青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一応~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一寸 一寸~ ~一層 一層~ 一帯~ ~一年 ~一度 一度~ 一座~ ~一応
一応~
一息~ ~一所 一所~ 一文~ 一斉~ ~一方 一方~ 一族~ ~一日 一旦~

「一応~」 3812, 41ppm, 2822位

▼ 一応~ (586, 15.4%)

5 考えて, 考えられる 4 知って, 聞いて, 誰でも, 辞退した 3 念を

2 [28件] うなずいた, かなりの, そうも, それが, それで, それを, もっともである, もっともらしい, 尤もである, 尤もな, 帽子を, 強力だ, 御断り, 心得て, 必ず肉体的, 想像したい, 承諾した, 有り得ても, 浄火の, 無理から, 理解しうる, 私が, 考えなければ, 考へて, 考へに, 自分の, 言葉や, 認めなければ

1 [501件 抜粋] あこがれても, あったであろうと, あなたの, あの人, あの震動, あらためなければ, ありふれたよう, あるが, ある弱点, いうたれども, いかにもそれ, うぶに, おふた方, お兄上, お八重, お受け, お坐り, お室, お耳, お聴き分け願いたい, お近さん, お預り, お顔, かかげた, かしらを, かたづいた, かつて受諾, かれの, こういう純, こうも, こう聞いた, こう見る, ここの, ことごとくありがたがった, この困難, この形, この浪人, この現実, この異変, この解決, これを, こわれたもの, ごらんに, さう, さうであ, さっぱりなすった, しずまったあと, して, そういうこと, そういう風, そうしなけれ, そうとしか, そう云っ, そう思うでしょう, そう考えられ, そう考えられた, そう考える, そう言っ, そこらを, そのくらいの, そのテムペラメント, その仔細, その弁明, その抱え主, その文字, その暴力, その正体, その責, それぞれ手続きの, それとなく次郎左衛門, それに, それへ, そんな気, そんな返事, ただ其儘, ちょっと佇ん, つきはなせないもの, である, でかけて, ととのって, とりとめた, どうやら癒, どきっと, なだめて, なれて, びっくりした, ふくれるに, ほめて, まあ誰, まず是, まちがひだけれども, もっともかと, もっともだ, もっともと, もっともらしく聞こえる, もっとも至極, もつて, もつともである, やって来よう, やや幸福, やれやれと, よいよう, よく満, わかって, わかるが, わかること, わけが, わたくしを, アマリリスを, イデオロギーとしての, ウンウンと, オンビンに, キマリが, ギョッと, センデンで, トルストイの, ピリオドを, ファウスト博士の, ホッと, リアリストでは, 一人の, 一笑に, 一般的な, 三室銀子ファンに, 不審を, 不思議で, 不思議な, 世間を, 主人に, 主要なる, 予め厳密, 事の, 事を, 交互作用と, 人間らしい挨拶, 伜と, 伝宸翰本の, 伝統文化と, 住所年齢を, 何人の, 何気なく見える, 佳良である, 健康診断を, 働かせて, 元から, 先方にも, 全くあたりまえ, 公開だ, 冬坡を, 出るだろうよ, 出来た, 分って, 分類する, 判るが, 別な, 利己一点ばりに, 利己主義に, 勝手である, 区別されね, 区役所へ, 単にこの, 印刷に, 厳しく持物, 反対論も, 反感を, 反撥し, 取り上げられること, 取り上げられ然, 取調べて, 取調べも, 取調べられましたが, 取調べを, 受け入れて, 受け取れるので, 口を, 召抱えその, 可能であろう, 可能な, 叱って, 吟味の, 否定し, 否定できない, 呻つても, 和気藹々たる, 唯知らぬ, 問いただした上, 問題が, 問題に, 喜んだ, 喰いとめ得たの, 囲みを, 坐つて, 墓地その他を, 声を, 外から, 大きな帽子, 大井様の, 夷狄の, 女の, 好きに, 好奇心を, 学生等の, 完結した, 客観的形式なる, 家へ, 家捜しも, 封建より, 尋ねて, 小言を, 尤もだ, 尤もで, 尤もなれ, 尤もに, 尤もらしい, 尻ごみし, 尽く根から噴き上げ, 屋敷を, 帰着せしめられる, 常に可能, 平仄の, 平安な, 年表などで, 幸福な, 幾人もの, 度胆を, 弁解を, 当って, 当つて, 当座曲独楽の, 当然の, 形が, 形即ち, 形成可能な, 役立つであろうが, 彼の, 彼らの, 彼女の, 待たせて, 従つた, 御一門衆, 御当家, 御意見, 御挨拶, 御相談, 御辞退, 心を, 心当りを, 心得まして, 必ず吾輩, 必ず宗像研究室, 必然である, 念入りに, 念晴らしに, 思いつけぬこと, 性格的と, 恐れ入るという, 想像される, 想像し得られる, 意識でない, 意識も, 感ぜら, 感心した, 感心でき, 感服し, 成り立つけれども, 成功した, 手に, 打ち明けました, 承認し, 承認しなけれ, 承諾する, 投出す外, 抗議を, 拾い上げるもの, 持って, 持つとこ, 持て余しましたが, 指導者めいた, 挨拶に, 捉えて, 捉えること, 探って, 推して, 描く空想, 敬遠される, 整型しうる, 整理され, 敵に, 敵を, 文学とは, 断ったけれども, 断わったが, 日和見的な, 日本の, 日本人の, 是と, 是認しなけれ, 普請方の, 書き残すこと, 書けるの, 最も卓越, 最初の, 服従し, 本人に, 本署から, 本署の, 本船へ, 本願寺衆の, 果して, 根本観念の, 案を, 検事局へ, 概念でなけれ, 樹へ, 止めたという, 止めました, 正しいもの, 正しき位置, 歩調を, 死ねるよう, 毛利さんの, 気が, 気の毒に, 水練の, 江漢先生の, 治療を, 泣いたり, 注目し, 注目すべきである, 清吉の, 游離し, 満足しなけれ, 滅亡の, 漢詩の, 火事半, 点頭いたが, 無理ならぬ, 無理も, 無理を, 父なり, 父に, 父の, 犯人が, 現在を, 現場で, 現場の, 現場を, 理くつが, 理に, 理性で, 理由が, 用心し, 甲賀家の, 申して, 申しましたけれども, 町奉行所にも, 留守と, 疑いの, 疑いましたが, 疑って, 疑っても, 疑つて, 疑ひを, 疑われた婆, 疑われました, 病人に従って, 皆んなに, 監督者気取りで, 目を, 相当の, 相手次第で, 相談を, 眼を通して, 眼鼻だけを, 研究し, 確かめて, 確立すべき, 礼を以て, 礼儀を, 秀吉の, 立ち上りかけたが, 立ち帰ったものの, 立つが, 立派だ, 立派である, 笑つたが, 納まりましたが, 納得した, 素直に, 紹介され, 終熄を, 経済問題に, 結構です, 結構な, 縫針の, 置手紙を, 考えぬでは, 考えられるでも, 考えられるとして, 考慮され, 考慮し, 考慮の, 耳を, 聞くだけの, 聴いた, 聴かせて, 職業行儀に, 肚に, 肥沃に, 肯定する, 腹を, 腹立たしく思いました, 自身番に, 至極御, 舞踏室へ, 落ち着くべき処, 落著いたらしく, 薄情な, 行つて見なけれ, 複雑な, 見えるが, 見て, 見とどけて, 見られねば, 見届けて, 覗きましたが, 覚えたん, 解かれること, 解かれ得る性質, 解らぬこと, 解釈される, 言って, 言つ, 言わねば, 言訳を, 記憶に, 記述し, 許されるであろう, 訴へる, 詠人の, 試みに, 試験を, 詮議を, 認めるに, 誠にいい, 説明した, 読まれて, 読むの, 読むべきはず, 誰しも, 誰にでも, 調べて, 調べられた, 調べられたの, 調べるだろう, 調べる事, 謂わねば, 警察へ, 警戒する, 譬喩として, 資本主義化し, 賞すべきであらうが, 賢い額, 踉い, 身体に, 辞した, 辞退したかった, 辞退する, 返す言葉, 述べなければ, 逃げたくも, 逆に, 通知し, 連れて, 進歩を, 運動の, 道理じゃが, 道理の, 遠州屋, 遠慮しなけれ, 避けがたき, 釜六も, 闘いそれ, 闘い結論, 降参し, 隆々たる, 離縁の, 露骨な, 面白半分, 頭を, 飛び退くけれども, 飛散した, 首肯いても, 首肯されるであろう, 首肯できる, 駄目である, 騙されて, 高い教育, 鳴りを, 黒いと

▼ 一応~ (441, 11.6%)

8 挨拶を 6 取調べを, 説明を 5 詮議を 4 理屈は, 解決を, 説明が 3 完成を, 御挨拶, 意味に, 注意を, 理由は, 解釈は

2 [28件] 内容は, 反駁を, 取調べが, 常識に, 念を, 意味では, 手当を, 挨拶が, 挨拶に, 挨拶も, 教養を, 整理を, 文名を, 理窟が, 理窟は, 理窟を, 理解を, 理論は, 相談を, 知識が, 筋は, 訊問を, 評価や, 辞儀を, 道理は, 道理を, 霊感で, 霊感を

