青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一ぱい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

・~ ー~ ~一 一~ ~一々 一々~ ~一しょ ~一つ 一つ~ ~一ぱい
一ぱい~
一事~ ~一人 ~一体 一体~ ~一個 ~一切 一切~ 一刻~ ~一匹 一句~

「一ぱい~」 1882, 20ppm, 5657位

▼ 一ぱい~ (786, 41.8%)

90 なって 30 なった 16 なる 9 して 7 なりました 6 なりながら 5 させて, した, なると, なるの, 咲いて 4 あけて, 拡げて, 流れて, 浴びながら, 溢れて, 見開いて 3 つまって, なったの, ひろげて, 引いて, 張って, 詰まって, 開いて, 開けて, 風に

2 [45件] さして, させた, させたこと, させながら, なりさ, ひろがった, みなぎって, ゆりかけた馬, 充ちて, 努めて, 埋め尽して, 好い空気, 射して, 射し込んで, 小さい波, 広がって, 当って, 当つて, 成つて居た, 押しつけるが, 拡がった庭, 拡がって, 拡げながら, 掩って, 擴が, 散らかって, 散らばって, 敷いて, 日が, 書いて, 書きつけて, 朝の, 朝日が, 渦巻いて, 湧いて, 溜めて, 漂って, 漲って, 照って, 物を, 生えて, 自分の, 詰つてゐる, 詰めたの, 飛ぶ燕

