青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一帯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一定 一定~ ~一室 一室~ ~一家 一家~ ~一寸 一寸~ ~一層 一層~
一帯~
~一年 ~一度 一度~ 一座~ ~一応 一応~ 一息~ ~一所 一所~ 一文~

「一帯~」 1326, 14ppm, 7789位

▼ 一帯~ (507, 38.2%)

8 地に 64 土地が, 地は, 地を, 海の, 海岸は 3 内に, 土地を, 地の, 大森林, 山脈は, 山脈も, 空気を

2 [21件] 丘陵は, 人民の, 地域が, 地域の, 大地主, 居住者は, 山である, 山脈の, 景気を, 松林の, 枯原も, 森の, 森林が, 海は, 海岸を, 眺望が, 竹藪の, 連山を, 風景について, 風景は, 高原は

1 [410件] あの一揆暴動, かげが, かなり弘い区域では, けしき, ことを, じくじくした, そうした町, ためには, だだっ広い平野, どの漁村, ひろい地域, ふところは, むざんな光景に, もぐら退治が, やはり岸, カフェーに, サシドリが, マリコパ郡は, レストランは, ヴァレイで, 一見絵刷毛を, 不作を, 不安が, 丘岡は, 丘阜である, 丘陵で, 丘陵と, 中洲とが, 丸尾, 主要産業であります, 乱も, 事物が, 交通が, 交通も, 交通を, 人々の, 人出は, 人家が, 人家すべて柔かに, 人達は, 仏国人も, 伊良湖の, 低い丘, 低地の, 低地を, 住民の, 何物も, 余光を, 佳景その, 佳景という, 傅家甸と, 傾斜の, 光景が, 光景は, 公園住宅地の, 兵馬は, 冬雲が, 凹地を, 劇しい, 占領地を, 印象を, 原野が, 原野であっただろう, 原野には, 反秀吉気勢, 取りしまりを, 古び朽ちた, 古生層地帯から, 台地に, 台地を, 各署へ, 同族を, 噂の, 図面を, 土地は, 土地即ち, 土地家屋の, 地, 地が, 地には, 地にも, 地の利も, 地も, 地下には, 地主狼の, 地価が, 地価に対して, 地勢を, 地勢湖沼山野間道なども, 地名と, 地名を, 地域は, 地形を, 地方は, 地方を, 地理には, 地理は, 地面や, 埋立工事を, 埠頭区が, 壁に, 壁面を, 変化発展も, 多くの, 大きな傾斜, 大不作, 大傾斜, 大名屋敷に, 大小の, 大屋さんで, 大屋根, 大椰子林, 大浸水, 大祭に, 大雑木林, 大難を, 天地を, 天然の, 奇岩が, 宅地は, 守備と, 家々の, 家並の, 寒い土地, 寺寺から, 小あきん, 小高い丘陵, 屋根, 屋根に, 展望ながら, 山々に, 山々や, 山々を, 山つづきで, 山つづきであった, 山には, 山や, 山中を, 山勢は, 山地には, 山地は, 山地を, 山岳曠野を, 山林を, 山脈あり, 山脈が, 山脈である, 山脈には, 山脈中の, 山裾が, 山麓には, 岩つづきで, 岩壁を, 岩島が, 岩窟や, 峰々に, 峰々は, 崖である, 工場地から, 市有開墾地も, 帝王貌し, 平原である, 