青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一団 一団~ ~一夜 一夜~ 一大~ ~一定 一定~ ~一室 一室~ ~一家
一家~
~一寸 一寸~ ~一層 一層~ 一帯~ ~一年 ~一度 一度~ 一座~ ~一応

「一家~」 3991, 43ppm, 2692位

▼ 一家~ (1591, 39.9%)

37 者は 27 者が 19 ために 17 中で 15 ものは 14 生計を 13 ことを, ものが 12 生活を, 者の 11 中に, 者に 10 主人が, 人々の 9 主人と, 人々は, 者を 8 ものを, 経済を 7 平和を, 生活は, 見識を 6 主人の, 主婦として, 事情を, 経済の, 者にも 5 うちに, 不幸を, 主人に, 事情が, 人々と, 人々を, 内に, 経済は, 言を

4 [18件] うちで, うちの, ものに, ものの, 上に, 中にも, 中の, 主人たる, 主人で, 主人として, 事を, 人々が, 人たちが, 人たちは, 人の, 最後の, 生活が, 者と

3 [32件] ことは, ことも, ものから, ものには, ような, 不幸は, 世帯は, 主と, 事に, 事は, 事情は, 人々からも, 人々に, 内の, 写真を, 支柱と, 様子を, 浮沈に, 生活と, 生活に, 生計は, 私の, 秘密を, 空気は, 窮境を, 繁栄を, 者たちである, 血統を, 見を, 運命を, 風を, 風格を

2 [88件] うちでも, ものも, 上を, 不幸の, 世帯より, 中でも, 中は, 主人だ, 主人である, 主人は, 主人も, 主人を, 主婦が, 主婦に, 主婦の, 人々にも, 人が, 人たちに, 人たちの, 人達が, 人達と, 人達の, 仲間である, 住居と, 信用を, 兄弟に, 内にて, 危機は, 口を, 名を, 名前を, 喜びは, 基を, 墓を, 大事に関する, 妻君が, 安定を, 実際の, 家風, 富を, 左法疊に, 御主人さま, 恥を, 悦びは, 悲運を, 手に, 扶養に, 批判を, 文明を, 方が, 歴史の, 江戸に, 為めに, 爲めに, 特色を, 状態を, 生命の, 生命を, 生計の, 男女は, 真中に, 破産滅亡の, 空気に, 空気の, 窮乏は, 窮乏を, 窮状は, 糊口の, 者から, 者たちは, 者だ, 者で, 者も, 耳にも, 著述で, 見識が, 見識を以て, 計を, 話を, 識見が, 責任を, 賀儀を, 運命と, 運命に, 運命は, 間で, 離散を, 面倒を

1 [887件 抜粋] あいだに, あらゆる喜び, あること, あるじそうして, あるじである, あるじとしての, あるじの, あるじ一群の, いかばかり楽しく, いるところ, いる所, いわゆる常住不断, うえにおいて, うちでは, お世話に, お成行き気の毒千万, か, ことで, ことなどを, ことについて, ことについても, こと腕の, ごたごたが, ごとく団欒, さまざまな, さる大身, そばへも, ためだ, ためとは, ためには, ための, だらけて, つもりで, とどめを, とりわけ俊亮, なかでは, なかを, ひとは, ひとびと, ひな型を, ほとんどすべて, まごつき始めた径路, まずしさ, みなごろし, みんなも, もとに, ものだ, ものと, ものどもを, やって, ゆくてに, ようすだ, よせがきだった, よろしきを, アクセク働く, ゴロ酒井って, シーツから, フトンや, 一人に, 一人一人へ, 一番大切な, 三人殺しは, 下男が, 不在中, 不安に, 不幸に, 世帯を, 中においてすら, 中三人も, 中心として, 主たるの能力, 主として, 主として振舞わね, 主人じゃ, 主人その, 主人たるべし, 主人でも, 主人とも, 主人または, 主人公であった, 主婦さもなければ, 主婦たる, 主婦だ, 主婦で, 主婦です, 主婦という, 主婦としても, 主婦など, 主婦は, 主等々, 主義を, 主長それも, 事だ, 事も, 事並びに, 事情からも, 事情では, 事情まで, 亡命生活が, 人々から, 人々であった, 人々も, 人その, 人たちにたいして, 人たちにも, 人である, 人として, 人びとを, 人人と共に, 人心をぞ, 人数は, 人達に対して, 仇な, 仇赤格子の, 仕事を, 仕返しを, 代りに, 会計は, 会計を, 伝統に, 住んで, 住居だった, 住居に, 住居は, 何人が, 作法の, 保身術として, 信仰を, 信條と, 偏狭な, 健全性を, 健康を, 働き手が, 兄として, 光栄と, 光栄如何ばかり, 全滅だ, 全財産, 其にも, 内, 内でも, 内は, 内事われわれの, 内情を, 内情をも, 内輪どうしの, 再興とかいふ, 冥福に, 冬仕度に, 出世は, 分れで, 切りまわし, 切り盛りを, 切符を, 利害のみを, 利益に, 制作に対する, 力では, 功名も, 動静を, 医者に, 危急を, 危機に, 厄介たり, 友達だ, 収入の, 取締を, 古傷の, 史あり, 名に, 名誉だ, 名誉と, 名跡も, 周到な, 和かり, 和合から, 和合は, 和楽団欒が, 問題だけ, 問題でなく, 問題は, 喜び, 営みを, 噂が, 器物の, 四十日分の, 団欒, 団欒にも, 団欒は, 団欒を, 困らなかった時分, 埋葬地が, 場合は, 墓が, 墓は, 墓所へ, 墓舎に, 壕舎, 外からも, 夜は, 大不幸, 大事は, 大恩, 大混亂, 大騒動, 大黒柱である, 太陽であった, 夫人とも, 奢侈ぜいたくには, 女供, 女王な, 奴原だ, 妻としての, 妻を, 妻君と, 姿が, 威勢は, 婦人達は, 子孫で, 学者たる, 学者詩人は, 學として, 學問で, 守護神たる, 守護神と, 安全を, 安危を, 安穏を, 実権を, 害悪を, 家名に, 家庭的な, 家族で, 家来や, 家訓も, 宿命の, 寝て, 将士は, 專有物で, 小さい欲望, 小競合いは, 左法畳に, 平和が, 平和の, 幸福, 幸福が, 幸福さに, 幸福なれ, 幸福を, 庭と, 庶務を, 引きつめた, 彦三郎は, 御よ, 御夫婦, 御武備, 心からの, 心臓が, 快楽は, 思いを, 恣ままな, 恥だ, 恥に, 恥辱の, 恩だけは, 恩人です, 息災を, 悟りを, 悦びはいふまでも, 悲嘆は, 悲運と, 惨劇の, 意に, 意向が, 意見による, 感情も, 態度が, 或る, 戸主は, 扶養が, 批判が, 批判である, 批判を以て, 推移に, 支えと, 救ふべからざる, 文藻と, 方々御, 方で, 旅姿を, 旅立ちは, 旦那が, 旧友の, 明暮から, 暇の, 暮しぶりには, 暮らしを, 最初の, 有たらずし, 期待に, 来歴を, 柱と, 柱を, 業に, 構の, 模型を, 権を, 権威を, 権柄に, 權力を, 歌學といふ, 歓びは, 歡待を, 正式だ, 此年の, 歴史は, 母としての, 母親たる, 母親として, 気持が, 没落さえ, 法律と, 活計は, 活計等につき, 流刑地, 浮沈については, 浮沈にも, 浮沈生命の, 消長の, 清らかな, 清潔の, 災難, 為には, 爲に, 父で, 父であり, 父と, 父に, 父親に, 父野の, 犇, 犠羊なり, 狭苦しい商店, 現在が, 理想とか, 生活にも, 生活問題に, 生活法を, 生活状態と, 生活費を, 生計が, 生計にも, 産を, 用心棒の, 男女と共に, 男女を, 画境を, 画風を, 疎開し, 痛みは, 百姓たちでありました, 盛衰に, 盛衰興廃などに, 目録學を, 相續者, 着るもの, 知らぬ人々, 破滅などとは, 破滅を, 神聖なる, 祟りに, 私に対する, 私事さへも, 私事の, 私徳に, 私言でない, 秘密に, 秘蔵子の, 移住は, 移転の, 稼ぎ手として, 空気が, 空気を, 空気をも, 窮乏が, 立ち入った家庭, 管理, 粉統は, 系圖に, 紋章を, 累進を, 組織立つた考, 経営にかけては, 経営の, 経営上全く, 経済との, 経済状態を, 経済的基礎であった, 経済的窮状や, 結着に, 締めくくりを, 締め括りの, 縁者を, 繁昌も, 繁栄は, 罪なんか, 美人十三人, 老若が, 考えが, 者からは, 者たちが, 者だった, 者どもを, 者にと, 者にな, 者まで, 者らとの, 者らに対して, 者以後十年間の, 者共を, 職にも, 至尊には, 興廃を, 花々しき噂さ, 苦痛を, 荒廃を, 菩提寺な, 著述といふ, 葛藤を, 血統に, 行事の, 衰微滅亡も, 裾を, 見識なぞを, 見識の, 親しみであった, 親しみは, 解体という, 言では, 計が, 討手が, 記事である, 誇りと, 誰の, 誹謗的な, 譜代の, 負担を, 財政の, 財産である, 財産中で, 財産整理に, 貧窮が, 貧苦病患災害を, 費用の, 資力は, 趣味は, 趣味鑑識を, 身体を, 身内や, 輝夫が, 逃亡を, 連帯では, 運命見る聞く, 遠縁に, 邸宅との, 都合とか, 醜体, 金の, 錚, 長と, 長としての, 間は, 間柄である, 限りも, 雑務に, 離散した, 離散であった, 雰囲気から, 雰囲気を, 零落は, 零落一七九三年の, 零落肉身の, 静かな, 面して, 面汚しと, 面目が, 領主を, 顔の, 風俗を, 風貌を, 食事という, 食卓へ, 飢餓を, 餓を, 餘儀ない, 騒ぎは, 騷ぎは, 騷擾は, 驕奢を, 體裁が