1 [462件] あいて, あたって, あたるところ, あったあの, あふれかけて, あらわして, あんなに見事, いきなり例, いた女達, いろんなもの, うかぶ帆舟, うかべ額, うけて, お星様, かかえて, かかったの, かきたいと, きらめかすの, くりひろげられた, こみ上げて, さしこんで, さし始めた眩い, さし込んだ日光, さし込んで, させるの, されて, しながら, しなければ, しばって, しぼり出すこと, しました, しみついて, しようと, するが, すること, するの, その中, その力, その紅斑, それらの, それを, たちこめて, たべる気, たまって, たまる露, たッ, ついて, つかえるくらいの, つけて, つけながら, つまった, つまりすぎて, つめかけた大勢, つめ込むの, つらなって, ながれて, なったそう, なったとき, なったので, なったまま, なったもの, なったようやく, なったら頭, なったり, なったバスケット, なった一歩, なった位, なった口, なった水甕, なった顔, ならんだ屋台, なりあまり, なりしばらく, なりその, なりて, なりとても, なりながらも, なります, なりわからなくなって, なりわれ, なり出した私, なり得て, なり心, なり涙, なり窒息, なり総身, なるかと, なるくらい, なるけれども, なるぞ, なるでせう, なるはず, なるばかり, なる事, なる年, なる氣合, なれば, のる小さな, はいり込む, はって, はんらんし, ばら蒔く, ひきのばされた, ひびきわたった, ひびわれて, ひらいて, ひろがって, ひろがりだしました, ひろがりました, ひろがるよう, ひろがる怪奇映画, ひろげた白紙, ひろげた顔, ひろげました, ふきあげる, ふくらまして, ふくらませどの, ふくらませながら, ふくらんで, ふるわすチビ公, みたされて, みちて, もうもうと土烟, やってきた, やって来て, れいの, キャッチし, コオフイイの, シャボンの, スチイムを, パリの, ブチまけた, プツリと, 一大円形を, 一時間も, 三枚つづき, 三百円以上の, 不安そうな, 不愉快に, 並べた中, 乗った具合, 人垣を, 仕事を, 伸して, 伸びた木賊, 伸び教会, 何だか得體, 何やら太い, 優しくいたわっ, 充たされて, 充たして, 充満し, 充滿し, 光って, 入つて, 入り込んで, 入れそれ, 入れようと, 写して, 出して, 出る, 切れて, 初夏の, 剥き出して, 匍ひだし, 千代紙を, 占領し, 取れますよ, 受けて, 叫びながら, 吊る蚊帳, 否むしろ, 含んだ青, 含んで, 吸いこみながら, 吸いこむと, 吸いこんでは, 吸って, 吸込み遠く, 吸込んで, 吹いた, 呼吸を, 咲いた麦, 咲きそろいオミナエシ, 咲き満ちて, 咲き誇つた, 咲くからに, 善兵衛おじいさんが, 四寸角の, 地面を, 坐って, 埋めた見物客, 堆く膨れ上る, 堪えて, 塗られその, 塞いだ, 塞がって, 塵埃の, 壁に, 夕日が, 夕焼を, 大きく下っ, 大きく見開いた, 大きく開きました, 大きな車輪, 大ぜ, 大また, 大福餅を, 天の, 寂寥を, 専門の, 射しこむ, 射しこんだ, 射込んで, 巨像が, 差して, 廣が, 延べたので, 廻ったり, 引きしぼって, 引きずつ, 引っぱったが, 張つて音も, 張りつめて, 張りつめられて, 張り切つた次, 強く曳く, 当った日, 待機し, 微笑を, 微笑んで, 感じて, 感じながら, 懸けられて, 成って, 成つた厚い, 成つて了つた, 成つて独りで, 我がま, 我がままを, 我が眼, 戸を, 手綱を, 投げつけた, 投げて, 抱えた草花, 押しひらいた, 押し寄せて, 押し押しして, 押し込んだ客, 拡がったの, 拡がっては, 拡がつて, 拡がりました, 拡がり芦, 拡って, 持ちながら, 振舞える, 振舞つて居ります, 据って, 掬い上げて, 掻きのけながら, 插した, 摩って, 撒き散らされて, 散らした縮緬, 散らし書きを, 散乱する, 敷きつめて, 敷き詰めて, 敷詰め, 新鮮な, 明るく映し込んだ, 映す, 映りその, 書かれて, 書きお, 書きつけたの, 書き詰めて, 書き込んだ紙, 書くもの, 書生たちが, 月が, 机の, 枝を, 枝垂柳の, 染めて, 條虫の, 植え込んで, 歩むの, 殴りつけた, 毛を, 気味悪く蠢き, 氷か, 氾濫し, 汚な, 沸かした湯, 波, 注いで, 流しこんで, 流れた, 流れ落ちた, 流れ込んで, 浴て, 浴びた庭先, 浴びた軍港, 浴びた靜, 浴びました, 浸みわ, 涙を, 港内の, 湛えたわが家, 湛えて, 湛へた我家の, 湧き起った殆ど, 満ちます見物, 満ちるの, 満ち溢れた蜜, 溜つた, 溜つた涙が, 溜まった山かげ, 溢れ出たとき, 滲み出た, 漂つてゐた, 漂ふ, 漲り溢れて, 濃い紫斑, 濡らした涙, 点けて, 無数の, 牡丹の, 生々しい血, 生えた大きな, 生えら, 生かされたと, 生かされたとは, 生かすこと, 生かすため, 生きること, 生き伸びて, 生やし夢, 生やすの, 生活し, 用ひられる, 申し上げて, 白い光, 白刃下にて, 目が, 眼の, 瞠って, 砂利が, 秋草を, 積んだ車, 空気を, 突き退けました, 突つ込ん, 窓から, 立ちはだかったよう, 立ちはだかって, 立ち働ら, 立つて, 立上りさまその, 紅い牡丹, 紅くし, 紙に, 絡ませたり, 縁側に, 繃帯を, 纏ひつかせ, 置き美しく, 羊の, 翳した闊葉樹, 肉太に, 育てられたけれども, 育てられた方, 育てられ森, 膨らみ客席, 色, 花が, 花を, 茂って, 茶を, 茶色な, 草花を, 萬歳を, 落ちて, 葉を, 蔓り, 蔵経を, 蕾を, 薫らして, 蘭の, 蚕棚が, 血が, 行けば, 行って, 裂け冷やか, 裂け拡がり白眼, 襤褸を, 見えるじゃ, 見せて, 見はったきり, 見張りながら, 訪れて, 詠つてゐる, 詰って, 詰つて熱心に, 詰まった見物席, 詰まるの, 詰めかけたもの, 詰めてを, 詰め込み肩, 負いながら, 貼りつけたり, 赤い毛, 跳ね返せ, 踊るが, 踊ると, 込み上げて, 這入って, 這入つて, 逞ましい, 遠く雪, 遮ぎって, 野老芋が, 金魚が, 開いた屍体, 開けはなたれた寝室, 開け放してから, 開け放たれた窓, 開け部屋じゅう, 陽を, 陽光を, 隙間も, 集って, 集まって, 雪に, 電灯装飾を, 青い波, 靜かに, 音も, 響きわたるきいきい声, 響き渡る, 響き渡るほどの, 頂戴した, 頬を, 風を, 飛びおりました, 飛びま, 食ふ, 食べ物を, 飲む事, 飾って, 駆けまわって, 高く, 髭の, 鳴らす音, 鳴りどよめく, 鳴り響くほど, 黄金の, 黒く垂れ下った, 黒く見えます

▼ 一ぱい~ (181, 9.6%)

