青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一室~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一向~ 一向に~ ~一団 一団~ ~一夜 一夜~ 一大~ ~一定 一定~ ~一室
一室~
~一家 一家~ ~一寸 一寸~ ~一層 一層~ 一帯~ ~一年 ~一度 一度~

「一室~」 1883, 20ppm, 5652位

▼ 一室~ (714, 37.9%)

8 籠って 6 こもって, 住んで, 監禁され, 集めて 5 通された 4 とじこめて, 入って, 入れて, 寝て, 監禁し, 集まって

3 [13件] いた, なって, 二人の, 入った, 入る, 入れられて, 坐って, 案内された, 案内し, 案内した, 通されて, 閉じこもって, 閉じ籠って

2 [49件] あって, ありとある, かつぎ込んで, この人数, こもったきり, しかも外, みなぎりわたった, ゐること, 丁度同じ, 住むこと, 入ると, 参集せり, 夥多の, 客を, 寝起きし, 対座し, 導かれた, 導く, 巴渦を, 幽閉し, 引立てゆきて, 担ぎ込んだが, 控えて, 於いて, 於て, 机を, 案内され, 案内せられ, 横わっ, 止宿し, 無役, 監禁せられ, 相対し, 私は, 端座し, 納めて, 腰を, 落ちついた, 落ちついた頃, 見て, 贅沢な, 身を, 這入って, 通ると, 連れこんで, 閉じ籠ったきり, 閉ぢ籠り, 障子を, 静坐する

