青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩 一段~ 一流~ ~一点 一片~ ~一生
一生~
~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~ 一瞬~ ~一種 一種~ 一端~

「一生~」 5689, 61ppm, 1868位

▼ 一生~ (1448, 25.5%)

72 うちに 30 間に 16 中に 15 うちで, 事業と 13 うちの 12 お願 10 運命を 9 ことを 8 お別れ, 仕事と, 仕事を, 思ひ出 7 お願いです, 内に 6 うちには, お願いだ, お願いでございます, 仕事に, 念願と, 間には 5 中には, 仕事として, 大事と, 大事を, 幕を, 思い出に, 運命の, 間, 間の

4 [14件] あいだに, お願ひだ, ために, 中で, 中でも, 中にも, 中の, 大事だ, 大事業, 思い出と, 思出に, 戒を, 者にも, 願いだ

3 [25件] あひだ, うちでも, うちにも, おねがいです, 事業に, 事業は, 別れに, 勇気を, 幸福を, 御願い, 恩に, 旅の, 最後の, 業と, 業として, 終りに, 設計を, 話の, 輪廓を, 運を, 運命が, 間でも, 間を, 願いとして, 願いを

2 [98件] うちでは, うち一番多く, うち二度と, うち最も, おねがいだ, おねがいでございます, お頼み, お願いで, お願いを, ことだ, ことです, ことばかり, ための, やうに, 不幸に, 不幸を, 不覚, 不覚だった, 不覚でした, 不運で, 中今初めて, 中最も, 事だ, 事業として, 事業を, 仕事の, 仕事は, 伴侶には, 作品が, 使命と, 修業を, 僥倖を, 冒険の, 凡ての, 別れ, 別れだ, 別れと, 労作に, 半ばを, 名折れだ, 名誉に, 問題である, 問題です, 問題と, 大事である, 大事な, 大事に, 大事の, 大半を, 失敗だった, 失策よ, 守りに, 定めと, 平穏無事なる, 心棒に, 念願が, 念願だった, 思いを, 思い出として, 思出だ, 恥じゃ, 恥辱だ, 恩人である, 悲劇を, 悲喜劇は, 悲痛が, 意味を, 損だ, 方針を, 最大の, 末に, 歴史と, 浮沈に, 浮沈にも, 浮沈の, 浮沈を, 淋しさ, 災難だ, 目に, 矛盾であり, 私の, 荊の, 見納めだ, 計画を, 記念に, 身の, 運の, 道の, 遺恨を, 長い月日, 間この, 間東京といふ, 面目と, 頂点は, 頼みが, 頼みだ, 願いです, 願いや

1 [802件 抜粋] あいだあの, あいだおぼえ, あいだそれに, あいだの, あいだよく, あいだ姿を, あいだ手に, あいだ教会や, あいだ毎日毎時間嘘を, あいだ米を, あけぼのを, あやまちじゃ, あやまちなり, あらゆる事業, い, いのちで, うしろ見, うちいつかは, うちほんとに, うちよほど, うちアマム, うち一度は, うち一番幸福の, うち他人の, うち何万枚の, うち初めて, うち実感の, うち明治大正昭和の, うち此様な, うち良い, うち草履の, お得, お願いが, お願いこれから, お願いに, お願いは, お願いよ, お願い事, お願ひよ, かためを, かなしみから, ことぞな, ことだろう, ことに, この時期, ごとき文子, さすら, さだめと, しくじりだ, そして生まれながら, それと, たった一つ, たのみや, つとめを, ところを, どこかに, はり合いを, ほとんど半分, みじかいもの, ものに, やつれ果てた冬, ように, をはり, カリカテュアだった, コースは, シナリオは, マチガイに, リズムが, 一大事とだけ, 七十年や, 上に, 不作です, 不作を, 不具に, 不幸である, 不幸でで, 不幸のみか, 不幸困難といふ, 不覚あやまりました, 不覚だ, 不覚だつた, 不覚です, 不覚一生の, 不覚自今如何やうな, 不運だ, 不運と, 中いつの, 中為切と, 中軸を, 予感の, 予知を, 事です, 事に, 事のみ, 事業たる, 事業であった, 事業でなく, 事終れり, 事足を, 二倍三倍の, 五六十年は, 人生を, 仕事が, 仕事じ, 仕事だった, 仕事ぢや, 仕事でした, 仕事といふ, 仕事も, 仕合わせだ, 仲間であり, 伴侶に, 余りに短き, 作と, 価値ある, 価値の, 修業, 修養に, 値打を, 働から, 働きすべく, 働きを, 光景は, 光栄も, 全部は, 内容についても, 冒険を, 出世の, 出来だった, 分ぐらい, 分岐点と, 切なさ, 別れかと, 別れで, 別れを, 利害が, 利害を, 功夫総合大観に, 努力で, 努力も, 励ましに, 勇を, 動搖と, 務めじゃ, 勝負だ, 区切りの, 十字架であり, 半途に, 協同生活の, 卦を, 危いところを, 危ういところ, 危期で, 危機が, 危機は, 危難を, 友原稿紙, 友達は, 収支決算まで, 名折れである, 名誉ある, 名誉にも, 命がけ投げつけられ, 命の, 問題として, 喧嘩が, 営為の, 圧巻だ, 垢を, 堰が, 場合だ, 場合で, 場合とは, 場合今日明日の, 墓を, 変遷の, 変遷を, 夢は, 大きな仕事, 大に, 大事, 大事で, 大事です, 大事どうぞ, 大事なる, 大事件, 大作として, 大半の, 大失敗, 大奮発, 大悲願, 大損失, 大礼だ, 大計算, 大誓願, 大醜態, 大難で, 大願を, 天職な, 失敗から, 失敗である, 失敗も, 失敗をも, 失策でしょう, 失策を, 奮闘時代であったらしい, 女房に, 如き単なる, 妻に, 姿が, 婚礼だ, 嬉しき願, 季節最後の, 守りと, 守護神に, 完成を, 宝, 宝として, 宝の, 家に, 宿命は, 宿題だけは, 寄生木として, 岐れ, 岐路に, 希望を, 幸を, 幸不幸は, 幸福から, 幸福が, 幸福である, 序列を, 廃れ者, 後に, 後悔の, 得意芸であり, 御恩, 御縁, 御願だ, 御願です, 御願に, 心の, 心構えすら, 心身は, 志願を, 念願であった, 念願に, 思い, 思い出, 思い出にという, 思い出を, 思出として, 思出の, 怨敵退散の, 恋, 恋も, 恋知らずが, 恥じだわ, 恥也, 恥辱で, 恨事であった, 悔恨が, 悔恨や, 悪罵を, 悲しみは, 悲願が, 惑溺を, 惨めな, 意味の, 意義を, 愛着が, 慶事の, 憧憬であろう, 成績帳を, 我々を, 戒めと, 或る, 或危機, 手柄に, 托鉢の, 抱負である, 持ちもの, 持病と, 損である, 損に, 損や, 政治的功績を, 政治運動に, 救ひでも, 教訓の, 教訓を, 文学が, 文学に, 断ちものだ, 方向それは, 方角が, 方針に, 旅で, 旅路の, 日本犬保存事業への, 日記を, 春という, 時でも, 時期の, 晩年の, 晩年を, 晴の, 晴着と, 智慧を, 暮らしには, 暮らしを, 最もよき, 最も基礎, 最も新鮮, 最後を, 望みが, 末までには, 果敢なさ, 根を, 業に, 業績を, 楽み, 様にさえ, 歓喜と, 歴史そのものでは, 殆ん, 永訣なら, 河の, 活動が, 淵に, 清しい, 満足の, 瀬戸際に, 無念に, 無頼三昧の, 熱血を, 燈明が, 片輪者, 物思いを, 物語である, 物語と, 狙ひ, 現れ以上の, 現実は, 理想とか, 理想なり, 生き死にを, 生命と, 生存に, 生活と, 生活には, 生活史という, 用意の, 用意を, 男を, 疵が, 病ひなん, 痛ましい革命, 痛打, 癌だ, 癌でも, 発端を, 目にまで, 目当と, 目的だ, 目的である, 目的と, 目的は, 目的を, 相手として, 真情の, 確信は, 祕密を, 祝典の, 秘密だった, 秘密です, 秘密よ, 穢れ, 童貞を, 算盤玉を, 精魂を, 糧として, 累である, 終るとき, 経験だけからは, 絵図を, 絶叫を, 総じまいといふ, 総決算, 縮尻で御座いました, 義務感であった, 職業を, 自然に, 花時代の, 苦しみであり, 苦心に, 苦楽は, 苦楽他人に, 荷の, 薬だ, 行手を, 行程を, 行路は, 術であり, 見かた, 親柱と, 覺悟を, 言うに, 計を, 記念が, 記念的な, 記録として, 評価の, 試合六十余度の, 誉と, 誉れで御座います, 語り草であります, 誤りだった, 誤り外に, 誤差が, 負荷と, 賜物と, 足跡から, 踏み出しを, 迷いじゃ, 途を, 逸話を, 運も, 運命に関する, 運命は, 運命も, 過ぎ来, 過りであったか, 道が, 道づれかと, 道は, 道はな, 道草とは, 遺恨と, 遺恨また, 部分の, 酒を, 重囲を, 重患に, 重態の, 重荷と, 重荷なり, 金科玉条として, 長さ, 門出では, 間いつも, 間お茶の, 間その, 間まるまる, 間やって来, 間わすれられねえだろう, 間ビヤトリスを, 間不幸だ, 間何んだって, 間先方の, 間労苦し, 間取り立てた, 間大事に, 間夫婦二人きりで, 間始終, 間彼の, 間日夜に, 間死にそこねた, 間田舎の, 間立ち去っ, 間結局一つの, 間続けたら, 間自分で, 間自分を, 間苦悶の, 間計り知れない, 間転々として, 間逢えぬ, 間難儀さえ, 関係に, 際までは, 難戦と, 難船を, 面ばれ, 面倒に, 面目の, 頼みじゃ, 頼みぢや, 頼みには, 頼みを, 願いが, 願いであった, 願いと, 願だ, 願です, 願に, 願ひとあれ, 願を, 食いものに, 騒ぎだ

▼ 一生~ (1133, 19.9%)

33 棒に 11 終るの 10 犠牲に 9 かけて, 支配する 8 得て, 捧げて, 賭けて 7 終ったの 6 終った, 終る, 送らねば 5 ささげて, 安楽に, 終って, 終ること, 貫いて, 費して, 送ること, 送るよう

