青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一所 一所~ 一文~ 一斉~ ~一方 一方~ 一族~ ~一日 一旦~ ~一時
一時~
~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚 ~一歩 一段~ 一流~ ~一点

「一時~」 8194, 89ppm, 1254位

▼ 一時~ (1900, 23.2%)

17 出て 10 パッと 9 ドッと 8 爆発した, 私の 7 彼の, 消えて, 頭の 6 胸に

5 [11件] して, なった, ビクターへ, 口を, 咲き出して, 声を, 慟哭する, 発して, 破裂した, 萎む, 襲って

4 きら, なると, 出た叫び, 心が, 気が, 疲れが, 胸の, 醒めて

3 [18件] そこへ, どっと笑い出した, なって, なっても, ドツと, 光を, 多くの, 失って, 弛んで, 文ビルへ, 明るくなった, 消えた, 現われて, 胸を, 酔いが, 頭に, 頭を, 鬨の声を

2 [98件] あちらからも, かつと, がっかりし, けい古場へ, こみあげて, ざわめいて, しびれて, のびて, ひらくうめすもも, やんだ, カッと, バラバラと, パツと, ピタリと, ピッタリと, ワーッと, 來る, 信用は, 入り乱れて, 全身の, 全部の, 凍ったよう, 凍るかと, 出して, 出た, 力を, 吐く事, 呼吸が, 呼吸を, 哄と, 堰を, 多数の, 多量の, 天地を, 失笑した, 奔騰した, 小屋の, 崩れて, 彼女達の, 心に, 心頭に, 怒りが, 息を, 感じながら, 懊悩狂乱神経衰弱と, 手を, 手桶の, 抜けて, 散り果てたかの, 春が, 春に, 晴し, 暗くなる, 杜子春に, 止んで, 殺到する, 氷を, 洪水を, 流れ出て, 混乱した, 湧いて, 溢れて, 濛々と, 火が, 火と, 爆発させ, 父や, 現前する, 皆の, 皆揺, 目に, 砕けて, 私に, 稽古場へ, 立て込んで, 胸へ, 脱け, 色を, 落ちかかって, 落ちて, 見る便宜, 解けたので, 警察へ, 起って, 近かった, 退いて, 運ぶこと, 酔が, 開くその, 隆盛に, 集中した, 雨が, 静まって, 頭へ, 風に, 飛んで, 高くなっ, 鳴りを

1 [1484件 抜粋] あいたん, あがった時分, あたりの, あっちでも, あふれた時, あふれ出るよう, あらゆる思念, あり, いいたいこと, いろいろ思い出さなけれ, うなずいて, おかされたる, お客が, お話を, かかって, かっと逆, からりと, きらきらと, くずれて, くわっと燃え立っ, ぐっと飲み干した, けし飛び自分, ここだ, こっちを, この現金, こみ上げる, これへ, ごっちゃに, さっと引い, さめた, さめるかと, さらさらと, ざわめきだして, しゃべり出そう, しろとに, しんと, すたるばかりか, すべてを, せよお, せよ何, せよ宥めるに, せよ泣きぬくまで, そう恨み, そちらに, その上席, その土人達, その眼, その聞き込み, その酒倉, それぞれの, そんな物音, ただの, ためた様々, つぼみを, とけはじめた, とめるべき声, どこかへ, どしどしと, どっとその, どっと乱れ騒ぎ出した, どっと気分, どよめき渡って, なきた, なくなると, なっちまった, なつて, なり二時, ぬけて, はげしい渦, ばらばらと, ぱっと咲き出でた, ぱっと閃, ぱつと明るく, ひがしの, ひらくが, びっくりした, ふさがれた気, ぶっつぶし, ぷつと吹出し, ほぐれたよう, ほとばしって, また汐, むくむく活き, ものすごい雷鳴, やってくる, やつれ果て食事, やみ風, やんで, ゆるんで, わかつたの, わき起こり私, わっと, オリムピックで, クシャミを, サッと緊張味, ジリジリと, ズラリと, ダイナマイトを, ドヨみ渡りました, パンクし, フスマを, ボウと, ワッと, 一つの, 一人のみしか, 一百二三十ずつ, 万歳を, 三個を, 三十人の, 三千人の, 三名の, 三益, 上った冷酒, 上村松園の, 下げて, 下を, 不安と, 世人の, 両親に, 乘りたい, 事業が, 二人ずつ, 二人も, 二人射殺す, 二十幾人を, 二念は, 云った, 五六番から, 五十人と, 井戸には, 人形へ, 人間が, 仕舞うの, 伐り尽させたところが, 体内に, 何十万本の, 作爺さんを, 俘に, 倒れたかと, 健康を, 儲けようと, 先を, 入ったので, 全く鮮明, 全国の, 八ヶ所九ヶ所十幾ヶ所から, 其處へ, 冷たくなりました, 凍えて, 凍つたやう, 凍りつくよう, 凝縮した, 出たの, 出ましたが, 出ますると, 出るの, 出口に, 出払い山塞, 出現する, 分割する, 切れたので, 到着という, 剥落し, 加はつた, 勃發した, 動き出すの, 動作を, 十ウ下から, 十兎を, 十数ヵ所の, 卯の花の, 去ると, 參ります, 取り上げて, 取押えましたから, 叢立った, 叫びが, 各地に, 同じ方角, 吐いたよう, 吐き出し壜, 吐血し, 吟味し, 吹きとんだ, 吹き消されて, 吹出し藤助どの, 呑めば, 呼び生かされた, 咲いて, 咲き乱れたよう, 咲き嫩葉, 咲き揃いました, 咲き競って, 咲くんだってね, 哄笑が, 喊声を, 喚いた, 喧しく鳴り, 噴火山上の, 四人を, 四囲に, 四階へ, 固定せなかつた, 地を, 坐る, 城も, 塔頭, 夏が, 多く贈らう, 多額の, 大きく拡がっ, 大勢死ん, 大沢の, 大阪へ, 失った私ども二人, 奔流する, 女房と, 妙計二つを, 娘の, 家を, 宿へ, 寒くなっ, 寝た, 小女を, 岩の, 崩れおちる, 川を, 左右へ, 帝劇の, 帰宿, 幾人もの, 店を, 建てた貸家, 引きちぎるよう, 弛ぶ, 弛み出でて, 弛緩さした, 張り切れました, 影を, 彼女に, 徐州は, 御開き, 微禄, 心も, 忌わしい影, 忘れて, 快然, 怒った顔, 思いつめなくても, 思い出す, 思い詰るの, 思ひ返すといふ, 恐ろしい叫喚, 悲しさ, 慾張っ, 憤激の, 戮に, 手に, 打ちあけるの, 打ち殺して, 打砕いた気象, 払拭され, 抜いて, 押された, 押し寄せて, 押し込んで, 押寄せた大勢, 拡がるよう, 持上て, 振り返ったが, 掘り取らんと, 掻き消えて, 握るほどの, 摧けて, 改札口に, 放出され, 敗兵と, 数万数十万最も, 数十万人の, 数百名にも, 數十首を, 文芸ビルへ, 斬れ, 斯く押寄せ, 新銭座, 日劇へ, 日比谷新, 昇らせたならば, 是ほどの, 晴らした心地, 暗黒の, 暴露した, 有名に, 本能を, 来た本, 来に, 枯らしたこと, 棄教を, 椅子から, 止ったよう, 武器を, 死んだよう, 残らず分って, 殺戮すれ, 気づかれが, 気抜けした, 水泡に, 水音を, 決した如くで言, 沙汰書も, 沢山出来る, 沮喪しました, 沸き立った, 沸騰さした, 沸騰する, 注ぎこんで, 洋々として, 流れて, 浮きあがりそこ, 浮び上った, 海上に, 消えた様, 消え失す, 消え失せ残されたの, 消失し, 消滅した, 混み合って, 混雑に, 済まして, 湧いた, 湧き返つた, 満たすと, 満開し, 溢れたゆえ, 溢れ落, 潰えたであろう, 澄み返りシーン, 激發した, 火を, 灯りが, 烈しく燃え上っ, 焼けるといふ, 熱くなった, 燃えて, 燃え上るよう, 燃焼せられ, 爆発し, 爆破させ, 特に, 現れるわけ, 生じて, 田地の, 疲れを, 病気病気した, 癒し得たよう, 発したや, 発せる全身, 発生し, 發想するであらう, 百杖の, 百花繚乱たる, 盛に, 目潰しでも, 目醒め, 相当の, 真昼の, 眠くなった, 眺望が, 眼を, 睡気, 知らされた浩, 研がせるの, 砕け落ちるかと, 破れて, 破裂しました, 碎けて, 社長室へといふ, 私は, 稽古場文ビルへ, 空中に, 立ちどまりました, 立つよう, 立て応援, 立上る, 笑い出した, 笑つた, 精力を, 紅葉しない, 紫っぽい, 絞り取ろうと, 緊張し, 緊張の, 緩んだ, 纏めて, 習いた, 考え出して, 耳もとに, 聽かれた, 肩が, 胸が, 脳に, 自分から, 興ざめた思ひで, 舞い立つと, 船へ, 色褪せた気持, 花弁を, 苛まれた, 苦笑する, 荒天と, 落ちたよう, 落ちるかと, 落ち來, 落花する, 蒼ざめて大老掃部畳を, 虫が, 蟋蟀が, 血潮が, 行なうと, 被さって, 製造する, 襲い来たるとき, 襲ひ, 見て, 見過ぎたため, 覚えて, 解け出したよう, 解決されかかった, 討ち取りたい願い, 試し相場, 誅殺し, 読むの, 負担が, 買えず買いたまりましたから, 赤, 走り寄っ, 起こらないとも, 起ったとしても, 起るの, 足を, 跳る, 踏み難く, 身ぶるいする, 身辺から, 輝いた, 込み上げて, 近かったろう, 近づくと, 迸つて, 逆上しました, 逆立ちました, 途絶えるという, 遁げて, 達せられたと, 遣ったもの, 郭然, 醉いが, 醒めたやう, 重ったよう, 釘付けに, 銀茶寮へ, 錯乱し, 長い眠り, 閃光が, 開いて, 開き寝巻姿, 開くころ, 開けて, 隆興した, 集まって, 集中された, 雲の, 震動する, 露出したらしく, 静かな, 靡く, 音楽を, 響く野, 頭上った, 顏色を, 顔面に, 飛びかかって, 飛び上った, 飛び立たせて, 飛び込んで, 飛上ろう, 食は, 飯場へ, 首を, 騒ぎたてました, 騒然として, 高く経声, 鬨の, 魔手を, 鳴き出すもの, 鳴らすの, 鳴り出した, 鳴り出だし, 鳴るらむや, 鼓を

▼ 一時~ (1098, 13.4%)

18 がれの 14 汽車で 10 急を, 感情に 9 事で 7 がれに 6 ことで, 利害に 5 快を, 怒りに, 融通を 4 がれを, ことである, 感情で, 戯れに, 方便に

3 [20件] いたづら, ことだ, ことに, しのぎに, もので, 出来心で, 出来心です, 感情を, 気まぐれに, 気紛れに, 流行で, 激情に, 激昂の, 現象に, 現象を, 興に, 興奮に, 避難所を, 鐘が, 驚きが

2 [74件] かもめ, ことその, すさびに, ために, バスで, 上りの, 世相に, 事に, 人心に, 人心を, 便宜主義から, 俗論を, 借物, 傾向で, 出来心から, 出来心では, 出来心に, 利の, 利害を, 匿れ, 好惡, 好感は, 姑息を, 安心の, 安心を, 定宿の, 害の, 小成敗, 居どころは, 心理を, 快楽を, 怒りから, 怒りを, 急に, 急行で, 恥は, 恥を, 恥聞かぬ, 情に, 感傷に, 感動に, 感慨を, 感激に, 戯に, 戯れであるかも, 手段と, 暖を, 気休めに, 気紛れだ, 汽車に, 流行の, 満足を, 激した, 物議を, 現象たるに, 現象で, 生命も, 用を, 発狂と, 窮を, 窮境を, 笑話に, 繰り合せを, 腰掛けでございます, 興味に, 興奮から, 苟安を, 融通は, 衝動に, 諧謔に, 転身には, 遊戯に, 間に合せの, 風説と