1 [330件] おすすめは, おたずね, お届け, お愛想, お礼は, お話は, お話を, くやみを, ことを, ささやかさであろう, しめくくりを, たて前から, つとめを, ところまでは, ねぎらいを, まとまりを, もてなし振りであった, ものである, ものに, ものの, ものわかり, カタが, ケンギを, ジェスチュアに, スタイルを, デモクラシーが, フラーゼとを, ポーズ以上の, 一と, 一般性に, 不審を, 世間体がととの, 了解も, 事実がよ, 事実として, 事実な, 事実上の, 事情である, 交渉も, 交渉を, 仁義と, 仁義を, 代表者たるべき, 仮説としては, 任務を, 伺立ても, 余裕が, 作家だった, 使命を, 便宜が, 便宜上の, 修業を, 修養は, 倫理感は, 偵察を, 儀礼で, 優越を, 具体的な, 典型的見解を, 内意も, 処理は, 処理を, 処置は, 処置を, 凱旋を, 出発点として, 分離は, 分類を, 功績と, 功績に, 区別が, 区別である, 区別と, 区別を, 単位を, 原因が, 参考と, 反撥を, 取調は, 取調べぐらいでは, 取調べで, 取調べは, 取調べも, 取調を, 叙述には, 口実を, 史実を, 合図を, 合理性といふ, 合理性を, 同情を, 名を, 吟味を, 吟味或いは, 哲学史の, 問題である, 問題と, 問題をしか, 困難が, 国際基準が, 報告は, 場合, 外見は, 外見現象から, 大義名分の, 始末を, 姿な, 安定を, 安心を, 完備を, 容姿の, 寛容を, 対立を, 対策と, 尋問を, 屈辱的待遇より, 届出に対して, 崇敬をば, 帰結であった, 常識的理解を, 弁明も, 弁解ないしは, 弁解を, 形態を, 役に立っても, 後嗣を, 御取調べ, 御審議, 御尽力, 御考慮, 必要は, 忠告, 思想家だ, 思案を, 急所は, 怨言を, 悧口さと, 意味が, 意味で, 意味は, 意義が, 意見とは, 意見は, 意見も, 意見を, 態を, 成功と, 成功を, 手当ては, 手間が, 批判が, 批判を, 技術的段階を, 披露は, 挨拶だけで, 挨拶でも, 挨拶など, 挨拶の, 挨拶は, 挨拶無しでは, 挨拶終り, 掛合ありし, 接触に, 推断が, 推測が, 推測を, 推移を, 揶揄を, 支配下にも, 政治的実質を, 教義を, 敬意を, 整頓を, 文化的儀礼として, 文化的教養を, 文化的権威と, 文字も, 文才も, 料理人でも, 暇を, 曲りなりの, 条件が, 根拠の, 案内を, 検分を, 検査ずみに, 検討と, 検討に, 検討を, 概念にしか, 概念を, 構想が, 正しさ, 歴史を, 歴史的な, 気を, 注目を, 渡りも, 測量設計も, 準備が, 準備としては, 照会も, 独立を, 独立性を, 現象上の, 理が, 理なき, 理由が, 理由を, 理知の, 理窟では, 理解をもって, 由来は, 申訳は, 疑ひを, 疑惑は, 的中率を, 目的に, 目的を, 相対運動にも, 相談も, 真実から, 真実が, 真理だ, 真理性は, 眼を, 知識の, 知識を, 研究態度としては, 礼だ, 礼に, 礼は, 礼儀, 礼儀が, 礼儀だ, 礼儀を, 社会常識である, 神通力が, 秩序は, 移動が, 稽古ぐらゐしておくのが当然, 積極的な, 筋が, 筋道さえ, 答えは, 答弁は, 紹介の, 組織的な, 経済的独立の, 結論に, 絵画批評が, 締めくくりを, 美を, 義務と, 考えな, 考察を, 考慮は, 考慮を, 聡明さで, 職業的利害は, 自主性を, 自己独立性を, 自律性という, 自然さが, 興味を, 興趣を, 落付きを, 落着きを, 虚実には, 見まいを, 見当が, 見方だ, 見方には, 見解を, 視察を, 覚悟が, 観念的計量を, 解決は, 解釈が, 解釈に, 言い訳を, 訓戒じゃ, 訓戒を, 記述は, 診察を, 試験に, 試験を, 話も, 認識にも, 説明さ, 説明の, 説明は, 調べが, 調べを, 調和と, 調査が, 調査を, 論理と, 論述の, 譲歩を, 責を, 責任は, 質問と, 超階級性, 足固めが, 輪郭的な, 辞儀やら, 返事も, 返事を, 退座を, 連関に, 進歩性が, 道理ある, 道理が, 遠慮を, 遣り方, 配列は, 配慮は, 釈明を, 金持の, 鑑定が, 関心を, 霊感といふ, 霊感とは, 非政治的, 非政治的特色, 順序を, 領域が, 頷きを, 魅力と

▼ 一応その~ (76, 2.0%)

3 ことを, 問題を 2 旨を, 次第を, 辺を, 顛末を

1 [62件] ことは, ちゃんとした, どこかに, ひとたちの, ほうに, ように, ベッドに, 乳房を, 事を, 事情について, 事情への, 人たちに, 人だかりの, 人間の, 供述を, 入口を, 初歩の, 医師の, 厩舎をも, 口述を, 夢物語を, 女流探偵の, 字を, 定義に, 幽霊実験を, 御自身, 性格を, 授業芳名録の, 掻堀を, 方は, 方へも, 方角を, 方面の, 日から, 本人の, 檄文を, 欲望を, 正常性を, 気配を, 狼狽を, 申し出を, 目的に, 直接態に, 相談を, 社会的意義を, 竹藪を, 素姓を, 素質を, 虚実を, 行動を, 訳を, 詮議を, 話を, 説明に, 説明を, 論理学としての, 質と, 足を, 辺の, 部屋の, 部屋部屋を, 首を

▼ 一応~ (45, 1.2%)

1 [45件] あがり下さい, あらための, あらためを, うけ致したものの, ききしよう, ことわりし, さまつた, さまつて, しらべの, はるを, 久美と, 伺いいたすが, 伺いしません, 伺ひ申上候, 別れします, 取下げ願わしゅう, 取次ぎだけは, 味方も, 届けし, 帰りにな, 庭内を, 引き取り願いましよう, 引取り下さいません, 成し遂げあそばした暁, 断わりしました, 検めを, 目通しごらんくださいませ, 目通りを, 相手つかまつる, 考え下さいますよう, 聞き下さいましいかにも, 聞取りを, 聞申します, 芳の, 茂登との, 角の, 訊ねした方, 訊ねする, 訊ねする次第, 訪ねしただけの, 試しが, 調べに, 静まり下さいまし, 預かりして, 高を

▼ 一応~ (38, 1.0%)

2 相談を

1 [36件] 一しよ, 両親にも, 伺い致された, 内意を, 内覧を, 分別あっ, 判断を, 報告いたし, 報告という, 家老へ, 容子を, 尤と, 尤な, 尤には, 尤もです, 尤もなれ, 尤も千万の, 帰陣あっ, 意向を, 断りした, 断りしよう, 断り申し, 様子を, 注意を, 無理の, 熟考の, 相談し, 紹介し, 診察し, 試み候え, 調べ下さる訳, 辞儀を, 辞退を, 遠慮しなけれ, 陣所まで, 面談の

▼ 一応尤も~ (35, 0.9%)

4 だが 3 のやう, のよう 2 である, なこと, な議論

1 [19件] だ, だと, だとも, だろう, であるが, ですが, ですね, では, なところ, なの, な人情, な意見, な次第, な気, な考え, な考え方, な話, らしく聞える, らしく聞えるが

▼ 一応この~ (28, 0.7%)

3 ように

1 [25件] くらいには肩入れ, ことは, ところで, まま放棄する, ような, 三女子の, 事件に, 事件の, 二つの, 公園の, 原稿は, 問題を, 場合に, 家と, 家の, 想定を, 折助どもに, 教学の, 書面を, 母の, 河の, 疑いを, 葉書の, 衝動と, 附近一帯の

▼ 一応それ~ (26, 0.7%)

2 を届け

1 [24件] でいい, で満足, で通用, とし, に取, に眼, に違, に額縁, は心配, は聞える, をかばう, をきかし, をとめました, をわれわれ, を尊敬, を押しとどめた, を振り返っ, を新富座, を明瞭, を検, を肯定, を見, を説明, を調べ

▼ 一応そう~ (25, 0.7%)

2 である

1 [23件] おとなしく受け, きめつけたよう, であるここかしこ, であるだけ, であるに, なの, に違い, も思っ, 云いきったよう, 云うこと, 云えなく, 云って, 信じたが, 反駁は, 思うの, 疑って, 答えたが, 考えたの, 考えたらしいけれども, 考えられるの, 考えるべきだと, 見えた, 見ること

▼ 一応もっとも~ (22, 0.6%)

2 なこと, な議論

1 [18件] だが, だと, ですね, では, というよう, なるに, な意見, な抗議, な考え, な質問, には聞こえる, に思える, に聞える, のよう, らしく立派, らしく聞こえる, 千万な, 至極の

▼ 一応調べ~ (21, 0.6%)

5 てみる 2 て見たい

1 [14件] ておいた, てから直ぐ, てとりあえず, てみ, てみました, てみましょう, てやろう, てようやく, て枕許, て見た, て見ました, て見ます, て見る, の上

▼ 一応考え~ (19, 0.5%)

5 てみる 2 てよい, て見, て見る 1 てください, てみた, てみまし, てみます, ても見ない, て見よう, て頂きましょう, を決めた

▼ 一応~ (18, 0.5%)

2 の方, はその

1 [14件] が検める, が目, と, と彼, に見せ, に話, のラマ, の信ずる, の家庭, の家族, の旧, の言葉, はそう, は先生

▼ 一応~ (17, 0.4%)

16 二応も 1 ない

▼ 一応説明~ (17, 0.4%)

8 して 1 がつく, しそれ, した, しよう, しようと, にならない, のため, を加, を試み

▼ 一応自分~ (16, 0.4%)

2 の考え

1 [14件] が見, というもの, といふもの, に集中, のほう, の威勢, の家, の愚見, の手柄, の立場, の考慮, の胸, の顔, を弁護

▼ 一応辞退~ (13, 0.3%)

2 した, したの, して 1 されたの, したが, しただけ, したという, した上, しました, しようと

▼ 一応独立~ (12, 0.3%)

1 [12件] した一個, して, なの, な自分自身, な諸, にそれ, に吾, に展開, に常識水準, に技術, に文化的自由主義, に而

▼ 一応これ~ (11, 0.3%)

1 [11件] で, で今日, で笠間由子, に触れ, はあきらめよう, は火星人, を御覧, を断る, を検査, を私, を繰返し

▼ 一応~ (11, 0.3%)

1 [11件] から教えられた, にこと, にた, にだけでも報告, の店, の弁明, の方, の母親, の理解, を疑っ, を警察

▼ 一応吟味~ (11, 0.3%)

3 して 2 の上 1 したの, してか, しなかったという, すると, をし, を試みるべき

▼ 一応~ (10, 0.3%)

2 である, な系統 1 であったの, でなくては, で又, として普通, なもの, な存在

▼ 一応~ (10, 0.3%)

1 ていい, ておく, てください, てくれ, てやる, て下さい, て参りまする, て置い, 得を, 遁さない

▼ 一応区別~ (9, 0.2%)