1 [516件 抜粋] あった世界地図屏風, あつた, あつて以来, あつめて, あらわした, あり, ある, あること, あるという, ある数枚, いあわせたので, いたが, いたと, いつも読ん, いて, いること, いる所, いる時, えんこし, おさまって, おさまる, おさめられた柳田平治, おしこめられて, おって, おられては, お閉じ篭もりで, かくれて, かたまって, かたまらせて, ぎつしり詰まつた, くすぶつて, ぐるりと, こもつて, こもりける程, こもりウンチク, これを, ころがり込んだ, さし対, して, しんと留守, じっとしてる, すわらせられわずか, すわりきり, すわると, そのま, そのままに, その日, たぐまって, ただひとり安置, ただ一人閉じこもっ, ただ一体, たった一つ, たった一人, たれこめて, つれこまれたの, できて, とじこめられて, とじこめられること, とじこもって, とじこもりビョウブ, とじ籠った, とじ籠め, とめおかれました, とらえられて, とりつけたの, どこか, どっかりと, どんなに私, なった室, ならべられた蒐集, なるよう, ねこんで, のこる, はいった, はいりたいと, はいり何, ひいた窓帷越し, ひかえて, ひとりで, ふさぎこんで, ふたりは, ぺたっと坐った, ほうりこんで, ほうり込まれた当時, ほとんど五十日余, ほとんど幽閉, ぽつねんと置かれ, やがて彼女, やすんで, やって来て, ようやく坐った, よび集められて, わが馬春堂先生, わざと電燈, アッコルティ先生が, カンキンし, カンキン致し, クラリス・メルジイは, クールフェーラックの, ゴチャま, ゴチャゴチャと, ヂッと, ニコライ二世と, ピストルを, ルイ十一世の, 一つくらいずつ, 一人で, 一人の, 一人寝かされ, 一人棄てられた, 一年有余転地療養せし, 一時栄えた, 一生を, 一緒に, 三四人の, 上つて行つた時もう, 与へられ青年基督, 両陛下, 並べて, 中老の, 主人紋兵衛は, 主水, 久しい前, 久し振りに, 九曜の, 事務所が, 二つキチン, 二ヶ位の, 二人は, 二人を, 二人看護婦も, 二十の, 二十人いる, 人知れず自殺, 人見廣介という, 仄かな, 仮り住いを, 休んで, 会わせて, 会合させた, 会堂あり, 何だか小さい, 何とか理髪店, 僕を, 兀座せる, 充ちわたった, 入つて, 入らしめたり, 入り, 入り先ず, 入り小さく, 入り撫子, 入る二日三日, 入る天井, 入れられた, 入れり, 六つ窓際から, 冷く, 出た, 匿まい, 十年あまりも, 厳重に, 収容され, 収容される, 同臥, 向かいあって, 呻吟し, 呼び入れた, 呼び集めて, 呼び集め蛍, 呼び集め読んで, 和田静馬と, 四人づつで一ツ列車に, 土屋工学士が, 坐して, 坐する能わざるなり, 坐ったかと, 坐った大岡越前守, 坐り供, 坐るが, 垂れ籠め, 垂籠めて, 外光が, 外泊させ, 夜明け頃から, 夢に, 夢を, 大きな火桶, 大きな錻力, 大勢です, 大勢に, 大勢の, 夫婦で, 子供が, 孤囚と, 孤座する, 宿泊させる, 宿泊し, 宿泊する, 寂として, 寄宿し, 密封せられ, 寒々と, 寝かされて, 寝かせ電球, 寝せて, 寝たまま, 寝なければ, 寝ませた青嵐, 寝巻の, 寝泊りした, 寝起するよう, 寝転んだまま, 寢て, 対坐し, 対坐せし, 対座した, 対座せる, 封じられた人, 封じ込められた, 尊氏は, 尋ねあてた夫, 導いた, 導きぬ, 導き入れた, 小さい灯, 小美術舗, 居た, 居られるが, 居りながら, 屈居で, 屈託し, 展かれた, 巣喰い, 席を, 平均十人と, 平日の, 年を, 床を, 座を, 座敷牢が, 引っこん, 彼の, 彼は, 彼を, 待たされた, 待たして, 待たせお, 待たせ置かれしが, 待って, 心配さう, 忍び入りその, 忍耐強く, 恐慌が, 息を, 惨い拷問, 想像も, 憂愁の, 或時, 戸棚が, 戻って, 戻つて來, 投げ込まれた, 押込めて, 押込め置きたるが, 担ぎ込まれ警官達, 拘禁せられ, 招いた, 招いて, 招きて, 招ぜられた, 招ぜられた兵馬, 掛けたり, 掛けて, 控えさせた後, 控えさせて, 擒に, 支那兵の, 政子は, 数えるとしても, 旅の, 暗然影を, 暮らさなければ, 机竜之, 束髪の, 来て, 来ると, 来れば, 枯坐し, 案内されたらし, 梶原景時を, 棚を, 槇田中尉が, 横たわって, 横たわりだれ, 橋本正太と, 次郎も, 歸つた, 死ぬる気魄, 死んで, 沈吟し, 泊って, 泊り合わせたの, 泊ると, 深々と, 溶けこんで, 滞留し, 漲らした, 漸と, 潜めて, 濤声を, 火炉を, 灯が, 無事に, 焼け出された夫婦者, 独り泣く, 獨坐し居り, 生きて, 生活しつづけなけれ, 生活にも, 男と, 疲れはてた身体, 白い制服, 盃盤を, 監禁させた, 監禁された, 監禁同様に, 目が, 目を, 相対しよう, 相對, 眠ながら, 眠るとき, 眼に, 瞑目し, 祖母と, 禁錮せられた, 秀子の, 私たち日本人夫婦が, 私自身と, 移ってから, 移つた, 移つてから, 移られた, 移り住むと, 移ること, 移れる手筈, 突き当った, 立った, 立て籠, 立て籠り沈黙三昧, 立派な, 籠ったきり, 籠つてゐ, 籠つて密談を, 籠つて書く, 籠つて誰にも, 籠めて, 籠もっ, 籠りツ切, 納った, 納まったが, 納まって, 納まり校正係, 納められた時, 紙帳を, 経机を, 結び燈臺も, 綿の, 縁者の, 縫い物を, 縮めて, 纒め殺された, 置かれその, 置き捨てられた鏡台, 置けば, 美しいお姫さま, 考えこんで, 聞える人々, 膝を, 臥せり, 臥る, 自らを, 自分の, 自炊生活を, 若い醫者, 苦しい淫, 落ちつくと, 落ち着いたの, 落つく, 落付い, 落着いた, 落着きます, 葉巻を, 蟄居すべき, 行け, 行李を, 見える衝立, 見せて, 見知る顔, 親と, 設けられたバー, 請じ, 請じ入れました, 赤い広袖, 起居し, 起居を, 起臥し, 足どめされ, 足どめを, 転がり込んで, 転げて, 辿りつくと, 迎え, 迎えて, 追ひ込め, 退隠して, 送つて, 逃げた細君ノルマ, 透明怪人捜査本部を, 這入つた事, 通された宇津木兵馬, 通されました, 通されると, 通され先ず何より, 通され先づ, 通して, 通すや, 通った, 通って, 逢うの, 連れの, 連れ込まれた, 連れ込んで, 連絡の, 運ばれて, 遷しまつらんと, 銀杏加藤の, 鎖閉め, 鎮座し, 長い間病臥, 閉じこめて, 閉じこめられ紛失, 閉じこめられ飽食, 閉じこもった, 閉じこもったの, 閉じこもったまま, 閉じこもったり, 閉じこもるだけの, 閉じ籠った人達, 閉じ籠った時, 閉じ籠ってばかり, 閉じ籠つて, 閉じ籠め, 閉じ籠り取り寄せた随筆旧記, 閉じ籠り悲歎, 閉じ籠り静思, 閉じ籠れるの, 閉じ込めて, 閉じ込められた時, 閉じ込められた為, 閉じ込められて, 閉じ込められること, 閉ぢこめられ, 閉ぢこもつ, 閉ぢ籠つてゐる, 閉ぢ籠つて固く, 閉ぢ込められた, 閉籠った, 閉籠って, 閉籠つて切りに, 閉籠り, 閉込めあれば, 間借し, 陣取って, 陣取つた, 陣取り川魚料理, 陣取るという, 陰鬱な, 隠れさして, 集った, 集って, 集つて種々の, 集ひぬ, 集まった, 集まり大いに, 集めそれら, 集りおいで東京, 集り女, 集り食事, 集る, 集合し, 集合した, 雑居し, 雨龍太郎は, 電燈が, 飾られて, 高らかに, 鳥居甲斐守と, 黙然とたたずん