4 黄金が 3 力を, 声で, 声を, 大声で, 涙を 2 ものを, ように, 事であった, 大きな目, 日を, 水を, 生活である, 美酒含ん, 言葉を

1 [144件] あかるい日, あらゆる努力, いやがらせをも, えらい人出, おもちゃを, お客が, お酒, かの女, ことを, この湯, しごと, たった二棟, ときである, ところで, ところでした, ところに, はんらんを, ぼうふらを, ませて, めしの, もので, ような, わずかな, カフェインを, コーヒーが, コーヒーを, スープは, スープを, ビイルに, ビイルは, モジャモジャの, 不思議な, 不満を, 中から, 人だかりで, 人だかりです, 人だかりみんな感心し, 人である, 人集りだ, 仕事という, 仕事は, 作品も, 働きを, 八五郎は, 凍氷, 出迎人だ, 力で, 力に, 努力だった, 努力で, 勾配ある, 反抗は, 吹雪に, 呪いであった, 呼吸が, 塩という, 声が, 大きな声, 大きな瓜, 大きな眼, 大きな裸男, 奉公だ, 定紋のが, 小判を, 巨大な, 強気で, 微笑を, 心遣いであった, 忠告は, 息を, 悲鳴を, 文章が, 新ジヤガ, 日の, 日光, 書物を, 書画を, 書籍の, 木賊の, 林檎, 椿油を, 樹海だ, 正直さで, 水が, 水に, 水の, 洗濯物を, 海底超人の, 淡水にも, 渋茶が, 火の, 火薬が, 焼酎が, 熨斗の, 熱いコーヒー, 獲物に, 玉露と, 生活を, 用が, 男客女客の, 番茶を, 看板を, 知恵を, 窓から, 笑いを, 笑声を, 米の, 給料を, 興行で, 舟には, 舟の, 良心的な, 良識である, 芸当だった, 茶は, 茶も, 薄茶に, 蟹よ, 西洋花が, 見物人である, 言葉です, 評判じゃ, 誇りを, 買いしめが, 贈り物である, 速度で, 酒と, 酒を, 酔いが, 鏡が, 雑草に, 雛段の, 雜草だ, 音を, 響を, 食糧ぐらい, 飯を, 飯茶碗の, 香り高い, 髭で, 魚を, 鷺草が, 黒山だった, 黒雲は

▼ 一ぱい~ (62, 3.3%)

4 何も 3 生きて 2 あの方, 以前の, 浦島は

1 [49件] あの人, いるの, お嬢さんは, がんがんと罅, する呪, する咒, その上, それが, それぞれ持て余し, それ以上には, たといこの, たべたくないの, ろくに口, 一晩かけ, 主客の, 余裕は, 冬の, 動きが, 十月は, 半気違い, 博士から, 商いを, 室の, 小田原の, 店を, 彼女は, 御国の, 旅客の, 春は, 會場を, 月に, 殆ど退き揚げ, 無茶苦茶な, 猶太人, 空地と, 笑うの, 綱を, 自分の, 自分も, 見て, 見送人, 誰にも, 足の, 身動きが, 鍵を, 頗るざわめい, 食べること, 駒の, 鰻は

▼ 一ぱい~ (27, 1.4%)

4 のです 3 のが, のだ, んだ 2 んです

1 [12件] ご健康ぶり, の, のでやっと, ので気嫌, ので車, のに, のを, んでしょう, 声で, 威と, 微笑を, 細長い黒い顔

▼ 一ぱい~ (16, 0.9%)

6 いって 1 このバカテル倶楽部, つづく, どうじゃ, 保つであらう, 保つやう, 夥しい霜解け, 寝たり, 打てそう, 私の, 薄着を

▼ 一ぱい飲ん~ (16, 0.9%)

2 でそれから

1 [14件] で, でからのこと, でから森, ですっと, でそれ, でちょっと, でまた, でみたく, でやっぱり, でフウラフラ, で出かけよう, で咽喉, で塩野, で直ぐ

▼ 一ぱいだった~ (14, 0.7%)

5 のです 1 からであった, が, がなん, が電話, と思った, と言った, のである, のでそれ, ので今度

▼ 一ぱい~ (12, 0.6%)

7 をため 3 を溜め 1 をたたえた, を湛え

▼ 一ぱい~ (10, 0.5%)

1 くらして, 仕つくしても, 傾けながら, 働きなば, 全部記念公演に, 回転し, 振りかへ, 生き切る事, 重そう, 飲むのに

▼ 一ぱいため~ (9, 0.5%)

2 ながら前 1 て, ていた, てゐた, て何, て出, て居ります, て惡

▼ 一ぱい持っ~ (9, 0.5%)

2 てきた, て来 1 ている, て居りまし, て帰っ, て来い, て来る

▼ 一ぱいやっ~ (8, 0.4%)

1 ていま, てからまた, てから雪, てそれ, てみました, てウーイ, て休ん, て酔っ払っ

▼ 一ぱい入れ~ (8, 0.4%)

1 こんで, てあった, てある, てもらい, て小鳥, て待っ, て狐, て贈っ

▼ 一ぱいある~ (7, 0.4%)