2 せねば 1 されたる学問, された処, されて, される, され得るが, して, すること

▼ 一応~ (9, 0.2%)

1 に対する無意識, の, のこと, の人間, の半面, の過去, をはっきり, を怪しむ, を診察

▼ 一応相談~ (9, 0.2%)

2 して 1 があってる, した方, してからと, の上, をし, をしなけれ, をする

▼ 一応そういう~ (8, 0.2%)

1 ことが, ことに, ことは, 意識を, 方の, 躊躇の, 返事を, 風に

▼ 一応そこ~ (8, 0.2%)

1 で眼, にこだわる, についてた, に坐りこんだ, の部屋, まで発達, をさがす, を考え

▼ 一応事情~ (8, 0.2%)

2 を調べ 1 に明るい, は申し述べる, をお話, を知っときたい, を聴取, を質問

▼ 一応完成~ (8, 0.2%)

4 して 1 された会話, された作者, しかけた時, した

▼ 一応納得~ (8, 0.2%)

1 させたという, させる事, したけれども, したよう, して, するけれど, するより, せざるを

▼ 一応警察~ (8, 0.2%)

2 に届け 1 に報告, に届けさし, に行く, のほう, の方, へ届けよう

▼ 一応こう~ (7, 0.2%)

1 だとして, であるとして, 対立させる, 考えれば, 聞いて, 言って, 説明し

▼ 一応~ (7, 0.2%)

2 相談に 1 もっともです, 帰館は, 忍耐が, 相談の, 説明願いましょう

▼ 一応云っ~ (7, 0.2%)

3 ていい 2 ておい 1 ておこう, てもいい

▼ 一応当然~ (7, 0.2%)

1 では, でカン, なの, な想定, な態度, の疑問, 文献学的であっ

▼ 一応承認~ (7, 0.2%)

2 して 1 された水準, されて, しなければ, しやう, すべきだろう

▼ 一応~ (7, 0.2%)

1 も通し, をすゑ, をつぶっ, を通した, を通しておかなけれ, を通して差支え, を通すべき

▼ 一応~ (7, 0.2%)

1 か然るべき, しも思ひつく, しも持つであろう, しも賛同, でも美人, にも納得, を裏切る

▼ 一応道理~ (7, 0.2%)

2 がある 1 がわかっ, である, ではある, はある, らしく聞こえるが

▼ 一応きい~ (6, 0.2%)

1 ておいた, てからの方, てみた, てみる, て供述者等, て来る

▼ 一応ことわっ~ (6, 0.2%)

2 て半 1 ておけ, て大勢, て置かなけれ, て許し

▼ 一応~ (6, 0.2%)

2 どけて 1 まった, 云って, 終局に, 言ふ

▼ 一応云う~ (6, 0.2%)

3 ことが 1 ことの, だけの事, までもなく

▼ 一応常識~ (6, 0.2%)

1 からは歪んだ, だ, で判る, というもの, として通用, に復帰

▼ 一応意味~ (6, 0.2%)

1 があります, が異, が異なる, のある, の終止, は通じる

▼ 一応拝見~ (6, 0.2%)

2 して 1 さして, の上, をし, 致そう

▼ 一応挨拶~ (6, 0.2%)

2 をし 1 した方, して, の形, を試みた

▼ 一応~ (6, 0.2%)

3 べる 1 た時, べてからあと, べて置く

▼ 一応無理~ (6, 0.2%)

2 もない 1 からぬ, では, なく, なく納

▼ 一応疑っ~ (6, 0.2%)

2 てみる 1 てみね, て見た, て見る, て金庫

▼ 一応~ (6, 0.2%)

2 が通っ 1 の通った話しだ, は立っ, は立った, は通つて

▼ 一応聞い~ (6, 0.2%)

3 て置きたい 1 ていただき, ていただく, てみる

▼ 一応あらためて~ (5, 0.1%)

1 からきまって, なんべ, みて, 真実心を以て, 置きましょう

▼ 一応ここ~ (5, 0.1%)

1 で中絶, で検屍, で終止符, に集中, を辞し

▼ 一応わかる~ (5, 0.1%)

1 がと反面, がまだ, が云々, が舎羅, ことだ

▼ 一応~ (5, 0.1%)

1 が納得, が集った, に目覚める思ひ, の心, を驚かす

▼ 一応分離~ (5, 0.1%)

2 して 1 されること, し更に, し独立

▼ 一応取調べ~ (5, 0.1%)

1 がすむ, てもらいたい, て下さい, て見ね, は終った

▼ 一応報告~ (5, 0.1%)

1 がなけれ, した上, する務め, を先, を切る

▼ 一応安心~ (5, 0.1%)

2 して 1 なの, はした, はする

▼ 一応~ (5, 0.1%)

2 の中 1 の内外, へ帰る, へ這入っ

▼ 一応整理~ (5, 0.1%)

1 された, された上, して, すること, するつもり

▼ 一応考えられる~ (5, 0.1%)

1 がしかし, が併, が執政中, けれども一つ, と云った

▼ 一応~ (5, 0.1%)

1 なり眼, に入れ, を傾けた, を傾ける, を傾けるべき

▼ 一応落着~ (5, 0.1%)

1 いて, した, した様, した頃, し手

▼ 一応~ (5, 0.1%)

1 がついた, のつじつま, をおねがい, をする, を聞いたです

▼ 一応調べる~ (5, 0.1%)

1 がいい, ことに, と一分, と店員, に不思議

▼ 一応電話~ (5, 0.1%)

2 で聞き合すべき 1 でお, で行われ, をかけ

▼ 一応あたり~ (4, 0.1%)

1 の気配, を見まわした, を見廻さず, を調べ

▼ 一応あなた~ (4, 0.1%)

1 にも話す, に御, の御身分, をこちら

▼ 一応お話~ (4, 0.1%)

1 が終った, をし, を申し上げ, 下さらないと

▼ 一応こちら~ (4, 0.1%)

1 から当, の事情, の名義, の承諾

▼ 一応~ (4, 0.1%)

1 ぜんに, てい, てその, てみた

▼ 一応それら~ (4, 0.1%)

1 のこと, の兵, の煩, の面

▼ 一応ない~ (4, 0.1%)

1 からでしょう, だろう, でもなかろう, と考え

▼ 一応もつとも~ (4, 0.1%)

1 さうな松園批評, だが, だけれども, では

▼ 一応よく~ (4, 0.1%)

1 僕も, 判る, 思案なさい, 解釈が

▼ 一応わかった~ (4, 0.1%)

1 がねという味, ような, わけである, 事を

▼ 一応会っ~ (4, 0.1%)

1 ておかなけれ, ておく, てみました, て話しましょう

▼ 一応~ (4, 0.1%)

1 が自殺, の苦情, の言い分, の話

▼ 一応勝手~ (4, 0.1%)

2 に可能 1 なの, な順序

▼ 一応合点~ (4, 0.1%)

1 がいった, されて, したが, すること

▼ 一応~ (4, 0.1%)

1 からのぞい, へ出, へ極, をうかがった

▼ 一応宿~ (4, 0.1%)

1 へ帰っ, へ帰つて仕事衣, へ退り, を定め

▼ 一応彼女~ (4, 0.1%)

1 のとつ, の意向, の成長史, の立場

▼ 一応御覧~ (4, 0.1%)

2 ありさて実は 1 を, 下さい

▼ 一応心得~ (4, 0.1%)

2 ておく 1 ておい, ておくべき

▼ 一応~ (4, 0.1%)

2 を押し 1 のため, のため学校

▼ 一応注意~ (4, 0.1%)

1 して, してから, しなければ, すべきであらう

▼ 一応満足~ (4, 0.1%)

1 させると, して, する, の風

▼ 一応理窟~ (4, 0.1%)

2 はある 1 のある, をつけ

▼ 一応理解~ (4, 0.1%)

1 し得られるでは, できたけれども, 出来るだが, 出来るであろう

▼ 一応~ (4, 0.1%)

1 しのべて, 上げたは, 上げました通り, 上げます

▼ 一応~ (4, 0.1%)

1 をお通し, をとおす, を通したら, を通してもし

▼ 一応知っ~ (4, 0.1%)

1 ておい, ておかなけれ, て置く, て苦労

▼ 一応確かめ~ (4, 0.1%)

1 ておいた, ておく, て改めて, て漕いだ

▼ 一応~ (4, 0.1%)

2 二段に 1 六版を, 四と

▼ 一応終り~ (4, 0.1%)

1 さ, むずかしい条件, を告げた, を告げる

▼ 一応考へ~ (4, 0.1%)

2 て見る 1 てはみた, てみませう

▼ 一応肯定~ (4, 0.1%)

2 して 1 されるが, しつ

▼ 一応見せ~ (4, 0.1%)

1 てやりたく心得ます, て貰いました, て貰わなけれ, でもらった

▼ 一応解決~ (4, 0.1%)

1 されて, しようでは, し終結, するよう

▼ 一応詮議~ (4, 0.1%)

1 して, すると, するの, 致して

▼ 一応話し~ (4, 0.1%)

2 て下さいまし 1 て見れ, まず少しの

▼ 一応読ん~ (4, 0.1%)

1 でいた, でみる, で置く, で聞かせ

▼ 一応諒解~ (4, 0.1%)

1 が成立, したらしいが, できなくなく, を得なけれ

▼ 一応進歩的~ (4, 0.1%)

1 と規定, な, な課題, に見える

▼ 一応~ (4, 0.1%)

1 に入れる, のなか, の中, をさげ

▼ 一応あの~ (3, 0.1%)

1 お方の, 女の, 家の

▼ 一応あらためた~ (3, 0.1%)

1 がここ, くらいで, 上で

▼ 一応いい~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, として両者, のである

▼ 一応おれ~ (3, 0.1%)

2 に相談 1 に見

▼ 一応お断り~ (3, 0.1%)

1 して, しましたん, をいたし

▼ 一応お話し~ (3, 0.1%)

1 して, しなければ, 致して

▼ 一応すんだ~ (3, 0.1%)

1 かたちである, かに見えます, 問題に

▼ 一応ととのっ~ (3, 0.1%)

1 てい, ている, てはいる

▼ 一応なる~ (3, 0.1%)

1 のである, ほどと思った, ほどと思つたの

▼ 一応丁寧~ (3, 0.1%)

