青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一文~ 一斉~ ~一方 一方~ 一族~ ~一日 一旦~ ~一時 一時~ ~一時間
一月~
~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩 一段~ 一流~ ~一点 一片~ ~一生

「一月~」 2812, 30ppm, 3853位

▼ 一月~ (341, 12.1%)

16 間に 9 余も 7 うちに 5 中に, 末から, 末に 4 ことである, 余に, 日が 3 ある日, 二十三日に, 十五日に, 後であった, 或る, 末, 末には

2 [28件] あいだに, ことだ, ことだった, ことであった, はじめに, 一日から, 下旬に, 中頃で, 二十七日あたりから, 休暇を, 余にも, 寒い日, 寒さ, 平均気温は, 引分勝負, 後に, 後百本の, 或日, 日数を, 日記に, 時には, 末で, 末の, 白い海, 神田の, 終りには, 評価は, 長さ

1 [205件] あいだある, あいだ空とぶ, ある寒い, ある月曜日, うち, うちには, うち半分は, うち順ぐりに, おひま, こえを, ことであります, ことでした, ことと, ことを, その筋, なかばまでは, はこれ, はじめごろに, はじめでした, はもう, ほとんど楽屋泊り, オザの, ヴァラに, 一家の, 一日に, 三分の二は, 三度にわたって, 三日には, 下席, 下旬から, 不成就日, 中ごろであった, 中ごろに, 中七日餘は, 中旬から, 中旬ぐらいは, 中旬を, 中旬社会の, 中旬金峰山麓の, 中頃ぜひ, 乗鞍の, 事だ, 二ヶ月だけ, 二十七日が, 二十三日も, 二十五日頃であった, 二十日すぎに, 二十日過ぎに, 二十日頃から, 二日に, 人件費にも, 仕事を, 何日やら, 何日目である, 余もと, 余生すら, 作である, 元旦と, 八日アッタスンは, 六七日頃です, 六日ごろと, 六日に, 内に, 冬の, 出しもの, 分迄, 初つ, 初なり, 初めから, 初めで, 初めに, 初めまでに, 初旬から, 創刊で, 創刊号から, 劍の, 加之, 努力の, 北の, 十七日だ, 十七日丁度, 十七日宮さん善く, 十三日, 十三日だ, 十三日に, 十二三日に, 十二日であった, 十五日から, 十五日は, 十五日ふうん, 十五日までに, 十五日貴殿が, 十八日ホテルは, 十八日前後何の, 十日には, 十日自動車に, 午後の, 半ばから, 半ばごろ面会に, 半ばすぎ私は, 半ばで, 半ばであった, 半を, 半分以上を, 名では, 四日には, 夜の, 大会で, 大会では, 大半は, 天皇の, 太陽は, 学期から, 官吏の, 定額収入は, 家持の, 寄宿料が, 寒い風, 寒く冷たい青い海, 寒中青年輩十人余り相伴い, 山が, 巡業で, 年始状からの, 年賀状の, 後この, 後にな, 後ギラ・コシサンは, 後十二月十六日に, 後我は, 思い出, 感想, 手間七円五十銭から, 手間七円五十銭の, 新富座で, 新富座では, 日は, 日光とともに, 日記が, 日記の, 時日の, 晴天に, 暁の, 月始めに, 月給が, 末ある, 末だった, 末ちかく, 末つ方のっそり, 末つ方のつ, 末であった, 末でした, 末でも, 末なんでも, 末ふたたび, 末時分から, 末突然, 末頃からは, 本性の, 本誌神祇祭祀号において, 東北帝大, 歌舞伎座では, 沿道に, 炭の, 物忌させ, 獄中生活で, 白雪の, 相違では, 稼ぎ分の, 第九議会, 終りか, 終りで, 終わりから, 終凍る, 総選挙, 纏頭は, 耽綺社, 腐りやすい, 船が, 著作あり, 記念日は, 議会返り初日には, 護神に, 路用は, 追放令発表以来今日まで, 酷寒二月の, 長程, 間じゃ, 間で, 間には, 間も, 間を, 間マリユスと, 間出雲国に, 間魂が, 除目などという, 除目の, 階級としての, 雨に, 雪が, 霜人影一つない, 青く寒く光っ, 面会引越し後に, 餘か, 餘も, 骨折の

▼ 一月~ (179, 6.4%)

6 一度か 4 発表した 3 して, なって 2 一度ぐらいは, 一度は, 入って, 入ると, 発表された, 発表し, 自分の, 長女の

1 [147件] いち早く創刊, しては, しばしばそこ, しましょうか, たらず九月一日, どちらかと, なったばかり, なったら長篇, なってから, なってからは, ならないの, ならぬ, なりましょう, なり一月, なり子供, なる, なる大分評判, ひらかれた日本出版協会臨時総会, やつと, アフリカ東海岸の, アメリカの, ゲラに, ジャーナリズムを, 一たび覗い, 一つずつの, 一二度は, 一円三四十銭なく, 一度ある, 一度くらい, 一度ずつは, 一度でしょう, 一度でも, 一度ほど, 一度も, 一度位ずつ, 一度位は, 一度町へ, 一時間位しか, 一本万年筆を, 一枚でも, 一週間ずつ, 七八回が, 三俵も, 三十回以上雷の, 三四度見, 三度ずつ, 三度は, 三篇か, 上京する, 世を, 二三キロも, 二三度キャジノに, 二両二分の収入である, 二両二分の収入では, 二人づゝは, 二十万ズロオチイつまり二十万法を, 二度くらいしか, 二度ぐらい, 二度も, 五七十円の, 五十枚書い, 五度の, 五箇同年十二月に, 伊予の, 伊豆の, 何回という, 保が, 個人雑誌, 倫敦から, 僕は, 兄から, 入ってからは, 入れば, 入営かと, 八分の一インチといふ, 六貫の, 凱旋に, 出した用事, 出してから, 出る船, 初めて出版, 創刊され, 創刊第, 加野さんを, 及ぼうとして, 及んでも, 吹込む, 噴火した, 四ドル半くらい, 四五人くらい, 四割又, 四十二で, 在上海, 執筆された, 大石田という, 大磯で, 大蔵省の, 契約を, 女を, 好處, 妻の, 完了した, 完成された, 小説を, 就て, 平均一度ぐらい, 年始状を, 広尾の, 廃刊され, 必ず一度飲み, 愛妻ヴァージニアが, 拡大され, 支那に, 於けるよりは, 於ても, 普通の, 書いたもの, 最後の, 月の, 次の, 歿した, 決行し, 温室について, 生れ二月, 発行された, 発行した, 発表, 秀英舎市が, 私が, 第九回帝国議会, 約して, 結婚された, 至り一月, 至り私, 至り英國ケムブリッヂ, 至るまで, 菊池, 蔵原惟人が, 表紙に, 親切で, 言つた, 訳了し, 足らず秀吉, 近い辛苦, 遷化せられた, 金解禁を, 雑誌