4 [11件] そこで, まかせて, めちゃめちゃに, 台なし, 台無しに, 回顧し, 終るまで, 送って, 送らなければ, 送るほう, 過して

3 [18件] お送りに, 共にする, 得たの, 托して, 拾って, 犧牲に, 神に, 終わって, 賭して, 送ったの, 送らんと, 送る, 送るの, 送るもの, 送る人, 送ろうと, 過ごして, 頼む人

2 [61件] あだに, かけても, すりへらして, 不愉快に, 五十両に, 働き通して, 埋めて, 埋れ木に, 委ねるもの, 完う, 廃らせて, 強情に, 得這, 思う, 振り返つて, 捧げた氏, 捧げる決心, 支配し, 支配した, 教育に, 教育事業に, 暗闇に, 暗黒に, 暮して, 無駄に, 生きて, 生きるの, 男に, 病院の, 終つたといふ, 終へ, 終へる, 終りたいと, 終りました, 終るくらい, 終るん, 終わること, 考へ, 考へて, 自分で, 葬って, 要約すれ, 託しても, 託する, 託す男, 賭けるよう, 賭してか, 賭しても, 送った, 送ったと, 送つて, 送らしむる, 送りたいと, 送りました, 送ると, 送るは, 送る気, 送る決心, 送れば, 過したと, 面白おかしく

1 [752件 抜粋] あくせく暮らす, あゆむたった, ある種, いつの間にやら, いつも葬式, いろ, うぬぼれて, えてたどりついた, えても, おくつた, おくらせたくない, おくるよう, おしまいに, おわった, おわったとか, おわったの, おわって, お終わり, お託, お過しなさる, かき乍ら, かけがえの, かけたいと, かけた綱手, かけての, かけるほどの, かける事, かりて, かりるか, きめて, ぎゆつとつかまへてしまつてゐるのだと妙な, くらす人, こ, こうした啀み合い, こうして暗く, ここに, こしら, この一書, この事業, これに, これにて, ごぞんじでしょう, ささげたいと, ささげた名, ささげてる人たち, ささげなされよ, ささげます, ささげる値打ち, しみじみと, しんぼうも, じかに無惨, すごしたさうであります, すごした浮游, すごしゴンゾ, すごすの, そのたくましい, そのため, その儘, その毒, それで, それに, たくす男, だいなし, ついやす気, つうじて, つぶして, つらぬいて, つらぬく切な, つれそったの, とげるの, とって, ともに出来れ, どういうふう, どうしてそう素気, どうすごす, どんな努力, なるたけ無事, のんべんだらりと, はる, ひろい草, ひろって, ふりかえりあんまり, ふりかへ, まかせたやう, みる点, むざむざと, むちゃくちゃに, もった, もったいなく思っ, やさしき悲しみ, ゆだねる覚悟, キリスト伝道者として, シニックな, トルコ人と, ブルジョア時代の, マルクス家の, メチャメチャに, ラファエルや, ルッカに, 一人の, 一夜さに, 一酔一夢に, 下女の, 不満の, 不良少年の, 中人生活に, 中途半端に, 了つたのは, 了る, 云い当てて, 亡命者として, 今棒に, 任した運命, 伝へるのに, 住んで, 何よりも, 何年と, 使い得ると, 例に, 俳句三昧に, 傍若無人の, 充実する, 光りなく, 凝っと, 凡, 劬はる, 卜する, 卜って, 取扱ったもの, 叙し, 叙述し, 吹き渡った孤独, 哲学的思索に, 唯一人の, 回想できる, 圧しつぶして, 塵の, 夢に, 大きくかえた, 大久保の, 天使の, 夫婦の, 女の, 好きな, 委ぬる, 委ねようとして, 孤独で通した, 学問に, 安から, 安らかに, 実験で, 宿命的に, 尊く生きる, 導いて, 尽くした事, 山で, 左右する, 帳場格子の, 平坦な, 幸福に, 幽閉同様に, 廃り物に, 建設すべき, 弱い者, 当家に, 彼に, 彼女の, 後見る, 得たかも, 得たとき, 得たほど, 得た一個, 得た思い, 得た情熱漢天民, 得ようと, 得ること, 得殿軍, 得金沢表, 御社に, 御自分, 心に, 必要と, 思いつづけた, 思いやった, 思ったの, 思ひかへ, 思ひ涙, 思出し, 恐ろしい遊戯, 悔ひる思ひ, 憂ふるもの, 懺悔し, 所望し, 手を, 打ち込んだ人, 托する, 托そうと, 扶持すべし, 投げ与えるだろう, 投じ自分, 拵へて, 振り顧つて, 捧げたお, 捧げたかも, 捧げたの, 捧げたわけ, 捧げた人, 捧げつくしてるよう, 捧げないの, 捧げます, 捧げようと, 捧げようといふ, 捧げるつもり, 捧げると, 捧げ尽した人, 描いて, 支えた文学精神, 支えるに, 放浪の, 放蕩と, 救ったよう, 教へたの, 新しくする, 新教育, 方向づける決心, 旅寓に, 旅行で, 日かげの, 早く終っ, 明盲で, 暗い冷たい墓所, 暗い山奥, 暗く彩どった, 暗中摸索に, 暮したいもん, 暮した人, 暮す, 暮すよう, 暮らして, 暮らすこと, 暮らすと, 暮らそうとは, 書いて, 書きたいこと, 書の, 書生流に, 最も有益, 望んで, 末は, 本当にうごかす, 棒と, 楽々と, 楽しいもの, 楽しく過す, 楽に, 歌へる, 歎い, 正視する, 此処で, 歩いて, 毅然と, 氣樂に, 氣隨に, 永く暮し, 求めて, 決する時, 決定的な, 浅ましい脂汗, 浪の, 浮いた浮いたで, 海の, 渡った勇士, 渡つて来た, 滅ぼしたあの, 漂泊した, 漫遊せん, 激しい労働, 無価値, 無意味に, 無残な, 焦躁と, 煩悶に, 父母の, 牛馬の, 物語ろうとは, 献げる, 獄中で, 現ずること, 生かせる道, 病氣で, 癲狂院で, 監禁される, 瞑想と, 知るには, 知るもの, 神が, 私の, 積み, 穴倉の, 空費する, 竟る, 築いて, 粉骨し, 純潔の, 純芸術的, 終うる, 終えた, 終えて, 終えようと, 終えること, 終えるでしょうつまり, 終えるまで, 終えれば, 終ったきわめて, 終ったけれど, 終ったという, 終ったに, 終った友人, 終った武蔵, 終った絶学, 終った薄命, 終つた人である, 終つた人などは, 終つた杏坪先生, 終つてし, 終へた者も, 終らうとして, 終らせようと, 終らなかったであろう, 終らねば, 終りたい, 終りましょう親方様堪忍, 終ります, 終り死して, 終るすべ, 終るといふ, 終るとは, 終るに, 終るほか, 終るよう, 終る事, 終る人々, 終る気持, 終る青春期以上, 終る面相, 終ろうと, 終ろうという, 終わらせるなどという, 終わりたいとさえ, 終わるかも, 終わるころ, 終わる人, 終わる者, 絵で, 絶えずだまされ続け, 翻訳と, 老嬢の, 考えて, 考えると, 考へ豐田さん, 背景に, 自分の, 自分故に, 臼杵病院で, 船中で, 苦しませて, 苦しみ惱んで, 茶番と, 葬ったのみか, 葬るよう, 葬る馬鹿者, 薄暗くされ, 藁ぶき, 蝸廬に, 衆人救済と, 裁判沙汰の, 見て, 見と, 見出すに, 見守って, 託したウィーン, 託し七百, 託する仕事, 託する気, 訴えて, 訴えられて, 話して, 誤ったの, 誤って, 誤つたの, 誤つて了, 誤ま, 誤らせたという, 誤らせる様, 誤り候のみか, 誤り餓鬼, 誤ろうと, 説明し, 論ずるには, 讃め夕は, 貧しき者, 貧乏で, 貫き通した人, 貫くべき, 貫く内面, 貫く悲痛, 貫徹した, 費し, 費って, 費やしたよう, 費やしやはり, 賭けすべて, 賭けた問, 賭けた将棋, 賭けた戦い, 賭けた身, 賭けた重大問題, 賭けての, 賭けます, 賭けるほどの, 賭してまでもと, 賭すなどとは, 蹂躙された, 蹂躙した, 辿らなければ, 述べたの, 退屈し, 退屈せず, 送ったであろう, 送ったであろうが, 送ったもの, 送った人, 送った剣術使い, 送った我子, 送った方, 送った訣, 送つたといふ, 送つたの, 送らうと, 送らせたいばかりに, 送らせて, 送らせるよりも, 送らば, 送られる如く, 送りしや, 送りたいという, 送りたいばっかりに, 送りたい筈, 送りたくないため, 送りつつ, 送りましたそう, 送りましょう, 送り芸術家, 送るうち, 送るため, 送るならば, 送るほか, 送るん, 送る人々, 送る兄夫婦, 送る憐れさ, 送る猿, 送る若い, 送れる小説家, 送れる王, 送れる筈, 通さなければ, 通したフョードル・パーヴロヴィッチ, 通じた永久, 通ずる大きな, 通覽する, 速断する, 過ごさねば, 過ごされるもの, 過ごしたかった, 過ごしたらいくら, 過ごすが, 過ごすの, 過ごすよう, 過ごせて, 過さなければ, 過したの, 過し現在彼等, 過すこと, 過すの, 過す人, 過す人間, 過せば, 過らせ同時に, 過りその, 都合とか, 量って, 閉じこめた, 閉じなければ, 閲しそこ, 限りとして, 韜晦し, 顧みて, 飾つてやつた, 馬子で

▼ 一生~ (350, 6.2%)

53 一度の 15 一度は 4 たった一度, 一度という 3 この時, 一人の, 一度ある, 一度ぐらいは, 一度しか, 二度とは, 又と

2 [23件] いちどの, いちどは, とつて, 一ぺんの, 一度だけ, 一度です, 一度でも, 一度も, 一度位は, 一度建つ, 一度見る, 二度見られない, 仕組まれた摂理, 何度という, 十七字千句は, 唯一の, 忘れ難い, 於いては, 於て, 於ても, 深い影響, 結びつけて, 美が