1 に封筒, に畳ん, に祈願

▼ 一応世間~ (3, 0.1%)

1 の目, の評価, は通る

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 から独立, に註釈, を承認

▼ 一応事務所~ (3, 0.1%)

1 にまとまっ, に引上げ, へ帰ろう

▼ 一応以上~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 の意味

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 に相談, の許し, もそう

▼ 一応全く~ (3, 0.1%)

1 その通り, 別だった, 別の

▼ 一応別に~ (3, 0.1%)

1 それ自身の, 他の, 買う買わないという

▼ 一応反対~ (3, 0.1%)

1 させて, したが, したん

▼ 一応取り調べ~ (3, 0.1%)

1 が済む, て置く, を受けた

▼ 一応問題~ (3, 0.1%)

1 が解決, にされる, にしなけれ

▼ 一応失望~ (3, 0.1%)

1 させないでは, した, せずには

▼ 一応婦人~ (3, 0.1%)

1 の国家的自覚, の自主性, の自由

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 な話, に候, らしいが

▼ 一応帰庵~ (3, 0.1%)

2 して 1 それからまた同道

▼ 一応当時~ (3, 0.1%)

1 の教養, の羅馬種族, の船艦

▼ 一応形式上~ (3, 0.1%)

1 の整理, の民衆性, の決戦体制

▼ 一応形式的~ (3, 0.1%)

1 な区別, には指摘, に校長

▼ 一応感服~ (3, 0.1%)

1 したもの, した後, するという

▼ 一応我々~ (3, 0.1%)

1 に与へ, に読ん, の常識

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 をつくした, を尽し, を引くべきであろう

▼ 一応手紙~ (3, 0.1%)

1 でぶしつけな, で照会, で面会日

▼ 一応断っ~ (3, 0.1%)

1 ておく, てからにする, て置こう

▼ 一応断った~ (3, 0.1%)

1 がしかし, 上で, 平次

▼ 一応明らか~ (3, 0.1%)

2 にし 1 なよう

▼ 一応昨夜~ (3, 0.1%)

1 のお, の事件, の動き

▼ 一応東京~ (3, 0.1%)

1 に対立, へ帰ろう, へ来

▼ 一応検め~ (3, 0.1%)

1 てから封じ目, て仕舞わ, て見よう

▼ 一応検討~ (3, 0.1%)

2 して 1 の必要

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 のこと, のよう, の時代

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 にも告げた, の愛, を連れ出し

▼ 一応無関係~ (3, 0.1%)

1 にとに角, にヘーゲル, に之

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 がついた, をつける, 附いた問題

▼ 一応理由~ (3, 0.1%)

2 がある 1 を聞い

▼ 一応甚だ~ (3, 0.1%)

1 寛大で, 尤もの, 必要な

▼ 一応生活~ (3, 0.1%)

1 にこまらない, よりの脱出, を派手

▼ 一応科学的~ (3, 0.1%)

1 では, な批評, な知識

▼ 一応立派~ (3, 0.1%)

1 なお, に実現, に進歩的

▼ 一応考えた~ (3, 0.1%)

1 がしかし, が事情, 上彼女の

▼ 一応考える~ (3, 0.1%)

1 が謂わ, 必要が, 男の

▼ 一応考え直し~ (3, 0.1%)

1 てみねえ, てみる, て見なけれ

▼ 一応考慮~ (3, 0.1%)

1 されて, しないでは, の中

▼ 一応~ (3, 0.1%)

1 に力, に置い, の出来た

▼ 一応自己~ (3, 0.1%)

2 が隷属 1 の信念

▼ 一応自由~ (3, 0.1%)

1 であるに, にブルジョア, に奔放

▼ 一応興味~ (3, 0.1%)

1 をひかれる, をもたれた, をもっ

▼ 一応解体~ (3, 0.1%)

1 したと, して, する

▼ 一応触れ~ (3, 0.1%)

1 ておかね, て居られます, て置きたい

▼ 一応訊い~ (3, 0.1%)

1 てみね, て下さい, て来る

▼ 一応訊ね~ (3, 0.1%)

1 ておいた, てみよう, てみる

▼ 一応~ (3, 0.1%)

2 て下さい 1 てもらいたい

▼ 一応認め~ (3, 0.1%)

1 ながらそれ, ながら賛成, 妙心寺の

▼ 一応読者~ (3, 0.1%)

1 が生じる, の前, を納得

▼ 一応調べた~ (3, 0.1%)

1 んです, 上で, 上演説の

▼ 一応述べ~ (3, 0.1%)

1 ておく, てはいる, て置かね

▼ 一応過去~ (3, 0.1%)

1 にさかのぼっ, の反省, を過去

▼ 一応~ (3, 0.1%)

2 なく見渡した 1 なく探し

▼ 一応静か~ (3, 0.1%)

1 に吹きとばされる, に検め, に目

▼ 一応あらため~ (2, 0.1%)

1 てみろ, て下さい

▼ 一応うなずけない~ (2, 0.1%)

1 ことで, ことは

▼ 一応おとなしく~ (2, 0.1%)

1 島を, 聴き入る

▼ 一応かえる~ (2, 0.1%)

1 ようにという, 迄に一月三十日

▼ 一応こういう~ (2, 0.1%)

1 説も, 風に

▼ 一応ことわった~ (2, 0.1%)

2 上で

▼ 一応こんな~ (2, 0.1%)

1 弁解を, 風に

▼ 一応すでに~ (2, 0.1%)

1 すんで, 明らかである

▼ 一応そこで~ (2, 0.1%)

1 兵馬を, 自分も

▼ 一応それでも~ (2, 0.1%)

1 いい, う日本

▼ 一応たしかめる~ (2, 0.1%)

1 ために, つもりで

▼ 一応ただ~ (2, 0.1%)

1 の観念, 古めかしく謎

▼ 一応ついた~ (2, 0.1%)

1 ので夕方私, ように

▼ 一応です~ (2, 0.1%)

1 いや一様, ね

▼ 一応でも~ (2, 0.1%)

1 今川家の, 心得て

▼ 一応という~ (2, 0.1%)

1 余地も, 言葉を

▼ 一応どう~ (2, 0.1%)

1 いふこと, でも

▼ 一応どこ~ (2, 0.1%)

1 かユトリ, か山形辺

▼ 一応はじめ~ (2, 0.1%)

1 に町, に金

▼ 一応はっきり~ (2, 0.1%)

1 して, 切り込んだので

▼ 一応はつきり~ (2, 0.1%)

1 と決め, と違

▼ 一応はと~ (2, 0.1%)

1 存じて, 考えて

▼ 一応ひっこめる~ (2, 0.1%)

1 ことから, ことに

▼ 一応ほか~ (2, 0.1%)

1 の国, へ陣

▼ 一応まとまり~ (2, 0.1%)

1 がつき, をつけ

▼ 一応むずかしい~ (2, 0.1%)

1 とは知っ, 外貌を

▼ 一応もっ~ (2, 0.1%)

1 てみ, てゆく

▼ 一応もと~ (2, 0.1%)

1 の席, の自分

▼ 一応わたし~ (2, 0.1%)

1 のほう, の許し

▼ 一応われわれ~ (2, 0.1%)

1 が城門, を反省

▼ 一応フシギ~ (2, 0.1%)

1 がられたかも, はない

▼ 一応不可能~ (2, 0.1%)

1 である, と見

▼ 一応不用~ (2, 0.1%)

2 であり又

▼ 一応両者~ (2, 0.1%)

1 は同じ, を区別

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 を検め, を見せ

▼ 一応主人~ (2, 0.1%)

1 たるべきもの, の考え

▼ 一応二人~ (2, 0.1%)

1 だけの切迫, の対立

▼ 一応二応~ (2, 0.1%)

1 にて離縁, の敗れ

▼ 一応交番~ (2, 0.1%)

1 へ届け, へ届けなけれ

▼ 一応人々~ (2, 0.1%)

1 は承認, へ挨拶

▼ 一応人間~ (2, 0.1%)

2 に通じ

▼ 一応人間通~ (2, 0.1%)

2 でなければ

▼ 一応仁義~ (2, 0.1%)

1 として側, をつくし

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 までの水素, 迄のこと

▼ 一応今日~ (2, 0.1%)

1 の劇作家, は家

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 助の

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 か納得, でもよい

▼ 一応保留~ (2, 0.1%)

1 するが, と言う

▼ 一応傾聴~ (2, 0.1%)

2 すべき論

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 に紹介

▼ 一応先方~ (2, 0.1%)

1 の話, へ問合せた

▼ 一応先生~ (2, 0.1%)

1 にも面会, に挨拶

▼ 一応全部~ (2, 0.1%)

1 であるけれども, の見透し

▼ 一応内偵~ (2, 0.1%)

1 しての, をしなけれ

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 てゆく, て行こう

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 を抜い, を抜き

▼ 一応分類~ (2, 0.1%)

1 され得たに, して

▼ 一応別れ~ (2, 0.1%)

1 てしまわね, て銀座裏

▼ 一応協議~ (2, 0.1%)

1 にかけ, の上

▼ 一応反省~ (2, 0.1%)

1 して, しなくちや

▼ 一応取り調べた~ (2, 0.1%)

1 んです, 上訴状を

▼ 一応取調べた~ (2, 0.1%)

1 けれども別に, 様です

▼ 一応取調べる~ (2, 0.1%)

1 がその, 必要も

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 にし, をかけ

▼ 一応可能~ (2, 0.1%)

1 であるかの, となる

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 の絶句, の通り

▼ 一応合理的~ (2, 0.1%)

1 であると, な連鎖

▼ 一応同じ~ (2, 0.1%)

1 に考えられるであろう, 一つの

▼ 一応同情~ (2, 0.1%)

1 すべき被害妄想, は出来る

▼ 一応喜ぶべき~ (2, 0.1%)

1 ことだ, ことには

▼ 一応四方~ (2, 0.1%)

1 を見廻しました, を見渡し

▼ 一応固定~ (2, 0.1%)

1 されねば, した処

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 の両親, へ帰っ

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 をかけ

▼ 一応奥さん~ (2, 0.1%)

1 にと云いかけ, に申し上げ

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 の心, を診察室

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 にも話し

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 のその, を連れ

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 に逢, に逢った

▼ 一応客観的~ (2, 0.1%)

1 である, であること

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 の内, を見る

▼ 一応室内~ (2, 0.1%)

