青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丁度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一部~ ~一部分 一部分~ 一間~ 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧 丁寧~ ~丁度
丁度~
丁目~ ~七 七~ 七つ~ 七兵衛~ 七月~ 万~ 万一~ 万事~ ~丈

「丁度~」 8160, 88ppm, 1265位

▼ 丁度その~ (866, 10.6%)

27 時に 18 時でした 16 日は 9 日の, 頃から 8 頃の 7 ときだった, 時は 65 日に 4 年の, 日から, 時だつた, 時であった, 時である, 時です, 時分に, 時刻に, 頃は, 頃私は 3 ころの, ときです, やうに, 夜は, 時だった, 時刻には, 時私は, 途端です, 頃に, 騒ぎの

2 [63件] ころブン蛙は, ときさっきから, ときでした, ときに, ときの, とき一台の, とき下りの, とき前方の, ような, ように, 下に, 中間に, 中間の, 乗客の, 位の, 僕と, 光の, 刹那に, 前に, 前の, 十日ばかり, 反対で, 反対の, 声の, 女が, 家の, 小包が, 年は, 廊下の, 方の, 日, 時で, 時また, 時一人の, 時上から, 時二人の, 時二人は, 時例の, 時僕は, 時兄の, 時分から, 時君が, 時坂の, 時小, 時己は, 時突然, 時美奈子は, 時逃げ, 時霧が, 晩は, 最中に, 眞中に, 真下に, 瞬間その, 矢先に, 窓から, 途端に, 途端信一郎の, 頃だった, 頃を, 頃僕達の, 頃或, 頃私たちの

1 [558件 抜粋] あけては, あたりで, あたり横川驛で, いい標本, お伽噺の, お方も, お祷り, ことの, ことを, こと考え, ころある, ころこの, ころサンタマリア病院の, ころモスク, ころ京橋の, ころ出来た, ころ出版した, ころ吉原の, ころ大, ころ婦人倶楽部で, ころ殿が, ころ私の, ころ耳が, すこし前, ちょっと前頃, ときこの, ときその, ときであった, ときは, ときまるで, ときも, ときガチャーンと, ときニューヨークに, ときボーイが, とき中津から, とき予は, とき伸子の, とき入口に, とき号外の, とき店員が, とき彼の, とき思ひ, とき或, とき異様な, とき私は, とき素子が, とき自動車は, とき船が, とき道を, とき部長の, とき電車は, とき馬が, ところへ, とたんの, ばんの, ような詰らない, イーを, 一日おい, 一生の, 一週間も, 三日間だけ, 上りの, 上陸地点は, 下の, 下高井に, 中でも, 中には, 中下, 中心に, 九時ごろ一台の, 事を, 二つが, 二十五年を, 二十六の, 二股に, 人と, 位な, 位ゐだ, 倭文子さんの, 側に, 傍を, 先便で, 先験性が, 八月十九日に, 円周の, 出口に, 出發, 列車に, 刹那上体を, 前を, 前年の, 前後に, 前日彼は, 前日木島助手の, 劇場の, 午後の, 半ばに, 半ば頃に, 半分の, 半額の, 友人の, 反対に, 古い扉, 右手が, 向ひ, 図面に, 地点が, 地點が, 坑へ, 場の, 場合と, 塀の, 塊雲の, 壁土の, 夏は, 夏有名な, 外に, 夜同じ, 夜店並びの, 夜無事に, 夜船では, 女な, 女の, 女優が, 姿で, 娘と, 室の, 宴会の, 宵宮の, 小屋の, 小山の, 少し前, 尼寺の, 屋敷町の, 巡礼の, 幅に, 年, 年から, 年卒業し, 年自分は, 店に, 店を, 店頭の, 当時ご, 当時である, 当時山崎洋服店が, 当時流行した, 役に, 彼女の, 御妃, 悪いころ北海道, 折も, 折を, 折私の, 折襖の, 支台が, 文章を, 斜向, 方向が, 方向に, 日だ, 日で, 日でした, 日光室の, 日入梅が, 日天祥丸の, 日私の, 日私は, 日肝心の, 春の, 時あの, 時お, 時お上さんが, 時お化けみたいな, 時お揃いで, 時が, 時ぎいとあけていたりこんな, 時くぐり, 時こつこつ, 時さい前から, 時せい子が, 時その, 時どこかで, 時どこかの, 時には, 時の, 時まるで, 時やっと, 時やはり, 時アア何という, 時エトナは, 時シモンが, 時スエーターに, 時セルギウスが, 時ドドドドツと, 時ドンが, 時ニコラエウスクの, 時パッ, 時ボーイが, 時ポオル叔父さんと, 時レコードは, 時一間置い, 時万事を, 時三階には, 時上海帰りの, 時上野の, 時中尉の, 時中間の, 時事情が, 時代に, 時伊都子の, 時休み場所には, 時偶然の, 時兄は, 時兄貴が, 時先生は, 時入口の, 時八五郎は, 時公爵が, 時其処から, 時分だ, 時分で, 時分の, 時分向うの, 時分彼の, 時分知人の, 時分社から, 時分神様は, 時分私に, 時分私も, 時分若殿様は, 時刑事の, 時刻と, 時刻の, 時刻プラット提督は, 時刻帝都防護飛行隊が, 時刻頃であったろう, 時前方から, 時十一時が, 時十七才であった, 時博士は, 時又もや, 時又涙が, 時同志の, 時君は, 時君枝は, 時土門が, 時堤の, 時墓地の, 時増田屋の, 時夏目さんは, 時外から, 時外に, 時外相は, 時大きい, 時天井裏に, 時奥の, 時子息が, 時室の, 時宿の, 時小間使が, 時少佐は, 時尺取虫は, 時岸本は, 時己の, 時幸三郎は, 時幸太郎の, 時広, 時庭に, 時弾機附馬車が, 時彼は, 時後ろに, 時心の, 時思っ, 時急な, 時我善坊の, 時戸外に, 時扉口から, 時才八が, 時擔當の, 時支配人は, 時新郎新婦を, 時明日子が, 時明智の, 時時計は, 時期は, 時木崎は, 時来客が, 時梁田政綱が, 時次の, 時正月七日の, 時殿との, 時母が, 時池上に, 時浪花節の, 時温室の, 時満潮で, 時玄関に, 時疑, 時白楊の, 時皆の, 時盤の, 時直ぐ, 時真, 時知事に, 時祖母に, 時私と, 時窓の, 時美しく, 時老公の, 時老婆殺しの, 時耳門から, 時膝の, 時舞台では, 時芭蕉の, 時藤本さんが, 時血みどろに, 時行く, 時表の, 時裏門から, 時説教が, 時誰れ, 時讀ん, 時谷干城と, 時踊り疲れた, 時車掌台に, 時辮髪の, 時追, 時速達郵便が, 時運命の, 時邸の, 時部屋の, 時鏡の, 時長い, 時門を, 時階下で, 時雌鶏は, 時雲の, 時電話を, 時電車が, 時靴音が, 時頭の, 時風が, 時驅け, 時鹽原温泉へ, 晩この, 晩も, 晩サマロフさんは, 晩八時頃柳容堂からの, 晩家に, 暮がたに, 曲角に, 最中お, 最中祖母の, 最大限度の, 月だった, 月に, 月の, 木が, 東京時代であった, 松田が, 柘榴の, 様に, 樋の, 樣な, 横だった, 橋の, 次に私, 次男に, 毛髪の, 池の, 泉太が, 湯気の, 漁師の, 濡れた旅人, 爭ひ, 物真似の, 状態の, 男の, 男を, 町には, 町の, 町を, 畠の, 白い百合, 百日に, 目的に, 眞中を, 真上の, 真似を, 瞬間だつた, 瞬間であった, 瞬間一人の, 石崖の, 砂山の, 私の, 程度の, 窓一杯に, 窓下に, 立派な, 箱に, 翌日, 翌日が, 翌日です, 翌日ブラウンは, 翌日私は, 職業に, 背中に, 胸像を, 自分の, 虫の, 行啓の, 見当に, 角の, 評言の, 話を, 諸君と, 讀人しらず, 豚の, 跡で, 辺が, 近くに, 逆様, 途端階段から, 通りでした, 連絡を, 邊の, 部屋の, 酔いの, 金目ぐらゐの拂ひ, 銅の, 門と, 附近に, 附近には, 隊伍の, 雨の, 頃, 頃お里の, 頃かなりの, 頃この, 頃だ, 頃で, 頃であった, 頃でございました, 頃ぼくは, 頃まるで, 頃より, 頃アメリカで, 頃アメリカでは, 頃アリゾナ州ビスビイ町に, 頃イタリア人から, 頃タキノも, 頃ツインコタから, 頃一時妾に, 頃一竿を, 頃世間を, 頃京都駅では, 頃便所で, 頃僕は, 頃内閣と, 頃劉備が, 頃劉子は, 頃四条の, 頃国技館の, 頃堀の, 頃天下を, 頃始めて, 頃学校の, 頃小倉に, 頃己は, 頃彼の, 頃彼は, 頃我々は, 頃我輩は, 頃捜査本部では, 頃新進気鋭の, 頃暴風の, 頃東洋方面には, 頃母の, 頃沈没船の, 頃父の, 頃父は, 頃留学生仲間が, 頃白崎も, 頃私も, 頃私達の, 頃稻子さんは, 頃芝口の, 頃英国では, 頃覚え初めた, 頃議員の, 頃赤井は, 頃赤門の, 頃都銀行の, 頃重吉は, 頃鈴木君は, 頃静粛で, 顏の, 騒動の, 魏氏が

▼ 丁度この~ (174, 2.1%)

5 日は 4 ような 3 時節に, 橋の, 辺に, 頃の 2 クリスマスの, 二つの, 土地へ, 時に, 河岸に, 話の, 辺が

1 [139件] あたりであったろう, あとがきを, い, くらゐ, ころに, そばを, ときおおきな, ときは, とき実験室に, とき病院の, とき通りを, においを, にほひ, へんの, やうな, バンヂャルの, マルコ, 一月の, 一週間ほど, 上でした, 下座敷の, 予備門の, 事件と, 事件の, 二人の, 二人を, 二階の, 五月の, 人が, 値と, 円の, 円柱の, 別の, 刻限が, 刻限に, 前後の, 前後被害地の, 十六世紀の, 卒業論文問題の, 南東風を, 土地の, 塔へ, 夏は, 夏ラビ教授が, 大さ, 天井板の, 女である, 女の, 娘が, 家に, 家の, 寺院の, 小学課程を, 小指位ある, 山の, 年は, 度の, 彼女自身自, 後宇多天皇の, 後者で, 御客, 意味に, 戸外組の, 手紙を, 新に, 新道の, 日に, 日二十四日の, 日他行の, 時, 時うちの, 時その, 時でございます, 時の, 時も, 時テエブルを, 時ドアを, 時代の, 時健も, 時刻であろう, 時刻には, 時問題の, 時四十三歳に, 時孫の, 時彼等は, 時期に, 時目を, 月の, 本に, 村の, 林檎畠を, 柱でした, 植木屋の, 極微の, 欧化主義の, 歌の, 泰山の, 清夫の, 湖の, 濠端に, 男が, 町に, 町の, 直樹位の, 眞下です, 真上の, 真桑瓜時分下総瓜と, 瞬間で, 瞬間であった, 短い着物, 破れ目から, 破片位の, 窓から, 第三話, 絵と, 自由主義, 花の, 苦しい時期, 菜の花の, 見晴し, 話へ, 谷と, 谿谷の, 足さきから, 辺と, 辺の, 近くまで, 通りだ, 通りでした, 邊でございました, 邊です, 部屋の, 頃から, 頃であった, 頃は, 頃彼の, 騷ぎでした, 鴉の, 黄昏どき

▼ 丁度いい~ (155, 1.9%)

98 機会だ 6 ところへ 4 ところだ, ところで, 塩梅に, 所で 3 から一緒, じゃない, んだ

2 [13件] ぜ, でしょう, ところだった, と思っ, なんて言ったら, のよ, よ, 位かしら, 塩梅だ, 工合に, 折です, 時に, 額縁に

1 [81件] おいおまえたち, かも知れませぬ, から, からおれ, からさうし, からね, から今日, から取っ, から富さん, ことに, ことには, これで, じゃあない, じゃありません, すぐ撮影開始, すっぽりと, それ以上に, たよりも, です, ですね, では, という, といふ事, ところじゃ, ところだつた, ところであった, ところです, ところと, ところに, と云っ, と思います, と思ひました, ね, のが, のでしょう, ので下, のは, のやら, はてな一つ, ものの, や, やとよろこん, よ七十, らしいん, わね, わよ, わ坊や, 一所に, 人に, 人達に, 今夜は, 今日あの, 位に, 何一つ欠点, 倖いだ, 加減に, 加減の, 口実に, 工合だ, 幸や, 所だった, 所です, 所へ, 折だ, 日また, 時候です, 時分です, 時期でも, 様に, 機会の, 相手だった, 相手な, 相棒が, 私も, 穴が, 説明を, 道伴れだ, 道連れとも, 都合だった, 頃です, 題に

▼ 丁度~ (134, 1.6%)

4 の方, の眼 3 の家 2 が東京近郊, と同じ, のもの, はそれ, は二階

1 [113件] が, がお, がこの, がイタリア旅行, がナス, が七つ八つ, が下宿, が久しぶり, が二十, が二十六, が仕た, が修行, が八歳, が其の, が北京, が十七, が台所, が回復, が國, が城中, が大学, が引越した, が慶應義塾, が斯寺, が昨年北京, が昼飯, が来, が東京, が泊っ, が泊つて, が激しい, が生れ, が紐育, が結婚, が美智子, が腰, が行き合わしてる, が行つたの, が裏木戸, が見上げた, が退院, が遁, と先生, と同年ぐらゐの花, と對蹠, と引, と白い, に好都合, のすぐ, のねまき, のはいつ, のゆく, のゐる, のリュック, の三味線, の住ん, の傍, の前, の十九才, の友人, の坐っ, の夫, の奉公, の宿, の居た, の居場所, の幼年時代, の懇意, の手紙, の手術, の手許, の椅子, の歸つて來, の気に入った, の父, の生れた, の生涯, の田舍, の田舎暮し, の番, の目指す, の真正面, の着いた, の経験, の胸, の行った, の見廻ります, の記憶, の訪問, の買, の足下, の身体, の頭上, の頭髪, の顔, の髪の毛, の黒子, は, はその, は一時郷里, は便所, は俯い, は牛込左内町, は磁石, は航空燈, は車, もこの節, もセル, も信吉, も其の, も此の節, も米, も験

▼ 丁度そこ~ (116, 1.4%)

4 へ通り 2 に居合せた, へ来, へ門内奥, へ開いた

1 [104件] からは電気, から正面, がひけどきで, だけより人生, では慰藉料問題, で与良町, で二人, で逢いました, にあった, には叔父, には水兵, に二人, に咲い, に居あわせた, に憲兵隊, に来合わせ, に林田, に立っ, に給仕, に若旦那, に類蔵, の入口, の前, の塀, の洗い馬, は上, は朝日座, へ, へお, へお茶, へぐるぐる, へじだらく, へはひつ, へほか, へやってきた, へらく, へアイスクリーム, へグレシア人, へ三十五六, へ三吉, へ上野, へ主人, へ二台, へ五, へ仮想, へ佐藤朔, へ來, へ例, へ先刻, へ助手, へ參, へ友蔵, へ叔父, へ夜啼饂飩屋, へ大, へ奥, へ女主人, へ少年, へ岡, へ幸, へ弁護士, へ彼, へ徳田秋江氏, へ急がし, へ手紙, へ村, へ来合せた, へ来合わせた, へ東洋精芸会社, へ次郎左衛門, へ武蔵, へ池鯉鮒, へ流し, へ玄関, へ王宮, へ町, へ百姓, へ祇園, へ私, へ署員, へ耳, へ芸術雑誌, へ蛇の目, へ蜂谷重吉, へ行きかかった, へ行き合わせた, へ街, へ袈裟治, へ襖, へ足, へ運ばれ, へ郵便, へ配下, へ閉, へ電車, へ静枝, へ領主, へ顏, へ顔, へ風呂敷包, へ飛ぶ, を捕, 迄参つた時, 迄參つた時

▼ 丁度~ (92, 1.1%)

4 の自分 3 から二十年前 2 から一年, までかけられ, 御手洗で

1 [79件] あのそらへ, いらっしゃって, うり時らしい, からかぞへたら, から一ケ月, から一年前, から三十分, から三年前, から三年前さ, から二年, から八年前, から十三年前, から十年前, から千三百年, から千九百年前, から四五日前, が其処, が盛り, が荒々しい, きこえて, この地方, しも手, のお前, のよう, の並木孝子, の僕, の公園前, の公設市場, の場合, の壮士, の季節, の文治, の日比谷公園東北隅, の服部時計店, の梅子さん, の殖民地, の狂犬, の理研, の神学者, の神田橋一橋外, の米子, の羽左衛門, の西郷さん, の道造君ぐらゐの時分, の鯱, は六番目, は半ば, は士官, は夕方ぢ, まで俵, まで曇ってた, もその, ゐる村, キングス・ヱエ座で, デュアメルが, 交代で, 例の, 其の牝牛, 其事を, 坂道に, 始まり掛かつて, 存する論語, 寂しい花, 少し御馳走, 帰りました, 弟と, 息を, 教えて, 日出遇つてやつとの, 百姓一揆が, 省線電車の, 細かいの, 終ったところ, 結納を, 言った通俗, 読みかけた所, 起つて, 門を, 風呂に

▼ 丁度それ~ (82, 1.0%)

17 と同じ 2 である, と入れ違い, によく

1 [59件] からの一, から一年, が一点, が一點, が十七歳頃, が向う岸, が日記, が明治, が槓杆, が眉間, が終った, が維新, ぐらい残っ, だ, だけの意味, だけの水, だそれぎりだ, であって, でした, で眼, と一緒, と前後, と反対, と殆, と氣, と行違, なの, にあたる, に似, に似た, に当っ, に相似, に相応, に這入りかけた, に適わしい, に都合, はどの, は二番目, は天長節, は子孫, は小説, は彼娘, は新聞, は時代, は正月, は氷河, は癩病患者, は私, は私たち, は美しい, は自分, は軽部, は高等学校時分, までには片, まで寝入っ, も布袋竹, を合図, を愛慕, を飲み終った

▼ 丁度~ (67, 0.8%)

2 ぢいさん, 椀の, 父様の, 誂え向, 隣りの

1 [57件] あつらえだわ, あつらえ向き, たかが, ひがん, もてを, 三輪が, 久美さんを, 倉の, 光が, 北が, 医者を, 午, 午な, 君が, 城の, 夢の, 天気が, 天気だった, 天気の, 嫁さんを, 嬢吉三の, 宅みたいな, 島は, 弓町の, 役人が, 志保の, 志保は, 愛さんが, 文さんと, 春も, 時が, 晝頃だつた, 月見の, 朝の, 染の, 梅が, 此が, 浦が, 父っ, 牧の, 町が, 直参の, 種も, 種や, 約束の, 絹が, 蚕さまの, 誂えむき, 豆腐や, 里帰りです, 鈴の, 銀さんは, 隅に, 隣りで美濃, 雪が, 靜も, 馨さんが

▼ 丁度好い~ (64, 0.8%)

4 時を 3 ところへ, 所だ 2 処へ, 所へ, 時, 時が, 機会だ

1 [44件] から一つおれ, ぜ, ということ, ところで, ところでした, とし, と云う, と思ふ, のだ, やね, よ, わ, んだ, んぢや, 事が, 人が, 位で, 働だろう, 具合に, 処で, 友達だ, 塩梅だ, 山路に, 年合だ, 幸ひ, 座敷が, 引上げ時だ, 引上時でした, 所だった, 日かげを, 日だ, 旦那様は, 時に, 時分で, 時分に, 時節である, 暖さで, 程の, 者が, 調子だろう, 都合だった, 頃ので, 風を, 鹽梅だ

▼ 丁度あの~ (59, 0.7%)

2 木群の

1 [57件] あくる日です, あたりで, うたた寝の, くらいの年輩, それ忘れ, ような, ノウノウと, 一瞬間中尉は, 並木の, 事件の, 位の, 位笑ふ, 作家は, 切支丹が, 午年の, 向側が, 囚人の, 夕方の, 妻の, 家が, 小鳥の, 当時覗き眼鏡が, 感じだった, 感じで, 接待者聖ジュリアンが, 文晁だ, 文科同級生と, 方が, 日は, 日わたしも, 時お, 時の, 時彼は, 時私は, 晩で, 晩の, 木村さんの, 枝の, 染殿の, 気味悪い火星, 海水浴に, 狂気じみた, 祈祷の, 窓から, 育ち上がった, 通りでした, 邊, 邊へ, 門からの, 隅の, 隣の, 青年に, 頃あなたは, 頃だ, 頃狸穴の, 頃私は, 鴉の

▼ 丁度~ (59, 0.7%)

17 いところ 5 い鹽梅 3 いところへ 2

1 [32件] いあれ, いあんばい, いお前, いから, いこと, いじゃ, いたしなみ, いであろう, いところよ, いねえ二人差向い, いの, いやらそれでも, いやら夫れ, い二人, い仕事, い八五郎, い具合, い加減, い手傳, い折, い時刻, い此處, い此間, い死に, い段落, い私, い薬, い錢形, い頃合, うざま, からううむ, さそうな

▼ 丁度よい~ (56, 0.7%)

7 ところへ 3 ところ 2 ところで, と思っ, のだ, 時に, 都合じゃ, 額縁に

1 [34件] お対手, から早速そのまま, きっかけじゃ, ことには, そうでございます, という, という程, とこへ, ところだ, ところへといった, の, 事には, 位だ, 位の, 処だった, 外套に, 小テーブル, 所でした, 所です, 折と, 折柄ゆえ酒の, 早う, 時分には, 時期に, 時間に, 機会じゃ, 機会である, 機會だ, 清吉居た, 潮時だ, 相手が, 碁敵を, 議事堂の, 頃です

▼ 丁度自分~ (49, 0.6%)

2 と同じ, の恥しい, の足, の身, の頭

1 [39件] がお, が捕虜, が病気, が知りたい, が穢い, で書いた, と同年齡, にそれだけ, にも来る, に子, のからだ, のところ, のやう, の休暇, の僧院, の前, の前任者, の妻, の嫌ひな友達, の学校, の宅, の実家, の家, の居眠り, の忘れよう, の時間, の畑, の監督, の祖父さん, の背後, の腰, の身なり, の部屋, の非常, の音質, の顏, もそれ, も同級, も歸

▼ 丁度同じ~ (42, 0.5%)

2 ような, ように, 位の, 年頃の, 時代に

1 [32件] くらいで, くらいな, くらいの苦しみ, ことを, ころに, だ, だったの, だつたの, であるから, でしてね, になる, に報道, やうに, 事で, 亜米利加から, 力の, 場所に, 夏至の, 夢を, 季節に, 年位の, 感じに, 日に, 時刻に, 時刻の, 比例で, 理窟に, 程の, 道を, 頃その, 頃に, 頃庭の

▼ 丁度其の~ (41, 0.5%)

