青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一身~ ~一軒 一郎~ ~一部 一部~ ~一部分 一部分~ 一間~ 一隅~ ~一面
丁~
~丁寧 丁寧~ ~丁度 丁度~ 丁目~ ~七 七~ 七つ~ 七兵衛~ 七月~

「丁~」 2268, 25ppm, 4754位

▼ 丁~ (214, 9.4%)

4 ピストルが, 道を 3 ところに, 間に

2 [12件] お駕籠, ところで, 下手を, 字を, 小銃立てかけあり, 時も, 目が, 距離しか, 距離に, 距離を, 長さ, 駕籠を

1 [176件] ある家, うた声に, お屋敷駕籠, かすかな, そのから, だれの, ところから, ところだ, ところでありました, ところです, ところを, ところ一本道を, ところ京宝劇場今日初日で, なまくらな, ぼると, ものを, やうな, ような, オールが, ジャックナイフだ, パッチが, ピストルの, 一つ一つに, 一部分のみ, 上と下とに, 上に, 上も, 上宮迄は, 下, 両岸, 中央川の, 事で御座います, 事に, 事女中の, 事実の, 人は, 余で, 余も, 個人若しくは, 側に, 先まで, 公民権を, 兵も, 処なれ, 処に, 処を, 列樹なり, 半分以上を, 名は, 向に, 咽喉の, 四人の, 地を, 坂路を, 外は, 多數, 夜駕籠, 女房には, 女房は, 娘の, 字, 字ぞろいだ, 字に, 字形に, 字形の, 宗教と共に, 宮城監獄署の, 居ない時, 山径を, 山雉の, 嶮しい, 川原の, 川岸っ, 巴もぐ, 市民であった, 平吉の, 年の, 徒は, 情景を, 意味古, 感覚器によって, 所で, 所に, 手前で, 才六の, 支那人に, 数では, 数は, 数を, 文字あれ, 斧を, 方に, 方を, 日大風あれ, 暗闇を, 月行事まで, 松が, 松さんと, 松であります, 業は, 横の, 此方は, 武器と, 江戸の, 沖合に, 海岸沿いに, 潤筆料が, 牧場, 理論は, 甚だしく減少, 男に, 町並も, 目と, 砂ほこりに, 碑ぢや, 種子ヶ島を, 空駕籠, 終りまでは, 総数が, 翌朝, 者が, 者も, 胸突きを, 腹の中どうか, 花の, 荷物を, 見透しが, 記憶が, 豆腐も, 賤者が, 距離の, 路を, 路線より, 農作を, 辺まで, 逃げ足が, 通りを, 連合の, 連合力は, 連起を, 道が, 道に, 道のりを, 道も, 道程が, 道程でございます, 遠方まで, 部の, 酉, 鉄砲まで, 鎌を, 長い区間, 長距離を, 間から, 間の, 間は, 間も, 間を, 間伸子は, 間四通八達の, 間敷き連ねたる, 間渚一体に, 間白く, 間隔を, 関係, 降り道を, 隔たりに, 隔たりは, 頂に, 首, 駕籠, 駕籠が, 駕籠でした, 駕籠に, 駕籠の, 黒い上衣

▼ 丁~ (187, 8.2%)

6 の身体 4 のそば, はその 3 の声, の耳, はチンセイ, は窓 2 のからだ, のところ, のよう, の眼, はこの, はすっかり, ははっと, は大きな, は身体

1 [143件] がいま窓, がさけぶ, がたずねる, がよびかけた, が儲けた, が出, が大声, が日本人, が気, が泣きじゃくっ, が生れ, が知らなかった, が自分, が跳ねまわれ, が飛行機模型, しっかり頼む, だった, であった, という名, と仲よし, につれられ, にとって大きい, には黙っ, にみつけられ, に喰いつこう, に知らせ, に見覚え, に近づこう, のうち, のお母さま, ののっ, のまえ, のまるい, の入った, の前, の勇ましい, の危難, の味方, の家, の家族, の帰京, の張番, の待っ, の心, の思った, の愕, の方, の本名, の気, の生命, の背中, の行く, の言葉, の訊問どころ, の話, の進言, の運命, の頬, の額, の飛行機好き, の首, の鼻, は, はいった, はいよいよ, はうなずいた, はかなわない, はここ, はさすが, はすこし, はすべて, はそういう, はそのまま, はそれ, はそんな, はたくさん, はどうして, はなんだか, はのぞむ, ははじめて, ははじめていつも, はまた, はまるで, はもう, はもともと, はやりかえした, はよく, はわっ, は乙組, は元気, は力, は叫んだ, は大, は大月大佐, は嬉しかっ, は寝台, は小, は左右, は弱味, は怒っ, は思わずはらはら, は怪漢たち, は愕きのため息, は感心, は手づくり, は新聞, は曲らない, は機長, は歯, は毛布, は気, は熱心さ, は片, は目, は眼, は知らない, は知る, は自分, は難破, は非常, は非番, は餓死, は首, は黙っ, も生きた, も知らなけれ, をぐるり, をそっと, をたいそう, をだきあげ, をつりさげた, をとらえた, をどこ, をなぐさめ, をまんなか, をむずと, を下ろした, を入れた, を指し, を死, を氷原, を眼, を自由

▼ 丁~ (136, 6.0%)

