青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一片~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩 一段~ 一流~ ~一点
一片~
~一生 一生~ ~一生懸命 一生懸命~ ~一番 一番~ ~一目 一目~ 一瞬~ ~一種

「一片~」 1276, 14ppm, 8066位

▼ 一片~ (751, 58.9%)

29 雲も 14 パンを 8 雲の 6 パンも, 煙と 5 紙に, 紙を, 肉を, 雲に 4 回向を, 雲は

3 [12件] ような, パンと, 勧告で, 密書を, 小扇, 愛情も, 白雲を, 紙が, 肉に, 銀貨を, 雲すら, 雲を

2 [43件] やうに, ように, トーストが, パン, パンの, メランコリアを, レイスを, 便りを, 同情が, 命令で, 哀情は, 土地を, 報告に, 報告も, 布を, 感傷を, 書簡に, 木切れに, 桜の, 法律の, 温かい人情, 灰と, 烟と, 白骨と, 紙片を, 義心なり, 肉が, 肉も, 肉塊を, 良心は, 言葉と, 警戒も, 返事も, 遺書を, 雪が, 雲が, 雲と, 雲なく, 雲影も, 雲翳も, 香の物を, 麩を, 麺麭も

1 [538件 抜粋] おどし文句, お世辞, お便りだ, かざり気も, かまぼこの, くろい布, ことばも, さかんな, しらせだけは, たよりも, つづれの, ひきちぎれた建築図, ぼろに, ものさえ, やうな, やうなうるみ, カットを, カラスミを, クヅ鉄の, クロワサン, シャレで, チュウイング・ガムを, チョコレートや, チーズとを, トマトの, パンから, パンさえも, パンだけを, パンだった, パンだって, パンで, パン屑です, パン手製の, リボンの, レイスに, レースが, 三石の, 上に, 下に, 不平心を, 不純な, 世辞だった, 丸木船に, 丹心ある, 乾いた思弁, 亀裂も, 了解を, 人情に, 人情も, 他愛も, 令達も, 供養か, 依頼画に, 侠気が, 侵略者の, 便りにも, 俗情さえも, 信仰も, 信念信仰を, 偏った硬, 儀礼である, 冗談も, 冷えた焼肉, 冷えた煮物, 冷笑を, 出来心でも, 判断が, 利己心が, 動くとも, 勢力たり, 卑俗な, 卒塔婆を, 卒業証書を, 危懼も, 即興詩を, 去り状は, 反古である, 反古と, 反古として, 反古にも, 反古紙にしか, 反故同然たるの, 反映は, 反省も, 口碑や, 古紙の, 同情は, 同情も, 同情をさえ, 同情心が, 同胞の, 名分と, 吸殻も, 周囲を, 命令を, 哀辞なき, 唐墨に, 噂でなく, 噂なり, 回向供養を, 因縁話を, 図面だった, 土地が, 土地は, 土塊に, 土塊も, 土塊を, 地図が, 坂東骨であった, 埃を, 執念を, 堅い紙片, 塵芥も, 変らぬ物, 夢に, 夢物語の, 大きな紙片, 太政官辞令などは, 好意を, 好感の, 妄念さえ, 婆心より, 婆心已む能は, 嫌疑さえ, 安逸な, 宣言を以て, 密告書も, 小さな塵, 小さな鋼鉄, 小冊子, 小扇さ, 小舟が, 小舟一握りの, 屑金に, 山地図を, 岩礁に, 巻いた紙, 巻紙を, 布だ, 布告によって, 布施を, 布片とは, 帆に, 希望も, 帛の, 幻影と, 底部は, 弁は, 形容詞が, 形式である, 形式的な, 彫刻物で, 後方に, 御同情, 御回向, 御回向なにがし, 御回向下, 御焼香, 御示唆, 心が, 心の, 心霊分析としか, 志ある, 思ひつき, 思慮を, 恩義が, 恩賞を, 悔いも, 悔恨の, 情けは, 情に, 情一滴の, 情味も, 情愛なし, 想像に, 意志も, 意気から, 意気は, 愛惜を, 感傷であり, 感傷ならぬ, 感情でない, 感情に, 感謝を, 慈善である, 慈悲心から, 慈悲心に, 慰藉だ, 憐みとなし, 懐疑の, 懸念の, 扁額なほ当年の, 手紙, 