▼ 一家~ (522, 13.1%)

18 あげて, なして 16 挙げて 14 成して 8 支えて 6 構えて 5 養う困難 4 なすこと, 挙げての, 擧げて

3 [13件] なした, 借りて, 成すに, 成そうと, 持って, 根絶やしに, 構えた, 構へる, 為して, 立てて, 維持する, 鏖殺し, 鏖殺に

2 [32件] なしたが, なすもの, みな殺しに, 中心として, 中心に, 再興する, 創生する, 単位と, 呪つ, 守って, 怨む者, 恨んで, 成した, 探りて, 掩って, 支えなければ, 支えること, 支え亭主関白, 支へ, 支へて, 支へる, 支配し, 救おうと, 構えたの, 滅亡より, 背負って, 荒して, 見捨てては, 連れて, 鏖に, 養い得る見込, 驚かせたもの

1 [322件] あげての, あんなに呪, うんと怨ん, おさめると, おそったであろうという, おびやかそうと, お救いくださる, お立て, かくも, かためて, かまへるに, こうして年々強大, こしらえて, この世から, こんなむごい, さがし廻るなどと, ささえてる者, ささえなければ, ささえること, して, そこの, それほど呪, ちゃんと養っ, つなぐため, つれて, どれ程, どんな仲間, なお愛し, なさずして, なされるほどの, なしたには, なしたやう, なしたる知名, なした大村加卜, なした後, なした気, なした画家, なしてる人, なしガストン・ルルー, なし一芸, なし世, なし中流以上, なし子孫, なし得るもの, なし財産, なすそれぞれ, なすため, なすだけの, なすとの, なすに, なすの, なす必要, なす迄といふ, なせる者, ねだやしに, ねらう復讐鬼, のせて, はじめ三家族が, ひきつれて, ひき連れた漂泊, ひどく恐れ, ふしぎそうに, へだてる壁, まごつかせて, まとめて, まもって, みなごろし, もった, もつこと, もつであろう, もつと, アラスカへ, 一人で, 一様に, 不安に, 不幸の, 世間により, 主人が, 主宰し, 二階に, 仇の, 代表し, 仮にブラウン, 伴れ, 作って, 侮辱し, 保たんと, 保って, 保つこと, 信頼しきっ, 倒して, 借り受けこれ, 借り受けて, 全滅さすべく, 全滅させ, 凌ぎ腕白さ限り, 処断し, 創めて, 創立した, 力と, 助けて, 助けるどころか, 動かして, 包圍する, 十間おき, 占領し, 双肩に, 収容すべし, 受け容れること, 向こうに, 含む十一軒, 呪う殺人鬼, 呪う犯罪人, 営むに, 嘲弄する, 困め, 困らせるやう, 固守する, 子供の, 守つて行く, 守りでも, 容れて, 巧みに, 市に, 建て初めて, 引きあげて, 引きまとめて, 引っ掴んで, 引率し, 引連れて, 張って, 形成しつ, 忠実に, 思い出すと, 怪しく思う, 悉くわし, 悉く亡ぼさなく, 悉く月丸, 悉く犠牲, 想像する, 愚弄した, 愛する感情, 慘殺し, 憎むの, 憎むよう, 憐れむよりは, 憑り殺す, 成さうと, 成さんとの, 成しかつ, 成したある, 成したの, 成したもの, 成した人, 成した人物, 成した大家, 成した小説家, 成した漣, 成し得ない実情, 成すもの, 成す堂奥, 成す才能, 成す日, 成す次第, 成す男, 成せるかも, 手こずらせたあと, 托した, 扶養する, 招待し, 持たして, 持たせたら柳生, 持たなければ, 持ちました, 持ちますと, 持ち祖父, 持ったらば, 持ってる身分, 持つて, 持つと, 持つとしても, 持つよう, 挙げ親族, 捨てること, 提げて, 携えて, 支うに, 支えよう, 支えるなどは, 支えるに, 支える事, 支える僅か, 支える食物, 支え得ないという, 支え行かねば, 支配した, 攻めほろぼした, 救い得たばかり, 救うという, 整え得べき, 斉える, 斷絶せしめる, 明るくする, 明るく笑わせ, 暖めた, 最も教養, 有しながら, 有頂天に, 朗かに, 楽園に, 構えたが, 構えたもの, 構えようとも, 構えられても, 構える, 構えるよう, 構える場合, 構える気, 構え遊芸三昧, 構へ, 構へて, 樹立し, 残して, 残すほか, 殺したには, 殺した話, 殺し平沢計七その他, 殺そうと, 気候の, 治むるものとなり人民と, 治むる主人は, 海外に, 滅ぼした義家, 滝野川の, 潤ほしました, 為した, 為した人, 為し太平三百年間, 為すところ, 為すに, 為せば, 營み, 特に三人, 生かすもの, 男ばかりで, 町の, 皆殺しに, 目の敵に, 相手に, 知って, 破るの, 私宅に, 移して, 立つること, 立て, 立てさせこの世, 立てさせただけに, 立てさせようと, 立てその, 笑わせ石塊, 築き上げて, 経営し, 経営する, 絶えさせんよう, 絶させん, 継続する, 維持し, 維持し得たる, 纏めて, 置去りに, 罰して, 老年の, 肥すこと, 背に, 背負った民主主義作家, 背負つて立つ, 脅かした怪人, 興さうとして, 興し一村, 興し常道, 興し江戸柳生家, 興すこと, 苦しめた牧, 苦しめて, 落成せん, 處理し, 襲って, 襲つたので, 見ては, 見舞うであろう由, 訪ひ, 訪れるかな, 誘うつもり, 説明する, 調べる為, 護ったの, 負って, 賄って, 身體と, 迎えるため, 迎へる, 迷わせて, 追かけました, 連れてでも, 鎗玉に, 離散させ, 離散させた, 離散させられた, 離散する, 震駭させた, 食は, 食わして, 養いまたは, 養い得る望み, 養うこと, 養うに, 養うの, 養おうと, 養って, 養わねば, 養育する, 餓死させる

