青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わずか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わき~ ~わけ わけ~ ~わざと わざと~ ~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか
わずか~
~わたくし わたくし~ ~わたし わたし~ わっ~ わる~ ~わるい わるい~ ~わるく わるく~

「わずか~」 4969, 48ppm, 2430位

▼ わずか~ (1881, 37.9%)

21 残って 12 身を 11 顔を 10 頭を 8 それと 6 それを, 慰めて 5 二三の, 自分の 4 なって, 一つの, 左の, 彼の, 膝を, 面を

3 [16件] これを, して, それだけ, 一人の, 事なきを, 人の, 人間の, 心を, 数日の, 昔の, 生命を, 目を, 知って, 空を, 雨露を, 飢えを

2 [69件] あげて, あるを, うなずいた, この, この世を, これだけの, その一部分, その十分の一, 一ヶ月足らずで, 一本の, 三名に, 二人の, 二十一歳の, 二十六時間だ, 二十四五, 二十夜を, 二回しかも, 二坪ぐらい, 二軒か, 五千五百万を, 五株か, 人が, 位置が, 体を, 保って, 僕が, 免れて, 出て, 剰すところ, 口を, 四人の, 場末の, 守られて, 店の, 彼が, 彼に, 心の, 息を, 戸の, 手足を, 支えて, 数人で, 数人の, 旅の, 日の, 明るい, 木の, 次の, 残った気力, 残喘を, 気を, 洩れて, 漂って, 生き残った枯れ草, 生き残るもの, 眼を, 石を, 笑みを, 笑を, 自分を, 芽を, 行軍状態とも, 見えて, 覚えて, 開いて, 音を, 頭の, 首と, 鬱を

1 [1587件 抜粋] 〇・五プロセントの, あやしい賤, いくつかの, うつむいて, うなずいて, お互, お粥, くだんの, こういった, こちらを, この一例, この十年, この尊い, この映画, この災難, この雑誌社一軒, これだけ, これよく, さざなみの紋, しても, しみ込んだばかり, すだくこおろぎ, せよ研究, その一, その上, その位置, その匂, その四分の一, その女, その日, その片鱗, その縁, その負担, その霊, その頭角, その香気, それであろう, それらが, たのんで, ちらついて, つつみ得る布一枚, つまんでは, とどめたの, なごりを, のこった門番小屋, のぞきかけた幼い, はかない虚栄, ひとりふたりの, ふた月, ほめて, まどろんだとき, まねごと師, もたらされて, もれる木の下, やみの, われわれを, イエスと, カントが, コーヒー一杯の, ジェイムズ・ジョイス, トルーフルに, メスと, ワイトマンが, 一〇時間である, 一すじの, 一クヲタア二八シリングであり, 一メートルの, 一一三〇〇〇であっ, 一一六二五, 一万七千なれ, 一二世紀の, 一二人を, 一二次なら, 一二頁に, 一人だけが, 一例を, 一八三六年の, 一分であった, 一割だ, 一名ずつの, 一四八対一〇〇であり, 一場の, 一寸三分尾端右方に, 一対三六・五八に, 一展開せん, 一年余りの, 一度も, 一握りの, 一日と, 一時的に, 一時間薄暮の, 一杯, 一歩を, 一点駒では, 一盒の, 一磅八シリングである, 一策を, 一言だ, 一週り, 一間ばかりしか, 一頭ずつ, 七五〇分の一に, 七分一ばかり, 七十枚の, 七里と, 万福寺の, 三〇分の一を, 三一七三〇六と, 三七分の一でしか, 三五里に, 三人ふだんから, 三分, 三分間にて, 三十三最後の, 三十六銭である, 三千六百尺なる, 三名玉子の, 三四里の, 三寸角ぐらいまで, 三年目には, 三戸五戸くらいずつ, 三歳の, 三番の, 三百三十二名な, 三票の, 三職が, 上げた, 下げる運動, 下界を, 不健全な, 丘や, 両肩, 中前栽, 久保正夫氏と, 乗り降りの, 九八分の一であり, 了解し得る, 二〇〇〇,〇〇〇と, 二か月任大臣の, 二ツ三ツ年上の, 二ルウブルを, 二・八対一である, 二三のみ, 二三人間を, 二三分たっ, 二三寸青い, 二三畳の, 二五年と, 二人のみ, 二分, 二分間そこそこの, 二十三句の, 二十二歳で, 二十余日平泉に, 二十四五自分も, 二十四歳という, 二十日それも, 二十糎, 二千の, 二四分の一である, 二宿しか, 二尺ばかりの, 二年しか, 二度だけ, 二日間で, 二棟隔ての, 二磅分の, 二組ほど, 二里を, 二頁余りで, 五〇分の一に, 五キロです, 五八四日, 五六分間であった, 五六寸と, 五六本しか, 五分の後には, 五十人分しか, 五十県分だけ, 五年ばかりの, 五時間に, 五里何町かの, 人一人を, 人間に, 人馬の, 今中次, 仕切る格子戸, 会場を, 伸びか, 低く薄く生えた, 住民の, 何センチメートルという, 余裕が, 使われた人間, 信玄の, 傷ついただけ, 先年山伏に, 免れた記念, 八カ月に, 八厘その, 八年強と, 八疋十疋のみ, 八百名つづい, 六七人の, 六三〇〇〇であっ, 六十七人で, 六十年足らぬ, 六室を, 内外の, 円華窓から, 刃の, 判明できる, 前句, 剣鎗の, 助かった余, 動いた, 動きます, 包みピチピチ, 医学の, 十キロあまりしか, 十七八間, 十七字であっ, 十三歳で, 十二歳であった, 十五人堂内寂寥たり, 十五年に, 十何人かの, 十八歳であった, 十分の一が, 十分の三あるいは, 十四才に, 十四軒のみ, 十手と, 十数名の, 十歳だった, 午を, 半寸, 卒業し得た, 厳刑を, 取すがって, 取縋って, 口許ばかり, 右手を, 各結婚当り二人, 吉原の, 呂宋兵衛その他の, 呼び起こして, 命の, 咲き残った梔子, 四〇〇万年である, 四・一の, 四五分の一五〇分の一六〇分の一六六分の一または, 四人であった, 四十万八千人なり, 四十五マイルなれ, 四十名のみ, 四時間だ, 四種, 四辺一間四方ぐらいを, 国語の, 土壇と, 地色を, 堀割や, 声を, 外れた軌道, 外国の, 多四郎を, 夜の, 大阪の, 天井粥を, 天山の, 夫婦の, 女から, 妄想を, 学校の, 安堵する, 定義される, 宮方に, 寄稿, 寺泊に, 射し入る日光, 小倉金之助博士や, 小市民, 小穴, 少量の, 尾張へ, 局を, 届かないくらいの, 山の手の, 山田家の, 岩代石川郡中谷村大字双里の, 左右に, 帯の, 平均を, 幽かに, 底を, 廊下の, 当事者たちの, 当時の, 彼ら二人の, 彼等の, 径を, 御住居, 微傷の, 心ある, 心もとなく近づい, 思われます, 息の, 態を, 慰められて, 慰めるの, 憲法発布式の, 或る, 戸数に, 手応が, 抒情詩と, 拾い上げたという, 挙げられる, 掠めて, 描いて, 擡げて, 散らないで, 数キロメートルの, 数分間でも, 数十秒長く, 数年の, 数本の, 数百人いる, 数百金にて, 数行の, 数輩の, 文学という, 新聞を, 日本の, 明り取, 昔日の, 昼間人の, 暗示を, 暴力団という, 書肆の, 月送りの, 服の, 木村との, 東京の, 東西南北を, 枠で, 柿の, 棄てられたアニタ・スチュワード, 楽しい恋, 樋を, 橋が, 欠けはじめた光, 武者窓から, 死骸を, 残されて, 残ったの, 残った二つ目, 残った眉毛, 残った記憶, 残る所, 残る気力, 残る足跡, 残存する, 殲滅を, 毎朝の, 水を, 水野氏五万石の, 沖縄諸島に, 波乗り位し, 洩るる白襯衣, 活計を, 海を, 涙が, 淋しく悲しい裏町, 渇と, 溶かして, 潜り戸だけを, 炭車の, 烟を, 煙を, 照りそめしころ河岸, 燈明の, 爆笑で, 片頬, 独身者三人に, 王政維新の, 現在残っ, 生いす, 生き残りいるは, 生出し躑躅岩, 生死の, 田中正造君の, 町, 畳の, 痕を, 痩莢の, 白みかけるころ, 百メートルぐらい, 百四五十マイルぐらいずつ, 百年に, 百日紅の, 皿に, 目に, 直線の, 眠ること, 着物の, 知り合って, 知合って, 破壊を, 社前の, 禅文化へ, 秩序を, 程普と, 窓の, 竿先へ, 箪笥の, 糊口と, 約五, 約百六十年前たる, 細い裂, 綻ばせ美しい, 緩和せられる, 置かれた鉢植え, 羽織を, 考えられる一つ, 聞かれるくらい, 職に, 肉薄戦法で, 肩を, 胸に, 脛を, 自ら慰めあわせ, 自分ら一二の, 自己の, 自由に, 船を, 艶気の, 若き博愛家, 草や, 荷車二三台を, 落ち散って, 蔵奉行お前は, 薄紙一枚はが, 藻の, 蝋燭の, 行進曲の, 袖から, 西側の, 見えたの, 見えてる, 見えるもの, 見える灯, 見ゆるまで, 見るばかり, 見喰うだけの, 視覚的に, 覬覦し, 触れて, 記憶し, 認められた, 諸方へ, 負けじ魂の, 赤く花, 足下に, 身うごきした, 身体を, 近郷の, 透いた隙間, 通過せしめる, 過ぎた陽, 道理上の, 達者で, 遠い天平, 避けて, 邸の, 野菜を, 鈴子が, 長者の, 開いたところ, 開かれた扉, 開ける目, 阮元の, 陽蔭に, 階段よりの, 隙しまでした, 離れて, 雪らしい, 露出し, 静かに, 項目を, 頷いた, 頷きます, 類焼を, 風に, 飛鳥の, 飢餓を, 首を, 骨が, 鳶に, 黒い頭

