青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一句~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一ぱい~ 一事~ ~一人 ~一体 一体~ ~一個 ~一切 一切~ 一刻~ ~一匹
一句~
~一同 一同~ ~一向 一向~ 一向に~ ~一団 一団~ ~一夜 一夜~ 一大~

「一句~」 1081, 12ppm, 9348位

▼ 一句~ (235, 21.7%)

4 得て 3 よみて

2 [13件] 射た, 彼は, 得た, 挿入し, 書いた, 残して, 浮かぶ, 添へて, 私は, 第一, 記する, 認めて, 送って

1 [202件] あげ中宮寺, いってから, いやしくも自分自身, おもいださずには, お久美さん, かたむけながら, きいたとき, きいて, きざんで, くり返しくり返しながめ, した, すぐに, すつと, そのまま暗記, ちょっと複雑, つけ足して, つづりて, とって, なすもの, のこされたの, はっきり句切っ, ひそむ, ぼくも, まじめに, まず念頭, もって, よみ自分, よむ, 与えて, 与へて, 中軸として, 久しい間使用, 争うて, 二時間でも, 云って, 仕上げる上, 付けさせた一種, 付け加えた, 付け加えました, 付け添えた, 会得せ, 作さずし, 作つた, 作り猫, 作る, 作ること, 作るという, 僕は, 元気よく, 冗談に, 出さむよしなし, 刻す, 削らずその, 削り去って, 削り去っても, 前置, 加うれ, 加えたきもの, 反覆のである, 口ずさむごと, 口ずさむと, 口ずさんで, 口の, 口吟むとき髯の, 口吟んだ, 口誦み, 叫んだでは, 同じく引用, 吐いたほど, 吐きて, 吟じられたこと, 吾家の, 唱えつつ, 唱え終るの, 壁に, 宮崎は, 布衍する, 弔い斎藤実盛, 引いて, 引ききたっていう, 引用し, 引用しよう, 引用すれ, 彼に, 彼への, 彼女に, 彼女は, 得たり, 得るごと, 得るに, 得んこと, 忘れて, 思い出した, 思い出したわけ, 思い切り張った, 思い浮べながら, 思ひ出す, 思索しました, 思量し, 想い惆悵, 想い起し, 想起しよう, 愛でて, 成さず西, 成し得ないの, 手帖に, 投げこんで, 投げるよう, 抜き書き, 拔き出し, 拾い出して, 挙げて, 捨つた, 推すべきであろうと, 插入した, 插入したる, 揚ぐるを, 操るもの, 操る者, 改めて見直す, 教えられました, 文字ど, 明暸に, 明確に, 書いた当時, 書き添, 書き添えなければ, 書き終ったの, 書くため, 書く事, 書し下, 最初は, 杖と, 柱に, 案ずれば, 構成し, 歌ふ, 残された, 残したまわば, 洋卓の, 浴永君に, 添えた, 添えれば, 添ふるは, 添へ, 添加し, 漏らしたが, 瀑に, 無意識に, 特別に, 献じられた, 理平に, 田舍訛りの, 発言する, 相聞覊旅の, 省くに, 眼の, 磨いて, 示す, 私に, 穎異ならしめる, 突然と, 續けた, 置く亦, 翁は, 翫味研究し, 聞いて, 聞くと, 聞けば, 複雑に, 見いだした, 見つけて, 見れば, 覚え書きし, 解き得て, 言い反覆部, 言ひ遺し, 訳して, 註した, 試みやう, 誦せざるを, 読で, 読みはじめた, 読むごと, 読むと, 読んで, 読了した, 論ずるに, 講評まわし, 贈つた, 贈るそれ, 送れとの, 通覧した, 道ひ, 選んだ, 長火鉢の, 闡明する, 限界として, 静かに, 頭の, 飽かずに, 鬱結せる

▼ 一句~ (114, 10.5%)

