青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゐた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わるい~ ~わるく わるく~ ~われ われ~ ~われわれ われわれ~ ~ゐ ゐ~ ~ゐた
ゐた~
~ゐない ゐない~ ~ゐなかつた ~ゐました ~ゐます ~ゐる ゐる~ ゑ~ ~ん ん~

「ゐた~」 29900, 297ppm, 328位

▼ ゐた~ (5434, 18.2%)

1190 である 707497 です 255 だが 166 では 147 だつた 139 であるが 10679 だと 70 だから 62 かも知れない 61 でした 60 だらう 50 ですが 38 であります 36 でございます 29 だつたが 2824 だらうか 20 ぢや 19 だけれど, であるから, ですから 17 だよ, を見 14 を見た 12 ですね 11 だな, だらうと, は 10 かい, かも知れぬ, だけれども, はその, は誰 9 かと思ふ, かもしれない, ださうである, だといふ, ですか, ですよ, でも, は私 8 かしら, だね, だらうが, を思ひ出し 7 かな, が今, はこれ, を知つて, を私 6 かも知れません, でありますが, はこの, をおぼえ, を僕, を思ひ出した, を見る, を覚え

5 [11件] かね, かも知れなかつた, が, が不思議, が急, ださうだ, だわ, であった, ですけれども, は事実, も無理

4 [13件] だった, だとは, だとも, でありました, でございますね, でございませう, でしたが, と同じ, らしい, を, を忘れ, を思ひ出す, を憶

3 [29件] か或は, があはれ, がこの, がもう, が分つた, だからね, ださうです, ださうな, だし, だつて, だもの, であると, でございますが, ですと, です私, はお, は一人, は今, は僕, は自分, をふと, をやつ, を思ひだす, を急, を知, を聞き, を見つけた, を記憶, を誰

2 [87件] かせい, かそれ, かそれとも, かとは情, かと今更, かと思, かと私, かどうして, か僕, か自分, がいけなかつた, がこんど, がす, がだんだん, がまた, がやがて, がやつ, が今度, が如何にも, が娘さん, が実は, が寧ろ, が次第に, が段々, が目, が逝く, が違, が間違, だか, だがね, ださうだが, ださうでございます, だつたか, だつたけれど, だつたらあなた, だなと, だ勿論, でありませう, であるさ, であるそれ, である事, ですけれど, ですわ, で御座います, とは違つて, と同様, に感じ, はが, はしかし, はそれ, はたしか, はどう, はやはり, はツイ此頃, は一つ, は人, は何, は単に, は同じ, は大, は実は, は少し, は彼, は恐らく, は知つて, は私ぢ, は芥川, は誰だい, は足, は足かけ四年, は間違ひも, もあつ, もこの, も事実, をいつも, をお, をその, をた, をよく, をわづか, を今, を偶然, を取り返さう, を幸, を村端, を爺さん, を知らず

1 [915件 抜粋] かあと, かいま, かい姉さん, かえ, かさつ, かしらと思, かしらん, かその, かつまらない, かといふ顔, かとお, かとの疑, かと世人, かと呆れる, かと尋ねたかつた, かと少し, かと思つて, かと急, かと清治, かと白々しく, かと私たち, かと良寛さん, かと訊いた, かどれ, かねえ, かぼく, かもう, かもしれなかつた, かも知らない, から先づ, かわからなかつた, か下, か二三日, か二人, か仕事, か何れ, か分らない, か孝次郎, か宛然夢中, か平次, か思ひ, か早くさう, か此異常, か波, か知ら, か知れない, か確り, か糾明, か絲屑, か裸馬, か赤く, か追, か降, があつ, がいつしか, がお, がかなり後, がこ, がこんなに, がさば, がその, がそれ, がそれ以來急, がとても, がながす, がはじめ, がほつそり, がやう, がやりきれなく, がシャルル・ノディエ, がハツキリ, がフツ, がマオカ, が一層, が一揆, が三十日ぎりで, が世間, が中央, が久しぶり, が事実, が二三ヶ月以上, が五年目, が今度急, が今朝, が何, が何時しか, が何時の間にか, が先づ眼, が先方, が出来なかった, が分らない, が利休, が到頭, が危く, が反, が口調, が同じ, が大きな, が天, が官展, が宮廷, が巴里, が年, が後, が志都歌, が思ひ出される, が怪しい, が意外, が戸棚, が手, が春彦さん, が昨日, が晩成先生, が最後, が案, が此一山, が此頃, が殘念, が毎日毎日兄, が氏, が猶, が現今, が疵, が皆風, が眼, が竹, が縁, が羞, が考へれ, が聞えなかつた, が胴中, が腑, が自分, が自然, が茶の湯, が見えた, が見える, が託遊, が近世, が近頃, が野呂, が隙間, こんなとこ, さわからない, だある, だい, だかたまつて, だからな, だけど, ださうだけれど, ださうで二年, だつけ, だつたかも, だつたよう, だつたら夏休み, だつたら從妹, だつたら直ぐ, だなどと, だらうかと, だらうぐらゐに, だらうけれども, だらうそこで, だらうて, だらうに, だらうゆき子, だらうプログラム, だらう夜, だらう私, だらう自分, だろう, だ俺, だ己, だ故里, だ茲, だ風邪, ぢやらう, でありその, でありますし, でありませうか, であり從つて右, であるお, であるけれども, であるせつかく, であるの, である以上, である書いて, でございましたが, でございますもの, でしたから, ですがな, ですすると, ですそれ, ですそんな, ですつて, ですのに, です万一, です何だ, です幸ひだ, でないから, でないと, で御座いますよ, とひどく, と不審, と今, と割合, と反, と同, と好一対, と急策, と指, と柱, と確信, と足, と類似, どすえ, などを渡した, ならはやく, ならまた, なら何故, なら失敗, にはほか, にはもとより, には先づ, には氣, には膽, にも拘はらず, にも違, にも関ら, に対しこれ, に心付く, に擽られ, に気づい, に驚く, のた, はいくつ, はいひ, はお金, はかへ, はこう, はこちら, はたつた, はつい, はどこ, はひとりチエエホフ, はほんの, はまだ本当に, はもとより, はやはら, はわづかなる, はサマン, はツイ先刻, はパリヤアニ中尉, はメンスラテイオン, は一度, は丁度, は三宅軍兵衞, は三毛猫, は三重吉, は上院議員, は世間, は丸善, は二十七八, は二頁あまり, は井上, は京大, は人目, は他, は佐吉, は佐渡屋平左衞門, は何刻頃, は余りに, は倉田さんだつ, は僕等二人, は先妻, は先生, は八年, は其, は勝太郎, は勿論, は北川冬彦ただ一人, は北斗, は医家, は午休み, は古事記以来, は可, は名高い, は向, は君ぢ, は喜劇中, は單, は圓形, は壮観, は外, は多く筆硯, は多少, は大命服従, は大正元年, は天佑, は失望, は奇観, は好かつた, は嫌, は宵, は富田, は尾上家, は平和, は幾島暁太郎, は店, は彼ら, は彼女, は後妻, は御, は怒り, は悲しい, は愉快, は折目, は教師, は新室, は旅情, は日本人神父セバスチャン木村, は明治中年, は昔, は最初, は有難い, は木綿, は杞憂, は根本, は桂女, は正, は此官蔵, は此方, は此耿, は此道, は殘念, は河合, は海鼠, は清松, は照明科学, は父, は父四郎左衛門, は物部氏, は甚五郎, は画題, は當然, は眼, は短い, は砕雨, は神樂坂, は空, は笑止, は第, は組織者, は羨ましい, は聖女ブリジツト, は色戀, は荘田勝平丈, は菊五郎, は藤原基俊, は言, は詩人兼ジヤアナリスト, は誤り, は赤い, は近代, は道化, は野田寺町, は長い, は面白い, は飛鳥時代, へ足, また熱, も, もあの, もいづれ, もこれ, もご, もつひ, もどうも, もまだ, もやはり, もをかし, も一つ, も仇, も何となく, も又, も唯, も嘘, も妥当, も延期, も思ひ, も意外, も是等, も異色, も皆, も知らなかつた, も結局, も莫迦, も遠慮, も驚く, やない, やらどんな, よりも以上, をいよいよ, をかもぢ, をかんた, をこの, をさう, をさっき私, をそれ, をたより, をちらりと, をどこ, をぴたり, をまだ, をみる, をも忘れ, をも忘れない, をやめ, をわし, をスツカリ, を一寸, を一足, を上野, を不都合, を二人, を人, を今日, を今更, を今朝, を伯父, を作者, を側, を六十ヶ所, を出し, を友人, を呼び, を夏川, を多勢, を妙子, を嫂, を子供, を学生監, を宗匠, を富岡, を屡, を序, を引き放した, を後, を後悔, を思ひだすだらう, を悔やむ, を感ずる, を手, を投げだし, を拾つて, を放し, を救, を斥, を旋風, を早く, を森野, を母親, を気違, を氣, を決行, を熱, を現在, を甲賀氏, を畳, を発見, を看護婦, を知られる, を石, を稍暫, を突然, を篇目, を終戦後, を羨ましく, を聞いた, を聽, を能楽, を自分の, を船長, を茶山, を薄い, を蛙, を見ました, を見出し, を観た, を認めた, を買, を途中, を重, を隣, を雄弁家, を順吉, を鴎外, ア馬鹿だ, ンだ, 叔父さんに, 生きて

▼ ゐた~ (4241, 14.2%)

59 急に 48 それは 41 私は 40 暫くする 28 それが, 私の 22 それを 19 今は 17 それも, やがて 14 これは, さう, 彼は 13 そのうち 12 たうとう, 僕は 11 これも 10 この時, 今では, 私が 9 やつと 8 自分の 7 しまひ, 不意に, 今度は, 少しも, 直ぐに, 私には, 誰も

6 [14件] そのま, その時, それから, それと, とう, やがてその, 何う, 何も, 後に, 或る, 暫くし, 最後に, 突然, 自分は

5 [15件] あれは, いまは, そこへ, その中, その話, とうと, やがてそれ, やがて私, 何うし, 何時か, 彼の, 彼女は, 或日, 此の, 近頃は

4 [26件] ある日, お八重, この日, この頃, さうし, すぐに, すつかり, その人, それにも, だん, どうした, ふつと, やがて彼, 二人の, 今日は, 仕舞に, 他の, 何か, 例の, 別に, 夜の, 彼等は, 後には, 父は, 聞いて, 自分が

3 [59件] ある夜, この人, これが, これを, さすがに, さつきから, しかしそれ, そこから, そのなか, その内, その男, その眼, その頃, それぢや, それで, それに, それには, それよりも, そんな事, た, たまらなくな, ために, どうかする, ふと氣, ふと自分, やうやく, やがてお, やがてこれ, やがて笑, やつとの, 三田は, 今日の, 今見る, 代助, 何と, 何に, 便所へ, 去年の, 君の, 女は, 妻の, 實は, 幸ひ, 彼が, 彼女が, 後にな, 心の, 心は, 斯う, 暫くすると, 朝の, 末の, 村の, 気が, 相手の, 矢つ, 私を, 笑ひ, 顔を

2 [228件] あります一つ行つて, ある時, いきなり庭, いつと, いつまで, いづくんぞ知らん, いづれも, いま考へる, いよ, おおその, おかみさん, おせい, お利代, お吉, お定, お腹が, かうまで, くるりと, こ, ここに, このとき, この連中, これで, さうさ, さつきの, しかしその, しかし彼, するうち, すると, そこの, そこは, そのうち男の子, そのとき, そのまた, その一つ, その傍, その儘, その前, その声, その女, その手, その方, その日, その次に, その白い, その顔, それだけ, それでもお, それとても, それらが, それらの, そんな時, ちよつと, つひに, とうとうし, どういふ, どうかし, どうかね, どうもこの, どこの, どれも, どれを, なか, はじめは, ひよい, ふいと, ふと気, ほかの, ほんた, まづ一番さき, ものの, やがての, やがてひ, やがてパツ, やがて一握り, やがて何, やがて又, やがて太い, やがて廊下, やがて彼女, やがて舟, やはりその, ゆき子は, よく恋, よろし先づそ, わたくしが, わたしは, 一度信吾, 一方では, 一言の, 七歳の, 不図, 不図私, 不思議に, 丑之助は, 主人と, 二人とも, 二年程, 京から, 人が, 人に, 人の, 今から, 今ぢ, 今の, 今朝に, 今考へる, 今迄, 何と思, 何の, 何やら鋭く, 何を, 何方でも, 何時まで, 併し, 俄かに, 信吾の, 僕を, 元来が, 入つて, 其家の, 其處には, 其處へ, 内儀は, 初瀬は, 別の, 又二人, 地震の, 夕方に, 夕方近くな, 夜に, 大部分, 夫から, 妙に, 妻に, 姉には, 姉の, 娘の, 子供の, 学校を, 宗助は, 官兵衛は, 実際の, 客の, 家に, 家の, 富岡は, 小使の, 幽かな, 当時の, 彼も, 彼を, 彼女に, 彼女の, 彼等の, 彼自身は, 待つて, 思ひの, 思ひ切つたやう, 思ひ切つて, 或日彼, 手品師の, 日本に, 時計が, 時間が, 朝が, 木村重吉は, 松太郎の, 根が, 樹明君は, 樽野は, 此は, 此も, 母は, 汽車が, 渠は, 滅多に, 漸と, 然し今年, 爺さんは, 男は, 病的に, 皆な, 相手が, 看視人, 眼ざとくそれを見つけ, 眼の, 眼を, 石段を, 神戸へ, 私たちが, 空は, 突如と, 突然か, 突然に, 純吉, 細君の, 義雄は, 考へて, 腕を, 腰を, 自分で, 藪から, 蛇の目傘を, 裏口から, 話の, 話を, 起きて, 軈てお, 軈て清子, 近づいて, 近頃にな, 返事は, 道路の, 部屋の, 酔つ, 里子の, 鉈鎌鉞などの, 鏗り, 間もなくそれ, 雨は, 非常に, 頭の, 顏を, 顔は, 風に, 風の, 駄夫の

1 [2840件 抜粋] ああいふ, あたかもよし, あのとき, あの記事, あまり深く, あるじの, あれらの道, あんな酒, あゝ又, いきなり拳固, いざさうなる, いつしかあたり, いつの間にか姿, いつの間にか草, いつも見舞, いまにも, いやこれ, うちでは, うまく鑵, おさ, おたま, おツリ, お濠, かういふ先生方, かう荒々しく, がさ, くせの, こういふ, こつちを, このひと, この二三日, この坊さん, この家, この時急, この詩集, こりやどうしても, これぢや, これ以上やる, こんな半島, さうらう, さて塚ぐらゐでは, さりとて別に, しかしまだ, しかし女, しかし眉毛, しかも順吉, しばらくたつ, すぐ振向い, すっぽかされたらしい, するとすぐ, そいつは, そこで偸, そこも, そして彼, そのうちトロ, そのうち心, そのうち親密, そのころ, その一人, その代り, その光り, その努力, その友人, その壁, その大きなおでこ, その客, その屍体, その後佐佐木君から, その従兄, その時分, その書物, その樣子, その沈默, その狗, その着こなし, その空想, その翌, その腰掛, その落付, その豫想, その鉄棒, その電車, その鷹, それから暫く, それきり清子は, それでもあきらめたらしく, それでもまだ, それでも大, それでも終, それでも酒, それにお, それ以後は, そんなに早く, そんな或る, そんな風, ただ一年, ためで, だんだん心配, ちっとも始まる, ついその, つと立つ, てんで見, とうとう投げ出す, ところどころ路, どうしても恰好, どうして皆, どうも舟番所, どう云, どの子供, なあに秀吉さへ, なかに一册獨逸語, なにか一人, なるほどこの, なるほど逃げ, はきはきと, はつきり頭に, ひどい大菊石, ふいに, ふと, ふところの, ふと何, ふと夜空, ふと思ひ出した, ふと私, ふと身体, べつに魚則, まあ仕合せ, まさかこんな, またと, また同時に, また激しい, まだ元, まだ枯れ, まだ見えなかつた, まもなく夫妻, みんなマラリヤを, むっつりと, もうさうして, もう五十ぐらゐ, もう毛, もう私, もとより私, やがてあわて, やがてこつち, やがてそろそろその, やがてどろん, やがてふところ, やがてまるまると, やがてコンパス, やがてパタリと, やがて七八丁あたり, やがて何時, やがて其処, やがて右手, やがて外出, やがて女衒, やがて少年, やがて彼等, やがて戻, やがて斯ん, やがて未亡人, やがて武士, やがて清朝, やがて用箋, やがて立ち上, やがて蜘, やがて起ち上る, やがて降り, やがて體, やつぱりいけなかつた, やはりそ, やはり正面, やり方が, ゆつくり, ろくろく紐, アスパラガスの, ガンガといふ, ギロリと, シユワツプ氏は, ソフアの, テーブルの, ヒヨイと, ブルジヨア社会に, ペン先が, ヤレ, 一二度羽根を, 一同を, 一向僕, 一寸脇, 一揆と, 一昨年卒業し, 一流の, 一羽が, 一面に, 丈は, 三分間と, 三味線の, 三時の, 三郎や, 下方では, 不図娘, 不意にべ, 与里の, 世間には, 中尾萬三博士は, 主人は, 之で, 事の, 事実福田氏や, 二人きりで, 二年にな, 二階で, 亡くなる時, 人心の, 今だに, 今やど, 今夜から, 今度の, 今日何の, 今朝假に, 仕事の, 仕舞には, 件の, 会へば, 佐佐木の, 何だかそれでは, 何となく気, 何と云つて, 何んだ, 何故かヘンリー, 何時の間にかそれ, 何時盜まれた, 余り好い, 併しも, 信ぜられぬといふ, 倉市の, 借り物は, 傳記は, 僕の, 兄は, 先刻歸つた, 先生は, 兎ても, 全くさう, 全身は, 八間岩といふ, 其の胴体, 其儘其處に, 其男は, 其頃から, 再び眼, 凡そ貧乏, 処女な, 切りひらかれた, 初夏の, 別に手伝, 別段花, 前に, 劇作家組合に, 勇氣を, 医学以外の, 十三日といふ, 千登世は, 半日で, 厭に, 又突然, 口に, 句筵半に, 可愛がる, 同じく黙, 同志社で, 名は, 呂木は, 呼ばれたので, 和氣あいあい卑屈や, 商賣, 四周に, 四角な, 土台が, 地震だ, 壁工の, 夕方ふつと, 夙に分量, 夜が, 夜再び, 夜霧のせゐ, 大体彼は, 大柄で, 天気が, 夫も, 奈何云ふも, 女客は, 妹の, 娘は, 媼は, 子供を, 学校が, 安倍晴明は, 実はそれ, 実を, 客として, 容易に, 富岡が, 寝返りを, 小さな客間, 少しづつ生活, 少し小声, 尾道の, 山伏し, 岡本の, 左う, 巴里で, 平安な, 平靜に, 幸ひと, 幾ら心易い, 庭さきに, 当時一行の, 彼一人は, 彼如何に, 後者は, 徳川氏は, 心持ち柔いだ, 志田さんが, 忽ちきつ, 忽ち私, 思ひきつて腋, 思ひ切つて声, 急を, 恨みを, 悪く頭, 惨劇の, 愚直な, 我にかへ, 或夕方, 戦争が, 戸には, 手拭を, 抑此解釈, 持ち前の, 振り返つた私, 操の, 故に反抗的, 教會へ, 數年前老, 文車は, 新太郎ちやんは, 既に十歳, 日頃無為の, 明るかつ, 昨今にな, 昨日脚本を, 是は, 時々一服, 時を, 晴れた空, 智恵子を, 暫らくする, 更紗の, 最近その, 木村は, 未だ彼, 本居宣長, 杉田や, 来客が, 東宝劇団が, 果して罰, 案外お前, 森閑として, 樽野が, 次の, 次第に忘れ, 正直にも, 此人の, 此咄で, 此時自分たちの, 此頃の, 死に先立つて, 殊に肩幅, 段々時日, 母親は, 民子が, 気持は, 水戸藩吏に, 求める所, 決してそれ, 決心した, 油断を, 活字が, 淡い春, 渋谷で, 湯谷驛に, 溜息を, 漸く手, 澤山の, 火の, 為の, 無駄で, 然し浮気, 焼跡の, 父や, 物の, 特別の, 独逸から, 現在その, 生々した, 生死一如と, 田町辺の, 画かきの, 當時第, 癪に, 白扇を, 皿が, 相変らず, 真向から, 眩しくなつた, 矢っ張り, 矢張り何かと, 硝子が, 神様そのものは, 私と, 私よりは, 秘書役の, 空には, 突然いとも無造作, 突然席, 突然母親, 笑ひ疲れ, 答へる, 素子の, 細君は, 終ひ, 結局は, 綺麗な, 編笠では, 羊三に, 義雄を, 老水夫, 聞えも, 肩掛けで, 背後から, 脚本の, 自ら最も, 自分屈せず, 興味と, 良吉の, 芥川の, 若いころノオス・カロリナ, 茫然と, 菓子のか, 薄墨華魁が, 藁店の, 蟲の, 街頭には, 西暦一五八三年, 見る見る老爺, 訓練についてからの, 読み終るまでに, 談話を, 變つた女が, 貧乏したら, 買ひ, 足腰が, 踏み込んだ捕手, 軈ての, 軈て定吉, 軍治に, 近年月郊, 近郊の, 透きと, 遂に同行, 遂に意, 道理な, 選定に, 部分的にしか, 酔つたせえで, 釣竿屋さんといふ, 鍵屋の, 長太郎が, 間もなくおなか, 間もなく千光寺, 間もなく建築物, 間もなく轟々と水響, 防砂林を, 階段に, 險しい, 難破し, 雲が, 震災で, 青空らしい, 面白くも, 頭は, 顔には, 飛び出たやう, 飯を, 馬に, 馭者台から, 高等学校に, 麻油が, 默つて襖を

▼ ゐたので~ (1718, 5.7%)

364 あつた 102 あらう 44 せう 39 私は 21 あらうか 16 それを 10 あらうが, さう 9 あつて 7 せうか, それが 6 彼の, 自分の 5 あらうと, 二人は, 彼は 4 あツ, これは, これを, その人, 彼女は, 父は

3 [13件] さうし, そのま, それに, た, 何か, 僕は, 女の, 實は, 己は, 彼女の, 彼等は, 此の, 私の

2 [61件] あれは, いくら本, かうして, かう云, この馬賊, すた, せうが, せうけれども, そこに, そのため, その時, それは, それ故, そんなこと, はじめの, びつくりし, べつに私, ゆき子は, わたくしは, 一寸から, 一緒に, 丑之助は, 何も, 俄かに, 僅か三十円, 其処に, 出かけて, 単純ない, 吉田の, 和尚の, 咲子が, 唯, 墓を, 変な, 多少の, 家に, 密かに, 小ぶと, 強ひ, 強情に, 彼等の, 急に, 恁うい, 態, 日の, 智恵子が, 書き慣れても, 村の, 横着に, 母の, 溝と, 父親に, 獸醫の, 男は, 畳かけ, 私たちは, 私も, 蘭軒は, 誰も, 陰気に, 顔を

1 [877件 抜粋] あつたの, あらうかなど, あらうしかし, あらうすぐれ, あらうその, あらうなれど, あらう文太郎, あらう日高, ある朝, い, いきなり, いくぶん同僚, いさ, いつそ一緒, いつもぶらりと出掛けた, いづれに, うろおぼえ, おどかして, おれが, お小夜さん, お芳, かういふ不便, かう親切, かかるもの, がらんどうの, きんは, こいつは, ここで, こっちへ, この世界, この外ヶ浜街道, この平和, この戦争, この機会, この珍しい, この艶女, この邊, この風景, これの, こんどの, こんな喧嘩, さうだらう, さぞ新聞, さりとてその, して, すぐにおわたししたやうなものゝ, すぐ發見, すぐ醉, すこしも恐れ, すゐ, せうその, せうよ, せう孔雀, せめて戦争, そこで關西線, そこの, そして厭, そのいかに, そのかじ, そのこと, そのとき凡太, そのまま断たれた, その一代記, その位, その傍, その合圖, その周囲, その夜, その夜来, その尖つ, その後イワン, その手續, その效果, その日, その時坪田氏, その晩, その晩十時, その最後, その準備, その為事, その環, その目, その言葉, その遅い, その邊, その酒, その首, それきり傍へ, それでさ, それなら面會日, それについて, それほどお母さん, それほどでも, そんなチャンス, そんな所, そんな賣, そんな間, たいして怖, たとへ, ちつとも, ちょっと気, つい中途, つい氣, つく, つひに, づけづけと, とがめられた, どうする, どうにか自立, どう切り出したら, どれが, どんなもの, どんな物音, なほさらか, なるべくその, なんでも, はしやうが, はつきりしない, びっくり喜び, ふだんでも, ふとそれ, ふと茶目気分, ほのぼのとして, またし, まだどうな, まだ臆病, まづこ, まづそれを, みのるの, みんなゆつ, めつたに, もう一人さき, もう五十餘歳, もう何, もう引き退, もしそれ, やうやく, やはり湯島, よく其の, よりそれ, わけて, わざと素知らぬ, アメリカまで, オチ, スリの, ノブを, ハリーは, ビールは, ヘタに, ペテルブルグには, ポルトガルと, ヤンを, レイバーンが, ロスタンも, 一そうか, 一先づ解散し, 一向にそれ, 一向に気が付かなかつた, 一層始末, 一時鐵砲酒屋の, 一本の, 一村挙つて寡婦と, 一睡しなけれ, 一部始終を, 丁度よ, 三キロメートル程度の, 三四杯の, 三時近く帰る, 上手に, 下男は, 与里達は, 両脚が, 中隊長は, 中馬は, 主人の, 乳牛の, 二三度逢つてゐた, 二人の, 二年目の, 二階は, 京見物に, 京都に, 京阪では, 人から, 今その, 今は, 今俗, 今度は, 今日, 今日限りこの, 今期の, 他易く, 代助, 伊庭が, 休めば, 佐々氏の, 何うにか, 何だか駿馬, 何となく不安, 何ひとつは, 何時でも, 何等の, 余り切れを, 例へば僕, 侯爵夫人の, 信一はかへ, 俺も, 停車場近くの, 傍の, 僕の, 僕をも, 優善とは, 先生の, 入口が, 入口を, 全く人々, 兩派の, 八十人の, 八月に, 其が, 其の繪, 其屋号を, 其屍は, 其最も, 其為に, 其関係は, 其頃も, 再びこれ, 凡ての, 出來, 出來上, 出発した, 切支丹に, 別室に, 別段森, 到底開版, 制作に, 前後不, 前漢の, 助かりました, 十五分間程, 千代松は, 卅分ばかり, 却つてまずい, 却つて船で, 又自殺, 又著, 取りあへず其處, 古い言葉, 吃驚し, 同船の, 向うまで, 咲子は, 唯記録類, 喜んで, 嘘でも, 困りきつて, 圭一郎も, 城に, 堀自分は, 声だけは, 外に, 多少名高く, 夜は, 夢さへ, 大分冷たく, 大変楽だった, 大島に対する, 大正十二年以前の, 天皇は, 夫は, 失望した, 奥様は, 女中の, 女帝の, 女房は, 好くも, 如何なる逃げ口上, 妾達は, 娘さんは, 嫂も, 嬉しくて, 季節, 学年試験が, 学生が, 安心した, 実にしばしばこの, 家の, 家を, 寄ると, 寒さ, 寝ようかとも, 寢床へ, 寧ろ前, 尊氏を, 小さく見えた, 少しは, 少しも, 屋内からの, 屡この, 屹度幾晩も, 工合が, 差支ない, 常連では, 平次は, 床の, 座へ, 庭前に, 引返す気, 当人は, 彼も, 彼らは, 彼女が, 彼女等の, 往診に, 後戻りし, 従つて彼女の, 得意さうにそれを, 御供に, 復り, 徴は, 心は, 志津の, 念の, 思ひ切つて, 恐しく冷えこんで, 悲しみも, 惣兵衛ちやんの, 意外の, 我々と, 戸の, 手工業時代ゆゑ工人は, 手摺の, 打木田, 拾つて来, 指圖に, 描かぬ前, 損失の, 支那豚を, 斯う, 斯うし, 新らしく, 日本へも, 早速彼, 明日は, 是非とも, 時々立寄, 普通の, 晴代は, 暫く立つ, 暫らくもぐもぐ, 最初は, 最早小説, 會つても, 朝の, 朝食堂や, 未だに誰, 村民が, 来た人, 東京を, 東北, 松江は, 案外平凡, 森枳園が, 森製作所でも, 楊庵と, 次ぎの, 正直に, 此が, 此を, 此年の, 此方面を, 此日に, 此時矢島が, 死後その, 毎日午後から, 比較にも, 氏も, 気持ちが, 氷の, 法事の, 法律學校の, 海は, 清貧童貞に, 渠は, 渠を, 湖水の, 滝は, 瀧井君との, 火とか, 灯火はと, 無念無想的な, 然も, 焼け残つた祖母, 照明の, 燃した方, 特に耳, 特に蘭草, 猩々が, 王の, 甚だ具合, 生ける忘れ草, 田端の, 甲府の, 病院で, 白ズボンを, 皆は, 盛子に対しても, 目指す相沢, 直ぐに, 直ぐに眠つて, 直吉は, 相見る, 眞中所の, 眺望の, 瞬時躊躇は, 知事の, 石の, 破けた背広, 碌々は, 社中の, 祖母の, 神を, 私が, 私と, 私には, 私達は, 秘訣を, 空間の, 竹越が, 筋の, 細君の, 絶えず動い, 線路の, 義雄と, 翌日から, 耕地の, 耳元で, 聞くにつけ, 腰を, 自ら房陽山人と, 自分も, 自嘲的に, 自然僕も, 舊式な, 芋粥に, 芥川の, 花嫁の, 茶山が, 落着い, 落着きも, 蔵前の, 薄つ, 蘭軒茶山二人の, 行けなかつた, 街を, 裏庭の, 要も, 見えなかつたが, 訳も, 語類の, 誰でも, 誰に, 講習會で, 識つてゐる, 貞之介の, 貴公子か, 足許も, 軍治は, 辭退し, 辰夫の, 農民の, 返事が, 迷ひもせず, 退院する, 逆に, 速達を, 運動も, 運転手台に, 道夫は, 酷く彼女, 重臣某の, 金を, 鎭南浦の, 隙を, 雨に, 雪焦, 露路づたひに町裏を, 非常に, 頃日捜索し, 頑強に, 頼むならこの, 風に, 食事を, 飯は, 首筋が, 駄目だった, 駿介は, 鬼が, 黙つて

▼ ゐたこと~ (1005, 3.4%)

49 がある 44 があつ 24 であらう 18 を思ひ出した 17 である 15 もある 1312 だらう, は事実, は確か 10 でせう, を覚え 9 がありました, のある 87 であつ, は前, もあつ 6 がわかる, は明らか, は言, を, を知る 5 だつた, だらうな, は勿論, は想像, を思ひだした, を思ひ出し 4 がわかつた, がわかります, が知られる, では, になる, は, を示し, を覺

3 [27件] が, があり, があります, が分る, が察せられる, が訣, なの, に気がついた, に気づいた, に氣, はない, はなんと, はゐた, は争, は今, は確, は私, も事實, も忘れ, をおぼえ, を思ひ出す, を思ひ起した, を知, を知つて, を示す, を私, を記憶

2 [52件] がその, がなかつた, がはつきり, が後, が無い, が間違, だらうと, であるから, であるが, です, ですが, でも, にし, によつて, に思ひ当る, に気が付いた, に気づきました, に決め, のやう, の一つ, はあつ, はありません, はいふ, はございませぬ, は事實, は二人, は今日, は古い, は彼, は明, は無い, は疑ふ, は誰, は間違, もあらう, もあり, もあります, も亦, も思はれる, も思ひ出した, も確か, をお, を僕, を忘れず, を思ひだし, を思ひだす, を思ふ, を思へ, を憶, を教, を明, を言

1 [445件] かしれない, かも知れない, からし, からも察せられる, から私, から結婚式, か知れません, か私達, か餘興, があ, があたらしく, があるせゐだらう, があるつ, があるでせう, がことに, がすこし, がすまなかつた, がない, がはじめて, がひしひし, がふい, がまた, がみつ子, がやれなく, がわかりました, がわかるでせう, が一擧, が一生どれ, が七年, が不運みたい, が中間, が久し, が何がなし, が何だか, が何度, が併せ, が信長, が僕等, が先生, が分りました, が判つて, が却つて, が取り返し, が大きな, が幸, が度々, が強調, が彼, が忘れられない, が思はせられる, が思はれます, が思はれる, が思ひ出す, が思ひ起される, が急, が悉く, が感じられる, が文久三年, が新聞, が明らか, が時々, が本当に, が根本, が案外, が此, が江戸文學, が涙ぐまるゝやうな追憶, が滝本, が理解, が異, が皆, が眼, が知られます, が知られるで, が知れる, が示される, が算, が考へられる, が耳, が苦し, が草平氏, が西遊日記, が見られる, が解つて, が解る, が解ツ, が記録, が諸家, が賓行, が非常, が頭, が顧みられた, すら忘れ, そして自分, そのため, だから, だからこれ, だけだ, だけちら, だけはたしかに, だけは今日, だけは明, だけは爭, だけは知つて, だけは間違, だけを覚え, だけ知つて, だし, だつたらうが, だと, だらうが, であります, でありますけれども, であり芥川, であると, であるとか, である木製, でございませうな, でした, ですから, でも察せられる, で川, で御座いますとも, で御座いませう, で社長, で空想, で而, と, とあ, とおも, とが知られる, とて附景気, となる, とはあまり, とばかり思つて, と二人, と妙, と客分, と思ふ, と手代, と敷島, と森, と番頭, と著しく, ながらまだ, ながら当惑, ながら瑠璃子, など, などがこの, などが判つた, などは文壇, などは自分, などもあつ, なども私, なども考へた, などをそれから, などをつけたした, などを微か, など思ひ返した, など誌, なので, なんで, に, にあるらしい, にした, になつ, になります, にはじめて, には呆気, には氣, にふと, にまちがひ, にもよります, にも気, にも気がつい, にロマン趣味, に不思議, に出, に容易, に微か, に思ひ, に気がつい, に気がつかなかつた, に気がつき, に気づく, に気付い, に気付いた, に疑念, に白石, に結局左門, に誇り, に起因, に間違, に關, のなか, の傍證, の分る, の十倍二十倍, の如何, の恥し, の本当, はあらそ, はあらためて, はあり, はある, はいかにも, はお, はお前, はかなり, はこれ, はじつに, はすべて否定的, はその, はそれ, はたしか, はどう, はなかつた, はほんの, はまことに, はまた, はもう, はわかる, はゐたらしい, は一つ事, は世, は乏しき, は今更, は他, は何, は兄さん, は充分, は前後, は劇壇, は北條氏, は反省, は史上, は否むべく, は周知, は喜ばしい, は回顧, は多分, は太史公以前, は子分達全部, は孟子, は宛, は実は, は察し, は察せられる, は居た, は年中, は幾度, は序文, は店, は彼女, は忘れ, は我慢, は或は, は既に, は明かである, は更に, は本, は本文, は東洋, は極めて, は此, は此處, は永久, は決して, は注意, は淺草中, は湖水, は物忘れ, は男, は町内, は當然, は疑, は疑ひない, は疑ひもなかつた, は皆んな知つて, は知つて, は知らない, は知らぬ, は私達, は移居, は稀, は第, は細川藩, は美しい, は至尊, は荏薇問答, は見のがせない, は見逃さなかつた, は見逃すべからざる, は親, は親分, は訣, は認められる, は近衛豫楽院, は隠す, は非常, までばれ, もおぼえ, もお前, もかう, もかの, もございます, もたしか, もない, もなく, もやはり, も事実, も何, も何時の間に, も初心, も原因, も又, も同氏, も多少, も幾晩, も思ひだせない, も明らか, も決して, も爭, も特色, も珍, も當, も私, も覚え, も言, も関係, やかう, やその, やアンテナ, や湯河原, や私, や言つて, をいふ, をおも, をかなり, をかの, をこの, をこれ, をご存じ, をさらけだし, をさらに, をその, をたしかめ, をだれ, をちよ, をつけ加, をどうか, をどうして, をはしたない, をひ, をぽつりぽつり, をも最早, をよく, をわれ, をわれわれ, を一気に, を下, を不思議, を二人, を云, を人, を今, を他人, を修一, を初めて, を初瀬, を十分, を十分反省, を口, を否めない, を告白, を問, を喜び, を土地, を容易, を平次, を幸四郎氏, を後に, を後悔, を忘れ, を思う, を思はせる, を思ひあはせ, を思ひ出され, を思ひ返し, を悟り, を悟り出した, を想起, を意味, を感じる, を指摘, を挙げた, を整理, を既に, を早速, を書い, を書かれ, を書きつけ, を書き現し, を最近, を此処, を母, を泣い, を滝本, を申し渡された, を画壇ジャナリズム, を當, を発見, を白状, を知るだらう, を知るべきである, を確め, を示さ, を示した, を糺す, を繰返した, を翌日わざ, を聞い, を聞いた, を良吉, を言うた, を言つて, を計らず, を訊い, を証明, を話した, を話す, を認めた, を認めぬ, を語, を語る, を論證, を諸君, を讀ん, を讀者, を順吉, を駿介, 勿論である, 又唐土そのもの, 故食ひもの, 極く

▼ ゐたもの~ (761, 2.5%)

6460 である 30 だつた 25 だから 20 と見える 18 ですから, らしい 17 であつ 16 だが, です 12 であらう 7 では 6 か, とみえ 5 であるが, なの 4 が今日, だつたが, だと, でせう, とおも, と見, と見え, のやう, はない

3 [13件] だった, だのに, だらう, だらうか, でした, ですが, とすれ, と思はれます, と思はれる, と思ふ, と考へられる, と見えます, に相違

2 [40件] かそれとも, かもしれない, かも知れぬ, か二三人, か今に, があり, が多い, が急, が神, が遂に, だけれども, だし, だよ, だらうと, であります, であると, でこれ, でございます, でございますから, でその, でまた, でも, で其度先生, で私, とみえる, と察せられる, と思ひます, と想像, と見られる, と言, なので, に, に對, の中, は, はこれ, はもつ, もあつ, をなぜ, を彼

1 [281件] かかなり, かしら, かなど思, かぼく, かも知れない, から受取る, から本, から私, かわからない, か多分多少, か急, か西原氏, か足, が, があ, があつ, がいつか, がいま, がいよいよ, がし, がす, がその, がそれ, がたまたま, がたまに, がだんだん, がもう, がやり切れなく, がバツタリ, がプルウスト, が一つ, が一人, が一時, が一等, が不意, が二人, が五等品, が亡くな, が今, が今彼, が他, が他所, が何で, が偶然, が僕, が六等品, が前期, が去年限り, が国民運動, が土, が坪田氏, が大凡, が強い, が忽, が忽ち, が有力, が案外, が正, が此, が死な, が治つて, が混乱, が相手, が眞正面, が眞理, が眼, が脱, が表面, が解けかかつた, が転用, が飛びこん, が體, この露, さ, たとへば曾, だからね, だがと, だつたの, だつたので, だつたよ, だといふ, だな, だね, だ今, であなた, でありました, でありまして, でありますから, であるから, であること, である貞盛, であれば, でございませう, でしたから, ですからね, ですそれ位, です御, でそのうち, でその後, でそれ, でそれから, でそれにしても, でちょうど, でな, でない, でないかと, でない事, でね, でメリイ・ピックフォード, で今に, で今度新劇協同公演, で作, で先年, で其言, で北宋所刊, で古家, で嘉村氏, で実に, で少し, で年甲斐, で当時ピカソ, で忘れも, で本, で松前家, で此事件, で此方, で水戸齊昭, で疑ひも, で芥川家, で酔, で長生, で高, といふ, とし, としか思はれない, としか考へられない, とはち, とはつい, とはまるで, とは可, とは思はれない, と不思議, と信じ, と単純, と思う, と思はれ, と殆, と看る, と考へ, と見えた, と見なけれ, と見へる, と觀, と解する, と語られる, と頭, な, ならとても, ならどこ, ならば, なら誰, なん, にち, にとつ, には数本, には違, にめぐりあつたやうに心, に似, に依つた, に取, に叙事詩的, に大宮, に最後, に近づい, に驚異, の様, はあつ, はこの, はさうで, はずつと全体, はなかつた, はまだ, はまるで, はみな, はも一つ, は不羈独立, は亡ん, は今, は今や, は伊藤君, は何, は何で, は僅か, は全部, は別, は利害, は唯, は多く, は寄席, は實, は寧, は彼, は急い, は恋愛, は恐懼修省, は斯ん, は最初, は杏春, は死, は満, は演劇, は焼き棄てる, は皆贋物, は石器, は竹上, は纔, は見えなかつた, は語頭, は誰, は辛辣, ばかりだつた, もあった, も何人, も僕, も可, も多, も少く, も漸く, やもちもの, や丼, や地震, よりははるか, らしいが, らしいの, らしかつ, らしく, らしくジョルジュ, らしく綺堂先生, らしく見えるが, らしく際どい, らしく首, を, をありあり, をこ, をこれ, をそこ, をその, をはじめて, をみな失つたの, をや, をヨッちやん, を不注意, を与へられた, を二つ三つ, を二十四年目, を何, を先生, を反対側, を壓死, を失, を小杉さん, を少し, を常に, を思ひ出す, を想, を掘り出し, を放しました, を書いた, を此頃, を渠, を私, を脱ぎ, を膝, を自分, を裏, を買, を遂に, を郡領, を面, 若しくは自然, 隠れて

