青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一等~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~ 一瞬~ ~一種 一種~ 一端~
一等~
一筋~ ~一緒 一緒~ ~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行 一行~ 一見~

「一等~」 1603, 17ppm, 6588位

▼ 一等~ (193, 12.0%)

6 切符を 2 切符と, 名物田中正造氏其人なり, 富栄なる, 病人は, 美人だ, 車室で

1 [175件] お客様と, お寺だ, お料理屋さん, お方である, お金持, お金持ち, ことばで, すぐれた家系, ところに, ものだ, ものである, ものは, よろこびにな, りっぱな, わからず屋でございます, をもらえる, コップよりも, コムパートメントを, デッキに, パスを, 丸持大尽で, 乗車券と, 人氣を, 人物である, 仕立屋が, 伊太利亜大理石を, 位置を, 余興であった, 作家である, 供物として, 候補地でやす, 健康水準では, 出品物より, 出来でしたらう, 別嬪という, 劇場で, 功労者といふ, 功徳であろう, 医者だ, 十二号車, 博士に, 句なりとは, 名作として, 名誉の, 味を, 地である, 地位と, 場所を, 境地である, 大人物, 大滝が, 大當, 大盗賊, 女学校とは, 女工さんで, 好風景, 字を, 学者でありました, 学者である, 学者といふ, 定食を, 客室には, 客車には, 宰相と, 家でございます, 家に, 容疑者か, 宿屋で, 宿泊料を, 富豪下津伝平の, 寝台を, 寝台車の, 寝台車を, 寝室でも, 席に, 常設を, 幸運者の, 座敷を, 待合へ, 待遇を, 御料理, 御馳走で, 憐れな, 成績で, 成績を, 手掛じゃ, 手書の, 探偵を, 文学であります, 料理を, 料理屋だ, 料理屋を, 料金で, 施主でも, 旅籠屋畳も, 旅館に, 旅館延命軒, 旅館延命軒の, 日本の, 日本人は, 日本男児だ, 書家だ, 村に, 条件で, 栄冠を, 植物学者だ, 楽しみを, 標準に, 歌集だ, 毒婦船虫が, 温泉である, 牛を, 生徒という, 白切符を, 眺めだ, 眺めの, 祖先伝来の, 種類さ, 竈は, 立案という, 立派な, 箱は, 米が, 紀行文である, 繁昌を, 美しいお方, 美を, 美人で, 美人であっ, 美人の, 美人は, 美人を, 美味いもの, 美味だ, 美味である, 美男に, 美男子の, 船の, 船客から, 船客で, 船客であります, 船客ばかり, 船室を, 色気の, 色男を以て, 苦労人でございます, 苦労人と, 葬式と, 解答を, 評あり, 談話室の, 談話室を, 諸氏, 財産ぢや, 貧乏に, 貴重貨物を, 賄だ, 資質磊落雄豪は, 賞を, 身上で, 車室に, 車室を, 車房を, 軍人だ, 連中を, 道を, 金滿家としても, 鉱山の, 長い橋, 閑事業と, 闘牛用牛産地ヴェラガ公爵所有の, 顔立の, 食堂で, 食堂に, 魅力は

▼ 一等~ (177, 11.0%)