7 中に 5 うちに, ために 4 意味が, 調和を 3 意味は 2 なかには, 中心を, 主眼が, 曲なく, 結尾に

1 [76件] おかげで, きびしさ, ことばを, これに, それを, ほかに, スローガンを, 上に, 中には, 中心は, 主かな, 主たれ, 主人公は, 主眼と, 主眼は, 主観を, 代わりに, 偈を, 働きにおいては, 全部が, 内容に, 前に, 効果を, 味わいが, 場合に, 奇警な, 如きは, 妙を, 姿を, 完成, 客情は, 屑も, 底に, 影には, 役目を, 意味である, 意味頗る, 懺悔が, 捨台詞, 揶揄を, 文章と, 断案を, 書きなおしも, 注脚, 独立した, 病と, 真意は, 眼目たる, 眼目である, 究極の, 答で, 精神だ, 細工を, 結構に, 背後には, 若さ, 表だけ, 表面に, 裡に, 解釈だけに, 言ひ捨て, 言も, 貼り残せぬこと, 趣と, 趣を, 趣向で, 趣向に, 返答も, 連想が, 長さ, 長句, 雪深き, 霜の, 響きを, 頭文字は, 顕在的内容は

▼ 一句~ (96, 8.9%)

13 ある 7 あつた 4 あった 2 反響し, 彼の, 独立した, 私の, 詩の

1 [62件] あったところ, あって, あらわれたばかりに, ありました, ありますよ, あり私, あるが, あるの, ある誰, いまさらの, きわめて巧み, こころに, この顔, すべてに, すらすらと, その前句, たしかにあつ, ちぎれちぎれに, つよく走った, どうも忘, またなかなか, わたしの, 一度に, 一首を, 不幸に, 今夜は, 今日の, 何が, 何とも云え, 全国の, 八五郎には, 出た, 前記の, 半七ら, 周平の, 唐突に, 唐突過ぎる, 妙に, 挿まっ, 最新学説の, 殆ど法律條項の, 浮んで, 爰では, 私は, 突発した, 索然たる, 終らぬうち, 結局犯人の, 胸に, 自ら示し, 蛙の, 記されて, 証明し, 説明しきれない, 読まれた, 誰でも, 誰の, 貼り附けられて, 非常に, 頭に, 頭の, 鼻唄の

▼ 一句~ (88, 8.1%)

2 自らの

1 [86件] あるが, いは, いろいろな, おそらく彼, ぐくみつゝありぬ, ことに強い, この時代, これから申し上げよう, さうし, そのまま氏, たいして文献学的, たしかに民主政治, たしか唐詩選, ともかくも, どうにかならない, どうも皆, なかんずく不審, まさに古今無上, カンタンだ, ゲーテの, マニーロフの, 一句より, 一斗の, 之を, 九段大村益次郎の, 五十歳の, 人間の, 今や計らず, 他の, 何と全体, 何故藪, 全部が, 内蔵助には, 冒頭の, 削つて了つたの, 半七, 叔父に, 口に, 古今の, 同時にしかも, 唐突に, 喉を, 大に, 大出来, 天地の, 子規庵小景, 実に種々, 将校に対する, 小生は, 少し別, 廊下に, 恋愛情調に, 恐ろしい, 我輩の, 最も浮動的, 枕詞, 次の, 正体が, 此篇の, 水精よ, 決して其心, 海洋的国民の, 深く沁みた, 焚き罩むる, 無量の, 異様に, 百の, 省略され, 私が, 私にとって, 稍浮いた続き, 積年の, 窕子も, 第一版, 聲を, 自分でも, 茶山が, 記憶の, 誰の, 調子外れで, 遠く往つて, 適切に, 附けられたもの, 頗る注目, 顔と, 黒骨牡丹の

▼ 一句~ (83, 7.7%)

