青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一端~ 一等~ 一筋~ ~一緒 一緒~ ~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行
一行~
一見~ 一角~ ~一言 一言~ 一足~ 一身~ ~一軒 一郎~ ~一部 一部~

「一行~」 3645, 39ppm, 2948位

▼ 一行~ (901, 24.7%)

5 そこに, 無事に 4 二人の, 例の 3 こ, その日, ズンズン進ん, 先へ, 出発した, 或る, 歩いて, 進んで

2 [35件] ここの, ここまで, そこから, そこへ, その参詣人, その晩, それを, ゾロ, トラックで, 今更の, 先を, 安心し, 小川家に, 山の, 島の, 廊下を, 忽ち僕, 息を, 改札口を, 朝早く, 林の, 次の, 歩きだした, 殆ん, 殿下の, 町はずれの, 皆な, 皆腕白盛りの, 私を, 舟を, 行きすぎた, 足の, 跫音を, 車に, 馬車を

1 [789件 抜粋] あたかも遊散気取り, あの孫悟空, あまりに近く, いい加減へとへと, いざとばかりに, いずれも, いったいこの, いまさらの, いま私が, いやでも, いよいよ三原山のぼり, いよいよ伏見, おもに相良惣三, お附武官, かう言つて山ふところ, かなり物々しい, かなり贅沢, こうしてお雪ちゃん, こうして無事, ここに, ここ志賀の, このとき庵室, この二回目, この俳諧師, この吉報, この土地, この方面, この犬, この窓, この雪, これからバス, これから何事, これより, ご上人様, さすがに, さてそれ, さらに吾妻村, さらに支流, しかるべき組頭, しばしの, しばしば, しばらく其の, すぐその, すぐ死体, すぐ眼, すぐ身, すっかりいい, すでに乗りこん, すでに魚則, すれ違つて先, せきたてられ泡, そこで, そのままさながら悲しみ, そのまま退出, そのまま通り過ぎよう, その予想外, その先発, その夜戸波, その方, その時, その群衆, その部落, その高原, その黄金山, それから参詣, それとともに, それに, ぞろぞろ帰宅, ぞろぞろ戸外, ただちに造営奉行所, たぶんこういう, だんだん木深い, ついに警察署, つづみの与吉を, でかけた, とある平野, とにかく岩槻, どうし, どやどやと, なおも隧道, なお止まぬ, なかなか見え, なんだか嬉し, なんにも気が付かず, はるか向うの, ばら, ひとまず定められた, ひとりひとり重い, ふと彼方, ほとんどそこ, まずアメリカ, またおなじ, またその, またもや一休み, またガサガサ, また三条口, また別, また富士川, また歩いた, また歩きだした, また隊, まだもっと遅れ, まだ其處, まだ暗い, まだ盃, まもなくささやか, みな駕籠に, もうかなり, もう三十人近く, もう峠, もつと, やがていのじ, やがて貞光口, やっぱり僕, よほど多く, わざと松本, イギリスの, エレベーターに, オールを, ガサガサと, ギリシヤ女の, グランド, サイゴン行きの, シーンと, ゾロゾロと, チャンと, トラックの, ドアを, ドヤと, ニュージーランド河畔に, ネグラを, バード少, パアデレ五人に, フランス, ホテリングを, ボートに, レールの, ヴアロンカ川を, 一, 一の, 一古祠の, 一名の, 一応屍体, 一緒に, 一行より, 丁度そこ, 七人ばかり, 三挺の, 三月はじめに, 三浦屋を, 上石橋子の, 上野の, 上陸後最も, 下って, 下へ, 不意の, 不法にも, 与吉に, 世の常の, 主任の, 主従十二名騎馬は, 九兵衛を, 九死一生の, 予定どおり十月二十七日の, 予定通り翌日の, 予審判事と, 事実上の, 二台の, 二手に, 二日ほど, 二月十日, 二隻の, 五人, 京へ, 人の, 今どの, 今勇蔵, 今夜那須野ヶ原の, 今混乱状態, 他の, 何千何百足の, 例によって, 俄に, 停車場へ, 僅に, 先ず一名, 先月陸路を, 兎も, 全く安心, 全く征服, 八日丁の, 八王子へ, 六七人であった, 六角堂を, 其の前, 再びシンガポール, 再び自動車, 写生帖も, 冬の, 冷遇を, 