青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一所~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一層~ 一帯~ ~一年 ~一度 一度~ 一座~ ~一応 一応~ 一息~ ~一所
一所~
一文~ 一斉~ ~一方 一方~ 一族~ ~一日 一旦~ ~一時 一時~ ~一時間

「一所~」 1511, 16ppm, 6933位

▼ 一所~ (1202, 79.5%)

26 なって 12 来て 11 して, 連れて 8 おいで 7 行って 5 居て, 私の, 立って, 集めて 4 並べて, 乗って, 住んで, 居るの

3 [14件] かたまって, なつた, なつて, 入れて, 寝て, 帰つ, 暮して, 来たり, 来る筈, 歩行い, 置いて, 自分の, 起臥し, 集注する

2 [67件] あとから, いると, お目見得に, お遊び, お食べなされ, ここへ, なくなる, なった, なる, 下りて, 包んで, 南屋の, 参りますから, 叫びながら, 召しあがれ, 外へ, 妾は, 定住し, 家を, 寢た, 居ること, 山に, 往来し, 御帰り, 御飯を, 意味も, 戎橋から, 成ッて, 我家の, 戸棚の, 手に, 持ち来たした力, 新聞社の, 来い, 来たかい, 来たまえ, 桐の, 歌舞伎座へ, 歩べ, 歩を, 死ぬの, 死んで, 海へ, 涙を, 生涯を, 留まる事, 病院に, 睡蓮の, 穴が, 肩を, 膳を, 蒸して, 行かはりましたの, 行きましょう, 行けと, 行こうと, 見て, 話して, 遊びに, 遊んで, 酉の市へ, 鎌倉へ, 附いて, 集まって, 雲が, 飯でも, 鰻を