1 [775件 抜粋] あきらめと, あはれ, あやふき, いたずらごころから, いたずらである, いわば榎, いわゆるハイカラ好み, おもてあそびなら, お別れ, お座なりであり, お歓び, お物好き, お痛わしさ, お祭騒ぎでなく, かくれ家, かす儲けばかり, かもめ駅へ, かんばん過ぎにも, けい古に, こと, ことだろう, ことであろう, ことでしょう, ことと, こととして, ことなら, こと万一, この時代, ごまかしであれ, ごまかしに, しらせが, つかの間の, つもりで, とろりと, なぐさみであったらしく間もなく, なぐさみに, なぐさめにしか, はかない心, まぎれ込みなどは, また個々, まぼろし, ものなり, ものに, もの仁は, もの珍らし, ように, アヤマリという, カラクリだ, クライマックス的事件の, バスまで, レアクションである, 一割にも, 下らぬ強情, 下付金が, 不利を, 不安定な, 不平を, 不愉快を, 不覚より, 世評によって, 乏しきを, 事だろう, 事であった, 事と, 事として, 些細なる, 亢奮から, 亢奮では, 享楽の, 人気や, 人沙汰など, 付け元気で, 仮装では, 仮越しなれ, 伴侶を, 住居が, 体に, 作では, 佩腰を, 例外的現象に, 供給を, 便宜を, 便法に, 信用で, 倚重する, 偶發でなく, 偽りだ, 光に, 光も, 児戯に, 共同生活に, 兵禍を, 凌ぎにと, 凌ぎを, 出來心と, 出來心の, 出来事として, 出来心だ, 出来心とも, 出来心な, 出来心の, 出来心や, 出花に, 別れじゃ, 利を, 利益に, 利益を, 創作では, 力強い夢, 功名を, 効は, 動揺から, 勝利と, 勝利の, 勝利者にさえ, 勝利者には, 勢に, 危機であっ, 危難から, 友などは, 双璧と, 反動的論派に, 取り計らいを, 史家の, 合流は, 名を, 名士も, 名流に, 命じゃ, 哀惜と, 問題から, 喜びであった, 嗜欲を, 嘘で, 器用と, 囘避期準備期として, 困難を, 境遇から, 変です, 変動が, 変名に, 変態であっ, 変態的現象でありまし, 夢うつつでしか, 夢か, 夢であった, 夢と, 太平に, 失念は, 奇観を, 女氣に, 好奇では, 好奇心で, 妄想のみ, 始末を, 姑息にて, 娯楽の, 娯楽品や, 安さ, 安全を, 定刻前に, 客気である, 宣伝にとり, 宿に, 宿りを, 寄るべに, 寢所を, 尊敬を, 小さな情, 小現象, 居所を, 居館として, 工面を, 左翼の, 平和に, 平和を, 幸福について, 幻だった, 幻覚妄境を, 座興で, 座興な, 座興手放せぬ, 建増を, 形象の, 役に, 後は, 後ようやく, 御奉公, 御戯れだった, 心の, 心得ちがいであった, 心得ちがいを, 心得違から, 心持で, 忘我を, 忠義立てや, 快哉を, 忿懣に, 怒りも, 思いつきでも, 思いつきの, 思ひつき, 思ひ付き, 思索的錯誤に, 急の, 急行, 急行に, 恐怖と, 恐怖は, 恥と, 恥という, 悲しみに, 悲痛苦悶は, 情で, 情懐を, 惑を, 意地張りからとは, 愚痴でございます, 愛着に, 感じである, 感動が, 感動を, 感情か, 感情とは, 感情の, 感激で, 感激よりも, 慰み物として, 慰み物に, 慰物に, 慰藉に, 慾を, 憂さを, 憤りや, 憤怒に, 懊悩から, 成功に, 成功にも, 我慢だ, 戦略は, 戯なら, 戯れ書き, 戯談としか, 手段に, 手段は, 投機的なる, 抱合を, 損得などを, 撮み喰い, 放心を, 放言を, 政變に, 敗北者だ, 料簡違いは, 斷絶は, 方に, 方便でしょう, 方便でなく, 方便でも, 方便として, 方便にも, 方便は, 方便上文壇に, 旅の, 旅客の, 旗鼓の, 日本橋柳橋両国橋永代橋など, 昂奮に, 昂奮の, 昼休み迄に, 昼食三時の, 時計の, 暗さ, 暮しを, 暴徒の, 曇りであって, 望みだに, 栄えは, 栄華を, 梅花心易に, 楽しみに, 権勢は, 権勢を, 権宜, 権略として, 権略の, 権道なり, 次に二時, 欲の, 歓呼を, 止宿を, 殺気を, 気の, 気まぐれから, 気まぐれでも, 気まぐれとして, 気まぐれは, 気まずさ, 気休めで, 気休めであった, 気休め案でも, 気分から, 気分で, 気安めに, 気紛に, 氣紛れな, 水の泡と, 汽笛が, 汽車コーヒーを, 油断も, 法則を, 波浪の, 洒落に, 流行であっ, 流行によって, 流行は, 流行カブレで, 流行病で, 浮気であった, 浮気心から, 浮薄に, 混乱も, 混雑の, 清涼の, 清涼剤だ, 満足の, 激怒を, 激昂で, 激昂と, 激昂に, 激昂状態の, 火と, 炎に, 為に, 無念は, 煩悩を, 熱狂から, 營養は, 物として, 物好きが, 物貰といふ, 特急で, 犠牲を, 状態である, 状態とは, 狂態であっ, 狂態も, 狼狽は, 玩弄物の, 現実に, 現象だ, 現象である, 現象と, 現象な, 理屈で, 生を, 生理的並に, 用にも, 異國情調, 疎懶ゆえ, 病苦を, 痛みさえ, 痛みや, 痴情で, 癇癪です, 発作です, 発作での, 発作に, 発作の, 盛大は, 目を, 目先だけで, 眠息なる, 眩瞑, 短気から, 社会的な, 私情の, 私情を, 空威張りで, 空想から, 空論と, 立て換へを, 笑柄のみ, 策略か, 策略で, 約束よ, 細工だ, 経路な, 経験により, 絶息でも, 練習にも, 美しいもの, 腰かけに, 腰かけにでも, 腰掛けに, 腰掛けの, 腰掛としては, 腹立ちで, 腹立ちまぎれに, 腹立まぎれ, 自惚れから, 興が, 興である, 興にの, 興を, 興奮と, 花ばかり, 若気で, 苦しがりでありましょう, 苦痛は, 苦肉の, 萎靡不振は, 落着き場所を, 處置は, 融通かたを, 融通に, 融通齷齪たる, 血気に, 行為で, 術策を, 装ひ, 要用便利を以て, 視聴を, 言い懸りでは, 記憶に, 試みと, 試験によりて, 話の, 誤解であった, 論や, 論矯激の, 議論ありし, 豪気は, 豪語でも, 負復讐は, 責めを, 責塞ぎに, 賞賜を, 足休め, 身の, 軽々しい動機, 辱は, 辱を, 迷いから, 迷いで, 迷いな, 迷いに, 迷とも, 迷ひ, 迷ひとさへ, 迷ひとは, 逆上であった, 逗留客で, 遊戯文字で, 運をこそ, 運命の, 過失に, 過失位は, 道中は, 道程だ, 避難として, 都合にて, 酒興の, 錯乱に, 錯覚から, 間ここに, 間こそ, 間にあわせに, 間に合せであっ, 間に合わせでなくて, 間に合わせること, 防ぎに, 阻碍は, 阿呆らしい, 隠れ家として, 隠退は, 難を, 雨しのぎ, 雷同ひょっとした思いつき, 電車で, 露命を, 霽間は, 静穏を, 非である, 音を, 頼り無, 顔貌に, 風潮や, 食い継ぎ場所, 飢寒を, 餓えを, 騙しに, 驚愕が, 驚愕などは, 驚駭と, 體裁や, 魔が, 鳴るが, 麻雀熱が, 黒雲の

▼ 一時~ (1053, 12.9%)

12 どうなる 9 非常に 5 それが, 呆気に 4 彼に, 気が, 途方に 3 あれほど, それで, 倶舎の, 全盛を, 塔頭, 大変な, 相当の, 私も, 茫然と

2 [57件] あの世が, あまりの, えらい評判, そう思いました, それを, ともかく若干政界, ひどく逆上, びっくりしました, ギョッと, 世の, 世間の, 何も, 俺も, 倶舍の, 口も, 吃驚し, 呆れるばかり, 喫驚した, 声も, 夢中に, 大變, 大騒ぎだった, 大騒ぎを, 天幕を, 少なからず, 師匠の, 往来に, 心配した, 思ったが, 東京に, 桃花坊の, 正直の, 此の, 武衛家の, 気を, 流行しました, 火の, 無統治, 熱心に, 熱狂的な, 病の, 発狂した, 盛な, 相当に, 私の, 絶望の, 群雄割拠の, 胆を, 腰を, 腹の虫が, 自分の, 自己の, 落胆した, 蘇生した, 鎖國論者の, 面くらって, 駭いた

1 [869件 抜粋] あえて生前出版, あすこまで, あたかも狂気, あっけに, あの問題, あの女, あの様, あの通り, あまりに騒々しい, ある事情, ある種, あれ程までも, あわてて, いかなること, いくらか, いけないとまで, いやな, うまいよう, うまかった, うわさされた, おからだ, おさおさ公立学校, おどかして, おやと, お前に, お取り立て, お座敷が, お浦, お迷いなされた, お通, かかる諸, かなり世の中, かなり幅, かなり心配, かなり深く, かなり降, きっぱりと, きつう胸, ぎょッ, こうして人, ここが, ここでも, このお寺, この世の, この土地, この女, この手紙, この界外, この都, これを, こんなに眼, さびれ果てたもの, さも心配さうに吐息, さんざんな, しおれて, しんじつそう, じっと米軍, すべての, ずいぶん沢山詰め込み, ずいぶん苦しみました, ずいぶん青年, そうとでも, そのこと, そのままに, その名誉, その御, その手段, その生長, それに, そんな考え, たいへんお, たしかに並々ならぬ, たしかに悲しかっ, ただ呆然, たまらなく淋しかった, だいぶはやりました, だいぶ物騒, ちょっと変, ちょッと, つらくっても, てつきり鐵の, ときめいた身分, とらわれましたが, どうあしらっ, どうしてやろう, どんなにか, どんなふう, なお社会苦, なかなか流行妓, のどの, はっ, はっと思っ, ひそかに, ひどい発熱, ひどく吐瀉, ひどく当りつづけ, ひどく腹, びつくりいたしました, ふくれあがって, ほとんど家内, ほとんど日陰者, ほとんど独占, ほとんど生きがい, ぼんやりした, まぎらされて, また一種, まったくどうなる, まったく敵, まったく甚三郎, みなどう, もうこの, もう子, もしかしたら, もつと, もみ消しを, やせると, やったという, やった買出人, やつた, やや躊躇, よく行った, よろこんだが, わからなかった, わめいても, イプセン張り, エノケンと, カッと, カツとして, カーツと, グラグラ動揺, シュールレアリズムの, タキシイの, タジタジと, ドイツの, ハッと, ビラを, フランスの, プロレタリア芸術を, ユーゴーの, 一同の, 一生の, 七八人の, 三千坊とか, 三浦三崎一帯の, 三遊亭円暁を, 下海道辺, 不安に, 不治の, 世を, 両側に, 中華民国人にまで, 九州に, 五十ぴき近くに, 井伊掃部頭の, 交際が, 京都の, 人に, 人を, 人政を, 今にもここ, 今も, 仏人煙草を, 会社でも, 低くすすり泣き, 何う, 何を, 余程心象, 信用された, 僧團から, 元気に, 兄文之, 先立ちて, 兎も, 全くの, 全く世間, 全く敵, 全く毛沼博士, 全く途絶え, 全く金, 全滅と, 六ヶしかった, 其処が, 内風呂が, 凌いだが, 判断に, 利用し, 前後不覚に, 助らない, 勝っても, 勝利の, 勝敗いずれとも, 十五万法以上も, 千駄谷に, 危うくなりました, 危くなった, 危急に, 危篤とまで, 危篤を, 反對, 収縮する, 口ぐせに, 口の, 古い柳河, 可遊さん, 同じ疑い, 名残りを, 君も, 吹き出しても, 呆れ返ったが, 呆然と, 周瑜を, 命までも, 品川に, 商業学校に, 問題にも, 喫茶店の, 四郎も, 在るもの, 地下鉄の, 堂に, 堕落趣味に, 塔頭塔頭の, 塾の, 壮年血気の, 声を, 多少衰えた, 大いに儲けた, 大ぶ, 大分その, 大分調子が, 大名の, 大和や, 大変危い, 大政党, 大混乱, 大病で, 大藏省の, 大阪名人と, 天下を, 天井から, 夫人に対する, 失望する, 奨励が, 好奇心を, 妖怪変化の, 姿を, 婦人小間物は, 子供威しと, 学界を, 宅でも, 宇治山田の, 安心し, 実に物凄い, 宮方同心の, 家族同様に, 寒気を, 寝食を, 将棋盤の, 将門が, 小歇みか, 小説を, 少将の, 少数ながら, 屬僚中の, 左部横塚糸井小野たち数名が, 巾着切の, 希つた, 平姓, 幽霊かと, 店の, 店も, 座右から, 引いて, 弱って, 当る敵, 当惑も, 役づい, 彼が, 彼も, 後ずさりしたが, 御三, 御呉服所御免, 徳川家と, 心事を, 心配だった, 応じきれないほど, 怒つたり, 思わしくないよう, 急に, 急転し, 恐るべき病疫, 恨んだものの, 息が, 悲嘆絶望の, 悲歎に, 悲観致しました, 情けない気, 惜しい, 意外なり, 意識も, 愛しも, 感心に, 慎みも, 憤っとして, 憤怒に, 成行を, 我が目, 戦死説まで, 手を, 折角の, 拳鬪の, 放蕩さへ, 敵にも, 數十尺深く, 文士村と, 文学青年兼哲学青年に, 新海を, 旋風の, 日本一とまで, 日本人が, 映画と, 春日の, 暗澹たる, 曇りかけること, 曹操も, 有力な, 有頂天に, 朝夕にも, 本所で, 村でも, 杯を, 東京池の, 栄えたが, 案じたぞ, 案じたほど, 楮幣楮幣と, 権力を以て, 歓んで, 歓呼に, 歩行する, 死んじま, 死んだ真似, 死んで, 殆ど死ぬ, 殆ん, 殿様を, 毎日の, 気さえ, 氣を, 氣絶した, 江戸の, 江戸を, 決裂の, 沢田の, 法律統一をもって, 泣いたが, 注射の, 浅草での, 海の, 混乱の, 温暖の, 満員の, 満足する, 激しく争い, 火事かと, 炭火の, 烈しい精神, 無住に, 父も, 父親を, 狂気に, 猫も, 球形である, 甚だ当惑, 生命を, 町会議員を, 画も, 疑ぐったが, 疑われたが, 病勢が, 癒えて, 発行し, 盛であっ, 目も, 目を, 相当な, 相応に, 真っ蒼, 真実に, 眼まい, 眼口も, 知事などにも, 短歌の, 研究, 碌々に, 神様も, 神道派が, 秀才の, 私に, 私云い, 突伏した, 立ち往生の, 立腹した, 筑前藩の, 筧博士の, 米友の, 米斎君も, 紀行文は, 級の, 絞殺し, 絶望かと, 絶望だった, 絶気し, 織田で, 美味いとか, 群集は, 考えた程, 耳を, 聊か肝, 職を, 肝を, 脱藩の, 脱走しよう, 腸に, 腹も, 腹立ち紛れ, 臟腑まで, 自分から, 自分に対しても, 自分等も, 自殺だ, 興味も, 良かった, 苦境に, 茫然それに, 草競馬迄, 落着いた, 藝術上新主義の, 蘇生の, 行方不明とも, 衣子を, 西国へでも, 西洋の, 見とれたよう, 親兄弟, 観音様の, 許して, 議論が, 負けないが, 財産争いの, 貴族的の, 赫として, 路頭に, 踊に, 躊躇も, 身も, 軽くなった, 辛くとも, 近在の, 迚も, 迷いましたけれど, 迷つた, 逃げ惑った領民, 通行が, 週刊, 遠ざかる事, 酒壜の, 重症にも, 重荷を, 野暮に, 鎮威中郎将の, 門の, 閉鎖しち, 隊員の, 随分悲しゅう, 随分盛, 随分試みた, 随分面倒, 隠れたが, 隣りの, 青くな, 青葉の, 非常な, 靡いたが, 面倒な, 面白いやう, 面色を, 頗る人気, 頻りだったが, 風下に, 飮食する, 首を, 駄じゃれ, 騒然とあわてた, 驚いて, 驚きしが, 驚倒せん, 鳩を, 鴨川が, 黄色く見え

▼ 一時~ (448, 5.5%)

27 なもの 23 のもの 8 では 5 にせよ 4 な偶発的, に過ぎない 3 であるかも, な, な戦術, な現象, にしろ, にもせよ, の感情

2 [23件] である, であると, なこと, なその, なるもの, なる模倣, なメランコリ, な厚い, な変動, な関係, にで, に刺戟, に多少, に流行, に生産単位, に自分, に興奮, の剣, の物, の現象, の神経衰弱, の精神, の苦痛