▼ 一月~ (149, 5.3%)

14 前から 11 二月も 5 過ぎて 4 立たぬ中 3 前に, 経たぬうち, 経つか 2 しないと, たたないうち, たつと, 二月もに, 半ばを, 末にな, 経たぬ内, 経った頃, 考えた, 過さねば

1 [86件] あります, いたそう, いるん, いれば, おわりに, お寺に, お日延, かうした寂し, かかって, かかりますよ, かかるアメリカ, こうした寂し, したら, したら行かれそう, して, しないうち, すぎて, すぎると, するうち, すると, すれば, その一日, その余, その同じ道, たたない内, たった, たったよう, たってから, たつたこと, たてば, つづけて, なく売れ行き, なく売行き, ほうって, むなしかった, もうじき二十三日, やったら病気, ゐて, ゐる中, ゐれば, 一緒に, 仕事が, 休んだ, 会わなかったよう, 保存しなく, 六日と, 前の, 前湖の, 十日を, 半ばすぎた, 半旬, 同じ商人暮し, 家を, 対陣の, 帰さないで, 帰らなかった, 後の, 懈ら, 早くそこ, 晴天が, 暮したの, 最愛の, 末ちかく, 末美しく, 百姓の, 眠らなかったその, 立たずであった, 立たない中, 立てば, 終りに, 経たずに, 経たない中, 経たない子供, 経たぬ中, 経って, 経ってから, 経つて, 置いたの, 蕎麦掻ばかり, 行方知れず, 進み進んで, 遅くなっ, 過ぎた, 過ぎない内, 過した様, 間が

▼ 一月ばかり~ (119, 4.2%)

20 前に 7 して, 経って 6 すると 3 たって, 前から, 前の, 過ぎて

2 [11件] たったある, たつてから, なるに, 以前から, 前にも, 当も, 後に, 後の, 経つて, 経つと, 遊んで

1 [45件] ありて, さきの, しますと, たったと, たった後, たった或, たってから, たつてからの, つい御不, で, どうかその, ぶらぶらし, まえに, やっかいに, やって, プルウストを, 以内, 以前和泉屋へ, 先に, 前ぢ, 前と, 前珍らしく, 厄介に, 叔父さんの, 土の, 床に, 後まで, 御地にて, 早かった, 様子を, 毎日続けた, 汝が, 滞在し, 滞在した, 滞在する, 病気を, 私は, 経った十月, 経つてからの, 経つ時分, 經つて愈々, 続いた, 続けて, 行こうと, 遅れたものの

▼ 一月ほど~ (83, 3.0%)

12 前に 10 前から 4 前の, 経ったある 3 たって 2 たったある, まえから, まえに, 何も, 牛が

1 [40件] おくれて, した或, して, すぎて, すると, そっちこっち男に, たちました, たちまして, たってから, で二十一回分, まえあの, まえここ, まえの, まえやはり, 以前わたしの, 働いた, 前, 前であった, 前で御座います, 前夫婦で, 前式部卿の, 前彼が, 前町の, 前鈴木伝明一行が, 宿下がりを, 待ったが, 後の, 後らしい, 御側, 日が, 早く催され, 燃か, 立って, 経った, 経ってからの, 経つて, 経過した, 行つてゐた, 見なかつたこの, 餌を

▼ 一月から~ (71, 2.5%)

3 翌年の 2 二月にかけて, 六月にわたって, 再び作品発表, 始まって

1 [60件] いよいよ先生, して, ちょうど一年, はじまった第, ひろ子の, ひろ子は, また幾人, ストップと, ドイツの, 一九四五年八月十五日まで, 三月くらいまでと, 三月にかけて, 三月にかけてが, 三月も, 三月頃へ, 中野重治と, 九月迄に, 九月迄の, 二月には, 二月の, 二月へ, 五月の, 五月までの, 五月頃まで, 六月までは, 六月中旬までの, 六月十三日に, 効力を, 勝手に, 十一月まで, 十二月にかけて, 十二月の, 十二月までの, 半年の, 半年ばかりの, 博文館の, 各地で, 同人雑誌を, 四月の, 四月までを, 太平洋戦争を, 思想界の, 文学雑誌, 新吹き, 新聞社には, 日本の, 明治四十年頃まで, 昭和二年の, 書きはじめられ二回, 本誌を, 此の, 治安維持法撤廃までの, 発表禁止を, 發行された, 翌る, 見ると, 読売新聞に, 警察に, 赤坂の, 鐘に

▼ 一月~ (55, 2.0%)

5 後から 3 一月より 2 大体気温は

1 [45件] ある, あると, いと心得ず, おくれ四月, かかるだろう, かかろう, かくて, すこしも暇, ずいぶん長かっ, たたぬ内, どの位, なれずに, まだ万延二年, もたない, もたないと, よしと, モリエール三百年祭二月は, ユリの, 一提の, 一日二月は, 一月に, 三日より, 久しぶりで, 二節である, 休み半月, 冬ならずし, 半ばごろから, 夏の, 帝政ロシアの, 彼らにとって, 待って, 志賀高原へ, 支えきって, 支えても, 既に隼人海峽黒迫門, 書入れの, 月の, 滞在の, 瞬く間, 私の, 種々な, 籍の, 経過した, 続いたろう, 過ぎ去ったそしてまた

▼ 一月~ (43, 1.5%)

2 たたないうち, たたない中, たたぬうち, 同じ處, 経たない中

1 [33件] あり, あるは, いる内, なりぬ, なり二月, 三度にわたって, 三月とに, 三月に, 二十日余りは, 云っても, 保たないかも, 十月とに, 同じ処, 同様簡単に, 四月と, 四月とに, 四月は, 変らぬ, 居馴染めば, 差し迫った時, 思ったわ, 思へない野, 推定す, 来て, 経たないのよ, 経たない頃, 経たぬ女, 経たぬ間, 経ち二月, 経つうち, 纏めて, 辛抱は, 過ぎましたが

▼ 一月あまり~ (40, 1.4%)

2 して, も心掛け, も過ぎぬる

1 [34件] お屋敷, かかって, すると, たちて, たって, というもの, といふ, の北, の手数, の日, の月日, の間一晩, もかうし, もこの, も前, も張, も過ぎ, も降り続けた, やうじ, を私, 伯父の, 住居し, 前あの, 前から, 湯屋の, 留守番兼静養を, 神妙に, 私は, 経たれば, 経ちたる頃, 経つと, 経つ頃, 請求しつづけた, 過ぎし今日このごろ

▼ 一月一日~ (39, 1.4%)

