青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一瞬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一点 一片~ ~一生 一生~ ~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~
一瞬~
~一種 一種~ 一端~ 一等~ 一筋~ ~一緒 一緒~ ~一致 一致~ ~一般

「一瞬~」 1912, 21ppm, 5575位

▼ 一瞬~ (568, 29.7%)

73 間に 54 うちに 19 まに 14 後には 8 間も 7 後に 6 ために 5 あいだに, ことであった, ことである, 間の 4 ことで, 閃光で, 間だった 3 できごと, 中に, 事で, 休みも, 内に, 夢の, 差で, 後は, 猶予も, 躊躇も

2 [28件] あいだは, ことだった, ことも, のち彼は, よろこびである, 出来事であった, 出来事では, 大混乱, 幻影を, 幻覚の, 後, 後その, 快楽以外に, 愉快の, 時間も, 眼は, 苦艱なりと, 裡に, 閃光に, 閃光を, 間, 間だ, 間だつた, 間で, 間でも, 間を, 間佇立した, 静けさの

1 [269件] あいだこれまで, あいだでも, あいだの, あいだも, あいだテーブルに, あいだ三人全部を, あいだ自分でも, あとへ, あひだ, あひだ身動き, あまりはっきりした, いとまもなくあらし, うちであった, うちには, うちにも, うちの, かたらいに, かれの, こと, ことを, この人生, この命, たじろぎの, ためらいも, ためらひもなく, ながれでありすべて, のち太郎は, のち銭形平次は, ひらめきでは, ひらめきの, まえに, まを, やさしい天国, ように, イマージュに, ギャンブルに, 不思議な, 不穏な, 交叉の, 人生において, 仮借も, 休止も, 何物をも, 余りにも, 余裕も, 作用を, 停止を, 光りの, 光りもの, 光りを, 光を, 光景が, 光景だけ, 光景だった, 光景は, 光耀を, 光芒の, 全部を, 出來ごとだつた, 出來事だつた, 出來事で, 出来事だ, 出来事だった, 出来事で, 出来事である, 出来事として, 出来事は, 切れ目に, 利が, 到来を, 刹陣, 刻をも, 前にも, 前の, 前までは, 剣風を, 功を, 動作が, 動作をも, 勝負は, 印象は, 反省を, 号泣は, 呼吸の, 喜びこそ, 声が, 変化が, 夏に, 夢, 奇蹟を, 如くに, 如何にしか, 妙機である, 姿に, 姿は, 宮様に, 容貌に, 寂寞が, 寂寞を, 寄り添いだった, 差が, 差と, 幸福は, 幸福を, 幻あとは, 幻影で, 幻影に, 幻影は, 幻覚だった, 幻覚だつた, 幻覚で, 幻覚である, 弾丸雨飛が, 影から, 影が, 後だった, 後またもや, 後やはり, 後わざとらしい, 後ムキになつ, 後今日も, 後小松の, 後平次は, 後母の, 後落魄の, 後蜂は, 微笑に, 心持が, 忘失的作用に, 怒に, 思ひつき, 悔恨を, 悪徳から, 悪魔的な, 情景だけが, 情火がさつと, 情熱に, 情熱のみが, 惡徳から, 感情では, 感情に, 感情には, 感覺から, 感覺この, 懷を, 投射でも, 抛物線, 捕へ, 捨身である, 接触は, 時が, 時であった, 時も, 時を, 暇を, 月が, 朝, 未来は, 極促において, 楽しさ, 様に, 次の, 死闘だった, 気もちを, 気ゆるみ, 気合いだった, 気持ちを, 気落ちと, 水煙を, 沈黙を, 油断が, 油斷も, 淑子の, 無言の, 煩悩が, 燐光に, 狂人に, 狼狽の, 猶豫, 現今は, 現在は, 甘さ, 生活も, 疾風, 痛みの, 白日の, 目の, 目叩きの, 眩暈の, 短かき, 碧を, 空気が, 空気は, 緊張した, 考えまどう, 聖衣の, 聯想で, 興亡儚い, 興奮や, 舞台芸術によって, 芸術境が, 虚無に, 螢光の, 表情が, 表情に, 複雑きわまる, 見ること, 観察は, 記憶が, 貌診で, 躊躇の, 身の, 迅さで, 逆上が, 遅延の, 過去にも, 酔いを, 錯覚に, 閃きの, 閃めき, 間しみこん, 間その, 間だけ, 間だって, 間であった, 間でしか, 間なりき, 間なるべし忘れはて, 間において, 間にかの, 間は, 間はっきり, 間ぴたり, 間みつめた, 間万事終るでせう, 間侍たちの, 間先生の, 間周囲を, 間山口は, 間幼かっ, 間微笑を, 間急に, 間断も, 間晴々しくなった, 間白い, 間緊縮された, 間老, 間自分でも, 間電光の, 隙も, 隙間, 雪之, 震撼に, 青春の, 静かな, 静けさそれも, 静けさは, 静寂が, 音響とともに, 須臾なる, 頭の, 顔は, 顔色が, 風裡, 飛んで, 騒動が, 驚きから, 驚愕が, 鳴りを

