青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「七~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一間~ 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧 丁寧~ ~丁度 丁度~ 丁目~ ~七
七~
七つ~ 七兵衛~ 七月~ 万~ 万一~ 万事~ ~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~

「七~」 37888, 409ppm, 233位

▼ 七~ (2718, 7.2%)

82 訊いた 67 云った 57 笑った 51 すぐに 37 うなずいた 36 思った 33 笑いながら 28 また訊いた 18 小声で 16 先に, 首を 13 舌打ちした 12 それを, ほほえんだ, 自分の 11 想像した, 鑑定した 10 念を, 肚の, 黙って 9 それから, 何げなく, 又訊いた, 声を, 子分の, 畳みかけて 8 しずかに, また笑った, 又かんがえた 7 そこに, 店に, 彼を, 急に, 手拭を, 煙草を, 顔を 6 あざ笑った, あわてて, いい加減, いろいろに, そこを, だしぬけに, 眼を, 神田の

5 [15件] かんがえて, ここを, その足, 丁寧に, 叱るよう, 広巳, 歩きながら, 眉を, 知って, 立ちどまって, 笑って, 答えた, 考えながら, 薄く眼, 雨の

4 [26件] あるきながら, かんがえながら, ここで, そこらを, その話, 三河町の, 先ず訊いた, 制した, 午飯を, 又かんがえ, 又しばらく, 喙を, 失望した, 奥へ, 彼の, 念の, 推量した, 早々に, 溜め息を, 突然に, 考えて, 舌打ちを, 説明した, 近寄って, 近所の, 重ねて

3 [47件] うしろから, かねて, さすがに, しばらく考え, すこし考え, そう言い, そこの, そこらに, つかつかと, つぶやいた, ふところから, ふと何事, また舌打ち, 一と, 二人に, 二人の, 俄かに, 傘を, 催促する, 台所へ, 叱った, 多年の, 家へ, 少し失望, 幸次郎に, 幸次郎を, 庄太を, 引っ返して, 待ち兼ねたよう, 思い切って, 手に, 斯う, 更にその, 格子の, 溜息を, 猪口を, 番頭に, 相手の, 考えた, 肩を, 胸を, 腰を, 膝を, 茶を, 蟇と, 途中で, 長火鉢の

2 [161件] あき茶屋, あさ子の, あとに, いよいよ気, うしろを, おどろいた, お国, お浪, かさねて訊いた, からかうよう, かんがえた, きいた, きょうの, この事件, こひの, しばらく思案, しばらく考えた, すこし意外, すたすたと, その仔細, その以上, その写真, その前, その強情, その手, その顔色, それが, それに, そんな事, たたみかけて, つづいて, ともかくも, ひとり言の, ひと先ず, ふところに, ふと思い出した, ふと見かえる, まず訊いた, また考え, また考えた, まだ不, まっすぐに, やはり笑っ, ゆうべの, よろけながら, オタツの, キナ臭い, 一々うなずき, 一方の, 一旦ここ, 三人を, 下駄屋の, 不忍池, 不思議に, 二階へ, 人影にも, 会釈した, 何を, 何事かを, 例の, 優しく云った, 元氣, 入口に, 八丁堀の, 八丁堀へ, 八丁堀同心の, 再び声, 再び頭, 別れた, 参考の, 又云った, 又笑った, 口の, 口を, 同じ場所, 向き直った, 善八と, 善八に, 嘗て熱海, 嘲るよう, 夕飯を, 外から, 奥から, 女房を, 好い加減に, 妙に, 姿を, 家主に, 家内を, 寐る, 寝床の, 小才の, 少しかんがえ, 少しばかり, 少し考え, 屹と, 岡っ, 師匠の, 幸次郎と, 広栄の, 庄太に, 店の, 店へ, 庭の, 彼等の, 忌々しそう, 思って, 思わずほほえんだ, 急いで, 怱々に, 慰めるよう, 手を, 承知し, 持って, 早くも, 更に訊いた, 朝飯を, 松吉に, 框に, 正直に, 気の毒そうに, 気を, 気長に, 油断なく, 炉の, 無言で, 煙管を, 熊蔵に, 熊蔵を, 町内の, 白木の, 眼で, 空とぼけて, 立ち停まって, 笑い出した, 紙入れから, 素直に, 続けて, 縁側の, 聞き逃がさなかった, 腕を, 自身番へ, 苦笑いした, 茶の間へ, 草履の, 衝と, 見逃がさなかった, 訊き返した, 調子を, 請け合って, 諭すよう, 起って, 迂濶, 近よって, 追いかけて, 連れ立って, 野心に, 障子を, 隣りの, 頤で, 驚いて

1 [1359件 抜粋] あいまいに, あくる朝, あざわらった, あずま屋へ, あとを, あやうく身, ありあわせた麻裏草履, あわただしく訊き返した, いかにも言, いきなり嚇し, いっそ町内, いつまでも, いま三国ヶ嶽から, いよいよ彼, いよいよ気の毒, いろいろの, いろいろ訊い, うず高い, うなずいて, おかしく思った, おだやかに, お亀, お勝手の, お小姓, お照, お約束どおり, お豊, かがんで, かねて心安く, きょとんと, ここに, ここへ, こころよく眺めた, このごろ世間の, この上, この時, これからともかくも, これに, これを, さっさと自分, しきりに辞儀, しばらくその, しばらく立ち停まっ, しばらく躊躇, しん吉親子, じぶん, すくむよりも, すぐ答えた, すぐ記憶, すこし考えた, すこし迷った, すたすた歩き出した, すでにちゃんとポータブル, せまい露路, そう言っ, そこへ, そっと表, そのま, そのまま加勢, そのまま白山前町, そのゆく, その二畳, その六畳, その判断, その女房, その席, その年, その後なんにも, その新, その晩, その植木, その死, その町内, その監視, その紙包み, その翌日, その腕, その買い先, その間に, その頤, その駕籠屋, そらとぼけて, それでも一應, それとなく屋敷, たしなめるよう, ただ詰まらなく坐っ, たまりかねて, ちょうど来あわせ, とうとう番頭, とろんとした, どうも此, どこからか, どやされたよう, なにか思い当る, なにを, なんだか可哀そう, なんにも云わず, にこりとも, につこり笑つた, にやりと笑った, はらはらし, ひたいの, ひとまず神田, ひどく軽くあしらっ, ふたたび竜泉寺前, ふところの, ふと思いついた, ふと気がついた, ふと見る, べつに気, まあ命, まじめに, まずひらりと, まず山城屋, まず柳原, またイヤ味, また制した, また失望, また必死, また歌女寿, また睨んだ, まだこの, まだ容易, まだ耳新しく, まったく面白, むしろこの, もうすっかり芸人, もう一つ皮肉, もう八五郎, もう四ツ, もう幸七, もう袖, やがて暮れ, やはり無言, ようやく機嫌, よろこんで, わざと叱り付けた, わざと後れ, わたくしを, コタツの, ニヤリ, ニヤリニヤリと, ヘンリーに, 一, 一人の, 一句も, 一年ばかり, 一旦自分, 一歩突っ込みました, 一雑誌の, 七日ぶ, 万力甚五郎の, 三十七八の, 三歩ばかり, 上から, 上がり框に, 下から, 下手人ぢや, 下谷まで, 不思議そうに, 両国へ, 中年者の, 主な, 乘出します, 事務的に, 二三軒先の, 二人を, 二十年の, 二階中を, 云い聞かせた, 人差指で, 今さら驚く, 今も, 仔細らしく云った, 仰天した, 伊勢の, 会所に, 伸び上がって, 体の, 何げない, 何の, 何んといふ, 何気なく云った, 何物かを, 使に, 侯の, 偶然の, 傘の, 元気なく, 先ずお, 先ずこの, 先ず叱った, 先ず女, 先ず押入れ, 先ず筋彫り, 先ず鮎川, 入れ代って, 全く容赦, 八丁堀同心室積藤四郎の, 八五郎の, 其のま, 其處に, 内へ, 再び三河屋, 再び南天, 再び外神田, 再び念, 再び死骸, 再び舌打ち, 冗談らしく云った, 冠蔵に, 冷やかに, 列び茶屋, 初五, 別に思いあたる, 利兵衛の, 到頭兜, 動かぬ證據, 勝ち誇つた心持, 勝誇った中, 十六文盛りの, 千吉の, 午前に, 半信半疑の, 半日探し, 単に和歌, 去年泊まった, 又それ, 又引っ返し, 友吉の, 双方掛け持ちである, 受け合って, 可哀そうに, 台所の, 吃驚しました, 向う側の, 吾, 呼び止めた, 品川から, 商売だけに, 善兵衛の, 嗅ぐよう, 四つに, 四十五六小, 団扇の, 土物店から, 地蔵堂の, 垣を, 境内の, 墓場へ, 多寡を, 夢中に, 大きくうなずい, 大きに驚き, 大抵想像, 天和三年三月二十九日に, 奥の, 女中の, 女房に, 如才なく, 妾らしい, 委細かまわず, 婢で, 存分な, 安政五年, 宗吉に, 実は知らない, 家主の, 容赦なし, 寅松兄妹が, 寸の, 小さな蕎麦屋, 小僧を, 小屋の, 小柄な, 小膝を, 少しかがん, 少したじろぎました, 少し喧嘩腰, 少し威, 少し的, 少し躊躇, 少なからざる, 屯所の, 岸へ, 左右から, 差し当って, 帯を, 帰り支度に, 帳場に, 平次と, 平生から, 年甲斐も, 幸次郎の, 広い台所, 店さきで, 店口に, 式の, 引っ返した, 彦八に, 彼に, 彼女が, 往来に, 得意さうでした, 得意な, 御符, 徳寿に, 心あたりの, 心持ち肩を, 快く首肯いた, 思い出したよう, 思ひも, 思わず舌打ち, 怪我人の, 恭三に, 惡い, 意地惡く, 感心した, 慌てて, 憤然として, 懷紙の, 我慢し, 手酌で, 抗議しました, 押入れから, 拝むよう, 指さすの, 指図した, 挨拶を, 探るよう, 摺り寄っ, 放任し, 数に, 新らしい, 日除けの, 明かな負け, 星あかりに, 昼間から, 暖か過ぎる, 暗い往来, 暗然として, 暫く耳, 更にかんがえた, 更になに, 更に久保町, 更に信濃屋, 更に北千住, 更に庄太, 更に為吉, 更に紋七, 更に詮議, 更に隅々, 最初の, 有ると, 朝の, 来た, 柔和に, 根よく, 植幸の, 構わずに, 横から, 横町の, 檢屍を, 正直な, 此處まで, 死骸を, 残らず聞きただした, 気がつかないで, 気にも, 気も, 氣の, 池の, 決して見逃がさなかった, 沢の, 泥棒の, 注意した, 清次に, 湯には, 源次と, 溝から, 澁, 火焙, 無盡, 然うし, 照れ隱しらしく, 熱い蕎麦, 物置から, 猪之, 甚だ以, 生来知らない, 用心し, 男らしく云った, 番頭の, 疑うよう, 癪に, 白い顔, 皺だらけの, 直ぐ子分, 相變ら, 眩しそう, 睨み付けた, 短い脇差, 石垣の, 砂場の, 碌々に, 磨りつぶした粉, 神田三河町に, 空家に, 突然起ちあがっ, 立ちあがって, 立ち上がった, 立ち止まって, 立停つた, 竿を, 笑つてゐた, 紙屑籠を, 素手で, 絵草紙に, 縁先の, 翌朝早く, 老巧な, 考へ, 聞いた, 肥を, 腰から, 腹這いに, 自信が, 自分も, 自身番を, 良雄を, 苦々しく遮ります, 苦笑いし, 茗荷屋の, 草を, 荒々しく上り, 菊園の, 蒲団の, 薄く瞑じ, 薄ら眠い, 藤助の, 蚊帳を, 血気の, 行き過ぎながら, 表から, 袂を, 見かえった, 見かけは, 親も, 観音堂の, 解るが, 言って, 言ひたいだけの, 訊きかえした, 証拠の, 詰問する, 誰に, 調布の, 識って, 賺すよう, 走りかかって, 足ご, 足止めの, 跣足に, 践祚大嘗祭の, 身づく, 車井戸の, 辰伊勢の, 農村対策の, 返事に, 迷惑ながら, 追い掛けて, 追手の, 逆らわずに, 這い寄って, 逞ましい, 遠島にな, 邪魔に, 部屋の, 酒を, 銀杏の, 鑑定し, 門の, 関戸屋の, 隅々まで, 際限も, 隣り町, 青々と, 頑として聽, 頑固に, 頭に, 頸に, 顏色を, 顧みて, 飛びあがって, 飽くまでも意地, 飽くまでも自分, 馬鹿叮嚀に, 髷と, 鶴吉を, 默つて了ひました

▼ 七~ (2223, 5.9%)

67 の朝 59 の夜 49 の間 37 の晩 22 の午後 20 の月 17 のこと, の後 1413 のうち 12 のあいだ 11 である, に一度, のお, の日, の逮夜 10 に歿, の夕方, の条 9 づけの, の法事 8 か八日, のあ 7 だ, にし, に蘭軒, ほど前, も八日 6 といえ, になった, に至る, の事件, の御, ばかり前, も十日 5 が過ぎ, だから, であった, です, に至っ, は過ぎ, ほど後, や十日, 経っても

4 [16件] だった, であつ, と日, になっ, になる, にはその, の, の事, の仏事, の分, の宵, の日附, の未明, は朝, ばかりの間, まで

3 [41件] か, が来た, が済ん, が済んだ, が濟, といふ日, とする, となり, と十五日, になります, には御, には朝, にもなる, に到着, に及んだ, に書い, に東京, に柏軒, に棠軒, のあと, ののち, の両日, の出来事, の午, の夕刻, の夜半, の大, の忌, の断食, の暇, の法要, の犯罪, は東照宮, ばかりの月, も經, も過ぎ, も過ぎた, を済まし, を過ぎ, 曇り, 経て

2 [115件] から二十九日, から八日, から十八日, がすむ, くらいの間, た, たちました, たつて, たてば, だったが, だと, だよ, であったが, でご, でございます, でしか, ですね, でも済んだら, で二人, と, とある, ということ, というもの, という日, とお, となつ, となる, と過ぎました, なの, なり, なれば, なん, にあなた, にお許し, にその, になりまし, にはすでに, には私, にまた, にもならない, に一, に一度づつ, に京都, に大, に御, に新, に於, に死んだ, に江戸, に渡す, に私, に第, に至つて, に至り, に船, に間に合う, に霞亭, に青馬, のあいだ日参, のあいだ身, のあの, のため, のもの, のプレジデント・フウヴァー号, のプレジデント・フウヴァ号, の二日, の今夜, の休暇, の十時, の午前, の参籠, の合戦, の墓参り, の夕, の夜中, の寅, の寺, の帝国在郷軍人会, の念仏, の日記, の早朝, の明け方, の書, の期間, の白馬, の眠流し, の第, の読売新聞, の調べ, の間東京, の雨, の頃, の香華, は, はお, ばかりというもの, ばかりの後, ばかりの留守, ばかり並べて, ばかり何, まいりいが餅七つ, まえに, もいた, も前, も濟, も經つて, より高祖忌執行, をすます, を期し, 経たないうち, 続けて, 迄の間, 遊んでるうち, 過ぎての, 頂きました

1 [1238件 抜粋] あけたばかりの, あの時, ありますね, いて, い十日, おくれたなら助からないところ, お暇, かかって, かかるそう, かまたは, からこっち, からである, からも經, からシュピンドラーミューレ, から三日, から九日, から今日, から公園劇場, から十三日, から四十九日, から四月十八日, から始まっ, から工, から愈々, から断食, から高瀬, か十八日, があり, がすぎたらお目にかかり, が七草, が呉進駐, が期日, が樋口道場, が満月, が程, が過る, が防空演習, くらいで死んだ, ぐらいからはじまる, けふ, この日, この髭, さらに北行, して, じゃに七日目, すぎて, ずつの賜暇, そのスタート, たったその, たっても, たつたら分ること, だか, だけれども, だそう, だつた, だに変, つかって, つまり盆, づけ下, であったか, であったという, であり二月上旬, でございましたから, でしたかな, でせう, でもすんだら, でも十日, でも済め, でも済んだら来, で仕方, で其の, で御座いますお, で掘れる, で滿, で終っ, で賊境, で陥ちて, とあわただしい, というところ, という事, という期間, といふの, といわれ, とか太洋丸, とさだめ, とした, とつづく, となっ, とにかく春日殿, とは一年, と二十八日, と五日, と八日目, と十一月, と定める, と思う, と持つまい, と日限, と朝五・四位, と氣, と申します, と立たない, と経つ, と言つて, と過ぎゆく, と頼ん, どころか一生, なら好かつたし, なりけり, なるやと, なる可, にあたりぬ, にあたる, にいつも, にお, にかいた, にきまった, にこっち, にしか逢えなくなった, につい, につけ, にて鑢, になお, になつて兵, になりぬ, には, にはいよいよ, にはここ, にはさっぱり, にはじまっ, にはそのうち, にはな, にはもう, にはもはや, には七回物, には七女幸, には之, には信蓮房, には児玉花外氏, には列国, には和気清麻呂, には四つ時, には大陸, には妙, には寿江子, には市内, には平民新聞社, には御飯一緒, には敦賀, には最上, には月前, には村會, には正, には江戸, には浅草, には立ち, には精進潔斎, には群馬, には芳菲山人, には見事, には飛ん, には鳴海方面, にまいった, にやす, にやはり, にわが, にわたって行われた, にアララテ, にエッカ, にチチ, にロンドン, にワラタ号, に一子鶴松, に一本田, に三人, に下谷龍泉寺町, に主治医, に予先づ小樽, に五十二歳, に亘る, に亡くなりました, に仏像, に伊沢氏, に何, に入, に八十四歳, に六十一歳, に六田, に出した, に切腹, に到っ, に南亜, に友人某, に吉野, に嚢里, に国王, に執筆, に夫, に奉天, に妙解院殿卒去, に始まった, に家, に家鼠, に富士屋ホテル, に将軍家, に尚, に山, に帰らね, に広島, に延長, に影, に彼女, に徳川慶喜, に忠之, に成田, に戸長役場, に文部省十等出仕, に新年, に早く, に春日寺, に林田, に検挙, に榛軒未亡人飯田氏志保, に正造, に死体, に氷川丸, に浦賀奉行組頭黒川嘉兵衞, に清潔検査, に父蘭軒, に生れた, に男, に発行, に登山, に知る, に確答, に私たち, に秋川駿三, に約, に網, に老中, に腰かけた, に自宅, に菅茶山, に行った, に行われた, に製本徒弟, に講, に起工, に躋寿館, に逼, に遠, に開かれる, に闕, に降雪, に静岡, に馳せ帰った, に點呼, のあいだ潔斎, のあくる日, のあさはやく, のおくり, のたそがれ, のところ, のひろ子, のよう, のアガリ千五百九十何円献金, の一日中, の七日竹, の両, の事件以来, の休養, の余裕, の供奉人, の内, の切符三枚買, の十一時ごろ, の午前一時半頃, の午前八時半, の午前六時半ごろ, の午後ひろ子, の午後七時, の午後六時すぎごろ, の午頃, の吉例七草粥, の営み, の報告, の夕べ, の夕方左柳高次, の夜の, の夜二時頃漁舟, の夜半みたい, の夜敵陣, の夜晩, の夜東組同心平山助次郎, の夜頭痛, の如法念仏, の対話以来, の射, の忌日, の戌, の手紙, の放送, の新聞紙上, の日付, の日日新聞, の日曜日, の早暁, の昼, の昼頃, の時事その他, の晩ファゼーロ, の暁八つ時, の月影, の月曜, の朝八時, の朝六時四十分, の朝刊, の朝築地, の朝門司, の村祭, の来た, の楽し, の正午十二時, の洪水, の済む, の濟ん, の物語り, の用, の留守, の白昼, の真中, の祓, の禁令, の節会, の粥, の航海, の藪入り, の行事, の誦経, の質問, の近所まわり, の連歌, の酉, の長, の開港以来, の間ブラ, の間天狗, の間断食, の間潔斎, の間籠伏せ, の閣議通過, の霜柱, の願, の馳走歓待, はいられず, はおろか, はそこ, はどうしても, はなる, はゴール, はセント, は三代将軍家光, は人類, は北条霞亭, は午前, は天候, は宇都宮監獄, は文化三年五月二十五日, は旧暦, は最終, は武揚等, は洲股, は濟, は祓除, は箱根, は西北, は過ぎた, は陽暦, は願いごと, ばかりここ, ばかりです, ばかりになりまする, ばかりの逗留, ばかりは晴, ばかり伏勢, ばかり存分, ばかり留守, ばかり経った, ばかり過ぎたる, ひどく暑うございましたろう, へかけた, ほどか, ほどにしかならない, ほどのうち, ほどの間男, ほどまえ, ほど一緒, ほど滞在, ほど經つて, までお, までぞ, までであった, までとか八日, までに四十四頭, までのこと, までの気温, までの言論界, まではこれぞ, までは墓参り, までもつであろう, までゐた, まで五日, まで何ん, まで四日, まで太陽雙兒宮, まで手帳, まで書かなかった, まで毎日三条西家, まで毎朝五条, まで生存, まで置い, まで開場式, もこう, もすごす, もたしか早くから, もまあ, も休んだ, も凄まじく, も待たね, も挙がらなかった, も正月, も水, も済んだ, も無事, も経たぬ, も経っ, も經つた後, も練習, も通っ, も過ぎまし, も霜柱, や三七日, や八日, ゆうみね, よき往生, より二日間, より十三日, より數日間此所, より稿, をかぎっ, をもって忌, をもって臘, を七度くり, を以てロンドン, を出ない, を取越し, を惓, を済ませ, を経, を經, を越した, を通じて朝, を都落, を限っ, ノ日曜カラ, ノ朝, 両夜, 之久, 仮馬舎, 再び任命, 初めて面会, 又, 又謁ス, 及び二十八日, 同じく頭痛, 吹く, 始めて天気, 差出, 引き越します, 待つの, 日ごろ雨, 暫しが, 某大国大使館裏, 浴び, 生国上州新田郡細谷村, 立っても, 第一次卒業試験, 第八十二機械化大隊, 第十二回公判, 経ち十日, 経った七草, 荒れ, 迄に堤防, 迄やっ, 迄受つけ, 迄日延べ, 迄留守, 過ぎた後, 過ぎてからと, 食わず

▼ 七~ (1679, 4.4%)

47 の間 26 になる 23 の夏, も前 21 の春 16 も八年 15 である, のこと, の月日, ほど前 1312 の秋 11 の二月, の冬, の十月 10 の九月, の歳月, の頃 9 になります 8 に, にし, の十二月, の後, の犯人 7 にもなる, に至る, のあいだ, の暮, の長い 6 の四月, の日本, の昔, の正月, まえの 5 になっ, に一度, に至っ, に至り, の三月, の十一月, の忌み, の生涯, の革命, を経

4 [12件] から二〇年, たって, であった, と云え, に入っ, に出版, に私, の事, の五月, の今日, の初夏, まえに

3 [17件] か, かかった, から二一年, から八年, だと, にはじめて, に始め, に歿, のうち, の事件, の六月, の初秋, の歴史, の生, は私, もやっ, を経た

2 [89件] お齢, から二一年ごろ, から六四五年, が間, たってから, であつ, でも待ちます, という年, と云う, と云っ, なり, なりと, にかかれた, になったら, になつて, にはこの, にはなるだろう, には第, にも八年, にロシア, に亙る, に京都北山甚兵衛開, に入学, に公, に出た, に出来た, に初めて, に始まる, に幕府, に彼, に文部省, に書いた, に本書, に東京, に生れた, に発行, に発表, に角倉了以, のあいだ彼, のある, のクリスマス, のメーデー, の一月末, の久しき, の二月革命, の交, の今, の作, の八月, の刑, の十月革命, の十月頃, の夏休み, の文壇, の旅, の日記帳, の日露戦争, の星霜, の春英国, の末, の東京市民, の法要, の生活, の閏三月, の飢饉, はロザンゼルス, は夢, ばかりの間, ばかり前, または八年, までボローニア, もい, もかかっ, もすれ, もの長い, も勤め, も奉公, も後, も早く, も暮した, も永い, も連れそった, も連れ添っ, や, ゐないとて, を経過, を過ぎました, 振に, 第一回

1 [934件 抜粋] あたかも日清戦争, あるいは十年, あんたん, います私, かかって, かかるそう, からここ三年, からである, からの党員, からは六月一日, からやっと, からシベリア, からジェイムズ一世, から一八, から七年半ぐらゐ, から三十餘年, から二一年頃, から二十年, から以後, から何もかも, から十二年, から十年あたり, から国内戦, から士官学校, から大正九年, から数年, から文政十二年, から歿年, から築きあげ, から終戦, から通っ, か十年, が最初, が過ぎ, ぐらいじき, ぐらいのあたし, このかた親, この地, この方眼, ごし中風, しかたっ, しか経っ, して, すなわち慶応三年以来, ずつに分け, その代地, その郷里, ただ阿波, たったの, たっても, だか, だから, だという, つづいた, つとめて, であったか, であったので, であります, でさえも, でしたが, です借金, でちょうど, では, でも待っ, でやる, で九年後, で十年, で山籠, で旧態, で船, と, という, というその, という刑, という言葉, といえ, といふ生理, とおなり, とか十年, ときざまれた, とした, として即ち, となる, とに純粋経済学理論, との経済事情, とほとんど, とも雑誌, と二度, と八年, と書い, と翌, ないし一七二一年, にあたり, にいたりまし, にお, においては松平定信, における清仏, におよぶ, にかけての事, にかけて全国, にかけて日本全国, にこの, にさかのぼり, にしかし, にしかなん, にその, につづい, にどうも, になくなる, になり, になりました, にはさらに, にはついに, にはなる, にはまた, にはコンムーナ, にはシュレスウィッヒ, にはデペエル, にはペルシア, には三男萬吉, には九十二ポンド, には二度目, には五十嵐, には伝染病, には八六ウィンチェスタ・ブシェル, には北海道, には十八年来, には原田豊吉博士, には大, には家康, には彼, には憲法, には日本, には日露戦争, には有史以前, には東方会, には江戸, には瑞仙, には畢生, には県会議員久保田某, には組合, には脩, には西部国境近く, には長崎県人副田欣一, には隼人, にもう一度, にもなお, にも一度, にも成る, にアメリカ, にウィーン, にケルン大学, にケーテ, にコーヘン, にジェミエ, にデンマルク, にファラデー, にベートーヴェン, にマリユス, にヨーロッパ, にリスボン, に一足, に三十四歳, に上演, に世界, に二十五歳, に五十五歳, に亘る, に亡くな, に住ん, に信階, に候, に六十八歳, に六道, に再度, に刊行, に別冊, に勃発, に卒した, に卒業, に即位, に又, に和田重雄, に四歳, に地借り, に大阪, に女, に孝高, に宋, に小野組, に巴里, に廃, に彼女, に愛媛県, に成つた枳園本, に戦争, に描いた, に新堀, に於, に日本兵, に書かれた, に書きあげられた, に最後, に来た, に東京帝国大学, に東南巡游中, に桂山, に横綱, に此処, に死, に死す, に比べる, に没した, に法王アレキサンドル七世, に渡辺千吉郎君, に澳門, に片桐且元, に王立研究所, に生れ, に男の子, に短縮, に竣工, に米価, に終る, に至って, に花山家, に薨去, に西瓜南瓜, に該当, に質問, に逢い, に重い, に鉄幹, に長崎, に闕本, に隅田堤, に高等専門学校女生徒, のあ, のあれ, のお, のかの, のころ, のため, のはじめ頃, のむかし, のんべんだらりと, のアメリカ, のイタリア作戦, のスウェーデン旅行, のトロミエス, のパリー, のポーランド, のレウマチス, の一冊, の一大画期, の一月, の一月十五日, の七, の七月九日, の三月あたり, の三月八日, の三月半ば, の三月革命, の両度, の九月八日, の争議, の二倍以上, の二回, の二月ごろ, の二月定明, の人, の伝染病流行, の価格九四シリング九ペンス, の修史事業, の元日, の入学, の八月二十九日, の八月十七日, の再度, の冬起稿, の出来事二三, の初雪, の前, の北条霞亭一週忌, の十一月二日, の十七日, の十二月頃, の十月五日, の十月末, の卒業生, の周期, の四方拝, の四月七日, の国家, の執筆, の夏ごろ, の夏八月はじめ, の夜, の大, の奉公, の好景気時代, の宣告, の寒冷, の小楼, の年忌, の年長者, の後輩, の御, の恐慌, の懲役, の戦, の戦役なかば, の文学, の方, の日月, の日本インフレーション, の日本社会, の日記, の春ころ, の春以来日本民主化, の春早々, の春頃, の晩春, の暮れ近く, の期月十三年, の条, の東京開成学校規則, の正月元旦, の歳, の洪水, の浮沈, の濕氣, の片桐且元, の現代, の田地, の當時, の相違, の秋ごろ発表, の秋一斉, の秋稿, の第, の米留, の経験, の結晶, の聖書, の育成, の苦学, の著書, の調書, の配所生活, の長, の長期, の間巡礼, の間彼, の間病臥, の間続き, の露国革命, の頁, の風雨, はおろか千年, はじめて小学校, はやはり, はルイ十八世, は一方, は人, は定め, は島原, は我家, は日本, は明治十八年, は書かなけれ, は江戸, は甲比丹ヅーフ, は経過, は自分, は草ぶかい, は蘭軒歿後, は西暦, は豊年, ばかり住ん, ばかり経ちまし, ほどし, ほどの間, ほどもつき合っ, ほど昔, まえ, まえである, まえには, ましましき, またテイヨ, まちつづけて, まで, までその, まででした, までに三十五, までに完成, までのベートーヴェン, までの間, までは戊辰内乱, までイギリス, まで位, まで宗祇, まで摂政関白, まで法王, まで皇帝, まで続行, まで遡り, まへ, もあの, もいた, もいる, もか, もがんばった, もここ, もその, もたった, もの間生活, もま, もゐれ, も下宿屋, も兵隊, も其前後, も勤める, も友人以上, も同じ, も坑夫, も夫婦二人, も寢, も巴里, も待っ, も手塩, も昔, も来, も洋服, も牢番, も百姓, も看護, も経っ, も続い, も臥, も行っ, も貧乏, も遍歴, も雨露, も音信, やがて二昔, よりは少なく, より一九一〇年死, より七百八十五年, より前, より文政三, より漸く, らしい, をふり, をサーカス暮し, を今, を夢, を正, を私, を経れ, を要すべし, を送った, を過ごし, を過て, 住んで, 再び手紙, 再度の, 勤めて, 即ち, 即ち囘暦, 即ち西暦七百十九年, 即安政元年, 及び一七三八年, 及び一七六〇年, 及び一八一八年, 同じく常陸國沖合, 同二九年, 実に十九世紀, 小學校課程, 帰れまいと, 我が明治二十年, 書いて, 死す, 生きて, 生れ文化十年三十六歳, 相見る, 程も確か, 立ち番入, 第百書房, 経ち今年, 経ったの, 経ってから, 続き来った, 育ったから, 若くは, 貧しい小学校長, 越し自分, 迄の間, 迄は聯合, 遂に世界的

▼ 七~ (1636, 4.3%)

44 顔を 15 家へ 14 娘が 13 前に 12 娘の, 眼に 11 一, 二 10 ために, 注意を 9 時に 8 三, 子分の 7 娘は, 家の, 眼は 6 ところへ, 娘を, 年から, 年に, 桐を, 歳に, 死骸を, 袖を 5 問いに対して, 娘に, 小娘に, 手から, 手に, 方を, 胸に, 若さ, 身分を

4 [14件] とし, ような, 可愛らしい娘, 名を, 四, 地獄第, 娘と, 家に, 年の, 手を, 時から, 桐の, 耳に, 頃から

3 [41件] あとに, ところに, ぶたか, まえに, 五, 六, 前へ, 地獄, 墓が, 墓を, 夢を, 姿を, 娘, 娘さんが, 子分お, 字が, 家を, 小僧が, 小腕, 少年を, 年まで, 御正月, 日が, 春から, 春に, 時の, 歌も, 歳から, 燭臺の, 眼の, 船は, 色の, 若い男, 言うの, 言ふ, 言葉に, 違った音, 頃には, 頭は, 首を, 鼻を

2 [124件] お園, お筆, ことは, ことを, せがれは, つく日, とき家中の, ひとが, ほうは, ように, サワリを, 三回忌で, 三回忌と, 三日間は, 下腹部を, 世話に, 中に, 主従関係は, 側に, 処女は, 前で, 前には, 前を, 口を, 名に, 名も, 問いに, 報告を, 場合である, 墓は, 声が, 声は, 声を, 大枝, 女が, 女である, 女中に, 女学生は, 女房が, 女房も, 妹お, 妻お, 娘ざかりで, 娘である, 娘盛な, 子分, 子分である, 子分に, 子分達を, 家から, 家では, 家は, 小作りな, 小間使が, 少し吊つた, 少女が, 少女に, 少年が, 年だ, 年で, 年には, 年齢にも, 幽霊が, 店でした, 彼女は, 怪力に, 意見に, 数詞と, 方から, 方が, 方で, 方へ, 日に, 日は, 時であった, 時である, 時でした, 時なれ, 時分に, 暮から, 杜鵑に, 桐が, 様に, 歌の, 歳お, 歳まで, 歳病死した, 気に, 燭臺, 片歌, 男の子が, 疑いは, 眉間を, 眼が, 矢田津世子は, 秋親の, 紙入だけは, 紙入は, 肩を, 背筋へ, 胸には, 胸は, 腕を, 腰を, 舌は, 苦りきつた顏, 衣装を, 袂を, 袖に, 言ひ, 言葉には, 言葉を, 身内で, 部屋の, 鋭い眼力, 鑑定は, 門を, 隱れ, 雨に, 頃です, 頃までは, 顔色を, 鶏の, 龕の

1 [918件 抜粋] あがって, あのころ, いうこと, うしろから, うち二〇では, おなじ話でも, お前み, お嬢さんに, お房, お歳, お祝いを, お膝許, お長屋, きょうの, ことだった, ころと, ころわたくしは, こんもり茂った, すぐ前, すばらしいあだめかしい, ずまで, そばへ, そりと, それは, つけたもの, ときに, とき上目黒の, とき大志も, とき家に, とき蝦夷開拓論を, ところ, としだった, どちらかと, にする, はいっ, はっはっ, ふたりです, ほうが, まえで, まちげえ, むかしより, やうな, やつと, ようよ, をもう, オヤジの, オヤジは, クロイツァー・ソナータゲルラートの, ジャケット姿の, ニキビだらけな, ニンフェは, ベルン人の, モテルに, ランプは, 一と, 一方の, 一月三日暹羅皇太子が, 一行三人と, 三人を, 三以下等, 三句が, 三角点が, 上に, 下女は, 不動尊の, 不孝の, 不良少女に, 両名, 中で, 中年増であり, 久枝十三の, 乙女, 乙女の, 二の舞を, 二人きりで, 二千七百万円, 二箇大隊で, 云い立て, 五倍の, 五月だつた, 亡霊告げ, 人物を, 今の, 今年二十六年の, 代に, 仮名は, 住居で, 何にも, 作って, 係り合いで無かったので, 側を, 傳言を, 像を, 兄貴にも, 光の, 内から, 冒涜的な, 処へ, 処女なる, 処磴が, 出る時, 出生の, 分量に, 切り札は, 刑死せられた, 初陣に, 刺された場所, 前半である, 北涼録四の, 医者久庵思つた割にを, 十手は, 厭がらせな, 口, 口から, 口吻には, 叫びであった, 可哀そうな, 可愛らしい女の子, 可憐な, 右隣には, 同じよう, 名は, 呼名らしい, 唇は, 問の, 問は, 喉を, 喜びだ, 嗄れ声, 器量の, 図書館網に, 國を, 地獄に, 地獄盡くる, 執拗さに, 墓に, 墓まいり, 壮齢で, 声などは, 夏帰省しました, 夜釣りも, 大学生に, 天は, 奈落の, 女, 女であった, 女に, 女の子に, 女は, 女中と, 女中につき, 女心が, 女房の, 女郎が, 如何にも, 妹が, 妹だ, 妹娘でございます, 妹邦子とを, 妻女は, 姉は, 娘ざかりと, 娘たちが, 娘だ, 娘であった, 娘については, 娘心は, 娘葉末と, 娘達であった, 婢どんが, 子供ぢや, 子分が, 子分亀吉, 子分共に, 子分達で, 子分達も, 字の, 宅へ, 守袋に, 家, 家さ, 家でした, 家へも, 實家まで, 寿宴を, 小さい中学生, 小人が, 小僧の, 小女が, 小娘が, 小娘で, 小娘としか, 小婢, 小意地, 小間使いが, 少女で, 少女一人は, 少年であり, 少年とは, 少年には, 少年ばかり, 少年俳優に, 居るの, 屍を, 峰の, 峰を, 工場, 己を, 帯には, 平一郎とは, 年だった, 年であった, 年ダブリンの, 年世にも, 年少な, 年法律学校を, 年配を, 年頃だった, 弟で, 張りめぐらした, 役で, 後ろには, 後を, 後半である, 得意さうな, 復命は, 心の, 心理を, 怠慢を, 恐怖と, 想像以上に, 意地の, 愛くるしい娘, 愛嬌には, 懷ろ子で, 懺悔であった, 戦災孤児の, 戸を, 所業誰憎まぬ, 手で, 手のひらに, 手は, 手前を, 手当を, 手錠に, 扮装を, 持って, 指が, 指した中庭, 指圖です, 掌へ, 携えて, 支部と, 放言が, 敏子さまという, 教区の, 数に, 敵では, 断髪娘は, 方なら, 方に, 方は, 旗色は, 日と, 日を, 日十の, 日墓参, 旦那さんの, 星は, 春ごろから, 春であれ, 春なりけり, 春なりし, 春の, 春よ, 春小林多喜二氏の, 春父が, 時, 時お, 時だ, 時で, 時です, 時まだ, 時上野の, 時両親に, 時元服の, 時分を, 時家の, 時強制結婚を, 時江戸へ, 時獨逸を, 時蜀の, 時雄之, 普段を, 暮までの, 最も小さい, 最初の, 望み通り主人の, 来たの, 枕もとへ, 桐に, 植ゑた杉苗が, 様な, 樣子に, 横顔へ, 欠伸を, 正平が, 正月が, 歳の, 歳女専の, 死にやう, 死んだ話, 死骸に, 死骸は, 死體を, 段より, 母者が, 気の, 氣に, 注意は, 浮気筋を, 海老および, 溜めつ振り手代良助, 焔の, 無経験, 燈は, 燭臺より, 父に, 片手に, 物思い, 独身の, 獨り, 琴の, 瓜実顔の, 生徒で, 生首を, 田舎娘です, 申年である, 男で, 男という, 男子, 男盛りで, 町娘も, 留守中に, 異議で, 疑いを, 白面でしか, 盛りを, 直義, 相方に, 眉目うるわしい, 真珠の, 眼には, 眼を, 眼色を, 着付も, 石屑の, 石碑の, 砲台が, 碑を, 神経は, 私たちは, 秋に, 秋には, 秋家を, 空嘯く前, 笛は, 粗野な, 素姓を, 紳士, 組, 綺麗な, 縁日に, 縄は, 縛つた時松と, 縮み上がった顔, 罪なり, 美しい女, 美人である, 美少年, 義兄と, 老人だ, 老人である, 考えは, 耳にも, 聖式なり, 肚は, 背の, 背戸の, 胸の, 腕が, 腕へ, 腹切りです, 臆病らしい, 自分の, 良い年増, 花の, 若々しい顔付き, 若いみそら, 若い女, 若い者, 若もの二人共元服した, 若帝, 若武士, 若殿な, 若者だった, 若者と, 若衆が, 苦い顏, 苦笑する, 茶汲み, 菩提を, 萎れた姿, 處へ, 血の, 血統を, 衣装あたしに, 襟に, 見て, 見込みも, 親の, 親父の, 言うよう, 言ったこと, 言つた, 言葉が, 訊問から, 記憶は, 詞, 話といふ, 話を, 誤又, 調にて, 調べに対して, 調子には, 調子は, 調子をも, 謎を, 賀宴を, 賜と, 賢しき人等, 足どめを, 足もとは, 足を, 踊の, 車が, 軽い液体, 輪これに, 迷いは, 通りで, 達者さうな, 遠い雪國, 遭難, 部屋へ, 配下に, 酔って, 野郎の, 鑑定通り吉見と, 長火鉢の, 間を, 間拔けさを, 間違いから, 防寨が, 際には, 雑の, 青年と, 青年紳士も, 青春の, 音が, 頂の, 頃ああ, 頃である, 頃と, 頃に, 頃近くの, 頬かむりを, 頭と, 頭も, 額にも, 額へ, 顔いろ, 顔である, 顔とともに, 顔に, 顔の, 顔も, 風采の, 養女に, 首という, 馬車は, 骨は, 骨箱を, 魂が, 鶏舎から, 黐竿に, 黒五郎だ, 鼻さきを, 鼻の, 齢から, Pの

▼ 七~ (1207, 3.2%)

28 の男 20 の子供 19 の花嫁 17 の者 14 のうち 13 の中 11 の小人, の敵 10 の客 9 の女 8 が七人, の同志, の子, もある 7 である, でした, の人, の仲間, の娘 6 の家族, の武士, の男女, の異体 5 であった, の, の兄弟, の名, の命, の妾, や八人

4 [13件] か八人, だ, です, のもの, の人影, の囚人, の大, の女の子, の女房, の村人, の生命, の生徒ら, もの子

3 [17件] あるん, だった, になっ, になりました, のかたき, のなか, の口, の名前, の子供たち, の子孫, の少年, の正月神, の水夫, の異様, の若い, の警官, 揃って

2 [75件] あれば, かたまって, か十八人, が一緒, しかいない, しかいなかった, しかない, だけは用, では, というの, となった, と云, になった, のお, の乗客, の井戸, の人夫, の人達, の人間, の公卿, の墺太利人, の大臣, の天, の天女, の女たち, の子供達, の子女, の家来, の小さな, の小勢, の少年たち, の店員, の影, の影武者, の御, の所名前, の手下, の旅人, の旗本, の火星人, の生徒, の男たち, の男達, の看護婦, の真中, の童子, の美女, の者ども, の聴取書, の肉親, の花嫁誘拐, の足音, の踊り子, の農夫, の連絡係, の部下, の青年, の顏, の顔, は, は誰々, まではきっと, まで取殺す, もいた, もの人間, も一度, も八人, も続けざま, も集つて色々, も雇, も頼ん, 居て, 居る, 抜きつれて, 贈るべし

1 [676件 抜粋] あっても, あつしの, あつまつて, ありますが, あり私, あるけれど, あると, いさましくも, いそいそと, いた, いた女中, いて, いました, いますぜ, いやそんな, いること, いるほか, うなって, おなじよう, お囃子, かかろうとも, かがそれ, かの島, からの子供, から連名, か九人, がいた, がげんかん, がすべて白衣, がぞろぞろ, がペレール, がボルドー, が一, が一組, が七人とも, が三月, が互に, が今夜, が代官所, が切腹, が十三夜, が占め, が寝る, が山伏, が彼, が急死, が手, が打, が揃, が旅費, が潜行, が火, が甚七, が目, が真田兄弟, が糊, が縱横, が肚, が随, が黒柄九尺, が黒部川, ききぬ少女子, ぐらいナルホド, ぐらい申込, こっそり寝室, この二藩, この小使, しか残っ, しか注文者, すぐに, ずつ一団, ずつ連れ, それで一番上, だか, だかの, だが, だけだった, だけになつ, だけの子, だけの業, だけは残った, だけ福島, だぜ, だつたかい, だッ, って本当に, で, であつ, でありましたから, であること, であるとは, である房, であッ, でしたが, ですよ, でな, でタラップ伝い, で一人, で三人, で吉宗, で四箇条, で居た, で後, で我物顔, で抜錨, で石川啄木, で諸君, で飲み, と, とある, という女, という尨大, という数, という様, という窮状, といえ, といふ大勢, とかしかお構い, としましてこれ, とでそんな, となる, とはひどい, とは何ん, とは多分, ともすでに, とも上着, とも棒, とも途中, とも雨, とも首, と三人, と云々, と六人, と屯, と朝鮮人八人, と混雑, と独逸人一人, と私, どころか百人, どやどやと, ながら心, なの, なりと, にて充分, になり, になります, にのぼっ, にふえた, にもなつて雑居寝, にもなり, に中った, に再会, に増加, に対してちょうど, に対する公儀, に減じた, に減じられた, に爵位, に買っ, に過ぎず, に過ぎない, に達しました, に限らず, のあ, のうち五人, のおれ, のお前, のかげ, のかたがた, のきょうだい, のしかつめらしい, のそうした, のならず, のにせもの, のはず, のみが生きた, のやつ, のタクシー運転手, のドイツ, のペルシア詩人中, の一ヵ月分, の上気, の乾児ども, の交渉委員, の人数, の代表者, の位置, の保証人, の修道女教員, の健康, の働き, の兄妹, の児持ち, の八卦見たち, の共同事業, の兵, の兵士, の内, の処女, の凶暴, の出現, の剽盗, の労働者, の十七人目, の博士, の友人たち, の同役たち, の同族, の同胞, の向う側, の喇叭手, の囚人もろ, の増加, の士, の壮士, の大将, の天使群像, の女中, の妓生, の妖女, の姉妹, の姓名, の姿, の娼妓, の子ども, の学生, の家内, の家臣, の家臣たち, の将, の小さい, の小人たち, の少年捜索隊, の少年探偵団員, の居た, の屈強, の屍体, の山伏, の工場労働者, の工女, の左, の幼い, の幼児, の弟妹, の弟子, の当選, の復辟派, の怪物, の患者, の悪党, の感動, の戒名, の持ち, の捜索隊員, の教正, の新聞記者, の方, の方々, の暗がり, の曲者一団, の有名, の末葉, の止宿人, の歩哨, の歩役, の死体, の殖民地行, の殺人事件, の母親, の法王庁分担, の泥棒, の浪人, の浪藉者, の淑女, の深草, の漁師, の漁翁, の爆屍体, の犠牲者, の狂態, の生きてる, の生血, の男世帯, の番士, の異人, の異形, の直接関係者, の相手, の相馬, の祖師, の神父, の糊口, の罪人, の義人, の老人, の肉親たち, の腰元, の自分, の舞女, の船員たち, の芸者, の若者, の裾袂, の親指, の親類たち, の親類たちはじめ, の謀叛人, の豪傑, の負傷者, の起居, の身, の身の上, の近親者, の追っ手, の遊芸人, の運命, の遠い, の遺族たち, の野郎, の長, の間, の陪審官, の雄大, の雛妓, の露命, の頭, の首謀者達, の駻馬, の驃騎兵, の黒い, はあぶれる, はあるだらう, はあろう, はいた, はいる, はおりましょう, はことごとく, はこれ, はすぐ, はその後, はつい, はひと口, はへい, はほんとう, はまんまと, はゴンクウル, は一楼, は一瞬, は不思議, は会津, は偽物, は同年七月二十日, は塀, は大丈夫, は実験, は少し, は尽く, は巴里, は廊下, は従者, は息, は教授, は早く, は無, は牢死, は皆, は直ぐ, は睦, は肩, は蓙, は蛇, は行く, は譯, は負傷, は遠島, は部屋, は金魚, は食べ終った, は鮨詰め, ばかりで, ばかりの, ばかりの人たち, ばかりの外務省, ばかりの男ども, ばかりの馬乗り, ばかりを頭痛膏, ばかり上陸, へんな, ほどの刑事, ほどの従姉, ほどの男, ほどやって来, ほど打ち揃う, ほど散らばっ, ほど討死, ほど黒ん坊, まえの, または八人, また洞中, また潜行, までかく, までも喰い殺しました, まで少女たち, まで数えました, まで數, まで雄, むくむくと, もあったでしょう, もあり, もあろう, もいます, もお, もお供, もこの, もとき, ものおお, ものお客さん, もの社長重役, もの糊口, もゐる, も一人, も並べれ, も十人, も咬まれた, も子供, も思はず, も怪我, も持っ, も棒立ち, も泊っ, も皆それぞれ, も逢っ, も重なり合っ, も集まつ, やられて, よ, よくろんぼ, をこの, をそのまま, をはじめ, をひきつれ, をよく, を一組, を乗せた, を五倍, を受けとり, を叩き斬った, を召さる, を定, を容, を対手, を引っ, を従え, を得, を斬っ, を斬りし, を松葉, を殺し, を生ず, を贖い, を選出, を順々, ズラリ枕元, 並んで, 乗った小舟, 何やらがやがやと, 傷つけたこと, 入って, 全く違つた心持, 共に誅, 助教, 取り殺すゆえ七, 始めて, 寄って, 居並び楽屋, 後十人半, 必ず別れ別れ, 怒鳴って, 悉く敢ない, 押しかけて, 持てる七人, 暮せないこと, 来て, 死んだその, 殺したの, 殺すと, 殺せば, 渡る舞衣, 程の定, 程も乱暴そう, 程人, 立てこもったなら五十人, 腰かけて, 行くえ, 行く孃子たち, 通るを, 集って, 集まるの, 集めて, 頻に

▼ 七~ (1055, 2.8%)

70 の時 45 になる 37 にし 28 のとき 26 であつ 22 の頃 19 になっ 15 である, の少女 13 であった 12 になった, の少年 11 の年 10 で歿 9 のころ 8 の娘 7 の女 6 だった, で死んだ, になつ, になり, の今日, の夏, の春 5 であったが, のお, の私, の青年 4 か八歳, で, になつて, になります, に至る, の若, の若者

3 [17件] だから, であったと, であるが, で世, で初めて, で妻, で結婚, となる, と云う, の女の子, の彼女, の御, の折, の秋, の童子, の若い, の長女

2 [49件] か, から十三歳, から十歳, くらいで, ぐらいで, だつた, だと, であること, でお, でしか, でしたが, です, でその, では, で彼, で臨んだ, で関ヶ原, と七カ月, と二十五歳, と四歳, にお, にしかならぬ, になられた, に成る, に達した, の, のとき父, のみが持つ, のチェーホフ, のブランキ, の人, の初夏, の天野大助, の子供, の彼, の日吉, の時母, の時江戸, の男, の男性, の童児, の自分, の花盛, の菊, の長寿, ばかりの男, まで, までの子供, や八歳

1 [457件] あの頃, あぶらの乗つたさかり, あほう, ええこの, お店, お歳上, かと思ったら, かと見える, からは何, から三十三歳, から三十八歳, から二十一, から二十一歳, から二十二三歳, から二十歳だい, から六十三歳, から十二三歳, から十八歳, から四十歳, から夜, から大学, から戦場, から習作, から遊廓, か八歳頃, か六歳, か六歳ぐらゐな, が末, くらいだった, くらいであった, くらいのかわいらしい, ぐらい, ぐらいからあの, ぐらいから絵, ぐらいな, ぐらいにしか眺められず, ぐらいになる, ぐらいの作, ぐらいの時, ぐらいまでのみすぼらしい, ぐらいよ, さ, じゃが, だ, だそう, だったそう, だったので, だった作者, だつたが, だね, だ五歳, であ, であったころ, であった今, であった母親, であって, であらう, であり少年, であるため, でいらっしゃいました, でこの世, でこれ, でございます, でございますから, でございます豐, でした, でしたから, でしたし, でしたろう, ですでに, ですもの, での出陣, でもあろう, でよめ, でインド, でエンジナー, でブルム襲撃, でルムフォード伯, で二の丸火の番六十俵田口儀三郎, で二十歳, で二百石八人扶持, で二高, で亡くし, で亡くなっ, で亡くなった, で京都, で允成, で入学, で八月十一日, で卒, で同じ, で変死, で大丈夫博士, で夭折, で始, で左眼, で席, で徒刑場, で御座いました継子, で懐中, で或いは, で戦, で文学者, で日本, で早く, で最初, で最近病臥, で次男, で死なせた, で死刑, で死去, で母, で父, で牢死, で病死, で發つて今年四十餘歳, で真白い, で眠る, で米國, で終る, で美貌, で色, で花婿, で若死, で薨, で詩, で述懐百首, で退位, で逝き, で遊蕩, で邑, で關ヶ原, とある, という, というこの, というの, という体, という若い, といえ, といふ若, とかけと云う, とかでアメリカ, として推算, とする, とすれ, とその, とで結びつく, となっ, となりました, となれる, とはいい, とはどうしても, とは誤写, と三十二歳, と仮定, と実子千寿王, と言っ, と言ったら, などといふ年ごろ, なのに, なりき, なるが, なる方, に, にあたる, にかけての頃, にしかならない, にしかならなかった, にしか見えない, にする, にて死す, にて落飾, にて逝けり, になりし, になりまする, になれ, にはあの, には特に, にもなっ, にもなった, にもならう, にもなり, に弟, に当るべし, に成っ, に相成りまする, に至つた時, に達し, に還った, のあだめかしい, のあの, のおその, のおぼろ, のおり, のおん時, のこと, のころ私, のすらり, のその, のそれ, のときここ, のときカンヌ, のとき一家, のとき原子核, のとき宮中, のとき家, のとき弁護士, のとき強制的, のとき旅, のとき東京, のとき病死, のとき米俵, のとき自殺, のひと, のむかし, のわが子, のイレーヌ, のエレナ・ゲルハルト, のオス, のコムソモールカ, のセラフィモーヴィッチ, のソホー老人, のトルコ王, のニューラ, のハイドン, のマリア, のメルリン, の一七二三年フイラデルフイア, の一八二五年, の一少女, の一軽輩, の一輕輩, の三木三郎, の世代, の中学生, の中小姓, の中老人, の久高氏, の事, の五月, の人妻, の人生, の伸一, の保吉, の信二, の働く, の八, の六丸殿, の六男, の冬, の処, の出陣説, の分別盛り, の初, の初春, の初歩, の初陣, の劉禪, の十二月はじめ, の可愛らしい, の名誉職, の哀れ, の四万吉, の四月, の四月八日, の四郎, の坪内逍遙先生, の堂々たる, の増田屋金兵衞, の壮齢, の夏頃, の大変, の大変美くし, の大将バルダク, の天才少年, の女の子一人, の女子, の女学生, の妙齡, の妻, の妻木右, の嫡子小太郎, の嫡子瑞長, の子, の子ども, の子供達, の孫娘, の実業家北沢栄二, の小, の小冠者, の小次郎, の小粒組, の小谷さん, の少, の少女なほ, の少年北畠顕家, の少年時代, の山家育ち, の山陽, の市郎, の年上, の年少, の年紀, の年長, の幸徳, の幼児姦, の幼児達, の幼女, の幼童, の弁次郎幸村, の弟, の弱冠, の成年男子, の成熟期, の我, の折り, の折参戦, の新年, の日, の明, の春琴, の時入門, の時分, の時大王, の時彼奴, の時汝, の時没落, の時父, の時病, の時観音様, の時遊廓, の暮れ, の末娘, の朱桓, の村童, の桃青, の棠, の棠軒, の正月, の武家, の母, の母曾能, の求馬, の独身, の独身者, の獨身, の生命, の男の子, の男子, の眼, の祝い, の祝い着, の竜女, の童, の絵, の絹子, の総, の罪, の美, の美少年, の美男子, の美麻奈姫, の老, の老人, の老年, の老齢, の聖ベネディクト, の肉体, の胸, の自画像, の舞妓, の良人, の良人たち, の良平, の芸者, の若々しい, の若年者, の蓮子, の蘭軒, の記念, の詩, の話, の諸, の越前守大岡忠相, の身体, の追憶, の鈴子, の鈴木さん, の鈴木千七郎殿, の銓, の鍛冶屋, の雲霧, の青年福沢諭吉, の頃東京土産, の頭, の高齢, の鶴子, の鶴松, はや老, は二十六歳, ばかりで, ばかりなる, ばかりにし, ばかりになる, ばかりのうらわか, ばかりのしのぶ, ばかりの女の子, ばかりの婦人, ばかりの孫, ばかりの寺, ばかりの男の子, ばかりの男児, ばかりの道化小僧, まだまだこれからと, までこの, までにお, までに御, までのあいだ, までの作品, までの壮年期, までの少年十数名, までの男児, までの間, までは席, までを青年級, までカランド, まで五枚也, まで勤め続け, まで十年足らず, まで完全, まで現, まで眼鏡, まで童貞, も年上, よりぞ手習, よりもずっと, より三十九歳, より三十歳, より前, より十三四歳, より十八歳, を一期, を以て五百, を以て歿, を厄年, を迎へた時, を頭, デ喜寿, ノ今, ノ今日ニナリ, 出戻って, 無論の, 第六, 若かった, 迄に向う, 迄はただ, 長三歳

▼ 七~ (851, 2.2%)

42 の娘 24 の女 18 の頃 17 の若い 13 になる, の少女 12 の男 9 でせう, の小娘 8 の少年 7 のまだ, の美しい, の青年 6 になっ, の小柄, の色 5 といふ, に, にしか見えない, に見える, の典型的, の可愛らしい, の大, の良い

4 [12件] である, でもあろう, にもなるでせう, のお, のこれ, のチゴサン, の好い, の小, の時, の素人, の美人, の色白

3 [16件] で色, とも思われる, とも見える, どうかしたら, にもなるでしょう, のきれい, のすっきり, のよく, の三月, の両日, の島田, の年, の水, の若, の若者, は

2 [54件] か, から三十, から二十, が立つ, だから, だが, だつた, だと, であらう, であるが, であろう, でご, にしか見えません, になり, になりました, に見える老けた, の, のいい, のお嬢さん, のしなやか, の丈夫, の上品, の中年増, の代, の侍, の前, の古道具屋, の大きな, の女の子, の女中, の女学生, の如何, の婦人, の小綺麗, の少し, の平凡, の年増, の年配, の年頃, の弟子, の房州女, の書生, の武士, の武家, の滑らか, の痩, の美, の背, の脂, の青白い, は必ず, らしい, をかしら, 一寸良い

1 [403件] あ, あるいは十八, あんな老人, いい男, おいて, かしら, かとみえる, かとも思われる, かとも見える, かと思った, かと思われます, かな, かまあ, かまだ, かも知れぬ, から二十ごろ, から二十そこそこ, から二十四五, から二十歳前後, か三十前後, か眦, が真冬, くらいかと思った, くらいで, くらいであろう, くらいの娘さん, ぐらいで, ぐらいな女, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいには化かす, ぐらいに見える, ぐらいに進ん, この二人, こんなの, じゃ, すごい別, ずつも実った, そういう武士, そろそろ秋風, だったかの, だったろうその, だって, だね, だらうと, だんで, つら構え, であったから, であったらしい, であった父, であまり, であろうが, でいや, でこの, でござんしょうかな, でしかあるまい, でしかも, でしたが, でしたらう, でしょう, でしょうか, でしょうかね, でしょうが, ですから, でその, ででもござりましたろう, ではない, でもありましょう, でわが子, で君, で女房, で容貌, で小説, で帳つけ, で手痛い, で撫子, で整った, で書き始めた, で片耳, で男勝り, で盛り, で眼, で眼鼻立ち, で美, で美しい, で翠, で翠袖紅裙, で若い, で見た, とある, というおばあさん, というところ, というの, というよう, という時代, という腕節, といったところ, といふ中老, としか見えぬ, とすれ, とながめられた, となってる, ともみえる, とも二十歳, と三カ月間五百円, と五十二三, と五年, と四つ, と思える, と殆, と経ちました, と見え, と見えし, と言っ, と言つて, と途中, と随分, なるべきか, なるべし, におなり, にし, にしかならなかつた, にしか見えぬ, にてかっきり, になった, になつ, になりたい, になりましょう, になりもやせん, になるだらう, になるらしい, になろう, にはなっ, にはなるだろう, にはなるでせう, には手痛い, にもなった, にもなつて, にもなれ, にもなろう, にも成りましょう, にも見える, に居るべき, に成る, に王舎城, に至る, に見え, に見せ, に見せる, に通じる, に過, ねんもさき, ねん目, のあどけない, のあの, のいやらしい, のういういし, のおとなしい, のおふくろ, のからだ, のかわいらしい, のこざっぱり, のころ, のすらり, のその, のそれ, のちょっとした, のちよい, のぬれ, ののっぺり, のべっぴん, のまたたび姿, のまるまる, のアルメニア婦人, のクリーム, のゴーリキイ, のポチヤポチヤ, の一寸, の一寸顔立, の三カ月, の三日間, の下婢, の下町風, の不器量, の不良中學生, の不良少女, の世帯, の世馴れた, の両島合し, の両年, の中, の中僧, の中間, の乞食, の二ヵ月, の二日間, の二月, の五十六, の人, の人形, の他, の何處, の供, の優形, の共産兵, の内儀, の分別者, の初心, の別嬪, の削げた, の前髪, の前髪立, の品, の商人体, の喰, の四か月, の四ヶ月, の垢抜け, の報告, の多血質, の大きい, の大輪, の太った, の女毎度馴, の女給, の如く, の如何にも, の姉樣, の娘さん, の娘人形, の娘盛り, の娘風, の婀娜, の子供, の実業家, の小さく, の小づくり, の小倅, の小僧, の小僧ひとり, の小冠者, の小女, の小姓, の小意気, の小男, の小肥り, の少女出, の少年時代, の島田髷, の年増ざかり, の引きしまった, の文治, の新造, の時分ひと, の材木屋, の桃割, の桃色縮緬, の正直, の死, の殘, の気持, の氣, の浪人, の浪人者, の浪人風, の淋しく, の澁, の父, の狐, の猫, の田舎娘, の痩せぎす, の白く, の百合花, の盛岡, の盛装, の目鼻, の盲目, の眉, の眞四角, の眼, の社員, の私, の立派, の粋, の粗野, の精悍, の紅裙翠袖, の素直, の綺麗, の美くし, の美貌, の老, の老人, の肥えた, の肥った, の臆病, の至つて平凡, の與吉, の花, の花嫁さま, の芸者衆, の若旦那型, の若旦那風, の若者揃い, の若衆, の苦みばしった, の苦味, の薄汚, の薄汚い, の藝人, の藤さん, の血気盛り, の血色, の見にく, の親父, の詩人的人物, の講師, の身分柄, の農家, の逞しい, の遊人風, の達, の達者, の醜い, の金髪, の長春, の陰氣, の青年二人, の頃一番町, の頭, の顏, の顔形, の馬面, の騎士, の髪, の髭, の髯, の髯跡, の麗しい, の鼻, はマチネー, は外交, は官, は男, は皆, は福, は菅原道真, は通じるであろう, ばかりと見ゆる, ばかりのほそ, ほどの女房, ほぼ兵馬, まず生じ, まだ三十, まだ子供, まだ小娘, までかく, までは何, までは大抵, までは日本, までは罪人, までは自家, までは虚偽, まで人為的, まで嫁, まで尽く, まで来たるべき, まで職業, まで迷信, まで銘々見込, まで面白, もう一遍, も並んだ, も遣るし, やっと女, より五人組, より五人組七人組, より第, らしいその, らしい髪, らしくすべすべ, を参照, を売っ, を知り, を頭, 並ぶ者, 並んで, 乃至二十四五歳, 又は三十位, 大町人, 少しの, 少しのっぺり, 恐らく相, 止める, 立てるのみ, 細い口髯, 縮れ髪たっぷり, 置いても, 老けて, 詰めたボール箱, 迄は其等, 迄職業, 遅くとも二十ごろ

▼ 七~ (569, 1.5%)

12 になる 11 の汽車 6 を過ぎ 5 から十時, か八時頃, だ, だと, になっ, に起き, を打つ 4 である, にはもう, のバス

3 [16件] から九時, から八時, から十二時, から夜, だった, であった, というの, といえ, にね, に夢, に着いた, に起きる, のところ, の列車, の急行, を打った

2 [36件] から夕方, から開く, か七時半, すぎて, すぎてから, だよ, と云え, にここ, になった, になったら, になつて, になり, には家, には眼, に二人, に五分前, に出る, に出発, に十五分前, に始, に宿, に床, に近い, の夕飯, までの間, まで正午出, を廻っ, を打っ, 少し前, 少し過ぎ, 起き, 迄としてあります, 迄四時間, 近し, 過で, 過に

1 [373件] からある, からお待ち, からけい古, からさち子さん夫婦, からのプレ・スコ, からの三四時間, からは厭, からひらかれ, からゐる, からロケ, から一分の遅刻, から一時半, から七時十五分すぎ, から七時十五分のあいだ, から七時半, から二件, から二時, から仕事, から八時半ごろ, から八時頃, から凡そ五時間, から初めて, から前々日, から十一時, から午後七時, から午後五時, から友達, から嘉川在, から川谷さん, から放送会館, から新, から晩, から朝, から深い, から無電台, から第, から芸術座, から蘆, から行く, か八時, か六時五十分ごろ, がタピオカ二百五十瓦飴十五瓦, が八時, が夕めし, が廻る, が打ちました, が打っ, が鳴る, きっちりに, さよならありがたう, しまい日曜, じゃない, すぎからかゝり, すぎたばかり, すこしまえ, すこし過, すこし過ぎ, だから, だぜ, だったな, だったよ, だつた, だなア, だ成天閣, だ美人, だ驚いた, ちかくなった, であったが, であるが, である何でも, である自分, でございますから, でした, でしたが, でしたタクシー, です, ですが, ですもの, ですよ, です旦那, では, でもトワイライト, で一番, で二分, で止っ, で貨物, といふ時間, といへ, とうっ, となっ, となる, となれ, との間, とキチン, と三時, と八時, と夕, と見通し, と追, ならでは, に, にい, にいよいよ, におき, にくり上げ, にさえなった, にしか始まらない, にしましょう, にちかく, にならん, になりました, になんなんとす, にはかならず, にはすでに, にはどんなに, には一同洞内, には六皿, には出かけよう, には安房, には必ず, には朝食, には目, には警察, には警視庁, には起きた, には鰻, にまだ, にめし, にもならない, にもなり, にアガり, にイワン・フョードロヴィッチ, にサーッ, にハネ, にマルセーユ, にミス, にモミヂ, にヤカン, にランチルーム, にリオン停車場, にルパン, に一分前, に三十分, に三十分余り, に下山, に両, に主人, に乘つた俥, に伸子, に使, に内藤理学士, に出, に出帆, に出来上り, に出立, に出頭, に切り上げ, に到着, に北沢, に十四分前, に十文字峠, に垂んとす, に売る, に変装, に夕食, に大原, に大阪, に天売, に奇怪, に女中, に始まる, に婆さん, に学校, に完成, に室, に寝る, に峠, に市場, に帰っ, に帰った, に帰る, に帰宅, に帰社, に延子, に当る, に当直, に彼, に待ってる, に御, に我々, に捲き込まれた, に探偵, に放送会館, に新橋, に日比谷公園, に書, に止まつ, に渋谷公会堂, に渋谷区, に点呼場, に熊笹, に熱い, に犯人, に目, に目ざまし時計, に眼, に磯崎須美子, に礁湖, に神奈川県下, に紅色ダイヤ, に終り, に絶息, に腹, に茶, に賄, に起きた, に起きりゃ, に起され, に起された, に起される, に越ヶ谷, に近う, に近かっ, に邦楽座, に配達, に野営地, に錨, に門, に開場, に開封, に間に合う, に雪, に飛び起き, に飯, に鳥山駅, にPCL, のとき, のアペリチフ, のニュース, のメトロ, のラジオ・テレグラム, のラヂオ, の予定, の交代, の低唱弥撒, の印象, の地下電車, の太陽, の往来, の授業始め, の摩擦, の時報, の時計, の朝食, の為, の発車, の終列車, の者, の薄暮, の閨, の頃, の顔見世, はもう少し, ふたたび不, まえで, まづい, まで, までが成子, までに, までにし, までにはどうしても, までには帰っ, までに三人, までに停車場, までに割引, までに帰れます, までに持っ, までに是非, までに書記局, までに東京小石川, までに行けます, までに集る, までに魚, までのあいだ, までのその, までの入場者, まではトロコ, までは二時間, までは睡っ, までは腰, までやり, までヒルネ, まで一時間自修, まで今, まで作業, まで働きました, まで働く, まで冬, まで多門老人, まで大, まで寝つ, まで彼女, まで待っ, まで御, まで御在, まで書かせられる, まで熱心, まで燃えつづけ, まで社, まで許可, まで遊ん, まで防空演習, も八時, も好い, よ, より, よりプレイバック, よりボズネシェンスキー, より十時, より放牧塲, より新橋太田屋, より相, より硫黄, をうちかけ, をうちました, をうった, をうつ, をすぎ, をちよ, を余程, を告げた, を報じました, を少し, を廻った, を廻つて, を打つた, を指し, を過ぎし, を過ぎる, 再び港, 名残惜しい野営地, 在英日本人, 少し過ぎた, 廻つたん, 起きたまに, 起きで, 起きる, 起き徳山, 起き新, 起き癖, 起き相当, 起き近郊ロケ, 起き食事, 迄, 迄か, 迄で切り上げ, 迄といふヘン, 迄やり, 近い, 近い頃, 遅からず, 過から, 過ぎてから, 過ぎにみんみんの声, 過てであった, 過の, 過パリ, 過停車場前, 過床, 過清水氏, 過祖母, 過神戸港出帆, 開け

▼ 七~ (448, 1.2%)

13 なって, なつた 10 なる娘 6 なります 5 して, なるの, なるまで, むかって 4 なったばかりの, なつたばかり, なるお, 別れて 3 しても, なったばかり, なる, 出て, 眼配せ, 睨まれて

2 [31件] あつた村, ぐんと背中, しては, なった, なったとき, なったの, なった時, なりますが, なるが, なると, まかせて, よく逢う, 供を, 催促され, 全部を, 嚇されて, 墨吉之浅沢小野乃加吉都播多衣爾須里着将, 声を, 手柄を, 挨拶し, 挨拶した, 案内させ, 注意され, 渡して, 眼を, 見えて, 見て, 言わせると, 訊くと, 連れられて, 頼んで