7 ありません 2 なかつたそれ, 出来なかつた, 聞き洩らすまいと

1 [70件] あった, ありませんでした, あるまい四十, いやしくせず, できなかつたが, ないほど, ない一日, ない句, なかつた, なかつたそれで, なかつた昨日数十句, なくたとい, なく苦々しげ, なく首, なし, のせんとて, またその, やはり暗合, ゆるがせに, よみ落すまいとして, 一言も, 亦, 亦かかる, 余さず清澄, 作らなかったが, 俳諧の, 出て, 出ない, 出なかつた, 出來, 出来な, 出来なかつたかういふ, 出来なかつた出来さうとも, 出来なかつた心持, 吐けない, 唄は, 変へ, 大した値打ち, 後で挿入, 忽諸に, 拾へ, 改竄せず, 新しい事實, 書かない白紙, 書かない積り, 書くこと, 此意義に, 洩さず頭, 無かつ, 無之候, 生れない, 直して, 纏まらないうち, 聞き止めること, 聞き漏らすまいと, 苟しない, 見のがすまいと, 見当らないの, 見当らなかった, 覚えて, 言は, 言わず折, 言葉を, 誤謬なく, 説かれて, 読みおとさないよう, 返辞が, 違わないので, 違わない音声, 集まらない

▼ 一句~ (77, 7.1%)

2 尽きて, 形容したる, 溢れて, 突き当って

1 [69件] あり, あります, ある, うたれて, かえろう, しおりある, して, しをりある, すっかり引きずり込まれ, ちんと切った, ついて, つきて, つきる内容, つづめて, つづめ得るの, つづめ得る性格, なったの, なって, まとまりし, まとめ得るよう, アンダラインし, 一切を, 五十四歳の, 依っても, 借りて, 僕は, 力を, 匂わせて, 千浪の, 収めて, 同時に響い, 含まるる民, 含まれて, 小次郎は, 尽きる, 尽くされて, 思わず衝立, 悉され, 抒した測り知れない, 拘泥する, 挾んだ, 時皆非, 歌い込められて, 止めを, 武蔵は, 深い遺憾, 無量の, 由つて三兄弟の, 由つて頗る, 畳み込み三十日, 盡き, 盡きた, 相違ない, 突当ると, 約めて, 纏めた手腕, 纏めて, 纏められて, 老女は, 肝を, 至って, 至っては, 表現し, 言い尽くしたという, 言ふこ, 託して, 遭ふと, 限られて, 集まって

▼ 一句一句~ (46, 4.3%)

2 に力, 鋭い匕首

1 [42件] がみんな絵, が切れ, が実感, が魂, しらみつぶし, にしたたか, に作者, に全, に変, に対して何等, に巧, に法水, に苦しい, に額, のイメージ, の優劣論, の感じ, の末, の興味, の身心脱落, の重大さ, の頭文字, はっきり思い出された, をさえハッキリ, をさも, をそれぞれ, を切っ, を各, を噛ん, を彼, を念入り, を検討, を蜜, を読ん, を順々, ハッキリと, 吐き出すその, 問いつめられて, 噛みしめるよう, 強くハッキリ, 投げつけるその, 繰り返して

▼ 一句~ (32, 3.0%)

1 [32件] ごまかして, すぐそれ, たくさんだ, たちまち納, どんな兇刃, もう行き, よく代表, ゴクリと, パンクさせられ, 代表させ, 例証は, 偽善者と, 全然思ひ, 全部を, 切り棄てたなり, 十分に, 又た, 対句を, 尽きた, 巧みに, 截断する, 片づけて, 環境が, 真摯なるべき, 瞭然たる, 破れた, 答を, 表現せられ, 見れば, 象徴した, 閉じたもの, 閉じるの

▼ 一句から~ (15, 1.4%)

1 [15件] これだけの, して, はじまって, やさしい慈しみ, 二句三句と, 全篇二十三ヵ条, 出立する, 受ける印象, 我々に, 早くも, 様々の, 次の, 第三句, 第四句, 荒々しいもの

▼ 一句~ (13, 1.2%)

2 その付け句, 歌麿が 1 したの, すること, するもの, なつて, 云うの, 同じよう, 第二句, 逐ふて行く, 雖大切に

▼ 一句~ (9, 0.8%)