平地だ, 平地である, 平地に, 平地の, 平地は, 平地遠い近い, 幽暗な, 広い地域, 広い川幅, 広大な, 店の, 庭は, 建物と, 建物を, 当局連中を, 復興が, 感じは, 戦場化を, 戦況を, 戸籍の, 持ち場持ち場を, 持主が, 掘っ立て小屋には, 提灯と, 攻防戦では, 敗残の, 敵へ, 敵陣地には, 文化圏に対しては, 新文明, 新田場は, 新緑, 旅客区域の, 春の, 景色が, 景色だけでも, 景色は, 暗がりには, 暗黒地帯は, 杉林が, 材木置場の, 村落に, 村落を, 村落百十余ヵ村へ, 松原が, 松林をしか, 松籟が, 林であった, 林巒の, 枯芝を, 桑畑が, 桜を, 森が, 森や, 森林を, 榛の木の, 様子が, 標準には, 樹林蓊蔚として, 樹立ちと, 民家から, 民家の, 民家へ, 民族が, 気勢も, 水を, 水害で, 水害の, 水害を, 水涸れで, 水煙は, 水田で, 氾濫と, 江流あり, 沈黙の, 河中に, 河原を, 治安警察徴税の, 沼地だ, 沼地である, 沼地を, 沿海を, 沿海段丘である, 洋人を, 流域とも, 浅い谷, 浮城を, 海が, 海上を, 海岸なる, 海岸の, 海浜白砂雪の, 海獣の, 海面は, 淋しい山峡, 深い沼沢, 清流その, 渓流は, 測量を, 湖水が, 湿原帯が, 湿地で, 湿地なり, 溝の, 濃いおしろい, 濠を, 灌木林で, 灌木林と, 火は, 火災は, 無人の, 物持分限者は, 田の, 田や, 田圃ご, 田圃を, 田畑は, 田舎に, 田舎蕎麦, 田領は, 町, 町と, 町には, 町は, 町を, 町家の, 町村で, 畑の, 畑を, 異国情緒の, 畳まで, 疎開命令でした, 発掘に, 白砂で, 白砂の, 百姓が, 盆地京洛の, 盛り場は, 直ぐ向う, 眺め枝頭万朶の, 眺望を, 砂が, 砂丘, 砂丘でしか, 砂原が, 砂地では, 秋潮を, 稲田は, 積年にわたる, 空は, 空気には, 竹藪に, 第九連隊区長官, 第二, 築塁, 絵図である, 線が, 美しい村, 翠巒が, 翠巒を, 耕地を, 聚落の, 脈まで, 自作百姓達は, 芝生に, 花が, 花野見おろし, 芸妓屋稼業にと, 英田や, 茶屋の, 草原は, 草木や, 荒地を, 荒涼な, 葡萄畑の, 薬師山の, 藪や, 街は, 街道平野部落へ, 被害が, 諸港, 警戒警備に, 谷そこへ, 谷間の, 貧民街が, 賑わいことに, 購読者分布地図が, 趣味は, 路地は, 路地路地には, 身分から, 輪郭は, 農家の, 農村においては, 農村を, 近山は, 通称で, 連山に, 連山中に, 進行を, 避難民は, 都市を, 重巒, 錦繍は, 長い潟, 長丘に, 開拓者と, 閑静な, 闊葉樹林であろう, 防柵が, 陣地では, 陣地は, 陣地構成が, 陣容から, 陰から, 陸地が, 雑木山は, 雑木林が, 雪の, 雪を, 霧が, 霧雨に, 青い丘, 青山は, 青葉が, 領地とを, 顔役で, 風景が, 風景を, 風物から, 風物が, 風物を, 風習では, 風速と, 飢餓地の, 駅では, 騒し, 騒擾は, 骨董街が, 高い峰, 高原には, 高原を, 高台の, 高台は, 高地が, 高地にはは, 高槻の, 黒のっ