1 [290件] あばかれて, あやまった, ある人, いつそ, いづ但し, いわくある, いわく元日より, おこの, おなり, おなりなさる, おなりに, おわしける時, かかろうと, かの怪声, かまを, さうまで, ささやいた, さんざん油, してやられて, してやられては, しみじみ云われ, しようそれ, しろまた, し伴大次郎, すぎないの, すぎぬ百合殿, すり付けて, そして最後, そして最期, そっと渡した, そつと, その図, その図説, その尻, たった一つ, ちのあさから, なったお, なったからね, なったころ, なったという, なったぶよぶよ, なったら一本, なったろうが, なったわけ, なった今日, なった娘, なった年, なった美丈夫, なっても, なってるが, なつたら, なつて, ならせたま, ならなくては, なられて, ならんと, なりお, なりこうして, なりし寡婦, なりましたでございます, なりましたので, なりましたエエ, なりますまで, なります器量, なり候寡婦, なり平安朝, なるきりりと, なるこの, なるだが, なるまでは, なるらしい小, なるん, なる今, なる今日, なる会社員, なる出来たて, なる大家, なる女, なる女中, なる女房, なる婆さん, なる子, なる少年, なる弟さん, なる忰, なる来年, なる次男坊, なる母親, なる滅法, なる男の子, なる相沢, なる美しい, なる老, なる老人, なる野上一郡評判, なる長男, なれば, はなつて, はなつても, ひやかされた, ふまるな, へんな, みせた, むかっては, や, やり込められました, ツナガリが, 一目会い, 上げ力漕, 与えて, 主人妹お松を, 事柄を, 云い付けられた, 云う, 云った, 五加が, 五郎八という, 今夜の, 会釈し, 会釈した, 伴れられ, 似たよう, 余計な, 依頼した, 催促される, 入って, 入れた型染紙, 八坂入, 出づる鷲, 出逢った, 初めから, 初会惚れ, 別れてから, 利き腕を, 劇評の, 力んで, 化けた男, 十九に, 十手を, 卑しき紐, 取って, 取っては, 取つて, 取寄せさ, 取縋るの, 召し捕られたの, 呼んで, 命じた, 問えば, 問われるまま, 嚇したり, 報告し, 報告した, 娘を, 家豕の, 對し, 届いたの, 届いて, 屋の, 山東省の, 左の, 平戸の, 平次は, 引き摺られて, 引き止められて, 引く, 引っ立てられて, 引つ立てられました, 引用した, 彌尸訶教, 当つて, 当るわけ, 思ひ知らせるつもり, 意地わるく, 憎まれ殺される理由, 懈怠一つとして, 成る容色, 成れば, 成んだから, 扮し, 押えられたの, 押えられて, 拘る疑念, 指図され, 按ずるに, 挙げられたん, 挿入したる, 捉まった, 捨てられた女, 摺れちがって, 撃って, 擧げた四種, 擧げられた金次, 擧る, 散々怨みを, 文政九年六月二十五日小石川三石坂に, 斉の, 旗下の, 日本武尊信濃の, 日本武尊東征の, 明朝の, 昨夜圓か, 曰くわが, 曰すべて鳥の, 曳き戻されて, 染殿后を, 根據を, 案内され, 楊朱が, 次の, 毎夜野猪往来の, 気の, 済まないと, 疑はれた原因, 発見された, 看破られたばかりか, 真鳥住卯手, 眼配せされ, 睨まれると, 社会公衆に, 神社合祀は, 禁を, 突きあたって, 突っかかります, 笑われた, 紹介した, 組み付いた, 縛られたに, 縛られたの, 縛られて, 縛られましたが, 續くお, 置きました, 義理を, 義経の, 能楽と, 脅かされた直, 腕を, 至りしが, 至るまで, 舅の, 苦悩の, 蒲壽庚の, 蛮種として, 見えしグイード・ダ・モンテフェルトロ, 見える女, 見える小柄, 見せると, 見つけられたの, 見られずに, 言って, 言はせる, 訊かれて, 訊きましたよ, 訴えた, 訴へる, 譲りました, 讓つてや, 賣つたこと, 贈ったの, 超えたるが, 越前へ, 足らない小娘, 述ぶる, 追いつめられた, 逢いその, 逢った, 逢ったらこう, 逢った翌, 逢つ, 逢つた, 過ぎないが, 過ぎないの, 違ひありません, 違ひない, 遺伝し, 金を, 金五郎は, 釣り出されて, 鋭く睨みつけられ, 附屬し, 集まった一人, 雨戸を, 雪山水中の, 面会し, 面会しよう, 頼むこと, 頼んだの, 鳥獣毛羽の, 鶏は

▼ 七~ (401, 1.1%)

10 笑った 9 さすがに 8 つづいて 6 首を 5 うなずいた, すぐに, 松吉も 4 思った, 清吉も, 溜息を 3 かねて, 云った, 少しまじめ, 少し迷った, 笑って, 考えて, 黙って

2 [19件] あとから, いくらか稼げる, お多喜, すこし驚かされた, そう思った, ひどく腹, 会釈した, 俄かに, 出て, 同情する, 庄太も, 店に, 手の, 持て余した, 根よく, 眉を, 笑いながら, 聞いて, 顔を

1 [282件] あせった, あっては, あつて, あまりに恐ろしく, あまり大きな, ありゃァ, いい加減, いい加減に, いくらか打ち解けました, いささか驚い, いそがしい中, いそがしい人, いよ, いよいよ安心, いよいよ持て余した, いわゆる行き, おとなしくそこ, おどろいた, おどろいて, おどろかされた, おなじく首, おもわず立ち停まった, お豊, かんがえた, かんがえて, ぎょっとした, こ, ここで, このうえ与次郎, この流儀, この越後屋, この近所, これには, こんな證據, さる者, さんざんの, しばらく考え, しまいには, じっとし, すぐ激流, すぐ覚った, すぐ駈けつけ, すこし案外, すこし焦れ, すこし風邪, そう考える, そこへ, そっと軒下, そのまま打っちゃっ, そのまま眼, そのまま通り過ぎた, その以上, その分別, その召し捕り, その辺, その鑑定, その隠れ場所, それに, ぞっとした, とうに知っ, ときどきに, なんだかいじらしく, なんだか可哀そう, なんとなく哀れ, ふた足三足, ふところの, ぷっとふきだしたが本人の, ほかの, ほろよい, ほろりと, まじめに, もうあきらめる, もう仮面, もう十手, やって来ましたが, やはり小田原, やや焦れ, よく承知, よく知らなかった, わざと改まった, オタツの, ガラツ八が, 一々その, 一二杯附き合った, 一応死人, 一生懸命の, 丁寧に, 七十を, 万, 三五郎も, 下りた, 不思議に, 両名, 乗っとったの, 五郎八も, 今まで, 仕方が, 仙太郎も, 仲間同士の, 伊予之, 会葬者と, 何かは, 何にも, 何やらピンと, 何時までも, 余り詳しい, 先ずいい加減, 先ずそう考える, 先ずそれ, 先ず安心, 入って, 六十を, 其處までは, 凋れ返っ, 出羽を, 初めは, 初対面の, 別れて, 利兵衛も, 到頭兜, 勃然として, 危くその, 厄年でございます, 受け合った, 受合つた, 口を, 同じこと, 同時にあわて, 同時に言った, 同様であった, 向き直った, 否とは, 呆れたよう, 呆気に, 呑み込んで, 唯ぼんやり, 商売柄で, 善八に, 団扇の, 坐って, 堪ま, 多寡を, 夜来の, 始めて, 嬉しそう, 子分の, 安心致し, 定めて, 家を, 容易に, 寺社奉行の, 小声で, 少しあと, 少しうっとうしく, 少しおかしく, 少しくじりじりし, 少しく当て, 少しく意外, 少しく持て余し, 少しく返事, 少しゆき詰まった, 少し困った, 少し弱った, 少し慌てた, 少し煙, 少し躊躇, 居て, 平次の, 平次も, 年上だった, 広栄も, 当のお, 後ろから, 心配し, 忘れて, 忙が, 快く受け合った, 怖毛, 思い切ったこと, 思わずひと, 思わず眼, 思わず笑い出した, 思わず見あげた, 恐らくそうであろう, 息を, 悪い心持, 惡い, 意外な, 感心した, 扇を, 手代の, 打つたん, 承知した, 抜き足を, 挨拶した, 振り向いた, 探しに, 推量した, 敗けては, 断わるわけ, 時々は, 暫くは, 暫らくは, 来るん, 次第に思い当ります, 正直に, 此上女を, 殺す気, 母に, 母を, 気が, 気の毒に, 永う本式, 溜め息を, 潔く受けました, 無言で, 焦れ出した, 煙草入れを, 物干, 犬の, 畳みかけて, 眼の, 眼を, 着物を, 知って, 知らないと, 笑い出した, 答えました, 箸を, 素直に, 結局要領を, 群がって, 義理でございます, 考えた, 考えの, 肩抜け, 胸を, 腕を, 腰を, 自分の, 色々に, 花と, 苦しんだ, 苦り切って, 草履の, 落ち着いて, 蔭ながら, 薄々察し, 薄々睨ん, 血だらけの, 要領を, 見かえると, 覚悟し, 計りすぎたわ, 認めた, 誠に真実, 誰かに, 請け合って, 起き直った, 起った, 起って, 足袋の, 躊躇した, 身を, 身支度を, 迂濶, 違ふ, 酒を, 重三郎も, 金五郎の, 銭形平次も, 錢形平次の, 開いた口, 間の, 願いな, 餘り, 駆け付けました, 驚いて, 驚かされた, 髭の, 鬼の, 黒の

▼ 七~ (396, 1.0%)

21 を越した 18 になる 16 に近い 14 になっ 9 を越し 8 にし 6 にもなっ, の賀 5 だ, にもなる, の齢, を越え 4 の老人 3 になります, に垂ん, の上, の老, の老翁, ばかりの老人, をすぎ, 近い老, 近い老人

2 [31件] ある, か知れぬ, ぐらいの老人, である, です, になんなんとし, にもなり, にもなろう, にも垂ん, に余る, に垂んとする, に近く, に近し, に達し, に間, の, のおばあさん, のお婆さん, の声, の寿宴, の歳, の爺さん, の翁, の鐺, ばかりになる, まで生き, もあらう, をこえ, を三つ, を越えた, を過ぎた

1 [185件] いや六十九, かと円生, からに成つて, から七十四五, から八十, から語学, か七十一, か七十五, か八十, くらいである, くらいになっ, くらいのジジイ, くらいの品, くらいの老爺, くらいの頑固, ぐらいのおじいさん, ぐらいの品, ぐらいの柔和, ぐらいの脚, じゃない, だいたわって, だが, だそう, だつた, だつたよ, だと, づらして, であった, であつ, でしょう昔ベルリン, ですつて, ですよ, でせう, でそして, ではね, でもない, で死ぬかちやん, で死ん, で死んだ, で満期, で表向き隠居, という年齢, という歳, という醜い, といふ数, といふ醜い, となる, とも百, と七十六, と五銭, と経験上, と見, と見える, ないし八十度, なるべし, に, にあまる, にあまれ, にちかい, にて男子, になった, になつ, になろう, にはなるまい, には見えない, にふえ, にもならした, にもなりまし, にもわけ, にも余った, にも余る, にも成る, にも相成る, にも見え, にも近い, にも近かろ, にオベッカリウム百分の三十, に二つ, に候, に及ばず, に及ん, に手, に竜, に近けれ, のこの, のはず, の一區劃, の二, の人, の人間, の余, の兵, の古希, の名目, の噴行艇, の坂, の大小会社, の天寿, の寿筵, の将軍達, の年, の年寄, の時, の死火山, の祝ひ, の老女, の老母, の老熟円満, の老父, の衰翁, の誕生日, の誕辰, の賀筵, の間, の阪, の顔, の高齢, は大, は杜甫, は膳, ばかりな主, ばかりにて三四年前, ばかりに成る, ばかりのお婆さん, ばかりの坊主, ばかりの白髪, ばかりの老, ばかりはある, ばかりもぶら, まだその, までは卑劣, まで常に, まで生きのび, まで生きられる, まで生きる, も八十, も卵, も幾つ, や八十, より四つ五つ上, をこした, をすぎた, をずうっ, を何歳, を孫, を寿, を数え, を稀, を越, を越えます, を越され, を過ぎ, を過ごし, 一方マイル, 乃至九十フィート, 代山本恭庭, 又三, 同じ草履, 打ったの, 未だ書, 未捐書, 無子, 越したお婆さん, 越したとは, 近いお, 近いお婆さん, 近いけれど, 近いこの, 近いなどとは, 近いばあさん, 近い先代, 近い巌丈, 近い巖乘, 近い徳望県下, 近い徳望縣下, 近い爺さん, 近い爺さん婆さん, 近い祖父, 近い禿頭, 近い総, 近い老人のり, 近い背, 近い郵便配達, 近い齢, 過ぎて

▼ 七八人~ (369, 1.0%)

11 の人 10 の者 9 の男 6 の人々, の男女 4 の一団, の客, は家 3 の侍, の兵, の影

2 [33件] あり, いた, いて, がどやどや, が休ん, にも成ります, に過ぎず, のうち, の一行, の中, の人声, の屈強, の島民女, の島民船客, の巡査, の店員達, の武士, の気配, の男たち, の若, の荒くれ男, の顏, の黒い, もいる, も人, も坐れ, も居た, も来, も詰めかけ, 並んで, 居たの, 集って, 集まって

1 [240件] あつた, ありいきおい, ありと, あるので, あんまり気持, いたの, いづれも, いる女, いる運動員, から十人, がいきなり, がそろっ, がつながっ, がやって来るらしい, が一ト組, が一度, が五つ六つ, が住まなけれ, が催した, が彼, が手, が柩, が腰, くらいは繰り出し, ぐらいずつ集っ, ぐらいずつ集まっ, ぐらいのお客, ごたごたと, しかいなくなった, しか居ない, して, すぐ仕事, ずつ, ずつかたまっ, ずつ一軒, ずつ乗せ, ずつ乗り降り, ずつ入れられた, ずつ漁夫, ずつ隊, その中, ぞ立, たった一つ, だが, だけが常, だけを供, だな, であつ, でその, でばたばた, でも僕ら, で喧嘩, で小, で龜澤町, といっしょ, と一艘, と共に城, と同, と夕方, についていろいろ, になった, にもなります, にも至らぬ, に取巻かれ, に揚げさせ, に男, に過ぎなかった, のお, のお客, のため, のひと達, のみで, のみんな, のよう, のガチャ, のランプ, の中心, の主, の乗客, の事, の人夫達, の人影, の人相風体, の仲仕たち, の供揃い, の先客, の共, の兵士, の出羽守, の十七, の半分, の友だち, の取持ち, の口, の古物蒐集家, の同人, の同勢, の多勢, の多少, の大工, の大工たち, の女中, の子ども, の子供, の子供達, の子分, の子分ども, の学生, の家来, の小さい, の小作, の少年, の山手組, の弟子, の従者, の手, の手下ども, の捕り, の旅人, の日本人, の朝鮮人, の村, の来客, の棒, の楽師, の水兵等, の浪士, の浴客, の海賊ども, の物見, の生酔い, の男達, の町人, の知人, の私服, の籠, の組合員, の若い, の若者, の荒くれ武士, の覆面, の見物人, の試験官, の警吏, の警官, の足軽, の足音, の近侍, の近侍達, の通行人, の連, の運送業者, の野武士ども, の闘牛士, の附添, の静か, の靴音, は, はいた, はどや, はやられたらしい, は中, は乗組んだらう, は何処, は動かず, は学童, は泊, は防ぎ, ばかり引き連れ, ひきつれて, ひしめいて, ほど泊っ, まではか, まではトスカニーニ, までは持っ, までは痕跡, まで仕度, も, もあつ, もい, もいた, もが塊つて何, もごろごろ, もでき, もの友達, もの客, もの茨城屋, もの蝦蟇口, もまた, も一つ所, も並ん, も使っ, も使つて, も出, も取巻き, も子供, も家, も手籠, も押, も控え, も数えられる, も斬られた, も泊, も自分, も違つた子, も遣つた, も降参, やってきた, をうしろ, を失わない, を残す, を相手, を穴, を誘っ, 下りて, 並べるぐらゐのスタンド, 乃至十人, 出て, 坐って, 寄って, 寝て, 居て, 居ない家, 居るん, 廻れ, 或は十人, 持って, 斬って, 来て, 来る, 真っ逆様, 等しく屹, 行きました, 討ち取るに, 詰めて, 追いかけさせて, 通って, 連れ立つて, 配りましたよ, 駆けつけて

▼ 七~ (366, 1.0%)

4 声を 3 子分と, 家なり, 家へは, 顔を

2 [18件] ある, この事件, その探索, わざ, 一人立ちで, 叙情に, 口を, 子分の, 小玉小路で, 帰りました, 来て, 死んだと, 死んだの, 毎晩の, 発見した, 神田の, 自分の, 隣の

1 [314件] あくる朝, あさ湯, あとを, あり中, あわただしい声, あわてて, あんなに萎れ, いった, いつもより, いつもよりも, いるぜ, いろいろの, えらいよくてな, おとなしい男, お供を, お力を, お神楽, お神樂, かう言つたの, かの足軽, けさ逢った, こうして洗う, こうして父, こうなった, この大雪, これへ, こんな慌て, さした, しばらく喚い, ずっとはいった, そう言う, そこを, その審判官, その想う, その戰鬪的, その時, その総代, それ迄, たずねて, たたみかけて, たまり兼ねて, たんかを, どうな, どこへ, にっと笑う, ふと何, ふと思い付いた, ふと立ち止まっ, ふと首, ぶつぶつと, ぶらりと来た, ぽんと, またもやしゃ嗄れ, まだ顔, むやみに, もう十日, もう着く, やくざで, やにわに外, よその, カンの, ノビたり, ビルマから, ビルマの, ブラリと, ポンチシャンパンと, 一と, 一度許した, 一応の, 一番怪しい, 七寸四方ばかりの, 三田へ, 下つ, 不足を, 与力堀江又五郎の, 乗つて, 乘出した, 二十二四番目と, 二十年がかりで, 二日も, 云った, 云つた, 人々に, 人目を, 人違いと, 今にも主人, 今ぶらりと, 以ての外の, 仲に, 伊丹屋を, 何にか, 俄かに, 借りて, 偶然に, 先に, 光と, 八丁堀の, 八丁堀同心熊谷八十八の, 内々で, 内裏雛を, 凱旋将軍の, 出たあと, 出て, 切り廻して, 初めに, 包を, 十三の, 十三四にな, 十九オタツが, 半紙に, 単衣, 又一緒, 反対に, 反對, 取り仕切つて, 合図の, 合意の, 吉三に, 吉三の, 吉原返り, 呼び込んだ, 唯の, 嘲るよう, 噛みつきさ, 四十八の, 執念深い, 外篇である, 大きな声, 大抵想像, 太郎兵衛に, 太郎兵衞に, 奪い乍ら, 女という, 女房子供に, 好きな, 妻と, 婚期で, 婢が, 室の, 宿屋を, 寝こんだほど, 寢泊りを, 尋ねた, 小さな白木, 小声で, 小屋の, 小川町の, 居たさ, 屑金物を, 山を, 屹と, 帰ったの, 帰って, 平次と, 平次の, 年寄の, 店さきへ, 弁慶の, 引き取って, 引き受けること, 彼に, 彼女を, 怒りましたよ, 思い当ったと, 思ひがけ, 急病で, 怨み骨髄に, 怨み骨髓に, 息を, 息子の, 悪い, 悲しそう, 想像した, 想象し, 慌てて, 慾に, 慾を, 戸を, 手を, 手首を, 払って, 折角の, 押しかぶせるよう, 拳を, 拾い上げて, 指さす方, 指差した, 挑戰した, 挨拶する, 提灯を, 撃ち損じた, 擧げた金次郎, 支配する, 文珠屋佐吉の, 日本橋の, 日本橋へ, 曰く今日は, 曲毬の, 朝湯から, 朝飯を, 来たと, 来たので, 来るまでに, 来合わせて, 案内し, 森の, 櫓から, 死ねば, 死んでから, 死骸の, 残り七, 残る, 殺されたといふ, 殺す筈, 気ぜは, 洒落を, 潰し島田, 濡れ腐った落葉, 火の見を, 火を, 煙管を, 燒跡で, 物語った, 独立し, 甥の, 用達から, 疱瘡で, 盜賊を, 相当に, 相手だけに, 眼を, 眼尻が, 睨んだ通り, 知って, 神前に, 神田から, 私の, 立て膝, 答えた, 節付けした, 粗野な, 糺すと, 素晴らしいと, 細工を, 縁側から, 縛られたの, 羨ましいと, 聲を, 腰かけた縁端, 腰を, 腹を, 自から, 自火を, 自白した, 與力堀江又五郎の, 茶の間で, 茶の間の, 菅谷巡査に, 菊一へ, 菊之助の, 落雷の, 蚊帳に, 袖を, 袱紗を, 裏から, 裏切る樣子, 見たの, 見た以上, 見て, 見付けて, 見舞に, 見込違ひと言ふ, 言いました, 言い立てても, 言った, 言ふ, 許して, 話して, 説明する, 調べに, 調べ上げ, 貰って, 貰つた, 費った, 越後屋の, 踊り出したので, 身支度を, 追い付いて, 追って来ました, 通るときマチガイ, 連れた職人, 遊人度胸を, 違う, 遺物の, 還っての, 醉つて居眠りし, 重々の, 重ねて, 重るので, 野良から, 鈴ヶ森で, 銀張りの, 鍵を, 鑑定した, 長裃, 阿八, 降り残したるでは, 零度の, 音沢村から, 頑固に, 頬冠り, 頻りに三甚ら, 馬道へ, 高座を

▼ 七~ (297, 0.8%)

13 お神樂 12 松吉は 7 その子分, 庄太は 6 亀吉は, 五郎八とは 5 いふに 4 いえば, お多喜, お神楽, 一緒に, 清吉は, 言ふ 3 云ふ, 善八は, 言っても, 顔を

2 [20件] いうに, いっても, いふの, お久, その女房, わかった, 亀吉が, 云へば, 会って, 八を, 八五郎の, 幸次郎は, 手代の, 清吉が, 相談を, 第八, 見えて, 言えば, 読めずに, 鶴吉の

1 [165件] いうが, いうのに, いっしょに, いつまでも, いはれて, うしやうなまりの, うしやうは, おなじ年頃, おんなじ心, お仙の, お倉, お光さん, お力夫妻とを, お富, こんな言葉, したの, すつかり仲直り, すると, その手代, その連, その頃江戸中の, たつた二人, ちょうど向い合った, つけ加へた短小ながら, どこで, なった, なって, なつたり, なり伊呂波歌, なろう, まるでレジスター, みえる小娘, インクで, ガラツ八の, クサレ目が, 一と, 一銭こを, 三五郎は, 三人づれで忠蔵の, 三十一の, 三日間にわたって, 与力の, 九で, 九に関する, 亀吉であった, 亀吉を, 争って, 二人, 二人きりの, 二人に, 二人はじめて, 二人また, 二十一歳の, 云うので, 云う年, 云う若い, 云つた, 五とを, 五郎八とが, 五郎八とを, 五郎八は, 仙吉は, 仲直りした, 伊勢屋の, 何か, 何と言, 八とを, 八も, 八丁堀の, 八五郎が, 内匠は, 出て, 出合った, 切って, 判ったんで, 別れて, 化し去り, 區分し, 十五ぐらゐの背の, 千之, 千之助を, 吉田八十松が, 同じ日, 名の, 名乗る男, 呼ばれては, 呼びすてでございます, 呼んで, 呼留め, 善八が, 四, 四の, 多吉は, 大三郎, 大五郎, 大坪流の, 子分との, 孫作は, 定夫君と, 宿帳に, 密会し, 寿美蔵の, 川俣伊予之進である, 川俣伊予之進の, 平次と, 幸次郎に, 幾つも, 広瀬さんと, 弟の, 弥助は, 彼は, 思ひ込んだから, 捕親, 揉め合って, 文珠屋佐吉で, 書いたもの, 書いて, 松吉が, 松吉に, 松吉も, 桐畑の, 永井大, 清吉と, 熊蔵との, 爭つた, 玄蕃と, 田園交響楽などを, 申しまして, 申しまする, 申すの, 申す両, 申す者, 申候もの, 相対しました, 相談し, 相談の, 知って, 石井の, 称した, 第八嚢, 答える, 約束した, 繰りかへ, 聞いて, 聞けば, 聞こえたこの, 聽いた, 葬式彦兵衛を, 見えたが, 見受けられた, 見積られて, 観ずむかし, 言うに, 言う副, 言う野幇間, 言ひます, 話して, 諢名取りし, 謂ふ, 金蔵とが, 銭形の, 錢形平次の, 雇人達平次の, 高話を, 鳥さしとは

▼ 七~ (259, 0.7%)

10 の家 5 の妾 4 の死骸, を殺した 3 が首, のこと 2 が, が来た, が自分, といふ人, はお, を顧みました

1 [218件] お桂ちゃん, か, から, から一戦, から預, がいつも, がうやうやしく, がそう, がそれ, がたち, がのっけ, がラツキー, が上, が云う, が亦, が今更, が傍, が元, が兩國廣小路, が地蔵, が声, が天流斎, が小用, が巻煙草, が帰っ, が常, が年少, が振り返る, が推され, が杖, が来, が梁, が止む, が此間, が死ん, が死んだ, が殺された, が法外先生, が病気, が石崎求馬, が砂, が群集, が膝, が護っ, が金, が顎, が風呂, が馬庭, が駮馬村, じゃない, だ, だと, でございます, です, ではありませんでした, という癩患者, という者, といふの, といふ大, といふ藝人, とかいう者, とともに町, とは大変, と何やら, と内儀, と小さな, と物蔭, と申しました, など, などが鎌倉, などという連中, などのい, なる者, にさした, にその, には死ななき, に事情, に初めて, に向, に始まる, に広間, に廣間, に引かれ, に心, に急い, に新, に書面, に未練, に来, に率いられる, に話した, に逢つて, に面会, に預, に預つた, に頼まれた, の, のあと, のお, のため, の一座, の世話, の中折帽, の側, の優美, の古武士, の名前, の外, の女房, の容貌, の居間, の手, の打ちこんだ, の敵, の新しい, の方, の本, の柿, の止める, の死んだ, の母親, の浪宅, の目, の眼, の藝, の言, の調べ, の頭, の顔, の首, の駒, はいつも, はお神酒, はこんな, はその, はどう, はなか, はますます, はもう, はアタフタ, はゴクリ, は一人, は不思議, は今, は何だか, は何ん, は促した, は出かけた, は刀, は名古屋山三, は四十七八, は多少, は始め, は娘, は子分共, は小屋, は屹, は帯刀, は平次, は弓, は引, は引入れられ, は強情, は心得, は扇面, は故, は朝飯前, は未明, は横合, は櫓, は歓喜天, は武者, は毎日, は氣, は漁場, は猟, は生, は白痴, は知つて, は竹腰氏, は笑っ, は紳士, は肩越, は自己, は舌鼓, は船, は華奢, は蒼く, は藝達者, は虎, は虫の息, は言っ, は足早, は返事, は追究, は釈, は金口, は頸筋, は默つて貰つて, も汝, も浪士ら, も豫想外, をし, をはじめ, を待つ, を怨む, を押し出した, を殺さう, を殺す, を生んだ, を筆頭, を見, を見上げました, を討つた, を迎えた, を迎え入れた, を験べた, 同善吉

▼ 七八年~ (218, 0.6%)

16 も前 13 の頃 11 の間 4 たって, の後, も以前 3 になる, の日清戦争, の歳月, も昔

2 [13件] か十年, というもの彼, という時代, にもなり, の四月, の年期, の戦争, はかかる, まで続い, も奉公, も年期, を経, 帰らなかった

1 [128件] から十年間, から芝三田辺, か十年ぐらゐの間, か十年位前, がほど欧米, が間, ぐらいも絶版, このかたいつ, して, たった今日, だ, である, であるが, ですからね, では, でもどこ, で一循環, という歳月, とは続かない, と云う, と云え, と言, ないし一七九一年, ないし一七八四年, ないし十年, ならん, にし, になります, にはこれら七州, には新, には鼻, にもなっ, にもなつ, にもなりましょう, にもなるだろう, にもなろう, にもなんで, に亘った, に及ぶ, に法位, に至つて成墾, に過ぎず, の, のあいだ, のうち, のこと, のころ木, の世界恐慌, の両, の五月, の交, の人, の人気, の博覧会, の大, の年月, の思ひ, の恐ろしい, の恐慌, の戦争以来, の戦役, の戦役直後, の日清戦役後, の日清戰役, の日露戦争, の日露戦争以来, の日露戰役後, の暴落, の歴史, の社会状勢, の辛抱, の間婬蕩, の間将棋, の飢饉, はかかるだろう, はもっぱら, は一つ仕事, は持ちましょう, は持つ, は経っ, は質問, は過ぎた, ばかりこの, ふっつりと, まえだ, まえに, まえ書いたこと, までに中村屋, までの間, までは中村屋, まへの, もかかっ, もそこ, もその, もの月日, もの長い, もまえ, もやっ, もゆき来, も世話, も世間師, も同居, も坑夫, も居る, も此處, も永い, も浪人, も親, も親しん, も過ぎ, より二十年, を同じ, を経過, を要し, を送っ, を閲した, を隔てた, 全く消息, 勤めて, 即ち日清戦争, 居いつ卒業, 経つた, 続いた後, 見たこと, 逃げ廻りあの, 過ぎて, 過ぎてから, 過ぎました

▼ 七~ (207, 0.5%)

6 の中, の会員 5 の者 4 のうち, の水兵

2 [13件] あり, とが出会った, と連署, の一行, の兵, の切支丹, の壮士, の小, の有志, の武士, の水兵等, の郷士, は去年

1 [156件] あり大国主命, いたが, からの従者留学生, から十二名, があった, がころん, が全部, が前, が威儀, が後, が悠々, が死, が男子有権者, が研究中, が腹, が躍りこんだ, が送りこまれた, が部下, が釈放, が非, ころんで, ずつの素槍, ずつ交替, だ, だけ遁, であるが, でご, でした, です, でその, でガスビル, という多数, という項目, とお, とも残らず, とも皆, とも腑抜け, と称し, どうやら飢え, に対する不当, に減っ, に源十郎, に過, のうち一名, のこと, のほとんど, のみの間, のバンド, の一座, の不動山伏, の中立的, の人々, の人影, の人間, の代表者, の侍, の供, の兇漢, の党員たち, の共産党代議士, の兵士たち, の出征者, の剣士, の剣援隊, の労働者, の友, の同志, の堕落, の士, の婦人, の婦人代議士, の家臣, の将, の将兵, の幕兵, の幹事, の御陵衛士, の扈従, の手, の教授連, の最高委員たち, の東洋人, の柿色, の槍囲い, の死者, の水夫, の漁夫, の物見, の男女, の移動劇団, の羽柴方, の肖像畫, の肩, の腹心, の觀念, の警官, の踵, の連判状, の運命, の選手, の郎党, の郷士ら, の門人, の陸, の頭数, の馘首反対, はこれから, はその, はそれ, はたちまち, はばらばら, はもみ手, は一斉, は三年, は全部凶悪, は岸, は当然, は時々, は気, は流れ, は眼, は船, は船脚, は色めき立つ, は証拠不十分, は遺憾, ばかりの下士官共, ばかりの郎党, ばかりを出迎えた, ほどのお, ほどばらばら, また案内かたがたとも, まで斬り伏せられた, もあろう, もおられたろう, もすべて, もその, もそろっ, ものカワカミ, もの顔, もズズズズズ, も乘つて, も参加, をうしろ, をお, をそれ, を抜い, を放った, を検挙, を決勝戦出場選手, を糺明, を連れ, 居る道中, 居れば, 或いは十名, 招いて

▼ 七老人~ (207, 0.5%)

36 は云った 14 は笑った 8 はここ 7 は更に 6 を訪問 5 の家, の話, はひと息, はわたし 4 は笑っ, は説明 3 は実在, は笑い, をたずねる 2 とは全然, と懇意, に出逢った, に訊いた, のところ, はうなずいた, はその, はにやにや, は斯, は格子

1 [79件] から江戸時代, から話し, がにやにや, が今, が眼, が笑い, であ, であった, であるから, で青年, とはまったく, とは江戸以来, とは芝居, と同様, と約束, と飴細工, にも三浦老人, にも逢いたくなった, に一本, に化かされたらしい, に行儀, に逢う, のいう, のよう, の不注意, の劇評, の功名話, の去年, の口真似, の性格, の息子, の感慨, の方, の紹介, の説明, の談話筆記, の養父, はこう, はこんな, はご, はつづけ, はふところ, はほほえんだ, はもう, は一, は万延版, は例, は入れ代っ, は再び, は半分, は又, は団扇, は天保版, は幡随院長兵衛, は忤ら, は息つぎ, は或, は極月十三日, は檐, は欝陶, は毎朝六時, は特に, は答えた, は縁側, は膳, は苦笑い, は薄く, は虚無僧, は表情, は訊いた, は起っ, は額, もやはり, も余り, も笑い, をたずね, をたずねよう, を久し振り, を赤坂

▼ 七~ (207, 0.5%)

15 の火 14 に火 7 の下 4 の上, の中, の前, の方, の炭火, や鍋 3 のよう, の側, やテンピ, を煽い, を煽ぐ

2 [12件] からおろし, で女中, にかけた, にくべ, に折り, に掛け, に残った, に薪, のそば, のたぐい, を投付けた, を置いた

1 [108件] からこぼれた, から火の粉, から石炭, か何, が二つ, が大事, だの茶碗, であたため, では, で火, で煮る, で米, で飯, で鰺, とお鉢, と箸, などとっくに, などをかたわら, におこします, にかかった, にかけてあります, にかけて沸かさなけれ, にかけて生温い, にし, につかう, につぐ, につつこんだ, にも火鉢, に五つづ, に似, に投げ込んだ, に晩, に枯枝, に横, に沸, に沸ぎる鉄瓶, に炬燵, に炭, に炭火, に起こします, に鍋, のうえ, のおき, のお鍋, のごと, のところ, のなか, のアミ, のカンカン, のトロ火, の上品, の傍, の土, の土鍋, の場合, の尉, の慈姑, の時, の横, の欠けた, の炭, の焚落し, の煙, の生木, の石炭, の薬罐, の角, の載せ, の鍋, の鍋下, の類, は中間, は鉢卷, へかけつけ, へ薬, へ顔, もあれ, も沢山, やら鍋釜, や使便, や徳利, や沢庵石, や炭, や炭俵, や配給, や馬穴, をばたばた, をパタパタ, を一ツ, を入れ, を出し, を取りだし, を夕餉, を持ち出し, を持っ, を据え, を据ゑてあつたわけだな, を掻巻, を煽いだ, を煽く, を積込ん, を買, を蹴倒し, を蹴飛ばした, を造る, 持って, 見たよう, 蹴った

▼ 七~ (206, 0.5%)

43 ってとこ, である, を示し

2 [15件] あった, あるから, だ, であった, です, で窮屈, といふところ, とで最初, のうち, の不利, は森, もか, を占め, デ沈没シタ, 考へて

1 [163件] あって, あつた, あつて, ありますが, ありますね, あるの, かかるという, かする, かな, から八分, から支那料理, か兎, か八分の違い, がた, がたまらなく, が月, が男, くらいする, くらいで, くらいで行ける, くらいと九文三分, くらいに斜, くらいの減額, くらいの程度, くらい一つ, ぐらい, ぐらいある, ぐらいづつ, ぐらいまで工事, しかでき, しかない, しか入らず, しまらぬ文化文政調, じゃー八分, すぎて, すぐ前, すすみすぎて, たつちまつてるぜ, たつてから, たつと, だが, だけが十余万, て永い, であったの, であらう, でありました, でおれ, でご, でした, でよかろ, で一時間, で国会図書館, で女, で帰京, で残り三分, で沈んだ, で笑, で見せる, で読者, とあった, というきゃしゃ, ということ, というよう, というレコード, という処, といっ, といふ体温, となり, とヒカリモノ, と三分, と三分位, と入っ, と時計, と経つ, どほり, どほり伐つた, にし, にすぼめ, になる, にはもう, には京都, にプラット, にルウス・ジュッド, に下る, に北停車場, に土気三分, に大連, に廻った, に御飯三分, に御飯三分の割, に懐し, に減っ, に減つて, に相当, に着く, に神式三分, に神式三分の様式, に米三分の割合, に至る, に農民, のところ, の不安, の大, の筈, の続, はかけた, はこの, はすし, はたいてい, はほぼ, はシナ伝来, は何時も, は勝目, は校長, は滑稽味, は聞流し, は髯黒, ばかり, ばかりがチラッ, ばかりやっ, ばかり話し込みました, ばかり過ぎ, へ移った, ほどに延びた, ほども汲む, ほど遅れちょ, までが, までのそんな, までは彼, までは思い通り, まで上っ, まで享受, まで向う, まで売約済, まで徳義的批判, まで斬れた, も経つ, を収め, を憂ふる, を指し, を積立金, を自分, を蔽つて, を過ぎ, 入ってる, 凍りて, 出しあたり, 即ち離陸後二十四分, 多くても, 弱って, 強かどうも俄然悪く, 待って, 搗きに, 搗きは, 搗きばかり, 深さ一寸三分の箱, 着第, 着青年団, 経ちますれば, 軽く四・七インチ丈, 迄薄く, 過ぎて, 長さ四寸

▼ 七~ (205, 0.5%)

8 見て 7 呼んで 3 たずねて, 見ると

2 [16件] あまりよくは, おどろかしたの, よび出して, 促して, 信用し, 先に, 奥へ, 少し失望, 拝んだ, 案内し, 案内した, 睨んだ, 知って, 表へ, 識って, 迎えた

1 [152件] うかがって, お六, お初に, お咲殺し, お舟, お通夜の, じっと見つめた, そこここ見, だまして, なぐさめて, のせた駕籠, のぞいての, ひどく贔屓, ふりかえったが, まず読み, むかえた, もつて, やるので, バッサリやれ, ミロクと, 一つの, 一突きに, 下へ, 中心に, 久し振りで, 二階に, 伴れ, 使って, 使つてゐる, 供に, 信じようと, 内へ, 出して, 列記し, 刺した血脂, 刺戟し, 刺戟した, 力まかせに, 加へ, 助けて, 勤め松助, 占めて, 合すと, 向うに, 味方と, 呼び付けた, 呼び出して, 呼出しました, 善周の, 堕落させ, 失うという, 奉行所の, 始めとして, 始め三人の, 始め六四, 始め家中, 始め日頃平次, 始め翌年, 屹と, 巧みに, 帰して, 店口へ, 府中の, 座敷へ, 引き出して, 引くと, 引照す, 引留めて, 待ちうけて, 御用聞き, 忍ばせて, 恐れるわけ, 手に, 手傳はせ, 手錠の, 抱きしめて, 押へて, 招じ入れ, 招じ入れた, 捩じ伏せようと, 揃へて, 描きましても, 擁しあれ, 擧げて, 書いて, 最期に, 案内する, 歎き, 歸してやる, 残して, 殺さうと, 殺したの, 殺したり, 殺すつもり, 殺すほどの, 殺すツモリ, 殺せるやう, 母屋の, 毒殺した, 温泉宿まで, 物蔭に, 特に激賞, 狙った鉄扇, 現場に, 甚右衛門は, 由斎さんに, 相手に, 示し大, 突きのけて, 突き放して, 笑わせた, 笑顔で, 縁側に, 縛ったの, 縛って, 縛りたそう, 縛るに, 縦走し, 蕎麦屋に, 要する, 見かえったが, 見かえって, 見た, 見つけた, 見よ, 見れば, 見付けて, 見識って, 見送ってから, 覗くと, 訂正増補する, 討たれ将軍, 詮議しろ, 認めた千吉, 誘って, 誘ひました死骸, 識ろう筈は, 迎えて, 迎えに, 追い立てるよう, 退かせてから, 逐い出して, 連れて, 連れ出した三勝姐さん, 遠ざけるん, 開いた, 面会所へ, 頂いたの, 頤で, 頭と, 顧みました, 養子に

▼ 七年前~ (205, 0.5%)

10 のこと 8 に死んだ 4 になる 3 に, に自分, に見た, のあの, の七月七日, の事

2 [11件] と同じ, と少し, に久離, に家出, に溯つた, に私, のその, の八月, の戦争, の旭川, の秋

1 [143件] お七, からカフェー, から下, から御, から林檎園, から自分, がまるで, この村, すなわち清, だ, だから, だと, であるが, でしかない, ですね, でその, で多分, で東京新聞, と比べ, にお, にこの, にそれら, には妾, には弾力, には誰, にひそや, にふと, にもあっ, にもう, にやみ, にジュボア, に一度, に主張, に亡うた子, に亡くなられたで, に亡くなり, に人, に伊沢氏, に出府入門以来, に別れた, に別れる, に北大, に半年, に古道具屋, に品川, に大枚, に大隅, に女房, に娘, に富山, に寺田屋, に少々, に市野さん, に常に, に惡事, に既に, に日本, に書かれた, に果さなかった, に格, に此, に武島裕吉, に死にました, に死ん, に死亡, に死別, に歿, に殺した, に母, に江戸, に没し, に流感, に溯つ, に濟ん, に焼け, に父, に町, に知り, に確, に祿, に穀物, に笑っ, に絶縁, に虐君出羽, に行方, に車輪, に関西, に高林家, に鷲, の, のかれでない, のここ, のしかも, のすさまじい, のちょうど, のもの, のデルタ, のマルクス, の丁度今日, の上海, の不作, の世相, の今月今日, の六月三十日, の初夏, の哄笑, の夏, の天才少女, の恋, の恋人, の恨み, の情事, の戀, の文久元年, の新聞, の明治十四, の暑い, の本日, の梅雨時分, の此月, の母親, の煽情的, の田万里, の聖降誕祭, の藤波金三郎, の記憶, の追, の霜月頃, はかうで, はどう, は坂部庄司蔵人行綱, まで, までそう, までつまり, までで御座います, まではかなり, までは自由, まで彼, まで谷口樣, 嘗て奥州江刺県, 忘れも, 生まれて, 逃げ出した東京

▼ 七~ (194, 0.5%)

12 の中 7 にする 5 を並べ, を埋める 4 の俳句 3 が, であるという, に余りぬべき, の詩, や三十一字

2 [17件] あやせば, であって, でさ, でその, で出来, ということ, というもの, となり, に, にし, の小天地, の形, の文学, の活殺, の題目, は, を並べる

1 [112件] あります, がある, が一句, が全然, が同, が四行, が容易, が最も, が簡単, さえ並べて, それに, だけが黒く, であったら更に, である事, であろうと, でさえ, です, で云, で十分意味, で簡単, で説明, といううち, というよう, という事, という俳句, という型, という形, という方, という格調, という極端, という調子, といったところ, とか十四字, との間, とはいわない, と佶屈, と十ミニュート, と定まりたる, と豫定, などを並べた, にある, にいい尽され, にえがきわけられた, にした, にちぢめた, につづめ, につめ, になる, には無数, にまとめ, によく, に並べたる, に変, に変え, に標榜, に用, に用いられ, に結晶, に纏めた, に纏めたい, に近代的特色, に適し, に限られ, のうち, のおのおの, のもの, のパーミュテーション, の一, の内, の名号, の吟ずる, の天地, の定型的詩形, の容器, の小, の幻術, の形式, の御, の発句さ, の短詩形, の答, の繩張り, の鋳, はその, は作者, は実際, は文時, は現在鶯, は考えよう, は蘭軒, は詩形, も存外, より一時, より始まる, をもてあそん, を二, を刻, を割込ませる, を品格, を拈出, を書き, を書き与え, を案じ, を標準, を用い, を私, を竝, を見る, を詩形, を誦し, を躍らす, 第三十字

▼ 七世紀~ (182, 0.5%)

6 の頃 4 に於ける, の仏蘭西, の初 3 のはじめ, の前半, の書

2 [22件] から十九世紀, から十八世紀, と言います, になる, に於, に於い, のこと, のパリー, のフランス, の中葉, の初め, の初頭, の半ば, の古い, の名画, の大, の後半, の悲劇, の日本, の終, の終り, の間

1 [111件] からしだいに, から十一世紀位, から第, であるの, といふ時代, といふ芝居, と云, においてリシュリュー, におけるシェイクスピア, におけるフランス, における新, にかけて作られた, につくられた, になっ, になります, にはつきり植ゑつ, にはなく, にはベニス, にはボッシュエ, には既に, には欧人東洋, には生命蓋然率, にも費された, にペルシア人欧州, にル・ノオル王, にロンドン, に久しく, に仏人バーボー, に伝来, に対しては国王, に属する, に支那, に旅, に比べたなら, に町人, に至つて, に至る, に英国内乱, に行, の, のあの, のアッシリア王, のイギリス, のイギリス政治学者, のイングランド, のオーランゼブ王, のクラシック, のクラヴサン曲, のサン, のシェイクスピア, のドイツ, のフェレンツェ, のフランス人, のモラリスト, のモラン幻覚派, のヨーロッパ, のリベルタン, の一つ, の一揆, の中ごろ, の中頃, の人, の人々, の人間, の仏人タヴェルニエー, の伊達女, の例, の初め日本, の初期, の半, の半ば頃, の半頃, の古典文学, の地動説, の始めイスパニア, の希臘女詩人サツフオオ, の後半以來, の後半期頃, の所謂古典劇時代, の手工, の文学者達, の時代様式, の末, の末期, の法王庁, の王宮, の発火法, の盃, の精神, の素朴敬虔, の終末, の絵, の絵画, の英国, の近衛兵営舎, の銅版画, の隠語, の風俗, はいわゆる, は古, は義務, は鎖国令, へかけ, までにはシェイクスピア, までも有, まで幾分存, らしい話, を通じて頻繁, 乃至十九世紀, 初半, 特にイギリス

▼ 七十郎~ (182, 0.5%)

15 が云った, は云った 7 は甲斐 5 は盃 3 という顔ぶれ, はその, はまた, は唇 2 のそう, のほう, の言葉, はそれ, はちょっと, は乱暴者, は手酌, は汁椀, は自分, を見た

1 [108件] から聞い, があと, がいった, がうしろ, がお, がかさね, がそう, がにっと, がにやっと, がはいっ, がまたなにか, が呟いた, が招かれ, が振向いた, が板倉侯, が武芸, が涌谷さま, が眼, が知っ, が笑った, が縁起, が訂正, が酒, が長崎, が顔, じゃあありません, だ, だという, であった, であろうとも, です, ですからね, と意見, と里見, などと違っ, などは世間, などは酌, にこれ以上, にせきたてられ, には構わず, にも似あわない, にわかる, に云った, に云われる, に呼びかけた, に見られ, の云う, の声, の想像, の手引き, の顔, の高ごえ, は, はいつも, はお, はごまかせません, はさらに, はしゃれた, はすばやく, はそこ, はそらとぼけた, はつづけた, はどう, はどこ, はなお, はにっと, はにやりと, はむぞうさ, はもう, は一, は二三日うち, は伊達, は冷笑, は十左, は呟いた, は多能多才, は妻帯, は局外者, は屹, は微笑, は怒ります, は新左衛門, は早合点, は桜, は泊っ, は眼, は知らぬ顔, は笑い, は笑った, は続けた, は縁側, は肩, は腰, は蜂谷, は角, は酒, は酒肴, は長崎, は閉口, は頷いた, は首, は鼻, も出る, も十左, も指摘, らしい, をそんなふうに, をとおし

▼ 七八歳~ (166, 0.4%)

21 の頃 7 のころ, の子供 6 の青年 4 になった 3 になる, に至る, の娘, の少女, より十三 2 だつた, と思われる, になっ, の小児, の時

1 [96件] あるいは十歳, かとも思ふ, かと思われた, かと思われる, から三十五, から二十歳がらみ, から十五六歳, から十歳, から廿一歳ごろ, から後, か二十ごろ, くらいの自分, くらいらしかった, ぐらいに見えます, ぐらいのころ, ぐらいの男, すなわち明治二十一, だったかも, だったが, であった, であった母, であつ, であるのに, であろうか, でかかれた, でこれ, でしか, でしたらう, でしたろうか, でもあろう, で筆者, で色, というところ, とも見える, と十七八歳, と思う, なる乙女, にし, になつた, にもなる, にもなれ, に至り, に達した, のひと, のよう, のボオドレエル, の下男, の令嬢ふう, の体躯, の商人風, の商店員, の夫婦, の女の子, の威風, の子供達, の小娘, の小童, の少年, の少年兵士, の少年時代, の幼童, の弱い, の時代, の武士, の浮き浮き, の琵琶法師, の生, の男盛り, の痩せぎす, の美少女, の職人風, の肉, の若君, の足, の頃祖母, ばかりの, ばかりの子供, ばかりの青年, ほども年長, までの真面目, までの美人, までの血潮, までの貸, まではお, まで生き, むっつりした, も若い, も若く, を出, を限度, を頭, 即ち明治二十一, 或は十歳くら, 或は四十歳くら, 蒼白い顔色, 迄の娘

▼ 七~ (160, 0.4%)

9 か八ツ 7 になる, の子供 4 の頃, も八ツ 3 というの, の時, の長女

2 [11件] さがりの, つ, になった, の事件, の古墳, の孔, の悪魔, の燈火, の鐘, 下がり, 過ギ

1 [98件] あったかね, から六ツ, から山, が家, が門限, くらい三つ, ぐらいかね, ぐらいずつのむ, ぐらいな女童, ぐらいの子供, ころがす有様, さがり, さがりだ掘立小屋, さがりに, さがり暑い, じゃと蒼く, すこし前, そら十一, だ, である, でございます, でせう, でよく, といえ, とやら持て出た, と五ツ, と六ツ, と聞い, なん, に, にし, になっ, には小田原着, にも六ツ, に見える, に見まわった, のおり, のおれ, のころ, のほどの事, のアンポンタン, の午前四時, の女の子, の女人像, の定量, の山, の庚神, の彼, の恐怖, の数, の方, の時分, の果物, の歳, の殺人事件, の海, の湧出口, の灯火, の石段, の祝福何れ, の見, の銅貨, の関, の音, は十四, は取れる, は持ち合せ, ばかりいま, ばかりだ, ばかりなる, ばかり十畳敷, ほどある, ほどの息女, ほど衣類, までかぞえる, までのあい, までのあいだ, までの外出, までの時刻, までも信玄, まとめて, もちよこ, も年上, も年下, も過ぎ, をお, を少し, を頭, 半近くお前さん, 即ちこん, 尚だ, 御座いましょう, 握って, 数えると, 有り, 起きだ, 這入って, 過

▼ 七時半~ (139, 0.4%)

5 の汽車 4 に起きる 3 であつ, に眼

2 [13件] が鳴った, だ, だった, です, なのに, になる, に僕, に出発, に艀舟, に野営地, の摩擦, までの約束, 起き

1 [98件] かなにしろ, からおき, からだ, からである, からと云う, からトロ, から一時間, から三時, から九時, から九時半, から二十五分, から八時頃, から出かけ, から十一時半, から午後, から夜, から始, から始まっ, から後藤子爵, から楽しみ, から横浜, から物語, か八時頃, が来た, ぐらいになる, だから, だぜ, だったので, だつた, だよ, で, であった, でしたろう, ですから, という約束, といふ時間, にあたる再び, にくる, にここ, になっ, になつ, にはじまっ, にはならなかったでしょう, には出る, には歌川家, にやって来, にアダリン, にコンシエルジュリー, にボーイたち, に只見川, に外, に思ひ切っ, に放送会館, に明石署, に書き終っ, に来い, に東京駅, に湯, に熱海, に立っ, に起きた, に迎え, に近い, に食事, に馬車, ねむい, の会見, の列車, の朝食, の講演, は過ぎたらう, まさしく寒帯, まっすぐ帰宅, までねた, までねちまった, までの規則, までを夕食, まで仕事, まで合計七時間, まで待っ, ゆっくり吸入, よ, より, をさして, を以て發, を以て程, を指し, を過ぎ, 呆れ返った不摂生, 段々あたり, 起き今日, 起き味の素ビル屋上, 起き四谷, 起き板倉さん, 起き永田町, 起き砧村, 起き雨ジャン, 起き食事

▼ 七~ (133, 0.4%)

10 の渡し 4 の道 3 の消印, ばかりにし

2 [14件] が浜, に一軒十里, の山奥, の峠, の渡頭, の途, の道中, の間, ばかりの道, ばかり総体, を北, を日, 半許, 歩く日

1 [85件] あった, あり対岸, ある, か, かな, ぐらいで海, ぐらいのもの, ずつあるく, そして所得, である, でございます, です, という与瀬, となり, とびの長ぐつ, ともいふ, と云っ, と踏み出す, なり, にし, になる, にまたがっ, に当る, に聞ゆ, に行きくれ, に餘, のあいだ, の一大湖, の内, の割合, の地, の外, の山径, の山路, の峠道, の徒歩, の松原, の森なか, の江山犬羊, の渡し場, の渡し舟, の渡船場, の行程, の街道, の道のり, の長浜, の難, はとても, は来, は離れ, ばかりの自分, ばかりの間人家, ばかりも渓流, ばかり北, ばかり歩い, ばかり歩いた, ばかり離れ, ほどの夜道, ほどバス, ほど北, ほど引っ返し, ほど離れた, もし車道, も来た, も深, も矢, も行く, も行った, も飛ばし, よあんた, を例, を行くべし, 下りましたと, 入った平野, 半あたり, 唯是, 往くと, 歩けますか, 歩み左方, 若し車道, 進むところ, 隔たったこの, 離れた仁淀川, 離れた合歓, 離れた山分

▼ 七日目~ (126, 0.3%)

7 の晩 4 になる, の夜, の朝 3 のこと, の午後, の夕方 2 か八日目, だった, にお, にはもう, には二, にまた, に又, の日

1 [82件] が来た, この期待, だ, だかに, だが, であった, であつ, である, であるか, でございます, でございますもの, でした, ですから, ですが, ではない, でも結い, で今日, で今日歸, で青泥窪, ないし八日目, に, にこう, にその, になっ, になつて, になア, にはまた, にはもはや, には北京, には完成, には小屋, にめざす, にやっと, に一度, に一度づつ行水, に一羽, に丸屋, に主家, に作太郎, に兄, に嫁御, に寺参り, に小野川, に川筋三百間, に年来, に彫り上げました, に彼, に必ず, に急, に息, に捕われた, に最早, に棚, に橘媛, に歸つて來, に死体, に殺された, に水, に渾沌, に猫婆, に町, に至って, のきょう, の事, の事ゆえ, の二十二日, の二日, の八月八日, の午, の夕刻, の夜中, の大喜利, の戦い, の昼間興行, の晩大変, の紀元節, は, はセル, まで此, よ, よりもかえって, より脳貧血

▼ 七十歳~ (124, 0.3%)

5 になっ, に近い 4 になった, の老 3 である, になる

2 [13件] ぐらいの老人, ちかいけれども, になつて, のとき, の老人, の高齢, ばかりと聞けり, をこえ, をこし, を超え, を越えられた, を越し, を越した

1 [74件] いかに強壮, くらいのおじいさん, くらいの老, ぐらいになる, ぐらいの老翁, だが, だった老人, だという, ちかい母親, ちかくまで, であった, であったと, でおじいさん, でなくなられた, でもう, で全く, で尽きる, で昭和四五年頃死亡, で死ん, で脳溢血, という年齢, となった, とも見えぬ, にし, にすぐ, にちかい, にて亡くなりました, にでもなったら, にまでなった, にもなる, に至っ, に近く, に達した, に遠く, の, のおじさん, のころ藤原信実, のだぶだぶ, のゲーテ, の体, の山上元, の布施辰治, の年, の敬, の村長, の栖鳳, の男子, の皺, の祖母, の老人連, の老大家, の老婆, の老年, の老齢, の聖人, の誕生日, の隠居, の頃, の馬鹿息子, ばかりの小柄, へ入る, までも生き伸びた, まで生き, も越した, より七十五歳, をこした, を以て二月廿三日, を以て古稀, を越え, を越えた, を迎えた, を過ぎ, 近い老, 近い老婆エステル

▼ 七~ (122, 0.3%)

6 もある 5 の屏風, の高 3 に近い 2 ある, からある, のもの, ほど, 去って, 去つて師, 程の粗末

1 [89件] あり山上, あるいは八尺, あるそう, ある鰮鯨, あれば, いづれしら藤, からの鏡縁, から三尺, から十二三尺くら, が内, くらいの大男, くらい南側, ぐらいで, ぐらい高い, しかし象, ずつを三尺おき, だそう, とある, という雪量, なり今, にし, に九尺, に十二尺, に及び, に及ぶ, に生長, に近く, の, の丈, の偉丈夫, の内, の切り立った, の地底, の堆肥, の増水, の大, の大きい, の奴, の小説家, の幕, の手竿, の深, の溝, の自然石, の裾, の身, の躯, の長, の隙間, の鴨居, はありました, ばかりつ, ばかりの上, ばかりの自然石, ばかりの高, ばかりはなれ, ばかり上, ばかり四囲, ほどな, ほどの小さい, ほど上, ほど高く, もあっ, もあった, もあらう, もあらん, もあり, もありました, もあるだろう, もあろう, も伸びた, も先, も噴騰, も後ろ, も積, も繁っ, も跳び上がっ, も跳び退き, も辷っ, も飛びあがった, をこえ, 下って, 乃至一丈二三尺位い, 去ると, 走る髪, 近い大きな, 長き大蛇水中, 長さ二尺, 高さ

▼ 七年間~ (120, 0.3%)

3 である, の生活 2 あの裏山, つづいた, に四百篇, に彼, に約, の労作, の囹圄, の自分, も肌身

1 [96件] いいかげん変り, かかって, この今朝, この問題, こんな体, であったなどと, というもの, というもの故郷, というもの日本中, といふ歳月, において政論状態, にこんなに, には随分, にもの, にわたって主権者, にわたつ, にわたる噴出, にわたる記載, に亘っ, に十万人, に十倍程度, に及ぶ, に租税徴収, に著しく, のフランス人口, の上海, の不自然, の中位人口, の修行, の副産物, の剰余分, の哀れ, の増加, の外国滞在中, の婚約時代, の小諸生活, の差, の年月, の心血, の恥, の戦場生活, の暗い, の正直, の独逸貴族, の結婚生活, の習慣, の花々しい, の苦学, の近, の追放, の遊蕩, はうすあたたかい, はおとなしく, は今日, は全く, は凶年, は最も, は本, は音信不通, は音沙汰無し, ほど書い, もいた, もつづいた, もの長い, もふん, も住, も同じ, も国連軍, も坐りつ, も坐り通し, も大学, も家, も寝起き, も岩窟, も発見, も身命, も馴らされ, ゐた, を吉, を吉野時代, を平均, を戦争, を要した, 仕込まれて, 別れて, 勤めた商業學校, 即ち半, 同じ事許りやつて來, 吹かれた数千, 庇われる者, 我が中村屋, 程山籠, 耐え忍びながら, 苦しい修行, 逢わなかった昔なじみ, 隠れて

▼ 七~ (119, 0.3%)

15 あつた 4 死んだ 2 おかくれ, これは, ほんとうの, 肌が

1 [92件] あつたさうです, あつたらう, あとの, あの子, あらう, いまの, いらっしゃいます, おじゃります, お雪, ここらには, この七年間, ござりまする, ごぜえます, さえも顔色, さへも, その支那風, その麗わし, それが, そんなに悪い, とうとう延期派, な鴈治郎, はじめて體, ほんの子供, チャラピタは, ネ随分, パリの, 一一年半以上平均寿命は, 一七五〇年に, 一人の, 三高だ, 下駄屋に, 世を, 五十円の, 亡くなりました天成, 今の, 今年の, 信子は, 候補者中最年少栃木村太郎さんを, 再び東京, 切れて, 別品で, 呑むん, 品川の, 四十男の, 大往生, 女は, 妻帶した, 嫁いで, 子供を, 宮中官女に, 容貌が, 小太郎と, 小粋, 小造, 少々しい, 島田に, 帰りに, 延期法案は, 従二位中宮太夫と, 戦死した, 早くから母, 書いた, 最初の, 有名な, 本所の, 此の, 死んだ時, 死んで, 母に, 没した, 渠は, 町内でも, 素子は, 素直な, 結婚させられた, 綺麗で, 美い, 腰抜け彌, 自分よりも, 色こそ, 色つ, 色の, 若いとき, 菊次郎の, 買って, 身が, 道臣の, 遣りましたがね, 長女須磨子が, 顔に, 高等学校を, 鴨なぞ

▼ 七親分~ (118, 0.3%)

9 に縛られ 6 が乘 3 がお, がやつ, が乘出, は 2 が乗出した, が變, が飛ん, だ, ですよ, のところ, の鼻, は力松, は言

1 [73件] かお, から町方, が, がいきなり, がさう, がやって来, が一度, が三度, が乗り出しました, が乗出し, が乘込, が來, が先刻昌平橋, が内儀さん, が出し, が子分, が宗次郎, が来, が燕女, が背負呉服屋, が通り, が金次, が飛び付く, が馳, この自害, だつて繩張り違ひで, だよ, でございましたか, でもこいつ, と張り合, と渡り, に, にあ, にさら, にふざける, にも見せ, にも頼み, に取上げられた, に散々嫌がらせ, に朝, に縛らせなかつた, に見せた, に言, に話し, のお, の仕事振り, の前, の家, の縛つた, の繩張り, の繩目, の見込違, の言, の鑑定違ひで, の顔, の髷, はお, はお松, はそれ, は何處, は向島中, は大, は店中, は昨夜, は鬼, もさ, もそれ, ももう, も調べよう, や佐々木味津三, や清吉, を口説, 大眼鏡

▼ 七~ (111, 0.3%)

3 でわからなかったら, の七十倍, も八度, も色, 読みな 2 だぞ, の外気, の温度, を七十倍

1 [88件] ある, か, かはる, から以上, から日和, だ, だと, である, でさえ, です, でもいい, でも生れかわりたい, で婚姻, というの, という結果, なら平温, なり, にくだった, にさがっ, にさがり, にしだいに, にも分け, にも足りなかつた, に温めた, に達す, のたたかい, の合戦, の國, の地表, の御, の戦場, の所, の春, の水浴, の赤い, の降下, はた, は出来る, は食う, ばかり, ほど, ほど北上, まだ快復, までも死, まで下っ, まで府門, まで打破った, まで美しい, も, もくりかえし, もと思った, も学校, も廃業, も引越し, も政府, も暇, も芥川, も這入っ, やすまざるま, ゆるして, よいところ, より五十六度, をすこし, を数, を越えた, 下って, 出したが, 勝つといった, 嘶くを, 廻って, 戦って, 持って, 捜して, 来れ共, 決して秀抜, 清めて, 漉した酒, 生まれて, 生れ変って, 生れ変っても, 程出る, 行きましたが, 被為在, 詣りを, 迄も懸想文, 逢ったこと, 重ね重ねて, 預けられた里

▼ 七時頃~ (109, 0.3%)

2 から, だった, だつた, だらうね, にお, になる, には木戸

1 [95件] いい心持, いざと, お帰り, からそう, からわたし, から一時間半, から下宿, から二人, から出かけ, から同, から夜中, から始める, から客, から皆さん, から藤原等, から起き, から起きち, から遅く, から開く, から雪, から青山, がらっと障子戸, こつそり食事, すっかり七十二枚, その家, だそう, だったが, だったでしょう, だったろう, だらう, っから, であったろうか, であつ, であるから, でございましょうか, でございます, でした, でしたろう, です, でせう, でなければ, でツ, で当直, で朝飯, とある, なら来られると, なり絵葉書, に, にしか集れない, になっ, になつ, になるでしょう, には右申, にひょっこり, にもう, に出発, に又, に大抵, に大雨, に昇降器, に横, に漸く, に美和子, に虎井夫人, に行われ, に起きましょう, に遭遇, に開い, までに二百枚余, までの間, までぶらついた, まで働く, まで夕食, まで寝ました, まで歩きました, もう病気, ようやく戻っ, よりときどき, 再びお, 帰って, 帰ると, 帰るの, 息苦しくて, 或駅, 来た, 漸く, 漸く終った, 疲れて, 着いた, 若々しい中形模様, 行われたこと, 起きたら父上, 起きて, 迄です, 迄待たせ

▼ 七~ (98, 0.3%)

4 書いた 3 の小品 2 の作品, の原稿, の絵図面, までも出す, もたまっ, 書く, 続の

1 [77件] ありますが, あるいは二十枚, あるが, おお拾, からの長い, ぐらいずつ一日, ぐらい書い, ございましたが, しか書いてない, すませ小南, ずつ, それでも彼, それに一圓紙幣, だけであった, でも活字, と, という密度, とかに鋏, とそれから, とぢ, となつ, と見られ得る, なりを其の, にし, になり, にもなりました, に而, に觸, に鐵筆, のうえ, のカード, のゼラチン, のレコード, の中, の十円紙幣, の多く, の小, の書類, の灰色, の煎餅, の発売切符, の紙, の紙幣, の美濃紙本, の葉, の蓆, の評論, の赤い, はいつ, は大分後, ばかりの小品, ばかりの彌生子感想, ばかりの短冊, ばかり約束, ほどの小説, までは眼, もちょっとした, もブラ, も乗せ, も重ねる, を三方, を加え, を呑み, を抱かされた, を書く, 並んだの, 入れて, 新型式読みもの風, 書いたが, 書いて, 書くの, 残って, 残ってるの, 渡した低い, 程書いた, 聴き終った時, 集らなきゃ読めない判じもの

▼ 七~ (91, 0.2%)

2 だ, だと, と云, と少し, の中, の家賃

1 [79件] かそこら, から二十円, か八円, がはいっ, くらいであろう, くらいやっと, くれるって, ぐらいずつとっ, ぐらい国, しかこなかった, ずつとってる, ずつも使う, ずつ貰っ, だったと, だったとか, だってかまう, だという, だな, だわ, であった地価, であって, である, でも受け合われる, で二十日間, で売るち, で買った, で長火鉢, という当時, という組合せ, という額, とこの, とは, とられた, とを渡した, とアスコルチン, と云う, と定められ, と札, なの, なら決して, にさげられた, にし, になった, にもなっ, にもなる, に下り, に定次郎, に相当, の, のがま口, のもの, の六倍, の前払い, の売れ行き, の家, の月給取り, の間代, はしよう, は天引, ばかりで買っ, ばかりとそれだけ, ほどくめん, ほど御, ほど貸し, めぐんで, もする, も八円, も出した, や八円, よ悪く, をぬき出し, を盗, を超え, 住みこみで, 入って, 恵んで, 持って, 止まりという, 程出し

▼ 七~ (89, 0.2%)

3 もあろう, 乃至一尺 2 しかなかっ, である, とは減じ, の凄い, の小さな, の毛むくじゃら, ほどの痩せ

1 [69件] ある, かな, から一尺, が十銭, くらいの腰細跪坐, ぐらいで, ぐらいの古い古い, ぐらいの木彫り細工, ぐらいの苗, ぐらいコンクリート製, しかも毛むくじゃら, だけ背中, だけ開いたで, ちかくありました, ちかくに, といふ, と附記, なる小幅, になる, にも及ぶ, にも達した, に切, に近い, のみごと, の中村地平, の位, の余裕, の大, の大きな, の大兵, の巨大, の木剣, の水盤, の穴, の窓, の細長い, の芽, の藁人形, の蛤刃, の長脇差, の鬼, の鯉, の鰹節五本, はある, はあるだろう, はそう, ばかりある, ばかりな, ばかりの脇差, ばかりの芍薬, ばかりの蛇, ばかり右肩五寸, ばかり翼, ほどに切った, ほどの薄板, もあり, もある, もの厚, も八寸, より厚く, を殿中, を用, 乃至一尺余, 厚さ三寸位, 深さ四寸, 程の切れ端, 程左肩六七寸, 高くなった, 高さ十七尺五寸

▼ 七十年~ (88, 0.2%)

5 の間 4 の生涯, を語る 3 も前 2 の一生, ほど前

1 [68件] いろいろさまざま, おくれて, から以前, が過ぎ去れ, ぐらいのもの, つづけて, であ, とか言いました, とたちました, と時代, と限られた, にもなりましょう, にわたってこれら, に一度花, に作つた一幕劇, のあいだ, のフランス, の事, の人生, の人間, の倶利伽羅法要, の夏木立, の大, の年月, の後, の成果, の月日, の歳月, の歴史, の漢学, の生活, の苦闘, の逞, の長, の長期, の非, の頃, はたしかに, はたっ, ばかりの間, ばかり前, ほどの後, ほどの昔, ほども続いた, ほど昔, ほど時代, まえの, まだ宿根, もかかります, もの昔, も生きた, も経った, も絶え間, も過ぎた, や八十年, わが日本, を使っ, を回顧, を残され, を通じて百姓一揆, を通じて間断, を週期, 居たの, 或いは八十年, 時として百年, 未だに道, 程遲, 経つて

▼ 七~ (87, 0.2%)

4 にある 3 の家, の屋根裏部屋 2 だ, で爆弾, のてっぺん, の一室, の選士, の食堂, の高い

1 [63件] から一階, から六階, から女, から巴里, から飛降りた, か八階建て, くらいの高, だあ, だからさ, であります春, で何, で降り, と十二階, に, にいました, にいる, にはほか, に一部屋, に上る, に借り, に寝とまりし, に空いた, のバトラー歯科医院, の一つ, の上層, の事務所, の四角, の完備, の室, の小, の屋上, の左, の廊下, の建物, の新しい, の昇降口, の昇降機, の暑い, の板張, の櫓, の片隅, の美しい, の踊り場, の部屋, の階段, の高, の高層建築, へうつった, へたずね, へ上ったなら, へ星, へ赴い, までの一往復, までの工場, までの鉄, までゆっくり, まで三度往復, まで二人, まで或, まで総, まで行っ, よ, を攻撃

▼ 七~ (85, 0.2%)

7 の憲法 4 の停車場 3 の袈裟 2 に送った, の例外, を撰

1 [65件] お土居以南, お土居外, から一条, から堀川, か九条あたり, じゃ, とは驚くべく, と申, に, にさして, には日本臣民, にも上がりまし, に住め, に列挙, に向っ, に得, に至る, に該当, に附句, の, のあたり, のはずれ, のプラットフォーム, の一点, の一軒, の停車場前, の入口, の制定, の后, の家, の御, の扇岩, の文句, の方角, の河下, の河原, の空, の葉脈, の西○丁目, の解釈, の醒ヶ井, の銀, の陣所, の類, の駅, は聖徳太子, へまで充満, へ参っ, へ忍ん, へ敵, へ突入, へ行っ, へ行つて今一度奥様, まで見送っ, もまつたく, より説起し平安朝, を制定, を呈し, を定め, を廻っ, を東, を渡河, を西, 出でぬ, 第一項

▼ 七という~ (84, 0.2%)

4 のが 3 のは, 者だ 2 中間は, 古道具屋の, 御用聞きだ, 調子を

1 [66件] その男, たった一つ, ところで, ところでしょう, ものが, もので, ものに, もんです, よい年, アスファルト製造の, ペンネームを, 二人が, 二人の, 五十ばかりの, 人であった, 今年の, 兄弟が, 刺青師を, 大酒呑, 妙な, 娘可愛, 子を, 子分と, 字にも, 字は, 字を, 字数の, 岡っ, 年で, 年は, 年齢から, 年齢に, 年齢は, 形である, 役割であった, 御用聞きで, 所で, 掏児を, 数字が, 料理屋で, 時期は, 時随分, 書置が, 栄三郎と, 独り者で, 男が, 男であった, 男に, 男を, 者で, 者でございます, 者です, 者に, 若侍, 見事な, 言葉から, 調子は, 諸侯方の, 道中稼ぎ, 金銀細工の, 鍛冶の, 音数律そのまま, 順序で, 頓馬が, 顔の, 養子が

▼ 七八寸~ (84, 0.2%)

2 ある, から一尺, ぐらいある, のもの, の長, ばかりの小さな, もあろう, も出

1 [68件] あって, あるの, ある像, いて, かな, からせいぜい, から一尺位象牙, がとまりです, が八百, くらいの胸部, ぐらいしか付い, ぐらいの脇差, であるが, で止まった, で縦, にも育つ, に過ぎず, のところ, の丁字, の丈, の仔鹿, の優形, の刀, の厚, の叩き, の土像, の大刀, の大型, の大脇指, の太竹, の本, の棹石, の深, の玉子焼鍋, の穴, の虫齋村, の距離, の鍋, の青竹, の高, はあった, はあるらしい, はあろう, ばかりの柄, ほどな丸, ほど人間, もあっ, もあったろう, もあつ, もあらう, もあり, もありましたろう, もあるだらう, もあるべき, も延し, も立っ, を三歳鱚, 余った長, 大きくなりました, 抜きかけたが, 書きかけた手紙, 程の杉, 長くした, 長さ一間, 長さ五尺, 開いた茲, 開かれたお座敷, 高さ一尺