5 行くと 4 来たかと, 離れて 3 続いて, 行かない中 2 ありましょうか, ある, はなれて, 下ると, 十丁も, 担いで, 来ると, 続いた砂丘

1 [101件] あつた, あらう, あらうかといふ, あります, あるから, あるき出した時, あるん, ある根本, ある水車, ある遠道, あろうか, あろうと, うっかり客, きたと, くると, して, じりじりし, するならば, その処分, つい面白, つづいた, つながって, てんてこまいし, とろ, ない, なくなって, はなれた足場, ふらふらと, やり得るの, ゆくと, ゆけば, ようやく尽きる, わざと距離, 一気に走った, 上りますと, 上ると, 下ったと, 下へ, 下流まで, 並んで, 二丁も, 五丁も, 先き, 先に, 先の, 先へ, 出かけて, 出れば, 前に, 南へ, 参りましたとき, 向うに, 向ふ, 周り有らん, 奥に, 小池の, 往つたと, 戻って, 放れた或, 有るべし, 杉の, 来たが, 来たと, 来た頃, 楽に, 歩いたが, 歩いたろう土地, 歩いた揚句, 歩かなければ, 歩かねば, 歩くと, 気を, 泝る, 浪の, 深く折れ込んだ, 溯り正, 登ったかと, 登ると, 眺められる, 約五寸, 続いた所, 続く処, 行かないうち, 行った時分, 行つた, 行つたと, 谷を, 走らないうち, 走りましたわ, 這入らなければ, 進むと, 遠くなっ, 遠方から, 隔って, 隔つてゐる, 離れた川端, 離れた所, 離れた防風林, 離れない鐘ガ淵, 飛ぶの, 馬に

▼ 丁ほど~ (98, 4.3%)

8 歩いて 5 行くと 4 先に 3 先の 2 上ると, 来ると, 東に, 歩くと, 泳いで, 茅葺の, 行って, 離れて

1 [62件] あった, ある平地, だす, で大した, どちらからも, ゆき雑木道を, ゆくと, タッタと, 下って, 下つた所, 下ると, 先横川橋は, 入ったこじんまり, 入ったところ, 前進した, 北に, 北へ, 右には, 右へ, 向うで, 奥に, 奥へ, 川下で, 広がって, 往くと, 後から, 手まえ, 手前に, 手前にて, 手前まで, 折れて, 有所の, 来て, 桑畠の, 歩いたが, 歩いたころ, 歩いたと, 歩いた往来, 沖へ, 煙草屋の, 田圃道を, 登ったところ, 登り有頂天, 登ると, 行きて, 行き過ぎたところ, 行ったころ, 行ったところ, 行った広い, 行った所, 行った時, 行つたら, 行つて見る, 裏街道を, 西へ, 走ると, 近くなった, 進んだ時, 間を, 離れた同じ, 離れた所, 雪を

▼ 丁~ (85, 3.7%)

2 これからといふ, 刀の, 前途の, 爾時, 貴下の

1 [75件] あの岨道, いつかの, いまの, お時, そのごとく, その上, その卯の花, その時, その硝子窓, その窓, その視線, その辻, まだ灯, よからう, テーブル位, 三十三比野の, 下の, 丑滿で, 京子の, 人通が, 今が, 今頃だ, 傳通院前, 僥倖いや, 先づ其の, 先生の, 先頭の, 其の日, 其の時, 其の橋, 其処で, 其日同じ, 其時どんと, 十一年目に, 十三度聞いた, 十年目に, 午ごろだ, 午睡時徒然で, 半分道ほど, 半年に, 博多山の, 可い, 同じ左, 咽喉だ, 唯今が, 大垣に, 天女の, 居合は, 幸と, 彼処あたりから, 待つて, 御膳, 恁うし, 戰後の, 挿してなかつた, 日中で, 梅雨にか, 此の, 沸きかけた風呂, 父は, 目白鳥の, 真夜中過ぎである, 瞳を, 石高道の, 私が, 私たちの, 私と, 糸車を, 繕いに, 舊暦の, 行者の, 道臣が, 遠いところ, 露地裏の, 颶風でも

▼ 丁ばかり~ (82, 3.6%)

4 行くと, 離れて 3 ゆくと, 往った 2 上ると, 先へ, 来て, 行って

1 [60件] あると, ある道, いくと, おっかけて, かみ手, ご拝借, そこに, だつた, ですが, で斑岩, で有名, ひがしの, 一大飛瀑発見, 上に, 上の, 下の, 先に, 先は, 入り込んで, 出かけて, 北の方で, 南の, 参って, 向うの, 向から, 堤の, 奥に, 往って, 手前で, 手前に, 来た, 東にあたる, 東へ, 東南へ, 歩いたが, 歩いたところ, 歩いて, 爪先上がりに, 畑を, 登った, 登りて, 背後の, 行った処, 行った通り, 裏手の, 走るよう, 逃げ延びると, 進んだかと, 長堤を, 闇が, 隔てた庵室, 離れた右手, 離れた場所, 離れた小学校, 離れた小高い, 離れた所, 離れた桑園, 飛んで, 駈けだした時, 黙って

▼ 丁~ (47, 2.1%)

1 [47件] あります, あるきねえ, いちはやく逃れ, いつしか集まり, いづくに, さらに鞠躬如として, すぐに, その死骸, それを, たっぷりな, どの売子, なれたところ, なれた低い, なれた山, なれた森, なれて, ひの, ほとんど戸籍, ますます気味が悪く, また集まっ, むかしの, やうや, わたしの, 丁だ, 三人, 今しも, 伝六へ, 劉青年を, 右門自身で, 命を, 実験や, 容易に, 山道で, 恐懼の, 柘に, 梅吉なり, 棚から, 点頭ける, 竿の, 笑つてました, 答えた, 誰も, 走つて來, 車を, 長短三幅の, 非常に, 默頭ける

