青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一同~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一人 ~一体 一体~ ~一個 ~一切 一切~ 一刻~ ~一匹 一句~ ~一同
一同~
~一向 一向~ 一向に~ ~一団 一団~ ~一夜 一夜~ 一大~ ~一定 一定~

「一同~」 5970, 64ppm, 1770位

▼ 一同~ (1542, 25.8%)

13 顔を 8 それに, ホッと, 声を 7 それを, 急に, 笑った 6 眼を, 驚いて 5 びっくりし

4 [11件] それから, ぞろぞろと, 例の, 口々に, 口を, 息を, 手を, 足を, 首を, 驚いた, 黙って

3 [27件] あっけに, おどろいて, ここで, すぐに, そこで, そこを, その場, よろこんで, わっと, ギョッと, ハッと, 万歳を, 何か, 唖然として, 喜び勇んで, 喬之, 固唾を, 天幕の, 彼の, 手に, 異口同音に, 疲れて, 腹を, 言い合わせたよう, 車を, 途方に, 顏を

2 [80件] あまりの, あわてて, いかだの, いずれも, いつまでも, うなずいた, お浜御殿, かっさいした, かれの, かれら, ここを, これに, これより, これを, そっちを, そのまわり, それッとばかり, たがいに, だまって, つぎつぎに, どっと笑った, どやどやと, どッ, なぜかしら, はっとした, ほっとした, アッと, チチコフが, ドッと, ドツと, フハンの, ワッと, 一種の, 不安に, 不安の, 中へ, 二三の, 互ひ, 五月の, 仕度を, 先へ, 力を, 卓を, 各自に, 呆気に, 呆氣に, 唖然と, 四方から, 好奇の, 妙に, 密と, 店の, 彼女の, 待ち構えて, 急いで, 意外の, 早くも, 期せずし, 期せずして, 森の, 次の, 正吉を, 洞穴の, 焚火を, 無言の, 相談の, 窓から, 笑いながら, 粛として, 緊張し, 総立ちに, 舟を, 色を, 言いあわしたよう, 賛成した, 起立し, 車座にな, 頭を, 額を, 鳴りを

1 [1182件 抜粋] あかあかと, あっと叫んだ, あなたが, あまり勉強, ある一軒, いいよう, いちおう主人, いっそうダグラス, いったこの, いぶかりながらも, いましめあいました, いよいよこれ, いよいよ驚き騒い, うち揃っ, うなずいて, おどろかされた, おやという, お庄, お玉の, かたく手, かたみにオズオズ, かれに, がくぜんと, がやがやはいっ, ぎょッ, こうした歌い, こけつまろびつつづいたが, こころよくうなずい, ことごとく賛成, このまま気死, この人, この可愛い, この声, この奎堂, この悲しむべき, この新た, この時, この松, この異様, この船, これは, これまでに, これ以上の, こッちの隅に, さだ子の, さつと道, ざわめきだした, しあわせよし, しきりに万歳, しっかりと, しばらくここ, しんと静まった, しんみりとして, すき腹の, すぐ出掛けよう, すぐ決心, すこしの, すっかり仰天, すっかり物理学者, すっかり芝居, すばやくここ, そうかと, そこに, そのいずれ, そのままとにかく朝, その命令, その声, その帳面, その教えられた, その日, その機智, その親舟, その辺, その音楽家, それがを, それぞれ正夫に, それぞれ肯いた, それとなく耳, そろって, ぞっとした, ぞっと顔, た, たこの, ただちに倉田家, ただなんと, ただ顔を, たちどころにその, だいぶ心配, だるま船の, だんだん上達, ちょうどいい, ちょっと紐, つくづく感じ, とっくに起き, とみに意気, どうなる, どさくさせぬ, どっと噴き出す, どんな処分, なぜもっと早く, なんだかまだ気味, にわかに引き, にわかに色めいた, はじめて笑った, はっとおどろい, はっと固唾, はるか下方に, ひしとお, ひたいに, ひと先ず, びくっと, びっくりした, ふしぎに, ふたたびつるはし, ふたたび作業, ふり捨てて, ほっとためいき, ほとんど彼, ほッ, ぼんやりと, まず地, まず狐, またお, またにわかに, またもやゾロゾロ, また山かご, また懸命, また私, まだごてごて, まだ誰, まるでなつかしい, まン中, みなそれぞれ大切な, みんな谷底を, めいめい片手に, もうすっかりへたばっ, もうはじめる, もう上機嫌, もう馬, もちろん宗七, もとより大, もの凄い叫び聲, やがてサロン, やがて幽, やがて食卓, やつとの, やはり顔, やんやと, ようやく日, よけいに, わけの, わらったしかし, われ勝ちに, ウンザリし, オレンジを, カフェーを, グルリと, コップに, ゴソゴソと, サクラ湾に, サミユル博士の, シャンパンを, シュルツの, ジョージ少年が, ゾッとして, タメイキを, ナダレを, バラバラと, ピタリッと, フト鳴りを, ベタベタと, ホーベスの, ポルジイに, ヤエ子に, ラウダの, ラローシュに, ワアワアと, ワヤ, 一つ所に, 一人を, 一塊り, 一様に, 一片の, 三木の, 上陸した, 不安げな, 不審です, 不思議そうに, 不眠不休で, 中央の, 久作さんの, 乗合を, 乾燥室に, 予定通りの, 二の句も, 二時半ごろひとまず, 二階へ, 互に別れ, 互に軽い, 五兵衛の, 今さらの, 今夜丑の, 今更ながら, 今水, 他愛も, 伝馬船に, 位置に, 何とも, 何事かと, 余ら二人, 來た, 俄かに面を, 倒れまいとして, 充分に, 先刻の, 先生の, 入りみだれて, 全く云われる, 八方に, 其心を, 再び引きもどされる, 再び靜まつ, 凄じい早稲田大学贔負, 出会ったよう, 出羽守の, 判官館の, 別室へ, 前の, 前後左右から, 剣の, 加治の, 勝手に, 化石した, 十字星の, 協議に, 去りかけた, 又そこ, 又もや棺桶, 又湧き立つ, 又迎, 取り囲んで, 右往左往し, 各, 同時に声, 吾等の, 命じられたよう, 哄と, 喜びに, 喜んで, 噂した, 四方八方へと, 土塀の, 墓地を, 声も, 夕食までの, 外へ, 夜色が, 大いに笑, 大きな樫, 大よろこびだった, 大動搖, 大狼狽, 大笑, 天幕に, 夫の, 奥殿の, 好んで, 妙な, 子供などには, 存外平気, 安堵の, 客間へ, 寄集りずうっ, 富士男らの, 寝台に, 小さな殆, 小屋を, 少しく元気, 少なからず, 少年団の, 山ばかりを, 山を, 山田が, 岩づたいに谷の, 岩壁を, 嵐の, 川を, 川岸通りを, 帆村の, 席に, 帰った, 帰つてゆきました, 帰りの, 平六, 広い高, 広小路の, 庭の, 庭先に, 建物の, 引上げた, 引下がりました, 彼らを, 彼を, 待ち設けたよう, 後を, 御免候え, 心からこれ, 心臓を, 必死の, 忽ちはしやぎ, 怒鳴り喚き吼え笑い, 思いがけない男爵, 思い思いに, 思い思いのす, 思ひを, 思わずハッと, 思わず呀ッ, 思わず手, 思わず窓, 思わず逃腰, 怪訝な, 悪態を, 悲しさうに, 意思を, 意気地も, 愕然と, 感に, 感心の, 感激し, 慄然と, 慌てふためいて, 我に, 戻ろうと, 手わけし, 手前達の, 手紙を, 打合せた樣, 招待を, 持つて, 接吻し, 改まって, 散ろうとも, 断念し, 旗を, 既に達し, 早めに, 春日重蔵の, 昼の, 晩餐御, 暫くの, 暫しの, 更に交, 書類を, 服を, 未明の, 本堂に, 杖に, 杯を, 東野の, 案内を, 椅子から, 極度に, 次郎, 欣々として, 歓声を, 此役を, 武平の, 死にもの狂い, 残らず駈け去つた, 殿下の, 毎日こう, 毎日多くの, 毒瓦斯に, 気を, 気持よく, 氷上生活の, 沈黙した, 泥濘の, 洞窟の, 海岸づたいにしばらくまわって山へ, 涙を, 湖の, 満足した, 潜り戸を, 炉ばた, 無我夢中で, 煙に, 燈台の, 版籍の, 狐に, 狼狽し, 玄心斎を, 現在眼に, 生きた心地, 生命を, 生色を, 由の, 申し合わせたよう, 番小舎の, 異常に, 白旗の, 皆で, 皆瀟洒たる, 盗人の, 目を, 直ぐに, 直覚した, 眼に, 瞬間しんとして, 石を, 私と, 秘密公開という, 稍暫らく同情の, 突如眼下, 窓の, 立ちどまった, 立ったり, 竿を, 笑って, 等しく目, 答へ, 粛然たる, 級担任の, 絶叫した, 緊張した, 縄や, 署に, 罵り立てながら, 聴いて, 肌に, 肩肘を, 胆を, 胸を, 脾肉の, 腹が, 自動車に, 興ざめ顔, 興味深く顔, 舟で, 芝生を, 花田を, 苦痛だった, 苦笑し, 茶店を, 蒼くなった, 蘇つた思ひ, 虎の, 血眼で, 表の, 裏切者を, 見た, 見返りも, 言合わせたよう, 言葉少なに, 詮方なく, 誰も, 講堂を, 警察から, 貧しげ, 赤い提燈, 走りでて, 足音を, 踊るよう, 躍りあがらんばかりに, 身の毛が, 軍曹並に, 退席する, 遂にがたがた寒, 遊歩路へ, 遠巻きに, 邸の, 部隊長の, 酔って, 鉱山事務所へ, 錯綜した, 鐙小屋の, 長い列, 門を, 闇の, 隅っこに, 階段の, 隔離された, 離小島に, 雷に, 霰弾を, 静まりました, 面白が, 順々に, 額面そのものに, 飛び起きて, 飛び離れたが, 飛行機の, 馬の, 馬籠の, 驚いたか, 驚喜し, 鯉口切っ, 鴨田の, 黒い影, 黙然として

▼ 一同~ (939, 15.7%)

36 顔を 24 者は 21 前に 20 者が 16 者に 13 眼は, 視線が 12 方へ 9 前へ 8 口から, 方に 7 耳に 6 前で, 眼が, 視線は, 顔が 5 ところへ, 心を, 注意を, 眼に, 者を, 間に, 顔に, 顔は 4 ために, 後に, 目が, 目は, 者へ, 者も, 頭に, 顔には