1 [310件] あるいは持続的, たりとも自分, だからと, だが, だと, だという, だろうと, であった, であって, であつ, であり従って, であり得るに, であり編輯, であり行きあたりばつ, であるが, であるに, であろう, でしかも, でなければ, で三代目あたり, で期待, で癒, で皮相, で移り, で首尾, という言葉, とはい, とはいえ, と考へ, ながらもやや, なこと以外, なしかも, なそういう, なそして, なにせの, なまたは, なゆるみが, ならぬ博物館, ならぬ貧, なりとは, なるを, なる利益, なる風習, なアプレゲール的, なエモーション, なデモクラシー, なドラマチック, なヒステリイ, な世上, な争闘, な云わば, な人, な代用物, な仮死状態, な価格, な便法, な假, な偏倚, な偽装平和, な光, な効果, な同棲生活, な和議, な喜び, な国営ホテル, な国防上, な場当り, な大売出し, な妥協, な娯しみ以上, な存在, な対象, な希望, な平和, な幻想的, な強力的, な形式, な影響, な影響力, な思惟, な思想体制, な恋, な意味, な愛人, な愛撫, な感動, な感情, な感激, な慈愛, な救済, な方便, な時評, な暴力, な概括, な比較的, な気管, な浮気, な満足, な火花, な爆発力, な特殊, な病的心理, な皮相的, な紛糾, な結論, な經過, な総決算, な職業, な興奮, な花火, な融通, な衝動, な見地, な話, な近代文化化, な進歩性, な酒精, な酩酊, な鎮静, な青年, な面子, な願望, な飾り物, な麻痺状態, に, にいる, にうめ, にこう, にこの, にした, にしろ喪った, にしろ抜け出し, にせよ停める, にだ, につれ, にでもちょいちょい, にでも係官, にとどめ, にどこ, になぐ, になぐさめ, には, にはたらく, には人民, には吾, には常に, には平常, にもあれ, にもせよはみ出した, にも何故, にも減少, にも納まる, にやっ, にウワ, にコンラン, に中村時藏, に事実決定, に亢奮, に人, に仮り住居, に休止, に体言, に停止, に其症状, に出来ぬ, に分散, に切れ, に医師リヴジー, に収容, に同, に味, に変態的, に外された, に多数, に失わせた, に失われた, に好奇心, に完封, に容易, に崩れ, に建設, に強引, に彼女, に恢復, に悲愴, に慰め, に憂鬱, に成功, に戦争, に採用, に救う, に救助, に散らす, に暗く, に権, に治まっ, に消える, に混亂, に片寄った, に特に, に狂態, に現代美術, に甚大, に田舎, に留守, に癒す, に知合い, に破れまする, に破滅, に神, に突発, に精神, に絶息, に置き, に自暴, に自殺, に落ち着い, に見る, に誰, に軽快, に農村, に逃避, に遅く, に過ぎず, に過ぎないであろう, に過ぎぬであろう, に青年, に騰貴, に高揚, のお, のかつ, のこと, のみならず, のオーヴン, のバラツク, の不平, の事, の事務関係, の体裁模倣, の体言, の例外, の便宜, の信仰騒ぎ, の光來者, の効果, の勝利, の反感, の口約束, の喪, の団体, の困窮, の困窮期, の墓標, の墓石, の変化, の外部的, の多少, の妥協, の存在, の宣伝, の対象, の小屋, の小屋以上, の小舎, の小舎がけ, の嵐, の建物, の建築, の弱者, の心情, の応急策, の恋, の恐怖, の情人, の慰み物, の憐憫, の手段, の損害, の断片論, の旋風, の歩橋, の気分, の災難, の無用, の熱, の生, の発動, の皺, の真理, の神経作用, の精神異常, の精神錯乱, の臣, の興味, の解決, の設備, の評判, の躁状態, の遊蕩子, の配線, の野蠻状態, の隠し場所, の雪鋤, の雷雨, の静寂, の面, の騰貴, の驚き, もしくは永久的, 諸結果

▼ 一時~ (152, 1.9%)

5 前の 3 ここに, じっとし, 早くこの, 早くと, 早く部屋 2 早く, 早くお, 早くその, 早く公園, 早く彼, 早く心, 早く東京, 暮せる, 百日なれ

1 [114件] うかった, お志保, この帽子, すぎた二時, そらさなかつた, ぢつ, ないであろう, はなれようとは, はやくお前, はやく警察, 一息吐く, 丑松の, 休まざるもの, 休まずに, 前に, 十年の, 居やしないのに, 居れないという, 心の, 心を, 忘れた事, 忘れない処, 忘れない時, 忽せに, 手から, 早いが, 早うと, 早う来, 早う死ん, 早う足, 早くここ, 早くこんな, 早くすっかり, 早くそして, 早くそんな, 早くどちら, 早くやさしい竹子さん, 早くヒルトン, 早く世の中, 早く主人宗盛, 早く事実, 早く五人組, 早く仇, 早く他, 早く何処, 早く別れ, 早く功績, 早く千浪様, 早く南アルプス, 早く取り返そう, 早く取片づけ, 早く右衛門さん, 早く如来様, 早く家, 早く山, 早く布団, 早く帰らなけれ, 早く弁護士, 早く役, 早く成功有之度, 早く捕えたい, 早く捕えない, 早く排斥, 早く支倉逮捕, 早く改善, 早く敵, 早く是処, 早く會, 早く木部, 早く検, 早く楽, 早く死ん, 早く汗, 早く湯原, 早く王宮, 早く癒, 早く登記, 早く白状, 早く目的地, 早く着, 早く知らせ, 早く知れます, 早く私, 早く絡め捕っ, 早く自白, 早く葬らね, 早く裁判, 早く見たかった, 早く親子三人団欒, 早く解決, 早く越した, 早く返辞, 早く通り, 早く鋳型, 早く雪路, 早く高飛, 早く鬼, 早く鰻, 棄てて, 気の, 氣の, 油断を, 自分を, 躊躇しないであろう, 遅疑する, 過ぎ少しく, 長く水中, 長く海底, 長く逗留, 闘って, 静かな, 静息ん, 頭を, 馬に

▼ 一時~ (135, 1.6%)

11 過ぎて 7 糊塗する 6 打った 3 打つ音, 糊塗し 2 五分過ぎ, 忍ぶ方法, 打つと, 敗軍の, 曠う, 糊塗しよう, 過ぎると, 驚動せし

1 [89件] いろ, うち二時, くねる細腰, ごまかして, さらに憂鬱, しの, しのいだ, しのいだが, しのがねば, しのぎ目下, しのぐだけ, しのぐという, すぎた真夜中, すぎつる頃, すぎて, すぎても, ちがえず暗唱, つくろう分, とっくにすぎた, とりつくろつて, まぎらしても, ものこそ, カンと, 一緒に, 争う状態, 二十分ほども, 免るる, 凌ぐ為, 切り抜いたもの, 告げた時, 報じた時, 報じ候, 安心せし, 少し廻った, 屈して, 庭で, 庭の, 廻ったばかり, 廻った頃コストイリョーフ, 廻つたから, 廻つたばかり, 弥縫する, 弥縫せんと, 快くする, 快に, 思い深, 思ふと, 感じる事, 打ちそして, 打ったばかり, 打った時, 打って, 打っても, 打つ, 打つた, 打つところ, 打つの, 打つ時計, 打つ頃, 托する, 振り棄てて, 漁業を, 白くちひさき, 眠って, 瞞着し, 瞞着する, 知らせたのに, 知らせる頃, 私は, 糊塗せね, 耐へ, 聞きました, 聞き二時, 聴いた, 聴く, 誤魔化したもの, 逃れられるといふ, 過ぎしに, 過ぎた, 過ぎたでしょう, 過ぎたと, 過ぎても, 過ぎなきゃ大丈夫, 過ぎんと, 過ごして, 選んで, 騷が, 鳴らした頃, 黙想に

▼ 一時~ (83, 1.0%)

3 帰って 2 から, であったが, であつ, でしたらう天野君, になっ

1 [70件] おき食後, かえろうと, かしら, かと思っ, から三時前, から白山銀行, それからお茶, たべ自分, だった, だったがね, だつた, だつたらう蚊帳, であろうか, でございましたが, でございましたろうか, でした, でしたが, でしたろうか, でしょう, でしょうね, です, ででもあ, ではなかつたでし, になぜ, になった, には女, にノーブリー, に一つ, に一夜, に僕, に切通, に勇, に参ッ, に叔父さん, に床, に晝飯, に歸つた, に英也, に起き, に電話, ねて, ひどくすべる, までお, までなら, までには必ず, までも気長, までブリッジ, まで床, まで書きつづけ, まで皆なに, まで皆戸外, まで眠られなかった, まで私, まで稼ぎ, まで話す, まで起き, まで遣っ, ゆっくり二軒小屋, ハッキリ目, 上りますから, 出かける, 別れる二人, 寝る, 帰られる, 帰る, 引きあげる, 来て, 来るなら来て, 眠ろうと, 迄か

▼ 一時でも~ (63, 0.8%)

3 二時でも 2 それらの, ゆっくりと, 市兵衛の, 彼から

1 [52件] い, いいから, お泊り, この寂し, この源三郎, そこに, そのま, その境地, ただ見, ちかしくした, なること, のがれるため, まぎらす事, 他の, 別れると, 善人に, 堕落し, 好きだ, 帝位を, 広常が, 弁馬の, 強く複雜, 忘れさせて, 忘れようと, 恨んだ詫び, 抱いたこと, 敵を, 早い方, 早くこの, 早く本船, 早く自由, 柴田丹羽羽柴池田の, 気を, 生に, 田中さんに, 疑った罪, 痲痺らし, 真面目な, 興したの, 花やかな, 若返った気分, 行かずには, 親分の, 貧民に, 逓信大臣を, 遅れると, 過ごすという, 遠ざかって, 重大さうな, 長引かせたいと, 露子と, 顔を

▼ 一時すぎ~ (61, 0.7%)

5 に出 2 から, に, になっ, に帰宅, 帰る, 辞して, 迄か

1 [42件] からセット, から三時すぎ, から会社, から川口, から支度, だから, だった, て白髪, であった, である, でしたから, でしたっけ, と思う, なければ, なのに, なのになあ, にねる, には家, にもう, にサモイレンコ, に出る, に味噌汁, に始まる, に家, に帰り, に床, に放免, に文ビル, に斎藤豊吉, に有, に東京, に終った, に行く, ねる, の汽車, まで, までゐ, まで居た, アガったので, 漸く来た, 迄色々, 迄語り

▼ 一時から~ (51, 0.6%)

3 三時まで, 文ビルで 2 五時まで, 夜の

1 [41件] かま猫は, けい古, けい古である, だらうと, でしょう, でよろしい, なので, ビクター, ホールで, 一郎の, 三宅氏の, 三時半まで, 三時迄, 二時くらいまでの, 二時ごろに, 二時の間に, 二時までの, 二時半と, 二時過ぎまで, 二時頃の, 五時半まで, 何にも, 十一時迄, 又外, 吹込み, 吹込みが, 夕方まで, 大劇場, 始まります, 始めると, 小劇場, 小劇場本読み, 川口の, 文ビル, 文ビルへ, 日劇で, 有楽座, 東女子大学の, 立つ同じ, 見ると, 開かれる予定

▼ 一時過ぎ~ (40, 0.5%)

2 だつた, てもまだ, て居た, であった

1 [32件] だから, だぜ, だぞ, だった, ていた, ている, てから門, てもたえなかった, てゐたらう, て帰つて, て毛虫, て眠る, であったろう, でした草鞋, ですが, でもあッ, なの, なり, になる, に僕等, に入らっしゃい, に松崎, に眼, に着く, に臥, までにぎわえり, までひきつづける, までふたり, までも起き, まで語り合っ, やわ, 一先ず熊毛村役場

▼ 一時ごろ~ (36, 0.4%)

3 であった 2 です, 帰って

1 [29件] あッし, かえりました, から三時ごろ, から夜, か水平線, たしかに, だっただろうか, だと, であったろう, である, という, と思う, にしかも軽く, になった, になる, に便所, に変, に浅井, のこと, の深夜, までぐっすり, までしゃべっ, までもん, まで三人, まで邸内, やっと床, 寝て, 待つて, 思いましたのどか

▼ 一時この~ (30, 0.4%)

2 場を, 家を

1 [26件] おれに, ままお, 世の中から, 人達の, 国に, 家に, 寿春を, 屋敷を, 座を, 旅籠に, 書を, 村で, 沈南蘋には, 点に関して, 煙で, 玉璽も, 界隈に, 百円の, 直通線路を, 神社の, 羅刹谷を, 蔓草の, 説に, 金を, 風呂敷を, 高温を

▼ 一時近く~ (30, 0.4%)

4 になっ 2 である, なるほどに, になった

1 [20件] から日劇舞台けい古, だった, て店, であつ, ですが, ですね, で店, で窓, なつて散会, なると, にかけつける, にすぐ, はなっ, まで, までかえっ, まで仕事, まで酒, アガり, 迄, 迄一人

▼ 一時その~ (27, 0.3%)

2 ことに, 気に

1 [23件] アトリエを, モデルに, 中へ, 何でご, 作用を, 光に, 地方の, 場で, 場を, 女に, 客足の, 幻影を, 措置に, 方面に, 様な, 爪先を, 筋で, 興奮を, 観念の, 距離が, 運命を, 陣を, 鳥が

▼ 一時中止~ (24, 0.3%)

6 して 2 されて, すること, すると

1 [12件] されました, される, した, したが, したまま, しようじゃ, しろという, するの, というさわぎあり, として地球, になりました, の姿

▼ 一時~ (22, 0.3%)

2 にねる, 帰宅

1 [18件] だ, でもございましょう, には帰っ, にみ, に停電, に小野屋, に帰る, に帰宅, に服毒, に眠る, に終り, に見えた, に騒ぎ出した, の仄明り, の優婉さ, の契約, まで鳴き騒いだ, 帰る

▼ 一時~ (21, 0.3%)

3 打った 2 あるの

1 [16件] すぎても, つかりしたらし, 万事で, 人間には, 何だ, 廻ると, 打っても, 昼飯で, 永遠に, 窮屈な, 間に, 鳴った, 鳴ったばかり, 鳴つた, 鳴つて, 鳴る

▼ 一時非常~ (21, 0.3%)

2 な矛盾, に流行

1 [17件] なる苦痛, な景気, な評判, にジクザク, にジグザグ, に仲, に内, に単純化, に増加, に心配, に悪う, に成績, に栄えた, に衰えた, に騒がれた, の刺激, の読書家

▼ 一時~ (19, 0.2%)

2 預りし

1 [17件] あずけするだけ, あずけだという, さよ婆あ, よろしかった, 借り上げに, 引移りという, 潜みなされますか, 祭りは, 秀さんを, 艶を, 角さんを, 身の上に, 身を, 銀様の, 静が, 預り申候と, 駒ちゃんの

▼ 一時~ (18, 0.2%)

2 ぎになつてゐたらうと思ふ, ぐるまでも, ギテモ戻

1 [12件] ぎでもあつたらうか彼が, ぐるころ安成子の, この頃, なりし, には三吉, に私, まで種々, カラカラコロコロ吊橋, ギ杉田氏来診, 床に, 時刻を, 東京ステーションに

▼ 一時~ (17, 0.2%)

2 のもの

1 [15件] がこれ, である, では効力, で有, といい, と云, に放射能, の一種, の用事, の神経瓦斯, の神経麻痺瓦斯, の糖尿病, の脳, の覚悟, の躁狂