1 をあらためて, を見廻わす

▼ 一応対立~ (2, 0.1%)

1 しても, せしめた上

▼ 一応尊敬~ (2, 0.1%)

1 されて, するの

▼ 一応小生~ (2, 0.1%)

1 に御, より承り

▼ 一応屍体~ (2, 0.1%)

1 を最寄り, を検めた

▼ 一応帰っ~ (2, 0.1%)

1 て行った, て見る

▼ 一応帰国~ (2, 0.1%)

1 して, するの

▼ 一応帰宅~ (2, 0.1%)

1 をすすめ, を許したる

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 揚げて, 揚げるいずれ又

▼ 一応引き離し~ (2, 0.1%)

1 て考えられた, て考へる

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 つたことを, つては

▼ 一応当っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て置きたい

▼ 一応当り前~ (2, 0.1%)

1 なの, のこと

▼ 一応当人~ (2, 0.1%)

1 へ申, を詰問

▼ 一応形式~ (2, 0.1%)

1 とあっ, をととのえる

▼ 一応彼ら~ (2, 0.1%)

1 の人相, の気質

▼ 一応従順~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ 一応得心~ (2, 0.1%)

1 した態, して

▼ 一応必ず~ (2, 0.1%)

1 その男, 相談あるべき

▼ 一応必要~ (2, 0.1%)

1 であらう, であると

▼ 一応忘れ~ (2, 0.1%)

1 てしまっ, て他

▼ 一応忠告~ (2, 0.1%)

1 するが, も試みよう

▼ 一応思っ~ (2, 0.1%)

2 てみる

▼ 一応悲しい~ (2, 0.1%)

1 訣れの, 顔で

▼ 一応想起~ (2, 0.1%)

2 されたいの

▼ 一応我輩~ (2, 0.1%)

1 に対する言訳, の所説

▼ 一応手当~ (2, 0.1%)

1 が済ん, を説明

▼ 一応打破~ (2, 0.1%)

1 されて, した

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 つてを, わって

▼ 一応承知~ (2, 0.1%)

1 したと, できるが

▼ 一応承諾~ (2, 0.1%)

1 の用意, は経るべき

▼ 一応拙者~ (2, 0.1%)

1 から申, にお話し

▼ 一応敬意~ (2, 0.1%)

1 を払ひたい, を表した

▼ 一応文学~ (2, 0.1%)

1 の専門家, の課題

▼ 一応文章~ (2, 0.1%)

1 の修練, を心得る

▼ 一応断わっ~ (2, 0.1%)

1 ておく, てみた

▼ 一応断念~ (2, 0.1%)

1 したため, して

▼ 一応日本~ (2, 0.1%)

1 のいろんな, の隅々

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 と食, をかけなけれ

▼ 一応最も~ (2, 0.1%)

1 便利で, 無難で

▼ 一応本人~ (2, 0.1%)

1 の心, の性行学才等

▼ 一応本署~ (2, 0.1%)

1 のほう, まで連行

▼ 一応根本的~ (2, 0.1%)

2 に区別

▼ 一応検事~ (2, 0.1%)

1 にその, の前

▼ 一応検分~ (2, 0.1%)

1 した上, のつもり

▼ 一応検屍~ (2, 0.1%)

1 が済んだ, しなければ

▼ 一応概念~ (2, 0.1%)

1 によって救われる, をのみこん

▼ 一応死人~ (2, 0.1%)

1 の傷口, の殺人

▼ 一応死体~ (2, 0.1%)

1 の検診, を見

▼ 一応死骸~ (2, 0.1%)

1 を検屍, を見ました

▼ 一応民主的~ (2, 0.1%)

1 なところ, らしい編集

▼ 一応演劇~ (2, 0.1%)

1 の革新, の革新運動

▼ 一応無限~ (2, 0.1%)

2 であり又

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 の光安, の許

▼ 一応父親~ (2, 0.1%)

2 に尋ねられ

▼ 一応現実~ (2, 0.1%)

1 の力, を否定

▼ 一応理屈~ (2, 0.1%)

1 はあった, は通る

▼ 一応理想~ (2, 0.1%)

1 としては結構, としては考え

▼ 一応疑い~ (2, 0.1%)

1 を抱いた, を抱く

▼ 一応疑え~ (2, 0.1%)

1 という, ば疑えた

▼ 一応疑惑~ (2, 0.1%)

1 の眼, を持つ

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 にきい, の顔

▼ 一応皆さん~ (2, 0.1%)

1 にお話, に解

▼ 一応矛盾~ (2, 0.1%)

1 する二つ, をも指摘

▼ 一応石原~ (2, 0.1%)

1 の利助, の子分

▼ 一応社会~ (2, 0.1%)

1 が解体, と文学

▼ 一応税関~ (2, 0.1%)

1 で預る, まで御

▼ 一応簡単~ (2, 0.1%)

1 な挨拶, に整理

▼ 一応糺し~ (2, 0.1%)

1 てみたい, にまいった

▼ 一応純粋~ (2, 0.1%)

1 と言うべきであろう, なもの

▼ 一応終った~ (2, 0.1%)

2 からにはもはや

▼ 一応結婚~ (2, 0.1%)

1 して, は取消す

▼ 一応統一的~ (2, 0.1%)

1 であるにも, である限り

▼ 一応纏った~ (2, 0.1%)

1 体系に, 見通しを

▼ 一応考えられ~ (2, 0.1%)

1 ている, 易いの

▼ 一応聞いた~ (2, 0.1%)

1 だけで, 上で

▼ 一応自宅~ (2, 0.1%)

1 に帰り, へ戻っ

▼ 一応自殺~ (2, 0.1%)

1 として事件, らしくは

▼ 一応自然~ (2, 0.1%)

2 な理由

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 だけで成りたつ, に類する

▼ 一応藤枝~ (2, 0.1%)

1 が目, に語つたの

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 つて

▼ 一応親分~ (2, 0.1%)

1 に相談, の耳

▼ 一応解散~ (2, 0.1%)

1 したとき一億円, し四月

▼ 一応解消~ (2, 0.1%)

1 されたよう, して

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 へるけれども, へるに

▼ 一応言っ~ (2, 0.1%)

1 ておき, ておこう

▼ 一応訊問~ (2, 0.1%)

1 するため, をうけた

▼ 一応診察~ (2, 0.1%)

1 した後, して

▼ 一応註釈~ (2, 0.1%)

1 をつけ, を附け

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 に愛国

▼ 一応試験~ (2, 0.1%)

1 といふもの, のやう

▼ 一応認容~ (2, 0.1%)

1 されて, した上

▼ 一応調べなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならなかった, ばなるまい

▼ 一応調査~ (2, 0.1%)

1 して, すること

▼ 一応~ (2, 0.1%)

2 イデオロギー的な

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 を留め, を退い

▼ 一応軽く~ (2, 0.1%)

1 辞退した, 頷いて

▼ 一応通じ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ておかなけれ

▼ 一応逢っ~ (2, 0.1%)

1 ておきたい, てからのこと

▼ 一応部屋~ (2, 0.1%)

1 に引, のたくさん

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 に変えたい, の鯱

▼ 一応関係~ (2, 0.1%)

1 がない, なく広告

▼ 一応除外~ (2, 0.1%)

1 して, するの

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 政治的で, 政治的である

▼ 一応面会~ (2, 0.1%)

2 の承諾

▼ 一応面白い~ (2, 0.1%)

1 ことだ, といえるでしょう

▼ 一応~ (2, 0.1%)

1 を改めて, を縦

▼ 一応首肯~ (2, 0.1%)

1 が出来る, できるが

▼1* [1274件]