4 より施行 2 の朝

1 [33件] からこの, から退院, である, とても何, と聖ジョルジュ記念日, になれ, には例, には例年, には四万三百メートル, にピアッツィ, に天皇, に新年, に父, に逢えり, のパリー, の事, の勅語, の場所開き, の夕方, の夜, の新聞, の日記, の時事新報, の朝まだき, の標準気温, の気温, の記, の詞, は毎年冬季中, より宝塚歌劇, をめでたく, 即ち民法, 即ち民法施行

▼ 一月~ (38, 1.4%)

4 の宿院 3 というの 2 においで, の支配所, の普化僧

1 [25件] では万吉, といえ, ときまっ, にいた, にいる, におります, におる, のこと, の一節切, の実際, の方, の横門, の番僧, の貫主, の門内, の門前, の闇, の食堂, へお, へも帰っ, へ使い, へ尋ね, へ立ち, へ鑑札尺八, を辞し

▼ 一月~ (37, 1.3%)

2 のこと

1 [35件] から幹部, から移つて, であった, ないし, には思う, には眇目, にもらっ, にやって来, にアンブロン, に代官, に入団, に品切, に建てた, に此處, に死んだ, に社用, に経験, の七月, の上高地, の彼, の新聞, の時頼, の書簡, の東京, の父, の美和子, の葵祭, の青木, まであなたがた, までは私, まで露国, も思い出された, よりまた, 斎藤知白君と, 迄費用

▼ 一月でも~ (31, 1.1%)

14 二月でも 3 一日でも 2 半年でも, 零下三・二度に 1 いい月, いい満月, そのなんと, つけ回して, どうにかやっ, 三月でも, 刻々でも, 四ペンス銀貨を, 差支えない, 自用車

▼ 一月には~ (31, 1.1%)

1 [31件] あの大雪, いると, こんなこと, ついに征韓派, ほんの六七十枚, もう空, ガスが, モオリスも, 一三九・二に, 伊勢近江山城に, 出羽に, 唐松日電小屋から, 始めて, 婦選デーが, 室堂から, 已に発ら, 御殿場から, 文藝倶樂部や, 時雄は, 松枝, 江戸を, 珍しいほど, 白浜や, 石狩同, 肥前温泉岳の, 胆振に, 郁治も, 陸奥の, 雑誌を, 預りの, 鳥越の

▼ 一月二月~ (29, 1.0%)

3 とたつ, と経つ 2 と過ぎ

1 [21件] がすぎ, が産卵, とわれわれ, と別荘, と延し, と時間, と暮し, と經, と順に, になっ, のため, の三か月中, の候, の頃, は何うに, は叔母, は真夏, は立養, を経る, 乃至十數月, 経つうち

▼ 一月~ (29, 1.0%)

82 で発表, に

1 [17件] から連載, から連載中, でお話, にあった, にのった, に掲載, に於ける, に書いた, に発表, のこと, のため, の中央公論, の仕事, の広告, の時, はギリギリ, は読ん

▼ 一月~ (25, 0.9%)

1 [25件] から一ヶ月半, から二月下旬, から東京日日新聞社, か二月, が村, ちょうど大, でした, とつぜん王党派, に, にはとりこわし, には彼, には迎い, には静, に京都, に倉田公一, に父, のある, のこと, のこの, のさびしい, の事, の寒中, の空, までに農商務省, 有楽座

▼ 一月~ (25, 0.9%)

11 前に 5 して 1 いると, この道, すぎたが, たってから, 一緒に, 前自分, 前自分の, 経つて, 経つてから

▼ 一月~ (23, 0.8%)

4 ばかり前 2 ばかり占めた, ほど前

1 [15件] おくれても, ぐらい前, ぐらゐしかその必要も, で諭旨, は再び, ばかりに使っ, ばかりは通行, ばかりも待つ, ほどを旅, もすべて赤旗事件, も支那, も経たない, バカリノウチニ五六十両損ヲシタガ毎晩毎晩道具屋ノ, 入院した, 許り

▼ 一月以上~ (20, 0.7%)

2 にもなる, の日

1 [16件] つけたこと, になるで, の慎しみ, もあなた, もつと, も休ん, も前, も姉, も滞在, も發掘, も続いた, も苦しんだ, も費す, も頭, 後れる, 続いたので

▼ 一月~ (19, 0.7%)

1 [19件] たって, ほしいから, もう危く, わが物, 一年に, 丁度戦争終熄期といふ, 七円五十銭である, 世にかの, 京, 復た来た, 漸く經過, 百日でも, 終つた長, 経った, 経とうと, 経とうとして, 経過した, 經つた, 過ぎ二月下旬

▼ 一月~ (19, 0.7%)

3 二月で, 二月は 2 二月の

1 [11件] な, 二月ぐらいの, 二月では, 二月なら, 二月を, 二月位の, 二月呑ませた, 二月延びた, 半年こうして, 半月なら, 道化帽子の

▼ 一月十五日~ (19, 0.7%)

2 の日曜日

1 [17件] だった, だなどという, と定め, に, になります, には全国, には私, にわたし, に地震, の中震, の二度目, の村, はちょうど, までに, までに全, を図書館デー, 即ち同

▼ 一月~ (18, 0.6%)

2 あつた, い

1 [14件] そのため, その金子, よすくらい, 三月から, 今から, 倶利迦羅紋, 元手ぐらいは, 出京後間もなく, 十月に, 子供が, 季節は, 日本の, 昭和十四年までが, 百二十円

▼ 一月三十日~ (18, 0.6%)

2 に父

1 [16件] づけの, にこの, には, に中條, に亡くなっ, に拘留, に渡し, に生れ, に発表, に金瓶村, の午前七時, の午後三時頃, の夜, の日記, の時, は一年祭

▼ 一月ばかりの~ (17, 0.6%)

5 間に 2 間は 1 中に, 幸福な, 後そろそろ, 後に, 新吉の, 日数は, 時の, 留守の, 間帯を, 間雨は

▼ 一月~ (17, 0.6%)

1 [17件] 境に, 措かざりし, 最後の, 有楽座といふ, 積んで, 経たぬ中, 経ないうち, 経るうち, 経二月, 經ぬ, 費して, 費しました, 越す事, 送つたの, 遊び暮らしミゼラブルばかり, 隔てて, 非常に

▼ 一月五日~ (17, 0.6%)

1 [17件] から柔道, であり, であります, に, には永代, には玉井進, にフランス船, に矩之, のカアランド山道, の午すぎ, の夕方, の政治史, の新年宴会, の晩, の雨, の黄昏時, まで経

▼ 一月余り~ (17, 0.6%)

2 の日

1 [15件] で突然, の余裕, の物忌, は修羅, は身, は過ぎ, もこちこち其処辺, も床屋, も滞在, も経ちました, も経っ, も頼朝, を経た, 経ったある, 遊んで

▼ 一月中旬~ (16, 0.6%)

