に回向, の態度, の石塔, を慰める

▼ 万麻克~ (7, 0.0%)

1 おいて, すると, だと, である, の手金, やつて, を上さん

▼ 万だろう~ (6, 0.0%)

1 か, か五十万, がその, が憂い, が百万, とひそか

▼ 万ちかい~ (6, 0.0%)

1 人が, 人口が, 失業者を, 暮しむきだ, 未亡人で, 石数が

▼ 万として~ (6, 0.0%)

2 その五分の一 1 一戸が, 分割払い, 四百分の一である, 約八割

▼ 万なれ~ (6, 0.0%)

1 と唱え, どちと, どもわずか, ばこの, ば二千四百人, バ先ハこれまで

▼ 万ばかり~ (6, 0.0%)

1 おりましょう, かけて, 今夜中に, 投資し, 残して, 男子人口よりも

▼ 万まで~ (6, 0.0%)

1 すなわち七割五六分, のぼって, 出そう, 合計千二百万円であった, 往きますと, 行くの

▼ 万一千~ (6, 0.0%)

1 が城南含毬門方面, の悪魔, の童貞少女, は日本警備地区, へりそして, を超え

▼ 万七千メートル~ (6, 0.0%)

1 だ, なら気圧, になる, の成層圏, の高空, はなに一つ

▼ 万九千円~ (6, 0.0%)

1 の保証金, の金, ばかりになっ, も薬種問屋, を抱い, を握った

▼ 万人中~ (6, 0.0%)

3 の一人 1 いや千万人, で二人, の九千九百人

▼ 万人余~ (6, 0.0%)

1 であった, に及んだ, に減少, のクラブ員, の減少, の選挙人名簿記載

▼ 万余り~ (6, 0.0%)

1 お味方, だそう, のカトリック教徒, の或, の男女, の賄い

▼ 万光年~ (6, 0.0%)

1 あるの, である, といふ観念, に相当, の空間, の遠方

▼ 万六千~ (6, 0.0%)

1 である, というもの, と数えられる, の歩兵, は大, 焼けたり

▼ 万六千人~ (6, 0.0%)

1 がいま, が働いた, との比, にも達し, の, の署名

▼ 万単位~ (6, 0.0%)

1 ぐらいずつペニシリン, ずつうっ, で充分, と考え得る, にした, はいけ

▼ 万右衛門~ (6, 0.0%)

2 の化粧廻し 1 あり六尺有六寸, だけであり, という三人, とかいう小者

▼ 万~ (6, 0.0%)

1 すなわち地球, の向, の海域, もある, を航続, 余程沐雨

▼ 万~ (6, 0.0%)

3 と云う 1 と謀っ, の長男千太, 方の

▼ 万字楼~ (6, 0.0%)

2 の東雲 1 という大きな, のあたり, の店前, を動かない

▼ 万寿~ (6, 0.0%)

1 ですっかり, に行った, のかかってる, をひっぱっ, を五大院宗繁, を相模川

▼ 万~ (6, 0.0%)

1 というところ, の前, はなお, へ往こう, を思い捨て, 近く山仕事を

▼ 万~ (6, 0.0%)

1 というもの, に垂んとし, の山林, の柏木亭等, の被害地, も残し

▼ 万~ (6, 0.0%)

1 ぐらいの成績, の支出, までは立派, を予算, を掛, を算出

▼ 万~ (6, 0.0%)

1 なる佳作, なる物語, の大, の春, の浄土, の花片

▼ 万葉巻十六~ (6, 0.0%)

31 にも, の竹, は叙事詩

▼ 万~ (6, 0.0%)

1 が家, だの, のいった, の家, の言った, をそらんじ

▼ 万遺漏~ (6, 0.0%)

2 のない 1 なきこと, なく夜明け, なく整え, なしと

▼ 万間違い~ (6, 0.0%)

2 はない 1 ありません, ない, はあるまい, もございますまい

▼ 万霊塔~ (6, 0.0%)

1 か, が十二尋, が建っ, の類, を囲んだ, を据えつけた

▼ 万養寺~ (6, 0.0%)

1 です, に隠れ, の住職, の前, の寺男, の親父

▼ 万あるいは~ (5, 0.0%)

2 数千年間の 1 一八万スタディア, 三万キロメートル, 十万の

▼ 万ぐらい~ (5, 0.0%)

1 お願いしなけれ, なら融通, 軽く持たせ, 都合し, 雲霞の

▼ 万ぐらいの~ (5, 0.0%)

1 その辺, ものである, 損害じゃ, 真価を, 細菌が

▼ 万とも数~ (5, 0.0%)

1 の知れぬ, 知れぬ, 知れぬ蓮華草, 知れぬ見物人, 知れぬ負傷者

▼ 万ながら~ (5, 0.0%)

1 兵馬としては, 是非に, 最寄りの, 私が, 私たちには

▼ 万カロリー~ (5, 0.0%)

1 あれば, だ, だけずつのエネルギー, と申され, を使用

▼ 万一そう~ (5, 0.0%)

2 とすれ 1 であっても, でないかも, でなかったとしても

▼ 万七兄哥~ (5, 0.0%)

1 か清吉, などに縛られる, の右, の家, の縄張

▼ 万七千石~ (5, 0.0%)

1 それで政治, の一侯伯, の所領, の鍋島様, を領する

▼ 万世橋~ (5, 0.0%)

1 が, と叫び, を左, を渡っ, を眼

▼ 万九千トン~ (5, 0.0%)

2 の巨艦 1 というでかい, の不, の巨船

▼ 万二千両~ (5, 0.0%)

1 です, ですから, とは大きい, の金, 程に及んだだらう

▼ 万二千尺~ (5, 0.0%)

1 ありというも, ですから, の地点, の富士, の富士山

▼ 万二千石~ (5, 0.0%)

1 という大名, の城下, の大名, の館主, を領

▼ 万五六千~ (5, 0.0%)

1 から乃至, の一陣営, の僧侶, の僧侶中それ, はかぞえられる

▼ 万五千フラン~ (5, 0.0%)

1 でも出した, の定収入, の手当, ばかりの収入きり, ほどにはなった

▼ 万五千坪~ (5, 0.0%)

1 でございますこれ, で中野, の地, は即ち, を反歩

▼ 万五千浬~ (5, 0.0%)

1 しか航海, というすばらしい, は大丈夫, 走ること, 走る力

▼ 万人力~ (5, 0.0%)

1 だ, だと, と仰せ, にぞんじまする, にちがい

▼ 万以下~ (5, 0.0%)

1 ではない, ということ, となる, に減じた, の資本

▼ 万余名~ (5, 0.0%)

1 という浦上切支丹, の大, の提灯行列, はその, もの日本人

▼ 万余坪~ (5, 0.0%)

1 で前掲, となり, の境内, の大, の邸宅

▼ 万六千日~ (5, 0.0%)

1 だと, である, で半, に浅草, の賽日

▼ 万~ (5, 0.0%)

1 あるいはおそらくは, か繰返す, でも十, という経験, の超

▼ 万尺以上~ (5, 0.0%)

1 の霊峰, の高, の高山, の高峰, もある

▼ 万~ (5, 0.0%)

1 か二十万尾, とか沼, にしか過ぎない, はいる, 既に釣り尽くした

▼ 万已む~ (5, 0.0%)

3 を得ざる 1 を得ない, を得なくなる

▼ 万平方キロ~ (5, 0.0%)

2 の大洋 1 で現在, の中, の土地

▼ 万年以上~ (5, 0.0%)

1 たって, には遡れない, の太古, の昔, 多分一億年

▼ 万年昔~ (5, 0.0%)

2 の海 1 に後退, のもの, までの流星

▼ 万年松~ (5, 0.0%)

1 の類, は別, は紫花, を万年草, 之説

▼ 万~ (5, 0.0%)

2 けない, のう 1 のうは御座る

▼ 万~ (5, 0.0%)

1 なぞで, に短篇, の中内, の外, の歌

▼ 万~ (5, 0.0%)

1 から四五丁位, で土地, の暁, の階上, へ行く

▼ 万歳万歳~ (5, 0.0%)

1 だ万歳, って, ってやつ, と言, またたいそう

▼ 万治三年~ (5, 0.0%)

1 に入っ, に綱宗, の二度目, の頃, へかけ

▼ 万~ (5, 0.0%)

1 の中, の吠え, の実, ウロウロし, 亦実

▼ 万犬実~ (5, 0.0%)

4 を伝うる 1 を伝う

▼ 万石以下~ (5, 0.0%)

2 の大名 1 だ, の士, の殿様

▼ 万~ (5, 0.0%)

2 を得た 1 は現代, を得ました, 減るの

▼ 万華寺~ (5, 0.0%)

1 というの, にいた, の住職, の納所, の関係

▼ 万鉄五郎~ (5, 0.0%)

1 のいへる, のところ, の所謂, また多数, を中心

▼ 万~ (5, 0.0%)

1 の大, の跳, の驟馳, はいななき, を与え

▼ 万ずつ~ (4, 0.0%)

1 でとって, 二度に, 借りて, 頼んで

▼ 万その~ (4, 0.0%)

1 ほかおびただしい, 五万を, 半分を, 数は

▼ 万だけ~ (4, 0.0%)

1 やって, 下落し, 多い, 減少する

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 かい大, かい寄せ手, やによつ, やア替玉

▼ 万であり~ (4, 0.0%)

1 かつある, その純, また温泉, 当事者以外は

▼ 万ばかりの~ (4, 0.0%)

1 借財が, 町が, 神社も, 金で

▼ 万やむを得ず~ (4, 0.0%)

1 一室に, 外の, 娘を, 心中的に

▼ 万やむを得ぬ~ (4, 0.0%)

2 場合は 1 事情から, 重い苦笑

▼ 万エーカー~ (4, 0.0%)

1 とかいいました, とか何十万エーカー, の彼, の緑林

▼ 万タアレル~ (4, 0.0%)

1 の見料, も取れる, 出すと, 取れるかも

▼ 万トン以上~ (4, 0.0%)

1 のモーター, の主力艦, の巨船, の軍艦

▼ 万マイル~ (4, 0.0%)

1 の, のうえ, の道, を八分間

▼ 万一手~ (4, 0.0%)

2 をつける 1 にあまる, に余れ

▼ 万七千人~ (4, 0.0%)

1 という数字, の会員, の家, をいれる

▼ 万万歳~ (4, 0.0%)

2 を祝願 1 の国, を祈る

▼ 万~ (4, 0.0%)

2 の一 1 という完璧, に一

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 にまで, の姿, はことし元服, を一室

▼ 万二百万~ (4, 0.0%)

1 と見る見る, の軍兵, の金, 挙げて

▼ 万五千ドル~ (4, 0.0%)

1 でアメリカ, にて買収, の懸賞, を与える

▼ 万五千磅~ (4, 0.0%)

1 の金, は薩摩, を要求, 即ち我が

▼ 万人位~ (4, 0.0%)

1 あるけれども, となっ, のもの, の由

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 の不尽, の峰頭, の深き, の絶壁

▼ 万何千万~ (4, 0.0%)

1 とも知れない, と無数, の人々, を相手

▼ 万余円~ (4, 0.0%)

1 というもの, のうち, の大, の損害

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 であったに, の数, もそれ以上, を献じ

▼ 万兩分限~ (4, 0.0%)

1 だか, の俵屋, の息子, の隱居所

▼ 万八楼~ (4, 0.0%)

1 で催した, で開かれた, の小, へ行った

▼ 万六千尺~ (4, 0.0%)

1 から三万尺, という地球, の漂石, の高地

▼ 万円余~ (4, 0.0%)

1 の予算, の現金, を取りこん, を携帯

▼ 万円入~ (4, 0.0%)

3 のトランク 1 の大

▼ 万千子~ (4, 0.0%)

1 がプラツトフオーム, は, は兄, を手荒

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 の顔, は得, も越え, も通る

▼ 万同胞~ (4, 0.0%)

1 がこれ, の信念, の共有, の総意

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 のヒマラヤ, の深海, も積み上っ, を超え

▼ 万四五千~ (4, 0.0%)

1 にすぎない, の僧侶, の兵馬, はある

▼ 万四千七百円~ (4, 0.0%)

1 だすという, なんてこと, の品物, の請求

▼ 万四千人~ (4, 0.0%)

1 ありかりに, として正徳, にも上っ, の勤労者

▼ 万四千弗~ (4, 0.0%)

1 ずつを納める, とか払つたつて, の年金, もお

▼ 万四千石~ (4, 0.0%)

1 が大切, が飛び出す, とやらのその, は惜しい

▼ 万安渓~ (4, 0.0%)

1 というやや, の一泉, はここ, へ行っ

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 の煙, の翠, の重畳, をサッサ

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 に囲まれ, の上, は皆眼下, を攀づる

▼ 万年以前~ (4, 0.0%)

1 いまだ猿, にも檀那, にゴリラ, に始められたる

▼ 万年寺~ (4, 0.0%)

2 の伯父 1 の祐堂, を逃げ出した

▼ 万年平番士~ (4, 0.0%)

1 だが, の大迫玄蕃, の玄蕃殿, も才

▼ 万年来~ (4, 0.0%)

1 の人間, の暑, の荒んだ, 受けて

▼ 万年町~ (4, 0.0%)

1 のお, のお嬢さん, の岡本政七, ほどで

▼ 万年間~ (4, 0.0%)

1 に一ぴき, に降った, のピルグリメエジ, の記録

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 奮発なすっ, 尤もに, 注進の, 送りする

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 が互, が備わっ, の集まる, を映す

▼ 万戸侯~ (4, 0.0%)

2 に封じ 1 という大身, をも辞せし

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 が前, はうろたえた, はやって来た, は追いかけた

▼ 万更無理~ (4, 0.0%)

3 では 1 はなかっ

▼ 万枚以上~ (4, 0.0%)

1 のレコード, の雪, は確か, もたまっ

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 に接した, の朝政, も飛ん, ヲ関白シ

▼ 万法以下~ (4, 0.0%)