出發, 函に, 初めて人里, 初めて立ち止まった, 利根の, 前の, 勇気数倍し, 勢いよく雪, 勿論, 勿論沿道, 北極探険よりの, 十一人と, 十二時四十五分の汽車で, 十二月十一日無事に, 十名ぐらい, 十曲峠の, 十月二十九日長浜へ, 十月六日鉱毒地出張十三日帰京した, 千八百七十六年五月二十七日タンガニイカ湖畔の, 午後の, 午後三時に, 南から, 南緯七十四度まで, 去って, 又ガヤガヤ, 吉本組, 同勢八人が, 向島に, 吻と, 呉会の, 命令によって, 和田宿の, 四人と, 四散し, 四月二十三日の, 土曜日に, 坂道を, 城門を, 外へ, 多少ヤケ気味, 大いそぎ, 大いに喜ん, 大佛次郎君の, 大勢な, 大喜び, 大歓迎, 大津へ, 天狗に, 奥へ, 始めて, 婦人の, 孔雀丸に, 定期市の, 客人大, 室津の, 家の, 宿泊いたした, 寒さ, 寺の前で, 小広い, 小暗いカンテラ, 小流れ伝い, 少しも, 少数の, 尚進ん, 尻を, 山の上の, 山を, 屹と, 岩動炎天同じく, 岳陰荘へ, 巌角を, 川に, 川越しの, 巡査の, 左の, 巴里の, 帝釋天さして, 帰つて来ない, 帰ること, 幼いとき, 幾台かの, 庫裏のよ, 廿六七人であった, 引き上げかけた, 引挙げ, 引揚げ, 当日午後一時に, 影も, 彼等の, 待たせて, 後を, 徒歩で, 復元できない, 徹夜を, 心斎橋の, 忽ち武装, 思わず嘔吐, 思案の, 急ぐやう, 急に, 急速力, 恐る恐る室内, 悉く気絶, 悪い奴, 愈々死, 愛国行進曲の, 愛國行進曲の, 我を, 戸主成善十二歳母五百五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の, 扇の, 手あつく楚軍, 手を, 揃って, 播磨の, 故郷の, 散歩が, 数百人凡そ半ヶ年も, 方々で, 旅に, 既に鎌倉, 日光から, 日本へ, 早々辞し去る, 早くも, 早川家に, 明らかに, 明朝の, 昼食の, 時の, 暁の, 暇乞いとして, 暗中に, 暫く四つ橋, 更に勇, 最初の, 望遠鏡の, 朝の, 木を, 未明からの, 本所二つ目橋の, 本文よりも, 朱紫といふ, 来たとき, 東へ, 東俣谷の, 松坂を, 林を, 柳生城の, 柵の, 栗市より, 桂田博士が, 案内の, 案内者を, 梅屋で, 棕櫚の, 極度の, 楽しそう, 樹立の, 次ぎの, 欧米より, 正午まえ, 武士に, 歩むにつれて, 死体を, 殿様を, 毎日編笠を, 気楽に, 汚いシャツ, 汚い室, 江戸の, 江戸へ, 汽船へ, 沙漠に, 沙漠を, 河内を, 河原の, 洒落翁, 浜べから引き上げよう, 海岸の, 深い意味, 渠と, 漸く伊勢, 漸く故郷, 濃霧中に, 無数の, 無言に, 特命全権大使として, 猿橋駅を, 現実に, 生駒の, 町の, 番頭の, 疎林の, 病み衰, 発つて, 登別で, 白山へと, 白雲山妙義の, 皆それを, 皆下馬し, 皇帝の, 盆地の, 直ちに尾崎士郎, 直に糊口, 直接宝寺城へは, 眠らずに, 神田明神社に, 福田小川等に, 私が, 私に, 秋山伊織の, 秋川駿三に, 種々の, 穂高山と, 空地の, 立ち帰った, 立止まっ, 第二, 笹子峠を, 箱根底倉の, 節倹を, 終夜を, 網棚から, 羅馬に, 翌日の, 翌朝早々, 老母と, 腰を, 自動車で, 舌を, 舎房の, 舟岡山へ, 船で, 苅谷夫人繭子の, 若い者揃い, 若狭を, 茶代を, 茶屋青柳に, 荊州の, 荒川放水路の, 落ちかかる雁, 葛西川の, 蘇州にも, 蜂屋を, 行先を, 衛を, 衞を, 見えなかった, 見す見すこの恐るべき, 見る見るうち, 見物桟敷には, 親不知, 角兵衛獅子の, 言った, 調べたの, 護衛の, 豪華版を, 財布を, 賑やかに, 赤岸鎭を, 越水の, 躍然, 車を, 農業会の, 近づきつ, 追いかけて, 追分道を, 途中で, 途中掛茶屋さえ, 通りすがりに, 遂にタンガニイカ湖, 道を, 遠く旅, 邸を, 都ホテルには, 野田の, 銅山を, 長い間, 長次郎を, 長江の, 門の, 門内へ, 開きかけた用意, 間もなく静か, 陣取ること, 霞亭凹巷敬軒子, 非常な, 頂上近くで, 須磨に, 顔を, 食堂へ, 館林警察署の, 馬籠宿昼食の, 駿さんの, 騎馬だった, 骨折り損の, 骨拾ひ, 鷹を, 麦に

