青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れなかった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

れ~ れい~ れし~ れず~ ~れた れた~ れたら~ れたる~ れてる~ れない~
れなかった~
れなけれ~ れぬ~ れね~ れました~ れます~ れよう~ ~れる れる~ ~ろ ろ~

「れなかった~」 1166, 11ppm, 9937位

▼ れなかった~ (299, 25.6%)

64 である 45 です 1411 であろう 7 だろう 6 であった, であります 5 だから, では 4 か, であろうと, でした 3 だが, であるから, であるが

2 [15件] かい, がせめて, がむしろ, が不思議, が何より, であると, でございましょうか, でございます, でしたが, でしょう, ですか, ですから, ですが, はよほど, は残念

1 [85件] かい女, かと六郎兵衛, かと思います, かと思う, かと解釈, かな, かもしれない, かもしれぬ, かも知れない, かも知れません, か問題, がかえって, がまだしも, が幸運, が特別, が目, が遺憾, じゃ, だからと, だった, だったろう, だと, だな, だろうか, であったから, でありすなわち, でありました, であるとも, である情けなく, であろうか, でございまするか, でしたか, でしょうか, でしょうが, でしょうにねえ, ですお, ですもの, ですよ, で御座います, と同様, には三重, に咲いた, はいい, はいかなる, はうれしい, はおそらく, はかね子さん一人, はこの, はそう, はそれ, はとにかく, はなぜ, はね僕, はひとえに, はまた, はまだ, はやはり, はナゼ, はリテラリ・ダイジェスト, は云う, は僕, は実に, は実験, は屋敷, は川村さん, は左巴, は彼, は徳川幕府, は愛, は本当に, は気の毒, は無理, は父, は私ども, は自分, は見付, は近代, は郊外, は驚くべき, も思う, も畢竟, をむりやり, を以てもその, を残念, 大丈夫

▼ れなかった~ (94, 8.1%)

2 さすがに, それらの, 彼は

1 [88件] あるいは時代, ある人, いまステーションへ, お互に, お錦, ここに, ここへ, この中井, この黄金, これを, さんざん中間ども, しかしともかく, しかし世の中, しかし何, しかし周囲一里, しかし東, しかし粛然, しかし薬莢, しかも言葉そのもの, しんさんと, その中, その代り刺青, その後マリア夫人が, その微笑, その時, それでも一高, それでも諸人, それと, それにしても三百両, ただ一つ, とにかく先代, とにかく森君, とにかく鴎外時代, なんら逆鱗, ふた月三月, まことに面白い, フック, 一方その, 一種の, 万一の, 三年目の, 中に, 今夜の, 何しろ変, 入れ札に, 入口の, 勝法房が, 卒業に, 取次の, 司法主任と, 周囲に, 四十九日に, 四隣の, 団十郎の, 外から, 天子の, 始終にやにや聞い, 寝ついて, 尾沢生は, 峯子夫人からは, 当時北部アフリカと, 彼女が, 彼女は, 従来の, 憂えて, 我々は, 押し合ったり, 新古今人, 明治新, 普通一般の, 朝に, 武芸の, 法華宗側から, 海軍を, 清葉も, 終に明治四十年, 結婚し, 自分に対する, 自分は, 若し私たち, 若衆さん安達ヶ原の, 行って, 被告の, 計画は, 警察官の, 近世の, 金魚の, 門下には

▼ れなかったこと~ (61, 5.2%)

5 である 4 であろう

1 [52件] があった, がある, があろう, がこの, が不満, そうし, だけがまあ, だけが寝, だけは疑い, だのす, だろう, であるが, であること, です, ですね, とのみであった, と共に家族制度, と思う, などを報告, につき野上さん, になる, によって彼女, による, に失望, のない, の明, はまえ, は何より, は協会, は実に, は幸い, は彼, は悲しむべきで, は注意, は知れ渡っ, は確か, は私, は遺憾, は階級的裏切り, もあろう, もまた, も察せられる, も思い出します, や宮廷内, をせめて, を恥じ, を悦んだ, を我が, を知っ, を知った, を誇り, を述

▼ れなかった~ (52, 4.5%)

4 いう 3 見えて 2 すれば, 云います, 思います, 書いて

1 [37件] いうから, いうが, いうだけでも, いって, したら君, したら続いて, すると, ならば当, みえて, 下女も, 云いますから, 云う事, 云っても, 全く同じ, 分ると, 報告した, 思ったのに, 思ったら昨夕帰り, 思って, 思われまする, 思われる一つ, 思われる方, 想像する, 新聞が, 母は, 理解しはじめ, 申しますが, 皆驚い, 知って, 私が, 考えて, 見える, 見えるな, 見え家中, 言う, 言っても, 話して

