青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一団~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一切~ 一刻~ ~一匹 一句~ ~一同 一同~ ~一向 一向~ 一向に~ ~一団
一団~
~一夜 一夜~ 一大~ ~一定 一定~ ~一室 一室~ ~一家 一家~ ~一寸

「一団~」 1484, 16ppm, 7034位

▼ 一団~ (538, 36.3%)

11 人影が 7 人々が 6 中から, 人数が 5 人々は, 火が, 火の, 火焔と 4 人々の, 人々を, 天才に

3 [11件] ために, 中で, 中に, 中へ, 人が, 兵士が, 火焔が, 焔が, 群集が, 者が, 雲が

2 [26件] うちに, うちには, ほの, 中には, 人かげが, 人の, 先頭に, 兵を, 前に, 姿が, 密雲が, 悪漢の, 文字だけは, 日本人の, 星雲と, 火と, 火の玉と, 火焔の, 炎と, 焔と, 群衆が, 軍勢が, 軍夫に, 霞の, 霧が, 黒雲が

1 [391件] あいだから, あったこと, あとを, あるの, いや数十団, うち水戸の, うち茂った, かげに, かたまりが, きたない粘土, ごろつきどもが, とろ, なかから, ならず者よ, ほかには, ものと, ものの, ものは, ものらは, もの以外に, ような, アインシュタイン排斥同盟の, アメリカの, テロリスト将校が, フランス俳優が, リイダア格の, ロシア人の, 一人です, 一人一人は, 上に, 上を, 中からは, 中にしか, 中の, 中多くの, 中学教師の, 中心人物である如く, 主人公らしい, 主領, 乗った列車, 乱雲に, 人々であります, 人いずれも, 人だかりが, 人でした, 人びとそれは, 人員は, 人声が, 人影, 人影には, 人影は, 人数は, 人数を, 人数逃げも, 人数闇を, 人旋風が, 人物が, 人群に, 人色を, 人達に, 人間が, 人間と, 人間を, 人馬は, 人魚群を, 仏掌藷の, 伊太利人が, 伺候者が, 低い家々, 住んで, 作家学者の, 作家群の, 作家達が, 作者によって, 信念に, 信者達の, 偃松か, 像の, 僧侶が, 先に, 先ぶれと, 先頭には, 先頭は, 光を, 全部が, 兵士たちが, 兵士たちは, 兵士は, 兵隊が, 兵馬が, 出現坤竜の, 利益によって, 前で, 前には, 前を, 前進隊は, 剣光が, 力を, 労働者から, 労働者が, 印度婦人だった, 去った後, 取留めの, 叢雲は, 只中へ, 同勢が, 向う見ずな, 君臣と, 吹雪それに, 和気を, 囚人が, 四十数名が, 国民と, 土工夫の, 塊まりは, 塊り, 壮丁は, 壮年者によって, 壮漢が, 多くは, 大きな公衆, 大きな黄黒色, 大きな黒い, 大きな黒衣, 大なる, 大光明, 大将と, 大火焔, 大瓦斯塊, 天下の, 太鼓隊の, 女が, 女中方が, 女学生が, 女生徒たち, 妖気の, 妖氛と, 婦人たちが, 婦人達を, 学生が, 学生たちの, 学生の, 客が, 客と, 家庭の, 密雲は, 少し気, 