1 のこと, のもの二十七人, のもの二十八人, のもの八人

▼ 万理小路~ (4, 0.0%)

1 の耳, の脚下, は役者, は眼

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 の波, の波丘, の濤, 敷きでありて

▼ 万~ (4, 0.0%)

2 の前 1 の公認, の見る

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 が夭, が歿, である, の五人

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 とかいう評判, に一羽, のロッペン鳥, も羽ばたい

▼ 万葉以外~ (4, 0.0%)

2 に一風 1 に一派, の歌

▼ 万葉調~ (4, 0.0%)

1 として受けとられる, なりというこ, によせ, の歌

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 であったが, に処世, は見, を整え

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 が崖, に一軒一朱, の商売, の家

▼ 万遍雲文寺~ (4, 0.0%)

2 のかた, をはじめ

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 です, でも取引, という代物, を捨つる

▼ 万~ (4, 0.0%)

1 の星, の珠, の零玉細珠, の黄玉

▼ 万養軒~ (4, 0.0%)

1 という洋食屋, のある, の処, の筋向うあたり

▼ 万あれ~ (3, 0.0%)

1 ばある, ば十万円, ば君

▼ 万いくら~ (3, 0.0%)

1 かになっ, であるから, ですつて

▼ 万ぐらいずつ~ (3, 0.0%)

2 死んで 1 与えて

▼ 万さんお前~ (3, 0.0%)

1 はどつち, もどえらい, も酔ッ

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の族, の物, をあたし

▼ 万そろえ~ (3, 0.0%)

1 ておく, てくる, て下さい

▼ 万だった~ (3, 0.0%)

1 とも一万五千, ね, よお前

▼ 万でござる~ (3, 0.0%)

1 のう, ゆえ大坂上陸は, 奇怪

▼ 万なと~ (3, 0.0%)

1 いまいましが, いまいましがっ, 語つて

▼ 万には~ (3, 0.0%)

1 なりません, なるだろう, 過ぎざらん

▼ 万ほどの~ (3, 0.0%)

1 ヘソクリを, 不案内な, 人間が

▼ 万または~ (3, 0.0%)

1 一千五百万を, 五百万の, 八〇万クヲタアを

▼ 万まちがい~ (3, 0.0%)

1 ないでしょう, ないはず, はない

▼ 万やむを得ない~ (3, 0.0%)

2 話で 1 事情に

▼ 万より~ (3, 0.0%)

1 はるか以上と, 五千万に, 凹むこと

▼ 万キログラム~ (3, 0.0%)

2 の重 1

▼ 万キロワット時~ (3, 0.0%)

1 と計画, の電力, の電力増加

▼ 万クローネ~ (3, 0.0%)

1 から一億クローネ近く, という大金, ばかり頂戴

▼ 万タン~ (3, 0.0%)

1 であり従って, の不足, の輸入

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 と負ける, も負け, 負けるの

▼ 万ペソ~ (3, 0.0%)

1 か, という契約金, と言っ

▼ 万リーヴル~ (3, 0.0%)

1 だった, のいい, の年金

▼ 万一事~ (3, 0.0%)

2 ある場合 1 が露

▼ 万一千ルーブル~ (3, 0.0%)

2 で買う 1 で頑張っ

▼ 万一父~ (3, 0.0%)

2 が容易 1 の身の上

▼ 万七千余人~ (3, 0.0%)

1 といわれた, の人民, の総代

▼ 万三千七百フィート~ (3, 0.0%)

1 あって, のマウナ・ケア, の山頂

▼ 万三千三百三十三~ (3, 0.0%)

1 あるの, であるという, の松

▼ 万三千余~ (3, 0.0%)

1 であったと, の人口, は流れ

▼ 万三千尺~ (3, 0.0%)

1 あらうとも, のユングリングリラ, 近い見当

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 のたのしみ, の傑作, の満足

▼ 万九千~ (3, 0.0%)

1 だが, の人たち, まであげ

▼ 万二千トン~ (3, 0.0%)

1 そのうち八百三十万トン, にし, の重

▼ 万二千五百円~ (3, 0.0%)

1 である, なり, になりました

▼ 万二千余~ (3, 0.0%)

1 あると, の兵, を二つ

▼ 万二千六百円~ (3, 0.0%)

1 と言え, 貰った, 買えば

▼ 万二千枚~ (3, 0.0%)

2 ともなれ 1 の長篇小説

▼ 万五千ルーブル~ (3, 0.0%)

1 からの金, で何, という訳

▼ 万五千尺~ (3, 0.0%)

1 になる, の家, の高

▼ 万五千法~ (3, 0.0%)

1 か, の救済費, は衣裳

▼ 万五郎~ (3, 0.0%)

1 が二人, ならば, のともがら

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 で旧知, に会同, の二階

▼ 万亭応賀~ (3, 0.0%)

1 の作, の釈迦八相記, は

▼ 万人これ~ (3, 0.0%)

1 に仏領各地, に和し, を認める

▼ 万人むき~ (3, 0.0%)

1 で特に, の休養地, の解析概論

▼ 万人堂~ (3, 0.0%)

2 の杉 1

▼ 万何千人~ (3, 0.0%)

1 とか, とかの人, はソヴェト国内

▼ 万何百万~ (3, 0.0%)

1 という人間, とまとまった, の日本

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の図, の踊歌, は家

▼ 万八千メートル~ (3, 0.0%)

1 に達した, のところ, の場所

▼ 万八千余人~ (3, 0.0%)

1 と註せられる, の多き, は婦人労働者

▼ 万六百円~ (3, 0.0%)

1 のお, は涼しい, ばかりの勘定

▼ 万円これ~ (3, 0.0%)

1 が三万円, が十万円, を一万何千部

▼ 万円の~ (3, 0.0%)

3 もあり

▼ 万円余り~ (3, 0.0%)

1 で税金, の費用, の軍艦旗調製資金

▼ 万円持参~ (3, 0.0%)

1 せえ, であの, で押し付け

▼ 万円損~ (3, 0.0%)

1 したから, したり, をすれ

▼ 万分ノ一~ (3, 0.0%)

1 の地図, の大, 持つて

▼ 万分一地形図~ (3, 0.0%)

1 などであろう, はいつも, を一枚一枚

▼ 万前後~ (3, 0.0%)

1 と見, にはなっ, の人員

▼ 万割る~ (3, 0.0%)

3 ことの

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 にも遇, の長い, を経

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 と書きます, の大衆, 不遑応接

▼ 万四千フィート~ (3, 0.0%)

1 あり富士山, のところ, まで棲む

▼ 万地獄~ (3, 0.0%)

1 お糸地獄, じゃ, は愚か

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の残つて, の遊女人形, も気に入った

▼ 万増加~ (3, 0.0%)

1 したと, には三年一ヵ月, には僅か

▼ 万奈落~ (3, 0.0%)

2 の底 1 の涯

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 といふうち, へ行く, を期し

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の, の上, の棟

▼ 万年寝床~ (3, 0.0%)

1 にあぐら, の中, も敷き

▼ 万成座~ (3, 0.0%)

1 の万才, の五一郎, をのぞく

▼ 万数十万~ (3, 0.0%)

1 が左右, の読者, 最も多き

▼ 万数千~ (3, 0.0%)

1 あって, の俸給, の先鋒

▼ 万来舎~ (3, 0.0%)

1 では今, において福沢諭吉, は義塾

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 を植えた, 即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 投げ出されたという

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 と歩く, の地所, よりも幾層倍

▼ 万歳三唱~ (3, 0.0%)

1 して, し引返し宿泊せり, す

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 あり, という料理屋, の向側

▼ 万無数~ (3, 0.0%)

1 に重なり合った, の, の狂人

▼ 万燭光~ (3, 0.0%)

1 が十五円, ですが, とも譬え様

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の微小, も発射, を大連

▼ 万相渓~ (3, 0.0%)

1 で駕籠, の水, までは山駕籠

▼ 万石三千万円~ (3, 0.0%)

3 の割合

▼ 万石並~ (3, 0.0%)

1 にそれぞれふところ工合, に五十万石, の失費

▼ 万石位~ (3, 0.0%)

1 のお, の味わい, の小

▼ 万石余~ (3, 0.0%)

1 このうち藩士, に及んだ, に過ぎずし

▼ 万石十万石~ (3, 0.0%)

2 の大名 1 は十万石

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の昔, は壱万円, も淑雅

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 という橙, の方, の橙

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 しかとどかない, の高空, もの上空

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の海上, の速度, ばかりある

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 と申し伝え, と申し伝へ, は門前

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 の人間的, の支持, の科学性

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 がらんまん, てふ, とや申し

▼ 万葉ぶり~ (3, 0.0%)

1 が一度, の初期, の消え

▼ 万葉人~ (3, 0.0%)

1 などの夢, の世, 或は其以前

▼ 万葉以前~ (3, 0.0%)

2 の女性 1 の古調

▼ 万葉以来~ (3, 0.0%)

1 の詩, 実朝以来, 新古今以来

▼ 万葉巻一~ (3, 0.0%)

1 のアミノウラ, の人麻呂, の夫帝

▼ 万葉巻十四~ (3, 0.0%)

2 に出た 1 であるので

▼ 万葉歌~ (3, 0.0%)

2 の山ヂサ 1 とは関係

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 仙千代の, 仙千代まで, 仙千代様なども

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 に伝へ, 一遇の, 集

▼ 万~ (3, 0.0%)

2 けない 1 ない事

▼ 万逸君~ (3, 0.0%)

1 はすごく, は名著, を思い出す

▼ 万部以上~ (3, 0.0%)

1 の必要, 売れた, 売れると

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 なる可, へだたってる空, 離れて

▼ 万里程~ (3, 0.0%)

1 なるべきか, もただ, もただ一条

▼ 万隆寺~ (3, 0.0%)

1 の僧, の役僧教重, の教重

▼ 万~ (3, 0.0%)

2 の歌 1 の奥書

▼ 万馬力~ (3, 0.0%)

1 くらいだった, の原子トラック, の電動機

▼ 万~ (3, 0.0%)

1 といふ仇名, に似, を一度

▼ 万あやまり~ (2, 0.0%)

1 がない, なきを

▼ 万いや~ (2, 0.0%)

1 東京だけでも, 百万円お

▼ 万いる~ (2, 0.0%)

1 と云っ, んだ

▼ 万かが~ (2, 0.0%)

1 それを, 束に

▼ 万かな~ (2, 0.0%)

1 いや四十万, なにしろたいした

▼ 万かを~ (2, 0.0%)

1 加算し, 数えるほどに

▼ 万ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 ぼくも, 右から

▼ 万ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 残るだらうと, 遠慮なくチョウダイ

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 も御用, を底

▼ 万さん今夜~ (2, 0.0%)

1 はあんた, は幾島さん

▼ 万しか~ (2, 0.0%)

1 いなかった, ない

▼ 万たび~ (2, 0.0%)

1 その角度, 言って

▼ 万だす~ (2, 0.0%)

1 かい, ぐらゐなら僕が

▼ 万だら並べた~ (2, 0.0%)

1 ところで, んで

▼ 万つぶ~ (2, 0.0%)

1 ずつあつめ, ひろえそう

▼ 万づ世~ (2, 0.0%)

2 の皇統

▼ 万であっ~ (2, 0.0%)

1 てそういう, てそれ

▼ 万でありません~ (2, 0.0%)

2

▼ 万でございます~ (2, 0.0%)

1 な, ね

▼ 万とかの~ (2, 0.0%)

1 生命を, 財産家だ

▼ 万どんと~ (2, 0.0%)

1 いふの, 呼ぶの

▼ 万なお~ (2, 0.0%)

1 健在なる, 義貞の

▼ 万なり~ (2, 0.0%)

1 と思え, 髪は

▼ 万に対する~ (2, 0.0%)

1 一の, 比例に

▼ 万ぬすむ~ (2, 0.0%)

1 のに, 同じぐらいの

▼ 万ばかりを~ (2, 0.0%)

1 得たの, 長崎の

▼ 万へは~ (2, 0.0%)

1 下落せずし, 行つた

▼ 万もうけた~ (2, 0.0%)

1 そうです, わけじゃ

▼ 万やむをえざる~ (2, 0.0%)

1 に出た, 場合には

▼ 万よし~ (2, 0.0%)

1 という寄席, 山元町の

▼ 万~ (2, 0.0%)

2 ーぶりニ達ス

▼ 万をも~ (2, 0.0%)

1 お金使っ, 失うの

▼ 万カウント~ (2, 0.0%)

2 のサマルスキー石

▼ 万ガ一~ (2, 0.0%)

2 の場合

▼ 万クラウン~ (2, 0.0%)

1 であって, に当る

▼ 万スタディア~ (2, 0.0%)

1 となっ, を得た

▼ 万トン級~ (2, 0.0%)

1 のロケット, の汽船

▼ 万トン輸入~ (2, 0.0%)

1 しようと, すること

▼ 万ナニガシ~ (2, 0.0%)

1 のムダ, の金

▼ 万フィート級~ (2, 0.0%)

1 の世界, の嶺

▼ 万ペセタ~ (2, 0.0%)

1 から三十万ペセタ, に上る

▼ 万マーク~ (2, 0.0%)

1 お呉れよ, でも手放さないだろう

▼ 万メートル以上~ (2, 0.0%)

1 の高空, は指度

▼ 万ルピー~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, をあなた

▼ 万一お嬢様~ (2, 0.0%)

2 を下さる

▼ 万一一人~ (2, 0.0%)

1 の共産党青年, の青年共産主義同盟員

▼ 万一億~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 万一六六九貫目~ (2, 0.0%)

1 にて平均一反歩, をもって一二二万九五〇八石

▼ 万一千石~ (2, 0.0%)

1 ずいぶん貧窮, をつぐ

▼ 万一命~ (2, 0.0%)

1 あれバ, が助かる

▼ 万一命令~ (2, 0.0%)

2 をきかなけれ

▼ 万一失敗~ (2, 0.0%)

1 した場合, せむか侯

▼ 万一己~ (2, 0.0%)