▼ 一室~ (248, 13.2%)

6 あつた 3 僕は, 私は

2 [13件] 二人の, 人が, 友人の, 暮さねば, 暮らしたが, 死んだ, 法衣装束に, 甚だしきは, 私の, 窓から, 腕まくりで, 言い争って, 軍人を

1 [210件] あたたまりたいと, あつたの, あとは, いつもどおり, いま高氏は, おこなわれた, かみさんを, こつこつと, ことし元服した, この家, この椅子, しばらくみんな, しよんぼり待つて, そこには, そこへ, そのガラン, その娘, それを, とっくりと, どっちかと, ひいひいと, ひとりで, よく眠っ, よろしく頗る簡単, アカシアの, ウスノロの, タッタ今一人の, チャンと, ヒソヒソ話し合っ, プンプンし, ベッドに, ホルサムは, ホルマリン漬の, ボンヤリ額を, ラシイヌ探偵と, ラワンデル香水と, ランプの, 一人の, 一刀三礼を, 一切の, 一同の, 一寸その, 一時間程, 三人の, 三十人ぐらいの, 三年間も, 三組も, 中村警部と, 二三杯の, 五六人の, 井出一徳元, 亡き千蛾老人, 人間の, 仕事を, 他の, 休息し, 会ったの, 会合した, 会合する, 何かの, 何でも, 作戦を, 信長が, 倫理の, 催した, 出来るだけ, 切腹を, 前代未聞の, 前述の, 十吉も, 十時過, 十疊位いの, 千代乃は, 卓を, 厚い絹布, 原田たけ子宛に, 取り交, 古今の, 句会句作そのものは, 右馬介へ, 唯ひとり, 土屋相模守の, 坂口は, 坪数に, 壁や, 声明学の, 変死を, 夕方まで, 大熱, 天井は, 奥山検事高橋警部木沢野原両, 安息させられ, 客を, 宿酔の, 寄席の, 寝たきりの, 寝たり, 寺内氏は, 尋ねる行員, 小さな油絵, 巨大な, 常と, 建物の, 彼に, 彼の, 彼は, 待つて, 後藤将監と, 快げ, 扉に, 旅鞄から, 日を, 明智の, 暖炉の, 暮したものの, 暮して, 暮らして, 暮らす時, 書かれた, 書見し, 最後の, 朦朧と, 朦朧として, 校正された, 根気の, 植木や, 検事の, 歌い出した, 歌われたり, 死にその, 氣儘に, 池田良斎と, 沢山の, 泊ること, 浅井の, 清楚な, 燃えるよう, 狂い廻って, 独り深淵を, 現在の, 琵琶を, 瑟を, 町方与力の, 画家, 畳の, 疊の, 病人は, 病気を, 病気不幸災難孤独貧乏, 盗んで, 目の下に, 目を, 真夏の, 真赤な, 眼を, 短歌会を, 秀子が, 私たちに, 私たちは, 私と, 私達は, 秘密な, 立続け, 納戸襖から, 素裸に, 絶望を, 縁に, 聞いたが, 腕組みを, 膝を, 自刃めされた, 自分も, 花やかな, 菊池半, 華燭と, 薄茶を, 藤吉郎は, 行はれ, 行われた, 衣服を, 言ひ, 話しこんで, 話を, 認めた, 読みふけったこと, 誰の, 警官に, 起居を, 足を, 跪き祷り歌, 道庵先生から, 遠い村, 那波氏と, 部屋の, 金色の, 金銭に, 銑太郎から, 陽が, 隊員たちを, 集りを, 雑魚寝した, 露木秘書官が, 面会した, 面会を, 音が, 食事を, 骨と, 骨牌を, 鬼王丸の, 鼻紙の