▼ 一行~ (655, 18.0%)

19 中に 13 うちの 12 中の 9 中には 8 前に 6 あとを, ために 5 ものは, 後を, 方を 4 うちに, 上に, 中で, 姿を, 様子を, 者が, 者を, 間に

3 [14件] あとに, 中から, 乗って, 人々は, 先頭に, 文字が, 文字の, 文章も, 者に, 者は, 自動車は, 誰彼が, 雁や, 駕籠が

2 [40件] うちで, うちには, うちにも, お筆先, すがた, すべての, ところへ, ものの, 中へ, 人々と, 人々の, 人が, 人は, 人達は, 前へ, 名前を, 外には, 姿が, 影が, 後から, 後に, 文字に, 文字は, 文字を, 旅人は, 案内を, 者と, 者の, 者も, 船は, 荷物は, 荷物や, 荷物を, 行為の, 詩の, 詩は, 詩も, 車が, 近づいたこと, 顔も

1 [413件] ある者, いかめしい姿, いる処, うちから, うちちょうど, うち六人の, うち猿田飛行士一人は, うち野獸の, おかげで, おそれるところ, お供を, お返事, ことだ, ことである, ことを, ごときは, ごとくうろつく危険, さまが, さまよって, すぐ後ろ, すべてが, ずんずん先, とられた道筋, なかから, なかで, なかに, なかにも, ひとりに, ほかだ, ほかの, まえには, または全, めぐりには, ものには, ものを, ように, ウマより, オンド取りの, スケヂユールは, ダグラスは, デマゴギーを, ト書だって, ニュースも, プリ・マドンナ, プログラムを, ボオドレエルにも, 一つ話に, 一人から, 一人が, 一人であった, 一人に, 一人一人の, 一先ず落ちつく, 一番先には, 三人が, 上部に, 不安を, 不成功, 世話に, 世話係を, 中でも, 中やや, 中央から, 中心と, 丸木舟は, 乗った列車, 乗込みで, 乘つて來た, 予言, 五六人の, 人々が, 人々に, 人々を, 人たちと, 人たちの, 人たちひとりのこらず, 人たちも, 人たちを, 人の, 人夫たちも, 人工の, 人影は, 人数は, 人生を, 他の, 他人と, 代弁をもって, 仰々しい姿, 伴神の, 余憤で, 作製した, 俥が, 個々の, 傍へ, 先に, 先導を, 先発隊として, 先輩の, 先輩は, 先達たり, 光景は, 全員には, 全員を, 出て, 出発前の, 列車は, 利害は, 前には, 前まで, 前を, 前後に, 前方は, 副団長, 力んだところ, 加藤梅原二氏は, 労苦を, 動静を, 勞を, 勢力は, 北国通過を, 半分で, 半分は, 厄介者であった, 参謀として, 取調は, 口から, 句と, 同勢は, 名が, 名描写, 名誉と, 名譽, 呆れ返らざるを, 命令が, 和歌と, 哀感を, 品物を, 商隊は, 嘆願が, 嘘も, 四五人が, 報道も, 壮士に, 変化ある, 外温泉の, 多くは, 大勢で, 大将は, 大将株と, 大砲や, 大部分, 失望と, 失策物笑いは, 奇蹟の, 好奇心は, 如きが, 姓名を, 姿に, 姿の, 姿も, 威風に, 婦人たちが, 字数は, 学者達の, 守り本尊の, 安全を, 安否こころもとなし, 官話音である, 実感すらも, 客あり, 容子を, 宿からの, 宿と, 宿所を, 宿泊所と, 宿舎は, 寝室は, 将軍謁見が, 導かれた盆地, 尻馬に, 居場を, 川より, 川渡りが, 左渓を, 巨船を, 差図ぶりで, 帰りを, 帰り仕度に, 帰署を, 幅に, 幕張りが, 座敷は, 形に, 影の, 後について, 後には, 後ろ影を, 後報も, 従者などにも, 御返事でも, 心には, 快楽を, 思う壺, 悲しみや, 悲憤慷慨を, 意見を, 感覚へ, 懸念し, 手は, 手紙も, 扮装は, 批評も, 指揮者である, 挙に, 挨拶であり, 探検隊の, 携えて, 救い主であった, 文の, 文も, 文句さへが, 文句に, 文句を, 文字でも, 文字については, 文字も, 文章すら, 文章を, 方は, 方へ, 方程式で, 旅の, 旅装を, 旅裝が, 旦那や, 曲芸, 書, 書は, 書をすら, 最後を, 有様だった, 有様を, 望むところはみなおなじであつた, 期せし所也, 末字が, 本尊様に, 本義の, 来て, 来着と, 東の, 東道と, 松明が, 案内に, 案内人に, 案内者である, 案内賃を, 次に, 止宿所に, 歩いて, 残りの, 殿として, 殿り, 殿を, 気が, 汽車は, 沈黙を, 泊った旅宿, 泊った熊谷, 泊られし東沢, 泊りに, 浪士と共に, 浮かれ心, 海軍大佐フオン・クルーゼンステルンが, 消息に, 渋江矢川浅越の, 渡航費を, 潜入の, 為に, 無事な, 煽動的な, 燈の, 爲に, 爲めに, 父兄たちは, 物々しさ, 生きたしるし, 生命を, 生死について, 田所氏を, 男達の, 盟主とも, 目は, 目ジルシでも, 目的は, 真中には, 真実に, 真実を, 眼に, 眼の, 眼は, 着物は, 神楽師に対する, 科を, 空気と, 立つて, 立て役者の, 糧食は, 羅甸文字を, 群が, 群れに, 老婆二人も, 者とは, 者フラマンの, 者全体は, 肝煎が, 肩に, 背後姿を, 脚を, 自動車が, 自卑, 興じ声, 興味ある, 舟が, 舟は, 船を, 船四散し, 若き愛慾, 若者たちが, 若者ども, 落ちで, 落ちに, 虚構も, 行く先らしい, 行く手を, 行動は, 行動を, 行手には, 行方は, 衛生を, 装という, 襲来に, 見つけない装い, 解釋に, 言葉さへ, 言葉には, 言葉も, 言語挙動に, 記事にも, 評言を, 詩さへ, 詩だろう, 詩一つ書く, 話声と, 語数の, 説明が, 説明は, 読書にも, 誰かが, 誰もが, 誰やらが, 誰彼を, 諧謔に, 諷刺格言に, 責任だ, 贔屓相撲が, 足は, 身分は, 車も, 車騎に従い, 近づきつつ, 近寄って, 返事を, 逍遥する, 途中の, 通り過ぎて, 通弁役に, 連らしい, 連中の, 進んで, 運命を, 過ぐるところ, 道を, 遠去, 遠来を, 遺書も, 醉を, 長ペトロ・マルケスは, 降りる坂路, 陣容を, 随員たちは, 難渋は, 青年の, 頭である, 頭の, 頭は, 頭を, 頭上や, 顔を, 食事は, 食料は, 食料品から, 食糧は, 饒舌る, 饗応を, 首席は, 首領たる, 首領らしい, 馬や, 駕籠の, 駕籠屋が, 骨折心配は, 鳶七だった, 鼻の

▼ 一行~ (613, 16.8%)

6 あつた, 到着した 5 ある, 到着する 4 あります 3 ありました, ここへ, 来た, 来て, 着いた, 進んで

2 [22件] あとから, ここに, この本陣, できると, 上陸し, 丘の, 乗り込んで, 來て, 到着し, 占領し, 回向院の, 山へ, 巴里を, 帰って, 彼の, 暫く休ん, 江戸の, 浪速を, 現場に, 登って, 近づいて, 遭難の