2 日は

1 [39件] お紺, 一番高い, 下に, 中で, 主人が, 以前の, 側を, 傍に, 向側に, 土地に, 場へ, 夜に, 夜睡, 夜隣り, 日に, 日の, 時お話が, 時その, 時に, 時の, 時会社は, 時俺も, 時坂の, 時寝台で, 時廊下を, 時強烈な, 晩の, 晩山田川へ, 月の, 月も, 相手の, 署長が, 階段の, 頃から, 頃の, 頃入唐した, 頃湯島切通しに, 頃矢張り, 頃道子と

▼ 丁度~ (38, 0.5%)

2 の頭, の顔

1 [34件] がその, が作業場, が寂しい, が忌避, が昔, が煙草, が菰田家, が遠い, が飛行場, と阿賀妻, の伊太利, の伸び, の先生, の右, の孫, の家, の屋敷, の心, の掛け, の時, の猛烈, の田虫, の真上, の紙屋, の肩, の腹, の誕生日, の首, はインフルエンザ, はバスヴィオラ, は三千子, は永い, も紅茶, れ是

▼ 丁度~ (31, 0.4%)

3 そこへ 2 して

1 [26件] おめ, お初が, お前が, お津賀, ここで, なって, なりましょう, なるよう, なるん, 亭主は, 半七, 合ふ, 喜三郎が, 変な, 帰って, 彼の, 御新造さまに, 料理番の, 旦那が, 石田と, 芝居の, 藏の, 表の, 通りかかって, 長助が, 黒沼の

▼ 丁度~ (29, 0.4%)

2 と入れ, の向う, の外

1 [23件] がゐる, が井上演劇道場, が十五, が君, が昔コクトオ, が東宝, が腰, が警察, が這入った, が通り, とその, の乗っ, の右鄰, の家族, の帰る, の生まれる, の頭上, の鼻, は久慈さん, は保久大将, は夕方, は或, は船

▼ 丁度こんな~ (27, 0.3%)

5 風に

1 [22件] お月夜, だ, であっただろうと, でしたから, でした友人, ときも, ものかも, もので, 争闘の, 事が, 具合かも, 処を, 夢の, 字が, 心持では, 時分で, 晩でした, 服装を, 毒々しい考, 清潔の, 物であるまい, 頃では

▼ 丁度~ (25, 0.3%)

6 の時 2 の青木さん

1 [17件] のテルモピレー, の上口, の処, の土地, の塔, の屋敷, の年越中, の思想, の感じ, の手紙, の時ノロさん, の時分, の時遊び, の様, の欧化主義, の裁判所, の頃

▼ 丁度良い~ (25, 0.3%)

1 [25件] あんばいだ, とか悪い, ところだった, ところで, ところでした, ところへ, のが, フランス人が, 位の, 修業ぢや, 具合に, 同行者な, 塩梅だ, 塩梅に, 工合に, 序だ, 時間だった, 朝の, 林学関係の, 機会じゃ, 気温である, 私は, 舞臺だ, 配偶ぢや, 雜煮腹の

▼ 丁度其処~ (24, 0.3%)

1 [24件] から紫色, が駅, では一人, に他, に外出先, に木, に蕎麦屋, の処, の地面, の対岸, は並木, へ, へボール, へ三尺帯, へ坑内, へ帰つたパーシユーズ, へ来た, へ来合わせた, へ走っ, へ遊び, へ饗庭, へ鰻, を通り合, を通り掛

▼ 丁度そんな~ (22, 0.3%)

3 事を 2 ような, 話を

1 [15件] 嫌疑のか, 幼少い, 幼時の, 情無, 方角に, 時だ, 時だった, 暗合が, 機会だ, 機會だ, 気が, 気持に, 眼に, 種類の, 風に

▼ 丁度日本~ (22, 0.3%)

1 [22件] が中国, が欧米諸国, ではファシズム, では入梅, では左翼, では豆明月, で出, における地主, に於ける, に流通, の, のお, の傾向, の内, の國號, の土藏造り, の方, の明治初年, の武士, の浮世絵, の焼物, の議会

▼ 丁度ここ~ (20, 0.2%)

2 で逢った

1 [18件] から, でしたが, です, ですよ, にいい, にいつぞや, におります, に偶然, に同じ, に建っ, に建つ, に手頃, に風呂焚, の辺り, は東京, へ来た, へ泊りあわせた, を通りかかった

▼ 丁度これ~ (20, 0.2%)

3 に似た 2 と同じ, と同様

1 [13件] が地震計, が良い, で二度目, で足かけ五年, と似, と似た, と時, にそっくり, に當, の終る, は膨脹, を書きはじめ, を読んだ

▼ 丁度よかっ~ (20, 0.2%)

141 たこれ, たのね, たよ, たわ, たわねえ, てね

▼ 丁度~ (19, 0.2%)

2 にいた, には親戚

1 [15件] から丁稚, が地下, にはゐなかつた, には根岸, に居る, に居合せ, のま, のまわり, のもの, の掃除, の曲り角, の格子戸, の直ぐ下, へつく, を探し歩いた

▼ 丁度あなた~ (17, 0.2%)

2 が来, と同じ

1 [13件] が, がお出で, が人見さん, が半分, には似寄っ, に申, のお年, のやう, の事件, の云われた, の小, の文芸評論, の時同様

▼ 丁度そうした~ (17, 0.2%)

2 ものに

1 [15件] ものの, 両者の, 夕方が, 崖に, 心構で, 擬装民衆や, 時節に, 最も包括的, 状態に, 社会層は, 統一が, 統一的な, 進歩観念の, 過程であろう, 道徳的な

▼ 丁度今日~ (17, 0.2%)

2 の様, はお

1 [13件] が七回忌, で六日目, のこの, のやう, のわが, の文化情勢, の暮れ六つ, の東京, の軍隊, の麻雀, はヤスナヤ, は土曜日, は日曜

▼ 丁度~ (16, 0.2%)

12 かつた 1 かねと, かんべ, ござんす, ござんすわ奈良

▼ 丁度幸い~ (16, 0.2%)

2 じゃ

1 [14件] かもしれぬ, この夫婦, この屋敷, だ, だから, である, なこと, にもいま座長, にもそこ, に日蔭町, のよう, 新刀が, 甥が, 男と

▼ 丁度よく~ (15, 0.2%)

2 私と, 釜淵に

1 [11件] あなたの, して, なります, なるの, ぶつかって, 出来て, 小田原には, 尹医師が, 暖まつ, 来たな, 美しく品位

▼ 丁度二人~ (15, 0.2%)

2 とも遠いうす

1 [13件] がしっくり, が午後, が目的, が電車, の傍, の前, の妾, の子供, の旅人, の歸, の眼, は, ばかり妹

▼ 丁度~ (15, 0.2%)

1 [15件] から降り出した, と同じ, に佐々村さん, に出した, の年, の政府, の日保釈, の時, の晩, の栗, を切り取つた, を通り掛った, 世紀末の, 内務部長が, 学生集会所へ

▼ 丁度~ (15, 0.2%)

2 光来を, 縁の

1 [11件] 出かけの, 化粧の, 會式の, 濠端の, 町内の, 祝言の, 維新に, 維新の, 茶の, 誂だ, 郡代屋敷前の

▼ 丁度かの~ (14, 0.2%)

2 薄紅い

1 [12件] 一件の, 井田さんの, 十吉を, 太吉という, 女が, 岩蔵が, 文字焼を, 武士が, 沈滞せる, 蛇が, 蝶合戦が, 長髪賊の

▼ 丁度一年~ (14, 0.2%)

2 ほど前

1 [12件] たちました, になります, になる, の後, ばかり一緒, ばかり以前, ほどたつた, ほど四, をおくり, 程たっ, 程前, 経って

▼ 丁度其處~ (14, 0.2%)

2 へやつ

1 [12件] から登る, にゐ, にゐた, に居合せた, に木, へ, へガラツ八, へノツソリ, へ參, へ石原, へ飛び込んだ, へ驅

▼ 丁度いま~ (13, 0.2%)

2 その部屋, ねお 1 そのあたり一面, は初夏, もその, をさかり, 出来て, 大川岸, 帰って, 近いうち, 黄いろく熟し出し

▼ 丁度人間~ (13, 0.2%)

1 [13件] が原始時代, が如何, が平地, が発句, が網, でいいます, に牝牛, のつく, の場合, の存在価値, の屍骸, の膝ッ小僧, の通る

▼ 丁度~ (13, 0.2%)

2 がし

1 [11件] がアブリヤ, が今日, が現在, には適当, に話したい, のやう, の下宿, の前, の半身像, も一緒, 程の才能

▼ 丁度~ (13, 0.2%)

3 の十時 1 がとつぷり落ち切, が明けかける, が落ち, であったので, でもう, になる, に入っ, の八時過ぎ, の十時半頃, の暁方

▼ 丁度彼女~ (13, 0.2%)

1 [13件] がペテルスブルグ, が帰っ, が男, が私, が隣り, と二人きり, と同じ, のよう, の妹, の郷里, は, はそういう, は二階

▼ 丁度東京~ (13, 0.2%)

2 の大

1 [11件] では早慶戦, で高等官連中, に帰っ, の新興事業, の池上, の相生橋, の神田あたり, の酉の市, への原稿, へ行かなけれ, を去る

▼ 丁度去年~ (12, 0.1%)

2 の今頃 1 あの漸く, の一月頃, の今日, の暮, の極月十五日, の正月頃, の秋, の秋頃, の芝居, まで僕

▼ 丁度大きな~ (12, 0.1%)

2 湖の 1 噴水器を, 磁石が, 藍の, 蟇の, 象棋盤の, 運動場ぐらいの, 運動場ぐらゐの野原が, 鉛の, 馬盥に, 魚にでも

▼ 丁度子供~ (12, 0.1%)

2 が二人 1 がぐるぐる, が外, が生れた, が蛇, が赤, に物, のする, のところ, の肩, を抱いてる

▼ 丁度~ (12, 0.1%)

1 [12件] があります, が上つて來, が出る, が輝い, が隱, のない, の光, の光り, の出, の出前, の十二日, はある

▼ 丁度~ (12, 0.1%)

2 の末 1 に蒔いた, の中旬, の中頃, の半ば頃, の夜, の彼岸, の穫, の終り, の野, も末

▼ 丁度お前~ (11, 0.1%)

2 のよう, もその 1 が浮世, が見えた, と私, に似, のお母さん, の首, を産んだ

▼ 丁度~ (11, 0.1%)

3 ういふ, うした 2 う云 1 う考へ, う言, しかかつ

▼ 丁度今夜~ (11, 0.1%)

8 のよう 1 で三日, のやう, の空

▼ 丁度わたし~ (10, 0.1%)

1 がこつちで, がそんな, が其方, が初めて, が帰っ, が立っ, が通りかかりました, が飛び込んだ, と同, の差し

▼ 丁度一人~ (10, 0.1%)

1 が他, だけ通れる, で彼女, で歩い, のアラビア人, の弟子, の男, の若い, 置きに, 通れる程

▼ 丁度今頃~ (10, 0.1%)

2 のこと 1 お雑煮, だ, だ永代, でしたが, の初夏時, は何処, は御酒, 白い小さい壺形

▼ 丁度反対~ (10, 0.1%)

1 で名人気質, になる, にやって来る, に歴史汎神論者, のもの, の事柄, の壁, の応用, の方, の方向

▼ 丁度向う~ (10, 0.1%)

2 で女学生 1 からお, から上り列車, から中年, から走っ, で終業, の家, の桟敷, 河岸の

▼ 丁度~ (10, 0.1%)

1 だったもん, に向, のこと, の午前, の宵, の晴れた, の暑い, の盛り, の真盛り, も終り

▼ 丁度~ (10, 0.1%)

2 地震の 1 地主と, 學の, 工場の, 悪魔が, 沓へ, 絃の, 衍暦が, 覺寺統の

▼ 丁度大学~ (10, 0.1%)

2 へ入った, を卒業 1 の四年級, の図書館, の教授, の艇庫, の赤門, へコポオ

▼ 丁度~ (10, 0.1%)

2 休みの 1 タライといった, 供の, 兒の, 學校の, 艶の, 藤次の, 豆粒ほどの, 降の

▼ 丁度手頃~ (10, 0.1%)

2 な仕事 1 かと考へました, だとすら, なから, なの, な助手, な根附, のからかい相手, のもの

▼ 丁度こちら~ (9, 0.1%)

1 の三枝さん, の室, の注文, の用, の立つ, へ向っ, へ引越し, へ歩い, を見

▼ 丁度二階~ (9, 0.1%)

1 から手洗場, から飛降り, が眩しく, に使わない, の上, の室, の梯子, の眞下, の鼻

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

1 から稱讃, が暑, が現に, が眠く, に対して物, の出, の出潮時, の餘計, 去つて霧

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

2 からヒョイ 1 から其の, に用事, の人, の工匠, へ出, へ出よう, を誰

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

2 るやや 1 なおしもの, る一定, る大学事件, る町角, る筋, る麗かな日, 種の

▼ 丁度昨日~ (9, 0.1%)

1 で終りました, と同じ, のこと, の朝, の續, の騒ぎ, の騷ぎ, まで北園, 取ったばかりの

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

1 からお, が外, が外国, が家, が閑, と同じ, は四十歳, は外出, も帰っ

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

1 がコロンボ, が漏斗, に乗った, のおだやか, の中程, の日本, の通った, へ辨當, を漕ぎ出す

▼ 丁度都合~ (9, 0.1%)

2 がいい, のよい 1 がよい, のいい, の宜, よくつりあっ, よく駈寄った

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

2 の降る 1 がふり出した, が降っ, が降り出した, で若い, にそぼぬれた, のあと, も降る

▼ 丁度~ (9, 0.1%)

7 の上 1 のわき, を上げた

▼ 丁度あんな~ (8, 0.1%)

2 人間です 1 ものです, わけで, 傷に, 具合に, 工合, 工合に

▼ 丁度そういう~ (8, 0.1%)

1 ときまた, ように, 時彼女が, 時間に, 気持へ, 田圃側の, 目的に, 調子合の

▼ 丁度三吉~ (8, 0.1%)

1 が肉体, は下, は午前, は学校, は町, も一服, も半日, も春先

▼ 丁度三日目~ (8, 0.1%)

2 の夕暮れ, の朝 1 お余野, でした, のこと, の事トムさん

▼ 丁度今年~ (8, 0.1%)

1 だ, で七年前, で九ヶ年以前, で六つ, で在職五十年, の春, の若竹, 採つたばかりの

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

1 のアトリエ, の切石, の娘達, の浴場, の無, の病気, の緑青色, の金額

▼ 丁度其日~ (8, 0.1%)

2 の夕方 1 に當つて, の新聞, は二人, は年貢, は藥, 習って

▼ 丁度午後~ (8, 0.1%)

2 の日 1 から留守, のそういう, の一時, の三時, の三時頃, の診察

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

1 い, い所へ, い男, い誰, うございますから, かったで, なりの傾斜, 懐しい故郷

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

2 の前, の高 1 についた, の向いた, を覺, 貫きの

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

2 南に, 向うに 1 の善人, ッ上が, 向うから, 西だ

▼ 丁度私達~ (8, 0.1%)

1 がレディメード, が偶, のこと, のゐる, の傍ら, の恋, の立っ, の背後

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

1 が晴れ, のまん中, の中程, の青い, の高い, も暗く, を走る, を這っ

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

2 から射し込む, の下 1 から見る, と電気看板, に向き, の敷居

▼ 丁度~ (8, 0.1%)

1 一列の, 一次ヨーロッパ大戦が, 三回目の, 三圖の, 二次ヨーロッパ大戦の, 八番目の, 十六回ロシア共産党大会が, 四回の

▼ 丁度ある~ (7, 0.1%)

1 かどうか, 一つの, 占師の, 年増の, 日の, 特定の, 週刊雑誌から

▼ 丁度そう~ (7, 0.1%)

1 して, だいや, だった, 云う絶望, 云った常識, 云った心持, 考えて

▼ 丁度また~ (7, 0.1%)

2 例の 1 ミケエルアンゼロが, 妙な, 烈しくでも, 節ちゃんの, 腰を

▼ 丁度わたくし~ (7, 0.1%)

1 が一件, が宗, が渋江氏, に引っ張られ, の家, の番, の眼

▼ 丁度一週間~ (7, 0.1%)

3 ばかり一粒 1 といふものがそ, ばかり前, ほど訪い, まへで

▼ 丁度一週間目~ (7, 0.1%)

1 である, にキミ子, に警察, のお, のこと, の土曜日, の或

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 にある, にゐる, に居る, に虫, を通りかかった, を通る, 國した

▼ 丁度主人~ (7, 0.1%)

1 の一周忌, の寢部屋, の寢間, の留守中, は不在, は品川泊り, は更衣場

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 に反し, に相当, は科学的公式, は西洋, を, をシグナル, を旅順港

▼ 丁度二年前~ (7, 0.1%)

2 の秋 1 いつもの, から牛込, の今頃, の夏, の金雀花

▼ 丁度五日目~ (7, 0.1%)

2 の夕方 1 でした, ですよ, にここ, になる, のこと

▼ 丁度先生~ (7, 0.1%)

1 から自分, があの, そっくりだ, の逝去六週間前, は, はお伽話, はその

▼ 丁度十年~ (7, 0.1%)

2 ほど前 1 か十一年前, になりまし, になる, ばかり前, を経

▼ 丁度半年~ (7, 0.1%)

3 ばかりの間 1 となりました, の間, の食費, ほど過ぎ

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 に行った, ひ側, ひ合せたネル, ふに, ふの, 合にな, 柳原の

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

2 の使 1 に日, へ向, へ向っ, へ馳, 総寺

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 ございましたこと, さそうだ, さそうな, 処で, 加減です, 加減の, 涼み場に

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

2 の暮 1 が暮れ, に近い, の光, の出る, は森

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 だったので, なん, のこと, の初, の半ば, の小禽, の盛り

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

2 てゐた 1 か, てくれ, て私, て茶の間, 合はせ

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 に乗った, に弾かれる, の中, の底, へ砂糖, をやり, を打ち掛けられた

▼ 丁度留守~ (7, 0.1%)

1 だったので, だつた, でよかっ, で大振り, の処, へおかみさん, 若い番頭

▼ 丁度真中~ (7, 0.1%)

2 に庭石 1 ぐらいの蓄音機屋, の処, の所, は何と, ほどにをります

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

2 を飲みかけた 1 の道, を持っ, を飲み終った, を飲ん, を飲んでる

▼ 丁度~ (7, 0.1%)

1 のあたり, の三軒長屋, の板塀, の柿, の琴, の蜜柑畠, の路地

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

1 なりに, ほうも, まつた翌日, 云いかけて, 云いキッ, 云ひかけ

▼ 丁度もう~ (6, 0.1%)

1 一時間余で, 作品を, 午だ, 四五町で, 形の, 終りさ

▼ 丁度よう~ (6, 0.1%)

2 ございますわ 1 ございました, ございます, ござんした, 御在ました

▼ 丁度フランス~ (6, 0.1%)

1 にゐた, のアンゼラス, のモオパツサン, の十七世紀, の諸, やドイツ

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

2 と月前 1 とまわり, と通り, と部屋, と頃

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

1 から槍, から目, に向く, の内陣, の所, を向い

▼ 丁度中程~ (6, 0.1%)

1 に在る, に押入れ, のところ, の僕, の大きい, まで来

▼ 丁度五日~ (6, 0.1%)

2 の間 1 だ, にすん, になります, の日

▼ 丁度十二時~ (6, 0.1%)

1 であった, に十五分前, に最初, に神殿, をうつ, 少し前

▼ 丁度十日目~ (6, 0.1%)

1 だが, だった, にあたる九月, に松蔭大藏, のこと, の午後八時

▼ 丁度学校~ (6, 0.1%)

1 から帰った, が仕舞う, で宿直, の教員室, の暑中休暇, を卒

▼ 丁度宜しい~ (6, 0.1%)

1 からお, でしょう, ので, 其の葛籠, 塾の, 月の

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

2 ひに 1 な事, に花, の川止め, ひ私

▼ 丁度彼等~ (6, 0.1%)

2 のさ 1 が去年派遣, の目, の眞上, の真

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

2 のやう 1 のジアン・ダアク, の修學旅行, の弁慶, 初めて假名

▼ 丁度時計~ (6, 0.1%)

2 のセコンド 1 が二時, が十一時, が十二時, のゼンマイ

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

1 なの, になった, の事, の出勤時刻, の目, の露

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

1 一年の, 一年を, 五年その間別に, 五年で, 洲で, 百五十歳に

▼ 丁度私たち~ (6, 0.1%)

1 が二年生, が当った, が戸塚, が高等学校, と向, の町

▼ 丁度空い~ (6, 0.1%)

2 ていた, てゐた 1 ている, ている隣り

▼ 丁度若い~ (6, 0.1%)

1 大学生の, 女の, 師匠の, 文士は, 母親が, 者が

▼ 丁度通り~ (6, 0.1%)

51 合せたどっか

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

1 が積, が降っ, にさす, のつもった, の残った, の球

▼ 丁度~ (6, 0.1%)

2 のみね 1 と海水, に映った, の多い, を踏む

▼ 丁度これから~ (5, 0.1%)

1 と云, のお, 元気よく, 叔父さんが, 女の

▼ 丁度よかろ~ (5, 0.1%)

2 うと 1 うという, うなんて, う若し

▼ 丁度一年前~ (5, 0.1%)

1 からだ, からわが国, から毎月一本づつ, と同じ, のいまごろ

▼ 丁度一年目~ (5, 0.1%)

1 にいっさい, ね, の夏, の大正十年三月, の巳

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

2 世紀の 1 から出, へ入, ほどに座頭

▼ 丁度二時~ (5, 0.1%)

2 を指し 1 だ, というところ, を聞いた

▼ 丁度今時分~ (5, 0.1%)

1 いや六月, でした, で月, に向う, のやう

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 かで不機嫌, かを思い出した, でも世の中, でも美味しい, ものかに

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 が立っ, の叔父, の居る, の心, の立っ

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 てから薄曇つた日, 合せた, 合せた八五郎, 合せた千駄木, 合せた機關長

▼ 丁度八五郎~ (5, 0.1%)

1 が來, の住ん, は下水, は逃げ出した, も參つて

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

2 だ, れと 1 は古蹟

▼ 丁度其時~ (5, 0.1%)

1 であつ, に将門, 今歳十一, 出逢頭, 思ひ出した知らせ

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 がけに, て来た, て行く, 代り時である, 役し

▼ 丁度十一時~ (5, 0.1%)

1 すこしすぎた, だった相, であったので, である, を少し

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

3 の中 1 で高い, にでもあり

▼ 丁度大阪~ (5, 0.1%)

1 にはい, に行っ, の町人學者, の鴈治郎, へ出張

▼ 丁度太陽~ (5, 0.1%)

2 を背 1 その物, と月, を見

▼ 丁度季節~ (5, 0.1%)

1 がこれから, ではあり, なので, の変り目, も暖

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

2 の奥 1 の中腹, へ登る, を上つて左

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 に居なかつた, のお, の主人, の前, の左

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 に出, に小さな, に面し, の奥, も花

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 よくそこ, よく一番, よく鴉, 好く来合せた, 悪しく私