▼ 一時~ (16, 0.2%)

1 [16件] あらう, お角, しらふで, すぐまた見えなくなる, その場, その間は, それから家, よい質子不知哉丸, 出発と, 手に, 消えるもの, 然しじきもと, 疑や, 聯軍進城兩宮蒙塵等の, 軈て二人, 雨が

▼ 一時的現象~ (16, 0.2%)

3 に過ぎない 2 としてかかる

1 [11件] かも知れません, が現われ, である, でこの, ではない, といわれました, とも云, と思っ, と思つて, にすぎん, に過ぎぬ

▼ 一時二時~ (15, 0.2%)

1 [15件] となる, と夜更し, になっ, になる, に寝, までひやかす, までも眠つた, まで何, まで出前, まで手, もしくは三時, もはやと, を過ぎなけれ, 迄も讀書, 迄机

▼ 一時~ (15, 0.2%)

1 [15件] がトウルゲネフ, に驚かされ, のやり方, の二階, の力, の官職, の文章, の経済状態, の藪, はそれ, は愛, は発狂, は音楽, を安心, を脅かしわずらわした

▼ 一時~ (15, 0.2%)

2 をかくす, を寄せる, を隠し 1 が危険, をかくし, をかくした, を寄せ, を寄せた, を忍ばせ, を置いた, を置く, を隠す

▼ 一時にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] せよある, せよ乾坤, せよ原稿, せよ彼, せよ彼女, せよ殿様, せよ潜水艦隊, せよ連れて, せよ道阿弥, なったろう, ならないも, なるのに, 現はれた, 近い時分

▼ 一時ここ~ (13, 0.2%)

1 [13件] で働い, で豪遊, で遅らせれ, で雪, にでも, に滯在, に集, に集中, は北条方, へ家具, を手伝っ, を遁, を避難

▼ 一時そこ~ (13, 0.2%)

1 [13件] から勤, が麻痺, で足, にて御, にゐる, に下宿, に身, へと存じました, へ匿, へ身, へ頼ん, を借り, を預っ

▼ 一時~ (13, 0.2%)

1 [13件] から, からそれから, から驚く, がいつぺん, つて二時だ, つて他の, とはっきり, と云, ね, みんな仕事に, よ, 一時を, 痴な

▼ 一時全く~ (13, 0.2%)

2 忘れられて

1 [11件] 人心地を, 休止する, 当てが, 忘れて, 暗い気持, 淋しさ, 狂気の, 狂氣し, 自分という, 蔽われたよう, 銀座からは

▼ 一時~ (13, 0.2%)

4 帰宅 2 宿へ 1 不二アイス, 出発, 尾根の, 座へ, 放送局へ, 稽古場へ, 迎へ

▼ 一時少し~ (13, 0.2%)

5 前に 2 過ぎに 1 前だ, 前であった, 過ぎた頃, 過ぎだ, 過ぎであった, 過ぎまで

▼ 一時流行~ (13, 0.2%)

2 した覚めた人間, を極めた 1 しかけた, した, したお, したこと, したといふ, したサルトル, した観念哲学, して, の体

▼ 一時~ (13, 0.2%)

1 [13件] がお, が凝, に手, の家, の弟子, の目, は下宿, は全く, は同性間, は文字通り何, は頭, を悩ました, を捨てたでしょう

▼ 一時たりとも~ (12, 0.1%)

1 [12件] 停止しなかつた, 参宮の, 此の, 法律を, 猶予なら, 癒すべく恋々, 私が, 縁も, 縄目の, 脳裏を, 自分の, 落着い

▼ 一時~ (12, 0.1%)

1 [12件] いえどこ, なり一時半, なり二時, まつた, 二時との, 二時の間ぐらいに, 四時とに, 悟り顏し, 此方が, 経たないうち, 覚しき頃, 言って

▼ 一時まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] これから待っ, これも, だと, どこで, なんだ, ねた, フランス語の, 何かと話す, 場内を, 待つたが, 待てばい, 行乞

▼ 一時預け~ (12, 0.1%)

5 にし 1 てある, として直ちに, にする, にできれ, のリュック, の小, 全く閉口

▼ 一時には~ (11, 0.1%)

1 [11件] きっと帰る, づんで來た, もういなかった, もう緑平居, 宿へ, 支払えないところ, 教会へ, 早くも, 登り始めた, 答え切れない, 起らずいつとは

▼ 一時ばかり~ (11, 0.1%)

2 して 1 そこらを, たって, まどろんだ後, 其の間, 前に, 尋ね廻った, 早く來, 海中に, 熟睡し

▼ 一時~ (11, 0.1%)

3 が遠く 2 を失っ 1 が荒く, を失いました, を失った, を失つたの, を抜く, を狂わせ

▼ 一時それ~ (10, 0.1%)

1 がため, がわが, が完全, が実在, に專, の姿, をお, を大きい, を平田家, を見ました

▼ 一時~ (10, 0.1%)

7 れの 2 れを 1 れに

▼ 一時これ~ (9, 0.1%)

2 も一時 1 に圧倒, は麻雀界, を占領, を廃, を慰め, を流用, を犠牲

▼ 一時自分~ (9, 0.1%)

2 の財布 1 から去っ, から家, が犬殺し, のもの, の家, の帯, の店

▼ 一時~ (9, 0.1%)

2 ぐっすりねた, ねた 1 ねて, ねると, ネバって, ムダ話し, 身体が

▼ 一時すこし~ (8, 0.1%)

21 すぎた頃, まはつ, まわった時, 前の, 過ぎてから, 過の

▼ 一時だけ~ (8, 0.1%)

1 ですが, で霧散, 先へ, 右衛門さんの, 子供を, 幾分か, 真面目に, 社僚の

▼ 一時中絶~ (8, 0.1%)

4 して 1 しいずれそのうち, したほど, したらしい槍突き, した我楽

▼ 一時近かっ~ (8, 0.1%)

61 たけれども, たでしょう

▼ 一時~ (8, 0.1%)

1 が下っ, が入, というもの, として二千円, もくれぬ, も呉れぬ, や元, を受け

▼ 一時~ (7, 0.1%)

1 いや一時過ぎだ, 一時半ほか寝ない, 二時ごろじゃ, 二時の間でござんせう, 二時頃から, 二時頃に, 半時前までは

▼ 一時かなり~ (7, 0.1%)

1 うるさかつ, びつくりした, 噂に, 惡く, 熱中した, 私の, 長く仕事

▼ 一時どこ~ (7, 0.1%)

1 かへ姿, かへ立ち去った, かへ落ちのび, かへ隠れ場所, か隣, へおく, へともなく

▼ 一時二時頃~ (7, 0.1%)

2 になる 1 であつ, でもあったろう, になっ, までも夜ふかし, まで召

▼ 一時十五分~ (7, 0.1%)

1 だ, でとまっ, に智凡尼, に発見, を指し, 教えられた道, 迄の間

▼ 一時姿~ (7, 0.1%)

1 が見えなくなりました, をかくさね, を晦, を消し, を消した, を潜めました, を隠した

▼ 一時止ん~ (7, 0.1%)

3 でいた 2 でゐた, で空

▼ 一時近い~ (7, 0.1%)

1 このへん, だらう, のに, 時分宿を, 頃だ, 頃で, 頃であった

▼ 一時です~ (6, 0.1%)

21 か二時, けれど, ね, の

▼ 一時世間~ (6, 0.1%)

2 の大, の耳目 1 から持てはやされる, に喧伝

▼ 一時~ (6, 0.1%)

1 で終る如き, の平和, の感情, の感謝, の文明, の横断面

▼ 一時新聞~ (6, 0.1%)

1 でも騒がれた, などでその, に伝えられた, に見え, の政治部, をさわがした

▼ 一時だって~ (5, 0.1%)

1 こんなところ, 体が, 困るん, 忘れやしませんわ, 我慢が

▼ 一時ちょっと~ (5, 0.1%)

2 前に 1 万物が, 休息しました, 前ごろには

▼ 一時ほう~ (5, 0.1%)

3 と軽く 2 と輕

▼ 一時また~ (5, 0.1%)

1 パッサージ, 支払いが, 文字通り混乱しました, 精神主義といふ, 騒ぎだしたこと

▼ 一時よく~ (5, 0.1%)

2 なつた 1 いわれて, 来た葉, 燃えそう

▼ 一時より~ (5, 0.1%)

1 けい古暑, 二寸多く開き, 五分前だ, 会芳楼に, 衰えたこと

▼ 一時~ (5, 0.1%)

1 のもの, の中, の注意, の眼, を出し抜く

▼ 一時停止~ (5, 0.1%)

1 したと, して, となり, になる, を命じる

▼ 一時~ (5, 0.1%)

1 が二十年前, に渡し, のいつ, は, は氣

▼ 一時四十分~ (5, 0.1%)

1 から二十分, であること, にとうとうさしも, ばかりで評価, を指し

▼ 一時~ (5, 0.1%)

1 あわてに, さわぎと, 心配を, 流行を, 混雑を

▼ 一時大いに~ (5, 0.1%)

1 威を, 欝ぎ込んだ, 流行し, 繙読せられ, 落膽した

▼ 一時天下~ (5, 0.1%)

1 が家康, の人, の耳目, を震撼, を風靡

▼ 一時忘れ~ (5, 0.1%)

1 てい, ていた, てしまった, てドッ, 群衆の

▼ 一時忘れられ~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 ている, てゐた, 又はやりだし

▼ 一時~ (5, 0.1%)

1 に入れた, をひかえ, を休め, を降す, 離したの

▼ 一時的利益~ (5, 0.1%)

1 から双方, がある, は, は相殺, を相殺

▼ 一時~ (5, 0.1%)

1 がくらんだ, が昏ん, をまるく, を皿, を聳

▼ 一時~ (5, 0.1%)

1 あり薄, が狩小屋, さっとかかった, 掃いて, 過ぎ去つた後

▼ 一時~ (5, 0.1%)

5 の凄い

▼ 一時あまり~ (4, 0.0%)

1 か, もそこ, も鳴りひ, 好意を

▼ 一時あれ~ (4, 0.0%)

1 でたたら, と言っ, ほど熱中, ほど盛っ

▼ 一時かつ~ (4, 0.0%)

3 と明るく 1 と明く

▼ 一時けい古場~ (4, 0.0%)

1 へ, へ今夕, へ出る, 小劇場

▼ 一時すっかり~ (4, 0.0%)

1 しょげこんで, 放擲し, 落葉する, 鳴き止ん

▼ 一時ちかく~ (4, 0.0%)

1 なって, なってから, になつ, 生徒たちが

▼ 一時では~ (4, 0.0%)

1 あったが, あろうとも, ない, なくて

▼ 一時として~ (4, 0.0%)

1 安らかで, 忽せに, 説教と, 静まらぬ海

▼ 一時ほど~ (4, 0.0%)

1 でなくなった, では, 熱心じゃ, 眠くなっ

▼ 一時ぼんやり~ (4, 0.0%)

1 した, したほど, したよう, して

▼ 一時まったく~ (4, 0.0%)

1 すたれたが, 停まって, 太陽光線を, 昏倒した

▼ 一時ビクター~ (4, 0.0%)

3 へ行く 1 へ出る

▼ 一時三十分~ (4, 0.0%)

1 であった, に中里行き, までは召使二人, を指し

▼ 一時~ (4, 0.0%)

2 れを 1 を中止, 新意

▼ 一時二十分~ (4, 0.0%)

1 から菊田一夫作, だと, にリバプール街, の名古屋発

▼ 一時京都~ (4, 0.0%)

2 の農学校 1 が混乱, の空気

▼ 一時人間~ (4, 0.0%)

1 に化けた, の夫, の形, の愛

▼ 一時大騒ぎ~ (4, 0.0%)

1 した人, になっ, をやっ, を繰り返した

▼ 一時廬堂~ (4, 0.0%)

1 を, を廻っ, を廻つて, を廻つて音

▼ 一時彼女~ (4, 0.0%)

1 に外套, に御, の里, を陰

▼ 一時~ (4, 0.0%)

1 に残った, は往生観念仏, ようやく入, 白河法皇が

▼ 一時~ (4, 0.0%)

1 入費も, 利用なされ, 子息を, 留山

▼ 一時文ビル~ (4, 0.0%)

21 へ出る, へ行く

▼ 一時日本~ (4, 0.0%)

1 でも大いに, に亡命, の小説, へ伝わった

▼ 一時曹操~ (4, 0.0%)

1 に返し, に降っ, に降った, へ降服

▼ 一時気絶~ (4, 0.0%)

1 しおりたるハドルスキー氏, したに, して, せんと

▼ 一時沈黙~ (4, 0.0%)

3 して 1 すること

▼ 一時消え~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てしまつ, てもやはり

▼ 一時的狂気~ (4, 0.0%)

1 であるが, の幻, の発作, の類

▼ 一時盛ん~ (4, 0.0%)

1 な人気, に外国人, に熱く, に研究

▼ 一時立て替え~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てもらう, て下さる, て貰えないだろう

▼ 一時繁昌~ (4, 0.0%)

1 した時, するの, の縛られ, を極め

▼ 一時郷里~ (4, 0.0%)

1 に帰っ, の松山, へ帰りました, へ退く

▼ 一時開始~ (4, 0.0%)

2 とある 1 だから, だとばかり

▼ 一時随分~ (4, 0.0%)

1 二時三時の, 気合ひ, 耳に, 評判でございました

▼ 一時あずけ~ (3, 0.0%)

2 にし 1 て静か

▼ 一時あたり~ (3, 0.0%)

1 が白, に際立つ, は行列

▼ 一時おれ~ (3, 0.0%)

1 に來, はあいつ, はそれ

▼ 一時からといふ~ (3, 0.0%)

2 こと 1 のに

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 ている, ておこう, て私

▼ 一時そんな~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことで, 事が

▼ 一時だけの~ (3, 0.0%)

1 ことで, こと實際に, 物で

▼ 一時という~ (3, 0.0%)

1 のだ, 事です, 刻限であった

▼ 一時どう~ (3, 0.0%)

1 なるか, なるかと, なること

▼ 一時なり~ (3, 0.0%)

1 とも人, とも疑い, とも肩身

▼ 一時にど~ (3, 0.0%)

1 つとやつ, つと彼, つと襲

▼ 一時わが~ (3, 0.0%)

1 國に, 國の, 國へ

▼ 一時わたくし~ (3, 0.0%)

1 の仮寓, はすっかり, も気

▼ 一時九州~ (3, 0.0%)

1 に雄飛, の炭坑, へかくれた

▼ 一時二十分前~ (3, 0.0%)

2 でした 1 に起せ

▼ 一時二十分過ぎ~ (3, 0.0%)

2 です 1

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 の姿, 埋葬を, 議長の

▼ 一時休息~ (3, 0.0%)

2 して 1 させそれから

▼ 一時休憩~ (3, 0.0%)

1 する場所, となった, の観

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 うかと思つたの, かに引っかかった, かの魔

▼ 一時十五分過ぎ~ (3, 0.0%)

