青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゐ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わる~ ~わるい わるい~ ~わるく わるく~ ~われ われ~ ~われわれ われわれ~ ~ゐ
ゐ~
~ゐた ゐた~ ~ゐない ゐない~ ~ゐなかつた ~ゐました ~ゐます ~ゐる ゐる~ ゑ~

「ゐ~」 16492, 164ppm, 634位

▼ ゐ~ (7723, 46.8%)

88 それが 62 下さい 60 それを 36 くれ 31 私は 30 それに 2726 さへ 20 そこから, 自分の 19 而も 18 ゐる, 私の 17 くれた, 何か 16 呉れ 15 少しも 14 これが, そこに, それは, 貰ひたい 13 くれと, 僕は, 私を 12 お呉れ, その中, 下さいよ, 人の, 何の 11 くれるの, さう, 僕の, 非常に 10 くれたの, その上, 人を, 何を, 私が 9 ある, ゐるの, 他の, 彼の, 彼は, 面白い 8 くれるやう, くれれば, これは, ほしい, 今でも, 何も, 居る, 此の

7 [13件] おくれ, くれて, くれると, さうし, その下, その人, ちよつと, やつた, 下さいな, 中には, 答へ, 自分が, 誰も

6 [15件] くれたら, こ, そこの, それで, それの, ゐた, 下されば, 呉れたの, 呉れと, 妙に, 容易に, 欲しい, 自分は, 貰ふ, 返事を

5 [21件] おまけに, ください, くれ給, これでは, その間に, それから, それも, た, ちつとも, わたくしは, 下さいね, 下さるの, 下さるので, 中に, 二人とも, 何う, 僕に, 兄の, 彼女は, 話を, 足の

4 [49件] いろ, お互, くれたらどんなに, くれるから, これを, そこへ, その時, その眼, それには, ちやんと, どこか, なんの, やらうと, よからう, 不意に, 二階は, 人に, 今は, 今まで, 仲, 何が, 何処か, 何處か, 冬の, 前の, 呉れるの, 呉れ給, 外へ, 實に, 己が, 彼を, 後に, 心の, 我々の, 敵の, 日が, 時を, 気持が, 滅多に, 物を, 留守だつた, 相手の, 自然に, 見れば, 詩を, 話が, 貰は, 足を, 酒を

3 [111件] あたりは, いいの, かう云, かの女, きれいな, くれました, くれる, くれるもの, これも, こんな白日夢, しかもそれ, そこを, そしてそれ, そのなか, そのひと, その人達, その前, その実, その底, その葉, その顔, それらの, ちやうど, ちらつくやう, とう, どうかする, どうにもならぬ, なにか, ほしいと, もしやう, やらう, やれ, わたしに, ゐたの, 一つの, 一緒に, 下さいと, 下さつた, 下さらない, 下さるか, 下すつたの, 世間の, 之を, 二人の, 云はば, 人々は, 今では, 何にも, 僅かに, 僕が, 其処の, 出て, 出來, 前に, 却て, 同じやう, 君に, 呉れたこと, 呉れて, 呉れよ, 呉れること, 呉れるやう, 呉れれば, 多くの, 夜に, 好い, 好いの, 子供の, 客を, 家の, 居るの, 山の, 役場の, 彼と, 彼等の, 心は, 手に, 手を, 日の, 日の出から, 昔の, 時ならぬ, 月の, 村の, 東京に, 東京の, 欲しいと, 此に, 死の, 殆ん, 水が, 治を, 石の, 私に, 米を, 終ひ, 耳を, 自分で, 自然の, 自由に, 色々話す, 行けば, 見て, 覗いて, 言ひ, 話に, 誰が, 貰ひたかつた, 金戒光明寺の, 面白かつ, 駿介は

2 [445件] あげよう, あたりには, あなたの, あの時分, あまり好い, あらかた参集籠城, あるの, ある葉, あれこれと, いいので, いいもの, いけない, いつまでも, うちたたへ, うつかり, うつふ, うまい, おれの, お内儀さん, お前の, お定, お照さん, お父, お鳥, かうして, きつつき, くぐりの, くれお, くれさうな, くれたさ, くれたその, くれたので, くれたらさ, くれた内田屋, くれた方, くれてるやう, くれないだらうか, くれないと, くれなければ, くれりや, くれるとい, くれるを, くれる女, くれ私, こいつは, このおほら, この人, この子, この年, この村, これある, これで, これといふ, ごらん, さつ, さへも, しかもなぶり殺し, しまつ, しやう, じつと, すぐに, すつかり, そこには, そこは, そこらは, そしてその, そして一本おき, そのくせ, そのこと, そのせゐ, そのため, そのま, その一つ, その一隅, その上私, その占, その向, その奧, その方, その日, その時分, その木, その為, その爲, その男, その端, その絵, その谷, その車, その隣, その頃, その高い, その黒い, それで口, それへ, それらが, そんなこと, そんなもの, そんな事, そんな真似, たまるもの, ちよいと, つい, つや, どうでも, どちらも, なか, なかなかの, ならび寒, はつきりと, ひようひようと, ふいと, ふつと, まこと今, もう女房, もつと, もらつて, もらひたい, もらへるかと, やう, やうやく, やつて, やつと, やりたいと, やるから, やるぞ, やれと, やれば, よくその, よく飽きない, わたくしに, わたくしを, わたしは, ゐたこと, ゐたので, ゐたやう, ゐないの, ゐます, ゐるやう, アメリカの, カラもう, キヤベツ畠の, サラ, ソッと, ソツの, パンドラが, リヽーが, 一人で, 一家の, 一度も, 一種の, 一羽は, 一見同じ, 一週間なり, 一遍亭主を, 三人の, 上げるから, 下さるあなた, 下さるから, 下さるん, 下されと, 不図気, 不思議に, 世間への, 中, 中の, 中国に, 主人の, 之に, 乱を, 事に, 事変の, 二つの, 二十一日の, 二間四方の, 云ひました, 京水の, 亭主の, 人々の, 今だに, 今も, 今宵の, 今津の, 仕事が, 仕事を, 他は, 他人を, 以て, 何うなる, 何でも, 何らの, 何んだ, 何処と, 何時までも, 何時も, 何物かを, 來る, 例の, 信吾の, 信吾は, 健の, 傍には, 僕には, 僕を, 光るの, 全體, 兵卒はに, 其れ, 内容が, 出前持を, 出発した, 到底子供, 助け合つて働きました, 動かない, 動きが, 動作に, 勝手な, 匈奴を, 十七歳ぐらい, 十二本の, 十分も, 午後の, 南側の, 危く前に, 厭に, 口では, 口を, 口數を, 右の, 名を, 名前を, 向うに, 君が, 呉れた, 呉れたかも, 呉れたま, 呉れない, 呉れるかしら, 呉れると, 呉れるに, 呉れる年寄, 周りの, 味が, 哀れな, 唇が, 啼く鶺鴒あはれ, 喜んで, 困る, 土壇場へ, 埓が, 壁の, 声が, 変に, 夏の, 夕餉の, 外から, 夜更まで, 大声で, 大賑, 太い帯, 女は, 女房が, 好い所, 好きだ, 如何に, 妙だ, 姿を, 娘の, 子を, 子供を, 完全な, 客が, 家庭教師に, 寒い, 寒き日向, 寒き物音, 寺の, 小説を, 少しでも, 少しの, 少しは, 少年の, 屋内は, 山を, 山吹か, 左手に, 左眼が, 師匠の, 帰る, 年は, 庄造が, 座へ, 廣い, 弱き詩を, 彼が, 彼女の, 彼等は, 彼自身の, 後にこれ, 徒らに, 微かに, 心持が, 急に, 恁う, 息苦しくなる, 恰も間伐, 悪口を, 感ずる時, 我々が, 我等の, 或る, 手紙などを, 折々妻, 持つて, 敵兵の, 文壇の, 既から, 日に, 明るい, 明日の, 春は, 時々は, 時代の, 暫くする, 書いたので, 月に, 朝から, 朝夕耳を, 机の, 朽ちた橋, 来いと, 来たの, 林の, 樹の, 次第, 欲しいから, 欲しいもの, 歌を, 正面には, 此上いくら言つたとて, 此地の, 此方の, 歸り, 殴つて, 毎日先生の, 気が, 気に, 気の毒に, 気持よく, 氣を, 水の, 水島と, 氷の, 汗が, 浦島の, 渠には, 湯に, 源助の, 無関心な, 然う, 然樣, 熟練な, 物語と, 現實, 生活力の, 男に, 疲れて, 百姓を, 目も, 目を, 直ぐに, 真面目に, 眼の, 確かに, 私たちは, 秋の, 空は, 突然眼, 窓の, 立派な, 笛を, 筋肉は, 素直に, 縁側の, 耐る, 腕車の, 腰を, 膽振から, 自分と, 自分ながら, 自分に, 自分を, 自己を通しての, 自由自在に, 舞台の, 色あ, 花の, 茶の湯の, 草に, 草原が, 落ち着いて, 蘭軒の, 虫が, 衣類は, 見ますれば, 見るからに, 見ると, 詩人の, 話す, 読んで, 誰か, 誰かの, 誰でも, 豊かな, 貰ひ, 賑やかな, 赤ん坊が, 路の, 辞す, 近頃は, 這, 道が, 鐵の, 隙が, 雨が, 雨滴の, 電柱の, 霜の, 露しとどなる, 面白うございます, 頭は, 頭を, 顏は, 顔色は, 風に, 食ひかけ, 食べさせて, 馬が, 馬糞が, 馬鹿な, 駄目だ, 高いところ, 鴎が, 鷺が, 鼻が

1 [5131件 抜粋] ああいふ, あたしほんとに, あなたに, あの病気, あまり口も, ある所, あんとか, いいな, いかにも小ぢんまりした, いきなりその, いざといへば, いつかめぐりあふ時が, いつも, いつも身體, いまだに自分, いら, うすぐ, うつむきざま, うるさいから, おいでんなら, おしどりが, おぼつかない素人易者, お亡くなりなさいました, お客の, お経, お魚フライ, かげる村, かれいく, きれの, くれさ, くれたらお前, くれたン, くれで田端, くれましたねえ, くれるその, くれるよう, くれる所, こいつらの, この, この光景, この寺, この松, この程度, これから暫時, こんなに分りき, さうさ, さてさびしく, さめて, しかも人生, しかも彼, しかも近くわれわれ, しなしなと, じぶん, すすめたわけ, すゞんだ, そこでコツク, そしてとても, そして勿論, そして私, その, そのすさまじい, そのガラス, その三浦和田, その先, その原因, その場, その姿, その山, その後ろの, その支柱, その枝, その深い, その生前見聞き, その神父, その紐, その膝, その角, その門人録及歴世略伝, その鳥, それから杏坪等, それでお前, それで一歩, それで自分, それ以外に, ぞうつと, ただほれぼれ, たのしい事, たんと可愛, ちやうだい, つかしし鞠, てんで取り, とてもたべられ, ともすれば滑つて足元, どうしても振り向く, どうにもできなかつた, どう仕, どことなく骨, どの点, どんな秘密, なかなか旺, なにを, なまなか柔術, なんと言, のべつに, はじめて光輝, はりま, ひとつの, ひどく賑, ふすま, ふと眼, ぺこぺこに, ほとんど私, ほんの少し, また一番, まだなかなか開かう, まだ雜誌, まるで十七八, みごとに, みんなの, めぐる, もう動く, もしかあなた, ものが, もらへる對策, やがて私, やはり眷属, やる, ゆかざりしもの, よきもの, よく聞いてなかつた, わからないこと, わたしにも, ゐたが, ゐるか, ゐる四百字詰, イザ対局, カンバスの, サアヴイスを, ショパンの, チョン, ハもはや, フィレンツェに, ベースボールを, マデイラ諸島を, ユウゴオや, ロシヤ人を, 一ばんの, 一体に, 一向氣, 一層の, 一旦廊下, 一生懸命に, 一言の, 一體お前は, 七間も, 三栄, 上が, 上陸し, 下さい生きて, 下さるばかり, 下すつたさうですが, 不仕合せな, 不精である, 世話の, 並んで, 丸胴の, 之と, 亂を, 二人を, 二年が, 云へば, 井戸の, 交殉社講堂へ, 人が, 人相は, 今しがたまた, 今までも, 今日は, 今雄二達, 他人から, 仰る, 休日にも, 位置は, 何だかがた, 何となく好意, 何んの, 何喰は, 何時も一流, 余意を, 來ました, 信仰と, 倦怠感を, 傍を, 優しい乳房, 先人の, 光りかがやく秋, 入用な, 八角造りの, 兵隊は, 其の前, 其の骸さ, 其勢力は, 其後の, 其處に, 内外の, 冗漫に, 凄い美人, 出た例, 分明である, 列車の, 別に五圓, 利子も, 前年戊午以後には, 効果の, 動作が, 北面富士の, 十年以前掃墓した, 午前中は, 南部が, 印象記でも, 却つて面白い, 厭らしく, 又若党一人, 叔母は, 口絵には, 只其内容, 可哀想だ, 右側が, 合流し, 同君の, 向うで, 呉れたとは, 呉れてるので, 呉れるとは, 呉れる方, 味の, 咳も, 唯僧侶, 善男善女を, 四壁が, 国に, 土人たちは, 埃や, 堪るもの, 壓死をば, 夕かげり早し, 外の, 夜は, 大きいが, 大きな聲, 大人びて, 大方は, 大體十里程度, 夫人が, 奥様は, 女中達を, 好かつた, 妹には, 始めて, 娯しい, 子供心にも, 學生, 定業を, 実は神, 客は, 家中が, 宿屋の, 富士は, 寢返り, 専ら自分, 小さい頭, 小前の, 少しづゝくづれて, 尾は, 居らぬもの, 居心地は, 山伸, 島崎君にも, 巧みに, 已にその, 帰りに, 平安朝文学に関する, 年と, 幾分西洋, 店には, 廊下を, 当歳の, 彼女たちは, 往来といふ, 従つて経験を, 御金, 心から気の毒, 心細い行末, 忽ち将軍, 思ひがけ, 思ひ切れなかつたの, 性格表現とは, 恐らくは奥州側, 恩寵は, 患者の, 惹きつけられる, 愛し, 感激し, 憂鬱で, 我慢が, 或雜誌社, 所謂社交的な, 手入れも, 手頼りにも, 抒情性が, 担がうと, 振り返つて, 揺れるたび, 攻める方, 故郷を, 敲いても, 文藝春秋に, 斯うし, 新吉達は, 既に足柄, 日曜日に, 日頃その, 早速麻雀, 明日放送の, 春三郎の, 昼寝を, 時々巴里, 時には僕, 時間が, 普通は, 暗くやりきれないほど, 書いたこと, 書替, 會堂の, 朝夕の, 木の, 本主の, 本質を, 来る, 松の, 果さなかつた, 柳の, 梅雨のさ, 植物は, 榛軒は, 樹間を, 欠けた頭, 欲しか, 此と, 此年第, 此過去の, 歸つて行つた, 死者ばかりが, 段々其処, 毎日, 氏の, 気品が, 氣持ちが, 水仙の, 汚したといふ, 池の, 決して外, 沈思の, 波濤を, 洋食部と, 流れなかつたところが, 海が, 海濱にも, 涼しい風, 清水の, 温室の, 溜め込んだと, 漠然と俺, 濟ま, 炊きたての, 無頼の, 煤煙と, 父は, 牛と, 特にさ, 猛に, 獨り, 珍しいそこ, 現実の, 生きて, 田子の浦といふ, 男つ, 畑には, 疳高い聲, 痩せた背, 白いシイツ, 白人といふ, 皆んなと, 皿と, 直ぐ斯, 相手に, 真むかひ, 真黒と, 眼上三点の, 矢張当り前の, 石器時代の, 碌でも, 祖母だけが, 神田共立講堂へ, 私だ, 私設鉄道の, 程々に, 空地ばかりが, 窓からは, 端布を, 笛の, 箪笥の, 粋でが, 細々と, 結局は, 絶えずなやまし, 緑礬の, 罪あり, 羽根や, 考へて, 聞いた者, 聽く, 胴体が, 腐敗を, 膿が, 自分も, 自治的に, 與力や, 良いから, 色の, 芹のみは, 苦労を, 草の, 華美な, 葉映, 蕃語にな, 薬師寺にも, 蚯蚓ばれ, 行くから, 街には, 裏門から, 見えるもの, 見も, 見張りに, 親切に, 言はば, 許さない, 話した言葉, 誉まさぐる, 誰とも, 調和を, 譲を, 象だけは, 貰つて若い, 買物でも, 赤いレンガ, 越後の, 路上の, 身じろぎも, 車は, 辛氣くさい, 近頃では, 追駈けた, 這ひあそぶ, 進歩しない, 遊べる鴨, 違ひ, 遣るの, 邸宅には, 酌を, 釋言篇と, 金を, 鈴を, 鋭く彼等, 鎖が, 長い間, 開かなかつたさ, 間違ふかも, 除目が, 随分近所, 集つた人數の, 雨に, 電報は, 青い蜘蛛たち, 静かなる, 鞭で, 頑健この上なし, 頭にも, 頼もしい風貌, 顏立も, 飛び行きて, 飯事が, 首が, 駄目である, 騒がしくては, 高槻の, 鳥か, 鷲の, 黄いろに, 黙も