3 だった, はそう, はパイ軍曹 2 だったから, であった, とは顔, の方, はとつぜん, はまた, は目, は肩, を叱りつけた

1 [150件] うて, か, がうちおとした, がうーん, がからだ, がしきりに, がとつぜん, がひとりごと, がべそ, がまっ先に, がエンジン, が七円八十銭, が両, が予備, が岡田, が手, が来, が汗ばみ, が注意, が眼, が訓練, が軍曹, だな, だの, だまれ, である, であるか, とがたいへん, とがとびこん, とがのっ, とであった, とはこの, とは仕方, とは車内, と共に常に, と四角, にお, になった, のこの, のそば, のため, のひとりごと, のよわっ, のズボン, のポケット, の二人, の元気, の入営前, の大きな, の手, の指, の服, の服装, の横腹, の死, の浜田, の耳, の肩車, の脇腹, の足許, の軍服, の運転手, の顔, はあわて, はあんがい, はいきなり, はいった, はうーむ, はえら, はおずおず, はおどりあがった, はおもわず, はおや, はかわいい, はがたがた, はがばと, はきまり, はこの, はさっきパイ軍曹, はしばらく, はしんぱい, はその, はそれ, はたいへん, はちょっと, はどんな, はなかなか, はのんき, ははなはだ, はびっくり, はへどもど, はますます, はもう, はやっと, はやりかえし, はやれやれ, はようやく, は再度, は前, は味方, は地底戦車, は大きな, は大粒, は天井, は天神橋六丁目, は失敗, は奥, は安全装置, は幻, は彼, は後方機銃座, は微笑, は思わず, は悄気, は手, は指さき, は放りだされた, は早い, は林檎, は毛皮, は気, は泣きだし, は泣き面, は眼, は立ち上った, は肘, は胃袋, は自分, は蛇, は身, は軍曹, は運, は銃座, は露子, は顔, は鼻, もがら, もそば, もなにやら, ももう, も瘤, をこきおろした, をじっと, をたすけおこし, を介抱, を私, を見上げ, を選抜, を靴, 待て

▼ 一等運転士~ (92, 5.7%)

6 の坂谷 4 のパイクソン 2 のいう, の声, の顔

1 [76件] から命じられた, がいった, がかけこん, がそれ, がたおれ, がつかさどつ, がパイクソン, が前, が叫んだ, が素早く, が自身, が船長, が言った, が訊いた, が身分証明書, が顔, すぐに, そして僕, だったの, だったん, だった石割苗太郎, となり, とは正太, とは顔, と水夫長, などといろいろ, にそっと, にも見込み, によって発せられた, に向っ, に手渡した, に電話, のケリー, の他, の作った, の手, の方, の知らせ, の言う, の貫録, の間, はあきれ, はあっと, はいたそう, はこころ, はさっそく, はせきこん, はそれ, はまた, はやっと, はよわっ, はわるびれ, はピストル, は一挺, は中国人, は他, は口, は操舵当番, は気, は気がついた, は簡単, は紙上, は肩口, は船員たち, は船橋, は返事, は長い, は青く, は顔, もやはり, も心細い, や事務長以下, をはげました, をはじめ, を押付けられ, を船内

▼ 一等~ (54, 3.4%)

10 減じて 5 減じられて 2 とりゆき暮れて, 加ふ, 減ずること, 減ぜられて

1 [31件] とったって, とったの, とった蔓薔薇, とって, とるよう, 争って, 免され, 加えて, 占めつづけて, 即ち女子, 取ったからね, 受けた, 引きあてるが, 得たと, 拵えて, 減じられただけでも, 減じられたの, 減じること, 減じ造下野薬師寺別当, 減ず, 減ずるの, 減ずる方法, 減ぜられた上, 減ぜられること, 減ぜられ重立たる余, 被減候様仕度, 許され陵戸, 譲らざるを, 貰ったり, 買へば, 輕減し

▼ 一等~ (51, 3.2%)

3 の服 2 は苦笑, は銃剣

1 [44件] がはたして, が正宗, が牙山, が苦笑, が蛸, その人, だった, でさ, と一しょ, にきいた, にこう, にほかならなかった, にやれ, に声, に話しかけた, の上着, の墓, の心, の手, の柿本, の眼, の言葉, は, はこう, はそう, はまっ, は上官, は全身, は口, は同じ, は執拗, は将軍, は振り返った, は朗読的, は狡猾そう, は空, は笑っ, は苦々し, は身構え, は銃, へじろりと, へ機嫌, へ目, も口

▼ 一等~ (51, 3.2%)