1 [525件 抜粋] あった, あったので, あった筈, あっても, あの地方, あの海底, あまり似, ありますが, ある土地, ある小さな, あんなに力, いきなり紺野達, いずれも, いたので, いま左門洞の, いよいよ湖畔, いる地点, うごいて, うなだれて, おまいり, お立ち遊ばした, お見え, かけつけた, かなり武蔵野, がやがや話し, くるという, こうしてピクニック, こちらを, ことごとく怒髪天, この土地, この城内, この宿場, この峠, この往来, この後, この怪し, この絶頂, この草庵, この辺, この部屋, この都会, この長持, この関所, この際, これから木曾路, これに, こんな大軍, さしかかると, しばらくし, すごすごとも, そこへ, そのあと, その呼売り, その屋敷, その行厨, それ, それから, それに, それを, そんな装ひで隊伍, ぞろぞろと, ぞろぞろ東京駅, たちどまって, ちょうどここ, つづいて, つれづれな, とまって, どうしてこれ, どこの, どしどし踏み込ん, どんどん山の手, どんな土産, どんな目的, どんな職業, なあに二本差し, なめた苦難, のって, のみほして, はいった時, はいって, はじめコンスタンチノープルに, ひきあげるとき, ひとりの, ひやや, ふしぎに, ふと道, へとへとに, ほかの, ほとんど同意, まことにお, またも, まともに, みんないた, みんなで, めいめい勝手な, やがてロスコー家, やがて遭難, やったよう, やってきた, やってくるの, やって来た, やって来たが, やって来たん, やって来ました, やって来る方向, やつた, やつて, やはり, ゆくりなくも, よほど深く, カラブリアを, カルカ辺で, キャムデン町を, クレムリンの, コーへ, スキーを, セルギウス等を, タンガニカを, チヨに, ドロドロと, パリで, パリへ, ベルリンの, ボリシャーヤ・モスコウスカヤ・ホテルで, ボルネオに, ボートへ, ロンドンへ, 一と, 一夜の, 一日行程ぐらいの, 三台の, 上京し, 上洛した, 上陸すべき, 下枝さんや, 不在の, 世直しの, 中津川宗泉寺老, 中津川泊まりで, 乗ったので, 乗りつけて, 乗り一台, 乗り捨てた山駕籠, 乗り込みました, 乗込む, 乱入する, 二十里も, 二号船渠の, 二幕目が, 二度目に, 二日以上泊る, 二里程先の, 五六名つきしたがっ, 五十銭の, 亡命の, 交隣通信使に, 京都へ, 人丸堂の, 仄暗い, 今まで, 今二人の, 代りに, 伯爵邸を, 何を, 余りに圧縮, 使用した, 例の, 信楽から, 信玄の, 信長の, 元湯, 先に, 先発で, 入つて, 入り込んだから, 入府した, 全部死に絶えた, 全部海底で, 八丁堀を, 兵器視察の, 其から, 其處に, 再び立上つて, 再び草庵, 出て, 出来た途端, 出現し, 出発しない, 初めて巴里, 初めて發見, 到着しました, 削られて, 前を, 功成り, 加へ, 加入し, 北停車場から, 十方舎へ, 十月六日に, 千住の, 午前五時に, 卓子を, 博士に, 博士の, 原因と, 参ると, 又, 取られた行程, 受くる, 吉原に, 吾妻橋傍に, 呉氏応援に, 命名した, 品川へ, 商業の, 問題と, 土人部落から, 土佐を, 土手三番町旧浸礼教会跡なる, 土手町に, 坂本を, 坐って, 垂井を, 城内に, 壻の, 多計代, 大きくハッキリ, 大作の, 大倫敦, 大垣進発の, 大急ぎで, 大暴風雨, 大津越え, 大総督, 天狗に, 天竺から, 女軽業, 好い気持, 妻籠を, 始めて, 宇治を, 宋の, 宏と, 官用の, 家じゅうで, 宿の, 宿へ, 宿屋ともども大騒ぎを, 富士の, 対馬の, 尼院へ, 尽きて, 山林叢沢の, 岬へ, 川俣で, 巡視し, 左膳の, 左門洞を, 市村座へ, 帰りかけると, 帰り仕度, 帰り証人, 帰るとき, 帰城した, 広い上野, 引きとって, 引き揚げたら次, 引払って, 引挙げ, 引揚げ, 彫り添, 往くと, 待って, 待っても, 後へ, 後を, 急に, 急行した, 意外にも, 或る, 手を, 押し込んで, 押寄せたので, 招かれて, 捜し当て得なかったの, 掘り当てた谷村博士, 探検した, 揃うこう, 攘夷公布を, 改めて馬上, 政宗の, 料理番の, 斜面を, 斬死した, 新婦を, 新聞の, 方々まわっ, 旅館へ, 既に上野駅, 日光の, 日本橋の, 早くも, 春毎の, 昨日から, 昼から, 暖を, 暴行を, 暴風に, 暴風雨の, 曲がって, 書かれて, 有馬を, 木曾街道経由で, 木曾路の, 木津屋の, 未明の, 本街道, 本陣の, 本陣へ, 来たか, 来られた, 来られるの, 来る, 来演する, 東と, 東の, 案内され, 案内された, 検死を, 橋を, 歐洲行を, 此島へ, 此庵室を, 此後の, 毎日の, 水神の, 水長沢を, 江州草津まで, 江戸入りを, 江戸灣内に, 沼の, 泊った場所, 泊った桑実寺, 泊って, 泊まって, 洞穴の, 活気に, 海岸に, 海底で, 深山理学士の, 済むと, 湖の, 無事である, 無事に, 無慮数十人, 熊本の, 熱望しきっ, 特攻基地へ, 犬橇を, 狭い家, 玄關へ, 現われて, 生きて, 田舎の, 町には, 留守中に, 留置され, 登ると, 登山者として, 白い装, 白け渡ったの, 皆自分の, 目ざましかった, 県氏の, 真先に, 眼に, 着いた分, 着いた時, 瞬いて, 矢代の, 矢張り私同様危く匪賊の, 社殿の, 神戸に, 神田から, 祭の, 福井に, 福州から, 私達の, 立ち去つて, 立ち止まって, 立ったの, 立った跡, 立去ってからも, 竹敷浦, 箱館から, 籬の, 粛々として, 精密な, 紋太郎には, 維盛の, 練り込んで, 繰出されました, 美濃を, 肥前國松浦郡田浦から, 胸に, 自分と, 自分等の, 自動車を, 興行を, 舞台に, 舟で, 船に, 船へ, 船上で, 芥川の, 花野の, 落したもの, 落武者と, 著せし, 薬草採りに, 藤原から, 行ったので, 行わけに, 街道の, 衞から, 見えた時, 見えなくなった時, 見つかった, 見られた, 親も, 訪れたの, 警察署の, 警視庁へ, 買い受けて, 赤い軍服, 赤インキで, 越前へ, 足を, 路を, 路傍草間に, 辱か, 近くへ, 近江と, 逃げ隠れする, 途, 途すがら書きとどめた, 途中の, 逗留し, 通らなんだか, 通りかかったまでの, 通りかかって, 通過し, 逢坂の, 進むに従って, 進めば, 道, 道庁の, 遠い窪田, 遣って, 部屋へ, 酒の, 酒を, 酒宴の, 野狩の, 金の, 針目博士邸へ, 鉄砲だけは, 長安から, 長柄町から, 長老の, 門前に, 関所を, 降りて, 降り立ったら薄, 陣取った, 陣取って, 陳, 隆中の, 階投を, 離れ離れに, 雨に, 露西亜で, 青母衣組, 頭上を, 顏を, 飛び出したま, 飛行機で, 食堂へ, 館に, 香港を, 馬籠宿通行の, 駈けつけた, 駒込の, 駒飼の, 騷いで居る, 高等學校を, 魚を, 鯛茶を, 鹵簿に, 黒野田を

▼ 一行~ (355, 9.7%)

7 見て 6 案内し 5 待って, 迎えた, 迎えて, 迎へて 4 待ち受けた, 案内した, 見ると, 読んで 3 見送って, 避けて

2 [17件] ここへ, だも, ぬけ出して, まとめて, もてなした, 乗せた自動車, 乗せて, 出迎, 出迎えたの, 収容し, 待ちうけて, 念入りに, 書きたして, 本堂の, 眺めて, 迎へ, 送り出して