手紙に, 手紙も, 才能も, 技工に, 抒情吾, 拘引状と, 挨拶から, 挨拶で, 挨拶や, 故紙に, 故紙をも, 文字が, 文字を, 文書だけ, 文書で, 文芸も, 断碑を, 新月が, 新月は, 新聞広告である, 新葉, 既定した, 日蔭も, 旧恩に, 旧恩にたいする, 星雲は, 更紗に, 書付を, 書信も, 書状が, 書状を, 書生たる, 書簡を, 月, 月が, 月は, 月万戸衣を, 木つ, 木の葉でしか, 木の葉としか, 木の葉の, 木太刀が, 木材までが, 木株も, 木炭の, 木葉にも, 条約文という, 東京地圖は, 板に, 果敢き, 枯木の, 棒一本の, 楮紙でも, 樅の, 檄が, 此の, 死屍にも, 殉道心を, 残光も, 毒舌に, 毛織りの, 気の毒さを, 気まぐれから, 気まぐれな, 氷を, 汗取, 沢庵切をも, 油揚を, 法令によって, 法令の, 法文には, 浅草紙でも, 浮木も, 浮雲も, 海苔巻きを, 消息だに, 涙のほどば, 温情が, 漆喰が, 漣波さえ, 火花あり, 火鎌象山の, 炭が, 炭も, 焔と, 焔に, 焔は, 焦土に, 焼き肉を, 焼麺麭, 特別条例を, 献策書を, 玉子焼が, 理では, 理想に, 理想論として, 理論や, 生命な, 田楽焼の, 画の, 画像の, 痛恨深く, 瘠我慢は, 発心を, 白い雲, 白パンの, 白旗を, 白紙に, 白雲, 白雲も, 目白の, 真実である, 真情が, 真情も, 真率無慾なる, 矜持なく, 知らせを, 短文三度稿をかへて, 石から, 石で, 石炭かと, 石碑あれ, 石碑と, 石英が, 石鹸は, 石鹸を, 砂丘は, 砕片と, 碑だに, 碑にも, 禁止令によって, 禿筆以て, 私心なく, 私情だけによる, 私情である, 秋雲凝っ, 称名を, 空想でなく, 空想としか, 空想に, 空想も, 空想的事実では, 空言に, 竹である, 笑顔も, 答弁書だけ, 精神ただ, 紙きれである, 紙きれを以て, 紙ぎれを, 紙の, 紙は, 紙キレなどを, 紙切れで, 紙切れには, 紙切を, 紙片の, 紙片や, 紹介状を, 経験は, 絨毯の, 絵画に, 繊塵を, 羊肉無花果新しい, 美肉と, 義に, 義侠から, 義侠心といった, 義気から, 習慣と, 老いぼれた徳, 老婆心から, 耳語を, 耿, 肉にも, 肉は, 肉をも, 肉体の, 肉塊が, 肉桂の, 肉片をも, 肖像画ばかり, 脆い滋味, 至誠が, 至誠の, 舎利を, 良い報知, 良心を, 花が, 花に, 花の, 花びらで, 花やかなる, 花を, 花弁の, 花弁フツと, 苔も, 苦笑なり, 草の, 草根木皮が, 菓子パンとを, 萩の, 落して, 落花さえ, 落花を, 落花見送る, 葉さえ, 葉の, 葉書の, 蒸餅も, 薪に, 藁に, 藁の, 藁も, 藤の, 藻の, 虚報は, 虚構に, 蜃気楼として, 蜜柑の, 衣襞の, 表彰を, 視覚を通して, 角砂糖を, 言葉にも, 訓示で, 訓誡に, 記憶と, 記録によ, 証とも, 詩が, 詩情であっ, 詩片を, 詩趣を, 誠実さを, 読経を, 談話である, 論文によって, 論説能く, 謝状を, 議論を, 豚肉とを, 貝殻である, 貨幣に対する, 貴さ, 賞禄をも, 赤心のみ, 軍令などでは, 辞令ばかり, 返書すら, 迷心より, 通知状さえ, 通達が, 逸話に, 道理なる, 道義心に, 道義心を, 遺書が, 遺書は, 遺書も, 遺留品とても, 鉄の, 鉄を, 銀貨さえ, 銅貨を, 銅銭を, 長文電報は, 閃きが, 閣令を, 阿諛や, 附焼麺麭に, 雑巾みたいな, 雨雲が, 雪かとばかり, 雪に, 雪にも, 雪よりも, 雲か, 雲さえ, 雲だけが, 雲だに, 雲なし, 雲にも, 雲みたいな, 雲よりも, 雲影の, 電報なら, 面影も, 音信さえ, 音信だに, 願書なり, 風流子の, 風説と, 風説に, 食を, 食物の, 食物も, 餌でしか, 香煙既に, 香華を, 骨を, 鱗が, 鳥の, 鳥肉を, 麪麭を, 黒パン日の, 黒雲の