1 が承知, の足

▼ 万一樽~ (2, 0.0%)

1 もはや相, を買わせた

▼ 万一破損~ (2, 0.0%)

2 の弁償金

▼ 万一見~ (2, 0.0%)

1 咎められるよう, 失ひで

▼ 万七十五マイル~ (2, 0.0%)

1 をつつがなく, を踏尽

▼ 万七千余~ (2, 0.0%)

1 の兵, の大軍

▼ 万七千里~ (2, 0.0%)

1 だ, の速

▼ 万三十七石~ (2, 0.0%)

2 の城下

▼ 万三千三百三十三人三分の一~ (2, 0.0%)

1 につい, に増加

▼ 万三千五百句~ (2, 0.0%)

1 を一日一夜, を吐いた

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 冥の, 同意である

▼ 万世不朽~ (2, 0.0%)

1 の胸づくし鐘, の金言

▼ 万世紀~ (2, 0.0%)

1 はおろか, は愚か

▼ 万両皆んな~ (2, 0.0%)

1 さらって, やっちまえこいつ

▼ 万中尉~ (2, 0.0%)

1 が声, は兵員

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の句, は日

▼ 万九千五百匹~ (2, 0.0%)

2 の河童たち

▼ 万九千噸提供~ (2, 0.0%)

1 に応じた, の契約

▼ 万九千石~ (2, 0.0%)

1 に削減, の領主

▼ 万九百人~ (2, 0.0%)

1 の戦争協力者, の解放

▼ 万二十六人~ (2, 0.0%)

2 の僧侶

▼ 万二千ホグスヘッド~ (2, 0.0%)

1 が海外, の煙草

▼ 万二千三百七十五号~ (2, 0.0%)

1 さう, といふたつた

▼ 万二千八百八十六人~ (2, 0.0%)

2 とある

▼ 万二千年~ (2, 0.0%)

1 か, であります

▼ 万二千年昔~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 万五万~ (2, 0.0%)

1 と切っ, の献詠者

▼ 万五千キロメートル~ (2, 0.0%)

1 にしよう, に拡大

▼ 万五千フィート~ (2, 0.0%)

1 の上空, を越える

▼ 万五千ポンド~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, を支払うべき

▼ 万五千マルク~ (2, 0.0%)

1 の正金, を宛て

▼ 万五千ルピー~ (2, 0.0%)

1 では, の予算

▼ 万五千両~ (2, 0.0%)

1 に当る, の方

▼ 万五千人みんな責任~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 万五千以上~ (2, 0.0%)

1 の都市, は今

▼ 万五千余~ (2, 0.0%)

1 の兵, は均しく

▼ 万五千余巻~ (2, 0.0%)

2 が納め

▼ 万五千余騎~ (2, 0.0%)

1 をひきい, をひっさげ

▼ 万五千俵~ (2, 0.0%)

1 をも贈与, を発し

▼ 万五千四百坪~ (2, 0.0%)

1 になる, を今度

▼ 万五千首~ (2, 0.0%)

1 という尨大, はさ

▼ 万五君~ (2, 0.0%)

1 とでも恋愛, と恋愛

▼ 万人みな~ (2, 0.0%)

2 同じ位

▼ 万人ドイツ~ (2, 0.0%)

1 は六百万人, より九十万人

▼ 万人一様~ (2, 0.0%)

1 に一尺, に同じ

▼ 万人万様~ (2, 0.0%)

1 で結局, の思想

▼ 万人二万人~ (2, 0.0%)

2 に読まれた

▼ 万人平等~ (2, 0.0%)

1 に来ります, の上

▼ 万人生五十年~ (2, 0.0%)

2 過ぎても

▼ 万人誰~ (2, 0.0%)

1 しも一応, れも

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の谷, の高

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 かしらん, の石像

▼ 万体地蔵~ (2, 0.0%)

1 のこと, の一つ

▼ 万何千万両~ (2, 0.0%)

1 かの大財産, とも知れない

▼ 万何千万年~ (2, 0.0%)

1 かの長い, の後

▼ 万何千名~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 万何千年前~ (2, 0.0%)

2 とかがどう

▼ 万余宇~ (2, 0.0%)

2 が小半日

▼ 万余戸~ (2, 0.0%)

1 とひと口, 大地震

▼ 万使用~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 万~ (2, 0.0%)

2 の上表

▼ 万個〇・〇二五ミリグラム~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 万億人~ (2, 0.0%)

1 に一人, の希望

▼ 万億哩~ (2, 0.0%)

2 の天上

▼ 万億年~ (2, 0.0%)

1 くらいは現状, と見

▼ 万億那由~ (2, 0.0%)

1 他劫, 他由旬

▼ 万儲けた~ (2, 0.0%)

1 などと噂, んだ

▼ 万先生~ (2, 0.0%)

1 すっかり草津伊香保, の

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 主義から, 主義である

▼ 万八万~ (2, 0.0%)

1 の餓死人, は多

▼ 万八千メートルニ達セシトコロ~ (2, 0.0%)

2 突然轟音トトモニハゲシキ震動

▼ 万八千ルーブル~ (2, 0.0%)

1 のうち, を元手

▼ 万八千七百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 万八千九百十四トン~ (2, 0.0%)

1 という巨大船, の

▼ 万八千五百人~ (2, 0.0%)

1 の人, を擁し

▼ 万八千噸~ (2, 0.0%)

1 の大戦艦, もある

▼ 万八千坪~ (2, 0.0%)

1 の中, の御

▼ 万八千尺~ (2, 0.0%)

1 のカンチェンジュンガ, ほどの高地

▼ 万八千弗~ (2, 0.0%)

1 の金, を奪

▼ 万八千日~ (2, 0.0%)

1 といふの, の日

▼ 万八千里~ (2, 0.0%)

1 はおろか, を行く

▼ 万八千里海上~ (2, 0.0%)

2 に出で

▼ 万八樓~ (2, 0.0%)

1 で催した, の会

▼ 万六千フィート~ (2, 0.0%)

1 とすれ, のここ

▼ 万六千フラン~ (2, 0.0%)

1 まで値切った, を支払っ

▼ 万六千余~ (2, 0.0%)

1 で先陣, と会衆十三万余人

▼ 万六千年~ (2, 0.0%)

2 を要する

▼ 万六千石浅野様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 万内外~ (2, 0.0%)

1 の人数, の印刷

▼ 万円あと~ (2, 0.0%)

1 から二百万円, は二千五百円

▼ 万円あまり~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 万円一年~ (2, 0.0%)

1 に一万円, の機密費

▼ 万円二〇〇万円~ (2, 0.0%)

1 の手切れ金, もつくる

▼ 万円何百万円~ (2, 0.0%)

1 という高価, にのぼった

▼ 万円内外~ (2, 0.0%)

1 の物, は損失

▼ 万円前後~ (2, 0.0%)

1 というところ, の費用

▼ 万円即金~ (2, 0.0%)

1 の残り月賦, を頑張る

▼ 万円問題~ (2, 0.0%)

1 とは別, を大阪方

▼ 万円寄付~ (2, 0.0%)

1 したので, して

▼ 万円払つた骨董~ (2, 0.0%)

2 が宅

▼ 万円拝借~ (2, 0.0%)

1 すること, できますれば

▼ 万円献金~ (2, 0.0%)

1 したという, して

▼ 万円私~ (2, 0.0%)

1 にちょうだい, の眼

▼ 万円要求~ (2, 0.0%)

1 にたいして六万円, ヲテッ回サセル約束シタラシイ

▼ 万円足らず~ (2, 0.0%)

1 であったと, で済む

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の鴉片, を焼き

▼ 万分の一秒~ (2, 0.0%)

1 くらいまで解析, で火花

▼ 万分の一程度~ (2, 0.0%)

1 であって, という恐ろしく

▼ 万分ノ一地図~ (2, 0.0%)

1 で探し出す, を見

▼ 万分一予察図~ (2, 0.0%)

1 にも明記, もまた

▼ 万分一五万分一~ (2, 0.0%)

2 或は二十万分一

▼ 万分一詳図~ (2, 0.0%)

1 の日光図幅, はいまだ

▼ 万劫経~ (2, 0.0%)

2 たる海亀

▼ 万千万年千五百~ (2, 0.0%)

2 の万年

▼ 万千九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 万口一斉~ (2, 0.0%)

2 に歎賞

▼ 万味方~ (2, 0.0%)

1 は二三千, は五百余人

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 を期し, を期した

▼ 万喜頼春~ (2, 0.0%)

1 の家中, は里見一族

▼ 万噸二万噸~ (2, 0.0%)

1 の大き, の船

▼ 万噸以上~ (2, 0.0%)

1 の積荷, の船

▼ 万噸巡洋艦~ (2, 0.0%)

1 でも追, はグングン

▼ 万四十万~ (2, 0.0%)

1 と檻, の申込み

▼ 万四千七百六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 万四千円~ (2, 0.0%)

1 の正札, 飲んだか

▼ 万四千尺~ (2, 0.0%)

1 が一万六千尺以上, の高地

▼ 万四千米~ (2, 0.0%)

1 は来, ばかりも喰い

▼ 万四郎~ (2, 0.0%)

1 などといふもの, は馬鹿

▼ 万国有史以来~ (2, 0.0%)

2 の厳密

▼ 万坪あまり~ (2, 0.0%)

1 の埋, の敷地

▼ 万坪買収~ (2, 0.0%)

1 の一件, は金

▼ 万夫婦~ (2, 0.0%)

1 は吃驚, は思わず

▼ 万~ (2, 0.0%)

2 悉く起る

▼ 万姉川~ (2, 0.0%)

2 に来りし

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の主, を弄ぶ

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 がある, の腹

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 に通ずる, に関係

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 に通ずる, の垢

▼ 万家族~ (2, 0.0%)

1 であった, に達した

▼ 万寿丸~ (2, 0.0%)

1 はその, は雪

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 ですから, の異様

▼ 万平方メートル~ (2, 0.0%)

1 ぐらいある, もある

▼ 万年ぐらゐ前~ (2, 0.0%)

1 にできた, のくるみ

▼ 万年一等兵~ (2, 0.0%)

1 が岡田, であった

▼ 万年位~ (2, 0.0%)

1 にはなるであろう, 経ったあと

▼ 万年何億年~ (2, 0.0%)

1 の後, 待っても

▼ 万年光~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 万年助教授~ (2, 0.0%)

1 ですよ, で一生

▼ 万年動ぐなと~ (2, 0.0%)

2 祈り定

▼ 万年千五百~ (2, 0.0%)

2 の万年

▼ 万年壺~ (2, 0.0%)

1 といっ, を土

▼ 万年大学生~ (2, 0.0%)

2

▼ 万年姥~ (2, 0.0%)

1 が某, 諸眷属

▼ 万年娘~ (2, 0.0%)

1 で暮らし, といふかも知れぬ

▼ 万年屋夫婦~ (2, 0.0%)

1 のほか, は白

▼ 万年年金~ (2, 0.0%)

1 に値, を受けた

▼ 万年漬~ (2, 0.0%)

2 を食った

▼ 万年芝~ (2, 0.0%)

2 の一瞥

▼ 万年若衆~ (2, 0.0%)

1 と江戸, は役者

▼ 万年薬局生~ (2, 0.0%)

2 の金井

▼ 万年貝~ (2, 0.0%)

1 といい, と名

▼ 万年足らず~ (2, 0.0%)

1 の程度, の間

▼ 万年門弟たち~ (2, 0.0%)

1 が, が逃げ去った

▼ 万年青年~ (2, 0.0%)

1 であり得るでしょう, のおも

▼ 万幾十万~ (2, 0.0%)

1 という人, という句

▼ 万幾百万~ (2, 0.0%)

1 その数, の電線

▼ 万度燈~ (2, 0.0%)

1 には雪, は御

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 か, が七百十万余

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の無念, を託され

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の源, の種

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 を抱い, 初めて到った

▼ 万戦死者~ (2, 0.0%)

1 がある, を犬死

▼ 万戸以上~ (2, 0.0%)

1 の住民, の町屋

▼ 万戸衣~ (2, 0.0%)

2 を擣

▼ 万振動~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの超, ぐらいの音

▼ 万数千トン~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 万数千人~ (2, 0.0%)

1 の弔魂祭, の被

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 と与, を尽したら

▼ 万方マイル~ (2, 0.0%)

1 の大, はイギリス領

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 であり乾坤, 得て

▼ 万更嘘~ (2, 0.0%)

1 でもなかつたらしい, ばかりで

▼ 万更法螺~ (2, 0.0%)

1 でもな, でもなく

▼ 万有余~ (2, 0.0%)

1 の大軍, の失業者

▼ 万有難う~ (2, 0.0%)

2 親子の

▼ 万朝報社~ (2, 0.0%)

1 に在籍, の社員

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の大, まで此

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 ともなき, の銀蛇

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 に値する, に尽きる

▼ 万松亭~ (2, 0.0%)

1 という汀, と言

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 と祈り上げ, にし

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 のいろ, を一望

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 で両方, も出る

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, の方

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 がいかなる, の数十キロ

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 でございますな, を経

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 が狩り, までの世

▼ 万治二年~ (2, 0.0%)

1 と云, に生れ

▼ 万法一~ (2, 0.0%)

2 に帰す

▼ 万法以上~ (2, 0.0%)

1 のもの七人, も勝ち越し

▼ 万法勝ち~ (2, 0.0%)

1 あげて, あげモンテ・カルロ海浜倶楽部

▼ 万減少~ (2, 0.0%)

1 したと, すること

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 告, 土

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 で十九浬半, の電燈

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 と数, の黄金

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 に秀でたる, の君

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 ちょっといつもの, の簾

▼ 万理一空~ (2, 0.0%)

1 に入れ, も柳生流

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 の優良ボーキサイト, の爆弾

▼ 万町以上~ (2, 0.0%)

1 ある被害区域, の新規

▼ 万町歩あまり~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 万畳敷~ (2, 0.0%)