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 らしいの, 傾向の, 学期であった, 竹から, 羅の

▼ 丁度日曜~ (5, 0.1%)

1 だった, だつたの, で押し合いへし合い, で時雄, の勤行

▼ 丁度日曜日~ (5, 0.1%)

1 であつ, で目黒, に当, に当っ, の午後

▼ 丁度昨年~ (5, 0.1%)

3 の今頃 1 の十月頃, の春

▼ 丁度昼休み~ (5, 0.1%)

2 の時間 1 で, でソヴェト同盟, の時刻

▼ 丁度時間~ (5, 0.1%)

1 があった, がよかつ, だったので, もい, もこれから

▼ 丁度普通~ (5, 0.1%)

1 の人, の場所, の小さな, の蒸, の認識過程

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 では惡戯, に来, の人達, の子供, の巡査

▼ 丁度来た~ (5, 0.1%)

1 からもうそろそろ, 下島と, 山野も, 藤山と, 藤山一郎と共に

▼ 丁度正午~ (5, 0.1%)

1 すこし過, のぼお, のサイレン, の時報, の汽笛

▼ 丁度此処~ (5, 0.1%)

1 で会つた, には薩, は甲州, へ小田原提灯, へ通り掛

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

2 の親 1 か猫, に尻尾, の木登り

▼ 丁度現在~ (5, 0.1%)

1 のやう, のよう, の事実, の私, の量子物理学

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 でも家, に知った, の木々, の檀家, の角

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 がさめてる, が醒めた, の下, の前, を遣る

▼ 丁度私共~ (5, 0.1%)

1 がバツタ, が十二三, が子ープルス港, が子供, へ泊りました

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

2 は竹 1 の浦丸, の筒, を細く

▼ 丁度箱根~ (5, 0.1%)

2 の山々, へ来 1 の山

▼ 丁度節分~ (5, 0.1%)

1 だつたので, の今夜, の前夜, の日, の晩

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 のしぼんだ, の下, の真盛り, は眞, もおし

▼ 丁度蜘蛛~ (5, 0.1%)

4 が林 1 が網

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 であって, なくらい, にそれ等, に三田銀行, の二つ

▼ 丁度適当~ (5, 0.1%)

1 だと, であったの, であろう, な程度, の嵌

▼ 丁度電車~ (5, 0.1%)

2 の往来 1 がカーヴ, が来た, の窓

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 が出, が空洞, が立っ, で消えよう, にゆらめく

▼ 丁度食事~ (5, 0.1%)

1 の終り頃, の頃, をしまった, を終っ, を終った

▼ 丁度~ (5, 0.1%)

1 が入る, のあたり, の当る, の高, をつきこむ

▼ 丁度あなた方~ (4, 0.0%)

1 と同い年, のよう, の事件, の方

▼ 丁度あれ~ (4, 0.0%)

1 が書かれ, だね, に似た, は日比谷

▼ 丁度うまい~ (4, 0.0%)

1 工合かまい, 工合に, 所へ, 日当りの

▼ 丁度おなじ~ (4, 0.0%)

1 くらいにその, ようです, ように, 汽車に

▼ 丁度こういう~ (4, 0.0%)

1 ときであった, ときに, 緊張した, 露地の

▼ 丁度こっち~ (4, 0.0%)

2 に子供 1 の四千両, へ来ない

▼ 丁度すべて~ (4, 0.0%)

1 に変化, の幸福, の科学者, の血管

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 ぼつて, 時狐の, 見頃だ, 雪舟の

▼ 丁度まだ~ (4, 0.0%)

2 この上 1 どういう答え, 読まない本

▼ 丁度みんな~ (4, 0.0%)

1 が帰りかけ, で, でお, 揃って

▼ 丁度わし~ (4, 0.0%)

1 が大きな, が引込んだ, が書物, の婆

▼ 丁度一本~ (4, 0.0%)

2 の楡 1 の命, の棟木

▼ 丁度七日~ (4, 0.0%)

3 の逮夜 1 の御

▼ 丁度七日目~ (4, 0.0%)

1 に又, に猫婆, のこと, の夕方

▼ 丁度七月~ (4, 0.0%)

1 だ, のこと, のはじめ梅雨, の盆

▼ 丁度三年前~ (4, 0.0%)

1 それから二度冬, でございます, です, 同じ九月二十八日

▼ 丁度丑松~ (4, 0.0%)

1 が一日, が受持, とは素性, の座

▼ 丁度中央~ (4, 0.0%)

2 にある 1 で一番戸数, に位置

▼ 丁度中学~ (4, 0.0%)

1 からも追い出された, が退け, の二三年, の時

▼ 丁度中間~ (4, 0.0%)

1 でいくら, に横, のところ, ほどにある

▼ 丁度九月~ (4, 0.0%)

1 の九日, の二十一日, の十三夜, の節句

▼ 丁度二十歳~ (4, 0.0%)

2 の時 1 で亡, の春

▼ 丁度五時~ (4, 0.0%)

1 だった, だつた, で空しく, の先生

▼ 丁度五月~ (4, 0.0%)

1 から六月, の初め, の始め, は松

▼ 丁度今私~ (4, 0.0%)

1 が其の, が父, の佇ん, の前

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 の客, の所謂感覚, の教師, の縄

▼ 丁度他人~ (4, 0.0%)

2 を気の毒 1 と言葉, に對

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 あその, が娘聟, のね, のやう

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 が入隊, が長崎, の伊藤八兵衛, の年期

▼ 丁度八月~ (4, 0.0%)

1 の六日, の十六日, の十日, の明るい

▼ 丁度六時~ (4, 0.0%)

1 に便所, の交代前, は魔物, 迄大学

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 に手つだい, のこと, のガラス, の処

▼ 丁度十年前~ (4, 0.0%)

2 に私 1 に当る, 憶えたヴェルレエヌ

▼ 丁度向い側~ (4, 0.0%)

1 になっ, に卓, に殆ど竣工, の棚

▼ 丁度土曜日~ (4, 0.0%)

1 だから, でね, なので, のこと

▼ 丁度地下~ (4, 0.0%)

2 の泉 1 から突き出, の湖

▼ 丁度夕飯~ (4, 0.0%)

1 の後, をたべ, を初める, を喰いかけ

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 が額, の兒, の心, も自分

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

2 は湯 1 の腹の中, を失った

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 の刻頃, 刻, 刻半, 思よりは

▼ 丁度工合~ (4, 0.0%)

1 が悪かっ, のい, よくふれ, をわるく

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

2 から深い 1 になつ, にドイツ

▼ 丁度恋人~ (4, 0.0%)

1 のやう, の家, の肌, の陰口

▼ 丁度我国~ (4, 0.0%)

1 でも同じ, に於, の大道講釈, の思想界

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 にし, のあたっ, の先, を抜けない

▼ 丁度支那~ (4, 0.0%)

1 の人参, の国, の秦漢以前, へ渡らん

▼ 丁度数学~ (4, 0.0%)

1 がそう, が理論, の場合, の授業

▼ 丁度昨夜~ (4, 0.0%)

1 が遠慮明け, のあの, のやう, は十五日

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 であった, で三越, 少し前, 少し過ぎ

▼ 丁度昼飯時~ (4, 0.0%)

1 で三人, で兄, で空, に当っ

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 の上, の下, の中程, を渡つた時

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 が世, と同年, の芸者, は腰

▼ 丁度母親~ (4, 0.0%)

2 が一番手すき, の胸

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 の下, の方, の端, の面

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の底, の色

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 から出, に入, の前, の神

▼ 丁度激しい~ (4, 0.0%)

2 毒薬の, 熱病にでも

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 が馬鹿, の御前, や馬, を曳い

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 におびえた, の透間, 干竿, 思ひの

▼ 丁度現世~ (4, 0.0%)

1 でする, でまめまめしく, で親しい, の人達

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 で盆踊り, の事, の十四日, の芝居

▼ 丁度真上~ (4, 0.0%)

1 にあたる帆村, にあたる部分, に女医生何とか, に当たり

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

2 の下 1 に栓, の附根あたり

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

1 がくたびれた, のところ, の太, の関節

▼ 丁度芝居~ (4, 0.0%)

1 の土間位, の惡方, の書割り, の様

▼ 丁度西洋~ (4, 0.0%)

1 から帰, で發音學者, と日本, の復古運動

▼ 丁度部屋~ (4, 0.0%)

2 も離れ 1 がなく, のまん中

▼ 丁度~ (4, 0.0%)

2 の前 1 と玄関, をくぐろう

▼ 丁度隧道~ (4, 0.0%)

1 に向つた処, に向つた處, のよう, を出た

▼ 丁度いつも~ (3, 0.0%)

1 今の, 客間の, 自分の

▼ 丁度うまく~ (3, 0.0%)

1 お会, 彼の, 補正が

▼ 丁度ええ~ (3, 0.0%)

1 さ, とこぢや, わ

▼ 丁度おれ~ (3, 0.0%)

1 とおなじ, の手の平みたい, の熱心

▼ 丁度お前達~ (3, 0.0%)

1 の手工, の方, は好い

▼ 丁度かう~ (3, 0.0%)

1 いふ青い, 云ふ, 言ひかけた

▼ 丁度そちら~ (3, 0.0%)

1 への初, への途中, へ昨日

▼ 丁度その同じ~ (3, 0.0%)

2 瞬間に 1 学科だけを

▼ 丁度ひる~ (3, 0.0%)

1 のや, 頃だった, 飯を

▼ 丁度わが~ (3, 0.0%)

1 國の, 地球と, 太陽と

▼ 丁度わたくし共~ (3, 0.0%)

1 が森, と顔, の頭

▼ 丁度われわれ~ (3, 0.0%)

1 が今, が何, が子供

▼ 丁度ガラツ八~ (3, 0.0%)

1 が宗七, が湯島, の八五郎

▼ 丁度ドイツ~ (3, 0.0%)

1 がポオランド, の学生達, の愛国心

▼ 丁度ホテル~ (3, 0.0%)

2 へ遊び 1 は午前九時

▼ 丁度三十~ (3, 0.0%)

1 でいらっしゃるよう, の働き盛り, の歳

▼ 丁度三十五日~ (3, 0.0%)

2 に相 1 に相当

▼ 丁度三十歳~ (3, 0.0%)

2 になる 1 で友江田先生

▼ 丁度三年~ (3, 0.0%)

1 になります, 程前, 越し影

▼ 丁度三年目~ (3, 0.0%)

1 になる, に新, の十一月二十日

▼ 丁度三月~ (3, 0.0%)

1 の下旬, の二十五日, の末

▼ 丁度下女~ (3, 0.0%)

1 がお, の袈裟治, を葛西

▼ 丁度両方~ (3, 0.0%)

2 から腕 1 の端

▼ 丁度九時五分前~ (3, 0.0%)

2 であったので 1 でした

▼ 丁度事件~ (3, 0.0%)

1 で疲れた, のすぐ, の起った

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 た月, の狂言, を上げ

▼ 丁度二ヶ月~ (3, 0.0%)

2 たちました 1 ばかりといふ

▼ 丁度二年~ (3, 0.0%)

1 なん, 程前, 越し実は

▼ 丁度人気~ (3, 0.0%)

2 のない寂し 1 ない手洗場

▼ 丁度今度~ (3, 0.0%)

1 のヨーロッパ大戦, の録子, はおら等

▼ 丁度作曲家~ (3, 0.0%)

1 の友人, の彼, の脳裏

▼ 丁度便所~ (3, 0.0%)

1 の坑, の壁, の汲取口

▼ 丁度偶然~ (3, 0.0%)

1 この七十年目, そのときそこ, にそんな

▼ 丁度八日目~ (3, 0.0%)

2 に死んだ 1 の夜明け方

▼ 丁度六日目~ (3, 0.0%)

1 にあたる, に美濃, のこと

▼ 丁度内側~ (3, 0.0%)

1 から吸, になつ, に塀

▼ 丁度動物園~ (3, 0.0%)

1 の如き, の河馬, の熊

▼ 丁度十二~ (3, 0.0%)

2 の時 1 になる

▼ 丁度十二時間~ (3, 0.0%)

2 の昏睡 1 の戦闘

▼ 丁度十時~ (3, 0.0%)

1 の音楽浴, を打つ, 近かった

▼ 丁度十時頃~ (3, 0.0%)

1 その軽い, でしたが, になっ

▼ 丁度午後三時~ (3, 0.0%)

1 でした, のこと, 少し廻った

▼ 丁度半分~ (3, 0.0%)

1 だけ覗かせ, 程の処, 程やらかし

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 の両 1 の白味

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 それだけ大乗的仏教思想, 半町程の, 空襲ケイホーの

▼ 丁度合っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていました, ている

▼ 丁度向う側~ (3, 0.0%)

1 からこう, にある, の硝子器具

▼ 丁度哲学~ (3, 0.0%)

1 というもの, という名, の問題

▼ 丁度四年~ (3, 0.0%)

1 になる, の間, ほど経っ

▼ 丁度地球~ (3, 0.0%)

1 などの未だ, の反対側, の引力

▼ 丁度墓地~ (3, 0.0%)

1 の移転, の移転中, は外

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 から半分, が高く, を前

▼ 丁度夕方~ (3, 0.0%)

1 のやう, の青い, 着たが

▼ 丁度夕飯時分~ (3, 0.0%)

1 だったが, で夫妻, ふらりと

▼ 丁度夜半~ (3, 0.0%)

1 であったろう, である事, のお

▼ 丁度娘達~ (3, 0.0%)

1 の玉乘, の胸, は家

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 が来, の坐, の顔

▼ 丁度小さな~ (3, 0.0%)

1 家の, 沓を, 犬が

▼ 丁度小説~ (3, 0.0%)

1 にある, に於ける, の世界

▼ 丁度屏風~ (3, 0.0%)

1 のやう, をまわした, を立

▼ 丁度岸本~ (3, 0.0%)

1 の二番目, は自分, もしばらく

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 にさそわれた, のやう, の性分

▼ 丁度帰つて~ (3, 0.0%)

1 入らつした, 来たの, 来まして

▼ 丁度年頃~ (3, 0.0%)

1 で背, なので, もその

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 が訪ね, の二十前後, の方

▼ 丁度当時~ (3, 0.0%)

1 のどの, の私, は第

▼ 丁度後ろ~ (3, 0.0%)

1 から来, が押入, の方

▼ 丁度御前~ (3, 0.0%)

1 にや好い, の御, 近う宿直

▼ 丁度心臓~ (3, 0.0%)

2 がとけた 1 の真上

▼ 丁度忙しい~ (3, 0.0%)

1 時であった, 最中で, 最中家じゅうごたごた

▼ 丁度恐ろしい~ (3, 0.0%)

2 ものからでも 1 無引力空間

▼ 丁度我々~ (3, 0.0%)

1 が逆, の居た, の頭

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 の前 1 をあけ

▼ 丁度持っ~ (3, 0.0%)

2 て来いだ 1 て来い

▼ 丁度授業~ (3, 0.0%)

1 が濟, が終つて教場, の時

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 から来た 1 に近づいた

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 うして, う大, の蓮華寺

▼ 丁度斯様~ (3, 0.0%)

2 いう夜 1 なもの

▼ 丁度日清戦争~ (3, 0.0%)

1 のある, の始まる, の最中

▼ 丁度明い~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐた, て居る

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 の仕度, の支度, の膳

▼ 丁度晩秋~ (3, 0.0%)

1 から初冬, であったの, であれば

▼ 丁度晩飯時~ (3, 0.0%)

1 でございました, で家内中, になる

▼ 丁度朝日~ (3, 0.0%)

1 がさして, の光, の射し

▼ 丁度朝飯~ (3, 0.0%)

1 を済ませた, を食っ, を食べ

▼ 丁度来合せた~ (3, 0.0%)

1 お芳, のである, 急行に

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 からのぼりました, からはクビ話, に上つて路上

▼ 丁度林町~ (3, 0.0%)

1 から家, に出かける, の一行

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 の花 1 の咲き初め

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 が歩哨 1 の切れた

▼ 丁度正月~ (3, 0.0%)

1 の七草, の十五日, の寒い

▼ 丁度正造~ (3, 0.0%)

1 がこうして, が鉱毒問題, は議席

▼ 丁度此時~ (3, 0.0%)

1 一度逃去, 大時計, 駆け付

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 がのっ, をコテコテ, を塗つた鉄

▼ 丁度活動写真~ (3, 0.0%)

1 のフィルム, の字幕, を見詰める

▼ 丁度満月~ (3, 0.0%)

1 が密雲, が緑色, の時

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 が温度, に浮かされた, を下せ

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 が鼠 1 の耳

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 の終る, まずの, 暖い

▼ 丁度生れた~ (3, 0.0%)

1 のが, ばかりの總領, 所に

▼ 丁度田舎~ (3, 0.0%)

1 の漢方医者, の盆, へ旅

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 が下, が花嫁, の姿

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 探しの 1 を叡覧

▼ 丁度白い~ (3, 0.0%)

1 服を, 渦の, 砂が

▼ 丁度白鳥停車場~ (3, 0.0%)

3 の大きな

▼ 丁度相当~ (3, 0.0%)

2 かとも思っ 1 と思われる暮し

▼ 丁度相手~ (3, 0.0%)

2 の女学生 1 の胸

▼ 丁度眞晝~ (3, 0.0%)

1 だらう, の干潮時, の時分

▼ 丁度真下~ (3, 0.0%)

1 と思われる, に帽子, に潜っ

▼ 丁度真夜中~ (3, 0.0%)

1 で妾, の頃, までに三人

▼ 丁度真昼~ (3, 0.0%)

2 の引汐 1 のよう

▼ 丁度眼前~ (3, 0.0%)

1 に展, に見せつけられる, の勝負

▼ 丁度眼鏡~ (3, 0.0%)

1 の半, をこ, をこわした

▼ 丁度節子~ (3, 0.0%)

1 と同年, は叔父, は酔っ

▼ 丁度結晶~ (3, 0.0%)

2 が垂直 1 が兎の毛

▼ 丁度義雄~ (3, 0.0%)

1 が大野, の唯一, は小用

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 から上, から肩, の下ろし

▼ 丁度自然~ (3, 0.0%)

1 と火, の力, を信じ切る

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 の背後 1 の這入っ

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 の死骸, を怖がる, を聯想

▼ 丁度西洋人~ (3, 0.0%)

1 の一組, の描いた, の日本語

▼ 丁度親父~ (3, 0.0%)

1 の二代目, の祥月命日, を殺した

▼ 丁度警察~ (3, 0.0%)

1 から差し廻し, の方, へついた

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 孃が 1 嬢が

▼ 丁度貴方~ (3, 0.0%)

1 がお出で, がアノ室, のお

▼ 丁度赤い~ (3, 0.0%)

1 お薩, 椿の, 襯衣を

▼ 丁度軽井沢~ (3, 0.0%)

1 から二つ手前, の馬蝿, を立っ

▼ 丁度近所~ (3, 0.0%)

1 の人, の娘さん, を一

▼ 丁度通りかかった~ (3, 0.0%)

1 のは, 空駕籠を, 高力家の

▼ 丁度逢った~ (3, 0.0%)

1 よ, 塩入亀輔と, 徳山と

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 よく浴場, わるく火箸, 悪く紀代子

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 の左側 1 の片側

▼ 丁度道子~ (3, 0.0%)

1 の大勝, の対面, の父

▼ 丁度遠い~ (3, 0.0%)

1 ところの, 島にでも, 旅に

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 の欲しい, の輪, を溜める

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

2 に繋がれた 1 の環

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 に小間使, の土蔵, の板塀

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 なら場所, の夕まぐれ, は八月

▼ 丁度~ (3, 0.0%)

1 が窓, のところ, を出した

▼ 丁度あいつ~ (2, 0.0%)

1 が這入る, もおれ

▼ 丁度あすこ~ (2, 0.0%)

1 で出合った, に坐った

▼ 丁度あたし~ (2, 0.0%)

1 と同い年, の窓

▼ 丁度あたり~ (2, 0.0%)

1 に人影, の棕梠

▼ 丁度あの重~ (2, 0.0%)

2 屈折を

▼ 丁度あんた~ (2, 0.0%)

2 が裸

▼ 丁度あゝ~ (2, 0.0%)

2 云ふ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 ぢめつ, て私

▼ 丁度いいかげん~ (2, 0.0%)

1 にかわい, にネル

▼ 丁度いまごろ~ (2, 0.0%)

1 の時間, の暑い

▼ 丁度いま此~ (2, 0.0%)

2 の土地

▼ 丁度うち~ (2, 0.0%)

1 にいる, より七尺

▼ 丁度おなか~ (2, 0.0%)

1 のでっぱり, をこわした

▼ 丁度おまえ~ (2, 0.0%)

1 が来, くらいだったろう

▼ 丁度おもしろい~ (2, 0.0%)

1 と思った, 名である

▼ 丁度お伽噺~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 丁度お前たち~ (2, 0.0%)

2 と夕方

▼ 丁度お寺~ (2, 0.0%)

1 の崖, へ使

▼ 丁度お腹~ (2, 0.0%)

1 が少し, は空い

▼ 丁度きのう~ (2, 0.0%)

1 の事, 出がけ

▼ 丁度きょう~ (2, 0.0%)

1 のよう, は先祖

▼ 丁度こう~ (2, 0.0%)

1 やって, 云う話声

▼ 丁度こうした~ (2, 0.0%)

1 時期に, 見方による

▼ 丁度この間~ (2, 0.0%)

1 の美少年, の輝坊

▼ 丁度さっき~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 丁度さつき~ (2, 0.0%)

1 のやう, の葡萄

▼ 丁度すぐ~ (2, 0.0%)

1 となり, 傍らには

▼ 丁度その後~ (2, 0.0%)

1 から一歩一歩, を追う

▼ 丁度それら~ (2, 0.0%)

1 にふさわしく, の多く

▼ 丁度それ位~ (2, 0.0%)

1 あらあ受取れ, の高

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 からなあに, から十年

▼ 丁度という~ (2, 0.0%)

1 ことで, 時刻に

▼ 丁度どこ~ (2, 0.0%)

1 かへ出かける, へか行っ

▼ 丁度のぼれ~ (2, 0.0%)

1 さうだ, そうだ

▼ 丁度ひどい~ (2, 0.0%)

1 熱の, 雨の

▼ 丁度ふさわしい~ (2, 0.0%)

1 地位である, 好奇な

▼ 丁度ふさわしかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 丁度ふたり~ (2, 0.0%)

2 でお茶

▼ 丁度ほか~ (2, 0.0%)

1 にも客, に相弟子

▼ 丁度まる~ (2, 0.0%)

1 三年目の, 三年續いた

▼ 丁度むかい合い~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 つて來た, つて来た

▼ 丁度やって来た~ (2, 0.0%)

1 から狸, 乗合へ

▼ 丁度やはり~ (2, 0.0%)

1 その前後, 支那の

▼ 丁度ゆうべ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の時刻

▼ 丁度よろしい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, のでございます

▼ 丁度わが国~ (2, 0.0%)

1 で最も, で米英

▼ 丁度わたし同様~ (2, 0.0%)