一応あきらかにした, 一応あきらめるとしてその, 一応あしたの朝, 一応あちらで聞き直しました, 一応あっちのもの, 一応あつめるべ, 一応あと廻しにする, 一応あやまらしてお, 一応あらためると木彫り, 一応あるのね, 一応いい開いたらいいだろう, 一応いって措かなけれ, 一応いままでいった, 一応いろいろと疑っ, 一応か, 一応うかがってそれから, 一応うけ身に, 一応うけいれてという心構え, 一応うしろを振返っ, 一応うたがわれないことも, 一応うたぐるのが, 一応うちへ帰っ, 一応うちとけたがなんとか, 一応うち切りとする, 一応うなずいたがなにしろ, 一応うなずくとそれ, 一応うなずけもした, 一応うなずける程度に, 一応うなづかれるが自分, 一応うまいのは, 一応うまかった, 一応うまくなったという, 一応うれしそうな, 一応うれしいしけなされれ, 一応うわさがあるならある, 一応おさまったように, 一応おさまるところへ, 一応おしまひだつた, 一応おだやかにその, 一応おとずれて行こう, 一応おなじことを, 一応おふくろに会っ, 一応おめでたいみたいな, 一応おもしろいが惜しむらくは, 一応お先へお先, 一応お前の胸, 一応お前さんに直接, 一応お客はふへる, 一応お宮さんをからかった, 一応お改めいたしますで, 一応お松の諒解, 一応お目にかかってそん, 一応お目見得をする, 一応お知らせにもどりました, 一応お納めくだすって, 一応お返しして, 一応お願いいたします, 一応かういふ解釈を, 一応かく書面仕りました, 一応かくされたように, 一応かけてみなけれ, 一応かたちづくられたものである, 一応かたづいてから二, 一応かたづいた時所長が, 一応かたづけそれから島田, 一応かないそうも, 一応かなえばそれで, 一応かなり公平に, 一応きかせてもらいたい, 一応きまったところで, 一応きまりつけここの, 一応きみに忠告, 一応きめたのちの, 一応きめられている, 一応きりはなされある種, 一応ぐるりと四方, 一応こっちでも眼, 一応こつちで教育を, 一応こらえたまいて来年, 一応ごらんになつて, 一応さう言つた上こちらで, 一応さがしたわけだ, 一応さし閊えないよう, 一応さだ子のいのち, 一応さっぱりした見かけ, 一応しかるべき豪華な, 一応しずまって食堂, 一応しらべて呉れたまえ, 一応しらべなければゆるせません, 一応しらべましたが私, 一応しらべられたがこの, 一応じっくりとはなし合う, 一応すぐ平河さんの, 一応すたれたかのよう, 一応すっかり引っ張り回して, 一応すべての人, 一応すべて訓み解かれるよう, 一応すませたところで, 一応すみました上で, 一応すむと, 一応するだろうがしかし, 一応ずつと思い出して, 一応せんぎを要すべく, 一応ぜひお話しし, 一応そうした方にも, 一応そこらの死骸, 一応そのままに信頼, 一応その道の門, 一応それとなく気を, 一応それほどの山中, 一応それ以前の私, 一応それ等の方々, 一応そわつくように, 一応ぞくしたにも拘らず, 一応たいがい目を通し, 一応たしかめておい, 一応たしかめたというくらいで, 一応たすかつてゐる, 一応たずねてみる, 一応ためらう良心の, 一応だいたいの説明, 一応だけの生返辞, 一応だれにでも訳, 一応ちゃんとした研究, 一応かに君, 一応ついていた, 一応つけたら現実的な, 一応できあがつてゐる, 一応できることなら, 一応とがめましたが, 一応とくと見直しさえ, 一応とにかく部屋を, 一応とりあげられている, 一応とりかたづけられて今, 一応とりさったようで, 一応とりただしてみる, 一応とりやめることに, 一応どうしても自分で, 一応どけて見, 一応どけたあとの, 一応どの部屋とも, 一応どんな女でも, 一応ながめまわしてから突然, 一応なだめざるを得ない, 一応なにかとにかく, 一応なにか答えぬわけ, 一応しろ言論, 一応のがれたかに見えた, 一応はいへるが, 一応はかういつて験め, 一応はびこることに, 一応はぶくりんの, 一応はやってみせる, 一応ひき停めたことは, 一応ひっかかってしまった, 一応ひとつに戻す, 一応ひとつものにまとめ, 一応ひまを取っ, 一応ひろく見渡すといふ, 一応ひろ子からひき合わせ, 一応ひろ子さだ子を疑, 一応ふいたような, 一応ふくんでおく, 一応ふれてゐる, 一応ぶちまけてしまわなけれ, 一応ほぞを固めた, 一応ほんとかも知れません, 一応ほんとに川底に, 一応ぽうんと, 一応まかせるのが, 一応ましみたいである, 一応まずととのったかたち, 一応まとまったので大和, 一応まとめて置く, 一応まもらなければならない, 一応まるめ込んでしまいました, 一応て望月, 一応みとめるとしまし, 一応みなここに部隊司令部, 一応みなさんの昨日, 一応みな内山永久寺へ曳い, 一応みな日吉の顔, 一応みられている, 一応みんなかかれたわけ, 一応むりに抑え, 一応めいめいに考えさし, 一応もっと漫然とした復古主義, 一応もれなく揃つてゐる, 一応二応の, 一応やめて一行, 一応やり過ごして敵, 一応ゆくのです, 一応ゆずられた人の, 一応ゆっくり逢って, 一応さそうでしょう, 一応よかったの, 一応よみさらに再び読みかえし, 一応よろしいのです, 一応そぉ言っ, 一応わかっている, 一応わかつたことに, 一応わかりやすいこと, 一応わがどうで, 一応わたくしに御, 一応わたくし共から御, 一応アッと言わせた, 一応アベコベにひ, 一応アミダナを見, 一応アンマにもん, 一応ウニデス潮流は北上, 一応オミットして, 一応オルゴールを鳴らすだろう, 一応カギをかけた, 一応ガラリと変つたの, 一応クゲ沼に行く, 一応コノ写真ヲ大学, 一応シガアといふ言葉, 一応スミス船長に報告, 一応ダムの完成, 一応チャーリーの子供好き, 一応テストに価しよう, 一応トランクの中, 一応ナギナタかいこむの, 一応首肯ニ価スレバ我事オワレリ白扇サットヒライテスネノ蚊追, 一応ノズドゥリョフの言う, 一応パスして, 一応パリ本店へ問い合せる, 一応ファシズム権力は退場, 一応フロイドと私, 一応ブルジョア又はプチブルジョア, 一応プログラムを見, 一応プロレタリア文学の陣営, 一応ホッとし, 一応マドロスを殿様, 一応ミミ族の同意, 一応メーツたちと相談, 一応モウケはとれる, 一応モナ・リザを描き終った, 一応ヨーロッパ的教養と云つて, 一応ラサへ帰っ, 一応レントゲン写真ヲ取, 一応一つの問題, 一応一時の気休め, 一応一段落となり, 一応一致して, 一応一般的な批評方法, 一応一週間の区切り, 一応七郎左衛門のところ, 一応三つの点, 一応のよう, 一応上げて待たし, 一応上長官の諒解, 一応からのファシズム, 一応下げたのじゃ, 一応下屋敷へ戻っ, 一応下船した, 一応不変性を有, 一応不完全の如く, 一応不思議に思える, 一応不明の心, 一応不覚の涙, 一応不逞無頼の鼻つまみもの, 一応与えて見る, 一応与次郎に注意, 一応世俗的にはよい, 一応世界史的な来歴, 一応世間並のSOS, 一応世間人の大胆, 一応両国橋を向う, 一応中休みとして明日, 一応中味も見ず, 一応中国人の書, 一応中性を持っ, 一応中断せられたと, 一応中止切断して, 一応丹沢の山奥, 一応主人公の安否, 一応主君にすすめ, 一応主観的な精神, 一応主語的意義を有, 一応久保田の文体, 一応了解して, 一応予備知識を入れ, 一応予想のできる, 一応予言者ぶったフリ, 一応争議団本部に引き上げる, 一応は緒, 一応事件は片付きました, 一応事変は解決, 一応事実の有無, 一応二の足を踏んだ, 一応二階の部屋, 一応ふだけ, 一応互角のよう, 一応五人の人間, 一応五里霧中のもの, 一応亜砒酸の作用, 一応亡くなつた人の, 一応交互作用なの, 一応交渉を致し, 一応亭主の顔, 一応人手に掛っ, 一応人数をまとめ, 一応人物試験して, 一応今夜のところ, 一応介抱の事, 一応仕事が片づく, 一応他殺とし, 一応代議士と変り, 一応仲間のもの, 一応任意な体系, 一応企てられ得るわけな, 一応伊達君をも留置, 一応伝わりもしくは朝鮮, 一応伯父の耳, 一応伴天連の疑, 一応伴蔵に疑い, 一応伺いますがすでに, 一応伺っておきたい, 一応ている, 一応住みよくな, 一応住田の秘密, 一応を止め, 一応何とか御挨拶, 一応何時もの須山, 一応作品の文学的水準, 一応使者なるもの, 一応の困難, 一応便利だと, 一応係官の注意, 一応保証人たるべき方, 一応信用出来る, 一応信頼して, 一応停職を解かれ, 一応儀礼的に言っ, 一応の巣, 一応充たされたように, 一応兇行当日の所在, 一応に人, 一応先ずそれは, 一応先刻の御, 一応先遣隊をやる, 一応克服せられたという, 一応党是に服し, 一応入りのい, 一応入れ札を取る, 一応入場者を審, 一応軍は, 一応全体を次, 一応全快後で病後, 一応全部取調を受け, 一応八五郎を押えました, 一応六代目の為永春水, 一応六年を終った, 一応六波羅牢広場まで持っ, 一応をのこらず, 一応其歌の意味, 一応其貨をよく, 一応具備して, 一応内容からは独立, 一応内容的なもの, 一応内懐の紙入れ, 一応吟味する, 一応再応は吟味, 一応写実主義者であるだけ, 一応冬支度の蒲団, 一応冷淡に聞い, 一応冷静に認識, 一応つた芝居調を, 一応凝ったことが, 一応凝視めた, 一応処理して, 一応出そろった今日カフカ文学を, 一応出入りの客, 一応出入口の係員, 一応出来て筆, 一応出来あがっていた, 一応出来てると思っ, 一応出来上っていた, 一応出来栄えのいい, 一応出版者側の自発的, 一応出過ぎたことの, 一応分らないように, 一応分別させて, 一応分岐路に立ち止り, 一応分析をし, 一応切っておかね, 一応切りはなした, 一応切りあげてこれ, 一応切り離されている, 一応切れた形と, 一応初対面の挨拶, 一応判つた顔でベルグソン, 一応利巧でなければ, 一応到達出来たと, 一応もつて, 一応前もってこのほう, 一応前後のつじつま, 一応前者をとる, 一応剣客の面, 一応助けて取らせる, 一応労働運動や社会運動, 一応しく聴, 一応勘定に入れた, 一応勘定書についての説明, 