2 の前 1 に, にうなづき, につかえ, に機先, に烈しい, に蕪村, に邪魔

▼ 一句ごと~ (8, 0.7%)

1 にくり返し, にこの, にびつくり, にぽつり, に五六頁順々, に仮名使, に作った, に悦ん

▼ 一句として~ (8, 0.7%)

2 辞世ならざる 1 この講演, 一粒一滴摂取不, 捨てがたい, 明瞭に, 見ても, 見る場合

▼ 一句には~ (8, 0.7%)

1 こういう具合, ふざけたなか, 信念に, 坂田でなけれ, 心を, 必ず季, 火の, 薄気味悪い意思表示

▼ 一句をも~ (8, 0.7%)

2 ゆるがせに 1 のしたが, 加減せず感じたる, 思量し, 深い理解, 等閑に, 附け加

▼ 一句ある~ (6, 0.6%)

4 のみ 1 が梟, を見る

▼ 一句だけ~ (6, 0.6%)

1 だった, であった, であります, でなくあの, で後, はっきり頭

▼ 一句によって~ (6, 0.6%)

1 一変した, 元禄には, 安田宝丹翁は, 復活しました, 推察せられる如く, 直に孟

▼ 一句ずつ~ (4, 0.4%)

1 わめいたところ, 句切って, 指で, 読んで

▼ 一句~ (4, 0.4%)

2 二句の 1 二句に, 二句を

▼ 一句一句力~ (4, 0.4%)

2 をこめ, を入れ

▼ 一句それ~ (3, 0.3%)

1 が原稿紙, も疑惑, を記した

▼ 一句だけを~ (3, 0.3%)

1 三輪は, 摘んで, 最後に

▼ 一句にも~ (3, 0.3%)

1 あらわれて, やはりあり来り, 心を

▼ 一句~ (3, 0.3%)

2 句切って 1 句切りながら

▼ 一句一節~ (3, 0.3%)

1 の中, は空しく赤い, を次第に

▼ 一句一語~ (3, 0.3%)

2 に興奮 1 も明らめず

▼ 一句詠んだ~ (3, 0.3%)

2 とする 1 のが

▼ 一句あり~ (2, 0.2%)

1 さうなもの, 冬の

▼ 一句こそ~ (2, 0.2%)

1 実に文殊, 実に自由

▼ 一句~ (2, 0.2%)

2 へ浮ばぬ

▼ 一句~ (2, 0.2%)

1 が, つて会得が

▼ 一句だに~ (2, 0.2%)

1 しなかったこと, 他人の

▼ 一句であります~ (2, 0.2%)

1 から白雲, が何

▼ 一句である~ (2, 0.2%)

1 から前後, が私

▼ 一句としての~ (2, 0.2%)

1 まとまった感じ, 言ひ

▼ 一句にて~ (2, 0.2%)

1 尽くすこと, 足るべし

▼ 一句にても~ (2, 0.2%)

2 少きが

▼ 一句~ (2, 0.2%)

1 来升, 紅筆で

▼ 一句ほど~ (2, 0.2%)

1 お延, 彼女にとって

▼ 一句また~ (2, 0.2%)

1 一句十余人十余句を, 一句水の

▼ 一句より~ (2, 0.2%)

1 社会科学と, 華かに

▼ 一句一章~ (2, 0.2%)

1 を改竄, を春

▼ 一句一首~ (2, 0.2%)

1 のうち, の中

▼ 一句~ (2, 0.2%)

1 に同, のいくつ

▼ 一句二句~ (2, 0.2%)

1 で弁じ, は

▼ 一句二句錐~ (2, 0.2%)

1 の様, の樣

▼ 一句五字~ (2, 0.2%)

2 または七字

▼ 一句~ (2, 0.2%)

1 然お, 然と

▼ 一句分った~ (2, 0.2%)

1 ところだけ, 所だけ

▼ 一句切れ一句切れ毎~ (2, 0.2%)

1 に, に皆

▼ 一句切れ毎~ (2, 0.2%)

1 に, に皆

▼ 一句書い~ (2, 0.2%)