2 の病気

▼ 丁度エッチング~ (2, 0.0%)

2 の場合

▼ 丁度サナトリウム~ (2, 0.0%)

1 の裏, の裏手

▼ 丁度シャツ~ (2, 0.0%)

1 の背筋, の襟下

▼ 丁度ダイアモンド~ (2, 0.0%)

2 が硝子

▼ 丁度トランプ~ (2, 0.0%)

1 の王様, ほどの大き

▼ 丁度ハラキリ~ (2, 0.0%)

1 が有, が有っ

▼ 丁度パリ~ (2, 0.0%)

1 での久慈, に来

▼ 丁度ヒョイ~ (2, 0.0%)

2 と振向いた

▼ 丁度ボオイ~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 丁度マダム~ (2, 0.0%)

1 が出, の不在

▼ 丁度レンズ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の焦点

▼ 丁度ロシア~ (2, 0.0%)

1 から帰つて, にマルクス主義

▼ 丁度ローマ~ (2, 0.0%)

1 でキリスト教, の貴族

▼ 丁度一つ~ (2, 0.0%)

1 の太陽, の微小

▼ 丁度一ヵ月~ (2, 0.0%)

1 ばかりの祭日, 経ちます

▼ 丁度一冬~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 丁度一切~ (2, 0.0%)

1 の社会機構, を神

▼ 丁度一周忌~ (2, 0.0%)

1 の命日, の時

▼ 丁度一学期~ (2, 0.0%)

2 の試験

▼ 丁度一尺~ (2, 0.0%)

1 ざしを, という長

▼ 丁度一年半~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, 程前

▼ 丁度一方~ (2, 0.0%)

1 から見る, が開け放され

▼ 丁度一時~ (2, 0.0%)

1 から二時頃, でございます

▼ 丁度一時半~ (2, 0.0%)

1 か, であった

▼ 丁度一月~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, 程も前

▼ 丁度一種~ (2, 0.0%)

1 のツチ, の妖気

▼ 丁度一箇年~ (2, 0.0%)

2 立って

▼ 丁度一群~ (2, 0.0%)

1 の病羊, の騎者

▼ 丁度一週間前~ (2, 0.0%)

1 に麗子, の夜

▼ 丁度七十歳~ (2, 0.0%)

1 に達した, の

▼ 丁度七年前~ (2, 0.0%)

1 のその, の此月

▼ 丁度七時~ (2, 0.0%)

1 だよ, に錨

▼ 丁度三七日~ (2, 0.0%)

1 で其の, の逮夜

▼ 丁度三人~ (2, 0.0%)

1 の同胞, の按摩さん

▼ 丁度三人目~ (2, 0.0%)

1 だとの, の首縊り

▼ 丁度三十分~ (2, 0.0%)

1 かかった, だ

▼ 丁度三月十九日~ (2, 0.0%)

1 にニューヨーク, に紐育

▼ 丁度上京~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 丁度下宿~ (2, 0.0%)

1 にゐた, の前

▼ 丁度世間~ (2, 0.0%)

1 でもそういう, の人

▼ 丁度中學~ (2, 0.0%)

1 の二年時分, へ這入

▼ 丁度中途半端~ (2, 0.0%)

1 なとき, な時間

▼ 丁度中頃~ (2, 0.0%)

1 になりました, に当る

▼ 丁度九人~ (2, 0.0%)

1 だ, の人間

▼ 丁度九年~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 丁度九日~ (2, 0.0%)

1 の夜, の日

▼ 丁度二つ~ (2, 0.0%)

1 の指環, を結びつける

▼ 丁度二三日前~ (2, 0.0%)

1 から宿屋, から読みかけ

▼ 丁度二三町~ (2, 0.0%)

1 も帰りかけた, を帰りかけた

▼ 丁度二倍~ (2, 0.0%)

2 の広

▼ 丁度二十年前~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 丁度二度目~ (2, 0.0%)

1 の櫓, の盃

▼ 丁度二月~ (2, 0.0%)

1 の七日, の初め

▼ 丁度二週間~ (2, 0.0%)

1 になる, にもなる

▼ 丁度五つ~ (2, 0.0%)

1 か六つ, か六つぐらゐになる子供

▼ 丁度五六歳~ (2, 0.0%)

2 の子供

▼ 丁度五十年前~ (2, 0.0%)

1 の事, の昔

▼ 丁度五度目~ (2, 0.0%)

1 だ, だよ

▼ 丁度五日前~ (2, 0.0%)

1 で町内, には新調

▼ 丁度五月頃~ (2, 0.0%)

1 の夕方, 書いた戯曲

▼ 丁度五百歩~ (2, 0.0%)

2 ばかり離れた

▼ 丁度井伏君~ (2, 0.0%)

1 が一人, は在宅

▼ 丁度交番~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 丁度人形~ (2, 0.0%)

1 のよう, の口

▼ 丁度今みたい~ (2, 0.0%)

2 な家

▼ 丁度今僕~ (2, 0.0%)

1 の子供等, の鞄

▼ 丁度他家~ (2, 0.0%)

1 からおくられた, から来た

▼ 丁度伊香保~ (2, 0.0%)

1 のお, の時

▼ 丁度休み~ (2, 0.0%)

2 場所である

▼ 丁度伸子たち~ (2, 0.0%)

1 がかけ, がモスク

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 がお, の其処

▼ 丁度使~ (2, 0.0%)

1 に出, ひ古し

▼ 丁度使い~ (2, 0.0%)

2 から帰っ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 が母親, やつや子

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 であるけれど, になつて

▼ 丁度偉大~ (2, 0.0%)

2 なる博士

▼ 丁度僕等人間~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 のよう, の波動

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の字髭, の野郎

▼ 丁度八月十五夜~ (2, 0.0%)

1 で川開き, の月

▼ 丁度八月十五日~ (2, 0.0%)

2 の名月

▼ 丁度六つ~ (2, 0.0%)

1 か, 少し前

▼ 丁度六人~ (2, 0.0%)

1 できっちり, になります

▼ 丁度六年~ (2, 0.0%)

1 もあの, 振で何時

▼ 丁度其辺~ (2, 0.0%)

1 で荒川岳, に大勢坊主

▼ 丁度其頃~ (2, 0.0%)

1 に不思議, は立派

▼ 丁度具合~ (2, 0.0%)

1 よくくだけない, よく入る

▼ 丁度円形劇場~ (2, 0.0%)

1 に似た, のやう

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の最中, の衣

▼ 丁度冬休み~ (2, 0.0%)

1 だし, の続き

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 七日でございます, 七日の

▼ 丁度初夏~ (2, 0.0%)

1 のフラネル時候, の五月

▼ 丁度前日~ (2, 0.0%)

1 にその, に来

▼ 丁度労働者~ (2, 0.0%)

1 が彼ら, が彼等

▼ 丁度勝彦~ (2, 0.0%)

2 の身体

▼ 丁度匕首~ (2, 0.0%)

1 で刺された, の元

▼ 丁度北極~ (2, 0.0%)

1 から一ヶ月目, や南極

▼ 丁度匡衡~ (2, 0.0%)

1 の其処, もまだ

▼ 丁度医者~ (2, 0.0%)

1 が昔, が見舞っ

▼ 丁度十一月~ (2, 0.0%)

1 のはじめ, の十六日

▼ 丁度十九~ (2, 0.0%)

1 の厄, の夏

▼ 丁度十八~ (2, 0.0%)

1 でお, で小石川巣鴨町

▼ 丁度十日前~ (2, 0.0%)

1 にお, のこと

▼ 丁度十時間~ (2, 0.0%)

1 ばかり眠ったらしかった, 経ったわけ

▼ 丁度十月~ (2, 0.0%)

1 の初旬, の十五日小春凪

▼ 丁度十疋~ (2, 0.0%)

1 になった, になつた

▼ 丁度午後二時~ (2, 0.0%)

1 である, と三時の間

▼ 丁度午餐後~ (2, 0.0%)

2 だったので

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 刻, 里ばかり

▼ 丁度半ば~ (2, 0.0%)

1 で田舎家, まで来た

▼ 丁度半歳~ (2, 0.0%)

1 になる, の後

▼ 丁度半面~ (2, 0.0%)

2 だけ黒い

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 から風, です

▼ 丁度南方~ (2, 0.0%)

1 の土人, の天

▼ 丁度原稿~ (2, 0.0%)

1 ぐらいね, の字

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 對側の

▼ 丁度収穫~ (2, 0.0%)

1 の頃, を終えた

▼ 丁度叔父~ (2, 0.0%)

1 が来ました, は旅舎

▼ 丁度取崩し~ (2, 0.0%)

2 の工事中

▼ 丁度取次~ (2, 0.0%)

2 の少年

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 に頬張つて, へ運びかけ

▼ 丁度古代~ (2, 0.0%)

1 の民族, の賢人

▼ 丁度只今~ (2, 0.0%)

1 の二時, の午前十時頃

▼ 丁度右手~ (2, 0.0%)

1 に海, の下

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 時代であった, 病院には

▼ 丁度同い年~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの町人ふう, であ

▼ 丁度同年~ (2, 0.0%)

1 である村, の三十

▼ 丁度同時に~ (2, 0.0%)

1 バージーンの, 硯友社の

▼ 丁度同様~ (2, 0.0%)

1 である, になっ

▼ 丁度名倉~ (2, 0.0%)

2 の老人

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 の渇いた

▼ 丁度喪心~ (2, 0.0%)

2 した人

▼ 丁度嘉ッコ~ (2, 0.0%)

2 のお母さん

▼ 丁度四十年~ (2, 0.0%)

1 に當つて, の昔

▼ 丁度四年目~ (2, 0.0%)

1 に小倉, の夏

▼ 丁度四日前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の夕刻

▼ 丁度四日目~ (2, 0.0%)

1 でありました, の朝

▼ 丁度四月二十日~ (2, 0.0%)

1 の午後八時五十分頃, の夜

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 から持っ, の大戦

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 に根

▼ 丁度地獄~ (2, 0.0%)

1 の底, は炎

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 に成った, の中途

▼ 丁度垂水~ (2, 0.0%)

1 に居った, の海

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の上, の窓

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 のよい, を高め

▼ 丁度夕刻~ (2, 0.0%)

1 になった, 前此

▼ 丁度夕陽~ (2, 0.0%)

1 があたっ, が赤く

▼ 丁度大きい~ (2, 0.0%)

1 微笑に, 男が

▼ 丁度大師~ (2, 0.0%)

1 も二年間唐, より五十年

▼ 丁度大関~ (2, 0.0%)

2 と褌担ぎ

▼ 丁度天気~ (2, 0.0%)

1 がよく, と同じ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 だ, と同じ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 で父親, の窓

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の二階, の部屋

▼ 丁度女学校~ (2, 0.0%)

1 の二三年頃, を卒業

▼ 丁度女王~ (2, 0.0%)

1 が沢山, のパルヴアティ

▼ 丁度好く~ (2, 0.0%)

2 そのお茶

▼ 丁度妊娠~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 丁度姉さん~ (2, 0.0%)

1 がお産, や豊世さん

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 が泊り, の床

▼ 丁度婦人~ (2, 0.0%)

1 の場合, は外出中

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 を娶っ, 入つた当座

▼ 丁度嫁さん~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を叩き出した

▼ 丁度学年試験~ (2, 0.0%)

1 の最中, の第

▼ 丁度学生~ (2, 0.0%)

1 が休み, が試験勉強

▼ 丁度家々~ (2, 0.0%)

1 の空, の餅

▼ 丁度宿直~ (2, 0.0%)

1 だった私, に当っ

▼ 丁度富士山~ (2, 0.0%)

1 の望まれる, の裾

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 おきの, てゐる

▼ 丁度将門~ (2, 0.0%)

1 が前, の雑人

▼ 丁度小牧山合戦~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 丁度小鳥~ (2, 0.0%)

1 の頭, をでも

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 てね, 合わした半分真黒

▼ 丁度居眠り~ (2, 0.0%)

1 でもし, でもする

▼ 丁度山谷~ (2, 0.0%)

2 の春徳寺

▼ 丁度岡田~ (2, 0.0%)

1 が通り掛かっ, の監房

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の繼ぎ目, の脊梁

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の下, の端

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 のよう, の遠のい

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 がながれ来, や湖

▼ 丁度左様~ (2, 0.0%)

1 に相成る, 云う仕事

▼ 丁度巴里~ (2, 0.0%)

1 で類似, を発つ

▼ 丁度帳場~ (2, 0.0%)

1 で呼ぶ, にか

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 が開いた

▼ 丁度幕末~ (2, 0.0%)

1 からかけ, の悪

▼ 丁度干潟~ (2, 0.0%)

1 になつ, を遠く

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 とった仏蘭西, も宜

▼ 丁度年期~ (2, 0.0%)

1 があいた, はあける

▼ 丁度幼い~ (2, 0.0%)

1 子供が, 時から

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 から羽目, を並べた

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 だから, だからと

▼ 丁度底倉~ (2, 0.0%)

2 と木賀

▼ 丁度座敷~ (2, 0.0%)

1 の正面, へ出

▼ 丁度廊下~ (2, 0.0%)

1 で怪美人, の窓

▼ 丁度廻っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て止った

▼ 丁度弘行寺~ (2, 0.0%)

2 の裏林

▼ 丁度張物板~ (2, 0.0%)

2 を西日

▼ 丁度忍び返し~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ 丁度忙しく~ (2, 0.0%)

1 なりかかった時, なりかかって

▼ 丁度怖い~ (2, 0.0%)

2 父親の

▼ 丁度怪物~ (2, 0.0%)

2 の棲家

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の思出, をしてる

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 を引き取る

▼ 丁度恰好~ (2, 0.0%)

1 なところ, な対

▼ 丁度悪魔~ (2, 0.0%)

1 の市, の数

▼ 丁度愛する~ (2, 0.0%)

2 妻と共に

▼ 丁度慈愛~ (2, 0.0%)

2 の深い

▼ 丁度慶応三年~ (2, 0.0%)

1 と四年, の頃

▼ 丁度我が~ (2, 0.0%)

1 國の, 石川啄木が

▼ 丁度我國~ (2, 0.0%)

1 で滿洲事變, に於

▼ 丁度戰國時代~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 に手, の鍵

▼ 丁度押入~ (2, 0.0%)

1 に投げ込ん, の裏側

▼ 丁度撥釣瓶~ (2, 0.0%)

2 の樣

▼ 丁度政治~ (2, 0.0%)

1 が数年後, が経済関係

▼ 丁度新しい~ (2, 0.0%)

1 山の, 絹と

▼ 丁度旅順~ (2, 0.0%)

1 が陥落, へ観光

▼ 丁度日ざかり~ (2, 0.0%)

2 で砂

▼ 丁度日光~ (2, 0.0%)

2 の東照宮

▼ 丁度日影~ (2, 0.0%)

2 に蒔かれた

▼ 丁度日本人~ (2, 0.0%)

1 でありながら, に日本

▼ 丁度日本画~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 丁度日蔭~ (2, 0.0%)

1 になっ, の草

▼ 丁度旦那~ (2, 0.0%)

1 が久しく, と大

▼ 丁度旦那様~ (2, 0.0%)

1 の一周忌, の御

▼ 丁度明日~ (2, 0.0%)

1 から行, に当ります

▼ 丁度明治天皇様崩御~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 丁度明神下~ (2, 0.0%)

1 の親分さん, の錢形平次

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 が青く, の方角

▼ 丁度昼間~ (2, 0.0%)

1 の稽古, の銀座

▼ 丁度昼食~ (2, 0.0%)

1 の時間, の配

▼ 丁度昼飯~ (2, 0.0%)

1 に集っ, の茶

▼ 丁度時候~ (2, 0.0%)

1 が春, も十二月

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 になりました, 少し前

▼ 丁度晝飯~ (2, 0.0%)

1 を喰つて, を食

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 があった, が出来た

▼ 丁度暴風雨~ (2, 0.0%)

2 の来る

▼ 丁度更年期~ (2, 0.0%)

2 に接し

▼ 丁度書い~ (2, 0.0%)

1 てあった, てゆく

▼ 丁度朝食~ (2, 0.0%)

1 の時間, を認め

▼ 丁度木立~ (2, 0.0%)

1 にしがみついた, の蔭

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 にある, の綴め

▼ 丁度本堂仏殿~ (2, 0.0%)

1 のあり, の在り

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 などを二つ, の酒

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の下, をする

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の毬, を搖

▼ 丁度校長~ (2, 0.0%)

1 の紹介, は校長室

▼ 丁度桜花~ (2, 0.0%)

1 が爛, も散

▼ 丁度梯子~ (2, 0.0%)

1 で天, の裏

▼ 丁度梯子段~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 丁度森さん~ (2, 0.0%)

2 が北京

▼ 丁度楢ノ木~ (2, 0.0%)

2 大学士

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 く遠い遠い所, 暑の

▼ 丁度横浜~ (2, 0.0%)

1 に居, へ行かれ

▼ 丁度樹木~ (2, 0.0%)

1 が自然, の葉

▼ 丁度機関車~ (2, 0.0%)

2 の煙突

▼ 丁度正太~ (2, 0.0%)

1 が植木いじり, が自分

▼ 丁度此方~ (2, 0.0%)

1 が塞がっ, の庭木

▼ 丁度此處~ (2, 0.0%)

1 で調べ物, には沖

▼ 丁度此頃~ (2, 0.0%)

1 に回復, の風

▼ 丁度死ん~ (2, 0.0%)

2 でしまった

▼ 丁度死んだ~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ 丁度死体~ (2, 0.0%)

1 が紛失, を運ぶ

▼ 丁度死骸~ (2, 0.0%)

1 から三尺, の枕元一間位

▼ 丁度水たまり~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 丁度水晶~ (2, 0.0%)

2 の結晶

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 でもある, の湯気

▼ 丁度汽船~ (2, 0.0%)

1 が闇, の運転士

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の彼方, の波

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の中, の中程

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 のやう, の上

▼ 丁度海岸~ (2, 0.0%)

1 で遠い, の家

▼ 丁度深い~ (2, 0.0%)

1 密林の, 水の

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の如く

▼ 丁度演説会~ (2, 0.0%)

1 が終, は家々

▼ 丁度灌木~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ 丁度火星~ (2, 0.0%)

1 が十五年ぶり, が地球

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 ともし, ともし頃神戸病院

▼ 丁度烏賊~ (2, 0.0%)

2 が敵

▼ 丁度熱烈~ (2, 0.0%)

2 なる国家主義者

▼ 丁度父親~ (2, 0.0%)

1 が印, の誕生日

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 がやる, が自分

▼ 丁度猛獣~ (2, 0.0%)

1 が目, に睨まれ

▼ 丁度獅子~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 丁度玄関~ (2, 0.0%)

1 で帰りかけ, の処

▼ 丁度珈琲~ (2, 0.0%)

2 の来た

▼ 丁度生れ~ (2, 0.0%)

1 て始め, て間

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 もある, もなし

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の代掻き

▼ 丁度田圃~ (2, 0.0%)

1 が碁盤, の上

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の堺, を耕す

▼ 丁度病人~ (2, 0.0%)

1 が健康, が自分

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 で三メートル, の出かけよう

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 を二枚, を出しかけ

▼ 丁度目の下~ (2, 0.0%)

1 にある, の谷底

▼ 丁度直ぐ~ (2, 0.0%)

1 前の, 階下に

▼ 丁度直記~ (2, 0.0%)

2 の十八

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 合したの, 重って

▼ 丁度相応~ (2, 0.0%)

1 したもの, するので

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 つ盛り, ん中頃

▼ 丁度眞上~ (2, 0.0%)

1 あたり忍び返し, に當

▼ 丁度真ん中~ (2, 0.0%)

1 に近い, へ落ちる

▼ 丁度真向~ (2, 0.0%)

1 に居た, に当る

▼ 丁度真暗~ (2, 0.0%)

1 な墓穴, な室

▼ 丁度真正面~ (2, 0.0%)

1 になるだろう, に広々

▼ 丁度真理~ (2, 0.0%)

1 が社会的, とは真理

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 から艀, を披

▼ 丁度社会~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の平和

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の前, への直観

▼ 丁度私ども~ (2, 0.0%)

2 が遊び

▼ 丁度科学~ (2, 0.0%)

1 が人生, が客観性

▼ 丁度程よい~ (2, 0.0%)

2 場所が

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 あホキ, に花

▼ 丁度穂高登山~ (2, 0.0%)

2 に来られた

▼ 丁度空襲~ (2, 0.0%)

1 があつ, のサイレン

▼ 丁度約束~ (2, 0.0%)

1 の十二時, の日

▼ 丁度細かい~ (2, 0.0%)

2 切子硝子を

▼ 丁度細君~ (2, 0.0%)

1 も使, も使い

▼ 丁度絶えず~ (2, 0.0%)

1 動いて, 廻転し

▼ 丁度編輯~ (2, 0.0%)

2 のいそがしい

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の群, の背中

▼ 丁度義雄兄~ (2, 0.0%)

1 の方, は郷里

▼ 丁度股引尻からげ天秤棒~ (2, 0.0%)

2 を肩

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の高, も同じ

▼ 丁度背中~ (2, 0.0%)

1 が此處, に出る

▼ 丁度背中合せ~ (2, 0.0%)

1 で近頃, の町裏

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 に浮びます, の辺り

▼ 丁度腕時計~ (2, 0.0%)

2 が死

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の空いた, も空き加減

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 に当る, の處

▼ 丁度臆病~ (2, 0.0%)

2 な犬

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 働人形の, 働車に

▼ 丁度自動車~ (2, 0.0%)

2 が松坂屋

▼ 丁度良人~ (2, 0.0%)

1 が外国, のジュッド氏

▼ 丁度花火~ (2, 0.0%)

1 の人混み, の盛り

▼ 丁度英語~ (2, 0.0%)

1 で読む, を喋る

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の花, も咲きました

▼ 丁度葬式~ (2, 0.0%)

2 の最中

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の湖, の葉

▼ 丁度虔十~ (2, 0.0%)

2 の兄さん

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の刎, の顎

▼ 丁度行き~ (2, 0.0%)

1 しなに, 着たる

▼ 丁度街端づれ~ (2, 0.0%)

2 の広

▼ 丁度表通~ (2, 0.0%)

2 に立派

▼ 丁度被害者~ (2, 0.0%)

1 の背中, の足

▼ 丁度裏門~ (2, 0.0%)

1 から入っ, の外

▼ 丁度西太后~ (2, 0.0%)

1 などが政治, の崩後二年半

▼ 丁度西暦十三世紀~ (2, 0.0%)

1 の半頃, の終頃

▼ 丁度見える~ (2, 0.0%)

1 んです, 控間の

▼ 丁度見事~ (2, 0.0%)

1 に咲い, に波うっ

▼ 丁度訪問~ (2, 0.0%)

2 に好い

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 という言葉, においてあらゆる

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 へた, へ向

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 だって抽象的, もゐないらしい

▼ 丁度誰か~ (2, 0.0%)

1 が用便中, の為る

▼ 丁度調子~ (2, 0.0%)

1 が出, やって

▼ 丁度豊世~ (2, 0.0%)

