青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一筋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~ 一瞬~ ~一種 一種~ 一端~ 一等~
一筋~
~一緒 一緒~ ~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行 一行~ 一見~ 一角~

「一筋~」 1324, 14ppm, 7799位

▼ 一筋~ (534, 40.3%)

17 道を 14 道が 9 糸の 7 血が 6 小川が, 路が 5 糸が, 糸に 4 糸を, 細道が, 街道が, 道の

3 [11件] 光が, 川が, 廊下が, 日光が, 水が, 白い水煙, 矢が, 糸で, 縄が, 道に, 雲が

2 [44件] 光の, 光も, 光りが, 光明が, 光明を, 女の, 家柄で, 小川のみ, 小径が, 小道が, 川と, 影だに, 径を, 情熱を, 明るみが, 槍は, 毛を, 河が, 流れが, 涙が, 煙が, 煙は, 煙を, 燈火さえ, 白い路, 皺も, 矢を, 私の, 紐を, 綱を, 線を, 縄を, 繩の, 蜘蛛の, 血, 血を, 血路を, 街, 論旨で, 谷川が, 道, 道は, 道をのみ, 風が

1 [328件] いのちに, いのちの, うたの, うねりを, えにし, かんて, きれいな, こして, ことにでも, ご縁, しわをも, すが, その黒髪, それだけ, それ矢が, ところだけ, まとまった単位, まぶしいかすか, ものが, ものたり, ものである, ものの, やうな, ゆるがざる鋼線, キザシも, ビーズに, 丹塗矢を, 主が, 主だ, 乱れ毛も, 亀裂さえ, 予定の, 人の, 伝承の, 侍で, 信念に, 信頼と, 健全な, 充実感に, 光を, 光明さえも, 光明でした, 光明によって, 内外を, 出世譚で, 出処の, 刀の, 切れ目が, 切明が, 動きでも, 唐七糸帯は, 困難な, 国道の, 国道は, 土手の, 坑道が, 境にて, 夜みちを, 大きな河, 大河が, 大道は, 天の川, 天衣を, 太い血, 太刀傷が, 奥に, 女帯, 妖気の, 家から, 家柄を, 小川を, 小溝, 小路が, 小道は, 山清水へ, 岩壁を, 崖道を, 川, 川に, 川らしい, 帯だけで, 常識の, 幅狹い, 広い道, 廣い川が, 建築材料を, 廻廊が, 弓の, 強烈な, 往還が, 往還の, 往還を, 征矢が, 征矢を, 径が, 径だけは, 後れ毛も, 心で, 心の, 心棒が, 心理に, 思, 思いが, 思いを, 恋と, 悲しい願い, 悲哀不幸の, 意志だった, 意識も, 手抜かりも, 手拭とか, 手柄に, 手柄を, 投げ槍, 押えがたい, 捕り縄, 新しい進路, 方が, 日の, 日光の, 明りが, 明りを, 明るい太陽, 明るい細い日光, 暗い影, 朝日の, 末と, 本当の, 本道を, 村道が, 東京を, 梯子が, 楽想を, 槍こそ, 槍だ, 槍だけを, 横皺が, 橋が, 歓喜を, 武士に, 武士の, 毛も, 毛髪の, 水脈の, 汚れの, 河水と, 波紋を, 流れ, 流れと, 流れを, 涎と, 涙痕が, 淡い光, 清流を, 溝川が, 火の, 火の手が, 火光が, 灯りも, 煙の, 煙も, 煙草の, 爪先き, 理屈は, 生命を, 田圃道を, 町の, 町を, 痕が, 白いひらめきだ, 白い糸, 白い紐, 白い道, 白光空を, 白布が, 白布を, 白道な, 皺が, 皺の, 眉さえ, 真直な, 矢より, 矢よりも, 知られざる膂力, 稲妻が, 立派な, 端緒を, 糸にか, 糸は, 系統によって, 紅は, 紅を, 紐には, 紐の, 紐も, 紛れなく明らか, 細い明るい光, 細い水, 細い流れ, 細い生命, 細い糸, 細い裏通, 細い路, 細い道, 細引であります, 細流も, 細流広い, 細道, 絃が, 経路が, 綱が, 綱に, 綱の, 緒ともなり, 線路きりありませんでした, 縞が, 繋がった事件, 繋がりを, 繋りが, 繩が, 繩を, 背中の, 脈を, 自分の, 船の, 色も, 著きもの, 蔓繩と, 薄明り, 薄赤い, 薙刀だった, 藁さえ, 藁だ, 藁にも, 藁の, 藁をも, 藍を, 藤蔓が, 蛇が, 血で, 血であった, 血の, 血のり, 血糊が, 街へ, 街を, 街上に, 街道に, 街道の, 街道は, 街道を, 裸体一貫隆々たる, 見渡される月明り, 視線に, 谷が, 谿らしい, 貧乏くさい, 赤い糸, 赤い血潮, 赤を, 赤味も, 赤裸, 赤裸で, 足軽風情だった, 路の, 身では, 軽便鉄道が, 近路, 透明な, 途が, 途を, 通がな, 通りの, 連結も, 運命より, 道ある, 道と, 道をば, 道行を, 違いで, 里道が, 野径が, 金の, 金泥が, 金箭が, 釣り手が, 釣り手に, 鉄棒には, 鉄道が, 銀の, 銀波が, 長い捕り, 長い水脈, 長尾の, 長閑な, 間道が, 防ぎ矢, 陸地を, 陽の, 階段が, 隔ては, 隙も, 隙間も, 際どい瞬間, 隣に, 雀の, 雪の, 雲, 雲を, 雲影も, 電線が, 電車を, 露路が, 露路の, 音律を, 類型的な, 髪にすら, 髪の毛を, 髪の毛土を, 髮をも, 麻な, 麻縄が, 黄色い埃, 黄色な, 黄金脈の, 黒い河, 黒樫を, 黒髪とは