▼ ゐた~ (704, 2.4%)

101 云ふ 48 いふ 30 すれば 24 見えて 18 思ふ, 言ふ 17 いふが 15 いふから 11 見える 10 思ふと 7 思ひます 6 いつて, 云つてもよ, 云は, 思はれる, 言つた 5 いはれて, いふので, したらどんな, する, すると, 云ふこ, 云へる, 聞いて 4 したら, みえて, 思ふが, 言ひ, 記憶する

3 [19件] いはれる, いふよりも, ほりの, みえる, 云つた, 云つても, 云はれ, 云ひ, 思つた, 思つたら, 思つてゐる, 思ひますが, 思ふの, 考へられる, 考へるの, 見へて, 言つても, 言は, 言ひます

2 [21件] いつても, いはんばかりに, いふこと, いふでは, いふの, いふん, いへるし, したところ, したらその, したら何, 云へば, 同じやう, 思はれて, 思はれては, 見えるの, 見え彼等, 見ること, 言つたな, 言つてゐる, 言へる, 話した

1 [216件] あるから, ある猟師, いつた顏, いはれるの, いひ, いひうるであらう, いひだす者, いひます, いひますが, いふて, いふでも, いふところ, いふに, いふのに, いふものの, いふ気, いふ者が, いへば, いへる, うそを, うなづかれます, おなじやう, お思ひ, お茂與, この身, これは, さへ, したらあゝ, したらおかしい, したらこいつ, したらこんな, したらそれ, したらでは, したらどう, したらどこら, したらフワン, したら娘桂子, したら尠, したら彼等, したら昔日, したら植物, したら洋画壇, したら渦, したら由子, したら神様, したら誰, すがりつきたい思ひが, するならば, せよ, その女, その詩人, それも, ぬかすの, ほりこの, ほり男, みえポッキリ, みるべきであらう, わかると, 云つたので, 云つてみ, 云つてよ, 云つてよい, 云つてわ, 云つて妙な, 云つて溜飲を, 云つとけ, 云はるべきであらう, 云はれよう, 云はれる, 云はんばかりに, 云ふからさ, 云ふからである, 云ふで, 云ふより, 云ふんだ, 云ふんです, 云へ, 云へるであらう, 今まで, 伝へられて, 俊は, 信じた第, 信じて, 信じる, 信ずるならば, 俺あ, 傳へ, 傳へて, 僕は, 全く同じ, 分つたいま, 同じく僧侶的社會主義, 同じ鋭, 同時にその, 同時にまた, 同時に北劍, 同時に遅, 告白し, 告白した, 告白せね, 嘘を, 噂し, 埒も, 宿の, 店の, 強ひ, 後でお母様, 後でよく私, 思し召す, 思つた産婦が, 思つた隣家が, 思つていやな, 思つては, 思つとる, 思はねば, 思はるる, 思はれぬ節, 思はれますが, 思はれること, 思はれるやう, 思はれる前途, 思はれる所, 思はれる程, 思はれる節, 思はれる繁み, 思ひながら, 思ひねえ, 思ふか, 思ふくら, 思ふね, 思ふより, 思ふ人, 思ふ内, 思ふ大きな, 思へば, 思や, 想像し, 想像は, 感じて, 書いた, 書きたて, 案じて, 瀧田が, 無邪氣, 申されるで, 申しますが, 申すこと, 申に, 知れるの, 称せられた, 笑ひ, 答へたで, 繰返して, 老女は, 考ふる, 考へたと, 考へて, 考へてのみ, 考へねば, 考へられます, 考へられるし, 考へられると, 聞いた, 聞いたが, 聞いた時, 聞かされたとき, 聞き覚えて, 聞く, 聞く当時, 聽いたら, 聽きました, 葛卷が, 見えそれ, 見えるが, 見えるね, 見えるもの, 見える古い, 見える彼女ら, 見え一寸, 見え學問, 見え滔々, 見え老幼男女, 見なければ, 見られるの, 見るの, 見るべきであらう, 見るより, 見る事, 覚える, 観破したの, 覺えて, 言うても, 言つた方が, 言つた様に, 言つた樣に, 言つてよい, 言つてゐた, 言つて送つ, 言はれ, 言はれる, 言ひかへ, 言ひました, 言ふからやはり, 言ふこ, 言ふしお, 言ふべきでせう, 言へ, 記載され, 語りなほ, 論じあしび説, 論じる人々, 謂つてよい, 謂はれ, 謂ツて, 輕侮の, 金太郎は

▼ ゐたから~ (683, 2.3%)

156 である 3228 であつ 23 です 16 だつた 14 であらう 8 なの 5 であります, 私は 4 だと, でした, でせう, でも, 彼は 3 さう, その人, でございませう, では

2 [20件] あゝいふ, すぐに, それも, それを, だよ, だを, であ, であらうか, であるが, でその, なので, よくは, 僕も, 其處には, 出來, 右の, 本能寺の, 秀吉から, 私たちは, 非常に

1 [324件] あたしが, あつしが, あの事件, あまり夫, いつなん時倒れる, いまだにそれ, いろいろな, おそらく寝言, おれが, お庭, かういふ空虚軽薄, かう云, かつらめと, こ, ここに, この, このとき, この一廓, この勝負, この種, この芝居, この騒ぎ, これでも, これツぱかりのことでまたそんな心を, そこへ, そしてその, そのうち, そのままそれ, その仇敵, その憤懣, その気持, その眼, その翌朝, その苦心, その誰, その調子, その鉄格子, その関係, その驛路時代, それが, それだけの, それだけ味噌汁, それで, それに彼等, それは, それをは, それ位ゐ, そろつと, そんなこと, そんな心配, そんな細工, そんな練習, たぶん八月, だが, だつたが, だといふ, だとばかりは, だね, だらう, だらうと, だわ, ついでだ, つてその, つてそんなに, つまり三十日間なじみの, つまり木の下蔭, で, であらうと, であらう彼, でありまして, でありませうか, であり彼, であるか, であると, でいかにも, でせうか, でそこ, でそれ, でただ, でなく安川, で数, で私, どうな, どうもそんな, どこへも, どしりどしりと, どちらを, どの説明書き, どんなのんだくれ, どんな野郎, どんな騒ぎ, なにくれ, なのであらう, なまじつかな, なア, に過ぎない, のぼせて, はからざる終戦, はつきりした, ひよつと, べつに気づまりの様子, ほんとうに, まごまごし, またやる, まだ大丈夫, みな汚れた, むきにな, やがてその, やつぱり酔つてゐた, やはりこれ, よいけれど, よいの, よからう, よく寸法, わざとそつ, わたくしは, わたしの, イワン, ズン, トタン屋商売は, プーリは, マダ学生と, 一切此方から, 一向苦, 一年経つ, 一間すゝむと其処に, 丁寧に, 丁度今時分, 万更縁が, 三分通りの, 下の, 中程まで, 二人が, 二人づれは, 二十号大の, 云つてゐる, 云ふ, 交遊は, 人生を, 今の, 今は, 今別に, 今日は, 今日考へる, 今更見合, 以下私は, 仲が, 会話は, 何か, 何の, 何を, 何んな, 何科の, 修正を, 俺も, 光りに, 其, 凡太は, 出かけること, 出で, 初めから, 初め博労町だつた, 別に驚き, 前文中, 前述の, 力瘤の, 北京に, 医師も, 千葉縣あたりは, 升田が, 南瓜が, 即座に, 却て, 取つたの, 可笑しい, 台所口の, 同一の, 向うの, 君とは, 君には, 否応なく, 和軒氏も, 喰ひ, 四六時中訪れ来る, 四民の, 国土と共に, 国民は, 多分一番年長, 多分元服祝ひ, 多分警察, 夜は, 夢に, 大丈夫さ, 大方行き違ひ, 大連の, 天狗は, 女の, 好奇心を, 妙だ, 始めから, 娘の, 嫂の, 学者以外の, 宗助には, 実弾に, 客の, 宴会半ばに, 家康が, 寧ろ弟達, 尋ねよう, 少からず, 少しも狼狽, 少しわけ, 山崩れその他の, 山続きに, 己が, 平素なら, 幸ひ, 幼さ, 庭にも, 当時中, 悪口を, 悲劇であれ, 成るべくは, 戯れにも, 拾ひあげ, 敬には, 斯う, 斯うし, 日に, 日本会話は, 日本古来の, 時々牧野さん, 時刻は, 普通の, 書物も, 本来なら, 来庵, 東京に, 東京へ, 東方の, 桂女と, 極めて妖艶, 正月有, 此を, 此音を, 死んだの, 死骸に, 殆ん, 殿下が, 毛並は, 気が, 気に, 水は, 治療を, 泥棒は, 浴衣に, 渚だけで, 溝の, 漏れる隙間, 漢學者の, 無事だつた, 無気, 熊手にも, 父にも, 片道だけ, 特に一部, 町では, 病気みたいにな, 白井権八や, 直接その, 知つ, 知らんといふ, 知るまいが, 砂が, 碁席の, 社會を, 祖母は, 私が, 私の, 第二, 約束通り僕は, 統制後財産封鎖の, 綺麗事は, 置いて, 罰が, 翁の, 老若二友が, 聞いても, 聽き, 腹の中ぢや, 自分の, 自分は, 自然その, 至極鼻息, 舌切雀の, 芝居も, 芥川と, 芭蕉が, 街道を, 裸體像には, 親分の, 訊いて, 話が, 誰も, 讀めたの, 貧乏が, 貧窮の, 賢明に, 退けと, 通平には, 金杉の, 陋屋から, 隅の, 霜に, 青年達の, 面白い, 頑として机, 顔だけは, 風邪でも, 餘計に, 高等師範以来の, 魚の, 黙つて

▼ ゐた~ (633, 2.1%)

14359 です 55 だが 40 だよ 27 だね 26 ですよ 23 だらう 21 ですが 20 ですもの 17 だから 10 だけど, ですつて, では 9 だな, ですか 8 だけれど, だぞ 7 ですから 6 だぜ, だつて, だもの, ですけれど, ですね 5 だがね, だと 4 ださうで, だのに, ですの 3 だからな, だわ, ですぜ 2 ださうだ, ださうです, ださうですよ, だらうか, だらうが, だらうな, だ誰, ですかね, ですがね, ですわ

1 [50件] かね, さ, だあそこ, だからね, だがな, だがなあ, だこの, だこんな, ださうだがね, ださうですが, ださうでノコノコ, ださうで毎晩物, だすてな, だその, だそれ, だつけ, だつたね, だつてえのに, だところが, だとさ, だとよ, だへ, だまさか, だよう, だらうなんだか, だらうね, だらう馬鹿, だろ, だろう馬鹿, だわね, だ商売, だ暫らく, だ歌つて, だ珍, だ相, だ苦々しく, であります, でございませう, でしたかね, でしたが, ですからね, ですからねえ, ですけどもね, ですけれどね, ですって, ですわね, ですツ, で御座いますよ, で御座いませう, やない

▼ ゐたやう~ (530, 1.8%)

60 である 2321 です, に思ふ 20 であつ 18 なもの 16 な気 11 な氣, に思はれる 108 だが 7 ですが 6 で, でございます, でした, に見える 5 なこと 4 だつた, であるが, でも, な心持, に思はれた, に覚え 3 で御座います, に彼, に思ひ出された

2 [26件] たが, だな, だね, であります, でしたが, ですから, ですね, で大きな, なわけ, な事, な事柄, な女, な気持, な父, な良秀, な記憶, な領域, にある, に彼女, に思つて, に思はれ, に慌て, に日本, に立ち上つて, に考へ, に覺

1 [190件] かね, すだが, すで, すである, だから, だからなあ, だけれど, だし, だぞ, だったけれど, だったね, だつたぢ, だつたミシン機, だと, だとの, だよ, であ, でありますが, であるから, でい, でございました, ですけれど, ですし, ですわ, でそれ, でだん, で三百六十坪, で初めて, で悲しく, で本人, で物腰, な, なあんな, なお, なその, なそんな, なところ, なひどく, なものぢ, なれど, なん, な一種独特, な一部, な不, な主題, な人々, な作家, な冷, な出来事, な呶鳴り声, な場景, な大層, な女性, な娘, な小説的興味, な山, な平凡, な形, な御, な心もち, な快い, な思ひを, な恰好, な意地, な感情, な支那人, な方法, な本, な様子, な気さ, な氣さ, な深い, な潰, な無, な片瀬, な状態, な生き, な生活, な画家たち, な當時, な程度, な精神病, な繪, な美しい, な芭蕉, な訳, な説明, な謎, な身ぶり, な過去, な鋭い, な関係, な面付, な音, な頑固, な風, な髭, にいち, にお, におぼえ, にかの女, にこの, にす, にすらすら, にそこ, にそば, にたいして, にちよい, には行かない, にほめ, にも思, にも思はれた, にも辷りこみ, にアリス, にハツ, にバルタザル, にブラウエンベルグ老人, にモオリアック, に一斉, に今, に今私, に伝説, に何冊, に何処, に僕, に内, に内裏, に出, に初瀬, に単に, に単純, に取りとめ, に国事, に女中, に将来, に山脈, に座蒲団, に思, に思はれない, に思はれます, に思ひました, に思ひます, に思ひ返された, に思へ, に思へた, に恨めし, に想像, に愛し, に感じた, に我, に手, に散る, に更に一段と, に歩い, に死人, に母, に気, に深水, に滔滔, に照子, に狭く, に狼狽, に生易しい, に皆, に私, に突ツ, に立ち上り窓, に立ち止つ, に笑, に筆者, に答, に美奈子, に考へられる, に聽, に至極, に藥箱持, に行末店一軒, に見え, に見えた, に見えよう, に見られる, に覚える, に言つて, に記憶, に説明, に諸所, に講談, に賀茂真淵等, に隱, よ

▼ ゐたといふ~ (384, 1.3%)

19 ことは 16 ことを 15 ことだ 14 ことで 13 ことである, のです 10 やうな, 事だ 9 ことが, のは 8 のである 7 事を 6 ことです, のが, のも 5 ことだつた, ことも, ぢや, のだ, 事は 4 ことに, 風に 3 ことでした, やうに, わけだ, 話を

2 [20件] くらゐだ, こと, ことと, ところに, のか, のでした, わけで, んだ, んです, 事だつた, 事で, 事実に, 事実の, 事実は, 気が, 話である, 話や, 部屋を, 高妻山を, 點は

1 [138件] あたりには, くらゐ, ことから, ことだけ, ことだけは, ことぢや, ことであります, ことな, ことなどで, ことなどは, ことにも, ことに対する, ことの, こと丈である, この寺, これは, しるしは, し塀, そのことさ, その時, それだけで, たつた一つ, ところの, のだつた, のなら, のに, ほかありません, ものだ, よりほか, より女, わけぢや, わけであり, わけである, わけでございます, わけです, わけに, んなら, ガスマントルの, ショオペンハウエルの, トキ子の, ピカピカする, フランスの, 一事を, 一節です, 一軒の, 丈け, 事であります, 事である, 事に, 事はまへにも, 事件から, 事実だけが, 事実を, 人物である, 人達の, 児です, 兒です, 凄い年増, 取次ばなしな, 哀話も, 喜劇俳優が, 噂が, 噂に, 図抜けた非, 報告が, 変り種だ, 外には, 奥の, 女, 女の, 家は, 小染, 履歴が, 山を, 川ばた, 彼の, 彼は, 悲しむべき事実, 想像は, 意味である, 意味を, 感じの, 懷中鏡は, 或る, 文字通りの, 方が, 昔漢籍を, 時に, 時代を, 曙染の, 有様で, 本例へば, 様な, 樣な, 次第である, 次第な, 氣象の, 浪宅が, 点に, 爺さんが, 状で, 状態で, 現象を, 理由によ, 畫家で, 白居, 白馬の, 確かな, 程では, 程の, 空濠は, 窶れは, 老人が, 自信さへ, 與七の, 見方から, 記憶が, 証拠には, 話から, 話だけが, 話で, 話に, 話の, 話は, 説も, 談話を, 證據は, 関係から, 関係も, 陰謀を, 隱した, 面持で, 風な, 風を, 驚くべき事実, 驚くべき彼, 高木勇名といふ, 髯の

▼ ゐた~ (272, 0.9%)

20 のこと 13 であつ 12 の事 10 なので 7 だつた 54 である 3 のやう, の話 2 であるから, とはまるで, と同じ, に君, の, の方, はとう, 隣りの

1 [179件] ある男, お鳥, かう, からこの, からの習慣, からひどく, から並ぶ, から勞, から台州, から始終, から我, から才媛, から知つて, から知り, から自分, があります, が僕, が十七八, この半島, そしてこの, その方, その時, その玄関前, その藝者, たまたまさう, だ, だから, だつたので, であ, であるだけに, でその, でなくつて, ではあつ, でもあつ, でも副長, でも私, とかはらぬ, とに會つて, とは, とはこの同じ, とは別人, とは境遇, とは違つた交際, と比べれ, どんなにか, など娘, なの, にさ, にした, にたまたま, にね妾, にはお, にはそいつ, にはリアル, には五燭, には他, には他人, には何一つ, には僕, には大変, には數, には村, には職場, には若い, には道, には長吉, にふと, にもこの, にもやつぱりかういふ気焔, にもソマリイ, にも私, にも電車, にマルコ, に一人, に伊達, に僕, に出, に出た, に十字架, に娘, に富岡, に彼女, に彼等, に忽ち, に手洗場, に最後, に木下杢太郎, に比べる, に百円, に相違, に知り, に良吉, に芥川, に菊池, に見た, に見聞, に豊吉, に豐吉, に電報, のああ, のケチ, の伊沢氏, の何十倍, の作, の出来事, の同じ, の同門, の名ま, の大, の姿, の姿勢, の彼, の日記, の旺盛, の歌, の気持ち, の産物, の習慣, の苦労, の蒼白い, の詠, の顔つき, の高飛車, はあれ, はあんな, はお, はさ, はそれで, はそんなに, はほん, はまだ, はよく, はよほど, は一番, は三田, は僕, は全く, は同僚, は女色, は新聞, は洋服, は無量, は目, は迚, は隨分慘, ふと義雄, ぷいと横面, まだ學生, もあつ, もうす, も同じ, も島民共, も時々, も義雄, も都筑四郎, より, よりは慥, よりもいつ, よりもずつと美しい, よりも幹, よりも次第に, より更に, 不図, 不図話頭, 不図途上, 乃至死んだ, 之助, 可笑しくつて仕様, 恐ろしく敏捷, 恰もよし, 或る, 描いた片端, 早く既に, 漸く延子, 突然何, 突然彼, 突然枝, 突然群集, 突然行手

▼ ゐた~ (270, 0.9%)

67 うだ 45 うである 30 うです 27 うだが 13 うですよ 9 うですが 8 うで 5 ういふ 4 うだから, うだね, うぢ, うであるが 3 うして, うだな, うだよ 2 うした, うだつた, うであります, うでこの, うでございます

1 [31件] ういふところ, ういふ歌, うさう, うだがね, うだけれどね, うだし, うだそれ, うだと, うであるし, うであんな, うでこれ, うでずッ, うでその間, うでそり, うでどう, うでね, うでぼんやり, うでまた, うでヘルマン先生なりふり構はず, うで八方, うで少し, うで御座いますけども, うで日露戰爭後, うで私, うで警防団, うで隣席, う思つて, つそく, つそく一輪, つそく草, 得意だ

▼ ゐた~ (270, 0.9%)

37 があつ 10 がある 7 であつ 6 でございます, もあつ 5 であらう 4 のある, もある, を見せ 3 だ, である, でも, なので, になる, を思ひ出した, を示し

2 [16件] が嘘, が知れる, が考へられる, が訣, でせう, で又, と思はれる, などありました, などが怎, に氣, の一つ, はその, は疑, は確か, も考へられる, を示す

1 [134件] からも察せられる, があります, がない, がはつきり, がみのる, がよく, がわかつ, がわかる, が事実, が今に, が分つた, が分る, が哀しく, が安, が察せられる, が思はれる, が明らか, が更に, が有, が無い, が然し, が莫迦, が言, が頭, が馬鹿, さあれ, すら凡て, そしてその, だけは爭, だけは訣, だけれど, であります, でこれ, では, で今一つ, と云つて, と大きな, と思はれます, と江戸芝居, ながらつぶれる, なぞはとうに, などから見, などが思ひ出された, などわたくし, なの, にあさましい, にある, にそれ程, にはお前, にふと, にも氣, に就い, に気がついた, に直吉, の中, の代言, の明らか, の餘, はあつ, はお, はこれ, はない, はほん, は他, は仮想, は実際, は察せられる, は思ひ, は有名, は本当に, は生涯, は申し, は疑ひ得ない, は相, は知らぬ, は確, は絶えず, は考へ, は考へなく, は言, は認めない, は震災後, は静子, は靜子, もありました, もなかつた, も一言, も事実, も忘れ, も思はれる, も惡, も知れ, も考へられなく, や思ひ, を, をあかるみ, をお, をすつかり, をそして, をば暗黒, をまた, をまだ, をみのる, をわたし, を云, を今に, を仕遂げた, を信ずるなら, を吹聴, を多, を實現, を平次, を忘れ, を忘れない, を思ひ出します, を思ひ出す, を思ふ, を思出, を知, を知つて, を知らない, を私, を考へ, を考へる, を考へれ, を腑甲斐, を自覚, を覚え, を記憶, を証明, を證明, 即ち, 暑かった, 現に

▼ ゐた~ (265, 0.9%)

61 違ひない 37 相違ない 28 ちが 23 しても 7 相違なかつた, 違ひありません, 違ひなかつた 5 過ぎないの 4 相違なく, 過ぎない, 過ぎなかつた 3 したところ, すぎない, 違ひあるまい 2 した所, 相違ありません, 過ぎなかつたが, 過ぎなかつたの, 違ひ, 違ひなく, 関はらず

1 [55件] かかはらずたつた一つ, してからが, しては, しろその, しろもう, しろ容易, しろ曾, しろ瀧田, しろ社長, しろ途上, すぎないこと, すぎないと, すぎないの, すぎぬ, すぎぬ若手俳優, せよそれ以上, せよドイツ, せよ小室, ちがいない, 今氣, 仕事やの, 又途中, 反し後者, 天井は, 就いても, 拘はらずわざと, 拘はらず後, 拘らず, 拘らずお, 拘らずよく, 拘らず入院後, 拘らず意外, 殆ど原稿紙, 異ひない, 疑無い, 相違あるまい, 相違は, 相違無い, 過ぎないこと, 過ぎないし, 過ぎないでは, 過ぎないところ, 過ぎない女, 過ぎない観, 過ぎなかつたと, 過ぎぬ, 過ぎません, 違げえ, 違げえねえ, 違ない, 違ひなかつたらう, 違ひなかんべ, 違ひ無い, 間違ひない, 限らず実

▼ ゐたところ~ (262, 0.9%)

13 であつ, なん 9 だつた, だつたので 7 だ, なので, のもの 5 だから, だつたの, なの 4 を見る 3 だよ, でした, です 2 さ, である, でその, で大した, で少し, にある, へ何, へ降, 計らずも

1 [151件] ある夜, ある日, からさ, からその, からそれ, からシガア, から思ひ付い, から株券, から芝居, から見れ, から貞盛, から酒, が, があつ, がない, が事實, が何, が大二郎, さう, そんな風, ださうだ, だつたん, だといふ, だとは, ちゃんと答, つい最近友人, である酒, であわてたつ, でしかも, でしたから, でしたので, でしたわ, ですから, ですが, でそして, でと思はずいひたく, でどう, ではあの, でもあつ, でタルボツト氏, で一匹, で一生そこ, で不快, で不思議, で今度, で何, で光り, で別に, で向, で大伴家持, で寶搜, で将門, で小説本来, で御, で斬り, で河原町, で磯村, で私達, で義雄自身, で自分, で襤褸, で近い, と見える, と違, などは落着, なのに, なのよ, なン, に, にその, にどかどか, にはいつの間に, にまた, に意外, に敗因, に母, に氏, に田村, に着い, に確, に突如, に行つて, に門, の, のが現在, のベルリン, の三段論法, の云, の兵隊, の實感, の實驗, の幸福, の新派劇, の暗い, の氣質, の父, の珍, の疊, の聲, の腕力, の良心, の苦惱, の進藤一作, の金屬, の釣三昧, の音無村, の風鈴湯, の馬鹿共, の骨, はからずも斯ん, はどう, は何処, は南, は恰, は絶対安全, ふと珍, へこんど, へ偶, へ大貫夫人, へ娘たち, へ寛喜元年, へ我儘氣儘, へ手紙, へ江戸, へ義雄, へ裏, へ近所, へ額, までは近所, よ, をお蔭, をこちら, をこの, をこれから, をまんまと, をもつ, をニイチエ, をヒス女, を傍, を写された, を急, を更に, を極めて, を殺され, を聽, を見, を見れ, を顔, 不図うしろ, 突然くだらぬ, 誠にある

▼ ゐた~ (252, 0.8%)

7 それに 2 そのう, また二人, 張りきつて, 母は, 私は, 私も, 老婆は

1 [231件] あなたとの, あの年頃, いつも喫煙過度, いまさら汐田, いろいろ後始末, お台場, お藤さん, さう, そいで, そして, そつと, そのやう, その反撥, その多毛, その寺院, その後も, その日, その次, その発行所, その茶店, それで, それにおれ, それにこの, それにどうやら, それにみんな揃つて, それに私, それほど親しい, そんな莫大, どうやら熱, ひとつは, ふだんから, ほ, ます, また, またしば, またしみじみ, またすし屋, またその, またどこ, またどの, また何ん, また全く, また原料並, また同じ, また実際, また工藤, また本, また純, また自分, また話題, まだいたいけ, まだ道具, みんなも, もつと, やくざ者の, やりよかっ, ゆき子も, よしさ, シロタや, ネクタイから, ハンモックも, ペン軸の, ミサの, メレジコウスキーも, 一休の, 一度などは, 一方は, 丁度蠶, 三厩以南の, 不思議な, 二人は, 二十年の, 人心も, 人生に対しては, 今でも, 以前から, 住居し, 何しろ數かぎり, 何ん, 便所も, 偶, 僕は, 其の頃私, 其質も, 出遇, 別に愛情, 前齒, 勝手元の, 医者も, 十日に, 千葉や, 南側にも, 南天も, 原稿は, 又さ, 又事実, 又戰國期, 又老僕, 又自分, 又躍り出る, 又醉餘, 吉原に, 唐獅子の, 商人とか, 土地の, 境内も, 墓石も, 多くの, 夜も, 大阪にも, 太い眉, 女中も, 女達も, 嫂の, 子供に, 子供も, 孝助は, 安南人, 宏の, 家の, 尊敬も, 小さい鼻, 小さな婦人持, 小学校でも, 小学校の, 小杉放庵の, 少し豐, 山の手界隈の, 年に, 幼い彼女, 幾の, 康子は, 弟妹達は, 彼の, 彼女が, 彼女も, 心の, 心は, 志賀川島の, 恐らく皇居, 意地などと, 態度にも, 我も, 或る, 戰時中なども, 手の甲には, 手代の, 斷えず働い, 時々行き, 時ならぬ, 時計屋では, 本も, 条件が, 来なくちや, 柳井津で, 樽野としても, 機到れ, 次兄の, 此の, 此頃宇治で, 水もよ, 江口などを通じて, 河原町近在の, 浦和から, 涼しさ, 煙草の, 煤煙と, 父が, 父の, 片方に, 狂燥を, 独りぽ, 狭いながらも, 狼閣下は, 玄也と, 現に自分, 理科用の, 甚しか, 生きて, 田舍者の, 町で, 疲れても, 病身な, 白石が, 盲目の, 看護婦を, 知吉は, 祝福は, 私の, 私への, 私自身も, 童女の, 第一, 細君以外の, 継母は, 網や, 縁側は, 美人には, 美術の, 背景の, 脅えた市民, 自分でも, 自分は, 自分等の, 興奮も, 花輪型の, 若い下男, 英雄としての, 葉藏の, 蔭ながら, 衣裳を, 誰の, 谷はごう, 近頃圭子, 道は, 酒で, 酒は, 里に, 鈴を, 長い旅路, 長唄は, 間もなく近所, 隣近所の, 雨戸は, 靜岡にも, 頬骨は, 顎の, 顔は, 願念寺は, 風の, 黒い毛

▼ ゐたのに~ (247, 0.8%)

11 違ひない 6 ちが, 気が 5 違ひなかつた 4 それが, 反して, 過ぎなかつた 3 急に, 氣付いた, 相違ない

2 [13件] あんないた, ひきかへ, 不意に, 今は, 反し読み物, 子供が, 比べると, 氣が, 相違なかつた, 私は, 過ぎない, 違ひありません, 違ひなく

1 [172件] あとから, あの煙突, いざとなつたら母さん, いざ盤, いつの間にか三百五十圓, えらくい, お前さんだけは, お父さんの, お米, このごろ検挙が, この北邊, この爽やか, これから腹, これは, これを, こんなこと, さう, さて休まう, すぎないの, すつかり, すばらしいお, その堅い, その教, その晩, その脣, その解散, その頃, それさへ, それも, そんなとりとめ, そんなに大きな, そんなもの, そんな返事, たうとう, つれて, とう, とかく荷物, どうしてかう, どうしてこんな, どう致しまし, なぜそんな, なぜ日本, ひよつこり旅, まことに秋空一碧, また失敗, また此処, もう十一時, もつと, やつぱり家を, やれ, わざと絵葉書, われわれの, ゐないので, イワン君は, カラッポ, ジジを, 一人廣い, 一年待ち, 三月へ, 不思議な, 中堀さんは, 二年二年半など, 二月も, 今で, 今では, 今やガス, 今回は, 今夜の, 今度は, 今日は, 今舟, 仕事にとりか, 他ならない, 令状を, 何日迄も, 何時の間にか剥製, 何時の間にそんな, 僕が, 光圀の, 其れ, 其大阪も, 初めから, 反し久米正雄, 反對, 号一が, 吃驚した, 唸るやう, 嘉村君が, 噛り付い, 因果な, 堂々たる大, 墨子は, 夏の, 外は, 夜の, 夢の, 大満員, 婆あ, 宋韻は, 実に馬鹿らしい, 家の, 密雲の, 對し, 尾張町で, 己には, 平安朝に, 延々に, 引きかへて, 彼の, 後で分つた, 後人が, 従之は, 徳山へは, 忽然そこの, 思ひきや, 思へば, 恁く, 恐ろしい聲, 意外だつた, 感心した, 房一は, 拘はらず彼, 斯んな, 新長官, 明治時代そのものを, 昨今どうやら, 本妻の, 東京へ, 東清に, 松江の, 松江は, 案外に, 案外の, 榮一は, 樹明兄は, 歓喜の, 此だけは, 此の間ひ, 此時にな, 気附いた, 氣づいた, 氣付いたらしく, 滑稽な, 滝村から, 異ひない, 目に, 相異し, 眼に, 知らぬ間, 知名の, 私も, 突然に, 経済雑誌社本の, 自分は, 蘭軒は, 蟒は, 變り, 豈圖らん, 足人や, 遂に昼食時間道場, 遂に画家, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎなかつたが, 違ひございませぬ, 違ひ無い, 遠島を, 銅像の, 門人録は, 關らず, 雨である, 風の

▼ ゐた~ (204, 0.7%)

9 はその 54 の眼 3 にとつて, の心, の胸 2 だつた, であつ, のいちばん上, の方, の期待, はまた, は今, は今度, は手巾, をお

1 [157件] があなた, がくらやみ, がどうして, が二年, が妻, が子規庵, が彼女, が思はず, が急, が惡, が或, が新興, が日比谷公園, が此處, としてはめづらし, とつい, と同様, と秋子, にはかく, にはさ, にはその, にはそんな, にはとても, には分らなかつた, には寧ろ, には釧路, にまで及ん, にもそれ, に告げ, に尤も, に感懷, に聲, に震える, のすぐ, のやう, の不, の伯母, の伯父, の信念, の傍, の兄, の友, の友人平尾不孤氏, の名, の周圍, の変り方, の好き, の姿, の弟, の影響, の心臓, の想念, の意見, の愛する, の手, の昔, の氣持, の父, の父母, の眼前, の瞼, の神經衰弱, の税, の純情, の耳, の肘, の肝, の腕, の記憶, の詠歌態度, の遠く, の長兄, の頭, の顔, の駒, はいきなり, はいつの間にか, はいま, はお, はかれ, はこの, はさ, はしかし, はそこ, はそのうち, はたび, はちつ, はぢ, はつい, はどうしても, はほ, はやつ, はやはり, はゆくりなく, はパンツ一つ, はブロクルハースト氏, は井戸, は何, は何となく, は倭, は全く, は其處, は再び, は出, は動悸, は可, は呑屋, は夕がた, は夫人, は子供, は子供心, は少なから, は師匠, は廊下, は彼等, は待つた, は心, は思はず, は思掛, は悲しい, は或, は時刻, は晩, は晴れ, は月, は此処, は毎, は毎晩夜學, は生き, は生命, は真夜中, は眠れ, は眼, は社長兼編輯長, は私, は粗忽千万, は自然, は自然主義主唱者側, は赤く, は駅, は黙, までが何ん, もま, も同様, も多く, も彼, も気の毒, をしづか, をまことに, をも追, を大変, を彼, を止め, を見, を見附けた, を訪ね, を頼つて修一

▼ ゐた~ (192, 0.6%)

11 だつた 9 のこと 8 の事 5 である 3 であつ 2 ある宴会, ある日, かも知れぬ, だつたので, であるが, で其等, の芥川, よ

1 [140件] ある処, ある夏, ある日市俄古, ある日訴訟用, ある時, ある時何, ある時実習, ある時教師, ある時東京, ある時訴訟用, うるさくからか, お国自慢, お米屋さん, かも知れなかつた, からで, からのこと, からの私, からの約束, からやつ, から今日, から伝道, から古び, から同窓, から定職, から彼, から持ち伝へた, から町, から脱字, が全盛, が思出, この猿, この給仕, こんな風, その口上言ひと木戸番, その須磨, たしか花時, だから, だつたらう, だつたらう私, ですもの, ではない, でみんな, でみんなそれ, でもちろん, で別, で富尾木氏, で此事, で自分, で金十錢, とは新宿, とは異なり, とは違つた風, と同じ, と思ふ, と違つて, などは老師, なの, なら別に, にあの, にしろ, には壽, には手習, には母親, には独り, には茶, にも締め, にコクトオ, に前, に同情, に定められた, に比べる, に比較, に私, に行き逢うた, に較べる, の, のあなた, のある, のそして, のひどく, のやう, の一ヶ月, の出来事, の列車, の勢, の卒業生, の古い, の彼, の思出, の或, の文壇, の昔, の校友会雑誌, の横濱, の歌, の生徒, の着物, の綾さん, の詩, の話, の身分, の追憶, は, はお, はまるで, は世間, は保護者階級, は叔母ひとり, は夕暮時, は彼等, は村, は東京, は毎年晩春初夏, は神田, は自分, は阿, は霜月, ひと夏, ひと夏本山, また話, まで想像, もあつ, も時々, も母, よくあちこち, を富岡, を思い出し, ノイス, 一度大林清作, 不図彼, 代助, 其の細君, 前甲板, 同じ病院, 多少の, 実際に, 屡々促され, 思ひがけ, 或日, 親しくし

▼ ゐた~ (183, 0.6%)

15 どうか 8 とおも, どうかは 6 それを 3 わからない, 否かは, 私は 2 そいつを, それは, ゐないか, 何んな, 否か, 彼の, 殆ど記憶に, 知らないが, 知れないの

1 [119件] あたしが, あとは, あるひ, いつごろから, きらりと, げに評判, これから調べなきや, これは, こんなにいくつ, して, しれないよ, すべておぼろな, そしてそれ, その時何日目, その記憶, それが, それとは, それとも二人, それとも別に, それとも半, それとも日本官吏たる, それも, どうかさ, どうかの, どうかも, どうか知りません, どうして優れた, どうだ, どんな深い, なだめても, なんと手, ねぼけて, はつきりと, またあなた, または森田, まつすぐ, もしくは名誉, もとより私, よく分り, よく解りませう, れに対して, ろくに見やしません, わからぬ, わからん, わかりませんな, わたしは, ゾロゾロと, ボンボン時計が, 一應聽い, 下男風の, 九分の入り, 今から, 今私の, 伝記学者も, 似て, 位は, 何う, 何も, 何様か, 全てこれ屋久島の, 八五郎の, 其は, 其れ, 分らないが, 分らんやう, 判らない, 判らなかつた, 判りませんわ, 千兩二千兩の, 厳しく仔細, 又武具, 君が, 君は, 否かを, 否英雄達, 哲学を, 如何に又, 存じません, 小半, 履物の, 平次は, 幾分知つて, 忘れて, 或は時流, 支配人の, 斎部とは, 斯う, 既にこの, 日本中の, 日華洋行の, 明らかで, 曇つてゐた, 死人に, 氣が, 波の, 父は, 知つてゐる, 知らない, 知らぬが, 知らぬ私, 知りたくは, 知れないが, 知れない程, 知れなかつた, 知れぬと, 知れませんでした, 縁側から, 聞いて, 聞えなかつたが, 聽い, 自分でも, 覚えて, 覚えは, 覺つてし, 解りませんが, 解るの, 訊くん, 誰も, 頭數について

▼ ゐた~ (163, 0.5%)

13 である 6 があつ 5 だと, であつ 4 だ, だから 2 が今日, だつた, であるが, にち, に今日, の一人, の息子, は勿論, もある

1 [108件] かい, かしら, かといふこと, かと思ふ, かどう, かも知れない, が, がある, がそれ, がほか, がまだ, がもし, がわたくしども, がゐた, が入, が多, が忘れ, が捨て, が本, が生き, が破産, が綱, が船, が行く, が訪ね, が逃げ出す, だけに交際, だけに父, だけに門弟, ださうです, であ, であるの, でがす, です, ですが, ですつて, ですもの, でその, ではある, でもひと, で啄木, で子供, で小山内君, で後, で本所, で特に, で町, で而, なので, にあてた, にはそれぞれ, にもちやん, に恩地孝四郎, に相違, に私, に落された, に見せつけず, に許邁, のいふ, のこと, のところ, のやう, のよう, の來, の名前, の好, の妻君, の家, の服装, の本名, の歌, の焼けた, の生れ代り, の群, の腰, の落魄, の遺産, はかう, はこの, はしぶしぶ, はその, はそんな, はないだらう, はなかつた, は二人, は光線, は全く, は少, は我々日本人, は戸口, は灯, は無い, は特異, は皆, は禅師, は警察, もありました, も奇異, も寢靜まつ, も無い, も猶, も院長, よりもかへつて長生き, らしかつ, をかの, を見, 今世, 又は父