3 を獲得 2 から九等賞, だ, になった, をとった

1 [40件] かい, から五等賞, ずらえ, だよ, だろうと, てな, でございます, とか県, として水引, となり, と云っ, と人, になっ, になる, になるだらう, にはこの, に推され, のメタル, の三ちやん, の大, の記念, の資格, の関東地方, はこっち, はたいした, はぼく, は三百法, は殺した, をあんた, をお, をおとり, をとり, をとる, をもらった, を争いました, を取った, を取れ, を得た, を獲た, を頂きます

▼ 一等~ (41, 2.6%)

3 なって

1 [38件] いた一人, いづ, したいと, してやるからという, しなけりゃほか, しよう, なさらなかったの, なったから, なったそう, ならうと, なりフォード, なるかと, なるの, なれるん, 一万フランの, 乗って, 乗つて大阪, 乗らず二等, 乗らなかったの, 乗る権利, 乘りました, 人の, 代つた, 代る決心, 位する物部, 入選した, 声援を, 売れる新聞, 変へて, 当たりたるもの, 当ったところ, 当選し, 当選する, 懸賞金五両, 推しさらに, 相当する, 米光関月の, 進み遂に

▼ 一等~ (29, 1.8%)

1 [29件] かな, か二等車, が予期, ですよ, で林, で行く, とは三等, と云った, にあった, になっ, にのり, にはいません, に乗った, に乗り替, に乗り込ん, のなか, のコンパートメント, のデッキ, のボーイ室, の一隅, の中, の坐り心地, の昇降口, の窓, の車室, ばかりがつながつてる, ばかりを聯結, をさけ, を以てせざりしや

▼ 一等~ (27, 1.7%)

2 の買切り

1 [25件] からも大臣, だから, だけが塞がらず, と一等喫煙室, には乗合客, には老, に乗つ, に乗り合せ, に乗り込みし, に怪しい, に這入らした, に飛び乗った, のほう, の天井, の女, の扉, の椅子, の窓, の食卓, の鶯茶, はあつ, は化身, へ移し, や二等室, を一つ

▼ 一等船客~ (26, 1.6%)

1 [26件] から下, が発見, だけはいずれ, だったので, だつたので, でもなく, としては某国, として乗り込みいたる, として香港, には一番, には千頭, に一きわ, のため, のところ, のよう, の中, の主席, の外人, の眼, の礼拝, の葉子, の贅沢達, の酒場, の間, の食堂, を秩父丸

▼ 一等~ (25, 1.6%)

52

1 [18件] からと言, が中, そうです, つけが, といふやう, と二千円, と云, と思っ, と思つて, と思ふ, と思われる, と聴いた, など言いまし, よ, よ卵拾ひも, ヤキ, 前は, 朝日が

▼ 一等運転手~ (23, 1.4%)

3 と船長

1 [20件] がその, がたおされた, がカラ, がヨロケ, が私, が腕ずく, が自分, が舵機室, が訴え, であったの, と事務長, と肩, なの, の四人, の声, はわざと, は彼, は真顔, は若い, も眼

▼ 一等いい~ (15, 0.9%)

2 鉛筆を

1 [13件] だろうと, という話, と思います, と思った, と言つて, のです, のに, わ, んだ, 子に, 宿屋だ, 布ばかり, 馬が

▼ 一等二等~ (14, 0.9%)

2 なくただ

1 [12件] ありて, と区別, と礼, などその, に区別, の当選者, の番号, はあるまい, は売出す口, をきめる, を決める, を踏みはずし

▼ 一等~ (13, 0.8%)

1 [13件] いって, した, する, なす, なりき, なり孟子, 三等しか, 並が, 二等とは, 二等には, 云うの, 思う, 行きウイスキー

▼ 一等好き~ (13, 0.8%)

4 なの 3 なん 1 だつて, だと, だな, でありそして, なカルケット, な顔

▼ 一等船室~ (13, 0.8%)

2 のサロン

1 [11件] から一人, である, というの, には實際, に入, のよう, の大広間, の寝台, の甲板, は上下二段, らしい見事

▼ 一等~ (12, 0.7%)

1 [12件] だと, でなければ, ということ, として自他共, と稱, と謂, になつ, に列し, に列する, の事業, の伴侶, の待遇

▼ 一等~ (9, 0.6%)