▼ 一筋~ (108, 8.2%)

2 しろ心配, つながる, つながるもの, つらかれとても, 口説くも, 敷きたる大理石, 詰らぬくだらぬ解らぬ奴

1 [94件] おせがみ申した, お袖, かかって, この部屋, こもるもの, さうお, して, すー, そっとはけ, つながって, つながると, つまらぬくだらぬ解らぬ奴, なって, なつかしかった, はけて, はらはらと, また云う, 一朱銀を, 下つ, 云う, 伐りひらかれた樹林, 修めて, 儼守する, 公の, 凧の, 前へ, 動いて, 向けるの, 垂れる, 城下まで, 塔の, 奥の, 妻を, 学びなば, 守り通すこと, 定めかねたる足もと, 将来の, 尽きて, 左右に, 彼女の, 彼女を, 待ち見しかど, 後宮の, 思いこんで, 思いさだめず八橋, 思いつめて, 思い定め, 思い詰めて, 思い詰め此家, 思って, 恋こそ, 慰められつつも, 我が欲, 投げ込まれて, 放射し, 日本人には, 書く以外, 最後まで, 来たの, 梅毒の, 歌ふ, 母様の, 母樣の, 気を, 油井の, 浄土門へ, 無念で, 物を, 生きよう, 生きられたと, 生みの, 異人を, 眼を, 立って, 糸を, 続いて, 綱雄を, 纏まって, 置かれて, 考えたもの, 落ちて, 落付き払っ, 貞世を, 貫いて, 貫くもの, 通つてゐる, 進んで, 過ぎないという, 鈍く光った, 長く解けた, 間違いなく, 靡いて, 高く潔く直く燃え, 高く青空

▼ 一筋~ (66, 5.0%)