▼ ゐたその~ (132, 0.4%)

3 家の, 男は, 頃の 2 夢の, 農家の

1 [119件] うちに, くせ孤独好きな, ことには, ことばに, ころの, さまも, さわぎの, そばに, ために, ひまに, わかもの, フキか, 一つ一つの, 一高時代の, 上に, 上を, 不安が, 世帶を, 中の, 中へ, 主人は, 事が, 五年間の, 人が, 人の, 人は, 人以外とは, 人間が, 体と, 余裕ぶりを, 作物を, 作者の, 兒を, 勢ひ, 友人の, 呼聲の, 哀れな, 地方で, 大木の, 女中説を, 子葛卷が, 室には, 家から, 家も, 家を, 家役所勤めの, 小學生, 小部屋, 小鳥の, 屈辱の, 山々を, 山に, 山田氏から, 年にあたり, 弟の, 当時の, 形と, 形式の, 形状は, 後悔も, 息子さんは, 情景の, 愛嬌の, 感じを, 憂鬱の, 折の, 持主の, 描写の, 方の, 日の, 時の, 時他の, 時吐息の, 本能的な, 桜の, 業績や, 死者の, 母を, 氣もちは, 水草を, 浴場の, 海べの, 漁夫は, 父である, 父親は, 物によ, 疑ひが, 疑ひの, 白い花, 着物は, 瞬間か, 神田の, 窓を, 立場が, 簡単な, 素振りから, 細い道, 細君らしい, 肉体は, 肌觸り, 腕が, 自制は, 船の, 色彩人形を, 芥川に, 芥川の, 花の, 芽生の, 言葉が, 賢明な, 路が, 身の, 躯幹の, 部屋が, 階段には, 青池とは, 顏へ, 顔は, 黄一色に

▼ ゐた~ (129, 0.4%)

4 だつた 3 の父 2 だつたが, である, ではなかつた, はその, はまつたく, は突然, は自分

1 [108件] かどう, が, がこの, がさ, がさも, が一変, が今度京都, が僕ら, が急, が日本, が東洋美術, なのに, にはどうも, には二人, には私, にひき合せました, に不意, に彼, のその, のなか, のみじめ, の一派, の一言一言, の二人, の唇, の夏, の大, の女, の姿, の心, の心持, の心臟, の思惑, の母, の母親, の氣持, の永い, の浅黒い, の眼, の社会的位置, の細君, の經歴, の老, の腕, の自由, の誇, の豫想, の逃走, の長女, の顔, の顔つき, の魂, は, はこの, はこれ, はさ, はすぐ, はそのまま, はそんな, はそんなに, はつひ, はふと, はもう, はハツ, は一同, は二三度, は今度, は今時分, は何氣, は俳壇, は半分S子, は原稿, は善良, は妙, は妬まし, は定めし, は少し, は彼等, は思はず, は急, は扉, は昨日, は時々, は時たま, は村, は果して, は柳, は殊に, は火, は瑠璃子, は科学以外, は笑つて, は老眼, は聯隊, は臆病, は花子, は誰, は酒好き, は音, もしかし, も必, れの, れは, を見, を見た, を見つけ出した, を見とがめた, 及び現に

▼ ゐた~ (128, 0.4%)

26 である 2310 だが 7 です 4 はない 3 だから, だつた, であつ, なのに 2 がない, なん, の松太郎

1 [40件] だこの, だし, だつたが, だつたの, だて, だと, だな, だのに, だよ, だらう, だツ, であります, であるが, であるのに, ですが, では, で鐘五郎, なの, なのにとか, の, のお, のこと, のもの, のタツノ, の事, の八千兩, の娘, の家, の小説, の己, の市川染五郎, の忘我, の打越金, の滝尾, の羊羮, の道平が, の錢形平次, の長男, はなく, よ

▼ ゐたけれど~ (127, 0.4%)

3 私は 2 それも, そんな事, たうとう, なほよく, まさか亭主, 今では, 急に

1 [110件] かうした旅先, ぐつとこらへた人間は, この河, これには, さすがに, しやんとして, すつかり寝込んでしまつた, そのうち段々顏, その真実, それでも松, それでも首, それは, そんなこと, そんな無, つい一週間前, つくづくこの, とにかく強く, どうし, どのひと, なかなかいい, なかなか寒い, なかなか衆, ひゆうと, ふだん買ひつけた, ほかに, ほんとうか, まだ充分, まてよ, もうこのごろ, もうそれら, もう彼是四月, もう昨夜かぎり, やつぱりさびしかつた, やつぱり自分の, やりきれなくな, よぼよぼ腰, わたし初て, アテには, 云ひたい, 今でも, 今の, 今度だけは, 今日の, 今日来よう, 今朝新潟の, 今氣, 他の, 伊津子が, 伊津子は, 伊藤氏には, 伯母さま助け, 何となく此処, 何物も, 健康は, 先方は, 其の云, 其れ, 其以上の, 別れ, 到頭分らなかつた, 刺は, 十日も, 名義ばかりの, 吾家は, 嘗て一度, 子供達と, 孝次郎は, 室の, 宮さんは, 少くも, 少しばかり, 年が, 幸福だつた, 彼は, 文学はね, 新聞から, 既に吾, 旧知の, 晴代は, 暗い窓, 有り合せの, 村瀬の, 松に, 桐渡の, 樹君も, 次第にさ, 母が, 母は, 無論それ, 燕尾服を, 狭山さん私の, 用心ぶ, 眉の, 眞鍋は, 網島の, 肝腎な, 自分には, 自分みづか, 荘田は, 見て, 話が, 読み得るだけの, 誰でもが, 謙一は, 財界の, 遠慮で, 遥かな, 長五郎も, 間違なく, 高い帳

▼ ゐた~ (123, 0.4%)

57 あらう 25 せう 10 あらうと 6 あらうこと 5 あらうが 3 せうか

1 [17件] あらうその, あらうところ, あらうまことに, あらう木村重吉, あらう風景, せうあすこ, せうあれ, せうから, せうけどさ, せうその, せうそれに, せうな, せうね, せうねえ, せうイビキ, 或日, 老竪琴師

▼ ゐたかも~ (117, 0.4%)

50 知れない 10 知れないの 9 知れません 8 しれない 7 知れぬ 6 知れないが 3 知れないと 2 しれぬ, しれません, 知れなかつた, 知れぬが

1 [16件] しれないが, しれないん, しれなかつた, しれなかつたから, わからない, わかりません, 判りません, 明らかでない, 知れたもの, 知れないぞ, 知れないとは, 知れない商, 知れぬいや, 知れませんが, 知れませんね, 計り知れないの

▼ ゐたわけ~ (114, 0.4%)

39 では 15 である 8 でも 7 です 4 だ, でもなかつた 3 だな, であつ, なの 2 だね, ですが

1 [24件] か, が, が判らなかつた, だが, だつた, だつたが, だつたん, で, であ, であるが, であるの, でした, でせう, でない, でなくたいてい, でなく私, で二月二十四日, で彼, なので, なん, に違, はない, よ, を別

▼ ゐた~ (111, 0.4%)

6 があつ 5 である 3 であつ

2 [11件] が急, が日本, だから, だつた, だつたが, でございます, のうち, のこと, の客, の話, は一寸

1 [75件] が, があ, があらふ, がこんな, がすぐ, がその, がなかつた, がのそのそ, がまだ, が一羽, が云, が他愛, が台州, が心配, が急い, が或, が旅, が滝本, が潮, が狂人, が発狂, が翌日, が訊く, が金, だ, だが, だけに今度歸つて, だと, で, であるから, であるが, でした, です, で三河町, で志士, で自分, としての刺戟, とそれ, と云, と出, なの, にはすべて, に渡す, に煙草屋, に見染められ, に頭, のところ, の一人, の事, の人, の手, の逞し, は, はあ, はじろりと, はその, はふと, はサイラス, は今更, は前, は失望, は指, は田付, は目, は私, は立っ, は腕組み, は誰, は車越し, もその, や執念深く, や赤, よ, よりももつ, をあの

▼ ゐたけれども~ (99, 0.3%)

2 さう, それを, もう此, 定次郎は

1 [91件] あとでは, あなたは, あの粗野, いい友達, いつの間にか月, かうして, かれが, かれは, このダイヤモンド, これらの, しかし俗, しかもその, しかもそれ, そこは, そのうち, その先, その手, その美し, それでも明るい, それでも気分, それは, それはた, どうしてもそこ, なかなかやまない, ふとした機会, ほんた, まぎれも, まじめに, まだ一度, もう今, もう少しどうかならない, もう此邊, やっぱりすっかりお腹, ゆき子は, ボルドーまで, 一日一日それが, 三千代は, 下りて, 両国橋に, 丹前も, 二人は, 今日からは, 何だか信一, 信濃あたりに, 先に, 入口を, 其の人物, 其隣の, 冬の, 十分に, 地方版は, 大部分, 女と, 嫂の, 孝次郎も, 孫の, 定子は, 家には, 家康も, 富岡は, 帰つて来, 平常の, 床の間の, 彼は, 念の, 怯びれた, 手に, 既にその, 明治以後は, 昨夜この, 杉夫も, 死人の, 波の, 泣いては, 然し島原, 燈台もと暗し, 玄関に, 球江の, 男は, 町屋の, 目を, 真帆子は, 眼だけは, 眼は, 祝五郎と, 私は, 空には, 表札には, 講義の, 電話を, 青年は

▼ ゐた~ (97, 0.3%)

4 くみは 3 光は 2 せいの, ぢいさん, 利代は, 柳が, 柳は, 梶は, 由は, 道が, 道は, 靜です

1 [70件] かみさんも, くみに, しのさんは, せいに, せいは斯う, せいは膝の, せきの, たあ, ちかは, つぎが, つぎの, つとりした子, べん, もちやの, 互の, 信さんの, 兼が, 内儀さんは, 医者さんで, 友達も, 吉と, 吉は, 君さんがけふ, 喋舌を, 妙の, 姉さんの, 巡さんの, 常さんが, 幾は, 文さんといふ, 春も, 時といふ, 滝と, 瀧は, 父様が, 猫さんと, 皆の, 直は, 祖母さまは, 祝ひを, 神さんは, 秋に, 粒が, 絹は, 經とも, 美代も, 芳が, 菊さんが, 菊さんと, 菊さんは, 菊ちやんが, 葉の, 蝶達だつた, 袖が, 近といふ, 連れの, 邸だ, 銀さんは, 阿彌陀様の, 露は, 靜は, 駒と, 駒に, 駒の, 駒も, 鳥が, 鳥に, 鳥の, 鶴さんといふ, 鶴坊が

▼ ゐた時代~ (89, 0.3%)

6 があつ 5 である 4 です 2 からどうか, のあつ, のこと, の楽しい, はない

1 [64件] がありました, がある, がかつ, が古く, が曾, が有, が氏自身, が空想, だから, だが, だつた, だつたの, だと, であります, ですから, でな, でも寧, で紀元, にはある, にはあれ, にはそんな, には春祭り, には無用, に一つ, に出来た, に戻, に書いた, に櫓太皷, に置い, に車曳, の, のはう, のイタリア語, の上野山, の人々, の先代馬琴, の友人, の固定, の境, の性格, の方, の日本画, の舞台, の落莫, の話, の連続, の青少年たち, の青臭い, の餘波, はいつ, はよかつ, はシキヰ, は仏蘭西, は女子, は悲壮喜劇, は春浪君, は相, は遠く, もある, も考へ, をその, を一番, を彼, を経

▼ ゐた~ (80, 0.3%)

7 がいい 6 がよかつ 4 がい, が好い 2 がまし, がまだ, がよい, がよから, が幾ら氣樂, ですね

1 [47件] が, がおもしろい, がからだ, がさばさば, がずつとい, がずつと嬉しい, がときまり, がどの, がどれ位心, がどんなに, がねえ, がまだしも, がもらふ, がよく, がよっぽど, がよつ, がよろし, がわれわれ, がマシ, が万事, が仕合, が体, が便利, が僕, が可, が多い, が好から, が安全, が得, が氣, が無事, が私, が租税, が第, が自分, が貴方, が都合, が都合がい, が雜誌, が面白い, が順當, だと, であらう, なんで, の男, は小使部屋, よ

▼ ゐたとき~ (79, 0.3%)

4 のこと 3 だつた 2 であつ, である, と同じ, の事, の子, の芥川, の話

1 [58件] いくらか本格的, から君, から教育, が一番幸福, この時, すでに知つたの, だ, だから, であるが, でさ, などは寂しい, に, にあそこ, にいつも, にこんな, にはおやすみ, にはそこ, にはもう, にはよく, には感覺, には懸垂, にほか, にも彼女, に一人あちら, に一番母胎, に死んだ, に池ノ端, に私, に突然, に終日少年, に義ちやん, に芥川, に親し, に通りがかり, に離座敷, のやう, の剛, の家, の心持, の思ひ, の熱情, の父親, の癖, は幸福, は毎夕, は私, は葛子, は音楽会, ふいに, もこの, もこれ, よりは腹, よりは賑やか, よりも押入, より以上, 不圖有島さん, 今にも大きな, 或日

▼ ゐた~ (77, 0.3%)

2 といふもの, のこと, の一人, の人

1 [69件] かも知れない, が, がい, がこつ, がそれ, がちよ, がなん, が云, が向き, が巣, が村, が私, が続け, が跣足, だ, だが, だけども, だとかで, であつ, であらう, でありながら, でありました, であり今, である, であるジエィン・エア, である而, でその, でもなけれ, と夜逃げ, と死別, と逢, なの, なので, にお上, にも似ず, にも棄てられた, のあはれさ, のひと, のやう, の人ぢ, の冠, の名, の唇, の固い, の感情, の手紙, の概念, の気まま, の爲め, の記憶, の靴音, はその, はひ, は余りに, は此三人, は氣, は派手, は相, は言, は身, もこいつ, やいふ, よりさき, をこんな, をつれ, をやつ, を何, を呼ん, 突然貴方

▼ ゐた自分~ (75, 0.3%)

4 の姿 2 のこと

1 [69件] から不意, があまりに, がいま, がこれから, が今, が可, が少し, が彼女, が悔いられた, が清親, が社会, が返, が馬鹿, だが, といふもの, と豫科, などは回想, にさ, に気, に気がつく, に気付いた, のあさまし, のずる, のもうろく, の上衣全部, の下駄, の女, の少年時代, の幼い, の心, の心持, の意識, の手, の持物, の機械, の氣持, の涙嚢, の疑, の眼, の着物, の瞳, の短歌, の罪, の考, の肌, の話し相手, はいざ, はこの, はさ, はさまざま, はその, はまた, はよく, はビツクリ, は他人ごと, は演奏, は豆腐屋, をその, をまざまざ, を不思議, を叱る, を思ひ出し, を無, を甘やかし, を自分, を見出した, を見出す, を馬鹿, を驚嘆

▼ ゐた~ (69, 0.2%)

3 がある, もあつ 2 があつ, だと, のやう, はなかつた, は卒直, は誰

1 [51件] が, が一同, が一盃, が一道, が二人, が今日, が他, が出, が去, が喋る, が手, が暫く, が突然, が萎び, が飛込んだ, だつたが, であらう, である, でないと, で外, として極めて, とは話合, と結婚, なの, には無理, にも氣, に取られ, の十中, の死, の殆どすべて, の習慣的, はその, はみんな恐怖, は一ぺん, は不審, は心して, は思はず, は急い, は皆, は直ぐ, ばかりだ, までが余り, もだんだんに, もゐた, も周圍, も多い, も少なく, も絶無, をも驚かした, 或は懐疑的, 然るに漸

▼ ゐた時分~ (68, 0.2%)

6 のこと 4 の事 2 である, にはあんまり, は夢

1 [52件] ある會, からの草津, から家, から心がけ, から此, から母, から逐次, さるやんごとなき, その時分, だから, だが, だつた, だつて, であつ, で帰る, で競馬場あと, と今, になつて, にはきわめて, にはこんな, にはひま, には二宮尊徳, には土地, には屡々, には帰る, には會話, には甲府盆地, には私, にほら, に対する回想, に忘れ, に親しんだ, に近世, のやう, の代, の友達, の平岡, の持説, の方, の昔, の気, の生活, の詠草, は同級, は手軽, は醫學, よ, 或はその後, 或る, 戴いたん, 折々わたくし, 持つて

▼ ゐたかと~ (67, 0.2%)

18 思ふと 6 いふと 3 云ふ, 云ふこ, 思はれる, 思ふ 2 いひますと, 云ふと, 思へば, 言ふ

1 [23件] おわらひで, めづらしく思ひ, 云へば, 反省せず, 問うた, 彼は, 思つたのも, 思はれますが, 思はれるほどの, 思はれるやう, 思はれる竜宮滞在, 思はれる節々, 思ふうち, 思ふの, 思ふほど, 愈々勢, 朦朧として, 考へて, 考へると, 言ふと, 訊いて, 訊く, 迂遠に

▼ ゐたため~ (62, 0.2%)

6 であらう 3 でもあらう 2 にさ, にその, に私

1 [47件] かも知れぬ, か上氣, か泰西, しがないね, しがないので, だらう, であつ, であります, である, であること, ではない, ではなかつた, ではなかつたらしい, ではなから, では無論, でもあります, とまた, どうかする, なの, に, にい, にそれ, にやう, にナポレオン, に一つ, に何となく, に何人, に古典研究者, に同行, に心ならずも, に急, に日本, に歩行困難, に毎日毎日, に無論, に稽古, に立ちおくれ, に薄れ, に行く, に諸方, に追, に馬, の不幸, 出そびれて, 助かつ, 少し遲, 開いた胸

▼ ゐた~ (62, 0.2%)

1 [62件] あらゆる学科, が為合せ, その車輪, にいつのまにか, にか或は, にその, にでせう, にねエアさん, にも二人, にフェアファックス夫人, にモロツコ, に一方, に二度, に先方, に勞務者, に度々, に戦場, に此方, に氏, に洋館, に滄桑, に生れた, に私, に羽左衛門, に見つけない, に覚えた, に詠んだ, に誰, に起つた, のこと, のその, の不満, の世界, の事, の働き, の出來事, の年月, の最後, の経歴, の菓子店, の話, の身, の霞亭, は, はそれ程, は僅, は可, は同時に, は寧, は平八郎, は源之助, は短く, は私, は能, は藝術意識, は長, もかなり, もずつと通譯, もドイツ, 丁度彼女, 取つた金, 始終附い

▼ ゐたあの~ (59, 0.2%)

2 不思議な, 匂が, 特有の

1 [53件] すき透つた青い, にくらしいほど, ほほえましさ, グレイス・プウルに, ヤンが, 人さ, 健康な, 冷静な, 卑怯な, 博物学者に, 国へ, 執念の, 女で, 好い祖母, 姿は, 娘が, 娘と, 娘の, 小壺, 小猫, 川原に, 常盤座の, 御秘蔵, 持論でした, 敷物も, 日本娘は, 昔恐れた, 時分の, 時分は, 晩の, 月見草は, 本堂の, 李太白の, 東京の, 横着き, 気持ちに, 浅黄木綿で, 浮標の, 温床は, 濡れ仏である, 烈しい憎しみ, 男で, 男の, 目つきを, 穂高の, 美しい娘, 肖像画を, 若者が, 藜の, 遙かな, 青年で, 頃, 頃の

▼ ゐたとは~ (53, 0.2%)

6 云へ 2 思はれない

1 [45件] いかなる前時代, いへ, いへあんな, いへその, いへ同じ, いへ布団, いへ彼自身, いへ潮, いへ長い, いへ非常, とんだ熊谷蓮, どうしても考へられない, どうも思はれない, どう考へ, 云ふも, 信じられぬ, 判事にも, 単純に, 思はない, 思はないまた, 思はぬ, 思はれぬ, 思ひません, 思ひませんでしたよ, 思ひも, 思へない, 思へなかつた, 恐しい, 想像し, 書いてない, 殆ん, 氣が, 申せ歴代, 知らなかつた, 私たち安寿厨子王の, 考へられず若し, 考へられないが, 聞いて, 自分ながら, 言うて, 言はれない, 言ひました, 誰しも, 謂へ, 過去の

▼ ゐたこの~ (46, 0.2%)

2 ぼんやりと

1 [44件] すぐれた画家, だ, ショパン論を, 二三年以来, 二升庵は, 作を, 作者が, 作者は, 六畳の, 医者とも, 友人の, 品混は, 女は, 女学校の, 妾も, 學校の, 家を, 年つ, 建物を, 愛鷹山には, 批評を, 政治家は, 新聞にと, 旧い友達, 書物の, 月日が, 望楼は, 木が, 材料についての, 機會を, 水郷の, 液體を, 町では, 私が, 種の, 老人は, 花である, 茶店まで, 薄命な, 藏の, 連歌師の, 部屋の, 隨筆を, 風景を

▼ ゐた~ (46, 0.2%)

35 やない 7 やありません 1 や, やあ, やア, や無い

▼ ゐた~ (45, 0.2%)

4 であつ 3 である 2 だと, には長い, へこの, へ幸ひと二人

1 [30件] から他, から生じた, がにはか, がやはり, だ, だから, ださうで小ぎれい, だつた, だつたの, だよ, で, ですが, で其處, で大, と大差, には昨夕彼, にわざわざ, のマアシヤ, の榛軒詩存, の系図, はその, は只, は此処, へ以, へ堀, へ思ひ, をも一度なんと, をやられた, を言, を飛出し

▼ ゐた一人~ (44, 0.1%)

2 だつた, の女, の男

1 [38件] が, がいつの間にか, がぎこち, がその, がそれ, がふい, が一本残つて, が云, が午後, が急, が急い, が突きつめた, が立てつづけ, だけ友達, でありました, である, では, なので, のおし, のせい, の兵士, の助手, の受刑者, の女性, の娘, の娘さん, の婆さん, の学僕, の少女, の少年, の汚, の漁師, の給仕, の老婆, の耳, の若い, の記者, の軍医

▼ ゐた人々~ (42, 0.1%)

1 [42件] あるひ, が, がその, が一斉, が今, が強力, くさりすべて, である, なの, にかう話した, にそれ, に別れ, に君, に宛てた, に對, に祝福, の上, の仲間, の声, の心, の悪意, の話, の間, はす, はその, はちら, はふと, はみな, はみんな其處, は不安, は多く芸術, は室生君, は新聞, は種々, は答, もその, もゐた, も一齊, も三々五々, も去つ, も思はず, も繋い

▼ ゐた~ (42, 0.1%)

3 がある

1 [39件] があつ, が多く, が大, が潰れた, そしてリヴィングストーン, だつた, でも時間, といふの, には二階, には生意気, にも風呂桶, に今, に急, のあたり, のはう, のもの, の中, の主人三宅典膳, の人達, の令孃, の前, の女, の庭, の方, の竹藪, の者, の薄汚い, の門番, の隣, の隣り, はこの, は女, へ歸つて來, もある, もその, らしく見えたが, を竪, を訪問, を追

▼ ゐたにも~ (41, 0.1%)

8 関はらず 6 係はらず 2 關らず

1 [25件] せよ今, せよ嘗て, せよ本質的, せよ社会現象, せよ馴れ過ぎた天, 係らず子供, 拘はらずこれ, 拘はらず仏訳, 拘はらず如何に, 拘はらず次, 拘はらず残り, 拘はらず突然, 拘はらず続々, 拘はらず遂に, 拘らずその, 拘らずぢ, 拘らずへた, 拘らず努力, 拘らず急, 拘らず教父, 拘らず爽やか, 拘らず私, 拘らず紙上, 拘らず能, 関らず

▼ ゐた二人~ (41, 0.1%)

3 の女, の男 2 の大きな, の少女

1 [31件] がちらりと, が急, が次に, の下手間, の仲, の会社員, の作家, の侍, の友バルベイ・ドオルヴィリ, の奥さん, の姿, の娘, の島民水夫, の弟たち, の心, の揃い, の氷島人, の相客, の老, の間, の露西亜女, はその, は何時の間にか, は出来, は子供達, は杉原平助, は行き, は顔, は馬車, もなんだか, も濱田太左衞門

▼ ゐた~ (41, 0.1%)

5 であらう 2 であつ, である

1 [32件] かこれ, かその, か其頃南区二つ井戸, か彼女, すぐ後, でもあらう, といふべきで, と云, にそのほんの, にやつ, に一体河童, に一夜づまと言, に中世武家盛ん, に二三ヶ所, に容易, に少し, に平安朝, に後世, に文学者たち, に此寿詞, に歩き, に段々, に献, に生じた, に蛇ひれ, に表情言語, に誰, に邑落生活, の名, もある, 書きとめて, 生き詮

▼ ゐた若い~ (41, 0.1%)

2 男の, 男は

1 [37件] おかみさんが, お孃さん, 一人の, 保姆の, 傑れた, 友達を, 叔父は, 士官達, 女の, 女を, 女性が, 娘が, 娘達は, 学生は, 家政婦の, 将校連も, 小間使が, 巡査は, 役者たちが, 御用聞の, 方の, 旺んな, 時分柳里恭の, 男が, 男女の, 留學生, 紳士が, 職員の, 藝者や, 詩人たちへの, 警官は, 踊子や, 逞ましい, 連中からは, 頃から, 頃の, 魂に

▼ ゐたそれ~ (38, 0.1%)

2 がまた, ばかりで

1 [34件] が一つ, が今日, が來たん, が偶然針金, が東北, が洪水, が繪, だけのこと, だのにと, にはいかなる, にはなん, にもか, に入場, に就い, のやう, はいつ, はしよう, はもう, は一国, は今年, は店, は後, は死, は狂う, は獅子, は直ちに, は若い女らしい, は郷倉氏, も眩, をさす, を幾, を蛇, を見たら, 故他

▼ ゐただけ~ (37, 0.1%)

5 だつた 4 です 3 であ 2 だ, でその, では, なの

1 [17件] きれいさつ, それだけお, だつたの, だよ, ぢや, である, である洪水, でした, で他, で加特力教, で心張棒, で文化, で村, で詳しい, 同門婦人の, 広場の, 気が

▼ ゐた~ (36, 0.1%)

2 がない, には

1 [32件] が三十日, が幾度, が數, が追, が陰つて, であ, ででも, なので, にはそれ, にはとても, にはどこ, にはどんな, にはまた, には体, には後, には末始終, には江戸, には退屈, には馬鹿らしく, にやもう, にやア, にや人間, にや俺達, にや火星, にや膽, に止む, のささ濁り, の夜, の限り, はち, は僅, もそろ

▼ ゐたかを~ (35, 0.1%)

2 知つてゐる, 見得る

1 [31件] おまへは, くどくどと, ちやんと, まざ, 云々する, 今こそ, 今思ひ出す, 伝へては, 同日に, 少しお知らせ, 御存知で, 忘れること, 思はしめるが, 悟つた時, 探究する, 疑つたが, 知つてゐ, 知らなかつた, 知りたいだけの, 知り得ると, 知ること, 知るの, 示さむがため, 示すもの, 窺ひ得られる, 考へれば, 見ようと, 見れば, 証するもの, 話したい, 調べるには

▼ ゐた~ (35, 0.1%)

65 だが, です 3 だよ 2 だから, だけど, ですが, ですけど 1 でこんな, ですい, ですがね, で吃驚, で安心, で少し, で早い, で違ふん

▼ ゐた~ (33, 0.1%)

1 [33件] る上級生, る世界, る人, る偶然性, る商店, る女, る小, る層, る山奥, る日, る日本通, る時, る書肆, る村, る用件, る男, る百姓, る禮拜堂, る私, る若い, る部隊, る高貴, 名高い漢学者, 外国婦人が, 女の, 女人の, 工場にも, 弁護士などは, 日の, 日一人の, 本の, 物が, 男やもめの

▼ ゐた~ (33, 0.1%)

9 である 43 であつ

1 [17件] だが, だった, で男の子, なそんな, な不快, な人, な張合, な気, に元, に思はれます, に椅子, に称せられる, に見えたった, に見える, に言, に説く, はよく

▼ ゐた樣子~ (33, 0.1%)

15 です 3 でしたが 2 でした

1 [13件] が絹子, だ, だから, だつた, で, であつ, でございます, ですが, でたいへん, で昨夜宵, で裏木戸, で饒舌, はなかつた

▼ ゐた~ (33, 0.1%)

1 [33件] が, がさうする, がその, がた, がふと, が云, が今度, が入, が別人, が寢床, が思ひ, が振り返, が振り返つ, が私, である, にとつ, にまで裏切られた, に君, に話しかけた, のお, の傍, の姿, の實家, の死, の眼, の言葉, の顏, は左, は怪訝さうに少年, は突然, は自動車, を送, 広い屋敷

▼ ゐたかの~ (32, 0.1%)

12 やうに 5 やうな 2 女の, 樣に

1 [11件] やうだつた, やうで, やうである, ように, 人物でも, 女は, 如くちやう, 如く勿體振つて, 感が, 様に, 様子は

▼ ゐたところが~ (32, 0.1%)

1 [32件] ぐつすりとおやすみぢや仕方が, ここへ, このごろに, その人, その彼, その時彼, それが, だいぶ経つ, つい先頃鼬, にはか, やがて隣り, やつと, やはり彼等, 丁度その, 二三日前に, 二人は, 例の, 少し内幕, 或日庭先, 為事場に, 猿達を, 百貨店の, 直ぐ左手, 私には, 突然草花, 総攻撃, 翌日の, 計らずも, 近く私は, 選ばれた山犬閣下, 間もなく同じ, 鬼柳の

▼ ゐたとしても~ (32, 0.1%)

1 [32件] あの白い, かうして, しかし彼等, ずゐぶん, その作品, その悪い, その描寫, それが, それを, なほかつ, まだいくら, 三十年ゐた, 中心と, 内地の, 到底その, 大將, 子供は, 家持の, 山陽が, 彼は, 彼女の, 必しも, 必ずしも大, 志村と, 恐らくそいつ, 既に国, 更にまた奥まつた, 櫛紙香料の, 神を, 致し方の, 要するに一介, 誰も

▼ ゐた連中~ (32, 0.1%)

2 の一人

1 [30件] が, がそれ, がそれぞれ, が今日さ, が多, が忙しく, が慌て, が皆, が突然, が繁, が自分, である, でこの, で検査, なん, にや別人, の姿, は, はいつ, はみんな懐中, はみんな講堂, は一勢, は一瞬厳粛, は慌ただしく, は誰, もやつ, もバタバタ, も一つ, らしいと, 殊に大きな

▼ ゐた~ (31, 0.1%)

2 の頭

1 [29件] が急, であるが, に, には如何にも, にもちよ, に一つ, のうしろ, の丁度, の光, の前, の小説, の後任者, の涯, の胸, の膝, の苦痛, はさ, はなに, は初め, は忽ち, は思はず, は野景, は馬鹿, も, をすばやく, をみ, を十年前, を彼, を見出し

▼ ゐた彼女~ (31, 0.1%)

2 の夫, はそれ

1 [27件] が, がちやう, にとつて, のあらゆる, の一番, の兩親, の前, の姿, の影絵, の日記, の様子, の父親, の耳, の足, の面影, の頭, はただ, は傍, は十四日目, は容貌, は急, は眼, は突然なにか, は遂に, もまた, をあと, を見

▼ ゐたころ~ (30, 0.1%)

4 のこと

1 [26件] からそれ, から見る, それでも太陽, だが, だつた, だね, である, でもまだ, で中中, で親しい, にその, には良心, にも清水, のやう, の写生, の卓一, の彼, の思ひ, の東京, の東奔西走, の深川, の鴎外, は, は人間, 同じ師範, 幼い香川

▼ ゐたばかり~ (30, 0.1%)

4 である 2 だつた, であつ, でなく, でなくその, でなく国道沿線

1 [16件] だつたせゐか, だといふ, です, でなくこころ, でなく女, でなく寝床, でなく將來, でなく庭石, でなく当時, でなく春夏秋冬, でなく生れつき華美好み, でなく盛子, でなく自分, でなし, では, で無い何時

▼ ゐた~ (29, 0.1%)

3 を離し 2 である, の肘, をやめ, を離す

1 [18件] から湿, が自由, が高麗橋, で美緒, で雜巾, に力, の指先, も手頸, をちよ, をはなし, をぴたり, をふと, を下した, を出し, を柁機, を止め, を白い, を緩めた

▼ ゐたものの~ (28, 0.1%)

2 彼の

1 [26件] いつたいどんな, この房一, すべてでは, そこには, それでは説明, それも, つひぞ気, ところどころ粗い, まだあの, まだ見た, 何か, 元より, 凡てを, 名を, 壮厳さが, 巨き, 度胸の, 手なれた丁寧さ, 死骸な, 濱町といふ, 爆聲を, 眼が, 自分の, 記憶を, 近頃は, 黄ばんだ羽根さ

▼ ゐたもん~ (28, 0.1%)

7 だから 3 ですから 2 です

1 [16件] だ, だがな, だつて言, だと, だとのう, だよ, だらう, ですからね, ですが, でねえか, で上原さ寄つて, で早速, には新鮮, の和服姿, の所書き, は自分

▼ ゐた~ (28, 0.1%)

2 がその, の膝, はわが子

1 [22件] が, がむつくり頭, が四十, が起き, と杉野子爵, にこの, に書き送, のもと, の前, の姿, の幻, の留守, の目, の顏色, はどう, は大助, は手, は死んだ, は眼, は突然, や兄, より余程

▼ ゐた子供~ (27, 0.1%)

2 にこの, の頃

1 [23件] が, がだ, が掻き消す, が溝, が無心, が眼, でありこの, のこと, のやう, の処置, の従者, の母親, の百姓, はあれ, はなかつた, は馬, も一寸, も下り, も同類, や私, らしい想像, をいたはらず, を始めて

▼ ゐたんぢ~ (26, 0.1%)

6 やない 3 や無い 2 やかな, やね

1 [13件] あありません, やおそかれ早かれ, やこれ, やそれ, やなんど, ややり切れない, やらう, やわからない, や仕様, や何時, や俺, や幾ら, や意味

▼ ゐたんで~ (25, 0.1%)

11 せう 2 せうが, せうね 1 あらう, せうか, せうよ, それも, もうちやん, 何んにも, 僕は, 兄さんにや, 後継者の, 診なほし

▼ ゐた人間~ (25, 0.1%)

2 だつたこと

1 [23件] がいま, が己, が新, が石器, が芥川, が集めた, だと, だよ, でさ, でなければ, になります, に會つて, に逢つて, のある, の一人, の体, の優越感, の名前, の浮かれ, はわれ, は日本, までが戀, を片

▼ ゐた~ (24, 0.1%)

1 [24件] がそこ, がだ, がやがて, がゆるみ, が俄, が次第に, が目, が頼り, とからだ, に動搖, に自然, の平和, の状態, の自由, はうるほひ, は弛んでしまつ, は次第に, は空腹, は緩和薬, は蘇り, も公判, をしつとり, を自由, を軽く

▼ ゐた~ (24, 0.1%)

4 であつ 3 であるが 2 である

1 [15件] だ, だが, である事, ですが, な不快, な事件, な張合, な氣, な調和, な靜, に, にぼつとり, に椅子, に聞え, に酒類

▼ ゐた~ (24, 0.1%)

2 をふと

1 [22件] がぐら, には印象派, をあけ, をあげた, をいた, をしば, をば稻妻, をぱつちりあけて, をひらいた, をやや, を一層, を二三度続けざま, を双方, を急, を挙げ, を挙げました, を木, を落し, を軽く, を逸らす, を開いた, を開く

▼ ゐたかといふ~ (23, 0.1%)

5 ことが 4 ことを 2 ことに, ことは, やうな 1 ことについて, ことについては, ことまでも, ことも, 事に, 悲しい事実, 点を, 經濟面の

▼ ゐたつけ~ (23, 0.1%)

542

1 [12件] か, がいつも, がその, がそれ, がね, がやつぱり言, がドストエフスキイ, が彼女, が感情, そのお婆さん, その日, なあ

▼ ゐた矢先~ (22, 0.1%)

3 だつたので, であつ 2 だつたの

1 [14件] きさ, きで頭脳, きなので, だから, であ, でございましたので, でもあつ, で我々, なので, にさつき細君, にふと, に母, のこと, 或る

▼ ゐたそして~ (21, 0.1%)

1 [21件] この女, すべてこれ等の, その影, それを, なにか, やうやくかう, 今は, 何はなくとも私, 又何物, 小説家としては, 平静だつた, 彼が, 彼の, 枯葉は, 極く, 狡る, 矢張り私の, 話した後, 話は, 震へて, 龍然

▼ ゐた~ (21, 0.1%)

4 であつ 3 だつた 2 である, です 1 だから, であり又, でなくつまらぬと, では, でも, なの, に恐ろしく, の廃墟, の硬派, 叔父が

▼ ゐた言葉~ (21, 0.1%)

1 [21件] がある, が一つ, が今, が咽喉, だ, だけを言, だと, であつ, でいろんな, で相当, にだ, に同感, に対する関心, のなか, の様, の飾り, を交ぜ, を何だか, を使, を思ひ出し, を思ひ出した

▼ ゐたかは~ (20, 0.1%)

1 [20件] ここに, これらの, しばらく措く, どうも思ひ出せない, わかり易からぬ, 今更ここ, 大抵推察, 少年には, 彼の, 悟空自身にも, 想像する, 想像に, 殆ど知る, 知らない, 知らないが, 知る由, 私の, 粗雑な, 細川家の, 追分宿

▼ ゐた主人~ (20, 0.1%)

1 [20件] から暇, がこの, が歸, が私, が自転車, が近頃, と十一月二十日發行, と呼ばれる, に, に近づい, の一蔵, の幸右衞門ぢ, の気持, の萬兵衞, の重三郎, の金兵衞, は, はそれ, はふと, は家鴨料理

▼ ゐた場所~ (20, 0.1%)

1 [20件] がもう, である, では誰, でドスン, でブラン, なのよ, にもはや, に俺, に帰, に座, に戻つ, に掛ける, に落ち, は場内, は岸, は無, は肩, をそつ, を言, を道臣

▼ ゐた~ (20, 0.1%)

3 からで 2 からはじめて, から突然

1 [13件] からだつた, からでした, からはからずも, から何, から私, だつたので, であるから, でも, なので, のこと, の事, の気持, へ翁

▼ ゐた~ (20, 0.1%)

1 [20件] からの伝統, がな, しを, に比べる, のこと, の事, の人, の俳人, の創, の北山, の君, の少女, の村, の苦しい, の記憶, の話, の道楽医学生, は人間, をなつかし, を歴々

▼ ゐた~ (20, 0.1%)

1 [20件] から恐らくは, がきた, が思ひ, だらうと, なの, に気がつい, は外, は必ずしも, をひろげ, を取り上げた, を古本屋, を引繰, を机, を總, を讀んだ, を道ばた, を閉, を顔, 來の, 弐冊を

▼ ゐたとも~ (19, 0.1%)

2 いへるし, 云へる

1 [15件] いふと, いへる, 云へ, 後日に, 思はれず猶, 思はれないが, 思はれる人, 思へずお, 書かれて, 極らぬ, 考へられない, 見られ或は, 言ひます, 言へ, 謂へる

▼ ゐたほど~ (19, 0.1%)

4 だつた, であつ 3 である 1 だし, でございまして, でした, 劇しい, 心境が, 死に, 由緒の, 長く姿

▼ ゐた人達~ (19, 0.1%)

1 [19件] があつ, がう, がばたばた, なの, に殆ど, のあつ, の多く, の手伝, の跡, はみな手, は一人, は一人下り二人, は今, は何時, は外, は少く, は皆, は皆口々, もその後敗血症

▼ ゐた~ (19, 0.1%)

1 [19件] 地主騎兵隊に, 地震の, 女が, 工業都市の, 村落を, 欅まで, 氣が, 流行の, 海人が, 海人は, 海人も, 狸なら, 破裂がたうとう, 納言家慶と, 紙屋は, 膽さを, 銀杏焼け, 鑿で, 門外の