▼ 一帯~ (246, 18.6%)

3 拡がって 2 つづいて, ひろがって, 亙って, 同時につく, 同時に腐る, 流れて, 濃霧が, 燃え立ち殊更, 逆茂木を

1 [225件] あけ放して, あって, いずこの, いろいろな, およんで, かかって, かけて, かすんで, かぶって, きこえて, ここらあたりの, こだまする, このソフト, この国, この晩人里, この食事, これであり, さっと広がる, すぐ背後, すさまじい焼跡, そうです, そうな, そこに, その光, その区域, つづくの, とどろきわたり, どうして広がった, なでて, のこって, ひびき渡るよう, もう乾枯びて, もち回る, よくいう, わたる, キキンという, ザラザラした, チャンと, ブランカの, 一大センセーションを, 不穏を, 丑の日様または, 丘陵を, 両国の, 並んで, 二月上旬の, 亘って, 亘る関東, 亙っての, 亙るまで, 人の, 人跡の, 代赭色に, 伏せ網を, 伝わるや, 住んで, 何か, 傾向派の, 充満し, 兵船の, 兵船を, 其処に, 凶年の, 出動し, 分布し, 分布する, 区別が, 十五万の, 十六に, 取払われて, 叢生する, 古くから, 古成層, 各隊, 土を, 土砂を, 地盤も, 地面が, 塹を, 壇ノ浦といった, 売ります, 夏雲高い, 夕日の, 多く産し, 夜と, 大ビルデング街, 大掃溜, 大災難, 妻を, 季節には, 寝沈まつて, 寺の, 小高く突き出, 少しずつ, 島の, 工場の, 布陣し出した, 布陣を, 広がりつつ, 建てこみ一軒, 強烈な, 当る, 心中や, 恐慌を, 拡がりつつ, 拡がり始める, 捜査網が, 擾れ咲い, 放牧の, 散乱する, 散在する, 散布する, 明るい, 春が, 晴れて, 暗い夜, 暮れて, 曇らす砂塵, 最も無邪気, 木が, 本日の, 松柏が, 松柏の, 柵と, 桑畑である, 植えて, 楊柳の, 楠の, 残党狩りが, 水の, 水上陸上相まっ, 沢山ゐた, 河童の, 沿線来た, 法神流全盛で, 浅い盆地, 海の, 海嘯あり, 渉る, 溢れ出す, 漸く色づき, 濃いも, 濃い紺色, 火吹竹の, 火山岩の, 灰色の, 点々と, 焼け野原と, 熱帯風な, 燐の, 爆撃を, 牛が, 物音を, 特有な, 珍らしい, 現在は, 生気を, 田植期の, 疫病が, 白い朝靄, 皆頭上運搬, 真黒な, 眺められる一面, 着陸するだろう, 石の, 砂の, 祟りを, 秋の, 積って, 空地だ, 空襲警報が, 立ち退きが, 立てこめる雲霧, 笑ひ, 篠笹に, 簡素な, 紙漉場が, 繁茂し, 繩張を, 置いて, 群がりたかる捕り方, 耐震耐火の, 耕地が, 聳えて, 舟の, 船は, 茂って, 荊棘が, 落葉松の, 葭簀の, 薄い氷, 蘆が, 行はれた, 袖の, 襲われて, 見えた丘陵, 見わたした一丘陵, 見下ろせる樅, 見做, 見渡され更に, 触れて, 貧民窟が, 赤土山の, 連り, 連る, 運河が, 遠くこだま, 降雪あり, 陣し, 随分方々, 集まってる寛永寺, 雑木山と, 雪に, 雪の, 雲の, 青く染まっ, 青臭い草, 非常に, 風波が, 風速十メートル内外の, 騒然たるもの, 高くなり, 鬱然たる, 黄色を, 黒色の

▼ 一帯~ (166, 12.5%)

2 一大盆地を, 火の, 無数の

1 [160件] あの大火, いたるところ土龍, いまは, うまく助かっ, おぼろ宵の, お祭騒ぎを, かのパリ市, このボカ土, この咆哮, ご苦労さまにも, すべて男性的である, ちょうど京都, ちょうど大きな, つつじで, どの屋敷, ひろびろした, ほとんど山百合, ほとんど海, まさにそうした, またねむ, また椎, まだ火の手, むろん彼, もしも諸君, もちろん郊外, もとより遠く北海道, もとより随分遠い, ものの, やがて観光地, やや広く, ゆるい傾斜面, アメリカ式の, アルゴンヌの, シラコモチその, トロール船の, ヒマラヤ連山を, 一昔前震災で, 万引や, 上海香港の, 両側を, 二三日前から, 今でも, 今も, 今やひとつ, 今や物々しい, 今川領と, 今日とは, 住宅地で, 何事かと, 修羅の, 先ず優秀, 全く新興地帯, 八幡の, 勿論フィリッピン, 北条氏の, 午後三時の, 半切ほどに, 南向きの, 四国東部阿波徳島の, 国家の, 垣根の, 墓地の, 夕闇に, 多分犬養氏, 大きな屋敷, 大きな草茫々, 大名諸侯の, 大変体, 大要塞, 大警戒中, 大豆の, 寝静まって, 小高い丘, 山々が, 工場相隣りする, 引続き戦場, 強い酸性土壌, 彼の, 徳川時代からの, 急武装, 我が版図, 戦争の, 戦場と, 戦災地域で, 房州半島で, 方角も, 日に日にその, 昔広, 書房の, 朝暾を, 本郷区内の, 東の, 松か, 松が, 松の, 桑畑の, 此又河内山の, 水浸しで, 波高く, 津軽地方に, 流れの, 海苔の, 涯しも, 湖だ, 湧きかえるよう, 溝渠が, 火山が, 炎々たる, 焼野原, 父の, 物寂しい工業地帯, 特に本場, 獅子舞が, 田圃の, 田畑や, 申すも, 白夜と, 百本杭の, 看栄稟達和尚, 真昼の, 真黒く魔物, 眼路の, 磯浜な, 福島と, 空襲により, 篠つく, 素晴らしく繁華, 紫の, 美しい松原, 腰から, 花崗岩, 芸妓じんみちに, 英国の, 茫々模糊たる, 蒲冠者範頼の, 薄靄, 裕福な, 西班である, 見渡す限り茫漠, 許可地でない, 谷に, 赤土の, 足利家の, 軒並み続きで, 道灌山つづきで, 遭難者の, 酉の市の, 鉄道の, 銭形平次の, 開けて, 開成山とも, 隈なく, 雨龍の, 震災前とは, 青い空, 革命後に, 香流川の, 鮎の, 黒水晶の, 黒煙を

