青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「われ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わたくし~ ~わたし わたし~ わっ~ わる~ ~わるい わるい~ ~わるく わるく~ ~われ
われ~
~われわれ われわれ~ ~ゐ ゐ~ ~ゐた ゐた~ ~ゐない ゐない~ ~ゐなかつた ~ゐました

「われ~」 14883, 143ppm, 740位

▼ われ~ (2685, 18.0%)

25 の考え 19 の手 17 の祖先 16 の, はこの 15 の心 1413 のため, をし 12 の生命, はその 10 の眼, もまた 9 の仲間, の名, の哲学, の父 8 の大, の捕物名人, の生活, はこれ 7 の上, の前, の子孫

6 [11件] から見れ, がお, に, の中, の味方, の望み, の美, の過去, はただ, はわれら, 両名

5 [21件] から見る, がこの, が心, にお, のい, のお, のもの, のよう, の世界, の主, の会合, の力, の如き, の安全, の家, の思惟, の時代, の目, の身, はいづれ, はここ

4 [26件] とわれら, にし, のむっつり, の光, の天, の志, の思索, の愛する, の日, の日用, の智, の歌, の生, の生涯, の神, の罪, の舟路, の船, の願, の魂, はまだ, は全, は平和, は神, を見, 富みたり

3 [51件] がご, がつみ, がわれら, が恋, が自己, が薔薇, ではない, と衆生, においめ, にその, にはただ, に罪, に與, のおいめ, のごとき, の主張, の伝馬船, の先祖, の同胞, の名人, の意, の教え, の方, の明智探偵, の求むる, の淑女, の現実, の眼前, の知る, の研究, の祖国, の統領, の芸術, の血, の行為, の見る, の路, の間, の龍, はあえて, はいかに, はまず, はまた, は人間, は今, は何, は常に, は生き, は自然, も共に, を試み

2 [171件] がここ, がその, がそれ, がつくる, がもの, がゆめ, が主, が今, が今回, が名人, が夢, が彼, が御, が憩い, が手, が掛け軸, が死ね, が父, が猫騒動, が目, が神, が胸, が舟路, が許すごとく, が通, ぞや, だ, ではありません, といえ, と一緒, と同じ, にも覚悟これ, にわかる, に交, に何, に取っ, に告げ, に於い, に日々, に無い, に芸術的享楽, に購, に辛, のうち, のうつけ姿, のここ, のこと, のご, のごとく, のところ, のシレーネ, のトウベツ, のプリ・マドンナ, の一行, の且つ, の主観, の任, の伽藍鳥, の住ん, の住居, の作, の個性, の全身, の兵船, の内, の及ぶ, の友, の友アザラシ, の周囲, の国, の国土, の國, の土, の大将, の大望, の天皇, の女王, の姿, の官能, の宿, の居住区, の島, の師父たち, の常識, の幼児, の後, の恋, の恥辱, の情, の想像, の意志, の意識現象, の愛, の成果, の手品, の數, の文化, の春, の最, の最も, の有する, の服裝, の楽しき, の正義, の武運, の母, の求め, の求める, の父祖, の現在, の理想, の目前, の目的, の知識, の示す, の立場, の第, の精神, の組, の考える, の耳, の背後, の若, の荷, の言, の言語, の説, の議論, の身の上, の遂に, の運命, の都, の陣, の青春, の骨, はお, はけっして, はしかく, はそれ, はつねづね, はもう, はもとより, はホーマー, は一種, は今日, は名器, は彼, は恐れ, は断じて, は斯, は新た, は既に, は明日, は最も, は殿, は決して, は生物学, は老人, は花, は鉄, も順礼, をのせ, を容れよ, を愛する, を慰める, を自由, を路傍, を迎え, を離れ, 如き者, 老夫妻

1 [1634件 抜粋] あきれて, いかばかり謝, お互, かくあわて, からすすん, から教育, がいかなる, がうた, がきっと, がしばしば, がつくられたる, がなお, がひとしく, がむかし, がもっとも, がやる, がわかき, がレヴィウ, が一番, が上, が中, が二十, が今夜, が住む, が便所, が先鋒, が六波羅, が力, が友, が右, が味方, が土, が大志, が子孫, が守っ, が宮方, が寸志, が尤も, が庵, が当, が想像, が憧憬, が手の者要所要所, が撞著, が救い主, が断然, が日ごろはなはだ, が書, が本文, が架空, が楽しみ, が氏, が海辺, が渓谷, が為, が父庄右衛門, が現に, が生まれたる, が相手, が砂, が祖国いすぱにあの国旗, が素肌, が胸計, が興ぜし, が苔虫, が見る, が買い取っ, が身, が軍艦, が遊星, が金色夜叉, が霊魂, が面, が首, こそここ, こそ大人気, ことごとく兄弟, この日, ごときに, ごとき大, さえ眼, しみじみ出, そのよう, ぞさ, つねにみち, でござるか, とあわれ, とていつ, とても同様, とても決して民族, とて天下, とともにかしこ, とは全く, とは尽未来, ともよい, と仏神, と共に住める, と共に歩きぬ, と共に蜀, と同時に, と平和的, と運命, ながく貧しい詩, にあっ, にいよいよ, にお知らせ, にこんな, にで, にとってはあす, にとっては死, にとっても決して, にとって特に, になく, にはかなり, にはまことに, にはわきまえ知る, には一ト言, には同腹, には怖, には清水寺, には絶対的, には難し, にもある, にもち, にも無断, にガン, に下れ, に与えたる, に仕え, に償い, に協力, に合体, に命じ, に対して全く, に尽く, に思索, に成る, に於, に本然, に渡し, に示し, に稟在, に純, に耳, に至急, に親しませ, に誨, に賜, に高き, のあずかり知る, のいわゆる, のおさな, のすみか, のつねにもっとも, のとる, のま, のまのあたり, のみにあらず, のやう, のわづか, のエンプレス, のゴロプペンコ, のパン, のプレジデント, のムーゼ, のレストラン, の一期, の不粋, の世界観, の主人, の主観的要求, の乞い, の亡き, の人物如何, の仕事, の仮, の住み得べき, の体躯, の信ぜざる, の個人意識, の傍, の先達, の六波羅入り, の内臓, の内部経験, の切腹, の劇, の勝利, の危急, の友情, の口, の叱咤, の同志, の君, の唯一, の国ソ連, の城地, の士気, の夢, の太平洋, の女, の如く, の婦人雑誌, の存ずる, の宝物, の実行道徳, の家中, の寄合, の将来, の小さき, の小滝, の屍灰, の希望, の平和, の弁当運び, の役儀, の徳, の志す, の思い設けぬ, の思想, の恋愛, の悦び, の情意, の意識, の感覚, の我儘者, の手なみ, の技術, の挙, の捨身, の摂政殿下, の救, の教師, の敵アドロ彗星, の新た, の族, の日常, の明智小五郎, の晩餐, の月世界着陸, の本然的, の条件, の東国下野, の棟梁, の楼閣, の欲する, の毎日, の求むべき, の法力, の温か, の準備, の烟突, の爲, の王様, の理窟, の環境, の生き方, の生活基礎, の番傘, の皇帝, の監督さん, の相, の真意, の知っ, の知力, の確信, の祖父母曾祖父母, の私心, の究極, の笠置参向, の約束, の経済, の総帥, の義人, の考え方そのもの, の背負う, の脳裏, の自由, の艇団, の芸術家, の英雄, の薄着, の衣食住, の視野, の言葉, の詩集, の認識能力, の談話, の資本, の赤心, の身ぢゃ, の軍功, の軍費, の途, の道どこ, の遠, の郷土日本, の陛下, の霊魂, の革人形, の頭上, の食欲, の首, の駕籠, の麺麭, はいかなる, はいま, はいわゆる, はお迎え, はかよう, はしきりに, はすこぶる, はそう, はたがい, はついに, はともすると, ははじめて, はべつ, はまのあたり, はみずからそれ, はイギリス, はクロハタ, はプラトー, はライプニッツ以来議論, は一つ, は一昨年, は上杉殿, は不意, は世人, は二十章以後, は互に, は今年四十九, は仏陀, は低き, は何者, は偉大, は先づ何, は兵道, は冥想, は制服, は剣, は十, は南瓜, は取る, は各, は和歌俳句, は善悪, は因襲的, は城門, は大和柳生勢, は天, は天下, は如何, は子, は宗教, は実在, は宮様, は小勢男女, は屡, は峻, は帰依, は形, は彼ら善人, は従来経験的事実, は必ずしも, は思われぬ, は愚か, は我が, は手, は捕っ, は故, は敢, は斯く, は旗, は日本国政府, は是非, は暮らしぬ, は最終戦争, は東京, は欣舞, は正直者, は死, は永い, は渾身, は火事, は燃さる, は特に, は生きね, は田舎武士, は目, は真正, は秀次様, は立琴, は絶対, は耐えぬ, は自己, は良民, は落懸, は行く, は認識, は警めね, は身上, は道義, は長く, は陸路, は願, は風間, は鶉, ばかりをこの, への挑戦, へ寄せられた, へ降る, ますます多淫, また祖先ら, までがまた, までもこれ, まで同じ, もお, もかた, もすこし, もそれぞれ身, もなま, も一緒, も亦, も似, も初めて, も堅褌, も帰国, も心して, も散々, も明朝, も決して, も爾, も申す, も知れり, も結さま, も至極, も見かけ申した, も野暮天, よりははるか, よりも何, を, をあわれみ給う, をこそ, をただ, をなさけ知らず, をも赦し, をよろこばせ, を一室, を亡滅, を偉大, を助けたまえ, を去った, を召さん, を喪, を地獄, を導い, を庇う, を待受け, を憎みおられる, を救い, を教え, を歓待, を渡せ, を燃さ, を狂気, を生, を疲れし, を第, を裏切り, を見すてる, を討ち申され, を載, を運び, を重囲, を顧みず, を黒霧, 亦同じく, 働く者, 共に超凡, 固く信じ, 如きが, 如きの, 始めて生き, 寂しき者, 常におのれ, 急ぎますゆえ, 持ちたれ, 替わるべしと, 正しくも, 死んでも, 申し上げるの, 知る赤き, 立ちあがりし時, 若きもの, 見ゆ, 討たれよう, 貧しい請負い, 遠き先祖以来, 駈け散らす所存

▼ われ~ (2256, 15.2%)

11 これを 10 汝を 8 これに, 唯だ, 覺えず 7 心の, 敢て, 汝の, 逍遙子が 6 獨り, 知らず 5 そを, 今, 心に, 汝に

4 [16件] あゆむ, ここに, この国, これより, 世の, 人の, 命の, 手を, 海の, 烏有先生を, 爾の, 生きたり, 知る, 知るテロリスト, 茫然として, 身を

3 [31件] おん身の, それを, また, われの, われを, ポツジヨと, 一はりの, 人を, 他の, 僅に, 其意を, 只だ, 君が, 君の, 始て, 始より, 姫に, 彼の, 心とも, 忘れず, 日ごとに, 明治の, 死なむ, 波宜, 爾を, 知るそ, 罪人の, 聽く, 行きえず人, 進みて, 飢ゑたりとこしへに

2 [161件] あまりにおそれたるなり, いかにし, いきづく小夜, いよ, うたはむ, えゆかじ, おほ, かの夜, かれの, きくよもすがら, こ, この内部, この家, この有名, この末, この詞, この講堂, こひうた, さきより, しばらく思索, そこへと, その手, その浅黒き, その美, その金口, ただつねに, なみだあふる, またかの, また君, また広き, もう帰ん, ゆかじ, ゆかじな, ゆくゆく汽車, よく, サンタに, ハヤゆうべ見し, ハルトマンが, ピアノの, フランス語を, ボルゲエゼの, ヨセフなり, 且く, 世界の, 二人の, 人心地も, 人間の, 今かの, 今に, 住はむ, 何を, 俄に, 信ず, 傍なる, 勅を, 千鳥に, 又前, 友の, 君を, 君をば, 呟く, 唯わが, 唯逍遙子, 固より, 外国士官と, 夢む滄海の, 夢路を, 女ぞ, 姫の, 媼の, 寝ねましされど, 寺院に, 將に, 小兒, 少女の, 常にかれ, 常の, 徐かに, 復た, 心中に, 心破れぬ, 心裡に, 思慮する, 急に, 悟らむ, 愛づ, 我心の, 扉を, 拒まずして, 掃きを, 掻くなり, 料らずも, 新たなる, 日本の, 早くも, 早く起き, 早稻田文學, 明かに, 昔の, 是れ, 晝間の, 曾て, 来に, 東京を, 横へ, 正面向く, 此の, 此処に, 此詞を, 死なじ, 死を, 母をば, 汝と, 池畔の, 沒却理想の, 浮世の, 涙の, 涙を, 漢の, 然ら, 独りさ迷ひ, 生きん, 生れけり, 生れて, 盗賊, 盜賊, 目を, 眼を, 知れり, 破笠子, 神と, 神の, 神を, 神女を, 秀才らしく, 穉心に, 纔に, 罪を, 羅馬の, 耶馬台の, 聞くに, 藝術を, 見き, 見ず, 見つくす, 見る, 親なし, 言いぬ, 言葉なく, 詞は, 誓ひ, 誰ぞ, 議論する, 足踏し, 身に, 身の, 車に, 車を, 道なき, 雑草しかれ, 黙して

1 [1672件 抜粋] ああいかに, あつぱれ明治二十四年, あまりに寒き, ありと, あるの, あわれだが, いかなる事物, いかにかし, いかん, いたく感動, いつかおりかけゐ, いぶかりつつも, いま遠く, うたふ, おうなに物言, おそれかなしむ, おのれより, おりたつ冬, おん身と, かえって今, かかる貧しき, かくして女君, かく双手, かく由, かしこより, かの君, かの木づくり, きくひたぶる, くじけ病み意志, ここにぞ, こなたの, このすべて, この人事不省, この哀, この国神, この好機會, この婆, この昔, この第, この経過, この観念, この通路, この高原, これが, これ塔建つるもの, これ旅人なれ, これ潮の, こんなに苦しん, さきの, さながらわれ, さびしく, しづしづと試驗場, しばしこれ, すぎに, すなわち漢人, そこに, そと, その一枚, その何, その多き, その屍体, その志, その日, その狐, その病, その答, その膝, その説明, その車上, その顔色, それすら, それより, ただちに神, ただひと口の, ただ一人, ただ漠然と, ただ老爺, ただ路傍, たやすくこれ, つけて, とうてい呂, なおその, なくなり, なほその, なほ心を, なるべく情, ぬぐはん, のぼりゆき, はじめて麗人, はなはだ世間, はや年, ひそかに, ひとしおその, ひとり泣か, ひとり逍遙子が, まあ何年, まことにペツポ, まず推量, また二箇月間, また夏野, また我が, また汝, まだ何とも思ひ定めぬ, むしろこの, もとより生死, もはやみずから, やゑぬ, ゆーる, わがしたし, わが小, わが想, わが無, わけても, わだつみの, われ自身が, アヌンチヤタを, キヤベツの, サイダア, シエクスピイヤの, ゼエ・ストラアセなる, ダンドロの, ハルトマンの, フエデリゴが, プラトオ論者に, ポケツトから, マリアに, メエルハイムとともに, ロメオの, ヴェルレエヌの, 一たびタツソオたり, 一人下谷より, 一向親交, 一握り程の, 一時の間に, 一盞の, 一語をも, 万木凋落の, 三ヵ国を, 三賢十聖なり, 不平を, 不軽, 世にただ, 世に免れぬ, 世の中に, 両家其位地を, 主なり, 主張の, 久し振, 乘車を, 乞い君は, 二人が, 二郎の, 亡魂の, 人が, 人界の, 人間に, 今かれ, 今これを, 今でも, 今の, 今やこの, 今一枚の, 今地と, 今宵を, 今日まで, 今汝, 今読者, 仏法を, 仰いで, 何, 何んだ, 何時死ぬべき, 何處にか, 例えば社会的信用, 信之の, 假令世の, 傲然として, 僧正司なり, 先づ逍遙子の, 先覺者なりといふ, 兜兒の, 全く厭世, 共同の, 其悲恋に, 其藝術上の, 再び戦慄, 冷かに, 函嶺の, 初めて君, 初より, 前をば, 前段にて, 創作す, 加ふべし, 勝利者だ, 北極の, 千年の, 却り, 又ある, 又叫ぶ, 又此人, 又蔦蘿, 友と, 友を, 叢に, 只管に, 吃りて, 后の, 吾が悲恋, 周都督の, 呼吸せ, 哀ふ, 唯この, 唯反問, 唯西洋, 唯隨處, 喜の, 嘗てこれ, 嘗て晩餐式, 囹圄の, 地の, 埠頭に, 堪えず俯向き, 壺を, 多くプラトン, 夢に, 夢むこの, 大いなる三つ, 大忠臣, 大空に, 大風の, 天下に, 天子に, 夫人に, 奈何し, 女の, 好機會を, 妻に, 姑く, 媼を, 宇宙の, 実に前後五度, 客の, 室内の, 家おも, 容易ならざる, 富士浅間木花咲耶姫に, 寧ろ十返舎, 小さき足, 小野寺の, 少なくなる, 尚心身矍鑠, 尾崎や, 山に, 山賊, 巌頭に, 己が, 市長一家の, 帝釈の, 席に, 帷の, 常住日夜共に, 常陸坊海尊である, 平原の, 年ごろ何ごとを, 幾度か, 延かれ, 強ひ, 形の, 彼四面皆, 彼物教へ, 彼等よりも, 徒爾に, 御覧の, 心づかでありしなり, 心着かざりし, 心酔せる, 必ず爾, 忽ちこれ, 忽ち思ひ付く, 怖をば, 思はず興, 思ふやがて, 思ふ末世, 思わず小, 思わず身の毛, 思慮を, 怪しき夢, 恐れき, 恥か, 息を, 悟った, 悲しと, 悲憤を, 情に, 惠深き, 愛す, 愛す冬, 愛にぞ, 感ず祝祭, 慴然として, 懇願する, 我が, 我が父, 我にて, 我心を, 我決心の, 或一派, 戦く身, 戯れを, 戰爭が, 所用あっ, 手もて, 払て, 拿破里に, 指に, 探しぬ色, 政治を, 敗るまじ, 数冊の, 數畝の, 文覚の, 斯の, 旅寓の, 既に人, 日月の, 早く幸運, 早稻田文學中, 昔穉かりし, 星斗の, 昨日木賊ヶ原にて, 是非にも, 智勇の, 暫くなん, 曙に, 更に又笑, 最早此舊相識, 望む, 木立ちの奥まで, 未だ大, 本來無, 机に, 来ぬ, 東に, 枕に, 枝上の, 桃青を, 梯を, 榮譽を, 横綱らしく, 櫂取りて, 歌うであろう, 歌人の, 正覚を, 此俗を, 此室を, 此方に, 此書の, 此異境の, 此篇とともに, 此術を, 此輩に, 歩し, 歸る, 死ぬべく思, 母上に, 永久の, 求める, 汝ら三名の, 沈默を, 沖繩の, 泣かんとは, 泣き出しつ, 注げり更に, 海光を, 涙ぐみぬ, 深くこれ, 湯を, 漸く墓門, 為すこと, 無邊際, 熱血の, 爭で, 爾が, 爾時晩食を, 物言はむ, 犬に, 独り自由に, 猶せめて第, 猶媼, 猶豫, 玉女の, 珈琲代の, 現世の, 生きたし, 生きわれ, 生れか, 生涯女を, 画中の, 畫工の, 病いをも, 痛苦をだに, 白かくて, 百両の, 盃を, 直ちにこの, 直ちに汝, 直ちに飛びのき, 相別れ, 真一文字に, 眠りたるらむ, 眦を, 知らざるなり, 知らず汝, 知らねど, 確と, 神だ, 秣草を, 空想人物にて, 立ちすくみぬ, 立つ, 竪琴, 笈を, 第一流, 答に, 米から, 絃を, 絶無ならざる, 緑なる, 羅馬に, 羨怨, 老いたり, 耳かたむく, 聖母の, 聞き覺, 聞く小西門, 聴衆の, 肩掛の, 胸に, 胸前に, 脈絡中に, 自ら愧ぢ又, 自ら我辯舌の, 自由を, 舶来の, 花とぞ, 芸を, 草鞋の, 菊池入道の, 萬物を, 蒲団に, 薄命君と, 血の, 行きけり人, 行くまじ天上, 表の, 西洋伝来の, 見たりき, 見るからに, 覚えず涙ぐみ, 親の, 言はる, 記實を以て, 許すとも人, 話題を, 談理を, 讀む, 財布の, 貴嬢, 買ひ, 起ちて, 足一たびヱネチアの, 蹣跚として, 軍師さ途中の, 辛からず, 近隣の, 退きて, 遂げしめむ, 遂に悲哀, 過去に, 遞與されたる, 遽かに, 部長殿と, 重ねて, 銀の, 間の, 限なき, 隱れ, 零落の, 青草に, 革新の, 頬の, 願はむ, 飛ぶが, 馭者と, 駿馬を, 驚けり, 髪を, 鳥居峠の, 默し

▼ われ~ (1123, 7.5%)