▼ わずか~ (833, 16.8%)

27 間に 8 時間の, 間の 6 ものを, 時間に 5 うちに, ことで, ものである, 時間を, 金を 4 ものだった, もので, 距離を, 間であった, 間も, 間を

3 [12件] お金で, ものに, 小部分, 従者と共に, 従者を, 愛情を, 歳月の, 縁故を, 財産を, 金で, 金の, 食物を

2 [40件] お金を, ところで, ものが, ものであれ, ものでした, わざとらしい喝采, 一部分が, 人々の, 人数です, 光が, 少数の, 平地を, 年月に, 手勢を, 日の, 日数の, 時に, 時間だ, 月日に, 残兵と共に, 浜べに, 物音にも, 空地に, 緑の, 蓄えを, 誇りを, 財産の, 費用で, 資力を, 距離の, 違いが, 郎党と, 金が, 間だ, 間だった, 間でも, 隙に, 隙を, 隙間から, 隙間を

1 [613件 抜粋] あいだしかも, あいだに, あこがれを, うねり方は, おこごとは, お金でも, ことから, ことであった, ことでしょう, ことです, ことな, ことに, ことの, ことも, ことを, しかもかけがえ, しるしによって, すきに, すき間から, すき間も, ちがいは, つぶやきの, できごとをめぐって, ところな, ので何, のにねえ, ひと刻, まえ, まだ, まを, ものでありましょう, ものであろう, ものです, ものな, ものまで, ものも, やつれ, ゆるみでも, コイの, シャツや, シャンパンの, ショックも, タクトで, ハート草と, パンと, パンの, 一例に, 一地方をしか, 一定量の, 一歩をでも, 一睡を, 一瞬こそ, 一部を, 一隅が, 不品行の, 不足には, 主観の, 予備隊と, 予定だった, 事によって, 人たちとともに, 人たちに, 人たちの, 人声が, 人夫を, 人数で, 人数では, 人数にか, 人数を, 人間を, 人間同士こそ, 仕事に, 仕事を, 仕切りを, 他人の, 休み時間を, 休息期間を, 低地を, 作品だけを, 作者から, 併発症でも, 使用人共と, 例外な, 例外を, 供を, 信心が, 信頼の, 個人的作家によって, 借銭を, 側臣と, 傷でした, 傾斜を, 元気を, 光で, 光である, 光と, 光明にさえ, 光線が, 入場料を, 公卿が, 兵が, 兵で, 兵と共に, 兵は, 兵隊で, 兵隊の, 写真を, 冷酒を, 几帳の, 切れ目から, 別軍を, 利で, 利に, 力しか, 力でも, 力として, 加減で, 助けを, 努力で, 労力で, 動作だけ, 動作とは, 区域だけに, 印象をも, 危険さえ, 反対の, 収入で, 召使いだけが, 可能性の, 史拠を, 含有灰分の, 呼吸である, 呼吸の, 呼吸を, 命数を, 商売をもって, 嘘罪なき, 固有名詞とを, 土地が, 土地で, 圧力にも, 地位を, 地租または, 地面を, 場所が, 場所だけで, 塵にしか, 士族グループが, 変化でも, 夕陽の, 外皮の, 天才の, 失望と, 奴僕らに, 好評にも, 字か, 季節の, 守兵は, 官人, 定期収入を, 家来を, 家臣らと共に, 宿賃も, 寿命の, 将士に, 将士を, 小知恵, 小道具と, 小遣で, 屋根が, 山懐をも, 岡と, 岡を, 崖路を, 嵩で, 差で, 差の, 差違を, 差額以上に, 希望で, 平和に, 平地が, 平地に, 平地の, 年収入で, 年月でも, 年金の, 年限で, 幸福も, 弟子も, 弱点を, 弾丸の, 当貫, 彩粉が, 影であり, 影額の, 往復運動を, 御縁, 御辛抱, 微笑は, 徴を, 徴候でも, 忠心で, 思想をも, 思索力ないしは, 息継ぎの, 悲しみだけ, 愚痴にも, 感情の, 慰みを, 慾に, 戦友へ, 戸数の, 所に, 所へ, 所持金にとっては, 扉の, 手がかりで, 手がかりを, 手兵を, 手勢と, 手勢と共に, 技倆をも, 抵当品でも, 持物は, 接触で, 接触の, 擦過傷を, 放心の, 敬意をも, 数しか, 数だけ, 数である, 数に, 数の, 数個の, 敵を, 斜めの, 斜面の, 断片, 断片に, 断面にでも, 旗下に, 日も, 日向の, 日数だけ, 日数を, 旧臣を, 明るさ, 明晰な, 時日だった, 時日の, 時間しか, 時間だったろう, 時間で, 時間でも, 時間と, 時間までも, 時間差だった, 時間的ゆとりさえも, 晩酌に, 暇に, 暇または, 暇を, 書状の, 月光の, 月日の, 月日は, 月給でも, 月給と, 期間が, 期間で, 期間である, 木口である, 木戸銭で, 末広がりを, 本の, 材料を, 株の, 株や, 桑畠と, 楽しみでは, 楽しみに, 標本の, 権限を, 樹木も, 機会にも, 欠損のみ, 欲望が, 欲望を, 歩行の, 歳月わずか, 残りを, 残兵を, 残務と, 残軍に, 残軍を, 残金を, 母の, 気圧にも, 気持の, 気紛れな, 水で, 水音が, 河川の, 流れは, 浪風でも, 渡し舟の, 溝を, 火の粉を, 火を, 火口に, 灯油の, 灰それが, 烏合の, 片言隻語をしか, 物ながら, 物資を, 物質に, 物音が, 物音も, 独習で, 理性が, 生き残りの, 生き残り学生, 畑を, 留守居しか, 畠地で, 番所役宅お, 疎開荷物の, 白髪が, 百姓が, 真面目さも, 眠りを, 着替えの, 瞬間をも, 知人を, 知識さえも, 知識を, 短気な, 破損であった, 示唆の, 禄米や, 税物の, 種類に, 稼ぎで, 空間は, 突起に, 窪みを, 立ち際に, 笑ひ, 粟と, 紙の, 紙面の, 紙面を, 経済を, 経験では, 給金を, 緑地が, 者だけが, 者どもを, 肖像彫刻に, 腹心と共に, 自由を, 興を, 興味も, 芒や, 花が, 芽の, 苔経を, 苦痛にも, 草むらに, 菅家の, 菓子などを, 落度で, 葉が, 葡萄酒を, 薪の, 薬物によって, 血の, 行動が, 行動によって, 行動も, 衒学を, 街灯が, 衛兵を, 衣食の, 袖口でも, 褒美を, 要求を, 要点を, 見舞金しか, 親兵だけ, 親切と, 親切を, 言葉で, 言葉の, 言葉をも, 記念品は, 記憶に, 誇りと, 謝礼をしか, 謝礼金が, 負傷のみを, 財産に, 貯蓄から, 貯蓄は, 買い方を, 貸借にも, 費用とさえ, 賃金と, 資料によって, 資本が, 赤味が, 距離にも, 距離も, 路銀などが, 身の回りの, 身体の, 辞句にも, 返礼です, 透き間から, 途中の, 逢瀬の, 進歩だって, 遅刻で, 遊び時間をも, 道のり, 道具は, 道具を, 道徳上の, 道程でも, 遺産の, 遺産を, 郎党も, 郎党を, 部分しか, 部分だ, 部分だけが, 部分だけには, 部将だけは, 部隊で, 酒に, 酒も, 重荷にも, 野辺の, 量と, 金, 金くらいの, 金だ, 金では, 金に, 金は, 金銭で, 金額の, 銭は, 銭を, 開拓にも, 間, 間が, 間しか, 間じゃ, 間で, 間です, 間では, 間と, 間にのみ, 間聞え, 間隙が, 間隙を, 関係が, 陰影でも, 隙で, 隙の, 隙をも, 隙間に, 雑兵輩の, 雪の, 雫までも, 雰囲気の, 雲に, 震動が, 靄が, 青空を, 青草でも, 面積だけ, 面積を, 音楽家たちの, 預金の, 額を, 風に, 風の, 飛沫が, 食料を, 食糧をも, 養分をしか, 香料を, 高低凹凸の, 黒ネズミたちの, 鼻ぐすりで