▼ 一室~ (213, 11.3%)

20 借りて 8 かりて 4 占領し 3 占めて, 占領した

2 [13件] さちよは, 与えて, 与へられた, 世話し, 借りた, 借りること, 借りるつもり, 借受けて, 占領する, 取って, 或る, 立退くこと, 貸して

1 [149件] あてが, あてがわれた, うかがって, かして, かりうけて, かりパッ, さぐッ, ざつと見, そっくり占め, その戸口, その新聞, つくり地震, どの婦人, なして, ぬくめたり, のぞき込んだ, のぞくと, ひとりの, まぶしそう, もって, もらった, わが物, カヨの, ノックした, 一人占めに, 一層青白い寂しい, 三人の, 下りて, 与えた, 与えられたの, 与えられた千浪, 与えられること, 与えられ夜具, 与えられ食事, 与へられるまでは, 仁木に, 仕事場に, 仕事部屋として, 仮りて, 住家として, 借りそこ, 借りただけの, 借りふたり, 借りました, 借りられたそれ, 借りる旨, 借りラヂオ避難所, 借り受, 借り受けたる家, 借り受けました, 光丸の, 共にし, 出て, 出でて, 利用する, 占めそれ, 占めたドナテロ, 占めました, 占有し, 取るなどという, 増築した, 大股に, 契約した, 子供達の, 宛てがって, 宛てがわれそこで, 宿に, 密閉し, 寝室と, 寝床だけに, 居室に, 峯子は, 巣として, 店に, 建てて, 建て増した, 廻り感慨無量, 往き来した, 思い出した, 思い浮べて, 我が世, 択んで, 拝借し, 持ちたいと, 持って, 持つて, 指して, 掃除する, 控えて, 提供し, 提供した, 料理人と, 旅の, 明けて, 昨日から, 暫く狂女, 書斎と, 構えて, 欲しいと, 母の, 洗いさながら, 浄治し, 準備し, 瀧五郎は, 無理に, 照せる行燈, 照らせる行燈, 片づけさせた, 片付けて, 特に拵えた, 特に私, 独占し, 独占する, 病間と, 私たちが, 私に, 私の, 空明きに, 窺い, 約束しました, 給され, 給与される, 締めきって, 繞すに, 罩めて, 罩め沸る, 聯想すべけれ, 脅かした, 荒々しく開け放ち, 莊嚴し, 見出して, 記憶し, 訪れた, 設けても, 診療所に, 貰い学生, 貸りた, 距てて, 鎖して, 閉じて, 閉て, 閉めきった, 閉めきったまま, 閉め切りその, 開かせた, 間借し, 閨に, 隔てた八畳, 飾って

▼ 一室~ (150, 8.0%)