▼ ゐた青年~ (19, 0.1%)

2 の心, は此

1 [15件] から邪魔物扱, が, がつと, がむつくり, が初めて, が自分, が驚い, だったが, なの, は, はふと, は即死, は又, は憤然, は漸

▼ ゐた~ (18, 0.1%)

16 うだつた 1 うだつたさうでございます, きもの

▼ ゐた~ (18, 0.1%)

1 [18件] を感じた, ポインタ種の, 主人又, 仏蘭西人が, 俳諧師の, 僧は, 僧夫婦と, 先輩に, 坊守りとともに, 夫人に, 婦人と, 婦人の, 宣教師ブレルスフォードの, 梅は, 梅も, 水夫等は, 紳士, 藝者が

▼ ゐた通り~ (18, 0.1%)

2 である

1 [16件] あの娘, お蝶さん, だが, だつた, であった, にまつたく, に樹明君来庵, に生き, のお金蔵, の位置, の単純, の氣候, の皮肉味, の見物人, を撮つ, 直ぐ札幌

▼ ゐた~ (18, 0.1%)

3 を上げ 2 の毛, を挙げ

1 [11件] が何となく, が急, に少し, の中, の禿, をだ, を右, を掉つて不思議, を擧げ, を更ら, を見つけられ

▼ ゐたとか~ (17, 0.1%)

2 云ふ

1 [15件] これからは, で下水, で調子, 云つてそれで, 何かが, 別々に, 得て, 患者が, 愉快な, 気が, 簡単に, 言ふ, 證文なし, 貶して, 露骨な

▼ ゐた~ (17, 0.1%)

2 が不意

1 [15件] が, が僕, が朝, とその, と共に歩い, のマリネツト, の形, の花子, は, はかう, は縁側, も今, も我慢, も斯, を其処

▼ ゐた~ (17, 0.1%)

1 [17件] がこの, が急い, ださうだが, ださうでまだ, としての自分, と共々, に飛び掛, のお, の一人, の子達, の立去つた, の頬, は名, は来ずなり, もそこら, も逃げた, を訪ね

▼ ゐた~ (17, 0.1%)

2 にかう

1 [15件] その眼, で, であるから, で大股, で思ひ出した, で房一, に今, に前段, に逸子, に銘々自分, に青山, のこと, の夥しい, また來, 再び京都

▼ ゐたくら~ (16, 0.1%)

5 ゐで 3 ゐだ, ゐだから, ゐである 1 ゐだつたの, ゐですから

▼ ゐただけに~ (16, 0.1%)

1 [16件] いま戻, この急激, ちよつと, ゆき子は, 事は, 二人とも, 先生の, 妊婦である, 宗助は, 彼は, 心は, 我儘が, 文学としての, 松蔵氏は, 興味を, 諦めが

▼ ゐた~ (16, 0.1%)

2 にその

1 [14件] で横寺町, にあの, に先刻三鞭酒, に八九歳, に又, に女, に拮屈, に政府, に滿堂, に袋中, に近頃, の事, の学校, を渉つて行つた

▼ ゐた~ (16, 0.1%)

3 の娘

1 [13件] がいくら, がない, しは, の島民巡警, の溪流, の花, の間部福子, の鳥, は元禄四年, は沢山, もある, をひい, を思ひ出し

▼ ゐた母親~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] がみたて, が夜, だつたの, と娘, と義理, と違つて, には凡て, の姿, はいく分, はふと, は何時, は孝一郎, は養母, を横浜

▼ ゐた~ (16, 0.1%)

1 [16件] から白い, から陽, がやうやう, が俄, が午後, が夜, が昼, と對, になつ, には圓蓋, の下, はその, はやがてまた, は曇つて, は次第に, もいつか

▼ ゐた芥川~ (16, 0.1%)

1 [16件] からスクキテクレ, がクソ, が死し, であつ, と宇野, に宛て, に招, の, のスクキテクレアクタカワ, の句, の姿, の氣持, の漁樵問答, の苦惱, は, は僕

▼ ゐた~ (16, 0.1%)

1 [16件] があた, がやがて悠然と, がサツ, が急, が眼, だつたの, とは全く, も手, をその, を上げ, を上げた, を二人, を再び, を剃り, を怠, を急

▼ ゐたつて~ (15, 0.1%)

2 いふん, し樣, ね 1 いいぢ, から馬場, はじまりませんよ, も何, わかるよ, 仕樣, 判るもの, 好いこと, 好いぢ

▼ ゐた~ (15, 0.1%)

3 だつた 2 だつたが, でまた, のもの 1 であつ, であります, である, なので, の知識, ゐだつた

▼ ゐた大きな~ (15, 0.1%)

2 壺や

1 [13件] シヤポオ・クラツクを, ヤツトコで, 圍爐裏が, 寢殿造の, 役割を, 掛軸の, 柱の, 森をも, 衣嚢の, 要素に, 雲が, 青銅の, 鮎が

▼ ゐた~ (15, 0.1%)

2 の一人

1 [13件] がぷつつり, が云, が目, に話しかけた, のなか, はあがる, はその, はそれ, は本店, は浪花節, は皆, は議院, を二階

▼ ゐた彼等~ (15, 0.1%)

1 [15件] である, にとつ, に幸福, のうち, の子供, の沈黙, の髯, はその, は晝, は最も, は東京, は毛皮, は翁, は遥か, は順順

▼ ゐた~ (15, 0.1%)

3 なので 2 だつた 1 であつ, でした, で冷, のもの, は渡, へ丁度, へ健次さん, をこちら, を例, を先

▼ ゐたからと~ (14, 0.0%)

5 いつて 1 いふ訳, お芳, 云つて人間の, 言つた, 言つて私は, 言へ, 言付けた, 謂へ, 謂ツて

▼ ゐただけの~ (14, 0.0%)

1 [14件] お前が, ことかも, ことだ, ことで, ことを, こと実は, やうでした, 事, 事かも, 事でした, 事な, 話だ, 話で, 金を

▼ ゐた~ (14, 0.0%)

2 なので

1 [12件] いつしか時, からさし当り切支丹, だ, であるが, です, でね, なども善く, へいつぞや, へ兄瑞仙, へ華尾, もある, も先日

▼ ゐた~ (14, 0.0%)

4 の人達 1 から町, でも見た, で夜ごと, で沿道, のこれこれ, のずつと西方, の人, の家, の連中, の顔役

▼ ゐた~ (14, 0.0%)

2 である, ではない, ではなかつた, でもない 1 がやう, だ, だが, だつた, でございます, なの

▼ ゐた~ (14, 0.0%)

2 の日

1 [12件] が來, が又, が夕方, が昨夜, が烈しく, が笹, だのに, の中, の止みかけた, の空, は再び, は外

▼ ゐたはず~ (13, 0.0%)

4 である 3 だが 1 だつた, であらう, では, なの, の妻, の階下

▼ ゐたひと~ (13, 0.0%)

2 もございました

1 [11件] がある, だけに気丈夫, ですねえ, で妹, とも思はれぬ, なの, なン, に見捨てられた, は, びとは, もあつ

▼ ゐた~ (13, 0.0%)

1 [13件] ばさんは, ばさんらしい, ほほお, り, りが, りであつ, りでそれ, りに, りの, りも, り云々, 幸, 聞いたの

▼ ゐた八五郎~ (13, 0.0%)

1 [13件] がむんずと, が夢中, が梯子, が飛, です, とお, に押, の顏, は平次, は腐つた, までが全身紅, をす, を呼びました

▼ ゐた~ (13, 0.0%)

2 だ, はなかつた 1 があつ, が實, が次, だがね, なん, に違, の口, の死骸, はどう

▼ ゐた小さな~ (13, 0.0%)

2 子供らは

1 [11件] おちんこ, 仕事を, 佛像を, 女の童は, 妖女たちは, 姪の, 接木細工の, 池の, 犬達が, 雛妓が, 雛菊の

▼ ゐた~ (13, 0.0%)

1 [13件] から水, が今, が日, が色色, のお, の側面, の國信州, の峽, の巖, の雨, は今, は悉く, を下り

▼ ゐた平次~ (13, 0.0%)

1 [13件] がクルリ, の神算鬼謀, は, はお, はこの, は口小言, は早速, は膽, は起き上がる, は默つて其處, もその, も眼, 間もなく味噌汁

▼ ゐた~ (13, 0.0%)

2 縁の

1 [11件] 一族の, 亭主の, 様子で, 母子の, 眼の, 神樂の, 米が, 米は, 米も, 米を, 綱柏を

▼ ゐた様子~ (13, 0.0%)

3 である 1 が見える, つたら, であるから, であるが, で次第に, で母, なの, にくらべ, は, も察せられる

▼ ゐた~ (13, 0.0%)

2 であつ

1 [11件] がまだ, が今目, が案外, と同じ, ばかりだ, も有りました, やはら, をあてた, をいふ, を外, を褒美

▼ ゐた~ (13, 0.0%)

3 である 2 だ, なの 1 です, ではありません, ではない, ではなかつた, で馬, なので

▼ ゐた証拠~ (13, 0.0%)

4 である 1 でありまた, なの, にする, になる, には, の貴重, は父, を一つ, を示し

▼ ゐた部屋~ (13, 0.0%)

1 [13件] だぜ, といふの, に入りました, に誰, のひとり, の前, の扉, の方, の窓, の縁側, も潰れ, をある, を見る

▼ ゐたくせ~ (12, 0.0%)

62 に今 1 にあんなに, に千恵, に本当は, に流し

▼ ゐた~ (12, 0.0%)

1 [12件] あれで, に身, ほんとに君, ウ, ウほかの, 何か, 何んにも, 八五郎は, 君の, 宿屋などでも, 櫓の, 私は

▼ ゐたわけぢ~ (12, 0.0%)

2 やある, やない, やなかつた 1 や, やありません, やございません, やなし, やねえ, や御座いません

▼ ゐた事実~ (12, 0.0%)

2 をまざ 1 があります, が明らか, である, に符合, はあります, は争, も説明, をつきとめる, を暴露, 歴然たるもの

▼ ゐた~ (12, 0.0%)

1 [12件] が歳子, のこと, のところ, の心, の方, の正雄, の生活, は云, は父, も父, や嫂, より先

▼ ゐた~ (12, 0.0%)

1 [12件] せんの, 供に, 供の, 供舟が, 偶像が, 光の, 劍は, 商人の, 徑は, 枝を, 箱を, 舍で

▼ ゐた手拭~ (12, 0.0%)

2 を上げた, を裂い 1 が眼, で頬被り, の端, はこんなに, ひを, をとる, を取, を拾

▼ ゐた美しい~ (12, 0.0%)

1 [12件] おとみ, ぱつちりした眼の, ものが, リリスである, 女に, 女優が, 嫋や, 山と, 彼女今は, 日曜日の, 自動車に, 顔も

▼ ゐたには~ (11, 0.0%)

2 違ひない, 違ひなかつた 1 ちが, とりは, ゐたが, ゐたに, 相違ない, 違ひなかつたらう, 違ひ無い

▼ ゐたもう~ (11, 0.0%)

4 一人の 3 一人は 1 一つの, 一カ月あまりその, 丁度二週間, 僕たちの

▼ ゐた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が急, が見る, とを解雇, に声, のなか, の姿, の横腹, は急, は房一, は體躯, を毎晩そこ

▼ ゐた~ (11, 0.0%)

5 では 1 けである, だ, である, でございます, でも, なの

▼ ゐた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がどの, が大切, で芥川家, のこれ, の主題, は芥川, もあります, をし, をした, を急, を聞い

▼ ゐた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が不意, が歩み, が驚い, に乘, の姿, の方, はこの, は御陵, もみち, も両, を一ぴき

▼ ゐた駿介~ (11, 0.0%)

1 [11件] が身, の二階, はその, はやや, は丁度, は思はずどきつ, は手足, は東, は毎日, は駒平, をこの

▼ ゐたある~ (10, 0.0%)

2 人が 1 ものを, ホテルの, 善良さが, 夏の, 安らかな, 男の, 知りあひが, 若い會社員

▼ ゐたつもり~ (10, 0.0%)

2 であつ, なの 1 だが, だつたが, だつたの, だつたらやつぱり母, である, の親爺

▼ ゐた仕事~ (10, 0.0%)

1 から自由, がそもそも, だつて, の表, もあつ, もさつ, もやつ, を思ひ出した, を止め, を間接的

▼ ゐた女中~ (10, 0.0%)

1 が噴きだし, である, なん, にわたくし, のしげ, の方, の顔, はおきん, は一人, は其方

▼ ゐた~ (10, 0.0%)

2 の許, もハンケチ 1 が正宗, であつ, のところ, の袖, は忙し, も真面目

▼ ゐた小さい~ (10, 0.0%)

1 じぶん私, 太郎は, 姫鏡臺も, 時計を, 蛙の, 蟻が, 袋の, 袋も, 鍼を, 革袋から

▼ ゐた最中~ (10, 0.0%)

1 だつた, だつたの, だつたのさ, であつ, なので, にこの, に不幸, に急病, に私, 突然沈鬱

▼ ゐた~ (10, 0.0%)

1 がいつの間にか, ぎしの, の上, の底, の水, の波, の渚, は山, は段々, を三日

▼ ゐた老人~ (10, 0.0%)

2 はこの 1 が二階, が自分, が言, はいかにもほくほく, は立ち止つた, は食事, まで極めて, を呑んでしまつ

▼ ゐた~ (10, 0.0%)

2 へが現, へが現実 1 が段々, へが突然, へである, への大いに, へはその, へ深い

▼ ゐたお前~ (9, 0.0%)

1 がどうして, が殺さなく, が突然, そのお前, には氣, の傍, の兄, の姉, の息

▼ ゐたけど~ (9, 0.0%)

1 この頃, ちつとも, もうかれこれ月末, 何を, 又お母さん, 恨んでなんか, 昨夜あたりは, 案外若い, 軍需会社の

▼ ゐたなんて~ (9, 0.0%)

2 段に 1 いふ殊勲, うそです, きつと, どうも知らぬ, どうも蟲, キザだ, 出合ひがしらに

▼ ゐたのみ~ (9, 0.0%)

3 である 1 だつた, であつ, で転んだこと, ならずただ, ならず斬り付けた当時, ならず皇室費

▼ ゐたほどの~ (9, 0.0%)

1 ことで, のびやかさを, 人でした, 人は, 喘ぎに, 大きな喜び, 淋しさ, 間柄だ, 間柄で

▼ ゐた人たち~ (9, 0.0%)

1 なので, には尠, の中, はむなしく, は多く, は猫, もそろそろ, もぞろ, も何

▼ ゐた~ (9, 0.0%)

1 かだつた, かの仕事, かの工場, かの翼, かの雑誌, かをガタン, か人間, といふこと, とかいふ草花

▼ ゐた其の~ (9, 0.0%)

1 一方の, 一群れの, 儘の, 外国人が, 女の, 時分の, 薄汚い窓掛, 間に, 頃は

▼ ゐた場合~ (9, 0.0%)

1 こんなこと, とを比べ, と水素瓦斯, にも空氣, に放たれた, の海螢, もあつ, もある, より海螢

▼ ゐた夫人~ (9, 0.0%)

1 に, の容子, の弟, の直感, の顔, は, はつと, は何, は痩せ

▼ ゐた姿~ (9, 0.0%)

2 が目 1 がわたし, とする, をさまざま, を三等, を思ひだし, を想, を見

▼ ゐた当時~ (9, 0.0%)

1 では粗末, にあ, の心事, の気, の私, の芝居者, の詩人達, の金沢, も下

▼ ゐた當時~ (9, 0.0%)

1 から志村, のこと, のリルケ自身, の僕, の彼, の或, の私, の自分, の青年たち

▼ ゐた~ (9, 0.0%)

21 がつい, が付い, に今, に到, に急, に私, は消え失せず

▼ ゐた~ (9, 0.0%)

1 がまた, に今日, に涙, をシヨボシヨボ斜視, を一寸, を太郎さん, を急, を見, を途中

▼ ゐた結果~ (9, 0.0%)

1 から來, から菊池氏なみ, であつ, であらう, であります, であり延, である, で眼前, に過ぎない

▼ ゐたかが~ (8, 0.0%)

1 お前には, よくわかり, わからうと, 分つて, 分る, 窺はれるであらう, 謎でも, 讀みとれるでは

▼ ゐたたまらない~ (8, 0.0%)

2 気持が 1 のでまた, わ, 思ひでございました, 思ひを, 気持で, 風だつた

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 ひき, ひぬ, ふこと, ふとも, ふに, へりとお, ぼろしの, んもす

▼ ゐたよりも~ (8, 0.0%)

1 はるかに, 偉大である, 売れる部数, 小綺麗である, 文芸に, 無邪氣, 苦しがりである, 近くに

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 で考へ, に一二本遲, に彼女, に郎女, の一人, の一篇, の何人, は元

▼ ゐた仲間~ (8, 0.0%)

1 から一せい, である, です, といふの, に処々, の三十位, は私, を呼び

▼ ゐた勝平~ (8, 0.0%)

2 の顔 1 にとつて, にも人間的, の心, は当, は烈しい, も相手

▼ ゐた叔父~ (8, 0.0%)

2 が人形町 1 である, に手, の噂, は札幌農学校, を思ひ出し, を隆造

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 に揺り起され, に死別, の留守, の薄給, の駒下駄, はさぞ, はそれ, は言

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 がやつ, が岡持, が戻, にいきなり, のアニマス, はすばしこく, は既に, を差し向け

▼ ゐた庄造~ (8, 0.0%)

2 が帰つて, は, は奥, は待ち構

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 が列車, が来, に訊いた, の子, の生馬氏, は何だか, や繼母, を促し

▼ ゐた思想~ (8, 0.0%)

1 が次第に, が自由劇場, と問題, について二人, は全く, は即ち, への自分, を抛棄

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 だと, などがとびぬけ, の一つ, の感興, の贈答, は次, をかう, を唄

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

1 が京都大學, にとつて, の苦衷, はきよ, はそこ, はその, は覚えず, をわざわざ

▼ ゐた~ (8, 0.0%)

3 がする 2 がし 1 がいきなり, が一寸, の弛み

▼ ゐた着物~ (8, 0.0%)

2 の裾 1 であつ, でも寒い, と脇差, の柄, や装身具, を片身分け

▼ ゐた竹丸~ (8, 0.0%)

1 が素早く, に向, の機嫌, は, はお, はまた, は何時の間にか, は喜ん

▼ ゐた詩人~ (8, 0.0%)

2 ではない 1 がそんな, であつ, である, です, に講演, もときどき

▼ ゐた関係~ (8, 0.0%)

2 から同君 1 からかあまり, からたまたま, があります, で今, で保枝, で貝殻

▼ ゐた雑誌~ (8, 0.0%)

1 が落ち, で何でも, に癩, の人, の頁, を取り出し, を投, を投げ出し

▼ ゐたあたり~ (7, 0.0%)

1 と自分, にはただ, にもくもくと, に注がれ, のなに, は洞穴, へはげしい

▼ ゐたあと~ (7, 0.0%)

1 だらう, で, でその, で言, の日和, の気分, は

▼ ゐたうち~ (7, 0.0%)

2 に二人 1 にある, にも御, の奥さん, の裏, はかの

▼ ゐたしかし~ (7, 0.0%)

2 俺は 1 からだは, それが, それも, 何と, 子供の

▼ ゐたせい~ (7, 0.0%)

2 でも 1 か, か眼, か調子, だと, の低い

▼ ゐたたまらなく~ (7, 0.0%)

3 なつた 2 なつて 1 なつたの, なるの

▼ ゐたといふだけの~ (7, 0.0%)

2 理由で 1 ことで, ことでございます, ことです, ことな, 物です

▼ ゐたとて~ (7, 0.0%)

1 しようがない, つづけざま, 何う, 外面はけものにも, 實行出來ない, 必ずその, 構はず食へと

▼ ゐたのにと~ (7, 0.0%)

1 云ふんだらう, 思ひました, 思ひ大西, 思ふ, 暗算を, 物珍らし, 訝りながら

▼ ゐたみんな~ (7, 0.0%)

1 が寝静まる, が越後南州, の愼みの念, ははつ, はニヤ, は先生, もホッ

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

21 て, てお金, てゐなく, て仕, て無駄

▼ ゐた一つ~ (7, 0.0%)

1 の劇団, の句, の命題, の問題, の感情, の歌, の法則

▼ ゐた二三人~ (7, 0.0%)

2 の若い 1 のもの, の人以外, の女連, の客, の芸者

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 が一, の事, の寝床, の手, は, は矢張り, をしよ

▼ ゐた先生~ (7, 0.0%)

1 が俄, が独り席, が突然, のやう, の容貌, はたしか, は才気煥発

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 が一齊, が呼びもどされてくるやうだつた, が外, が抜け, は実に, もつき, を持たなく

▼ ゐた友達~ (7, 0.0%)

1 などにばつ, の一人, の奥さん, の美しい, の誰, は伊藤孫一, をお

▼ ゐた古い~ (7, 0.0%)

1 商売友達の, 思ひ出, 手毬を, 東洋の, 花を, 語や, 麦藁帽をか

▼ ゐた土地~ (7, 0.0%)

1 から非常, である, であるといふ, なの, に違, のなるべく, の者

▼ ゐた多く~ (7, 0.0%)

1 の人, の人々, の人たち, の小, の年月, の男, の男性

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 がこれ, がその, がぱつと, であつ, の積木細工, は旅, も全く

▼ ゐた婦人~ (7, 0.0%)

1 があつ, がはじめて, に相違, の息子, の方, の胴体, は赤ん坊

▼ ゐた少女~ (7, 0.0%)

1 がその, が秋, といふ少女, のこと, の姿, を, を呼ん

▼ ゐた少年~ (7, 0.0%)

1 の学校生活, の日, の気持, の眼, の肉情, は庭隅, までが面白

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

2 であつ 1 だ, だの色, である空, で即興的, や色

▼ ゐた息子~ (7, 0.0%)

1 のこと, の家, の專之助さん, の市造, は歸, も錢箱, を更に

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 らしい位牌, 兵衛尉朝盛さまさへ, 助は, 夫婦の, 思潮の, 羅山人題畫詩集と, 聲社といふ

▼ ゐた時期~ (7, 0.0%)

1 があまり, だ, とあまり, に当, はあつたらしく, は此種, を思ひ

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 が支那人式, の世話, の如き, は, 夫人に, 映画会社では, 独逸人の

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

2 の音 1 あの水, が日光, が流れはじめた, だつたけど, もいつの間にか

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 かそれとも, だつた, であらう, にかやう, に或は, に折角, に貧弱

▼ ゐた白い~ (7, 0.0%)

1 すみれを, ヱプロンは, 月, 肌襦袢に, 詰襟の, 雌鷄は, 雲の上から

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

2 の事 1 が掘り出され, の奴, の言葉, は再び, を思ひ出す

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

2 の外, の戸締まり 1 などを歌つて, の中, の前

▼ ゐた細君~ (7, 0.0%)

1 の傍, は, はいきなりくるり, はやぶれた, は不意, も一度, も細君

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 で時計, に混雜, のところ, へよく, をもと, を一ふり二ふり, を引き外し

▼ ゐた記憶~ (7, 0.0%)

2 がある 1 がいと, がよみ, ではなかつた, と今目, に浸つ

▼ ゐた赤い~ (7, 0.0%)

2 羅紗の 1 おひ, さくらんぼの, 襷がけの, 襷の, 長上衣をば

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 には小川, のさき, の持つ, の指先, を揃, を痛, を踏み返した

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 が窺, が見える, だと, に娘, はたくさん, へ定吉, を發掘

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 が三鞭酒, だから, と煙草, の壜, も失恋, をあ, を支店長

▼ ゐた長い~ (7, 0.0%)

1 のを, 一日, 中絶の, 争闘によ, 杖だけ, 針が, 間の

▼ ゐた關係~ (7, 0.0%)

1 から下宿, から怪談, から折, から歌集出版, で何時も, にあり, もあり

▼ ゐた~ (7, 0.0%)

1 がいまこ, が除かれたごとく, が飛び散る, のこと, の中, はいつか前面, は追

▼ ゐたすべて~ (6, 0.0%)

1 が甦, のもの, の子供達, の犬, の者, の職業

▼ ゐたそこ~ (6, 0.0%)

2 の窓 1 からまた, の主人, へおち, へさ

▼ ゐたとお~ (6, 0.0%)

4 もふ 1 もはれる, もふから

▼ ゐたとでも~ (6, 0.0%)

2 云ふ, 言ふ 1 いふ風, 云ひます

▼ ゐたみのる~ (6, 0.0%)

1 の顏, はこの間, は丸, は二三軒先きの下宿屋, は何うに, は自分たち

▼ ゐたよう~ (6, 0.0%)

1 だ, であつ, であります, である, です, な葡萄酒

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

2 お友達 1 あなたは, そしたら遂, それも, 此頃どうして

▼ ゐたわたし~ (6, 0.0%)

1 の本能, の氣持, の顔, は夏, は家族, は澄子さん

▼ ゐたリヽー~ (6, 0.0%)

2 がびつくり, の方, は自分

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

2 である 1 けだ, けにやはり, と真, の小さい

▼ ゐた三人~ (6, 0.0%)

1 がやつ, とが下敷き, のコック, の園丁ども, は坂田加左衞門, も私

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

2 の旦那 1 から二年, その方針, の下宿, の病氣

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

2 の人々 1 の三人, の二人, の患者たち, の者達

▼ ゐた何物~ (6, 0.0%)

2 かがこの 1 かが光つたの, かをその, かを失はなけれ, にも越え

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

1 から各自, にはたいした, にはまつたく, には何ん, ののぞみ, の窓枠

▼ ゐた大事~ (6, 0.0%)

1 なもの, な場所, な文句, な漁, な玉, のもの

▼ ゐた女房~ (6, 0.0%)

2 はその 1 がちよい, の仮, の末期, もきのふあたり

▼ ゐた手紙~ (6, 0.0%)

1 だつた, です, なんぞが無茶苦茶, の表, は何, を書く

▼ ゐた源太郎~ (6, 0.0%)

2 はまた, は稍暫, は驚いた

▼ ゐた父親~ (6, 0.0%)

1 が金, に死なれ, の耳, の顔, は段々, は突然

▼ ゐた理由~ (6, 0.0%)

1 が改めて, が知れぬ, その観念, も知れる, も訣, を忖度

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

1 だが, だね, ぢや, で, です, ですが

▼ ゐた綺麗~ (6, 0.0%)

1 な女, な女中, な姉さん, な星空, な氣持ち, な路

▼ ゐた美奈子~ (6, 0.0%)

2 の心 1 が父, の悲しみ, は低い, は自分

▼ ゐた義男~ (6, 0.0%)

1 が一所, と同じ, の傍, の前, はそれに, はみのる

▼ ゐた老婆~ (6, 0.0%)

1 が屍骸, が急, が目, が驚い, の言葉, も亦

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

1 がゆるん, の中, をほどく, をスラリ, を胸, を離し

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

1 の船長, はこつち, は凡海, は急, は白い, は遙

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

1 だ, の小さい, を刺した, を手, を投げ出し, を暫し

▼ ゐた~ (6, 0.0%)

1 がぼつ, の丘, の芽, の葉, や木, を片手

▼ ゐたあなた~ (5, 0.0%)

1 のあごひげ, はその, は恐らく, も彼, や

▼ ゐたいろいろ~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 なおもひ, の場面, の鳥

▼ ゐたお蔭~ (5, 0.0%)

1 が今やつと, で妊娠, で後, で折角, で河口

▼ ゐたからとて~ (5, 0.0%)

1 さほど愉快, どうにも, どの位, 勢ひ, 自分の

▼ ゐたからに~ (5, 0.0%)

2 外ならない 1 よらう, 相違ない, 違ひない

▼ ゐたからの~ (5, 0.0%)

1 事で, 事と, 事人を, 結果と, 類推で

▼ ゐたことさ~ (5, 0.0%)

1 へあつ, へある, へ僕等, へ忘れ, へ殆ど

▼ ゐたこれ~ (5, 0.0%)

1 が三時間, こそまことに, で終り, はまた, は僕

▼ ゐたさつき~ (5, 0.0%)

1 からの彼等, の不安, の命令, の小鳥, の會話

▼ ゐたすると~ (5, 0.0%)

1 ぱらりと大きく, 中から, 今は, 新聞の, 老人は

▼ ゐたでも~ (5, 0.0%)

2 あらう 1 あらうが, ない我々, なしに

▼ ゐたとかいふ~ (5, 0.0%)

2 事である 1 ことで, ことである, 間接の

▼ ゐたのよ~ (5, 0.0%)

1 お掃除, そしてフランツ, つて, ほんとうは, 井戸端へ

▼ ゐたばかりの~ (5, 0.0%)

1 ごたごたした, とそつくりな, ものの, 硬ばつたナプキン, 鳥が

▼ ゐたまひ~ (5, 0.0%)

1 けり, しが, し時, し浅木由縁とい, にけむ

▼ ゐたやつ~ (5, 0.0%)

1 がある, が平, が急, はこんねにじ, はわしら

▼ ゐたより~ (5, 0.0%)

2 立派な 1 一ま, 以上に, 余程善良

▼ ゐたホテル~ (5, 0.0%)

1 が大, の名, の大, の建物, や領事館

▼ ゐた一本~ (5, 0.0%)

1 の大きな, の槙, の氣味, の白い, の綱

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 つ引 1 に當, の片隅, 唇を

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

3 の上 1 の間, も見えなく

▼ ゐた人物~ (5, 0.0%)

1 だつた, であるが, です, とはよほど, の一人

▼ ゐた以上~ (5, 0.0%)

1 にい, によく, に平和, に遠く, 少しも

▼ ゐた以前~ (5, 0.0%)

1 からの雜誌, とは打つ, のやう, の姿勢, の芥川

▼ ゐた作家~ (5, 0.0%)

1 があつ, ださうです, ではない, は志賀直哉氏, は独歩

▼ ゐた作者~ (5, 0.0%)

1 がはじめて, であつ, の努力, はさ, も笑

▼ ゐた友人~ (5, 0.0%)

1 の, の一人, の幾人, の苦痛, やを引き起し

▼ ゐた大勢~ (5, 0.0%)

1 の人, の俥屋ら, の友だち, の群集, の鬼

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 の後姿 1 がま, の方, や又

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 がもう, にはこの, をおこし, 彦なる, 豚の

▼ ゐた学生~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 が笑つた, に, は急

▼ ゐた小説~ (5, 0.0%)

1 であつ, であるやう, なんかもうどう, の作者, を読まれ

▼ ゐた巡査~ (5, 0.0%)

1 がいきなり, がさ, が出, が振り, と思ひ

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 老つた小使 1 は享和三年, も一つ, 若い友

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 から歸, がふと, であつ, の年期, を叩き出され

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 には草 1 だつたの, に障子, の若竹

▼ ゐた日本~ (5, 0.0%)

1 の一大佐, の兵隊, の女, の歴史, の精神

▼ ゐた時計~ (5, 0.0%)

1 が急, もその, をポケツト, を夫人, を探し出し

▼ ゐた期間~ (5, 0.0%)

1 がある, が最も, にあつ, にこの, より推す

▼ ゐた次第~ (5, 0.0%)

2 であるが 1 だ, である, ではない

▼ ゐた気持ち~ (5, 0.0%)

1 から解放, が妙, が崩され, も少し, を打ちのめされた

▼ ゐた氣持~ (5, 0.0%)

1 からたちまち, が一時, の綱, はふと, も救

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 の耳, はぱつたり水, は出来る, は急, は眼

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 に於 1 が多々, の納得, もある

▼ ゐた照子~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 が文学好き, は勝ち誇つた, は少年

▼ ゐた爲め~ (5, 0.0%)

1 であらう, である, でもあらう, と考へられる, に外

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 が一寸, が何, が惡戲, だが, であり以来面目

▼ ゐた百姓~ (5, 0.0%)

1 が冬至前, には馬鹿, の一人息子, の二, の十袈裟

▼ ゐた真弓~ (5, 0.0%)

1 が, が小さな, の眼, はいま眼, は間もなく

▼ ゐた祖父~ (5, 0.0%)

1 が, が不, と父, にしろ思はず, に育てられ

▼ ゐた秀吉~ (5, 0.0%)

2 はそんな 1 は命令, は突然, も一度

▼ ゐた私達~ (5, 0.0%)

1 が初めて, の眼, は一人一人俯向, は急い, は食事

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 の皮包 1 の棒, をはなし, を振りあげ

▼ ゐた英語~ (5, 0.0%)

1 の力, の巧, の独修, の獨修, を早く

▼ ゐた蜘蛛~ (5, 0.0%)

1 がするする, に驚い, のやう, の囲, は幸運

▼ ゐた衣服~ (5, 0.0%)

2 の事, は手早く 1 である

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 が濃, じまひ, には錢湯, には雅典, をむつくり

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 が六千圓ぢかく, なの, のむちで, の箒, を呑んだ

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 だから, であつ, で眼病, に, 或る

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

2 の子 1 がち, や山鳩, を直吉

▼ ゐた~ (5, 0.0%)

1 があ, があた, がだんだん, に乘つて, の力

▼ ゐたおしげ~ (4, 0.0%)

1 が去年, といふ女, はその, はどう

▼ ゐたお婆さん~ (4, 0.0%)

1 あの年, がゐた, は大きな, は眼

▼ ゐたただ~ (4, 0.0%)

1 そのこと, それだけの, 作者の, 画面が

▼ ゐただけで~ (4, 0.0%)

2 あつた 1 い, 物も

▼ ゐたつて構~ (4, 0.0%)

2 はない 1 ふことは, ふもの

▼ ゐたとしか~ (4, 0.0%)

1 思はれない, 思はれないほど, 思はれない姿, 思はれない生々しい

▼ ゐたとの~ (4, 0.0%)

2 ことである 1 ことでした, 事である

▼ ゐたなどと~ (4, 0.0%)

1 云はれ, 言つてこの, 言はれ, 言ふ

▼ ゐたなどとは~ (4, 0.0%)

2 こけおどかしで 1 夢にも, 誰にも

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 なし, 氣が, 貴様か, 郊外の

▼ ゐたぼく~ (4, 0.0%)

1 からいへ, の少年時代, は憑かれた, も母

▼ ゐたまだ~ (4, 0.0%)

1 三十前の, 三十歳前後の, 滿に, 若若しいその

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 ンだ, ンで, 一人の, 同樣

▼ ゐたよりは~ (4, 0.0%)

1 わかくて, 余程滑稽, 広い希望, 穩や

▼ ゐたエミリアン~ (4, 0.0%)

1 がゆりおこされ, が大きな, はその, もやせた

▼ ゐたガラツ八~ (4, 0.0%)

1 が遠く, の八五郎, の心意氣, も覗きました

▼ ゐた一切~ (4, 0.0%)

1 のもの, の事, の社会的価値, の貴重品

▼ ゐた一種~ (4, 0.0%)

1 の劇通, の呪詞, の美し, の職業者

▼ ゐた下女~ (4, 0.0%)

1 が長火鉢, でまだ, にも暇, のお

▼ ゐた下男~ (4, 0.0%)

1 の作平爺, の幹助, の治郎作, の猪

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 忍池の, 斷着まで, 機嫌は, 變といふ

▼ ゐた不安~ (4, 0.0%)

1 がこれ, な想像, はその, や焦燥

▼ ゐた世界~ (4, 0.0%)

1 から遠く, だった, はどれ, へ順吉

▼ ゐた世間~ (4, 0.0%)

1 の事々, の顏, みずの, も金詰り

▼ ゐた五六人~ (4, 0.0%)

1 の公卿達, の女の子, の支那人, の若い衆

▼ ゐた五郎~ (4, 0.0%)

1 がその, が玄関, の眼, も

▼ ゐた京都~ (4, 0.0%)

1 で彼女, と現在, の町人, の親類

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

2 助は 1 助には, 數は

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

2 の持主 1 に乗つ, に乘つて家

▼ ゐた僅か~ (4, 0.0%)

2 な間 1 の関係, ばかりの才能

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 の時代, の電車, 將軍秀忠の, 海軍大

▼ ゐた博士~ (4, 0.0%)

1 はくり, は一足先, は日本りう, は無言

▼ ゐた吉野~ (4, 0.0%)

2 が再び, は

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 だ, によろしく, の写真, の靜

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

2 だつた 1 だけに見る, と云

▼ ゐた太田~ (4, 0.0%)

1 の幼い, はその, は急, は闇

▼ ゐた姉さま~ (4, 0.0%)

1 が矢庭, と千恵, の凝視, はやがてにたりと

▼ ゐた宿~ (4, 0.0%)

1 いと屋, の主婦, の離室, へ泊る

▼ ゐた小娘~ (4, 0.0%)

1 だ, の顏, の顔, は

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 の馬鹿さ, は耳, れに, れは

▼ ゐた師匠~ (4, 0.0%)

1 がいつも, が矢庭, のお, の姿

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

2 にもう 1 に掛けよう, に黒い

▼ ゐた幾人~ (4, 0.0%)

2 の女中 1 かのもの, かの官學出

▼ ゐた悪魔~ (4, 0.0%)

1 にはこんな, の手, は嬉し, は早速

▼ ゐた感じ~ (4, 0.0%)

2 が最も 1 であつ, でもあつ

▼ ゐた感覚~ (4, 0.0%)

2 をとり戻し 1 の息使, は次第に

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が不審, で入, 文三は, 菊池寛氏の

▼ ゐた文吾~ (4, 0.0%)

1 が此頃, は, はほ, は背戸

▼ ゐた新聞~ (4, 0.0%)

1 に三十何年, をパシヤリ, を見せ, を読む

▼ ゐた日本人~ (4, 0.0%)

1 だか, の, の画家, はみんな日本

▼ ゐた時私~ (4, 0.0%)

1 が彼, の傍, は突然, は隣り

▼ ゐた書物~ (4, 0.0%)

1 から眼, でも返し, はショペンハウエル, を黙

▼ ゐた東京~ (4, 0.0%)

1 なの, の新聞, の町, の眼科醫

▼ ゐた椅子~ (4, 0.0%)

2 に腰 1 を春三郎, を直した

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 のあたり一帶, の噴火山, の病人, の頃

▼ ゐた気分~ (4, 0.0%)

1 が急, が次第に, が残つて, の十分

▼ ゐた気持~ (4, 0.0%)

1 がワッ, が慌, が次第に, が皮肉

▼ ゐた河童~ (4, 0.0%)

1 のこと, の数, は一面, は悉くげらげら

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 いさんの, が, がその, までが歯

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が, がいつのまにか, がふと, は次ぎ

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 で石質, の匂, を掘り返す, 之助

▼ ゐた祖母~ (4, 0.0%)

1 が垣根越し, が通り, のやさしい, の死後

▼ ゐた私自身~ (4, 0.0%)

1 が一つ, の姿, の我儘, を省み

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 一の, 三中学校も, 二年寛政十年に, 四層屋の

▼ ゐた義雄~ (4, 0.0%)

1 が口, だが, の方, はつひ

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 にいひかけられました, の口, の戯号, の牧之

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 がまるく, が我慢出來さ, が痛く, と頭

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

3 の黒い 1 の小

▼ ゐた藤田~ (4, 0.0%)

2 といふ若い, に二三本

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 がすぐ, と鷲, はこの, は嫌

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 がある, に充つべき, に充つべきであらう, を見出し

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 である, といふ思ひ, にし, に違

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 かの論文, にも休息, もがぢ, やらに蒔き掛けた

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 作を, 侍も, 表象, 要求は

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 に対する恋愛, に対する感情, は, も武井

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 がまだ, だが, だけが白く, であつ

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 のほとり, の方向, もす, も今

▼ ゐた酒場~ (4, 0.0%)

2 の窓 1 の親父, へ行く

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が彼, に躓き, を土, を投

▼ ゐた門野~ (4, 0.0%)