2 のだ 1 のでございます, のです, のに暗く, のを, 派手な

▼ 一ぱい咲い~ (7, 0.4%)

3 ている 1 てい, ていた, てゐる, て居りました

▼ 一ぱいくわされた~ (6, 0.3%)

1 か, ぞ, というの, な, ね, のである

▼ 一ぱいずつ~ (6, 0.3%)

1 いただきます, お酌, やって, 出るですが, 分けるの, 飲み乾したところ

▼ 一ぱいでも~ (6, 0.3%)

1 お酒, どこか, 口に, 柳の, 楽に, 聞いて

▼ 一ぱい~ (6, 0.3%)

2 聞くに 1 いうだけ, つて来, なった, パンを

▼ 一ぱい~ (6, 0.3%)

1 つたば, つたカマスを, つた湯呑を, つてゐた, つてゐる, つて居ました

▼ 一ぱい入っ~ (6, 0.3%)

2 ていた 1 ている, ているなら, て向う, て来る

▼ 一ぱい~ (5, 0.3%)

2 いつもあなた 1 からお父さん, が五六遍, わ

▼ 一ぱい喰わされた~ (5, 0.3%)

1 のだ, のである, んで, 形です, 気も

▼ 一ぱい~ (5, 0.3%)

1 が溜った, が這入つた, を切る, を飮, を飲ました

▼ 一ぱい~ (5, 0.3%)

1 がたまっ, が入, の散乱, を頬張つて噬, を頬張り

▼ 一ぱい積ん~ (5, 0.3%)

1 で, でイカ, で六十五歳, で曳い, で漆塗

▼ 一ぱい~ (4, 0.2%)

1 取次ぎは, 部屋へ, 酒がは, 酒を

▼ 一ぱいたまっ~ (4, 0.2%)

4 ていた

▼ 一ぱいつまっ~ (4, 0.2%)

1 てい, ていました, ている, て在る

▼ 一ぱいつめ~ (4, 0.2%)

1 てあげます, てある, てあるらしい, 込んで

▼ 一ぱいという~ (4, 0.2%)

1 のは, ような, 約束でした, 類の

▼ 一ぱいなら~ (4, 0.2%)

1 んでい, んでゐました, 八重田数枝だ, 八重田数枝だって

▼ 一ぱい~ (4, 0.2%)

1 ゆるりと, 呷って, 御馳走に, 饗応せず

▼ 一ぱい~ (4, 0.2%)

2 て来た 1 ています, てゐた

▼ 一ぱい持つ~ (4, 0.2%)

1 てお出で, てて隠してる, てま, てゐたらつ

▼ 一ぱい機嫌~ (4, 0.2%)

1 が見える, で帰った, で悪口, らしいか

▼ 一ぱい~ (4, 0.2%)

2 まつて 1 つてる, て堪え

▼ 一ぱい飲む~ (4, 0.2%)

1 ときに, とさ, と直ぐ, のも

▼ 一ぱいあっ~ (3, 0.2%)

1 て, てそれ, て酒

▼ 一ぱい~ (3, 0.2%)

1 パン何グラムに, 尽された上, 涙に

▼ 一ぱいその~ (3, 0.2%)

1 偽善者三宅木ベエの, 帽子の, 航海の

▼ 一ぱいだけ~ (3, 0.2%)

1 戴いてから, 附合わせ, 食べて

▼ 一ぱいである~ (3, 0.2%)

2 ことを 1 のだ

▼ 一ぱいです~ (3, 0.2%)

1 からあと, しその, とだけおっしゃれ

▼ 一ぱいにも~ (3, 0.2%)

1 なる大き, 飮ませ, 飲ませて

▼ 一ぱいやった~ (3, 0.2%)

1 という話, んだろう, 上りの

▼ 一ぱいやろう~ (3, 0.2%)

1 かと除夜の鐘, と思っ, 茶の

▼ 一ぱい出し~ (3, 0.2%)

1 て来, て私, 散らかして

▼ 一ぱい抱え~ (3, 0.2%)

2 て私 1 て来た

▼ 一ぱい~ (3, 0.2%)

1 があたっ, がさし込ん, を浴び

▼ 一ぱい~ (3, 0.2%)

2 を抛りつけた 1 がつまつて

▼ 一ぱい注い~ (3, 0.2%)

1 で, でくれました, でぐっと

▼ 一ぱい流れ~ (3, 0.2%)

1 ついただけの, ている, てゐた

▼ 一ぱい溜っ~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていた

▼ 一ぱい溜め~ (3, 0.2%)

2 ている 1 て赤心

▼ 一ぱい生え~ (3, 0.2%)

1 ている, てゐない, て五所川原

▼ 一ぱい~ (3, 0.2%)