▼ 一家~ (383, 9.6%)

3 俄に, 東京に

2 [13件] そのため, その日, その頃, 二人の, 人の, 他に, 北の方へ, 揃って, 新しい不安, 村の, 東京の, 東京へ, 没落し

1 [351件] あらゆるもの, いかなる不幸, いつまで, いつもの, いつも幸福, いまでも, いま聞きし, いやおう, いろいろの, いわば泊っ, おそろしい混乱, およそどの, お前の, かわってる, かんかんに, けちけち町湯, こうして全く, ここで, ここに, この冬, この半月, この夫婦, この後六年間, この春, この長兄, これだけの, これに, ごらんの, しばらく養子, すぐ笠屋町, すつかり, そこに, そして三浦さん, そのつもり, そのま, その時分仙臺, その父蒲開宗, その種類, その職工, その落魄, その部落, そもそも漢, それでは, それまでの, そんな恐ろしい, そんな註文どおり, つけ狙われて, とうに宿場, どうした, どうしてあの, どうして暮らす, どうなる, どこかに, どこかへ, どん底に, どん底の, ならわしどおり秩禄, なんの, はじめて平, はてお, ほとんど着のみ着のまま, まことに円満, まことに複雑, まさかそうで, ますます悲境, ますます栄えました, まためいめい, また都会, みずから没落し, みなごろし, みんなばらばらに, みんな悪い, みんな旅行好きで, みんな村に, むろんの, めいめいの, もう二十年, もう形容, もう青ざめ切っ, もとより名代媒人, もとアーコネ, やがて町並み, やはりそこ, やはり疎開, やはり遠い, ようやく世路, わたしたちを, イカサマだ, イヨイヨ貧窮し, カチカチの, ケーニヒスベルクの, ソコーリスキーの, チェコ土着の, ナポレオンの, ハイレル一家と, バラバラに, プリンストンを, ベルリーヴ附近の, モンマルトルの, ユダヤ人である, 一たび此に, 一つの, 一人の, 一人一人死ん, 一団に, 一家で, 一戸ずつ, 一時田舎に, 一緒に, 七月二十二日に, 三人の, 三千人も, 下十條に, 不安の, 世田ヶ谷の, 世界事情が, 中の, 主人夫婦と, 九州へ, 事實の, 事情が, 二日に, 五年前に, 五月十六日朝の, 享楽と, 京の, 今にみんな, 今まで, 今や故郷, 今夜こそは, 今度の, 代々東京で, 以前から, 以来銃猟を, 仲基のみ, 住んで, 何時に, 保養に, 倉地と, 借金で, 僕が, 全く心細い, 全く離散, 全部郷里の, 六条院へ, 其方の, 円滑に, 分散の, 初から, 割合に, 助かって, 助かつて, 北海道へ, 北田辺の, 十一月の, 十分に, 半里隔つた峠向う, 去って, 又おどろかされた, 又年, 反対だ, 反対に, 只ばんやり, 可なり, 同国隈本の, 向島の, 和平に, 喜びに, 喜んだり, 四分五裂の, 四散し, 四条の, 固より, 国元に, 土地の, 外遊する, 夙川の, 夜逃げ同様引き移っ, 大へん親切, 大塚に, 大家族, 大通りの, 大阪の, 妙子の, 妻に, 妻の, 始め小さな, 姫君を, 子供が, 宇治紫山という, 安らかに, 実に幸福そのもの, 実に悲惨, 寡婦孤児として, 寺の, 尊敬の, 小石川の, 尾久に, 岡山に, 岡山の, 岡西氏と, 左門町に, 巨万の, 巴里に, 市外から, 常に先生, 常に富み栄え, 平和なら, 幸いドイツ人, 引移つた, 当地にて, 当惑し, 彼らだけの, 復一が, 徹夜が, 心から, 思わぬ手びき, 急いで, 恐慌の, 恙なく, 息子を, 悉く涙, 想像に, 慎重な, 我慢に, 或る, 戦災に, 揃つて松茸狩りに, 摘み綿の, 支えられない, 数日以前から, 新しい小, 新教徒, 新治真壁筑波三郡にわたる, 旧宅から, 旧宅地, 早速, 昨夜の, 是丈の, 時ならぬ, 暗い空気, 暮して, 更に斯ん, 最初滝人が, 朝廷の, 朝飯を, 本郷の, 本郷へ, 東京で, 東京を, 東京角筈の, 根絶し, 極貧の, 楽に, 機嫌が, 次の, 次第に回復, 次第次第に, 歡びて我を, 死に絶え一村, 気の毒である, 気もちが, 江戸に, 沒落した, 沖縄島に, 没落です, 泉屋の, 海賊に, 淺草から, 滅茶滅茶です, 無事だった, 父と共に, 父の, 物質的には, 狂的な, 玩具や, 生命からがら, 田舎へ, 町へ, 留守で, 疫病に, 癇高い, 皆尾州へ, 皆悲嘆に, 皆死に絶え, 皆江戸住を, 益々困窮, 直に其の, 直に死人, 真宗で, 破産し, 破産の, 確かに, 祖父を, 神国日本の, 神奈川台の, 秀岡の, 私にとっても, 移住した, 空襲に, 立ち行かなくなるでしょう, 糊口する, 素子を, 総出で, 罪も, 羽後山村へ, 習慣の, 聖マーティン教会員間に, 聖彼得堡に, 肺病で, 自分で, 自分の, 自由黨で, 至極静穏, 苦しい生活, 蘇生の, 衰微し, 西洋館へ, 親切な, 親子三人芸術に, 親子兄弟揃つて學者で, 解散し, 財政上の, 貧困に, 貸座敷の, 近所からは, 近所の, 郷里では, 郷里の, 鄭国に, 野タレ死にを, 鎌倉の, 長八と, 長崎に, 長野の, 間もなく鏖, 陰悪な, 離散させられた, 離散する, 離散縁者どもも, 零落し, 静岡に, 非運の, 革命の, 食卓から, 飯田町の, 餘程微, 饑餓に, 魯の, 麹町区飯田町の, 麻川荘之