49 返って 34 返った 29 返ったよう 21 かえった 12 返ると 10 かえると 8 して, 告げこぬ 7 かえったの 6 かえったよう, 向ひ 5 かえりました, なった, 利あらず, 回ると, 師なし, 聞け, 與へ 4 回って, 帰った, 益するところ

3 [18件] あり, ありと, かえり, そしりの, なる, 与えよ, 命じて, 心を, 教へよ, 於いて, 策あり, 見えた, 返ったの, 返った時, 返つたやう, 返つて, 返りました, 迫り來

2 [61件] あたへ, あたへよ, あだし心, ありては, おぼしめして, お美しゅう, かえったとき, かえって, かえる, さきだつ, すすめぬ, とりて, とりては, なししなり, なって, みすぼらしくなっ, もどった, 一人の, 与えて, 与へ, 五ペンスを, 会釈しぬ, 何を, 來よとや, 剣を, 加へ, 匹敵する, 命は, 在らば, 帰って, 帰つた, 帰ると, 弓を, 思い, 思った, 思って, 思ひの, 投げ掛けしは, 接吻し, 救いあれ, 日を, 母あり, 渡し, 立ちか, 聞えた, 見える, 語りぬ, 語りぬいざ, 語りぬなが, 語りはじめぬ, 負はせ, 辛く, 返つた, 返る, 返ッ, 遺したる最後, 酒を, 釈きあ, 降って, 非ず, 食は

1 [710件 抜粋] あし疾き, あたたかく寝る, あらしめつ, あらんや, あり天下, ある, いかなる女, いずこと, いたいたしい涙, いとおしくなる, いとしくおもい, いのち許さば杖つき, いへ, うごく屍, うなだれました, うめいて, おくりていはく, おしへ, おなじやう, おなん, おもって, かえったらしいの, かえったピート一等兵, かえった時, かえった耳, かえった顔, かえっていま, かえってくち, かえってそう考えた, かえってふりかえる, かえってアメリカ人, かえって例, かえって博士, かえって号令, かえって歯, かえって起きあがるだろう, かえって車, かえつた, かえりあたり, かえりいい, かえりその, かえりましたが, かえり今夜, かえり大声, かえり寒, かえり理解, かえること, かえる場合, かえる時節, かかって, かがみて, かく願, かし給える, かそけきもの, かつ責任, かぼそいわが, かわゆく思われ, き, くれて, こ, こそこそと, さき送りたまひ, ささやく, ささやけば, さまざまなる, しおれかえって, し似るか, じかに取引, すぐ続け, すゝめ和尚の, せまらんと, その子五つの, その情, それと, ちかひぬ, ちがいない, つきまとう悪霊, つけ, つらき悲しき君, つらしと, つれなきを, つれなき今日, とどまって, ながめしめよ, なく彼, なった戸棚, なつける文鳥, ならひて, なりいやしい, なりました, なり自分金, なるん, はかない, はかわらじを, はれた顔, ひびいた, ふく紅燈集, ふるえた, ふる鈴, まかされよと, まさる一等国, まさる熱, また歌ったず, また残された, みせよかし, むかひて, もしこの, もしもの, もどりここ, やさしい趣, ゆったひとり, ブロバリン二百錠あり, 一万円の, 一切を, 一女あり, 一日の, 一裹の, 一言あらん, 三千余騎を, 下されよとて, 下せかし, 与えずや, 与えた, 与えよ再会, 与えよ奸雄, 与えよ生, 与す, 与せしか, 与へよ, 与へるもろもろ, 主ある, 事へて, 云つて恰も, 五大洲を, 五百金銭を, 交わりを, 交付す, 今も, 今拂, 他の, 代つて, 任せよと, 会うたること, 伝国の, 伴ふも, 何か, 何かせ, 何らの, 來ぬ, 俯向いた, 借せ, 借金あり, 傾かねば, 優しいこと, 優しく笑みかける, 優しく言い聞かせ, 優婉な, 先だちて, 先んじわれ, 光榮賜ぶべき, 内応した, 冴ゆる, 冷き, 出家せしめ, 刑死の, 到らん事, 力を, 加ろうと思つた, 勝る勇士, 勧めぬ, 勧善懲悪地獄極楽の, 勸誘を, 十万の, 半, 厚くし, 厚意を, 参加する, 又, 又神, 反く, 取らしめき, 取らせ又, 取りて, 取り残されて, 叛きぬ, 同じ身, 向いて, 向かって, 向って, 向わんとは, 告ぐるに, 告げ, 告げずという, 告げようという, 命がけにでも, 咲いたお話, 咲きけむ炎, 唯だ, 問いたまいたれ, 問えり問い, 問ひしと, 問ひぬ, 喰せよ, 喰は, 囑し, 四路進攻の, 回ったよう, 回り切れない容子, 回り彼, 基く數, 堪へ難し, 声かけ, 夕短かき, 天下一の, 奇異の, 好き計略あり, 如何なる誤算, 妙味ある, 子を, 存申候, 学ばうと, 家政を, 寂しく此方, 寂しく貴女, 寄せる甲州, 寄り來, 対い, 封建世俗に, 小さい, 小豆飯油揚げを, 就いて, 就きたも, 屈して, 履かする, 屬する, 帰ったという, 帰ったよう, 帰った風, 帰り, 帰りかけて, 帰りたるランスロット, 帰りて, 帰るであろう, 幸いし, 座を, 当る者, 彫らさん, 従う家の子等, 従え, 従え陳大夫, 従った, 従って, 従へ, 從は, 御神, 復った, 復る, 微塵の, 微笑んで, 心細くもの凄きに, 必ずペーリュウス一人, 忠言し, 怒らざるも, 怒りしほど, 怒るべし, 思いました, 思うて, 思うと, 思う心, 思えた, 思える, 思ったか, 思ふ所, 思想あり, 怪を, 恥ずるところ, 恩売りし, 悲く, 悲しき別れ, 悲しくうら寂しく心, 悲哀を, 悲惨と, 惜むな家づとの, 意恨も, 愚かしいこと, 感じたから, 感じたであろう, 憚らむ, 應ずるや, 我が意, 戻って, 手を, 打たるる女, 打ちくだかれた骨, 打勝つを, 打明けよ, 抗する禍, 拒める君, 持たしめ, 捧げたり, 授けつ, 掠めしこと, 接近す, 描いた秋草, 提供し, 撰べるかの, 救援に, 教えしを, 教へ, 数倍する, 敵すべき, 断たれんこと, 断腸の, 於て, 映りて, 春なし, 暗い夜ふけ, 曰いけるは, 曰へ, 最惜しく, 有りひたすら, 木伝ふ, 朽ちて, 来たの, 来たる者, 来よいとしき, 来ようつし世, 来よわれ, 枕させたまいし, 楯つく, 武裝を, 死を, 残ンの, 求む, 求むる事, 汝の, 泣く, 洩れて, 洽くとつ國人, 海青し, 涙ぐましい, 涙の, 添ひつ, 渡されたい, 渡しければ, 渡せと, 潮に, 焔の, 無慚, 爲す, 父母なし, 物凄い, 猶用, 玉を, 現はれし, 現はれ宣んし, 生きて, 生まるべき子, 用なき, 申し上, 當らず, 百千の, 益する云々, 眼を, 知らしめよ, 知らぬ名, 確乎たる, 示さずや, 示すに, 示すべしと, 神仏の, 窶れた, 立ち向わん程, 笑える位, 笑み給うかと, 等しき避難者, 答えしやを, 答えよ, 策なし, 糧を, 絵の具の, 縁談あり, 續き, 美しい僕, 美しき女, 聖顔の, 聞えて, 聞える, 聞かせわれ, 聞くところ, 聞け諫, 聞け遠く, 聽け, 背くとも, 脚とき馬を, 臨めば, 自分にと, 與ふる, 與み, 荊州を, 萎びながら, 著せんと, 衝突し, 要あらじ, 見えたらしい, 見えて, 見えました, 見えます, 見えるおじいさん, 見ゆ山, 見られたの, 見知られて, 覚えて, 親しきは, 親友あり, 観るところ, 触るるなかれ, 言えりしこと, 計も, 訊くが, 許さば, 許して, 許せよ花, 話せしは, 語り給, 語る御身, 誠の, 説きて, 請ひぬ, 諛ひ寄り来る, 負きし挙動, 貴くうつくしく気だかく清き芙蓉, 貸しおきつる斎瓮, 貸せといふ, 賜い今某, 賜へ, 贈るとも, 超えて, 越王勾践の, 轟雷の, 近づいて, 近づき時には, 返さじ, 返ったが, 返ったとき, 返ったらしく片手, 返った千枝子, 返った彼, 返った後, 返った気, 返った永島与八, 返った裳, 返った面持, 返った顔, 返ってから, 返つたといふ, 返りあわてて, 返りうしろから, 返りきらない面持, 返りその, 返りともかく, 返り気, 返り襷, 返るに, 返るや, 返るよう, 返る時, 迫らんと, 迫る時, 追従し, 退けと, 送別の, 逆寄せよと, 遅れ車, 違いない, 遺託, 還ったもの, 還ると共に, 醒めれば, 銀器の, 閑ある, 関羽張飛あり, 防禦せよ, 降るべし, 降るもの, 降参を, 限なき, 随ふ, 隨ふ, 零戦はや, 非なる, 非に, 面白い, 鞠歌を, 頭を, 飢え疲れて, 飯を, 驚く, 驟雨降る, 黄色の

▼ われ~ (1070, 7.2%)

197 忘れて 33 して 19 わすれて 8 見て 7 忘れたよう 4 まちて, 顧みて

3 [13件] あざみ, しも, とどめたの, よぶ, 伴ひ, 呼ぶは, 忘れたやう, 忘れるの, 愚弄する, 捨つるに, 知るという, 見れば, 遣は

2 [57件] あはれと, いふらし世, おろしつ, こめて, さいなむ, しれかし, し君, すね物, たすくるならん, はらだたしむ, ば苦めむとや企み, みいだし得む, もって, ストーブの, 信ぜじ, 信徒と, 傷付け給, 助けて, 取巻きて, 叱って, 呼ぶなり, 咎むること勿れ, 喜ばしむ, 害せん, 封じて, 待たれよ, 待つ, 忘る, 忘るる, 忘れさせて, 忘れたかの, 忘れるほど, 恐れて, 悩まさむとて現, 感じて, 扶けて, 抱き下して, 捕えて, 捕へ, 捨て, 措いて, 棄つるか, 欺かずである, 欺きしや, 泣かしむ, 知ること, 罪人と, 見じ吾, 見たるが, 見ては, 見ること, 覚えて, 護り給, 通せしが, 酔は, 養子に, 驅り

1 [645件 抜粋] あざみけり, あざむいたな, あしらひぬ, あなどるもの, あはれむ, あふれり, いざ蹈, いたはる一樹, いつくしみ給, うけしや, うつ, うまうまとあざむいた, おきて, おどすよう, おもふ, おもふと, かかえて, かかへて, かくは, かければ, かけ国, きこしめせ, ことと, これほどに, さ, さくるなり, さして強盗, させ一般消費市民, さなう, さびしがらせよ, さびしと, さほど愛するなら, しみじみ風, そこへ, そのごと, たずねざりしもの, たたしめよ, たよらんと, つくづくと, つつみぬ, つれなく見捨て, とがめそ, とどめるの, とめ又, なつかしくなるごとき, なにとも, なやましたま, のせて, ばかの, ば何人も, ひたふる, ほしいまま, ぼちぼち話し, まつらむ, みつけては, みてとりいっそう, むけ給, もちされ, もよおされましたこと, もよおしたの, もよおしまして, よびかえして, よろしと, わが忘, わすれたお, わすれ樺, わたくしは, われが, われの, われ知らざりき, わろしと, カムパニアの, チヤッコと, 一人のこし, 一羽の, 七條の, 不幸と, 不忍池畔, 世の, 主として辿る, 主人とは, 主宰する, 亡せり, 人並みすぐれた, 仆しぬ, 仰ぎ迎えずにも, 伝うるもの, 伴いて, 伴なう, 伴ひ入り, 伴ひ行きぬ, 作る, 侮りわれ, 促し手近, 保ちわれ, 信ぜず, 催した, 催すよう, 傷けん, 元氣, 兄弟と, 兄弟という, 冥途の, 凌駕する, 凍らしむ, 出して, 出し拔きし, 制するも, 刺し殺し父母, 助くるもの, 助くる事, 助けよ脚, 助け不思議, 動かさんと, 動かすこと, 厭ひ, 去らずけり桜花, 去ること, 去るところ, 去る熱気, 去る熱氣, 取りその, 取り圍む, 取り集めて, 受渡す, 召す神きぬ薄, 可笑しきもの, 叱る, 叱れば, 名高きスタインバハ, 吹いて, 呑み睡眠われ, 呑めと, 味わうのに, 味わおうと, 呼びさ, 呼びたるは, 呼び止め妊, 呼び給いわれ, 呼び返す, 呼ぶ, 呼ぶを, 呼ぶ天上, 呼ぶ聲, 咎めき然, 哀れとお, 唾罵する, 喫せしめた, 嘲けりわら, 嘲けるごとく辰弥, 嘲弄せん, 嚇かす, 嚇す事勿, 囲めり, 圧倒する, 地上から, 地上三枚の, 基礎と, 売る者, 夜伽の, 天より, 失いぬ, 失う彼, 失ったか, 女の, 始め人々, 始終繼子, 嫌悪せしめ, 害しては, 害し女, 富ますとお, 射り更に, 射んと, 射んとは, 導いて, 導きぬ, 導き去りぬ, 尽大千世界の, 幾世か, 庇いながら, 庇うて, 庇ひ, 廊の, 弄ぶの意思, 引き回すよう, 引き止めて, 引き行きぬ, 引き返せ, 引据ゑつと, 引留めて, 強い自信, 彼, 待ちかね寝し子, 待ちつ, 待ちつつ, 待ちに, 待ち玉, 待つらむ, 待つらん, 待つ友, 後に, 忘れおわる男, 忘れさせます, 忘れし揺蕩, 忘れた, 忘れたい, 忘れたか, 忘れただ, 忘れたと, 忘れたもの, 忘れたものの, 忘れた吉宗, 忘れた感動, 忘れた直感力, 忘れた絶叫, 忘れた鉄拳, 忘れつ, 忘れてとは, 忘れてわ, 忘れるという, 忘れるに, 忘れるほどに, 忘れるほどの, 忘れんと, 忘れ先刻, 忘れ去るの, 怒らす暴言, 怖れずや, 怖れぬ, 思いくくる人, 思い想う父, 思うて, 思う友, 思う如くなるべし, 思ひの, 思ふ人, 思わむ友, 恋に, 恐れしむることありき, 恤れ, 恨み顔, 恨むな, 恨むること, 悪しと, 惡しく思ひ, 愛して, 愛すといふ, 愛せ, 愛で, 感じさせた, 感じた, 感ぜしめる, 慰む, 慰む君, 慰めるとき, 慰めるに, 慰めんと, 憎むとは, 憐れと, 憐れまば, 憐れむこと, 憶ふ, 戀に, 戀ふと, 戴きて, 打たんず勢, 打った, 打つという, 打てかし, 打倒し, 打守り, 扶くる, 抑えた, 抑えて, 抑ゆる, 折るから, 抱きて, 抱き入れること, 拝せりと, 持したるなりき, 指さしあざけるか, 指さして, 捉へて, 捕えむとするを, 捕へて, 捨て茶事, 据ゑ置き, 推して, 描いて, 描写する, 援け, 揶揄する, 撲つ, 操つる者あり, 擡げよさも, 支配し, 放たじと, 救うや, 救ひ, 敗り, 教育し, 明るくし, 暈めかす, 月空に, 朝敵と, 本と, 染むるとも, 柩に, 棄てずば, 森へ, 欲しない, 欺いた罪, 欺かざるを, 欺きしも, 欺きわれ, 欺き他国, 欺き戰, 欺き春, 欺く, 欺けど, 欺けり, 欺こうと, 欺り, 歌う人間業, 止めたの, 此処にまで, 死に呼べり, 残して, 殺さずして, 殺さんと, 殺せと, 殿樣と, 毎日の, 永劫に, 求めざりしもの, 汚らわしき穴, 汝と, 沈め去り, 泉に, 流眄にかけ, 測るに, 滅し給う也, 滅する, 滅すを, 激ましぬ, 烏有先生なりとて, 無何有郷, 無邪気な, 照し, 照すは, 父と, 父とは, 父母ありし, 爾に, 狂人と, 狙ふて, 生かすものすべて, 生け捕るなどと, 生みし, 産みしに, 用いず, 画に, 留むるやと問ひし, 留むる今を, 疎んじ外, 疎んずる挙, 疑いわれ, 疑う, 疑うアーサー, 疑って, 疑らざるを, 目がけて, 目し, 目の, 目覚ます, 相愛の, 省みると, 眠らしめし, 着飾り給え, 睨むごとし, 知った, 知らで, 知りたく思ったとき, 知りたれば, 知り給うもの, 知るの, 知るや, 短命の, 示し給いて, 神ならしめ, 穴の, 穿つ鼠, 端的に, 笑は, 笑へる, 罪あり, 罵る, 羨む, 聞し召せ, 臆病者とは, 臥床に, 苦しめて, 苦めて, 蔑みわれ, 蔽へる, 裏切りて, 襲い攻む, 襲はば, 襲ふこ, 覆ふと, 見しが, 見せかけると, 見たよう, 見たわさ, 見つつ, 見つめつ, 見よと, 見るより, 見る人, 見下したる眼光, 見出す名君, 見捨てたの, 見捨てた汝, 見放ち給, 見棄てざりしと, 見殺しに, 見舞ふべき, 見詰むるじゃ, 見詰むるぢゃ, 見識れ, 見離したか, 覚えしが, 覚えず吉里, 覺さむ, 解放し, 討つ汝, 訪う者, 話して, 認められ終に, 誑すこと, 誘い出されて, 誘うほど, 誘うよう, 誘う夢, 誘ひ入れ, 誘ひ公園, 誘われた, 説かんと, 誰とか, 誰よりも, 諫むるなく, 謀らんと, 譏ると, 警めたもう, 負うて, 負ひ, 責むるや, 赦せ, 転ずること, 軽んずるより, 軽蔑する, 載せたる黒蛇, 載せて, 載せ給え, 辱しむ, 辱めるか, 迎えて, 迎えん, 迎へ, 追いわれ, 追うて, 追撃に, 送りしかの, 送りて, 送れるちちはる, 運ぶ, 運命薄く, 道具に, 遣はせる, 遮りなほ争, 遮り止めつ, 遮るから, 遺さずして, 遺るるなかれ, 邀へ, 野良犬と, 関の, 防ぎ得つ下, 隠したまえ, 隠すこと, 離れる, 雲の上より, 顧みずに, 顧みつ笑むこと, 顧みも, 顧み給, 風船屋と, 養ひし, 館に, 龍泉寺川に

▼ われ~ (659, 4.4%)

37 いる 30 いた 28 いるの 11 いて, いること 9 いるが, いるよう 8 いるから 7 来た 6 いたが, しまった 5 いたの, いるという, おれ 4 いました, くる, しまう, しまったの, 来たの, 来る 3 いたから, いるし, いるので, きたの, しまいました, しまうの, しまって, そこから, 来て

2 [15件] あった, あれ, いそう, いたこと, いたので, いても, いるだけ, いるところ, いるのに, いるん, いる身, くだけて, それが, それは, 来ない

