青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ー~ ~一 一~ ~一々 一々~ ~一しょ ~一つ 一つ~ ~一ぱい 一ぱい~
一事~
~一人 ~一体 一体~ ~一個 ~一切 一切~ 一刻~ ~一匹 一句~ ~一同

「一事~」 1005, 11ppm, 9958位

▼ 一事~ (184, 18.3%)

19 もって 14 見ても 3 ここに 2 みても, 専念沈思する, 擧げて, 決するに当たり, 為す能はず, 行う度, 見て, 記して

1 [132件] あえて尋ねかねた, して, しては, しるすに, つけ加えて, とっても明白, どのくらい, なして, なしとげるとは, のぞいては, のみ些細, のみ取るに, のみ思い煩うもの, はっきり断っ, みて, もっても, もつて, ゆるがせに, 一層詳細, 主要な, 了解し, 云ふなら, 交代に, 人は, 今述べ, 以って, 信じないわけ, 偲びまつるの, 僕は, 冷静に, 前章にも, 包藏する, 告げて, 呪文を, 回想する, 外に, 学び取るという, 専念に, 専業として, 少しく述べ, 己れ, 幾度も, 強いられないうれし, 強調したかった, 御承引, 忘る, 忘れては, 忘却しない, 忘却するなく, 忽せに, 思いつづけた, 思い出したかに, 思うその, 思ひ出さずには, 悉く知る, 想起せよ, 成就しない, 托し申したいと, 抛たざる, 持ち出して, 指して, 挙ぐれ, 挙げて, 挙げんに, 捉えた外, 捕えたまでは, 捜索検討し, 摂政, 教へて, 敢行した, 敢行しよう, 日本の, 根拠に, 極端に, 気づかないで, 汝は, 深く深く思った, 済したあと, 演ずるといふ, 濟した, 為さずして, 爲さんことを, 爲す, 生涯の, 発見した, 目の, 目的と, 知って, 知る, 知るため, 知るべし曰く, 知るべし而, 祈る為, 私は, 続けて, 繰り返す, 繰返さぬやう, 考えつめた結果, 考えても, 考へ, 考へて, 考へるだけでも, 聞いた, 聞きしこと, 行うにも, 補つて置きたい, 見つめ続けた, 見ましても, 見出しました, 覚えて, 言うの, 記する, 記憶し, 証拠だ, 証明する, 證する, 證據だ, 證明する, 貫く熱心, 貫ぬこう, 責められては, 貴下の, 購書美談として, 起こせば, 述べて, 遺して, 附載したい, 除いては, 除けば, 露知る, 頼みたいが, 高氏は

▼ 一事~ (133, 13.2%)

5 あり, して 4 至りては 3 ある

2 [12件] かかって, 向って, 在らん歟, 在り是, 尽きて, 尽きるやう, 帰着する, 徴し, 心を, 於て, 私の, 至つては

1 [92件] あり別して, あるです, あるのみ, いたりては, いっそう不審, かかること, かぎらず天皇, かなぐり捨てつねに, かんしては, こじつけられたらしいの, こもって, しかく深奥, すがりついた, すぎなかった, つきて, つきる, つき多年焦慮苦心, つけても, ほかならなかつたの, もとづいて, よりて, センサクし, 何かしら目新しい, 候, 到っては, 功を, 即し一物, 取り懸ると, 圧倒され終る, 在て, 在り, 在るもの, 奪われて, 存し, 存するの, 安ん, 専心熱中せる, 就いては, 就き切紙一通, 尽きた, 尽きる, 尽きるの, 帰して, 従うて, 徴するも, 思いが, 想到し, 意を, 換へて, 於ては, 歸着する, 比ぶれ, 気づかず妙, 気を, 気付くので, 没頭しきらなけれ, 河内介の, 注意を, 深い自省, 満身の, 照し, 熱中し, 熱注, 生活の, 由て, 留まるの, 着手し, 私たちは, 私は, 移動し, 精魂を, 精魂傾け尽し, 終始し, 終生を, 緘黙を, 縋りついて, 縱に, 至っては, 触れると, 説き及ぼして, 貴き光陰, 軍いたし, 逢ふ, 過ぎず何ぞあえて, 遭ひ, 関連するなら, 限らず萬事, 限る, 集中され, 集中される, 集中し, 集注し来れり

▼ 一事~ (132, 13.1%)