▼ 一家~ (264, 6.6%)

13 住んで 4 受けた迫害 3 ある

2 [11件] ありました, いまの, です, どうなった, わしの, 乗り込んで, 出来上った, 東京へ, 殺された町, 炉端で, 離散した

1 [222件] あったり, あって, あやしい三斎どの, あんまりボロい, あんまり災難續, いた時分, いったん東京, いてね, いろいろな, かたまって, ぎっしりより, こ, こちらへ, この家, この横丁, この横町, この爆声, この節, これを, こんなに落ちぶれ, ずいぶん綺麗, ずらりとお, そうがかり, そこに, その気分, その間どうして, それを, たちまち彼, つつましくも, つましく暮らし, どうし, どうしても円満, どこへ, ほんとうに, まさに追い払われよう, まだ卅五圓ぐらゐな借家, みなごろし, みんな死に絶え, むつまじくちゃぶ台, もう没落, もう賭場, やって来て, やって来る, やつて, よくととの, よろこびの, わたしを, ゐたが, オープンの, ズーッと, ロンドンを, 一カ月食っ, 一年に, 一日も, 一月二月と, 上ノ段で, 不機嫌, 世の, 世話に, 世間から, 丸山の, 主人の, 二三年來や, 二十五日頃までに, 五人ぞ, 人並に, 今どこに, 今夜から, 今年はじめ大連から, 今度の, 今日に, 今朝から, 住み食い寝て, 住宅に, 何と, 何の, 何事か, 何時も寝室, 何程賤しき, 先祖代, 全滅し, 全滅する, 全部堀田原の, 円満に, 再び故郷, 出して, 出なかったら洛陽長安, 出発する, 分散した, 初めて倒産, 勢揃いし, 北支から, 午睡し, 午餐の, 去ったあと, 叔父の, 各室を, 和合し, 団欒し, 在って, 城下を, 城壁の, 夕食の, 多いこと, 多くの, 多年住みなれた, 大崎から, 大菩薩峠の, 如何に, 姿を, 学校の, 家康公に, 寝鎮まった十二時頃, 居住し, 工場疎開で, 帰依し, 帰国する, 干乾しは, 店借りを, 廃帝と, 引き移って, 引き移ること, 引っくり, 引受けさせられた, 引越して, 徹夜で, 忘れて, 思いも, 或る, 戦災に, 所有する, 手に, 打ちそろって, 挨拶を, 揃うて, 揃うと, 揃って, 揃つてみな嫌だつた, 支えられよう筈, 故郷の, 散り散りに, 散在し, 整わぬ所, 新しく乗込ん, 新聞雑誌の, 日本人の, 明治の, 普通の, 暫く落, 暮して, 暮せる, 暮らして, 最初はげしく, 本家に, 本庄村西部に, 来られます, 東京に, 棲んで, 武蔵屋へ, 死に絶えて, 死に絶えるだろうという, 死滅した, 死絶える, 死者に対する, 殺られたン, 母の, 汗水を, 泊って, 泣いたという, 涙で, 淀橋の, 港へ, 湯なり, 湯治へ, 滅び仁田四郎, 無録移住, 焼け出される有様, 焼け死んだと, 照り赫, 特別に, 狩りもよおされ現地, 甲府へ, 疎開し, 疎開する, 百本の, 盆割の, 相変らず, 相續, 私の, 移って, 移る計画, 移転する, 突然すっかり閉め出し, 立ち行かなくなるの, 笑いさざめい, 笑ひ崩れる, 苦労した, 行く度, 被りし平家, 西国へ, 貧に, 貧乏の, 賭博宿の, 赤ちゃん御, 跡に, 転げ込んで, 通常の, 遠い昔, 避暑する, 避難し, 避難した, 金に, 門前に, 集る事, 離散し, 食って, 食ふ, 養えない一家, 養えねえ一家, 養えるが, 餓え死に, 黒紋附きで

▼ 一家~ (148, 3.7%)