3 [18件] ものの, ものは, 上に, 上を, 中から, 中に, 後ろから, 意見が, 意見を, 方を, 眼の, 耳を, 胸を, 足は, 間で, 頭の, 首を, 鼻を

2 [45件] うえに, おどろきは, する息, ほうへ, まんなかに, ものが, ものに, ものも, 上へ, 世話を, 中で, 先に, 兵士に, 口を, 姿を, 希望である, 希望を, 御決義, 心に, 心の, 心臓は, 意志を, 意気は, 意見は, 手に, 期待に, 期待は, 様子を, 気を, 沈黙の, 目に, 目の, 者の, 耳へ, 胸に, 胸をも, 腹が, 視線を, 話は, 話題に, 連中は, 難儀に, 頭には, 頭を, 鼓膜を

1 [512件 抜粋] あいた口, あいだに, あたま, あたまに, いうところ, いぶか, いる下流, いる平地, いる筵, うけた衝撃, うしろから, うしろで, うしろに, うしろの, うしろへ, うちで, うちに, おそれ, お困りだ, お見え, かおを, かけ声を, からだ, かわりに, さかんな, さがさないよう, さんせいにより, しずまるの, しずまるを, するやう, そば近く, たしなみが, たのしみでも, ためでも, ためには, ため分け, なかの, なかへ, はいって, はやる心, ひとみが, ふとまた黙っ, ほうに, ほおを, ほかに, まえに, まゆを, まわりには, まんなかへ, ものへ, ものを, やかましい声, ような, よさ, アタマが, アッ, アリバイを, イワイだった, カップに, ドッと, ユーザ, 一ヵ月分の, 一番最後から, 一致する, 万歳に, 上から, 不安と, 不安な, 不安の, 不安を, 不審も, 不平を, 不平不満は, 両手の, 並むだ視線の, 中では, 中な, 中ほど, 乗った宇宙艇, 乗った馬車, 乗れるだけ, 人々が, 人は, 人數に, 人気者でした, 今日の, 介抱に, 介錯を, 代わりに, 代弁であった, 代表として, 代表みた, 企みであるという, 会見と, 会話には, 住居する, 住所姓名がわ, 体力が, 佯り, 供養の, 依頼を, 信頼を, 側へ, 働きを, 元気は, 入浴も, 兵が, 写真だった, 写真を, 出て, 出京を, 出撃を, 出立は, 刀が, 切なる, 列の, 利益の, 到着が, 前では, 前まで, 助命を, 労を, 動作は, 勝ち誇りにも, 勧めに, 協力を, 協議の, 印度人たちも, 反論を, 叔父たちと, 取巻連, 取締り役を, 取調べの, 受けた第, 口からは, 口が, 口へ, 口元が, 叱責を, 同じ気持, 同情は, 同情を, 同意を, 名代である, 名前が, 名誉の, 吾妻の, 呆れた処, 周圍を, 命に, 哄笑を, 問いに, 問題に, 喜びを, 喜び興ずる, 喝采の, 喝采を, 喧騒と, 嗚咽を, 嘆称の, 嘆願を, 嘲弄を, 地主に対する, 地謡の, 墓拝が, 士気は, 声が, 声であった, 声より, 声援を, 変わりの, 夕食が, 夢は, 失態に, 失業者連は, 奮闘も, 姓名を, 姿が, 姿は, 姿も, 威勢が, 嬉々と, 子供は, 存意も, 安心の, 客たちには, 客は, 客を, 容子に, 寄り合いの, 寝具を, 工事を, 希望で, 希望であった, 希望に, 席は, 年賀を, 年齢と, 年齢や, 度胆を, 度膽を, 座談の, 弁護人として, 強い勧誘, 強請, 役人並に, 待ちに, 待ち受ける秋, 待つもの, 後から, 後へ, 後ろ上方に, 後を, 御憤り, 心からの, 心には, 心は, 心情を, 心持ちが, 心持ちを, 心配は, 心配を, 心騷ぎて隊亂れ, 忍耐と, 忠義に, 念願であった, 怒りは, 恐怖, 恐怖の, 悄然と, 悲愴な, 悲涙と, 悲鳴, 惧るる, 想像の, 意氣組, 意見だった, 意見に, 意見へ, 意識を, 感涙と, 感激を, 感謝する, 感謝と, 感謝に, 感謝は, 態度も, 態度物腰と, 慎黙, 慰み物に, 憂慮を, 憤しみ, 憤激を, 懇親会を, 懇請に, 或る, 手にも, 手によって, 手へ, 手を, 手本であります, 技を, 拍手が, 拝礼が, 指紋を, 挙げた手, 挨拶が, 挨拶に, 挨拶を, 掛布団也, 接吻が, 揶揄と, 撮した写真, 擦り足, 敬愛の, 敬礼を, 方から, 昂奮が, 昨夜の, 朝の, 朝礼を, 期待する, 期待を, 村民へ, 案じるところ, 案を, 椀に, 楽しみとな, 模範に, 権幕に, 横面を, 歓声が, 正面つまり, 正面に, 武士は, 武運長久を, 歯は, 死は, 氏名を, 気に, 気勢に, 気勢を, 気持ちの, 決定で, 沈んだ様子, 沈默は, 沈黙だった, 注目である, 涙を, 満足とは, 激励の, 無事なる, 無聊を, 爆笑が, 爆笑と, 片目の, 物好きな, 物腰態度は, 犧牲と, 状態には, 獄門は, 理解し兼ねる, 生命の, 用を, 用事を, 疑惑ある, 癇癪は, 監督を, 目映ゆがる, 相談を, 真意を, 眼も, 眼を, 眼付から, 眼先は, 眼先へ, 着いたとき, 着席を, 着替えが, 知らぬこと, 破滅です, 祖先も, 神経は, 神経を, 私情より, 移った小舟, 積極的な, 穢点と, 立ち止まって, 立った足許, 立礼を, 笑いさざめい, 笑いの, 笑ひ, 笑を, 緊張が, 緊張した, 総代として, 総意として, 罪, 罪では, 置かれて, 署名と, 義憤と, 考えは, 者, 者きっと, 者はど, 者よく, 者らは, 者何と, 耳には, 耳は, 耳底に, 耳許に, 聲は, 肩が, 肩は, 胆を, 背後に, 背後へ, 胸へ, 胸中から, 胸中に, 腕は, 腰糧を, 膝を, 膳を, 自慢の, 興は, 興を, 色代, 苦労の, 苦痛で, 苦笑を, 行く先は, 表情の, 装置が, 見て, 見送りを, 視線の, 視線をも, 言い分であった, 言い分は, 言は, 言葉を, 記憶である, 記憶に, 訴えも, 証言を, 評定が, 評議は, 詫び言を, 話の, 話を, 話題は, 誰もが, 談合に, 警戒ぶりを, 議論を, 貯えに, 賛意を, 質問に対し, 贈物が, 贈物に, 起立を, 足なみも, 足並が, 足音, 跡を, 身の, 身の上見る, 身神を, 身許は, 返事が, 返事を, 送り言葉を, 連れ込んだの, 遊んで, 過去に対する, 道楽味によ, 遠征は, 郷愁である, 酒に, 酒宴を, 醜態は, 間から, 間には, 間にも, 集まるの, 集まる会所, 雑居室である, 雑言を, 難儀ひいては, 雨具を, 霊地として, 青ずり, 面に, 面の, 面を, 面倒を, 面前には, 面目と, 面目に, 頬が, 頬に, 頭から, 頭に対して, 頭は, 頭上を, 顏を, 顏色は, 顔いろ, 顔から, 顔つきが, 顔つきは, 顔はに, 顔も, 顔をか, 顔付が, 顔色を, 顔面は, 願いが, 願いでも, 食指が, 食膳との, 飢えが, 首が, 騎士音楽家の, 騎士音楽家は, 騎士音楽家驚き, 騒いで, 騒ぎが, 驚きかたと, 驚きは, 驚きもさこそと, 驚き呆れる, 魂を, 鳥銃放ち, 黒い袋

▼ 一同~ (622, 10.4%)

7 それを 5 あっけに, 声を 4 出て, 揃って, 異口同音に, 見て, 階段を, 集まって 3 いった, 息を, 眼を

2 [36件] あつまって, さけんだ, その部屋, それに, そろって, また笑つた, やって, やんやと, シーンと, ドッと, ホッと, 不安の, 叫んだ, 困って, 安心し, 家の, 席について, 席を, 平伏して, 座に, 座を, 校長の, 目を, 知って, 笑った, 笑つた, 米の, 粛然と, 行く時, 西練兵場へ, 送って, 部屋へ, 集って, 食事を, 食卓に, 首を