3 万事である 2 彼が, 私に, 私の, 精神が

1 [121件] あつた, いよいよ両家, かつて検事, かように, この列車, この尊者壮歳父母, この疑, この酸鼻, この馬車, これだけ, これを, すでに五年越し, そしてフランス民衆革命, その前肢, その原因中, その罪, それらの, た, たしかであった, たとえ直義, どうであろう, なお往々, なんとし, なんと云つて, ほぼ確実, もとより婚礼, もと猶, やはり, よう考え, オースチンが, コロボックルの, ジャン, ロシアの, 万事だ, 万事です, 万事に, 三河の, 三河武士全体の, 不肖守護の, 九州などにこそ, 事件の, 人を, 人物と, 人間の, 今我々の, 他の, 休暇日に, 何か, 信盛から, 停車場付近の, 全国の, 初太郎も, 到底心頭, 努, 勝入, 勝手口の, 古今を通じて, 名所の, 四国出身の, 土筆の, 天地も, 太古の, 子供が, 学者も, 実に大洋, 実に終生の, 己の, 市民の, 張家の, 当時往々, 当然ごく少数, 彼の, 彼は, 彼女は, 彼自らが, 後で大いに検事, 従来の, 心許ない容態, 我が戯曲, 敬首和上の, 文字通り勤労婦人の, 新聞社へ, 日本人においても, 日本神婚神話の, 明らかに, 明確に, 昔の, 東北偏土の, 松竹梅桜の, 此の, 此後余が, 此際遂に, 決してただ, 決して嘘, 決して忘れ, 注意す, 流行さえ, 満天下何人も, 甚注意すべき, 田中翁の, 畏友大野晋氏が, 疑ふべからざる, 疑ふ可ら, 疑問なし, 私は, 空想の, 紙幣の, 素子は, 経済論派そのものに, 経済論派の, 自分に, 自分を, 著しき類似, 藝術家の, 言葉を, 迚も, 里方は, 閣下専売の, 閣下專賣の, 馬子の, 骸骨の

▼ 一事~ (105, 10.4%)

20 ある 7 あった 5 万事で 2 あるの, いかに人, 万事この, 万事と

1 [65件] あったこと, あったそれ, あると, あるばかり, ある程度まで, いかに天下, この問題, しつこく頭, そこまで, それほど特別, それを, とうてい避けられない, なかつたらある, まだ子供たち, よく証明, 万事, 万事いかにも, 万事こんな, 万事そうた, 万事だ, 万事であった, 万事です, 万事なにかいつも, 万事なるほど, 万事ね, 万事まずこう, 万事丁稚奉公は, 万事不正の, 万事俳優が, 万事坂田の, 万事大阪弁ほど, 万事教会側の, 万事登勢の, 万事相州さまとの, 万事被害民の, 万事非常な, 人畜間の, 今われわれには, 今度も, 余の, 作家が, 偶然では, 僕の, 六月六日の, 前の, 原因し, 又感じ, 固定観念の, 国民の, 太閤の, 実に万事, 平和なる, 彼の, 感情の, 成就され, 明白に, 潜んで, 特に予, 糸の, 結びつけてござりますゆえこの, 萬事, 見過されて, 起こった, 起こって, 露れた

▼ 一事~ (45, 4.5%)

3 ために 2 尾崎氏に, 蟠るありて

1 [38件] うちに, うちにのみ, ためである, ためには, ためにばかり, ため亡ぶ, ため後々万吉が, ため法水に, ほか何の, わたくしの, 世に, 中に, 中にこそ, 中には, 傑出した, 兩面に, 内に, 功を, 外は, 外天気の, 学びえて, 完成に, 月日を, 注意すべき, 爲に, 異る, 目を, 知りたさ, 研究す, 秘に, 秘訣を, 補う可, 補叙すべき, 記すべきが, 記すべきもの, 記念すべき, 認識に, 長ずるあり汝

▼ 一事でも~ (31, 3.1%)

2 わかる

1 [29件] およそ分かる, おろそかに, ないし, よいから, わかるよう, わかる通り英一, 一掃され, 分る, 分るよう, 判るの, 婦人が, 察せられなければ, 幕府全体の, 彼の, 推知されよう, 新宿という, 明らかでしょう, 王政維新は, 略御, 知れよう, 知れる, 窺はれた, 能く窺われた, 自分には, 血気の, 解って, 遺憾なく, 非人間主義, 首肯かれる

▼ 一事~ (24, 2.4%)

