青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一族~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一座~ ~一応 一応~ 一息~ ~一所 一所~ 一文~ 一斉~ ~一方 一方~
一族~
~一日 一旦~ ~一時 一時~ ~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚

「一族~」 2037, 22ppm, 5234位

▼ 一族~ (700, 34.4%)

7 者が, 者で, 者に 6 人々の, 者は 5 上に, 人々が, 末々まで 4 うちでも, 中から, 中では, 者の, 者を 3 うちに, ために, ものは, 最後の, 者から, 運命を, 間に, 間には

2 [28件] ことを, なかで, ものか, ものを, ような, 中で, 中に, 中にすら, 内にも, 勢力を, 名に, 味方と, 墓が, 墓は, 墓も, 墓石は, 外に, 子も, 子弟は, 小川三河守宿老の, 男女が, 者だ, 者だった, 者も, 菩提を, 誰彼は, 諸将, 長者として

1 [552件 抜粋] あいだで, あえなき最期, あつまれる, あらそひにも, あること, ある者, いかにもノン, うちでは, うち残った, うるおいは, うるさいこと, お働き, お子様がたや, お方々, お方たちは, きらびやかに, ぎっしりと, ことが, ことで, ことに, ことの, この性格, すゝめで, せいも, その一人, ためじゃ, ためにも, たれよりも, ない如く, なかでも, なにがしの, はま何とかいふ, ひとり楠木正家が, ほかは, ものだけ, ものと, ものどもが, ものに, ものにも, ものも, やうに, ゆゆしい者, ように, よしみ, わかれが, わかれとして, カラカイであった, カンタンな, キラ星も, コシハキという, ヘロヘロ武者どもこの, 一人で, 一伊丹城すら, 三好方が, 三宅肥前老臣の, 三浦さまには, 三百騎ほどは, 上実, 上将として, 下知状など, 不倫と, 不和も, 不平も, 不幸は, 不愍なる, 不純さの, 与四郎重忠や, 中でも, 中には, 中の, 中を, 主たる者, 主なる, 乗馬振りが, 乞いを, 乱で, 乳の, 亀次郎の, 事である, 亡魂が, 交わりを, 人々です, 人から, 人たちが, 人たちも, 人と, 人の, 人びとは, 人びとまでも, 人数は, 人達と, 人達の, 仇の, 今ぶつかっ, 今日ある, 仕官を, 仲に, 伊丹家の, 休戚の, 会議だ, 位牌を, 佐久間大学に, 佐原十郎義連が, 例を, 供養が, 便りすら, 信濃守範資, 信用は, 信英を, 信長様に, 健在を, 光忠様にも, 光春光忠光秋などと, 光栄であろう, 児輩は, 全体を, 全生命, 六角信詮を, 兵馬弩弓を, 典厩信繁ほか諸角豊後守山本道鬼小笠原若狭などの, 典厩信豊までが, 内には, 内状までを, 内訌に, 内訌は, 内面生活が, 冷淡さを, 処置の, 出で, 分流な, 初陣首鯰之, 前で, 前へ, 前途の, 前途は, 助力なく, 勢力であった, 勢力にも, 勢力の, 勢力圏内であった, 勲功を, 北条氏則を, 十郎左衛門忠秋御牧三左衛門荒木山城守諏訪飛騨守奥田宮内などに, 千早金剛の, 協議会を, 参詣する, 反対にも, 反逆者御厨の, 叛乱に, 吉良石堂一色仁木細川今川荒川高上杉など, 名の, 名や, 名折れぞと, 名折れ目代の, 名流であった, 名誉にも, 名誉を, 名越普恩寺赤橋大仏江馬金沢常葉などの, 名門という, 和を, 和田五郎正遠へ, 和田修理亮助家だった, 和田和泉守らと, 和田小太郎義盛が, 和田氏を, 問題が, 喜びは, 囚人と, 團結を, 堀口美濃守貞満が, 墓地である, 墓地に, 墓守と, 外護を, 多くは, 多くも, 多く関ヶ原に, 夥しい戦死, 大祖父, 大繁栄, 大館氏明宗氏の, 奥にでも, 女が, 女に, 女子に, 好誼を, 如くに, 妣が, 姫故, 姻戚に, 娯楽場か, 婦人子供ならびに, 子である, 子孫が, 子孫である, 子孫なりと, 子孫に, 子弟に, 存活上に, 