1 [401件] あちらへ, あったし, あったの, あっと思う, あとかたも, あのふしぎ, あの時分, あぶなっかしかった, ある, あるいは大, いきました, いず広闊, いたかも, いたくらい, いたけれど, いたころ, いたし, いたそう, いたと, いたとて, いたとでも, いたもの, いたものの, いたらそれ, いたら帝都, いたケチックサイ屋台骨, いたコスモグラフィー的, いた一つ, いた一時期, いた座敷, いた彼, いた応永, いた本当, いた浮世絵師一勇齋国芳, いた者たち, いた馬, いては, いない, いないか, いないから, いないだけ, いないと, いないところ, いないもの, いないらしく彼, いない元, いない時, いない点, いなかった, いなかったの, いなかったらあるいは, いよいよ其事, いるか, いるかが, いるこの, いるため, いるつもり, いるであろうが, いるでは, いると, いるとしか, いるとしても, いるとは, いるとも, いるなという, いるに, いるにも, いるばっかりに, いるほど, いるもの, いるものの, いるよ, いるらしいと, いるらしく又, いるらしく顔色, いるわけ, いるわたし, いるロマンチック, いる三島岳, いる上, いる中, いる中間僧, いる今, いる仕事, いる冠松次郎氏, いる厄介者, いる可能性, いる因果者, いる地極, いる壁画, いる女, いる女童, いる安らかさ, いる広い, いる彼, いる感じ, いる所, いる文字, いる時, いる様々, いる気, いる現象, いる男, いる監禁, いる眼つき, いる紋, いる老樹, いる胸, いる胸許, いる芝居, いる誰彼, いる谷, いる身分, いる躯, いる限り己達, いる顔, いれば, い片方, うんそう, おったから, おりは, おりましたれば, おりましょう, おります, おりますのに, おること, おるの, お宅番, お腹の, かざされる剣, きて, くたけて, くること, くるの, くる共通, くる寒流, けちな, こおったみずうみが, この躑躅ヶ崎, ころがって, こわれるシャボンだま, さっきの, さながら洪水, さむいので, ざらざらの, したたる血, しだいしだいに, しまいます, しまうこと, しまうと, しまうよ, しまう財産, しまったかと, しまったから, しまったこと, しまったならお父さん, しまったよう, しまったらそれ, しまったわけ, しまった時, しまった結果, しまってよ, しまひました, しまひますよ, すさまじく飛び, すっかり朗らか, その下, その中, その実意, その用, その眼, その質, その間から, それで遅く, それも, それを, た, たまるもん, たれさがりその, つかず離れず豌豆, つき纏われる煩わし, なかから, なかなか自由, なかに, なかの, のしかかるよう, はおりません, はたと当惑, ばたばたと, ひよつこ, ひよつこの, へんな, まこと雀の, ますよ, まっくら, やがて霜柱, やがて静か, やぶれて, やまざるところ, ゆくの, ゆくばかり, ゆく仰山, ゆっくりひらい, ゆらめいたからと, ゐた, アノ胸を, カッタン, ガタンと, ジロリと, ランプの, 一時に, 一部の, 万人の, 了うのである, 了って, 二束三文だった, 云った, 人の, 人魚かねて, 今は, 今また, 仕方が, 以て, 住むとこ, 住んで, 何とも思わなかった, 何も, 何処まで, 依然として之, 便に, 先人の, 先導した, 六道の, 其の醜, 冷笑した, 凝っと, 処々に, 出て, 出は, 出掛けて, 出来た小皺, 出雲の, 刄傷沙汰に, 別るる, 割れ目で, 匂いこぼれる赤い, 危殆と, 却って信心, 却て, 参ッた, 吾心の, 呼吸も, 咄嗟に, 問うこと, 喇嘛の, 四かくな, 四時に, 困ったこと, 国々を, 地位の, 城に, 塵をも, 外へ, 夜業の, 夢遊病的に, 大きなまっ, 大きな口, 大洋を, 大論争, 天が, 奥平の, 如何にも怪し, 客観塔という, 家根は, 富五郎は, 将軍義昭公は, 小説戯曲其物を, 居た, 居ないもの, 居りませんし, 居る, 居るですが, 居ると, 居るの, 居るよう, 居るん, 居る二つ, 居る哀願, 居る山腹, 廟の, 弥次り殺されかけた, 彼の, 彼女達の, 恐怖の, 憫然でございます, 懲役に, 打ち開いた左右, 担ぎ出されようと, 捕えら, 政宗は, 新しい時代, 日本の, 時代から, 智子に, 暗い古, 暗殺された, 暫くその, 朱鳥元年十月三日死を, 来たから, 来たその, 来ただけに, 来たならともに, 来たので, 来たらしいん, 来たん, 来たシシリイ, 来た一縷, 来た感謝, 来ないであろう, 来ないん, 来ました, 来まして, 来ること, 来るすべて, 来るの, 来る思い, 来る特徴, 松の, 栂の, 椅子に, 次第に社会的地位, 次第に神, 死骸が, 殆ど消え, 残念がっ, 毛の, 沙汰に, 泳ぎを, 海に, 海の, 消えた, 消えて, 濃厚な, 火を, 無縁の, 煙臭い, 熟れたトマト, 獄中に, 王子も, 生物を, 白冷の, 目に, 目的を, 破片が, 私が, 程の, 窺い知れないが, 節くれ立った, 精神に, 納屋の, 紳士は, 線香の, 縁組した, 自由が, 興奮した, 芸妓の, 草履を, 落ちたの, 落ちるよう, 落ち込む時, 行った, 襟巻を, 見えた, 見えましょうな, 見える, 見たそう, 見るかげ, 親戚も, 許, 諸国を, 諸所欠け, 谷に, 谷の, 身分を, 転ぶ, 近来ややもすれば, 這い出て, 連り亘っ, 遂に出雲国, 遅疑する, 長い間, 門に, 閉じるとも, 陰惨な, 雷が, 静かに, 領主の, 領米が, 食通も, 鬱蒼と, 黒紋付姿の

▼ われ~ (528, 3.5%)

8 の使命 7 の教 6 の教訓, の眼 5 の仕事, はかの 4 の主張, の求むる

3 [12件] にとり, の中, の生命, の生活, の神, の述, はこれ, はその, は断じて, は決して, も亦, をし

2 [28件] がこの, に任せ, に取り, の事業, の住む, の前, の同志, の唱道, の手, の示教, の祖人, の祖先, の頭, の頭上, はかかる, はまだ, はわれ等, は何, は只, は地上生活中, は心から, は漸く, は猶, は知らない, は神, は飽, ゐて, を顧み

1 [391件] があまりに, がいかなる, がうち, がここ, がそれ, がため, がほこるべき, がよろこび, がわが, が交情, が促す, が傅, が備, が内心, が出発点, が分, が副, が危き目, が受取っ, が古代, が司令, が周圍, が命, が大, が太陽, が宗教, が思ひ, が手, が持て剰す, が救う, が曙, が望む, が果して, が母校, が求むる, が汗, が決して, が為, が現在, が生き生き, が知る, が祖先, が神, が過去, が過去世, が馬, この人, さまたげられず, さやぎ, だけでも出来る, だけの生涯, で守らう, で開かう, としてはこれ, としては先ず, としては全, としても最大, としても止むなく, として之, として地上, とても勢い多少の, とても同様, とても決して人間, との固い, とは地球, と共に遊ばざる, と協力, と同じく, と彼等, と汝等, と談, なり, に, にうぬ惚れ, にし, にとつ, にとつて, にはよく, にはピッタリ, には時間, には死, には見えない, には霊的教育, に与うる, に似, に光, に反映, に啓示, に授けられたる, に救い, に理解, に絶好, に變ら, に逢, に酒, に頼ん, の, のうち, のこころ, のさし, のため, のところ, のまち, のよう, のプロレタリア美術家, の一つ, の一家, の与うる, の世界史的, の乘, の乘漾, の云, の仲間入り, の伝えん, の伝達, の伴う, の体, の使用, の侶伴, の侶伴たる, の信仰問題, の兄弟, の先輩, の再び, の力, の勇士川上機関大尉, の千言万語, の受持, の同志百七十一人, の君, の否定, の周囲, の味方, の咎, の啓示, の喋っ, の四邊, の図り知られぬ, の執念, の境涯, の大, の天職, の崇拝, の川上機関大尉, の希望, の強味, の当面, の心, の心路, の忍べる, の快, の快速潜水艦, の思想, の恐怖, の恩師, の惜しむ, の想像, の意志, の態度, の懸命, の戦闘機隊, の所期, の所説, の所謂魔群, の才覚, の指導者ヒトラー, の指示, の掌裡, の推奨, の提唱, の提示, の搭乗機, の救, の教義, の新手, の施すべき, の旗, の日, の日本精神, の最も, の期する, の業, の歩まん, の母国日本, の無, の物語, の現在, の生活上, の用具, の用途, の痛切, の相, の知る, の祖人以來一貫, の祖国, の祭, の答, の罪, の耳, の聖業, の肉, の良心, の英雄, の虔譲, の血, の血液, の衆人, の衷心, の見る, の観る, の解釈, の言葉, の記述, の訴, の試むる言説, の認可, の責任, の貴い, の賜, の踏ん, の踐め, の身体, の躯, の通信, の進み入り, の運命, の道, の遠い, の遠き, の選べる, の間, の防護団長, の霊界通信, の霊訓, は, はいつも, はおん身, はこれから, はしばしば, はすでに, はそ, はそれ等, はた, はただ, はつまらない, はどこ, はどの, はどれ, はもう一度, はややともすると, はウラゴーゴル, はコルシカ人, はサルルスト, はバイブル, はパン, はフランチエスコ・アルバニイ, はラジオ, は一心同体, は中央, は之, は乙女一途, は人間, は今ここ, は何れ, は何事, は何処, は共に, は其夜, は到底, は制服, は劇場, は十分, は十字架, は単なる, は取り憑かれ, は右, は君, は唯, は地上, は多く, は大石殿, は宗派的論争, は富, は寧ろ, は屋根裏, は工場, は常に, は幸, は廣, は弱き, は強力, は形而上的詭弁家, は彼等, は待たう, は心静か, は恰も, は悪魔, は惜めど, は憮然, は拿破里, は持ち, は断乎, は日ごと, は晩飯, は暗い, は最も, は朝餐, は未來一年, は東京, は棄てじ, は極東, は次第に, は歌, は止む, は此問題, は此處, は歸途, は汚く, は汝, は汝等, は沢庵漬, は油断, は法皇, は流, は父, は理性, は番兵, は白人, は皆悲しみ, は盆踊, は盲目的信仰, は相, は真剣, は知らず, は石龕, は祝砲, は神命, は神学, は算盤玉, は細説, は絶対, は纔, は考へなけれ, は自分, は舞庭, は見, は言わば, は詩, は警官隊, は貴重, は資本家, は身, は近々, は霊媒, は靈, は預, は頓着, は頻りに, は飲み込む, は魂, もこの世, もしばしば, も主水, も人間, も何時, も微力, も心, も心づよく, も必死, も欣, も積み飾らん, も貧乏, をこ, を同胞, を待っ, を怖, を望み見, を濡らす, を生んだ, を祝福, を羨まがらせた, を見, を誘ひ, を誘ふなり, を造りましぬ, 楽しき事, 申し解くべしと, 留まれりや, 若きフィレンチェ, 萎びた大根, 近きわたりに

▼ われ~ (495, 3.3%)

59 われもと 11 また 9 人も 4 人なり 3 かうの, はや生ける, 亦た, 見つ人

2 [29件] こう, こもれり, さあら, それか, なく敵, なさむ, ひとも, また兵, また出, また度度しかく, ゆふぐれ, 亦, 人, 今は, 会得し, 君も, 多淫, 姉上とともに, 引きたし, 強ひ, 彼も, 忘れて, 愛でたきもの, 数には, 正剣, 浮きつ沈みつ流れゆくを, 狂人か, 病みやすく, 諸共に

1 [342件] あまりの, ありまづしき父おや, いそぎて, いでたつ花, いふ, いやまさりければ, うたひぬ, うたびとその, うなづきなん, うらぶれし, うれしと, おほいな, おれもと十人ばかりの, かう, かうだ見ろ一茎ごと, かう烏萩, かくて, かつてかの, かれが, かれもが, くひけり病癒ゆ, こうき, こうこれ, こうの, こう桔梗, こそう, この弱き子, この悲しき, この新しき, この秋, こよい, こよひは, これに, これより, ころがる麗らか, さぞ哄笑ひつらむ, さびしき秋, さびしくこの, しかりき, したが, して, しないの, します, しよう, しようが, し今宵討死, し十年, し政宗公, し狸, し関羽, すがりぬ, すでに耳, するだろう, するなれば, する人, せずきれい, そう思う, そう思った, その当時, その馬狩り, それに, そを, たむけむ花, ちったあ, てる, できるだけ費え, と列を, なくまったく, なくよろめき, なく斬殺, なく泣き伏し, なく鉄砲, なつかし, ぬかづく, はやく別, はやこの, ひとを, まことに憔悴, まじりて, またあり, またいつも, またうき, またかく, またこの, またさらに, またしばしば, またと, またひと, またほ, まためしい, またキリスト教徒, また一騎当千, また上人, また今日, また他人, また何事, また廬, また彼, また後人, また心, また望む, また洒落よう, また深山, また渚, また湯気, また爲, また爾, また病む, また秒, また羅君, また群集, また老い, また色, また落葉, また遠き, また野, また露伴子, みなかの, むすべば, もっとも忌み, やがて十七, やがて身, ゆらめく, よくは, ろ, われも, われもと力を, アヌンチヤタが, オレの, ダンテが, フエデリゴも, レツシングも, 一しょに, 一つやっ, 一功名をと, 一句を, 一夜大久保を, 一方は, 一段, 一箇の, 不羈の, 不遇とは, 与したが, 世を, 中学を, 久しく試さね, 之に, 二十の, 二十人の, 二郎も, 亦た疑, 亦インノセンス, 亦御, 亦神, 亦聖なる, 亦跪きぬ, 亦願はく, 人と, 人なりと, 人間じゃによって, 人間の, 今ごろは, 今までは, 今卒かに, 他さ, 他も, 余りの, 來たり, 信じひと, 信ぜしが, 俺の, 俺もと, 倶に, 倶にか, 元来好きの, 共に帰らん, 共に行, 共に跪きし, 其の真似, 其話し, 出た彼女, 初めは, 十人の, 十日を, 厭は, 參詣者と共に, 又さながら, 友も, 同じく他郷, 同じく慘毒, 同じこと, 同様に, 君に, 呼べ, 和毛の, 夕の, 多年人を, 大いに気丈夫, 夫人も, 奇兵を, 女に, 嫁を, 子供の, 孤独, 學びの, 學校を, 安け, 実父も, 寄る年波, 寢む, 少女, 屡, 崇む, 幼少から, 床に, 廷臣, 彼等の, 往くべしせっかく, 後生の, 徒爾に, 従う, 御民, 心に, 忘る, 忘れたかの, 思はず立つて, 思ひぬ, 急ぎて, 悪事を, 情も, 想像し得られる, 應援すべし, 懐ししと, 手伝え, 押し添, 拙き身, 掘る, 携え来りし紫, 改良に, 新進作家の, 既にその, 早く年, 早晩こ, 昔はか, 是よりぞ, 暇あら, 有ましたので, 望んで, 来たり, 来るか, 東呉の, 樂しかりし, 櫻の, 欲しければとて, 此の, 歩む可, 死なざりしぞ, 氏子の, 汝を, 泣かまし鳥, 浮世の, 海の, 淋しい秋, 深まったという, 渠に対しては, 満足, 漢の, 漢室の, 無くなって, 熱に, 片隅なる, 猶初めて登場, 生きの, 生まれて, 甲斐源氏なり, 病の, 病気と, 痛むと, 真の, 真似しぬ, 瞬時ほ, 瞬時ほっと, 知った団欒, 知らさば, 知らず, 知らない, 知らないよう, 知らねど, 知りしかど, 知りたれど, 知る優しい, 突き出して, 立ちあがりて, 立ちぬ, 立ち士の, 竹矢来の, 笑った, 笑って, 笑つた, 籠れる, 紅葉を, 紫の, 習うて, 耳を, 聞いて, 聞く所, 聴く, 腰かけて, 自ら殺されし, 舞ひ, 花束を, 若年にて, 荷物を, 菫花売る, 行かんと, 行け, 行けかれも, 見たりとて, 見つ富める女, 見まねに, 見る竹葉, 覚えず脱兎, 記憶す, 許して, 請ひ, 身と, 身を, 迷ひなん, 途すがら考ふる, 遠田見, 酌み彼, 醉ひぬる, 金華山を, 長じ, 閻魔王庁に, 頸輪を, 頼まん, 食わんと, 飯食む, 飲みて, 飲む, 香の

▼ われながら~ (454, 3.1%)

8 不思議な 6 自分の 5 不思議に 4 感心する 3 感心し, 気が

2 [15件] あいそが, あまり上品, いやな, いやに, わけが, 不孝の, 南向きに, 合点が, 呆れて, 思いも, 情けない, 情なかった, 笑止, 面目ない, 驚くほど

1 [395件] あきれるばかり, あきれ顔, あさましいこと, あさましいしかも, あさましいなりに, あさましいほど, あさましかった, あさましくなる, あさましく思はれる, あっばれ討死, あと味が, あまりの, あやしい装立ち, い, いくぶん歯がゆく, いささか虚勢, いじらしい気持, いみじき事, いみじくも思い付いた, いや気, うっとり出来る, うまくできた, うまくない, うんざりし, うんざりする, おかしい, おかしいと, おかしい位, おかしかった, おかしくて, おかしくなっ, おかしくなった, おかしくなつた, おかしく仲仕たち, おそろしいこ, おそろしいもの, おどろくばかりの, おもふ, おれは, お座が, お話には, かしこい人間, ぎこちなかった, ぎこちなく, ぎよつとしたが思へ, くやしかった, こうなろう, こう嘆声, この人物試験, この悪魔, これを, これ以上堅固な, こんなもの, こんな繊細, さほど拙劣, ざまあ, すばらしいおもいつきだ, せつなく思う, そこで三月, その不出来, その勇, その執着, その薄志弱行, その響き, ぞっとする, たいへんな, だらしが, ちっとあっけな, ちっともおかしく, ついを, つく, つくすだけの, つくづく人でなし, つくづく感心, つまらない洒落, どうしていい, どうしてこれ, どこへ, なさけね, なる道徳観, のみこめないほど, はしたないと, はずむほどに, はて面妖, ばかな, びっくりいたし, ぴつたりするのを感じ, ふがいなく身内, ふしぎで, ふしぎにおもふほど鳥やけだ, へんてこな, まことに始末, まことに目出度い, まずい, まずかった, またあはれ, まるでたわい, みごとな, みっともない, みっともないと, みっともない形, みつとも, むかむかし, むさ苦しく少し, むしろ果断, もどかしかった, もどかしくて, ゆうべは, ゆえあるかな, よいて, ようたたかっ, よくあれ, よくもこういう, よくもそんな, よろしと, わが心, わけも, われの, われを, アイソの, アッ, アッパレな, ギゴチない, ニタッと, ハツと, バカらしい, ヘンな, マズい, 一滴の, 上できだ, 上出来だ, 不審げに, 不審でならなかった, 不快を, 不思議であったろう, 不思議の, 不態, 不手際である, 不様だった, 不覚だった, 並外れて, 亡父の, 人間だ, 今は, 今朝は, 仕事の, 会心の, 何うにも, 何か, 何一つ確か, 余りにも, 余りに小声, 余計な, 余計なおせつ, 働く気, 僕は, 先見の, 冷静に, 分らない, 分らない妄執, 判らぬこと, 別人の, 制しきれぬ勢い, 勘が, 卑屈だ, 厭な, 古今に, 可愛らしい様, 可笑しい, 可笑しいが, 合點が, 否まれない, 呆れるくらい, 呆れる計り, 呆れ返つて, 味氣なく, 哀れな, 哀れに, 問うても, 嘲えて, 噴きだしたくなるの, 噴き出したくなるよう, 坊主が, 坐ろに, 変てこで, 変な, 変わった生まれつき, 夢中であてがった, 大それた, 大人げない, 大人に, 大変な, 大失敗, 大芝居, 女の, 女は, 如何に, 妙な, 始末に, 娘を, 嫌気が, 嬉しいこと, 学問の, 尊氏は, 小憎らしくて, 小説の, 少々気, 少しく脱線, 少しばかり, 少し可笑しく, 少し気, 巧い, 常規, 年若い, 幼稚な, 幾ぶん氣恥かしい, 弁解の, 弱き心かな, 得意に, 微笑させられました, 微笑を, 心からほれぼれする, 心の, 心ゆくばかり, 心外だった, 忘失力の, 思い出しきれないの, 思い切りいやらしく, 思うの, 怪しく恥ずかしい変わり, 恐い, 恐しく白く, 恐ろしいとは, 恐ろしきわが身, 恐ろしくばかげた, 恐ろしく苦き, 恥かしい, 恥ずかしい, 恥ずかしくなる, 情けないくらい, 情けないこと, 情けない響き, 情ない, 情なくて, 情なく思った, 想いを, 意固地な, 意外だった, 意外な, 意外に, 意外にも, 意外の, 意外千萬にも, 意想外であった, 意気地なし, 意気地の, 意趣が, 愕くべき, 愚かしい, 愚かしい意見, 愚かしき猿楽, 愚に, 愛想が, 愛想も, 感じて, 感心しかねる, 慌てすぎると, 憤慨した, 懐しみ, 懷しい, 拙さ, 持て余して, 数奇な, 日頃の, 旺なる, 昔の, 是認し, 時々氣恥, 時には, 暫しは, 有耶無耶の, 未熟の, 未熟至極, 未練なる, 栄えない, 歯痒いこと, 気だるげ, 気を, 気味が, 気持良かっ, 流石実生活上, 浅ましい姿, 浅ましかった, 浅ましく情ない, 浅ましく気恥, 浅猿しき事, 浅間しきかぎりなり, 浅間しくも思はれる, 満足した, 満足だった, 満足を, 満足出来る, 無作法も, 熱心だった, 犬だ, 狂せる, 狼狽し, 珍しくて, 甚だ唐突, 異樣, 疑ひたくなる, 疳に, 痩せたと, 白髪の, 皆さまに, 目きき違いの, 相当なふられだ, 眼を, 矛盾した, 硬ばる, 神妙だった, 禁ずること, 私は, 穢ない, 窮余の, 立派な, 箸が, 統御しかねる, 綻びた笑い声, 美事な, 老いたりと, 老けたと, 考えの, 肝を, 胆太き, 胸くそが, 腑に, 腹が, 自分を, 自嘲を, 自慢し, 興さめ, 興奮を, 芸も, 芸壇の, 苦笑した, 苦笑する, 茫然と, 華美の, 葉子は, 裾へ, 見さげ, 見すぼらしい恰好, 見ちゃ, 見とれるほどの, 見下げ果てた奴, 見事に, 見當, 解しがたき, 解せませぬ, 訥弁だ, 許すべからざる失態, 調子の, 貪欲な, 趣味の, 足繁く, 足許の, 迂濶千万, 途, 達者なる, 醜かつ, 醜く思はれ, 醜態だった, 閉口し, 閉口だ, 間が, 間の, 関羽は, 雄々しくし, 青年の, 面目なかった, 面目なく, 頑迷には, 風采が, 香ばしくなく, 馬鹿げ切って, 馬鹿らしいナンセンス, 驚いたくらい, 驚かれる, 驚かれると, 驚き呆れ, 驚くくら, 驚くばかり, 驚嘆を, 鬱々の