1 [500件] あかるみの, あきれて, あたふたと, あの通り, あぶながる, あまりにも, あわてて, あわてふためく中, いいました, いならぶ, いやな, いよいよ安直, いろいろ苦心, うち連れて, うれし気, おそるおそるいう, おだてると, おとし穴, おどろいて, お前に, お辞儀を, お高, かえって興, かかった時, かわるがわるの, かわるがわる二つ, かわるがわる熱心, きちんと着物, きみを, きょろきょろあたり, ぎっしりと, ここに, こたえを, ことごとくおれ, この世で, この地, この言, これからローランド, これで, これは, これ程烏頂天, さも迷信家, じつと, すっかり馴れっ, すっかり驚き, そうそうそうだった, そこから, そこで, そこで何, そこで草履, そこへ, そっちを, そのお, そのへん, そのほう, そのまわり, そのウ, その名乗り, その声, その指手, その祠, その穴, その筋, その精力, それだけに多大, それと, それは, ぞろぞろ帰つて, ぞろぞろ揃っ, ぞろぞろ薄暗い, だまりこんで, ちやうど, ちりかけると, つかりして, とにかく藩邸, とめたの, どうして本物, どかどかと, どこに, どっと笑い, どやどやと, なによりも, なんとなくぞっとしました, にんじんを, はいって, はいりこむこと, はいり込んだの, はじめて見る, はっと階上, ばかに, ひしめくよう, ひそかに, ひつそりと, ひつそりとして, ひとかたまりに, ひどく頼み, ひょいと見る, びっくりしました, ふと見上げる, ふりかえると, ぶら下げて, ほっとし, ほら穴の, まさかこの, またキョトンと, またドッ, また呆気, また新しく, また笑, また笑い出した, まだやつ, みつめて, みな同じ, めいめいの, めいめい各自の, もうポーチ, もっとも感激, やがて氣, やって来る目あて, やっと寛ろぎかけたころ, やはりそれ, わしに, わっと, アア申す, アッと, イタリアへ, ウヮーと, カフエエの, コラント亭に, ザワザワと, シャンヴルリー街に, ジリ, ソレゾレに, タケノコメシを, テレて, ドクトル・ペーンは, ドドドドッ, ナイフと, ハッと, ハハハと, バッタバッタと, バラバラと, プラットホームへ, ポカンと, ポカンとして, ランプ室を, 一斉に, 一様に, 一致し, 上陸し, 下へ, 下手の, 不安げな, 不安に, 不平な, 且つは, 中庭へ, 中庭まで, 中御所, 中腰の, 乗りこむと, 乗り込んで, 乾杯を, 了承の, 事務室を, 二目も, 二階に, 互に慰労, 互に慰勞, 五六十本の, 人形大尽の, 人影を, 今度も, 今日の, 仏像の, 以前から, 件の, 伊豆屋の, 会する, 会議を, 何やら相談, 何事かと, 余りすすめるので, 余りの, 例の, 信じて, 信頼し切っ, 傷も, 元の, 入った入口, 入って, 入りみだれて, 入口の, 入札を, 内山の, 再び旧, 出払ったと, 刀を, 列を, 初めてホッと, 到着する, 到達した, 力を, 化石し, 千代の, 半円形, 半季の, 去った後, 去って, 参考人として, 又頭, 口ど, 口を, 叫びだした, 叱られた, 各自の, 吊り上げられて, 同意した, 名状し, 向井湯を, 呆れ返って, 呆気に, 呼びとめたの, 命の, 和し, 哄と, 喜ぶの, 喝采した, 嘆願した, 噴飯し, 四艘の, 坐つて一齊, 城下から, 城下へ, 壮一君を, 外廊に, 夜とともに, 夜食の, 大悦び, 婚礼に, 完全に, 実用的な, 客間に, 客間へ, 宴会を, 家には, 寄んどころ, 寝静まってから, 小屋の, 小屋を, 尖り立つの, 居たたまれずに, 屋敷じゅうを, 山城なにを, 山窩の, 差別なく, 己の, 席に, 帰ったとき, 帰って, 帰るまで, 帰国を, 帰宅し, 帽子を, 広間へ, 床板を, 庭から, 庭へ, 庵を, 式の, 引きあげた後, 引き出されたところ, 引き取って, 引っこん, 引揚げ, 引揚げる, 役場の, 彼を, 彼女を, 待ち受けて, 待って, 後退りを, 徹夜で, 心々の, 心から謝意, 心の, 心配し, 心配する, 心配そうな, 応接間に, 忽ち小刀, 思わずワア, 思わず声, 急いで, 急に, 恐る恐る上眼遣い, 恐れて, 恐れ入ったうち, 恩を, 息詰るよう, 悦びましょうが, 悲嘆の, 惘れて, 惨死を, 愉快相に, 意外の, 愕いた, 愕く, 感心致しました, 或いは虎, 房子の, 所謂非常時局に, 手の, 手を, 手分けを, 打ち揃って, 打ち解けた席上, 抱き起して, 押し出した時分, 押寄せるたび, 拍手, 拝伏し, 振りかえって, 振り向くと, 振り返って, 揃うと, 揃ったところ, 揃ったの, 揃つて出掛け, 提げ刀, 支度の, 救いの, 数字の, 斗丈庵から, 日本人である, 早く聞きたい, 昂奮し, 昨夜の, 時儀を, 最初の, 期せずして, 本署へ, 机の, 来るべき大, 東寮の, 松明振り照らし, 枕元を, 枕頭に, 棺を, 極度に, 歌舞伎天覧の, 歓喜の, 此の, 武器を, 死人の, 残らず共鳴, 気勢を, 気色立つ, 水を, 水浴し, 水音を, 永久に, 法廷に, 法要に, 泣いて, 浜松城の, 浮かれ出す, 涼み台と, 溜飲を, 滞島中突発, 漂着の, 火鉢の, 無意識の, 無聊に, 片唾, 犇, 犬田博士を, 犯人から, 玄関に, 玄関を, 王様の, 珍味に, 生命びろひして歸宅した, 生活上の, 甦ったよう, 甲府から, 申し合わせたよう, 申し合わせ農兵, 申すの, 申合せ, 疑わずとも, 病院を, 登ったロープ, 盃を, 真珠を, 眺めて, 着席した, 着席する, 睡ったの, 知らない筈, 確認した, 神妙に, 秀忠の, 私の, 立ちすくみました, 立ち上がった折, 立ち上がる時, 立ち騒いで, 立つ, 立上つて駈けつけ, 立会いで, 立去った後, 笑いさざめく, 笑い番に, 答えたの, 築地本願寺へ, 網を, 総代の, 総理大臣官邸に, 総立ちに, 縄を, 考へた末, 耳を, 聞いて, 聴従する, 胆を, 腕組みでも, 腹も, 腹を, 自動車に, 舌を, 船に, 船中生活を, 色めき立つ, 色を, 茶の間に, 草鞋ば, 血走った眼, 街路の, 街道を, 袋の, 裁判の, 西上の, 見たほか, 見守る, 言合わせたごとくその, 記念の, 評議に, 詞歌を, 認定し, 誰言う, 調子を, 警官たちに, 警戒し, 貰って, 起きた, 足元から, 踊りを, 軽く笑い, 輪に, 近くの, 迫つて次に, 迷惑する, 途中で, 逮捕され, 遊戯の, 遠からず, 郷士の, 銀座の, 隊伍を, 集ったから, 集つて送別の, 集まった, 集まったところ, 集まつた席, 青くなりました, 静粛で, 静粛に, 非常な, 面を, 面喰っ, 順々に, 頼母を, 顔を, 願いであっ, 食ひあげる, 食卓を, 食堂に, 食堂の, 食堂を, 飽くまで, 騒ぎだしたという, 騒ぎ立てるに, 驚いたこと, 驚いて, 高く笑い崩れる, 高だ, 鬨の声を, 鳴りを, 黙って

▼ 一同~ (501, 8.4%)

20 代表し 11 見廻した, 集めて 9 見まわした 8 見て, 見まわして, 見渡して 7 見廻して 5 あつめて, 笑わせた, 見廻したが 4 制し 3 うながして, つれて, なだめて, 制して, 祝福し, 見おろして, 見た, 見廻わ

2 [31件] うながした, おどろかせた, して, はげました, ジロリと, ズラリと, 代表致しまし, 制した, 励ましながら, 呼び集めた, 嘲笑した, 失笑させた, 引き具して, 指揮する, 昨夜と, 激励した, 睨みまわして, 見まわし, 見まわしました, 見まわす, 見廻したの, 見廻しました, 見渡しました, 調べて, 講堂に, 連れて, 鎮むるにぞその, 集めた, 驚かした, 驚かして, 驚かせた

1 [314件] あとに, あらゆる機会, いっときホッ, うっとりさせ, おこした, おどかした, おどろかして, お助けください, お招き, お犒い, お祭気分に, お見渡し, かわるがわる眺め, ぐるっと見まわした, ぐるっと見わたした, ぐるりと, けむにまいた, こう拝む, ここへ, こっぴどくやりこめた, この山寨, さしずし, さしまねいたが, さしまねく, さんざんに, じろじろと, じろりとにらめ, じろりと眺め, すっかり俘虜, ずらりと見渡し, ずーっと見まわした, せき立てながら, そこへ, そとに, その前, その場, それぞれ戦闘位置に, つからすの, ながめて, ながめま, ながめまわした, ながめると, なぐさめたり, なだめた, なだめたまま, なだめるの, なんとなく見渡し, にらんで, ねぎらいながら, ねぎらった, ねぎろうた, ねめつけて, はじめお高, はったと睨みつけ, ひきいて, ひきつれて, ひっくくって, ひとまわり見回す, ひとわたり, ふりかえる, ふり向いたとき, ふり返っ, まとめて, むかえて, めいめいの, めぐり廻つて完成, もてなして, もてなす, よびに, よろこばせまた, ズッと, チラと, ドッと, ハッタと, ユックリ見まわし, 一人一人訊ね, 一室に, 一旦郷里, 下山せしめし, 不幸に, 中に, 乗せた山一丸, 乗せて, 乗込ませ, 二重天井へ, 仏教に, 代表した, 会所に, 促して, 信濃町の, 傾聴せしめる, 像の, 元気づけるよう, 入れて, 制したの, 制した後, 制しながら, 制し左膳, 制するの, 制止した, 励まさねば, 励ました, 労わり慰め, 包んだ, 厳罰に, 去らしめて, 取鎮めて, 叩き起した, 召し寄せて, 召出だ, 召集せしめ, 叱りつけて, 叱りつける, 吹きださせた, 呼びだして, 呼び入れた, 呼び集めて, 呼ぶ声, 呼べ, 呼起し蔵へ, 咀って, 品川に, 喰い止めて, 圧倒し, 坐せしめ寺, 場に, 壁ぎわへ, 天幕の, 失望させた, 奥の, 好まなかった石橋氏, 威圧し, 室内に, 宥め辛くも, 容赦なく召捕っ, 導いて, 導き入れ, 尻目にかけて, 層一層, 川向うの, 希望の, 席へ, 帰した後, 広場の, 広間へ, 廊下に, 引き取らせる, 引き止めた, 引っぱり上げた, 引っ張って, 引率し, 引率した, 待ち受けて, 待って, 待受けて, 後にひとり山, 従えさせられ自動車, 御招待, 思う恐怖, 怯えさせまいと, 恐怖の, 愕然と, 戒めて, 手こずらせた, 手で, 手まねきする, 押し切って, 招じ, 招待あ, 招集した, 指図し, 指揮し, 振り返って, 捕へて, 探しあてない様子, 控室へ, 控所に, 支配す, 救うこと, 整列させ, 本船に, 東仲通鳥屋末広に, 楽しましめる心掛, 楽しませること, 樋橋に, 次の間に, 死罪に, 残して, 汗ばませた, 没落の, 満足させた, 滅っ, 無口に, 無燈自動車, 煙に, 特別室に, 犒うため, 狼狽させおる, 甲板に, 甲板へ, 留置場へ, 病室から, 病床に, 白洲へ, 相手に, 相撲見物に, 眺めまわしながら, 眺めまわたしながら, 眺めわたし, 眺め冷笑的, 着座せしめ, 睥んで, 睨みまわした, 睨み廻した, 睨み返した, 瞰下ろし, 石川まで, 祈り殺す怖, 祝福したまわん, 立ち去らせあたり, 笑は, 等しく脅, 細目に, 統制する, 総立ち同様にまで, 腰かけさせた, 自分と, 自分の, 自宅へ, 花火の, 苦しめはじめた, 落ち付かせお, 裏切ること, 見, 見すくめながら, 見ま, 見まわしそれから, 見まわしたその, 見まわしてから, 見まわしながら, 見まわしまだ, 見まわし又, 見まわすと, 見るが, 見ると, 見わたし, 見上げて, 見下して, 見下ろしながら, 見回した, 見回すと, 見廻したこの, 見廻してから, 見廻すと, 見廻す代り, 見廻りおり今度, 見渡した, 見渡した様子, 見渡しながら, 見渡しカラカラ, 見渡し一人, 見渡す, 見渡すと, 見返しさて, 見返して, 見送り孤独, 説き伏せたが, 説き伏せに, 説得した, 誰彼なし, 責めたてないでは, 責めたり, 起立させ, 起立させた, 軽く微笑, 載せて, 迎え入れて, 追ひ, 追込み揚幕際, 退がらせた, 退らせた, 退散させる, 送り出して, 送り出してから, 連出すん, 郊外へ, 郡役所へ, 部屋の, 野中の, 鎮圧した, 鎮撫した, 鏖殺し, 門の, 門前に, 門外へ, 陪審官に, 隣りの, 集めた手前, 集め事件, 集め重々しく, 霞の, 静かに, 鞭撻し続け, 順に改めた, 顧みる, 顰蹙さす, 食堂へ, 飲みつぶさして, 駆りやろうと, 驚かせて, 驚ろかせた, 驚愕せしめた, 驚歎させる, 黙って