▼ わずか~ (427, 8.6%)

48 間に 7 あいだに, うちに 5 隙を 4 時間に, 金で, 間の, 間を 3 あいだで, すきま, ところで, 光る粒, 時間で, 言葉で, 金を, 間だった, 間で, 間であった

2 [13件] いいかおり, ことしか, ことで, 人数を, 労働で, 土地を, 時間の, 軽侮と, 部下を, 金に, 間です, 間と, 間も

1 [288件] あいだ, あいだその, あいだだけ, あいだだった, あいだでも, あいだなりとも, あいだ人の, あいだ姿を, お金で, お金の, お銭しか, きわめて容易, ことであった, ことに, ことばを, ことより, ご事蹟, すきを, そでの, たまり水, たよりに, ちがいで, ちがいです, ところだ, ところだけ, ところに, ところにしか, にんずでみの, ひまに, ひまを, ものしか, ものだった, もので, ものでした, ものを, わずらいの, コーヒーの, ズレか, 一時金に, 一瞬動きを, 下着と, 人々をしか, 人だけが, 人にのみ, 人によって, 人の, 人を, 人数で, 人材でも, 人間が, 仕切りを, 仕送りで, 仕送りを, 休みの, 休息の, 休息を, 低地には, 体の, 余りの, 余暇を, 例が, 例に, 侍僕の, 俸給で, 個人が, 個人と, 個人に, 値打ちしか, 儲けでも, 光を, 兵が, 分量しか, 動きで, 勾配の, 区域だけで, 友と, 収穫を, 口実さえ, 古風な, 合力を, 名工から, 命を, 困難と, 土地でも, 土地は, 地代を, 坊さんたちにだけ, 場所に, 場所も, 塵である, 境遇の, 増加が, 変化も, 変化を, 変更の, 天才のみに, 妥協を, 存続からでも, 安全地帯を, 実在性をしか, 実験で, 実験を, 家族は, 家畜と, 家臣だけしか, 家臣と共に, 小門の, 山林も, 山畑と, 崖の, 工作を, 差異そんな, 幕あいを, 年月しか, 延長にしか, 建物に, 建築物は, 影が, 従者を, 心おぼえ, 思い出として, 思慮が, 恃み, 意趣から, 愛嬌さえ, 成功の, 所持品を, 手兵や, 持参金を, 挨拶の, 接触で, 救済を, 数を, 旅行で, 日の, 日数の, 日数を, 明りが, 時の間に, 時を, 時間しか, 時間では, 時間にさ, 時間まるで, 時間を, 時間内だ, 時間感傷の, 時間話し, 暇に, 暇を, 暴風雨にも, 月給で, 期間に, 期間学生として, 材料から, 村里などは, 柿を, 栗を, 機会をも, 欠乏を, 歩行にも, 残飯を, 水分しか, 水流に, 氷水で, 河岸の, 浅水を, 消息にでも, 消費しか, 涙と, 温みを, 滞在日数で, 濁酒に, 灯を, 然し何, 燻製の, 物だ, 物質でも, 狂いが, 玄米とを, 生活道具だけに, 生涯を, 田畑にて, 田畑は, 田畑を, 男女であった, 畑に, 畑を, 皇室直轄領の, 相違が, 着が, 睡眠で, 瞬間だけ, 瞬間を, 知るべを, 知恵に, 石段を, 砂浜が, 硝子戸しか, 禄にも, 秘史を, 程度であっ, 程度であった, 程度の, 積極性の, 空気層が, 窪地の, 精兵を, 紅葉は, 紙切れは, 経費を, 経験においても, 給料で, 給金の, 縁に, 縁故を, 罪を, 美衣美食に, 者より, 自己制御によって, 航海しか, 芋は, 芸術家的気質を, 衛生兵が, 見舞いの, 観客しか, 言葉を, 言葉数だった, 調査を, 財産で, 財産とは, 貯えも, 贈物な, 足がかりを, 距離しか, 距離で, 距離であった, 距離に, 身体の, 車賃を, 近臣を, 遅れ, 道の, 道程の, 違いの, 部下とともに, 部分しか, 部分を, 部分的な, 酒の, 量で, 金しか, 金と, 金の, 金銀家財これを, 金銭の, 銭を, 閑の, 閑を, 間しか, 間であっ, 間でありました, 間である, 間でした, 間では, 間でも, 間ながら, 間チベット仏教を, 間トロトロと, 間艇内を, 間見えなく, 間親しく, 間隔に, 間隙を, 隙に, 隙間から, 隙間からは, 雨でも, 雨にも, 需要の, 面積だけが, 風に, 食料庫ぐらいの, 髪を, 鶏が, 鶏まで, 麦の, 黄色く染めた

▼ わずかばかりの~ (128, 2.6%)

4 金を 2 俸給で, 稀なる, 自然科学の, 酒を

1 [116件] いわゆる社会政策費, おれの, お友達, お金であっ, お金を, しずくしか, ひしげたよう, もので, アベックの, ガラクタを, 不快の, 予算の, 亜寒帯植物が, 仕事を, 余韻が, 個人が, 借金に, 凹みを, 力を, 動詞や, 単語を, 友人達も, 収入では, 口銭を, 品物と, 回顧を, 土地だけ, 土地を, 女を, 安息が, 客扱いの, 家具を, 富者への, 小作地を, 希望が, 平地に, 幸幅を, 庭も, 庭を, 心の, 恨を, 恩給では, 所有品は, 所有物が, 手土産を, 手当で, 持ち金, 旅寝の, 日本人は, 明りを, 書籍も, 月給を, 植木を, 残存兵力は, 水が, 汽車賃が, 油を, 沼の, 泥楊だけの, 湯銭を, 炭を, 爽かさも, 物を, 田を, 田畑に, 白髪まじり, 真の, 科学の, 空が, 空地な, 米を, 粮米と, 粮米などより, 紙包みを, 紙幣を, 給料も, 給料を, 緑地帯が, 練習で, 羊の, 羊歯と, 美しさ, 老年の, 肉で, 胡麻塩の, 芝生を, 荷物の, 荷物を, 葉を, 蘆の, 豆腐を, 財産である, 財産とともに, 貯金は, 資本は, 贅沢で, 距離では, 身の回り品を, 酒で, 金が, 金じゃ, 金で, 金に, 金は, 金子を, 金穀で, 金銀が, 銭の, 銭を, 間でした, 隙間へ, 隠し財産に, 雑穀を, 額では, 食べものや, 黙りこくった客

▼ わずかばかり~ (74, 1.5%)

4 ですが, では 3 残って 2 だが, でも

1 [59件] あまったので, あらわれだした山頂, おりに, かかって, かせぎためたおかねも, しげる草むら, それが, だ, つよい陽, でほんとう, な文明, な竹林, な荷物, はみ出して, まじって, ゴマカシの, ヒュウヒュウ言っ, 似るだけ, 使用され, 冷たそう, 分かること, 十軒ほどの, 口元を, 囘転し, 場処を, 実際よりも, 御話, 心打たれました, 思いついただけの, 思案を, 揚がるそれ, 揚げること, 敷いた畳, 残った鋸屑, 沁み込んだため, 泡を, 消え残った春, 焼け残った山蔭, 狭いくらい, 現れて, 立てた, 縮む, 華やかな, 西へ, 西洋の, 見える山, 見える空, 見える足もと, 見たところ, 認め申候, 赤くなっ, 述べた事柄, 酸性に, 金を, 階下から, 離れたる横道, 雪が, 飛び越えると, 首を

▼ わずかしか~ (67, 1.3%)

5 残って 4 ない 3 なかった 2 ありません

1 [53件] あるいは全く, ござらぬによって, その助け, それから, つづかなかった, ないところ, ないの, ないので, ないん, ない人家, ない私, ない肉, もらわない小遣銭, 伝えられないが, 使用され, 依存しない, 分けて, 増加しなかった, 変化しない, 家が, 寄与しない, 小遣いも, 彼の, 持って, 播かれて, 明晰で, 時間が, 書かないでも, 残らず汽車, 残らないよう, 減少せず, 生えて, 生存しなかった, 発展は, 発達し, 眠りませんでした, 知らなかったが, 腰が, 草の, 見あたらない, 見えないの, 見出されないこと, 言えなかった, 話が, 認められて, 辛抱しない, 連れずかく, 連れて, 違って, 集まらない郵便物, 離れて, 離れないよう, 齎さずまたは