1 [915件 抜粋] あそばうぜ, あたりは, あって, あつまりて, あの家, あり余る財産, ある白金巾, いさえ, いつて, いて, いらッ, いること, いれば, うなずいた, おいでなさい, おいでよ, おかえりに, おまいり, おれの, お伴れなすつ, お先へ, お出で, お医者様, お口, お大事, お寝, お探し申しましょう, お染久松, お祝ひ致, お立, お立ちなすつたら, お馴染, かしの, かたまった若者, かたまつて水明り, きりきりきりきり引きしめ, ぐいと三尺, ぐらぐらと, ここでは, ここに, この刀, こぼる, こんなところ, さえて, さら, されて, したその, したり, しばらく人知れず泣い, すぐ納戸, そういっ, そのひ, その背, その鼻, たしか, たべようと, ため息を, ついて行きますと, どうにも, なったが, なったり, なった心, なった昔, なってから, ならないには, なりたいただ, なりにくい, なりましてネ, なり前後, なり夕食後歡談, なること, なるという, なるに, なる傾き, なる前, なる気, なれないやう, なれれば, なろうどれ私, ぱた, ぱちばちと瞬きする, ぶらぶら皀莢, まとまって, みのるの, やっと正気, やるの, やる筈, ゆらゆらと, よりて, わらいだして, ゐる間, ウツラウツラしいしい, カーテンが, タクシーで, ドタンバタンという, フサシダの, ベットリと, 一人の, 一人寝, 一寸一口やり, 一席の, 一心に忠之, 一日一夜の, 一緒に, 一週間の, 三人の, 下の, 丘を, 並んだ中, 中に, 乗つた佐藤さん, 乗込んで, 二人とも, 二階を, 云った, 五体も, 五六本の, 交際って, 人一人ようやく, 今の, 今夜行つて頂戴, 仏蘭西座で, 付合つては, 会場へ, 住める事, 住んでる事, 何か, 何も, 何時でもか, 來な, 停まる, 働いた奴, 先生の, 入って, 入つて, 入ると, 六人の, 凝集する, 出かけようと, 出かける, 出なかったの, 出ようと, 出る人, 出懸けたん, 出様と, 出歩いては, 列んで, 前よりも, 動いて, 十人の, 参って, 參つたやない, 合集せしめ, 同じ卓子, 向うから, 向ひ, 向ふ, 吸引し, 呼び集めて, 唾を, 喰べて, 四国に, 四角の, 回向院の, 囲い置可申儀定, 土橋が, 在ったなども, 坐って, 坐つて, 垂れて, 垣根に, 堂々としては, 塩胡椒を, 声を, 売って, 夕食を, 外国に, 大きいが, 大兄の, 大勢で, 大好きな, 天井まで, 太陽の, 奈良へ, 女の, 女も, 女浪の, 妾の, 始終掻き廻し, 婦人だち, 安倍川へ, 定住する, 室戸岬に, 家主や, 宿を, 寄つて丸い, 寄ること奇妙, 寝たる床, 寝ましょう, 寝るん, 寢ような, 小さい門, 小滝が, 尽きて, 居たい様, 居たくても, 居たん, 居てから, 居ては, 居ても, 居りゃ何, 居るが, 居るんぢ, 居る時, 山々峰々の, 山奥へ, 島々を, 崖が, 川面へ, 巾着大の, 帰ったかい, 帰ったって, 帰られぬ時, 帰るお, 帰れるやう, 帰ろうな, 店の, 度を, 座敷へ, 廻った, 引傾げた, 張りつけたよう, 彼らの, 往こうッ, 往て, 後の, 御前へ, 御暮し, 心地よく働い, 思い出す, 急に, 悲しくて, 慌てて, 懐しい懐しいルル, 懷中へ, 成つたづら, 成つて粉雑に, 成る約束, 或る, 手伝った, 手毬の, 打ちまけて, 払い除けて, 折り重, 拭いて, 挨拶を, 振った, 捧げて, 捲き込むべき凄, 掏られ, 掛けて, 掲げられて, 掲げ堂, 揃ったこと, 描かれたもの, 揺れ, 教場の, 敲き破ったの, 斉昂線の, 新らしい, 方々の, 旅行商人は, 映るの, 暮そうと, 書きつけて, 書棚が, 月を, 木登りを, 木立ちが, 机を, 来う歩きながら, 来た, 来たと, 来たらしい風采, 来な, 来や, 来るか, 来る位, 来給えなどと, 東京へと, 松原に, 柳行李に, 棒に, 棺箱へ, 楯無しを, 楽を, 横向きに, 櫟の, 止ったまま, 此中へ, 歩く積り, 歩く貴公, 歩行いた, 死なして, 死にたい, 死ぬとは, 死ね, 死のうぜ, 死ませう, 死んだぞの, 殘つてゐる, 殺されて, 気持ちまでも, 水で, 水品陣十郎が, 永年こう, 江戸川の, 汽車に, 沈んで, 河内に, 油煙で, 波の, 泣いて, 泣きました, 泣くは, 泣くん, 泯汰脳の, 洪水の, 浜町へ, 浴槽が, 消え失せたと, 混ぜます, 添い遂げること, 添遂げたい, 渡した, 湖の, 湯煮る, 溶ける, 滝が, 濃紅姫, 炒るの, 烈しく吹く, 無限に, 焼けたよ, 煮て, 煮ても, 煮ると, 燃え上がる, 片手掴みに, 牟田先生の, 物観遊山に, 王様の, 現場に, 生まれた趣味, 生白く光る, 男は, 町へ, 白い裸骸, 白糸も, 真下の, 眼を, 睡って, 矢の, 石の, 石燈籠が, 祭に, 移し召使, 空の, 突き上つ, 突込んだ, 窓の, 立った人, 立とうと, 竹の, 笊を, 笑った, 笑って, 築山が, 結合し, 網行燈が, 線路伝いを, 纏めたまま, 纏めて, 置いては, 置かず諸所, 群れ寄って, 群栽し, 聚めて, 聞きながら, 育つて, 背を, 腕を, 腕車の, 腹を, 自在に, 致しませうか, 舞台の, 船を, 花柘榴の, 苦勞を, 荷車に, 蔵むれば, 蜻蛉を, 蝋燭の, 行いすましましょう, 行かないか, 行かれぬを, 行くん, 行こう, 行こう老, 行つた, 行つて貰は, 行ツた, 裏漉に, 見えた, 見えた事, 見てたじゃ, 見られまいという, 観て, 訊きに, 討死させるなり, 記されて, 話す折, 諸共に, 貰っといて, 赤い電燈, 走り出しますので, 越した去年, 越中守の, 跟い, 踊らねば, 身を, 転げて, 載せた, 輪形の, 送り出した, 這入ッ, 連れずと, 逼む, 遁げて, 遊びたくなりそう, 遊ぶ様, 遊んだ事, 過ぎ去り且つ, 道臣の, 遭難し, 遺失した, 酒を, 重なって, 野に, 野茨の, 金毘羅參り, 釘づけされた, 銀座の, 銀杏の, 銚子が, 鋼鉄の, 長く停滞, 開いた花, 降参を, 陰鬱な, 隧道を, 集って, 集つて相談を, 集まりて, 集まる時期, 集めたよう, 集る如く又, 集中される, 集合する, 集注せしめる, 雪の, 静かに, 静止し, 静止した, 音も, 頂くべ, 頭を, 額を, 願えれば, 飛ばして, 飛び込もうと, 食べますのに, 食べると, 食卓に, 飯など, 飯を, 飲もう, 飲んで, 館が, 馬に, 馬車で, 馬車に, 駈け出した, 高い崖, 鯖を, 鶯を, 黒い大きな, 黒い斑点, 黒塗りの