2 胸から 1 どうして決めます, もう満員, グンと, 一等でも, 加川久二等城木浩二三等吉川, 四ルピー二等は, 工藝に

▼ 一等よく~ (9, 0.6%)

2 現われて 1 その他二三い, わかるだろう, ジャーナリズム営業に, 判ると, 利くぐらいの, 科学的に, 見て取られる

▼ 一等~ (9, 0.6%)

2 きに 1 に, に之, に何, に入歯, に出, に大衆, に海

▼ 一等~ (9, 0.6%)

1 である長崎もの, というもの, として支払わせ, となる, と称され, は贅沢屋, を京大阪, を創る, を特売店

▼ 一等から~ (8, 0.5%)

2 九等までは 1 五つ下へ, 五等までに, 八等まで, 八等までの, 十等まで, 第百等

▼ 一等~ (8, 0.5%)

2 あたる確か 1 一番いい, 一番輕い, 三円で, 槻材, 現はれ, 目に

▼ 一等古い~ (8, 0.5%)

2 もので 1 のの, ものと, 形は, 形式が, 文献を, 様であります

▼ 一等褒状~ (8, 0.5%)

2 になりました 1 が授与, その上英国皇子, となりました, を受け, を得, を貰った

▼ 一等運転士パイクソン~ (7, 0.4%)

1 であった, と秘書, のもと, の声, はどこ, は勇敢, や秘書マルラ

▼ 一等~ (6, 0.4%)

1 おひ, ゆったりだ, 新潟のも, 浮気心も, 煮ざかなにしてもよろしく骨離れ, 鯛でも

▼ 一等です~ (6, 0.4%)

1 か, かい, から, から私, ね, わ

▼ 一等三角点~ (6, 0.4%)

1 で其建設, として用いられ, にはみんな, の下, の大きな, の覘標

▼ 一等~ (6, 0.4%)

1 が全部二等車, でコロンボ, になつて, に加わりたる, はすく, は漱石氏

▼ 一等水兵~ (6, 0.4%)

1 がで, だった, でゆうべ, の名, はちょっと, は誰

▼ 一等発達~ (6, 0.4%)

4 して 1 したジャーナリズム施設, した認識

▼ 一等でも~ (5, 0.3%)

1 かまは, その一等, よいかと, 寝台なし, 当てたよう

▼ 一等には~ (5, 0.3%)

2 白米が 1 五円やる, 地中海に, 少し無理

▼ 一等~ (5, 0.3%)

1 が銅牌, だのう, としなけれ, のた, の方

▼ 一等兵曹~ (5, 0.3%)

1 がかけよる, の声, の服装, の直ぐ上, は行手

▼ 一等大切~ (5, 0.3%)

2 な点 1 だと, なの, な唯

▼ 一等当選~ (5, 0.3%)

1 が無い, だったの, というもの, にきめ, は自分

▼ 一等~ (5, 0.3%)

1 に比し, に賞味, も三等米, より二割高, を焚い

▼ 一等運轉手~ (5, 0.3%)

1 である, と船長, の指揮, は急, も度

▼ 一等高い~ (5, 0.3%)

1 お家を, けれどどうしても, 人が, 尖った山, 心という

▼ 一等~ (4, 0.2%)

1 二人さんだけ, 好きだ, 甘味そうに, 臀という

▼ 一等よい~ (4, 0.2%)

1 のである, 一人でありました, 子供を, 時が

▼ 一等~ (4, 0.2%)

1 のマリちやん, の子, の席, の角

▼ 一等下士~ (4, 0.2%)

1 だった, とのおどろき, の死守, を防毒衣

▼ 一等初め~ (4, 0.2%)

1 に世界, に云った, に小学校, に本当に

▼ 一等~ (4, 0.2%)

2 が政事 1 の如き, 御出迎

▼ 一等寝台~ (4, 0.2%)

1 が安全, のなか, の切符, の前

▼ 一等~ (4, 0.2%)