1 の側, は紙鳶, も美しく

▼ 一ぱい~ (3, 0.2%)

1 の底板, もって, もつて

▼ 一ぱい載せ~ (3, 0.2%)

1 てある, てゐる, て置いた

▼ 一ぱい銀河~ (3, 0.2%)

3 が巨

▼ 一ぱい食わされた~ (3, 0.2%)

1 かと一時, かと思った, のかな

▼ 一ぱい~ (3, 0.2%)

1 まうかな, みたくな, んで直ぐ

▼ 一ぱい飲まし~ (3, 0.2%)

1 て, てください, てくれ

▼ 一ぱい飲み~ (3, 0.2%)

1 ながらお宮, ながら考え, に来る

▼ 一ぱいあげたい~ (2, 0.1%)

1 から手隙, けれど今

▼ 一ぱいあたり~ (2, 0.1%)

2 出して

▼ 一ぱいあふれ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ベースの

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 てそば, ながら如何にも

▼ 一ぱいいた~ (2, 0.1%)

1 バアや, 道楽息子の

▼ 一ぱいくれ~ (2, 0.1%)

1 といわれた, と頼んだ

▼ 一ぱいくん~ (2, 0.1%)

1 で台所, ねえ

▼ 一ぱいこぼれ落ち~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 一ぱいさし~ (2, 0.1%)

2 込んで

▼ 一ぱいしがみつい~ (2, 0.1%)

2 てわあ

▼ 一ぱいそれに~ (2, 0.1%)

2 あちこちには

▼ 一ぱいためた~ (2, 0.1%)

1 まんまぢつと, 眼で

▼ 一ぱいだけは~ (2, 0.1%)

1 ピエール氏の, 一週間ばかり

▼ 一ぱいつい~ (2, 0.1%)

1 ている, て獅子

▼ 一ぱいついた~ (2, 0.1%)

1 きれいな, 大きなランプ

▼ 一ぱいつけ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 一ぱいつまった~ (2, 0.1%)

1 木の, 甕を

▼ 一ぱいであった~ (2, 0.1%)

1 のである, 自分が

▼ 一ぱいでした~ (2, 0.1%)

1 が五十人, が今日

▼ 一ぱいとる~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 一ぱいのせ~ (2, 0.1%)

1 てある, てくれた

▼ 一ぱいのばし~ (2, 0.1%)

2 て忙しく

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 つて来る, ッて

▼ 一ぱいハンドル~ (2, 0.1%)

1 をまわした, を切った

▼ 一ぱいブン~ (2, 0.1%)

2 なぐる

▼ 一ぱい一ぱい~ (2, 0.1%)

2 見える世界

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 しかたべられない, のもの

▼ 一ぱい入れた~ (2, 0.1%)

1 籠を, 靴が

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 ぐらいの水, 残った残滴

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

2 七の

▼ 一ぱい十円~ (2, 0.1%)

1 のあまいあまい, もする

▼ 一ぱい含ん~ (2, 0.1%)

1 でい, で居た

▼ 一ぱい吸い込ん~ (2, 0.1%)

1 で, でいる

▼ 一ぱい呑ませ~ (2, 0.1%)

1 てくれる, て上げよう

▼ 一ぱい喰わした~ (2, 0.1%)

1 つもりが, 不届き者として

▼ 一ぱい寝通し~ (2, 0.1%)

1 てし, てしまった

▼ 一ぱい差し込ん~ (2, 0.1%)

1 でい, でいる

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 にはらん, に浴び

▼ 一ぱい張っ~ (2, 0.1%)

1 てある, て浮かせ

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 の頬, を突き飛ばした

▼ 一ぱい押し~ (2, 0.1%)

1 て見, て見た

▼ 一ぱい押し込む~ (2, 0.1%)

2 と横

▼ 一ぱい書かれ~ (2, 0.1%)

1 てある, ている

▼ 一ぱい書物~ (2, 0.1%)

1 が並べられ, を詰め込んだ

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

2 の傍

▼ 一ぱい残っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 一ぱい汲ん~ (2, 0.1%)

1 でお, で来い

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 をさし, を注ぎ

▼ 一ぱい溢れ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て流れ

▼ 一ぱい積まれ~ (2, 0.1%)

1 ていまし, てゐる

▼ 一ぱい積み上げ~ (2, 0.1%)

2 てある

▼ 一ぱい積んだ~ (2, 0.1%)

1 トラックの, 自轉車

▼ 一ぱい自分~ (2, 0.1%)

1 がへし曲げ, の身体

▼ 一ぱい茶色~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ 一ぱい落ちこぼれ~ (2, 0.1%)

2 て居ました

▼ 一ぱい見える~ (2, 0.1%)