▼ 一瞬~ (354, 18.5%)

141 して 3 た, 消えて

2 [13件] しぶきの, すぎないし, 亡びたの, 吹きさら, 引裂かれ一瞬, 影を, 敗けて, 火の, 烈しくなつ, 片付きましたが, 目前に, 縮めて, 集めて

1 [181件] あたりを, あつまるにも, ある, あること, あるだらうとは, あるだろうとは, いくつもの, うつる妖しき, おそろしく遠, およそその, お前達は, お袖, お顔, かたむけた, かれは, こころに, このたくらみ, この二人, さっと身, さっと青ざめた, しろ彼, すがた, すぎた考, すぎないの, すぎない時間, すぎなかった, すぎ去る感傷, すでに眼, そこの, その微笑, その目的, それは, たか, たたまれ桜井寺, とり行う, どうかし, どこかへ, なくなって, なると, にわかにあたり, ひきあけること, ひっくりかえって, ぶち壊して, またくわっと, むかって, むかつて, もう跳び退い, もの狂わしく, よごされて, よし替へん, よりて, イナズマが, ガス体に, ガタガタと, グラリと, スッポリと, ツル子の, ナメクジよりも, ハタと, ハッと, パッと, 一箇ずつ, 三人は, 三個の, 三四間の, 三尺に, 世の, 世の中が, 互の, 五六間も, 人体を, 人間心理の, 仮死状態に, 似て, 位置を, 全身から, 兵糧時間の, 再現できる, 処理する, 前を, 勇断を, 十万八千里を, 十年の, 千も, 千万ちかい, 即死させられるだろう, 受けた感じ, 右転たちまち, 向って, 吹き荒した, 吹き荒らして, 呼吸が, 命を, 咽せる, 圧搾された, 墓場の, 大事が, 天主の, 失くして, 奪った, 女の, 姿勢を, 崩れ去って, 平常の, 床へ, 引き攫う事, 弾んだ毬, 彼の, 彼は, 彼らの, 後に, 後を, 怪しの, 打ち壊して, 拭き消されて, 放生月毛は, 斬った益満, 暗雲が, 曲者を, 来るの, 果す, 止むと, 死人の, 氷る谷間, 決したの, 決して, 海をも, 消えまったく, 消え去ったの, 火を, 火影が, 焔と, 焼けて, 燃えて, 燃え尽きた, 燈火は, 犬の, 産み落したもの, 甲軍の, 病室に, 白い戦慄, 真暗に, 破壊した, 移動し, 突き伏せさせるなどという, 第二, 老いて, 考えたの, 聯想される, 胸の, 致死量以上の, 若い生命, 草香流, 蘇つた純潔さの, 見えなくなって, 見て取つた時, 見分ける, 解きはなした, 誰かが, 讀まうと, 起った, 起って, 跳びかかって, 逃げくずれて, 通じあいとけあう, 過ぎたやう, 過ぎると, 過ぎる深刻, 過ぎ去った思い出, 達し当面, 部屋に, 銃火を, 鋭い慟哭, 電光を, 頭へ, 飛つい, 飛び越し得る眼付, 駈けつけて, 駈けるよう, 駿馬月輪は, 齎されたの

▼ 一瞬~ (42, 2.2%)

2 いかせ, 境に

1 [38件] それこそ, たのしくしよう, たのしむため, たのしんで, とらえて, のぞき下ろして, わがもの, われから, 争いますぞ, 争う非常, 交わして, 享楽し, 冷たくした, 刻むが, 徒らに, 必死に, 忘れたやう, 思ひその, 想ひ出した, 手離さない, 押し止めて, 楽しむの, 止めたの, 無駄に, 犯しがたい, 百年の, 破った, 破って, 紅の, 美しくも凄まじく, 胸の, 見れば, 通りすぎると, 運悪く, 過したこと, 離れて, 顔に, 髣髴と