1 が入っ, はまだ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 かなどの様, の皮膚

▼ 丁度貴君~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 丁度資本主義~ (2, 0.0%)

1 という一つ, は資本主義自身

▼ 丁度足場~ (2, 0.0%)

1 の上, も良い

▼ 丁度足掛け三年~ (2, 0.0%)

1 になります, の間不在

▼ 丁度足許~ (2, 0.0%)

1 から立っ, にある

▼ 丁度軍隊~ (2, 0.0%)

2 の整列

▼ 丁度軒下~ (2, 0.0%)

2 に生れた

▼ 丁度近頃~ (2, 0.0%)

1 その遊び相手, の少年少女向け

▼ 丁度退屈~ (2, 0.0%)

1 してたところ, してる所

▼ 丁度逆光線~ (2, 0.0%)

1 だったので, を受け

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 ぐる大震災の

▼ 丁度道ばた~ (2, 0.0%)

1 に芋, に藁小屋

▼ 丁度道普請~ (2, 0.0%)

1 に来た, の人夫

▼ 丁度道綱~ (2, 0.0%)

1 がこんど, には叔父

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 にでも微, を飲んだ

▼ 丁度野原~ (2, 0.0%)

1 に遊び, の家

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 の陰

▼ 丁度銅鑼~ (2, 0.0%)

2 でも鳴らす

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 があっ, を取り上げた

▼ 丁度長い~ (2, 0.0%)

1 白壁の, 酷使と

▼ 丁度長者町~ (2, 0.0%)

1 にか, にかかった

▼ 丁度隙間~ (2, 0.0%)

1 から入る, を覗い

▼ 丁度障子~ (2, 0.0%)

1 の一小間, の穴

▼ 丁度隣り~ (2, 0.0%)

1 の一家族, の谷口金五郎

▼ 丁度電気~ (2, 0.0%)

1 が切れた, にでもうたれた

▼ 丁度震災後~ (2, 0.0%)

1 に小, 間もなくの

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 が下り, が二三度

▼ 丁度音楽~ (2, 0.0%)

2 の演奏

▼ 丁度頃合い~ (2, 0.0%)

1 の時間, の間隔

▼ 丁度須田町~ (2, 0.0%)

1 から乗り合, の銅像

▼ 丁度食後~ (2, 0.0%)

1 に一つ, の菓子

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 の出来, を食い終る

▼ 丁度養蚕~ (2, 0.0%)

2 の始まっ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 を食べ

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 からははすか, へ大阪行

▼ 丁度高等四年~ (2, 0.0%)

1 では, の教室

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 にか, を撫で下げる

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 と魚, のうたわない

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

1 のよう, の立っ

▼ 丁度鶴見~ (2, 0.0%)

1 の席, の舞踏場拡張

▼ 丁度鶴飼橋~ (2, 0.0%)

1 の袂, へ差掛つた

▼ 丁度黄昏~ (2, 0.0%)

1 どきの, どきのこ

▼ 丁度黒い~ (2, 0.0%)

1 影の, 羽織を

▼ 丁度~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼1* [2943件]