6 案内された 4 入って 3 入った, 案内され, 這入った

2 [12件] はいった, はいって, 入り込んで, 招じ入れた, 来て, 案内し, 案内する, 監禁された, 通された, 連れ込むと, 閉じ籠め, 駈けこんで

1 [107件] あいさつに, あんないされた, うつされて, うつされ医者, おしこんで, おちつくまで, おろしてから, かくれやがて, ころがりこんだの, さいぜん, さながらニジンスキイ, そのズブ, つれこまれました, つれこみ, つれ込まれる, つれ込んだ, のっそりと, はいったかと, はいった時, はいると, ふらりと, もどりました, やつて, ゆるしを, よびよせて, 上って, 二人は, 伴い堂中, 住みたそう, 來て, 僕を, 僕等三人を, 入ったの, 入れて, 入れられた時, 入れ鍵, 出た, 別れの, 召されて, 吉次を, 呼び今, 呼び入れて, 孫の, 客を, 宮を, 寄りつけそう, 寝かされたが, 寝かしたらしい気配, 師直が, 床を, 引き籠つた彼, 引取られ, 抱き入れた, 押しこめて, 押しつまつたその, 押しやりました, 拉し罪状, 招ぜられ世良田, 擔込ん, 案内した, 武蔵が, 歩きつ, 流れ込む, 物見頭の, 畏る, 皆通し, 監禁し, 福島市松を, 私たちは, 移って, 移り給仕人, 移ること, 籠った儘, 茶タバコ盆とともに, 落ちつくと, 落付いた, 落附く, 行かれること, 褥を, 誘つてし, 越して, 足を, 転がりこんで, 迎えて, 退いた, 退いたの, 這入って, 通されたが, 通された右馬介, 通された鳰鳥, 通されると, 通して, 通ったが, 通ったの, 通る, 通ると, 連れて, 運び去られたこの, 運び去られて, 閉じ籠った儘, 閉じ込むなどと, 閉籠って, 閉籠られた, 隠れるよう, 集まって, 飛び込むと, 馳け

▼ 一室~ (142, 7.5%)

8 中に 5 うちに, 扉を 4 なかに, 戸は 3 中で, 中へ, 内に, 隅に, 障子を 2 うちで, さまが, ドアを, 中央に, 内へ, 前を, 戸を, 正面には

1 [85件] うちから, うちである, ごときいつも, しゃがれ声, すみっこ, ために, ふすま, ほかは, もう冷えかかった, ものは, やうに, ドアの, ベツドの, 一団に, 三方へ, 中から, 中でありました, 中にだけ, 中には, 中へずつと, 丸柱に, 主人公といった, 九尺二枚の, 人だち, 他は, 全体が, 全部を, 其処に, 内より, 内を, 内燈, 出入り口は, 前に, 前へ, 卓の, 厚いふとん, 古屋だった, 右と, 呼息ご, 四壁に, 壁に, 壁半分を, 壮麗に, 外は, 夜具に, 大きいベッド, 天井や, 奥には, 家を, 寝台から, 展望記が, 布被, 席に, 所に, 掃除などは, 新しい畳, 方を, 暗に呑まれ, 杉戸の, 椅子に, 榻に, 様魔術の, 檐に, 欄に, 正面に, 浮塵を, 源氏窓を, 濃きに, 灯に, 炉辺に, 煙草の, 畳の, 真中に, 硝子窓から, 空気が, 簾の, 経営に, 繪卷といふ, 膳に, 豪華な, 鍵を, 鏡で, 間借を, 雰囲気も, 香の

▼ 一室~ (52, 2.8%)

4 あった 3 ある 2 あいて, あるだけ, なくて, もしかする, 譲渡された, 開けて

1 [33件] あって, あつた, あり窓, あるお, ある本屋, かなり広く, がんりきの, この邸, すむと, とたんにぱっと消えた, よかろう, 一先ず整頓, 与えられること, 主人公の, 二人の, 俄に, 寝室であっ, 居心地よく, 月光の, 気に, 病室に, 真赤な, 私の, 空いて, 空けて, 突出て, 突然テヘラン, 裂けて, 見える, 設けられ毎日礼拝, 開いて, 開かれて, 震動する

▼ 一室~ (51, 2.7%)

