青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ガラッ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

エ~ エラ~ オレ~ カン~ カント~ カーテン~ カ月~ ガ~ ガス~ ガラス~
ガラッ~
ガラツ~ ガン~ キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~ グッ~ コゼット~ ~コップ コップ~

「ガラッ~」 2821, 27ppm, 4291位

▼ ガラッ~ (2690, 95.4%)

249 の八五郎 40 は少し 28 は平次 24 の話 22 の顔 21 と一緒, はすっかり 20 はその, はもう 19 の鼻 17 の方, はまた 15 の手 14 の報告 13 の声, は妙, は後ろ, は飛ん 12 はそう 11 はそんな, はたまり兼ね, はまだ 10 は自分, は黙っ, を伴 9 が飛ん, でした, は大きな, を促し 8 です, の前, の眼, はこの, はそれ, はとうとう, は長い 7 が飛込ん, の疑い, はそっと

6 [12件] が帰っ, と二人, はもう一度, は何, は危うく, は外, は絵解き, は顔, もさすが, も思わず, をつれ, を案内

5 [16件] がそう, ですが, の後ろ, の言葉, の調子, はいきなり, はこう, はさすが, はそのまま, は例, は思わず, は相, は首, は鼻, も少し, を顧みました

4 [22件] がこう, が長い, と平次, と重吉, と顔, には何, に眼, の野郎, の驚き, は, はお, はこんな, はようやく, は一応, は一生懸命, は大変, は疾風, は眼, は膝, は親分, は顎, も驚きました

3 [73件] がこんな, がそんな, が入っ, が帰った, が平次, が旋風, が眼, とお, と佐吉, にこんな, にはまだ, には不思議, のため, の口, の問い, の大変, の後ろ姿, の糞力, の腕, の腕力, の長い, の頭, の馬鹿力, はあまり, はいつの間に, はここ, はこれ, はこんなに, はしばらく, はただ, はぼんやり, はゴクリ, は元, は勢い込ん, は口, は唇, は囁きました, は囁きます, は四方, は平, は往来, は心配そう, は急, は懐, は懐中, は押して, は日頃, は早く, は根気, は横, は死骸, は気, は気軽, は漸く, は狭い, は猟犬, は表, は見事, は躍起, は頬, は頭, は頸, もあまり, もしばらく, もすっかり, もよく, も妙, も開いた, を叱り飛ばし, を相手, を眼, を迎えました, を顧み

2 [160件] か, がお, がこの, がそっと, がまだ, が勇太郎, が危うく, が口, が呶, が報告, が居たら, が店, が手, が案内, が絵解き, が言う, が言った, が顔, が驚いた, とその, と三好屋, と仲間, と利助, と富蔵, にこう, にせがまれ, にそう, にはますます, には手, には謎, に任せ, に合図, に指図, に言い付け, のところ, のとぼけた, の叔母, の大, の大きな, の姿, の左, の懐, の手柄, の手紙, の掌, の注意, の燃える, の疑問, の相手, の真剣さ, の耳, の膝, の言う, の話術, の説明, の驚いた, の驚きよう, はあの, はあわて, はすぐ, はそこ, はその間, はつままれた, はどんなに, はまさに, はキナ, はギョッ, はニヤリニヤリ, はペロリ, は一, は一世一代, は一句, は不平, は二つ三つお辞儀, は今さら, は今度, は入っ, は入口, は全く, は内懐, は出かけ, は吉三郎, は呆気, は唸りました, は問いかけました, は埃, は変, は夜, は大きく, は女, は子分, は宙, は尤も, は左, は帰っ, は平手, は弾み, は忌々し, は思い, は恐る恐る, は悄気返っ, は悉く, は指, は掌, は擽ったく, は敷居, は文句, は新しい, は昨夜, は昼, は時, は月, は本当に, は横っ飛び, は無, は獲物, は立, は精いっぱい, は素直, は縁側, は苦笑い, は行灯, は言う, は路地, は遠慮, は部屋, は酸っぱい, は闇, は隣, は離屋, は額, は驚い, は高々, は鬼, は魂, もこう, もこの, もその, もそれ, もなかなか, もツイ, も与次郎, も口, も固唾, も引, も石原, も顔, も黙っ, をからかい, をさし招く, を促し立て, を呼出し, を始め, を尻目, を居睡り, を掻き退ける, を目, を睨み据えます, を追っ立てる, を連れ