1 になっ, に昇る, より進ん, 何とかの

▼ 一等書記官~ (4, 0.2%)

1 として亡くなった, に任命, の役, の杉村

▼ 一等水兵マーロン~ (4, 0.2%)

2 であります 1 か, だと

▼ 一等美しい~ (4, 0.2%)

1 お姫様でした, ものだ, んだ, 時な

▼ 一等観覧席~ (4, 0.2%)

1 からひろい, ではない, のあいだ, を占め

▼ 一等~ (4, 0.2%)

2 くする, く可

▼ 一等近い~ (4, 0.2%)

1 だろう, ハワイに, 星だ, 様だ

▼ 一等適切~ (4, 0.2%)

1 では, な正確, に, に云いあらわし

▼ 一等鉱山~ (4, 0.2%)

1 で生産, のみが有利, の地代, を採掘

▼ 一等面白い~ (4, 0.2%)

1 かという, んだ, 思索だ, 雑誌クロコジール

▼ 一等えらい~ (3, 0.2%)

1 ものの, 人の, 者が

▼ 一等という~ (3, 0.2%)

1 ことに, のか, 何とかホテル

▼ 一等として~ (3, 0.2%)

1 あります, 掲げて, 金五千法と

▼ 一等なりと~ (3, 0.2%)

2 謂ふ 1 感じぬ

▼ 一等むずかしい~ (3, 0.2%)

1 仕事は, 問題でも, 役を

▼ 一等二等三等~ (3, 0.2%)

1 から成り立っ, という区別, の旗

▼ 一等大尉~ (3, 0.2%)

1 だつた事, のダシコフ, は妙

▼ 一等安易~ (3, 0.2%)

1 であるよう, な, にし

▼ 一等心配~ (3, 0.2%)

1 して, になる, をかけないです

▼ 一等手近~ (3, 0.2%)

1 かで又, かな原因, かな問題

▼ 一等早く~ (3, 0.2%)

1 亡びて, 又有効, 向こうへ

▼ 一等最初~ (3, 0.2%)

1 から極めて, に目撃, の人

▼ 一等直接~ (3, 0.2%)

1 な現, な直覚的, に実証的

▼ 一等看護婦~ (3, 0.2%)

1 になっ, になつて, の肩

▼ 一等立派~ (3, 0.2%)

1 なの, な仕事, な着物

▼ 一等~ (3, 0.2%)

2 の高い 1 が低い

▼ 一等興味~ (3, 0.2%)

1 のある, を持たれ, を有

▼ 一等良い~ (3, 0.2%)

1 のを, 四重奏曲を, 筈の

▼ 一等都合~ (3, 0.2%)

1 がいい, のよい, の宜

▼ 一等露骨~ (3, 0.2%)

2 に表面 1 にブチ

▼ 一等あと~ (2, 0.1%)

2 で海水

▼ 一等いけない~ (2, 0.1%)

1 のは, んだ

▼ 一等うまい~ (2, 0.1%)

1 のだ, んだ

▼ 一等きき目~ (2, 0.1%)

1 がある, のある

▼ 一等きれい~ (2, 0.1%)

1 だった, だね

▼ 一等した~ (2, 0.1%)

1 のボタン位, の大きな

▼ 一等だけ~ (2, 0.1%)

1 上がるだらう, 減じ終身刑

▼ 一等はじめ~ (2, 0.1%)

1 に僕, に出

▼ 一等よろしい~ (2, 0.1%)

1 かへりみ, です

▼ 一等主計~ (2, 0.1%)

1 と何, の軍服

▼ 一等便利~ (2, 0.1%)

1 だ, でしょうと

▼ 一等出仕~ (2, 0.1%)

1 である, の学務課勤務

▼ 一等効き目~ (2, 0.1%)

1 があり, がある

▼ 一等~ (2, 0.1%)

2 なところ

▼ 一等地球~ (2, 0.1%)

2 に近づく

▼ 一等多い~ (2, 0.1%)

1 ことは, ノルマルな

▼ 一等大事~ (2, 0.1%)