孤塁を, 孤軍は, 孫六入道逍遥軒を, 宇津城を, 安否を, 宗兄かつは, 宗祠と, 宗祠に, 官没せられた, 家貞や, 家長であった, 家霊くらい, 家霊を, 宿命に, 寄進に, 密議が, 富山城が, 専横を, 将来も, 尊長を, 尊長例へば, 小川三河守で, 小川三河守も, 小川殿も, 少数の, 山法師の, 岩松経家と, 左近蔵人正家に, 師兼師世師夏師幸師景など, 師範として, 帰る家, 年代記は, 年代記を, 幸福が, 幾人かは, 底知れない, 座前を, 庶流であり, 庶流を, 弟数名の, 当時のす, 後を, 後始末に, 後進の, 御意見, 心の, 心ばかりは, 怒りを, 恥だ, 恥辱である, 恨みを, 恩地左近の, 息子さんや, 悪業は, 悪逆を, 悪魔的な, 悲劇を, 悲歎は, 悲願が, 惟澄が, 惟澄などが, 手で, 投降を, 抗戦力, 拠って, 掟だ, 支流その, 教育, 数は, 数も, 敵である, 敵に, 敷物に, 斎藤九郎右衛門それと, 斎藤掃部助牟礼主水正などの, 斯波家長なる, 新田蔵人七郎氏義という, 方々と, 方々の, 方は, 族長が, 族長たる, 族長だ, 族長正成を, 族霊たり, 明智光忠が, 晴れ事などにも, 曹仁を, 曹真が, 曹真に, 曹真は, 曹真将軍を, 最期を, 朝倉景恒が, 木ッ葉武者どもが, 末裔なり, 本国三河を, 本家なる, 本家の, 本拠, 本貫本拠, 来訪やら, 松尾南江和田の, 松永殿に従って, 柴田弥右衛門が, 柴田弥右衛門中村文荷斎小島若狭守などが, 栄枯盛衰戦いの, 桜花が, 棟梁に, 棺の, 棺を, 楊, 楊松などに, 楠木将監和田新発意舎弟新, 様子が, 権六勝敏おなじく, 権力を, 権力争いの, 権謀慾を, 欣びこれに, 歎願も, 歓びです, 正家に, 武将である, 武蔵守に, 死所一つにさえ, 死骸は, 殆ん, 残党を, 民と, 気もちを, 水軍も, 没落という, 活躍が, 浅野弥兵衛に, 浮沈, 浮沈には, 浮沈にも, 渡辺天蔵と, 滅亡は, 滅後は, 滝川源八同, 焼けだされども, 特権を, 特異体質を, 狂熱という, 生命であり, 生活を, 田野は, 直系らしい, 眼前を, 知人, 石塔五十幾基を, 砦と, 破滅にも, 確かな, 社会上の, 祀を, 祈りを, 祖先の, 祖先を, 神を, 神様が, 神秘を, 禍い, 穴山梅雪の, 穴山梅雪入道も, 立てこもる苗木, 立て籠った山崎, 立て籠って, 立籠り, 端くれたり, 第館, 精猛を, 経営に, 経済的な, 結合を, 結合和親を, 絶対性, 緑眼もさ, 縁を, 織田勘解由も, 織田彦五郎と, 織田源五郎長益だった, 罪惡を, 老幼や, 老幼を, 老武者, 者, 者たちの, 者である, 者でも, 者とか, 者どもと, 者どもにも, 者には, 者にも, 者ばかり, 者へ, 者や, 者全部が, 者集まり, 職にも, 背景ある, 胸へ, 脇屋殿の, 自家用車とも, 船田ノ, 色彩は, 苗木久兵衛という, 若輩の, 英雄時代は, 薬師寺公義が, 融和それから, 蠢動が, 血と, 血汐を, 血統が, 血統にまで, 血統は, 衆数人を, 行方は, 衣笠城には, 表面には, 裏切さ, 裏切者として, 裔が, 親睦を, 託磨中村などの, 誰でもが, 誰も, 誰もが, 誰彼が, 誰彼と, 誰彼へも, 誰彼も, 誰彼を, 誰彼南部家下屋敷の, 諫めに, 讒言で, 貴女の, 資産を, 赤橋守時の, 軍も, 軍議の, 輩が, 輩にも, 輩は, 迫った難渋, 運命であった, 運命に, 運命の, 運命をも, 道具に, 道玄太郎とかいう, 遺子で, 邸である, 郎党と, 配下に, 重立った者, 重臣格は, 鉄壁は, 鉱山から, 長たり, 長たる兄君, 長で, 長であった, 長として, 長上と, 長老だ, 長老では, 長老円喜の, 長者たる, 長者と, 長者を, 長者常陸大, 間で, 関ヶ原に, 関口家から, 降伏は, 陣営が, 陸遜, 集まって, 集會に, 青カビ族の, 青カビ薬である, 面々は, 領下である, 領土と, 領地領民を, 頭には, 頭目が, 頭領だった, 顔が, 館の, 館を, 首は, 馬岱, 騒乱は, 高慢無礼な, 魚住景賢と

▼ 一族~ (149, 7.3%)