▼ ゐても~ (1155, 7.0%)

2013 立つても 7 それが, それを 6 それは, 仕方が 5 ゐなくても, 少しも, 私の, 私は 4 よからう, 彼の, 自分の

3 [11件] いいの, きつと, 云は, 何か, 大将が, 太宰府に, 彼は, 構は, 氣の, 起つても, 食ふ

2 [55件] いい, いいわけ, いいん, かまひません, きりが, そのま, その人, その方, それに, なか, まだ身, めつたに, よい, よく死ん, よろこんだ, らは, わざ, ゐないでも, 中, 人に, 人の, 今日は, 他の, 何かの, 力が, 動悸が, 可い, 同じこと, 四角張つた, 夕食の, 好い, 好いから, 如何にもそれ, 子供らと, 差支へ, 平然たる何, 彼が, 心が, 心は, 思はしい訳, 或る, 戦さは, 手を, 此の, 気が, 爲方が, 相手が, 稍とも, 笑ひ, 言ひ立てる, 詩では, 誰も, 鈴の, 面白いの, 面白くない

1 [921件 抜粋] あそこに, あなたが, あの人, あの見苦しい, あの野ツ原, ある程度まで, あんたの, あんな憎々しい, いいから, いいだらう, いいと, いかにも秋, いけないの, いざと, いざ賭け, いつか着せ, いつまで, いつも唯冷然, いはば, いろいろの, うつかり, うんと脅かされ, おほ, おんなじ旅, お互, お出來, お前は, お構ひな, お聽, お鳥, かうやつ, かくべつ有難い, かまはん, きまりが, くるりと, くれないに, こ, こつそり, このこと, このやう, この世界, この土地, この場, この數ヶ月來, この縣, これが, これだけ, これを, こんなにな, さう, さて社會, しかたが, すぐしやん, すぐ子供, すぐ彼, すぐ忘れ, そこには, そのそら, その中, その勝利, その大輪, その女房, その姿, その川, その度, その棹, その理髪代, その生活, その確信, その統制, その肉身, その評価, その語, その身體, その邊, その鳴る, それだけの, それでもそれ, それで芸, それと, それには, それほど誰, それらが, それツて, そんなに見, そんな心, た, たとへ, だから恋, ちよいと, ぢり, つまらないわね, つまらなくなりまし, つらいやう, つらさうな, できるだけ, とても声, とにかく彼, どういふ, どうしてもその, どうして次第に波動, どこか, どんなにい, なかなかおもしろく, なかなかな, なかなかまま, なかなか氣, なんとかかん, なんにも, はつ冬, ひどく物, ひや, へんに, ほんとに, またいかに, また床, まだその, まだほんた, まだわからん, まだ幼い, まだ戸籍, まだ本当に身, まだ目, まるで非, むかふから私, むだだ, もう少しは, もとの, やがて飽き, やつぱり人は, やつぱり女だ, やつぱり華族の, やはり支那, やり切れない暑さ, よいなら, よかつ, よろしいで, わかつただけ, わからない風, わたしが, ゐられるものの, カラカラと, ケナルウなり, シャンと, スキャチャード先生は, ビッコの, ペンの, レコード一つ聴けない, 一人で, 一人の, 一向に不自然, 一向快方, 一所に, 一方は, 一番風呂に, 一種の, 一緒に, 丁度それ, 万事御, 三度三度食卓に, 下駄だの, 不思議で, 不思議は, 与兵衛の, 主人の, 事あれ, 事実上島の, 二人三人と, 二間ほどの, 互にそれ, 京子は, 人は, 人附合の, 今日も, 仕やう, 仕方なからう, 仕様の, 他人の, 伊太利及び, 住めば, 何かに, 何かを, 何だかおびえ, 何となく一種, 何となく敵, 何とも思はなかつた, 何の, 何んの, 何事も, 何時な, 何時死ん, 何處からか, 作つた人は, 信じたいと, 信一は, 俺の, 値打を, 傲慢に, 充ち足りて, 全く姿, 全く無意味, 全体歌つてゐる, 八方から, 其の形式, 其を, 内に, 内心の, 再び物, 冬を, 决し, 出かけても, 出來, 出来るやう, 分りますが, 初日は, 別に今入, 別に大して変, 別の, 別状ない, 前後の, 劍道が, 勤まつた, 區切が, 十分に, 却つて暑苦しい, 原稿料が, 厭きたから, 參禪の, 又託児所, 口を, 句は, 叱りませんか, 同じやう, 名ばかりで, 向うから, 向から, 吾, 咎めは, 唯芦, 囚人等は, 国家といふ, 地謡の, 埒は, 堪らぬ程, 墓の, 外からは, 夜ね, 大いに照れる, 大したもの, 大して睡眠不足, 大丈夫だらう, 大事な, 大体は, 大抵の, 大智氏の, 太政官は, 夫人は, 女の, 女子は, 好いこと, 好いもの, 如何なる點, 如何にも小心, 妙な, 妙子が, 姉の, 委細か, 嬉しかつ, 孤独を, 学校へ, 安心だ, 実は変態, 実は自然, 実際は, 客に, 家人は, 家庭に, 富岡の, 實は, 小さい草, 小山内君の, 少しばかり, 少し苦味, 左程差支へる, 差支へは, 常に二重苦, 平次の, 年とつたら, 幸福ぢや, 引金に, 当つて, 彼には, 彼女は, 徐々に本格的, 微笑一つ浮べぬ, 心さへ, 心では, 心配ない, 必ずしも彼, 忘れて, 思ひ出しては, 思ふやう, 性格の, 恐らく今, 恩給証書に, 悪怯, 意味が, 意識下の, 感情が, 成立し, 我無しやらに, 戦乱に, 戯曲作家として, 手輕には, 持つ原因, 挨拶する, 敏く神經, 敦賀の, 文吾は, 既に廃語, 日に, 日本の, 昔から, 昔時は, 春夏秋冬の, 時々雨, 時が, 晴れやかな, 暫くの, 更に新, 最初から, 月給が, 望みない, 朝にな, 本棚の, 本統に, 村は, 来ないので, 柳橋なんぞの, 栄蔵には, 森に, 楽屋入りする, 構成や, 機嫌が, 止め度, 正しい姿, 此処に, 此島の, 此頃は, 死にたくないといふ, 死の, 殆ど彼, 殆ん, 母の, 毎晩夜尿を, 気に, 気持がい, 氣は, 氣丈者らしい, 氣持ちを, 汗を, 決してい, 決して死に, 浮き上つて来なかつた, 海鳴りの, 消毒室の, 深いところ, 滅入るばかり, 演劇を, 澁い, 瀧は, 火が, 無くなるん, 無理は, 然しそれでは何處, 爲す, 父の, 父娘の, 狸の, 玉の, 現住所に, 理解しない, 生きて, 生きる, 生涯その, 用心し, 男には, 画面に, 當つてゐなく, 病んで, 病家の, 痛くも, 皆んなお, 監視は, 目に, 目立たない風, 直ぐ翌日, 直る時, 真摯が, 眼の, 眼鼻立ちは, 矢張りどこか, 矢張文献に, 知らない振で, 知りやしないこと, 石に, 確かに, 社の, 私より, 私を, 空には, 突然その, 立派な, 笑ふ, 筋に, 籍が, 経験などといふ, 結婚し, 結局在, 絶えず休み, 絶えず流れ, 絶へ, 継母は, 罪を, 老妻, 耳まで, 聽えます, 肉體が, 胸が, 能く, 脂肪過多症の, 腹の, 膝が, 自分だけで, 自分には, 自己批判の, 自然としての, 自由であり, 自身に, 臭くなかつた, 芸量に, 若い妻君, 若水を, 落ちつけない私, 藤波龍之進は, 蝶子の, 街に, 裏の, 見たいん, 見に, 見ようと, 見知らぬ人, 親爺の, 觀る, 言語情調や, 詩人肌では, 話して, 誰れ, 誰一人聲を, 調書の, 讃める, 起きて, 路傍の, 身體が, 辰男は, 近寄つて來, 近頃は, 追及の, 遂に落さぬ, 過去が, 遠いところ, 部屋の, 酒ぐらいは, 酔が, 里子が, 野田の, 金次郎さんが, 銃口を, 長い習慣, 間違へる, 関は, 限りが, 随分来, 隨分暑, 難解でも, 雪といふ, 雲が, 露骨で, 面白いし, 音信を, 順吉が, 順吉には, 風が, 食後に, 飽きないの, 飽きる時, 香氣の, 馬車の, 駒平は, 魚がか

▼ ゐ~ (931, 5.6%)

612 つし 43 せ候 3216 して 1413 したの 8 す, せて 4 ない 3 したん, した頃

2 [20件] したその, したと, したので, したわね, した方, した時, しても, すべしとい, する, するなりとて, ず, せしなり, せたり, せぬ, せむ, せよ, せ度存候, ぬ女, るるで, る可

1 [135件] あそう, あつて, あ可笑しい, あ子供ぢ, う, うが, うと, した, したあの, したか, したし, したそして, したつけ, したといふ, したところ, したね, したのに, したのにね, したもの, したり, したわよ, したんで, したアデェルさん, したサンタ, した佛蘭西, した処, した危險, した奥さん, した道, しったので, しては, してようございますとも, しれ, すべき, すべきもの, すべきよし, すべき口, すべし, すべしとの, するうた, するは, するもの, するわが, するを, する三尺, する心, する程, する筈, すれ人, す僧, す白菊, ずやなど, ず只, せいかに, せう, せうと, せける, せけるむかし臨江王, せける間, せけれど, せさ, せしこと, せしに, せしは, せしより, せし歳, せし甲斐, せそろ, せたきも, せたやとの, せたらむや, せたるは, せたるより, せたる拙, せたる豈, せつ, せつるごと, せつれば, せなば, せに, せぬか, せますと, せまた, せむと云, せむのたはぶれも, せむ事, せむ逢, せられたの, せられる, せられると, せるつもり, せる時, せ候やう, せ候事何一つ, せ可愛き, せ同じ, せ御, せ泳ぎ, せ神慮, つしたの, つした姉, つした方, つして, つしましたの, つせるいなも, でグワーン, ないと, ぬから, ぬの, ぬまだ, ぬもの, ぬ事, ねば, の, のくらく, りよう, るこ, ると, るといふ, るべ, るべき, るるか, るるかと, るると, るるなど, るるに, るるの, るるもの, るる事, るる個所, るる父, るる笛, るれども, るれば, る一二四八年反逆

▼ ゐ~ (858, 5.2%)

46 ことは 45 もので 38 ことで 17 ものだ 12 ものである 11 ことなら, ことを 8 ものです 7 ことが, ところで, 大きさ 6 ものな, 事は 54 かほ, ことに, 花の, 薔薇さきぬ, 高さ 3 ところだ, 割合で, 明らみに, 時間が, 色を, 花を, 長さ

2 [40件] お人形さん, こ, ことの, ところでは, ところへ, ものが, ものだつた, ものだらう, ものでした, ものに, ものを, 事で, 伊良胡が, 信玄袋を, 傍を, 八入の, 品行方正酒も, 執拗の, 娘です, 小さいお, 幅で, 年頃の, 広さ, 水に, 社会的地位乃至, 秋の, 程度で, 紐を, 胸毛を, 自信も, 花に, 花は, 花も, 荒涼たる大, 葉の, 鈍く光る, 銀世界が, 間違ひ, 風が, 高い山