4 だから 3 である 2 のほか, を教, を歩い, を茅葺屋根

1 [51件] が元, が出来, が白ツ, が通じ, が長々, じゃア, だ, だね, です, ですから, ではあった, ではなささうだ, で何処, で樹, で赤泊, で里, となった, となつ, とはちがっ, などになる, ならば, にかかつて, に伸び, に吹き下した, に遠見, の右側, の向, の廊下, の彼方, の此方, の辺り, の里, は幻灯, をずつと眺め, をたどっ, をながめ, をやって来る, をゆく, をコツ, を北, を彼, を悠々, を旅人, を桃色, を森, を真, を矢来, を行く, を行くなれ, を辿り, 逃げる横道

▼ 一筋~ (35, 2.6%)

2 玉の

1 [33件] たどって, たどりつ, たどるより, たよりに, だん, ふんで, へだてて, われわれは, 余す, 前後に, 取って, 取出して, 唇に, 境に, 境界と, 引っ張って, 抜き記念, 押立てて, 持たない無能無才, 此地に, 求めて, 渡って, 爲し, 発見する, 越えると, 軽はずみに, 辿って, 辿つて, 辿りつめる肉体, 追って行け, 除きて, 隔てた一方, 鮮明に

▼ 一筋~ (26, 2.0%)

2 動かさずに, 犠牲に

1 [22件] あがって, あらうこと, なく室全体, まじり毛, 乱れないお, 乱れない円髷, 入りません, 写さないという, 出さずに, 埃一粒も, 引いて, 描かれて, 春の, 残って, 残らない, 漏れて, 縮らせない, 見え透く雪解水, 見付からなかつた, 逸れさせじ, 間違ひ, 零れないの

▼ 一筋~ (25, 1.9%)

2 堤の, 大門を

1 [21件] これぞ命, すぐさま石段, その岡, つきりと, よく大, 伸ばされて, 低く水田, 別に麹町, 前の, 南千住一筋は, 同じところ, 小石の, 岡の, 川では, 橋を, 白髯橋の, 締めて居り, 這入る時, 遠州, 間違いも, 間違ひもなく

▼ 一筋~ (17, 1.3%)

2 ではいかない, ではゆかぬ, では行かぬ

1 [11件] でいける, ではいかん, ではゆけ, では片づかない, では行き, では行きません, でゆく, で行かねえ, で行き, で行く, に此望み

▼ 一筋でも~ (15, 1.1%)

1 [15件] いまこの, うるそう, もって, 他を, 低い肉親, 出るからには, 動いたら其の, 合理な, 巌を, 心涼しく, 持って, 捜し当てて, 箸一本でも, 自由に, 見逃すまいと

▼ 一筋~ (14, 1.1%)

2 立身出世を

1 [12件] うっかり偽, さきが, それを, はなく, もって, 主人の, 射殪, 新室祝言の, 東海道が, 繋ぎ止め, 行く男, 銭一貫質屋から

▼ 一筋~ (13, 1.0%)

2 である, の賑, を北 1 がひっそり, になっ, の東, の細長い, をはなれる, を歩い, を清見寺

▼ 一筋二筋~ (11, 0.8%)

2 と糸 1 たなびく野面, ともつれ, の白い, の白髪, の糸, 光って, 残して, 赤い毛糸, 辷るよう

▼ 一筋一筋~ (10, 0.8%)

1 おそろしく正確, から白い, がはっきり, が生き, となぞ, に立っ, の糸, まではっきり, を鮮明, 見ゆるまで

▼ 一筋流れ~ (10, 0.8%)

4 てゐる 2 てい, ている 1 て居る, 余光が

▼ 一筋~ (9, 0.7%)

1 たしかに上, ついて, はっきり浮き出し, また同じ, プツリと, 平右衛門町, 歯に, 生きて, 見つからんので

▼ 一筋~ (8, 0.6%)

6 二筋の 1 二筋北を, 二筋絲の

▼ 一筋長く~ (8, 0.6%)

5 たなびいて 1 印して, 横はれる, 線を

▼ 一筋ずつ~ (7, 0.5%)

1 その縄, 印を, 抽き出し, 河の, 獣が, 髪の毛を, 黒髪の

▼ 一筋~ (7, 0.5%)