1 とでも云つて, とでも言

▼ 万百万千万年千五百~ (2, 0.0%)

2 の万年

▼ 万盛庵~ (2, 0.0%)

1 は蕎麦屋, は藪系統

▼ 万石あまり~ (2, 0.0%)

1 のところ, の小

▼ 万石それ~ (2, 0.0%)

1 に幕府, に廃物

▼ 万石佐々成政~ (2, 0.0%)

2 が五十万石

▼ 万石兵数~ (2, 0.0%)

1 約一万, 約一万六千

▼ 万石加賀様~ (2, 0.0%)

1 だけは別, の御

▼ 万石板倉周防守~ (2, 0.0%)

2 の藩中

▼ 万石細川侯~ (2, 0.0%)

2 の行列

▼ 万碧楼~ (2, 0.0%)

1 では喰逃げ, に届け

▼ 万祝衣~ (2, 0.0%)

1 きた大, の爺

▼ 万秀吉~ (2, 0.0%)

2 はかう

▼ 万筋千筋百筋気~ (2, 0.0%)

2 は乱

▼ 万米以上~ (2, 0.0%)

1 のこと, の高空

▼ 万粒二十万粒~ (2, 0.0%)

1 とはケチ, 積み重ねたつて

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 かの若い, の茶碗

▼ 万翠楼~ (2, 0.0%)

1 だ, の姉娘

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 がそろわなく, をそろえよう

▼ 万聖節~ (2, 0.0%)

1 に行われる, の日

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 にし, をみ

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 ことごとく堪能, に達しる

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 をしのび, を冒し

▼ 万英里~ (2, 0.0%)

1 に及び, の版図

▼ 万茶屋~ (2, 0.0%)

2 がむかし

▼ 万葉びと~ (2, 0.0%)

1 の空想, の素朴

▼ 万葉中~ (2, 0.0%)

1 の佶屈, の或

▼ 万葉以後~ (2, 0.0%)

1 においてしかも, 或は

▼ 万葉古今~ (2, 0.0%)

1 の時代, の語彙

▼ 万葉巻~ (2, 0.0%)

1 第一, 第二

▼ 万葉巻五~ (2, 0.0%)

1 の憶良, の近代的

▼ 万葉歌人~ (2, 0.0%)

1 のなお, の純情

▼ 万葉王朝時代~ (2, 0.0%)

1 の文化, の精神

▼ 万葉詩人~ (2, 0.0%)

1 の中, は之

▼ 万街道~ (2, 0.0%)

1 は四里, を上つて行

▼ 万言信長~ (2, 0.0%)

2 の大軍

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 すでに備われり, の妙

▼ 万記録~ (2, 0.0%)

1 の内容, は所謂風説

▼ 万豪和尚~ (2, 0.0%)

1 に救, より習

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 となれ, を作っ

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 ある, という投書

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 です, という大

▼ 万遍唱~ (2, 0.0%)

1 へつづけ, へ候事

▼ 万都合~ (2, 0.0%)

1 して, するから

▼ 万里子~ (2, 0.0%)

1 が薄気味わる, 忘れつおもしろく

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 と書い, の山

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 という夥しい, とぶっ

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 が陥没, が陥落

▼ 万~ (2, 0.0%)

1 だが, の石炭

▼ 万馬往来~ (2, 0.0%)

2 の古

▼ 万騎一統~ (2, 0.0%)

1 にとってもまた, の名

▼ 万騎旗本~ (2, 0.0%)

1 が本来, じゃ

▼ 万~ (2, 0.0%)

2 の集まる

▼ 万鳴り~ (2, 0.0%)

1 のあいきょう者, の伝六

▼ 万MC~ (2, 0.0%)

1 のところ, の怪放送

▼1* [2282件]