1 [207件] あったという, あてはめて, あのくらい, あらずして, あれほど, いく度, うつし出された変転, おそらくただ, かかわること, かつてこんな, けれどもこれ, この上, この作一つ, これが, しみじみ人, しろ北村透谷, すぎないでは, せめて一度, そうたんと無い, そう度々ある, その多岐, ただ一つ, ただ一度そして, ただ一度です, ただ一度の, ただ一度口を, ただ一度目を, たった一人, たった一遍, ついてまわる不幸, つきまとって, とりて, どの位, どの位利益, どれだけ, どんな得, ないん, なかった, なる, のこす処, はからずも深い, はじめて寂し, はたされ易し, はめつたに, ふくまれた人間史, また出, また出逢う, もたらすこと, やつて, やりたいと, タダ一度云う, 一つしか, 一つ仕事を, 一つ珠運が, 一どの, 一ぺんでも, 一人と, 一人は, 一冊だけは, 一度, 一度あ, 一度ああ, 一度お前さんと, 一度かも, 一度きりの, 一度ぎりだぞとくれぐれも, 一度くらい, 一度ぐらいの, 一度この, 一度こんな, 一度じゃ, 一度そんな, 一度だ, 一度っきりの, 一度で, 一度と, 一度なり, 一度はと, 一度ぶつかる, 一度ほんとうに, 一度もて, 一度ものを, 一度や, 一度やる, 一度より, 一度不朽の, 一度仙台の, 一度位しか, 一度出せ, 一度切り替へれ, 一度夢と, 一度失恋, 一度晴れ立つ, 一度真剣に, 一度自分の, 一度見, 一度見られる, 一度負け, 一度遭う, 一晩は, 一番美しかっ, 一番覇を, 一種二種しか, 一遍でも, 一遍の, 一遍這う, 一首で, 三度ばかり, 三度恋を, 九億人殺した, 二どと, 二十度ぐらい, 二十日間位しか, 二度と逢える, 二度の, 二度は, 二度人を, 二度拐帯され, 五人や, 仕あげられなかった彼, 仕組まれて, 似て, 何を, 何度か, 何度も, 候へば, 儲けた金, 兄は, 再び有る, 再び見る, 再び還っ, 冷しい静か, 初めて蛇, 力を, 区切りが, 十九二十の, 又なき, 及ぼすといふ, 取っては, 取つて, 只一度つけれ, 只一度も, 同趣向, 四五度うつくしい, 地震一回飢饅一回大水災大, 変えて, 大いなる意味, 大きな影響, 大影響, 寄せる民衆, 少しは, 就いて, 就て, 幾度も, 幾度来る, 強く影響, 影さした, 影響する, 必然的に, 志学の, 快よく口, 恐らく幾たび, 打って, 折に, 拭ふべからざる, 於いて, 於いてを, 於ける同胞, 最も感銘, 最も目出度, 最初の, 最後の, 此樣な, 残して, 比べては, 永遠などとは, 決して到達, 決行を, 流して, 海を, 涼しい静か, 深い関係, 満足し, 無いこと, 物を, 特別の, 犯した女人, 百六十人以上の, 私の, 絶えずつきまとっ, 美を, 腹を, 自分が, 若い女, 行った事, 見た事, 見切りを, 見聞した, 覚なき, 誰しも, 課せられた運命, 貫徹した, 責任を, 遡って, 長命の, 関聯深い, 限りが

▼ 一生~ (261, 4.6%)

4 實に 3 天に

2 [13件] いつも我々, どんなインキ, なれぬ事, はかないもの, ムザ, 享楽の, 夢の, 実に単純, 常に発展創造, 短いもの, 終って, 非常に, 駄目だ

1 [228件] ああ私, あたかも江戸末李, あなたにと, あの冷, あまりにも, あらゆる天才, いって, いろいろな, いろんな意味, いわば任務, おしまいじゃ, お屋敷, かうした経路, かう言, きわめて幸福, けっして楽, こうし, こう云う, このまんま, この外, この強烈, この残忍, この理想, この葛藤, これから廃物, これだけか, これで, これと, これに, これほどの, これらの, さわりだらけでございました, すぐ立つ, すべてを, そうでも, その三つ, その世界, その人, その日, その狭い, それが, それの, それを, ただそれっきり, ただひとつ, ちと長, ちょうど橋, ついにこの, ついにそれ, つまり, つまり一巻の, とりかえしが, どうしましょう, どうせ浪費, なか, なほ火事じ, なれないで, なんという, なんにもなくなった, ひとごとでは, ひらけるだらう, ほとんどこの, ほとんどすべて, まことに天才, まことに恵まれざる, まことに貧乏神様々, まことに鮮, まだこれからだ, まだ中, むだだった, むつかしいもの, もうその, もう此, もちろんの, よかれあしかれとにかく, よくこれ, わたしの, イトも, ピエロな, 一つの, 一日少く, 一生だ, 一種の, 一箇の, 一見単純明快, 一酔一夢という, 七転び八起きさそりゃ, 不思議とでも, 不逞無頼の, 不遇だった, 事実全くそう, 事業の, 二つの, 人間の, 今の, 今日だけの, 今日今時に, 仮りの, 何の, 何も, 何んだ, 使えそう, 使えるもの, 依存の, 光栄ある, 公的に, 公約数から, 冒険も, 前にも, 勝利を, 千年ある, 南京花火の, 単に彼女, 台なし, 同じこと, 地獄でございまし, 地球儀の, 夢で, 失敗であり, 失敗の, 奈何にも, 女ながら, 孤独の, 安楽です, 実に小説, 実に平々凡々, 実に数奇, 寛政詩学の, 尊い生命, 已に終つた, 希望から, 平凡である, 平凡な, 幻の, 幼年期少年期で, 引受けた, 当方にて, 彼が, 彼ひとりで, 徒爾では, 必然に, 怪談小説の, 悪夢か, 悲劇です, 惨憺たる, 愈出で, 愚かな, 愚かの, 愛と, 戦場です, 手もとで, 支配されるらしい, 教唆者に, 斯うし, 旅である, 旅なり, 旅行です, 日本人には, 明かに, 春の, 朝な朝な着る, 欲しくない, 殆ど植物に, 比較に, 決して五十年, 泰平無事を, 滅びて, 漢詩風の, 煙の, 牛一匹よりも, 犧牲だ, 狂気の, 畢竟石, 益軒が, 盡き, 真に目覚ましい, 矢張自己の, 短い, 短いそれなのに, 短か, 短かい, 短かった, 短かつ, 短縮され, 破ぶれて, 破れに, 破滅だ, 確実な, 祖母の, 私が, 種々の, 空裡の, 空費されなけれ, 終った, 終つたのだ, 終つたやうにしか, 終に夢, 終りを, 終る, 終わって, 続いて, 綿貫の, 肺臓と, 自分にとって, 自分の, 芝居で, 苦しみであり, 苦痛の, 華やかだつた, 見じめだつた, 誠心誠意た, 誰から, 貧苦と, 迷ひ, 迸ったこと, 退屈で, 逃避行の, 連続し, 過ぎましょう, 道中の, 酒の, 重荷を, 金龍によって, 長いよう, 長過ぎる, 隨分不幸と, 雪華の, 黙示の

▼ 一生けんめい~ (246, 4.3%)

5 だった, になっ, にやっ 4 はたらいて 3 だ, である, でした, です

2 [13件] ついて行ったの, においかけ, にがまん, にその, にそれ, になだめた, になった, にやつ, に働きました, に働く, に王女, に走った, やって

1 [189件] いのりました, うまいうまいと, うんうんとう, おさかな, おもしろい歌, お手つだいいたします, がんばって, この部屋, しゃべって, しゃべり始めた, ためた金, だったこれ, だったの, だつたので, つとめて, つとめながら, つッぱりかえっていて, であった, でいましめの, ですし, でひい, でほえて, とられた腕, とりなして, とり出した, なぐさめたが, なこえで, なだめ炉ば, な努力, な気持, においかけました, におさえ, におさえつけ, にがんばっ, にきりきり, にげて, にこらえ, にこらえた, にさがし, にさがしました, にさけんだ, にしがみつい, にしらべた, にせがむ, にその後, にたのみました, にたのむ, につかっ, につとめ, にとどめた, にとん, になつ, になに, になりすぎ, になれ, になれる, ににげ, にのぞきこん, にのど, にはずみ, にはたらい, にはやる, にひきとめ, にふりはらった, にふん, にぼく, にまいた, にやった, にやりだした, にやりましょう, にやるなら, によびおこし, にダイアル, にネコじいさん, にパーシウス, にブレーキ, にボウト, にラジウムその他, に三次元世界, に三角岳, に上辺, に丸木, に仕事, に働い, に働け, に僕, に先生, に力, に動物, に匐, に呼吸, に地下戦車, に山口艦隊, に山道, に弁明, に彼, に待ってるだ, に心, に心あたり, に応援, に怒鳴った, に息, に愛嬌, に我慢, に戦った, に手まね, に探した, に斜面, に書いた, に書き物, に朝顔, に木, に機械, に歩きました, に求め, に海, に湖水, に漕い, に申しました, に番, に皿, に目, に研究, に祈りつ, に穴, に窓, に笛, に納屋, に組立, に組立てた, に練習, に羽ばたきしました, に習, に老人, に考えた, に考えました, に耳, に育て, に背中, に腹, に自ら元気, に自分, に船長, に薔薇, に見, に話し, に警戒, に走りまわっ, に辞退, に追いまわし, に逃げる, に道, に雪崩, に首, に高, に黒川たち, ねらって, のよう, のサービス, の思い, の顔, ひきこなそうと, ほったもの, やったつもり, やらうとしても, 伝って, 働きます, 働くよ, 叩き合って, 大きな眼, 小さな頭, 尽しますって, 戦ひました, 探して, 探りだそうと, 掻き集めトランク, 揺すって, 直して, 祈り続けた, 縋りつかなければ, 考えた, 考へて, 聴き耳, 見て, 見まわした, 見るが, 逃げだして, 逃げて, 飛んで

▼ 一生~ (108, 1.9%)

3 これか 2 あの人, 何の, 大事だ, 終った

1 [97件] あまりにも, ある, い, いくつあっ, いわすれること, い私, い變ら, い貪欲, おとぎばなしなのだから, かわり無限, きまるよう, この人, この部, すでにそれ, すべて秘密と, すべて計られ, そう教え, そのまま登子, その性格, それでした, それと, ただ研究室, どうなる, どんなに頼り, ないの, なんだ, ひょいと, またすたり, もうおしまい, アリ, 一篇の, 三階席の, 二度あっ, 二度とない, 五十年と, 人まかせで, 代なし, 傷けられなく, 先生自身に, 再び愚か, 又と, 又もう, 取返しが, 外れたこと, 大凶や, 女史の, 如何に, 妙に, 孤独の, 孤獨の, 平凡な, 平均三ヶ月て, 幸福で, 怖ろ, 思出され, 恐ろしく急, 息ぬきだ, 悲劇的であった, 愉しければ, 描かれて, 救えるもの, 明らかな, 明日の, 映画化され, 暗くなりまさる, 暮せる, 有耶無耶で過ぎる, 果たして幸福, 此間に, 殆ん, 毒々しい青春, 決定された, 浪費な, 済むもの, 滅茶滅茶に, 真実に, 破綻し, 私の, 空虚でない, 終ったあと, 終りを, 終るかも, 終るわけ, 綺麗に, 羨しかった, 自分の, 色の, 見えて, 賭けられるから, 賭けられ生活, 送られるもの, 送れますので, 送れるかも, 送れれば, 過渡期の, 遙に, 間に合うの