▼ 丁~ (44, 1.9%)

5 して 2 一休また, 一憩家を

1 [35件] あまる柵, しいな, したり, しなよ, しろ, すすめる, わたれる小, ゐる寺尾, 一つの, 一つ三丁に, 亙って, 亙るこの, 他ならぬ, 住んで, 何か, 入港し, 分けた, 分けては, 到底かなわなくなっ, 及ぶ, 向かいて, 向かって, 向かわずして, 思はれた, 時々金, 聞くの, 至るまで, 草刈りを, 行き松島座, 見えるおらん, 請ひ, 轉じ, 送られて, 過ぎないので, 釣らせて

▼ 丁~ (37, 1.6%)

4 隔てて 2 とつた, 持って

1 [29件] きびしく吟味, すえると, そこに, ぬき持たうと, めくって, もぎとりました, もらつた, やつた, 一気に走ったら, 伴うという, 僧所, 入れマハリ, 八方へ, 出さないよう, 叩かれて, 困らせる議会, 大平と, 尋ねた時, 想出する, 手に, 持つこと, 繰りながら, 走らせた, 越すほど, 追いました, 過ぎ薄暗い, 顧み安ど, 飛ばして, 麓の

▼ 丁~ (32, 1.4%)

1 [32件] とは思わず, と徐盛, と来い, などの文官, など名だたる, に徐盛, のふたり, の兵三百, の軍, の部下, の部下三千, はいよいよ, はふるえ上がっ, は牛金, は部下, は馬, は高声, もおくれじ, も夫人, やその, を中軍, を後詰, を追いまくっ, 左備え, 徐盛それに, 徐盛などの, 徐盛の, 徐盛は, 徐盛らが, 軍に, 軍は, 軍四千を

▼ 丁~ (31, 1.4%)

2 程は

1 [29件] あって, そっと入れ, その一件, その太鼓, たつた四半刻, また丙, カチと, テイブルの, ホッと, 一つ, 七つよ, 二日, 何に, 余る, 余る丁, 側へ, 四人ひざまずい, 差手を, 帰って, 摂津国屋に, 旅に, 模すると, 殖えて, 繰出して, 芸者の, 行つた, 言うので, 陰氣に, 鳴った

▼ 丁~ (31, 1.4%)

1 [31件] いうほどの, いってな, いふを, ない路のり, なかった, なかつた, なりしこと, なんらかぶ, 一つ軽く, 云うところ, 半とが, 四丁の, 小づかい, 思って, 歩かないうち, 申します, 聞り, 行かないうち, 行かぬ所, 言いますが, 言ったもの, 言って, 言はれた, 走らない内, 距たっ, 重そう, 離れて, 離れてない自分, 離れては, 離れぬ位, 餅とを

▼ 丁~ (29, 1.3%)

2 上ると, 手前で, 歩いた, 西に

1 [21件] あった, あなたの, ある岡田村, ある所, だ, 作らせて, 南に, 向うに, 向うの, 向うを, 東へ, 歩くと, 歩んで, 続いて, 行くと, 行つて彼は, 距てて, 離れた弟, 離れて, 馬車が, 麻川氏と

▼ 丁~ (25, 1.1%)

1 [25件] から匂, から匂ひで, が自分, きに, だの, でぐるり, と思はれる, と言う, にあたって点々, にある, に見つけた, のいつ, の大通り, の或, の曲がり角, の的, の自分, の草原, は新花町, は見えない, は靡く, へ行った, へ野菜もの, を往来, 小高い丘

▼ 丁~ (23, 1.0%)

2 のうしろ

1 [21件] が兵, である, と仲, と共に董卓, に反対, に叛, に指, のこと, の反対, の幕中, の邸, の養子, はともかく, はびく, は不仁, は燈火, も十方, を斬った, を斬り伏せ, を殺害, を討ち損じた

▼ 丁~ (22, 1.0%)

4 の歳

1 [18件] であつ, に両, に偶篤疾, に六十四, に柏軒, に至つて八十三歳, に至る, に錦橋, に陶後頼寛, の八月, の十月, の武鑑, の歳六月十七日, の歳老中阿部伊勢守正弘捐館, の流言, までながらへ, よりし, 正月来于東都

▼ 丁~ (21, 0.9%)

3 の賑 2 は薄暗く, は闇

1 [14件] が活気づい, だけへは挨拶, で御, と諸, と諸声, には御所桜, のこうした, の中央, の隅, の鸚鵡石, は暗く, へお越し, へはいった, を

▼ 丁ほどの~ (20, 0.9%)

2 長さ

1 [18件] あいだに, あいだ三側四側に, ところへ, 半弓が, 大川竜太郎氏方と, 嶮しい, 平らな, 平地と, 所を, 石段を, 街角まで, 距離であった, 距離である, 路を, 近道に, 途を, 道のりを, 間を

▼ 丁ばかりの~ (17, 0.7%)

4 ところに

1 [13件] ところが, 両側は, 先き, 峻直なる, 所に, 杉並木が, 森林の, 虎御前山に, 距離である, 路を, 野原を, 間の, 間門一つなく

▼ 丁~ (15, 0.7%)

1 [15件] いいぜ, いいん, いっこうさしつかえ, こじあけて, この往還, こんだけの, 一里, 三角点の, 區分を, 十五銭に, 南穂高と, 小夜衣の, 彫りまくった, 易々と, 蓴菜池が