▼ わずか~ (34, 0.7%)

9 はある 3 はあった

1 [22件] あつた, あとは, いいの, かつ重要, ござりまし, ござりまする, しかもまい, その人たち, たりるの, ちょっとしたもの, はございます, はない, 今年も, 全体に, 吉屋信子林芙美子その, 教程以外に, 気がるに, 皆土地の, 皮相な, 調印式が, 賊の, 足りること

▼ わずかでも~ (26, 0.5%)

1 [26件] あの男, いい, お役に立ち得る, すくなくなれ, そのわずか, つかの, なんらか, ほのめかすこと, まじめな, 他の, 共通な, 力を, 可能な, 変形すれ, 寸法が, 懇切な, 成果を, 汲む潮, 清潔な, 興奮する, 蝋燭の, 表したいと, 違えば, 鉄砲の, 離れて, 食料の

▼ わずかながら~ (25, 0.5%)

1 [25件] これを, です, なお続い, 一つ一つ異なっ, 一致しない, 下僕働きし, 出立の, 動いて, 女性心理の, 希望が, 影響し, 押しのけ得たと, 散在し, 新田に, 涼しく窓, 清新の, 目に, 知ること, 窺われるの, 蔵書が, 道が, 配給に, 隠されて, 隠居費と, 青いところ

▼ わずかずつ~ (16, 0.3%)

1 [16件] かたまって, では, でも, 下流の, 働いて, 増加するごとく, 彼女の, 泥が, 眠った, 祈願を, 米に, 肉が, 貯えながら, 身の上話を, 鋏で, 面白くおかしく補修

▼ わずか一年~ (15, 0.3%)

2 の間

1 [13件] くらいのもの, でさらに, のうち, の価格騰貴, の半分, ばかりで, ばかりの生活, ばかり逢わず, ほどの時間, ほど藩, も嫁, を経た, 過つか

▼ わずか~ (13, 0.3%)

2

1 [11件] がね, がほんの, が取っ, が大迫, が賞金, が食料, としてもお前, と信二, と思われます, もう五, もの延した

▼ わずか十日~ (13, 0.3%)

1 [13件] か二週間, だった, で全治, とはたたぬ, にもまだ, にもみたぬ, に足りない, の間, ばかりの予定, ばかりの滞在, ばかりの間, もすぎぬ, も経ない

▼ わずかである~ (12, 0.2%)

1 [12件] かを考え, が二つ, が人格化, が冬, が山, が廊下, が感じ取る, が武蔵, けれどもそれ, ことに, とも言える, と源氏

▼ わずか~ (12, 0.2%)

2 刻の 1 世紀である, 世紀の, 世紀より, 刻, 刻ばかりが, 杯ほど, 町ほどの, 里, 里ほどに, 里を

▼ わずか半年~ (11, 0.2%)

1 [11件] そこそこで, たらずで, で千両箱, にも足らない, に足らぬ, のあいだ, ばかりおりました, ほどの間, ほど後, ほど楽しい, ほど見なかつた

▼ わずか三日~ (10, 0.2%)

1 で開城, で陥ちたの, のたたかい, の問題, の火華, の間款待, ばかりである, ばかりの半蔵, ほどだった, またいつ

▼ わずか二日~ (10, 0.2%)

1 か三日, だけおくらし, だった, の後, の間, ばかりで死んだ, ばかりの内, ほどのうち, まえに, 経った今日

▼ わずか二人~ (9, 0.2%)

1 か三人, に突き崩され, に過ぎなかった, のこと, の人間, の公卿, の武者, の男児, の者

▼ わずか十里~ (9, 0.2%)

1 か十五里, しかありませぬ, じゃこの, ついに江陵, という歩み, ながらもえらい, の地点, の浜松, の郊外

▼ わずかながらも~ (8, 0.2%)

1 あかりが, お金を, 国家の, 差異が, 我が家に, 私は, 財を, 隙間が

▼ わずかなる~ (8, 0.2%)

1 共通の, 地積に対して, 幾人かの, 往来の, 水面の, 結論の, 緑を, 高低の

▼ わずかより~ (8, 0.2%)

1 できない貴族品, ない, ないの, なかった, 出来ないもの, 出来ない事, 残らぬ, 織られませんが

▼ わずか~ (8, 0.2%)

2 連れたのみ 1 こぼして, 使えば, 働いて, 残し一陣, 連れ急ぎ, 隔てて

▼ わずか三人~ (8, 0.2%)

1 が出た, と知れた, に減じられ, のセーラー, の人間, の召し, の子供, ばかり連れた

▼ わずか五年~ (8, 0.2%)

1 くらいのうち, しか経たない, でありましたけれども, で夭折, にし, の間, ほど逢わない, を徳川十三代

▼ わずか半日~ (8, 0.2%)

2 のま 1 その夜, で行き渡りました, ともたたない, のうち, の暇つぶし, の間

▼ わずかこの~ (7, 0.1%)

1 二人ぐらいの, 五十年で, 五年間でも, 十年以来の, 半年の, 四五分の間に, 数語に

▼ わずかずつの~ (7, 0.1%)

1 ちがいは, 変化を, 小川が, 柴や, 水量は, 物品を, 相異

▼ わずかそれ~ (7, 0.1%)

1 から三年後, から十日, から数時間, くらいの机上, と見える, に染めあげる, らしい一つ

▼ わずかなお~ (7, 0.1%)

1 ひまを, 手伝いを, 斎糧で, 給金の, 道具を, 酒を, 隙も

▼ わずか一日~ (7, 0.1%)

2 のうち 1 か二日, で死ん, に過ぎない, のいくさ, のま

▼ わずかなま~ (6, 0.1%)

1 に修理, に全面, に平家一門, に数百, に立川流, に著しく

▼ わずか一分~ (6, 0.1%)

1 あるかなしか, か二分, ぐらいの甲殻類, のうち, ばかりの後, ほどの間

▼ わずか一夜~ (6, 0.1%)

3 のうち 1 しか泊まらなかった, だけでも一個一個, の出来事

▼ わずか一時間~ (6, 0.1%)

1 で東京, に減らし, に片付け, のうち, ばかりで, や二時間

▼ わずか一週間~ (6, 0.1%)

1 しか残っ, でも自分たち, で帰れ, で読書, ばかりの間, をもってはかなく

▼ わずか一里~ (6, 0.1%)

2 の道程 1 しか隔て, でご, にし, ほど行った

▼ わずか二三日~ (6, 0.1%)

1 して, でも彼, で完成, で自分, の間, を余す

▼ わずか二千~ (6, 0.1%)

1 と聞く, の兵, の残兵, ほどしかおりませんでした, もし恐れ, や三千

▼ わずか五百~ (6, 0.1%)

2 の兵 1 ぐらいに過ぎなかった, このよう, の部下, ばかりだ

▼ わずか十騎~ (6, 0.1%)

2 をつれ 1 で平然と, ばかりで, ばかり連れ, ほど連れ

▼ わずか数年~ (6, 0.1%)

3 の後 2 にし 1 の比率

▼ わずかだった~ (5, 0.1%)

1 が畔, しとても, し父, のだ, 休息から

▼ わずかです~ (5, 0.1%)

1 がね, がはげしく, けれども川, けれども改めて, むし平生の

▼ わずか七日~ (5, 0.1%)

2 の後 1 で陥ちて, という期間, と経たない

▼ わずか~ (5, 0.1%)

3 た月 1 た夜, た間

▼ わずか二三~ (5, 0.1%)

1 にとどまっ, ねんのあいだ, の人, の個所, の書簡

▼ わずか十分~ (5, 0.1%)

2 ばかりの間 1 くらいの間, というあいだ, ほどの間

▼ わずか十名~ (5, 0.1%)

1 たらずの, に足らない, のわが, ばかり連れ, ほどな

▼ わずか四五日~ (5, 0.1%)

2 の間 1 しかない, のうち, の船路

▼ わずか数日~ (5, 0.1%)

1 のあいだ, ののち, のま, の滞在, の間

▼ わずかであり~ (4, 0.1%)

1 その生活, ながら感じ, 人間の, 従って労働

▼ わずか~ (4, 0.1%)

1 その月, なった, 覚悟し, 試合場の

▼ わずかなり~ (4, 0.1%)

1 とも博愛, とも実際, とも薄弱, と妾

▼ わずか一尺~ (4, 0.1%)

1 ぐらいな, ばかりのところ, ほどしか残っ, ほどに過ぎない

▼ わずか一間~ (4, 0.1%)

1 か二間, たらずの, と隔てぬ, の間隔

▼ わずか七枚~ (4, 0.1%)