▼ 七八年前~ (84, 0.2%)

8 のこと 4 の事 3 になる 2 に還暦

1 [67件] かと存候, からいよいよ, からここ, からそういう, からの掛り合, からの経歴, から始め, から少々, から御, から江戸, から特に, から脊髄炎, から腰抜け, から身代, から阿波, こんな教師風情, ちょっと来た, であったが, でございました, でもう, で今年四十二, にここ, になります, にはそんな, には武蔵, には色彩, にアメリカ, に世, に二両二分, に亡くなつた, に出た, に友人, に外務省, に建てられた, に急, に朝鮮, に當降誕會, に軍鶏, のあの, のこども, のもの, の五月, の冬休み, の婦人界, の左翼, の彼, の彼女, の心持, の或, の流感, の潮來, の痘瘡, の記憶, は, は然るべき, まではそんな, までは若い, まで元気, まで彼女, まで藩財窮乏, よりその, よりはからず, より余, より妖怪, を想い出す, 幼くし, 某雜誌

▼ 七~ (79, 0.2%)

4 を殺した 3 の死骸, は 2 だよ, の話

1 [65件] かな, から, がまだ, でも野良犬, と懇意, と手前, と来, と言つて, どんか, なんぞと來, に劣らず, に寢, に差す, に怨, に親分, に訊ねます, のせゐだと, の一世一代, の側, の暮し向, の気持, の激しい, の細工, の舌, の裏切, の言葉, の足許, の踊, の身許, の頑固, はさ, はそれ, はゴクリ, はツイ眼, はヘタヘタ, は一向, は大きな, は太, は尻, は死なない, は江戸, は泣き出し, は淋しく, は漸く, は物, は縁側, は考え, は舳, は船, は血, は賭場, も少し, も文吉, も江崎屋, や三吉, を三河屋, を加, を叩き起し, を奪い合い, を引立てる, を怨ん, を意識, を擧げ, を突き, を離室

▼ 七兵衞~ (77, 0.2%)

3 の娘 2 という人, と云う, と申す, の娘繼, の宅, の死骸

1 [62件] いそいそと, おいそれ, がうんと, がその, がむづかしい顏, が何処, が喰, が在っ, が大分, が来る, が死ぬ, が邪魔, だが, でした, といふの, と言, に何, に向, に浪々酌, に頼まれ, のところ, の仲間, の凄まじい, の告發, の女房, の家, の年, の態度, の敵娼, の死んだ, の死體, の用, の番頭佐太郎, の褞袍, の話, の配偶, の頭上, はせ, はその, はむっと, は十年, は図らず, は委細, は常々, は平次, は御存じ, は憎い, は本道, は正直, は腹立紛れ, は苦, は茶, は賽錢箱, は面倒, まで殺した, もお, も死ん, を殺す, を疑はせる, を薪割, 構わずこれ, 知らねえで

▼ 七~ (77, 0.2%)

3 の檳榔 2 に分れた, に利殖, の多, の短剣, の電信柱

1 [64件] あった, ある, あること, かたまって, から平らげた, が別図, ずつ計算, だす, だすが, ついて, で長く, と下, と矢つぎば, ながら立て, なんて飲みゃしない, になった, に分かれ, に剪, に移り進んだ, のまん中, のバット, の三寸くぎ, の刀, の刀影, の刀身, の刃, の切ッ先, の大きな, の導火線, の小柄, の徳利, の手, の指, の松, の桜, の海藻, の白光, の矢, の石油カン, の立ち木, の細い, の綱, の金, の高い, は踏みつけられた, ばかりつい, ばっか呉れ, ひどい時, ほどころ, も竿, も置い, も食, も食べました, を倒す, を押し立て, 並べたもの, 固まつた樅, 寒そう, 持って, 挙げやが, 淡い紫, 用い酒精, 立てかけて, 送って

▼ 七~ (77, 0.2%)

7 の坂本さん 4 てがら, の 3 てがらです, の座敷 2 の右, の夫婦連れ

1 [52件] おさこの, が出る, が岡寺, この真紅, だ, だったの, でした, です, で表二階, という由緒, と二列縦隊, と教えられ, と札, と覚え, にお, には弓鉄砲頭, に一八五二年, に住ん, に当った, に止め, のおとなしい, のお客さん, のナターシャさん, のフォックス, の事件, の二つ, の入口, の円舞曲, の前, の名簿箱, の商科, の四階, の客, の山車, の方, の日記, の有名, の本命, の清水寺, の瓶, の自動車, の首, はお, は小網町, は於宮, へご, までも文平君, まで下がった, まで明日, をとらえよ, を使う, 微を

▼ 七八名~ (73, 0.2%)

3 の侍 2 の旗本, の武士, の者

1 [64件] ありて, いますが, が交, が取り巻こう, が案の定, が衝立, が集まっ, この画期的実験報告, して, であったこと, でこれ, でさまよって, でした, でどやどや, でヂャランヂャラ, で沢山, で竹早町, と共にほっつき歩い, と手伝い, になお, に洋学修業, に身, の不良少年組, の供侍達, の味方, の大刀, の姿, の小姓, の少年工, の山伏, の影, の従者, の悪童連, の捕り, の捕虜, の方, の水兵, の生徒, の私服刑事, の若者, の警官, の足軽, の酌, の顔, の騎馬侍, の黒衣, はゐる, は後ろ向き, は昨夜, は浅瀬, ばかり一団, もみな浅傷, も並び, も居るです, も逃亡, らしい剣気, をひきつれ, を囲, を斬殺, を赤坂城, を身, を集め, 付いて, 駈けって

▼ 七十円~ (72, 0.2%)

2 というの, のもの, の収入, ほどありました

1 [64件] からになつ, から五百五十円, がもの, くらいまではいい, くらいまで行く, ぐらいであった, ぐらいの安物, ずつも仕送され, たらずだよ, だけれども, だけ借りた, だったと, だという, であると, でお, でもなきょう, で売り捌い, で帰った, で話, で買い取った, で買っ, で足踏み, という服, と言, ないし百五六十円, になっ, に上った, に無代進呈, に至る, に達する, のセキセイ, の仕事, の会社, の俸給, の働き, の共稼ぎ, の利, の利益, の古着屋, の品, の売価, の家賃, の父, の生活費, の由, の間違い, は先方, は稼ぎます, は高, は高い, ばかりそれから, ばかりため, ばかりで, ばかりに過ぎない, ばかり入っ, ほどの宿賃, ほど傷め, まさか払わない, まで負けましょう, もはいれ, も使った, も出さなけれ, をとっ, 取られた

▼ 七十人~ (70, 0.2%)

2 からの人数, この人数, に余る, のお客, の人, の勇士, の弟子, の死傷者, や八十人

1 [52件] からの収入, からの大, が一夜, が憲兵隊, くらいの学生, ぐらいにはなり, ぐらいの子供, しかしかぎ終わったかれ, だろうな, でも百人, という数, と仰っし, にも多く, に近い, のうち, のもの, のカント講座, の一隊, の人夫, の供人, の八カ月, の兵, の兵力, の刑事, の博士, の名, の多勢, の暴徒, の毎週連続聴講生, の組頭, の職工たち, の軍兵, は乗る, は少な, は泊, は現在獄中, は皆, ばかりの乗客, ばかりの労働者, ばかりの同勢, ばかりの通信員, ばかり骨, ほどの人数, ほども店員, もいる, も居た, より成っ, より百人, を殺した, 多い時, 御香, 計り居る

▼ 七~ (69, 0.2%)

4 の中 3 の分け, の昔, の法 2 といふもの, と藝文志, によつて, のやり方

1 [48件] あり別録, から漢書藝文志, が一略一卷づつで七卷, が後に段々, でさ, では管子, とした, としての大, とすれ, との關係, とは何, と漢書藝文志, と申します, などでもよく, にあつ, にない, にはない, にはまだ, にも四部, にも藝文志, に復す, に暦譜, に班, に較, の一つ, の作り方, の六藝, の史的書法, の如く, の方, の精神, の詩賦, の語, の體裁, はかかる, は同じ, への復舊, より藝文志, を作つた, を作つたの, を作り, を作ります, を取つ, を始め, を引い, を本, を簡單, を經

▼ 七時間~ (67, 0.2%)

2 なり, 働いて

1 [63件] ありますもっとも, あれば, おくれて, かかる, かかること, かかるわ, から六時間何分, か八時間, か相手, くらいで, しかない, しか聴き, だ, つづきました, では, でもしかし, で十八歳未満, で来た, で来られ, というもの, というよう, といふもの, と十五分, なかなか長い, に, になった, になる, に小, に過ぎ, に過ぎないであろう, の労働, の持時間, の行程, の辛抱, の飛行距離, は懸る, ばかりする, ばかりもかかっ, ばかり登り続けた, ばかり登り續けた頃, ばかり飛んだ, ぶっ通し, ほどたった, ほどでゆける, ほど全, もか, もかかっ, もの苦闘, も打ち通し, も掛っ, も歩い, も汽車, も眠った, も経っ, も辞書, を経, 働いてるところ, 働きつづけても, 呑みつづけでしたからね, 掛からなければ, 第二日, 第四日, 遊んで

▼ 七~ (66, 0.2%)

3 の兵, の兵馬 2 あるいは千, どどご, の兵力, を割い

1 [52件] あるべし, かあるいは, からの行軍, から八百, がこれ, しかなかっ, だったと, というの, とさずけ, ともおりませぬ, と小銃, と見積った, にたらなかった, に増す, の中二三十人, の人数, の作品, の先, の兵列, の兵数, の同志, の命乞い, の城兵, の小勢, の強者ばら, の忠勇, の本, の武装民, の生命, の英霊, の部數, の鉱山主, は, ばかり, ばかりの兵, ばかりは敵, ばかり二本烟筒, ほどの村落, ほど屯, まで読みました, や八百, をひきい, をひきつれ, を上陸, を乗せ, を二手, を埋伏, を得る, を携え, 多いといふ, 届く, 載の

▼ 七~ (65, 0.2%)

4 の滝 3 の孫 2 の間

1 [56件] いかに落ちぶれ, から十代ぐらゐ, が頬, こんなお平, とかいう姉妹, とか住ん, とま, と云い, と六代将軍, と将軍家, と申します, と称す, なりたま, にいたる, に為る, のうち, の不運, の中, の主人, の乱れた, の人, の君, の天子さま, の孫新木吟雨, の将軍家継, の廟, の後胤, の御代, の現, の神, の間人口増加, の間光仁天皇, はしかし, はバッタリ, は両手, は仰, は奈良, は西譽淨賀信士, ばかりの天皇, まえの, までであっ, までの間, までは祟ります, までは芝, まで五人, まで流儀, もつづいた, も引き続い, も連なり続いた, も過ぎ, をへだて, を此山, 祟ると, 祟るという, 経つと, 経てば

▼ 七~ (64, 0.2%)

4 に端折つ 3 に結った 2 で立, にからげ, にわけ, に立つ, に膝, のあたり, の所, の構え

1 [41件] かな, だよ, で分け, で興, とかいうあたり, と長い, などに結っ, に, におとなしく, にかかっ, にからげた, にへばりつく, にわけられる, に下向き, に分け, に分けた, に取った, に取つた, に向い, に坐っ, に尻, に平次, に引つからげ, に彌, に拵, に揃え, に撫でつけ, に構, に構え, に構える, に止り, に端折, に端折った, に菰, のうち, のハイカラ, の前髪, の契約, の形, の髮, へ登る

▼ 七日間~ (64, 0.2%)

2 というもの, の公演, の興行

1 [58件] いやもう, が過ぎ, ぐらいはたしか, さらされて, しか提琴, つ, つづきました, で出, で指し, ということ, という意味, における彼, にわたってとり行われた, にわたって連日, に五万七十五マイル, に獄中, のロシヤ, の不便, の予定, の労苦, の命乞い, の大, の巻狩, の支度, の政務, の断食, の施食, の旅, の日參, の晒者, の概算旅費, の禊, の苦闘, の茶事, の逗留, の間牢, の餓, はあれ, はお, は時候, は汽船, は祭礼, は窓, ぶッ通し, も外, も斷食, も窓, を彼岸, を東京監獄, 両棋士, 同じ精神, 大いに祈祷, 当ムムネ市, 曝した上, 程ある, 程を經, 考えたり, 降りつづいたら七晩

▼ 七~ (64, 0.2%)

3 の中 2 になっ, の作品, の見本, は学而篇, や八篇

1 [51件] からなる, から成る, が, がある, がいかに, がはじめて, が斉人所伝, が河間七篇, しか書かれなかった, でも為政, とがそれぞれ統一的, としてはそれ, として記録, とともに論ずべき, とは亡失, と戯曲, と稱, においては雍也篇, における弟子品隲, にぶち, に当たる, に当たる諸, に限った, のため, の一つ一つ, の小説, の成立, の戯曲, の持つ, の構図, の沙翁, の総論, の華々しい, の詩作, の誤写, の論文, はこの, はそれぞれ, はもとより, ほどありました, も発表, をとおし, を作つた, を書かれ, を残し得る, を河間七篇本, を見いだした, を通じてただ, を通じて著者, を通観, 書けた

▼ 七~ (64, 0.2%)

2 になり, のお, の稼ぎ, 出して

1 [56件] あるそれ, おつり, からとお銭, から二十五銭, から八銭, から四十八銭, か八銭, か女, が煎餅, さうとう, だった, だったり, だという, だ二十銭, である, でした, です, ですが, でやすい, でバット, で比目魚, で結構, というところ, というの, とか出来る, とは高い, とられただよ, と二銭, と五等, と書い, と梨子二個, と見, なのに, にしかならぬ, になっ, に値上, に当る, に較べ, のところ, のもの, の値, の原稿用紙, の部類, はいたします, はかな, は惜し, は松山, は銅貨七個, ばかり買っ, をその, 余ります, 入って, 合して, 小さいの, 引いたもの六二・〇九銭, 払った

▼ 七年目~ (62, 0.2%)

3 になっ 2 であった, に一度, の会合, も八年目

1 [51件] だからな, だそう, だな, つまり昨年, であつ, でなあ, で会った, で又, で捜し当てた, で日本, で漸く, で父娘, で親子名乗, とかにバクハツ瞬間, とか十三年目, に, にし, にすぎない, になつ, になる, にやつ, にカビ, に一回, に一度顔, に一枚, に上杉謙信, に中部フランス, に京野等志, に出した, に山, に帰省, に当ります, に手向, に此, に由藏夫婦, に當, に老婆, に重吉, のお正月, の七月七日, の今, の再会, の夏, の大正二年三月, の安政二年, の年, の改葬, の晩冬初春, の正月元旦, の秋, の約束

▼ 七~ (61, 0.2%)

74 という 3 そうだ 2 な, なんて教, 十七

1 [41件] おしまいだ, お前の, かの娘, から, からそれ, からなア, から何で, から彼, から若い, から髯, か十八, が, があすこ, が内, が学者, が感心, が白地, けどあんなに, けれどそれ, しすぐ, ぜ, そうです, つたのです, つた年の, つた球江には, ということ, といふ, とかいふこと, とか云う, とする, とのこと, と云, と云う, と振れ込ん, と言う, ね, のと, もの, 三河町の, 人を, 尺八ぐれえ

▼ 七~ (59, 0.2%)

17 がある 9 である 3 に, 各一 2 があつ, はこの間

1 [23件] から思ひ付い, が二首, が出来た, が即, が載せ, すらすらと, で, で五十嵐甲子男, で全文, と, の句, の箋, の転結, の題, は, は後, をつづる, を並べ, を作つた, を賦, を題し, 各一首, 各二

▼ 七~ (58, 0.2%)

2 と顔, の注意, をみ, を内

1 [50件] がうたがっ, がその, が先ず, が唯, が特定狂言, が行き着いた, と道連れ, にむかっ, に取っ, に向っ, のあと, のす, の味方, の座敷, の用, の眼, の詮議, の踏み込ん, の道連れ, の顔, はすぐ, はすこしく, はどこ, は一種不思議, は三五郎, は土間, は容易, は寺, は感心, は更に, は百姓家, は縁, は耳, は角屋, は陸, は鮫洲, は黙っ, ばかりでなく, もよんどころなし, も云った, も少し, も形, も此処, をおどろかした, をじっと, をながめ, を導く, を恐れた, を苛, を見る

▼ 七~ (58, 0.2%)

5 の孫 2 にし, までの勘当

1 [49件] がローマ, が最上, が竜, が納まらず, ぐらいのところ, だって夢にも, とちがい, とともに第, について私, に及べ, に外, に對, に比し, に逢い, に鉄兜, のこと, のころ, のほう, のイタリア, の代理者, の即位, の吉村金兵衛さん, の名家, の大, の孫延興王, の宗謙, の戴冠式, の手, の方, の死後フェデリコ, の特別, の神, の肖像, の肖像画, の藤龍軒, の銅像, の長い, は, はあんな, はその, はそれら, はなお, はダンテ, はヘンリー四世, は断乎, は特別, を友, を知っ, 或時殺人罪

▼ 七八町~ (57, 0.2%)

6 も行く 3 にし, の間 2 の距離

1 [43件] ある, がほども沢, くらいだ, しかない, しか隔たらぬ, そのびしょ濡れさ加減, つづいて, にわたる低地高地, に足らず, に駆ける, のあいだ, のなだれ, の余, の先, の坂, の河上, の道, の道程, の長い, ばかりの裏町, ばかりも往, ほども息, ほど退かしめた, まいりますと, もある, もあるべし, もござらう, も下る, も往, も後れました, も歩く, も歩んだ, も登ります, も登る, も遠ざか, も離れ, を競争, 出掛けまして, 廻れば, 細い道, 行くと, 行った先, 離れたところ

▼ 七八間~ (57, 0.2%)

3 のところ 2 隔てて, 離れた所, 離れた渦

1 [48件] あッと, ぐらいの小, ぐらいはある, しかなかつた, その幅八, とは逃げ延びない, と離れ離れ, にし, の処, の川, の所, の距離, の限界, ばかりで, ばかり歩き出す, ばかり離れ, ほどの漏斗形, ほども引っ返し, ほども距, ほども追っ, ほど先, ほど走りだす, ほど進み入る, ほど馳, もある, もずつと紅殻格子, も彼方, も後れ, も手前, も挽き出した, も横, も歩いた, も玄関, も田圃道, も行きすぎ, も行き過ぎた, も行く, も走っ, も這っ, も遅れた, も遲, も離れ, も離れた, 歩くと, 行って, 追い散らして, 離れたところ, 離れたばかり

▼ 七十銭~ (57, 0.2%)

2 しか持っ, じゃ, です, にこの, にも八十銭

1 [47件] から八十銭, か八十銭, が八十銭, しかもこれ, ずつの割当, だして, である, でいろ, でちよ, で入る, で別に, で相当, という家, という驚いた, といふボリ方, となっ, と値段, なら東京, なり, なんてこの, になり, になりました, に売っ, のもの, の事, の値, の先払い, の地球儀, の安値, の小作料, の市価, の活動, の由, の米代, の見込み, の賃銀, の釣銭, の銀貨, はかかるでしょう, ほどかかります, もかかっ, もとりやはりまし, やって, や一円, を取っ, 余ります, 大いに助

▼ 七八つ~ (56, 0.1%)

4 の子供 3 の女, の時分, の頃 2 から十五, の穴

1 [39件] あつた, ありましたよ, いるかも, から十一, くらいと十一, ぐらいの子どもら, ずつ銃剣, つまむ, で一度, ならべて, になっ, になった, になり, のこども, の兒, の女の子, の子, の子供よう, の小, の幼, の彼, の男の子, はあるらしい, は年下, は若, ばかりの女の子, ばかりの髮, もこの, もちがう, もふけ, も十, も居る, も年, も年増, も見えました, 刺した串, 小さい紙袋, 白いの, 越えたのち

▼ 七十二歳~ (56, 0.1%)

3 で歿 2 だと, であった, にし, の春, の老人, の老齢, の長寿, の高齢, までうたう, るん自身

1 [33件] そんなお婆さん, だったから, であつ, ですが, でまだまだ, で亡くなられた, で出家, で多年, で病死, とあるは, といふこと, ないし七十四歳, なりと, になつて, にもなつ, にもなる, のおじいさん, のパティ, の作, の古, の寿, の息, の文治五年八月, の晩年, の筈, の翁, の老翁, の高, までには完成, まではパティ, までは歌, まで歌, まで生きられない

▼ 七~ (52, 0.1%)

11 がある 53 である, の七八 2 があつ, を作つた, 各一首

1 [24件] あり, が, で其第二句, と, とこれ, と間違った, に云, の中, の起句, は此頃黒沢雪堂, は頷聯, をもっ, を二度, を作っ, を作つて其行, を寄せた, を此, を賦, を賦す, を遺し, を録する, 各一, 第七八, 第二首

▼ 七番地~ (52, 0.1%)

6 より廣島市猿樂町鈴木三重吉 3 だ, の家, より廣島市江波村 2 に参ります, のアパルトマン, より本郷區彌生町三番地小林, より本郷區臺町福榮館鈴木三重吉

1 [29件] っての, であった, でございますの, です, というの, なる私宅, なんかにはだれ, にささやか, にフォーシュルヴァン, にユルバン・ファーブル, に今, に何, に寓居, に移した, に移った, に達した, に部屋, のフォーシュルヴァン氏方コゼット嬢, の北園竜子, の建物, の桜井つけ物店, の第, の自分, の自宅, へやれ, へ転宅, より, より山口縣玖珂郡由宇村三國屋鈴木三重吉, より本郷區臺町二十七番地鳳明館中川芳太郎

▼ 七~ (52, 0.1%)

3 もある 2 として都合六, の距離, もあろう

1 [43件] あって, あること, から三, から十八間位, か八間, くびじろだ, しかない, てふ, であった, ですよ, とは行かない, などというべら棒, なり, なるに, にし, になった, のところ, の丁場, の二つ, の家, の猿橋, の眼界, の船, ばかりある, ばかりの別棟, ばかりの空地, ほどの客間, までゆり倒す, まで數, もあっ, もあつ, も下, も歩いた, も跳び離れ, も離れ, を隔てた, 乃至十一間, 奥まったところ, 来たとき, 程もあらう, 行過ぎた女房, 離れた向う, 離れた橋板

▼ 七~ (50, 0.1%)

6 の誕生日

1 [44件] くらいも見た, くり返しても, だと, でもってその, で其の, で特選, なんてまわりやしません, には参議院, には大臣責任, にわたって十二坪, にわたって十二坪半, にわたって雑誌, に及んだ, のうち, の中ごろ, の中途, の中音音, の会議, の地震, の夏, の多き, の定日, の挿圖, はふきあげる, は読み返した, ばかり測っ, ほどでだいぶ, まわったん, もあった, もくりかえし, もころんだ, もやった, も委員会, も廻る, も監獄, も福州, も行っ, も高座, を書いた, 其の間, 数えなかったん, 書いても, 浴びるとも, 見に

▼ 七~ (50, 0.1%)

2 ある, の中, の何屋, の家, の芝居茶屋, はさんで, もあります, もらい

1 [34件] あって, あつた, あり, かよし, が全く, が団結, だけでその, で斬罪, と数え, と數, になる, に押入つて, に旅館以外, のお, の人たち, の公儀御用, の勧工場, の家並, の家居, の家搜, の屋根, の旧家, の民屋, の石田民三, の離れ村, の養狐場, は囲, ばかりもあった, もあっ, もの新聞屋, も御座いませう, をまわり, を見れ, 駈けまわった

▼ 七~ (49, 0.1%)

3 の序 2 といふもの, と隋書經籍志, の分け, の目録

1 [38件] である, でいふ, では術技録, では道教, でも之, で七録, とか隋志, として居ります, との異同, と申します, にあ, にある, にはその, には既に, に分れ, に據つたの, に附けた, の中, の内容, の大, の方, の時, の書籍一一, の符圖, の處, の陰陽家, は單, は大, は戒, は梁, は漢書藝文志, もあり, もさうである, も私, を作る, を參照, を復活, を見

▼ 七~ (48, 0.1%)

8 の月 6 の間 2 の夕月, の月惜, の法要

1 [28件] あそんだならば, というもの酒, となっ, に及んだ, に女子九フィート, に逮びて, のあ, のお, の月斜, の祈祷, の間神意, の間籠, ふるや, もまるで, も坐つた, も寝でありき, も戦つた, も毎夜, も焼けつづけた, も踊り狂い, を, を舟, ヲ歴, 寝に, 泣き続け遂に, 燃えに, 経しと, 過ぎると

▼ 七~ (47, 0.1%)

4 の兵 2 から一万ペセタ, が, の公民館

1 [37件] からの貸し, から二万, か一万足らず, そのうち, それからこの, である, といわれる, とも申します, と一団, なれども, なれば, に対してお, のうち, の一団, の人々, の僧侶, の包囲軍, の墓, の増加, の屍体, の戦死者, の矢, の軍勢, の農民, の都市, の霊, はお前, は動かし得る, は湖東, ほどいたという, もある, もさい, も彼, も負けた, を加勢, を向け, を残し

▼ 七百年~ (47, 0.1%)

4 ほどの歴史 3 の昔 2 と言う, にもなる, ほど前

1 [34件] か八百年, ぐらい前, たった今日, といえ, に及ぶ, のうち, のお, のこと, の中程, の伝統, の埃, の大, の年数, の後, の月日, の歳月, の眠り, の空間, の美しい, の虚偽, ほども前, ほど経過, まで残る, もおくれ, もおくれた, もたった, もむかし, も以前, も昔, も続いた, を経た, を考慮, 大寶元年文武天皇, 程廊下

▼ 七~ (47, 0.1%)

4 の中, の歌 2 に用, の句, の粉, の粥, 乃至十種

1 [29件] あって, あり, あり其一, つがれた, にすぎない, に分けた, に及び, に過ぎず, に過ぎぬ, の一つ, の一ダ, の宝, の宝物, の日, の穀物, の職業, の草花, の薬品, の詩中, の貴重, の齒輪車, は互いに, は帰京, は胡枝花, ばかりの東洋植物, ばかりの綺麗, ほどある, までの朝ごと, まで麒麟

▼ 七にも~ (45, 0.1%)

11 なって 3 すぐに 2 なると, もつと, 容易に

1 [25件] なかなかシン, なったらしく髪, ならないで, なりましたから, なりましょうに, なるであろう, なるどう, なる妹, なれば, なろうか, なろう人品, よく判った, わかつて, 八にも, 内證, 判らなかった, 十六にも, 大抵想像された, 想像が, 想像された, 成りましょうか, 見えて, 見えるの, 解き兼ねた謎, 逢って

▼ 七~ (45, 0.1%)

3 の猫 2 の蟹, の雌

1 [38件] いただけ, いる猫, いる筈, が選ばれた, しか用意, じゃない, だけがこちら, ちょろちょろと, で六十銭, ともまるで, と人五人, なんて変, のうち, のどれ, の亀, の小さな, の猟犬, の獣, の獣達, の獣閣下, の青, ばかりのせ, ばかり集まっ, ほどた, また十匹, までなれ, もいる, もアラビア沙漠, も信用, も入っ, も八匹, も蠅, も飼うよりゃ, ゐます, を除いた, 住み左, 居っても, 飼って

▼ 七~ (45, 0.1%)

5 の膝 4 の高 3 の塔 2 にも八重, の天守閣, の瀧

1 [27件] か八重, だけでも総懸り, に, にも手, に並ん, に堆積, のお, の城, の塁壁, の宝樹, の峰, の恐るべき, の教養, の文化, の氷雪, の盾, の箱, の絹, の羅網, の膝八重, の舎利, の行樹, の衣, は踏まね, をし, 坐蓮, 着る衣

▼ 七から~ (44, 0.1%)

2 ひと通りの, 二十五まで

1 [40件] あの家, いろいろに, お化け師匠の, お駒, じかに聞き取る, だ, はなされて, ページ三五まで, 三十ぐらいに, 二を, 二十くらゐ, 二十までの, 二十七八止りで, 二十三までの, 二十二三まで, 二十四五止まりで, 二十頃までの, 五十六七と, 今日の, 会合の, 何度も, 十八にかけて, 十八の, 四十五六までの, 引用します, 忠義を, 探索の, 来た手紙, 煙草呑んだち, 第百話, 聞き取って, 聴いたという, 聴いた話, 聽いた, 観れば, 話を, 説得され, 越前守御, 鍵屋と, 黒部に関する

▼ 七八日~ (44, 0.1%)

3 の間 2 の両日, はかかる

1 [37件] あるん, くらいもかかっ, ぐれえ, ただ胸, たった十日, たつた頃, で子, ときめ, になった, には, にはなりましょう, にも及んだ, に及んだ, に書き上げたい, ねきっと, のうち, のこと, ののち, の両, の旅, の法会, の爆声, の行程, の諸, はいたる, はまず, は日, ばかり無事, までにはあげます, もこの, もたっ, も漕ぎ, も過, 迄の間, 過ぎて, 過ぐる, 長くても

▼ 七万両~ (43, 0.1%)

10 の金 2 の夢, の宝, の小判, を手

1 [25件] が七十両, ぐらいに当り, ぐらいの償金, ございますな, だの二十五万ドル, という, というの, という大金, と聴い, のいきさつ, のうち一万両, の世界, の事, の大金, の山分け, の謎, の隠し場所, の黄金, はおろか, をおうよう, をこっち, を俺, を咽喉, を幕府, を盗み

▼ 七八分~ (41, 0.1%)

2 くらいはあたる

1 [39件] から一寸, がよかろ, ぐらいに砕い, ぐらいに言い詰め, すると, たてば, だった, でここ, でしょうでも, ですね, という短い, という見頃, ならしむれば, ならば, なる世, にし, にはせざる, に切っ, のうち, の長, は事実, は人為的, は余, は分明, は埋められ, は江戸, ばかり水, まえに, までは得, もかかった, もった才能, も利子, も延び, も過ぎ, より末, を占めたる, 丁度短刀, 過ぎた, 過ぎてから

▼ 七十五銭~ (41, 0.1%)

2 で買い取っ, で買われる, に買

1 [35件] が元値, くらいで売る, ぐらいにはなん, するウエストミンスター, だけの御飯, てきまり, て書い, であったしかし, ですね, で十四五本, で我国, で買つて, というわけ, という小切手, と懸, なんて私可哀そう, になる, に売る, の与えた, の小切手, の手間, の為替, の茶, はその, はま, はチビ公ひとり, まうかる, やすいもの, よりは出せぬ, をだし, をべこ, を自分, を要求, 申し付, 程になっ

▼ 七には~ (40, 0.1%)

3 あらざりき 2 なるまい少女, まだ自信, 人の, 判らなかった, 物を

1 [27件] それは, それを, どうしても友人, なって, なんだかくすぐったく, もはや主従, よく聴き取れた, よく聴き取れなかった, カヤツリグサ科植物が, 一と, 兎にも, 具足といった, 取り分けて, 否やが, 天空は, 怨が, 早くから眼あて, 最卑下, 気の毒に, 父の, 確かに, 老けた, 自信が, 自由党の, 見えながら, 逆らは, 連れが

▼ 七~ (40, 0.1%)

4 の間 2 もあろう, も八町, も行く

1 [30件] から十町, しか無い, その中, で枝折峠, とに間違, と云つて, なるの, なれども, にし, に余る, のこと, のこの, の丁場, の下流, の先, の彼方, の距離, ばかり, ほどのところ, ほどの丘, ほどの賤民おのおの党, もあら, も登っ, も続いた, を外郭, を歩く, を段, 参りますと, 潜って, 行くと

▼ 七万石~ (39, 0.1%)

3 の家国

1 [36件] そんなところ, っての, と三十六万石, と見つもっとる, にせられた, に傷, に当りましょう, のお, の主, の内, の品格, の国主, の城下, の城主大名, の城郭, の大, の威光, の封, の封城, の小さい, の小倉城主, の島津, の御, の指南番, の末, の毛利, の薩摩, の領分, ほどの諸侯, も持たせたまえ, や二十万石, をうけ, を向う, を手玉, を没収, を領

▼ 七八本~ (39, 0.1%)

1 [39件] あるいは立ち, が動かぬ, が暑気, すっくと立ち, になり, のいも, の其の, の刄, の四斗樽, の幹, の手紙, の木, の木立, の槍, の空, の空壜, の篠竹, の鎖, の雑木, の頑固, は描い, ばかりひょうひょうと, ばかり掛け, ぶらさがって, ぶら下って, もある, も並ん, も抱えさせられ, も真直, も立ちならん, も立つ, やったの, を貰, 並んで, 各部屋, 立ってるところ, 立並んでる物凄い, 聳えて, 見る

▼ 七~ (39, 0.1%)

3 の下 2 の減少, の減率

1 [32件] くらいである, だけのもの, だとかに, であったが, でそれだけ, でも容易く, でも火鉢, でカンカン, で使用, というの, とし, にしか当らない, にすぎなくなり, にて足りる, に上つたつて新聞, に懸け, に火, の元, の棄権, の火, の炭, は二ツ嶽, は非常, ばかり取っ, へかける, へ仕掛け, ほど一分, や火鉢, をかこん, を用います, を置い, 何と安い

▼ 七~ (38, 0.1%)

2 の工場, の箱, の見処, 並んで

1 [30件] あるあり, ある其の, ある大倉口, からなる, くらい載せ, ずつ食われる, に区画, に多少, のうち半分, のすばらしい, の中, の化粧品, の噴口, の地帶, の大小, の弾丸, の惑星, の断片, の橙, の武器, の生首, の電子, はまことに, は様々, ばかりの大, を持っ, 在る頸骨, 散るの, 残る七個, 買ったが

▼ 七~ (38, 0.1%)

2 ある石段, も馳

1 [34件] ありますと, あるいは弓術, が木村名人, が発見, が立つ, くらいの腕前, くらい積み上げれ, ぐらいの棋力, その人, ただし, だの秀策, である, では, で蓄財者, と私, に, にでもなっ, に話しかける, の前半, の場合, の岩佐, の所へま, の攻撃速度, の昇段問題, の石, の解説, の読違ひといふ結論, の高弟, は呉清源, ほどもあれこれ, までを見た, 下った, 下りなければ, 有るし

▼ 七百人~ (38, 0.1%)

2 の囚人

1 [36件] ありまして, あるです, からの団体, からの奥女中, からの婦人労働者, から集りました, が六十万, が殺され, が着, でありました, になっ, に及んだ, に對, に近かっ, のうち, のナッソー, の中, の人, の全校生徒, の地主, の夏期大学, の武者, はこの, は入った, は現, は現状, は眼前, ばかりおります, ほど囚人, も唐崎, も申込, を俗物, を越, 入って, 名太子爲利歌, 程の信者

▼ 七十五歳~ (37, 0.1%)

3 の老人 2 であつ, で歿, にし, の誕生日, の高齢

1 [24件] くらいあるいは, だった, であ, である, であると, でほんとう, で没する, で病歿, になっ, にもなる年取った, に達し, のおじいさん江戸ッ子, のこの, の一老人, の折, の時, の条, の齢, ばかりの老人, までなる, もう落語, を以て終結, を以て逝く, 迄生き延びる

▼ 七十八歳~ (37, 0.1%)

3 になる, の生涯, の高齢 2 とはこれ, にし, の今日, の翁

1 [20件] だった勘定, である, でなかなか, で九郎右衛門, で向島龜戸神社, で嘉永三年戌歳, で死んだ, で歿, で永眠, で病歿, と答えき, になつ, になりました, になります, にもなった, の盲, の私, の老, の茶山, の長寿

▼ 七百両~ (37, 0.1%)

4 の金 2 では

1 [31件] あまりよろしから, がで, がなく, ぐらいでどうにか, じゃ, するん, だ, だけ明日, でも七十両, で上げたい, で仕上ります, で仕切れ, という女房, という身金つき, といえ, に減らす, に目, のやけ費いも, の一件, の小判, ほどだ, もあり, やるから, をあの, をこしらえよう, をとりそろえ, を乗, を背中, 借りて, 受け取るべく喜び, 背負って

▼ 七ツ八ツ~ (36, 0.1%)

5 のころ 4 の頃 2 羽ばたきを, 若やぐばかり

1 [23件] お洩らし, から人, から十歳ぐらゐまでは, から庭, から紅オシロイ, くらいまでは子ども, どころか十五, になる, にもなれ, のお, のとき, の児, の女の子, の小女, の少年, の火ウチ袋, の菰梱, の露店, の青白い, ぶらさげちょうど, 入乱れて, 盛られて, 見えて

▼ 七年度~ (36, 0.1%)

2 の歳計, の毎日出版文化賞, の注目

1 [30件] からで, から三十年度, から始まった, から開始, が七六, において欺瞞, には七億一千万円, には急速, に入っ, に於ける, に著しかっ, に起った, のハイライト, の主, の公式リーグ戦, の収入, の巴里, の性慾整理, の感銘, の技術学校卒業生, の文学思想界, の日本, の日本映画, の日記帳, の昔, の芸術祭, の記述, の調査, の選挙, はこの

▼ 七~ (35, 0.1%)

2 である, の句切, の定型, の音数律

1 [27件] あるいは五七, ぐらい跳ん, であるの, でした, では満足, となるなら, にこう, にはウェルギリウス, に大黒, の, のせまい, のほう, のみの句調, のアダリン, の主観的形容, の代り, の割合, の句, の句調, の定数, の定数律, の形, の律, の律動, の音調, また五七, 若くは

▼ 七~ (35, 0.1%)

6 の墓 2 の墓所

1 [27件] がいささか, が切腹, が君讐, が奮起, が細川家, が義, ぐらいのヘナヘナ腰, ごときとうてい, で, といはれ, などでも根, のいる, のかたき, のよう, の事蹟, の人々, の仲間, の助命, の国法, の大志, の年忌, の物語, の討ち入り, の部屋, の面々, はする, を殺す

▼ 七百円~ (35, 0.1%)

2 もする

1 [33件] からの借金, から千五百円, か八百円, が税額, ぐらいに五十三円, だすという, だったの, であった, で上がりました, で御座います, で無きや, で譲ろう, で買収, として自分, とれると, なんてこと, なんて金, の収入, の品物, の大口, の大金, の恩給, の生活費, の請求, の金, は前, は掛かっ, は最低, ばかりございました, ばかりの金, ほどもあった, もらって, を借り受け

▼ 七~ (35, 0.1%)

2 に輝く, の色硝子, を映ずる

1 [29件] ある, である, にかがやい, にし, にのみ重き, にひかっ, に光っ, に分解, に包む, の, のそり橋, のもの, の光, の光線, の彩, の御馳走, の放射線, の水珠, の白粉, の石, の絹, の線, の虹, の道路, の魅魍, の魚群, は詩, 揃いました, 織の

▼ 七人組~ (34, 0.1%)

3 の博士たち 2 のほか, を出だし

1 [27件] がその, がやってきた, といわれた, と称された, なんかよばない, にもこの, のなか, のなれ, のほう, のレッチウ, の中, の先生がた, の前, の助手, の博士, の小屋, の強盗, の申し出, の美人, の美人女給, の顔, は, は刑事事件, は江戸, もどうやら, をはじめ大勢, を横目

▼ 七八九年~ (33, 0.1%)

2 にフランス革命

1 [31件] いらい各, および一七九二年, という年, と一八三〇年, と比較, ないし一七九四年, にすでに, には出生, にイスパニア, にフランス, にベンサム, に彼ら, に革命, の, の一年, の七月十四日, の三つ, の両, の五月十四日, の北越陣, の大, の有名, の死亡, の著述, の葡萄酒, の革命, はフランス革命勃発, は死亡, をめとり, を入れる, を過ごした

▼ 七号室~ (33, 0.1%)

3 の患者 2 の扉

1 [28件] がもう, である, でちょっと, ではお, で一所懸命, で御座います, で撫でまわし, で眼, で見た, という階下, なり, にゐる, に居る, に帰っ, に帰る, に引返し, に案内, に監禁, に閉じ, に閉じ籠っ, のお, のまん中, のタタキ, の中, の外, の所, の附添看護婦, を占める

▼ 七年頃~ (33, 0.1%)

2

1 [31件] か, からい, からその, から三十二, から佛國生れ, から数年間父, から百万, から茶, がその, だった, であったか, であったよう, であった久しく, であって, であり, でしたが, になる, にはまだ, に当時, に比べる, に相当, のこと, の事, の作, の当時, の銀座, までのこと, までの期間, までの研究, より俄然, 生まれ七十四歳

▼ 七さん~ (32, 0.1%)

1 [32件] が昨夜, だよ, で, でございますが, ですって, ですよ, というの, といふ名, ともいいませんでした, ともう, と今晩, に, にお, のお, のやく, の家, は, はい, はしょう油屋, はじまん, はその, はまけ, はめちやめちや, は今雄さん, は四階, は大, は戸惑い, は朝, は瓦, もす, もよく, を相手

▼ 七丁目~ (32, 0.1%)

4 の角 3 の交番 2 だよ

1 [23件] から西, だから, だ三沢, で縦横, となる, との間, と八丁目, と広小路, にある, にわたった, のはずれ, のもと, の一廓, の交叉, の停留場, の停留所, の横丁, の橋, の終點, の裏手, まで一町ごと, を飛ぶ, 第十七号鉄道線路踏切

▼ 七九三年~ (32, 0.1%)

3 の夏 2 にはローマ, のやり直し, のクリスマス, のフランス

1 [21件] からすでに, が, にかけた, にはもう, には国王ルイ十六世, には私, に一度, の, のこと, のよう, のジャコバン党, のジヤコビン黨, の恐るべき, の悲惨, の王家, の第, の肉切り庖丁, の舞台裏, の表, の騒動最中, をめぐる

▼ 七~ (32, 0.1%)

2 は何

1 [30件] からは何, が, が最後, では, と, という者, とは道中, どのか, に訊く, の供, の眼, の頭, はいきなり, はすっかり, はそう, はその, はひとり, はやや, は傲然, は少し, は急, は突放し, は繁華, は舌打ち, も何, も毎日, も蜂須賀党, やその他, をはじめ, 同又

▼ 七~ (32, 0.1%)

3 の羽織 2 の裾

1 [27件] ありと, か羽二重, が相続い, です, で継嗣, で金, にし, の一人李攀竜, の三, の三つ折, の三つ紋, の三紋, の御, の紋つき着流し, の紋付, の縁, の羽織地, の羽織着, の蓋, の裔, の釘隠し, の長, は無惨, をお, を生む, を盛る, 棠助三つ女長八つ良六つ全

▼ 七一年~ (31, 0.1%)

2 にも一七九三年

1 [29件] から七五, だつた, だと, には一四, には帝国議会, には更に, には正真正銘, にわたる普仏戦争, にケンブリッジ, にムーエット, にロシア, にロンドンマクミラン会社, に年十七歳, に生れ, に第, に至り, のコミューン, のコムユン, のパリ・コミューン, のパリ・コムユン, のパリー自治政府, の五月, の初版, の大, の巴里共産党, の普仏戦争中, の移住, の移住以前, へその

▼ 七八尺~ (31, 0.1%)

3 もあろう 2 の高き, ばかりの広い, もある

1 [22件] あるその, から二間, にし, にめぐらし, のみじかい, の岩穴, の延竿, の瀑, の高, はあるだろう, はしった, ばかりの大男二人, ばかり満身, もあらう, もあるであろう, も向う, も底, を超えぬ, 大きさ, 程河, 辷り落ちる, 離れた方

▼ 七八月~ (31, 0.1%)

2 の炎暑

1 [29件] かな, と三月, と思ふ, における気温, にかけては多く西南, にも相成, にわたって病気, に単独, のこの, のまだ, のむし暑, のよう, の三ヶ月間, の候, の候茎梢分枝, の気候, の流筏, の炎熱, の登山期, の鎌倉, の頃, の頃ニハ, の頃ヴェニス, の頃稻, は大体大変外出, は東京, まで消えない, をば大概何処, をハリ

▼ 七~ (31, 0.1%)

2 までは官有林

1 [29件] が男, が税, が貧農経営, が集団農場化, であって, という配当, の値上げ, の利益, の税, の納税不能者, の者, の関税, はよそ, はバット, は俺, は此処, は死んだ, は百貨店, は自殺者, は舞台, は飲食店, ほどの引上げ, まではあて, までも出し, まで棄権, まで降伏, をとっ, 小供, 近い騰貴

▼ 七十四歳~ (31, 0.1%)

6 で歿 2 です, で世, の今日, の高齢, まで生き

1 [15件] であった, であつ, で亡き人, で亡くなった, で自邸, と言われ, にすぎなかった, にて逝けり, になつて, になる, の忠琢, の春, の秋成, の老父忠琢成器, を以て

▼ 七~ (30, 0.1%)

2 八で, 八の, 十八で, 十八の

1 [22件] おすみ, お染, お浜親子, お神樂, 一座の, 七五の, 主は, 仙太郎に, 以下の, 供だ, 八は, 其水も, 加藤八弥太を通して, 唖男などの, 大岡越前守や, 婢が, 平次が, 広瀬さんに, 松吉の, 清吉の, 清吉を, 熊蔵の

▼ 七十七歳~ (30, 0.1%)

2 で世, で死んだ, になつ

1 [24件] であった, であった母親, であつ, でお, でこの世, で最近病臥, で歿, にし, にて逝けり, にもなり, のハイドン, の今日, の私, の老人, の記念, の鈴木さん, の長寿, の高齢, まで勤め続け, まで完全, を以て五百, デ喜寿, ノ今, ノ今日ニナリ

▼ 七十五日~ (30, 0.1%)

2 は過ぎた

1 [28件] ぐらいジッ, その家, だろうね, でその, で潮干狩, という, というそこ, という如く寛大, という日本, といふこと, と云う, なん, なんか待ち切れない, の後, の永生, の永生き, の汚穢, の長生, は立派, まだ経たねえ, も身, も通, を経訖ん, を過ぎない, 生きのびるって, 経たぬ間, 過ぎない内, 隠れて

▼ 七~ (30, 0.1%)

2 であった, に, に越し

1 [24件] が赤絵号, で幸山船長, で特輯, で神経痛, として復讐禁止令, と四十八号, に謫天情僊, の三台, の人殺し, の廃船, の患者さん, の消息中, の清掃, は, はすでに, はだれ, はもと, をもっ, を二千部, を呉れるなら, を東, を終刊, を見よ, を重ねた

▼ 七~ (30, 0.1%)

1 [30件] かけて, からもすでに, から山越, から金沢表, で名物, とここ, と金沢, にいたる, にのこし, に一城, のうち, の一群, の十九万石, の城, の大竜, の小, の御, の或, の敵, の泣女, の海, の狐, の酒, へ向っ, へ廻る, へ成政, へ退却, へ養子, 入れて, 入れること

▼ 七年後~ (30, 0.1%)

3 の今日 2 にこの

1 [25件] で次男ケント, にここ, にウイリアムソン等, にウッド, に入, に復讐, に晩年, に還っ, のこの, の一九〇七年, の一九〇六年, の一九四七年, の七月廿一日, の三国ヶ嶽, の今, の勤, の地方, の安永七年, の山上, の数年間, の晩秋, の話, の貞享二年, 即ち昭和初頭, 遂に特殊相對性原理

▼ 七時ごろ~ (30, 0.1%)

2 であった

1 [28件] おいで, つきバス, でした, です, ですが, でわたしたち, で薄暮, で食べもの, に, にでもい, になっ, にはロンドン着, には仕事, には船, に上野行き, に彼女, に目, に神戸駅, に起き, に道場, のこと, までに尾花川, まで三輪神社裏, やっとパン, 戻って, 来る, 着いたの, 迄上野

▼ 七~ (29, 0.1%)

5 の大軍

1 [24件] からのもの, か八万円, ぐらいのその, ちかい石数, であった, で足りましょう, という数字, ならと, に上る, に達し, の両, の人口, の兵, の内, の将兵, の将士, の日本人, の死者, の軍隊, ばかりとある, をこえ, をもって益州, を打った, を有し

▼ 七~ (29, 0.1%)

2 の女

1 [27件] かな兎, が見返った, が首, だが, だったかな, で結婚, で色, なの, な別嬪さん, にもや, のとき, のもん, の人形, の娘, の年俸, の御前様, の摂理, の時分, の波斯乙女, の無垢, の神官, の見かけ, の逗子, はまた, は山伏ども, は白痴, ゐの

▼ 七分通り~ (29, 0.1%)

1 [29件] が分らぬ, つぶれおまけ, できあがって, にかかっ, の安心, の成功, の興味, はお, はすし, は変装, は成功, は毀れた, は無罪, は盃洗, までわかつた, も信雄, わかつて, 入って, 咲いて, 巡って, 描き上つて, 満たされて, 燃え盡, 片づけて, 終りかけた頃, 詰まって, 読んだの, 諦めて, 迄終つた時

▼ 七~ (29, 0.1%)

3 の中

1 [26件] あって, きするそう, となりぬ, になっ, には鞍馬, に列記, に次, に遠, の, のうち, の全, の全集, の感銘, の歌, の美しい, は補遺, まいて, までが訳された, までを英訳, まで出し, まで翻訳出版, を占め, を引き居る, を書く, 第二号, 第八巻

▼ 七八〇年~ (28, 0.1%)

6 ないし一七八五年 4 の人口 3 ないし一八〇〇年 2 に先立つ, に終る

1 [11件] から一八〇九年, で終る, と一七八五年, ないし一八一〇年, のみならず, の三月, の出生, の古き, の期間, をもって終る, 及びその後

▼ 七十三~ (28, 0.1%)

2 である, になる

1 [24件] いやもつ, が之, その中, で死ん, で死んだ, という数, としわ, になつ, になります, の, のとき, の姑, の小刻み, の春, の歳, の翁, の老齢, の階級, まで, まで生き, も節, を占め, 小会議区, 迄生き延びる

▼ 七千円~ (28, 0.1%)

2 の包み

1 [26件] あると, かの小切手, から八千円位, だすならばと, で嘱託, で購, という値段, とは高い, と引替, にたし, になっ, に対して去年, の予算, の小切手, の損害, の損害賠償, の新券, の現金, の粧奩, の財産, の預金, はかかる, ひきだして, も財産, を分割, を投じ

▼ 七~ (28, 0.1%)

1 [28件] が露路口, と彼, に比べる, に満ち, に移し, の危険, の命, の後ろ, の方, の眼, の身の上, の辮子, はいつも, はきいた, はそろそろ, はまた, は城内, は既に, は日々, は早く, は欠け, は田舎, は自分自身, は象牙, は跳び上っ, は途中, は酔払っ, ほどを用い

▼ 七時すぎ~ (28, 0.1%)

2 にダットサン, に迎

1 [24件] かえって食事, から又, すぐ近く, でその, にかえって, になっ, になつ, になり, になる, にはお出かけ, にはつく, にやっと, にワルシャワ, に山, に目, に眠り, に終り, まで海風, もう身体, 有楽座, 着三十枚, 終ると, 迄ね, 迄雀

▼ 七~ (28, 0.1%)

3 の馬 2 に積ん, の牛

1 [21件] ありしを, しかゐない, すさまじいうなり, であった, につけ, のもの, のニシキヘビ, の乳牛, の形, の毒竜, の皮, の驢馬, は微塵, もいる, もって, も飼っ, も飼ッ, 又は十頭, 撃たれたさうな, 死んだよう, 気にいったの

▼ 七~ (27, 0.1%)

3 八か, 八の 2 八で

1 [19件] それに, まだ初々しい, 八かしら, 八くらいに, 八くらいの, 八くらゐである, 八ぐれえ, 八であろう, 八でしょう, 八としか, 八に, 八も, 八九位に, 八位でしたろう, 利八か, 十八ぐらいの, 十八の, 堀主, 變な

▼ 七分の一~ (27, 0.1%)

2 に相当

1 [25件] から一一分の一, から現在一一分の一, か八分の一, しか価値, だけ減少, であった, であったもの, であって, である, でしかない, という, というバアトン氏, となっ, となった, と見, ないし一一三分の一, にも足らぬ, に当る, に過ぎず, に過ぎなかった, の三乗, の小松数馬, ほど味, を占め, を経

▼ 七十日~ (27, 0.1%)

2 の祈祷, の間, ばかりおりました

1 [21件] いらい寄手, がな通いましただ, そのあいだ, たつと, というの, にあまり, ねて, のうち, のたたかい, の余, の後, の満願, の猶予, の祈り, の秘密, ばかりたっ, ほど前, ほど経て, ものあいだ, を大雨, を過ぎ

▼ 七~ (27, 0.1%)

10 の詩

1 [17件] あゆむ間, あゆめ, あるけ, くらいの居どころ, し口, となり, にすぎない, のあいだ, の坂, の間隔, ばかりの後, まえを, まで勘定, も離れ, を超える, 行き十歩, 行くと

▼ 七~ (27, 0.1%)

1 [27件] がこんな, がたちまち, が又, が村, に向い, のこの, のそう, の店, の顔, はずんずん, はそう, はそんな, は七斤, は以前, は初め, は微笑, は懐中, は済まし返っ, は眼, は隣村, は頭, は頻りに, もすぐ, やの話, やはさ, を, を見付け出した

▼ 七~ (27, 0.1%)

3 の句 2 の中

1 [22件] か否, が存在, でありながら, であるところ, といふふう, となった, と他, にある, になった, によらない, に従, のうち, の三句, の反復, の発句, の組合せ, の結曲, もしくは十七字, を区別, を原則, 更に四十四音, 第三

▼ 七〇年~ (26, 0.1%)

1 [26件] および一七七四年, からなる, から一八〇〇年, から七一年, すなわち普仏戦争, という年代, と躍進, にグリーンランド, にサア・ウィリアム・テンプル, にダーウィン, にフランス, にマックス, に極めて, に生れ, のむかし, のアメリカ行, のワイマール憲法, の夏, の数, の時期, の普仏戦, の普仏戦争, の暮, まで掛っ, より一九一四年, を以て前

▼ 七二年~ (26, 0.1%)

1 [26件] から五八七年, という汚れ, とにベランジェー・フェロー, にかかれ, にはグラドストーン, にはニューヨーク, にはパリ音楽院, に全部, に死, に死す, に死んだ, に私共三人, に第, に読まれ, のこと, のドイツ版, のハーグ, のマルクス, の人身売買禁止法, の出来事, の十二月十二日, の噴火, の大, の末セカンドラ孤児院報告, の計算, は猟

▼ 七八年頃~ (26, 0.1%)

1 [26件] からそれ, からづツ, からのこと, から三十七八年, から全国, から劇文学, から小作人, ですか, で家, と思ふ, に出来上った, に取り毀され, に取毀され, の, のこと, のもの, の事, の堅實, の書翰, の片田舎, の鹿, はじめて職業婦人, まではかなり, まで東京, ノ割下水ダト思ッテイル, ノ或

▼ 七十六~ (26, 0.1%)

2 だと, であつ, になった, の眼, の眼玉

1 [16件] かで沢, っ, とか言, とした, になられる, になり申す, に三八, に満たぬ, に見え, に達すれ, の千両箱, の媼さん, の武者大島雲八, の老, の老齢, まで永生

▼ 七七年~ (25, 0.1%)

2 だと, に出版

1 [21件] だから, でちょうど, とに純粋経済学理論, にあたり, におよぶ, にはその, には畢生, にコーヘン, にデンマルク, に別れた, に即位, に彼, に来朝, に終る, に設立, のもの, の冬, の初夏, の日本, の春, より一二八〇年

▼ 七三年~ (25, 0.1%)

3 のこと 2 から一八七六年, の春

1 [18件] から八五年, にこう, にこの, にはそれ, には一, には楽友協会, には機動演習, にまず, にレーリー, に始まる, に死す, に法王, のナイル旅行, の三月三十日, の秋, はことに, までその, 乃至一六二〇年

▼ 七五三~ (25, 0.1%)

3 のお 2 の子供, の着物, の祝, の祝い日, の祝日

1 [12件] に結う, に結びあげ, に酒, に飲みます, のよう, の参拝, の宮詣で, の日, の祝い, の祝い日ごろ, の祝ひ, の祝着

▼ 七五年~ (25, 0.1%)

2 の秋

1 [23件] から一二九二年, から七六年, すなわち, で倍加, で間もなく, と云え, ないし一七八四年, ないし一七六四年, に, にはドイツ, には神社, には福地氏, には自らジークブルク, にパリ, に上院, に支那, に脚色上演, に英国, のこと, の後半期, の頃, 即ち天正三年アルカラ, 最も露西亜

▼ 七八丁~ (25, 0.1%)

2 もゆく, 行くと, 行けば

1 [19件] か八, しか離れ, つながって, と云う, の距離, の長距離, の間, ばかり天香さん, ほど来, もありましょう, もある, もするなら, も隔つて, も離れ, 下った狭苦しい, 登ると, 行って, 走って, 離れた所

▼ 七八十人~ (25, 0.1%)

2 の同勢, の滞在客

1 [21件] それにあちらこちら, になった, のお客, の人間, の味方, の学生, の尾州藩, の由, の野武士, の釣り手, はかぞえられた, は山, は山谺, ほどの聴講者, もあろう, もいた, も家来, も見えた, も集まった, をつれ, 付き添って

▼ 七十一~ (25, 0.1%)

2 であつ, である, で一昨年亡つた祖母, になります

1 [17件] だぜ, であった, でした, です, で出家, で故人, で旧藩, とおなり, とした, と云, と言つて, の柿, の老爺, の頃, もう惜しい, も変名, 耳遠し

▼ 七十一歳~ (25, 0.1%)

2 であった, で歿, になつ

1 [19件] だ相, であつ, である, でこれ, でした, で小石川, で権中納言, となった, にし, にて逝けり, になっ, になつて, に達した, の最後, の生涯, まで寿, まで長寿, を以て終, を迎えた

▼ 七十五~ (25, 0.1%)

2 になる, にも相成

1 [21件] だぞ, っ, であった事, であつ, である, でまた, で取引, とかになる, になっ, になつ, になつて, にもこれ, のとき, の名目, の戸数, の未開, の測定値, の高齢, まで生きます, も御, を二百三十五

▼ 七~ (25, 0.1%)

2 である, に該当

1 [21件] および註, から後, では, で強制, となっ, においてパウロ, にもほぼ, にも豕脂, にカフル人, にマシュエ附近, に於い, に曰く, に水の上, に直接, の最後, は, は伝染病, は孔子, まで載っ, 第五, 第四篇

▼ 七九年~ (24, 0.1%)

1 [24件] から一八八二年, から翌年, であると, で御, にはボストン, には最後, には王立研究所, に出た, に当時ロンドン大学教授, に彼, に書い, に死す, に第, に統治, に英人, の十一月五日, の報告書, の春, の社会主義社会, までは平穏, ようやく二十, より一三二五年, より余り, より八一年

▼ 七十九歳~ (24, 0.1%)

2 であつ, で脳溢血

1 [20件] だ, で同, で広島, で死に, で死んだ, で歿, で永眠, で薨, という高齢, にし, になっ, になった, になる, の御, の老, の老人, の自適齋東里, の長命, をもって世, を以て歿

▼ 七~ (24, 0.1%)

2 と申せ, の三宅島

1 [20件] あり阿波良岐島, では大島, でも旧, で正月二十四日, で牛, に流す, のうち二三, の八丈島, の南端, の女性, の幾つ, の新島, の方, の日忌様, の毛無島, の迷信談, へ送られた, よりなる, を勝手, を始め

▼ 七日七夜~ (24, 0.1%)

4 の間 2 の法要

1 [18件] というもの酒, に及んだ, に逮びて, のあ, の祈祷, の間神意, の間籠, もまるで, も坐つた, も戦つた, も毎夜, も焼けつづけた, も踊り狂い, を, を舟, ヲ歴, 泣き続け遂に, 燃えに

▼ 七~ (24, 0.1%)

1 [24件] か, が眼, だ, という悪者, にかぶせ, になれなれしく, に渡され, に頼んだ, の名, の座敷, の縁, の罪, の親類, はみんなふところ, は大抵, は思った, は近所, ふたたび寺門, をよび起し, を介抱, を手, を指さし, を武家, 焦れこんで

▼ 七八枚~ (23, 0.1%)

3 の小判 2 のもの

1 [18件] です, と小粒, に小粒, に達筆, のこの, のザラ紙, の丹前, の写真, の四文錢, の褞袍, の長文, はすべて鬼六, も売れだ, を一気に, 出して, 出たので, 抜き取つた, 持って

▼ 七八里~ (23, 0.1%)

2 の間, はなれた, もある

1 [17件] あるので, と見積れ, の山道, の所, の水路, ばかしの村, ばかりのある, もあり, もき, も来た, も歩く, を隔てた, 丁度湖, 故, 歩いたン, 隔たりても, 離れたところ

▼ 七分三分~ (23, 0.1%)

2 に尻, に見比べ, のところ

1 [17件] あるいは六分四分, でひょいと, とか六分四分, とか四分六分, にその, にまぜた, にブラ, に劃, に帰, に引下げた, に狙い, に畳み込み, に眺め, に睨み, に裳, に見下ろした, に見競べ

▼ 七~ (22, 0.1%)

3 より 2 の家, 及び一六〇クヲタア

1 [15件] が得られる, であること, ではなく, と一〇〇, と九〇, と八〇, ないし八〇分の一, に裸鬼, の教団, はその, は一般, を生産, ノ一, 世にま, 及び

▼ 七人目~ (22, 0.1%)

3 の犠牲者 2 の女

1 [17件] が運転手, だ, だったかも, で後妻, とか八人目, と八人目, と取, に大月, に来た, に罰せられる, の人物, の人間, の奴, の子供, の後添, の赤ん坊, を運ん

▼ 七六年~ (22, 0.1%)

1 [22件] その年, ないし一七八一年, に, において初めて, には動物虐待防止法案, には有名, にわたる冬, にカイザー, に亙っ, に公, に制定, に家産全部, に有名, のアメリカ, のチールケ大尉, の噴出, の戦争, の日記, の法令, の間, も将, 生れ一昔

▼ 七十七~ (22, 0.1%)

2 であった, であつ

1 [18件] ありて, か八, であったが, で大, になっ, になります, になる, に蒲壽庚, のお祝い, の喜の字, の夢窓国師, の寮舎, の寿宴, の老人, の賀, の賀宴, も同じ, 永昼無事

▼ 七十二~ (22, 0.1%)

3 になる 2 の疑

1 [17件] であつ, でございますいえ八十二, ですかしら, で三造, で歿, という札, という高齢, にて逝き, になっ, に収め, の二枚目, の十, の年, の時, の櫓, の翁, も焼けたる

▼ 七十六歳~ (22, 0.1%)

4 で歿 2 にて伝聞, の高齢

1 [14件] だったの, であった, でした, となった, にし, になる, に到る, の八月吉日, の大, の知人, の老体, の軍師王朗, まで生きた, をもって歿

▼ 七千石~ (22, 0.1%)

2 の大名

1 [20件] それで政治, と釣, に足らない, の一侯伯, の加増, の大, の家中, の所領, の旗下, の旗本, の鍋島様, の領土, の高禄, はそのまま, は忽ち, を提供, を沒收, を賭けた, を領する, 御加増

▼ 七時前~ (22, 0.1%)

2 に家

1 [20件] だったの, だよ, であつ, であるという, でした, につきました, になりました, には階段, によばれ, に今日, に大, に室, に帰っ, に床, に晩餐, に起きなけれ, に起きる, に門, に開けられる, のこと

▼ 七八円~ (21, 0.1%)

3 の金 2 の女

1 [16件] から二三円どまり, から四五円, ずつ損する, であり婦人勤労者, である, で一人一貫, と覚え, のとき, の借金, の学費, の安物, は此本屋, までにのぼった, もする, も渡し, 程の安

▼ 七十名~ (21, 0.1%)

1 [21件] いて, からの吉岡勢, ぐらいの組, ずつ一ノ宮, だけが残っ, であると, でその, に余る, の報告, の従業員, の議員, の貧病者, の選良, の食事, は検事, は法, もの人間, も集る, をつれ, をもって限り, を応援

▼ 七~ (21, 0.1%)

2 などをはじめ, の俳諧

1 [17件] いた, くらいで, くらい酒, たちまち彼, たてつづけに, と登った, に引返し, に流れ, に計り込む, の酒, は残, も呷った, も飲みゃ, よりスロープ, を拵, 飲んだの, 飲んで

▼ 七四年~ (21, 0.1%)

1 [21件] からはカルルスバード, から一八七九年, と一八七七年, にはそれ, には向う七ヵ年据置, には明六社, にジョージ, に外国貿易, に死す, に第, に終る, に英人ジョージ, に製作, の事, の六月, の夏頃, の議会, の金貨, まで前後十一年間, より同, 即ち私

▼ 七斤ねえさん~ (21, 0.1%)

1 [21件] というの, と村人, の側, の手助け, の眼力, はいい, はいらいら, はこの, はこれ, はしばらく, はしまい, は七爺, は三碗, は少し, は書物, は立, は覚え, は飯籃, もういい, もぶつぶつ, を向う側

▼ 七~ (21, 0.1%)

2 の土俵

1 [19件] あって, くらいだろう, だぜ, だそう, とは一円七十銭, と言う, なんてそんな, に下, の人間, の薪, はございましょう, はたっぷり, までふとった, もあっ, もある, や八貫, より減, を武芸者, を玄関

▼ 七~ (21, 0.1%)

2 の堅艦, の海賊船

1 [17件] から成る, が昭和遊撃隊, が沈没, だけになった, で江戸灣, になります, のダルマ一行, のフランス艦隊, の兵船, の大, の大戦艦, の奇怪, の異, の船, をひきつれ, を撃沈, 同七年

▼ 七~ (21, 0.1%)

3 の歌 2 あるが, がある, である, の中 1 あるので, おくつて, から成る, の外, の聯作, は, は立ちどころに, は立どころ, も写し終えた, を補足

▼ 七である~ (20, 0.1%)

2 から折しも, と自称, のにいまだに

1 [14件] から〇・三三, から黒部, がこういう, がこれ, が一六九五年, けれども身体, けれども身體, ことを, とか万世橋, ときには, と判っ, と彼女, と認めるなら, より以上

▼ 七まで~ (20, 0.1%)

2 明暮れ顏, 生きて, 縁に

1 [14件] いた, その人, それにお, ひとりで, 一歩も, 仲居奉公に, 区別が, 奉公を, 明暮れ顔, 殺して, 生きたん, 童貞だった, 記し各, 顏を

▼ 七ツ道具~ (20, 0.1%)

2 を引摺り

1 [18件] かも知れません, が揃っ, でそれ, として別に, の一つ, の容子, の有りふれた, の音楽家, は多年, をしっかり, を下, を使っ, を忍ばせ, を投げすて, を持たせられ, を揃え, を片づけ, を金盥

▼ 七マイル~ (20, 0.1%)

3 あり 2 にし

1 [15件] あります, という, にある, にわたって堂々たる, のところ, のむこう, の仏寺, の地図上, の宇都宮, の汽車, の距離, を横浜, を砂, を通じて上衣, 離れた西ボイルストン

▼ 七ヵ月~ (20, 0.1%)

1 [20件] かぞえ年, ぐらいのもん, すると, で一通り, という時, ともなれ, と同棲, になろう, に亙る, のころ弟, のたっぷり, の彼女, の早生児, の間, は伸子, は既に, ばかりあっちこっち, ほど作者, も経った, 学んだだけで

▼ 七~ (20, 0.1%)

1 [20件] あるだ是ア, が関の山, だなんて, では, とある, と二人扶持, と米十俵, ならば, に減りました, に米, の下廻り, の余, の金, はどこ, は残っ, や八両, や十両, を引き, 年度とも, 持つて

▼ 七八軒~ (20, 0.1%)

3 の家 2 の茶屋

1 [15件] ありしが, ありますし, ある小村, が揃っ, それから廓, に待合料理屋カタギ, のテント, の会社員, の長屋, はある, ひっそりと, また傾斜, も建て, も海, 続いて

▼ 七円五十銭~ (20, 0.1%)

2 の給金

1 [18件] から見る, その半額, だかの, であった本, である, です, でも津田, という時代, といふ, のさ, の中, の借家, の売りあげ, の家, の家賃, も上げ, よ, 使ったこと

▼ 七~ (20, 0.1%)

3 の外 2 の分け

1 [15件] ぐらいで纏った, じゃどう, では皆部類, といふもの, と云, と比較, など, の割, の卷數, の從つた, の御, の數, の負け, の趣旨, は實

▼ 七~ (20, 0.1%)

4 の時 3 になる 2 にし

1 [11件] くらいの革, だったろう初夏, だつた, であったが, の九月, の小娘, の少女, の年, の彼, の異母妹, の詩人

▼ 七時半頃~ (20, 0.1%)

2 になつて街, に十番

1 [16件] あの小鈴, から出かけ, だった, であったろう, で御座いましたでしょう, に, にこの, にて今, になっ, に例, に着, のこと, までには外出, 帰る, 着いて, 起こされて

▼ 七~ (20, 0.1%)

5 の目録 3 の分け 2 の分類法 1 でもその, とかには出, として描い, に分け, に分ける, に分れ, に分類, のみであった, まで破壊, もある

▼ 七~ (20, 0.1%)

1 [20件] お城, で落ち, とか某, とつづい, とならせ給うた, と相場, につつまれ, のかげ, の中, の勇, の勇士, の影, の者, の腹心, は閃, をつれ, をやっ, を射落し, を突伏せ, 既にし

▼ 七たび~ (19, 0.1%)

2 も生き, 生れて

1 [15件] かくして十方満天, でも人間, とも如来, までも使者, も生, も甲板, も踏むべき, 伐りぬ山, 廻って, 捜して, 放したという, 曲り七たび, 生れ代っても, 過ぐれ, 青くひらめける

▼ 七~ (19, 0.1%)

2 の本

1 [17件] あったと, からは私, くらいのもの, ずつ発梓, つづきを, であった, でもともと, として発表, となる, のみを実隆, の三冊, の修辞, の草双紙, をわたし, 下帙, 出ましたばかり, 売れると

▼ 七~ (19, 0.1%)

3 の中 2 と云, と義絶

1 [12件] があ, というの, とは違つて, と云う, と云つて, に就い, の上, の内何れ, の方, の目, を犯し, 及び義絶

▼ 七回忌~ (19, 0.1%)

1 [19件] が来る, だ, であったの, でどう, にあたる大正六年十月, に付, に営まれた, に帰っ, に当った, に当ります, に雑司が谷, のお茶, の年, の時, の法事, の法会, の由, の祥月命日, をやった

▼ 七年以前~ (19, 0.1%)

5 なるべし

1 [14件] お賤, から記事, になる, に此, に限られ, の, の三年間, の事, の天宝八年, の長い, よりも親しめます, より新道, 同じ山, 見せの

▼ 七文字~ (19, 0.1%)

3 の中

1 [16件] がすべて, が刺繍, が大体, であります, では代表, で出来, と定めし, にても湖邊, の単語, はその他, よりは一つ, を按ずる, を書く, を知れ, を神尾, を習い

▼ 七日頃~ (19, 0.1%)