○三千八百四十回転をやる, 万○五百両というものハ, 万○千とか出た, 万、えんうん水司又市, 万、人の子, 万、年経りましき, 万、砲百三十一門軍旗五十五旒を失い, 万〇七百九十六人という統計, 万〇三百十一人非人二万三千四百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 万〇五五四円は生糸, 万〇五十八ドルになる, 万〇六六六方英里を失い, 万あたりもあれ, 万あった失業が, 万あるべきことで, 万あるまいと思う, 万あろうとも金, 万いや何億とある, 万いわゆるエタの, 万うようよして, 万おりまた文人, 万かけて底, 万かさないかな, 万かしてくれません, 万かずつに分け一番年下, 万かたがた多少ならず, 万かに殖えて, 万かもしれぬ人々, 万からになって, 万がにッこりする, 万がらみではなかっ, 万きょうだいの一人, 万くらゐの, 万くらいの財宝を, 万ぐらいかも知れねえな, 万ぐらいで結構だ, 万ぐらいな兵力が, 万ぐらゐだつたその町に墓, 万ぐらゐで臭い飯, 万ぐらゐなきやダメよとニヤニヤてんで, 万ぐらゐの捨て扶持, 万ぐらゐのお金ではどんなに, 万ぐらゐは失つてをる, 万けしからんじゃない, 万こッちで, 万さすがにどの, 万さりながら正, 万さんあんたは早く, 万さんお前さんに笑われる, 万さんお前加勢して, 万さん久しぶりでお前さん, 万さん今夜あんたすこし寝, 万さん先日ッからそう, 万さん平田さんの音信, 万さん御免よね, 万さん汽車には間, 万さん私しゃ忘れや, 万さん私しゃお前さんに頼みたい, 万さん西宮さんは今日, 万さん雨の漏り止め, 万ざら捨てたもん, 万て成った, 万しかし食うため, 万すじの着物, 万すなわち九〇〇〇〇を, 万ずつで二人が, 万ずつの人口を, 万ずつもふえて, 万ず依怙の, 万ず足らわぬ, 万ず過ぎゆく御心持, 万せしめたあの記事, 万せしめるに至った, 万い寄りたかって, 万そこそこの金, 万それがいま, 万そろえればいい, 万たたくんです, 万たらず残っていた, 万たるの理合, 万たん心懸け候わでは, 万だけでも殲滅し, 万だけは仮装の, 万だしや私, 万だしますから岩矢天狗, 万だのッて, 万ちかくに及ん, 万ちやんで二人番町, 万って金を, 万つづいて仲達, 万つらなる赤い旗, 万づつ与へて, 万づつ殖へて行く, 万づ四方つ神, 万づ祝ひのばさん, 万たいした人数, 万ていう仕事が, 万てえ処が, 万でありまして日本, 万であるならば彼ら, 万であろうがしかし, 万でしょうが, 万でなく二千五百万以下と, 万で通っていた, 万といったそうだ, 万とかいう相場が, 万とかになった時, 万としてもその八倍, 万とてもかなうべきはず, 万とに連盟の, 万とも号して, 万と共に磯浜に, 万どうにかなりますよ, 万どころか二千円だって, 万どまりにきま, 万どんと俺は厩, 万どん方の厩舎, 万なあるものが, 万ないにきまっ, 万なくちゃ死ん, 万なぞとは嘘, 万などというものを, 万なりとて当人, 万なるべきやこれ, 万なんの百万, 万な役立たずめという, 万について話を, 万につき三千二百九十の, 万にまで増えて, 万にもほどがある, 万にゃすこし足りない, 万に対し寺院七十カ寺を, 万に対してなされそして, 万ねえさんに悪い, 万のみでなく合, 万はあつてひと通りの, 万はもう大きな身, 万ばいもあるずう, 万ばかりとあるが, 万ばかりもあるであろう, 万ひかえ目にと, 万ひとりも戦わざる, 万ふんだくってやろう, 万ぷく丸どの, 万へではなく単に, 万べん頭を, 万ほどと鉱山を, 万っちじゃ, 万まずお休息, 万また次の, 万みな臣の志, 万みんなちがうん, 万もうかれば立派, 万もうけさせてもノミ, 万もっている, 万もの金が年々貧民, 万もらってもあきらめられない, 万もを犠牲に, 万やって下さい, 万やの五郎兵衛どんが, 万やむなく二つ本棚を, 万やむをえず漢字を, 万やむを得なければ屋敷, 万やむを得んことで, 万ろづの事皆な空, 万わが軍の, 万わずかそれだけの額, 万アルキメデスは三〇万スタディア, 万アールの散乱質, 万イギリス四百万日本四十七万であった, 万イヤ七八十万なんの, 万イヤ何百万円あるかな, 万エイカアの沃土, 万エーカー島の厚, 万オンスの銀持高, 万ガロンのガソリン, 万ガ一はかがゆかなかった, 万キロメートルづゝの遠ざかり, 万キロメートル以内のすべて, 万キロメートル位のところ, 万キロメートル外方です, 万キロワットの水力, 万キロ先のひろびろ, 万キロ地球赤道を五周, 万キロ爆薬は二十噸, 万ギニイを得る, 万シチリア第二, 万ズロオチイつまり二十万法を持っ, 万ソノ子にとられた, 万デシャチンの田地, 万デュカットの金銀, 万デュカツの金塊, 万トンよけいに採掘, 万トン外国から買え, 万トン巡洋艦が同じ, 万ドイツ六百万イギリス四百万日本四十七万であった, 万ドルもんだと, 万ドル三百五十万ドル十二億六千万円で買っ, 万ドル世界一のテナー, 万ドル中には百人, 万ドル以上もあった, 万ドル十二億六千万円で買っ, 万ドル合計七億ドルの支出計画, 万ドル映画だそういう, 万ドル行方不明となる, 万ドル陸軍建設局の予算, 万ニ付キ模範囚人苦心調製の七宝製, 万バカリ道ノ左右, 万ヒンヅ種の印度人, 万ビルのマネキン事務所, 万フィートあたりの石南花帯, 万フィート程度以上の場所, 万フィート級以上が立ちならぶ, 万フランスで六百万, 万フランス二千万英国は九百五十万, 万フラン今日は私, 万フラン以上を使っ, 万フラン余の費用, 万フラン余りのもの, 万フラン調達のため, 万フラン近く持ち越したという, 万フロリンを支出, 万ヘクターになるだろう, 万ヘクタールも現在, 万ヘクタール位であつ, 万ボルト以上のもの, 万ボルト程度のもの, 万ボルト阪大には六百万ボルト, 万ボンドかし, 万ポッチで刑務所, 万ポンと投げだし, 万ポンド以上の借金, 万ポンド公債で正式, 万ポンド英国所領地にある, 万ポンド邦貨換算四百七十八万余円のうち, 万マイル以上の旅, 万マイル余の紀行, 万マイル先へとどく, 万マイル足らずが六百万余, 万マルク千万マルクとなり, 万マルク百万マルク千万マルクとなり, 万メートル圏内へ入らない, 万ヤードに近い, 万ラインを圧し, 万リットルの水, 万リラも売れた, 万リートルざっと見, 万リーブルの年金, 万ルウブル以上に及ぶ, 万ルウベルを最近, 万ルピイを費やし, 万ルーブリ以上の予算, 万ン余騎の敵イ, 万ヴォルトの送電線, 万ヵ所かに出来た, 万ヵ条の法令, 万ヶ一ほんとうに仰有っ, 万一〇〇〇人に上る, 万一あっしが検挙, 万一お出かけになる, 万一お母さんが聞き, 万一ことによる, 万一これがほか, 万一さで自分, 万一さうだつたら俺, 万一どこかで出喰わす, 万一へんな評判, 万一わたしが負けたら, 万一ホイツスラアが頑固, 万一マルクス主義の内, 万一ミカンの実, 万一一方が敗け, 万一一歩ふみ出した場合, 万一三日のあいだ, 万一不縁になった, 万一不都合がありまし, 万一人ぐらいは百五十万, 万一人爵崇拝と宗旨変, 万一人間が声, 万一今回の試合, 万一他殺と露見, 万一余を豪傑, 万一修理が殿中, 万一兇器としても単に, 万一先方から軽はずみ, 万一其様なこと, 万一内より成就, 万一前後の所論, 万一労働者やルンペン, 万一千トンと称し, 万一千フィートを越え, 万一千フランで売られた, 万一千一百円で当地, 万一千七十三トンにし, 万一千九百四十七を擁し, 万一千五百三十四方マイルにし, 万一千五百四十六トンの巨船, 万一千五百尺程で, 万一千五百石だって, 万一千人からいます, 万一千余と聞い, 万一千余円を鋳造, 万一千円の高値, 万一千円也これは多, 万一千噸イキトス号は波, 万一千四百万または一千五百万, 万一千四百六十一人に比する, 万一千四百六尺のユンクフラウヨッホ, 万一千夜襲を屡々, 万一千室ありと, 万一千尺のヒマラヤ, 万一千平方キロメートルの坑道, 万一千戸とある, 万一千月たつと, 万一千磅に騰貴, 万一千頁を越える, 万一千首を含む, 万一博士の塗料, 万一口出しでもあっ, 万一大衆が文字, 万一天佑があっ, 万一奥さんか又, 万一女に振り向かれ, 万一妾をお, 万一存在したかも, 万一孤立するよう, 万一家に帰りつい, 万一宿に困る, 万一将来の実験, 万一差押えのやりくり, 万一年重陽の佳日, 万一幾分かの芸術的可能, 万一後にその, 万一後援会なるもの, 万一御用を喰っちまえ, 万一心こうと, 万一思い通りになったら, 万一感付かれたらカタナシ, 万一成就するとしても, 万一捕縛られでも, 万一敵艦江戸湾を扼する, 万一敵襲を受けた, 万一方法上の用具, 万一時首を回らし, 万一暴力を加える, 万一村の人畜, 万一橋番所の御, 万一此の人, 万一此儘になったら, 万一母を失う, 万一汽車が崖, 万一火星へつい, 万一爆破したらいかなる, 万一生きもや返る, 万一畳が濡れ, 万一療養相叶わずして, 万一発見された場合, 万一的が外れた, 万一約束を守らなかった, 万一職務上見のがすこと, 万一艇が破損, 万一落ちでもしたら, 万一虚偽があつ, 万一行ハれざれば, 万一術語が日常語, 万一見捨られた時, 万一許可を受けず, 万一謀計を為す, 万一身を売っ, 万一逃げ損じて, 万一運拙くし, 万一郷里に伴, 万一金銭上の関係, 万一間がわるくっ, 万一間違でもあっ, 万一間違いがある, 万一関係があった, 万一閣下がその, 万一障子が開く, 万一電話をかけなかったら, 万一首のなき, 万丁目へ屋根換え, 万七〇〇〇人に越え, 万七一言もありません, 万七五六八英里をもっ, 万七佐吉ガラッ八, 万七八千尺はあろう, 万七六〇〇英里なり, 万七冷笑気味な口吻, 万七千エーカーに過ぎませんでした, 万七千フロリンを儲け, 万七千ルーブルとを一緒, 万七千一号艇廻転楕円体ノ白雲内ニ, 万七千三十七円であって, 万七千三十両ござりまする, 万七千三百七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 万七千三百二十六人去年の九月一目, 万七千三百六マルクなり, 万七千九十六人となった, 万七千九百余両ところで此金, 万七千二百三十人なれば, 万七千二百三十八社を合併, 万七千二百六十呎という数字, 万七千二百十二呎と書い, 万七千五十八かなあ, 万七千五百九十三人とされ, 万七千人伊太利から八万人, 万七千人戦死の時, 万七千人海へ溺れ, 万七千余人すべてが殺され, 万七千余円あること, 万七千余騎を引率, 万七千八百〇二年の, 万七千八百余人舶長さ四十四丈広さ十八丈, 万七千六人の婦人党員, 万七千六百二十五人で百二十年間僅か, 万七千円これを美代子, 万七千名で三二年, 万七千名ばかり名ばかり七十, 万七千呎の山, 万七千哩の中, 万七千噸もある, 万七千四百二十一円信徒の寄付, 万七千四百五十八石三斗の力, 万七千四百石と唄, 万七千尺富士山の二倍, 万七千戦死した, 万七千戸あった, 万七千戸最後に一つ, 万七千百三十一語を書き込ん, 万七千石あまりの館主, 万七千石鍋島様の御, 万七千老若婦女を合せる, 万七千頓で米国通い, 万七千首を烏有, 万七君は気の毒, 万七百に増す, 万七百ヵ所で見る, 万七百二十七字の御, 万七百尺日本第二, 万七百軒にふえる, 万七見込みは, 万万歳僕たちはたとい, 万とか万蔵, 万三〇〇〇艘水夫五五万人を増さざるべからず, 万三〇万または八〇万クヲタア, 万三万五万十万の読者, 万三世一切仏諸尊菩薩摩薩, 万三九三二円にし, 万三二四六貫六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 万三千なかで渠, 万三千ドル死者四十名であったそう, 万三千フィート以上になる, 万三千ポンド以下とし, 万三千メートル以上となれ, 万三千ルーブリじゃなく, 万三千七百六十七番という由緒, 万三千七百町余に及ん, 万三千三百さるほどに爺, 万三千三百メートルの下水道, 万三千三百三十三本あり百尺以上, 万三千三百余というの, 万三千三百八十一メートル現政府, 万三千三百六十三人の青年同盟員, 万三千九百でしょう, 万三千九百五十石の藤堂和泉守高猷, 万三千九百石の代官, 万三千二番加藤主計頭清正以下二万二千三番黒田甲斐守長政以下一万一千更に四番, 万三千二百九十一人であったもの, 万三千五百五回ずつ平和, 万三千五百五日である, 万三千五百人で正徳, 万三千五百匹の鼠, 万三千五百尺位のもの, 万三千五百尺前後であろうから, 万三千五百斤の如意金箍棒, 万三千何百坪本邸の方, 万三千余人の心, 万三千余種八万巻の書冊, 万三千八百余口過ぐる所, 万三千八百十六切小判で四万九千五百両, 万三千八百石を賜わっ, 万三千六十七マイルにし, 万三千台の番号, 万三千名を入れる, 万三千呎の点, 万三千四個の霊場, 万三千四百フィートのところ, 万三千四百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 万三千四百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 万三千四百八十人皮作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 万三千四百四十七ポンドなり, 万三千尺富士の山, 万三千巻にのぼり, 万三千有馬忠郷の八千, 万三千町と報告, 万三千百戸までがことごとく, 万三千石内藤駿河守の家老, 万三千石松平伊賀守が旧, 万三千種の書目, 万三千粁を六糎, 万三四千人であったであろう, 万三百そのほか非人雑種, 万三百フィートのマッキンレイ, 万三百メートルとなっ, 万三百万の信徒, 万三百二人これまたいずれ, 万三百十一人非人の数, 万三百十一人非人二万三千四百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 万三百十一石六斗ほどに見積もり, 万上意によって討取る, 万上策でなかろうかと, 万上陸したから, 万不可能な時, 万不見識も亦, 万世それ吾れを, 万世ニハ及ボスベカラズ彼等ニシテ久シク留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 万世一系など, 万世暦年代暦こうも, 万世楼で安蘇郡, 万世無税家康湯の島へ入湯, 万世界第一, 万世界一切の諸仏, 万世百徳の大本, 万両あまりと定めた, 万両いや五万両は確か, 万両これを二百五十年賦, 万両そいつを数, 万両それを十層倍, 万両みなつかわそうかといった, 万両みんなか元, 万両みんな八郎兵衛どのにつかわす, 万両三億万両の富, 万両他に刀剣, 万両伝六太鼓がいっしょ, 万両何のその岩崎三井にも少々, 万両何千貫とも見当, 万両出セとのこと也, 万両分限佐野屋正兵衛が親身, 万両分限村越峰右衛門の家, 万両南天の実, 万両合計一四二一万両と推定, 万両地所や家作, 万両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 