▼ われ~ (452, 3.0%)

5 心を 4 ために, 力を, 吹くとき, 手に 3 友, 父, 眼に

2 [29件] うしろの, うちに, こころの, みぞ知る, ゆく道, ような, 中學, 叛き, 名も, 大き靴, 如き怠惰, 家でも, 心と, 心に, 忠言を, 思ふこと, 持って, 歸る, 無言をとが, 生涯を, 知らない野蛮人, 肉を, 肩より, 背こそは, 背後の, 身は, 身を, 頭を, 魂を

1 [364件] あいだには, あらゆる人, ありうれし, ある楕円形, いつか覺え, いのちの, うちの, おかげで, かしまだ, かなしさ, からだを, こころを, ことじゃ, これを, ごとき年ごろ, ごとく, さだめ, すがた, せつなさ, ただ凝視めて, ため, ないと, ない恥辱, ない恩, なかに, なきがら, なすべきこと, なにより, なほ, に似たる, のがれて, ひと夜を, へて, ほうが, ほか別に, まどいを, まらうど, まわりに, みぞしる, めでに, もっとも難し, もつれが, もの, ものご, もので, ものであった, ようだ, を敗, アマチュアが, 一つでは, 一刀を, 一生を通じて, 三人が, 不利と, 不在に, 不幸を, 不興を, 不要意に, 世話を, 世過, 乞ふ, 事なるべし, 享楽の, 今かく生活, 今述, 他の, 伏兵を, 信ずる禅機, 俤眼前を, 傍に, 兄が, 兵である, 分, 分ならず, 分捕したる槍, 前髪ゆへる, 創意に, 力に対する, 力の, 努力を, 勇氣は, 勝れし子, 勝利であり, 勤むるところを勤め, 友パトロクロスの, 友隊すでに, 同僚の, 同胞の, 名がは, 向ひ, 呪ふべき, 命の, 命絶た, 命聽かば, 哀しといふ, 喜ぶもの, 在り方の, 堪え得べき事, 外に, 夫たる, 夫の, 夫は, 夫や, 夫彼を, 女の, 好める色, 如きを, 如く翼, 始めて, 姿の, 威に, 娘, 子は, 存在を, 学びのたぬしくもあるか, 学問, 守衞の, 宣ん, 家われと, 家畜は, 寡兵と, 尊ぶ猛, 尊む姑の, 小なりし, 小屋へ, 少女は, 居むかふ, 居ること木, 屍體は, 帆よりも, 希望と, 希望を, 後に, 後より, 從者は, 心か, 心の, 心は, 心境は, 心情を, 心知れ, 忍び得ること, 怒りいとし, 思うまま, 思の, 思ひ出, 思ふ儘, 思ふ通り, 思を, 恐るる敵, 恩人だ, 悔恨は, 悲しく, 悲しむは, 悲み泣く, 情趣を, 意に, 意図は, 意氣, 感謝も, 憂怖は, 憤りに, 憤怒の, 憶ひ, 懶惰を, 戀魚の, 戦争に, 戯れに, 戰利を, 戰助けん, 戰慄を, 戰車に, 戰車の, 戰鬪に, 所有に, 所有は, 手にては, 手の, 手は, 手より, 手を, 手中に, 持つもの, 持てゆきし, 掌に, 掌中を, 播種く, 攻撃を, 故じゃ, 故にぞ, 故郷に, 教ふる, 斃る, 斬合いは, 斯くし, 方が, 方に, 方には, 方の, 族の, 日毎に, 星燃え, 暴い息づかい, 曰ふところわが, 曰ふ如く, 最も愛でし, 望なり, 望めるもの, 未練ぞ, 末の, 果は, 柔靱の, 欲情する, 歌他, 此心, 武裝は, 殺せし昔, 母, 水師の, 求めて, 消えゆく音, 消息, 涙の, 淫樂われの, 深いところ, 深入りを, 渝るべく, 激しき憤怒, 無事である, 父ヘーラクレース偉, 父獲たる, 父親や, 爾に, 猛威は, 獄飯を, 生かされ眺, 生き方を, 生けること, 生けるを, 生活感情に, 畏怖の, 番だに, 病は, 病を, 盟の, 盟ひし, 目に, 目を, 目的は, 眞實至聖の, 眺むる, 瞳の, 瞳を, 破れたる服, 確信する, 祈りを, 神社には, 神経を, 禍いを, 突ん, 立ったため, 立つたため, 立場において, 笑み写るひ, 箸が, 系, 素人眼にも, 素肌に, 老父は, 老衰を, 者や, 耐うる, 耳底を, 聲譽は, 聴き入る, 肉, 肉われを, 肉身の, 背の, 背中を, 胸に, 胸打た, 胸襲ふ, 腕に, 腕は, 膝下に, 臀部の, 臍緒だ, 自らに, 至上の, 船の, 船出を, 船燒かむ, 芬子嬢であった, 若ければ, 苦しみし, 苦心も, 苦諫を, 薬じゃあ, 血は, 行きしこと, 行くべき備, 衣を, 見たこと, 親父でねえ, 観るこの, 言に, 言を, 言葉あたった, 討ちしもの, 試験が, 詮なきつかれ, 話に, 誇の, 誇るべからざること, 認識は, 説も, 貞操を, 財布は, 責任である, 賠償受納れよ, 赦せし汝, 足らざるを, 足指噛める, 足音か, 身である, 身に, 身のうへ, 身の上に, 車の, 軍勢に, 軍船破るべく, 辛勞を, 近づけよかし, 追撃を, 運命なら, 運命を, 過ぎ來, 都城を, 酒盃を, 鋭く放つ, 長槍, 間に, 間の, 雄の, 雑魚寝は, 靜けさに, 靴の, 領なる, 頭よ, 頭鎧の, 頼みなり, 額きずつき, 顏を, 顏相らず, 顔は, 願を, 飯を, 飲料, 馬車キタイスカヤを, 駿馬は, 骨を, 麥稈帽に, 麦稈帽に

▼ われ~ (283, 1.9%)

5 ようすを 4 人の, 老人は 3 のは, ものの, 人々の, 姿が, 姿を, 子供の, 母親は

2 [17件] おじいさんは, ことに, もの, ものである, 声が, 声で, 女に, 女の, 女も, 女を, 娘は, 子供を, 母は, 男は, 者たちを, 者の, 者を

1 [215件] おとうさんに, こいは, ことじゃ, ことで, ことを, その一挿話, ため息を, づさへて, のだ, ひとりに, ほど草心尼, ものです, ものなり, ものを, やさしき娘, わがこころ, アヒルの, アルーエットは, コゼットは, ゴングが, シグナルは, タマシイは, チビスケを, チョウにまで, バラを, モオリーが, ルイザは, 一つの, 一人でございまする, 一家を, 一片の, 一百姓である, 一老父に, 三人の, 両親に, 事どもを, 亭主にだけ, 人では, 人と, 人民が, 人物の, 人間とも, 人間にとっては, 人間の, 人間を, 仕事に, 仕草で, 住家にも, 作家さえ, 修道女らは, 元気を, 出発点だ, 初々しい心, 力を, 助手は, 労働者は, 動物に対して, 卒伍は, 咆え, 境涯の, 声を, 大根しか, 天女は, 夫人は, 女が, 女だった, 女どもが, 女は, 女彼女は, 姿じゃ, 姿で, 姿に, 姿は, 姿や, 娘, 娘には, 娘小さな, 婆さんは, 婦人の, 媚で, 子どもが, 子どもを, 子を, 子供が, 子供たちにとっても, 子供は, 子供も, 子供らは, 子守が, 存在である, 家族たちが, 密猟者スュルヴァンサンは, 寝顔を, 小ざる, 小人に, 小娘大曾根さち子は, 小家ばかり, 小鳥は, 少女は, 少年に, 少年は, 少年を, 少年下士官に, 平三は, 幽霊なる, 影を, 彼は, 彼女は, 徒刑囚は, 御様子, 心の, 心持を, 心細い歩み, 急死も, 悪あがきでは, 愚人コラムだ, 敗走者の, 敵軍よ, 文屋殿そこで, 日本国民の, 景色は, 最後を, 末路, 末路の, 村の, 架空性に, 様子, 様子で, 様子を, 歌は, 歴史を, 残骸が, 母の, 母親たちが, 気持は, 気持孤独の, 流離の, 海豹を, 海賊たちを, 溜息の, 漠然たる考え, 灯に, 点が, 熊は, 父よ, 父娘だ, 爺さんに, 片輪者, 牛乳配達に, 物語の, 物語を, 犬が, 犬を, 状態だ, 状態に, 獣物などの, 瓦礫の, 生きものである, 生き物を, 生命の, 生活に, 生活様式なかんずく, 産ぶ, 田舎者でした, 男が, 男の, 病める十八, 病友に, 百姓と, 神経の, 筋立てを, 罪人が, 老人の, 老人を, 老婆が, 老耄の, 者みな自分らと, 者らが, 肉の, 胸を, 膝頭が, 自尊心の, 花魁の, 若い妻, 草花の, 荷車の, 蔓草までも, 虫で, 虫よ, 虫を, 蜂だけには, 言葉ね, 話だ, 話です, 話は, 誇りを, 誇りをこそ, 負傷者を, 赤ん坊に, 身です, 身の, 身の上の, 身の上ばかりの, 道徳を, 遭難漁夫三浦スミ吉が, 遺族方にでも, 部屋の, 附添は, 頭の, 顔を, 顔付を, 風景も, 馬は, 魂が, 鳥は

▼ われ~ (270, 1.8%)

24 わが心 11 わが手 9 わが胸 5 わが身を, わが頭 4 しも, わが 3 わがからだ, わが咽喉, わが声, わが姿, わが生命, わが腹, わが足音, わが身体

2 [18件] わがあ, わが命, わが喉, わが影, わが心さ, わが恋, わが眼, わが肉体, わが言葉, わが足, わが身が, わが身の, わが頬, わが顔, 思ふや, 我が胸, 我が若い, 戰ひ

1 [148件] おなじく, したこと, し読みて, とり出でたこの, なりに, ひるね, もがいて, わがうしろ背, わがこころ, わがと, わがのど, わがはらわた, わがワイシャツ, わが不気味, わが不覚, わが五体, わが亡友, わが人生, わが低, わが作品, わが力, わが半面, わが友, わが名, わが呼吸, わが大力, わが宿世, わが寂し, わが寂然, わが寝, わが屁, わが左手首, わが常識, わが心中, わが忠誠, わが思ひ, わが思念, わが惱め, わが想像力, わが拳固, わが指さき, わが杵, わが横面, わが武器, わが死相, わが殺気, わが母上, わが清浄心, わが火, わが牝馬, わが物, わが獅子吼, わが生存, わが皮膚, わが短, わが祝砲, わが種子, わが空想, わが空虚, わが素性, わが罪, わが耳, わが聖霊, わが股, わが背中, わが胸底, わが脾腹, わが腕, わが膝, わが舌, わが良心, わが襟, わが誰, わが足もと, わが身に, わが身内, わが躾, わが運命, わが醸, わが霊, わが靈, わが面影, わが額, わが願, わが願望, わが饒舌, わが髪の毛, わが魂, 一緒に, 一語を, 一週間ともに, 九兵衛が, 二人とも, 仲よしなり, 入口の, 共にあり, 共にある, 共にかたり, 共に喜べ, 共に連れ立ち, 写さるる彼, 勝敗決せず, 同じう, 同じく枝, 同じく試みず, 同じゅうせるを, 同じ苦しみ, 同類の, 吾が指先, 吾が眼, 吾が肝, 吾が胸, 吾が足, 吾が身, 吾が頭, 始めて逢える, 小文字で, 我が命, 我が姿, 我が影, 我が心, 我が恥, 我が手, 我が生命, 我が目, 我が粗忽さ, 我が肌, 我が草履, 我が足, 我が身を, 我が體, 我が鼓膜, 我本の, 戰は, 握手し, 歌はげむ, 焼くが, 父との, 皷を, 知られるわれ, 良人を, 行きし少女, 見て, 見ましょう, 見送って, 視るか, 話さえ, 都大路に

▼ われにも~ (190, 1.3%)

4 あらず 3 非ず 2 あらずどぎまぎ, あらず心, あらず頬, あらでまた, あらで声高, なくその, なくふと, 無くむりにしんみりした口調

1 [167件] あらずあっと, あらずぎこち, あらずたじろいだが, あらずぽうっと, あらず世間, あらず十幾年昔, あらず命, あらず地, あらず幽霊, あらず怫然, あらず打たれて, あらず敵, あらず昂奮, あらず権力, あらず歌よみ, あらず浮かれ出して, あらず男, あらず眩惑, あらず稲荷様, あらず紀代子, あらず能, あらず腹, あらず興奮, あらず赧, あらず迷信, あらず長崎, あらず顔, あらず顫, あらず驚いたの, あらで, あらで少女, あらで生, あらで病やや間, あらで走入り, あらで身, あらぬ, あらぬあさましき, あらぬふるえが, あらぬ眼, あらぬ足どり, あらぬ非情, いたましい心, おぼれて, かりうどの, この上なき本望, そこの, その本名, それを, ともに心もとない, ない愚事, なくあおり, なくがみがみ, なくこの, なくそこ, なくそれ, なくただ, なくどきりと, なくにじみ出, なくはっと, なくほっと, なくほとんど, なくまつわり立つお, なくカッ, なくドキン, なく一門, なく三伝, なく何もかも, なく侵し, なく倉地, なく其処, なく其處, なく冷ややか, なく右, なく咄嗟, なく大, なく庄三郎, なく彼, なく心, なく思わず, なく急, なく恍惚, なく我武者, なく持っ, なく注意, なく異常, なく眼, なく磁鉄, なく立, なく耳, なく胸, なく袋猫, なく言, なく足, なく身, なく身顫い, なく鋭く働く, なく震え, なく頭, なく頸すじ, なく顔, なく駆けよ, なく驚愕, なった, なって, ほがらかな声, またあたたか, またおかしい, またほほえましい, また情ない, また皮肉, まだ年, みな傷つい, やどり, テンは, 一も, 下水道の, 両肩, 亦物質, 似たる人, 似合わぬ幼き, 備えは, 優しい女滝, 優れたるやつ, 公爵家は, 勇ましい久米正雄, 同列せよ, 君にも, 吹き千, 咲いて, 唯一人こうして, 地の利を, 地獄からの, 変り果てた姿, 家あり, 密かに, 小動物, 帆村の, 彼の, 思えた, 思った, 恨ある, 悲しい声, 悲壮な, 情あれ, 情なくも, 懐かしい気, 損害は, 新しき衣, 来て, 母なる, 氏は, 気の毒の, 神の, 竹である, 第三回, 精も, 美しさ, 膝を, 自然な, 要なき, 見えるよう, 見事な, 覚えが, 覚えぬよう, 覚悟の, 閑寂を, 震える霜がれ

▼ われから~ (152, 1.0%)

5 進んで 3 すすんで, 好んで 2 先に, 命を, 求めて

1 [135件] いうべくあまりに, いった, かかッ, けぶりに, ことに援兵, この場, さしはさむ一念, すすむとも, する信頼, そなた, そのよう, その子, その棲み, たじろぐ感情, ならぬ手, ぬれぬ梅雨, ひきうけて, めでて, わが心, セリ上げ, バッと, 上洛すべきでした, 下タ手に, 世へ, 世良田へ, 世間の, 京都を, 仕かけるには, 作って, 信用を, 信長へ, 先を, 刃に, 初花, 卜斎の, 司直の, 咽喉を, 坪, 墓へ, 墜ちて, 大坂表へ, 姉妹の, 姿を, 宝珠を, 家を, 寄手の, 差し出たこと, 帽を, 強ひ, 彼を, 後退りし, 心の, 心身を, 志願し, 恐れ入ったと, 恥を, 恭順を, 悦に入つたもの, 悪党と, 惑乱し, 我が子, 押し襲, 招いたもの, 挑みかかッ, 捕吏に, 捨てて, 攻めるには, 攻め下って, 攻勢に, 有頂天に, 望んだ役目, 望んで, 本拠の, 根も, 棄てて, 機嫌を, 歩み寄って, 死を, 死所へ, 求めも, 求めること, 火に, 火山の, 焔を, 爲り, 狂言を, 狸という, 獅子の, 目企む, 積極的に, 突ッ立っ, 立って, 紊したくない, 考えますと, 肩を, 血路を, 行くまでも, 観ると, 解き放たれること, 言った, 訊ねた, 話題に, 誘うよう, 豪語した, 賞で, 賢者を, 跳び淵辺伊賀守, 踏みこんだ魯智, 蹴散らすよう, 辿って, 近づいたこと, 近づくの, 迷う身, 追うの, 追ン, 進みやがて, 進み寄って, 逸って, 避けようとしても, 重くする, 野良犬の, 鍛冶屋富五郎の, 降伏を, 陣を, 隷属に, 難行道の, 靠れて, 革足袋の, 頻々と, 飛びこんだ小, 餌に, 馬に, 馬を, 驀進し, 驚き覚める

▼ われ~ (114, 0.8%)

4 われを 2 ある, 心の, 深い, 見に, 食む

1 [100件] あったよう, あって, あはれ子を, あり個性的, あり風雅, あるが, いま直面し, いるか, うれひの, うれひは, おれか, かえって全体的, ここに, ことは, この人民, これであろう, さっき参詣し, したがって知的, それを, たし, ためには, ちと敗走, とがには, とったという, とったといふ, どこに, ないのに, なんじら, にじみ出す, ねが, ね声, ひよつとして, まさか石川島, よく働いとる, わが夫, われがと, 一人で, 一部分か, 七年も, 三つの, 三年まえ, 上にも, 二人で, 先程も, 写真に, 分ならず, 卿を, 友達の, 取るべきでないと, 善く似あ, 善く似あう, 園といふ, 声調の, 子供の, 存在を, 家庭の, 帰ってから, 建物の, 心配だ, 思ふ通り, 急に, 恐らく法隆寺, 斬ったか, 新たに, 早くに, 時代によっては, 望みは, 来し南, 柱に, 樂欲の, 歩けば, 死んだ父さま, 殺せしと, 殿衆は, 汝自らである, 泣かゆ, 深いの, 深かった, 深く趣, 烈しき感傷, 爾を, 現代の, 疑問として, 発するの, 目の, 神に, 米の, 耳は, 聞きたいの, 自己の, 見られるの, 観る者, 説くには, 読まれた, 谺し, 赤坂築城であり, 身に, 身は, 遼陽の, 野呂間だ

▼ われ知らず~ (93, 0.6%)

2 ああと, あっと声, おやと, ぞっとし, に流れ出る, に魅惑, 向直り, 神しり給う, 自分の, 高い声

1 [73件] あと, いつもは, うつらうつらと, うめく声, お呼び止め申した, かなきり声で, かッ, ぎゅっと押しつけ, この女, この飯坂, さらに深く, すがり付くよう, そう云った, そう叫び, そっと微笑, それに, なにを, にこり, にこれ, にさっと, にたりと笑っ, に予, に口, に離れ去っ, の専制, はっとなった, ふらふらと, ぶるぶると, ほくほくした, むっとしました, もう一度ふところ, もう半年以上, をかしい, ドキッとした, ホツと, 互いに手, 低く呻いた, 凄動, 口より, 呻き声, 喜びの, 大きな声, 太息, 女の, 姿見の, 寂しい感じ, 小声では, 少し上ずった, 微笑を, 念仏の, 息苦しくなっ, 未だかつて経験, 桔梗どのの, 歌の, 深い溜息, 熱くなった, 爺さんは, 片膝, 物思いに, 狂い果てた, 玩具屋の, 男の, 突く手, 笑ひ, 肉体を, 自分でも, 西沢半四郎の, 身体が, 軽く足踏み, 銑吉の, 青春の, 額に, 高くなっ

▼ われがち~ (89, 0.6%)

2 にその, に乗りこんだ, に潰走, に谷, に駈け出した

1 [79件] だった, なの, な奪い合い, な退却, に, にあたらしい, にいった, におまえ, にかけだし, にこぼれ降りる, にせまい, にそこ, にそれ, にときそいたった, にと出口, にどっと, にならない, にステージ, にボート, に一番, に三方, に三条河原, に上っ, に人穴城, に信長一騎, に先生, に内, に十里, に吉野, に喚きかかっ, に土間, に外, に太陽, に孟宗竹, に寄っ, に座, に引きあげ, に彼, に手, に木, に桟橋, に武器, に殻, に河, に河番所, に海, に獲物, に礼拝讃嘆, に穿き込ん, に窓べ, に築, に腰, に舷側, に船, に花弁, に蓮根, に薄暮, に証明, に謙信, に赤兎馬, に起っ, に軍, に退き, に退却, に逃げかくれた, に逃げこむ, に逃げだした, に逃げまどう, に逃げまどった, に逃げ出し, に逃げ出した, に逃げ戻り, に逃げ散る, に降りた, に陸, に集い寄る, に駈け寄っ, のよう, の速度