1 だという, な手段

▼ 一等太い~ (2, 0.1%)

1 ところで, 管の

▼ 一等嫌い~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 一等嫌ひなの~ (2, 0.1%)

1 でございますよ, ですわ

▼ 一等寝台車~ (2, 0.1%)

1 で東上, で東京

▼ 一等尤も~ (2, 0.1%)

1 な理由, らしく世間

▼ 一等巡査~ (2, 0.1%)

1 が, の後ろ

▼ 一等待合室~ (2, 0.1%)

1 に入っ, へ顔

▼ 一等~ (2, 0.1%)

1 になっ, の方

▼ 一等教授~ (2, 0.1%)

1 の外吉野立蔵氏, を朝廷

▼ 一等有望~ (2, 0.1%)

1 でないの, なの

▼ 一等欠け~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 一等正確~ (2, 0.1%)

1 な解決, に映る

▼ 一等痛手~ (2, 0.1%)

2 を蒙る

▼ 一等~ (2, 0.1%)

1 につく, に立つ

▼ 一等知りたい~ (2, 0.1%)

1 ところを, んです

▼ 一等~ (2, 0.1%)

1 にとって気, の関心

▼ 一等~ (2, 0.1%)

1 の広い, は桑畑

▼ 一等~ (2, 0.1%)

2 二等及び

▼ 一等~ (2, 0.1%)

1 には入れられない, のもの

▼ 一等~ (2, 0.1%)

1 を一杯, を日

▼ 一等~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 一等貧弱~ (2, 0.1%)

1 だと, なの

▼ 一等進ん~ (2, 0.1%)

1 でゐた, で本官

▼ 一等重要~ (2, 0.1%)

1 なところ, なユリ

▼ 一等長い~ (2, 0.1%)

1 ところで, 小説であります

▼ 一等顕著~ (2, 0.1%)

1 に印象づける, に明白

▼ 一等食堂~ (2, 0.1%)

1 に行き, の前

▼1* [362件]