2 に於

1 [17件] から打てる, から敵, だと, ですよ, でももう, でやっぱり, で十日足らず, にあの, には敵, にまで出来上る, に行こう, に首府, のこと, より温度, 出て, 来るの, 立つつもり

▼ 七とは~ (18, 0.0%)

2 へんだ, 鋭い瞳

1 [14件] あまりに貫禄, いえまだ, いかにし, いへ, それ以後ここで, ちがいあさ子, まんざら識ら, 元七, 別人の, 思えない腕, 相手が, 義理ある, 道後温泉に, 餓鬼の

▼ 七カ月~ (18, 0.0%)

2 です, の間

1 [14件] つづけて, であるから, ですから, という勘定, になっ, のあいだ, の星霜, の歳月, もかかる, も一元, も厚かましく, を過ぎ, 経って, 頑張った其の

▼ 七二〇磅~ (18, 0.0%)

3 という同一額

1 [15件] であると, ではなく, で売った, で売れた, という同一, という等しく, という額, との差額, なる不変, に値するであろう, に等しく, の一〇五, の中, の十万倍七二, を与える

▼ 七八十年~ (18, 0.0%)

2 の後, の歴史

1 [14件] しか経たない, であった, にし, に至る, の人生, の前, の句, の間, の間豊, も以前, も前, を靈帝光和中, 程も前, 経てば

▼ 七十五円~ (18, 0.0%)

1 [18件] かりて, であったが, である, で一家, という現在, といふこと, といふ家賃, ないし二百円, なら貸す, なりき, なん, なんて端, にも及ぶ, の事務員, の月収, の範囲内, 儲かつたと, 呉れ

▼ 七十八~ (18, 0.0%)

1 [18件] であった, であつ, で歿, というそろそろ, にし, になります, になる, にもなる, のお婆さん, の三日間, の三日間母, の両日, の夢幻的, の年, の柿, の祖母, までお, 乃至二十歳

▼ 七~ (18, 0.0%)

4 の事 2 反漢

1 [12件] に倡, に在り, の古, の喩, の変, の故事, の王, の興亡, の論, の難, の高, を削る

▼ 七夫婦~ (18, 0.0%)

2 が求め, は毎日同家

1 [14件] と孝行藤六, に依頼, に別れ, に縄, に頼ん, の太平無事, の宅, の態度, の手, の襟髪, はそこ, は床, は處刑, をそのまま

▼ 七番目~ (18, 0.0%)

2 の並み木

1 [16件] だから, であった, にころんだ, には鉄, に居る, に現れた, のお菓子, の女, の嬰ハ短調, の梯子, の馬車, の鰐口, の齒輪車, は死産, も悪い, 第八番目

▼ 七百メートル~ (18, 0.0%)

2 の坑道

1 [16件] あるか, か, くらいの山, ぐらいの所, で首, のこの辺, の地底, の所, の範囲, はなれた, もあった, もあろう, も行く, をさしつらぬく, を踏破, 歩いて

▼ 七百米~ (18, 0.0%)

2 に近い, の小, の巨大

1 [12件] あるかな, ぐらいの上空, で長, に近い高, の圏, の山脈, の峰, の高, は, もある, を超え, を超えた

▼ 七~ (18, 0.0%)

1 [18件] である, に, にお, にこの, になっ, には携帯人, に引いた, に新, に至る, に記す, に誓言, の, のところ, の半紙本, の図参照, の圖面參照, 並びに脚註, 読み進んで

▼ 七です~ (17, 0.0%)

42 からねえ, もの 1 か, からね, がこんな, が本町小町, し単純, ぜ逆立ち, つて, ね, まだ太夫

▼ 七九五年~ (17, 0.0%)

3 ないし一八〇〇年, に終る, の人口 1 と一八〇〇年, には人口, のこと, の期間, の舞台, の見積り, は二四七, より八一六年

▼ 七~ (17, 0.0%)

2 である

1 [15件] かの間隔, だのに, となった, となり, となりました, と六厘強, と鍬, にし, にもふやし, に当ります, のもの, の人数, の高, も十倍, も派手

▼ 七十八人~ (17, 0.0%)

2 の切支丹宗徒, の命, の磔刑, の者 1 とそれ, になります, の切支丹関係者, の切支丹關係者, の転び切支丹, の轉び切支丹, を収容, 悉く転宗者, 悉く轉宗者

▼ 七十里~ (17, 0.0%)

2 に達する, の道

1 [13件] あるいは五六十里程度, とて七つ, にあり, にも連なる, に余る, のところ, の奥, の湖, の間, ほど退い, も八十里, や百里, 或は五六十里

▼ 七左衛門~ (17, 0.0%)

1 [17件] がかく, が不意, が乱軍, が死ん, であったが, ともある, と浅見対馬守, の叱咤, の帰る, の率いた, の追討, は同じく, は君側, は小武者, は絶, も自己, をえらび

▼ 七~ (17, 0.0%)

2 の粕谷

1 [15件] あるビリンスキー村, および斗南, か, から八戸あたり, が引きうつっ, が賜田一町, では, に腰, のみ, の内, の家, の小村, の百貨店, の藩中, や八戸地方

▼ 七日前~ (17, 0.0%)

2 の晩

1 [15件] から練馬, でも十日前, にあたっ, にも二日こっち, に傲然, に妾, に当山, に本国, に東京驛, に死んだ, に離陸, のこと, の丁度, の事, の慘劇

▼ 七本槍~ (17, 0.0%)

2 のひとり

1 [15件] である, で有名, で責め, とうたわれた, に加えられ, に劣らなかった, の, の勇士, の名, の場所, の御, の時, の若者以下, の連中, 之事

▼ 七~ (17, 0.0%)

5 の三角点

1 [12件] だね, とある, のヘルナー, の低い, の白兀, の茶臼岳, の隆起, も低い, も高い, 低い, 低いが, 程高く

▼ 七部集~ (17, 0.0%)

2 の, の監修, の連句

1 [11件] が艶麗豪華, が読みたい, であつ, なども覗きたれ, なるもの, の中, の見劣り, をひもとい, を一冊, を味わわん, 諸抄

▼ 七〇〇〇~ (16, 0.0%)

3 から一〇 2 である

1 [11件] が一八〇〇年, すなわち報告, であるか, であるかは, で一八〇〇年, という人口, ないし一万年ころ, にする, に対し一, のうち, へすなわち

▼ 七といふ~ (16, 0.0%)

3 人久しい

1 [13件] ことにな, 主人は, 岡つ, 年に, 年齡を, 形である, 状態である, 男の, 若い金持, 若さ, 調子は, 道具屋が, 顏の

▼ 七~ (16, 0.0%)

1 [16件] が独立, であった, である, であるが, で切れ, というたった, という音数律, との句, と八, と切っ, の橙, の調子, の軽い, へ廻る, をもつ, 両年度

▼ 七三郎~ (16, 0.0%)

1 [16件] と云う, に一足, に対しては才牛, に微塵, の仲間, の妹, の舞台, の芸, の顔見世狂言, は唸り出した, は種ヶ島, もこう, もびっくり, を参らした, を恐れ, 威張り出した

▼ 七八五年~ (16, 0.0%)

3 の期間 2 ないし一七九〇年

1 [11件] から一八〇二年, との人口, ないし一八一三年, にはナイル, に嬰児, の, の中間期, の人口, の出生, の間, は不作

▼ 七兵衞さん~ (16, 0.0%)

2 を殺し

1 [14件] が在っ, が得心, が来, に御馳走, のお, の死骸, の祟, の褞袍, はお前, は以前大家, は知るまい, は隨分, を大事, を薪割

▼ 七十三歳~ (16, 0.0%)

4 で歿

1 [12件] で, であった, で剃髪, で死んだ, になる, にもなっ, のロダン翁, の春, の神靈竹内信治五十七歳神靈竹内日座定介改め, を以て歿, を以て没す, を迎えた

▼ 七千人~ (16, 0.0%)

1 [16件] しか残っ, であり売人, という数字, といふおびただしい, にも上る, の人命, の会員, の内, の婦人たち, の家, の幼児, の旗営, はもう, もある, をいれる, 溜って

▼ 七~ (16, 0.0%)

2 の衆

1 [14件] のうち, のみであった, のもの, の中, の人間, の処分, の切支丹族, の組屋敷, の老母, の閉門, の隠密役, の隠密組, は嗣子, をかわる

▼ 七年ぶり~ (16, 0.0%)

2 に来

1 [14件] であったという, でぶらりと, でザントヴィーケ, で出あった, で戸塚, で故郷, で私たち, にもなる, にイタリー, に会った, に帰朝, に帰還, に彼, よ

▼ 七~ (16, 0.0%)

1 [16件] では, にころがりこん, に居, に招いた, のうら, の二階三疊, の女, の客, の桟橋, は柳淀, へひきとられ, へバラバラ, へ出, へ往, へ泊りました, へ顎

▼ 七代目~ (15, 0.0%)

2 の団十郎様

1 [13件] で左衛門太郎惟寅, とかにあたる, と八代目, なん, にし, には必神, にもある, のアンドリウ・ジヤクソン, の子孫, の孫, の書牘, の王様, も八代目

▼ 七八九~ (15, 0.0%)

2 の月

1 [13件] と三カ月, と五回, と増加, などが普通, のうち, の三カ月, の三ヵ月, の三ヶ月間, の三月, の五ヶ月, の十手, の四ヵ月, の回答

▼ 七十両~ (15, 0.0%)

1 [15件] がところ払つて買つた, だけは安兵衞, でせめて, でもオン, でも無条件, で買つた, という大穴, に減ず, はどうせ, は確か, を俺, 借リテ女郎, 少なきは, 心得たと, 程持っ

▼ 七~ (15, 0.0%)

1 [15件] ある球台, ないし十余台, のタクシー, の三頭立橇, の人力車, の小, の聴音機, の自動車, の荷馬車, の輦台, も八台, も待つ, も花, 乃至十余台, 踏みつぶしたそう

▼ 七~ (15, 0.0%)

2 のお

1 [13件] か二人, が微光, が種切れ, が逆立ち, といふ看護婦, にあれ, に寢, に引渡され, の柔か, の神聖さ, へ行く, をどう, を數

▼ 七~ (15, 0.0%)

1 [15件] が阿Q, だけはそう, にたのん, にも言い含め, にも話した, のあと, のぐうたら, の小娘, は嬉し, は息, は次, は趙家, まで人, も側, や本当

▼ 七殿~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, が今夜, が申しました, だって決して, でございました, という, とやらこの, と黒鹿毛, など眼, のうち, の中核, の後宮, は越後獅子, ひどくしょげかえっ, へお預け

▼ 七~ (15, 0.0%)

2 の間

1 [13件] あるが, じゃ, ともにしめ, に乗船, の不思議, の大船, の海賊船, はことごとく, ばかり, までに仕上げた, を率, 漕ぐとも, 総価格五十七万ドル

▼ 七~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] ずつ触れ, に亙る, に書かれ, に至る, に鳥とい, の大きな, は今上大泊瀬幼武天皇, までフランチェスカ, より四五行, より第, 第七字, 第三字, 第十一行等

▼ 七重八重~ (15, 0.0%)

2 なる葉牡丹, の見物人

1 [11件] かさねて, という風, と言, にしばりあげた, にその, に剥ぎとられ, に私達, に立っ, の唐衣, の山, は疎か

▼ 七〇〇年~ (14, 0.0%)

3 に制定

1 [11件] から一八九二年, ないし一七五五年, において穀物, に一対七六, に一対八七, に年結婚数, に発行, のもの, の間波, より一八七八年, 及び一七〇六年

▼ 七どの~ (14, 0.0%)

1 [14件] おくがた, お目, か, がふた, がオナラ, が言った, としば, としめしあわされ, と腹ちがいの, に三両, は丹羽五ろざえもんどのと, へみつ, もよぎなく, 五郎ざえもんどのいけ

▼ 七~ (14, 0.0%)

1 [14件] あわただしく囁い, かけての, だった, にっこりし, 下さる, 向い, 向けて, 廻ること, 彼女は, 登りここ, 百五十法, 眼くばせした, 約束だけ, 視線を

▼ 七ヶ月~ (14, 0.0%)

2 しか我慢, の間 1 か八ヶ月目, ぐらいのもの, してからの, の太鼓腹, の間中, の頃, は流れ, ばかりでした, まだ一度, も見ない

▼ 七九九年~ (14, 0.0%)

1 [14件] で有名, で終る, にはワルゲンティン氏, には四ファネガ, に学友, に生れ, に約, のブルターニュ, のロシア, の出生, の夏, の大, は極めて, までのフランス軍隊

▼ 七九六年~ (14, 0.0%)

1 [14件] と一八〇〇年, と九七年, にそこ, にはサリ, にツーロン, にミュース, にヴィーン, に三六, に手帳, に起った, のこと, のイタリア作戦, の作戦, 及び一八〇〇年

▼ 七五郎~ (14, 0.0%)

2 が上京, の代人, の家 1 が板, です, などは書きおろし, にせき立てられ, の両, の事, の松助, は引っ

▼ 七代目団十郎~ (14, 0.0%)

4 の寿海老人 1 の勧進帳, の所謂一世一代名残狂言, の石像, の邸, はこの, は人格, や五代目瀬川菊之丞, を筆頭, を贔屓, 即ち海老蔵

▼ 七兄哥~ (14, 0.0%)

1 [14件] か清吉, が念入り, とは違ふから, と張り合, などに縛られる, にも判らない, にも清吉, に樂, の右, の家, の縄張, の顏, もう下手人, も縛られた

▼ 七八一年~ (14, 0.0%)

2 ないし一七八五年, ないし一七八四年, ないし一八〇一年 1 から九二年, と一八四六年, ないし一八一一年, にまた, に結婚者二九, の, の死亡率, 及び一七八四年

▼ 七八度~ (14, 0.0%)

1 [14件] から十度あたり, から十度内外, ぐらいだろう, であるから, なり, に下る, に及び, の辺, の邊, はある, も手水, 傾くと, 続けて, 違うだろうと

▼ 七六〇年~ (14, 0.0%)

2 にはそれ, の結婚数 1 ないし一七七〇年, ないし一七八〇年, にシナ政府, に出生, に終る, のなごやかな秋, のドイツ, の人口実測, の四十五億, の死亡数

▼ 七十年前~ (14, 0.0%)

1 [14件] にすすんだ, には自分, に建立, に書いた, に較べれ, に鐵眼, のイタリー, の出来事, の安永年間, の薄命, の趣味, まではそう, まで上方, 出来た寒川辰清

▼ 七十度~ (14, 0.0%)

1 [14件] くらいである, といふ氷海, なり, のあいだ, のあたり, の中, の傾斜地, の寒, の範囲内, の間, まで騰, よ, より八十度, より高から

▼ 七十枚~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある, あるぞ, かいて, から百枚, ぐらいでき上った, だ, ですが, という大物, の予定, の力作, の小説, の白い, はある, ばかり発送

▼ 七~ (14, 0.0%)

5 にある 3 まで来, をすつかり占めた 1 の夜, まで來, をすっかり

▼ 七~ (14, 0.0%)

1 [14件] が短気, とも呼ばれた, と共に外来, に関連, のごと野, の夜, の清書, の竹, の頃, の飾り, の飾物, は磨る, よりも壮大, 過ぎる頃

▼ 七弦琴~ (14, 0.0%)

3 の音 2 に合わせ 1 が, が置い, を取り上げ, を受け取り, を差し出す, を弾い, を持つ, を構える, 鳴る

▼ 七段目~ (14, 0.0%)

2 の右端

1 [12件] でお, で一桁, で一桁下つて, に於い, のお, の浄瑠璃, の眞中, の真中, の茶屋場, は三桁, まで持ち上げた, を踏み抜い

▼ 七百石~ (14, 0.0%)

2 の旗本

1 [12件] しかお納め, で伊東新左衛門, といえ, のあるじ, のお, の士分, の屋敷, の武家屋敷, をおとり遊ばし, を給わっ, を給わる, 取ったお方

▼ 七~ (14, 0.0%)

2 八の

1 [12件] 二の, 二世だ, 二集コラール前奏曲集, 八などの, 八より, 八分冊は, 八吾家の, 八第, 八行, 八頃より, 八頸椎に, 十八世紀の

▼ 七ばかりの~ (13, 0.0%)

3 娘が 1 こどもと, もの洗ふ, 子どもが, 孫娘が, 少女だった, 少女だつた, 少年であった, 桃割れの, 給仕女が, 綺麗な

▼ 七ツ釜~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるを以て, から上流, と云, と称する, などの名, に劣る, に引湯工事, に至る, の利用, は上諏訪寄り, は湖水, や下七ツ釜, より此

▼ 七メートル~ (13, 0.0%)

2 もある

1 [11件] のヘルナー山頂, の三角点, の展望塔, の峰, の深, の点, の牧場, へだてて, ほどのところ, ほどのび, を乗越し

▼ 七・七~ (13, 0.0%)

3 という調子 2 が叙情, の片 1 が女, という形, といふ形, に事柄, のみが情, の今

▼ 七五七年~ (13, 0.0%)

2 に始まる

1 [11件] にはこの, にはわずか, にダゲッソー, に我が, のため, のプロシア, は一対三二, まで遡り, を会戦, 及び一七五八年, 及び一七六〇年

▼ 七処女~ (13, 0.0%)

2 が古く, の真名井, の語, は何 1 とし, としてゐる, の若々しい, を言, を言い

▼ 七十九~ (13, 0.0%)

1 [13件] であった, であつ, ですから, になった, にもなっ, のきょう, のとしの, の母, の祖母, の老人, の謝, まで活き延び, を以て去り

▼ 七十位~ (13, 0.0%)

2 の痩せ

1 [11件] しか室, だったの, だらうが, だわ, でしょう, では, になっ, になつて, の小さい, の老, ゐの

▼ 七十余歳~ (13, 0.0%)

2 の吉田忠左衛門

1 [11件] で明和, で歿, という, とねんねこ, にし, になっ, に相成る, の今日, の老衰病, の老骨, まで例

▼ 七~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, ぐらい飲んだろう, だ, と同じ, と相場, に当たる宅地, の何の, の高, は飲めまい, ばかりも飲む, を平らげ, を振りまわす, 飲んだか

▼ 七年五月~ (13, 0.0%)

1 [13件] からのこと, と八年九月, には東京, には羽後, に忠利, に横間歩, に歌舞伎座, に起こり, に金沢医大, の, の二十日過ぎ, の春成公用, まで

▼ 七年八月~ (13, 0.0%)

1 [13件] から翌年二月, で船, には伊勢, には夏目漱石, に出版, に摂津, に筑前朝倉山, に至っ, の二十日, の出来事, の禁令, の米騒動, までに一三

▼ 七年四月~ (13, 0.0%)

1 [13件] から八年四月, から実行, から発足, にはいった, には美濃, に着手, に行われた, のこと, の地方長官選挙, の大和国, の祁山夏, の賃銀, の選挙

▼ 七日ごろ~ (13, 0.0%)

2 のお

1 [11件] かえります, からもう, から二三日図書館通い, から仕事, てっちゃ, になっ, になったら, には新しいふと, へかけ, までにみなさま, まで普通

▼ 七日十日~ (13, 0.0%)

2 と日, と程をふれ 1 とそうそう, と日数, と立つ, と逗留, と過ぎ, と間, に及ぶ, の間, は逗留

▼ 七時三十分~ (13, 0.0%)

2 だ, にたちます 1 から八時五十分, だったが, だったネ, にここ, に大変, までにこの, より, より八時七分前, を示し

▼ 七時二十分~ (13, 0.0%)

2 だ, までに停車場 1 から八時, だった, でその, には目ざす, に出発, に峠, までに會社, まで三人, より可

▼ 七~ (13, 0.0%)

2 の歌曲, の玉 1 がり八, と言う, のあたり, のうち, の住居, の内, の物語, の第, の路地

▼ 七百尺~ (13, 0.0%)

1 [13件] から三千五百尺, とだ, に上る, に及ん, に過ぎず, のあたり, のその, の横坑, の矢岳, の神山, の神河内, はある, もあります

▼ 七百萬圓~ (13, 0.0%)

1 [13件] であつ, でも千萬圓, といふ値段, と云, のどちら, のもの, の値踏み, の物, ははいる, は入手, よりか千萬圓, よりもまだ, 程節約

▼ 七~ (13, 0.0%)

2 の鶴

1 [11件] いる, すぐりて, の大, の家鴨, の赤い, の雀, の鴿, ばかり戸棚, まで生きれ, もき, 居ます

▼ 七~ (13, 0.0%)

1 [13件] だけ騰貴, であり国家, であると, で貸, という割, にくらべ, にと絶えず, になった, になる, に一六%, に対し大豆, の率, を超過

▼ 七との~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことこれが, 仲の, 仲は, 仲も, 仲を, 句が, 名称は, 問答を, 本当の, 間は, 関係である, 音数律による

▼ 七どん~ (12, 0.0%)

1 [12件] えらく片づけ, くらいしか知りません, しらばくれちゃ, に万一, に流れ, に無理無体書置, の御, は出入り, は昨日, は確か, を御, 任せの

▼ 七~ (12, 0.0%)

4 んだ 2 んです 1 の, のだ, のであらう, のである, のに無理, のよ

▼ 七九八年~ (12, 0.0%)

2 である, に著した, の 1 には二, に其の, に匿名, に現れた, の初頭, の遅き

▼ 七九四年~ (12, 0.0%)

2 には出生, のクリスマス, のフランス 1 となつ, にヌウトカ・サウンド, に始まり, に開校, のこと, の五年間

▼ 七五〇年~ (12, 0.0%)

2 に終る 1 から十年間, には一対一二三, にドクトル, にライト, の, の三〇年間, の伝染病, の十年間, までの六期間, 及び一七五一年

▼ 七五六年~ (12, 0.0%)

2 に終る 1 その両年, だけで, では, で終る, とを含め, には一対一一二, にエリザベス, に産児, に至る, の表

▼ 七八三年~ (12, 0.0%)

1 [12件] で昌造, にはわずか, にはハイランド地方, には疫病, には緑肥, にも大きな, に土手, のそれ, の不作, の不作後, の凶作, はいずれ

▼ 七八十~ (12, 0.0%)

2 しか無い, の兵, もあろう 1 あった, になつ, の老人, もあらう, もならび, を引具し

▼ 七八四年~ (12, 0.0%)

1 [12件] にはナフシャテル, には彼, に四巻, に死亡率, のこと, の凶作, の夏ボストン, の死亡率, の百年間, の調査, までの十年間, 及び一七八五年

▼ 七八回~ (12, 0.0%)

1 [12件] ある, から十回, が二三回, にわけ, に過ぎない, の一斉射撃, の驟雨, はあります, も逢っ, も頼みました, 会って, 同じもの

▼ 七八時間~ (12, 0.0%)

1 [12件] ぐらいかかった, でしょう, とある, にわたる激戦, の, の短距離, はぶっ, ほどの間, もぶっ, も文法書, も立ちつづけ, を経過

▼ 七~ (12, 0.0%)

1 [12件] がうつつ, さがりの, だ, になった, にはかなり間, の間, を過ぎ, を過ぎた, を過ぎる, 下がり, 正檢校, 近い頃

▼ 七~ (12, 0.0%)

2 をはじめ 1 が今朝, とあたかも, と佐兵衛, には似, の九郎助, の哀れ, は夜, は涙, は膝, もお

▼ 七十幾つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かある, かで白い, かとも思われる, かの祖父, かの老人, とか言つて, とも思われる, になっ, になるだろう, の火山, も見, を経過

▼ 七千万~ (12, 0.0%)

2 の人間 1 という日本, といわれ, といわれる, と仮定, と数える, の人, の人口, の人民, の婦人, の日本人民

▼ 七~ (12, 0.0%)

2 の始め 1 がある, である, として新, には天寶年間丙戌, の十, の學習, の山吹, の詩集, を著, を載する

▼ 七回目~ (12, 0.0%)

1 [12件] だ, だぜ, であったから, であったこと, なん, に五百メートル, の, の上京, の公開状, の手紙, の練魚, の開塾式

▼ 七年ごろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からすべて, だった, だったかなあ, であったと, になる, にはそれら, には赤間ヶ関消毒所, の, までの作品, もう最後, 世に流行, 書かれたもの

▼ 七年以後~ (12, 0.0%)

1 [12件] から十年, には人類, に成長, の, のこと, のソヴェト社会, のプロレタリア, の事, の二十年間, の美, は総体, も父母舅姑

▼ 七年忌~ (12, 0.0%)

61 かなしいさびしい供養, が廻つて, には蓮華形皿十三枚男女名取中, の作, も一緒, を修した

▼ 七~ (12, 0.0%)

2 を祭り 1 が今, に白気, に白蛇, の港, の竿, の舟手, の話, を仰ぎ眺め, を刺繍, 及び小熊星

▼ 七時過ぎ~ (12, 0.0%)

2 になっ 1 でしたが, ですから, となる, には又もや, に帰宅つて, に新宿, に眼, に起き, の冷水浴, までは食事

▼ 七~ (12, 0.0%)

1 [12件] で道川, にか, のうち六景完全, の写真, の出場, の暗転, は何, は雲, は霧, をまとめ, を決定, 迄済み

▼ 七~ (12, 0.0%)

1 [12件] が杢平牛, とが東西, のぼん, の仕切り, の皮張り, の角, はまだ, は杢平牛, は牛舎, は綱, は頭, を見舞うた

▼ 七~ (12, 0.0%)

3 あって 2 の一癖 1 という, というよう, といふ程, とか, の一つ, の感, 有つて四十八癖

▼ 七絶一首~ (12, 0.0%)

3 がある 2 が載せ, が集 1 あり, があり, を作り, を獲た, を載せ

▼ 七~ (12, 0.0%)

21 おくに, おとなしゅう行け, がのめりました, がまっしぐら, がわめきたてました, が判じ絵文, といふ作者, の三人, はどう, を待っ

▼ 七~ (12, 0.0%)

1 [12件] から一つ宛, でいちばん, にもそれぞれ唱門師, に聞えました, のお, の人々合力, の原士, の空, の者, の足利党, の里人, 或一乗院領

▼ 七~ (11, 0.0%)

3 めえ 2 多喜の, 神楽の, 神樂の 1 多喜へ, 大の

▼ 七では~ (11, 0.0%)

2 ないか, なかった 1 ない, まだ早い, まだ蕾, まるで見, 当てが, 惡い, 足りないと

▼ 七とか~ (11, 0.0%)

2 言つた 1 あるいはその, いえり, お染久松, タイ平など, 丈高く, 云う人, 云う少女, 何とか云われる, 言ふ

▼ 七とも~ (11, 0.0%)

3 思ひ出されぬもう 2 自然懇意に 1 あらう者, なるの, なれば, みえ三十過ぎ, 見える若い, 言はれた

▼ 七ツ下り~ (11, 0.0%)

2 の雨 1 ではある, に自分, に落し, のフロック, の時分, の紋付袴, の縞縮緬, の陽, も少し

▼ 七~ (11, 0.0%)

2 三, 二 1 一, 九, 二作品七二ノ, 五, 四, 四ポロネーズ作品二六ノ, 歳ダ

▼ 七ヵ所~ (11, 0.0%)

1 [11件] で水, に紙旗, の城, の機, の河川, の簗, の陣地, の集結, は近ごろ, 戦って, 程に

▼ 七ヶ所~ (11, 0.0%)

1 [11件] あり, から貰つて, に達した, の内, の戸口, の温泉, の調伏, の違った, も列挙, を一々, を数える

▼ 七~ (11, 0.0%)

1 [11件] その中男, であること, と云う, の労働時間, の男子, の順, や一〇五七, より一八八〇, を越さなかった, ノ, 及び一六七対一〇〇

▼ 七万人~ (11, 0.0%)

2 の教師 1 そのうち欧人一万九千人, と称す, のうち, の人々, の署名, は三千七百万人, ばかりの, も増加, を鏖殺

▼ 七~ (11, 0.0%)

2 丞, 丞が, 丞の, 丞は 1 丞肱岡五郎太村田平内左衛門等で, 丞西北の, 丞近藤隆左衛門の

▼ 七~ (11, 0.0%)

1 [11件] か, すなわち約, ですこの, という數, といふ数, と出かけました, に明, の間取り, へ逃げる, を, 及び註參照

▼ 七九二年~ (11, 0.0%)

2 には出生 1 にあった, には最低価格, にフランス, に早婚, に生れ, の八月, の深淵, の表, を境

▼ 七二十一日~ (11, 0.0%)

4 の間 1 である, にし, のご, の滿願, の立願, の間蕎麦湯, もかかる

▼ 七信孝~ (11, 0.0%)

1 [11件] が来, が退る, たりとも丹羽五郎左衛門長秀, と北畠信雄, などが何, の方, の養父, は中川瀬兵衛, は馬印, も城, を立て

▼ 七十三万石~ (11, 0.0%)

2 の太守 1 が対手, と四ツ, と申さ, にも似合わず, に傷, の大, の御, も近頃, より少し

▼ 七十九年~ (11, 0.0%)

2 の大 1 すなは, である, にも同様, に擧行, のカルネワレ, の事, の前, の噴火, 即三十歳

▼ 七十以上~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるが, だそう, であろう白髪頭, でその後二十年, と見える, になる, のお婆さん, の山, の老人, の高齢者, 生き延

▼ 七千メートル~ (11, 0.0%)

3 の高空 1 だ, なら気圧, になる, の上空, の成層圏, の深, はなに一つ, を高度計

▼ 七合目~ (11, 0.0%)

1 [11件] かの石室, から上, であるが, にある, に寒中これら技手, に至る, のちよ, の山腹, までいく, までは常願寺川等, までは苦しい

▼ 七~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるの, しか前進, するの, ちかくまでも, の, のマリエ, の湖, の間, ほど来まし, も登つた山奥, 離れてを

▼ 七~ (11, 0.0%)

10 御が 1 のうち

▼ 七年二月~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, に, にその, にもまた, にも駿河, に南仏, に康國, に群盗, の, のある, より文政九年三月

▼ 七年十二月~ (11, 0.0%)

1 [11件] で勝久, と同, には全国父兄大会, にもたれた, に全国, に卒中, に松平秀雲, の, の十七日, の条, 某夜

▼ 七~ (11, 0.0%)

2 も霊魂, をほしい 1 の動く, の守, の徃来, の現われ, の赴く, は巣食, を生かせ

▼ 七捕物帳~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぐらいのところ, ですね, とむしろ, の, のない, のよ, の中, の岡本綺堂氏, の手口, の材料, を愛読

▼ 七~ (11, 0.0%)

2 か九文, 残って 1 で, であった, でがん, とある, とな, の松明, の湯銭

▼ 七時近く~ (11, 0.0%)

1 [11件] おかえり, から十一時半, だったか, であった, であったと, であったろう, なった, なってから, に済み, に起きる, 迄か

▼ 七~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかって, だったわけ, といへ, とも御, ほどつづけた, 坐つた儘, 引っ張りつづけに, 焼き米かじッ, 磨いたと, 蒼い火, 責め抜かれても

▼ 七月頃~ (11, 0.0%)

1 [11件] から眼病, だと, だらうと, にかけて何処, にかけ餓死, になる, に至る, の同誌, の美し, までこちら, 出そう

▼ 七~ (11, 0.0%)

1 [11件] あった, あるを, だ, だったり, でその他, で富士男組, で理科, で読み方, なり, の鑑定, ばかりの品物

▼ 七百萬兩~ (11, 0.0%)

2 が物 1 である此七百萬兩, では引合, で以, で政府, で賣つたら, で賣れ, のもの, は唯今, 掛けた甲

▼ 七~ (11, 0.0%)

2 の御 1 の仮, の氏神, の神輿, の禰宜, までを一夜, も東塔西塔, も焼け, を指名, を減じ

▼ 七~ (11, 0.0%)

2 という値 1 かかって, か八秒, である, で次, で泳ぎ, となり, の遅れ, の間, を費した

▼ 七~ (11, 0.0%)

1 [11件] と交代, と寄り, になり, に至る, に進められた, の栄誉, の種々, の諸, の青色桐葉章, を貰っ, 重く伯叔父母

▼ 七~ (11, 0.0%)

3 の荷物 1 ではちい, とか十三荷, にする, になる, のお, の嫁入荷物, の荷, や十三荷

▼ 七葉樹~ (11, 0.0%)

1 [11件] があった, だったと, だの桂, で囲まれ, には飾燈, の並木, の父, の花, の茂み, の蔭, やで

▼ 七フラン~ (10, 0.0%)

1 か十フラン, と五十サンチーム, なら売ろうと, のおかげ, の金, ばかりでどう, より少なく, をわたしたち, を払っ, を送り

▼ 七~ (10, 0.0%)

2 なるも 1 じゃ気に入らねえ, だね, でいっこう, という事, となんら, なら七丁, のその, の辺

▼ 七万円~ (10, 0.0%)

1 からあった, である, でそれぞれ小倉, で譲った, とか十万円, の奇利, の欠損額, もし一石, も払っ, 一方が

▼ 七九〇年~ (10, 0.0%)

1 ないし一七九五年, ないし一八一一年, における死亡以上, にカイヨー, の中間期, の人口, の人口調査, の出生総数, の暮, の最高価格

▼ 七八ツ~ (10, 0.0%)

2 になる 1 かと思はれる, と手足, の時, の男, の頃, ばかりの生きた, 程肝, 重ったの

▼ 七八日頃~ (10, 0.0%)

1 が友釣, それから九月, だと, である, と記憶, になります, に届いた, の夕月, の月, まですっかり

▼ 七八段~ (10, 0.0%)

1 あがると, がガンクビ, だし, のぼる, の幅, の横縞, の石段, の終着段, ほどのぼっ, を下りた

▼ 七内様~ (10, 0.0%)

2 は何 1 からは流言, がいる, でも, について七日, にはちっとも, は, へお, 行って

▼ 七分目~ (10, 0.0%)

1 ぐらいに減っ, に捧げたら, に減った, ばかりはいっ, へ来た, ほどの水, ほど入れ, まであふれ, 入れて, 取り餡

▼ 七十余日~ (10, 0.0%)

2 の髯 1 お預り, かかって, である, とある, になる, の旅, の間逃げ廻つた, 措かれて

▼ 七十八十~ (10, 0.0%)

1 となっ, になっ, になったら, になる, の先, の爺さま, は海, まで生きます, まで行い, 迄生き

▼ 七十四~ (10, 0.0%)

1 がこの, であつ, である, です, で薨去, とつまり短歌, と書い, にて逝き, になる, に減じ

▼ 七千フィート~ (10, 0.0%)

3 の氷 2 である 1 すなわち厚, の上, の柱, の根, の高地

▼ 七~ (10, 0.0%)

1 があつ, がある, で, の, の中, の狂詩, を作った, 一五律六十七七律百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 一篇を以て, 一首五律十五首七律十二首七絶百十八首計

▼ 七年三月~ (10, 0.0%)

3 のこと 1 から十月, にい, にはケレンスキー, に第, の革命, まで, まで全国視学官

▼ 七年以来~ (10, 0.0%)

2 の彼女, の飢饉 1 たえまないめいめい, のこと, の歴史, 久しく北, 数えがたく, 既に一つ

▼ 七年十月~ (10, 0.0%)

1 であるから, であるが, には伊勢国, に太政官, のある, の夜, の条, の河原崎座, までに四五本, 某夜

▼ 七年戦争~ (10, 0.0%)

1 でも使用, でも冬, などはその, など長い, につき有名, に比べ, の野戦病院, は正しく, または三十年戦争, までの十年間大王

▼ 七度二分~ (10, 0.0%)

1 あった何, あり, ありやっぱり, と云う, なの, なので, に低下, に熱った, ばかり, までは発熱

▼ 七日七晩~ (10, 0.0%)

1 かかって, だったわけ, といへ, ほどつづけた, 坐つた儘, 引っ張りつづけに, 焼き米かじッ, 磨いたと, 蒼い火, 責め抜かれても

▼ 七日以後~ (10, 0.0%)

3 の分 1 にと申します, のこと, の日記, は私, は窓, も日記, 恐らく又

▼ 七条河原~ (10, 0.0%)

1 で斬られる, などに夜陰, にひきだし, に行き着く, に集合, の二, の小屋仲間, の掛小屋, の田楽舞, へまぎれた

▼ 七~ (10, 0.0%)

3 の一 1 です, の中, の代, の役, の役徒, は悉, は悉く

▼ 七百万~ (10, 0.0%)

1 しかいなかった, で人手, という児童, につき三千二百九十, の全, の内, の同胞姉妹皆, の財, は奥さん, は農民

▼ 七百名~ (10, 0.0%)

2 の見学者 1 に達した, の体温, の士籍, の家中, の家臣, の従業員, の監獄役人, を収容

▼ 七百年前~ (10, 0.0%)

1 から今日, なくなられて, に完成, に魯, の地名, の大, の工芸, の支那, の朱子, の鎌倉人種

▼ 七〇クヲタア~ (9, 0.0%)

1 であっても, に対し一クヲタア, の生産, の穀物, は彼, を生産, を産す, 第三等地, 第二等地

▼ 七にしか~ (9, 0.0%)

2 成りません 1 なって, ならないその, 成らぬ, 見えないお嬢様, 見えないの, 見えない女, 見えなかつた

▼ 七はかれ~ (9, 0.0%)

1 に何事, に気つけ薬, の肩, の腕, の顔, の顔色, を富岡門前, を引き摺る, を引っ立て

▼ 七パーセント~ (9, 0.0%)

1 から三三パーセント, が金星, で他, の国内的原料, の減少, は雨, までは農村, を増し, 増して

▼ 七ヶ国~ (9, 0.0%)

3 のコマ人一千七百九十九人 2 のコマ人 1 から一千七百九十九名, から二千名, のスパイ, の一千七百九十九名

▼ 七一一年~ (9, 0.0%)

2 の結婚数 1 ないし一七三一年, における出生, にすでに, に含まれ, のころトルコ国, の死亡数, はジュウスミルヒ

▼ 七五五年~ (9, 0.0%)

1 に, におけるウェブスタ博士, には, には一対一〇〇, には一対一〇八, には一対一二五, には六, に出, の二十箇年間

▼ 七~ (9, 0.0%)

1 か, って言った, に廻っ, の四斗俵, はございます, はなけれ, は取れる, をからげ, を背負っ

▼ 七八メートル~ (9, 0.0%)

1 ある黒い, くらいのところ, しかはなれ, です, に行った, のところ, の空, ばかり先, 離れた這松

▼ 七八十両~ (9, 0.0%)

2 の借金, はある 1 あろうと, ですから, にはなろう, もありましょう, も有り

▼ 七八年間~ (9, 0.0%)

1 にもせよ, に亙る, に八割強, の作品, の歴史, の私, はかつて, は私, も一緒

▼ 七八歩~ (9, 0.0%)

1 あるいただけ, あるいたとこう, あるいて, の間隔, も踏み出した, も黒い, 行くと, 走ると, 進んで

▼ 七八種~ (9, 0.0%)

2 もある 1 あり, ある, に上り, のもの, の別様, もあり, をずばり

▼ 七八騎~ (9, 0.0%)

1 が通る, で盛政等, の影, の甲州武者, の者, の駈けぬけ, の騎馬, はたちまち, 飛んだかと

▼ 七分弱~ (9, 0.0%)

2 の入り 1 か, かとても, か六分, であらう, といふところ, と見た, どうも困った

▼ 七十五年~ (9, 0.0%)

2 の十一月 1 から千二百九十二年, くらいなどというの, とその, にはマドリッド, のこと, の万聖節, はその

▼ 七十余り~ (9, 0.0%)

2 になる 1 で歿, にもなる, に及ぶ, のおばあさん, の爺さん, の老人, の老婆

▼ 七十余人~ (9, 0.0%)

1 あったが, しかない, に減じ, のうち, の前衛労働者, の学者, の道士, は木戸, 大床

▼ 七十六号~ (9, 0.0%)

1 がききかえした, がききとれない, がだまっ, が沈黙, が答えた, が言った, は沈黙, は腕時計, を見た

▼ 七十匁~ (9, 0.0%)

1 から二百匁, から百二, くらいのもの, につき金一両, に育て, に過ぎない, のもの, の大物, ほどあっ

▼ 七十幾歳~ (9, 0.0%)

1 かの老, かの老人, だつたかの, ですって, で亡くなった, というの, とかいう高齢, にもなる, の高

▼ 七千噸~ (9, 0.0%)

3 の巨体 1 が七万噸, だから, の惰力, の船体, ばかりの客船, もある

▼ 七~ (9, 0.0%)

2 が蘭亭, は当時 1 とつづき, のいた, の居た, の流れ, の空

▼ 七~ (9, 0.0%)

1 あるべきもの, だけは禹貢, とした, の人口, の健児, の男児, の諸, の豪傑, を巻く

▼ 七年一月~ (9, 0.0%)

2 に発表 1 から明治四十年頃, だったと, にはついに, には出羽, には唐松日電小屋, にジャーナリズム, 総選挙

▼ 七年七月~ (9, 0.0%)

1 から建てかけ, から長崎縣北松浦郡佐々村, に, には五, には仙台, には伊豆大島, に本科, の上諭, の臨時閣議

▼ 七~ (9, 0.0%)

2 の大将 1 になし, にわかれた, に分け, の旗頭, の鉄砲組, 与此三, 与蒲生将監

▼ 七~ (9, 0.0%)

1 だの八斗, としよう, となった, なら水一斗, の半額, の小作料, は容赦, を履む, 呑めよ

▼ 七日七日~ (9, 0.0%)

2 の仏事, の香華 1 と煩雑, に仏像, に経巻, の法要, の誦経

▼ 七~ (9, 0.0%)

2 も重ねた 1 だったの, もやつ, も飯, をあおった, を食った, 浴びると, 食べる子

▼ 七百万人~ (9, 0.0%)

1 ありと, が必要, が用いられる, です, の一部分, の命, の失業者, の生命, の聴取者

▼ 七~ (9, 0.0%)

1 だか, ながら処々, の抜毛, の蛇, の調べ, ばかり工場, を持った, 御頬先二, 青白く思案

▼ 七議会~ (9, 0.0%)

1 で大体政友会自身, には可, に政友会総裁鈴木喜三郎氏, に於, に於ける, の政府提出, の終る, の鈴木総裁, は解散

▼ 七~ (9, 0.0%)

2 の一 1 が竹林寺, の伝説, の如き, の筆頭劉伶, はいずれ, を描き出した, を異代

▼ 七~ (9, 0.0%)

3 の楊奉 1 が旗, にわかれ, の全滅, は一斉, を率い, を粉砕

▼ 七カ所~ (8, 0.0%)

2 に不断念仏 1 があった, くぐり各所, ぐらい歩き, に改む, は近ごろ, もあっ

▼ 七フィート~ (8, 0.0%)

1 ある, ぐらいで, ぐらいです, に過ぎない, に達し, のところ, ばかりのこの, ばかりの舞台

▼ 七ヵ条~ (8, 0.0%)

3 の諫書 1 のうち二箇条, の利害, の意見書, の計, の返答

▼ 七世紀頃~ (8, 0.0%)

1 にはその, には佛蘭西其他, に印度, に書き残された, のこと, のもの, の歐洲, の派手

▼ 七並び~ (8, 0.0%)

8 に註參照

▼ 七久里~ (8, 0.0%)

2 の湯 1 のこの, のみ湯, の別所, の蕗, は蕗, や石湯

▼ 七八二年~ (8, 0.0%)

1 と一七八三年, には大佐, には更に, に司教, の下院, の計算, 及び一七八七年, 及び一七八三年

▼ 七八十名~ (8, 0.0%)

1 のもの, の子飼い郎党, の守兵, の甲冑, の百姓, ばかりのいずれ, ばかりの知人, までの召使

▼ 七八十銭~ (8, 0.0%)

1 からも有る, ぐらいが普通, にしかならぬ, に過ぎない, のもの, の割, の職人, もあっただろう

▼ 七八千~ (8, 0.0%)

1 とみられる, などは鎧袖一触, の予約者, の兵力, の蜀勢, も籠っ, をこえ, 刷る由

▼ 七八台~ (8, 0.0%)

2 も続いた 1 から十台位, の車, もいる, も一しょ, も勢ぞろい, も繋がっ

▼ 七八時~ (8, 0.0%)

3 を過ぎる 1 から午前, から翌朝, ときまっ, にすし食い, 迄に来

▼ 七八百~ (8, 0.0%)

2 の兵 1 ぐらいある, に減らし, に達し, の中部隊, の水俣, の金

▼ 七八百年~ (8, 0.0%)

3 も前 1 という長い, の昔, の月日, の間武門, もの昔

▼ 七八貫~ (8, 0.0%)

2 の石臼 1 のころ, の臼, の荷, もあろう, も有ろう, 持つて

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 すなわち, であった, であり年平均増加, である, という年, となるであろう, に引い, のうちこちら

▼ 七分位~ (8, 0.0%)

21 かまあ, だが, なり, なるが, の薄様美濃, までも年貢米

▼ 七~ (8, 0.0%)

4 の山笠 1 だった, というの, の方, は天

▼ 七十キロ~ (8, 0.0%)

1 くらいはたしかに, ぐらいで走りつづけ, です, の海上, ほど東, ほど遡った, も伸び, を通過

▼ 七十万~ (8, 0.0%)

1 ずつの人口, で買, と聞えわたる, ないし八十万, の人々, を擁し, 刷ります, 即ち百万足らず

▼ 七十五人~ (8, 0.0%)

2 で船出 1 あり, と決めた, と言いきった, の多数, の鉱夫, までは他

▼ 七十余年~ (8, 0.0%)

2 の間 1 になる, の明治以来, まえに, も太刀, も生きた, も遡っ

▼ 七十議会~ (8, 0.0%)

1 でこそそれ, の初頭, の問題, の解散, はフル, は云わ, は防衛議会, を解散

▼ 七十銭位~ (8, 0.0%)

2 の本 1 かかりましょう, からあるです, の, の割合, の舶来品, ゐですが

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 と言う, にし, の掟, の教楯, の条, の条件, の箇条中, 説の

▼ 七四八年~ (8, 0.0%)

1 と一七五六年, ないし一七五四年, に, には五, にわたるコマ郡, に撤廃, に終る, の期間

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 が納め, のよう, はすなわち, はデンマーク国, は摸写図, は比較的, を画き, 入って

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 寺へ, 寺を, 寺詣でに, 年増と, 張りきりで, 政綱でも, 教区二万四百六十五小, 虎来る

▼ 七宿~ (8, 0.0%)

2 の者ども 1 あって, すらも当時, のうち, のみをその, の中, の長者

▼ 七対一〇〇~ (8, 0.0%)

2 であった 1 である, という, という如き, の比率, 全六〇年間, 及び一五五対一〇〇

▼ 七年六月~ (8, 0.0%)

1 になっ, には七〇, には江戸, に指名, に東京, の大火, の朔日, の末

▼ 七度五分~ (8, 0.0%)

1 ぐらいまでに下る, である, でおさまりました, でした, といふもう, と二三度, なり, 程の熱

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 あって, ありとて, とかを述べた, として実は, の化身, の舞, の諸, を嘲った

▼ 七~ (8, 0.0%)

2 の神秘 1 か知らない, があった, が発達, だそう, どころか第六感, に殖える

▼ 七日夜~ (8, 0.0%)

1 おそく手紙, から天空, に入る, の九大法医学部, はじめて陸端, は矢, までに出陣, まで七十六日間

▼ 七時五十分~ (8, 0.0%)

1 だ間に合わない, であったが, ですかナ, でジュネーヴ行, と出, まで陛下, 着八時三十五分出発, 遂に海岸上空

▼ 七時半ごろ~ (8, 0.0%)

2 だった 1 かなり湖水, から十二時すぎ, だったが, です, という今, 再びトラック

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 が好く, が生れた, が童, である万太郎, の市十郎, もしや怪我, 全安, 全安が一たび榛軒

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 の室, の方, の板の間, の部屋, の隅, の隠居所, ばかりの一室, 第十

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 ずつな, ずつ散らばっ, の狼, の馬, の驢馬, まで銃殺, を用いる, 取った

▼ 七百万円~ (8, 0.0%)

2 がもの 1 で売れ, で買, と云, になります, の鯖, を超過

▼ 七百余人~ (8, 0.0%)

1 といわれ, のお嬢さん, の人員, の士卒, の部隊, の長州兵, は都, また吉良

▼ 七百枚~ (8, 0.0%)

4 の小説 1 とか売れた, と承り, ほどの栗板, 書きあげられて

▼ 七百餘里~ (8, 0.0%)

1 とある, となる, と知られたれ, なれば, に過ぎず, は我が, を差し引き, を算

▼ 七百騎~ (8, 0.0%)

1 が到着, で十万騎, となっ, にすぎず, の宇都宮勢, はこれ, ほどに過ぎなかった, をこえ

▼ 七~ (8, 0.0%)

2 の城下 1 あったのに, に泊る, の御, の扶持, の田畑もち, を食む

▼ 七箇条~ (8, 0.0%)

1 このほか, の公家, の御, の憲法, の起請文, は悉く, は民法, を見た

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 などと記され, の中, の小, の若葉, は葛飾, を以てした, を除いた, 御先祖七葉

▼ 七酒屋~ (8, 0.0%)

7 の段 1 之段

▼ 七~ (8, 0.0%)

1 だけ下さい, だつた, でお, にまけ, の値, の儲, の金, の錢

▼ 七〇年代~ (7, 0.0%)

2 の初頭 1 だから, のころ, の女性, の安永年間, の高揚

▼ 七いのち~ (7, 0.0%)

1 と, という五文字, と五文字, と師匠, と彫りつけられ, と障子, の正体

▼ 七なら~ (7, 0.0%)

1 そんな事, ば祕密, ば秘密, むも, んか, 五十以上の, 高くはねえと

▼ 七なる~ (7, 0.0%)

1 ものが, ものは, 下女一人帳場の, 名まえ, 怜悧の, 數を, 者ありし

▼ 七ばんめ~ (7, 0.0%)

3 の小人 1 のぼっちが, の寝, の部屋, は柱時計

▼ 七むずかしい~ (7, 0.0%)

1 ことは, ことを, のに, 侍生活は, 口上に, 問答は, 理窟を

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 が, である, にもよ, に付き合っ, のあの, の願い, はその

▼ 七ヵ国~ (7, 0.0%)

1 でこれ, となります, にわたって改修, にわたる大, の七権臣, の勢, の領主

▼ 七一二年~ (7, 0.0%)

1 で終る, には結婚数, にディーニュ, にブルジョア, に日本天皇史, に発行, の結婚数

▼ 七七六年~ (7, 0.0%)

1 ないし一七八一年, において初めて, に公, のアメリカ, のチールケ大尉, の戦争, の法令

▼ 七個月~ (7, 0.0%)

1 といひ, としてもこの, の喪期, の月数, の期間, ほど表面何事, 程経った

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 が割拠, なぞの流れ, などの混成旅団, の一つ, の発祥地, の随一, を七手

▼ 七八七年~ (7, 0.0%)

1 から何もかも, につづい, には彼, に最も, に至る, の長期, は豊年

▼ 七八万~ (7, 0.0%)

1 になった, の坑夫, の独逸俘虜, の財産, は加え, は稼い, もいる

▼ 七八世紀~ (7, 0.0%)

1 に於ける, のドイツ, のブルジョアジー台頭期, の文学上, の昔, の頃, の風俗画

▼ 七八匹~ (7, 0.0%)

2 の雌雄 1 の大きな, の犬, の猫, の蠅, を約束

▼ 七八十年前~ (7, 0.0%)

1 から土地, である, にこしらえた, にようやく, に支那, の採集, は浅草なぞ

▼ 七八行~ (7, 0.0%)

1 に於, の簡単, またそれ, まで第, も綴り得る, も読んだ, 及び一〇三行以下

▼ 七六八年~ (7, 0.0%)

1 このかた, でそれ, ないし一七七二年, に, に豚, の十箇年間, の輸入

▼ 七分身~ (7, 0.0%)

1 である, におう, のコート, の写真, の態度, ほどの御, やはり少し

▼ 七十マイル~ (7, 0.0%)

1 あり, の所, の洋中, も太平洋, も離れた, を一日中航行, 行かなくては

▼ 七十何名~ (7, 0.0%)

2 のカワカミ 1 かのカワカミ連, という夥しい, の中, の囚人, もいる

▼ 七十倍~ (7, 0.0%)

1 ぐらいの岩, するまで, という, という躍進ぶり, はなさらず, ほどだまされ, ゆるせ

▼ 七十八度~ (7, 0.0%)

1 ありますあしたあたり, のところ, の高温, ばかり, ほど, ほどです, よ

▼ 七千余人~ (7, 0.0%)

1 が甲, といわれた, の人民, の死人, の精兵, の総代, を以て守る

▼ 七千尺~ (7, 0.0%)

2 に近い, の大 1 と記した, の大菩薩嶺そのもの, の高地

▼ 七右衛門~ (7, 0.0%)

1 だったとも, と安政, などは, の弟小七, はどこ, は片手, も慥か

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 あって, か八坪, のほんの, のもの, の庭, は拓, も拓す

▼ 七寸位~ (7, 0.0%)

1 ある大男, ございます, しか開かぬ, のもの, のヰリアム・ブレーク, の甕, もある

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 か八尋位, だぞ, と言うべし, の処, の所, の海, を四フラン五十スー

▼ 七年九月~ (7, 0.0%)

1 である, には十七円五〇銭, に群馬県師範学校教諭渡辺千吉郎氏, に駿河国, の中頃, の予定的, の或

▼ 七年十一月~ (7, 0.0%)

1 から郡吏, には禁裏, に生れた, に福岡城, に終った, 出板三木愛花著, 第一次大戦

▼ 七年振り~ (7, 0.0%)

1 だった, でアメリカ, で日本, で東沢, に初めて, に時, の帰京

▼ 七年末~ (7, 0.0%)

1 から四八年初頭, か三十八年, には三, に県会, の栃木県会, 迄凡そ三〇〇位読了, 迄注文凡そ三三〇冊位

▼ 七度四分~ (7, 0.0%)

2 あった 1 あり, あり折角, あるので, ばかり出, を一寸

▼ 七手組~ (7, 0.0%)

2 の諸 1 とは彼, の不安, の大将, の後備, の者ども

▼ 七日め~ (7, 0.0%)

1 に向地, のこと, の夕方, の夜, の夜半, の朝, も八日め

▼ 七日八日~ (7, 0.0%)

2 見ねえでる間 1 とつづく, と日, の両日, の戦い, の月

▼ 七日後~ (7, 0.0%)

2 の棠軒日録 1 に寿江子, に茶山, に蘇った, は打, 少くも

▼ 七日条~ (7, 0.0%)

31 には, には由利八郎, にも, の

▼ 七時前後~ (7, 0.0%)

1 それから約, だが, と云え, に到着, に富山, に村, の事

▼ 七枚目~ (7, 0.0%)

2 の半分 1 には彼, に当った, の煎餅, は, を半分喰べた時満腹

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 すぐさまロケット, と見事, の敵飛行機, の荒鷲, は雲の上, まで射ち落され, を集結

▼ 七歳これ~ (7, 0.0%)

1 くらい辻褄, は剣術, は劍術, は十五歳, は骨張った, は骨張つた, も手拭

▼ 七歳以上~ (7, 0.0%)

1 から課せられ, になる, のエタ, の小児, の皆, は自分, を兵役

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 の來, の図, の夢, を余, を得たる, を與, を詠ずる

▼ 七絶一~ (7, 0.0%)

3 があつ, がある 1 が集

▼ 七絶二首~ (7, 0.0%)

4 がある 1 であつ, である, の中

▼ 七賢人~ (7, 0.0%)

1 が賢く, のうち, の一人, の図, の本床, も藪, を象嵌

▼ 七轉八倒~ (7, 0.0%)

6 の苦しみ 1 の末

▼ 七~ (7, 0.0%)

1 から奮い起った, と申す, の処, の森, の池, へ映る, も八峰

▼ 七いろ~ (6, 0.0%)

1 の未定稿, の色彩, の草, の衣裳, 恋ふる, 虹の

▼ 七かと~ (6, 0.0%)

1 きいて, さすが落語家, 尋ねる, 思ったの, 思われたが, 見える丸顔

▼ 七ぐらいの~ (6, 0.0%)

1 お嬢さんと, ひとです, ろうたけた令嬢, 一人の, 割合で, 男でした

▼ 七だった~ (6, 0.0%)

1 かな八, か八, という, と云う, 自分が, 藤吉郎の

▼ 七でした~ (6, 0.0%)

1 がその, がもつ, ねさっき電話, ねと訊い, よ, よお話

▼ 七に対して~ (6, 0.0%)

2 無配偶者 1 あからさまに, 一々明確, 彼も, 飽くまで知らない

▼ 七トン~ (6, 0.0%)

1 であると, という大船, にし, の爆弾投下, の的矢丸, の金

▼ 七七〇年~ (6, 0.0%)

1 および一七七四年, から一八〇〇年, に極めて, のアメリカ行, の数, を以て前

▼ 七七三年~ (6, 0.0%)

2 の春 1 にはそれ, には一, には機動演習, はことに

▼ 七七四年~ (6, 0.0%)

1 にはそれ, にジョージ, に終る, の事, の議会, の金貨

▼ 七五〇〇磅~ (6, 0.0%)

3 の価値 1 が一五, によって以前, に等しい

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 にきり, になつて消滅, の時代, ノ同胞ハ實ニ我ガ扶導擁護, ノ同胞ハ我ガ扶導擁護, ノ民族ヨリ濠洲

▼ 七元結~ (6, 0.0%)

3 の店 1 の由来, をたのむ, を演

▼ 七八両~ (6, 0.0%)

1 から上棚, がとこ, になっ, の金, 盗みだして, 盗み出して

▼ 七八六年~ (6, 0.0%)

1 から一七八七年, であること, にこの, にアリューシャン列島中, にマーガレット, に至る

▼ 七八寸位~ (6, 0.0%)

1 あったよう, しか浮い, ですむ, の小さな, の帯, の脇差

▼ 七八年来~ (6, 0.0%)

1 この先生, そのうち, の当分, 取りかかって, 知って, 遂に因果律

▼ 七八百万~ (6, 0.0%)

2 の金 1 がとこ白状, がとこ隠匿財産, まですなわち, もうけたそう

▼ 七八百人~ (6, 0.0%)

1 あり, と数えられ, の客, の隊, は完全, やられたん

▼ 七六三年~ (6, 0.0%)

1 からこの, にはそれ, には人頭税, に二〇, のそれ, わが明和年間

▼ 七分強位~ (6, 0.0%)

3 の入り 1 か, かどうも, に見えた

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 たらず, たらず二人, で豆類, のその, の遅配欠配, の飯

▼ 七十いくつ~ (6, 0.0%)

1 かである, とかでも, になる, のくず, の晩年, の製薬会社

▼ 七十万円~ (6, 0.0%)

1 あるその, であった, で買取る, の金, の食事, ばかりの損

▼ 七十二年~ (6, 0.0%)

1 にし, には更に, にノールウェー, に有名, の噴火, 即ち明治五年

▼ 七十二銭~ (6, 0.0%)

1 くれる事, ということ, なりか, の貸し, はミ, は今日

▼ 七十五万~ (6, 0.0%)

1 と称せられ, の兵力, の大軍, の所帯, の軍, は成都

▼ 七十五両~ (6, 0.0%)

2 の金 1 というところ, に負けよう, をどうか, をまきあげ

▼ 七十何歳~ (6, 0.0%)

1 かです, かで獄中, かになった, かの老女, とかの爺サン, になっ

▼ 七十余~ (6, 0.0%)

1 にて生存せり, の婆さん, の管弦楽曲, の老人, の老翁, の老農

▼ 七十四度~ (6, 0.0%)

1 ぐらいまで温度, と云う, なり, にのぼる, に向っ, まで進航

▼ 七十尺~ (6, 0.0%)

1 の船, の高い, ほどもある, もある, も高く, 長さ一里

▼ 七十年間~ (6, 0.0%)

1 にし, には実に, にわたって江戸城, にソクラテス, に一とわ, に某

▼ 七十本~ (6, 0.0%)

1 ずつ吸っ, の余, の木材, はくだらない, も吸う, 向かい合わせて

▼ 七十石~ (6, 0.0%)

1 に加増, に足らない, のうち, の小禄, の禄, ほど頂戴

▼ 七千萬圓~ (6, 0.0%)

1 あるから, と云, に減額, の減額, の節減, は十六億貳百萬圓

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 のうち, の一人, の參朝, の堂上, の復任, はすでに

▼ 七号船~ (6, 0.0%)

1 から動かなかった, の水夫, の音, は荷物専用, へゆき着いた, を貰っ

▼ 七~ (6, 0.0%)

3 の高 1 あの塔, の上空, の長

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 か八圓, ですな, でも給料, に定次郎, を越した, 増して

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 であろうが, で今, は二, は池, まで男子, を生み

▼ 七字詩~ (6, 0.0%)

2 の一章 1 であって, である, の形, は畢竟

▼ 七寸五分~ (6, 0.0%)

1 あり東側, から六寸五分, だが, という小さい, といった調子, 小鱗

▼ 七年来~ (6, 0.0%)

2 住んで 1 この方, の中風, の悲しい, わかって

▼ 七年版~ (6, 0.0%)

1 である, の, のチブルス, の伊藤謙氏訳, の絵本, の美術年鑑

▼ 七年間肌身~ (6, 0.0%)

4 はなさず持っ 2 はなさず

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 から鐵漿, にあと, にい, に七つの, の釜, 借の

▼ 七拾銭~ (6, 0.0%)

1 だと, の大豆, の柱時計, ものお金, もの高い, も出し

▼ 七日位~ (6, 0.0%)

1 たって仕舞う, にかえります, の身体, の間, まで二週間, 帰って

▼ 七日市~ (6, 0.0%)

2 に迎 1 と申所, にある, に訪うた, へ迎

▼ 七日附~ (6, 0.0%)

1 で, で返書, の一書, の彼女, の手紙, の文書

▼ 七日餘~ (6, 0.0%)

2 は張り 1 だけな, である, は弛み, は弛む

▼ 七時以後~ (6, 0.0%)

1 からでなけれ, であること, の外出, の外国, の時間, の航行制限

▼ 七時十五分~ (6, 0.0%)

1 であった, である, になる, を打つ, 遂に絶命, 過であった

▼ 七時四十分~ (6, 0.0%)

1 だと, に家, までにモンパルナス, より, キッカリ, 出校

▼ 七時間労働~ (6, 0.0%)

1 だから, だが, です, でやっ, で働き, を終っ

▼ 七本目~ (6, 0.0%)

1 がようやく, とつづい, の, の同じ, の枝, の注射

▼ 七歳御陵~ (6, 0.0%)

2 は劒, は山 1 は畝傍山, は畝火山

▼ 七歳頃~ (6, 0.0%)

1 から, からと見れ, から詩作, から読みはじめた, であったと, にもそう

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 というの, の末, の祖孫六, の長, の陣鐘, の面影

▼ 七男坊~ (6, 0.0%)

1 がか, として互いに, とは竹馬, にまで及ぶ, の駄々振り, は駕

▼ 七番堂~ (6, 0.0%)

1 から馳, にゃあ, に居た, の丘, の廻廊, の欄間

▼ 七百七十五年~ (6, 0.0%)

2 の十一月 1 とその, のこと, の万聖節, はその

▼ 七百五十一年~ (6, 0.0%)

1 から七百九十一二年, に當, に當つて, のこと, の七月二十七日, の六月三十日

▼ 七百八十年~ (6, 0.0%)

1 においてさえ古風, においてさえ諸君, にモンセーニュール, に独逸, の夏, ほど前

▼ 七百文~ (6, 0.0%)

2 の銭 1 であった, に至れ, の定, は金

▼ 七~ (6, 0.0%)

2 おかせて 1 ならオレ, の勝, の手並, の負け

▼ 七~ (6, 0.0%)

21 に分け, の母, の解釈, より三十六節

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 と黒繻子, に楽器尽, に百合, の丸帯, の袱紗帯, を高く

▼ 七週間~ (6, 0.0%)

1 この方, で強敵, の間, はかかる, ばかり組織化学, も患った

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 の大筒, の御, の扉, の本城, の砲, の説法

▼ 七階建て~ (6, 0.0%)

2 の人家 1 のびく, の家, の屋上, の高い

▼ 七~ (6, 0.0%)

1 から卒先, にはじめて, の註, はバッハ, は明治二十四年四月, まで発売

▼ 七項目~ (6, 0.0%)

2 の下 1 に, の内, は収入, を捨象

▼ 七かせ~ (5, 0.0%)

4 を持つ 1 を持っ

▼ 七これ~ (5, 0.0%)

1 が其方, は小柄, は輕捷, は金兵衞, までには相当

▼ 七その~ (5, 0.0%)

1 二人の, 二人のが, 人が, 刪りたる, 女房で

▼ 七ちゃん~ (5, 0.0%)

1 が舌鼓うつ, こんな工合, でも舁い, に貰った, 帰ったの

▼ 七~ (5, 0.0%)

3 やない 1 やございません, やねえか

▼ 七とが~ (5, 0.0%)

1 変死を, 港内の, 道具を, 額を, 顔を

▼ 七ないし~ (5, 0.0%)

1 一対四である, 三・六人の, 八の, 四八分の一である, 百立方フィートしか

▼ 七はか~ (5, 0.0%)

2 の事件以来 1 の, の橙, の男

▼ 七はさ~ (5, 0.0%)

3 う言つて 1 ういふ, う言

▼ 七ひき~ (5, 0.0%)

2 のこどもやぎ, のホタル 1 であったが

▼ 七または~ (5, 0.0%)

1 スレザーク愛唱曲集の, 一八人につき, 七半の, 八十八の, 八%で

▼ 七キロ~ (5, 0.0%)

1 のもの, ほどの間, もあろう, 考へると, 離れた小

▼ 七~ (5, 0.0%)

3 あんどこ 1 くどいッ, て云った

▼ 七ツ時~ (5, 0.0%)

1 から六ツ時, から始まった, でございますから, になる, に伯州米子

▼ 七ミユキ丸~ (5, 0.0%)

3 から降りた 1 あり, より下船

▼ 七・五~ (5, 0.0%)

1 という形, という調子, になっ, に感情, ばかりであっ

▼ 七・五・三~ (5, 0.0%)

2 の祝い日 1 て聞いた, のお祝い, の晴着

▼ 七一人~ (5, 0.0%)

1 が打つ, しか残っ, だったの, だつたの, だという

▼ 七七二年~ (5, 0.0%)

1 という汚れ, の出来事, の大, の計算, は猟

▼ 七七五年~ (5, 0.0%)

2 の秋 1 ないし一七八四年, に脚色上演, に英国

▼ 七万遍~ (5, 0.0%)

3 の念仏 1 になっ, の行者

▼ 七九一年~ (5, 0.0%)

1 にはそれ, には三十八歳, には毎年三, にキャプテン・ヴァンクウヴァ, のピアノ

▼ 七九七年~ (5, 0.0%)

1 に生れた, の, の恐慌, の著書, 貧しい小学校長

▼ 七九郎兵衛~ (5, 0.0%)

1 の人形, の長町裏, は見たかつた, を出した, を罵る

▼ 七五七~ (5, 0.0%)

2 と言 1 でなくて, と幾つ, と繰り

▼ 七五二年~ (5, 0.0%)

1 で終る, ないし一七五五年, ないし一七五六年, のある, の九月

▼ 七人様~ (5, 0.0%)

5 の唄

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 と言う, ながら早々, の故殺, の百姓一揆, 起った警察沙汰

▼ 七八冊~ (5, 0.0%)

1 あるばかり, の, のノート, の本, は概ね

▼ 七八分通り~ (5, 0.0%)

1 は後に, までは事實, も動き, を占め, 組立てられて

▼ 七八十メートル~ (5, 0.0%)

1 の丘陵, の切り立った, もあった, もあります, も逃げた

▼ 七八十円~ (5, 0.0%)

1 から百円, がもの, で売らされた, の金, まで騰貴

▼ 七八十枚~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 の長, もやぶれ, 入る

▼ 七八十種~ (5, 0.0%)

1 あると, には及ぶであろう, の脚本, もあった, も植えおかれ

▼ 七八年ぶり~ (5, 0.0%)

1 でここ, で会った, で始め, で阿波, に訪ね

▼ 七八日ごろ~ (5, 0.0%)

3 のこと 1 からは夜, になる

▼ 七八月ごろ~ (5, 0.0%)

1 からだんだん, から二十五, から江戸, だと, までつづく

▼ 七八月頃~ (5, 0.0%)

1 になる, にひらき, の味, の綴じ込み, までは増税

▼ 七八頭~ (5, 0.0%)

1 の乳牛, の拂, ほど早馬, も打つ, 飼って

▼ 七六四年~ (5, 0.0%)

1 ないしアミアン, ないし一七七七年, におけるセヴィレ, にベルン, の出版

▼ 七分五厘~ (5, 0.0%)

1 が僕, にする, のお嬢さん, の増徴, まで引きました

▼ 七分強~ (5, 0.0%)

2 か, といふところ 1 であらう

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 ぐらいな鉛丸, と云, にクリーム十二匁, にシナ人, は一両

▼ 七十ぢ~ (5, 0.0%)

1 かい老母, かい老躯, かい老齢, かい萎び, にあまる

▼ 七十メートル~ (5, 0.0%)

1 ある, くらいは吹い, の烈風, を越え, を越える

▼ 七十七万石~ (5, 0.0%)

1 っての, と三十六万石, の島津, の薩摩, を手玉

▼ 七十万石~ (5, 0.0%)

2 の新 1 であったという, の大名, の薩摩薯

▼ 七十三條~ (5, 0.0%)

3 の罪 1 に該當, は茲

▼ 七十二人~ (5, 0.0%)

1 ある, の多, の年齡, を見, 待てつと

▼ 七十二円五十銭~ (5, 0.0%)

1 である, ということ, と溜息, は手頃, を滞らせつ

▼ 七十五年間~ (5, 0.0%)

2 は市 1 の帝都, は人, は草

▼ 七十何年~ (5, 0.0%)

1 かの歳月, かの間, だかに, は乱雑, 生きつづけて

▼ 七十俵~ (5, 0.0%)

2 の米 1 ぐらいは貯, ほどの米, より九十九俵

▼ 七十封度~ (5, 0.0%)

1 の価値, の王, の金, は以前, を保有

▼ 七十戸~ (5, 0.0%)

1 からある, といふところ, に近い, ほどはある, 程に増し

▼ 七十間~ (5, 0.0%)

1 にひろがり, に定め, の先, の鐵橋, を隔て

▼ 七十隻~ (5, 0.0%)

1 だったが, の噴行艇, は一隻, もあった, を撃滅

▼ 七十頁~ (5, 0.0%)

1 の間, ばかり, ばかりの本, ほどやり, を占め

▼ 七十騎~ (5, 0.0%)

1 が一種, が一陣, は一ノ谷, は来合う, を従え

▼ 七千万人~ (5, 0.0%)

1 ありと, では, に上り, の日本, の知識

▼ 七千余~ (5, 0.0%)

1 の兵, の兵力, の大軍, の島, の戦死

▼ 七千兩~ (5, 0.0%)

3 の小判 1 といふ夥しい, の經緯

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 から十五句, の五割以上, ばかりの長篇, を調べ, 拾うた

▼ 七号舎~ (5, 0.0%)

