青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一角~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一筋~ ~一緒 一緒~ ~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行 一行~ 一見~
一角~
~一言 一言~ 一足~ 一身~ ~一軒 一郎~ ~一部 一部~ ~一部分 一部分~

「一角~」 1503, 16ppm, 6967位

▼ 一角~ (294, 19.6%)

9 立って 3 隠れて, 頼まれて

2 [12件] あって, ある, きら, その全力, ほのぼのと, まだ生, 一つの, 千年の, 向って, 湧いて, 立つて, 足を

1 [255件] あたつ, あった, あったが, あつた家, あらわれた, ある一つ, ある下宿, ある雲中, いつか根を, いるべき山田家, うった雲, おいた以上, お出で, お雪ちゃんが, かかげられ仙境, かねて聞きおぼえ, きて, くっ付いてるの, この一軒屋, この時計台, この頃田舎, こんな奇妙, しが, して, しては, しばらく船, しょんぼり小さく, すぐ手, ずぶりとめりこんだ, そ, そのコーナー, その日, その理想, その理想郷, そびえた, そふて, それは, たどりつき文明, つけて, ときどき目, とどまって, どさり, はや起っ, ぶうんと, ぶつかって, ぽっかりと, ぽっつりと, まだ新しい, まっ黒い, わいた走り, オーケストラが, キラリと, バラバラと, ブラ下っ, ブーンと, 一点くろい, 三軒の, 上つた現状打破の, 上陸, 乗りあげしなり万事休す, 乗りあげし時, 五体を, 享けて, 他の, 以前から, 佇みながら, 佇み柔媚, 佇んで, 位置する, 位置を, 低く地上, 住んで, 何か, 何が, 佗び住ん, 依然美事, 侵入し, 保存する如く, 僅かながら, 儼然たる, 入って, 八畳六畳四畳半三畳の, 兵旗を, 其俤が, 出でて, 出られる, 出る, 出世の, 出来て, 出現し, 出現した, 勢力を, 向けて, 囲って, 固著した, 在る二丈, 地上の, 地位を, 地歩を, 坐礁し, 場所をか, 塾を, 多少の, 夜の, 大月世界が, 存在する, 存在の, 学校風の, 安置され, 安置し, 宛てたその, 宝塚歌劇が, 将座, 小さな赤黒い, 居留地の, 嶮と, 巣を, 左様な, 巨頭を, 市場を, 席を, 建ちなじんだもの, 建った格子造り, 建てられた旧, 建てられた燈台, 引きかかって, 応接室からの, 恩賜財団済生会と, 惡魔の, 愛蘭土文学が, 感ぜしめて, 手を, 扮するの, 拠って, 拠り敢然, 振り廻されて, 授けて, 撲られて, 政治家の, 数組の, 斬り斃, 於て, 於てさえ, 日が, 日の, 映り始めた, 春風の, 昼なお, 時ならぬ, 望むこと, 横たわって, 止まると, 此の, 死にもの狂い, 殺されたの, 殺されるの, 毅然として, 水天宮を, 泥足の, 注ぎその, 流れて, 測候所あり, 測候所の, 漕ぎつけた, 激戦が, 燃えうつる, 片寄つて居る, 町相応の, 畳一畳位の, 當てる, 発生展開を, 発見され, 白いもの, 相当大きく, 相違ない, 眼を, 石材工場が, 確たる地歩, 磔刑られ, 突き立てて, 突如と, 突立っ, 突立った, 立ちフランボウ, 立ち現れて, 立った, 立ったそして, 立ったとき, 立つた, 立つと, 立つの, 立つ記, 立てば, 米ジェット機が, 糸口が, 純田舎製, 素早く軽, 縄尻を, 置かれた時, 聳えしかして, 背を, 自らを, 自動車を, 英国より, 藍色の, 蛇口が, 蟠居, 見えるカフェー・パビヨンロワイヤル, 見た, 見たので, 見つけた, 触れて, 触れなければ, 触れる淡い, 觸れる, 走り不安, 起る, 超弩級艦, 辿り着く, 近代活字が, 追ひ込んでしまつた, 遅くは, 過ぎないが, 達した, 達したこの, 達した時, 達して, 達しても, 達し猫又川, 達する階段, 達せられたとき, 違えねえと, 配置され, 釘づけされ, 閃光を, 開墾の, 闇が, 限らぬ, 陣する, 陣取って, 陥欠, 集まつて, 集中された, 雪崩れこんだ, 雲か, 雲を, 露天商が, 頭を, 飛んで, 馬を, 高い時計塔, 高まり易い, 魏が, 黄色い細い弦月, 龕の