7 つれて 5 蔑に 4 して 3 あげて 2 あつめて, 率いて, 討ちに

1 [124件] あげ率先, おびやかすので, かぞえること, かたらって, かばう気風, かりあつめ多摩, かりあつめ約, けちらし, こう励ました, この不利, この地, この家, さきに, さんざんに, せんとうとして, つれ劉虞, つれ逸早く, どう御, どっち側の, なだめすかして, のこし但馬, のせた渡舟, ひきつれさッさ, ひきつれて, ひきつれ山, ひき連れて, ほろぼして, まったく困憊, むかえて, むかえ桑名, もって, 乗せた船, 亡くして, 亡す, 亡ぼし妻子, 亡ぼすもの, 亡ぼす秋, 代表し, 住わす, 加えても, 収め一人, 召捕って, 呪えという, 味方に, 呼んで, 回向する, 団体を, 天狗魔道の, 如何に, 守護し, 安ん, 屠り去って, 差し置く, 帷幕に, 引き連れて, 征地に, 従えて, 御寵愛, 御憐憫, 心ならずも失ひなされ, 思う至誠, 思ひ身一己, 悉く連れ, 想ふ, 戮せられる, 打ちすすんで, 抱える多聞兵衛正成, 招いた手紙, 捜査中である, 描いたならこの, 搦めよ, 擧げて, 攻むるならん, 敵として, 斬って, 新府城, 族滅いたしたい, 曲阿, 會し, 根こそぎ洗, 根こそぎ洗い出し, 棲わせた, 残らず討ち取ったこと, 殲滅し, 殲滅せん, 殺して, 殺し味方, 海のも, 滅された, 滅ぼす先世, 激怒させ, 火あぶりに, 狩りつくすさん, 率いる武門, 率ゐ, 皆殺しに, 監視した, 相手としての, 知らないか, 称す, 紀州家に, 統率する, 絶てと, 縛め取れ, 育てふやして, 葬り去った快, 裏切った, 見ても, 討つもの, 討伐し, 討滅した, 託されながら, 訪ね残る問い, 謂つた, 軍門に, 逆臣に, 通じ毛利家, 連れて, 遠くから, 防ぎに, 集めて, 順々に, 餓えざら, 鬼と

▼ 一族~ (144, 7.1%)

2 私にも, 苦境に

1 [140件] いいか, いずれに, いずれも, いま何処に, いよいよ富み栄えた, いよいよ強固, いわゆる甲賀武士, かんじんな, ここ数年禄を, この三十日, この呂宋兵衛, この流離, この辺, これからイレエネ・ホルン, すべて傍らの, その胆力, それぞれに, そんなもの, ただちに上田城, ちりぢり, どう逃げ道, なお菩提山, なぜこんな, にわかに味方, のちに, ふしぎな, ふたたび獄, ほとんど全滅, まもなく中大兄皇子, まわりに, みなここの, みなよく, みな典型的な, みな嵯峨源氏の, みな紅袍を, みんなそういう, もはやがまん, クルムバ術師の, ハリツケに, 一様に, 三好や, 上に, 九州内部の, 云うまでも, 今でも, 会場内の, 何うなりました, 何が, 保護してやろう, 元一代, 元来湖北の, 先代以来斎藤家とは, 八ヶ岳の, 内山へ, 前にも, 北条時政の, 呂蒙, 四散滅裂する, 土手の, 城を, 城主持広の, 多いこと, 多かったらしい, 多く宗約, 失礼ながら, 妻子を, 姉の, 宇喜多家を, 完全に, 実際幸福, 小田原の, 尽く戦死, 屋張一帯に, 山中に, 山崎の, 市街に, 当年の, 我々の, 戦場へ, 手を, 打ち連れて, 持て余したか, 捨て去るとも, 支えて, 敗れ清盛, 於弁に, 最初に, 東部播磨八郡に, 柱と, 楠木の, 残らず斬罪, 毛利打倒の, 気軽に, 永久に, 源三位頼政の, 源氏に, 犬肉を, 玄徳の, 甚五郎の, 男女の, 病弱な, 皆んな退, 皆一つの, 皆短命でございます, 目下謹慎中にて, 真二ツ, 磔に, 神では, 突然上京, 筒井の, 純血な, 結束し, 縛め取られ不敬罪, 老幼を, 自分と, 自分にとって, 良人を, 草に, 蛇を, 西暦六四五年に, 親子の, 親類附合すら, 言ふまで, 討手の, 評議の, 誅せられました, 諸城, 財布と, 身を, 辻堂方面の, 配当だけ, 金も, 関羽の, 離散し, 離散夫人は, 非は, 面目を, 頑としてこれ, 頼朝から, 駈けつけて

▼ 一族~ (133, 6.5%)