1 [1144件 抜粋] お勇, か何, が, がいい, がいった, がうさん臭い, がくすねた, がそういう, がたまり兼ね, がつくづく, がどうやらこう, がふり返る, がまた, がゐ, がボロボロ, が一生懸命, が三人, が不平, が二の足, が交, が付添っ, が借り, が入口, が午吉, が取りなし, が呑込み, が囁く, が多勢, が大徳屋, が寺島, が居た, が山谷, が差出した, が引添, が心得, が思い出し, が思わず, が手一杯, が手伝い, が持前, が掌, が提灯, が旅籠町, が最後, が本郷, が桶屋, が横山町, が毛氈, が泊っ, が湯島, が物, が発見, が穴, が精一杯, が群がる, が聞き齧った, が腹, が芝, が襟首, が見馴れた, が言える, が説明, が諜, が越後屋, が踏込む, が送られた, が遠く, が鍋町, が隠れ, が面, が顎, が飛び出す, が飛出します, が首, が駆けつけた, この時, ごときに, さえ欄干, その後ろ, それに与次郎, だけかもわかりません, だけをつれ, ちょうど好い, でおよそ, でもよほどの確信, でも居, で通る, という人気男, とうとうあきらめ, とは日当り, とは馬, ともあろう, と久三郎, と伊三松, と別れ, と山, と幾つ, と手分け, と清次郎, と菊松, と鉢合せ, なかなかよく届きます, などよりは余程, にあんな, にきめ付けられ, にしてやられました, にとっては一番, にはいよいよ, にはその, にはそんな, にはよく, には一向, には判り, には想像, には解りません, にもやはり, にも何, にも厭, にも容易, にも解らない, に似た, に別れ, に半日, に命じ, に対する何より, に差出させ, に引立てられ, に手, に手伝わせ, に持たせ, に挨拶, に教わった, に止められ, に洗わせた, に渡しました, に目, に種, に突当った, に肩, に薄手, に見とがめられた, に誘われる, に譲っ, に跟けさ, に送られ, に雨戸, に飛付かれた, に首根っこ, のぐあい, のこと, のつまみ上げた, のよう, のモデル, の上, の不平, の不満, の争い, の仕方噺, の凹む, の半間, の反, の向う, の噛み付く, の天稟, の安否, の巨体, の差出す, の弁明, の引出せる, の心意気, の心臓, の恐ろしい, の慰め顔, の折, の挟撃, の探偵眼, の暢気さ, の望み, の板前, の武力, の気組, の注, の火傷, の照れ臭い, の狭い, の用件, の碁, の私, の築き上げた, の経験, の背, の背筋, の胸倉, の脇腹, の腹, の船, の袖の下, の親思い, の調べ書, の足元, の踝, の身分, の近づく, の退屈さ, の遠慮, の長大, の長談義, の間伸び, の集めた, の面白, の頬桁, の饒舌, の馬鹿馬鹿し, の骨惜しみ, はあまりに, はいう, はいそいそ, はいつも, はおどけた, はお勝手, はこうして, はご, はさり気, はしきりに, はそいつ, はそれから, はそれっきり, はそれとなく, はたまり兼ねた, はちょっと, はつれ立っ, はとんだ, はどっち, はなかなか, はなんとなく, はほんの, はまず, はまだモジモジ, はもう尻, はもっと, はやり過し, はよっぽど, はガン首, はキョトン, はクスリクスリ, はスゴスゴ, はツイ正直, はニヤリ, はハッ, はピョイ, はフイゴ, はプイ, はペッペッ, はポカリ, はポンポン, はモモンガアみたい, は一両二分の件, は一件落着, は一歩, は七つ道具, は三村屋, は上屋敷, は下っ, は不安, は不服そう, は世間並, は中江川平太夫, は乗出しました, は事件, は二つ三つ首, は二三枚雨戸, は五日四晩, は人聞き, は仕方話, は他愛, は仰天, は伊丹屋, は何と, は何心, は側, は八丁堀, は利助, は助け舟, は十手捕縄, は叔母, は古風, は名乗らなく, は向う, は呑込み, は呼, は唾, は問い進みます, は器量, は四半刻, は地味, は堅気, は夕方, は大はしゃぎ, は大袈裟, は奇想天外, は委細, は定吉, は寒々, は寺, は小僧, は小屋, は小田巻直次郎, は少しもじもじ, は居ない, は巧み, は帰らなかった, は平次仕込み, は庄八, は弄ばれ, は引返しました, は張り上げました, は弾み切っ, は得々, は徳松, は心得, は必死, は思い出し, は恐ろしく, は息せき切っ, は情け, は愕然, は感, は憑かれた, は我慢, は手古舞姿, は押, は拳, は指します, は振り返りました, は提灯, は新吉, は昨日, は時々, は暗がり, は最後, は有頂天, は朱塗, は根岸, は横合, は横町, は歓声, は死体, は残る, は殺さ, は気抜け, は沓脱, は泳ぐ, は涙, は滅法, は無精, は煙草盆, は熱い, は物, は物置, は狐, は生れ, は用心, は畳, は盃, は目黒, は真っ直ぐ, は矢庭, は磯屋貫兵衛, は突っ張りました, は立ち上がりました, は立上がりました, は箍, は紅屋, は素っ頓狂, は素知らぬ, は縄付, は翌, は聞き飽きる, は聴き, は背, は胸, は臆面, は舌, は舌鼓, は芥子玉, は草, は萎れ返っ, は薄寒く, は街, は袖, は裾, は要領, は見兼ね, は親爺, は訊ねました, は諦めた, は貧乏徳利, は身, は近所, は追いすがりました, は追っかけました, は酢, は銭形平次, は長兵衛, は間, は雀躍, は青松葉, は面白, は頸筋, は飛, は飛びました, は飛び出そう, は飛付く, は飛出します, は飛鳥, は首筋, は驚いた, は驚きました, は高慢, は黙りこくっ, は鼻高々, へ妙, も, もう少し詳しく, もがっちり, もただ, もどんな, ももう, もやって来ました, も人柄相応, も伊三松, も先刻, も利助, も吉原冠, も呆気, も圧倒, も大きな, も容易, も度胆, も引込まれる, も愕然, も拳固, も最初, も毒気, も満更, も現われ, も留めよう, も笹野新三郎, も聴い, も膝, も見よう見, も負け, も足跡, も釣られた, も高慢, よく見, よりは四半刻近く, をかきのけ, をからかい始めた, をここ, をたしなめ, をふんわり, をやった, を中二階, を仰天, を促します, を加え, を受取った, を叱り飛ばした, を呼びました, を土手, を少し, を平次, を従え, を払い退け, を投げ飛ばした, を押し倒し, を担ぎあげました, を振り返ります, を救う, を残し, を火事場, を用心棒, を眺める, を睨みます, を自分, を見やりました, を見失った, を説い, を迎える, を追及, を門弟達, を飛ばし, 何となくそぐわない, 大きく開いた, 帰ろうよ, 来い捕ったぞ, 相変らず, 逃がすな, 間もなくつままれた