2 に入り, のある

1 [12件] からである, と見, にしかお送り, に発行, に白揚社, に蕾, のこと, の午後五時, へかけ, までは二ヵ月, 冷たい風, 突然彼女

▼ 一月二日~ (16, 0.6%)

2 の午後, の夜, の深夜 1 であるから, には私, に保, に弥右衛門, に第, に縁側, の午前三時半ごろ, の午前十時, の日, 第一月曜

▼ 一月十日~ (16, 0.6%)

1 [16件] から又, その晴れた, でムネ・シユリイ, で行年八十二歳, という日附, とな, にカルカッタ, にジェームス, の, の日附, の月, まで, までに二篇, までの供出米, まで即ち, 過には

▼ 一月~ (15, 0.5%)

2 二月の

1 [13件] ですから, どうかとすら, 一月半, 一月半ぐらい, 二月いらっしゃいよ, 二月さえ, 二月さへ, 二月で, 二月中には, 二月居, 半月だったでしょう, 半月の, 半月も

▼ 一月十七日~ (15, 0.5%)

1 [15件] あの時, が樋口道場, で市科学会, なる感, なる日, に, にし, には目的, に会, の晩, の月, の朝, の雪, の項, をもて

▼ 一月~ (15, 0.5%)

6 り前 2 りは 1 の間, りたった, りたつた雪, りも, り無, り経つと, り經

▼ 一月下旬~ (14, 0.5%)

3 のある 2 の事 1 から四, から空襲, であつ, とおぼえ, にかけて素晴らしく, に父, の決算期, までにわたって掲載, まで百合子

▼ 一月~ (14, 0.5%)

1 [14件] しか住めない, ずつ泊っ, たつてから, たつと, であと, で彼, の間, は, は好い, は居る, は途方, は遊ぶ, ぶら, 持ちます

▼ 一月~ (14, 0.5%)

1 [14件] だけは明日, だつて月給, のサラリー, の月給, の糧食, の給料十円, の金, の食物, ばかりぜんまい, もと貯め込む, も出し, を加, を合せ, ホイホイ出す

▼ 一月四日~ (13, 0.5%)

2 の夜

1 [11件] から奥村隼人氏, だつた, と五日, に五十三歳, に発せられた, に足頸, の次, の翌日, の記, より七日, 即ちチベット暦

▼ 一月十三日~ (12, 0.4%)

1 [12件] いよいよ今日, から七日間, だったと, というこの, なん, になっ, にはもう, に五十七歳, に祭, の, の此雪祭り, の裁

▼ 一月おくれ~ (11, 0.4%)

1 [11件] かもしれぬ, てこれから, てその, で即ち, で年中, という, になっ, のお, のお盆, の三通り, の盆

▼ 一月二十七日~ (11, 0.4%)

1 [11件] からシュピンドラーミューレ, であり二月上旬, にエジンバラ, に祖父, に静岡, のこと, のところ, の未, の読売新聞, まで手帳, をもって接収

▼ 一月元旦~ (11, 0.4%)

1 [11件] である, というの, にかの, には支倉, にエッフェル塔, に濠洲, に降った, のこと, 御謡, 正しく言, 正しく言う

▼ 一月八日~ (11, 0.4%)

1 [11件] と十六日, にかかれ, にたのむ, になってる, に保, に名誉, に林町, に脅迫状, のお, のなのよ, 突如と

▼ 一月より~ (10, 0.4%)

1 一週は, 三月に, 上洛し, 二月に, 二月にかけて, 大いにハリキ, 寒いの, 気まずい思い, 病臥する, 眼に

▼ 一月三十一日~ (10, 0.4%)

1 には逃げ出したがっ, にタケノコ, に夫人, に至り, のころ年越, の午前十時頃, の朝日新聞, の法要, の絵葉書, の葉書

▼ 一月~ (10, 0.4%)

2 の重要 1 には事, に二つ本, に満月, に評伝, の表, はまだ, は正月, は雪

▼ 一月九日~ (10, 0.4%)

2 の日曜日 1 から開場, であった, に父, に私, の事件, の四人朗読非常, の記念, を記念

▼ 一月六日~ (10, 0.4%)

1 から四日間, から家, づけの, とにほんの, には淡雪, に一寸, に日本, のお, の日附, の時事新報二面

▼ 一月十一日~ (10, 0.4%)

1 だった, と云, にし, には攻玉社, に円山公園, に出, に於, に生れ, の晩, 迄約

▼ 一月~ (10, 0.4%)

1 か一年後, になった, にはお母さま, にはもう, には嫁入ろう, に一通, のある, の五月七日, の十一月, の師走

▼ 一月ほどの~ (9, 0.3%)

1 あいだぜんぜん, あいだなにごとも, あいだに, うちに, 予定である, 日が, 生活費は, 練習を, 間絶望の

▼ 一月三日~ (9, 0.3%)

2 の夜, の日 1 から始まる, には日向, に彼, の夕, の宴会

▼ 一月二十三日~ (9, 0.3%)

1 に西班牙, に赤十字, に頂いた, のおくり, の夕刻, の朝, は何曜日, は月曜日, までは太陽

▼ 一月二十八日~ (9, 0.3%)

1 に始めて, に御, に於, に肴町附近, に至り, の夜, の晩, の朝, 御届

▼ 一月~ (9, 0.3%)

1 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 四

▼ 一月ぐらい~ (8, 0.3%)

1 すると, たって, だったでしょう, 入院し, 前だった, 居るかも, 待ちましょう金沢, 経って

▼ 一月二十九日~ (8, 0.3%)

2 の夜 1 であった, には書面, にタガログ語, に保, に生れた, に第

▼ 一月二十五日~ (8, 0.3%)

1 には叔母, にまず, のこと, の午後, の日付, の記, の質問演説, の零時二十分

▼ 一月二十日~ (8, 0.3%)

1 づけの, に入京, に八一・九六支払い, に山城, の, の朝, の朝日新聞, までです

▼ 一月十九日~ (8, 0.3%)

1 すなわち大王悲境, にフォニックス市法廷, に契約, に生れた, に第, の夜, の晩, の血

▼ 一月からは~ (7, 0.2%)

2 明治座と 1 アパートの, トルーマン氏に, 名儀, 当分小説に, 汽車に

▼ 一月~ (7, 0.2%)

1 か二月, が気候, つてあんな, という, もの, よ, わ

▼ 一月にも~ (7, 0.2%)

2 ならない十月一日 1 ならないの, ならぬのに, 五千貫と, 余りしほどに, 相成り候

▼ 一月ばかりも~ (7, 0.2%)

1 來て, 商売を, 寝食を, 暮して, 滞在し, 続いた, 續い

▼ 一月二十一日~ (7, 0.2%)

21 には労働者たち, に吉原, の, のこと, のレーニン

▼ 一月二十六日~ (7, 0.2%)