▼ 一所~ (40, 2.6%)

3 手を 2 空所が, 視線を

1 [33件] かたまって, それを, ポッカリと, ポッツリと, 一人の, 丹砂剤を, 向けて, 寄せ集めて, 小穴が, 投げかけて, 押しあてた, 据えられた, 焚火の, 現われた, 現われるや, 疣の, 白, 眼を, 立った, 立って, 紫色の, 腰を, 蒼々と, 走って, 金兵衛の, 鈴江を, 集ったって, 集まった, 集まって, 集まり閃, 集まろう, 集めたもの, 駈けて

▼ 一所~ (31, 2.1%)

3 見つめて 2 指差した, 睨みながら, 見て, 見詰めて

1 [20件] ぢつと, ながめて, またたきも, ギラギラ月光, 不意に, 凝然と, 凝視した, 刺したもの, 埋めるよう, 指さしたので, 指しぬ, 注視し, 渦の, 照らして, 自室に, 見つめた眼, 見守って, 見詰めた, 見詰めたが, 軽く突い

▼ 一所~ (23, 1.5%)

1 [23件] もので, 下瞼, 丘, 中心に, 内に, 壕に, 大い揖斐, 家に, 小学校に, 小学校を, 幹に, 座敷で, 感興に, 月光らしい, 本屋の, 森に, 水が, 税関長稲坂と, 端が, 襖が, 貧乏な, 鎌首は, 食卓に

▼ 一所から~ (22, 1.5%)

3 聞こえて

1 [19件] こういう声, ののしり合う声, ふと人声, 一筋真っ直ぐに, 人が, 動かうとも, 嗄れて, 声々が, 太鼓の, 彼らの, 朝に, 本丸へ, 火が, 男女の, 砂塵が, 筒の, 細っこい枯れたよう, 話の, 返辞の

▼ 一所~ (18, 1.2%)

1 [18件] あつた, お煩けれ, その健坊, ねぐらを, 伐り詰められて, 其は, 古女房, 同音に, 味を, 寝て, 林蔵は, 様子を, 止めた, 洋傘を, 渦卷い, 私唯一人蕭然と, 起こって, 鉄瓶が

▼ 一所にな~ (14, 0.9%)

1 [14件] つた, つた富山の, つてあつ, つていや, つても, つて上等兵位に, つて噺を, つて孔子の, つて汲ん, つて沈澱する, つて畏まりつ, つて自分も, つて農事に, ツた

▼ 一所~ (12, 0.8%)

1 [12件] チラチラと, モグモグしてる, 切り抜かれて, 夕日を, 宜しいじゃ, 急湍の, 折れ夕顔, 月光に, 火事かの, 白く光った, 脹れ上がり見るも, 長方形に