1 が, はもう, は何処, を追

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が天地, が次第に少し, はいつ, は不意

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が急, だつた, と少し, を眞顏

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が細君, にパーマネント・ウエイヴ, に櫛, のこと

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が昼, が水, を, を燒

▼ ゐた~ (4, 0.0%)

1 が叫びました, の軍勢, も愛想, よ鼠

▼ ゐたあらゆる~ (3, 0.0%)

1 ものとを, 感覺を, 祕密が

▼ ゐたおかげ~ (3, 0.0%)

1 だとも, でひどく, で喘息

▼ ゐたからかも~ (3, 0.0%)

3 知れない

▼ ゐたからこそ~ (3, 0.0%)

1 あの激震, 夫人に, 空も

▼ ゐたからでも~ (3, 0.0%)

2 あつた 1 ございませうが

▼ ゐたきり~ (3, 0.0%)

2 で彼 1 だつた

▼ ゐたその間~ (3, 0.0%)

1 にいれた, の事情, を私

▼ ゐたそれで~ (3, 0.0%)

1 その時刻, 文侯之, 私は

▼ ゐたそんな~ (3, 0.0%)

1 ことより, 實例の, 薄黄

▼ ゐたたつ~ (3, 0.0%)

1 た一人, た一着, た二年半

▼ ゐたぢやあ~ (3, 0.0%)

3 ないか

▼ ゐたとい~ (3, 0.0%)

1 の, へよう, へるしかし

▼ ゐたとき私~ (3, 0.0%)

1 の顔, はちやうど君, はやはり

▼ ゐたのでと~ (3, 0.0%)

1 くいの, つくに, 云つても

▼ ゐたのでも~ (3, 0.0%)

2 少しで 1 ぢやも

▼ ゐたばかりか~ (3, 0.0%)

2 折角お 1 腕力的にも

▼ ゐたまた~ (3, 0.0%)

1 或る, 草原で, 造り酒屋で

▼ ゐたまま~ (3, 0.0%)

1 でわかれ, に, の自分

▼ ゐたよと~ (3, 0.0%)

1 あべこべに, 云つて冷かされた, 言ふた

▼ ゐたわね~ (3, 0.0%)

1 あれあたし, フツだ, 皆な

▼ ゐたソオル~ (3, 0.0%)

1 はやがて, は可, は突然

▼ ゐたフランス人~ (3, 0.0%)

1 がある, の医者たち, の誇張

▼ ゐたヤン~ (3, 0.0%)

1 が彼女, はその, は彼女

▼ ゐたリルケ~ (3, 0.0%)

1 のさう, のもと, の部屋

▼ ゐた一同~ (3, 0.0%)

1 の心, の耳, の頭

▼ ゐた一座~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, の空氣, の面々

▼ ゐた一羽~ (3, 0.0%)

1 の孔雀, の鳩, の鶫

▼ ゐた三田~ (3, 0.0%)

1 は意外, は案外, は自分

▼ ゐた三輪~ (3, 0.0%)

3 の萬七

▼ ゐた上田~ (3, 0.0%)

1 が聴かなかつた, とは屋敷, の町裾

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 の前足, の手, 腕を

▼ ゐた中年~ (3, 0.0%)

1 の女, の方, の紳士

▼ ゐた事實~ (3, 0.0%)

1 である, に就, を語る

▼ ゐた事柄~ (3, 0.0%)

1 で実は, は大阪市内, を思ひ出した

▼ ゐた京子~ (3, 0.0%)

1 が云, はケロリ, は薄暗い

▼ ゐた人生~ (3, 0.0%)

21 に對

▼ ゐた人間達~ (3, 0.0%)

1 が急, の生活, は

▼ ゐた仏蘭西~ (3, 0.0%)

1 の住民, の女流画家ロザ・ボナアル, の群書

▼ ゐた伯父~ (3, 0.0%)

1 あゝ, が放蕩三昧, は落ついた

▼ ゐた作品~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, であ

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

2 は慌しく 1 は寒むさう

▼ ゐた信仰~ (3, 0.0%)

1 からは夏, に立ち戻, のやう

▼ ゐた傾き~ (3, 0.0%)

3 がある

▼ ゐた先輩~ (3, 0.0%)

1 の万鉄五郎, の世話, は齋藤茂吉氏

▼ ゐた光代~ (3, 0.0%)

1 がかう, は妹, は此時

▼ ゐた光景~ (3, 0.0%)

1 である, は, を思ひ出す

▼ ゐた内儀さん~ (3, 0.0%)

1 が相槌, の口惜し, は益々

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 のくもり, の外気, の紺絣

▼ ゐた利休~ (3, 0.0%)

2 なども幽斎 1 は主人

▼ ゐた加藤~ (3, 0.0%)

2 はやをら其帳簿 1 が突然

▼ ゐた助手~ (3, 0.0%)

1 が答, の背後, は急

▼ ゐた医者~ (3, 0.0%)

1 がその, が今居間, を二回目

▼ ゐた十吉~ (3, 0.0%)

1 が息, のやう, は気まぐれ

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 シャツの, 九郎です, 焼けの

▼ ゐた印象~ (3, 0.0%)

1 から言, が北, を忘れなかつた

▼ ゐた反抗心~ (3, 0.0%)

1 に着々, は失, を唆

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 へもやつ, をその, を開ら

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 で, なし, をまとめる

▼ ゐた同人雜誌~ (3, 0.0%)

1 であつ, である, を一週間許

▼ ゐた同僚~ (3, 0.0%)

2 の一人 1 の一少尉

▼ ゐた周三~ (3, 0.0%)

1 と一緒, は只, もそれ

▼ ゐた周子~ (3, 0.0%)

1 は, は慌て, は煩ささうに

▼ ゐた商店~ (3, 0.0%)

1 の人, の殆, の跡

▼ ゐた嘉助~ (3, 0.0%)

1 の倅, の餓鬼, はすぐ

▼ ゐた囚人~ (3, 0.0%)

1 が久し振り, は皆, を出し

▼ ゐた国々~ (3, 0.0%)

1 と殆ど, の事, 或は村

▼ ゐた地方~ (3, 0.0%)

1 なの, の町, も多い

▼ ゐた外套~ (3, 0.0%)

1 は急, を脱い, を脱ぎ捨て

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がその, の明ける, の温籠

▼ ゐた天下~ (3, 0.0%)

1 の浪士達, を譲らう, 第一

▼ ゐた太吉~ (3, 0.0%)

1 が太い, の姿, はまた

▼ ゐた奥さん~ (3, 0.0%)

1 が馳, にパラソル, の顔

▼ ゐた女性~ (3, 0.0%)

1 がそんな, が死んだ, としての平生

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 な物, な英語, に悦ばしい

▼ ゐた婆さん~ (3, 0.0%)

1 に云つて, は云, 故とても

▼ ゐた子供たち~ (3, 0.0%)

1 が不意, はその, は大急ぎ

▼ ゐた子供等~ (3, 0.0%)

1 が珍し, まで理髪店, まで理髮店

▼ ゐた子供達~ (3, 0.0%)

1 が叫んだ, と一緒, まで急

▼ ゐた学校~ (3, 0.0%)

1 の二年, の寄宿舎, は落第

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 であるから, に移された, をもなく

▼ ゐた富岡~ (3, 0.0%)

1 が片手, だつたの, は幸運

▼ ゐた寫眞~ (3, 0.0%)

1 が見えなく, とちつとも, や手紙等

▼ ゐた小僧~ (3, 0.0%)

1 が先づ驚き, はさすが, は額

▼ ゐた希望~ (3, 0.0%)

1 がむら, や諧謔的, を容易

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

3 の殿

▼ ゐた幸子~ (3, 0.0%)

1 の必要, の身體, の顏

▼ ゐた幼い~ (3, 0.0%)

1 アデェルが, 生徒たちは, 蝶子が

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がさ, が不意, への反感

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

2 の上 1 が崩れ落ち

▼ ゐた弁護士~ (3, 0.0%)

1 がま, の一人, は五六人

▼ ゐた微笑~ (3, 0.0%)

1 がほのか, が影, が消え

▼ ゐた徳次~ (3, 0.0%)

1 の顔, は慌て, もや

▼ ゐた恋人~ (3, 0.0%)

1 のやう, の肉体, をたつた

▼ ゐた意味~ (3, 0.0%)

1 がわかつた, が適確, であらう

▼ ゐた意識~ (3, 0.0%)

1 が戻つ, が明らか, は今

▼ ゐた房一~ (3, 0.0%)

1 はふと, はふり, も少し

▼ ゐた所為~ (3, 0.0%)

1 か稍, で頬, もある

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 が明らさま, なん, の奧

▼ ゐた明日~ (3, 0.0%)

2 への句作心境 1 からは慎まう

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

2 の陽 1 になつて

▼ ゐた昨日~ (3, 0.0%)

1 の良人, の風景, までの女性

▼ ゐた時彼~ (3, 0.0%)

1 がとても, はその, は以前

▼ ゐた書籍~ (3, 0.0%)

1 が無く, の目録, を擧げた

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がかすか, が輝きはじめ, の出

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 が揺れ, が無く, つ葉

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 から顏, の前, をはなれる

▼ ゐた村人~ (3, 0.0%)

1 のほふ, はあんな, はこの

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がシブ, の実, の色

▼ ゐた楽しい~ (3, 0.0%)

2 家庭の 1 世界が

▼ ゐた樽野~ (3, 0.0%)

1 のところ, の部屋, は

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がす, の美し, や梅

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 三には, 兵衞, 秀の

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 が砕け, で実は, もゆるん

▼ ゐた江東小学校~ (3, 0.0%)

1 の校長さん, の秀才, は丁度

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 が何時の間にか, は斷, を切る

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 にひ, の珠, を

▼ ゐた激しい~ (3, 0.0%)

1 時流, 痛みを, 神経の

▼ ゐた為め~ (3, 0.0%)

1 に到る, に外, もある

▼ ゐた無数~ (3, 0.0%)

1 のペン先, のランチ, の頭

▼ ゐた煙草~ (3, 0.0%)

1 が懐, に火, の煙

▼ ゐた爺さん~ (3, 0.0%)

1 だが, の顔, をも呼ん

▼ ゐた状態~ (3, 0.0%)

1 から固まり始めた, に切齒, は古代文献

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

2 を大事 1 はびつくり

▼ ゐた生活~ (3, 0.0%)

1 が世間, と異, をいま急

▼ ゐた田丸~ (3, 0.0%)

1 の妻奈保子, は一人, は初瀬

▼ ゐた男の子~ (3, 0.0%)

1 がお, の立派, はびつくり

▼ ゐた男女~ (3, 0.0%)

1 が結婚, のひとり, のみ

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 だ, である, の人達

▼ ゐた番頭~ (3, 0.0%)

1 がまだ, に見出され, の伊八

▼ ゐた百合子~ (3, 0.0%)

1 だつた, に旅費, は苦し

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 は直ぐ, は高野山, 三は

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 をさした, を取り上げ, を突き出した

▼ ゐた直也~ (3, 0.0%)

1 の男性的, は溢れ, を呼ぶ

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がだ, には最初, をもし

▼ ゐた知識~ (3, 0.0%)

1 なり信念, は忘れ, を呼び

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がざらざら, が聰く, を己

▼ ゐた社会~ (3, 0.0%)

1 の全体, を, を無視

▼ ゐた私たち~ (3, 0.0%)

1 にとつ, の子供仲間, も酔ふた

▼ ゐた私ども~ (3, 0.0%)

2 が魂 1 のしくじりで

▼ ゐた積り~ (3, 0.0%)

1 だが, だつたが, なのに

▼ ゐた空二~ (3, 0.0%)

1 はふと, は婦人, は急

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 ですらすら, を大いに, を馳つて新春号

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 の後, をさし出した, を開け

▼ ゐた細い~ (3, 0.0%)

1 丈の, 匕首の, 徑が

▼ ゐた紳士~ (3, 0.0%)

1 これから一軒, に尋ねた, の一人

▼ ゐた練吉~ (3, 0.0%)

1 とはかなり, の手, は僅か

▼ ゐた群衆~ (3, 0.0%)

1 の中, の頭, は歓声

▼ ゐた群集~ (3, 0.0%)

1 の中, はサイラス, は自

▼ ゐた習慣~ (3, 0.0%)

1 から出た, が打破, が殘

▼ ゐた者共~ (3, 0.0%)

1 が驚い, にとつて, を利章

▼ ゐた良人~ (3, 0.0%)

1 にいまさら, に窮屈, は眼

▼ ゐた良寛さん~ (3, 0.0%)

1 はお父さん, はふと, は顔

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 将軍の, 蘆の, 黨の

▼ ゐた若者~ (3, 0.0%)

1 が突然, の, は帯

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 が茎, つぱの汁, は今

▼ ゐた蟋蟀~ (3, 0.0%)

1 がいよ, もいつのまにか, ももう

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 から王城, のいたる, の方

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 で, も脱いだ, を脱ぎ捨てる

▼ ゐた裕佐~ (3, 0.0%)

1 はしかし, は下役, は始め

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 畫です, 畫には, 畫を

▼ ゐた谷崎~ (3, 0.0%)

1 の所, の招く, を訪うた

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 がチヨン, の傍, は更に

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 に一, に三片, も変つた

▼ ゐた過去~ (3, 0.0%)

1 の生涯, の自分, を脱却

▼ ゐた道具屋~ (3, 0.0%)

1 じみた男, の一隊, を突きとめる

▼ ゐた部分~ (3, 0.0%)

1 だけを空虚, では行者, の特殊

▼ ゐた部落~ (3, 0.0%)

1 です, の長, は右

▼ ゐた郷里~ (3, 0.0%)

1 の家, の川, の長男

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 さが, 怪な, 貌の

▼ ゐた醫者~ (3, 0.0%)

1 である, の友達, の顏

▼ ゐた重い~ (3, 0.0%)

1 外套を, 責任が, 雨が

▼ ゐた金貨~ (3, 0.0%)

2 の袋 1 は夫人

▼ ゐた長女~ (3, 0.0%)

1 が脊髄, のズキズキ, の国民学校二年生

▼ ゐた長屋~ (3, 0.0%)

1 そして一棟, のつ, の主婦

▼ ゐた長男~ (3, 0.0%)

1 と顏, の呉浣, の竜一

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 は松, もあつ, をわし

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 の室, の植木屋, の若い

▼ ゐた青木さん~ (3, 0.0%)

1 が入口, が庭先, の心

▼ ゐた頃私~ (3, 0.0%)

2 の父 1 は之

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 をあげる, をしやん, を引き

▼ ゐた駒平~ (3, 0.0%)

1 はそれ, は煙管, は顏

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 に過ぎない, の集団, は大きい

▼ ゐた~ (3, 0.0%)

1 だらう, に眞, は今

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 どけなかつた, はび

▼ ゐたあんな~ (2, 0.0%)

1 に親切, 砂漠を

▼ ゐたうれし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さを

▼ ゐたお上さん~ (2, 0.0%)

1 である, に田舎者

▼ ゐたお母さま~ (2, 0.0%)

1 が, は

▼ ゐたお母さん~ (2, 0.0%)

1 からなけなし, はお父さん

▼ ゐたお祖父さん~ (2, 0.0%)

1 が亡くなつた, は酒呑み

▼ ゐたかとも~ (2, 0.0%)

1 想像される, 推せられる

▼ ゐたかに~ (2, 0.0%)

1 見えた, 見えて

▼ ゐたからかへ~ (2, 0.0%)

1 つてフラ, つて周囲の

▼ ゐたかをる~ (2, 0.0%)

1 がキヤツ, も心

▼ ゐたがが~ (2, 0.0%)

1 たくり馬車, つかりして

▼ ゐたがずつと~ (2, 0.0%)

1 後にな, 晩年は

▼ ゐたくだん~ (2, 0.0%)

1 の村長, の美女

▼ ゐたころ私~ (2, 0.0%)

1 は已に, も阿佐ヶ谷

▼ ゐたさま~ (2, 0.0%)

1 が今, を思ひ起した

▼ ゐたさまざま~ (2, 0.0%)

1 な思案, な珍

▼ ゐたずつと~ (2, 0.0%)

1 昔の, 町の

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 さつき, 半日以上も

▼ ゐたそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の特有, の覺

▼ ゐたそれら~ (2, 0.0%)

1 の詩, の躑躅

▼ ゐただから~ (2, 0.0%)

1 さう, 僕は

▼ ゐただが~ (2, 0.0%)

2 彼女は

▼ ゐたつたの~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐたつてかま~ (2, 0.0%)

1 はない, やしない

▼ ゐたつて仕様~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ ゐたときそれ~ (2, 0.0%)

1 が丁度, をじ

▼ ゐたとき彼~ (2, 0.0%)

1 がき, はひどく

▼ ゐたとこ~ (2, 0.0%)

1 どす, を線路

▼ ゐたところ二十九~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ ゐたとして~ (2, 0.0%)

1 好いで, 彼は

▼ ゐたとばかりに~ (2, 0.0%)

1 百姓たちは, 運動が

▼ ゐたどこ~ (2, 0.0%)

1 かのメツセンヂア・ボイ, かの御店者

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 づの, 俺達を

▼ ゐたなか~ (2, 0.0%)

1 で僕一人, にはこの

▼ ゐたなか子~ (2, 0.0%)

1 は嘉吉, は思ひ出した

▼ ゐたなぜなら~ (2, 0.0%)

2 それは

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 あれが, だから学校

▼ ゐたばかりに~ (2, 0.0%)

1 あの男, 錢形の

▼ ゐたばつ~ (2, 0.0%)

1 かりに, かりに留置場

▼ ゐたひとつ~ (2, 0.0%)

1 がひ, の苦悶

▼ ゐたひとり~ (2, 0.0%)

1 の自分, の若者

▼ ゐたほか~ (2, 0.0%)

1 にはない, はない

▼ ゐたまことに~ (2, 0.0%)

1 ほ, 辛いもの

▼ ゐたまで~ (2, 0.0%)

1 です, 殆ど無意識の

▼ ゐたやくざ~ (2, 0.0%)

1 が脇差, な男

▼ ゐたやさしい~ (2, 0.0%)

1 人影, 詩が

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 つくりお, ふべの

▼ ゐたゆき子~ (2, 0.0%)

1 のおも, は富岡

▼ ゐたよく~ (2, 0.0%)

1 ねむつ一夜, 大人も

▼ ゐたりき~ (2, 0.0%)

1 かなしき心, されど師彼

▼ ゐたわが~ (2, 0.0%)

1 國の, 陸海軍のみは

▼ ゐたガラス戸~ (2, 0.0%)

1 が急, ごし

▼ ゐたジジ~ (2, 0.0%)

1 にはもはや, もまだ

▼ ゐたジョバンニ~ (2, 0.0%)

1 のとなり, の影

▼ ゐたステツキ~ (2, 0.0%)

1 の柄, を振り上げ

▼ ゐたタキ~ (2, 0.0%)

1 ノの母親, ノはもう

▼ ゐたダイアナ~ (2, 0.0%)

1 が, は私

▼ ゐたトランク~ (2, 0.0%)

1 の蓋, を持ちあげる

▼ ゐたパリ~ (2, 0.0%)

1 の生活, の驚く

▼ ゐたパン屋~ (2, 0.0%)

1 の店, も己

▼ ゐたビール~ (2, 0.0%)

1 に口, の杯

▼ ゐたフェレラ~ (2, 0.0%)

1 はその, を一眼

▼ ゐたフロラ~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐたブラウエンベルグ氏~ (2, 0.0%)

1 がいつ, の巨体

▼ ゐたプルウスト~ (2, 0.0%)

1 の代り, の小説

▼ ゐたポルトガル~ (2, 0.0%)

1 の船長デュアルテ・コレア, の貿易船

▼ ゐたメリンス~ (2, 0.0%)

1 の古, の赤い

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 と握り, の池

▼ ゐた一名~ (2, 0.0%)

2 の囚徒

▼ ゐた一団~ (2, 0.0%)

1 の, の酔

▼ ゐた一杯~ (2, 0.0%)

1 のビール, の薄紙

▼ ゐた一部~ (2, 0.0%)

1 の階級, もある

▼ ゐた丁度~ (2, 0.0%)

1 今日の, 病気に

▼ ゐた丁髷~ (2, 0.0%)

1 をとつ, を切り

▼ ゐた七郎丸~ (2, 0.0%)

1 と権太郎, の老父

▼ ゐた丈艸~ (2, 0.0%)

1 の手, はあの

▼ ゐた三毛~ (2, 0.0%)

2 だのクロ

▼ ゐた下宿~ (2, 0.0%)

1 では盜癖, へはまだ

▼ ゐた不思議~ (2, 0.0%)

1 な世界, な空虚

▼ ゐた不良少年~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の豫感

▼ ゐた世の中~ (2, 0.0%)

1 の味, は広い

▼ ゐた主婦~ (2, 0.0%)

1 の友達, 又は氏女

▼ ゐた九谷~ (2, 0.0%)

1 の湯呑茶碗, の茶碗

▼ ゐた乞食~ (2, 0.0%)

1 であるが, を追

▼ ゐた乳母~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ゐた事自分~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 た間, の池

▼ ゐた二三~ (2, 0.0%)

1 の客, の鑛山事業

▼ ゐた二月~ (2, 0.0%)

1 のストライキ, の何日

▼ ゐた二階~ (2, 0.0%)

1 に間違, の障子

▼ ゐた亡父~ (2, 0.0%)

1 のあつめた, の形見

▼ ゐた亭主~ (2, 0.0%)

1 と番頭, らしい四十男

▼ ゐた人さ~ (2, 0.0%)

2 へある

▼ ゐた人だかり~ (2, 0.0%)

1 が急, の中

▼ ゐた人人~ (2, 0.0%)

1 などは背景, もいつ

▼ ゐた人影~ (2, 0.0%)

1 がある, は確

▼ ゐた今年~ (2, 0.0%)

2 の春の

▼ ゐた仙吉~ (2, 0.0%)

1 の眼, は梯子

▼ ゐた仙薬~ (2, 0.0%)

2 の全

▼ ゐた会社~ (2, 0.0%)

1 は終戦, を止し

▼ ゐた佐佐木~ (2, 0.0%)

1 が芥川, の西洋館

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が前, を悠々

▼ ゐた何年間~ (2, 0.0%)

1 かが何, か毎日

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 だが, もある

▼ ゐた信一郎~ (2, 0.0%)

1 の決心, もそれ

▼ ゐた信吾~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐた信州~ (2, 0.0%)

1 の山間, の知人近藤十兵衛

▼ ゐた信長~ (2, 0.0%)

1 の部下, は救

▼ ゐた信頼~ (2, 0.0%)

1 だの過失, と言ふか信用

▼ ゐた修驗者~ (2, 0.0%)

1 が命がけ, も姿

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ゐた傍ら~ (2, 0.0%)

1 に僕, の雛妓

▼ ゐた全部~ (2, 0.0%)

1 が札幌, の者

▼ ゐた八雲~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ ゐた公園~ (2, 0.0%)

1 の噴水, へ遊び

▼ ゐた共通~ (2, 0.0%)

1 の類似, をとり出す

▼ ゐた兵士~ (2, 0.0%)

1 が黙, の集團

▼ ゐた兵隊~ (2, 0.0%)

1 が同行, が蔭

▼ ゐた其処~ (2, 0.0%)

1 の女房, の金盥

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 に居, は差支

▼ ゐた内儀~ (2, 0.0%)

1 のお, らしい年増

▼ ゐた凡て~ (2, 0.0%)

1 の希望, は彼

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の模型, を執つた

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 だが, には到底

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 な海, の女

▼ ゐた別荘~ (2, 0.0%)

1 の主人, を此春譲つて貰つたの

▼ ゐた剃刀~ (2, 0.0%)

1 や革砥, を拔

▼ ゐた前橋公園~ (2, 0.0%)

2 やかつて

▼ ゐた副詞~ (2, 0.0%)

1 が発達, が肝腎

▼ ゐた加集~ (2, 0.0%)

1 が云, が俄

▼ ゐた勃凸~ (2, 0.0%)

1 の機転, もやがて

▼ ゐた勞働者~ (2, 0.0%)

1 が放還された, は二三人

▼ ゐた十風~ (2, 0.0%)

1 の眼, は朝

▼ ゐた千代松~ (2, 0.0%)

1 は, も少し

▼ ゐた千登世~ (2, 0.0%)

1 がこの, と何時しか

▼ ゐた南風氏~ (2, 0.0%)

1 が, のところ

▼ ゐた即ち~ (2, 0.0%)

1 人麿と, 私は

▼ ゐた原始時代~ (2, 0.0%)

1 には生産力, に比べ

▼ ゐた去年~ (2, 0.0%)

1 の夏, も出た

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐた古代~ (2, 0.0%)

1 だから, のギリシャ人

▼ ゐた古島さん~ (2, 0.0%)

1 の片腕, はふと

▼ ゐた古本屋~ (2, 0.0%)

1 にチヨツ, のおや

▼ ゐた古賀~ (2, 0.0%)

1 だ, は心

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ゐた右手~ (2, 0.0%)

1 の方, を颯

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 新聞社の, 班の

▼ ゐた同じ~ (2, 0.0%)

1 下司で, 穩かな

▼ ゐた名残り~ (2, 0.0%)

1 だといふ, らしく秋

▼ ゐた向日葵~ (2, 0.0%)

1 の下, の種

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が助かり, をおとさなかつた

▼ ゐた品子~ (2, 0.0%)

2 を嫁

▼ ゐた商人~ (2, 0.0%)

1 です, と寺番

▼ ゐた商家~ (2, 0.0%)

1 では今度, の娘

▼ ゐた喜助~ (2, 0.0%)

2 はかう

▼ ゐた嘉吉~ (2, 0.0%)

1 もなか子, も大粒

▼ ゐた四五人~ (2, 0.0%)

1 の學生, の男女

▼ ゐた四十恰好~ (2, 0.0%)

1 のお, の婦人

▼ ゐた団扇~ (2, 0.0%)

1 がぱたぱたと音, の柄

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 と云, の兄

▼ ゐた土手~ (2, 0.0%)

1 と土手, の葉桜

▼ ゐた塚本~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が大, の修

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 にはまつ, や小

▼ ゐた外光~ (2, 0.0%)

2 が突然

▼ ゐた大森~ (2, 0.0%)

1 と加藤, の家

▼ ゐた大西~ (2, 0.0%)

1 がこの, がその

▼ ゐた天才的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ゐた太陽~ (2, 0.0%)

1 が山, が没し

▼ ゐた女らしい~ (2, 0.0%)

1 感情が, 感情を

▼ ゐた女学校~ (2, 0.0%)

1 の方, はカナダ人

▼ ゐた如く~ (2, 0.0%)

1 に医方, に秋琴

▼ ゐた妻君~ (2, 0.0%)

1 の妹女郎, は忙し

▼ ゐた娘さん~ (2, 0.0%)

2 はふり返

▼ ゐた孝子~ (2, 0.0%)

1 は思ひ切つた, は思切つた様

▼ ゐた孤独~ (2, 0.0%)

1 の寂涼, を見せびらかし

▼ ゐた孫四郎~ (2, 0.0%)

1 の細君, はかう

▼ ゐた學生~ (2, 0.0%)

1 との間, の頃

▼ ゐた家康~ (2, 0.0%)

2 も悟る

▼ ゐた家族~ (2, 0.0%)

1 と共に姉, や知り

▼ ゐた富士~ (2, 0.0%)

1 が漸く, のむかう

▼ ゐた富江~ (2, 0.0%)

2 の各々

▼ ゐた寛政~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ ゐた寢臺~ (2, 0.0%)

1 から立上つて, から離れた

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が, で此寺

▼ ゐた寿~ (2, 0.0%)

1 と云, に先立つ

▼ ゐた小使~ (2, 0.0%)

1 がベル, ひが

▼ ゐた小柄~ (2, 0.0%)

1 な古島さん, な色

▼ ゐた小池~ (2, 0.0%)

1 は斯, は自分

▼ ゐた小説家~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の友人

▼ ゐた小鳥~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の影

▼ ゐた少年時代~ (2, 0.0%)

1 など思ひ出され, の無

▼ ゐた山岡~ (2, 0.0%)

2 といふ人

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 に暇, の連中

▼ ゐた島村抱月氏~ (2, 0.0%)

1 から東儀鉄笛氏, が彼地

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 をなほし, を解い

▼ ゐた平公~ (2, 0.0%)

1 の嚊, は話聲

▼ ゐた年寄~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ ゐた幸福~ (2, 0.0%)

1 な彼, な感情

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 けない, ない頃

▼ ゐた幾顆~ (2, 0.0%)

2 の蜜柑

▼ ゐた廊下~ (2, 0.0%)

1 の長, を行く

▼ ゐた建物~ (2, 0.0%)

1 なので, も今年

▼ ゐた弟子~ (2, 0.0%)

1 の誰彼, や嚊

▼ ゐた形跡~ (2, 0.0%)

1 があり, が歴然

▼ ゐた役人~ (2, 0.0%)

1 が我々, はびつくり

▼ ゐた従来~ (2, 0.0%)

1 の教理, の考へ

▼ ゐた徳山~ (2, 0.0%)

1 の連中, を引ぱりだして

▼ ゐた心持~ (2, 0.0%)

1 がともすれば, を思ひ合せ

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 を俄, を大きくゆるく

▼ ゐた惟然坊~ (2, 0.0%)

1 は小さな, は急

▼ ゐた意外~ (2, 0.0%)

1 だつたの, なこと

▼ ゐた愚かさ~ (2, 0.0%)

1 に気がつく, は伊曾

▼ ゐた愛情~ (2, 0.0%)

1 がてんでに, といふもの

▼ ゐた感覺~ (2, 0.0%)

2 をとり戻し

▼ ゐた憐れ~ (2, 0.0%)

1 な僧侶, な私

▼ ゐた懐しい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 現実の

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 かしい思ひ出, かしい水郷

▼ ゐた我々~ (2, 0.0%)

1 の内部生命そのもの, はその

▼ ゐた我が~ (2, 0.0%)

1 國にも, 拘泥し

▼ ゐた或は~ (2, 0.0%)

1 それを, 今も

▼ ゐた所爲~ (2, 0.0%)

1 かわく, か通

▼ ゐた手代~ (2, 0.0%)

1 の文治, の甚三郎

▼ ゐた手術~ (2, 0.0%)

1 が容易く, と云

▼ ゐた手袋~ (2, 0.0%)

1 のやう, の片方

▼ ゐた手足~ (2, 0.0%)

1 のあがき, をまるめ

▼ ゐた抱月氏~ (2, 0.0%)

1 と須磨子, はその後

▼ ゐた挙句~ (2, 0.0%)

1 にど, の事

▼ ゐた捕虫網~ (2, 0.0%)

1 の棒, を抜き放つ

▼ ゐた支那~ (2, 0.0%)

1 の古い, 時としては

▼ ゐた敬坊~ (2, 0.0%)

1 がやつ, が来た

▼ ゐた数個~ (2, 0.0%)

1 の, の玉虫

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が何時, のやう

▼ ゐた敵意~ (2, 0.0%)

2 に似た

▼ ゐた文句~ (2, 0.0%)

1 が切れ, のやう

▼ ゐた文章~ (2, 0.0%)

1 が純然, で表す

▼ ゐた文芸~ (2, 0.0%)

2 の形式

▼ ゐた新しい~ (2, 0.0%)

1 感情は, 詩の

▼ ゐた新家~ (2, 0.0%)

2 の御新造

▼ ゐた新聞社~ (2, 0.0%)

1 が丸焼, が丸燒

▼ ゐた方面~ (2, 0.0%)

1 の為事, はどん

▼ ゐた昌作~ (2, 0.0%)

2 は信吾

▼ ゐた明子~ (2, 0.0%)

1 は彼, も其処

▼ ゐた春日~ (2, 0.0%)

1 が連想, にはいつた

▼ ゐた時わたし~ (2, 0.0%)

2 は意外

▼ ゐた時分品子~ (2, 0.0%)

2 がとき

▼ ゐた時分密か~ (2, 0.0%)

2 に町

▼ ゐた時直接~ (2, 0.0%)

2 訊いて

▼ ゐた時自分~ (2, 0.0%)

1 は如何, は家路

▼ ゐた時間~ (2, 0.0%)

1 である, を感じさせる

▼ ゐた智恵子~ (2, 0.0%)

1 の姪, は謹慎

▼ ゐた智慧~ (2, 0.0%)

1 が急, だに未だ

▼ ゐた暗い~ (2, 0.0%)

1 影は, 穴に

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 古い生活様式, 惡の

▼ ゐた最も~ (2, 0.0%)

1 合理的な, 情熱的な

▼ ゐた最後~ (2, 0.0%)

1 の一人, の子供

▼ ゐた會社~ (2, 0.0%)

1 の事, の重役

▼ ゐた月日~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ゐた有様~ (2, 0.0%)

1 だつた, はさながら

▼ ゐた服裝~ (2, 0.0%)

1 は決して, や彼女

▼ ゐた木々~ (2, 0.0%)

1 が見る, であつ

▼ ゐた木下~ (2, 0.0%)

1 といふの, といふ巡査

▼ ゐた木山~ (2, 0.0%)

1 が不服さうに言, の財布

▼ ゐた木曜會~ (2, 0.0%)

1 の世界, の常連

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 に, やがてその

▼ ゐた本当~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の男性

▼ ゐた杉村~ (2, 0.0%)

1 はこの, はその

▼ ゐた村長~ (2, 0.0%)

1 の髭面, はいよ

▼ ゐた来客~ (2, 0.0%)

1 のうち, は潮

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 を取り上げ

▼ ゐた東光院~ (2, 0.0%)

1 の境内, らしいもの

▼ ゐた松の木~ (2, 0.0%)

2 にちかづけ

▼ ゐた松平~ (2, 0.0%)

1 に來, もとうとう

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 をとり除い, を後ろ

▼ ゐた板前~ (2, 0.0%)

2 の金太

▼ ゐた某氏~ (2, 0.0%)

1 から出資, が落合つて様子

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 とかもつともつとどう, の半面

▼ ゐた校長~ (2, 0.0%)

1 がさう, は

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 こじの, へ行つて

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が何時, のとき

▼ ゐた梅代~ (2, 0.0%)

1 が駈けつける, はをかしい

▼ ゐた梅雨~ (2, 0.0%)

1 の雨, らしいの

▼ ゐた梨枝子~ (2, 0.0%)

1 は心, は驚いた

▼ ゐた森野~ (2, 0.0%)

1 が或, だけだ

▼ ゐた榮一~ (2, 0.0%)

1 は, はふと

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 がたわん, の幹

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 は, を落し

▼ ゐた歌舞伎~ (2, 0.0%)

1 でも新派, との交流

▼ ゐた正吉~ (2, 0.0%)

1 が独言めかしく, の一番仲

▼ ゐた正宗氏~ (2, 0.0%)

1 のこと, はいまだに

▼ ゐた歩調~ (2, 0.0%)

1 につれ, は急

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 であ, であるもう

▼ ゐた歴史~ (2, 0.0%)

1 に鑑みれ, の杉山先生

▼ ゐた母方~ (2, 0.0%)

1 の彼, の祖母

▼ ゐた水島~ (2, 0.0%)

1 はかちり, はやがて

▼ ゐた水素瓦斯~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 ない毛布, ない顔

▼ ゐた汚い~ (2, 0.0%)

1 みぢめ, 下駄を

▼ ゐた江戸~ (2, 0.0%)

1 つ児, は正に

▼ ゐた注意~ (2, 0.0%)

1 がぱつと一瞬, を私

▼ ゐた洋服~ (2, 0.0%)

1 の女, を脱いだ

▼ ゐた派手~ (2, 0.0%)

1 な座蒲團, な洋装

▼ ゐた浪人者~ (2, 0.0%)

1 の織部鐵之助, も齒磨

▼ ゐた深い~ (2, 0.0%)

1 自然の, 自省癖による

▼ ゐた渡辺~ (2, 0.0%)

1 がムッ, が突然もう

▼ ゐた温泉~ (2, 0.0%)

2 は汽車

▼ ゐた漠然たる~ (2, 0.0%)

1 予期が, 雰囲気の

▼ ゐた灰色~ (2, 0.0%)

1 に見える, のお

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 よけ喇叭, 捕り競争

▼ ゐた熱情~ (2, 0.0%)

1 の一つ, は後

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 がいつか瞼, が何

▼ ゐた犬屋~ (2, 0.0%)

2 が輕井澤ホテル

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 太人の

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の為, は何

▼ ゐた玄也~ (2, 0.0%)

1 はにわかに, は猫

▼ ゐた王倹~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ ゐた王様~ (2, 0.0%)

1 に娘, は自分

▼ ゐた現在~ (2, 0.0%)

1 の彼, までに卑俗性

▼ ゐた現象~ (2, 0.0%)

1 をこれみよがし, を私

▼ ゐた瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 は木下, は眉一つさ

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 さが, 蠅が

▼ ゐた生徒等~ (2, 0.0%)

2 は一しきり

▼ ゐた用箪笥~ (2, 0.0%)

1 といふの, の抽斗

▼ ゐた田原~ (2, 0.0%)

1 がむつくり, も愕然

▼ ゐた田舍暮し~ (2, 0.0%)

2 の時分

▼ ゐた甲斐~ (2, 0.0%)

1 の男, もなく

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 がそつ, のところ

▼ ゐた病氣~ (2, 0.0%)

1 に附屬, を惡化

▼ ゐた病院~ (2, 0.0%)

1 の風景, は野ら

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 があり, だけ白い

▼ ゐた白秋さん~ (2, 0.0%)

2 が何

▼ ゐた目ろみの~ (2, 0.0%)

2 恐ろしさ

▼ ゐた目録學~ (2, 0.0%)

1 に再び, を興した

▼ ゐた相手~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, の男

▼ ゐた省三~ (2, 0.0%)

1 はふと, は不

▼ ゐた看護婦~ (2, 0.0%)

1 の兄, を呼び起した

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 つ黒

▼ ゐた真夏~ (2, 0.0%)

1 の汗, の頃

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 さき私, でした

▼ ゐた短刀~ (2, 0.0%)

1 を取り出し, を鞘ぐるみ

▼ ゐた短篇~ (2, 0.0%)

2 をゲーテ研究

▼ ゐた石田~ (2, 0.0%)

1 は空, や齋藤

▼ ゐた硝子~ (2, 0.0%)

1 に向, を

▼ ゐた硝子張~ (2, 0.0%)

2 の露台

▼ ゐた硝子窓~ (2, 0.0%)

1 から寂しい, は二間

▼ ゐた祈祷~ (2, 0.0%)

1 の書, の詞

▼ ゐた祖先~ (2, 0.0%)

1 の生活, の鎧櫃

▼ ゐた神港軒~ (2, 0.0%)

2 から暇

▼ ゐた福子~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐた福富~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ ゐた福田氏~ (2, 0.0%)

1 の居, は俄

▼ ゐた禮記~ (2, 0.0%)

1 が今五經, は一部分

▼ ゐた私立大学~ (2, 0.0%)

1 の帽子, の文学部

▼ ゐた種々~ (2, 0.0%)

1 な貴重, の裝飾

▼ ゐた空想~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ ゐた空気~ (2, 0.0%)

1 の明暗, をとり

▼ ゐた空氣~ (2, 0.0%)

1 が兩方, の流れ

▼ ゐた立場~ (2, 0.0%)

1 にひと, はまだ少し

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 と合唱, を吹いた

▼ ゐた筈ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 の皮包

▼ ゐた範圍~ (2, 0.0%)

1 では飯田町あたり, で最も

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 樸な, 雜な

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 がプツリ, を手許

▼ ゐた糸子~ (2, 0.0%)

1 との世帶, と二十五年前

▼ ゐた紙片~ (2, 0.0%)

1 をぼんやり, を出した

▼ ゐた級友~ (2, 0.0%)

1 であつ, の親

▼ ゐた素人屋~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ ゐた素子~ (2, 0.0%)

1 が静か, はこの

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 と紅, の袖

▼ ゐた紺絣~ (2, 0.0%)

2 の平常着

▼ ゐた経験~ (2, 0.0%)

1 から支那, が船

▼ ゐた給仕~ (2, 0.0%)