1 [266件] あの街道筋, いそいで, うながした, うやうやしく出迎える, おめ, この木曾路, この辺鄙, この馬籠峠, これは, さがし廻った茶屋四郎次郎, さしながら, しんとして, じっとさして置かなかった, じろりと, そこから, そこで迎, その提灯, つけて, つける大次郎, とり巻いたが, どういう有様, ながい間, ながめ, ながめて, なだめるため, なやましました, ねぎらうため, のせた黒船, はげました, はじめ三煩悩の, ひきいて, ひきつれ所轄署, ひそかに, ひと息に, ひやひやさせる, ぼんやり見送っ, まねき, みたジャン, みるを, めがけて, もう一度この世, もてなします, やり過しつつ, やり過しやがて, ゆっくり辿っ, ウエルカムした, ヘクザの, 一軒の, 不足とも, 乗せた汽車, 乗せた荷馬車, 乘り越した, 二分し, 二列に, 二階に, 人質に, 何気なく読ん, 促し立てた時分, 修むるなくんばなにほど, 傾聴させ, 六ずかし, 出口まで, 出迎えすこぶる, 出迎えた, 出迎えに, 出迎えるべく佩剣, 勤めたが, 包囲さした, 包囲する, 十行に, 厚遇した, 取り囲んだ, 受け取った, 口の, 各室に, 同じ箱自動車, 呼び寄せ手風琴, 呼び返した, 呼掛けたが, 咎めたい気持, 国賓として, 土地の, 坂の, 埋めた, 埋め尽すやう, 城内に, 墓に, 夜襲し, 大使館へ, 奧の, 宮川河原まで, 家に, 家の, 容赦なく, 宿はずれの, 尋ねさせて, 導いて, 導き入れた, 少なからず慰め, 岩窟に, 巴里の, 庁の, 庭上に, 庵室の, 引きつけたの, 引きつれて, 引きて, 引き込みました, 引具して, 引連れて, 彼方に, 待ち受けたが, 待ち受けて, 待ち受けるため, 待ち受ける事, 待ち受け馬籠, 待ち合され湯, 待ち合わせそこで, 待ち構えて, 待ち構えながら, 待つこと, 待つて, 待つ形, 後から, 徐に見まもっ, 従え廻って, 心から歓待, 思いだした, 思い出しその, 思ひ出した, 怪しむもの, 恐れたに, 悩した, 惑わかすか, 愕かせた, 手招きした, 打ち守りきついに, 抹殺した, 招いたので, 招くこと, 招じ入れた, 招待する, 拾つた, 振りかえって, 撒き散らして, 救援する, 早馬が, 書き加えた, 書き終つて, 朝鮮から, 次の, 欲した, 歌い私, 歌うという, 歌った, 歓待し, 歡待し, 止まらせて, 此家の, 此島へ, 残したいと, 残らず沸騰, 殘したい, 消すこと, 渡す, 照し, 率いて, 現代支那音で, 甘利山の, 留置場から, 皇帝自身に, 相手に, 眺めつつ, 眺めましたが, 眺めやった, 眺めやりぬ早, 眺め回すの, 睨め廻して, 知ると, 私と, 突き留めること, 笑わせたり, 綏靖隊長の, 舟に, 船の, 薙いだ, 襲い進むこと, 襲うたこと, 見たが, 見た時, 見つけた, 見つけました, 見てから, 見ても, 見なすよう, 見る, 見るや, 見失って, 見送った, 見送ったあと, 見送つて古河駅, 見送りそこで, 見送りつつ, 見送り明日, 見遁, 見馴れた故, 視覚の, 覗き読みし, 訪ねたの, 訳するに, 認めた, 認めないこと, 認めると, 誘き寄せようと, 誘って, 読みおわったよう, 読み終って, 読んだ, 読んだ時私, 読終りに, 請じ入れ救世済民, 護衛し, 變じ, 谷山家に, 貰い下げた, 賑やかに, 載せて, 載せ夏, 迎えたお, 迎えたとき, 迎えに, 迎えるうち合わせ, 迎えるだけ, 迎えると, 迎えるというは, 迎えるまでの, 迎える歓呼, 迎える準備, 迎え入れた, 迎え合った, 迎ふるあり, 迎へに, 迎へる, 追いかけた, 追い越して, 追うべく宙, 退散し, 送って, 送つて, 送りだしたあと, 送りだしたが, 送りに, 送り出した後, 運んで, 遥かに, 阻もうと, 除いては, 隔てて, 頭から, 顧みた, 飛行家とともに, 饗応した, 馬籠の, 驚かした一つ, 驚かせた, 黒船から

▼ 一行~ (246, 6.7%)

25 加わって 6 別れて 5 加は 3 おくれて, 加えて, 加はつた, 近づいて

2 [14件] 別れを, 加った, 加はる, 加わった, 加わること, 加わろうと, 危害を, 向って, 報告する, 後れて, 書かれて, 殿す, 追いついて, 遅れて

1 [170件] いた娘さん, いろいろな, お加はり, からみついて, くわわって, この事, こめられて, ご馳走を, しばしば乗り遅れ, すこし遅れ, たくさんな, ただ, だいぶんなれ, ちがいない, ついて行きたかったの, ついて行く者, ついて行った方, ぱったり逢いました, まじって, まつりあげたかつたから, むかって, むせび泣いたの, わからなかつたけれども, 一つの, 並べない, 二ヶ所其他にも, 交じえたので, 交って, 交つてそれを, 会われそう, 伴れ, 伴われて, 何か, 兄夫婦も, 先立って, 先立つこと, 入って, 入つて事務員, 出あったの, 出し抜かれて, 出っくわして, 出逢ったが, 分ちて, 分れて, 加うる, 加えたい気色, 加えられしかも, 加えられたの, 加って, 加つて長安に, 加はつて, 加はらざりし, 加はりたい, 加はり所謂醍醐の, 加はり明州より, 加はる青草の, 加へ, 加へて, 加わったの, 加わった一人, 加わった人, 加わった武士, 加わっては, 加わりそれ, 加わりたいと, 加わりたがって, 加わり一行, 加わり印度内地, 加わり欧州, 加わり田中正造, 加わろうとして, 参加し, 參加する, 反対の, 取りまかれて, 合する, 合せられたの, 合流した, 向かって, 向けて, 向つて, 在る, 大丈夫という, 大久保の, 大書した, 如かない, 如かないもの, 始まって, 始まつて, 尋ねられたならそれ, 島津寛之助行年四歳と, 彫って, 彫りそれ, 後れました, 従った金剛蜻治, 御加え下され, 微塵も, 扈従し, 托した書状, 扮し, 扶けられ, 挨拶した, 挨拶する, 搾られる三, 文字若の, 方福山の, 於て, 早く出かけなけれ, 書いた, 書いたの, 書いて, 書きしるすという, 書きつけられて, 書き下すこと, 書き下す事, 書き将, 書くという, 村人を, 杯を, 果して, 榊原与, 榛軒が, 無礼が, 無論それ, 物語る様, 現はれた, 皆目を, 目が, 目食は, 直にシバ, 相当の, 相違ありません, 立交っ, 立交つて居た, 精を, 縋りついた, 縮める今, 縮図した, 置き立て種々, 芸能を, 若い女ひとり, 苦悩と共に, 荷かつぎ, 行きあった, 見惚れた体, 訳するよう, 詔の, 誘拐された, 読んで, 近づいた, 近寄って, 迷ぐれ, 追いついた, 追いついたの, 追いついた一人, 追いつきゃしないか, 追いつき食事, 追ひつ, 追蹤, 途を, 逢った, 遭ふ, 遮斷, 鋭い視線, 随って, 随ひ, 隨ひ, 飛び掛かって, 馳せ加わった三勇士, 驚いて