▼ 一角~ (210, 14.0%)

6 睨んで 4 占めて, 突破し 3 出せッ, 掠めて

2 [15件] ぬいて, ほの, 下に, 凝視する, 切り取って, 切り取っても, 占領した, 抱いて, 指して, 望むよう, 残して, 眺めて, 睨ませて, 睨んだ, 見て

1 [160件] いつまでも, おいやって, かこつて, かすめた空, くずした, くづし, ここへ, さえ真, さして, じっと見, ながめました, なして, なめ上げて, にらみ, にらみながら, のこして, のぞいて, ふりかえって, ぶちこわして, まッ先, やぶって, グッと, チョキリ, 与うれば, 丸の内の, 予て敵, 仕切り取つて, 代表する, 仰いで, 住み込ませて, 使うと, 写生し終る, 凝視し, 切りくずして, 切り取つた無情, 切り拓い, 切取って, 削げおとすやう, 占むる梅の, 占めその, 占めた増田屋, 占めた宏大, 占める大きな, 占める店構, 占める日本, 占める花川戸, 占め小さな, 占拠した, 占有し, 占領, 占領し, 同じくし, 名所圖會の, 呼べッ, 嘲哢, 埋めたまま, 埋めようと, 壓し, 外しさ, 奪取した, 女たちの, 委ねて, 宰領した, 対手に, 射て, 小さくゑぐり, 崩されると, 引っ剥がし取って, 当てるとき, 微に, 志して, 悲し気, 打据えましたこれ, 抱えて, 押し破って, 持ちあげる役目, 指さして, 指さしながら, 指さしました, 指し, 指しながら, 捉えたの, 探し当てたの, 描き出して, 斬りくずして, 斬り倒した, 断裁し, 暗くする, 曲つて來ながら, 書物箱か, 月に, 杣や, 東から, 東京の, 板壁で, 染めて, 横切って, 横切つて, 横切らなければ, 欠いた不規則, 欠くが, 欺し, 残した時, 殺すが, 殺すよう, 求めて, 浸し熱, 溶し, 灰に, 無償で, 焼き東, 煌々と, 燃え崩して, 燒き, 特別に, 狙けて, 狙ふだらう, 現わし, 現わす, 眼に, 睨まえて, 睨みながら, 睨むよう, 睨め何, 睨んだなり必死, 破ったという, 破って, 磨滅し, 示したであろう, 禿げチヨロ, 突き破って, 突き破らぬ限り, 突つ, 窺いて, 繞った, 肩に, 肩にかけて, 荒し廻る兇賊木枯傳次, 衝いて, 衝立で, 見すえた, 見せた存在物, 見た, 見つめた, 見ると, 見事に, 見詰めて, 覗きこんだ, 谷へ, 赤赤と染め, 蹴破り牛金, 蹴破るや, 通ったに, 通つて銀座に, 過ぐる感, 針で, 除く以外, 露出した, 騒がすの, 騙して

▼ 一角~ (174, 11.6%)