2 自分は

1 [22件] あたかも親しく, あつた, あらう, お米, かように, これは, すぐそこ, すでに清められ, その時機, もう自分, ヒダは, 伸子の, 十分だった, 拷問も, 既にその, 有る, 母親の, 私は, 私も, 米国の, 萬事が, 証明が

▼ 一事だけでも~ (22, 2.2%)

2 半生に, 私は

1 [18件] あの女, この仕事, その幸福, その性格, 五尺六寸も, 今日行われてる, 専制主義そのものであった, 役所の, 彼が, 彼らフランス人や, 想像出来る, 捕り物, 新聞という, 相當, 瞭然たる, 私が, 築地小劇場と, 鴎外の

▼ 一事を以て~ (21, 2.1%)

9 しても 2 彼れ 1 するも, その卑俗, 予は, 佐治君を, 全般を, 其最終の, 劇作の, 単に伊藤攻撃, 單に, 推して知るべしだ

▼ 一事だけ~ (20, 2.0%)

2 だ, です, 友白は

1 [14件] だから, であった, である, でさえ, ですでに, でなく私, では, で三面記事的, で君, で津多子夫人, で理由, 包み隱し, 特別に, 申し上げますと

▼ 一事から~ (16, 1.6%)

3 見ても

1 [13件] して, すぐと, なん, 他事に, 判断し, 子を, 想像される, 推しても, 推量し, 生ずる利益, 生れる, 考えても, 視て

▼ 一事~ (15, 1.5%)

2 亦た

1 [13件] あった, おざろう, ございますので, つけ加えて, また私財横領, やはり春信以前, 一つの, 勅答の, 声を, 孤塁の, 成功する, 行ぜず, 見落さぬ攻め手

▼ 一事一物~ (12, 1.2%)

1 [12件] とてもこ, に深く, もその, も国, も見逃し, をのみ現し, をも所有, をハキ, を比較, を画き, を画き添えざる, を記述

▼ 一事ある~ (11, 1.1%)

1 [11件] がため, がゆえに, ごとに, によって私, のみ, のみすなわち, のみだ, のみで, のみ実に, 場合たとえば, 場合は

▼ 一事によって~ (10, 1.0%)

1 その当時, だんだんかわる, 七つの, 全軍, 推知せられる, 社会全体が, 秘中の, 経験した, 見るも, 閣下の

▼ 一事のみ~ (9, 0.9%)

2 でも 1 であった, である, でなく全, なの, ならず人間, 云々と, 兄と

▼ 一事だけは~ (8, 0.8%)

1 とうてい偶然, どうあっ, 何と, 断って, 果たしてどうであろう, 確な, 私は, 見失って

▼ 一事である~ (6, 0.6%)

1 からな, がされ, これ正しく, だがその, にちがい, 三郎とは

▼ 一事~ (6, 0.6%)

1 あり, だと, の觀察, を再び, を明, を記し

▼ 一事のみを~ (5, 0.5%)

1 みても, 心に, 熱の, 記すべし, 語って

▼ 一事より~ (5, 0.5%)

1 ほか考えられませんでした, 他に, 以外の, 出發, 外に

▼ 一事をも~ (5, 0.5%)

1 為さざる三百代言的気質, 爲さざる, 苟もせざる, 解せざりしなり, 違えずまことに

▼ 一事あり~ (4, 0.4%)

1 ニッコラ聞き, 其は, 前日汝の, 精神は

▼ 一事こそ~ (4, 0.4%)

1 クリストフを, 探偵小説の, 真に驚嘆, 至高の

▼ 一事だけが~ (4, 0.4%)

1 せめてもの, 中心に, 恒吉の, 残つてゐる

▼ 一事~ (4, 0.4%)

1 いえば, なし人間, また取持ち, 見做

▼ 一事として~ (4, 0.4%)

1 忽然滅する, 政府と, 曽て, 朕の

▼ 一事にても~ (4, 0.4%)

2 彼らが 1 分明致す, 聖徳の

▼ 一事には~ (4, 0.4%)

1 大きに閉口, 止まらない, 集らぬよう, 非現実的

▼ 一事にも~ (4, 0.4%)

1 おのずから戦争, 十分あらわれ, 惣参居士の, 東洋精神が

▼ 一事によっても~ (4, 0.4%)

1 その間の, はっきりと, わかる, 知られるの

▼ 一事~ (4, 0.4%)