▼ 一行~ (140, 3.8%)

3 書いて 2 ここに, それを, 一字も, 分らない, 到着し, 書いてない, 書きません, 書くこと, 書けなかつた

1 [119件] あった, いて, おどろいて, お着き, お雪ちゃんの, ここで, この人数, この山荘, してを, すぐ引上げ, そこの, そこへ, その列, その見物, それから, それ以上に, たいへんな, たじろいで, たまたま脇本陣, ないん, なかった, なくて, びっくり仰天, またリヴァプール, また美少年, やや進ん, よまずです, よまないで, ドヤドヤと, ヘリコプターの, 一緒に, 乗り込んで, 亦四艘, 今度こそは, 何か, 何気なく足, 児童の, 出ないよう, 到着する, 可哀相な, 同じ方, 同行異体の, 向い側の, 報道し, 夜の, 失笑さず, 妾宅を, 川止に, 弁信の, 彼を, 御番所, 意義を, 文字とな, 書いてなかつた, 書かずに, 書かず綴方, 書かせない事, 書かないうち, 書かないといふ, 書かなかった, 書き始めないうち, 書き得なくなった, 書くと, 書く気, 書く氣, 書けない, 書けないと, 書けないの, 書けないのに, 書けないやう, 書けないよう, 書けないん, 書けない白紙, 書けなかった, 書けなかったん, 書けなくなりますの, 書けぬだらう, 書けぬだらうといふ, 書けぬだろう, 書けぬだろうという, 書けません, 書けん, 来るであろう, 案外の, 極めて無事満足, 殆ん, 段々と, 汚れて, 涙なき, 無いね, 現場へ, 理解できなかった, 福島藪原を, 立山へ, 答案を, 続いて, 総理大臣内務大臣ミコ総勢五名であり, 自ら題するごとく, 自分の, 薩摩屋敷へは, 行って, 行悩み天ノウズメ, 見落さなかった, 角力見物は, 記録した, 説明され, 読まぬくらい, 読んだ事, 読んで, 読んでは, 讀まれなかつたもの, 進まない, 進退きわまっ, 道庵先生の, 金具の, 銘々勝手に, 頭に, 駈けつけて, 鵜を

▼ 一行~ (91, 2.5%)

8 別れて 2 いえども, 一緒に, 倶に, 別れひとり電車, 前後し, 小説家の, 知りながら, 袂を

1 [67件] いっしょよりも, いっても, いへども, これから上方筋, したもの, すれすれに, すれつも, それから土地, それに何, ぶつかった, みて, やや後れ, ゆるゆる日比谷公園, わかれた, アメリカへ, モスク, 一しょだった, 一処に, 一瞬掛け違っ, 七兵衛とが, 上野原から, 乗合せたが, 二組だけ, 会話を, 伴って, 俳諧師と, 共に行く, 其瀑の, 出逢, 別れただ, 別れひとり後, 前途の, 千賀子と, 合した, 合流し, 同じよう, 同じ影, 名前とを, 四谷見附から, 地球訪問の, 大和を, 帆村探偵とだけが, 引揚げ, 怪人との, 書きたいが, 朝鮮民衆との, 札幌に, 欧米視察の, 正倉院拝観, 歩き乍ら話す, 民衆との, 池田良斎の, 海外へ, 消しの, 知って, 稼ぎに, 第二行, 草川巡査と, 落ち合つて一しよ, 落合って, 行き違い, 見たくも, 見るべきもの, 護衛の, 跡に, 迫ったとき作者, 道なき

▼ 一行~ (32, 0.9%)

3 あつた 2 もはやその

1 [27件] あと来た, この白骨, ござりましょう, しめて, その遭難, それが, どうお答え, テント生活を, 一同さかやきを, 上半は, 五十恰好の, 借切ったもの, 午後から, 占められて, 占有した, 同じくこの, 市川大門町に, 後者は, 抜身の, 書く私, 書ける術, 正使は, 派手な, 用が, 聯隊は, 記録に, 足りましょう

▼ 一行~ (32, 0.9%)

2 に加, に四人

1 [28件] で一番, で最も, で第, には予, にも例, にクリストフ, に加はつ, に提琴家, に犬吠, に西郷どん, の一人, の一番, の世才, の中尉, の二人, の巨人, の弁護士, の新顔, の最, の朴拳闘選手, の杉田子, の機関士高橋等, の気早, の田中貢太郎老, の若衆, の雪, の須川氏, の頓知

▼ 一行には~ (22, 0.6%)

1 [22件] あまり好もしい, お梅, こういっ, この二人, なぜか, 二百人の, 交じってない筈, 半蔵が, 唐渡り, 女も, 左馬権介結城七郎千葉平兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多, 必, 恐れ入, 最う旅費, 目も, 興行会社である, 蘭方医と, 負けて, 降らなかった, 馬車を, 馬車をも, 黒部の

▼ 一行から~ (21, 0.6%)

2 放れて

1 [19件] お君, すでに天, でご, 一町以上も, 別れて, 多計代, 少し離れ, 放さない不思議, 早くも, 書取を, 盗みだしたこの, 私は, 稍, 稍おくれ, 蜜柑を, 言語道断の, 読み始めて, 読んで, 離れること

▼ 一行四人~ (21, 0.6%)

2 に人夫, のもの

1 [17件] が今, だけになる, と荒物屋, になっ, のその後, のほか, の人影, の足, はその, はびしょ濡れ, はもう一度, はスキイヤア, は中津川, は先ず, は兵衛, は白い, を奉天

▼ 一行一行~ (19, 0.5%)

2 を念入り

1 [17件] が多, が曲がっ, が行わけ, たどって, と書かれる, と書く, と消し, にあらゆる, に加, に枚挙, に筆者, に読者, のうち, の奥ゆき, よんだ, をお, をゆっくり

▼ 一行と共に~ (14, 0.4%)

1 [14件] し午後, 一つの, 動いて, 尾張名古屋に, 愛宕の, 支那政府から, 此絶島に, 歸途に, 殉教を, 浅草辺を, 福州に, 談笑し, 身を, 駒木野の

▼ 一行とは~ (12, 0.3%)

2 広島で, 楽に 1 おのづか, なれること, 別に一格, 同じ往還, 東西に, 竹内栖鳳氏の, 違って, 離れて

▼ 一行三人~ (10, 0.3%)