▼ ガラッ~ (46, 1.6%)

4 戸を 3 変って 2 ひらきました, 窓を, 障子が

1 [33件] あいて, あけて, かわって, した室, しょうじの, そのわ, それを, とつぜん風, なにか物, ひらかれました, ウイスキーの, ガラスま, 人間が, 厚い車戸, 変るん, 威勢よく, 崩れ落ち始めたよう, 引きあけいきなり, 戸が, 扉が, 押し開けたもの, 油障子が, 窓が, 細目に, 転回し, 重い板戸, 門が, 門を, 開いて, 開く賢一郎, 開けた, 開けて, 頭の

▼ ガラッ八これ~ (6, 0.2%)

1 じゃお化け, はあまり, はお, は下駄, は何, は少し

▼ ガラッ八自身~ (5, 0.2%)

1 でした, の方, は止めど, もそれっきり姿, もよく

▼ ガラッ~ (4, 0.1%)

1 のたんか, の声, の野郎, はまっ

▼ ガラッガラッ~ (3, 0.1%)

1 とその, とわだち, と転回

▼ ガラッ八それ~ (3, 0.1%)

1 でわかった, につままれた, は何もかも

▼ ガラッ八俺~ (3, 0.1%)

1 にこんな, は寝ず, をどこ

▼ ガラッ八手前~ (3, 0.1%)

1 その塀, にとっ, は大変

▼ ガラッ八こと八五郎~ (2, 0.1%)

1 を相手, を迎え

▼ ガラッ八相手~ (2, 0.1%)

1 にこんな, の一日

▼1* [54件]

ガラッとわだちを, ガラッまたはカワッパ, ガラッパチの旧跡, ガラッピシリドタバタと, ガラッ八お前の頼んだ, ガラッ八こいつは手前, ガラッ八ことわが八五郎, ガラッ八さんが怖い, ガラッ八そこに居る, ガラッ八どこから持出した, ガラッ八どっちだ, ガラッ八なんざ小当りに当っ, ガラッ八のは左, ガラッ八はつと足下, ガラッ八はとにもかく, ガラッ八一世一代の糞力, ガラッ八一人をつれ, ガラッ八二度目には変, ガラッ八今度は少し, ガラッ八今晩一つ付き合わないか, ガラッ八今朝食った物, ガラッ八伊三松を劬め, ガラッ八伊三松多勢の番頭手代小僧, ガラッ八兄さんじゃ目鼻, ガラッ八兄哥かそいつ, ガラッ八利助を始め, ガラッ八力だけは二人前, ガラッ八力ずくとなる, ガラッ八勘助の三人, ガラッ八名代の悪筆, ガラッ八四つん這いになっ, ガラッ八天水桶の埃, ガラッ八女房のお, ガラッ八奴何を面, ガラッ八奴手前などはだらし, ガラッ八平次はその, ガラッ八得意の力業, ガラッ八思いの外突っ込んだ事, ガラッ八揃いの手拭, ガラッ八日本橋を越し, ガラッ八曲者の襟髪, ガラッ八有無を言わせず, ガラッ八流の楽天的, ガラッ八犬っころ, ガラッ八相応の変装術, ガラッ八自分の親分, ガラッ八親分なんざ, ガラッ八足を結綿, ガラッ八辰蔵の態度, ガラッ八青物町の久三郎, ガラッ八飯を食う, ガラッ熊得意の壇場, ガラッ熊鳶由左官の伝次, ガラッ熊鳶由細野浪人この四天王格