▼ 一生を通じて~ (61, 1.1%)

3 何を 2 一度も, 生活の, 試して

1 [52件] あの方, ある期間, この信念, この敵, すまないこと, するべき仕事, そうであった, そう何度, その光輝, その姿態, その瞬間, たった一つ, とても幸福, ほとんど神秘的, もとより夢, やって来た仕事, やつて, 一つの, 一番呑気で, 例の, 名利を, 大切だ, 女に, 屡々さう, 希望という, 彼の, 彼女は, 心の, 忘れられないもの, 恐らく一度, 悪魔と, 悲劇的な, 感謝捧ぐべし, 持ち続けて, 損を, 数える程, 柚子に, 殆ど他, 母の, 氏は, 物質を, 眞に, 私の, 自然に対する, 苦しんで, 苦悩の, 行ひ得た, 西洋人より, 見ても, 記代子と, 詣って, 陛下の

▼ 一生かかっ~ (39, 0.7%)

2 たって何一つ, ても分り

1 [35件] たってこの, たってできる, たって知れっこない, てい, てお, てため込んだ, てどうにか, てなさる, てもこの, てもそなた, てもそんな, てもできあがらない, てもできません, てもとうとう, ても出来ないだろう, ても分りっこない, ても初段, ても弁済, ても手, ても有りつけん, ても牧, ても百尺, ても難しい, てようやく, て学ぼう, て復讐, て憎ん, て捜し出せ, て果せなかった, て殿堂, て積立てた, て芸術化, て薩摩, て表現, て観察

▼ 一生~ (39, 0.7%)

3 かなしい事

1 [36件] あるまじき中, いろんなところ, お仕舞い, きのどくな, このまんま泣き寝入り, すんだといふ, ひとつの, また多事, また極めて, やはり, ゆだねて, 一段落ついた, 一段落の, 不屈である, 不憫な, 二生も, 亦この, 代なし, 偶然の, 先ず終りました, 可愛さ, 大いなるもの, 好く考へ, 家臣の, 平凡ぢや, 平凡で, 恐らくは我々, 案外小ぢんまりした, 生涯の, 終ったの, 終末に, 自然終った, 芝居もどきで, 行き暮れて, 覚束なかろ, 賭けた決裂

▼ 一生には~ (30, 0.5%)

1 [30件] いつそんな, いろいろな, いろんなこと, こんなこと, その武将, その緒, たくさんな, ない女, なくて, なす事なす事皆, もう二度とこれ以上, チャンと, 一つの, 代えられぬ, 唯偶然, 四つ出る, 夢が, 定まる何物, 損徳も, 此から, 深刻な, 無駄が, 生かされて, 生死を, 用い尽すまじき程, 百の, 私を, 銘々が, 随分横紙破り, 随分過失

▼ 一生奉公~ (30, 0.5%)

4 の約束 2 しても, をさせられる

1 [22件] が始まり, させられちゃ, させられちや, するという, する心算, だつた, で, でもし, などといふもの, にかかえたい, に上っ, に出し, に取つ, に此處, のつもり, の気, の積り, の給金, の馬鹿, をします, を為し遂げむこ, を致します

▼ 一生~ (29, 0.5%)

3 そばにおいて

1 [26件] そばに, 主の, 二人の, 今一人を, 仕えしようと, 仕え申す気, 傍に, 傍は, 光には, 妾にでも, 姉さんの, 嫁に, 嫁になんぞ, 嫁にも, 師匠様の, 役に, 忘れ申すこと, 恨みしますぜ, 椀の, 気の毒という, 爨どんを, 父様の, 目に, 目には, 遊さんという, 酌は

▼ 一生この~ (28, 0.5%)

3 人の 2 ままで, 中で

1 [21件] おじいさんを, ことは, しわは, ひとの, ままここに, まま日蔭者に, やうな, 不快を, 光景を, 冷めし喰いで, 地の, 女から, 家に, 山の, 御恩, 本心を, 苦しみを, 邊へは, 部屋から, 重苦しさ, 餓鬼窟の

▼ 一生~ (27, 0.5%)

8 あつた

1 [19件] ござります, わからないすると, 一度の, 一番幸福だった, 一番楽しい, 不良少年不良青年不良中年まことに, 今日が, 其外には, 唐七の, 完成する, 是非新吉, 最後の, 死んでしまつたが, 生活の, 示して, 落着く, 解答され, 誰彼の, 足らずば

▼ 一生~ (27, 0.5%)

2 いっても

1 [25件] いへども, したの, じぶん, そこに, その運命, とりかえても, どこかで, なり路用, なるばかりの, 一巻の, 云っても, 同じで, 同じなのに, 向い合わない訣, 大した変り, 大差ない, 女の, 思うからに, 約されて, 自分の, 見えて, 見込んだ庄吉, 観ずれば, 言ふより, 釣換えに

▼ 一生一度~ (23, 0.4%)

2 の大

1 [21件] と契り, のお, のよう, の償い, の内密, の命, の大事, の大患い, の契りごと, の思い出, の恋, の悲しい, の悲しみ, の機会, の盗み, の祝い, の茶, の頼み, の馳走, は断じて, は斷

▼ 一生一代~ (22, 0.4%)

6 の対局 2 の大願目, の失敗

1 [12件] のいや, のお, の勇敢, の名文, の大, の大きな, の失策, の将棋, の恋, の晴業, の棋戦, の負けられぬ

▼ 一生という~ (20, 0.4%)

4 ものは, ものを 3 ことを 2 ものの 1 つらさ, ような, 刻々に, 場合な, 意味では, 極めて面白い, 永い時間

▼ 一生でも~ (19, 0.3%)

1 [19件] い, お側を, かまわないと, かんかん虫, この子, 一生は, 住みたいくらい, 取附いて, 喜んで, 売りますが, 売る斯, 平気で, 待ちに, 明るい時代, 此處に, 独身で, 苦しみます, 貴方と, 辛抱出来た

▼ 一生忘れる~ (19, 0.3%)

9 ことの 4 ことは 2 ことが, 事の 1 ことな, 事が

▼ 一生独身~ (17, 0.3%)

2 で子供

1 [15件] だつた彼, であった, でいた, でいる, でゆく, で暮し, で暮した, で暮す, で暮らされ, で暮らしました, で芸術, で通した, で通す, で通そう, にてくらし身

▼ 一生にとって~ (16, 0.3%)

1 [16件] かけがえの, それは, 二度とあり得ない, 二度とない, 何か, 何と, 即ち小説, 大事の, 恋に, 恐らくたった一遍, 意味ある, 日本の, 最も多忙, 最も密接, 決定的な, 重大な

▼ 一生その~ (14, 0.2%)

1 [14件] なんだ, ハギカツラの, 事業や, 人たちと, 人に, 人の, 仕事を, 奴隷で, 快さ, 意義を, 意識に, 着物いちまい, 罪の, 身は

▼ 一生自分~ (14, 0.2%)

1 [14件] が洋傘, が過さなく, で勉強, と同じ, にとって大切, には子, のお, の借金, の存在, の神, の職業, は此反省, を憂鬱, を見下ろそう

▼ 一生あなた~ (13, 0.2%)

2 のこと, のめん 1 といる, と会っ, には針, のお, の世話, を大事, を愛する, を許さない, を離さない

▼ 一生~ (12, 0.2%)

2 に致された 1 その位置, ですらも, での花, で尤も, で最も, にても夜中熟眠, の不祥事, の此, の言行, は精神不滅

▼ 一生~ (12, 0.2%)

2 にきます, にきる, に着ます, に着る 1 にきせます, に着やす, に着られる, に被る

▼ 一生を通じての~ (11, 0.2%)

2 私の 1 一歩一歩大, 事業でなく, 大政策, 娘としての, 恋愛関係を以て, 最も大きな, 最も感銘, 行な, 話と

▼ 一生安楽~ (11, 0.2%)

2 に暮, に暮される 1 にお, にせめて, にのがれる, に暮せます, に暮らせる, に過ごされよう, に過せる

▼ 一生~ (11, 0.2%)

2 られないところ 1 られないもの, られない人, られない仇敵, られない感銘, られない戦慄, られない暗示, られない花, られなかった, られません

▼ 一生忘れられない~ (11, 0.2%)

1 [11件] ほど喜ばれた, ほど深刻, もので, ものである, ものです, ものと, ものの, わね, 人々と, 出来事の, 思い出に

▼ 一生~ (10, 0.2%)

1 からのう, ぞ, つた, つたと, つた私の, という, と思えない, と思ひつめ, と思ふ, ものネエ出来る

▼ 一生では~ (10, 0.2%)

2 あつた, ないか 1 あった, ないかと, ないでしょうか, ない女, なく女, 必しも

▼ 一生~ (10, 0.2%)

1 に嗤, に嫁がない, に後指, に憎まれ, に見せなかった, に謗られ, に軽蔑, の頭, をただ, を斬った

▼ 一生~ (10, 0.2%)

1 が忘れない, こんな暮らし, につきまとう, の心, の手, の絵, の義務, の鍛錬, を植物研究, を離さない

▼ 一生あの~ (9, 0.2%)

1 とおりやったら, ひとと, まま送っ, 人とは, 人に, 人を, 家で, 時の, 酒の

▼ 一生たった~ (9, 0.2%)

2 とて白い 1 って下男, って幸福, とていったい, とて私, 一度, 一度きりです, 一度という

▼ 一生ケンメイ~ (9, 0.2%)

1 こまかいことコチャコチャ, であるが, なもの, にそういう, に報道, に理窟, 倒れの, 働くの, 走った

▼ 一生忘れない~ (9, 0.2%)

21 ぞと思う, ためには, であらう, とね誓っ, と泣い, よ, 夜である

▼ 一生~ (8, 0.1%)

4 恩に 1 一緒に, 傍に, 扶持申しましょう, 独身が

▼ 一生~ (8, 0.1%)