1 と二十七日, にパリー, に歿, のお, の午前二時頃, の祝日, の読売新聞

▼ 一月興行~ (7, 0.2%)

1 から演伎座, で名題, に, には寄席, に於い, の二番目, の入場料

▼ 一月近く~ (7, 0.2%)

2 になる 1 いて, の日子, の間, も朝, 寝た

▼ 一月とは~ (6, 0.2%)

1 思えぬよう, 持つまいと, 支えられめ, 生きて, 経たざる間, 經た

▼ 一月なかば~ (6, 0.2%)

1 すぎてから, のこと, まで東京, まで関東, をすぎ, をすぎる

▼ 一月ばかりは~ (6, 0.2%)

1 何の, 何事も, 帰って, 押通し夜, 瞬く暇, 誰方も

▼ 一月二月三月~ (6, 0.2%)

2 となる 1 とたたかった, と読ん, と調子, 見るも

▼ 一月十二日~ (6, 0.2%)

1 いらいの, に亡くなられた, に先だって, に名犬, に成立, に歿

▼ 一月十六日~ (6, 0.2%)

1 から三日, づけの, の出版, の夕方, の祥月命日, より歯痛

▼ 一月~ (6, 0.2%)

1 が大阪南本町, の心, はなにか, は上京, は陶土, 共夫妻

▼ 一月なり~ (5, 0.2%)

1 二月なり, 同じ家, 時既に, 病院といふ, 自宅に

▼ 一月にかけて~ (5, 0.2%)

1 ペレウェルゼフの, 太陽が, 村の, 毎日の, 約二カ月

▼ 一月七日~ (5, 0.2%)

1 から公園劇場, に唐津藩士大沢正, に家鼠, の会, までの休み

▼ 一月十四日~ (5, 0.2%)

1 に陸軍一等軍医, のこと, の夕方, の夜半病死, の朝日新聞

▼ 一月~ (5, 0.2%)

2 三日曜日に 1 一日と, 三巻第, 九日目の

▼ 一月~ (5, 0.2%)

2 つか 1 たぬ中, たぬ内, つた

▼ 一月~ (5, 0.2%)

1 から使つて, に書いた, の中央公論, の改造, の過

▼ 一月とか~ (4, 0.1%)

2 二月とかに 1 二月とかの, 云ひ

▼ 一月ばかりに~ (4, 0.1%)

1 ざつと二十通も, なって, 候ひき, 切従へ

▼ 一月ほどは~ (4, 0.1%)

1 なにごとも, 時雄の, 由利子が, 空しく過

▼ 一月一月~ (4, 0.1%)

1 でもどうにか, でも刻々, と経つ, の間

▼ 一月上旬~ (4, 0.1%)

2 の夜 1 に寒氣, の顕出節

▼ 一月以前~ (4, 0.1%)

1 から政治界, であるが, にくりあげ, までは彼女

▼ 一月元日~ (4, 0.1%)

1 の午前九時十二分, の夕方, の夕景, の早朝以来

▼ 一月初旬~ (4, 0.1%)

1 からな, であった, には出るでしょう, の日記

▼ 一月半ば~ (4, 0.1%)

1 であった, で彼女ら, のある, のこと

▼ 一月早々~ (4, 0.1%)

1 から鉄道線路附近, は蜂須賀小六, 退舎, 雪の

▼ 一月発行~ (4, 0.1%)

21 の夢殿, の部分

▼ 一月程も~ (4, 0.1%)

1 前の, 経って, 經つてゐた, 続いたの

▼ 一月経つ~ (4, 0.1%)

1 うちに, か経たぬ, と角落ち, と雪

▼ 一月~ (4, 0.1%)

2 りを 1 の間, も過ぎ

▼ 一月あまりに~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 一月この~ (3, 0.1%)

1 かたこの, 生活を, 製法の

▼ 一月ずつ~ (3, 0.1%)

1 江戸に, 繰り越して, 遊んで

▼ 一月たつ~ (3, 0.1%)

1 ても貴島, ともう, のに和一郎

▼ 一月だった~ (3, 0.1%)

1 かNHK, が女, と記し

▼ 一月です~ (3, 0.1%)

1 もの, もの電車に, よ

▼ 一月ほどを~ (3, 0.1%)

1 暮したが, 送った, 送ること

▼ 一月二十二日~ (3, 0.1%)

1 の午後, の歌舞伎新報, 遂にケーニヒグレッツ

▼ 一月二十四日~ (3, 0.1%)

1 に棠軒, の朝, より二十五日

▼ 一月二月三月四月~ (3, 0.1%)

1 と撮っ, のきょう, の意味

▼ 一月以来~ (3, 0.1%)

1 の無理, の評論的, ひきつづき被害地

▼ 一月初め~ (3, 0.1%)

1 から始まった, の, の夕暮れ

▼ 一月十日頃~ (3, 0.1%)

2 より鹿兒島市附近 1 より頻繁

▼ 一月歌舞伎座~ (3, 0.1%)

1 にて三遊亭円朝, にて黒岩涙香, の二番目

▼ 一月経っ~ (3, 0.1%)

2 ても二月 1 ても分からぬ

▼ 一月あまり過ぎた~ (2, 0.1%)

2 が痴川

▼ 一月ある~ (2, 0.1%)

1 かなし, の

▼ 一月いくら~ (2, 0.1%)

1 になるだろう, の月謝ほしさ

▼ 一月いらい~ (2, 0.1%)

1 心の, 足利方の

▼ 一月おそく~ (2, 0.1%)

1 生れたばかり, 知ったため

▼ 一月からの~ (2, 0.1%)

1 作品発表禁止で, 緊張した

▼ 一月くらい~ (2, 0.1%)

1 して, すれば

▼ 一月ぐらいは~ (2, 0.1%)

1 あまり用の, 野宿しなく

▼ 一月~ (2, 0.1%)

1 てそれからまた, 二月する

▼ 一月すぎ~ (2, 0.1%)

1 ても一助, ても尻

▼ 一月その~ (2, 0.1%)

1 外科の, 草稿は

▼ 一月たたぬ~ (2, 0.1%)

1 うちに, に暇

▼ 一月だけ~ (2, 0.1%)

1 だった, 何とか

▼ 一月ちかい~ (2, 0.1%)

1 日数が, 月日が

▼ 一月であった~ (2, 0.1%)

1 が月給僅か十五円, 子規氏が

▼ 一月とうとう~ (2, 0.1%)

1 やって来た, 辛抱が

▼ 一月とも~ (2, 0.1%)

1 たたない間, 田舎には

▼ 一月ない~ (2, 0.1%)

2 し二月

▼ 一月なら~ (2, 0.1%)

1 その五日後, んには

▼ 一月ならずし~ (2, 0.1%)

1 てもはや, て時雄

▼ 一月にしか~ (2, 0.1%)