2 が道 1 から大丈夫, つて他人に, とかねて, も傷つかない, も揺

▼ 一筋~ (7, 0.5%)

2 藁人形の 1 なぞの, 思い極めて, 思うよう, 考え込んで, 限られて

▼ 一筋~ (7, 0.5%)

2 わで 1 のでお, まめかす, 人とは, 情熱に, 者どもだった

▼ 一筋~ (7, 0.5%)

1 が劃然, であります, ですから, は伏見街道, を一方, を山の根, を澄み切った

▼ 一筋ごと~ (6, 0.5%)

1 に末, に橋, に活き, に稲妻, に美しく, に風

▼ 一筋だけ~ (6, 0.5%)

1 であった, であったので, 勇気が, 殘つて居りました, 特に目, 白く光っ

▼ 一筋~ (6, 0.5%)

2 雪の 1 二筋ぢや, 二筋のみ, 眼先の, 蚊帳の

▼ 一筋白く~ (6, 0.5%)

1 して, 光らせた時, 光るの, 岩脈の, 月に, 浮き出した

▼ 一筋しか~ (3, 0.2%)

1 ないので, 退路は, 開閉の

▼ 一筋だって~ (3, 0.2%)

1 なかった, 動かしやしませんでした, 肌に

▼ 一筋つい~ (3, 0.2%)

1 ていました, ている, ておりましょう

▼ 一筋どこ~ (3, 0.2%)

1 までも古い, までも延び, までも続い

▼ 一筋~ (3, 0.2%)

1 が落ち, が走っ, のよう

▼ 一筋洩れ~ (3, 0.2%)

1 ていない, ても来ない, て来なかった

▼ 一筋~ (3, 0.2%)

1 に残っ, へ上る, へ吐き出し

▼ 一筋細く~ (3, 0.2%)

1 ついて, 付いて, 岐れ出

▼ 一筋落ち~ (3, 0.2%)

2 て居りました 1 散りて

▼ 一筋うねっ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 一筋かかっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ 一筋から~ (2, 0.2%)

1 来て, 白い三日月

▼ 一筋こぼし~ (2, 0.2%)

1 ていた事, ていない

▼ 一筋ずつの~ (2, 0.2%)

1 カタを, 長槍

▼ 一筋だけが~ (2, 0.2%)

1 残りそれ, 頭の

▼ 一筋だに~ (2, 0.2%)

1 動かさないで, 持出さずして

▼ 一筋づつ~ (2, 0.2%)

1 を刻ん, 持つて

▼ 一筋づゝ~ (2, 0.2%)

1 にさつき, を結んだ

▼ 一筋でない~ (2, 0.2%)

1 信念の, 幾筋か

▼ 一筋として~ (2, 0.2%)

1 つづいて, 白絹の

▼ 一筋なら~ (2, 0.2%)

1 それは, びの唇の

▼ 一筋なり~ (2, 0.2%)

1 しに, 如何せんと

▼ 一筋サッと~ (2, 0.2%)

1 こちらからの, 真赤な

▼ 一筋パラパラ~ (2, 0.2%)

2 と爆弾

▼ 一筋交番~ (2, 0.2%)

2 へ届ける

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

1 かの啓示, か悲しい

▼ 一筋動かさない~ (2, 0.2%)

1 で石, のだ

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

1 に寄り, の顳

▼ 一筋射し~ (2, 0.2%)

1 ている, て来た

▼ 一筋延び~ (2, 0.2%)

1 ていた, ているで

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

1 に君さま大事, のしん

▼ 一筋水晶~ (2, 0.2%)

1 の滝, の瀧

▼ 一筋浮べず~ (2, 0.2%)

2 溢る

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

1 を伝わせる, を流し

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

2 のよう

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

2 を剥い

▼ 一筋白い~ (2, 0.2%)

1 水脈を, 竪縞の

▼ 一筋細い~ (2, 0.2%)

1 廊下が, 道を

▼ 一筋細長く~ (2, 0.2%)