1 [511件 抜粋] ありその, いかにも無事, いよいよ清し, うちから, う腕, えらい人間, おくや, おくやま, お上り二人, お世辞, お慈悲, かしらなどの, かそけく見え, かなり大きい, がまんまるく, きりやうなら, ことか, ことすら, ことぢや, ことである, ことでした, ことでも, ことな, ことアおれも, この如く, こ雲, こ雲かな, こ雲といふ, こ雲といへる, さかなで, ささやかな, しごき帯前, しだれかかる聲音, すき間が, それこそ, それは, たくさんの, たしなみは, ため農家には, だった, つぼみの, つもりが, つもりだ, づば抜けた, ところか, ところだつた, ところでした, ところと, ところに, ところの, ところまで, ところを, とも, なかにまで, にくき唇あまりりすつき, はちす, ひくいこゑで, ひとで, ひとな, ひとは, ふるあり, ほとりに, ほの, まだ新しい, むれを, もの, ものかも, ものさ, ものさへ, ものぢや, ものでございまし, ものでございませう, ものと, ものなら, ものにな, ものよ, ものらし, ものらしい, もんね, もんは, やうに, やうにも, やすけさの, や柏木村, を目, サそれで, ハイカラな, ヘロインは, 一國者だ, 丁寧な, 丁数にな, 三方山に, 上ゆ只に, 上天気で, 下は, 下町情調の, 下船の, 不都合が, 中には, 了簡が, 事が, 事である, 事に, 五円ばかりの, 人だらう, 人でした, 人形が, 人手が, 人数でした, 人物が, 人物は, 人間は, 代物で, 会社員の, 余地なき, 便船しか, 信玄袋の, 修業を, 俸給を, 個性の, 傷が, 傷で, 傷では, 價格の, 兇勇を, 光を, 克己心は, 入りぢ, 入れ知恵を, 入口には, 全く安楽, 共同生活が, 内臓に, 冗談は, 凪ぎが, 出来るの, 分量で, 初花染め, 別蚊屋, 利發さうな, 割で, 割に, 力は, 力を, 効果は, 勢ひでした, 勢ひでない, 勾配で, 区別は, 半九郎, 可愛らしい女, 合歓の, 同心にでも, 名ばかりの, 名文は, 吹出物が, 喜びいちばん, 喰ひ, 嗜は, 嘘つきで, 囲み池を, 垢を, 堂々たる設備, 声は, 夕づゝか, 夕照に, 大きい提燈, 大きい深い穴, 大きな前景, 大きな灸, 大胆不敵な, 大輪の, 天候で, 奉仕は, 女が, 女で, 女と, 女の, 女の子を, 女形だつた, 奴に, 好くない, 始末だ, 娘が, 娘の, 婆さんに, 子供が, 子供に, 子瓜, 実力は, 実力も, 客が, 宵の, 家の, 容貌を, 寒さ, 寝台が, 小さい包み, 小さい奴, 小さい小学生, 小さい町, 小さい穴, 小さい貧しい花, 小さい駅, 小さな女, 小ぢんまりした, 小男が, 小窓小窓, 小説でも, 小邑, 小鳥, 少年を, 山の, 山は, 山奥でした, 川だ, 川にと, 川幅な, 工夫は, 年から, 年に, 年輩に, 年輩の, 年配でも, 年配の, 年頃だ, 年齡で, 年齢の, 広い処, 広い座敷, 広大の, 廣い, 廣さの, 廣大な, 強い薬, 強い藥, 強さ, 役なるべき, 御口調, 御滯在, 御立派, 微笑は, 心持に, 心理解剖によ, 心細い小路, 応対ぶりを, 怠け者だ, 急いだ氣もち, 急流は, 怪我で, 恰好を, 惡黨に, 意味, 意味で, 意味です, 感情で, 應酬は, 所だ, 扇に, 手数を, 手落ちには, 技術者たちで, 拷問なら, 推量は, 数しか, 文章を, 新鮮さで, 方が, 旅費の, 日記を, 早期発病で, 早業を, 早駕籠, 明るさ, 明快さで, 春の, 時で, 時であり, 時な, 時代に, 時間で, 智識は, 暇は, 月給に, 朝すがた, 木いちゐ, 木の, 本好き, 東京と, 林さんです, 染いでし, 柿の木に, 格の, 桃, 森にも, 棲家では, 椿も, 業は, 極く短い, 様な, 様子でした, 気の, 気持しか, 気持である, 気易, 水, 水だ, 汚点を, 汚點, 池に, 決意が, 決意を, 沈思黙考の, 泊客が, 泥酔状態で, 海の, 涙に, 涼味は, 淋しさ, 深さ, 港町である, 満酌, 滑稽な, 潤澤さで, 濃きが, 火炎かも, 灸を, 無遠慮な, 熱でしたら, 熱意を, 牡丹おちたる, 牡丹の, 物語を, 独法師の, 率の, 現実を, 現金が, 理解は, 田なら, 田地を, 甲斐性が, 男は, 男兒四人手に, 疊が, 病気だ, 痣の, 痩せた遊女, 癩の, 百姓である, 皷うつ心の, 盛況だつた, 目に, 看護婦が, 眞竹の, 真似は, 短かい, 石垣を, 破滅を, 禮儀ア知つてを, 種子いつの間にか, 稼ぎに, 穴が, 穴と, 穴を, 空想を, 童女眠気なりけり, 竹切れが, 竹筒に, 簡單な, 粗相は, 糸を, 紙面が, 細かい枝, 細かさ, 結果に, 綾の, 線状の, 縁に, 縮尻は, 總領娘が, 繁昌だ, 羅の, 群が, 義務は, 老人とお, 考へごと, 胡頽子を, 自由は, 舌は, 舌も, 航海には, 良心は, 色が, 色の, 色深みつつ, 色滴らむばかりなる, 花ぞ, 花にげ, 花びらに, 花咲かしめき, 花海のべの, 花盛り, 芸は, 芸当は, 若い娘, 若い男, 若い身, 苦しみを, 苦悩は, 苺の, 茫々と, 茱萸の, 茶を, 荷物は, 葩を, 蒲団かさねし, 薔薇, 薔薇の, 薔薇ふ, 薔薇よ, 藍も, 藍色が, 處らしい, 血は, 行きもどりの, 衣なり, 衣裳を, 表現は, 袖やさしき, 装を, 裾を, 褪せて, 見分けは, 覚悟でか, 覚悟は, 角の, 角度で, 註文さへ, 話で, 調和が, 財産は, 費用で, 賃錢を, 資本は, 赤裳垂れ引き, 足は, 距離が, 路すて, 路は, 輕業が, 返事や, 返答も, 這入つた細い, 速さ, 逢ひびき, 進歩振りを, 運動を, 道のりでも, 遠さ, 郵便切手あり, 酒だ, 酒を, 里の, 重さ, 量です, 金が, 金しか, 金で, 針が, 針仕事は, 鉛活字で, 長さ一尺二三寸, 開放の, 間に, 間において, 間を, 間感想を, 間貸し, 關係ぢや, 關心は, 隙は, 雨は, 露に, 靜かさで, 音は, 頃から, 頭の, 顏の, 風化が, 餘裕が, 馬鹿は, 驚き方で, 高値に, 魚は, 鮎を, 鯛を, 鹿の子川溜池といふ, 麝香の, 齒ご, 齢の

▼ ゐたり~ (524, 3.2%)

43 した 40 しが 28 して 20 する 18 するの 9 しに 7 ける, するやう 6 すると, するので 5 しなり, や 4 するけれども, 何か 3 したの, したので, しとき, する事

2 [23件] けむ, ければ, こは, さらさらと, したが, した事, した電燈, しました, しもの, しゆゑすぐに床, しよ, しを, するが, するもの, その時, その紅葉, 或ひ, 或る, 或時, 横にな, 死んで, 物の, 立ちどまつて

1 [264件] あの邊, あるとき, あるひ, いつも動い, いづれも, うすぐらい林, うそ寒い空, えぞ, おやおやとうとう, お孃さん, かくいひゐたる, けりは, けりむかうの, けるが, けるに, けれ萱, この時彼, これも, これ彼等えらばれし, ごろごろした, さう, さうかと思ふ, さもなく, されたさ, されたといふ, されて, し, しいのち, しかして第, したうかつ, したくせ, したこと, したら, した無頼漢, しつとり, してた家, しては, しと, しときテバイ, しならむ, しなるべしといふ, しましたが, しや, しよんぼりと絶, しわが, しベアトリーチェ, しボッカ, し事, し人々, し人たち, し人陰, し南畝, し女, し差配, し廿五六, し故, し時, し武器, し父マールヅッコ, し私, し草, し言葉, すること, するさ, するさま, するとき, するところ, するばかり, するひま, するよう, するん, するジツクザツク, する光景, する内, する境内, する当今, する有, する聲, する裏通, する非常, すゝきの原に, そして木立, そのさま, その先, その歌い, その音, それからず, それから又, たのしいの, たまらず涙, でもすれ, といへども, とげとげしかつ, どこを, どす赤い, なぞ, なぞし, ぬめぬめした, ぬ忠相, ぬ斯, ほこりが, またある, または煙突, また他, みくに座, われ最後に, オーヴンが, カアライルの, キヤラメルの, タバコを, タンクが, チヨツと, ボルドウ液を, ポオランドや, レールが, 一人打たれ, 一処に, 一塁の, 一度云, 一日新聞を, 三味線の, 二三明白な, 二人は, 二人揃つて出勤する, 人前で, 仏壇の, 何とは, 供養塔などが, 便所の, 信者でない, 個展が, 全く容易, 全裸にな, 冬の, 前の, 十年も, 又いた, 又其の, 又大きな, 又木の葉, 又本, 古い言葉, 名前と, 周次は, 嘗てこれ, 四五寸ある, 四方から, 四月の, 國會議場で, 垣が, 墓の, 夏に, 夕さり寒き, 夜分に, 大方の, 妙な, 始終顔, 娘さんは, 室内の, 家の, 家竝が, 宿へ, 小學校生徒, 小屋や, 小羊, 小野小町や, 小野道風苅茅道心, 山から, 山峡づたひにペルシヤに, 岩角が, 崩れた土塀, 平凡な, 平等の, 年中ブスブスし, 幹が, 弓を, 彼の, 彼我等を, 彼曰ふ, 後から, 恐らく雨時, 悪戯し, 意外な, 慶應年間に, 我は, 我も, 或はまた非常, 或はカタロオグ, 或は出水, 或は又, 或は運動, 戸棚の, 扨こそ, 掛物が, 提灯が, 擂粉木が, 数時間も, 数珠つなぎの, 日の丸の, 日は, 日常人に, 是においてか, 時には暁雨, 時間がは, 晝寢も, 書簡が, 木の, 案外真, 梅の, 楽隊が, 樹の, 死んだ彌, 母の, 海膽の, 燻鰊の, 牧場の, 琵琶湖に, 生の, 田舍出の, 異説或は, 百日紅が, 眺めて, 硝子戸越しの, 硬かつ, 福岡三界へ, 空が, 笑ひだし, 第三, 等した, 米櫃の, 素晴らしい早さ, 經驗から, 罪なき, 美しい樹木, 胴が, 腹だの, 自分自身を, 船腹に, 色々な, 色とりどり並ん, 荷馬車に, 華美な, 萱の, 著類の, 要するにさう, 觀光バスが, 調子が, 踊つてゐ, 軒並の, 通を, 遊んだりばかり, 郷里へ, 酒ばかり, 野獣が, 鑛區で, 阜斯が, 陰氣にな, 障子が, 隣家の, 隨分氣味の, 雨が, 飯櫃の, 高笑ひし, 黒ん坊の

▼ ゐながら~ (508, 3.1%)

11 それを 5 さう, 彼の, 自分の 4 もつと 3 かうして, それで, それは, 私は, 而も, 自分は

2 [24件] お互, これを, その実, それが, た, どうする, どうも品子, どこか, まるであんな, わざと信じた, 人間に, 今の, 他人の, 何で取り返し, 何の, 少しも, 庄造が, 然も, 甲子園の, 甲田は, 腹は, 自分が, 遠い國, 黙つて

1 [412件] ある面, ある點, あれだけに, あれは, あんたは, あゝいふ, いくらか怖, いざちりぢ, いざと, いざ乗込む, いちいち例へば, いまさら自分, いまだに催され, いまは, うつかり, おでんやの, お前は, お弟子, お歸, かれが, きれいに, こ, この前, この溌溂, これこそ, これでは, こんなにかなしい, さて其処, さらにいま一度, しかもそれ, しかもそんな, しかも兩親, しかも孤立, しかも実際, じつは階下, じろじろと, すぐには, すこしもば, すでに住む, すなほ, せめて樂しみ, そこに, そこには, そこへ, そしてそれ, そのくせ, そのくせ自分, その上収入, その云, その人自身がた, その作家, その叫び, その当時, その愛され, その時駿介, その本, その男, その真, その眼, その結果, その舞台, その轉向振り, その関係, それでもばか, それでももしや, それでも一週間, それでも時たま, それでも最後, それに, それをも, それ以上の, それ以來三十何年間いや, それ以来三十何年間いや, だらけて, ついぞ其所, つい其の, つい取り果さない, つむじ曲りで, で緩, とりとめも, どういふ, どうしてあの, どうしてそんな, どうしてまた死ぬ, どうしてもその, どうして一年, どこかに, どこに, どこを, どんどん押し流され, なかなかやらう, なぜいちど, なぜか, なぜ僕, なぜ早く, なほそれを, なほ且誰れ, なほ現在彼が, なんとなく袂, のほほん顔, ひとり手に, びつしより濡れた, ふらりと, ほかの, また一方, まだ適当, まるで方面違, むくれたやう, めまひが, もうお, もしかする, やがて女, やっぱり神様, やつぱりぼんやりしては, やつぱり私は, やはりなんだかいや, やはり足, ゆうべの, わざとさう, わざわざ手づかみ, わざわざ遠路, われわれと, ソーンフィールド莊に, ツイ使の, デパートに, ビクとも, ワシリに, ヴォルテールの, 一つ手前の, 一向に存じませんで, 一字も, 一度も, 一方個人, 一日一日と, 一緒に, 一般は, 一通りの, 一面非常に, 丁度あの, 三萬の, 上陸が, 世間へは, 中ノ大兄には, 主婦に, 乾燥した, 互に人, 五郎兵衞と, 井戸といふ, 些と, 人々は, 人の, 今だに, 今度の, 今度は, 今日の, 今日まで, 今更行く, 今涯, 今迄, 仏印での, 仕事の, 仕切りの, 他方では, 以前に, 何うし, 何が, 何とか工夫, 何となく人間, 何も, 何れも, 何故その, 何故つまらない, 何故に, 何時の間にかトロリと, 何時も大, 何時見, 何處について, 作者自身の, 來た, 俺は, 僕が, 全く觸, 共に怠, 其の爲め, 其癖大, 冒頭では, 凡そ臆病, 別々の, 別に氣, 制する事, 前へ, 前以, 前回にも, 前後左右から, 十四で, 千代子の, 又別に, 又反, 反対に, 取つて, 只の, 可哀さうに奴さん甚, 名所を, 向ふから自分, 否定の, 國から, 外国で, 多少それ, 大衆性をも, 大言を, 天井に, 天命を, 奇妙に, 奮然本書出版の, 女との, 女に, 奴さん自分を, 如何し, 妹とは, 妻は, 子供の, 孤独ずきらしい, 孤獨を, 定期の, 実はなんと, 実際は, 室の, 家内は, 富岡が, 富豪や, 實は, 實現の, 實行に, 實際は, 對象と, 少し汗ばむ, 尚且廢嫡問題, 山, 川の, 巨大な, 平氣, 平然と済し, 年よりも, 年寄りの, 幹からは, 府中も, 強情に, 彼と, 彼には, 彼は, 彼女の, 彼女は, 彼等は, 後三四日, 心の, 心は, 心得違ひな事は, 思つた, 意地悪く, 愛の, 感じたこと, 或る, 戰爭の, 手で, 手は, 打ち棄て, 捨て, 政治的意見を, 政治的目的にも, 救済の, 敢て, 文楽を, 文章それ自身が, 文章は, 文芸に, 斯う, 日本へ, 早速皆, 昨夜の, 時々問題化, 時々怒, 時とともに, 時間の, 暫く其処, 未だに, 未だ懲りない, 本当にえらい, 案外眼, 構成が, 横顏だけを, 次第に遅れた, 正式に, 此の, 此生き, 歸つて來ても, 死後よくせき, 母親が, 毎日の, 気づかずその, 気づかぬ振り, 氣づかない, 氣質の, 水蒸氣の, 決してじ, 泥棒も, 洒亜つくで, 洛北の, 渡し船は, 灰を, 爆弾らしい, 片手を, 物やさしい, 物を, 特別な, 狡い小さな, 独りだ, 独立した, 猶人, 猶千古, 猶病葉, 獨身で, 現在噴火を, 理論家は, 生命にも, 生活の, 男は, 疫痢で, 病に, 皮膚は, 目次に, 直接安里の, 矢代さんとは, 矢張理智に, 知らずに, 知らず識ら, 知らんやう, 碌すつ, 碌そつぽ, 祭りの, 私と, 私に, 空襲警報も, 突然そんな, 突然夫, 立派に, 管の, 節儉の, 結局その, 結局自分の, 義理を, 習慣で, 老婆豊田貢の, 耕作段別そのものは, 耳に, 肉体は, 胸が, 能率的であらう, 自己擁護の, 自暴酒を, 興奮する, 船は, 色も, 芸者を, 虚無から, 表現し, 表面では, 見出せないの, 親里が, 觀念的でない, 言ふ, 試驗の, 詩を, 話が, 誰一人出迎る, 負け惜みの平気を, 質屋の, 贅沢が, 贅澤が, 赤貧に, 起床の, 足音にも, 踊らないなんて, 身に, 身體を, 輸送が, 逢へ, 進んで, 遂に何, 遠くジャムス, 部屋を, 酒だけは, 酒の, 酷いわね, 里子は, 間断なく, 阿容, 阿父さん, 隆造は, 雲も, 露営を, 青つ, 鞍坪の, 預かつ, 頬冠り, 頭の, 頭丈が, 風の, 食べるもの, 食慾はさのみ, 飴湯の, 駈けこむ余裕, 駿介は

▼ ゐ~ (477, 2.9%)