1 ならぬに, ならぬ子

▼ 一月ばかりを~ (2, 0.1%)

1 仇に, 何處に

▼ 一月ぶり~ (2, 0.1%)

1 でまた, にシャッシャッ

▼ 一月~ (2, 0.1%)

1 かけて, 入ると

▼ 一月ほどしか~ (2, 0.1%)

1 経たぬのに, 逗留しなかった

▼ 一月まで~ (2, 0.1%)

1 である, コムアカデミー内文学言語部によって

▼ 一月までは~ (2, 0.1%)

1 持ちますね, 雌雄番で

▼ 一月一杯~ (2, 0.1%)

1 で二月以後, 居りましたが

▼ 一月上京~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 一月久しぶり~ (2, 0.1%)

1 で再, で文学座

▼ 一月二十日頃~ (2, 0.1%)

1 に入営, より二月二十日

▼ 一月五円~ (2, 0.1%)

1 の貸間, の間代

▼ 一月五十銭~ (2, 0.1%)

1 の小遣, の小遣い

▼ 一月以上此家~ (2, 0.1%)

1 にいる, にゐる

▼ 一月元旦父~ (2, 0.1%)

2 の子

▼ 一月十五日ごろ~ (2, 0.1%)

2 からはじめて

▼ 一月十何日~ (2, 0.1%)

1 ぐらいに当る, に為替

▼ 一月土佐~ (2, 0.1%)

2 への第

▼ 一月官有伊支馬~ (2, 0.1%)

2 次曰彌馬升

▼ 一月廿七日頃~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ 一月~ (2, 0.1%)

1 の著, は京城

▼ 一月~ (2, 0.1%)

2 うした

▼ 一月掛っ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, てもよい

▼ 一月新富座~ (2, 0.1%)

1 にて各, の中幕

▼ 一月早く~ (2, 0.1%)

1 来て, 精神病院から

▼ 一月明治座~ (2, 0.1%)

1 にてユーゴー, は左団次帰朝後

▼ 一月~ (2, 0.1%)

1 れで, れでも

▼ 一月末日~ (2, 0.1%)

1 だつた, に江戸參着

▼ 一月末雪~ (2, 0.1%)

2 と氷

▼ 一月末頃~ (2, 0.1%)

1 までを空虚, より二月

▼ 一月生れ~ (2, 0.1%)

1 なので, の末

▼ 一月~ (2, 0.1%)

1 とか二月目, の今日

▼ 一月程で~ (2, 0.1%)

1 この眼, 完成する

▼ 一月程の~ (2, 0.1%)

1 内に, 旅行でした

▼ 一月立つ~ (2, 0.1%)

1 か立たない, と息子

▼ 一月経たぬ~ (2, 0.1%)

1 うちに, 中に

▼ 一月送り~ (2, 0.1%)

1 の常識暦法, またはなお内々

▼ 一月~ (2, 0.1%)

2 れの

▼1* [535件]