▼ 丁~ (13, 0.6%)

2 に生れた

1 [11件] で其十一月, とには平生多く詠物, に来り, に至る, の三月, の三月二十二日, の事, の初, の年, の書, 故原教授

▼ 丁~ (13, 0.6%)

3 の大筒 2 に成功 1 が間違い, の事, の力, の大業成就, の強, の猛烈, の術, は楽々

▼ 丁~ (12, 0.5%)

4 半か 1 ある駅, え, ぽくぽく私, 何かと, 半かと, 半かの, 半かは, 半かを

▼ 丁~ (12, 0.5%)

2 の年 1 という年, と並べ, と十年癸酉, には五十八歳, の五艦函館港, の年八月十五日崩, の春徳, の歳創製, の詩題, は慶応三年

▼ 丁という~ (11, 0.5%)

1 [11件] ことに, のが, のである, 一口に, 事に, 人間である, 名が, 場所は, 所まで, 時に, 段取りな

▼ 丁ばかりも~ (11, 0.5%)

2 往くと 1 あったであろう, おっかけて, 來た, 登った処, 登ると, 行くと, 行ったと, 這入って, 進んだ所

▼ 丁~ (11, 0.5%)

2 の所, 行くと 1 だと, であろう, でそこ, に腹, の処, の小山, はある

▼ 丁斑魚~ (11, 0.5%)

2 の不 1 が哲学, が哲學, だ, でさ, でさえも哲学, でも満足, でも滿足, にミクソネマ・テヌエ, 結構

▼ 丁汝昌~ (11, 0.5%)

1 [11件] がこちら, が日本, の役, の心, の恋人, の死, の率いる, の秘文, は従容, は書生芝居, は清国

▼ 丁二郎~ (10, 0.4%)

2 の鍬 1 が叫ぶ, そう三人, です, で挟み打ち, の目, は肌, もつりこまれ, も黄色い

▼ 丁~ (10, 0.4%)

1 か半方, でどなた, で受ける, となり, と半方, なりと半方, に廻った, の中, の中央, の賭金

▼ 丁離れた~ (10, 0.4%)

2 ところから, 山の 1 ところに, 人気ない淋しい, 所に, 所の, 森の, 路角の

▼ 丁さき~ (9, 0.4%)

1 から風, で駕籠, の作家クラブ, の旅籠町辺, の村, の樹, までかえる, までかへる, を駈けおる

▼ 丁です~ (9, 0.4%)

3 かね 21 かい, かい一丁, ね, ねんけど途中

▼ 丁とは~ (9, 0.4%)

2 行かないうち, 離れて 1 へだたって, 買えませんでそれ, 追わないうち, 離れちゃ, 離れない山

▼ 丁ほども~ (9, 0.4%)

2 歩いたかと 1 ついて行くと, 後れた, 白い土, 行くと, 行って, 距れた, 追いぬいた

▼ 丁~ (9, 0.4%)

2 の年 1 で神辺, に始まり, の初, の年七月, の詩, より四十年前, 新歳作

▼ 丁~ (9, 0.4%)

1 あるので, で水, の上流, の岸, の残雪, もあろう, も行っ, 歩いて, 細い煙突

▼ 丁~ (9, 0.4%)

1 が来た, が餅, に, に遭つた, の目, は己, は悲しい, は改札口, も己

▼ 丁程も~ (9, 0.4%)

1 あるであらうか, ある土手下, 先に, 手前に, 東の, 歩くと, 続いた見通し, 行った侘び, 隔たって

▼ 丁行く~ (9, 0.4%)

1 とお, と千駄谷通り, と営林区, と或, と所謂お寺, と清水屋敷, と茶屋, と道, と遙

▼ 丁ある~ (8, 0.4%)

1 か判らない, だけさ, だけそう, のかしら, んだ, 学校へ, 所を, 水の

▼ 丁~ (8, 0.4%)

21 し首, それ心祝いに, つたのだ, つたのに, ね, よ

▼ 丁~ (8, 0.4%)

1 から陣馬, で月見, のやや, の道, の間道, は晦冥, へかかった, を七八丁

▼ 丁行っ~ (8, 0.4%)

1 てきい, てそれから, てちょっとした, て右, て川原, て左折, て御者, て林道

▼ 丁あまり~ (7, 0.3%)

1 の横丁, は大きい, もあらう, も往く, も行き過ぎた, も隔たりたる, 走ったころ

▼ 丁~ (7, 0.3%)

1 が畏, という者, に授けた, の策, は当然, は感泣, を召し寄せ

▼ 丁~ (7, 0.3%)

2 が寂照 1 と相, は寂照, は恐し, は蘇州長州, もこれ

▼ 丁~ (7, 0.3%)

1 で茶山, に四十, に錦橋, の条, の歳二月十九日, は柏軒, 去る四日

▼ 丁とも~ (6, 0.3%)

2 離れて 1 ありゃしない, 離れずに, 離れては, 離れない仲通り

▼ 丁四方~ (6, 0.3%)

1 がその, にもひ, の損害, は家屋, を越えた, 程の明るく

▼ 丁歩い~ (6, 0.3%)

2 て乗り付け 1 てある, てうしろ, ても二人共, て杉林

▼ 丁~ (6, 0.3%)

2 や豆板銀 1 が一枚, という大, のおばあさん, 取交ぜて

▼ 丁ぐらい~ (5, 0.2%)

1 あったか, だと, な事, な所, 歩くの

▼ 丁~ (5, 0.2%)