▼ われには~ (61, 0.4%)

3 何の 2 まだ結髪, ゆるせ, 怯ぢず, 懐し, 机の, 親しわれ, 長病と

1 [44件] あずかり知らぬ母上, いっこう関係, いとし, つらき, なにかせん, また来歴, まつわるべき月日, まるで関係, もう力, 不利な, 事ごと吉瑞が, 人造人間戦車隊が, 仏とどめ, 何度だまされた, 何時にても, 唯, 土台が, 嬉しわれ, 少しも, 弁えが, 当らず肩, 微かに, 思えぬ, 恐ろしき場処, 斯かる, 既に妻, 昨日の, 智あり, 未來も, 槍の, 汲みかねる, 濃ゆき, 理解出来ない, 神の, 神明の, 祷るべき言葉なかりき, 笑顔見せたまわざる, 脈搏ある, 號衣よく, 見えず, 解けない, 踏み込んで, 軍隊は, 遅く来たれり

▼ われもと~ (61, 0.4%)

2 そこへ

1 [59件] あとを, いのる日ぐる, おしかけて, お金を, しゃべります, その一皿二円, その寝棺, ぞくぞく流行, はなやかな, ほかの, オシャベリ姫を, キャンデイや, ゾロゾロと, ルルが, 一つ教会へ, 一円出し, 一群に, 三郎に, 上表し, 争って, 伊予橋付近へ, 信仰生活に, 再勤, 勇み立った, 勇み立つた, 卵を, 司馬懿の, 哥薩克にな, 四方八方から, 声を, 大空に, 始め出す, 婿に, 宝探し屋が, 希望する, 帰る夕, 手を, 押しかけて, 探険に, 木ぐつの, 来たり, 猫柳を, 番頭を, 異を, 白旗を, 相槌うちて, 知恵を, 秘密の, 紹介状を, 花火そこのけで, 行きたい者, 踊手の, 軽々しくいっ, 連れて, 選者に, 銀座へ, 雷同した, 駈け付けましたが, 鬼退治に

▼ われその~ (53, 0.4%)

3 能く 2 任に, 奥で, 手を

1 [44件] おとがいを, なんたるを, 一を, 一部始終を, 人を, 仔はらみ, 代り簡単な, 何の, 作者の, 作者を, 厚意に, 問に, 女房とは, 容を, 年の, 心理上に, 必死を, 愛兒たり, 才を, 故を, 日と, 時宗門の, 栄えを, 栄を, 死者とは, 民族意識は, 水を, 濃情, 甘き口, 由りて, 罪なく, 美なる, 者の, 船を, 色を, 處に, 證を, 身の, 道を, 青年の, 響を, 頃より, 頃外国語学校支那語科の, 魂苦界に

▼ われより~ (48, 0.3%)

4 先に 2 して

1 [42件] あせりて, えらく見ゆる, さきに, しれもの, その実, はるかに, アバタを, 一時先に, 三ツばかり, 三代の, 事の, 以上に, 以上の, 偉く見える, 兄費に, 先例を, 八九倍の, 出で, 出でて, 初むれ, 劣る者, 医師を, 年若き, 強い鼠, 強き犬は, 強ゆる更, 後に, 捨て去りしは, 暗にし, 生れ出で, 男は, 礼使を, 私立の, 笑みうつくしき, 若きもの, 若き素直, 苦痛が, 遠けよ, 遣わした使者, 銀の, 離すこと勿, 高きもの

▼ われこそ~ (46, 0.3%)

2 天下の, 見つれ面

1 [42件] お身がわり, ここの, さらば口づけめ, その一, その獲物, といは, ともな, 一か, 一と, 一同を, 一番がけに, 一番に, 一番にと, 一番の, 一着と, 三国一の, 中原へ, 今し, 体当りで, 先に, 共に往き, 大英帝国, 奉公の, 宰相の, 彼奴を, 挙げんと, 捕えんと, 朝廷から, 法然上人の, 燕人張飛なり, 物を, 独り日本を, 獲ん, 益さめ, 秀才と, 究めくれんずと, 蜀の, 見つれ, 訪はめ道も, 顔片, 魏の, 黄忠

▼ われ~ (44, 0.3%)

2 お気の毒, すべてが

1 [40件] あなたは, あなた様には, あなた様も, いづれは, お父さんは, すでに公儀, その人, その他にも, そんなご, たちまち起こる, とんだ災難, どうやら大分, どうやら御, よろしいん, 一々御, 一大事, 世間には, 五里十町正に, 先生には, 劬わるほど, 可惜, 君は, 嗚呼雪の下, 国家の, 夏ばかり, 山三郎心遺さず, 岩石人ども, 島津家同志を, 崩れる泥塚, 巻軸欲し, 当方の, 御城内, 此頃では, 殊勝な, 殿さまの, 置忘れた人, 誰しも, 身の, 配給量と, 重々貴方様の

▼ われとも~ (42, 0.3%)

3 なく 2 なくそう, なく筒, なしに, 知らず膝

1 [31件] ない容子, なくお腰, なくこんな, なくそぞろ, なくその, なくつぶやい, なくわれ自身, なくサト子, なくフローラ, なく佇ん, なく切口上, なく取乱した, なく吐むね, なく固く抱きしめ, なく声, なく幕, なく心, なく拳, なく昂奮, なく極度, なく檣舷, なく焦, なく私, なく立ち上って, なく諸声, なく迸り出て, なく鋭い叫声, なく院長さん, 知らず先方, 知らず泥舟, 非ず呟い

▼ われ~ (34, 0.2%)

2 にとこの

1 [32件] きに, と争う, と朝霧, に, にそこ, にと, にとその, にとひしめき, にと堀, にと小判, にと彼, にと戸外, にと拾いあげる, にと混み合っ, にと羅生門横町, にと逃げ, にと逃げる, にと逃げ始めた, にと集まっ, にと飛び上がる, にと飛び起き, にと駆け上っ, にと駈け集まっ, になだれ, にみな城門, によい, に場外, に白堊, に立ちあがっ, に行く, に逃げ出した, へとダッシュ

▼ われ~ (33, 0.2%)

2

1 [31件] お祭にも, かへり, この世の中, ただひとつら, つかれし, つぶしや, どうしてさう, はた, まあこないな, みて, むをえずして強い, わかうど, 佇む夕まぐれ, 何故わし, 切なきもの, 卑しき槲, 夕雲を, 宗山, 尾田吾田節の, 忘れじ夏, 散りなむ, 數にも, 桜を, 此の世が, 水, 水くき, 生きむ, 眼も, 落葉あわれ, 野の, 金とり初めの

▼ われ~ (33, 0.2%)

3 の事, を愛す 2 に請

1 [25件] が友, が爲め, と同, と縁, に優れり, に別れん, に弓箭, に汝, に示さん, に竜, のため, の側, の囚, の堕梁, の爲, より勝らまし, をわが, を導き, を待つ, を思ふ, を慕, を憎む, を殺さず, を育つべし, を雪

▼ われこの~ (32, 0.2%)

3 新道の 2

1 [27件] つらき疵, ままに, ヂドといふ, 不可思議なる, 停車場に, 句を, 問を, 困難を以て, 土に, 外に, 宝あれ, 小か, 少しの, 思ひの, 所に, 教へを, 日始て, 時二郎に, 望を, 答へを, 翁を, 芝草に, 言を, 身を, 風光に, 高き堤, 魍魅の

▼ われ一人~ (32, 0.2%)

2 ならん

1 [30件] きくその, このまま, さびしかるらん, せッ, でも出, で都, ならば, にて勝っ, にて唱, に御, に集め, のごとくふるまいおる, のみなら, のみ人々, のみ聴聞, の上, の世界, の力, の勝手, の女性, の胸底, をえらん, を子, を排斥, を方丈, を温かき, を頼み, 住むとい, 去れば, 立つ庭

▼ われ~ (31, 0.2%)

2 こ, しいて自ら, 再びかの, 死すとも

1 [23件] あやうし, かの幽霊橋, この文, またこれ, より彼, より遊撃隊, 一事君に, 二つの, 再びここ, 再びこの, 勅を, 宝あり, 審らかに, 山上に, 当時の, 改めて逍遙子, 汝に, 汝を, 浄土ワルハラに, 海を, 清き曙, 獲んが, 除きて

▼ われ勝ち~ (30, 0.2%)

1 [30件] で集つて, と父, な態, にいろんな, にという浅まし, にと進ん, にな, にガヤ, にロオラ, に一方, に中, に争う, に何, に先, に出口, に安全, に岬, に岸, に帆, に席, に急ぎ出しました, に挨拶, に游いだ, に炭, に脱兎, に装備, に避けた, に門, に門扉, の騒ぎ

▼ われこれ~ (29, 0.2%)

2 に對, をうらん

1 [25件] がため, とともに行く, におどろかされ, に目, に答えざりし, に続きぬ, に聲, に配する, より回らん, をねがう, をゆるさん, を以て野蛮, を信ずる, を思いし, を斷, を獲, を疑う, を知らず, を見し, を見る, を評, を評し, を評する, を評せ, を辨

▼ われひとり~ (28, 0.2%)

2 して, の罪, を悪者, 見いでつる

1 [20件] うらぶれ来れば, うれしきこと, こそこころ, ただわれひとり, とめゆきて, と思ふ, と碎けし, なぎさ, なり, にあらざりき, のみなりき, のみに, 半ば眼ざめて, 嗅ぎそめて, 寂しき歩廊, 留まり, 行く, 見て, 見まく欲りす, 食べむものを

▼ われたる~ (27, 0.2%)

2 ものは

1 [25件] ところの, は世に, は日清戦争, は黒胡麻, もの即ち, も知らざりし, より起こる, 合祀の, 地上の, 婀娜者あり, 実際を, 尾は, 尾参二国の, 山の, 彼らの, 数字に, 死体が, 氏の, 気格心韻に, 細道を, 能書の, 道徳は, 高山も, 鬼女, 鬼女清姫いず

▼ われのみ~ (27, 0.2%)

3 みちに 2 ならず, ひとり, ものを

1 [18件] なお生命, ならず畏く, ひとりや, 一人再び, 公務の, 唯一人今に, 土地を, 存す, 居残れるもの, 愛なれ, 災難の, 知りて, 知れるごとく思ふ日, 立ちて, 簑を, 継きゆく, 継きゆくおり, 高しと

▼ われ~ (27, 0.2%)

3 のよう 2 から中

1 [22件] からつり, からもれ, からネズミ, から山, から見える, があっ, がある, がだんだん, がなく, がぼろ, だった, といった, にいっしょ, にでもしっかり, に黄色い, のところ, の上, の小さい, へふみこんだ, をつくっ, をつたわっ, をゆびさし

▼ われまた~ (26, 0.2%)

1 [26件] さに, ほほえみて, も出, 他人を, 以て, 何が, 冷に, 千里を, 同じ事柄, 多くその他を, 当時の, 彼の, 意恨なき, 敵将勝家の, 更に一歩, 求めんという, 汝を, 決して策, 男女の, 畏れて, 目を, 老の, 脅されて, 見んと, 誓ひ, 醉は

▼ われ若し~ (22, 0.1%)

2 我草紙にて

1 [20件] おん身の, この遊, よの常, マリアが, 人の, 再び瞽女, 前橋方面の, 姫を, 富人なら, 山國の, 彼教育を, 憚る, 我拳の, 猶矢石, 王者なり, 生まれざれば, 能く, 見出さば, 逍遙子が, 逍遙子の

▼ われこそは~ (21, 0.1%)

1 [21件] その自動車, その萩乃, ただの, のらめ, 五虎大将軍の, 八幡大, 劉皇叔の, 加賀見忍剣いで, 呉に, 孤りなれ, 幸運に, 当代一の, 心頑に, 憂愁の, 新島守, 新島守りよ, 桓武天皇の, 浦洲の, 清和天皇の, 生肝取りの, 観音也と

▼ われさき~ (19, 0.1%)

2 にと争っ

1 [17件] に, にあつまっ, にいへるごとく, にその, にぞうり, にとその, にとにげだしました, にと屋根, にと流れ, にと立ちあがっ, にと走った, にと車, にと逃げだした, にと逃迷, に争つて喰ひつ, に列車, に引きかえしはじめた

▼ われら二人~ (18, 0.1%)

1 [18件] がトラ十, が駆け込みし, で, では, と六人, に審判, の疑, の老年, の間, は天, は豪酒, は迂路, も共, も計る, やみ難き, を打, 抜け駈けて, 時には人車

▼ われしらず~ (17, 0.1%)

2 とかいふ動作

1 [15件] ああああ, うしろを, そういった, ぽつと, 反映し, 大きな息, 女の, 時間を, 椅子に, 泣き顔にな, 省略され, 耳朶を, 襟元を, 逆上しちまう, 道徳論を

▼ われたり~ (16, 0.1%)

2 して

1 [14件] したが, し検事代理, するほど, するよりは, するよりも, ひっくりかえったり, 何か, 幸田露伴の, 後指を, 猥らな, 縮れたりは, 近い前山, 金が, 頭を

▼ われても~ (16, 0.1%)

1 [16件] あはむ, いよう, そうでも, その事, なお執拗, なにしろ一時間, よいの, 今の, 何でも, 内部は, 妥協の, 少し持上げたら, 恥かしい, 永遠に, 詞を, 足りない人間

▼ われとの~ (16, 0.1%)

2 間なる

1 [14件] 二人なり, 交は, 人格は, 分裂が, 如く終生よく, 差別なく, 心を, 愛を, 戦闘は, 歸り, 立てる側, 義盟に, 間に, 間を

▼ われなる~ (16, 0.1%)

32 がゆゑ

1 [11件] くらしなり, を効, 二十日鼠, 工場の, 武士の, 流浪者よ, 父の, 老いたる, 老人, 者を, 胸からは

▼ われ~ (15, 0.1%)

2 知る

1 [13件] げにとけ, さびしき, もて來, 古り行く, 巣守りに, 手擒に, 数かくの, 病む愛憎度, 益田の, 真の, 祈るべき, 逝く, 野を

▼ われ未だ~ (15, 0.1%)

2 之を, 曾て, 生を 1 これに, ころあいを, 一たびも, 女に, 山に, 沒却理想を, 老いず, 輙ち, 遽に

▼ われをば~ (14, 0.1%)

2 見き, 見棄て玉 1 はや見忘れやし, はや見忘れやしたまいつらん, 一間に, 宙に, 庇いしなりけり, 格別の, 桜痴居士福地先生に, 睨みしこと, 竹柴七造といふ, 認めつ

▼ われをも~ (14, 0.1%)

3 拯け 2 組に 1 たぐるを, 人をも, 内に, 加えたまえと, 励ますかの, 呪うか, 引き合わさせて, 引合は, 罪無く

▼ われ~ (14, 0.1%)

2 が心

1 [12件] が案内, が窓べ, と誓はん, に従って今日, に陳, のため, は穉, を待つ, を思い断たん, を思う, を悲しとお, を戀はん戀しき心

▼ われ自ら~ (14, 0.1%)

2 のすがた

1 [12件] なりと思ひし, にあらぬ, の心, の本能, の霊, は留り, もまた, もわき, 知る, 知れり, 輝くごとし, 進んで

▼ われ~ (14, 0.1%)

7 せず焉 2 せず庵 1 せず, せずという, せずといった, せずといふ, せずの

▼ われ~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこの, に, に勝つ, に敵対, の事, の墓, の強敵, の猿, の男, の金眸, れが, を嘉納, を打たね

▼ われ~ (13, 0.1%)

12 のよう 1 ならずば

▼ われ~ (12, 0.1%)

1 [12件] おざってのう, せえ, たまらなかった, でも, ならなかった, ならなかったの, やりきれない, 一切の, 朽ちた杭, 涙が, 角の, 鼠の

▼ われら地球人類~ (12, 0.1%)

1 [12件] と同等, の前進基地, の安危, の心, の手, の迎えなけれ, の間, の防衛, はそういう, は一体, は極力, もひっくるめ

▼ われ~ (12, 0.1%)

1 [12件] ともに必死, と共にすぐれた, の世, の愛, は顏, をわき, をわきまえず, を馬鹿, 共に公禄, 共に夢, 共に寒き, 知らぬ

▼ われかの~ (11, 0.1%)

1 [11件] さまに, ひとを, ふたりに, レクチュアを, 大いなる荒野, 時来な, 樣に, 貧しき少女, 重荷の, 金皿の, 際に

▼ われては~ (11, 0.1%)

1 [11件] いけないという, いない, いないだろうか, いるが, ならない時, もう逃げる, わしは, 如何でございましょう, 居らぬけれども, 当る者, 走り去るそれら一瞬

▼ われ~ (11, 0.1%)

2 がおお, が空 1 がぬっと, ぐらいのところ, しろく残り, の寒い, は臈, は黄, を見上げた

▼ われ生き~ (11, 0.1%)

2 たり, てあり 1 たりと思った, たりよく, て佇てる, て来し, て詩, むとは, むと欲す

▼ われ~ (11, 0.1%)

2 をめぐらし 1 につけ, にわづら, にイエス, の処置, をかへせし, をめぐらせし, を導者, を近く詩人, を返し

▼ われなら~ (10, 0.1%)

7 なくに 2 で誰 1

▼ われら人間~ (10, 0.1%)

1 がひとり, が万法, とは別もの, と同形, の心, の故に, の浅薄, の道, の間, はまず

▼ われ~ (10, 0.1%)

1 やむをえず防禦, 何を, 何事をか, 子供と, 槍を, 汝が, 生を, 窃に, 衆に, 近頃禁軍

▼ われ~ (10, 0.1%)

3 をとめ 2 の中 1 に打ちうなづき, に訝りぬ, を喜ばしゐたる, を政況, 乱れて

▼ われ~ (10, 0.1%)

2 がため 1 いかで欺かれん, が前, が寵, が計略, に狎, を侮る, を欺き, 疾くより

▼ われ~ (10, 0.1%)

4 なば 2 の知る 1 して, せしこと, なんと欲す, を畏れず

▼ われここ~ (9, 0.1%)

4 にあり 1 に子, に来, に用, に至り, を去つ

▼ われ~ (9, 0.1%)

2 へも, へ知る 1 うになりました, ぶし噴出, へにしづこ, へや, へ事

▼ われすでに~ (9, 0.1%)

1 あきて, この三通, わが神, 世に, 南方へ, 厭き足りぬと, 家庭に, 胡弓を, 菫を

▼ われとは~ (9, 0.1%)

1 このこと, なしに, 何かを, 大分は, 小説を, 巫女, 形が, 心澄して, 畢竟法則

▼ われなんじ~ (9, 0.1%)

3 らに 2 らを 1 に言う, の妻, の影地震, 月を

▼ われわが~ (9, 0.1%)

1 ものとして, 以前の, 力に, 導者に, 愛兒アイネアス, 民の, 眼にて, 識れる, 顏を

▼ われ~ (8, 0.1%)

1 そのいろんなお, ひまじれり, よく寢, 何だ, 何を, 妙う, 生み落とされた, 銭もつ

▼ われかく~ (8, 0.1%)

2 信ずゆえに 1 て浮き世, の如く雨, 多勢を, 思い, 思ひつ, 思ひて

▼ われでは~ (8, 0.1%)

2 ありませんか, ないか 1 いよいよ渋っ, ない, なかろうかと, なく汝

▼ われと共に~ (8, 0.1%)

2 この清泉, 東にか 1 あらざるは, せよ, 恋の, 酒宴に

▼ われ一個人~ (8, 0.1%)

8 にとり

▼ われ~ (8, 0.1%)

2 をば厭 1 にありし, に会せり, に勝てり, に歸ら, に比類, をし

▼ われ~ (8, 0.1%)

4 において後悔 1 において, において悔いまじ, に於, に於い

▼ われ常に~ (8, 0.1%)

2 これを 1 さきに, 世の, 思へりわれ, 惟へ, 敵手を, 謂へ

▼ われ~ (8, 0.1%)

1 で触れられる, に接吻, をその後, をもて, を伸, を少しく, を尽し, を振り

▼ われ知らず声~ (8, 0.1%)

2 をあげた, をはずませた 1 に出し, をあげたらしい, をたて, を立て

▼ われ等二人~ (8, 0.1%)

2 の間 1 なりしなるべし, の命, はしばし, は群集, を乘, 同じ女

▼ われ聞く~ (8, 0.1%)

1 ところでは, ロッキー山間には, 国の, 李将軍臥虎を, 東方に, 者ある, 貴宗, 里中葛秀才天性よく

▼ われいかで~ (7, 0.0%)

1 かかる船員, か授, か敢て, この深き, この翁, ためろうべき二郎, たやすく疑い得べき

▼ われおくれじ~ (7, 0.0%)

1 とかけだしました, とこみ入れ, と伸び, と彼, と後, と敵, と江戸

▼ われおも~ (7, 0.0%)

7 ふに

▼ われこそと~ (7, 0.0%)

1 あつかましく自己推薦, ぶつかって, 名乗りでて, 思う草土, 挙って, 腕を, 躍り寄って

▼ われそう~ (7, 0.0%)

1 だ, だって, であった, である, なほど, な声, にもある

▼ われとても~ (7, 0.0%)