2 世界に

▼ 一ぱい詰つて~ (2, 0.1%)

1 ゐるので, ゐる頭

▼ 一ぱい詰めた~ (2, 0.1%)

1 大きな籠, 生米は

▼ 一ぱい貴方~ (2, 0.1%)

1 のお側, を抱い

▼ 一ぱい買う~ (2, 0.1%)

1 さ, よ

▼ 一ぱい遣っ~ (2, 0.1%)

1 て衝立, て見よう

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 が二銭位, をあおった

▼ 一ぱい銅貨~ (2, 0.1%)

2 を投げ飛ばした

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

2 められた

▼ 一ぱい面白い~ (2, 0.1%)

2 事を

▼ 一ぱい~ (2, 0.1%)

1 をもたげ, を振つた

▼ 一ぱい飲んだ~ (2, 0.1%)

1 だけで役所, 時です

▼ 一ぱい飲んだら~ (2, 0.1%)

1 すぐ帰ろう, 役所に

▼1* [387件]

一ぱいあくせく暮して, 一ぱいあたっている, 一ぱいあつくして, 一ぱいあつめては私, 一ぱいあの萱原そこの, 一ぱいありまして今, 一ぱいありましたから粟つぶ, 一ぱいあるだらうと言つた靴磨き, 一ぱいあれば宜しい, 一ぱいいけたことは, 一ぱいいただいてしまいまし, 一ぱいいのちに吸い込まし, 一ぱいいる籠み合っ, 一ぱいいれてそれ, 一ぱいよ, 一ぱいうごいています, 一ぱいおいた草深い野, 一ぱいーんと, 一ぱいかかっていた, 一ぱいかしらなぞと考へ, 一ぱいかぶりながら働い, 一ぱいからました低い, 一ぱいかんとかいっ, 一ぱいきこしめして一ぱい機嫌, 一ぱいきゅうっと引っかけなけれ, 一ぱいくださいと言う, 一ぱいくって太平楽, 一ぱいくるりと左, 一ぱいくれないかね, 一ぱいくれませんか, 一ぱいぐいぐいと引っ張っ, 一ぱいぐうーっとやりたい, 一ぱいぐらいで打ちきること, 一ぱいぐらいの粉末に, 一ぱいこれはまた, 一ぱいごちそうになる, 一ぱいごつんと, 一ぱいごとにたのしん, 一ぱいさし出したのは, 一ぱいさそうおなじみになる, 一ぱいさっきの楊, 一ぱいしかつめらしくかまえて, 一ぱいしげった森の, 一ぱいしぼる様な, 一ぱいそれから午後に, 一ぱいたたかっている, 一ぱいたれてゐます, 一ぱいだけでも食って, 一ぱいついてるよ, 一ぱいついでちょうだい, 一ぱいつかみ私は, 一ぱいつけその間から痩せた, 一ぱいつねり合つた, 一ぱいつばさをのばし, 一ぱいつまり月に, 一ぱいつめかけていた, 一ぱいつめた食料品を, 一ぱいであったろうに例, 一ぱいであるらしく唯だ, 一ぱいとり何の, 一ぱいどうだね, 一ぱいなお祭り気分で, 一ぱいなどといっても, 一ぱいなにか入れこんで, 一ぱいなに腕が折れる, 一ぱいならして賣る, 一ぱいのぞいています, 一ぱいのびてばつ, 一ぱいのみたくなります, 一ぱいのめるわけだ, 一ぱいはって息を, 一ぱいばかり喰いました, 一ぱいひくとうれし, 一ぱいひっかけて元気, 一ぱいひっかけられているで, 一ぱいひろがってい, 一ぱいふんぞりかえって寝, 一ぱいぶんくらいございます, 一ぱいへばりついてかの, 一ぱいほどの物を, 一ぱいまでは何かと, 一ぱいもう一つの, 一ぱいもって来い, 一ぱいもらいもう一けんからバター, 一ぱいもらう気に, 一ぱいもらおうと思った, 一ぱいもりあげてある, 一ぱいやってるうちに, 一ぱいやっとのところ, 一ぱいやつとのところ, 一ぱいやりながら寝よう, 一ぱいやりたがる男が, 一ぱいやりましょうか, 一ぱいらしいといふ註釈, 一ぱいて時々, 