丁度ああ言った具合, 丁度あけがただった, 丁度あざやかに市, 丁度あしたがいい, 丁度あしもとの砂, 丁度あそこから飛び降り, 丁度あたしたちそんなこと, 丁度あたり前の世界, 丁度あちこちで星, 丁度あちらへ帰ります, 丁度あちら向きになっ, 丁度あっしの部屋, 丁度あったので買っ, 丁度あつらえ向きである, 丁度あとから遣, 丁度あと三日という日, 丁度あの世から帰つて, 丁度あの前あたり, 丁度あまり遠からぬ, 丁度あんなになるの, 丁度いいしほに乘つて, 丁度いい思ひ付きでしたらう, 丁度いい暖かさ体に, 丁度いい淡い煙幕が, 丁度いい深さという, 丁度いってみる, 丁度いつぱい, 丁度いつかの午後, 丁度いなかったもんです, 丁度いまここに集っ, 丁度いまごろ妙高山麓に旅, 丁度いまごろ灯がやっと, 丁度いま僕が暗い, 丁度いま時分のよう, 丁度いま暑中休暇を利用, 丁度いま珍談を聞きこんだ, 丁度いま磯崎の防空監視哨, 丁度いま私がそれ, 丁度いま自分の前, 丁度いま裏にひっくりかえし, 丁度いよいよ戦争らしい, 丁度いろいろと疲れ, 丁度いろんな集会が, 丁度うっとりと眠っ, 丁度うるさい年ぢや, 丁度うわばみ, 丁度うんと出版され, 丁度おあつらへ, 丁度おいらも一口, 丁度おかしな舞踏でも, 丁度おしまひに, 丁度おそろしい不揃, 丁度おっさんが落ちた, 丁度おばあさんが起きた, 丁度おもて, 丁度お上さんが門口, 丁度お伽話を絵, 丁度お供のよう, 丁度お八つ時分の茶, 丁度お婆さんが孫達, 丁度お婆さんみたいな柔和, 丁度お嬢さんの行方不明, 丁度お客になっ, 丁度お宮等二人のよう, 丁度お家ではお茶, 丁度お昼それからすぐ, 丁度お爺さんも木, 丁度お産をする, 丁度お盆の十五日, 丁度お盆前にそんな, 丁度お目にかかって宜しゅう, 丁度お目見得の晴着, 丁度お祖母さんぐらいの年恰好, 丁度お辞儀みたいにふつ, 丁度お通夜で家中, 丁度お釈迦様の甘茶, 丁度お金もなくなっ, 丁度かうした壮麗な, 丁度かかりつけの医師, 丁度かし家札のよう, 丁度かづ子も眠った, 丁度かなり大きい駅, 丁度かるめらの, 丁度がら空きだつた, 丁度きこえる頃でしたろう, 丁度きた屑屋の, 丁度くたびれている, 丁度くだらない悲劇喜劇の, 丁度ぐでりんのやうに顔を斜め, 丁度ぐらいだ, 丁度こいつだ, 丁度こうして皆の, 丁度ここらでがす, 丁度このごろあんたとあたい, 丁度このごろ解析概論をやっ, 丁度この同じ雜誌に, 丁度これらの様々, 丁度ころ柿の粉, 丁度こんなに聞えて, 丁度こん子が小学校, 丁度さいわいです, 丁度さかりずらよ, 丁度さきにアカデミー, 丁度さきほど八雲の, 丁度さしかかった町辻の, 丁度さし迫った用向も, 丁度さっき感性の所, 丁度さるが盗んだ, 丁度しこった肩を, 丁度したのの, 丁度しとしとと降る春雨, 丁度しわすのもの, 丁度しん吉のおふくろ, 丁度じりじりと悪く, 丁度や, 丁度せり上りのよう, 丁度つくり其の, 丁度そうして夕暮れ鉄材を, 丁度そうっと他人の, 丁度そこで庄太さんに, 丁度そこらの書物, 丁度そちらのは醸造, 丁度そつちへ, 丁度そのものは何, 丁度その当の家から, 丁度その間に挾まつた, 丁度その間四五町ばかりというもの, 丁度その頃です平田伍三郎, 丁度その頃京都の龍谷大學, 丁度その頃北海道帝国大学内に常時低温研究室, 丁度その頃平戸に来, 丁度その頃札幌へ来, 丁度それくらゐ銀行, 丁度それぞれの段階, 丁度それだけニイチエは, 丁度それで汽車に, 丁度それと同樣, 丁度それ等の中央, 丁度そろそろそちらに, 丁度そんなに凋み衰えて, 丁度この様, 丁度たえ子と葉子, 丁度たそがれ時人通りが絶え, 丁度ただのジャーナリスト, 丁度たてにし, 丁度たのしみの程度, 丁度だれも来, 丁度ちやんちやん, 丁度っていうのは, 丁度つぎはぎした, 丁度つつじの花盛り, 丁度つないでおく, 丁度つぶれ負傷した, 丁度てぐす糸を毛虫, 丁度てっぺんが腫れ上っ, 丁度御在, 丁度であるが雨, 丁度といふ時刻に, 丁度とろ火にかけた, 丁度どの町にも, 丁度どんよりとした, 丁度なかばあたりで, 丁度なにかのこと, 丁度にはなりませんねえ, 丁度にも置いて, 丁度ぬけ替る時で, 丁度ぬる加減で, 丁度ねじの運行, 丁度いって, 丁度はいはいごろの, 丁度はじまりかけた演奏に, 丁度はまりますけれども額際, 丁度はまり役だがな, 丁度ひつぱりこむやうにその木屑, 丁度ひとが自分, 丁度ひとつ欲しいと, 丁度ひと掴みになる, 丁度ひまだったので, 丁度ひるま坪井と, 丁度ひろい庭で, 丁度ふさはしい, 丁度ふた十銭やす, 丁度ふとんの, 丁度ふみちゃんが殺された, 丁度ぶらんこにでも乗った, 丁度ほど好い時間, 丁度ッと, 丁度ぼくの扱, 丁度ぼろぼろになった, 丁度ぼんやり門口に, 丁度上に, 丁度まあその頃, 丁度まくれた栗の, 丁度まっ最中です, 丁度まるであの背, 丁度まんなかにあたる何と, 丁度まんなかあたりに真亀, 丁度まんなか辺りに霧社, 丁度まんなか頃の大, 丁度まん中でその, 丁度みかん箱も一つ, 丁度みつ子の心の, 丁度みなさまの反対, 丁度みのるの乘つて, 丁度みや子が本文, 丁度みんな働きに出, 丁度みんな聽いて, 丁度むかし基督教徒に掠奪, 丁度むかし箍骨を入れた, 丁度むこうから来た, 丁度むずかしい数学の, 丁度めがねで覗いた, 丁度めぐり合ふと, 丁度もっけの幸いに帳場, 丁度もとの大倉商業, 丁度もと兄の世話, 丁度もろい崖から, 丁度やすの場合, 丁度やっとレールに, 丁度やりかかろうとした, 丁度ふべと, 丁度ゆかたがけと簡単, 丁度ゆき違って, 丁度よい大きさに, 丁度よからうと, 丁度よし文芸部の, 丁度よろしう御座いましたよ, 丁度よろしゅうございます, 丁度わいたお湯で, 丁度わが家へついた, 丁度わたくし達が行き合わせた, 丁度わたし等の渡つて, 丁度わるい時季に, 丁度ゐあはせた洲崎の, 丁度ゐないやうだ, 丁度アカデミックな文学, 丁度アケビの実, 丁度アヒルの卵, 丁度アメリカで新薬, 丁度アラビヤの大, 丁度アルセーヌ・ルパンのよう, 丁度アルバトロス鳥を引き寄せる, 丁度アルラカルラの仏像, 丁度アングル人サクソン人その他ピクト人ブリトン人らが今日英国, 丁度アンシークロペディストという概念, 丁度アンデルゼンが, 丁度アンリイドレニエエがかの, 丁度イオンの存在, 丁度イギリスを英吉利, 丁度イタリヤを旅, 丁度イタリーの南方リパリ群島中, 丁度イバラ科のズミ, 丁度イワレンゲのよう, 丁度エナのヘツケル先生, 丁度オルジェル家へ出かけよう, 丁度オーソドックスでなかったればこそ, 丁度カイロから来, 丁度カガヤン渓谷を上る, 丁度カクテール調合筒を振り終えた, 丁度カステラの切り目, 丁度カツミをやめた, 丁度カワホネが川, 丁度カワラハンノキあるいはネコヤナギ, 丁度カーライルが彼, 丁度ガボリイは, 丁度キササゲの様, 丁度キツスでもする, 丁度ギリシアにギリシア人, 丁度クシヤミ薬のやう, 丁度クラブで御, 丁度クリストフは手鼻, 丁度クロクロ島がそのままぴったり, 丁度グロテスクの感じ, 丁度ケンブリッジの絵具, 丁度コスモスの咲き, 丁度コックス家の前, 丁度コルシカの平民ナポレオン・ボナパルト, 丁度ゴムで拵へた枕, 丁度ゴム鞠の空気, 丁度ゴーリキイの巨大, 丁度サイパンが陥ちた, 丁度サラリーマンの謡曲, 丁度サロンでは音樂, 丁度シヤンパンの栓, 丁度シーソーです, 丁度ジャガイモ一俵分よわたし, 丁度ジャボール公學絞の, 丁度ジャーナリズムの帰着点, 丁度ジャーナリズム企業の形態, 丁度ジュリア君も元気, 丁度ジードが出会った, 丁度スコアリングルームでラッシュ, 丁度スチュヂオなどの繪画雜誌, 丁度スティヴンソンの, 丁度スポットライトが舞台, 丁度ズボンをはき, 丁度セルロイドのキユーピーさん, 丁度セルヴァンテスの三百年祭, 丁度ゼンマイの八百屋, 丁度ソドムでのロト, 丁度ソフアの上, 丁度ソロドフニコフの歩い, 丁度ソヴェト同盟では前年, 丁度ソヴ・キノの大きい, 丁度ゾラが自然主義, 丁度ダイヤの裏側, 丁度ダンゴの串, 丁度ダンテがビアトリイチェ, 丁度チキンの肉, 丁度チチコフの税関, 丁度チチコフ氏の農奴, 丁度テーブルの面, 丁度テーブルスピーチを急, 丁度デスデモーナが愛, 丁度デッキと同じ, 丁度トリオのはじめ, 丁度トルストイの他人, 丁度トワイライトでその, 丁度ドイツ人が不機嫌, 丁度ドシンと來, 丁度ドストエフスキーの, 丁度ドニイ夫人の亡くなつた, 丁度ドラマ・リイグの見物日, 丁度ド・ロマが実験, 丁度ナポレオンに金, 丁度ニシパが二等車, 丁度ニューヨークにい, 丁度ニーセンの真下, 丁度ヌクヌクと安楽椅子, 丁度ネクタイの売場, 丁度ネルロとアロア, 丁度ノツクの練習, 丁度ノートルダムの塔, 丁度ハドスンの書いた, 丁度ハバトフもブローミウム加里, 丁度ハワイ時間月の出, 丁度ハンドバッグをねだっ, 丁度ハヾトフもブローミウム加里, 丁度バイロンと阿, 丁度バランスする程度, 丁度バルザックの小説, 丁度バルタザルの父, 丁度パスツウルに近い, 丁度パッサージに, 丁度パノラマへ這入る, 丁度ヒイがあくん, 丁度ヒステリー患者のよう, 丁度ヒューマニズムがそう, 丁度ビスマルクが盛, 丁度ピツタリとはまつ, 丁度ピヱロオが飛び出す, 丁度ピースやコロナ, 丁度ファイエルマンとГосиздат, 丁度ファッショというの, 丁度フジと同じ, 丁度フミちゃんの教育費, 丁度フラム・フリスタ・スパシーチェリヤの真前, 丁度フランスオーストリアの戦争, 丁度フランス兵の一隊, 丁度フリードリヒ大王の横隊戦術, 丁度ブルジョア政治家がそう, 丁度ブルジョア観念哲学の大, 丁度プラトンに於, 丁度プルウストがオデット・スワン, 丁度ヘッケルのよう, 丁度ヘララ事件のあった, 丁度ヘルムホルツも学位, 丁度ヘーゲルが今日盛ん, 丁度ベンチの木理, 丁度ベントレーの本, 丁度ベーコンが自然科学, 丁度ペルリの来た, 丁度ペルリ渡来の当分, 丁度ボイが入っ, 丁度ボルネオの沿岸, 丁度ボンボンの味, 丁度ポウトサイドコロンボと過ぎ, 丁度ポオの小説, 丁度ポオル叔父さんが話し, 丁度ポルトガル人が我が, 丁度ポンプのところ, 丁度マクドゥーガルの集団心, 丁度マグネティズムを磁石主義, 丁度マスターがいます, 丁度マツグがかう, 丁度マニラの真夜中, 丁度マノンレスコオのやう, 丁度マヤコフスキーが自殺, 丁度マルクスに無罪, 丁度マルクス主義が社会革命, 丁度マンドレークのやう, 丁度ミケル・アンヂエロが未, 丁度ミシンをかけ, 丁度メンデルスゾーンの結婚行進曲, 丁度モゴルの契約期間, 丁度モスクワに着いた, 丁度モスコエストロオムの潮流, 丁度モルヒネだの阿片, 丁度ヨーヨーのよう, 丁度ヨーロッパの大戦後, 丁度ヨーロッパ大戦が終っ, 丁度ラシャの靴, 丁度ラシヤの靴, 丁度ラジオ受信機の目盛盤, 丁度ラブラドルで日, 丁度ランケの云つた, 丁度ランプの影, 丁度リアリズムの問題, 丁度リッケルトに於, 丁度リトマス試験紙みたいな物, 丁度リボリの街路, 丁度ルイ十六世の胸, 丁度ルブランの, 丁度レオネルロが己, 丁度レコードの同じ, 丁度ロキイ山中の谿谷鐵道, 丁度ロザリーは銀行, 丁度ロシヤと戦争, 丁度ロダンだのトルストイ, 丁度ロンドンで開かれた, 丁度ワイワイ連中の, 丁度ワシントン会議のあった, 丁度ワラタ号が失踪, 丁度ヴェランダに出, 丁度ヴォルガ河がその, 丁度一しきり熟睡した, 丁度一ぱいに差し, 丁度一ぴきの蟻, 丁度一ゲーム終ろうと, 丁度一ツ橋外にありました, 丁度一ト月の間, 丁度一ヵ月目になります, 丁度一ヶ月の間, 丁度一ヶ月前ある夜曲者, 丁度一ヶ月前九月四日午後二時に咯血, 丁度一ヶ月目の新月, 丁度一万人の人, 丁度一万年分集めて, 丁度一九〇五年以降のロシア, 丁度一九三四年から三五年, 丁度一九五〇年真中の一つ, 丁度一代で費, 丁度一八六〇年頃フナロードの始, 丁度一分ぐらい経った, 丁度一匁とかキッ, 丁度一匹の退屈, 丁度一台の自動車, 丁度一同の姿, 丁度一寸法師そのままの, 丁度一対をなし, 丁度一巡したところ, 丁度一年ぶりに京都, 丁度一年前北の浜辺, 丁度一年前私は小, 丁度一年半目のある, 丁度一年間私は七百枚, 丁度一度水に浮ぶ, 丁度一座の花形, 丁度一廻りしたわけ, 丁度一廻転して, 丁度一旦泥水に, 丁度一昨々日か先方, 丁度一昨夜の十二時頃, 丁度一昨年辺から禿, 丁度一昨日の事, 丁度一昨昨日の朝, 丁度一昼夜歩いて, 丁度一時五分だつた, 丁度一時前後でハグ, 丁度一時間と六分, 丁度一時間ひまがあっ, 丁度一時間半経過して, 丁度一時間後であつ, 丁度一晩食わず飲まずで, 丁度一本橋を渡る, 丁度一杯の住居, 丁度一枚の解剖図, 丁度一機来て, 丁度一片の鳥, 丁度一生の運命, 丁度一番高い岩山, 丁度一番上の弟, 丁度一番汽車の出る, 丁度一緒くたになりやがっ, 丁度一葉がこの, 丁度一角が寝酒, 丁度一輪の花, 丁度一週日ばかり毎日雨, 丁度一週間会社を休んだ, 丁度一週間後に東京, 丁度一部の作家, 丁度一陣の風, 丁度丁稚を頼まれ, 丁度七つの森, 丁度七つ目の地下窓, 丁度七十二ですかしら, 丁度七十歳普通選挙法案の演説中, 丁度七年前私は, 丁度七年後の七月廿一日, 丁度七年目に老婆, 丁度七日めの朝, 丁度七時前であつ, 丁度七時半前後といった時分, 丁度七歳である, 丁度七郎が止む, 丁度万作の生れた, 丁度万花鏡の感じ, 丁度万葉時代のよう, 丁度万葉集の和歌, 丁度万里の長城, 丁度の高い, 丁度三つになつ, 丁度三ツ峠の左, 丁度三ヶ所切れて, 丁度三ヶ月の月日, 丁度三十一文字で出来, 丁度三十七の時, 丁度三十七八年の戦役, 丁度三十三になった, 丁度三十五年前の青葉, 丁度三十分の音だけ聞こえる, 丁度三十年前に鹿, 丁度三十枚あるの, 丁度三千子がいなくなっ, 丁度三合目についたろう, 丁度三四人の女給, 丁度三四回も繰り返されたでしょう, 丁度三四回目位です, 丁度三四日前から房州, 丁度三国の国境, 丁度三室戸伯爵からも今年六月, 丁度三年後の池上様, 丁度三年生の時, 丁度三年目約束をした, 丁度三年間といふもの私, 丁度三方に垣根, 丁度三日前だ門前, 丁度三日月のやう, 丁度三時と思わしい, 丁度三時すぎから三河島日暮里, 丁度三時過ぎです, 丁度三時間経って, 丁度三時頃家へかえり, 丁度三晩の間, 丁度三月二十七日の夜, 丁度三月末の事, 丁度三木清君が上海, 丁度三枚あるから, 丁度三百両になる, 丁度三百兩を取出し, 丁度三百兩入つてゐるの, 丁度三百名ばかりのPW, 丁度三百枚ある筈, 丁度三縁山の晝, 丁度三縁山増上寺の子, 丁度三角形の一角, 丁度三谷青年が来合わせ, 丁度三遍搖れて, 丁度三間距離を置い, 丁度三面包囲を受ける, 丁度上げ汐時に出かける, 丁度上り湯を使, 丁度上り線に電車, 丁度上京中であること, 丁度上州一円に春蚕, 丁度上方辺の大, 丁度上海に居た, 丁度上田から牛肉, 丁度上田万年博士が帰朝したて, 丁度上等な昆布, 丁度上野でデモ, 丁度下士官が新兵, 丁度下屋敷に居合せた, 丁度下總の知行所, 丁度下落合あたりの川, 丁度不動堂の横, 丁度不動樣の御, 丁度不在だったので, 丁度不幸な人, 丁度与里氏はその, 丁度丑時参りの, 丁度丑満時という時刻, 丁度世界歴史の年代, 丁度世論が分裂, 丁度丘陵の下, 丁度横から, 丁度両頭の蛇, 丁度並んだ男女の, 丁度並木道まわりの電車, 丁度並行して, 丁度中世のゲルマン民族, 丁度中之島だ, 丁度中国は当る, 丁度中天に近く, 丁度中学上級生かそれ, 丁度中庭を通つて, 丁度中村武羅夫氏の純文学論, 丁度中村清太郎君と水路部, 丁度中空を行く, 丁度中途で余程, 丁度中間位の恰幅, 丁度丸々五十年に, 丁度丸い物が, 丁度丸善に, 丁度丸菱の屋根, 丁度主人五郎次郎が投げ, 丁度主人直記の部屋, 丁度主任の供述, 丁度主客の話題, 丁度久保猪之吉氏が学会, 丁度乗客が電車, 丁度乗船の切符, 丁度九十九人だけ済ませました, 丁度九十九枚だけ溜りました, 丁度九太と別れ, 丁度九州に大風, 丁度九年目の晩秋, 丁度九日位に血尿, 丁度九日目で兼, 丁度九時になっ, 丁度九時ころ丘の横, 丁度九時半で教会, 丁度九時半頃です, 丁度九時頃であった, 丁度九月九日重陽の節句, 丁度九月十一日で余程, 丁度九月十三日のこと, 丁度九月頃には多助, 丁度九郎右衛門が神戸, 丁度乱世の民, 丁度のあたり, 丁度乳房の如く, 丁度乾いた犬糞を, 丁度乾かしたところよ, 丁度乾燥した季節, 丁度乾版がすっかり, 丁度亀清の向側, 丁度亀蔵と一しょ, 丁度予定のない, 丁度予期しない災, 丁度予科の三年, 丁度予算が, 丁度争いの種子, 丁度事物への感覚, 丁度事象の個々, 丁度二〇〇〇年を迎え, 丁度二〇メートル出たところ, 丁度二ヵ月以上になりました, 丁度二三人の人, 丁度二人共在宅だった, 丁度二人前になった, 丁度二倍程なの, 丁度二匹の犬, 丁度二十一になっ, 丁度二十一日にキングズアームスホテル, 丁度二十七打ちやんした, 丁度二十三十と云, 丁度二十三年前の三月三日, 丁度二十両の内, 丁度二十二の年齢, 丁度二十二年間治安維持法というもの, 丁度二十五の歳, 丁度二十五歳になっ, 丁度二十代の学問, 丁度二十何町ばかりも引込ん, 丁度二十余年前に当っ, 丁度二十個目の電球, 丁度二十八九日でしたろうか, 丁度二十八年たつわけ, 丁度二十八日が日曜, 丁度二十分となります, 丁度二十四日だったかい, 丁度二十四日目だ, 丁度二十四秒しかかかつ, 丁度二十年になるでせう, 丁度二十年前私が太沽, 丁度二十日でございます, 丁度二十日正月で大黒屋, 丁度二号船渠の扉船, 丁度二回目のカード, 丁度二基の中間, 丁度二學期の初, 丁度二尾の鰻, 丁度二年前銘を書いた, 丁度二年經つた, 丁度二廻り違うの, 丁度二日の朝, 丁度二日続きの休日, 丁度二時半であった, 丁度二時四十分に凡, 丁度二時間というもの, 丁度二時頃の日盛り, 丁度二月前の今日, 丁度二月目で無事, 丁度二本になります, 丁度二条行幸の前, 丁度二枚しかなかつた, 丁度二片の紅薔薇, 丁度二番の下り, 丁度二番目の所作事, 丁度二百廿日前の荒れ, 丁度二百文でした, 丁度二色の写真, 丁度二葉亭は居, 丁度二輪咲いてるから, 丁度二週間目の二十七日夜半, 丁度云い合せたように, 丁度互先といふ碁, 丁度五さじの薬, 丁度五ツ時でございましたが, 丁度五ヵ年計画の実践, 丁度五ヶ月見るもの, 丁度五分か, 丁度五分位経つたとき鼻唄, 丁度五十五になる, 丁度五十位は有る, 丁度五十年の昔, 丁度五十歳であつ, 丁度五十歳前後の父, 丁度五十歳札差の株, 丁度五十部だけ出来る, 丁度五十錢ほど足りなかつた, 丁度五合目に当っ, 丁度五回目編笠茶屋を過ぎ, 丁度五年経つて, 丁度五年以前の事, 丁度五年前のやはり, 丁度五年前正保三年九月十三日の出来事, 丁度五年前私共の留める, 丁度五年目に当り, 丁度五年頃千葉先生は水色メリンス, 丁度五度鼻洟を啜つた, 丁度五徳の脚, 丁度五日目ほんまに腰, 丁度五時五分発の汽車, 丁度五時半頃に初江, 丁度五月十六日の晩, 丁度五月雨の暮方, 丁度五月頃自分が開成山, 丁度五本の腕, 丁度五號ぐらゐの大きさ, 丁度五間程の突きあたり, 丁度亜米利加の詩ごころ, 丁度亡くなつた年齢相応の, 丁度交尾期の雄, 丁度亥刻頃堅く絞つた, 丁度京子の番, 丁度京極の端, 丁度京都へ歸, 丁度人々は酒宴, 丁度人一人屈んで, 丁度人参や茯苓, 丁度人殺しのあった, 丁度人目を胡麻化, 丁度人眼を忍ん, 丁度人肌地藏の上, 丁度人間世界の境, 丁度仁王門を入, 丁度今おひるが, 丁度今ここへ出, 丁度今ごろで父, 丁度今ごろ母は夜中, 丁度今さう思つて, 丁度今一寸前に, 丁度今一群の人達, 丁度今七色蕃椒屋のある, 丁度今二十位になる, 丁度今五人の産婦, 丁度今井が玄関, 丁度今余り人も居ねえ, 丁度今僕等が坐っ, 丁度今八時十分でございます, 丁度今十幾発目かの花火, 丁度今回大阪でも近作陶鉢, 丁度今声の聞こえた, 丁度今夫れを, 丁度今戸を閉めよう, 丁度今日シェストーフがニーチェ, 丁度今日一万円という現金, 丁度今日電車に乗り込む, 丁度今明智君と事件, 丁度今晩逢引致して, 丁度今朝抱いて, 丁度今朝アムブロアジヌお婆, 丁度今秀子も起き, 丁度今節がわるく, 丁度今紐育のメトロポリタン, 丁度今郵便一束の中, 丁度今頃矢張り斯うやっ, 丁度今頃矢張霧のか, 丁度今頃赴任の時, 丁度仏さんの右手, 丁度仏画の人物, 丁度仕上げました見に来, 丁度仕事からかえった, 丁度仕入れして, 丁度仕合はせ, 丁度仕合せだから, 丁度仕合わせであるという, 丁度仙人山と黒部別山, 丁度仙台藩がいよ, 丁度以前の小泉, 丁度仮装会の興, 丁度仲秋の十六夜, 丁度仲間の木葉ごろ, 丁度企業整備にあたって失職中, 丁度伊藤内閣の時, 丁度伏見屋傳七の三回忌, 丁度休憩時間であるが, 丁度休業中の宿題, 丁度会社の方, 丁度伝三郎は人眼, 丁度伝蔵の風流三昧, 丁度伯爵は不在, 丁度伯爵あなたがあの, 丁度伯父のところ, 丁度伸ちゃんが来た, 丁度伸子がモスク, 丁度似た年頃で, 丁度似合ひさ, 丁度似合いの夫婦, 丁度が関西方面, 丁度低きにつく, 丁度佐佐木君が句碑, 丁度佐藤の飛び込んだ, 丁度体操をやっ, 丁度何だか神経の, 丁度何事かに深く, 丁度何人になりまする, 丁度何処からともなく, 丁度何時かの夜, 丁度何月何日だから, 丁度何物にか威圧, 丁度余輩が六歳, 丁度佛像の身體, 丁度佛樣の膝, 丁度作者が三幕目, 丁度例えば唯物論が, 丁度保さんと清助, 丁度信号がかわっ, 丁度信子が其処, 丁度信州の山の上, 丁度にのった, 丁度修学旅行が有, 丁度俳優とドウ, 丁度倉さんが生前虐待, 丁度個人という概念, 丁度倒れさう, 丁度倫敦でもシェクスピア, 丁度倫理学者や哲学者, 丁度停止するよう, 丁度停車場へ片足, 丁度停電で蝋燭, 丁度を通り, 丁度におい, 丁度催眠状態と同様, 丁度傷ついた蚯蚓が, 丁度僕らの受取った, 丁度僕等があの, 丁度僕達が家, 丁度僧都の頭, 丁度元日で元日, 丁度兄貴の噂, 丁度の電車, 丁度先位古いの, 丁度先刻しがた, 丁度先夜小川が殺され, 丁度先年中津川で召し, 丁度先月六日に手紙下, 丁度先程も, 丁度先程曲率という数学的思惟内容, 丁度先輩から言つて, 丁度光り苔の, 丁度光多がなくなった, 丁度児供が積木, 丁度入口の格子戸, 丁度入江某という華族出, 丁度入谷の寮, 丁度三月経ったです, 丁度全盛時代のこと, 丁度兩國の見世物小屋, 丁度兩手をさげ, 丁度兩方から腕, 丁度八丁堀組屋敷に來, 丁度八丁塀の役宅, 丁度八九坪で東京市, 丁度八五〇年の頃, 丁度八十四の夏, 丁度八幡筋の二階, 丁度八年の間, 丁度八年前の此月, 丁度八年前私が初めて, 丁度八戒などもいた, 丁度八日前の晩, 丁度八時ころから雲, 丁度八時すぎの田舎道, 丁度八時すぎ上野からおなかぺこでかえって, 丁度八時半に広小路, 丁度八時半早坂勇の卓上, 丁度八時半頃でしたから, 丁度八時過ぎに第, 丁度八時頃にこの, 丁度八時頃神宮の南, 丁度八月九日のこと, 丁度八月朔日の事, 丁度八枚目をかけ, 丁度八百キロメートルの向う, 丁度八百八十歳になります, 丁度八百屋に蕎麥糟, 丁度八里余の道程, 丁度の薨ぜられた, 