1 その直, 何時か, 同じさま, 昨日は, 疑は, 貴嬢, 逍遙子が

▼ われにか~ (7, 0.0%)

2 へる 1 へりたる口, へり友, へり女, へり来むかも, へるので

▼ われひと共~ (7, 0.0%)

1 にいそがしき, にこれ, にそれほど, にひとしい, に有頂天, に栄える, に迷惑

▼ われよく~ (7, 0.0%)

1 似たり, 君の, 心を, 汝を, 汝等の, 知る, 識りぬ

▼ われよりも~ (7, 0.0%)

1 むしろ主客, 多弁に, 実践的な, 暖に, 温暖なり, 美しけき, 頼みて

▼ われらども~ (7, 0.0%)

1 がご, が励まされた, には解らぬ, の案内, の衷情, はすでに, もこの

▼ われら人類~ (7, 0.0%)

1 が負ける, だけによって支配, の救世主, の生存競争, の祖先, も総括, よりも数等数十等高級

▼ われら同志~ (7, 0.0%)

2 の撰びたる, の者 1 においても一代, のもの, よりつどい

▼ われら自身~ (7, 0.0%)

1 からみれ, であるといふ, でやる, でわれら, の本体, を取り扱う, を如何

▼ われ人とも~ (7, 0.0%)

3 に考へ 1 にわりに, に悲痛, に狂気, に考え

▼ われ劣らじ~ (7, 0.0%)

1 とする, と一生懸命, と四方八方, と声, と製作, と踊り出, と金珠

▼ われ~ (7, 0.0%)

4 にむかい 1 にむかひ, に来ぬ, の庵

▼ われ既に~ (7, 0.0%)

1 わが身の上, 勇氣おとろへ, 幾たびか, 幾度か, 扶桑衆美の, 病みて, 自害した

▼ われ~ (7, 0.0%)

1 へてハルトマン, へて云, へて己, へて彼, へて自然, へでこの, を俟

▼ われ自身~ (7, 0.0%)

1 が厭わしい, もまた, よりほか, を侮蔑, を逃れ出し, 出向いても, 告げよったこと

▼ われ~ (7, 0.0%)

2 たり 1 たりけん, たりわれ勝, たり雑談, てありぬ, てえな

▼ われがねの~ (6, 0.0%)

4 ような 1 ように, 如き大声

▼ われでも~ (6, 0.0%)

2 あった 1 あったに, あり予め, あり心, ある

▼ われとともに~ (6, 0.0%)

1 伸びる遠き, 住まんこと, 住むの, 来るなし, 来れ堅塁, 非行した

▼ われならぬ~ (6, 0.0%)

1 不可思議の, 人の, 人を, 子を, 影こそ, 面やつれせ

▼ われはや~ (6, 0.0%)

1 単純と, 咬ひ殺し, 孤寂に, 既に尽し果て, 既に盡, 貧しきわが

▼ われら両人~ (6, 0.0%)

1 かなり狼狽, がともに, が身分, にてすぐ, はその, は同じ

▼ われら何~ (6, 0.0%)

1 と云いました, をか今, をなすべき, をなすべきである, を欲, を食い

▼ われら日本人~ (6, 0.0%)

1 に対する態度, に紹介, は先づわれら日本人, は癲癇, は祖國, を措い

▼ われ~ (6, 0.0%)

1 がため, を人, を多, を彼, を悪, を知る

▼ われ思ふ~ (6, 0.0%)

1 に好漢, に所謂叙情, に才, 大衆の, 彼は, 故に

▼ われ~ (6, 0.0%)

1 もかくされ, を, をさませ, をとぢ, を定め, を閉ぢ耳

▼ われ知らず眼~ (6, 0.0%)

2 を伏せた 1 をそむけた, をひらき, をみはった, を伏せ

▼ われ~ (6, 0.0%)

1 に敢, 人を, 其意を, 君王の, 衆我を, 逍遙子が

▼ われいまだ~ (5, 0.0%)

1 その原本, 他を, 死せざるに, 汝を, 満足せず

▼ われ~ (5, 0.0%)

1 し諸法従来, ならず汝南, ならず関羽, 人か, 彼れ

▼ われかつて~ (5, 0.0%)

1 卑稿, 徒然草を, 汝を, 王座に, 笛吹きし

▼ われただ~ (5, 0.0%)

2 泣かゆ 1 ひとり, ひとり佇み, 痛く恐る

▼ われ~ (5, 0.0%)

21 とお, と思い, よ

▼ われだった~ (5, 0.0%)

2 のである 1 かも知れません, ことは, のは

▼ われという~ (5, 0.0%)

1 のは, ものの, 事も, 可愛き者, 自身の

▼ われにかへ~ (5, 0.0%)

1 つた, つたとき, つたやう, つてさ, つて今の

▼ われまだ~ (5, 0.0%)

1 君の, 年若, 死なず, 毛利の, 都を

▼ われらいつ~ (5, 0.0%)

5 の日

▼ われら一同~ (5, 0.0%)

1 の叔父たち, の罪, へ年賀, 一向に土地不案内, 謹んで

▼ われら三人~ (5, 0.0%)

1 が武, のうち, の外, は桃園, を川

▼ われら十六人~ (5, 0.0%)

1 が島, にとって雨, の心, は目, も漁業長

▼ われ亡き~ (5, 0.0%)

2 後は 1 あとは, のちいかばかり, のちは

▼ われ~ (5, 0.0%)

1 かれと, 一齊連れ立ち, 信じて, 疾む, 舊の

▼ われ嘗て~ (5, 0.0%)

1 いはく, この國, ゴツトシヤルが, 文を, 立ちしこと

▼ われ在る~ (5, 0.0%)

2 にあらざれ, に非ら 1 に非

▼ われ~ (5, 0.0%)

2 の教 1 などにうつつ, に悩ましい, の手

▼ われ知る~ (5, 0.0%)

3 我を 1 人や, 蓮無ししか

▼ われ~ (5, 0.0%)

1 に歸ら, に申さん, に祈り, を指し, を見る

▼ われ立て~ (5, 0.0%)

31 ば小, ば山

▼ われ~ (5, 0.0%)

4 を離れ 1 より靈

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 ては不利, を見, 始めの, 者之を

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 が一人, は御, を繋ぎ, を聞く

▼ われそこ~ (4, 0.0%)

2 へ立ち廻っ 1 に大きな, を通っ

▼ われなど~ (4, 0.0%)

1 いうこと, れいを, 到底およぶべく, 泣くや

▼ われなれ~ (4, 0.0%)

21 ど夕, ば

▼ われにおいて~ (4, 0.0%)

3 生けるなり 1 何か

▼ われはた~ (4, 0.0%)

1 だほとけ, 君が, 多くは, 泣かむ花

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 ここだけの, たこ, づしき詩篇に, づ往き

▼ われまことに~ (4, 0.0%)

1 さる夢, なんじら, 忌むこと, 詩人と

▼ われまず~ (4, 0.0%)

1 二郎が, 子を, 往き視て, 鍼灸を

▼ われら一個~ (4, 0.0%)

1 の偏狭, の名ばかり, の考え, の臆説

▼ われら偃松~ (4, 0.0%)

1 が絵画, にはたいして, に格別, に限った

▼ われら凡夫~ (4, 0.0%)

1 に菩提, の身, は四十, を堪能

▼ われら武門~ (4, 0.0%)

1 いささかの, いやしくも水, が先, は百

▼ われら神~ (4, 0.0%)

1 の定, を, を見る, を讚美

▼ われを以て~ (4, 0.0%)

1 人を, 既に大, 烏有先生なりと, 胸に

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 とした, とす, ばかりである, ばかりにたたかれた

▼ われ人共~ (4, 0.0%)

1 にすぐれた, に何, に信じ, に第

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 か知っ, によりてかしこ, に従ってその, をか言わん

▼ われ~ (4, 0.0%)

3 てこれ 1 て知らず

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 てここ, て口, て墓, て強

▼ われ日本~ (4, 0.0%)

1 に生れり, の大船, の柱, の眼目

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 なり汝, に於い, に至り, を畏

▼ われ~ (4, 0.0%)

1 なる神, にはべり, の死, をうし

▼ われ~ (4, 0.0%)

3 が冷 1 曹を

▼ われ独り~ (4, 0.0%)

1 なり, なりと嘆ずる, わが道, 飢えてけ

▼ われ生れ~ (4, 0.0%)

1 てより, て初めて, て卅三年, て煎薬

▼ われ知らず微笑~ (4, 0.0%)

3 した 1 し片方

▼ われ知らず手~ (4, 0.0%)

1 でおおった, をあげ, をさしのべ, を伸べ

▼ われ~ (4, 0.0%)

2 となる 1 となり, や庭木

▼ われ~ (4, 0.0%)

2 とること 1 をとる, を執る

▼ われ~ (4, 0.0%)

2 かむ 1 かむとす, かるべき

▼ われ逍遙子~ (4, 0.0%)

2 に從 1 が沒理想, のこの

▼ われ遂に~ (4, 0.0%)

1 この人, その面, 敗れるか, 討たれん

▼ われあまりに~ (3, 0.0%)

2 疲れたり 1 愚かしければ

▼ われあらず~ (3, 0.0%)

21 女ほど

▼ われあらめ~ (3, 0.0%)

3 やも

▼ われある~ (3, 0.0%)

1 に非, を思はず生かされ, を知らざる

▼ われあれ~ (3, 0.0%)

21 や楽浪

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 其所を, 別れざるべし, 喋るなよと

▼ われかえる~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ われさえ~ (3, 0.0%)

1 した, 云わなければ, 指す方

▼ われさらに~ (3, 0.0%)

1 また南蛮, 云いけるは, 汝に

▼ われじゃ~ (3, 0.0%)

1 な, ないか, ないの

▼ われそのもの~ (3, 0.0%)

1 がじゃま, を作り, を樹立

▼ われそれ~ (3, 0.0%)

1 に伴っ, を取り去らん, を持ち

▼ われたりと~ (3, 0.0%)

2 いわんか 1 思うべからず

▼ われとわ~ (3, 0.0%)

1 が吹く, が弾く, が求むる

▼ われなお~ (3, 0.0%)

1 いずくに, 忍ぶ能わず, 知らずいわんや

▼ われながらの~ (3, 0.0%)

1 口語らしい, 孤独感や, 至らざるおも

▼ われながらも~ (3, 0.0%)

1 あき足らず, ぢも, 浅ましいほど

▼ われながらを~ (3, 0.0%)

1 かしいくら, かしいと, かしかつ

▼ われなり~ (3, 0.0%)

1 わが手, われを, 鷲郎なり

▼ われにな~ (3, 0.0%)

2 問ひそ 1 ぐさむるすべなくて別れし

▼ われに対する~ (3, 0.0%)

1 好意から, 感情も, 所行によって

▼ われのみが~ (3, 0.0%)

2 あるの 1 彼の

▼ われのみの~ (3, 0.0%)

1 小さな感情, 栄華に, 聖なる遊戲

▼ われのみや~ (3, 0.0%)

1 わびしとは, 浮き世を, 獨ならまし

▼ われはも~ (3, 0.0%)

2 何を 1 とわが

▼ われひと~ (3, 0.0%)

1 の差別, の知らぬ, の間

▼ われみづか~ (3, 0.0%)

2 らが 1 らの

▼ われよりは~ (3, 0.0%)

1 二層も, 二年ほど, 行宮と

▼ われらここ~ (3, 0.0%)

1 にある, に起つ, に高い貴い

▼ われらすべて~ (3, 0.0%)

1 の望み, の神明, は無邪気

▼ われらみな~ (3, 0.0%)

1 うせにし, 同魂同性, 悉くこの世

▼ われら一族~ (3, 0.0%)

1 の勢力, の業, をどっち側

▼ われら三名~ (3, 0.0%)

1 が膝, の義盟, は賊

▼ われら世界人類~ (3, 0.0%)

1 の生活, の義務, は突如

▼ われら事~ (3, 0.0%)

1 た, は大塔宮様家臣, は江戸表

▼ われら二十年~ (3, 0.0%)

2 も詩 1 もそれ

▼ われら今~ (3, 0.0%)

1 その岐, は何, 常に之

▼ われら国民~ (3, 0.0%)

1 が非常時, に向, はこの

▼ われら悪魔~ (3, 0.0%)

1 がこの, の族, を誘う

▼ われをこそ~ (3, 0.0%)

3 見出

▼ われ人間~ (3, 0.0%)

1 に恵み, の戰, の群

▼ われ今日~ (3, 0.0%)

1 かの木賊ヶ原, は大王, まで何

▼ われ何ぞ~ (3, 0.0%)

1 わが心, 史伝の, 安からん

▼ われ六七歳~ (3, 0.0%)

3 のころ

▼ われ再び~ (3, 0.0%)

1 この暗く, 北九州に, 生きむ

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 ている, て来た, て水

▼ われ劣らめ~ (3, 0.0%)

21 や独り

▼ われ~ (3, 0.0%)

2 あり八重葎 1 を厭う

▼ われ~ (3, 0.0%)

3 に平和

▼ われ~ (3, 0.0%)

3 をきく

▼ われ大学~ (3, 0.0%)

2 に幻滅せり 1 に幻滅

▼ われ太陽~ (3, 0.0%)

2 に傲岸 1 の如く生きん

▼ われ実に~ (3, 0.0%)

1 かの人, 一呼吸の, 爾に

▼ われ導者~ (3, 0.0%)

1 となり, に彼, の命

▼ われ居る~ (3, 0.0%)

1 のです, もの他の, を見な

▼ われ必ず~ (3, 0.0%)

1 この猴, これを, 泣きぬ

▼ われ思う~ (3, 0.0%)

1 にだ, に然, ゆえにわれ

▼ われ思はず~ (3, 0.0%)

1 あらめや, も病, 方丈の

▼ われ~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 ふる子

▼ われ想う~ (3, 0.0%)

2 故に 1 が故に

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 にこの, にする, の心肝

▼ われ斯く~ (3, 0.0%)

1 いへり, 彼の, 迄は愛でざりき

▼ われ~ (3, 0.0%)

2 に軍曹 1 に隠れ

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 て些か, て東京, て粋

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 にあり, の川蒸氣, の花

▼ われ汝ら~ (3, 0.0%)

1 に強いられ, のおのおの, を高う

▼ われ汝等~ (3, 0.0%)

2 に告ぐ 1 を尊敬

▼ われ泣きぬれ~ (3, 0.0%)

1 て, て蟹, て遊ばん

▼ われ~ (3, 0.0%)

3 でか

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 り, り樓上, り留まりて

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 あり, みぬふたり, を獲

▼ われ真に~ (3, 0.0%)

2 かく願ひ奉る 1 なんじら

▼ われ知らず涙~ (3, 0.0%)

1 が溢れました, が頬, をながし

▼ われ知らず胸~ (3, 0.0%)

2 がときめいた 1 がどきどき

▼ われ知らず身~ (3, 0.0%)

1 がふるえた, をねじ向け, を起した

▼ われ知らず頬~ (3, 0.0%)

1 に流れ下る, をながれる, を染め

▼ われ立ち~ (3, 0.0%)

1 て今, 廻われ騒げ騒げ, 沾れぬ

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 一の, 二の, 二戦隊司令官艦隊の

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 たれど, 圃に, 憊し

▼ われ老い~ (3, 0.0%)

1 たりなどとは曹操自身, て, に服せず

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 くこれ, くデンマーク語, く爲

▼ われ~ (3, 0.0%)

2 かりし頃 1 かりし時

▼ われ若年~ (3, 0.0%)

2 のむかし 1 とはいい

▼ われ見し~ (3, 0.0%)

1 にかの, に多く, に導者

▼ われ覚え~ (3, 0.0%)

2 ておらず 1 たりいざいざ

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 ひ來, ひ燦爛, へり

▼ われ~ (3, 0.0%)

1 して, はね, はむ然

▼ われ~ (3, 0.0%)

3

▼ われ進み~ (3, 0.0%)

1 て之, て文, て相

▼ われ重ね~ (3, 0.0%)

1 て, ておん身, てさき

▼ われあるいは~ (2, 0.0%)

1 本国政府の, 牧場で

▼ われいかに~ (2, 0.0%)

1 きくべき, ともすべし

▼ われいつ~ (2, 0.0%)

1 までか忘, までもた

▼ われかかっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ われかかるべき~ (2, 0.0%)

2 必ず心

▼ われかと~ (2, 0.0%)

1 姫の, 思えば

▼ われからと~ (2, 0.0%)

1 それに, 微かに

▼ われからの~ (2, 0.0%)

2 月も

▼ われがね~ (2, 0.0%)

1 で, ならば

▼ われことば~ (2, 0.0%)

2 もかけじ

▼ われしこ~ (2, 0.0%)

2 と無

▼ われしらず泣き~ (2, 0.0%)

1 ていつ, てゐつ

▼ われすな~ (2, 0.0%)

1 はち, はちい

▼ われそのもの意識そのもの~ (2, 0.0%)

1 が新た, の生れる

▼ われだの~ (2, 0.0%)

1 それを, 結綿だ

▼ われといふ~ (2, 0.0%)

1 これ數多けれども, 小さきもの

▼ われとか~ (2, 0.0%)

1 たらふ, 他とかいう

▼ われとこしえ~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ われとして~ (2, 0.0%)

1 全体的でなく, 注意すべきである

▼ われながらは~ (2, 0.0%)

1 ッとして, 一首に

▼ われにこそ~ (2, 0.0%)

1 つらさ, 無情いがやはり

▼ われにて~ (2, 0.0%)

1 我清吉を, 襤褸衣服に

▼ われにのみ~ (2, 0.0%)

1 吾嬬川を, 集まって

▼ われに対して~ (2, 0.0%)

1 いちいち会釈, 示すあの

▼ われのち~ (2, 0.0%)

1 に眠剤, やん公

▼ われのみを~ (2, 0.0%)

2 あしざまに

▼ われはか~ (2, 0.0%)

1 へじ, へらぬむかし

▼ われはけ~ (2, 0.0%)

1 ふさる, ふはじめて

▼ われはを~ (2, 0.0%)

1 ぢ御, みな

▼ われひとり旅~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 同心一味の, 報らせ

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 め, めや

▼ われもを~ (2, 0.0%)

1 がまな, さなき時一たび

▼ われやすい~ (2, 0.0%)

1 のにこの, 類似の

▼ われゆゑ~ (2, 0.0%)

1 に泣かせ, に面変り

▼ われよう~ (2, 0.0%)

1 として日に日に, として熄

▼ われよりの~ (2, 0.0%)

1 願いと, 願と

▼ われらし~ (2, 0.0%)

1 て防ぎます, て馬忠

▼ われらともども~ (2, 0.0%)

2 にうけ

▼ われらみずから~ (2, 0.0%)

1 の煩悩, の精神

▼ われらもと~ (2, 0.0%)

1 よりさし, より浪々無住

▼ われらザポロージェ軍~ (2, 0.0%)

1 に何, に備

▼ われら一団~ (2, 0.0%)

1 のみ, は公平

▼ われら不幸~ (2, 0.0%)

1 にし, の人間

▼ われら不断~ (2, 0.0%)

1 の浄, の潔く楽しい

▼ われら今高華~ (2, 0.0%)

2 なる都会

▼ われら供奉~ (2, 0.0%)

1 の武官, の者

▼ われら偃松族~ (2, 0.0%)

1 にとっては残り, の住み

▼ われら兄弟~ (2, 0.0%)

1 をあくまで, を見

▼ われら十三名~ (2, 0.0%)

1 が死, は各

▼ われら國民~ (2, 0.0%)

1 の双肩, は國政

▼ われら天誅~ (2, 0.0%)

2 を加えたれ

▼ われら夫妻~ (2, 0.0%)

1 がいつ, と貞夫

▼ われら家臣ども~ (2, 0.0%)

1 で殿, も驚嘆

▼ われら式~ (2, 0.0%)

1 が一念發起, のぶらぶら

▼ われら心~ (2, 0.0%)

1 の底, よりお礼

▼ われら書状~ (2, 0.0%)

2 を遣わし

▼ われら末輩~ (2, 0.0%)

1 には知る, まで心強う

▼ われら植物分類研究者~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ われら此~ (2, 0.0%)

1 の森, の烈しき

▼ われら武者~ (2, 0.0%)

1 が服す, の持つ

▼ われら汝~ (2, 0.0%)

2 に與

▼ われら父子~ (2, 0.0%)

1 が親交, もついに

▼ われら直参旗本~ (2, 0.0%)

1 が自慢, なること確か

▼ われら近代~ (2, 0.0%)

1 の人, の教養

▼ われら通辞~ (2, 0.0%)

1 の家, の者

▼ われら郷党~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ われら銃後~ (2, 0.0%)

1 から萬歳, の民

▼ われら降参~ (2, 0.0%)

1 して, の船

▼ われら風情~ (2, 0.0%)

1 には力, をも恃

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 づかに, われ此際今の

▼ われイリオン~ (2, 0.0%)

1 に着き, の堅城

▼ われ一代~ (2, 0.0%)

1 のうち, は一足

▼ われ一番~ (2, 0.0%)

1 にと斬りつける, に駈けつけん

▼ われ一言~ (2, 0.0%)

1 を述べずし, を陳ずべし

▼ われ下界~ (2, 0.0%)