▼ 一同~ (471, 7.9%)

15 向って 8 代って 6 いった 5 別れを 4 会釈し, 会釈を, 報告した, 示した 3 むかって, やつても, 与えた, 向い, 向かって, 声を, 挨拶した, 挨拶する, 注意を

2 [22件] このこと, なり代って, 代わって, 倣って, 元気を, 内部が, 分配する, 大入りを, 宣言し, 對し, 披露し, 披露した, 挨拶し, 挨拶を, 申し告げて, 祝福を, 興味を, 見せた, 語った, 軽く会釈, 酒を, 閉口した

1 [350件] あずけたの, あるの, いただき申し候, いってない, いもを, いわざるを, うちあけた, うながされて, うなずかすため, うや, えしゃく, おくだし, おくれは, おじぎを, おすそ分けし, お集り, かわりまして, きいて, くばられた, くばられ我々, けどられまいと, ここで, この事, この話, さしずしますと, したわれて, しつかりと, しばしの, すがた, すそ分けし, すゝめたるに, そこそこに, そのこと, その使用, その用心, それだけ余計, だまされて, つかまへられて, つきぬ名残り, つきものの, つたえて, とらすこと, とり思い, とれば, どうぞ, どっと笑い出し, どんな憂悶, なりかわって, なりかわり象, にげだし行方, はかった, はじめの, ひきあわせた, ひき合せ勘当, ひっそりと, ひどくあやまっ, ふるまう, ふるまった, まざまざと, まわして, みせた, みせて, むかいさらに, むかいそれ, よくそうおっしゃい, よく説明, よびかけた, よびかけて, よろしく, わかれの, わしの, アッと, オジギする, ダンスを, ニッコリ笑いかけ, ピストルを, 一人一人紹介し, 一場の, 一礼する, 丁寧に, 丁重に, 下知し, 二十円から, 二寸大の, 云いのこして, 云うには, 云った, 五円宛の, 五月は, 代つてシモン, 代りあらためて, 代りその, 代りまず, 代わっての, 代わり松本, 仰天した, 任せて, 会釈した, 会釈します, 会釈する, 伝えて, 伝えました, 伝える, 伝へること, 伴って, 伴つて行く, 伸子たちを, 傳へられた, 傾聴せしめ, 入って, 共通した, 其始末を, 出て, 分配しました, 別れて, 別れの, 加えて, 加って, 動いて, 勝敗の, 勧めた, 勧められて, 千八百円で, 参集を, 叮嚀に, 合図した, 合図を, 同じよう, 同じ分量, 向い大声, 向い孔雀好色, 向い拙者一流, 向かい, 向かつて, 向っての, 向つたのである, 向つて口, 向つて電車, 吹聴した, 告げて, 告別の, 呑込めない, 呼びかけた, 呼ぶ, 命じた, 命じて, 哀願したい, 問題を, 喰せし, 固く口止め, 報せた, 報告し, 報告しなけれ, 夜中と, 大きな衝動, 大そう, 大事に, 好く思われ, 好転し, 嫌はれた, 子孫を, 宣誓させた, 寄宿を, 対って, 対策を, 尊敬せらるる, 届きました, 屠蘇の, 山崩れ出る, 左へ, 差し入れられこれ, 席を, 年賀の, 弁当を, 後ろ姿を, 御宥, 御披露, 御詫申候, 心配を, 念を, 思わず驚嘆, 恨み越えなく行き渡るよう, 恩典, 息も, 悦びを, 悲しみ泣くと, 悲痛な, 愛敬せられ, 戸籍謄本を, 手を, 打ち勝てり, 披露する, 抱きすくめられながら, 押鐘博士までも, 持たせて, 指さしたの, 指示した, 挨拶も, 振る舞って, 振舞酒の, 提供する, 散歩を, 新しい駒下駄, 新聞記者及び, 於ても, 旅の, 日の出を, 暇を, 暇乞いし, 最後の, 朗読し, 板を, 椅子を, 樹の, 此樣な, 泊って, 泊つ, 注意し, 注意した, 浸水の, 深い感謝, 深く可愛がられ, 深く注意, 渡して, 準備を, 漸く生き返つた, 炬火を, 焼香を, 特賞を, 玄関の, 用が, 申しわたした, 申し上げて, 申し伝えまする, 申し渡しそうして, 申し渡した, 申し渡すこと, 申上げ度い, 申合せ, 留守中の, 留意を, 異存の, 異論の, 異議が, 癩病自殺を, 発せられました, 白パンに, 盛んに, 相談した, 相談する, 相談を, 真珠を, 着席を, 矢を, 知らせた, 知らせた上, 知事は, 示したうえ, 示しながら, 礼し, 祝せり, 祝儀が, 移して, 移動を, 立派な, 立留つた, 立騒い, 笑いかけて, 笑い興じながら, 筒ぬけ, 精神訓話を, 紙捻, 紹介される, 紹介し, 紹介した, 紹介する, 綴じこみを, 署名させ, 羅摩の, 聖降誕祭お, 聞いて, 聞かせて, 聲を, 聴かしたが, 能く, 膳を, 自分の, 色を, 茶を, 見せては, 見せながら, 見せなるべく, 見せびらかして, 見せ乍らトゲ, 言い渡したの, 言い渡したので, 言い渡しましょうか, 言ひました, 計った, 訓示を, 証明された, 試合させられた, 詩や, 話しかけました, 話した, 話したこと, 認められるよう, 誓文を, 語りきかせました, 語りつづける, 語ろうて, 読み聞かせたところ, 読み聞かせた上, 読み聞かせて, 読んで, 談話を, 謝れ, 買わせたもの, 贈物の, 足どめを, 足止めし, 踊りの, 身の毛を, 身支度し, 軽い動揺, 辞儀を, 追いついたところ, 退去を, 退席し, 送つて, 送られた, 逡巡すれ, 遅刻の, 酌を, 配って, 配付せられた, 配当する, 酒が, 酔色がまは, 鎧一着ずつを, 関係無く, 隠し了, 離れテーブル, 静かに, 頼んでから, 飛び弾, 飲ませやった, 饗し, 鳴りを, 鷹見の

▼ 一同~ (120, 2.0%)

3 それに, 眼を 2 これを, それを, 仕方なく, 笑う, 顔色を

1 [104件] あなたを, あわてて, お神輿の, かごの, くさっちゃって, この席, この廿万円, これに, さてはマリヤ, すぐに, すっかりしょげ, すっかり心, すでにぼつぼつ揃う, そのよう, その係り合い, それぞれ理由に, それの, そんな風, た, つづいて, なおなお心配, にわかに緊張, ひたすらお, ひとしく同じ, ふき出した, ふたりの, ほっとした, ほとほと持て余し, また喜ん, また安心, また老, みんなが, やや穏やか, わらいも, ケンの, ゲラゲラ笑い出す, シーンと, ホッと, 不思議に, 世間に, 二十人に対する, 亦黙々, 人が, 今さらなん, 代るがわるに, 俄かに, 俄に, 先ずほっとした, 再び飲み食い, 十分の, 口々に, 同感なり, 喜んだ, 声を, 天地へ, 女将の, 始めて, 学堂を, 安心し, 少しく魂負け, 帆村が, 彼の, 後について, 思はず口, 思わず水, 愁眉を, 打たれたよう, 揃って, 数寄屋橋を, 是れ, 柄を, 止めようとは, 止める事, 死出の, 汗馬を, 流石に, 無事消光つかまつり居り, 皆立ち上り, 相前後, 空しく町, 立ち上って, 笑ひぬ, 総立ちに, 総立となっ, 續い, 聊か呆れた, 聲を, 腰まで, 解せぬ顔, 走った, 起上り着のみ着のままで, 軍議を, 近づいて, 返す言葉, 退出退出, 途方に, 酒の, 非常に, 頭を, 顔の, 飛び降りるん, 馬から, 駆けつける, 驚いたが

▼ 一同~ (105, 1.8%)

5 向って 3 むかって, 告げた, 酒を 2 いった, 告げ渡した, 御酒御, 諮った

1 [83件] あっさり挨拶, あてて, あまねく行き届いた, いうが, いこうして, いちいちことば, おごそかに, おはなし, お伝えを, お辞儀を, お酌, こう促す, ここで, ご意見, ご酒, すこしもその, そういった, そう申し伝え, その書式, つぎの, はかると, ほのめかしても, もういちど, んに, 一刀流なる, 下げ渡された, 下され一同, 両手を, 五円宛の, 他言を, 入監, 出立を, 切言した, 向い, 向い手, 向き直る, 向けた背中, 向けましたが, 告げたうえ, 告げるの, 告げわたせ, 告げ知らせた, 喪を, 報告した, 塗りつけたの, 声低く, 天丼の, 宣うた, 差入れを, 布告いたし, 幕府から, 年賀の, 御披露, 御酒の, 打明けて, 披露な仕まつる, 拝謝を, 挨拶し, 杯が, 申しますには, 真の, 示して, 答えを, 策を, 艦長から, 蕎麦が, 褒美の, 言いのこした, 言いようなき, 言い渡して, 言づけ, 計った, 話せ, 読み聞かせてから, 諭した, 謝りぬいて, 軍令を, 達しおく, 酒肴を, 頼んで, 魔が, 鳥の, 鷹揚な

▼ 一同~ (70, 1.2%)