一等あたらしい第四氷河期, 一等あぶないところであった, 一等あるいは第二等, 一等いけなかつたな, 一等いやなの, 一等うしろの飛行機, 一等うつくしい後ろ側の, 一等うれしい日な, 一等おくまったすみへ, 一等おしまひまで, 一等おしまいだよ, 一等おちついていた, 一等おどろいたのは, 一等お上なすッ, 一等お気に入りができる, 一等三等だ, 一等かわいがるんだって, 一等かわゆらしい赤さん, 一等きたないくらいで, 一等きびしかつた, 一等きらいです, 一等こまかい釘を, 一等さきに聞き, 一等しのぎいいん, 一等じゃないの, 一等すぐれている, 一等すぐれた感情でございます, 一等すけないみたいな, 一等その論文の, 一等たる強兵たるの, 一等だってそうだ, 一等だろうが二等, 一等つよい敵だ, 一等つらい仕事だろう, 一等であったように, 一等であったろうと思われる, 一等であるがどうして, 一等であるならば妻, 一等であろうがこれ, 一等でございますよ, 一等でして, 一等でなきや駄目, 一等でなければし, 一等では大抵二円から, 一等とったさかいお, 一等どころかビリツコだ, 一等んです, 一等なしの列車, 一等なつかしいのは, 一等ならば何人, 一等なるやまた, 一等なればなるべし, 一等なんて柄でない, 一等にあたって二十万円とか, 一等にでも当れば, 一等になんか乗りこんでね, 一等によって提唱された, 一等はげしい愛な, 一等はずれの戸, 一等ひろいところで, 一等納まるの, 一等へと来るん, 一等または二等を, 一等みじめな眼, 一等むずかし屋に, 一等むつかしい問題でも, 一等二等も, 一等やられる者が, 一等かつた, 一等よかないかと, 一等よかろうと, 一等より七等に, 一等よわいところだ, 一等りっぱなもの, 一等わかりやすいでしょう, 一等わるくするの, 一等ガッカリしたの, 一等コタエたらしいね, 一等コムパートメントにおさまる, 一等スバシコイあばれ者, 一等ハッキリと出, 一等一円五十銭二等一円三等六十銭であったが, 一等一等と云う, 一等一般的に興味, 一等三円二十銭であるが, 一等三十五銭という宿賃, 一等三角測量である, 一等三角点網を組み立て, 一等三角網が完成, 一等上ッたと, 一等上級のもの, 一等下つた王といふ稱號, 一等下るものの, 一等下積みに匿, 一等熱心で, 一等な食事, 一等乗船券に更に, 一等事物を公平, 一等二〇〇万円の宝くじ2組, 一等二十人二等三十人計五十人, 一等二千円のあたりくじ二本, 一等二枚奮発して, 一等二等三等水兵等は士官, 一等五人二等十人計十五人, 一等五子ハ二等デアル, 一等五百六十三人二等四百六十一人三等千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 一等五百円であったかと, 一等人間的なジャーナリスト資格, 一等代表的な最も, 一等小のが, 一等も知らない, 一等便宜だと, 一等俗物的な文学, 一等信號兵は指揮, 一等値段がやすく, 一等健脚な一団, 一等という, 一等優れたものだ, 一等優品で濃紫色, 一等優秀な模範的, 一等元気なそして, 一等入選しそれ, 一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 一等公侯大臣も伏し, 一等公平であろう, 一等兵おれは見, 一等兵お前も下り, 一等兵だらしがない, 一等兵和田の属する, 一等兵曹あと三十浬で飛行島, 一等兵軍装で直立不動, 一等其利益を受ける, 一等出仕宮本半蔵に駕籠一挺, 一等切符をかっ, 一等列車に納まり返っ, 一等利口な一等, 一等の十三号, 一等効力がある, 一等勲章を賜わり, 一等卑屈であるの, 一等卒原田重吉は出征, 一等卓抜な思想家, 一等い奴, 一等ハ二等運賃, 一等古く夏祭りが, 一等可哀想ですもの, 一等可愛がるんじゃ, 一等史料とされ, 一等呑助の警察廻り君, 一等がよく, 一等呼び物になっ, 一等呼吸のむずかしい, 一等問題になる, 一等喜んだものの, 一等喫煙室二等室と二等喫煙室, 一等器量がよく, 一等困っている, 一等困りものな, 一等國仲間入りが出, 一等土地の善い, 一等堂々とし, 一等墓地の中, 一等から十等士, 一等多くそれには, 一等多数を占め, 一等大きい石炭の, 一等大きな狙所な, 一等大衆的普及性を持っ, 一等天分が豊か, 一等に洋間, 一等が熟れ, 一等好いだろう, 一等だった, 一等安いビルが, 一等安全でもあり, 一等安手の下士官, 