3 取って 2 不限, 事あり, 同居し, 天才の, 對し, 於いて, 眠食し

1 [131件] あっては, あつて, あるわけ, いい渡されて, おかけくださいまし, おかれても, おさめて, おそろしい悲劇, かかる殺人事件, かかわる大事, したって, して, しても, しぶい顔, そだてられて, それを, だしぬけに, ちげえねえ, とって, とつて, とどまれば, どのよう, どんなこと, なくては, ひたひたと, ふりか, みても, みな難の, みんなの, やはりそんな, ゆうべから, カレー料理を, 一層澱ん, 不幸を, 乗しかかっ, 二つの, 五人または, 些かの, 付二十俵と, 付十俵家族一人に, 令孃あり, 伝播し, 似た境遇, 住みあうこと, 何事の, 便利なり, 信用を, 働き手を, 充ちた, 入りこんで, 入れば, 凍らんばかりの, 加えたよりも, 厚く礼, 及ぼした悪影響, 取っては, 取つて, 取り巻かれて, 受けて, 同居せずし, 同棲し, 名誉の, 君臨し, 吸収され, 味方し, 四畳半なり, 在っては, 報恩の, 大いに活躍, 對する, 居て, 属する田, 帯びさせた, 帰りついても, 引受け預金者, 復讐した, 急な, 怨が, 怨みを, 怪しい事, 恐れを, 悶着を, 我儘を, 拭うこと, 拭う可, 拭ふこ, 数夫婦共に, 新しく加, 於ける從來, 於て, 旧い背景, 暗い影, 根の, 欠き難い, 死人が, 永久に, 波が, 深い恨み, 烈しい復讐, 父子の, 留守番を, 病人あれ, 病人が, 病人の, 病気災難が, 祟つてゐる, 祟らねば, 祟るの, 祟る人間, 禍し, 私は, 移って, 移ること, 籠めて, 蔽ひ, 虐けられる, 血統が, 表門と, 見出されて, 警戒の, 貸したの, 起つた出來事, 逢ひ, 逢ふ, 遊女も, 閉居し, 関係し, 降って, 隠れた悪業, 集まって, 風波が

▼ 一家~ (77, 1.9%)

2 一緒に, 知り合いに

1 [73件] いうばかりの, いえここ, いっしょに, いっても, お社交, ことに彼女, この俺, この地峡, すっかり結びつい, するという, そのよう, それから柳子さん, つきあおうとは, つぎから, であった, である, どういう関係, なった, なったら, なって, なる, なんの, マリイ・アントワネットの, 一寸した, 一門一層, 下二一同浜尾方の, 二階の, 云ふ, 云へば, 交際を, 全く同じ, 出入りの, 友達に, 同じこと, 同じ家, 同じ建物, 因縁の, 大巻一家と, 妻の, 将門との, 山田信之助, 当局者とが, 彼の, 心安くし, 心安くなっ, 忽ち親しむ, 思って, 惨劇, 惨劇第, 感ぜられず愛, 懇意に, 戰へる, 教会へ, 来ちょ, 栄さんさち子さん姑嫁の, 株屋の, 津田二つの, 申せば, 知り合った, 秀岡とは, 結託し, 考へられ一時, 自分の, 色々話し, 行く, 見られるの, 親しくし, 親類の, 言いましても, 言った方, 言っても, 関係を, 雑司ヶ谷に

▼ 一家~ (50, 1.3%)

3 の者 2 から敬遠, にあらん, のもの

1 [41件] からあれこれ, が仄か, が前, が山の上, が悲嘆, が激怒, でこの, では, ではござりまする, でも彼, で住む, で何, で多少, で最も, で畑, で盛宴, で誰, というもの, という大勢, にある, にまで, に主君, に見せ, に響き渡った, のきらわれ, の不安, の喜び, の大, の憂慮, の温い, の異, の羽, の誰, の騒ぎ, はそれ, は謂, もその, を助ける, を悲嘆, 並ぶ者, 残らず浪人

▼ 一家~ (37, 0.9%)

2 手内職などを

1 [35件] あったの, ありここ, いたこと, この冬, この年, その, そのうち, その様, また庄原, また没落, 一等席に, 不義者の, 以前は, 共に移転, 同然の, 堀の内の, 変りが, 大地主, 大学を, 奥多摩に, 家じゅうが, 承知の, 早晩大変な, 暗い心持, 来ヴァイオリン, 気が, 流石に, 準備を, 直接に, 笑われる, 終に危く候, 結婚を, 防空服装の, 離散した, 饑饉に

▼ 一家~ (35, 0.9%)

1 [35件] あつた, これだけ, これほど, これ程の, ござります, その子弟, でも, ね, は昨年, は河田翁, は賞美, オペラカンパニーを, パリへ, 一人が, 一泊に, 云へば, 以て, 出した船, 出来て, 宝亀八年八月に, 林町へ, 用ゆる, 申合せ, 疎開暮しを, 病父が, 細長く住ん, 育ち無, 荒し殘, 見まわらして, 負う可, 軋めく, 軽井沢に, 頂くので, 食うこと, 首くくれ

▼ 一家~ (28, 0.7%)

3 の者 2 の紛紜, の都合

1 [21件] あわせて, から相, が浮かれ立っ, が集まっ, において彼女, にどうして, にはまたもや, に様々, に眠食, のいざこざ, のおさまり, のこと, のむほん人, の事, の始末, の安全, の待遇, の紛争, の長少, は安き, 乗込んで

▼ 一家一門~ (26, 0.7%)

1 [26件] おそらくは死に絶え, が広い, が畜生道, が菅丞相, ことごとく一軒, そのほか王子服, でねえこと, と先代, にもその, に取っ, のかたき, のため, のスキャンダル, の人, の同じ, の名誉, の悲歎, の所作, の者, の首領たち, はことごとく, は皆, を不足, を揃え, 予て用意, 親しい友だち

▼ 一家一族~ (25, 0.6%)

2 の内, を根こそぎ

1 [21件] がお手本, が大, が根絶やし, の不幸, の人, の人たち, の人達, の名誉, の外, の悲歎, の棺, の者, の長, の面目, はここ数年, は手, は言, への御馳走, までがひどい, 悉く殺され, 最と

▼ 一家団欒~ (24, 0.6%)

4 して 2 の楽しみ, の食事

1 [16件] というもの, のむつまじい, の世界, の光景, の写真, の半面, の図, の情景, の態, の時季, の楽, の楽しみあら, の様, の画面, の相, を賑わせ

▼ 一家には~ (20, 0.5%)

1 [20件] いわばあかるい, そんな者, ただ武道, なんにも変った, ひろ子と, みんな同じ, パンが, 七度生れ変っ, 七度生れ變つても, 不幸が, 主食ばかり, 他に, 別条なく, 変哲も, 敵などは, 毛筋ほどの, 災難が, 私達が, 秘密な, 通常の

▼ 一家揃っ~ (18, 0.5%)

1 [18件] ていい, てそう, てそこ, てとった, てみる, て元気, て写真, て十時半頃, て四十度, て外出, て巴里, て支度, て楽しい, て清, て牛肉, て玉乗り, て着物, て食事

▼ 一家四人~ (17, 0.4%)

2 をひきつれ

1 [15件] がこの, が強制疎開, が東京, が枕, が次ぎ次ぎに, が野菜, で無理, と別れ, にてこの, のもの, の口, の家族, の死体, を養っ, 焼け残った防空壕