2 毎年汐干

1 [68件] お供を, お出迎え, お客を, お食事, くりひろげる, この山中, これを, その申し合わせ, たべましょう, ちょっとした宴会, つれだって, なにごとも, ほかへ, むかえて, よく相談, サッとかつぎあげる, ピクニックに, 三時の, 下の, 入りたい, 出かける, 出来るだけは, 別れるまで, 協議を, 取り押さえ紐, 命乞いは, 嘆願し, 外から, 大浮かれ, 尋ねて, 展覧会へ, 平伏する, 手を, 手早く地面, 撮ったの, 撮った写真, 教室内の, 教授を, 斎藤老人の, 是非とも, 暁を, 楽しい談話, 楽しめる, 消し止めて, 熟議し, 物理の, 疑わしげ, 盛んに, 目黒の, 相談します, 祝ふ, 祝福し, 笑いました, 耀蔵を, 腹を, 袋叩きに, 裏庭に, 見物する, 観覧車に, 謝罪と, 警察へ, 連名の, 選挙した, 郊外に, 銀座まで, 飛田に, 食ふ, 驚いて

▼ 一同から~ (41, 0.7%)

2 銅像を

1 [39件] おさんどんにまでも, それぞれに, たつてと, 事情を, 二十円, 全く無視, 冷かされてるよう, 判断された, 厄介者の, 合唱された, 向けられたが, 尊敬せられ, 尋ねられても, 小三郎に, 忘れられて, 意地悪く, 意地悪くい, 所謂おめでた詞を, 押返して, 指名された, 推薦され, 期待され, 杯を, 特にあなた, 筆にも, 答案を, 絶対に, 腫れ物に, 褒められたじゃ, 試験問題は, 話題に, 認められた者, 讃歎が, 贈つて, 身を, 返礼に, 退出の, 離れて, 預ける事

▼ 一同~ (39, 0.7%)

4 一緒に 2 一しょに, 別れた, 書いて

1 [29件] あちこち遠足会なども, いっしょに, こっちも, ならんで, はかって, ひとしく私, 久々に, 共通した, 出入りの, 別の, 右宿寺戸田村寶泉寺え相, 合議の, 同じ扱い, 同じ服装, 塩田大尉や, 夕食を, 挨拶を, 早川の, 歩く, 消息を, 源助町の, 男の, 知り合いに, 等持院へ, 送つて, 酒宴を, 顔を, 食事を, 黍飯を

▼ 一同その~ (18, 0.3%)

3 方を

1 [15件] あとに, ことの, ため口上左様, 一沓音に, 上に, 事の, 前に, 場に, 墓所へ, 意を, 方に, 明決に, 荷物の, 詰寄るを, 辺りの

▼ 一同と共に~ (18, 0.3%)

1 [18件] あらんこと, かけつけて, フォークを, 乾杯した, 仏蘭西の, 再び階下, 出席し, 奇勝ノアノパリに, 岸本は, 撮影しおわり, 早い夕飯, 最下層, 渡つてし, 祝います, 臨んで, 警視庁に, 長々しく, 食卓に

▼ 一同揃っ~ (18, 0.3%)

1 [18件] ていた, てこの, てたのしい, て上, て下, て儒者ふう, て冷麦, て出発, て十一時二十分発, て囚人自動車, て墓地, て大地, て帰京, て愛宕下, て探検, て揺られ, て痛飲会, て祝い

▼ 一同には~ (17, 0.3%)

2 白強飯と

1 [15件] いろいろと, もう知りぬい, わけが, カッサバ澱粉, ヒマを, 今の, 分り難かっ, 加平君が, 厳重に, 周知の, 変りが, 心配しない, 旋条銃連発銃腰刀が, 聞こえぬかな, 茶弘の

▼ 一同にも~ (17, 0.3%)

1 [17件] なにも, ヒダの, 充分な, 吉報を, 命じて, 引きあわされて, 引き揚げを, 暗い思い, 會釋し, 残して, 無用の, 申し伝えまする, 申訳が, 相すまなく, 認めさせ公然, 通告する, 陪観を

▼ 一同これ~ (15, 0.3%)

1 [15件] に同意, に和, に従事, はきっと, はと恐れ謹みける, は世, へ寄れ, へ御召, へ目ざし, ほど奇特, よりこの, をのぞき込んだ, を咎める, を撃ち殺す, を聞く

▼ 一同この~ (14, 0.2%)

2 場の

1 [12件] 上も, 下に, 原皮を, 少しいかれ, 心配では, 悪む可, 瓦師は, 羽織を, 街道の, 言に従い, 部屋を, 関を

▼ 一同~ (14, 0.2%)

2 を見あわせた, を見合, を見合せ 1 が上がり端, が揃う, を曇らせ, を見合す, を見合せた, を見合わす, を見合わせぬ, を蹙め

▼ 一同~ (13, 0.2%)

1 [13件] ていただく, ておこた, てここ, てそう, て参りました, て営中, て彼, て御, て盃, て親切, て責め立てる, て馬, ほたれ

▼ 一同~ (12, 0.2%)

2 日待を 1 あとに, 妻の, 広目に, 引き揚げ下さい, 揃いの, 暇乞い申し上げい, 見えに, 見送りした, 預けさ, 顔を

▼ 一同とともに~ (12, 0.2%)

1 [12件] あやうく石垣, いかだを, そのお, 同郷の, 女髪兼安の, 応接間に, 打ちつれ, 放して, 教授と, 泣きごとを, 私も, 酒を

▼ 一同~ (12, 0.2%)

2 をそろえ, を上げ, を失っ 1 も出ない, をたて, を呑ん, を和, を揃, を殺し

▼ 一同大いに~ (10, 0.2%)

1 喜んだの, 喜んで, 心配し, 悦ぶ最中, 愉快であった, 話が, 面喰らった, 面白くなった, 驚きこれ, 驚き手

▼ 一同それ~ (9, 0.2%)

1 こそお, にのりうつり, に同意, に和, に気づく, に相違, をとい, を取り囲む, を望ん

▼ 一同そろっ~ (9, 0.2%)

1 て, てはやく, てアンマ宿, てオデン屋, て冷, て出かけ, て客間, て海水, て見舞い

▼ 一同~ (9, 0.2%)

2 無事に 1 一緒に, 厄介に, 国威の, 夜食の, 尤の, 来店中, 穂宮に

▼ 一同~ (9, 0.2%)

1 をあげる, をしめ, をむなしく, を上げる, を延し, を拍つて賛成, を拱い, を洗っ, を膝

▼ 一同ここ~ (7, 0.1%)

1 ぞとばかりに犇, で拱い, に引き移っ, に聚まり注意, に貴殿, へ参っ, を去らず

▼ 一同~ (7, 0.1%)

1 よろこびで, 喜びにて, 歓喜で, 満足です, 笑ひ, 聲を, 革取りも

▼ 一同思わず~ (7, 0.1%)

1 ギョッとして, 固唾を, 嬉しそう, 歓声を, 瀬古の, 賊の, 顔色を

▼ 一同~ (7, 0.1%)

2 を欹てた 1 をすませ, をふさい, を傾け, を澄したこ, を立てる

▼ 一同黙っ~ (7, 0.1%)

1 ていずれ, ている, て弁当, て彼, て甚吾左衛門, て言葉, て足もと

▼ 一同ぞろぞろ~ (6, 0.1%)

1 とテーブル, と寝床, と改札口, と桟橋, ばたすた, 控室に

▼ 一同へも~ (6, 0.1%)

1 かさねていう, それぞれの, よく申し上げる, 会釈し, 精進を, 釈明した

▼ 一同無事~ (6, 0.1%)

1 か, にそこ, に上陸, に引き揚げた, に打ち揃う, に日

▼ 一同驚き~ (6, 0.1%)

1 あきれ, て尋ねたれ, て立ち, 且つ厳粛, 呆れた, 騒ぐ間

▼ 一同うち~ (5, 0.1%)

2 揃って 1 そろって, 交って, 興じて

▼ 一同しばらく~ (5, 0.1%)

2 沈黙 1 ためらう, は寄りつきませんでした, 天井へ

▼ 一同とは~ (5, 0.1%)

1 どなたでございます, まったく別, 拙者一同, 相識の, 違ったある

▼ 一同どっと~ (5, 0.1%)

1 一団に, 笑い出して, 笑い立てる, 笑う, 笑ったものの

▼ 一同にとっては~ (5, 0.1%)

1 いずれも, かなり迷惑, 全然下種下郎, 可笑しいどころ, 意外であったらしい

▼ 一同に対して~ (5, 0.1%)

1 あなたは, かれの, 内密に, 司令艇から, 此の度松谷秀子を

▼ 一同悉く~ (5, 0.1%)

2 色を 1 小十人格, 消灯した, 麓の

▼ 一同~ (4, 0.1%)

2 ほを 1 じゃア, ならず御

▼ 一同に対し~ (4, 0.1%)

3 まする当 1 さらに気

▼ 一同また~ (4, 0.1%)

1 かッ, それを, 不思議さうに目を, 大笑いを

▼ 一同よりと~ (4, 0.1%)

1 ある, して, なって, 書いて

▼ 一同不審~ (4, 0.1%)

1 な顔つき, の念, の思, の顔つき

▼ 一同~ (4, 0.1%)

1 の位置, 氣づきし, 氣に, 氣よく

▼ 一同写真~ (4, 0.1%)

1 に撮られ, を撮った, を撮る, を眺め

▼ 一同~ (4, 0.1%)

1 をさげ, を抜き, を撫し, を棄てる

▼ 一同~ (4, 0.1%)

1 をそろえ, を噤ん, を緘し, を開け

▼ 一同固唾~ (4, 0.1%)

1 をのん, を呑む, を呑ん, を呑んだ

▼ 一同大笑い~ (4, 0.1%)

1 したこと, になっ, になった, になる

▼ 一同安心~ (4, 0.1%)

2 して 1 いたしまするよう, したと

▼ 一同揃う~ (4, 0.1%)

2 て観察 1 て入る, て御膳

▼ 一同~ (4, 0.1%)

1 を回し, を注ぐ, を白黒, を着け

▼ 一同笑い~ (4, 0.1%)

1 が止らなかった, ながら頭, になりたる, 候え

▼ 一同起立~ (4, 0.1%)

3 して 1 した

▼ 一同いささか~ (3, 0.1%)

1 ためらって, 恐縮の, 緊張し

▼ 一同いよいよ~ (3, 0.1%)

1 のぼせ上り生れて, もって, 勇みたったの

▼ 一同ことごとく~ (3, 0.1%)

1 緊張に, 色を, 顫え

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 一同ッ, 微行だろう, 猶予は

▼ 一同そこ~ (3, 0.1%)