▼ 一片~ (144, 11.3%)

4 とりあげても, 自分の 3 とって, 取って, 口に, 手に, 摘んで 2 それに, 口の, 投ぐると, 身を, 除いた外

1 [111件] かかげその, かじった, かじる, からだの, くわえて, ぐさりと, そっと見せびらかし, つきさした, つき落としそれから, つまみ上げ, つまんで, とりあげて, のせた, ひたして, ひっくりかえして, ひったくって, ぺっと吐いた, ぽいと, むしり取って, ウッカリ洗い落し, コップの, ポケットから, 一つ, 一刀に, 下物として, 両手で, 中央から, 享けて, 作つて居る, 出せば, 切って, 切り取り口, 前掛けと, 前歯で, 前齒, 割いて, 割り急いで, 割台の, 勧めようと, 取つて, 取りあげられたところ, 取りて, 取り靜, 味わうや, 咬へて, 喰べながら, 噛みはじめて, 執る, 奥歯の, 奪わん, 子供達に, 差あ, 差あたえた, 差し上げた, 庇って, 廓大し, 引き裂いて, 得るが, 思い起こさすだろう, 恵んで, 悠々と, 意味する, 懐に, 所有し, 手掴みに, 手繰らんと, 投げて, 拾い上げた, 拾って, 持ち出して, 持つて, 指の, 挟み上げて, 振りちぎり, 捉えるの, 捕えて, 捩り合せる方法, 採り比重, 救い出すため, 書き得ないの, 横合から, 残したまま, 毒見した, 水で, 浸し逃げ出す先, 渡して, 源公に, 無名で, 用うべし, 突きつけて, 箸の, 紙に, 綱でも, 肉叉の, 自分に, 自分は, 自叙伝の, 與へて, 裂かれたと, 裂き取って, 裂けてる据, 見いだした, 見つめなければ, 見つめ一言, 見るに, 見るの, 買込んで, 頂戴した, 頬ばり, 食いちぎって, 飽くなき

▼ 一片~ (53, 4.2%)

2 空中を

1 [51件] あったの, あったらこれら, あり女, ある, いかにも水気, いづれの, そこから, ちらちらと, なくなって, のぞきその, はさまって, はめ込んで, ゆらゆらと, リンゲル氏液の, ロゼッチの, 一つの, 九十貫も, 何用の, 再現した, 刀の, 切り取られて, 土間の, 壁に, 夕闇の, 延びて, 張り付いて, 投げあたえられたの, 散るほどの, 曇れる, 望まれた, 柄に, 残って, 波に, 浅黄リボンの, 滾れ落ちた, 現代に, 眸底を, 眼に, 硬いか, 示されて, 立ち停つて, 紅く点じ, 聞えた, 落っこちたの, 裂けて, 見えたの, 見られる, 踏み潰されて, 転々と, 過去の, 遠い世界