2 な事, に暮す 1 に暮, に暮し, に暮らせ, に暮らせる

▼ 一生~ (8, 0.1%)

3 が上らない 1 があがらない, がぴかぴか, が上がらず, が上らん, の上がらない

▼ 一生から~ (7, 0.1%)

2 見りゃ同じ 1 いえば, 取り除かれた, 彼女が, 見て, 酒を

▼ 一生ここ~ (7, 0.1%)

1 で念仏伝道, で暮せ, にい, におりたい, にとどまる, に鐘, の家

▼ 一生といふ~ (7, 0.1%)

3 ものは 2 ものが 1 やうな, 奴は

▼ 一生よりも~ (7, 0.1%)

2 安価な, 少し高い 1 光栄に, 長いやう, 長き冬何

▼ 一生ケン命~ (7, 0.1%)

1 こらえて, にだまされる, にやるべし, やって, やるから, 働くん, 制した

▼ 一生~ (7, 0.1%)

1 かに妨げられ, でもあなた, の定職, の苦痛, もしない, も貢献, をし

▼ 一生~ (7, 0.1%)

3 れにも 1 にも自分, にも語らず, の目, も去れ

▼ 一生食う~ (7, 0.1%)

2 に困らぬ 1 には困るまい, に困らず, に困らん, に困る, んだ

▼ 一生お前~ (6, 0.1%)

1 と離れない, の事, の傷, の面倒, は駄目, を可愛がっ

▼ 一生これ~ (6, 0.1%)

4 も一生 1 が剣道, で終る

▼ 一生こんな~ (6, 0.1%)

1 ことは, ところで, 処には, 村には, 汚い村, 處に

▼ 一生それ~ (6, 0.1%)

1 が附きまとっ, で押し通す, に気, は様々, は畢竟, を押し通し

▼ 一生そんな~ (6, 0.1%)

1 ことばかり, ことばかりで, 方面の, 気まずい思い, 淺間しい, 知識を

▼ 一生なんか~ (6, 0.1%)

2 どうにでも, 何う 1 どうなった, 太陽の

▼ 一生を通して~ (6, 0.1%)

1 その愛, 僕は, 女性の, 父を, 特別な, 見たならば

▼ 一生結婚~ (6, 0.1%)

2 しなかった 1 できなくとも, なんかしない, の成らん, は出

▼ 一生貧乏~ (6, 0.1%)

1 するつもり, すると, で好物, で暮すだらう, なさったの, をし

▼ 一生かかる~ (5, 0.1%)

1 かと思われた, かも知れません, ことも, だけの仕事, 道です

▼ 一生そこ~ (5, 0.1%)

1 で暮し得る, で暮そう, に住み込ん, に没頭, へ行つて

▼ 一生つづく~ (5, 0.1%)

1 とかくご, と思う, ものと, 子どもの, 病気を

▼ 一生などは~ (5, 0.1%)

2 露の 1 もつと, 数限りも, 無残極まる

▼ 一生にも~ (5, 0.1%)

1 一度は, 会い難き, 冬がまゐります, 変化の, 無い程

▼ 一生をも~ (5, 0.1%)

1 台なし, 埋沒, 得難き事, 期して, 閉じた

▼ 一生一人~ (5, 0.1%)

3 で置い 1 でいる, の主人

▼ 一生会えない~ (5, 0.1%)

2 ような 1 かも知れない, かも知れません, なんて

▼ 一生~ (5, 0.1%)

2 を利かない 1 をつぐまぬ, をつぐみます, を噤ん

▼ 一生忘れ~ (5, 0.1%)

1 がたいやう, がたき年, はいたしません, ようも, 難い處

▼ 一生独り~ (5, 0.1%)

1 さびしく琴, で暮した, で暮らします, で遣り通す, の生活

▼ 一生うだつ~ (4, 0.1%)

2 が上らない 1 があがらない, の上り

▼ 一生~ (4, 0.1%)

3 一生が 1 かつて奇石三十六枚

▼ 一生だった~ (4, 0.1%)

1 のが, のでございます, のに, 私の

▼ 一生であった~ (4, 0.1%)

1 とも思われる, と思っ, ようだ, 事を

▼ 一生であり~ (4, 0.1%)

1 人生で, 人生であっ, 常に傍観者, 苦楽の

▼ 一生である~ (4, 0.1%)

2 と共に誰 1 かも知れない, が人間

▼ 一生とは~ (4, 0.1%)

1 こんな短い, そんなもの, 何であろう, 長いこと

▼ 一生にとっては~ (4, 0.1%)

1 まことに貴ぶ, 一夜の, 因縁を, 見逸すべからざる動揺

▼ 一生~ (4, 0.1%)

1 得テ幸イニ病魔, 棒ニフル者ガ少, 終ルナンテ馬鹿クサイト思ワンカ, 送リ

▼ 一生一緒~ (4, 0.1%)

2 に暮す 1 にはいられない, に暮すなら

▼ 一生不幸~ (4, 0.1%)

1 に終わっ, に過ぎた, の淵, を見た

▼ 一生仕事~ (4, 0.1%)

1 であり千里, の, の阿波, は

▼ 一生参学~ (4, 0.1%)

2 の大事 1 の事了つた老翁, の大事畢

▼ 一生~ (4, 0.1%)

1 だけにし, には言うまい, のそば, を助けさせ

▼ 一生大事~ (4, 0.1%)

1 にし, にしまっ, にする, に崇拝

▼ 一生~ (4, 0.1%)

1 に忠実, の為め, をもたず, を持つ

▼ 一生~ (4, 0.1%)

1 と交わらな, に寄り付かず, に惚れられ, に近寄らない

▼ 一生~ (4, 0.1%)

1 に行かねえ, は取らせない, をもちますまい, 持たさんつもり

▼ 一生孤独~ (4, 0.1%)

1 でいようと, で終るだろう, で終わろうと, な生活

▼ 一生暮す~ (4, 0.1%)

1 てわけ, もんが, 気には, 氣に

▼ 一生消えない~ (4, 0.1%)

3 傷痕を 1 汚点を

▼ 一生知らず~ (4, 0.1%)

1 にいるでしょう, にしまう, に済む, に済ん

▼ 一生苦労~ (4, 0.1%)

1 しつづけて, しますよ, をし, を為つ

▼ 一生送る~ (4, 0.1%)

1 のかと, 人間に, 者は, 間に

▼ 一生~ (4, 0.1%)

1 はなく, はれない人, へない, へなかつたら

▼ 一生いる~ (3, 0.1%)

1 くらいなら死んだ, ことに, ように

▼ 一生おまえ~ (3, 0.1%)

1 とは離れまい, をなめる, を追っ払ったら

▼ 一生おれ~ (3, 0.1%)

2 の傍 1 に楯

▼ 一生ただ~ (3, 0.1%)

1 幸に, 日々を, 暗夜を

▼ 一生だまされ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 てみたい

▼ 一生です~ (3, 0.1%)

1 からいろ, からね, よ

▼ 一生として~ (3, 0.1%)

1 きりこまざかれかた, 眺めたやう, 語られる本質

▼ 一生としては~ (3, 0.1%)

1 あまりにみじめ, そうしたシーン, 仕合せであったであろう

▼ 一生とを~ (3, 0.1%)

1 思うの, 比べて, 考えた

▼ 一生どう~ (3, 0.1%)

1 かこうか, ころんだって, するの

▼ 一生において~ (3, 0.1%)

1 このとき, バカは, 多く忘るべからざる

▼ 一生にまで~ (3, 0.1%)

1 こんなに祟り廻さなく, こんなに負わせ, 影響する

▼ 一生に関する~ (3, 0.1%)

1 ことだ, 実際問題, 話を

▼ 一生不自由~ (3, 0.1%)

1 しなければ, なく世話, な思い

▼ 一生不遇~ (3, 0.1%)

1 では, で世, に暮した

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 にあらん, に埋もれず, を面白く

▼ 一生五十年~ (3, 0.1%)

1 ないし六十年, の浮き橋, の間

▼ 一生使える~ (3, 0.1%)

1 し便利, ように, 命そんなに

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 で暮し度, におく, へ置い

▼ 一生~ (3, 0.1%)

2 來ぬ 1 て行かぬ

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 のよう, の中, の破れない

▼ 一生奴隷~ (3, 0.1%)

1 として働かされる, になる, に買

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 といふ者, も娶らなかった, を娶る

▼ 一生娶らず~ (3, 0.1%)

1 お絹さん, かつ父, 俗世間の

▼ 一生子供~ (3, 0.1%)

1 なン, の爲, は生まれない

▼ 一生小説~ (3, 0.1%)

1 を書い, を書かない, を書く

▼ 一生幸福~ (3, 0.1%)

2 に暮 1 なあなた

▼ 一生忘れず~ (3, 0.1%)

1 にゐ, に背骨, 居常讃嘆し

▼ 一生忘れません~ (3, 0.1%)

1 それぢや, ぞ, わ

▼ 一生愛し~ (3, 0.1%)

1 ていた, てやる, て行けない

▼ 一生持っ~ (3, 0.1%)

1 ていました, てて, て暮らさなきゃならない

▼ 一生捨てない~ (3, 0.1%)

1 でねなんて馬鹿らしい, ということ, のなんて

▼ 一生暮し~ (3, 0.1%)

1 てもいい, て不思議, て行く

▼ 一生暮らす~ (3, 0.1%)

2 方が 1 ことを

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 ういふ, の只独り, の女

▼ 一生独り身~ (3, 0.1%)

1 であった, でいる, で暮らす

▼ 一生着る~ (3, 0.1%)

1 だけの衣裳, と言つた肌合, 物に

▼ 一生~ (3, 0.1%)

2 なこと 1 な事

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 きませう, けて行け, けること

▼ 一生見ない~ (3, 0.1%)

1 ことに, で過ごせれ, と云っ

▼ 一生見る~ (3, 0.1%)

3 ことが

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 とは思われない, の家, の胸

▼ 一生~ (3, 0.1%)

1 はない, ひません, へぬ

▼ 一生逢えない~ (3, 0.1%)

2 かもしれない 1 ような

▼ 一生遊ん~ (3, 0.1%)

2 で暮 1 で暮し

▼ 一生食べる~ (3, 0.1%)

2 だけのもの 1 のに

▼ 一生飼い殺し~ (3, 0.1%)

2 にし 1 にされる

▼ 一生ある~ (2, 0.0%)

1 生命だ, 生命には

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 ぢめられ通し, てもつまらねえ

▼ 一生いつ~ (2, 0.0%)

1 までたっ, までも同じ

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 ざねを, づもれて働らき

▼ 一生お召~ (2, 0.0%)