1 だった, におそい, に私

▼ 一時十分~ (3, 0.0%)

1 いよいよ赤石, だった, にし

▼ 一時十分前~ (3, 0.0%)

1 ぐらいです, だった, よ

▼ 一時四十五分~ (3, 0.0%)

1 であったから, で来る, には頂上

▼ 一時大阪~ (3, 0.0%)

1 で盛ん, で鳴らした, の軍気

▼ 一時失神~ (3, 0.0%)

1 しただけ, し覚醒後, の思い

▼ 一時宿~ (3, 0.0%)

1 へ帰っ, へ帰る, を引払っ

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 劇場へ, 學校にな, 流行を

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 が薄く, をひそめ, を潜め

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 の平靜, も形, 迷ったが

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 にいわば, に盛, に秋

▼ 一時意識~ (3, 0.0%)

2 を失い 1 を失う

▼ 一時或は~ (3, 0.0%)

1 地所家屋の, 自由党の, 自由黨の

▼ 一時断念~ (3, 0.0%)

1 した, して, すること

▼ 一時明るく~ (3, 0.0%)

1 なって, なつた, なつて

▼ 一時杜絶~ (3, 0.0%)

1 えた囲炉裏端, えて少年労働者, した呂宋

▼ 一時東京~ (3, 0.0%)

1 に戻つ, の家, の小石川

▼ 一時東宝~ (3, 0.0%)

1 へ, へ出る, 小劇場集合

▼ 一時死んだ~ (3, 0.0%)

1 かも分らん, やうに, ように

▼ 一時~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ 一時混乱~ (3, 0.0%)

1 した一九一八年時代, した頭, して

▼ 一時的原因~ (3, 0.0%)

1 から起り得る, なかんずくその, によってそれ

▼ 一時相当~ (3, 0.0%)

1 に登山者, に研究, の重態

▼ 一時社会~ (3, 0.0%)

1 から預った, では非常, に献納

▼ 一時稽古場~ (3, 0.0%)

3

▼ 一時~ (3, 0.0%)

2 れて 1 れの

▼ 一時~ (3, 0.0%)

1 が立つた, を立てた, 少し元気

▼ 一時苦しい~ (3, 0.0%)

1 のは, 気持に, 目に

▼ 一時茫然~ (3, 0.0%)

1 とし, とした, として居た

▼ 一時融通~ (3, 0.0%)

2 して 1 の道

▼ 一時賜金~ (3, 0.0%)

1 が百三十円, とか, を受取る

▼ 一時途方~ (3, 0.0%)

2 にくれた 1 に暮れた

▼ 一時限り~ (3, 0.0%)

1 の, の人夫, の用

▼ 一時静止~ (3, 0.0%)

2 した牛 1 する

▼ 一時あなた~ (2, 0.0%)

1 の中, の心

▼ 一時あの~ (2, 0.0%)

1 女を, 河原者の

▼ 一時いや~ (2, 0.0%)

1 でもお, な言葉

▼ 一時お宅~ (2, 0.0%)

1 のアパアト, へお供

▼ 一時かっと~ (2, 0.0%)

1 なって, 明るくなった

▼ 一時からの~ (2, 0.0%)

1 復習の, 舞台けい古珍らしく

▼ 一時かれ~ (2, 0.0%)

1 の世話, を満足

▼ 一時がやがや~ (2, 0.0%)

1 とやかましかっ, と口上

▼ 一時こんな~ (2, 0.0%)

1 事を, 気持で

▼ 一時そうした~ (2, 0.0%)

2 方法を

▼ 一時そち~ (2, 0.0%)

1 の奉公, も丹左

▼ 一時そのまま~ (2, 0.0%)

1 棒立ちにな, 残して

▼ 一時ちかい~ (2, 0.0%)

1 ころ根岸の, 時間に

▼ 一時づゝ~ (2, 0.0%)

2 の仕事

▼ 一時とは~ (2, 0.0%)

1 なった時計, 言いながら

▼ 一時とめ~ (2, 0.0%)

1 ておい, てすばやく

▼ 一時ながら~ (2, 0.0%)

1 人心は, 大いに羽柴軍

▼ 一時なら~ (2, 0.0%)

2 む何と

▼ 一時なりとも~ (2, 0.0%)

1 米友の, 解放する

▼ 一時なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 程そう

▼ 一時にて~ (2, 0.0%)

2 学校を

▼ 一時にな~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ 一時にゃ~ (2, 0.0%)

2 一人ずつ

▼ 一時にんじん~ (2, 0.0%)

1 はじっと, は口

▼ 一時ばかりに~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一時ひそか~ (2, 0.0%)

1 に凝った, に望ん

▼ 一時ひどく~ (2, 0.0%)

1 ヒステリックに, 廃れて

▼ 一時びっくり~ (2, 0.0%)

1 した茂太郎, して

▼ 一時ほっと~ (2, 0.0%)

1 した, した気持ち

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 じゃあ休み, に合せ

▼ 一時までに~ (2, 0.0%)

1 一回起き, 三宅氏の

▼ 一時やかましく~ (2, 0.0%)

2 云はれた

▼ 一時やや~ (2, 0.0%)

1 振はず, 過ぎた頃

▼ 一時やん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でも戦後戦

▼ 一時わが国~ (2, 0.0%)

1 などでも非常, に行われたる

▼ 一時わすれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てお

▼ 一時カフェー~ (2, 0.0%)

1 の中, やレストラン等

▼ 一時クリストフ~ (2, 0.0%)

1 はその, を愛した

▼ 一時ドヤドヤ~ (2, 0.0%)

2 と立つた

▼ 一時ハッキリ~ (2, 0.0%)

1 した少年時代, 天皇であり

▼ 一時パッ~ (2, 0.0%)

1 と力, と燃やし

▼ 一時パリー~ (2, 0.0%)

1 と同様, を離れ

▼ 一時ロンドン~ (2, 0.0%)

1 に移転, に響いた

▼ 一時一瞬~ (2, 0.0%)

1 にしろ, の生活

▼ 一時三十五分~ (2, 0.0%)

1 に一台, の京都行

▼ 一時下火~ (2, 0.0%)

1 となった, になつて

▼ 一時両国~ (2, 0.0%)

1 で鳴らした, の人気

▼ 一時中断~ (2, 0.0%)

1 された仕事, するよう

▼ 一時二人~ (2, 0.0%)

1 に離れた, の話

▼ 一時二十五分~ (2, 0.0%)

1 より三十七分, を示し

▼ 一時二時三時~ (2, 0.0%)

1 だな, 長い長い夜

▼ 一時五分前~ (2, 0.0%)

2 なのに

▼ 一時人事不省~ (2, 0.0%)

1 に陥った, のよう

▼ 一時人口~ (2, 0.0%)

1 に膾炙, の減少

▼ 一時人気~ (2, 0.0%)

1 は高まる, を呼んだ

▼ 一時人通り~ (2, 0.0%)

1 が絶えた, の絶えた

▼ 一時人間界~ (2, 0.0%)

1 に留まりし, に降り来たる

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 れたものの, れて

▼ 一時仕舞っ~ (2, 0.0%)

1 ておけ, てしまった

▼ 一時他殺~ (2, 0.0%)

1 ではない, の疑い

▼ 一時休止~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 の間, も物語り

▼ 一時余り~ (2, 0.0%)

1 とは今日, の戦闘

▼ 一時借りる~ (2, 0.0%)

1 ことに, 積りで

▼ 一時借用~ (2, 0.0%)

1 なぞというの, に及んだ

▼ 一時先生~ (2, 0.0%)

1 にも御, を瞞着

▼ 一時入院~ (2, 0.0%)

1 したが, した事

▼ 一時全快~ (2, 0.0%)

1 して, はなしたる

▼ 一時全盛~ (2, 0.0%)

1 を極めた, を極めて

▼ 一時兩國~ (2, 0.0%)

1 で鳴らした, の水茶屋

▼ 一時出発~ (2, 0.0%)

1 だ, の由

▼ 一時別室~ (2, 0.0%)

1 でお, へ遠慮

▼ 一時動揺~ (2, 0.0%)

2 したらしい夫人

▼ 一時十六分~ (2, 0.0%)

2 を示し

▼ 一時十分過ぎ~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 一時半時~ (2, 0.0%)

1 では誰方, を争う

▼ 一時叔父~ (2, 0.0%)

1 の許, を訪ねました

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 が仕事, の目

▼ 一時呆然~ (2, 0.0%)

1 としてありし, としていました

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 はあずけ, はない

▼ 一時喧伝~ (2, 0.0%)

1 されたが, された奥州佐久間

▼ 一時喫驚~ (2, 0.0%)

2 しました

▼ 一時四十分頃~ (2, 0.0%)

1 また西沢, までの間

▼ 一時地球~ (2, 0.0%)

1 とともにその, の表面

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 に注意, へ出た

▼ 一時多く~ (2, 0.0%)

1 なること, 浅田宗伯に

▼ 一時大変~ (2, 0.0%)

1 に信頼, 悪かった

▼ 一時夫婦~ (2, 0.0%)

1 になっ, の離れ居る

▼ 一時失望~ (2, 0.0%)

1 したが, をした

▼ 一時失業~ (2, 0.0%)

2 させられた

▼ 一時失神状態~ (2, 0.0%)

1 になっ, に陥っ

▼ 一時失脚~ (2, 0.0%)

1 したと, をなさいまし

▼ 一時女遊び~ (2, 0.0%)

1 に遠, に遠ざかっ

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 な予期, な風

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 と彼女, にし

▼ 一時姑息~ (2, 0.0%)

2 の施設

▼ 一時学業~ (2, 0.0%)

1 を中止, を廃

▼ 一時安心~ (2, 0.0%)

1 しただけ, すること

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 をたたみ, を出

▼ 一時寄留~ (2, 0.0%)

1 するに, する人

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 が意, れ等

▼ 一時巴里~ (2, 0.0%)

1 の劇壇, の好事家中

▼ 一時帰郷~ (2, 0.0%)

1 したの, せられて

▼ 一時弟子~ (2, 0.0%)

1 の羽倉信美, を取る

▼ 一時当惑~ (2, 0.0%)

1 した, したの

▼ 一時心配~ (2, 0.0%)

1 したファッショ的, した時子

▼ 一時忘れる~ (2, 0.0%)

1 ことが, 者が

▼ 一時快く~ (2, 0.0%)

1 なって, なりましたので

▼ 一時思った~ (2, 0.0%)

1 のだった, のは

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 を抜こう, 絶えたが

▼ 一時悲しみ~ (2, 0.0%)

1 はするだろう, を忘れた

▼ 一時我が~ (2, 0.0%)

1 國へ, 藩の

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 へだけで, へて置く

▼ 一時押収~ (2, 0.0%)

1 ですの, という探偵

▼ 一時支那~ (2, 0.0%)

1 の上下, の官民

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 の力, をおとり

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 の核心部, を追いちらし

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 うは, かる勢力

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 をとっ, をやり

▼ 一時暗澹~ (2, 0.0%)

1 たる有様, と脅かした

▼ 一時有力~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 の人々, の遊び夥伴

▼ 一時東宝グリル~ (2, 0.0%)

1 で十一月狂言決定, へ七月

▼ 一時~ (2, 0.0%)

2 公卿に

▼ 一時栄えた~ (2, 0.0%)

2 歴史を

▼ 一時~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 一時植木屋~ (2, 0.0%)

2 の職人

▼ 一時止め~ (2, 0.0%)

1 ていた, になつたの

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 から免, のかたち

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 がたまっ, を防ぐ

▼ 一時江戸~ (2, 0.0%)

2 に名高く

▼ 一時洛外~ (2, 0.0%)

1 に隠し, の醍醐寺辺

▼ 一時流出~ (2, 0.0%)

1 でぬ, を氣

▼ 一時流布~ (2, 0.0%)

1 したこと, したの

▼ 一時浮き立った~ (2, 0.0%)

1 人の, 席を

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 をのん, を納め

▼ 一時熱心~ (2, 0.0%)

1 に風, の光

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 の住まった, の許

▼ 一時片時~ (2, 0.0%)

1 も吾, も心安き

▼ 一時瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 を勝彦

▼ 一時疎開~ (2, 0.0%)

1 されそこで, せよと

▼ 一時疑い~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を向け

▼ 一時疑っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て見た

▼ 一時疑問~ (2, 0.0%)

2 の中心

▼ 一時病気~ (2, 0.0%)

1 となり, の重かっ

▼ 一時的事情~ (2, 0.0%)

1 によって自我的傾向, によるもの

▼ 一時的対策~ (2, 0.0%)

1 しかない, を提唱

▼ 一時的後退~ (2, 0.0%)

1 からの立ち直り, はブルジョア・インテリゲンツィア作家達

▼ 一時的感情~ (2, 0.0%)

1 にあらずし, より来たる

▼ 一時的救済~ (2, 0.0%)

1 の代り, はひとたび

▼ 一時的清教徒~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 一時的激情~ (2, 0.0%)

1 から覚める, によって殺人

▼ 一時的解脱~ (2, 0.0%)

1 に人, に導く

▼ 一時的騰貴~ (2, 0.0%)

1 である, は労働

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 なりしフィレンツェ, に目の玉

▼ 一時~ (2, 0.0%)

2 から改心

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 から改心, 闇の

▼ 一時眩惑~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 一時研究~ (2, 0.0%)

1 を中止, を放擲

▼ 一時硯友社~ (2, 0.0%)

1 の倶楽部, はあたかも

▼ 一時稍佳良~ (2, 0.0%)

1 であったが, であつ

▼ 一時立ちすくんだ~ (2, 0.0%)

1 のは, のも

▼ 一時米国~ (2, 0.0%)

1 の手, へも来た

▼ 一時結婚~ (2, 0.0%)

1 するとか, を妨げられる

▼ 一時絶対~ (2, 0.0%)

2 の優勢

▼ 一時繁栄~ (2, 0.0%)

1 したところ, を極めた

▼ 一時自信~ (2, 0.0%)

2 をもつ

▼ 一時芸者~ (2, 0.0%)

1 に出, の数

▼ 一時若く~ (2, 0.0%)

2 は或

▼ 一時落着~ (2, 0.0%)

1 いた, いたくらい

▼ 一時行われた~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ことは

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 へた, へました

▼ 一時衰え~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 一時見合わせ~ (2, 0.0%)

1 となっ, 病院へ

▼ 一時評判~ (2, 0.0%)

1 になっ, にはなった

▼ 一時越後屋~ (2, 0.0%)

2 の向う

▼ 一時軽快~ (2, 0.0%)

1 しますが, に赴かれました

▼ 一時~ (2, 0.0%)

2 ひ出されて

▼ 一時退~ (2, 0.0%)

1 軍せいとの, 軍を

▼ 一時退却~ (2, 0.0%)

1 したくらい, したまで

▼ 一時逃がれ~ (2, 0.0%)

2 の気

▼ 一時進行~ (2, 0.0%)

1 を中止, を止め

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 ざかつてゐた茶屋這入り, 逝せり

▼ 一時避難~ (2, 0.0%)