丁度公使館のテレス, 丁度公園の中, 丁度公爵の首, 丁度六ツ半頃庭に盥, 丁度六万四千七百六十九匹の職工, 丁度六十であつ, 丁度六十一でありましたが, 丁度六十文になる, 丁度六年前ヤスナヤポリヤナに居た, 丁度六日お年越し, 丁度六日ごろ一区切りつきますから, 丁度六時十五分前に一台, 丁度六時半である, 丁度六月末池の水草, 丁度六条の宿, 丁度六歳になる, 丁度六畳間に足, 丁度兵卒対将校学生対教師のい, 丁度其下にあった, 丁度其中には例, 丁度其二階の窓, 丁度其人は家, 丁度其儘すだく昆虫, 丁度其分岐点あたりに小島氏, 丁度其前を通り, 丁度其夕銀座通を歩い, 丁度其女房が箕, 丁度其家を思わぬで, 丁度其少年のお祖父さん位, 丁度其山の上, 丁度其市日にあたる, 丁度其店頭に客, 丁度其庭に直面, 丁度其当時その工場, 丁度其折私は高知, 丁度其時わしはわし, 丁度其時代としての女性, 丁度其時何か一つ話, 丁度其時分まで一時, 丁度其時大島の重ね, 丁度其時庭に入, 丁度其時後藤三右衛門は眼, 丁度其時思いも寄らぬ, 丁度其時船橋の上, 丁度其時藻西が階段, 丁度其時親友の, 丁度其時赤十字社の總會, 丁度其時越前守の真上, 丁度其時門の戸, 丁度其朝は丑松, 丁度其段の上, 丁度其茂みの中央, 丁度其邊で, 丁度其霜葉の舞, 丁度其頃わたしはヘツケル先生, 丁度兼ねての予算額, 丁度へ還つた, 丁度内地の船頭, 丁度内証でそつ, 丁度円太郎自働車, 丁度円屋根の右手, 丁度写真の代り目, 丁度冷蔵庫の大き, 丁度凍ったかのやう, 丁度でもあげる, 丁度凱旋の途中汽車, 丁度凸凹なりの姿見, 丁度凹面鏡の中, 丁度出かけに会い, 丁度出かけようとし, 丁度出かけるところで, 丁度出くわした鮮人の, 丁度出合頭に内, 丁度出始めの状態, 丁度出征する軍人, 丁度出支度して, 丁度出来ております, 丁度出盛つてゐた, 丁度出盛りのつい, 丁度を鍛える, 丁度刃物を見つめ, 丁度分析などは必要, 丁度切り餅の恰好, 丁度切れたと思う, 丁度切穴の形, 丁度切符がある, 丁度刑事に踏み込まれ, 丁度初夏頃の陽気, 丁度初期のトーキー, 丁度別荘へお出で, 丁度別行の時, 丁度刷毛のやう, 丁度前年の收, 丁度前後から大谷, 丁度前日偶然にもこの, 丁度前月の三十日, 丁度前田君が小学校, 丁度前章に述べた, 丁度割符を合せた, 丁度創作が順調, 丁度創作家が同時に, 丁度が同じ, 丁度加えられた痛痒が, 丁度助けを求める, 丁度労資協調や労働争議強制調停, 丁度も商用, 丁度勝子と同, 丁度化粧を終り, 丁度のタスカロラ海床, 丁度北園竜子変死から七日目, 丁度北山だ筑波, 丁度北支那の冬, 丁度北満の厳寒, 丁度北穂高の頂, 丁度北緯十度の線, 丁度十ヶ年ぶりでございます尤も, 丁度十一人じゃ, 丁度十一十二歳の頃, 丁度十一年目の日, 丁度十一時頃で人通り, 丁度十一時頃ワシントンへ行っ, 丁度十一月十五日のこと, 丁度十一歳であつ, 丁度十七の年, 丁度十七世紀から十九世紀, 丁度十七年前の事, 丁度十七日目に歸つて來, 丁度十三の歳, 丁度十三人の子供, 丁度十三四で年, 丁度十三年の封鎖, 丁度十三年目に唐, 丁度十九世紀に於, 丁度十二三の坊様, 丁度十二円五十銭だった, 丁度十二年前父が六十五, 丁度十二時半十二時のぽ, 丁度十二月十二日の晩, 丁度十二月十六日ちら, 丁度十二月朔日のこと, 丁度十五位の娘, 丁度十五六の女の子, 丁度十五六番といふところ, 丁度十五分ばかりの間, 丁度十五分前彼はいきなり, 丁度十五夜でした, 丁度十五年になります, 丁度十五年目でこの, 丁度十五日経つて, 丁度十八日目の午下り, 丁度十八歳の冬母, 丁度十六七年前千代子とおれ, 丁度十六夜だから, 丁度十六日につきました, 丁度十六本ある, 丁度十勝岳の中腹, 丁度十四になる, 丁度十四年政府変動の後, 丁度十四時間ほど経った, 丁度十四歳に成られた, 丁度十年後のこと, 丁度十年目で, 丁度十日も食, 丁度十日前當の重, 丁度十日月の夜, 丁度十時三十五分近くをさし, 丁度十時半頃であった, 丁度十時四十五分支配人が奥, 丁度十時頃ラジオの終る, 丁度十月下旬で少々, 丁度十月十二日池上のお, 丁度十月十日の夜, 丁度十枚の金貨, 丁度十楽院の御陵, 丁度十歳だった, 丁度十畳のお座敷, 丁度十銭です, 丁度十風位の年配, 丁度千キロメートルを航, 丁度千代子の血潮, 丁度千住に入ろう, 丁度千兩箱の山, 丁度千円でまことに, 丁度千古の雪, 丁度千日目といふ日, 丁度千枚人を馬鹿, 丁度千種君が入っ, 丁度千葉先生がそれ, 丁度過から, 丁度午刻過に, 丁度午前三時だったと, 丁度午前中のその, 丁度午前九時でしたから, 丁度午前二時で三人, 丁度午前十時半ごろだった, 丁度午后二時に授業, 丁度午後三時すぎの日没, 丁度午後三時十七分であった, 丁度午後十一時半を打った, 丁度午後十二時や, 丁度午後四時半すぎであつ, 丁度午後四時行く手の雪, 丁度午時で島吉, 丁度半哩平方程の鏡, 丁度半月程のち, 丁度半纏を着, 丁度卒業試験がすんだ, 丁度卓上の杯, 丁度協会の塔, 丁度南京玉を貫いた, 丁度南北朝の中ごろ以後南朝, 丁度南昌に来れる, 丁度南瓜や朝顔, 丁度南軍が優勢, 丁度南風氏の, 丁度単細胞の動物みたい, 丁度博士がサーヴ, 丁度卯の花が真白, 丁度を縫いつけた, 丁度印刷が出来, 丁度印度の行, 丁度即興詩のやう, 丁度厄年位だったじゃ, 丁度原城趾の中央あたり, 丁度原子爆彈が從來, 丁度原稿用紙の横線, 丁度参木の来た, 丁度双葉山の優勝額掲揚式, 丁度反対のがあった, 丁度反対側の小, 丁度反芻動物が一度, 丁度収穫時だ, 丁度叔母が表, 丁度叔父朝夫が這入っ, 丁度取引でも為る, 丁度取込みがあります, 丁度古い邸宅の, 丁度古代文学を集大成, 丁度古典語を現代語, 丁度古宮が來, 丁度古本屋の二階, 丁度古来のユートピヤ作者達, 丁度古河合名会社で餓鬼, 丁度古蹟を飾る, 丁度叩いてすます, 丁度ある森, 丁度只今一切の準備, 丁度叫喚怒号する人間, 丁度と左, 丁度右寒竹が植わっ, 丁度又の, 丁度吃った人の, 丁度吉澤博士のお話, 丁度吉田内閣で首, 丁度吉祥寺の書院, 丁度吉野が上る, 丁度同い年位の弟, 丁度同勢十一人だ, 丁度同年輩だ, 丁度ある大, 丁度名刺半分位の大き, 丁度名古屋まで来, 丁度向いてるんだ, 丁度向い合ったもう一つ, 丁度向こう側に大きな, 丁度向側の家, 丁度向島の土手, 丁度君たちの国, 丁度君達の水素, 丁度吟味與力笹野新三郎を忌避, 丁度吾儕が散歩, 丁度吾妻橋と被服廠跡, 丁度吾子を乗せた, 丁度呂昇の, 丁度周氏が家, 丁度命令によって人, 丁度和服が殆ど手, 丁度和田が, 丁度咲ききつて, 丁度咽喉が涸, 丁度哀れな醜い, 丁度哀憐をもとめる, 丁度品質の良い, 丁度の中頃, 丁度唐櫃のそば, 丁度唐紙程の大き, 丁度唐詩にある, 丁度唯今のわたくし, 丁度唯今小降で御座いますね, 丁度唱歌でもきい, 丁度商売から帰る, 丁度商館の方, 丁度問題の岩見, 丁度善い材料を, 丁度善い長さに, 丁度嘉永の六年, 丁度嘗て人間の, 丁度噛みあった指環の, 丁度噴火のあった, 丁度囚人が刑期, 丁度四つと六つ, 丁度四つ目を考へ, 丁度四つ角に立っ, 丁度四ツ半下り, 丁度四五年前プロレタリア文学の蒙った, 丁度四五月ごろの陽気, 丁度四人集まったから, 丁度四十だと, 丁度四十一の年, 丁度四十一二ぐらいで, 丁度四十二の厄年, 丁度四回の新年, 丁度四字になる, 丁度四尺ほどのところ, 丁度四年以前に私, 丁度四年前です, 丁度四年前季節は櫻, 丁度四拾銭程換算賃をとられました, 丁度四日になります, 丁度四日前別所と李, 丁度四日程以前この指, 丁度四時五分を指し, 丁度四時半であつ, 丁度四時半頃でもあったろう, 丁度四月の末, 丁度四月五日のこと, 丁度四月十一日のこと, 丁度四月十六日には救世軍, 丁度四条柳馬場の角, 丁度四枚だろうあと三枚, 丁度四歳の初冬, 丁度四番目の病室, 丁度四級もつい, 丁度四緑の年, 丁度四脚の肱掛椅子, 丁度四軒目のカフェ, 丁度図中に, 丁度図書館の書物蔵, 丁度国会開設がきまった, 丁度の上, 丁度土手伝いにダラ, 丁度土星が大きく, 丁度土曜で海老カレー, 丁度土踏まずのあたり, 丁度土門の後輩, 丁度土間には筵, 丁度在学した中学校, 丁度在宅で咳, 丁度在宿だつたの, 丁度圭介の顔先, 丁度地図の小穂口山, 丁度地底から響く, 丁度地底戦車については貴国, 丁度地殻に於ける, 丁度地蔵さんの縁日, 丁度地震の三十分, 丁度坊さんの小麦, 丁度坊ちやんも外, 丁度坪内逍遙の文芸協会, 丁度の代り, 丁度城門のあたり, 丁度の縁側, 丁度報道と広告, 丁度場合がいい, 丁度に接近, 丁度塩原参謀がその, 丁度塩鮭の俵, 丁度境遇の偶然, 丁度墓門にでも急ぐ, 丁度墨染の麻, 丁度壊れかかった家具の, 丁度の中, 丁度売りに出, 丁度夏休みの頃, 丁度夏初めで鵬斎, 丁度夏季休暇中であつ, 丁度夏座敷だつたので, 丁度夏目さんの家, 丁度の勤行, 丁度夕方しげ子が何, 丁度夕暮の薄, 丁度夕焼頃となり, 丁度夕立の間やみ, 丁度夕食を食べ, 丁度夕食時分ではあった, 丁度夕飯時で見物, 丁度夕餉の濟ん, 丁度外交官が談判中, 丁度外出から帰った, 丁度外出先からその, 丁度外国人が日本, 丁度外海から堡礁, 丁度外濠線の線路, 丁度多くの人手, 丁度多年馴れ親しんでる妻, 丁度夜なかです, 丁度夜中には月, 丁度夜具を届けよう, 丁度夜学のひけ時間, 丁度夜明けと見え, 丁度夜明け頃でした, 丁度夜汽車のやう, 丁度夢遊病者のよう, 丁度大人の腰, 丁度大仏の青銅, 丁度大使館の見当, 丁度大功記の稽古, 丁度大名の下屋敷, 丁度大塩父子の率, 丁度大学病院の外来患者, 丁度大岡裁判などのやう, 丁度大川端を通る, 丁度大晦日に屆, 丁度大木のよう, 丁度大村の話, 丁度大正八年のこと, 丁度大正十二年の暮, 丁度大正十二年九月一日の二科招待日, 丁度大正時代の文壇, 丁度大津絵とか泥絵, 丁度大浦天主堂の真下, 丁度大海に集るごとく, 丁度大瀧夫人が来, 丁度大理石そのものの沢, 丁度大男のポリニャーク, 丁度大病人に医者, 丁度大老井伊掃部頭が桜田, 丁度大菊中菊の如き, 丁度大金を所持, 丁度大隅の目, 丁度大雪が降, 丁度天の川の向う, 丁度天体が個体, 丁度天使の来迎, 丁度天勝の奇術, 丁度天女の樣, 丁度天幕の柱, 丁度天滿町見たいなところ, 丁度天祥丸がまだ, 丁度天空の一角, 丁度天體の外觀, 丁度つちよ, 丁度太平の満潮, 丁度太腿のつけ根, 丁度太鼓を相, 丁度夫人が失踪, 丁度奇術がはじまつ, 丁度奇麗な物語, 丁度奈良朝から平安朝, 丁度奥州からやって来, 丁度奥様がおばけ, 丁度女の子の感情, 丁度女中たちを指図, 丁度女形の鬘, 丁度女房に化けた, 丁度女盛りではある, 丁度女買いが自分, 丁度好う御座んす, 丁度好からう, 丁度好かろうかと, 丁度好き合つて居るやう, 丁度好みや趣味, 丁度妙齡になる, 丁度の静枝, 丁度妹ノモトカラ電報ガ今届キマシテ急ニ出立ノヨウイニカカリマスノデ, 丁度姉弟の間, 丁度始まったらしい容子な, 丁度姙娠三ヶ月であ, 丁度がその, 丁度娘マツシヤは一番, 丁度娘一人に聟八人, 丁度婦人記者を探してる, 丁度婦女子を脅迫, 丁度の病室, 丁度嫉妬に似てる, 丁度嬉しいわね, 丁度嬰児が母親, 丁度子刻から丑刻前, 丁度子爵はベッド, 丁度子規忌当日なりと申越しけれ, 丁度孔子が老, 丁度孔雀が羽根, 丁度学士の奥さん, 丁度学生祭のあと, 丁度學校が休み, 丁度から人, 丁度守一が出勤, 丁度安保条約反対のスト, 丁度安倍能成さんが見え, 丁度安全地帯の脇, 丁度安政四年で十月, 丁度宏子のよこの, 丁度宗右衛門が荒廃, 丁度宗教の思索, 丁度官吏や公吏, 丁度官営労働組合を造る, 丁度官憲の民衆, 丁度宜いと言つて舟を, 丁度宝丹の容器, 丁度宝暦十年に相成ります, 丁度実験が途中, 丁度実験室内の現象, 丁度室内の中央, 丁度宮崎虎之助さんの葉書, 丁度宮本の弟, 丁度宮殿の敷瓦, 丁度宴会の折君, 丁度の明星, 丁度家のと同じ, 丁度家全体の広, 丁度家内は風邪, 丁度家茂将軍の御, 丁度宿の前, 丁度宿っている, 丁度宿屋の前, 丁度宿帰りの日, 丁度寂照がかね, 丁度寄宿舎から遊び, 丁度寄附金を出し惜しみする, 丁度富士の前, 丁度富岡も休む, 丁度寒くも暑く, 丁度寒冷をおかし, 丁度寛之助の死体, 丁度寛政の三年, 丁度寝台にでも寝た, 丁度寝棺ほどの大き, 丁度てゐる, 丁度實彈演習で習志野, 丁度審査員であつ, 丁度寮長や舎監, 丁度の和尚さん, 丁度寺内首相の頭, 丁度寺男に不自由, 丁度対称的に向き合っ, 丁度対角の方向, 丁度寿が指揮者, 丁度頃御, 丁度射撃の名人, 丁度将軍義政の花, 丁度将門乱の時, 丁度に絶, 丁度尋常の人, 丁度尋常五年の今頃, 丁度小さい貝殻の, 丁度小づくりのがつい, 丁度小作料だべ, 丁度小使が名刺, 丁度小僧がそう, 丁度小児がチョーク, 丁度小学校をよし, 丁度小指位の太, 丁度小浜さんがいました, 丁度小田原行の列車, 丁度小説家が紙, 丁度小豆島から妹さん, 丁度小野の小町, 丁度少し傾斜した, 丁度少年の頃寺井菊子さん, 丁度少年期から青年期, 丁度少数の人間, 丁度尽きざる絵巻物を, 丁度尾谷川に臨んだ, 丁度居あわせたのですぐ, 丁度居たが二階, 丁度居合したしげ子, 丁度居合せて据えつける, 丁度居合せたのですぐ, 丁度居合わせて今日郵便, 丁度居間との境, 丁度く, 丁度屋根の上, 丁度屯所の天幕, 丁度山々では紅葉, 丁度山ぶところのよう, 丁度山口屋で女子, 丁度山寺にでも臥, 丁度山嶺に片足, 丁度山手とは反対, 丁度山桜のあの, 丁度山浦丈太郎の背, 丁度山猫が鷄舍, 丁度山田の猪, 丁度山脈のこちら側, 丁度山野も来た, 丁度山野夫人が居合せ, 丁度山門の下, 丁度山陽の擲筆松, 丁度岡村も弟, 丁度岩沼の基督降誕祭, 丁度岩波新書の, 丁度岩菅の下, 丁度岸壁に横, 丁度岸野のよう, 丁度島村はその, 丁度島袋君の岳父, 丁度しい坂路, 丁度巌本善治の明治女学校, 丁度川上から筏, 丁度川舟のよそ, 丁度巡回中の巡査, 丁度巡査の様, 丁度巡行の査公, 丁度に隠れる, 丁度工手学校の生徒, 丁度左側を二十, 丁度左肩胛骨の下, 丁度巨人の歩幅, 丁度巨大な擂鉢, 丁度差し引きが付いた, 丁度巴屋から路地, 丁度市街に沿う, 丁度帆一ぱいに風, 丁度帆船が二つ三つ一, 丁度希臘神話の中, 丁度帝乙といふの, 丁度師匠の帰り, 丁度帰ったあとだった, 丁度帰つたあとだつた, 丁度帰つて九日目の日家, 丁度帰り支度をした, 丁度帰る日だった, 丁度帰省して, 丁度帰途をともに, 丁度帳消しです, 丁度常磐座へかかっ, 丁度帽子を被る, 丁度幕末維新に際した, 丁度原内閣, 丁度干し物を取り込ん, 丁度平凡でチョッ, 丁度平戸沖に阿蘭陀船, 丁度平次と話し込ん, 丁度平民が解放, 丁度平衡を保つ, 丁度年齡を訊かれた, 丁度幸い今のうち, 丁度幸い今夜十一時に横浜, 丁度幸い南玉も旅, 丁度幸い外出の出ました, 丁度幸い貴公をその, 丁度幸ひだ八の修業, 丁度幸徳が書物, 丁度幸福というの, 丁度幻灯のやう, 丁度幻燈でもし, 丁度幽香子が死ん, 丁度幾何学にある, 丁度幾条かの夕栄え, 丁度広い坂の, 丁度広げてある, 丁度広場から礼拝堂, 丁度広義国防と狭義国防, 丁度に植ゑたやうに, 丁度店二階の方, 丁度店員が応接室, 丁度店暖簾を覗い, 丁度庚午丸の出迎え, 丁度庚申横町の竹, 丁度度々繰り返したので, 丁度座布團とともにその, 丁度庭園のはるか彼方, 丁度庭球の遊戯, 丁度庭裏の井戸, 丁度の太夫さん, 丁度建て干した網, 丁度建て増しのため, 丁度建築場の板囲い, 丁度建築物の角, 丁度廻り合つたのだ, 丁度廿一日目の満願, 丁度廿五日で真暗, 丁度弁当を使う, 丁度弁証法が主観, 丁度の始, 丁度引受け手を探し, 丁度引越しの一周年, 丁度弟さんが入学試験, 丁度込んで, 丁度張り交ぜの屏風, 丁度張作霖の晩年敗戰, 丁度張子細工のよう, 丁度弾きすてた歌沢の, 丁度彌太郎の座敷牢, 丁度当っていた, 丁度当番をし, 丁度当該審査委員の正, 丁度彫像八百屋お七は出来上っ, 丁度役場から帰った, 丁度役所で新聞, 丁度彼位ゐの, 丁度彼女たちのせい, 丁度彼女朝食のところ, 丁度彼方に報告, 丁度彼等四五十人を養う, 丁度彼自身の頭, 丁度彼處んとこ, 丁度往時故郷の広い楽しい, 丁度径一尺位に見える, 丁度後代のクリストたち, 丁度後方からいきなり, 丁度徒爾で困つ, 丁度得意の推理, 丁度御堂の真上, 丁度御料林の杉, 丁度御用のこと, 丁度御飯のとき, 丁度徴兵令を施行, 丁度徴兵検査であった, 丁度志免警部が帰っ, 丁度忘れつぽいあひるさん, 丁度快い刺戟の, 丁度快適なほどに, 丁度思い立って来た, 丁度思惟の弁証法, 丁度思想だけを持っ, 丁度思想問題においてもそう, 丁度怠屈して居る, 丁度病人に, 丁度性能を一パイ, 丁度怪美人の左, 丁度恁云ふ話聲, 丁度息子のおかげ, 丁度息子夫婦が泊りがけ, 丁度恰も赤い山, 丁度患者達の安静時間中, 丁度悪夢に襲われ, 丁度悪戯をし, 丁度悪戯盛りの若殿様, 丁度惡戯盛りの若殿樣, 丁度惣菜の買出し, 丁度お芳, 丁度愉快な余裕, 丁度意地のきたない, 丁度感応院の蔵, 丁度感激の最高潮, 丁度感覚の無い, 丁度慧鶴の側, 丁度慶滋保胤が未だ, 丁度憚りに入っ, 丁度憲法発布の頃, 丁度懐妊中の子, 丁度戌刻だ, 丁度戌刻筍岩の影, 丁度我々以前と我々以後, 丁度我ままに育てられた, 丁度我家から見れ, 丁度我等の頭, 丁度我腹のあたり, 丁度我輩は其馬車馬, 丁度戦ひを挑んだ, 丁度戦争終熄期といふ事, 丁度戦況ニュースが始まつ, 丁度戰國頃の時代, 丁度戰爭から歸つた, 丁度戸外にピー, 丁度の休み日, 丁度所得税を取る, 丁度所要の文句, 丁度の要, 丁度扇屋では人々, 丁度手の甲で敷布, 丁度手もとにある, 丁度手品が是, 丁度手洗ひに, 丁度手綺麗な切子ガラス, 丁度手術を終った, 丁度手許にあつ, 丁度技術や風俗, 丁度折れ釘のやう, 丁度折惡く指井, 丁度抜きさえすれ, 丁度抱きあって踊っ, 丁度抱主中村家の主婦, 丁度抵抗しがたく, 丁度拇指の爪, 丁度拵えが合っ, 丁度持ち合はせ, 丁度持っとるて, 丁度持つて来い, 丁度按摩が通る, 丁度按摩膏を貼, 丁度振り返ると駅, 丁度捨て得るかぎりの, 丁度掃除を初めて, 丁度の中, 丁度排斥されるべき極左的偏向, 丁度探偵が嫌疑者, 丁度探照灯で照らしだされた, 丁度接ぎあわせたように, 丁度推量の助動詞, 丁度揃つて居るか, 丁度撃剣士の被る, 丁度撃劒で丁々, 丁度撞木の形, 丁度支那芝居のこと, 丁度支配ガ大兄ノ支配シタ越後水原ニナッタカラ, 丁度改札口を出, 丁度改造社版の, 丁度放射線の木村君, 丁度放課時間で子供達, 丁度政七も重三郎, 丁度政党や官僚, 丁度政府の方, 丁度政界が動揺, 丁度中村正直氏の, 丁度救護に当っ, 丁度教授の家, 丁度教會に着い, 丁度散歩して, 丁度数字が太古, 丁度数日前の月日, 丁度整理する時期, 丁度敷居の上, 丁度數珠の珠, 丁度文久三年五月下旬何でも二十八, 丁度文化のない, 丁度文学が本当に, 丁度文学作品がそう, 丁度文学界を出す, 丁度文学科の学生, 丁度文官新官僚, 丁度文平が奥様, 丁度文芸は一般, 丁度文芸部員が揃った, 丁度文面に, 丁度の師, 丁度斬られた月日, 丁度新吉の顏, 丁度新宿伊勢丹ホールのオザ, 丁度新年で門口, 丁度新店の見世開き, 丁度新式救命機の着込み, 丁度新町の町, 丁度新緑の最も, 丁度新聞社から夕刊, 丁度新聞社自身に於ける, 丁度新聞紙の三面記事, 丁度於伝仮名書をやっ, 丁度から帰っ, 丁度旅行して, 丁度旅行中でいつ帰京, 丁度旅行者に対する案内者, 丁度旅費もなかつた, 丁度日あたりの好い, 丁度日中の我々, 丁度日向に長く, 丁度日暮方で僕, 丁度日曜午後から銀之助, 丁度日本刀のニオイ, 丁度日本現代劇に対する不満, 丁度日本髪の様, 丁度日没で美しい, 丁度日清戦役の最中, 丁度日華事変が始まつた, 丁度日陰の杭, 丁度日露戦争の済んだ, 丁度旧暦四月の頃, 丁度旨く可成り, 丁度早い人は, 丁度早川の水涸れ, 丁度早稲田大学の雄弁会, 丁度昇りかけようとする, 丁度明君が美耶子夫人, 丁度明和の元年, 丁度明和八年で其の, 丁度明日入港する船, 丁度明智君を訪ね, 丁度明治の新体詩, 丁度明治三十三年の四月, 丁度明治三十八年から三十九年, 丁度明治三年の十一月, 丁度明治二十四五年ごろでしたでしょうから, 丁度明治十二三年頃の栃木, 丁度明治卅五年頃の事, 丁度明治四十二年と四十三年, 丁度明治大正の時代, 丁度昔スウイフトの見た, 丁度昔彼が玄武門, 丁度昔紡績女の手仕事, 丁度昔自分が此, 丁度昔話の浦島太郎, 丁度映画が決して, 丁度春さきの暖, 丁度春一の場合, 丁度春藤家では主人, 丁度春陽堂から, 丁度春風楼の主人, 丁度昨今時候も初秋, 丁度昨日一昨日その長雨, 丁度昨晩も少し, 丁度から畑, 丁度昼寝から醒めた, 丁度昼寝時だったので, 丁度昼弁当時で太陽, 丁度昼間案内されたユーゴスラビヤ, 丁度昼頃になっ, 丁度昼頃娘の富美, 丁度昼頃此処から天龍川, 丁度昼食後の休み, 丁度を同じく, 丁度時効にかかった, 丁度時雄の三番目, 丁度晝分だ, 丁度晝前の網, 丁度晝時分でした, 丁度晝迄か, 丁度晝食時だつたせゐか, 丁度晦日に伏見, 丁度晩春の季節, 丁度晩酌が一本, 丁度晩餐後人の出さ, 丁度普賢菩薩を見張る, 丁度普通選挙の理想, 丁度晴れ渡つた上幸ひ, 丁度晴天の海, 丁度智恵子が隔離病舎, 丁度智惠子が隔離病舍, 丁度暑い時でありました, 丁度暑中休みで帰っ, 丁度の中, 丁度暗い森の, 丁度暗殺者の群, 丁度暫く病気を, 丁度暮れ六ツ頃であるの, 丁度暮方の灯, 丁度曲り角の手前, 丁度曲角の軒下, 丁度書きかけて, 丁度書記がいなかった, 丁度最初の夏, 丁度最前の友達, 丁度最前お山に登る, 丁度最近妻に死なれた, 丁度月水金の組, 丁度月給が一杯, 丁度月見の晩, 丁度服装のやう, 丁度朔風と申し, 丁度望遠鏡か何, 丁度朝十一時頃から午後三時頃, 丁度朝子の髪, 丁度朝永小平両君が日本, 丁度朝焼がし, 丁度朝礼で新任, 丁度朝顔や万年青, 丁度朝顔日記の笑薬, 丁度朝鮮平壤で見た, 丁度朝鮮文人達の会合, 丁度とゴム製, 丁度木島君のお, 丁度木曜日の正午近く, 丁度木曾の山, 丁度木目の通った, 丁度木賊山の前, 丁度末広を芽出度, 丁度末造の家, 丁度本堂へ曲らう, 丁度本多子爵がここ, 丁度本物の文学, 丁度本田から詰め寄られ, 丁度本町で君, 丁度本道と間道, 丁度本陣の方, 丁度の下, 丁度杉浦重剛先生が校長, 丁度が住んでる, 丁度村田さんが来てる, 丁度杜若のシテ, 丁度来い行こうと云う, 丁度来かかった赤電車の, 丁度来かかる川端には, 丁度来てた上森が, 丁度来よって例, 丁度来られたので至急, 丁度来合わせた木沢氏から, 丁度来島海峡で日, 丁度来遊されて, 丁度東さんが来る, 丁度東京ビルの横, 丁度東京附近の祭礼, 丁度東京駅の入った, 丁度東洋と西洋, 丁度東洋さんのよう, 丁度東漢の第, 丁度東西の谷底, 丁度東覚寺の裏手, 丁度の葉, 丁度松井美恵子の母親, 丁度松井須磨子を殺した, 丁度松原に沿うた, 