▼ 一家離散~ (16, 0.4%)

3 して 2 をし

1 [11件] させた, する運命, でけり, となツ, と決定, と流民窮乏, にまで行きつく, の形, の悲しみ, の由, を敢

▼ 一家にも~ (14, 0.4%)

2 思懸けぬ

1 [12件] いろいろの, むろんよく解っ, 一商店にも, 一脈の, 何處からか, 儂の, 失業の, 感謝し, 折々多少の, 生活の, 留守を, 行われざること

▼ 一家三人~ (14, 0.4%)

1 [14件] が第, で関西, のおかずはた, の共通点, の姿, の家族, はたがい, は五箇月, は江戸, は裏表, も子供, やたらに, を殺す, 殺したなれば

▼ 一家から~ (12, 0.3%)

1 [12件] あなたを, 一人の, 一通り説明を, 主人と, 二人出, 何が, 勘当され, 厚くもてなされ, 奪うもの, 彼女自身の, 拾えるであろう, 頭の

▼ 一家~ (11, 0.3%)

2 参集し 1 一服盛り, 一服盛りさえ, 五人の, 仇を, 呪いと, 寄りかかって, 対しての, 小夜衣亡魂祟り, 御降臨

▼ 一家五人~ (11, 0.3%)

1 [11件] がこっち, がその, がやって来る, が世の中, が飢え死に, たちまち干乾し, で毎日, のもの, の内, は少女, もゐる

▼ 一家心中~ (11, 0.3%)

1 [11件] かムリ心中, したくなる時期, して, すると, するという, するとまで, だの, というの, という手段, も多い, をこころ

▼ 一家総出~ (11, 0.3%)

2 で庭 1 ですから, でとびだし, で来る, で歓迎, で白浜温泉, で見, で見ました, の外国行き, の時

▼ 一家との~ (10, 0.3%)

2 間に 1 あいだに, 交渉が, 会見は, 共通の, 喧嘩にも, 永遠の, 確執が, 結ばれによって

▼ 一家眷族~ (10, 0.3%)

1 が残らず, で市電, の中, の末, の霊位, もそれぞれ, をすべて, をみんな, を引きまとめ, を皆

▼ 一家という~ (9, 0.2%)

4 のは 1 ちょッと, ものにも, ような, テーマの, 言葉に

▼ 一家~ (9, 0.2%)

1 そのあたり, その故郷, デュモンスティエ一家の, マンハイムの, 勲章を, 恐しく出つ歯, 真暗な, 藤山等見物な, 近江の

▼ 一家に対して~ (8, 0.2%)

1 あまりいい, あまり好い, あまり長い, どうしよう, どのよう, なした何, 忠である, 警告し

▼ 一家に対する~ (8, 0.2%)

1 不思議な祟り, 反感は, 怨恨事件に, 恨みでございます, 態度などを, 柳営の, 犯人の, 類ひなき

▼ 一家~ (8, 0.2%)

1 に三, のあの, のすべて, のよう, の中, の人々, の全滅, の力

▼ 一家そろっ~ (7, 0.2%)

1 ている, てお, てはたらき, て以前, て居候, て昨日入院, て無愛想

▼ 一家~ (7, 0.2%)

1 かどう, からおや, から三味線, から花, といっ, とヨ, と云う

▼ 一家では~ (7, 0.2%)

1 あるが, そのままに, なくて, 亡くなつた岡倉覚三氏, 今も, 凡そ扉, 別に新しい

▼ 一家とは~ (7, 0.2%)

1 どんなに遠い, 仲違ひ, 余り交際しない, 信交の, 元来遠縁, 反対の, 軽井沢で

▼ 一家じゅう~ (6, 0.2%)

1 がお, が大名, でとる, でのしっかり, の寵児, の愛書

▼ 一家六人~ (6, 0.2%)

1 が次々, のところ毎晩精進揚三つ, の家族, の生計, ほそぼそと, をやしなっ

▼ 一家~ (6, 0.2%)

2 の争い, を争う 1 をつぐ, をもっ

▼ 一家ことごとく~ (5, 0.1%)

1 これに, たたりを, 同じ食物, 心痛し, 離散し

▼ 一家そろつ~ (5, 0.1%)

1 てピクニック, て握り飯, て斯ん, て楽しい, て行つてお出で

▼ 一家といふ~ (5, 0.1%)

1 ことは, ものは, 思想を, 成語は, 有様では

▼ 一家として~ (5, 0.1%)

1 のこすこと, 同様な, 存在しつづけ, 成立つて, 最後最上の

▼ 一家にとっては~ (5, 0.1%)

1 それが, はなすわけ, 何等の, 彼女は, 親戚にあたる

▼ 一家全滅~ (5, 0.1%)

1 したそう, したの, じゃない, のあと, のもの

▼ 一家相伝~ (5, 0.1%)

2 の技術 1 の妙薬, の極意秘伝, の秘法

▼ 一家~ (5, 0.1%)

1 だおれ, 倒れに, 労働の, 勢力を, 手の

▼ 一家とともに~ (4, 0.1%)

1 いつもこの, 乱軍の, 出かけるの, 鎌倉材木座に

▼ 一家と共に~ (4, 0.1%)

1 こ, 家族的に, 東京へ, 難を

▼ 一家~ (4, 0.1%)

1 所有シ得ベキ私有地限度ハ時價拾萬圓トス, 所有シ得ベキ財産限度ヲ, 生活ヲ, 見ヲ立テ一流

▼ 一家残らず~ (4, 0.1%)

1 緑青中毒を, 裸体に, 遠くの, 領分永の

▼ 一家眷属~ (4, 0.1%)

2 の口 1 にかこまれ, にわざわいするのではあるまいか

▼ 一家でも~ (3, 0.1%)

1 そう噂, まず安心, ゆうべの

▼ 一家とも~ (3, 0.1%)

1 いふ, スムーズには, 云つて居ります

▼ 一家などは~ (3, 0.1%)

1 あまり来ない, コロムボで, 事件の

▼ 一家について~ (3, 0.1%)

1 いえば, お尋ねの, 自分は

▼ 一家にとって~ (3, 0.1%)

1 一つの, 極めて重大, 辛酸な

▼ 一家に関して~ (3, 0.1%)

2 わたしの 1 彼自身の

▼ 一家をも~ (3, 0.1%)

1 呪咀し, 激しく動揺, 魂魂をも

▼ 一家七人~ (3, 0.1%)

1 か八人, が今夜, が糊

▼ 一家中毒~ (3, 0.1%)

2 を起し 1 の半

▼ 一家~ (3, 0.1%)

1 が彼, でしかなかっ, に対して心

▼ 一家心中ムリ心中~ (3, 0.1%)