2 みんな水の, 住んで, 土着した, 次々に

1 [125件] あった, あったっけ, あったと, あったの, あらわれて, ある, いい顔, いた所, いた館, いやに, いるから, うるさく国境, お手本と, お果て, かくも, ここを, この土地, この地方, この山間, これは, ご当家, さらに分れ, すなわち物部族, すばらしい背景, そのお, その候補者, それか, それぞれ高位に, それに, たくさんいた, たて籠って, とうに死にたえ, とって, とりかこみ折ふし酒席, どっと蔽いかぶさっ, にぎやかである, ひそまり返ると, ふたたび反抗, ふたたび旗, ふりかざしたもの, みな一囲いの, みな呉で, もう滅びよう, やって来ると, やはり今, よく戦った, わかれ海濱, 一番大きく, 七千余人を以て, 三万余人を, 三宅島へ, 中心である, 中心です, 久しき沈淪, 二家も, 今なお, 住まつて, 住みついて, 住む相州三浦, 何の, 出発し, 別を, 勢を, 勢力を, 北山城の, 占めその, 参列の, 又栄え, 取り扱って, 各自各様の, 味方に, 土着し, 多いか, 多勢森の, 大喜び, 天ヶ丘から, 天兵たるの, 嫌いで, 存在し, 守るところ, 宮方に, 宿所に, 寛文以後七八十年の, 封建地主的存在として, 居合せたの, 悔いおうて, 戮せられ, 承知する, 拠って, 拠つて武威を, 探題邸へ, 晴がましい思い, 暮らして, 末裔として, 来て, 根絶やしに, 棲んで, 楯籠っ, 死して, 段々山麓, 油蟲の, 浄土宗黒谷派城安寺を, 渡り芸人や, 源氏の, 滅び比企判官一家, 猿に, 男女の, 皆短命, 眉を, 立身した, 節義を, 織田軍の, 背景に, 行く, 行って, 西桟敷の, 誅滅せられる, 赤の, 足軽代りに, 跳びこえて, 闘つたのは, 頑張って, 頼んで, 飲食物携帯で, 骨の

▼ 一族~ (70, 3.4%)

4 別れて

1 [66件] ある物, あれば, いえば, いった, いっても, おぼしき人種, お乗り, す, すと, その兄弟五郎左衛門, その宮中生活, その股肱, どちらが, なし, ほ乗せむと出, アルサイイルて, 一族との, 下野一円にわたる, 云うもの, 交渉を, 代れるもの, 伊那四郎勝頼の, 公一と, 六波羅の, 協議し, 名のって, 大善院とは, 天武帝の, 好みを, 家来共を, 将士は, 将門と, 帰京基ちゃん報知に, 心得て, 戦災後の, 戰はれた, 手兵は, 日頃養いおいた, 木曽の, 森林中に, 毛利家との, 甲山の, 甲州武田を, 義絶しました, 老臣が, 老臣方だけ, 聞いて, 舞台の, 若干種の, 見かけたら道, 見ての, 見なして, 言つても, 言ふも, 認められたの, 諸将, 謀つて何か, 赤松一族とが, 足利尊氏の, 邂逅しよう, 郎党を, 部下を, 重臣の, 重臣のみで, 闘つた, 麻川氏を

▼ 一族~ (64, 3.1%)

1 [64件] あらゆる悪人, いたるまで, お返し申す, かぎって, して, してからが, すること, そむかれて, つづいて, つまらぬ恨み, なります篠崎掃部助, なり代って, ぬきんでて, はじめて好意, むかって, 与えられたこと, 亡ぼされた尼子義久, 付いて, 会わないほう, 使われて, 十分後の, 及ぶぞよ, 反感を, 取っては, 取入, 命じよう, 問い糺され, 守られて, 属すること, 当る角, 従つて主君に, 従ひ, 恋人を, 悉く分け, 指でも, 捧げた清正公, 有名な, 朝敵の, 椙原伊賀守賢盛と, 殺人事件が, 流れて, 生きて, 由緒ある, 申渡す憎まれ役, 相成り候よう, 相違あるまい, 示せよと, 経済的援助を, 美人が, 自分が, 若気の, 話して, 貫名を, 贈物或は, 跡を, 迷ぐれ去る, 逆臣の, 逢おうとして, 逸れた時, 関した出来事, 関係の, 關する, 附随する, 離反が

▼ 一族~ (47, 2.3%)

2 之だけは

1 [45件] あつた, あらう, あらうと, あんなに客, おわせられるとか, このたび, この界隈, この秋, これも, そうろ, その部落, ちょうどこの, でも, とうてい人, はなやかな, また老, みんな大山姓を, 三万石の, 主族に, 九州に, 今の, 今日まで, 使って, 取るなかれ, 名の, 后や, 吏部尚書と, 固めて, 姦通する, 孫七郎公重と, 小川勝太郎という, 平田将監の, 御高, 心ある, 斧四郎の, 未婚で, 水野主, 決して怪しい, 活埋め, 狂信的な, 百万長者を, 相当に, 筋目正しい, 避難し, 長宗我部に