▼ 一片~ (29, 2.3%)

2

1 [27件] おろかな, かの描かれたる, さらに灰色, ふは, ふるさとの, ふわりふわりと, まさにその, またさらに, 一を, 今から, 八九間も, 六を, 君を, 小さな一疋, 屋根の, 忍剣の, 思いの, 殆ん, 絹の, 緑葉の, 美の, 苔に, 跳ね上がって, 身体の, 阿賀妻にとっては, 顔を, 黄朽葉の

▼ 一片~ (27, 2.1%)

3 なって 2 雖も

1 [22件] お茶一杯と, お言いだ, お酒一ぱいとにありつくために, その下, その時, なすは, なつて, なり再び, なると, バタとが, バターとでも, ビールを, 並べて, 口の, 少しの, 梨を, 火の, 竹篦が, 茨の, 落ち次に, 靴とが, 髪の毛とを

▼ 一片~ (22, 1.7%)

2 落葉せぬ

1 [20件] したくない見たくないの, そのあたり, ないどころか, ないのに, むしること, やと, やること, 其為に, 出さぬやう, 彼は, 愛した, 持って, 時による, 欠せじ, 残って, 殘らぬ, 添へて, 知ること, 見せないで, 食べること

▼ 一片~ (20, 1.6%)

3 して 2 過ぎず, 過ぎない

1 [13件] しても, すぎないこと, ちかい, 乗っかって, 手を, 水を, 玉子一つまたは, 真珠の, 紙を, 自分の, 誘われて, 過ぎないん, 鉄の

▼ 一片でも~ (11, 0.9%)

1 [11件] 世間へ, 半端な消えかかった, 子供に, 征服する, 我国では, 掴み止めようと, 聞かせて, 血中に, 遠くに, 餞別に, 高いもの

▼ 一片~ (10, 0.8%)

1 あらうと, あらうとまで, いいの, つくった非常, なぜない, 味を, 命を, 支那の, 朝飯に, 阿波は

▼ 一片一片~ (8, 0.6%)

2 を身 1 がまるで, の要素, の音, もが一つ一つ宮殿, を捩り合せる, 剥がれ墜ちようと

▼ 一片二片~ (7, 0.5%)

1 ずつ残った, としてこういう, とだんだん, のあり, はそうそう, は問題, 高い所

▼ 一片ずつ~ (6, 0.5%)

1 つなぎ合わし, みんなに, 崩れて, 木の, 沈下した, 載せて

▼ 一片である~ (6, 0.5%)

2 かのよう 1 が古く, ことを, どっしりした, ハハハ

▼ 一片すら~ (5, 0.4%)

1 なく相, 持たぬやう, 持たぬよう, 織田家に対して, 見あたらなかった

▼ 一片をも~ (5, 0.4%)

2 見ず奈落 1 天壤の, 我とならで, 止めないこと

▼ 一片~ (4, 0.3%)

1 二片で, 二片浮い, 何かに, 小鳥かが

▼ 一片~ (4, 0.3%)

1 つたのです, つて亭主の, のを, も思い出し

▼ 一片として~ (4, 0.3%)

1 こ, 学問的の, 此を, 生きて

▼ 一片なく~ (4, 0.3%)

1 穏かに, 穩かに, 脳天を, 腦天を

▼ 一片~ (4, 0.3%)

1 の木片, の雲, も食べる, を取りだし

▼ 一片切っ~ (4, 0.3%)

2 てくれ 1 てくん, てやり

▼ 一片さえ~ (3, 0.2%)

1 うっちゃってまで, 出なかった, 持たぬ春

▼ 一片だに~ (3, 0.2%)

1 ありませんです, 残って, 見られなかったと

▼ 一片づつ~ (3, 0.2%)

1 も時々, を求める, 列べたらざつと四哩

▼ 一片には~ (3, 0.2%)