1 出かける君, 出掛けると, 撃ち込んで, 行くと, 行くも

▼ 丁坊少年~ (5, 0.2%)

1 だ, の愛国心, の重大, は例, を空魔艦

▼ 丁~ (5, 0.2%)

1 というきゃ, という二人, と前景, の五寸, をし

▼ 丁手前~ (5, 0.2%)

1 でその, で一臺, で自動車, の七曲り, の坂

▼ 丁~ (5, 0.2%)

1 九月十六日贈, 八月十一日, 年放, 杪冬の, 王妃に

▼ 丁~ (5, 0.2%)

1 がふえる, が出る, なる氏, のカヤノアパート, まで云いあてられる

▼ 丁~ (5, 0.2%)

1 といふ孝行息子, はそれ, は召し捕られた, は彫物, は腹

▼ 丁買っ~ (5, 0.2%)

3 てき 1 て懐ろ, て来

▼ 丁~ (5, 0.2%)

2 れて 1 たった昔, てた表, てた距離

▼ 丁かの~ (4, 0.2%)

1 三味線が, 淀川の, 鉄砲が, 鑢が

▼ 丁から~ (4, 0.2%)

1 あります, ある, 半へ, 奥瀞までの

▼ 丁である~ (4, 0.2%)

1 がその道, が隈, ことを, ゆゑ武家は

▼ 丁には~ (4, 0.2%)

1 南穂高の, 袋が, 越えぬ, 過ぎぬ

▼ 丁ゆく~ (4, 0.2%)

1 うちに, と左手, と桜橋, と樹

▼ 丁余り~ (4, 0.2%)

1 ある自分, の長, ばかり離れ, 隔てて

▼ 丁六甲~ (4, 0.2%)

1 の神, の神通力, の術, の鬼神軍

▼ 丁~ (4, 0.2%)

2 をさせる 1 の支度, をする

▼ 丁~ (4, 0.2%)

1 てから西洋小間物屋, ても二丁, ても二人共, て鷹台町

▼ 丁来た~ (4, 0.2%)

2 所で 1 かと思います, 角で

▼ 丁程の~ (4, 0.2%)

1 ところに, 左側には, 此田圃は, 距離を

▼ 丁~ (4, 0.2%)

1 が帝国軍人, すなわち食詰め, でござるといふ, へ置かなけれ

▼ 丁~ (4, 0.2%)

1 かな, とをそそぎかけ, 散は, 散を

▼ 丁~ (4, 0.2%)

1 が傲然, が特に, と金茶金十郎, は朱鞘

▼ 丁いく~ (3, 0.1%)

1 と, と乞食, と小僧

▼ 丁くらいの~ (3, 0.1%)

1 ものな, 小さい沼, 狭所

▼ 丁さん~ (3, 0.1%)

1 が来る, こうしましょう, こんなお前さん

▼ 丁とか~ (3, 0.1%)

1 ある樣, 戊とかに, 浅草田圃などという

▼ 丁にも~ (3, 0.1%)

1 はぎの名は, 亘って, 足らぬ海峡

▼ 丁ひっぱっ~ (3, 0.1%)

1 てこい, てまいりました, て帰りました

▼ 丁ほどしか~ (3, 0.1%)

1 ありませんすぐ, ない停車場, 隔って

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 二丁でない, 半丁, 雜人たちから

▼ 丁~ (3, 0.1%)

3 半よと

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 と叫ん, と射る, と秀吉

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 つたところ, に吊り橋, まで行っ

▼ 丁二人~ (3, 0.1%)

1 が丁寧, 中男二人, 正丁四人

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 なの, の散る, の駕籠屋

▼ 丁令威~ (3, 0.1%)

1 という人, といふ道者, は遼東

▼ 丁以上~ (3, 0.1%)

1 も続い, も追いぬいた, 随分佐竹屋敷

▼ 丁位道後温泉~ (3, 0.1%)

2 へは数町 1 へは数丁

▼ 丁向う~ (3, 0.1%)

1 にカリガンガー, のプラットフォーム, の海上

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 にする, に傷口, に剃られた

▼ 丁~ (3, 0.1%)

2 なり 1 と云

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 ぐらいのところ, のあと, の夫

▼ 丁用意~ (3, 0.1%)

1 させると, したん, しろッ

▼ 丁禹良~ (3, 0.1%)

2 というの 1 はやや

▼ 丁程は~ (3, 0.1%)

1 なれた塚戸, なれた知合い, なれた西方

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 には上, の周章狼狽, は宙

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 という若い, の五体, の首

▼ 丁行った~ (3, 0.1%)

1 か行かない, どんづまりの隠し平と, 先に

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 の坂, り何処, り行くと

▼ 丁足らず~ (3, 0.1%)

2 で早く 1 のまっすぐ

▼ 丁酉文社~ (3, 0.1%)

1 から使, から出し, といふの

▼ 丁長酒月守~ (3, 0.1%)

1 がここ, の人, の娘

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 のかえし, の數字, は無い

▼ 丁~ (3, 0.1%)

1 なりと云, の上流, 細い煙突

▼ 丁駕籠~ (3, 0.1%)

1 がかつぎこまれた, の先, の灯

▼ 丁鼻先生~ (3, 0.1%)

1 と云い, と合計, など犯人

▼ 丁あっ~ (2, 0.1%)

1 てその, て家数

▼ 丁あれ~ (2, 0.1%)

1 からしばらく, ば云々

▼ 丁おくれ~ (2, 0.1%)