一等宜いと彼地で, 一等のある, 一等実際的な, 一等客室のこと, 一等客船なれども, 一等室風呂は一寸, 一等容易に借り出せる, 一等寝台券二枚を求める, 一等尊重しなければ, 一等小さいエミルで, 一等少ないと考えられる, 一等居ごころのいい, 一等展望車の次, 一等巡査殿があちら, 一等巡洋艦がわざわざ, 一等巡洋艦マール号に積載, 一等年齢をとった, 一等幸福らしいね, 一等幼稚な或いは, 一等広く取って, 一等には行ける, 一等強い感銘を, 一等強く自分の, 一等当選者に金一千円也, 一等当選者瀬戸口藤吉氏が中気, 一等役に立つのだった, 一等役立つだろう当のもの, 一等役者ではなく, 一等の愛する, 一等徹底した論理組織, 一等をつかまえる, 一等心持がよい, 一等怖かったの, 一等恐しいの, 一等悪いことは, 一等情ないめを, 一等愉しいことでございます, 一等感動させられたの, 一等憤慨したの, 一等憲法学者二等憲法学者という区別, 一等懐しいのは, 一等懶惰な場合, 一等戦争やなん, 一等戰鬪艦をもつ, 一等手短かに又, 一等捌けるピン嬢と, 一等捷径であった, 一等損害を蒙る, 一等支出が立た無く, 一等政治的でないという, 一等教授矢野玄道氏が二等教授木村正辞氏, 一等文学に気に入っ, 一等旅客同時に老練, 一等旅館の女中, 一等日常親密に交際, 一等早いの, 一等明るくそしてハイカラ, 一等普遍性を有っ, 一等有効では, 一等座と, 一等本式にする, 一等根本的な区別, 一等楽しみでプロレタリヤ的, 一等権謀もあり, 一等機関士章子友次郎等とサンフリート村, 一等機關士の方, 一等正当なの, 一等に縁, 一等になります, 一等気持のわるかっ, 一等の綺麗, 一等水兵イワンをつけ, 一等水準点がある, 一等永久に残る, 一等汽車に乗っ, 一等沢山米を食, 一等かつたらしい良, 一等減じて硫黄島流し, 一等減刑して, 一等測量標を大日山, 一等潜行艇でも此二個, 一等が辛かっ, 一等燈臺で燈臺守, 一等独創的で一等卓抜, 一等珍しく感じられるの, 一等生きた考え方だ, 一等生活特等生活と運命的, 一等だ, 一等甲板の富岡, 一等當選作だつたの, 一等発禁の本, 一等皆さんの笑い, 一等目立つ存在だ, 一等看護卒が出した, 一等短いところでは, 一等科学の進んだ, 一等端初的な問題, 一等米圓に七升一合, 一等粗末に見えた, 一等純粋に現われる, 一等素晴しかつたな, 一等素朴な観念, 一等組織的に発達, 一等給仕の折紙, 一等綺麗だ, 一等繁昌して, 一等繁華な四角, 一等美しくて立派, 一等ならそれ, 一等肝腎なこと, 一等自慢にし, 一等自由なジャーナリスト, 一等航空兵曹とでありました, 一等で遠洋向き客貨物船, 一等船匠兵アイグナウ・ロトラァはその, 一等船客たちのサロン, 一等船客たるの權利, 一等船客三十五名を収容, 一等船客中の大, 一等船客多数に入, 一等船客専用の, 一等船客級をねらう, 一等船客級相手のナイトクラブ, 一等芸妓の部, 一等若い生活の, 一等若い美しい看護婦の, 一等か, 一等著しいのは, 一等衆議院の反感, 一等へた, 一等装甲巡洋艦石狩の乗員, 一等要塞をなし, 一等見物に来た, 一等解り難いもの, 一等が好き, 一等談話室のソファ, 一等謹んでそっと, 一等貴重なもの, 一等資料のない, 一等かな紅玉路, 一等賑やかな鐘路通り, 一等賞二等賞を得た, 一等賞君おい一杯飲もう, 一等賢明なこと, 一等贅沢な部屋, 一等足並みを揃え, 一等軍医を以て終った, 一等軍医正を以て広島, 一等軍醫をし, 一等軽き者なれ, 一等軽くなつて, 一等農民の弱い, 一等近づいてくれる, 一等速く民家に, 一等遅れて起つた, 一等運転士たちを制し, 一等運転士オウエン処女航海に乗った, 一等運転士ミルン氏と興味, 一等運転士坂谷もこれ, 一等運転士警察が来ました, 一等運転手パイクソンのいった, 一等運転手機関長水夫長無電技師に私ら, 一等運転手賄長屈強の水夫, 一等過激な, 一等遠くにある, 一等適した自然状態を, 一等適当では, 一等酷い目に, 一等醇化せられて, 一等醜い女だ, 一等重い斬罪に, 一等重大な自然科学, 一等長く従って一等, 一等長大な形状, 一等長野原町応桑の斎藤某, 一等間違いのない, 一等陰氣くさいヒポコンデリー患者, 一等隅っこにいる, 一等難解な博士, 一等面白くて怖かっ, 一等飛行士は眺め, 一等館入口去年と同じ, 一等駆逐艦十六隻だ, 一等さの, 一等高価なもの, 一等高等な意義