1 に立ち揃う, へ揃った, へ走り

▼ 一同ちょっと~ (3, 0.1%)

1 とまった, 沈黙, 膝を

▼ 一同として~ (3, 0.1%)

1 あらあ, 一通吉雄幸左衛門宛に, 一通甲必丹オルフェルト・エリアス殿並に

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 つと歓声, つと笑つた, つと笑聲

▼ 一同~ (3, 0.1%)

2 んの 1 んだ

▼ 一同にて~ (3, 0.1%)

2 手製の 1 申し上げ御

▼ 一同はは~ (3, 0.1%)

2 ッと 1 だかに

▼ 一同への~ (3, 0.1%)

1 恩賞を, 話を, 酒肴料まだ

▼ 一同まだ~ (3, 0.1%)

1 八幡の, 妻恋坂の, 寝ないの

▼ 一同もの~ (3, 0.1%)

1 も言い得ず, をいう, 足りない様子

▼ 一同シーン~ (3, 0.1%)

1 となっ, となる, と黙りこん

▼ 一同ホッ~ (3, 0.1%)

2 とし 1 とした

▼ 一同万歳~ (3, 0.1%)

2 を唱え 1 を高唱

▼ 一同元気~ (3, 0.1%)

1 づいて, なく膝, に御座候間

▼ 一同呆然~ (3, 0.1%)

1 として口, と台所, と見守っ

▼ 一同打ち~ (3, 0.1%)

3 揃って

▼ 一同暫く~ (3, 0.1%)

1 その場, は茫然, 息を

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 せると, の運命, を決して

▼ 一同申し合わせ~ (3, 0.1%)

1 て慶喜擁立, て村内, をし

▼ 一同疲れ~ (3, 0.1%)

1 ている, てゐる, て家

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 思案に, 恐れ入りましたもの, 蒲団に

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 掛る, 止りて, 騒いで

▼ 一同茶の間~ (3, 0.1%)

2 に出 1 へ集っ

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 えずど, えず打, えず破顏

▼ 一同謹ん~ (3, 0.1%)

1 でこの, で拝聴, で整列

▼ 一同~ (3, 0.1%)

1 で帰っ, を連ね, を降り

▼ 一同遠慮~ (3, 0.1%)

1 して, をし, 致せ

▼ 一同集っ~ (3, 0.1%)

1 てまさに, て手負い, て相談

▼ 一同集まっ~ (3, 0.1%)

1 てお茶, てこういう, てそこで

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 つけに, はてる

▼ 一同あっけ~ (2, 0.0%)

2 にとられ

▼ 一同あの~ (2, 0.0%)

1 ように, 小旗

▼ 一同あわて~ (2, 0.0%)

1 て寝た, て舟

▼ 一同あッ~ (2, 0.0%)

1 けにとられ, と言っ

▼ 一同おもわず~ (2, 0.0%)

1 ガバと, 合掌した

▼ 一同かく~ (2, 0.0%)

1 の如くおねがい, 辛労は

▼ 一同さっと~ (2, 0.0%)

1 丹波の, 散って

▼ 一同さま~ (2, 0.0%)

1 がお, と皇叔

▼ 一同すっかり~ (2, 0.0%)

1 へんな, 敬服し

▼ 一同そのまま~ (2, 0.0%)

1 でおれ, で聞け

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 ろ, ろつと

▼ 一同ただ~ (2, 0.0%)

1 もう感激, 固唾をの

▼ 一同との~ (2, 0.0%)

1 仲は, 間が

▼ 一同どやどや~ (2, 0.0%)

1 とそれ, と行きかかる

▼ 一同どんなに~ (2, 0.0%)

1 吃驚し, 望んで

▼ 一同なんと~ (2, 0.0%)

1 慰める言葉, 言って

▼ 一同に対する~ (2, 0.0%)

1 慰問金として, 義務を

▼ 一同ばらばら~ (2, 0.0%)

1 と勝手, になっ

▼ 一同ひどく~ (2, 0.0%)

1 咳を, 有難がって

▼ 一同へは~ (2, 0.0%)

1 われら両人が, 婿は

▼ 一同まで~ (2, 0.0%)

1 総動員で, 隠居は

▼ 一同みな~ (2, 0.0%)

1 こう言っ, 興じ入って

▼ 一同ようやく~ (2, 0.0%)

1 汽車を, 重荷を

▼ 一同よく~ (2, 0.0%)

1 あれまで, やるあの

▼ 一同よりの~ (2, 0.0%)

1 御願い, 微意として

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 あっと歓声, アいと

▼ 一同わっ~ (2, 0.0%)

1 とばかり笑い出し, と腰

▼ 一同アッ~ (2, 0.0%)

1 と顔, と驚いた

▼ 一同ガヤガヤ~ (2, 0.0%)

1 という騒ぎ, と肩

▼ 一同ギョッ~ (2, 0.0%)

1 と声, と顔色

▼ 一同シン~ (2, 0.0%)

1 として正造, と声

▼ 一同ゾロゾロ~ (2, 0.0%)

2 花道へ

▼ 一同ハリキ~ (2, 0.0%)

1 る, る社長曰く

▼ 一同一向に~ (2, 0.0%)

1 土地不案内トウベツは, 知らなかったこと

▼ 一同七三~ (2, 0.0%)

2 に立つ

▼ 一同並びに~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ 一同互いに~ (2, 0.0%)

1 むつみ合い親しみ合いながら, 面を

▼ 一同~ (2, 0.0%)

2 迄の場所

▼ 一同今日~ (2, 0.0%)

1 からお, は裃

▼ 一同仕事~ (2, 0.0%)

1 を休め, を休んだ

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 が何やら, を言

▼ 一同何とも~ (2, 0.0%)

1 名状し, 申しわけなく思っ

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 なる高, 苑の

▼ 一同前後~ (2, 0.0%)

1 して, を熟考

▼ 一同励み勤め昨日~ (2, 0.0%)

2 に変る

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 へならふ, を向く

▼ 一同合掌~ (2, 0.0%)

1 して, す

▼ 一同~ (2, 0.0%)

2

▼ 一同呆れ返り~ (2, 0.0%)

2 それが

▼ 一同唱和~ (2, 0.0%)

1 せいっ, せい一同唱和

▼ 一同多少~ (2, 0.0%)

1 づつ羨望の, づゝ羨望の

▼ 一同大きに~ (2, 0.0%)

1 安心致しました, 強くなっ

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 に思っ, に気掛かり

▼ 一同安堵~ (2, 0.0%)

1 と失望, の胸

▼ 一同寄つて~ (2, 0.0%)

1 たかつて, 決めたこと

▼ 一同寄り~ (2, 0.0%)

1 集まって, 集まり相当

▼ 一同寝る~ (2, 0.0%)

1 ことに, と云う

▼ 一同居ず~ (2, 0.0%)

1 まひを, まゐ

▼ 一同師匠~ (2, 0.0%)

1 の枕もと, の病気平癒

▼ 一同帰り~ (2, 0.0%)

1 の旅路, 来つて

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 を起ちかける, を起つ

▼ 一同座敷~ (2, 0.0%)

1 にて寝, の片側

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 に廻り, へ下り

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 の身, を一つ

▼ 一同心配~ (2, 0.0%)

1 して, のあまり

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 の出獄後, の獄死

▼ 一同忽ち~ (2, 0.0%)

1 兇変を, 総会を

▼ 一同思ひ思ひ~ (2, 0.0%)

1 にその後, に加来

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 に元気, に眼

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 をのん, を屏め

▼ 一同感激~ (2, 0.0%)

1 した, 措く能はず

▼ 一同打連れ~ (2, 0.0%)

1 だって帰省, て近傍

▼ 一同拍手~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 一同挙っ~ (2, 0.0%)

1 て京都, て兵隊

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 ひ君ヶ代, ふと君ヶ代

▼ 一同整列~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一同早く~ (2, 0.0%)

1 も抜きつれた, 寝に

▼ 一同~ (2, 0.0%)

2 へも何卒

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 をうた, を止める

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 に陥った, を打った

▼ 一同泊掛~ (2, 0.0%)

2 で東嶽

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 の目, を催しました

▼ 一同炉辺~ (2, 0.0%)

1 で別離, に集った

▼ 一同爆笑~ (2, 0.0%)

1 する, する中

▼ 一同生きた~ (2, 0.0%)

1 こころも, 顏色は

▼ 一同相談~ (2, 0.0%)

1 がまとまった, を始めた

▼ 一同眠り~ (2, 0.0%)

1 についた, もやらず

▼ 一同祈祷~ (2, 0.0%)

1 をし, をしました

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 のご, のごとく拝んだ

▼ 一同立ち~ (2, 0.0%)

2 ませい

▼ 一同立會~ (2, 0.0%)

1 の上, の上目

▼ 一同~ (2, 0.0%)

2

▼ 一同筆紙墨~ (2, 0.0%)

2 の用意

▼ 一同~ (2, 0.0%)

2 をしたい

▼ 一同茫然~ (2, 0.0%)

1 たるとき, とす

▼ 一同記念~ (2, 0.0%)

2 の撮影

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 もかないません, もかれ

▼ 一同逃げ出した~ (2, 0.0%)

2 が僕

▼ 一同非常~ (2, 0.0%)

1 に心, に面白く

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 をクリクリ坊主, を下げる

▼ 一同顔色~ (2, 0.0%)

1 が変っ, を変えた

▼ 一同食事~ (2, 0.0%)

1 をし, を始めた

▼ 一同食卓~ (2, 0.0%)

2 につく

▼ 一同~ (2, 0.0%)

1 を垂れ, を長く

▼ 一同鳴り~ (2, 0.0%)

1 をしずめ, をひそめ

▼1* [825件]