2 ホテルの, 他の, 職員室に

1 [45件] いっぱいに, いは, かくてこ, けぶり, ここの, ちり一つない, どうにか壊れず, どんなにね, ほんの六, やはり自分, カサコソと, ロヨラの, 一側の, 不開室, 今夜に, 余り高く, 俄かに, 古い土蔵, 和尚が, 娘五人の, 完全に, 客が, 小松殿が, 広さ, 忽ち俳句会場, 悉く目, 新作工藝の, 日増しに緊張, 明るかった, 昔し, 朝十一時から, 歯の, 死骸から, 母屋から, 煙で, 煙草の, 父が, 父親と, 物置部屋に, 疊が, 秋深くうすら寒く, 立てば, 纔十畳敷程の, 美耶子の, 負傷した

▼ 一室には~ (35, 1.9%)

2 いって

1 [33件] いつて, これも, ぬすみためた宝石, もうこの, もう竹童, もと相当, キクロウプスの, コバルトと, 一人の, 三つ床が, 九郎右衛門の, 人なく, 仏壇の, 別荘番の, 南北戦に, 又太郎, 台湾で, 四男の, 張宗昌の, 彼の, 御簾も, 明るく射し込んだ, 未だ昨夜, 本やら, 池上權藏の, 灰吹を, 物寂しいしみじみ, 物忌という, 白い燭, 盛装せる, 衣それを, 護摩壇が, 雨の

▼ 一室から~ (27, 1.4%)

1 [27件] お通, けたたましい騒ぎ, すぐに, ほのかに, 一室へと, 二人の, 他の, 出るよう, 助手を, 呼んだ, 手燭を, 次の, 正造の, 毎日の, 民弥と, 沁, 洩れて, 漏れる明るみ, 灯火が, 皆の, 目撃し, 突然けたたましい, 聞える玉突, 華雲殿全体の, 赤い火光, 起りました, 駈け出して

▼ 一室では~ (22, 1.2%)

2 あるが, 白娘子が

1 [18件] ありましたけれど, いきなりあの, これに, なく幾室, ジジの, 上杉家から, 公使館附武官の, 大人たちが, 夫は, 最後の, 柳生兵庫が, 燭の, 美しい女王達, 若い人々, 覚兵衛や, 責任者たちの, 長官アンドレ大佐以下の, 髪の毛の

▼ 一室~ (11, 0.6%)

2 いっても, 離屋の 1 その向う, ちがわない場所, 二階に, 火炎の, 第二室, 講書の, 選ぶ所

▼ 一室である~ (7, 0.4%)

1 けれども南, ことが, ことに, ということ, 以上どう, 朝中年の, 男が

▼ 一室~ (7, 0.4%)

1 にて共に, に三人, に四人入れ, に団, に於ける, の想像, の蠅

▼ 一室しか~ (6, 0.3%)

1 ないよう, ない八畳, ない古い茅屋, ない庵, なかつた, なくて

▼ 一室へと~ (6, 0.3%)

1 もどる, 客を, 招き入れた, 案内される, 案内した, 歩を

▼ 一室きり~ (5, 0.3%)

1 で台所, で晝間, ない栄三郎, ない草葺家, の平家

▼ 一室だけ~ (5, 0.3%)

1 だったが, でその, 不要の, 小高く離れた, 煌煌と

▼ 一室より~ (5, 0.3%)

1 この部屋, ほかに, 借れなかつた, 出づ, 浦辺出づ

▼ 一室一室~ (5, 0.3%)

1 と火炎, と近づい, に棲ん, の壁, をざつと

▼ 一室~ (4, 0.2%)

1 からそこ, から見張り, ということ, とたち

▼ 一室であった~ (4, 0.2%)

1 がいろいろ, がそこ, が女中, ことに

▼ 一室にも~ (4, 0.2%)

1 やはり角行燈, 彼だけは, 槍薙刀鉄砲などが, 秀吉は

▼ 一室一燈~ (4, 0.2%)

2 を占有 1 さつ, を一人

▼ 一室~ (4, 0.2%)

1 に四人, に瞳, の人許, 天井には

▼ 一室~ (3, 0.2%)

2 のです 1 んだ

▼ 一室にて~ (3, 0.2%)

1 幸衛門腕こまぬき, 祝うこと, 診療に

▼ 一室~ (3, 0.2%)

1 あてがわれここ, ありませんし, 静かな

▼ 一室一人~ (3, 0.2%)