▼ 一所けんめい~ (10, 0.7%)

2 にこらえ 1 この綱, でやつ, に努力, に逃げよう, に道夫少年, に階段, やった, 踊って

▼ 一所では~ (6, 0.4%)

1 なかろうし, 左様も, 暇が, 焚火が, 無かつ, 若い御

▼ 一所~ (5, 0.3%)

1 が晴, そうです, っけ, とも思えた, と言う

▼ 一所には~ (5, 0.3%)

1 バラバラに, 居たくなかつた, 数を, 決してしません, 決して住む

▼ 一所~ (5, 0.3%)

1 ずれたまま, キラキラと, 庭火是れ, 忌火是れ, 陰影を

▼ 一所くた~ (4, 0.3%)

1 にし, になつて, に拭い, に掴み出した

▼ 一所だけ~ (4, 0.3%)

2 区切られた表 1 で鳴つて, 濃くなっ

▼ 一所だった~ (4, 0.3%)

1 からまあ, が, ので四条, 年増の

▼ 一所です~ (4, 0.3%)

1 から心強い, か可, がね, な愛嬌

▼ 一所~ (4, 0.3%)

1 の, のは, んだろう, んです

▼ 一所にと~ (4, 0.3%)

1 いいたい処, 云ふ, 思ふ心, 約束した

▼ 一所である~ (3, 0.2%)

1 うえに, と見え, 暫くは

▼ 一所でも~ (3, 0.2%)

1 欠点を, 胸に, 風変わりの

▼ 一所不定~ (3, 0.2%)

1 の浮浪民, の生活, の雲助め

▼ 一所じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないです, アない

▼ 一所でなく~ (2, 0.1%)

1 ては, てはコンセール

▼ 一所なら~ (2, 0.1%)

1 私は, 船を

▼ 一所について~ (2, 0.1%)

1 出ました, 居る

▼ 一所にの~ (2, 0.1%)

1 たって, ほんと

▼ 一所二所~ (2, 0.1%)

1 は用, は用いし

▼ 一所停滞~ (2, 0.1%)

1 であって, であります

▼ 一所引東晉~ (2, 0.1%)

1 の常, の王隱

▼ 一所~ (2, 0.1%)

1 が射した, を宿し

▼ 一所野宴~ (2, 0.1%)

2 するを

▼ 一所集合牙城~ (2, 0.1%)

2 を屠る

▼1* [63件]

一所あいてゐた, 一所さなく, 一所きわ立てて, 一所けんめいしんぼうしなさい, 一所けんめい傍にある, 一所けんめい操縦席の方, 一所けんめい激励して, 一所けんめい艇のエンジン, 一所ずつ揺れて, 一所たわんで低く, 一所だけに群衆の, 一所だったら膝栗毛を, 一所ちよつと見, 一所やとは訣別, 一所づつ次第に巡, 一所でしたがそれ, 一所でなきゃア私も, 一所として空に, 一所にどつと足もと, 一所にゃ厭だ, 一所はさみ違へてゐた, 一所へは瞬時も, 一所まで行ったから, 一所散らしては, 一所より申来候もの, 一所わずか林が, 一所クッキリと斑点, 一所スーと小刀, 一所御咄致候事件, 一所ニトッタソレヨリ十二十位ハ幾度モ取ッタコトガアル, 一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタソウスルト大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, 一所ニ浅草辺マデオ出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, 一所一所に集り, 一所切れてこんもり, 一所刺すと初めて, 一所劃然と林, 一所安住の境遇, 一所小さな小さな針で, 一所が飛び出し, 一所構えねえこと, 一所明取りのやう, 一所の枝, 一所板塀の曲角, 一所が途切れ, 一所残るような, 一所を伸べ, 一所気に入らないところが, 一所湖神が設け, 一所火影が射した, 一所焚き残してある, 一所瓦屋根が水, 一所白く寒々として, 一所白壁が水, 一所ども氏神様, 一所のよう, 一所の鱗, 一所見えるのみで, 一所で蹴散らされ, 一所のよう, 一所が千, 一所に波立っ, 一所黒痣が出来, 一所黒雲が塊