1 しもうけなかったら, を待つ

▼ 一生かうし~ (2, 0.0%)

1 てお, て諸国

▼ 一生かかった~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, ことを

▼ 一生かと~ (2, 0.0%)

1 夫人は, 思うと

▼ 一生かの~ (2, 0.0%)

1 おん方の, 女について

▼ 一生かも~ (2, 0.0%)

1 しれないから, 知れない

▼ 一生きみ~ (2, 0.0%)

1 と親友, の味方

▼ 一生こうして~ (2, 0.0%)

1 山の, 諸国を

▼ 一生しない~ (2, 0.0%)

1 わ, わか

▼ 一生する~ (2, 0.0%)

1 もので, もんじゃ

▼ 一生そう~ (2, 0.0%)

1 であった, であるわけ

▼ 一生だけは~ (2, 0.0%)

1 この不自然, 思い出して

▼ 一生だめ~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, な男

▼ 一生って~ (2, 0.0%)

1 そんなつまらない, 長いでしょう

▼ 一生つづい~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来る

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 のか, のでございました

▼ 一生なら~ (2, 0.0%)

1 ねえお爺, まったく詰まらない

▼ 一生なる~ (2, 0.0%)

2 にはかなき

▼ 一生なんて~ (2, 0.0%)

1 ものは, 実に変

▼ 一生について~ (2, 0.0%)

1 わたくし達は, 考へた

▼ 一生についても~ (2, 0.0%)

1 考えいつかしらぼんやり, 考えわかって

▼ 一生はらえ~ (2, 0.0%)

2 て古里

▼ 一生ひと~ (2, 0.0%)

1 に語らなけれ, の手伝

▼ 一生ひとり~ (2, 0.0%)

1 で苦しん, 住みの

▼ 一生めとらず~ (2, 0.0%)

1 のんきに, 彼らとともに

▼ 一生もう~ (2, 0.0%)

1 女の, 行くもん

▼ 一生もう二度と~ (2, 0.0%)

1 会はれない, 会われないの

▼ 一生やら~ (2, 0.0%)

1 これからどうなっ, なくなっちゃうって

▼ 一生より~ (2, 0.0%)

1 より美しい, 偉大な

▼ 一生わすれられない~ (2, 0.0%)

1 ほどでした, 話である

▼ 一生わすれる~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一生をもって~ (2, 0.0%)

1 復讐しなく, 限りと

▼ 一生を以て~ (2, 0.0%)

1 した貧しい, 自己の

▼ 一生一品~ (2, 0.0%)

1 な物, の製作

▼ 一生一度百年一度~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ 一生一念~ (2, 0.0%)

1 を封じこめた, を賭けた

▼ 一生不具~ (2, 0.0%)

1 になった, の身

▼ 一生不犯~ (2, 0.0%)

1 の戒律, の男

▼ 一生不運~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ 一生世間~ (2, 0.0%)

1 へ顔出し, を睨め付け

▼ 一生中安心~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 一生二度と~ (2, 0.0%)

1 こんな患者, 出て

▼ 一生互に~ (2, 0.0%)

1 援け, 苦労する

▼ 一生五十年めくら~ (2, 0.0%)

2 に成り

▼ 一生京都~ (2, 0.0%)

1 にゐなけれ, に住ん

▼ 一生人間~ (2, 0.0%)

1 の一生, の愛憎

▼ 一生他人~ (2, 0.0%)

1 たるまじと, に依る

▼ 一生代用教員~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 一生何ら~ (2, 0.0%)

1 のまとまった, 為すなく

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 などと婚礼, に力

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 とつれ添う, につきまとう

▼ 一生借金~ (2, 0.0%)

1 に苦しめられ, の苦労

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 のそば, の家

▼ 一生出世~ (2, 0.0%)

1 しないと, はしないだろう

▼ 一生別れる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 訳で

▼ 一生勉強~ (2, 0.0%)

1 して, しても

▼ 一生動かない~ (2, 0.0%)

1 といつ, 精神的態度の

▼ 一生可愛~ (2, 0.0%)

2 がって

▼ 一生同じ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 所で

▼ 一生善人~ (2, 0.0%)

2 で通る

▼ 一生困らない~ (2, 0.0%)

1 だけの事, だけの収入

▼ 一生埋木~ (2, 0.0%)

1 となる, になっ

▼ 一生墓守~ (2, 0.0%)

1 になろう, をし

▼ 一生~ (2, 0.0%)

2 や蛭

▼ 一生奮闘~ (2, 0.0%)

1 し続けた作者, を継続

▼ 一生女房~ (2, 0.0%)

1 の面影, もらわねえから

▼ 一生姉さん~ (2, 0.0%)

2 良く考えた

▼ 一生小学校~ (2, 0.0%)

1 に勤め, の教員

▼ 一生~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 で暮し, で朽ち果てる

▼ 一生嵐山~ (2, 0.0%)

1 の桜, の櫻

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 の代り, れを

▼ 一生平和~ (2, 0.0%)

1 に暮す, は得られないだろう

▼ 一生平穏~ (2, 0.0%)

1 でありうるか, に暮す

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 の人, の妻

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 に刻まれ, を用い

▼ 一生忘れられぬ~ (2, 0.0%)

1 強い強い記憶, 記憶を

▼ 一生恐るべき~ (2, 0.0%)

2 ライバルの

▼ 一生恨み~ (2, 0.0%)

1 に思うだろう, の残る

▼ 一生悪事~ (2, 0.0%)

1 はやめられぬ, を働い

▼ 一生扶持~ (2, 0.0%)

1 であるこれ, ばなれ

▼ 一生描い~ (2, 0.0%)

1 てやる気, て居

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 を立て通し, 立てて

▼ 一生放さない~ (2, 0.0%)

1 というよう, と云う

▼ 一生文学~ (2, 0.0%)

1 と別れたくない, に従事

▼ 一生暗い~ (2, 0.0%)

1 かげを, 運命を

▼ 一生暮せ~ (2, 0.0%)

1 さうもなかつた, ようとは

▼ 一生暮そう~ (2, 0.0%)

1 とは思わない, と決心

▼ 一生暮らし~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまいました

▼ 一生武家奉公~ (2, 0.0%)

2 をしよう

▼ 一生歸つて來~ (2, 0.0%)

1 る氣, んけりやい

▼ 一生死ぬ~ (2, 0.0%)

1 までになりたい, まで思いつづける

▼ 一生永く~ (2, 0.0%)

1 暮して, 生きて

▼ 一生沈黙~ (2, 0.0%)

1 をつ, を守っ

▼ 一生河童~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 一生浮ぶ~ (2, 0.0%)

2 瀬が

▼ 一生消えぬ~ (2, 0.0%)

2 かなしき影

▼ 一生添う~ (2, 0.0%)

1 ことも, て行く

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 でもい, でもいじっ

▼ 一生無駄飯~ (2, 0.0%)

1 を喰う, を喰っ

▼ 一生獨身~ (2, 0.0%)

1 だつた彼, で親

▼ 一生理屈地獄~ (2, 0.0%)

2 でノタウチ

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 の肌, は持つまい

▼ 一生病人~ (2, 0.0%)

1 でね, で寢

▼ 一生病院~ (2, 0.0%)

1 にいる, にゐる

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 に見えない, の底

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 があかなかったなら, がねはかけない

▼ 一生研究~ (2, 0.0%)

1 して, に没入

▼ 一生祟る~ (2, 0.0%)

1 からこれ, ぜ

▼ 一生秘密~ (2, 0.0%)

1 にし, を守り通せる

▼ 一生稽古~ (2, 0.0%)

2 したって

▼ 一生立つ~ (2, 0.0%)

1 てもこの, ても此背

▼ 一生経っ~ (2, 0.0%)

1 ても忘, ても此我等二人

▼ 一生続く~ (2, 0.0%)

1 としたら, 芸である

▼ 一生縁切り~ (2, 0.0%)

2 という約束

▼ 一生肌身~ (2, 0.0%)

1 に附け, を離す

▼ 一生舞台~ (2, 0.0%)

1 に終始, の上

▼ 一生良心~ (2, 0.0%)

2 を持たぬ

▼ 一生苦しん~ (2, 0.0%)

1 でつまり, でも出来ぬ

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 一生見ず~ (2, 0.0%)

1 に死ぬ, に過す

▼ 一生見捨てぬ~ (2, 0.0%)

1 といふ証文, といふ誓文沙汰

▼ 一生覚え~ (2, 0.0%)

1 ている, ておい

▼ 一生足袋~ (2, 0.0%)

1 をはい, を斷

▼ 一生~ (2, 0.0%)

1 を粉, を隠し

▼ 一生連れ~ (2, 0.0%)

1 そう義務を, そって

▼ 一生過し~ (2, 0.0%)

1 てしまった, ては実

▼ 一生離れまい~ (2, 0.0%)

1 という, とはどう

▼ 一生食える~ (2, 0.0%)

1 から上方, ように

▼ 一生飼殺し~ (2, 0.0%)

1 といった様子, の腹

▼1* [814件]