1 の一人, の肩

▼ ゐた緊張~ (2, 0.0%)

1 が又, のなか

▼ ゐた線路工夫~ (2, 0.0%)

1 の一人, はしばらく

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が小幡氏一流, なしの

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 で金, を引きちぎつた

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が三日月, が嘗て

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 から一寸, が整然と

▼ ゐた義直~ (2, 0.0%)

1 は叔母, も笑つて

▼ ゐた老人たち~ (2, 0.0%)

1 が遺した, の心柄

▼ ゐた者たち~ (2, 0.0%)

1 はときどき, もそろそろ

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の高い, をぐつと

▼ ゐた脇差~ (2, 0.0%)

2 を奪

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の曲つたお母さん, を伸ばし

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 に頤, をも崩し

▼ ゐた自分自身~ (2, 0.0%)

1 があった, に

▼ ゐた自然主義~ (2, 0.0%)

1 の勢力, の小説

▼ ゐた興味~ (2, 0.0%)

1 でありまた, と是認

▼ ゐた舞妓~ (2, 0.0%)

1 が素直, の方

▼ ゐた船長~ (2, 0.0%)

1 が, がさ

▼ ゐた船頭~ (2, 0.0%)

1 の武助さん, もそれ

▼ ゐた色々~ (2, 0.0%)

1 の場合, の家具

▼ ゐた芝居~ (2, 0.0%)

2 が亦

▼ ゐた芭蕉~ (2, 0.0%)

1 の天才, の調和

▼ ゐた花嫁~ (2, 0.0%)

2 恐ろしい歡喜

▼ ゐた花束~ (2, 0.0%)

1 を乱暴, を買

▼ ゐた芸者~ (2, 0.0%)

1 が一人, を顧み

▼ ゐた芸術~ (2, 0.0%)

1 であること, は未

▼ ゐた茶碗~ (2, 0.0%)

1 の中味, を医者

▼ ゐた茶色~ (2, 0.0%)

1 の上衣, の雌鷄

▼ ゐた荘田~ (2, 0.0%)

1 の娘美奈子, は急

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 を棄て, を片

▼ ゐた荷物~ (2, 0.0%)

1 もす, を其処

▼ ゐた荷風~ (2, 0.0%)

1 が偉い, は要するに

▼ ゐた蒲原氏~ (2, 0.0%)

1 にとつ, にまで誤

▼ ゐた蒲鉾屋~ (2, 0.0%)

2 に寄つて

▼ ゐた蒸溜人~ (2, 0.0%)

1 が例, はすばやく

▼ ゐた薔薇~ (2, 0.0%)

1 はあの, を開かせる

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の燃え, を地上

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 葺きの

▼ ゐた藝術~ (2, 0.0%)

1 なの, も忘れ

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 といふの, はもう

▼ ゐた蘇武~ (2, 0.0%)

1 にきこえた, の妻

▼ ゐた蘭軒~ (2, 0.0%)

1 が回復, の姉幾勢

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が巣, の声

▼ ゐた蝋燭~ (2, 0.0%)

1 が消え, が突然

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 この三種族, はもう

▼ ゐた行事~ (2, 0.0%)

1 に節分, らしいの

▼ ゐた表情~ (2, 0.0%)

1 が華やか, ではない

▼ ゐた補祭~ (2, 0.0%)

1 の足, は打傷

▼ ゐた西田~ (2, 0.0%)

1 が今里新地, まで今

▼ ゐた親しい~ (2, 0.0%)

2 友人に

▼ ゐた親爺~ (2, 0.0%)

1 の死に, は妻

▼ ゐた訳ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やなし

▼ ゐた諸国~ (2, 0.0%)

1 の大, の武士

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 はふさ, は女

▼ ゐた讀者~ (2, 0.0%)

2 は如何に

▼ ゐた豫感~ (2, 0.0%)

1 が適中, はあ

▼ ゐた財布~ (2, 0.0%)

1 に眞黒, をくれ

▼ ゐた賢太郎~ (2, 0.0%)

1 が周子, が無造作

▼ ゐた赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 をよく, を抱いた

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 現実派の, 阿呆の

▼ ゐた踊り子~ (2, 0.0%)

1 が山車, の腰みの

▼ ゐた身体~ (2, 0.0%)

1 の力, はひよろ

▼ ゐた農夫~ (2, 0.0%)

1 に向, の顔

▼ ゐた途端~ (2, 0.0%)

1 その女, にずつと先

▼ ゐた運転手~ (2, 0.0%)

1 の一人, は漸く

▼ ゐた道臣~ (2, 0.0%)

1 はプツ, は腰

▼ ゐた部族~ (2, 0.0%)

1 は如何なる, は朝鮮海峽

▼ ゐた重役~ (2, 0.0%)

1 が訊いた, はその

▼ ゐた重荷~ (2, 0.0%)

1 をおろし, を下ろし

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が, や山

▼ ゐた金髮~ (2, 0.0%)

1 の娘, の青年

▼ ゐた金魚~ (2, 0.0%)

1 の壺, 賣を

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の扉, の笏

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 の手摺, も平次

▼ ゐた門番~ (2, 0.0%)

1 の爺さん, の老人

▼ ゐた間リヽー~ (2, 0.0%)

2 もそれ

▼ ゐた間中~ (2, 0.0%)

2 ずつと此方

▼ ゐた附近~ (2, 0.0%)

1 の被害民, へ往

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 が幕, が後書

▼ ゐた隣室~ (2, 0.0%)

1 ではざわざわ衣ずれ, の蚊帳

▼ ゐた雀達~ (2, 0.0%)

1 が急, は親譲り

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ ゐた雜誌~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, は回覽雜誌

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 は雪, をはらはら

▼ ゐた電車~ (2, 0.0%)

1 が来た, の切符

▼ ゐた青酸加里~ (2, 0.0%)

2 を一罎渡

▼ ゐた静か~ (2, 0.0%)

1 な謙遜, な雰囲気

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 かな生活, かな雰圍氣

▼ ゐた靜子~ (2, 0.0%)

1 は思, を大野

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 のハンドバック, の財布

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 がうれた, であつ

▼ ゐた音田~ (2, 0.0%)

1 の手許, は伴

▼ ゐた頃一人~ (2, 0.0%)

1 の農夫爺, の青年

▼ ゐた頃僕~ (2, 0.0%)

1 が使, は何

▼ ゐた頃友達~ (2, 0.0%)

1 と二人馬, の中

▼ ゐた頃母~ (2, 0.0%)

1 から意地悪, と乳母

▼ ゐた頃近所~ (2, 0.0%)

1 に団扇売, に火事

▼ ゐた須世理姫~ (2, 0.0%)

1 が何時の間に, はこの

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 も棘, をつと

▼ ゐた顛末~ (2, 0.0%)

1 はすでに, を打ちあけた

▼ ゐた風の音~ (2, 0.0%)

1 だったかも, は巨人

▼ ゐた風景~ (2, 0.0%)

1 に彼, は

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

2 をテーブル

▼ ゐた飼猫~ (2, 0.0%)

1 がふた, は急

▼ ゐた馬越~ (2, 0.0%)

1 は默, も今

▼ ゐた馬車~ (2, 0.0%)

1 が他, の中

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 を, を起し

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 一は, 價な

▼ ゐた高橋~ (2, 0.0%)

1 に何やら, はひ

▼ ゐた高等學校~ (2, 0.0%)

1 の位置, を追

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 だと, で其人

▼ ゐた魚則~ (2, 0.0%)

1 のこと, を保護

▼ ゐた~ (2, 0.0%)

1 といふ鳩, を追

▼ ゐた鵞鳥~ (2, 0.0%)

1 の喙, は手当

▼ ゐた麦藁帽子~ (2, 0.0%)

1 が見付, を女中

▼ ゐた黒い~ (2, 0.0%)

1 ものは, 薄絹

▼ ゐた龍吉~ (2, 0.0%)

1 は, は彼

▼1* [3709件]