万両山分けでは少し, 万両日本中を敵, 万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 万両献金したら倍, 万両神のため, 万両米九千石の歳費, 万両緞子千匹を贈るであろう, 万両鐚一代の大望成就, 万両頂戴に参りました, 万両馬緞子などの品々, 万中一人も非, 万中僅かにその, 万中八十万は水上生活, 万中四十万猶太人, 万中庸を尚, 万中華民国は全国百二十局内外, 万主力はサボナ, 万の君, 万九一七五ドルなり, 万九五〇八石の成繭, 万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 万九千トン十六万馬力船の全長三百十三メートル, 万九千ドルとイタリー, 万九千フィートの高地, 万九千ポンドに増加, 万九千リラかかりました, 万九千七百九十キロという素晴らしい, 万九千三百六十一トンの, 万九千九十五人とあります, 万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 万九千九百九十九円九十九銭九厘の損害, 万九千九百九十九円九十九銭余の損害, 万九千九百九十九日九分九厘であります, 万九千二十メートル一八四八年の共和政府, 万九千二十三人の五分の一, 万九千五百両ということ, 万九千五百石を領する, 万九千人に至り, 万九千人土人一万八千人インド人および他, 万九千六十二人を数え, 万九千六百なにがし, 万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 万九千六百噸の大戦艦, 万九千六百四十四人という, 万九千匹の猫, 万九千呎の氷河, 万九千四百〇六人である, 万九千尺のエヴェレスト, 万九千百五十トンの主力艦, 万九千石毛利大膳大夫様でご, 万九百九十人といわれ, 万九百五十日計三十二石八斗五升, 万九百五十石とはばか, 万九百四点といふ結果, 万が泳ぎ, 万事事なかれ風, 万事大坂の方, 万事大騒動になりました, 万事始めのうち, 万事実に極楽世界, 万事物を云う, 万事物和らかに情け深き, 万事物穏かな初, 万事足る生活が, 万干八百四十呎, 万二〇〇〇人戦時においては一三八四万一〇〇〇人, 万二〇〇〇名の盲聾児, 万二〇二三町九反とす, 万二一九八町二反三畝歩なれば, 万二三千はほしい, 万二三千元売れると, 万二三千円であろう, 万二三千噸くらいもあったであろう, 万二三千石は鹵獲, 万二五〇三戸なれば, 万二公大同じく拝, 万二十万円なりその, 万二十五万と定まっ, 万二十五本の総, 万二千フィートのところ, 万二千ボルトの高圧, 万二千マイルの道, 万二千ルピーの懸賞金, 万二千ルーブル出すと, 万二千七百〇二人で二割八分強, 万二千七百五十人ありて, 万二千三百七十五号何だかい, 万二千三百余に及んだ, 万二千三百円也が寄附, 万二千三百尺であるが, 万二千二百二十二円七十二銭なりか, 万二千五百七十三という数, 万二千五百七十三人という夥しい, 万二千五百七十八戸が災, 万二千五百両であった, 万二千五百円以外に残念, 万二千五百四十九円なり, 万二千個といふところ, 万二千六百五十尺の高い, 万二千円契約があります, 万二千円所持して, 万二千円皿が八千円, 万二千冊それも釘, 万二千分って五軍, 万二千噸の, 万二千四百五十二人にも達し, 万二千四百十三社あり, 万二千四百石であったのに, 万二千尺弱ラサよりほとんど, 万二千平方粁の上, 万二千弗になる, 万二千戸より外, 万二千本ざっと三十万本, 万二千法を差引い, 万二千町歩に近い, 万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 万二千百余人そしてこれら不幸, 万二千百十一句ある, 万二千石江戸より百六里, 万二千票を集め, 万二千章あり羅摩泥, 万二千部発行と見積れ, 万二千里はなれた, 万二千錘を運転, 万二千頁以上になろう, 万二千馬力もの力, 万二千騎卒ありと, 万二市木公太書を貴, 万二年に二十四, 万二年五十三歳で, 万二百万選手ができる, 万二百余人屯田兵六百余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 万二百名全体へ一応, 万云えば一万みんな, 万五〇〇〇人の常備軍, 万五のからだ, 万五はさう云つて, 万五万ぐらゐ遠慮なくチョウダイ, 万五万十万の読者, 万五二九二斤の生糸, 万五六千人と見られた, 万五六千人歳によって多少, 万五六千円と踏ん, 万五六四六フィートなり, 万五千あまりで北部安南, 万五千これを五手, 万五千クロネであるから, 万五千トンのうち六一・九%, 万五千フィート以上の高, 万五千マイルにわたりほとんど, 万五千メートルあたりが成層圏, 万五千ルーブリ持ってるよう, 万五千七百六十元四六仙これが填補, 万五千三百あった, 万五千三百七十一方マイル, 万五千三百九十八人という数, 万五千三百人位だった, 万五千三百軒から八万七百軒, 万五千三百里今は空しく, 万五千両船の名, 万五千九百二十六匹あり, 万五千九百五十五人という少年少女, 万五千二百六十三棟僧侶の数七万六千五百六十人, 万五千二百石池田信濃守様の御, 万五千五百両でこれ, 万五千五百八十四号ヲ以テ勲等簿冊ニ記入ス, 万五千五百尺以上にある, 万五千人がたふれその, 万五千人位の僧侶, 万五千人余にしよう, 万五千人真田勢僅かに二千余人, 万五千以下の都市, 万五千余人が完全, 万五千余人三十代四十代となりまし, 万五千余名と推定, 万五千余騎十三段に分っ, 万五千個の宇宙線粒子, 万五千八百九十二人男女の割合, 万五千八百九十二法と六十サンチーム, 万五千六万と小刻み, 万五千六百十七円清潔法施行に依る, 万五千六百尺の雪峰, 万五千円ぐらゐに思ひがけ, 万五千円ポンと投げだす, 万五千円也のラジウム, 万五千円二十枚合計五十万円を陸海軍, 万五千円動産が七千円, 万五千円宛に計, 万五千円程度でよかっ, 万五千円薬代が三千円, 万五千円金利だけ損, 万五千分ノ一地図を卓いっぱい, 万五千名の聴衆, 万五千四万と号, 万五千学級が新設, 万五千尺以上もある, 万五千尺山も高い, 万五千巻に達する, 万五千平方キロであ, 万五千平方マイルのデンマーク, 万五千年ばかり前, 万五千弗の口, 万五千方里である, 万五千根を得べし, 万五千法百回で三百五十万法, 万五千浮田直家の隊, 万五千海里も附近一帯, 万五千町以上の地面, 万五千石三千万円という話, 万五千石成瀬殿のご, 万五千石松平淡路守清直の鉄砲洲十間町, 万五千磅取たと, 万五千磅時の相場, 万五千票をえた, 万五千粁の旅行, 万五千行の長い, 万五千足らずの漸, 万五千遍を唱え, 万五千部あると, 万五千里も走る, 万五千露里も引張っ, 万五千頭ニュージーランドから三百二十三万頭, 万五千首中にも多く類, 万五千馬匹千三百旌旗天を蔽い, 万五千麻克である, 万五四五四方英里あり, 万五百の図書館, 万五百メートル作った, 万五百四十二本の矢, 万五郎ただの林蔵, 万を籠め, 万京都の富豪たち, 万人ぐらゐ行列に加はる予想, 万人これらを合計, 万人すべて意識的無意識的にそれ, 万人そう思って, 万人それとは逆, 万人それらが今, 万人なみに大した, 万人みな涎を流し, 万人みな美食家であり得る, 万人アメリカ七百万人です, 万人イタリアより十万人, 万人ギリシア宗徒もまた, 万人シナの港, 万人ニ具ハリタル天性ニシテ人情ニ近ケレバ, 万人ロシアより十万人, 万人一人残らず死んだの, 万人一瞬にた, 万人三万人の群集, 万人中これに驚かぬ, 万人中前後数名に過ぎず, 万人中滅多に読まれない, 万人乗のもの, 万人人類のすべて, 万人以内とみ, 万人何十万人もいる, 万人共有のもの, 万人共産党の内, 万人共通的に作られ, 万人内外の選挙有権者, 万人円らかな愛, 万人前後に減り, 万人勤労婦人がいます, 万人北部派四億七千万人合計五億人なりと, 万人印刷したよう, 万人口は五万余, 万人各自の自覚, 万人合計五億人なりと, 万人同様でありながら, 万人同胞の意味, 万人向のもの, 万人向きの儀礼, 万人呉の国力, 万人嘆称の悪, 万人城北荻窪村には羽柴秀次, 万人城西水之尾附近には宇喜多秀家, 万人多数の人間, 万人失業者が出るであろう, 万人好きで好き, 万人安楽だ, 万人家工又商, 万人弱の中, 万人役で費用, 万人後藤大臣並びに夫人, 万人必要の知識, 万人必読の良書, 万人斉しくその, 万人日常よくよく, 万人日本三千五百ロシア数万の由, 万人春の桜, 万人智恵をし, 万人最低その三倍, 万人期待のマーシャル, 万人死せりとは大層, 万人民が発する, 万人渇仰の古都, 万人環視の曠, 万人申合せたよう, 万人町の者, 万人相ともに傷者, 万人神輿を囲繞, 万人秋田県下に一万五千人, 万人程度ということ, 万人竹橋ご門外, 万人綺麗だから, 万人総計四十五万人近くの百姓達, 万人署名が完了, 万人罷業の後押し, 万人英国およびスコットランド, 万人茶を嗜む, 万人虎を市, 万人衆目のある, 万人衆知の事実, 万人見当の都市, 万人計上して, 万人財貨では五百億ドル, 万人近く入学者は十万五千三百九十八人, 万人透明人間の大, 万人金策の苦労, 万人隊数二千百五十八隊ありと, 万人集まつて, 万人類社会の, 万人風流の話本, 万までのこと, 万付近ニ選ビ調整ノコト, 万代不易の宏大, 万以上五十万以下の資本, 万以上人口十万を越え, 万以上北門は六千, 万以上残つてゐるは, 万のうち, 万に贄, 万位のも一位の, 万体地蔵様にお参り, 万ぼも, 万何となく今の, 万何れも正規軍, 万何会は無量数万, 万何億クローネという世にも, 万何億何兆年とも, 万何億倍された恐ろしい, 万何億年が, 万何十万人の署名, 万何十万何百万とまとまった, 万何十万円今日して, 万何千トンかあった, 万何千万人の兄弟, 万何千何尺と何寸何分, 万何千何番目になる, 万何千何百に何千何百何十, 万何千何百何に何千何百何十, 万何千何百何十本と一本, 万何千何百里あるの, 万何千円二万何千円という大穴, 万何千回という, 万何千坪は拝借, 万何千日間の生活, 万何千枚を無傷, 万何千部かの本, 万何千騎の中軍, 万何把の藁束, 万何百万円の取引, 万余一兵ごとに一嚢, 万余人五十代も八十代, 万余人入学者は二万人近く, 万余人夫三十万といわれ, 万余人根井大弥太行親, 万余人燕軍大に敗れ, 万余人青森県下に十五万人, 万余人馬三千余匹を喪い, 万余兵はまったく, 万余円これにたいして百九十八万余円, 万余勢の総, 万余吉川元春のひきいる, 万余名死者八千五百名とありました, 万余塁を築き, 万余家の都市, 万余家行吟林典街頭月看酔智, 万余尺なるもの, 万余新旧両市街, 万余烏戈国を発し, 万余町の広, 万余石の高禄, 万余票を加え, 万余級尽く軍資器械, 万余船五百余艘で島, 万余通世界の各, 万余部を出し, 万余里鶏鳴狗吠白日も聞え, 万余金を御貸被, 万余金ハ品物ニて御, 万余首を資料, 万余騎ト聞エソノ勢逐日熾烈, 万余騎今日は西海, 万余騎朝倉孫三郎景健を主将, 万余騎源氏は約, 万余騎錦旗の兵, 万余黒焦げとなった, 万俗臭紛々難有味少しも, 万俵凶年には四十万俵, 万俵平均のところ, 万個移植したの, 万個程度に殖える, 万倍七二〇〇〇〇〇〇磅を生む, 万倍億倍にもなっ, 万倍貞女の手本, 万を償っ, 万傷者はこれ, 万は育つ, 万僕のが百十万, 万僧供養になるべし, 万億カロリーという熱量, 万億キロメートルであって, 万億万の死人中, 万億仏土を顕現, 万億以上の人間, 万億分の一の軽, 万億劫の地獄, 万億土にゆかなけれ, 万億阿僧祇の世界, 万儲かることに, 万元一般準備金から五万元, 万元事件は元, 万元以下じゃ見のがされん, 万元内火艇十元短挺四元, 万元和尚は毎日, 万元年頃定家四歳位のとき, 万元航空母艦に, 万元駆逐艦には一万元, 万兆哩でしょうが, 万先住の師, 万光飾が施, 万児童の精神文化, 万の金, 万兩分限村越峰右衞門の家, 万兩息子はつきりして, 万八〇〇〇ポンドの巨額, 万八ルーブリの税金, 万八七〇〇有余英里を得, 万八千これだけの軍勢, 万八千トンで一航海, 万八千ドルでロンドン, 万八千七百戸のうち, 万八千七社の御, 万八千丈とはいつ誰, 万八千三百六十八人を就職, 万八千両ばかりご, 万八千九百計二万二千四百十三社, 万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 万八千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 万八千九百六十二と, 万八千二十四ポンドユダヤ教に一千五十五ポンド, 万八千二百五十一人海より詣する, 万八千人インド人および他, 万八千余だ, 万八千余ポンドでそのうち, 万八千余人人馬相蹂み刀戟相, 万八千余挺土居四千三百余駄の木租, 万八千個に及ぶ, 万八千八百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 万八千八百八十八と御, 万八千八百八十本の毛髪, 万八千八百石の城主, 万八千六百二十七人の増加, 万八千六百二十三円五十三セントを, 万八千六百八十九人ありしと, 万八千円二万八千円わあツ, 万八千円組の一人, 万八千匹飼って, 万八千四百七十三人中死亡が三千二百五十五人, 万八千四百人に上っ, 万八千尺冬は零下四十八度, 万八千巻千六百呎切った長, 万八千株ありて, 万八千歳を経, 万八千歳其結果として天地, 万八千死者十一万四千負傷者十一万五千を出し, 万八千法の賭牌, 万八千百八十四円神会の資本, 万八千石大村丹後守の御, 万八千石戸田山城守のお, 万八千石江戸の上屋敷, 万八千粁も飛ぶ, 万八千足になりやす, 万八千長篠の西方設楽, 万八千頭の乳牛, 万八千馬力出る, 万八河長梅川亀清柳屋柏屋青柏大中村と庇, 万八百人を全部解雇, 万八百四十六部彼れが, 万八百石の島津家, 万とて女郎屋, 万六七千尺の高地, 万六先生から明治時代, 万六千ばい入って, 万六千エーカーの多き, 万六千ホグスヘッドの煙草, 万六千マイルを走る, 万六千七百六十坪のうち吹上, 万六千三百二十二人居た事, 万六千三百二十八噸甲板の延長五哩, 万六千両そのままそっくり持っ, 万六千九三元五一仙株主準備金から二万元, 万六千九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 万六千五百七十九人について調べた, 万六千五百三十二人を有す, 万六千五百六十人あり, 万六千五百字が完成, 万六千余人であるの, 万六千余人十三歳までの年, 万六千余人牛馬二千余頭を斃, 万六千余名の代表者, 万六千余噸の大, 万六千余坪の寺内, 万六千個までつい, 万六千八十フラン六サンチームの金, 万六千八百メートルと申します, 万六千八百メートル余ということ, 万六千八百人が機械工場, 万六千八百噸の船, 万六千八百噸前に言った, 