2 で一燈 1 が何より

▼ 一室あり~ (2, 0.1%)

1 て大いなる, て燈火

▼ 一室ごと~ (2, 0.1%)

1 に中央, に締り

▼ 一室だった~ (2, 0.1%)

1 が入口, が縦

▼ 一室でし~ (2, 0.1%)

2 かも間の

▼ 一室において~ (2, 0.1%)

1 白い実験衣, 駒井自身も

▼ 一室にか~ (2, 0.1%)

1 かつてゐる, くる

▼ 一室につき~ (2, 0.1%)

1 だいたい六人, 十六七から

▼ 一室一人一燈~ (2, 0.1%)

1 のよ, を分けあ

▼ 一室一燈一人~ (2, 0.1%)

1 で読書, はありがたい

▼ 一室一燈一張~ (2, 0.1%)

1 のよろし, の主人

▼ 一室一燈一鉢一人~ (2, 0.1%)

2

▼ 一室~ (2, 0.1%)

1 で三宝, を閉切

▼ 一室~ (2, 0.1%)

1 に店員, に高まる

▼1* [114件]

一室あだなる, 一室あつたけれど, 一室あるといふ, 一室二室しか, 一室からはお杉, 一室からも大台所からも, 一室かりても女, 一室ぎりであつたが坂の上, 一室ずつ建て増しでも, 一室そこに当夜, 一室その前は, 一室それが渠, 一室だけが明, 一室だけで永久に, 一室だけでも広過ぎる, 一室だけに住まって, 一室だけは行きがけに, 一室つくらせましたよ, 一室づつ備はつて, 一室づゝある座敷の往來, 一室である見給え壁の, 一室ですが, 一室ででも彼は, 一室でもかしたがります, 一室といったような, 一室といふのが, 一室として印象され, 一室としてはこれは, 一室とにドリアン, 一室ないし数室, 一室なと借りうけたい, 一室なり二室なりを, 一室なりける我が書斎, 一室においては大義名分の, 一室にこそ仮面の, 一室にとぢ籠つて原稿の, 一室になつてゐた, 一室にのみ引籠って, 一室にばかり蟄居し, 一室のみの事にて, 一室ばかりを借りて, 一室へだてた三田の, 一室へでも通ずる隠し道, 一室へは武田斐三郎や, 一室ほど離れた所, 一室またアレキシス尊者登天の, 一室まで彼は, 一室まではあの露骨さ, 一室二室かり, 一室をも貸与しない, 一室ニ予ノ案内人ト別, 一室ニ人有ルガ如ク無キガ如キ思ヒス, 一室僕は, 一室聯想シ畳デナクベッドニ寝, 一室一主である一室二主, 一室一人一燈一人はうれし, 一室一名づつの附添夫, 一室一室これと引き合わせ, 一室一室格子を下ろし, 一室一燈占有のおかげ, 一室主客相対すると, 一室二主では, 一室二尺四方ばかりの俗, 一室ですもの, 一室はどうやら, 一室借して下さい, 一室借りまして自炊, 一室借りましたが借りた, 一室借りるわけには, 一室全部を綺麗, 一室兩方が襖, 一室六名ずつの八室, 一室内八人室に洗面器, 一室の代, 一室座敷で, 一室別段のお座敷, 一室になっ, 一室十二人詰のところ一ヵ月四十五円, 一室十二畳半が原則的, 一室十月大通りを見下す, 一室四疊半だから, 一室夕闇せまるサロン, 一室いたくも, 一室奧右手は廊下, 一室たること, 一室戸外には風, 一室を押し, 一室新しく建増した, 一室は華やか, 一室書院か主人, 一室果実から合成, 一室とほ, 一室に凭れ, 一室準備せられたし, 一室狭けれども今宵, 一室瓦斯の火急, 一室石津右門相變らず鬼, 一室より海, 一室絶えず胸に, 一室置いた次の間に, 一室花見疲れの女, 一室苦悶と絶望, 一室迄帰る, 一室より姑, 一室行李や書籍, 一室表側の室, 一室表通りの見晴, 一室襖障子にて見物, 一室西と南, 一室貰い結婚し, 一室越し袋の口, 一室階下や階上, 一室障子は真中, 一室離れた二階の