2 それを, 孫兵衛の, 血を

1 [168件] あくまでそこ, あざやかに, いかが, いない, いま小林の, いやおうなく, うごかなかった, お八重, ぎょッ, くずれ中国, この嘲笑, この放蕩無頼, こんどの, すぐに, すでに崩れ, そういっ, そう考えた, その態, その手, その時, その翌日, その言葉, それと, たえず彼, たった今ほど, たまらなく焦いらし, ちゃんとし, つぶやいた, とうとう笑い出し, どういう胸算, どうしてもつけ入る, どっどと, どんと激しく, なお二人, はっきりと, ひとりで, ふいに, ふたたび川, まずい抜く, またし, またのび上がっ, また合歓, また猥談, また飲みはじめ, また首, まだ自分, みえるが, むらむらと, もう少しする, もう底, もとからの, やぶれた, やや怪訝, よろめいて, われと, アカシヤの, ハッと, ヒラリと, ムッと, 一枚の, 三位卿の, 不思議に, 不意を, 中の, 二の, 二人に, 二人の, 五六度の, 五助街道の, 今の, 今日は, 何か, 傲岸に, 元からの, 元気が, 先に, 全くかれ, 冷やり, 初めから, 判然と, 動顛し, 反対の, 啓之助の, 喧嘩の, 国元へ, 大松の, 天下の, 妙に, 孫兵衛と, 対手が, 封を, 小障子, 岩牢の, 巧みに, 幾度も, 床柱に, 庭と, 後に, 後へ, 微笑し, 心の, 怖い眉, 懐から, 抜刀を, 捨て身に, 掌の, 握り拳を, 斬りまわった, 新九郎の, 旅が, 早くも, 時折ウームウームと, 書院窓を, 朝酒の, 未練も, 朱に, 枡を, 森や, 横堀の, 横曾根村に, 此処を, 気の毒そうに, 水を, 水技に, 注意ぶ, 浮気者だ, 涎れ, 満開の, 焼けなかつた, 熊の, 片手で, 物をも, 狽えて, 相変らず, 知らない奴, 穴でも, 笑った, 笠の, 素より惚れ, 素振りを, 緋も, 編笠の, 肩を, 腕ぐみを, 自分で, 舌うちを, 苦虫を, 袴の, 裏門の, 覚えの, 言った, 語を, 貧乏ゆすりの, 足に, 近寄って, 退がった, 途端に, 酒の, 鉢金の, 陽よけの, 隙を, 額堂の, 顔を, 顔見合せ, 飴の, 馬鹿で, 驚いて, 黒羽二重の

▼ 一角~ (170, 11.3%)

4 処へ 3 前へ, 姿を, 隠家, 顔を 2 体は, 死骸を, 雨中の

1 [148件] あたま, あらゆる船, いずれかで, いるからには, うしろからも, からだは, ことだ, ごとき暴, ごとく薄く, すくいに, すそを, つけ智恵で, なかか, ふしぎなしずけさです, ほうを, ようで, ように, 三人お, 三人は, 両助太刀, 亡骸を, 人物に, 人間なみに, 令嬢仕立に, 体温を, 倨傲と, 側へ, 兄清水狂太郎は, 兇状は, 六疊で, 兵隊は, 出ばなを, 刀の, 刃が, 刃を, 別天地として, 参詣人が, 口から, 名を, 名前から, 喉輪を, 四半分だって, 土地が, 土地を, 地を, 報らせがまいる, 声らしかった, 外線こんもり, 大刀を, 大刀左に, 太刀の, 女御殿が, 女房に, 姿は, 威嚇を, 実業家として, 家は, 密雲が, 寝すがた, 寝床へ, 小手を, 尻尾について, 崩れを, 常識でも, 広い板囲い, 床上に, 廻し者花車を, 引き戻すまま, 影を, 後頭部へ, 怪獣の, 息が, 所が, 手に, 手を, 打った手形, 批評である, 技に, 技は, 持って, 政客の, 方に, 方は, 早打か, 暗い所, 暴露が, 最も機械的, 期待し, 柱を, 構えて, 様子を, 武骨な, 死骸から, 殺意は, 為に, 烈刀は, 焦点へ, 焼き直しであろうとも, 狂いを, 猫退治で, 玄関へ, 男は, 町として, 白い歯, 白刃と, 目も, 目算は, 真眉間, 眼か, 眼に, 眼は, 眼を, 知らせに, 突破に, 立ち去った足音, 笑い声が, 答えが, 経験と, 肚が, 胡麻塩頭に, 胸に, 腕荒木流の, 自来也鞘, 若い女, 虚を, 行方が, 行方は, 裏窓ばかり, 襟を, 見張りであった, 言葉は, 話が, 話で, 赤松の, 足が, 足を, 通知が, 都合四人づれで身の, 隠れ家まで, 隠れ家を, 隠れ家交遊庵へ, 隣り座敷, 音楽に対して, 顔は, 首を, 髻を, 鬼の, 魁偉な

▼ 一角~ (155, 10.3%)