1 するが, する仕度

▼ 一時釈放~ (2, 0.0%)

1 されて, ということ

▼ 一時金魚~ (2, 0.0%)

2 の死んだ

▼ 一時銀座~ (2, 0.0%)

1 の或, の街頭

▼ 一時鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の執権職, をくれ

▼ 一時鎮静~ (2, 0.0%)

1 した実業熱, に至りたる

▼ 一時閉店~ (2, 0.0%)

2 するつもり

▼ 一時閉鎖~ (2, 0.0%)

1 するの, となる

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 を十里, を退けと

▼ 一時隠す~ (2, 0.0%)

1 トリック, トリックでは

▼ 一時集合~ (2, 0.0%)

1 するという, なのに

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 になった, を命ずる

▼ 一時静か~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 一時静まっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 を赤く, 喰った位

▼ 一時頃家~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 一時頃酒~ (2, 0.0%)

2 が飲みたくなる

▼ 一時預かっ~ (2, 0.0%)

1 ていただこう, て貰う

▼ 一時預けし~ (2, 0.0%)

1 てあった, てきた

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 のなか, を振るであろう

▼ 一時~ (2, 0.0%)

2 の両側

▼ 一時養女~ (2, 0.0%)

1 ということ, にした

▼ 一時~ (2, 0.0%)

1 まで浸る, を回らし

▼ 一時麻痺~ (2, 0.0%)

1 させれば, して

▼1* [1586件]