2 の小品 1 の作品, ばかりの小品

▼ わずか三年~ (4, 0.1%)

1 ぐらいしか経っ, たつか, にし, の御

▼ わずか三月~ (4, 0.1%)

1 とたたぬ, とはたたぬ, の間, 経たない間

▼ わずか三百~ (4, 0.1%)

1 にも足らぬ, の小勢, の手勢, ほどの兵

▼ わずか二十日~ (4, 0.1%)

1 たちまち京, の間, ほどで再び, ほどのち

▼ わずか二年~ (4, 0.1%)

1 か三年, で加藤家, ばかりの間, 見ぬ間

▼ わずか五六年~ (4, 0.1%)

1 しかなかっ, にしかならん, の観察, の間

▼ わずか五百騎~ (4, 0.1%)

1 しかし再起, というか, の兵, ばかりを以て天界橋

▼ わずか六人~ (4, 0.1%)

1 しかつれ, のいや, の共同生活, の話しあい

▼ わずか十年~ (4, 0.1%)

1 たらずの, とした, ともいわぬ, も前

▼ わずか十数騎~ (4, 0.1%)

1 しか見えなかった, で乱軍, に討ち減らされ, を連れ

▼ わずか数名~ (4, 0.1%)

1 しかいなかった, の兵, の者, の近侍

▼ わずか数時間~ (4, 0.1%)

2 のうち 1 でことごとく, のお

▼ わずか百日~ (4, 0.1%)

1 たらずの, とたたな, に足らぬ, のお

▼ わずかその~ (3, 0.1%)

1 中一〇八家族が, 二つだけが, 半に

▼ わずかばかりしか~ (3, 0.1%)

1 なかった, 刻まないうち, 見えて

▼ わずかふたり~ (3, 0.1%)

2 の敵 1 の従者

▼ わずか~ (3, 0.1%)

1 と夜, と月, 小部分

▼ わずか一二町~ (3, 0.1%)

2 のところ 1 ほどしか離れ

▼ わずか一部分~ (3, 0.1%)

1 が外国穀物, にすぎない, を所有

▼ わずか三十歳~ (3, 0.1%)

1 ぐらいであった, の若, の著者

▼ わずか三時間~ (3, 0.1%)

1 に過ぎなかった, のうち, の旅

▼ わずか九歳~ (3, 0.1%)

1 だった, だったが, の年長

▼ わずか二十騎~ (3, 0.1%)

1 ばかりに守られ, ほどを従え, ほどを連れ

▼ わずか二度~ (3, 0.1%)

1 か三度, しか逢っ, ほどな

▼ わずか二時間~ (3, 0.1%)

1 か三時間, ぐらいの研究会, たらずに

▼ わずか二里余~ (3, 0.1%)

1 でしかない, のさき, の道

▼ わずか二間~ (3, 0.1%)

1 しかない, の茶屋, ばかりの間

▼ わずか五分~ (3, 0.1%)

1 ばかりのところ, ばかりはいっ, ほど曵く

▼ わずか五分間~ (3, 0.1%)

1 で名残り, にやっ, のうち

▼ わずか八歳~ (3, 0.1%)

1 といういたいけ, のルイ・シャルル, の子供

▼ わずか六歳~ (3, 0.1%)

2 の少年 1 の幼少

▼ わずか十六歳~ (3, 0.1%)

1 のすこぶる, の牛若さま一人, の頃

▼ わずか十町~ (3, 0.1%)

1 ほどしかございません, ほどしか距, ほど先

▼ わずか四つ~ (3, 0.1%)

1 しかない, で母, の絃

▼ わずか四五人~ (3, 0.1%)

1 で揚羽蝶, の武者, の貧しい

▼ わずか~ (3, 0.1%)

1 一里蟹江川の, 二里, 部分が

▼ わずか数分~ (3, 0.1%)

1 だけそれ, よりかかりません, 行くと

▼ わずか数千~ (3, 0.1%)

2 の兵 1 に過ぎますまい

▼ わずか数騎~ (3, 0.1%)

1 となっ, と共に丘, と身

▼ わずか残っ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 てい

▼ わずか百年~ (3, 0.1%)

1 か百五十年, しか先んじなかった, にも足らぬ

▼ わずか~ (2, 0.0%)

1 かく移転, 器具機械及び

▼ わずかこれ~ (2, 0.0%)

1 が二度目, っぱかしの石

▼ わずかそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の機縁, の額

▼ わずかだけ~ (2, 0.0%)

1 さした日光, 弱いレーダー電波

▼ わずかであっ~ (2, 0.0%)

1 てその, て見

▼ わずかであった~ (2, 0.0%)

1 がその, がそれでも

▼ わずかな選ばれた~ (2, 0.0%)

2 者に

▼ わずかのま~ (2, 0.0%)

1 にそこ, に遠く

▼ わずかばかりより~ (2, 0.0%)

1 多くそして, 少く与えよ

▼ わずかまだ~ (2, 0.0%)

1 一ヵ月を, 一刻半

▼ わずか~ (2, 0.0%)

1 わずかほんの, 距って

▼ わずか一つ~ (2, 0.0%)

1 の弱音器記号, の暴動

▼ わずか一ト月~ (2, 0.0%)

1 のうち, ほどの間

▼ わずか一円~ (2, 0.0%)

1 か二円, の金

▼ わずか一刻~ (2, 0.0%)

1 の後, ほどしか彼女

▼ わずか一坪~ (2, 0.0%)

1 の部屋, ほどの小さな

▼ わずか一基~ (2, 0.0%)

1 の窯, の高札文

▼ わずか一年余~ (2, 0.0%)

1 しか経っ, でしか

▼ わずか一年足らず~ (2, 0.0%)

1 で叔父, の間

▼ わずか一日半~ (2, 0.0%)

1 しかない, で片づいた

▼ わずか一月~ (2, 0.0%)

1 の相違, ばかりの幸福

▼ わずか一杯~ (2, 0.0%)

1 のあったかい, のビール

▼ わずか一箇月~ (2, 0.0%)

1 で出来る, の留学

▼ わずか一里余~ (2, 0.0%)

1 でしかない, の距

▼ わずか七百~ (2, 0.0%)

2 の兵

▼ わずか三分間~ (2, 0.0%)

1 か五分間, の変装

▼ わずか三十分~ (2, 0.0%)

1 が二, ほどの戦闘

▼ わずか三十年~ (2, 0.0%)

1 か四十年, で行われた

▼ わずか三十騎~ (2, 0.0%)

1 に討ちへらされ, ばかりひい

▼ わずか三千~ (2, 0.0%)

1 に足らなかった, の兵

▼ わずか三名~ (2, 0.0%)

1 である, では

▼ わずか三四十人~ (2, 0.0%)

1 にすぎなかった, の隊伍

▼ わずか三四十騎~ (2, 0.0%)

1 と共に小, にすぎなかった

▼ わずか三尺~ (2, 0.0%)

1 ばかりにし, も隔

▼ わずか~ (2, 0.0%)

1 三日の, 三日ほど

▼ わずか二つ三つ~ (2, 0.0%)

1 の羽ばたき, の色あい

▼ わずか二センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの魚, ほど開い

▼ わずか二ヵ月~ (2, 0.0%)

1 たった八月, の間

▼ わずか二万石~ (2, 0.0%)

1 の小, ほどの小

▼ わずか二三丁~ (2, 0.0%)

1 の暗闇, ばかり背後

▼ わずか二三分~ (2, 0.0%)

1 たらずの, で尽き

▼ わずか二三年~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, のうち

▼ わずか二三時間~ (2, 0.0%)

1 の注意, 縮める為

▼ わずか二三歩~ (2, 0.0%)

1 を離れた, 離れたところ

▼ わずか二分~ (2, 0.0%)

1 ばかりの蚤沙魚, ばかりの間

▼ わずか二刻~ (2, 0.0%)

1 ばかりの違い, を過ぎぬ

▼ わずか二十二歳~ (2, 0.0%)

1 だと, であったの

▼ わずか二十分~ (2, 0.0%)

2 ほどの間

▼ わずか二十分の~ (2, 0.0%)

1 射ちあいで敵, 戦いで

▼ わずか二十名~ (2, 0.0%)

1 たらず一手, ほどしかおらんで

▼ わずか二十四時間~ (2, 0.0%)

1 で見事, のうち

▼ わずか二十秒~ (2, 0.0%)

1 くらいな, で潜水

▼ わずか二回~ (2, 0.0%)

1 の地震, 訪れただけ

▼ わずか二尺~ (2, 0.0%)

1 か三尺, に足らない

▼ わずか二日間~ (2, 0.0%)

1 で跡かた, にその

▼ わずか二百万~ (2, 0.0%)

1 が同数, であるとして

▼ わずか五人~ (2, 0.0%)

1 とある, と見

▼ わずか五六人~ (2, 0.0%)