1 からこれ, に帰つて, に残し, に這入る, へ韃靼人

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 がい, の, の本店, は気の毒, も堺

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 というの, と推算, と書いた, に至る, の北側

▼ 七字中~ (5, 0.0%)

2 に屈すべき 1 に現, に現し得たる, の字句

▼ 七尺以上~ (5, 0.0%)

1 ありました, で昇降, なるを, のもの, もある

▼ 七~ (5, 0.0%)

2 の大 1 の建物, の高, ばかりある

▼ 七年め~ (5, 0.0%)

1 えからの, えだ, だのに, の七月七日, の今日

▼ 七年六月二十日~ (5, 0.0%)

2 の強震, の東京地震 1 から二十八年五月十一日

▼ 七年生~ (5, 0.0%)

1 であつ, であるから, で三十五歳, で乙丑, で明治四十一年

▼ 七度六分~ (5, 0.0%)

1 あったので, ある, ある腰かけてるの, に下っ, ばかり

▼ 七度水~ (5, 0.0%)

2 を浴びる 1 に入る, に泳げ, を浴び

▼ 七~ (5, 0.0%)

2 の神 1 とせられぬ, とよぶ, に登っ

▼ 七日あまり~ (5, 0.0%)

1 の冴えた, はその, も陽, ろくな犬, 干飯

▼ 七日ぶり~ (5, 0.0%)

2 に入浴 1 に飯, のアルコール, の酒

▼ 七時四十五分~ (5, 0.0%)

1 であった, につきます, までボク, より中継, 起き小林さん

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 あっ, でご, にもいたく, の帰り, をこそとこの

▼ 七歳八歳~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの娘, の女, の女の子, の我が, の時

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 のまだき, の姥子たち, は杉野, をまだき, 賑わうと

▼ 七百匁~ (5, 0.0%)

1 とまぜる, の中鯛, の荷物, ほどの大き, もあったろう

▼ 七百里~ (5, 0.0%)

1 となす, には及ばね, に一つ, もへだたった, を行き

▼ 七石山~ (5, 0.0%)

1 にて鴨沢口, の頂上直下, へと続い, まで行っ, を経

▼ 七箇月~ (5, 0.0%)

2 の間 1 になった, は無論当て, 住んで

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 ある, ずらりと並ん, の総, も八箱, 送るよう

▼ 七篇本~ (5, 0.0%)

1 が曾子, とが前漢中期以前, に比定, の思想, は子

▼ 七絶三首~ (5, 0.0%)

1 があつ, がある, が載せ, である, を作り

▼ 七花八裂~ (5, 0.0%)

1 である, となる, とも紛飛繚乱, の惨状, の粉砕

▼ 七軒町~ (5, 0.0%)

1 から團子坂, の曲り角, の裏店, へ家, まで用達し

▼ 七軒長屋~ (5, 0.0%)

1 があり, でこちら, に母親, に魚屋, のまん中

▼ 七通り~ (5, 0.0%)

1 と言え, の呼び, の変遷, の晴衣, はそれぞれ

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 ぐらいは出, ぐるぐると, の色版, も追い回した, も駈けまわっ

▼ 七面前~ (5, 0.0%)

4 の下 1 下總屋

▼ 七~ (5, 0.0%)

1 からなっ, からなる, が書い, と控え, にその

▼ 七〇〇~ (4, 0.0%)

1 から八, である, の小, の由

▼ 七〇〇〇〇磅~ (4, 0.0%)

1 であろう, という継続的租税, を必要, を支払う

▼ 七〇〇トン~ (4, 0.0%)

1 に切り下げられた, の炭, ほどしか積ん, を徹宵

▼ 七〇パーセント~ (4, 0.0%)

1 だから, の入り, はもっと, はプロレタリアート

▼ 七か月~ (4, 0.0%)

1 にもなる, のわびしい, は寛斎, ばかりの間

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 さ, さにも, さを, さ八く

▼ 七ぐらい~ (4, 0.0%)

1 であったと, でしょうか, でそれ, なるべし

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 へへん 1 あかずへて, まではござりませぬ

▼ 七であった~ (4, 0.0%)

1 がこれ, が十八, ものが, 美奈子は

▼ 七であり~ (4, 0.0%)

1 これは, クロオメに, 他の, 又その

▼ 七でも~ (4, 0.0%)

1 あつたらう, あり八, 側に, 十八でも

▼ 七にな~ (4, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて文化学院へ, つて畢ふと

▼ 七ばかりに~ (4, 0.0%)

2 なる無地 1 なる娘, 成るお

▼ 七へん~ (4, 0.0%)

1 しゃべった, つづけざま, の航海, 忍んで

▼ 七より~ (4, 0.0%)

1 上には, 二十円明石郡前田村姓不詳梅吉より, 出ずるもの, 直々お

▼ 七カ年~ (4, 0.0%)

1 とかにわたる波瀾万丈, になれ, の辛苦, も放浪

▼ 七シリング~ (4, 0.0%)

1 で売られるべき, という価格, となり, を得る

▼ 七シリング一〇ペンス二分の一~ (4, 0.0%)

1 で売却, で鋳, という造幣価格, の造幣価格

▼ 七シリング六ペンス~ (4, 0.0%)

1 であろう, で一番安価, の皇帝ジョージ, の税

▼ 七スー~ (4, 0.0%)

1 しかもらえない, しか取れない, ずつしか取れない, の金

▼ 七ツ刻~ (4, 0.0%)

1 から七つ, から始め, から持ちまわりゃ, ですから

▼ 七ヶ國~ (4, 0.0%)

1 ありて, の一向, の中, の末尾

▼ 七ヶ年~ (4, 0.0%)

1 で完全, にも相成, にわたって冷水浴, もこんな

▼ 七・一〇六以下~ (4, 0.0%)

4 並びに註參照

▼ 七一パーセント~ (4, 0.0%)

1 をみたした, 増した賃銀, 増す, 増すだろう

▼ 七七一年~ (4, 0.0%)

1 には一四, には更に, の移住, の移住以前

▼ 七七七年~ (4, 0.0%)

1 にはその, に別れた, に来朝, に終る

▼ 七七日~ (4, 0.0%)

1 の仏事, の忌, の間ブラ, 各名僧知識

▼ 七万四千七百円~ (4, 0.0%)

1 だすという, なんてこと, の品物, の請求

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 の小屋 1 の滝, の瀑

▼ 七世紀末~ (4, 0.0%)

1 か十八世紀始め頃, のイギリス, の唯神論者, の雑誌

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 に擬, の一, の内, をめぐらし

▼ 七二〇年~ (4, 0.0%)

1 という特別, ないし一七五〇年, には偶然, より後

▼ 七五七七~ (4, 0.0%)

1 が独立, という音数律, の調子, をもつ

▼ 七五三繩~ (4, 0.0%)

1 が繞, の繩片, は今や, を張り

▼ 七五九年~ (4, 0.0%)

2 に終る 1 で終る, ないし一七六八年

▼ 七五八年~ (4, 0.0%)

1 にはわずか, は一対三一, は不作, を攻囲

▼ 七五分の一~ (4, 0.0%)

1 でありノリジ, という, という出生率, に過ぎない

▼ 七人分~ (4, 0.0%)

1 だけ引ッ, の料理, の飯, ほど拵え

▼ 七人半~ (4, 0.0%)

1 だと, ですら, とある, という数

▼ 七人比丘尼~ (4, 0.0%)

4 の話

▼ 七人連れ~ (4, 0.0%)

1 であった, の若い, も案内者, をあと

▼ 七以下~ (4, 0.0%)

2 にいづ 1 にヴェーネレ, 及び

▼ 七信孝様~ (4, 0.0%)

1 からも御, こそ実に実に, にも同様, もまた

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 の法服 1 に痛棒, への供膳

▼ 七億円~ (4, 0.0%)

1 あまった, であった, とかである, もかかる

▼ 七八〇年頃~ (4, 0.0%)

2 の死亡率 1 からのこと, の出生

▼ 七八つ位~ (4, 0.0%)

1 のお, のお河童姿, の一人, の少女

▼ 七八カ月~ (4, 0.0%)

1 たつと, というもの, はかかるだろう, も間

▼ 七八ヵ所~ (4, 0.0%)

1 の切傷, の寄手, もある, を数える

▼ 七八ヶ月~ (4, 0.0%)

1 ほど前, もかかつ, も前, も家

▼ 七八両月~ (4, 0.0%)

1 である, に釣った, は休ん, は吹屋

▼ 七八位~ (4, 0.0%)

1 だろうか, にしか見えない, にしか見えなかった, のキビキビ

▼ 七八個~ (4, 0.0%)

1 つける下, の弾薬盒, ほど吊りさげ, も右

▼ 七八八年~ (4, 0.0%)

1 ないし一七九二年, にこの, にシドニー湾上, の冬

▼ 七八割~ (4, 0.0%)

1 はそうした, は他国もの, までが農業者, を負わね

▼ 七八十尺~ (4, 0.0%)

1 の高, の高い, もあつ, 切立ての

▼ 七八十戸~ (4, 0.0%)

1 が全部人形操, の村, もあっ, もあるであらう

▼ 七八十歳~ (4, 0.0%)

1 で死ぬ, になる, の爺さん, の高齢

▼ 七八千円~ (4, 0.0%)

1 といふところ, に値切られた, の予算, の債務

▼ 七八字~ (4, 0.0%)

2 の中 1 か三十一二字, の短

▼ 七八年ごろ~ (4, 0.0%)

1 だったかな, に日本, の, の鹿

▼ 七八年以前~ (4, 0.0%)

1 のこと, の事, の昔話, へは辿っ

▼ 七八杯~ (4, 0.0%)

1 は請け合い, もひっかけ, 傾けるだけの, 凡そ湯船

▼ 七八百名~ (4, 0.0%)

1 に達し, の土民, も連れ, を数える

▼ 七八秒~ (4, 0.0%)

1 から十秒位, の後, はある, 程あつ

▼ 七八羽~ (4, 0.0%)

1 いつの間にか飛ん, その川端, ならんで, の鶏たち

▼ 七八貫目~ (4, 0.0%)

1 のもの, の荷, もあり, もある

▼ 七八輪~ (4, 0.0%)

2 かの花 1 も十餘輪, も咲い

▼ 七八通~ (4, 0.0%)

2 を片 1 の書付, 持って

▼ 七八銭~ (4, 0.0%)

1 ずつの賞与金, にする, はやむを得ない, 並べて

▼ 七八間先~ (4, 0.0%)

1 には印半纏, の並び, は見えない, を小きざみ

▼ 七六歩~ (4, 0.0%)

1 と角道, のこの, を受け, を受けた

▼ 七六頁~ (4, 0.0%)

1 が楊鎬, に, に犬, への一つ

▼ 七円位~ (4, 0.0%)

1 では如何, にすぐ, のもの, は貰い

▼ 七分の~ (4, 0.0%)

1 多きに, 憤りを, 憤怨, 疲れ拙者

▼ 七分の利~ (4, 0.0%)

1 ある種ガ島, がある, に廻る, を占め

▼ 七分前~ (4, 0.0%)

1 か, に, に逼, 迄芸談

▼ 七分弱位~ (4, 0.0%)

1 か, しか入らず, の入り, ガーンと

▼ 七分方~ (4, 0.0%)

1 この意味, でき上った笑い, 下げるよう, 引き上げねば

▼ 七分間~ (4, 0.0%)

1 である, で最終, というもの, 焼いて

▼ 七化三~ (4, 0.0%)

21 と言った, と言つた飯炊き

▼ 七十あまり~ (4, 0.0%)

2 の老人 1 の一見, の髪

▼ 七十フラン~ (4, 0.0%)

1 で賣る, になっ, はいっ, まで値切った

▼ 七十七箇村~ (4, 0.0%)

1 に検地, に檢地, の民, の百姓たち

▼ 七十万ポンド~ (4, 0.0%)

1 けえ, って金, の黄金, はなくなっ

▼ 七十三人~ (4, 0.0%)

1 が士分, ございましたの, という夥しい, 遠謫配流

▼ 七十二頁~ (4, 0.0%)

1 というところ, に於, の饗庭さん, を繰った

▼ 七十五ルーブリ~ (4, 0.0%)

1 から八十五ルーブリ, ずつにし, で話, の月給

▼ 七十五字~ (4, 0.0%)

2 では 1 だ, となる

▼ 七十何人~ (4, 0.0%)

2 も何 1 か登場, 居た受験者

▼ 七十八十九~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの若者ぞろい, の四日間, 及び第, 計九巻

▼ 七十六年~ (4, 0.0%)

1 にし, に南宋, のこと, 第七月四日亜米利加十三州

▼ 七十四五度~ (4, 0.0%)

2 なり 1 なりしが, に上がれり

▼ 七十四年~ (4, 0.0%)

1 に彼, に死した, をへた, を過て

▼ 七十回~ (4, 0.0%)

1 と来ました, の誕生祝, の誕生祝賀, もかかる

▼ 七十年代~ (4, 0.0%)

1 にはいる, に建てられた, の半頃, の終り頃

▼ 七十有余~ (4, 0.0%)

2 の老 1 の歳, の高齢

▼ 七十種~ (4, 0.0%)

1 あり名字, ある, ほどであった, を集めし

▼ 七十米~ (4, 0.0%)

1 にも足りない, の峰, の峰頂, も高い

▼ 七十行~ (4, 0.0%)

1 からもある, ぐらいに尽き, に尽きる, の正伝

▼ 七十親爺~ (4, 0.0%)

21 だ, ならこっちア面当て

▼ 七十近く~ (4, 0.0%)

1 なって, になっ, の, まで長生き

▼ 七十餘歳~ (4, 0.0%)

1 で歿, と見え, になり, まで年代

▼ 七千六百町~ (4, 0.0%)

1 と云, の中, の中百町, は古川

▼ 七千騎~ (4, 0.0%)

1 の兵, の内三分の一, をひきつれ, を率い

▼ 七及び~ (4, 0.0%)

1 イザヤ三七・三七, 一一二以下, 同一〇六, 四〇大

▼ 七~ (4, 0.0%)

3 もある 1 ばかりの高

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 の橋, の罪人等, を八十八哩, を蔽

▼ 七四一年~ (4, 0.0%)

1 ないし一七五六年, に死ん, の六年間, の春

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 にあり, に罰, に通ずる, に達すれ

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 の雌 1 が三十二, が二十一

▼ 七学級~ (4, 0.0%)

4 の教室

▼ 七対一〇~ (4, 0.0%)

1 であった, である, であるの, となるであろう

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 の一人, の三万余騎, の者, は徐州

▼ 七尺ゆたか~ (4, 0.0%)

1 な偉大漢, な大兵肥満, な横綱力士, の大男

▼ 七尺五寸~ (4, 0.0%)

1 から八尺, に奧行八尺, に達し, の地底

▼ 七尺余り~ (4, 0.0%)

1 の大, の大男, の大蛇, の男

▼ 七巻き半~ (4, 0.0%)

1 とかいう表現, もされ, も巻く, 巻きつけその

▼ 七師団~ (4, 0.0%)

1 である, に対し連合側, の練兵場, はただ

▼ 七年住~ (4, 0.0%)

1 慣れた住居, 慣れた小楼, 慣れた屋根, 慣れた町

▼ 七年前私~ (4, 0.0%)

1 がプティー・ジェルヴェー, が早, は, はある

▼ 七年目ごと~ (4, 0.0%)

1 にこの, にその, の今月今日, の例

▼ 七年間私~ (4, 0.0%)

1 にとっては五十年, の眼, は出張手当, は美味

▼ 七度二三分~ (4, 0.0%)

1 だが, なのに, までさげ, まで出

▼ 七度近く~ (4, 0.0%)

1 あり, さむいのよ, に下っ, までは水滴

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 の早変わり, も勤めまする, を売ってない, 早替

▼ 七律一首~ (4, 0.0%)

2 がある 1 を得た, 又

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 の滝 1 ばかり繋い, 着せて

▼ 七日あたり~ (4, 0.0%)

2 から三十一日 1 から出さう, の程

▼ 七日付~ (4, 0.0%)

1 であ, の神戸米領事ロビネット, を以て彼, を以て谷中村堤防復旧工事ハ絶対

▼ 七日朝~ (4, 0.0%)

1 いと夙く, で, というお, 早く起き

▼ 七日目毎~ (4, 0.0%)

1 にこう, に盗られた, に貴方, に起る

▼ 七日私~ (4, 0.0%)

1 はやむ, は名医, は自分, は連絡機

▼ 七日經~ (4, 0.0%)

2 たない 1 たなければ, つたが

▼ 七昼夜~ (4, 0.0%)

1 にて渡航, の間, 潜み歩いて, 祭ると

▼ 七時三十五分~ (4, 0.0%)

1 であった, にアンハルター停車場, の浜松行, を指し

▼ 七時五十一分~ (4, 0.0%)

1 でございますか, にあの, に沢山, に現われ

▼ 七時五十一分三十秒~ (4, 0.0%)

2 にあの 1 からあの, となる

▼ 七時十分~ (4, 0.0%)

1 である, で三島, という神戸行, の静岡行

▼ 七時船~ (4, 0.0%)

1 すでにオンダールスネス湾, すでにリスボン湾, ようやくプリマス港, を桟橋

▼ 七時間半~ (4, 0.0%)

2 もぼんやり 1 もゆられる, も踊りつづける

▼ 七本松~ (4, 0.0%)

1 がそびえ, と名づけ, のうしろ, の黒

▼ 七条憲法~ (4, 0.0%)

1 の精神, は撰定, は治世, や義疏

▼ 七条油小路~ (4, 0.0%)

2 の現場 1 の四辻, の町役人

▼ 七歳位~ (4, 0.0%)

2 の時 1 から僧侶, の派手

▼ 七歳前~ (4, 0.0%)

1 だと, のこと, の久米, の淡い

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 と第, は三, より第, 第一圓

▼ 七百フィート~ (4, 0.0%)

1 あって, で殆ど, のマウナ・ケア, の山頂

▼ 七百九十九人~ (4, 0.0%)

2 を武蔵 1 が武蔵, の方

▼ 七百余合~ (4, 0.0%)

2 のうち, 巻かずに

▼ 七百十五円~ (4, 0.0%)

1 で登記, とした, の地所, の負債

▼ 七百四十二人~ (4, 0.0%)

3 の女 1 は多

▼ 七百年代~ (4, 0.0%)

1 からローマン主義時代, にシャレマアニュ, に作った, の初頭

▼ 七百部~ (4, 0.0%)

1 だけは読ん, ばかり得た, も刷, も持っ

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 な激情 1 な激し, な道徳

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 だ, のあと, をもってする, 喰った

▼ 七種類~ (4, 0.0%)

1 あって, だ, の結晶, ほどあります

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 から血, そのうち命取り, の内, の外

▼ 七筋半~ (4, 0.0%)

3 の蜘蛛 1 あげます

▼ 七箇所~ (4, 0.0%)

2 の脱字 1 あって, は落ち無く巡つ

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 が輝い, だから俸給, へ編入, を夢みた

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 の唐琴, の唐風, の音譜, を弾

▼ 七絶五首~ (4, 0.0%)

3 がある 1 が見え

▼ 七~ (4, 0.0%)

31 を賣りそめ

▼ 七行目~ (4, 0.0%)

21 に, の欠字

▼ 七議會~ (4, 0.0%)

2 に於 1 に對, は解散

▼ 七貫目~ (4, 0.0%)

1 ありさ, たるも, である, ほどの桑

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 か十足, といわれる, と呼ぶ, ほど似た

▼ 七~ (4, 0.0%)

2 積みて 1 と力ん, の歌

▼ 七軒目~ (4, 0.0%)

1 だ, のタクシー屋, のバー, の窓

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 です, に発表, に載せ, は更に

▼ 七轉八~ (4, 0.0%)

2 倒して 1 倒す, 倒するばかり

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 に及んだ, 受取る友, 書く, 来た

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 の守護大名, へ発送, を加増, を去年

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 か八針, とか縫った, 縫ったの, 縫った由

▼ 七面倒くさい~ (4, 0.0%)

1 のである, ほとんど了解, 儀式で, 窮屈な

▼ 七~ (4, 0.0%)

1 となります, に区別, の区別, へは寄らなかつた

▼ 七〇〇年代~ (3, 0.0%)

1 にといた, にフランス, の燦然

▼ 七〇五年~ (3, 0.0%)

1 に一対八三, に一対八九, もとオランダ

▼ 七〇年以後~ (3, 0.0%)

1 においてさえドイツ, のこと, は普軍

▼ 七くらいに~ (3, 0.0%)

1 なるでしょうか, なる娘, 思えた

▼ 七じゃ~ (3, 0.0%)

1 なかろうが, ねえか, 男よりは

▼ 七それ~ (3, 0.0%)

2 から三十 1 は今

▼ 七たび歌よみ~ (3, 0.0%)

2 に与 1 に與

▼ 七だけが~ (3, 0.0%)

1 俯伏し, 小屋へ, 後に殘

▼ 七って~ (3, 0.0%)

1 いったって, んだ, 人だ

▼ 七つづ~ (3, 0.0%)

2 つ日 1 つお

▼ 七でございます~ (3, 0.0%)

1 からよい, が色, 只今帰りました

▼ 七でなく~ (3, 0.0%)

1 ちゃならない, ても大抵, て五七五

▼ 七とを~ (3, 0.0%)

1 外部から, 対立させる, 除いたという

▼ 七によ~ (3, 0.0%)

3 つて

▼ 七はう~ (3, 0.0%)

2 しろからその 1 さんな

▼ 七はつ~ (3, 0.0%)

3 づけて

▼ 七はにが~ (3, 0.0%)

2 笑いした 1 笑いを

▼ 七はむ~ (3, 0.0%)

3 くりと

▼ 七ばかり~ (3, 0.0%)

1 ですね, 地丸左陣を, 少年の

▼ 七までの~ (3, 0.0%)

1 事実は, 状況や, 間あまり

▼ 七までは~ (3, 0.0%)

1 先生の, 別に遊び, 欲しいと

▼ 七らしい~ (3, 0.0%)

1 が, が唯者, 声で

▼ 七カ条~ (3, 0.0%)

1 の僻事, の起請文, まで訂

▼ 七キログラム~ (3, 0.0%)

2 もあり 1 に九〇・七個

▼ 七シラブル~ (3, 0.0%)

1 という型, の, の詩

▼ 七センチ~ (3, 0.0%)

1 ほどで, もあい, 小サイノハ二センチグライノ丸ニ圓メ

▼ 七ページ~ (3, 0.0%)

1 に延長, の長, 読んだらいや

▼ 七ルウブル~ (3, 0.0%)

1 の一ダズン, の中, 出して

▼ 七ルーブリ~ (3, 0.0%)

1 だ, だって, 貰って

▼ 七一〇年~ (3, 0.0%)

1 という一年, には流行病, までに人口

▼ 七一七年~ (3, 0.0%)

1 ないし一七二一年, の聖書, の頃

▼ 七一八年~ (3, 0.0%)

1 で終る, にフランス, に終る

▼ 七一結婚~ (3, 0.0%)

2 は一九九 1 は二〇二

▼ 七丁位道後温泉~ (3, 0.0%)

2 へは数町 1 へは数丁

▼ 七七八年~ (3, 0.0%)

1 ないし一七九一年, ないし一七八四年, にはこれら七州

▼ 七万二千~ (3, 0.0%)

1 の兵士, の兵隊, の都市

▼ 七万五千~ (3, 0.0%)

1 と称し, の兵, はなお

▼ 七万五千浬~ (3, 0.0%)

1 というすばらしい, 走ること, 走る力

▼ 七万余騎~ (3, 0.0%)

1 が水鳥, の大軍, の陣中

▼ 七万冊~ (3, 0.0%)

1 が行方不明, が読むあたわざる, と称す

▼ 七万坪~ (3, 0.0%)

1 の宝塚, の遊園地, の隅

▼ 七三七年~ (3, 0.0%)

1 には伝染病, の伝染病流行, 及び一七三八年

▼ 七三三年~ (3, 0.0%)

1 に二人, に英譯, のこと

▼ 七三六年~ (3, 0.0%)

2 及び一七三七年 1 ないし一七四一年

▼ 七三頁~ (3, 0.0%)

1 にアーマドナガール, を参照, を見よ

▼ 七不動~ (3, 0.0%)

1 に近き, のほとり, の縁日

▼ 七世紀ごろ~ (3, 0.0%)

1 の古い, までで, まで存続

▼ 七世陛下~ (3, 0.0%)

2 の御 1 やフィリップ殿下

▼ 七両二分~ (3, 0.0%)

1 で売り払って, に負け, ほどずつ受け

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 である, ノ一, 及び一七七三年

▼ 七二六年~ (3, 0.0%)

1 に書き上げられました, に終る, のこと

▼ 七二十八~ (3, 0.0%)

1 とこんど, の両日, の二日間

▼ 七五一年~ (3, 0.0%)

1 におけるスウェーデン人口, には特に, に生じ

▼ 七五四年~ (3, 0.0%)

1 という建国, の七箇年間, の八

▼ 七五年生れ~ (3, 0.0%)

1 だと, であるから, のオリガ・フォルシュ

▼ 七五音~ (3, 0.0%)

1 の反復, の定形律, より不自然

▼ 七人一人~ (3, 0.0%)

1 ずつ初対面, で五百把, 残らず無事

▼ 七人位~ (3, 0.0%)

1 が一座, の超, の連中

▼ 七人力~ (3, 0.0%)

1 あつたれ, を併せる, 有りますれど

▼ 七人扶持~ (3, 0.0%)

1 が一人扶持, こういう俸給, に改められ

▼ 七人衆~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれた, の原士, の時代

▼ 七人連判状~ (3, 0.0%)

1 だけでたくさん, については一時間, の件

▼ 七代目樽金~ (3, 0.0%)

1 がどうか, は妙, は振ってる

▼ 七会場~ (3, 0.0%)

2 です 1 でございます

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 じゃい, の道, をいっ

▼ 七個所~ (3, 0.0%)

1 に積み, の引込線中, の色まち

▼ 七倍以上~ (3, 0.0%)

2 に當つて 1 の差

▼ 七先生~ (3, 0.0%)

1 が面白い, に贈る, のいわれ

▼ 七八〇年以来~ (3, 0.0%)

2 の人口 1 生じたと

▼ 七八のち~ (3, 0.0%)

3 よいと

▼ 七八九年七月十四日~ (3, 0.0%)

1 であり, に不可抗力, を持っ

▼ 七八代~ (3, 0.0%)

1 で二倍, にもなる, も続き

▼ 七八以上~ (3, 0.0%)

1 とは思はれません, とは思われません, には見えず

▼ 七八倍~ (3, 0.0%)

1 するこの, になった, の大き

▼ 七八分の入り~ (3, 0.0%)

1 あまりパッと, で活気, で芝居

▼ 七八分目~ (3, 0.0%)

1 の時, まで一, まで一思い

▼ 七八十万~ (3, 0.0%)

1 です, というところ, の人口

▼ 七八十匁~ (3, 0.0%)

1 から百匁, から百匁以上, の大き

▼ 七八合~ (3, 0.0%)

1 の搏音, は飲める, ばかり打ち合いました

▼ 七八夜~ (3, 0.0%)

1 の僅か, の間, も牧瀬

▼ 七八尋~ (3, 0.0%)

1 から十五, で深い, の砂泥

▼ 七八尾~ (3, 0.0%)

1 がそれ, 掛けたの, 来たので

▼ 七八年戦役~ (3, 0.0%)

1 という歴史的, になっ, のとき

▼ 七八年目~ (3, 0.0%)

1 にぶらりと, に更に, の対面

▼ 七八歳以上~ (3, 0.0%)

1 に見られた, の事也, の子供

▼ 七八歳位~ (3, 0.0%)

1 な人, にはなっ, の時

▼ 七八点~ (3, 0.0%)

1 と屏風一双, を持ちだし, 出されるの

▼ 七八町歩~ (3, 0.0%)

1 しきゃ水田, の不規則, の水田

▼ 七八百両~ (3, 0.0%)

1 はこたえます, みすみす損, 貯めてから

▼ 七八百匁~ (3, 0.0%)

1 から一貫五, しか甘藷, もある

▼ 七八百年前~ (3, 0.0%)

1 のこと, の過去, 既に數學

▼ 七八百米~ (3, 0.0%)

1 の西側, の高, 登って

▼ 七八百騎~ (3, 0.0%)

1 とか, はいた, をもつ

▼ 七八米~ (3, 0.0%)

1 ぐらいしか飛ばない, の富士, 突から

▼ 七八艘~ (3, 0.0%)

1 のイギリス帆船, の船, みえる中

▼ 七八%~ (3, 0.0%)

1 の酸素瓦斯, は英国旗, またはそれ以上

▼ 七内殿~ (3, 0.0%)

1 と十兵衛, にお目にかかろう, も意地悪

▼ 七分どおり~ (3, 0.0%)

1 まで開鑿, 正しく解い, 落ちた梧桐

▼ 七割以上~ (3, 0.0%)

1 を占め, を百貨店, を税金

▼ 七十センチ~ (3, 0.0%)

1 の体, ばかりのマンホール, も上

▼ 七十パーセント~ (3, 0.0%)

1 は樹木, までは視力, 多いもの

▼ 七十フィート~ (3, 0.0%)

1 か向う, ばかり登った, 近い深さ

▼ 七十ミリ~ (3, 0.0%)

1 の砲弾, を指し, を示し

▼ 七十一人~ (3, 0.0%)

1 なり, の生命, の許

▼ 七十一名~ (3, 0.0%)

1 という絶対多数, の生命, の身分

▼ 七十一年~ (3, 0.0%)

1 から九十五年, で歐洲, の普佛戰爭媾和

▼ 七十七人~ (3, 0.0%)

1 です, の中, の方々

▼ 七十七年~ (3, 0.0%)

1 と, というの, は日本

▼ 七十万冊~ (3, 0.0%)

2 の本 1 は名実とも

▼ 七十三刻~ (3, 0.0%)

1 とは半打掛, と定められ, を併せる

▼ 七十三年~ (3, 0.0%)

1 か四年, の四道将軍, もしやば

▼ 七十三度~ (3, 0.0%)

1 という絶対温度, の疑惑, を越えた

▼ 七十三銭~ (3, 0.0%)

1 ってこんな, ですから, の幸福

▼ 七十二名~ (3, 0.0%)

2 といふ通知 1 居る

▼ 七十五ルーブル~ (3, 0.0%)

1 と吹っかけ, はふんだくられる, よりお

▼ 七十五万人~ (3, 0.0%)

1 と中等学校生徒十三万人, のドイツ人, の勤労者

▼ 七十五万円~ (3, 0.0%)

1 で売れた, の富豪, を費消

▼ 七十五名~ (3, 0.0%)

1 に及び, の頭立った, を上京

▼ 七十五里~ (3, 0.0%)

1 と言っ, の灘, を一目

▼ 七十五首~ (3, 0.0%)

1 あるとして, となるなり, と云

▼ 七十人分~ (3, 0.0%)

1 もどう, 拵えさせて, 揃えて

▼ 七十何円~ (3, 0.0%)

1 かが無くなっ, かであった, だけ

▼ 七十余名~ (3, 0.0%)

1 の手, もいよう, を相手

▼ 七十余城~ (3, 0.0%)

1 を一時, を陥した, ヲ下

▼ 七十余里~ (3, 0.0%)

1 といわれ, の戦線, の湖水

▼ 七十八日~ (3, 0.0%)

1 が浅草, の間我, は休み続きな

▼ 七十六名~ (3, 0.0%)

1 という数, という竊盗事件, のもの

▼ 七十円なにがし~ (3, 0.0%)

1 あつた, という額, の補助金

▼ 七十前後~ (3, 0.0%)

2 の老 1 だったか

▼ 七十哩~ (3, 0.0%)

1 の間, を突発, を越える

▼ 七十坪~ (3, 0.0%)

1 でタクサン, ほど家屋付壱万五千円, 程の売地

▼ 七十子~ (3, 0.0%)

1 の末年, の次に, を距

▼ 七十年余~ (3, 0.0%)

1 で起こった, に日本, もかかった

▼ 七十年来~ (3, 0.0%)

1 の, の統治権, ノ生涯ニ積ミ

▼ 七十才~ (3, 0.0%)

1 になっ, を越し, を越した老いぼれ

▼ 七十日ぶり~ (3, 0.0%)

1 で降り, に炭火, の爽やか

▼ 七十歳以上~ (3, 0.0%)

1 のもの, の老人, の老年

▼ 七十歳近く~ (3, 0.0%)

2 なって 1 なりし今日

▼ 七十羽~ (3, 0.0%)

2 の雛 1 では

▼ 七十鉱区~ (3, 0.0%)

1 だから, の鉱業権, を一鉱区五万ドル

▼ 七十錢~ (3, 0.0%)

1 でした, にもなる, の北向き

▼ 七十餘~ (3, 0.0%)

1 とほり, と記し, の僧形

▼ 七千万年後~ (3, 0.0%)

1 のこと, の世, の弥勒菩薩出現

▼ 七千両~ (3, 0.0%)

1 でも七百両, の無尽, 来た役所

▼ 七千余騎~ (3, 0.0%)

1 のうえ, の入京, を引率

▼ 七千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 七千八百五十円~ (3, 0.0%)

1 ほどになっ, をわが, 貸すか

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 であると, の田畑, 帆であった

▼ 七右衛門爺さん~ (3, 0.0%)

1 が年増, が来, は今年

▼ 七号病室~ (3, 0.0%)

1 に監禁, に駆け付けまし, へ入室

▼ 七合目あたり~ (3, 0.0%)

1 だ, に古い, に崖

▼ 七合目以上~ (3, 0.0%)

1 が東京, には, は無疵

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 として有楽斎, の随一, の随一人

▼ 七四〇年~ (3, 0.0%)

1 ないし一七五〇年, にはまた, に切り開かれ

▼ 七四五年~ (3, 0.0%)

1 には一対一一八, のおそき, の六月十二日

▼ 七四年リオン~ (3, 0.0%)

2 の宗教會議 1 に死す

▼ 七四番~ (3, 0.0%)

1 のひろい, のよう, の室

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 の頃, を征服, 諸軍事

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 の主, の根城, をつらね

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 や夜叉, を建てた, を我々捕物作家クラブ員

▼ 七大罪~ (3, 0.0%)

1 のうち, の分類, を犯した

▼ 七字句~ (3, 0.0%)

2 などを以て止めたら 1 と十四字句

▼ 七字季題~ (3, 0.0%)

1 という二つ, という拘束, という鉄索

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 のあり, を有しな, を知り得たり

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 から主として, に入る, も八室

▼ 七家族~ (3, 0.0%)

1 がブルジョア, が一つ, のうち

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 のごと, の如意, の縁飾

▼ 七寸以上~ (3, 0.0%)

1 と測定, に映る, を用

▼ 七尺八寸~ (3, 0.0%)

1 あったと, という方, のところ

▼ 七巻き~ (3, 0.0%)

1 とか七巻き半, に結び, 巻くとかいう

▼ 七師團~ (3, 0.0%)

1 である, の練兵場, 第二十五聯隊

▼ 七平が~ (3, 0.0%)

1 殺されたり, 殺されて, 言う通り

▼ 七年位~ (3, 0.0%)

1 になります, になるでしょう, は苦労

▼ 七年前後~ (3, 0.0%)

1 のあたり, のこと, は新劇団

▼ 七年十一月十四日~ (3, 0.0%)

1 に五十一歳, に京水瑞英, に池田京水

▼ 七年半~ (3, 0.0%)

1 に過ぎぬ, の間厄, ばかり

▼ 七年夏~ (3, 0.0%)

1 には二三, の米騒動, までの六年

▼ 七年彼~ (3, 0.0%)

1 が官吏, としてはよく, は

▼ 七年日本~ (3, 0.0%)

1 がロシア, の全, を去っ

▼ 七年春~ (3, 0.0%)

1 のはなし, の午前, まで職業劇団

▼ 七年越し~ (3, 0.0%)

1 のくるし, の岡惚れ女, の苦

▼ 七度一分~ (3, 0.0%)

1 あった, あるの, に熱

▼ 七度三分~ (3, 0.0%)

1 に下っ, 早く帰っ, 程ある

▼ 七度八分~ (3, 0.0%)

1 だった, ほど熱, まで下がっ

▼ 七度内外~ (3, 0.0%)

1 にし, に保つ, に温めた

▼ 七度台~ (3, 0.0%)

1 に下がっ, に下った, に熱

▼ 七律一~ (3, 0.0%)

2 がある 1 を作つた

▼ 七律二首~ (3, 0.0%)

2 がある 1 を作つて

▼ 七戸丸~ (3, 0.0%)

1 という五百石積, の船頭, は五日

▼ 七日がかり~ (3, 0.0%)

1 でこれ, で木遣り音頭, の參宮

▼ 七日余り~ (3, 0.0%)

1 の足, もついやし, 経ちぬ

▼ 七日八日九日~ (3, 0.0%)

2 は三朝 1 と鹿島行方二郡

▼ 七日分~ (3, 0.0%)

1 の日傭賃, の腹, をまとめ

▼ 七日午後~ (3, 0.0%)

1 に西郷薬局, の討議, よりかさね

▼ 七日彼~ (3, 0.0%)

1 は催促, は又, は鎮守府将軍

▼ 七日町~ (3, 0.0%)

1 から文政癸未, というの, を出た

▼ 七日発~ (3, 0.0%)

1 のもの, のニュース, の華盛頓電報

▼ 七日程前~ (3, 0.0%)

1 から私, に恁, のこと

▼ 七日雨~ (3, 0.0%)

1 に遭, ふるう, ふるも

▼ 七時いくら~ (3, 0.0%)

2 の汽車 1 かの汽車

▼ 七時ごろ彼~ (3, 0.0%)

1 の睡眠, は一人, は起き上がっ

▼ 七時の間~ (3, 0.0%)

1 であるとの, には二階, は西方

▼ 七時五分~ (3, 0.0%)

1 であつ, に絶巓, 着急行列車

▼ 七時何分~ (3, 0.0%)

1 かに国, かに横浜, かの

▼ 七時十五分前~ (3, 0.0%)

2 であった 1 まで

▼ 七時半前~ (3, 0.0%)

1 に出発, に底倉, に当家

▼ 七時我々~ (3, 0.0%)

1 はこれ以上, はド, は長崎

▼ 七時間位~ (3, 0.0%)

1 で朝, で通つてしま, の汽車

▼ 七時頃夕飯~ (3, 0.0%)

1 をたのむ, をたべよう, を終った

▼ 七曲峠~ (3, 0.0%)

1 の上, の方, を池

▼ 七會場~ (3, 0.0%)

2 です 1 でございます

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 に跨れる, の上荷船, は沼

▼ 七条口~ (3, 0.0%)

1 から発し, でよく, を突破

▼ 七条新地~ (3, 0.0%)

1 で娼妓, に女郎屋, の通り

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 だっ急ぎ, の中二梃, の駕

▼ 七機一反~ (3, 0.0%)

1 のかわり, の着物, はむつかしい

▼ 七歳ごろ~ (3, 0.0%)

1 から六十歳ごろ, の月日, の記憶

▼ 七歳の~ (3, 0.0%)

2 とし 1 かあ

▼ 七浪士~ (3, 0.0%)

1 に就, の物, はすべて

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 が動き出してる, と天国, に淨めら

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 なりをうけとり, の給料, も出し

▼ 七百ポンド~ (3, 0.0%)

1 の保険金, の生命保険, の目方

▼ 七百万両~ (3, 0.0%)

1 がもの, で売つたらドウ, の村

▼ 七百九十九名~ (3, 0.0%)

1 だけがなぜ, というもの, をここ

▼ 七百二十米~ (3, 0.0%)

2 の圏 1 の等高線

▼ 七百五十円~ (3, 0.0%)

1 といえ, の乳牛一頭, の鮎

▼ 七百五十年~ (3, 0.0%)

1 に當, の奈良時代, 程の間

▼ 七百余名~ (3, 0.0%)

1 で押しかけ, になった, 残らず威儀

▼ 七百余艘~ (3, 0.0%)

2 の兵船 1 の軍船

▼ 七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 七百十九兩~ (3, 0.0%)

1 で澤山, で濟, の金

▼ 七百十九年~ (3, 0.0%)

1 かまたは, という年, に吐火羅

▼ 七百圓~ (3, 0.0%)

1 なの, にふえた, ほど取つ

▼ 七百度~ (3, 0.0%)

1 の熱度, の鉄, の高熱

▼ 七百本~ (3, 0.0%)

2 買って 1 もいも

▼ 七百歳~ (3, 0.0%)

1 というの, の車僧, 今や聖朝

▼ 七百町~ (3, 0.0%)

2 と云 1 は隅

▼ 七百種~ (3, 0.0%)

1 ぐらいあります, のもの, ばかりの結晶

▼ 七百萬~ (3, 0.0%)

1 しかゐなかつた, の全, は農民

▼ 七百頁~ (3, 0.0%)

1 ちかくの, の, の重い

▼ 七~ (3, 0.0%)

2 の燈火 1 の燈明

▼ 七眠者~ (3, 0.0%)

2 の説話 1 は其名

▼ 七~ (3, 0.0%)

3 人の

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 の著述, を正, を讃詠

▼ 七種中~ (3, 0.0%)

2 のホトケノザ 1 のアサガオ

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 が散生し, の類, までが令法

▼ 七等官~ (3, 0.0%)

1 がどれ, がやって来る, の肩

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 とかな, とか二十七粒, の芥子

▼ 七糸帯~ (3, 0.0%)

2 はお 1 に金鏈子

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 か八組, の客, ばかりの椀

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 である, に依り, の草双紙

▼ 七自身~ (3, 0.0%)

1 が説明, の推断, もそれ

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 それからシレジア, に上る, の侵入軍

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 にさ, 少し膨れ面し, 焦れこむで何でも

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 からの寄り合い, が今, ぐらいからそういう

▼ 七観音~ (3, 0.0%)

1 が残っ, と地蔵, の一

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 になつ, に出来, 打ち終つて

▼ 七連発~ (3, 0.0%)

1 のオモチャ, のブローニング, を握りしめた

▼ 七郎等~ (3, 0.0%)

1 が活動, の一行, へ硝子鏡その他

▼ 七重塔~ (3, 0.0%)

1 が火, が高々, を囲む

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 が二つ, で物, やらいろいろ

▼ 七銭也~ (3, 0.0%)

1 の受取, の財布, を持っ

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 に配せられた, の大兵, の諸侯

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 いよいよ厳しい, とても逃げおおせぬ, は一切

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 が死相, の兵法, を毎日

▼ 七階目~ (3, 0.0%)

1 ですよ, へ上り三十四五, を下りた

▼ 七階食堂~ (3, 0.0%)

1 で天ぷら, の西向き, の食卓

▼ 七面倒~ (3, 0.0%)

1 な手段, な理窟ぬき, に書く

▼ 七面堂~ (3, 0.0%)

1 のあたり, のある, の眺め

▼ 七面様~ (3, 0.0%)

1 だの, の御, の氏子

▼ 七~ (3, 0.0%)

2 も入れ 1 のマダ

▼ 七~ (3, 0.0%)

1 なるを, 具わる, 散ず

▼ 七、年~ (2, 0.0%)

1 は四十, よりはまだ

▼ 七〇〇〇フラン~ (2, 0.0%)

1 で仕事, を貸与

▼ 七〇〇〇人~ (2, 0.0%)

1 に加える, に越え

▼ 七〇〇〇磅~ (2, 0.0%)

1 に値する, は固定資本

▼ 七〇〇名~ (2, 0.0%)

1 が補充, の協議員

▼ 七〇キロメートル~ (2, 0.0%)

2 の深

▼ 七〇七年~ (2, 0.0%)

1 にはとうとう, にオランダ

▼ 七〇万円~ (2, 0.0%)

1 で局長一名, や二〇〇万円

▼ 七〇三年~ (2, 0.0%)

1 といへ, の八月十七日

▼ 七〇九年~ (2, 0.0%)

1 に至る, 及び一七一〇年

▼ 七〇以下~ (2, 0.0%)

1 並びに註參照, 及び

▼ 七〇六年~ (2, 0.0%)

1 に入, に穀物条例

▼ 七〇円~ (2, 0.0%)

1 して, にのぼっ

▼ 七〇四~ (2, 0.0%)

1 となり, となる

▼ 七〇四年~ (2, 0.0%)

1 に出た, の再版

▼ 七〇封度~ (2, 0.0%)

1 の重量, を支払った

▼ 七〇年普仏戦争~ (2, 0.0%)

1 による帝政崩壊後, を機

▼ 七〇番~ (2, 0.0%)

1 でアルサンドロ街, のよう

▼ 七〇票~ (2, 0.0%)

1 くらいまでバタバタ, くらいまで出た

▼ 七あれ~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば七百万

▼ 七あわて~ (2, 0.0%)

2 てそれ

▼ 七いや十八~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 七かな~ (2, 0.0%)

1 八かな, 八ぐらい

▼ 七からの~ (2, 0.0%)

1 便りを, 贈り物は

▼ 七か年~ (2, 0.0%)

2 を平均

▼ 七くどく~ (2, 0.0%)

1 云うかと, 話した

▼ 七しか~ (2, 0.0%)

1 なくピエール, 叩かなかったお上

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 ぢ, つかり月代

▼ 七ずくめ~ (2, 0.0%)

1 から察, の恋慕祈り

▼ 七たび涅槃~ (2, 0.0%)

2 に浸り

▼ 七たる~ (2, 0.0%)

1 もの先輩風, 可く

▼ 七だって~ (2, 0.0%)

1 一ト肌でも, 空家へ

▼ 七だの~ (2, 0.0%)

1 五十五ぐらいの, 蛸八だの

▼ 七だろう~ (2, 0.0%)

1 けれども見, ね

▼ 七つどう~ (2, 0.0%)

1 ぐの, ぐのかいちゅうでんとうやきぬ糸の

▼ 七であっ~ (2, 0.0%)

2 てこれ

▼ 七でがな~ (2, 0.0%)

2 あらう

▼ 七とう~ (2, 0.0%)

1 しょうなまり, しょうは

▼ 七とおい~ (2, 0.0%)

2 ねであったろう

▼ 七としては~ (2, 0.0%)

2 朝飯前の

▼ 七とせ~ (2, 0.0%)

1 ばかりさき炎上, へだて

▼ 七とばかり~ (2, 0.0%)

1 御承知, 思って

▼ 七どちら~ (2, 0.0%)

1 も人生, も若く

▼ 七なぞ~ (2, 0.0%)

1 という男, とはもともと

▼ 七なんて~ (2, 0.0%)

1 なっただか, 言は

▼ 七において~ (2, 0.0%)

1 支配労働と, 既にリカアドウ

▼ 七にく~ (2, 0.0%)

1 はし, ツつく

▼ 七にでも~ (2, 0.0%)

1 なると, 訊いて

▼ 七はすつかり~ (2, 0.0%)

1 好い心持さうに, 恐縮しました

▼ 七はず~ (2, 0.0%)

1 っとはいっ, っと店

▼ 七ひとり~ (2, 0.0%)

1 は芝, を残し

▼ 七ひろい~ (2, 0.0%)

2 飛沫

▼ 七ほどの~ (2, 0.0%)

1 少年, 御用聞き

▼ 七まがり~ (2, 0.0%)

1 と迂曲, 八まがり

▼ 七また~ (2, 0.0%)

1 七五調が, 七年後に

▼ 七むつかしい~ (2, 0.0%)

1 が誰, 顰めつ面

▼ 七よく~ (2, 0.0%)

1 聞けよ, 脂が

▼ 七よりも~ (2, 0.0%)

1 いくらか若く, 馴染が

▼ 七を以て~ (2, 0.0%)

2 御落飾

▼ 七インチ~ (2, 0.0%)

1 くらいな, です

▼ 七カット~ (2, 0.0%)

1 ばかりで中止, 撮ると

▼ 七カペイキ~ (2, 0.0%)

1 だ, の切符代

▼ 七ガロン~ (2, 0.0%)

1 に迄つめられ, のガソリン

▼ 七シルリング~ (2, 0.0%)

1 くらいしたろう, のパイプ

▼ 七セント~ (2, 0.0%)

1 である, になる

▼ 七ツ半~ (2, 0.0%)

1 にはもう, までに高輪

▼ 七ツ星~ (2, 0.0%)

1 から軽薄, だか

▼ 七ツ時赤羽橋辻~ (2, 0.0%)

1 まで, まで御

▼ 七ツ過ぎ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に寺

▼ 七ツ頃~ (2, 0.0%)

1 から人質, に帰っ

▼ 七ドル~ (2, 0.0%)

1 の少い, まで引上げ

▼ 七バンチ~ (2, 0.0%)

1 といふん, まで云

▼ 七マイル半~ (2, 0.0%)

1 も歩いた, を歩き

▼ 七ルウベル~ (2, 0.0%)

1 借りて, 返して

▼ 七ヶ年半~ (2, 0.0%)

2 に及ん

▼ 七ヶ月目~ (2, 0.0%)

1 となっ, の腹

▼ 七ヶ条~ (2, 0.0%)

1 といふもの, となりましょう

▼ 七ヶ條~ (2, 0.0%)

1 の妻, を發布

▼ 七・一〇~ (2, 0.0%)

1 となり, ぶらぶら八・〇〇

▼ 七・九~ (2, 0.0%)

1 である, の割合

▼ 七・二~ (2, 0.0%)

1 ですから, の間

▼ 七・五・七・七~ (2, 0.0%)

1 が叙情, という形

▼ 七・八~ (2, 0.0%)

1 のプラン, も歳下

▼ 七・八・九年頃~ (2, 0.0%)

1 で後, の事

▼ 七・八年~ (2, 0.0%)

1 からあと, が本当

▼ 七・八日~ (2, 0.0%)

1 に三枚吹込み, に録音

▼ 七・十八・十九・二十~ (2, 0.0%)

1 などとも違った, の四巻

▼ 七・黒七~ (2, 0.0%)

1 という二人, の呼名

▼ 七一三年~ (2, 0.0%)

1 に刊行, 乃至七四一年

▼ 七一四年七月二十九日~ (2, 0.0%)

1 にアンブロン, の記念

▼ 七一年五月~ (2, 0.0%)

1 の犠牲者等, の犧牲者等

▼ 七一族~ (2, 0.0%)

1 の心, の血

▼ 七七〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 であるか, という人口

▼ 七七七五~ (2, 0.0%)

1 のみの句調, の句調

▼ 七七三三~ (2, 0.0%)

1 を奪い, を控除

▼ 七七九年~ (2, 0.0%)

1 にはボストン, に彼

▼ 七七五~ (2, 0.0%)

1 のみの句調, の句調

▼ 七七五調八七五調九七五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 七七八米突~ (2, 0.0%)

1 という高, まで登り切る

▼ 七七四十九日~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 七七巣鴨拘置所~ (2, 0.0%)

2 の宮本顕治宛

▼ 七万ミル~ (2, 0.0%)

1 なんてえ, までくる

▼ 七万両皆んな~ (2, 0.0%)

1 さらって, やっちまえこいつ

▼ 七万五千ルーブル~ (2, 0.0%)

1 で何, という訳

▼ 七万五千人~ (2, 0.0%)

1 の死者, の警察予備隊

▼ 七万余~ (2, 0.0%)

1 という勢, という海鼠

▼ 七万八万~ (2, 0.0%)

1 の餓死人, は多

▼ 七万八千七百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 七万千九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 七万噸~ (2, 0.0%)

1 でもあの, 全満洲

▼ 七万年~ (2, 0.0%)

1 か計算, というもちろん甚だ

▼ 七万騎~ (2, 0.0%)

1 に近い, の貫主

▼ 七三三~ (2, 0.0%)

1 を奪い, を控除

▼ 七三三年版~ (2, 0.0%)

2 の英譯

▼ 七三八年~ (2, 0.0%)

1 ないし一七四八年, の二ヵ年

▼ 七三向き~ (2, 0.0%)

1 に直った, の写生

▼ 七三四フラン~ (2, 0.0%)

1 では, に高められるであろう

▼ 七三埋葬~ (2, 0.0%)

2 は六七一

▼ 七三度~ (2, 0.0%)

1 から数えた, を基点

▼ 七不孝~ (2, 0.0%)

1 の項下, は中華民國時代

▼ 七世主水~ (2, 0.0%)

1 であらう, は文化三年

▼ 七世市川団十郎~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の評判

▼ 七世生神~ (2, 0.0%)

1 と書い, は人

▼ 七世紀以来~ (2, 0.0%)

1 の大学, の経済行為

▼ 七世紀初頭~ (2, 0.0%)

1 という遠い, のフランクフルトアムマイン

▼ 七世紀十八世紀~ (2, 0.0%)

1 の間, の頃

▼ 七世紀文化~ (2, 0.0%)

1 につづき, や革命

▼ 七九三年間~ (2, 0.0%)

1 に幾百万, に幾百萬

▼ 七九五三〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 でなく七, という一七八〇年

▼ 七九以下~ (2, 0.0%)

1 及び天, 同二〇・一二四以下參照

▼ 七九分の一~ (2, 0.0%)

1 ずつ加えられる, を加え

▼ 七九四~ (2, 0.0%)

1 などの数, の方

▼ 七九四年以後~ (2, 0.0%)

1 も消耗戦略, 約四百年

▼ 七九年代~ (2, 0.0%)

1 のソヴェト, の社会主義教授

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 と云, の式

▼ 七二七年~ (2, 0.0%)

1 のパリー, の地図

▼ 七二三~ (2, 0.0%)

1 である, となり

▼ 七二三年~ (2, 0.0%)

1 にその, に終る

▼ 七二並び~ (2, 0.0%)

2 に註參照

▼ 七二二年~ (2, 0.0%)

1 にこれ, までは八七分の一

▼ 七二年頃~ (2, 0.0%)

1 の事, 生まれ十六歳

▼ 七二行~ (2, 0.0%)

1 にいへる, までユーリウス・カエサル

▼ 七二頁~ (2, 0.0%)

1 に, には次

▼ 七五〇万ドル~ (2, 0.0%)

1 にて年々一億五六〇〇万ドル, の利息

▼ 七五〇年ごろ~ (2, 0.0%)

1 から百五十年, を転機

▼ 七五パーセント~ (2, 0.0%)

1 しかみたす, に当る

▼ 七五三飾~ (2, 0.0%)

1 が繩, の繩

▼ 七五番~ (2, 0.0%)

1 でした, ですか

▼ 七五磅~ (2, 0.0%)

1 を支払わなけれ, を用いるであろう

▼ 七五郎方~ (2, 0.0%)

2 に往き

▼ 七五郎達四人~ (2, 0.0%)

1 に鋭く, を供

▼ 七人きり~ (2, 0.0%)

1 であるが, なら占めたもの

▼ 七人それ~ (2, 0.0%)

1 なるべし, に下女

▼ 七人ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やね

▼ 七人主人~ (2, 0.0%)

1 に顏, をあわせ

▼ 七人先生~ (2, 0.0%)

2 も高島先生一人限り

▼ 七人八人~ (2, 0.0%)

1 とうろつい, と子供

▼ 七人十人~ (2, 0.0%)

1 ずつ, と朱

▼ 七人十人一組~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 七人山伏~ (2, 0.0%)

1 という話, とのちょうど

▼ 七人暮し~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 七人暮らし~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ 七人組腰~ (2, 0.0%)

2 に尺八

▼ 七人許~ (2, 0.0%)

2 り集つて

▼ 七人詰~ (2, 0.0%)

1 ですから, なり

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の毛, や毘婆尸仏

▼ 七代将軍~ (2, 0.0%)

1 の霊廟, の霊廟有章院別当瑞蓮寺

▼ 七代将軍家継~ (2, 0.0%)

1 の時, の時代

▼ 七代目団蔵~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の末年

▼ 七代目市川団十郎~ (2, 0.0%)

1 であった, を贔屓

▼ 七代目市川団蔵~ (2, 0.0%)

1 と改名, 死す七十六歳

▼ 七代目松本幸四郎~ (2, 0.0%)

1 と改名, の父

▼ 七位様~ (2, 0.0%)

1 えらい博識, は何

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 ほどあっ, ほどならべ

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, は神話

▼ 七倉岳~ (2, 0.0%)

1 と称する, はこの

▼ 七個村~ (2, 0.0%)

1 の民, の百姓たち

▼ 七僧侶~ (2, 0.0%)

2 の兵役

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 といつた, は大膳坊

▼ 七八これ~ (2, 0.0%)

1 は子飼い, も同じ

▼ 七八さい~ (2, 0.0%)

1 になる, の小さな

▼ 七八センチ~ (2, 0.0%)

1 の可, もあろう

▼ 七八フィート~ (2, 0.0%)

1 あった熊野, という非常

▼ 七八ヵ月~ (2, 0.0%)

1 の生活, ほどし

▼ 七八丁あたり~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 七八万円~ (2, 0.0%)

1 だそう, はある

▼ 七八丈~ (2, 0.0%)

1 の絶壁, 太さ十

▼ 七八九十~ (2, 0.0%)

1 の諸, はよみ書き

▼ 七八九年八月四日~ (2, 0.0%)

1 のその, の夜

▼ 七八二月~ (2, 0.0%)

1 ですな, に渉

▼ 七八人一人~ (2, 0.0%)

1 が手, も起きてる

▼ 七八人一時~ (2, 0.0%)

1 に客, に立上がる

▼ 七八人位~ (2, 0.0%)

1 の人数, まではその

▼ 七八人小諸町~ (2, 0.0%)

1 では駅, では驛

▼ 七八人連れ~ (2, 0.0%)

1 で北海道, は山手組

▼ 七八兩~ (2, 0.0%)

1 の金, は殘

▼ 七八八三六四~ (2, 0.0%)

1 であること, に四

▼ 七八分別者~ (2, 0.0%)

2 らしいうち

▼ 七八分間~ (2, 0.0%)

1 も受けた, も道

▼ 七八十万円~ (2, 0.0%)

2 の借金

▼ 七八十回~ (2, 0.0%)

1 の地震, の大小

▼ 七八十年後~ (2, 0.0%)

1 に平安朝文化, のもの

▼ 七八十目~ (2, 0.0%)

1 よりありません, 違います

▼ 七八十米~ (2, 0.0%)

1 もある, 高いの

▼ 七八十里~ (2, 0.0%)

1 もあろう, も西南

▼ 七八十騎~ (2, 0.0%)

1 がひそん, にすぎなかった

▼ 七八千兩~ (2, 0.0%)

1 どうかしたら, の大金

▼ 七八千尺~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, はあろう

▼ 七八升~ (2, 0.0%)

1 の実, の蕎麦粉

▼ 七八合槍~ (2, 0.0%)

1 と太刀, を合わせた

▼ 七八合目~ (2, 0.0%)

1 の間, までよじ登った

▼ 七八哩~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 七八尺俗~ (2, 0.0%)

2 に白瀧

▼ 七八年代~ (2, 0.0%)

1 の日本, の青年

▼ 七八年前僕等~ (2, 0.0%)

2 がもつ

▼ 七八年後~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 七八年振り~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 七八年昔~ (2, 0.0%)

1 の縁故, へとん

▼ 七八年比~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 七八年頃江見水蔭子~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 七八度位~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 七八才~ (2, 0.0%)

1 になる, の子供

▼ 七八昔~ (2, 0.0%)

2 は芳町あたり

▼ 七八月中~ (2, 0.0%)

1 に大冊完了, の癸亥

▼ 七八本行列~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 七八歳頃~ (2, 0.0%)

1 の事, の傑作

▼ 七八歳頃森寛斎翁~ (2, 0.0%)

2 はなくなられました

▼ 七八歳頼家~ (2, 0.0%)

2 の太刀

▼ 七八町位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の小さな

▼ 七八町滅茶苦茶~ (2, 0.0%)

2 に歩い

▼ 七八番~ (2, 0.0%)

1 になります, ばかり打つ

▼ 七八疋~ (2, 0.0%)

1 くらいとかげ, の猛犬

▼ 七八百メートル~ (2, 0.0%)

1 くらいです, はあるだろう

▼ 七八百円~ (2, 0.0%)

1 の前借, の金

▼ 七八百尺~ (2, 0.0%)

1 の切り崖, の山

▼ 七八百年間~ (2, 0.0%)

1 の変遷, の長い

▼ 七八百目~ (2, 0.0%)

2 から一貫目

▼ 七八百種~ (2, 0.0%)

2 の機械

▼ 七八米突~ (2, 0.0%)

1 という高, まで登り切る

▼ 七八組~ (2, 0.0%)

1 になつ, は主筆

▼ 七八色~ (2, 0.0%)

1 つぽい, 白く鼻筋通り

▼ 七八花~ (2, 0.0%)

1 も咲く, も開く

▼ 七八苦み~ (2, 0.0%)

1 走つた良い, 走ッ

▼ 七八萬~ (2, 0.0%)

1 の財産, も來

▼ 七八血色~ (2, 0.0%)

2 の鮮やか

▼ 七八足~ (2, 0.0%)

1 あつた, には革草鞋

▼ 七八身扮~ (2, 0.0%)

1 は貧し, もそんなに

▼ 七八軒さき~ (2, 0.0%)

1 の小さい, の横町

▼ 七八軒浴場荒物屋~ (2, 0.0%)

2 など一廓

▼ 七八軒目~ (2, 0.0%)

1 からもう, にここ

▼ 七八遍~ (2, 0.0%)

1 もおんなじ, も小

▼ 七八間さき~ (2, 0.0%)

1 の切立て, の闇

▼ 七八階~ (2, 0.0%)

1 の辺, もあり

▼ 七八頁~ (2, 0.0%)

1 にナエンドルフいわく, に記した

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 だけを一人, また悪戯

▼ 七六〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 の成人, は成人

▼ 七六一年~ (2, 0.0%)

1 から実に, を構築陣地

▼ 七六三一三~ (2, 0.0%)

2 に増加

▼ 七六調五八六調六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 七兵衞どん~ (2, 0.0%)

1 に己, は亡くなつたお

▼ 七兵衞殿~ (2, 0.0%)

1 が留守, のお

▼ 七円丈~ (2, 0.0%)

2 出して

▼ 七円半~ (2, 0.0%)

1 になっ, 出して

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 借を

▼ 七分がた~ (2, 0.0%)

1 尽きて, 白くなりかけた

▼ 七分これ~ (2, 0.0%)

1 が勝負, も去年到来

▼ 七分の多血質~ (2, 0.0%)

2 とを調和

▼ 七分の客~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 七分の弱味~ (2, 0.0%)

1 である, に何事

▼ 七分の運~ (2, 0.0%)

1 と三分の医術, と三分の運命

▼ 七分コート~ (2, 0.0%)

1 の女, をふかふか

▼ 七分三分の割合~ (2, 0.0%)

1 で頭蓋骨, に錬り出した

▼ 七分女~ (2, 0.0%)

2 を批難

▼ 七分通り失敗~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 七分通り彼~ (2, 0.0%)

1 の道場, の頭

▼ 七分通り生長~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 七切通し~ (2, 0.0%)

1 の安手, を兵

▼ 七刻ごろ~ (2, 0.0%)

1 には帰っ, の陽脚

▼ 七割五分~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 七割八割~ (2, 0.0%)

1 での本, も貯え

▼ 七割六分弱~ (2, 0.0%)

2 を増す

▼ 七化役者~ (2, 0.0%)

1 としてある, と親しんだ

▼ 七十すぎ~ (2, 0.0%)

2 の老人

▼ 七十ぢかい~ (2, 0.0%)

2 とは申せ

▼ 七十グレーン~ (2, 0.0%)

1 という日本一, という真珠

▼ 七十タランタ~ (2, 0.0%)

2 の黄金

▼ 七十ポンド~ (2, 0.0%)

1 の銀行預金, の額

▼ 七十マルク~ (2, 0.0%)

1 ですな, の複製

▼ 七十一回~ (2, 0.0%)

1 の八犬具足, の誕生日

▼ 七十一座~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 七十一時間~ (2, 0.0%)

1 その長い, で飛び渡った

▼ 七十一議会~ (2, 0.0%)

1 には遂に, に於

▼ 七十七万千九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 七十七個村~ (2, 0.0%)

1 の民, の百姓たち

▼ 七十七八~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ 七十七回~ (2, 0.0%)

1 の中途, の中音音

▼ 七十七度~ (2, 0.0%)

2 の温度

▼ 七十七王~ (2, 0.0%)

1 は悉, は悉く

▼ 七十七首~ (2, 0.0%)

1 あるので, の歌

▼ 七十万人~ (2, 0.0%)

1 に加, を数えられた

▼ 七十万石佐々成政~ (2, 0.0%)

2 が五十万石

▼ 七十三回~ (2, 0.0%)

1 と四回, の上演

▼ 七十三日~ (2, 0.0%)

1 から七十九日, と相成った

▼ 七十三枚~ (2, 0.0%)

1 か, 但中枢

▼ 七十三点~ (2, 0.0%)

1 なぞということ, なぞといふこと

▼ 七十三米七~ (2, 0.0%)

1 の峰, の頂

▼ 七十三行~ (2, 0.0%)

2 を御覧

▼ 七十九人~ (2, 0.0%)

1 について調べた, は生き

▼ 七十九度~ (2, 0.0%)

1 ありました, に達す

▼ 七十二三~ (2, 0.0%)

1 ですが, の老女

▼ 七十二區~ (2, 0.0%)

2 各區

▼ 七十二対~ (2, 0.0%)

1 の事件, の話

▼ 七十二度~ (2, 0.0%)

1 なり, の御

▼ 七十二種~ (2, 0.0%)

2 の建議案

▼ 七十五カペイキ~ (2, 0.0%)

1 なら六つ, にし

▼ 七十五フラン~ (2, 0.0%)

1 ですつて, と書い

▼ 七十五マイル~ (2, 0.0%)

1 をつつがなく, を踏尽

▼ 七十五号~ (2, 0.0%)

1 さう, といふたつた

▼ 七十五度~ (2, 0.0%)

1 の闘技, 泣くと

▼ 七十五弗~ (2, 0.0%)

1 で取引, 送ったので

▼ 七十五本~ (2, 0.0%)

1 で間接射撃, を算

▼ 七十五歩~ (2, 0.0%)

1 とすべき, の長方形

▼ 七十五点~ (2, 0.0%)

1 で彼, はとれ

▼ 七十五番~ (2, 0.0%)

1 ですからも, の本郷弥次郎

▼ 七十五種~ (2, 0.0%)

1 の浴衣, の趣味豐

▼ 七十五輌~ (2, 0.0%)

2 と数

▼ 七十五輛~ (2, 0.0%)

1 と数, と數

▼ 七十五頭~ (2, 0.0%)

1 の人狐, の駱駝

▼ 七十人あまり~ (2, 0.0%)

1 ですが, にもなっ

▼ 七十代~ (2, 0.0%)

1 の婿, の父

▼ 七十何点~ (2, 0.0%)

2 かの画

▼ 七十何通~ (2, 0.0%)

1 といっ, の手紙

▼ 七十何里~ (2, 0.0%)

1 という琵琶湖, もある

▼ 七十余万~ (2, 0.0%)

1 が近く呉, の大軍

▼ 七十余万石~ (2, 0.0%)

2 から越前十五万石

▼ 七十余両~ (2, 0.0%)

1 の鐚銭, はそのまま

▼ 七十余日間~ (2, 0.0%)

1 についてつぶさに, に百夢

▼ 七十余種~ (2, 0.0%)

1 に上っ, の多き

▼ 七十俵五人扶持~ (2, 0.0%)

1 しきゃ貰って, の御

▼ 七十個~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの卵, とか金時計

▼ 七十億円~ (2, 0.0%)

1 にし, 使わねば

▼ 七十兩~ (2, 0.0%)

1 で濟め, も奪

▼ 七十八枚~ (2, 0.0%)

1 それから横山町, のカード

▼ 七十八票~ (2, 0.0%)

1 という圧倒的, もらったこと

▼ 七十八米~ (2, 0.0%)

1 であるが, の蟻ヶ峠

▼ 七十八銭~ (2, 0.0%)

1 で自分, の日給

▼ 七十六人~ (2, 0.0%)

1 あったと, だといふ

▼ 七十六年女王エリサベス~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 七十六度~ (2, 0.0%)

1 この極北, をちょっと

▼ 七十六軒~ (2, 0.0%)

2 盗んだ金

▼ 七十六頁~ (2, 0.0%)

1 から百七十九頁, ですね

▼ 七十円位~ (2, 0.0%)

1 で約束, 這入るそう

▼ 七十円政府~ (2, 0.0%)

1 へ上納, へ納める

▼ 七十匹~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしかおらない, ぺろりと

▼ 七十哥~ (2, 0.0%)

1 して, と一緒

▼ 七十噸~ (2, 0.0%)

1 の縦帆船, ばかりの二本檣

▼ 七十四トン~ (2, 0.0%)

1 でもし, の巨舶

▼ 七十四個~ (2, 0.0%)

1 という, の一升桝

▼ 七十四年間~ (2, 0.0%)

1 の外国雑誌, の雑誌

▼ 七十四才~ (2, 0.0%)

1 だった, で歿

▼ 七十四里~ (2, 0.0%)

1 もいけない, 去靺鞨国三千里

▼ 七十四銀行~ (2, 0.0%)

2 の取附け

▼ 七十四銭~ (2, 0.0%)

1 と米六合, は高い

▼ 七十四頁~ (2, 0.0%)

1 にも似, ほどある

▼ 七十尋~ (2, 0.0%)

1 から百二, の深い

▼ 七十年ぶり~ (2, 0.0%)

1 という珍しい, に区名

▼ 七十年前後~ (2, 0.0%)

1 から景教碑, の激しい

▼ 七十年後~ (2, 0.0%)

1 の今, の現在

▼ 七十年祭~ (2, 0.0%)

1 にあたり先ごろ下関, を擧行

▼ 七十幾日隠れ~ (2, 0.0%)

1 とおしたと, とほした

▼ 七十度北緯三十度~ (2, 0.0%)

1 の辺, の附近

▼ 七十文~ (2, 0.0%)

1 するが, は米価

▼ 七十斤~ (2, 0.0%)

1 か八十斤, の慾

▼ 七十日余~ (2, 0.0%)

1 の共生, の生活

▼ 七十日目~ (2, 0.0%)

1 だという, にころり

▼ 七十時間~ (2, 0.0%)

1 とそれ, まる三日

▼ 七十点~ (2, 0.0%)

1 も取れれ, 取れたでしょう

▼ 七十爺~ (2, 0.0%)

1 の気持, を強いて

▼ 七十目~ (2, 0.0%)

1 ばかり取り集め, を収めた

▼ 七十翁~ (2, 0.0%)

1 のあの, の夫君

▼ 七十許~ (2, 0.0%)

1 の此家, りとも

▼ 七十里余~ (2, 0.0%)

1 あって, の道

▼ 七十銭五厘~ (2, 0.0%)

1 がまだ, を加え

▼ 七十項目~ (2, 0.0%)

1 から成っ, である

▼ 七十頭~ (2, 0.0%)

1 の巨鯨, を飼養

▼ 七十%~ (2, 0.0%)

1 の能力, までを女

▼ 七千ドル~ (2, 0.0%)

1 だ, で済んだ

▼ 七千マイル~ (2, 0.0%)

1 の長途, を横断

▼ 七千万キロ~ (2, 0.0%)

1 だった, を飛ばなく

▼ 七千万ドル~ (2, 0.0%)

1 にとび上がった, の財産

▼ 七千万個〇・〇二五ミリグラム~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 七千万円~ (2, 0.0%)