4 急に, 非常に 3 何んにも, 妙に, 富岡は, 東京の

2 [20件] この物語, 一日中に, 二十六と, 何か, 何んと, 嬉しさうな顔, 家の, 容易に, 少し老け, 弱者の, 彼の, 心細さ, 思ひやりの, 無口な, 眼が, 眼の, 私は, 良秀の, 近所の, 部屋の

1 [417件] あたりの, あつたか, あのころ, あの中, あまり気, あまり窮屈, あまり見よ, いつの間にか何, いつまでも, いつもいちばんあと, いつもよりも, いつ思ひ出し, いまにも海水, いろ, いろいろと, いろいろな, えらい熱い湯, おちついた部屋, お前は, お富, お祖母さんまで, お銀, お隣は, かがやく可, かつて行ける, きんは, こちと, この上, この邊, これが, これ程えらい, さすがの, さつきの, さては何, しまひ, しみじみと, すこしはにかみ, すべてが, その不, その人, その他の, その夥しく, その姿, その手, その映画, その様子, その表, その軽快, それともいや気持, それとも又下, それとも彼, それとも持つ, それとも時, そんなに長く, たうとう, たたいても, だいぶ脱線, だんだんあたり, とかく煙突, とかく義理, とき, どうか, どうか知りません, どうしても僕, どうもさう, どうも目, どうも雨, どうやらそれ, どことなく寛大, どの村落, どの顔, どれも, なかなか元, なかなか元気, なんだか檢印, なんとも甘, はいさうでみじめ, はたち位には, はつきりしない, ひどくは, ひどくミツシヱル, ひどく人生, ひどく息苦しかつ, ひどく悲しさ, ひどく老けた, ひどく脂, ひどく酩酊, ふだんより, へとへとに, ほとんど水槽, まあこれ, またこの, まだ人げ, まだ眞, まるつ, みんな大した, むしろ話, もんは, ゆき子の, らくな, ろくな犬, ジャワの, ダラットで, ハツキリと, バスの, パチ, パラオの, ピクニツクに, ポロポロと, ヤクザ稼業の, ランプが, 一ト休みし, 一向ず, 一国の, 一寸表情, 一層困難, 一徹な, 一望の, 一枚の, 一段とおいしい, 一行は, 三次郎よりも, 三谷氏は, 上眼を, 下女が, 不作法な, 両足が, 中央公論へ, 主に, 乘合船は, 事務室の, 京都でも, 人出も, 人聲や, 今では, 今度の, 今晩の, 今朝感じ, 今私の, 他に, 他人の, 他處, 伜も, 低い鼻, 何う, 何だか戸板返し, 何だか淋しい, 何となくはき, 何となくボーイ, 何となく一種, 何となく活氣, 何となく胸, 何ともい, 何彼に, 何時に, 何時も, 何時もより, 何處かに, 余程弁説, 傍へ, 傷ついたり, 僕に, 僕は, 兄の, 先刻から, 兎に, 其度毎に, 凛々として, 凛として, 凝つとして, 前と, 十二三には, 千兩箱を, 千枝子と, 叔母も, 叩いても, 同じさ, 名状し, 四囲の, 土が, 土藏の, 垢拔けがし, 堅い一方, 夜と, 大した出血, 大二郎の, 大分容體も, 大分涼しい, 大和の, 大小の, 大抵は, 大辺, 女人成佛と, 女学生の, 女房は, 女達の, 妾お, 娘, 子供, 子供をかへ, 子供見, 子女の, 安心し, 官立大, 客は, 家中の, 家光は, 容子を, 寒々として, 寒さ, 寝不足も, 寢つきの, 寢飽き, 小柄で, 少しも, 少し冷え, 少量の, 居る所, 屋久島は, 屡, 平次に, 年に, 年よりは, 年齡よりは, 幽かに, 広さ, 店へも, 店中でも, 店先の, 弾丸が, 彼は, 彼女が, 彼女の, 後屈症, 御通夜, 徳ちやんは, 思ひの, 恐ろしく重い, 惡醉が, 意外に, 成人の, 或は性格上, 手にと, 折角の, 折角機嫌, 斑, 断髪を, 早くゆるし, 早く酔ひがま, 明方の, 明日からでも, 昔ながらに, 昨日より, 時々それ, 時々スタスタ, 景色の, 暑うて, 暑さ, 暖かい気分, 曲者は, 木が, 未だに私, 本堂の, 案外こざつぱりした部屋, 案外美味, 梨枝子には, 植木屋といふ, 楡の, 横光利一の, 樹形が, 樽野は, 機嫌が, 此処の, 此處まで, 武士は, 歩くと, 死を, 死顏は, 殊更入浴, 母は, 毎日いろんな, 気の, 気持が, 氣候のせゐ, 氣樂だ, 水には, 水の, 水流舟二郎など, 汗ばんだ首筋, 河岸通から, 河鹿共は, 沼の, 洗ひ落した, 浮かぬ顏色, 涙が, 清楚な, 湖いちめんが, 溜らなく厭, 激動は, 火薬の, 灰神楽も, 灰色の, 無氣味さうに尻ごみ, 爽かな, 特にその, 犬の, 猶更先方, 生々として, 生と, 生活が, 田圃の, 甲府の, 男の, 男女取交ぜ, 町から, 畳も, 病気がな, 病身らしく, 百合子の, 目のあたりでは, 直吉に対しては, 直吉は, 直木氏が, 相手には, 相手の, 眉に, 眞鍋には, 眼に, 着物が, 知ら, 知らないが, 知らん, 硯の, 私が, 私には, 私自身が, 私達は, 秋の, 稍, 稍とも, 稍ともすると, 空氣に, 空罐を, 立てこめた中, 篠井春子は, 米を, 糊の, 糊壺を, 純粹, 絹子は, 經つて約束の, 美しいうち, 美しさ, 義兄も, 老けて, 考へること, 耻しい, 聲が, 聲は, 肉體的な, 脂の, 脚が, 脚の, 腕が, 膏の, 膝の, 自分の, 自分は, 自分までが, 自制する, 自尊心でも, 自棄に, 至極快活, 色は, 色や, 莫迦に, 薄明り, 薄陽, 藤が, 蟹が, 血の, 裾もとが, 見かけよりは, 見たところ吉之助, 言葉のせゐ, 誰の, 買手が, 質素な, 路傍に, 車も, 軽いめまひ, 近代の, 近頃にては, 近頃は, 途中で, 週刊朝日の, 遠近の, 酒を, 酔客の, 酢つ, 酷く私, 重三, 金廻りも, 雨の, 雨戸の, 霜柱を, 青い色, 面倒臭さうに, 頭の, 顏は, 顏も, 飯の, 餘り知らない, 馬子も, 骨董店の, 鮮血が, 黄色く引締つて

▼ ゐ~ (397, 2.4%)

94 あつた 31 せう 18 あらう 8 あらうか 7 せうか 5 あらうと 4 あつたらう

2 [13件] あとは, このやう, せうが, それは, ちやうど, やめて, リヽーの, 不機嫌に, 彼が, 私の, 話は, 話を, 誰が

1 [204件] あたし気が, あつしの, あつたの, あとで, あの人, あの六ヶ, あらうが, あらう常にぼこぼこ, あらう数多く, あらう畑, ある舞台, い, いいの, いかにも目, いたし方は, いたし方も, いぢ, いつたん, いつもの, いや砂糖, いらつし, いろいろな, お前が, お役罷免, お生れつき, お鳥, かうなると, ここが, この一二年, これも, こんなになつ, こんなにも一個, こんな娘, ござります, しかし彼, しかも癲癇持, したが, じつに蚊, すぐに, せうで, せうと, せうどうも, せうね, せうナ, せう青白く, せう魔, せめて伜, そのお, そのほか, その希望, その方, そばから, それも, そんなこと, たしかにうち, たださ, ぢみな花である, つまりは, ないしは功名心, なかには, なさいますよ, なにかそれ, はじめは, ひどく感傷的, ひどく蒼ざめてゐますよ, ほとんどいふ, まして人, まだ十七, めつ, やると, ゆるい下り, よさうよ, よして, よしませう, ゐる, アパアトの, アヴァンテュールには, カストリを, キリツと, コポオの, タフな, ダメでした, トラックが, 一家焼死の, 一度も, 丁度よい, 三吉を, 不譏, 二人寝, 人間が, 人間一人を, 今は, 今迄は, 他に, 何も, 何んで, 何枚でも, 俺は, 偶然出版書肆ガリマアルの, 先へ, 全然外国文学, 凄しい, 出かけての, 出来るつてさ, 刺身や, 口に, 可から, 喰べ, 地聲は, 夏の, 多くは, 夜は, 夜を, 夜遲く, 大森に, 大騒ぎを, 女は, 女房を, 嫁き, 家の, 家族や, 實は, 少し時代, 尤もその, 己の, 帯を, 幻が, 建保五年の, 引きあげようか, 引用は, 引籠つて居る, 当分満足しなけれ, 彼との, 御参列, 思ひだすだに, 思ひ出したやう, 恐ろしく身輕, 我慢します, 手伝つ, 按摩が, 散歩し, 斯うし, 日本人は, 日本文化の, 旦那を, 普通の, 書きあげて, 本當, 柄にも, 柄は, 森野の, 此の, 死ぬやう, 殆ん, 殊にこの, 段々人目, 気を, 汲み取りの, 沒落した, 泳ぎは, 演出は, 澤山で, 澤山の, 濟むんだらうよ, 無屆, 然しやつ, 独立できる, 狹い, 現に三四人, 用意の, 畳の, 眼を, 矢張り馴れない, 矩形の, 神経痛でも, 立ちつ, 竜飛に, 終るの, 結婚し, 網は, 綺麗です, 義雄が, 而かも日が, 耳の, 脱稿, 脳を, 腹の中では, 自分の, 色が, 芝居を, 苟くも自分が, 苦笑の, 行けるやう, 見る目, 解つた, 踊の, 身に, 近頃滅切り弱つて, 道は, 達者な, 順番に, 飛びぬけて, 食事も, 鳴沢鰺ヶ沢を

▼ ゐ~ (346, 2.1%)

54 して 17 けり 7 なつて 5 した, しようと 4 思つてゐた, 考へて 3 しないと, するの, 違ひない

2 [18件] けりころろ夜蛙, けりそよぐ光, けりほそき, けり光る幾線, けり暑き, けり耳, ける, しちや, しとかう, する, するので, する云, つけて, なつた, なれば, 御坐, 念を, 透きてぞ

1 [205件] あげよや, あり付けないもの, うつし順吉, おつ, くちびるは, けり子と, けり生けるもの, けり空, けれ, けん, さきに, したが, したがるの, しちや氣, しても, しといたらどう, しよげ, しるしつ, し兄, し四十, すぎぬ, すぎぬと, すべ, すべての, すべてを, するつもり, するにも, すれば, そのほそい, その朽ちかけた, そまるやう, それか, たくさんある, つていふ加減を, である, どのページ, なかなか險, なってるかな, なつてる, なら, ならむとすクロス山, なりは, なりました, なりますか, なりませうか, なり勉強狂人, なる, なるかしら, なるかな, なるだらう, なるといふ, なるの, なるん, なるン, なる可愛い, なる見込み, なれる, はなつて, ひどくふけ, ひどく肩, ふきあげ, ほいむら山, ほかならなかつた, ほかならぬから, ほかならぬやう, ほふ, ほふ桃, もだえなやみました, やつと, やりにくさうな, わかります, サツと, 一つの, 一杯寄り集ふてゐる, 云つ, 亢奮しだした, 人間を, 今日の, 体を, 來た, 供へ, 供へしかの, 倒れぬ, 候, 偶然な, 元氣, 入りし時, 入ること, 冴えてるぢア, 凪いで, 切りつめて, 努力し, 印度支那ギリシヤから, 反対だ, 取立てられるかも, 叩くのに, 喜んだ, 夏泳いだ, 外ならない, 外ならなかつた, 奢り合, 始めるの, 嬋娟たる, 学芸会に, 少くなつ, 山に, 帰したり, 帰して, 幽かに, 当るらしい尾張, 彼の, 彼等は, 御存知です, 復舊する, 微笑し, 思うて, 思つてゐます, 思つてゐる, 思はれる, 思へるの, 急須動き, 恋しくて, 悲しみました, 慇懃鄭重の, 成ると, 抱いて, 押し出しの, 撮影した, 改音する, 散らかつて, 暑い, 暮色が, 東京が, 染みしぬるでの, 樽野は, 止つてゐた, 止めて, 歩いても, 気を, 気障だ, 水, 水く, 沢山に, 泣いて, 浮きひそむらし, 涙ぐみも, 淡いプラトニツク, 減つてゐた, 温和しい, 温度を, 狭い, 異ひない, 白いその, 相違ありません, 相違ない, 真昼いきむ, 真面目に, 瞳向へ, 私の, 私達は, 程遠くで, 糞と, 綺麗に, 縮つて弱々しい, 美しい, 美しい海, 美しく真白, 群れて, 老けて, 考へられて, 聡明な, 臆病だつた, 至る, 落つる涙, 蒼ざめてゐるのに氣づいた, 行きが, 街の, 衝と, 見えた, 見えますけれど, 見えるが, 見える娘, 見える美しい, 話を, 誰よりも, 諸方で, 賣り付けその後, 踏んで, 輝きだし諸, 近い, 近い學校, 近く寄り來る, 運動しなけれ, 過ぎない, 過ぎないの, 達しながらも, 重い頭蓋骨, 金糸の, 隆造は, 面倒な, 頭が, 顯著な, 馴れた, 麹町へ, 鼻の

▼ ゐ~ (317, 1.9%)

17 しないか 16 しないかと 8 しない 7 せぬかと 6 しまいか 5 しまいかと 4 しないだらうか, しないの, しませんか, すまいか, せぬか, 持つて 3 あるだらう, あるでせう, しないで, せぬかといふ

2 [16件] あつた, しないかといふ, しなかつた, しません, しませんよ, すまいかと, つくだらう, ほろほろの, まだい, 何でも, 拵へて, 是を, 溜めて, 知つ, 知つて居る, 見て

1 [190件] あげ度, あつしと, あつて, ありが, ありさ, ありますぜ, あるかも, あるさ, あるであらうと, あるでせう何やら, あるもの, うなされます, きらさないで, させなきや, させられるで, させられる筈, されたい心地, したが, したこと, してるん, しないかとまで, しないかな, しないかを, しないこと, しないだらう, しないでは, しないと, しないのに, しないん, しないグランド, しなかつたかと, しなかつたが, しなからうかと, しますまいか, しませんから, するが, する所, せぬかを, せぬの, そのま, たつて, ついたの, つくだらうと, どうした, なく虫, なれた谷, なれて, はじまらずお客一人, はやくの, ひつて, ほぼわかる, まだ輕, もぐるだらう, ゆる, らの, わかるだらう, わたしの, ゐるかも, ペロリと, 三杯酢で, 他を, 付いて, 付かないもの, 付くだらう, 付く筈, 伴れ, 住んで, 何處へでも, 來て, 來るだらう, 借りられるだらうし, 停つて, 僕の, 儲かるやう, 光りある, 入つて, 入れなくちや, 出して, 出來, 出来ただけの, 出来ないの, 出来るとしても, 出来るの, 利いたかも, 助力し, 動けなかつたといふ, 勤まるやう, 十日町組の, 取つたらしい四十二三, 召上がりましたが, 味へるだらう, 喫つても, 園生に, 塗れる一寸, 奮んで, 始めさうだつ, 存在した, 寢なく, 小千谷組の, 少しも, 山路を, 工面し, 左う, 差支へは, 平氣, 廻しますよ, 引越してから, 当然だ, 影法師に, 心得て, 必ず見なけれ, 忍んでも, 思ひ出して, 怨まない者, 戀患ひ, 成敗できる, 我慢し, 手に, 打倒れ, 拵へ, 持つても, 持出したこと, 掘れる, 掛けたかも, 探して, 掴み兼ねない劍幕, 握つたかも, 教は, 施米に, 明るい中, 時々やつ, 書いたかも, 書ける, 書けるらしいので, 朝飯前に, 来て, 梅よ, 楽に, 横奪, 欲しかつ, 歌つて上げ, 歩けるやう, 殘した, 殘つてゐる, 殘ります, 殺し兼ねません, 浅草永住町蓮光寺の, 潰し度くなります, 無いよ, 狙ふかも, 用意し, 當りさうでした, 病んで, 省きも, 眠れないかも, 知つてる, 知つてゐ, 知つてゐます, 知つて居るだらう, 稽古した, 突き崩せた, 突つつい, 立てられた筈, 竹松には, 続けなければ, 置いて, 聽えさうです, 自分に, 行つたかも, 行つてやれやれ, 街に, 見たこと, 見付かるだらう, 見物に対し, 覺えて, 言は, 言ひさうです, 言ふだらう, 討つ氣, 調べて, 貢ぎつゞけて来た, 貸して, 踏みて, 造つた, 運び入れること, 金を, 開けて, 飛ばし兼ねませんね, 飲めよねえ, 黙つて