少女たちが, 少年が, 少年の, 少年は, 少年少女の, 山鳩が, 工人の, 店員が, 建物を, 弥次の, 強盗が, 影で, 影は, 影を, 彼等が, 後を, 徒歩武者が, 得物を, 微温の, 応援隊が, 怨霊と, 怪影は, 怪火の, 恩恵で, 悪党の, 悪漢たちに, 感情の, 手に, 手によって, 批評家作家によって, 提灯が, 支那職工が, 放牧馬を, 政治界や, 数が, 敵が, 文芸記者, 斜め後に, 新しい春婦, 新しい群衆, 方から, 方に, 方へ, 旅の, 旅人と, 旗本たちに, 日本人が, 春意屋中に, 暗雲あつ, 暴徒が, 松明が, 林を, 桜樹が, 桜花を, 植木屋が, 歌人の, 正体と, 武士が, 武士に, 武士の, 武士を, 武士整斉と, 武士達が, 武士階級も, 武者と, 武者との, 武者を, 残りから, 残留部分から, 殺気を, 殿には, 民衆よりも, 気と, 気分は, 水仙に, 水量の, 油雲が, 渾沌たる, 濛気片々として, 火の玉が, 火へ, 火事装束いま血戦の, 火光と, 火光に, 火光は, 火焔に, 火焔渦を, 火焔行列とも, 火焔車と, 火煙と, 火玉と, 灯影が, 灰色雲の, 炬火が, 烟が, 無法者が, 無頼漢どもが, 煙が, 煙りが, 燃える声, 燃える焔, 燃え立つ火, 燐火眼前に, 爆火船隊, 犠牲に, 狼は, 猛火の, 現れる度毎, 生徒らは, 男女が, 男達が, 疾風雲に, 白いもの, 白い体, 白い吹雪, 白い炎, 白い風, 白き雲, 白煙を, 目的を, 真っ白の, 真黄色, 砂けむりは, 砂丘その, 砂煙に, 磯松が, 移住開墾者等は, 稽古が, 空気に, 竜巻みたいに, 競争者は, 笑声に, 笑声を, 符号が, 筋肉が, 精神あり, 精神から, 紅蓮と, 紅霞が, 綿雲が, 緑と, 線路工に, 繁みの, 罷業実行委員会が, 群の, 群衆として, 群衆を, 群雀の, 群集, 者, 者に, 者は, 職人が, 背後に, 胡蝶にな, 自由自在に, 舞踊と, 船客たちは, 艾をととなへ, 花一樹の, 若い人達, 若い男女, 若い船客達, 若者たちに, 若者たちは, 若者たちを, 英国軍楽隊が, 荒武者が, 荷役人夫たちに, 蒸気が, 虚想を, 蠢めく, 行動は, 褐色なし, 襲撃を, 見えなくなったの, 親戚たちは, 訪問客の, 誰かが, 警官が, 護衛を, 貴族が, 賊が, 走って, 走るに, 走る方, 車と, 車には, 軍人客で, 軍人達であった, 軍馬が, 連絡ある, 酔つ, 野営では, 野牛の, 鉄車が, 鉄騎で, 鋭い太刀風, 長高大之進です, 防寒服を, 陰火が, 陰火立ちのぼり, 隊長と, 隠し言葉であっ, 隠れ家の, 集まりであります, 集合場所である, 雪が, 雪の, 雪わく, 雪煙り, 雲たなびき来, 雲とも, 雲の, 雷雲は, 霊達が, 霧に, 霧の, 靄が, 青い火, 青年, 青年少女口々に, 静かさが, 音群が, 顔を, 飯にも, 駈け手, 騎士から, 騎馬が, 騎馬に, 騎馬隊は, 高弟連中は, 鬼火が, 鬼火に, 魂である, 麗しいもの, 黄包車が, 黒い人影, 黒い人群, 黒い影, 黒塊と, 黒影入り乱れ, 黒煙が, 黒雲に