2 を離れたる

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 覺に, 関焉であれ

▼ われ世の中~ (2, 0.0%)

1 にあらむ限り, の如何

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 しも躊躇, しも驚きたる

▼ われ人となり~ (2, 0.0%)

2 て後

▼ われ今ここ~ (2, 0.0%)

1 において竜, に君

▼ われ何事~ (2, 0.0%)

1 にも, にも悔いまじ

▼ われ何故~ (2, 0.0%)

1 に, に愛する

▼ われ余り~ (2, 0.0%)

1 に偏, の事

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 る, れども

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 より世界, より御身たち

▼ われ先づ~ (2, 0.0%)

1 去る去る, 行きて

▼ われ其の~ (2, 0.0%)

1 男に, 都度に

▼ われ其時~ (2, 0.0%)

1 に其鎖, に廳中

▼ われ出す~ (2, 0.0%)

1 と加奈子, のであった

▼ われ切に~ (2, 0.0%)

2 金を

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 てりで本国, にと大

▼ われ勝てり~ (2, 0.0%)

1 と士気, と祝杯

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 に見, を訪う

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 あり賊, を噤み

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 にむかひ, をし

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 をクルラード・マラスピーナとい, をサピーアとい

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 を吹く

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 これを, だ一

▼ われ喚びかねつ~ (2, 0.0%)

1 馬あら, 馬洗ふ

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 を吹く

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 にだに見し, を失えり

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 に驚き, は小

▼ われ大いなる~ (2, 0.0%)

1 好意を, 恩惠を

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 を知らず

▼ われ姉上~ (2, 0.0%)

2 をまで怪

▼ われ始め~ (2, 0.0%)

1 て番組, のほど

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 を出, を継ぎいくばくもなくして妓

▼ われ尤も~ (2, 0.0%)

2 之を

▼ われ屋根~ (2, 0.0%)

1 には名, の傷んだ

▼ われ山民~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ われ帰らず~ (2, 0.0%)

1 ば勘助ともども, ば殿

▼ われ平生~ (2, 0.0%)

1 より人, 嗜みて

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 にし, 深か

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 なうて, な児

▼ われ幼少~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ われ往き~ (2, 0.0%)

1 てその, て彼

▼ われ思はね~ (2, 0.0%)

2

▼ われ思ひ~ (2, 0.0%)

1 をほか, 出づれども才足らざれ

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 として人

▼ われ恐る~ (2, 0.0%)

1 われの, トロイア人の

▼ われ慈悲哀愍~ (2, 0.0%)

1 をもっ, をもつ

▼ われ懇ろ~ (2, 0.0%)

1 に導, に悲しめ

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 に加, を禁ずべし

▼ われ故に~ (2, 0.0%)

1 まど, 永久に

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 に悟る, らしき天

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 のごとし, を計り

▼ われ早く~ (2, 0.0%)

1 こ, より察し

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 かに記憶せり, 暮れて

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 に甘え

▼ われ最上~ (2, 0.0%)

2 の策

▼ われ最後~ (2, 0.0%)

1 に飛び下りん, の數句

▼ われ東道~ (2, 0.0%)

1 せん, の主人

▼ われ欲りす口づけ~ (2, 0.0%)

2 を口づけ

▼ われ此等~ (2, 0.0%)

1 の輕, の風情

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 と共に戰場, の胎内

▼ われ永遠~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の光

▼ われ決して~ (2, 0.0%)

1 これが, 忘れざるべし

▼ われ泣きいだし~ (2, 0.0%)

2 て救

▼ われ深い~ (2, 0.0%)

1 趣は, 遊戯を

▼ われ深く~ (2, 0.0%)

1 憾と, 翁を

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 能く, 記す

▼ われ現に~ (2, 0.0%)

2 なる時

▼ われ生命~ (2, 0.0%)

1 のある, の王者

▼ われ疑ひ~ (2, 0.0%)

1 のひとり兒, をいだき

▼ われ病み~ (2, 0.0%)

1 て旅, をれ

▼ われ直ちに~ (2, 0.0%)

1 往きて, 薬を

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 を告ぐれ, を汝

▼ われ眠り~ (2, 0.0%)

1 てあらめ, てよりすぐ

▼ われ知らずうしろ~ (2, 0.0%)

1 へとび退いた, へ身

▼ われ知らず二足三足~ (2, 0.0%)

2 よろめいて

▼ われ知らず前~ (2, 0.0%)

1 へまわっ, へ出よう

▼ われ知らず口~ (2, 0.0%)

1 にのぼし, に出た

▼ われ知らず愛ちやん~ (2, 0.0%)

2 は小

▼ われ知らず机~ (2, 0.0%)

2 に頭

▼ われ知らず自分~ (2, 0.0%)

1 にあらわれる, の立場

▼ われ知らず言葉~ (2, 0.0%)

1 が口, の端

▼ われ知らず足~ (2, 0.0%)

1 がすくんだ, を向けた

▼ われ知らず陥る~ (2, 0.0%)

2 自己欺瞞を

▼ われ知らず頭~ (2, 0.0%)

1 がさがっ, へ手

▼ われ知らず顔~ (2, 0.0%)

1 をほころばした, を火照らした

▼ われ知らぬ~ (2, 0.0%)

1 夢中での, 求覓の

▼ われ知れ~ (2, 0.0%)

1 ばただ, ばなり

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 かりし時, き物語

▼ われ等ひと度何人~ (2, 0.0%)

2 かの面前

▼ われ等三人~ (2, 0.0%)

1 の日本人, の臥房

▼ われ等今~ (2, 0.0%)

1 の世, は何

▼ われ等何~ (2, 0.0%)

1 として面, をか願

▼ われ等民族~ (2, 0.0%)

1 の文化, は一器

▼ われ等父子~ (2, 0.0%)

1 御恩, 死すとも

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 にする, にせず

▼ われ自らこれ~ (2, 0.0%)

1 をなしたるなり, を前後左右

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 ふべし一輛, ふるや

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 にありせ, 悔いても

▼ われ詩人~ (2, 0.0%)

1 に曰, の方

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 嬢に

▼ われ軍勢~ (2, 0.0%)

1 に阻められ, を集むべ

▼ われ軍曹~ (2, 0.0%)

2 の任

▼ われ返る~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ われ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ われ非力~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 を垂れ, を擧げ

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 より行け, を品

▼ われ驚き~ (2, 0.0%)

1 て跳, て飛び

▼ われ~ (2, 0.0%)

1 いまだ白から, が行儀

▼1* [1527件]