1 てはひっくりかえっ, て次

▼ 一句理窟~ (2, 0.2%)

2 ぽくな

▼ 一句~ (2, 0.2%)

2 の言葉

▼1* [136件]

一句あとへ退った, 一句ありがとうございましたと, 一句あるべきところなどとも, 一句いくらか, 一句いやしくせぬ訳筆, 一句うっかり答うる途端, 一句甘っぽい俗謡, 一句ぎりであった, 一句くれてい, 一句ぐらい落すこと, 一句ぐらいずつの割で, 一句こういったまま, 一句こそはこういう事情, 一句この時の, 一句これを説明, 一句これ一句遠慮なくやがて, 一句さえも私を, 一句しか参加し, 一句したためて余, 一句すら他巳吉, 一句ただ一句に, 一句たちまち出来た, 一句だけで止して, 一句だけにはこちらの, 一句だったりした, 一句だったのです, 一句だって動作に, 一句だらう私の, 一句つくり茶を, 一句ですしかしこの, 一句では落葉が, 一句でもあるか, 一句とともに彼の, 一句とを思い合せ僕, 一句と共に紙幣の, 一句のでその, 一句なかるべからずとて, 一句なく無色の, 一句なければならない, 一句なりの調子ならびに, 一句にさえ呼吸は, 一句について多くを, 一句についての考察, 一句によっても自ら明であろう, 一句のよこには, 一句ばかりでありました, 一句ひろったふかしいもを, 一句ほしいような陰った, 一句よく斯学の, 一句よんではとぎれ始め, 一句をすら缺如し, 一句デヂケートしようか, 一句ムリにひねっ, 一句一句あとをつけるでしょう, 一句一句ヨハンが胸, 一句一句会話に声, 一句一句千種十次郎を説き伏せる, 一句一句声を張っ, 一句一句変化に富ん, 一句一句奥歯で噛み切る, 一句一句明瞭に飛込ん, 一句一句毎にストーン氏, 一句一句相手の耳, 一句一句私の頭, 一句一句蜘蛛の糸, 一句一句重みを量る, 一句一句間を置い, 一句一字を反覆, 一句一章心血をそそい, 一句一節毎に新た, 一句一節鼓の手, 一句一言その偉大, 一句万世に通ずべき, 一句句皆仏祖の, 一句交換されると, 一句の常識, 一句会話に声, 一句位宛出来る, 一句位投棄しよう, 一句低く咽んで, 一句が浅学, 一句内ヶ崎作三郎君の訳, 一句写してはペン, 一句冷やかにお, 一句出ましたぜ洪水, 一句切りと雖, 一句十余人十余句を得, 一句十餘字の長, 一句千種十次郎を説き伏せる, 一句半句でも釣り得, 一句半句口に出す, 一句即ち襄が, 一句嘲罵を報いよう, 一句地獄から引い, 一句壮士が深く, 一句妄想が一段, 一句宛気をつけ, 一句実に世間幾千万人の, 一句強くハッキリと, 一句にし, 一句ふ, 一句の爻辞, 一句春風駘蕩たる野道, 一句書きつけた紙片を, 一句最も新らしい, 一句朗吟するの, 一句枳園の面目, 一句格闘なん, 一句止めをさした, 一句のあふれる, 一句浮びましたという者, 一句浮びませんか, 一句烈しく喝破した, 一句かりしや, 一句理屈ぽくなっ, 一句甚だ無造作, 一句田中のみの子, 一句直ちに他の, 一句短い一問答が, 一句計らず庄太郎漏れ聞き, 一句詠むじゃない, 一句詠めとおっしゃる, 一句詠んで冷かした, 一句読みては涙, 一句調のもの, 一句赤き線ひかれぬ, 一句軽くして, 一句造次顛沛にも武, 一句連続せざると, 一句遠慮なくやがて静岡, 一句遺した彼の, 一句鋭く喝破した, 一句を置い, 一句飛ばしてゐる, 一句誦して, 一句黄金なり