▼ ゐぶん~ (284, 1.7%)

3 あつた, と齢, 早く起きた, 酔うて

2 [17件] あるやう, ちが, ね, よく歩いた, 久しい前, 多い, 寒かつ, 早かつ, 暑かつ, 歩いた, 歩いて, 泳いだぞ, 烈しいし, 走ったけれども, 走つたけれども, 降つた, 飲んだ

1 [238件] あた, ありがたいいや, ありさうに, ある, あるから, あるつて, あると, あるん, あわてた, いたんで, いろんな人, いろんな牡犬, うす汚いもの, うつくしいもの, うまくきれい, うるさい宿, えらいもん, おそくまで, おふるく, おほきく, おもしろいで, お待たせした, お早い, お考, お背, お金持, お饒舌, きびしいもの, こたえた, さびしいもの, さみしかつ, されて, しばらくお, しばらくみんな, しばらく光っ, しばらく撒い, しばらく行かなかった, すばやく汽車, たのしみな, だわ, つまらんこと, つらかつ, ですわ, でせう, とあつ, とさういふ, とはつきり, とぼしいところ, とれたらしいの, と呼び出した, と彷徨, と時間, と根, と膽, と間, どつさり, ながい間, なさけなかつたけれど, なつかしくぼく, な高声, になる, に多い, の力, の年, の年老, の老, はげしくやつ, はやく流れ, ひがんだもの, ひどいね, ひどいやあ, ひどいわ, ひどい医者, ひどい瑠璃液, ひどい雨, ひどい風, ひどかつ, ひどく叱られた, ひどく悪, ひどく荒れた, ひろいところ, ぶたれました, まかること, まごついたのよ, むつかしい問題, めぐりました, や, よい日, よくなつ, よく似, よく据ゑつ, よく歩い, よく歩き, よく知つて, よく私たち, よごれた仕事着, わかつた, わかりにくい, をかし, 久しいもん, 久しい進歩, 久しい間, 偉い人たち, 優れたもの, 光って, 光るわね, 冷えるな, 冷える何もかも, 冷える終日臥床, 冷たい, 列んで, 半盲, 口説かれたこと, 古いもの, 古いん, 古い名前, 古い彩畫屋, 古い木, 古い水, 古い能楽愛好者, 古い話, 古くから, 古るいもの, 可愛がられて, 可愛らしいこと, 可愛らしいぢ, 可愛らしい子, 可笑しな, 吹きまくつた, 困ること, 多いこと, 多いそして, 多いで, 多いの, 多い自転車, 多かつ, 大きいぢ, 大きいやつ, 大きい方, 大きくなりました, 小さかつ, 小さくなつた, 少くなつたわ, 居るなあ, 広い日向, 広く露出, 弱い, 強いが, 強いもの, 強くな, 役立つて, 御すこやか, 御勉強, 御無禮, 心苦しいこと, 忙しいで, 思ひ切つたところ, 思ひ切つて亂, 急いだけれど, 悪いこと, 悲しい顔, 情なかつ, 感じられる, 手荒い音, 描いて, 散らかりましたわね, 早い, 早いの, 早い散歩, 早い方, 早く來, 早く走る, 早く起き, 早咲, 暑い, 暑いぢゃないか, 暑いねえ, 暑い流れ, 暑苦しい日, 有りさうに, 欲しが, 正々堂々と, 永いこと, 汚くな, 汚なくし, 淋しが, 溯ったぞ, 物足りないもの, 甘つたれ, 異つて, 痩せ細つて, 白いん, 破れましたねと, 硬い方, 硬さ, 細いぞ, 続き, 美しいわ, 羨しい, 老けた人, 考へたし, 育つた, 若いお母さん, 若い頃, 苦しいけれど, 苦しいやう, 苦しい映, 草臥れた, 負擔, 賣れるん, 辛抱強く行乞, 進んだ戀仲, 遠いむかし, 遠い對岸, 遠くまでも, 遠く使, 遠退い, 鋭くな, 長いこと君, 長いもの, 長い多量, 長い煙突, 長い間西洋, 長う伸び, 長くな, 長く白湯, 長く立つ, 長く逢, 長く遊びました, 長く遊んだ, 面白いこと, 面白いもの, 面白く見られる, 飲んだそして, 騒がしかつ, 驚きましたし, 高い木, 高い樹

▼ ゐては~ (271, 1.6%)

7 ならぬと 6 ならぬ, 駄目だ 5 いけない, いけません 4 ならない 3 いけないの, 何も, 困る

2 [14件] いや, きりが, くれまいか, ならないと, 可け, 困るぢ, 国の, 死にきれないと, 気が, 直ぐ跳び着かれ, 窮屈だらう, 際限が, 際限も, 食慾も

1 [201件] あなたと, あまりに宗匠, あれや, いけないぞと, いけないと, いけぬ, いつにな, いまにあぶない, うだつが, うまく昇れない, おかしい, おもしろくないらしい, お終, きりの, くれぬので, この日, さう, さしづめ不自由, しかたが, すまない, その仲, その大き, それこそ, それは, たまるもの, とうとう負け, とてもいけない, とてもま, とても二人, とても活溌, とても行乞, とても退屈, とても間, どうした, どうしていかん, どうにも困つ, どうにも疲れ, どうにも遣り切れなく, どのやう, どんなに冷える, なな, なほさら一向, ならない時, ならない行乞, ならぬのに, ならん, なりませぬの, なれない困つた問題, ほんた, ほんとうの, まづい, もういつ死, もつと, もどかしくて, ゆつくり, ろくな事, わからなかつたが, わるい, ゐない, ゐなかつた, 一世紀などは, 一文なし, 一日少なくも, 三十日も, 世の中の, 世話の, 九字を, 人目に, 人間には, 人間の, 人間は, 今日の, 仕方が, 仕様が, 仕樣, 体が, 何う, 何うにも, 何か, 何かと修業, 何かと言, 何かと邪魔, 何だ, 何とも言, 何んだ, 何一つ深く, 何年たつ, 何時までも, 俳優の, 俺も, 値打ちが, 僕は, 充りません, 分らない, 到底何, 到底際限, 勉強が, 勉強の, 勝手に, 却て, 厭だ, 反って, 反つて, 句の, 味も, 困りますね, 困りもの, 困ること, 困ると, 困るといふ, 困るなあと, 外へ, 外国に, 夜が, 大きな仕事, 大変です, 失礼でございます, 如何, 嫁に, 宛然もう, 実際キリ, 屋根瓦壁の, 屹度わしは, 巴里を, 平次の, 幾ら涙が, 御互, 志が, 思ひだして, 急場の, 想像が, 愛の, 感じられない二年間, 成程, 所詮零細, 手も, 手紙なんか, 手都合が, 損日本食が, 救から, 新らしい, 時々眼ざめてしくしく, 時たま眠く, 有為転変は, 東京の, 東京を, 果てしが, 此うなる, 死ぬる外, 気儘に, 決してさう, 濟ま, 狭くて, 現世では, 生活が, 皆自滅, 眞の, 社の, 私は, 突然いらつしつたら, 第一三田君, 終には, 結婚は, 結局同じ, 美人でない, 義雄の, 羽虫が, 考へ, 考へられぬ, 聞いて, 肺病に, 胃が, 能率が, 腰かけ具合も, 腰の, 自分には, 自分の, 至つてハデに, 行けない, 裁判の, 詰らないといふ, 話す方, 読書も, 誰が, 讀んで, 豫知問題の, 責任いふ, 越年の, 辛からう, 迚も, 遂に出, 遂に自滅, 遅くなつ, 部落の, 間が, 食へ, 餘計者の, 駄目ぢや, 駄目であり, 體が, 高くつく

▼ ゐ~ (173, 1.0%)

43 うな 42 へすれ 14 うです 9 へすり 6 つし 5 うだと, うである 4 うも 3 うだ, したつけ, ゐと 2 いであつ, うだが, うで, へしなけれ

1 [28件] いすれば, いと云, いと聞き, い壽, い御, うだから, うだわね, うだ位, うだ然し, うでございますから, うでしかも, うでしたよ, うですが, うですね, うでない, うで氣味, うなんだ, うもないが, うもないん, うもない文面, うらしいの, したん, しゃれ, へしたら, へしなけり, ほんとに思ひ知らせ, ゐし珍, ゐとふり

▼ ゐ~ (137, 0.8%)

14 あつた 12 あるが 10 あつて 9 ある 7 あつたでせう 6 あらう, あらうが 5 あるだらう, あるの 2 あつたらう, あるだらうが, あるでせう, あるに, あるので, あるん, 雪の下に

1 [49件] あつてか, あらうか, あらうし, あらう一言一句, あります, ありますが, ありますん, ありませうが, あり世界中, あり甚だ, あり石, あるその, あるため, あるだらうと, あるでせうか, あるでせうが, あるでせうけれども, あるでせうこの, あるでせうその, あるでせう丸々, あるでせう今, あるでせう全く, あるには, あるのに, あるらしかつ, あるんで, ある大きな, ある鉢, おいて, このまま, しないくせ, しない事, すれば, なしに, まんまる, 切々として, 宜し彼家, 巣を, 恐らくあらう, 手伝つてゐた, 手伝つて何とも, 手傳ふと, 敷けるがらんどう, 昔の, 病めるが, 知れぬ, 続いた, 行つた, 通はね

▼ ゐ~ (105, 0.6%)

28 アがる 8 はつた 7 あがる, はります 4 あがるん, がら 3 はるさかい, アが 2 がれ, はつて, はりまん, はるさ, アがらア, アしない

1 [29件] あがるの, がらでも, がらとか, がれツ, がれツ源吉は, つれの, はつたんや, はりますなあ, はりまんの, はる, はるの, はるのえ, はるのか, はるので, はるのでつ, はるのと, はるのやと, はるのやろ, はるん, はる事も, まひか, まひ正し, アがら, アがらアヘンリーさんの, アしなかつた, 小舎の, 淺葱の, 申すたつき, 花なき

▼ ゐでは~ (65, 0.4%)

4 ない, ないか 3 ないの, なかつた, なくて 2 ないかと, 済むまいと, 濟ま, 立ち上らぬの

1 [40件] あるけれども, あるまい, あるまいか, あるまいかと, あるまいな, かうなりません, ないかも, ないが, ないぞ, ないだらう, ないと, ないといふ, ないのに, ないやう, ないらし, なか, なかつたかも, なかつたの, なからう, なくさ, なくその, なくまた, なく自分, なしに, びくとも, わからないやう, 包み終せなくな, 外から, 店に, 引戻せ, 歯の, 氣が, 濟まず, 病氣にも, 耳の, 足りないの, 追つ, 鉱山の, 隱せ, 驚く色

▼ ゐ~ (58, 0.4%)

21 やない 12 やありません 3 や, や無い 2 やア

1 [17件] やある, やこんな, やと云, やどうにも, やなかなか, やなく, やなー, やもの, やわからない, や下手人, や命, や無え, や納, や罪, や言, や開かねえ, や驚かない

▼ ゐでも~ (49, 0.3%)

6 するやう 3 こしら 2 あらう, ありますよ, ある, あるが, あるまいが, ない, なかつた, なければ

1 [24件] あつた, あらうか, あらうけれど, ありさ, ありは, ありますが, あり同時に, あり夏, あり得ない, あるか, あるかの, あるでせう, あるまい, あるらしい, あるん, したやう, して, すると, どうにも, ないん, 俺の, 夢のせゐ, 彼が, 此方の

▼ ゐやう~ (45, 0.3%)

2 とは夢にも, と云, と平気

1 [39件] ああ可愛さうな, か, かしら, かしらもう, かそんな, かつて此座敷, からゆ, が, がとにかく, がなかつた, がゐまい, が勝手, が此, が離れ, しまた, といふの, といふ典型的, といふ或, とする, とそんな, とはこれ, とはどうも, とは全く, とは思はない, とは私, とも彼, と云ふん, と僕, と全く, と存じます, と思, と本当, と私, と自分, と誰, など, などとは夢にも, にひとつお気, も知れない

▼ ゐ~ (44, 0.3%)

2 情が

1 [42件] ぐめがなさば君の, けりや, さ, ささうだ, さつた, さつて難有い, しかし異常, ところでいつも, はつた, はれや, ほした, まだ尖端, やあな, 井戸の, 人をを, 反撥と, 夢が, 女は, 奴が, 好奇心が, 子供にも, 子供を, 己ア馬鹿が, 年頃に, 店は, 意気込みで, 未練を, 本でした, 横顔で, 毛唐が, 気持に, 氣もちに, 泥水を, 独り言を, 男で, 程度の, 苛立ちを, 若し云, 論理は, 貯へに, 金は, 點にまで

▼ ゐ~ (40, 0.2%)

2 関の山で

1 [38件] あるだらう, あると, おちぢ, この島, さして來, さして来る, せいぜいの, せめてもの, それは, つぎつぎと, なんだらう, ひ, まっ黒に, らし, 丁度宜いたし, 何んだ, 何故に, 例の, 分相応だ, 咲きみ, 唯一の, 多いと, 延びると, 楽しみだ, 止りで, 殘つてゐる, 生育する, 精一杯だ, 精一杯です, 自分のせゐでで, 自然な, 落ちだらう, 落である, 赤の, 関の山だ, 關の, 高くな, 高くなる

▼ ゐながらも~ (37, 0.2%)

2 時として密

1 [35件] あくまで處, あまり荒れ, いつに, かならずしも聖書, ここが, その美し, それが, なか, なほ予断を, もうそんな, やはり何, 下腹が, 主に, 今やその, 何處やらに, 傷みつけられ心, 団十郎の, 夜に, 女が, 少しも, 彼女らは, 心やり細い, 思ひます, 書物を, 病中の, 目の, 私に, 絶えず芳子, 縋る手, 耳ざとく聞い, 肺臟が, 自分が, 言ふこ, 貸家の, 默つてゐた

▼ ゐかも~ (34, 0.2%)

9 知れない 6 しれない 4 知れません 3 知れぬが 2 分りません, 知れぬ, 知れぬだから, 知れぬと 1 わからないわね, 知れないが, 知れないの, 知れなかつた

▼ ゐさうな~ (29, 0.2%)

4 ものだ 3 事に 2 ところを, ものである, 気が

1 [16件] ことが, のが, のでカウンター, のに, もの, ものです, ものと, 人です, 人に, 店なんて, 所に, 方へ, 病で, 草平氏の, 落合川が, 風だ