1 はずらりと, 釜鬼ここは

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 ざります, ていねいに

▼ 丁しか~ (2, 0.1%)

1 ありません, 離れて

▼ 丁じゃ~ (2, 0.1%)

1 いけませんかね, 気に入らねえという

▼ 丁そこ~ (2, 0.1%)

1 の鼻寺, を二人

▼ 丁それから~ (2, 0.1%)

1 ぐるっと濠, 川原に

▼ 丁でない~ (2, 0.1%)

1 と云う, 数は

▼ 丁とい~ (2, 0.1%)

2 へり

▼ 丁といふ~ (2, 0.1%)

1 場所へ, 標柱が

▼ 丁ど可~ (2, 0.1%)

2

▼ 丁なる~ (2, 0.1%)

2 も然

▼ 丁にわたる~ (2, 0.1%)

1 ジャンジャン横丁全体, 残雪本年は

▼ 丁ばかりは~ (2, 0.1%)

1 まるで夢中, 樹木は

▼ 丁へと~ (2, 0.1%)

1 のり替え, 云て

▼ 丁ほどを~ (2, 0.1%)

1 歩いた, 登ると

▼ 丁~ (2, 0.1%)

2 と本町

▼ 丁め二丁め~ (2, 0.1%)

2 と本町

▼ 丁もの~ (2, 0.1%)

1 である, 道の

▼ 丁ゆけ~ (2, 0.1%)

1 ばなどとやや, ば渡良瀬川

▼ 丁一人~ (2, 0.1%)

1 について絹, につき年十日

▼ 丁上れ~ (2, 0.1%)

1 ば一丁, ば大

▼ 丁下り~ (2, 0.1%)

1 して, の癖

▼ 丁丑八月七日~ (2, 0.1%)

1 の書, の書牘

▼ 丁五十一間~ (2, 0.1%)

2 に當

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 へ三十六里半, へ百三十三里十四丁

▼ 丁仕立てろ~ (2, 0.1%)

2

▼ 丁位沖~ (2, 0.1%)

2 まで平ら

▼ 丁~ (2, 0.1%)

2 の天竜峡

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 にギッシリ, に数戸

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 といっ, はいったん

▼ 丁口八丁~ (2, 0.1%)

1 のても天, のわが

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 からのれん, だとか

▼ 丁四面余~ (2, 0.1%)

1 あります, の高

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 に入り, へ送付

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 太鼓一丁トンビと, 磧を

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 の林, へ上る

▼ 丁山六~ (2, 0.1%)

2 遠州屋

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 は呼ばれ, を退ける

▼ 丁度胸~ (2, 0.1%)

2 までせり出し

▼ 丁抱えこんだ~ (2, 0.1%)

2 遊四が

▼ 丁持っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て来い

▼ 丁斑魚珊瑚~ (2, 0.1%)

2 の鯉

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 は五日, は呉服橋北町

▼ 丁来る~ (2, 0.1%)

1 と日本橋, 間に

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 の四辻, へ下る

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 に停泊, に泊

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 なこと, に利いたらお目にかから

▼ 丁漢文~ (2, 0.1%)

2 と国語

▼ 丁~ (2, 0.1%)

2 の銭

▼ 丁童子~ (2, 0.1%)

2 来って

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 へこの, ズラリと

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 の伝馬, をそろえ

▼ 丁英語~ (2, 0.1%)

2 も丁

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 をと言っ, を支那

▼ 丁行け~ (2, 0.1%)

1 ば小, ば繁華

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 つた, ふ五厘銅貨

▼ 丁通り~ (2, 0.1%)

1 おった, に当り

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 では詩賦, の末

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 ったある, った原っぱ

▼ 丁隔たり~ (2, 0.1%)

1 たる停車場, たる山

▼ 丁離れ~ (2, 0.1%)

1 て存在, て武村

▼ 丁離れたる~ (2, 0.1%)

1 所の, 所を

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 でこち, なたち

▼ 丁願います~ (2, 0.1%)

2

▼ 丁香水銀郎~ (2, 0.1%)

2 の細

▼ 丁~ (2, 0.1%)

1 となる, になっ

▼1* [428件]