1 なる, 婚約に関する, 故国の

▼ 一片にも~ (3, 0.2%)

1 それが, 二人は, 似て

▼ 一片まで~ (3, 0.2%)

2 きれいに 1 賞味した

▼ 一片~ (3, 0.2%)

1 一冊の, 二片呉れた, 夕陽に

▼ 一片~ (3, 0.2%)

1 の残る, をも棄てなかつた, を取り上げつ

▼ 一片から~ (2, 0.2%)

1 大きな虫, 真直に

▼ 一片ごと~ (2, 0.2%)

1 に不思議, に奉納

▼ 一片ずつを~ (2, 0.2%)

1 出して, 想像で

▼ 一片たり~ (2, 0.2%)

1 ともびしゃびしゃに, とも忘却

▼ 一片とが~ (2, 0.2%)

1 その上, 恋しくて

▼ 一片みたい~ (2, 0.2%)

1 だ, なもの

▼ 一片~ (2, 0.2%)

1 かたづいた後, というところ

▼ 一片~ (2, 0.2%)

1 が少く, を取り

▼1* [108件]

一片かも知れない, 一片くらいは有するもの, 一片こそ永遠に, 一片さえも浮ばないほど, 一片しかも活動する, 一片すなわち戸倉老人の, 一片すらも彼が, 一片その大さ, 一片たつた二三銭の, 一片だけ出し合い独立, 一片だけを見つけ出すこと, 一片だって盗られちゃ, 一片だに後に残らない, 一片つきそうです, 一片つきましょうからお, 一片でありましてまた, 一片でさえこなしきれるはず, 一片ではない文学, 一片としてしかそれを, 一片としての自分を, 一片とってくれ, 一片とも見るべく又, 一片とをうかべて, 一片のだ, 一片ない空から, 一片なら無彩色, 一片なり飯の, 一片にさえ自由に, 一片についていて, 一片に対して向けられたこの, 一片のねん土を, 一片までを民自党の, 一片めがけて突き刺した, 一片もが一つ一つ宮殿の, 一片やっとくんなさいな, 一片より価値も, 一片よりも高価な, 一片らしいのが, 一片をだにかつて洩せし, 一片パンにしたら, 一片ポロリと床, 一片モ残サズニ猫ガ舐メタヨウニ食ベル, 一片謝シ愈, 一片一片妙にゆ, 一片三片落つる様, 一片二片山吹の花, 一片の手, 一片付きして, 一片はなく, 一片位僕にも裾分け, 一片何銭に当, 一片入ってい, 一片一片と, 一片反抗の意気, 一片上れ, 一片召上ってごらん, 一片可憐なりとの, 一片同情の涙, 一片哀憐の念, 一片べてみたく, 一片嘗つて在りしもの, 一片四分の一を支払った, 一片報国の微衷, 一片至急届け, 一片として思う, 一片に所持, 一片感謝の念, 一片憐憫の情, 一片懷舊の情, 一片抓まないと主人, 一片持ち合していやしねえ, 一片散り二片散り, 一片愁の, 一片最後の血, 一片月光涼似水, 一片を欺かん, 一片架空の供養塔, 一片業火に亡び, 一片に誠実, 一片氷雪の気天外, 一片求め六七スーの, 一片溢れたように, 一片烈々たる殉道的赤誠, 一片牛乳に漬けた, 一片疑惑の念, 一片白いものに, 一片にのっ, 一片かけて, 一片着き片着いた, 一片着け片着ける, 一片よりも軽, 一片の手, 一片稜々の意気, 一片美女の面, 一片義侠の心, 一片義心不可東とは往古漢楚, 一片にのせた, 一片の上, 一片の一滴, 一片襟足だの腋の下, 一片貰った折の, 一片赤い飾を, 一片足らずと洒落れたる, 一片軽蔑の念, 一片附け片附けよう, 一片頬張らせて呉れたら, 一片食えばだんだんどっさり, 一片ありつこうし