丁度松山に帰っ, 丁度板屋家の屋敷, 丁度の中, 丁度林田も来合わせ, 丁度果して北斗が, 丁度果実の盛籠, 丁度に雪, 丁度枯葉が風, 丁度柄頭が自分, 丁度華族の, 丁度某氏等が同じ, 丁度染井から百姓仁兵衞, 丁度柱時計が十時, 丁度を抜く, 丁度栗林さんもやはり, 丁度校庭では始業, 丁度校長さんがいた, 丁度校長先生のお腹, 丁度のよう, 丁度格太郎が長持, 丁度格子を開け, 丁度格子窓の出ッ張り, 丁度桂子との同棲中, 丁度桂斎先生に逢いました, 丁度桂華の象徴的方法, 丁度桃山時代から寛文延寶頃, 丁度案内者に過ぎない, 丁度梅雨の時分, 丁度梅雨晴れの頃, 丁度梶原源左衞門の浪宅, 丁度棕櫚の鉢植, 丁度棟木を挙げる, 丁度棟梁が来, 丁度森彦も来合せ, 丁度森鴎外さんの, 丁度椅子の形, 丁度植木をぬく, 丁度植木屋の五兵衛, 丁度植物学者が路傍, 丁度検視も済んだ, 丁度椰子の汁, 丁度椿のはな, 丁度楊柳の並木, 丁度楊次公が按察使, 丁度楢夫の目位, 丁度楳嶺先生が帝室技芸員, 丁度極めてやさしい字, 丁度極東オリンピック大会をつぶし, 丁度楼主や座長, 丁度楽隊が子供, 丁度模型地図を見る, 丁度模型地圖を見る, 丁度模範生がいつか俗化, 丁度の方, 丁度になろう, 丁度横町でバツタリ出會, 丁度横綱の土俵入, 丁度樫苗を植え, 丁度橄欖島に到着, 丁度からおりた, 丁度橋本から縁談, 丁度橋本さんにお, 丁度橋杙などの下流, 丁度橋番の小屋, 丁度檀家に法事, 丁度とは反対, 丁度檢屍も濟ん, 丁度の土曜日, 丁度欧州大戦休戦の前後, 丁度欧洲戦のあと, 丁度歌舞伎の火入り, 丁度歌舞伎座が新, 丁度歐羅巴のルネッサンス, 丁度正にそういう処, 丁度正午頃のこと, 丁度正面にある, 丁度正餐の時間, 丁度此事件のあつ, 丁度此二つの外, 丁度此子が漸, 丁度此方向きになっ, 丁度此時丹羽長秀高島郡大溝の城, 丁度此時代であります, 丁度此時休憩所では乘船, 丁度此時信吾は學校, 丁度此時先方の船, 丁度此時分此女が少し, 丁度此時松村の奥座敷, 丁度此時甲板には十一時半, 丁度此時警察から刑事, 丁度此村から立つ, 丁度此村落にえ, 丁度此歳の春三月, 丁度此相談が濟ん, 丁度此船に米國, 丁度此青山の家, 丁度此頃巴里の美術商, 丁度此頃手紙を書いた, 丁度此頃相撲などで大, 丁度武者小路実篤氏が将, 丁度武蔵野へやって来る, 丁度がはえかけで, 丁度歯楊子をなくした, 丁度歴史の始まる, 丁度歴史記述に於ける, 丁度りがけ, 丁度歸つて來たの, 丁度の爲め, 丁度死なねばならぬ, 丁度死にか, 丁度死人の咽喉, 丁度死出の旅路, 丁度死刑を宣告, 丁度死者のため, 丁度死面をとる, 丁度殺されて居た, 丁度殺人を実行, 丁度殿様もお, 丁度母屋の藤棚, 丁度母猿が射殺, 丁度毒薬を呑む, 丁度毛だらけのやう, 丁度毛変りの季節, 丁度毛脛に緋縮緬, 丁度毛虫のよう, 丁度氏族制度の尚, 丁度の弱い, 丁度氣合術師が平, 丁度水上に聳え, 丁度水中に潜っ, 丁度水分を失った, 丁度水戸黄門道中記みたいにど, 丁度水曜の面会日, 丁度水蒸気の多い, 丁度水車小屋の方, 丁度水道端の西光寺, 丁度氷川神社の森, 丁度氷河が流れる, 丁度永代橋を渡つて, 丁度汐時であろう, 丁度を拭き, 丁度江島屋から賢く, 丁度江戸城の亡びます, 丁度江戸幕府の初め, 丁度江戸表へ参勤, 丁度池上が言った, 丁度汽車にのっ, 丁度沓脱のあたり, 丁度沙漠を旅, 丁度沢田と道夫, 丁度河村さんがくれた, 丁度油壺の附近, 丁度油小路へ出よう, 丁度の中, 丁度泉水を仲, 丁度泊りがけで鎌倉, 丁度泊り合せた八五郎と, 丁度泌尿器科の講義, 丁度法事の時, 丁度法律家が常識, 丁度波江と同じ, 丁度泣き顔のよう, 丁度注いだばかりだ, 丁度洋上に夕闇, 丁度洗湯位の浴槽, 丁度洗濯物をもっ, 丁度洞穴の中, 丁度洪水の引いた, 丁度活人形のよう, 丁度活動寫眞などを餘, 丁度活版所から出来た, 丁度流して来, 丁度流れ寄る花弁の, 丁度流山ので甘い, 丁度流産したばかしの, 丁度浄禅寺ヶ淵辺りへピシーリ, 丁度浦島の龍宮歸, 丁度浮木が波, 丁度浮浪者の如く, 丁度浴場の広い, 丁度海外同胞へ, 丁度海底に一直線, 丁度海水浴に持参, 丁度海老錠のおろし, 丁度海苔と沢庵, 丁度淋しがつて, 丁度淋巴腺のある, 丁度淡紅色の櫻草, 丁度淡路島で楽譜, 丁度淨土門の信者, 丁度深山の雪解季, 丁度深酒を飲んだ, 丁度になった, 丁度淺井君がをられる, 丁度淺草寺の晝, 丁度の入浴, 丁度清一が仕度, 丁度清次郎が身, 丁度済んだか済まない, 丁度の関門, 丁度の真, 丁度湖水の真中, 丁度湘南の或, 丁度湯加減を見, 丁度満員の車, 丁度満州事変が起った, 丁度満潮のとまりだ, 丁度満潮時で海面, 丁度源三郎の墓場, 丁度源之助の青年, 丁度源助町の央あたり, 丁度源右衛門といふ村民, 丁度教員は, 丁度溪間の樣, 丁度るる者, 丁度滝床の向う, 丁度漏斗の尻, 丁度演劇改良熱の勃興, 丁度演奏台の傍, 丁度漫画家が正道的, 丁度漱石先生の, 丁度潜りを潜る, 丁度潜戸の方, 丁度の引く, 丁度潮時だと, 丁度潮時眞晝の鐘, 丁度澄み渡つた水の, 丁度濁った水の, 丁度濁水から泡, 丁度濡れそぼたれた獣同志が, 丁度の符号, 丁度見臺, 丁度瀧精一氏が講師, 丁度の早い, 丁度であ, 丁度火柱のよう, 丁度火消人足が谷町, 丁度火災の時, 丁度火焔のよう, 丁度灯火に照, 丁度の水曜日, 丁度炊いてあげます, 丁度の黒い, 丁度が拡がっ, 丁度烟草を呑み始めた, 丁度差別に, 丁度無学な者, 丁度無心に咲い, 丁度無意識の問題, 丁度無感覚な人, 丁度焦点の合わない, 丁度焼跡の荒地, 丁度焼野を越した, 丁度煎じ薬を飲む, 丁度煙草を輪, 丁度焚の, 丁度熱心に耳, 丁度熾んに燃え, 丁度燈火に照, 丁度燈火管制の晩, 丁度が去年巣, 丁度爆発に適する, 丁度爆破の直前, 丁度爪先上がりになっ, 丁度父光雲の還暦, 丁度父母の銀婚式, 丁度版画で云う, 丁度牛乳屋へ行く, 丁度牝牛がその, 丁度牢屋のよう, 丁度牧塲に遊ぶ, 丁度牧野から子供, 丁度物事を不, 丁度物体が影, 丁度物理学に於ける, 丁度物置の戸, 丁度物置蔵と反対, 丁度物見塚の北麓, 丁度物質という概念, 丁度物質質量と同様, 丁度ひ頃, 丁度狩りの期節, 丁度独自な外交術, 丁度狭い垣根の, 丁度狭苦しい土間の, 丁度猛犬稻妻が耳, 丁度猩々が夫人, 丁度りの, 丁度玄竹に取, 丁度玉屋へ入らう, 丁度玉葱の皮, 丁度王冠を頂いた, 丁度王國維の, 丁度王様がね, 丁度らしくも, 丁度珠数のよう, 丁度現に動物の, 丁度現今三越呉服店を指さす, 丁度現今台所用のガス焜炉, 丁度現在目の前, 丁度現場の直ぐ側, 丁度現物がエーテル, 丁度現状の反, 丁度現象から出発, 丁度理智と云, 丁度理論的常識と道徳的常識, 丁度や三味線, 丁度甘い物を, 丁度甚七は厠, 丁度甚蔵の寝室, 丁度生まれましたが親, 丁度生国魂神社の夏祭, 丁度生垣のあの, 丁度生徒の講義, 丁度生意気盛りの年頃, 丁度生木を割く, 丁度生理學と臨床醫學, 丁度生産技術学に於, 丁度田村俊子氏の生活, 丁度田植過の, 丁度田楽に水駅, 丁度田舎者の腹痛, 丁度田邊元さんのやう, 丁度甲信の國境, 丁度甲州流の戦法, 丁度甲州筋からおいで, 丁度甲板の中央, 丁度甲辰の年, 丁度申しては失礼, 丁度申下刻に用, 丁度男子は街頭, 丁度町角の街燈, 丁度画室のマントルピース, 丁度留守中にあなた, 丁度番人の怠っ, 丁度番組の第, 丁度番頭は留守, 丁度の敷合せ, 丁度畸形児捕物から引, 丁度から五六寸上, 丁度疲れ切つて昏睡する, 丁度病中に細君, 丁度病室もあいてた, 丁度病気になつ, 丁度病院の宿直, 丁度にでも罹った, 丁度を病んだ, 丁度発狂した男, 丁度発病する日, 丁度発行所の吉岡書店, 丁度発車するところ, 丁度登校した處, 丁度白人の内政干渉, 丁度白岩に對, 丁度白峰山脈からいえ, 丁度白昼の薄曇り, 丁度白木の棒, 丁度白銀の蛇, 丁度白雲の瀧, 丁度白骨の湯宿, 丁度百人だ, 丁度百六十年に當, 丁度百六拾金ばかり有ります, 丁度百兵衛のところ, 丁度百兵衞のところ, 丁度百円の代償, 丁度百姓のつらい, 丁度百年になる, 丁度百年前慶長十八年八月十五日に亡くなった, 丁度百日目の晩, 丁度百枚これで私, 丁度的中した一刀, 丁度皆茶の間に集っ, 丁度皇祖皇太神宮所在地, 丁度をむいた, 丁度盆時分からかけ, 丁度盗難事件が起り, 丁度盛りで時には, 丁度監督が口笛, 丁度を海, 丁度目ざす光明でも, 丁度盲人が杖, 丁度直方の炭坑町, 丁度相川良之介が, 丁度看護婦が階段, 丁度眞ツ直ぐに東京, 丁度眞向う山の端の空, 丁度眞闇なところ, 丁度真ん前に来た, 丁度真ン中まで辿りついた, 丁度真昼時分不思議に人足, 丁度真白な水鳥, 丁度真裏でごぜ, 丁度真言の坊さんたち, 丁度眠ってでもいる, 丁度眠れない時に, 丁度眺めてゐる, 丁度着更えを, 丁度着物の色, 丁度睫毛のところ, 丁度矢並行方の心, 丁度矢代の先祖, 丁度知人の山田博士, 丁度短刀のなかご, 丁度石本さんが美しい, 丁度石油發動機の煙突上, 丁度石田がね, 丁度砂利を盛っ, 丁度研究者の使う, 丁度破れてゐる, 丁度破れガラスの穴, 丁度硝子に亀裂, 丁度硫黄島危しと, 丁度碁盤ぐらいです, 丁度に体, 丁度碓氷の山, 丁度確りした大きな, 丁度磯崎のうち, 丁度礼拝の終つた時, 丁度社会ファシズムや社会民主主義, 丁度祇園祭の日, 丁度祖母さんは年始かたがた, 丁度祖父と言, 丁度神さまのよう, 丁度神主のよう, 丁度神戸東京間位と思う, 丁度神様の不思議, 丁度神樂坂へ出かける, 丁度神秘の儀式, 丁度神経過敏家が卯, 丁度神話のこと, 丁度祭礼か何, 丁度禅寺か何, 丁度福太郎が足, 丁度私お金が不足, 丁度私自身がその, 丁度秋のか, 丁度秋十月の末頃, 丁度秋草のさかり, 丁度秋蚕の時分, 丁度秋頃の事, 丁度科学主義工業が熟練, 丁度科学偏重とか軽佻浮薄, 丁度科学論がまず, 丁度秩父の浅間峠, 丁度程よい暖かさだった, 丁度程よく心を, 丁度種子が土, 丁度稲刈りの最中, 丁度稲田の初, 丁度稲荷のやたら, 丁度空きつ腹の, 丁度空しいところに, 丁度空二さんのお家ぐらゐでした, 丁度空家の前, 丁度空気の受けた, 丁度空腹の人, 丁度窓際の柱, 丁度立ち去つた汽船の, 丁度立休らはう, 丁度立山図幅の千八百六十米, 丁度立春のはじまる, 丁度立派な庭作り, 丁度立秋の気, 丁度竜巻のよう, 丁度竪穴の一つ, 丁度競売に附され, 丁度竹の台に第, 丁度を作る, 丁度符合するの, 丁度等しい距離を, 丁度筋肉と骨, 丁度の皮, 丁度筑後からかへつて, 丁度節穴の真下, 丁度築地カイワイに支那人, 丁度篠田様と同年の, 丁度の飯, 丁度米櫃が虚, 丁度精神の低い, 丁度糠雨の降る, 丁度紀元二千六百年の記念出版, 丁度紅い絵具で, 丁度紅絹の褪せた, 丁度紅茶の時間, 丁度紅茶茶碗を口, 丁度紅葉でも見, 丁度紋三の背後, 丁度納屋の前, 丁度紙テープを投げる, 丁度素子が男みたい, 丁度紫外線のよう, 丁度紫陽花の中, 丁度細い小径を, 丁度紳士道や淑女道, 丁度終りの日, 丁度終戦直後人形界の権威, 丁度の締まった, 丁度経基の営所, 丁度経川の労作, 丁度結局舟は斜め下流, 丁度に描いた, 丁度絵姿の目, 丁度絵巻物を繰り拡げる, 丁度絵捜しをさがしあてた, 丁度絵画に於ける, 丁度維新の當士勤王家, 丁度を切られた, 丁度綱宗の漁色事件, 丁度綾麿の遅い, 丁度総合社会学が存在, 丁度の焔, 丁度緑色の饅頭, 丁度線路の上あたり, 丁度編輯局の給仕さん, 丁度編靴の紐, 丁度緩い引き汐で, 丁度練習も済んだ, 丁度まですれ, 丁度縮毛の様, 丁度屋から, 丁度織田豐臣徳川と相, 丁度から絹糸, 丁度繼母のお, 丁度罪悪の暗い, 丁度置石のよう, 丁度羅馬古代の大, 丁度羅馬旧教のコンミュニオン, 丁度羅馬末代の貴族, 丁度美くしい宝石, 丁度美しい小娘が, 丁度美校を卒業, 丁度美術愛好者が古代ギリシャ建築, 丁度美麗な草木, 丁度義雄自身が發展, 丁度羽根のとれた, 丁度翌日は雨降り, 丁度翌月十日所がもう, 丁度翻芻族の獣, 丁度老いさらばえた人達の, 丁度老人でなくなった人, 丁度考へて居つた, 丁度聖体を拝受, 丁度聖者の画像, 丁度聞き覺え, 丁度を高め, 丁度職員室で話しこん, 丁度肉体では原始時代人間, 丁度肉湯が煮えたつ, 丁度肉眼で見る, 丁度が枕, 丁度肩胛骨の下, 丁度の所, 丁度肺水腫のよう, 丁度胎内の盲腸, 丁度胡弓の音, 丁度胸骨の当る, 丁度能楽をもっとじかに, 丁度能登一国にあたる沃野, 丁度脇差を突, 丁度脇本楽之軒氏, 丁度脚気になつたやつ, 丁度脱獄仲間が通り掛, 丁度脳梅毒の強迫症, 丁度骨瘡といふ, 丁度腰かけたように, 丁度腰掛茶屋に外, 丁度をもっ, 丁度腹具合も北山, 丁度膝頭のあたり, 丁度つかれた時分, 丁度臨床医が診断, 丁度臨終の迫つた病人, 丁度自ら赤子を造る, 丁度自信のない, 丁度自分たちのところ, 丁度自分等も斯樣, 丁度自分自身の胸, 丁度自宅の前, 丁度自殺と他殺, 丁度自然弁証法とか史的唯物論, 丁度自然科学に於, 丁度自然科学的時間が天体, 丁度自然科学的知識自身がそう, 丁度自然科学的範疇組織が一般, 丁度自由劇場の第, 丁度興津へ参っ, 丁度舌一ぱいに乗った, 丁度舞台の額縁, 丁度舞台近くに踊っ, 丁度舞姫などの幅, 丁度舞臺で口上, 丁度船長のよう, 丁度良かった, 丁度の黒い, 丁度色気付いた田舎, 丁度を掘る, 丁度花ざかりであつ, 丁度花嫁の捧げた, 丁度花嫁銀子の肉体, 丁度花時の眞晝, 丁度花束のよう, 丁度花盛りであった無論, 丁度花祭りの行, 丁度花見とか月見, 丁度芸者のよう, 丁度苅入で此節, 丁度苗の, 丁度若葉が風, 丁度英男の渋谷先生, 丁度英軍の高射砲, 丁度の字, 丁度の中, 丁度草原にへり, 丁度荒い男の, 丁度荷鞍の骨, 丁度菊人形開演中の両国国技館, 丁度菊屋にやつ, 丁度菊田も来てた, 丁度菊龍や富江, 丁度菜種の盛り, 丁度華族のお, 丁度の盛り, 丁度落付かない, 丁度落日が強い赤い, 丁度落語家が真似, 丁度の芽, 丁度葉裏に隠れる, 丁度の日, 丁度古襲來, 丁度蒲原家に使, 丁度のない, 丁度蓮太郎は弁護士, 丁度蕗屋が最後, 丁度蕪菁のよう, 丁度暗闇迫る, 丁度薄墨を刷, 丁度薔薇の花, 丁度の燃えさしみたい, 丁度を飲ませ, 丁度薬指にはまりました, 丁度藤山も来合せ, 丁度藤棚ごしに, 丁度藩邸が普請中, 丁度藻西太郎は何所, 丁度蘭法医の幕府, 丁度蘭軒と交代, 丁度虎船長は明日積荷, 丁度虫屋が通り, 丁度のやう, 丁度が林檎, 丁度蜻蛉のよう, 丁度蝙蝠の突き衝, 丁度の出來, 丁度蠶兒掃立の日, 丁度行きついた境内へ, 丁度行く群集来る, 丁度行方知れずと, 丁度行違ひに, 丁度街道のあかり, 丁度衛生大掃除, 丁度衝突のあった, 丁度衝立の前, 丁度のため, 丁度表具屋から私, 丁度表通りを通り, 丁度の中, 丁度裁判所長が官費, 丁度裏あたりにあの, 丁度裏表になった, 丁度に成つて跳, 丁度製図のよう, 丁度の三つ, 丁度褞袍を着た, 丁度の模樣, 丁度西の方, 丁度西の丸の太鼓櫓, 丁度西南戦争の後, 丁度西暦十二世紀になる, 丁度西洋紀元の前, 丁度西洋絵画が衰弱, 丁度西流の河水, 丁度西瓜のよう, 丁度西生田の勤労奉仕, 丁度西町奉行堀が遠藤, 丁度西風の吹き始めた, 丁度見えて居ります, 丁度見えない天井に, 丁度見おろすような, 丁度見せものの, 丁度見世物の番人, 丁度見合いに娘, 丁度見廻り同心の, 丁度見舞ひに, 丁度見返り柳と, 丁度見頃差迫つた御用もない, 丁度覗き眼鏡を見る, 丁度覚めたばかりの宵, 丁度がおそく, 丁度親分と一緒, 丁度親友の内情, 丁度親指ぐらいもある, 丁度親族の不幸, 丁度親類か友達, 丁度親類中の目上, 丁度観念だけで世界, 丁度観念論は偶然主義, 丁度観戦記の第, 丁度のあたり, 丁度解剖学者が素人, 丁度計略の裏, 丁度註文通りに見えた, 丁度評価の直覚的, 丁度試合始めのお太鼓, 丁度試験中で彼, 丁度試験休みでジャリ, 丁度話しに身, 丁度話題が無く, 丁度誂え向きの, 丁度誂えたように, 丁度誂草と云, 丁度誕生日やクリスマス, 丁度誘引されて, 丁度読みさしの新聞, 丁度読み終ったこの本, 丁度読み終ろうとし, 丁度読経を終つて仏, 丁度誰何した警官, 丁度談話をする, 丁度諒安と同じ, 丁度国民の, 丁度のやう, 丁度のこう, 丁度議事堂の塔, 丁度議会が始まる, 丁度り目頃, 丁度谷中に移っ, 丁度谷崎潤一郎の, 丁度谷村さんの部屋, 丁度谷間のよう, 丁度谷間田が出, 丁度豊島さんの, 丁度の皮, 丁度豹一のクラス, 丁度のよう, 丁度の行方不明, 丁度貧乏徳利みたいにそこ, 丁度貰いましたから召, 丁度貴君一人だから, 丁度貴女が居る, 丁度貴婦人が秘蔵, 丁度貴様と別れ, 丁度買わなけりゃならないと云っ, 丁度資本主と職工, 丁度資本家に取っ, 丁度賞牌を貰っ, 丁度と青, 丁度赤ん坊に乳, 丁度赤児の泣声, 丁度赤泊へは越後, 丁度赤痢流行の際, 丁度赤穂浪士の様, 丁度赤道が通っ, 丁度起きて遠く, 丁度起き直ったまま甲野に, 丁度越前から二人, 丁度越後屋は煮えくり返る, 丁度越後獅子のする, 丁度が下, 丁度足掛け二十五年目に故郷, 丁度足掛三年前の五月, 丁度足掛三年目の二月, 丁度足溜りには都合, 丁度足袋の上, 丁度を兵式体操, 丁度踏み出す加奈子の, 丁度躑躅の花, 丁度身体が明い, 丁度身体中の機関, 丁度が待たせ, 丁度軍人が独特, 丁度軍備施設や大学, 丁度軍艦淡路が坐礁, 丁度軍部団自身が日本主義的軍国意識, 丁度軽い熱が, 丁度軽部が押しつけた, 丁度輕氣球が天上, 丁度輪郭がおのづとほぐれていくやうに, 丁度辛酉だつたの, 丁度辰刻を打つた, 丁度農場事務所裏の空地, 丁度農学校を卒業, 丁度近くって伊香保, 丁度近代絵画が湧出, 丁度近時の医, 丁度近衛首相のラヂオ, 丁度迫らぬ程度に, 丁度へば, 丁度退ける時分だつた, 丁度退出時間だつた, 丁度送って来た, 丁度逆立したやう, 丁度途中にめ組, 丁度途切れて相, 丁度途端にその, 丁度這入つて來て, 丁度通りかかる音作を, 丁度通り掛つたのは, 丁度通る頃わざと, 丁度通信の時刻, 丁度通過して, 丁度速水君が生徒, 丁度進文学社と云, 丁度遊びに来, 丁度運動場では庭球, 丁度運転手が一人, 丁度運送屋が来, 丁度過激な精神, 丁度道了権現の向い側, 丁度道具を二つ, 丁度道徳が同情, 丁度道端に芋, 丁度道雄が生れる, 丁度達摩が素早く, 丁度達磨の仮装隊, 丁度州や, 丁度遠く河上の, 丁度遠征隊の先頭, 丁度遠方へ用足し, 丁度遠藤の大きく, 丁度遠藤君が死んだ, 丁度遠路へ旅立つ, 丁度つてるかも, 丁度適役だった, 丁度適応する近代的女性, 丁度適當だと, 丁度適薬として発見, 丁度遺伝と云う, 丁度郵便が一束, 丁度郷会頭の注文, 丁度郷友に対するよう, 丁度郷里の財産, 丁度では此時参議右衛門督藤原忠文, 丁度都踊りの時分, 丁度酔客の込合う, 丁度酔漢が酔った, 丁度なる春, 丁度酣酔した人, 丁度ひが, 丁度醍醐天皇の延喜元年, 丁度右衛門が, 丁度重ることは, 丁度野宮が五年級, 丁度野獣のやう, 丁度野球に使, 丁度金庫の肩, 丁度金星や水星, 丁度金杉橋へか, 丁度金筋の何本, 丁度金鎖草の枝垂れた, 丁度金龍山の亥刻, 丁度釘一本と同じ, 丁度釘着にし, 丁度釜中にあつ, 丁度が四時五分前, 丁度針仕事をし, 丁度をする, 丁度釣り合いあと作付期間は, 丁度釣れますのです, 丁度釣合が取れ, 丁度鈴木静一も来り, 丁度鉄砲に対する弓, 丁度鉄門の真向い, 丁度鉱山と一緒, 丁度銀モールで飾られた, 丁度銀座通の裏側, 丁度銀紙と一しょ, 丁度の照準, 丁度銅色の娘, 丁度銘々が日記, 丁度が有る, 丁度鋭い銀の, 丁度鎖骨の下, 丁度鎮守の森, 丁度鏑木清方氏と同じ, 丁度鐵砲が其の, 丁度鐵車の直上五十呎, 丁度鑑定して, 丁度鑑札日だが, 丁度じて, 丁度長三の居る, 丁度長兵衛の子分ども, 丁度長唄の撥, 丁度長小便をし終った, 丁度長崎を思わせる, 丁度長火鉢の周囲, 丁度長老のかう, 丁度長野の師範校, 丁度門内から出, 丁度開きかけた薔薇の, 丁度へ坐っ, 丁度間に合ってよかっ, 丁度関東で焼物, 丁度関節炎を憂い, 丁度閣竜英の革命, 丁度關西の人, 丁度阿修羅王の木像, 丁度院長の回診, 丁度陸軍に聯隊, 丁度隅田川の眞ン中, 丁度階下では茶, 丁度階子段の下, 丁度隘路の上, 丁度寮に, 丁度隠れ簑でも着た, 丁度隣り合うように, 丁度隣国に居る, 丁度隣室を見廻っ, 丁度れる喉, 丁度を食つて, 丁度雁坂峠の下, 丁度雌浪雄浪がドー, 丁度雛菊の頭, 丁度離れた島に, 丁度離室でお, 丁度離屋の窓, 丁度難船者の頭, 丁度雨上りの庭土, 丁度雨戸の欄間, 丁度雨降り揚句の蒸し, 丁度雪どけがすん, 丁度雲間から現われた, 丁度の次, 丁度雷雨季がやつ, 丁度にでも撃たれた, 丁度電線に電流, 丁度電話がかかっ, 丁度震災のため, 丁度霍亂か何, 丁度霜月三日の最早, 丁度立ってるから, 丁度が降っ, 丁度露台へ上る, 丁度露臺へ上る, 丁度露路を出, 丁度靈岸島の瀧五郎, 丁度青木さんが坊ちやん, 丁度青江のなか, 丁度青眼先生は藍丸王, 丁度青磁のやう, 丁度青虫や毛虫, 丁度青髯の浪人者, 丁度靜かな沼の水, 丁度靜子をモデル, 丁度をぬい, 丁度靴下が一番先, 丁度靴屋の哲学, 丁度鞍壺に当る, 丁度音次郎とお, 丁度頂上の左, 丁度頃合の距離, 丁度頃合ひだ一つ行かうか, 丁度預金の支払制限, 丁度の先, 丁度から手足, 丁度顛倒して, 丁度風中の燈火, 丁度風交りの, 丁度風呂から上つて唇, 丁度颱風のピーク, 丁度飛行船の瓦斯嚢, 丁度食い酔って, 丁度食べるぐらいのもの, 丁度食卓の真ん中, 丁度食堂だ, 丁度じくつ, 丁度飯山の御, 丁度飲加減を持っ, 丁度飴細工か何, 丁度飼場で羊, 丁度や小, 丁度養魚場の金蔵, 丁度首尾好くスルタン, 丁度首斬り場のあたり, 丁度首相になる, 丁度香港からシャルジュウル・レユニつて, 丁度香葎君も出, 丁度香魚狩り時季であつ, 丁度の皮なみ, 丁度馬の背に跨がった, 丁度駄夫の頤, 丁度駈け付けて來, 丁度駒込一帯の高台, 丁度駿河灣の方, 丁度騷ぎが起つた, 丁度けつけ, 丁度骨壺の入る, 丁度骨董家が有, 丁度高いビルデングの, 丁度高倉の蛸薬師, 丁度高崎近くまで来た, 丁度高所恐怖症の者, 丁度高柳夫婦が新婚旅行, 丁度高沢寺さんが見えられた, 丁度高田早苗君がいっしょ, 丁度高等女学校へ進もう, 丁度高等學校生徒が, 丁度を撫で下げる, 丁度のやう, 丁度を釣る, 丁度魚住千枝子が簾, 丁度魚屋が來, 丁度の缶詰, 丁度鯉坂君が準備実験, 丁度汲みの, 丁度のやう, 丁度の卵, 丁度鳰鳥の浮巣, 丁度鳴りはためいて, 丁度鳴り出したベエートーヴェンの, 丁度鴨下ドクトル邸へ出かけ, 丁度の脚, 丁度鶏冠山の南側, 丁度鶏卵の黄身, 丁度鶴雄の部屋, 丁度の脚, 丁度麁朶を滿, 丁度の出穗, 丁度の刈込み, 丁度麻薬中毒患者が薬, 丁度黄昏時に出発, 丁度黄昏近くであつ, 丁度黄昏頃あちこちに可憐, 丁度黒沢尻の町, 丁度黴毒に六〇六號, 丁度鼈甲の斑, 丁度の上, 丁度鼻柱へ当っ, 丁度だという, 丁度JOの黒川弥太郎, 丁度X線の波動性