▼ 一瞬~ (35, 1.8%)

2 自分に

1 [33件] うれしそう, この張りつめたる, さすがびくと, さながら地獄, しどろもどろだった, そう自分, それほど由々しき, ぞっとした, ただ黒, つと表情, なかった, みな無限の, キリリと, 何であつ, 凡人以外の, 分らなくさえ, 同じ色どり, 呑まれて, 唾棄し, 天地も, 宇宙に, 文彦に, 晃, 晦く, 晴れ晴れし, 歓呼と, 死の, 犬奉行の, 生木の, 疾風を, 過ぎて, 青白い晦冥, 驚く心

▼ 一瞬~ (31, 1.6%)

6 あつた

1 [25件] すぐに, すぐまた, まっ赤, もう駄目, やがて盆, ドアは, 何の, 依然たる, 刀身は, 去れ, 又ゆるんでしまつた, 周圍の, 声を, 後方に, 敗を, 明が, 消えると, 片付いた爭, 破れ私, 私は, 突然あっ, 終って, 血塗れに, 見る見るうち, 見わたす近

▼ 一瞬~ (31, 1.6%)

1 [31件] ある, じっとし, その気配, なかった, やむ事, ゐたたまらない物憂, ジーッとしては, 二人から, 人なき, 休まずに, 側を, 千とせの, 堪えられずに, 存在しない, 忘れること, 早く見付け度, 早く逃げたい, 死闘の, 油断の, 猶予は, 疑うこと, 疑わなかった, 眠らずただ, 眼も, 眼を, 菊地君の, 落ちついては, 躊躇しない, 躊躇しないであろう, 迷わぬ, 面と

▼ 一瞬~ (29, 1.5%)

2 ある

1 [27件] あった筈, あるの, さあっと何処, すぎると, すぎ眼, すべての, そこを, たいへんな, たつと, つづいた, はかなく感じられた, まったく意志, やむと, 体じゅうを, 初めてであった, 得られないで, 最期か, 来た, 現われる, 生涯の, 発したせつな, 百年の, 私に, 豊かな, 過ぎると, 過ぎ去ると, 重いもの

▼ 一瞬~ (28, 1.5%)

3 の己

1 [25件] だ, とは主客事, に平常, に彼, に気がついた, に無残, に留め, に空想, に章三, に結ぶ, のよう, の何ん, の小鳥, の息づまる, の気まず, の猛, の緊張, の美しい, の逆上, の静寂, の静止, までは溌剌, までは私, まで僕, まで息せききっ

▼ 一瞬~ (15, 0.8%)

1 [15件] が何もの, には殺意, の全身, の視野, の面前, はぎくりと, はひどく嬉しかっ, は二つ, は何, は嘲弄, は噎せ返る, は慄然, は私, は腹立たしい, もよみがえった

▼ 一瞬~ (14, 0.7%)

1 [14件] がさ, には判断, のまわり, の方, の真実, の胸, の頭, はその大きな, は心臓, は殺気, は眼, をうろたえさせた, をためらわせた, をどぎまぎ

▼ 一瞬でも~ (13, 0.7%)

1 [13件] それから離れ, そんなこと, 一縷の, 人間を, 地獄だ, 心の, 敵の, 早めるもの, 油断を, 異った, 肉体は, 起らなかった, 静止は

▼ 一瞬~ (11, 0.6%)

6 いえども 1 いうが, いうよりも, その焦躁, まつて, 迫る死

▼ 一瞬一瞬~ (11, 0.6%)

1 [11件] が重い, にお前達, にじりよった, に敗け, のひらめき, の見る, を刻む, を手, 実に生き生きと, 移りゆくその, 迫って

▼ 一瞬には~ (10, 0.5%)

1 きわめて穏やか, なれて, もうどっち, 人さまざまな, 及ばない気, 気抜けした, 水天髣髴の, 立たせて, 耳に, 轟然と

▼ 一瞬その~ (9, 0.5%)

2 眼を 1 おもてを, 位置に, 強烈な, 怪影は, 悽愴さに, 直前まで, 馬簾を

▼ 一瞬たりとも~ (9, 0.5%)