一月あたりは未だ, 一月あまりすぎて梶せつ子, 一月あまりたちたれば, 一月あまり家をあけ, 一月ても精細, 一月うちに死ぬ, 一月姿が, 一月おきにきちんきちんと, 一月おそい明治三年十二月三日で, 一月おなじ粕淵村の, 一月おれも召集, 一月お世話になった, 一月からも降り續, 一月かれは重要無形文化財, 一月か月はしかと, 一月がかりでだまし, 一月がわりにする, 一月くらゐは, 一月くらいだけは家の, 一月くり延して, 一月くりあげて十月, 一月ぐらいにしかならないでしょう, 一月ぐらゐ好いね, 一月ぐらゐ店頭で叫びつづけ, 一月こそ可けれ, 一月ころから三月ころ, 一月ごとにその, 一月ごろから僕, 一月ごろ西国探題の名目, 一月しか経たないといふ, 一月じゃあ早すぎる, 一月じゅう食物を与えない, 一月するとほとんど, 一月すゑ私は大石田, 一月ッと, 一月せつせと, 一月そうちょうど日清戦争の, 一月たたない内に, 一月たちますわね, 一月たち二月たつ中, 一月たち二月たちして, 一月たって死ん, 一月たつたのか, 一月だけの満足を, 一月だけをとあるに, 一月がひ, 一月ってものは, 一月つづけて飲ん, 一月でございますのよ, 一月ででも帰って, 一月といへる水行十日, 一月という約束で, 一月とうに話も, 一月どころでない, 一月などにこの頂き, 一月ならざるに重, 一月にかけこの寂しい, 一月になつてまた, 一月にわたってペルシアの, 一月にわたるぶらぶら病の, 一月のちにはどんな, 一月のばして貰っ, 一月のもすえの, 一月はじめから入院生活, 一月はじめ雅叙園に移っ, 一月はやからばいかに, 一月ばかりしかたちません, 一月ばかりで釈放された, 一月ばかりと申すもの, 一月ばかりというものおいしい, 一月ばかりにしかならない, 一月ばっかしに, 一月ふた月の, 一月ほどからだを, 一月ほどで止めて, 一月ほども野宿した, 一月まえそれに, 一月また八十五歳の, 一月までに八十余編の, 一月までも達者でおられた, 一月まるで変った物, 一月もしくは一年乃至, 一月もたつか経たぬに庸三, 一月もの長所が, 一月やはり史料漁りに, 一月よりは五月場所の, 一月わずかに一, 一月ゐるか十日, 一月オオベルノイランドに戻り, 一月ガーポン僧正は大, 一月グリップを患った, 一月シャアトル行の事, 一月シヤルルナポリ王國を攻む, 一月ジャーナリズムが戦時色, 一月スターリングラードにおいて死守, 一月トイヘルニツキテ思フニ兒湯郡アタリヨリ贈於郡ニ至ランニ, 一月ドイツではヒットラー, 一月ボーデンバッハで, 一月一九日マサチューセッツ州ボストン市に生まれた, 一月一人三円五十銭くらいの僅か, 一月一分か一分二朱, 一月一回と限られたる, 一月一回ライスカレーなる洋食, 一月一季一年と解し, 一月一度やって, 一月一日ミュンヘンに, 一月一日ロオペ博士女王の侍医頭, 一月一日今日は正月元旦, 一月一日他の兄姉たち, 一月一日何かある, 一月一日例の祝辞, 一月一日元旦のお正月, 一月一日午前九時十二分を期し, 一月一日号買えました, 一月一日年始のあいさつ, 一月一日政府の命, 一月一日朝から元気, 一月一日朝日新聞の第, 一月一日林温泉より鹿児島, 一月一日死刑は執行, 一月一日發行といふこと, 一月一日社中会同の時, 一月一日私はゆうぜんと, 一月一日表戸を半分, 一月一日間島氏の宅, 一月一杯オーバーなしですごせる, 一月一緒に居る, 一月一艘のポルトガル商船, 一月七八円の学費, 一月七円五十銭の給金, 一月七日中村善四郎死す六十六歳, 一月七日先年押詰って出した, 一月七日原稿訂正の功, 一月七日姫路を発し, 一月七日支那人が鼠, 一月七日政友会総裁西園寺公望が立つ, 一月七日頃より温度, 一月七月二十日に同じ, 一月万歳雪やこんこん, 一月かいて, 一月三ヶ日間は祝, 一月三十一日リュー・サンモール七六番地に住ん, 一月三十一日午前十一時である, 一月三十一日午後二時頃彼の従来, 一月三十一日長妹とし子一女を擧ぐ, 一月三十一日附であったが, 一月三十円のみいりで, 一月三十円節子は十五円, 一月三十日東京に本式, 一月三十日法水は突然, 一月三十日父の急死, 一月三十日父中條精一郎が死去, 一月三十日限だ, 一月三日ボンベイ港を発し, 一月三日京都一条の辻, 一月三日出のお, 一月三日十一歳のとき, 一月三日暹羅皇太子が西本願寺, 一月三日正造は京橋八官町, 一月三日狂言作者久保田彦作死す五十三歳, 一月三月五月七月九月である, 一月三月五月七月九月十月の六回興行, 一月三百万麻克だと, 一月三百部が完成, 一月上表の民選議院設立, 一月下旬北米合衆国で数日, 一月にあれ, 一月中人にあやまり, 一月中僅かに二, 一月中央公論紙上に, 一月中旬寒気の厳しい, 一月中村座の番附, 一月中村翫雀大阪より上京, 一月中村雀右衛門芝雀の父子, 一月中毎日毎日行ききして居, 一月久松座が改築して, 一月乘合自動車で往復, 一月九十錢づつの散財, 一月九日ガポンに率いられた, 一月九日事件の話, 一月九日西賀茂神光院なる覺樹, 一月事件の調書, 一月二三斗の不足, 一月二人でNHK, 一月二十一日ごろのこと, 一月二十一日払暁五時の空気, 一月二十一日日本学術振興会第五回総会, 一月二十一日衆議院が解散, 一月二十七日オーストリアのザルツブルク, 一月二十三日号に掲載, 一月二十三日大磯で歿, 一月二十三日猿若座, 一月二十三日長崎市酒屋町松楽にて斎藤先生送別小宴, 一月二十九日国の帰る, 一月二十九日雪の降る, 一月二十二日あしたは日曜日, 一月二十二日午後三時三十分に浅草, 一月二十二日喜篁村南翠二君見過墨水弊荘篁村君文思敏澹世称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 一月二十二日横浜に帰航, 一月二十二日浅草西鳥越町より出火, 一月二十五日ライネル・マリア・リルケはロダン夫妻, 一月二十五日局外中立を宣言, 一月二十五日巴里で一人, 一月二十五日早朝から出立, 一月二十五日朝日新聞社から昭和十一年度, 一月二十五日東京朝日新聞社において昭和十一年度, 一月二十五日生として記帳, 一月二十五日発行の, 一月二十五日美濃の多治見, 一月二十何日か汽車, 一月二十八日ロダンさんは自分, 一月二十八日切支丹国禁外国教師追放を発令, 一月二十八日大和御所町における差別撤廃講演, 一月二十八日小花羽黒公爵家へ奉公, 一月二十八日河北新報社の村上辰雄君, 一月二十八日花柳寿輔死す八十三歳, 一月二十八日裁判は一時中止, 一月二十六日ニューヨークのメトロポリタン, 一月二十六日パリのオペラ, 一月二十六日プロシア国国会においてビスマルク公, 一月二十六日附の手紙, 一月二十四日有罪の判決, 一月二十四日自由劇場はまたもや, 一月二十日じゅうの顛末, 一月二十日付で次, 一月二十日淡路国洲本に生る, 一月二十日角藤定憲大阪に死す, 一月二日これが戊辰戦争, 一月二日哀傷のあまり, 一月二日大変よい日, 一月二日旅順陥落の報, 一月二日発表のハワイ襲撃, 一月二月ごろが年々最悪, 一月二月のを食べさせ, 一月二月三月四月いつか四月も打ち過ぎ, 一月二月三月四月五月あ五月, 一月二月三月四月五月六月七月八月九月十月十一月十二月だ, 一月二月下宿料が滞っ, 一月二月何事もなく, 一月二月小野田の住, 一月二月平一郎は彼等, 一月二月頃の風, 一月五ルーブリの約束, 一月五十カペイキだ, 一月五日以来一日もさっぱり, 一月五日午後二時過ぎのこと, 一月五日夕日の光, 一月五日寺田寅彦と毛筆, 