一ぱいゐる学芸会場で, 一ぱいアビせかけた者, 一ぱいグッとやっ, 一ぱいグツと飮むと, 一ぱいコールタールの汚点, 一ぱいスープのはいっ, 一ぱいビイルを飲みほした, 一ぱいポケットへ押し込み, 一ぱいマットに投げ捨て, 一ぱい一番町の家, 一ぱい七十円取られた, 一ぱい三分間もつづけ, 一ぱい上げたいから, 一ぱい下さいと言った, 一ぱい並べてあります, 一ぱい並んでいます, 一ぱい乗るには乗っ, 一ぱいはいと, 一ぱい五円の冷凍烏賊, 一ぱいに知られず, 一ぱい付けて手, 一ぱい以上にやり, 一ぱい何シーシーという容量, 一ぱい何錢の汁, 一ぱい借切って自由自在, 一ぱいを打ち下した, 一ぱい働くことを, 一ぱいの背中, 一ぱい兄きの注意を惹き起さう, 一ぱい充ちていた, 一ぱい入った然も, 一ぱい入ってるんじゃ, 一ぱい入るとしよう, 一ぱい入浴に行, 一ぱい八月の初, 一ぱい写っている, 一ぱい出し切れそうだ, 一ぱい出すで勝手口, 一ぱい出ると男の子, 一ぱい刺さっている, 一ぱい剃刀で吭, 一ぱい勉強に時間, 一ぱい動かして天下, 一ぱい医事学報らしい刷物, 一ぱい十五銭か二十銭, 一ぱいほどの魚, 一ぱい叫んでいた, 一ぱい叫んだものである, 一ぱい召しあがることが, 一ぱいくませた, 一ぱい含ませている, 一ぱい吸い込み思い切り見上げたつもりで, 一ぱい吸い込むのだった, 一ぱい吸うことが, 一ぱい吹き出ていました, 一ぱい吹き出さしていた, 一ぱい呑みましょうネ, 一ぱい咲いてるの, 一ぱい咲きますわ, 一ぱい咲く時は, 一ぱい喚き上げようとみんなコツソリ相談, 一ぱいべれ, 一ぱい喰いたいなア, 一ぱい喰いましたね, 一ぱい喰うのです, 一ぱい喰わして貰う, 一ぱい喰わす氣で, 一ぱい喰わんでいつでも, 一ぱい埋めていた, 一ぱい樽に, 一ぱい大事な仕事, 一ぱい大声を出し, 一ぱい天井からぶらさがっ, 一ぱいの方, 一ぱい如何でございます, 一ぱい子供の毛糸, 一ぱいを書いた, 一ぱい宛みんなにお, 一ぱいの中, 一ぱい寄つて来た, 一ぱい寄るところで, 一ぱいて夜, 一ぱい寝ころんで聖書, 一ぱい寝床の中, 一ぱい寢床の上, 一ぱい小牛に当てがっ, 一ぱい居るといっ, 一ぱいのよう, 一ぱい山盛りに持っ, 一ぱい巡査や看護婦, 一ぱい帽子を川, 一ぱい干されている, 一ぱい平らげたお客は, 一ぱい幸福だった智子, 一ぱいを引き絞つ, 一ぱい掛けて, 一ぱい引かけてその, 一ぱい引っかけて行き, 一ぱい張り切って華やぐ, 一ぱい彫りつけて立派, 一ぱい彼女の横っ面, 一ぱい御馳走になりませう, 一ぱい心一ぱいで見, 一ぱい心身を傾倒, 一ぱい思い一ぱい瞳をさだめ, 一ぱいを溜めた, 一ぱい患者が詰めかけ, 一ぱい戴きましょうか, 一ぱいをのばし, 一ぱい打ちつけたもの, 一ぱいへにか, 一ぱい抓って圧, 一ぱい投げつけるとうまく, 一ぱい抱きしめて, 一ぱい抱きすくめて, 一ぱい押して出ようと, 一ぱい拡がつてゐる, 一ぱい振舞ってやろう, 一ぱいかつてゐる, 一ぱい描きちらされている, 一ぱいつてゐた, 一ぱい握って瞳, 一ぱい握つてやはりぐんぐん, 一ぱい握り締めて居た, 一ぱい教育しなさいそうして, 一ぱい散って居た, 一ぱい散らかつた, 一ぱい散らかしていくつ, 一ぱい散らかしたままで, 一ぱい散らかったまま空い, 一ぱい散らばってビイル瓶, 一ぱい散らばってる上に, 一ぱい散らばつてビイル瓶, 一ぱい敷きつめてゐる, 一ぱい早いところ頼む, 一ぱい智恵をつめこん, 一ぱい暖かい日が, 一ぱい書いてあつ, 一ぱい書き散らされていた, 一ぱい書籍を捩込ん, 一ぱいを振り上げ, 一ぱいをひろげ, 一ぱい残って, 一ぱいの林, 