1 しか居ない, の手兵

▼ わずか五六十人~ (2, 0.0%)

1 になりました, の影

▼ わずか五十両~ (2, 0.0%)

1 だが, ばかりの奉公人

▼ わずか五十年~ (2, 0.0%)

1 という, といつた

▼ わずか五十銭~ (2, 0.0%)

1 か一円, ばかりの金

▼ わずか五千~ (2, 0.0%)

1 に足らぬ, の士卒

▼ わずか五寸~ (2, 0.0%)

1 に足りない, ほどで

▼ わずか五年前~ (2, 0.0%)

1 には山陰無類, をかえりみれ

▼ わずか五日~ (2, 0.0%)

1 か十日, その月十七日

▼ わずか五秒~ (2, 0.0%)

1 かものの十秒, しかたたない

▼ わずか五銭~ (2, 0.0%)

1 のもと手, ばかり買い

▼ わずか作曲家~ (2, 0.0%)

2 の友人

▼ わずか八人~ (2, 0.0%)

1 ほどである, よりござらぬ

▼ わずか八年~ (2, 0.0%)

1 か十年, ばかりの辛苦

▼ わずか六七ヵ月~ (2, 0.0%)

1 で一通り, 学んだだけで

▼ わずか六七名~ (2, 0.0%)

1 の小, をうしろ

▼ わずか六尺~ (2, 0.0%)

1 しか丈, ばかりの空地

▼ わずか~ (2, 0.0%)

1 ている, てくる

▼ わずか十七歳~ (2, 0.0%)

1 で, の少年

▼ わずか十三ページ~ (2, 0.0%)

2 の小品

▼ わずか十九歳~ (2, 0.0%)

1 であった, の頃

▼ わずか十二隻~ (2, 0.0%)

2 の恐竜型潜水艦

▼ わずか十五分~ (2, 0.0%)

1 か二十分, で賢島

▼ わずか十人~ (2, 0.0%)

1 しか僧侶, じゃ御

▼ わずか十六七歳~ (2, 0.0%)

1 で或いは, の若者

▼ わずか十円~ (2, 0.0%)

1 でございますから, の才覚

▼ わずか十年前~ (2, 0.0%)

1 には見られなかった, の京都

▼ わずか十数人~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかった, の部下

▼ わずか千分の一秒~ (2, 0.0%)

1 という短, という非常

▼ わずか半ば~ (2, 0.0%)

1 で加えられた, を生産

▼ わずか半年あまり~ (2, 0.0%)

1 の間, の附き合い

▼ わずか半数~ (2, 0.0%)

1 が結婚, しか産ん

▼ わずか半月足らず~ (2, 0.0%)

1 でしかなかっ, で完成

▼ わずか四ヵ月~ (2, 0.0%)

1 でこれ, ばかりしか経たない

▼ わずか四五十人~ (2, 0.0%)

1 しかなかっ, を連れた

▼ わずか四五尺~ (2, 0.0%)

1 の間隔, の隔て

▼ わずか四五年~ (2, 0.0%)

1 のま, をへだて

▼ わずか四五百騎~ (2, 0.0%)

1 しか余し, ばかりで

▼ わずか四五騎~ (2, 0.0%)

1 の残る, をつれた

▼ わずか四時間~ (2, 0.0%)

1 だけの間, で着いた

▼ わずか四百~ (2, 0.0%)

1 たらずである, をひ

▼ わずか四間~ (2, 0.0%)

1 だが, の渡り廊下

▼ わずか~ (2, 0.0%)

1 さえ二七, も一つちがい

▼ わずか数ヵ月~ (2, 0.0%)

1 で廃業, で東京

▼ わずか数人~ (2, 0.0%)

1 の巧妙, 具したぎりで神拝

▼ わずか数年後~ (2, 0.0%)

1 のその, のそれ

▼ わずか数百騎~ (2, 0.0%)

1 の供, をつれた

▼ わずか数行~ (2, 0.0%)

1 だった, の当時

▼ わずか数語~ (2, 0.0%)

1 でもって指摘, でアラス

▼ わずか数里~ (2, 0.0%)

1 の間近, を離れた

▼ わずか数銭~ (2, 0.0%)

1 を以て鬻ぐ, を投ずれ

▼ わずか昨日~ (2, 0.0%)

2 から今日

▼ わずか~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ一里

▼ わずか残った~ (2, 0.0%)

1 バケツの, 手廻の

▼ わずか百人~ (2, 0.0%)

1 で, の人間

▼ わずか百余騎~ (2, 0.0%)

1 だけを残し, をひきい

▼ わずか離れ~ (2, 0.0%)

1 て下枝, て小岩

▼ わずか離れた~ (2, 0.0%)

1 所ノートル・ダーム橋の, 童子という

▼1* [752件]