1 にいふ, に乞, に曰, に言っ

▼ 一事~ (3, 0.3%)

1 がまた, と思い込ん, と言った

▼ 一事だけで~ (3, 0.3%)

1 一目瞭然でした, 胸が, 論定する

▼ 一事では~ (3, 0.3%)

1 あるが, その社会的, ない

▼ 一事とは~ (3, 0.3%)

2 乃ち昔自分が 1 たとえば自分

▼ 一事なる~ (3, 0.3%)

2 を見れ 1 が故に

▼ 一事については~ (3, 0.3%)

1 只管父母の, 寸毫も, 後醍醐天皇を

▼ 一事のみに~ (3, 0.3%)

1 あらずお, して, 代議士なみの

▼ 一事一事~ (3, 0.3%)

1 が又, に何かしら, を交代

▼ 一事からでも~ (2, 0.2%)

1 君が, 明らかである

▼ 一事だけを~ (2, 0.2%)

1 くり返す, 夢の

▼ 一事~ (2, 0.2%)

2 んだ

▼ 一事についての~ (2, 0.2%)

1 妄想が, 深いたしなみ

▼ 一事のみの~ (2, 0.2%)

1 ゆえに, 為にも

▼ 一事のみは~ (2, 0.2%)

1 心から口惜しく, 玉を

▼ 一事ばかり~ (2, 0.2%)

1 だ是, であつ

▼ 一事へは~ (2, 0.2%)

2 決して触れよう

▼ 一事をしか~ (2, 0.2%)

1 求めて, 求めないすなわち

▼ 一事~ (2, 0.2%)

1 以テモ上方勢ト取, 行フモ哲學上ノ

▼ 一事一点間違~ (2, 0.2%)

1 があれ, を致せ

▼ 一事一物皆~ (2, 0.2%)

1 ことごとく関聯, な衛生上

▼1* [92件]

一事お前に忠告, 一事かうと云, 一事からも窺われよう, 一事ぐらいは認めて, 一事この地に, 一事へ信じ, 一事さえはっきりと, 一事なは, 一事その言極めて, 一事たしかに奉願候, 一事たった一つ, 一事だけでもがよくよく事件, 一事だって明らかで, 一事だろうとほんの, 一事であってほとんど, 一事でさえ彼が, 一事ででも察し得られるであろうが, 一事でなければならない, 一事というのは, 一事としてはその狭い, 一事などわけて行宮, 一事などもおもしろい, 一事ならずんばさらに, 一事なり高尚なる, 一事なりとす, 一事においてさえ若い女性, 一事においてのみ男の, 一事においては往々事情, 一事にかぢりつい, 一事につき当りました, 一事にてはいまだわが, 一事によつても, 一事に対してのみは神代説話的な, 一事に関して正当な, 一事に関しては母の, 一事のみがこの部屋, 一事のみにて人生は, 一事のみによっても察せられよう, 一事のみを以て自ら信じ, 一事はっきり覚えて, 一事ばかりとも云えた, 一事ばかりは夢にも思つて, 一事また案じ, 一事よく眼前咫尺に, 一事をのみ確信し, 一事をめぐっているの, 一事を以ても敦忠の, 一事ニノミ述ルノ能力ハアレドモ推シテ他ニ及ボス, 一事ハ曲筆ヲ免レズト雖, 一事一書に志, 一事一業を起し, 一事一物すべて共鳴するもの, 一事一物ヲモ迂漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ, 一事一物一としてその, 一事一物危険の種, 一事一運の将, 一事けを以てし, 一事不完全なりと, 一事て徳川氏, 一事余計な話しを, 一事俗界の役人, 一事に誓っ, 一事加えたいのは, 一事をきく, 一事實客觀的實在世界に屬, 一事少年から四十スー, 一事庄太郎の為, 一事徒刑囚であったという, 一事残しが, 一事忘れていた, 一事成る無く寸功擧がる無くし, 一事推して他, 一事是非にし, 一事之辞安, 一事有るの曉, 一事欠けたるは偶然, 一事止した事も, 一事為すなきの, 一事無益の好事, 一事の一特徴, 一事狂者である, 一事依旧, 一事萬事とは行くまい, 一事へて口, 一事見る処これ有り, 一事言い落したが私, 一事軽々に看過, 一事軽便なるシガレツト, 一事轉定にし, 一事遍狂者であるかという, 一事郎黨の名前, 一事姐に