万六千六百余坪南北西の三方, 万六千六百八十八人あり, 万六千六百十メートルすなわち六十里, 万六千冊が蔵め, 万六千噸の優秀船, 万六千四百六円七十二銭は今日, 万六千四百枚余を製, 万六千姉川に来りし, 万六千字なれば, 万六千尺以上の高, 万六千戸あります, 万六千日乾坤を提げ, 万六千日愛宕の花見幕, 万六千百七円という額, 万六千百二十八人は文字, 万六千百五十ポンド十一ペンスてふ, 万六千石近くお取, 万六千磅の紙幣束, 万六千神その処, 万六千米突の土壁, 万六千貫のこりなく束ね直し, 万六百キロ翔んで, 万六百五十一人が農村居住者, 万兵衛どんのお, 万兵衛何条もって, 万兵衛公儀のお, 万兵衛小松数馬里村狂蔵の四名, 万兵衛肩口をおさえ, 万兵衛船の用意, 万其住纔に二三年, 万内地に戻る, 万円あてさせて, 万円おれに手, 万円お前が継ぐ, 万円お返しになるだろう, 万円くらゐ集めて, 万円ぐらゐに売れば, 万円ぐらゐは何でもない, 万円ごとオレが当家, 万円ぜんぶを明智先生, 万円その他の物品, 万円それぢや足らん, 万円ちょッとはいっ, 万円はさのみ騒ぎたてる, 万円もってこいといったの, 万円イタリアは八三〇万円, 万円スペインは二〇〇万円, 万円ダイヤ取りもどしの, 万円ッて金, 万円ドイツは八六〇万円, 万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ諸君冀クバ協力同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, 万円フトコロにもしも, 万円ベースだの冷, 万円ペリッは二十七万円, 万円ポンと投げだした, 万円一回の舞台出演料, 万円一文も引け, 万円万円と算, 万円三万円の夜服, 万円三日目も二万円, 万円之は継続費, 万円也右借用候事しかじ, 万円事件というの, 万円二万円は二万円, 万円二十万円なら十万円, 万円二十市で総額一千二百六十七万円, 万円云々で腹立, 万円五万円という会社, 万円今にすれ, 万円今日して, 万円以上三十万円にも達するであろう, 万円以下の品, 万円以内で製作, 万円伐採期間四十五個年間一年に一万円, 万円位投り出す富豪, 万円位貯蓄して, 万円何十万円もする, 万円使い棄てて, 万円保険の積立, 万円信二の手もと, 万円借用の証文, 万円先づ此位のもの, 万円免租の方, 万円入りのリュックサック, 万円六万円の新聞広告料, 万円刑期が終つた時, 万円利益配当の多い, 万円前渡しすると, 万円十一年度以降は約, 万円十万あれば, 万円十五万円と大穴, 万円十年には遂に, 万円十年度のは約, 万円千万円といふ巨額, 万円単位でなくちゃ, 万円収入があ, 万円取り分がある, 万円君に貸す, 万円回収出来ると, 万円奮発するから, 万円宛でもう, 万円寄附しなければ, 万円山広徳寺に来, 万円平均の撮影費, 万円引ナシとは大層, 万円弱である, 万円強奪した, 万円御用立てしましょう, 万円拐帯して, 万円文庫の計画, 万円桜の葉, 万円毎日カストリ二千円飲み五十円, 万円片山氏におくった, 万円現送の事実, 万円白紙に包んだ, 万円百万円の別荘, 万円百円札が十束, 万円突破の際, 万円等と莫大, 万円箇人が大阪, 万円籠抜詐欺犯人が大きな, 万円精神上の損害, 万円紙幣を二枚, 万円組から親方, 万円経常費は一九〇八年, 万円給料の前借, 万円維持費の三万円, 万円耳をそろえ, 万円脚一揃なら七十万円, 万円自身である, 万円融通して, 万円見当である, 万円許の不渡手形, 万円調達しろ, 万円貰つた所で書物, 万円費って大学, 万円金塊事件などを迷宮, 万円隠匿の廉, 万円電ガワにて送る, 万円電力自給によって二百四十五万円, 万円頂戴する事, 万冊一五〇〇万点にのぼる, 万冊位名を挙げる, 万冊府之記, 万冊百万冊と多けれ, 万がみな, 万そうと, 万出しゃあ十万, 万に過ぎず, 万分の一なりとお返し, 万分の一みんな揃って, 万分の一ツをもいい, 万分の一ミリメートルの薄, 万分の一ミリ位の範囲内, 万分の一二十万分の一みんな揃って, 万分の一以下でもある, 万分の一位しか働かない, 万分の一助たらんと, 万分の一地図で樺太, 万分の一地質図すらまだほとんど, 万分の一当方の誠意, 万分の一生といへ, 万分の一秒位だから, 万分の一足尾図幅に原, 万分の二に二人, 万分の図よりも頼り, 万分ノ一地図名所図絵地誌などに依っ, 万分一だしほんの大体しか調, 万分一予察地質図に拠る, 万分一図日光図幅には中岳, 万分一図葉は緯度, 万分一地図にはない, 万分一日光図幅である, 万分一金峰山図幅に東沢, 万分図は未だ, 万分限のやり, 万別千差不会, 万前借させて, 万を唯一心, 万助めがっかりし, 万助左七べっ, 万助橋を過ぎ, 万劫難遭遇の法, 万動員された, 万勝っている, 万の働き, 万化みなことごとくわれ, 万化剣をもつ, 万化自然に我人, 万匹宛捕ると, 万十万二十万という値, 万十五万あれば, 万十四五万と評価, 万十数万という広い, 万十郎達と往来, 万千ヵ所に聴取者, 万千一億万丈の滝, 万千七百六十六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 万千万の視線, 万千九百七十四トンの巨舶, 万千九百二十四票をかき集め, 万千五百六十六計五万七千二百三十八社, 万千五百円也となった, 万千代たちのなだれ, 万千代はじめとんぼ組パチパチと, 万千代信長に対する森蘭丸, 万千余人という人数, 万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 万千八百十五人ということ, 万千六百七十四ゲレインである, 万千百人そして十六万七千六人, 万千石の主, 万の酒, 万半年くらひこんで, 万卒倒るか, 万即ち百万足らずに, 万参詣の行き帰り, 万の念仏, 万反余を産し, 万を, 万口一声みな富の進歩, 万口一致して, 万口以上の住民, 万口入れ所と書い, 万可愛や布, 万台分が収め, 万台廉売の広告, 万右衛門殿と小林三八郎殿, 万右衛門殿はじめとりどりかけはしる, 万号記念の会, 万吉井勇菊池寛里見谷崎芥川みな新進作家のよう, 万吉十四歳のお初, 万吉川元春の軍, 万は忠義立て, 万の六十万, 万呎以上のエヴェレスト, 万和もお梅, 万に秀で, 万哩余の行程, 万哩彼方のエディンバラ, 万のうらみ, 万嘆この夜, 万乏しき事, 万噸これがため, 万噸大砲は二十糎砲, 万噸巡洋艦隊と並行, 万噸貯蔵されて, 万四七九四方里に出でず, 万四万という様, 万四五千フランはそれ, 万四五千尺の高, 万四五千尺富士山の頂上, 万四千ゆくえ不明二十一万焼け出された人口, 万四千キロの横断飛行, 万四千トンの輸送船ブルー, 万四千ホグスヘッド以上を必要, 万四千メートルから一万五千メートル, 万四千ルーブルの金額, 万四千一百尺に減じ, 万四千七百九十四方里の孤島, 万四千七百四十一ポンドすなわちおよそ, 万四千七百四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 万四千万といふやう, 万四千三百八十五円ですね, 万四千九百尺にし, 万四千二百両の余, 万四千五百フィートなり, 万四千五百フランだった, 万四千五百七十一人なり, 万四千五百七十三棟僧侶の数, 万四千五百八十一方マイル, 万四千五百六十九件に比する, 万四千五百十四人なり, 万四千五百尺と測られ, 万四千人寺院の収入総計, 万四千余りの家鴨, 万四千余人三十代前の祖先, 万四千余石に改め, 万四千個から二万六千個, 万四千八百五人だが, 万四千六百五十九円なり, 万四千六百四十噸である, 万四千六百日の間, 万四千呎の湖面, 万四千哩以上の海面, 万四千四百キロメートルという長い, 万四千四百三十九人なり, 万四千四百十二人とある, 万四千四百十呎の点, 万四千四百四十四貫四十四匁に近い, 万四千四百尺に比し, 万四千坪からある, 万四千坪土地は高燥, 万四千壺の香油, 万四千戸に減っ, 万四千戸死傷者三千人を出した, 万四千杯の元気, 万四千歩となる, 万四千歳に上り, 万四千浴八万四千杯の元気, 万四千町歩に落ち, 万四千百五十六マイルの内訳, 万四千百人なるべし, 万四千百八十四人ありしも, 万四千百六十二尺と註せられ, 万四千石ここにあり, 万四千石城持ち赤坂溜池際, 万四千石従四位下を賜わる, 万四千石木ッ葉みじんに叩きつぶし, 万四千種の光明, 万四千衆生皆発無等々, 万四千負傷者十一万五千を出し, 万四千遍の称名, 万四千馬力で一時間, 万四百とみ, 万四百万または五百万, 万四百八十八です, 万四百六十五小教区, 万四百社の内, 万回以上も積重ねられ, 万回六七十年つづけて, 万回女になる, 万回排出される, 万回環らすを得べく, 万回転近くで回し, 万図幅の大源太山, 万国史クヮッケンボス文典などという書名, 万国史等が悄然, 万国史通など, 万国大汽船集一組に添, 万国民のため, 万圓以上にも通用, 万圓以下ででき, 万の血, 万地下鉄道網はこれら, 万坊ヶ原の一本松, 万坪あまり間違いなし, 万坪どころでは, 万坪テフ庭園の彼方此方, 万坪七十鉱区の鉱業権, 万坪五十三名の地主, 万坪以上もある, 万坪余の貸付許可, 万坪余周囲およそ五百間, 万坪六十余町歩の耕地宅地, 万坪堀の坪, 万坪年五万キロの優良ボーキサイト, 万坪年五万瓩の優良ボーキサイト, 万坪数十の大, 万坪此方に五千坪, 万坪炭層の厚, 万坪見当だ, 万坪隠亡堀すべてが陰, 万堂一致で再び, 万堂日録一月二十五日の記, 万踏み来りて, 万増刷しても, 万のうち, 万壑雲天寒人跡少風戦葉声聞, 万売り上げのある, 万なもの, 万変万化自然に我人, 万変自ら寸心に溢れ, 万外人の居留, 万親王の, 万多きは四十万部, 万多くなって, 万渓谷を, 万大きい人口にも, 万大凶を示し, 万大吉と書いた, 万大和人種の苗裔, 万大将千員むかうところ, 万大社のルビナオイ, 万大衆を目安, 万に立ち登っ, 万太郎川から越後, 万奇怪の至り, 万はそう, 万姫君を妻せ居られ, 万姿まず関東, 万も日々, 万字一時間に千字, 万字屋の明石, 万字正続を, 万字見当である, 万奉候, 万学校図書館四万五千の単位, 万学源身死骨枯名不朽永同日月照乾坤, 万ということ, 万安喜といふうち, 万安楼へ十吾, 万安隠者という隠士, 万定さんへいま, 万宛注込んで, 万宝山事件となり, 万宝納る, 万実は昨日船を, 万実数四十万の大軍, 万家々の昔, 万家嶺だ, 万家愛州又見, 万の世界, 万寄せるとか或は, 万富財山をなし, 万寵軍も甚だしく, 万の矢, 万射手五百人を以て固め, 万将士のこれ, 万だ, 万小切手をくれた, 万少くも七八千, 万尺あまりもあらう, 万尺下にシャモニ, 万尺二万尺の高地, 万尺余の絶巓, 万尺内外の高山, 万尺前後の標高, 万尺古生層地の峡間, 万尺四万尺と繋がっ, 万尺白峰山脈の一万余尺, 万居心よく整っ, 万の戦艦, 万屯づつを輸入せり, 万山くらゐ積み重ねると, 万山みな燃ゆるといった, 万山ヨリ重シ, 万山以外の浮穴郡, 万山千谷みな火となっ, 万山租税課出張所の権, 万山自ら震動す, 万岳楼へつれ, 万岳烟と真中, 万岳雪に蔽われ, 万峡嶮岨を越え, 万峰肩を連ね, 万峰飛舞天より来たる, 万崎河岸の向こう側, 万崖地だけでも二万四千坪, 万嶽堂による, 万嶽雲にけむる, 万を得ず生れた, 万巻一要醇, 万巻楼の主人, 万帷幕に持つ, 万平がこれならば, 万平方キロ一帯の寒い, 万平方キロ戦前の総, 万平方マイルでアメリカ合衆国, 万年お前たち空も森, 万年がかりで鰭, 万年くり返す積り, 万年ころに既に, 万年グサと呼ん, 万年グサ物理小識ノ千年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野, 万年スープ火鉢の図, 万年ペン時計その他珍しがっ, 万年三年生の私, 万年上田博士が帰朝, 万年不平におかれ, 万年九等官というやつ, 万年事務官でしびれ, 万年二つ目の麦松, 万年休日のダラダラ, 万年住宅としてつつしん, 万年何百万年の生い立ち, 万年候補生で, 万年傘に代, 万年公使の綽名, 万年分集めて, 万年前地球に住ん, 万年前座の円盛, 万年助手だ, 万年卯六といふ宇野浩二, 万年合計一万二千年であります, 万年喰べはぐれ, 万年土星は一三一〇〇〇年, 万年地球の不思議, 万年大丈夫だ, 万年大学生族がこの, 万年大部屋で幹部, 万年失業におとされた, 万年字は公寿, 万年学士という奴, 万年寺通に仏壇屋, 万年小僧という, 万年少尉殿が危く落馬, 万年屋さん儲かりますかい, 万年屋さんお前がそんな, 万年屋さんお前さんはもう, 万年屋め薄い頭, 万年屋山代屋など五, 万年屋布哇行を口, 万年平番士いつまで経っ, 万年我制統に光, 万年数十万年乃至数百万年, 万年文学少女なの, 万年新進作家だった, 万年景気の国, 万年書記長の異名, 万年杉また苔杉, 万年来変りなき大, 万年来旧態依然として今になほ原始, 万年松長二寸許葉似側栢蔵篋笥中, 万年泣拝という手紙, 万年湯ではかったら, 万年灯病院にかかっ, 万年灯雑業こんな仕事, 万年燈が眼前, 万年玉が, 万年生きばとて, 万年白歯を餌, 万年目に, 万年筆で書いた, 万年糊などの整然, 万年経過する間, 万年美人とき, 万年肉の落ちた, 万年臨時工の金ちやん, 万年艸は一名万年杉, 万年草いちはつ狐の行灯, 万年草花なし爾者雑組衡嶽志, 万年草金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 万年草高野山大師の御, 万年講お稲荷さん, 万年講師から一躍, 万年足軽の万年貧乏, 万年醒雪臨風嶺雲洒竹一葉孤蝶秋骨と絶えず, 万年長生樹といふの, 万年門弟という悪, 万幾億とも数知れぬ心臓, 万幾千の大学生, 万幾千ボルトの三相交流, 万幾千万という大, 万幾千燈が燃えかがやい, 万広野に群がり, 万床屋には禿頭病, 万度以上でありもう, 万度勝也と書いた, 万度管区第十三区, 万座温泉まで四里, 万座行きをすすめた, 万弐千円を投じ, 万弗損をした, 万弗残て居る, 万弗請取りと, 万の箭, 万当年の曹操, 万彦氏も今日, 万彼奴らの足, 万必要だから, 万をつくし, 万に狂わせた, 万悔臍を噬, 万情申述度一刻を争, 万意気堂々と, 万慮空くこの苦艱, 万懐刀などを振り冠, 万戦時百万と号す, 万戸一つの戸口, 万戸一様の有様, 万戸夫婦は女, 万戸寂然たり, 万戸崩壊したもの千何百戸, 万戸戸をひらい, 万戸数五六百万の内, 万戸泰平を謳歌, 万戸洪水にひたされ, 万戸焼失の由, 万戸砧をうつ, 万戸紫瑠璃黄玉の城楼宮門, 万手落ちのない, 万才なにがしの女房, 万才一光の曲技, 万才小屋と富貴, 万才早大学生のオーケストラ, 万才音楽を要求, 万その原価, 万払うという約束, 万承知じゃ, 万の仕出し, 万投げ出し易かろう, 万押し寄せて来る, 万持ちだすのは, 万挙げて西蜀, 万の鉄砲, 万捌かれるといふ, 万控えさっし, 