▼ 一族~ (40, 2.0%)

1 [40件] あったが, あって, あり各地, ある, いるし, おそば, ぜひなく, そこに, その内, その尾, それに, ないの, はかりごと, またこの, また野盗, みな兇器を, みな無残な, 世に恥じぬ思う, 主人鹿之, 事実敗戦に, 二百疋を, 今は, 其内の, 加え昨夜来, 城を, 変らない宮方, 多い, 多くの, 大勢集まっ, 安心し, 家臣も, 当然彼女, 彼と, 慙じ, 或いは討死, 於通の, 滅亡し, 知らず藤夜叉, 肉親までが, 遠い時代

▼ 一族~ (39, 1.9%)

2 家臣の, 日本国中数万の, 日本國中數萬の, 部下を

1 [31件] その他も, 七手の, 不破光治, 主なる, 侍たちへ, 侍臣の, 北条時政や, 召使の, 味方の, 和田氏その他の, 四隣から, 土居の, 大和の, 大掾国香, 大臣三十余名を, 妻子は, 子等の, 安田義定などと, 家臣を, 播磨の, 日本国中数千の, 旧臣を, 武士の, 武将の, 濠洲の, 烏山一族にも, 血縁にすら, 諸将, 諸洞, 譜代の, 部将は

▼ 一族~ (36, 1.8%)

2 では

1 [34件] から荘子, この老人, だけでも従兄信成, での一族, での名門, での大, での放埒者, でもかがやかしい, でもほかならぬ, でももっとも, でも格別, でも第, で最も, には九条家, には大久保加賀守, に勢力, に姫, のおもな, の卑幼, の名家, の地位, の大層物好き, の大庭景親, の女子, の宗家, の思いがけない, の曾呂利, の末流, の歴乎, の者, の若年, の長老, の随一, や将士

▼ 一族では~ (16, 0.8%)

2 あるが, ないか

1 [12件] あつた, ありかねて, そのほか, ない, バカらしい, 何の, 是無く, 朝倉景行どのでしょう, 本家分, 特にみそ, 甥の, 阿曾

▼ 一族ども~ (16, 0.8%)

1 [16件] が, が息まいた, が歓ん, との談合, にもその, によく, の御, の心底, の膝, の足手, は寄り寄り, まで語らい, もお待ち, もさだめし, も次, を押しなだめ

▼ 一族たち~ (15, 0.7%)

1 [15件] であった, と御, と誓い合った, の為, の非業, の騎馬, は, はその, はみな, へいった, への一片, も皆, も遠地, をころした, をひきつれ

▼ 一族~ (14, 0.7%)

2 ということ

1 [12件] からであろう, から北条方, が信長, が東京, が近親, し筑紫, とある, という, という意味, とみずから, とわかっ, の

▼ 一族から~ (13, 0.6%)

1 [13件] このよう, して, よばれて, 光由が, 出たもの, 出た少女, 宇喜多秀家杉原家次に, 發生した, 睨まれた結果, 裏日本の, 遂に出しませんでした, 郷土の, 除外され

▼ 一族には~ (13, 0.6%)

1 [13件] ちがいない, 世間が, 余りに無情, 前の, 却つて甚だ, 叛け, 大膳, 富家が, 富資精英の, 忌むべき遺伝, 澤山の, 父子の, 違いない

▼ 一族である~ (11, 0.5%)

1 [11件] かの如く, からこの, から光秀, ことが, としたら, と仮定, のを, ペルシアの, 信澄が, 岩松家純が, 皇族が

▼ 一族でも~ (9, 0.4%)

2 憤慨する 1 ある佐, おこころもとない, そんな馬鹿, ないが, ない楠, なし正成直属, ほんものの

▼ 一族として~ (9, 0.4%)

1 お父さんの, 名流の, 守らなければ, 守るべき家憲, 寺では, 知られたもの, 系図上その, 若い時, 雪がずば

▼ 一族と共に~ (9, 0.4%)

1 これに, 六百年以来住ん, 劉表を, 北条氏に, 同じ塋域, 宗祠の, 専ら大曲輪, 東国へ, 百姓生活を

▼ 一族との~ (7, 0.3%)

2 中に 1 こういう戦い, 交渉が, 撃突であった, 間にも, 間の

▼ 一族~ (7, 0.3%)

1 のか, のだ, のである, のでくやしく, のでございます, のでした, ので本

▼ 一族にも~ (7, 0.3%)

1 ある, とっくに見破られ, 冷眼視され, 加えるよう, 席を, 父にも, 皆然

▼ 一族~ (7, 0.3%)