2 のもの 1 が前庭, と別れる, には目, の乗合, はいずれ, は夜道, は長い, キチンと

▼ 一行~ (10, 0.3%)

1 から, から人, であった, にあの, に私, に親愛, は, を反覆読過, を披, 第二行目

▼ 一行六人~ (9, 0.2%)

2 は北門外 1 が不意, それに米友, と共に北岳, のほか, の外, は毎日, は牢獄

▼ 一行~ (8, 0.2%)

2 ということ 1 かピン, つてペンの, とかそれ, と呼ばわった, のといった, よ

▼ 一行だけ~ (8, 0.2%)

2 書けば 1 かう附け加, こう附け加え, でへん, とりだして, 書いた葉書, 述べられて

▼ 一行五人~ (8, 0.2%)

1 が案内, が毛布, だけになった, と共に今日大垣, と運転手, のもの, は小屋, ぶらぶら歩き

▼ 一行二行~ (7, 0.2%)

2 と読む 1 の道聴塗説, もあるべし, よむの, を一サク二サク, 記しつけたり

▼ 一行半句~ (7, 0.2%)

1 そのこと, たりと, もそんな, も出, も現れ, も認めてない, 見当らなかった

▼ 一行だって~ (6, 0.2%)

1 ほかに, ペンの, 出やしま, 実際ある, 書かれるもの, 読んじゃ

▼ 一行五名~ (6, 0.2%)

1 だけだ, で焼けつくよう, はおそるおそる, はすぐ, は出発, は学校

▼ 一行あけ~ (5, 0.1%)

31 てこの, てこんど

▼ 一行では~ (5, 0.1%)

1 ない, なかった, 中条が, 済まぬ, 長老株

▼ 一行でも~ (5, 0.1%)

1 かかれた新聞, 二行でも, 多く一冊, 書ければ, 読み落とそうもの

▼ 一行より~ (5, 0.1%)

1 二十日も, 二四行までは, 早くこの, 第七行, 苦悶は

▼ 一行七人~ (5, 0.1%)

1 が旅費, が黒部川, こっそり寝室, の炊事, は一瞬

▼ 一行十人~ (5, 0.1%)

1 の謝礼, ばかりシェンケ, ばかり白衣, ほどの中, もそれぞれ

▼ 一行書い~ (5, 0.1%)

2 ては消し 1 ては破り, ては筆, ては駄目

▼ 一行~ (5, 0.1%)

1 が無, だの, である, の床軸, を掛け

▼ 一行~ (5, 0.1%)

1 一字は, 三行第, 二行に, 十九字, 十六字

▼ 一行とともに~ (4, 0.1%)

1 がらんと, のりこんで, 夕食の, 留まって

▼ 一行について~ (4, 0.1%)

1 かなり寛いだ, ゆかないの, 岩山を, 来たが

▼ 一行~ (4, 0.1%)

1 あてた, とびこんで, 近づいて, 追いついて

▼ 一行八人~ (4, 0.1%)

1 がアルプス, さすがに, の奉幣使, は籐椅子

▼ 一行四名~ (4, 0.1%)

1 となる, はいっしょ, はまた, はマスク

▼ 一行禪師~ (4, 0.1%)

1 と善, のあつ, の勝利, の名

▼ 一行おき~ (3, 0.1%)

1 にかく, に写し, に書きうずめ

▼ 一行~ (3, 0.1%)

2 二行の 1 二行か

▼ 一行だけを~ (3, 0.1%)

1 その前後, 英語で, 順序不同に

▼ 一行だった~ (3, 0.1%)

1 が女将, が悲鳴, が死

▼ 一行である~ (3, 0.1%)

1 から之, ことだけは, 事は

▼ 一行にも~ (3, 0.1%)

1 劣らず仰天, 見えるやう, 足らない文字

▼ 一行ばかり~ (3, 0.1%)

1 では, 書きかけた, 聞くと

▼ 一行まで~ (3, 0.1%)

1 丹念に, 胸の, 読み終ると

▼ 一行もの~ (3, 0.1%)

1 です, の語句, を眺めた

▼ 一行全部~ (3, 0.1%)

1 が使われ, は後, ひどい下痢

▼ 一行~ (3, 0.1%)

1 あまり醜く, ばかりの描写, 抹消

▼ 一行書く~ (3, 0.1%)

1 すら容易, また留める, 毎に

▼ 一行~ (3, 0.1%)

1 に事実, に弁信さん, に譯

▼ 一行さえ~ (2, 0.1%)

1 知らぬ無数, 読む気

▼ 一行ずつ~ (2, 0.1%)

1 ほとんど逐次に, 違い互の

▼ 一行その~ (2, 0.1%)

1 あいだに, 帰国を

▼ 一行それ~ (2, 0.1%)

1 はもほや單, をまた

▼ 一行だけは~ (2, 0.1%)

1 事実では, 塊った

▼ 一行であった~ (2, 0.1%)

1 かが知れない, に違い

▼ 一行での~ (2, 0.1%)

1 一番大事な, 男連中の

▼ 一行という~ (2, 0.1%)

1 のは, 高僧が

▼ 一行といふ~ (2, 0.1%)

1 偉大な, 僧侶が

▼ 一行として~ (2, 0.1%)

1 凡て, 尊重さるべきであらう

▼ 一行にとって~ (2, 0.1%)

1 これは, 皮肉な

▼ 一行に対しては~ (2, 0.1%)

1 それから, 極めておとなしく

▼ 一行はや~ (2, 0.1%)

1 果てな, 果てなんと

▼ 一行ばかりを~ (2, 0.1%)

2 断片的に

▼ 一行ほか~ (2, 0.1%)

1 書いてない庸, 書かれては

▼ 一行よりも~ (2, 0.1%)

1 先へ, 早く帰りついた

▼ 一行らしい~ (2, 0.1%)

1 のだ, 器械を

▼ 一行一句~ (2, 0.1%)

1 が直ちに, にも心

▼ 一行一字~ (2, 0.1%)

1 の収穫, もまちがい

▼ 一行三十余人~ (2, 0.1%)

2 はことごとく

▼ 一行主人夫婦~ (2, 0.1%)

2 に娘

▼ 一行九名~ (2, 0.1%)

1 が春陽丸, は火星人

▼ 一行二十七人~ (2, 0.1%)

1 がボルドー, といふ大勢

▼ 一行十三人~ (2, 0.1%)

1 そのいずれ, の六騎目

▼ 一行十余人~ (2, 0.1%)

1 が粛々, の人びと

▼ 一行十名~ (2, 0.1%)

1 ばかり, ほどの仲間

▼ 一行及び~ (2, 0.1%)