3 崩れると, 破れて 2 お前に, ピカリと, 壊れたため, 崩れても, 殺したと

1 [139件] ある, いうので, いきなり前, お吉, くずれると, けたたましい音, しきりにそれ, したたかに, すぐに, すぐ首, そういうなら, それは, それへ, ただならぬ絶叫, たちまち灼熱, つけて, つづらの, とけるの, どこかへ, どよめいて, なぜか, ぬっとはいっ, ぱっと明滅, ほのかに, ぼっと赤らみ, ぽこん, ぽつんと盛り上っ, またどなっ, むッくり, わずかに, ズッと, ツと, ピタと, 万吉の, 上わ, 乱れたところ, 人から, 今にも突き出さん, 今日俄かに, 仕官時代の, 他の, 仰がれた, 先へ, 入日を, 勘弁した, 口の, 嘲笑する, 堀留で, 境遇の, 夜着の, 奪い一角, 姿を, 寝酒を, 小六, 少し凄味, 屋根は, 崩されると, 崩れかけてる, 崩れた, 崩れました, 崩れようと, 崩れれば, 崩れ始めて, 崩れ立った, 左に, 常から, 庭下駄を, 弦之, 後ろから, 怒った, 急に, 性急に, 恋の, 悪いよ, 惣次郎より, 惣次郎を, 扉の, 手に, 打切った, 振被る折, 政治論に, 旦那を, 映し出される, 晴れて, 曇って, 朗吟口調で, 望まれた, 柔かい雪景色, 欠けたやう, 死んだ, 殺しは, 水の, 水襦袢に, 江戸から, 深傷, 無惨に, 焼け落ちて, 燃え落ちたらしい, 片付けられ四窓庵, 片手に, 犠牲に, 白くなだれ, 真っ先に, 眺められた, 破れると, 福野流の, 空の, 突ッかかる, 立って, 経験した, 絶壁から, 肘を, 腹を, 舐めたよう, 苦々しげ, 見えて, 見える, 見え初めた, 見る見る中, 見張って, 親船へ, 訪ねては, 誰より, 賑やかな, 蹌けながら, 蹴破られて, 躍りかかッ, 通じない反問, 遠く立ち去った, 野袴を, 銀五郎の, 鐺を, 阿州屋敷, 陥没した, 電馳し, 静まった, 顎で, 飛龍と, 鮮明に

▼ 一角から~ (82, 5.5%)

2 吉祥寺の, 次々に, 自分の

1 [76件] きた, くずれて, その同志達, にわかに気味, はじめること, ふしぎな, ぶーン, まっ黒な, れいの, ガラガラッと, サッと吹きおろしました, フットボール位の, ラジオ, 一流の, 一角に, 下って, 不意に, 人の, 佐久間町久右衞門町八名川町と, 入りみだれて, 出発した, 叫びが, 吹き初めたもん, 喊声枯葉を, 大軍勢, 天下の, 崩れかかる危機, 崩れだした, 崩れはじめました, 崩れ立つ, 工業の, 底ぢからの, 張りさけるよう, 彼の, 彼女の, 徐々に開始, 我々の, 打開し, 振りかえってしみじみ, 振りかへ, 採り入れられて, 推挙が, 斬りくずして, 旭川を, 明るくなった, 時雲の, 次第に崩れ出し, 此辺一体の, 法燈の, 溢れ出る青い, 澄みかけて, 激変した, 炎が, 犬の, 現れた, 現実の, 眺めよう, 空気を, 突撃し, 立川飛行聯隊の, 絹を, 罪色紅の, 見たよう, 起つたひとつ, 起りました, 軟らかな, 轟々と爆音, 近づいて, 返事は, 逃げのびた者, 遥か離れた, 金を, 長く突き出た, 開墾に, 雄心勃々として, 音楽が

▼ 一角~ (45, 3.0%)

2 事変の, 火の手が, 親兄弟

1 [39件] この深夜, そうした原因, そこに, そこは, どす青い, ぶつかり合って, わめく声, ドシンガタガタと, ピカリと, 一つの, 一人の, 不意に, 与八としての, 今や二つ, 八十余年前の, 勝った, 可憐な, 呱々の, 小六が, 少々立ち騒い, 岩に, 市民は, 市街戦の, 待機し, 感じとって, 擡頭する, 文学に, 松山勢は, 植込みの, 正気づいた, 武藏と, 泊つたそして, 消滅し, 火が, 炎症を, 生活は, 馬上から, 騒がしい乱, 高層を

▼ 一角~ (43, 2.9%)