1 この会話, この親友, 乱すこと, 休まずに, 彼の, 我から, 活動を, 滿足できませぬ, 離すこと

▼ 一瞬~ (9, 0.5%)

1 が眩んだ, に涙, をこらし, をつぶっ, をみひらき, をらん, を光らせ, を瞠, を閉じ

▼ 一瞬から~ (8, 0.4%)

2 である 1 この主題, み合うはかなき, ヒントを, 一瞬へ, 変った, 醒めると

▼ 一瞬ごと~ (8, 0.4%)

1 に, にちぢめられた, に四千本, に廻り, に暗, に様子, に虚, に追憶

▼ 一瞬~ (8, 0.4%)

1 になる, には自分, にクリヴォフ様, に事態, に階上, の室内, はお互い, ひいと

▼ 一瞬では~ (7, 0.4%)

5 あったが 1 あったけれど, あつた

▼ 一瞬自分~ (7, 0.4%)

21 がいかなる, がいつのまにか, がどこ, の前, を疑った

▼ 一瞬~ (7, 0.4%)

1 だけしか見る, だけじゃありません, だけであった, だけ目, だった, の生ずる, を青年

▼ 一瞬はっと~ (6, 0.3%)

1 した, よぎって, 息を, 気が, 胸を, 表情を

▼ 一瞬相手~ (6, 0.3%)

1 がバラバラ, の顔, は佐藤, をせせら笑う, をにらみつけた, を地着きのごろ

▼ 一瞬~ (5, 0.3%)

1 が足軽たち, し友達, つてそこから, な, ね

▼ 一瞬ぱっと~ (5, 0.3%)

1 もえあがった, 大きく身, 愁眉を, 明るく覗かせ, 開くより

▼ 一瞬まで~ (5, 0.3%)

1 彼は, 斃れる, 生きて, 金を, 頑張りましょう

▼ 一瞬彼女~ (5, 0.3%)

1 が遠く, はあっ, はそれ, は胸, は顔

▼ 一瞬早く~ (5, 0.3%)

1 むっつり右門, 彼の, 武者窓の, 武蔵の, 退屈男の

▼ 一瞬あたり~ (4, 0.2%)

1 がしんと, が明るく, の空気, はしん

▼ 一瞬こそ~ (4, 0.2%)

1 なにも, 二日間の, 彼にとって, 憎い敵

▼ 一瞬しいんと~ (4, 0.2%)

1 なった, ひそまった, 満堂水を, 静寂に

▼ 一瞬まえ~ (4, 0.2%)

1 に相違, の姿勢, の笹, までそれ

▼ 一瞬もう~ (4, 0.2%)

2 静かな 1 よいと, 一瞬と

▼ 一瞬天地~ (4, 0.2%)

1 は一色, も真, をつつむ, を翔け去った

▼ 一瞬~ (4, 0.2%)

2 にその 1 に君, に違っ

▼ 一瞬~ (4, 0.2%)

1 のせい, を失った, を失ひ, を奪

▼ 一瞬~ (4, 0.2%)

1 に血の気, を曇らし, を沖合, を見合せた

▼ 一瞬この~ (3, 0.2%)

1 インクの, 空から, 記事の

▼ 一瞬だけの~ (3, 0.2%)

1 ことでした, ものであった, 反逆だった

▼ 一瞬だけは~ (3, 0.2%)

2 矢田津世子の 1 たしかに永遠

▼ 一瞬とも~ (3, 0.2%)

1 いえるだろう, いわない直後, 云うべき短い

▼ 一瞬ハッ~ (3, 0.2%)

2 とした 1 と目

▼ 一瞬場内~ (3, 0.2%)

1 が蒼白, の妙, の空気

▼ 一瞬~ (3, 0.2%)

1 な, な空気, にあたし

▼ 一瞬~ (3, 0.2%)

2 をつめ 1 を呑ん

▼ 一瞬正気~ (3, 0.2%)

3 になり

▼ 一瞬深い~ (3, 0.2%)

1 寂寥に, 暗闇に, 沼へ

▼ 一瞬激しく~ (3, 0.2%)

2 動きましたが 1 なりましたが

▼ 一瞬~ (3, 0.2%)

1 がガーン, を澄ました, を疑った

▼ 一瞬~ (3, 0.2%)