1 お取次, ふかいお, 便を, 向って, 弓を, 忠誠を, 書を

▼ 一族一門~ (7, 0.3%)

1 が滅ん, ことごとく消息, に福, の大き, の浮沈, の運命, を神

▼ 一族九十八人~ (7, 0.3%)

1 がずらりと, この意外, の御, を引き連れ, を引率, を激昂, 御ところ

▼ 一族たる~ (6, 0.3%)

1 においてをや, に耻, 伊丹兵庫頭の, 場合は, 親藩と, 赤橋殿の

▼ 一族とともに~ (6, 0.3%)

1 あえなく海中, 広間を, 胆駒山に, 自頸, 進んで, 首を

▼ 一族とも~ (5, 0.2%)

1 ご縁, 婚約政策が, 思われる奴等, 談合の, 離れた最近

▼ 一族など~ (5, 0.2%)

1 あって, そろそろ未来, みな家宅を, 何百人が, 地主の

▼ 一族また~ (5, 0.2%)

2 敵討ちとて 1 南の, 若狭の, 誰よりも

▼ 一族御家人~ (5, 0.2%)

1 なお千余人, の将星, の影, までが腹, を睥睨

▼ 一族~ (5, 0.2%)

2 の御 1 に於い, の相, の私情的

▼ 一族だけに~ (4, 0.2%)

3 用ゐられる 1 用いられる語

▼ 一族という~ (4, 0.2%)

1 奴は, 小社会, 素姓が, 風に

▼ 一族兄弟~ (4, 0.2%)

1 に披露, に諭された, の間, の顔

▼ 一族大勢~ (4, 0.2%)

1 とともに駒, の中, の輩, の面前

▼ 一族妻子~ (4, 0.2%)

1 などが大勢, も一人, も助かるまい, も生かされ

▼ 一族~ (4, 0.2%)

1 大将の, 将の, 将を, 武士は

▼ 一族重臣~ (4, 0.2%)

1 のみと縁組, のみと血族結婚, の系図, もみな

▼ 一族だった~ (3, 0.1%)

1 ということ, ともいう, と僕

▼ 一族であり~ (3, 0.1%)

1 あるいはこの, 巨勢博士へ, 被官の

▼ 一族とか~ (3, 0.1%)

1 その一族, 下野の, 老臣格の

▼ 一族なる~ (3, 0.1%)

1 ことは, ものに, ものを

▼ 一族への~ (3, 0.1%)

1 家中の, 御馳走に, 感情なんかが

▼ 一族までが~ (3, 0.1%)

1 ひどい惨害, 寄り合って, 迫害され

▼ 一族同士~ (3, 0.1%)

1 が各, の合戦, の親睦会

▼ 一族老臣~ (3, 0.1%)

1 であろうと, のほか, も説き伏せよう

▼ 一族門葉~ (3, 0.1%)

1 それに何, の車駕金鞍, をはじめ

▼ 一族離散~ (3, 0.1%)

1 したこと, だ, の恨み

▼ 一族~ (2, 0.1%)

1 て, て投じ

▼ 一族その~ (2, 0.1%)

1 ほか源氏の, 旗下には

▼ 一族だけで~ (2, 0.1%)

1 自分勝手に, 誰も

▼ 一族だけを~ (2, 0.1%)

1 伐つ, 考へる様

▼ 一族であった~ (2, 0.1%)

1 からかえって, ので西行

▼ 一族です~ (2, 0.1%)

1 があれ, よ

▼ 一族とが~ (2, 0.1%)

1 ふた側に, 鎬を

▼ 一族とを~ (2, 0.1%)

1 ねんごろ, 赦免し

▼ 一族などが~ (2, 0.1%)

1 かうした形式, 各

▼ 一族などと~ (2, 0.1%)

1 事を, 縁組を

▼ 一族なら~ (2, 0.1%)

1 ば妻, 一族の

▼ 一族に対する~ (2, 0.1%)

1 日本人民の, 給与という

▼ 一族へは~ (2, 0.1%)

1 いまは, 苦しみが

▼ 一族へも~ (2, 0.1%)

1 この場, 吉次が

▼ 一族もろ~ (2, 0.1%)

1 とも六条河原, とも赤坂

▼ 一族やら~ (2, 0.1%)

1 女子供は, 譜代大名な

▼ 一族らしく~ (2, 0.1%)

1 て妙, ゴボー巻きも

▼ 一族乃至~ (2, 0.1%)

2 は平生畏敬

▼ 一族~ (2, 0.1%)

1 か佐々木道誉, のすべて

▼ 一族以外~ (2, 0.1%)

1 にはだれ, の将士

▼ 一族全体~ (2, 0.1%)

1 の恥辱, へ祖先

▼ 一族全員~ (2, 0.1%)