1 などと云う, も辞せ, を考える

▼ 一家悉く~ (3, 0.1%)

1 一時耶蘇教に, 心を, 離散し

▼ 一家独立~ (3, 0.1%)

1 して, し一家独立, の主人

▼ 一家~ (3, 0.1%)

2 な社会 1 な大

▼ 一家経済~ (3, 0.1%)

1 の大, の由来, の足し

▼ 一家総動員~ (3, 0.1%)

1 でエッサエッサ, の田植作業, をし

▼ 一家~ (3, 0.1%)

1 ということ, を主張, を持つ

▼ 一家鏖殺~ (3, 0.1%)

1 しの, に使った, に使つた毒

▼ 一家うち~ (2, 0.1%)

1 揃って, 揃っての

▼ 一家~ (2, 0.1%)

1 二家までも, 車上の

▼ 一家かぞへ~ (2, 0.1%)

2

▼ 一家こぞって~ (2, 0.1%)

1 泣き悲しんで, 逃げなければ

▼ 一家ことに~ (2, 0.1%)

1 ベスへの, 運平老と

▼ 一家その~ (2, 0.1%)

1 姉妹等の, 禄高五百十七万石余に

▼ 一家そろう~ (2, 0.1%)

1 ての夕食, て刈り

▼ 一家たちまち~ (2, 0.1%)

1 全焼した, 零落し

▼ 一家だけが~ (2, 0.1%)

1 彼の, 背負うよう

▼ 一家であった~ (2, 0.1%)

1 から, ためその

▼ 一家である~ (2, 0.1%)

1 からで, がすでに

▼ 一家とか~ (2, 0.1%)

1 ベッドとかいう, 良人とかが

▼ 一家とを~ (2, 0.1%)

1 引き受けて, 挙げて

▼ 一家など~ (2, 0.1%)

1 云ふとき, 構えるの

▼ 一家においても~ (2, 0.1%)

1 召使いの, 表も

▼ 一家にて~ (2, 0.1%)

1 一二旬中に, 音に

▼ 一家にと~ (2, 0.1%)

1 つては, つても

▼ 一家ばかり~ (2, 0.1%)

1 狙ふ, 選つて荒し

▼ 一家への~ (2, 0.1%)

1 同情と, 復讐の

▼ 一家みんな~ (2, 0.1%)

1 と見物, 餓え死んで

▼ 一家むつまじく~ (2, 0.1%)

2 暮らして

▼ 一家より~ (2, 0.1%)

1 出でて, 遠ざけて

▼ 一家一同~ (2, 0.1%)

1 くつろいで, と書い

▼ 一家一糸~ (2, 0.1%)

1 も乱れざる, をも乱さず暮したい

▼ 一家主人~ (2, 0.1%)

1 は当年五十八歳, より家族

▼ 一家傳來~ (2, 0.1%)

1 の法, の磁器皿

▼ 一家全員~ (2, 0.1%)

1 こぞって種々, で写真

▼ 一家全部何~ (2, 0.1%)

1 を食っ, を食つて

▼ 一家八人~ (2, 0.1%)

1 と共に下敷, は此

▼ 一家共同~ (2, 0.1%)

1 の大, の石碑

▼ 一家内これ~ (2, 0.1%)

1 にか, にかかり

▼ 一家分散~ (2, 0.1%)

1 して, し彼等

▼ 一家及び~ (2, 0.1%)

1 我が子, 環境を

▼ 一家和合~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 一家~ (2, 0.1%)

1 喜びし, 喜びであった

▼ 一家~ (2, 0.1%)

1 一族が, 両親様の

▼ 一家打ち~ (2, 0.1%)

1 そろって, 揃って

▼ 一家打ち連れ~ (2, 0.1%)

1 て出かける, て東京

▼ 一家挙っ~ (2, 0.1%)

1 て東京, て蝙蝠傘

▼ 一家揃う~ (2, 0.1%)

1 ての好人物, て死ぬ

▼ 一家東京~ (2, 0.1%)

1 に移る, へ移住

▼ 一家~ (2, 0.1%)

1 の郷士, は立派

▼ 一家滅亡~ (2, 0.1%)

1 の禍根, の種

▼ 一家無上~ (2, 0.1%)

1 の幸福, の御

▼ 一家無事~ (2, 0.1%)

1 で何より, に平和

▼ 一家独特~ (2, 0.1%)

1 の混雑, の精髄

▼ 一家皆殺し~ (2, 0.1%)

1 にされる, をやりかけた

▼ 一家睦まじく~ (2, 0.1%)

1 一つの, 暮らす方法

▼ 一家~ (2, 0.1%)

1 たとえばブルンスウィク家, を先祖以来一人格

▼ 一家總出~ (2, 0.1%)

1 の花見, らしいの

▼ 一家自殺~ (2, 0.1%)

1 をしよう, を図った

▼ 一家親族~ (2, 0.1%)

1 から孝行者, が飢え死に

▼ 一家身内~ (2, 0.1%)

2 の者

▼1* [298件]