▼ れなかったので~ (50, 4.3%)

3 今度は

1 [47件] あるならば, いくつ甲が, いわゆる親政, こんなこと, さしもの, すまぬ気, そのため, その事件, それでなく, それも, それよりも, それを, ひろ子は, ほっとし, まだこの, やむなく父系, よくよく眠かっ, ジェリーは, テツさんの, 一寸箸, 三日事を, 二人が, 交渉は, 今は, 今晩買いに, 係の, 劇薬が, 夜が, 大助りいたしました, 嫁に, 少しの, 弥陀如来の, 採集に, 日記は, 私は, 腹を, 自分が, 自給自足を, 花見る, 荷を, 蝶吉を, 警察では, 遂に両校, 重兵衛, 鉄と, 闖入者の, 頭が

▼ れなかったから~ (39, 3.3%)

10 である 3 だ, で, です

1 [20件] きょうの, この哲学, これは, ご大儀, であった, でありそして, であります, わからない, ブルジョア民主主義社会における, 一番いい, 不思議じゃ, 今後それが, 助かりました, 塾生たちは, 天災地妖の, 少くとも, 暇を, 私は, 私一人不躾に, 結末に

▼ れなかったという~ (38, 3.3%)

6 ことは 3 ことである, ことも 2 のは, 不愉快よりも, 事実は

1 [20件] ことな, ことに, ことを, その道の, のじゃ, ので, ような, わけで, わけです, 一事に, 事である, 安心の, 意味で, 点に, 点を, 理由は, 申しわけを, 画家の, 結果だけが, 説も

▼ れなかったよう~ (35, 3.0%)

9 である 3 でした 2 です, なこと

1 [19件] だ, だが, だね, であった, であるが, でしたね, ですが, で唯, なさまざま, なつつましい, なもの, な一面, な必然的, な気, に思われる, に私, に見えた, に見える, に見せかけられる

▼ れなかったもの~ (29, 2.5%)

3 だと, である 2 はない

1 [21件] かその, か縁, がある, が今, が急, が美, さ, しかも外部, だろう, でありこの, であろう, ですから, ですよ, でないか, としての自分, と今, と見え, も含ん, らしい, を含ん, を捜せ

▼ れなかった~ (24, 2.1%)

7 です 63 ですか 2 だよ 1 じゃないでしょう, だぜ, だそして, だね, でしょう, でしょうか

▼ れなかった~ (23, 2.0%)

1 [23件] したがってメキシコ, それに大, そんなもの, ましてやその, またつぶやく, また今, また同室, カエサルは, ラファエルの, 世の中は, 両親の, 何の, 側近たれ, 又許された, 友達も, 同調の, 天国の, 彼の, 従って果敢, 松山貞夫氏は, 興味も, 青根の, 風貌の

▼ れなかった~ (13, 1.1%)

4 違いない 3 しても, 相違ない 2 ちがいない 1 しろプラン

▼ れなかったため~ (11, 0.9%)

2 であろう 1 いたずらにお互い, にどの, に政治, に未だに, に発電能力, に知っ, に記憶, に調子, 諸新聞

▼ れなかったそう~ (10, 0.9%)

4 である 1 だ, でございます, でごらん, です, ですよ, やのん

▼ れなかったのに~ (9, 0.8%)

1 あなたには, すでに社会科学, どうして最初, やはり徽章, 一方霊廟, 一躍し, 不思議は, 今朝に, 自分から

▼ れなかったけれど~ (8, 0.7%)

1 あんな恐い, たしかに未だ半分以上, 一同が, 俺の, 千切れた, 唯もしそうした, 年とった, 木登りにかけては

▼ れなかったかも~ (7, 0.6%)

3 知れない 1 しれない, しれないが, しれないと, しれませんが

▼ れなかったところ~ (7, 0.6%)

1 にあの, の幸福, の強行襲撃, は一つ, へ娘, をみる, を見る

▼ れなかった~ (7, 0.6%)

1 その間野口達市, だったの, でございましょう, と存じます, についていう, は無かっ, を保証

▼ れなかった~ (6, 0.5%)

2 どうか 1 え, ただしは, たとえばショパン, 少なくともこれ

▼ れなかったその~ (6, 0.5%)

1 ために, 人が, 時の, 竜に, 緊張感を, 頃の

▼ れなかったはず~ (6, 0.5%)

1 さ, だどちら, である, であるの, です, はない

▼ れなかった場合~ (6, 0.5%)

1 がない, どうする, にある, には唯一, は問題, よりもより

▼ れなかった~ (6, 0.5%)

1 がある, であろうか, はおそらく, はみんなどれい, は一人, は帰っ

▼ れなかったとしても~ (5, 0.4%)