一同、揃つて刃を磨いた, 一同あっと驚く, 一同あっと鼻を, 一同あなたを見たい, 一同あぶないあぶないと警戒, 一同あまりに意外な, 一同あゆみをとめ, 一同ありがたき仕合わせに, 一同ある日畠に, 一同あれをはい, 一同あれよあれよと呆然と, 一同あんまりいい気もち, 一同いかようにもあなた, 一同いずれも多少, 一同いたずらに手, 一同いっしょになっ, 一同いつの間にやら同じ, 一同いま立ち帰ったぞ, 一同いまだにこけ猿, 一同いま文句が出る, 一同うちとけて話しはじめました, 一同うつらうつらと夢み, 一同えらいお叱りで, 一同おさらばです, 一同おそろひかな, 一同おどりたちたい衝動さけびあげたい, 一同おぼえず笑って, 一同おやっと呆気, 一同および官人ら続い, 一同お変りないこと, 一同お笑いになった, 一同かかれッ, 一同かぎりなく口惜し, 一同かたずを呑みかける, 一同かたづけながら入る, 一同かなり疲れて, 一同からのお願いであります, 一同かわいらしい声を, 一同かわるがわる握手する, 一同がはひり終るの, 一同きらりきらりと抜きつれ, 一同くすくすと笑った, 一同くつろいでしんみり, 一同ぐるりと輪, 一同げたげた笑い出して, 一同こうかたく信じ, 一同こうして門前から, 一同こけ猿が, 一同こけつ転びつ甲板へ, 一同こころひそかに弓矢八幡, 一同こせこせした日本人, 一同こそこそ追い出されちまった, 一同ことのほか, 一同ことによったら腹切り, 一同こもごもの挨拶, 一同こんなうれしいこと, 一同こんなに御心配, 一同ご免を, 一同さう申して居ります, 一同さかやきを剃り, 一同さきを争っ, 一同さすがにあんまり, 一同さぞかし感泣いたす, 一同さわがずと早く, 一同しきりに焦立って, 一同しずかに立っ, 一同したくができた, 一同しばし声を, 一同しみじみおいしくいただい, 一同じっと聞耳を, 一同すぐ感じたらしく皆矢代, 一同すこしくひるむを, 一同すでに帰心の, 一同するの旨, 一同そう申して, 一同そちらへ振り, 一同そつちを, 一同その後について行く, 一同それぞれ剣に弾み, 一同そろったところで, 一同そッくり持って, 一同たじたじと引き下がった, 一同ただ唖然と花, 一同ただ驚き怪しんで, 一同たちまち消え失せた, 一同たとえ張子ならず, 一同たましいも, 一同つたから, 一同だったから人数, 一同だまって聞き入る, 一同だれも由吉, 一同ちょっとハッとする, 一同つい居る, 一同つれだちて歩みぬ, 一同ていねいにおじぎ, 一同でもあるから, 一同でやんやと囃し, 一同という札を, 一同としてはもう逃れぬ, 一同とても元気だ, 一同とに謝罪した, 一同とを予の, 一同どきりとなる, 一同どれが本当, 一同なお浜辺に, 一同ならびにかく申す, 一同なるべく遠方から, 一同なんだろうと, 一同なんとなく物悲しいやう, 一同にたいして抗議された, 一同についてレントゲン診察室に, 一同にとってどうで, 一同にとっても最後の, 一同にやにやしながら, 一同に対してすら共公心, 一同ぬれ鼠で, 一同はいってくれ, 一同はげしい振動に, 一同はしをらしく, 一同はじめて麓から, 一同はぞつとした, 一同はっとして, 一同はっと泣く声, 一同はぶなの, 一同はわつと声, 一同ばらりと立懸る, 一同ぱちぱちと拍手喝采, 一同ひしひしと一, 一同ひそかに心配, 一同ひそりともしない, 一同ひたすら拒絶し, 一同ひた隠しにし, 一同ひと先づ解散す, 一同びっくりした, 一同びつくりする, 一同ぴったと足なみをとめ, 一同ふうふうと息, 一同ふうッと感服, 一同ふり返って, 一同ふりむいてみる, 一同ふりむき驚いてあれ, 一同へすら腹を, 一同へたばってしまった, 一同へやの中, 一同べたべたと一間, 一同ほっとして, 一同ほどよく腰, 一同ほぼ意見も, 一同そんと, 一同ぼんやりして, 一同まいり加藤家も, 一同まさか彼女が, 一同まじまじと箱, 一同まず愁眉を, 一同またたく間に席, 一同またもや寄り集まっ, 一同まんぞくだった, 一同まんまと欺かれ室内, 一同みな焚火にあたり, 一同むなしく引揚げた, 一同むむと気合をため, 一同めいめいその時, 一同もう内心は, 一同もてあましていた, 一同もはや顔を, 一同やっとたどりついて, 一同やつと腰, 一同やや屈身し, 一同やりきれなかったこと, 一同やんやの喝采, 一同ゆっくりと正夫, 一同ようぞお越し, 一同より感じられるの, 一同よりというような, 一同よりももっと激しい, 一同わけても才蔵である, 一同わたくしの差図通り, 一同われもわれ, 一同をかばふ如くその大きな, 一同をも招き酒宴, 一同を通してやる, 一同アンニャの総代, 一同イスにもたれ, 一同イヤ驚きました, 一同ウニデスと聞い, 一同ウンザリして, 一同ガ嬉シガッタソレカラ上ゲテ仕舞ウカラ南平ヘオレガ云ウニハハジメテ見テ, 一同クサる, 一同グッタリと頭, 一同ゲタゲタ笑って, 一同ゴネとるん, 一同サクサクと根府川, 一同サロンへどやどや, 一同シッと目と目, 一同シナを作つて, 一同ジャブジャブ水を, 一同スワこそと左右前後, 一同ソレと手分け, 一同ソロソロと長持, 一同ダラダラと並び, 一同ドッと笑, 一同ドロンをきめた, 一同之ニ乗ル, 一同ハゲ頭の汗, 一同ハニかんで, 一同ハワイの名勝ダイヤモンド, 一同パッと毛布, 一同フォークの音, 一同フロックコートで整列, 一同ブランの詞, 一同プラットフォームをおり, 一同プラトンの処, 一同ヘベのレケ, 一同ホツとした, 一同マーシャル橋爪のフォーカス, 一同ヤケを起し, 一同ラッパ飲みを, 一同ランチを御馳走, 一同ワアッと歓声, 一同ワシリの脱獄, 一同ワッと逃げ出す, 一同ワレンチンを取り巻く, 一同一つに集まり, 一同一つ旅籠へ集まっ, 一同一人のこらず所持, 一同一室に集まり, 一同一寸黙って, 一同一席に集まり, 一同一座の興, 一同一斉に部屋, 一同一日千秋の思い, 一同一昨年以来重ね重ねの, 一同一種の興, 一同一糸みだれぬみごと, 一同一緒になり, 一同一馬を待っ, 一同三等僕と徳山, 一同三羽烏の大矢内修理, 一同上達も致しませぬ, 一同上陸せよと, 一同下寺町まで出た, 一同下手へ入る, 一同下馬いたせ, 一同機嫌の, 一同不安と恐怖, 一同不安げに文六, 一同不平だらだら引き返さん, 一同不覚にも記代子さん, 一同与力と同心, 一同与吉を城内, 一同中津川行きのしたく, 一同に和, 一同乗り込んだが君, 一同乗組水兵の全部, 一同り込んだが, 一同九段坂の灰色, 一同亀千代君というよう, 一同二人を残し, 一同二回三回行列して, 一同于吉仙人の命乞い, 一同互に恙なく, 一同些かホッとした, 一同京地を引き払う, 一同京都に着し, 一同人雑誌の標題, 一同今夜こそ二十面相, 一同今宵深更結城の城下はずれ, 一同今日国もとへ立ち, 一同代わる代わるひざまずき手を, 一同仰天せしも, 一同休憩して, 一同休憩室に入っ, 一同う事, 一同佐久の高原地, 一同何んともほどこす, 一同の室, 一同俄然植物学に, 一同に, 一同へ参ります, 一同いて, 一同きを, 一同先づハリキってゐる, 一同先刻よりほとほと, 一同先生の枕頭, 一同光岳寺の広間, 一同を脱ぎました, 一同入ったのにすぎない, 一同入乱れて遮り, 一同入浴夕食又樂, 一同全く立去つて, 一同共謀の贋金, 一同兵隊さんがさわいでる, 一同其一日も早く, 一同其処を通り, 一同其居間に呼び, 一同其方へ向つた, 一同其處に御, 一同其都に近づく, 一同再び記念の, 一同て行った, 一同出かけて来た, 一同出席して, 一同出発する, 一同出立を祝する, 一同出迎えに出ろ, 一同別れの酒, 一同別室へ導かれ, 一同別席でお, 一同別離の膳, 一同前進する, 一同を引い, 一同割籠をひらく, 一同勇気が出, 一同勝鬨の声, 一同勢いこんだ力, 一同勢ぞろいをし, 一同勢揃いして, 一同十三間堀といふ川, 一同十分に警固, 一同十重二十重に取囲ん, 一同午前九時から午後十時, 一同午餐を頂戴, 一同を同じく, 一同協議の上, 一同南京路の新, 一同危く道徳派と科学派, 一同厚く世話焼く, 一同取りなしもできず, 一同取留めた事実が, 一同召出すよう申し付けまし, 一同可成緊張して, 一同右手へ退場, 一同吃驚す, 一同各人各説, 一同各自の楽器, 一同合唱する, 一同同じ一つへ, 一同向うへ這入る, 一同否やはござんすまい, 一同る, 一同呆れた顔を, 一同呆気にとられ, 一同呑めや唄, 一同品川で足どめ, 一同哄然と笑声, 一同唖然として無言, 一同喊声太鼓のすり打ち, 一同喚声をあげ, 一同喜び狐の, 一同喜んでいる, 一同喝采して, 一同四十六名を水野, 一同団結して, 一同困り者に, 一同困惑し切って, 一同図らずも大声, 一同土肥君の宅, 一同城中に到れ, 一同城壁を下り, 一同に帰, 一同の扉, 一同変ることも, 一同夕食をすませる, 一同へ出る, 一同外出まかりならずという, 一同外殿に揃う, 一同多大な期待, 一同を日, 一同夜食した, 一同夢うつつに駭, 一同大きに驚きまし, 一同大元気となり, 一同大声で, 一同大変な元気, 一同大変恐縮して, 一同大門まで遣, 一同大騒ぎで親族, 一同夫人を抑留, 一同奔命に疲れた, 一同に姿, 一同奥様扱いして, 一同姫子沢へ引, 一同姿勢を正す, 一同威儀を正し, 一同嬉しさの, 一同安きこころも, 一同安眠すること, 一同安静た爾時神偈, 一同宗門仏に加持, 一同実にどうも近ごろ迷惑しごく, 一同実はさっきから, 一同客間に帰っ, 一同の中, 一同寄り合ってはひそか, 