あたりのところ, 丁あまりそこへ行っ, 丁あまり懸崖路なき所, 丁あまり水が平に, 丁あまり茅葺の軒, 丁ありといふ故不, 丁ありますから一寸, 丁あるいは二三丁また, 丁あるくと他郷, 丁あれども軍に入らず, 丁あわせて四里, 丁いってまた, 丁いった谷間に, 丁うどん五玉酒は五合, 丁貸しくださりませ, 丁おいて又, 丁おおよそ面を, 丁かと振り向いて, 丁かなり手痛い厭, 丁からの別な, 丁からは馬琴の, 丁がけの法式, 丁きばった御用駕籠を, 丁きりじゃだんな, 丁くらひ先, 丁くらいあったの, 丁くらいしか隔って, 丁くんな, 丁ぐらいのところには, 丁ぐらいはなれて, 丁ぐらゐ手前の所, 丁こわいまぎれに, 丁ごとに荒々しく, 丁ご用だぜ, 丁さかのぼると長, 丁て無事モスコー, 丁ゃねえぞっ, 丁ずつ手に, 丁ずつも離れたしかに, 丁そこら往って, 丁そばを摺り抜け, 丁それにこのか, 丁そろえて乗りこみゃ, 丁アだれと, 丁たちの足もと, 丁たらずの距離, 丁だけ駕籠を, 丁だすて東光院, 丁だの中の, 丁って新に, 丁つけさせようブランデーは, 丁つてな事云つて, 丁つながって居る, 丁つめ三里高野山え, 丁つれてき, 丁づけ通りに, 丁づゝの間隔, 丁まえの, 丁てえのは, 丁でありながらその, 丁ではない, 丁でも一人として, 丁といふも霊山の, 丁とろとろと降る, 丁とを買うて, 丁どこの御山, 丁どに鍔を, 丁どの影も, 丁どまる一日籠り, 丁どもだ, 丁どんぐり庵へは四丁, 丁などの下役を, 丁などはすきを, 丁なら七丁で, 丁いにあと, 丁のっていない, 丁のみでしたから, 丁のみを持って, 丁はも妹に, 丁はをかしいと, 丁ばかりにして, 丁ひとつの石塊, 丁ひどい山坂を, 丁ほどで切れて, 丁ほどに逼りたる, 丁ほどは物を, 丁ほどよりあるまい, 丁また一丁位のも, 丁までも頂戴した, 丁まないたばし, 丁め下北沢などといふこと, 丁もう町は, 丁もしくは乙想伴っ, 丁もってそっち, 丁やらで, 丁より丙は, 丁はまったく, 丁らしい男が, 丁と又, 丁ウルグァイ方面よりの来信電報, 丁ギラギラする剣, 丁トンビと四つ, 丁の音, 丁ナイフとぎ, 丁一丁には袋, 丁一千九百余人の多き, 丁一寸厚の松板幾十枚, 丁一寸厚みの松板数十枚, 丁丁と梯子段, 丁丁と梯子段を, 丁七唱猪早太, 丁七唱猪隼太などは, 丁丈部造人麿という者, 丁が半, 丁三丁四丁ッてもう, 丁三丁四丁五丁目中の三丁目, 丁三十一文の駄賃, 丁三銭ヤツコで味, 丁にのぼれ, 丁上ったよッ, 丁上井出の村, 丁上高井戸まで十一丁, 丁下った狭苦しいところ, 丁下ル車道酢屋に宿申候, 丁下流に当, 丁下湯島へ一里, 丁下諏訪の駅, 丁丑前には九州, 丁丑前後には荘, 丁丑十二月九日高木轍跡屋敷御用にも無, 丁丑四月十七日出生梅津源蔵利春という, 丁丑晴左大将家御直衣始, 丁丑西南の乱, 丁世間に数, 丁並べて松の内正月二日, 丁の茶屋, 丁中津川駅なり, 丁二丁三丁四丁五丁目中の三丁目, 丁二個も挽き, 丁二十七間の丁場, 丁二郎安蔵のふたり, 丁が半, 丁五丁の道, 丁五丁目中の三丁目, 丁五十九間半とあれ, 丁五十五間後漢建武銅尺, 丁五厘であったの, 丁五号活字二段組でぎっしり, 丁五百余口あって, 丁亥三月既望の詩, 丁亥元日客歳冬暖園中梅柳頗有春色故詩中及之, 丁亥八月十五朝出生名俶, 丁亥夏五長洲沈徳潜書す時に年九十有五, 丁亥天晴安念法師, 丁亥将軍家海辺の月, 丁亥晴晩頭将軍家桜花を覧ん, 丁亥正月なるべきこと, 丁亥歳首の書, 丁亥臘月の某日, 丁亥越後国三味庄の領家雑掌, 丁から考, 丁以下なわけ, 丁以下数百千の彫刻, 丁以内にはなく, 丁仲間からは相手, 丁位のもある, 丁位先きへ, 丁位土地が高燥, 丁何日とし, 丁余りその道の左側, 丁余り道は山, 丁余傾斜の角度二十度, 丁たところ, 丁借りてくる, 丁が頭, 丁先きの我家まで一氣, 丁先形ばかりの空家, 丁つた右側の, 丁入らねえばなんねえ, 丁入り社人若山八兵衛といふもの, 丁を戮, 丁公粤の勇, 丁兵士防人の屍, 丁其他町の数々, 丁てゆく, 丁刑部直三野の詠んだ, 丁剃刀か細身, 丁から避け, 丁前後させながら, 丁前述の風光, 丁割って割りきれねえ, 丁割れてるぞ, 丁の二人, 丁匠役に赴い, 丁十七間なり, 丁とはりゃ, 丁へ下る, 丁卯三月に霞亭, 丁卯以後と朱書, 丁卯兵衛尉清綱昨日京都より下, 丁卯十二月二十三日一八六七年十月十七日となっ, 丁卯弥勒二年丁卯と並べ, 丁卯春の釈奠, 丁卯晴寅刻大地震, 丁卯晴陰将軍家大将に任, 丁原河内の太守王匡, 丁友人もみな, 丁の方, 丁何匁ずつ, 