一時ああいう話, 一時あずかって在る, 一時あずかりとなった, 一時あたしがこの, 一時あっとした, 一時あったが秀吉, 一時あつたといふ, 一時あづかることと, 一時あとあとの暮し, 一時あやまって私, 一時あらぬ狂名を, 一時あらゆる自己の, 一時ある方面の, 一時あんなに仲の, 一時いかなる非難非, 一時いかに深く埋没, 一時いかほど流行した, 一時いきり立った曹操にも, 一時いけないんだ, 一時いずこへなと, 一時いろいろ物議とも, 一時いわゆる官員様と, 一時うでた方が, 一時うなってしまっ, 一時うるさく付き纏って, 一時うんざりしましたが, 一時おいしいと思ふ, 一時おいでを願わね, 一時おかみさんが女学生, 一時おくことも, 一時おくれりや一時, 一時おさえのカンフル注射, 一時おさまったらしいので衛兵長, 一時おさめる覚悟定めた, 一時おまえを眠らせる, 一時お上さんの嫉妬, 一時お前に預けた, 一時お前さんに暇, 一時お嬢さんを隠し, 一時お預けとする, 一時かの二剣を, 一時からというので, 一時かりに越して, 一時かるいつんぼに, 一時がっかりしまして, 一時に春, 一時きざみに弥惣兵衛, 一時ぎくと衝撃, 一時ぎょうさんにおどろき騒いだ, 一時ぎんも身, 一時くらくらと瞑, 一時ぐらいかも知れません, 一時ぐれていた, 一時こいつを縛っ, 一時こうして, 一時こういうところへ, 一時こうして隠匿し, 一時こしらえの寝床, 一時こそ一期の, 一時こっちを注視, 一時ことごとく記憶の, 一時この世の何物, 一時これらの画家, 一時ころでしょうね, 一時こんなにも思つて諦め, 一時案内申しあげた, 一時ごたごたした, 一時ごとに一猿, 一時ごまかしで処分, 一時ごまかすための, 一時ごろ人見は倉庫, 一時ごろ伴れの, 一時ごろ帰ッた時, 一時ごろ旅の私達, 一時ごろ暗夜ではあった, 一時ごろ横浜の興行師, 一時ごろ浦賀へ着いた, 一時ごろ男と女, 一時ごろ眼が覚めた, 一時ごろ芸術座のカチャーロフ, 一時ういふ, 一時さえ何とかお, 一時さかんに始まりかけた, 一時さし止めなければ, 一時さしおいても大した, 一時さっと真っ赤に, 一時さびれたというこの, 一時さまざまだったが, 一時しげしげつき合いそう, 一時しずまっていた, 一時しんとした, 一時すぎたら自働電話, 一時すぎアダリンをのむ, 一時すぎセットへ入る, 一時すぎハイヤで家, 一時すぎ中原君来訪同道して, 一時すぎ二時ちかくだ, 一時すぎ女房が迎, 一時すぎ如月敏夫婦が来た, 一時すぎ宿へ帰る, 一時すぎ富士館てふ, 一時すぎ帰宅道子帰った, 一時すぎ座へ出る, 一時すぎ東宝ビルへ, 一時すぎ法衣をぬぐ, 一時すぎ窓や台所, 一時すぎ野上さんのところ, 一時すこぶる真面目に, 一時すみをながした, 一時ずいぶん悲惨な, 一時ずゐぶん悲慘な, 一時そうでしたが, 一時そういう事に, 一時それぞれにかつ, 一時それなりに呵し去れた, 一時それらのこと, 一時たじたじとなった, 一時たたぬ中に, 一時ただ半時走りさえ, 一時たてかへて欲しい, 一時たてかえて下さい, 一時たてこもりたる処也, 一時たまっている, 一時たりとも目を, 一時だけでもそれが, 一時ちかかつた, 一時ちかかったかも, 一時ちょうど自分の, 一時ちょッと過ぎた, 一時ちりぢりに, 一時つくろっておいた, 一時つとめたことが, 一時であって次, 一時でありましょうとも二時, 一時であるが神, 一時でないことが, 一時でなくとも本年, 一時といふ時に輸送車, 一時としても私が, 一時とだえた追懐の, 一時とて行くアテ, 一時とまるという騒ぎ, 一時とも覚しき頃, 一時どういう気か, 一時どうしてもそこに, 一時のに気, 一時なお長し一刻, 一時なおっていた, 一時なかなかの重体, 一時なくなり一部分なくなり, 一時などは椽側に, 一時なりと云われましたらそれ, 一時なんとなく空虚だった, 一時にあたりは淋しくなった, 一時にげだす手も, 一時にとほうも, 一時にとり去られて, 一時により集り彼, 一時のがれやっている, 一時のけぞり返るほどに眼, 一時のしのぎはつくからなあ, 一時のなぐさみものになさるおつもりでは無かっ, 一時はげつそりと, 一時はっきりと冴えかえりました, 一時はっと気が付きかけたが, 一時はと言うの, 一時はどないなる, 一時ばかりの間に, 一時ばかりも続いて, 一時ひっくりかえったがほどなく, 一時ひっそりしたが, 一時ひるんだ, 一時ふき出したいやうでした, 一時ふくれていた, 一時ふざけた意味で, 一時ふっ飛んでしまい, 一時ほぐすために, 一時ほどの間を, 一時ほどは旦那風を, 一時ほども待たされた, 一時まかせておく, 一時まぢかくなったとき, 一時まっくらやみに, 一時まっ暗になる, 一時まつたくほこりの, 一時までと云うので, 一時までという約束で, 一時までの二時間を, 一時までは許して, 一時まばらになり, 一時みなお絹, 一時みな弘前県に合併, 一時むくれてみた, 一時むっとしたから, 一時もあてられなかつた, 一時めちゃめちゃになっ, 一時もうろう状態に陥っ, 一時もじっとしてはいられなかった, 一時もたげられた彼の, 一時もちきりだった, 一時もっぱらいわれた郷, 一時そこいら, 一時やかましかつた, 一時やめていた, 一時やめてたほど宇野, 一時やめねばならぬ, 一時ゆだねて進ん, 一時ゆるがせにし, 一時ゆるめた速力を, 一時よかってもまた, 一時よこしてくれ, 一時よほど容態が, 一時よりは二十分ばかり, 一時わしの手, 一時わし共を助け, 一時わたしを始め, 一時われを失いし, 一時をも失わぬよう, 一時アメリカの映画, 一時オーストリア国に対して戦勝, 一時カッとした, 一時ケリがつく, 一時ゴンドラから解放, 一時サーッと退いた, 一時シャンマティユーを誤認, 一時シラキュースに行われた, 一時ジャストである, 一時スクリーンを暗く, 一時ストリンドベルヒに心酔, 一時ソレと総立ち, 一時チェスタアトンやビイアボオム, 一時チャンチン料理があった, 一時ツァイスが入らなくなる, 一時トタン塀を建仁寺まがい, 一時トルストイやタゴール, 一時ドイツ劇壇に覇, 一時ドイツ軍に占領, 一時ドウかと気, 一時はたあげすべし, 一時ニューグランドで大辻, 一時ノウトルダムの妖怪, 一時ハタと竭ん, 一時ハッとした, 一時ハムレット的なもの, 一時バイブルに次ぐ, 一時バイロン流行の頃, 一時バスの待合所, 一時バラバラに外し, 一時パッタリと流行らなくなりまし, 一時パルトニハのところ, 一時ビクター吹込みに行く, 一時ピンとひきしまり, 一時ブウルジュワ階級の甘美趣味, 一時プロレタリア文学に対する過小評価, 一時プロレタリヤ演劇といふやう, 一時ベビーゴルフ場になった, 一時ホッと息, 一時ポーロの書物, 一時マコウレイが住ん, 一時ムカとしてもみました, 一時ヤアギチ大佐と同じ, 一時ヨイヨイのよう, 一時ヨーロッパの好, 一時ラ・モルグに収められ, 一時リャンコルン街の五十番, 一時レーニンの社会民主労働党, 一時ロロー殿下の方, 一時ワアツと笑, 一時ワツと騒, 一時糊塗ナサルヨリ方法ハゴザイマセン, 一時一世の流行, 一時一人がまるで, 一時一処の国民性, 一時一分というの, 一時一定の形, 一時一寸すぎに座, 一時一寸溝をつく, 一時一寸累なったのに, 一時一時と時, 一時一晩でも音楽, 一時一様に行わるる, 一時一洵さん来庵三月三日の吟行, 一時一等華か, 一時七五調の今様, 一時七分にはもう, 一時七夕の飾物, 一時七里ヶ浜恵風園に入院中, 一時万雷に似た, 一時三分の大垣行, 一時三十二分のサクラにのり, 一時三十五分皇海山の西峰, 一時三十五分過ぎ二人は私, 一時三十六分のツバメで岸井, 一時三十六分名古屋駅発帰京の途, 一時三十分あと三十分しかない, 一時三十分ごろから又, 一時三十分のバスで帰る, 一時三十分出発一時間にし, 一時三十分過ぎにはすでに, 一時三方へ散らした, 一時三浦環の門, 一時三藏が法外遲, 一時三角暗礁に拠っ, 一時上ノ山へ隠れた, 一時上月の城, 一時上演禁止となったらしい, 一時上邸の長屋, 一時上野の山, 一時附の, 一時下らせるより外, 一時下りかけた熱が, 一時下塗り奴にでも紛れ込ん, 一時忍の, 一時不健康な體状, 一時不安を感じ, 一時不安げに毬, 一時不完全にでも食えた, 一時不審を抱かれた, 一時不愉快な記憶, 一時不時停車をし, 一時不用になり, 一時不穏な空気, 一時不覚の状態, 一時不遇なよう, 一時不首尾に悄気, 一時世にもて囃され, 一時世の中がラジウム, 一時世上の交渉, 一時世界の音楽界, 一時世界一と言われた, 一時世界主義が唱導, 一時世界的な流行, 一時軍は, 一時両者の間, 一時両親を恋, 一時中休みをした, 一時中古市場の話, 一時中央では小康, 一時中学の書記, 一時中村屋の一室, 一時中継たりし, 一時主人の手, 一時主家の血統, 一時主義者は宗教, 一時久助と共に切支丹族, 一時九分のところ, 一時九分岐阜発くた, 一時九太夫方へ移し, 一時乞食であ, 一時亀山でやわし, 一時亂脈になつ, 一時予感される夢, 一時事なきを得た, 一時事業で失敗, 一時二の丸の方, 一時二刀をひとつ, 一時二十何分の汽車で平, 一時二十分すぎに一人, 一時二十分の準急で立つ, 一時二十分上野発で宇都宮, 一時二十分京都駅前集合, 一時二十分間で終わっ, 一時二時むかしのことば, 一時二時波蘭人と哥薩克, 一時二時間ばかり行乞, 一時二時頃誰からともなく, 一時二朱の掛金, 一時五体の循環, 一時五分だつた, 一時五分の上りでお立ち, 一時五分東京駅着文ビルへ急ぐ, 一時五分東西にわかる, 一時五十分差切についた, 一時五十分経文歌の合図, 一時井師との間, 一時井戸に沈める, 一時亡くなつた本も, 一時交友間に有名, 一時交渉は絶え, 一時の噂, 一時京師鷹司殿に雑司, 一時京橋のある, 一時亭主の吉蔵, 一時人々の間, 一時人工肺臓を接続, 一時人心を途方, 一時人生を失った, 一時人生問題に没頭, 一時人界に淹留, 一時人目を聳動, 一時人眼に付かない, 一時人間性を失い, 一時今朝の勢, 一時仏国の民心, 一時仏教の勢力, 一時仏者に敵する, 一時仏蘭西の共和政体, 一時仕えられたのであります, 一時領へ, 一時代々木の原, 一時代書人をし, 一時仮植せるもの, 一時仮死の状態, 一時仮装殺人を園部, 一時仰天して, 一時仰山におどろき騒いだ, 一時伊賀に身, 一時伊那町着あちらで訊ね, 一時休ましてもらおう, 一時休みです, 一時休むことに, 一時休学して, 一時休戦だぞ, 一時休戦状態に入った, 一時休業届を出し, 一時会場伊吹へ, 一時会社をよし, 一時を失い, 一時伝統のま, 一時佇立せしめたの, 一時住まっていた事, 一時住むことに, 一時を隠す, 一時体験しましたが, 一時何となく陰々と, 一時何処か遠方, 一時何分に来, 一時何分の汽車で女房, 一時何故だか, 一時何處かへ行く, 一時余儀なく手伝いを, 一時作りのもの, 一時作品の世界, 一時使用したばかり, 一時供述をかえ, 一時便宜のため用, 一時便宜上のハウスキイパア, 一時俊成の養子, 一時保留にし, 一時信州の里, 一時信長の前, 一時俳句にも季題, 一時俳壇を退れた, 一時住いしなけれ, 一時借してやっ, 一時借ってました, 一時借りている, 一時借りたもの, 一時借りなけりゃならねえそう, 一時借金しても, 一時假議長の事, 一時停滞した人波, 一時停車した, 一時停車場へ着く, 一時健康をそこない, 一時の目, 一時催眠術の研究, 一時傳つてゐた, 一時傾倒して, 一時僅か前, 一時の救援, 一時優勢を保つた, 一時免官せしめられたこと, 一時都が, 一時全員ひきあげること, 一時全欧に鳴った, 一時全滅して, 一時全然破壞, 一時八隅と称した, 一時公儀のお, 一時六条の仮, 一時共和の政, 一時を収めた, 一時其姿を変じたる, 一時其方どもの賊, 一時其極に達し, 一時其筋の問題, 一時内国市場においてその, 一時内地へ出掛ける, 一時内心で喜びました, 一時円城寺天山あたりと改進党党報, 一時円本潮来の渦中, 一時ぎといふやうな消極的な, 一時凍らないとも火, 一時出しても無駄, 一時出先の調査機関, 一時出入を禁じられ, 一時出動見あわせと, 一時出来るだけ大, 一時出棺の間にあい, 一時出発長次郎頭一時半長次郎出合二時三十五分着三時五十分出発, 一時出立少し行乞, 一時分離されて, 一時切れていた, 一時切れがちになっ, 一時切捨てなければならない, 一時初対面の誰人, 一時別になつて, 一時別れたのであった, 一時別居させて, 一時利用せられたの, 一時前後雪も風, 一時をおさめた, 一時剣術に凝つ, 一時剣道部に席, 一時しい興奮, 一時劇壇の注目, 一時力抜けのする, 一時力負けがし, 一時ケテイタヾキタイト云ッテルンデス, 一時勇気を失うであろう, 一時動作を失, 一時勘当までされた, 一時勝利を得る, 一時勢力を逞しうし, 一時と南, 一時北支問題に絶大, 一時北方の鞍部着, 一時北朝方の襲撃, 一時北海道の西海岸, 一時北野から七条, 一時北門から逃げ退こう, 一時北陸へ避ける, 一時区長という役, 一時匿われていた, 一時十七分で帰京, 一時十五分ごろ寺にいた, 一時十五分前だ, 一時十五分前秀陳がさっき, 一時十何分に大分, 一時十分の汽車で土樽, 一時十分の熱海発で伊東, 一時十分ビクターの吹込, 一時千万長者の経験, 一時千束に仮寓, 一時千秋の思, 一時南鮮の孤島, 一時博多の北船, 一時占領せられたかたち, 一時いところ, 一時即急に仕上げん, 一時厄介になつ, 一時厳重に固め, 一時去らせると検事, 一時寒の, 一時友達に立て替へる, 一時収まったがそれ以来, 一時収めてゐた, 一時取りはずしたりし, 一時取り替へてくれぬ, 一時取り沈められたように, 一時取るのは, 一時取れましたがね秋, 一時が塞, 一時古びた写真の, 一時成り有力, 一時台湾総督になっ, 一時史界をふうび, 一時太衛門, 一時各戸の牆壁, 一時同じような, 一時同姓の家, 一時同道して, 一時向島へ預け, 一時吹込みなので, 一時とした, 一時呆れ返ったがやがて, 一時呆気に取られ, 一時呆然となって, 一時告訴から離れます, 一時呼吸を止められた, 一時和げられていた, 一時和したる敵国に, 一時和睦はした, 一時和製椿姫と云え, 一時和雨到心頭, 一時哲学に耽った, 一時唐化熱の為, 一時唱えられたことが, 一時商況の不景気, 一時問くらゐ, 一時問題になった, 一時啼かなくなったりする, 一時喜ばしたいがため, 一時喜撰風呂の奥, 一時喪心するほどの, 一時嘱託した, 一時嘲弄はれて, 一時噴行艇の修理, 一時囚人を解放, 一時四十七分である, 一時四十何分かに発見, 一時四十分ごろになっ, 一時四十分のバスでかえりました, 一時四十分野原を通り, 一時四十分間かかったが, 一時四辺を払った, 一時四隣は寂, 一時団体をなす, 一時囲われたことの, 一時へ帰る, 一時国内の耳目, 一時国樔人の住ん, 一時国民のすべて, 一時国民精神総動員といふ言葉, 一時国益新聞というの, 一時國學者などは歴史, 一時土地を抵当, 一時土砂石材の置場, 一時圧倒されたる観, 一時地下室に入っ, 一時坤竜を手, 一時は敵手, 一時の事, 一時堂ビル地下の松井, 一時場外に退出, 一時塞がれたま, 一時墓場は何, 一時増したのである, 一時増加しようかと, 一時になった, 一時変った事の, 一時変化するだけ, 一時のさかり, 一時外交上の政略, 一時多少景気づいた, 一時多数病室に半月, 一時多紀藍渓時代に百日課, 一時多額の利潤, 一時大したものだった, 一時大丸の店, 一時大分凝ったこと, 一時大勢になり, 一時大層流行たもの, 一時大野のもと, 一時も賑わう, 一時天下紛乱のすき, 一時天皇後醍醐に移った, 一時だしく激し, 一時失念したること, 一時失明したこと, 一時失業労働者の数, 一時失神同乗の助手, 一時奇観を呈せり, 一時奉職する身, 一時へはいった, 一時奪回したり, 一時女学校の教員, 一時女学生界の流行, 一時女房を預けたい, 一時好んで下層社会, 一時好事家間に珍, 一時好奇心に投じ, 一時の家, 一時姉さんの聟, 一時威圧で抑え, 一時娼家の物, 一時婚礼を待たせる, 一時嫉妬を感じた, 一時嫌疑をかけられた, 一時子分たちは地方, 一時孤立せざるを, 一時學界を風靡, 一時宇品着電車で局, 一時守人を忘れ, 一時守本尊を失つた體, 一時安倍能成氏や速水滉先生, 一時安全を保つ, 一時官渡の地, 一時宝塚へ入った, 一時実家へ対し, 一時室内ヲ暗, 一時家じゅうのもの, 一時家庭を離れ, 一時宿らせるとその, 一時宿場の火勢, 一時とし, 一時寂れて郊外, 一時寂闇にした, 一時寄偶するつもり, 一時寄寓して, 一時富山の裁判長, 一時寝るがええ, 一時寝台の間, 一時實母のやう, 一時へあずける, 一時あずけという, 一時寿蔵を営んだ, 一時尊氏に従った, 一時尋常では, 一時小さくなって, 一時小さな室に, 一時小便とをやっ, 一時小学校の教員, 一時小康を得, 一時小石川から麹町永田町, 一時小説よりも詩歌, 一時小金ヶ原へ仮り, 一時少々過ぎて, 一時少年の血, 一時からざる, 一時就寝十時起床でその間, 一時就床たっぷりねよう, 一時就職する迄の, 一時屋根を取っ, 一時山下町の妓家, 一時岐阜表へ立ち帰る, 一時岩壁で塞き止められ, 一時の空氣, 一時の鼻, 一時左官屋の職人, 一時左翼的思想に頭, 一時左膳の手, 一時巨額の資本, 一時巫道が盛ん, 一時差押へをくつ, 一時巴里好事家の間, 一時市政を自由, 一時帝位を簒つた劉劭, 一時帝劇稽古場へ, 一時帝国大学にも関係, 一時帰京して, 一時帰国して, 一時帰宅をゆるされた, 一時姓を, 一時平泉は鎌倉, 一時平静に帰し, 一時幻視幻聴を起す, 一時幾らの汽車, 一時海屋方に, 一時広島に住み, 一時へ出る, 一時廃せられようとした, 一時廃れましたが漸く, 一時廃山となつ, 一時廃業してまで, 一時廃止された, 一時廃車になさる, 一時延ばしに容態, 一時延期されて, 一時建てただけな, 一時揚げること, 一時引きあげて印旛沼, 一時引き上げていった, 一時引き上げなければならなくなる, 一時引き出しておい, 一時引っ込ませて貰い度, 一時引下らせるよう, 一時まったもの, 一時弛んだ時に, 一時当局も亦全く, 一時当方に預かり置く, 一時当時の大陸, 一時形勢が悪く, 一時彼らは敵味方, 一時彼女以外のもの, 一時征服者の代表, 一時待てだのなんて, 一時待合までやっ, 一時後れては取り返し, 一時徒渉の陣馬, 一時従者どもをつれ, 一時御前に罷, 一時御機嫌にふれ, 一時御用立て下さい, 一時御身を隠さるる, 一時にし, 一時心臓の鼓動, 一時必ずこれが, 一時必要な株数, 一時忙しく往来し, 一時応変の彌縫策, 一時応急の避難, 一時快癒を聞く, 一時に任せ, 一時思い切らねばならぬ, 