一生あああの人の, 一生あうことが, 一生あそんで暮, 一生あなた様の後生, 一生あれも足らない, 一生あんたばかりを愛します, 一生いいますぜ, 一生いきていられる, 一生いじらしい処女であった, 一生いた男だ, 一生いたって小倉庵, 一生いちどの大, 一生いっしょに居, 一生いや一生で, 一生いやしがたい傷, 一生いやしくも命の, 一生いようと思っ, 一生うずめられて堪る, 一生うちニおりてぬか, 一生うまい物も, 一生うもれ木と, 一生うらみつづけてやる, 一生うろうろ送るよう, 一生おびえが癒ら, 一生おぼえております, 一生おまえさんの目, 一生おろおろしなければ, 一生お側にいられる, 一生お嬢さん大きなお札, 一生お母さまのお, 一生お父さんやあなた, 一生お笑い召さら, 一生お金の苦勞, 一生かいてい, 一生かえれぬところへ, 一生かくれ通すというわけ, 一生かわいい子どもと, 一生がかりで分つた, 一生きたえあげた眼力人生表裏に, 一生くうにこまらぬ, 一生くよくよ暮らしをした, 一生くらしたいといふ, 一生けんめいお詫びをしました, 一生けんめいがまんしながら, 一生けんめいにべんかいした, 一生けんめいわが身の危険, 一生けんめいカイミアラを倒そう, 一生けんめいコーヒーと角力, 一生けんめいファゼーロの胸, 一生けんめいペンキのよう, 一生けんめいモーティを探そう, 一生けんめい丸木をとめ, 一生けんめい仕事をつづけた, 一生けんめい作文中です, 一生けんめい努力したの, 一生けんめい唇をかみしめ, 一生けんめい念を入れ, 一生けんめい我まん, 一生けんめい敵にその, 一生けんめい水をかき, 一生けんめい用意をととのえ, 一生けんめい真心をもっ, 一生けんめい研究をつづけ, 一生けんめい結び目を解きほぐし, 一生けんめい自分の服, 一生けんめい艦橋のほ, 一生けんめい薄闇の中, 一生けんめい観音さまを心, 一生けんめい道をいそぐ, 一生けんめい重傷の隊長, 一生けんめい頭をしぼりました, 一生こうして, 一生こういう人は, 一生こそなんという, 一生こそは日本の, 一生こつこつと地上, 一生この世の栄耀, 一生これ式で押し通したら, 一生こんな大きな幸福の, 一生うした, 一生さえ彷徨しなけれ, 一生さめることの, 一生しばられて動き, 一生しんみりした鼻, 一生じみに小さく, 一生すたり物に, 一生すませるんだったら, 一生そういうものを, 一生そう浪人して, 一生そこで挫かれ, 一生そして貧しい大学生, 一生そっとして, 一生そのものを旅, 一生その道の達人, 一生そばへおい, 一生それつきりで, 一生かし, 一生たずねても再び, 一生ただ一回の失った, 一生たべませんと与, 一生たよるべき男は, 一生だけをもって, 一生だまっていたかった, 一生や大変, 一生ついに何らの, 一生つかうように, 一生つきまとい井伏さんは, 一生つきまとってあなた, 一生つき合うような, 一生つくすのだ, 一生つつましく暮したいと, 一生つづけてもお前, 一生つてのをやる, 一生つとめても五位, 一生つれ添う女房として, 一生であって人間, 一生できないでしまふらしい, 一生でしたが一つ, 一生といへるであらう, 一生というも知って, 一生といったところで, 一生といふも知つて居る, 一生とか孤独とか, 一生ところきらわずオナラ, 一生としての範囲で, 一生とてもこの十兵衛, 一生とり返すことの, 一生とれぬ心地も, 一生とんちきかなあ, 一生と共にモールの, 一生どこへも行かぬ, 一生どこさも行かねえ, 一生どれほど役に立つ, 一生どんなに所謂, 一生ないのかと, 一生なおらないと見える, 一生なおりませんよ, 一生ながめて楽しむ, 一生なぞも何となく, 一生など僕には, 一生などを知って, 一生なにもせ, 一生なやまされてきた, 一生ならなかったかも知れぬ, 一生なり彼を以て, 一生なんにもせずに, 一生にたいして恐怖と, 一生につきまと, 一生にとっても時間的には, 一生になつた事, 一生に対して何だか自分, 一生に対しても最後の, 一生ぬぐへまい, 一生ぬけるもので, 一生ざめが, 一生のみれんを, 一生のめえるへん, 一生はげしいむごたらしい労働に, 一生ばかり思ひつ, 一生かげの, 一生ひそかに恋, 一生ひどくこき使われろくな, 一生ぴかぴかした金魚, 一生ぶらぶら遊ぼうという, 一生ほかの本, 一生ほか生活意識の延長, 一生ほとんど給銀も, 一生ほどに思って, 一生まあ旅で, 一生まごつきだぞ, 一生ましてやお嬢さま, 一生までかくの, 一生までも忘れない, 一生まともなこと, 一生まめに身体, 一生まるで怒濤, 一生むだをする, 一生めんどうをみ, 一生もてあましてゐた, 一生幸福を, 一生やってもやれぬ, 一生やまないだらうちようど飲酒癖の, 一生やめないつもりです, 一生やもめをおとおし, 一生やる気でゐ, 一生ゆるされる筈は, 一生よう思い切らんさかい, 一生らくにさせ, 一生らくらくとくらしました, 一生わかれてしまう, 一生わが想いに, 一生わき目もふらぬ, 一生わしの傍, 一生わすれは致しません, 一生わすれずにまた, 一生わすれないで覚え, 一生わすれますまいと父, 一生わたくしかはりません, 一生わたしのそば, 一生をとぢこめられはてた, 一生ををはる人間, 一生アイヌの研究, 一生ウダツが揚がらない, 一生カトリックにだけはなれ, 一生ケダモノの手, 一生ケロリンをのまない, 一生ケンメイプクプクともぐっ, 一生ケンメイ訓練して, 一生ケン命お願いしなければ, 一生ケン命封緘を貰う, 一生ケン命籾にし, 一生サンダルを履い, 一生ゼツボウ状態だろう, 一生チエツチエも一生, 一生ナマズの絵, 一生観会ハ是レ, 一生ノウチニ無法ノ馬鹿ナコトヲシテ年月, 一生パトラッシュが死ぬ, 一生ピースコなの, 一生ベルリオーズにつきまとった, 一生ポーランドの一九二九年, 一生ミスでも居られますまい, 一生モスクワというところ, 一生ロシア文学の翻訳, 一生一つにいやしまい, 一生一つ顔ばかり見, 一生一パイの上出来, 一生一乳乳必双虎と, 一生一人生活をし, 一生一冊だから, 一生一度半年近く春子さまとシンミリ, 一生一書生である者, 一生一期のおもい, 一生一滅を見る, 一生一生お傍, 一生一生あなたのこと, 一生一願のこの, 一生三十六計とばかり別に, 一生三味線持つて, 一生の一つ, 一生上人は私, 一生上妙の快楽, 一生下積みでスター, 一生不孝者で終らんけれ, 一生不平をいっ, 一生不足なく暮らせる, 一生不離叢林なれば, 一生世外の衲子, 一生世間師で果てよう, 一生中一番價値の少い, 一生中一番興味ある時代, 一生中幾度もない, 一生中故主信長をのぞい, 一生中最上の愉快, 一生願也, 一生乏しい乏しいで終わった, 一生乞食同然のみじめ, 一生はない, 一生云われることの, 一生五十年姫樣には指, 一生交会せしめなん, 一生交替せぬ上位, 一生亭主と離れ, 一生人づきあいをしない, 一生人里へは返さず, 一生仏教の伝道, 一生仕えるのも, 一生仕合せに暮させる, 一生付きまとわれていなけれ, 一生仮装し通した者, 一生好うしょう, 一生仲直りなどする, 一生仲間づきあいをし, 一生仲間はずれじゃと思う, 一生はなく, 一生会えぬかも知れぬ, 一生会わないことに, 一生低い地位に, 一生住まはなけれ, 一生住んで自分, 一生何事にも徹底, 一生何処へも適, 一生余裕の貯え, 一生使うべき小間使を, 一生使ってみせる, 一生ること, 一生俗世間に汚されず, 一生信じ通しても死ん, 一生俳句を作り, 一生假裝し通した者, 一生僅か許り, 一生働いてもすべて, 一生働かなければならない, 一生働き抜いて少し, 一生働くものとして, 一生ひ難, 一生は身, 一生先生の下, 一生光君さまの召使, 一生共棲すること, 一生其の卑賤の, 一生其中にて暮すべし, 一生其人たちとは踊るまい, 一生其処へ押籠め, 一生再び彼女とは, 一生冒さず処女, 一生冷や飯を食う, 一生処女でいる, 一生出られないじゃない, 一生出られぬ患者も, 一生出入り差止めでも何, 一生出戻りと人, 一生出来ぬので御座んする, 一生出来まいと云った, 一生出来得るだけ富, 一生が使えません, 一生もたのしむ, 一生別れずに仲よく, 一生別れ別れに暮さなけれ, 一生剃らなかつたのに弁士, 一生剛一様の御, 一生の修行, 一生加工しぬくん, 一生努力の旅, 一生動きたくないのだ, 一生動物を描き通し, 一生勘当するといつて家, 一生北辺の一隅, 一生としつれそう, 一生卑怯者にされる, 一生危きこと一髪を以て千鈞, 一生危険にさらされ, 一生去るまいと思ひきはめ, 一生相見じ, 一生及び相互の, 一生反撥して, 一生取るにも足りない, 一生取返しがつかない, 一生受用しても, 一生受領だった父, 一生叩き大工で終る, 一生台無しにし, 一生右手をぶら下げ, 一生合唱手だわ, 一生吹かない事に, 一生呪うてやる, 一生がよく, 一生にかけても私, 一生命令に従わなく, 一生唄い通している, 一生喜捨をまき上げられる, 一生べる, 一生四十歳五十歳になつて, 一生四足を食はず, 一生められる, 一生困らぬだけの金, 一生困りゃアしない, 一生図書館の厄介, 一生固く沈黙を, 一生土民で朽ち果てまい, 一生土蔵の薄暗い, 一生地味で冴えない, 一生坐り通してとはの, 一生埋れたところで, 一生埋れ切る場合も, 一生堂守で身, 一生塵埃を嘗め, 一生墓掘りをやっ, 一生変るまじきは素より, 一生外国に居たい, 一生大きく仕事で, 一生大した役者には, 一生大丈夫の気, 一生大切なもの, 一生大学の図書館, 一生大病もせず, 一生大神宮さまへお, 一生大道の埃, 一生夫婦となれ, 一生失ってはならない, 一生失恋するん, 一生奮鬪を繼續, 一生女中になりたい, 一生女優として立てなくなり, 一生女郎ハ好キニ買ッテ, 一生妄執は晴れやるまい, 一生妻妾を娶らず, 一生妻子を養う, 一生娑婆の風, 一生婦人を遠ざけ, 一生な者, 一生嫌いになっ, 一生嫌ヒ途上ニ会フモ道ヲ避ケテ通レル事, 