1 がふるえた, を刻まれる, を飜

▼ 一瞬~ (3, 0.2%)

1 に浮ぶ, の一隅, の中

▼ 一瞬あっけ~ (2, 0.1%)

2 にとられた

▼ 一瞬ぎょっと~ (2, 0.1%)

1 しただけ, して

▼ 一瞬けげん~ (2, 0.1%)

2 な顔

▼ 一瞬ここ~ (2, 0.1%)

1 の川面, へ伺っ

▼ 一瞬これ~ (2, 0.1%)

2 も一瞬

▼ 一瞬さっと~ (2, 0.1%)

1 蒼白くなり, 足もとが

▼ 一瞬しん~ (2, 0.1%)

1 とした, と静まり返った

▼ 一瞬そう~ (2, 0.1%)

1 だっけ, 思った

▼ 一瞬それ~ (2, 0.1%)

1 が実に, が長い

▼ 一瞬であった~ (2, 0.1%)

1 が血, のだ

▼ 一瞬でありました~ (2, 0.1%)

1 がいや, が元

▼ 一瞬でしか~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 一瞬として~ (2, 0.1%)

1 この雅境, 休む暇

▼ 一瞬との~ (2, 0.1%)

2 一致が

▼ 一瞬どっと~ (2, 0.1%)

1 白刃の, 笑い出した

▼ 一瞬なぜ~ (2, 0.1%)

2 なら娘

▼ 一瞬にも~ (2, 0.1%)

1 あったの, 彼らは

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 偶然から, 来ても

▼ 一瞬へん~ (2, 0.1%)

1 な顏, な顔

▼ 一瞬ほど~ (2, 0.1%)

1 前の, 寂たる感を

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 はりの, 近に

▼ 一瞬まさしく~ (2, 0.1%)

2 一瞬なぜ

▼ 一瞬また~ (2, 0.1%)

1 二瞬, 新しくなにか

▼ 一瞬一息~ (2, 0.1%)

1 なるを, のうち

▼ 一瞬一瞬無限~ (2, 0.1%)

2 により深い

▼ 一瞬不安~ (2, 0.1%)

1 がかすめた, な面持

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 か笑, を考え

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 は奇怪, を絶望

▼ 一瞬厳粛~ (2, 0.1%)

1 な沈黙, になり

▼ 一瞬同じ~ (2, 0.1%)

1 気魄だけ, 灯に

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 の杜, をひそめた

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 太鼓の, 評議場は

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

2 は僕

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 とし, とした

▼ 一瞬強く~ (2, 0.1%)

1 反発した, 足の

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 をうばわれた, を貫いた

▼ 一瞬感じた~ (2, 0.1%)

1 だけで, ときかの

▼ 一瞬感動~ (2, 0.1%)

2 させた不動

▼ 一瞬明るく~ (2, 0.1%)

2 染めたの

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 が何, であったのに

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 ははねかえっ, をそろえ

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 に隠れ, を打った

▼ 一瞬無限~ (2, 0.1%)

2 により深い

▼ 一瞬異常~ (2, 0.1%)

2 な密度

▼ 一瞬白い~ (2, 0.1%)

1 制服の, 水あかり

▼ 一瞬百由旬~ (2, 0.1%)

1 ずつ翔け, を飛ん

▼ 一瞬私たち~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 さわぎした, ふさがる寂し

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

1 の上, の中

▼ 一瞬見下ろし~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 一瞬豹一~ (2, 0.1%)

1 が今, は今

▼ 一瞬足掻い~ (2, 0.1%)

2 て硬直

▼ 一瞬躊躇~ (2, 0.1%)

1 しました, の色

▼ 一瞬~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 一瞬電撃~ (2, 0.1%)

1 のやう, を受け

▼ 一瞬静止~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [421件]