丁合格者の減失, 丁向こうへいく, 丁之以故, 丁周囲位の池, 丁味噌の, 丁哉氏が送つ, 丁喜多院前で下車, 丁四丁ッてもう, 丁四丁五丁目中の三丁目, 丁四人中男三人, 丁四個の思想, 丁四十二文もした, 丁四十二間大尺, 丁四面程の高地, 丁をのぼっ, 丁坊いまから試験, 丁坊くんばんざーい, 丁坊たちはわっ, 丁坊ほんとをいう, 丁坊君に新しい, 丁坊君悲観せんでも, 丁坊本社で聞いた, 丁坊自身ばかりで, 丁の人, 丁堡昔の, 丁の役宅, 丁塀囲いの別, 丁ヲ募, 丁太郎は自分, 丁夫人の子, 丁奇数が半, 丁奉が一軍を伏せ, 丁が素足, 丁寛の, 丁孤苦みすぼらしい身, 丁宛吟味して, 丁へもおくんなさい, 丁であるか, 丁寅七月というよう, 丁學校に, 丁小刻みに歩い, 丁小屋は尾上町, 丁小山というところ, 丁少しくらゐ, 丁尾張家の御用駕籠, 丁山角を廻る, 丁岩村田なり, 丁川上の方, 丁川岸それより五料, 丁巳一月十三日の裁, 丁巳七月三日であつ, 丁巳以後の武鑑, 丁巳八十一歳であらう, 丁巳八月二日寺町宗仙寺墓あり六十歳, 丁巳六月に駿府加番, 丁巳六月十七日より柏軒, 丁巳十二月十三日に柏軒, 丁巳和田左衛門尉義盛上総の国司所望, 丁巳墨使登営の節, 丁巳経を執っ, 丁巳霜月初旬に及ん, 丁平日被役於人, 丁庚辛壬癸を発見, 丁度合ふほど, 丁建陽を殺させた, 丁引きかへした, 丁引込んだ小高い丘, 丁って終に, 丁待ち構えておっ, 丁後れて来る, 丁御用駕籠がお, 丁志十五に晁端揆居京師, 丁に伴, 丁の側面攻撃, 丁戊みな一緒になつ, 丁ね, 丁所つげ給はねど, 丁手掻で右, 丁だ, 丁挙人の家, 丁握りもはなはだ, 丁教育の夜學, 丁散財に行こ, 丁數四千三十八を早飛脚, 丁斐披見して, 丁は牧場, 丁晋公臨終前半月, 丁の書, 丁晏孔注證僞, 丁景気よく乗りつけた, 丁最も弱きを, 丁木屋の瀬, 丁本山駅なり, 丁らしいの, 丁松井田駅なり, 丁やはひっそり, 丁校対の事, 丁桜並木の蔭, 丁のなか, 丁権現神社の下, 丁樵夫が連れ, 丁の香り, 丁櫻木天神の境内, 丁がそれ, 丁歩くごとに, 丁歩むと郁次郎, 丁歩るいて, 丁残る夏豆腐, 丁殺しの花井於梅, 丁汝昌提督のよう, 丁泣かせの六兵衛, 丁海岸沿いに北上, 丁減少の例, 丁湯附近にて昼食, 丁を横切っ, 丁献じやしょうかそう, 丁に, 丁玲ワンダ・ワシリェフスカヤ等の作品, 丁班魚などには及ばなかった, 丁甘草の花, 丁甚だとか, 丁から田舟, 丁町東へ歩い, 丁町誰知らぬ者, 丁の間, 丁口同, 丁登って河童橋, 丁登れば大, 丁目ごとに道路, 丁目それぞれ手前の都合, 丁目二十四番地印度人シャイロック・スパダ氏経営に依る, 丁相つぎて起こる, 丁と貝, 丁禹良らの姿, 丁程しかないお寺, 丁程と思はる, 丁程とも申し上げられませんが, 丁程を隔てられて, 丁種々あるけれども, 丁稽古をつけ, 丁穉一人つれ貧道弟子杵屋佐吉, 丁穉一人一つの釜, 丁穉一人母一人嫁一人乳飮子一人是等は助, 丁穉三人抱への鳶の者一人, 丁続いている, 丁線路を伝っ, 丁置いてある, 丁美江寺駅に到る, 丁と彷徨, 丁荒しだの殺生石, 丁荒しした奴等だ, 丁荒らしと驚嘆, 丁荒縄でしばつたの, 丁董等が權威薫灼, 丁廻屈曲し, 丁行きましてチュンビー, 丁行きますと町, 丁行つて突當りの, 丁へ触れさせなく, 丁につれてめえ, 丁見つけてまいりました, 丁としてあります, 丁計り手前で車, 丁調布まで一里二十四丁, 丁諾瑞の三國, 丁謂南宋の賈似道, 丁謂集を有, 丁買い込んでそれ, 丁走って懇意, 丁走った後に, 丁を進める, 丁跳んでゆく, 丁近くも走った, 丁近づいてまいりました, 丁返せという, 丁迷い込んで跡, 丁通るうちに, 丁遂に旗艦の, 丁遊んで行こう, 丁は草叢, 丁遠くの友, 丁酉倫理會雜誌に公表, 丁酉弘化丙午となる, 丁酉晴和卿を御所, 丁酉正月の大火, 丁釣場へ出かけた, 丁銀豆板のたぐい, 丁長酒月守志摩徳兵衛の手代, 丁より出る, 丁隔たりし松林の, 丁隔ててこれ, 丁である, 丁雇うてこい, 丁雇ってき, 丁でエタ村, 丁離レタ所ニオ誂エ向キノ家屋ガ一軒売リ物ニ出タノデ, 丁の中, 丁霊族の案内人, 丁霊王の位, 丁須原の駅, 丁風脇二丁の月行事, 丁飛脚が内, 丁食ったところがその, 丁食べてそれ, 丁飯田町の河岸, 丁餘死亡の者六十三人, 丁香山寺に立つ, 丁香白檀蘇合香毒薬などというもの, 丁香色になる, 丁香花もさかり, 丁香薔薇の清凉, 丁香香の夕山, 丁馬安直デモ倉プロ亀どぶ, 丁馬親分や安直兄いもこちら, 丁駈けて来, 丁駈け散らして来た, 丁高崎駅なり, 丁の, 丁の子