一時思い止まって住吉村, 一時思い止まったがまた, 一時思うまでになっ, 一時思想善導戦線の何より, 一時思想小説という言葉, 一時性貧血を起こした, 一時怪塔ロケットをとりにがした, 一時恐怖の念, 一時恢復したよう, 一時を感じ, 一時悉くこの方面, 一時悩んだ事も, 一時悪い病に, 一時悪くしたかと, 一時悲哀を感じた, 一時悲境に陥る, 一時として市五郎, 一時情勢の昂揚, 一時惑うは遺憾, 一時惘然とした, 一時惚れ込まれたのであ, 一時愁然とし, 一時意気沮喪した自分, 一時愛読したスタンダアル, 一時感情的にホロリ, 一時感染れて, 一時慎重の態度, 一時慰めようという慈悲, 一時成功しても, 一時成就する人, 一時を忘れ, 一時我心上に起り, 一時る方面, 一時戦時色に染めた, 一時戦火に狼狽, 一時戦軍総司令部, 一時戰時色に染めた, 一時を離れた, 一時戸まどいをさせた, 一時扇ヶ谷へ匿い, 一時の前, 一時手伝いの女, 一時手当を交付, 一時打ってもまだ, 一時打切らうと言っとく, 一時をした, 一時批評家の間, 一時抑圧されたる性的, 一時投合したから, 一時抗戦したが, 一時折合っている, 一時ゲ入, 一時押えの間に合わせ, 一時押されたがしかし, 一時抽斎と交, 一時抽象し去つて, 一時担架卒のがたがた出入, 一時拒絶された事實, 一時拘置所外の療養所, 一時拙者元服すると, 一時拝借させて, 一時拵えた四郎の, 一時振動が衰え, 一時捕まったからいけない, 一時捕われて六波羅監禁, 一時捜査本部は新しい, 一時排斥された独白さ, 一時探偵になった, 一時探偵小説が好き, 一時探題の名, 一時搏動を中止, 一時搦め込んだのである, 一時撤退の余儀なき, 一時攘夷家達は閉息, 一時支倉と同, 一時支障になっ, 一時改めて考へて, 一時改善される傾向, 一時放棄したとしても, 一時放神状態に陥っ, 一時政府の優柔不断, 一時政治家といふもの, 一時政界の怪物扱, 一時救ってくれた, 一時散した東国, 一時教室の内, 一時散じた生徒も, 一時散り散りになった, 一時敵対する者, 一時敵線の突破, 一時文名を馳せ, 一時文墨の業, 一時文壇で盛ん, 一時文士村と称された, 一時文学の衰頽期, 一時文學の衰頽期, 一時文學そのものの發達, 一時文芸に遠ざかった, 一時に奔, 一時斬って棄てね, 一時斯學界を賑, 一時新しく目に, 一時新福亭へあ, 一時新聞上の問題, 一時新聞紙上を賑わした, 一時新造に住み込ん, 一時方言熱が勃興, 一時などをした, 一時旅人の通行, 一時旅費を立替え, 一時日劇へ, 一時日劇会議室で二月, 一時日本全土を東国, 一時日本文壇の流行児, 一時日本財界の王者的, 一時日華の戦争, 一時昂奮した彼, 一時明りの強く, 一時明智軍をつつんだ, 一時昏絶するほど, 一時映画に圧倒, 一時昼食どうも此処, 一時暗影を投じた, 一時暗礁に乗上げた, 一時暗黒時代ともいふべき, 一時暫らく閉鎖された, 一時暴増る風, 一時暴風雨の事, 一時暴騰したこと, 一時曇つた顏が又, 一時書肆冨山房に入り, 一時書類を隠し, 一時曹丞相へ降服, 一時曹軍はまったく, 一時最初の時, 一時有名であったコッホ, 一時有頂天なほどの, 一時朝倉義景にも仕え, 一時朝廷が衰, 一時朝政の枢機, 一時朝敵の名, 一時木々の葉, 一時木の葉の灰, 一時木曽街道へ出た, 一時木曾路から尾張, 一時木村から借り, 一時本庁へつれ, 一時本気でさう疑らず, 一時本社へ面会日, 一時東京市中に生産過剰, 一時東京法学校と称した, 一時東北の郷里, 一時東北政論家の間, 一時松山へ帰し, 一時松林の方, 一時松根東洋城氏の担当, 一時枢密院議長西園寺公望が首相, 一時染吉さんと面白く, 一時の麹町宅, 一時栄えても結局, 一時栄えましたが今, 一時案外の驚き, 一時桑港に移し, 一時の中, 一時梅田映画劇場へ, 一時棟梁屋敷の石塀, 一時植えられた疑念など, 一時楽屋入りする, 一時横浜へ行っ, 一時横道に外れ, 一時に於, 一時櫻島四周の海面, 一時欠乏するおり, 一時欧洲で大, 一時みたる雨, 一時歌舞伎劇凋落のきざし, 一時つた, 一時止ってしまう, 一時止まったことも, 一時止むことなけれ, 一時止むなく入閣は, 一時止められたことも, 一時止めるにある, 一時止絶されて, 一時正岡が易, 一時正常に返る, 一時正気を失った, 一時歩行を中止, 一時歸依して, 一時死ぬばかりでありました, 一時殆ど失神したやう, 一時殆ど欧洲の全, 一時残念とかくやしい, 一時殺意を抱いた, 一時と分かれ, 一時母娘とも東京, 一時母親の乳, 一時から晴れ, 一時気持がまぎれる, 一時気狂いのよう, 一時気違いと言われた, 一時氣拔けのやう, 一時水無月まなか, 一時永徳の女, 一時池田京水の次男, 一時沈まり返ってしまった, 一時沈み切つてゐた, 一時沈滞の色, 一時沈衰の底, 一時河野さんを避ける, 一時治まるといふ, 一時治りかけてそれ, 一時泉岳寺畔に僑居, 一時法律の執行, 一時泡沫におおわれる, 一時泣きふしてしまった, 一時注意を他, 一時洛西高雄に引, 一時活動した後, 一時派遣されて, 一時流行ってそれ, 一時流行つてやがて廃れた, 一時流行児となっ, 一時流行運命不定の淫祠, 一時浜松へ, 一時浮んで消えた, 一時浮世絵界の牛耳, 一時海亡魂の評判, 一時海道筋から江戸, 一時消えるやうに, 一時消息不明になっ, 一時淮水を渡られ, 一時深川の岡場所, 一時深沢洋行の倉庫, 一時混雑した, 一時渓声響く処, 一時減少した人間, 一時渡っている, 一時温泉の効用, 一時湯殿のない, 一時満堂の注意, 一時満天下を戦慄, 一時満腹した人間, 一時満都をふるえあがらせた, 一時源之助を相手, 一時溜りへ引っ込ん, 一時溝口伊予へ渡し, 一時溪谷の霧, 一時滅亡の悲境, 一時滞在の田舎客, 一時漂泊の生活, 一時演劇の将来, 一時演奏を中止, 一時漸く利益を, 一時潔く抛棄し, 一時潤うていた, 一時澱んだ気持も, 一時激しい絶望に, 一時激昂した心, 一時濃厚にかけられたであろう, 一時のよう, 一時火事場から家路, 一時灼熱状態に達するであろう, 一時警察に, 一時無くなった食慾が, 一時無気味な沈黙状態, 一時無理をし, 一時無頼漢どもに占領, 一時無風の状態, 一時煩ったことから, 一時が出, 一時熱海の万平ホテル, 一時熱病的になつ, 一時片づいていた, 一時牛肉屋になっ, 一時牛込の芸者, 一時に怖, 一時物議を起した, 一時犯したとして一時わし共, 一時せるが, 一時狂暴になった, 一時狂的の行為, 一時狐光老が奇術師, 一時狭窄されて, 一時猛然として現われる, 一時をする, 一時らしいから, 一時珍しがって, 一時珍しい内は, 一時現われるのである, 一時現象に止まる, 一時瓦斯株を買っ, 一時生々した, 一時生ずる孔は, 一時生れ故郷の小野, 一時生家へ還っ, 一時生気をつけよう, 一時生色を失った, 一時生首だろうかと, 一時甦つて来る, 一時田舎に落ちのび, 一時甲州ではふかく, 一時甲部川を紅, 一時男子を立て, 一時や郭, 一時町はずれの復員者相談所, 一時町芸者の流行, 一時留め置くことに, 一時留り餌に騒ぐ, 一時留置するよ, 一時畳まれた深い谿, 一時當惑した私, 一時疎遠になっ, 一時病み鳥と, 一時病む事ある, 一時病人の戸板, 一時痛みが止む, 一時が納, 一時痺れたように, 一時ると, 一時発作の病, 一時発狂するかと, 一時発狂状態にありました, 一時発表がとめられた, 一時発覚を免れた, 一時白い羽織の, 一時白けた雰囲気の, 一時白痴院の看護手, 一時百二十余名に上った, 一時百金を唱, 一時的なりや否や, 一時的一定の形, 一時的不和からは既に, 一時的不幸をもたらす, 一時的不足は単に, 一時的主君が過ぎ去る, 一時的主義の思想, 一時的亢奮の冒険, 一時的人口減少はこれ, 一時的人為的時勢的のもの, 一時的代用品となる, 一時的以上の真理, 一時的休戦をし, 一時的休養と延, 一時的便法としては許し, 一時的倦怠の時代, 一時的停止に過ぎぬ, 一時的再発だったと, 一時的分業の利益, 一時的別居の方法, 一時的利潤は大, 一時的勝利であつ, 一時的君や森田, 一時的増加に由る, 一時的増減を防止, 一時的売上げ増進策を図り, 一時的変動を蒙る, 一時的大家らが露骨, 一時的妨げを生み出し得た, 一時的害悪を蒙る, 一時的差異を惹起, 一時的恐縮がわかっ, 一時的成功の幻影, 一時的戦術として見る, 一時的戦術的に反対, 一時的所有物として取扱い, 一時的手段となる, 一時的排水に成功, 一時的援助を与える, 一時的救治策として最も, 一時的敗北もあった, 一時的方策としてはそれ, 一時的東京占領の計, 一時的栄華を羨み, 一時的欠乏に悩む, 一時的歴史状態に基い, 一時的流言に過ぎずし, 一時的渡來者の對立, 一時的満足の犠牲, 一時的生命が人類, 一時的疲労としてしか及ぼさない, 一時的痴呆の状態, 一時的発狂とも考えられない, 一時的租税はその, 一時的精神異常をきたした, 一時的結合が彼ら, 一時的結合以上のもの, 一時的結果に過ぎない, 一時的美観の一部, 一時的行きづまりなどは宇垣内閣の流産, 一時的設備に関, 一時的豊饒が恢復, 一時的退潮と同じ, 一時的過渡的の現象, 一時的配線をよく, 一時的醜態暴露とみれ, 一時的錯乱に対する安全弁, 一時的錯覚に過ぎない, 一時盗もうと企て, 一時盛名を馳せた, 一時盛返した熱も, 一時盧堂を, 一時がくらんだ, 一時目論みつつあった, 一時盲目になっ, 一時並んで, 一時相当有力であったの, 一時相手がたじろぎました, 一時県務を摂, 一時真剣に心配, 一時真鍮の煙管, 一時真面目に考え, 一時眠っていた, 一時眠息の状態, 一時眩まそうと, 一時眼ざめどんな小さな刺戟, 一時着いたという, 一時睦まじき家庭を, 一時矢弾のあらん, 一時知覚神経の全部, 一時短歌と並ん, 一時石川数正の身, 一時研究会の黒幕, 一時研究會の黒幕, 一時砕かるべき運命に, 一時破れるかも知れぬ, 一時破竹の勢い, 一時碧虚両氏が唱えた, 一時に待て, 一時礼拝堂を占領, 一時祖父も三業取締, 一時の言いつけ, 一時神主としてほか, 一時神信心をし, 一時神田の錦町, 一時神童といわれ, 一時祭りのよう, 一時禁令になっ, 一時禁止となりし, 一時禁煙令の出た, 一時禁門の兵乱, 一時福音書となっ, 一時秀子が事, 一時私淑して, 一時私等の稼業, 一時科学的な雪, 一時租税を苛重, 一時が滅び, 一時秩父の在, 一時称した宇野姓を, 一時を視, 一時空中に描き出された, 一時竦むよう, 一時立たない中に, 一時立ち腐れね, 一時立ち止ってこちら, 一時立ち止まりて振り返りぬ, 一時立ち消えの形, 一時立てかえてくれ, 一時立て換えてもらいたい, 一時立候補の手続き, 一時立替えて貰う, 一時立退いたかと思ふ, 一時競馬に夢中, 一時競馬場に使っ, 一時竿立ちになった, 一時笑いがとまらなかった, 一時笑ッて済まし, 一時を絶っ, 一時筑波辺で女郎, 一時算哲とは異母姪, 一時箱根の別当, 一時を入れ, 一時粂之助の暇, 一時精神上の困苦, 一時精神病院で療養, 一時精神的に革命, 一時紛々の衆議, 一時紛失した落着き, 一時紛紜のため, 一時素晴らしい盛花期が, 一時素行も修まった, 一時を解散, 一時絆創膏を貼っ, 一時経験したよう, 一時結婚談も中絶, 一時絶えていた, 一時絶えかけていた, 一時絶交の姿, 一時絶望の境遇, 一時絶滅しては, 一時の目, 一時綿をあて, 一時緑平居着腹から安心, 一時編輯を他人, 一時縛りつけておい, 一時繁く灑ぎ来れり, 一時繭買の群, 一時置かれていた, 一時羅馬において摂政官, 一時美濃も動揺, 一時義塾の教員, 一時義絶の姿, 一時羽柴軍へ降伏, 一時耶蘇教になった, 一時聖マテオのハイランド街, 一時聳目せしめた, 一時を欺瞞, 一時胡語から景淨, 一時胡麻化されたの, 一時腹立たしい思ひで, 一時臆病風にかかっ, 一時臨機の處置, 一時自動車で砧, 一時自暴自棄と依怙地, 一時自然主義運動の余波, 一時自由党を去る, 一時自由黨を去る, 一時興奮した神経, 一時舟橋通過四時大道到着もう歩きつ, 一時良人と侍, 一時芝居に食指, 一時と花, 一時芳野の山, 一時苟且の種痘, 一時若い演劇的スノブを, 一時苦労しや, 一時苦戦に陥りたる, 一時苦難の時, 一時英領になった, 一時のみ話, 一時荀子には學んだ, 一時荒んでいた, 一時荒廃に瀕, 一時荒立てた言葉使いも, 一時莫逆を結んだ, 一時菊次郎に絡み付かれ, 一時菊池の麾下, 一時菊池党と結んだ, 一時華々しく喧伝された, 一時萎えた気が, 一時付く事, 一時落ちつかうとする, 一時落ちつくつもりで, 一時落ち着いたがすぐ, 一時落伍者として無産階級, 一時落胆して, 一時を落し, 一時著しく人気を, 一時葛岡の所作, 一時蒸発を止め, 一時蔽うている, 一時藤井松林吉田東里と倶, 一時藪影へ隠れました, 一時蘆屋の山手, 一時蘇武が生死不明, 一時の門晩翠軒, 一時をこらえ, 一時蚕糸会館のビクター試聴会, 一時の手足, 一時蛮人の侵入, 一時蜂須賀家を利用, 一時なり, 一時の循環, 一時血脂を洗, 一時行いすまして, 一時行き詰まってしまいました, 一時行ったと同じ, 一時行なわれたあの, 一時行列の進行, 一時行在所にお, 一時行方不明になった, 一時行衛不明になっ, 一時から魯, 一時衝突したこと, 一時表面の解職, 一時衰弱して, 一時衰頽せざるを, 一時袁術の所, 一時襲撃軍をもっ, 一時西域經營を中止, 一時西日本一帯に騒然たる, 一時西洋で姦通小説, 一時を唱, 一時見あわせたがそう, 一時見合せて下さい, 一時見合せたがそう, 一時見合わせようと長倉, 一時見合わせることに, 一時見物人がむれ, 一時視力を失っ, 一時親父は学校以外, 一時親類の某, 一時解放されると共に, 一時記実の文字, 一時記憶に失し, 一時にし, 一時証人はアト, 一時詩壇で流行, 一時が途切れ, 一時誤魔化そうとした, 一時読書界の注目, 一時読者に眼光, 一時調子よいこと, 一時論壇は裸体画論, 一時諦めなければならなかった, 一時陵頭で, 一時諸方に狆, 一時講和条約の人質, 一時講演者が検束, 一時謝豹といふ雅號, 一時警視庁はそれ, 一時譲り渡して忽ちばったり, 一時豌豆や里芋, 一時負けた方が, 一時へて置く, 一時貯蔵して, 一時買っておい, 一時費された他の, 一時賑やかのよう, 一時質屋に入れ, 一時として手, 一時起したその傷口, 一時越前の領土巡検, 一時足利もさんざん, 一時足音がざくざく, 一時跛行して, 一時跡方もなく, 一時は真暗, 一時の手, 一時踏み止まつて, 一時身の上に変った, 一時転地せしこと, 一時輕佻な附和雷同的, 一時辛抱おし, 一時辮髮と蓄髮, 一時迄に書き上げた, 一時迎歳又迎春, 一時近くガスビル裏の丸治, 一時近くコロムビアへ行く, 一時近く伏見の練兵場, 一時近く本社へ行く, 一時近郷の話題, 一時掛で, 一時迷っている, 一時迷惑を受ける, 一時追い出しその間に, 一時退いたが三方ヶ, 一時退場ねがった上, 一時退席しよう, 一時逃避した無機物有機物, 一時車輪を, 一時逆境に置かれた, 一時逆流に立ち, 一時途中で中絶, 一時途切れている, 一時途絶えて私, 一時途絶えたかと思う, 一時通用しなくなると, 一時遁がれの口実等, 一時遂げねばならなかった, 一時遅れれば一時, 一時遊覧の場所, 一時過ぎてたかしら, 一時過ぎましたろうな, 一時過ぎると佃, 一時過ぎ下の人, 一時道場をあけ, 一時道廳が懸賞, 一時遠ざかって行く, 一時遠ざけたことが, 一時遠のいてゐた, 一時遠国へ働き, 一時遠慮するもの, 一時遺骨をお預け, 一時避けたがよう, 一時避けなければならない, 一時避難所としては堅牢, 一時還俗して, 一時邪魔したり, 一時部落の諸, 一時を退い, 一時都あたりで, 一時重体を伝えられた, 一時重患におち入った, 一時重臣ブロック排撃という形, 一時重苦しい灰色の, 一時野々宮さんから用達, 一時野上のあたり, 一時野原になつたの, 一時金六十万弗と別に, 一時を休めし, 一時銀座出雲町のナシヨナル, 一時鐵砲酒屋の名, 一時長島氏を冒し, 一時長崎の某, 一時長篇が流行, 一時をとじ, 一時門生となり, 一時閉場された会場, 一時開城して, 一時開幕菊池氏の挨拶, 一時開演である, 一時閑却して, 一時閑散な身体, 一時間に合せに源之助, 一時間近い作業を, 一時関係のあった, 一時関八州を占領, 一時関氏五郎と云つた時, 一時防がれたばかりか出征, 一時防ぐに過ぎない, 一時阻止されて, 一時降ってから小降り, 一時降旗を巻い, 一時限りどこかへ葬られ, 一時陸軍省の管轄, 一時隠しておい, 一時隠したことが, 一時隠退を余儀なく, 一時隣国の山間, 一時隨分接近した交際, 一時雅号をつけよう, 一時集ってい, 一時集中したよう, 一時雑誌を中止, 一時離ればなれになる, 一時を避け, 一時難儀をこうむった, 一時雪子を貸し, 一時に隠れ, 一時がすっかり, 一時青き繁みに, 一時静まることは, 一時面倒と云う, 一時革めていわゆる, 一時の音, 一時音信なかりし唖, 一時頃ここを出よう, 一時頃トウスト紅茶で腹ごしらえ, 一時頃ハネってこと, 一時頃ヴォージラールのホテル, 一時頃三宅さんのところ, 一時頃入浴三時内幸町の高千穂ビル, 一時頃南さんはほんとに, 一時頃大川氏はおそく, 一時頃失敬して, 一時頃小林が帰る, 一時頃島田正吾見舞に来る, 一時頃市庁の後藤氏, 一時頃床へ入り, 一時頃手には六枚, 一時頃樹明来庵, 一時頃母上スエ子をつれ, 一時頃留置場の番人, 一時頃碁をやめ, 一時頃神田の丸善, 一時頃私は平生, 一時頃荷物を整え, 一時頃迎へ来り, 一時頃道子と出, 一時頃非常梯子をつたっ, 一時頃須田町で会っ, 一時所に, 一時預からせてもらう, 一時預けた理由は, 一時預け所へ行き, 一時預つてやらう, 一時預りもやっ, 一時頗る喧擾を, 一時と馬術, 一時顧みられなかつた作品の, 一時颯と引いた様, 一時颯爽たる生活, 一時飛びつくような, 一時飛び去ってしもうた, 一時食いとめられる仕掛に, 一時食い止められたのであろう, 一時食事ペレールで, 一時飴屋の甚助, 一時養って子, 一時餘經ちぬれども, 一時馬つなぎにいななく, 一時馬骨の名, 一時駸々として動き始める, 一時めいて, 一時騒々しかつた, 一時騒々しかったプラットホーム, 一時騒擾せしむる, 一時騒然たらしめましたが, 一時騒然と紊れ, 一時驚いたが忽ち, 一時驚かされた駒井甚三郎は, 一時驚かされるほどに風采, 一時驚きもし, 一時声念仏不, 一時高座着をだし, 一時高薙山への分岐点, 一時高輪の東禅寺, 一時魔鳥の翼, 一時かな血, 一時鳳輦は, 一時鳴りを沈め, 一時麻雀競技會の常勝者, 一時を鳴らし, 一時はそれ, 一時をつまん, 一時鼻息を荒く, 一時龍泉どのの内, 一時PCL日劇試写室