一生嫌フモノニ候オ角トイフ興行師ガ房総海ニテ難船シ浜ヘ打上ツタ所, 一生嬶旦那で暮し得, 一生が生れ, 一生安らかにいた, 一生安心とこう, 一生安穏に暮し, 一生安穩に養つて, 一生定正を君父, 一生実行すべきこと, 一生寂しい島の, 一生寂しく暮すこと, 一生富岡さんとは別れ, 一生ざめがわるいですからな, 一生寡婦として捨て置く, 一生寢覺めが惡い, 一生のため, 一生対比されて, 一生専門に村有, 一生射し添う淋しく美しい白燈, 一生尋ねて行く, 一生學教員の, 一生就職には困らない, 一生尼姿で暮らします, 一生岡焼をし, 一生峻拒出来ない魅惑, 一生工夫や土方, 一生左膳のあ, 一生帰ってくる, 一生帰つて来る気, 一生帰れねえんだ, 一生平凡に暮す, 一生廻って来ない, 一生引つ越しの, 一生引受けたは笑わせやがる, 一生当てにならない, 一生役場に勤め, 一生役者の, 一生彼女の面倒, 一生彼奴とは口, 一生彼等から離れず, 一生待ち望んでいた, 一生待合で斯, 一生後家暮らしをさせる, 一生後悔の種, 一生後生を云はず, 一生従者で犬, 一生従順な盲目, 一生復活春の目ざめ, 一生復習許りして, 一生徹底的に解ける, 一生心配がない, 一生忘れえない思い出と, 一生忘れっこは, 一生忘れまいと心, 一生忘れまじくまたの日お, 一生忘れやしませんとも, 一生忘れられんです, 一生忘れられないだろうと思った, 一生忘れられまいと思ふ, 一生忘れられん思を, 一生忠実に仕えた, 一生快癒する望み, 一生怒り通して, 一生怒れないと定め, 一生思い出す筈の, 一生思い詰めてとうとう, 一生怨み続けて居りました, 一生怨み續けて居りました, 一生恋しく思うでしょうよ, 一生恋愛生活に憧れ, 一生恐ろしい時であった, 一生恥しい想いに, 一生恨みますよ, 一生恨み切るか反撥的, 一生恨み辛みを云わね, 一生恨めしい者と, 一生恩人としての高い, 一生んでおります, 一生悔恨したと, 一生悩み続けたベートーヴェンや, 一生悪いことを, 一生い思, 一生悲痛な思い出, 一生悶えを追って, 一生惨憺たる修行, 一生感情上の不和, 一生慈善家の糧, 一生懐手で通す, 一生つても, 一生懸って消化, 一生懸つたつてそれ, 一生懸りでも自動車, 一生戀命の嘘八百ぢ, 一生成功は見られぬ, 一生戦争に暮し, 一生戸籍簿でもひね, 一生戻らないかもしれない, 一生離すの, 一生手踊なんかやつ, 一生払い落す事の, 一生扱き使はれた古, 一生扶助料を政府, 一生折々この種, 一生抜け切れないような, 一生持たないでどう, 一生持たなかつたかも知れない, 一生持ち続けていた, 一生持つまいと思っ, 一生持てあましたことは, 一生まら, 一生掘り続けてついに, 一生掛って, 一生描きつづけること茄子や, 一生摺り切れない尻尾の, 一生支配して, 一生はれない驕慢, 一生文人として終る, 一生文句の云, 一生断ちますると頼ん, 一生旅寝の艱難困苦, 一生旅廻りで朽ちる, 一生旅烏かと思ってたら, 一生旗本暮らしに出世, 一生日の目の見られねえ, 一生日蔭の身, 一生日蔭ものの下女同様, 一生日蔭者のやう, 一生旦那に面倒, 一生易者にすぎん, 一生春蘭か白蘭, 一生せること, 一生暮したらどんなにいい, 一生暮しますよ, 一生書きつづけねばならぬ, 一生最も楽かるべき, 一生へない, 一生未来忘れること, 一生末生何不自由なしに, 一生本屋をやめしめへん, 一生本当に文学を, 一生杉箸を削つ, 一生材木を扱つた人, 一生にくすぶっ, 一生来ないのだ, 一生板ばさみだな, 一生栄華にくらす, 一生株屋なんか亭主, 一生に振る, 一生棲んでいたら, 一生楽々と暮らしうる, 一生楽しみを享, 一生機械の奴隷, 一生欠かさず服用しつ, 一生止む時はねえ, 一生止めないわ, 一生正当な観念, 一生此事を祈り通す, 一生此処で暮す, 一生此村の芥, 一生此處の厄介, 一生武家郎党の端, 一生死んでもこの, 一生残るほどの怪我, 一生の大望, 一生民衆の歴史, 一生気の毒に過した, 一生気付かないで過し, 一生気永な仕事, 一生汚れた宮では, 一生沐浴しない者, 一生治らないのだ, 一生泣き暮した人でも, 一生泳ぎを知らず, 一生流転せずには, 一生浮かばれんことに, 一生浮かぶ瀬が, 一生浮ばれないと思, 一生浮び上れなくなるのだ, 一生浮沈の瀬戸際, 一生を見ず, 一生消えることの, 一生涯仏様につかへ, 一生涯子を産まない, 一生涯山ん中, 一生涯或はある, 一生涯此の土地, 一生涯此所が自分, 一生涯片輪でもいい, 一生涯画を描い, 一生涯癒りそう, 一生涯腐つた木を突, 一生涯言れますの, 一生淋しく暮さねば, 一生深く根を, 一生添い遂げることは, 一生添わせて置い, 一生清く行ひすまし, 一生済んで了, 一生渋くはなれぬ, 一生満足に持っ, 一生溺レタ女ハ救ヒクレタル男ヲ避ケ嫌フ事ハ, 一生漂泊したの, 一生のやう, 一生烈しい労働を, 一生無事に臣節, 一生無学文盲で通し, 一生無職で何ん, 一生無関係にはなれない, 一生煩う誠に毒木, 一生なし子, 一生輪で, 一生片足を引かれる, 一生にかかりきれる, 一生を言, 一生物思いをする, 一生犠牲の生活, 一生独立しようと, 一生独身主義だの女ぎらいだのと, 一生獨身主義を通す, 一生を突かじ, 一生現在の評判, 一生球団にしばられ, 一生理髪屋にはゆかない, 一生瑕物にし, 一生瑕瑾のない, 一生を作つて, 一生生えないかも知れない, 一生生きて戻れぬ, 一生用いて尽きず, 一生の草取り, 一生田舎で安全, 一生田舎武士の師範, 一生を見ず, 一生と言, 一生病床にい, 一生やし, 一生にさわる, 一生の結び, 一生をしなけれ, 一生直りそうも, 一生相好が変る, 一生県命に見つめ, 一生に泣く, 一生眞面目に働い, 一生真黒いまま死ん, 一生着こなしたんです, 一生着ないと若気, 一生知らなくてもたいして, 一生知らん顔でいよう, 一生碌々たる剣術使い, 一生祖国日本から誤解, 一生神さまにお, 一生祭って置く, 一生禁煙しようと, 一生の皿, 一生稗食い郎党厩掃除は一生涯, 一生空しく他の, 一生立とうと考えた, 一生に家庭, 一生童心の金柑, 一生競馬はあきらめる, 一生笑って暮らせれ, 一生笑わないぞ僕, 一生純情と理想主義, 一生終るのか, 一生終ればよかっ, 一生終わるのでない, 一生結局之と云, 一生絡みつかれるに極, 一生で立とう, 一生絶望状態だろう, 一生經つても此身長, 一生続いたらユカイよ, 一生続かなければならない, 一生続ける人も, 一生綴方を書くまい, 一生縁遠いかあるいは, 一生織りつづけている, 一生繰返すかあるいは, 一生置いて下さい, 一生置き申そうということ, 一生を得, 一生考へてもわからない, 一生職人で終る, 一生職業的文芸家とならなかった, 一生かれないならば, 一生肥桶を挽かされ, 一生に背負っ, 一生に沁みこん, 一生け出す, 一生脱ぐことの, 一生脱することが, 一生も崩さなかった, 一生臥せるかといいけれ, 一生自分自身がおちこん, 一生自動車にのらない, 一生自我の生活, 一生自由になれない, 一生舞踊を旦那様, 一生艶美な童女, 一生の, 一生苦しいやり繰りを, 一生苦しまずに愉快, 一生苦しむことは, 一生苦力になつて, 一生苦学して, 一生苦楽をともに, 一生茗荷を食すまじき, 一生草鞋穿きで, 一生落ちつけるのや, 一生落着くこと, 一生薄暗いところで, 一生血気の盛, 一生行いをつつしみます, 一生行かないかも知れない, 一生行かなくってもよく, 一生行ったことも, 一生見られないでしまう, 一生見られなかったことに, 一生見捨てられぬやうにな, 一生見棄てないで, 一生覗いて過す, 一生覚えずに過す, 一生親娘の名乗, 一生親密の関係, 一生観音に仕えた, 一生言わない方が, 一生言葉ばかり學ん, 一生記憶を去らず, 一生さえする, 一生読み捨ててきた, 一生読める書でなく, 一生諸人の上, 一生貧しく賤しく送た, 一生貧乏さしとい, 一生貧乏暮しをする, 一生貴女は彼ん, 一生貴方奥さんを持たない, 一生っても費, 一生をひきずらね, 一生路傍の辻音楽師, 一生路地の日陰, 一生踏み付けられて暮す, 一生身体を労苦, 一生をもっ, 一生辛い目を, 一生辛抱した, 一生近づく事なく, 一生退屈しなさそう, 一生送れると言う, 一生通したので, 一生通す人も, 一生通せるのなら, 一生逢うことが, 一生逢えなくなるよ, 一生逢えぬ骨が, 一生逢はずに終る, 一生逢わずに終る, 一生逢わないでも構わない, 一生逢わねえというん, 一生逢われない人かも, 一生連れ添う女房が, 一生連れ添うたことを, 一生連続して, 一生進んでゆく, 一生遂げられまいしまた, 一生遊び暮すだけの, 一生過ぎるんです, 一生過ごせるものと, 一生過す人かと, 一生道中を用事, 一生遠くはなれた, 一生還って来ない, 一生部屋住みという, 一生重荷を背負っ, 一生金勘定をし続けた, 一生釣りでもし, 一生鉄屑を拾った, 一生鉄漿をお, 一生鉄砲は射たない, 一生錨綱にし, 一生長い着物を, 一生開墾事業に熱中, 一生開運の見込み, 一生閑朱門不管渠痴絶, 一生闘牛場へ呪縛, 一生降つてるとい, 一生限りのもの, 一生陣笠で終る, 一生に上らぬ, 一生の目, 一生隠し事は出来ない, 一生隠れている, 一生隱者として神, 一生離れず終わりを全う, 一生離れたくないのよ, 一生離れないよう, 一生離れるなとは如何, 一生離れ去ることの, 一生震災で私, 一生面倒を見, 一生鞭撻して, 一生音信不通の約束, 一生風呂へ入らぬ, 一生風変わりな愛人, 一生食いそこない, 一生食べて行く, 一生食わなくてもいい, 一生食われるから上方あたり, 一生食物のうま, 一生飮代にも困る, 一生飲まなくても好い, 一生ひ殺し, 一生なって, 一生馬方商売それ以上にはなれません, 一生馳走に招かれず, 一生駄目らしい, 一生騙しても騙し切れる, 一生が硬, 一生で終ります, 一生黒足袋をはきつづけ