1 の記録, ひきつれて

▼ 一族全滅~ (2, 0.1%)

1 に相成りました, のむざんな結末

▼ 一族~ (2, 0.1%)

1 の争い, の事

▼ 一族及び~ (2, 0.1%)

1 其家に, 旗下臣下等の

▼ 一族四人~ (2, 0.1%)

1 はずしずし, を連れ

▼ 一族或は~ (2, 0.1%)

1 橘三千代橘諸兄等の, 玄茂即

▼ 一族数十名~ (2, 0.1%)

1 がさい, と共に自刃

▼ 一族旗本~ (2, 0.1%)

1 からまた, をうしろ

▼ 一族曹仁~ (2, 0.1%)

1 である, の娘

▼ 一族~ (2, 0.1%)

1 をならべ, をならべる

▼ 一族~ (2, 0.1%)

1 に大抵族譜, に宗祠

▼ 一族狼害~ (2, 0.1%)

2 を免

▼ 一族縁類~ (2, 0.1%)

1 の端, 切っても

▼ 一族群臣~ (2, 0.1%)

1 に云う, の嗚咽

▼ 一族股肱~ (2, 0.1%)

1 の歴々, の者八十余名

▼ 一族譜代~ (2, 0.1%)

1 の武士達, の輩

▼ 一族近親~ (2, 0.1%)

1 の方々, の老幼たち

▼1* [277件]