1 それは, 地方銀行は, 彼らと, 犯人が, 風邪でも

▼ れなかったわけ~ (5, 0.4%)

2 である 1 がある, がこれ, がよく

▼ れなかった時代~ (5, 0.4%)

1 である, には報道, のこと, の悲傷, 即ち明治

▼ れなかったかと~ (4, 0.3%)

1 いうに, 思いまして, 思われる, 胸撫でおろす

▼ れなかったけれども~ (4, 0.3%)

1 その地方, それでも秋播小麦, 云われる以上, 家中には

▼ れなかったとは~ (4, 0.3%)

1 いえ彼ら, きめられませんよ, 云い切れぬと, 云えない

▼ れなかったのみ~ (4, 0.3%)

1 であるので, では, ならずそれ, ならず是

▼ れなかったもん~ (4, 0.3%)

2 ですから 1 で, でひま

▼ れなかった~ (4, 0.3%)

1 の毎日毎日, の親友壺井栄夫人, はそれとなく, は十二時頃

▼ れなかった~ (4, 0.3%)

21 じゃからなあ, です

▼ れなかった~ (4, 0.3%)

1 この所論, のお話, は猪, 即ち憲法発布

▼ れなかった~ (3, 0.3%)

1 兄さん, 君の, 島は

▼ れなかったかという~ (3, 0.3%)

1 ような, 点にまで, 謎よ

▼ れなかった事実~ (3, 0.3%)

1 が確か, の一片, は動かせなかった

▼ れなかった~ (3, 0.3%)

1 が沢山, として, の気持

▼ れなかった~ (3, 0.3%)

1 の顔, はエリザベス, は今やにわかに

▼ れなかった証拠~ (3, 0.3%)

1 である, でもある, は例えば

▼ れなかったある~ (2, 0.2%)

1 特別な, 薬物らしい

▼ れなかったいろいろ~ (2, 0.2%)

1 に身, の微細

▼ れなかったかは~ (2, 0.2%)

1 今の, 今日に

▼ れなかったこの~ (2, 0.2%)

1 金である, 集り全体に

▼ れなかっただけでも~ (2, 0.2%)

1 目ッけ, 相当な

▼ れなかったとき~ (2, 0.2%)

1 には安心, は

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 これが, もしや流

▼ れなかったばかり~ (2, 0.2%)

1 かごほうびをさえ, でなく指輪

▼ れなかったほど~ (2, 0.2%)

1 婦人の, 彼は

▼ れなかったほどに~ (2, 0.2%)

1 一時的な, 意外な

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 のそれ特有, の関係

▼ れなかった原因~ (2, 0.2%)

1 でもある, はそこ

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 規模な, 誓願である

▼ れなかった新しい~ (2, 0.2%)

1 不思議な, 内容

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 に帰った, の話

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 にはそれ, のおどろき

▼ れなかった時分~ (2, 0.2%)

1 には勝手, には天然痘

▼ れなかった時彼~ (2, 0.2%)

1 は嘆, は自分

▼ れなかった消防組長~ (2, 0.2%)

2 のわに久

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 もある, を発見

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

1 でありました, の驚異的

▼ れなかった~ (2, 0.2%)

2 の感情

▼ れなかった習慣~ (2, 0.2%)

1 が実は, の多く

▼ れなかった自分~ (2, 0.2%)

1 の痛切, はそこ

▼ れなかった過去~ (2, 0.2%)

1 の聖道門, は永久

▼ れなかった遭遇~ (2, 0.2%)

2 の記念

▼1* [203件]