一応勝負に持っ, 一応北海道の各地, 一応区切になる, 一応させるほどの, 一応医者の診, 一応十四五の男, 一応千浪を引き取り, 一応千葉医大の解剖室, 一応円形を, 一応協商を始める, 一応南鄭まで兵, 一応印刷工場へ逃げこんだ, 一応危機が去った, 一応原作の諷刺的, 一応原則としては成立つ, 一応原稿を寺田先生, 一応厳密な意味, 一応参拝を済ませ, 一応参照を願いたい, 一応参考人として取り調べられる, 一応双方から委員, 一応反撥したかったの, 一応反覆して, 一応反逆的で進歩的, 一応反駁して, 一応収められたが破棄, 一応収め得たとし, 一応叔母と相談, 一応取り検べ, 一応取りただすによってあっち, 一応取り調べられてもあくまでも, 一応取り調べられたけれども大した, 一応取るには取りました, 一応取次をし, 一応取止め明日また, 一応取消したいと言ってる, 一応取調べませぬと, 一応受け入れて弦四郎, 一応受け容れた上で, 一応口先で叱りつけ, 一応口止めはした, 一応古代の祭場, 一応古典語の意味, 一応可愛がって, 一応可愛がられるだけの自分, 一応の上, 一応史料らしき物, 一応司祭者たる御, 一応部署を, 一応各巻の梗概, 一応嬢に, 一応同様に全く, 一応同行して, 一応吟味整理して, 一応否定したり, 一応へ帰っ, 一応込めるが, 一応周信と小花, 一応味覚にかない, 一応命じておきました, 一応命令書を御覧, 一応咎めたが大尉, 一応品目を書き出し, 一応をつぐんだ, 一応唐橋の口, 一応唯物論の立場, 一応商品としても見なけれ, 一応商議しようと, 一応問い合せてみよう, 一応問い合わせて見る, 一応問い糺すがこの, 一応喚問を受けました, 一応噴飯に価する, 一応四国屋の奥, 一応四方八方へ気, 一応四海万民みな泰平をたたえ, 一応回避すること, 一応困る明暮を, 一応国境から兵, 一応国民に知, 一応土蔵の中, 一応埋め隠しておいた, 一応にぶつかっ, 一応売れたかどう, 一応外部にあり, 一応大した役割を, 一応大事にはされる, 一応大局に立つ, 一応大納言様のお, 一応大老のお, 一応大衆作家でもやる, 一応大袈裟に響く, 一応天皇をた, 一応太助の家, 一応も聞い, 一応夫人の話, 一応夫婦のあいだ, 一応奇矯に聞こえる, 一応奉行自身が冤罪, 一応へ, 一応奥村氏に直接, 一応奥様にお, 一応女中と笑談, 一応女性の人間性, 一応好いかも知れない, 一応妖異に対する恐怖心, 一応が元, 一応とよく, 一応婚約の取消し, 一応嫌疑をかけ, 一応子規の考え, 一応孔子の意味, 一応孔明のところ, 一応学ぶべきだと記され, 一応学問から区別, 一応学問性の根柢, 一応学徒という資格, 一応学生の感情, 一応学生生活をやっ, 一応に帰, 一応安住するわけ, 一応安土へ引, 一応完結の形, 一応宗助に話し, 一応定式化せられた, 一応を結んだ, 一応実家へ帰るであらう, 一応実証主義的な偏極, 一応実践的に見える, 一応客観的態度を取り得る, 一応宥めておい, 一応宮中へ伺っ, 一応家中の者, 一応家屋敷をお, 一応家財の始末, 一応容体を聞い, 一応容姿が平均, 一応容疑者として地方, 一応富岡に逢, 一応富田氏へ電話, 一応審査から除外, 一応審査員があつ, 一応寺町通りを軒並み, 一応対立関係に立つ, 一応対象論的意味に於ける, 一応対蹠的な江戸藩, 一応専門家に委せる, 一応将棋記者の耳, 一応尋ねたいと存じます, 一応尋問を受け, 一応むずかしき外貌, 一応小さな祝を, 一応小康を得た, 一応小普請支配がしら青山備前守様, 一応小林と手, 一応小説として読ませる, 一応小高い所まで, 一応尤もだが何だか尤, 一応届け出ていた, 一応屋敷のぐるり, 一応屋根裏を見廻し, 一応岡田に当っ, 一応巣箱の問題, 一応工事場へ臨むであろう, 一応巧みにひびい, 一応巨大な膨脹計画, 一応希望の光り, 一応帰してお, 一応帰したからといふ知らせ, 一応帰すつもりです, 一応帰つた方が, 一応帰つたのださうである, 一応帰つてまたきた, 一応帰つて酒と醤油, 一応帰らしたらと思う, 一応帰店して, 一応帰着する, 一応帳簿などを調べました, 一応常に的を, 一応常陸の国庁, 一応にする, 一応平らな土地, 一応平仄を合, 一応平定したけれども, 一応年玉のこと, 一応年長の老, 一応のぐあいをあらためないでは, 一応に脚立梯子, 一応廃棄して, 一応廻った上でない, 一応弁明して, 一応弁解が承り, 一応引くところまで, 一応引合せられてお, 一応引止めてみた, 一応張大将に伺っ, 一応強固な安定, 一応強国の面目, 一応当たってみる, 一応当の久七から, 一応はととのった, 一応形勢を現地的観察, 一応形式主義に優っ, 一応役人どもをおどろかせました, 一応彼等とし, 一応往来の右左, 一応白河法皇と, 一応後ろのお, 一応後史を見た目, 一応後戻りがし, 一応後者に拠っ, 一応従兄の家, 一応従来のもの, 一応御旅切手だけを拝見お許し, 一応御許とも相談, 一応復命にきた, 一応回させるよう, 一応の現れ, 一応心得た上で, 一応心理の屈折, 一応心理学的に取り扱い, 一応心理的に問題, 一応心配して, 一応必然である, 一応志望を考慮, 一応忘れる考え方も, 一応応急手当はすませました, 一応快復したとき, 一応念入りに調べられた, 一応念頭にとめ, 一応怒鳴り廻してから砂袋, 一応思い留まって, 一応思い思いの所, 一応思い直してみる, 一応思い込まれ自身に, 一応思慮があっ, 一応思案した, 一応怠らずにする, 一応の緊縛, 一応怪しい者でない, 一応恋愛を尊重, 一応恐怖心を表明, 一応恩誼を謝, 一応悟るところも, 一応悩むのが, 一応の在る, 一応意向をきい, 一応意見として聞い, 一応意識を失っ, 一応感心さへする, 一応感謝はした, 一応憤りを感ずる, 一応懸念のこと, 一応成し遂げたやうに, 一応成功したよう, 一応我が国人にこういう, 一応る一般的, 一応戦争のない, 一応戦争ジャーナリズムに触れ, 一応戦場的な意味, 一応戸川に打合せ, 一応戸棚へでも入れ, 一応戻って来, 一応手帖で金, 一応才能の資格, 一応打ち切ることに, 一応打電なさいますか, 一応批判すること, 一応技術と直接, 一応抜歯してから, 一応披見したのち, 一応押入の中, 一応抽出される, 一応拒否したの, 一応拭いて鞘, 一応拭いたとはいう, 一応拭き清めてあります, 一応拭き清めたにし, 一応持っていっ, 一応指摘するまで, 一応指紋検出の薬, 一応捏ね直して口, 一応捜してみた, 一応捨象して, 一応掃除のすんだ, 一応の中, 一応排斥する癖, 一応採集して, 一応探り廻して見る, 一応探索し尽されて, 一応控えたものの彼, 一応揉まなければならない, 一応揉み終るとあんま, 一応描いておく, 一応描かれたことに, 一応提出するまで, 一応揚棄され運動, 一応撤回されねば, 一応撫で廻わした, 一応撫めて置い, 一応撮んで見る, 一応支那人の試みた, 一応支那民衆の側, 一応改めて訊ねさせたもの, 一応放免された, 一応政党から独立, 一応政友に相談, 一応敬服するやう, 一応数量的な規定, 一応整ったのは, 一応のたくらみ, 一応文化人インテリたること, 一応文句に目, 一応文学以外の現象, 一応文学士という称号, 一応文学的な即ち, 一応文学趣味を今日, 一応断つておかなけれ, 一応断ると土門, 一応断わりこの大門札, 一応断言したが, 一応斯様に礼謝, 一応方角の示す, 一応日本自体の問題, 一応早く医者に, 一応かにし, 一応明智さんの論理, 一応明瞭に証拠立てる, 一応昏睡すると, 一応春日の手前, 一応晴れたけれどもこの, 一応智恵だけでも貸し, 一応暗にその真実, 一応書いておい, 一応書き了える, 一応書く力と, 一応書巻を伏せ, 一応書棚を見廻し, 一応書類は作ります, 一応最初に断っ, 一応最後の形, 一応月江様に御, 一応態に, 一応有形の美, 一応有難いことだ, 一応服役して, 一応望遠鏡の力, 一応期限づきの, 一応木山の心持, 一応木沢氏の一包, 一応本丸にあつまり, 一応本国へ引き上げ, 一応本庁に引上げ, 一応本当ではある, 一応本筋だという, 一応本能寺変の後, 一応村重の不平, 一応条理はたっ, 一応てもらいたい, 一応来たらばこれ, 一応東京近郊のゴルフ場, 一応松山藩主の謹慎, 一応の発展, 一応果されたかの観, 一応果してその仕事, 一応く断っ, 一応柴田修理殿か森三左殿, 一応根拠のある, 一応根柢と思われ, 一応に入っ, 一応案じられもする, 一応植民地を見せた, 一応検めましたが逢っ, 一応検めましょうかね秋, 一応検査して, 一応検閲して, 一応楽屋に引き取りたる, 一応標準語であった, 一応横たわるものの, 一応はこう, 一応機械論的にも理解, 一応次に述べる事実, 一応次郎の家, 一応欧米の古典劇, 一応歌つた後に心底, 一応止むを得ない, 一応止めて置い, 一応三の, 一応正しいものと, 一応正常化されたこの, 一応に終る, 一応此処で研究討議, 一応武蔵が城太郎, 一応歴史的であるかの, 一応んど, 一応残らず退け, 一応残留したという, 一応残酷なよう, 一応殿のお, 一応母屋の様子, 一応母達が作っ, 一応の見透し, 一応民法の改正, 一応民間のもの, 一応が利い, 一応気持は済ん, 一応水戸ブロックの幕政参与, 一応江島屋の裏手, 一応江州附近の攻略, 一応江戸の遊里, 一応江戸南町奉行まで示達, 一応決められたものに, 一応決意したの, 一応沈黙して, 一応沖縄へ帰る, 一応河尻殿へ沙汰, 一応泣いたり笑, 一応注射が一区切, 一応注射ニ先立ッテ注射針ヲ外, 一応洗った時に, 一応洗面器を持ち上げ, 一応活かされて適用, 一応派手な職業, 一応浪士らの意向, 一応をくぐっ, 一応消えてなく, 一応消し止められると十人, 一応混雑がふせげる, 一応済むと彼, 一応済んで五人, 一応渡って何, 一応渡らねばならぬ, 一応渡りをつけました, 一応湖畔亭の取調べ, 一応満員になっ, 一応焚場の石炭, 一応無意味であったに, 一応無視した限り, 一応無難におさまった, 一応無電器械の知識, 