1 に留らん, の巨額

▼ 七千余円~ (2, 0.0%)

1 あること, もって

▼ 七千兩あいつ~ (2, 0.0%)

2 にやられる

▼ 七千六百万~ (2, 0.0%)

1 となり, に増加

▼ 七千六百尺~ (2, 0.0%)

1 の山, の弥陀ヶ原高原

▼ 七千呎~ (2, 0.0%)

1 の山, の電氣風

▼ 七千噸級~ (2, 0.0%)

1 の独逸汽船, の関釜連絡船

▼ 七千年~ (2, 0.0%)

1 か七万年, の昔

▼ 七千枚~ (2, 0.0%)

1 ずつ二度, の小判

▼ 七千里~ (2, 0.0%)

1 だ, の速

▼ 七千餘里~ (2, 0.0%)

2 となす

▼ 七千餘里狗邪韓國~ (2, 0.0%)

1 より對馬一支, より末盧國

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の出生, を打ち

▼ 七卿落ち~ (2, 0.0%)

1 となつ, に従って長州

▼ 七去と~ (2, 0.0%)

1 て, てあしき

▼ 七反毛皮三枚五個五色~ (2, 0.0%)

2 の宝石

▼ 七合五勺~ (2, 0.0%)

1 で日本アルプス, の室

▼ 七君金沢~ (2, 0.0%)

1 より上京, より出

▼ 七周忌~ (2, 0.0%)

1 だからと, の偈

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 と料理, の武官

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 から十噸, の小さな

▼ 七四メートル~ (2, 0.0%)

1 には登りました, の北側

▼ 七四二年~ (2, 0.0%)

1 あるひ, にコマンドルスキー群島

▼ 七四六埋葬~ (2, 0.0%)

2 は六四六

▼ 七四六年~ (2, 0.0%)

1 に終る, の大震災前

▼ 七四十九日~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 七四四年~ (2, 0.0%)

1 第二シュレージエン戦争, 遂に大王

▼ 七四角~ (2, 0.0%)

1 と一手, や三角

▼ 七四頁~ (2, 0.0%)

1 にも記載, に木樵

▼ 七回り~ (2, 0.0%)

1 の藪, 束ねこれ

▼ 七回半~ (2, 0.0%)

1 ぐらい走ります, にまとい

▼ 七回卒業生~ (2, 0.0%)

1 の校長先生, は百八十四名

▼ 七回戦~ (2, 0.0%)

1 つまり木村, を忘れ

▼ 七図書館~ (2, 0.0%)

1 がその, または町村等

▼ 七圓五十錢~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ 七大夫~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれ, の門

▼ 七大寺~ (2, 0.0%)

1 のうち定額寺, 大鏡

▼ 七天国~ (2, 0.0%)

1 にいる, 第一幕

▼ 七女子~ (2, 0.0%)

1 という多く, の数

▼ 七女幸~ (2, 0.0%)

1 が生れた, の三子五女

▼ 七女盛~ (2, 0.0%)

1 となっ, となつ

▼ 七字三十一字~ (2, 0.0%)

1 と古き, の詩

▼ 七字十四字~ (2, 0.0%)

1 という文字, の長短句

▼ 七字千句~ (2, 0.0%)

2 は文学者

▼ 七宝剣~ (2, 0.0%)

1 の柄, を取りだし

▼ 七寸の~ (2, 0.0%)

1 もあつ, もあるごとく

▼ 七寸五分二十三貫五百~ (2, 0.0%)

1 という牛, の体躯

▼ 七寸余~ (2, 0.0%)

1 あったと, もあろう

▼ 七寸四方~ (2, 0.0%)

1 として, ばかりの緋縮緬

▼ 七寸程度~ (2, 0.0%)

1 のこの, の小さい

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 へ御, を巡り

▼ 七対一~ (2, 0.0%)

1 すなわち二七対一〇, に達するであろう

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 が控え, を記せる

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 女郎が

▼ 七少し~ (2, 0.0%)

1 脱俗した, 虚弱で

▼ 七少女~ (2, 0.0%)

1 だけは神武, も日本娘

▼ 七尺位~ (2, 0.0%)

1 だったでしょうか, のもの

▼ 七尺四五寸~ (2, 0.0%)

1 の老, は確か

▼ 七尺弱~ (2, 0.0%)

1 とは伸縮, 高さ

▼ 七尺許~ (2, 0.0%)

1 の瀑, りの

▼ 七尾城~ (2, 0.0%)

1 からこれ, の将士

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 が東京, だか

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の別当, を平野

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 七巣鴨拘置所~ (2, 0.0%)

2 の宮本顕治宛

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 は, は玄蕃允

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 ではお, 巻きて

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 を出す, 置いて

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 かなんかをしめた, に分てり

▼ 七年あたり~ (2, 0.0%)

1 ではなかろう, は湯治場

▼ 七年あまり~ (2, 0.0%)

1 の時, も打

▼ 七年むかし~ (2, 0.0%)

1 に山, の夢

▼ 七年アダリン自殺~ (2, 0.0%)

2 を計り

▼ 七年テーゼ~ (2, 0.0%)

1 を, 及び

▼ 七年一月一日~ (2, 0.0%)

1 に逢えり, の詞

▼ 七年七十三歳~ (2, 0.0%)

1 を以て歿, を以て没す

▼ 七年七十歳~ (2, 0.0%)

1 でなくなられた, にて亡くなりました

▼ 七年七月朔~ (2, 0.0%)

2 に剃髪

▼ 七年三十一歳~ (2, 0.0%)

1 にし, のバッハ

▼ 七年三斎公~ (2, 0.0%)

1 に召しいだされ, 御致仕

▼ 七年三月エコリエ社~ (2, 0.0%)

2 で上演

▼ 七年三月朔~ (2, 0.0%)

1 に五十六歳, に十五歳

▼ 七年中~ (2, 0.0%)

1 にはほぼ, の表

▼ 七年九月二十日私~ (2, 0.0%)

1 は其中庵, は故郷

▼ 七年二月中旬~ (2, 0.0%)

2 なりき

▼ 七年五月十八日~ (2, 0.0%)

1 に歿, の条

▼ 七年京都~ (2, 0.0%)

1 の新古美術展覧会, まで歸住

▼ 七年以降~ (2, 0.0%)

1 のもの, は大正三年

▼ 七年余~ (2, 0.0%)

1 の牢獄生活, の間

▼ 七年八年~ (2, 0.0%)

1 の日清戦争, の行法

▼ 七年八月二十五日~ (2, 0.0%)

1 に安楽椅子, に生れた

▼ 七年八月八日~ (2, 0.0%)

1 といふ日附, に七十四歳

▼ 七年八月十五日~ (2, 0.0%)

1 に進歩党, 同八年九月十二日

▼ 七年八月末~ (2, 0.0%)

2 の晴れた

▼ 七年公~ (2, 0.0%)

2 を海外

▼ 七年六とせ~ (2, 0.0%)

2 いとなまみ

▼ 七年六月二十五日~ (2, 0.0%)

1 のこと, 漸く露国

▼ 七年出版~ (2, 0.0%)

1 の, の縮刷

▼ 七年初夏~ (2, 0.0%)

1 とおぼえ, のこと

▼ 七年制九年制~ (2, 0.0%)

1 とある, とわかれ

▼ 七年前時~ (2, 0.0%)

2 の宮内大臣田中伯

▼ 七年前長崎~ (2, 0.0%)

1 で, で療治

▼ 七年十一月七日~ (2, 0.0%)

1 は人類, 働く者

▼ 七年十一月五日父~ (2, 0.0%)

1 の喜壽, の喜寿

▼ 七年十二歳~ (2, 0.0%)

1 にし, の時

▼ 七年十月ホートン・ミフリン~ (2, 0.0%)

2 によって出版

▼ 七年十月二十八日~ (2, 0.0%)

1 に歿, の条

▼ 七年十月十九日~ (2, 0.0%)

1 に於, に歿

▼ 七年十月十二日~ (2, 0.0%)

1 に七十五歳, の午後

▼ 七年十月十四日~ (2, 0.0%)

1 の日附, の朝

▼ 七年十月革命~ (2, 0.0%)

1 の勝利, の第

▼ 七年大阪~ (2, 0.0%)

1 に於, を去

▼ 七年天下~ (2, 0.0%)

1 に令, をお

▼ 七年小田原攻め~ (2, 0.0%)

2 の前年

▼ 七年日露戦争~ (2, 0.0%)

2 の当時

▼ 七年旺秋後~ (2, 0.0%)

1 の書牘, の書牘中

▼ 七年春麻布~ (2, 0.0%)

2 第三聯隊

▼ 七年暮~ (2, 0.0%)

1 には東大, の二十七日

▼ 七年最後~ (2, 0.0%)

1 のお, の訪英

▼ 七年生れ~ (2, 0.0%)

1 で綱宗と同年, のこの

▼ 七年足利義持~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 七年長崎~ (2, 0.0%)

1 の戸町番所, の新大工町

▼ 七年間人~ (2, 0.0%)

2 に手跡

▼ 七年間何~ (2, 0.0%)

1 かにつけ, かまちがっ

▼ 七年間同棲~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 七庚申~ (2, 0.0%)

1 の石, の碑

▼ 七度び~ (2, 0.0%)

2 廻り欠伸

▼ 七度グリ~ (2, 0.0%)

1 だの, とも十度グリ

▼ 七度七分~ (2, 0.0%)

1 あった, くらいで

▼ 七度位~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 七度前後~ (2, 0.0%)

1 になっ, に上昇

▼ 七度半~ (2, 0.0%)

1 ないし角七十七度三分の一式, の所

▼ 七度目~ (2, 0.0%)

1 にそこ, の懐妊

▼ 七廻り~ (2, 0.0%)

1 させるの, 廻らせろと

▼ 七式飛行艇~ (2, 0.0%)

1 が二艘, が十八艘

▼ 七律一篇~ (2, 0.0%)

1 を以てした, を載せ

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 になる, に一枚一枚供養

▼ 七戸前~ (2, 0.0%)

1 の土蔵, 程殖えました

▼ 七戻り~ (2, 0.0%)

1 をする, 高天の

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 に取分け, の藁

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 にか, を好み

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の芥子, を獲る

▼ 七斤家~ (2, 0.0%)

2 の食卓

▼ 七日きょう~ (2, 0.0%)

1 は又, もいい

▼ 七日これ~ (2, 0.0%)

1 は秋晴れ, を海

▼ 七日っきり~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 七日の~ (2, 0.0%)

1 には, はよしんば

▼ 七日まり~ (2, 0.0%)

2 住み馴れて

▼ 七日ドイツ~ (2, 0.0%)

1 のハンブルク, の無条件降伏

▼ 七日ナポリ~ (2, 0.0%)

1 とポンペイ, に向

▼ 七日ミラノ~ (2, 0.0%)

1 のスカラ座, のラ

▼ 七日二七日~ (2, 0.0%)

1 お差置き, と過ぎゆく

▼ 七日京都~ (2, 0.0%)

1 で五十二名, の御所

▼ 七日以上~ (2, 0.0%)

1 に続いた, も經つて

▼ 七日以内~ (2, 0.0%)

1 と定め, に

▼ 七日以前~ (2, 0.0%)

1 にし, までのもの

▼ 七日先鋒~ (2, 0.0%)

1 として蒲生氏郷, の大将

▼ 七日前娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 七日十一日~ (2, 0.0%)

1 と四通, のお

▼ 七日午前六時頃~ (2, 0.0%)

2 にベッド

▼ 七日卯時~ (2, 0.0%)

1 に発す, 発す

▼ 七日召集~ (2, 0.0%)

1 ということ, をうけ

▼ 七日合戦~ (2, 0.0%)

1 の大, の挫折

▼ 七日土曜日~ (2, 0.0%)

1 の有, の朝

▼ 七日大阪~ (2, 0.0%)

1 の勝諺蔵, へき

▼ 七日天~ (2, 0.0%)

1 にて御す, 曇り風

▼ 七日女給~ (2, 0.0%)

1 ということ, の試み

▼ 七日晒し~ (2, 0.0%)

1 はこの, や圧三昧

▼ 七日月~ (2, 0.0%)

1 が沈んだ, が深山

▼ 七日本~ (2, 0.0%)

1 でできた, の仏教

▼ 七日盆~ (2, 0.0%)

1 だ, の習俗

▼ 七日目ごと~ (2, 0.0%)

1 に来, に驢牛

▼ 七日目ごろ~ (2, 0.0%)

1 もっとも盛ん, よし

▼ 七日程~ (2, 0.0%)

1 ちかく槭, の間

▼ 七日許~ (2, 0.0%)

2 り休んだ筈

▼ 七日議会~ (2, 0.0%)

1 の開会式, は依然

▼ 七日逗留~ (2, 0.0%)

1 した, したらどう

▼ 七日顕治~ (2, 0.0%)

1 の誕生日, は非合法生活

▼ 七日願之通勝手次第~ (2, 0.0%)

1 と平助殿, と被

▼ 七日風~ (2, 0.0%)

1 が吹かねえ, 吹き浪

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の白髪, を越され

▼ 七時ころ~ (2, 0.0%)

1 でございませうか, まで夕明り

▼ 七時ごろ目~ (2, 0.0%)

2 をさまし

▼ 七時三十分頃~ (2, 0.0%)

2 であろうクック

▼ 七時五十一分頃~ (2, 0.0%)

2 に貴方

▼ 七時五十五分~ (2, 0.0%)

1 に, に出る

▼ 七時八時九時~ (2, 0.0%)

2 と時計

▼ 七時八時頃~ (2, 0.0%)

1 までうつらうつら, 迄働き通した

▼ 七時出~ (2, 0.0%)

2 は午後五時

▼ 七時出立~ (2, 0.0%)

1 すぐ行乞, まことによい

▼ 七時十五分頃~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 七時十分前~ (2, 0.0%)

1 ぐらいそんな, であった

▼ 七時半前後~ (2, 0.0%)

1 という一同, といった時分

▼ 七時幾分~ (2, 0.0%)

1 かにわたくしたち, かの汽車

▼ 七時起床~ (2, 0.0%)

1 と書いた, と誌

▼ 七時閉店日曜大祭日~ (2, 0.0%)

1 は五時閉店, は特に

▼ 七時間労働制~ (2, 0.0%)

1 が実施, の実現

▼ 七時間近く~ (2, 0.0%)

1 か, を費し

▼ 七時雨~ (2, 0.0%)

1 の傾斜, の青い

▼ 七時頃月~ (2, 0.0%)

2 は中天

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 をし, を読ん

▼ 七最後~ (2, 0.0%)

1 において吾輩, に貸借対照表

▼ 七本許~ (2, 0.0%)

2 りも

▼ 七本骨~ (2, 0.0%)

1 などがあっ, は普通

▼ 七条家~ (2, 0.0%)

1 の御, の御門

▼ 七条辺~ (2, 0.0%)

1 かあっち, に住居

▼ 七条通り~ (2, 0.0%)

1 の南, までは追いかけた

▼ 七条道場~ (2, 0.0%)

1 との通路, の上人

▼ 七杯目~ (2, 0.0%)

1 の茶, の茶碗

▼ 七枚半~ (2, 0.0%)

1 には負, を書き

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 と記され, によって構成

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 すらすらと, を出し

▼ 七株八株~ (2, 0.0%)

2 また更に

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 になから, の水

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の書庫, 持って

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の命, は元

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 かなに, と七七ずくめ

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 元小野伝兵衛友次久野与右衛門宗直宝泉院勝延行者の, 是臥竜始起時

▼ 七武家~ (2, 0.0%)

2 には奉行衆

▼ 七歳くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ夫人二三人

▼ 七歳以下~ (2, 0.0%)

1 の子供, の者

▼ 七歳以後六十二歳~ (2, 0.0%)

2 で示寂

▼ 七歳年長~ (2, 0.0%)

1 では, の写実主義作家

▼ 七歳弟~ (2, 0.0%)

1 のチャアリイ, の盛次郎

▼ 七歳未満~ (2, 0.0%)

1 に付, に付三日之遠慮引仕候旨

▼ 七歳蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の父信階, は二十八歳

▼ 七段目左端~ (2, 0.0%)

2 は9

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 という, ともいう

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 あるはず, だから

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 がビルマ, の報告

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の中, めぐり

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 に登つて, の大きな

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 と八峯, に

▼ 七焼き~ (2, 0.0%)

1 というん, の粋

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の小男, の有名

▼ 七由公~ (2, 0.0%)

2 お多喜

▼ 七申年~ (2, 0.0%)

1 はしか流行, 再度の

▼ 七男成善~ (2, 0.0%)

1 が七月二十六日, が藩主津軽順

▼ 七町半~ (2, 0.0%)

1 の万代橋, もあった

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の田, ほどの田

▼ 七略以來~ (2, 0.0%)

1 の書籍, の趣意

▼ 七略別録~ (2, 0.0%)

1 などと對立, の如く

▼ 七略時代~ (2, 0.0%)

1 には地志, の内容的

▼ 七番目の~ (2, 0.0%)

1 は, も

▼ 七番隊~ (2, 0.0%)

1 の武井夕菴, までの列

▼ 七番館~ (2, 0.0%)

1 に住む, の塀

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の大, の室

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の弾, もうつ

▼ 七百フラン~ (2, 0.0%)

1 はきまって, を働き出す

▼ 七百ベェスター~ (2, 0.0%)

1 だねえ, と書い

▼ 七百ページ~ (2, 0.0%)

1 の本, をことごとく

▼ 七百マイル~ (2, 0.0%)

1 の所, の海上

▼ 七百七十人~ (2, 0.0%)

2 この人数

▼ 七百七十円~ (2, 0.0%)

1 まさか払わない, まで負けましょう

▼ 七百七十年~ (2, 0.0%)

1 の倶利伽羅法要, の年月

▼ 七百万磅~ (2, 0.0%)

1 という, の増加額

▼ 七百万部~ (2, 0.0%)

2 の本

▼ 七百三十人~ (2, 0.0%)

2 の人足

▼ 七百三十人伊那~ (2, 0.0%)

2 の助

▼ 七百九十一二年~ (2, 0.0%)

1 にかけて約, の交

▼ 七百九十一年~ (2, 0.0%)

1 の一月五日, 若くば

▼ 七百九十三年~ (2, 0.0%)

1 その稀書, の大

▼ 七百九十九枚~ (2, 0.0%)

1 だ, の年始状

▼ 七百二十俵~ (2, 0.0%)

1 だと, べい

▼ 七百五十マイル~ (2, 0.0%)

1 くらいしか離れ, というところ

▼ 七百五十万人~ (2, 0.0%)

1 を失った, を失業

▼ 七百五十五年~ (2, 0.0%)

1 のリスボン地震, の刊行

▼ 七百五十五年十一月一日~ (2, 0.0%)

2 のリスボン

▼ 七百五十人~ (2, 0.0%)

1 ありて, の備え

▼ 七百五十坪~ (2, 0.0%)

1 に対する設定金額, はそれぞれ設定

▼ 七百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 七百五十年前~ (2, 0.0%)

1 に當, の歌

▼ 七百余~ (2, 0.0%)

1 の兵, も損じ

▼ 七百余頭~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 七百余騎~ (2, 0.0%)

1 にて二千余騎, を引率

▼ 七百八十一年~ (2, 0.0%)

1 に亘り, 即ち大師

▼ 七百八十九年~ (2, 0.0%)

1 に於, の抑

▼ 七百八十五兩~ (2, 0.0%)

1 あつた, あつたさうです

▼ 七百八十六年~ (2, 0.0%)

1 に有名, を起點

▼ 七百六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 七百六十八万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 七百円ベース~ (2, 0.0%)

1 では支えきれない, の底

▼ 七百十五年~ (2, 0.0%)

1 から七百十七年, に亙

▼ 七百哩~ (2, 0.0%)

1 くらいまで響い, を巡航

▼ 七百噸~ (2, 0.0%)

1 だよ, ばかりのもの

▼ 七百四十一年~ (2, 0.0%)

1 から七百八十一年, に唐

▼ 七百四十八文~ (2, 0.0%)

1 あれば, に成ります

▼ 七百四十四米~ (2, 0.0%)

2 の峰

▼ 七百四十米~ (2, 0.0%)

2 の圏

▼ 七百坪~ (2, 0.0%)

1 からの廣さ, とかの大

▼ 七百年忌~ (2, 0.0%)

1 もほど近い, をかねた

▼ 七百年来~ (2, 0.0%)

1 のわが家, も武事

▼ 七百年間~ (2, 0.0%)

1 その怨霊, に跨つ

▼ 七百戸~ (2, 0.0%)

1 に及んだ, のうち

▼ 七百町歩~ (2, 0.0%)

1 の保, を当時郡長

▼ 七百目~ (2, 0.0%)

1 に落ちた, に達する

▼ 七百箇~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 に分ち, の党類

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 の上着, も拵ら

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 を快う

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 から七磅六, に騰貴

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 とか八蠻, としてありません

▼ 七祖史観~ (2, 0.0%)

1 とも呼ぶ, と名づける

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 と人, の申子

▼ 七神祭り~ (2, 0.0%)

1 てその, て其次

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 がある, を穿っ

▼ 七箇月目~ (2, 0.0%)

1 に二十三歳, に母

▼ 七米五~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の笠ヶ岳

▼ 七米国~ (2, 0.0%)

1 とわが国, の宗教

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 でまるで, に過ぎない

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 をすて, を一枚

▼ 七細面~ (2, 0.0%)

1 で髯, の髯

▼ 七絃琴~ (2, 0.0%)

1 の形, は糸

▼ 七編隊~ (2, 0.0%)

1 にも特別, を率い

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 のお, を見る

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 に對, の一ツ

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 爺さんも

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 のセット, の椅子

▼ 七萬三千圓以上~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 七藏爺~ (2, 0.0%)

1 いきりきつて門口, を出しやりぬ

▼ 七蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の姉正宗院八十, の遺

▼ 七親子~ (2, 0.0%)

1 に聽, は長年

▼ 七~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 あり, の錯列

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 から第, のはたらき

▼ 七貫目以上~ (2, 0.0%)

1 に至る, の重量

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 に迫る, の七軍

▼ 七転び~ (2, 0.0%)

1 で一起, どころか今

▼ 七転八苦め~ (2, 0.0%)

2 もあてられぬ仕

▼ 七連節~ (2, 0.0%)

2 の長歌

▼ 七週間後~ (2, 0.0%)

1 にたくさん, に従兄

▼ 七遊星~ (2, 0.0%)

1 と地球, の間

▼ 七遍目~ (2, 0.0%)

1 に届け出る, に王城

▼ 七道しるべ~ (2, 0.0%)

2 の石碑

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 から菓子折, の働い

▼ 七郎親分~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は顏

▼ 七部門~ (2, 0.0%)

1 および綜合一部門, からえらばれた

▼ 七里けっぱい~ (2, 0.0%)

1 だ, になっちまうだろう

▼ 七里ヶ濱~ (2, 0.0%)

1 の波, の高い

▼ 七里余~ (2, 0.0%)

1 の知らない, も上っ

▼ 七里四方~ (2, 0.0%)

1 にこれ程, には見

▼ 七里西~ (2, 0.0%)

1 にある, の美くし

▼ 七里許~ (2, 0.0%)

2 りある

▼ 七重塔一区~ (2, 0.0%)

1 ずつを造り, を敬

▼ 七重奏曲~ (2, 0.0%)

1 が四重奏曲, を寄席珈琲店

▼ 七重高塔~ (2, 0.0%)

2 が聳え

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 を塵埃, スグ同

▼ 七銀行~ (2, 0.0%)

1 に勤め, のテニスコート

▼ 七銭均一~ (2, 0.0%)

1 でいちいち, とか十銭均一

▼ 七間それ~ (2, 0.0%)

1 に海賊その他, を十二畳

▼ 七間余幅~ (2, 0.0%)

2 は二間半

▼ 七間四尺七寸五分~ (2, 0.0%)

1 あり東側, だが

▼ 七附き添い~ (2, 0.0%)

1 で番屋, で高輪

▼ 七階上~ (2, 0.0%)

1 から門番, に走る

▼ 七階六階~ (2, 0.0%)

1 と各, と歩い

▼ 七階選士~ (2, 0.0%)

1 であ, であって

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 に合し, の時代

▼ 七霊社~ (2, 0.0%)

1 というほこら, の姫神

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 にしろ, に聞け

▼ 七音字~ (2, 0.0%)

1 という, の文学

▼ 七頁以下~ (2, 0.0%)

1 に詳論, を見よ

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 は, までの概観

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 が相, の珊瑚

▼ 七~ (2, 0.0%)

1 だいぶお, を択ん

▼ 七首中~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 七高僧~ (2, 0.0%)

1 が経, について述べ

▼ 七高山~ (2, 0.0%)

1 の一, の其一也

▼1* [6212件]