一瞬あかるい顔を, 一瞬あじさいの花, 一瞬あなたの額, 一瞬あまりにもわが身, 一瞬あらゆる色彩の, 一瞬いきなり脱兎の, 一瞬いささか鼻白んだが, 一瞬いそいそとした, 一瞬うごいて内部, 一瞬うすやみの, 一瞬うたがはれました, 一瞬うれしそうな, 一瞬おどろきの姿勢, 一瞬お前は素早く, 一瞬かつて船中で, 一瞬からのもので, 一瞬かれは再び, 一瞬ぎくと足, 一瞬ぎくりとしたふう, 一瞬ぎよつとして息をのんだ, 一瞬くっきりと自分, 一瞬くつきり浮かんで, 一瞬くにの耕土, 一瞬くねらせてたたみ, 一瞬ぐらぐらめまいした, 一瞬けさ吹雪の中, 一瞬この世の声, 一瞬こわばるように, 一瞬こんどは逆, 一瞬つと足もと, 一瞬さすがにしいんと, 一瞬じっと立って, 一瞬すそ前下, 一瞬すべてを忘却, 一瞬せっかくの曠, 一瞬そこの辻, 一瞬そのまま鮮かに, 一瞬そんな気が, 一瞬たしかにそう思った, 一瞬たじろいだが猛然と, 一瞬たちまちパパパパパパパッ, 一瞬たっただけで, 一瞬たのしい心に, 一瞬たまらない魅力を, 一瞬ためらわれるそこの, 一瞬たりとも目を, 一瞬たりと休んで, 一瞬だけ考えて, 一瞬だけでも神樣は, 一瞬だったが急, 一瞬ちらと考え, 一瞬つづいただけで, 一瞬つよい感情が, 一瞬であっていわゆる, 一瞬であり彼女は, 一瞬ですがお, 一瞬でをはりました, 一瞬というものは, 一瞬とく子は羞恥, 一瞬とに当たる, 一瞬とびのいて空, 一瞬とまっている, 一瞬つちから, 一瞬どしんと落ちこん, 一瞬どよめいていた, 一瞬どんな変化が, 一瞬なまめいたつやを, 一瞬なんだかひどく恥ずかしかった, 一瞬なんともいえない寂寞, 一瞬によって彼は, 一瞬はげしい憤怒を, 一瞬はっし, 一瞬ばかりは後々まで, 一瞬ひきしまつた, 一瞬ひそとした, 一瞬ひそまり返っている, 一瞬ひらめいて消えた, 一瞬ひらめくような, 一瞬ひるがへる, 一瞬びっくりしたよう, 一瞬ぴたりと足, 一瞬ほっと嬉びに, 一瞬ほどの間で, 一瞬ほどは眉にも, 一瞬ほのぼのとした, 一瞬ほんの一瞬だけ, 一瞬ぼうとかすんだ, 一瞬ぼんやりその影, 一瞬まことに異様な, 一瞬まざまざと全身, 一瞬まじめな眼つき, 一瞬まったく覆された, 一瞬まつ黒に眼界, 一瞬みなぎったと思った, 一瞬みなわれを忘れた, 一瞬みな肱を横, 一瞬みな酔いと杯, 一瞬めまいするほどの, 一瞬もが遠い憧れ, 一瞬ものすごく目に, 一瞬わかつたかどう, 一瞬わけてそれ, 一瞬われにもあらずたじろいだ, 一瞬アネサは複雑, 一瞬エメラルド色の光, 一瞬カソリックの大本山, 一瞬キョトンとした, 一瞬グッと鼻白んだ, 一瞬シンとさせた, 一瞬シーンとなりました, 一瞬チラと目, 一瞬チラッと閃いた, 一瞬チラリと闇, 一瞬ニッと笑った, 一瞬ノチニハ跡ナク消エル喝采, 一瞬バスの窓, 一瞬ヒヤリと胆, 一瞬ボーッと赤く, 一瞬ポッと喜悦, 一瞬マジマジと友吉, 一瞬ヨーロッパの風景, 一瞬リャボーヴィチの胸, 一瞬一声の呼子笛, 一瞬一大音響の下, 一瞬一日一日が大切, 一瞬一瞬一日一日が大切, 一瞬一瞬充実した一日一日, 一瞬一瞬命を燃やし尽し, 一瞬一瞬脱落する存在的時間, 一瞬一瞬自分がいつのまにか, 