れなかったああよかった, れなかったあらゆる他の, れなかったいい意味での, れなかったいきさつを妄執, れなかったお世話になりました, れなかったお前をつれ, れなかったお礼をいう, れなかったかが不思議である, れなかったかのように, れなかったからこそそのよう, れなかったからといって, れなかったかを遺憾と, れなかったくらいです, れなかったくらいに興奮した, れなかったぐらいのことで, れなかったこれに反し, れなかったころの哲学者, れなかったしかし事実は, れなかったすべての周囲, れなかったせいであろう唇, れなかったそれに声, れなかったただ一つの, れなかったとか自分を, れなかったとかいうそうでした, れなかったとともに文学理論の, れなかったとのことである, れなかったどんなに辛くとも, れなかったなど有名な, れなかったにもかかわらず今日, れなかったのにと若いくせ, れなかったのね狭いカンプラ畑, れなかったばかりにとうとう蹴殺され, れなかったふうよ, れなかったほどの封建時代が, れなかったまあそんなにおこらないが, れなかったまでだった, れなかったまでのこと音羽から, れなかったむしゃくしゃ腹で, れなかったもう一つの, れなかったやはりどこまでも, れなかったわれわれの行動, れなかったんでいつもいつも教え, れなかったアナーキスト時代と思いくらべる, れなかったセエヌの河畔, れなかったベルリオーズの, れなかった一事をここ, れなかった一千の地域, れなかった一般人間性から人間, れなかった一部分のこと, れなかった一隅の地面, れなかったのこと, れなかった不満さを持っ, れなかった世界に少女時代, れなかった中将が今夜, れなかった中年女は誇らか, れなかった事思春期に於ける, れなかった二つの形態, れなかった互いの結合, れなかった京なまりがほぐれ, れなかった人々は彼ら, れなかった人たちは洋画界, れなかった人間性の奔流, れなかった仕方において罪, れなかった仲仕を三人, れなかっただから, れなかったもまた, れなかったを朝倉, れなかった催眠術に興味, れなかった先生も排日問題, れなかっただったとか, れなかったは月, れなかった区域にかえって, れなかった千鳥が今, れなかっただ, れなかった品物をもと, れなかった唯一の人々, れなかった問題である, れなかった夕陽新聞は一躍, れなかった多くのこと, れなかった多数の発見, れなかった多産的作品と小さな, れなかった大御所古稀庵老人でさえダンス熱, れなかった大橋翠石氏猛虎一声たちまち大家, れなかった天然痘やその他, れなかった太古の, れなかった夫婦間の取, れなかった奥利根川の釣り人, れなかった奥地の植民地, れなかった女たちが男, れなかった子役の形, れなかった学会研究発表会などが各, れなかった安心の胸, れなかった実りをもっ, れなかった実演でなければそれ, れなかったは一軒, れなかった家老の嫉妬心, れなかった寂然たる岩道, れなかった対立が室町時代, れなかった小説がある, れなかった希望は, れなかった平均価格の下落, れなかった当時の情勢, れなかった当時医中の先覚者, れなかった彼女が居る, れなかった微妙な女, れなかったの飢餓, れなかった恨みから幸田, れなかった悪党は他, れなかった悲劇と笑劇, れなかった情そのもののデリカシー, れなかった意外な難点, れなかった感情の暴力, れなかったの蝶番, れなかった故今日では貴重, れなかった数十百氏もしくはそれ以上, れなかった文字の霊, れなかった新味と独特, れなかった新生面が開かれ, れなかったはこんど, れなかった日本の悲劇, れなかった日本代表たちのメッセージ, れなかった早業の名人, れなかった昔人間の体内, れなかった昔気質のしっかり, れなかった昨日の日, れなかった時期は文学, れなかった暗室の中, れなかった最大の原因, れなかった望みに未練, れなかったもう看病, れなかった期間に近代日本, れなかったである, れなかった未練なお, れなかった本能の一つ, れなかった条約も朝廷, れなかった欲求がわずか, れなかった歓びをも加え, れなかったの希望, れなかった毛色の変わった, れなかった水兵の運命, れなかったの神, れなかった深い事情を, れなかった源氏の放浪, れなかった為大瀧叔父上の博士, れなかった慚な, れなかったのみかどへ, れなかったのより, れなかった特異の現象, れなかった猿どもがこの間, れなかった獄窓にある, れなかったらしい幻像, れなかった珍奇な植物, れなかった瓦斯だ, れなかった生活的な諸, れなかった由十二時頃昼けんたいの食事, れなかった男女その間に生れた, れなかった男性が幾人, れなかった疲労が出, れなかったいで急, れなかった白面二十五歳の若武者, れなかった皇室の地位, れなかった神楽坂署の佐藤司法主任石子刑事, れなかった程度によく, れなかった程新鮮無比健康にし, れなかった穀物は一切, れなかった窓ガラスには影絵, れなかった窪川夫妻などの執筆場面, れなかった箇所はわかる, れなかった経験が或, れなかったの裁き, れなかった美しい人に, れなかった美挙を聞き, れなかった義兄は帰っ, れなかった聖なる時刻の, れなかった自由をお, れなかった自由さを喜んだ, れなかった苛細冷酷な偏屈者, れなかった若々しく激しいものだった, れなかった若者たちがヨーロッパ大戦後急激, れなかった苦しい圧迫などについて, れなかったの声, れなかった衷心の希望, れなかった複雑微妙な堕落, れなかったりでなく長大, れなかった許りか予期以上の景観, れなかった原因について, れなかった諸流の提携, れなかった議論が当面, れなかった貞丈まず逝き, れなかった近衛関白日記の全部, れなかった送り状とか二日前, れなかった通商の自由, れなかった連中のあつまりで, れなかった郎女だけれど, れなかった部分が残っ, れなかったは他, れなかった間私はどんなに, れなかった阿部一族の悲劇, れなかった陶工の名人, れなかったに於い, れなかった音楽を人, れなかった頼朝の大声, れなかった駕籠の周囲