○○立方米位であつ, 七○一年九月二十日の朝六時, 七、駄荷と歩荷, 七〇〇〇〇であったが, 七〇〇〇トン長さ六八〇フィート, 七〇〇〇三と, 七〇〇〇対二六三〇〇〇の比, 七〇〇〇磅以上に騰貴, 七〇〇万冊一五〇〇万点にのぼる, 七〇〇人を夫, 七〇〇個知られて, 七〇〇回ばかりに及ん, 七〇〇年七十八歳で永眠, 七〇〇年以前五十年間に小麦, 七〇〇年以前六十三年間に小麦, 七〇〇年以来英蘭に起った, 七〇〇年前にヘシオド, 七〇〇年頃から新しい, 七〇〇有余英里を得, 七〇〇枚位のこと, 七〇〇英里ありき, 七〇アルゼンチン国の批評, 七〇サンティーム桜んぼ, 七〇センチもちがい, 七〇パウンド位でせう, 七〇パーセント増大させた, 七〇ミリほど, 七〇メートル以上あると, 七〇メートル附近である, 七〇・八パーセント増した, 七〇一二で一七四六年, 七〇一年ないし一七六〇年, 七〇万キロメートルと算定, 七〇万フィートの三分の一, 七〇三年ゼノアを出帆, 七〇三年六月十六日のこと, 七〇三年春の初めゼノア, 七〇九となり, 七〇九号によりましてこの, 七〇九年プルトワの戦役, 七〇九年五月六日私は陛下, 七〇九年六月九日長い旅, 七〇也買って, 七〇二年の発行, 七〇二年四月十日私たちはダウンス, 七〇五年九月八日の午前, 七〇以下命運に關, 七〇位で内, 七〇倍を得, 七〇億円の収入, 七〇八〇という資本, 七〇八年八月二十三日聖三位号に乗込み, 七〇六以下にいづ, 七〇六年二十一歳のヘンデル, 七〇六年八月五日に出帆, 七〇六年六月三日に故国, 七〇円二銭の教育費, 七〇分の一に上り, 七〇台に下り, 七〇名が, 七〇対一〇〇という, 七〇対一五すなわち四・三分の二対一, 七〇年ナヴァールの王位, 七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七〇年ポレンタ家の手, 七〇年一月の三度, 七〇年二月樺太開拓使を置いた, 七〇年五月上旬にいたる, 七〇年代八〇年代といえ, 七〇年代八〇年代以降今日に至る, 七〇年以前のむなしい, 七〇年以来離婚の数, 七〇年六月レオンはルイ・リュショネー, 七〇年十二月ドイツのボン, 七〇年十二月十六日にケルン市, 七〇年十月三十日にヴェルサイユ, 七〇年普仏の戦争後, 七〇年板スコッファーンの, 七〇年板ロイドの, 七〇年父につぎ, 七〇年酒の味, 七〇年間において四九, 七〇年間王たり, 七〇年頃だったと, 七〇年頃コルボーにルナール, 七〇度であったから, 七〇浬の海上, 七〇男女裸体の像, 七〇番星は一・四, 七〇行より七五行, 七〇銭までの間, 七〇銭手当賞与四一円一〇銭という違い, 七〇%は完成, 七〇%以上は非, 七〇%以下の遂行率, 七あしたが十八, 七あってそれ, 七あったということ, 七ありて総, 七あるいは七五の, 七いい恥を, 七いかにも弱く軽く自由, 七いきなり丁一, 七いずれも好評, 七いそなの, 七いやもう二, 七いろいろその他に, 七いろはいれない, 七うってかかった, 七うつてかかつた, 七うつむいてともに, 七うまいときには, 七えびすは昔佐伯部, 七おき八おきして, 七および一五二頁, 七おれの代理, 七お前読まなん, 七お大夫婦を, 七お正月だから, 七かが大問題, 七かじゃありませんよ, 七かなんかでせしめられて, 七かの年に, 七かも知れませんよ, 七か国にわたり八十余名, 七か国語が話される, 七か月目に夫人, 七子分ども, 七くぐり八返り, 七くどいからもう, 七くどう云う事, 七くらゐだが, 七くらいにしか見えない温厚, 七くらいを縷々と, 七くら水を浴びる, 七ぐらいから絵を, 七ぐらいと覚えて, 七ぐらいな五分刈りの, 七ぐらいに見える異様, 七ぐらいにしか見えない, 七ぐらゐにしか見えなかったあの, 七けんに, 七ころがろうと, 七ここで一声, 七こそ恋路の, 七こそは武人の, 七この条例は, 七こま九十九世帯あること, 七ころころころと, 七ころび八起き, 七こ師団以下合計九こ師団の歩兵聯隊, 七ごときに自, 七さいの少年, 七さまへへへへへ, 七さんあなたは焼け死んだ, 七しげ子は十五, 七しっかりやって, 七じつは十手を, 七すっかりいい気持ち, 七すべったころんだ, 七すると正味は, 七せいぜい二十八である, 七そうの速, 七そのままには行かない, 七その他に, 七それから女中が, 七それだけの音, 七そんなものにまで, 七あどこ, 七たいそう早かった, 七たき七つなみお, 七たすの十と, 七たたりなどと称し, 七たちの腹心, 七たった一人でした, 七たび人間に生れ, 七たび八たびおなじこと, 七たび夫人となり, 七たび挙場に入った, 七たび擒人にし, 七たび目に曲った, 七たび舎利弗を顧み, 七たび造りぬ橡, 七たりの美なる, 七だけを選んだこと, 七だったろう古びた印半纏の, 七だつたかなあ, 七だらうといふ, 七ちゃ小樽行きまだか, 七ちやん, 七っつ森が, 七っつもってゐる, 七つうたばと, 七つつ森が, 七つまんで帰る, 七づゝ四分と五分の無疵, 七のが, 七てえのが, 七であろうか, 七でなきゃアお, 七といったような, 七といつた意地の惡, 七とかになったそう, 七ところも捨て, 七とこ八とこと借り歩き, 七とござりまするな, 七として圖譜といふ, 七とともに恋慕流しの, 七とまでは行かなくなった, 七とやら申す棟梁, 七とやらはとうにもう大川, 七とやらも幽霊も, 七どうだ, 七どんとお友, 七どんと誰袖を手, 七どん俺だ文次, 七どん関脇は本石町油屋藤右衛門どの, 七などでありほか, 七などと並称せられた, 七などといふ惡黨の, 七などの数字, 七などもそのうち, 七などを江戸に, 七なにかこれは, 七ならいつそ今の, 七ならずとも皆んな知つて, 七ならなついてゐ, 七ならぬ古高新, 七なりを表わそう, 七なるべく長高く, 七なんでえこの, 七にまでちよつかい, 七にもなつて女が, 七しは鍛冶, 七のしゃッ面に, 七のみでは, 七のみが情を, 七はあさ飯, 七はかまをかける, 七はかり八はかりかけ, 七はさつきの門口, 七はさとつたこと, 七はしきりといきり立つ, 七はじめ店の奉公人, 七はたうとう待, 七はったと眼が, 七はやっとあさ子, 七はようように, 七は種物と酒, 七ばかりと言つた時から, 七ひきあってそれ, 七ひきつけて買った, 七ひきつりあげて流木, 七ひろ石だ, 七への面当てここで, 七へも此の, 七へんめの航海, 七へん廻つてなんとかといふ, 七へん飯を食う, 七っこう, 七ほどを頭に, 七ほんとうに優美, 七ぼんやり後を見送っ, 七とひ, 七まあ八どまりだ, 七まだ女学生であった, 七までが妙に, 七までぐらいらしい若い, 七までもびつくりしました, 七みたいな気, 七むづかしい気分を持つ, 七むづかしきものもなければ稼ぐといふ, 七めがけて突如, 七めぐり水めぐらしぬ咲く, 七め鎧櫃を妻恋坂, 七もう相當, 七もと立つ柳, 七ゃ八百屋の店, 七やがて五十近い, 七やにわに愕きのあふれる, 七よりの情報に, 七らはかの, 七ら三人は鮨, 七りんの代用, 七り有るとかや聞, 七わたくしも十六, 七をもってすれば, 七ときです, 七まだ耄碌, 七アイルランドの風俗, 七アルペントばかりにしかならぬ, 七イタリア紀行の部, 七インチ丈が低い, 七インチ幅二インチ半厚さ半インチ, 七インチ肩幅広く身体全体, 七カイリの距離, 七カイリ半の水平線, 七カケで売っ, 七カッセル出版, 七カ年以下の懲役, 七カ所胸に大きく, 七カ日の間説戒, 七カ月以前にナポレオン, 七カ月分も滞らせ, 七カ月目の七フラン, 七カ月間アメリカにわたる, 七カ月間一言もしゃべらない, 七カ村の海辺, 七キロメートルを隔てた, 七キロメートル位だ, 七キロ半ばかりの道程, 七キロ米もつづい, 七ギルダアであって, 七クロイツァーを超えなかった, 七クヲタアとの差額, 七ケ月十六日の間, 七ケ条の中, 七コペイカとし, 七コルシカ人を殺せ, 七シアトルから帰国, 七シリング六ペンス也のブリキ, 七シンフォニーよかった, 七と間違い, 七スコットランド宗の会議, 七スペインの国会, 七セチエの産額, 七センチメートル横幅一〇一センチメートル裂片の広, 七センチ五ミリの所, 七セント四分の三であるから, 七チリ国の観察, 七ッ舟が廻っ, 七ッ蔵と称する, 七ツごろでもう, 七ツごろあっしが夜網, 七ツごろお前さんが夜網, 七ツつみ重ねて, 七ツ七ツは十四, 七ツ三輪の金座, 七ツ下り斜めに水, 七ツ以上も見る, 七ツ位の子供, 七ツ傘柳五葉牡丹花ぐるま, 七ツ兄だった, 七ツ八ツおまけにひっぱたかれた, 七ツ八ツパッチンパッチンテーブルへぶっつけ, 七ツ八ツ卓子へぶっつけ, 七ツ八ツ嚔をした, 七ツ八ツ擧がつた, 七ツ八ツ腰にぶらさげ, 七ツ八ツ身体の前後, 七ツ八ツ身體の前後, 七ツ八ツ風光明媚なるところ, 七ツ八歳頃からし始めた, 七ツ刻七駕籠七場所七橙と七七ずくめ, 七ツ前に立っ, 七ツ十二十といつか籠, 七ツ十五六二十一二十七三十一四十四が手痛い, 七ツ半ごろ囚人を伝馬町, 七ツ召上るだけ, 七ツ岩を賞し, 七ツ時分ニナッタカラ虎ヘ云ウニハ, 七ツ時分ニ迎エヲヨコシタカラ茶屋ヘ行ッテ, 七ツ時竹島より出帆せり, 七ツ時頃よりも出かけ, 七ツ時頃夷船遠沖, 七ツ梅などという酒, 七ツ目の節, 七ツ秀吉のまわり, 七ツ茸を薄, 七ツ買つて來る, 七ツ足駄の歯, 七ツ近くに小屋師, 七ツ過ぎ会読終る, 七ツ道中いたっての, 七ツ道具一式持って, 七ツ道具代用の細引, 七ツ違ひの, 七ツ金ぞと五水りょう, 七ツ釜不動岩は畢竟, 七ツ釜立神岩などの奇勝, 七ツ限りであるから, 七ツ頃雪が止ん, 七ツ頃顎十郎は岩槻染, 七ツ顕家もまだ, 七ツ駕籠も七つ, 七デシもある, 七トルコの政府, 七トン動力五千三百馬力で三四トン, 七ドミノ遊びは白, 七ドル半を背負う, 七ニッケルを二十三, 七ニース市の光栄, 七ノットか八ノット, 七ノット半という驚異的, 七ノルウェーの連山, 七パアセントであり従って, 七パアセント含水炭素が零ポイント九パアセント, 七パアセント大丈夫であって, 七パーセント位の鉄分, 七パーセント弱を市有, 七パーセント村落二〇・六パーセントまで減少, 七ヒコホホデミの命, 七フィート半なのに, 七フィート幅四フィートの木, 七フラン五十サンチームのお金, 七プロセントという多数, 七ペエジから五千零十ペエジ, 七ペレトラの地, 七ペンスであった当時, 七ページティエールは四十ページ, 七ポンドなり, 七ポンド十シリングだったの, 七ポンド十五シルの勘定書, 七マイル名所かつ古戦場, 七マイル向うの茂木, 七マイル海面から八十五フイート, 七マイル程度のこの, 七ミリメートルで金網, 七メートル三〇ぐらい飛ばない, 七メートル二十メートルといった孔, 七メートル五メートル以内にある, 七メートル附近は地図, 七モノの値, 七ヤソ教を非難, 七ルウベル借用した事, 七ルピー掛ると, 七ルーブリ三十五カペイキと金, 七ルーブリ都会の小学校教師, 七ロシアの諸宗, 七ロシア宗会堂の他, 七ヵ城の守将, 七ヵ年の間, 七ヵ年据置の軍費, 七ヵ年間に諸君, 七ヵ所七度のたたかい, 七ヵ月ぶりで自分一人, 七ヵ月以上の内侍, 七ヵ月前にモスク, 七ヵ月前ここを通った, 七ヵ月留守して, 七ヵ月研究の後アメリカンハウス・オヴ・リプリゼンテーティブ, 七も作った, 七ヶ処では利かない, 七ヶ寺の番僧, 七ヶ年以来夫婦の如く暮し, 七ヶ年分は集めた, 七ヶ所男の子が三ヶ所, 七ヶ月あまりを媼, 七ヶ月さきに生れる, 七ヶ月のが出てる, 七ヶ月後に家出, 七ヶ月振りのそして, 七ヶ月間こんな寂しい, 七ヶ月間ブラツセルに籠城, 七ヶ村の者十一名, 七ヶ瀬に桜田三河守, 七・〇に降っ, 七・〇〇常念, 七・〇〇前夜うまく眠れず, 七・一でした, 七・一〇四並びに註參照, 七・一一に曰, 七・一一二以下にボンコンテ, 七・一一五以下並びに註參照, 七・一七・二の間, 七・一三に曰く, 七・一九以下に委し, 七・一八三すなわち約, 七・一八年に多く, 七・七〇以下命運に關, 七・七・七といふ形, 七・七・七・七といふ形, 七・七一の労働時間, 七・七禁令で禁じられた, 七・七禁令以後の世の中, 七・三〇ですが, 七・三一にいづ, 七・三八及び四四, 七・三死亡は一対四七・九, 七・九分の一であり漁家, 七・二〇分過, 七・二五以下にグイード・ダ・モンテフェルトロ, 七・五キロと云え, 七・五パーセントに切下げられた, 七・五ミリの機銃弾, 七・五一に地震, 七・五七・七の今, 七・五休業令たつたそれ, 七・五八〇瓩だ, 七・五分の一新辺疆伯領, 七・五度を得た, 七・五料飲休業東京だけが六・一自粛, 七・五林町へ電話午後入院, 七・五禁止令といふもの, 七・五米の三角点, 七・五%であるの, 七・八〇三及び一一卷, 七・八・九の三月中, 七・八・九年ごろ言論抑圧の困難, 七・八・九年彼二十五を過ぎ, 七・八丁も走りました, 七・八七七両年度, 七・八両年にわたって二回, 七・八二〇女子四一・〇一九男女三九・三八五でありそして, 七・八五以下並びに註參照, 七・八人の大人たち, 七・八人米国にいる, 七・八八に, 七・八千通の投書, 七・八合もひろつてる, 七・八年ころメイエルホリドが表現派風, 七・八年モスクワ芸術座で上演, 七・八年秋政府は富農, 七・八年頃から東京, 七・八日ごろの, 七・八日頃女学校の入学試験, 七・六に曰, 七・六三九及び二七・八七七, 七・四はある, 七・四パーセントは労働婦人, 七・四倍であるから, 七・四八等の諸, 七・四六及び五〇等, 七・四分の一すなわち約, 七・四秒かかるという, 七・巻十の歌, 七一○年四月十六日船はダウンズ, 七一〇であった, 七一〇一二ということ, 七一〇七一九の人口, 七一〇年一七二〇年一七三〇年には報告, 七一〇年九月七日に私, 七一キロという好い, 七一センチ体重七一キロという好い, 七一パーセント増になるだろう, 七一パーセント増大するだろうという, 七一パーセント惨落した, 七一フィートに出でず, 七一・四八〇瓩を引く, 七一一七七二及び一七七三年, 七一一年五月九日一人の男, 七一一年四月二十一日に私たち, 七一一番のオウ・デ・コロン, 七一七でこれ, 七一七九八年には二, 七一七五二年ないし一七五五年, 七一七四七六七九八〇ページ八二からページ八五, 七一七年三十一歳のバッハ, 七一七年版である, 七一七米とある, 七一三年ロンドン板ホイストンの, 七一九の人口, 七一九年及び一七二〇年, 七一九年ロビンソン・クルウソウ君が, 七一二となる, 七一二番という自宅, 七一五及び四, 七一五万九一七五ドルなり, 七一五年または一七二〇年, 七一五年十一月五日船はリスボン, 七一五年版ガスターの, 七一五番または事務所, 七一八または二〇分の一, 七一八一一年には五, 七一八年ロンドン刊行でよほど, 七一八頃までにたたき込んだ, 七一六であり一八二一年, 七一六ページにこれ, 七一六年から七四八年, 七一四七と出, 七一四年に著者自らこれ, 七一四年二月十五日朝の九時, 七一四年冬の一日, 七一字である, 七一寄付者の姓名, 七一年エンチオ死して, 七一年ドイツの統一, 七一年パリ板ターパンの, 七一年ヴェネチア共和国とレヴァント, 七一年以来触れたこと, 七一年出版せられたフェッシュ, 七一年十二月十五日からスイス, 七一年半が正しい, 七一年数名の学者, 七一年版シュルツェの, 七一年独仏戦争に於ける, 七一年米国艦隊の江華島事件, 七一度跳らば, 七一等にいづ, 七一筋の糸, 七一節の説明, 七一船中の食味, 七一行にダンテ, 七一言もありません, 七一言語の混同, 七一陣の夜嵐, 七丁うどん五玉酒は五合, 七丁きりじゃだんな, 七丁といへり, 七丁岩村田なり, 七丁往って終に, 七丁目あともみない, 七丁目何番地の有馬勇氏方宛, 七丁目側の石崖, 七丁目八二三番地のアドレス, 七丁目六十何番地に在る, 七丁目違つたところ, 七七〇〇人を夫, 七七〇円にのぼっ, 七七〇年代の安永年間, 七七〇年十二月ドイツのボン, 七七〇年十二月十六日にケルン市, 七七〇年頃コルボーにルナール, 七七ずくめの恋慕祈り, 七七シラブルの, 七七スペインの国会, 七七チリ国の観察, 七七メートルの点, 七七一一七七二及び一七七三年, 七七一年パリ板ターパンの, 七七一年出版せられたフェッシュ, 七七七シラブルの, 七七七号九一頁に述べ置いた, 七七七年デュラの後援, 七七七年十一月末カルル・アウグスト公が昵近, 七七三五である, 七七三年富裕な株式仲買人エイブラハム・リカアドウ, 七七九年ハワイで死んだ, 七七九年三月三日にあれ, 七七二及び一七七三年, 七七二一〇〇〇となる, 七七二一〇九七であろう, 七七二年版コルネリウス・ド・バウの, 七七二年版ド・ポウの, 七七五四八となり, 七七五四四であり一七八〇年, 七七八〇〇トンの確保, 七七八五の句調, 七七八五一号の百円紙幣, 七七八年一七八二年及び一七八三年, 七七八米の富士, 七七六となるであろう, 七七六年三月九日始めて, 七七六年以来の第, 七七十里とて七つ, 七七号九一頁に述べ置いた, 七七四一七九五年は二四七, 七七四十九が六十, 七七四十九日而七魄具矣一忌而一魄散故七七四十九日而七魄散矣, 七七対一〇〇及び一五五対一〇〇, 七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七七年オルガンチノは本国, 七七年デュラの後援, 七七年プルジェワルスキーが探険, 七七年十一月末カルル・アウグスト公が昵近, 七七年大学令の改正委員, 七七律百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 七七忌になる, 七七日月忌年忌に僧, 七七日本の仏教, 七七日本人は商法, 七七角打ち終つて, 七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 七七静にしろ, 七七%実況七四%演芸八一%学校八三%まで中継放送, 七万キロの電気, 七万ドルの外船, 七万ヒンヅ種の印度人, 七万フランばかりの在高, 七万ルーブリと五ヵ年計画, 七万一千一百円で当地, 七万一千九百四十七を擁し, 七万一千四百六十一人に比する, 七万七〇〇〇人に越え, 七万七千二百三十人なれば, 七万七千石それで政治, 七万両みんなか元, 七万両山分けでは少し, 七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 七万九千トン十六万馬力船の全長三百十三メートル, 七万九千ポンドに増加, 七万九千九十五人とあります, 七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 七万二千ボルトの高圧, 七万二千五百七十三という数, 七万二千五百七十三人という夥しい, 七万二千人ある時獅出, 七万五千平方キロであ, 七万五千弗の口, 七万五千方里である, 七万五千里も走る, 七万五千首という尨大, 七万五百メートル作った, 七万人位あるけれども, 七万人余であった, 七万人失業者が出るであろう, 七万付近ニ選ビ調整ノコト, 七万何千円といふ事, 七万余人五十代も八十代, 七万余人入学者は二万人近く, 七万八〇〇〇ポンドの巨額, 七万八千余人は婦人労働者, 七万八千円は神戸, 七万八千弗を奪, 七万八千死者十一万四千負傷者十一万五千を出し, 七万八千石だけあっ, 七万八千石戸田山城守のお, 七万八百石の島津家, 七万六千エーカーの多き, 七万六千両そのままそっくり持っ, 七万六千五百六十人あり, 七万六千百二十八人は文字, 七万円五万円という会社, 七万台が進出, 七万四千ゆくえ不明二十一万焼け出された人口, 七万四千二百両の余, 七万四千五百八十一方マイル, 七万四千六百五十九円なり, 七万四千円飲んだか, 七万四千四百三十九人なり, 七万枚だ, 七万樽で両方, 七万樽以上に上等の, 七万石余に及んだ, 七万石兵数二万姉川に来りし, 七万石松平伊豆守信綱の方, 七万石松平豊後守の上屋敷, 七万石細川侯の行列, 七万磅ほどの保険, 七万粒なくては, 七万里走る, 七丈七尺八寸余も如意嶽, 七丈五級の大, 七丈余もある, 七三〇ノ二, 七三〇六となる, 七三〇年には報告, 七三〇年頃にスコットランド, 七三スイスの宗教, 七三パーセントに増加, 七三一であった, 七三一年の二十箇年, 七三七年春五十二歳のヘンデル, 七三三票木村半兵衛は六四三票, 七三九年に一時オーストリア国, 七三二年三月三十一日から四月一日, 七三二年版チャーチルの, 七三五である, 七三五年ないし一七五五年, 七三五年版ローラン・ダーヴィユーの, 七三以下並びに註參照, 七三八の方, 七三八年一七四〇年一七五〇年及び一七五一年, 七三八年歿した役者, 七三八年生まれのフリードリヒ・メルゲル, 七三六八八戸あった, 七三六四八三一七七三年には一, 七三分のところ, 七三十がらみという青年紳士, 七三十一四十四が手痛い, 七三十八それから三十九, 七三十過ぎのちよい, 七三千四百十七番と覚え, 七三四年で丁度, 七三宗派異なれば, 七三年イギリスのオックスフォード, 七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七三年フランスに帰化, 七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七三年五月初旬にロンドン, 七三年信長天下を統一, 七三年十一歳のドビュッシー, 七三年富裕な株式仲買人エイブラハム・リカアドウ, 七三日本の家屋, 七三氏山本久一氏の二人, 七三磅に下落, 七三章にブリレツム辺等, 七三米の三角点, 七三紙に及ん, 七三行とその, 七三頁註をみ, 七を見, 七上人三たびその御, 七下り藤の, 七下女のお, 七下張巡傳に當時, 七不思議式不可知論の独断性, 七世ホテルのプラロン氏, 七世九郎次は番方, 七世以前にある, 七世信崇は巌松院道盛, 七世刀戟の業, 七世即位式の道すじ, 七世団十郎は壬子, 七世婦八十一女御合せて, 七世幸四郎の追善興行, 七世当時の皇太子, 七世昌造が登場, 七世時代に掛けられた, 七世橘家圓太郎を襲名, 七世母なる牛, 七世法王を廃する, 七世紀どまりになっ, 七世紀イタリーの画家, 七世紀ドイツの紛糾混乱殺戮, 七世紀ナポリ乱徒の首領, 七世紀フランスのラ・ブリュイエール, 七世紀ボーバン等の大家, 七世紀ルイ十四世の時代, 七世紀中また実に, 七世紀中葉以後わが国に知られた, 七世紀以後大いに進み, 七世紀以来総てのもの, 七世紀以降二十世紀に至る, 七世紀初めの風刺詩人, 七世紀初頭秀吉時代に既に, 七世紀前半のヨーロッパ各国, 七世紀後の今日, 七世紀後半において顕微鏡, 七世紀徳川治世のきびしい, 七世紀文化それぞれ同じフランス一国内, 七世紀時分の大型, 七世紀末勅令によつて作者, 七世紀英文学史いずれも大事, 七世紀風の鬘, 七世路の角, 七両一分に替えた, 七両三分で百五十五個半, 七両五人扶持と云った, 七両五人扶持肝煎というの, 七両余に充つべし, 七両十両などと云う, 七両氏と共に鰍沢, 七両目の三等車, 七両給金八九両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 七个国の語部, 七中隊と算上, 七中隊騎兵八十四中隊をもつ, 七丹脣常に微笑, 七乃至十九世紀の, 七久松が十四, 七久里のにほふ, 七久里漬を売る, 七乙女の若々しい, 七九〇年ニコラウス侯が死ん, 七九〇年フランスの大, 七九〇年七月十四日に練兵場, 七九〇年十二月にベートーヴェン, 七九〇年私講師としてのフィヒテ, 七九これは死, 七九ペルー首府リマおよび日本移民, 七九ポルトガルの僧侶, 七九・〇〇〇弗といふ高, 七九・三二をさしひいた, 七九・四パーセントが過去, 七九一六のごとき, 七九一年九月二十二日のこと, 七九一年仏国の操典, 七九一年十二月五日の暁, 七九七一七九八年には二, 七九七年一月十日ヴェストファーレン州ミュンステルのヒュルスホフ城, 七九七年三月前進を起し, 七九七年二月二日までにマントア, 七九七年以前の長い, 七九万〇五五四円は生糸, 七九三年二十四歳の時, 七九三年八月二日の未明, 七九三年十六歳のおり, 七九三年国王ルイ十六世死刑執行の日, 七九三年徴兵制度を採用, 七九九八六四一であろう, 七九九年五月フランスが共和政体, 七九九年十二月十三日の法律, 七九九年同国に夏期旅行, 七九九年彼はイェナ大学, 七九九死亡は九四, 七九二ー三年の囚人たち, 七九二年フランス軍がオーストリア軍, 七九二年以後欧州のあらゆる, 七九二年以来増加よりはむしろ, 七九二年八月に至る, 七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 七九二年十一月にベートーヴェン, 七九二年王党の亡命者, 七九二年秋から翌, 七九五号列車は蒼味, 七九五年以後の五箇年間, 七九五年頃のブルターニュ, 七九八〇ページ八二からページ八五, 七九八年エジプト遠征を行なった, 七九八年以後オーストリアとフランス, 七九八年六月三十日付のシラー, 七九八年寛政九年北邊事情が子平, 七九六年フイラデルフイアのアダム・ラメーヂ, 七九六年三月二日弱冠二十六歳にし, 七九六年以前の記録簿, 七九六年四月二十二日執政官政府が五百人議会, 七九六年彼は公刊, 七九六年窃盗のため, 七九四年仏軍は敵, 七九四年以後五箇年間の出生, 七九四年八月二十三日付のゲーテ, 七九四年六十三歳のハイドン, 七九四方里に出でず, 七九家族は二世紀, 七九巻九九頁予の, 七九年ハワイで死んだ, 七九年パリ板シニストラリの, 七九年モスクワ大学の医学部, 七九年一月号で発表, 七九年七十四才で歿, 七九年三月の出生, 七九年三月三日にあれ, 七九年世界一周の途次, 七九年以後広東における主要, 七九年十二月十二日にこの, 七九年版ヘンダーソンの北英諸州俚俗二七四頁, 七九度である, 七九条では, 七九校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 七九欧米各国の人口, 七九篇第一節, 七九英米の気風, 七九行にいでし, 七九頁に紹介, 七九馬五七金スグ同, 七乞食とは猿引, 七乞食八乞食六道の者, 七二〇〇〇〇〇に減少, 七二〇〇〇〇〇〇磅を生む, 七二〇年マルセーユの黒死病, 七二〇年一七三〇年には報告, 七二〇年三十五歳の働き盛り, 七二〇年馬耳塞の黒死病, 七二〇磅ごとにつき四八〇磅, 七二〇磅以上を保有, 七二一〇〇〇となる, 七二一〇九七であろう, 七二一八一八〇〇年のそれ, 七二一年の期間, 七二七で一七五〇年, 七二七年板ハミルトンの, 七二三一四一なの, 七二三年ケエテンを去っ, 七二三年フイラデルフイアに移つて以來週刊新聞, 七二九年以来当時までの間, 七二九年聖武天皇奈良の御殿, 七二五〇万ドルの利, 七二五三七二八であって, 七二五号に, 七二五年にペトログラード, 七二五年ヴェネチア生れの旅廻り, 七二八であって, 七二六六九六という人口, 七二六円五婦人一九七八円であり婦人勤労者, 七二六年美作津山におこった, 七二十の頃, 七二十一日くらゐはか, 七二十一日めで伐り倒しました, 七二十一日断食をし, 七二十一日病院に通い, 七二十一日目の朝, 七二十一日間通わなければ, 七二十一日間病院に通わなけれ, 七二十八三十一日及び十一月二日, 七二十八両日の諸, 七二十八二十九の四日間, 七二十八二十九三十日の夜, 七二十八日の三日間, 七二十八歳といよいよ, 七二四年に生れ, 七二字である, 七二尼の手, 七二年スペインより刺客, 七二年パリ板ワイツとゲルランド, 七二年ファーエンツァに死す, 七二年ミネプリ辺で猟師, 七二年ライプチヒ版ワイツおよびゲルラント, 七二年ロッテイ・ファウラアの実験, 七二年九月までつづく, 七二年以後に植え替えられた, 七二年六月にいたっ, 七二年六月四日発行の, 七二年十二月蘇古蘭インヴァネス, 七二年板ラルストンの, 七二年板ワイツおよびゲルラント, 七二年版コルネリウス・ド・バウの, 七二年版ド・ポウの, 七二年版ラルストンの露國民謠, 七二戸兵役可能の男子, 七二歳の寿, 七二番アンドリュウス方まで屆, 七二種の著書, 七二註及び二六・四九, 七二頁一六〇九年初版ボエチウスの, 七二頁注に触れたら, 七二食時の礼拝, 七二%音楽七七%実況七四%演芸八一%学校八三%まで中継放送, 七五〇〇〇という数字, 七五〇〇〇ポンドにのぼった, 七五〇〇〇人のクリスト教徒, 七五〇〇〇年を要し, 七五〇〇万度となる, 七五〇〇度と推定, 七五〇スタディアと言われ, 七五〇万人つまり半分, 七五〇分の一にすぎない, 七五〇年ごろロンドンで趣味, 七五〇年七月二十八日十三人の子供達, 七五〇年以前の四十年間, 七五〇年頃までは文化, 七五〇法というよう, 七五〇磅が機械製造者, 七五カルバン宗の主義, 七五キロメートルないし二二〇キロメートル, 七五シナ人の贈, 七五トンとなる, 七五ドルなり, 七五パーセント増を含む, 七五フィートという我々, 七五フランであった, 七五ヘクトリットルの需要, 七五メートルになるであろう, 七五・〇〇〇弗と出張旅行費年額二五・〇〇〇弗, 七五・〇〇〇弗丁抹のが三四五・〇〇〇弗, 七五・三までになっ, 七五・四行の今様, 七五一年最後の作品, 七五万二五〇三戸なれば, 七五三太夫かたへ, 七五三太夫所蔵文書には, 七五三年にベーリング島, 七五三年三月二十六日で父, 七五三松飾りのし, 七五三科白で匕首, 七五三繩一つで禁, 七五三飾りがちらばっ, 七五三飾り賽銭箱を置き, 七五九のうち, 七五九三名でありその, 七五九年ごろ水野にもおとらない, 七五九年遺言書に, 七五五米のところ, 七五人の母親, 七五仏教とヤソ教, 七五体の新体詩, 七五六〇〇〇〇〇磅が獲得, 七五六八英里をもっ, 七五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 七五六年一月二十七日オーストリアのザルツブルク, 七五六年七月のある, 七五六年開戦に決して, 七五十八と一時, 七五十六七十三百七等の諸, 七五四八となり, 七五四四であり一七八〇年, 七五墓地寺院および奉迎天長節, 七五字でちょうど, 七五対一〇〇である, 七五封度に等しい, 七五年サールディニア島の一州ガルルーラ, 七五年亜米利加独立記念賞金を受けた, 七五年八月ブリストルの大, 七五年八月四日に永眠, 七五年即位が一九〇九年, 七五年彼が三十四歳, 七五年日本で云え, 七五服八四至に分類, 七五番地ノ一, 七五脈搏九〇で速く, 七五行に亘る, 七五%下落するであろう, 七交響曲の終曲, 七交響楽ヴァイオリンの為, 七人あっしの首っ玉, 七人いずれも榻, 七人うち五人は補助, 七人おいでになる, 七人がかりから十人がかり, 七人きょうだいの中, 七人きり與之松, 七人くらゐは, 七人これはといふ句, 七人さし指を八, 七人そこここに散点, 七人それぞれ祖先からの言い伝え, 七人づれで此処へやって来, 七人づれ可えです, 七人ともに女, 七人と列についていちばん最後, 七人みな上流の紳士令嬢, 七人みんな文なしだから, 七人めにきた, 七人エッベが四人, 七人ガ軽井沢ヘ出発スル, 七人キリスト教を棄つる, 七人コンフェットウや紐, 七人ゾロゾロと這入, 七人プロヴァンスに一人, 七人マイナス四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 七人一万法以上二万法以下のもの二十八人, 七人一党として兵仗, 七人一家族当りの人数, 七人七方へバラバラ, 七人三中を受け, 七人三五人出盛りたるが, 七人三十五六から五十ぐらゐまでの男女俳優, 七人中で男, 七人主の仇, 七人乾魚一枚麩の味噌汁一杯, 七人二分三厘三毛ほどに当たる, 七人二分餘の激増, 七人五万法以上十万法以下のもの八人, 七人人馬か何, 七人以上の客, 七人以内ならだれ, 七人伴の旅人, 七人位八畳には六人, 七人兄弟中に拙者, 七人八人九人十人近い人, 七人八分強となる, 七人出席するの制規, 七人出征して, 七人分立派に描写, 七人切腹致し渡邊祖五郎, 七人列座して, 七人前のつもり, 七人十人十五人と徒黨, 七人十八九から二十二三, 七人半円をえがい, 七人合計九十万四千四百十二人とある, 七人合計五百〇四人なり, 七人合計十五人の娘子軍, 七人同室はお, 七人同心三十人を得た, 七人吹溜りのやう, 七人四分弱にしか当っ, 七人四十三十の壮年者, 七人四年生は六人, 七人団隊で東山辺, 七人地蔵といっ, 七人壕の入口, 七人大工が五人, 七人天に飛び昇りき, 七人奥の広い, 七人女は私, 七人女二人です, 七人女二百九十七人合計五百〇四人なり, 七人女王五人です, 七人女王十二人です, 七人娘のプレヤディース, 七人安気に喰える, 七人家内にもっ, 七人将門の伝説, 七人小僧をおい, 七人小児を産ませる, 七人小山から小金井, 七人尼一千九百七十五人あり, 七人岡山に百十四人, 七人川田順さんがいちばん年少者, 七人店前で尻, 七人待八人待をした, 七人御前に侯, 七人御崎じゃのそれから, 七人悠々閑々と歩い, 七人情人がありました, 七人手勢を揃え, 七人揃つて氣違ひ踊り, 七人搦手は同心二人, 七人斃された, 七人方もお, 七人明神樣の境内, 七人昨夜の泊客八人, 七人是非にと, 七人木で庵, 七人木戸をくぐりました, 七人枕をならべ, 七人枯木や枯草, 七人橋光亭から船, 七人機関部が二十一人, 七人此処へ集めた, 七人毎晩井筒屋のあたり, 七人汗まみれになっ, 七人滝松もその, 七人漕手がいる, 七人玉作人画師彫仏, 七人甞てデシウス帝, 七人生温かい春先, 七人皆んな帰して, 七人皆打棒せられ地, 七人目最後の一人, 七人相共に涕泣, 七人禅杖をふりかざし, 七人肩を寄せ, 七人脱藩除籍の願書, 七人自動車からはみ出し, 七人花のごとく, 七人花嫁をさらった, 七人芸妓が附い, 七人若殿様の車, 七人落第させられる, 七人薬山は十衆, 七人蜘蛛の巣, 七人詰つて居る, 七人賑やかなこと, 七人足場のいい, 七人足軽二百二十四人を率, 七人路ばたに, 七人軒溝石へ立, 七人通信用として上高地, 七人間が変った, 七人関取の立田川, 七人隊をなし, 七人随えた一見, 七人集つて下落合の誰か, 七人館内の二階, 七人鬨を作っ, 七人黄河の方, 七仏事に用いた, 七仏英結婚手続きの相違, 七代のちまで祟られる, 七代三右衞門は天保十一年十月二日, 七代信寧の宝暦, 七代孝徳天皇の大化元年十二月, 七代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 七代家継公のとき, 七代後白河天皇御建立, 七代有章院の別当瑞蓮寺, 七代桀王に及ん, 七代理と偽っ, 七代目三升は八代目団十郎, 七代目団蔵追善供養の為め, 七代目圓太郎たり, 七代目團十郎の聲色, 七代目市川団十郎所蔵の関帝像, 七代目橘家圓太郎を私たち, 七代目沢村宗十郎を襲名, 七代目河原崎権之助, 七代目賽のたんか, 七代連綿として相, 七以下ファーリナータの豫言, 七以後はなにもかも, 七以来の評判, 七以疾卒葬吉津村観音寺, 七会合の場所, 七の文太郎, 七伝承者ということ, 七伯剌爾の珈園, 七位様天井や縁, 七位花咲く霧, 七住処ありて, 七住職の多事, 七佐吉ガラッ八, 七何よりその證據, 七の品, 七保釈ノ申請事件ノミ, 七をかきました, 七信孝丹羽長秀の応援, 七信孝柴田をこそ頼み給, 七信孝柴田前田明智細川丹羽そのほか, 七信孝殿を取立, 七信孝自身進まれたな, 七信目でした, 七信興は殺され, 七俵強の容積, 七倉沢少し下, 七個ニ依頼セントスルガ如キ淺薄ナル信念ニテ何ノ信仰ゾ, 七個国でやっ, 七個方陣第二線, 七個月間の冬期, 七個軍団を迂回, 七個附近温泉の湧出, 七倍八倍に達する, 七倍十倍年と共に得意, 七倍弱であり従って, 七偏人が百物語, 七もまだ, 七億キロワット時である, 七億ドルの支出計画, 七億一千万円だったもの, 七億七千万フランの償金, 七億七千萬圓は十六億貳百萬圓, 七億九〇〇〇万ドルの公債, 七億五千五百万円に相当, 七億人の人々, 七億八千万ルーブリを労働時間, 七億六千四百万ルーブリまで高めた, 七億円余なり, 七億粒である自然孵化, 七か十元, 七兄弟の血, 七兄爪謁気吾瀬子之射, 七爲緇, 七入ってい, 七安の, 七八〇〇トンの確保, 七八〇年イェナ大学に入り, 七八〇年三月から一七九二年八月, 七八〇年以前の出生率, 七八〇年以後までは吾, 七八〇年頃タヴォイ市が創立, 七八あたりの処, 七八お送りいたします, 七八がらみのもの, 七八がらみ血色のよい, 七八くらゐに, 七八ぐるやな, 七八こいつは商売人上がり, 七八ちよいと良い, 七八つあらはれたる孤村, 七八ついで死す, 七八つぐらゐの松本の二人, 七八つぶしに大きな, 七八つ二間ばかり奥, 七八つ女の方, 七八つ年上のこの, 七八つ年下で一人, 七八つ時分から知っ, 七八つ続けざまに小腰, 七八つ食ひコロンバン, 七八づゝ大福餅の中, 七八どまりの始終, 七八のと血氣旺ん, 七八ひきの猿, 七八ア九ノ, 七八カットやった, 七八カ所も打, 七八キロもつき出, 七八キロメートルまでのぼった, 七八スペインの事情, 七八ツとらの子, 七八ツのが森, 七八ツ九ツばかり母, 七八ツ位から十二三位, 七八トンも喰う, 七八ペルー行および北チリ, 七八ページ以下に武内博士, 七八マイルを離れ, 七八マイル全部登りである, 七八ミリのもの, 七八メリンスの帯, 七八ヵ月以前の状態, 七八ヶ国語に通じ, 七八ヶ月間最低一両内外で上, 七八・九年のペテルスブルク, 七八ー七九年には王立研究所, 七八一人はお, 七八一年ビルマに滅ぼされた, 七八一番と電話番号, 七八一頁に昔ホラオロキア城, 七八丁入り社人若山八兵衛といふもの, 七八丁喜多院前で下車, 七八丁川上の方, 七八丁西の方, 七八丁飯田町の河岸, 七八七五である, 七八七年七月九日ロンドンの街上, 七八万スタディアとなっ, 七八万人も移住, 七八万弗残て居る, 七八丈許り幅, 七八三ノ, 七八三十前後どこの馬の骨, 七八三年レザノフの舅シエリコフ, 七八世帯の苦労, 七八世紀あたりのそれ, 七八世紀ごろの厚い, 七八世紀ドイツ観念哲学に相応わし, 七八世紀以後に属す, 七八世紀頃よりブルジョアジー, 七八両日数艘の船, 七八両普請の料六, 七八九〇六でありこれ, 七八九〇六登録埋葬数は一, 七八九三ヶ月は軽井沢滞在, 七八九三月ですが, 七八九人の子, 七八九十十一とあし, 七八九十十一十二正二, 七八九図の三つ, 七八九年フランス革命が勃発, 七八九年七月バスティーユ牢獄の破壊, 七八九年七月十二日の夜, 七八九年七月十四日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 七八九年九月に實際, 七八九年以来全民衆, 七八九年前の毎, 七八九年次の如く言っ, 七八九月に至る, 七八九条また十条, 七八九%の利子, 七八二十ぐらいまでの若々しい, 七八二年版ソンネラの, 七八二年生誕一八五四年永眠の哲学者, 七八二年頃までの彼女, 七八五の句調, 七八五一号の百円紙幣, 七八五年ごろラモト伯爵夫人によって惹起, 七八五年九月十三日にシュッツ, 七八五年以来非常な不作, 七八五年四月二十七日に国王, 七八五年版ジュラウルの, 七八五郎が言, 七八人お客さんがいた, 七八人きりだった, 七八人ぐらゐづつ集って, 七八人ぐらゐのお客には充分間, 七八人そこにいた, 七八人それも元気, 七八人ひとりも起きてる, 七八人みな横臥して, 七八人ドカドカと入っ, 七八人一椀の, 七八人三方から取, 七八人上級の生徒, 七八人中二〇人の割合, 七八人二三月のうち, 七八人人数がおった, 七八人人立ちのした, 七八人以下の団体稼ぎ, 七八人位づつあつまつて橋の方, 七八人何かガヤガヤ, 七八人先へ立っ, 七八人前を平らげる, 七八人受験生が来, 七八人各々密議をこらす, 七八人名物の出稼娼婦, 七八人吹上の梅林, 七八人噪いでいる, 七八人声立てて, 七八人外に隣室, 七八人多くの僕, 七八人宛組みになつて蕭条, 七八人寄つてたかつて, 七八人寄つて送別の積り, 七八人小児を離れ, 七八人我勝ちに見物, 七八人手に手, 七八人招んでくれない, 七八人掛りで拷問, 七八人榧寺に陣取っ, 七八人無惨の死, 七八人田螺を好き, 七八人目の患者, 七八人砂山の麓, 七八人突立って, 七八人群飮むに各, 七八人身内の人, 七八人退屈そうにテーブル, 七八人連の男, 七八人長屋の者, 七八人陰影のよう, 七八人青木が所謂, 七八人首を突, 七八代前までは平家, 七八以下にいづ, 七八件に止まらない, 七八伊之助には義理, 七八俵ものこる, 七八個所の槍傷, 七八倍以上の高, 七八八二すなわち男子出生, 七八八年以来の記録, 七八八年十二月二十四日のクリスマス前夜, 七八八米突から, 七八六です, 七八六これはみな, 七八六一七一〇であった, 七八六七一八一一年には五, 七八六九一一一八二〇年には三〇, 七八六九一一人とし, 七八六六九死亡総数は四, 七八六十近い老人, 七八六十位に見える, 七八六年この世を去り, 七八円平均ですから, 七八册ねぢ, 七八分あとのこと, 七八分どころから引き気味, 七八分のすこし赤みがかっ, 七八分のただのぬる, 七八分の一を示し, 七八分の一程度の服用量, 七八分の時間がかかった, 七八分の距離であった, 七八分の配当を得よう, 七八分の酔いを催し, 七八分の間であったと, 七八分めばかりの清水, 七八分休息した上, 七八分位のが寄つて來, 七八分前まで現に, 七八分労働者なん, 七八分方は言, 七八分目位までになります, 七八分通り相手の容, 七八勺より取れません, 七八匁までの小形, 七八十パーセントまでは花柳病, 七八十万なんの百万, 七八十万人ずつの赤坊, 七八十万石をやっ, 七八十両ノアビセデ三州ヘ行キオッタガ, 七八十人徒党して, 七八十人数の上, 七八十人足らずの列, 七八十位の老人, 七八十個の玉子, 七八十兩がもの, 七八十円ボーナス入れて, 七八十句になった, 七八十合も槍, 七八十名一同相会しはるか, 七八十字であって, 七八十尋といふ, 七八十年倭國亂相攻, 七八十年来進化論が唱, 七八十年間に開かれた, 七八十房ずつついた, 七八十挺はあろう, 七八十文にて事足る, 七八十日の雛, 七八十日位の雛鳥, 七八十本は確実, 七八十本其小川の両側, 七八十枚以上かかるでしょうから, 七八十歩の大, 七八十歳のもあれ, 七八十歳以上かとも思われた, 七八十畳も敷け, 七八十石も持っ, 七八十程も現れ, 七八十篇の銭形平次, 七八十萬錢にも達した, 七八十貫もあり, 七八十足しかできない, 七八十軒である, 七八十輪宵毎に咲い, 七八十通にのぼる, 七八十里大小の兵船, 七八十里巴里から離れた, 七八十里隔った処, 七八十間の距離, 七八十間其処でまた, 七八十間其處でまた, 七八十頁位の手ごろ, 七八千万クローネから一億クローネ近く, 七八千万円は使っ, 七八千俵から多い, 七八千円位だそう, 七八千噸の屋台, 七八千年乃至一萬年, 七八千武田勢の倍, 七八千萬圓の國債, 七八千騎の軍勢, 七八号に, 七八号三一一頁に掲げ置いた, 七八号二九二頁以下に長く, 七八合仕事に出た, 七八合目以後に在るなり, 七八合目辺りに雪, 七八合顔良の一喝, 七八名それぞれ分宿して, 七八名一団となつ, 七八名之を引率, 七八名京橋區彌左衞門町の同好倶樂部, 七八名來た, 七八名姿をかえ, 七八名比島人につれられ, 七八回勝負がすすんだ, 七八回胃の薬, 七八回通つて娘とも口, 七八坐り馴れない樣子, 七八坪の狭い, 七八場にあまる, 七八墨染の十得, 七八夜あなたとここ, 七八夫の治兵衞, 七八女は二十五六, 七八寸あまり宙に浮き, 七八寸ぐらゐの奴が四尾, 七八寸クルクルッと宙, 七八寸ヨリ大ナルモノハ一尺五寸許モアル, 七八寸一尾二十匁から三十五, 七八寸位高みに出来, 七八寸冬より春, 七八寸囲繞いた群集, 七八寸家畜用だと, 七八寸当歳又はデキ, 七八寸目方は六, 七八寸肩には例, 七八寸苔蘚厚重して, 七八小作りの胡麻鹽髷, 七八小柄で良い, 七八尺味淡し下品, 七八尺槍に追いつめられた, 七八尺水流迅激直衝城下, 七八尾半死になっ, 七八年あとの事, 七八年ごろ本堂が落成, 七八年ごろ私が毎日議会, 七八年むかしである, 七八年ウィーン附近に戰, 七八年ピサの大僧正, 七八年ヘーゲルとノビリンク, 七八年一七八二年及び一七八三年, 七八年七十九歳で永眠, 七八年三十七八年戦役という歴史的, 七八年中には思想, 七八年中学から高等学校, 七八年九月二十一日に最初, 七八年仕事だよ, 七八年以上間を置く, 七八年以來の支那, 七八年以後の時代, 七八年以後大正十年位までの間, 七八年位は経過, 七八年使はなかつた, 七八年來はさ, 七八年來學校宴會旅行などにも洋服, 七八年修業しなければ, 七八年六十歳を越えた, 七八年前オレにボクシング, 七八年前パリ籠城の輩, 七八年前三笠からツワイク, 七八年前五十五歳のとき, 七八年前五色の野獣派, 七八年前伊豆下田港の沖合, 七八年前伸子は父, 七八年前佐賀縣のある, 七八年前僕が滋賀商業, 七八年前北国の方, 七八年前媒妁人なしで, 七八年前学生時代だ, 七八年前家を出, 七八年前帰省した頃, 七八年前彼が兄, 七八年前札幌植物園の巖, 七八年前桔梗河原の大, 七八年前現在の家, 七八年前田島屋は御上, 七八年前相州鎌倉の御, 七八年前素人の間, 七八年前誰やらが, 七八年勤続者などには非常, 七八年平山先生について学ん, 七八年戦争の終へた年, 七八年戦争当時は実に, 七八年日清戦争の最中, 七八年日露戦争の頃, 七八年案内者をし, 七八年比田島金次郎翁が叡山, 七八年父の後, 七八年私はどん底, 七八年空襲猶甚, 七八年結婚生活をした, 七八年間洋服というもの, 七八年間私自身は殆ど年, 七八年間種々転変しつつ, 七八年間馬鹿あがきの疲労, 七八年露領アストラカンの黒死病猖獗期, 七八年頃ヴィタミン研究が歐米, 七八年頃歐米の學界, 七八年頃浅草の寺内, 七八年頃渋谷の御, 七八年頃渡来したまま, 七八年頃白根が盛ん, 七八年齋藤巡査と稱, 七八度夜間七十四五度なりしが, 七八度目にし, 七八心電図には三日, 七八所に束ね, 七八才位の, 七八拾円のところ, 七八挺の装薬, 七八撫で肩に腰, 七八斗の家, 七八斤ほどもあり, 七八日あたりまで爆発, 七八日あとでした, 七八日ここにおっ, 七八日のちボルドーを出発, 七八日ぶりで鎌倉, 七八日不安の裡, 七八日人に逢わん, 七八日以後から暫く, 七八日前にはお前, 七八日地にしく, 七八日奥座敷を出ず, 七八日目に, 七八日目位になっ, 七八日目頃である, 七八日經つた或, 七八日間は全く, 七八日頃二三日後に二百二十日, 七八時ごろの薄, 七八時間中ずっと静か, 七八時間以来自分をとらえ, 七八時間位で到着, 七八時間近くも荒天, 七八時間青森にい, 七八時頃には小浜, 七八時頃八合満となり午後九時前後, 七八月大暑の時, 七八月時分には遊牧民, 七八月横浜沖から横須賀, 七八木の杉, 七八本づつ乱して, 七八本大事さうに抱へて板屋家, 七八本彼方此方に淋しく, 七八杯目のウイスキイ, 七八杯続けざまに飲んだ, 七八枚分を今, 七八枚軍服あり平装の, 七八株一列に植えた, 七八機集って, 七八止りで一寸, 七八歩うしろを見る, 七八歩手前で立ちどまった, 七八歳ごろの人形, 七八歳上坂西村を抜い, 七八歳両親の家, 七八歳以上十二三以下の児, 七八歳以後の少年期, 七八歳先生の代, 七八歳前後の幼年期, 七八歳印刷工場の女工, 七八歳姪は二十一, 七八歳背のたかい, 七八歳色白くし, 七八歳被衣をかぶり, 七八歳農家の女房, 七八歳通油町の地本問屋蔦屋重三郎, 七八歳面長中肉江戸型の美貌, 七八水の出花, 七八洗いざらしの単, 七八流見えるだけ, 七八深川生れを自慢, 七八点エッチングが三十点, 七八猫背で獅子鼻, 七八町わきの村方, 七八町上りたる處, 七八町上流だ, 七八町下りたる所, 七八町向うの質屋, 七八町宿形ちを, 七八町山を登っ, 七八町岩層の小高い, 七八町最高峯の頂, 七八町距たった大, 七八町逆もどりだな, 七八発の拳銃, 七八百それに三間半, 七八百キロのあいだ, 七八百メートル先に例, 七八百万円にのぼる, 七八百上りたりと, 七八百人いずれも高々, 七八百匁程度の風呂敷, 七八百年来の建物, 七八百挺の鉄砲, 七八百石位でもあった, 七八百磅の収入, 七八百頭だそう, 七八百騎大島峠にも三, 七八目的なしに, 七八県に農民道場, 七八眼附もどこ, 七八石乃至十餘石, 七八石のもあり, 七八票の順, 七八私は十, 七八科程も持っ, 七八立派な白鼠, 七八筋に分れ, 七八箇所もえんえん, 七八箇月ゐた後, 七八箇月ぶりに故郷, 七八節で三洋丸, 七八粒あった, 七八級の石段, 七八級位に分け, 七八細面の色白, 七八紺地斜綾の吾妻コート, 七八綱田屋五郎次郎よりは少し, 七八羽横にずらりと, 七八肩幅のわり, 七八背の高い, 七八脂の乘, 七八臺の自動車, 七八色蒼黒く気味が悪い, 七八茎ずつ挟ん, 七八蝋燭も拔, 七八西洋臭い口髯, 七八西洋人の迷信, 七八計なる女房, 七八貫十二カン全然純粋とき, 七八貫目予が先立ち, 七八赧ら顔で大兵肥満, 七八軒先の向い側, 七八軒奥の方, 七八軒皆二階建にて上口, 七八軒看板を並べ, 七八輛の黒塗車, 七八輩が徒歩, 七八道相湊リ南流シテ北原ヨリ牧平ニ出ヅ上流ヲ漆川ト云, 七八郵船会社上川丸船長工藤嘉三郎方の留守宅, 七八都風俗のあでやか, 七八里上流の前記小鱸, 七八里四方の地盤, 七八銀の手, 七八銀上りか, 七八銭十銭ぐらいで, 七八銭当りで上陸, 七八間あとから歩い, 七八間うしろの道, 七八間下を碓氷川, 七八間位の円く, 七八間向こうのやみ, 七八間廂はある, 七八間彼方なる木蔭, 七八間後の草ムラ, 七八間砂洲之に連なる, 七八間藤蔓の輪, 七八間隔ったら浪, 七八隻快速の小艇十余艘, 七八隻碇泊して, 七八雪江さんと追っつ, 七八青髯の跡, 七八非凡の美し, 七八面長な顏, 七八頃の銘仙衣類等, 七八頃種がなく, 七八項目くらい, 七八頭群れをなし, 七八馬関の風景, 七八髪はおすべらかし, 七八髯の跡, 七公尻ウさげろって, 七六〇〇〇年と推定, 七六〇〇英里なり, 七六〇ミリメートルの圧力, 七六〇万円ドイツは八六〇万円, 七六〇二二円八年度が七六, 七六〇年開店のキャフェ・グレコ, 七六スペイン人の妄信, 七六ツかしくて聞く, 七六パアセントだけ衣食, 七六ホンコンの美, 七六ヤソ教と仏教, 七六ヶしいだけに, 七六一七五五年には一対一〇八, 七六一人に増大, 七六一以下にカトー, 七六一年五月八日に生れた, 七六七メートルの三角点, 七六七九八〇ページ八二からページ八五, 七六七年と一七六八年, 七六七年版ヨンストンの, 七六三年二月十五日フーベルスブルグの講和成立, 七六両国橋見せ物に六足馬絵, 七六九三一と見積られた, 七六九年にその, 七六九年インドの北西部飢饉, 七六九年シベリヤ流刑を宣告, 七六九年版バンクロフトの, 七六二一六円という具合, 七六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 七六二年を威嚇, 七六二年一月十九日すなわち大王悲境, 七六二年侯が死ん, 七六五千二百七十六に三八, 七六五年と記され, 七六五年頃には既に, 七六八日となっ, 七六六・七五メートルになるであろう, 七六六年ロシアへ招かれ, 七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 七六六年二月十四日に生まれた, 七六六年度の各種報告, 七六六萬年八六六萬年等となり, 七六四年以後には大, 七六四年生れの女, 七六市内外の所見, 七六年アラゴンの王位, 七六年ハドリアヌス五世の後, 七六年パリ板タヴェルニエーの, 七六年フィリップの長子ルイ死, 七六年マドリット板ナワレッテ師の, 七六年マドリッド板ナヴァレッテの, 七六年マドリッド版ナヴァワッテの, 七六年ロンドン版ジェラード・レーの, 七六年七月選ばれて, 七六年三月九日始めて, 七六年以後一八九九年に至る, 七六年以来の第, 七六年十一月十五日巴里に生れた, 七六年巴里版タヴエルニエーの波斯紀行一卷六一六頁, 七六年板ギルの, 七六年版ゴルトチッヘルの, 七六年版タヴェルニエーの, 七六年頃から音, 七六森長七方の二階三疊, 七六歩九四歩に次ぐ, 七六歩坂田の九四歩, 七六番地に住ん, 七六試合という長期戦, 七衝からそこ, 七兵衝は炭団, 七兵衞さん先刻お前私にお, 七兵衞さん此方へお, 七兵衞さん私参って, 七兵衞さん薪炭を使わん, 七兵衞雪だらけになっ, 七内らの理性, 七内一人で会う, 七内八崎ありと, 七内村上八郎左衛門石原太郎左衛門鳥越五郎兵衛河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 七円あまりも巻上げられ, 七円のと言っ, 七円パにし, 七円七十五銭の手間, 七円七十銭平土間一間六円七十銭で別に, 七円七年度が七六, 七円三二銭九厘この数字, 七円三十銭食費は同様, 七円二十一の時, 七円五〇銭と上っ, 七円五円になり, 七円五十銭三十一日の時, 七円五十銭今日の相場, 七円五十銭小鑵が一円五十銭, 七円五十銭日ぱい料北室院に上げる, 七円何銭チップ帳場へ二十円, 七円八十銭かでしょう, 七円八十銭二等兵で七円三十銭, 七円八拾銭なんてもう, 七円六十銭の二本, 七円十円と価格, 七円強それと合し, 七円清潔法施行に依る, 七円生徒一同よりとし, 七冊八輯は一度, 七冊揃いの大変保存, 七冊本になつて, 七冊百四十枚それに御家流, 七冊目の, 七冊続きであったが, 七ばかり讀み通し, 七册以下は皆顯正之卷, 七册披き見る九月十四日, 七冷笑気味な口吻, 七処パタラに多, 七といふ, 七出方の藤吉, 七出来て間, 七出義絶の状, 七分がた口の中, 七分がらみ詰めて, 七分くらゐしか, 七分つかつて合計三百十八分, 七分づゝだ大けえ, 七分づゝだ粒は小, 七分どおり大戸をおろした, 七分の一出生率は二六分の一, 七分の一女子は二九分の一, 七分の一女子四二・八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 七分の一弱しかありません, 七分の一死亡も同一, 七分の一選挙伯領では三五分の一, 七分の五となる, 七分の信力をもっ, 七分の入りでした, 七分の入り終頃はざっと, 七分の八十六番位で出た, 七分の六の左側, 七分の六強はみな公民, 七分の冷笑気味でおりました, 七分の割で混ぜ, 七分の勝ちをつかん, 七分の勝利と見, 七分の同感と三分の滑稽味, 七分の威厳に三分の優しみ, 七分の安心でうけとっ, 七分の小国とわれわれ, 七分の帆を張れ, 七分の形容ではない, 七分の後に暗い, 七分の心力を一角, 七分の恐怖で煙草入, 七分の感歎に三分の余情, 七分の損であるかれは, 七分の未練ありて, 七分の気もちできい, 七分の気味あひで, 七分の水を入れたる, 七分の汽車に乗れ, 七分の洋上であったと, 七分の生産減を見た, 七分の男の半数, 七分の益ある時こ, 七分の線にまで逐い詰め, 七分の負けだ, 七分の軍備費は日本, 七分の酔を帯びたる, 七分の間に行かれる, 七分の附近では湿度, 七分の雪はその, 七分の飯をかっこん, 七分めぐらいしかない, 七分オリジナルの部分, 七分カレイ・ドウヴァ間の汽船, 七分スフ三分という布地, 七分タイタニックが船首, 七分一ばかり残る, 七分七厘の棄権, 七分三分のかねあいの, 七分三分の兵字構えとなる, 七分三分の兼ね合いというところ, 七分三分の眼くばりで, 七分三分の考慮中で娘, 七分下呂着湯の島館へこ, 七分事の様子, 七分二〇秒一九度二分四〇秒というよう, 七分二厘に過ぎません, 七分五厘人口に於い, 七分五厘位の入り, 七分五厘餘の下落, 七分京都着大文字屋へ, 七分人口に於い, 七分以上この趣味, 七分以上ハ草木生セサル程, 七分侠三分なり, 七分先刻お話し申した上等, 七分八分は値段, 七分八分の配当を得よう, 七分八分五厘という高利, 七分八厘四毛であったと, 七分勤王派が三分, 七分半だけ待っ, 七分厚みの一枚板, 七分名古屋発のさくら, 七分四寸である, 七分夕方五時ごろから七度五六分, 七分外国人三分という割合, 七分姑を罰する, 七分川棚温泉よ左様, 七分強か八分弱だ土曜, 七分強調子は鼻, 七分梨枝子へ三分, 七分水三分酒と申位, 七分活劇的なところ, 七分珊瑚玉の緒締, 七分画家に三分の割合, 七分発にて小諸, 七分目あたりウニヤンエンベの部落, 七分目づつ位なり, 七分目八分目まで攀じのぼっ, 七分着の列車, 七分着急行で暁葉子, 七分禄を取っ, 七分私が三分的, 七分立の写真, 七分粥を火, 七分総ての荷物, 七分芯のランプ, 七分西洋のそれ, 七分西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 七分身像でぶつ, 七分近い入りになっ, 七分通も落ち, 七分通り不可能になっ, 七分通り不可解であった, 七分通り成功して, 七分通り水の方, 七分通り満員の車内, 七分通り虫が入ってた, 七分通り駄目だと, 七分雑談をやっ, 七分青年を三分, 七食って, 七の深, 七列車が出る, 七花の, 七利八その他關係者を洗ひざら, 七刻ごろ町風呂へ行っ, 七刻下がりの刻限, 七刻下りの陽, 七刻仕舞いが規則, 七刻六分に始ま, 七刻前じゃ観, 七刻半に終り, 七刻近くに仰がれる, 七刻過ぎだぜ, 七刻限りといっ, 七刻頃になる, 七なる人, 七割五六分を増す, 七割五分農村の五割, 七割位ありますが, 七割値上げした政府, 七割八分余から成立っ, 七割八分食費四割以上その他あがって, 七割六分餘も尚, 七割四分だけのもの, 七割弱には恋着, 七割強が支那人, 七割方合わせる可能性, 七割減となりました, 七割税にはすこしも, 七勇士はできるだけ, 七動機の所在, 七動物が囲繞, 七の歌, 七勝五郎ら十一人と連れ立っ, 七勝造達兄弟には甥, 七勺それが十日, 七勺九秒を給せられた, 七勺配給になる, 七勾股の長, 七匁五五九一ポンドは十六オンス, 七匁五分は一両, 七匁五分の白米が二百匁近く, 七匁六分なり, 七の小紋三, 七化役者尾上小紋三が丹那, 七北十字とプリオシン海岸, 七匹枕をならべ, 七匹買へば, 七匹買つて置かう, 七区警察署の巡警, 七十〇年の夏, 七十あと三年ももつまい, 七十がらみ女の方, 七十くらゐで, 七十たび説したれども, 七十だし私は十五, 七十ぢ三とせ老い暮れぬさりとて, 七十ぢ四つ越えぬ今, 七十ぴきか八十尾, 七十エエカアの林, 七十カペイキで売る, 七十カ寺を有する, 七十キロ東か, 七十クヲタアに過ぎないであろう, 七十トンの小さな, 七十トン一千馬力というの, 七十トン位だと, 七十トン百二十馬力の汽船, 七十トン積みばかりのスクーナー帆式, 七十ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, 七十ドルに切り下げる, 七十パアセントに天, 七十パーセント以上である近代重工業, 七十フィート近くの高, 七十プロセントに恋する, 七十プロセント以上はこれ, 七十ボルトから二百ボルト位, 七十マイル以上のところ, 七十ミリ内外で体, 七十メートル程度とする, 七十ルーブルから詰まっ, 七十ヵ月以上というもの, 七十一キロもあっ, 七十一フランには上るであろう, 七十一・九四となり, 七十一万余坪で前掲, 七十一代は京都, 七十一個の四角, 七十一円よ, 七十一年一月にアフリカ東海岸, 七十一年間の生涯, 七十一度を少し, 七十一度十一分に位し, 七十一戸二十九棟を焼き, 七十一日生きて, 七十一条に, 七十一條に左, 七十一歳丈上に溯る, 七十一歳四月二十日出精に付金五百疋, 七十一歳春琴の家, 七十一皇天又何心, 七十一篇の目, 七十一篇存在したが, 七十一米六の三角点, 七十一米六富士見の南, 七十一軒という有様, 七十一銭ですが, 七十一銭牛の舌, 七十一頁の小, 七十丁餘死亡の者六十三人, 七十七ニッケルを二十三, 七十七パーセントは雨, 七十七マイルあり, 七十七万余という勢, 七十七両三分で百五十五個半, 七十七人マイナス四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 七十七人目だ, 七十七代後白河天皇御建立, 七十七以疾卒葬吉津村観音寺, 七十七八年の交, 七十七八度であるから, 七十七八度夜間七十四五度なりしが, 七十七円だわ, 七十七十三としわ, 七十七哩するの, 七十七回一顆の智玉, 七十七回目の練魚, 七十七坪たるに過ぎなかった, 七十七尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 七十七年前後のあたり, 七十七年目に此, 七十七度三分の一式の建築, 七十七日に筆, 七十七日めの夜, 七十七日目ごろよし, 七十七曲のうち, 七十七正造は五十一歳, 七十七歳むかしは奥平藩士, 七十七段ありますと, 七十七港に及ぶ, 七十七留なりをうけとり, 七十七番が出る, 七十七番地に移した, 七十七盧鈞傳に, 七十七神の申子, 七十万づつ殖へて行く, 七十万トンに比べ, 七十万ドルの予算, 七十万フランだと, 七十万両の古, 七十万人近くを殺し, 七十万以上あると, 七十万余部を出し, 七十万円以上にあたる, 七十万字悪金子, 七十万日然後, 七十万石徳川従三位とある, 七十万記念の会, 七十万諸が, 七十万頭ありと, 七十丈にも余る, 七十丈朝日の影, 七十三カペイカになりました, 七十三トンにし, 七十三七十四七十九八十八十一の五巻, 七十三万人役で費用, 七十三万六千人が働いた, 七十三万石何するもの, 七十三万石没所であろうぞ, 七十三人中死亡が三千二百五十五人, 七十三件の事実, 七十三円を得, 七十三分です, 七十三匁六分を余せり, 七十三参拝者の種類, 七十三号から百〇八号, 七十三名の政友会席, 七十三四歳位であらせられた, 七十三対という有様, 七十三尺八寸あり根元, 七十三尺黒岳が六千五百四十九尺, 七十三年一月十日でムネ・シユリイ, 七十三年五月一日の夜明け, 七十三年以前には一人, 七十三年前に早く, 七十三年文化四年に七十一歳, 七十三度五分から七十五度四十分, 七十三度海水七十四度なり, 七十三手のうち, 七十三才だといふ, 七十三条を改定, 七十三條天皇太皇太后皇太后皇后皇太子又は皇太孫, 七十三條裁判所構成法第五十條參照, 七十三棟僧侶の数, 七十三歳本因坊は私, 七十三段に, 七十三町歩がちょっと, 七十三番の札, 七十三百七等の諸, 七十三石余である, 七十三節もある, 七十三羽蘆は固, 七十三議会に先立つ, 七十三里は一夢, 七十三首で断然群, 七十三首長歌二百六十二首旋頭歌六十一首という数, 七十世帯ばかりの労働者, 七十両三歩という嫌, 七十両余が宿方, 七十両請取たこと, 七十九ヵ国の平和, 七十九二十五四十二五十三という年齢, 七十九人津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 七十九個の惑星, 七十九八十八十一の五巻, 七十九哩も歩い, 七十九市町村に達し申し, 七十九年ヴェスヴィウス山大噴火のみぎり, 七十九年出版アンダアソンの著, 七十九年十二月二十一日のこと, 七十九年十二月四日コーペンヘーゲンでである, 七十九年四月イブセンはデンマルク, 七十九年木星に接近, 七十九日工場と役所, 七十九時間と三十分, 七十九歳三十五年撃剣をし, 七十九歳白髪頭にトンボ, 七十九石を有し, 七十九秒間に生, 七十九米の地点, 七十九連隊では二十四人, 七十九里半四国の讃州高松, 七十九銭米一升三合もったいなかった, 七十九頁までには全快写真, 七十二キロいわゆる九州山系, 七十二サンチでちょうど, 七十二フィート幅二十四フィートという煉瓦づくり, 七十二マイルあり, 七十二マイルその間数千フィートの峻坂, 七十二万人の労働者, 七十二三度の湿度, 七十二三歳頃の子, 七十二三米を下る, 七十二五十もしくは三百五十等, 七十二人大垣勢千八百二十七人この二藩, 七十二人未婚六十七人となる, 七十二個の贋塚, 七十二候とて時, 七十二切百二十切等の區別, 七十二勝だの, 七十二匁余ずつ毎日, 七十二句ほど拾, 七十二囘の航海, 七十二図に及ぶ, 七十二巻を作っ, 七十二年前果たしてそこ, 七十二年間に第, 七十二度仰角八十度の方向, 七十二座あります, 七十二弟子とて高弟, 七十二戰の艱難, 七十二才の前田某, 七十二文とか天保一枚, 七十二文伊丹西宮上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 七十二文近江屋代七十文銚子代六十文とある, 七十二日間日々耐え忍んだ苦痛, 七十二条これにたいする刑統, 七十二枚かき上げました, 七十二枚書上げた, 七十二歳白髪無髯, 七十二法だなどといふ, 七十二犯といふ記録保持者, 七十二町の一里土人旅人, 七十二町一里五十町一里ありと, 七十二番は一号, 七十二石を食み, 七十二社を東大字, 七十二神明不衰, 七十二神社のその, 七十二箇所のトンネル, 七十二米約五千二百尺, 七十二萬九千六百餘棟田畑の荒された, 七十二貫のもの, 七十二銅と嫁, 七十二錢を受け, 七十二門の廻廊, 七十二間西に二十七間, 七十二間間口四十六間の広大, 七十二隊を為し, 七十二首を献げ, 七十五クヲタアの報酬, 七十五サンチームであがる, 七十五センチというりっぱ, 七十五セントそれで船頭達, 七十五ドルまでで売られる, 七十五パーセントの労働者, 七十五ポンドレールの脊, 七十五ルーブリ以上だ, 七十五万トン輸入しようと, 七十五万九千だが, 七十五万俵凶年には四十万俵, 七十五万年前にサル, 七十五万石の相続者三河守忠直, 七十五丈ともいふ, 七十五丈南北もまた, 七十五両勤メト入用ガ急ニ林町ニテ出来タトテ, 七十五両銭三貫二百四十二文が不足, 七十五人ウソトキとこう, 七十五人口がかなり, 七十五人惨死したという, 七十五人百人万人と多く, 七十五倍となっ, 七十五入水者の救助, 七十五六の人, 七十五六歳マデハ可能デアルカラ思イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 七十五円それだけが必要, 七十五分考へて, 七十五刻に終る, 七十五匁は一円二十三銭七厘五毛, 七十五匹すんで, 七十五匹住すと, 七十五十と兵, 七十五十ほか合せて, 七十五台目の寝台, 七十五号何だかい, 七十五哩山駕籠に乗っ, 七十五坪の一階, 七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 七十五尋以上の深海, 七十五尺といふよう, 七十五尺東西或ひ, 七十五年三月一日午後十時同所で死ん, 七十五年生息不可能説が爆撃直後, 七十五年生息不能説の本態, 七十五年間ペストが流行, 七十五度あたり氷河と峻険, 七十五度四十分に亙り, 七十五度夜間五十五度内外の温度, 七十五度西経百七十度といふ氷海, 七十五座のお, 七十五役だったと, 七十五戸である, 七十五所を罷, 七十五文の稼, 七十五斤に相, 七十五日あれまでにやられる, 七十五日づつ何遍生き延びて, 七十五日といはるる, 七十五日ぶりだ酒, 七十五日ッて言います, 七十五日以上経過して, 七十五日長生きをした, 七十五日間も相州さま, 七十五條に推定家督相續人, 七十五歳生誕日の翌某, 七十五歳致仕に至る, 七十五段も面白い, 七十五瓩の大きい, 七十五番地へ住む, 七十五番街の宿, 七十五疋の眷属, 七十五石所持有之候得共江戸表年々日増しに御, 七十五艘に激増, 七十五萬マルクを毎年五個, 七十五萬人が餓死, 七十五行の文, 七十五話に名, 七十五輌敢て大音寺前, 七十五連隊ででき, 七十五銭一枚が二十五銭, 七十五銭也の女工さん, 七十五銭平均ぐらいにしか当りますまい, 七十五錢と懸, 七十五錢づゝだといはれて勘次は懷, 七十五頁までを見, 七十五馬力の発動機, 七十人中には騎馬, 七十人仏人は五, 七十人位やって来た, 七十人余りの同勢, 七十人八十人と集つて, 七十人分七百円薬が二千百円, 七十人家人三十人総勢百人と注された, 七十人残りが小者, 七十人町で, 七十人皆死在回, 七十人相集まりて, 七十人真昼間の春, 七十人近くの人間, 七十位私が最後, 七十何パーセントかは犯罪者, 七十何人侍臣奴隷たち六百何十人このほか, 七十何人試験料丸取られさ, 七十何円二百円前借してるから, 七十何哩奥地のカンディー, 七十何囘もこの, 七十何年前かの忠臣蔵, 七十何番とかあっ, 七十何銭しかない, 七十余ヵ国が代表, 七十余万斤という産銅額, 七十余万斤二十四年には一千二百七十余万斤, 七十余万石動員兵力量四万四五千にすぎない, 七十余万陣を布い, 七十余人華を散, 七十余人負傷者は炎日, 七十余体の死骸, 七十余侯の大軍, 七十余円思えば, 七十余区を没した, 七十余名我ら同僚一同当地市民の会葬, 七十余回ということ, 七十余大名五万余の兵, 七十余尺の頂上, 七十余年前この地, 七十余年前和蘭でつくられた, 七十余年前明治十三年の夏, 七十余年間の舞台, 七十余戸ことごとく入獄, 七十余日敵数万の包囲, 七十余日西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, 七十余日間病牀の人, 七十余枚しか仕事, 七十余男あり, 七十余町歩藩の, 七十余畳もあった, 七十余級を梟, 七十余藩の武士, 七十余輛を分捕っ, 七十余通の手紙葉書, 七十余間を仲店, 七十余頁の大冊, 七十余首と数えあげた, 七十余騎で, 七十余齢の武者, 七十余齢いまでは深く, 七十個百には満たない, 七十億円十五の工場, 七十兩横瀬忠右衛門の二百兩等等, 七十八万余円のうち, 七十八九度であった由, 七十八二十の諸区, 七十八人七十八人とそれ, 七十八代の天皇二条, 七十八個の魚形水雷, 七十八十九日の頃, 七十八十稀には九十一, 七十八卷のもの, 七十八号のロオド・スタア, 七十八名を獲得, 七十八回の五分利国庫, 七十八年に國内, 七十八年チャールス・ピアスによつて, 七十八年十月といふ日附, 七十八年十月十九日ローマにてとしてま, 七十八年間の人類文明, 七十八戸が災, 七十八日五九年の記録, 七十八日遊記支那文明記支那漫遊記支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 七十八本であった, 七十八本お通し六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 七十八歳信心者で毎日神仏, 七十八歳四十七年間もの長い, 七十八歳現代風に満, 七十八歳甲午の年, 七十八歳道の為, 七十八番地で車, 七十八竿飛は一丈三尺, 七十八米突という抜群, 七十八翁は水涕, 七十八萬五千餘町に上り, 七十八軒の本, 七十八里とある, 七十八銭也と書い, 七十八間その横三百八十五間, 七十六トン二本マストのスクーナー型帆船, 七十六パーセントの二百七十人, 七十六マイルに達す, 七十六メートル男體よりも六メートル, 七十六・三一であ, 七十六七度に達す, 七十六人二十三日も十六人, 七十六以上になれ, 七十六六十年の大昔, 七十六分使つてゐる, 七十六号遠山勝男が親子, 七十六回なおしました, 七十六回前後のところ, 七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 七十六城を将, 七十六大隊騎兵四十二中隊砲兵六十八中隊を敷い, 七十六年五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 七十六年春二月大日本根子彦太瓊天皇崩, 七十六度厠へ通, 七十六日めの夜, 七十六日間に夢みし, 七十六歩とすべき, 七十六生木を裂, 七十六番にかけれ, 七十六票木村半兵衛七十八票という圧倒的, 七十六箇の千両箱, 七十六米の峰名, 七十六語でその, 七十六里を飛ん, 七十六里奥州中村六万石相馬大膳亮殿の家臣, 七十六間のあづま橋, 七十円七カケで売っ, 七十円今では百八十円, 七十円以上借りてないもの, 七十円以上貯金を下げ, 七十円余り残って, 七十円八十円では, 七十円八十銭ふた十銭, 七十円六人分で千七百七十円也, 七十円内外一坪当り約六円, 七十円夜具ふとん八十円何, 七十円掛つた服でそれ, 七十円白米は一升百七八十円, 七十冊ばかりの唐本, 七十冊チェックした分, 七十分間この汽車, 七十匁一銭残菜一人一度分一厘残汁同上二厘だいたい残飯生活, 七十古来稀れなり, 七十古来稀何か腹, 七十台に及べり, 七十台うちの前, 七十号に載する, 七十合得物も砕ける, 七十吋余の截断刃, 七十名位にはなった, 七十名重傷者約二百名, 七十名院内絶対過半数を穫, 七十呎だが, 七十周年になる, 七十哩マルバからホルトショ州, 七十哩幅十二哩の長方形, 七十哩許り疾走, 七十噸戦車よりもすごい, 七十四か村にも及ん, 七十四エーカーの土地, 七十四カ寺あり, 七十四ゲレインである, 七十四メートルは山, 七十四ヶ所に及ぶ, 七十四七十九八十八十一の五巻, 七十四万二千五百四十九円なり, 七十四万五千九百二十六匹あり, 七十四万四千町歩に落ち, 七十四両と若干, 七十四五としか思はれぬ, 七十四人未婚者六十七人みな上流の紳士令嬢, 七十四個行儀よく前, 七十四億九百万ルーブリという金, 七十四円七十二銭ということ, 七十四十七十四とつまり短歌, 七十四名か, 七十四名堂塔三十宇七堂の荘厳, 七十四回に及んだ, 七十四回帝国議会開院式の勅語, 七十四型というの, 七十四年九百年九百九年の文書, 七十四年十一月十三日彼はザンジバル港, 七十四年四月十八日盛大な国葬, 七十四度三十分のところ, 七十四文大鮪片身二百二十四文, 七十四段に至る, 七十四版を重ね, 七十四町浸水七百九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 七十四番地五十二号菅虎雄方に候間, 七十四米の烏帽子山, 七十四米二と測られ, 七十四軒が最も, 七十四門を幕府, 七十回誕生日に子供等, 七十國戰國時代には十國内外, 七十圓に賣, 七十圓づゝも仕送され, 七十坪あまり浅いところ, 七十太史公自序の最後, 七十妹は六十一, 七十婆さんは薄, 七十子以後孟子以前の時代, 七十字前後あるいは三百二, 七十家の位牌, 七十寸位だと, 七十尺以上もある, 七十尺以上百尺内外なり, 七十尺余り距離は直径, 七十尺底には一滴, 七十巻ばかり散在, 七十年どこにも区切り, 七十年以上あったらたまらない, 七十年以上封建的な絶対主義, 七十年以前に急, 七十年以前島原始まって, 七十年以後に當, 七十年位は住ん, 七十年余りも前, 七十年前ドイツの化学者, 七十年前英国の思想家, 七十年戦役の勇士, 七十年正月七日越後の国塩沢, 七十年百年たっても, 七十年百年後に延びる, 七十年目の行事, 七十年目百年目に此那, 七十年程後くれて, 七十年自分が心底, 七十年足らずで倍以上, 七十年間一里半向う, 七十年間日本のブルジョア文学, 七十年間近くが半, 七十幾つ余計になります, 七十幾カ国を数え, 七十幾両の金, 七十幾年前明治九年の真夏, 七十幾年多くの女王, 七十幾本に及ぶ, 七十度ニ在リテ酸素, 七十度代だと, 七十度以上の温度, 七十度以下なり, 七十度位にし, 七十度位華氏の百五, 七十度北緯は三十何度, 七十度台だから, 七十度四十分の地点にあり, 七十恰好の老, 七十才乗物ぎらひの酒ずきとよ, 七十挺の旋条銃, 七十数カ所から火災, 七十数件である, 七十數囘もその, 七十文百に足らぬ, 七十文銚子代六十文とある, 七十方里現在二十三ヶ町村の沃土, 七十日あまりで終り, 七十日ただのいちど, 七十日二度目の大, 七十日以上も横, 七十日分と外, 七十日無事でいて, 七十日目ニ床ヲハナレタソレカラ今ニナントモナイカラ, 七十日目約束どおりこれから先, 七十日足らずの姉, 七十日近くブラブラし, 七十日間の電車賃, 七十日間床についた, 七十有一死旦夕に在り, 七十有一筋力衰微し朝夕危懼, 七十有餘人とある, 七十本づつ吸つてぼんやりくらし, 七十本八十本と並ん, 七十束と苅りあつめ, 七十条その他, 七十枌楡猶且路三千, 七十枚おまけに足, 七十枚八十枚と書かなけれ, 七十枚書き終ったの, 七十枚綴で四冊, 七十機を, 七十歩を民, 七十歳あまりの老婆ひとり, 七十歳代十人六十代四人五十代七人四十三十の壮年者, 七十歳位と見ゆる, 七十歳八十歳以上まで持っ, 七十歳前後の老人, 七十歳後の事, 七十歳普通選挙法案の演説中, 七十歳未満では窃盗四人, 七十歳研究的なやや, 七十歳舜は五十歳とい, 七十歳間近にはなる, 七十段より第, 七十海内仰イデ儒宗トナス, 七十海里でとれた, 七十点位であった, 七十点歴史などは吾三歳, 七十燭の下, 七十爺さんじゃなあ, 七十現界の祝詞, 七十町廻りは五里四方, 七十畳ほどの広い, 七十畳舞台を二十畳, 七十疋多い時, 七十百まで生き, 七十石以上この畠, 七十石千石の炭薪, 七十磅持って, 七十種位の雑誌, 七十種類ほど漫画, 七十章にはある, 七十篇以上の, 七十米突少し嶮, 七十米突主峰の北, 七十糎だから, 七十糎程度のもの, 七十組同時に動く, 七十老翁欲何求復載, 七十艘を率い, 七十英町の変化, 七十萬兩あつた, 七十萬噸水準下のを合, 七十萬戸を算する, 七十萬錢を擲つ, 七十行程度のこと, 七十街のある, 七十貫目から八十貫目, 七十軒も押し流された, 七十軒その他の水菓子, 七十遍軽重義を講ずる, 七十過ぎの靄山, 七十郎おまえがへん, 七十郎めを緊め, 七十郎十左どの蜂谷六左衛門どの, 七十郎後藤孫兵衛真山刑部という顔ぶれ, 七十部ぐらいは大して, 七十里京都へ二百四十八里, 七十里夜に迫る, 七十金も領, 七十銭ぎめのところを一円やりました, 七十銭どまりだ, 七十銭のを買っ, 七十銭ビスケが四十銭, 七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 七十銭中等一円三十銭平土間上等一円五十銭中等一円十銭と記載, 七十銭也の食費, 七十銭増の二円半, 七十銭増しなら行くといふ, 七十銭女三十銭の賃銀, 七十銭席一杯では, 七十銭平土間一間六円七十銭で別に, 七十銭昼夜間用は自家用八円四十銭, 七十銭程度に取引, 七十銭級といふ現在, 七十銭高土間三円五十銭平土間二円八十銭であった, 七十錢取つた, 七十門をもって普軍, 七十間幅二十三間あり, 七十隠居へもらわれ, 七十頁近く読み隆ちゃん, 七十頃であろうどことなく, 七十頭某の九十頭, 七十餘丈落ちたぎつ瀧, 七十餘國と云, 七十餘年の後, 七十餘年間南北兩つに, 七十餘度の難, 七十餘日の間一日, 七十館に倍加せり, 七十首を抜き出した, 七十體のミイラ, 七千エーカーに過ぎませんでした, 七千カロリーを要する, 七千キロは飛行, 七千キロメートルの早, 七千グラムの酸素, 七千トンの, 七千フロリンを儲け, 七千ポンドに相当, 七千マイル日数四週間の長途, 七千メートル時速百八十キロ略西方に向け, 七千ルーブルとを一緒, 七千ヴォルトの電圧, 七千一号艇廻転楕円体ノ白雲内ニ, 七千七百七十七人です, 七千七百七十七人マイナス四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 七千七百人あるです, 七千七百人二十代目には一億六千六百八万五千余人, 七千七百円の恩給, 七千七百十四校あり, 七千万フランの償金, 七千万人ギリシア宗徒もまた, 七千万人合計五億人なりと, 七千万人民が発する, 七千万円十年度のは約, 七千万匹でそれ, 七千万同胞の信念, 七千万男女人民の生存, 七千三十七円であって, 七千三十両ござりまする, 七千三十二尺赤岳が六千八百五十七尺, 七千三百七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 七千三百二十六人去年の九月一目, 七千三百五十七尺戸村牛岳が七千六十五尺, 七千三百六マルクなり, 七千九十六人となった, 七千九百余両ところで此金, 七千二百三十人なれば, 七千二百三十人いずれも皆, 七千二百三十八社を合併, 七千二百九十一貫六百四十八匁の食物, 七千二百人の内, 七千二百六十二マイルなり, 七千二百六十呎という数字, 七千二百十二呎と書い, 七千五十八かなあ, 七千五百から八千カロリー, 七千五百七十二人の多, 七千五百九十三人とされ, 七千五百二十八戸を支配, 七千五百二十六万四千米ばかりも喰い, 七千五百五十八尺ただに北海道, 七千五百五十八尺北鎮岳は七千四百十尺, 七千五百廿里とある, 七千五百石の扶持, 七千五百程度であった, 七千五百行づつ克明に書き込むだ, 七千五百騎ばかり見る, 七千人伊太利から八万人, 七千人位の労働者, 七千人口三萬五六千もある, 七千人戦死の時, 七千人海へ溺れ, 七千人自動車関係約二千人, 七千以上の勝, 七千何百円とかです, 七千余人すべてが殺され, 七千余人保元の昔, 七千余艘もあり, 七千俵其他に豆, 七千個だと, 七千八千二万三万五万十万の読者, 七千八百〇二年の, 七千八百万の同胞, 七千八百両でヒイ, 七千八百余人舶長さ四十四丈広さ十八丈, 七千八百平方ヤードの帆布, 七千八百石の旗本, 七千八百米突のムスタアグ・アー夕山, 七千六人の婦人党員, 七千六十五尺凌雲岳が七千三十二尺, 七千六百ルーブリという巨額, 七千六百万ルーブリの工業生産予定, 七千六百二十五人で百二十年間僅か, 七千六百留を全, 七千円これを美代子, 七千円一万円など, 七千円以下はありませんでした, 七千円余りの借金, 七千円合計二万二千円契約があります, 七千円往復旅費が四千余円, 七千円近くとる, 七千円金が昨日, 七千卷もありませう, 七千名で三二年, 七千名ばかり名ばかり七十, 七千哩の中, 七千喊声を上ぐること波, 七千噸巡洋艦二十五隻を以て固め, 七千噸巡洋艦隊はその, 七千四十一マイルありと, 七千四百七十円の間違い, 七千四百万貫の塵芥, 七千四百二十一円信徒の寄付, 七千四百五十八石三斗の力, 七千四百八十五万円見当である, 七千四百十尺旭岳の方, 七千四百石と唄, 七千四百間とある, 七千坪に過ぎず, 七千尺富士山の二倍, 七千尺西ハ同上古金鉱アリ天正中武田氏, 七千年前の旅人, 七千戦死した, 七千戸あった, 七千戸最後に一つ, 七千把の仕出し, 七千數百万萬の人間, 七千數百萬の人, 七千斤のチーズ, 七千有余の小児等, 七千本の大根, 七千枚外に宝物無数, 七千町の木, 七千町歩という山林, 七千百七十万トンに比べ, 七千百三十一語を書き込ん, 七千石あまりの館主, 七千石断絶に及び, 七千石足らずの小城ひとつ, 七千石鍋島様の御, 七千磅を奪っ, 七千票でしょうかなあ, 七千稲麻の如く, 七千穂子が三十三, 七千老若婦女を合せる, 七千萬圓餘であ, 七千貫から八千貫, 七千部を売り切った, 七千頓で米国通い, 七千頭をひきつれ, 七千餘卷のどの, 七千餘萬の同胞, 七千餘里始渡一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離, 七千首を烏有, 七升五合枡で取立てる, 七半兵衛久兵衛とありし, 七南洋の迎年, 七博士は率先, 七卜位だった, 七卜筮御鬮, 七即ち二分五厘下落し, 七卷三百二十五章外に附録一卷, 七卷半の三上山, 七厘ビールがストックビール小びん十五銭, 七厘五毛それを七人, 七厘位がよく, 七厘宛に取りやす, 七厘炮烙または厨子, 七原勘兵衛等と共々, 七友吉六助夫妻, 七双方は何, 七反柴絹七反毛皮三枚五個五色の宝石, 七反歩而かもなほ寺, 七反毛皮三枚五つの五色, 七反目にいたり, 七反紫絹七反毛皮三枚五つの五色, 七反紫絹七反毛皮三枚五個五色の宝石, 七口外すると, 七古代瓦と今, 七古株の価値, 七句拾ふ, 七句目のへん, 七句集到来雀と鴉, 七句集発送の用意, 七可愛いあの子, 七台場附近の地, 七台待機させ大手町側, 七は世に, 七史蹟古伝を亡ぼし, 七右衛門山川小七岸九兵衛の三名, 七右衞門と六右衞門, 七号三室つづきで十留, 七号九一頁に述べ置いた, 七号二十八号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 七号以後ただの, 七号位の活字, 七号機は箱根山, 七号線へ道, 七号船そのものに特別, 七号誌上に掲載, 七号鉄道線路踏切において無惨, 七号颱風にやられた, 七合下りまで銀流し, 七合二勺五才ずつ二千五百八十名, 七合入のジョッキ, 七合八合となる, 七合目辺と思われる, 七合目附近から暗く, 七合衆国の三七%, 七合計三二四八〇六八であった, 七吉祿を望ん, 七吋艇の形, 七二十七年今川了俊卒する, 七同族世々恩顧のさむ, 七同門の一人, 七名いずれも袖, 七名これはすべて泊まり, 七名それも創設当初, 七名イタリア人が六名, 七名來る, 七名侵入目下激戦中応援たのむ, 七名分の送り状, 七名十名ずつとわれ, 七名即死一名警官にし, 七名君の中, 七名増加されたの, 七名家と云, 七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 七名引揚者十三名一般六名を収容, 七名武蔵が斬った, 七名理事官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 七名瘤でら裏, 七名発見しました, 七名立候補して, 七名立候補者全員当選最高点は三五八票, 七名芸妓とともに円陣, 七名落第いたしました, 七呎以上に突出, 七呎半ありローマ皇帝ハドリアヌス, 七呎此の観望台, 七周年に今年, 七周年忌日が丁度, 七周忌ペンクラブの会, 七周忌目に箪笥, 七の高, 七咫背長さ七尺余, 七咫脊の長, 七品以上の貴族, 七という, 七哩ロシデ在の貸, 七哩以上の道のり, 七哩北に丁抹, 七哩東西六里南北三里二十七町のこの, 七唱猪早太, 七唱猪隼太などは, 七問以上が確実, 七を破っ, 七嘉禮二養老の項參看, 七噸半なり, 七は其綿密, 七囘忌が來, 七四〇より, 七四〇〇に対して無, 七四〇年ごろから追いつく, 七四〇年のは囲繞溝渠, 七四〇年一七五〇年及び一七五一年, 七四〇年一七五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 七四〇年五月三十一日父王の死, 