1 東より, 照出した

▼ 一筋繩ぢ~ (2, 0.2%)

1 やいかん曲者, や行きません

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

2 がプツプツ

▼ 一筋~ (2, 0.2%)

1 で丁度六条, を根気

▼ 一筋西~ (2, 0.2%)

2 に通っ

▼ 一筋貫い~ (2, 0.2%)

1 ていつも, て居ります

▼ 一筋通っ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 一筋開かれ~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐる

▼ 一筋電柱~ (2, 0.2%)

2 の著しく

▼1* [253件]

一筋つたを, 一筋あざやかに貫い, 一筋あって板橋, 一筋あったを幸, 一筋あつたらしいの, 一筋ありさえすれ, 一筋あれば事足りる, 一筋あわれお拾い下されませぬ, 一筋いれられた切目が, 一筋うごかさずまばたき一つしなかった, 一筋おそろしく正確で, 一筋およそ十四五町の, 一筋お宮様でないの, 一筋かすかに続い, 一筋きつて放せし, 一筋きりのズボンつり, 一筋くっついている, 一筋くるくるっと蔓, 一筋くろく乾いて, 一筋ぐらいなんとも思っ, 一筋ここで合う, 一筋ごたごたした大通り, 一筋つと黒ずんだ, 一筋さえも彼等には, 一筋さしていない, 一筋さしはさむべき間も, 一筋しらしらと白ん, 一筋すっと正面の, 一筋すらも動かすこと, 一筋ずつと右手の, 一筋ずつを言って, 一筋そら解けの, 一筋それてこちら, 一筋ただ一筋の, 一筋たちのぼる, 一筋たよりなく横切つて, 一筋だけしかないの, 一筋だけの素晴しく, 一筋だけは頑強に, 一筋だけをとりあげて, 一筋だろうね, 一筋つながっている, 一筋つまんで口, 一筋つめたい汗の, 一筋づゝ一刻に生血, 一筋であったことは, 一筋である日本の, 一筋でなく幾筋も, 一筋ではあるが, 一筋とか積藁とかを, 一筋としてかかつてゐない, 一筋とって弓, 一筋ないつやつやした, 一筋なくただ月, 一筋なでられている, 一筋なる御人, 一筋なわじゃねえしろものってことがわかりそうなものじゃねえか, 一筋にさえ筆蹟の, 一筋にしかなって, 一筋につき一円二〇銭より, 一筋にて兼用ふ, 一筋にはつきにく, 一筋にも雨の, 一筋のっかってはいない, 一筋はっきりと貫い, 一筋ひっさげて駈けつけ, 一筋ひろくそっちへ, 一筋ぶら下つて, 一筋溝板を, 一筋ほうと中空, 一筋ほくろ一つ見極めるの, 一筋ほそいものが, 一筋ほどでも, 一筋ほどにも心に, 一筋ほろりと畳, 一筋きりと, 一筋だら蚊, 一筋まだ残って, 一筋まではっきりと, 一筋までを味方として, 一筋みな大君のたまもの, 一筋むこうに山, 一筋めらめらと燃え上がっ, 一筋やがて其の煙, 一筋よりほかに, 一筋よりも見つかって, 一筋をだにこ, 一筋をもつなぎあわせる, 一筋キラキラと時計, 一筋タラリと下がっ, 一筋ダイヤへ搦, 一筋ニシテフトシ末ニ枝多ク分レ下垂シテフサノ如シ, 一筋ノシ上がった, 一筋ボーッと立ち上がった, 一筋一筋整理して, 一筋世俗的な糸, 一筋両側の家, 一筋乙會社は繪端書三枚, 一筋乱さずにもみぢ, 