一瞬一瞬身を刻まれる, 一瞬一秒の間, 一瞬一閃光の短い, 一瞬の姉さん, 一瞬不動の姿勢, 一瞬不快な顔, 一瞬不思議なこと, 一瞬不気味さが憤り, 一瞬の瞼, 一瞬主水之介, 一瞬を見, 一瞬九太夫にとっては思いがけない, 一瞬乾き切った巨大な, 一瞬争いをやめ, 一瞬争われぬ父の, 一瞬二瞬空気は固化, 一瞬五郎の全身, 一瞬京都の空, 一瞬人々の間, 一瞬人違いかしらとも自分, 一瞬今日の一日, 一瞬仙介は考え込んだ, 一瞬仮に起つたとしても, 一瞬伊織へかぶせる, 一瞬何もかもまっくら, 一瞬は向き直っ, 一瞬傳助の顏, 一瞬儚い花びらが, 一瞬充実した一日一日, 一瞬に武蔵, 一瞬を揚げ, 一瞬公卿の眼, 一瞬公園の緑, 一瞬冷いものが私, 一瞬冷たい笑が, 一瞬凝ったように, 一瞬の肌, 一瞬切なげに, 一瞬前後へキョトキョト不審, 一瞬前遊女達の美しい, 一瞬の, 一瞬動きを忘れ, 一瞬動物のやう, 一瞬勝ち目を失う, 一瞬医者らしい視線, 一瞬十字架のうしろ, 一瞬千里を翔け, 一瞬は真顔, 一瞬危く涙ぐむほど, 一瞬去来する, 一瞬反射的に私, 一瞬叔父は顔色, 一瞬の半面, 一瞬吃驚した様子, 一瞬の御, 一瞬君主の如く, 一瞬吹き撓められるように, 一瞬吹き飛ばし燃えるやうな, 一瞬呼吸をとめた, 一瞬を燃やし尽し, 一瞬を慄わせ, 一瞬唖然とした, 一瞬喪失をよびおこす, 一瞬四辺が真昼, 一瞬固唾を呑みました, 一瞬けむりに, 一瞬土蔵はぐわうん, 一瞬土間の暗, 一瞬土饅頭に視線, 一瞬圧倒し去った, 一瞬夢見るような, 一瞬大きくあかるくなりそれから, 一瞬大介の力, 一瞬も地, 一瞬天願氏の面, 一瞬失望のドン底, 一瞬奇妙な生ま生, 一瞬が窓, 一瞬は口, 一瞬実にさびしい心地, 一瞬実に生き生きとほんとう, 一瞬家鳴りに似た, 一瞬寂寞として見えた, 一瞬む寒むとしたものを感じた, 一瞬寶屋の上下, 一瞬射るやうに, 一瞬尊氏の知覚, 一瞬小栗栖の夜半, 一瞬小波も立たぬ, 一瞬少なからず落胆, 一瞬のよう, 一瞬工合いの悪, 一瞬れを, 一瞬底気味わるい静寂, 一瞬度胆を抜かれました, 一瞬に展開, 一瞬建設は百年, 一瞬の眼, 一瞬強い衝撃を, 一瞬もう, 一瞬彼ひとりに矢, 一瞬得体の知れぬ, 一瞬得意になり, 一瞬心から心へ, 一瞬忽然として, 一瞬思いがけない音響が, 一瞬思わず私は, 一瞬思われもした, 一瞬にはやまっ, 一瞬怨めしさは, 一瞬悉く同じ思い, 一瞬悔恨と自責, 一瞬悪寒が背筋, 一瞬悲しい声の, 一瞬惜しみあうために, 一瞬意識をなくした, 一瞬感情の影, 一瞬感慨無量といった調子, 一瞬慄毛を振る, 一瞬憎悪に歪んだ, 一瞬憐れみを乞, 一瞬憐れむやうな, 一瞬戦陣の物音, 一瞬房一はこの, 一瞬手前の怨女, 一瞬手負いは増し, 一瞬打ちのめされてしまった, 一瞬抑止したよう, 一瞬抵抗力を失, 一瞬指先に感じられた, 一瞬捲き起つた砂煙が, 一瞬掃いてゆく, 一瞬掛け違ってしまった, 一瞬支配人のこと, 一瞬放心して, 一瞬敵味方とも耳, 一瞬新九郎は渾力, 一瞬新賀の顔, 一瞬早ければ一瞬, 一瞬のよう, 一瞬時に化躰し, 一瞬時の間のみであっ, 一瞬時変われる千々岩, 一瞬時間に出来る, 一瞬暗い影の, 