一応熱気をさました, 一応父上へ申, 一応片づいて午後四時すぎ, 一応片付いたかという, 一応片付いたらきっと行っ, 一応片付くまで帰る, 一応へぶちこまれる, 一応置きの, 一応物質に換算, 一応犠牲者の方, 一応犯人溺死の模様, 一応犯罪の外貌, 一応状況を調べ終る, 一応独自の科学, 一応現代官許ブルジョア医学が宗教的神聖味, 一応現在まで判明, 一応現場へ行っ, 一応現場附近に於ける, 一応現実的では, 一応現状を訂正, 一応現象としては承認, 一応と頷かれる, 一応生き甲斐を感じる, 一応生理的にやり切れない, 一応用事を尋ねられる, 一応田原さんの名前, 一応田舎のハルミ, 一応由子のお, 一応甲田の素行, 一応申されて然, 一応申し聞けて返事, 一応の眼, 一応画家に下相談, 一応畏まって沢庵, 一応留めねばならない, 一応った課題, 一応の上, 一応疑ることを, 一応疑われても仕方, 一応病院関係の人間, 一応痛快には似, 一応発達して, 一応白河戸郷へ潜入, 一応白紙に還る, 一応白象を止め, 一応を外れ, 一応皆んなを次の間, 一応盛んになっ, 一応目立つ活動を, 一応直ぐわかる, 一応直吉にも判らないで, 一応直系卑属のところ, 一応相対的に独自, 一応相当甘くやっ, 一応相手の主意, 一応省察して, 一応をひそめる, 一応看板は違ふか, 一応真実のよう, 一応眼力とは何, 一応矢田部先生に諒解, 一応知つたといふだけ悟り, 一応知らせてくれ, 一応知らぬ半兵衛を, 一応研究して, 一応破談にし, 一応確かめたものと, 一応確認してから, 一応示している, 一応示唆する点, 一応礼儀を正し, 一応社会学的な問題, 一応神様に談判, 一応祭神が神武天皇, 一応秀吉の強硬外交, 一応私たちの心, 一応私自身の世の常, 一応科学の前, 一応秩序立てて, 一応税務屋さんに知らしとい, 一応稽古を附け, 一応穀倉を見た, 一応積極的な役割, 一応穏やかに事情, 一応穴っ子の中, 一応空想の中, 一応突然の訪問, 一応立ち停まって見る, 一応立憲的政治形態をとる, 一応立証されなければ, 一応端初的には社会人, 一応はざる, 一応笑わざるを得ません, 一応笹野新三郎に見, 一応等閑に付し, 一応筋道が通っ, 一応答えてすぐ, 一応篤と考えて, 一応籠手をつけ終った, 一応精読されんこと, 一応精鋭をすぐっ, 一応約束の決行, 一応納まったが納まらぬ, 一応芸術の, 一応紳士道から云え, 一応紹介させて, 一応終ってくれれ, 一応終つたつもりに, 一応終つて父が全く, 一応終局の感じ, 一応終熄されて, 一応終結した後, 一応組織立てたの, 一応経験的な科学, 一応結んだがあの, 一応結末がついた, 一応結構であるとしても, 一応結論がでかかっ, 一応絶望の人, 一応綺麗に解決, 一応総浚いして, 一応緩んだやうな, 一応縁側へ廻っ, 一応縛り上げて窮命, 一応へ来, 一応美しくはある, 一応義仲を措い, 一応義務的にせよ, 一応習得させる時間, 一応うべき重大, 一応考えねばならん, 一応考えられたように, 一応考えられぬ事は, 一応考えられるだろうが実際, 一応考えられ得るということ, 一応考え込んだ様子だった, 一応考へたのでした, 一応考察して, 一応聞えたがそれ, 一応聞きますがお, 一応聞き取った私は, 一応聴いておかなけれ, 一応聴いた上でなけれ, 一応聴かうぜ, 一応聴き取らなければなりません, 一応聴こうぜ, 一応聴衆を見廻した, 一応職域或は職能, 一応職業身分現在の社会的地位, 一応づけその, 一応肯けなくは, 一応胆吹へ帰らなけれ, 一応背後にかくされ, 一応能楽に於ける, 一応脱ぎ捨てさせるものだ, 一応脱却して, 一応腹痛が治まっ, 一応自ら顧ねば, 一応自作の小説類, 一応自信タップリ考えこん, 一応自分たちの姿, 一応自慢らしく聞こえるが, 一応自由そうに羽根, 一応自身で勘定, 一応へ戻る, 一応船客たちの誰, 一応船長まで, 一応船頭の言い分, 一応色彩家としての時代的敏感さ, 一応芸術的に印象, 一応若き劇壇の, 一応苦しくなって, 一応苦悩期を脱皮, 一応菊池の許可, 一応落ちついてからにしたい, 一応落ち付いたように, 一応が揃つた時分, 一応著作権法というもの, 一応著作者の同意, 一応薄弱に見える, 一応薩藩へ問い合わさなく, 一応虫麻呂の歌, 一応行って見なけれ, 一応表向きは納まりました, 一応表象の有, 一応表面的に詩合せ, 一応教育者の, 一応被告に下げ渡します, 一応裁判を監視, 一応褒め立てて敬意, 一応西洋演劇の伝統, 一応要之助に説明, 一応要領を得, 一応覆えされることに, 一応見たはずの, 一応見とどけに行った, 一応見とどける必要が, 一応見まわってそれから, 一応見まわった後に, 一応見まわるのを, 一応見めぐり見きわめてみる, 一応見られている, 一応見ることによって, 一応見切りをつけ, 一応見届けようと踏みとどまりました, 一応見廻した慶正, 一応見廻すと町, 一応見廻らねばならぬ, 一応見当をつけたい, 一応見歩き申候, 一応見渡した上なにこの, 一応見物した訳, 一応見覚えがある, 一応見診を終っ, 一応視察した駒井甚三郎, 一応覚えておく, 一応覚束ない手つき, 一応兄弟に, 一応親戚共に計っ, 一応観察しては, 一応観念上の意味, 一応解かれ得るが故に, 一応解けていなく, 一応解けたわけだ, 一応解りやすいやう, 一応解傭を云い渡し, 一応解放された, 一応解明されること, 一応解決ずみであるかの, 一応解説をし, 一応解釈されよう, 一応解雇すること, 一応言いきったことで, 一応言い訳の立つ, 一応言葉の上, 一応訊きたい気持は, 一応訊きただしてみたい, 一応訊ねさせるものが, 一応訓戒する, 一応記憶して, 一応訝るのであつ, 一応訴え出ておいた, 一応証拠にはなるだろう, 一応証明書類を提示, 一応評判が良い, 一応評議のうえ返答, 一応詫びる必要が, 一応く検査, 一応詳しくその事情, 一応認めたうへでさて, 一応認めなくはない, 一応認めなければならない, 一応認められねばならぬ, 一応認められるがなるべく, 一応認めるにし, 一応誤ってはいないであろう, 一応誤解を避け, 一応説諭納得せしめて, 一応読まれた上で, 一応読み返すはずである, 一応読むような, 一応読物にはなる, 一応読者諸君の同意, 一応誰何なされたであろうな, 一応調べさして貰いたい, 一応調べさせ現金は, 一応調べたいのでさつき刑事, 一応調伏の有無, 一応調和状態になっ, 一応談判はした, 一応論じつくされたから, 一応論理の自主性, 一応論理化すること, 一応論証された形, 一応諮ねてみました, 一応諸人の声, 一応諸君に承知, 一応諸所の役部屋, 一応謁見をうける, 一応謝意を述べる, 一応謝罪するつもり, 一応警告を出す, 一応警察医の立会, 一応警察官達によつて, 一応警察署に同行, 一応譬えられて好い, 一応讃えながらなおかつ, 一応貞盛を召し, 一応負けたシャモは, 一応負けることが, 一応販売あるいは組織, 一応貴公達の耳, 一応貴方の胸, 一応貴様を吟味, 一応買取つて了つてそれの転売, 一応資本主義下に於ける, 一応資本主義化し又, 一応賛成であるが, 一応賞めた後, 一応賢いお言葉, 一応質的と考えられ, 一応贅沢が人目, 一応赤猪口兵衛様の御, 一応のところ, 一応足りるかも知れない, 一応足下に向, 一応足跡をふい, 一応踏みとどまって抗戦, 一応躊躇したもの, 一応を起し, 一応身元調べをすました, 一応身柄をさぐろう, 一応軍兵を釜山, 一応軍勝図を秘伝, 一応軍勢をととのえ, 一応軍部軍隊軍人といふもの, 一応軽部の方, 一応農民の場合, 一応辺りを眺め廻す, 一応近い周囲に, 一応近代に生き, 一応近代劇研究者の脳裏, 一応近代国家としての面目, 一応近代工業の世界的水準, 一応近所の医者, 一応近藤の方, 一応述べさして貰う, 一応迷つたほどで, 一応追求したので, 一応退けるのが, 一応退化しなければ, 一応退去しましたが, 一応退散した方, 一応退避して, 一応退院の話, 一応送られるがしかし, 一応逃げたいせつなさ, 一応透察の資格, 一応途切れた形に, 一応ななり, 一応通じたこと第, 一応通じるような, 一応通りすぎたがなんとなく, 一応通用するであろう, 一応通知するかも, 一応通過しなければ, 一応進歩的傾向での安定, 一応過ぎたものと, 一応道具類を見, 一応道場へお, 一応達成して, 一応適正な処置, 一応適用したらしい形, 一応郡視学の方, 一応郷里へ帰っ, 一応の生活, 一応配属将校にご, 一応配電室を検, 一応釈然とした, 一応重大なこと, 一応野望的な作家, 一応金庫も見せ, 一応金目のもの, 一応鉄砲で来る, 一応を用い, 一応銘々別な道, 一応録音して, 一応鎌倉へお, 一応鎧櫃の中, 一応鎮まってから私達, 一応長井に同意, 一応長女であるあなた, 一応門構えの家, 一応っちゃ, 一応閉局の内, 一応に合, 一応間崎を橋本先生, 一応阿久津の妹, 一応を退きなさい, 一応除いておく, 一応陰謀の話, 一応陶冶教育を加え, 一応から隅, 一応階下は京風, 一応階級的な反, 一応随筆の体裁, 一応隣室の諒解, 一応離れて問題, 一応離れたように, 一応離れ得る性格を, 一応の名称, 一応雷門の牛屋, 一応静御前は書きおわった, 一応静止の状態, 一応静観の姿, 一応非常時主義に反対, 一応面倒なの, 一応面白そうだ, 一応面白くない, 一応音楽家たらしめて, 一応響くだけ響かない, 一応順々に逆さ, 一応順序として彼, 一応ける, 一応頭上を見上げた, 一応頷けないものが, 一応頷ける言い分では, 一応をも見, 一応願いくれるよう申来候, 一応顛末を聞いとく, 一応顧みられなければならなくなる, 一応飛び出して検分, 一応食物を分析, 一応のつけ荷, 一応駄目を押し, 一応へ寝台, 一応駆使し得て, 一応駐在所に知らせた, 一応べたい者, 一応驚くナイーヴな, 一応を折っ, 一応高いもので, 一応高倉玄蔵の方, 一応高氏の人間的, 一応高等学校の上級生, 一応髪の毛をときなおし, 一応鯉坂さんに鑑定, 一応がついた, 一応鹿沢へ赴いた