一筋乱れぬまでに梳かしつけ, 一筋二筋それこそ香, 一筋二筋裾広がりにぱつと, 一筋二筋頬にかかれる, 一筋伊賀の若様, 一筋の財布, 一筋倒れ伏している, 一筋の棒, 一筋光るものが, 一筋の面, 一筋切れ二筋絶ちまさに, 一筋動かす風も, 一筋十和田に通, 一筋半紙の一帖, 一筋同じような, 一筋のお, 一筋吹き上り五寸あまりも, 一筋城ヶ沼の水, 一筋堤防のあった, 一筋塀裾へ引かれ, 一筋で我身, 一筋大きな切り傷の, 一筋太刀傷があった, 一筋寂しく横仆わっ, 一筋寄せて廂, 一筋てこない, 一筋射し込む明るい光線, 一筋小刀一挺お高, 一筋少しばかり血, 一筋山腹を縫つて, 一筋から離れ, 一筋が流れ, 一筋左右に延び, 一筋巻いたなりで, 一筋広い往来が, 一筋引かれた白粉の, 一筋引き落して, 一筋を描き, 一筋張ってありました, 一筋張り渡して, 一筋が出来, 一筋微笑の皺, 一筋徹つてゐる川, 一筋急き込んで古代, 一筋怪しの煙, 一筋戸口から雪, 一筋投げてくれた, 一筋抜けてはおらず, 一筋抜けたって女, 一筋押しの御, 一筋へて上げ, 一筋持って自分一人, 一筋揚っている, 一筋揺がさないでじっと, 一筋整理して, 一筋明らさまになった, 一筋暗い色に, 一筋暗く踏みつけた町中, 一筋に透い, 一筋朝市の済んだ, 一筋木刀が闇, 一筋の中, 一筋東北の方, 一筋をく, 一筋に整然と, 一筋に懸つ, 一筋に入っ, 一筋残したまま船も, 一筋残つた物語がこの, 一筋にビリビリ, 一筋は物頭格, 一筋水神の方, 一筋水脈が引かれ, 一筋水面に走り, 一筋が白く, 一筋泣き声が響い, 一筋注がれていた, 一筋洩れる灯火の, 一筋流してゐる, 一筋流れ出て夜, 一筋深く穿って, 一筋清涼たる笛, 一筋が落ち, 一筋のやう, 一筋激浪中の奔流, 一筋白い長い線が, 一筋白う暮れ殘り, 一筋白かった, 一筋白き道の, 一筋につく, 一筋真っ直ぐに白い, 一筋真っ赤になった, 一筋真白な雲, 一筋着物一枚作らざるべからず, 一筋のよう, 一筋知れぬように, 一筋の背中, 一筋秋元へ帰った, 一筋穂高山の中腹, 一筋の婆さん, 一筋を引きおり, 一筋筋金が入っ, 一筋米友の眼尻, 一筋糸底を巻い, 一筋に凝り, 一筋細引一本見当らんじゃった, 一筋細目に隙, 一筋絡むでスーツと, 一筋が出来た, 一筋纏うたら裾も, 一筋背頸まで貫い, 一筋自分の唇, 一筋の上, 一筋花園を通してはるか, 一筋茶色に雪, 一筋荒々しく乗りこんで, 一筋葉子の心, 一筋虻一疋から大家, 一筋褐色の鱗, 一筋見ゆるまでものの余りに, 一筋見落しはしまい, 一筋貫くものが, 一筋買つて呉れなかつた, 一筋赤く土の, 一筋越した他の, 一筋退路を断て, 一筋通じている, 一筋通れる道が, 一筋道光琳の絵, 一筋道由良の伝吉, 一筋ひの, 一筋重い足にも, 一筋鈍く光るもの, 一筋銀色の泡, 一筋銀蛇のよう, 一筋鋭く残った知覚, 一筋鎧一領を携え, 一筋長い道に, 一筋長し冬木立, 一筋間違ってきた, 一筋降れるかと, 一筋隔て峨々たる, 一筋隔てしのみなれ, 一筋際だって戦い, 一筋静脈が蒼白く, 一筋を伝わっ, 一筋に吹かれ, 一筋颯然と風, 一筋馬一頭二百石の十, 一筋高く水を, 一筋を摘まんで, 一筋黄金色に肩, 一筋黒い何者かが, 一筋黒く眼に