▼ 一団~ (238, 16.0%)

6 ある 5 あった

2 [13件] あったが, ありました, これも, ハンガリアの, 向方の, 建物の, 控えて, 月の, 来た時, 現われた, 走って, 踏み込んだらそれ, 進んで

1 [201件] あらわれた, ありそれ, あるかと, あるの, ある場所, いた, いたこと, いぢくり, いるわけ, うねうねと, お地蔵様, お役人, お経, きえた町, きこりを, この時与吉, さしかかった時, さも物々しく, さッ, しおを, しきりにしゃべる, しずかに, すたすた大, そこへ, そのとき, そのよう, その前, その地, その小さなドイツ, その扉口, その青年期, そば近くに, それ以上の, ぞろぞろ入っ, つづき軍歌隊, てんでに十字鍬, とうの, どういう関係, どこかへ, どろ道, にわかに刀, にわかに揃っ, ひかえて, ひと塊, ひと車輛全部, ぶっつかって, ぼおっと, まさしく蜘蛛, まじつてゐた, まだ新撰組, まるで闇, まろくな, みんなで, もう暗く, やってきた, やって来る, やつて, わざとの, ガヤガヤ云い, ジンタの, テーブルの, ドッと, ドヤドヤと, パッパッと, ヒタヒタと, ピストルの, ホームに, 一人の, 三間足らずの, 三階席に, 上川アイヌの, 丘の, 中国人の, 乗りこんで, 人も, 今は, 今日の, 他人を, 低くこの, 侵入し, 傍若無人に, 全速力で, 再び勢い, 出来たの, 別の, 前の, 前後し, 勉強家を, 動揺の, 占領し, 原始林の, 古風な, 同音に, 喧しくがやがや, 困憊するなら, 土人部落に, 夢中に, 大森林, 大濤, 始終舞台, 守山の, 実際的, 宴を, 寝そべって, 小さな点線, 小突きあいつつ, 屯し, 岸本の, 工場の, 市街鉄道などに, 常に甲板, 常緑銀行の, 弁当を, 強盗に, 彳んで, 彼らの, 往来へ, 後から, 成立した, 手に, 探検に, 敵地に, 斜めに, 旅館の, 旗手を, 日の丸の, 日本美術院の, 暗黒街に, 最も人々, 未来主義を, 林へ, 柳町通りの, 棺を, 樽御輿を, 此方へ, 残ること, 殺到し, 民弥の, 海を, 消尽し, 渦巻き合いながら, 焚火を, 猟人広場の, 現われたの, 現われて, 現われ出て, 生まれた, 町へ, 畸型児の, 発電所の, 相手は, 真近, 眼前に, 私たちの, 突然, 立ち上って, 立派な, 竿を, 紋也の, 練り込んで, 繩張りした, 良心の, 花壇を, 若樹, 葉巻を, 蟠居, 襲いかかった時, 見えた, 見えて, 見える, 言葉すく, 賑々しく出, 足並みを, 踊り出, 輪を, 近づく人, 近寄って, 追ひつ, 道場へ, 遙かの, 遠くに, 長蛇の, 門内へ, 間は, 陳列館の, 雁行を, 雲の, 順調に, 飛んで, 馳せ付けた時, 駅長の, 駆けつけた, 駆け回って, 駕籠を, 高く捧げられた, 高らかに, 鴨田研究員を, 鶴翼を, 麻雀賭博の, 黄浦河の, 黒い箱

▼ 一団~ (149, 10.0%)

2 ばらばらと, 彼の, 砂を

1 [143件] あちこちで, あやかしの, ある一派, いずれも, いつぞやも, いつの間にか生彩, いよいよ顔, こうしてメイメイ, こうして高原, ことごとく気, ことに謹厳, このとき, この家, この日本, これを, さっき五味左門が, さっと各, しだいに遠のい, ずっと向こう, その三惑星, その中, その人間, その日一日, その行手, その間も, それを, だんだん戸口, どうした, どうも山窩, どこへ, にわかに大通り, はっきりと, ひた走る, まことに蟠り, また元, また犬, みなまで, やはり一個, ゆるゆると, アレナを, ゲラゲラゲラ, ストウブを, トロイ谷を, ドクトル, ニイチェの, 一人残らず, 丁度ロンドン, 丘を, 乱れ入った, 二九太の, 二人が, 二年前から, 人里を, 今や丘, 伸子たちが, 何者か, 何者であろう, 何者な, 侍達を, 依然として静か, 俄かに, 僕が, 元の, 先へ, 児童教育や, 前衛隊であった, 千鶴子の, 右門の, 大きな犬, 天地も, 広場の, 庭の, 引き上げた, 引っ返した, 彼を, 待って, 御嶽冠者の, 悉く飛行機, 懐中電灯を, 投げ槍, 折りかさなって, 散らかって, 斎藤の, 斧や, 既婚者の, 時ならぬ, 智勇豪邁気宇万軍を, 有無を, 東北へ, 林へ, 森林の, 橋場の, 次第に越え, 武士が, 歩いて, 歩き出した, 水甕を, 洞窟の, 炎暑を, 牧野や, 物体と, 狩場であった, 珍しそう, 百万坪に, 石段を, 私が, 稽古を, 立往生の, 納屋を, 紙帳を, 紙風船を, 総人口, 縦横に, 自動車に, 著しく減少, 藪を, 行き着いた, 行手に, 見えなくなって, 解散し, 言いあわせて, 話し合いながら, 賊の, 赤い皮張, 走って, 輝かしい日, 輪に, 通り抜けた, 逸見屋敷の, 遂には, 遠ざかった, 銀座へ, 陣屋を, 集合した, 雑誌, 雑誌社か, 頭立ったもの, 風の, 騒々しく往還, 驚いたよう, 高野路, 麻布本村町林念寺前の, 黙々と佇立

▼ 一団~ (144, 9.7%)