一家いきいきと御, 一家うごきS子さんたち動け, 一家からはその後到着を, 一家くずるるばかり, 一家ぐらいは取立ておいても, 一家さえ安全なら, 一家さまもさぞ, 一家て移つて行, 一家すべてが引き移った, 一家すべて死に絶ゆ, 一家ぜんぶが心服, 一家そちらに引越した, 一家たいがい焼けたん, 一家だけである, 一家だけしか住んで, 一家だけに任せて, 一家だけはどの親戚たち, 一家だけへではなく物質的, 一家だってあなたの, 一家だろうか, 一家だんらんなど言葉, 一家ぢゆうのもの, 一家づれで毎日潮浴びを, 一家でありながら最初, 一家であるまいかと想像, 一家でさえ父の, 一家ですの, 一家といったような, 一家としての天下をも, 一家とても感じよろし, 一家とで稲田登戸の, 一家とに最もちかく, 一家んでございます, 一家などが遊びに, 一家なり一国なりに, 一家なりの利益だ, 一家なんぞどうなつ, 一家における親子の, 一家にぎやかな夕食, 一家にしか用の, 一家にたいして好意を, 一家にだけはやや復讐的, 一家についてもみな同じ, 一家につき廿俵と, 一家にとっての大事件, 一家にとりましてこれ以上の, 一家にのみ握られて, 一家にまで襲って, 一家に対してはお蔦さえ, 一家に関する情報は, 一家のみという有様だった, 一家のみの安泰幸福を, 一家ばかりを狙ふ, 一家ひき移らうぢ, 一家またはその一地方, 一家までがほとんど将門, 一家までの毒殺事件は, 一家みなで可愛, 一家みな一つ処にあ, 一家みな殺しの犯人, 一家むつまじく楽しく暮らすの, 一家もう保田へ, 一家もって安楽, 一家もとより斉わ, 一家やけ出されて, 一家よもそのままに置くべき, 一家ケンゾク各々私田, 一家ケンゾク引越し遊山という奴, 一家ケンゾク集団空巣農村はもっと, 一家ケン族みんな信仰しなきゃア, 一家スワン家の人々, 一家ダンランあげくは一家名, 一家ハ別ノ車, 一家ヒタイを集め, 一家成ス, 一家一まきが災難, 一家一人を分け, 一家一冬三トンということ, 一家一国の争い, 一家一室が与えられる, 一家一家においても召使い, 一家一族数十人とともに流れ, 一家一族皆殺しだ, 一家一族非運の底, 一家一村でその, 一家一身の無病, 一家一門家来にまで苦労, 一家一門繁昌して, 一家七人安気に喰える, 一家七人暮らしであるが, 一家丈部三家を録, 一家三人兄弟は一番上, 一家三人墨堤の桜, 一家三人珠数繋りでなければ, 一家三千口と云, 一家三族ことごとく落首, 一家の都合, 一家会なれ, 一家不明だといふ, 一家不足ですから, 一家世帯を背負った, 一家中一日饑えなけれ, 一家中不幸ならせめて, 一家中両国第八, 一家中何かにつけ, 一家中何時とはなく, 一家中十八日間も毎日世田谷, 一家中国は長州, 一家中日傭に出, 一家中日蓮様を信心, 一家中早寝をする, 一家中気がちがう, 一家中異議のあろう, 一家中皆笑わせる面白, 一家丸くなって, 一家主義ですここ, 一家久しく悲境に, 一家外者狩谷川村清川其外え御, 一家二人以上就学する者, 一家五人何者にか惨殺, 一家世々其恵を, 一家にすぎぬ, 一家仁一国興仁もの是也西郷南洲氏は是, 一家伊勢桑名の太守北畠具教, 一家すれば, 一家何人かの生計, 一家兄弟揃いも揃っ, 一家族の, 一家全体も罰せられました, 一家全部の前, 一家全部寝泊りしながら, 一家八人割当だけでも約, 一家六人ともが博士, 一家共有の読書室, 一家具職人の子, 一家内中が輪, 一家内四人の暮らし, 一家内師匠をのけ, 一家内現存の労力, 一家内疫病にかかり, 一家内能く治まり, 一家円満に日, 一家再び倒産の, 一家再興の肝煎り, 一家処分案を提出, 一家加藤忠広の家老加藤淡路守, 一家生理, 一家十人の離散, 一家十余人が餒, 一家十六人の内, 一家友交輯睦忠誠にし, 一家同居して, 一家君民一体の大, 一家君臣をあげ, 一家君臣一座に会し, 一家だけは無事, 一家和合出來るかも, 一家和楽の庭, 一家唐駒の若い, 一家四五名の卒業生, 一家四人凡てが善人, 一家四人暮しの世帯, 一家四人枕を並べ, 一家四人露骨に云, 一家四名の家族達, 一家四海兄弟といふ博愛的仁, 一家楽して, 一家団欒のもなか, 一家困窮のきわみ, 一家是客, 一家国許へ帰る, 一家團樂の樂, 一家團欒の景情, 一家城外へ追放, 一家女中まで引連れ, 一家妻妾群居の支那流, 一家子女と共に老, 一家存在の基礎, 一家隠で商売繁昌, 一家安泰を願かけ, 一家安穏のため, 一家安穏保身を祈る, 一家宿老ども熟談し入札, 一家富まざれば一国, 一家全村, 一家専門の業, 一家少なくとも一夫一婦毎に, 一家就眠致し候, 一家の第, 一家常に笑声多く, 一家平均の子供数五人, 一家平民社同人に代り, 一家にある, 一家を攻めん, 一家引きつれての, 一家弟妹なんとかその, 一家待遇にある, 一家心中ムリ心中オヤジ殺しなどに至らない, 一家心中破産者がこれ, 一家必ず服を, 一家息災というユーモア, 一家悲慘の運命, 一家惣領の末, 一家惨殺した上, 一家戒慎して, 一家手ぞろいで働く, 一家揃うて, 一家打ちそろつて愉快, 一家打連れて八幡山, 一家扶養の任, 一家挙げて飢え, 一家揃いの外遊, 一家揃つての旅, 一家揃つて來たので, 一家揃つて支度を了, 一家揃ろつた楽しいお正月, 一家擧げて共に, 一家散り散りばらばらに成っ, 一家数口を糊する, 一家断絶する場合, 一家断絶誓約無視は信長, 一家族一夏の予定, 一家族中において一人, 一家日常の生計, 一家日野資朝卿は正中, 一家春子恭一そして最近, 一家曹永というもの, 一家最もこの怪事, 一家としてあと, 一家柔術が一家, 一家を營むもの, 一家楽しまず, 一家残らず縛り上げて有金百両余り, 一家殘らず東京, 一家殺しをやらなきゃ, 一家に家廟, 一家沒落の憂き目, 一家浜下りをし, 一家浮沈の問題, 一家浮沈親子四人の運命, 一家瀬沼金重さんを食事, 一家を免, 一家無病息災と来た, 一家焼き殺されるところ, 一家焼死の例, 一家するばかり, 一家狂喜して, 一家狂死をした, 一家らしく打, 一家生きて來, 一家生計の資本, 一家町内芝居へ出, 一家疎開者の客, 一家な信者, 一家皆息災に暮らしおります, 一家携えて, 一家相寄り冬日を, 一家眷族みな出て, 一家眷族みな殺しとなっ, 一家私乗の体, 一家秘法の銀流, 一家立派にひと, 一家細川和氏の郷土, 一家総がかりで汗, 一家総勢の姿, 一家総員とが食物, 一家繁昌で目出度い, 一家繁栄で目出度く, 一家老臣ども合議のうえ, 一家花植物と呼ん, 一家若い者八助と, 一家の中, 一家虐殺の話, 一家見物で子爵, 一家親戚のこれ, 一家親族知人朋友学校警察までよって, 一家親睦の箴, 一家解体の声明, 一家にし, 一家買物に東京行, 一家路頭に迷, 一家退散させ気ちがい, 一家連れでよく, 一家遠国へ流転, 一家重臣に, 一家重臣諸家などへ使い, 一家鏖殺位訳なく出来る, 一家門弟を伴う, 一家限りの祭, 一家離散的面も複雑, 一家をほる, 一家に診, 一家を合せる, 一家を合せる, 一家のうち, 一家餓死するもの, 一家馬トイウ修行者ガ来タカラ試合ヲシテ家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 一家骨肉三名までが斃