▼ ゐ~ (28, 0.2%)

2 そめけり, なんと申, 改た, 見んとて

1 [20件] そこに, たべただけ, なしたこと, 人から, 含んだとも, 市場に, 心にと, 正す, 殘し, 殺し自分, 活く, 浸すかと, 犧牲に, 相手の, 穴に, 習つた, 見て, 響かせるの, 頬に, 食として

▼ ゐには~ (27, 0.2%)

1 [27件] いそ, お目, つくと, なります, なるだらう, なるまい, なれさうに, なんなく使, 事缺か, 何時も, 咲きそむ, 女の子が, 書けないで, 生へ, 當る, 目を, 興味を, 複雑であり, 見える, 誰かが, 踏めますが, 踏んで, 関係の, 附合つ, 驚かないで, 驚かんぞ, 驚く色

▼ ゐばかり~ (27, 0.2%)

15 では 5 ぢや 2 でも 1 であらうか, でない, でなくその, でなく最も, でなく私

▼ ゐちや~ (24, 0.1%)

5 いけませんよ 2 困る

1 [17件] あの犬潜り, いけないぞと, いけねえよ, いけません, いけネエ, いざ鎌倉, こんな出過ぎた, どうだ, ならねえ, よくあるまい, よくない, わるいだらう, 危ないぢ, 困るだいち, 悪いと, 抛つては, 解らないぢ

▼ ゐ~ (24, 0.1%)

161 ひしが今宵講釈, ふころ, ふやと, へうまく, へその, へよ, へり, へ君さ

▼ ゐ~ (23, 0.1%)

1 [23件] いふ所へ, くれやす, すれば, それを, なりて, 云つ, 云ひ, 云ふ, 唐黍売も, 思つ, 思ひ込んで, 意味が, 申わけも, 發音し, 私の, 見るべきでせう, 言う如く, 言へば, 訓む地が, 諦めますが, 連らな, 降りいでに, 降りて

▼ ゐたま~ (20, 0.1%)

151 へし, へしなり, へと言, へよ, へ弟

▼ ゐさうに~ (19, 0.1%)

3 もない

1 [16件] おも, ないといふ, なかつた, は無い, も思はれない, 思はれて, 思はれる, 思ふ, 思へた, 思へたので, 思へます, 思へるくら, 思へるの, 立つて, 見えながら, 見える

▼ ゐしか~ (19, 0.1%)

3 なかつた 2 無いの, 誰か

1 [12件] ゐないもの, ゐなかつたが, 一緒に, 付けられません, 会は, 呑まぬ奴, 売れないん, 居なかつたやう, 會はずに, 経つて, 經つてゐない, 聞くこと

▼ ゐ~ (19, 0.1%)

2

1 [17件] し, し如く, し迅, し部下, たるところ, たれり, て, て白さく, ぬ彼ら, りしトロイア, りし牧人, りたる先例, る, るか, るは, る人, れ

▼ ゐどころ~ (16, 0.1%)

2 がへん

1 [14件] がない, がはつきり, がよかつ, がわかつた, がわる, が分らない, が変る, が悪い, のせゐで, をはつきり, を勇, を知つて, を確かめ, を調べ

▼ ゐその~ (15, 0.1%)

1 [15件] まんま出, 上に, 上醜く, 中に, 中を, 前は, 外に, 數も, 最後の, 根に, 火の, 純粋さを, 進行は, 関係者が, 香りは

▼ ゐたりと~ (14, 0.1%)

2 いふ, 見ゆ 1 いひ我, いへば, おぼえぬ, おぼし, せんか, 答へ, 見なす方語氣, 見ゆる土噐唇, 解せり, 言ば

▼ ゐてから~ (14, 0.1%)

2 あとは

1 [12件] その禿げ, だも, 下を, 例の, 例のの, 塚原は, 左膝を, 急に, 歸つてし, 歸る, 母親と, 苦しい息

▼ ゐやはり~ (14, 0.1%)

7 まつせ 4 まつか 1 まつしやろ, まんが, まんがな

▼ ゐ乍ら~ (13, 0.1%)

2 も心, 時々藤村調 1 こんなこと, その事業, ついその, どうせ茶化し, まだ顏, も生れつき, も白く, 余り気, 力み出す黒い

▼ ゐなか~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありといふ, からだ, た, だ, に訪問, の, のとしこ, の村, の百姓, へ行かない, をま

▼ ゐにしか~ (11, 0.1%)

1 [11件] 夜の, 思つてゐなかつた, 思つてゐませんでした, 思はないらしい, 思はれて, 思はれないの, 考へずに, 考へられなかつた, 見えない, 見えない氣性, 踏めなかつたで

▼ ゐ~ (11, 0.1%)

2 はりに 1 つたうな, に入りき, はりには, はりへは, はり公園ゐ, んのや, ん国と, ん国の, ツせ

▼ ゐ~ (11, 0.1%)

2 など古今未曾有 1 が違う, が違つて, なり, の異, は万葉集, は先づ, は殆, をも示したい, 全く映

▼ ゐてよ~ (10, 0.1%)

9 かつた 1 また愛し

▼ ゐ~ (10, 0.1%)

1 いろ, おそくなつた, ひどい人達, わからない文字, 困るわ, 大きくも, 役に立つだらう, 怪しいん, 早くお, 激しかつ

▼ ゐ~ (9, 0.1%)

2 ゐ親 1 ゐあんた一人ぐらゐ, ゐクビ, ゐ三ヶ月, ゐ二十回, ゐ凄さうな, ゐ半年, ゐ四五段ぐらゐでとまるやうで

▼ ゐづつ~ (9, 0.1%)

1 その度, はそいつ, は江戸中, は生き延びよう, 大變, 安くし, 持ちよ, 縮むやう, 貢いで

▼ ゐてね~ (9, 0.1%)

1 あとから, かなしかつ, その頃, それから金, ちやうど, ぢを, 家内に, 斯んな, 部屋

▼ ゐやあ~ (9, 0.1%)

2 しない, しないん 1 しないもの, しないやね, しないわよ, しまい, しませんか

▼ ゐらせん~ (9, 0.1%)

1 が恐なる, されどこれ, されど酒, とあと, といふ, とて金あまた取出, と云, と呼ぶ, と懷

▼ ゐらツ~ (8, 0.0%)

2 しや, しやるの 1 しやりや, しやるやう, しやるん, しツ

▼ ゐ~ (8, 0.0%)

1 と二人, に適, の心, の書き, の母, の脚, はそこ, は神経衰弱

▼ ゐそれ~ (7, 0.0%)

1 が低迷, に從つて, はそれ, は民族, をやらない, を廣岡, を押しあけ

▼ ゐたりなど~ (7, 0.0%)

4 した 1 したこと, したの, するもの

▼ ゐ~ (7, 0.0%)

2 を以て血 1 が付き, が血, の弱い, は血, を以て功

▼ ゐ~ (6, 0.0%)

31 ん, んも, ん何も

▼ ゐつつ~ (6, 0.0%)

2 吾が 1 たのしも, パートロクロス鎧ひたる, 独り憶ひ, 眠り得ざりき

▼ ゐてさ~ (6, 0.0%)

3 ういふ 1 う會, その態度, 話といふ

▼ ゐてを~ (6, 0.0%)

21 かしい, かしかつ, かしくも, なじやう

▼ ゐにな~ (6, 0.0%)

1 つて, つては, つてゐた, つて建文帝が, つて稍高等の, つて行つてゐる

▼ ゐ~ (6, 0.0%)

2 からアメリカ娘 1 から住ん, から夕方, に花子, までは上州屋

▼ ゐ~ (6, 0.0%)

1 をかし, 人々にも, 人の, 次第に相, 水の, 祭りの

▼ ゐ時間~ (6, 0.0%)

3 がたつた 2 がたつ 1 の過ぎる

▼ ゐかと~ (5, 0.0%)

1 問はれた, 思つた, 思はれますが, 思はれる, 思ひ翌日

▼ ゐこれ~ (5, 0.0%)

1 でどうやら, にて雉子鷄等, は一寸, をし, を市民

▼ ゐにも~ (5, 0.0%)

1 ならない, なるでせうか, よるが, 依る, 見えたが

▼ ゐまた~ (5, 0.0%)

1 しば, ダニエルロは, 五月には, 或る, 聖者達の

▼ ゐまで~ (5, 0.0%)

1 いつもか, 冷たく, 漲つて, 苦く, 飛ぶか

▼ ゐ~ (5, 0.0%)

1 になつかしく, の健康, の阿呆, は茄子, を感動

▼ ゐ立派~ (5, 0.0%)

1 である, な漢文, な畫, な透き, にやり遂げ

▼ ゐあつ~ (4, 0.0%)

1 たと, たわ, て客, て立派

▼ ゐ~ (4, 0.0%)

1 上手に, 偉いのよ, 持ちですか, 駄賃を

▼ ゐから~ (4, 0.0%)

1 二十六歳くらゐ, 多いので, 天を, 女房役を

▼ ゐきい神~ (4, 0.0%)

1 といはれる, は両方, を拝む, を男子

▼ ゐこの~ (4, 0.0%)

1 サイズの, 地球の, 義足で, 舌ッ足らずの

▼ ゐさい~ (4, 0.0%)

2 の名 1 の號, は鈴木

▼ ゐずし~ (4, 0.0%)

1 て他, て才藻富贍, て煤けた, て通過

▼ ゐちや駄目~ (4, 0.0%)

1 だ, だぜ, だよ, よ

▼ ゐてと~ (4, 0.0%)

1 いふこと, つてしまつたら, ほき峡, ほる声

▼ ゐての~ (4, 0.0%)

2 上の 1 思ひ付き, 流派的存在を

▼ ゐなかツ~ (4, 0.0%)

31 たら子爵家

▼ ゐながらに~ (4, 0.0%)

3 して 1 眠りて

▼ ゐぶん前~ (4, 0.0%)

1 からいろいろ, からのこと, のことぢ, の話

▼ ゐよう~ (4, 0.0%)

2 ではない 1 ではありません, なもの

▼ ゐ~ (4, 0.0%)

1 の時代, まで歌, を盛, 考へて

▼ ゐ~ (4, 0.0%)

1 で大人, で母上, の人形その他, の招待

▼ ゐ~ (4, 0.0%)

1 もいで, をし, を砕いた, 或は氣

▼ ゐ或は~ (4, 0.0%)

1 器と, 長き柄, 非器, 飛白い

▼ ゐ~ (4, 0.0%)

1 して, りだから, りぢ, りに

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

2 が原 1 がはら

▼ ゐさうだつ~ (3, 0.0%)

3

▼ ゐしづか~ (3, 0.0%)

2 なりこの 1 にすぎ

▼ ゐしわ~ (3, 0.0%)

1 が兒等, が夢, が目

▼ ゐそして~ (3, 0.0%)

1 そこには, それらの, チェンバーレンは

▼ ゐてこそ~ (3, 0.0%)

1 せめて冷めた, 人間の, 生き甲斐が

▼ ゐてずつと~ (3, 0.0%)

1 早稻田南町, 遠い所, 高い処

▼ ゐてはと~ (3, 0.0%)

1 たまに注意, 思って, 気がつくと

▼ ゐとか~ (3, 0.0%)

2 はりけり 1 原稿がとか

▼ ゐとして~ (3, 0.0%)

1 かくれて, 柿赤し, 食物の

▼ ゐによる~ (3, 0.0%)

1 ことが, のだ, のだらう

▼ ゐばり~ (3, 0.0%)

1 で沢山, ながらそこら中, やさん

▼ ゐぶんいろいろ~ (3, 0.0%)

1 である, なお, の人

▼ ゐぶんさん~ (3, 0.0%)

3 たん

▼ ゐぶん久しぶり~ (3, 0.0%)

1 だね, です, で愉快

▼ ゐぶん人~ (3, 0.0%)

1 が来, によつて違, のため

▼ ゐぶん労~ (3, 0.0%)

1 れた, れた山, れた江ノ浦

▼ ゐぶん変~ (3, 0.0%)

1 つたところ, つたね, な事

▼ ゐぶん好き~ (3, 0.0%)

1 だつたの, であるが, らしい

▼ ゐぶん苦勞~ (3, 0.0%)

1 であつ, もした, をかけた

▼ ゐぶん違つて~ (3, 0.0%)

2 くる 1 ゐた

▼ ゐぶん間~ (3, 0.0%)

1 がぬけ, ちが, の拔けたやう

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 いなんて, いよ, え

▼ ゐまでに~ (3, 0.0%)

2 僕を 1 集つた

▼ ゐむらさき~ (3, 0.0%)

2 に照る 1 に染め

▼ ゐもの~ (3, 0.0%)

1 からまだ, が書ける, の形

▼ ゐやう筈~ (3, 0.0%)

2 はない 1 はなく

▼ ゐりや~ (3, 0.0%)

1 好い, 好いが, 好いずら

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

2 むるなり 1 たるも

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 ひ侍, へて, へまつらく

▼ ゐ徹底~ (3, 0.0%)

1 した孤独, した考, して

▼ ゐ愉快~ (3, 0.0%)

1 な文獻, になっ, になつ

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 に繩, を打ち, を立て

▼ ゐ気持~ (3, 0.0%)

1 がいい, がはればれ, が軽く

▼ ゐ氣或~ (3, 0.0%)

1 は他, は外物, は身

▼ ゐ眠り~ (3, 0.0%)

1 が始まつた, をし, をし出した

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 になり, のぼやけた, の布

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 が身, は身, を以て身

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 の廻り, を入れ, 或は氣

▼ ゐ~ (3, 0.0%)

1 にも人々, をかけるだ, を呉れた

▼ ゐいい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 人で

▼ ゐいつも~ (2, 0.0%)

1 陽気に, 陽氣に

▼ ゐうまい~ (2, 0.0%)

1 のだ, ものは

▼ ゐかすか~ (2, 0.0%)

1 に赤らむ, に鼻

▼ ゐかつ~ (2, 0.0%)

1 と見開かれ, や

▼ ゐくるくる~ (2, 0.0%)

1 とはがれおちる, と働い

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 ひぬげ, ひぬげやいほてぬ

▼ ゐさら~ (2, 0.0%)

1 ひ紅し, ひ輕

▼ ゐすべて皆雪~ (2, 0.0%)

2 をあつめ

▼ ゐたくさん~ (2, 0.0%)

1 お目にかかつて, お目にかかつて來

▼ ゐたりしかど~ (2, 0.0%)

1 待つほど, 微恙あれ

▼ ゐたりとの~ (2, 0.0%)

1 事は, 事を

▼ ゐだの~ (2, 0.0%)

1 やれ恋煩, やれ戀煩

▼ ゐちや氣~ (2, 0.0%)

1 がつきません, の毒

▼ ゐてか~ (2, 0.0%)

1 はいさうだから, 知らないの

▼ ゐてかへ~ (2, 0.0%)

1 つてあなたたちに, つて行きました

▼ ゐてけ~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふ歸つて

▼ ゐてすら~ (2, 0.0%)

1 すでに気配, 母父は

▼ ゐてもよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, ささうだよ

▼ ゐてわ~ (2, 0.0%)

1 ざとそんなことをいつたゞけだといふことを見せ, つし

▼ ゐといふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものなり

▼ ゐとは~ (2, 0.0%)

1 云は, 波を

▼ ゐどう~ (2, 0.0%)

1 でもいい, なつた

▼ ゐなか者~ (2, 0.0%)

2 の女中相手

▼ ゐながらでも~ (2, 0.0%)

2 遠い山々

▼ ゐなど~ (2, 0.0%)

1 あつて, 書くの

▼ ゐにまで~ (2, 0.0%)