一族あまさぬお覚悟, 一族あますなく挙げ, 一族あらかた先を, 一族あらましは死にたえました, 一族いよいよ天下に, 一族心のほどを, 一族およそ四十種南インドと, 一族地上に, 一族からの内報に, 一族からは信頼され, 一族からも中之坊という, 一族ぐるみお館, 一族ごとにそれぞれ, 一族へ時めい, 一族さらには地方, 一族じゃないか, 一族すべてをつれ, 一族すべて特別身にかざる, 一族そこへ移っ, 一族その他の特権階級, 一族たてこもっていた, 一族だけでは, 一族だけが栄えに, 一族だけに対しては産見舞という, 一族だけの誤りで, 一族だったら見ていらるる, 一族だの千葉氏の, 一族であって主人, 一族でございますのに, 一族でしょうがその, 一族でなければいけませんでしょう, 一族とかが入った山, 一族としては嫡子信忠弟の, 一族としてわわしの, 一族とについて率直な, 一族とにはそのよう, 一族とはいえ父, 一族どんな将であろう, 一族などと共に款を, 一族などに呼びかける奇手, 一族などの逃げ籠っ, 一族などはそのころ, 一族なども別所長治と, 一族にあたる和田新発意の, 一族においてをやです, 一族については歴史は, 一族にとっても重大な, 一族にのみよつてなされた, 一族にもてまえは, 一族によって固められて, 一族による不如意の, 一族に対しては長井宗家の, 一族のみこの大, 一族のみは生き残って, 一族はじめ末々の輩, 一族ばかりでなかったと, 一族ばらは生品明神, 一族ひきつれて観覧, 一族ひろい氏で, 一族まで呉侯の, 一族みたいに写真班, 一族みなあの通り, 一族みなここの一堂, 一族みなコチコチな人, 一族みな任官受賞の栄, 一族みな四散し主将光秀, 一族みな恩養にあずかっ, 一族みな虎視眈々でたちまち, 一族みな血をすすっ, 一族みんな一緒でしたそこ, 一族めらは極, 一族もとより皆反対な, 一族やも知れませぬ, 一族が兵船五百そう, 一族わが味方拠る, 一族をもその伝, 一族を以て日本全国を, 一族クレエゲル家の一門, 一族サビーニの女子, 一族一体を基盤, 一族一切は亡い, 一族一味ではなく, 一族一廓をなし, 一族一時勢ひ旺盛, 一族一村の住民, 一族一派以外のもの, 一族一藩への面目, 一族一門みな亡び尽くしたので, 一族一門中初めから終り, 一族一門代々それがため, 一族一隊をつれ, 一族三名が手ブラ, 一族三名小娘に投げとばされた, 一族三百余人が刑場, 一族三百余人熊山の自邸, 一族上原元祐, 一族に待遇, 一族主君山城守様に殉じ, 一族主従は相模入道高時, 一族主従離れ離れになり, 一族九人の名, 一族九州は薩摩, 一族九戸政實が叛, 一族二十八人とだけで, 一族二百人枕を並べ, 一族五十余名の名前がち, 一族五千人福岡城を死守, 一族五百少々近, 一族五百余人をひきつれ, 一族伊予の河野党, 一族伊達兵部少輔, 一族佐々前田などの大軍, 一族佐伯宿禰に率いられ, 一族信徒がひそか, 一族側近の者, 一族に法華堂, 一族共同の墓地, 一族共有の祭田, 一族共通であるという, 一族兵馬をひきつれ, 一族内紛の蔭, 一族円満に金持, 一族冠者の旗下, 一族処刑せられし時, 一族したもの, 一族北条が, 一族十八人珠数つなぎに配所, 一族十六人相随, 一族十六名を引きつれ, 一族十数家を集め, 一族協議の末, 一族南部氏が移り住み, 一族即ち外戚從僕までも, 一族即皇族全体をお, 一族参集して, 一族吉彦秀武らとともに一万余騎, 一族同姓の得三, 一族同様のいわゆる, 一族同胞には格別, 一族和合延命という図, 一族四五十騎はヒソ, 一族四十三人それぞれに官位, 一族四十人ほどを櫓, 一族四十何名が殺され, 一族四散寄る辺ない悪運, 一族坂東八平氏武蔵七党などの混成旅団, 一族堀口美濃守貞満にご, 一族多くを持ち, 一族大将は枕, 一族大岡十家の人々, 一族大社の国造孝時, 一族に昇る, 一族が災, 一族閻子, 一族子弟の討死, 一族孫三郎景健に約, 一族家の子何万の死者, 一族家中の者, 一族家老その他みな起居を共に, 一族家臣の徒, 一族家臣らのやしき, 一族宿将城主の高坂弾正, 一族宿老すべての者, 一族宿老以下の主, 一族将兵たちの休養, 一族小川三河守までが肚, 一族小早川隆景へ返書, 一族岐阜中将信忠北畠中将信雄織田三七信孝柴田前田明智細川丹羽そのほか, 一族左衛門太夫氏勝が八千余騎, 一族左馬介光春が知っ, 一族幕僚にもかたく, 一族広くいえば, 一族強敵に相違, 一族直参ならず, 一族悉く殺されても, 一族悉皆でも, 一族悲しみ傷んで, 一族挙げて我が, 一族挙兵の由, 一族敗兵を従え, 一族数々の人, 一族数十人とともに流れ, 一族数百人が自刃, 一族数百人かばねを並べ, 一族斎藤九郎右衛門日根野備中長井隼人牧村丑之助その他三十余名の側臣, 一族新田左馬助義氏, 一族のよろこび, 一族旗本たちと鳥越城, 一族旗本正成いらいの, 一族明叔という者, 一族の如く, 一族と異様, 一族有縁の女, 一族朋友に非難, 一族朋友死し尽く, 一族末輩にいたる, 一族東國に遷, 一族栄華の手段, 一族楠木正家も先, 一族に物狂い, 一族殆どみな謀殺され尽し, 一族残らず乳母小間使と, 一族河原ノ入道, 一族泰綱にみとめられた, 一族洞門の権右衛門, 一族浮沈のさかい, 一族深い山間の, 一族滅亡の遠因, 一族の和具志呂足, 一族ゐて, 一族田村の荘司ら, 一族畏怖して, 一族百五十名天皇前後の, 一族百余人を加担人, 一族百八人の男女, 一族百名余をつれ, 一族皆殺しだ, 一族盛んな時, 一族率いて, 一族相寄って良持どの, 一族睦まじく行く末の, 一族石川義継が最期, 一族福島正則ほどの大名, 一族秀武の姓, 一族一の, 一族は更に, 一族二十余名が, 一族細川顕氏が警固, 一族総体から此, 一族縁者が遠慮, 一族縁者会葬者がそれ, 一族繁栄の中, 一族老幼をのせた, 一族老臣たちとも膝くみ, 一族老臣どもまでい, 一族老臣らの祝宴, 一族肉親の屍, 一族脇屋義助がながれ, 一族臣下百余名と共に殉教, 一族自殺し終ったそれ, 一族若くは一味, 一族親友輩がその, 一族親戚の墓, 一族親類帰投者功臣となっ, 一族討伐に参加, 一族討取りなぞは, 一族討手を引き受け, 一族評定の席上, 一族諸国の輩, 一族貞吉衣子には一滴, 一族赤坂へたてこもる, 一族はみな例外, 一族近国の輩, 一族近臣にすら窺わせない, 一族近郷の諸, 一族と烈しく, 一族遠縁の人々, 一族郎党を集め, 一族郎従が出揃っ, 一族郎黨は番頭, 一族部下をつれ, 一族部将格二十何名かをいちどに, 一族郷党に優れた, 一族重臣元老それに譜代, 一族野原の皆, 一族金銀兵糧などもにわかに, 一族長島氏の人, 一族門人が彼, 一族関口親永の娘, 一族限りの大きな, 一族随一の艶, 一族非運の底, 一族へ上ったら, 一族馬岱というもの, 一族高弟と信者全部, 一族高氏と登子, 一族鳥居大久保松平奥平などの譜代