1 満鉄, 第二行

▼ 一行抹消~ (2, 0.1%)

2 されて

▼ 一行数人笛~ (2, 0.1%)

2 を吹く

▼ 一行知識~ (2, 0.1%)

2 めいた妙

▼ 一行諸君~ (2, 0.1%)

1 の熱情, の荷物

▼1* [222件]

一行いずれも意外, 一行いわくもし一器上竜状, 一行孃さんは, 一行おいてその, 一行お松は香, 一行かとも見えるので, 一行かも知れない, 一行からは気づかれなかったこと, 一行がはひり込む, 一行こそわりこんで, 一行ことごとくが血まつり, 一行これも黙々, 一行ごとに, 一行へ知らぬ, 一行さえも書けないで, 一行したかその, 一行すっかり占領し, 一行すでに来着, 一行すゝむと怖ろ, 一行ずつに書くこと, 一行ずつの飯を, 一行そうまでせず, 一行その他女の人達五六人, 一行それだけ書けば, 一行たっぷりが上, 一行たりとも筆, 一行だけでもなかなか多人数, 一行だけに戻るだけ, 一行だったらどうする, 一行だつたが, 一行ゅうの, 一行づつ動いて, 一行づゝ書いて, 一行であっても宿, 一行であろう皆美しい, 一行でしょうか, 一行でだけかいて, 一行とが合流し, 一行とて行の, 一行との約束も, 一行とを混同した, 一行なりといえども, 一行にさえ頓着なし, 一行については何の, 一行にてもかかる作品, 一行にでも主君を, 一行にとっては二つと, 一行によって確められた, 一行に従ってその奥, 一行に関する秘密は, 一行のまん前に, 一行のみならず塩野, 一行のよこに, 一行はさなくとも, 一行はとどこおりなく, 一行はへトヘトに, 一行へも紫の, 一行ほど漢字を, 一行まさにひとつ出鼻を, 一行みなごろしに, 一行みな健全なり, 一行みな甲板にのぼりゆきぬ, 一行に結ばれる, 一行ぎりたもう, 一行よりは先発し, 一行らしくもない, 一行わずか五十人足らずの, 一行をこそ欲すべきで, 一行をさえ思いついた, 一行ニハオヨソ信仰ヲ共, 一行ハ京都ホテル颯子ハ南禅寺ニ泊リ二十日ノ水曜ニ帰ルト云ッテイル, 一行モ菊太郎モ参加シテ晩餐ヲ共, 一行リマ市を離, 一行一文翻訳は一行二文, 一行一時は元, 一行一為各其, 一行一緒に行っ, 一行一行よみ進むうち, 一行七人小山から小金井, 一行七人自動車からはみ出し, 一行七人蜘蛛の巣, 一行七人館内の二階, 一行七八人の同勢, 一行三人いずれも白い, 一行三人茨城県下の八俣村, 一行三使が越前, 一行三十五六人と云, 一行三十人の人々, 一行三名が地質調査, 一行三名海舟の前, 一行中唯一人の不徳漢, 一行中貰ひ泣き, 一行中闕くべからざる人物, 一行九人づれの武士, 一行二三十名が藻屑, 一行二分す, 一行二十名そこで料理, 一行二十数人の世帯, 一行二文です, 一行二日分の握飯, 一行二百人同じ紫, 一行二百余名および巡査, 一行五人づれの遅い, 一行五十セントの割, 一行五十二艘の大船, 一行五十余名と一所, 一行になっ, 一行伊那丸をいれ, 一行書いて, 一行何十人の商人, 一行何日の何時, 一行余った処へ, 一行前途遼遠請自愛只, 一行全員が病気, 一行全部遭難して, 一行八九人大連湾の兵站部, 一行八人向う岸へ着いた, 一行八名の顔, 一行八百人加賀藩の手, 一行六七人のうち, 一行六人シトシトと深夜, 一行六名に逢, 一行凡五人であつ, 一行出かけるにも手間, 一行出立に臨み, 一行はやはり, 一行をなし, 一行到着さる, 一行加筆して, 一行勇気りんりんと, 一行勢ぞろいをし, 一行北原賢次であります, 一行十一人のうち, 一行十一勇士は勇ましく, 一行十七人悠々閑々と歩い, 一行十七名の移動劇団, 一行十二人の外交団, 一行十二人注意周到なる準備, 一行十二人玉置の城趾, 一行十二名とあった, 一行十五人は入折戸, 一行十五人深山幽谷に薬草, 一行十何名がともかく, 一行十六人の群, 一行十数名と共に二十一日湯小屋, 一行即ち伊太利の, 一行一句だに, 一行呉侯のご, 一行四五人が塊つて, 一行四五十人の徴税使, 一行四人吉野川の上流, 一行四十名一と塊, 一行埠頭の茶店, 一行大小取交ぜて, 一行大木永楽両君と自分, 一行大道狭しともと, 一行れも, 一行大盃, 一行岡山市柳川座に乗り込み, 一行広告に, 一行到着に, 一行御宿の大きな, 一行急ぎ足に現場, 一行恐ろしい含蓄を, 一行悉く切棒駕籠に, 一行所轄警察署の人々, 一行に手, 一行手取りにする, 一行数人の内, 一行新宿駅にいく, 一行昭和二十年十月十六日の事, 一行書いたもののむかし, 一行書き終いの一行, 一行来るを見, 一行東清鉄道副総裁ウェンツェリ, 一行の如し, 一行歌うと私, 一行歓迎会の席上, 一行正式の西班牙装束, 一行気づよいこといわんかたなしである, 一行浮かれ浮かれて村はずれ, 一行無事に鎌倉, 一行が同, 一行術あり, 一行異常なし, 一行異形のもの, 一行登場人物のどんな, 一行百余人の生命, 一行百十五人の搭乘, 一行監禁ルポルタージュを連載, 一行顧みて, 一行福井に入, 一行の筆跡, 一行に, 一行より第, 一行緊張せること流石, 一行総員百七名からの従者留学生, 一行て十五六人, 一行脱けたと細か, 一行は思ひ出せない, 一行見物なので, 一行解散後に於ける, 一行読みだすとたちまち, 一行読むごとに, 一行読んでは書物, 一行護衛の先頭, 一行足らずのお, 一行の強気, 一行連中まだ誰, 一行進み來て, 一行進めては氣, 一行過りたまふ, 一行違っただけで, 一行金字一行銀書の経, 一行銀書の経, 一行門前なる群集, 一行阿闍梨本朝の実方, 一行阿闍梨陛下万里に行幸, 一行随員従者留学生等総員百七名の中, 一行静静と繰り出し, 一行頽廃の文字, 一行騎馬で乗りこん