1 なつて, 甘や

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 えと思つて, えと思つて毬

▼ ゐはつきり~ (2, 0.0%)

2 見透せるので

▼ ゐひつそり~ (2, 0.0%)

1 して, と

▼ ゐぶんたくさん~ (2, 0.0%)

1 在る, 讀んで

▼ ゐぶん上手~ (2, 0.0%)

2 に行った

▼ ゐぶん不便~ (2, 0.0%)

1 だね, であつ

▼ ゐぶん変つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたので, ゐて

▼ ゐぶん大勢~ (2, 0.0%)

1 であつ, の兄さん

▼ ゐぶん妙~ (2, 0.0%)

1 だそれからまた, な道楽

▼ ゐぶん時間~ (2, 0.0%)

1 がか, もお金

▼ ゐぶん暮し~ (2, 0.0%)

1 がかかる, には困つ

▼ ゐぶん沢山~ (2, 0.0%)

1 あります, のお

▼ ゐぶん滑稽~ (2, 0.0%)

1 でせう, に聞こえる

▼ ゐぶん澤山~ (2, 0.0%)

1 の硝子, ゐるね

▼ ゐぶん立派~ (2, 0.0%)

1 だ, だぢ

▼ ゐぶん興味~ (2, 0.0%)

1 ある学課, のある

▼ ゐぶん苦労~ (2, 0.0%)

1 したさ, をし

▼ ゐぶん莫迦~ (2, 0.0%)

2 な奴

▼ ゐぶん變~ (2, 0.0%)

1 なこと, な言動

▼ ゐぶん違ふんぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゐぶん難~ (2, 0.0%)

1 かしい, かしい山路

▼ ゐみんな一緒~ (2, 0.0%)

2 に上方

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 え, えよ

▼ ゐやうもの~ (2, 0.0%)

1 ならそれ, ならひどい

▼ ゐより~ (2, 0.0%)

1 し宵, できませんでした

▼ ゐらい~ (2, 0.0%)

2 らしたん

▼ ゐらア~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐアッサリ~ (2, 0.0%)

1 して, と電燈

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 て居ります, ひひひ

▼ ゐ一昨年~ (2, 0.0%)

2 の暮弟

▼ ゐ上り~ (2, 0.0%)

1 たまふ, つらくのみ

▼ ゐ上り來~ (2, 0.0%)

1 し間, つ

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 に引用, の座敷

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 からも外, を人型

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 が容易, の胸

▼ ゐ人間~ (2, 0.0%)

1 が違つて, の生きよう

▼ ゐ仕合せ~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 か陰々, でもない

▼ ゐ優しい~ (2, 0.0%)

1 ので, 声に

▼ ゐ冷酷~ (2, 0.0%)

1 で取りつき, で薄情

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 でつらく, で獻りき

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 申また, 申又

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

2 はせた

▼ ゐ大きく~ (2, 0.0%)

1 なったらこんど, なつて

▼ ゐ奉公~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 の中, をしきすげ

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 から雲, はいす

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 が違, が違うた

▼ ゐ廻り~ (2, 0.0%)

1 のある, の御用聞

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 の作物, の最も

▼ ゐ彼女~ (2, 0.0%)

1 の世話, は奥村圭吉

▼ ゐ微妙~ (2, 0.0%)

2 で正直

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 文学に, 材料を

▼ ゐ易く~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ゐ此処~ (2, 0.0%)

2 を逃れたい

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 から来る, のつかない

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 ひて, ふ処

▼ ゐ甚だ~ (2, 0.0%)

1 實録でない, 遠ま

▼ ゐ申候~ (2, 0.0%)

1 よし, よし忝奉存候

▼ ゐ直ぐ~ (2, 0.0%)

1 出來, 癒る

▼ ゐ相手~ (2, 0.0%)

1 になつ, はせつ

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 は禊ぎ, は禊ぎのための神女

▼ ゐ素早く~ (2, 0.0%)

1 外套の, 次から

▼ ゐ結局~ (2, 0.0%)

2 このお爺さん

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 ちました, つたか

▼ ゐ經つて~ (2, 0.0%)

1 からでした, からの事

▼ ゐ美しい~ (2, 0.0%)

1 かと土地, ソローハさん

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

2 の高い

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 があつ, に覺

▼ ゐ自分~ (2, 0.0%)

1 に感謝, の内側

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 の面, を携

▼ ゐ苦しい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事は

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

2 ゆづりの

▼ ゐ象徴派~ (2, 0.0%)

2 の幽

▼ ゐ遂に~ (2, 0.0%)

1 死亡し, 集めて

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふの

▼ ゐ難き~ (2, 0.0%)

1 に當, を人口

▼ ゐ雪の下~ (2, 0.0%)

2 に萌

▼ ゐ静か~ (2, 0.0%)

1 な処, に出

▼ ゐ~ (2, 0.0%)

1 はいがぐり, は胡麻鹽

▼1* [928件]