▼ 一帯~ (113, 8.5%)

3 支配する 2 占領し, 捜索し, 領し

1 [104件] いう, いった, いふにや, うるおす灌漑用, かけて, ご覧なさった, すこしずつ, ずーっと見まわした, たち籠め, とりでと, ながめると, もとの, ゆずって, ガソリン臭く, ダムと, 一メートル以上の, 一時戦時色に, 中心に, 乗り廻ろうという, 侵した, 修羅場と, 公園と, 包んで, 包容する, 占領しちまっ, 含めた十二区, 吹き荒らそうと, 回るよう, 埋めて, 埋め立て, 場面としての, 守って, 官員屋敷に, 山狩する, 廻って, 当日の, 彩どって, 彼等青年の, 後立と, 意味する, 手を, 扼して, 指すらしくその, 探検した, 描いて, 擂鉢の, 支配し, 日蝕の, 暗黒に, 有史以来の, 望むところ, 杉の, 構成する, 水の, 消燈, 測量した, 漠然と, 火星人に, 焼野原, 照し, 照らして, 生ける屍, 眺めいたるところ, 砦として, 私に, 笄と, 粟蕎麦稲を, 精査し, 糾合し, 経めぐる, 緩やかな, 罩めて, 脅かそうと, 舐め狂ッ, 荒らし廻った頃, 荒れまわり田畑, 荒土に, 蔽うく, 蔽うて, 蔽ふ, 行く行くは, 襲つた浅ましい, 西口と, 覆いつくしそこ, 覆う色, 覆って, 覆つて, 見おろしながら, 見おろしますと, 見渡した景色, 視て, 訊いて, 調査しました, 警備させる, 警備し, 警戒し, 足を, 軽く擦り, 鈍い光, 鎮め転じて, 鎮撫し, 陣地として, 隔てて, 預かるお山同心

▼ 一帯~ (89, 6.7%)

3 倉庫の 2 すっかり浸水, 急に

1 [82件] うすら, こんなに焼けた, ざわざわし, ざわざわ波立っ, その, その町, てっきり人, どよめいて, ひっそりする, また薄気味悪い, バイロ・アルトの, 人まばらに, 今も, 今日日は, 今沈もう, 他に, 低く遠くまで, 住居で, 何となくお, 何年か, 俄かに, 全く破壊, 全部丸潰れに, 再び島, 即ち年魚市, 原であった, 多大の, 夜中と, 大きな沼, 大騒ぎに, 好きである, 尚侍の, 岩山で, 幇の, 平屋根, 広い蘆原, 建ち並んだの, 忽ち殺気立つた, 戦争中の, 戦災に, 揺るぎ吠えるの, 暗黒に, 暴風雨に, 松島町という, 楕円形の, 水の, 沸騰し, 浅瀬に, 海の, 湖だった, 潮干に, 火山岩とか, 焼けそれから, 焼けたこと, 焼けたとき, 焼夷弾の, 焼跡に, 焼野原, 田畑だった, 異人池, 病院です, 私の, 秋の, 競漕を, 箱庭の, 罹災した, 落葉松林でし, 薄暗気, 藍色に, 藪の, 見える, 見晴らせて, 見迥, 闇と, 陰を, 雪の, 震うて, 青く見えてる, 静かな, 鬱々と, 黄昏の, 黄色い蜜柑

▼ 一帯には~ (30, 2.3%)

1 [30件] この木藍, この鬼, これを, たくさん不思議な, まだ清姫様, まるで砲弾, クロパトキン大将の, 丹波から, 人の, 伝説は, 何処という, 出没しない, 噂話ばかり, 天変地妖し, 宮方へ, 山野に, 島とも, 式部卿の, 愛鷹箱根の, 早くも, 松の, 水勢をよ, 水蒸気が, 狢が, 砕けた検圧計, 舟の, 蔡仲に, 話題と, 陰々として, 風の音を

▼ 一帯から~ (17, 1.3%)

1 [17件] この山, 人穴を, 多摩秩父の, 多数の, 大川の, 戸塚落合の, 持ちかえったの, 新, 母島の, 瀬戸内海あたりも, 生じた, 甲信越の, 美濃の, 蝦夷方面まで, 越後の, 集めて, 飛騨にかけては

▼ 一帯~ (8, 0.6%)

1 いまでは, すべてが, なかなか安閑, まったく深い, 人間の, 様子を, 長く広野, 黒い死

▼ 一帯~ (7, 0.5%)