65 なって 7 なつて 2 なりて

1 [70件] お花畑で, かたまった電光, かたまりながら, これとを, これに, した, せる共産党員, そこへ, その色どり, なして, なし置くこそ, なった, なったもの, なった多勢, なった行進, なり, なりそう, なりました, なり丘, なり何, なり協団, なり原城, なり土塀, なり左門, なり庭, なり東北, なり空, なり陽気, なり鬨の声, なるそれ, なるや, のり合わす, ひきあわされそして, やや離れ, ポケット小僧が, 一しよ, 一馬と, 乗り合した, 乗り合わせたので, 亀井戸への, 例の, 再び同じ, 切り結んだ, 化して, 十分の協議を, 同じよう, 垢に, 女権論者の, 家中の, 家族らしい, 彼等は, 後から, 後に, 想像された, 戸板を, 昆虫館の, 沼間夫人と, 牡丹屋という, 狂言方の, 相対峙, 相接せり, 眼を, 群落を, 行を, 衝突した, 衝突を, 裏門付近で, 見る以上, 認定の, 警備軍の

▼ 一団~ (122, 8.2%)

44 なって 4 かたまって 2 した暴動, して, なったと, まぎれ込んで

1 [66件] かたまりあって, かたまりつつ, このまま, それに, それを, ちがいない, つかまえられて, つかまって, とつて, とりかこまれて, なぜいま, なった, なったお, なったけれども, なったまま, なった山, なった黒い, なってるの, なつた, なつて, なりぎゃあぎゃあ, なりて, なりながら, なるから, なると, はせ加わって, ばったりと, まじって, 中心と, 交わったの, 仲間入りを, 傷は, 入って, 加わった, 加わって, 加わりも, 包まれたまま, 参加し, 合流し, 向い声, 向かい叱りつけるよう, 固まった, 塊まっ, 密集し, 市政を, 往会ふと, 急いだ, 持ち去られたと, 気づかれたら矢, 気を, 気転の, 眼を, 興味を, 良馬ばかり, 蝟集した, 襲われたの, 襲撃され, 近づき国際的陰謀, 近寄って, 追いついた, 過ぎないの, 遠慮した, 限られたるもの, 雪崩れ込ん, 餓鬼衆, 黒くなっ

▼ 一団~ (90, 6.1%)

7 なして 2 なす時, 作って, 成して, 率いて, 眺めた, 眺めながら, 見た, 見ると

1 [67件] くましめ己, ここに, この程度, すりぬけて, せんとうに, ただに, つくり, つくりたいと, つけるが, なした偃松, はなれて, むこうに, もって, プロレタリア, ボルネオ島の, 中心として, 乗せた流線型セダン, 作りなかなか, 勝手放題に, 合わせても, 吸い込んだ小門, 吹き出した, 吹き過ぎると, 呼び寄せよう, 呼んで, 尻目に, 左手に, 建設すべく, 引きつれて, 引き受けて, 張って, 形づくって, 形る, 得その, 想像させた, 指せるの語, 捕縛し, 操る彼女, 新八郎, 日本人と, 村の, 止ど, 犬儒派と, 現わす, 白くかわいた, 相当集め, 組織した, 置きざりに, 自分と共に, 街の, 見かけると, 見たの, 見れば, 見付けて, 見捨てて, 見渡した時, 見送って, 迎えに, 追って門, 通りこし, 造り上げて, 遠巻きに, 集めたの, 離る, 養う英蘭, 馬車に, 魂の

▼ 一団から~ (19, 1.3%)

1 [19件] いえば, けたたましい嬌声, すっかり押し出し, れいの, 一間ほど, 出るの, 北寄りに, 時ならぬ, 狙いを, 発して, 肩で, 袴の, 誰かが, 逃げて, 逃げ出したもの, 離れて, 離れ母屋, 飛び出して, 騒ぎが

▼ 一団~ (19, 1.3%)

2 あつた

1 [17件] あった, あって, あります, ある, いる, そのまま逃げ, その叔父一家, それであっ, もうそこ, 三里や, 写山楼の, 前髪姿で, 帰って, 犬が, 貫属として, 途中まで, 駈け込んだらしい足音

▼ 一団~ (7, 0.5%)

1 あつた, こちらへ, 中には, 出発した, 撮られて, 毎月一回か, 駒箱金箱を

▼ 一団とは~ (7, 0.5%)