万損害八億一千五百万円に上っ, 万数億の白い, 万数千フィート級のもの, 万数千余兵船は海岸一帯, 万数千円だそう, 万数千坪もあっ, 万数千戸を焼き払い, 万数千日の終り, 万数千頁のユーカラ, 万数百人としるされ, 万の懸賞金, 万斤二十三年には九百七十余万斤, 万斤二十四年には一千二百七十余万斤, 万斤十七年には三百八十万斤, 万斤白銀八十九万斤が蓄えられ, 万斤百斤一箱で二千箱, 万方皆これ月の如く, 万方英里の面積, 万方都合よくなるで, 万方里の土地四五千万, 万方震動なり, 万はことごとく, 万旗鼓堂々として南, 万日千日の群衆心理, 万日本人が今回, 万日本四十七万であった, 万昂然として天下, 万昔保元の合戦, 万星うずを巻くあり, 万を契る, 万春楽を口ずさみ, 万呑み込んで, 万時万端複雑になっ, 万暦三十七年には二百余丁, 万暦丙午に至つて李時珍, 万暦中に, 万暦二十三年十二月二十一日日本関白臣平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 万暦二十四年の生, 万暦二十年程大, 万暦四十二年に当る, 万暦崇禎の間, 万暦年中毘陵に猿曳, 万暦物のニセ, 万暦赤絵にし, 万の岸頭, 万更あなたのため, 万更いやなところ, 万更いわれのない, 万更うそでもない, 万更そこらに朽ち果てた, 万更どころじゃねえ, 万更ばかでもない, 万更ほかにいなく, 万更ら嫌ひではなかつた, 万更不揃いでもない, 万更世情を知らない, 万更世話好ばかりでやってる, 万更仕事が無い, 万更出まかせと, 万更危くないで, 万更厭な心持, 万更外国文学が嫌い, 万更学問が嫌ひで, 万更岸本にも思い当らないで, 万更形のない, 万更心に無い, 万更文学の尊重, 万更時代の推移, 万更棄難いもの, 万更楠の藁人形, 万更没交渉のもの, 万更浪費ではありません, 万更火の気の無い, 万更無駄でもない, 万更素人じゃア, 万更縁がない, 万更自信がなく, 万更見当違いでなく世, 万更訳の解らない, 万更詩人的空想から産出, 万更貴方だつて思, 万更路人のよう, 万更野暮じゃない, 万更霊魂の無え, 万更馬鹿には出来ない, 万最も多きは, 万お持ち帰り, 万望絶望しないで, 万朝報署名人恐喝取財, 万本数知れず生い茂って, 万本竹ありて, 万朱霊露昭を左右, 万村辺に居よう, 万来るとか何十万, 万来人々は秀吉, 万杯八万四千浴八万四千杯の元気, 万にし, 万の裙, 万松亭関を出, 万松倉重次の二千五百, 万松園春日山などと共に療養院, 万松山と云う, 万松岡独立墓の側, 万松嶺の上, 万松庵に居る, 万松楼といふ宿屋, 万林寺という寺, 万枚供養のため, 万枚寄附して, 万枚平均九五%が売れる, 万枚紙幣を刷らせました, 万枚警視庁にため, 万枚電光を開い, 万株ハ既ニ三井組小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 万株市場に投げ出さる, 万株連りて, 万は四五年, 万槍騎隊三千儀仗一千戦車石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 万様数限りなく沢山, 万横磨の剣, 万樹すべて葉をふるい落し, 万樹紅焔の広前, 万樹霜を閲し, 万樹鮮紅に染められ, 万樽以上に上等の, 万橘三好鯉かん勝次郎枝太郎歌六などの音曲師, 万橘焼というもの, 万橘爺さんでしょう, 万橘金潮新潮の落語, 万機一新の朝廷, 万機公論の間, 万機天皇の直裁, 万機総て侯の指導, 万檣林立の港湾, 万として陰, 万次万三郎の兄弟, 万次小屋にいたる, 万欺年に施す, 万く, 万歎慨有誰与我同, 万極まりて, 万歓夢のごとし, 万歩七万の大軍, 万歩三万をもって雁門, 万歩兵八万そのほか, 万歩百万歩と歩く, 万歳どころじゃあり, 万歳どなたも幸福, 万歳ァーイという声, 万歳チャンチャン万歳など思い思い, 万歳一升の酒, 万歳万々歳皇后陛下の万歳万々歳, 万歳万歳万歳またたいそう, 万歳三唱そりより数町, 万歳三唱下山す, 万歳僕たちはたとい, 万歳博多のどん, 万歳国家の忠良息子万歳, 万歳声裡に凱歌, 万歳師になった, 万歳彼は人殺し, 万歳文運隆盛大いに友達, 万歳日本の喜劇, 万歳時代への反動, 万歳歌を唱, 万歳獅子の囃, 万歳羨望の到, 万歳費七億の時代, 万歳軍人でなければ, 万歳軒に集合, 万歳雪やこんこん, 万死亡しましたそれ, 万死刑八百十三人という狂気, 万なるも, 万殺しの証拠, 万殺したか知れず, 万殺すといえ, 万殺到して, 万殺戮せられるという, 万殿今宵はここ, 万殿仰せのとおり自分, 万殿何刻であろう, 万殿偶然といおう, 万殿曲者は法, 万氏詩家では小田原藩, 万氏高橋二郎氏などは随分, 万民俗衆の真理, 万気圧と推定, 万気通ふこと, 万水千山胸底に収む, 万水峨々たる山道, 万水楼といふ, 万水道はいかに, 万水陸軍に編制, 万を見, 万河魚類すし吸物さしみ, 万治三年七月二十六日に品川, 万治二年三月から七月, 万治二年三月八日に亀千代, 万治二年生で寛保元年, 万治元年に至りまし, 万治方であった, 万治磐司といい, 万治郎が販売書林, 万治郎以下この道, 万法万法即真如, 万法以上二万法以下のもの二十八人, 万法以上五万法以下のもの二十七人, 万法以上十万法以下のもの八人, 万法帰一から脱, 万法帰源の当, 万法帰源院の門, 万法明らかに私, 万法流転のなか, 万法自然なる恋愛, 万法近くやられて, 万波あっちもこっち, 万流湖の中, 万浦付近で上陸, 万浬彼方の国, 万浴万杯八万四千浴八万四千杯の元気, 万海里と云ったら, 万の間, 万減っている, 万渡してやりました, 万洲へ, 万の湖水, 万の起激点, 万灯中にうずめ, 万灯提灯手投げの, 万灯樽天王を見, 万点近くも負ける, 万無いのでありました, 万無量の思ひ, 万焼けたのを, 万焼け出された人口が, 万熊仙という家, 万燈ふつてやがら, 万燈会のごとく, 万燈同様に舁ぎ出し, 万燈等と共に賞美, 万燈紫色の揃い, 万燈花笠に酔った, 万燭光ぐらひの景気をつけ, 万片卍巴と乱れ狂つて, 万の一毛, 万は緑, 万物相の中心, 万物相一帯の景色, 万物陰となる, 万状ナッカなか以て一々, 万太人, 万へ行こう, 万珍楼の支那料理, 万珠ここへまいれ, 万珠浮舟いっそそ, 万理小路某と臆, 万理自ら森着すぢ, 万は渾, 万生万殺, 万生命に係わる, 万生霊の死命, 万用絵図を調べ, 万田山中真田山東間田山と小, 万由旬の高き, 万と共に逃亡, 万男女人民の生存, 万町五万町というもの, 万町歩ニ達シ魚族斃死シ田園荒廃シ数十万ノ人民産, 万町歩以上のもの, 万町歩作付をし, 万町歩有価証券現金三億三千六百万円以上そして一致, 万町歩減少して, 万町歩足らずに減っ, 万町歩開墾計画とかいっ, 万の青い, 万異存はございますまい, 万畳雲濤露一峰と詩, 万疋以上に達し, 万発万中という完璧, 万百万とつみかさね, 万百万証拠の紙幣, 万百八人について調べた, 万を破る, 万益州南部へ発向, 万盛庵万屋山吹藪がある, 万盛庵池の端, 万盛楼の娼妓小万, 万目一手みなもってその, 万目一致して, 万目荒寥として枯れた, 万直しという名, 万省線の吊, 万真珠瑪瑙の類数百斛, 万の魚鱗, 万石おかかえの, 万石おれがみごと, 万石お上が御, 万石どこからか切取らね, 万石一万石の大名, 万石一時に着い, 万石七十万石の大名, 万石三万石の大名, 万石三家尾州の若殿, 万石三百諸侯旗本八万騎のご, 万石上杉弾正大弼綱勝, 万石二百万石の領地, 万石今は日本, 万石仙石権兵衛といふ無類, 万石伊豆屋甚兵衛の娘, 万石何するもの, 万石信雄の老職, 万石兵数二万姉川に来りし, 万石兵数六万姉川に来りし, 万石分割について一ノ関, 万石剣道だけで諸侯, 万石加増されたとき, 万石加増新付北伊の一部, 万石加増等には何ら, 万石動員兵力量四万四五千にすぎない, 万石南部左衛門尉の在所, 万石取りに匹敵, 万石土井大炊頭の藩, 万石城持の諸侯, 万石城持ちの相模守, 万石増上寺切通しの上屋敷, 万石壊滅かと全, 万石大名株の芸人, 万石大炊頭様に相違, 万石大盤石の如く, 万石宛を遣, 万石実収十五万石という堂々たる, 万石封主の力, 万石尾張の国, 万石岩城平から相馬, 万石府には官属, 万石後には百万石, 万石徳川従三位とある, 万石我れは, 万石斗ありしよし, 万石有馬の二十一万石, 万石未満で大名, 万石東海道から関西, 万石松平伊豆守信綱の方, 万石松平大和守の家臣, 万石松平美濃守のお, 万石松平豊後守の上屋敷, 万石板倉殿の同勢, 万石榊原式部大輔そのお方, 万石殿の若子はさ, 万石江戸より十六里, 万石没所であろうぞ, 万石相馬大膳亮殿の家臣, 万石相馬様は外様衆, 万石石河原東市正のお, 万石福井の城, 万石程から一足飛, 万石立花の十一万石等々, 万石立花出雲守の城下, 万石等々の九州, 万石船じゃい, 万石茶代がたった, 万石許なり, 万石諏訪因幡守様ご同勢, 万石譜代大名に近い, 万石足らずの家督, 万石酒井左衛門尉の国家老, 万石酒井左衛門尉様のお, 万石酒井左衞門尉の国家老, 万石阿武隈大膳正の乱行記, 万石馬印をもゆるし賜わり, 万石駿馬五百匹金銀一万両緞子千匹を贈るであろう, 万破れることの, 万碧楼菊屋に往, 万磅以上に相当, 万磅貨が英国, 万祝御歌いとを, 万神たちもろともに聞し召せ, 万神天安之河原, 万神殿ねあの, 万票近く投票されて, 万祷しております, 万福丸どの, 万福山さんとは君, 万秘密を厭い, 万ございました, 万種類出版物がふえよう, 万のこの, 万立方キロメートル毎に平均八グラム, 万立方フィートの酸素, 万立方坪にも近い, 万竜照近江お鯉, 万問いて, 万端整って契約書, 万端然るべくという, 万の間, 万竹堂にて句会, 万竿の青, 万は英氏, 万笈堂に獲た, 万笈堂主人とであつ, 万符近く負け込んで, 万三日は, 万に及ぶ, 万筋なほ欲情のはげし, 万筋結城に黒, 万大江上, 万無ければ, 万も開けた, 万箱王の二子, 万箱祝いの酒, 万籟闃として声, 万籟黙寂たるの時, 万米突の崑崙山, 万を大地, 万級各所の火災, 万結びこま結びてえ事, 万織田徳川の死傷, 万の註文, 万罐千島北海道樺太に九百八十万罐移出, 万罐移出して, 万罐蟹工船に七百八十万罐, 万は顔, 万考速ニ我身ヲ衣食, 万肥馬無数糧草は山野, 万能力をもっ, 万至極じゃ, 万舶みなこの峡間, 万船出入忙, 万艘二引両四目結左巴に筋違い, 万艘糧数百万を焚く, 万艦船数百隻三江の嶮, 万艦飾の若い, 万を排し, 万色一時に発く, 万花灯の光り, 万花燎乱たる十誡, 万花繚乱たる花園, 万苦して飛躍, 万英国は九百五十万, 万荒物から酢醤油石油莨, 万悪くない, 万華鎌倉の楽園, 万の人間, 万落春たけて, 万落荊杞を生ずる, 万葉あたりにもこの, 万葉その他の古典, 万葉もどきに, 万葉ニハ其例ニ乏シクナイ, 万葉一は啄木, 万葉一途の時代, 万葉上期だから, 万葉人達の子孫, 万葉以後ただ一人たるの名誉, 万葉以来一般登山者の使用, 万葉催馬楽田楽諸国の地謡, 万葉其いづれを, 万葉初期のごとく, 万葉古事記などを探求, 万葉古今八代集十三代集の和歌, 万葉子への前貸し二百万, 万葉巻九の歌, 万葉巻二の二つ, 万葉巻八・十に出, 万葉巻八・巻十あたりの四季, 万葉巻十にも見え, 万葉巻十三を見, 万葉巻十三其他に見え, 万葉巻十六竹取翁, 万葉所載の安貴王, 万葉文学王朝文学岡倉天心の業績, 万葉時代ニハモハヤ野生状ヲナシテ居ツタモノデアラウ, 万葉時代交通路の推定, 万葉歌人全般という訣, 万葉気分にはいれ, 万葉王朝の精神, 万葉的常套を脱し, 万葉的要素が沢山, 万葉精神と私たち一般人, 万葉編輯当時は皇后, 万葉要素を持つた, 万葉詩人大伴家持は詠ん, 万葉調歌人によつて, 万葉鑑賞万葉集は尊い, 万葉集中の秀歌, 万蒼生を忘ら, 万蔵方まで罷, 万蔵方ニ行て高柳, 万の喫茶店, 万藤作殿嚇して, 万蛇頭のメデウサ, 万蛮土の降参兵, 万蜂の巣わんわん, 万衆寡敵せず且臣病甚, 万行体中に円か, 万行願といっ, 万見える部分が, 万角形についてあるいは, 万列べても, 万言聴衆に大, 万討ちもらすことは, 万記念の会, 万り国府越, 万許されて居た, 万証拠の紙幣, 万語お詫び申しあげるつもり, 万語づゝ喋りはじめ三時間目ぐらゐになつてやうやく彼, 万語づゝ六年間もたてつ, 万語内外のもの, 万語手を挙げ, 万語言にかへかね, 万諫めてもらいたい, 万が, 万奉候, 万依帰, 万豪和尚様の御, 万豪阿闍梨と申す, 万貨なに一つ不足というもの, 万貫三七五トンとなる, 万貫工人二万京都の富豪たち, 万貫米穀七千石を提供, 万を費す, 万赤旗天を掩, 万足らざる無き閑日月をば, 万に満つれ, 万蹴ちらせないでこの, 万軍隊が出動, 万の椿, 万か淀屋, 万農村へ帰っ, 万を言, 万に梟, 万途方もない甘, 万通ドイツでさえ八十万通, 万造君すなわち千, 万造氏の台所口, 万元AK, 万逸保利茂太田正孝放送局の初代, 万遍お辞儀をし, 万遍丑の時参, 万遍其思想や穏健, 万遍問答を繰返し, 万遍智恩寺境内に在り, 万遍真言宗の東寺, 万遍知恩寺にある, 万遍舎利無二斎, 万遍黒谷永観堂辺ニ杖ヲ曳イテ, 万過ちはありますまい, 万の霞光, 万の美校組, 万違背のない, 万選手ができる, 万遺洩なからん, 万遺漏ナカランガ為メ在米英国大使館ハ, 万部三十万部では, 万部位になっ, 万部分もわり, 万部増刷したという, 万部字トナッブ原野ですな, 万部発行されたか, 万部経を誦, 万部線でありましょう, 万部評論集十余万部が読まれ, 万部配布されたと, 万里以上だ, 万金銀兵糧を積んだ, 万という牛屋, 万鉄いずれも頼みきったる, 万鉄五郎平井為成山下鉄之輔あたり, 万銭湯には目, 万錦一万匹を荊州, 万鍾我において何, 万賜うた, 万長者たちが世界地図, 万長者山本譲治がとつぜん, 万長者菰田源三郎になり切っ, 万長駆して, 万関口隆吉大草多喜次郎中条金之助などの錚, 万関鶴林一夜煙散後, 万陀羅并べ立てた, 万を布い, 万隠居扶持月々おこして, 万隻何十万隻という夥しい, 万雄将千員天下を一, 万集めれば月, 万の古, 万の, 万霊上人といふ大津生れ, 万霊山を立っ, 万霊節のパーティ, 万点の, 万は律呂, 万に上り, 万頃終宵照殺遠, 万の海原, 万もある, 万頓位でありながら, 万頓増大した採掘量, 万領民のうち, 万頭アルゼンチンから二百六十万頭分, 万を測定, 万飛んで九百三十六両, 万首中当時私の見る, 万馬力船の全長三百十三メートル, 万馬来人が七万, 万騎いずれもすぐったる, 万騎それらの末座, 万騎のと称する, 万騎中にお, 万騎二百六十有余頭の大名, 万騎今日この頃, 万騎何の面目, 万騎剣門関をうかがう, 万騎旗本一統の名誉, 万騎東海東山の両道, 万騎猛者も多い, 万騎百万騎なら一, 万騎見えもなく, 万騎馬あり徒歩, 万髪飾り商売で亀安, 万の香気, 万魔堂のよう, 万黎明に畢, 万黒部図幅の駒ヶ岳, 万して, 万鼓千喊攻め立てること昼夜七日, 万鼓声地を撼