わずかあった金に, わずかあと三十人ばかりひとつ精, わずかあと四つの数, わずかあれから三箇月後, わずかいっときのあいだ, わずかえったりしたら, わずかかわした雪之, わずかくるとだしぬけ, わずかこういう簡単な, わずかここ四五年の間, わずかこの世での出来事, わずかしかしこのくらいの, わずかしかしていないかを, わずかしかつめらしい空気で, わずかしか係としての役目, わずかしばらくだったが, わずかすぎたと思った, わずかずつしかよめないが, わずかずつでも要ったの, わずかずつにせよ大きく, わずかずつを割いて, わずかそうしたことすら, わずかそれ一筋で繋ぎ, わずかだけをささげて, わずかつえの先, わずかつくっただけだ, わずかつま先がのる, わずかづつ支給して, わずかであれ疑いを, わずかでしたが受持ち, わずかでしょうが金, わずかでもの希望を, わずかとってあと, わずかとはいえそれでも, わずかと共に猛然たる, わずかなうなり声さえも, わずかながらでもおこづかい金, わずかなしかも浅い, わずかなすすぎ洗たく位この頃, わずかならかまわないが多く, わずかなりとも疑うこと, わずかな光りが味, わずかな支えばしら, わずかな煙りがフツ, わずかな肖似の点, わずかな阿闍利さまの, わずかにかの人々は, わずかにしか傾斜しない, わずかにはいって, わずかのみこめるだけで, わずかしの, わずかばかし遺して, わずかばかりが迷って, わずかばかりだけですわい, わずかばかりにせよこれ, わずかひと月であらかた, わずかふた月でも, わずかほど左の, わずかほんの目ば, わずかどろっこしい感じ, わずかまえに試合, わずかまる三年とも, わずかもちがったことは, わずかよりいないのである, わずかよりしか扱わない, わずかよりできずわずかの, わずかイゾンゾ河の下流, わずかティコ・ブラーヘのとき, わずかデノアイエ料理店で十五スー, わずか一〇〇頁そこそこだったとは, わずか一そうの船, わずか一インチ厚さ, わずか一カ所に二躰, わずか一カ月半ばかりの時日, わずか一フィートのところ, わずか一ミリメートル上のところ, わずか一メートルばかりの高, わずか一メートル立方の箱, わずか一ヵ月の間, わずか一ヵ月あまりでこれ, わずか一ヵ月足らずにて凱旋, わずか一ヶ月二タ月のほど, わずか一・七度しかちがっ, わずか一・四マイルの中間〇・七マイル, わずか一一三〇〇〇ではなく, わずか一丁ばかりの路, わずか一七〇であること, わずか一万に足らなかった, わずか一世紀の昔, わずか一二カ月の中, わずか一二円の金, わずか一二寸それが低い, わずか一二年の間, わずか一二枚しか残っ, わずか一二秒のため, わずか一二種に過ぎない, わずか一二行の文句, わずか一五〇〇〇〇タン超過するに, わずか一五年の倍加期間, わずか一人や二人, わずか一人三四百円の小遣い, わずか一個よりない, わずか一冬の観測, わずか一分五十秒の観測, わずか一分間で反転現像, わずか一刻半の合戦, わずか一割に足らぬ, わずか一匹の, わずか一区の田, わずか一千たらずの, わずか一千万円である, わずか一千余騎にすぎない, わずか一回のカケ金, わずか一国半である, わずか一城に懸っ, わずか一声でもう, わずか一学期だけのこと, わずか一寸ぐらいしか不足, わずか一小吏の扱い事, わずか一尺二寸ばかりの短い, わずか一尺五寸ぐらいだろう, わずか一平方センチメートルの百分の一, わずか一年そこそこのうち, わずか一年半ばかりの間, わずか一年後の今日, わずか一年潜水艦でレイテ, わずか一弾指の間, わずか一昼夜のうち, わずか一時でよい, わずか一時代前まではすべて, わずか一時間あまりで全部艇内, わずか一時間半という短時間, わずか一時間足らずで汽車, わずか一書簡の虚実, わずか一月近くの間, わずか一本の芭蕉, わずか一村の内, わずか一歩あとから, わずか一滴の水, わずか一点の差, わずか一片四分の一を支払った, わずか一町か二町, わずか一畝に足らぬ, わずか一県の尉, わずか一票の差, わずか一箇年の比率, わずか一舟の席, わずか一行にも足らない, わずか一言でたちまち, わずか一語でも貴下, わずか一跳躍で地面, わずか一軒の某, わずか一週約十五ペンス, わずか一部面であるに, わずか一里余りの所, わずか一里半しかない, わずか一里弱でしかなかっ, わずか一銭と, わずか一階を隔つる身, わずか一%だけ変動, わずか七二三一四一なの, わずか七人どうにもならぬ, わずか七八人の近侍, わずか七八分の距離であった, わずか七八十両の借金, わずか七八十人の味方, わずか七八合顔良の一喝, わずか七八名を身, わずか七十人や八十人, わずか七十余騎で, わずか七千五百程度であった, わずか七千人しか残っ, わずか七千石忠正にし, わずか七千石足らずの小城ひとつ, わずか七回でもってその, わずか七年前だ, わずか七息か十息, わずか七日前のこと, わずか七百余騎にて二千余騎, わずか七百匁の火薬, わずか七百騎ほどに過ぎなかった, わずか七石二人扶持の小役, わずか七里ばかりの自分, わずかねんとた, わずか三〇年そこそこの間, わずか三つにお, わずか三まわり輪に巻けた, わずか三ミリのガラス玉, わずか三万当年の曹操, わずか三万石の小, わずか三両と二分二朱, わずか三五葉すなわち一四%, わずか三人きりで豊臣家, わずか三分ぐらいで行かれる, わずか三分のちのこと, わずか三分二十秒で百七十キロ, わずか三十センチの銀色, わずか三十七年後の昭和八年三月三日, わずか三十七篇の沙翁, わずか三十九分のうち, わずか三十五分の後に法水一行, わずか三十人ほどな, わずか三十余日麾下の武者, わずか三十余騎に討ちへらされた, わずか三十六歳でしか, わずか三十六里にたらない, わずか三十年位前の話, わずか三十年前に恐ろしい, わずか三十文のところ, わずか三十町程しかない, わずか三十秒で終り, わずか三千人をもって一, わずか三千石より一躍, わずか三升ばかりある, わずか三厘三毛ほどで甚小便, わずか三四の散在, わずか三四人に過ぎなかった, わずか三四分の同乗に依っ, わずか三四十の者, わずか三四十年の間, わずか三四十日でこと, わずか三四十秒のあいだ, わずか三四十銭の小銭, わずか三四千の寡兵, わずか三四名に過ぎない, わずか三四回で毎月, わずか三四回振動するだけ, わずか三四年見ない間, わずか三四百メートルのところ, わずか三年九ヵ月ばかりしか作品発表, わずか三年位の間, わずか三年前のこと, わずか三年後の今, わずか三年目であった, わずか三日目があの, わずか三日路たらずの, わずか三日間の所, わずか三本の矢, わずか三歳四カ月の筆者, わずか三畳敷の小室, わずか三百人ぐらいな部下, わずか三百余をひっさげ, わずか三百円で姉, わずか三百騎にて取って返し, わずか三百騎足らずとなり終っ, わずか三茎の花, わずか三行ばかりの言葉, わずか三軒の家, わずか三週間たらずで全, わずか三部屋を隔てた, わずか三間か四間, わずか三隻この小さい, わずか上まわっていた, わずか三日で, わずか丸薬ほどの大き, わずか丹波一国を書き入れ, わずか九カ月ばかりで破れ, わずか九ツでしかない, わずか九停留場の間, わずか九十年ほど前, わずか九挺になっ, わずか二〇〇〇磅の固定資本, わずか二〇〇メートルくらいのこの, わずか二〇年とし, わずか二つの小さな, わずか二タ刻天もまだ, わずか二タ刻遅れだった, わずか二タ所だけニス塗り, わずか二タ月ほどな, わずか二タ月足らずだった, わずか二丁たらずの, わずか二万人に過, わずか二万四千七百九十四方里の孤島, わずか二三びきしか釣れなかった, わずか二三インチ先の底, わずか二三ヶ国の語, わずか二三両では, わずか二三人の子供, わずか二三十でほんの, わずか二三十マルクの生活費, わずか二三十人の小隊, わずか二三十分ながらとにかく, わずか二三十名の銃口, わずか二三十枚のもの, わずか二三千人ぐらい家屋その他, わずか二三千円の俸給, わずか二三寸ずつ切ッ先, わずか二三尺のど, わずか二三尾を追いまわし, わずか二三年多くも四年, わずか二三枚の便箋, わずか二三株ほど眼界, わずか二三百ほどな, わずか二三百メートルのところ, わずか二三秒間に完了, わずか二三言を発する, わずか二三軒かと思ったら, わずか二三間しかなかっ, わずか二両さ, わずか二代か三代, わずか二倍の労働量, わずか二元という事, わずか二分の金を惜しん, わずか二分前まで敵機襲来, わずか二分足らずであった, わずか二分間でかきけすよう, わずか二十センチのすき, わずか二十マイルそこそこの処, わずか二十一日目にはもう, わずか二十七人という窮状, わずか二十七歳の弱冠, わずか二十七銭であった, わずか二十三両で買ったほりだし, わずか二十三年にこれ, わずか二十三歳のとき, わずか二十九歳だった, わずか二十五両ということ, わずか二十五歳の青年, わずか二十余名ほどなく呉, わずか二十余日のあいだ, わずか二十六人に決まった, わずか二十円ばかりの金, わずか二十四名といういわば, わずか二十四歳で中, わずか二十字にすぎない, わずか二十年の間, わずか二十年前なる我が, わずか二十年足らずの清洲, わずか二十戸ばかりの中, わずか二十数分のあいだにふたり, わずか二十数名の兵, わずか二十数年余りで彼, わずか二十数騎曹操はかえりみ, わずか二十文か百文, わずか二十日程で完了, わずか二十日間に過ぎなかった, わずか二十歩ほどしか逃げ, わずか二十歳で, わずか二十軒ながら木曽義仲, わずか二十銭の古, わずか二十騎足らずというあわれな変り, わずか二千余だ, わずか二千騎でどうして, わずか二口足らずのパイン, わずか二号で廃刊, わずか二名をそれ, わずか二夜か三夜, わずか二太刀合わせたばかり, わずか二字の問, わずか二尋位の所, わずか二尺八寸余の小像, わずか二年余見ざりしうち, わずか二年足らずしかこの世, わずか二日ちがいで朝廷, わずか二日最愛の父, わずか二日道使いをやっ, わずか二時間あまりもこの, わずか二時間前にその, わずか二時間足らずのうち, わずか二月ほどの役, わずか二歳で帝位, わずか二百三十名ほどで守っ, わずか二百五十トンでみな, わずか二百人となっ, わずか二百余人にすぎなかった, わずか二百八十余尺という円い, わずか二百輛になっ, わずか二百部