1 主演者の, 互に相手, 何物の, 別々の, 屋敷の, 当然衝突, 知れて

▼ 一団として~ (6, 0.4%)

1 あげて, 残して, 考えるに, 見る時, 言えば, 颱風の

▼ 一団~ (6, 0.4%)

1 フンゼンな, 切り込んだの, 渡し戦い, 衝いて, 近づいて, 酔つ

▼ 一団である~ (5, 0.3%)

1 から私, が, がその, ことを, 総商会

▼ 一団~ (5, 0.3%)

3 のである 1 のであろう, ので当然

▼ 一団~ (5, 0.3%)

1 になっ, になつ, の人々, の石段, 白いほこり

▼ 一団こっち~ (4, 0.3%)

3 に一団 1 で一団

▼ 一団であった~ (4, 0.3%)

1 から日本人, が, がさっき, が四梃

▼ 一団にな~ (4, 0.3%)

1 つてねり出しました, つて激しい, つて障子際に, つて雑談を

▼ 一団一団~ (4, 0.3%)

1 さらにまた, となっ, になつ, の集合

▼ 一団であっ~ (3, 0.2%)

1 てその, て武士, て私

▼ 一団また~ (3, 0.2%)

1 一団, 一団乱れ合っ, 一団太刀長刀を

▼ 一団がわ~ (2, 0.1%)

1 ッと, ツと

▼ 一団こちら~ (2, 0.1%)

1 に一団, に一隊

▼ 一団ずつ~ (2, 0.1%)

1 桑畠の, 電車の

▼ 一団ずつに~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ 一団それ~ (2, 0.1%)

1 を彼, を追いかける

▼ 一団~ (2, 0.1%)

1 からいずれ, が近づい

▼ 一団という~ (2, 0.1%)

1 のが, のは

▼ 一団とが~ (2, 0.1%)

1 いよいよ衝突, 御嶽山を

▼ 一団には~ (2, 0.1%)

1 神, 食いこまねば

▼ 一団にも~ (2, 0.1%)

1 また異, 聞こえて

▼ 一団に対して~ (2, 0.1%)

1 司令部附の, 大災害

▼ 一団~ (2, 0.1%)

1 また勇敢, 月光の

▼ 一団より~ (2, 0.1%)

1 成る, 継承する

▼ 一団二十一人~ (2, 0.1%)

1 が一整, は狂人

▼ 一団~ (2, 0.1%)

1 一団と, 一団忽ち

▼ 一団此方~ (2, 0.1%)

2 に一団

▼1* [70件]

一団いづれも口, 一団おっとりかこんで, 一団かしこに一団, 一団からは故しらぬ, 一団がかへつてゆく, 一団がぞろ, 一団こそ例の, 一団だけは坐ったまま, 一団だったのです, 一団だって家へ, 一団づゝ処々に咲き乱れ, 一団でありそのうち, 一団でしたよ, 一団でなければならない, 一団ではないか, 一団でも組織し, 一団としては或一, 一団との間に, 一団とも形容すべき, 一団と共に策動し始めた, 一団ながらもその中, 一団など皆時を, 一団においてその者, 一団については当時いろいろな, 一団により惨殺されました, 一団によるバイオリンや, 一団に対するつらあて, 一団のみであった, 一団のみが黒くくっきり, 一団ばかりはただ止め度, 一団までをまぜて, 一団まりの消炭, 一団を以てライフに関する, 一団ムラムラと飛び上がった, 一団一群およそ七, 一団七八百人の隊, 一団にすわってる, 一団乱れ合って波濤, 一団二団と分かれ, 一団二団三団と捕り, 一団入洛して, 一団出羽守はその, 一団切り結んでいる, 一団北東の秘密活動本部, 一団十数騎の武士, 一団取り組み合っている, 一団として日本, 一団四五十名の味方, 一団固有の天地, 一団大垣七郎右衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 一団大蛇を籠, 一団太刀長刀をひっさげた, 一団彫出された様に, 一団忽ち現はれ, 一団の中, 一団此処に一塊, 一団生地獄の宿, 一団百五十名のもの, 一団百人以上もいる, 一団空地に一団, 一団胸いっぱいに勲章, 一団誠意ある男女, 一団の統治, 一団は横町, 一団送って, 一団が妻女山, 一団露路に一団, 一団高く一年に, 一団高大之進の応援隊, 一団黒雲五人男の跳梁