あいつの悪口, ゐあさき秀の, ゐあざやかな血, ゐあちらへ行つて, ゐあちら側にも人, ゐあの唱へ, ゐあんた一人ぐらゐ泊めて, ゐいくゐいりりりと, ゐいやもう山中, ゐいらいらすること, ゐぬで引つこぬけ, ゐうきうきとした, ゐうすく茂れ, ゐおしげ自身もいい気, ゐおらたちを嚇かしやあ, ゐおれを知つて, ゐお巡りさんは画家, ゐかいかにも從來, ゐかかへつて風が, ゐかこなひだ内, ゐかしらとも言つてゐました, ゐかついそれに誘はれ, ゐかとも思つ, ゐかなチエツ, ゐかなあ知つてる, ゐかなと修吉は, ゐかななどと不審げに, ゐかは知らねえが, ゐかばかりで, ゐかんさんのからだ, ゐがわづかに, ゐきれいさつぱり, ゐくさつただ, ゐけなげにす, ゐけれども陸軍の, ゐここにも罪悪, ゐこそ待て, ゐこれら不浄の物, ゐごころよきわが家, ゐご飯を沢山, ゐさうな四角い険相な, ゐさうな美しさでした, ゐざつて二尺程膝, ゐざつて隣の籠, ゐざまにより, ゐざらせて, ゐざらむは然ること, ゐしかの両個の, ゐしもの即ち是, ゐゐたる桜, ゐずつと遠く天王寺公園, ゐずんずん原稿用紙の, ゐぜにうさぎを, ゐそこへはいる, ゐその後もかくべつ, ゐその間に青い, ゐたくさん蟹が集る, ゐただ猟夫としては, ゐために一句, ゐたらしく見える, ゐたりさびしきことのふくまれてゐて, ゐたりしかど金子翁, ゐたりしかば唯ひとり巴里, ゐたりしもそは, ゐたりもする, ゐだけで山名, ゐだぶだぶで靴, ゐちやこの上, ゐちやそれもさうだらう, ゐちやア駄目だ先づそ, ゐちや一年經つたつて判るもの, ゐちや人殺しはできない, ゐちや今日も年, ゐちや仏様に相, ゐちや佛樣のため, ゐちや内儀の初, ゐちや危ねえからな, ゐちや可けない, ゐちや天道樣に濟, ゐちや幾松口がきけない, ゐちや御用聞冥利が盡, ゐちや惡いの, ゐちや惡いのかえ, ゐちや意見をした, ゐちや日が高く, ゐちや毒だ, ゐちや涼み櫓ぐらゐが落ちても, ゐちや濟まねえ, ゐちや腹が冷え, ゐちや話ができない, ゐちや誰だか, ゐちや請け合ひ晝時分, ゐちや這箇の身, ゐちや駄目ぢやない, ゐつてどんな字, ゐつらなあ, ゐつりけり, ゐづつなんだか漫然と感興, ゐづつもとほるのが何より嬉し, ゐづつ毎晩お床, ゐづら引かば, ゐづらいだらうし, ゐづらくなつたの, ゐづゝ飲む習慣, ゐづゝ私の出, ゐづゝ見舞つて, ゐてからに總代, ゐてからのつそり, ゐてぞつとした, ゐてとて讀みにくい, ゐてにはかに明るい, ゐてもさ時によ, ゐてもぞ思ふくれな, ゐてれくさい話は, ゐてんで目新らしい, ゐてネその中, ゐででもあつた, ゐでなどかくは, ゐでのやうです, ゐといふばかりでなく私個人, ゐとこそは成りに, ゐとも言へる, ゐとを忘れた文化的, ゐとんでもつくるかね, ゐゐのこゐもりなどという, ゐどぎつい原色な, ゐどぎまぎした, ゐどれほど舞台の, ゐなか侍茶店にあぐら, ゐなか町であると, ゐなか風だ, ゐながらもとこのうち, ゐながらわざとさうやつていつまでも手間ど, ゐなすつたえ, ゐなどでは毛頭ない, ゐなどに姉継母など, ゐなどのふる事, ゐなどは昨日の, ゐなども同じ性質, ゐなばかりか家の, ゐなほつてしまつ, ゐなんでもない, ゐなんかぢや, ゐにくしやくしやと, ゐにぞとほくありける, ゐにてなが, ゐにても済むべき娘, ゐにをしきひと日, ゐねエんだ, ゐのしづけさ, ゐのちがつた意味, ゐのみでは, ゐはさすらふ, ゐはっきりはし, ゐはても眼中に, ゐはみ空のすみ, ゐしと, ゐばかしでなくその, ゐばかりとは言へ, ゐばつて歩き, ゐひどい嚔み, ゐひどく耳を, ゐひびけりふかき夜霜, ゐびつくりした, ゐふかき松葉菊鰻飛び超えゆく, ゐふかし遥か見る, ゐふかぶかとその眼, ゐふしぎでした, ゐふりけると, ゐぶんあなたに苦労, ゐぶんあなた様からは遠い, ゐぶんいやな天気, ゐぶんお前のお世話, ゐぶんお喋りをし, ゐぶんお待ちしたわ, ゐぶんきれいでせう, ゐぶんしばらくぶりで, ゐぶんす早く, ゐぶんせいせいするで, ゐぶんその後も鴨, ゐぶんたくさん水を飲んだ, ゐぶんたくさん油があつ, ゐぶんたつしやで, ゐぶんねんねしましたね, ゐぶんひとを食つた廣告文, ゐぶんぼんやり者であるその, ゐぶんまめなひと, ゐぶんみんな歩くの, ゐぶんむづかしさうな問題もある, ゐぶんよう冷える, ゐぶんわたしは無駄, ゐぶんアレンヂしたため, ゐぶんハヂカれたいや, ゐぶんヘタクソ鶯, ゐぶんヘタクソだつた, ゐぶんロケットがならべ, ゐぶん一緒に各, ゐぶん丈の高い, ゐぶん上手下手がある, ゐぶん上流まで行った, ゐぶん下品な事, ゐぶん下手だべ, ゐぶん下手糞な鶯, ゐぶん不同だ, ゐぶん世話を焼い, ゐぶん世路に虐げられ, ゐぶん久らく酔ひ心地にならなかつた, ゐぶん云ひにくい, ゐぶん交際ひ難い, ゐぶん今までこら, ゐぶん他愛のない, ゐぶん以前のこと, ゐぶん使ひ古し, ゐぶん僕は生前, ゐぶん兇暴なもの, ゐぶん出入りのお, ゐぶん刈つて見なければ, ゐぶん前方にお, ゐぶん劍人の小, ゐぶん力は優つて, ゐぶん勇敢ね, ゐぶん北の方の寒い, ゐぶん厚面ましい女, ゐぶん取りちらして, ゐぶん右馬之丞, ゐぶん困難だらうが, ゐぶん変り者だ女, ゐぶん大へん, ゐぶん大金を投じた, ゐぶん奇体だねえ, ゐぶん奇妙な肉感, ゐぶん奇體だねえ, ゐぶん奮闘努力したん, ゐぶん女房も沢山, ゐぶん嫉妬深いと, ゐぶん宏壯な構, ゐぶん尠くない, ゐぶん嶮しい山, ゐぶん年が寄つた, ゐぶん弱つてゐますね, ゐぶん形の変つた舞台, ゐぶん往復に時間, ゐぶん得な方, ゐぶん御無沙汰したけれど, ゐぶん御苦労なさいましたで, ゐぶん御身御よう心, ゐぶん心の疲れる, ゐぶん忙がしく, ゐぶん悲慘な犧牲者, ゐぶん惡い評判, ゐぶん想を練り, ゐぶん愉快になり, ゐぶん感謝して, ゐぶん手かず, ゐぶん手紙を書いた, ゐぶん拡大されて, ゐぶん文学好きだね, ゐぶん旨味さうな音, ゐぶん早起きしたもの, ゐぶん時代おくれだ, ゐぶん晩くまで話し込む, ゐぶん暖かだと, ゐぶん暫らく私はのぞい, ゐぶん曖昧模糊としてゐる, ゐぶん本を讀みました, ゐぶん枕のため, ゐぶん栗がおち, ゐぶん横着な達人, ゐぶん気が早い, ゐぶん気むづかしい人間だから, ゐぶん気分は出た, ゐぶん気持のい, ゐぶん氣強く思, ゐぶん氣味の惡い話, ゐぶん氣苦勞をした, ゐぶん水腫のき, ゐぶん沢山伝はり残つて居ります, ゐぶん泊つてたのよ, ゐぶん注文が大きい, ゐぶん派手になつ, ゐぶん溜つてゐた, ゐぶん無愛想な奴, ゐぶん無理な注文, ゐぶん無駄にも時間, ゐぶん熱心に綿密, ゐぶん燒けもしたらう, ゐぶん獵などをやつ, ゐぶん珍らしい花, ゐぶん現代ばなれ, ゐぶん瓶を沢山, ゐぶん痛快だらうねえ, ゐぶん相違があつ, ゐぶん眞暗だつた, ゐぶん真杉さんとはおつき, ゐぶん眼にあまる, ゐぶん着疲れさ, ゐぶん神経過敏な人, ゐぶん私はぼやけ, ゐぶん種類がある, ゐぶん簡単な身軽, ゐぶん緩和したもの, ゐぶん緩慢な卓效ぶり, ゐぶん練習したですが, ゐぶん腹がたちました, ゐぶん自分がいい, ゐぶん芸術家を保護, ゐぶん苦しみ悩んだ, ゐぶん苦心し且つ, ゐぶん苦心惨憺したやう, ゐぶん薄着だからね, ゐぶん衰弱して, ゐぶん複雑な画家, ゐぶん親切によく, ゐぶん親密さうにして, ゐぶん話をきいた, ゐぶん誇張されて, ゐぶん貧弱だつた, ゐぶん貴方たちは意地わる, ゐぶん足ぁ早いな, ゐぶん距たりがある, ゐぶん距離のある, ゐぶん身のこなし, ゐぶん身分が堕ち, ゐぶん軽卒家さんね, ゐぶん迷惑をかけた, ゐぶん逆説的な言分, ゐぶん造詣して, ゐぶん遠くから来る, ゐぶん遠方ですがね, ゐぶん酔つぱらつてゐたが, ゐぶん酔ふたが習慣, ゐぶん酷使したの, ゐぶん長いらうか, ゐぶん長期に亙つ, ゐぶん長生したが, ゐぶん閑散な勿體, ゐぶん隅におけない, ゐぶん難儀なこつたが, ゐぶん雲がひくく, ゐぶん露地を入組んだ, ゐぶん飮ける方, ゐぶん骨を折つた, ゐぶん高価には違, ゐチヨイチヨイ刄物を, ゐほかの土地, ゐほしかつた, ゐほどのいもあとも, ゐほんとうらしく彼女, ゐまあすかあ, ゐまざまざとし, ゐますいの十八圓, ゐまつせ, ゐまでの流行の, ゐまでは堪へられるやう, ゐまるで涙か, ゐみじめな笑, ゐは偏頗, ゐむと思ひしかど, ゐむやと, ゐむ事を希, ゐむ獨り我輩, ゐむ限は沒理想, ゐめ今日のかざし, ゐめ汝等の貪り, ゐもう一般的に, ゐやすいのだ, ゐやつたか, ゐよく似合つてゐた, ゐらあとは何事, ゐらあな何が不思議, ゐらさう, ゐらしった母上今日帰られた, ゐらすべけれど今, ゐらせん事あに石, ゐらせん折もあるべし, ゐらんとする, ゐらアこれツぽツちの金, ゐりやこれくらゐ仕合せ, ゐりやなんでもやれ, ゐりやみんな取られて, ゐりやろくでも, ゐりやアなほ間に合, ゐりやア目かけか地獄, ゐりや世話アねえ, ゐりや俺は時, ゐりや圖圖しく構へや, ゐりや外國人と話, ゐりや海に出, ゐりや老人同士で柔かい, ゐりや自然陰氣になり, ゐりや鮮人も内地人, ゐるこつちやございません, ゐるりら子に就い, ゐれんの花, ゐが作れる, ゐわが烏有先生の, ゐわれわれは古, ゐをなほしたり, ゐアカデミツクな作品, ゐウルメを釣る, ゐエッフェル鉄塔のやう, ゐエネルギーが横溢, ゐオドオドしますが, ゐオンコそぎ心恍, ゐカラリと晴れ, ゐキナ臭い首, ゐキビキビして, ゐクビでもく, ゐジアナリズムに超然, ゐテキパキした記録風, ゐデリカなもの, ゐニイチェは音樂, ゐニヤニヤ笑つてゐる, ゐヒステリー質の彼女, ゐヒッソリすると, ゐフランス語の発音, ゐポカリと大きく, ゐムッソリーニは闘牛, ゐラジィゲの作品, ゐーこーうー, ゐかたけ, ゐ一ぱいお酒, ゐ一作家として立つ, ゐ一度は廻瀾, ゐ一緒に居ました, ゐ一面輝くが, ゐ万事が不, ゐ三ヶ月か半年, ゐ三人も子供, ゐ三日も練習, ゐ上り侍ふ, ゐ上手にアラビヤ語, ゐ上等である, ゐ下手人らしいの, ゐ不幸なこと, ゐ不潔な女, ゐを治むる, ゐ丸焼けである, ゐを璽, ゐ乍らそれでゐ, ゐ乍ら人の魂, ゐ乍ら他の一面, ゐ乍ら何時となく, ゐ乍ら其れが, ゐ乍ら味がよく, ゐ乍ら国学者或は歌人, ゐ乍ら此文法を規定, ゐ乍ら無頼人の間, ゐ乍ら私は彼, ゐ乍ら職業だと, ゐ乍ら錢形平次が來, ゐ乍ら餘り氣, ゐ九歳または十歳, ゐ九鬼が自分, ゐ二たび寝て, ゐ二十回そしてそこ, ゐ二歳から三つ四つ五つぐらゐの年齡, ゐ二階も下, ゐはれて, ゐ五郎兵衛の頭, ゐ井屋で十九円半, ゐ交通が頻繁, ゐ交際が上手, ゐ人參の價値, ゐ人樣に何ん, ゐ今日かうして, ゐ氣或は, ゐて不正, ゐ会ひたいと思つて, ゐ似合ふこと, ゐ何しろ江戸中, ゐ何だ十位ゐ, ゐ何んでもなかつた, ゐだな, ゐ作つて貰ふことも, ゐ例へば穀物を, ゐ便利なもの, ゐ修養したらほん, ゐにや, ゐ候時暑甚, ゐ傍観者のやう, ゐ僅かな語, ゐ僕自身の小さい, ゐ先頃川越の茶会, ゐ入室でもし, ゐ国民に, ゐには各々, ゐ内地の古, ゐ内容の取捨, ゐ円タクに乗, ゐ円陣はひろがつた, ゐき酒, ゐ冷たさうに感ぜられた, ゐ冷静で, ゐ凄さうなことを, ゐ几帳面な者, ゐ凡そわけの, ゐ凸凹がひどく, ゐ出合つてはし, ゐ出来にけり, ゐ分お父さんに悪い, ゐ分仲よしだつたね, ゐ分劣つて居る處, ゐ分危険な権道, ゐ分晴れやかに笑, ゐ分氣を附けちやあ, ゐ分苦にし, ゐ分面倒な御, ゐ切ないがまた, ゐ初められたる, ゐ別に火を, ゐ別荘風のしやれた, ゐ利休を尊, ゐ利巧で居, ゐと正義, ゐ動作は少し, ゐ勘辨出來ねえこと, ゐ勝手我儘なもの, ゐふ桃, ゐ十分に物好きさ, ゐ半島のやう, ゐ半年にすぎない, ゐ南欧の地, ゐ南歐の地, ゐ危険は常に, ゐ厠用の紙さ, ゐ厭世的な氣持, ゐ又は東夷の, ゐ口幅つたいこと, ゐを守つて, ゐ古代の有様, ゐ可憐らしさ, ゐ各自の詩作品, ゐ同じく左側の, ゐ同年に十七条, ゐ同氏は座談会, ゐと聲, ゐと同じ, ゐ呂律も廻らず, ゐの周瑜, ゐ味気ないもの, ゐ咲けりと母, ゐ唯心的なもの, ゐ商売に不向き, ゐ善人なら牧師, ゐ喋つてしまつて置く方, ゐ喬木ででもあれ, ゐひを, ゐ器用に手さばき, ゐ嚴重に閉ま, ゐ四五日から長く, ゐ四五段ぐらゐでとまるやうで名人上手となる, ゐ国語を大切, ゐ坂田の我, ゐ堅めたる其戸, ゐ堅気な人々, ゐ墨子は必ず, ゐゐる旗雲, ゐ外物或は氣, ゐ外猛然として来り迫る, ゐなす眼, ゐ夢中でたべて, ゐ大きさが, ゐ大きい聲なら, ゐ大きなハンチングを, ゐ大倭根子なる資格, ゐ大抵は件, ゐ大阪に逃げ, ゐ天井が低い, ゐ夫人はす, ゐ夫人二三人に娘五六人, ゐばかりのどの人, ゐ好いかしれない, ゐ好きになつ, ゐ如何にも丈夫さうな, ゐ始末の悪い, ゐ始終にこにこと, ゐからう, ゐ子供の首, ゐ安全な生活法, ゐ実力で, ゐ容易である, ゐられるもの, ゐ対話もま, ゐたりぬ, ゐ尊い國は, ゐ尊敬して, ゐ小さかつたん, ゐ小児病的なもの, ゐ小柄で美しい, ゐ屋主人が一言, ゐ屡々功驗を, ゐ山草をつける, ゐ巧みに櫂, ゐ帰つて来て, ゐ平和にな, ゐ平気で我慢, ゐひ客, ゐ幸運な敗戰國, ゐ広く造つた, ゐ度々やるから, ゐ度いといふ欲求, ゐが窮屈, ゐ廊下の突当り, ゐ弱々しく句尾のみを, ゐ弱き歌には弱き調, ゐ強かつたのである, ゐ形容詞の或, ゐ兼ねて, ゐに自分, ゐ後方もくれなゐ, ゐ後者は牡丹, ゐ徐々として下, ゐ從つてその表現, ゐ御朱印の傅次郎風情, ゐ御身とわかれ, ゐ快適に浸りき, ゐろしか, ゐ恐縮するばかり, ゐ悪い様な, ゐ悪人なの, ゐ悲しいことは, ゐに上陸, ゐ意志の力, ゐ愛想よくな, ゐ感覺的なもの, ゐ憂欝な心持, ゐにくらべ, ゐ我々の生活, ゐ我儘なところ, ゐ我家のこと, ゐ我慢のならぬ, ゐ我等を支配, ゐるは, ゐへる, ゐ戸口に彳, ゐの前, ゐ所心をつくし, ゐ手紙の往復, ゐが強く, ゐ招待の貸切, ゐ込んだ板敷, ゐひ込んだところ, ゐをした, ゐ支那の古事風景等, ゐ支那人としての気持, ゐ整つてゐるそれ, ゐ文学的でない言葉, ゐ新聞紙を毎日取り, ゐ族人に周知, ゐ津軽領西海岸の, ゐかに與, ゐ明らかに進化論, ゐ明るい病室の, ゐ易い様な, ゐ易きものとして, ゐ昼食後ちよつと散歩, ゐが経つたらう, ゐ時としては其働き, ゐ時には同一でも, ゐ時折夜中の枕, ゐ普通のこと, ゐ普遍性をもち, ゐ智慧の無い, ゐかつた, ゐ暗いのです, ゐ最う老こんで, ゐ最後の末, ゐ月給を取る, ゐ有名な小説, ゐ有難いか知れ, ゐになつて, ゐを挽く, ゐ木造深浦よりも少い, ゐ未だ未だこれから両肌, ゐ未央の柳, ゐ末輩然と, ゐ本当のこと, ゐの色, ゐつてゐた, ゐ東京にゐる, ゐかな輝かし, ゐ柳橋の下, ゐ格闘をやり, ゐ楽観的であり少く, ゐしいもの, ゐの馬場, ゐ次に其少女に, ゐして, ゐを作り, ゐ正々堂々と戦はう, ゐ正してこ, ゐ正しい批評を, ゐ正反対なの, ゐ正月を以て春, ゐ正直な者, ゐ正確にそして, ゐは天産物, ゐ武家風でツン, ゐ歴史や自然科学, ゐのほか, ゐ殊に中七音, ゐ残つてゐたビール, ゐ殘つた士族どもは殆ど, ゐ殘つて居るかも, ゐ殺し兼ねなかつたの, ゐ母さんには迷惑, ゐ毎夜殆んど, ゐが拔, ゐ気むづかしい人間はゐない, ゐ気分が悪, ゐ氣心の知れない, ゐ氣持が輕, ゐをたくさん, ゐ水の上の明る, ゐ汽船は速力, ゐ汽車や船, ゐ沢山の題意, ゐ注意の役に立つた, ゐ泳ぎも知つて, ゐ洋服を著, ゐ派手な色, ゐ浅間しく滑稽, ゐ浮気のせゐでなくむしろ, ゐは黒い, ゐ淋しいものは, ゐ淡く桃の, ゐ深いかわからない, ゐ淺間山が魅惑的, ゐ清潔な感じ, ゐ減つてゐるやう, ゐ湖水の色, ゐへた, ゐ滑稽な罪名, ゐとした, ゐ澱みの中, ゐ激しく震へて, ゐ為のである, ゐ烏賊を釣る, ゐにし, ゐえ方, ゐ無えばかりに一人, ゐ無念極る, ゐ無益のこと, ゐ無茶な酒, ゐの悪, ゐ熱い奴を, ゐ熱心になつ, ゐの言, ゐを重ねた, ゐ牡丹床にさせ, ゐ狂瀾逆卷く太洋, ゐ狭い芸術は, ゐ猿ひとり音なふ声, ゐ獻身的に自分, ゐ現金が三千兩, ゐの解らん話, ゐ生き生きと完全, ゐがあ, ゐ用意しなければ, ゐ申候処去冬, ゐ申候処足はたたね, ゐ申候由いかがいたし, ゐの未練, ゐ男つてものがあさましく, ゐ留守をし, ゐ當時の書體, ゐ疎通を欠い, ゐ痛切に感じた, ゐを吐く, ゐ發表した, ゐ發達しただらう, ゐ白き翼を, ゐ白く咲きそめて, ゐ白馬にまた, ゐしぬれば, ゐ盡すを得る, ゐ盥形の砂利穴, ゐ直接に思想感情, ゐ看病はしました, ゐ真理にきこえ, ゐ眼近にぼんやり, ゐを疊, ゐ硬い髮毛を, ゐ確かな話, ゐ社会の諸種, ゐ神田千鶴子のこと, ゐ神經質になつた彼, ゐ私たちは生きられる, ゐ私とそつくりその, ゐ私達の生きる, ゐに見, ゐ種々な変化, ゐ種切れなの, ゐれば, ゐ積極的な仕事, ゐ積極的仕事の出来ぬ, ゐを掘る, ゐつ込んで, ゐ停つて, ゐに澤山, ゐ雜だつた, ゐ素晴らしく景気の, ゐ素直な若, ゐ索然とします, ゐ終に碩徳と, ゐ結構な事, ゐ絶えず自分の, ゐ檜木作りの, ゐには全く, ゐ美味い肉饅頭は, ゐ習つて出來ないこと, ゐ習俗と歩調, ゐ耄碌して, ゐ耕作段別を持つてる, ゐ耳朶はうす, ゐ脱退者を出さなかつた, ゐの立つ, ゐ臆病です, ゐ自らは執権, ゐ自分自身を理解, ゐ自由党を基礎, ゐ至極の猫好, ゐが廻つた, ゐ船橋を造り, ゐ艱難なところ, ゐ色どりこまかな封筒, ゐ花だらけだ, ゐ若いにし, ゐ苦労した人, ゐ苦痛のこと, ゐ荒々しくなると, ゐの密生, ゐ薄い細かい吹雪が, ゐ薄気味の悪い, ゐは葉, ゐを捕へ, ゐ螺旋階段で頂上, ゐをそめつ, ゐ表裏ある, ゐ成候は, ゐには紅絹甲斐絹等, ゐ複雑微妙なもの, ゐ西洋でもハムレット以来, ゐ西洋人の前, ゐ親しい色です, ゐつた, ゐひ強めたの, ゐ言語の展開, ゐの題材, ゐの筋, ゐ説経は主人公, ゐ請託公行す, ゐ論理的な謂, ゐ豊前長州には下り, ゐ豊臣氏は宇治, ゐはせるつもり, ゐ貧困なもの, ゐ貧弱である, ゐへるの, ゐ貰つたのか, ゐつたらどう, ゐ買つて呉れ, ゐひ込んで, ゐ賑やかな笑, ゐ錆びたトタン張り, ゐ路地で逢, ゐ身扮や言葉, ゐ身體ごと浸りこむべきであらう, ゐを正し, ゐの上, ゐ車外に乘, ゐ輕舟の水師, ゐ辛かったの, ゐよつて, ゐ透きとほらせ, ゐ逗留して, ゐ逞しかつた, ゐ違ふんですつて, ゐ遠く二人を隔て, ゐ遠く琉球迄渡つて, ゐに上陸, ゐに隔, ゐ都合をつけ, ゐ醉つて居ても, ゐといふよし, ゐ野蛮な口論, ゐ銀行にある, ゐ鋭い刃は, ゐ鍋七輪持って, ゐ長いのが, ゐ長駆六波羅に迫れる, ゐかなりこの, ゐに合, ゐ間違つてゐること, ゐ闊達なもの, ゐ干たるを, ゐ陽當りが, ゐ隠し女を持たなかつたら, ゐ隣家の二階, ゐふる, ゐがこめ, ゐ露骨に野蛮, ゐ青々と繁つた菜園, ゐな安全, ゐ面白いものは, ゐ面白き箱庭的の, ゐ面白くなければ, ゐを立て, ゐ頽廃的な感じ, ゐ顔面手足などに赤く, ゐ風体が変つて, ゐ飄然として祖国, ゐふこと, ゐ飼猿の首環, ゐ馬上帯弓の装, ゐ馬鹿な話, ゐ馴染のある, ゐ驚異の念, ゐ高くなって, ゐを釣る, ゐかに轉身, ゐ鮮やかに抽出, ゐ鮮明に卷物, ゐ鳴き声を練習, ゐ鹿爪らしい顔付, ゐの巾, ゐ齊衰の喪