で断念, わずか二百騎ぐらいしか見えなかった, わずか二秒間で撮る, わずか二箇の家臣, わずか二貫余平均となった, わずか二週間しか彼女, わずか二里ほどしかなかっ, わずか二里半ばかりです, わずか二里足らずですが, わずか二銭違いで上下, わずか二騎となっ, わずか二%しか占めてない, わずか五カ月で藩士団, わずか五メートル四方ぐらいのほら穴, わずか五七人だけだった, わずか五万その五万, わずか五万フランで買入れた, わずか五万円の出資, わずか五両か十両, わずか五六ぴきしかありません, わずか五六分の間に認められた, わずか五六十名の馬超軍, わずか五六十年を溯らない, わずか五六十戸しかない貧しい, わずか五六十騎を連れ, わずか五六名の影, わずか五六度しかも同じ, わずか五六日間には過ぎない, わずか五六歩ばかり離れた, わずか五六町のあいだ, わずか五六行である, わずか五六間の距離, わずか五分の一を徴収, わずか五分の差ですけれども, わずか五十キロでドイツ, わずか五十スーしかふところ, わずか五十人足らずの主従, わずか五十余戸の村民これ, わずか五十哩というところ, わずか五十石八人扶持にご, わずか五十石暮らしの軽輩, わずか五十騎ばかりで, わずか五千フィートくらいにすぎない, わずか五千哩の海岸, わずか五尺の体, わずか五年間ほどの間, わずか五拾銭値上げをされた, わずか五日前に中央部, わずか五日目に言い渡し, わずか五日間の短い, わずか五時間たらずで, わずか五歳でしか, わずか五百メートルのところ, わずか五百五十文のメリ, わずか五百戸に足らぬ, わずか五百歩ばかりにすぎなかった, わずか五粒か六粒, わずか五週間で強敵フランス, わずか五里の城下, わずか五里余りである, わずか五隻となっ, わずか人間一代のうち, わずか今日で十日程, わずか以上となる, わずか以前は伊豆半島, わずか現に, わずか伝法院の一宇, わずか何寸かの距離, わずか何日かがそんな, わずか作っている, わずか八つになった, わずか八十をもって三, わずか八十五浬の西北, わずか八十余騎の小勢, わずか八十年にも足らぬ, わずか八十浬ほど離れた, わずか八千に足りなかった, わずか八名の召使, わずか八文七分で女, わずか八日の間, わずか八日後の明け, わずか八町歩だったと, わずか八百人ほど残れる, わずか八百騎ほどの味方, わずか八粁か十粁, わずか八騎となっ, わずか六キロである, わずか六スーしか残っ, わずか六七であったもの, わずか六七百の小勢, わずか六七騎の腹心, わずか六分の一というたいへん, わずか六十両や七十両, わずか六十年にはなつた, わずか六十日ばかりで, わずか六千戸でそのうち, わずか六千石でございました, わずか六字でもこと, わずか六日か八日, わずか六時間でサクラ湾, わずか六海里でしか, わずか六箇年間に七倍以上, わずか六部屋目の近, わずか六銭という剰, わずか六錢に掛合此, わずか兵五百をあずけ, わずか冷笑の塵, わずか切米十俵二人扶の小身, わずか残した稲, わずかに見た, わずかにしかならない, わずか十センチぐらいの浅い, わずか十メートルほどゆく, わずか十ヤードほどゆく, わずか十一二間彼が対岸, わずか十七八名でさまよって, わずか十七八年前には武蔵, わずか十七字の俳句, わずか十七文字であって, わずか十万フランの出血治療, わずか十三にしかならぬ, わずか十三歳で六十七万石, わずか十三騎とまでなっ, わずか十両である, わずか十九年の短い, わずか十九隻になっ, わずか十二三時間の時間, わずか十二三枚の薄い, わずか十二三里の近, わずか十二分であった, わずか十二分の一不足しても, わずか十二戸三四十人余りの人, わずか十二歳の子供, わずか十二秒という短い, わずか十五六にちのあいだ, わずか十五六人に過ぎなかった, わずか十五六歳の少年五, わずか十五分の差でね, わずか十五分の間にそう, わずか十五名になっ, わずか十五年ぐらいしかたたず, わずか十五日でその, わずか十五歳だそう, わずか十五町くらいで, わずか十五間か二十間, わずか十人あまりの味方, わずか十余年の間, わずか十個に足りない, わずか十八であったが, わずか十八ペンスを受取っ, わずか十八戸の民, わずか十八時間に各社, わずか十六の紫, わずか十六名を具し, わずか十六日しか一つ, わずか十分の一の三百名, わずか十吟にも足らない, わずか十四のとき, わずか十四五分たった後, わずか十四五回ぐらいのもん, わずか十四五年のうち, わずか十四五歳の少年, わずか十四円八十銭で事足らす, わずか十四歳の小坊主, わずか十坪か二十坪, わずか十尋になった, わずか十年内に楚王后, わずか十年眼のあたり, わずか十戸ほどのこの, わずか十数冊残って, わずか十数分を距, わずか十数分の間でたわい, わずか十数年の星霜, わずか十数日で頬, わずか十数時間の飛行, わずか十数行にすぎない, わずか十数里である, わずか十日あまりであった大町米子さん, わずか十日余りだった, わずか十日前のこと, わずか十日程な間, わずか十日間の見物, わずか十時間ばかりで, わずか十時間のちのこと, わずか十月の後, わずか十歩先に何やら, わずか十歳か十一歳, わずか十畳の一室, わずか十語でもすます, わずか十貫目金子四百六十枚に過ぎなかった, わずか十銭の船賃, わずか十銭足らずだった, わずか十間か二十間, わずかかせいぜい, わずか千メートルばかりのところ, わずか千五百フランで大事, わずか千余の兵, わずか千余騎を内, わずか千早の城一つ, わずか千部しか刷らなかった, わずか半年ぶりのあわただしい, わずか半年先の変化, わずか半日半夜のうち, わずか半月の推移, わずか半月ぶりで接した, わずか南東にある, わずか叩き割り刃物を入れ, わずかするか, わずか右上にうす黒く, わずか吐息をつく, わずか一つの, わずか四ヒロぐらいの浅場, わずか四マイルや五マイル, わずか四・八八三で四箇年, わずか四五ないし四六分の一, わずか四五十人足らずであった, わずか四五十名の軽装, わずか四五十年の間, わずか四五十銭でしたが, わずか四五十騎しか戻っ, わずか四五千の赤松勢, わずか四五名に過ぎなかった, わずか四五本の細い, わずか四五百メートルの高, わずか四五行のところ, わずか四五里の違い, わずか四人を連れた, わずか四人半しかいない, わずか四億五千万円になっ, わずか四分のちには波, わずか四十九人だったという, わずか四十余日の後, わずか四十八万石しかない, わずか四十六名だけがゆくりなく, わずか四十四五人となり果てた, わずか四十日ばかりの後, わずか四十浬のところ, わずか四半刻ばかりのその, わずか四名だったそう, わずか四哩の道程, わずか四尺ほどで行き当る, わずか四尺一寸なれども, わずか四年の独学, わずか四年一八五八年に英国, わずか四年半間隔であること, わずか四日で集められます, わずか四日半で着いた, わずか四日目にしかならなかった, わずか四日間の合戦, わずか四月の間, わずか四枚では, わずか四歳の小さな, わずか四港でその他, わずか四百人しかし士気, わずか四百頭分にすぎなかった, わずか四週間だけだ, わずか四里余の道, わずかって, わずかを追われた, わずか増加させまた, わずか売るよりもだらし, わずか夜光の時計一つ, わずかばかり後足尺, わずか少しの辛抱, わずか少なものである, わずか山一つを距, わずか山脈を一つ, わずかの方, わずか帽子ピンほどの孔, わずか年歯二十三四くらいの若, わずか幾つかの呼吸, わずか廊下を七八間, わずか廻り込もうとした, わずか第の, わずか張りを覚える, わずかをかえ, わずか実に十四日, わずか後三日位だろう, わずか後頭部に残され, わずか従え行装も, わずか忠良な者, わずか急ぐとすぐ, わずか恢復し得たばかりの, わずかのつまった, わずか愛し合うことの, わずか戦陣も休止, わずか拝借して, わずか持たせて歩い, わずか持って来た, わずか数インチ高まった一層, わずか数ヵ月前なの, わずか数丁離れた所, わずか数丈の切岸, わずか数個の字, わずか数個所の問題, わずか数冊の小品, わずか数匹に過ぎない, わずか数十時間の間, わずか数十里の烏林, わずか数十里東渓村の名主, わずか数十騎をつれた, わずか数千人のしかも, わずか数年前まで北極地帯, わずか数年前横浜の外字新聞, わずか数日後の二月, わずか数日間のこと, わずか数浬の遠, わずか数発の弾, わずか数秒間のすこぶる, わずか数種の爬虫類, わずか数軒にすぎなかった, わずか数週間の食物, わずか數歩のところ, わずか方三尺たらずの, わずかがたつ, わずか旬日前のこと, わずか昨今である, わずか暫く睡って, わずか曲るだろうという誰, わずかまでの御, わずか末端の二, わずか本丸の一基礎, わずかが途切れ, わずか棺台の脚, わずかの数文字, わずか歪んだだけであった, わずかを一杯, わずか河一つ隔てた小城, わずか二年と, わずか漁師が住ん, わずか産児の半数, わずか百メートルのところ, わずか百三十余年の米国人, わずか百五六十年の間, わずか百五十人の寡兵, わずか百五十騎という小勢, わずか百人あまりの人間, わずか百人分ばかりがこの, わずか百余の兵, わずか百余人を城中, わずか百円で三方, わずか百分の一が時に, わずか百四十五年間に十一家, わずか百文の税, わずか百足らずの地名, わずか百騎に足らなかった, わずか盛岡と花輪, わずか石油罐一杯の水, わずか突き出た檣の, わずか突入し得たのみ, わずかの毛一本, わずかの隙間, わずか紀州藩の政治, わずか経った時範之丞と, わずか綻ばして笑った, わずかも日雇い, わずかの上, わずか萌していた, わずか藤つるで編む, わずか蝋色の残光, わずか西よりの一角以外, わずか見ぬまに, わずか触れたことが, わずか言葉をかわした, わずか越したばかりで, わずかを示し, わずか逗留中はとかく, わずか造って見た, わずか逸出すると, わずか遅れたために, わずか過去二三十年以内のこと, わずか郎党三名をつれ, わずか里程は一里三町, わずか重力をうち, わずか金堂のみ胎内, わずか銀一粒で大, わずか開いている, わずか隔たった山の根笹の, わずか集め剣道指南を, わずか零し野葡萄や, わずか飛散して, わずか飼魚の金魚, わずか高い甲板の, わずか黙礼を施し, わずか鼻頭で嘲り去る