一瞬曲者の姿, 一瞬本能的な恐怖, 一瞬之助, 一瞬東勝寺堂塔の瑶珞, 一瞬栄三郎の脳裡, 一瞬が散り騒いだ, 一瞬極めて儚い性欲的快感, 一瞬すよう, 一瞬此上もない猛々しい, 一瞬武田方でも固唾, 一瞬を鳴らした, 一瞬死んだように, 一瞬残る人々も, 一瞬を見失った, 一瞬を呑まれたらしく, 一瞬氣違ひ染みた旋風, 一瞬沈黙して, 一瞬泛べたが誰, 一瞬泣きべそに, 一瞬浪人の白眼, 一瞬浮んだのは, 一瞬消えてしまっ, 一瞬消えたように, 一瞬淋しそうな, 一瞬淑子の裾, 一瞬深淵の水, 一瞬済まないやうな, 一瞬満ちたりた食後の, 一瞬滝口の者, 一瞬激しい怒が, 一瞬濃くなり又, 一瞬から水, 一瞬無気味な寒, 一瞬無量な感慨, 一瞬が白く, 一瞬し出されたゴタ, 一瞬甚だ實在, 一瞬生々と蘇った, 一瞬生活の悲し, 一瞬田辺も突っ, 一瞬樣に, 一瞬異様に赫, 一瞬疑ってあたり, 一瞬疑惑らしいもの, 一瞬発現したの, 一瞬登場したはずみ, 一瞬を閉づる時, 一瞬目ざましい剣の, 一瞬真っ白になり, 一瞬真暗になり, 一瞬真紅の宝玉, 一瞬をそこ, 一瞬眼前に並ん, 一瞬瞑目して, 一瞬をこらし, 一瞬をとじる, 一瞬矢代と久慈, 一瞬神々しくさえ見えた, 一瞬移りゆくその移行, 一瞬稚なさが, 一瞬を掠め, 一瞬の外, 一瞬止って, 一瞬立ちすくんで見えた, 一瞬立ちどまってしまう, 一瞬立ちまようのだ, 一瞬立ち停ったような, 一瞬立ち止ってながめる, 一瞬立ち竦んだ形にな, 一瞬笑いを停め, 一瞬笠置山の闇, 一瞬緊張の色, 一瞬緑色のぽうっと, 一瞬美しいと思った, 一瞬羞恥にも似た, 一瞬羨しげな, 一瞬翔けて行った, 一瞬考えたが次, 一瞬を奪われ, 一瞬脱落する存在的時間, 一瞬の戒刀, 一瞬自失したかの, 一瞬自覚すること, 一瞬舞踏場の記憶, 一瞬は停り, 一瞬若々しい誇と, 一瞬若い学生たちの, 一瞬苦悶はっと気, 一瞬となっ, 一瞬茫洋混沌たる大河, 一瞬茫然とし, 一瞬荒涼となり原子野, 一瞬の香り, 一瞬菜穂子が急, 一瞬蒼白い焔を, 一瞬の花, 一瞬藤原京の内, 一瞬藤吉郎も眼, 一瞬見せながら三枚, 一瞬見た後に, 一瞬見とれたがその間, 一瞬見事なダイアモンド, 一瞬視力の鈍った, 一瞬視界がさっと, 一瞬ひやう, 一瞬言句に詰まっ, 一瞬貞子は泣き笑い, 一瞬貧しいながらここ, 一瞬走馬燈のよう, 一瞬足下が水, 一瞬をまち, 一瞬躍りあがりたいほどの興奮, 一瞬轉毎に幾百人, 一瞬迫って来る, 一瞬邪推したが, 一瞬部屋のなか, 一瞬酔える人々の, 一瞬醜い泣顔に, 一瞬金五郎はお伽, 一瞬銀流ななめに跳ねあがっ, 一瞬鋭い憎悪が, 一瞬の煮立つ, 一瞬閃光のよう, 一瞬開けられたりばたんと, 一瞬間声を呑んだ, 一瞬間笑つて笑えないこと, 一瞬間色をなし, 一瞬間遠くまで見渡された, 一瞬の中, 一瞬雷光のやう, 一瞬震撼し遠い, 一瞬青春に翅, 一瞬静かになった, 一瞬静まって一同, 一瞬顔色を変, 一瞬飛びながらぱっと, 一瞬飛びかかりそうな, 一瞬飛び散りしんと二人, 一瞬のいななき, 一瞬馬田の方, 一瞬馬車の中, 一瞬高くひらめいた時, 一瞬から抜いた, 一瞬鮮明に分かつた, 一瞬鳴りの鎮ん, 一瞬鷺太郎にはすべて