1 [43件] あわてざるを, あわてて, いい加減, いよいよ捩じ開けられた, うっかり引金, お十夜, こんどは, すっかりこの, ぜひなく, そこから, そこへ, その一人, その儀, その後から, つい気, つり込まれて, どてらに, にわかに顔, ぴりっと構え, またおもむろに, やや張合い, やや心, 不気味でございます, 剣を, 同じよう, 同時に江戸入り, 呆ッ気に, 周馬も, 場所がらでは, 奪れなかった, 尾について, 引続い, 思わず苦笑い, 最早観念, 法月弦之, 火桶ご, 片手に, 短刀の, 素速く, 肩墻である, 袴の, 阿波守の, 額に

▼ 一角~ (37, 2.5%)

2 連絡し得る

1 [35件] あくまでお, おぼしき眼, お十夜, かんじょうした, きたひ, ぐるに, なれあって, はっきり分っ, 一角とが, 中国西部の, 九鬼弥助は, 二三人の, 云おうか, 名前まで, 周馬であった, 啓之助が, 姉と, 定まりました夫, 定まり先ず, 定まり女, 引っ組ん, 曹操軍の, 本国との, 森啓之助, 決ったらお, 申したの, 申す者, 申す至って, 白い支那焼, 知って, 知りながら, 総髪の, 花車重吉の, 行き合った嘉門次, 運動会の

▼ 一角~ (32, 2.1%)

1 [32件] すすみ入り, ついたの, どッ, ななめさがり, むけて, われから, 出たの, 出る, 出ると, 向って, 吸い込ませて, 堂々たる街, 天, 建てられたあの, 当たるという, 思わずお, 杯を, 爆弾の, 狙いを, 猛突, 登った, 移ると, 突きかけたが, 突入した, 足を, 足場を, 透って, 集めるあと, 顎で, 顏を, 餞別とは, 馳けて

▼ 一角には~ (16, 1.1%)

1 [16件] かえってまだ昔, もう火の手, 団扇太鼓賑やかな, 地震で, 夕方に, 太閤の, 女学生も, 実に故, 将門の, 恐怖の, 演劇の, 田舎から, 真黒な, 私の, 絶えずその, 露の

▼ 一角~ (9, 0.6%)

1 あの駕, 九鬼弥助の, 大阪表で, 孫兵衛などよりは, 孫兵衛は, 小林平八郎柳生流の, 弥助は, 番士たちあわただしく, 自分へ

▼ 一角先生~ (9, 0.6%)

1 が此方, てえ, とは気, などという方, などと書い, に似, の処, の御新造, は此方

▼ 一角という~ (8, 0.5%)

2 者は 1 ことも, のは, 事が, 奴が, 横曾根村の, 浪人が

▼ 一角だけ~ (7, 0.5%)

1 である, で周馬, 取り残したという, 川中へ, 残され新, 煌々と, 近より

▼ 一角では~ (7, 0.5%)

1 あるが, 日本が, 明智勢と, 極超, 毎日の, 田安家の, 終夜

▼ 一角とは~ (7, 0.5%)

1 これ世を, その当時, その途端, ひそかに, 桐ば, 没交渉で, 飛離れて

▼ 一角~ (6, 0.4%)

1 から敵, がそこ, ぞこの, つたのである, な, 一角が

▼ 一角まで~ (5, 0.3%)

1 出て, 眺められた, 見えようはず, 足を, 追い詰めるよう

▼ 一角さん~ (4, 0.3%)

4 は何処

▼ 一角だけが~ (4, 0.3%)

1 ことに堅気, 断雲の, 望まれる, 謙遜な

▼ 一角である~ (4, 0.3%)

1 だけにパリ, ということ, というによるの, のにこれ

▼ 一角にも~ (4, 0.3%)

1 似合わん憂鬱, 劣らず弦, 火は, 鄙びたささやか

▼ 一角~ (3, 0.2%)

1 十夜, 十夜孫兵衛旅川周馬, 十夜孫兵衛旅川周馬その

▼ 一角だけは~ (3, 0.2%)

1 今焼跡に, 山を, 覆面を

▼ 一角だけを~ (3, 0.2%)

2 残して 1 覗くよう

▼ 一角でも~ (3, 0.2%)

1 安閑と, 崩れたかと, 赤か

▼ 一角とも~ (3, 0.2%)

1 あるもの, あろうもの, 場所で

▼ 一角とを~ (3, 0.2%)

1 しみじみと, 交る, 揺すぶり起こして

▼ 一角~ (3, 0.2%)