ゐたあかりだつたの, ゐたあごひげがなく, ゐたあすこにゐた, ゐたあたしの不幸, ゐたあたり窓とはあべこべ, ゐたあつしだつて, ゐたあてにならない, ゐたあなたこれだけはこれ, ゐたあなた様では, ゐたあの同じテイブルでは, ゐたあはれであ, ゐたあひるさんのお, ゐたあまり苦しみに耐, ゐたあれが次, ゐたあんなに小さい蛇, ゐたはゆる, ゐたいたましいとは思ふ, ゐたいちにとつ, ゐたいつしよに, ゐたいふから因縁事ぢ, ゐたいまの女房, ゐたいま行衛不明ですが, ゐたいやはやお, ゐたうらやましかつた, ゐたうんとタメと, ゐたおいしい卵を, ゐたおかみさんの手前, ゐたおしんが唇, ゐたおとよがあわただしく, ゐたおばこ草もいつの間にか, ゐたおばさんからも聞い, ゐたおみくじ屋は, ゐたおめかし屋のイソクソキ, ゐたおもしろいね月並臭, ゐたおれだが, ゐたお前お前の方, ゐたお前のかほ, ゐたお化けが出, ゐたお嬢さんは誰, ゐたお客は慌て, ゐたお客たちも今度, ゐたお客樣が多分, ゐたお宮のうち, ゐたお巡りさんの細君, ゐたお方ではございませぬ, ゐたお松が四十近く, ゐたお正月の晶子さん, ゐたお母様は心配, ゐたお河童の女の子, ゐたお爺さんがひよ, ゐたお直婆さんは, ゐたお礼をいひ, ゐたお祈りして, ゐたお祖母さんでしたけど, ゐたお袋の形見, ゐたお里と伊三郎, ゐたかごをみち, ゐたかしらあゝさ, ゐたかしらなどと考へて, ゐたかたちである, ゐたかとかどういふ, ゐたかとてなんで, ゐたかなしい地面が, ゐたかによつてきまる, ゐたかの子がみ, ゐたかみさんと久しぶり, ゐたからか自分の, ゐたからかと思ひます, ゐたからとかそんなわけ, ゐたからとかといふ理由では, ゐたからには無論毎日, ゐたからもうた, ゐたからよかつた, ゐたかんさんはこの, ゐたかんじんな古, ゐたかんらん色の瞳, ゐたがかけちが, ゐたがけふは, ゐたがさこの日, ゐたがと太平は, ゐたがなあ高槻や, ゐたがなどと話して, ゐたがね久しく寺, ゐたがのびるにしたがつて白味を, ゐたがをかしい位, ゐたきりぢや, ゐたきんは田部, ゐたぎりだつたので友達の五十錢貨幣, ゐたする, ゐたくしやみの発作, ゐたくもなく又, ゐたくらひだつたのだが, ゐたぐでりんの手紙に気づい, ゐたぐらいだか, ゐたぐらゐであるから露西亞の小説家ツルゲーネフ, ゐたふからいよいよ, ゐたけだかになつて, ゐたげにその男, ゐたひびとにあふやうに, ゐたここにも私, ゐたこちらの不思議, ゐたこっちの感じ, ゐたことごとをことごとく, ゐたことそれのみで, ゐたことたき火の盛ん, ゐたことダンテの周囲, ゐたこと丈は明かだつた, ゐたこと中を一目, ゐたこと二人が逢, ゐたこと今は已に, ゐたこと十二時頃ホテルに歸つてなに, ゐたこと地主から借金, ゐたこと專ら工藝技術に興味, ゐたこと岡本綺堂先生の, ゐたこと従つて生活のあらゆる, ゐたこと従つて運動の方向, ゐたこと最近小作料釣上げの, ゐたこと百人が百人, ゐたこと芥川の遺書, ゐたこと道化の玉吉, ゐたこと隣郷に放生会, ゐたこどもと, ゐたこほろぎ一つ急に歌, ゐたこれらの小鳥, ゐたころ十七八の自分, ゐたころ十二月のこと, ゐたころ博物館の建物そのもの, ゐたころ大吉郎は海苔屋, ゐたころ祇園から若王子, ゐたころ訪問を享けたこと, ゐたころ読者の一人, ゐたころ離れにた, ゐたこんな笑話を, ゐたけ志願者, ゐたごかいが顔, ゐたさうかと云つて翁は, ゐたさうな世にも佗びしい釈場, ゐたさかいさう, ゐたさて飲まうと, ゐたさる寺の, ゐたさるすべりのあつ, ゐたざわめきを薄々, ゐたしかも何處とも, ゐたしづかにしづか, ゐたしと願ひ出で, ゐたしに此日土蔵の, ゐたしぶきや虹, ゐたしめやかな一日, ゐたしもべが鼻, ゐたしもべはかたはらの, ゐたしろもので, ゐたがたも, ゐたすぐもいで, ゐたすこしばかりの蜆, ゐたすてきもなく, ゐたすばらしい焚火は, ゐたせめてもの罪滅ぼし, ゐたせん子は思ひ出した, ゐたそこらの木々, ゐたそこら中の澤山, ゐたそつと肩, ゐたその他に別状, ゐたそらさへ, ゐたそれでもうれしかつ, ゐたそれほど冬は, ゐたそれ等が來, ゐた別れが, ゐたぞといふ風にばかり, ゐたたいもお, ゐたたいこもちの夫婦, ゐたたくまない野放図, ゐたたくましい筋肉が, ゐたたまらない物憂さを, ゐたためしは先づないが, ゐたため一命を拾つた, ゐたため全身は冷たく, ゐたため惨劇には遭, ゐたため無事だつたの, ゐたため足が棒, ゐただけずつとはつきり現, ゐただけでも大抵想像できるだらう, ゐたちくも, ゐたちとばかもの, ゐたちやうど許し, ゐたってぼくは, ゐたつい此間までの, ゐたつけ地方長官の, ゐたつけ己れが, ゐたつけ親爺から委託, ゐたつてことよりも確か, ゐたつて一日中のべつ, ゐたつて介意やしません, ゐたつて別段役にもたつ, ゐたつて可いん, ゐたつて埒あ明く, ゐたつて年柄年中びく, ゐたつて心配するが, ゐたつて樂なもの, ゐたつて片附かないからと, ゐたつて生き甲斐はありません, ゐたつて矢張りうまく行かない, ゐたつて言ふのよ, ゐたつまり俳優が, ゐたつゆくさ, ゐたで或は電信の, ゐたという風だ, ゐたといふうはさも全然, ゐたといふかそれとも通俗小説, ゐたといふかどで廊下, ゐたといふだけでさ, ゐたといふと話面白く, ゐたといふまでであ, ゐたとかで手土産をも, ゐたとかと告口など, ゐたとかのために, ゐたとき一ヶ月ばかり留守, ゐたとき三回程檢束, ゐたとき下宿屋の娘, ゐたとき二粒ごはんをこぼした, ゐたとき何でもない, ゐたとき何時でも眠る, ゐたとき兵士の家, ゐたとき十ヶ月の大きな, ゐたとき外から來, ゐたとき奥のはう, ゐたとき念のため, ゐたとき成瀬とよぶ, ゐたとき海の色, ゐたとき源吉はそんな, ゐたとき父は私, ゐたとき耳にし, ゐたとき葛巻義敏と喧嘩, ゐたとき蛇が出, ゐたとき頭の毛, ゐたところがちがつて, ゐたところフト分量を誤つ, ゐたところ三回目は序カット, ゐたところ予定の汽車, ゐたところ何か舳, ゐたところ偶然ある患者, ゐたところ大分前の話, ゐたところ家人に一蹴, ゐたところ幸ひにも, ゐたところ心なき颱風, ゐたところ急に具合, ゐたところ急激な車体, ゐたところ父親の唸り声, ゐたところ米子に行つて, ゐたところ蜂の槍, ゐたところ辻野君は, ゐたとともにそれよりも, ゐたともいへよう, ゐたと共に其後に, ゐたぢようのを, ゐたどうかして, ゐたどうしても玉金親分は, ゐたどうも咳が, ゐたどす黒い草の, ゐたどの家でも, ゐたどんな言葉で, ゐたなき骸を, ゐたなと私は, ゐたなど戰國そだち, ゐたなどもその特徴, ゐたなにをアクセク, ゐたなんとなく重い嫌, ゐたねずみ色の服, ゐたのちとりあげて, ゐたのでかうきいた, ゐたのでがつかうで, ゐたのでずつと高めるため, ゐたのでとにも角にも, ゐたのでをかしいそれ, ゐたのにけふは, ゐたのになあおれの, ゐたのにもうずゐ, ゐたのぶはむくんだ, ゐたはいからと言, ゐたばかしだ, ゐたひさはすぐ, ゐたひざしが, ゐたひところの思ひ, ゐたひとたちも電車, ゐたひとりものの墨, ゐたひよろ長い男, ゐたひよろひよろした肺病やみ, ゐたひろ子は日常, ゐたふしぎなあたたかい, ゐたふとつちよの, ゐたふゆを浚つて, ゐたほうがいい, ゐたほどはひどくない, ゐたほんとは三十, ゐたほんとうは, ゐたまつかさを川, ゐたまつ青な鴉, ゐたまん丸い二つ, ゐたみえが廻つて, ゐたみなヤンの弟, ゐたみやこの花, ゐたむかしのアルヴイン, ゐたむしろがいきなり, ゐたもうすこし待つて, ゐたもとの夫, ゐたものさへも失つたの, ゐたものそれは何故か, ゐたものそれらの悉く, ゐたものぢや, ゐたものらはすべて, ゐたもの哉つくづく呆れ, ゐたもの歌のかたはら, ゐたもの理解しがたい, ゐたもの眠つてゐたもの, ゐたもの確實であつ, ゐたもんぢや, ゐたやうぢやない, ゐたやがてその船, ゐたやすの肩, ゐたやら明日は, ゐたやらとふと私, ゐたゆうべ天井裏でごそごそ, ゐたゆえ顔はどんな, ゐたゆゑお茶も出, ゐたよい蕗の, ゐたよし切りがあわて, ゐたよりはずつと穏かで, ゐたよりもずつと小柄で, ゐたりき隣の患者, ゐたわが国の義務教育, ゐたわが子のにほ, ゐたわしの馬, ゐたわたしどもには先づそれが梨, ゐたわよお気の毒, ゐたわれわれは演劇, ゐたわれわれ同胞の名前, ゐたわれわれ自身の罪, ゐたんでへエ, ゐたアイルランドの海岸, ゐたアウグスチノ会の布教長グチエレス, ゐたアカシアの悩まし, ゐたアゴスチノ会のグチエレス神父, ゐたアジア艦隊にも送られた, ゐたアツシユの大弓, ゐたアデェルの前, ゐたアデエルは云, ゐたアトリエの中, ゐたアノ続きは来月, ゐたアパートにき, ゐたアミをご存じ, ゐたアメリカ・インヂアンのガウン, ゐたアメリカ人形を日本, ゐたアメリカ娘を紹介, ゐたアヤメの模様, ゐたアラビア人がもう, ゐたアルコール漬の小さな, ゐたアルパカの背広, ゐたアレキサンダーの如く, ゐたアングルの言葉, ゐたアントワアヌが偶然, ゐたイギリスのエッセイ, ゐたイギリス人だと, ゐたイギリス海峽をずつと東, ゐたイギリス生まれの歯医者, ゐたイブセンの, ゐたイメージそれ以上の光彩, ゐたイリリヤがそつ, ゐたイワンを口, ゐたイーグルホテルは丁度, ゐたウヰリヤム・アダムスは徳川家, ゐたエアシップを発見, ゐたエグゾティスムがこの, ゐたエハガキとペン, ゐたエピソードであるが, ゐたエミルが眼, ゐたエルマンは懐中, ゐたオランダの気分, ゐたオリフアント會社の通商的野心, ゐたオルジェル家もアンヌ, ゐたオレンヂ色の表紙, ゐたカアネエギイは初めて, ゐたカイベツ並に枝豆, ゐたカスペリイニイが此天才, ゐたカツオ氏の顔, ゐたカナリヤであるから, ゐたカネの唐草模様, ゐたカフエ・プランタンがそれ, ゐたカレツヂ・ネキタイの, ゐたガストン・ワルゼエといふ男, ゐたガソリン屋が運ちゃん, ゐたガラスはす, ゐたキネオラマ又はパノラマ式, ゐたギヤーマンの懷ろ鏡, ゐたギラルリイ老人を迎, ゐたギリギリの苦悩, ゐたクモが死んだ, ゐたクラリモンド其人だつた事, ゐたクリストのかう, ゐたクリミヤ戰爭はその, ゐたクレマンソーは慌て, ゐたクロは氣配, ゐたクロオデル大使に同情, ゐたクロバは刈り取られ, ゐたグラスのウイスキイ, ゐたグリコ噛み噛みさらに, ゐたグレゴリイの伝説集, ゐたグロモフと云, ゐたゲエルは手, ゐたゲルマント夫人だつたん, ゐたコクトオに彼, ゐたコクトオ詩抄が岔水居, ゐたコック先生そのころ, ゐたコッテエヂには屋根裏, ゐたコマギイナの王, ゐたコンブレエのアドルフ叔父さん, ゐたゴシツプによる, ゐたゴツホはその, ゐたゴム輪の人力車, ゐたゴルフ服の人達, ゐたサラミヤ姫の御許, ゐたサンドイツチ・マンがありまし, ゐたシテが再び, ゐたシナリオ風のもの, ゐたシナロンが千種, ゐたシラノを埋没, ゐたシルレルもゐた, ゐたシローテがどう, ゐたシンパンジイ種の猿, ゐたジプシイが伸び, ゐたジャケットの丁度, ゐたジャック・コポオが同人等, ゐたジュウル・ルナアルが今日, ゐたジュリヤおた, ゐたジヨツキをとりあげ, ゐたジヨバンニの影, ゐたスウエデンの書記君, ゐたスパァニッシュ・フライで, ゐたスパイがぎろつと, ゐたスプーンを咄嗟, ゐたスペイン猫の子供, ゐたセピア色を基調, ゐたセムボビチスの手, ゐたセントバーナードの, ゐたゼスス会も堪りかね, ゐたゼッテルクイスト部長とグスタフソン警視, ゐたソフイヤ夫人の訃, ゐたソローピイとその, ゐたソーダ水を割つた, ゐたタカシ君といふ二十, ゐたタチの惡, ゐたタリム盆地が急, ゐたダイヤモンドの殘, ゐたダヌンチオ一流の絢爛豐麗, ゐたダラット地方の山林事務所管内, ゐたダルジンが肱, ゐたチブスに罹つた, ゐたチャプリンのため, ゐたチヤツクは如何にも, ゐたチヨウサアやスペンサー, ゐたチヨコレートをぐつと鵜, ゐたヂョンリヽーといふ劇作家, ゐたツルゲネエフは暫く, ゐたツルゲネフの, ゐたツル子が声, ゐたテイントレツトの研究家, ゐたテオフイユ・ゴオテエそれからその, ゐたテムプル先生の側, ゐたテルヨが, ゐたテーマの上, ゐたデイオゲネスのお, ゐたデカタンのやう, ゐたデュフィとモディリアニ, ゐたデンマルクの學者トムゼン, ゐたトカゲもカリヤル, ゐたトムさんは何と, ゐたトレズニカ独り良心を以てコルビエール, ゐたトレルチの歴史哲学, ゐたテラを, ゐたドアからハンテン着, ゐたドイツの少年少女たち, ゐたドイツ人がやをら立ち上つて, ゐたドイツ人たちのこと, ゐたドオデエには第, ゐたドロドロした想念, ゐたドンはその, ゐたナイフの刃, ゐたニウの口臭, ゐたニコニコ絣を, ゐたニッケルの眼鏡, ゐたニナール姫はやつ, ゐたニュース映画の一隊, ゐたニユーヨーク・ヘラルドの日曜絵附録, ゐたネステレンコは友人, ゐたネットとラケット, ゐたネヅミ半紙といふ一帖二錢ぐらゐなチリ紙, ゐたノツブを離す, ゐたノートを夫人, ゐたハイカラ女を入れ, ゐたハンチングを落した, ゐたハーモニカが眼, ゐたバウガン氏なども忙, ゐたバカホンドルンペン君たちも私, ゐたバケエがひよつこり, ゐたバケツが一, ゐたバツトを一本, ゐたバンガローに当時, ゐたバンドゥーラを撥ねのけ, ゐたバースデイ・ブツクにサイン, ゐたパアラアの方, ゐたパイプをこの, ゐたパチンコの玉, ゐたパンとキウリ, ゐたパンポルの或, ゐたパヴロアは, ゐたヒサゴ屋が太平, ゐたヒステリーの牛太郎, ゐたピアノに, ゐたピストルの外形, ゐたピチ公はその, ゐたピトエフ一座の名, ゐたピトエフ夫妻のすゝめ, ゐたピニイの木, ゐたフイラデルヒヤから紐育行き, ゐたフイルムが突然ぴたり, ゐたフオードも流石, ゐたフライシュマンといふ男, ゐたフランク徳永がエミル・ヤニングス, ゐたフランシスカン達にとつ, ゐたフリイデリイケは久しく, ゐたフロマンタンのレムブラント, ゐたブキヨーな乙記者, ゐたブラツセルの新, ゐたブランシュ・イングラムはデント夫人, ゐたブリキ屋のつい, ゐたブルドツクの子ども, ゐたベシーの首, ゐたベルゴットが或, ゐたベルドオヌは俄, ゐたペツプの言葉, ゐたペトロとマチャード, ゐたペンを置く, ゐたページを或, ゐたボオイが農民美術, ゐたボオドレエルの一行, ゐたボオマルシェの創造, ゐたボストンの博物館長キウリン氏, ゐたボデー用大型鐵板もこの程多量, ゐたボロの服, ゐたボロボロの服, ゐたボーイが彼, ゐたポイント科の工場, ゐたポタアジュスクラムブルドエグ・ベーコンムサカと飯, ゐたポン公はもう, ゐたマスコフキナ夫人は向う, ゐたマストリリの右額部, ゐたマダムが立, ゐたマッチをでも返す, ゐたマツチのかすか, ゐたマデイラのフアンシヤル, ゐたマドリィもトレドー, ゐたマリアを眺める, ゐたマリイに騙され, ゐたマヽコスといふ外人神父, ゐたミオラといふ異国人, ゐたミチヤが病気, ゐたミチューリンだけは直ぐ, ゐたムッとする, ゐたメエイが其所, ゐたメリヤスの股引, ゐたモオリアックの, ゐたモデルが休息, ゐたモロオの, ゐたモーター船もやがて, ゐたモーリッツ・ガイガーとの文通, ゐたユダヤ系の年増女, ゐたヨオロツパ諸国やアメリカ, ゐたライタアと固, ゐたライネル・マリア・リルケはその, ゐたラツプと云, ゐたラムネエの教義, ゐたラムプの明り, ゐたリイケが目, ゐたリカルド・ムウテル教授に囑, ゐたリンネルの経帷子, ゐたルウベンスの畫集, ゐたルッソオの絵, ゐたルネサンスの文化, ゐたルヰザ・イィシュトンとメァリー・イングラム, ゐたレクは丸い, ゐたレニンは日本, ゐたレムブラントの畫集, ゐたロオレンスとハーバード大学, ゐたロシアの義勇艦隊, ゐたロシア物の一册, ゐたロシア語のいひまはし, ゐたロシヤである, ゐたロダンにさ, ゐたロドリゲスの奔走, ゐたローマ艦隊の司令官, ゐたロールツヒとかと称, ゐたワーグネルの不幸, ゐたンぢやない, ゐたヴァイオリンを彈, ゐたヴアイオリンを拾, ゐたヴアヰオリンに目, ゐたヴェランダも雨, ゐた一ぴきの, ゐた一ヶ月ほど前, ゐた一事であります, ゐた一二代前夙くも彼, ゐた一人息子の立身, ゐた一代の果報者, ゐた一個の青ざめた, ゐた一個年少早熟の偽悪家, ゐた一册はたしか, ゐた一刻も早く, ゐた一助ですが, ゐた一匹が綿, ゐた一味がゐた, ゐた一團の人たち, ゐた一城主があつ, ゐた一妓がその, ゐた一官吏が剃刀, ゐた一少女をも紹介, ゐた一年の間, ゐた一年半ばかりの楽し, ゐた一年生に誘ひ込まれ, ゐた一年足らずの月日, ゐた一度結婚したこと, ゐた一文學少女の妄執, ゐた一方の男, ゐた一方どこかに忘れられず, ゐた一時の好感, ゐた一晩の間, ゐた一月の月始め, ゐた一枚の絵, ゐた一枝は半ば義侠的, ゐた一構で当時, ゐた一流の政治家, ゐた一片の肉桂, ゐた一番がつ, ゐた一疋の野獸, ゐた一研究生でありその, ゐた一社員が云, ゐた一種晴れがましい, ゐた一種陰鬱な怖, ゐた一群れの鳩, ゐた一聯の憂鬱, ゐた一聴客が連日, ゐた一見外國婦人と見, ゐた一見童話風のしかし, ゐた一言もなく, ゐた一軍曹の, ゐた一週間もこの, ゐた一郎が立上つて, ゐた一部志望の下岡, ゐた一部族の集團, ゐた一階のプロフェサー・, ゐた一隻の汽船, ゐた一面のあつ, ゐた一頃がある, ゐた一頭の驢馬, ゐた七つの子, ゐた七人の内, ゐた七十すぎの老人, ゐた七千石の旗下, ゐた七日目毎の御馳走, ゐた七百人に對, ゐた七面鳥がけたたましく, ゐた万国地図を携, ゐた万葉集に就, ゐた三〇一号から三〇八号室, ゐた三つの子, ゐた三上於菟吉も恢復期, ゐた三世相大雜書, ゐた三井がその, ゐた三人づれの若い, ゐた三人組の私立大学生, ゐた三人連の一行, ゐた三十がらみの痩せた, ゐた三十前後の男, ゐた三十女で以前, ゐた三十年前早稲田在学中侯の庭園, ゐた三十恰好の商家, ゐた三千代は急, ゐた三吉は彼女, ゐた三四人の若い, ゐた三宅は援兵, ゐた三宅典膳の家, ゐた三宿の, ゐた三尺あまりの瘤, ゐた三層楼といふ感じ, ゐた三峰川の水, ゐた三年生の男の子全部, ゐた三成の落胆, ゐた三文文士が突然, ゐた三文目五分筒が煎, ゐた三日間の僕ら, ゐた三月から今日, ゐた三朝温泉といひ, ゐた三本の縮れ毛, ゐた三歳の時器官支カタル, ゐた三毛猫とは栖鳳氏, ゐた三田村はスツカリ, ゐた三男も林檎, ゐた三番目の男, ゐた三畳の戸, ゐた三藏も水月, ゐた三郎さんは何, ゐた三階建の二階, ゐた上原哲造に再び, ゐた上女が平時, ゐた上官がそんな, ゐた上方訛りのお客, ゐた上海の文士田漢, ゐた上田立夫と心安く, ゐた上臈がお, ゐた上野国上久方村医師村岡善左衛門常信倅善次郎が養子, ゐた下司と朋輩, ゐた下島老人はつつ立つた, ゐた下村宏氏は遠く台湾くん, ゐた下町つ子, ゐた下町方面の江戸的, ゐた下等動物は梅毛虫, ゐた下野の室, ゐた下駄が女衒, ゐた不吉な塊, ゐた不審が又, ゐた不快な感情, ゐた不愉快はそれ, ゐた与兵衛の眼, ゐた与里はこの, ゐた世変が漸く, ゐた世話好きな老, ゐた世間観が改, ゐた中國大陸のその頃, ゐた中央の男, ゐた中央公論社の人達, ゐた中央美術に掲載, ゐた中学生にし, ゐた中學校は縣, ゐた中将河野実為に, ゐた中尉を呼んだ, ゐた中年少年の弟子徒弟, ゐた中戸川の小説, ゐた中村一六君の書店, ゐた中村勘三郎などの座が, ゐた中村氏は, ゐた中橋か山本, ゐた中沢博士の顔, ゐた中田博士に寄せた, ゐた中野新井の家, ゐた中間に暫く, ゐた丸善が其の, ゐた丸太の上, ゐた丸山がそば, ゐた丸山福山町界隈の, ゐた丸窓を一度, ゐた丹前を滑らせ, ゐた丹波屋の隱居, ゐた丹頂が今, ゐたな女, ゐた主人公に返し, ゐた主婦さんは今更, ゐた主客はみんな声, ゐた久保が不, ゐた久保田君が尚, ゐた久保鉄三はそつ, ゐた久右衞門さんの兄きが, ゐた久留米の連隊, ゐた乏しい解し物, ゐた乗客は, ゐた乗客たちは火, ゐた乙州はその, ゐた九月には嗣子田中正訓, ゐた乞丐は吃驚, ゐた乞食坊主の鑑哲, ゐた乞食宗匠の井月, ゐた也ちやん, ゐた乱杭である, ゐた乾物屋らしかつ, ゐた亀田先生はまた, ゐたも人情, ゐた事さへあつ, ゐた事ぢやない, ゐた事丸屋の主人, ゐた事件の話, ゐた事其他種々の點, ゐた事務局長もた, ゐた事務所の方, ゐた事業はどう, ゐた事深川にあつ, ゐた事變以前すでに舊藩, ゐた二つのキヤリコ, ゐた二人連の若い, ゐた二兒を母, ゐた二十の綜合, ゐた二十三年前のあの, ゐた二十五六の厭世時代, ゐた二十余年以前の追憶, ゐた二十六七の婀娜, ゐた二寸程の物, ゐた二日月のひかり, ゐた二日目の日, ゐた二本はあの, ゐた二枚の葉, ゐた二男の中学生, ゐた二番息子に震災, ゐた二番番頭の金藏, ゐた二番目の娘, ゐた二葉亭の事業, ゐた二葉亭氏の苦悶, ゐた二重の悶え, ゐた二間ばかり上, ゐた二隻の救助船, ゐた五六年前は今, ゐた五分ジンの煤けた吊り, ゐた五十位の黒い, ゐた五十兩の小判, ゐた五十圓のコッテエヂ, ゐた五十嵐君はすぐ, ゐた五十年にすぎない, ゐた五十里の彼方, ゐた五年男子組の子供たち, ゐた五年間二十の春, ゐた五月山の裏, ゐた五泉家の垂水, ゐた井上周防之房, ゐた井上栄三の母, ゐた井伊氏の歴史上, ゐた井伏君はた, ゐた井元にもしつかりした, ゐた井出君に云, ゐた井沢の執着, ゐた亜米利加人が荷物, ゐた亜米利加婦人で胡瓜, ゐた亞麻色に近い, ゐた亡き人の息, ゐた亡者たちが笞, ゐた人さなぞと知人, ゐた人力の車夫, ゐた人家がなく, ゐた人差指をも公平, ゐた人形は其前年私, ゐた人心に明白, ゐた人気ないプラットフオム, ゐた人気作者である, ゐた人気女優一条久子と仙台, ゐた人物そいつの發展, ゐた人生諷刺の微風, ゐた人相書にそつくり, ゐた人相見だとか, ゐた人絹製造用のノズル, ゐた人見氏の言, ゐた人通りが又, ゐた人道があの, ゐた人達自分の發明, ゐた人間関係だつたの, ゐた仁作は東手, ゐた仇名をもつ, ゐた仇敵なの, ゐた今一人の見知らぬ, ゐた今井官之助, ゐた今帰つたところ, ゐた今度の卒業生諸君, ゐた今日あすに来るべき, ゐた今朝の霧, ゐた今泉に向, ゐた仏像がなみなみ, ゐた仏教凝りや釈教歌, ゐた仔猫のこと, ゐた仔雀が一羽, ゐた付属中学の一年生, ゐた仙境の人, ゐた代代木新宿附近では白地, ゐた代物だつた, ゐた代用小學が海路部, ゐた令嬢マリイがいつも, ゐた仮定に賛成者, ゐた仮面に就, ゐた仲よしで一緒, ゐた仲人の山口, ゐた仲冬の愉樂, ゐた仲間達である, ゐた伊三郎が今朝五十兩, ゐた伊之助がよく, ゐた伊勢物語の一段, ゐた伊吹未亡人がほんとに, ゐた伊太利行がそれ, ゐた伊庭の厚かまし, ゐた伊織は勿論, ゐた伊藤が今度中学, ゐた伊藤君の歌以外, ゐた伊豫岩城島の三浦敏夫君, ゐた伊貝は遂に, ゐた会社員はいきなり, ゐた会社員風の男, ゐたの長次, ゐた伝七何かに思ひ付い, ゐた伝右衛門がそれ, ゐた伝承が多い, ゐた伝書鳩の一員, ゐた伝統が脆く, ゐた伴天連が封じ, ゐた伸子にはそれら, ゐた但馬和田山の古屋敷香葎君, ゐた但馬守は幾ら飮ん, ゐた位ひだつた, ゐた位異常な興奮, ゐた低い賤しい, ゐた住宅衣服等も日本化, ゐた住民の三分の一, ゐた佐伯からは豫期, ゐた佐伯某といふの, ゐた佐渡守は口, ゐた佐藤緑葉君の家, ゐた佐野喜の彌, ゐた佐野松が次第に, ゐた体操教師もあれ, ゐた何だかたのもしかった, ゐた何とか三郎といふ, ゐた何とも得体の, ゐた何やら大きな樹, ゐた何れの部分, ゐた何んといふこと, ゐた何人かの弟子, ゐた何家かの未亡人さん, ゐた何年かが深い, ゐた何故つて彼女の, ゐたも決して, ゐた余寒がなか, ゐた余技に気がつき, ゐた佛前に据ゑてある二つ, ゐた佛蘭西からの總, ゐた佛蘭西アルプスのなつかしい, ゐた作りの刀劍, ゐた作曲家の巨摩さ, ゐた作業服を温め, ゐた佳き時代である, ゐた佳人の息, ゐたし隨分幅廣, ゐた侍臣達もほとほと, ゐた侮蔑や軽視, ゐた俗謠詩人はあの, ゐた保安隊の一人, ゐた信太妻伝説の古い, ゐた信輔は或, ゐたは何処, ゐた修法の壇, ゐた修羅黒縄の世界, ゐた修身といふことば, ゐた修身書の言葉, ゐた俳優諸氏をよろこばせる, ゐた俳句に肉, ゐた俳畫がかはりばんこ, ゐた俺達は今宵, ゐたが変, ゐた個人主義ないしは個人性, ゐた個所がある, ゐた偉大なる愛, ゐた停車場前の時計屋, ゐたの敷蒲團, ゐた傍仏家の法式, ゐたの畳み, ゐた傘張の娘, ゐた承では, ゐた傳六もフラフラ, ゐたの痛み, ゐた傾向があつ, ゐた働蜂が来, ゐた僕らは芥川, ゐた僕等が僕等, ゐた僕自身を思ひ出させ, ゐたのイルラリオン, ゐた僧侶が死んだ, ゐた僧正も急, ゐた僧等がぞろ, ゐた僧院の長老, ゐた僧院長にはじめて, ゐた儀礼が固定, ゐた儒者である, ゐた優人たちのこと, ゐた氣を, ゐた元来北越の, ゐた元気の好い, ゐた元町の仙太, ゐた元町通りに比べる, ゐた兄嫁のお, ゐた兄貴はボート, ゐた兆民の有名, ゐた兇器をキキ, ゐたは夫人, ゐた先代伊勢屋忠右衞門の遺言状, ゐた先代木村重正からはこの, ゐた先生たちの中隊, ゐた先頭の二三人, ゐた児玉は, ゐた児玉希望氏の処, ゐたが目, ゐたである, ゐた入口の障子, ゐた全快祝ひを夫正樹, ゐたの足, ゐた兩人の娘, ゐた兩國人が一々, ゐた兩手を懷, ゐた兩者の氣合, ゐた兩蓋に斜子, ゐた八つ許りの, ゐた八九人の刑事たち, ゐた八月の三日, ゐた八田機關長が外, ゐた八重の槌, ゐた六七人の踊り子, ゐた六匹のとかげ, ゐた六年の当, ゐた六条の伯母, ゐた六甲の傾斜面, ゐた六畳の部屋, ゐた六畳間で荷造り, ゐた六疊でした, ゐた兵卒が射撃, ゐた兵士らの群, ゐた其傳統を承け, ゐた其情婦仇吉を深川, ゐた其歳ももう, ゐた其處へ屡, ゐた其角の方, ゐた其頃の私, ゐた具足の端, ゐた内儀さん風の四十あまり, ゐた内外達識の士, ゐた内山愚童前者即ちこの, ゐた内海といふ再, ゐた内田の家, ゐた内臟もその, ゐた写絵は美し, ゐた冬シャツの胸, ゐた冬外套の男, ゐた冷暖自知, ゐた処士の間, ゐた処大阪天満女夫池に妻, ゐた出版業社は博文館, ゐた出羽の軍勢, ゐた刄先五寸位な槍, ゐた刄物のやう, ゐた分隊長の高岡軍曹, ゐた切支丹の中心人物, ゐた切支丹騒動なるもの, ゐた切株の上, ゐた切髮のお, ゐた刑事の報告, ゐた初代の代表, ゐた初太郎の名, ゐた初秋の空, ゐた判事には被告, ゐた別荘番の老爺, ゐた別録並びに七略, ゐた利章は顏, ゐた制服と制帽, ゐた刷毛を取る, ゐた刹那の現, ゐた刺繍のある, ゐた刻煙草いれ, ゐた前田の家老, ゐた前田さんだつて志村さんだつ, ゐた前田河廣一郎君からその, ゐた剪嵌細工はす, ゐた副官は, ゐた創作は休息, ゐた創作集の中, ゐた劇団の研究生, ゐた劇壇の内情, ゐた劇的因襲から脱却, ゐた力量からみ, ゐた加州家の同勢, ゐた加野が死ん, ゐた助役は, ゐた労働者は自己, ゐた勇気が急, ゐた勇氣である, ゐた勇治と庄吉, ゐた勇猛心が瞬間, ゐた勉強を止め, ゐた動揺の少し, ゐた動機でさ, ゐた勘六が急, ゐたがその, ゐた勝負だつたが, ゐたは抜け, ゐた勿忘草の一, ゐたの中, ゐた包みをそこ, ゐた匕首を拔, ゐた北京の航空會社, ゐた北京赴任をほとんど, ゐた北劍は捨てぜりふ, ゐた北原や石川, ゐた北村さんの手, ゐた北村悦三の名, ゐた北越雪譜の挿画, ゐた北辰新報の社長兼主筆, ゐた医学に実験的方法, ゐた医学生達に示し, ゐた医師高間房一といふ人物, ゐた十一人の女たち, ゐた十七の夏, ゐた十七位の逗子, ゐた十二三の女, ゐた十二人は格, ゐた十五六歳の頃, ゐた十五歳ばかしの少年, ゐた十人ばかりの芸者, ゐた十八の若者, ゐた十八世紀の文芸, ゐた十八九の女, ゐた十八呎の旋盤, ゐた十六ばかりの二人, ゐた十四五の娘, ゐた十四人とすぐ, ゐた十字架がはづれて, ゐた十年前のこと, ゐた十文目筒其外の人々, ゐた十銭紙幣の油, ゐた千々岩灘を隔て, ゐた千久馬がいきなり, ゐた千代子は俄, ゐた千恵が今, ゐた千戸の病家, ゐた千束町の駄菓子屋, ゐた千種はこの, ゐた千種忠顕の官軍, ゐた千金翼方は乾隆癸, ゐた千駄ヶ谷の家, ゐた半分も出, ゐた半切と短冊, ゐた半襟へ火鉢, ゐた半面にどうせ, ゐた卑俗な感情, ゐた南側一帯は許可地, ゐた南天棒和尚にし, ゐた南方の至福, ゐた南蛮寺門前がやつ, ゐた衣と, ゐた博信堂といふ店, ゐた卯の花の白い, ゐた印刷工場で足, ゐた印刻師の子, ゐた印袢纏の背, ゐた印象派の大家, ゐたを破る, ゐた卷煙草をふかし出した, ゐた厚い青色の, ゐた原因でもある, ゐた原始的氏族社會が消滅, ゐた原子爆弾の惨害, ゐた原子病が再発, ゐた原理そのものに直ちに, ゐたの中, ゐた厭世詩人のバイロン, ゐたたる環境, ゐた参観者には案外, ゐた參謀本部の地圖, ゐた覺めて, ゐた叉手を振廻し, ゐた友だちの指環, ゐた友人たちからひどい, ゐた友人同志ではあつ, ゐた友人梶原可吉君, ゐた友人訪問をも燒跡見物, ゐた友人達と一, ゐた友情よりも彼, ゐた友軍がこれ, ゐた肌ぬぎ, ゐた双子山も段々, ゐた革命を, ゐた反対の心境, ゐた反感をこの, ゐた叔母が何, ゐた受刑者は癲癇もち, ゐた叙事詩を口誦, ゐた叛軍が段々, ゐた口振りをきく, ゐた口銭以外はそつくり売り手, ゐた古人は深い, ゐた古今幾百萬の婦人, ゐた古代人は呪詞, ゐた古傷にさ, ゐた古兵とは何ん, ゐた古風な淋しいなつかしい, ゐた句集代落手さつ, ゐた哀らしい, ゐた可愛気の, ゐた可愛い少女が, ゐた可笑しな逸話, ゐた台湾土産の彫刻物, ゐた史的生態でそれ, ゐた右眼に強烈, ゐた右舷の方, ゐた各自の世界史的使命, ゐた合田のお, ゐた吉五郎は, ゐた吉右衛門の喜劇才能, ゐた吉彌は危, ゐた吉田は之, ゐた吉田松陰もまた, ゐた人物とは, ゐた同じく奈智行らしい, ゐた同勢も殆ど上陸, ゐた同君であつ, ゐた同役は皆, ゐた同心などが集り, ゐた同志が發狂, ゐた同窓のある, ゐた同胞からこんな, ゐた同輩達の群, ゐた同類も次第に, ゐたも知れない, ゐた名代の店屋, ゐた名義だけの妻, ゐた名高い禅僧である, ゐた岸の, ゐた向う岸の當別, ゐた向側の病室, ゐた向島の小, ゐた君助はやがて, ゐた否定の精神, ゐた吹奏楽がまた, ゐた吹込みが今朝, ゐたひの, ゐた呪詞系統の文学, ゐたは除き去られ, ゐた呼吸するに, ゐた呼吸器に圧迫, ゐた呼吸器病專門の, ゐた和助といふ老人夫婦, ゐた和尚が, ゐた和泉屋市兵衛と云, ゐた和田さんのことば, ゐた和紙は一ヶ年平均, ゐた咲子は遽, ゐた咽喉がやつ, ゐた品々だつたが, ゐた品川の東禅寺, ゐた品物を買, ゐた哥薩克の家, ゐた哲ちやんて子, ゐた哲学であり宗教, ゐた哲学者の三毛猫, ゐた哲造がその, ゐた唐もろこしも藷畑, ゐた唐六如の墨絵, ゐた唐氏は喜ん, ゐた唐沢光一が妹, ゐた唖娘の涙, ゐた唯一の切ない, ゐた唯物論なぞと言, ゐたが梯子段, ゐたのこと, ゐたひが, ゐた商人體の男, ゐた商品をことごとく, ゐた問屋であり村, ゐた問題に就い, ゐた善吉は彼, ゐた善哉善哉そして唄, ゐた喜三郎が急, ゐた喬木の枝, ゐた單衣にもほんの, ゐた單語のカアド, ゐた嗣二は母, ゐた嘉三郎は, ゐた嘉心を慰めた, ゐた嘉村由子といふ者, ゐたの自分, ゐた器械鋸の音, ゐたはれびとが, ゐた四つ手網を仕掛, ゐた四五日も前, ゐた四五羽の鶏, ゐた四人のうち, ゐた四人目の百姓, ゐた四十ばかりの日, ゐた四十一二の兄さん, ゐた四十七八の眞四角, ゐた四十四五の色, ゐた四十過ぎの女, ゐた四枚ばかりの色褪せた, ゐた四疊半を覗く, ゐた四郎左衛門の剣術, ゐた回転椅子に凭つて, ゐた団十郎も急い, ゐたの, ゐた国学書就中国文学書の一般的研究, ゐた国民にとつ, ゐた国民学校の訓導, ゐた国民有識階級の, ゐた国貞の絵, ゐた國語讀本に, ゐた團扇を蔽, ゐたを踏ん, ゐた土人九名が突然, ゐた土器と三寳, ゐた土地人民を悉く, ゐた土地生れの女中, ゐた土堤へかけ, ゐた土屋氏の古, ゐた土師部がやがて, ゐた土師部族の産所, ゐた土方風の男, ゐた土砂が全, ゐた土竈の仕掛け, ゐた土臺の杙, ゐた土藏の入口, ゐた圭一郎に小作爺, ゐた圭介のため, ゐたであると, ゐた地下人が歴史, ゐた地主アービスも従者, ゐた地圖の面, ゐた地所を下付, ゐた地点とは二丁, ゐた地球は, ゐた地理と歴史, ゐた地盤ががらがら, ゐた地金の屑, ゐた坂井久良岐の選, ゐた坊さんは, ゐた坊ちやんと偶然, ゐた垢石になめつく, ゐたの址, ゐた城下を氣, ゐた城主であつ, ゐた埴輪についてた, ゐた執念い霧, ゐた執筆に迷つて, ゐた基地もあらかた, ゐた堀割はその, ゐた堀田を忘れ, ゐた堀越中村宮口の諸君, ゐた報知機をあげる, ゐた報酬として彼ら, ゐたの状況, ゐたははがき, ゐた堺大杉荒畑山川や別口, ゐた堺衆の一人, ゐたりが, ゐた塚本さんの家, ゐた塚田と比べ, ゐた塩沢丹三郎と云, ゐた塲合の方, ゐた塵埃の渦卷, ゐたからその, ゐた境涯から狭い, ゐた壇上の東海坊, ゐた壓石から摩脱, ゐた壓迫がなく, ゐたは一面, ゐた士族だから, ゐたな堅苦し, ゐた夏休みの樂, ゐた夏外套を, ゐた夏目氏はだしぬけ, ゐた夏目漱石も五六歳, ゐた夏祓への行事, ゐた夏繪が低く, ゐた夕刻までに行かね, ゐた夕方を彼, ゐた夕方彼女は私, ゐた夕日の弱い, ゐた夕闇が野末, ゐた夕風が入, ゐた外人の宣教師たち, ゐた外人たちの中, ゐた外国の戯曲, ゐた外國人は幽か, ゐた外國軍の侵入, ゐた外的な天分, ゐた外科が道具, ゐた外電係兼國際論文記者が口, ゐた多吉もゐた, ゐた多少の遠慮, ゐた多情なる元禄びと, ゐた夜具まで強奪, ゐた夜番の人, ゐた夜道の上, ゐた夢想家達には決して, ゐた大下君が近づい, ゐた大人の嘘, ゐた大兵の男, ゐた大切な品物, ゐた大原の襟髪, ゐた大名屋敷先代の成瀬屋, ゐた大名方のうち, ゐた大和の知合, ゐた大坪参弐である, ゐた大堂津で藷焼酎, ゐた大塚保治先生も同様, ゐた大学生が負傷, ゐた大官に洋行, ゐた大山といふ肥った, ゐた大島の端, ゐた大工に行き, ゐた大敵の烽火, ゐた大杉などを側, ゐた大村一蔵君を長岡, ゐた大業な姿制, ゐた大沼宏平さんと云, ゐた大津しもと云, ゐた大熊はやがて, ゐた大番役のやう, ゐた大空の一角, ゐた大粒の真珠, ゐた大統領は眠, ゐた大綱を振り切つ, ゐた大観氏は舞, ゐた大道講釈師は年中, ゐた大阪に平八郎, ゐた大雅にとつて, ゐた大震災前までの東京, ゐた大高源吾や堀部安兵衛, ゐた大黒屋の寮, ゐた天国の門番さんぢ, ゐた天地の情感, ゐた天城山も何時の間にか, ゐた天幕がこんな, ゐた天文永祿元龜年間, ゐた天滿宮の領地二ヶ村半, ゐた天滿橋を南, ゐた天皇の輩下, ゐた太い白毛が, ゐた太古の前生人, ゐた太郎ぢやない, ゐた夫伊織が, ゐた夫婦である, ゐた夫婦牛の太鼓, ゐた夫婦者もいつか, ゐた夾竹桃を切つて, ゐた奇妙な風景, ゐた奇蹟の期待, ゐた奈良の郷里, ゐた奉公人は皆んな, ゐた奉書の手紙, ゐた契丹の所傳, ゐたで働い, ゐた奥山花屋敷の古風, ゐた奥方が静か, ゐたの八疊, ゐた女の子達には良寛さん, ゐた女中達を招い, ゐた女主人のお, ゐた女二人はほつ, ゐた女優の寫眞, ゐた女子のため, ゐた女学生の祈り, ゐた女学生それは, ゐた女学生たちは恐らく, ゐた女客がふと, ゐた女房たちが局, ゐた女給の顔, ゐた女詩人の肩, ゐた女達の眼, ゐた奴あれはもう, ゐた奴らだ, ゐた奴隷たちが自由解放, ゐた奴隷売買の悪風, ゐた好い男てえ, ゐた好機會をつかみえ, ゐた如何にも新興文学, ゐた如月の或, ゐた如来仏の面影, ゐた如水はまのあたり, ゐた妖婆のやう, ゐた妙子はやはり, ゐた妙齢の美しい, ゐた妹たちと兄, ゐた妹娘の方, ゐた妹芸者が何, ゐた妹達も父, ゐた妻子や信州, ゐた姉さん女房といつた, ゐた姉さん達も數, ゐた姉妹二人の妖女, ゐた姉達に追, ゐた始末だつた, ゐたは心, ゐた姥御前の白髪姿, ゐた姿勢を少しく, ゐた姿急流に無二無三, ゐたあさんネルラ, ゐた娘たちはその, ゐた娘たち夫婦が私, ゐた娘盛りは遥か, ゐたやか, ゐた婦人患者がキング, ゐた婦人方が少く, ゐたのお, ゐたがゐた, ゐた嫉妬を再び, ゐた嫌悪の情, ゐた子供心の記憶, ゐた子供科学とお伽噺, ゐた子守が, ゐた子房が生き, ゐたが開け, ゐた孔雀を忘れ, ゐた孝次郎は病氣, ゐた孤児のウラスマル, ゐた孤兒であつ, ゐた学徒たちは一斉, ゐた学校帰りらしい数人, ゐた学校帽を脱い, ゐた学生たちがバラ, ゐた学生時代のこの, ゐた学生服の青年, ゐた学生連はこんな, ゐた学生達は物好き半分, ゐた孩兒が生れた, ゐた孫先生が急, ゐた孫八の持物, ゐた學帽を膝, ゐた學校の女, ゐた學生等はまた, ゐた學生群が時には, ゐた學課の方, ゐた宇津はほ, ゐた宇津木矩之允と岡田良之進, ゐた宇野が玄關, ゐた守一が姉, ゐた安三が女, ゐた安全策であ, ゐた安房勝山の城主酒井大和守忠和, ゐた宗助には彼, ゐた宗右衛門が今, ゐた宗教と同, ゐた宗教家加藤直士氏であつ, ゐた宗教的情緒に近い, ゐた官吏で本省, ゐた官舎の明り, ゐた定家のよい, ゐた定石的手法などといふもの, ゐたも不注意, ゐた宝玉のやう, ゐた実にも空虚, ゐた実は室内は, ゐた実情であるから, ゐた実業家は横, ゐた実業方面をも二三年前, ゐた客たちはもう, ゐた客達の姿, ゐた宣教師でも持つ, ゐたは浦安神社, ゐた宮崎さんといふ人, ゐた宮廷暦即日置の搬布者, ゐた宮戸座のお, ゐた宮木喜久雄のところ, ゐた宮殿の宴, ゐた家々を垣, ゐた家人のため, ゐた家光は諸侯, ゐた家内がブリ返し, ゐた家島家はざつと二百年, ゐた家庭を持つた, ゐた家庭教師のもてなし方, ゐた家扶は主人夫婦, ゐた家族等はいつの間にか, ゐた家老大町備前はさしたる, ゐた家財道具を賣り, ゐた家邸の事, ゐた家隷は皆, ゐた家鴨らは, ゐた宿屋で餘, ゐた宿房とその, ゐた寂しい海辺の, ゐた寄宿舍内の自分, ゐた寄生木の大きな, ゐた密柑と菓子, ゐた富山七之助が飛付い, ゐた富沢が近来往年, ゐた富穀が, ゐた寒い夜氣に, ゐた寒子はこの, ゐた寝台に母, ゐた寝床はめぐまれた, ゐた寡婦の妹, ゐた寢床を見返つた, ゐた審美眼を感動, ゐた寮生がいちまい, ゐた寶物の古, ゐた寶珠院震災時分命からがらで, ゐた寶石の半分餘, ゐた寺田の利一郎, ゐた寺田志齋の日記, ゐた対手がゐなく, ゐた封建的の色絲, ゐた封建社會内の革命要素, ゐた封建諸侯の中, ゐた封建道徳を自分, ゐた専売特許を得, ゐた将来の幸福さ, ゐた将軍はそれ, ゐた專次が一日一, ゐた對立感情にたいするほとんど, ゐた對象もかならず, ゐた小作人の家, ゐた小作料以外の要求, ゐた小僧さんが門, ゐた小出氏は私達, ゐた小刀で傍, ゐた小切手を引き抜い, ゐた小学時代を引き出した, ゐた小学校ではほとんど, ゐた小学校長の転任, ゐた小学生全集対児童文庫の競争戦, ゐた小屋にケチ, ゐた小島たちのこと, ゐた小川の水, ゐた小川女史が唯一, ゐた小川部隊長はその, ゐた小布施と桂子, ゐた小指の爪, ゐた小松葉子を狙, ゐた小柳亭先づ廃業やがて近隣, ゐた小泉八雲もその, ゐた小父さんにきい, ゐた小犬を見, ゐた小生も俄, ゐた小石氏里恵は此, ゐた小笠原が唯一人ぼんやり, ゐた小船の方, ゐた小菅はさ, ゐた小西義敬に愛され, ゐた小遣銭の大半, ゐた小銃をそこ, ゐた小間使を見, ゐた小雨が又, ゐた小雪が目, ゐた小麦の話, ゐた女優高子とが, ゐた少々顔を, ゐた少くとも消極的手段, ゐた少し許り, ゐた少女たちと悉仲好し, ゐた少数の婦人達, ゐた尖鋭な気禀, ゐた尺八はあんまり, ゐたを持ち上げ, ゐた尼さんの若い, ゐた尾崎愕堂氏を取つ掴まへ, ゐた尾州徳川家では寛政年代, ゐた局長のマルコン氏, ゐた居間の六疊, ゐた屋代輪池を神田明神下, ゐた屍体からいつのまにか, ゐた屍骸の首, ゐた属官は現に, ゐた山々はいつの間にか, ゐた山ノ手の大井戸, ゐた山中翁の幣束神体説, ゐた山人の姿, ゐた山内茂三郎先生それからぼく, ゐた山吹の花, ゐた山崎の細君, ゐた山村風景のおもしろい, ゐた山梔のかはり, ゐた山水仙を祈つ, ゐた山陰線が漸く, ゐた山陽は此夕嚔, ゐた山頂に夏, ゐた山高帽を右, ゐた山高帽子を買つて, ゐた岡崎家を相, ゐた岡持を左, ゐた岡本かの子に芥川さん, ゐた岡本敬二坊ちやんを眼, ゐた岡田は宇津木, ゐた岡田二郎君は死亡, ゐたのかけ, ゐた岩吉が芸妓連, ゐた岩野君の馴染, ゐたには猫柳, ゐたの頂, ゐた島々の巫女, ゐた島國では度び度びさうした凍死者, ゐた崇高な本堂, ゐたがもうすぐ, ゐた嵐山の眺望, ゐたといふ一人, ゐたしいところ, ゐた巖谷さんの家, ゐた川島先生は通り, ゐた川本氏である, ゐた川端さんもこれから, ゐた川魚は何, ゐた工兵学校の教官, ゐた工兵隊がフライパン, ゐた工場の慘事, ゐた工夫のハンマア, ゐた工藤は警官, ゐたの手, ゐた左翼劇及びその, ゐたきな, ゐた巨きい方の水牛, ゐた巨大な雲, ゐた巫女であります, ゐた差別観の根拠, ゐた差配の百姓, ゐた巴里の下宿, ゐた巻物は確, ゐた巻雲も巻積雲, ゐた市中の一日中陽差, ゐた市川荒次郎は間, ゐた市村といふ男, ゐた市村先生であつ, ゐたはまっすぐ, ゐた布佐行そもそも書く, ゐた布團は片付けられ, ゐた布袋草も靜かに何處, ゐた希求願望感情に就い, ゐた希臘彫刻の獨逸製, ゐた帝國大學, ゐたの飛衞, ゐた師匠むらくの, ゐたを薄暗がり, ゐた若な, ゐた常子は思はず, ゐた常陸の宮, ゐた帽子をぬい, ゐた平俗な考, ゐた平八郎は急, ゐた平安な無, ゐた平安時代の農民信仰, ゐた平宗盛は, ゐた平家に附隨, ゐた平山は番人, ゐた平山助次郎大阪から護送, ゐた平岡の顔, ゐた平民新聞の綴込, ゐた年上の友達, ゐた年寄つた母親は息子の, ゐた年寄つた百姓が, ゐた年少の才子, ゐた年貢を引き, ゐた年頃が急, ゐた幸吉はそれ, ゐたが浮び上る, ゐた幼児が泣き出す, ゐた幼友達の温味, ゐた幼子はわつと, ゐた幼稚園をよくよく, ゐた幼馴染の一婦人, ゐた幾勢に推薦, ゐた幾千人の戀, ゐた幾松が氣, ゐた幾百万の, ゐた幾組かの人影, ゐた幾關門を踏破, ゐた広告マンの勇気, ゐた広瀬中佐の銅像, ゐた床屋の主人, ゐたのしがない, ゐた底抜けの酒飲み, ゐた庖丁とを合, ゐた座席へ轉, ゐた座敷から門口, ゐた座蒲団まで調べ, ゐた座蒲團の模樣, ゐた庫裡を掃除, ゐた庭師はこの, ゐた庭石は温石, ゐた廃墟を無数, ゐた廣瀬旭莊をもつ, ゐた延暦寺興福寺などは白河上皇, ゐた延若は自分, ゐた廷丁がコツコツ, ゐた建築の詩, ゐた建築家に依つ, ゐた弁当箱にふと, ゐた弓矢を投げ棄て, ゐた弘法の垂, ゐたのやう, ゐた弦齋の, ゐた張り合ひが, ゐた張本だといふ, ゐた強烈な光線, ゐた惣だ, ゐた当初から知らないで, ゐた当時十七歳の私, ゐた当時台所の井戸, ゐた形勢を示し, ゐた形式は, ゐた形成だつた, ゐた形象による