われあからさまに言, われあきらかに知る, われあらば, われあらかじめ床の, われあ大え男に, われあ常から口が, われらにゃ, われいかにしばしば汝に, われいくそ見し, われいずくんぞしらん, われいたく我咎を, われいつく母, われいつぞや一睡さめ, われいと易き程, われいなみて従はず, われいねかてに, われいまここに海, われいましめに安, われいまや怪星ガン, われいま汝が神, われいみじくも生きん, われいやしくも遠祖累代漢室第, われなねつく, われうかがいたり, われうす暗い谷に, われえてものを, われ月さん, われおくれこし木下路と, われおなじ十九の, われおもしろし興あり, われおる元武田, われおわりてはない, われかかはらず朝, われかかることばをも, われかたでわかった, われかたく誓ひ, われかとも思ふ影, われかな身かなや, われかにかくに手を, われからかばふの, われからも乳母か, われかれを妨ぐること, われがと自説を, われがにや, われがにや解らねえから, われふの, われけん帰るさの, われな, われこしかた行く末を, われこそなどと晴々しく立っ, われこもりいのヒヤシンス, われさうな痛みを, われさうに頭痛がし, われさかしく答ふる, われさまよへり, われさらば即興の, われさるひじり, われさ行水するだら蛙, われざりし人が, われしきりに思うぞ, われしたところが, われしつけは見えた, われしばしこの二人, われしめたり, われしもの之を, われしらずおびえたにちがい, われしらず示す人間的卑屈さである, われしらず身じろぎする刹那も, われゑてものの涼しき, われすこしの閑, われすなわちいわく, われすべもなし, われすべてこれに注げり, われすみやかに来たら, われすらなお懼, われそいつを縁, われたてり, われだけにや伝へられた揺拍子, われだって髱だ, われだに切腹なせ, われまふ, われちょうつがいがこわれ, われや, われっかえるような, われついに忠義の, われつつある, われつとむるといへども賞を, われつらつら思うよう, われてからは過りて, われてしもたん, われてでもいるかの, われてもにこっと, われであってその, われであるともいい得るであろう, われでないものは, われといったような, われとかいうことが, われとかの両人の, われとが潔き愛恋, われとく猜しぬ, われところどころ赤黝い, われとどまれば彼, われともかくも早く, われともに苦しむ自分, われとを顧みて, われおしじゃ, われどうもお言葉, われどのような, われなあわれな, われながき旅よりかへ, われながく憂ひに, われながらといふの, われながらといふ不快な, われなき世こそ, われなけなくに, われなげく満ちたるものの, われなどか忘るべき, われなどはただ藤十郎様, われなにを飲み, われなべにとじ, われなほよろこびやまず, われなほ一の事, われなほ土地を掘らん, われなほ明かに汝, われならではと思う, われなりにけり, われなれぬ千鳥なく, われなれやしたにもえつ, われな青ざめた子どもでは, われにかけめや, われにかはりかんしやく, われにさえ恐ろしき淵, われにすら聞かれぬ位幽か, われにぞ告る, われにつき來れ, われにでもあらで水, われにとって大吉日では, われにともなふ, われにはかはらじを, われにはなど似たる, われにまで還元する, われにや云ふまい, われにをしへ, われに従って耶馬台を, わればならぬ, われねえ義理も, われねむりつつ, われのなげきを, われのに比ふべし, われのみぞ見ん, われのみに世死し, われのみは予め夜露, われはいとし子, われはがほせぬ人, われはけふの群集, われはけふ始めて此畫, われはじめて運び込まれたという, われはたしてかかる大, われはへにけり, われはもや倦みも, わればかり船は, われひそかに針, われひとりいかで踊らむおけさをどりを, われひとりかくつぶやくに, われひとりピエロたり得ん, われひとり主人中将の心, われひとり夕暮のそぞろ, われひとり家に女, われひとり榻に身, われひとり殘されて, われひとり涙ながれぬ, われひとり物おもふ, われひとり筆とり哀しむ, われひとり腰をおろさん, われひとり齡かたむき, われひねもす坐して, われひんぴんとし, われふかい趣です, われふと同じ處, われふところに遺書, われへの戦書を, われまいとの懸念, われまい叱られまいと気, われまうづ, われますます自ら欺かん, われまでが今では, われまどひの, われみずから露となっ, われみるに堪へざりき, われむかしエーリスの住者, われめしいては, われめでたき彩繪には, われもかひなく驚きて, われもしかこそ声, われもつものに, われもとて肯かざりしに, われもとより其心術の, われもと力を尽し, われものを食まず, われもろしと知りぬ別れかね, われゃ眠むたけれゃ寝イ, われやあ荒木村から, われやがて死なん, われやすく実在的の, われやまとはむ, われへるしばらく, われ血の, われよみがへる, われよりこそいふこと, われらいますくわれぬ, われらいま微細といえ, われらいま空色の帆, われらいま黄金なす向日葵, われらうしろ暗いこと, われらおんみを, われらお互いの者, われらお送り申しあげますれば, われらかく用向あって, われらかく神を成れ, われらきのうも今日, われらきみの名, われらこれは北村君, われらすべてここに討死, われらずれには解, われらただ二人や, われらといはずして, われらのとの意, われらみずから風であり天, われらみな主とならん, われらみな十蔵二郎を救う, われらみな樫の老木, われらみな汝の好む, われらみんな上陸した, われらもちと窮屈, われらシップの住民, われらソ連に生き, われらトロイア軍勢を, われらトロ族はみんな一つ, われらブラームス好きをし, われらプロレタリア文化の燈台, われらマルモ探検隊だけに独占, われら一同大敵, われら一両人のほか, われら一同いま文句が出る, われら一家のいかばかり, われら一族どもの足手, われら一族みなここの一堂, われら一歩も他, われら一組が山賊風, われら一統が前, われら一行に讓, われら一行十四名和田校長を部長, われら一足先へまいる, われら一部のモリアン族, われら一類が為す, われら一齊に相互, われら七人の起居, われら三人汝と武技法術, われら三人飛行機にのりぬ, われら三代の宿将, われら三年の間, われら三河の田舎武者, われら三河武士の骨, われら上士のもの, われら上杉衆の中, われら上根ならば, われら下級外交員の気持, われら世上の修行, われら世界各国民, われら世過ぎにせわしき, われら中国人が今日, われら主従を六波羅筋, われら乗りかうる, われら二三人申し合い遊山, われら二神の戰場, われら二陣となり, われら互みに, われら五百人この乞食ども, われら人力の勝手, われら人民の世界, われら今彼らの滅種政策, われら今日目のあたり見る景色, われら仏弟子が救い, われら仙骨を持たない, われら以上おくわしい, われら以上殿のお, われら以外には友軍, われら仲間の文章熱, われら会下山の陣, われら作者なかま, われら侍の一死, われら僅かに語り, われら僧侶の者, われら儀年まかり寄り, われら兄弟三名は各, われら先着の者五, われら先達するものの, われら全からじ, われら兩人の事, われら公衆の投票, われら六名お召抱えになった, われら共同の宴缺, われら兵家の者, われら凡人が私利私欲, われら凡人どもには一代, われら凡庸に育った, われら勇を鼓, われら勇氣を失はず, われら勤労大衆がもっと, われら北種は東西, われら十人のほか部屋, われら千五百里の道, われら協わぬ, われら叔父共の庇護, われら口々に宮本宮本, われら口づけし, われら古参の兵, われら同志友人がここ, われら同族の長上, われら同業者の生活, われら同様な山伏姿, われら同様厠に上る, われら同様武門の子, われら同様祝着にたえぬ, われら同胞の神三位, われら同郷の者, われら君なき今, われら君側はただ, われら命をうくべし, われら哲学の学徒, われら四人は陸路, われら四名に談合, われら固有の民謡, われら国歌を研究, われら圍まる木材, われら土匪にすら通ず, われら地なるもの, われら地球人間よりもすぐれ, われら地球人類以来の歴史, われら坊主でも無下, われら城中の者, われら士大夫が実践, われら夜盗にもあらず, われら夢に見奉る, われら大和民族はき, われら大声を放つ, われら大股に歩み, われら天が下を二つ, われら夫婦になろう, われら女人は将軍, われら妙な時代, われら子供時代の好み, われら学生の時, われら学究の行動, われら守護する逗留客, われら完器を破, われら宗親の会同, われら宮方はなお, われら家人として一応, われら家族になん, われら家来としてただ, われら宿の妻, われら宿老よりは末輩, われら宿老どもが尼ヶ崎, われら将卒には得心, われら将士は捨てられた, われら将軍家に扈従, われら小倉袴のぶん, われら小勢ではある, われら小国の輩, われら少女も学ぶなり, われら少年の日, われら山家武士にはまず, われら巨万の富貴, われら平和をいのらん, われら平民の甚だ, われら年若いころ, われら幼少の頃, われら庭前の白菊, われら庶民の理解, われら弓取りは必然, われら弓矢の家, われら彼の此, われら後学の徒, われら従軍者のため, われら御前のむく, われら御家人の不安, われら微力といえ, われら忍びたる辛苦, われら忠誠なる陛下, われら急に内, われら怯懦のため, われら恩を久しく, われら愛誦詩の作者, われら懸命に探っ, われら戦陣に在る, われら戰へり汝, われら抜山の勇, われら探題職の権限, われら接唇する時, われら摂津茨木の郷, われら支へ得じ, われら教育ある士人, われら敢て自ら矜, われら敬愛の心, われら文士以上の手腕, われら文芸の士, われら新聞記者一二名先づ新宿舎に来り見れ, われら日常も忘れ, われら日本の民草, われら日本民族の噴行艇群, われら日本男児の血, われら日本船員のみだしなみ, われら日頃から思っ, われら明智の一勢, われら明智家の輩, われら明治の末葉生れ, われら最後の勝利者, われら有限の者たち, われら朝臣の務め, われら木曜会の会員, われら本望と致し, われら本隊は今, われら杞人の後裔, われら東国の人間ども, われら東邦民族の合同, われら根岸人に取り, われら梁党の上, われら梁山泊のうち, われら植物研究者は能, われら楠木党へきつい, われら此処に高い貴い, われら武人の意見, われら武弁には向かぬ, われら武者どもはどう, われら武辺者のすさまじき, われら武骨の者, われら武骨者ぞろい茶は弁え, われら母娘の者, われら母子の間, われら民族の狭量苛酷, われら永年の浪人暮し, われら求道の人士, われら沼田にたちよる, われら海を母, われら海底都市に対して何, われら海底都市住民の生存, われら源氏という者, われら漢朝の旧臣, われら火星人に比べ, われら父ともなっ, われら特有の性質, われら独特の言葉, われら猿とは古代, われら現前の一点, われら生き残りの二百余名, われら田舎にくだり, われら町人の爺媼, われら町家の雛壇, われら町方同心ふぜ, われら画工の運命, われら異国の者, われら異国人には所詮, われら異常な者, われら痴者よ同じ, われら皆裸にて生れ, われら皆鎌倉には服し, われら盲人にし, われら眷族にとつて, われら石垣にしがみつい, われら破れかぶれの討入, われら神州に生れ, われら神聖なる哲学, われら私と船岡, われら秘蔵の濃緑, われら竜族は常に, われら端武者にいたる, われら笑ふもわれら, われら笑いごとでござらぬ, われら笛吹けども踊らず, われら答え申すには, われら素人の脚本, われら終日おなじ思ひ, われら経立なる言葉, われら美濃国関の里, われら義を結び, われら義兄弟の生命, われら聖徒は絶對, われら聞馴れし炬燵, われら腕結びゆく, われら腹心の者, われら臣民として大御, われら自ら孤寂なる発光体, われら自ら安かに死, われら自ら誇り曰ふ, われら自分たちをこめ, われら自由人の大きな, われら船具部の連中, われら芸術主義の徒, われら若年の身, われら茶人でないもの, われら草いきれ暑きさなか, われら草木の祖先, われら草莽の微, われら荊棘を排し, われら萬金の價, われら薄倖の詩人, われら藝術家に於い, われら血を越え, われら血まなこの態, われら行は, われら補佐の者, われら見世番にて隙, われら記者に選ばれた, われら誓ひを, われら誰にも赦すごとく, われら請取申し候条, われら警固の者, われら貧乏なる日本人, われら貧乏人と雖, われら貧人には寒山, われら賃銀労働者も奴隷, われら身をきよめ, われら輿側の随身ども, われら連句の徒弟, われら進退にかけて見放し申すまじき, われら部下の者, われら鄙吝の, われら酔へるが, われら重臣どもの協議, われら重臣座を共に, われら重責を負う, われら鍾愛の花, われら長年の主人, われら開拓を致し, われら関せずと, われら関東に対して済まぬ, われら附添って, われら隠遁の夢想家, われら雑輩の端, われら難渋いたします, われら靈智にひたる, われら青二才が申す, われら青年は夢, われら青春の永久, われら静かに手, われら頃日二三の仏教史論, われら願はく小狗の, われら願はく狗兒の, われら食子にとって忘れられない, われわが身と外界, われわけもなく焦だっ, われわすれめや, われゑにしの神をにくし, われをかへせ再び, われをな咎めそ, われを通じて爭の, われアイルランドに売られ, われアカイアの船, われアカイヤの大衆, われアヌンチヤタが爲め, われアポローンを遣, われアンテノリの懷, われア親爺でもねえ, われインノセンスにはすべて, われカムパニアの曠野, われサンジェルマンの四ツ角, われシビリアをはなれ, われシルレルが曲中, われシーザーにかく, われダンテの不朽, われ返るよう, われテーべを歌, われトロイア軍勢と裾, われハドソン河上の緑蔭, われピエートロ及び初代, われピーアを憶, われフエデリゴに名, われヘーレーに對, われベルナルドオの己, われペテロの像, われペーレーデースに憧れ, われマカオーンを認め, われリキエーの郷人, われリユビアの種族, われヴィルジリオと倶, われにえ, われは土地, われ一たび相見しこと, われ一事君に曰, われ一人そを見ざる, われ一人のけ者の如し, われ一人プロレタリア作家という顔, われ一人天師の仙家, われ一人悄然として顔, われ一人父母の良き, われ一人草ばかり茂った, われ一同が遠から, われ一日心ゆるさ, われ一歩を立者, われ一生の事, われ一番乗りとよじのぼっ, われ一矢にて射, われ一絶を作つて曰く, われ一般の気運, われ三十五歳を過ぎし, われ三十路半ばにし, われ三度目にて妙義山, われ三成の爲, われ三昧して, われ三遊亭圓朝を愛慕, われ三韓をまわる, われ不審晴れやらず, われ不朽の雙兒, われ不測の禍, われ不老不死なる汝ら, われにアキリュウス, われ槌を, われ主家を出でし, われ乃ちこれを評し, われならば, われ久しく玄徳が, われ乍らびっくりものです, われ乍ら不快な記憶, われ乍ら月並な事, われ乗り遅れじとあの, われり少年, われ乱心したり, われへ膝, われ二人がぎょ, われ二十一歳にし, われ二大家を以て元禄作家, われ二女の口, われ二子と同じく, われ二郎に向かい, われ二部村より富山, われひぬ, われ井中火ありて, われ亜米利加に渡らん, われ亞弗利加の侯伯, われしとても, われ亡き後わが友, われ亡き後我友どち, われ亡びたる過去の, われの姉, われ京伝が描ける, われ人生を愚弄, われ人界にある, われ人胸中に皆, われ人臣たらんと, われ今これを誦すれ, われ今そこへ行かん, われ今何をか見得べき, われ今君に最善, われ今国の為, われ今夢に墓場, われ今日徐晃を見る, われ今日老子に見, われ今朝の昧爽, われ今生に生まれおち, われ今秋の野, われ今菲才をもっ, われ以上の贈遺致すべし, われ以外に人, われ伴われて見, われたり人, われ低地をのぞみ, われ住みて, われ住み得るかいのち, われ住めばいつしか, われ佐渡を去る, われ何となく心危ぶみ, われ何度見ても, われ余力があれ, われと稱, われ依ほ無言なり, われ俗物は寒い, われの駒ヶ岳, われ俯向きぬ, われ俳才なく自作, われで交際, われ倶樂部にゆき, われりに, われと通, われを負う, われ先づ云ひぬ西の京, われ先づ口を開き, われ先帝より孤, われ先考の旧居, われ先見をもて, われ先陣の命, われ光秀はいったい, われ入りて出づる間, われ入るより致方, われ全智の海, われ兩人を客, われ兩度かれら, われ八九年前一文をつくり, われに戰, われ六とせの春秋, われ追い下り, われを用いる, われ其友を屠る, われ其小説三派及梓神子をみ, われ其意を取り, われ其數に加はり, われ其男に近づき, われ其碩の, われ其質必ず等し, われ冀州を取ら, われなる人, われ再三出ること, われと帽, われ凡手には考察, われ出ざる者なし, われ出してしまへり, われ出したのだ, われ出たものが, われ出づるか危機はいわゆる, われ出でず戦わずひたすら陣, われ出入りつ, われ出発の前, われな, われ切っていました, われ切られじと思う, われ切絵図はふところ, われて南岳, われ初めてこの深き, われ初め荷と汗, われ到底この人, われ輩に, われ剛勇のアイア, われうるに, われ劣らずとその, われ助くるとも他, われ勇者たらん今日, われざりあした, われ十九歳の時, われ十八の時, われ十年ぶりにてこ, われ千々岩安彦のため, われ半面を扇, われ博し得たり, われ厳酷の精進, われ去りなむか, われ去りなむとあかつきの暗き, われ去りゆきて船笛, われ又更に冷笑を以て, われ取って捨てぬ, われ取るも, われ受けて沒理想派, われ口吟すらく, われ名筆の, われ叫喚を擧げ, われ名づけて東京, われ君侯二代に仕, われ君刺し殺し死ぬるべ, われアヌンチヤタなり, われ吹く笛は, われ呂湖の蜃, われ呆けたりと, われの心, われ呼びしが窓, われひ石, われ咽喉ぶえ, われ哀しき心に, われ哀れなり, われわるる, われ善く諳じ, われを刺されし, われ喜びて耳假, われ喜ぶ事一方ならず, われに批評, われへて父, われ四人も彼, われ四方に叫喚, われ回顧りし, われ困じて一方, われより善詩人, われ国民の大, われ國府臺を顧み, われられたり, われ圖らずも, われ在りという精神上, われ在世の頃神, われ坐死する者およそ, われ堂々と出でざる, われ堕ちてゆく, われ報いん時は, われ夕顔の蕊, われより硝子, われ多年の宿望, われ多言するに, われ大いに怒り力, われ大捷を獲, われ大正当今の世, われを失へり, われ天意冥助によらずし, われ天王寺表へ乗出し, われ夫人の気高く, われ夫惧れて, われ失せたりし, われ奇兵を以て勝つべし, われ奈翁たらん, われ奈良の風光, われへり, われ奮い起ち優柔なる, われ好き機會を得, われてその, われ始めたのである, われ始めて石田堤の, われがベルナルドオ, われ嫌うにあらね, われ嬉しく思い染みぬ, われよ, われ孔明に出しぬかれ, われ学ぶ者ならず, われ宇都宮時雄の君, われ守備の兵, われんじ, われ安かれと願う, われ安しわれ楽し, われ安心なりとて, われ完璧の敗北, われ宛ら宮廷の, われ宣んすわが言, われ宮中に食卓, われ寂しくはなしとこと, われに淺間, われ密詔を受け, われ寝た間に, われ寝ねさせぬ三四人かな, われに夢, われ寺院と歩み, われたいかに, われ尊公を智馬, われ親とともに, われ小石川白山のあたり, われ小雨の降っ, われ少しく語るべし, われ少女なり, われ少年の日, われは短く, われ尾州の民間, われ居らむ, われ居りて腫, われ居り見ればくれ, われ居れどをし, われを瓜田, われ山上に立つ, われ山寺に遊び, われ山房にあり, われ山房論文の附録, われ山根氏を顧み, われ山繭を採りし, われ山路の歸さ來, われの木かげ, われのこなた, われに, われ巨人を切る, われ巴里にあり, われ帝王となら, われにさきだち, われ帰らんとする, われ帰るらん, われ帰ればまた, われ左衞門が, われ平凡に盗難, われ久しく鳥, われ年來胃を病めり, われ年甲斐もなく, われ幾たび見ても, われの樹木, われ庭鳥の食, われを出でし, われ引かむみ, われ引き取りて世話, われひて, われは意, われ形而上の事, われ彼女は紅, われ往いてこれ, われ往かむかの獅子窟, われ待ちえむと, われ律法の中, われを顧みれ, われ後お赦に, われ後ろ指さされたこと, われ徒らに無明, われ従軍記者のあいだ, われ得つ暗黒の, われ得まく切に願, われ御曹子ならねども, われ復肴饌のこと, われ微かな眩暈, われ微笑にた, われを好む, われ心得たり, われ心狂ひたるに, われ必ずしもこの紙上, われ忍月不知庵謫天の三人, われるべき, われ怎麼に猟, われ怒りて視る, われ怒り其破壞禁ぜんとても效, われ思はなくに, われ思はれ人の, われ思へば白きかよわ, われ思わず笑いぬ, われ怪し飛ぶと, われ恐るかれ勇猛の, われ恐れおののいて, われ恰好のよい, われ悩める人なる, われ悪いとは少し, われ悪くてで, われ悪しき名は, われ惜春の情なし, われへらく, われはむ, われ想像すらく, われ意中の人, われ愛す枯木一木幽かに, われ愛着す人, われ慶福の神明, われ憂ふるところの, われ憮然として歎ず, われ懸くるなり, われ懸垂の衆, われ成仏せずと, われを忘れ, われ我が立脚點に, われ我執ありといふは, われ我詞を解し得ずし, われ者は, われ或いは妻子に, われ戦いに敗れ, われ戦わぬこと百数十日天雨を, われ戦場を縦横, われ戯れに答, われ戰場に立ち, われ戰術に暗から, われ戰鬪に加, われか凄腕, われ打ちし旧き旧き師, われ打ちぬ汝打ちぬ, われ投げ入れしゴム輪の, われ拿破里を見, われたばや, われ指導するに, われ振りあげ振りあげ幾千幾百と, われてり, われ掛かる処を, われ摩耶に聞き, われ擬兵と侮っ, われ支うる者を, われ救援を戰場, われ敵軍を貫, われる時, われ文化部の担当者, われ文章をつづらん, われく, われのごとき, われ新しき天と, われがない, われ方丈に起臥, われ方便を知る, われ方現象の仕方, われ旅行を始め, われ既に悉く認めたれど, われ日本一なりと呆れ果てたる己惚れ, われ日本国を忘れな, われ旧い機構は, われ明日城を出, われに於, われ易いことです, われ昔南蛮寺に住, われ昔長者の子, われ昔願あり千身, われ昨夜夢に魔油, われ是岸に仆, われ是等の者, われ時折東京をよし, われ晴空の孤月輪, われと術, われのこと, われ暗黒と静寂, われぶ, われ曹三匹更る更, われ曹二匹争はずば彼, われ曹彼の金眸, われ曾つて英人なる宣教師某, われ有るに非, われ朗々として誦する, われ望まぬにあらね, われ望みを抱かざれ, われ望むとある神, われ朦朧と黒衣, われ木戸の前, われオガタマなる, われ未來の出來事, われ朱鳥元年十月三日訳語田舎で死, われ村のはづれ, われ村見え己が快楽, われ来りわれ見, われ来る所の, われ来れば, われを擧げ, われ果して家に, われ果敢ないものに, われ某地において妖怪, われ案内者に問, われにありせ, われ棄て堅牢の, われ森先生の謦咳, われを出でず, われを吹く, われ楽しと喜悦, われを吹く, われ橋上に立つ, われるカナ, われのやう, われ歐羅巴の水, われ正覚をとらず, われ正路を失ひ, われ此処にて拾, われ此文に題し, われ此時あまりの浅まし, われ此景に對, われ此童の搖籃, われ此罪のため, われ此處に日の出, われ此詩のや, われ此間にあり, われ此際今の片倉君, われ此頃京に遊び, われ武田博士が生き, われ歩くはばかる事なき庭を, われ歩み来し道を, われ歳たけ老いし父母, われ歴史として後世, われ死者の門, われ残つてありける好色, われ殺された由見, われにこれ, われ水上に注ぎし, われ水軍を督する, われ氷ったものが, われ汎太平洋婦人会議へ出席, われ汝不孝極まると, われである, われ沢山は赤倉岳, われ沢山みな笠山ぬり桶山, われ治子を恋, われ法王の位, われ泣きほれて監獄, われ泣けば朝な夕な, われ洗禮をうけしか, われ流せる涙にては, われ浄土宗を立つる, われ浮くとさとりぬ, われ浮世の旅, われ海中より監視, われ淮水に向っ, われ渡らむにこの神を, われ湿っぽい風が, われ滅ぼされてしまう, われ演劇に幻滅せり, われ漕げ頭痛だ, われ漢水を取る, われ漸くに寂し, われに走りゆき, われにか, われ面目くも忘られしよ, われ無い様に, われ無しと答, われ無事に苦み, われ無知の形, われはす, われ燈火を愚弄, われかむ, われ牝獅子と獅子, われの性, われ物心覚えて, われ物言うも苦し, われ特に目を, われひ死にせり, われ独り南蛮寺の境内, われ独り模範村の名, われ独り武者顔する憎い, われ猟師に事, われを出ず, われ理髮せざること, われ甘受せん, われひ立つに, われ生ける験あり, われ生まれて神仏, われ生めり我れ, われ生れけるかひあり, われ生得みめ容, われ生来多病なりしか, われ生涯の誤り, われをし, われをあざけり, われ田舎の人, われ由々しくも彼, われ甲山にあり, われに生る, われに走り, われ疲れ彼も, われ疾くに知る, われ病むことを, われ病床に臥し, われ痛く不幸の, われ癒えなば牡丹, われたむとす, われ白く乾いた唇, われ皇帝クルラードに事, われふ, われ監獄の庭, われ目的地を忘れた, われ盲目となりぬ, われを翳し, われ省みてわが, われ眞先に他, われ真珠の雨, われ眠れるま, われ矢風に追われ, われ知らざりしかど祈, われ知らずあと声をあげた, われ知らずうすら笑いした, われ知らずうちの人と云った, われ知らずおじぎをした, われ知らずおのれの幸運, われ知らずくすりと笑った, われ知らずすすり上げて泣い, われ知らずすべり出ると林之助, われ知らずその後についてじっと, われ知らずそばへ寄つて, われ知らずそれが出る, われ知らずはね起ききちんと机, われ知らずひとりごと急にあがりじたく, われ知らずぶっちゃったわ, われ知らずほつかりとしてゐた, われ知らずもらす言葉が, われ知らずよろこびで上気, われ知らずハンカチで顔, われ知らず三里の道, われ知らず不覚にもにー, われ知らず両手を合わせ, われ知らず乗り出してそれ, われ知らず云ってしまった, われ知らず何か言, われ知らず使ふ言葉, われ知らず催し来たれる夫人, われ知らず出てしまった, われ知らず刎ね上がった, われ知らず力を抜いた, われ知らず励まされてあれ, われ知らず口調が鋭かっ, われ知らず叫びながら殆, われ知らず叫んでちらっと, われ知らず叫んだようでも, われ知らず右の手, われ知らず右衛門は脇, われ知らず呟いたに違い, われ知らず唇を窄め, われ知らず唸りそれから, われ知らず問題は解決, われ知らず喉が鳴った, われ知らず四辺の静けさ, われ知らず垂るる涙, われ知らず夜を更かし, われ知らず大胆な奔放, われ知らず小屋の壁, われ知らず山おろしのみ, われ知らず布団をすり抜ける, われ知らず幸福の同化, われ知らず弾いている, われ知らず心を弾ませる, われ知らず思いついたことに, われ知らず感じたのでした, われ知らず手指の爪, われ知らず振向いて母, われ知らず日の当る, われ知らず日蔭者のよう, われ知らず昂ぶったこ, われ知らず昼夢に沈み, われ知らず時間を費やした, われ知らず柄頭にかかっ, われ知らず権之助, われ知らず流した涙が, われ知らず流れていた, われ知らず流れ出した額の, われ知らず涙ぐみましたそれを, われ知らず溜息をつく, われ知らず滲み出て居た, われ知らず病人の顔, われ知らず発する叫びだ, われ知らず目に映りぬ, われ知らず空を仰いだ, われ知らず立ちあがって登美, われ知らず立ち上がってしまう, われ知らず立って心, われ知らず立とうとした, われ知らず笑いながら, われ知らず笑わされることが, われ知らず筆者の感情, われ知らず絶叫した, われ知らず緊張して, われ知らず縋りつきたいような, われ知らず繋り労っている, われ知らず繰返へす畳句の, われ知らず罪咎の魔神, われ知らず老いたる父と, われ知らず肩をすくめ, われ知らず膝が前, われ知らず興奮し緊張, われ知らず茲に真似, われ知らず葉子のほう, われ知らず表面へ覗き, われ知らず襟を正す, われ知らず言いて涙, われ知らず許しがたく思っ, われ知らず話しいりてかく, われ知らず起って炉, われ知らず足音をしのばす, われ知らず身ぶるいが走る, われ知らず逃げ腰になり, われ知らず道傍の灌木, われ知らず釣り道具を投げだし, われ知らず鍵穴に眼, われ知らず長大息させられた, われ知らず防堤の方, われ知らず隣席の人, われ知らず零すのでした, われ知らず面を伏せ, われ知らず項垂れてしまった, われ知らず額にニジミ, われ知らず食堂車の中, われ知らず馬をかえし, われ知らず馳せ出せば扨, われ知らず駆けよろうとした, われ知らず高揚して, われ知らでありしに或る, われ知り顔に, われ知る能わずその風雲, われ砂糖をなめん, われ破れてむなしく, われを好む, われ碎くべし然れ, われすれば, われ祈らば, われ神佛を尊ん, われの岸, われ禰衡は天下, われ秀吉微身, われ秘かに美しき, われ稀代の夢, われ稼いでこの, われ穢虫の窟, われを塞い, われ究問の度, われに投げうつ, われにおもへらく, われ立たしめよわれ, われ立てりと思へる, われ立んとする, われ童子たりし, われひし後, われ等おん身等に及ばず, われ等ここへ斯, われ等はらからに對, われ等三名はたった今, われ等不変の敬愛, われ等主にまつろへる, われ等人間の肉眼, われ等侍奉公の者, われ等入りぬと, われ等凡人はとんだ, われ等労働者にのみ与へられたる, われ等及その家族, われ等同胞十人あまりは, われ等四人はこれ, われ等土蜘の巣なす家, われ等夫婦とは再, われ等如何ようの態度, われ等始て造り出だし, われ等庭作の女等, われ等接待係は御, われ等有色人種の道義, われ等沢庵を食, われ等父をおそるる, われ等礼申す, われ等祖先のうへに溯る, われ等身上の事, われ等逃ぐれば, われ等霊界の使徒, われ筑水を下らん, われと悟らず, われ箱根山下の湯本村, われ籐椅子に寝ころんだ, われ素足に青き, われ終に熄むのほかなきか, われ終りまで善き, われ給仕しては, われ絶て此種の, われ縒りぬ, われ縦令王者に, われ縱令逍遙子が言, われを淨めん, われ罪びとの罪を洗う, われ罪人なるかなと, われ罵るらく, われを神, われ美しき筆路を, われ美術を眩, われ群衆の間, われをもぎける, われはじとて, われ老いたれど人, われ老いぬ年は, われ老境に臨む, われだという, われ聊かも悪びれず, われ聖徒となり, われ聞き覚えある声, われ聞く活きむことを必, われ聞けどもさとらず, われ聞文明の国, われをいだし, われ聲涙共に下る, われ聴衆に会釈, われかず, われ肉體を伴, われ肝腎の葉子, われ胃腸病で入院中, われを轟かしつ, われ能わざるなり汝も, われ脱ぎ着せん返しつと思ひ, われは下側, われも亦, われ自らわれを主宰, われ自らバレン持ちて, われ自ら一流の祖, われ自ら來れるに, われ自ら名づくるに, われ自ら我膚の上, われ自ら我身を紹介, われ自ら捕捉して, われ自ら答ふるところ, われ自分でわからん, われ自然を欺く, われに依り, われあり賊, われ舟ヒビがらみシカケを失う, われ舟夫に向, われを變, われ芝居話に轉, われ芝辺に所用, われ芸術を彼処, われ若し強ひて, われ苦しみといふまことに, われ茉莉素馨の花, われが冬, われ荒野にあり, われ萎靡させられ未, われ葬禮を行はず, われに似たる, われ蒼海と同, われ蒼白き面の, われ薔薇を摘み得たり, われ藁半紙のゆえ, われの中, われの松原, われに撃たれ, われの総帥, われ衆勢に命下し水師, われ衆生を救う, われ行かんユートピアへと, われ行きて帰り来る, われ行くをねが, われ行けば彼, われに立ち, われは善く, われ裏切り者には相違, われ裏面より埒, われにて母, われ褒めむ彼は, われ西のほう, われ見届けんと暴虎, われ見送りし妻の, われふ, われ親ら往いて, われ親子も重い, われ解したりと言, われ触れあふ日なき, われ言信あれば, われ言句も出でず, われ言挙はせん, われ言葉に拙けれ, われ計らはん其果に, われ計らはん其者に, われ討たむ, われ討たるるか雌雄, われ討ちしブープラシオス其地より, われ記實を先, われ許都にある, われを繼ぎて, われひて, われ誓って馬超, われを極めて, われ語るよりなほはるか, われ語れる時新たなる, われ誠になんじら, われ誤って天機, われ誤てり誤てり, われ誤謬に身動き, われかむ, われ諸共にオヂュシュウス, われ諸君とゆびさし, われ講釈と落語, われ識らずこの, われ警官の姿, われ警察の者, われなき, われれじと, われ負けじと対手, われ負傷者に充ちたる, われに苦しみ, われ貴国のため, われ赦すごとく我らの, われ走りたり, われ起つて茅舎, われひて, われに客, われ足疾に通り過ぎつ, われ迷いたる紅, われ踏迷ひたる紅, われの下, われ込むのも, われへて, われよりて救, われ近ごろ猛き獅子, われ近江路に, われ近頃人より小唄, われ送るとて汽車, われるるも, われ逃げ來り, われにあり, われ逡巡して, われ逢状とならまし, われ連れぬその前, われ遅れじと梯子段, われてりわれ, われ過ぎることを, われ過って豎子, われ過てりと言った, われ過去をみ, われ遠国より帰来, われ遠慮せで猶, われ邸中に殘, われ部屋のなか, われにかへりぬ, われを強いられ, われ酔ひぬ君, われの勸, われ藏の, われをもっ, われを以て一々, われのよう, われ銀座をもとほり, われ銭湯より手拭, われなりともわが, われ長崎に居りたる, われ長沙にある, われ門前の者, われ閉戸閑人と号す, われ開帆の期すで, われ閑役の者, われにある, われ陀羅尼珠を失ふ, われ降伏す, われ陣前の戰, われ階下の抱えたち, われ隔てごころの起る, われ隨即きのふより心爽, われ難きによるなり, われの道, われ雪水をもて, われ雲雀の皿, われ電灯は消え, わればかりも疑はね, われ露原に立ちし, われ青銅の鋭き, われせしこと, われ非情の大河, われに恥, われ韮才固より, われをかなた, われ頻々としてこの, われ頻りに浮世絵を, われふ, われ顧みてうら, われを祈る, われ飛行列車は黒い, われ食事せん釈, われ飽きはてぬ常ならぬ, われりの, われ饑ゑてある日に, われ香煙の芳香, われ驚嘆を以てこころ, われの中, われ高きに達する, われ高尚なる趣味, われ高山に昇り, われ高覧なるを, われや君, われ鮮血を流すべき, われにありせ, われ鳥島にあそびし, われ鹽原の勝, われ黄ばんだ草の, われ黄金に用, われ黄銅の槍, われ黒檜の絶頂, われ黒髪にたきもの