一同寄ると障る, 一同寒燈のもと, 一同寝巻の裾, 一同察してくれ, 一同しげ, 一同の鼠, 一同尋ねてその, 一同導かれて行った, 一同小さな棺の, 一同少からず辟易, 一同少し心配に, 一同尻ごみして, 一同て水, 一同の棟, 一同山茶屋の軒, 一同の上, 一同を飛び出す, 一同川岸に休息, 一同左手のドア, 一同左衛門を見る, 一同の前, 一同帰しても可, 一同帰つて来る, 一同帰り仕度を始めた, 一同帽子を投げ上げ, 一同平常のよう, 一同平馬を中心, 一同幸いに本復, 一同幹事の苦心, 一同広い囲炉裏ばた, 一同床の間をうしろ, 一同のため, 一同店先に出る, 一同庭先で写真, 一同廊下を見返り, 一同弁当持参で山登り, 一同式場を出る, 一同揚げて, 一同引き取って来た, 一同引き取りに相成り鎮まり申し, 一同引揚げたり, 一同張り合い抜けの体, 一同弾奏を終っ, 一同当の平馬が, 一同当地市民の会葬, 一同当家に一泊, 一同当惑悲嘆いたし候, 一同当然斬られるもの, 一同の横臥, 一同彼西郷吉之助を恋し, 一同待ち受ける妻籠からの, 一同待ち望んで居る, 一同待合の一室, 一同待合せて今朝, 一同待合室で待たせられる, 一同待機の姿勢, 一同ものを, 一同得物を携え, 一同御前に, 一同御高恩に, 一同醉す, 一同微笑する, 一同心おごりしたため, 一同心得違いこれなきよう, 一同心痛ナシ右図面ヲ以其県庁, 一同必要に応じ, 一同思い思いに狭い, 一同思っている, 一同思はず聲を, 一同思ひ出したやうに, 一同急いで出, 一同性懲りもなく, 一同怪しむをやめい, 一同怪訝そうに玄関, 一同恐る恐る顔を, 一同恐ろしさを, 一同恐ろしいおめき, 一同恐ろしく感じその, 一同みなく歓, 一同愉快そうにニコニコ, 一同を強う, 一同愕然とした, 一同愛国心には燃え, 一同感嘆の聲, 一同感心する, 一同感謝にたえない, 一同程と思案, 一同手わけをし, 一同手早く帯しめなおし, 一同揃って, 一同打揃つて居りますなどと, 一同打揃ッて心しずか, 一同承知した, 一同抜かれましたな, 一同抜きつれて二人, 一同押留てとふ, 一同拍手喝采した, 一同拍手頓首し一々, 一同拘引というよう, 一同拝むように, 一同持ち寄りの懇親会, 一同挨拶を述べた, 一同揃いも揃っ, 一同揃ったところで, 一同揃つて忍び寄り小, 一同揃つて校長のところ, 一同提案者となつ, 一同握飯を食, 一同揮毫を求められた, 一同改まって大納言, 一同改陽の祝辞, 一同教員室の卓子, 一同散会する, 一同敬って申した, 一同敬礼を交す, 一同文字通り親舟に乗った, 一同しく愕然, 一同断念めて居た, 一同新調の絹, 一同旗上げをいたします, 一同日本人ばかりで, 一同早寝の支度, 一同早昼の食事, 一同までには山嶺, 一同昼食をすました, 一同時間を忘れ, 一同暇乞ひして, 一同暗然とした, 一同暗雲に胸, 一同曲淵甲斐守公のお, 一同更に一層驚異し, 一同書付を読み聞かせられた, 一同書院にお, 一同月給がキチンキチン, 一同有り難く殿下の, 一同の食事, 一同朝靄の中, 一同期せずして, 一同木更津の大きな, 一同本家へ引き揚げた, 一同本庁へ引揚げ, 一同東京居住を命ぜられた, 一同東門の外, 一同松山へ帰る, 一同を並べ, 一同桂君のところ, 一同梯子を下りた, 一同棺前に侍, 一同椅子から立, 一同楽器を棄て, 一同に入り, 一同の根, 一同樂しみに致し, 一同横列になっ, 一同欄干に縋り付いた, 一同次ぎ次ぎに座を, 一同次第に入る, 一同歓喜の声, 一同歡聲をあげた, 一同此処へ泊る, 一同武器をとつ, 一同歩調をそろへ, 一同を喰いしばり, 一同しても, 一同死んだように, 一同死力を尽くし, 一同死守の勢い, 一同殆ど当惑したが, 一同殿下の御, 一同毎日丸山の伊沢, 一同やすな, 一同気の毒に思い, 一同気色ばんで孫権, 一同が附いた, 一同沈黙唯円登場, 一同泥だらけになっ, 一同注意せよと, 一同洞内の大, 一同浜尾方の親戚, 一同浴衣掛で宜しい, 一同海岸に出, 一同涙ぐましい程失望, 一同深く其葡萄の, 一同深夜より暁, 一同深酒をあおっ, 一同湖水に手, 一同満足して, 一同源氏重代のみ旗, 一同滝つぼの中, 一同激昂のうち, 一同を噴かん, 一同火事装束の新手, 一同火食せざること七日, 一同無事泉太も繁, 一同無意識に楽器, 一同無条件に同意, 一同無罪となった, 一同無言だった, 一同焼跡の上, 一同焼香それから食事, 一同と二人, 一同熟議の結果, 一同熟議実業につかん, 一同燃えるような, 一同爪先だって左右, 一同片唾を呑ん, 一同玄関の土間, 一同を囲ん, 一同王子の勇敢, 一同珠数つなぎとなっ, 一同生れて初めて, 一同用意にかかりました, 一同用意せいと云, 一同番号をつける, 一同番所の黒門, 一同船へ, 一同異口同音に叫んだ, 一同異常な予期, 一同異議なく権, 一同疑念致すまじき事, 一同疑惑するところ, 一同疲れし膝栗毛に, 一同疲れ切つてゐます, 一同を案じ, 一同百六十名の老幼男女, 一同直ちに殺さうと, 一同真っ蒼に, 一同真紀子の方, 一同真面目に稼い, 一同眠っている, 一同を凝らし, 一同を光らせ, 一同着席座のザワメキ, 一同着込帯刀で多く, 一同睾丸縮み上って, 一同瞑目せり拱手, 一同瞬きもせず, 一同瞬間ぼんやりして, 一同毛褐を, 一同に跪い, 一同石屋の坂あたり, 一同磨ぎ耗らした, 一同をする, 一同礼拝す沈黙, 一同礼拝ハハッであった, 一同祖先の古, 一同祝ひトウゴ國のフオ人, 一同神官に導かれ, 一同神谷を送つ, 一同福島から引き取っ, 一同禹徳淳を凝視め, 一同秒刻ののち, 一同好く陣取っ, 一同種々意見仕り, 一同つるし, 一同を見詰め, 一同空っぽの千両箱, 一同突如刀を, 一同立ち上がって彼, 一同立ち会いの上, 一同立つ足も, 一同立て但し余, 一同立会いの上, 一同立往生の憂, 一同競つて落書の下, 一同竹屋の渡し, 一同笑い崩れる中に, 一同笑って話す, 一同笑壺に入, 一同笛太鼓にてこれ, 一同筑波山へ登る, 一同答えた時には, 一同をねり, 一同素肌で斬死, 一同素面である, 一同組頭までが福島, 一同続いて丁度村, 一同綿の如く, 一同署名したこと, 一同羅拝なされたという, 一同群がりて山, 一同羽織袴で並んだ, 一同聞いてくれられい, 一同聳目し悚立, 一同をドキン, 一同をさすっ, 一同でも切らなけれ, 一同腹の中で卑し, 一同を正し, 一同自ら覚りて, 一同自分の体臭, 一同自席から敬礼, 一同沮みて, 一同色めいて何れ, 一同苦々しい表情, 一同苦笑した, 一同をすゝ, 一同茶屋の二階, 一同茶臼山に打っ, 一同の上, 一同草原のまん中, 一同草鞋にかえ, 一同荷造りに忙しく, 一同落ち着き払った様子で, 一同薄気味わるくなっ, 一同藤次郎それぞれ処刑されそれから, 一同蘇生の想い, 一同蜘蛛の子, 一同街道を外し, 一同へ廻り, 一同表方で血戦, 一同をかなぐり捨て, 一同を割っ, 一同袴腰を捻返し, 一同装具を持っ, 一同の竹藪, 一同見送ってはいた, 一同覚えず声を, 一同観念したの, 一同言葉を発する, 一同つて新富亭の, 一同訓戒程度ですん, 一同記し終りたるとき教師盤上に, 一同評定の間, 一同評議の結果, 一同詰所にすわった, 一同を止め, 一同誠に申訣が, 一同誰一人として甘い, 一同調子を合わせ, 一同談合して, 一同講堂にあつまっ, 一同謹みて之, 一同謹んで拝するの, 一同謹聴するが, 一同警察に集つ, 一同讃美歌の, 一同谷間へ流されまし, 一同財産不残, 一同貴殿に同情, 一同をまんなか, 一同成す, 一同賛成した, 一同走り往きて, 一同赴いた折にも, 一同起ち上つて会釈する, 一同起ちあがり口々に, 一同起立裡に直, 一同足どめをくらッ, 一同跫音をたてない, 一同路上にあらわれる, 一同踊り上がつて, 一同身命をすて, 一同軍隊に編入, 一同迎えに出られまし, 一同迷夢から覚めた, 一同迷惑を致し, 一同追って来た, 一同送って外, 一同逃げ出さうとする, 一同雪頽に, 一同途方にくれたる, 一同連れだって福島, 一同連れ立って有名, 一同連名で相良惣三, 一同連署して, 一同進むべき方向を, 一同遊びに出かけよう, 一同道場にいる, 一同遠くへ行かぬ, 一同遠ざけたから腹蔵, 一同遠島に処せられ, 一同部室から飛ん, 一同部署についた, 一同鄭重に礼, 一同配慮するも, 一同も索然, 一同酔っ払ってしまったらしい, 一同重荷をおろした, 一同を差しだした, 一同金魚のうんこ, 一同鎌倉の海, 一同開いた口を, 一同開悟せぬは, 一同関宿まで行き, 一同降参した, 一同院内くまなく大, 一同にあがりました, 一同陽気な笑, 一同階下の客間, 一同集まったが新, 一同集めて誰, 一同集合すること, 一同集合劇団の新, 一同雑談で持切つ, 一同雰囲気とシック, 一同震慄した, 一同静かに道場, 一同静江の方, 一同喰ったらしい, 一同みには, 一同を見合せ, 一同顏色を失つて, 一同顔見合わせ蒼白になっ, 一同顧問弁護士の佐瀬渉, 一同顰蹙して, 一同風琴の側, 一同飛んだ物が, 一同飛行機から出, 一同食べたのは, 一同食堂に這入つた, 一同まで夫, 一同飾りを終わっ, 一同首尾よく到着, 一同首領月輪軍之助, 一同馳せつけて参りました, 一同駕籠のまえ, 一同騒然と駈け寄る, 一同驚いて見, 一同驚嘆申しあげて, 一同驚愕と疑心, 一同鬮引して, 一同を食っ, 一同に物, 一同かな空, 一同麦酒の酔, 一同黒い無言, 一同つて珈琲を, 一同黙々として歩, 一同黙然として何事, 一同しく海