眩暈, ゐた彦六がウツ, ゐた彦右衛門とは遠島, ゐた彫刻は中村暉氏, ゐたの樣, ゐた影響は余所目, ゐた役人一同の胸, ゐた役割をもう一度, ゐた役員に目配せ, ゐた彼らの顏, ゐた彼是二百余りの瓢箪, ゐた彼自身をなつかしく, ゐた待合室内の茶店, ゐた待遇のさせる, ゐた後ろの青年達, ゐた後両手の痛み, ゐた後備兵はペツ, ゐた後姿なの, ゐた後悔がある, ゐた後期印象派に関する私自身, ゐた後河原の葉桜, ゐた後背中をさすり, ゐた従者の中, ゐた從弟の下宿, ゐた御台所のお, ゐた御家人もなかなか, ゐた御料林を昨年縣, ゐた御用聞といふ概念, ゐた御飯炊も朝, ゐた微かな証拠, ゐた微細な一つ, ゐた微風目ざす夜祭り, ゐた徳川幕府のこと, ゐた徳松といふ野郎, ゐた心中のもや, ゐた心其を更に, ゐた心構へを打ち砕きました, ゐた心理解剖のメス, ゐた心臟は思ひ出した, ゐた心臟症状の昂進, ゐた必需品はもう, ゐた志賀禮讃の長時間, ゐた快活の翼, ゐた念吉はこの, ゐた忽那も六日, ゐた忿怒を一緒, ゐた怒りが突然, ゐたるべき親不孝, ゐた思想體系が一朝, ゐたの機關, ゐた性命をその, ゐたがいま成就, ゐた恐怖も不思議, ゐた恩地君や田中君, ゐた息子さんが死んだ, ゐた恰好を想像, ゐた患家先きへ, ゐた悪い瓦斯の, ゐた悲しいお定さん, ゐた悲劇の雰圍氣, ゐた悲哀がいまや, ゐた悲哀さへ愛着さ, ゐた悲恋に付い, ゐた悲惨の人々, ゐた悲痛とか悲慘, ゐた情實をここ, ゐた情感がう, ゐた情熱の全部, ゐた情緒を加, ゐた惡感情は消えぬ, ゐた意慾さうい, ゐた意見と同じ, ゐた愚か者のこと, ゐた愛ちやんの視線, ゐた愛宕下を伊達家, ゐた愛生の悦び, ゐた愛私の今, ゐた愛蘭人の一人, ゐた感化が成人, ゐた感情がふと, ゐた態度以外にはどうしても, ゐた慎みに免じ, ゐた慟哭がこの, ゐた慣性でおのづと, ゐた憂慮は別, ゐた憂鬱の虜, ゐた憂鬱さが消え, ゐた惡の, ゐた憤懣が突然, ゐた憲法学者はひ, ゐた懇意の令嬢たち, ゐた懷中じる粉, ゐた懷爐を取り出した, ゐた懷疑から拔, ゐた懷舊にふける, ゐた不関焉, ゐた我々共通の友達, ゐた我身の拙, ゐた戦争中のしこり, ゐた戦慄するべき一事, ゐた戦時もビヂネス・アス・ユージュアル説, ゐた戯曲をひとつ, ゐた戯曲そのものであるとは, ゐた戰爭氣分がまた, ゐた戸外の雨, ゐた戸板君が戦争, ゐた戸隠生れの女中, ゐた房守さんの声, ゐた房江にとつて, ゐた所ろ今方お休みなされた, ゐた所以を最初, ゐた所化に事由, ゐた扁理はそこで, ゐたを預, ゐた手のひらを引い, ゐた手前の眼, ゐた手合にや遊扇, ゐた手帳を見る, ゐた手提袋を持つ, ゐた手段を以て其の, ゐた手毬つきが始つた, ゐた手燭を持つ, ゐた手紙類や不自由, ゐた打撃を力一ぱい, ゐた技師の心, ゐた技師たちのこれ, ゐた抒情詩人フランソア・ヴイヨンは立派, ゐた投票がどこ, ゐた折つて戻つて, ゐた折不意に彼, ゐた折柄一丁目から歩道, ゐた折角の会, ゐたへの一人, ゐた抵抗がなかつた, ゐた抹梢神經がドシ, ゐた抽象人の崇拜, ゐた拙い化粧の, ゐた招魂祭で早引け, ゐたの中, ゐた持病喘息の發作, ゐたを解いた, ゐた指ヶ谷町の家, ゐた指輪のダイヤ, ゐた振舞であり僕ら, ゐた捕鯨船に乗り込んだ, ゐた掌面で頸窩, ゐた掏らうといふ, ゐた掛り人の市五郎, ゐた掛蒲団に手, ゐた控所の中, ゐた推退器の性, ゐた提案であ, ゐた揚句心臟麻痺を起し, ゐた摂津森小路村の医師横山文哉, ゐた播磨の土地, ゐたが百合子達, ゐた操り人形の一つ, ゐた擾乱の時代, ゐた支店長はすくなから, ゐた支考は師匠, ゐた支那人の賣, ゐた支那人連は一斉, ゐた支那兵との間, ゐた支那古陵の景色, ゐた支那軍は日本軍, ゐた改築を沙汰止み, ゐた政党だつたの, ゐた政治的価値と異, ゐた故人柴田是真翁, ゐた故女の請求, ゐた故郷の事, ゐたがあつ, ゐた敏雄は圭一郎, ゐた敗戰後の闇列車, ゐた教会堂でささやか, ゐた教師や生徒たち, ゐた教権は政権, ゐた教養が静か, ゐた散歩にももう, ゐた散銭を取り出し, ゐた敬君が午後来訪, ゐた敬語観と謂, ゐた数名の友人, ゐた数回目の厠, ゐた数多の洋装芸妓たち, ゐた数多い古人の, ゐた数日前から制定, ゐた数珠をもみ, ゐた数秒しかし再び, ゐた数篇の小説, ゐた整流器がやう, ゐた敷物の上, ゐたへ歳二十六, ゐた數之介も一所, ゐた數篇の詩, ゐた文化と方向, ゐた文壇の名家, ゐた文太郎から葉書, ゐた文学上のグループ, ゐた文学者の階級, ゐた文學を收集, ゐた文學者らしい爲事, ゐた文束を取, ゐた文科大学のある, ゐた文筆の士, ゐた斎入に対して世間, ゐた料理人が上手, ゐた料理屋の家, ゐた料紙である, ゐた断崖に沿う, ゐた断髪の女, ゐた新室の寿詞, ゐた新島精神も案外, ゐた新村に預け, ゐた新次は不思議, ゐた新潟中学ではその, ゐた新潟県出雲崎のあたり, ゐた新田の五郎作, ゐた新田義貞は義兵, ゐた新聞包みを地べた, ゐた新聞記者である私, ゐた新進劇作家はその, ゐた方法は注意, ゐた方角をぢ, ゐたにもよう, ゐた旅人は驚い, ゐた旅行が出, ゐた旅行中だつたの, ゐた旅行小説の叢書, ゐた旅行用の小形, ゐた旗本伊沢の庶子, ゐた日々にほかならなかつた, ゐた日の出鋳物工場は今, ゐた日傘をつぼめ, ゐた日光は同じ, ゐた日夏耿之介西条八十森口多里, ゐた日本兵と京, ゐた日本婦人として当時新聞, ゐた日本橋の雪子, ゐた日本民族が朝鮮支那, ゐた日本画の世界, ゐた日本紙にお捻り, ゐた日本譯を手, ゐた日本軍がかう, ゐた日本髮の婦人, ゐた日頃の芥川, ゐた江戸風景の, ゐた早く穴に, ゐた早稲田の野球, ゐた早苗の中, ゐた早速次の, ゐた明るい快い文學的の, ゐた明家に連れ, ゐた明治三十年代私の幼年時代, ゐた昔語りを試みる, ゐたは悠然と, ゐた星族が, ゐた映像が忽ち, ゐた春三郎は蘇つたやう, ゐた春子とよぶ, ゐた春雨が霽, ゐた昨今の天気, ゐた昨夜の酔, ゐた是真はそれ, ゐた時々わざと大袈裟に, ゐた時あそこで日, ゐた時あんたから注意, ゐた時お母さまは, ゐた時こちらの前, ゐた時これによく, ゐた時そこを通る, ゐた時それは乾物屋, ゐた時つて云つただけぢ, ゐた時ゲエテー座のサロメ, ゐた時ハノイまで送還, ゐた時一人の男, ゐた時一大事と云, ゐた時七絶を並べ, ゐた時下女に連れられ, ゐた時世でほととぎす, ゐた時二人は前, ゐた時二十七八歳であつ, ゐた時人をわけ, ゐた時人生に処する, ゐた時代明治の二十年代, ゐた時以来の考, ゐた時余所の幼い, ゐた時傍らの日向, ゐた時先生がいらしって, ゐた時全部の者, ゐた時其墓を訪うた, ゐた時其治法を伝へた, ゐた時出入りの或, ゐた時分グレゴリイが自分, ゐた時分シングがまだ, ゐた時分七八歳だつた, ゐた時分世界はひろく, ゐた時分健康のため禁煙, ゐた時分先輩イエーツがやう, ゐた時分八十人の上り下り, ゐた時分同級の中学生, ゐた時分奥さんは千枝ちやん, ゐた時分姉妹のやう, ゐた時分彼の級友, ゐた時分水戸の天狗黨, ゐた時分竹越に頼ん, ゐた時分部屋が向, ゐた時分頭の中, ゐた時同宿だつた役者, ゐた時呉葉は今, ゐた時垢拔けのした, ゐた時外部から突然, ゐた時夜一老人有り青藜, ゐた時姉や友達, ゐた時姉さまが心配, ゐた時子供や大人, ゐた時寺田氏は淺間山峰, ゐた時山本有三氏が寄つて來, ゐた時左右良の城主, ゐた時己はオオギユスト・ドユパン, ゐた時年寄は, ゐた時廊下に急がしい, ゐた時弘安七年北條時宗が三十四歳, ゐた時彼女は杖, ゐた時急にふら, ゐた時意外にも答, ゐた時戸口にゐた, ゐた時扱帶を解い, ゐた時拵らへた, ゐた時政子が云, ゐた時春彦様はお, ゐた時暫らくは誰, ゐた時木曾の御領林, ゐた時柏村次郎の訃, ゐた時柔術を習, ゐた時森さんから電話, ゐた時模範的士官であつ, ゐた時横須賀歸りの, ゐた時歌を縁, ゐた時此青年の姉, ゐた時点取と, ゐた時真宗である私, ゐた時知つてゐた人, ゐた時祕かにデック, ゐた時私達がどやどや, ゐた時空は夕, ゐた時竹腰氏の家来井上勝, ゐた時若水は櫟谷, ゐた時蘭軒が菜の花, ゐた時西洋人の教師, ゐた時親知らずでもらつた, ゐた時計のちやき, ゐた時足を怪我, ゐた時錦のつづれ, ゐた時難解の英文, ゐた時革命家等は恭, ゐた晝間がどうして, ゐたもあつ, ゐた晩酌をその, ゐた景色は明治時代, ゐた景色らも, ゐた晴代も商売気, ゐた晴代がちよつと, ゐた智惠子は愼, ゐた智慧者の, ゐたちかい夜, ゐた暁方のこと, ゐたな靄, ゐた暖かさを, ゐたさが, ゐた暗鬱さが掩, ゐた曖昧なもの, ゐた曖昧さと躊躇, ゐた曙覧の学問, ゐたを終, ゐた更級日記の女, ゐた書状の束, ゐた書畫が作家, ゐた書記が立つ, ゐた書類の残骸, ゐた曾つての自分, ゐた曾我殿原の霊, ゐた最中ゆゑ母の喜び, ゐた會社づとめの單調無味に堪へられなく, ゐた會社員の佐多, ゐた月の物も昨年, ゐた月給日も到, ゐた月草は何, ゐた有名な政党政治家, ゐたをす, ゐたから風呂, ゐた朝幕の間, ゐた朝酒と晝酒, ゐた朝顔の萎れた, ゐた朝鮮の家, ゐた期待と信用, ゐた期間中彼は一度, ゐた木の根つこを, ゐた木の葉が散つ, ゐた木挽たちであつ, ゐた木村重吉は思はず, ゐた木綿の紋付羽織, ゐた木綿屑を出し, ゐた木賊が生え, ゐた未知の女, ゐた末ヒヨイと振返る, ゐた本多が金助, ゐた本多家はいま, ゐた本子奥さんは, ゐた本尊は後世, ゐた本木昌造のイメーヂ, ゐた本格の面, ゐた本船から大砲, ゐた札幌のおなじ, ゐた札幌市中の樹影, ゐた札束を相手, ゐた朱子学派の山崎闇斎, ゐたの葉, ゐた杉作がをかし, ゐた杉夫がこんなに, ゐた杉本某の所, ゐた杉浦非水氏は福沢桃介氏, ゐた李子にとつ, ゐた村人等がまことに, ゐた村会議員の何某達, ゐた村名に過ぎない, ゐた村山古郷さんをはじめ, ゐた村松道彌君, ゐた村随一の物識り, ゐたを敷石, ゐた杜鵑の聲, ゐた杞陽君は, ゐた杯盤を見る, ゐたの対, ゐた東京住ひ, ゐた東京生れの, ゐた東京発声の重宗社長, ゐた東京者が赤ん坊, ゐた東北の姿, ゐた東四牌樓から南, ゐた東山の大きな, ゐた東洋的な匂, ゐた東靖夫とタクシー, ゐたの枝, ゐた松さんは, ゐた松ぼくりの, ゐた松旭斉天勝を招い, ゐた松本がその, ゐた松根東洋城をつかまへ, ゐた松竹合名社の某氏, ゐた松葉牡丹も咲い, ゐた松虫は, ゐた松谷と知りあひ, ゐた松輪には小綺麗, ゐた枇杷の實, ゐた林さんが散歩, ゐた林檎は一つ殘ら, ゐたを剥く, ゐた果してその通り久しぶり, ゐたの長い, ゐた柄杓は凡そ三分間位, ゐた柏原や又, ゐた柏岡伝七と檄文, ゐた某君が後に, ゐた某国大使館員の直話, ゐた某社の若い, ゐた柘榴の花, ゐた柚太はその, ゐた柴岡の方, ゐたなぞをこの, ゐた柿の木があつ, ゐた栃木縣の政治家達, ゐた之丞, ゐた栄蔵は急, ゐた栄養のない, ゐたをみんな川端夫人, ゐた栗毛の馬, ゐた校内の売店, ゐた校友會館の間取り, ゐた校正刷りとは別に, ゐた根岸氏を訪ねた, ゐた根本君は大いなる, ゐたの木, ゐた桂女などは, ゐた桂文楽を伴, ゐた桂斑長は, ゐた案内者に言, ゐた案山子を物色, ゐた桑藩士本間某を斬り, ゐた梅子とを二階, ゐた梅沢和軒氏のこと, ゐた梅津伝兵衛といふ男, ゐた梅雨空らしく曇つて, ゐたは角燈, ゐた梶原可吉氏, ゐたを放し, ゐた棒みたいのもの, ゐたが若葉, ゐた棟割長屋のうしろ, ゐた棠助常三郎を斥, ゐた棧橋にはやはり, ゐた森本春雄の上京, ゐた森村市左衛門氏は, ゐた森林が丸坊主, ゐた植木いぢ, ゐた植民地視せられて, ゐた植物で海, ゐた植込の眞上, ゐたの老木, ゐた検事は何だか, ゐた検温器を取り上げ, ゐたの生々しい, ゐたを枯らし, ゐた極めて雄大な, ゐた楽器を気, ゐた概念體系が徐々に, ゐた榊原といふ軍人, ゐたの葉, ゐたがポカン, ゐたしくな, ゐた標準は実際, ゐた模擬革のハンドバツグ, ゐた模様にとれる, ゐた模樣が想像, ゐた権十郎は大名, ゐた権次郎元鼎, ゐたたへられた柱, ゐた横井が肉身, ゐた横光君は矢庭, ゐた横木の上, ゐた横溝正史君に私, ゐた横穴が現に, ゐた横顔しか見ない, ゐた樹明兄が敷い, ゐた樹明君が来た, ゐた樹木である, ゐた樹立の蔭, ゐたを乗り越し, ゐたも過ぎる, ゐた橘屋はその, ゐた機械ではあるまい, ゐた機關が忽ち, ゐたの室, ゐた欣之介は土, ゐた歌声ではあるまい, ゐた歌舞が離れ, ゐた歌舞妓芝居の俳優, ゐた歌麿の気持, ゐた歐洲航路の郵船, ゐた歐米人の支那, ゐた正しい生き方の, ゐた正三も自然, ゐた正岡子規すらもぎりしや, ゐた正成が吉野, ゐた此一事にも惣参居士, ゐた此人は壽, ゐた此旧友が当時, ゐた此見習士官が死, ゐた武さんの声, ゐた武一と滝本, ゐた武井さんは編棒, ゐた武内桂舟の家, ゐた武助さんは張合, ゐた武器は大層, ゐた武士をし, ゐた武蔵も思はず, ゐたの影, ゐた死者の寝床, ゐたんど, ゐた殊にそれらの, ゐた残念した, ゐた段四郎と一日交替, ゐた殺人の罪, ゐた殿様がありまし, ゐた母大虫顧大嫂といふ勇力武藝男子, ゐた母校のため, ゐた母達はつと, ゐた毎日のその, ゐた毒々しさの, ゐた比丘尼のあつ, ゐた比叡山の僧, ゐた比古君から澄太さん, ゐた比嘉医師へのなつかしみ, ゐた毛利さんなどの口利き, ゐたの手, ゐた氏政は思はず, ゐた民俗の起原, ゐた民子も秋子, ゐた民生部を大体, ゐた民衆の反抗心, ゐた民部卿時長の子, ゐた気丈な昔気質, ゐた気焔を引込める, ゐた氣分がめちや, ゐた氣力を一時, ゐた氣持ちはまるで, ゐた氣運を何となく, ゐた水上の兄, ゐた水夫はそれ, ゐた水島君は一息吸つた葉卷, ゐた水戸の漁夫たち, ゐた水月の事, ゐた水樽の繩, ゐた水泳術の本, ゐた水色の洋服, ゐた水郷ふうの田園風景, ゐたが解けはじめた, ゐた氷嚢は全く, ゐた氷川の家, ゐた氷雪が日, ゐた永井平馬, ゐた永井さんのところ, ゐた汁粉屋の代り, ゐた江戸市街の整頓, ゐた江戸時代にあ, ゐた江戸繪がいま, ゐた江戸芸術の花, ゐた江戸黄檗禅刹記も京水, ゐた池田杏仙正明に三男一女, ゐた決して皮肉と, ゐた決闘の凛烈さ, ゐた汽車の窓, ゐた沈默が急, ゐた沈黙の呪, ゐた沢村宗十郎が, ゐた沢辺といふ秀才, ゐた向ひ, ゐた河内山落胤のさらに, ゐた河原町そのものは単に, ゐた河口が揚子江へそ, ゐたと鹽, ゐた油布は疊まれ, ゐた沼地のよう, ゐたお作, ゐた法科大學生, ゐた法隆寺の老, ゐた泡鳴は悲劇, ゐた波動体の圧迫, ゐた注射器も夫人, ゐた洋式新臺場, ゐた洋装の婦人, ゐた洋館建の侯爵本邸, ゐた洋髪から島田髷, ゐた洗面所だつた, ゐた津守の若い衆, ゐた津田の瞼, ゐた活力が生き返ります, ゐた活動女優今日のことば, ゐた活動競爭の舞臺, ゐた流民の最後, ゐた浄瑠璃の一節, ゐた浅草である, ゐた浅野造船に出, ゐた浅間しい私, ゐた浜田家の人, ゐた浜田屋弥兵衛が浜田家, ゐた浜辺の歌, ゐた浦添の城址, ゐた浪人小豆澤小六郎の忿怒, ゐた浴場擔當のこゑ, ゐた海亀の背, ゐた海岸の印象, ゐた海浜ホテルも五日, ゐた海老錠の鍵, ゐた海賊たちはいちどに, ゐた海辺の家, ゐた浸礼教会派のある, ゐた消息もよく, ゐた消炭を拾, ゐた消防隊も解散, ゐた淀野隆三淺沼喜實北神正の三人, ゐた祕な, ゐた深く心惹かれる, ゐた深雪の狂乱, ゐた混血児のタイピスト, ゐた混血兒らしい青年, ゐた淺葱の地色, ゐた淺野は一番先, ゐた淺野和三郎文學士などはその, ゐた清さんの領, ゐた清らかな恋, ゐた清三はにつこりし, ゐた清二にとつ, ゐた清人は来去, ゐた清作がいきなり, ゐた清六さんのため, ゐた清子が不, ゐた清川安策の如き, ゐた清楚なす, ゐた清水のコツプ, ゐた渇きが癒, ゐた渋谷区のはづれ, ゐたがこの, ゐた渡り中間の源次, ゐた渡瀬ドクトルの病気, ゐた渡米記念桐箱入りのフラフ, ゐた渡辺良左衛門は河内国志紀郡田井中村, ゐた温厚で質実, ゐた温泉宿だつた, ゐたの都市, ゐた渾名だつた, ゐた湖州の為, ゐた湖水はいつの間にか, ゐた湯呑を膝, ゐた湯島の店, ゐた湯気が白, ゐた湯河原の宿, ゐた湯浅半月氏に, ゐた溌剌たる処女, ゐた吾が面, ゐた源之助菊四郎芝鶴勘五郎がよしや, ゐた源吉に眞向, ゐた源次といふ男, ゐた溜飮を下げ, ゐた滝尾今眺めると, ゐた滝本は百合子, ゐた滝正雄君は, ゐた滿谷國四郎氏でありました, ゐた漁場の憧れ, ゐた漁師用の大きな, ゐた演劇が芸術的, ゐた演芸種目の中, ゐた演説の草稿, ゐた漠然とした, ゐた漠然とした不安, ゐたの人, ゐた漢文の先生, ゐた漢田村文琳の茶入, ゐた潛勢力は當時人, ゐた潜在の力, ゐたが, ゐた濱町の怪しい, ゐた瀦水周圍の清らか, ゐた瀧田も, ゐた瀬田は素足, ゐたと詩, ゐた火夫はな, ゐた火山の一つ, ゐた火消人足に前, ゐた火薬は終に, ゐた火鉢の前, ゐたの山, ゐたを据ゑさしたやうで, ゐたの焚火, ゐた炭砿の概念, ゐた為すつかり障子, ゐた為其学風を移した, ゐた為十二月にあるべき, ゐた為山人の木霊, ゐた為木のやつ, ゐた為立物師も己, ゐた烈しい生存競争から, ゐた烟管を畳, ゐたが見えなく, ゐた焚火の傍ら, ゐた數の, ゐた無名の畫工, ゐた無垢な少女, ゐた無心の少女, ゐた無断でバケツチ, ゐた無精鬚の物々しい, ゐた無難な坊主, ゐた無頼漢であつ, ゐた然し彼は, ゐた焼酎だらう, ゐた煙管の吸口, ゐた熊吉の身, ゐた熊岡嶺太郎はちよ, ゐた熊野の奥, ゐたが出だし, ゐた熱意がそこ, ゐた熱海の宿, ゐた熱演の快, ゐた燒嶽登山を遂行, ゐた爛目のおや, ゐた爪楊子を襟, ゐた爲め信者もある, ゐた爲事に充分, ゐた父それぞれの顔, ゐた父祖伝来の鞭, ゐた父親嘉七のこと, ゐた爺さん牛が思はず, ゐた眼を, ゐた片山がすぐ, ゐた片手間であつ, ゐた片方の手, ゐた片隅を立つ, ゐた牛どもも再び, ゐた牛商人の耳, ゐた牛太郎の女房, ゐた牛込の女, ゐた牛頭明神と称する, ゐた牝豚は探る, ゐた牝鶏が卵, ゐた牧場へ行, ゐた牧師は續, ゐた牧瀬は云, ゐた牧野信一は予言, ゐた物凄い重傷者の, ゐた物理の須藤傳次郎君, ゐた物蔭のやう, ゐた物質的栄華はどこ, ゐた物音を思ひ出した, ゐた特性だ, ゐた特殊の心持, ゐた犬共もし, ゐた狂詩人は私, ゐたをどう, ゐた狐さへをかし, ゐた狐そばの由来, ゐた狩野介光茂となり, ゐた独りきりの旅寝, ゐた独居監房一翼の雑役夫, ゐた独歩は勿論, ゐた独逸のグラアザア氏, ゐたの唄, ゐた狸公も聊か, ゐたい人生觀, ゐたに食べられ, ゐた狼連は薄情, ゐた猛獣の威勢, ゐた猟人は三人, ゐた猟師が獲物, ゐた猫イラズを追手, ゐた猿ヶ京村の入口, ゐた猿楽四座のうち, ゐた猿楽役者が栄えた, ゐた獅子のやう, ゐたが突然, ゐた獨歩が自由, ゐた獨歩氏がふと, ゐた獨立の諸, ゐた獨身者の叔母, ゐた獨逸語のほとんど, ゐた獸類も今日われ, ゐたが一匹, ゐた玄奘三蔵の大, ゐた玄文社の結城礼一郎氏ら, ゐた玄竹が神, ゐたや鏡, ゐた玉城盛重老人が国頭, ゐたらしい風景, ゐた珍田拾巳子をわざ, ゐた實を, ゐた理想をはげしく, ゐた理想主義の火, ゐた琉球だつて, ゐた瑞仙は四十七歳, ゐた瓜實顏は可憐, ゐたの中, ゐた甌香館集と新, ゐた甚次ではない, ゐた生命力が稀薄, ゐた生垣には前, ゐた生業だつたの, ゐた生活力を鞭うち, ゐた生活費の最後, ゐた産婆が襷, ゐたが足せる, ゐた用件を思ひ出し, ゐた用語例らしく思はれるので, ゐたの中, ゐた田丸浩平は相手, ゐた田圃はあくまでも, ゐた田能村竹田をいかに, ゐた田舍者と君, ゐた田舎暮しの時分, ゐた田舎者の少女, ゐた田辺孝次氏のところ, ゐた由残念なり, ゐた由緒つきの古い, ゐた甲虫をひきむしつた, ゐた男すべてにその, ゐた男の子たちも, ゐた男用のメリヤス, ゐた男畫かき志望であ, ゐた男達であ, ゐた町中から敢然, ゐた町人と見え, ゐた町会へも立寄り, ゐた町内の子供, ゐた町外れの果樹園, ゐた町方の人, ゐたの前, ゐた畑さへももう, ゐた畑佐は跡部, ゐた畑浦はぎよつとした樣子, ゐたの榛, ゐた留吉の女房, ゐた留守中であつ, ゐた畜類は牛馬, ゐたの土, ゐたの道具, ゐた畫僧の奔淡, ゐた畫家が描いた, ゐた國の, ゐた異種の文化圈, ゐた異臭をまた, ゐたの竹山道雄, ゐた當主の耕作, ゐた當夜の御, ゐた當時春屋以上の坊主顏, ゐた當時用があつ, ゐた當時着古した片方, ゐた疑惑の黒い, ゐた疣だらけの手, ゐた疲れが以前, ゐた疲勞がにはか, ゐた疾病は反省, ゐたの重, ゐた病人連中も劇, ゐた病室のひとつベツド, ゐた病毒は祭禮時, ゐた病気が有る, ゐた病熱のあらゆる, ゐた病身らしい顏, ゐた痩侍の膏, ゐたは運好く, ゐた發光の原料, ゐた發行が半年, ゐたと黒, ゐた白桔梗の根, ゐた白痴だと, ゐた白耳義国王が皇后, ゐた白雪が解け, ゐた白髪頭がふと, ゐた白鳥と犀星, ゐた近い生徒, ゐた百人力女が前, ゐた百太夫が口, ゐた百姓たちの顔, ゐた百姓達にその, ゐた百數十人の日本人, ゐたを失, ゐた皆元気が無い, ゐた皇后が計らず, ゐたを置き放し, ゐた盆踊りのやう, ゐた盗伐事件が今度, ゐた盛子はあんまり, ゐた監視人であること, ゐた目賀田が振回つた, ゐたの琵琶法師, ゐた直人はこの, ゐた相原夫人の晴れやか, ゐた相合客は夜, ゐた相川次三吉さん, ゐた相撲がきはどい, ゐたの小, ゐた看守もその, ゐた県忍氏で県氏, ゐたの自我, ゐた眞夜中の太陽, ゐた眞珠を床, ゐた眞白な高い, ゐた真実の年齢, ゐた真珠でございますか, ゐた真理の神々しい, ゐた真紅の大輪, ゐた真黒な小人, ゐた瞳子の底, ゐたを大きく, ゐた矛盾だらけな江戸娘, ゐた矢先娘の方, ゐた矢先藩主の祖先, ゐた矢張り家へは反対, ゐた矢張り肥つた婆さんが勧進元, ゐた知らせがやう, ゐた知合ひらしい人, ゐた知名の力士, ゐた知識層は恐らく, ゐた短い期間が, ゐた短剣をぬいた, ゐた短所と性格, ゐた短歌の本質完成, ゐた短筒を見せ, ゐた短篇集は青色, ゐた短銃のせゐか, ゐた石器だとか, ゐた石器時代から次ぎ, ゐた石壁の上, ゐた石膏の首, ゐた石谷さんが急, ゐた石黒が顏, ゐた砂糖を絶つ, ゐた研究所へ第, ゐた破産者であつ, ゐたが蓮葉形, ゐた硯友社其他の作家連, ゐた碧童にも畫, ゐた礦山をおり, ゐた礼儀を失ひ, ゐた社会的位置に対する遠慮, ゐた社長と氷峰, ゐた祖先達の山, ゐた祖母一生を下女, ゐた神々しいまでの最後, ゐた神さんが裏座敷, ゐた神様がむつくり, ゐた神田の方, ゐた神田豊穂と知合, ゐた神秘な寿詞, ゐた神経がすべて, ゐた神経病科の有名, ゐた神経痛の薬, ゐた神経質らしい蒼白い, ゐた神谷は突然, ゐた神陵所在地は近年, ゐた神饌桶を掃除, ゐたのこと, ゐた祭文節が来, ゐた福島縣平町に近い, ゐた福崎に城, ゐた禪骨はたくさん, ゐた禮拜物に觸, ゐた秀太郎が何時の間に, ゐた秀夫は不思議, ゐた秀才時代から次第に, ゐた秀次は小さな, ゐた秀郷と四千余人, ゐた秀雄さんは万歳, ゐた私一人の身, ゐた秋風が又, ゐた秘書の斎木さん, ゐた秦皮のステッキ, ゐたへな, ゐたな人, ゐた程一人でまごつく, ゐた程度であつ, ゐた税務署の役員達, ゐた種類の莊之, ゐたは實, ゐたであつ, ゐたは, ゐた空色縮緬の單衣, ゐた空襲はなかつた, ゐた空言であつ, ゐた窓側とかいふもの, ゐた窓外の弟, ゐた窓掛がどう, ゐた窓硝子が火, ゐた窓辺のこと, ゐた窕子の父親, ゐた窪田松慶と言, ゐた窮屈な生活, ゐた竈馬が実は, ゐた立派な短剣, ゐた童子が眼, ゐた竹内ミチさんね卒業, ゐた竹馬の友, ゐた笈づるのおぢいさんがまたやつ, ゐた笛塚山鷹巣山は次第に, ゐたを地, ゐたまでをまざまざ, ゐた筋道とはまるつ, ゐた筑波の西, ゐた筵圍の中, ゐた管長ロヨラの人格, ゐたです, ゐた築地小劇場もわれわれ, ゐた米倉が城内, ゐた米国のリマン・アボツト氏, ゐた籾山書店に頼ん, ゐた粗野なもの, ゐた精密な淫画, ゐた精神はこれすべて, ゐた精神上の素質, ゐた精霊であるとか, ゐた紀元七十九年の事, ゐた紀州新宮の同, ゐた二千三四百円の, ゐた約束の試驗手傳, ゐた紅う咲いたと, ゐた紅庵の姿, ゐた紅皿は指, ゐた納屋がある, ゐたがひとりでに, ゐた造の, ゐたが破れ, ゐた紙芝居の人, ゐた紙芝居屋は休息, ゐた素志に準じ, ゐた素振りを示し, ゐた素木の小さな, ゐた素朴なテーマ, ゐた素焼の和蘭人, ゐた素質の為, ゐた紫山武矩君方で逢つた同君, ゐた紫色の若菜集, ゐた紫陽花のその, ゐた細君連に訊ね, ゐた細密描写の場合絵の具, ゐた細引は誰, ゐた細木夫人はやつ, ゐた細民は次第に, ゐたと赤, ゐた紺羅紗の煙草入, ゐた終戰となつ, ゐたで小学校, ゐた結婚に思ひ, ゐた結局その同人, ゐた結果舞台の生命, ゐた結核性がいよ, ゐた給金のなか, ゐた給養係はシル, ゐた統一の原理, ゐた統計表のこと, ゐた絲杉の十字架, ゐた絲車の手, ゐた絵の具の盛り上げ, ゐた絵具と二三枚, ゐたの肩掛け, ゐた絹川は仰天, ゐた絽縮緬の羽織, ゐた經濟の苦しみ, ゐた続きのやう, ゐた綿入の上, ゐたおどしの, ゐた江は, ゐた総ての劇場, ゐた緑雨は只にやりと, ゐた線香を棺, ゐた編輯長が云, ゐた縁側へも廻らなかつた, ゐた縁故からよく, ゐた縁談の周旋者, ゐたが切れ, ゐた縞縮緬の丹前, ゐた繪具の匂ひで, ゐたきの, ゐた缺點をいつも, ゐたの思ひ, ゐた罪悪の結晶, ゐた置手紙二つ一つは樹明君, ゐた署名を僕, ゐた羊三の傍, ゐた羊羹色の紋附, ゐたが次第に, ゐた美しさを, ゐた美そのものが突如, ゐた美以美派の田舎政治家, ゐた美校の広島新太郎君, ゐた美津江も今度, ゐた美貌の一女教員, ゐた群青のため, ゐた義ちやんはつづけ, ゐた義士たちのあ, ゐた義手を掴み, ゐた羽毛や紙きれ, ゐた羽織を脱い, ゐた羽翼を張つて, ゐた老女繪島の遠流, ゐた老松のブツぎりで, ゐた老父が聰く, ゐた老父義盛さまはその, ゐた老翁が頻りに, ゐた老若男女も慌しく, ゐた者同士だけがやる, ゐた者同志のやう, ゐた者等が共産主義, ゐた者達より數, ゐた耕二の兄, ゐた耶蘇教の神, ゐた耶蘇教學校もあつ, ゐた聖躬と新しく, ゐた聯想も落着, ゐた聯隊で聯隊長, ゐたを腹一杯, ゐた職人を見, ゐた職工もどこ, ゐた職工達も醉つた時, ゐた職工風の若者, ゐた職業にあつ, ゐた職業補習学校に来, ゐたき耳, ゐた肅愼といふ民族, ゐた肉塊が温浴, ゐた肉食などを攝つたの, ゐた肉體の諸, ゐたを入れ, ゐた肖像畫を隅ツ, ゐたの線, ゐたを急, ゐた肥つた小さい其の, ゐた肥つた未亡人は何ん, ゐた肥大な一人, ゐたも張り, ゐた肩先を圧した, ゐた肩掛を靜, ゐた肺炎をも併發, ゐた肺病にち, ゐたの純痛, ゐた背中一ぱいの定紋の, ゐた背景は消え失せ, ゐた背骨を急, ゐた胴乱をとつ, ゐた胴籃がどうか, ゐた脇石川米倉の三人, ゐたが俄, ゐた脈搏が鎭, ゐた脊骨も今, ゐた脊髓が次第, ゐたを釘, ゐた脚絆のやう, ゐた脱脂綿を燃した, ゐた脱走の機會, ゐた腕時計のこと, ゐた腕木の一本, ゐたは, ゐた腦中の山, ゐた膝頭サンを一寸, ゐたの上, ゐた膿汁であ, ゐた臍帶は時たま, ゐた自信が今, ゐた自分たちの血, ゐた自分ぢやなかつた, ゐた自分眠つてゐた自分, ゐた自動車を三田, ゐた自動車王の持地, ゐた自叙伝的な創作, ゐた自宅と土地, ゐた自家に關, ゐた自尊心は今や, ゐた自己の芸術, ゐた自己嫌惡からの彼自身, ゐた自然の心, ゐた自然そのものに変り, ゐた自然派の小説, ゐた自由をとり返す, ゐた自身の姿, ゐた自転車に乗る, ゐた至醇の藝術, ゐた之助, ゐた與力笹野新三郎は手, ゐた舊文明の殼, ゐた舊藩主も決して, ゐたを噛み切, ゐた舞台の出来, ゐた舟艇は約, ゐた舶來の空氣ラムプ, ゐた艦長始二三の士官, ゐた色彩感が日本, ゐた色気のある, ゐた芋虫に, ゐた芙蓉はとりわけ, ゐた芝公園の僕, ゐた芥川さんの面目, ゐた芥川夫人と葛卷, ゐた芥川夫妻を知つて, ゐた芥川家といふもの, ゐた芥川芥川に聞いた, ゐた芥川龍之介が急, ゐた花嫁さんのパン, ゐた花子は彼, ゐた花屋は室数, ゐた花火が近所, ゐた花見の宴, ゐた芳ちやんは間もなく, ゐた芳一は日, ゐた芸妓達も先刻踊り, ゐた芸者さん達に気の毒, ゐた芸者小奴のこと, ゐた若い美しい女の, ゐた若い衆町内の鳶の者, ゐた若園清太郎をうながし, ゐた苦しげな, ゐた苦力は将校, ゐた苦労性の人, ゐた苦勞人らしいの, ゐた苦節とか氣概, ゐた英人のワーグマン, ゐた英吉利人も細君, ゐた英国人二三名も同じく, ゐた英國の, ゐた英艦隊の長崎, ゐた英軍の塹壕内, ゐた茂作はぱつ, ゐた茄子に虫, ゐたいろの, ゐた茶の湯の銅鑼, ゐた茶呑茶碗の呑み, ゐた茶店の若い, ゐたの形, ゐた草刈の寸暇, ゐた草刈鎌で無茶苦茶, ゐた草葺屋根の家, ゐた荒廃その物, ゐた荒木と云, ゐた荒野は必, ゐた荷船はいつの間にか, ゐた荷風さんも黒服, ゐた莊之助は兄, ゐた莫大な数, ゐた菅忠雄氏そつくりで菅氏, ゐた菊地鉄平は美吉屋, ゐた菊次さんはがつかりし, ゐた菊池君はトゥール, ゐた菊池寛の中學生みたい, ゐた菓子が呑み込めない, ゐた華やかな夢, ゐた萩原がこの, ゐた萩原さんがいま, ゐた萬屋善兵衞が自殺, ゐた萬次はその, ゐたの花, ゐた落葉樹も一齋, ゐた落語家の三遊亭円馬, ゐた葉巻を持ち直し, ゐた葉煙草の收納, ゐた物の, ゐた葡萄棚の蔓, ゐた葡萄牙人を陥れよう, ゐた葭簀張の親爺, ゐた葭簾ばりの茶店, ゐた葱坊主それは野韮, ゐた蒔繪の硯箱, ゐた蒲原有明先生の如き, ゐた蒲団に気が付い, ゐた蒲團はそこ, ゐた蒸気は其時, ゐた蒸溜水の中, ゐた蒼穹や愉しく, ゐたを靴, ゐた蓮見の死んだ, ゐた蕎麦の粉, ゐた沙を, ゐた薄い粗末な, ゐた薄墨といふ太夫, ゐた薄暗い空の, ゐた薄闇が匂ひも, ゐたの花, ゐた薪能が復活, ゐたはしい, ゐた藝者があつ, ゐた藝術境から脱, ゐた藝術家は偉大, ゐた藤原保藤の女, ゐた藤原師実を出した, ゐた藤山が伴奏, ゐた藤棚が全部, ゐた藤陰が何故, ゐた藤陰成章と頼山陽, ゐたを取り去る, ゐたに殘つた記録, ゐた藪椿はつい, ゐたがやう, ゐた虎之助君を訪ね, ゐた處女作はとうとう, ゐた虚飾の枷, ゐた蚊帳の天井, ゐた蛭社長は声, ゐた蛮勇青年のイカモノ, ゐた蜜柑を拾つて, ゐた蜜柑山の競売通知書, ゐた蜜蜂の奴, ゐたが路, ゐたのやう, ゐたを手先, ゐた蟇口を拾つて, ゐたは何, ゐた蠅叩きを取つた, ゐたは幾, ゐた血だらけの刀, ゐた行手の雲, ゐた行火の上, ゐた街頭よさ, ゐた衣物を脱い, ゐた表現形式に対する自覚, ゐたには手, ゐた袋物屋さ, ゐた袖子の母親, ゐた被告に対する疑, ゐた被布を投げ棄て, ゐた裏山の切端, ゐた裏金を剥いだ, ゐたと思はれ, ゐた裸體が此處, ゐた製作を調べ, ゐた製作物であつ, ゐたはさば, ゐたから顏, ゐた襦袢の柄, ゐた西原氏の瞳, ゐた西国の諸侯, ゐた西日が落ちた, ゐた西村伊作氏の文化学院, ゐた西欧二千年の文献, ゐた西洋の, ゐた西洋人から五十銭ぎん, ゐた西洋婦人は鷦鷯, ゐた西洋婦人達はまた, ゐた西陣の主人, ゐたの若葉, ゐた要素と殆ど, ゐた見物は, ゐた見物人達にたちまち, ゐた見覚えのある, ゐた視線とそれ, ゐたがなかつた, ゐた覚えがある, ゐた親しみの深い, ゐた親友でしたよ, ゐた親子が, ゐた親族の破産, ゐた親類つづきの, ゐた観客層と言, ゐた観念の分裂, ゐたがある, ゐた角頤の親爺, ゐた解決の絲口, ゐたはば市役所, ゐた言語理論が国語学, ゐた記事があつ, ゐた記者がゐた, ゐた記載があり, ゐたりの, ゐた許由は, ゐた訳司中の学者, ゐた評判の宜しく, ゐた評判娘と云, ゐただ, ゐた試演會は校長, ゐたです, ゐた詩外楼君が突然, ゐた詩書特に詩, ゐた詩稿を机, ゐた詰襟服を着た, ゐた話聲が再び, ゐた誇らしげな海, ゐた語学放浪の渦, ゐた語彙なり手法, ゐた誤りを再び, ゐた説明なので, ゐた説書生の影響, ゐた調教師の家, ゐた談話の方, ゐた談話者塩田氏より長ずる, ゐた論理を借りる, ゐた諸々の日本的幽霊, ゐた諸侯の心事, ゐたは, ゐた謙一は急い, ゐた講和条約実施委員会のオフィス, ゐた講談本を伏せ, ゐた證據として法世, ゐた警吏が大勢, ゐた警察醫に向, ゐた警部が呼んだ, ゐた谷丹三の親友, ゐた谷口投手の練習振り, ゐた谷崎氏の, ゐた谷間を朝, ゐたのやう, ゐた豆腐屋の喇叭, ゐた豊太郎が眼顔, ゐた豊島園のロッパ運動会, ゐた豊竹呂昇の浄瑠璃, ゐた豊綱と秀綱, ゐた豊麗牡丹のごとき, ゐた象徴詩の動き, ゐたの目, ゐた貝殼やその他, ゐた貧乏はよい, ゐた貫兵衞も今, ゐた貯金を始める, ゐた貴族崇拝古武士気質の礼讃, ゐた貴族的な, ゐた貴族軍もた, ゐたひ値, ゐた賑やかな人通り, ゐたを思ひ切, ゐた赤ちやけた誰かの海水着, ゐた赤兒の首, ゐた赤彦君はその, ゐた赤毛氈を掛けた, ゐた赫耶姫と朝鮮, ゐた赭ら顏の眼, ゐた赭ら顔の老人, ゐた足元には何, ゐた足利時代特に應仁, ゐた足場ロツプの操作, ゐた足軽との外, ゐた距離があまりに, ゐた跡部が, ゐた踊子を見, ゐた踏切番が柄, ゐた踏歌の事, ゐたと履脱, ゐた躑躅も漸く, ゐた身分ではある, ゐた身毒の心持ち, ゐた車夫の群, ゐたの一機関, ゐた軍医上りで年, ゐた軍歌の聲, ゐた軍治が突然, ゐた軍治はかへつて肥つた位, ゐた軍需会社へ徴用, ゐた転入のこと, ゐた軸物がありました, ゐたと津村, ゐた辞職届を懐, ゐたつアん, ゐた辰男はどんより, ゐた辰野隆氏は僕, ゐた辰雄がこの, ゐた農人はすぐ, ゐた農家があつ, ゐた農村オルグを縛つて, ゐた農業技師の思ひ, ゐた農民が遽, ゐた農科大學生, ゐた農科大学生と話, ゐた辺りなどつひ, ゐた辻野君はやがて, ゐた処の, ゐた近所の人, ゐた近来稀な快眠熟睡, ゐた近松の淨瑠璃, ゐた近眼の某, ゐた近頃ユーモラスな, ゐた返事を書い, ゐた迷惑な舞臺, ゐたでまだ, ゐた追憶が知らず, ゐた追手の俥夫, ゐた退屈を深々, ゐた途中は苦し, ゐた途方もなく, ゐたひ番頭, ゐた通りこれが全然, ゐた通り三益はうち, ゐた通り八分賛成でき二分危険, ゐた通り南瓜が薄, ゐた通り外出して, ゐた通り大勢の人, ゐた通り己と亡命, ゐた通り弘福禪寺東隅の地, ゐた通り思つた通りだわ, ゐた通り敵は剣術使, ゐた通り貧乏徳利はで, ゐた通瑠璃子と呼ばる, ゐた通行人は稀, ゐた通詞が横文字一つ, ゐた造り酒屋の息子, ゐた逢はずにはゐられない, ゐた連嶺を朝夕, ゐた進路を轉, ゐた遊女が一夜, ゐた遊戲の興味, ゐた運命の鎖, ゐた運輸会社の事務所, ゐた道中姿のい, ゐた道中差がスルリ, ゐた道助は少し, ゐた道子を何故, ゐた道教では桃, ゐた道柏を連れ, ゐた道義や孝行, ゐた道造君を顧み, ゐた道齋は重い, ゐた遠方の友人, ゐた選者の一人, ゐた遺伝の力, ゐた避暑地生活に一道, ゐた邑落に対して海部, ゐた郊外の殊更, ゐた部屋代も払はず, ゐた部隊にあつ, ゐた郵便を出させろとおつ, ゐた郵便局長は又, ゐた郵便物を受取, ゐた都会はやはり, ゐた都會は九州, ゐた都會人のはう, ゐた酒井からは毎日, ゐた酒気をさ, ゐたがパツ, ゐた酸漿を拾っ, ゐたひどれ男, ゐた醉月も元日, ゐた醜女計りを伴, ゐた醜婦は此の間, ゐた醜態が見事, ゐた里子が後, ゐた里道なの, ゐた重信川はす, ゐた重大なこと, ゐた野兎のお, ゐた野原や少女アリスガ, ゐた野呂はその, ゐた野性が何時, ゐた野村英吉は湯気, ゐた野次馬たちを無理, ゐた野武士軍の司令官, ゐた野猿を猟師, ゐた野茨の花, ゐた野蛮人は金, ゐた野郎が枕, ゐた野鳥だから, ゐた金ピカ服の将軍連, ゐた金三郎も思はず, ゐた金之助は我慢, ゐた金剛石だね, ゐた金包を入口, ゐた金口の煙草, ゐた金堂の薬師三尊, ゐた金太がさう, ゐた金屬の各, ゐた金座大通り開通の計画, ゐた金持がうむ, ゐた金挺の手, ゐた金歯の数, ゐた金沢の町, ゐた金網までがさらに, ゐた金縁眼鏡の向う, ゐた金銭のその, ゐた金魚売を見た, ゐたを平がな, ゐた釣りの少年, ゐた釣竿を向, ゐた鈍い銀色の, ゐた鈴川主水, ゐた鈴木俊夫が戦死, ゐた鈴木蓬亭の居る, ゐた鉄瓶大の土塊, ゐた鉄砲の先, ゐた鉄製の分, ゐた鉄道線路に添つてコンスタンティーヌ, ゐた鉄鉢を手, ゐた鉛筆を左, ゐたをぱつと, ゐた銀原が後ろ, ゐた銀行の係, ゐた銀象嵌入りの赤い, ゐた銅銭の紙包, ゐた銅鑼が一つ轉, ゐたを手, ゐたを返し, ゐた錆びかかつたやうなタイプライタアを思ひ出した, ゐたを見せた, ゐた鎧櫃もあつ, ゐたはあれ, ゐた鏡台の前, ゐた鐵びんの中, ゐた鑑賞眼を覺, ゐた負つて, ゐたをなかば無意識, ゐた長い長い歩道を, ゐた長井長義博士には妙, ゐた長太郎が, ゐた長崎の学校, ゐた長崎行は此旅, ゐた長平がふと, ゐた長春といふの, ゐた長火鉢の前, ゐた長篇のこと, ゐた長身らしい人影, ゐた長髪の若者, ゐた門人が海軍, ゐた門人たちは順々, ゐた門弟の中, ゐた門弟たちは恐く, ゐた開墾は一向に, ゐた閑吉が不意, ゐた閑吟集などに採用, ゐた間中グリツプはこの, ゐた間俸給の餘剩, ゐた間己が大, ゐた間延びのした, ゐた間心がたのし, ゐた間接の関係, ゐた間柄だから, ゐた間梅雨を中, ゐた間此人が君, ゐた間殆んど, ゐた間母に手紙, ゐた間毎日留守を巡検, ゐた間瀬がすこしも, ゐた間私に関する部分, ゐた関五郎とが同, ゐた關係上上京すると, ゐた阪井さんが泣い, ゐた阿仏尼などは今, ゐた阿弥坊居では奥さん, ゐた阿武天風君も後年西比利亜, ゐた阿波の国久保浦, ゐた阿片中毒のロシヤ人, ゐた院長は, ゐた除虫菊畑を歩, ゐた陶器類は殆ど破損, ゐた陸軍航空隊の人達, ゐた隆治は, ゐた隆造の叔父, ゐた階上の生活, ゐた隣家の娘, ゐた隱栖といふ生活, ゐた雀どもが驚ろ, ゐた雁江は直ぐに, ゐたの河童, ゐた雅量は推服, ゐたを呼び立てた, ゐた雌鷄はその, ゐた雑巾を弄んだ, ゐた雑用器物の美的価値, ゐた雑誌花月の編輯, ゐた雜使婦は予, ゐた雜色長の老人, ゐた雜記三日分を手帳, ゐた離れになにか, ゐた雨戸を締め, ゐた雪冤の積極手段, ゐた雪国と浅草紅団, ゐた雪堂といふ百人頭, ゐた雪童子の影法師, ゐた雰囲気を何一つ, ゐた雲井つばさ死去の報, ゐた雲雀はそれ, ゐたが急, ゐた雷鳥がすつ, ゐた霊魂がピタ, ゐた霓博士は突然, ゐたといふものはず, ゐた露店も五六, ゐた露西亜のツルゲネエフ, ゐた露西亜帝政時代には毎夜此公園, ゐた露西亞人は松, ゐた靈仙山である, ゐた青い化粧卓子のうへには, ゐた青切符を取り出した, ゐた青山隠田, ゐた青年たちの一人, ゐた青年達との寄合ひも, ゐた青春は千年, ゐた青木は威張, ゐた青森の女, ゐた青草のやう, ゐた青虫だつたん, ゐた青野が皆, ゐた青野季吉さんなんぞは毎日六時間づつ, ゐた静子は思, ゐた靜けさといふ渺々, ゐた面々はつい, ゐた面白い婆さんだ, ゐた面長な女, ゐたのま, ゐた鞠謠や數, ゐた韃靼人の目, ゐたと影, ゐた頃それが連れ, ゐた頃それらを思ひ返す, ゐた頃どこかでお目にかかつた, ゐた頃わたくしは種々, ゐた頃アレクサンドリアを見聞, ゐた頃ネクタイをする, ゐた頃一夜あまりよい, ゐた頃二日以上休日がつ, ゐた頃今の文相中橋徳五郎氏, ゐた頃保田與重郎君がこの, ゐた頃信州の南隅, ゐた頃切りと綾さん, ゐた頃前輪だけの馬鹿, ゐた頃周子の母, ゐた頃四五人集つて歌をよむ, ゐた頃大奥の女中仲間, ゐた頃大正九年九月の新, ゐた頃太田水穗さんの紹介, ゐた頃女に惚れ, ゐた頃家主の息子, ゐた頃小説を読め, ゐた頃少年のため, ゐた頃彼は強度, ゐた頃恰ど今時分月, ゐた頃戦があつ, ゐた頃所謂新らしい女, ゐた頃教会員が打, ゐた頃日夏君も長谷, ゐた頃日本人の学生, ゐた頃昆虫の標本, ゐた頃暑中休暇を利用, ゐた頃書庫の図書, ゐた頃本郷通りなどで出, ゐた頃村役場から疎開者, ゐた頃松吉たちによく, ゐた頃横光君もいくら, ゐた頃毎日のやう, ゐた頃毎日数限りなく押寄せ, ゐた頃汽車の疾走, ゐた頃波蘭の或, ゐた頃皆から叱られる, ゐた頃直接には井上さん, ゐた頃私たちは子供, ゐた頃縁結びから嵩じ, ゐた頃自分は借金, ゐた頃良人の泡鳴氏, ゐた頃芥川は瀧田樗陰, ゐた頃菅虎雄先生に字, ゐた頃語学の教師, ゐた頃講話の序で, ゐた頃酒の相手, ゐた頃高井殿に信任, ゐた頃麩屋町の錦, ゐた順一はとうとう, ゐた頑固な気, ゐた領域にはいつ, ゐたを何時の間にか, ゐた頭巾で漉す, ゐた頭布とか外套代り, ゐた頭痛を坊主, ゐた頭髪を今日町, ゐた頼太のこと, ゐたは忘れました, ゐたの十, ゐた額十四になる, ゐた額面へ我, ゐた顏中を想, ゐたが届い, ゐた風さへ治, ゐた風呂敷が解け, ゐた風呂敷包を解い, ゐた風呂敷包みと一緒, ゐた風味はなか, ゐた風早さんが後, ゐた風流無双の大阪町人, ゐた風習の近世, ゐた風葉を主として, ゐた風變りの, ゐた颯々たる剣舞, ゐた飜譯で讀ん, ゐた食料の借金, ゐた食物の名, ゐた食糧問題から月々, ゐた飮友達もいつ出來, ゐた飲酒家であつ, ゐたがなく, ゐた養子にも裏切られた, ゐた養子追放を強行, ゐた養父の言葉, ゐた餘所の目, ゐた饑死をする, ゐたは朝食, ゐたは床の間, ゐた馬どももこの, ゐた馬吉といふ男, ゐた馬琴は注意, ゐた馬車屋はいふ, ゐた馬鹿気た詞, ゐた馬鹿者であつ, ゐた馭者を叱, ゐた馴染ぶかい品, ゐた駄夫は道, ゐた駄菓子がカフヱーベニス, ゐた駒下駄にまで画, ゐた駒平が向うから, ゐた駒平が寢返りを, ゐた駒込千駄木町十九番地に建てられる, ゐた騒擾の声, ゐた験者のひ, ゐた驀地に歩い, ゐた體躯もどつしり, ゐた高徳寺の当主, ゐた高村軍曹は歩き, ゐた高橋君の, ゐた高級料亭裏口から一杯, ゐた高邁の政治談, ゐた高野さちよがしよんぼり, ゐた髪の毛の薄い, ゐたをうしろ, ゐた髮毛もゆるめ, ゐたを握, ゐた鬼倉もた, ゐた鬼頭といふ騎手, ゐた魁車自身も東京, ゐた魔性の心, ゐた魔法の指環, ゐた魔法師のセムボビチス, ゐた魚籠を指さし, ゐたは争つて汀近く, ゐたはもう, ゐたの味噌汁, ゐた鰯だらけだ一尾三厘位, ゐたであつ, ゐた鳥の子の立派, ゐた鳥右ヱ門は顔, ゐたの群, ゐた鴈治郎を見る, ゐた鶏三は眼, ゐた鶏小屋へさ, ゐたのやう, ゐたもまだ, ゐたがその, ゐた鶺鴒の雄, ゐた鷄介が湯氣, ゐた鸚鵡の抵抗, ゐた鹿のフイレエ肉, ゐた鹿田が言, ゐた鹿踊りのほん, ゐた鹿野巳喜三は荒々しく, ゐた麗らかな夏, ゐた麥年貢撤廢の成功, ゐた麥酒瓶を腋の下, ゐた麻布の下邸, ゐた黄楊の梳き櫛, ゐた黒ん坊の顔, ゐた黒ラシヤのマント, ゐた黒塗り腰高のと取り替へた, ゐた黒岩万五はこの, ゐた黒木の机, ゐた黒板博士は不思議さうに田中博士, ゐた黒田美作が邸, ゐた黒鯛は晩秋, ゐた齋藤が便所, ゐた然は, ゐた龍膽はた, ゐたA子は, ゐたPH微乍ら訪, ゐたRKOのレニン