一月五月と相場, 一月五百両なり, 一月五銭足らずでした, 一月京都に於, 一月の歓楽, 一月以上のちに見, 一月以上陰気な巴里, 一月以内かの日数, 一月以後のこと, 一月以来単独に, 一月以来夜となく, 一月以来私は貸, 一月以来駒込署小松川署杉並署淀橋署と移され, 一月以降について話, 一月伊豆山に行った, 一月休んだ時に, 一月何かと多事で, 一月何日だか, 一月何百円という収入, 一月は漸く, 一月余りのち再び京都, 一月余り入院し退院後, 一月余り前の事, 一月余り後の出来事, 一月余り過ぎんとす, 一月作者六十四歳のとき, 一月り春, 一月信長が命じ, 一月働かずに食える, 一月儉約して, 一月元日理屈は兎, 一月元旦三国山へ登った, 一月元旦学校で四方拝, 一月元旦學校で四方拜, 一月になる, 一月党中央委員会の決議, 一月八十銭の割, 一月八日戲曲座で開演, 一月六七日の両日, 一月六円の間代, 一月六十円の月俸, 一月六度この時, 一月六日これにたいして本国政府, 一月六日ごろでかるい, 一月六日のとを重ね, 一月其頃寄宿舎に居た, 一月再び鷲津の, 一月再度九州大学附属病院に, 一月にし, 一月の, 一月出版著者永井徹の警視庁警視属, 一月分渡さんならん, 一月初め歐羅巴や北米ゾーン, 一月前処女が山, 一月前父母に連れられ, 一月前頃から父, 一月創刊以来実に働く, 一月創刊号から毎月発禁, 一月北陸吟行の途上, 一月十一日以後に經濟界, 一月十一日夜月明に乗じ, 一月十一日家持の作った, 一月十一日戌牌で年, 一月十一日王制を廃, 一月十七日中野重治と自分, 一月十七日常陸國鹿島郡の南端, 一月十七日鬼籍に入った, 一月十三日午後なりしもの, 一月十三日午後〇時三十分に突然, 一月十三日国王は免許状, 一月十三日維也納に向つた時, 一月十九日事件も落着, 一月十九日使節たちをのせた, 一月十九日分に出た, 一月十九日芝能楽堂で亡能静師, 一月十二三日乃ち旅順開城後までほ, 一月十二日ごろ大雪になった, 一月十二日クラシックは或, 一月十二日三木竹二死す四十二歳, 一月十二日岩波の, 一月十二日朝五時出立荷持ちに荷物, 一月十二日木曜日の朝, 一月十二日桜島が大, 一月十二日正午十二時に開場, 一月十二日破裂の當時以後毎日西, 一月十五円だから, 一月十五日以後にせいぜい, 一月十五日冬のまっ, 一月十五日水雷驅逐艇がトランシツト, 一月十五日発行というの, 一月十五日頃から六月十三日, 一月十五日頃僕はパリ, 一月十八日の曉大雪, 一月十八日ニューヨークのレキシントン座, 一月十八日マニラに着き, 一月十八日二十一歳の年, 一月十八日前後秀吉はどこ, 一月十八日月曜夕刻より官宅, 一月十八日私はニューヨーク, 一月十六日ドクタアと私, 一月十六日四代目中村芝翫死す七十歳, 一月十六日臨時県会を召集, 一月十六日議会みずから五日間の休会, 一月十四日ロテイはロシユフオオル, 一月十四日大統領グラントに謁見, 一月十四日閣議決定の発表, 一月十日ごろよく雪, 一月十日ごろまっ黒になっ, 一月十日ヴェストファーレン州ミュンステルのヒュルスホフ城, 一月十日三代目河竹新七死す六十歳, 一月十日加奈江宛の手紙, 一月十日現在として全国, 一月十日神田一橋の高等商業, 一月十日私はガール, 一月十日過ぎの三, 一月十日雪の後, 一月卅一日の夜, 一月卅一日午後七時半最愛の我が, 一月半ば最後に御, 一月半ぶりでお話, 一月半以上にもなる, 一月半君は肉体, 一月印刷するに, 一月即ちまる二年前, 一月去り一月來り, 一月会わなくなると, 一月又一は釧路, 一月号所載の中條, 一月号所載中條の論文, 一月号所載横光君の巻頭論文, 一月号掲載の貴, 一月吉田内閣が補強政策, 一月同誌の廃刊, 一月品川沖に觀艦式, 一月問答をやれ, 一月嘉永二年二月七日に六十九歳, 一月四円ずつ夕食手当, 一月四日以前に殺害, 一月四日再会を約束, 一月四日福地桜痴居士死す六十六歳, 一月団十郎は京都花見小路, 一月は深く, 一月執筆禁止をうける, 一月場所私は藤枝, 一月夏沢温泉から八ヶ岳, 一月夜々のまま少女, 一月大会の分裂, 一月大多和から有, 一月大雪の害, 一月を翔ける, 一月天城を越え, 一月太刀山対駒ヶ岳の立合, 一月妻子を伴, 一月始めの爲替相場, 一月娑婆に居りあ, 一月守田座は新富座, 一月宝塚中劇場, 一月をあけよう, 一月寒中の頃, 一月寺京都の明暗寺, 一月寺普化僧仲間で俗, 一月寺普化宗関東支配所にて問われな, 一月寺関東の支配所, 一月将門が三十八歳, 一月居しは皆無, 一月屏風岩を登った, 一月工部技手に任, 一月市川右団次上京して, 一月帰るのが, 一月幹部会を開いた, 一月座談会記事が連載, 一月延びた命の, 一月延びることに, 一月廿一日に伴さん, 一月廿七日より同, 一月廿七日城山に上り, 一月廿七日城山西南麓に於, 一月廿三日の夜, 一月廿五日予先生を三田, 一月廿五日新富町の別宅, 一月廿八日二人で大阪, 一月廿六日彼の袱紗, 一月廿四日原子力管理委員会が国際連合総会, 一月廿四日故郷の越前, 一月弱まりきった彼女は, 一月当時の有力者板垣退助, 一月待ってやる, 一月後僕は訴訟用, 一月後妻八枝が急性肺炎, 一月大礼の, 一月と刻しぬ, 一月は大, 一月拝承するに, 一月の前, 一月新年の遊客, 一月新潮に發表, 一月早々別の小説, 一月早かったわけ, 一月早春熊本小倉地方を歩い, 一月早稲田大学講堂で党大会, 一月時分から開花, 一月有餘の誤, 一月末公一父子が惨死, 一月末午後二時の太陽, 一月末国境に監視兵, 一月末彼は巴里, 一月末日神田と本郷, 一月末明治天皇は畝傍, 一月末歴史的な, 一月末永代橋の上流, 一月東京府令により俳優, 一月森鴎外は有名, 一月楽友協会の演奏会, 一月横浜の米国領事館, 一月歸省した時, 一月の記録, 一月湖南の春色, 一月演芸画報社より, 一月無事だった, 一月かも二日の, 一月熱海への三泊旅行, 一月がなくなった, 一月狂乱にとり紛れ, 一月狂言の, 一月猿若町市村座の新築落成, 一月發行の, 一月發賣頒布ヲ禁ゼラル, 一月百円の月給, 一月百年毎に約, 一月目十一月二十五日の夜, 一月目白三ノ三五七〇, 一月県官を広島, 一月着工胸像は福岡県糸島郡出身彫塑家津上昌平氏, 一月福松が口癖, 一月程後南紀理介は, 一月稿を成せし, 一月竣工としてある, 一月いまだ大寒, 一月の飯, 一月約定金請取の証, 一月終りのこと, 一月経たないうちに, 一月経ち二月三月経っ, 一月経った二月経った, 一月経てば丸坊主, 一月経ぬ内に, 一月選挙が, 一月置きになっ, 一月考え続けても解らなかった, 一月っ小僧, 一月若しくは二月にかけての, 一月菊五郎は病気, 一月虫状突起周囲炎を手術, 一月過四十回, 一月行ってつい, 一月親類見舞に夫人, 一月計りというもの, 一月許り病気をし, 一月許り病氣をし, 一月謝肉祭の頃, 一月警察署の表, 一月った時代, 一月近い休暇を, 一月近くなつた或, 一月近く山にゐた, 一月近く拘留した上, 一月近く滯在して, 一月近く起臥した室, 一月退院するまで, 一月逓信省の船舶職員試験, 一月遅きは一年, 一月遅れて昔香以, 一月過ぎてもその, 一月過ぎた頃諏訪湖で, 一月金十二三両少き者, 一月金沢病院を退院, 一月長島愛生園の醫官小川正子女史外一名, 一月間違えてつける, 一月限りのもの, 一月に血, 一月隠れてまし, 一月雑煮は二月, 一月の夜, 一月食っても三十杯, 一月飼っておける, 一月餘職業に手, 一月GHQはラジオ民主化