1 さかんに, 兵馬を, 小児等が, 斬られ斬られまたは, 松毬を, 焼かれる特色, 用いられる特産物

▼ 一帯にかけて~ (7, 0.5%)

1 何千町歩という, 堤を, 女の, 山関を, 広範囲な, 生い茂って, 駐屯し

▼ 一帯~ (7, 0.5%)

1 かけた地下, 一噸爆弾を, 出馬の, 廻して, 目を, 直ちに派遣, 運びこんだ

▼ 一帯では~ (5, 0.4%)

1 これに対して, また是, 子供らが, 昼間持ち, 焼物と

▼ 一帯この~ (3, 0.2%)

1 山から, 野天の, 銅像の

▼ 一帯~ (3, 0.2%)

1 支流の, 来ますと, 海岸を

▼ 一帯にも~ (3, 0.2%)

1 ドクトル・ソーボリが, 数少ない大族, 行われて

▼ 一帯にわたる~ (3, 0.2%)

1 東軍と, 相当精密, 神官や

▼ 一帯~ (2, 0.2%)

1 旗本士族と, 蔵屋敷の

▼ 一帯どこ~ (2, 0.2%)

2 を見

▼ 一帯にわたって~ (2, 0.2%)

1 いよいよ強大, 今なお

▼ 一帯より~ (2, 0.2%)

1 吹きおろす山風, 日比谷迄

▼ 一帯地区~ (2, 0.2%)

2 の支那軍隊

▼ 一帯早く~ (2, 0.2%)

1 も立ち, も立ちまよう

▼ 一帯~ (2, 0.2%)

2 が晴れ

▼1* [98件]

一帯あれで六万, 一帯いよいよゆだ, 一帯くるぶしほどの深, 一帯ことに海に, 一帯さらに四方の, 一帯すべて突兀せる石山, 一帯その年は, 一帯だれも仕事, 一帯つねの平静, 一帯でもすべての, 一帯と共にのびのびした愛す, 一帯どすんと沼の, 一帯竹林の, 一帯なかなか活気の, 一帯などには七小屋参り, 一帯などもかなり極地的, 一帯にかけての家々の, 一帯にまでみえる, 一帯のくぼ地が, 一帯はたはたと騒ぎ, 一帯ばかりでなく大串, 一帯ひでりの, 一帯ひどい不作で, 一帯への見せしめの, 一帯または山陰地方も, 一帯まで足にかけて, 一帯までが物情騒然と, 一帯もの凄い音響が, 一帯ようやく紅色を, 一帯をもあまり儲け, 一帯平坦ヲ, 一帯バタバタと面白い, 一帯プラトーでその, 一帯一軒残らず家捜し, 一帯一面に焔, 一帯上ガリラヤの連山, 一帯下野辺からまで諸方, 一帯不思議に波だっ, 一帯二百五十人ほどの者, 一帯五月の節句, 一帯の波, 一帯人煙稀薄枯すすきの原, 一帯伊豆の連山, 一帯低いのだ, 一帯何万坪かの田畑, 一帯何処にも左様, 一帯愴の, 一帯前代未聞の水寨, 一帯北陸から遠く, 一帯即ち三笠山の, 一帯厳島の神領, 一帯古い街だ, 一帯吉原田圃でこの, 一帯地均しされるだけの, 一帯地方の事情, 一帯塩辛い雨を, 一帯洪水の, 一帯巌石の峨々, 一帯の日, 一帯平地はすでに全く, 一帯年中一滴の雨, 一帯碌旗本の, 一帯忽ちに覆うて, 一帯戦場同様の大, 一帯旗本御家人の屋敷, 一帯春昼の埃, 一帯曠大な土地, 一帯木々の色, 一帯東海岸は大井川, 一帯や渡り鳥, 一帯江戸末期の特殊, 一帯のごとく, 一帯海嘯に襲, 一帯湿けている, 一帯えたん, 一帯牛一匹一年六・六ツェントネル平均として協定標準, 一帯直立三四百尺もあろう, 一帯眉宇をかすめ, 一帯真桑瓜が名産, 一帯知是大英州, 一帯神戸市の灘区, 一帯の大水, 一帯軍一千あまりの, 一帯聖堂の前, 一帯背丈を没する, 一帯脇本陣とでも言い, 一帯茶畠で今, 一帯が茂り, 一帯薩軍の眼, 一帯藍染川の上あたり, 一帯越後から能登半島, 一帯近い山の端から, 一帯近く芝となり, 一帯雲南の国境, 一帯静かであろう, 一帯頂きが晴れ, 一帯頑丈な茶色, 一帯駿河台の上り口