2 のだ 1 のです

▼ 一角などが~ (3, 0.2%)

1 そちに, たちまちせいた, 何か

▼ 一角において~ (3, 0.2%)

1 傷め付けるほど, 生き残りの, 突き崩す

▼ 一角より~ (3, 0.2%)

1 何やら大事, 起こって, 身を

▼ 一角をば~ (3, 0.2%)

1 そのあたり, 其のあたり, 鋸もて切取り

▼ 一角あり~ (2, 0.1%)

1 老ゆれ, 長さ僅か

▼ 一角からも~ (2, 0.1%)

1 火が, 細い女

▼ 一角じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないかと, ないでしょうか

▼ 一角それ~ (2, 0.1%)

1 を掠っ, を追っ

▼ 一角として~ (2, 0.1%)

1 爾ある, 自己自身を

▼ 一角と共に~ (2, 0.1%)

1 何か, 風の

▼ 一角はと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 見ると

▼ 一角~ (2, 0.1%)

2 に確立

▼1* [122件]

一角ある事などを, 一角おそるおそる船屋形の, 一角かたわらにいる, 一角からか飄々として, 一角からさえすでに煙, 一角からは現在帆立貝や, 一角がにはかに, 一角きっと月光の, 一角この以外の, 一角ごとに一個, 一角しか望めないのに, 一角すらまだ奪, 一角すらも二の足を, 一角そこはいま, 一角そしておれ自身, 一角そちは帰国, 一角その大通りの, 一角その他の阿波侍, 一角そりゃ余りお前, 一角たかのしれた, 一角たる東亜新, 一角だったにちがい, 一角だに壊せなかった, 一角であったが決して, 一角でございましてご, 一角とか云う剣術, 一角とがいまや入り乱れ, 一角とだけがおぼろに, 一角とてさすがである, 一角との話を, 一角どのへ参る, 一角なるものが, 一角なんていうな, 一角にあたって霹靂が, 一角にかとりの, 一角にだって探偵小説の, 一角について逃げるわけ, 一角については猫の, 一角にて白木板戸の, 一角にでも残して, 一角にとって頼み甲斐の, 一角にぶーンと, 一角に対する考えは, 一角はわッと, 一角ばかりを見つめて, 一角へでも迷い込んだよう, 一角ほど肩肱は, 一角ぼくの家, 一角まいったか, 一角またひょいと気がついた, 一角または半数三分の一くらゐ, 一角までは確かに, 一角め兄さん姉さんの敵, 一角もうこの辺, 一角もはッと, 一角らしい櫟の, 一角わき腹を突け, 一角をしか直観否, 一角をめぐってここまで, 一角をよぎつた二寸五分半径の, 一角早く助, 一角ッ大急ぎでお, 一角ヒロシマで盛りあがっ, 一角一町四方もあろう, 一角丁度お夢, 一角久しぶりに来, 一角仙人の面, 一角以外には船着場所, 一角の片腕, 一角先づ燧を発する如く, 一角入れてスタ, 一角入間川を距, 一角六分周馬四分の力とみ, 一角六畳と四畳半, 一角て落しました, 一角刺客となっ, 一角加えた事実上の, 一角原士の中, 一角周馬孫兵衛の三人, 一角土足のまま, 一角多くしかも今, 一角大人なみに用, 一角奥南岳に寄った, 一角寄るより早く, 一角がって, 一角兵館と, 一角崩せば後, 一角帆柱の裾, 一角ろしく, 一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 一角投げ槍の, 一角招待席の天幕, 一角振分けを解い, 一角播磨から但馬, 一角既に崩落し, 一角日本を開け, 一角早く討ち度い, 一角更に二十五分の後には, 一角木立の中, 一角業腹でたまらない, 一角という, 一角横須賀であったこと, 一角樫柄の槍, 一角殿や孫兵衛殿, 一角をへだてた, 一角源七の三人, 一角牛天神の境内, 一角申分なく田園的, 一角にし, 一角直線に断たれ, 一角福岡地方だけは昔, 一角私たちの行く手, 一角竹屋三位卿など面, 一角緒締は珊瑚, 一角若松という不自由, 一角詳しく言へば, 一角貴公は仇討, 一角開けて置いたらしい, 一角青空に輝く, 一角面部を深く, 一角高輪の台, 一角の角