七四〇年独逸聯邦が騒いだ, 七四インドの風景, 七四カルバン宗の組織, 七四カ日に当山, 七四ギルダアであり一八二四年, 七四チリ首府サンチアゴの実況, 七四フィート深さ, 七四一七九五年は二四七, 七四一年六月のある, 七四一年四月初め突如墺軍, 七四七三六八八戸あった, 七四七六七九八〇ページ八二からページ八五, 七四七年出羽の上の山, 七四七米の隆起, 七四三年に終る, 七四三年永保三年まで約, 七四中大五〇明大四八法大二六早大二六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 七四九一七五〇年の, 七四九年の鎖国以後, 七四九年五月十七日に前記, 七四九年声変りがし, 七四二これはみな, 七四二年四月ベーメンに退却, 七四五七人であること, 七四五年七十七歳でこの世, 七四五年以来大いに減少, 七四五年板アストレイの, 七四倍と九四倍, 七四八一七四九一七五〇年の, 七四八年以来国の人口, 七四八年以降のスウェーデン, 七四六年版アストレイの, 七四十三四までがとまりである, 七四十九が六十, 七四十九日而七魄具矣一忌而一魄散故七七四十九日而七魄散矣, 七四四年八月一部をもってシュレージエン, 七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七四年ダンテ始めて, 七四年ボローニアなるラムベルタッチ家, 七四年九月八日詩人メーリケはス市, 七四年夏のある, 七四年筆する所, 七四度ずつ増す, 七四捕虜二八九わが方, 七四株を代表, 七四磅五シリングに騰貴, 七四票その他民政党連中はほとんど, 七四英国教宗と旧教との区別, 七四頁一九二三年板エヴァンスの, 七四頁以下を見よ, 七四%演芸八一%学校八三%まで中継放送, 七回うち二度は貞盛, 七回エーテルを入れ替へる, 七回ドイツ社会学会では, 七回メーデーはそれ, 七回一顆の智玉, 七回党会議は次, 七回十五・五度が十回, 七回十五度から十六度, 七回容器考説の中程, 七回忌ひとりさびしく読経, 七回放送しいつどこ, 七回植物質器具考説を見よ, 七回母五十回忌の法事, 七回物を食い, 七回角器牙器考説の終り, 七回誕生日の記念文字, 七回貝殼器考説の末, 七回赤飯を食べ, 七回遠路を召喚, 七因人以求八因代以求といふ, 七図漢に叛, 七国一千五百七十九市町村に達し申し, 七国割拠の乱世, 七国十四安六つ, 七国叛きたれども, 七国四県であります, 七国教宗の礼壇, 七国晋の諸王, 七國共に其國君, 七圓也を給す, 七圓止まりといふやう, 七土代十八伝受之次第となっ, 七土場六が茄子, 七地中海に入る, 七地獄等々があっ, 七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 七坪たるに過ぎなかった, 七坪余りの小, 七坪六合とあり, 七坪坪百円だから, 七は二, 七基督世紀のスピノツア, 七堀八堀と水, 七の続き, 七場所七橙と七七ずくめ, 七もいい, 七の白木, 七士中の第, 七士全部の肖像, 七士接伴役として細川家, 七変わりや百変わり, 七変人のより合い, 七変化的存在への助力, 七変化芝居大一座, 七変目景清江戸春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 七夕まつりに敢えて, 七夕一年一回の逢瀬, 七夕川開きの花火, 七夕当地の河原, 七夕赤黄緑の色紙, 七多勢に押さえ付けられ, 七夜あたりの月, 七夜さんだよ, 七夜さんだつたな, 七夜めについに, 七夜刀を拔, 七夜刑事交代苛酷なる責折檻, 七夜季男と名, 七夜宮島祭だつたらう, 七夜対月寄懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 七夜待といい, 七夜日は七日, 七夜来じとや, 七夜椹野河原は人出, 七夜楽遊然与, 七夜百番の舞, 七夜目とうとう娘, 七夜目わしはまだ, 七夜祈り責めければ, 七夜祈念して, 七夜縁の下, 七大事を決する, 七大学の, 七大学リーグ戦などにならない, 七大川の随一, 七大業十二年の條, 七大次郎へ向かっ, 七大田宇川等に内談, 七太刀と称せられ, 七太清二年の條, 七太郎次てふ, 七太陽直下の風光, 七夫中将を始め, 七夫人と偽り, 七夫少将一派は楊宇霆, 七奉行所の方, 七女子三九二六六すなわち年死亡率, 七女房おろくが, 七女柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 七女王五なり, 七妖艶な麗人, 七妻俊も同じく, 七妻志保五十一女柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 七妻志保四十一女柏六つ柏軒と妻俊, 七妻柏三十六子平安十二女長十七良十五, 七妻柏二十六子棠助二つ, 七妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 七娘外に猫一疋, 七嫡子榛軒信厚は六つ, 七子中山靖王の裔, 七子供ぢやありません, 七子供四〇五人で一家族当り, 七子具平親王六世皇孫である俊寛, 七子地へ金紋虎, 七子将為と系図, 七子平安十三三郎二つ女長十八良十六, 七子榑を斉王, 七子権を寧王, 七子紋付きの着流し, 七から空, 七字づつ並べたり, 七字づつ行列させて, 七字五字というよう, 七字以上の妙, 七字以外に適せざれ, 七字俳句はやはり, 七字十二行になつて, 七字十四字長短二句の連続, 七字卅一字のつもり, 七字定型の運命, 七字歌の調, 七字癖がつく, 七字終り五字この三つ, 七字詩中に求める, 七字詩形を歴史的, 七字詰三十八行の記事, 七字集と題し, 七存命中は義絶, 七学年において農業年鑑, 七学年農業科において農業時報, 七の場, 七九つ琴六つ妾春三十六榛軒未亡人志保六十一で, 七安十九柏軒の妾春四十六, 七官職は人, 七官青磁といふの, 七の鞍, 七宝塔四面縦貫十里なるを, 七実体らしい老, 七室一時に出来る, 七室辺りから独立展, 七室霧にみな, 七あり, 七家事いよいよに, 七宿以外の他, 七寅歳孟春日御僕, 七寅霜月とした, 七實體らしい老, 七寶炳耀として光, 七寶終に身, 七寸あまり三十五匁はあろう, 七寸ぐらゐの古い古い土, 七寸ぐらゐの小男で私, 七寸ぐらゐもある大きな磨製石斧, 七寸それが怪物, 七寸三分に切り, 七寸三四分体量は十八貫目足らず, 七寸丸太の長, 七寸五六分より裄, 七寸五六分毬栗頭の筋肉質, 七寸五分の天下一の大, 七寸五分三十匁ほどが最大, 七寸五分以上はあられます, 七寸五分左の片耳一尺八寸, 七寸五分柄をいれる, 七寸以上一尺二寸までの魚, 七寸以上周りは一丈三尺余, 七寸以下の勾配, 七寸体重は十五貫, 七寸余りのみごと, 七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 七寸八分丈は四寸二分, 七寸内外径三寸ばかりもあり, 七寸四分という極, 七寸孔中ニ乾青魚二ツヲ入, 七寸尺などという寸法, 七寸幅九寸八分目方四十一貫ありと, 七寸幅四寸五分ほどの大き, 七寸底KLが一尺一寸五分, 七寸横一尺趺は二重, 七寸横四尺あります, 七寸的を取, 七寸目の玉が八咫鏡, 七寸縦一尺ほどで, 七寸縱一尺ほどで, 七寸肩幅が広く, 七寸許の美しい, 七寸雲雀の歌, 七寸體重は十五貫, 七寺院の集金, 七対三ぐらいにわかれ, 七対二九・二分の一という出生, 七将星のほか, 七將おのおのに從, 七小さい木製バケツ二十大きな, 七小僧とそれ, 七小区受持の警官棍棒氏, 七小屋参りと, 七小河愛平金森義入狩野又九郎, 七小町の類, 七小節から五小節, 七小隊に比べる, 七少女氷まもりぬ山, 七少年の身の上話, 七尺あまりも走った, 七尺あまり頭はほとんど, 七尺いちど胸を正し, 七尺のもあつ, 七尺みどり秋のお, 七尺一丈ばかりの竿, 七尺一寸体量四十四貫同じく大関, 七尺一尺五寸になり, 七尺七寸横四尺あります, 七尺丈は一丈余, 七尺三十三年に十七尺, 七尺三十四年に十四尺浸水, 七尺云々また口尻明り耀, 七尺五分あった, 七尺五寸二分ある大身, 七尺五寸叢重籐, 七尺五寸顔の長, 七尺余とある, 七尺八寸余も如意嶽, 七尺八尺のなが, 七尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 七尺周回一万六千米突の土壁, 七尺四寸ありて, 七尺四方ほどの大地, 七尺大夫は五尺, 七尺巾四尺位縁の太, 七尺幅の三角形, 七尺幅三尺くらいの地面, 七尺幅三尺五寸の扉, 七尺幅五六寸と思われる, 七尺幅十尺以上に拡大摸写, 七尺幾寸かある, 七尺戸村牛岳が七千六十五尺, 七尺有余もある, 七尺有餘の猛, 七尺直径五分ばかりの吹管, 七尺眼は黄, 七尺石狩岳が六千五百七十三尺, 七尺能く人行健, 七尺茎甚だ肥大, 七尺豊なもの, 七尺近くもあった, 七尺間で南北桁行, 七尺頭に一角, 七尺鼻が七寸, 七尾医師であること, 七尾地方に行われ, 七尾湾も一手, 七尾行の汽車, 七尾街道こそ加能両国, 七からでも持て来た, 七屋敷の宗家橘宗賢, 七そのうち四属, 七層朝顔型の黄金色硝子, 七層街になっ, 七の杉, 七山茶も出ば, 七めぐり, 七岸九兵衛の三名, 七島あたりへ出, 七にぎおうの譬え, 七に及んだ, 七左右から笠, 七左衛門南部弥八など云う, 七左衛門尉は鳥打坂, 七左衛門拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 七左衛門浅見対馬守入道道西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 七左衛門花道の半ば, 七左衛門警衛として付い, 七巻きまくと云え, 七巻はんぱものでもそれ位の金高, 七巻一の二, 七巻三号の倉光君, 七巻中奔波の図, 七巻九号の抜刷, 七巻二章にある, 七巻五号に, 七巻八巻織りかけたる布帛, 七巻半のとぐろ, 七巻半鱗甲風に揺き, 七市外の風光, 七師匠はどちら, 七師団長に昇格, 七を重ね, 七幕十四場ずつと通し, 七尺の, 七平がお勝手の開いてる, 七平が不承知を言, 七平が承知しません, 七平さんの間, 七平三郎五つ孫祐三つ女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 七平位は呑んだ, 七平專次それから三河屋, 七平方キロに及ぶ, 七平氏及び後, 七平江崎屋清五郎などは滅茶滅茶, 七平養子の金三郎, 七年あまり前すなわち一九〇九年, 七年おいでになりました, 七年おきに今帰仁, 七年おのれ仙臺にありき, 七年おぼろ夜緑波君と脚色者, 七年ことし八十八歳になられます, 七年ころの京大, 七年ころ日本に来, 七年ごろ外遊から帰っ, 七年ごろ彼はきまって, 七年それを増補, 七年どまりと断定, 七年のよりはタシカ, 七年はじめ頃から合同, 七年われ生きて, 七年アイルランドのダブリン, 七年アメリカ労働代表者との会談, 七年アルレンスタインに向う, 七年アヰニヨンにてラウラ, 七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七年ウティカのカトー, 七年オランダ人のゼーマン, 七年オルガンチノは本国, 七年ケレンスキー内閣の崩壊, 七年シュザンヌ・クラのフランス譯, 七年テーゼ草案三二年テーゼを相互対比, 七年デュラの後援, 七年トリエステにおける著者, 七年ニューヨーク・コーネル大学教授パペーズ博士の依頼, 七年パリ版ゴダールの, 七年ビスマークの力, 七年ピサ人サールディニアをサラセン人, 七年フィレンツェに死す, 七年フィンランド飢饉救済の慈善音楽会, 七年フランス王ルイ七世とともに第, 七年フランチェスコ派の長, 七年プルジェワルスキーが探険, 七年ペテルブルグで発刊, 七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 七年マリヤは長女, 七年メキシコにひらかれた, 七年リバープールにこの, 七年ルイ五世の後, 七年ロッテスレー男爵が会長, 七年ヴィテルポなる法王宮, 七年ヴェネティアに會合, 七年一〇月二日の最後, 七年一九年に出た, 七年一五パーセントだった, 七年一八年そして一九年, 七年一号八年二号及び八年三号等, 七年一日も肌, 七年一日一日と引き摺られ, 七年一月おれも召集, 七年一月一日社中会同の時, 七年一月一艘のポルトガル商船, 七年一月三十一日リュー・サンモール七六番地に住ん, 七年一月三十一日長妹とし子一女を擧ぐ, 七年一月上表の民選議院設立, 七年一月事件の調書, 七年一月二十八日ロダンさんは自分, 七年一月出版著者永井徹の警視庁警視属, 七年一月十九日に第, 七年一月十二日に歿, 七年一月十六日の出版, 七年一月十四日の夜半病死, 七年一月十日で行年八十二歳, 七年一月十日ヴェストファーレン州ミュンステルのヒュルスホフ城, 七年一月吉田内閣が補強政策, 七年一月同誌の廃刊, 七年一月大雪の害, 七年一月妻子を伴, 七年一月宝塚中劇場, 七年一月当時の有力者板垣退助, 七年一月彼の著, 七年一月末公一父子が惨死, 七年一月楽友協会の演奏会, 七年一月横浜の米国領事館, 七年一月興行の入場料, 七年一杯をわれら, 七年一緒にいた, 七年丁未八月十一日, 七年丁未である, 七年七月七日大雨の降続いた, 七年七月三日に歿, 七年七月中国に対する侵略戦, 七年七月九日ロンドンの街上, 七年七月九日東京地方裁判所第一審判決, 七年七月二十七日に, 七年七月十七日なること, 七年七月十二日人人と一日百首, 七年七月十六日生於甲州石和小林総右衛門家, 七年七月国会に提出, 七年七月日本に来朝, 七年七月相州箱根駅において開設, 七年七月統計局調査によれ, 七年七月蘆溝橋ではじめられた日本, 七年三九年四〇年の間, 七年三年目の冬, 七年三斎公致仕遊ばされ候時, 七年三月一日に総, 七年三月三十日室戸丸は, 七年三月三十日正宗白鳥君ノ論文, 七年三月也夫知己相待之殷, 七年三月二十一日に抽斎, 七年三月二十七日三億五千万オンスの銀持高, 七年三月二十九日まで職, 七年三月二十二十一日の連休, 七年三月二十八日には十一歳, 七年三月二十六日春雷の猛り荒ぶ, 七年三月二日ナポリにてとある, 七年三月八日の婦人デー, 七年三月六日に伊賀, 七年三月前進を起し, 七年三月十三日の買い入れ, 七年三月十二日に江戸, 七年三月十日の東京日日新聞, 七年三月号のストランド誌, 七年三月女学校卒業式直後小西小原銅直金子諸先生同乗, 七年三月私が満, 七年三月読売新聞社主催で日本, 七年三月頃の事, 七年三月GHQの覚書, 七年三菱研究所の創立, 七年丙申に又, 七年中学にゐ, 七年中学校の五年, 七年中次のごとき, 七年中陸より詣する, 七年丹波の国, 七年久保田万太郎は小説戯曲, 七年乙未四月廿七日, 七年乙卯六月と読まれた, 七年九十七歳の長寿, 七年九十六で世, 七年九州征伐のため筑前博多, 七年九月七日に寂し, 七年九月九州旅行の最後, 七年九月二十七日誕辰の佳日, 七年九月二十三日のまだ, 七年九月二十三日加波山に旗上げ, 七年九月二十三日父はた, 七年九月八日に淡路島, 七年九月十九日の午後三時頃, 七年九月十九日薩摩の一角, 七年九月十六日午後五時わが連合艦隊, 七年九月号所載の三枝博音氏, 七年九月末日限り国民新聞と合併, 七年九月清國留學生のひとり, 七年九月足利将軍義持の医師, 七年予この文, 七年二〇年を経験, 七年二十三歳で健康, 七年二十二歳にし, 七年二十五年三十三年百年というよう, 七年二度目の帰朝, 七年二月一日を期し, 七年二月七日英一が十歳, 七年二月中村陸相が病気, 七年二月九日御供番不足之場に被, 七年二月二十七日九州の上空, 七年二月二十二日には私, 七年二月二十五日立候補演説の速記, 七年二月二十八日にヴィーン, 七年二月二日までにマントア, 七年二月五日長崎立山の海, 七年二月以後大正二年三月にいたる, 七年二月八日の條, 七年二月八日旅順に於, 七年二月十七日に彼, 七年二月十九日に離別, 七年二月十九日午前十時と十一時の間, 七年二月号の, 七年二月当時の啓蒙的, 七年二月東京帝国大学英文科一年の学生服, 七年二月用紙入手のため, 七年二月築地座結成以来である, 七年五分の一に増加, 七年五十九歳に達した, 七年五月のかと思ふ, 七年五月一日のこと, 七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 七年五月三十一日のこと, 七年五月三日に施行, 七年五月二十七日に一子鶴松, 七年五月二十三日の泊り客, 七年五月五日の日記, 七年五月十三日妙義山麓の陣場ヶ原, 七年五月十二日に大阪, 七年五月十五日に永田町, 七年五月十五日陸海軍将校ら首相官邸などを襲撃, 七年五月十日条に, 七年五月甲府の愛犬家小林氏ら, 七年五月芭蕉が最後, 七年五月音一が伊勢, 七年五月頃には十五円, 七年京都監獄を放火脱走, 七年人をつかわし, 七年今の東宝株式会社, 七年今川了俊卒する年, 七年仏国にて証明, 七年仙臺から始めて, 七年代になれ, 七年以上くらした, 七年以下の懲役, 七年以來の研究者, 七年以前故郷のある, 七年以後小学校の教師, 七年以後東京市の墓地, 七年以来ソヴェトがたえず, 七年以来ソヴェト同盟の農村, 七年以来パリには象徴派, 七年以来プロレタリアートの生産技術, 七年以来ロシアは新しい, 七年以来北大西洋の旅客, 七年以来夢にまでほんとう, 七年以来年々の出生, 七年以来文盲撲滅を努力的, 七年以来日本民主化の全面, 七年以来此の家, 七年以来毎年国家計画部と最高経済会議, 七年以来発狂して, 七年以来貴殿の煩悩, 七年以来離婚条件として姦通, 七年以降三十一年までの各, 七年以降全国的に長足, 七年会はんでも, 七年余朝に夕, 七年作者四十六歳の砌, 七年來誠に融通, 七年僕は正直, 七年元旦慨然として歌, 七年八年ごろの小, 七年八年九年の歌, 七年八年碁に耽つ, 七年八月七日午前九時頃プランシェという人妻, 七年八月七日長崎で書いた, 七年八月万国講和協会の調査, 七年八月二十三日日本長崎港内にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, 七年八月二十九日の夕方, 七年八月二十八日に蘭軒, 七年八月二十八日マウント・モウリス町共同墓地に於ける, 七年八月二十八日夜このブレント入江, 七年八月十一日に卒し, 七年八月十七日の後, 七年八月十三日に阿部伊勢守正倫, 七年八月十二日のタイムス新聞, 七年八月十五日野尻村の上, 七年八月十四日開設の万国講和協会, 七年八月十日牢死した, 七年八月半節は立秋, 七年八月天皇は御子日本武尊, 七年八月朔に生れた, 七年八月民間貿易の再開, 七年八月満州国を去り, 七年八月首相官邸で開かれた, 七年公一父子殺害の犯人, 七年公正廉潔を以て聞ゆ, 七年六月ストックホルムで開かれた, 七年六月七日芝宇田川町に生れ, 七年六月二十三日に姉, 七年六月十一日顕治は市ヶ谷刑務所未決, 七年六月十二日には第, 七年六月十五日蒼美をおとし, 七年六月十六日の事, 七年六月大食國吐火羅國南天竺國南天竺國遣使朝貢, 七年六月彼が二十三歳, 七年六月末のこと, 七年六月父が不幸, 七年六月社会党を首班, 七年共和国大統領となり, 七年兵燹にかかり, 七年其上に二年, 七年其角堂永機の寄附, 七年内務省特別保護建造物の指定, 七年冬に一応, 七年冬十月いよいよ南下, 七年冬小田原伝肇寺にて, 七年出來の白樺, 七年出羽の上の山, 七年制の坊っちゃん風, 七年前ひろ子はプロレタリア文学運動, 七年前わたくしが十四, 七年前インフレーションがはじまっ, 七年前サンフランシスコの震火, 七年前丁度十五位の娘, 七年前三十八年連れ添つた妻の瑚, 七年前享和二年四月の江戸浅草本願寺輪番東坊, 七年前先代の旦那, 七年前其方堺御奉行與力, 七年前別れ参らせし父上, 七年前千代子とおれ, 七年前大久保の旧宅改築, 七年前天保十三年には父五郎右衛門, 七年前女房と娘, 七年前宮本キクに被告, 七年前島へ流され, 七年前川崎へ行った, 七年前市河三喜君夫妻が来た, 七年前帝政ロシアの資本家, 七年前彼女と二人, 七年前日本にも来た, 七年前昭和二年の正月以降數ヶ月, 七年前村入当時私, 七年前東国の田舎武士, 七年前汝に親, 七年前田万里が亡んだ, 七年前福岡藩の米, 七年前私共が千歳村, 七年前考古學雜誌に於, 七年前菱山と机, 七年前遷居の際, 七年前都落ちした私共, 七年前銀座裏で食事, 七年前音次郎に誘拐, 七年動坂で書いた, 七年勤続の私, 七年北尾政美が絵本, 七年北斎は菱川宗理, 七年北條時宗が三十四歳, 七年十ヵ月を要した, 七年十一月ロンドンに開かれた, 七年十一月三日オスチアの港, 七年十一月二十三日ださうで諸書, 七年十一月二十二日晩餐としるされ, 七年十一月二十六日の未明, 七年十一月二十四日には痛烈, 七年十一月二日の正午, 七年十一月五日吏民仍旧致祭日加午天甚美晴仰観山峰, 七年十一月十一日は彼女, 七年十一月十一日こうさんした, 七年十一月十一日やつとドイツ, 七年十一月十七日のこと, 七年十一月十七日妾はロダンさん, 七年十一月十二月の二回, 七年十一月十四日病歿す, 七年十一月号ではエマソン, 七年十一月同所發行の眞筆版, 七年十一月廿三日御能有, 七年十一月末カルル・アウグスト公が昵近, 七年十三年というよう, 七年十三年十七年二十五年三十三年百年というよう, 七年十九歳にて三斎公, 七年十二月三十一日マテ之ヲ延期ス, 七年十二月二十七日警保局図書課がジャーナリスト, 七年十二月二十二日に新, 七年十二月二十五日京都に歿, 七年十二月二十五日延徳四年正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 七年十二月二十八日の日記, 七年十二月二十日磐の長女曾能, 七年十二月二日に五十六歳, 七年十二月十三日の夕方帰宅, 七年十二月十九日新田義宗南軍を率い, 七年十二月十五日に生まれ, 七年十二月十日の午後零時, 七年十二月天野民部少輔遠幹その領内秋葉山, 七年十二月廿日栃木県会ハ夜半密かに秘密会議, 七年十二月號八年一月號の中央公論, 七年十五歳の時, 七年十八年この二年間, 七年十年と重労働刑, 七年十年等と記し, 七年十月三十一日と英語, 七年十月五日御供番無足之場, 七年十月八日九日両日門弟中からの発起, 七年十月内乱のスペイン, 七年十月十七日となっ, 七年十月十三日に蘭軒, 七年十月十五日の記事, 七年十月富士の精進湖畔, 七年十月朔日三玄院に於い, 七年十月遠州浜名湖畔鷲津に遊ぶ, 七年十月頃の, 七年千軍万馬を往来, 七年半ぐらゐ蛙はま, 七年卒業以来逢う機会, 七年原内閣成立の時, 七年反動時代にインテリゲンチア, 七年可立も名, 七年右翼的固執を示した, 七年名古屋で刊行, 七年囚人大護送, 七年四十八歳の若, 七年四月一〇一年の伝統, 七年四月一日突然呼出, 七年四月七日一件落着して, 七年四月三日にまた, 七年四月中旬のある, 七年四月九日工学博士末広恭二君の死, 七年四月九日都ホテルにて誌, 七年四月二十六日に允成, 七年四月二日しるす, 七年四月五日間大阪でひらかれた, 七年四月以後の世界, 七年四月伊勢に行幸, 七年四月十七日日没間近の頃, 七年四月十三日我が東郷, 七年四月十二日附の武蔵書簡, 七年四月十五日附御照会, 七年四月十四日に江戸城本丸, 七年四月十日印刷の同, 七年四月号の雑誌, 七年四月小倉へ来た, 七年四月廿六日の日記, 七年四月肖柏堺に歿, 七年四月議会に教員組合, 七年四月黄岡の旅館, 七年国内に信仰, 七年国内戦時代の廃墟, 七年型だけれど, 七年夏五月芳野離宮に行幸, 七年夏以来六年目のこと, 七年夏刊行の新, 七年夏千八百円ベース決定以後購買力は著しく, 七年夏四月乙未朔, 七年夏私は満州国, 七年大伴坂上郎女が尼理願, 七年大佐に仕え, 七年大学令の改正委員, 七年大正六年ごろには遂に, 七年太平洋戦争勃発後国家総動員法による企業整備, 七年太祖高皇帝の御, 七年太陽暦の十二月六日, 七年夫の保昌, 七年奉公する氣, 七年学生の伎倆, 七年実業之日本社より出版, 七年宣戦の詔勅, 七年小学校が出来る, 七年山と言わず, 七年川や沼, 七年工場労働者総数平均賃銀が男二円十五銭, 七年平清盛は太政大臣, 七年年齢が七六歳, 七年幸子二十一歳の時, 七年幾月の其の, 七年庚午の下, 七年庚午三月六日に伊賀, 七年庚午六月十八日の朝歿, 七年庚寅自下毛移此, 七年度中の書簡, 七年度国家予算の総, 七年度大会は東大, 七年度毎日文化賞として左, 七年度科学試験研究費一五〇〇万円を適正配分, 七年度追加予算に四九億三〇〇〇万円, 七年延享元年に至っ, 七年建文帝善慶里に至り, 七年当時の由之, 七年彼女の死ぬ, 七年後ファデェーエフやフールマノフ, 七年後七月七日まで, 七年後作者が題, 七年後半まで, 七年後幕府の命, 七年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 七年御無沙汰をし, 七年戦争後のフリードリヒ大王, 七年戰爭起るや, 七年支那では光緒三十三年, 七年文化十年まで庄左衞門健在, 七年文展会場で藤原時代, 七年於茲茲譜尚書細繹所聞而識之曰尚書者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 七年旅先で不慮, 七年旌表せらる, 七年日本美術協会が生まれ, 七年明治二十年に栃木町, 七年春プロレタリア文学運動が自由, 七年春三月の末, 七年春五十二歳のヘンデル, 七年春信歿するや, 七年春厳重な沙汰, 七年春子さんはフッツリこちら, 七年春文學博士の學位, 七年昭和十八年昭和十九年昭和二十年いやもう, 七年時の名, 七年時代の東京, 七年暇無み一字, 七年最初の最深, 七年月詣りを, 七年朝にながめ, 七年末日露戰役の最中, 七年末独軍の屈服, 七年条の法師君, 七年来お尋ね者の五万円籠抜詐欺犯人, 七年来人に逢った, 七年来功績あったマヤコフスキー, 七年来放任主義であまり, 七年来村住居の私共, 七年板ハミルトンの, 七年板マーチンの, 七年林氏の門人籍, 七年極月主膳獨り座敷, 七年歌舞伎座でこの, 七年歌麿につき, 七年正月の昼, 七年正月十八日同十九年閏五月七日, 七年正月十六日の朝ぼらけ, 七年正月廿八日の出來事で祕閣, 七年正月鷹狩に名, 七年此の方自分と彼, 七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 七年武光奏し奉りて, 七年母の五十年, 七年毎に周期, 七年毎日新聞社主催で出版向上, 七年氏の歿後, 七年江戸市中流行感冒猖獗を極め, 七年池田京水の死, 七年沢庵が三十歳, 七年法王ボニファキウス八世軍を起し, 七年津軽信政年十五歳で江戸, 七年添寝をし, 七年満州事変以来ポツポツ亜黄疸, 七年灰色の斑, 七年片山淳吉中村寛栗同訳, 七年版カウエルおよびラウス訳, 七年版バークレイの, 七年版フレザーの, 七年版ヨンストンの, 七年版以後のもの, 七年田舎で窮, 七年甲子の正月七日八日, 七年甲戌十一月二十三日と書し, 七年留守をし, 七年疾を得, 七年瘡の事, 七年発刊の彼, 七年発行の三峰図幅, 七年盛夏自分達の季刊誌, 七年目すなは, 七年目ぶりに, 七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 七年目七年めの七月七日, 七年目天平もすでに, 七年目山上の会合, 七年目彼が三十三歳, 七年目毎に行, 七年目私が十二, 七年目自分が六十六歳, 七年目航海術の伝習, 七年目覚悟はよい, 七年破天荒のこと, 七年碁を弄び, 七年秋には何時, 七年秋七月の少子部連螺羸, 七年秋以後民主的評論家の陣営内, 七年秋十一月九州に遊んだ, 七年秋名古屋月見坂にて, 七年秋執筆のもの, 七年秋日露戰役の最中歸朝, 七年筆ハイトンの, 七年級にいる, 七年経ッてもなお, 七年經つうち二人共, 七年縉雲の陳由義, 七年葡萄牙の船, 七年薬草の匂い, 七年蝉といつ, 七年衆議院議員を勇退, 七年裕福で安, 七年製の葡萄酒, 七年西暦七百十九年に吐火羅, 七年詩の好き, 七年豊原市に二十人位, 七年豕一疋神の肉, 七年貴方がた, 七年買つた場所はストランド, 七年足をむけた, 七年跡から互に, 七年身はまだ, 七年車に載せられ, 七年近くも一緒, 七年近江が乱れた, 七年銘の鉄鉢, 七年長島の国立癩療養所, 七年長崎郊外の戸町番所, 七年長男雄太郎を生, 七年閏八月十五日に正, 七年間おとどまりになり, 七年間それが高く, 七年間ほかの人, 七年間われらを愚弄, 七年間マージの許, 七年間一度もこの, 七年間一歩もこの, 七年間七回の夏, 七年間世帶の切盛り, 七年間予期しつづけて, 七年間云々の伝説, 七年間他のどの, 七年間会堂裏に自炊生活, 七年間何ものにも眼, 七年間光田園長の指導下, 七年間勇太郎を育てた, 七年間半身不随でおりました, 七年間声だけを聞い, 七年間天皇は穴門国, 七年間小生の為, 七年間岩魚を釣っ, 七年間己れの, 七年間座右にある, 七年間彼はその間, 七年間彼女の豊富, 七年間忠勤を擢, 七年間文字どおり夢にまでみつ, 七年間文體に苦心, 七年間東京に出, 七年間機会を狙っ, 七年間此雰圍氣の間, 七年間河豚毒の問題, 七年間泡鳴の品行, 七年間活躍して, 七年間牢獄におかれました, 七年間生活してこ, 七年間病床にあった, 七年間編数にし, 七年間美術記者を勤め, 七年間酷使されて, 七年間重用し来つた家臣光秀, 七年間鳩を飼っ, 七年頃そこには病院, 七年頃イギリスにいた, 七年頃ラヴェンナの貧家, 七年頃レーリーは自分, 七年頃京都の林新助氏, 七年頃対州の親戚某氏, 七年頃日本美術協会というもの, 七年頃自分の中学時代, 七年頃舊江戸の東京, 七年頼政の旗上げ, 七年飯田河原で遠, 七年餘この病院, 七年馴染を重ねた, 七年高麗国の滅亡, 七年髭にはもう, 七年鷹馬等を秀吉, 七年黨與を率, 七年齢五十七歳のとき, 七店員の使用法, 七店束巻き師源五兵衛と所名, 七度あまり我を安全, 七度くり返せよ, 七度この世に生れ, 七度これを許せ, 七度び半にし, 七度ホウトウを食べ, 七度一二分になっ, 七度一分気分余程よろしい, 七度七分くらゐしか, 七度三分の一式の建築, 七度三分気分が重い, 七度三四分といふ程度, 七度九分以下に下らなかつた, 七度九分山々に未だ, 七度二三分位の熱, 七度五分七度五分と二三度, 七度五分以下に下っ, 七度五分位で熱, 七度五十分より八度前後, 七度人を訪, 七度休みがあった, 七度來るといふ, 七度八分電話をかけさせ, 七度八度と爆破, 七度六分午が七度八分, 七度六分東経百三十度五分の海上を彷徨, 七度出であ, 七度十一度十五度そしてついに, 七度十六分北緯三十六度九分のところ, 七度収穫され百味具足, 七度四五分あるので, 七度四分位となる, 七度四分半となる, 七度四分気分はい, 七度四十四分で北極, 七度奔命せねば, 七度妻を娶り, 七度強だア, 七度拝伏して, 七度接吻なら三度, 七度暑気八十三度に当たる, 七度東方右舷の水平線, 七度水泳ぎをすれ, 七度熱が出, 七度生れ變つても酬い切れない, 七度笞ったところ, 七度葬式に列, 七度辺にまでかけ, 七度音程と九度音程, 七度首四十一級を得た, 七座す星の, 七座南が富士山, 七廟諸侯は五廟, 七廻り目に息, 七の高官, 七弗五十仙づつにしときます, 七弦光二人掛りのよう, 七となる, 七が約束, 七律一五律一が録存, 七律一五律二七絶一が集, 七律一菊と楓, 七律一須磨の五律二, 七律一首等がある, 七律丁丑の詩, 七律三が即, 七律三首等があり, 七律二十四篇はあたかも, 七律二章の如き, 七律五律各一, 七律十二首七絶百十八首計百四十七首, 七律百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 七後妻である, 七御苦労だが, 七志以外として附録, 七志梁阮孝緒の七録, 七応接室という札, 七か十息, 七患辭過三辯尚賢上, 七情万景であり乾坤, 七意識の対象, 七愚三とか賢四愚六, 七懸命の搜索, 七我々とそう, 七を破る, 七戦前の選挙戦, 七戦犯の判決, 七戦闘的食餌とは青唐辛子, 七戦隊の, 七戸上野村より出, 七戸今は十戸, 七戸牧同宇曾利郷中濱御牧等, 七戸藩の藩船, 七戸辺の実例, 七戻あり一種の, 七さげて, 七所結び頸に掛け, 七手代の駒吉, 七手代丁稚に扮, 七手代栄吉下女お文, 七手代榮吉下女お文, 七手伝いに来る, 七手目をかきこむ, 七手目六八桂で変つて, 七手組七人の大将, 七才名同族を圧し, 七払込資本三億円の小口翼, 七へありき, 七抱えじゃ, 七抱え半ある, 七に一度, 七ほど横風, 七拳脛恆に膳夫, 七拾七万八百石の島津家, 七拾五円なり, 七拾五銭で買った, 七拾五銭也の女工さん, 七拾人ばかりの中, 七拾余万部を売り尽し, 七拾六銭に相当, 七拾円もはいれ, 七拾円あまりの貸した, 七拾円位いはいる, 七拾銭位だったでしょう, 七拾錢を帳場, 七持ちながら, 七持前の頓狂, 七のうち, 七あるに, 七がきまり, 七掛けにすれ, 七掛合今より楽しみ, 七掬脛だと, 七損八益を説く, 七擒七縦孔明の軍略, 七擒七縱した時, 七支流の岸, 七放逐の計略, 七とか七, 七教区においてはこれら二つ, 七教授講師以下八名の多少, 七散々他の店, 七文づつくれるのが例になつて, 七文七というの, 七文字中火消しにら, 七文字人皆えあら, 七文字笛高麗笛という笛, 七斎藤緑雨三十八国木田独歩三十八長塚節三十七芥川龍之介三十六嘉村礒多三十七, 七斗七升の高, 七斗二十一貫目を扱け, 七斗半四郎に五俵二斗, 七斛二斗を残す, 七斛余の芥子, 七斤ねえさんお前は棒, 七斤余りになります, 七斤達はのべつ, 七俗謡体の, 七新教の改革, 七新聞出版関係者著作家との連絡, 七新谷勝太郎城三次などの若い, 七方マイル人口四千人大陸をさる, 七方吉田八十松発送人も八十松, 七方里台湾では約, 七じたくの, 七旅団に一人, 七旅行の歌, 七のため, 七の朝旗, 七日あとですが, 七日あまり又八と一緒, 七日あまり逗留の後, 七日おかきになった, 七日お話の薬, 七日きぬ川のほとり, 七日きのうの午後太郎, 七日ここを夜討ち, 七日ことに正月, 七日ごろ家へかえる, 七日ごろ退院と思っ, 七日すぎにし, 七日それは明治三十三年, 七日ぶり外出そして四日ぶり, 七日アドレイドを出帆, 七日アンナ女王が狩猟中落馬, 七日イ便の葉書, 七日オーストリアのザルツブルク, 七日ギャトーに着いた, 七日コツウジッツに於, 七日サイレンが鳴る, 七日スタンレーはリヴィングストーン, 七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 七日ナチスのラーヴェンスブリュック強制収容所, 七日ノルマンディーに赴き, 七日ハンブルグに行き, 七日ブルジョア地主の官憲, 七日プラークへもどった, 七日ホトトギスの催能, 七日ホンモウナオはマヘボ付近, 七日マデノ間五条橋畔マデ御返答高札下サルベク候, 七日ミュンヘンにて, 七日メール主筆巖本天聲, 七日モヤー九時に立っ, 七日一ノ谷の合戦, 七日一件落着して, 七日一夜をのみち, 七日一日だけ咲い, 七日一月二十一日には労働者たち, 七日一杯防空演習です, 七日一緒にいた, 七日一行はヴィクトリア湖, 七日一部隊は早く, 七日一隻の黒船, 七日丁亥越後国三味庄の領家雑掌, 七日丁卯晴陰将軍家大将に任, 七日丁巳和田左衛門尉義盛上総の国司所望, 七日丁酉去る四日, 七日七ヶ所の調伏, 七日七十二歳で亡くなられた, 七日七夜めについに, 七日七夜刀を拔, 七日七夜刑事交代苛酷なる責折檻, 七日七夜楽遊然与, 七日七夜百番の舞, 七日七夜目とうとう娘, 七日七夜祈り責めければ, 七日七夜祈念して, 七日七夜縁の下, 七日七晩きゅうめいさせ置候もの, 七日七晩めに町, 七日七晩洞の中, 七日三七日四七日と祈りつづけ, 七日三代目桜田治助死す七十六歳, 七日三代目沢村田之助死す三十四歳, 七日三億五千万オンスの銀持高, 七日三十五日四十九日の後, 七日上海の旅舎, 七日上野より一番汽車, 七日下宮三郎右衛門殿療治仕候に付, 七日丙午晴将軍家御不例, 七日丙午霽今日御所に於, 七日中にアゲ, 七日中村善四郎死す六十六歳, 七日中継のテスト短縮版, 七日中野重治と自分, 七日主力をもっ, 七日乙酉京極侍従三位二条中将雅経朝臣に付し, 七日九州の上空, 七日九日と歩き回る, 七日九日十六日のお, 七日九時の呼出し状, 七日九月の二十六日, 七日亀山御着, 七日争議本部で開かれた, 七日事件は南禅寺, 七日二十一疋の白馬, 七日二十七日はまだまだ, 七日二十九日の前後両日, 七日二十八人以上五十四人古今未だこの, 七日二夜三夜観音様の前, 七日五十六歳を以, 七日五十日餘で退院, 七日五日と段々, 七日享年四十四葬巣鴨真性寺, 七日人を帳, 七日今夜はその, 七日今朝程はお, 七日付福沢英之助への書翰, 七日仙駕亭会の宿題, 七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 七日以上十四五日掛るという, 七日以後後の藪入り, 七日以後空白になっ, 七日以来ひきつづきおこる, 七日以来二条の城, 七日以来東京には降雨, 七日以来秀吉が大垣, 七日伊藤万太方, 七日伊藤総裁は審査局, 七日伊豆国賀茂郡松崎村の鰹船, 七日休息したが, 七日伸子たちは新聞, 七日佐竹右京大夫様御家来小倉亘妹縁談願, 七日余り玄徳は赫々, 七日余り逗留して, 七日依田学海死す七十七歳, 七日借銭にてこの, 七日先や十日先, 七日先年押詰って出した, 七日入定して, 七日入獄者の最後, 七日全部の功, 七日八日十五日除目三月三日四月の祭り, 七日八月七日十一日と四通, 七日六晩叩いた, 七日六月十六日のは戻りました, 七日兼田弥一右衛門とともに御, 七日内には出, 七日凶賊黒旋風が金沢町, 七日出生僅か一年, 七日出生梅津源蔵利春という, 七日出生阿部侯長臣町野平介初名, 七日出發と書い, 七日出雲の杵築, 七日出願書戸長へ出, 七日刑を行わず, 七日初雪あり, 七日判決の日, 七日別時念仏の間, 七日前さきの遣外鎖港使節一行, 七日前スナワチ八月三十一日休暇ヲ利用シ, 七日前伜吉三郎のやられた, 七日前夜から雪, 七日前彼は子, 七日前後までに追いつけ, 七日前文之通周安, 七日前文願之通, 七日十二石御直し, 七日十八日二十九日と十日毎, 七日十日逗留して, 七日千代より, 七日午下刻に瞑した, 七日午前に坪内先生, 七日午前サンスクリット大学を訪い, 七日午前一時五分だ, 七日午前七時九分大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 七日午前上陸県知事服部一三君および特別館賓伊藤長次郎氏, 七日午前九時四十五分である, 七日午前九時頃プランシェという人妻, 七日午前五時に出立, 七日午前五時過ぎ起きて, 七日午前八時如松は総, 七日午前六時半私たちは散歩, 七日午前十一時である, 七日午前十時から全, 七日午前十時へんろ装束に身, 七日午前十時三十分我らのもっとも, 七日午前十時三十分我等の最も, 七日午前十時半から刈谷, 七日午前四時に一里, 七日午前大阪を発し, 七日午後一時上野発の本線廻り, 七日午後三時にゆるゆる, 七日午後三時大白沢山の一角, 七日午後二時頃から八合目, 七日午後五時オルコマ号に駕, 七日午後岩瀬家の本邸, 七日半の後, 七日卯時伏見舟場より乗船, 七日原田春鈴君来りて, 七日原稿訂正の功, 七日去月二十日一回の訊問, 七日参籠のこと, 七日參籠にかか, 七日又一札幌に向う, 七日及追加として十九日, 七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 七日叙従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 七日只今丹前を送り出します, 七日同地占領以来住民の復帰, 七日名古屋に六日, 七日君はいったい, 七日吾不運を嘆き, 七日四ツ谷へ下山, 七日四七日と祈りつづけ, 七日土人イカイラン熊の子二頭, 七日土曜快晴西風吹く, 七日地球に最も, 七日坐禅した時, 七日城山に上り, 七日城山没落は三十三年前, 七日城山西南麓に於, 七日塩断して, 七日墺のほとんど, 七日夕刻には伊勢守, 七日夕刻電報拝見しました, 七日外人の上陸, 七日夜七時十二分永田青嵐逝く, 七日夜上越地方の青年有志, 七日夜六時頃先輩の生駒君, 七日夜半に至つてシローテ, 七日夜半踊児も散り, 七日夜妻と注目, 七日夜平山陰謀を跡部, 七日夜来旭の広瀬操吉氏, 七日大坂表出発水陸通行同夜伏見表に止宿, 七日大手御帳面調, 七日大津より浦戸, 七日大蔵省の中, 七日大詔一下して, 七日大隈板垣へ大命, 七日大雨の降続いた, 七日天土を雨, 七日妾はロダンさん, 七日姫路を発し, 七日姫路着九日には尼ヶ崎, 七日子穗穗出見の, 七日安永八年九月晦日に起りたる, 七日安藝宮島の市, 七日官軍の援兵, 七日宮さん善く覚え, 七日宮崎にのがる, 七日家爾毛, 七日家内の者, 七日家康約五千余騎, 七日容態はにわかに, 七日富士山に登り, 七日寒空一パイに星, 七日寺島村によぎりき, 七日尾道油屋の夜宴, 七日山本村家逝く曩, 七日山階宮晃親王殿下の若宮菊麿王殿下, 七日川奈で休養, 七日市ノ城も攻め潰し, 七日市川左団次死す六十三歳, 七日市川権十郎死す五十七歳, 七日市河原で自転車, 七日布半の樓上, 七日師直師泰の兵, 七日帰郷之御, 七日常陸國鹿島郡の南端, 七日平の町, 七日平八郎父子死す, 七日年五十六で歿, 七日幸村は最後, 七日庚申海水色を変ず, 七日府中にて左, 七日庭上に草本廿巻, 七日弱にてその, 七日当時土佐の藩獄, 七日彼女は藤村家, 七日得も寝られず, 七日御用始メノ夜ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 七日御簾番下馬纏被仰, 七日徳の幼弟季男, 七日忌前に埋骨, 七日快晴出発案内人に荷, 七日快晴暑気にわかに加わる, 七日念仏した, 七日急に上京, 七日悴良安明廿八日初而御目見被相請候, 七日戊午陰和田平太胤長陸奥国岩瀬郡に配流, 七日戊寅幕府に於, 七日戊寅霽宮内兵衛尉公氏将軍家の御, 七日戍尅供養之時如夢兮白犬見御傍之後, 七日我をな見, 七日我舟を同島, 七日房州那古の濱, 七日払暁五時波斯女帝号の甲板, 七日払暁荷車に乗り, 七日掛て桑港, 七日掛りの対局, 七日播磨の書写山, 七日撰定を終えない, 七日支那人が鼠, 七日政友会総裁西園寺公望が立つ, 七日政権をとっ, 七日政治的にデンマルク, 七日故郷の妹, 七日敦賀に御宿, 七日斎藤侍従が学校, 七日於掛川死去脚気腫之由, 七日日付のもの, 七日日光に泊りぬ, 七日日曜の項, 七日日本国民として忘, 七日日本軍は全線, 七日日没間近の頃, 七日日華事変をもっ, 七日日行事ことに秋田津軽, 七日日附の端書拝見, 七日早朝ベルリンを発し, 七日早朝小出町を立っ, 七日明ほの, 七日明けの七つ刻, 七日春秋八十二歳の時, 七日春雨さむき朝, 七日是日大淵之源潰, 七日昼を白衣招待, 七日昼食の註文, 七日時刻は略, 七日晒し者にする, 七日暁より雨大, 七日暫御差留同日丸山学問所へ罷出, 七日曇れる雲, 七日最後の日, 七日月忌年忌に僧, 七日朝マデニ入営セヨ, 七日朝モゴルシュライ停車場にて袂, 七日朝ロンドンを発し, 七日朝上野発の, 七日朝五ツ前高柳使来ル, 七日朝五時母上御卒去, 七日朝五行方の船子村, 七日朝例の翁, 七日朝堂に臨ませられ, 七日朝私持の風帆船横笛, 七日朝絶息重態のうち, 七日木下は沿岸, 七日木村岡右衛門大高源吾も九月中, 七日未の下刻灘町大谷九郎右衞門宅, 七日本人は商法, 七日本僧侶とヤソ僧侶, 七日東に向い, 七日東京の西郊中野, 七日東京神田錦輝館に於ける, 七日桟お野立, 七日梅雨あがりの, 七日條に, 七日構内の松林, 七日横浜入港六時検疫あり七時上陸, 七日横浜碇泊日数をいれ, 七日欲見青龍老師, 七日歌舞伎座にてコッホ博士歓迎観劇会, 七日正二位このころ, 七日正午舟岩内を発し, 七日正午首を洗っ, 七日正造はたまりかね, 七日死去という記事, 七日死生年不詳家説を以て考, 七日水戸の大変物議如何, 七日江戸に着し, 七日法会を法性寺, 七日波岡城主北畠顕村を伐ち, 七日浅草市へ例, 七日浅間御来迎を拝, 七日海上においてフランス, 七日湯治をしねえ, 七日溝に血, 七日滿て天, 七日潮音蓼圃の兩氏, 七日瀕死のマリユス, 七日火曜の項, 七日灸はいやおうなしに, 七日炎天下を私, 七日為遠は, 七日為藤は五十歳, 七日無事帰県したが, 七日無駄飯でも食ったら, 七日熱海を立った, 七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 七日熱田神宮御親謁, 七日父富造翁死去の電報, 七日片山八重藏夫婦樽川を発し, 七日生幼名浅岡益寿贈ところ, 七日甲午霽夜に入, 七日甲子晴宋人和卿唐船を造り, 七日甲戌戌刻御所の近辺, 七日甲斐の駒ヶ岳, 七日甲斐国波木井の郷, 七日甲辰去る元年五月亡卒, 七日申の刻, 七日町人ながら腹, 七日病死仕候, 七日癸卯鷹狩を停止, 七日発行の, 七日發行の保險銀行時報, 七日目それは美しい, 七日目元の内儀, 七日目此の場, 七日目洗礼を受ける, 七日目頃の日曜日, 七日相模灘に起った, 七日県下から発足, 七日県下発程陸軍少将桐野利秋, 七日県下登程陸軍少将桐野利秋, 七日真菜板橋瀬尾昌玄宅へ参り, 七日石家荘に到着, 七日磔刑を命じる, 七日磯辺病院へ入院, 七日神經衰弱がひどく, 七日福山に二日, 七日福岡の渡し, 七日秀吉は総, 七日私たちの卒業式, 七日私儀是迄外宅, 七日程留錫する筈, 七日程食物らしい物, 七日積る話, 七日竹を流す, 七日笠置山に御, 七日筑波山に立, 七日築地本願寺別院に於, 七日粥をつくる, 七日約束の日, 七日経しから, 七日經つた朝加納屋を見張らせ, 七日經つても十日經つて, 七日継子岳を経, 七日群馬県会では荒川高三郎, 七日自動車を尾添川, 七日船觀音崎に入る, 七日芝宇田川町に生れ, 七日英一が十歳, 七日英国水師提督に対面, 七日英国船一艘那覇へ来着, 七日草木もねむる, 七日菅笠をかぶり, 七日蘆溝橋に於い, 七日號の新, 七日衆議院で関税定率法案, 七日衆議院議長サロンでアメリカ図書館使節クラップ, 七日術成ると, 七日表日本岩手県上閉伊郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 七日補文部省十等出仕爾後或入, 七日西インド諸島の中, 七日認候品を共に, 七日誕辰の佳日, 七日警保局図書課がジャーナリスト, 七日護法の祈, 七日谷中の斎場, 七日賀名生で薨去, 七日赤彦かへる, 七日赤石絶頂を極, 七日越後の国塩沢, 七日足らずの生命, 七日踊りの晩, 七日車の上, 七日軍肉迫すモンテ・カルロ, 七日轉宅の筈, 七日辛未霽, 七日辛亥霽寅剋大地震今朝日に光陰無し, 七日辛抱しろそう, 七日辛酉相模次郎朝時主女事に依り, 七日近頃になく, 七日退職新たに北条茂時, 七日逗留ヲシタイトイウカラ泊ッテイルウチハ立タレズイロイロト支度ヲシタラ, 七日逮夜之処, 七日進歩党代議士会で政府, 七日遼陽に至る, 七日野口はまた, 七日金品引換え, 七日鉱山技師の子, 七日鉱毒防禦工事命令書が鉱業人古河市兵衛, 七日長女とゑ病死, 七日長崎で書いた, 七日長州の大兵, 七日開陽艦に移乗, 七日閑院遷幸今夜即ち造営, 七日間うち三日ほど休んだ, 七日間おこもりに, 七日間ぐらゐは壁に突き當, 七日間エフィゲニウス家に安置, 七日間二人は完全, 七日間以外にはその, 七日間危害ヲ蒙, 七日間市村座創業二百五十年の祝賀, 七日間往き所知れずと, 七日間懸命に稼い, 七日間武士は医者, 七日間毎日の人気, 七日間水漿を断っ, 七日間滞在して, 七日間火のもの, 七日間當時有樂町二七, 七日間秘密法を行い, 七日間苦心惨憺韜晦して, 七日間説教をした, 七日間議会停会の詔勅, 七日間門を鎖し, 七日間飯の食えない, 七日隔き位, 七日霊廟の工事, 七日革命第十五周年記念日, 七日頃工合をわるく, 七日願之通屋敷拝領, 七日風空に, 七日香椎の球場, 七日駿河の磯邊, 七日高らかな産聲, 七日高橋上總大將, 七日鬼籍に入った, 七日鳳凰を乗越し, 七日鳴海に来っ, 七日鵜沼宿御昼食, 七日鶴岳八幡宮に御, 七日鸞輿出発の予定, 七旦那わたしどもと一緒, 七えな, 七昇天日の供養会, 七明石防備のこと, 七星山麓で遭難, 七星門より外城, 七星霜の貪, 七春經たる樟樹, 七昨夜重三郎はお, 七時〇五分着同三十分信越線のりかえの, 七時〇分の東京行, 七時がらみに身体, 七時がらみ真っ黒に暮れ, 七時これに次ぐ, 七時ごろあそこへ来, 七時ごろおだいじにと, 七時ごろやうやく左門, 七時ごろキャバレーの前, 七時ごろマリユスはゴルボー屋敷, 七時ごろ七時十分前ぐらいそんな, 七時ごろ三隻のボート, 七時ごろ今度はエチエネット, 七時ごろ何もする, 七時ごろ古実君との問答, 七時ごろ夕食を摂られ, 七時ごろ大森海岸のバス, 七時ごろ家へ帰っ, 七時ごろ帰着して, 七時ごろ廊下の戸, 七時ごろ東京駅発の急行, 七時ごろ泰二少年はなにごと, 七時ごろ町なる某, 七時ごろ私がこの, 七時ごろ船長達がそちら, 七時ごろ高橋さんのところ, 七時ささやかな御, 七時すぎごろでその, 七時すぎみんなで, 七時すぎサイレンで起きました, 七時すぎ下関着雨が降る, 七時すぎ京都につく, 七時すぎ位までの電車, 七時すぎ八時近くなっても, 七時すぎ家を出た, 七時すぎ東日主催の, 七時すぎ浅間の宿, 七時そこで分れ, 七時それから八時, 七時ちょっとすぎに柚子, 七時ちょッと過ぎた, 七時のにのれる, 七時の間セムシ詩人の殺された, 七時アリゾナ州フォニックス市から地方検事ロイド・アンドリウス, 七時ケーニヒスベルク発車夜中十一時独露国境に着す, 七時スタンリー湾内に投錨, 七時チョッキリに千葉ウジ, 七時ドイツ北部の一大都会, 七時ニ五子自動車デ佐々木, 七時バルパライソ港内に入る, 七時バワリア王ルウドヰヒ第二世, 七時バースに着す, 七時ホウゴウ社で再び, 七時ホテ・グリで上森, 七時ホンコンへ入港, 七時ポオに着く, 七時マデニイツモノトコロヘキテチョウダイキットキットヨ, 七時ライラックの花瓶, 七時ラ・ベル・アリアンスとラ・エー・サント, 七時ルパンで中野, 七時レインボグリルの新妻莞夫妻, 七時ロシア・サンクト・ペテルブルグに着す, 七時ロジェエ夫人にマリー嬢, 七時一寸すぎに体, 七時一木の組, 七時丁度という時刻, 七時七時半段々あたり, 七時三十二分には紐育, 七時三十分の電車では近藤, 七時三十分上野発の急行列車, 七時三十分山稜に達す, 七時三十分早や橋, 七時三十分桜木町発東京行省線電車が新橋有楽町間, 七時三十分汽車にて上野発, 七時三十分発の汽車, 七時三十分発博多行急行にラッキーストライク, 七時三十分発博多行急行発車の十分前, 七時三十分米国空軍の主力, 七時三十分頃天野屋を立出, 七時三十幾分かに着く, 七時上野発の急行, 七時上野着家へ帰り, 七時上野駅でお, 七時上陸す, 七時不二見台に立っ, 七時両家の主人, 七時丸山邸え著, 七時九分大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 七時九時正十二時, 七時二三十分頃といえ, 七時二十一分に探偵, 七時二十七分西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 七時二十五分の列車で私, 七時二十五分広島発の列車, 七時二十分の上り列車を待つべく, 七時二十分の上り汽車が代々木, 七時二十分の汽車に間, 七時二十分人の出盛っ, 七時二十分前を示す, 七時五分金沢駅のプラットフォーム, 七時五十一分ごろもう店, 七時五十一分ごろ明治昼夜銀行目黒支店に突如, 七時五十七分即ち離陸後二十四分, 七時五十三分に出る, 七時五十何分かにこちら, 七時五十八分です, 七時五十分予定通りインターラーケンの停車場, 七時五十分小田原で下り, 七時五十分板屋出発金精峠に向う, 七時五十分母屋の六畳, 七時五十分頃に平, 七時京都へ向け, 七時代までの目, 七時伏木港を発する, 七時何十分かのほか, 七時八分青森行に乗る, 七時八時ごろまで酒, 七時八時九時十時となり, 七時八時近くまで次, 七時出勤してから, 七時出勤前なるほどこれ, 七時出発友情のありがた, 七時出発昨日の道, 七時出発長野へ向, 七時出立小郡の街, 七時出立己斐まで電車, 七時出立徳島へ向う, 七時出立松原がよろしい, 七時出立行乞二時間銭四銭米四合あまり功徳を戴いた, 七時出立谷頭まで三里, 七時出立黒井行乞三里歩いて, 七時分から妾, 七時前出発橋を二つ, 七時前寿江子と共同, 七時前小舟一艘借切品海, 七時前後土曜日で寺, 七時前後風は止んだ, 七時前樹明居へは遠慮, 七時前長谷福富下井田等, 七時前間の宿久保, 七時勤行八時読書九時散歩十一時それからそれから, 七時十二分でした, 七時十二分永田青嵐逝く, 七時十五分ごろです, 七時十五分すぎまでの間, 七時十五分のあいだだった, 七時十五分前ごろおりて, 七時十五分定時発車だ, 七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 七時十何分不二屋旅館へ落ちつく, 七時十分井戸沢の野営地出発, 七時十分宿を出る, 七時十分発で修善寺, 七時十分着です, 七時十分過ぎ前庭に旭光, 七時半ころか八時ころ, 七時半ごろおみおつけとパン, 七時半ごろ寿江子が駅, 七時半ごろ山越しに南, 七時半ごろ所用ありて, 七時半ごろ早めに食事, 七時半ごろ貸家も何, 七時半ごろ顎に長い, 七時半すぎに終った, 七時半スウェーデン首府ストックホルムに着す, 七時半セット入り森林をさま, 七時半タチバナ屋の玄関先, 七時半ツェルトをたたみ, 七時半ニ学校へ行キ, 七時半ホウゴウ社から十五丁, 七時半万才のとこ, 七時半京橋区銀座西四丁目宝石貴金属商新陽堂の店頭, 七時半位のもの, 七時半出港して, 七時半出立秋吉をへ, 七時半出立草鞋の工合, 七時半受付とはり出し, 七時半口洗ひ顔, 七時半大西が久米, 七時半家を出る, 七時半寝台を出, 七時半山峡は早く, 七時半彦根あたりで起きちまった, 七時半最愛の我が, 七時半東京ステーションを出よう, 七時半東宝劇場へ急ぎ, 七時半白木屋の前, 七時半眼がさめる, 七時半船よりおりる, 七時半解除となり, 七時半警官来れり, 七時半近く放送会館へ行く, 七時半過ぎにならなけれ, 七時半邸の小門, 七時半釜沢の出合, 七時半頃右手のリウマチス, 七時半頃水沢の西端, 七時半頃目がさめる, 七時半頃頓服薬をのん, 七時吉見英太郎河合八十次郎英太郎が父, 七時四人の会員, 七時四分着雪, 七時四十一分を示しおり, 七時四十三分とかいうの, 七時四十九分十四秒と出る, 七時四十二分を示し, 七時四十五分着の, 七時四十何分東京って街, 七時四十分の汽車で巴里, 七時四十分池ノ平に向っ, 七時夕食となつ, 七時奥様と御, 七時婆やが来た, 七時定刻どおりはじめられた, 七時家にかへりぬ, 七時宿へ帰る, 七時富士男ドノバンイルコックサービスの四人, 七時寒帯を脱し, 七時小舟にて本船, 七時帰宅して, 七時平均です, 七時廿六分に波久礼駅, 七時快晴なので, 七時抜錨して, 七時日本橋の, 七時昨日までの雨, 七時晩翠軒へ, 七時木曜島に着岸, 七時材木町の南蒲園, 七時村役場の前, 七時東京電話東劇の切符, 七時油川村著菊屋重助宅へ落著, 七時浄土山西側の野営地出発, 七時浪華天保山沖へ著, 七時湖岸の中屋ホテル, 七時熔岩の噴出爆發盛, 七時牛乳と果汁少量, 七時発の汽車, 七時発上り列車は買い出し客, 七時発錨す, 七時皆揃って, 七時眼がさめる, 七時石田を連れ, 七時礼拝また始まる, 七時神戸を発する, 七時福山木綿橋へ著船上陸, 七時私の自宅, 七時私たち三人は歩い, 七時私達は宿泊所, 七時秘密にソーホー街八十八番, 七時竜造寺兵曹長は成層圏機, 七時竹川に泊る, 七時築地秀仲へ, 七時聖岳の絶頂, 七時自動車を雇, 七時船モンテビデオ港に着岸, 七時茶色のカバン, 七時葉書で打合せ, 七時薩軍はふり, 七時豪州第一, 七時起床入浴し雑煮, 七時起床此の位, 七時身心かろく出発, 七時近く砧のPCL, 七時近く道子とハムエグス, 七時過ぎここを出発, 七時過ぎ二日ぶりに電車, 七時過ぎ出発する二日二夜, 七時過ぎ普軍は全く, 七時銀座通りはネオン, 七時鏡子居へころげこんだ, 七時間そこで持ちこたえた, 七時間一ねむりの, 七時間一日で槍, 七時間三九分に対して著しい長, 七時間以上は決して, 七時間以下の勤務, 七時間余も経っ, 七時間余りの汽車旅行, 七時間八時間ということ, 七時間六分に短縮, 七時間前に撮した, 七時間北海の波, 七時間四十分の労働時間中は一分, 七時間四十分一分の遅刻もなく, 七時間平気でガン, 七時間目には仔猫, 七時間縫い物をした, 七時間餘睡りつづけたわけ, 七時関翁余等夫妻草鞋ばき, 七時限り引払わないと, 七時限り引拂はない, 七時陽が高い, 七時集合近郊ロケ夜八時に沼津, 七時雨峠と云, 七時青山のいろは, 七時青森に着き, 七時頃とつぷり暮れた, 七時頃われわれは再び, 七時頃万平ホテルへ行く, 七時頃三度のうち, 七時頃中野村へ著一泊, 七時頃住友の人々, 七時頃俥でかえる, 七時頃冬ならば, 七時頃加藤弘三夫妻川奈の帰り, 七時頃和木清三郎から電話, 七時頃図書館に来, 七時頃土州軍艦へ乗, 七時頃夢なんかみない, 七時頃妻女山に達し, 七時頃婆やが, 七時頃家を飛び出し, 七時頃宿の人, 七時頃小便に起き, 七時頃小川町の交叉点, 七時頃帰えるので, 七時頃彼帰りて, 七時頃我々は東京, 七時頃新橋駅に来る, 七時頃朝日が輝き出す, 七時頃東京へ着き, 七時頃歸つたとき, 七時頃歸つて來た, 七時頃氷の北極, 七時頃燈台に灯, 七時頃神戸行きの船, 七時頃秀吉は総, 七時頃行雄をつれ, 七時頃街の本通り, 七時頃野原から電話, 七時頃電話がかかりまし, 七時頃馳けつける, 七時黄埔軍官学校の軍艦飛鷹, 七晝夜でおよそ, 七晩きゅうめいさせ置候もの, 七晩めに町, 七晩洞の中, 七晩雨戸の外, 七景行天皇十二年の条, 七暗号記法の分類, 七曰ク仙台の役人及河内, 七曲百曲水の手の要害堅固, 七書以外に格別, 七最も慇懃無, 七最高幹部が一様, 七月評に忠実, 七月間は私, 七月頃一寸別のかかり, 七有個の箱, 七有難い親心, 七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 七朝日新聞に拠, 七期是が第, 七は桜, 七本大根が一本二十五銭, 七本手に入れる, 七本押売りして, 七本杉は地上五尺, 七本松橋とかそういう, 七本枝の燭台, 七本竹の継棹, 七本血のやう, 七本転がつて, 七本鑓の衆, 七のなか, 七杏春の瑞英十六, 七条下ル堀川の小さな, 七条中でもとくに, 七条中段に該当, 七条丹波口だった, 七条九条へ遠く, 七条信隆の室, 七条八条池殿小松殿泉殿東は二条三条, 七条八条法性寺柳原の天, 七条六条から引廻, 七条出版権の譲渡, 七条前段に該当, 七条卿の疑問, 七条卿梅渓卿交野卿みないい色, 七条君や下村君, 七条君下村君その他今は僕, 七条四条三条の各, 七条土に限る, 七条天皇は帝国議会, 七条左京の作, 七条左馬頭改まって, 七条左馬頭梅渓右少将交野左京太夫の三卿, 七条後宮歌合せや中興, 七条憲法冒頭の言葉, 七条方面に急げ, 七条松並木のほう, 七条油小路四辻に無惨, 七条油小路時は慶応三年十一月十八日, 七条洛の内外, 七条輪袈裟白衣黒衣等大いにわが, 七条醒ヶ井の近藤, 七条院此間予可儲肴等持参令取居, 七条魚ノ棚, 七条鳥脇などを経, 七来りて是非, 七杯位ぺろりと, 七杯髯将軍と吾輩六杯, 七東海道の巻, 七松園の縁日, 七枚お客の間, 七枚それを見, 七枚つぎの誓紙捧, 七枚めにかかった, 七枚一時に世, 七枚以上書けたこと, 七枚十枚十二枚時には二十余種, 七枚夏のひと, 七枚夜まとめる, 七枚帯も二筋, 七枚帶も二筋, 七枚新子らしく便箋, 七枚目右端欄外に, 七枚秤量皆此銭ヨリ軽シ, 七枚継ぎの誓紙, 七枚許り木版, 七枚重ねの葉形カード, 七果物屋とかう, 七柏軒の妾春四十四, 七柏軒十二長八つ, 七の神, 七株八株一列に並び, 七格子を細目, 七桁位の数字, 七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 七桜井左吉三人の働き, 七梅林より, 七はおごそか, 七梯形の, 七棟それを繋ぐ, 七吃し得ざるに, 七榛軒未亡人志保六十二であつ, 七様昔は密男拐帯, 七橋八橋七堀八堀と水, 七の弟二十二, 七次十字軍を起し, 七歌集の中, 七正宗院七十であつ, 七正造は五十一歳, 七此方へ出, 七歩五朱軒の区別, 七歩前に立ち止った, 七歩右奥へ畳, 七歩四八銀まで三十八手, 七歩曹丕が數, 七歩目に曹植, 七歩目曹植は哀し, 七歩石猿を叩い, 七歳あづまの水, 七歳あとせめて十年, 七歳ぐらゐになる私を連れ, 七歳こちらは童貞, 七歳たか一歳の時, 七歳ちがいだった, 七歳どちらも小者頭, 七歳みんなは彼, 七歳むかしは奥平藩士, 七歳ニシテ席ヲ同, 七歳ヨリ綴ル所ノ詩筆, 七歳一月前に入団, 七歳三人家族で使用人, 七歳三月三日防人を, 七歳上の兄成家, 七歳並に皆, 七歳中原は麻, 七歳二カ月にし, 七歳二月坂東諸国の防人, 七歳五百が三十六歳, 七歳京都にある, 七歳仁一郎は六十一歳, 七歳今から二百十余年前, 七歳以下金十枚といふ話也, 七歳以前の子供, 七歳以後は当時, 七歳以後理想主義的気質が私, 七歳位いまでの子供, 七歳位運転手風の好男子, 七歳俊が二十一歳, 七歳保一くんが二十四歳, 七歳初乃が十八歳, 七歳前科があります, 七歳劉備玄徳は四十七, 七歳半だった, 七歳善太郎が十一歳, 七歳嘉永三年に自, 七歳壽永三年三月十八日和歌, 七歳大病の時, 七歳天の下, 七歳女子は十八歳, 七歳妻益は二十一歳, 七歳妻益三十一歳三児中榛軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 七歳妻益四十一歳子女は榛軒二十, 七歳娘のお, 七歳子は十六歳, 七歳小僧の寅次, 七歳平八郎が叔父宮脇志摩, 七歳年を重ね, 七歳弟盛次郎が十五歳, 七歳御新造はお, 七歳拵え立ての, 七歳敵ならば, 七歳文武の心得, 七歳新婦の綾子さん, 七歳時代の紅友禅, 七歳時分の家, 七歳最後の作品, 七歳末家では, 七歳村の娘, 七歳柏軒は二歳, 七歳柏軒二十一歳長十七歳, 七歳椿山君は十六歳, 七歳榛軒十六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 七歳横浜で有名, 七歳次男盛次郎が五歳, 七歳正確に云え, 七歳此は三歳, 七歳武蔵も十七歳, 七歳母は二十五歳, 七歳永井家々督相續の屆, 七歳無一文から現在, 七歳玄俊は四十五歳, 七歳現職の農務大臣, 七歳眼鏡を掛け, 七歳私の見る, 七歳米庵は三十七歳, 七歳細川藤孝が子, 七歳羽柴秀勝の十六歳, 七歳自分は十六歳, 七歳藩制の身分, 七歳蜀の建興五年, 七歳許りの, 七歳豊芥子は七歳, 七歳赤地の錦, 七歳路地長屋の爪楊枝, 七歳通平の歳, 七歳道法ことごとく備わった, 七歳金髪で相当, 七歳長男は四歳, 七歳頃非常に悲觀, 七歳養子周禎は文化十四年生, 七歳養子祐二五歳の三人世帯, 七歳馬だ, 七歳鼻の下, 七段二人腕を揃, 七段堂のきざはし, 七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 七段目修正論のたぐい, 七段神田辰之助氏らしい, 七段肉ともいっ, 七段返しに宙乗り, 七殺しの犯人, 七殿ト心ヲ合セオイチ御料ヲムカエ, 七母八執曜, 七比丘尼に具足戒, 七毛五朱か爺さんそれぢ, 七毛確かにご, 七氷河は無数, 七昼無事再び, 七汝等は皆汝等, 七の四人, 七で全, 七法王の参議, 七を隈, 七浦七崎にぎおうの譬え, 七を去り, 七浬位ひなんだが, 七浮くは沈む, 七に神輿, 七淑女を前, 七深窓の愛しみ, 七清吉に引立てられ, 七清華の一, 七清里ほどある, 七に及ぶ, 七滝沢なども行場, 七漁家は零, 七潜水艦が同じ, 七激情に取り, 七濁音を加えれ, 七瀬八峰の二女, 七あそび四十八死, 七点君は三十六点, 七為相十三である, 七無事に家督, 七無形精神上の文明, 七ッ端から, 七からは表, 七版復活が百〇八版, 七を盗む, 七物語に始まる, 七特異の形式, 七玉川の権太郎, 七王おいでになつ, 七王国に分裂, 七王朝から最後, 七七退, 七も出した, 七瓶金を蓄え, 七生滅賊の四大字, 七甲戌年二月吉日に拵, 七男七女を生み, 七男全安十歳の次女俶, 七男八男の三人, 七男坊様酔ッたが, 七男徳川万太郎その人, 七男成善二歳の四子二女, 七男殿もいつ, 七町あまりニコともしない, 七町いちめんな磯松, 七町いろは道が見え, 七町さきまで野武士勢, 七町三輪桜井八木へ出, 七町五里と七町, 七町位飛ぶそう, 七町余歩の田畑山林, 七町八段餘の荒蕪地, 七町八百八町を引っ繰り返し, 七町四十九間半とあり, 七町四段二畝歩にする, 七町弱南北約二里三町, 七町村奈良県九町村石川県六町村三重県十二町村となつ, 七町潛つて出ました, 七町西に行く, 七町谷川のとある, 七留何哥か保留, 七畝二八歩関係人数四九七八名でこれ, 七略これは兎, 七略といつても實, 七略宋の王儉, 七略等に見え, 七番めの風雅和歌集, 七番以後の晩年, 七番地先に今, 七番地渠自ら思いついた辻町, 七番地鈴木芳吉という湯屋, 七番地鳳明館中川芳太郎鈴木三重吉へ, 七番屋敷へ移った, 七番清岩寺へ拝登, 七番芹沢八番斎藤と極めた, 七番蔵の戸, 七畳其に下屋つき, 七畳席を布くべし, 七疊許の一室, 七疋同行六人で南, 七疋殺し武芸無双, 七の, 七癖みいどんにはもう, 七発グレーの言う, 七百〇二人で二割八分強, 七百キロという近, 七百トンのクリッパー, 七百メートル位までに錦, 七百ルーブリは借り, 七百ヵ所で見る, 七百七十一条に, 七百七十七人です, 七百七十七人マイナス四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 七百七十七留なりをうけとり, 七百七十三その中, 七百七十三人ございましたの, 七百七十九年のカルネワレ, 七百七十九年木星に接近, 七百七十二年の噴火, 七百七十五艘に激増, 七百七十八人を収容, 七百七十八米突という抜群, 七百七十六マイルに達す, 七百七十六人だといふ, 七百七十六年第七月四日亜米利加十三州, 七百七十六米の峰名, 七百七十四米二と測られ, 七百七十年以後に當, 七百七十年前の薄命, 七百七十年正月七日越後の国塩沢, 七百七十年祭にあたり先ごろ下関, 七百万中一人も非, 七百万余の人民, 七百万円以上が物, 七百万坪のうち, 七百万弗の財産, 七百万石の力, 七百万里も距つて, 七百三十カ所四国大のもの, 七百三十ミリメーターの颱風中心, 七百三十九頭の鹿, 七百三十二年の暮, 七百三十六年の制科, 七百三十六年華嚴宗を始め, 七百三十年も前, 七百三十本ほどの大小, 七百三十百三十二の四重奏曲, 七百三十粍です, 七百三十部あったの, 七百両あまりを伏見, 七百両みんな封金でそいつ, 七百両説に大, 七百両進上しようじゃ, 七百九メートルシャール十世は一万八百三十六メートル, 七百九十キロという素晴らしい, 七百九十七年に至る, 七百九十九俵までを百五十俵, 七百九十九年夥伴を率, 七百九十二年三月十二日の夜, 七百九十五年の大, 七百九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 七百九十何メートルとある, 七百九十六人という統計, 七百九十四方里の孤島, 七百九十米四の三角点, 七百九十米気温は平時二十二度, 七百二十一名藤原氏が五百八十名, 七百二十一年六月二十二日ムウニッヒの市, 七百二十七字の御, 七百二十万にも達し, 七百二十万人と同じ, 七百二十万字正続を, 七百二十三米の低い, 七百二十九軒の間脇階級有, 七百二十二人のモルモン信徒, 七百二十五人の少, 七百二十四人分の食料, 七百二十四年であるから, 七百二十年ですから, 七百二十年エルボヨフ公の掘らせし, 七百二十年頃の事, 七百二十年頃東ローマのレオ・イソーリアン, 七百二十束田租十五束の場合, 七百二十氣を一紀, 七百二本たつや, 七百五ヶ所の地所, 七百五十キロばかりだ, 七百五十フィートの高, 七百五十メートル作られたこと, 七百五十ルーブリだそう, 七百五十七人に達しました, 七百五十万でよろしい, 七百五十三偈ありと, 七百五十九日と七百六十五日目, 七百五十二文であった, 七百五十五万円二十市で総額一千二百六十七万円, 七百五十人余高須勢百人とある, 七百五十余体の死者, 七百五十倍にまで変化, 七百五十八町余里見氏より以来, 七百五十噸渺たる一駆逐艦, 七百五十四石の一所持, 七百五十弗の賞, 七百五十文が得分, 七百五十日でもわるい, 七百五十枚の小説, 七百五十歳なり, 七百五十町歩だから, 七百五十石お取りなさる, 七百五十米の峰, 七百五十米四と測られた, 七百五十粍午前二時は七百三十粍, 七百五十級の首級, 七百五十萬兩の物, 七百五十貫金子八百余枚ほどご, 七百五十貫金子八百枚余りありまする, 七百人二十代目には一億六千六百八万五千余人, 七百人以上の乘組, 七百人位は入れる, 七百人寄留すと, 七百人手続きを踏む, 七百人日本人は三十人内外, 七百人部将皆郷士豪農, 七百以上の労働者倶楽部, 七百位まであります, 七百何十両が盗まれ, 七百何十人も取りそろえ, 七百何町歩これは直接, 七百何隻の捕鯨帆船, 七百余人会津藩の千余人, 七百余匁であると, 七百余巻の一切, 七百余年も前, 七百余年間その統治, 七百余旌旗から輜重駄馬, 七百余級雑兵に至っ, 七百余言を学び得, 七百余里をつらね, 七百余首の作品, 七百余騎志を合わせ, 七百俵若年寄直轄で法印, 七百倍の荷物, 七百偈九百偈の三本, 七百億ドルに価する, 七百兩づつ入れて, 七百兩五木田利兵衛の二百七十兩, 七百八十の戦死体, 七百八十七人に減じた, 七百八十七年三月二日ナポリにてとある, 七百八十万円と内定, 七百八十万罐千島北海道樺太に九百八十万罐移出, 七百八十万通という投書, 七百八十三年イタリー國カラブリヤに起つた, 七百八十三年二月に南イタリイ, 七百八十九人は百九十三年後, 七百八十九条八百一条第八百十三条, 七百八十二エスクウドで最高位, 七百八十二年の三月頃, 七百八十二年刊行の本書, 七百八十二浬の航路, 七百八十五ミリになりました, 七百八十五年に當, 七百八十余人の尾州兵, 七百八十八条七百八十九条八百一条第八百十三条, 七百八十六年七月の二十日, 七百八十年風の強い, 七百八十石積みで三本帆檣, 七百八十米の峰, 七百八年チェイン・ロウが出来, 七百六〇米の圏, 七百六十フィート幅が八十八フィート, 七百六十フィート幅八十八フィート高さ, 七百六十ミリになっ, 七百六十一尺南七巨厳駢立シ下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 七百六十七人とある, 七百六十七番という由緒, 七百六十三米余と測られ, 七百六十九倍ある, 七百六十九米の小蓮華山, 七百六十五日目に當つて, 七百六十人里見太田方は五千三百二十餘人, 七百六十余名は数千, 七百六十元四六仙これが填補, 七百六十六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 七百六十円の赤字, 七百六十回転一年には勿驚, 七百六十坪のうち吹上, 七百六十年も前, 七百六十本之を向島, 七百六十粍あります, 七百六十耗前後なるに, 七百六首といふこと, 七百内藤清成の手勢五百, 七百円それに月給, 七百円以下には値切れ, 七百円位あったかと, 七百円結婚に費, 七百円薬が二千百円, 七百円近く集まった金, 七百匁程度でそれ, 七百十一柱の爲め, 七百十七万フランばかりの在高, 七百十七年まで位, 七百十万余になり, 七百十三年でありますが, 七百十九兩さへ納めれ, 七百十九名の者, 七百十九年前である, 七百十九年印度から途, 七百十九米の高, 七百十二万人ありと, 七百十二年とすれ, 七百十五年前後堀川天皇, 七百十八年に瞿摩悉達, 七百十六年同地で客死, 七百十六年金剛智三藏は開, 七百十四校あり, 七百十粍を下っ, 七百千九百笑いなさいうんと, 七百合が街路, 七百名ばかりになった, 七百名以上の職工これ, 七百名余りの信徒達, 七百噸級の駆逐艦八隻, 七百囘の戦闘, 七百四十一ポンドすなわちおよそ, 七百四十三人の男, 七百四十三校が工芸技術学校, 七百四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 七百四十八年一農夫の偶然, 七百四十六年に長安, 七百四十貫つまり当時, 七百四年傳來説も普通, 七百回以上に上っ, 七百回近くまでがそれ, 七百室の大, 七百尺日本第二, 七百尺餘だつた, 七百州の首府, 七百年以上も昔, 七百年以前の鎌倉時代, 七百年前親鸞聖人の娘, 七百年前鎌倉時代の実, 七百年後の今日, 七百年時代の英人, 七百年来薩南の地, 七百年民国今日の健児たち, 七百年生存し大師, 七百年逆賊とよばれ, 七百年遠忌の記念, 七百年頃に王位, 七百弗までは出し, 七百弗足らずの負債, 七百戸三千七百余人の人員, 七百戸全戸に病人, 七百挺といわるる, 七百文納入になった, 七百星霜一夢の間, 七百有餘年前即ち第, 七百有餘年間一人で護持, 七百決死して, 七百漱石全集の第, 七百点からの出品, 七百町余に及ん, 七百疋分ですねえ, 七百社を六百社, 七百箱を買い取り, 七百米突であって, 七百米附近で休んだ, 七百粁の球, 七百萬兩殘る之, 七百萬圓以上が物, 七百萬圓餘朝鮮及臺灣等の分, 七百語の六十五分, 七百軒にふえる, 七百里十三州は三倍, 七百金という小判, 七百頭ぐらいの鯨, 七百餘噸の巨艦, 七百餘時間を經, 七百餘萬圓といふ計算, 七皇子の義良十三歳, 七をのん, 七の墓, 七盧鈞傳に, 七目れんげめおかみさん, 七目負けだった, 七目題目を並べた, 七の麗, 七真先に進ん, 七真諦之事, 七石あまりもやっ, 七石五斗である, 七石五斗以上を七歩五朱軒, 七石余田は千八百七十石以上, 七石八石といふの, 七石四斗九升以下五石迄を半軒, 七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 七砲台の跡, 七砲台辺高く低く群れ飛ぶ, 七磅二シリング一〇ペンスで購買, 七磅六まで, 七磅十志の金, 七社七寺へ御, 七社三千の坊舎, 七社式外九社もあり, 七社禰宜度会康高の女子, 七祖像の中, 七祖出現の使命, 七祖母の八十八, 七祖父の訪れ, 七祖父江孫丸などであった, 七祭礼と幟, 七禁令で禁じられた, 七禁令五十四斬違背, 七禁令以後の世の中, 七福ひえぐすり, 七福廻と云, 七福廻りといふの, 七秀林院様は霜, 七秒十三秒くらいの間隔, 七秒目であ, 七秒間外をじっと, 七秤八秤もちて, 七埋め立てられる事, 七程度に対して東北六県, 七種これに対して, 七種配膳の公卿, 七種香の価, 七穹窿は恰も, 七は日本, 七竈深山榛などが灌木状, 七竈白樺などの生えた, 七竈白花石楠などが主, 七竜神の受持, 七章三十八節に我, 七章九節以下を見よ, 七章二五以下にこの, 七章八十余篇の詩, 七章冒頭の部分, 七章爰歴博学七章蒼頡篇凡将篇急就篇, 七章蒼頡篇凡将篇急就篇, 七章詩家二十九人伊太利亜に三人, 七章詩家二十九人伊太利亞に三人, 七竿薄皮餅三十茶十九杯をあおっ, 七笑顔当世姿御存商売物, 七に, 七等いずれも崛強, 七等七八騎で盛政等, 七等以上を貰っ, 七等国へ下落, 七等官あたりならまだしも, 七等官その他あらゆる文官, 七等格准医補生口拡, 七の絶好, 七箇国は東西, 七箇年間に結婚二三, 七箇月間煙草を買, 七箇箝めた領留針, 七箱づつ吸つてゐた, 七節二八節特に四五節參看, 七節後鳥羽院関係の叙述, 七節戦闘速力まさに三十九節, 七節朗読劇の台本, 七篇その他が之, 七篇二章は全く, 七篇以後の新しい, 七篇生活の上, 七篇相互の間, 七篇短歌二百五十三首を録す, 七の光, 七には道教相承, 七米九の三角点, 七米六七千六百尺の山, 七米其北北東二十五粁に在る, 七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 七粍速射砲砲門をならべ, 七粍重心が下っ, 七粒服んでお, 七粒水すこしを, 七精好の緋, 七というよう, 七糎位まで伸び, 七級玄武門の勇士, 七級金鵄勲章の金額, 七絃会あたりへか, 七組みの兄弟, 七給仕五ビールはこび, 七絶さへある, 七絶一木村定良に訪, 七絶一此に三, 七絶七である, 七絶七律各一首, 七絶七律五律各一, 七絶七首がある, 七絶三百九十七通計五百八十八首である, 七絶二がある, 七絶二七律一五律一が録存, 七絶二此は七絶七, 七絶四首があつ, 七絶山を横断, 七絶庚辰の詩, 七絶百十八首計百四十七首, 七絶蝶と晴景, 七の光, 七さげて, 七即ち七, 七編日本橋の三, 七緯書即ち易, 七の人口, 七縦孔明の軍略, 七した時, 七繼子のお, 七署名す, 七義士にも時に, 七羽さっきからしきりに, 七羽のんきにブラ, 七羽一羽の雄, 七羽加瀬と山内, 七羽山の背, 七羽田鴫十三鶉十五羽鴨が三羽, 七羽餌をついばん, 七翌年御出版, 七老人宅を訪問, 七老後財宝所領に心, 七老爺さんの家, 七は衣, 七して, 七の一人, 七聖殿に謁, 七聖画と呼ん, 七聞いたか, 七の一詩也, 七聯隊から出征, 七高く肩, 七胸椎との間, 七から八膳, 七臨時議会が広島, 七自我主義の詩人哲學者, 七興味ありとして, 七艘ともにするりと, 七艘相見候, 七艘高麗船三十三艘蘭船三艘である, 七十五, 七良三が十五, 七色これらはあまり沢山, 七色とりどりの酒瓶, 七色方面まで遡れ, 七色蕃椒屋のある, 七を縫った, 七は二十一二, 七芝翫の豆腐買, 七芥川龍之介三十六嘉村礒多三十七, 七花八裂狼藉を極めた, 七苦八苦の地獄, 七苦労で原書, 七英国の仏教, 七荘八荘九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 七荷足の仙太郎, 七菊花の形, 七萎れきつて居る, 七萬三千石牧野備後守の家中, 七萬九千餘卷なれど, 七萬五六千回この記録, 七萬五千兩を以て排水器, 七萬人を失つた, 七萬位の小, 七萬六千圓の收, 七萬四千石の御, 七萬圓であつ, 七萬坪に達せり, 七萬町ばかりある, 七萬石の先祖, 七萬餘戸自女王國以北, 七葉樹上の彼等, 七葡萄園と高台, 七葬式の読経, 七蔵め多分小鼻, 七蔵め何事したるかと, 七蔵らぶら提灯, 七蔵本性をあらわし, 七蔵桶屋の徳助, 七蔵顔膨らかし腹の中には余計, 七藏仕方なく風雨, 七藏殿それは真実, 七藏殿御苦労でご, 七藏爺やうやく十兵衞, 七虞八斉九佳十灰と云った, 七がつい, 七虹蓋つくる奴等, 七に手斧, 七の道, 七行く少女ども誰おし巻かむ, 七行今の小学生, 七行以下にいへる, 七街道の口, 七袋太子がもたし, 七見たような, 七見たいな氣, 七見込みは, 七親分こちとら, 七親分さんで, 七親分ぢや埒, 七親島おかけめしやいが, 七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 七角形と次第に, 七言絶句でもここ, 七註參照この者ヴァンニ, 七たる俳句, 七です, 七語づゝ注の空白, 七語調とか馬琴流, 七調に定めた, 七の景気づけ, 七隔て, 七谷越の高い, 七豆腐屋の山本甚七, 七豪州の人口, 七貧乏をかかげ, 七貫三百目三人扶持小通詞並, 七貫五百になった, 七貫五百目より少なく, 七貫以上を蓄, 七貫位かな, 七貫六百目あるん, 七貫平気で背負, 七貫文に買った, 七貫百三十二文上酒一斗二百十八文下酒二斗三升, 七貫目分の蒲焼き, 七貫見かけは堂々たる, 七貰アイゼンを履き, 七買って来, 七賢僧の時代, 七賢聖僧次第に正法, 七だったね, 七赤道を横断, 七赤金星の話, 七足袋は製作, 七路先生のタイマン, 七路面目なし, 七身上に隔たり, 七軍魚鼈となる, 七軒一軒当り二千円宛出し合うて, 七軒八九軒凡そ十軒ほど素見し廻りたる, 七軒墨屋が三軒, 七軒大小あわせて, 七軒家の者, 七軒巻添えになる, 七軒戯曲一軒の割合, 七軒楽屋口うらに, 七軒目路地の角, 七転び以上なン, 七転八苦の物質的生活, 七軽井沢に芭蕉, 七であつ, 七輪なり竃の下, 七輪バケツ茶椀箸そして米, 七輪一つ買っても, 七輪一つ枕一つの生活, 七輪二つそれにかま, 七輪水瓶竈その傍, 七輪父親はまた, 七輪西洋鍋に至る, 七轉び八起きの, 七轉八倒あがき悶ゆる, 七辰三は三十三, 七農業と屋外, 七も駆け, 七辺形を内接, 七の福島, 七絶望です, 七迄は偽である, 七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 七退何ぞ改めて怪しむ, 七通計五百八十八首である, 七通話だそう, 七通讀者からお, 七造おまえも出世, 七造さまがお, 七造めがどこ, 七造玄関先へいっ, 七造竹柴清吉は黙阿弥翁, 七連銃の隊, 七連隊などの将兵, 七週年に際し哀傷, 七週間前から誰, 七遅いな, 七遍ぐらゐは出て, 七遍巡り巡って, 七遍息をせず, 七道化たる身振り, 七道路工事の事, 七ふ, 七郎たけ子の夫妻, 七郎ちよいと貧乏, 七郎乗羨と, 七郎元服しての, 七郎兵衞の毒害, 七郎岡本三河坊といったよう, 七郎松本盛三郎茂呂近助, 七郎殺しの下手人, 七郎片桐与三郎千田主人秋田加兵衛などの八, 七郎矢田彦七平賀三郎などである, 七郎茂呂近助, 七郎親方を訪ね, 七郎親方夫婦にくれ, 七郡守護の職, 七部分類法の復興, 七部毎日が六十八部, 七部通りまで愛情, 七部集炭俵の中, 七郷所属の唱門, 七郷紀に当郷, 七都市においては平均寿命, 七里さのみ遠い, 七里もみぢ屋という宿, 七里ヶ濱邊で春, 七里三十町あると, 七里以上何も食わずで, 七里元気を出し, 七里先から呼ばんけれ, 七里労れた, 七里十一町あり, 七里十町にも及び, 七里十町余反別としては千七百五十八町余, 七里南北十余里というよう, 七里向うへ行っ, 七里奥山へ分け入った, 七里對馬へ九十九里半, 七里小浜近くまで行かない, 七里帰途の暑, 七里役一両三分と定めたい, 七里役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 七里支川を合せた, 七里曲物の器, 七里東西の最長十一二里, 七里洲中ニ在り今, 七里海上の渡, 七里焼山の茶店, 七里程も奥, 七里羽犬塚或る, 七里隔ったところ, 七里隔たりたる山中, 七里飛脚の廃止, 七里餘の知らない, 七重伽藍を建立, 七重八重染めかさねても, 七重八重花は咲け, 七重宝樹の風, 七重櫓が総体, 七重浜を襲, 七の御手洗, 七銭ぐらゐ万事につけ, 七銭これで当分, 七銭三厘二銭五銭十五銭一銭二十五銭三十銭可い, 七銭不足の由, 七銭五厘ですね, 七銭五銭合せて, 七銭何といふ安, 七銭六厘余に相当, 七銭判をいた, 七銭宛くれて, 七銭片道四銭の時分, 七銭畳屋と経師屋, 七銭米一升三合あまりこれは白船君, 七銭草鞋が一銭, 七銭銀貨を作っ, 七錢づつ取られ煙草, 七錢九厘か, 七錢五毛で一足, 七錢五錢唯だ五錢取つて永世苦情, 七錢位でものられた, 七錢形の親分, 七録其他魏晉から隋, 七録序に見, 七鍛冶屋の店先, 七鎮までの将軍, 七鎮まで備えならべた陣地は, 七十三で, 七長女柏二つ柏軒二十七妻俊も同じく, 七長沢にも会いたい, 七間さきへいっ, 七間りゅうッと風, 七間二三の段階, 七間二十四反帆, 七間五間と詰, 七間五間三間と迫つてハタ, 七間以上離れた遠方, 七間余東西梁行は十五間三尺, 七間先にゆく, 七間半幅四尺深さ三尺ぐらゐで, 七間南北四十二間満潮時に一丈前後, 七間南北四間東西は八角形, 七間向うの桜, 七間周囲三里の城壁, 七間四尺五寸あったの, 七間奥行二十五間五階建という大, 七間奥行十五間の二階家, 七間幅十二間四尺高さ, 七間後なる波打際, 七間日本橋の南, 七間東西梁行十五間床から天井, 七間梁六間天井までは一丈三尺, 七間梁行十四間半の大, 七間百二十畳の籐, 七間縦十数間という熊野船, 七間道路が向側, 七間霧にみな, 七関そこを潜っ, 七関口忠太郎川俣久平寺内清次島田雄三郎新井保太郎藤沼友次郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 七の内, 七附近まで往復, 七の伽藍, 七の一, 七陸海軍の術語, 七に分れ, 七階あとは終点, 七階全部に毒ガス, 七階八階の洗面所, 七階六階五階と巡視, 七階宴会場へ近藤利兵衛商店, 七階建の貸家, 七階建七棟の書庫, 七階楼上で昼飯, 七階途端にサイレン, 七階館の屋上, 七隻はぶじに, 七隻撃沈されて, 七雑炊といっ, 七雑魚の魚交, 七の部所載, 七は即ち, 七面倒くせえ, 七面倒くさくなって, 七面坂左が蛍沢, 七面神社へ参詣, 七面蜥蜴の如く五通り, 七音七音の三句, 七音中に於ける, 七音以外のもの, 七音形態であ, 七頁一八二一年板コラン・ド・プランシーの, 七頁七行目の, 七項全部賛成である, 七頭七尾の大竜, 七頭千頭の竜王, 七類これを前, 七首中わたくしは二首, 七首中六十二首あるのみ, 七首後記中に九首, 七首竝べておきませう, 七の車, 七香兵衞香之助, 七香西又六, 七馬路で永, 七馬鹿七と呼ん, 七駄半なんて云, 七駄片馬と称, 七の元締, 七駕籠ひとにらみ, 七駕籠七場所七橙と七七ずくめ, 七駕籠七組みの兄弟, 七騎ニテ宮ノ御, 七騎十騎と前後, 七騎落でも墨田川, 七に居る, 七高橋又四郎らをつき従わせ, 七高藤邦松等七人であった, 七を惜しげ, 七の腹話術, 七鵜川庄三と共に江戸, 七と紫, 七黒業白業の巻, 七點平均には行, 七點鐘が響い, 七齡思ヒ即チ壮, 七といったです, 七%大体三分の一ほどの賃銀, 七%実況七四%演芸八一%学校八三%まで中継放送, 七%小豆は三六%, 七%澱粉及纎維が九〇%