一ぱい植えたが一見, 一ぱい欲しいと思っ, 一ぱい歩き廻った末午後バサデナの, 一ぱい殆ど日没近くまで, 一ぱいがはいつ, 一ぱい汲み上げるのも, 一ぱい汲むと元気, 一ぱい注がれた杯を, 一ぱい泳いでゐる, 一ぱい活き活きといけられ, 一ぱい浮いてまっ, 一ぱい浮かんでいた, 一ぱい浮んでい, 一ぱい浴びて流し, 一ぱい浴びた姿の, 一ぱいの上, 一ぱい涌いて来た, 一ぱい涙ぐんでいます, 一ぱい満たして在る, 一ぱい漕いでグロリア, 一ぱい漲り溢れている, 一ぱい漲るのであった, 一ぱいの子, 一ぱい火燵にしがみつい, 一ぱいになった, 一ぱい無茶苦茶に尾, 一ぱい照っている, 一ぱい照りかえす花の, 一ぱいてくれた, 一ぱいく咬み砕い, 一ぱい父親の命令, 一ぱい猪口に受け, 一ぱい玉蜀黍をつり, 一ぱいへそろつ, 一ぱい生みつけた小虫, 一ぱい生臭い匂いの, 一ぱい用意の品物, 一ぱい痛いまめ出た, 一ぱいが吐き捨て, 一ぱいへ投げつけました, 一ぱい白い衣を, 一ぱい皺だらけにし, 一ぱい盛った精進揚げを, 一ぱい盛つて附けた, 一ぱい盛りあげてある, 一ぱいと二杯目, 一ぱいに溜め, 一ぱいをさだめ, 一ぱいの野, 一ぱいっておりました, 一ぱい積みこんで, 一ぱい積込んでき, 一ぱいにつきあげた, 一ぱい空気を吸う, 一ぱい空間をたたきつけ, 一ぱい突き立てた刀の, 一ぱいから引きちぎった, 一ぱい立ちこめましたようで, 一ぱい立ち上ってる御飯を, 一ぱい立ち並んでいた, 一ぱい篏つた蜜柑はどうしても, 一ぱいを買いしめ, 一ぱい精一ぱいに生活, 一ぱい細かいものが, 一ぱい紳士きどりで構えて, 一ぱい絢爛と飾られた, 一ぱい置いてあ, 一ぱい群れ集って, 一ぱい群れ集つてゐる場所, 一ぱい背中に湿った, 一ぱい背負って山, 一ぱいに吸い込む, 一ぱいをふるう, 一ぱいがあっ, 一ぱい色々の切, 一ぱいを咲かせ, 一ぱいの中, 一ぱいを飲まし, 一ぱい落ちて居ます, 一ぱい蒔散らしてあつ, 一ぱい蒲公英が叢つて, 一ぱい薔薇を持つ, 一ぱい居し, 一ぱいが溜つて, 一ぱい見せていた, 一ぱい見開いたまま一同から, 一ぱい詰って朽木, 一ぱい詰まっている, 一ぱい詰まつて屆, 一ぱい詰めてありました, 一ぱい詰めこんである, 一ぱい詰め掛けている, 一ぱい誠実でありミジン, 一ぱい買いきってこれから, 一ぱい買切ってげいこ, 一ぱい購つてもらつた風船, 一ぱい赤い血が, 一ぱい走りまはりました, 一ぱい蹲つてゐた, 一ぱい身體を叩きつけ, 一ぱいの外, 一ぱい軸木がつまっ, 一ぱい載った盆を, 一ぱい込み上げて来る, 一ぱい迫るものが, 一ぱい這入ってい, 一ぱい遊んで大きく, 一ぱい遣らんか, 一ぱい遣るうちに, 一ぱい遣ろうお手間, 一ぱい避難者が来, 一ぱい酸素を吸いたい, 一ぱい金堂や講堂, 一ぱい金花を抱きすくめた, 一ぱい金鍔をもう, 一ぱいで揉まれる, 一ぱい開いてたじろがず, 一ぱい開け放してあっ, 一ぱい附けて芝生, 一ぱい集っていた, 一ぱい集つてゐる大きな, 一ぱいがあっ, 一ぱいが亂, 一ぱい頂かせて下さい, 一ぱい頬張ったままけけ, 一ぱい頼むとは, 一ぱい食うよりももっと, 一ぱい食ってから後, 一ぱい食べておかぬ, 一ぱい食べさすにはとても, 一ぱい食べたきりで, 一ぱい食わせたのだ, 一ぱい食わせられましたね, 一ぱいを盛っ, 一ぱい飲ませてくれた, 一ぱい飲まねえか, 一ぱい飲みたいと思っ, 一ぱい飲みほしちゃったよ, 一ぱい飲み干すと, 一ぱい飲めば今, 一ぱい飲めるぞ, 一ぱい飲もうという算段, 一ぱい飾られて, 一ぱい飾りにさしました, 一ぱい饗応になっ, 一ぱいをしめ, 一ぱいを取りました, 一ぱい麦酒樽漬にした